JPH05200210A - 液体フィルタ - Google Patents

液体フィルタ

Info

Publication number
JPH05200210A
JPH05200210A JP4273885A JP27388592A JPH05200210A JP H05200210 A JPH05200210 A JP H05200210A JP 4273885 A JP4273885 A JP 4273885A JP 27388592 A JP27388592 A JP 27388592A JP H05200210 A JPH05200210 A JP H05200210A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
liquid filter
protective sleeve
filter according
casing
shaped
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP4273885A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3320795B2 (ja
Inventor
Max Dr Straubel
シュトラウベル マックス
Wilfried Boehringer
ベーリンガー ヴィルフリート
Ulrich Dr Projahn
プロヤーン ウルリッヒ
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Robert Bosch GmbH
Original Assignee
Robert Bosch GmbH
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority claimed from DE4134367.0 external-priority
Application filed by Robert Bosch GmbH filed Critical Robert Bosch GmbH
Publication of JPH05200210A publication Critical patent/JPH05200210A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3320795B2 publication Critical patent/JP3320795B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D27/00Cartridge filters of the throw-away type
    • B01D27/04Cartridge filters of the throw-away type with cartridges made of a piece of unitary material, e.g. filter paper
    • B01D27/06Cartridge filters of the throw-away type with cartridges made of a piece of unitary material, e.g. filter paper with corrugated, folded or wound material
    • B01D27/07Cartridge filters of the throw-away type with cartridges made of a piece of unitary material, e.g. filter paper with corrugated, folded or wound material having a coaxial stream through the filtering element
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D27/00Cartridge filters of the throw-away type
    • B01D27/08Construction of the casing
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D29/00Other filters with filtering elements stationary during filtration, e.g. pressure or suction filters, or filtering elements therefor
    • B01D29/01Other filters with filtering elements stationary during filtration, e.g. pressure or suction filters, or filtering elements therefor with flat filtering elements
    • B01D29/05Other filters with filtering elements stationary during filtration, e.g. pressure or suction filters, or filtering elements therefor with flat filtering elements supported
    • B01D29/07Other filters with filtering elements stationary during filtration, e.g. pressure or suction filters, or filtering elements therefor with flat filtering elements supported with corrugated, folded or wound filtering sheets
    • B01D29/072Other filters with filtering elements stationary during filtration, e.g. pressure or suction filters, or filtering elements therefor with flat filtering elements supported with corrugated, folded or wound filtering sheets ring shaped
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D35/00Other filtering devices; Auxiliary devices for filtration; Filter housing constructions
    • B01D35/14Safety devices specially adapted for filtration; Devices for indicating clogging
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D35/00Other filtering devices; Auxiliary devices for filtration; Filter housing constructions
    • B01D35/16Cleaning-out devices, e.g. for removing the cake from the filter casing or for evacuating the last remnants of liquid
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D35/00Other filtering devices; Auxiliary devices for filtration; Filter housing constructions
    • B01D35/30Filter housing constructions
    • B01D35/301Constructions of two or more housings
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D35/00Other filtering devices; Auxiliary devices for filtration; Filter housing constructions
    • B01D35/30Filter housing constructions
    • B01D35/31Filter housing constructions including arrangements for environmental protection, e.g. pressure resisting features
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F02COMBUSTION ENGINES; HOT-GAS OR COMBUSTION-PRODUCT ENGINE PLANTS
    • F02MSUPPLYING COMBUSTION ENGINES IN GENERAL WITH COMBUSTIBLE MIXTURES OR CONSTITUENTS THEREOF
    • F02M37/00Apparatus or systems for feeding liquid fuel from storage containers to carburettors or fuel-injection apparatus; Arrangements for purifying liquid fuel specially adapted for, or arranged on, internal-combustion engines
    • F02M37/22Arrangements for purifying liquid fuel specially adapted for, or arranged on, internal-combustion engines, e.g. arrangements in the feeding system
    • F02M37/32Arrangements for purifying liquid fuel specially adapted for, or arranged on, internal-combustion engines, e.g. arrangements in the feeding system characterised by filters or filter arrangements
    • F02M37/42Installation or removal of filters
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D2201/00Details relating to filtering apparatus
    • B01D2201/34Seals or gaskets for filtering elements
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D2201/00Details relating to filtering apparatus
    • B01D2201/40Special measures for connecting different parts of the filter
    • B01D2201/4084Snap or Seeger ring connecting means
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F02COMBUSTION ENGINES; HOT-GAS OR COMBUSTION-PRODUCT ENGINE PLANTS
    • F02MSUPPLYING COMBUSTION ENGINES IN GENERAL WITH COMBUSTIBLE MIXTURES OR CONSTITUENTS THEREOF
    • F02M37/00Apparatus or systems for feeding liquid fuel from storage containers to carburettors or fuel-injection apparatus; Arrangements for purifying liquid fuel specially adapted for, or arranged on, internal-combustion engines
    • F02M37/22Arrangements for purifying liquid fuel specially adapted for, or arranged on, internal-combustion engines, e.g. arrangements in the feeding system
    • F02M37/24Arrangements for purifying liquid fuel specially adapted for, or arranged on, internal-combustion engines, e.g. arrangements in the feeding system characterised by water separating means

Abstract

(57)【要約】 【目的】 種々様々なクラッシュ条件において高い安全
性を廉価に保証する。 【構成】 フィルタ挿入体18が、ケーシング13の内
室17で保護スリーブ34によって取り囲まれており、
該保護スリーブが、前記内室17に対してシールされた
捕集室38を取り囲んでおり、該捕集室が、クラッシュ
条件でフィルタ挿入体18から流出する液体を捕集する
ようになっている。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、特に車両における燃料
を浄化するための液体フィルタであって、ケーシング
に、液体の流入部と流出部とのための少なくとも2つの
接続部が配置されており、前記ケーシングが内室にフィ
ルタ挿入体を収容しており、該フィルタ挿入体が、前記
流入部と前記流出部との間に接続されている形式のもの
に関する。
【0002】
【従来の技術】このような形式の液体フィルタはドイツ
連邦共和国特許出願公開第3312613号明細書に基
づき既に公知である。この公知の液体フィルタは車両に
おけるディーゼル燃料を浄化するために使用され、貯水
室と、排出用ねじとを備えている。このようなディーゼ
ルフィルタは、有利には車両のボンネットの下に配置さ
れ、それゆえに車両の衝突時では特に安全性条件を満た
さなければならない。特に厳格なクラッシュ条件のもと
では、機械的に著しい変形を受けても液体フィルタは密
でなければならない。この目的のために、前記フィルタ
のカップ形のケーシング本体は深絞り成形された鋼薄板
から製造されていて、その縁部で特殊鋼から成るカバー
と溶接されている。このカバーには、流入部と流出部と
のための管接続部がホース接続管片として構成されてい
て、カバーに固くろう接されている。こうして、液体フ
ィルタは特にクラッシュ条件においても高い安全性要件
を満たすことができるようになり、種々の燃料および水
に対して抵抗力を有し、簡単な取り扱いを許すと共に良
好な外観を有している。
【0003】しかしこの場合に不都合となるのは、この
ようなクラッシュ安全性を達成するためには、比較的大
きな手間がかかってしまい、ひいては高価となってしま
うことである。また、顧客によって規定される種々様々
なクラッシュ安全性条件を必ずしも充分に満たすことは
できない。
【0004】さらに、燃料フィルタにおいてケーシング
全体を外部で耐裂断性のシートによって密に取り囲ん
で、こうしてクラッシュ時に変形されたフィルタユニッ
トから流出する燃料を液体密な袋に捕集することが既に
提案されている。このような構造を用いて多くの条件が
充足可能となるけれども、この場合に不都合となるの
は、燃料袋内にルーズに包み込まれた燃料フィルタの外
観があまり美しくないことである。また、燃料袋の位置
はフィルタの外部で保護されておらず、したがって燃料
袋はクラッシュ時に比較的大きな損傷危険にさらされて
しまう。さらに、交換可能なフィルタ挿入体を備えたケ
ーシングフィルタでは、フィルタエレメントを交換する
前にまず燃料袋が取り外されなければならないので不都
合となる。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】本発明の課題は、冒頭
で述べた形式の液体フィルタを改良して、前記欠点が回
避されて、種々様々なクラッシュ条件において高い安全
性が廉価に確保されるような液体フィルタを提供するこ
とである。
【0006】
【課題を解決するための手段】この課題を解決するため
に本発明の構成では、フィルタ挿入体が、ケーシングの
内室で保護スリーブによって取り囲まれており、該保護
スリーブが、前記内室に対してシールされた捕集室を取
り囲んでおり、該捕集室が、クラッシュ条件でフィルタ
挿入体から流出する液体を捕集するようにした。
【0007】
【発明の効果】本発明による液体フィルタは従来のもの
に比べて次のような利点を持っている。すなわち、本発
明による液体フィルタはクラッシュに対して安全なフィ
ルタ構造を可能にしており、このようなフィルタ構造に
よって、顧客によって規定された種々様々な条件を比較
的廉価に満たすことができる。したがって、本発明によ
る液体フィルタは、現在汎用の種々のクラッシュ法に合
格し得る構造を可能にする。フィルタケーシング内部に
保護スリーブが配置されていることに基づき、クラッシ
ュに続いてフィルタケーシングの変形や不密化が生じた
場合でも、燃料が流出して環境を汚染することはない。
なぜならば、燃料は相変わらず密な、同じくフィルタ挿
入体と共に変形した保護スリーブの内部に留まるからで
ある。
【0008】さらに、このようにして液体フィルタ自体
をコスト面でも最適化することができる。特にこのよう
な手段を用いると、極めて安価なプラスチックフィルタ
をクラッシュに対して安全に製造することができる。さ
らに、液体フィルタの外観も損なわれない。また液体フ
ィルタを、フィルタ挿入体の交換時に自動的に保護スリ
ーブも一緒に交換されるように構成することもできる。
したがって、付加的な組付け手間が生じなくなる。
【0009】請求項2以下に記載の手段により、請求項
1に記載の液体フィルタの有利な改良が可能となる。請
求項2に記載したように保護スリーブを構成すると特に
有利になり得る。これによって、フィルタケーシングの
内部では密な2つの結合個所しか必要とならない。この
ことは単純な構造を促進する。フィルタ構造に応じて、
保護スリーブを2つの部分または複数の部分から構成
し、この場合にフィルタ挿入体の構成部分自体を保護ス
リーブ機能に取り入れることも有利になり得る。保護ス
リーブのために耐裂断性のシート状のプラスチック材料
が使用されると特に有利である。このプラスチック材料
は生じる負荷に対して耐性を有している。さらに、適当
な支持手段によって、比較的高い差圧においても燃料通
流が阻止されないようになると有利になり得る。このこ
とは特に吸込み側に配置されたフィルタ、つまり作動時
に負圧が生じ得るようなフィルタにおいて言えることで
ある。このような支持部材が、丸く面取りされた縁部を
備えた、規定量だけ変形可能な支持板として、保護スリ
ーブとフィルタ挿入体との間に配置され、これによって
充分な流過横断面が確保されるので好都合である。さら
に、本発明による液体フィルタは、巻き体エレメントと
しても星形エレメントとしても構成され得るような種々
の異なるフィルタ挿入体構造に対して適しているので有
利である。
【0010】液体フィルタが、取り外し可能なカバー
と、交換可能なフィルタ挿入体とを備えたケーシングフ
ィルタとして構成されると特に有利である。ケーシング
の変形時でも燃料が流出し得ないように流入部のための
接続部と流出部のための接続部とが構成されているよう
な液体フィルタの構成が特に有利である。このことは、
弾性的な部材によって得られると有利である。この部材
は、ある程度の形状安定性にもかかわらず従動性で軟質
であり、この場合、前記部材は接続技術を衝撃に対して
鈍感にし、これによってクラッシュ試験における高い要
件を満たすことができる。
【0011】
【実施例】以下に、本発明の複数の実施例を図面につき
詳しく説明する。
【0012】図1には、燃料を浄化するために働く液体
フィルタ10の縦断面図が示されている。この液体フィ
ルタ10は導管フィルタ構造のケーシングフィルタとし
て構成されており、このような導管フィルタ構造では、
流入部11と流出部12とが、ケーシング13の互いに
反対の側の端面に配置されている。
【0013】ケーシング13はカップ形のケーシング本
体14を有しており、このケーシング本体には、着脱自
在の緊定リング16を用いてカバー15が密に固く固定
されている。ケーシング13はその内室17にフィルタ
挿入体を有しており、このフィルタ挿入体はこの場合、
巻き体エレメント18として構成されている。巻き体エ
レメント18は主として中心管19と、軸方向で燃料に
よって通流される巻き体21と、カップ形の底部分22
とから成っている。これらの構成部材は公知の形式で互
いに固定されており、この場合、これらの構成部材は汚
染側23と清澄側24とを隔離している。さらに、中心
管19の内部には、栓体25が配置されており、この栓
体は中心管19内に位置する流入側の半径方向孔26
と、流出側の半径方向孔27とを隔離している。
【0014】中心管19はケーシング13の軸方向の全
長にわたって延びていて、上側の成形リングパッキン2
8によってカバー15に、同形式の下側の成形リングパ
ッキン29によってカップ形のケーシング本体14の底
部にそれぞれ密に支持されている。前記成形リングパッ
キン28,29とは、互いに等しい弾性的なパッキンで
あり、このパッキンはたとえばゴムまたは弾性プラスチ
ックから構成することができる。成形リングパッキン2
8,29はほぼU字形の横断面を有していて、スリーブ
形の内側の折り返し部30でそれぞれ中心管19の両端
部に突入している。それに対して、前記成形リングパッ
キンのスリーブ形の外側の折り返し部31はそれぞれ中
心管19の端部の外周面を密に取り囲んでいる。上側の
成形リングパッキン28の内側の折り返し部30には、
流入管11に配属された管片32が突入している。この
管片はカバー15を通って貫通案内されていて、これに
よって中心管19の内部で密にかつ弾性的に保持されて
いる。管片32を介して、流入部11は汚染側23に接
続されている。相応して、カップ形のケーシング本体1
4の底部を通って下方から中心管19内に管片33が導
入されていて、下側の成形リングパッキン29の内側の
折り返し部30によって弾性的にかつ密に保持されてい
る。管片33は流出側の半径方向孔27を越えて中心管
19に大きく突入しており、これによって、分離された
水の吸込みは阻止されている。
【0015】図1にさらに示したように、液体フィルタ
10は、ケーシング13の内室17に配置されて巻き体
エレメント18を完全に密に取り囲む保護スリーブ34
を有している。保護スリーブ34は耐裂断性でフレキシ
ブルで、しかも密なシート状のプラスチック材料から成
っており、このプラスチック材料は一体にホース状に構
成されていて、両端部35,36でそれぞれ保持リング
37によって弾性的な成形リングパッキン28;29の
外径に密に固く結合されている。保護スリーブ34はこ
うして内室17から隔離された捕集室38を形成してお
り、この捕集室に巻き体エレメント18が配置されてい
る。この捕集室38の内部では、汚染側23において流
入側の半径方向孔26と上側の成形リングパッキン28
との間の範囲で、中心管19に支持板39が固定されて
いる。この支持板はその丸く面取りされた外縁部で保護
スリーブ34とフィルタ挿入体18との間に位置してい
る。前記支持体は、液体フィルタ10が吸込み側で接続
されて、運転時に負圧が生じるような場合でも、充分な
流入横断面積を確保する。
【0016】シート状の保護スリーブ34はまず均一な
直径を有するホースとして構成することができる。次い
で、ホース形の保護スリーブ34の両端部35,36は
標準の保持リング37によって弾性的な成形リングパッ
キン28;29に結合されなければならない。このよう
な結合を容易にするためには、袋状に片側の小さくなっ
たホース突起を備えた保護スリーブ34を構成すること
も可能である。これにより、保護スリーブの一端では結
合が一層簡単に実施可能となる。さらに、収縮ホースの
形式で保護スリーブ34を構成することも可能であり、
この場合、保護スリーブの少なくとも端部35,36に
対する熱作用に基づき、保護スリーブの直径は減径さ
れ、これによって結合が容易になる。
【0017】以下に、液体フィルタ10の作用形式を説
明する。
【0018】流入部11に流入した燃料は管片32を介
して中心管19の上側の部分に流入して、流入側の半径
方向孔26を通って汚染側23に流入し、巻き体21を
通流した後に浄化されて清澄側24に流入する。この場
所から、浄化された燃料は流出側の半径方向孔27を介
して中心管19の下側の部分に流入して、流出側の管片
33を介して流出部12に流出することができる。この
場合保護スリーブ34によって、燃料が捕集室38から
流出して、ケーシング13の内室17に流入してしまう
ことが阻止される。したがって、内室17の、ケーシン
グ13と保護スリーブ34との間に位置する部分には、
空気が存在していてよい。
【0019】クラッシュ時にケーシング13が変形され
て、不密になっても、燃料が流出して環境を汚染するこ
とはない。なぜならば、燃料は同じくケーシング13と
共に変形されているが、なおも密な保護スリーブ34の
内部に留まるからである。この場合に流入部11のため
の接続部と流出部12のための接続部とは、変形時でも
この場所で燃料が流出し得ないように構成されていると
有利である。前記接続部は弾性的な成形リングパッキン
28,29によって形成されており、この場合、クラッ
シュ時にケーシング13内での管片32,33の位置と
方向とが変化した場合でも、管片32,33がなおもシ
ールされるようになっている。この場合に支持板39
は、クラッシュ時に規定された通りに変形して、このと
きに保護スリーブ34を損傷させないように構成され得
る。ケーシング13の内部に保護スリーブ34が配置さ
れていることに基づき、液体フィルタ10の外観が不都
合に損なわれることはない。ケーシング13の内部にお
ける保護スリーブ34のこのような位置は次のような利
点をも持っている。すなわち、特に車両のエンジンルー
ムにおいて、この位置ははるかに小さな損傷危険にしか
さらされない訳である。
【0020】さらに、カバー15の開放後に行なわれる
フィルタ挿入体18の交換時に、巻き体エレメントが、
この巻き体エレメントを取り囲む保護スリーブ34を含
めて1つのユニットとして交換可能となり、その後に環
境に穏やかに廃棄され得ることは特に好都合となる。こ
の場合、ケーシング13は車両においてさらに使用可能
である。
【0021】図2には、第2の液体フィルタ40の一部
が縦断面図で示されている。この第2の液体フィルタ
は、別の成形リングパッキン41を有している点でのみ
図1に示した液体フィルタ10と異なっている。この成
形リングパッキン41では、外側の折り返し部31が比
較的短く構成されているので、保護スリーブ34の端部
35は保持リング37によって中心管19の外径に結合
される。流出側の管片33の範囲における保護スリーブ
の端部36の結合部は相応して構成され得るので、図示
していない。こうして、成形リングパッキンは保護スリ
ーブ34の結合個所から引き離されており、このことは
特定の使用事例において有利になり得る。
【0022】図3には、第3の液体フィルタの縦断面図
が示されている。この第3の液体フィルタは、特にフィ
ルタエレメントとして巻き体エレメントの代わりに星形
エレメント51を有している点で、図1に示した液体フ
ィルタ10と異なっている。また、図1と同じ構成要素
は同じ符号を備えている。
【0023】星形エレメント51では、星形濾紙52
が、公知の形式で端面側の2つのカバーキャップ53,
54の間に配置されている。上側のカバーキャップ53
には、上側のシール栓体55が密にかつ不動に組み込ま
れており、このシール栓体を介して星形エレメント51
はケーシング13のカバー15に支持されている。相応
して、下側のカバーキャップ54には、下側のシール栓
体56が固定されており、このシール栓体によって星形
エレメント51はカップ形のケーシング本体14の底部
に支持されている。両シール栓体55,56は軟質のゴ
ムまたは適宜な弾性を備えた適当なプラスチックから構
成されているので、前記シール栓体は所要のシール兼保
持機能を引き受けることができる。下側のシール栓体5
6はケーシング13に同軸的に配置された管片33によ
って貫通されており、この管片は流出部12を星形エレ
メント51内の清澄側24に接続している。上側のシー
ル栓体55では、流出部11に接続された管片32が、
カバー15を貫いて盲孔状の中心の孔57に突入してい
る。この孔からは、星形に配置された半径方向通路58
が、星形エレメント51の汚染側23に通じている。両
カバーキャップ53,54では、外周面にそれぞれ斜め
外方に突出した保持アーム59が構成されており、この
保持アームは丸みを備えた自由縁部を備えている。前記
保持アームは固有の星形エレメント51から間隔をおい
て保護スリーブ34を保持している。少なくとも上側の
カバーキャップ53では、個々の保持アーム59の間に
通流開口61が構成されており、これによって半径方向
通路58を介して流入する燃料はカバーキャップ53の
上方で半径方向外側に流れることができ、前記通流開口
61を介して星形濾紙52の汚染側の流入開口に到達す
ることができる。一体にホース状に構成された保護スリ
ーブ34はその両端部35;36で保持リング37によ
ってそれぞれシール栓体55;56の外周面に密に結合
されている。この場合に上側のシール栓体55では、結
合個所が上側のカバーキャップ53から間隔をおいて位
置しており、この場合、カバーキャップ53と保護スリ
ーブ34との互いに平行に延びる部分の間には、充分に
大きな環状室62が形成されている。この環状室は通流
開口61と接続されている。したがって、液体フィルタ
50では、ケーシングフィルタおよび導管フィルタとし
ての構造にもかかわらず星形エレメント51を使用する
ことができる。
【0024】この星形エレメントは同じくケーシング1
3の内室17で保護スリーブ34によって密に取り囲ま
れ、この保護スリーブは仕切られた捕集室38を形成す
る。
【0025】したがって、第3の液体フィルタ50の作
用形式はクラッシュ安全性に関して図1に示した液体フ
ィルタ10の作用形式に相当しており、この場合、半径
方向で通流される星形エレメント51が浄化機能を引き
受ける。また、液体フィルタ50は弾性的なゴムもしく
は比較可能なプラスチックから成るシール栓体55,5
6に基づき、外部衝撃に対して比較的安定的である接続
技術を有している。
【0026】図4には、第4の液体フィルタ70の縦断
面図が示されている。この第4の液体フィルタは、特に
流入部と流出部とフィルタ挿入体とのための別の接続技
術の点で、図1および図3に示した液体フィルタとは異
なっている。液体フィルタ70はケーシング71を有し
ており、このケーシングのカップ形のケーシング本体7
2には、着脱可能な緊定リング74を用いてカバー73
が密にかつ固く固定されている。ケーシング71はその
内室75にフィルタ挿入体として巻き体エレメント76
を収容している。この巻き体エレメントはその中心管7
7によって接続栓体78に接続されている。
【0027】接続栓体78は軟質のゴムから成ってお
り、このゴムは充分な形状安定性と共に、充分に大きな
弾性を有しているので、外部からの衝撃に対してできる
だけ安定的になる。
【0028】接続栓体78はその外周面に環状溝79を
有しており、この環状溝には、カバー73が、中心の開
口81に設置された、折り曲げられた縁部82で挿入さ
れている。環状溝79と開口81との直径は、互いに調
和されていて、この場合、接続栓体78はケーシング7
1の内室75を外部に対して申し分なくシールしてお
り、接続栓体78はカバー73に固くかつ弾性的に固定
されている。接続栓体78はケーシング71の外側で円
錐状の区分83を形成しており、この区分は流入用と流
出用との2つの開口85;86を備えた端面84によっ
て制限されている。
【0029】接続栓体78はカバー73から、ほぼ円筒
状の区分87で内室75に突入しており、この場合、円
筒状の区分87には、中心管77のストッパのための肩
部88が構成されている。円筒状の区分87は内側に位
置する端面89によって制限される。この端面からは、
液体フィルタ70の長手方向軸線に対して平行に一貫し
て延びる孔91が、第1の端面84に設けられた流出側
の開口86に通じている。この孔91には、接続栓体7
8を完全に貫通する管片92が差し込まれており、この
管片は巻き体エレメント76内の清澄側93から流出部
94に通じる流出通路95を形成している。
【0030】接続栓体78では、端面84に設けられた
流入側の開口85を起点として孔91に対して平行に盲
孔状の孔96が延びている。この孔の内側に位置する端
部からは、半径方向孔97が円筒状の区分87の外周面
100に通じている。半径方向孔97は、円筒状の区分
87に被せ嵌められた中心管77が密にかつ固く接触し
ていて、半径方向孔97の両側に対してシール個所を形
成している前記外周面100の範囲に開口している。こ
の場合にシール個所98は半径方向孔97と内側の端面
89との間に位置していて、これによって清澄側93と
汚染側99とを隔離している。盲孔状の孔96には、管
片101が差し込まれており、この管片は流入部102
から汚染側99に通じた流入通路103を形成してい
る。中心管77はこの目的のために、半径方向孔97に
対して同軸的に位置する貫通開口104を有している。
さらに、中心管77には、固有の巻き体105の下方で
横方向孔106が配置されており、この横方向孔を介し
て、中心管77の内部はカップ形の底部分107によっ
て形成された環状室108に接続されている。中心管7
7は下側の閉鎖された端部109で、カップ形のケーシ
ング本体72の底部111に支持されていて、排水のた
めに働く閉鎖ねじ112を有している。この閉鎖ねじは
底部111を貫いて案内されていて、端部109と螺合
されている。
【0031】巻き体105には、底部分107とは反対
の側で支持手段として働く支持リング113が配置され
ている。この支持リングはその外縁部で直接巻き体10
5に支持されていて、その内縁部で中心管77に設けら
れたつば114に載置されており、これによって供給通
路103に接続されてた、汚染側99に配属された環状
室を成している。
【0032】ケーシング71に組み込まれた巻き体エレ
メント76は特にクラッシュ試験における安全性条件を
満たす目的で、閉じられた圧力媒体密な保護スリーブ1
15によって取り囲まれており、この保護スリーブはケ
ーシング71の内部に配置されている。この保護スリー
ブ115はプラスチック製の極めて耐裂断性でフレキシ
ブルなシートから成っており、このシートはこの場合に
一体に、つまりホース状に構成されている。保護スリー
ブ115はその上側の端部116で、中心管77の前記
支持リング113を越えて突出した端区分に接着個所1
17によって密にかつ固く結合されている。保護スリー
ブ115はその下側の端部118で、軸方向において中
心管77の端部109とケーシングの底部111との間
に密にかつ固く緊定されており、この場合、端部118
は2つの扁平シールリング119の間に設置されている
と有利である。この扁平シールリングは保護スリーブ1
15の端部118と一体に構成することができるので有
利である。したがって、保護スリーブ115は、内室7
5とは隔離された、巻き体エレメント76を収容する捕
集室121を制限している。
【0033】第4の液体フィルタ70では、図1に示し
た液体フィルタ10の場合と同様にクラッシュ時にフィ
ルタケーシングが変形されて、非密になるおそれがあ
る。しかしそれにもかかわらず、燃料が流出して環境を
汚染することはない。なぜならば、燃料は、引き続き密
となる、同じく巻き体エレメント76と共に変形された
保護スリーブ115内に留まるからである。クラッシュ
条件下に生じるケーシング71の変形時では、保護スリ
ーブ115が、かどの尖った部分の不都合な作用に対し
て良好に保護されていて、したがって安全性機能を良好
に満たすことができる。
【0034】液体フィルタ70では、ゴムから成る接続
栓体78が、多目的に使用可能であるだけでなく、クラ
ッシュ条件においても有利であると認められるような接
続技術を可能にしている。液体フィルタ70の組み立て
時では、軟弾性的なゴムから成る接続栓体78がまず下
方からカバー73に設けられた円形の開口81に挿入さ
れ得る。この場合、円錐状の区分83がこの組込みを容
易にする。この場合に、構成部材の密で固く、かつ弾性
的な結合が得られる。次いで、下方から接続栓体78の
円筒状の区分87に、巻き体エレメント76の中心管7
7が被せ嵌められ、この場合、ゴム状の接続栓体78は
その外周面の範囲で半径方向孔97のための全ての側の
シールを形成する。この場合に巻き体エレメント76は
既に保護スリーブ115によって取り囲まれていてよ
い。次いで、接続栓体78には、上方から開口85,8
6を通じて平滑な管片101;92が孔96;91に差
し込まれる。管片101,92の差込み時に、接続栓体
78におけるプレロードが増大し、これによってカバー
13と中心管77とに対するシール作用は増幅される。
続いて、カバー73と接続栓体78と巻き体エレメント
76とから成る構成ユニットはカップ形のケーシング本
体72に組み込まれて、カバー73は緊定リング74を
用いて固定される。ゴムから成る接続栓体78はこの接
続技術ではある程度の弾性を可能にしており、この弾性
は固定部とシール部とを衝撃に対して鈍感にするので、
このような弾性は特にクラッシュ試験における条件では
有効になることが判かった。閉鎖ねじ112を用いて、
中心管の端部109は軸方向においてカップ形のケーシ
ング本体の底部111と緊定され、この場合保護スリー
ブ115の端部118は配属された扁平シールリング1
19によって密にかつ固く緊定される。水を排出するた
めには、閉鎖ねじ112を公知の形式で開放することが
できる。
【0035】液体フィルタ70の作用形式はほぼ次の通
りである。
【0036】流入部102から流入通路103を介して
汚染側99に流入した燃料は、軸方向で巻き体105を
貫流して、浄化されて環状室108に流出する。この場
所から、浄化された燃料は横方向孔106を介して中心
管77の内部に位置する清澄側93に流入して、流出通
路98を介して流出部94に到達する。環状室108で
分離された水は閉鎖ねじ112を介して除去することが
できる。底部分107と汚染側99の支持リング113
とに基づき、液体フィルタ70を吸込み運転で使用し
て、この場合に負圧が生じるような場合でも、保護スリ
ーブ115が設けられているにもかかかわらず充分な流
過横断面が確実に提供されるようになる。
【0037】図5には第5の液体フィルタ130の縦断
面図が示されている。この第5の液体フィルタは次の点
で図4に示した第4の液体フィルタ70と異なってお
り、ただし同じ構成部分に対しては、同じ符号を使用す
る。
【0038】第5の液体フィルタ130は異なる巻き体
エレメント131を有しており、この巻き体エレメント
は特に厚紙から成る外側管132を備えている。さら
に、保護スリーブ133は2つの部分から、つまり上側
部分134と下側部分135とから構成されている。外
側管132は巻き体105を越えて軸方向で両側に突出
していて、汚染側99に配属された突出した縁部136
と、清澄側108に配属された突出した縁部136とを
有している。前記両縁部136は保護スリーブ133の
ための支持手段として働き、これによって所要の流過横
断面積もしくはスペースが確保されている。保護スリー
ブ133の上側部分134はこれまでの実施例と同様に
上側の端部116で接着個所117に結合されている。
相応して、下側の部分135の下側の端部137は中心
管の端部109の外周面で同形式の接着個所140に密
に固定されている。上側部分134の外側に位置する端
部138と、下側部分135の対応する端部139と
は、接着個所141で密にかつ固く互いに結合されてお
り、この接着個所は外側管132の周面に配置されてい
る。
【0039】第5の液体フィルタ130の作用形式およ
び機能は図4に示した第4の液体フィルタ70に相当し
ている。外側管132によって、巻き体エレメント31
を僅かな構成エレメントから製造することができ、また
保護スリーブ131に対して同一形式の接着個所11
7,140,141を構成することができる。保護スリ
ーブ131を2つの部分から構成することは使用事例に
応じて有利になり得る。
【0040】図6には、第6の液体フィルタ150の縦
断面図が示されている。この第6の液体フィルタは次の
点で、図4に示した第4の液体フィルタ70と異なって
いる。ただし、同じ構成部分に対しては同じ符号を使用
する。第6の液体フィルタ150は特に3つの部分から
成る保護スリーブ151を有しており、この場合、巻き
体エレメント153の外側管152は前記保護機能のた
めに利用される。
【0041】有利には厚紙から成る外側管152は、こ
の目的のために適宜に含浸されるか、または適当な液体
密のプラスチック被覆体を装備されるので、前記外側管
は保護スリーブ151の一部を形成することができる。
保護スリーブ151はさらに、皿形の上側部分154
と、皿形の下側部分155とを有しており、両者は耐裂
断性のシート状のプラスチック材料から成っていて、成
形体として製造可能である。同じくゴムから製造可能で
ある接続栓体156は、平らな環状溝157を有してお
り、この環状溝には、上側部分154の嵌合つば158
が挿入されていて、被せ嵌められた中心管77によって
密にかつ固く緊定されている。上側部分154の外径は
接着個所159によって外側管152の外壁と密にかつ
固く結合されている。相応して、下側部分155の外縁
部は接着個所161によって外側管152と密にかつ固
く結合されており、それに対して下側部分155の内縁
部162はケーシング71の底部111と閉鎖栓体16
3との間に軸方向で緊定されている。このためには、閉
鎖栓体163に閉鎖ねじ164が突入している。閉鎖栓
体163は適当なプラスチックから製造することがで
き、中心管77に対するシールをも引き受ける。外側管
152に設けられた接着個所159,161はこの場
合、できるだけ互いに離れて位置しているので、保護ス
リーブ151にかかるコストを低くすることができる。
流過横断面を確保するための支持手段の機能は、成形体
として構成された上側部分154もしくは下側部分15
5と相まって外側管152によって引き受けられる。こ
の場合、閉鎖栓体163におけるシール作用を改善する
ために、適当なシール縁部165が構成されていると好
都合となる。接続栓体156はそのカバーから突出した
区分に円筒状の範囲を有している。この範囲には、ホー
スクランプ166が配置されており、これによって管片
101;92の引き抜きが防止されている。
【0042】第6の液体フィルタ150の作用形式と機
能は図4に示した第4の液体フィルタ70に相当してお
り、この場合、一体の保護スリーブ115の代わりに、
3つの部分から成る保護スリーブ151がクラッシュ時
の安全性機能を引き受けるようになっているだけであ
る。
【0043】図7には、第7の液体フィルタ170の部
分的な縦断面図が示されている。この第7の液体フィル
タは構造の点から見て3つの部分から成る保護スリーブ
171の点で、図6に示した第6の液体フィルタ150
に類似している。第7の液体フィルタ170では、保護
スリーブ171を構成する目的でやはり外側管172が
使用されているが、しかしこの場合、保護スリーブ17
1の上側部分173は接続栓体174と一体に構成され
ている。接続栓体174は、この場合やはり軟質ゴムま
たは適当なプラスチックから成っていてよい。この接続
栓体には、キャップ形の上側部分173が、接続栓体1
74の環状溝79と半径方向孔97との間で直接に一体
成形されている。上側部分173の外縁部は外側管17
2の外壁とシール個所175で同じく接着されている
か、または溶着されている。上側部分173と同様に、
下側部分176も閉鎖栓体177と一体に構成されてお
り、この閉鎖栓体には、閉鎖ねじ112が嵌合してい
る。閉鎖栓体177もゴムまたは適当なプラスチックか
ら製造することができ、中心管77の支持をも引き受け
ている。下側部分176の外縁部はやはりシール個所1
78で外側管172に密にかつ固く結合されているの
で、保護スリーブ171は巻き体エレメントを圧力媒体
密に取り囲んでいる。上側部分173と下側部分174
とが接続栓体174もしくは閉鎖栓体177に一体に組
み込まれて構成されていることに基づき、比較的小さな
外径を有する範囲における保護スリーブ171の結合個
所を節約することができ、このことは、一層簡単な製造
を促進する。
【0044】図8には、第8の液体フィルタ180の部
分的な断面図が示されている。この第8の液体フィルタ
は特に次の点で、図7に示した第7の液体フィルタと異
なっている。すなわち、第8の液体フィルタの巻き体エ
レメント181は孔付き薄板182を介して、カップ形
のケーシング本体184に設けられたケーシング肩部1
83に支持されている。同じく3つの部分から構成され
た保護スリーブ171の下側部分185はケーシング肩
部183を介して引き上げられていて、シール個所18
6で外側管172と密にかつ固く結合されている。六角
体として構成された閉鎖栓体187は下側部分185に
一体に組み込まれて、閉鎖ねじ122のための雌ねじ山
を収容している。閉鎖栓体187は完全にプラスチック
から製造されるか、または加硫導入された鋼ナットを収
容するように構成され得る。
【0045】図9には、第9の液体フィルタ190の部
分的な縦断面図が示されている。この第9の液体フィル
タは保護スリーブ191の構造に基づき、図7および図
8に示した液体フィルタに類似している。第9の液体フ
ィルタ190では、保護スリーブ191の上側部分19
2が同じく接続栓体193と一体に構成されており、そ
れに対して保護スリーブ191の下側部分194は閉鎖
栓体187と一体に構成されている。しかし、上側部分
192および下側部分194は軸方向においてそれぞ
れ、縁部195;196がクランプ閉鎖体197によっ
て互いに密にかつ固く結合されるような長さで構成され
ている。このクランプ閉鎖体197はスナップ閉鎖体の
形式で構成することができる。このクランプ閉鎖体は図
10に拡大して示してある。しかし、たとえばスライド
ファスナの形式の別のクランプ閉鎖体または食品鮮度保
持用の密閉袋で汎用されているようなストリップファス
ナを選択することも可能である。汚染側99と清澄側9
3とを互いに隔離するためには、外側管172の上端部
に横断面U字形のシール部材198が装着されている。
このシール部材には上側部分192が密に被さってい
る。さらに、流入する燃料の分配を改善する目的で、接
続栓体193に環状溝199が設けられており、この環
状溝には、半径方向孔97が開口しており、それに対し
て中心管77には、複数の貫通開口104が位置してい
る。
【0046】当然ながら、図示の実施例に対しては、本
発明の思想から逸脱することなく複数の変化形が可能と
なる。すなわち、保護スリーブは結合個所の近くに、大
きさの異なる横断面区域の間の特に波形またはひだ形の
移行区域を有していてもよく、これによって大きな直径
差を容易に克服することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明による液体フィルタの第1実施例を示す
縦断面図である。
【図2】本発明による液体フィルタの第2実施例を示す
保護スリーブ固定部の縦断面図である。
【図3】本発明による液体フィルタの第3実施例を示す
縦断面図である。
【図4】本発明による液体フィルタの第4実施例を示す
縦断面図である。
【図5】本発明による液体フィルタの第5実施例を示す
縦断面図である。
【図6】本発明による液体フィルタの第6実施例を示す
縦断面図である。
【図7】本発明による液体フィルタの第7実施例を示す
部分的な縦断面図である。
【図8】本発明による液体フィルタの第8実施例を示す
部分的な縦断面図である。
【図9】本発明による液体フィルタの第9実施例を示す
部分的な縦断面図である。
【図10】図9に示した第9の液体フィルタの一部を拡
大して示す断面図である。
【符号の説明】
10 液体フィルタ、 11 流入部、 12 流出
部、 13 ケーシング、 14 ケーシング本体、
15 カバー、 16 緊定リング、 17 内室、
18 巻き体エレメント、 19 中心管、 21 巻
き体、 22 底部分、 23 汚染側、 24 清澄
側、 25 栓体、 26,27 半径方向孔、 2
8,29 成形リングパッキン、 30,31 折り返
し部、 32,33 管片、 34 保護スリーブ、
35,36 端部、 37 保持リング、 38 捕集
室、 39 支持板、 40 液体フィルタ、 41
成形リングパッキン、 50 液体フィルタ、 51
星形エレメント、 52 星形濾紙、 53,54 カ
バーキャップ、 55,56 シール栓体、 57
孔、 58 半径方向通路、 59 保持アーム、 6
1 貫通開口、 62 環状室、 70 液体フィル
タ、 71 ケーシング、 72 ケーシング本体、7
3 カバー、 74 緊定リング、 75 内室、 7
6 巻き体エレメント、 77 中心管、 78 接続
栓体、 79 環状溝、 81 開口、 82 縁部、
83 区分、 84 端面、 85,86 開口、
87 区分、88 肩部、 89 端面、 91 孔、
92 管片、 93 清澄側、94 流出部、 95
流出通路、 96 孔、 97 半径方向孔、 98
シール個所、 99 汚染側、 100 外周面、 1
01 管片、 102流入部、 103 流入通路、
104 貫通開口、 105 巻き体、 106 横方
向孔、 107 底部分、 108 環状室、 109
端部、 111 底部、 112 閉鎖ねじ、 11
3 支持リング、 114 つば、 115 保護スリ
ーブ、 116 端部、 117 接着個所、 118
端部、119 扁平シールリング、 121 捕集
室、 130 液体フィルタ、131 巻き体エレメン
ト、 132 外側管、 133 保護スリーブ、 1
34 上側部分、 135 下側部分、 136 縁
部、 137,138,139 端部、 140,14
1 接着個所、 150 液体フィルタ、 151保護
スリーブ、 152 外側管、 153 巻き体エレメ
ント、 154上側部分、 155 下側部分、 15
6 接続栓体、 157 環状溝、 158 嵌合つ
ば、 159,161 接着個所、 162 内縁部、
163閉鎖栓体、 164 閉鎖ねじ、 165 シ
ール縁部、 166 ホースクランプ、 170 液体
フィルタ、 171 保護スリーブ、 172 外側
管、173 上側部分、 174 接続栓体、 175
シール個所、 176下側部分、 177 閉鎖栓
体、 178 シール個所、 180 液体フィルタ、
181 巻き体エレメント、 182 孔付き薄板、
183 ケーシング肩部、 184 ケーシング本
体、 185 下側部分、 186 シール個所、 1
87 閉鎖栓体、 190 液体フィルタ、 191
保護スリーブ、192 上側部分、 193 接続栓
体、 194 下側部分、 195,196 縁部、
197 クランプ閉鎖体、 198 シール部材、 1
99 環状溝
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl.5 識別記号 庁内整理番号 FI 技術表示箇所 B01D 39/16 D 9263−4D F02M 37/22 G 7049−3G (72)発明者 ヴィルフリート ベーリンガー ドイツ連邦共和国 ラウフェン アム ネ ッカー ケルナーシュトラーセ 69 (72)発明者 ウルリッヒ プロヤーン ドイツ連邦共和国 ディッツィンゲン 4 イム ブレヒロッホ 10

Claims (32)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 液体フィルタであって、ケーシングに、
    液体の流入部と流出部とのための少なくとも2つの接続
    部が配置されており、前記ケーシングが内室にフィルタ
    挿入体を収容しており、該フィルタ挿入体が、前記流入
    部と前記流出部との間に接続されている形式のものにお
    いて、フィルタ挿入体(18;51;76;131;1
    53;181)が、ケーシング(13;71)の内室
    (17;75)で保護スリーブ(34;115;13
    3;151;171;191)によって取り囲まれてお
    り、該保護スリーブが、前記内室(17;75)に対し
    てシールされた捕集室(38;121)を取り囲んでお
    り、該捕集室が、クラッシュ条件でフィルタ挿入体(1
    8;51;76;131;153;181)から流出す
    る液体を捕集するようになっていることを特徴とする液
    体フィルタ。
  2. 【請求項2】 前記保護スリーブ(34;115)が一
    体に構成されていて、フィルタ挿入体(18;51;7
    6)をホース状に取り囲んでおり、さらに、フィルタ挿
    入体(18;51;76)の互いに反対の側に位置する
    2つの個所(35,36;116,118)で前記フィ
    ルタ挿入体と密にかつ固く結合されている、請求項1記
    載の液体フィルタ。
  3. 【請求項3】 前記保護スリーブ(133;151;1
    71;191)が、少なくとも2つの部分から構成され
    ていて、上側部分(134;154;173;192)
    と下側部分(135;155;176;185;19
    4)とを有している、請求項1記載の液体フィルタ。
  4. 【請求項4】 前記上側部分(134;192)と前記
    下側部分(135;194)とが、それぞれ外側の縁部
    (138,139;195,196)で互いに密にかつ
    固く結合されている、請求項3記載の液体フィルタ。
  5. 【請求項5】 前記上側部分(154;173)と前記
    下側部分(155;176;185)とが、それぞれ外
    側の縁部でフィルタ挿入体(153;181)の外壁
    (152;172)に密に固定されており、該外壁(1
    52;172)が、前記保護スリーブ(151;17
    1)の一部として構成されている、請求項3記載の液体
    フィルタ。
  6. 【請求項6】 前記保護スリーブ(34;115;13
    3;151;171;191)が、耐裂断性でシート状
    で、しかもフレキシブルな材料から成っている、請求項
    1から5までのいずれか1項記載の液体フィルタ。
  7. 【請求項7】 前記保護スリーブ(34;115;13
    3;151;171;191)によって取り囲まれた捕
    集室(38;121)に、流過横断面を確保する支持手
    段(39;59;113;136;154)が、汚染側
    (23;99)および/または清澄側(24;93)で
    配置されている、請求項1から6までのいずれか1項記
    載の液体フィルタ。
  8. 【請求項8】 フィルタ挿入体が巻き体エレメント(1
    8;76;131;153;181)として構成されて
    いる、請求項1から7までのいずれか1項記載の液体フ
    ィルタ。
  9. 【請求項9】 フィルタ挿入体が星形エレメント(5
    1)として構成されている、請求項1から7までのいず
    れか1項記載の液体フィルタ。
  10. 【請求項10】 ケーシング(13;71)が、カップ形
    のケーシング本体(14;72)と、該ケーシング本体に
    解離可能に結合されたカバー(15;73)とから成って
    いる、請求項1から9までのいずれか1項記載の液体フ
    ィルタ。
  11. 【請求項11】 液体フィルタが、ケーシング(13)
    の互いに反対の側に位置する、流入部(11)と流出部
    (12)とのための管片(32,33)を備えた導管フ
    ィルタとして構成されており、前記両管片(32,3
    3)が、巻き体エレメント(18)の中心管(19)に
    突入しており、該中心管(19)の両端部が、それぞれ
    弾性的な成形リングパッキン(28,29)を介してケ
    ーシング(13)にシールされており、前記成形リング
    パッキンの、中心管(19)に突入したスリーブ形の折
    り返し部(30)が、前記管片(32,33)を密に保
    持しており、前記成形リングパッキン(28,29)の
    範囲で、ホース状の前記保護スリーブ(34)の両端部
    (35,36)が、中心管(19)の外側で密に固定さ
    れている、請求項1から10までのいずれか1項記載の
    液体フィルタ。
  12. 【請求項12】 ホース状の前記保護スリーブ(34)
    の両端部(35,36)が、前記成形リングパッキン
    (28,29)の外側の折り返し部(31)に密に固定
    されている、請求項11記載の液体フィルタ。
  13. 【請求項13】 前記保護スリーブ(34)の捕集室
    (38)に、巻き体エレメント(18)の汚染側(2
    3)で、支持手段として働く支持板(39)が配置され
    ている、請求項11または12記載の液体フィルタ。
  14. 【請求項14】 液体フィルタが、ケーシング(13)
    の互いに反対の側に位置する、流入部(11)と流出部
    (12)とのための管片(32,33)を備えた導管フ
    ィルタとして構成されており、前記両管片(32,3
    3)が、ケーシング(13)の内室(17)で、それぞ
    れ星形エレメント(51)の端面側のシール栓体(5
    5,56)に突入しており、前記星形エレメントの端面
    側のカバーキャップ(53,54)が、前記シール栓体
    (55,56)に密に固定されており、流入側のシール
    栓体(55)で流入部(11,32)が、半径方向通路
    (58)に分岐しており、流出側の管片(33)が、対
    応するシール栓体(56)を貫通しており、ホース状の
    前記保護スリーブ(34)の両端部(35,36)が、
    前記両シール栓体(55,56)に結合されており、少
    なくとも流入側のカバーキャップ(53)の範囲に支持
    手段(59)が配置されており、該支持手段が、前記半
    径方向通路(58)と星形エレメント(51)の汚染側
    の周面とを接続する環状室(62)を形成している、請
    求項1から10までのいずれか1項記載の液体フィル
    タ。
  15. 【請求項15】 前記支持手段が、前記カバーキャップ
    (53)の外径から斜め上方に向かって突出した保持ア
    ーム(59)として構成されている、請求項14記載の
    液体フィルタ。
  16. 【請求項16】 ケーシングのカバー(73)に接続栓
    体(78)が密に挿入されており、該接続栓体が、弾性
    的な材料または制限された弾性を有するプラスチックか
    ら成っており、前記接続栓体に、前記カバー(73)の
    外側で流入部(102)と流出部(94)とのための管
    片(101,92)が接続されており、前記カバー(7
    3)の内側で巻き体エレメント(76)の中心管(7
    7)と、前記保護スリーブ(115)の一方の端部(1
    16)とが密に接続されており、前記接続栓体(78)
    で流入部(102)から山形の流入通路(103)が前
    記接続栓体の外周面(100)に延びていて、中心管
    (77)に設けられた貫通開口(104)を介して前記
    保護スリーブ(115)と巻き体エレメント(76)と
    の間の汚染室(99)に接続されており、前記接続栓体
    (78)に設けられた流出通路(95)が、流出部(9
    4)と、中心管(77)内に位置する前記巻き体エレメ
    ント(76)の清澄側(93)とを接続している、請求
    項1から10までのいずれか1項記載の液体フィルタ。
  17. 【請求項17】 巻き体エレメント(76)が、巻き体
    (105)を収容するほぼカップ形の底部分(107)
    を有しており、該底部分が、清澄側(93)に配属され
    た環状室(108)を制限しており、巻き体(105)
    の前記底部分(107)とは反対の側の端面に、汚染側
    (99)に配属された支持リング(113)が配置され
    ており、一体の保護スリーブ(115)が、前記底部分
    (107)と前記巻き体(105)と前記支持リング
    (113)とを取り囲んでいて、中心管(77)の両端
    範囲に密に固定されている、請求項16記載の液体フィ
    ルタ。
  18. 【請求項18】 前記保護スリーブ(115)の一方の
    端部(116)が、中心管(77)の前記支持リング
    (113)を越えて突出した端区分に密に固定されてお
    り、前記保護スリーブ(115)の他方の端部(11
    8)が、閉鎖ねじ(112)の範囲でケーシング本体
    (72)の底部と中心管(77)の端部(109)との
    間に軸方向で密にかつ固く緊定されている、請求項17
    記載の液体フィルタ。
  19. 【請求項19】 巻き体エレメント(131)が、巻き
    体(105)から軸方向長さで両側に突出している外側
    管(132)を有しており、該外側管を越えて、両側で
    軸方向に中心管(77)が突出しており、2つの部分か
    ら成る保護スリーブ(133)が、上側部分(134)
    と下側部分(135)とを有しており、前記上側部分と
    前記下側部分との対応する縁部(138,139)が、
    前記外側管(132)の外壁で互いに密にかつ固く結合
    されており、前記上側部分(134)と前記下側部分
    (135)との、小さな直径に位置する他方の端部(1
    16,137)が、それぞれ中心管(77)に密に固定
    されている、請求項16記載の液体フィルタ。
  20. 【請求項20】 前記外側管(77)の、巻き体(10
    5)を軸方向で両側で越えて突出した端部(136)
    が、汚染側(99)に設置された環状室と、清澄側(9
    3)に設置された環状室(108)とを形成するための
    支持手段を形成している、請求項19記載の液体フィル
    タ。
  21. 【請求項21】 前記保護スリーブ(151)が、複数
    の部分から構成されていて、上側部分(154)と下側
    部分(155)とを有しており、前記上側部分と前記下
    側部分とが、それぞれ中心に切欠きを備えた皿形の成形
    体として構成されており、該成形体(154,155)
    の切欠きが、接続栓体(156)もしくは閉鎖栓体(1
    63)の範囲に密に緊定されており、前記成形体の外縁
    部が、それぞれ巻き体エレメント(153)の外側管
    (152)と密にかつ固く結合されており、該外側管
    (152)が、互いに間隔をおいて位置する結合個所
    (159,161)の間で、同じく前記保護スリーブ
    (151)の一部として構成されている、請求項16記
    載の液体フィルタ。
  22. 【請求項22】 前記外側管(152)が厚紙から成っ
    ており、該厚紙が、含浸、被覆またはこれに類する処理
    によって密に構成されている、請求項21記載の液体フ
    ィルタ。
  23. 【請求項23】 前記保護スリーブ(171;191)
    が複数の部分から成っていて、キャップ形の上側部分
    (173;192)を有しており、該上側部分が、接続
    栓体(174;193)と一体に構成されている、請求
    項16記載の液体フィルタ。
  24. 【請求項24】 前記保護スリーブ(171)がキャッ
    プ形の下側部分(176;185)を有しており、該下
    側部分が、閉鎖ねじ(112)に配属された、ねじ山を
    備えた閉鎖栓体(177;187)と一体に構成されて
    いる、請求項23記載の液体フィルタ。
  25. 【請求項25】 前記上側部分(173)と前記下側部
    分(176;185)とが、それぞれ外縁部で巻き体エ
    レメント(153)の外側管(172)に互いに軸方向
    間隔をおいて密に固定されており、前記外側管(17
    2)が前記保護スリーブ(171)の一部を形成してい
    る、請求項23または24記載の液体フィルタ。
  26. 【請求項26】 中心管(77)が、接続栓体(17
    4)と閉鎖栓体(177)との間に延びている、請求項
    24または25記載の液体フィルタ。
  27. 【請求項27】 ケーシング本体(72)が肩部(18
    3)を有しており、該肩部に巻き体エレメント(18
    1)が支持されており、前記保護スリーブ(171)の
    下側部分(185)の外縁部が、前記肩部(183)の
    上方で巻き体エレメント(181)の外側管(172)
    に固定されている、請求項22から25までのいずれか
    1項記載の液体フィルタ。
  28. 【請求項28】 前記保護スリーブ(191)が2つの
    部分から構成されており、キャップ状の上側部分(19
    2)と下側部分(194)との外側の縁部(195,1
    96)が、クランプ閉鎖体(197)によって互いに密
    にかつ固く結合されている、請求項23または24記載
    の液体フィルタ。
  29. 【請求項29】 巻き体エレメント(200)の外側管
    (172)が、巻き体(105)を越えて突出した端部
    にシールリングエレメント(198)を有しており、該
    シールリングエレメントに前記上側部分(192)が接
    触していて、汚染側(99)を制限している、請求項2
    8記載の液体フィルタ。
  30. 【請求項30】 接続栓体(78;156;174;1
    93)に山形に延びる流入通路(103)が、外周面
    (100)に配置された環状溝(199)に開口してお
    り、中心管(77)が、該中心管の全周にわたって分配
    された複数の貫通開口(104)を有している、請求項
    16から29までのいずれか1項記載の液体フィルタ。
  31. 【請求項31】 前記保護スリーブもしくは前記保護ス
    リーブの一部が、収縮ホースとして構成されている、請
    求項1から30までのいずれか1項記載の液体フィル
    タ。
  32. 【請求項32】 前記保護スリーブもしくは前記保護ス
    リーブの一部が、結合個所に用いられる、片側で直径の
    小さいホース突起と共に袋状に構成されている、請求項
    1から31までのいずれか1項記載の液体フィルタ。
JP27388592A 1991-10-17 1992-10-13 液体フィルタ Expired - Fee Related JP3320795B2 (ja)

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
DE4134367.0 1991-10-17
DE4134367A DE4134367A1 (de) 1991-10-17 1991-10-17 Fluessigkeitsfilter

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH05200210A true JPH05200210A (ja) 1993-08-10
JP3320795B2 JP3320795B2 (ja) 2002-09-03

Family

ID=6442886

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP27388592A Expired - Fee Related JP3320795B2 (ja) 1991-10-17 1992-10-13 液体フィルタ

Country Status (4)

Country Link
EP (1) EP0537521B1 (ja)
JP (1) JP3320795B2 (ja)
DE (2) DE4134367A1 (ja)
ES (1) ES2084232T3 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH07224735A (ja) * 1994-02-16 1995-08-22 Kiyousan Denki Kk 内燃機関用燃料フィルタ

Families Citing this family (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE19646350C2 (de) * 1996-11-09 2000-07-06 Mahle Filtersysteme Gmbh Flüssigkeitsfilter, insbesondere Kraftstoffilter für Verbrennungsmotoren
DE10226503B4 (de) * 2001-07-26 2004-02-19 Helsa-Werke Helmut Sandler Gmbh & Co. Kg Filtervorrichtung
US6595371B1 (en) * 2002-02-28 2003-07-22 Arvin Technologies, Inc. Fluid filter assembly
DE10303185B4 (de) * 2003-01-27 2009-06-04 Mann + Hummel Gmbh Fluidkanalgehäusebaugruppe, Stopfen füe eine Fluidkanalgehäusebaugruppe und Verbrennungsmotor mit einer Fluidkanalgehäusebaugruppe
DE102005007019A1 (de) * 2005-02-15 2006-08-24 Mann + Hummel Gmbh Filtersystem
DE202007002785U1 (de) 2007-02-22 2008-06-26 Mann+Hummel Gmbh Filter, insbesondere Kraftstofffilter
EP1985839B1 (en) * 2007-04-24 2017-02-22 Delphi Technologies, Inc. Fuel Filter and Fuel Filter Housing
US9675914B2 (en) 2009-04-16 2017-06-13 Bha Altair, Llc Bagged filter cartridge, system and methods
US9616362B2 (en) 2012-01-19 2017-04-11 Bha Altair, Llc Bagged filter cartridge, system and method

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE2615922C3 (de) * 1976-04-10 1981-09-24 Viktor 6900 Heidelberg Dulger Schmutzfilter für Flüssigkeitsleitungen, insbesondere Brauchwasserleitungen
US4676895A (en) * 1984-06-25 1987-06-30 Davco Manufacturing Corp. Fluid flow baffle for fuel processor
AU631830B2 (en) * 1989-04-20 1992-12-10 International Auto Parts Pty Ltd Filter assembly
DE4134368A1 (de) * 1991-10-17 1993-04-22 Bosch Gmbh Robert Fluessigkeitsfilter

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH07224735A (ja) * 1994-02-16 1995-08-22 Kiyousan Denki Kk 内燃機関用燃料フィルタ

Also Published As

Publication number Publication date
EP0537521A1 (de) 1993-04-21
JP3320795B2 (ja) 2002-09-03
ES2084232T3 (es) 1996-05-01
DE59205345D1 (de) 1996-03-28
DE4134367A1 (de) 1993-04-22
EP0537521B1 (de) 1996-02-14

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3119484B2 (ja) 燃料フィルタ
KR0156963B1 (ko) 필터장치
US10137390B2 (en) Filter device, especially liquid filter
CA2085674C (en) Filter for fuels or lubricants of an internal combustion engine
US5695633A (en) Oil filter support tube and housing cover with snap detent connection therebetween
CA2444985C (en) Spin-on filter element and filter head
US6555000B2 (en) Fuel filter with bypass valve
EP0470440B1 (en) A fuel filter equipped with a quick fastening cover for an internal combustion engine
CA1321558C (en) Sealing arrangement for inlet air filter
US6471070B2 (en) Ecological fuel filter cartridge and element
AU719225B2 (en) Self-evacuating water-separating fuel filter
AU691367B2 (en) Fuel/water separator with adaptor plate for drain valve and water detector
US5584987A (en) Fluid filter assemblies
EP0929355B1 (en) Expandable encapsulated filter cartridge assembly
US8147691B2 (en) Filter cartridge housing attachment systems
JP3004714B2 (ja) 多目的エンドシールを備えた強力エアフィルタ
US5753120A (en) Tubular filter element having a sealing arrangement with a housing post
US6571962B2 (en) Cartridge filter element with housing seal retainer
US8128817B2 (en) Liquid filter suitable for motor vehicles
US5180490A (en) Lubricant filter assembly with internal bypass lock-out
KR100442010B1 (ko) 내연 기관 윤활유용 필터
JPH0731811A (ja) オイルフィルタカートリッジ
US8132675B2 (en) Filter having baseplate with internal gasket location
JP2001524372A (ja) ダブルフィルタ
KR970000298A (ko) 액체 필터

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees