JPH05182294A - Recording device and reproducing device - Google Patents

Recording device and reproducing device

Info

Publication number
JPH05182294A
JPH05182294A JP3345981A JP34598191A JPH05182294A JP H05182294 A JPH05182294 A JP H05182294A JP 3345981 A JP3345981 A JP 3345981A JP 34598191 A JP34598191 A JP 34598191A JP H05182294 A JPH05182294 A JP H05182294A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
id
skip
recorded
start
recording
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP3345981A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Yutaka Nishikata
裕 西片
Original Assignee
Sony Corp
ソニー株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sony Corp, ソニー株式会社 filed Critical Sony Corp
Priority to JP3345981A priority Critical patent/JPH05182294A/en
Publication of JPH05182294A publication Critical patent/JPH05182294A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

PURPOSE: To improve such operation convenience that only what is not desired to be reproduced is skipped over by performing fast forwarding from a recorded position of a skip start ID at the time of reproducing and performing reproducing from a recorded position of a skip end ID or a start ID.
CONSTITUTION: The skip start ID, skip end ID and start ID are recorded in desired positions on a magnetic tape 12 in a VTR by operating a system controller 1 and an operating panel 3. Then, at the time of reproducing, the fast forwarding is performed from the recorded position of the skip start ID, and the reproducing is performed from the recorded position of the skip end ID or the start ID.
COPYRIGHT: (C)1993,JPO&Japio

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は、例えばいわゆるハイビジョン方式のVTR等、各種VTR等に適用して好適な記録装置及び再生装置に関する。 The present invention relates, for example VTR, etc. of the so-called high vision system, of a preferred recording apparatus and reproducing apparatus is applied to various VTR or the like.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来、例えば情報を回転ヘッドにより磁気テープに傾斜トラックを形成する如く記録またはこれを再生する装置の一つとして、DAT(ディジタル・オーディオ・テープ・レコーダ)が一般、業務用を問わず幅広く使用されている。 Conventionally, as one of as recording or apparatus which reproduces the form of oblique tracks on a magnetic tape by a rotary head, for example, information, DAT (digital audio tape recorder) is generally a commercial It is widely used regardless.

【0003】このDATにおいては、再生、早送り、巻戻し等の動作に関連するサブコードとしてスタートID [0003] In this DAT, the start ID playback, fast forward, a subcode related to the operation of such rewinding
(識別子)、スキップID、エンドID等のIDが用いられている。 (Identifier), the skip ID, the ID such as end ID are used.

【0004】スタートIDはDATにおいては音声のひとかたまり(例えば曲)の先頭を示す信号であり、このスタートIDの記録は音声を記録するときに自動的に記録されるモード、使用者が操作キー等を用いて音声の記録中に手動でスタートIDを記録するモード及び使用者が操作キー等を操作して音声の再生中に手動でスタートIDを記録するモードの3種類のモードがある。 [0004] start ID is a signal indicating the beginning of a speech loaf (e.g. songs) in DAT, the recording of the start ID mode is automatically recorded when recording audio, the user operating keys or the like manually there are three modes of mode for recording a start ID during playback by operating the mode and the user operating keys or the like to record manually start ID during voice recording with.

【0005】スタートIDが自動的に記録されるモードにおいては、DATに供給されている音声が所定時間(例えば3秒)無い状態、即ち、無音状態を検出したときにスタートIDが磁気テープに記録されるようになされている。 [0005] In mode the start ID is automatically recorded, audio is supplied to the DAT predetermined time (e.g. 3 seconds) the absence, i.e., the start ID when detecting the silent state is recorded on the magnetic tape It is adapted to be.

【0006】スタートIDを再生並びに記録中に使用者自身が手動で記録するモードにおいては、使用者がDA [0006] In the mode in which the user himself during playback and recording the start ID is recorded manually, the user DA
Tの操作キー等を操作した時点でスタートIDが磁気テープに記録されるようになされている。 Start ID at the time of operating the operation keys or the like of the T is adapted to be recorded on a magnetic tape.

【0007】またスタートIDの記録と同時にプログラム番号が自動または手動で記録されるようになされている。 [0007] The record at the same time as the program number of the start ID has been made to be recorded automatically or manually.

【0008】スタートIDは曲等、音声の所定単位の先頭を示す信号であるが、このプログラム番号は、曲等、 [0008] Start ID song, etc., is a signal indicating the head of a predetermined unit of speech, the program number, song, etc.,
音声の所定単位の番号で、この番号を外部またはDAT The number of the predetermined unit of speech, the number external or DAT
の操作パネル上の操作キーの操作で入力することにより、この番号が割り当てられた曲等、音声の所定単位の情報のいわゆる頭出しをおこなうことができる。 By entering in the operation of the operation key on the operation panel, it is possible to perform such songs this number has been assigned, the so-called cueing information of a predetermined unit of speech.

【0009】スキップIDは、このスキップIDをDA [0009] skip ID is, the skip ID DA
Tが検出したときに、次のスタートIDを検出するまで例えば早送り等を行って曲を飛ばすためのIDである。 When T has been detected, an ID for skip a song, for example, to perform the fast-forward, etc. to detect the next start ID.

【0010】このスキップIDの記録もスタートIDの記録と同様に自動及び手動による記録がある。 [0010] there is a record as well as recording with automatic and manual also recorded start ID of the skip ID.

【0011】エンドIDは記録または再生の終了位置を示す信号で、再生時にDATがこのエンドIDを検出すると停止し、自動的に巻戻し動作を行う。 [0011] The end ID is a signal indicating the end position of the recording or playback, to stop the DAT during playback detects this end ID, it performs automatic rewinding operation.

【0012】このエンドIDの記録は、例えば記録中に一時停止釦、記録ミュート釦、フェーダー釦等の釦の内何れかの釦を押圧した後に操作キー等を操作することにより行われる場合と、再生中に操作キー等を操作することにより記録される場合がある。 [0012] and if this end ID of the record, for example, a pause button during recording, the recording mute button is performed by operating the operation key or the like after pressing one of the buttons of the buttons such as fader button, it may be recorded by operating the operation keys or the like during playback.

【0013】DATにおいては、このようなスタートI [0013] In the DAT, such start I
D、スキップID、エンドID等を利用していわゆる曲の頭出しを行ったり、飛ばしたい曲を飛ばしたり、記録されている曲が全て終了したときに自動的に巻戻しを行ったりすることができるようになされている。 D, skip ID, and go the beginning of the so-called songs using the end ID and the like, or skip a song you want to skip, or perform automatically rewind when the song has been recorded has been completed all It has been made so that it can be.

【0014】 [0014]

【発明が解決しようとする課題】ところで、ハイビジョン方式やNTSC、PAL及びSECAM方式等の映像信号を記録するVTR等に上述のDATのスタートI [SUMMARY OF THE INVENTION Incidentally, the high-definition system or NTSC, start PAL and SECAM systems described above to the VTR or the like for recording a video signal, such as DAT I
D、スキップID及びエンドIDの概念を導入したいといった要望がある。 D, there is a need, such as you want to introduce the concept of skip ID and end ID.

【0015】この各IDの導入の要望の一つの理由として、例えばテレビジョン放送(ハイビジョン放送も含む)を録画する場合に、テレビ番組の一つのプログラム(本編)中に挿入されている(または組み込まれている)宣伝(CM)も一緒に録画することとなり、本編だけを見たい使用者にとっては非常に煩わしい事態となる。 [0015] One of the reasons of the demand for the introduction of this each ID, for example in the case of recording a television broadcast (including high-definition broadcasting), is inserted into the TV program one of the programs of the (main) (or built is to have) publicity (CM) also will be recorded together, a very troublesome situation for the user you want to see only the main part.

【0016】即ち、録画された番組を見る場合に、宣伝に入る都度、変速再生等により宣伝部分を飛ばして本編を探すといった作業もしくは、見たくない宣伝が終了して本編が始まるのをじっと待つことである。 [0016] In other words, when viewing the recorded program, each time entering the promotion, work such as Find main skip the propaganda part by the shift playback, and the like, or, I do not want to see advertising is finished wait patiently for the main part begins with it is.

【0017】そこで上述したように、DATにおけるスタートID、スキップID及びエンドIDの概念を映像信号を記録するVTR等に導入したいといった要望が生じてくる。 [0017] Therefore, as described above, the start ID in DAT, demand is arise such like to introduce the concept of skip ID and end ID to the VTR or the like for recording a video signal.

【0018】ところが、映像信号用のVTRに上述のD [0018] However, the above-mentioned to the VTR for video signal D
ATにおける各種IDの概念を導入した場合には大きな問題が生じる。 It is a big problem occurs in the case of introducing the concept of a variety of ID in the AT.

【0019】この問題について図15を参照して説明するに、この図15Aはテープにプログラム(本編)a及びbがコマーシャルcmと共に記録された状態を示す。 [0019] will be described with reference to FIG. 15 for this problem, FIG. 15A shows a state in which the program (main) a and b were recorded with commercials cm to tape.

【0020】上述したように、従来、DATで用いられていた各種IDの概念をそのままVTRに導入した場合には、この図15Aに示すように、プログラムa及びb [0020] As described above, conventionally, when introduced directly into VTR concept of various ID that was used in DAT, as shown in FIG. 15A, the program a and b
を録画した後、または録画している最中に、プログラムa及びbの夫々先頭の部分にスタートIDを記録することとなる。 After recording, or in the middle of being recorded, and recording the start ID to each beginning of the program a and b.

【0021】そして、図15Bに示すように、例えばコマーシャルcm(プログラムaでは2箇所、プログラムbでは1箇所)を抜かして再生するためにスキップID [0021] Then, as shown in FIG. 15B, the skip ID for example commercials cm (in program a 2 places, a program in b 1 point) in order to play skipping a
を記録した場合は、この図15Bに示すように、スキップIDが記録されているところまで通常の再生となり、 The case of recording, as shown in FIG. 15B, becomes a normal playback to the point where the skip ID is recorded,
スキップIDを検出した後は早送り(正方向)となり、 Fast forward after detecting a skip ID (forward direction), and
再びスタートIDを検出した所から通常の再生状態となる。 The normal playback state from where it detects the start ID again.

【0022】即ち、プログラムaのスタートIDの検出より再生が開始され、続いてスキップIDが検出されたところより次のプログラムbのスタートIDの記録されている位置まで早送りとなり、プログラムaの一番最初のコマーシャルcm以降の部分が全て飛ばされ(再生されないという意味である)てしまう。 [0022] In other words, reproduced from the detection of the start of the start ID of the program a, followed by a skip ID has become a fast-forward to the position that has been recorded in the start ID of the next program b than where it was detected, most of the program a all the first commercial cm remainder skipped would (in the sense that not play).

【0023】従って、使用者がプログラムaの2つのコマーシャルcmだけを抜かして見たいのにもかかわらず、最初の部分だけ再生され、すぐに早送りにより飛ばされ、プログラムbが再生されてしまうこととなる。 [0023] Thus, the user is in spite of want to see is left out only two commercial cm of the program a, is played only the first part, skipped by quickly fast forward, and that the program b from being played Become.

【0024】同様に、もし、プログラムbをコマーシャルcmを抜かして見たい場合に、コマーシャルcmの位置にスキップIDを記録した場合には、このコマーシャルcmの手前までは再生されるが、このコマーシャルc [0024] Similarly, if you want the program b look skipping commercials cm, in case of recording the skip ID to the position of the commercial cm until the front of the commercial cm but is reproduced, the commercial c
m以降は早送りにより飛ばされてしまい、プログラムb Since m is will be blown away by the fast-forward, program b
の後半を見ることができなくなってしまう。 It becomes impossible to see the second half of.

【0025】本発明はかかる点に鑑みてなされたもので、再生装置で再生したときに、再生したくないところだけを抜かせるようになされた記録状態を得られる記録装置並びに再生したくないところだけを飛ばすことのできる再生装置を提案しようとするものである。 [0025] The present invention has been made in view of the above, when reproduced by the reproducing device, when you do not want recording apparatus and reproducing obtain a recording condition that is adapted to disconnect the only place where you do not want to play it is intended to provide a reproducing apparatus which can fly only.

【0026】 [0026]

【課題を解決するための手段】本発明記録装置は例えば図1〜図14に示す如く、磁気テープ12に情報を記録するようにした記録装置において、磁気テープ12の走行速度に関連した識別子を発生する発生手段9を設け、 The present invention recorder SUMMARY OF THE INVENTION The As shown in FIGS. 1 to 14, for example, in a recording apparatus that records information on the magnetic tape 12, the identifier associated with the traveling speed of the magnetic tape 12 the generating means 9 for generating provided,
磁気テープ12に識別子を記録するようにしたものである。 It is obtained so as to record an identifier on the magnetic tape 12.

【0027】また本発明再生装置は例えば図1〜図14 [0027] The present invention reproducing apparatus for example, FIGS. 1 to 14
に示す如く、磁気テープ12の走行速度に関連した識別子が記録されている磁気テープ12を再生する再生手段8、4、13、14、9と、磁気テープ12を走行せしめるテープ走行手段5、6、7と、磁気テープ12の走行速度に関連した制御を行う制御手段9、1とを有し、 As shown in, the tape traveling means (5, 6) allowed to travel and reproducing means 8,4,13,14,9 for reproducing a magnetic tape 12 in which the identifier associated with the traveling speed of the magnetic tape 12 is recorded, the magnetic tape 12 , and 7, and a control means 9,1 for controlling in relation to the running speed of the magnetic tape 12,
再生手段8、4、13、14、9により再生された識別子に関連して、テープ走行手段5、6、7を制御するようにしたものである。 In connection with the identifier reproduced by the reproducing means 8,4,13,14,9, in which so as to control the tape running means 5, 6, 7.

【0028】 [0028]

【作用】上述せる本発明によれば、磁気テープ12に磁気テープ12の走行速度に関連した識別子を記録するようにしたので、再生装置において例えば再生したくないところだけを再生しないようにすることができる記録状態を得ることができ、使い勝手を良好にすることができる。 SUMMARY OF] According to the present invention to above, since the to record identifier associated with the traveling speed of the magnetic tape 12 on the magnetic tape 12, possible not to reproduce only where you do not want to play for example in the reproducing apparatus it is possible to obtain a recording condition capable of, it is possible to improve the usability.

【0029】また上述せる本発明によれば、再生手段8、4、13、14、9により再生された識別子に関連して、テープ走行手段5、6、7を制御するようにしたので、例えば再生したくないところだけを再生することができ、使い勝手を良好にすることができる。 [0029] According to the present invention to above, in connection with the identifier reproduced by the reproducing means 8,4,13,14,9, since to control the tape running means 5, 6, 7, e.g. can play the only place where you do not want to play, it is possible to improve the usability.

【0030】 [0030]

【実施例】以下に、図1を参照して本発明記録装置及び再生装置の一実施例について詳細に説明する。 EXAMPLES Hereinafter, will be described in detail an embodiment of the present invention, with reference to the recording apparatus and reproducing apparatus 1.

【0031】この図1において、1はシステムコントローラで、操作パネル3の操作状態、並びに後述する信号処理回路9よりのサブコードデータ等に基いてモータ制御回路5に制御信号を供給すると共に、表示装置4に例えばタイムコード等の表示を行ったり、カセットインスイッチ2よりのカセットの載置の有無情報に基いた動作を行ったりする。 [0031] In FIG. 1, 1 is the system controller, the operation state of the operation panel 3, and supplies a control signal to the motor control circuit 5 on the basis of the subcode data and the like from the signal processing circuit 9 which will be described later, the display and go to the device 4, for example a display such as a time code, or performs operation based on the placement existence information of the cassette from the cassette-in switch 2.

【0032】またこのシステムコントローラ1は信号処理回路9に制御信号及びサブコードを構成する各種データを供給すると共に、上述と同様に操作パネル3の操作状態、並びに信号処理回路9よりのサブコードデータ等に基いて各スイッチ4、10及び14のスイッチング制御を行う。 Further supplies various data constituting the control signal and the subcode to the system controller 1 signal processing circuit 9, the same manner as described above the operation panel 3 operating state, as well as sub-code data from the signal processing circuit 9 It performs switching control of the switches 4, 10 and 14 based on the equal.

【0033】モータ制御回路5はシステムコントローラ1よりの制御信号に基いてキャプスタンモータ6及びドラムモータ7を駆動する。 The motor control circuit 5 drives the capstan motor 6 and the drum motor 7 based on the control signal from the system controller 1.

【0034】これにより、キャプスタンモータ6は磁気テープ12を走行させ、ドラムモータ7は回転ヘッド8 [0034] Accordingly, the capstan motor 6 causes the magnetic tape 12, the drum motor 7 rotating head 8
を回転せしめる。 Allowed to rotate.

【0035】信号処理回路9はこの図に示すように、ビデオサブコード処理部9a、エンコード部9b及びデコード部9cから構成される。 [0035] As the signal processing circuit 9 is shown in this figure, a video subcode processing portion 9a, composed of the encoding unit 9b and decoding unit 9c.

【0036】そしてこの信号処理回路9は、記録時においてはシステムコントローラ1から送られてきたデータ(タイムコード、各種ID、TOC等)をエンコード部9bによりサブコードフォーマットにエンコードしてスイッチ10の固定接点10dに供給し、再生時においては、スイッチ14の固定接点14dよりの出力をデコード部9cによりデコードしてサブコードのデータをシステムコントローラ1に供給する。 [0036] Then the signal processing circuit 9, data sent from the system controller 1 at the time of recording (time code, various ID, TOC, etc.) fixing of the switch 10 and encodes the sub-code format by the encoding unit 9b of is supplied to the contacts 10d, at the time of reproduction, supplies the data of the subcode in the system controller 1 are decoded by the decoding section 9c of the output of the fixed contact 14d of the switch 14.

【0037】さて、上述のVTRが例えばUNIHI [0037] Now, the above-described VTR, for example, UNIHI
(ユニハイ)規格のアナログHD(ハイ・ディフィニッション)VTRの場合として記録及び再生時の動作について説明する。 (Yunihai) for recording and reproducing operation as the case of analog HD (high di finisher and Deployment) VTR of the standard will be described.

【0038】記録の場合においては、例えばミューズデコーダ等よりのハイビジョン方式の受信映像信号が図示を省略したVTRの映像信号処理回路に供給され、例えばこの映像信号処理回路においてTCI(Time C [0038] In the case of recording, for example, receives a video signal of HDTV system from Muse decoder or the like is supplied to the video signal processing circuit of the VTR which is not shown, for example, TCI (Time C in the video signal processing circuit
ompression Integration)信号処理される。 ompression Integration) is signal processing.

【0039】このTCI処理においては、色差信号Pb [0039] In this TCI processing, color difference signals Pb
及びPrが夫々略12MHzに圧縮、伸長され、バースト、セグメントインデックス及び色インデックス等が付加された後に、TCI信号の1ラインに収められ、更に1フィールド内でシャッフリングされた後に3セグメント2チャンネルに変換される。 And Pr is compressed respectively substantially 12 MHz, is extended, burst, after a segment index and color index, etc. are added, housed in one line of the TCI signal, further converted into 3 segments 2 channels after being shuffled in one field It is.

【0040】そしてこの後色差信号Pb及びPrは上述の映像信号処理回路においてプリエンファシスされ、F [0040] The color difference signals Pb and Pr after this pre-emphasis in the above-described video signal processing circuit, F
M変調された後にスイッチ10の固定接点10bに供給される。 It is supplied to the fixed contact 10b of the switch 10 after being M modulation.

【0041】また、上述の色差信号Pb及びPrは偶数ラインではPbが、奇数ラインではPrが選択されていわゆる色線順次化される。 Further, Pb in the above-mentioned color difference signals Pb and Pr are even lines, the odd lines are so-called color line-sequential been selected Pr is.

【0042】一方、上述のミューズデコーダ等よりのP On the other hand, P than such aforementioned MUSE decoder
CM音声信号は、図示を省略した音声信号処理回路において1フィールド単位に区切られ、誤り訂正符号が付加され、並び替え処理が施され、更に3分割され、圧縮された後に記録データになされてスイッチ10の固定接点10cに供給される。 CM audio signal is divided into units of fields in the audio signal processing circuit (not shown), the error correction code is added, rearranging processing is performed, it is further divided into three parts, being made in the recording data after being compressed switch It is supplied to the fixed contact 10c of 10.

【0043】また一方で、システムコントローラ1よりのサブコードを構成する各種データ(後述する)が信号処理回路9に供給される。 [0043] On the other hand, various types of data constituting the sub-code from the system controller 1 (described later) is supplied to the signal processing circuit 9.

【0044】そしてこの信号処理回路9に供給されたサブコードを構成する各種データは、内部のエンコード部9bによりサブコードフォーマットにエンコードされ、 [0044] The various types of data constituting the sub-code is supplied to the signal processing circuit 9, it is encoded in the sub-code format by the internal encoding unit 9b,
更にビデオサブコード部9aにおいて所定の信号処理が施された後にスイッチ10の固定接点10dに供給される。 Further supplied to the fixed contact 10d of the switch 10 after a predetermined signal processing is performed in the video sub-code portion 9a.

【0045】さて、このスイッチ10はシステムコントローラ1よりのスイッチング信号に基いて、可動接点1 [0045] Now, the switch 10 based on the switching signal from the system controller 1, the movable contact 1
0aを上述の映像信号、音声信号及びサブコードが供給される固定接点10b、10c及び10dの何れかに接続する。 0a the above video signal, audio signal and subcode are connected to one of fixed contacts 10b, 10c and 10d to be supplied.

【0046】そしてこのスイッチ10よりの映像信号、 [0046] and the video signal from the switch 10,
音声信号及びサブコードが記録増幅回路11を介してスイッチ4の記録側固定接点4bに供給される。 Audio signal and the subcode are supplied to the recording-side fixed contact 4b of the switch 4 via a recording amplifier circuit 11.

【0047】このスイッチ4はシステムコントローラ1 [0047] The switch 4 system controller 1
よりのスイッチング信号によりその可動接点4aを記録側固定接点4bまたは再生側固定接点4cに接続する。 Connecting the movable contact 4a on the recording side fixed contact point 4b or reproducing-side fixed contact 4c by more of the switching signal.

【0048】従って、記録のときには、記録増幅回路1 [0048] Therefore, when recording, the recording amplifier circuit 1
1よりの映像信号、音声信号及びサブコードが回転ヘッド8に供給される。 Video signal from 1, the audio signal and the subcode are supplied to the rotary head 8.

【0049】そしてこの回転ヘッド8により、磁気テープ12の記録面上に傾斜トラックを形成する如く音声信号が記録され、更に傾斜トラックを形成する如く映像信号及びサブコードが記録される。 [0049] Then this rotary head 8, the recorded audio signal as to form an inclined track on the recording surface of the magnetic tape 12 is recorded a video signal and subcode as further to form an inclined track.

【0050】UNIHIフォーマットにおいては、アジマスの異なった2個のヘッドで同時に走査し、1フレームを12本の傾斜トラック、即ち、6セグメントで構成している。 [0050] In UNIHI format, simultaneously scanned by two heads having different azimuth, tilt track 12 of one frame, that is, composed of 6 segments.

【0051】一方、再生のときには、回転ヘッド8よりの再生映像信号、音声信号及びサブコードがスイッチ4 Meanwhile, when the reproduction, the reproduction video signal from the rotary head 8, the audio signal and subcode switch 4
及び再生増幅回路13を介してスイッチ14に供給される。 And it is supplied to the switch 14 through the reproducing amplifier circuit 13.

【0052】そしてこの図に示すように、このスイッチ14がシステムコントローラ1よりのスイッチング信号により、その可動接点14aを映像信号出力用の固定接点14b、音声信号出力用の固定接点14c及びサブコード出力用の固定接点14dに順次接続する。 [0052] Then, as shown in this figure, the switching signal of the switch 14 from the system controller 1, the fixed contact 14b of the video signal and outputs the movable contact 14a, the fixed contact 14c and the sub-code output for audio signal output successively connected to a fixed contact point 14d of use.

【0053】かくして固定接点14bよりの映像信号は図示を省略した映像信号処理回路により所定の処理が施された後にHDテレビジョンモニタ等専用のモニタに供給され、その管面上に画像として映出される。 [0053] Thus the video signal from the fixed contact 14b is supplied to the HD television monitor or the like dedicated monitor after a predetermined processing is performed by the video signal processing circuit, not shown, out movies as an image on the tube surface It is.

【0054】また、固定接点14cよりの音声信号は図示を省略した音声信号処理回路により伸長等の所定の処理が施された後にHDテレビジョンモニタ等に供給され、その音声回路を介してスピーカに供給され、音声として出力される。 [0054] The audio signal from the fixed contact 14c is supplied to the HD television monitor or the like after a predetermined processing of extension, etc. is performed by the audio signal processing circuit, not shown, to the speaker through the audio circuit It is supplied, and output as sound.

【0055】固定接点14dより出力されたサブコードは信号処理回路9のデコード部9cによりデコードされた後にシステムコントローラ1に供給される。 The subcode output from the fixed contacts 14d is supplied to the system controller 1 after being decoded by the decoding section 9c of the signal processing circuit 9.

【0056】さて、このようなVTRにおいて、例えば受信したハイビジョン放送の番組等を記録し、これを再生したときに、予め記録する本例特有のサブコード(以下に詳しく説明する)により、例えばコマーシャル等、 [0056] Now, in such a VTR, for example, to record the received high-definition broadcast program or the like, when playing this, the pre-recorded for this example specific subcode (described in detail below), for example, commercials etc,
見たくないまたは飛ばしたい(早送りの意味である)番組等の本編以外の部分を自動的に飛ばし、使用者が見たい部分だけを再生できるようにする。 Automatically skip a portion other than the main, such as not or skip want (which is the meaning of the fast forward) program want to see, to be able to play only the part you want to see the user.

【0057】本例におけるサブコード(HDビデオサブコード)とは、タイムコード、頭だし信号、プログラム番号、TOC(Table Of Contents) [0057] sub in this example code and is (HD video sub-code), time code,'s a head signal, program number, TOC (Table Of Contents)
等の情報をHDビデオサブコードフォーマットに従ってエンコードしたものである。 Information etc. is obtained by encoding in accordance with HD video sub-code format.

【0058】このサブコードは、VTRを使いやすくするためのオプション機能であり、ビデオサブコードの記録再生ができないVTRも認める。 [0058] The sub-code is an optional feature that helps you make better use of your VTR, admit also VTR that can not be recorded and reproduced video sub-code.

【0059】ビデオサブコードの信号処理は例えばPC [0059] signal processing of the video sub-code, for example, a PC
M音声信号と共用可能となっており、誤り訂正符号はC M audio signals and has a shareable, error correcting code C
1のみで、変調方式は8−10変調方式である。 Only one, the modulation scheme is a 8-10 modulation scheme.

【0060】この本例特有のサブコードの概念及びそのサブコードによる本例記録装置及び再生装置の動作について図2〜図14を参照して詳細に説明する。 [0060] will be described in detail with reference to FIGS. 2 to 14, the operation of the concept and the embodiment the recording apparatus and reproducing apparatus according to the sub-code of the present embodiment characteristic of the subcode.

【0061】先ず、サブコードについて図8〜図14を参照して説明する。 [0061] First will be described with reference to FIGS. 8 to 14 for the sub-code.

【0062】図8はHDビデオサブコードが記録されたテープの構成を示している。 [0062] Figure 8 shows the tape configuration HD video subcode is recorded.

【0063】この図8においては、例として本編としてのプログラムa、プログラムb及びプログラムcが記録されている場合について示している。 [0063] In FIG. 8 shows the case where the program a as main program b and program c is recorded as an example.

【0064】記録エリアはプログラムa、b、c及びリードアウトエリアから構成され、プログラムエリアはプログラムa、b及びcから構成されている。 [0064] recording area is composed of the program a, b, c and the lead-out area, the program area is composed of the program a, b and c.

【0065】また図9に示す各種サブコードデータを、 [0065] The various subcode data shown in FIG. 9,
図8において下方に夫々矢印で示すエリアに記録することができる。 It can be recorded in the area indicated by the respective arrows downward in FIG.

【0066】この図9には記録エリアとHDサブコードデータの関係を示している。 [0066] shows the relationship between the recording area and the HD subcode data in this FIG.

【0067】この図9において、パックデータP1はアブソリュートタイム(絶対時間)、プログラムタイム(本編の時間等)、インデックスタイム、日付、時刻、 [0067] In FIG. 9, pack data P1 is an absolute time (absolute time), program time (the main part of the time, etc.), the index time, date, time,
キャプション及びアフレコマーク等から構成される。 It consists of caption and dubbing mark or the like.

【0068】サブコードIDデータ1はスタートID及びプログラム番号IDから構成される。 [0068] sub-code ID data 1 is composed of a start ID and program number ID.

【0069】サブコードIDデータ2はスキップスタートID、スキップエンドID、フォーマットID及びT [0069] sub-code ID data 2 skip start ID, skip the end ID, format ID and T
OC(テーブル・オブ・コンテンツ)IDから構成される。 OC consists of (table of contents) ID.

【0070】上述のスキップスタートID及びスキップエンドIDは本例特有のIDであり、スキップスタートIDは、これが検出されたときに、次にスタートIDまたはスキップエンドIDを検出するまで例えば早送り等を行うためのIDである。 [0070] skip start ID and skip end ID described above is an ID of this embodiment specific, skip start ID is carried out, until the next detects a start ID or skip end ID such as fast-forwarding, etc. When this has been detected an ID for.

【0071】パックデータP2はTOC−1及びTOC [0071] pack data P2 is TOC-1 and TOC
−2から構成される。 Composed of -2.

【0072】これらパックデータは例えば図10に示すように、そのパックデータの内容を示すデータ単位pc [0072] These pack data, as shown in FIG. 10, for example, data unit pc indicating the contents of the pack data
1、実際のデータpc2、pc3、pc4及びpc5、 1, the actual data pc2, pc3, pc4 and pc5,
パリティpc6から構成される。 It consists of parity pc6.

【0073】ここで図11を参照して上述の各種IDと上述のHDVTRの機能の対応について説明する。 [0073] will now be described in the corresponding references to the above-described various ID and the above-mentioned HDVTR function Figure 11 for.

【0074】先ず、VTRの動作としての頭だし/サーチ(プログラムの先頭を探す等)で使用されるサブコードデータはこの図の通りに、スタートID、プログラムID及びアブソリュートタイムである。 [0074] First of all, the sub-code data to be used in's a head of as the operation of the VTR / search (such as Find the beginning of the program) in the streets of this figure, a start ID, program ID and absolute time.

【0075】編集で使用されるサブコードデータはこの図の通りに、アブソリュートタイムであり、例えば上述のVTRの表示装置4に表示される。 [0075] subcode data used in editing as in this figure, an absolute time, for example, is displayed on the display device 4 of the above VTR.

【0076】飛ばし見、即ち、プログラムの見たい部分だけを見ることができる本例特有の動作で使用されるサブコードデータは、上述したスキップスタートID及びスキップエンドIDである。 [0076] seen skipping, i.e., sub-code data to be used in look like portion only this example of specific operations that may be seen in the program is skipped start ID and skip end ID as described above.

【0077】録画日時はカレンダー1及びカレンダー2 [0077] recording date and time the calendar 1 and 2 calendar
である。 It is.

【0078】キャプションはキャプションである。 [0078] caption is a caption.

【0079】録画内容一覧はTOC−1及びTOC−2 [0079] Recorded contents list TOC-1 and TOC-2
である。 It is.

【0080】さてビデオサブコードのトラックフォーマットについて図12を参照して説明する。 [0080] Now will be described with reference to FIG. 12 for a track format of a video sub-code.

【0081】この図12に示すように、ビデオサブコードエリアは1トラックあたり例えば14ブロックから構成され、プリアンブル部が9ブロック、ポストアンブル部が1ブロック及びデータ部が4ブロックで構成される。 [0081] As shown in FIG. 12, a video sub-code area is composed of one track per example 14 blocks, a preamble portion is 9 blocks, a postamble section one block and a data unit is constituted by 4 blocks.

【0082】これら各ブロックには図の下部に41、4 [0082] 41 and 42 in the lower part of the figure for each of these blocks
2、・・・49、・・・54で示すようにアドレスが割り当てられている。 2,... 49, the address as indicated by ... 54 are assigned.

【0083】1つのセグメントを構成する2本のトラックには同一のデータを記録するようになされる。 [0083] The two tracks constituting one segment is adapted to record the same data.

【0084】さて上述のプリアンブル及びポストアンブル部にはシンク、w1、w2、パリティ及び所定の同一パターンで構成され、データ部はシンク、w1、w2、 [0084] Now the aforementioned preamble and sink postamble section, w1, w2, consists of parity and the same predetermined pattern, the data unit sink, w1, w2,
パリティ及び複数のパックデータから構成される。 Parity and composed of a plurality of pack data.

【0085】このパックデータの内、所定のパックデータは例えばスタートIDを検出したときに、次のスタートIDまでを走行する速度が記録されたり、また後述するスキップスタートIDを検出したときに次のスタートIDまたはスキップエンドIDを検出するまでのテープ12の走行速度を決定するためのデータとされる。 [0085] Among the pack data, the predetermined pack data when it detects the start ID for example, or speed to travel until the next start ID is recorded and, upon detection of a skip start ID to be described later follows are data for determining the running speed of the tape 12 until detection of the start ID or skip end ID.

【0086】図10に示すように、例えばSで示されるデータが“0”のときにはスキップDを検出してから次のスタートIDまたはスキップエンドIDが検出されるまでにファースト・フォワードで走行するようになされ、“1”のときにはスキップDを検出してから次のスタートIDまたはスキップエンドIDが検出されるまでにキュー1、即ち、例えば通常の再生速度の3.5倍の速度で走行するようになされ、“2”のときにはスキップIDを検出してから次のスタートIDまたはスキップエンドIDが検出されるまでにキュー2、即ち、例えば通常の再生速度の9.5倍の速度で走行するようになされる。 [0086] As shown in FIG. 10, for example, data represented by S "0" so that the next start ID or skip end ID from the detection of the skip D travels at fast forward until it is detected at the time of made to "1" queue 1 until the next start ID or skip end ID is detected from the detection of the skip D when the, i.e., for example, to run at normal playback speed of 3.5 times the speed made to "2" queue 2 from the detection of the skip ID until the next start ID or skip end ID is detected when, i.e., for example, to run in the usual 9.5 times the speed of reproduction speed It is made to.

【0087】また上述のw1及びw2は図13に示すようにセグメントアドレスと共に構成され、w1にはブロックアドレスが記録され、w2にはビデオサブコードI [0087] Also w1 and w2 above is configured with the segment address as shown in FIG. 13, the block address is recorded in w1, the w2 video subcode I
Dが記録される。 D is recorded.

【0088】このサブコードIDはコントロールIDとフォーマットIDから構成される。 [0088] This sub-code ID is composed of a control ID and the format ID.

【0089】このコントロールIDの記録されるエリアに本例特有のサブコードであるスキップスタートIDやスキップエンドIDが記録される。 [0089] skip start ID and skip end ID is present example specific subcode recorded as the area of ​​the control ID is recorded.

【0090】図14を参照して上述のコントロールID [0090] Referring to FIG. 14 the above-described control ID
の記録内容について詳しく説明する。 It will be described in detail recorded contents of.

【0091】先ず、例えば一番下位ビットにはスキップエンドIDが割り当てられ、このスキップエンドIDが有効、即ち、“1”の場合には、再生しない部分の終わりを示し、この情報は例えば300±30フレーム連続的に記録され、このスキップエンドIDが有効ではない、即ち、“0”の場合には、スキップの終わりではないことを示す。 [0091] First, assigned skip end ID is the most lower bits, for example, the skip end ID is valid, that is, if "1" indicates the end of the portion which is not reproduced, the information is for example 300 ± 30 frames are continuously recorded, the skip end ID is not valid, i.e., in the case of "0" indicates that not the end of the skip.

【0092】上位から3番目のビットには例えばTOC [0092] The third bit from the host, for example, TOC
IDが割り当てられ、このTOCIDが有効、即ち、 ID is assigned, the TOCID is valid, i.e.,
“1”の場合には、TOCが存在することを示し、このTOCIDが有効ではない、即ち、“0”の場合には、 In the case of "1" indicates that the TOC is present, this TOCID is not valid, that is, if "0",
TOCが存在しないことを示す。 Indicating that the TOC does not exist.

【0093】上位から2番目のビットには例えばスキップスタートIDが割り当てられ、このスキップスタートIDが有効、即ち、“1”の場合には、再生しない部分の始まりを示し、この情報は例えば30±30フレーム連続的に記録され、このスキップスタートIDが有効ではない、即ち、“0”の場合には、スキップの始まりではないことを示す。 [0093] The second significant bit assigned skip start ID for example, the skip start ID is valid, that is, if "1" indicates the beginning of the portion which is not reproduced, the information is for example 30 ± 30 is a frame continuously recorded, the skip start ID is not valid, i.e., in the case of "0" indicates that it is not the beginning of a skip.

【0094】一番上位ビットには例えばスタートIDが割り当てられ、このスタートIDが有効、即ち、“1” [0094] the most to the high-order bit is assigned, for example, start ID, the start ID is valid, that is, "1"
の場合には、プログラムの始まりを示し、この情報は例えば300±30フレーム連続的に記録され、このスタートIDが有効ではない、即ち、“0”の場合には、プログラムの始まりではないことを示す。 In the case of, indicates the beginning of a program, the information is recorded for example 300 ± 30 frames continuously, the start ID is not valid, that is, if "0", that it is not the beginning of a program show.

【0095】さて、これらのIDは例えば自動でも手動でも記録でき、特にスキップスタートID及びスキップエンドIDは図1に示す操作パネル3の所定のキーの操作により上述の所定のエリアに記録される。 [0095] Now, both can be recorded manually these ID is automatically example, it is particularly skipped start ID and skip end ID is recorded in a predetermined area of ​​the above by the operation of a predetermined key of the operation panel 3 illustrated in FIG.

【0096】次に、図2を参照して上述のスキップスタートIDやスキップエンドIDを自動で記録する場合ついて説明する。 [0096] Next, with be described the case of recording by automatically skip start ID and skip the end ID of the described above with reference to FIG. 2.

【0097】先ず、ステップ100ではタイムコードを記憶する。 [0097] First, it stores the time code in step 100. そしてステップ110に移行する。 Then, the processing proceeds to step 110.

【0098】即ち、図1に示した操作パネル3の所定のキー(図示を省略する)の操作により、タイムコードを記憶する。 [0098] That is, by operating the predetermined key of the operation panel 3 shown in FIG. 1 (not shown), it stores the time code.

【0099】使用者側にたって説明すると、スキップスタートIDまたはスキップエンドIDを記録したい位置(テープ上の位置)のタイムコードを予め調べ、そのタイムコードを操作パネル3により入力する。 [0099] When standing on the user side will be described, studied the time code position to be recorded skip start ID or skip end ID (position on the tape) in advance, and inputs the time code by the operation panel 3.

【0100】ステップ110では、記憶したタイムコードの記録されている部分をサーチする。 [0100] At step 110, search for that is recorded in part of the time code stored. そしてステップ120に移行する。 Then, the processing proceeds to step 120.

【0101】即ち、例えば高速再生等によりタイムコードを読み取り、読み取ったタイムコードが使用者によって入力されたタイムコードと一致するか否かの判断を行う。 [0102] That is, for example, reads a time code by high speed reproduction or the like, the time code read makes a determination of whether or not to match the time code input by the user.

【0102】ステップ120では、サーチできたか否か、即ち、テープ12より読み取ったタイムコードが使用者により入力されたタイムコードと一致するか否かを判断し、「YES」であればステップ130に移行し、 [0102] At step 120, whether or not the search, i.e., it is determined whether the time code read from the tape 12 is coincident with the time code input by the user, in step 130 if it is "YES" migrated,
「NO」であれば再びステップ110に移行する。 Then control goes back to the step 110 if it is "NO".

【0103】ステップ130では、停止する。 [0103] In step 130, to stop. そしてステップ140に移行する。 Then, the processing proceeds to step 140.

【0104】即ち、モータ制御回路5に制御信号を供給してキャプスタンモータ6を停止せしめる。 [0104] That is, allowed to stop the capstan motor 6 by supplying a control signal to the motor control circuit 5.

【0105】ステップ140では、巻戻しを行う。 [0105] In step 140, perform the rewind. そしてステップ150に移行する。 Then, the processing proceeds to step 150.

【0106】即ち、モータ制御回路5に制御信号を供給してキャプスタンモータ6を駆動すると共に、再生されたタイムコードを読み取る。 [0106] That is, by supplying a control signal to the motor control circuit 5 drives the capstan motor 6, reads the time code reproduced. この動作はオーバーラン対策の動作であり、従って、この巻戻しの速度は停止したときにオーバーランを起こさない程度の速度とされる。 This operation is an operation of the overrun countermeasure, therefore, the rate of return this winding is a rate that does not cause overrun when stopped.

【0107】ステップ150では、読み取ったタイムコードが記憶したタイムコードと一致するか否かを判断し、「YES」であればステップ160に移行し、「N [0107] At step 150, it is determined whether the time code read matches the time code stored, the process proceeds to step 160 if "YES", "N
O」であれば再びステップ140に移行する。 If the O ", then control goes back to the step 140.

【0108】ステップ160では、スキップスタートI [0108] In step 160, the skip start I
DまたはスキップエンドIDを記録する。 Recording the D or skip end ID.

【0109】次に、手動でスキップスタートIDまたはスキップエンドIDを記録する場合について説明する。 [0109] Next, a description will be given of a case of recording the skip start ID or skip end ID manually.

【0110】先ずステップ200では、マニュアルサーチの動作を行う。 [0110] First, at step 200, the operation of the manual search. そしてステップ210に移行する。 Then, the processing proceeds to step 210.

【0111】即ち、使用者による操作パネル3の操作により、例えば再生、シャトルモードでのシャトル再生を行う。 [0111] That is, carried out by operating the operation panel 3 by the user, for example play, shuttle playback in shuttle mode.

【0112】ステップ210では、使用者による図1に示した操作パネルのジョグダイヤル(図示を省略する) [0112] At step 210, the operation panel shown in FIG. 1 by the user jog dial (not shown)
の操作に応じて、モータ制御回路5に制御信号を供給してキャプスタンモータ6を制御し、磁気テープ12を例えば1フレーム分ずつ送る、いわゆるコマ送り動作を行う。 Depending on the operation, and controls the capstan motor 6 by supplying a control signal to the motor control circuit 5 sends a magnetic tape 12, for example one frame min, performing a so-called frame advance operation.

【0113】使用者側にたって説明すると、ここで使用者はスキップさせたいポイントを1フレームずつ入念にチェックすることとなる。 [0113] When standing on the user side will be described, where the user will be able to check the point you want to skip carefully one by one frame.

【0114】ステップ220では、スキップスタートI [0114] In step 220, the skip start I
DまたはスキップエンドIDの記録の操作が有るか否かを判断し、「YES」であればステップ230に移行し、「NO」であれば再びステップ210に移行する。 It is determined whether the operation of recording the D or skip end ID is present, the process proceeds to step 230 if "YES", then control goes back to the step 210 if it is "NO".

【0115】即ち、使用者の操作パネル3の所定のキーの操作により、磁気テープ12の所定の位置にスキップスタートIDまたはスキップエンドIDを記録する。 [0115] That is, by operating the prescribed key on the operation panel 3 of the user to record a skip start ID or skip end ID to a predetermined position of the magnetic tape 12.

【0116】尚、例えばスキップスタートID及び次のスキップスタートID間にスキップエンドIDやスタートIDが記録されていない状態等、誤った記録を防止するために、入力の時点で使用者に警告を与えるようにしても良い。 [0116] Incidentally, for example, state skip start ID and skip end ID, a start ID during the next skip start ID is not recorded or the like, in order to prevent erroneous recording, gives a warning to the user at the time of input it may be so.

【0117】次に、図4のフローチャートを参照して、 [0117] Next, with reference to the flowchart of FIG. 4,
プログラムの見たいところだけを見るようにした、本例特有の動作について説明する。 Was to watch the only place you want to see the program, this example for the specific operation will be described.

【0118】先ず、ステップ300では操作パネル3に対する操作により再生を開始する。 [0118] First, to start the reproduction by operating the operation panel 3 in step 300. そしてステップ31 And step 31
0に以降する。 To later to 0.

【0119】ステップ310では、磁気テープ12の再生を行う。 [0119] At step 310, it performs reproduction of the magnetic tape 12. そしてステップ320に移行する。 Then, control proceeds to a step 320.

【0120】上述したように、磁気テープ12の再生が行われると、スイッチ4、再生増幅回路13及びスイッチ14を介して映像信号、音声信号並びにサブコードが夫々映像信号処理回路、音声信号処理回路(何れも図示を省略する)並びに信号処理回路9に供給される。 [0120] As described above, the reproduction of the magnetic tape 12 is performed, the switch 4, the video signal through a reproduction amplifier circuit 13 and the switch 14, the audio signal and subcode respective video signal processing circuit, the audio signal processing circuit (both not shown) is supplied and to the signal processing circuit 9.

【0121】信号処理回路9はサブコードをデコード部9cによりデコードし、これをシステムコントローラ1 [0121] The signal processing circuit 9 is decoded by the decoding unit 9c subcode, which system controller 1
に供給する。 Supplied to.

【0122】ステップ320では、スキップスタートI [0122] In step 320, the skip start I
Dか否か、即ち、スキップスタートIDが有効か否かを判断し、「YES」であればステップ330に移行し、 D whether, i.e., determines whether valid or not the skip start ID, the process proceeds to step 330 if "YES",
「NO」であれば再びステップ310に以降する。 Again later to step 310 if it is "NO".

【0123】ステップ330では、磁気テープ12に対する早送り(通常の再生速度の数倍の再生速度等)動作を自動的に行う。 [0123] At step 330, automatically performs the fast-forward (several times the playback speed of normal playback speed) operation for the magnetic tape 12. そしてステップ340に移行する。 Then, the processing proceeds to step 340.

【0124】即ち、モータ制御回路5に制御信号を供給し、キャプスタンモータ6を制御することにより磁気テープ12の走行速度を早送りの速度に上昇させる。 [0124] That is, by supplying a control signal to the motor control circuit 5 is increased to the speed of fast-forward running speed of the magnetic tape 12 by controlling the capstan motor 6.

【0125】ステップ340では、スキップエンドID [0125] In step 340, skip the end ID
またはスタートIDが有効か否かを判断し、「YES」 Or the start ID is to determine whether valid or not, "YES"
であればステップ350に移行し、「NO」であれば再びステップ330に移行する。 Proceeds to step 350 if, then control goes back to the step 330 if it is "NO".

【0126】即ち、上述の早送りの動作中に、信号処理回路9より供給されるサブコードのスキップエンドID [0126] That is, during the operation of the above-mentioned fast forward, skip end ID of the subcode supplied from the signal processing circuit 9
またはスタートIDが有効か否かを判断する。 Or the start ID to determine whether valid or not.

【0127】ステップ350では停止する。 [0127] to stop in step 350. そしてステップ360に移行する。 Then, the processing proceeds to step 360.

【0128】即ちモータ制御回路5に制御信号を供給してキャプスタンモータ6を停止せしめる。 [0128] That is allowed to stop the capstan motor 6 by supplying a control signal to the motor control circuit 5.

【0129】ステップ360では、磁気テープ12の巻戻しを行う。 [0129] In step 360, it performs the rewinding of the magnetic tape 12. そしてステップ370に移行する。 Then, the processing proceeds to step 370.

【0130】即ち、モータ制御回路5に制御信号を供給してキャプスタンモータ6を制御して巻戻し動作を行わせると共に、信号処理回路9よりのサブコードを読み取り、ステップ340で検出したスキップエンドIDまたはスタートIDを検出する。 [0130] That is, by supplying a control signal to the motor control circuit 5 causes perform control to rewinding the capstan motor 6, reads the subcode from the signal processing circuit 9, the skip end detected in step 340 to detect the ID or the start ID.

【0131】上述したように、この巻戻しはステップ3 [0131] As described above, this rewind Step 3
40においてオーバーランした場合の対策であり、従って、この巻戻しの速度はオーバーランを起こさない程度の速度とされる。 A countermeasure in the case of overrun at 40, therefore, the rate of return this winding is a rate that does not cause over-run.

【0132】尚、このスキップエンドIDまたはスタートIDをサーチする場合、タイムコードを用いても良い。 [0132] In addition, if you search for the skip end ID or the start ID, it may be using the time code.

【0133】図14において説明したように、スキップエンドID及びスタートIDの記録を300フレーム± [0133] As described in FIG. 14, 300 frames ± recording skip end ID and a start ID
30フレームとしたのは、上述のように、早送りを行ったときにこれらスキップエンドIDやスタートIDが読み取れるようにするためである。 Was set to 30 frames, as described above, is so that these skip end ID and the start ID is read when performing fast-forward.

【0134】重複するも、次に上述の動作について図5 [0134] also overlap, then the above-described operation Figure 5
のタイミングチャートを参照して更に詳しく説明する。 It will be described in more detail with reference to the timing chart of.

【0135】この図5AはスタートIDを示し、この図5Aに示すように、スタートIDはプログラムの先頭に記録される。 [0135] The Figure 5A shows a start ID, as shown in FIG. 5A, the start ID is recorded at the beginning of the program.

【0136】また図5Bに示すように、例えばプログラムaの終わりに、例えばコマーシャル等の再生したくない部分Sが存在し、この部分Sの先頭部分にスキップスタートIDを記録した場合には、プログラムaの先頭のスタートIDを検出してこのプログラムaを再生し、スキップスタートIDを検出すると、この部分Sを早送り等により飛ばし、プログラムbの先頭に記録されているスタートIDを検出したところより再生を行う。 [0136] In addition, as shown in FIG. 5B, for example at the end of the program a, for example, there is a part S you do not want to play commercials, etc., in case of recording the skip start ID at the beginning part of this part S, the program by detecting the beginning of the start ID of a play this program a, upon detection of a skip start ID, reproduced from the place where this portion S skipped by fast forward, etc., to detect the start ID, which is recorded at the beginning of the program b I do.

【0137】図5C及びDにおいては、プログラムaとプログラムbに跨ってスキップスタートIDを記録した場合である。 [0137] In Figure 5C and D shows a case where recording the skip start ID across program a program b.

【0138】この場合は、スキップスタートIDとプログラムbの先頭に記録されたスタートIDが重ならない部分、即ち、部分Sだけが早送り等により飛ばされる。 [0138] In this case, the recorded start ID does not overlap part at the beginning of the skip start ID and the program b, that is, only the portion S is blown away by the fast-forward or the like.

【0139】また図5E及びFにおいては、プログラムaの先頭に記録されたスタートIDにスキップスタートIDを重なるように記録した場合である。 [0139] In FIG. 5E and F shows a case of recording to overlap the skip start ID to the start ID recorded in the beginning of the program a.

【0140】この場合は、スキップスタートIDが記録されている部分からプログラムbの先頭に記録されているスタートIDを検出するまで早送り等で飛ばし、プログラムbのスタートIDを検出したときに再生となる。 [0140] In this case, skip in fast forward or the like from the portion where the skip start ID has been recorded to the detection of the start ID, which is recorded at the beginning of the program b, be reproduced when it detects the start ID of the program b .

【0141】従って、飛ばされる範囲はSで示す如く、 [0141] Accordingly, the scope to be skipped is as shown by the S,
プログラムaが殆ど飛ばされる。 Program a is almost skipped.

【0142】図5G、H及びIはプログラムaの期間、 [0142] Figure 5G, H and I the period of the program a,
且つ、プログラムaのスタートIDと重ならない位置にスキップスタートID及びスキップエンドIDの順に記録がなされている場合である。 And a case where the recording in the order of the skip start ID and skip end ID is made at a position that does not overlap the start ID Programs a.

【0143】この場合は、スキップスタートIDが記録されているところから、スキップエンドIDが記録されている先頭位置まで、即ち、部分Sの期間が早送り等で飛ばされ、スキップエンドIDの先頭位置からは再生状態となる。 [0143] In this case, from where a skip start ID has been recorded, to the beginning position to skip the end ID is recorded, that is, the period of part S is skipped in fast forward, etc., from the head position of the skip end ID It becomes the playback state.

【0144】最も基本的な動作を図6を参照して説明すると、スキップスタートIDが記録されている位置までは再生状態となり、スキップスタートIDが記録されている位置より早送りとなり、スキップエンドIDまたはスタートIDが記録されている位置の先頭より先(オーバーランの分を含む)で停止し、更に一旦巻戻しによりスキップエンドIDまたはスタートIDの位置まで戻り、この後再生状態となる。 [0144] When the most basic operation will be described with reference to FIG. 6, to a position where the skip start ID is recorded becomes reproduction state, become fast-forward than the position where the skip start ID is recorded, the skip end ID or stop the beginning of the position of the start ID is recorded in the previous (including partial overrun), returns to the position of the skip end ID or start ID by further once unwinding, the reproduction state after this.

【0145】また図10において説明したように、スキップスタートIDを検出してから、スタートIDまたはスキップエンドIDを検出するまでの飛ばすための速度は、例えばパックデータに記録されている速度で走行させるようにする。 [0145] Further, as described in FIG. 10, from the detection of the skip start ID, speed for skip of until it detects the start ID or skip end ID is caused to travel at a speed which is recorded in, for example, the pack data so as to.

【0146】図7Aに示すように、磁気テープ12にスタートID、スキップスタートID、スキップエンドI [0146] As shown in FIG. 7A, the start ID on the magnetic tape 12, the skip start ID, a skip end I
D、スタートIDの順にIDが記録がなされている場合、図7Bに示すように、スキップスタートIDの先頭まで再生状態となり、このスキップスタートDが記録されている位置からスキップエンドIDが記録されている位置(終わりまで)までキュー1の速度、即ち、図10 D, if the ID in the order of start ID has been recorded, as shown in FIG 7B, to the beginning of the skip start ID will play state, skipping end ID from the position the skip start D is recorded is recorded have position (until the end) to the queue 1 speed, i.e., FIG. 10
において説明したように、例えば通常の再生速度の3. As described in, for example, the normal playback speed 3.
5倍の速度で走行させるようにする。 5 times faster so as to travel.

【0147】そしてこの図7Bに示すように、スキップエンドIDを検出した後は、オーバーラン分を補正するために巻戻しを行って正確な位置、即ち、スキップエンドIDが記録されている先頭位置に戻り、この後、再生状態となる。 [0147] Then, as shown in FIG. 7B, after detecting the skip end ID, precise position by performing the rewinding to correct the overrun amount, i.e., the head position of the skip end ID is recorded return to, after this, be reproduced state.

【0148】このように、本例においては、スキップスタートID、スキップエンドID及びスタートIDを記録できるようにし、スキップスタートIDを検出した時点よりスキップエンドIDまたはスタートIDの記録されている位置までを早送りで飛ばすようにしたので、再生したくないとこらだけを飛ばすようにすることができる。 [0148] Thus, in the present embodiment, the skip start ID, to be able to record the skip end ID and the start ID, until storage locations of the skip end ID or start ID from the time of detecting the skip start ID so was to fly in fast forward, it can be made to fly the only Toko et al. do not want to play.

【0149】また、スキップエンドIDやスタートID [0149] Also, skip the end ID and start ID
の記録長を300フレーム±30フレームと長くしたので、テープの走行速度が高速でも検出できる。 Since the recording length was longer with 300 frames ± 30 frames, the running speed of the tape can be detected at high speed.

【0150】尚、上述の実施例は本発明の一例であり、 [0150] Incidentally, the above embodiment is an example of the present invention,
本発明の要旨を逸脱しない範囲でその他様々な構成が取り得ることは勿論である。 The various arrangements without departing from the spirit and scope of the present invention can take a matter of course.

【0151】 [0151]

【発明の効果】上述せる本発明によれば、磁気テープに磁気テープの走行速度に関連した識別子を記録するようにしたので、再生装置において例えば再生したくないところだけを再生しないようにすることができる記録状態を得ることができ、使い勝手を良好にすることができる利益がある。 According to the present invention to above according to the present invention, since so as to record the identifier associated with the traveling speed of the magnetic tape on the magnetic tape, to ensure that not play only where you do not want for example to play the playback device it is possible to obtain a recording state that may, there is a benefit that it is possible to improve the usability.

【0152】また上述せる本発明によれば、再生手段により再生された識別子に関連して、テープ走行手段を制御するようにしたので、例えば再生したくないところだけを再生することができ、使い勝手を良好にすることができる利益がある。 [0152] According to the present invention to above, in connection with the identifier reproduced by the reproducing means, since to control the tape running means, can play only where, for example does not want to play, usability there is benefit it is possible to improve the.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明記録装置及び再生装置の一実施例を示す構成図である。 1 is a block diagram showing an embodiment of the present invention the recording apparatus and reproducing apparatus.

【図2】本発明記録装置及び再生装置の一実施例の説明に供するフローチャートである。 2 is a flowchart illustrating an embodiment of the present invention the recording apparatus and reproducing apparatus.

【図3】本発明記録装置及び再生装置の一実施例の説明に供するフローチャートである。 3 is a flowchart illustrating an embodiment of the present invention the recording apparatus and reproducing apparatus.

【図4】本発明記録装置及び再生装置の一実施例の説明に供するフローチャートである。 Is a flowchart for describing an embodiment of the present invention; FIG recording apparatus and reproducing apparatus.

【図5】本発明記録装置及び再生装置の一実施例の説明に供するタイミングチャートである。 5 is a timing chart for explaining an embodiment of the present invention the recording apparatus and reproducing apparatus.

【図6】本発明記録装置及び再生装置の一実施例の説明に供する説明図である。 6 is an explanatory diagram for explaining an embodiment of the present invention the recording apparatus and reproducing apparatus.

【図7】本発明記録装置及び再生装置の一実施例の説明に供する説明図である。 7 is an explanatory diagram for explaining an embodiment of the present invention the recording apparatus and reproducing apparatus.

【図8】本発明記録装置及び再生装置の一実施例の説明に供する説明図である。 8 is an explanatory diagram for explaining an embodiment of the present invention the recording apparatus and reproducing apparatus.

【図9】本発明記録装置及び再生装置の一実施例の説明に供する説明図である。 9 is an explanatory diagram for explaining an embodiment of the present invention the recording apparatus and reproducing apparatus.

【図10】本発明記録装置及び再生装置の一実施例の説明に供する説明図である。 10 is an explanatory view for explaining an embodiment of the present invention the recording apparatus and reproducing apparatus.

【図11】本発明記録装置及び再生装置の一実施例の説明に供する説明図である。 11 is an explanatory diagram for explaining an embodiment of the present invention the recording apparatus and reproducing apparatus.

【図12】本発明記録装置及び再生装置の一実施例の説明に供する説明図である。 12 is an explanatory diagram for explaining an embodiment of the present invention the recording apparatus and reproducing apparatus.

【図13】本発明記録装置及び再生装置の一実施例の説明に供する説明図である。 13 is an explanatory diagram for explaining an embodiment of the present invention the recording apparatus and reproducing apparatus.

【図14】本発明記録装置及び再生装置の一実施例の説明に供する説明図である。 14 is an explanatory diagram for explaining an embodiment of the present invention the recording apparatus and reproducing apparatus.

【図15】従来の各種IDの概念をVTRに導入した場合の説明図である。 [15] The concept of various conventional ID is an explanatory diagram when introduced into VTR.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 システムコントローラ 4 表示装置 5 モータ制御回路 6 キャプスタンモータ 7 ドラムモータ 8 回転ヘッド 9 信号処理回路 12 磁気テープ 13 再生増幅回路 14 スイッチ 1 system controller 4 display 5 the motor control circuit 6 capstan motor 7 a drum motor 8 rotating head 9 signal processing circuit 12 the magnetic tape 13 reproducing amplifier circuit 14 switches

───────────────────────────────────────────────────── ────────────────────────────────────────────────── ───

【手続補正書】 [Procedure amendment]

【提出日】平成4年2月25日 [Filing date] 1992 February 25,

【手続補正1】 [Amendment 1]

【補正対象書類名】明細書 [Correction target document name] specification

【補正対象項目名】0029 [Correction target item name] 0029

【補正方法】変更 [Correction method] change

【補正内容】 [Correction contents]

【0029】また上述せる本発明によれば、再生手段8、4、13、14、9により再生された識別子に関連して、テープ走行手段5、6、7を制御するようにしたので、例えば再生したくないところだけを再生しないよ [0029] According to the present invention to above, in connection with the identifier reproduced by the reproducing means 8,4,13,14,9, since to control the tape running means 5, 6, 7, e.g. I do not play the only place where you do not want to play
うにすることができ、使い勝手を良好にすることができる。 It is possible to sea urchin, it is possible to improve the usability.

【手続補正2】 [Amendment 2]

【補正対象書類名】明細書 [Correction target document name] specification

【補正対象項目名】0037 [Correction target item name] 0037

【補正方法】変更 [Correction method] change

【補正内容】 [Correction contents]

【0037】さて、上述のVTRが例えばHD(ハイ・ [0037] Now, the above-described VTR, for example, HD (High
ディフィニッション )規格の民生用アナログHDVTR Di finisher and Deployment) analog for the standard of consumer HDVTR
の場合として記録及び再生時の動作について説明する。 Recording and the reproducing operation will be described as a case.

【手続補正3】 [Amendment 3]

【補正対象書類名】明細書 [Correction target document name] specification

【補正対象項目名】0039 [Correction target item name] 0039

【補正方法】変更 [Correction method] change

【補正内容】 [Correction contents]

【0039】このTCI処理においては、 例えば1水平 [0039] In this TCI processing, for example one horizontal
走査期間(以下1ラインと記述する)の輝度信号Yと2 Luminance signal Y scanning period (hereinafter referred to as one line) and 2
つの色差信号P B (B−Y)、P R (R−Y)を夫々時 One of the color difference signal P B (B-Y), time respectively the P R (R-Y)
間軸圧縮し、1ライン上に時分割多重され、シンク 、バースト、セグメントインデックス等が付加された後に、 Compressed between axes are time division multiplexed on one line, the sync burst, after the segment index, etc. are added,
TCI信号の1ラインに収められ、更に1フィールド内でシャッフリングされた後にセグメント2チャンネルに変換される。 Housed in one line of the TCI signal is converted into 2 segments 2 channels after being shuffled further in one field.

【手続補正4】 [Amendment 4]

【補正対象書類名】明細書 [Correction target document name] specification

【補正対象項目名】0040 [Correction target item name] 0040

【補正方法】変更 [Correction method] change

【補正内容】 [Correction contents]

【0040】そしてこの後TCI信号は上述の映像信号処理回路においてプリエンファシスされ、FM変調された後にスイッチ10の固定接点10bに供給される。 [0040] The TCI signal thereafter is pre-emphasized in the above-described video signal processing circuit, it is supplied to the fixed contact 10b of the switch 10 after being FM-modulated.

【手続補正5】 [Amendment 5]

【補正対象書類名】明細書 [Correction target document name] specification

【補正対象項目名】0041 [Correction target item name] 0041

【補正方法】変更 [Correction method] change

【補正内容】 [Correction contents]

【0041】また、上述のTCI信号数ラインではPbが、 数ラインではPrが選択されていわゆる色 Further, Pb in the above-mentioned TCI signal is odd lines, so-called color difference is selected Pr is the even number lines
線順次化される。 Line-sequentially reduction.

【手続補正6】 [Amendment 6]

【補正対象書類名】明細書 [Correction target document name] specification

【補正対象項目名】0042 [Correction target item name] 0042

【補正方法】変更 [Correction method] change

【補正内容】 [Correction contents]

【0042】一方、上述のミューズデコーダ等よりのP On the other hand, P than such aforementioned MUSE decoder
CM音声信号は、図示を省略した音声信号処理回路において1フィールド単位に区切られ、誤り訂正符号が付加され、並び替え処理が施され、更に分割され、圧縮された後に記録データになされてスイッチ10の固定接点10cに供給される。 CM audio signal is divided into units of fields in the audio signal processing circuit (not shown), the error correction code is added, rearranging processing is performed, it is further divided into two parts, is made on the recording data after being compressed switch It is supplied to the fixed contact 10c of 10.

【手続補正7】 [Amendment 7]

【補正対象書類名】明細書 [Correction target document name] specification

【補正対象項目名】0050 [Correction target item name] 0050

【補正方法】変更 [Correction method] change

【補正内容】 [Correction contents]

【0050】 HDビデオフォーマットにおいては、アジマスの異なった2個のヘッドで同時に走査し、1フレームを本の傾斜トラック、即ち、 セグメントで構成している。 [0050] In the HD video formats, simultaneously scanned by two heads having different azimuth, inclination tracks eight one frame, i.e., are composed of four segments.

【手続補正8】 [Amendment 8]

【補正対象書類名】明細書 [Correction target document name] specification

【補正対象項目名】0081 [Correction target item name] 0081

【補正方法】変更 [Correction method] change

【補正内容】 [Correction contents]

【0081】この図12に示すように、ビデオサブコードエリアは1トラックあたり例えば17ブロックから構成され、プリアンブル部がブロック、ポストアンブル部がブロック及びデータ部が4ブロックで構成される。 [0081] As shown in FIG. 12, a video sub-code area is composed of one track per example 17 blocks, a preamble portion 7 blocks, a postamble section 6 blocks and data unit consists of 4 blocks.

【手続補正9】 [Amendment 9]

【補正対象書類名】明細書 [Correction target document name] specification

【補正対象項目名】0082 [Correction target item name] 0082

【補正方法】変更 [Correction method] change

【補正内容】 [Correction contents]

【0082】これら各ブロックには図の下部に41、4 [0082] 41 and 42 in the lower part of the figure for each of these blocks
2、・・・49、・・・56で示すようにアドレスが割り当てられている。 2,... 49, the address as indicated by ... 56 are assigned.

【手続補正10】 [Amendment 10]

【補正対象書類名】明細書 [Correction target document name] specification

【補正対象項目名】0091 [Correction target item name] 0091

【補正方法】変更 [Correction method] change

【補正内容】 [Correction contents]

【0091】先ず、例えば上位から4番目のビットにはスキップエンドIDが割り当てられ、このスキップエンドIDが有効、即ち、“1”の場合には、再生しない部分の終わりを示し、この情報は例えば300±30フレーム連続的に記録され、このスキップエンドIDが有効ではない、即ち、“0”の場合には、スキップの終わりではないことを示す。 [0091] First, for example, the fourth significant bit is assigned a skip end ID, the skip end ID is valid, that is, if "1" indicates the end of the portion which is not reproduced, the information is for example 300 is ± 30 frames continuously recorded, the skip end ID is not valid, i.e., in the case of "0" indicates that not the end of the skip.

【手続補正11】 [Amendment 11]

【補正対象書類名】明細書 [Correction target document name] specification

【補正対象項目名】0122 [Correction target item name] 0122

【補正方法】変更 [Correction method] change

【補正内容】 [Correction contents]

【0122】ステップ320では、スキップスタートI [0122] In step 320, the skip start I
Dか否か、即ち、スキップスタートIDが有効か否かを判断し、「YES」であればステップ330に移行し、 D whether, i.e., determines whether valid or not the skip start ID, the process proceeds to step 330 if "YES",
「NO」であれば再びステップ310に移行する。 Then control goes back to the step 310 if it is "NO".

【手続補正12】 [Amendment 12]

【補正対象書類名】明細書 [Correction target document name] specification

【補正対象項目名】0152 [Correction target item name] 0152

【補正方法】変更 [Correction method] change

【補正内容】 [Correction contents]

【0152】また上述せる本発明によれば、再生手段により再生された識別子に関連して、テープ走行手段を制御するようにしたので、例えば再生したくないところだけを再生しないようにすることができ、使い勝手を良好にすることができる利益がある。 [0152] According to the present invention to above, in connection with the identifier reproduced by the reproducing means, since to control the tape running means, for example, be adapted only not to play where you do not want to play can, there is a benefit that it is possible to improve the usability. ───────────────────────────────────────────────────── ────────────────────────────────────────────────── ───

【手続補正書】 [Procedure amendment]

【提出日】平成4年2月25日 [Filing date] 1992 February 25,

【手続補正1】 [Amendment 1]

【補正対象書類名】図面 [Correction target document name] drawings

【補正対象項目名】図12 [Correction target item name] FIG. 12

【補正方法】変更 [Correction method] change

【補正内容】 [Correction contents]

【図12】 [Figure 12]

Claims (2)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 磁気テープに情報を記録するようにした記録装置において、 上記磁気テープの走行速度に関連した識別子を発生する発生手段を設け、 上記磁気テープに上記識別子を記録するようにしたことを特徴とする記録装置。 1. A recording apparatus that records information on a magnetic tape by a generating means for generating an identifier associated with the traveling speed of the magnetic tape is provided, and to record the identifier in the magnetic tape recording apparatus characterized.
  2. 【請求項2】 磁気テープの走行速度に関連した識別子が記録されている磁気テープを再生する再生手段と、 上記磁気テープを走行せしめるテープ走行手段と、 上記磁気テープの走行速度に関連した制御を行う制御手段とを有し、 上記再生手段により再生された上記識別子に関連して、 2. A reproducing means for reproducing a magnetic tape identifier associated with the traveling speed of the magnetic tape is recorded, and the tape running means allowed to travel the magnetic tape, the control related to the running speed of the magnetic tape and a control means for, in conjunction with the above identifier reproduced by said reproducing means,
    上記テープ走行手段を制御するようにしたことを特徴とする再生装置。 Reproducing apparatus being characterized in that so as to control the tape running means.
JP3345981A 1991-12-27 1991-12-27 Recording device and reproducing device Pending JPH05182294A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3345981A JPH05182294A (en) 1991-12-27 1991-12-27 Recording device and reproducing device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3345981A JPH05182294A (en) 1991-12-27 1991-12-27 Recording device and reproducing device

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH05182294A true JPH05182294A (en) 1993-07-23

Family

ID=18380325

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP3345981A Pending JPH05182294A (en) 1991-12-27 1991-12-27 Recording device and reproducing device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH05182294A (en)

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2014003636A (en) * 1999-09-20 2014-01-09 Tivo Inc System with closed-caption tag
US9258592B2 (en) 2004-11-19 2016-02-09 Tivo Inc. Method and apparatus for secure transfer of previously broadcasted content
US9521356B2 (en) 1998-07-30 2016-12-13 Tivo Inc. Digital security surveillance system
US9525917B2 (en) 2012-03-13 2016-12-20 Tivo Inc. Automatic commercial playback system
US9854199B2 (en) 1998-07-30 2017-12-26 Tivo Solutions Inc. Multiple outlet digital video recording system
US9986295B2 (en) 2009-04-08 2018-05-29 Tivo Solutions Inc. Automatic contact information transmission system
US10021446B2 (en) 1998-07-30 2018-07-10 Tivo Solutions Inc. Multimedia stream processing system
US10153000B2 (en) 2006-06-22 2018-12-11 Tivo Solutions Inc. In-band data recognition and synchronization system

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9854199B2 (en) 1998-07-30 2017-12-26 Tivo Solutions Inc. Multiple outlet digital video recording system
US9264686B2 (en) 1998-07-30 2016-02-16 Tivo Inc. Tag-based menus in video streams
US9407891B2 (en) 1998-07-30 2016-08-02 Tivo Inc. One-touch recording of a program being advertised
US9521356B2 (en) 1998-07-30 2016-12-13 Tivo Inc. Digital security surveillance system
US10021446B2 (en) 1998-07-30 2018-07-10 Tivo Solutions Inc. Multimedia stream processing system
JP2014003636A (en) * 1999-09-20 2014-01-09 Tivo Inc System with closed-caption tag
US9258592B2 (en) 2004-11-19 2016-02-09 Tivo Inc. Method and apparatus for secure transfer of previously broadcasted content
US10153000B2 (en) 2006-06-22 2018-12-11 Tivo Solutions Inc. In-band data recognition and synchronization system
US9986295B2 (en) 2009-04-08 2018-05-29 Tivo Solutions Inc. Automatic contact information transmission system
US9525917B2 (en) 2012-03-13 2016-12-20 Tivo Inc. Automatic commercial playback system
US9826274B2 (en) 2012-03-13 2017-11-21 Tivo Solutions Inc. Automatic commercial playback system

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR100188294B1 (en) Multi-recording media, reproducing method and the method therefor
US4890168A (en) Program scan apparatus for VTR utilizing picture-in-picture display
JP4597453B2 (en) Commercial skip function and chapter depiction function of a rewritable media
KR100228028B1 (en) Recording medium which can cope with various languages and reproduction apparatus
JP3938368B2 (en) Editing of the editing device and the moving picture data of the moving image data
EP0639927A2 (en) Digital video signal recording and reproducing apparatus
EP0558306A2 (en) Recording and reproducing apparatus
US4768106A (en) Apparatus for recording video and PCM audio signals with insert editing using axially displaced heads
KR0148290B1 (en) Reproduction apparatus with a time display function
JP4152436B2 (en) Digital reproducing device
CA2200346C (en) Information carrier, device for reading and device for providing the information carrier and method of transmitting picture information
CN1058594C (en) Digital video and audio signal recording and reproducing apparatus
US5724474A (en) Digital recording and reproducing apparatus and index recording method
JP4684416B2 (en) The user interface of the digital video device
KR100366478B1 (en) Playback device with the index search function, and access method
JP2004511973A (en) Digital video and data recorder
MY121938A (en) Digital vcr with non-standard speed playback
US5450210A (en) Video library system using recorded index information and stored library data
JP4172379B2 (en) Recording and reproducing apparatus
JP3197855B2 (en) Mpeg data of the reproducing apparatus
US5032926A (en) Video tape recorder having picture-in-picture function
JP3818847B2 (en) Information recording and reproducing apparatus and an information recording and reproducing method
EP1236349B1 (en) Method for editing source video to slow motion or fast motion on the recordable media
KR100556445B1 (en) Editing system and method, an image recording apparatus, editing apparatus, and a recording medium
US5845046A (en) Multi-scene recording medium and apparatus for producing data therefrom