JPH0518194A - トンネル先受工におけるアーチシエルの構築方法 - Google Patents

トンネル先受工におけるアーチシエルの構築方法

Info

Publication number
JPH0518194A
JPH0518194A JP3175234A JP17523491A JPH0518194A JP H0518194 A JPH0518194 A JP H0518194A JP 3175234 A JP3175234 A JP 3175234A JP 17523491 A JP17523491 A JP 17523491A JP H0518194 A JPH0518194 A JP H0518194A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
tunnel
arch
arch shell
shell
construction
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP3175234A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2551506B2 (ja
Inventor
Toshitaka Inoue
俊隆 井上
Original Assignee
Fujita Corp
株式会社フジタ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fujita Corp, 株式会社フジタ filed Critical Fujita Corp
Priority to JP3175234A priority Critical patent/JP2551506B2/ja
Publication of JPH0518194A publication Critical patent/JPH0518194A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2551506B2 publication Critical patent/JP2551506B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 トンネル掘削とは独立先行したアーチシエル
構築の連続作業を可能ならしめ、超大型断面のトンネル
まで安全且つ速やかに掘進できるトンネル先受工におけ
るアーチシエル構築方法を提供する。 【構成】 頂設導坑1を先行掘削し、同導坑1を作業坑
として円弧状地下連続壁掘削機2によって左右のアーチ
シエル部3aを構築し、前記頂設導坑1内にシエルコン
クリート3bを打設して前記各アーチシエル部3aを結
合し、トンネル掘削切羽前方にアーチシエル3を構築す
る。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【産業上の利用分野】本発明はトンネル掘削の補助工法
の一つである先受工におけるアーチシエルの構築方法に
係るものである。

【0002】

【従来の技術】前記先受工法として種々の方法が提案さ
れているが、これらの工法はトンネル掘削切羽より前方
に向けて一定の長さの先受工を施工する方法である。

【0003】

【発明が解決しようとする課題】前記従来の先受工法は
トンネル掘削切羽より施工するため、トンネルの掘削作
業と競合し、掘削サイクルタイム内の作業となる。また
前記従来の方法では、先受工の長尺化には自ずから限度
がある。本発明は前記従来技術の有する問題点に鑑みて
提案されたもので、その目的とする処は、トンネル掘削
とは独立、先行したアーチシエル構築の連続作業が可能
となり、超大断面のトンネルまで安全且つ速やかに掘進
できるトンネル先受工におけるアーチシエルの構築方法
を提供する点にある。

【0004】

【課題を解決するための手段】前記の目的を達成するた
め、本発明に係るトンネル先受工におけるアーチシエル
の構築方法によれば、頂設導坑を先行掘削し、同頂設導
坑から円弧状地下連続壁掘削機によって左右のアーチシ
エル部を構築し、前記頂設導坑内にコンクリートを打設
して前記左右のアーチシエル部を結合し、トンネル掘削
切羽前方にアーチシエルを構築するものである。

【0005】

【作用】本発明は前記したように、トンネル掘削に先行
して頂設導坑を掘削して、同頂設導坑を作業坑として利
用し、同頂設導坑から円弧状地下連続壁掘削機によって
左右のアーチシエル部を構築したのち、前記頂設導坑内
にコンクリートを打設することによって、前記左右の各
アーチシエル部を結合し、かくしてトンネル掘削と独
立、先行してトンネル切羽前方にアーチシエルを構築す
るものである。

【0006】

【実施例】以下本発明を図示の実施例について説明す
る。トンネル断面外上部中央に公知の方法で頂設導坑1
を掘削する。(図3参照)次いで同頂設導坑1内に円弧
状地下連続壁掘削機2によって左右のアーチシエル部3
の掘削を行ない、コンクリート打設、または泥水固化に
よって前記一双のアーチシエル部3aを左右併進で構築
する。(図4参照)前記掘削機2は掘削機本体よりカツ
ター部2aを先端に支持し、且つ所要の剛性を有する円
弧状ロツド2bを継接していくように構成されている。
なお前記掘削機2によるアーチシエル部3aの掘削に先
行して、頂設導坑1に導入されたパイロツト掘削機4に
よってパイロツト孔5を掘削し、同パイロツト孔5を案
内として前記掘削機2によるアーチシエル部3aの掘削
を行なうものである。(図2参照)次いで前記頂設導坑
1内でシエルコンクリート3bを打設して、左右のアー
チシエル部3aを一体化して、トンネル掘削切羽前面に
アーチシエル3を構築する。(図5参照)次いで前記ア
ーチシエル3内でトンネル本体6を施工するが、同トン
ネル本体6の施工は剛強なアーチシエル3内での掘削作
業となるので、超大型断面トンネルも安全且つ速やかに
掘進されるものである。(図6参照)次いで前記掘削機
2を解体して撤去するとともに、前記頂設導坑1の埋め
戻しを行なう。(図7参照)図中7は埋戻し土である。

【0007】

【発明の効果】本発明によれば前記したように、トンネ
ル断面外の頂設導坑を作業坑として円弧状地下連続壁掘
削機により先受工としてのアーチシエルを施工すること
によって、トンネル掘削とは独立、先行したアーチシエ
ルの連続構築作業が可能となる。

【0008】また本発明によればトンネル本体の施工は
剛強なアーチシエル内での掘削作業となるので、超大断
面トンネルでも安全、且つ急速な掘進が可能となる。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明に係るトンネル先受工におけるアーチシ
エルの構築方法の一実施例の実施状況を示す横断面図で
ある。

【図2】図1の縦断面図である。

【図3】頂壁導坑の掘進工程を示す横断面図である。

【図4】円弧状地下連続壁掘削機によるアーチシエル部
の構築工程を示す横断面図である。

【図5】左右のアーチシエル部の結合工程を示す横断面
図である。

【図6】アーチシエル内におけるトンネル施工工程を示
す横断面図である。

【図7】円弧状地下連続壁掘削機の解体撤去及び頂設導
坑の埋戻し工程を示す横断面図である。

【符号の説明】

1 頂設導坑 2 円弧状地下連続壁掘削機 2a カツター部 2b 円弧状ロツド 3 アーチシエル 3a アーチシエル部 3b シエルコンクリート 6 トンネル本体

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 【請求項1】 頂設導坑を先行掘削し、同頂設導坑から
    円弧状地下連続壁掘削機によって左右のアーチシエル部
    を構築し、前記頂設導坑内にコンクリートを打設して前
    記左右のアーチシエル部を結合し、トンネル掘削切羽前
    方にアーチシエルを構築することを特徴とするトンネル
    先受工におけるアーチシエルの構築方法。
JP3175234A 1991-07-16 1991-07-16 トンネル先受工におけるアーチシエルの構築方法 Expired - Lifetime JP2551506B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3175234A JP2551506B2 (ja) 1991-07-16 1991-07-16 トンネル先受工におけるアーチシエルの構築方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3175234A JP2551506B2 (ja) 1991-07-16 1991-07-16 トンネル先受工におけるアーチシエルの構築方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0518194A true JPH0518194A (ja) 1993-01-26
JP2551506B2 JP2551506B2 (ja) 1996-11-06

Family

ID=15992612

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP3175234A Expired - Lifetime JP2551506B2 (ja) 1991-07-16 1991-07-16 トンネル先受工におけるアーチシエルの構築方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2551506B2 (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO1999028595A1 (en) * 1997-11-28 1999-06-10 Nagatomo, Shigeki Whale skeleton construction method for tunnel having large section
US6520718B1 (en) 1998-11-27 2003-02-18 Shigeki Nagatomo, Et Al. Sardine-bone construction method for large-section tunnel

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO1999028595A1 (en) * 1997-11-28 1999-06-10 Nagatomo, Shigeki Whale skeleton construction method for tunnel having large section
US6520718B1 (en) 1998-11-27 2003-02-18 Shigeki Nagatomo, Et Al. Sardine-bone construction method for large-section tunnel

Also Published As

Publication number Publication date
JP2551506B2 (ja) 1996-11-06

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4803428B2 (ja) トンネル工法
KR100209103B1 (ko) 지중 연속벽 형성용 굴삭장치
JP4803429B2 (ja) 地中空洞の施工方法
EP0394806B1 (en) Method and apparatus for tunnelling
JP4493936B2 (ja) トンネル合流部の構築方法およびトンネル合流部
CN103899318A (zh) 中硬地层隧道铣挖及配套机械化施工工法
CN106555593A (zh) 一种大断面软岩隧道下台阶与仰拱同步开挖的施工方法
JP4958035B2 (ja) シールドルーフ工法
JP3824114B2 (ja) 大断面トンネルの鯨骨工法
JPH08170484A (ja) 大断面トンネルの構築方法
JP3833403B2 (ja) 大断面トンネルのいわし骨工法
CN109763827A (zh) 一种竖井盾构施工方法及竖井盾构机
JP2003155889A (ja) 親子シールド掘進機及びその掘進方法
JP4556786B2 (ja) シールド機の推進工法
CN106837357B (zh) 一种采用曲线管棚的非开挖管幕法
CN105041327B (zh) 暗挖隧道反挖盾构接收方法
JP2008025303A (ja) 分岐合流部における支保構造体の構築方法
JP2519380B2 (ja) 自走式トンネル掘削装置及びトンネル掘削方法
JP2010174464A (ja) トンネル掘進機の解体方法
CN111119909A (zh) 一种隧道开挖方法
JP3882118B2 (ja) 地山補強用鋼管及びこれを用いるトンネル掘削工法
KR100601399B1 (ko) 분할 메서플레이트를 이용한 메서실드 굴착장치 및 이를이용한 지중터널굴착공법
JPH07107359B2 (ja) 地下空洞施工法及びトンネル掘削機
US4451176A (en) Apparatus for and method of driving tunnels
JP3760312B2 (ja) トンネルの構築方法