JPH05179763A - 屋根ユニット工法 - Google Patents

屋根ユニット工法

Info

Publication number
JPH05179763A
JPH05179763A JP35779791A JP35779791A JPH05179763A JP H05179763 A JPH05179763 A JP H05179763A JP 35779791 A JP35779791 A JP 35779791A JP 35779791 A JP35779791 A JP 35779791A JP H05179763 A JPH05179763 A JP H05179763A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
roof
construction
work
units
roofing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP35779791A
Other languages
English (en)
Inventor
Shinya Shimojima
信也 下島
Shingo Ishii
進悟 石井
Takaaki Horaguchi
貴昭 洞口
Kimitake Koori
公剛 郡
Osamu Saito
斎藤  修
Soujirou Sugiyama
荘二郎 杉山
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Shimizu Construction Co Ltd
Shimizu Corp
AGC Inc
Original Assignee
Asahi Glass Co Ltd
Shimizu Construction Co Ltd
Shimizu Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Asahi Glass Co Ltd, Shimizu Construction Co Ltd, Shimizu Corp filed Critical Asahi Glass Co Ltd
Priority to JP35779791A priority Critical patent/JPH05179763A/ja
Publication of JPH05179763A publication Critical patent/JPH05179763A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Roof Covering Using Slabs Or Stiff Sheets (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【目的】 安全性が高いと共に作業能率が良く工期が短
縮でき、かつ施工管理も行き届く屋根ユニット工法を提
供する。 【構成】 屋根下地フレーム1を組み、その上に野地板
2と防水材3、4を張り、その上に横桟5を取付けて屋
根材6を葺いた所定寸法の屋根ユニット10を地上で仕
上げ、該屋根ユニットを必要数躯体11の屋根取付け個
所に吊込み固定し施工する屋根ユニット工法。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、屋根全面を複数のユニ
ットに分割して地上で仕上げ、これを躯体の屋根取付け
個所に吊込み固定して屋根工事を施工する、屋根ユニッ
ト工法に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来の屋根工事では、躯体の屋根下地の
上に野地板、防水材を張り、その上に屋根材を葺いて仕
上げる屋根作業を躯体の高所に登って行なわなくてはな
らないため、危険性が高いと共に、作業能率が悪く、か
つ施工管理も行き届かない、等の問題があった。
【0003】
【本発明が解決しようとする課題】本発明は上記従来の
問題を改善することを課題としてなされたものであっ
て、安全性が高いと共に作業能率が良く工期が短縮で
き、かつ施工管理も行き届く屋根ユニット工法を提供す
ることを目的としている。
【0004】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
本発明は、屋根下地フレームを組み、その上に野地板と
防水材を張り、その上に横桟を取付けて屋根材を葺いた
所定寸法の屋根ユニットを地上で仕上げ、該屋根ユニッ
トを必要数躯体の屋根取付け個所に吊込み固定し、屋根
工事を施工する屋根ユニット工法を特徴としている。
【0005】
【作用】上記のごとく本発明は、屋根をユニットに分割
して地上で仕上げ、これを躯体の屋根取付け個所に吊込
み固定して屋根工事を施工するもので、大部分の作業を
地上で行うため安全性が高いと共に作業能率が良く、か
つ施工管理も行き届く。また屋根を同サイズのユニット
に分割し、各ユニットを並行して仕上げていくことによ
って屋根全面をカバーする屋根ユニットを短期間で仕上
げることができ、屋根工事の工期を短縮することができ
る。
【0006】
【実施例】以下本発明の一実施例を図を参照して説明す
る。本発明工法は、まず地上において軽量C型鋼等で母
屋、垂木に相当する屋根下地フレーム1(図示例の屋根
下地フレームは短辺が屋根の流れ方向)を所定寸法で組
み、その上に耐火野地板2、防水ルーフィング3、次に
リブ付き亜鉛鉄板4をリブ4aを屋根の流れ方向にして
順次重ねて張り、リブ付き亜鉛鉄板4の上に平板付きの
横桟5を平板5a側を水下にして水平方向に取付ける
(図1(A)、(B))。 上記リブ付き亜鉛鉄板4
は、防水ルーフィング3の上に重ねて二重防水構造と
し、屋根全体の完全防水を確保するものである。横桟5
の取付け後、横桟5の上に屋根材6を葺いていく。本実
施例の屋根材6は天然スレートであって、屋根の水平方
向には屋根材6の水上部を横桟5の水下の平板5a上に
乗せ、水下部を下段の横桟5の上に乗せて水平方向に屋
根材6を突合わせ、水平方向の各突合わせ部の下面には
雨水受けのドレーンパン7を入れて各屋根材6の水上部
を横桟5に左右2本のビス8で止め、屋根の流れ方向に
は上段の屋根材6の突合わせ部の中間に下段の屋根材6
の突合わ部を配置し、上段の屋根材6の水下部を下段の
屋根材6の水上部に重ね合わせ、合わせ部にシール材9
を充填し、屋根ユニット10を仕上げる。なお屋根ユニ
ット10の接続部の屋根材は葺き残しておく(図2、図
3)。
【0007】屋根ユニット10が仕上ったら、各屋根ユ
ニット10の接続部に所定の隙間を空けて屋根取付け個
所に吊込み固定する。図5は躯体鉄骨11に屋根ユニッ
ト10を取付けた実施例を示すもので、この取付けは、
屋根ユニット10の地上施工の際、屋根下地フレーム1
に、予め、図6に示した屋根ユニット10側と本体鉄骨
11側取付け用の両L金物12、13を通しボルト14
で取付けたC型部材15をボルト16で必要数取付けて
おき、本体鉄骨11側取付け用のL金物13を躯体鉄骨
11にボルト17で螺着して取付ける。なお、屋根ユニ
ット10の躯体鉄骨11への取付けは、C型部材15を
省略し屋根ユニット10側のL金物12と本体鉄骨11
側のL金物13とを直接ボルトで固定してもよい。
【0008】屋根ユニット10の吊込み固定が終った
ら、両隣の屋根ユニット10間の隙間に止水ゴム18を
挿入し、また両隣のリブ付き亜鉛鉄板4の端部に立ては
ぜ式かわら棒19を加工し、その上にドレンパン7を入
れて雨仕舞をした後、葺き残した屋根ユニット10の接
続部の屋根材6を葺き(図4)、最後に屋根上部に棟水
切り板20、屋根下部に軒水切り板22を取付けて屋根
工事を終了する(図5)。 なお、本発明工法は、躯体
は鉄筋コンクリート造でも鉄骨造でも木造でもよく、ま
た、屋根ユニットの屋根下地フレームも鉄骨でも木製で
もよく、野地板も石膏、石綿ボード、ベニヤ合板等、防
水材も鉄板、防水シート、改質アスファルトでもよく、
屋根仕上げ材も天然スレート、化粧石綿板、化粧ルーフ
ィング、瓦、金属板等、任意の材料を選択して差支えな
い。
【0009】
【発明の効果】以上説明したように本発明は、屋根下地
フレームを組み、その上に野地板と防水材を張り、その
上に横桟を取付けて屋根材を葺いた所定寸法の屋根ユニ
ットを地上で仕上げ、該屋根ユニットを必要数躯体の屋
根取付け個所に吊込み固定し、屋根工事を施工するもの
で、大部分の作業を地上で行うため安全性が高いと共に
作業能率が良く、かつ施工管理も行き届いて良好な屋根
仕上げが得られる。また屋根を同サイズのユニットに分
割し、各ユニットを並行施工することによって大面積の
屋根であっても、全体をカバーする屋根ユニットを短期
間で仕上げることができ、屋根工事の工期を短縮を図る
ことができる、等の効果を奏するものである。
【0010】
【図面の簡単な説明】
【図1】(A)は屋根下地フレームを組み、これに横桟
を設けるまでの工程を分割して示した屋根ユニットの平
面図である。(B)は同上屋根ユニットの側面図であ
る。
【図2】次いで屋根材を葺く工程の屋根ユニットの平面
図である。
【図3】同上屋根ユニットの流れ方向の縦断面図であ
る。
【図4】屋根ユニットの接合部の横断面図である。
【図5】躯体の屋根取付け個所に吊込み固定した屋根ユ
ニットの側面図である。
【図6】屋根ユニットの躯体への取付け部の拡大図であ
る。
【0011】
【符号の説明】
1 屋根下地フレーム 2 耐火野地板 3 防水ルーフイング 4 リブ付き亜鉛鉄板 5 横桟 6 屋根材 10 屋根ユニット 11 躯体鉄骨
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 洞口 貴昭 東京都千代田区丸の内二丁目1番2号 旭 硝子株式会社内 (72)発明者 郡 公剛 東京都港区芝浦一丁目2番3号 清水建設 株式会社内 (72)発明者 斎藤 修 東京都港区芝浦一丁目2番3号 清水建設 株式会社内 (72)発明者 杉山 荘二郎 東京都港区芝浦一丁目2番3号 清水建設 株式会社内

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 屋根下地フレームを組み、その上に野地
    板と防水材を張り、その上に横桟を取付けて屋根材を葺
    いた所定寸法の屋根ユニットを地上で仕上げ、該屋根ユ
    ニットを必要数躯体の屋根取付け個所に吊込み固定し、
    屋根工事を施工することを特徴とする屋根ユニット工
    法。
JP35779791A 1991-12-26 1991-12-26 屋根ユニット工法 Pending JPH05179763A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP35779791A JPH05179763A (ja) 1991-12-26 1991-12-26 屋根ユニット工法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP35779791A JPH05179763A (ja) 1991-12-26 1991-12-26 屋根ユニット工法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH05179763A true JPH05179763A (ja) 1993-07-20

Family

ID=18455976

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP35779791A Pending JPH05179763A (ja) 1991-12-26 1991-12-26 屋根ユニット工法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH05179763A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002201765A (ja) * 2000-12-28 2002-07-19 Nisshin Steel Co Ltd 屋根パネルおよび屋根
KR100976970B1 (ko) * 2007-02-26 2010-08-23 최범섭 한옥(韓屋)의 기와지붕 구조 시공방법
CN108222378A (zh) * 2017-12-21 2018-06-29 北新房屋有限公司 一种集成化板式屋面结构及其制备方法

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002201765A (ja) * 2000-12-28 2002-07-19 Nisshin Steel Co Ltd 屋根パネルおよび屋根
JP4577805B2 (ja) * 2000-12-28 2010-11-10 日新製鋼株式会社 屋根
KR100976970B1 (ko) * 2007-02-26 2010-08-23 최범섭 한옥(韓屋)의 기와지붕 구조 시공방법
CN108222378A (zh) * 2017-12-21 2018-06-29 北新房屋有限公司 一种集成化板式屋面结构及其制备方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4109428A (en) Roof edging
US5881501A (en) Roof system and panel therefor
JP3555719B2 (ja) 太陽電池の取付け装置
JPH05179763A (ja) 屋根ユニット工法
CN216276498U (zh) 一种设于金属屋面上的天沟结构
CN210530149U (zh) 斜屋面陶瓦干挂结构
CN210597802U (zh) 一种平改坡屋面节点结构
JP2006161453A (ja) 瓦棒葺き屋根の改修工法
JP3494424B2 (ja) 太陽電池の取付け装置
CN210164150U (zh) 一种新型气楼屋面板结构
JPH0755267Y2 (ja) 門戸の屋根構造
CN115045445B (zh) 一种碟形曲面镀铝锌钢板屋面及其铺设方法
JP3533300B2 (ja) 太陽電池を融合した瓦棒屋根
AU2019204459B2 (en) A Roof
JP2629140B2 (ja) 太陽エネルギー活用装置の屋根への設置構造
JPH1018513A (ja) 寺社等の本瓦棒屋根とその施工法
JPH10169129A (ja) 太陽電池を設置した屋根
JPH0623622Y2 (ja) ド−マの取付構造
JPH0623621Y2 (ja) ド−マの取付構造
JP2840144B2 (ja) ドーマ
JPH11131735A (ja) 太陽電池パネルの施工方法
JPH05133046A (ja) 建築用屋根パネル
JPH0642101A (ja) 屋根の軒天井
JPH0696876B2 (ja) 屋根バルコニーの構造
JPH06146389A (ja) 屋根バルコニーの構造