JPH05173867A - Cd−romライタシステム - Google Patents

Cd−romライタシステム

Info

Publication number
JPH05173867A
JPH05173867A JP3356252A JP35625291A JPH05173867A JP H05173867 A JPH05173867 A JP H05173867A JP 3356252 A JP3356252 A JP 3356252A JP 35625291 A JP35625291 A JP 35625291A JP H05173867 A JPH05173867 A JP H05173867A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
write
information
data
track
recording
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP3356252A
Other languages
English (en)
Inventor
Masafumi Naito
雅文 内藤
Original Assignee
Fujitsu General Ltd
株式会社富士通ゼネラル
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fujitsu General Ltd, 株式会社富士通ゼネラル filed Critical Fujitsu General Ltd
Priority to JP3356252A priority Critical patent/JPH05173867A/ja
Publication of JPH05173867A publication Critical patent/JPH05173867A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 CD−ROMライタシステムにおいて、追記
型ディスク(CD−ROM)の追記を可能とし、同追記
途中にあっても既に記録した情報の読み出しを可能とす
る。 【構成】 追記型ディスクに情報を記録するCD−RO
Mライタおよび同CD−ROMライタの記録動作を制御
するパーソナルコンピュータとで構成したCD−ROM
ライタシステムにおいて、上記追記型ディスクのデータ
エリアを固定長のトラックに分け、上記情報の最初の書
込み前に同追記型ディスクのTOCエリアに各トラック
を固定長としている旨(1トラック5MB分のデータが
99トラック分入っている旨)のTOCデータ(トラッ
ク管理情報)を記録し、上記情報の各ファイルデータを
上記固定長単位で書込み可能としており、同情報の書込
み途中に際し、各トラックのインディックス(TNOの
内容)を見るように取決めることにより、既に記録して
いる情報を読み出し可能とする。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】この発明は追記型(WO)のディ
スク(CD−ROMディスク)に情報(ファイル等)を
書き込み、かつ同追記の途中にあっても既に記録してい
るファイル(文書フロッピのデータ等)の読み出しを可
能とするCD−ROMライタシステムに関するものであ
る。
【0002】
【従来例】近年、高密度ディスクとしてはCDと同じ方
式で記録、再生可能な追記型および書き替え可能型の2
つが提案されており、この追記型の場合、通常CD−R
OMライタを用いることで、情報(ファイル等)の追記
ができる。
【0003】図7に示すように、上記追記型ディスクの
記録エリアはリードインエリア(TOC等)、データエ
リアおよびリードアウトエリアに分けられおり、同デー
タエリアに情報(ファイル)を追記する。
【0004】また、例えば図8に示すように、CD−R
OMライタ1の他に同CD−ROMライタの記録動作を
制御するパーソナルコンピュータ(ハードディスク(H
DD)付きホストパソコン)2を用いることによって、
所定データファイルやプログラムファイル等を同CD−
ROMライタ1にセットした追記型ディスク(CD−R
OMディスク)3に追記することができる。
【0005】この場合、最初に追記型ディスク3にファ
イルAを記録した後(図8に示す)、例えば図9に示す
ように、同追記型ディスク3の未記録部分にファイルB
を記録し、以下同未記録部分には他の情報を順次追記す
ることができ、規格上最大99回までの追記が可能であ
る。
【0006】そして、図10に示すように、最後に上記
追記型ディスク3にリードイン/アウトを書き込み、つ
まりフォーマット処理を施すことによって、同追記型デ
ィスク3の再生が可能となる。
【0007】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記C
D−ROMライタシステムにあっては、最後のフォーマ
ット処理において追記型ディスク(CD−ROMディス
ク)に記録したファイル等の目次を記録することから、
追記途中で既に記録した情報(コンピュータのファイル
データ等)を読み出すことができず、例えば同追記中の
ディスクにどのような情報が記録されているか、最後の
フォーマット処理後でなければ知ることができず、不便
な点が多々あった。
【0008】すなわち、上記CD−ROMディスクにお
いてはコンピュータ等のデータについて規定がなされて
いないからである。
【0009】この発明は上記課題に鑑みなされたもので
あり、その目的は情報の追記途中にあっても、既にディ
スクに記録している情報を読み出すことができ、追記型
ディスク(CD−ROMディスク)の利用拡大を図るこ
とができるようにしたCD−ROMライタシステムを提
供することにある。
【0010】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
に、この発明は追記型ディスクに情報を記録するCD−
ROMライタと、少なくとも同CD−ROMライタの記
録動作を制御し、同情報を再生可能なパーソナルコンピ
ュータとで構成したCD−ROMライタシステムにおい
て、上記追記型ディスクのデータエリアを固定長のトラ
ックに分け、上記情報の最初の書込み前に同追記型ディ
スクのTOCエリアに各トラックを固定長としている旨
のTOCデータ(トラック管理情報)を記録し、上記情
報を上記固定長単位で書込み可能としており、上記追記
型ディスクに既に記録している情報の読み出しに際し、
各トラックのインディックスの内容を見るように取り決
めることにより同情報をトラック単位で読み出し可能と
したことを要旨とする。
【0011】
【作用】上記構成としたので、上記追記型ディスク(C
D−ROMディスク)に文書フロッピ等のデータを記録
するに先立って、同追記型ディスクのTOCエリアには
各トラック当たりのデータ量を固定長とした場合に相当
するTOCデータが記録されるため、上記文書フロッピ
のデータがトラック単位で記録(追記)され、この記録
(追記)とともに同トラックにはTNOの内容(インデ
ィックス)が書き込まれる。
【0012】このように、上記文書フロッピ等のデータ
の記録、追記に際し、上記追記型ディスクにはトラック
管理情報が記録(追記)され、かつ同記録(追記)毎T
NOの内容が書き込まれることから、アフターファーマ
ット処理、つまりリードイン/アウトの書き込みを行わ
なければ、規格上99回の追記が可能であることから、
例えば文書フロッピのデータを記録、追記しようとした
場合99枚の文書フロッピのデータを各トラックに追記
することができ、かつ同追記途中でであっても、既に記
録しているデータをトラック単位で読み出すことがで
き、かつ各トラックのTNOの内容のインディックスに
よって所望のデータを読み出すことができる。
【0013】
【実施例】この発明のCD−ROMライタシステムにお
いては、追記型ディスク(CD−ROM)の1トラック
当たりのデータ量を固定し、つまり各トラックを同じ固
定長とし、記録(追記)する情報をその固定長単位と
し、情報の記録に先立ち各トラックをその固定長とした
場合に相当するTOCデータ(トラック管理情報)を同
追記型ディスクのTOCエリアに書き込むようにしてお
り、追記途中でも、同追記型ディスクに既に記録(追
記)した情報がある場合同情報の読み出しを可能として
いる。
【0014】すなわち、上記追記記録を行う場合システ
ム管理する情報は大別してトラック管理情報(サブコー
ド中に存在)およびファイル管理情報(CD−ROMメ
インチャネルに存在)の2種類に分けられ、オレンジブ
ックで規定しているのは上記トラック管理情報であるか
ら、またオレンジブックにはTOCおよびユーザTOC
に関する規定があるが、これら情報はすべてトラック管
理情報であるからである。
【0015】そこで、図1に示すように、このCD−R
OMライタシステムにおいては、例えば1トラック当た
りのデータ量を5MBとした場合、同システムで使用す
る上記追記型ディスクのTOCエリアには追記に先立っ
て全て同一のTOCデータ、つまり5MB(固定長)の
データが99トラック分入っているという旨の内容が書
き込まれる。すなわち、上記追記型ディスクの規格によ
り99回まで書き込みが可能になっているからであるな
お、上記TOCデータは5MB(固定長)のデータが9
9トラック分入っているという旨の内容に相当する時間
制御データであってもよい。
【0016】この場合、ユーザがブランクディスク(追
記型ディスク3)を使用する最初の時点において上記T
OCデータの書き込み操作を行うか、あるいは予めこの
システム用に上記TOCデータをTOCエリアに書き込
んであるパーシャルROMディスクをディスクメーカに
作成依頼すればよい。
【0017】ここで、図3に示すように、上記追記型デ
ィクスを使用するシステムは、従来同様に、CD−RO
Mライタ1およびパーソナルコンピュータ(ハードディ
クス(HDD)付きホストパソコン)2で構成される。
【0018】そして、上記TOCデータをTOCエリア
に書き込んだ追記型ディスクにファイルA,B,C,
…,nを順次記録、追記するものとする。なお、追記動
作時におけるトラック管理、レーザレベル管理等はオレ
ンジブック規格にしたがうものとする。
【0019】すると、上記ホストパソコン2にて最初の
ファイルAを追記型ディスク3に記録する制御が行わ
れ、例えばホストパソコン2のハードディスクにあるフ
ァイルAが上記CD−ROMライタ1で書き込まれる。
このとき、図1に示すように、サブコードのTNO1内
のファイルインディックスの書き込みが行われる。な
お、このインディックスデータは各トラック毎に独立し
ている。
【0020】続いて、上記同様にして、ホストパソコン
2にてファイルBを上記追記型ディスク3に追記する制
御が行われ、上記CD−ROMライタ1にて同ファイル
Bが書き込まれ(同図4に示す),さらにファイルCを
同追記型ディスク3に追記する制御が行われ、上記CD
−ROMライタ1にて同ファイルBが書き込まれる(同
図5に示す)。
【0021】上記ホストパソコン2としては、例えばオ
アシス(商品名)を用いた場合を例にして説明する。な
お、上記オアシスを使用しているユーザはフロッピベー
スで文書データを管理しているのが一般的である。
【0022】この場合、上記文書フロッピが一杯になる
と、上記方法にしたがってユーザはその文書フロッピの
全データを上記追記型ディスク3のTNO1に記録する
ことができる。すなわち、同追記型ディスク3にはその
使用開始前に1トラック5MB分のデータが99トラッ
ク分入っているという旨の内容が既に書き込まれている
からである(プリフォーマットさているからである)。
【0023】上記文書フロッピの内容が上記追記型ディ
スク3にストアされていることから、ユーザは同文書フ
ロッピの内容を削除し、同文書フロッピを新たな文書作
成に使用することができる。
【0024】さらに、上記文書フロッピが再度一杯にな
ったときには、追記機能により上記同様に同文書フロッ
ピの内容を上記追記型ディスク3のTNO2に記憶すれ
ばよく、この記録動作は99回まで繰り返すことがで
き、これにより少なくとも99枚分の文書フロッピの内
容を1枚の追記型ディスク3に記録することができるこ
とになる。
【0025】ところで、上記追記途中において、既に記
録した文書データを検索する必要がある場合には、各ト
ラック単位で行い、かつTNO1から順次外周方向にト
ラックインディックスを調べるように決めておくことに
より、同取決めにしたがって上記プリフォーマットされ
ている追記型ディスク3のTOCデータおよび各ファイ
ルインディックスを検索し、所望の文書データを読み出
すことが可能となる。
【0026】例えば、図3および図4に示す時点におい
て、つまり上記追記型ディスク3にファイルが書き込ま
れた後、同追記型ディスク3に記録されてるファイルを
確認したい場合、同追記型ディスク3をホストパソコン
2のCD−ROM駆動部2aにセットし、読み出し検索
操作をすれば、所定ファイルを読み出すことができる。
【0027】続いて、上記追記動作により、これ以上当
該追記型ディスク3に文書データを記録しない場合に
は、図6に示すように同追記型ディスク3のアフターフ
ォーマッティングが行われ、つまり同追記型ディスク3
にはリードイン/アウトが書き込まれる。なお、このア
フターフォーマッティングした追記型ディスク3のファ
イル検索は上記同様に各トラック単位で行うことができ
る。
【0028】ところで、例えば図2の下部に示すよう
に、上記文書フロッピのデータ量が5MB未満である場
合、残の部分にはアイドルデータが書き込まれ、上記文
書フロッピのデータ量が5MB以上である場合、複数の
トラックにわたってそのファイルAが書き込まれ、かつ
最後のトラックに未記録部分が存在しているときには同
部分にはアイドルデータが書き込まれる。この場合には
サブコードのTNO2内のファイルインディックスが上
記TOC1内と同じものが書き込まれる。
【0029】なお、上記追記動作をフルに使用せずに、
上記アフターフォーマッティングを行った場合、例えば
5回の追記動作後アフターフォーマッティングを行った
場合、上記追記型ディスク3に最初に書き込んだTOC
データ(99トラック分)が実際の記録トラック(5ト
ラック分)と異なり、不具合が生じる。
【0030】そこで、上記アフターフォーマッティング
時に、余ったトラック(記録されていないトラック)に
上記同様にアイドルを書き込み、見掛け上99トラック
全て書いたことにすることで、上記TOCデータの内容
と実際の記録トラック数の違いを無視することができ、
つまり不具合を解消することができる。
【0031】また、例えば5トラックの記録で追記を終
了する場合、アフターフォーマッティング時に次の6ト
ラック(5MB)のエリア全てにアイドルデータを書き
込むとともに、同6トラック目のインディックスエリア
にアイドルトラックである旨を記録した上でリードアウ
ト等を記録することにより、上記同様にTOCの内容と
実際の記録トラック数の違いを無視することができる。
【0032】この場合、上記CD−ROMライタシステ
ム(例えばオアシスを使用しているシステム)では、フ
ァイル検索(文書データの検索)を行う場合未記録部に
アクセスする以前に必ず上記アイドルデータのトラック
を読み込むことから、当該ディクスの外周方向のトラッ
クにはファイル(文書データ)がないということを認識
することができる。
【0033】なお、上記ホストパソコン2にはハードデ
ィスクが内臓されているが、そのハードディスクが内臓
されていない場合には付属の標準記録メディア容量の9
9倍の容量データを上記追記型ディスク3に記録するこ
とができる。
【0034】また、上記ホストパソコン2に外付けハー
ドディスクを追加すれば、現状のオーサリングシステム
の機能と同様の機能を有することにもなる。
【0035】このように、追記型ディスクには複数のフ
ァイル(文書データ等)を追記することができ、かつ同
追記の途中で既に記録したファイルを確認することがで
き、また追記型ディスクには99回の追記動作により最
大500MB程度のデータを記録することができること
から、例えば1枚のCD−ROMディスクで多数の文書
データを管理することができ、その文書フロッピの枚数
が少なくて済むことになる。
【0036】
【発明の効果】以上説明したように、この発明によれ
ば、追記型ディスク(CD−ROMディスク)に情報を
記録するCD−ROMライタおよび同CD−ROMライ
タの記録動作を制御するパーソナルコンピュータで構成
したCD−ROMライタシステムにおいて、上記追記型
ディスクのデータエリアを固定長のトラックに分け、上
記情報の最初の書込み前に同追記型ディスクのTOCエ
リアに各トラックを固定長としている旨のTOCデータ
(トラック管理情報)を記録しており、上記情報の各フ
ァイルを上記固定長単位で書込み可能としたので、上記
TOCデータにより各トラック単位で情報(ファイル)
を読み出すことができ、またTNO1から順次外周方向
に各トラックのインディックスを見るように取決めとす
ることで、上記記情報の書込み途中であっても既に記録
している情報の読み出しをが可能とすることができ、例
えば文書フロッピのデータを記録する場合同記録後同文
書フロッピのデータを削除し、同文書フロッピに新たな
文書を作成することができ、かつそのCD−ROMディ
スクには膨大な文書データを記録することができること
から、文書フロッピと比較して極めて文書管理、整理が
容易になり、ひいてはCD−ROMの利用拡大を図るこ
とができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】この発明の一実施例を示し、CD−ROMライ
タシステムに適用される追記型ディスク(CD−RO
M)のファイル管理を説明するための概略的模式図であ
る。
【図2】図1に示す追記型ディスク(CD−ROM)の
1トラックの概略的模式図である。
【図3】この発明のCD−ROMライタシステムによる
記録処理を説明するためシステムの概略的ブロック線図
である。
【図4】この発明のCD−ROMライタシステムによる
追記処理を説明するためシステムの概略的ブロック線図
である。
【図5】この発明のCD−ROMライタシステムによる
追記処理を説明するためシステムの概略的ブロック線図
である。
【図6】この発明のCD−ROMライタシステムによる
フォーマット処理を説明するためのシステムの概略的ブ
ロック線図である。
【図7】従来のCD−ROMライタシステムに適用され
る追記型ディスク(CD−ROM)のファイル管理を説
明するための概略的模式図である。
【図8】従来のCD−ROMライタシステムによる記録
処理を説明するためシステムの概略的ブロック線図であ
る。
【図9】従来のCD−ROMライタシステムによる追記
処理を説明するためシステムの概略的ブロック線図であ
る。
【図10】従来のCD−ROMライタシステムによるフ
ォーマット処理を説明するためのシステムの概略的ブロ
ック線図である。
【符号の説明】
1 CD−ROMライタ 2 ホストパーソナルコンピュータ(ハードディスク内
臓) 3 追記型ディスク(CD−ROMディスク)

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 追記型ディスクに情報を記録するCD−
    ROMライタと、少なくとも同CD−ROMライタの記
    録動作を制御し、同情報を再生可能なパーソナルコンピ
    ュータとで構成したCD−ROMライタシステムにおい
    て、 前記追記型ディスクのデータエリアを固定長のトラック
    に分け、前記情報の最初の書込み前に同追記型ディスク
    のTOCエリアに各トラックを固定長としている旨のT
    OCデータ(トラック管理情報)を記録し、前記情報を
    前記固定長単位で書込み可能としており、 前記追記型ディスクに既に記録している情報の読み出し
    に際し、各トラックのインディックスの内容を見るよう
    に取り決めることにより同情報をトラック単位で読み出
    し可能としたことを特徴とするCD−ROMライタシス
    テム。
JP3356252A 1991-12-24 1991-12-24 Cd−romライタシステム Withdrawn JPH05173867A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3356252A JPH05173867A (ja) 1991-12-24 1991-12-24 Cd−romライタシステム

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3356252A JPH05173867A (ja) 1991-12-24 1991-12-24 Cd−romライタシステム

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH05173867A true JPH05173867A (ja) 1993-07-13

Family

ID=18448110

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP3356252A Withdrawn JPH05173867A (ja) 1991-12-24 1991-12-24 Cd−romライタシステム

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH05173867A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH11232792A (ja) * 1998-02-12 1999-08-27 Nippon Columbia Co Ltd 記録装置およびディスク記録方法
JP2000021089A (ja) * 1998-07-01 2000-01-21 Nippon Columbia Co Ltd 記録装置
JP2001202700A (ja) * 1999-11-12 2001-07-27 Kanaasu Data Kk 音声情報記録媒体及び音声情報の再生方法

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH11232792A (ja) * 1998-02-12 1999-08-27 Nippon Columbia Co Ltd 記録装置およびディスク記録方法
JP2000021089A (ja) * 1998-07-01 2000-01-21 Nippon Columbia Co Ltd 記録装置
JP2001202700A (ja) * 1999-11-12 2001-07-27 Kanaasu Data Kk 音声情報記録媒体及び音声情報の再生方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6226241B1 (en) Compact disc recording system and method
KR100331322B1 (ko) 제조업체간의 특수기능을 지원하기 위한 부가정보를 저장하는 기록매체 및 기록 및/또는 편집장치와 그방법
JPH087981B2 (ja) 追加方式の追記型情報記録媒体及びその情報管理方法
JP2002050157A (ja) 情報記録媒体及び情報記録再生装置
RU2004135808A (ru) Устройство записи и способ записи
JP2006127571A (ja) ディスク再生装置
CN101089975B (zh) 记录方法和光盘记录装置
JPH05173867A (ja) Cd−romライタシステム
JP2001243107A (ja) Avデータ記録装置及び方法、又は当該avデータ記録装置及び方法で記録されたディスク
JP3829268B2 (ja) ディスク記録媒体への情報記録方法および装置
KR100599110B1 (ko) 광기록매체에 데이터를 비디오 포맷으로 기록시플레이리스트를 추가 기록하기 위한 기록제어방법
JP3222898B2 (ja) 情報記録媒体と情報記録方法
JP3509941B2 (ja) データ検索方法およびその装置
JP2008021385A (ja) コンテンツ記録方法およびコンテンツ記録装置
JP2005115696A (ja) ファイルアクセス方法及び情報処理装置
JP3453185B2 (ja) 追記型光ディスク作成再生システム
JP4218662B2 (ja) 記録装置及び記録媒体
KR20030065160A (ko) 파이널라이즈 이후 추가 데이터 기록이 가능한 저장매체,그 기록 및 재생 장치와 방법
JP4122454B2 (ja) ディスク記録媒体への情報記録方法および装置
KR100260537B1 (ko) 디스크 및 그의 영역관리 방법
US20070002698A1 (en) Recorder, recording method, player, and playback method
KR100429259B1 (ko) 오디오 시스템에서의 화일 재생 방법
JPH1186450A (ja) ミニディスク記録再生装置
JP4147484B2 (ja) 記録装置および記録方法、並びにプログラム
JP4040001B2 (ja) 記録再生装置及び情報信号記録方法

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Application deemed to be withdrawn because no request for examination was validly filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 19990311