JPH05171888A - 地下構造物構築方法 - Google Patents

地下構造物構築方法

Info

Publication number
JPH05171888A
JPH05171888A JP3354413A JP35441391A JPH05171888A JP H05171888 A JPH05171888 A JP H05171888A JP 3354413 A JP3354413 A JP 3354413A JP 35441391 A JP35441391 A JP 35441391A JP H05171888 A JPH05171888 A JP H05171888A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
girder
walls
steel
pile
square
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP3354413A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0768846B2 (ja
Inventor
Seiji Hosaka
誠治 保坂
Original Assignee
Oriental Kensetsu Kk
オリエンタル建設株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Oriental Kensetsu Kk, オリエンタル建設株式会社 filed Critical Oriental Kensetsu Kk
Priority to JP3354413A priority Critical patent/JPH0768846B2/ja
Publication of JPH05171888A publication Critical patent/JPH05171888A/ja
Publication of JPH0768846B2 publication Critical patent/JPH0768846B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 側壁の上端の水平度に狂いがなく、かつ土圧
に対し強い強度を有する地下構造物構築方法を提供す
る。 【構成】 多数の方形断面のコンクリート杭1を、その
杭頭が地表面下のレベルに位置するように並べて打設し
て、間隔をおいて並ぶ2列の側壁2を構成し、次に各側
壁の上部間において側壁長手方向に延長する多数の方形
断面の上部床版用中間桁材3と、各側壁2の上部に位置
して側壁長手方向に延長する角鋼管製上部床版用端部桁
材4とを、立坑から圧入し、次に端部桁材4内から、各
中間桁材3と各端部桁材4とにわたって、横締めPC鋼
材を挿通し、隣り合う中間桁材3と端部桁材4との間に
目地モルタル7を充填したのち、端部桁材4内で横締め
PC鋼材を緊締する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、道路や公園等の直下の
地盤に、地表から開削を行なうことなく、地下道路,地
下水路,地下貯水槽,地下駐車場等の地下構造物を構築
する方法に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来、地下構造物の構築方法としては、
特公昭63−52199号公報により公表されているよ
うに、多数のプレストレストコンクリート部材(以下こ
れをPC部材という)を、水平状態で地中に圧入または
引込みにより設置して、多数の水平なPC部材からなる
側壁および上部床版を有する地下構造物を構築する方法
が知られている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】前記従来の地下構造物
構築方法の場合は、多数のPC部材を水平状態で上下方
向に重ねて地中に圧入するかまたは引込んで、側壁を構
成するので、側壁の上端の水平度が狂い易く、かつ土圧
に対する側壁の強度が弱いという問題がある。
【0004】
【課題を解決するための手段】前述の問題を有利に解決
するために、本発明の地下構造物構築方法においては、
多数の方形断面のコンクリート杭1を、その杭頭が地表
面下のレベルに位置するように並べて打設して、間隔を
おいて並ぶ2列の側壁2を構成し、次に各側壁の上部間
において側壁長手方向に延長する多数の方形断面の上部
床版用中間桁材3と、各側壁2の上部に位置して側壁長
手方向に延長する角鋼管製上部床版用端部桁材4とを、
立杭5から圧入し、次に端部桁材4内から、各中間桁材
3と各端部桁材4とにわたって、横締めPC鋼材6を挿
通し、隣り合う中間桁材3と端部桁材4との間に目地モ
ルタル7を充填したのち、端部桁材4内で横締めPC鋼
材6を緊締する。
【0005】
【実施例】図17および図18は本発明の実施例におい
て用いられる方形断面のコンクリート杭1を示すもので
あって、正方形断面のプレキャストコンクリート杭1
に、そのコンクリート杭1の長手方向に貫通する円形孔
8が設けられ、かつ前記コンクリート杭1における前後
方向の一辺に、外向きに突出する係合フランジを有する
と共に、杭長手方向に延長する左右一対のL形断面の内
側連結金具9が固定され、前記コンクリート杭1におけ
る前後方向の他辺に、内向きに突出する係合フランジを
有すると共に、杭長手方向に延長する左右一対のL形断
面の外側連結金具10が固定されている。前記コンクリ
ート杭1の左右両側面における前後方向の一側部に、前
記コンクリート杭1の前後方向の一辺よりも突出する鋼
製形枠板11がボルト12により固定され、前記コンク
リート杭1の左右両側面における前後方向の他側部に、
杭長手方向に延長するL形断面の形枠板受金具13が固
定されている。前記コンクリート杭1の上端部に、その
コンクリート杭1よりも僅かに細い正方形断面の小径部
14が設けられ、その小径部14の上端部に、これと同
一外径寸法および前記円形孔8と同一直径の円形孔を有
する鋼製キャップ15が嵌合固定され、前記コンクリー
ト杭1とこれに設けられた各部材とにより杭ユニット1
6が構成されている。またコンクリート杭1の上部の左
右両側にPC鋼材挿通孔25が設けられている。
【0006】図19ないし図21はコンクリート杭1を
杭打機により地中に打設する場合に使用する打込治具1
7を示すものであって、鋼製正方形筒体18の下端部
に、前記コンクリート杭1の小径部14を嵌入する嵌入
孔19と、コンクリート杭1の鋼製キャップ15に載置
される打撃板20とが設けられ、前記正方形筒体18内
における高さ方向の中間部に補強フランジ21が設けら
れ、前記正方形筒体18の上端部に杭打機のハンマによ
り打撃されるハンマ受板22が設けられ、かつ前記正方
形筒体18の上部の各辺に、その正方形筒体18の上部
を杭打機のフレームに連結するための連結金具23が取
付けられ、前記打撃板20,補強フランジ21およびハ
ンマ受板22に、コンクリート杭1の円形孔8と同一直
径の円形孔24が設けられ、前記正方形筒体18におけ
る各辺の外面は、コンクリート杭1の各辺よりも突出し
ないように設定される。
【0007】図22は打込治具17の下部をコンクリー
ト杭1の小径部14に嵌合した状態を示すものであっ
て、打込治具17の打撃板20がコンクリート杭1の鋼
製キャップ15に載置されると共に、コンクリート杭1
の小径部14が打込治具17の下部に嵌入されている。
【0008】図23および図24は本発明の実施例にお
いて用いられる方形断面の上部床版用中間桁材3を示す
ものであって、正方形断面のプレキャストコンクリート
製中間桁材3に、その中間桁材3の長手方向に貫通する
円形孔26が設けられ、かつ前記中間桁材3における左
右方向の一辺に、外向きに突出する係合フランジを有す
ると共に、桁長手方向に延長する上下一対のL形断面の
内側連結金具27が固定され、前記中間桁材3における
左右方向の他辺に、内向きに突出する係合フランジを有
すると共に、桁長手方向に延長する上下一対のL形断面
の外側連結金具28が固定されている。前記中間桁材3
の上下両面における左右方向の一側部に、前記中間桁材
3の側面よりも突出する鋼製形枠板29がボルト30に
より固定され、前記中間桁材3の上下両面における左右
方向の他側部に、桁長手方向に延長するL形断面の形枠
板受金具31が固定されている。前記中間桁材3の4隅
側に、桁長手方向に延長するPC鋼棒挿通孔32が設け
られ、かつ中間桁材3の上部および下部に桁巾方向に貫
通する多数のPC鋼材挿通孔33が桁長手方向に間隔を
おいて設けられている。
【0009】図25および図26は一方の側壁の上部に
配置される上部床版用端部桁材4を示すものであって、
正方形断面の角鋼管34における一方の側板に、内向き
に突出する係合フランジを有すると共に、桁長手方向に
延長する上下一対のL形断面の外側連結金具35が溶接
により固着され、前記角鋼管34の先端下部に円弧状部
36が形成され、かつ前記角鋼管34の底板の巾方向の
両側に、多数の透孔37が桁長手方向に間隔をおいて設
けられ、前記角鋼管34の底板の上面に、前記透孔37
を閉塞する蓋板38が載置されてボルト39により着脱
自在に固定されている。
【0010】図27は他方の側壁の上部に配置される端
部桁材4を示すものであって、正方形断面の角鋼管40
における一方の側板に、外向きに突出する係合フランジ
を有すると共に、桁長手方向に延長する上下一対のL形
断面の内側連結金具41が溶接により固着され、前記角
鋼管40の上面板における内側連結金具41側に、鋼製
型枠板42の一側部が重合されて多数のボルト43によ
り固定されているが、その他の構成は、前記一方の側壁
の上部に配置される端部桁材と同じである。
【0011】次に前記杭ユニット16,打込治具17,
中間桁材3および端部桁材4を使用して、地下構造物を
構築する場合について説明する。まず図1に示すよう
に、打込治具17を使用して、コンクリート杭1を杭打
機により地盤44に打込むと共に、コンクリート杭1の
杭頭を地表面下の所定深さに配置し、かつ図2に示すよ
うに前後方向に隣り合うコンクリート杭1における内側
連結金具9および外側連結金具10を噛み合わせると共
に、形枠板11を形枠板受金具13に係合させて、前後
方向に平行に延長する2列の側壁2を設け、前後方向に
並ぶコンクリート杭1の杭頭をほぼ同一レベルに配置す
る。
【0012】また前後方向に間隔をおいて並ぶ立坑5を
設ける位置においては図3ないし図5に示すように、コ
ンクリート杭1の杭頭のレベルを低くし、かつ側壁2よ
りも外側において、土留板46を支承するH形鋼からな
る支持杭47を打設し、その支持杭47を切梁48によ
り腹起し材49を介して支持する。
【0013】次に図6に示すように、立坑5内の下部
に、前後方向に延長する推進用軌道50を設置すると共
に、その推進用軌道50上に推進用ジャッキを備えてい
る推進装置51を載置し、かつ立坑5内における推進方
向の後部に、推進装置51を支承する反力受台52を固
定する。
【0014】次に図7に示すように、前記立坑5内に収
容できる長さの端部桁材4を、継ぎ足しながら、前記推
進装置51により一方の側壁2の上部に沿って地盤中に
推進し、図8に示すように、端部桁材4の列を後部の立
坑5Aから前部の立坑5Bに貫通させる。
【0015】次に図9に示すように、前記立坑5内に収
容できる長さの中間桁材3における内側連結金具27
を、端部桁材4の外側連結金具35に噛み合わせ、かつ
中間桁材3を継ぎ足しながら、前記推進装置51により
地盤中に推進し、中間桁材3の列を後部の立坑から前部
の立坑に貫通させ、次いで既に地中に埋設された中間桁
材3における外側連結金具28に、新設の中間桁材3に
おける内側連結金具27を噛み合わせると共に、新設の
中間桁材3を継ぎ足しながら、前記推進装置51により
地盤中に推進する。以下同様の工程を反復して行なっ
て、多数列の中間桁材3を推進埋設すると共に、他方の
側壁2の上部にも端部桁材4の列を推進埋設し、後部の
立坑と前部の立坑とにわたって、多数の中間桁材3およ
び端部桁材4からなる上部床版を設置する。
【0016】図10および図11は中間桁材3の連結状
態を示すものであって、接合すべき中間桁材3の端面
に、エポキシ樹脂からなるシール材(図示を省略した)
が塗布され、連結すべき一方の中間桁材3の端面に固定
された複数の位置決め用突起53が他方の中間桁材3の
端面に設けられた複数の位置決め用凹部54に嵌合さ
れ、かつ直列状態で接合された中間桁材3における各P
C鋼棒挿通孔32にPC鋼棒55が挿通され、直列に並
ぶPC鋼棒55の端部に設けられた雄ねじ部は、雄ねじ
筒56に螺合され、雄ねじ筒56により連結された複数
のPC鋼棒55の両端部に螺合されたナット57によ
り、複数の中間桁材3が締付連結されている。
【0017】次に端部桁材4の底板から蓋板38を取外
したのち、モルタルからなる目地材を、端部桁材4内か
らその端部桁材4の底板の中央孔58を通って、側壁2
における隣り合うコンクリート杭1の間に注入充填す
る。次にコンクリート杭1と端部桁材4との間の土砂を
除去したのち、図12および図13に示すように、端部
桁材4内から透孔37を通って鋼製スタッド59を挿入
して、そのスタッド59をコンクリート杭1の推進装置
51に溶接により固着し、かつ端部桁材4と側壁2との
間にモルタル62を充填する。
【0018】次に図14および図15に示すように、一
方の端部桁材4内から、各端部桁材4における側板の上
下の透孔60と各中間桁材3における上下のPC鋼材挿
通孔33とにわたって、PC鋼線からなる横締めPC鋼
材6を挿通したのち、目地モルタル7を、隣り合う中間
桁材3の間と中間桁材3および端部桁材4の間に注入充
填し、前記目地モルタル7が硬化したのち、端部桁材4
内で前記横締めPC鋼材6を緊張して、その横締めPC
鋼材6の両端部を端部桁材4の側板に定着する。
【0019】次に前記立坑5内において、地盤中の上部
床版に連続する上部床版を施工したのち、立坑5内に土
砂を埋戻し、次いで直列に並ぶ各端部桁材4内にコンク
リートからなる充填材65を充填する。次に図16に示
すように、左右の側壁2の間の地盤を上部床版66から
適当深さまで掘削したのち、コンクリート製下部床版6
4を施工する。
【0020】コンクリート杭1を地盤44に打込む場
合、打込治具17およびコンクリート杭1の円形孔8に
わたって、スクリュウ式掘削機を挿入して掘削してもよ
く、また中間桁材3および端部桁材4を地盤44に推進
する場合も、それらの内部にスクリュウ式掘削機を挿入
して掘削してもよい。また側壁2を構成する各コンクリ
ート杭1のPC鋼材挿通孔25にわたって、横締めPC
鋼材を挿通して横締めを行なってもよい。
【0021】
【発明の効果】本発明によれば、多数の方形断面のコン
クリート杭1を、その杭頭が地表面下のレベルに位置す
るように並べて打設して、間隔をおいて並ぶ2列の側壁
2を構成し、次に各側壁の上部間において側壁長手方向
に延長する多数の方形断面の上部床版用中間桁材3と、
各側壁2の上部に位置して側壁長手方向に延長する角鋼
管製上部床版用端部桁材4とを、立杭5から圧入し、次
に端部桁材4内から、各中間桁材3と各端部桁材4とに
わたって、横締めPC鋼材6を挿通し、隣り合う中間桁
材3と端部桁材4との間に目地モルタル7を充填したの
ち、端部桁材4内で横締めPC鋼材6を緊締するので、
土圧に対する側壁2の強度が大きい地下構造物を容易に
構築することができ、かつ側壁2を構成する多数のコン
クリート杭1における杭頭を同一レベルになるように打
ち揃えるだけで、側壁2における上端の水平度の狂いを
なくすることができるので、所望の水平度の地下構造物
を容易に構築することができる。また側壁2を構成して
いるコンクリート杭1の杭頭と端部桁材4とを結合する
ことにより、地下構造物の強度を著しく向上させること
ができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】コンクリート杭を打設して側壁を構築している
状態を示す一部縦断正面図である。
【図2】側壁の一部を示す横断平面図である。
【図3】側壁を構築した状態を示す概略側面図である。
【図4】図3の一部を拡大して示す側面図である。
【図5】立坑付近を示す縦断正面図である。
【図6】立坑に推進用軌道と推進装置と反力受台とを設
置した状態を示す側面図である。
【図7】側壁の上部に沿って端部桁材を配置した状態を
示す縦断正面図である。
【図8】前後の立坑にわたって端部桁材の列を挿通した
状態を示す一部縦断側面図である。
【図9】左右の側壁の上部にわたって上部床版を配置し
た状態を示す一部切欠縦断正面図である。
【図10】中間桁材を連結した状態を示す中央部の縦断
側面図である。
【図11】中間桁材を連結した状態を示す側部の縦断側
面図である。
【図12】コンクリート杭の鋼製キャップにスタッドを
固着した状態を示す一部切欠縦断正面図である。
【図13】図12の一部を拡大して示す縦断正面図であ
る。
【図14】上部床版を横締めした状態を示す一部切欠縦
断正面図である。
【図15】図14の一部を拡大して示す縦断正面図であ
る。
【図16】完成した地下構造物を示す一部縦断正面図で
ある。
【図17】コンクリート杭の平面図である。
【図18】コンクリート杭の一部切欠正面図である。
【図19】打込治具の縦断正面図である。
【図20】打込治具の平面図である。
【図21】図19のAーA線断面図である。
【図22】コンクリート杭に打込治具を嵌込んだ状態を
示す縦断正面図である。
【図23】中間桁材の正面図である。
【図24】中間桁材の一部切欠側面図である。
【図25】一方の端部桁材の先端側を示す側面図であ
る。
【図26】一方の端部桁材の縦断斜視図である。
【図27】他方の端部桁材の縦断斜視図である。
【符号の説明】
1 コンクリート杭 2 側壁 3 中間桁材 4 端部桁材 5 立坑 6 横締めPC鋼材 7 目地モルタル 8 円形孔 9 内側連結金具 10 外側連結金具 11 形枠板 12 ボルト 13 形枠板受金具 14 小径部 15 鋼製キャップ 16 杭ユニット 17 打込治具 24 円形孔 25 PC鋼材挿通孔 26 円形孔 27 内側連結金具 28 外側連結金具 29 型枠板 30 ボルト 31 型枠板受金具 32 PC鋼棒挿通孔 33 PC鋼材挿通孔 34 角鋼管 35 外側連結金具 36 円弧状部 37 透孔 38 蓋板 39 ボルト 40 角鋼管 41 内側連結金具 42 型枠板 43 ボルト 44 地盤 50 推進用軌道 51 推進装置 52 反力受台 53 位置決め用突起 54 位置決め用凹部 55 PC鋼棒 56 雌ねじ筒 57 ナット 58 中央孔 59 スタッド 60 透孔 62 モルタル 64 下部床版 65 充填材 66 上部床版

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 多数の方形断面のコンクリート杭1を、
    その杭頭が地表面下のレベルに位置するように並べて打
    設して、間隔をおいて並ぶ2列の側壁2を構成し、次に
    各側壁の上部間において側壁長手方向に延長する多数の
    方形断面の上部床版用中間桁材3と、各側壁2の上部に
    位置して側壁長手方向に延長する角鋼管製上部床版用端
    部桁材4とを、立坑5から圧入し、次に端部桁材4内か
    ら、各中間桁材3と各端部桁材4とにわたって、横締め
    PC鋼材6を挿通し、隣り合う中間桁材3と端部桁材4
    との間に目地モルタル7を充填したのち、端部桁材4内
    で横締めPC鋼材6を緊締する地下構造物構築方法。
  2. 【請求項2】 側壁2を構成しているコンクリート杭1
    の杭頭と端部桁材4とを結合した請求項1の地下構造物
    構築方法。
JP3354413A 1991-12-20 1991-12-20 地下構造物構築方法 Expired - Lifetime JPH0768846B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3354413A JPH0768846B2 (ja) 1991-12-20 1991-12-20 地下構造物構築方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3354413A JPH0768846B2 (ja) 1991-12-20 1991-12-20 地下構造物構築方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH05171888A true JPH05171888A (ja) 1993-07-09
JPH0768846B2 JPH0768846B2 (ja) 1995-07-26

Family

ID=18437392

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP3354413A Expired - Lifetime JPH0768846B2 (ja) 1991-12-20 1991-12-20 地下構造物構築方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0768846B2 (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6110333A (en) * 1997-05-02 2000-08-29 E. I. Du Pont De Nemours And Company Composite membrane with highly crystalline porous support
KR100499338B1 (ko) * 2002-07-03 2005-07-04 (주)세일엔지니어링 Phc 말뚝을 이용한 암거
JP2007218061A (ja) * 2006-02-15 2007-08-30 Maki Kato 余裕幅無プレキャストボックスカルバート土留開削工法
JP2009235876A (ja) * 2008-03-28 2009-10-15 Nippon Hume Corp 地盤浸透機能を備えた雨水貯留構造物
CN103306248A (zh) * 2013-07-01 2013-09-18 中国水电顾问集团中南勘测设计研究院 一种高坝溢洪道地基排水系统及开挖方法
KR101696845B1 (ko) * 2015-08-10 2017-02-01 (주)나우기술 강관자리를 pc상부슬래브로 압출하여 대체하는 비개착 터널 시공방법

Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6195199A (en) * 1984-10-16 1986-05-13 Japan National Railway Traverse structure under road foundation

Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6195199A (en) * 1984-10-16 1986-05-13 Japan National Railway Traverse structure under road foundation

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6110333A (en) * 1997-05-02 2000-08-29 E. I. Du Pont De Nemours And Company Composite membrane with highly crystalline porous support
KR100499338B1 (ko) * 2002-07-03 2005-07-04 (주)세일엔지니어링 Phc 말뚝을 이용한 암거
JP2007218061A (ja) * 2006-02-15 2007-08-30 Maki Kato 余裕幅無プレキャストボックスカルバート土留開削工法
JP2009235876A (ja) * 2008-03-28 2009-10-15 Nippon Hume Corp 地盤浸透機能を備えた雨水貯留構造物
CN103306248A (zh) * 2013-07-01 2013-09-18 中国水电顾问集团中南勘测设计研究院 一种高坝溢洪道地基排水系统及开挖方法
KR101696845B1 (ko) * 2015-08-10 2017-02-01 (주)나우기술 강관자리를 pc상부슬래브로 압출하여 대체하는 비개착 터널 시공방법

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0768846B2 (ja) 1995-07-26

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR101302743B1 (ko) 벽체말뚝용 피에이치씨 파일과 이를 이용한 흙막이벽체의 시공방법
KR100866162B1 (ko) 의자형 자립식 흙막이벽의 시공방법
KR20080114529A (ko) 간이기초 및 그를 이용한 기초공사방법
US5368416A (en) Building component for a noise barrier retaining wall
US4728225A (en) Method of rehabilitating a waterfront bulkhead
JP2005120663A (ja) 山留め壁の構造
KR100657655B1 (ko) 지반안정공법용 조립식 파일
US8529158B2 (en) Modular foundation designs and methods
CN102605792B (zh) 多排迷你桩挡土围护结构及施工工艺
US3412562A (en) Structural wall and method
JP4123058B2 (ja) 永久アンカーが施工された壁構造の構築方法、永久アンカーが施工された壁構造
KR100995384B1 (ko) 병렬 연결형 추진 강관 조립체 및 그를 이용한 지중 구조체의 시공방법
KR101897415B1 (ko) Cip벽체 형성장치 및 이를 이용한 시공방법
JP2004197358A (ja) 山留支保工
KR100243401B1 (ko) 지하 매설관용 지지구조물
US4118809A (en) Swimming pool structure and method of erecting the same
KR100831332B1 (ko) 토목공사용 지하 흙막이벽 및 그의 시공방법
KR101058520B1 (ko) 피에이치씨파일로 구성되는 흙막이벽 및 그 시공방법
CH707671B1 (de) Stützmauerelement und Stützmauer aus Stützmauerelementen.
CN1141459C (zh) 结构支撑件及其安装方法
JP2006291575A (ja) 擁壁及びその施工方法
JP2004100157A (ja) 擁壁構造およびそのための施工方法
EP0070659A1 (en) Retaining wall and in situ method of construction
JP3211673B2 (ja) 簡易仮橋仮桟橋架設工法
KR100415809B1 (ko) 흙막이용 프리캐스트 말뚝 및 이를 이용한 흙막이 시공공법