JPH05131538A - ポリエチレン―2,6―ナフタレートフイルム - Google Patents

ポリエチレン―2,6―ナフタレートフイルム

Info

Publication number
JPH05131538A
JPH05131538A JP32407291A JP32407291A JPH05131538A JP H05131538 A JPH05131538 A JP H05131538A JP 32407291 A JP32407291 A JP 32407291A JP 32407291 A JP32407291 A JP 32407291A JP H05131538 A JPH05131538 A JP H05131538A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
film
polyethylene
naphthalate
μm
stretching
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP32407291A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2585494B2 (ja
Inventor
Hisashi Hamano
Masahiro Hosoi
Ieyasu Kobayashi
Yasuhiro Saeki
靖浩 佐伯
家康 小林
久 浜野
正広 細井
Original Assignee
Teijin Ltd
帝人株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Teijin Ltd, 帝人株式会社 filed Critical Teijin Ltd
Priority to JP3324072A priority Critical patent/JP2585494B2/ja
Publication of JPH05131538A publication Critical patent/JPH05131538A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2585494B2 publication Critical patent/JP2585494B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C08ORGANIC MACROMOLECULAR COMPOUNDS; THEIR PREPARATION OR CHEMICAL WORKING-UP; COMPOSITIONS BASED THEREON
    • C08JWORKING-UP; GENERAL PROCESSES OF COMPOUNDING; AFTER-TREATMENT NOT COVERED BY SUBCLASSES C08B, C08C, C08F, C08G
    • C08J5/00Manufacture of articles or shaped materials containing macromolecular substances
    • C08J5/18Manufacture of films or sheets
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C55/00Shaping by stretching, e.g. drawing through a die; Apparatus therefor
    • B29C55/02Shaping by stretching, e.g. drawing through a die; Apparatus therefor of plates or sheets
    • B29C55/10Shaping by stretching, e.g. drawing through a die; Apparatus therefor of plates or sheets multiaxial
    • B29C55/12Shaping by stretching, e.g. drawing through a die; Apparatus therefor of plates or sheets multiaxial biaxial
    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B5/00Recording by magnetisation or demagnetisation of a record carrier; Reproducing by magnetic means; Record carriers therefor
    • G11B5/62Record carriers characterised by the selection of the material
    • G11B5/73Base layers, i.e. all non-magnetic layers lying under a lowermost magnetic recording layer, e.g. including any non-magnetic layer in between a first magnetic recording layer and either an underlying substrate or a soft magnetic underlayer
    • G11B5/7305Base layers, i.e. all non-magnetic layers lying under a lowermost magnetic recording layer, e.g. including any non-magnetic layer in between a first magnetic recording layer and either an underlying substrate or a soft magnetic underlayer with bonding agent in the material
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29KINDEXING SCHEME ASSOCIATED WITH SUBCLASSES B29B, B29C OR B29D, RELATING TO MOULDING MATERIALS OR TO MATERIALS FOR MOULDS, REINFORCEMENTS, FILLERS OR PREFORMED PARTS, e.g. INSERTS
    • B29K2067/00Use of polyesters or derivatives thereof, as moulding material
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C08ORGANIC MACROMOLECULAR COMPOUNDS; THEIR PREPARATION OR CHEMICAL WORKING-UP; COMPOSITIONS BASED THEREON
    • C08JWORKING-UP; GENERAL PROCESSES OF COMPOUNDING; AFTER-TREATMENT NOT COVERED BY SUBCLASSES C08B, C08C, C08F, C08G
    • C08J2367/00Characterised by the use of polyesters obtained by reactions forming a carboxylic ester link in the main chain; Derivatives of such polymers
    • C08J2367/02Polyesters derived from dicarboxylic acids and dihydroxy compounds
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T428/00Stock material or miscellaneous articles
    • Y10T428/24Structurally defined web or sheet [e.g., overall dimension, etc.]
    • Y10T428/24355Continuous and nonuniform or irregular surface on layer or component [e.g., roofing, etc.]
    • Y10T428/24372Particulate matter
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T428/00Stock material or miscellaneous articles
    • Y10T428/24Structurally defined web or sheet [e.g., overall dimension, etc.]
    • Y10T428/24942Structurally defined web or sheet [e.g., overall dimension, etc.] including components having same physical characteristic in differing degree
    • Y10T428/2495Thickness [relative or absolute]
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T428/00Stock material or miscellaneous articles
    • Y10T428/29Coated or structually defined flake, particle, cell, strand, strand portion, rod, filament, macroscopic fiber or mass thereof
    • Y10T428/2913Rod, strand, filament or fiber
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T428/00Stock material or miscellaneous articles
    • Y10T428/29Coated or structually defined flake, particle, cell, strand, strand portion, rod, filament, macroscopic fiber or mass thereof
    • Y10T428/2982Particulate matter [e.g., sphere, flake, etc.]

Abstract

(57)【要約】 【目的】耐削れ性、耐引裂き性に優れ、磁気記録媒体の
ベースフィルムとして有用な二軸延伸ポリエチレン―
2,6―ナフタレートフィルムを提供する。 【構成】平均粒径が0.05〜3μmの範囲にある微粒
子を0.01〜1重量%含有するポリエチレン―2,6
―ナフタレートを結晶化が実質的に生じない条件で製膜
して未延伸フィルムとし、該未延伸フィルムをポリエチ
レン―2,6―ナフタレートのガラス転移温度より10
℃以上高い温度で一軸方向に延伸し、そしてこの延伸と
同時またはこの延伸後に該一軸方向と直角な方向に延伸
し、さらに熱処理することによりフィルム厚み方向の屈
折率を1.4970以上としたことを特徴とする二軸延
伸ポリエチレン―2,6―ナフタレートフィルム。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【産業上の利用分野】本発明はポリエチレン―2,6―
ナフタレートフィルムに関し、さらに詳しくは磁気記録
媒体、特に耐削れ性、耐引裂き性に優れたベースフィル
ムとして有用な二軸延伸ポリエチレン―2,6―ナフタ
レートフィルムに関する。

【0002】

【従来の技術】従来より、ポリエチレンテレフタレート
フィルムは磁気テープのベースフィルムとして広く用い
られている。近年、磁気テープは小型化および高音質、
高画質化のために益々高密度記録化が要求され、また8
ミリビデオに代表されるようにテープの薄手化が要求さ
れている。このため、磁気テープの磁性層側の表面はま
すます平滑であることが要求されかつ厚さも薄いものが
要求される。これに伴ないベースフィルムも表面の平坦
化と薄手化が要求される。

【0003】一般に表面粗さを減少させると、フィルム
面間の滑り性が悪くなり、またフィルム間に存在する空
気の逃げが悪くなり、フィルムをロール上に巻き上げる
ことが非常に難しくなる。また、その難しさは、フィル
ムが薄くなればなるほど著しくなる。さらにフィルムが
薄くなるほど高いヤング率が要求される。一方高いヤン
グ率のものほど、一般的には熱収縮率が大きく、磁気テ
ープとした後の寸法安定性が劣るばかりでなく、磁性層
を塗布して表面を平滑処理したあとの熱処理工程での裏
移り現象(ロール状に巻かれた磁気テープを熱硬化させ
る熱処理工程において、仕上げられた磁性面とベースフ
ィルム面が相対して巻き締まるため、仕上げられた磁性
面が粗化する現象)が大きくなり、電磁変換特性を悪化
する。さらにフィルムを薄くしかつヤング率を上げるた
めに一方向の延伸倍率を大きくすると、その方向への耐
引裂強度が下る。このことによって、フィルムの処理工
程で、あるいは磁気テープとなったものでも端面の傷等
により磁気テープの切断という最大のトラブルが生じ易
くなる。また延伸倍率を大きくしたことにより、微粒子
の近傍にボイドができ、耐削れ性が悪くなる。

【0004】

【発明が解決しようとする課題】本発明の目的は、かか
る欠点を解消し、薄物の長時間記録用磁気テープでも電
磁変換特性にすぐれ、磁性塗料処理工程での切断や磁気
テープでの切断に対しても強く、かつカレンダー処理な
どロール系でのフィルム削れに対しても強い二軸延伸ポ
リエチレン―2,6―ナフタレートフィルムを提供する
ことにある。

【0005】

【課題を解決するための手段】本発明は、かかる目的を
達成するために、次の構成からなる。平均粒径が0.0
5〜3μmの範囲にある微粒子を0.01〜1重量%含
有するポリエチレン―2,6―ナフタレートを結晶化が
実質的に生じない条件で製膜して未延伸フィルムとし、
該未延伸フィルムをポリエチレン―2,6―ナフタレー
トのガラス転移温度より10℃以上高い温度で一軸方向
に延伸し、そしてこの延伸と同時またはこの延伸後に該
一軸方向と直角な方向に延伸し、さらに熱処理すること
によりフィルム厚み方向の屈折率を1.4970以上と
したことを特徴とする二軸延伸ポリエチレン―2,6―
ナフタレートフィルム。

【0006】本発明において、フィルムを構成するポリ
エチレン―2,6―ナフタレートは、ナフタレンジカル
ボン酸を主たる酸成分とするが、小量の他のジカルボン
酸成分を共重合してもよく、またエチレングリコールを
主たるグリコール成分とするが、小量の他のグリコール
成分を共重合していてもよいポリマーである。ナフタレ
ンジカルボン酸以外のジカルボン酸としては、例えばテ
レフタル酸、イソフタル酸、ジフェニルスルホンジカル
ボン酸、ベンゾフェノンジカルボン酸などの芳香族ジカ
ルボン酸、コハク酸、アジピン酸、セバシン酸、ドデカ
ンジカルボン酸などの脂肪族ジカルボン酸、ヘキサヒド
ロテレフタル酸、1,3―アダマンタンジカルボン酸な
どの脂環族ジカルボン酸をあげることができる。またエ
チレングリコール以外のグリコール成分としては、例え
ば1,3―プロパンジオール、1,4―ブタンジオー
ル、1,6―ヘキサンジオール、ネオペンチルグリコー
ル、1,4―シクロヘキサンジメタノール、p―キシリ
レングリコールなどをあげることができる。また、ポリ
マー中に安定剤、着色剤等の添加剤を配合したものでも
よい。

【0007】このようなポリエチレン―2,6―ナフタ
レートフィルムは通常溶融重合法によって公知の方法で
製造される。この際、触媒等の添加剤は必要に応じて任
意に使用することができる。

【0008】ポリエチレン―2,6―ナフタレートの固
有粘度は0.45〜0.90の範囲にあることが好まし
い。

【0009】本発明において上述のポリエチレン―2,
6―ナフタレートに含有させる不活性な固体微粒子とし
ては、好ましくは(1)二酸化ケイ素(水和物、ケイソ
ウ土、ケイ砂、石英等を含む);(2)アルミナ;
(3)SiO2成分を30重量%以上含有するケイ酸塩
(例えば非晶質あるいは結晶質の粘土鉱物、アルミノシ
リケート(焼成物や水和物を含む)、温石綿、ジルコ
ン、フライアッシュ等);(4)Mg、Zn、Zr、及
びTiの酸化物;(5)Ca,及びBaの硫化物;
(6)Li、Na、及びCaのリン酸塩(1水素塩や2
水素塩を含む);(7)Li、Na、及びKの安息香酸
塩;(8)Ca、Ba、Zn、及びMnのテレフタル酸
塩;(9)Mg、Ca、Ba、Zn、Cd、Pb、S
r、Mn、Fe、Co、及びNiのチタン酸塩;(1
0)Ba、及びPbのクロム酸塩;(11)炭素(例え
ばカーボンブラック、グラファイト等);(12)ガラ
ス(例えばガラス粉、ガラスビーズ等);(13)C
a、及びMgの炭酸塩;(14)ホタル石及び(15)
ZnSが例示される。更に好ましくは、二酸化ケイ素、
無水ケイ酸、含水ケイ酸、酸化アルミニウム、ケイ酸ア
ルミニウム(焼成物、水和物等を含む)、燐酸1リチウ
ム、燐酸3リチウム、燐酸ナトリウム、燐酸カルシウ
ム、硫酸バリウム、酸化チタン、安息香酸リチウム、こ
れらの化合物の複塩(水和物を含む)、ガラス粉、粘土
(カオリン、ベントナイト、白土等を含む)、タルク、
ケイソウ土、炭酸カルシウム等が例示される。特に好ま
しくは、二酸化ケイ素、酸化チタン、炭酸カルシウムが
挙げられる。

【0010】本発明においてはかかる不活性な固体微粒
子のうち、平均粒径が0.05〜3μmの範囲にあるも
のを0.01〜1重量%の範囲で用いるが、大粒子群
(大粒径粒子)と小粒子群(小粒径粒子)を併用するこ
とが好ましい。小粒径粒子としてはその平均粒径が0.
05〜3μm、好ましくは0.01〜3μmのものを、
その添加量が0.01〜1重量%、好ましくは0.05
〜0.5重量%、さらに好ましくは0.1〜0.3重量
%を満足する範囲で用い、かつ大粒径粒子としては、そ
の平均粒径が0.3〜3.0μm、好ましくは0.5〜
1.5μmのものを、その添加量が0.01〜0.10
重量%、好ましくは0.01〜0.05重量%を満足す
る範囲で用いる。大粒径粒子は電磁変換特性上多くを添
加しない方が望ましいが、添加しないと巻取が困難とな
る。したがって、大粒径粒子は極く小量添加し、巻取性
を良化させるのが好ましい。しかし、0.10重量%よ
り多く添加すると、電磁変換特性が悪化するので好まし
くない。一方、小粒径粒子は、0.01重量%以上添加
しないと、大粒径粒子を添加しても巻取りが難しく、ま
た1重量%より多く添加すると、電磁変換特性上好まし
くない。大粒径粒子と小粒径粒子を併用する場合、両者
の平均粒径の差を少なくとも0.3μmとするのが好ま
しく、さらに0.4μm以上とするのが好ましい。この
平均粒径の差が0.3μmより小さいと、巻取時の空気
抜けが悪く、巻取りが難しく、走行性も悪く、巻取性と
電磁変換特性との両方とも満足させるのが難しくなる。

【0011】本発明のポリエチレン―2,6―ナフタレ
ートフィルムは、上述した不活性な固体微粒子を含有す
るポリエチレン―2,6―ナフタレートからなるが、さ
らにフィルム表面粗さ(Ra)は0.005〜0.03
0μmであることが好ましい。Raが0.030nmよ
り大きくなると、最早高密度記録用の磁気テープとして
必要な電磁変換特性を維持することは難しく、またRa
が0.005μmより小さくなると、摩擦係数が大きく
なりフィルムの取扱性及びロール上に巻き上げることが
非常に難しくなる。

【0012】ポリエチレン―2,6―ナフタレートフィ
ルムは、さらに、従来のポリエチレンテレフタレートフ
ィルムに比べて剛直であるので、より延伸倍率を高め、
薄物でも充分な強力をもつフィルムを得ることができ
る。しかし一方では、高倍率になればなるほど分子の配
向が進み、その方向の引裂き強力が小さくなる傾向にあ
る。フィルム面内の配向の程度は各軸方向の屈折率で求
められるが、一軸方向に高配向になった場合、現状では
屈折率の測定可能領域を越える。そこで、トータル(T
otal)な配向を示す指標として、厚み方向の屈折率
(n)により表すことができる。本発明においては、
この厚み方向の屈折率が1.4970以上となるように
配向させる。この厚み方向の屈折率は1.4980以
上、さらに1.4985以上となるようにするのが好ま
しい。これらの条件を満足すると、引裂き強度のより大
きい、しかも滑剤微粒子のまわりのボイド量が減少し、
耐削れ性も改良されたフィルムが得られる。なお、上記
屈折率の値はポリエチレン―2,6―ナフタレートホモ
ポリマーでの値である。そして、第三成分が共重合され
たコポリマーの場合には、この屈折率の値はホモポリマ
ーのフィルムと同じ配向度であっても第三成分の種類に
よって若干異なるから、ホモポリマーのときの値に換算
する。

【0013】かかるフィルムの製造は公知の手段を用い
て行うことができ、例えばロール列やステンターを用い
て、縦、横方向に同時に延伸してもよく、また縦、横方
向に逐次延伸してもよく、また縦横方向に2段以上延伸
する方法を用いてもよい。

【0014】特に厚み方向の屈折率(n)の高いフィ
ルムを得るには、2つのアプローチが好ましく挙げられ
る。1つは、延伸時の配向を進まないようにする、即
ち、高温、低倍率の延伸である。更にもう1つは、でき
るだけ高いヤング率を得、かつ引裂き強力のポテンシャ
ルもあげたいという場合で、縦、横方向に高温、高倍率
で延伸したのち配向を一部緩和させる方法である。後者
の場合、緩和熱処理でヤング率の若干の低下は否めない
が、耐引裂き性は向上する。これら延伸は、ポリエチレ
ン―2,6―ナフタレートのガラス転移温度より10℃
以上高い温度で行う。

【0015】ポリエチレン―2,6―ナフタレートフィ
ルムは、さらにまた、70℃で無荷重下で1時間熱処理
したときに生ずる縦方向の熱収縮率が0.08%以下で
あることが好ましい。さらに好ましい熱収縮率は0.0
4%以下である。この熱収縮率が0.08%より大きい
と、テープにしたあとも熱的非可逆変化が生じ、またV
TRで記録と再生の温度が異なると画面にスキュー歪を
生じる。また熱収縮率が大きいと、磁性層表面へのベー
スフィルム面の裏移り効果が生じ、磁性層表面の表面粗
さが粗くなってしまう。70℃、1時間の熱収縮率を下
げる手段としては、延伸後の熱処理温度を上げることが
一般的であるが、あまり上げすぎると機械的特性が悪化
する結果となり、また磁気テープ加工工程中でのすりキ
ズ発生が多くなり、その削れ粉が磁気テープの磁性層表
面に付着して、ドロップアウトの原因となる。この熱収
縮率を満足させる手段としては速度差を持った2つのロ
ール間にフィルムを通し、ポリエチレン―2,6―ナフ
タレートのガラス転移温度(Tg)以上の温度をかけて
弛緩処理をする方法があるが、これに限定されるもので
はない。

【0016】本発明のポリエチレン―2,6―ナフタレ
ートフィルムは、その厚さに特に制限はないが、75μ
m以下、さらに15μm以下の厚さのものが好ましく、
特に5〜12μmの厚さのものが好ましい。

【0017】

【実施例】以下、実施例に掲げて本発明を更に説明す
る。なお、本発明における種々の物性値及び特性は以下
の如くして測定したものであり、かつ定義される。

【0018】(1)ヤング率 フィルムを試料巾10mm、長さ15mmに切り、チャック
間100mmにして引張速度10mm/分、チャート速度5
00mm/分にインストロンタイプの万能引張試験装置に
て引張った。得られた荷重―伸び曲線の立上り部の接線
よりヤング率を計算した。

【0019】(2)フィルム表面粗さ(Ra) 小坂研究所(株)製の触針式表面粗さ計(サーフコーダ
30C)を用いて針の半径2μm、触針圧30mgの条件
下にチャート(フィルム表面粗さ曲線)をかかせた。フ
ィルム表面粗さ曲線から、その中心線の方向に測定長さ
Lの部分を抜き取り、この抜き取り部分の中心線をX軸
とし、縦倍率の方向をY軸として、粗さ曲線をY=f
(x)で表わしたとき、次の式(数1)で与えられるR
a(μm)をフィルム表面粗さとして定義する。

【0020】

【数1】

【0021】本発明では、測定長を1.25mmとし、カ
ットオフ値を0.08mmとして、5回測定した平均値を
Raとした。

【0022】(3)熱収縮率 70℃に設定されたオーブンの中にあらかじめ正確な長
さを測定した長さ約30cm、巾1cmのフィルムを無荷重
で入れ、1時間熱処理し、その後オーブンよりサンプル
を取り出し、室温に戻してからその寸法の変化を読みと
った。熱処理前の長さ(L0 )と熱処理による寸法変化
量(ΔL)より、次式(数2)で熱収縮率を求めた。

【0023】

【数2】

【0024】(4)粒子径 粒子粒径の測定には次の状態がある。 1)粉体から平均粒径、粒径比等を求める場合 2)フィルム中の粒子の平均粒径、粒径比等を求める場

【0025】(1) 粉体からの場合 電顕試料台上に粉体を個々の粒子ができるだけ重ならな
いように散在せしめ、金スパッタ―装置により表面に金
薄膜蒸着層(層厚み200〜300オングストローム)
を形成せしめ、走査型電子顕微鏡にて1万〜3万倍の倍
率で観察し、日本レギュレーター(株)製ルーゼックス
(Luxex)500にて少なくとも100個の粒子の
長径(Dli),短径(Dsi)及び面積円相当径(D
i)を求める。そして、これらの次式で表わされる数平
均値をもって、滑剤微粒子の長径(Dl),短径(D
s),平均粒径(Da)を表わす。

【0026】

【数3】

【0027】(2) フィルム中の粒子の場合 資料フィルム小片を走査型電子顕微鏡用試料台に固定
し、日本電子(株)製スパッターリング装置(JFC―
1100型イオンスパッタリング装置)を用いてフィル
ム表面に下記条件にてイオンエッチング処理を施した。
条件は、ペルジャー内に試料を設置し、約10-3Tor
rの真空状態まで真空度を上げ、電圧0.25KV、電
流12.5mAにて約10分間イオンエッチングを実施
した。更に同装置にて、フィルム表面に金スパッターを
施し、走査型電子顕微鏡にて1万〜3万倍の倍率で観察
し、日本レギュレーター(株)製ルーゼックス500に
て少なくとも100個の粒子の長径(Dli),短径
(Dsi)及び面積円相当径(Di)を求める。以下、
上記(1) と同様に行なう。

【0028】(5)ボイド比 フィルム表面をイオンエッチングしフィルム中の滑剤微
粒子を暴露させ、そのフィルム表面を400〜500オ
ングストローム乃至それ以下の厚みにアルミニウムを均
一に真空蒸着し、通常の走査型電子顕微鏡にて3500
倍乃至5000倍の倍率で表面を観察し、該微粒子の長
径とボイドの長径を測定し(ボイド長径)/(微粒子長
径)の比をボイド比とした。イオンエッチングは、例え
ば日本電子(株)製JFC―1100型イオンスパッタ
ーリング装置を使い、500V,12.5mAで15分
間表面エッチング処理した。真空度は10-3Torr程
度であった。粒子は0.8μm程度の大きな粒子につい
て測定した。

【0029】(6)ヘーズ(曇り度) JIS―K 674に準じ、日本精密光学社製、積分球
式HTRメーターによりフィルムのヘーズを求めた。

【0030】(7)削れ性 ベースフィルムの走行面の削れ性を5段のミニスーパー
カレンダーを使用して評価した。カレンダーはナイロン
ローンとスチールロールの5段カレンダーであり、処理
温度は80℃、フィルムにかかる線圧は200kg/c
m、フィルムスピードは50m/分で走行させた。走行
フィルムは全長2000m走行させた時点でカレンダー
のトップローラーに付着する汚れでベースフィルムの削
れ性を評価した。 <4段階判定> ◎ ナイロンロールの汚れ全くなし ○ ナイロンロールの汚れほとんどなし × ナイロンロールが汚れる ×× ナイロンロールがひどく汚れる

【0031】(8)屈折率 ナトリウムD線(589nm)を光源として、アッベ屈
折率計を用いて測定した。マウント液にはイオウを溶解
したヨウ化メチレンを用い、25℃、65%RHにて測
定した。

【0032】(9)耐引裂性 JIS―P8116に準じフィルムの長手方向(縦方
向)及び幅方向(横方向)につき耐引裂き性を測定し
た。

【0033】(10)フィルム固有粘度 試料0.300gを25mlのオルソクロロフェノール
(OCP)に添加し、150℃で30分間加熱して溶解
した。この溶液を35℃±0.1%に保たれた粘度管を
使用し、通常の方法にて測定した。

【0034】

【実施例1】平均粒径0.3μmのシリカ粒子を0.1
5wt%含有した固有粘度0.62dl/gのポリエチレ
ン―2,6―ナフタレートを170℃で6時間乾燥した
後305℃で溶融押出し、60℃に保持したキャスティ
ングドラム上で急冷固化せしめて110μmの厚みの未
延伸フィルムを得た。

【0035】この未延伸フィルムを速度差をもった2つ
のロール間で、125℃の表面温度の低速側ロールとフ
ィルム面から20mm離れた位置に設置された5kwの
IRヒーター(160V)にてフィルム上下より照射し
3.2倍に縦方向に延伸し、さらにテスターによって横
方向に135℃にて3.5倍に延伸し、その後200℃
で3秒間熱固定処理した。このようにして製膜されたフ
ィルムは厚み方向の屈折率(n)が1.4989であ
り、カレンダー削れ良好で、しかも耐引裂特性も良好で
あった。フィルム特性を表1に示す。

【0036】

【実施例2】実施例1と同様にして未延伸フィルムを
得、該未延伸フィルムを実施例1と同様に縦方向及横方
向に延伸し、その後215℃にて該フィルムの熱固定を
実施した。このようにして10.0μmの厚みの二軸延
伸ポリエチレン―2,6―ナフタレートフィルムを得
た。このフィルムの厚み方向の屈折率は1.4988で
あった。フィルム特性を表1に示す。

【0037】

【比較例1】実施例1と同様の方法にて93μmの未延
伸を得た。この未延伸フィルムを縦方向にIRヒーター
150Vにて加熱し3.5倍に延伸し、さらにステンタ
ー内で横方向に130℃で3.8倍に延伸し、その後1
85℃で熱固定を実施した。このようにして厚み10.
0μmの二軸延伸フィルムを得たが、このフィルムは厚
み方向の屈折率がn=1.4970より小さく、ボイ
ドに起因すると思われる内部ヘーズも高く、さらに引裂
き特性の向上も認められなかった。さらに耐削れ改良も
認められなかった。フィルム特性を表1に示す。

【0038】

【比較例2】実施例2と同様に二軸延伸したフィルムに
つき熱固定ゾーンの温度を200℃、215℃、205
℃と3区分し、最高温度215℃で熱固定処理した。得
られたフィルムの内部ヘーズは高くなり、しかも耐引裂
性も小さくなってしまった。またカレンダー削れも悪化
し、改善できなかった。フィルム特性を表1に示す。

【0039】

【実施例3,比較例3】ポリエチレン―2,6―ナフタ
レートフィルムでは延伸倍率を高くするにつれてその方
向へのヤング率は大きくなるが、逆にその方向に平行に
引裂かれる力は弱くなり、かつまた固体微粒子周辺のボ
イドが大きくなり、耐削れ性が低下する傾向を示す。

【0040】そこで、実施例1と同様にして得た未延伸
フィルムを、延伸温度を若干低目とし、延伸倍率を縦方
向5.6倍、横方向3.8倍と高目にとり、215℃で
熱固定処理を行って厚み10μmの二軸延伸フィルムを
得た(比較例3)。このフィルムの厚み方向の屈折率
(n)は1.487であった。このフィルムは耐削れ
性も悪く、かつ引裂きも低いものであった。フィルム特
性を表1に示す。

【0041】他方、熱固定温度を245℃と高くする以
外は上記と同様に行った(実施例3)。得られた二軸延
伸フィルムの厚み方向の屈折率(n)は1.504で
あった。このフィルムは高いヤング率を有するにもかか
わらす、耐削れ性、耐引裂き性の良いものであった。フ
ィルム特性を表1に示す。

【0042】

【表1】

【0043】

【発明の効果】本発明の二軸延伸ポリエチレン―2,6
―ナフタレートフィルムは、ボイドが小さく、従って削
れに強く、かつ耐引裂き性の向上したものであり、例え
ば磁気テープ製造時加工工程でのトラブルが減少し、効
率化につながるものである。さらに熱的安定性が良いの
で、スキュー歪が少ない。

【0044】このため磁気記録媒体、さらに薄物長時間
記録用磁気記録媒体、特に磁気テープのベースフィルム
として有用である。

フロントページの続き (51)Int.Cl.5 識別記号 庁内整理番号 FI 技術表示箇所 // B29K 67:00 B29L 7:00 4F C08L 67:02 (72)発明者 佐伯 靖浩 神奈川県相模原市小山3丁目37番19号 帝 人株式会社相模原研究センター内

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】平均粒径が0.05〜3μmの範囲にある
    微粒子を0.01〜1重量%含有するポリエチレン―
    2,6―ナフタレートを結晶化が実質的に生じない条件
    で製膜して未延伸フィルムとし、該未延伸フィルムをポ
    リエチレン―2,6―ナフタレートのガラス転移温度よ
    り10℃以上高い温度で一軸方向に延伸し、そしてこの
    延伸と同時またはこの延伸後に該一軸方向と直角な方向
    に延伸し、さらに熱処理することによりフィルム厚み方
    向の屈折率を1.4970以上としたことを特徴とする
    二軸延伸ポリエチレン―2,6―ナフタレートフィル
    ム。
  2. 【請求項2】微粒子が大粒子群と小粒子群の2成分より
    なり、これらの平均粒径の差が少なくとも0.3μmで
    ある請求項1記載の二軸延伸ポリエチレン―2,6―ナ
    フタレートフィルム。
  3. 【請求項3】二軸延伸フィルムの厚みが5〜75μmの
    範囲にある請求項1記載の二軸延伸ポリエチレン―2,
    6―ナフタレートフィルム。
JP3324072A 1991-11-13 1991-11-13 ポリエチレン―2,6―ナフタレートフィルム Expired - Lifetime JP2585494B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3324072A JP2585494B2 (ja) 1991-11-13 1991-11-13 ポリエチレン―2,6―ナフタレートフィルム

Applications Claiming Priority (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3324072A JP2585494B2 (ja) 1991-11-13 1991-11-13 ポリエチレン―2,6―ナフタレートフィルム
DE1992622116 DE69222116T2 (de) 1991-11-13 1992-11-10 Biaxial orientierte Folie aus Polyäthylen-2,6-Naphthalendicarboxylat und Verfahren zu deren Herstellung
EP19920310268 EP0542511B1 (en) 1991-11-13 1992-11-10 Biaxially oriented polyethylene-2,6-naphthalenedicarboxylate film and process for the production thereof
KR1019920021362A KR0158461B1 (ko) 1991-11-13 1992-11-13 2축 배향 폴리에틸렌-2,6-나프탈렌디카르복실레이트 필름 및 그의 제조방법
US08/258,375 US5380577A (en) 1991-11-13 1994-06-10 Biaxially oriented polyethylene-2,6-naphthalene-dicarboxylate film and process for the production thereof

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH05131538A true JPH05131538A (ja) 1993-05-28
JP2585494B2 JP2585494B2 (ja) 1997-02-26

Family

ID=18161836

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP3324072A Expired - Lifetime JP2585494B2 (ja) 1991-11-13 1991-11-13 ポリエチレン―2,6―ナフタレートフィルム

Country Status (5)

Country Link
US (1) US5380577A (ja)
EP (1) EP0542511B1 (ja)
JP (1) JP2585494B2 (ja)
KR (1) KR0158461B1 (ja)
DE (1) DE69222116T2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010503023A (ja) * 2006-08-30 2010-01-28 スリーエム イノベイティブ プロパティズ カンパニー 多層偏光繊維及びそれを使用した偏光子

Families Citing this family (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5677033A (en) * 1993-02-11 1997-10-14 Teijin Limited Biaxially oriented, unidirectionally long polyethylene-2,6-naphthalenedicarboxylate film
AU661428B2 (en) * 1993-02-16 1995-07-20 Teijin Limited Base film for photographic film
US5457017A (en) * 1993-04-09 1995-10-10 Teijin Limited Base film for photographic film
US5631063A (en) * 1993-12-22 1997-05-20 Teijin Limited Biaxially oriented film of polyethylene-2,6-naphthalenedicarboxylate
US5618609A (en) * 1993-12-22 1997-04-08 Teijin Limited Biaxially oriented film of polyethylene-2,6-naphthalenedicarboxylate
JPH07209808A (ja) * 1994-01-25 1995-08-11 Fuji Photo Film Co Ltd ハロゲン化銀カラー写真感光材料
US5496691A (en) * 1994-02-08 1996-03-05 Fuji Photo Film Co., Ltd. Process for producing silver halide photographic material
US5429785A (en) * 1994-03-01 1995-07-04 E. I. Du Pont De Nemours And Company Method of making biaxially oriented thermoplastic films
DE19606956A1 (de) * 1996-02-26 1997-08-28 Hoechst Diafoil Gmbh Rauhe biaxial orientierte Polyesterfolie für die Kondensatoranwendung
WO1999037466A1 (en) * 1998-01-21 1999-07-29 Teijin Limited Biaxially oriented polyester film for membrane switch
KR100554862B1 (ko) * 1998-10-09 2006-02-24 데이진 가부시키가이샤 2축 배향 폴리에스테르 필름, 및 이를 포함하는 적층 폴리에스테르 필름 및 가요성 디스크
EP1796114B1 (en) * 1999-06-08 2009-01-21 Teijin Limited Composite film for capacitor, method for production thereof and base film therefor
JP4573673B2 (ja) * 2005-02-28 2010-11-04 富士フイルム株式会社 水蒸気バリアフィルム

Citations (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS541920A (en) * 1977-06-07 1979-01-09 Kubota Ltd Building material
JPS59127730A (en) * 1983-01-07 1984-07-23 Toray Ind Inc Biaxially orientated polyethylene-naphthalate film
JPS6288136A (en) * 1985-10-14 1987-04-22 Teijin Ltd Tape for audio cassette
JPS62117138A (en) * 1985-10-29 1987-05-28 Teijin Ltd Magnetic recording tape
JPS6360732A (en) * 1986-09-02 1988-03-16 Diafoil Co Ltd Polyethylene-2,6-naphthalate film
JPS6372729A (en) * 1986-09-16 1988-04-02 Teijin Ltd Biaxially orientated polyester film
JPS63247913A (en) * 1987-04-03 1988-10-14 Diafoil Co Ltd Polyester film for magnetic recording medium
JPH02202924A (en) * 1989-02-01 1990-08-13 Teijin Ltd Polyethylene 2,6-naphthalate film
JPH02214734A (en) * 1989-02-16 1990-08-27 Toray Ind Inc Biaxially oriented polyester film

Family Cites Families (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3875119A (en) * 1970-12-22 1975-04-01 Hiroshi Aoki Product and process of producing biaxially oriented insulating film of polyethylene-2,6-naphthalate
JPS5414320B2 (ja) * 1972-07-25 1979-06-06
US3935166A (en) * 1973-06-08 1976-01-27 Teijin Limited Aromatic polyester of 2,6 and/or 2,7 naphthalene dicarboxylic acid
JPS6351090B2 (ja) * 1980-10-15 1988-10-12 Teijin Ltd
US4539389A (en) * 1983-03-30 1985-09-03 Teijin Limited Biaxially oriented polyester film
DE3414347A1 (de) * 1984-04-16 1985-10-24 Hoechst Ag Traegerfolie fuer magnetische informationstraeger
DE3673565D1 (de) * 1985-05-29 1990-09-27 Teijin Ltd Polyesterfilm fuer magnetische aufzeichnungstraeger.
JPH0462854B2 (ja) * 1985-06-21 1992-10-07 Daiafoil
JPH0559813B2 (ja) * 1985-12-09 1993-09-01 Diafoil Hoechst Co Ltd
JPH0625267B2 (ja) * 1985-12-17 1994-04-06 ダイアホイルヘキスト株式会社 高密度磁気記録媒体用ポリエチレン−2,6−ナフタレ−トフイルム
US4761327A (en) * 1986-01-17 1988-08-02 Teijin Limited Biaxially oriented aromatic polyester film
DE3610167A1 (de) * 1986-03-26 1987-10-01 Hoechst Ag Mehrschichtige polyesterfolie fuer magnetische informationstraeger
JPS6360731A (en) * 1986-09-01 1988-03-16 Diafoil Co Ltd Preparation of biaxially oriented polyethylene-2,6-naphthalate film having high strength in longitudinal direction
DE68929128T2 (de) * 1988-06-08 2000-05-31 Toray Industries Biaxial orientierte Verbundfolie
JPH0232151A (en) * 1988-07-21 1990-02-01 Diafoil Co Ltd Polyester composition
US5051292A (en) * 1989-02-01 1991-09-24 Teijin Limited Biaxially oriented film of polyethylene-2,6-naphthalate
JPH03183545A (en) * 1989-12-14 1991-08-09 Teijin Ltd Static electricity restrictive and readily adhesive film and manufacture thereof and magnetic card used therewith

Patent Citations (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS541920A (en) * 1977-06-07 1979-01-09 Kubota Ltd Building material
JPS59127730A (en) * 1983-01-07 1984-07-23 Toray Ind Inc Biaxially orientated polyethylene-naphthalate film
JPS6288136A (en) * 1985-10-14 1987-04-22 Teijin Ltd Tape for audio cassette
JPS62117138A (en) * 1985-10-29 1987-05-28 Teijin Ltd Magnetic recording tape
JPS6360732A (en) * 1986-09-02 1988-03-16 Diafoil Co Ltd Polyethylene-2,6-naphthalate film
JPS6372729A (en) * 1986-09-16 1988-04-02 Teijin Ltd Biaxially orientated polyester film
JPS63247913A (en) * 1987-04-03 1988-10-14 Diafoil Co Ltd Polyester film for magnetic recording medium
JPH02202924A (en) * 1989-02-01 1990-08-13 Teijin Ltd Polyethylene 2,6-naphthalate film
JPH02214734A (en) * 1989-02-16 1990-08-27 Toray Ind Inc Biaxially oriented polyester film

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010503023A (ja) * 2006-08-30 2010-01-28 スリーエム イノベイティブ プロパティズ カンパニー 多層偏光繊維及びそれを使用した偏光子

Also Published As

Publication number Publication date
KR0158461B1 (ko) 1999-01-15
JP2585494B2 (ja) 1997-02-26
KR930009743A (ko) 1993-06-21
EP0542511A2 (en) 1993-05-19
EP0542511B1 (en) 1997-09-10
DE69222116D1 (de) 1997-10-16
DE69222116T2 (de) 1998-02-12
EP0542511A3 (en) 1993-07-21
US5380577A (en) 1995-01-10

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP0229670B1 (en) Biaxially oriented aromatic polyester film
US5702794A (en) Laminated polyester film for magnetic recording medium
US7214339B2 (en) Polyester film and a production method thereof
KR910008997B1 (ko) 2축 배향 폴리에스테르 필름
US6420011B1 (en) Biaxially oriented polyester film and production method thereof
JP2015039801A (ja) 積層ポリエステルフィルムおよびそれを用いた塗布型磁気記録テープ
EP1346815B1 (en) Biaxially oriented polyester film and method for production thereof
EP0086302B1 (en) Polyethylene terephthalate film, process for the production thereof and magnetic recording medium therefrom
US6835461B1 (en) Biaxially oriented polyester film, process for producing the same, and magnetic recording medium
US6562274B1 (en) Process of making biaxially oriented polyester films
KR100248317B1 (ko) 이축배향적층폴리에스테르필름
US8404371B2 (en) Biaxially oriented polyester film and magnetic recording tape
JPWO2002045959A1 (ja) 二軸配向積層ポリエステルフィルムおよび磁気記録媒体
KR100227401B1 (ko) 폴리에틸렌-2,6-나프탈렌디카르복실레이트의 이축 배향 필름
US5164439A (en) Polyester film for magnetic recording media
US5665454A (en) Biaxially oriented polyethylene-2,6-naphthalate film and magnetic tape formed therefrom
US5429855A (en) Biaxially oriented laminated polyester film for magnetic recording media
US6670030B1 (en) Biaxially oriented laminate polyester film for magnetic recording medium
JPH11255913A (ja) 二軸配向改質ポリエチレン−2,6−ナフタレートフィルム
US5047278A (en) Polyester film and magnetic recording medium
US5401559A (en) Biaxially oriented thermoplastic resin film
KR100681362B1 (ko) 2축 배향 폴리에스테르 필름
KR960005446B1 (ko) 자기기록매체용 2축배향 폴리에스테르 필림
US5912063A (en) Biaxially oriented laminate films and magnetic recording media
US20050147795A1 (en) Biaxially oriented polyster film and flexible disk

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081121

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081121

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091121

Year of fee payment: 13

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101121

Year of fee payment: 14

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111121

Year of fee payment: 15

EXPY Cancellation because of completion of term