JPH05127065A - Binoculars - Google Patents

Binoculars

Info

Publication number
JPH05127065A
JPH05127065A JP31335491A JP31335491A JPH05127065A JP H05127065 A JPH05127065 A JP H05127065A JP 31335491 A JP31335491 A JP 31335491A JP 31335491 A JP31335491 A JP 31335491A JP H05127065 A JPH05127065 A JP H05127065A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
data
de
diopter
step
user
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP31335491A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Katsuto Akagi
Makoto Kamiya
Kazuo Kimura
Yukio Maekawa
Haruyuki Nagano
Yoshiharu Ota
Ichiro Yoshiyama
幸男 前川
一郎 吉山
嘉治 大田
和夫 木村
誠 神谷
克人 赤木
晴行 長野
Original Assignee
Minolta Camera Co Ltd
ミノルタカメラ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PURPOSE: To automatically, speedily, and accurately set eye width and diopters by reading data on the eye width and diopters of a user out of a storage means and setting the eye width and diopters according to the data.
CONSTITUTION: The binoculars are equipped with a 1st and a 2nd optical system which have objectives and oculars and are arranged on a left and a right side, an eye width varying mechanism which moves at least the 1st and 2nd oculars at right angles to the optical systems, the means stored with the eye width data on the interval between eyes, and a control means which drives the eye- width varying mechanism according to the data. In this case, a memory is stored with eye width data, AF correction quantities, and L(left) diopter data, user by user, and the AF correction quantities concerns the right-side optical system. Namely, the binoculars are put in focus by looking through the right-side optical system and then the diopter difference between the left and right eyes is eliminated by looking through the left-side optical system.
COPYRIGHT: (C)1993,JPO&Japio

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は双眼鏡に関するものであり、より詳細には眼幅調整及び視度調整が可能な双眼鏡に関する。 The present invention relates is related to binoculars, and more particularly binoculars capable interpupillary adjustment and diopter adjustment.

【0002】 [0002]

【従来の技術】双眼鏡は使用者の眼間隔や視度が人によって異なることに鑑み、眼幅や視度の調整ができることが望まれる。 BACKGROUND ART binoculars view of the fact that the eye spacing and diopter of the user is different from person to person, it is desirable to be able to adjust the pupil distance and diopter. 特開昭50−153952号には手動で眼幅・視度調整をする技術が示されている。 The JP 50-153952 is shown a technique of manually eye width and diopter adjustment. また、特開昭63−161424号には対物レンズの間隔は固定で、 Further, a fixed interval of the objective lens in JP-A-63-161424,
接眼レンズの間隔を手動で変える形式の眼幅調整装置が示されている。 Format of the eye width adjusting device for changing the distance between the eyepiece manually is shown. 双眼鏡では従来、眼幅調整は手動でのみ行なっているが、視度調整に関しては自動的に行なう方法が特開昭63−206731号において提案されている。 Conventionally in binoculars, but eye width adjustment is performed only manually, a method of automatically performing with respect to the diopter adjustment has been proposed in JP 63-206731. 尚、双眼鏡は異なる複数の人(例えば家族で父親から子供まで種々の人)が使用する場合があるので、各使用者が自分の眼幅に対応する目盛の値又は位置を覚えておき、使用に際し目盛りを合わせてからダイヤルを回転すると、その目盛りのところで鏡筒の動きが止まり眼幅が設定できる双眼鏡が提案されている。 Incidentally, binoculars remember since the value or location of the scale of each user corresponds to his eye width different human (various human and children from the father, for example, family members) are sometimes used, use rotation of the dial after adjusting the scale upon, binoculars can be set motion stops pupil distance of the lens barrel at its scale is proposed. また、特開昭5 In addition, JP-A-5
0−99750号では視度に関し、複数の使用者の視度位置を機械的に保持するものが開示されている。 It relates diopter is No. 0-99750, which mechanically hold the diopter positions of a plurality of users is disclosed.

【0003】 [0003]

【発明が解決しようとする課題】しかし、これらの方法は手動で調整したり、機械的に記憶したりするものであるから面倒であるとともに迅速性に欠けるという欠点を有している。 [SUMMARY OF THE INVENTION] However, these methods to adjust manually, has the drawback of lacking rapidity with cumbersome because those or mechanically stored. しかも、双眼鏡が他の双眼鏡に変わると、 Moreover, when the binoculars is changed to other binoculars,
その記憶保持状態を活用できないという欠点もある。 There is also disadvantage of not utilizing the memory retention state. 本発明はこのような点に鑑みなされたものであって、使用者に応じた眼幅や視度を容易且つ迅速に実現することができる双眼鏡を提供することを目的とする。 The present invention has been made in view of the above problems, and an object thereof is to provide a binocular which can be easily and quickly realized pupil distance and diopter in accordance with the user. 本発明の他の目的は双眼鏡が他の双眼鏡に変わっても眼幅や視度を自動的且つ正確にその使用者に合わせることができる双眼鏡を提供することにある。 Another object of the present invention is to provide a binocular binoculars can be matched interpupillary distance and diopter be changed to other binoculars automatically and accurately the user.

【0004】 [0004]

【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため本発明の双眼鏡は、それぞれ対物レンズと接眼レンズを有し左右に配された第1、第2光学系と、前記第1、第2光学系の少なくとも接眼レンズを前記光学系の直交方向に動かす眼幅可変機構と、使用者の眼幅間隔を顕す眼幅デ−タを記憶する記憶手段と、前記記憶手段に記憶されている眼幅デ−タに従って前記眼幅可変機構を駆動する制御手段と、を備える。 Means for Solving the Problems The binoculars of the present invention for achieving the above object, a first and a second optical system arranged on the left and right have the objective lens and the eyepiece, respectively, the first, second and the eye width adjustment mechanism for moving at least eyepiece optical system in the orthogonal direction of the optical system, the pupil distance de represents the interpupillary distance spacing of a user - a storage means for storing data, the eye that is stored in the storage means width de - and control means for driving said eye width adjustment mechanism in accordance with data. また、本発明の双眼鏡は、視度可変機構と、使用者の視度を顕す視度デ−タを記憶する記憶手段と、前記記憶手段に記憶されている視度デ− Also, binoculars of the present invention, a diopter adjustment mechanism and represents the diopter of the user diopter de - storage means for storing data, diopter de stored in the storage means -
タに従って前記視度可変機構を駆動する制御手段と、を備える。 And a control means for driving the diopter adjustment mechanism according to data. 上記各構成において、記憶手段を双眼鏡本体に対し装着及び取り外し自在のICカ−ドとしてもよい。 In the above construction, mounting and removable IC card storage means to the binocular body - may be de.

【0005】 [0005]

【作用】このような構成によると、使用者の眼幅や視度はデ−タの形で記憶手段に記憶されており、この記憶手段から眼幅や視度のデ−タを読み出して、そのデ−タに基いて眼幅や視度を設定することになるので、自動的且つ迅速で正確に設定できる。 According to the action] like this structure, pupil distance and diopter of the user de - is stored in the storage means in the form of data, data of the eye width and diopter from the storage unit - reads the data, its de - it means setting the pupil distance and diopter based on the data can be automatically and quickly and accurately set. しかも記憶手段をICカ− Moreover, a storage unit IC card -
ドとすれば、同一の機能を有している他の双眼鏡にそのICカ−ドを装着することにより、同様に眼幅や視度の設定ができる。 If de, other binoculars on the IC card having the same function - by mounting the de likewise possible to set the pupil distance and diopter.

【0006】 [0006]

【実施例】以下本発明を図面を参照して説明する。 EXAMPLES be described with reference to the drawings The present invention will. 図1 Figure 1
〜図5は双眼鏡1の外観を示しており、そのうち図1は平面図、図2は正面図、図3は底面図、図4は背面図、 The through 5 shows the appearance of the binoculars 1, of which FIG. 1 is a plan view, FIG. 2 is a front view, FIG. 3 is a bottom view, FIG. 4 is a rear view,
図5は右側面図である。 Figure 5 is a right side view.

【0007】この双眼鏡1は上カバー2に、メインスイッチ用の操作部材3と、ズ−ミングモ−ド時にズームレンズをワイド方向に駆動したり、眼幅・視度調整モ−ドのときにアップ方向に調整したりするワイド(アップ) [0007] The binoculars 1 top cover 2, an operating member 3 for the main switch,'s - Mingumo - or drives the zoom lens in the wide-angle direction at the time of de, pupil distance, visibility adjusting mode - up when the de wide or to adjust the direction (up)
スイッチの操作釦4uと、ズームレンズをテレ(望遠) And the operation button 4u of the switch, a telephoto zoom lens (telephoto)
方向に駆動したり眼幅・視度調整モ−ドのときにダウン方向に調整したりするテレ(ダウン)スイッチの操作釦4dと、AF(ピント合わせ)のときにONされたり眼幅・視度調整モ−ドのときに調整値をセットしたりするAF兼セットスイッチの操作釦20、カード排出用のイジェクト操作部材5とを有している。 Direction to the drive or eye width, visibility adjusting mode - the operation buttons 4d telephoto (down) switch or to adjust the down direction when the de, AF pupil distance-vision or is ON when (focusing) degree adjustment mode - AF and set switch of the operation button 20 or to set the adjustment value at the time of de, and an eject operation member 5 for the card ejection.

【0008】また、この双眼鏡は特定の機能を双眼鏡1 [0008] In addition, binoculars 1 this binoculars particular function
に付加することができるICカードを装着できるようになっており、そのICカード挿脱用の挿脱口6と装着されたICカードを視認するための透明窓7も上カバー2 Being adapted to be mounted an IC card that can be added to the transparent window 7 is also the upper cover 2 for viewing the loaded IC card and insertion slot 6 of the IC card insertion and removal
に設けられている。 It is provided to.

【0009】前記操作部材3はメインスイッチのON、 [0009] the operating member 3 of the main switch ON,
OFFの各ポジション以外に、それらの中間に後述する調整モード設定用の調整ポジション(ADJ)を有する3ポジション型の操作部材となっている。 Besides the position OFF, the has a three-position type operating member having an adjusting position for setting the adjustment mode to be described later in their middle (ADJ). 操作釦4uと操作釦4dには、ユーザー側から見て(即ちアイピースフード8、9の存する背面側から見て)アップ方向、ダウン方向を示唆する三角形のマークが施されている。 The operation buttons 4u and the operation button 4d, as viewed from the user side (i.e. as viewed from the back side that exists a eyepiece hood 8,9) up direction, the triangle mark suggesting down direction has been subjected. イジェクト操作部材5は操作力を与え易くするため表面に複数の凹凸を有している。 Eject operation member 5 has a plurality of irregularities on the surface for easy giving an operating force. このイジェクト操作部材5を図の右方向(矢印10方向)にスライドさせることにより、ICカードを双眼鏡1の挿脱口6から排出させることができる。 By sliding the eject operation member 5 in FIG rightward (arrow 10 direction), it is possible to discharge the IC card from insertion slot 6 of the binoculars 1.

【0010】下カバー12には図3に示すように後述するメインユーザースイッチ用の押釦式の操作釦13が設けられている。 [0010] push button type operating buttons 13 for the main user switch to be described later as shown in FIG. 3 is provided on the lower cover 12. また、前カバー11には図2に示すように左右の光学系の入光窓14、15が設けられている。 Further, the light incident window 14, 15 of the optical system of the left and right as shown in FIG. 2 is provided in the front cover 11.
背面には図4に示すように逆台形型の第1表示装置16 The first display unit 16 on the back of the opposite trapezoidal as shown in FIG. 4
が設けられているが、この第1表示装置16は液晶表示素子(LCD)で構成されており、その表示例を図13 Although are provided, the first display unit 16 is constituted by a liquid crystal display device (LCD), FIG its display example 13
に示す。 To show. 第1表示装置16の下方には、一対のセレクトスイッチ操作用のアップ釦17とダウン釦18とが設けられている。 Below the first display device 16, it is provided with the up button 17 and down button 18 for the pair of select switch operation. セレクトスイッチは予め登録してあるユ− Select switch is previously registered customers -
ザ−を選んだりするときに用いる。 The - used when or select a. 19は電池収納部の入口に設けられた電池蓋である。 19 is a battery lid that is provided at the entrance of the battery compartment.

【0011】次に図6は駆動機構を主体にした平面的なレイアウト図であり、図7は背面から見たレイアウト図である。 [0011] Next 6 is a plan layout diagram that mainly the drive mechanism, FIG. 7 is a layout diagram viewed from the rear. これらの図において、23は左側光学系21の鏡筒であり、24は右側光学系22の鏡筒である。 In these figures, 23 is a lens barrel of the left optical system 21, 24 is a lens barrel of the right optical system 22. これらの鏡筒23、24の前方部には対物レンズが配され、 Objective lens is disposed in the front portion of the barrel 23, 24,
後方には接眼レンズが配されている。 Ocular lens is disposed in the rear. 本実施例で視度調整に関しては、左側視度調整(L視度調整)は左側光学系21の接眼レンズにより行うが、右側視度調整(R視度調整)は右側光学系22の対物レンズにより行うようになっている。 For the diopter adjustment in this embodiment, the left diopter adjustment (L diopter adjustment) is performed by the ocular lens of the left optical system 21, the right diopter adjustment (R diopter adjustment) is an objective lens of the right optical system 22 It has become so to do by. 従って、右側光学系の接眼レンズは固定でよい。 Therefore, the right optical system of the ocular lens may be fixed.

【0012】右側光学系22からはAF(ピント合わせ)用の焦点検出や測距を行うための光を取り出すようになっている。 [0012] From the right side optical system 22 is adapted to extract light for performing focus detection and ranging for AF (focusing). そのため鏡筒24内には対物レンズと接眼レンズの中間位置に光取り出し部材25が配されており、その光取り出し部材25の作用を受けた光は光軸に対して直角方向に折り曲げられて鏡筒24の外部へ出力され、ここで反射ミラー26によって後向に折り曲げられてAFセンサモジュール27へ導かれる。 Therefore the lens barrel 24 and the light extracting member 25 is disposed in an intermediate position of the objective lens and the eyepiece, the light subjected to the action of the light-extraction member 25 is bent in the direction perpendicular to the optical axis the mirror is output to the outside of the barrel 24, wherein the bent rear direction by the reflection mirror 26 is guided to the AF sensor module 27. 図8は光取り出し部材25としてダハプリズムを用いた例を示しており、はそれによって出力される光の位置及び方向を示している。 Figure 8 shows an example of using the roof prism as the light-extraction member 25, it indicates the position and direction of light output thereby. また、26Rは右側光学系22の対物レンズ、27Rは同じく右側光学系22の接眼レンズである。 Further, 26R objective lens of the right optical system 22, 27R is also eyepiece of the right optical system 22. 28、29はダハプリズムの反射面の光軸上における配置位置の限界を示しており、ダハプリズムの反射面は28〜29の範囲内にあればよい。 28 and 29 shows the limit of the position on the optical axis of the reflecting surface of the roof prism, the reflecting surface of the roof prism is may be in the range of 28-29. 、は前記限界位置で取り出されたAF用の光の位置、方向を示している。 , The position of the light for AF retrieved in the limit position, which indicates the direction.

【0013】上述したように本実施例では鏡筒23、2 [0013] In this embodiment as described above barrel 23,2
4内にいずれも対物レンズと接眼レンズが配されているが、これに限ることなく、本発明の実施に際し、対物レンズと接眼レンズを異なる鏡筒に設けてもよい。 While any within 4 are arranged an objective lens and the eyepiece is not limited to this, the practice of the present invention may be provided in different barrel of the objective lens and the eyepiece. 図9 Figure 9
は、そのようにした場合におけるAF用の光の取り出しを示している。 Shows the extraction of light for AF when you do so. ここでは取り出し面がハーフミラーとなった三角プリズムが光取り出し部材25として用いられている。 Is used herein as a member 25 is taken out triangular prism extraction surface becomes a half mirror is light.

【0014】図6に戻って、M1はAF用兼視度調整用のモータ(以下「AFモ−タ」という)であり、その駆動力はカム軸30とこのカム軸30の溝31に摺動自在に係合したピン32を介してAFレバー33に伝達され、更にこのAFレバー33から対物レンズのAFレンズユニットに固定されたピン34、35を介して左右の光学系のAFレンズユニットに伝達される。 [0014] Returning to FIG. 6, M1 is a motor for adjusting the AF and diopter (hereinafter - referred to as "AF mode data"), and sliding the driving force to the cam shaft 30 into the groove 31 of the cam shaft 30 is transmitted to the AF lever 33 via a pin 32 which movably engages, further the optical system of the AF lens unit of the left and right via the pin 34, 35 fixed to the AF lens unit of the objective lens from the AF lever 33 It is transmitted. この伝達経路においてAFモータM1の回転はカム軸30とピン3 Rotation of the AF motor M1 in this pathway camshaft 30 and the pin 3
2によって直線運動に変換され、最終的に対物レンズのAFレンズユニットを光軸方向に沿って動かすことになる。 It is converted into linear motion by two, eventually to be moved along the AF lens unit of the objective lens in the optical axis direction. 尚、AFモ−タM1とカム軸30との間には減速機構が設けられる。 Incidentally, AF mode - reduction mechanism is provided between the motor M1 and the cam shaft 30.

【0015】L視度調整モータM2の駆動力伝達機構は、その駆動力が最終的に左側光学系21の接眼レンズにのみ伝達されるものであるという点を除き、前述のA The driving force transmission mechanism of L diopter adjustment motor M2, except that in which the driving force is transmitted only to the eyepiece of the finally left optical system 21, the aforementioned A
FモータM1の駆動力伝達機構と略同様に構成されている。 F is substantially the same structure as the driving force transmission mechanism of the motor M1. 36はそのカム軸、37はカム溝、38はレバー3 36 its camshaft 37 cam groove 38 is lever 3
9のピン、40は左側光学系21の接眼レンズユニットのピンである。 9-pin, 40 is a pin of the eyepiece unit of the left optical system 21. 図10はこの伝達機構を分解斜視図で示している。 Figure 10 illustrates this transmission mechanism in exploded perspective view. 尚、G1,G2は減速用のギアであり、41 Incidentally, G1, G2 is a gear for speed reduction, 41
a、41bは終端検出スイッチの接片である。 a, 41b are contact piece of end detection switch.

【0016】図6において、M3は眼幅調整用のモータである。 [0016] In FIG. 6, M3 is a motor for adjusting interpupillary distance. このモータM3の駆動力を用いる眼幅調整機構を図11を参照して説明する。 The pupil distance adjusting mechanism using the driving force of the motor M3 will be described with reference to FIG. 11. 図11において、左側光学系21の鏡筒23は双眼鏡1のフレームに固定された一対の支持棒42、43に突片44、45に設けた孔が遊嵌していることにより摺動自在に支持されている。 11, the barrel 23 of the left optical system 21 is slidably by holes provided in the projecting piece 44 and 45 to a pair of support rods 42, 43 fixed to the frame binoculars 1 is loosely fitted It is supported. また、鏡筒23にはネジ溝47を有する突片46が設けられており、この突片46に、モータM3によって回動するビス48が螺合している。 Further, the lens barrel 23 and protrusion 46 is provided with a screw groove 47, this protrusion 46 bis 48 to rotate by the motor M3 is screwed. ビス48は位置が固定であり、回転のみ可能に構成されているため、モータM3によって回転させられると、それに突片46を介して螺合している鏡筒23が支持棒42、43に沿って矢印A又は矢印B方向へ移動する。 Bis 48 position is fixed, because it is configured to be rotatable only when rotated by the motor M3, it barrel 23 which is screwed through the projecting pieces 46 along the support rod 42, 43 move the arrow A or arrow B Te. これによって眼幅が変化する。 This eye width changes. 49a、49bは眼幅の最小値を検出するスイッチの接片であり、前記突片46の当りにより作動する。 49a, 49b is the contact piece of the switch for detecting the minimum value of the eye width, operated by per of the protrusion 46. G
3,G4は減速用のギアである。 3, G4 is a gear for deceleration. 本実施例において、眼幅調整の際に移動する鏡筒は左側光学系21の鏡筒23 In this embodiment, the barrel 23 of the lens barrel to be moved during the interpupillary adjustment is left optical system 21
であり、TTL測距光を取り出す右側光学系22の鏡筒24は不動となっている。 , And the lens barrel 24 of the right optical system 22 to take out the TTL distance measuring light has a stationary. 図6、図7において23'は鏡筒23が左方に移動して眼幅が広がった状態を表わしている。 6, 23 7 'represents a state where the lens barrel 23 eyes wide spread moves leftward.

【0017】図6において、50、51はズーム用のレバーであるが、このレバー50、51を中間伝達部材として含むズーム機構について図12を参照して説明する。 [0017] In FIG. 6, 50 and 51 is a lever for zooming is described with reference to FIG. 12 the zoom mechanism including the lever 50, 51 as an intermediate transfer member. 図12においてM4はズーム用のモータであり、その駆動出力はギヤ52、53、54を順次通してラック板55に伝達される。 M4 in FIG. 12 is a motor for zooming, driving output is transmitted to the rack plate 55 sequentially through the gears 52, 53 and 54. ラック板55はラックギヤ56を有していると共に、上方に突出した一対のピン57、5 With rack plate 55 has a rack gear 56, a pair of upwardly projecting pin 57,5
8を有している。 It has 8. これらのピン57、58は移動板59 These pins 57 and 58 moving plate 59
に設けた嵌合孔60、61に嵌合し、移動板59を光学系の光軸とは直角の方向(矢印62参照)へ移動させる。 Fitted into the fitting hole 60 and 61 provided in, move the perpendicular direction (see arrow 62) to the optical axis of the optical system of the moving plate 59. 65、66は移動板59を摺動自在に支持する支持棒である。 65 and 66 is a support rod for supporting the moving plate 59 slidably. 移動板59は比較的長く偏心したスロット6 Moving plate 59 is eccentric relatively long slots 6
3、64を有しており、これらのスロット63、64にはレバー50、51にそれぞれ設けたピン67、68が挿通するようになっている。 Has a 3,64, pins 67 and 68 are so inserted that in these slots 63 and 64 provided respectively on the lever 50, 51.

【0018】レバー50は突片69〜72により、またレバー51は突片73〜76により、それぞれ支持棒7 [0018] The lever 50 is projecting piece 69 to 72, also the lever 51 by the projecting pieces 73 to 76, respectively supporting rod 7
7、78に移動自在に支持されており、その移動により、鏡筒23、24内の対物レンズのズームレンズユニットを駆動する。 7,78 are supported movably by the movement, it drives the zoom lens unit of the objective lens in the lens barrel 23. ズームレンズユニットは右側光学系2 The zoom lens unit is right optical system 2
2についてのみ説明すると、2つのレンズユニットU When a description will be given only 2, two lens units U
1,U2(図36参照)から成り、それらがそれぞれ鏡筒24外へ突出するピン79、80を有していて、そのピン79、80がレバー50、51の孔83、84に係合することにより、レバー50、51の移動に従って光軸上を移動する。 1, consists U2 (see Figure 36), they have pins 79, 80 projecting into the barrel 24 outer respectively the pin 79, 80 is engaged with the hole 83 of the lever 50, 51 it allows moved along the optical axis in accordance with the movement of the lever 50, 51. 左側の光学系21に関しても全く同様であり、81、82は左側光学系21の2つのズーム用レンズユニットのピン(図示せず)が係合する孔を示す。 It is exactly the same with regard left optical systems 21, 81 and 82 show a hole pins of the lens unit for two zoom of the left optical system 21 (not shown) is engaged.

【0019】図12において、85はズームエンコーダであり、86はそれに接触して動くブラシユニットである。 [0019] In FIG. 12, 85 denotes a zoom encoder, 86 is a brush unit that moves in contact therewith. このブラシユニット86は移動板59に取り付けられる。 The brush unit 86 is attached to the moving plate 59. ズームエンコーダ85の出力はDCモータで構成されているモータM4の駆動制御に使用される。 The output of the zoom encoder 85 is used to drive control of the motor M4, which is constituted by a DC motor.

【0020】上述の通り本実施例ではM1〜M4で示す如く4個のモータが使用されているが、そのうちAF用モータM1、左視度調整用モータM2、眼幅調整モータM3はステッピングモータで構成され、ズームモータM [0020] Although four motors as indicated by M1~M4 in as this embodiment described above is used, AF motor M1 them, left dioptric adjustment motor M2, the eye width adjusting motor M3 is a stepping motor is configured, the zoom motor M
4はDCモータで構成されている。 4 is composed of a DC motor.

【0021】図6において左側光学系21の鏡筒23内にはインファインダ表示用の第2表示装置87が設けられている。 The second display device 87 for in-finder display in the lens barrel 23 of the left optical system 21 in FIG. 6 is provided. この第2表示装置87は図14、図15に示されているように、液晶表示素子(LCD)で構成されている。 The second display device 87 is 14, as shown in Figure 15, and a liquid crystal display device (LCD). 88は視野枠であり、その視野枠外の部分の一部89に倍率表示部90、合焦表示用のマーク91、左右の眼のマーク92、93が割り当てられている。 88 is a field frame, the field of view outside the frame magnification display portion 90 in a part 89 of the portion of the mark 91 for focus display, it marks 92 and 93 of the left and right eyes are assigned. ここで合焦表示用マーク91は合焦時に点灯し、ローコン時(AFエリア内の観察物のコントラストが所定値より低いとき)には点滅し、非合焦時は消灯するようになっている。 Here focus indication mark 91 is lit during focusing, it blinks when low contrast (when the contrast of the observation object in the AF area is lower than a predetermined value), non-upon focusing is adapted to turn off . また、眼マーク92、93は両方が点滅するときは眼幅調整を表し、左側の眼マーク92が点滅するときは左側の視度調整、右側の眼マーク93が点滅するときは右側の視度調整をそれぞれ表す。 Further, when the eye mark 92, 93 both flashes represents the interpupillary adjustment, the right diopter when diopter adjustment on the left and the right eye mark 93 blinks when the left eye mark 92 blinks It represents the adjustment, respectively. 前記表示部89には、図15に示す如く後方にバックライト用のLED Wherein the display unit 89, LED for backlight rearward as shown in FIG. 15
(発光ダイオード)95が配置されている。 (Light emitting diode) 95 is disposed. 尚、視野枠88よりも内側の部分(画面)もLCDで構成されているが、この部分は光透過性となっている。 Although are composed of LCD inner part (screen) even than field frame 88, this part has a light transmitting property. このLCDを通過することにより左側光学系21の光量は少なくなるが、右側光学系22についてもTTL測距方式のために光量が少なくなるので、左右の光学系の光量のバランスはとれている。 Although less light amount of the left optical system 21 by passing through the LCD, since the light quantity is reduced due to the TTL metering method also right optical system 22, the balance of the amount of the left and right optical systems are taken. 尚、LCDに代えて他の光フィルタでも同様の効果がある。 Incidentally, the same effect in other optical filter instead of the LCD.

【0022】尚、図16に示すように倍率表示部90を視野枠88より内側の画面に設けてスーパーインポーズ方式で表示してもよい。 [0022] Note that may be displayed by superimposing scheme provided inside the screen than the field frame 88 the magnification display portion 90 as shown in FIG. 16. 図16では更に観察体までの距離の表示98もスーパーインポーズ方式で画面に表示されるようなっている。 Display 98 of the distance to further specimen in FIG. 16 also has is displayed on the screen superimposed manner. また、図17のように画面内にスーパーインポーズ方式で倍率に応じてスケール99を表示し、観察体の大きさを測定できるようにしてもよい。 Also, to display the scale 99 in accordance with the magnification superimpose method in the screen as shown in FIG. 17, it may be able to measure the size of the specimen.

【0023】次に、図18は本実施例の回路構成を、メインCPU100を中心にして示しており、メインCP Next, FIG. 18 is a circuit configuration of the present embodiment shows around the main CPU 100, main CP
U100には前述した第1、第2表示装置16、87が接続されている以外にズームエンコーダ85、モータM The first was described above in U100, zoom encoder 85 in addition to the second display device 16,87 are connected, the motor M
1〜M3の駆動回路101、モータM4の駆動回路10 Driving circuit 101 of 1~M3, the drive circuit 10 of the motor M4
2、AFセンサモジュール27のCCDラインセンサ、 2, CCD line sensors of the AF sensor module 27,
ICカード103、メモリとしてのE 2 PROM10 IC card 103, E 2 PROM10 as a memory
4、そして各種スイッチが接続されている。 4 and various switches are connected. 2 ROM E 2 ROM
104は制御に必要な各種のデ−タをストアしているが、そのデ−タの中にはユ−ザ−に応じた眼幅デ−タ及び視度デ−タが存する。 104 Various de necessary control - but to store the data, the de - Some data User - The - pupil distance de corresponding to - data and diopter de - data resides.

【0024】スイッチとしては、まずメインスイッチ1 [0024] as a switch, first main switch 1
05、AF兼セットスイッチ106、ユーザセレクトスイッチ107u、107d、メインユーザースイッチ1 05, AF and set switch 106, a user select switch 107u, 107d, the main user switch 1
08、ワイド(アップ)/テレ(ダウン)スイッチ10 08, wide (up) / Tele (down) switch 10
9、110が接続されている以外に、モータM1、M Besides 9,110 is connected, the motor M1, M
2、M3に関連する基準位置を与えるための終端検出スイッチ111、112、113が接続されている。 2, M3 end detection switches 111, 112 and 113 for providing a reference position related to is connected. ここで、メインスイッチ105はON、OFF、ADJの3 Here, the main switch 105 is ON, OFF, of ADJ 3
ポジションスイッチとして構成されており、AF兼セットスイッチ106はAFモードではAFスイッチとして機能し、眼幅・視度の調整モード(ADJモード)ではセットスイッチとして機能する。 Is configured as a position switch, AF and set switch 106 is in the AF mode functions as an AF switch, serves as the adjustment mode (ADJ mode) set switch of the eye width and visibility. また、ユーザーセレクトスイッチ107uはONするたびに後述するユーザー番号を増加させるアップスイッチとして機能し、他方のユーザーセレクトスイッチ107dはONするたびにユーザー番号を減少させるダウンスイッチとして機能する。 Further, the user select switch 107u serves as an up switch for increasing the user number to be described later each time a turns ON, the other user select switch 107d functions as a down switch for reducing the user number each time the turned ON. ワイド(アップ)スイッチ109はズーミングモードではワイド方向にズームレンズを動かすためのワイドスイッチとして機能し、上記調整モードではアップスイッチとして機能する。 Wide (up) switch 109 functions as a wide switch for moving the zoom lens in the wide-angle direction in the zooming mode, which functions as an up switch in the adjusting mode. 同様にテレ(ダウン)スイッチ1 Similarly, Tele (down) Switch 1
10はズーミングモードではテレ方向にズームレンズを動かすテレスイッチとして機能し、調整モードではダウンスイッチとして機能する。 10 functions as a tele switch for moving the zoom lens in the telephoto direction in the zooming mode, functions as a down switch in the adjustment mode.

【0024】上述の如く、本実施例においてAF兼セットスイッチ106とスイッチ109、110はそれぞれ2つのスイッチ機能をもっているが、以下の説明においては、それらの使用用途に応じて名称を変えて説明することにする。 [0024] As described above, AF and set switch 106 and the switch 109 in the present embodiment respectively have two switches function, in the following description, by changing the name depending on their intended use It will be. 例えば、AF兼セットスイッチ106はA For example, AF and set switch 106 is A
Fモ−ドではAFスイッチと呼び、ADJモ−ドではセットスイッチと呼ぶこととし、またスイッチ109、1 F mode - referred to as AF switch is de, ADJ mode - In de to be referred to as set switch, also switch 109,1
10はズ−ミングモ−ドでは、それぞれワイドスイッチ、テレスイッチと呼び、ADJモ−ドではそれぞれアップスイッチ、ダウンスイッチと呼ぶ。 10's - Mingumo - in the soil, each wide switch, called the tele-switch, ADJ mode - each in the de-up switch, referred to as a down switch.

【0025】図19は上記モータ駆動回路101及び1 FIG. 19 is the motor driving circuit 101 and the 1
02の具体的構成を示している。 It shows a specific structure of 02. モータM1、M2、M Motor M1, M2, M
3は先にも述べたようにステッピングモータで構成されているが、図19においては、モータM1のみその構成を示し、M2、M3についてはM1と同一の構成であるので、図示省略している。 3 but it is constituted by a stepping motor as described earlier, in FIG. 19 shows the configuration of miso motor M1, since the same configuration and M1 for M2, M3, are not shown . メインCPU100の出力信号MS1、MS2の電圧レベルの組み合せによってモータM1〜M3の作動状態が選択される(図20参照)。 Operating state of the motor M1~M3 is selected by a combination of the voltage levels of the output signals MS1, MS2 of the main CPU 100 (see FIG. 20).
駆動信号STPM1〜STPM4はメインCPU100 Drive signal STPM1~STPM4 the main CPU100
の出力ポートSTPMから出力される。 Is output from the output port STPM.

【0026】一方、モータM4はCPU100の出力信号M4IN1とM4IN2によって駆動される(図21 On the other hand, the motor M4 is driven by the output signal M4IN1 and M4IN2 in CPU 100 (FIG. 21
参照)。 reference).

【0027】図22はステッピングモータM1、M2、 [0027] Figure 22 is a stepping motor M1, M2,
M3のために使用されているユニポーラ型の駆動回路を示している。 It shows a unipolar drive circuit used for the M3. 尚、駆動回路としてはユポーラ型に対し、 Incidentally, with respect to Yupora type as a drive circuit,
バイポーラ型があるが、そのバイポーラ型はユニポーラ型とコイルの巻き方が異なっていて、ユニポーラ型に比し、同じ大きさであればトルクは大きいが、回路構成は複雑になる。 There is bipolar, the bipolar type have different winding unipolar and the coil, compared to unipolar, although torque if the same size larger, the circuit configuration becomes complicated. ただし、IC化によりバイポーラ型も回路上の複雑さが問題視されなくなったため、最近は使用されるようになってきている。 However, since the complexity of the bipolar type also circuit is no longer a problem with an IC, it has recently come to be used. 本実施例においても、勿論バイポーラ型駆動回路を用いてもよい。 Also in this embodiment, it may of course be used bipolar driving circuit.

【0028】さて、図22において、ステッピングモータMはロータ400と4個の励磁コイルL1〜L4からなっており、その駆動回路は図示のようにエミッタが端子401を介して直流電源に接続され、ベースがモータ駆動信号源に接続されたPNP型のトランジスタQ1〜 [0028] Now, in FIG. 22, the stepping motor M is composed of the rotor 400 and four excitation coils L1 to L4, the driving circuit is connected to the DC power source emitters, as shown via the terminals 401, base of the PNP type connected to a motor drive signal source transistor Q1~
Q4と、各々のコレクタに接続されたダイオードD1〜 And Q4, diode D1~ connected to each of the collector
D4と、抵抗R1とからなっており、トランジスタQ1 And D4, has become a resistor R1 Metropolitan, transistor Q1
〜Q4のコレクタはコイルL1〜L4の一端に接続されている。 The collector of ~Q4 is connected to one end of the coil L1 to L4. 尚、コイルL1〜L4の他端は接地される。 The other end of the coil L1~L4 is grounded.

【0029】図23は図22の回路における2相励磁のシーケンスを示しており、矢印CWは時計方向(clo FIG. 23 shows a sequence of two-phase excitation in the circuit of FIG. 22, an arrow CW is clockwise (clo
ck−wise)、CCWは反時計方向(counte ck-wise), CCW is counter-clockwise direction (counte
rclockwise)へのモータの回転を表している。 It represents the rotation of the motor to rclockwise). 駆動信号φ1〜φ4はローレベルのとき、対応するトランジスタをONにしてコイルに通電を行い、ハイレベルのときはトランジスタをOFFにして対応するコイルを非通電とする。 When the drive signal φ1~φ4 is a low level, it performs energization to the coil to the corresponding transistors to ON, when the high level is de-energized the coils corresponding OFF the transistor. 図23において、縦線t1、…t7 23, vertical lines t1, ... t7
はモータの回転角度の18°ずつに対応している。 Corresponds to each 18 ° of rotation angle of the motor. 今、 now,
t1〜t2の間は駆動信号φ1とφ2がローレベルであり、トランジスタQ1、Q2がONとなってコイルL1 t1~t2 between is φ2 and drive signal φ1 is at a low level, the coil L1 transistors Q1, Q2 is turned ON
とL2に電流が流れて2相励磁されモータが回転する。 When the current is 2-phase excitation flowing motor rotates in L2.
尚、本明細書ではロータ400が回転することをモータが回転するということにする。 In the present specification will be referred to the rotor 400 is rotated motor rotates. その回転はt1で始動し、途中のT1で止まり、T1〜t2は停止状態となる。 Its rotation is started at t1, stop in the middle of T1, t1 to t2 is in a stopped state. 次のt2〜t3期間は駆動信号φ2とφ3によりトランジスタQ2、Q3がONとなってコイルL2、L3 The following t2~t3 period is a driving signal φ2 and φ3 transistors Q2, Q3 is ON coil L2, L3
に電流が流れて2相励磁され、モータ22はt2から再び始動してT2で停止し、T2〜t3は停止状態となる。 Current is 2-phase excitation flow to the motor 22 is stopped at T2 to start again from t2, t2 to t3 becomes the stop state. 以下、順次駆動信号φ1〜φ4のうちの2つずつのシーケンシャルなローレベルに応じてモータ22がステッピング駆動する。 Hereinafter, the motor 22 is a stepping drive according to sequential low level of each two of the sequential driving signals .phi.1 to .phi.4. t1〜t2、t2〜t3、…は等間隔dであり、この間隔dを短くすると、モータの回転は速くなり、長くすると、遅くなる。 t1 to t2, t2 to t3, ... it is equidistant d, the shorter the distance d, the rotation of the motor becomes faster, the longer becomes slow.

【0030】図24はステッピングモータの起動、停止を良好に行うためのモータの速度制御特性を示しており、モータは起動から停止までにおいて図示のような台形状部分を含むような形で速度制御される。 [0030] Figure 24 starting the stepping motor, shows the speed control characteristics of the motor for performing satisfactorily stop the motor speed control in a manner including the trapezoidal portions such as shown at to stop the activation It is. 尚、図16 Incidentally, FIG. 16
において、横軸は時間、縦軸は速度(パルスレート)を表している。 In the horizontal axis represents time and the vertical axis represents the rate (pulse rate). 起動時はトルクをかせぐため速度を一気に上げず、300PPS(PPSは1秒間あたりのパルス数で、パルスレートという)の速度で起動し、それ以後、徐々に速度を上げて600PPSにもたらし、しかる後は600PPSの一定速度で回転させる。 Startup without raising a stretch rate to earn torque (in PPS pulse per second, that pulse rate) 300 pps started at a rate of, thereafter, brought to 600PPS gradually increasing the speed, thereafter rotates at a constant speed of 600 pps. モータを停止させるときは600PPSから300PPSまで徐々に速度を下げ、さらに停止状態にもたらす。 When stopping the motor lowers gradually speed from 600PPS to 300 pps, resulting in further stop. 前記の速度を徐々に上げる期間を加速期間といい、徐々に下げる期間を減速期間ということにする。 Called acceleration period of time gradually increasing the speed of said, it will be referred to deceleration period the period gradually lowering. 尚、後で述べる実施例のモータ制御においては例えばレンズの移動距離が少ない場合は、加速期間を設けずに始めから定速駆動するようにしている。 In the case a small moving distance of the example lens in the motor control of the embodiments described later, so that a constant speed drive from the beginning without providing the acceleration period.

【0031】以上、ステッピングモータの駆動について、2相励磁の場合を例に挙げて説明したが、本実施例で使用する励磁方式は2相励磁に拘泥する必要はなく、 [0031] Although the drive of the stepping motor, the case of two-phase excitation has been described by way of example, the excitation method used in this embodiment need not be bound to the 2-phase excitation,
1相励磁でも、あるいは1相と2相の混合方式(1相− Even one-phase excitation, or 1-phase and 2-phase mixing method (1 phase -
2相励磁方式)でもよい。 Two-phase excitation method) may be used.

【0032】以下、本実施例の動作をメインCPU10 [0032] In the following, the main operation of the present embodiment CPU10
0による動作制御のフローチャートに基づいて説明する。 It will be described with reference to a flowchart of operation control by 0. まず、図25のメインルーチンにおいて、リセットスタートすると、メインCPU100はステップ#5でポート等の初期設定を行った後、ステップ#10でメインスイッチ105がOFFか否か判定し、OFFであればステップ#12へ進んでスタンバイ状態となる。 First, in the main routine of FIG. 25, resetting the start, the main CPU100 is after the initial setup of port such as in Step # 5, the main switch 105 determines whether OFF at step # 10, if the OFF step # in the standby state goes to 12. スタンバイ状態の解除は通常割り込み信号の発生等で行なわれるが、本実施例ではメインスイッチ105をOFFからONすることによって行なわれ、そのときステップ# Release the standby state is carried out at a normal interrupt signal generation, etc., in the present embodiment performed by turning ON the main switch 105 from OFF, then the step #
15へ進む。 It advances to 15. 前記ステップ#10でメインスイッチ10 Main switch 10 at step # 10
5がONであればステップ#15でモータ位置初期設定のサブルーチンを実行する。 5 executes the subroutine of the motor position initialized in step # 15, if ON. このサブルーチンでは眼幅や視度の基準位置を設定したり、既にメモリされているセット位置に設定したりすることが行われる。 To set a reference position of the pupil distance and diopter in this subroutine, it is already performed or to set the set position being a memory.

【0033】次にステップ#20でメインスイッチ10 [0033] Next, the main switch 10 at step # 20
5がADJ(調整)モードであるかONであるかを判定し、ADJモードであればステップ#25に進んで、眼幅調整と視度調整及びそれらの調整値の記憶を行う。 5 it is determined whether the ON or an ADJ (adjustment) mode, the process proceeds to step # 25 if ADJ mode and storage of interpupillary adjustment and diopter adjustment and their adjustment values. このADJモードのルーチンを実行した後、ステップ#3 After performing a routine of the ADJ mode, step # 3
0へ進む。 Advance to 0. このステップ#30へは、前記ステップ#2 To this step # 30, the step # 2
0でメインスイッチがONであると判定されたときもくる。 0 also comes when the main switch is determined to be ON in.

【0034】ステップ#30ではAFスイッチがONであるか否か判定し、ONであれば次のCCD駆動のサブルーチン(ステップ#35)、測距演算のサブルーチン(ステップ#40)を順次実行し、ステップ#45でローコンの判定を行う。 [0034] Step # 30 the AF switch determines whether ON, the subroutine of the next CCD drive if ON (step # 35), sequentially executes a subroutine of the distance calculation (step # 40), it is determined low contrast at step # 45. ここでCCD駆動は測距用のCC Here CCD driving CC for distance measurement
Dセンサ−を作動させることであり、このCCD駆動は光電荷を所定時間蓄積する積分動作と、積分終了後のデ−タダンプ動作とからなっている。 D sensor - is to actuate, the CCD driving the integrating operation for accumulating photocharge predetermined time, de after integration completion - consists and Tadanpu operation. 測距演算はCCDセンサ−上における基準部と参照部における像のずれ量を検出する演算と、コントラストを検出するコントラスト演算とからなっている。 Distance calculation is CCD sensor - which consists of a calculation for detecting a deviation amount of the image in the reference part and the reference part of the upper, the contrast calculation for detecting the contrast.

【0035】また、ローコンの判定とは観察体がローコンラストであるか否か判定することであり、具体的には焦点検出できない所定の値以下であるか否かを判定する。 Further is that the determination of the low contrast which the specimen is determined whether the low contrast last, specifically equal to or smaller than a predetermined value can not be detected focus. この判定でローコンであると判定されると、ステップ#80で合焦表示マ−ク91を点滅させてローコンラストの警告表示を行い、ステップ#115へ進む。 When it is determined that the contrast is low in this determination, the step # 80 in-focus display Ma - a warning display of low contrast last blink the click 91, the process proceeds to step # 115. ローコンでないときは、ステップ#50でデイフォーカス(DF)量を算出し、この算出されたデイフォーカス量DFに上記ステップ#25のADJモードで求められた視度補正量ΔDF×f(x)を加算したものを新たなデイフォーカス量DFとする(ステップ#55)。 If not low contrast calculates Day focus (DF) amount in step # 50, the step # diopter correction amount obtained in 25 ADJ mode ΔDF × f (x) on the calculated day defocus amount DF the result of the addition as a new day focus amount DF (step # 55). 次いで、対物レンズを動かすモータM1の駆動パルス量MP Then, the driving pulse amount MP of the motor M1 for moving the objective lens
を前記ステップ#55で求められたDFに係数K、F Coefficients to DF obtained in the step # 55 K, F
(x)を掛けることにより算出する(ステップ#6 (X) is calculated by multiplying the (Step # 6
0)。 0). ここでF(x)はズームすることによって対物レンズの焦点距離が変わるのを配慮した係数である。 Here F (x) is the coefficient in consideration of the focal length of the objective lens is changed by zooming.

【0036】次に、この駆動パルス量MPが予め定めた合焦幅に入っているか否か判定し、入っていればレンズを動かす必要はないので、ステップ#85で合焦表示マ−ク91(図14)の点灯を行なった後、ステップ#1 Next, since the drive pulse amount MP is determined whether or not entered the predetermined focus width, is not necessary to move the lens if entered, focus display Ma in step # 85 - click 91 after performing the lighting (FIG. 14), step # 1
15へ進む。 It advances to 15. MPが合焦幅に入っていなければ、合焦点へレンズを動かすべく、ステップ#70、#75を実行する。 If MP contains the width focus, to move the lens to the focal point, step # 70 to execute the # 75. ステップ#70では合焦表示マーク91を消灯し、ステップ#75ではモータM1の駆動を行う。 At step # 70 to turn off the in-focus mark 91, to drive the step # 75 in the motor M1. しかる後、ステップ#75へ進む。 Thereafter, the process proceeds to step # 75.

【0037】上記ステップ#30でAFスイッチ106 The AF switch 106 in step # 30
がOFFのときはステップ#90へ進んでメインユーザースイッチ108がONか否か判定する。 There is the OFF determines whether main user switch 108 is either ON proceeds to step # 90. このメインユーザースイッチ108は双眼鏡1の眼幅及び視度をメインユーザの眼幅・視度位置にすぐに設定するためのスイッチである。 The main user switch 108 is a switch for quickly setting the pupil distance and diopter binoculars 1 to the eye width and visibility position of the main user. 従って、このスイッチ108がONであるとステップ#95でユーザを表すレジスタに1(後述するように1はメインユーザを示す)を設定し、次のステップ#100で、そのユーザに合致した眼幅、視度設定をメモリ(E 2 PROM)からのデ−タに基いて行なう。 Thus, (1 as described below shows the main user) 1 in the register indicating the user at step # 95 when the switch 108 is ON is set and the next step # 100, pupil distance that match the user , the diopter setting data from the memory (E 2 PROM) - performed based on the data.

【0038】ステップ#100での設定が終了するとステップ#105へ進む。 [0038] When the setting in step # 100 is completed proceed to step # 105. 前記ステップ#90でメインユーザースイッチ108がOFFのときはステップ#9 Step # 9 when the main user switch 108 is OFF in the step # 90
5、#100をスキップしてステップ#105へ進む。 5, the process proceeds to step # 105 is skipped and # 100.
ステップ#105では、ワイドスイッチ109又はテレスイッチ110がONか否か判定し、そのいずれかのスイッチがONの場合はステップ#100でズーム駆動のルーチンを実行し、ステップ#115へ進む。 At step # 105, the wide switch 109 or tele switch 110 determines whether ON, executes the routines of the zoom driving either of the switches in step # 100 if ON, the process proceeds to step # 115. いずれのスイッチもOFFのときは直接ステップ#115へ進む。 Any even when the OFF switch proceed directly to step # 115.

【0039】ステップ#115へは上述したようにステップ#75、#80、#85、#105、又は#110 [0039] Step # Step # 75 as described above to 115, # 80, # 85, # 105, or # 110
からくるが、このステップ#115ではメインスイッチ105がOFFか否か判定する。 From coming, but the main switch 105 in step # 115, it is determined whether the OFF. そして、メインスイッチ105がOFFであればステップ#12へ進んでスタンバイ状態となり、ONであればステップ#20へ戻ってステップ#20以降のフローを実行する。 The main switch 105 is in the standby state proceeds to a step # 12 if OFF, the executing step # 20 and subsequent flow returns to step # 20 if ON.

【0040】次に、上記メインフローにおけるステップ#25の「ADJモード」、ステップ#100の「眼幅・視度設定」、ステップ#110の「ズーム駆動」の各サブルーチンを詳細に説明していくが、その前に、ここでメモリ(E 2 PROM104)に格納されているデータの種類とその格納アドレスを図34を参照して説明する。 Next, "ADJ mode" in step # 25 in the main flow, "eyes wide-set diopter" in step # 100, will be described in detail each subroutine "zoom drive" in step # 110 but before that, where the type and storage address of the data stored in the memory (E 2 PROM 104) with reference to FIG. 34 will be described. 図34において、ユーザーについてユーザー番号が付されている。 In Figure 34, the user ID is attached about the user. このとき、メインユーザーを番号1とし、それ以外のユーザーは番号2、3、…と順に決めておく。 In this case, the main user as the number 1, and the other user is the number 2, 3, is determined in advance to ... and order. 各ユーザーごとに眼幅データ、AF補正量、L Mehaba data for each user, AF correction amount, L
(左)視度データが格納されているが、そのうちAF補正量は右側光学系に関するものである。 Although (left) diopter data are stored, of which AF correction amount relates right optical system. 即ち、本実施例の双眼鏡では右側の光学系22を覗いてピントを合わせ、しかる後、左側の光学系21を覗いて左右の視度差をなくすという動作を行うように構成されているので、 That is, the binoculars of the present embodiment to focus except the right optical system 22, thereafter, since it is configured to perform the operations of eliminating dioptric difference between the left and right by looking through the left side of the optical system 21,
L視度データ以外に右側のAF補正量が必要である。 Besides L diopter data are required AF correction amount on the right.

【0041】前述したDF値についてはディオプタ−0 [0041] diopters for the above-mentioned DF value -0
の人が物体にピントを合わせた時に0となるように対物レンズ及びAFセンサ−モジュ−ルが設計配置されている。 Objective lens and AF sensor as human becomes 0 when the focus on the object - module - le are disposed designed. 同一の物体を見た時、視度の個人差によりピント位置が違い、DF値もそれに応じた値となる。 When viewed same object, focus position difference by the individual difference of the diopter, the value corresponding to it even DF values. この時のD D at this time
F値の差がAF補正量となる。 The difference between the F value becomes AF correction amount. 尚、前記AF補正量及びL視度データ及び眼幅デ−タはいずれもモータの駆動パルス数の形で記憶されている。 Incidentally, the AF correction amount and L diopter data and pupil distance de - data is stored either in the form of the number of drive pulses of the motor.

【0042】メモリ(E 2 PROM104)のアドレス及び格納データは図34のように設定されている。 The address and data stored in the memory (E 2 PROM 104) is set as shown in FIG. 34. 各データにおいて格納アドレスを算出する式は異なっており、xをユーザ番号としたとき、眼幅データの格納アドレスは(x−1)×3、AF補正量の格納アドレスは(x−1)×3+1、L視度データの格納アドレスは(x−1)×3+2の式に基づいて算出される。 Formula for calculating the storage address in the data is different, when the x and user number, the storage address of the pupil distance data (x-1) × 3, the storage address of the AF correction amount (x-1) × storage address of 3 + 1, L diopter data are calculated based on the equation (x-1) × 3 + 2. 先に説明したメインフローのステップ#95でXレジスタに1 In step # 95 in the main flow described above in the X register 1
を入れているが、これは前記各式のxに1を入れることを意味しており、これによりメインユーザーに必要なデータが入っている3つのアドレスを指定し、そのアドレスのデータを取り込むことができる。 Although put, this means that add 1 to x of each of the formulas above, thereby specifying the three addresses that contains the data required for the main user, it captures the data at that address can. 尚、ユ−ザ−番号に応じた上記眼幅デ−タや視度デ−タ、AF補正量はE Incidentally, Yu - The - the pupil distance de corresponding to number - data and Midode - data, AF correction amount E
2 PROM104でなく、ICカ−ド103に記憶しておき、このICカ−ドから取り出すようにしてもよい。 Not 2 PROM 104, IC card - is stored in the de-103, the IC card - may be removed from the de.
勿論、ICカ−ド103とE 2 PROM104の双方に記憶しておいてもよい。 Of course, IC Ca - may be stored in both the de 103 and E 2 PROM 104.

【0043】さて、図26に示すADJモードのルーチンを説明する。 [0043] Now, described the routine of the ADJ mode shown in FIG. 26. このADJモードルーチンに入ると、まずステップ#190でレンズをTele端にセットする。 Upon entering this ADJ mode routine, it sets the lens to Tele end at step # 190. これは視度調節を行なう場合、倍率が高い方が精度よく行えるということと、AF補正量はズ−ム位置により変化するため調整時の条件を固定するためである。 This case of the diopter adjustment, and that the ratio is higher can be performed accurately, AF correction amount's - in order to fix the conditions at the time of adjustment for changing the zoom position. このTele端セットについては後で図33を用いて説明する。 It will be described with reference to FIG. 33 later on this Tele end set. 次に、ステップ#195で第2表示装置における両眼のマーク92、93(図14)を点灯する。 Then, to light the mark of both eyes 92 and 93 (FIG. 14) in the second display device at step # 195. しかる後、ステップ#200へ進んでユーザーセレクトスイッチ107u、又は107dがONか否か判定する。 Thereafter, step # 200 to willing users select switch 107u, or 107d determines whether ON. ここで、ユーザーセレクトスイッチ107u、107dがいずれもOFFであれば、ステップ#202でメインスイッチ105の状態を判定し、メインスイッチ105がO Here, the user select switch 107u, if none 107d is OFF, the determines the state of the main switch 105 in step # 202, the main switch 105 is O
Nであれば、ステップ#310で眼のマーク92、93 If N, eye mark in step # 310 92, 93
を消灯した後、メインスイッチONのモード(即ち図のメインフローにおけるステップ#30)へ進む。 After turning off the proceeds to the mode of the main switch ON (i.e. step # 30 in the main flow of FIG.). メインスイッチ105がOFFであればステップ#200へ戻る。 The main switch 105 is returned to the step # 200 if it is OFF.

【0044】さて、ステップ#200でユーザーセレクトスイッチ107u又は107dがONであれば、ステップ#205へ進んでユーザー番号を変更する。 [0044] Now, in step # 200 is a user select switch 107u or 107d if it is ON, to change the user number proceeds to step # 205. この場合、ユーザーセレクトスイッチ107uがONされていればユーザー番号を増加する方向へ変更し、ユ−ザ−セレクトスイッチ107dがONされていればユーザー番号を減少する方向へ変更する。 In this case, if the user select switch 107u is it is ON and change in the direction of increasing the user number, Yu - The - select switch 107d to change the direction of reducing the user number if it is ON. これに伴い、第1表示装置16では表示されるユーザー番号が変わる。 Accordingly, the user number is changed to be displayed in the first display device 16.

【0045】ステップ#205でユーザー番号変更が終了すると、次のステップ#210でその変更後のユーザー番号をXレジスタにロードする。 [0045] When the user number change is completed in step # 205, to load the user number after the change in the next step # 210 in the X-register. そして、ステップ# Then, step #
215では後述する眼幅・視度設定のサブルーチンを実行し、メモリ104に記憶されているデータにより特定される位置へ眼幅及び視度を設定する。 215 subroutine is executed eye width and visibility settings to be described later in sets interpupillary distance and diopter to the position specified by the data stored in the memory 104.

【0046】次に、ステップ#220でセットスイッチ106がONか否か判定し、このスイッチ106がON Next, a set switch 106 determines whether the ON at step # 220, the switch 106 is ON
であれば調整モードに入るが、OFFであればステップ#200へ戻る。 It will enter the adjustment mode if, the process returns to step # 200 if turned OFF. メモリから読み出したデータに基づいて設定された眼幅及び視度設定が当該ユーザーの真の眼幅、視度に合っていれば、それらの調整モードを行う必要がないので、当該ユーザーによってセットスイッチがONされる可能性は少ない。 Pupil distance and diopter setting set on the basis of the data read from the memory is the user of the true eye width, if appropriate to the diopter, it is not necessary to perform their adjustment mode, set switch by the user There could be ON is small. しかし、前記眼幅、視度が合っていなければセットスイッチはONされるであろう。 However, the eye width, set switch unless match diopter will be ON. セットスイッチ106がONであると、次のステップ#225でインファインダ表示を行う第2表示装置8 When the set switch 106 is ON, the second display unit 8 for performing in-finder display in the next step # 225
7に眼幅調整表示をした後、ステップ#230へ進む。 After the Mehaba adjustment display 7, the process proceeds to step # 230.
尚、前記第2表示装置87での眼幅調整表示は両眼マーク92、93を点滅させることである。 Incidentally, pupil distance adjusting display on the second display device 87 is to blink the binocular marks 92 and 93.

【0047】ステップ#230ではアップ/ダウンスイッチ109、110がONか否か判定し、OFFであれば次の視度調整の要否判定のためステップ#240へ進むが、ONであればステップ#235で眼幅調整のサブルーチンを実行した後、ステップ#230へ戻り、眼幅調整が終了した後、ステップ#240へ進む。 [0047] Step # 230 in up / down switch 109 and 110 is determined whether ON, the process proceeds to step # 240 for determination of necessity next diopter adjustment if OFF, the if ON Step # after executing the subroutine of the eye width adjustment 235, the process returns to step # 230, after the pupil distance adjustment is completed, the process proceeds to step # 240.

【0048】ステップ#240ではセットスイッチ10 [0048] set in step # 240 switch 10
6がONか否か判定される。 6 is determined whether ON. ここでセットスイッチ10 Here, the set switch 10
6がOFFであればステップ#241でメインスイッチ105の状態が判定され、ADJモードであればステップ#230へ戻り、ONであればステップ#242で眼幅記憶ルーチン(調整された眼幅を表わすデ−タをE 2 6 is determined the state of the main switch 105 in step # 241 if OFF, the process returns to step # 230 if ADJ mode represents the pupil distance stored routines (adjusted pupil distance at step # 242 if the ON de - data of the E 2
ROMにロ−ドするル−チン)を実行した後、ステップ#310へ進む。 B in ROM - Dosururu - Chin) After executing, processing proceeds to step # 310. 前記ステップ#240でセットスイッチ106がONであれば、ステップ#245でやはり眼幅記憶ルーチンを実行する。 If the set switch 106 is ON in the step # 240, also executes Mehaba storage routine in step # 245. しかる後、ステップ#25 Thereafter, step # 25
0で第2表示装置87の右眼マーク93を点滅させることにより、右側の視度調整モードであることを表示させる。 By 0 blink the right eye mark 93 of the second display device 87 to display that the right diopter adjustment mode.

【0049】次に、ステップ#255でアップ/ダウンスイッチ109、110がONか否か判定し、ONのときはステップ#260でR視度調整を行った後、ステップ#250へ戻る。 Next, the up / down switch 109 and 110 is determined whether ON at step # 255, after the time of ON performing the R diopter adjustment at step # 260, the flow returns to step # 250. OFFであればステップ#265で測距動作を行った後、ステップ#270へ進む。 After the distance measuring operation in step # 265 if it is OFF, the process proceeds to step # 270. 尚、ステップ#260でのR視度調整は左右の対物レンズを同時に動かすことにより行う。 Note that R diopter adjustment in step # 260 carried out by moving the right and left objective lenses simultaneously. この時、ユ−ザ−はある特定の物体(コントラストが高い方がよい)を見ながら右側の視野のピントが合うようにアップダウンスイッチを操作して調整を行なう。 At this time, Yu - The - are performing particular object adjusted by operating the up-down switch to match the focus in the right field of view while looking at the (better contrast is high). これは、後述するステップ#2 This is, step # 2, which will be described later
90でのL視度調整が左側光学系21の接眼レンズを動かすことによって行うのと大きな相違点となっている。 L diopter adjustment are major differences and do by moving the eyepiece of the left optical system 21 at 90.

【0050】さて、ステップ#265での測距動作の後、セットスイッチ106をONにするか、又はADJ [0050] Now, after the distance measurement operation in step # 265, whether to turn ON the set switch 106, or ADJ
モードを抜けるべくメインスイッチ105をONにすると、前記測距によって得られたずれ量をAF補正量としてメモリに記憶する(ステップ#275、#272)。 When ON the main switch 105 to exit the mode, and stores the deviation amount obtained by the distance measuring in the memory as AF correction amount (step # 275, # 272).

【0051】左側の視度調整を行うべく、セットスイッチ106をONにすると、上記ステップ#275で補正量をメモリに格納した後、ステップ#280で第2表示装置87における左眼マーク92を点滅させることによってL視度調整であることを表示する。 [0051] In order for diopter adjustment on the left, flashes and turns ON the setting switch 106, after storing the correction amount into the memory at step # 275, the left eye mark 92 in the second display device 87 in step # 280 Show that the L diopter adjustment by. ここで、ユーザーがアップ/ダウンスイッチをONにすると、ステップ#290でL視度調整を行い、ステップ#285に戻る。 Here, when the user turns ON the up / down switch, make L diopter adjustment in step # 290, the flow returns to step # 285. この時の調整は当然のことながら右側の調整の時と同一物体を見ながら行なう。 Adjustment at this time of course performed while looking at the same object as when the right adjustment. 調整が済んだ後、再びセットスイッチ106をONにするか、メインスイッチ10 After the adjustment after completion, or to turn ON the set switch 106 again, the main switch 10
5をONにすると、前記調整したL視度のデータをメモリに格納する(ステップ#300、#297)。 When the 5 to ON, and stores the data of the adjusted L dioptric power to the memory (step # 300, # 297). そして、ステップ#300でL視度調整データをメモリに格納した後は、調整完了を示すべく第2表示装置87における両眼のマーク92、93を点灯(点滅でない)してからADJモードの始めのステップ#200へ戻る。 Then, after storing the L diopter adjustment data into the memory at step # 300, the lighting marks 92 and 93 of both eyes in the second display device 87 to indicate adjustment completion (not blinking) to the beginning of the ADJ mode from Back to step # 200.

【0052】以上説明したように、本実施例のADJモードにおいては、視度調整よりも眼幅調整を先に行うようにしているが、これはそのような手順で調整する方がその逆の手順で調整する場合よりも調整し易いからである。 [0052] As described above, in the ADJ mode of this embodiment is configured to perform above the interpupillary adjustment than diopter adjustment, which better to adjust in such a procedure is the reverse because easily adjusted than the case of adjusting in step. このように本ADJモードはユーザーが調整し易いように自動的に、その調整の順序を規定しており、しかも、今、どの調整が行われているか分かり難い場合があることを考慮して、調整の種類や調整の終了等をインファインダー表示で知らせるようにしている(ステップ# Thus, the present ADJ mode automatically for ease of adjustment a user, and defines the order of the adjustment, moreover, now considering that what adjustments it may be difficult to understand or being carried out, the termination or the like of the type and adjustment of the adjustment is to inform in-finder display (step #
225、#250、#280、#305、#310)。 225, # 250, # 280, # 305, # 310).

【0053】次に、前記ADJモードのサブルーチンにおけるステップ#215及び図25に示すメインルーチンのステップ#100に示される眼幅・視度設定のサブルーチンを図27に従って詳細に説明する。 Next, it will be described in detail a subroutine of the eye width and visibility settings shown in step # 100 of the main routine shown in step # 215 and 25 in the subroutine of the ADJ mode according to FIG. 27.

【0054】このサブルーチンはメモリに設定しているユーザー番号の対応するアドレスのデータを読み出してきて、その数値に合致するようにモータ駆動設定するルーチンである。 [0054] The subroutine been read out data of the corresponding address of the user ID has been set in the memory, a routine for motor drive set to match that number. 例えばセレクトスイッチによりユーザー3を選択した場合にはユーザー番号3のメモリ内容に一致するようにモータ駆動設定が成される。 Motor drive set to match the memory contents of the user number 3 is made in the case of selecting the user 3, for example, by the select switch.

【0055】まずステップ#400でCレジスタに眼幅データをE 2 PROM104からもってくる。 [0055] First, bring the Mehaba data from E 2 PROM104 in step # 400 in the C register. 同じようにステップ#405でDレジスタにL視度データをE 2 E 2 and L diopter data to the D register at step # 405 in the same way
PROM104からもってくる。 Bring from PROM104. 更にステップ#410 Furthermore Step # 410
でΔDFというレジスタにE 2 PROM104からAF AF from E 2 PROM 104 in the register of ΔDF
補正量をもってくる。 Bring the correction amount.

【0056】しかる後、ステップ#420〜#510の眼幅設定やステップ#515〜#610の視度設定がなされる訳であるが、まずステップ#415で眼幅調整用のモータM3の現在位置を表すパルス数M3PNがCレジスタの内容Cと同一か否か判定する。 [0056] Thereafter, step # 420 to # is set interpupillary distance and step # 515 to # 610 diopter setting of 510 translation in is to be made, first the current position of the motor M3 for adjusting interpupillary distance at the step # 415 pulse number M3PN representing a determines whether identical or not the contents of the C register C. ここで、M3P Here, M3P
NとCとが同一であれば眼幅はそのユーザーに合っていることになるので、ステップ#420〜#510の眼幅設定を行うことなしにステップ#515へ進んで視度設定ルーチンへ入る。 Because pupil distance if N and C are the same will be matching to the user, it enters the dioptric power setting routine proceeds to step # 515 without performing the eye width setting steps # 420 to # 510 .

【0057】しかしながら、M3PCがCと一致していなければ、眼幅設定を行うべくステップ#420へ進む。 [0057] However, if no match M3PC is C, the flow proceeds to step # 420 to perform the eye width setting. ステップ#420ではAレジスタに前回使用したデータポインタM3DPの下位2ビットをもってくる。 Step # At 420 in the A register bring the lower two bits of the data pointer M3DP last used. ここで、データポインタM3DPは眼幅可変用のモータM Here, the data pointer M3DP motor M for Mehaba variable
3を駆動するデータのアドレスを指定するものであるが、ステッピングモータで構成されているモータM3駆動のデータが図35に示すような関係になっていて、このデータのアドレスはRAMアドレスの下位2ビット0 3 is used to specify the address of the data that drives it, the data of the motor M3 driving which is a stepping motor They become relationship shown in FIG. 35, lower address of the data RAM address 2 bit 0
0H〜03Hで表されるので、それを指定するデータポインタM3DPの下位2ビットを使用する。 Because it represented by 0H~03H, using the lower two bits of the data pointer M3DP to specify it.

【0058】次に、ステップ#425に進んでメインC Next, the process proceeds to step # 425 main C
PU100の出力信号MS1をローレベル、MS2をハイレベルにする。 Low level output signal MS1 of PU 100, the MS2 to the high level. これは図20からも分かるようにモータM3を駆動設定することである。 This is to drive setting the motor M3 as can be seen from Figure 20. ステップ#430ではAレジスタの内容をSTPMポートに出力する。 At step # 430 to output the contents of the A register to STPM port.

【0059】しかる後、ステップ#435でモータM3 [0059] Thereafter, the motor M3 in step # 435
の現在位置を表すM3PNがメモリから読み出されCレジスタにもたらされた値Cより大きいか否か判定し、小さければM3PNを増加する方向へ処理し(ステップ# The current position M3PN representing the determination whether the value is greater than C brought to the C register are read from the memory, and the process in the direction of increasing the M3PN smaller (step #
440〜#460)、大きければM3PNを減少する方向へ処理し(ステップ#470〜#490)、いずれの場合もM3PN=Cとして(ステップ#465、#49 440~ # 460), and the process in the direction of reducing the M3PN larger (step # 470 to # 490), in either case as M3PN = C (step # 465, # 49
5)からモータ停止の処理(ステップ#500〜#51 5) from the motor stop processing (step # 500 # 51
0)を行う。 0) is performed. 尚、モータM3の駆動はAレジスタの値を図19に示す出力ポートSTPM1〜STPM4へ出力し(例えばステップ#430、#455)、モータ駆動に要するに充分な時間を待つ(例えばステップ#44 The driving of the motor M3 is output to the output port STPM1~STPM4 shown in FIG. 19 the value of the A register (for example, step # 430, # 455), waits for a short enough time to the motor drive (for example, step # 44
0)という方法によって行う。 0) carried out by the method of.

【0060】ステップ#420〜#510による眼幅設定が終了すると、ステップ#515へ進み、ステップ# [0060] When the eye-width setting by step # 420 to # 510 is completed, the process proceeds to step # 515, step #
515〜#610の視度設定ルーチンを実行する。 To run the diopter setting routine of 515 to # 610. この視度設定ルーチンは上述した眼幅設定ルーチンと同様なルーチンとなっているので説明を省略する。 The diopter setting routine will be omitted because it has the same routine as eye width setting routine described above. ただし、ここでステップ#515、#565、#595に示すM2 However, where the step # 515, # 565, shown in # 595 M2
PNは視度調整用のモータM2の現在位置を示す値であり、Dはユーザー番号に従ってメモリからDレジスタに読み込まれた視度の設定値であること、及びM2DPはモータM2を駆動するデータの格納アドレスを指定するデータポインタであることを付言しておく。 PN is the value that indicates the current position of the motor M2 for diopter adjustment, D it is diopter setting value read from the memory to the D register according to the user ID, and M2DP the data for driving the motor M2 keep additional remark that the data pointer for designating a storage address.

【0061】次に、図26の[ADJモード」のルーチンのステップ#235、#260、#290で行われる眼幅調整、R視度調整、L視度調整の詳細なフローチャートは図28、図29、図30にそれぞれ示されているが、それらは対象となるモータ及びモータに関するフラグやデータ等が相違するだけで基本的には同一のフローチャートとなっているので、図28の眼幅調整についてのみ詳述し、図29、図30に関しては補足説明すべき点についてのみ述べることにする。 Next, the routine of steps # 235 [ADJ mode "in FIG. 26, # 260, interpupillary adjustment performed in # 290, R diopter adjustment, L diopter detailed flowchart of adjustment 28, Fig. 29, are shown respectively in FIG. 30, since they are essentially only flags and data concerning a motor and a motor of interest are different have the same flow, the pupil distance adjusting of Figure 28 only detail, FIG. 29, with respect to FIG. 30 to be described only the points to be supplementary described. 尚、前記眼幅・視度設定のルーチンがメモリに記憶されている値に眼幅や視度を自動的に合わせるのに対し、これらの調整のルーチンではユーザーが眼幅や視度を自分の目に合うように調整するようになっている。 Note that the routine of the eye width and set diopter whereas automatically align the Mehaba and diopter to the value stored in the memory, the user is his own eye width and diopter routine of these adjustments so as to adjust to fit the eye.

【0062】図28において、ステップ#700ではモータM3の駆動データのアドレスを指定するデータポインタM3DPによるデータをAレジスタに移し、これをステップ#705でポートSTPM1〜STPM4に出力する。 [0062] In FIG. 28, transferred data by the data pointer M3DP that specifies the address of the drive data in step # 700 the motor M3 in the A register, and outputs this to the port STPM1~STPM4 in step # 705. 次にステップ#710では、アップスイッチ1 In step # 710, the up switch 1
09がONか否か判定し、ONであればステップ#76 09 it is determined whether or not ON, step # 76 if ON
5へ進んでM3MAXフラグが立っているか否か判定する。 Proceed to 5 is determined whether or not M3MAX flag is set. ここで、アップスイッチ109がONされるアップ方向は眼幅が広がる方向であり、M3MAXは最大の眼幅になったときに立つフラグである。 Here, up direction up switch 109 is ON is a direction the eye width increases, M3MAX is a flag stand in which the maximum of the eye width. 尚、このM3MA It should be noted that this M3MA
XフラグはM3PNがMAX値となった時に立つが、このMAX値は眼幅の調整範囲の設計値より決まる定数である。 X flag is standing when M3PN becomes MAX value, the MAX value is a constant determined from the design value of the adjustment range of interpupillary distance. さて、ステップ#765でM3MAXフラグが立っている場合は、それ以上アップ方向へ駆動することはできないので、ステップ#770へ進んで、#770〜 Now, if the M3MAX flag is set at step # 765, it is not possible to drive to the more up direction, the process proceeds to step # 770, # 770~
#780によるモータ停止を行った後、リターンする。 After the motor stop by # 780, to return.

【0063】ステップ#765でM3MAXフラグが立っていないときは、眼幅を広げるべく、ステップ#79 [0063] When the M3MAX flag is not set in step # 765, in order to widen the eye width, step # 79
5でモータM3を駆動するようにセットし、ステップ# It was set to drive the motor M3 at 5, Step #
800でモータM3が駆動し終るのを待つ。 Wait for the motor M3 is completed by driving at 800. 次に、ステップ#805でデータポインタM3DPを1だけインクリメントし、このデータポインタに基づいてステップ# Then increments the data pointer M3DP by 1 in step # 805, based on this data pointer step #
810でデータをAレジスタに取り込み、且つステップ#815でポートSTPMに出力すると共に、ステップ#820で現在位置を示すパルス数M3PNを1だけインクリメントする。 Populate the A register 810, and outputs the port STPM at step # 815, is incremented by 1 the number of pulses M3PN indicating the current location in step # 820. そして、そのインクリメントされたM3PNがM3PNMAXに達したか否か判定し、M3 Then, it is determined whether the incremented M3PN reaches M3PNMAX, M3
PNMAXになっていれば、それ以上モータM3を駆動できないので、ステップ#830でM3MAXフラグをセットしてステップ#710へ戻る。 If turned PNmax, it can not be driven any more motors M3, return to set M3MAX flag at step # 830 to step # 710. しかし、M3PN However, M3PN
がMAXになっていなければステップ#835を経てステップ#710へ戻り、アップスイッチ109がONである限り再度ステップ#765〜#800でモータを駆動することになる。 There returns to step # 710 through step # 835 if not become MAX, thereby driving the motor at step # 765~ # 800 again unless up switch 109 is ON. 尚、ステップ#835ではM3MA It should be noted that, in step # 835 M3MA
Xフラグ又はM3MINフラグが立っていれば、これをリセットする。 If X flag or M3MIN flag is set, it resets them.

【0064】前記ステップ#710でアップスイッチ1 [0064] up switch 1 in the step # 710
09がOFFのときは、次のステップ#715でダウンスイッチ110がONか否か判定する。 09 When OFF, the down switch 110 in the next step # 715, it is determined whether the ON. ここで、ダウンスイッチ110もOFFであれば、ステップ#770〜 Here, if the down switch 110 is also OFF, the step # 770~
#785でモータ停止を行い、リターンする。 The motor is stopped at # 785, to return. ダウンスイッチ110がONであれば、眼幅を狭める方向に動かすステップ#715〜#760を実行する。 If the down switch 110 is ON, the executing step # 715~ # 760 to move in the direction of reducing the eye width. これらのステップは上述した眼幅を広げるためのステップ#765 Step # 765 for these steps to widen the pupil distance described above
〜#830に準じるので、説明を省略する。 Since conform to ~ # 830, a description thereof will be omitted. 尚、ステップ#755でM3PNがMIN(最小)でないときは、 Note that when M3PN is not MIN (minimum) at Step # 755,
ステップ#835を通るが、このとき、M3MAXが立っていれば、これをリセットする。 While passing through the step # 835, this time, if the standing M3MAX, to reset it. 本実施例では、最小の眼幅位置M3PNMIN(終端検知スイッチ113のON位置)でM3PN=0(パルス数0)としている。 In this embodiment, the M3PN = 0 (pulse number 0) with the minimum eye width position M3PNMIN (ON position of the end detecting switch 113).

【0065】図29のR視度調整ルーチンにおいて、M [0065] In the R diopter adjustment routine shown in FIG. 29, M
1DPは左右の対物レンズを動かすモータM1の駆動データのアドレスを指定するデータポインタであり、M1 1DP is a data pointer for designating an address of the drive data of the motor M1 for moving the right and left objective lenses, M1
PNは対物レンズの位置を示すパルス数である。 PN is the number of pulses indicating the position of the objective lens. このM This M
1PNはマイナスディオプタ−側の終端位置(接眼レンズ方向、終端検知スイッチ111のON位置)でM1P 1PN minus diopter - M1P at the end position of the side (eyepiece direction, ON position of the end detecting switch 111)
N=0としており、M1PNのMAX値はプラスディオプタ−側の調整範囲の最大値で、設定値より決まる定数である。 And the N = 0, MAX value of M1PN plus diopter - the maximum value of the adjustment range of the side is a constant determined from the set value.

【0066】また図30のL視度調整ルーチンにおいて、M2DPは左側光学系21の接眼レンズを動かすモータM2の駆動用データのアドレスを指定するデータポインタであり、M2PNはその接眼レンズの位置を示すパルス数である。 [0066] In L diopter adjustment routine of Figure 30, M2DP is data pointer for specifying the address of the drive data of the motor M2 for moving the eyepiece of the left optical system 21, M2PN indicates the position of the eyepiece is the number of pulses. マイナスディオプター側の終端位置(終端検知スイッチ112のON位置)でM2PN=0 In the end position of the minus diopter side (ON position of the end detection switch 112) M2PN = 0
としている。 It is set to. このM2PNのMAX値も他のMAX値と同様な定数である。 MAX value of the M2PN is the same constants and other MAX value.

【0067】ここで1つ特筆しておくべきこととして、 [0067] It should keep special mention one here,
眼幅・視度調整時のモータ駆動のスピードを眼幅・視度設定時のスピードに比し、遅くしている点が挙げられる。 The speed of the motor drive when the eye width and diopter adjustment relative to the speed at the time of eye width and set diopter, and points that are slow. 即ち、本実施例では眼幅・視度の設定は予め決められた目標値(メモリに入っている)に向けてモータを動かすだけであるから、それがすぐに実現されるようにモータの回転スピードを速くし、一方、調整時はモータのスピードが速すぎると調整の変化が急で、調整しにくいので、遅くしているのである。 That is, because in the present embodiment setting of Mehaba-diopter only move the motor towards the predetermined target value (has entered the memory), the rotation of the motor so that it is immediately realized a faster speed, whereas, when adjusting the change in the adjustment speed and the motor is too fast is steep, so difficult to adjust, with each other to slow. それに合わせて、フローチャート上のモータ駆動のための待ち時間は異なる。 Accordingly, the waiting time for the motor drive on the flowchart is different. 即ち、眼幅・視度設定時の待ち時間「TIME WAIT In other words, the wait time "TIME WAIT at the time of eye width and set diopter
0」(図27のステップ#440、#470、#54 0 "(step # 440 in Fig. 27, # 470, # 54
0、#570)は眼幅・視度調整時の待ち時間「TIM 0, # 570) is wait time "TIM at the time of eye width and diopter adjustment
EWAIT」(図28のステップ#730、#780、 EWAIT "(step # 730 of FIG. 28, # 780,
#800、図29のステップ#980、#930、#1 # 800, step # 980 in Fig. 29, # 930, # 1
000、図30のステップ#2030、#2080、# 000, step # 2030 in Fig. 30, # 2080, #
2100)よりも短いものとする。 2100) and shorter than.

【0068】次に、図31は図26におけるステップ# Next, FIG. 31 step # in FIG. 26
265の「測距ルーチン」を示している。 It shows the "distance measurement routine" of 265. ここでは、ステップ#3000でCCD駆動を行い、ステップ#30 Here performs CCD driving in step # 3000, the step # 30
10で測距演算を行った後、ステップ#3020でローコン判定を行う。 After the ranging operation on 10 performs low contrast determination in step # 3020. ローコンの場合、測距値は信頼性がないので、ステップ#3050でロ−コン表示(図14のマ−ク91を点滅)した後、リターンする。 For low contrast, the distance measurement value is because there is no reliable, step # 3050 Delo - Con display (Ma in FIG. 14 - flashing click 91), and then returns. ローコンでなければ、ステップ#3030でずれ量をレジスタΔD If not low contrast, the amount of displacement in step # 3030 register ΔD
Fに入れてリターンする。 In F and returns. このずれ量がAF補正量として図25のステップ#272、#275でメモリに記憶される。 Step # 272 in FIG. 25 the shift amount as an AF correction amount is stored in the memory in # 275.

【0069】次に、図32はズーム駆動のフローチャートであるが、本実施例ではズームモータM4としては直流(DC)モータを使用しているので、その駆動のフローチャートは比較的シンプルなものとなっている。 [0069] Next, FIG 32 is a flowchart of the zoom drive, because in this embodiment uses a direct current (DC) motor as the zoom motor M4, the flow chart of the drive is relatively simple ing.

【0070】まずステップ#4000でテレスイッチ1 [0070] First of all tele-switch 1 in step # 4000
10がONか否か判定し、テレスイッチ110がONであればズームエンコーダ85からのデータを入力し(ステップ#4010)、ズームレンズがテレ端か否か判定する(ステップ#4020)。 10 it is determined whether or not ON, tele switch 110 inputs the data from the zoom encoder 85 if ON (step # 4010), the zoom lens is determined whether the telephoto end (step # 4020). テレ端でなければステップ#4030でM4IN1をローレベル、M4IN2をハイレベルとしてデータを正転方向として駆動し、次のステップ#4040でテレスイッチ110がONされているか否か判定し、ONであればステップ#4010に戻り、OFFとなっていればステップ#4110〜#4 Low level M4IN1 in step # 4030 if a telephoto end, and drives the data as forward direction M4IN2 as high level, determines whether the tele switch 110 in the next step # 4040 is ON, there is ON if returns to step # 4010, step # 4110~ # 4 if turned OFF
130のモータ停止のルーチンへ進む。 It advances to 130 of the motor stop routine.

【0071】前記ステップ#4020でレンズがテレ端であれば、それ以上テレ方向へ駆動することはできないので、ステップ#4030、#4040をスキップしてステップ#4110〜#4130のモータ停止のルーチンへ進む。 [0071] If the lens is telephoto end in step # 4020, it is not possible to drive the more the telephoto direction, the step # 4030, # 4040 to skip to step # 4110~ # 4130 of motor stopping routine move on.

【0072】上記ステップ#4000で、テレスイッチ110がOFFのときは、ステップ#4050でワイドスイッチ109がONか否か判定する。 [0072] In step # 4000, when the tele switch 110 is OFF, the wide switch 109 determines whether the ON in step # 4050. ここでワイドスイッチ109もOFFであればステップ#4060でリターンする。 Here wide switch 109 also returns at step # 4060 if it is OFF. ワイドスイッチ109がONであれば、ステップ#4070でズームエンコーダ85からのデータを入力し、ステップ#4080でレンズがワイド端か否か判定する。 If the wide switch 109 is ON, and input data from the zoom encoder 85 in step # 4070, the lens is determined whether the wide end at step # 4080. ワイド端であれば、そのままステップ#4 If the wide-angle end, as it is step # 4
110へ進むが、ワイド端でなければステップ#409 The process proceeds to 110, step # 409 if it is not wide-angle end
0でM4IN1をハイレベル、M4IN2をロレベルとすることによってモータM4を逆転方向に駆動し、しかる後、ステップ#4100で、ワイドスイッチ109がONされ続けているか否か判定し、ONされ続けていればステップ#4070へ戻って更にワイド方向へのズーム駆動を行い、ONされていなければモータ停止のルーチン(ステップ#4110〜#4130)へ進む。 0 at a high level M4IN1, drives the motor M4 in the reverse direction by a Roreberu the M4IN2, thereafter, in step # 4100, it is determined whether or not the wide switch 109 continues to be ON, if continued to be ON if further performs zoom driving to the wide-angle direction returns to step # 4070, the process proceeds to if not ON the motor stop routine (step # 4110~ # 4130).

【0073】図33は図26のステップ#190における「TELE端セット」のサブルーチンを示している。 [0073] Figure 33 shows a subroutine of the "TELE end set" at step # 190 in FIG. 26.
このサブル−チンに入ると、まずステップ#5000で図12に示すズ−ムエンコ−ダ85からのデ−タを入力し、そのデ−タに基いてステップ#5010でレンズの位置がテレ端か否か判定する。 This subroutine - Entering the routine, firstly's shown in Figure 12 at step # 5000 - Muenko - de from da 85 - Enter the data, the de - or position of the lens is telephoto end in step # 5010 based on the data not determined whether. テレ端でなければステップ5020でM4IN1、M4IN2にそれぞれロ−レベル「L]、ハイレベル「H」を設定してズ−ムモ−タM4を駆動し、ステップ#5000へ戻る。 If not the telephoto end, respectively in step 5020 in M4IN1, M4IN2 Russia - level "L], and set the high level" H "'s - Mumo - drives the motor M4, the flow returns to step # 5000. 前記ステップ#5010でテレ端であると判定されると、ステップ#5030〜#5050のモ−タ停止動作を実行し、リタ−ンする。 If it is determined that the telephoto end in step # 5010, mode of step # 5030~ # 5050 - Run the motor stop operation, Rita - main routine.

【0074】次に図36〜図41は左右の光学系21、 [0074] Next FIGS. 36 41 right and left optical systems 21,
22に組み込まれているレンズ系を示している。 It shows a lens system incorporated in the 22. ここで、図36はテレ端でのレンズ構成図、図38はミドル位置でのレンズ構成図、図40はワイド端でのレンズ構成図であり、図37、図39、図41はそれぞれテレ端、ミドル、ワイド端での収差図である。 Here, FIG. 36 is a lens configuration diagram at the telephoto end, FIG. 38 is a lens configuration diagram at the middle position, Figure 40 is a lens configuration diagram at the wide-angle end, FIG. 37, FIG. 39, FIG. 41, respectively telephoto end , middle, is an aberration diagram at the wide-angle end.

【0075】これらのレンズ構成を図36を代表させて説明すると、まずAFレンズは両凸の正レンズL1と両凹の負レンズL2から成っている。 [0075] When these lenses constituting a representative Figure 36 will be described, first AF lens is made of the negative lens L2 biconcave positive lens L1 biconvex. ズ−ムレンズは第1 'S - zoom lens is the first
ユニットU1と第2ユニットU2とからなり、その第1 The unit U1 consists second unit U2 Prefecture, the first
ユニットU1は両凹の負レンズL3のみから構成され、 Unit U1 is composed of only negative lens L3 biconcave,
第2ユニットU2は2枚の両凸の正レンズL4、L5から構成されている。 And a second unit U2 is positive lens L4 of a biconvex two, L5.

【0076】L6は固定の負レンズであり、物体側に凹で像側に凸である。 [0076] L6 is a negative lens of a fixed, a convex to the image side concave to the object side. 25はプリズム(ダハプリズム)を展開して示している。 25 shows expand prism (roof prism). 接眼レンズは3枚のレンズL7、 Eyepiece three lenses L7,
L8、L9とから成っているが、そのうちL7とL8は接合レンズを成している。 L8, consists L9 Prefecture, but L7 and L8 them forms a cemented lens. 上記レンズ構成のデ−タを次表に示す。 De of the lens structure - show a motor in the following table. CONSTRUCTION CR T GH 0.000 1.00000 r1 35.977 6.000 1.51680 r2 -112.194 8.000 1.00000 r3 -63.885 1.200 1.76500 r4 2817.933 12.946 1.00000 r5 -76.387 2.000 1.80100 r6 36.393 25.594 1.00000 r7 63.970 4.000 1.75450 r8 -715.629 1.000 1.00000 r9 36.877 5.000 1.51680 r10 -53.466 10.027 1.00000 r11 -27.288 1.200 1.83350 r12 -48.804 3.036 1.00000 r13 0.000 63.775 1.51680 r14 0.000 8.033 1.00000 r15 0.000 4.932 1.00000 r16 1092.643 3.500 1.83350 r17 11.254 7.500 1.62041 r18 -16.157 0.200 1.00000 r19 13.984 4.500 1.69680 r20 -153.772 12.000 1.00000 r21 0.000 1.00000 SUM-T 184.443 CONSTRUCTION CR T GH 0.000 1.00000 r1 35.977 6.000 1.51680 r2 -112.194 8.000 1.00000 r3 -63.885 1.200 1.76500 r4 2817.933 12.946 1.00000 r5 -76.387 2.000 1.80100 r6 36.393 25.594 1.00000 r7 63.970 4.000 1.75450 r8 -715.629 1.000 1.00000 r9 36.877 5.000 1.51680 r10 -53.466 10.027 1.00000 r11 -27.288 1.200 1.83350 r12 -48.804 3.036 1.00000 r13 0.000 63.775 1.51680 r14 0.000 8.033 1.00000 r15 0.000 4.932 1.00000 r16 1092.643 3.500 1.83350 r17 11.254 7.500 1.62041 r18 -16.157 0.200 1.00000 r19 13.984 4.500 1.69680 r20 -153.772 12.000 1.00000 r21 0.000 1.00000 SUM- T 184.443

【0077】 [0077]

【発明の効果】以上説明したように本発明によれば、使用者の眼幅や視度はデ−タの形で記憶手段に記憶されており、この記憶手段から眼幅や視度のデ−タを読み出して、そのデ−タに基いて眼幅や視度を設定することになるので、自動的且つ迅速で正確に設定できる。 According to the present invention as described in the foregoing, the interpupillary distance and diopter of the user de - is stored in the storage means in the form of data, the pupil distance and diopter from the storage means de - reading the data, the de - it means setting the pupil distance and diopter based on the data can be automatically and quickly and accurately set. しかも記憶手段には一般に、多数のデ−タを記憶させることができるので、使用者が多くても不具合を生じない。 Moreover generally in the storage means, a number of de - it is possible to store the data, does not cause trouble even many users. 記憶手段をE 2 PROMとすれば、双眼鏡のメインスイッチをOFFにしても記憶状態が保持される。 If the memory means and E 2 PROM, even if the main switch of the binoculars OFF storage state is maintained. また、記憶手段をICカ−ドとすれば、同一の機能を有している他の双眼鏡にそのICカ−ドを装着することにより、同様に眼幅や視度の設定ができる。 Also, the storage unit IC card - if de, other of the IC card to the binoculars having the same function - by mounting the de likewise possible to set the pupil distance and diopter.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】 本発明を実施した双眼鏡の平面図。 Figure 1 is a plan view of the binoculars embodying the present invention.

【図2】 その正面図。 FIG. 2 is a front view thereof.

【図3】 その底面図。 FIG. 3 is a bottom view thereof.

【図4】 その背面図。 [Figure 4] the rear view.

【図5】 その右側面図。 FIG. 5 is a right side view thereof.

【図6】 その内部の概略構成を示すレイアウト図。 Figure 6 is a layout diagram showing a schematic configuration of the interior.

【図7】 同じく背面側から見たレイアウト図。 [7] same layout view seen from the back side.

【図8】 本実施例における焦点検出用TTL光の光路の一例を示す図。 It illustrates an example of the optical path of the focus detection TTL light in FIG. 8 embodiment.

【図9】 同じくTTL光の光路の他の例を示す図。 9 is a diagram similarly showing another example of the optical path of the TTL light.

【図10】 本実施例における視度調整機構を示す図。 It shows a diopter adjustment mechanism of Figure 10 embodiment.

【図11】 本実施例における眼幅調整機構を示す図。 11 is a diagram showing an interpupillary adjustment mechanism in this embodiment.

【図12】 本実施例におけるズ−ム機構を示す図。 12 is a diagram in the present embodiment - shows a beam mechanism.

【図13】 本実施例の双眼鏡の外面に表示される表示例を示す図。 13 is a diagram illustrating a display example displayed on the binoculars of the outer surface of this embodiment.

【図14】 本実施例の双眼鏡の内部の表示部を示す図。 14 illustrates the inside of the display unit of the binoculars of the present embodiment.

【図15】 その断面図。 FIG. 15 is a cross-sectional view thereof.

【図16】 本実施例の双眼鏡の内部の表示部の他の例を示す図。 Diagram showing another example of the inside of the display unit of FIG. 16 binoculars of the present embodiment.

【図17】 本実施例の双眼鏡の内部の表示部の他の例を示す図。 Diagram showing another example of the inside of the display unit of FIG. 17 binoculars of the present embodiment.

【図18】 本実施例の回路構成を示すブロック図。 Figure 18 is a block diagram showing a circuit configuration of the present embodiment.

【図19】 そのモ−タ駆動回路部分を詳細に示す回路図。 [19] The motor - circuit diagram showing in detail the motor driving circuit portion.

【図20】 その説明図。 FIG. 20 is the illustration.

【図21】 同じく説明図。 [21] same illustration.

【図22】 ステッピングモ−タの駆動回路を示す図。 [Figure 22] stepping - shows a driving circuit of the motor.

【図23】 その駆動動作を説明するための図。 Figure 23 is a diagram for illustrating a driving operation.

【図24】 同じくモ−タ駆動動作を説明するための図。 [24] Similarly mode - diagram for explaining a motor driving operation.

【図25】 本実施例におけるCPUのメインの制御動作フロ−を示す図。 [Figure 25] of the CPU in this embodiment the main control operation flow - diagram showing.

【図26】 その一部を成すADJのフロ−チャ−ト。 FIG. 26 is a flow of ADJ and forming a part of - tea - door.

【図27】 眼幅・視度設定のフロ−チャ−ト。 Flow of FIG. 27] eye ​​width and set diopter - tea - door.

【図28】 眼幅調整のフロ−チャ−ト。 [Figure 28] of the eye width adjustment flow - tea - door.

【図29】 R視度調整のフロ−チャ−ト。 [29] of R diopter adjustment flow - tea - door.

【図30】 L視度調整のフロ−チャ−ト。 FIG. 30 is a flow of L diopter adjustment - tea - door.

【図31】 測距のフロ−チャ−ト。 FIG. 31 is a distance measurement of flow - tea - door.

【図32】 ズ−ム駆動のフロ−チャ−ト。 FIG. 32's - of the non-driven flow - tea - door.

【図33】 テレ端セットのフロ−チャ−ト。 [Figure 33] of the telephoto end set flow - tea - door.

【図34】 メモリデ−タの種類と格納アドレスについて示す図。 [Figure 34] Memoride - shows the types and storage address data.

【図35】 眼幅調整、R視度調整、L視度調整の各場合に関するRAMアドレスとデ−タの関係を示す図。 [Figure 35] interpupillary adjustment, R diopter adjustment, RAM address and de about each case of L diopter adjustment - shows the data relationship.

【図36】 光学系を成すレンズ系のテレ端における構成を示す図。 Figure 36 is a diagram showing the configuration at the telephoto end of the lens system constituting the optical system.

【図37】 その収差図。 FIG. 37 is the aberration diagram.

【図38】 レンズ系のミドル位置における構成を示す図。 FIG. 38 shows the construction of the middle position of the lens system.

【図39】 その収差図。 FIG. 39 is the aberration diagram.

【図40】 レンズ系のテレ端における構成を示す図。 Figure 40 illustrates the configuration at the telephoto end of the lens system.

【図41】 その収差図。 FIG. 41 is the aberration diagram.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 双眼鏡 2 上カバ− 12 下カバ− 14、15 入光窓 16 第1表示装置 21 左側光学系 22 右側光学系 25 焦点検出用の光取り出し部材 26R 右側光学系の対物レンズ 27R 左側光学系の接眼レンズ 87 第2表示装置 100 メインCPU 105 メインスイッチ 106 AF/セットスイッチ 107u、107d ユ−ザ−セレクトスイッチ 108 メインユ−ザ−スイッチ 109 ワイド(アップ)スイッチ 110 テレ(ダウン)スイッチ M1 AFモ−タ M2 視度調整モ−タ M3 眼幅調整モ−タ M4 ズ−ムモ−タ 1 Binoculars 2 upper cover - 12 under cover - 14,15 entrance window 16 first display 21 left optical system 22 right optical system for 25 focus detection light-extraction member 26R right optical system of the objective lens 27R left optical system ocular of lens 87 second display device 100 main CPU 105 the main switch 106 AF / set switch 107u, 107d User - the - select switch 108 Mein'yu - the - switch 109 wide (up) switch 110 tele (down) switch M1 AF motor - motor M2 diopter adjustment mode - data M3 eye width adjustment mode - data M4's - Mumo - data

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 赤木 克人 大阪市中央区安土町二丁目3番13号 大阪 国際ビル ミノルタカメラ株式会社内 (72)発明者 前川 幸男 大阪市中央区安土町二丁目3番13号 大阪 国際ビル ミノルタカメラ株式会社内 (72)発明者 木村 和夫 大阪市中央区安土町二丁目3番13号 大阪 国際ビル ミノルタカメラ株式会社内 (72)発明者 大田 嘉治 大阪市中央区安土町二丁目3番13号 大阪 国際ビル ミノルタカメラ株式会社内 (72)発明者 長野 晴行 大阪市中央区安土町二丁目3番13号 大阪 国際ビル ミノルタカメラ株式会社内 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (72) inventor Katsuhito Akagi, Chuo-ku, Osaka Azuchi-chome No. 3 No. 13 Osaka International building Minolta camera Co., Ltd. (72) inventor Maekawa, Yukio, Chuo-ku, Osaka Azuchi-chome No. 3 No. 13 Osaka International building Minolta camera Co., Ltd. (72) inventor Kazuo Kimura, Chuo-ku, Osaka Azuchi-chome No. 3 No. 13 Osaka International building Minolta camera Co., Ltd. (72) inventor Yoshiharu Ota Chuo-ku, Osaka Azuchi-chome No. 3 No. 13 Osaka International building Minolta camera Co., Ltd. (72) inventor Haruyuki Nagano, Chuo-ku, Osaka Azuchi-chome No. 3 No. 13 Osaka International building Minolta camera Co., Ltd.

Claims (14)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】それぞれ対物レンズと接眼レンズを有し左右に配された第1、第2光学系と、 前記第1、第2光学系の少なくとも接眼レンズを前記光学系の直交方向に動かす眼幅可変機構と、 使用者の眼幅間隔を顕す眼幅デ−タを記憶する記憶手段と、 前記記憶手段に記憶されている眼幅デ−タに従って前記眼幅可変機構を駆動する制御手段と、 を備える双眼鏡。 1. A first arranged on the right and left has the objective lens and the eyepiece, respectively, the eye and the second optical system, moving the first, at least an eyepiece of the second optical system in the direction perpendicular to the optical system a width varying mechanism, the pupil distance interval representing the eye width de of the user - a storage means for storing data, interpupillary distance de stored in the storage means - and control means for driving said eye width variable mechanism according to data , binoculars with a.
  2. 【請求項2】更に、眼幅調整モ−ド設定用の操作部材を備え該操作部材の操作によって眼幅調整モ−ドが設定されたときに前記制御手段による眼幅可変機構の駆動がなされることを特徴とする請求項1に記載の双眼鏡。 2. A further eye width adjustment motor - driven Mehaba variable mechanism by the control means is performed when the de is set - interpupillary adjustment mode by the operation of the de-operating member includes an operation member for setting binoculars according to claim 1, characterized in Rukoto.
  3. 【請求項3】前記眼幅デ−タは複数の使用者に対応した複数の眼幅デ−タからなっており、該眼幅デ−タは前記記憶手段において各使用者に応じたアドレスに記憶されていることを特徴とする請求項1に記載の双眼鏡。 Wherein the interpupillary distance de - data multiple pupil distance De corresponding to a plurality of users - has become the data, the eye width de - data for addresses corresponding to each user in said storage means binoculars according to claim 1, characterized in that stored.
  4. 【請求項4】更に使用者を指定する操作部材が設けられており該操作部材により指定された使用者に対応する眼幅デ−タが読み出されて前記制御手段による眼幅可変機構の駆動制御に用いられることを特徴とする請求項3に記載の双眼鏡。 Wherein further operation member for designating a user is provided with operating member interpupillary distance de corresponding to the specified user by - driving the motor is read Mehaba varying mechanism by the control means binoculars according to claim 3, characterized in that it is used for control.
  5. 【請求項5】前記記憶手段はE 2 PROMで構成されていることを特徴とする請求項1に記載の双眼鏡。 Wherein said storage means Binoculars according to claim 1, characterized in that it is composed of E 2 PROM.
  6. 【請求項6】前記記憶手段は双眼鏡本体に対し装着及び取り外し自在のICカ−ドであることを特徴とする請求項1乃至請求項5のいずれかに記載の双眼鏡。 Wherein said storage means is mounted and detachable IC card to binoculars body - Binoculars according to any one of claims 1 to 5 characterized in that it is a de.
  7. 【請求項7】前記眼幅デ−タは初期的な眼幅デ−タであり該眼幅デ−タに眼幅が設定された後、更に前記制御手段は調整操作部材の操作に基いて眼幅を可変できることを特徴とする請求項1に記載の双眼鏡。 Wherein said eye width de - data is initial pupil distance de - data a and the eye width de - after eye width data is set, further the control means based on the operation of the adjusting operation member binoculars according to claim 1, characterized in that the interpupillary distance can be varied.
  8. 【請求項8】視度可変機構と、 使用者の視度を顕す視度デ−タを記憶する記憶手段と、 前記記憶手段に記憶されている視度デ−タに従って前記視度可変機構を駆動する制御手段と、 を備える双眼鏡。 Storage means for storing data, diopter de stored in the storage unit - - 8. A diopter adjustment mechanism, represents diopter de diopter of the user the diopter adjustment mechanism according to data binoculars comprising: a control means for driving and.
  9. 【請求項9】更に、視度調整モ−ド設定用の操作部材を備え該操作部材の操作によって視度調整モ−ドが設定されたときに前記制御手段による視度可変機構の駆動がなされることを特徴とする請求項8に記載の双眼鏡。 9. Further, the diopter adjustment motor - driven diopter adjustment mechanism is performed by the control unit when a de set - diopter adjustment mode by an operation member for de setting operation of the operating member binoculars according to claim 8, wherein Rukoto.
  10. 【請求項10】前記視度デ−タは複数の使用者に対応した複数の視度デ−タからなっており、該視度デ−タは前記記憶手段において各使用者に応じたアドレスに記憶されていることを特徴とする請求項8に記載の双眼鏡。 Wherein said diopter de - data multiple diopter de corresponding to a plurality of users - has become the data, the visual degree de - the data are corresponding to each user in the storage unit address binoculars according to claim 8, characterized in that it is stored.
  11. 【請求項11】更に使用者を指定する操作部材が設けられており該操作部材により指定された使用者に対応する視度デ−タが読み出されて前記制御手段による視度可変機構の駆動制御に用いられることを特徴とする請求項1 11. Further diopter de corresponding to the specified user by operating member operating member is provided for specifying the user - driving the diopter adjustment mechanism by the control means data is read out claim, characterized by being used to control 1
    0に記載の双眼鏡。 Binoculars according to 0.
  12. 【請求項12】前記記憶手段はE 2 PROMで構成されていることを特徴とする請求項8に記載の双眼鏡。 12. The storage means Binoculars according to claim 8, characterized in that it is composed of E 2 PROM.
  13. 【請求項13】前記記憶手段は装着及び取り外し自在のICカ−ドであることを特徴とする請求項1乃至請求項12のいずれかに記載の双眼鏡。 Wherein said storage means is mounted and detachable IC card - Binoculars according to any one of claims 1 to 12 characterized in that it is a de.
  14. 【請求項14】前記視度デ−タは初期的な視度デ−タであり該視度デ−タに視度が設定された後、更に前記制御手段は調整操作部材の操作に基いて視度を可変できることを特徴とする請求項8に記載の双眼鏡。 14. The diopter de - data is initial diopter de - data and is parallax of de - after diopter in data is set, further the control means based on the operation of the adjusting operation member binoculars according to claim 8, characterized in that can vary the diopter.
JP31335491A 1991-10-31 1991-10-31 Binoculars Pending JPH05127065A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP31335491A JPH05127065A (en) 1991-10-31 1991-10-31 Binoculars

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP31335491A JPH05127065A (en) 1991-10-31 1991-10-31 Binoculars
US07962286 US5572361A (en) 1991-10-17 1992-10-16 Binocular system with automatic diopter power adjustment

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH05127065A true true JPH05127065A (en) 1993-05-25

Family

ID=18040247

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP31335491A Pending JPH05127065A (en) 1991-10-31 1991-10-31 Binoculars

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH05127065A (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO1996028752A1 (en) * 1995-03-14 1996-09-19 Leica Ag Microscope, in particular a stereomicroscope

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO1996028752A1 (en) * 1995-03-14 1996-09-19 Leica Ag Microscope, in particular a stereomicroscope

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5202992A (en) Zoom lens apparatus
US5060001A (en) Optical apparatus
US4969723A (en) Parallax adjusting mechanism for a finder device
US4886347A (en) Range-finding binocular
US5335035A (en) Visual line direction detecting device for the camera
US6519420B1 (en) Viewfinder apparatus for camera
US6130994A (en) Interchangeable zoom lens, an electronic still camera, and a silver salt film camera
US5610761A (en) Telescope having mechanism for automatically returning optical system to a reference dioptric power
JPH10268382A (en) Filter exchange type camera
US7071985B1 (en) Optical device and method for selecting object of focus
US5014078A (en) Pseudo focal length camera
US20020021897A1 (en) Multi-point autofocus system
US6055378A (en) Motor-driven auto-focusing system
JP2001042207A (en) Electronic camera
US5966550A (en) Automatic focusing apparatus in a camera
JPH11211993A (en) Information display device
US5926657A (en) Camera having real-image finder and control method thereof
US6584284B1 (en) Camera provided with focus adjusting apparatus
US5696998A (en) Optical apparatus equipped with sight line detector
US5692222A (en) Camera having focus detection device
JP2004004856A (en) Microscope system
US5485239A (en) Camera incorporating an auto-zoom function
US5669022A (en) Optical apparatus including a light modulation finder optical system
US5345287A (en) Apparatus for correcting parallax and/or diopter of camera
US4861146A (en) Variable focal lens device