JPH05103836A - Cigarette - Google Patents

Cigarette

Info

Publication number
JPH05103836A
JPH05103836A JP3053134A JP5313491A JPH05103836A JP H05103836 A JPH05103836 A JP H05103836A JP 3053134 A JP3053134 A JP 3053134A JP 5313491 A JP5313491 A JP 5313491A JP H05103836 A JPH05103836 A JP H05103836A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
fuel element
cigarette
smoking article
characterized
segment
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP3053134A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
William J Casey
Joseph J Chiou
Jack Franklin Clearman
Billy Tyrone Conner
Thomas L Gentry
William C Squires
Darrell D Williams
ウイリアム・キヤンプベル・スクワイアーズ
ウイリアム・ジエイムズ・ケイシー
ジヤツク・フランクリン・クリアマン
ジヨゼフ・ジーガン・チウー
ダレル・デイーン・ウイリアムズ
トマス・リーロイ・ジエントリ
ビリー・テイローン・コナー
Original Assignee
R J Reynolds Tobacco Co
アール・ジエイ・レノルズ・タバコ・カンパニー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US07/488,516 priority Critical patent/US5027837A/en
Priority to US64223391A priority
Priority to US642233 priority
Priority to US488516 priority
Application filed by R J Reynolds Tobacco Co, アール・ジエイ・レノルズ・タバコ・カンパニー filed Critical R J Reynolds Tobacco Co
Publication of JPH05103836A publication Critical patent/JPH05103836A/en
Application status is Withdrawn legal-status Critical

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A24TOBACCO; CIGARS; CIGARETTES; SMOKERS' REQUISITES
    • A24FSMOKERS' REQUISITES; MATCH BOXES
    • A24F47/00Smokers' requisites not provided for elsewhere, e.g. devices to assist in stopping or limiting smoking
    • A24F47/002Simulated smoking devices, e.g. imitation cigarettes
    • A24F47/004Simulated smoking devices, e.g. imitation cigarettes with heating means, e.g. carbon fuel

Abstract

PURPOSE: To lessen carbon monoxide by furnishing a combustible fuel element turned in a segment form, an aerosol generating means separating from the fuel element, and a holding means to fix the fuel element. CONSTITUTION: When a fuel element 10 is ignited, a combustion segment 30 is combusted to emit heat, which is conducted to an aerosol generating substance carried by a base material 13 through a cartridge 17. The inhaled air by a smoker passes through an air flow path 57, contacts with the fuel element 10 and cartridge 17 to be heated, is passed through air flow paths 47 and 48 between a holding member 23 and the cartridge 17, and contacts with the base material 13. Then the aerosol generating substance is volatized by the heat, and the volatized substance is pulled by the warm suction air, is passed through the opening 52 of the cartridge 17, and is cooled while it passes through a mouthpiece 28. The inhaled air and volatized substance are passed through a wrinkled cigarrette paper 60, filter material 64, etc., to intrude into the mouth. The base segment 32 remains out of combustion, and the fuel element 10 goes out naturally when the combustion of the segment 30 is completed.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は、シガレット等の喫煙物品に関し、特に、熱源と、それとは別体のエアゾール発生手段を有する形式の喫煙物品に関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION This invention relates to smoking articles such as cigarettes, in particular, a heat source and to a smoking article of the type having an aerosol generating means separate from that. この種の喫煙物品は、いろいろな形態のタバコ材を必ずしも燃焼させることなく加熱することによって喫煙の喜び(例えば、 Smoking articles of this type, smoking pleasure by heating without necessarily burning tobacco materials of various forms (e.g.,
喫味、喫煙感触、充足感等)を喫煙者に与えることができる。 Taste, smoking feeling can be given to the smoker a feeling of fullness, etc.). しかも、この種の喫煙物品は、喫煙したとき煙の主流に含まれる一酸化炭素の量を非常に少なくすることができる。 Moreover, smoking articles of this type can be very small amounts of carbon monoxide contained in the mainstream smoke upon smoking.

【0002】 [0002]

【従来の技術】シガレット(紙巻タバコ)、及び、葉巻、パイプタバコ等は、いろいろな形態のタバコ材を用いるポピュラーな喫煙物品であるが、これらのポピュラーな喫煙物品の改良又はその代替品としていろいろな種類の喫煙製品及び喫煙物品が従来から提案されている。 BACKGROUND ART Cigarette (cigarettes), and, cigars, pipe tobacco and the like is a popular smoking articles which use tobacco in various forms, different as an improvement or a replacement for these popular smoking articles types of smoking products and smoking articles, such has been proposed.
例えば、香味付蒸気及び、又は可視エアゾールを発生する喫煙物品は、多くの文献において提案されている。 For example, steam with flavor and, or generates a visible aerosol smoking articles have been proposed in many documents. それらの喫煙物品は、エアゾールを発生するために、及び、又はエアゾール創生物質を加熱するために可燃燃料源を使用する。 Their smoking article, in order to generate an aerosol, and, or to use a combustible fuel source to heat the aerosol forming material. そのような喫煙物品は、例えば、米国特許第4,714,082号の従来技術の説明の欄に記載されている。 Such smoking articles, for example, are listed in the prior art description of US Patent No. 4,714,082.

【0003】タバコ材を必ずしも燃焼させることなく加熱することによって、かつ、かなりの量の不完全燃焼生成物を発生することなく、タバコ喫煙の喜びを与えることができる喫煙物品は、米国特許第4,714,082 [0003] By heating without tobacco necessarily combustion, and without generating significant amounts of incomplete combustion products, smoking articles capable of providing the pleasure of cigarette smoking, US 4 , 714,082
号、4,756,318号、4,793,365号、 Patent, No. 4,756,318, No. 4,793,365,
4,819,665号、4,854,311号、4,8 No. 4,819,665, No. 4,854,311, 4, 8
81,556号、及びヨーロッパ特許第342,538 No. 81,556, and European Patent No. 342,538
号に記載されている。 It is described in JP. これらの喫煙物品は、熱発生のための可燃燃料素子と、燃料素子とは物理的に別個に、しかし、燃料素子と熱交換関係に配置されたエアゾール創生物質を用いる。 These smoking articles, a combustible fuel element for heat generation, physically separate from the fuel element, however, use of aerosol forming material disposed in the fuel element and the heat exchange relationship. 喫煙中、燃料素子によって発生された熱は、エアゾール創生物質を揮発させ、それによって可視エアゾールを発生する。 During smoking, heat generated by the fuel element, the aerosol forming material is volatilized, thereby generating a visible aerosol. この種の喫煙物品は、可視副流煙の発生を極めて少なくするとともに、FTCタールの発生量(FTC喫煙条件下で測定したタールの発生量)を少なくすることができる。 Smoking articles of this kind can with very little occurrence of visible sidestream smoke, to reduce the generation amount of FTC tar (generation amount of tar as measured by FTC smoking conditions).

【0004】 [0004]

【発明が解決しようとする課題】本発明は、燃料素子と、それとは物理的に別体のエアゾール発生手段を有する形式のシガレットであって、(i) 相当な量の揮発タバコ成分を発生することができ、 (ii) 燃料素子によって発生される熱をエアゾール創生のために効率的に利用することができ、 (iii)喫煙したとき煙の主流に含まれる一酸化炭素の量を非常に少なくすることができるシガレットを提供することを課題とする。 [SUMMARY OF THE INVENTION The present invention includes a fuel element, with it a cigarette of the type having an aerosol generating means physically separate, generates (i) a substantial amount of volatile tobacco components it can, (ii) the heat generated by the fuel element can be efficiently utilized for the aerosol forming, very the amount of carbon monoxide contained in the mainstream smoke when the smoker (iii) and to provide a cigarette can be reduced.

【0005】 [0005]

【課題を解決するための手段】本発明は、上記課題を解決するために、燃料素子(即ち、熱源)と、燃料素子とは物理的に別個に、しかし、燃料素子と熱交換関係に配置されたエアゾール発生手段を備えたシガレット及びその他の喫煙物品を提供する。 Means for Solving the Problems The present invention, in order to solve the above problems, the fuel element (i.e., heat source) and physically separate from the fuel element, however, arranged in the fuel element and heat exchange relationship providing cigarettes and other smoking articles with an aerosol generating means. 非常に好ましい喫煙物品においては、燃料素子によって発生される熱をエアゾール創生のために極めて効率的に利用することができるように、燃料素子の組成及びその喫煙物品内での配置を定める。 In a very preferred smoking article, the heat generated by the fuel element so that it can be utilized very efficiently for the aerosol forming, defining the arrangement of the composition of the fuel element and in that the smoking article. 従って、好ましい喫煙物品においては、燃焼する燃料素子によって発生される熱のうち、エアゾール創生のためにエアゾール発生手段に伝達される熱の割合が高い。 Thus, in a preferred smoking article, among the heat generated by the burning fuel element, a high percentage of heat transferred to the aerosol generating means for aerosol forming. 本発明の喫煙物品は、何らかの形態のタバコ材を備えている。 The smoking article of the present invention comprises a tobacco of some form.

【0006】本発明は、その一側面においては、(i) 押出軸線が喫煙物品の長手軸線に対して実質的に垂直関係をなすように該喫煙物品内に配置された押出燃料素子即ち熱源と、 (ii) 該燃料素子とは物理的に別体とされ、 The present invention, in its one aspect, a substantially extruded fuel element or heat source disposed in the smoking within the article so as to form a vertical relationship to the longitudinal axis of the (i) extrusion axis smoking article , is physically separate from the (ii) the fuel elements,
少くとも1つのエアゾール創生物質を含むエアゾー発生手段と、 (iii)前記燃料素子を喫煙物品内の所定位置に固定又は保持する保持手段とから成る喫煙物品を提供する。 At least a Eazo generating means including one aerosol forming material to provide a smoking article comprising a holding means for fixed or held in place within the smoking article and (iii) the fuel element.

【0007】本発明は、他の側面においては、(i) 長手方向にセグメント化された可燃燃料素子と、 (ii) 該燃料素子とは物理的に別体とされ、少くとも1つのエアゾール創生物質を含むエアゾール発生手段と、 (iii)前記燃料素子を喫煙物品内の所定位置に固定又は保持する保持手段と、 (iv) 喫煙中前記燃料素子が燃焼する際燃料素子に接触する大気中の酸素の量を制限するように燃料素子の長手外周面の少くとも一部分を囲包する手段(即ち、囲包部材)とから成る喫煙物品を提供する。 [0007] The present invention, in another aspect, (i) and a combustible fuel element which is segmented in the longitudinal direction, is physically separate from the (ii) the fuel elements, at least one aerosol wounds and aerosol generating means including a raw material, (iii) holding means for securing or holding the fuel element in position within the smoking article, the atmosphere in contact with the fuel element during the burning (iv) during smoking the fuel element It means for the circumscribed the least part of the longitudinal outer peripheral surface of the fuel element so as to limit the amount of oxygen (i.e., enclosure member) to provide a smoking article consisting of a. 典型的な例では、この囲包部材は、燃焼する燃料素子からの熱をエアゾール発生手段へ伝達することができるものとする。 In a typical example, the enclosure member is intended to heat from the burning fuel element can be transmitted to the aerosol generating means.

【0008】本発明の喫煙物品は、一実施形態においては、短い、好ましくは炭素質の可燃燃料素子即ち熱源を有する。 [0008] The smoking article of the present invention, in one embodiment, short, preferably comprises a combustible fuel element or heat source carbonaceous. この燃料素子は、その全長の一セグメント即ち一部分だけが燃焼のために使用され、他のセグメント即ち一部分が燃料素子を喫煙物品内の所定位置に固定するための基部として機能するように長手方向にセグメント化した(セグメントに分割した)構成とする。 The fuel element is a one-segment or a portion of its length is used for combustion, in the longitudinal direction as the other segment or portion of which functions as a base for fixing the fuel element in position within the smoking article segmented (segmented) and configuration. 好ましい燃料素子は、燃焼セグメントと基部セグメントの間に配置された隔離セグメントを有する。 Preferred fuel elements have isolated segments disposed between the burning and base segments. 隔離セグメントの外周も、断面積も、基部セグメントの外周及び断面積より小さい寸法とすることが好ましい。 The outer periphery of the isolation portion even cross-sectional area also, it is preferable that the smaller size than the outer circumference and the cross-sectional area of ​​the base segment. 又、隔離セグメントは、基部セグメントの断面積より小さい断面積を有し、 Further, isolation segment has a smaller cross sectional area than the cross-sectional area of ​​the base segment,
ある種の応用例においては基部セグメントの外周より小さい外周より小さい外周を有するものとすることが好ましい。 It is preferable that the one having a smaller outer circumference than the smaller outer circumference than the outer circumference of the base segment in certain applications.

【0009】典型的な燃料素子は、燃焼前の時点で約2 [0009] A typical fuel element is about prior to burning 2
0mm未満の全長を有し、その燃焼セグメントの長さは、約15mm未満とする。 Has an overall length of less than 0 mm, the length of the burning portion is less than about 15 mm. 燃料素子は、連続した押出成形物を所定の長さに分断することによって形成し、その押出軸線が喫煙物品の長手軸線に対して実質的に垂直関係をなすように喫煙物品内に配置する。 Fuel element, and formed by dividing a continuous extrudate to length and placed within the smoking article so as to form a substantially vertical relation to the longitudinal axis of the extrusion axis smoking article.

【0010】本発明の特定の側面においては、燃料素子は、それが組入れられた喫煙物品の長手軸線に対して横断方向に貫通した少くとも1つの空洞を有するものとする。 [0010] In a particular aspect of the present invention, the fuel element is intended it has at least one cavity extending through transversely to the longitudinal axis of the smoking article that has been incorporated. 又、別の側面においては、燃料素子は、それが組入れられた喫煙物品の長手軸線に対して並行な方向に貫通した少くとも1つの空気流通路(例えば、少くとも1つの空胴)を有するものとする。 Further, in another aspect, the fuel element has a least it penetrates in the direction parallel to the longitudinal axis of the smoking article which is incorporated one airflow passageway (e.g., at least one cavity) and things. この空気流通路は、燃料素子の中央部分を貫通するものとしてもよく、あるいは燃料素子の外周面に沿って形成した溝であってもよく、 The air flow passage may be one that penetrates the central portion of the fuel element, or may be a groove formed along the outer peripheral surface of the fuel element,
あるいは、貫通通路と溝の両方から成るものとしてもい。 Alternatively, Had as comprising both the through passage and groove.

【0011】本発明の喫煙物品は、その燃料素子を喫煙物品内の所定位置に固定する保持手段を備えているが、 [0011] The smoking article of the present invention is provided with the holding means for securing the fuel element in place within the smoking article,
その保持手段は、燃料素子に接触して燃料素子を喫煙物品内の所定位置に固定する。 Its retaining means contacts the fuel element to secure the fuel element in position within the smoking article. 1つの好ましい実施例においては、保持部材が燃料素子の基部を掴持し、それによって燃料素子を所定位置にしっかりと保持するようにする。 In one preferred embodiment, the retaining member is a base of the fuel element and gripping, thereby to securely hold the fuel element in place. 別のましい実施例においては、保持部材は、繊維質材(例えば、ガラス繊維又はタバコ補充料とガラス繊維の混合物)、ひだ寄せしたタバコ紙又は裁刻タバコ紙(タバコでできた紙)、又はひだ寄せした又は裁刻した炭素紙、又はタバコ材刻み補充料によって形成する。 In another preferable embodiment, the holding member, the fiber material (e.g., a mixture of glass fibers or tobacco supplement charge and glass fibers), shirred tobacco paper or shredded tobacco paper (paper made of tobacco), or shirred or shredded and carbon paper, or formed by the tobacco cut filler. このような保持部材を燃料素子の長手外周面の相当な長さに亙って接触させる。 Such holding member into contact over a considerable length in the longitudinal outer peripheral surface of the fuel element. 燃料素子を長手方向にセグメント化したことと、燃料素子の長手外周面に囲包材を接触させたこととがあいまって、燃料素子を繊維質材,タバコ紙又はタバコ材刻み補充料から成る保持部材内に保持することができる。 The fuel element and the segmented longitudinally and a possible contacting the circumscribing material in the longitudinal outer peripheral surface of the fuel element Aima' holding consisting of fuel elements fibrous material, tobacco paper or tobacco cut filler it can be held in the member.

【0012】本発明の喫煙物品は、燃料素子とは物理的に別体とされ、長手方向に配置されたエアゾール発生手段を備えている。 [0012] The smoking article of the present invention, the fuel element physically separate from, and includes an aerosol generating means disposed longitudinally. このエアゾール発生手段は、基材と、 The aerosol generating means includes a substrate,
少くとも1つのエアゾール創生物質を含ム。 At least 含Mu one aerosol forming material. エアゾール発生手段は、何らかの形態のタバコ材(例えば、圧縮タバコペレット、タバコ材抽出物又はタバコ材粉末)のようなエアゾール創生物質、又はその他のエアゾール創生物質(例えば、グリセリン及び、又はココア、甘草、糖類の如きタバコ香味料)を含むものであることが好ましい。 Aerosol generating means, tobacco of some form (e.g., the compressed tobacco pellets, tobacco extract or tobacco powder) aerosol forming materials, such as, or other aerosol forming material (e.g., glycerin and or cocoa, licorice, it preferably contains a such tobacco flavorants) saccharides. エアゾール創生物質は、通常、ひだ寄せした紙、ひだ寄せしたタバコ紙のような基材、又は熱安定性基材(例えば、アルミナビード)に担持させる。 Aerosol forming material typically shirred paper, shirred substrate such as tobacco paper, or heat-stable substrate (e.g., alumina beads) to be supported on the. 基材が紙系の材料である場合は、基材を燃料素子に対して離隔させて配置することが好ましい。 When the substrate is a material of a paper system is preferably arranged by separating the substrate to the fuel element.

【0013】本発明の喫煙物品は、その一側面においては、囲包部材(好ましくは燃料素子の燃焼によって発生された熱をエアゾール発生手段に伝達するための伝熱性部材)を有している。 [0013] The smoking article of the present invention, in its one aspect, enclosure member (preferably heat conducting member for transferring heat generated by the combustion of the fuel element to the aerosol generating means) has a. 従って、この伝熱性部材は、エアゾール創生物質を担持した基材と熱交換関係、好ましくは伝導熱交換関係にある。 Therefore, the heat conducting member comprises a substrate and a heat exchange relationship carrying an aerosol forming material, preferably in the conductive heat exchange relationship. 囲包部材は、燃料素子の長手外周面から半径方向に離隔させる。 Enclosure member causes radially spaced from the longitudinal outer peripheral surface of the fuel element. 通常、囲包部材は、 Typically, the enclosure member is,
(i) エアゾール発生手段の一部分と、 (ii) 保持部材の一部分に接触させる。 (I) a portion of the aerosol generating means, contacting a portion of (ii) holding member. 囲包部材は、燃料素子の長手外周面、燃料素その燃焼セグメントの全長の少くとも一部分から半径方向に離隔させることが、エアゾール発生手段には接触させることが好ましい。 Enclosure member is a longitudinal outer peripheral surface of the fuel element, at least the fuel-containing entire length of the burning portion be spaced from a portion in the radial direction, it is preferably contacted in the aerosol generating means. かくして、燃料素子と囲包部材とで空気流通路を画定し、その通路を通して吸引される空気が加熱される。 Thus, defining the air flow passage between the fuel element and the enclosure member, air drawn through the passageway is heated.

【0014】燃料素子は、喫煙物品の他の部分又は他の構成部材から熱的に隔離されている。 [0014] The fuel element is thermally isolated from other portions or other components of the smoking article. このことは、燃料素子の燃焼セグメントが、特に伝導による熱伝達の結果として喫煙物品の他の部分又は他の構成部材に対して失う熱損失(即ち、放熱)の量が制御されることを意味する。 This heat loss burning portion of the fuel element, particularly lose to other parts or other components of the smoking article as a result of heat transfer by conduction (i.e., radiating) means that the amount of is controlled to. 燃料素子の、喫煙物品の他の部分又は他の構成部材からの熱的隔離は、燃料素子が喫煙物品の他の部分又は他の構成部材への熱損失の結果として自然消火しないようにするために、喫煙者が吸引していない、喫煙物品のくすぶり期間中において特に望ましい。 Of the fuel element, thermal isolation from other parts or other components of the smoking article, the fuel element is prevented from spontaneously extinguishing as a result of heat losses to other parts or other components of the smoking article the smoker is not sucked, particularly desirable during the smolder period of the smoking article.

【0015】喫煙物品は、エアゾールを喫煙者の口へ送給するためのマウスピースを有することが好ましい。 [0015] the smoking article preferably has a mouthpiece for delivering the aerosol to the mouth of the smoker. 通常、マウスピースは、円筒状であり、タバコ材刻み補充料とフィルタ素子を包含している。 Usually, the mouthpiece is cylindrical encompasses the tobacco cut filler and filter element. ここでいう「エアゾール」とは、可視、不可視を問わず、蒸気、ガス、粒子等のことをいい、特に、燃料素子が発生した熱がエアゾール発生手段内又は喫煙物品のどこか他の部分に包含されている物質に作用することによって創生され、喫煙者にとって「煙」のようににみえる成分のことをいう。 The term "aerosol" is visible, regardless of invisible, steam, gas, refers to a particle such as, in particular, heat the fuel element has occurred somewhere other portion of the aerosol generating means in or smoking article be generated wound by acting on material being included, it refers to a component which is visible to as "smoke" for smokers. ここでいう「炭素質」とは、主として炭素から成るという意味である。 As used herein, the term "carbonaceous" is mainly the sense that consists of carbon.

【0016】 [0016]

【作用】喫煙者が燃料素子に点火すると、燃料素子の燃焼セグメントが燃焼して熱を発生する。 [Action] smoker when ignited fuel element, burning portion of the fuel element to generate a burning heat. 燃料素子の燃焼によって発生した熱は、エアゾール発生手段の基材に担持されたエアゾール創生物質へ伝達される。 Heat generated by the combustion of the fuel element is transferred to the aerosol forming substance carried on the substrate of the aerosol generating means. 喫煙者による吸引中、吸引された空気は、燃料素子と囲包部材の間の空気流通路を通り、熱い燃料素子及び加熱された囲包部材との接触により加熱される。 During the suction by the smoker, it sucked air passes through the air flow passage between the fuel element and the enclosure member is heated by contact with the hot fuel element and the heated enclosure member. 次いで、加熱された吸引空気は、燃料素子の保持部材と囲包部材の間の空気流通路を通り、燃焼中の燃料素子と熱交換関係にあるエアゾール発生手段の基材に接触する。 Then, suction air which has been heated passes through the air flow passage between the holding member and the enclosure member of the fuel element, in contact with the base material of the aerosol generating means in the fuel element and the heat exchange relationship with the combustion. エアゾール創生物質に与えられた熱は、エアゾール創生物質を揮発させ、揮発せしめられた物質は、暖かい吸引空気に連行されて囲包部材からその開口を通って流出し、マウスピースを通る間に冷却する。 During heat applied to the aerosol forming substances, the aerosol forming material is volatilized, the volatile brought material had a that is entrained in the warm suction air flows through the opening from the enclosure member, through the mouthpiece to cooling. かくして、可視エアゾールが創生される。 Thus, the produced visible aerosol wounds. 燃料素子の基部セグメントは、シガレットの使用中燃焼せず、燃料素子は、その燃焼セグメントの燃焼が完了すると自然消火するので、燃料素子は、シガレット内にしっかりした形で残り、使用中シガレットから崩れ落ちることがない。 The base segment of the fuel element does not burn during use of the cigarette, the fuel element is so spontaneously extinguishing the combustion of the burning portion is complete, the fuel element is crumbling rest, from being used cigarette in solid form into the cigarette that there is no. 燃料素子が自然消火して、熱を発生しなくなったならば、シガレットを捨てることができる。 Fuel element is naturally fire fighting, if the heat is no longer occurs, it is possible to throw away a cigarette.

【0017】 [0017]

【実施例】第1、2図を参照すると、本発明の一実施例によるシガレット8が示されている。 EXAMPLES Referring to the first and second figures, a cigarette 8 is shown, in accordance with one embodiment of the present invention. このシガレットは、熱源即ち燃料素子10と、燃料素子の後方に配置されており、エアゾール創生物質を担持する基材13と、 The cigarette includes a heat source i.e. the fuel element 10 is disposed behind the fuel element, the substrate 13 carrying the aerosol forming material,
基材を囲包し、かつ、燃料素子の長手外周面を半径方向に離隔して囲包する囲包部材17と、燃料素子をシガレット内の所定位置に保持する保持部材23と、筒状のマウスピース28から成る。 And circumscribing the substrate, and a longitudinal outer peripheral surface of the fuel element spaced apart from the radially and enclosure member 17 which encloses a holding member 23 for holding the fuel element in place within the cigarette, a cylindrical consisting mouthpiece 28. 典型的なシガレットは、断面円形であり、約20mm〜約28mmの周囲長を有し、 Typical cigarettes are circular in cross section, has a circumferential length of about 20mm~ about 28mm,
約70mm〜約100mmの長さを有する。 Having a length of about 70mm~ about 100 mm.

【0018】熱源即ち燃料素子10は、押出炭素質材で形成するのが好ましく、ほぼ正方形、又は長方形の断面形状を有する。 The heat source i.e. the fuel element 10 is preferably formed by extrusion carbonaceous material, having a substantially square or rectangular cross-sectional shape. 又、3つの長手方向に位置する部分即ちセグメント、即ち、シガレットの点火端31近くに位置する燃焼セグメント30と、燃料素子の反対端(即ち吸口端)側に位置する基部セグメント即ち支持セグメント32と、燃焼セグメント30と基部セグメント32の間に位置する隔離セグメント33とを含む、長手方向にセグメント化された燃料素子(以下、「長手方向セグメント化燃料素子」と称する)である。 Further, part or segment located three longitudinal, i.e., a burning portion 30 positioned near the firing end 31 of the cigarette, a base segment or support segments 32 positioned on the opposite end of the fuel element (i.e., mouthend) side includes an isolation segment 33 located between the combustion segment 30 and the base segment 32, longitudinally segmented fuel element (hereinafter, referred to as "longitudinal segmented fuel element"). 燃料素子10は、 Fuel element 10,
(i) その基部セグメント32の外周が隔離セグメント3 (I) the outer periphery of the base segment 32 is isolated segment 3
3の外周より大きく、 (ii) 隔離セグメントに横断方向に貫通する少くとも1つの空洞35が存在するように形成される。 Greater than the outer circumference of 3, it is formed such that there is one cavity 35 at least through transversely (ii) isolation portion. この空洞35は、隔離セグメント33の断面積を縮小し、それによって燃焼セグメント30から基部セグメント32への熱の伝導を最少限にする働きをする。 The cavity 35 reduces the cross-sectional area of ​​the isolation segments 33, thereby serve to minimize heat conduction to the base segment 32 from the combustion segment 30. 詳述すれば、空洞35は、(i) 燃焼セグメント30 If specifically, cavity 35, (i) the burning portion 30
と基部セグメント32を隔離し、 (ii) 燃料素子の有効燃焼長さを選定し、 (iii)燃料素子の燃焼セグメント3 A base segment 32 isolates and, (ii) selects a valid combustion length of the fuel element, burning portion 3 (iii) the fuel element
0から基部セグメント32を経てシガレットの他の部分へ伝導される熱を最少限にするのを助成する。 0 through the proximal segment 32 from which assist in the heat conducted to other parts of the cigarette to a minimum. 燃料素子には、随意選択として、その燃焼セグメント30の前端面を横切る畝溝(以下、単に「溝」とも称する)37、 The fuel element as optional, furrows across the front end surface of the burning portion (hereinafter, simply referred to as "groove") 37,
38を形成することができる。 38 can be formed. 溝37、38は、燃料素子の点火を容易にする働きをする。 Grooves 37 and 38 serves to facilitate ignition of the fuel element. 燃料素子の燃焼セグメント30及び基部セグメント32は、それらの全長を貫通する長手方向の空気流通路を有していない。 Burning portion and the base segment 32 of the fuel element does not have a longitudinal direction of the air flow path through their entire length.

【0019】第1、2、3図を参照して説明すると、熱源即ち燃料素子10は、その基部セグメント32に接触する掴持部分40、41を含む保持部材23によって囲包部材17内の所定位置に保持する。 [0019] With reference to first, second and third figure, the heat source i.e. the fuel element 10, a predetermined enclosure member within 17 by the holding member 23 including a grip portion 40, 41 in contact with its base segment 32 to hold the position. 囲包部材17は、 Enclosure member 17,
伝熱(熱伝導)性カートリッジであることが好ましい。 It is preferably a heat transfer (thermal conductivity) of the cartridge.
特に好ましい実施例においては、保持部材23は、(i) In a particularly preferred embodiment, the holding member 23, (i)
囲包部材(「カートリッジ」とも称する)17内に好ましくは締り嵌めによってしっかりと嵌合し、 (ii) カートリッジ17の部分44、45(第2、3図)の内面に沿って接触するような断面寸法を有する。 Circumscribed (also referred to as "cartridge") member preferably within 17 firmly fitted by interference fit, so as to contact along the inner surface of (ii) portion 44, 45 (second and third diagram) of the cartridge 17 having a cross-sectional dimension. 保持部材23 Holding member 23
は、吸引空気をシガレットを通して通流させるための空気流通路47、48(第1、3図)をも構成する。 Also it constitutes the air flow passage 47, 48 for flow through the suction air through the cigarette (first and third Figure). 保持部材23は、薄い金属(例えば、アルミニウム)板のような耐熱材で製造する。 Holding member 23 can be a thin metal (e.g., aluminum) is prepared in the heat-resistant material such as a plate.

【0020】第4図を参照して説明すると、燃料素子1 [0020] Referring to Figure 4, the fuel element 1
0(カップ状の保持部材23から長手方向に分離された状態で図示されている)は、好ましくはその基部セグメント32が保持部材の内側底面49に衝接するように保持部材内に挿入する。 0 (and from the cup-shaped holding member 23 is shown as being separated in the longitudinal direction) is preferably inserted into the holding within member as its base segment 32 abuts the inner bottom surface 49 of the retaining member. 第4図に示されるように、保持部材は、断面ほぼ楕円形とする(即ち、2つの湾曲辺と2 As shown in Figure 4, the holding member, the cross-section generally oval (i.e., two curved sides and two
つの平坦辺を有する)ことが好ましい。 One of a flat sides) is preferred. 保持部材の形状及び寸法は、シガレットを通して所望の空気流が得られるように選択することができる。 The shape and dimensions of the retaining member can be selected as desired air flow is obtained through the cigarette.

【0021】第5図を参照して説明すると、燃料素子1 [0021] Referring to Figure 5, the fuel element 1
0(一部仮想線で示されている)は、カップ形保持部材23内に挿入し、燃料素子の基部セグメント32を覆うように保持部材の2つの部分を内方へクリンプ(縁曲げ)して掴持部分40、41を形成する。 0 (shown in part phantom), was inserted into the cup-shaped retaining member 23, (crimping) crimped inwardly two parts, a retaining member so as to cover the base segment 32 of the fuel element and Te to form a grip portion 40, 41.

【0022】再び第1、2図を参照して説明すると、基材13は、(i) シガレットの一端(即ち、点火端31 [0022] Again With reference to the first and second figure, substrate 13, (i) the cigarette end (i.e., the lighting end 31
側)に開放端50を有し、 (ii) シガレットの他端(即ち、吸口端側)に開口52を有するカートリッジ17内に配置する。 It has an open end 50 to the side), disposed in the cartridge 17 having an opening 52 to (ii) the cigarette at the other end (i.e., mouth end side). 基材は、カートリッジ内に囲包され、燃料素子から物理的に分離された状態に維持される。 The substrate is circumscribed in the cartridge, it is maintained from the fuel element to physically separate state. 保持部材23は、(i) 燃料素子10の、基材13からの物理的な分離を更に確実にし、(ii) 基材をカートリッジ17 Holding member 23, (i) of the fuel element 10 further ensures the physical separation from the substrate 13, the cartridge 17 (ii) substrate
内の所定位置に保持するために燃料素子の、基材に面した部分(即ち、燃料素子の後端面)を覆うようにすることができる。 Of the fuel element to hold the predetermined position on the inner, portion facing the substrate (i.e., the rear end face of the fuel element) can be made to the cover. 保持部材は、燃料素子と基材との間で空気流及び及びエアゾール創生物質の移行を抑制するバリヤーを構成するものとすることが好ましい。 Holding member is preferably formed so as to constitute a suppressing barrier to migration of the air flow and and aerosol forming material between the fuel element and the substrate. 基材13は、 Substrate 13,
いろいろな形態のものとすることができる。 It can be of various forms. 又、カートリッジ17の一部分内へ1種類又は2種類以上の基材を挿入することができる。 Further, it is possible to insert one or two or more substrates into the portion of the cartridge 17. 例えば、基材は、グリセリンとタバコ材抽出物を担持させたひだ寄せした紙(以下、単に「ひだ寄せ紙」と称する)54を含むものとすることができ、囲包紙ラップ55で包み、保持部材23の高端面に近接させて配置する。 For example, the substrate, shirred paper was supported glycerin and tobacco extract (hereinafter, simply referred to as "gathered paper") can be made containing 54, wrapped in circumscribing paper wrap 55, the holding member is close to the high end surface 23 is disposed.

【0023】カートリッジ17は、薄い金属(例えば、 [0023] The cartridge 17, a thin metal (for example,
アルミニウム)板のような耐熱性、熱伝導性材で製造する。 Heat resistance, such as aluminum) plate, producing a thermally conductive material. カートリッジは、(i) 燃料素子の全長を囲包し、 Cartridge, and encloses the entire length of (i) the fuel element,
(ii)燃料素子の燃焼セグメント30から離隔する(例えば燃焼セグメントと直接接触しない)ように形成し、燃料素子に対して位置づけする。 (Ii) away from the burning portion of the fuel element (eg not in direct contact with the combustion segment) so formed and positioned relative to the fuel element. 燃料素子の燃焼セグメント30は、カートリッジの開放端を越えて突出させてもよく、あるいは、カートリッジの開放端から引込めてもよく、あるいは第1図に示されるようにカートリッジの開放端と同一平面内に位置するようにしてもよい。 Burning portion of the fuel element may be protruding beyond the open end of the cartridge, or may be recessed from the open end of the cartridge, or an open end flush with the cartridge as shown in Figure 1 it may be located within. カートリッジは、燃料素子の点火端を完全に露出させるようにシガレットの点火端側で開放している。 Cartridge is open at cigarette lighting end side so as to fully expose the lighting end of the fuel element.

【0024】カートリッジ17は、燃料素子の長手外周面から半径方向に離隔しており、燃料素子の長手外周面に接触しない。 The cartridge 17 is radially spaced from the longitudinal outer peripheral surface of the fuel element, do not contact the longitudinal outer peripheral surface of the fuel element. 従って、燃料素子の長手外周面と伝熱性カートリッジとの間に空気流通路57が形成される。 Therefore, the air passage 57 is formed between the longitudinal outer peripheral surface heat conductive cartridge of the fuel element. 更に、このシガレットの構成は、燃料素子の燃焼セグメント30によって発生された熱が半径方向に放射してカートリッジ17の燃焼セグメント30を囲包している部分を加熱するようになされている。 Furthermore, construction of the cigarette, heat generated by the burning portion of the fuel element radiates radially is adapted to heat the part that encloses the burning portion 30 of the cartridge 17. 燃料素子の燃焼セグメント30からの伝熱性カートリッジ17の半径方向の離隔距離は、基材13及びそれに担持されたエアゾール創生物質を加熱するのに十分な熱が、燃焼する燃料素子から放射されるように定めることが好ましい。 Radial distance of heat conductive cartridge 17 from the combustion segment 30 of the fuel element, sufficient heat to heat the aerosol forming substance carried on the substrate 13 and it is emitted from the burning fuel element it is preferable to determine so. 通常、カートリッジの長さは約8mm〜約20mmとし、周囲長は約20mm〜約28mmとする。 Usually, the length of the cartridge was about 8mm~ about 20 mm, perimeter is about 20mm~ about 28mm.

【0025】カートリッジ17は、筒状マウスピース2 The cartridge 17 is tubular mouthpiece 2
8の一端に配置する。 Placed in 8 one end of. マウスピースは、金属フォイルで内張りした紙、断熱性セラミック材、成形プラス、厚い紙等で製造するのが好ましい。 Mouthpiece paper lined with metal foil, heat-insulating ceramic material, molding the plus preferably prepared in thick paper or the like. マウスピース28は、シガレット本体全体をその中に嵌合させ、締り嵌めによって所定位置に保持することができるような形状及び寸法とすることが好ましい。 Mouthpiece 28 is fitted across the cigarette body therein, it is preferable that the shape and dimensions such that it can be held in place by an interference fit. マウスピースの一部分が、カートリッジ17の全長の一部分を、あるいは第1、2図に示されるようにカートリッジの全長を囲包するようにすることができる。 A portion of the mouthpiece, the overall length of the cartridge as shown a portion of the length of the cartridge 17, or to the first and second FIG can be so circumscribed. あるいは、随意選択として、マウスピース及びカートリッジの、燃料素子の燃焼セグメント3 Alternatively, as optional, the mouthpiece and the cartridge, the burning of the fuel element 3
0を囲包する部分に一連のパーフォレーション(ミシン目状の孔)58又はその他の形式の空気取入開口を穿設することができる。 0 can be drilled a series of perforations (perforation shaped hole) 58 or other type of air inlet opening in a portion circumscribed. パーフォレーションのサイズ、数及び配置は、喫煙中燃料素子の燃焼セグメントに制御された量の酸素を供給するように選定することができる。 The size of perforations, number and arrangement can be selected to provide the amount of oxygen is controlled to burning portion of the smoking in the fuel element.

【0026】筒状マウスピース28内のカートリッジ1 The cartridge 1 of the cylindrical mouthpiece 28
7の後方に、囲包紙ラップ61で囲包したひだ寄せタバコ紙60のセグメントを配置し、そのひだ寄せタバコ紙60の後側に囲包紙ラップ63で囲包したタバコ材刻み補充料のロール62を配置し、更に、シガレットの吸口端に低効率フィルタ素子を配置する。 7 backwards of, placing a segment of gathered tobacco paper 60 which is circumscribed by the circumscribing paper wrap 61, the gathered tobacco paper 60 tobacco cut filler which is circumscribed by the circumscribing paper wrap 63 on the rear side of the roll 62 is disposed, further, to place a low efficiency filter element mouth end of the cigarette. 低効率フィルタ素子は、フィルタ材64(例えば、不織ポリプロピレンのひだ寄せウエブ)と、それを囲包したプラグラップ65 Low efficiency filter elements, the filter material 64 (e.g., nonwoven polypropylene gathered web), plug wrap 65 which is circumscribed it
から成る。 Consisting of. ひだ寄せタバコ紙60のセグメント、タバコ材刻み補充料のロール62及びフィルタ素子は、マウスピース28内に締り嵌め又は接着剤によって保持することができる。 Segment shirring tobacco paper 60, the roll 62 and the filter element of tobacco cut filler can be held by interference fit or adhesive into the mouthpiece 28. 所望ならば、カートリッジ17の後端とひだ寄せタバコ紙60の間に空洞66(例えば、マウスピースの約10mm以上に亙る長さの空洞)を設けることができる。 If desired, it is possible to provide a cavity 66 between the rear end and gathered tobacco paper 60 of the cartridge 17 (e.g., cavity of approximately 10mm or more over the length of the mouthpiece). 通常、シガレットの吸口端部分はチップ紙で囲包する。 Usually, the mouth end portion of the cigarette encloses a chip paper. 更に、随意選択として、シガレットの吸口端近くにレーザー又は機械的穿孔法を用いて稀釈空気用パーフォレーション68を環状に穿設することができる。 Further, as optionally, a dilution air perforations 68 using a laser or mechanical drilling techniques near mouth end of the cigarette may be formed in an annular shape.

【0027】使用に当たっては、喫煙者が例えばライターを用いて燃料素子10に点火すると、燃料素子の燃焼セグメント30が燃焼して熱を発生する。 [0027] In use, when the smoker to ignite the fuel element 10 with a writer for example, burning portion of the fuel element to generate a burning heat. 燃料素子の燃焼によって発生した熱は、半径方向外方に放射して囲包部材即ちカートリッジ17の、燃料素子を囲包している部分を加熱し、その熱は、カートリッジを通して該カートリッジの、基材13及びそれに担持されたエアゾール創生物質に接触している部分へ伝導される。 Heat generated by the combustion of the fuel element, the enclosure member i.e. cartridge 17 radiate radially outward, the fuel element heats the part that encloses, the heat, through the cartridge of the cartridge, group It is conducted to the portion in contact with the timber 13 and aerosol forming material carried thereon. 更に、熱の一部は、燃料素子の基部セグメント32を通し、保持部材23を通しても、基材13及びそれに担持されたエアゾール創生物質へ伝達される。 Furthermore, some of the heat, through the base segment 32 of the fuel element, be passed through the holding member 23 is transmitted substrate 13 and the aerosol forming material carried thereon. 喫煙者による吸引中、吸引された空気は、燃料素子とカートリッジの間の空気流通路57を通り、熱い燃料素子及び加熱されたカートリッジとの接触により加熱される。 During the suction by the smoker, it sucked air passes through the air flow passage 57 between the fuel element and cartridge, is heated by contact with the hot fuel element and the heated cartridge. 次いで、加熱された吸引空気は、保持部材23とカートリッジの間の空気流通路47、48を通り、燃焼中の燃料素子と熱交換関係にある基材13に接触する。 Then, suction air which has been heated passes through the air flow passage 47, 48 between the holding member 23 and the cartridge, contacts the substrate 13 in the fuel element and the heat exchange relationship with the combustion. かくしてエアゾール創生物質に与えられた熱は、エアゾール創生物質を揮発させる働きをする。 Thus heat applied to the aerosol forming material serves to volatilize the aerosol forming material. 揮発せしめられた物質は、暖かい吸引空気に連行されてカートリッジ17からその開口52を通って流出し、マウスピースを通る間に冷却する。 Volatile allowed material was is taken to warm the suction air flows through the opening 52 from the cartridge 17, it is cooled while passing through the mouthpiece. かくして、 Thus,
使用されるエアゾール創生物質の種類によって異なるが、可視エアゾールが創生される。 It varies depending on the type of aerosol forming material employed, are produced visible aerosol wounds. 詳述すれば、吸引空気と揮発物質は、ひだ寄せタバコ紙60、タバコ材刻み補充料62のロール及びフィルタ材64を通って喫煙者の口に入る。 If specifically, volatiles and the suction air is gathered tobacco paper 60, through the rolls and filter material 64 of the tobacco cut filler 62 enters the mouth of the smoker. 燃料素子の基部セグメント32は、シガレットの使用中燃焼せず、燃料素子は、その燃焼セグメント30の燃焼が完了すると自然消火するので、燃料素子は、シガレット内にしっかりした形で残り、使用中シガレットから崩れ落ちることがない。 Base segment 32 of the fuel element does not burn during use of the cigarette, the fuel element is so naturally extinguish when the combustion in the combustion segment 30 is completed, the fuel element is remaining in solid form in a cigarette, the cigarette during use never crumble from. 通常、このシガレットは、燃料素子の燃焼セグメント30の燃焼が完了すると自然消火する。 Usually, this cigarette, spontaneously extinguishing the combustion of the burning portion of the fuel element is complete. 燃料素子が自然消火して、熱を発生しなくなったならば、シガレットを捨てることができる。 Fuel element is naturally fire fighting, if the heat is no longer occurs, it is possible to throw away a cigarette.

【0028】第6、7図を参照すると、第1〜3図のものと多くの点で類似した、本発明の別の実施例によるシガレット8が示されている。 Referring to FIGS. 6 and 7 were similar in those many respects the first to third view, and a cigarette 8 according to another embodiment of the present invention is shown. このシガレットは、燃料素子10と、エアゾール創生物質を担持した基材13と、 The cigarette includes a fuel element 10, a substrate 13 which carries aerosol forming material,
基材を包含した、伝熱性カートリッジの17の形とした囲包部材と、燃料素子をシガレット内の所定位置に保持する保持部材23とを組合せた前端組立体69を有する。 Was included substrate has a enclosure member that the form of heat conductive cartridge 17, the front end assembly 69 in combination with a holding member 23 for holding the fuel element in place within the cigarette. このシガレットは、この前端組立体とは別個の筒状マウスピース28を有する。 The cigarette has a separate tubular mouthpiece 28 and this front end assembly.

【0029】この燃料素子10(好ましくは、先の実施例の場合と同様に長手方向セグメント化燃料素子)は、 [0029] The fuel element 10 (preferably, in the previous embodiment as well as longitudinally segmented fuel element),
ガラス繊維のような不透気性(空気不透過性)断熱材7 Impermeable such as glass fiber (air-impermeable) heat insulating material 7
0で囲包する。 It encloses at 0. この目的のための代表的な不透気性断熱材は、ヨーロッパ特許第339,690号;「タバコを燃焼させずに加熱する新シガレットの試作品の化学的生理学的研究」R. Typical impermeable insulation material for this purpose, European Patent No. 339,690; "prototype of chemical physiological studies of new cigarette to heat without burning the tobacco" R. J. J. レノルズ・タバコ・カンパニー刊(1988年)、第48〜52頁;及び米国特許第4, Reynolds Tobacco Company published (1988), pp. 48-52; and U.S. Patent No. 4,
756,318号に記載されている。 It is described in EP 756,318. 断熱材は、(i) 吸引空気を透過することができること、 (ii)燃料素子を所定位置に保持するのを助成するように構成し、配置すること、(iii)燃焼する燃料素子によって発生された熱をカートリッジの、燃料素子から半径方向に離隔した部分へ伝達するような特性を有することが好ましい。 Insulation, (i) that can be transmitted through the suction air, and configured so as to assist in holding the (ii) the fuel element in position, placing, are generated by the burning fuel element (iii) heat the cartridge, it is preferable to have such characteristics as to transmit from the fuel element to spaced portions in the radial direction.

【0030】カートリッジ17の長手外周は、断熱ガラス繊維のような断熱材72によって囲包する。 The longitudinal outer periphery of the cartridge 17 is circumscribed by the heat insulating material 72 such as insulating glass fibers. 断熱材7 Heat insulating material 7
2は、燃焼する燃料素子によって発生され、カートリッジ17へ伝達される熱がエアゾール発生手段のエアゾール創生物質を効率的に加熱するのに利用されるのを助成する。 2 is generated by the burning fuel element, heat transferred to the cartridge 17 to assist in being utilized to heat the aerosol forming material of the aerosol generating means efficiently. 断熱材72を更にシガレット用巻紙のような外被ラップ74によって囲包する。 Further circumscribed by the envelope wrap 74 such as cigarette paper for cigarette insulation 72.

【0031】カートリッジ17は、(i) 保持部材23の後端面に近接して配置され、グリセリンとタバコ材抽出物を担持したアルミナビード76と、(ii) アルミナビード76の後に配置され、グリセリンとタバコ材抽出物を担持し、紙ラップ55によって囲包されたひだ寄せ紙54との、2種類の基材を包含している。 The cartridge 17 is positioned proximate the rear end surface of the (i) holding member 23, an alumina bead 76 which carries glycerin and tobacco extract, is placed after the (ii) alumina beads 76, glycerin the tobacco extract was supported, the gathered paper 54 which is circumscribed by a paper wrap 55 encompasses two types of substrates. カートリッジ17は、保持部材23をシガレット内の所望の位置に固定するのを助成するために符号78で示されるようにクリンプ(縁曲げ)又は何らかの形に変形することができる。 Cartridge 17 may be modified to hold member 23 in the desired crimp as shown by reference numeral 78 in order to assist in securing the position (crimped) or some form of the cigarette.

【0032】筒状マウスピース28は、前端組立体69 The tubular mouthpiece 28, the front end assembly 69
に突き合わせ関係に配置する。 Butt placed in relation to. マウスピースの断面形状及び寸法は、前端組立体69と実質的に同じにするのが好ましい。 The cross-sectional shape and dimensions of the mouthpiece is preferably substantially the same as the front end assembly 69. この前端組立体69と、別体のマウスピース28とは、囲包チップ材67を用いて結合する。 This front end assembly 69, the mouthpiece 28 separate binds with circumscribing chip material 67.

【0033】第8図を参照すると、第1、2図のものと多くの点で類似した、本発明の更に別の実施例によるシガレット8が示されている。 Referring to Figure 8, similar in what many respects the first and second view, a cigarette 8 is shown, according to yet another embodiment of the present invention. このシガレットは、燃料素子10と、エアゾール創生物質を担持した基材13と、 The cigarette includes a fuel element 10, a substrate 13 which carries aerosol forming material,
燃料素子を受容する伝熱性囲包部材17と、燃料素子の後方に囲包部材17内に配置され、基材13を抱持した伝熱性カートリッジ80と、筒状マウスピース28を有する。 Having a heat conductive enclosure member 17 for receiving the fuel elements, it is disposed behind the fuel element in enclosure member within 17, the heat conductive cartridge 80 which is holding the substrate 13, the cylindrical mouthpiece 28.

【0034】この燃料素子10は、ほぼ円形の断面形状を有し、基部セグメント32と、燃焼セグメント30を含む。 [0034] The fuel element 10 has a generally circular cross-sectional shape includes a base segment 32, a burning portion. 基部セグメント32の円周は、燃焼セグメント3 Circumference of the base segment 32, the combustion segment 3
0のそれより大きい。 Greater than that of 0. この燃料素子10は、その基部セグメント32から燃焼セグメント30に向かって延長する中空部82を有するように圧縮成型したものであることが好ましい。 The fuel element 10 is preferably made by compressing and molding so as to have a hollow portion 82 extending towards the burning portion 30 from the base segment 32. 随意選択として、燃料素子を長手方向に貫通する一連の空気流通路(図示せず)を形成してもよく、あるいは、燃料素子の燃焼セグメントに掘り下げた形の少くとも1つの中空部83を形成してもよい。 Formed as optional, a series of air flow path through the fuel element in the longitudinal direction (not shown) may be formed, or the form of etched down burning portion of the fuel element at least one of the hollow portion 83 it may be. 後者の場合、喫煙中燃料素子が後方へ燃え進んだとき燃料素子を貫通する少くとも1つの空気流通路が形成される。 In the latter case, the smoking in the fuel element is at least through the fuel element one air flow path is formed when proceeding burning backward.
燃料素子の燃焼セグメントの外周面には、基部セグメントに向かって名がはに延長し中空部82に合流する少くとも1つのチャンネル又は溝84が形成されている。 The outer peripheral surface of the burning of the fuel element, at least one channel or groove 84 name towards the base segment are joined to the hollow portion 82 extending to the teeth are formed. かくして、吸引空気は、チャンネル84を通って中空部8 Thus, the suction air, the hollow portion 8 through channel 84
2に入り、次いでエアゾール発生手段を通って流れる。 Enters 2, then flows through the aerosol generating means.

【0035】第9図に示された例では、第8図に示されたような燃料素子10の燃焼セグメント30の外周面に、3つの長手方向の溝84、85、86が形成されている。 [0035] In the example shown in FIG. 9 is the outer circumferential surface of the burning portion of the fuel element 10 as shown in FIG. 8, the three longitudinal grooves 84, 85 and 86 are formed . 溝の配置に関しては、図示以外のいろいろな構成(例えば、4対の溝を90°間隔に配置する構成)を用いることができる。 For the arrangement of the grooves, it is possible to use various configurations other than shown (e.g., construction of arranging grooves 4 pairs at 90 ° intervals).

【0036】再び第8図を参照して説明すると、燃料素子10は、囲包部材17内にその後端を通して挿入し、 [0036] Once again with reference to FIG. 8, the fuel element 10 is inserted through the rear end to the enclosure member within 17,
燃料素子の基部セグメント32を囲包部材17の内方突出リップ又はクリンプ88に衝接させる。 A base segment 32 of the fuel element is abuts the inwardly projecting lip or crimp 88 of the enclosure member 17. 次いで、基材13をカートリッジ80内に挿入し、カートリッジの両端を内方へクリンプして基材13の両端を抱持し、カートリッジの両端に入口開口90及び出口開口92を形成する。 Then, insert the substrate 13 in the cartridge 80, and crimping the ends of the cartridge inward to embrace both ends of the substrate 13, forming the inlet openings 90 and outlet openings 92 at both ends of the cartridge. 次いで、カートリッジ80を囲包部材17の後端内挿入し、燃料素子の基部セグメント32の後端に衝接させる。 Then, the cartridge 80 is inserted in the rear end of the enclosure member 17, thereby abuts the rear end of the base segment 32 of the fuel element. 囲包部材17の内径寸法と、カートリッジ80 And the inner diameter of the enclosure member 17, the cartridge 80
の外径寸法は、カートリッジを囲包部材内に締り嵌めによって固定することができるように定める。 The outer diameter is determined so that it can be fixed by interference fit of the cartridge into circumscribing member. かくして、 Thus,
カートリッジ80の前端部分と囲包部材17内のクリンプ88とで、燃料素子10をシガレット内の所定位置にしっかりと保持するための保持手段を構成する。 In the crimp 88 of the front end portion and the enclosure member within 17 of the cartridge 80, constituting the holding means for securely holding the fuel element 10 in place within the cigarette.

【0037】第10〜16図は、本発明の喫煙物品、特に第1〜7図を参照して説明したシガレットに組入れることができる熱源即ち燃料素子の代表的な形態を例示する。 [0037] The 10 to 16 figure illustrates the smoking article, in particular representative embodiment of the first to seventh heat source i.e. the fuel element can be incorporated into cigarette described with reference to figures in this invention. 第10図の例では、燃料素子10は、燃焼セグメント30と、隔離セグメント33と、基部セグメント32 In the example of FIG. 10, the fuel element 10 includes a burning portion 30, and isolation segment 33, the base segment 32
を有する。 Having. 隔離セグメント33は、基部セグメント32 Isolation portion 33 includes a base segment 32
より相当に小さい外寸法を有する。 Having more considerably smaller external dimensions. この燃料素子は、その燃焼セグメントの外周面に長手方向に間隔をおいて複数の横断方向の切欠き93が形成されている。 This fuel element, at intervals in the longitudinal direction on the outer peripheral surface of the combustion segment cutout 93 of a plurality of transverse direction is formed.

【0038】第11図の例では、燃料素子10は、やはり、燃焼セグメント30と、隔離セグメント33と、基部セグメント32を有し、その隔離セグメント33を横断方向に貫通した空洞35を備えている。 In the example of Figure 11, the fuel element 10, again, the combustion segment 30, and isolation segment 33, has a base segment 32, and a cavity 35 extending through the isolation portion 33 in the transverse direction . 空洞35は、 Cavity 35,
燃料素子の後面に平行な底辺と、燃焼セグメント30の方に向けられた頂点を有するほぼ三角形である。 And base parallel to the rear surface of the fuel element is substantially triangular having an apex directed towards the burning portion.

【0039】第12図の例では、燃料素子10は、やはり、燃焼セグメント30と、隔離セグメント33と、基部セグメント32を有し、その隔離セグメント33と基部セグメント32の一部分を横断方向に貫通した長方形又は正方形の空洞35を備えている。 [0039] In the example of Figure 12, the fuel element 10, again, the combustion segment 30, and isolation segment 33, has a base segment 32, and through a portion of the isolation portion 33 and the base segment 32 in the transverse direction rectangular or has a cavity 35 of a square. この例では、燃焼セグメント30と、隔離セグメント33の外周寸法は同じであり、基部セグメント32の外周寸法は、燃焼セグメント30及び隔離セグメント33の外周寸法より大きい。 In this example, the burning portion 30, the outer peripheral dimensions of the isolation segments 33 are the same, the outer peripheral dimensions of the base segment 32 is greater than the outer peripheral dimension of the burning portion and the isolation portion 33.

【0040】第13図の例は、第12図のものと類似しているが、この例では、空洞35から燃焼セグメント3 [0040] Examples of Figure 13 is similar to that of Figure 12, in this example, the combustion segment 3 from the cavity 35
0にまで延長し、やはり横断方向に貫通した追加の空洞83が形成されている。 Extended to zero, additional cavity 83 which is also through the transverse direction is formed. この構成では、燃料素子の燃焼セグメント30が後方へ燃え進んだとき、燃料素子の一部分に長手方向の貫通空気流通路が形成される。 In this configuration, when the burning portion of the fuel element has advanced burning rearward longitudinal direction of the through air flow passage is formed in a portion of the fuel element. 従って、一定時間が経過すると、吸引空気が、燃焼する燃料素子を通り抜けることができ(従って、加熱され)、エアゾール発生手段に達する。 Therefore, after a certain period of time, the suction air can pass through the burning fuel element (therefore heated), reaches the aerosol generating means. このように、吸引空気が燃料素子の燃焼セグメントを通り抜けることができるようにすることにより、そのシガレット又は喫煙物品の喫煙の後半段階においてエアゾール創生のためにエアゾール発生手段への伝達熱を増大させることができる。 Thus, by sucking air to be able to pass through the burning portion of the fuel element, thereby increasing the transfer heat to the aerosol generating means for aerosol forming in the latter stage of the smoking of the cigarette or smoking article be able to. かくして、燃料素子の有効寿命中終始、エアゾール発生手段への熱伝達量を比較的むらのない一定したものとすることができる。 Thus, throughout the useful life of the fuel element, it may be provided with constant without relatively uneven heat transfer amount to the aerosol generating means.

【0041】第14図の例では、燃料素子10は、やはり、燃焼セグメント30と、隔離セグメント33と、基部セグメント32を有し、その隔離セグメント33を横断方向に貫通したほぼ長方形の空洞35を備えている。 [0041] In the example of Figure 14, the fuel element 10, again, the combustion segment 30, and isolation segment 33, has a base segment 32, a cavity 35 substantially rectangular penetrating the isolation portion 33 in the transverse direction It is provided.
この例では、燃焼セグメント30と基部セグメント32 In this example, burning portion and the base segment 32
は、同様の形状であり、燃料素子全体として対称形であるから、燃料素子のどちら側の端部を燃焼セグメントとしてもよい。 Has the same shape, since it is symmetrical as a whole a fuel element, the ends of which side of the fuel element may be burning portion. 従って、組み立てに際して燃料素子をシガレット又は喫煙物品内にどの向きに挿入してもよい。 Therefore, it may be inserted the fuel element in any orientation cigarette or smoking within the article during assembly. 又この例では、燃焼セグメント30の前端面及び基部セグメント32の高端面にそれぞれ横断方向の畝溝37、3 Also in this example, each transverse to the high end surface of the front end face and base segment 32 of the burning portion furrows 37,3
8;94、95が形成されている。 8; 94, 95 are formed.

【0042】第15図の例は、隔離セグメント33に横断方向に貫通した2つの空洞35、96が形成されている点を除いては、第14図のものに類似している。 Examples of [0042] Figure 15, except that the two cavities 35,96 extending through transversely isolation portion 33 is formed is similar to that of FIG. 14. 第1 First
6図の例も、両端面及び外周面に第14図のものとは異なる溝が形成されている点を除いては、基本的に第14 Example 6 Figure also, except that a different groove form from that of Figure 14 to both end surfaces and the outer peripheral surface, basically 14
図のものに類似している。 It is similar to that of FIG.

【0043】第17図を参照すると、第1、2、6及び7図のものと多くの点で類似した、本発明の別の実施例によるシガレット8が示されている。 Referring to Figure 17, similar in many respects those of the 1, 2, 6 and 7 Figure cigarette 8 is shown according to another embodiment of the present invention. このシガレットは、燃料素子10と、エアゾール創生物質を担持した基材13と、燃料素子を保持するように燃料素子の全長手外周を囲包した材料70と、筒状マウスピース28を有する。 The cigarette includes a fuel element 10, a substrate 13 which carries aerosol forming material, a material 70 that encloses the entire longitudinal periphery of the fuel element so as to hold the fuel element, a tubular mouthpiece 28.

【0044】この燃料素子10は、基部セグメント32 [0044] The fuel element 10 includes a base segment 32
と、燃焼セグメント30と、燃焼セグメント30と基部セグメント32の間に位置する隔離セグメント33を含む長手方向セグメント化燃料素子であり、基部セグメント32の円周が、基部セグメント32に隣接した部分(例えば、隔離セグメント33)の円周より大きくなるような形状を有する。 When, a burning portion 30, a longitudinal segmentation fuel element including an isolation segment 33 located between the combustion segment 30 and the base segment 32, the circumference of the base segment 32, the portion adjacent to the base segment 32 (e.g. has a larger such a shape than the circumference of the isolation portion 33). この燃料素子10は、その全長に亙ってスロット又は溝として延長する少くとも1つの空気流通路98を有することが好ましい。 The fuel element 10 preferably having at least one airflow passageway 98 extending as a slot or groove over its entire length.

【0045】燃料素子10を囲包する材料70としては、いろいろな種類の材料を使用することができる。 [0045] The fuel element 10 as the material 70 that encloses may use various types of materials. 材料70は、燃焼しない材料であってもよく、あるいはそのシガレット又は喫煙物品の点火を容易にするために燃焼し易い材料であってもよいが、非金属であることが最も好ましい。 Material 70 may be a material which does not burn, or may be a material easily burned in order to facilitate the ignition of the cigarette or smoking article, but most preferably is non-metallic. 材料70の好適な例は、ヨーロッパ特許第339,690号;「タバコを燃焼させずに加熱する新シガレットの試作品の化学的生理学的研究」R. Suitable examples of the material 70, European Patent No. 339,690; "prototype chemical physiological studies of new cigarette heating without burning tobacco" R. J. J. レノルズ・タバコ・カンパニー刊(1988年)、第48 Reynolds Tobacco Company published (1988), No. 48
〜52頁;及び米国特許第4,756,318号に記載されているようなガラス繊維及びその他の材料である。 Glass fibers and other materials as described in and U.S. Pat. No. 4,756,318; to 52 pages.
又、米国特許第4,756,318号に記載されているような、ガラス繊維とタバコ材の混合物も好適な例である。 Further, as described in U.S. Patent No. 4,756,318, a mixture of glass fiber and tobacco are also suitable examples. 更に他の好適な例としては、加工紙、炭素質材含有紙、タバコ材含有紙、木材パルプ紙、硫酸塩パルプ紙、 Still other preferred examples, processed paper, carbonaceous material-containing paper, tobacco-containing paper, wood pulp paper, sulphate pulp paper,
木材パルプ・炭酸カルシウム含有紙、及び、凝集物質のような炭素質材、木材パルプ、タバコ材及び補充料を含有した紙等がある。 Wood pulp calcium carbonate-containing paper, and carbonaceous materials such as aggregated material, there is a wood pulp, such as paper containing a tobacco material and replenishment fees. これらの紙タイプの材料は、ひだ寄せ、又は縮らせて燃料素子の周りに装着してもよく、あるいは、デカフル社からCU−10又はCU−20Sという型名で販売されている棒状体製造機、又は米国特許第4,807,809号に記載された装置を用いて棒状体の形に形成してもよく、あるいは、燃料素子の周りにその中心軸線を中心として巻装してもよく、あるいは、 The material of these paper types, shirring, or Chijirase may be mounted around the fuel element, or rod-shaped body prepared for sale type name CU-10 or CU-20S from Dekafuru Inc. machine, or US may be formed into a rod-like member using the apparatus described in Patent No. 4,807,809, or may be wound around its central axis around the fuel element or,
米国特許第4,889,143号に記載されているような装置を用いて長手方向に延長した紙状シートのストランドとして形成してもよい。 May be formed as strands of extended paper-like sheet in the longitudinal direction is using a device such as that described in U.S. Patent No. 4,889,143. このような紙状シート材の例としては、キンバリ・クラーク社から販売されているP−2540−136−E炭素紙、P−2674−15 Examples of such paper-like sheet material, P-2540-136-E carbon paper sold by Kimberly-Clark Corporation, P-2674-15
7タバコ紙等があり、そのような材料の長手方向延長ストランド(例えば、約0.794mm幅のストランド) 7 there is tobacco paper or the like, the longitudinal extension strands of such materials (e.g., strands of about 0.794mm width)
を燃料素子の長手に沿って延長させるのが好ましい。 Preferably the prolonging along the length of the fuel element. 燃料素子は、又、タバコ材刻み補充料(例えば、約2重量%の炭酸カリウムで処理した、熱風乾燥させたタバコ材刻み補充料)で囲包してもよい。 Fuel element, also tobacco cut filler (e.g., treated with about 2 weight percent potassium carbonate, and dried with hot air of tobacco cut filler) may be circumscribed by. 上記ストランドの数及び配置、又はひだ寄せ紙のパターンは、燃料素子をシガレット内に保持又は維持するのに十分に締ったものとする。 The number and arrangement of the strands or the pattern of the gathered paper is sufficiently assumed was damp to hold or maintain the fuel element within the cigarette.

【0046】燃料素子を囲包する材料70は、その全長に亙って紙ラップ101によって囲包する。 The material 70 to the fuel element encloses is circumscribed by a paper wrap 101 over its entire length. この目的の紙ラップの好適な例としては、キンバリ・クラーク社から販売されているP−850−63−5がある。 Preferable examples of the paper wrap this purpose, there is a P-850-63-5 available from Kimberly-Clark Corporation. この紙ラップ101の一部分を更に第2の、即ち外被紙ラップ103で包被する。 The paper wrap 101 portion further the second, that is, the envelope with the envelope paper wrap 103. 第2紙ラップの好適な例としては、 Suitable examples of the second paper wrap,
キンバリ・クラーク社から販売されているP−850− P-850-, which is sold by Kimberly-Clark Corporation
61−2がある。 There is 61-2.

【0047】第2紙ラップ103は、気孔率が非常に低いこと及び、又は化学的処理により燃焼しにくい性質を有する紙であることが最も好ましく、好ましくはシガレットの点火端から約2〜約8mm、より好ましくは約3 The second paper wrap 103, porosity is very low and, or most preferably a paper with a hard property burned by chemical treatment, preferably from about 2 to about 8mm from the lighting end of the cigarette , more preferably from about 3
〜約6mmのところまでは紙ラップ101を包被しないようにする。 Far to about 6mm is you do not want to Tsutsumihi the paper wrap 101. 第2紙ラップ103は、又、筒状マウスピース28の全長の少くとも一部分をも包被し、それによってチップ材として機能するようにする。 The second paper wrap 103 is also at least the entire length of the tubular mouthpiece 28 Tsutsumihi also a portion, thereby to function as a chip material. この第2紙ラップ103は、燃料素子がその燃焼セグメントを超えて実質的に燃え進むのを防止する作用をする。 The second paper wrap 103, acts to prevent the fuel element progresses substantially burning beyond its burning portion. 従って、燃料素子は、その隔離部分が実質的に燃焼しないうちに自然消火する傾向を示す。 Therefore, the fuel element is a tendency to spontaneous extinguishing While the isolated portion is not substantially burned.

【0048】基材13は、燃料素子10の後方で筒状マウスピース28内に配置され、燃料素子の後端から離隔されて燃料素子との間に空間104を画定するようになされている。 The substrate 13 is disposed to the rear in a cylindrical mouthpiece 28 of the fuel element 10, it is spaced from the rear end of the fuel element is adapted to define a space 104 between the fuel element. 例えば、燃料素子の後端と基材の前端との間隔は、約1mm〜約10mm、好ましくは約2mm〜 For example, the distance between the front end of the rear end and the base of the fuel element is about 1mm~ about 10 mm, preferably about 2mm~
約5mmとする。 And about 5mm. この基材は、ひだ寄せ紙又は積層紙1 The substrate, gathered paper or laminated paper 1
05の筒と、筒105内の、燃料素子の後端側の端部に配置されたひだ寄せ紙106の短いセグメントとから成り、ひだ寄せ紙106の後方に空間107を有する形のものとすることが好ましい。 05 and the cylinder, in the cylinder 105 consists of a short segment of the rear end side of the end disposed shirred paper portion 106 of the fuel elements, and of the form having a space 107 behind the gathered paper 106 it is preferable. ひだ寄せ紙は、複数の長手方向に延長した空気流通路を提供する。 Gathered paper is to provide an air flow path extending in a plurality of longitudinally. ひだ寄せ紙又は積層紙105の筒は、通常、紙ラップ55で包被する。 Cylinder of gathered paper or laminated paper 105 is typically the envelope with paper wrap 55.
筒状マウスピース28の内面、特に基材13に近接した部分は、基材から移行するエアゾール創生物質の量を制限する働きをする材料で被覆することが好ましい。 The inner surface of the cylindrical mouthpiece 28, parts that are particularly close to the substrate 13 is preferably coated with a material that serves to limit the amount of aerosol forming material to migrate from the substrate. そのような材料の好適な例は、エチルセルロース(例えば、 Suitable examples of such materials are ethyl cellulose (e.g.,
エタノール中に溶存させた稀釈溶液として塗布する)、 Applied as dilute solutions that were dissolved in ethanol),
又は、ハーキュルス・インコーポレイテッドからハーコン70という商品名で販売されている材料等がある。 Or, there is a material such as that sold under the trade name Hakon 70 from Hercules, Inc.. マウスピースの、燃料素子に近接した部分及び、又は紙ラップ101、103の、燃料素子の基部セグメントより外方に位置する部分は、塩化カルシウム又はオルト燐酸水素二アンモニウムで被覆することができ、その後乾燥させる。 The mouthpiece portion close to the fuel element and, or paper wrap 101 and 103, the portion positioned outward from the base segment of the fuel element can be coated with calcium chloride or orthophosphate diammonium hydrogen, then dry.

【0049】第17図の燃料素子10は、第18図に見られるように、その長手外周面に沿って延長した溝9 The fuel element 10 of FIG. 17, as seen in FIG. 18, a groove 9 extending along the longitudinal outer peripheral surface
8、108を有している。 It has 8,108. 燃料素子には、その他の形態の溝又は空気流通路を形成することができる。 The fuel element, it is possible to form the grooves or air passages of the other forms.

【0050】第19図を参照すると、第17図のものと多くの点で類似した、本発明の別の実施例によるシガレット8が示されている。 Referring now to FIG. 19, similar in what many respects of FIG. 17, are cigarette 8 according to another embodiment of the present invention is shown. このシガレットの燃料素子10 Fuel element 10 of the cigarette
にはその長手軸線に対して横断方向に貫通し、長手方向にも相当な長さを有する空洞35が形成されている。 Its penetrating transversely to the longitudinal axis, a cavity 35 having even considerable length in the longitudinal direction are formed on. 燃料素子の基部セグメント32の一部分は、囲包材料70 A portion of the base segment 32 of the fuel element, circumscribed material 70
を超えて長手方向に突出しており、燃料素子が点火された後、燃料素子を貫通する空気流通路が設定されるようになされている。 The projects longitudinally beyond, after the fuel element is ignited, the air flow path through the fuel element is adapted to be set. 材料70は、燃料素子10の燃焼セグメント30と、隔離セグメント33を囲包しているが、 Material 70 includes a burning portion 30 of the fuel element 10, although encloses the isolated segments 33,
所望ならば、燃焼セグメント30の一部分を囲包材料7 If desired, circumscribing material 7 a portion of the burning portion 30
0を超えて長手方向に突出させてもよい。 0 may protrude longitudinally beyond. 燃料素子の後端は、基材13に対して離隔関係に配置する。 The rear end of the fuel element is disposed in spaced relationship to the substrate 13. 基材13 The base material 13
には、随意選択として、かなり大きい長手方向の空気流通路又は溝110、112を形成することができる。 The, as optional, it is possible to form a considerably large longitudinal air flow passage or groove 110, 112.

【0051】第20図を参照すると、第17図のものと多くの点で類似した、本発明の更に別の実施例によるシガレット8が示されている。 [0051] With reference to FIG. 20, similar in what many respects of FIG. 17, a cigarette 8 is shown, according to yet another embodiment of the present invention. このシガレットの燃料素子10の基部セグメント32は、燃焼セグメント30及び隔離セグメント33より相当に大きい円周を有している。 The base segment 32 of the fuel element 10 of the cigarette has a circumference substantially greater than the burning portion 30 and isolation segment 33. 隔離セグメント33には、燃料素子の長手軸線に対して横断方向に貫通した空洞35が形成されている。 The isolation segment 33, a cavity 35 passing through transversely to the longitudinal axis of the fuel element is formed.
又、この燃料素子には、その全長に沿って溝として延長した空気流通路(図示せず)が形成されている。 Also, this fuel element, the air flow path that extends as a groove along its entire length (not shown) is formed. 基材1 Substrate 1
3は、マウスピース28の内径の約2.5〜約4倍の直径を有する紙の円形部材をマウスピースの吸口端から挿入し、マウスピース内でその紙部材をひだ寄せ又はその他の方法で成形することによってカップ形状としたものである。 3, the circular member of the paper with about 2.5 to about 4 times the diameter of the inner diameter of the mouthpiece 28 is inserted from the mouth end of the mouthpiece, the paper member within the mouthpiece in shirring or otherwise is obtained by a cup-shaped by molding.

【0052】第21図は、燃料素子の変型例を示す。 [0052] Figure 21 shows a variation of the fuel element. この燃料素子10は、その隔離セグメント33を横断方向に貫通した空洞35を有し、燃料素子の長手外周面に沿って溝として延長した空気流通路98、108、11 The fuel element 10 includes a cavity 35 extending through the isolation portion 33 in the transverse direction, the air flow passage is extended as a groove along the longitudinal outer peripheral surface of the fuel element 98,108,11
6、118を備えている。 It is equipped with a 6,118. このような燃料素子は、押出成形した燃料素子を機械加工することによって、あるいは、圧縮成型法によって製造することができる。 Such a fuel element, by machining the extruded fuel element, or can be prepared by compression molding. この形態の燃料素子は、第17〜19図を参照して説明した型式のシガレットに使用するのに特に適している。 Fuel elements of this embodiment is particularly suitable for use in cigarettes of the type described with reference to 17-19 FIG.

【0053】本発明の喫煙物品には何らかの形態のタバコ材を組入れる。 [0053] The smoking article of the present invention incorporate a tobacco some form. そのタバコ材の形態は、いろいろなものであってよく、一種類以上の形態のタバコ材を組入れてもよい。 Form of the tobacco material may be one of many, may incorporate tobacco of one or more forms. 又、タバコ材は、燃料素子及び、又はエアゾール発生手段に組入れてもよく、及び、又はマウスピースを通して吸引されるエアゾールにいろいろな香味のタバコ成分が付与されるような態様でマウスピース内に配置することもできる。 Further, the tobacco material, the fuel element and, or may be incorporated into the aerosol generating means, and, or disposed within the mouthpiece in such a way tobacco components of various flavors to the aerosol sucked is given through the mouthpiece it is also possible to. タバコ材の種類も、いろいろなものを使用することができ、熱風乾燥タバコ、バーレー種、メリーランド種、オリエンタル種タバコ、稀種タバコ、特殊タバコ、又はそれらのブレンド等であってよい。 Type of tobacco also can be used various things, hot-air drying tobacco, Burley, Maryland species, oriental species tobacco, rare species tobacco, may be special tobacco, or blends thereof, and the like.

【0054】本発明に使用することができるタバコ材の一形態は、タバコ材刻み補充料(例えば、幅約1.69 [0054] One form of tobacco which may be used in the present invention, the tobacco cut filler (e.g., a width of about 1.69
〜約0.635mm、長さ約6.35〜約76.2mm To about 0.635mm, a length of about 6.35~ about 76.2mm
のストランドの形の又は裁刻されたタバコ材刻み補充料)である。 It is a form of or shredded tobacco cut filler strands). タバコ材刻み補充料(刻みタバコ材から成る補充料)は、タバコ葉片、膨嵩された、又はパフされたタバコ葉片、刻み圧延、又は刻みパフされた葉柄を含む加工葉柄、又は再生タバコ材の形で得ることができる。 Tobacco cut filler (supplement charges consisting of tobacco material), tobacco leaf pieces were 膨嵩, or puff tobacco leaf, in increments of rolling, or increments puff processability petioles including petioles, or reconstituted tobacco material it can be obtained in the form. ヨーロッパ特許第412,768号に記載されているような加工タバコも用いることができる。 Processed tobacco as described in EP 412,768 may also be used. 再生タバコ材は、流し込みシート成形法、米国特許第4,962, Reconstituted tobacco materials, cast sheet forming method, U.S. Patent No. 4,962,
774号に記載されているような製紙法又は、米国特許第4,821,749号に記載されているような押出成形法を用いて調製することができる。 774 papermaking process as described in JP or can be prepared using an extrusion molding method as described in U.S. Patent No. 4,821,749. 刻み補充料は、通常、紙ラップで包被された円筒形のタバコ材ロール又は装入物としてシガレットに組入れる。 Cut filler is incorporated usually in cigarettes as tobacco roll or charge of cylindrical shape with Kabusare wrapped in paper wrap. タバコ材刻み補充料は、当業者には周知のシガレット棒状体製造法及び装置を用いて紙ラップに包被されたロールとして供給することができる。 Tobacco cut filler is to those skilled in the art can be supplied as a roll Kabusare wrapped in the paper wrap using known cigarette rod member manufacturing method and apparatus. タバコ材刻み補充料は、所望ならば、エアゾール発生手段内に組入れることもできる。 Tobacco cut filler can, if desired, can also be incorporated into the aerosol generating means.

【0055】本発明に使用することができるタバコ材の他の一形態は、タバコ紙である。 [0055] Another embodiment of tobacco that can be used in the present invention is tobacco paper. 例えば、キンバリ・クラーク社からP144−GNAという商品名で販売されているタバコ紙のウエブを米国特許第4,807,09 For example, the web the US patent of tobacco paper, which is sold under the trade name P144-GNA from Kimberly-Clark Corporation 4,807,09
号の例2に記載されているような態様でひだ寄せして円筒セグメントの形に成形することができる。 It can be shaped in the form of a cylindrical segment shirred in a manner as described in Example 2 of JP. このひだ寄せタバコ紙の円筒形セグメントを(i) エアゾール創生物質を担持するための基材として機能させるためにエアゾール発生手段に組入れることができ、及び、又は、 (i The cylindrical segments of gathered tobacco paper (i) can be incorporated into the aerosol generating means in order to function as a substrate for carrying the aerosol forming material, and, or, (i
i) シガレットのマウスピース内に挿入することができる。 i) can be inserted into the mouthpiece of the cigarette. 所望ならば、タバコ紙を喫煙物品の筒状マウスピースの内張りライナーとして使用することもできる。 If desired, it is also possible to use a tobacco paper as lining liner tubular mouthpiece of the smoking article.

【0056】本発明に使用することができるタバコ材の更に別の形態は、微細タバコ材である。 [0056] Yet another form of tobacco which may be used in the present invention is a fine tobacco. この形態のタバコ材としては、タバコ粉末、微細タバコ葉片がある。 The tobacco in this form, the tobacco powder with fine tobacco leaf pieces. 通常、微細タバコ材は、エアゾール発生手段内に配置する基材に担持させるが、燃料素子内に組入れてもよい。 Usually, the fine tobacco is carried on the base material positioned within the aerosol generating means may be incorporated into the fuel element.

【0057】本発明に使用することができるタバコ材の更に別の形態は、タバコ材抽出物である。 [0057] Yet another form of tobacco which may be used in the present invention is a tobacco extract. タバコ材抽出物は、水、二酸化炭素、六弗化硫黄、ヘキサン又はエタノール等の炭化水素、又は市販のフレオン等のハロカーボン等の溶媒、又はその他の有機性又は無機性溶媒を用いてタバコ材を抽出処理することによって得られる。 Tobacco extract include water, carbon dioxide, sulfur hexafluoride, hexane or a hydrocarbon such as ethanol, or a solvent such as halocarbons such as the commercially available Freon, or other organic or tobacco using an inorganic solvent obtained by extracting processing. タバコ材抽出物としては、噴霧乾燥させたタバコ材抽出物、凍結乾燥させたタバコ材抽出物、タバコ芳香油、タバコエッセンス等がある。 The tobacco extract, spray dried tobacco extract was freeze dried tobacco extract was, tobacco aroma oils, tobacco essences and the like. 好適なタバコ材抽出物を得る方法は、米国特許第4,506,682号、4,98 Method of obtaining a suitable tobacco extracts, U.S. Patent No. 4,506,682, 4,98
6,286号、及びヨーロッパ特許第326,370 No. 6,286, and European Patent No. 326,370
号、338,831号に記載されている。 No., it is described in EP 338,831. 又、ヨーロッパ特許第374,779号に記載されているような香味付タバコ組成物も有用である。 Also useful flavoring tobacco compositions such as those described in European Patent No. 374,779. 更に別のタバコ材抽出物として、ステンレス鋼コラム内で周囲温度下で1重量部のタバコ材刻み補充料を約6重量部の水で抽出し、得られた約15重量%の水性タバコ材抽出物を凍結して凍結ブロックを形成し、該凍結ブロックの約半分の重量のものを溶解し、得られた水と抽出物を収集し、収集した抽出物と水を凍結して凍結ブロックを形成し、該凍結ブロックの約半分の重量のものを溶解し、得られた水と抽出物を収集することによって調製したものを使用することもできる。 As a further tobacco extract, at ambient temperature in a stainless steel column was extracted tobacco cut filler of 1 part by weight of water from about 6 parts by weight, the resulting about 15% by weight of the aqueous tobacco extract objects frozen to form a frozen block, forms about dissolving the half weight ones, the resulting aqueous and collect the extract, collected extract and water frozen frozen block of the frozen block and, dissolving of about half the weight of the frozen block, it is also possible to use those prepared by collecting the resulting aqueous extract.

【0058】本発明の喫煙物品は、燃料素子と物理的に別体のエアゾール発生手段を備えている。 [0058] The smoking article of the present invention includes an aerosol generating means of the fuel element and the physically separate. 従って、エアゾール発生手段は、燃料素子とは混合しておらず、燃料素子の一部をなすものでもない。 Therefore, the aerosol generating means is not mixed in with the fuel element, nor form part of the fuel element. エアゾール発生手段は、燃料素子の燃焼によって発生した熱が、特に喫煙者の吸込時にエアゾール創生物質を加熱して揮発させるためにエアゾール発生手段へ伝達されるように、燃料素子に対して熱交換関係をなしている。 Aerosol generating means, as the heat generated by the combustion of the fuel element, is transmitted to the aerosol generating means to volatilize by heating the aerosol forming material, especially when the suction smokers heat exchanger to the fuel element and it forms a relationship.

【0059】エアゾール発生手段は、エアゾール創生物質を担持するための基材を含むものであることが好ましい。 [0059] aerosol generating means is preferably one comprising a substrate for carrying the aerosol forming material. 基材は、喫煙されないときはエアゾール創生物質を保持し、喫煙時にはエアゾール創生物質を解放するものであることが好ましい。 The substrate, when not smoke retains the aerosol forming material, it is preferred that the time of smoking is to release the aerosol forming material.

【0060】本発明に使用することができる基材の一形態は、紙、炭素紙、タバコ紙等の不織シート状材又はセルロース質材である。 [0060] One form of a substrate that can be used in the present invention include paper, carbon paper, a nonwoven sheet material or cellulosic material of the tobacco paper and the like. この種の基材は、通常、紙系材のウエブを裁刻、ひだ寄せ又はしわ寄せした又は縮らせたものを外被ラップで包被することによって得られる円筒形セグメントとして形成する。 This type of substrate is typically a web of shredded paper-based material, formed as a cylindrical segment obtained by envelope those Chijirase or was shirred or wrinkled in the envelope wrap. この外被ラップは、紙材であることが好ましく、エアゾール創生物質、喫煙物品の他の部分への移行を制限するように処理された紙材とすることができる。 The envelope wraps may be preferably paper material, aerosol forming material, and other paper material which has been treated so as to limit the transition to the portion of the smoking article. 所望ならば、外被ラップは、金属(例えば、アルミニウム)フォイルとしてもよい。 If desired, the envelope wrap, a metal (e.g., aluminum) may be foil. 基材の円筒形セグメントは、米国特許第4,807,809 Cylindrical segments of the substrate, U.S. Patent No. 4,807,809
号に記載された装置及び方法を用いて製造された棒状物から形成することができる。 It can be formed from the stick-shaped material manufactured using the apparatus and methods described in EP. ひだ寄せして基材を形成するのに用いることができる紙の例としては、フィルトロナ社からMS2408という商品名で販売されているもの、キンバリ・クラーク社からP−1976−29− Examples of paper which can be used to form a shirred to the substrate, those sold under the trade name MS2408 from Filtrona Corp., P-1976-29- from Kimberly-Clark Corporation
5、P−1976−29−7、P−1976−29− 5, P-1976-29-7, P-1976-29-
1、P−1976−29−8、P−1976−29−1 1, P-1976-29-8, P-1976-29-1
1という商品名で販売されているものがある。 There are those sold under the trade name 1. 2種類以上の紙又は紙系材を用いることもできる。 It is also possible to use two or more types of paper or paper-based material. ひだ寄せして基材を形成するのに用いることができるタバコ紙の例としては、キンバリ・クラーク社からP144−GNAという商品名で販売されているものがあり、ヨーロッパ特許第342,538号に記載されている炭素入りタバコシート材を用いることもできる。 Examples of tobacco paper can be used to form the shirred to substrates include those sold under the trade name P144-GNA from Kimberly-Clark Corporation, in EP 342,538 it is also possible to use carbon-containing tobacco sheet material is described. 本発明に使用することができる基材の別の形態は、容器から液体エアゾール創生物質を灯心作用により吸い上げることができる多孔質の、透気性パッドである。 Another form of substrate that can be used in the present invention, the porous which may be sucked up by the wicking of liquid aerosol forming material from the container, a permeable pad. この種の基材として使用されるシート状材は、基材からのエアゾール創生物質の移行を制御するために、ある種の気孔構造物を物理的に混合した及び、又は編入した充填剤を有するものとすることができる。 Sheet material used as this kind of the substrate, in order to control the migration of aerosol forming material from the substrate, was mixed with certain pore structures physically and or incorporated with filler it can be assumed to have. ただし、多くの場合、非金属材で、金属材を含まない材料で製造した基材が好ましい。 However, in many cases, non-metallic material, base material manufactured from a material that does not contain metallic materials are preferred.

【0061】本発明に使用することができる基材の更に別の形態は、熱的に安定した材料(例えば、分解又は燃焼することなく約400℃〜約600℃の温度に耐えることができる材料)である。 [0061] Yet another embodiment of a substrate that can be used in the present invention, thermally stable material (e.g., materials that can withstand temperatures of about 400 ° C. ~ about 600 ° C. without decomposing or burning ) it is. そのような材料の例としては、多孔質炭素、グラファイト、炭素ヤーン、活性又は不活性炭素、セラミック等がある。 Examples of such materials include porous carbon, graphite, carbon yarns, active or inactive carbon, there is a ceramic. 好適な炭素基材は、 Suitable carbon substrate,
ユニオン・カーバイド社からPC−25及びPG−60 From Union Carbide PC-25 and PG-60
という商品名で販売されているもの、カルゴン社からS Those sold under the trade name, S from Calgon Corporation
GLという商品名で販売されているもの、アメリカン・ Those sold under the trade name GL, American
キノール・インコーポレイテッドからカタログ番号CF Catalog Number CF from quinol, Inc.
Y−0204−1、CN−157(HC)、CN−21 Y-0204-1, CN-157 (HC), CN-21
0(HC)、ACN−211−10、ACN−157− 0 (HC), ACN-211-10, ACN-157-
10で販売されているものがある。 There are things that are sold in 10. その他の好適な基材の材料は、W. The materials other suitable substrate, W. R. R. グレース・アンド・カンパニーからD−2焼結αアルミナという商品名で販売されているα α are sold under the trade name D-2 sintered α-alumina from Grace & Co.
アルミナビード、米国特許第4,827,950号に記載されているような基材材料である。 Alumina beads, a substrate material, such as described in U.S. Patent No. 4,827,950. 所望ならば、基材材料は、多孔性の、透気性押出材料であってもよい。 If desired, the substrate material is porous, it may be a permeable extruded material.

【0062】本発明に使用することができる基材の更に別の形態は、炭素、タバコ材、炭素とタバコ材の混合物、アルミナとタバコ材の混合物、又は紙とタバコ材の混合物から得られる圧縮ペレットである。 [0062] Yet another embodiment of a substrate that can be used in the present invention, carbon, tobacco, mixtures of carbon and tobacco, mixtures of alumina and tobacco, or compression resulting from a mixture of paper and tobacco a pellet. 圧縮ペレットは、日本のフジ・パウダル(株)製で「マルメライザ」 Compressed pellet, Japan at the Fuji-Paudal Co., Ltd. "Marumerizer"
という商品名で販売されている機械を用いて製造することができる(ドイツ特許第1,294,351号、米国再発行特許第27,214号及び昭和42年日本国特許第8684号参照)。 It can be produced using a machine sold under the trade name (German Patent No. 1,294,351, U.S. Reissue Pat. No. 27,214 and 1967 Japanese Patent No. 8684).

【0063】エアゾール発生手段を調製するのに1種類以上の基材材料を用いることもできる。 [0063] It is also possible to use one or more substrate materials for preparing the aerosol generating means. 例えば、エアゾール創生物質を担持したアルミナビードを燃料素子の後方に配置し、そのアルミナビードの後にエアゾール創生物質を担持したひだ寄せ紙の円筒形セグメントを配置することができる。 For example, it is possible to alumina beads carrying aerosol forming material is disposed behind the fuel element, placing a cylindrical segment of gathered paper carrying aerosol forming material after the alumina beads.

【0064】エアゾール発生手段は、エアゾール創生物質を包含しており、そのエアゾール創生物質が燃料素子と熱交換関係におかれている。 [0064] aerosol generating means is includes an aerosol forming material, the aerosol forming material is placed in the fuel element and heat exchange relationship. エアゾール創生物質は、 Aerosol forming substance,
液体、半固体、又は固体であってよく、通常、基材に担持させる。 Liquid may be a semi-solid, or solid, usually, be carried on a substrate. 好ましいエアゾール創生物質の例としては、 Examples of preferred aerosol forming substances,
多価アルコール(例えば、グリセリン、プロピレングリコール、トリエチレングリコール、テトラエチレングリコール)、モノ、ジ、又はポリカルボン酸の脂肪族エステル(例えば、ステアリン酸メチル、ドデカンジ酸ジメチル、テトラ−ドデカンジ酸ジメチル)、ロンザ・インコーポレイテッド社からヒスターTPFという商品名で販売されているもの、及びそれらの混合物がある。 Polyhydric alcohols (e.g., glycerin, propylene glycol, triethylene glycol, tetraethylene glycol), mono-, di-, or aliphatic esters of polycarboxylic acids (e.g., methyl stearate, dodecanedioic acid dimethyl, tetra - dodecanedioic acid dimethyl) those sold under the trade name Hisuta TPF from Lonza, Inc., Inc., and mixtures thereof. 例えば、グリセリンと、トリエチレングリコールと、ヒスターTPFを混ぜ合わせてエアゾール創生物質を調製してもよい。 For example, glycerin, triethylene glycol, may be prepared aerosol forming material by mixing the Hisuta TPF. その他のエアゾール創生物質の例は、揮発性香味剤、タバコ香味改変剤等である。 Examples of other aerosol forming materials include volatile flavoring agents and tobacco flavor modifiers and the like. 揮発性香味剤としては、メントール、バニリン、ココア、甘草、有機酸、高フラクトースコーンシロップ等がある。 Volatile flavoring agents include menthol, vanillin, cocoa, licorice, organic acids, high fructose corn syrup. 喫煙物品に使用するためのその他の香味剤は、レフィンゲル他著「喫煙製品のためのタバコ香味付け」及びヨーロッパ特許第4 Other flavoring agents for use in the smoking article, Refingeru "tobacco flavored for smoking products," et al., And European Patent No. 4
07,792号に記載されている。 It is described in EP 07,792. タバコ香味改変剤としては、レブリン酸、レブリン酸の金属(例えば、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム)塩等がある。 The tobacco flavor modifiers, there levulinic acid, levulinic acid metal (e.g., sodium, potassium, calcium, magnesium) salts and the like.

【0065】喫煙物品1本当たりに使用されるエアゾール創生物質の量は、エアゾール創生物質の成分、エアゾール創生物質を担持する特定の基材の組成等の要素に応じていろいろに定めることができる。 [0065] The amount of aerosol forming material employed per smoking article one, the components of the aerosol forming material, variously determined that in accordance with the elements of the composition of the particular substrate which carries the aerosol forming material can. 一般には、喫煙物品1本当たりに使用されるエアゾール創生物質の量は、 In general, the amount of aerosol forming material employed per one smoking article,
約20mg〜約200mgであり、好ましくは約35m It is about 20mg~ about 200mg, preferably from about 35m
g〜約150mgである。 g~ is about 150mg. 紙又は紙系材の基材を用いる場合は、基材に担持させるエアゾール創生物質の重量は基材自体の乾量重量の約2〜約4倍とすることが好ましい。 In the case of using a substrate of paper or paper-based material, the weight of the aerosol forming material to be supported on the substrate is preferably about 2 to about 4 times the dry weight by weight of the substrate itself.

【0066】本発明の喫煙物品は、エアゾール発生手段内のエアゾール創生物質を揮発させるのに十分な熱を発生する熱源即ち燃料素子を備えている。 [0066] The smoking article of the present invention includes a heat source i.e. the fuel element generates sufficient heat to volatilize aerosol forming material within the aerosol generating means. 燃料素子は、その密度が約0.7gm/cc、往々にして約0.7gm Fuel element, the density of about 0.7 gm / cc, about and often 0.7 gm
/cc以上、しばしば約1gm/cc以上、ときには約1.5gm/cc以上で、通常は約2gm/cc未満となるように可燃材料から製造する。 / Cc or more, often about 1 gm / cc or more, sometimes in about 1.5 gm / cc or more, usually manufactured from a combustible material to be less than about 2 gm / cc. 燃料素子の長さは、 The length of the fuel element,
燃焼前の時点で、約20mm未満、しばしば約15mm At the time of the pre-combustion, less than about 20mm, often about 15mm
未満、往々にして約10mm未満とする。 Less than, and often to less than about 10mm.

【0067】燃料素子は、先に説明したようにセグメント化構成とすることが特に好ましい。 [0067] The fuel element is particularly preferably a segmented construction as previously described. セグメント化燃料素子は、それを組入れた喫煙物品の喫煙中、(i) 燃料素子の全長の一部分が燃焼のために使用され、 (ii) 燃料素子の残りの部分は燃焼しないように設計される。 Segmented fuel element during smoking of the smoking article incorporating it, is used for the combustion portion of the length of (i) the fuel element is designed so as not to burn the rest of (ii) the fuel element . 燃料素子のうち、燃焼しないように設計される部分即ち非燃焼部分には、(i) 燃料素子の該非燃焼部分の組成の選択、 (ii) 燃料素子全体の形状又は形態、 (iii)喫煙物品内での燃料素子の位置、 (iv) 燃料素子を喫煙物品内に固定する態様等の要素の結果として不燃特性を付与することができる。 Of the fuel element, the portion or the non-burning portion is designed not to burn, (i) selection of the composition of the non-burning portion of the fuel element, (ii) the fuel element overall shape or form, (iii) smoking articles position of the fuel element on the inner, it is possible to impart incombustibility properties as a result of factors such as manner of fixing in the smoking article and (iv) the fuel element. 好ましいセグメント化燃料素子は、 Preferred segmented fuel element,
(i) 熱発生のための燃焼部分(セグメント)と、 (ii) (I) a combustion portion for heat generation (the segments), (ii)
基部即ち支持部分(セグメント)を含む非燃焼部分と、 A non-combustion portion includes a base or support portion (segment),
(iii)該燃焼部分と基部との間に位置する隔離部分(セグメント)とを含む。 And (iii) an isolation portion positioned between the combustion section and the base (segments). 又、好ましいセグメント化燃料素子は、熱が燃料素子の燃焼部分から非燃焼部分へ直ちに伝わらないように設計され構成される。 Further, preferred segmented fuel element, heat is designed so as not transmitted immediately to the non-combustion portion from the combustion portion of the fuel element constructed. 即ち、燃焼する燃料素子が通常のくすぶり期間中(吸込みと吸込の間) That is, the fuel element is in normal smolder period for combustion (between the suction and suction)
に自然消火する傾向を示さないようにするために、燃料素子から喫煙物品の他の部分への熱の伝導による伝達が制御され、好ましくは最少限にされる。 In order to show no tendency to spontaneously extinguished, transfer from the fuel element due to heat conduction to other parts of the smoking article is controlled, preferably minimized. 通常、燃料素子の燃焼部分の長さは、約1mm〜約3mmとし、燃料素子の隔離部分の長さは、最高約10、好ましくは最高約5mmとする。 Usually, the length of the combustion portion of the fuel element, and about 1mm~ about 3 mm, the length of the isolated portion of the fuel element, up to about 10, preferably up to about 5 mm.

【0068】燃料素子は、その2つの対向側面が平行になるような横断面形状を有することが好ましい。 [0068] The fuel element preferably has a cross-sectional shape such that its two opposite sides are parallel. 又、セグメント化燃料素子は、その各ケークセグメント、特に基部セグメントの横断面形状がほぼ正方形、又は長方形又は平行四辺形となるように(即ち、燃料素子の各セグメントがその全長に亙って延長する4つの辺を有し、2 Moreover, segmented fuel element, each cake segment, in particular cross-sectional shape is substantially square base segment, or as a rectangular or parallelogram (i.e., each segment of the fuel element over its entire length extension It has four sides, 2
対の互いに対向する辺が実質的に平行であるような横断面形状となるように)することが好ましい。 It is preferred that the sides, which face each other, of the pair so that cross-sectional shape as is substantially parallel) to.

【0069】燃料素子の最大断面寸法は、いろいろに定めることができるが、燃料素子の燃焼セグメントが、該セグメントを囲包する囲包部材17に接触しないような寸法とする。 [0069] the maximum cross-sectional dimension of the fuel element, may be defined variously, burning portion of the fuel element, and dimensioned so as not to contact the enclosure member 17 which encloses the segments. 通常、燃料素子の燃焼セグメントは、囲包部材17から約0.2〜2mm、好ましくは約1mm離隔させて配置する。 Usually, the burning of the fuel element is about 0.2~2mm from enclosure member 17, which preferably is approximately 1mm spaced. 燃料素子の典型的な燃焼セグメントは、約10mm 2 〜約25mm 2の断面積を有する。 Typical burning portion of the fuel element has a cross-sectional area of about 10 mm 2 ~ about 25 mm 2. 燃料素子の典型的な基部セグメントは、約15mm 2 〜約30mm 2の断面積を有する。 Typical base segment of the fuel element has a cross-sectional area of about 15 mm 2 ~ about 30 mm 2. 燃料素子の隔離セグメントの断面積は、できるだけ小さくし、通常、約5mm 2 Sectional area of the isolation segments of the fuel element, as small as possible, usually about 5 mm 2
〜約10mm 2とする。 And to about 10mm 2.

【0070】燃料素子の可燃材料の組成は、いろいろなもとすることができるが、好ましいのは、炭素を含む燃料素子であり、特に好ましいのは、炭素質材料から成る燃料素子である。 [0070] The composition of the combustible materials of the fuel element, may be different based on, preferred are fuel elements containing carbon, particularly preferred are fuel elements made of a carbonaceous material. 好ましい炭素質材料として好ましいのは、約60重量%以上の炭素含有量を有するものであり、より好ましいのは、約75重量%以上の炭素含有量を有するものである。 Preference Preferred carbonaceous materials are those having a carbon content of greater than about 60 wt%, more preferred are those having a carbon content of greater than about 75 wt%. 燃料素子には、香喫味料、タバコ材抽出物、充填剤(例えば、クレー又は炭酸カルシウム)、燃焼添加剤(例えば、くすぶり特性を改良し、残燼防止剤)、燃焼改変剤(例えば、易燃性を制御する炭酸カリウム)、結合剤等を編入することができる。 The fuel elements, flavor and taste fees, tobacco extract, fillers (e.g., clays or calcium carbonate), burn additives (to improve e.g., a smoldering characteristics, afterglow inhibitor), combustion modifying agents (e.g., easiness potassium carbonate for controlling retardancy) can be incorporated a binder or the like. 好ましい炭素質燃料の組成の例は、米国特許第4,714, Examples of the composition of the preferred carbonaceous fuel is U.S. Patent No. 4,714,
082号、4,756,318号及び4,881,55 082, 4,756,318 Patent and 4,881,55
6号、並びにヨーロッパ特許第236,992号及び4 No. 6, as well as European Patent Nos. 236,992 and 4
07,792号に記載されている。 It is described in EP 07,792. その他、燃料素子は、破砕タバコ材、再生タバコ材、セルロース質材、改変セルロース質材等で製造することができる。 Other fuel element, crushed tobacco, reconstituted tobacco materials, cellulosic materials, can be produced by modifying cellulosic materials, and the like. そのような材料の例は、米国特許第4,347,855号、3, Examples of such materials are described in U.S. Patent No. 4,347,855, 3,
931,824号、3,885,574号及び4,00 Nos. 931,824, 3,885,574 Patent and 4,00
8,723号、並びにシチッグ編「タバコ代替品」ノイエ・データ・コーポレーシヨン刊(1976)に記載されている。 No. 6,450, and are described in the Shichiggu ed., "Tobacco substitute" Neue Data Corporation rate Chillon published (1976). 炭素質材料の例としては、カルゴン・カーボン・コーポレーシヨンからPCBという商品名で販売されているPXC炭素、Lot B−11030−CAC Examples of the carbonaceous material, PXC carbon, which is sold under the trade name of PCB from Calgon Carbon Corporation rate of Chillon, Lot B-11030-CAC
−5、Lot B−11250−CAC−115、及びLot 089−A112−CAC−45という名称で販売されている実験炭素等のココナッツの殻の炭素がある。 -5, there is carbon in Lot B-11250-CAC-115, and Lot 089-A112-CAC-45 experimental carbons such as that sold under the name coconut shell.

【0071】本発明の喫煙物品のための燃料素子は、金型成形、機械工、圧力成形、又は押出成形によって所望の形状に形成するのが有利である。 [0071] Fuel elements for the smoking articles of the present invention, molding, mechanic, pressure molding, or by extrusion is advantageously formed into the desired shape. 燃料素子を成形する際、通路、スロット、溝又は中空部を形成することができる。 When forming the fuel element can be formed passage, slots, grooves or hollow portions. 押出成形による炭素質燃料素子は、最高95部までの炭素質材料と、最高20部までの結合剤と、最高2 Carbonaceous fuel element by extrusion molding, a carbonaceous material up 95 parts, and a binder of up to 20 parts, up to 2
0部までのタバコ材を、固いドウ状の稠度を有するペーストを得るのに十分な水と混合し、そのペーストをラム、スクリュー又はピストン型押出器を用いて押出すとにより所望数の通路又は空洞を有する所望の形状の押出成形品を得ることによって調製することができる。 The tobacco to 0 parts hard to obtain a paste having a dough-like consistency is mixed with sufficient water, the paste ram, the desired number of passages by extrusion strike by using a screw or piston type extruder or it can be prepared by obtaining the extrusion of the desired shape having a cavity. この押出成形品は、更に、最終燃料素子の特定の表面部分に特定の表面特性を付与するように押出成形品の押出軸線に対して横断又は長手方向に一定の間隔で溝を刻印するために1対の針付又は溝付ローラの間を通すことができる。 The extrudate is further, in order to be engraved grooves at regular intervals in a transverse or longitudinal to the extrusion axis of the extrudate to impart particular surface properties to the particular surface portion of the final fuel element between the needle with or grooved roller pair can be passed through. 次いで、その押出成形品を通常、約2〜約7重量% Then the extrudates generally from about 2 to about 7 wt%
の低い湿分にまで乾燥させ、その連続した長さの押出成形品を一定の間隔で切断又は何らかの方法で分断し、複数個の個別燃料素子を得ることができる。 Dried to a low moisture, the continuous length of extrudate divided by the cut or some way at regular intervals, it is possible to obtain a plurality of individual fuel elements. かくして、最終的に組入れるべき喫煙物品の長手軸線に対して平行ではなく垂直な押出軸線を有する燃料素子を得ることができる。 Thus, it is possible to obtain a fuel element having an extrusion axis which is perpendicular rather than parallel to the longitudinal axis of the finally incorporated to the smoking article. 所望ならば、それぞれ異る組成の燃焼セグメントと基部セグメントを有する燃料素子を得るために、いろいろな異る種類の材料を同時押出しすることができる。 If desired, in order to obtain a fuel element having a burning segment and a base segment of each yl composition, it can be co-extruded with various yl types of materials.
例えば、(i) 燃料素子の基部セグメントと隔離セグメントは、燃料素子の燃焼セグメントを製造するのに用いられる材料より燃焼性の低い材料で製造することができ、 For example, the base segment and isolation segment of (i) the fuel element can be manufactured at a low material flammability than the material used to make the burning portion of the fuel element,
あるいは、(ii) 燃料素子の点火端は、燃料素子への点火をより容易にするために極めて高い燃焼性を有する材料で製造することができる。 Alternatively, the lighting end of (ii) the fuel element can be manufactured of a material having a very high flammability for easier ignition of the fuel element.

【0072】囲包部材17は、耐熱材で製造する。 [0072] enclosure member 17, to produce a heat-resistant material. 囲包部材は、熱伝導性部材であることが好ましく、通常、金属シートストリング又はフォイルで製造する。 Enclosure member is preferably a heat conductive member, usually made of metal sheet string or foil. 典型的な例では、熱伝導性部材(「伝熱性部材」とも称する)の厚さは、約0.01mm〜約0.2mmの範囲とする。 In a typical example, the thickness of the heat conductive member (also referred to as "heat conducting member") is in the range of about 0.01mm~ about 0.2 mm.
この伝熱性部材を製造するのに使用される材料の厚さ、 The thickness of the material used to manufacture the heat conducting member,
形状及び、又は種類は、エアゾール創生物質への所望の熱伝達が得られるようにいろいろに定めることができる。 Shape and, or type may be defined as variously desired heat transfer to the aerosol forming material can be obtained. 伝熱性材料として好ましいのは、薄いアルミニウムシートで製造したものである。 Preferred as heat transfer materials are those manufactured by a thin aluminum sheet. 伝熱性部材は、(i) 一体構造のものとしてもよく、あるいは2つ又はそれ以上のセグメントから製造してもよく、 (ii) あるいは、1種類又は2種類以上の伝熱性材料で製造してもよい。 Heat conducting member is manufactured by (i) may be produced also good, or from two or more segments as monolithic, (ii) or one or more kinds of thermally conductive material it may be.

【0073】伝熱性部材は、燃料素子の燃焼セグメントの全長の少くとも1部分を覆い、かつ、エアゾール創生物質を囲包する容器を構成するものとすることが好ましい。 [0073] heat conducting member covers the at least a portion of the length of the burning of the fuel element, and is preferably formed so as to constitute a container encloses the aerosol forming material. 伝熱性部材は、燃料素子の燃焼セグメントの全長部分の大部分から半径方向に離隔させる必要があり、所望ならば、燃料素子の点火端を超えて前方へ突出させてもよい。 Heat conducting member, it is necessary to radially spaced from the majority of the full-length portion of the burning of the fuel element, if desired, may be projected forward beyond the lighting end of the fuel element. 極めて好ましい実施例においては、伝熱性部材は、燃料素子の燃焼セグメントからも、基部セグメント及び隔離セグメントからも離隔させる(即ち、燃料素子全体を伝熱性部材から物理的に離隔させる)。 In a highly preferred embodiment, heat conducting member, from the burning portion of the fuel element, moved away from the base segment and isolate segments (i.e., the entire fuel element to physically separated from heat conducting member). かくして、燃料素子から伝熱性部材への伝導による熱伝達が制御され、好ましくは最少限にされる。 Thus, the heat transfer is controlled from the fuel element by conduction to heat transfer members, it is preferably minimized.

【0074】燃料素子は、その燃焼セグメントが喫煙物品の熱放出部分から熱的に隔離されるような態様で喫煙物品内に配置する。 [0074] The fuel element has its burning portion is disposed smoking within the article in such a manner is thermally isolated from the heat release portion of the smoking article. 更に、燃料素子は、その燃焼中制限された又は調整された酸素供給を受けるように喫煙物品内に配置する。 Furthermore, the fuel element is disposed in the smoking within the article so as to receive the combustion is limited or regulated oxygen supply. 従って、急速に加熱され、作動温度を維持ように十分に燃焼し(従って自然消火せず)、喫煙物品の吸込み中エアゾールを創生するのに十分な熱を発生する、小さい、低質量の燃料素子を用いることが極めて好ましい。 Therefore, it is rapidly heated (not thus spontaneously extinguishing) sufficiently burned for maintaining the operating temperature, to generate sufficient heat to creation of suction in the aerosol of the smoking article, a small, low mass fuel it is highly preferred to use a device. 燃料素子の燃焼セグメントと伝熱部材(囲包部材)との間の半径方向の間隔は、燃焼する燃料素子によって創生される熱が放射によって伝熱部材に伝わるのに十分に小さくするが、この半径方向の間隔は、燃料素子の燃焼セグメントが、その喫煙物品の通常の有効喫煙寿命中燃料素子がくすぶりを維持するのに十分な酸素の供給を受けることができるような間隔とする。 Radial spacing between the burning portion and the heat transfer member of the fuel element (enclosure member) is heat generated creation by the burning fuel element is sufficiently small to transmitted to the heat transfer member by radiation, interval of the radial, the burning of the fuel element, the distance that can be supplied with sufficient oxygen to maintain the normal effective smoking life of the fuel element of the smoking article smolder. 更に、燃料素子と伝熱部材とは、それらの間の空気流通路を通る吸引空気が加熱され、それによってエアゾール発生手段の対流による加熱が行われるように配置される。 Furthermore, the fuel element and the heat transfer member is heated sucked air through the air flow path between them, thereby being arranged such that heating by convection of the aerosol generating means is carried out. 燃料素子と伝熱部材の間隔又は構成は、対流による所望量の熱伝達が得られるように選定することができる。 Spacing or configuration of the fuel element and the heat transfer member can be selected as the desired amount of heat transfer by convection is obtained. あるいは、別法として、吸引空気が通ることのできる空気流通路を伝熱部材に形成してもよく、吸引空気が伝熱部材内の空気流通路を通る間に加熱するようにすることができる。 Alternatively, as another method, an air flow passage which can pass through the suction air may be formed on the heat transfer member, the suction air can be made to heat while passing through the air flow passage in the heat transfer member . 所望ならば、伝熱部材は、吸引空気がエアゾール創生物質と接触する前及び、又は接触中蛇行経路を通って移動するように構成することもできる。 If desired, the heat transfer member can also be sucked air configured to move front and or contact in through the tortuous path in contact with the aerosol forming material.

【0075】保持部材23の形状及び組成もいろいろに定めることができるが、保持部材は、(i) 燃料素子を所定位置にしっかり保持するように容易に変形することができ、 (ii) 喫煙物品内の所定位置に留まることができる薄い金属シートから製造するのが好ましい。 [0075] Although the shape and composition of the holding member 23 can be determined variously, the holding member can be easily deformed so as to securely hold the (i) the fuel element in position, (ii) smoking articles preferably manufactured from a thin metal sheet which can remain in a predetermined position on the inner. 好ましい実施例では、保持部材は、燃料素子と、エアゾール発生手段内のエアゾール創生物質との間の物理的バリヤーとして機能する。 In a preferred embodiment, the holding member includes a fuel element, which functions as a physical barrier between the aerosol forming material within the aerosol generating means. 極めて好ましい実施例では、保持部材は、燃料素子の後端面と、エアゾール発生手段との間の不透気性バリヤーとして機能を構成する。 In a highly preferred embodiment, the holding member constitutes the rear end face of the fuel element, the function as the impermeable barrier between the aerosol generating means. かくして、燃料素子へのエアゾール創生物質の移行が最少限にされる。 Thus, migration of aerosol forming material to the fuel element is minimized. 好ましい実施例では、保持部材23と伝熱部材17 In a preferred embodiment, the holding member 23 and the heat transfer member 17
との間との間に1つ又はそれ以上の制御された間隔の間隙を画定し、それによって吸引空気が燃料素子を横切ってエアゾール発生手段内へ吸引されるようにする(即ち、少くとも1つの空気流通路を設ける)。 Defining a gap of one or more control intervals between the between, thereby to suction air is sucked across the fuel element to the aerosol generating means in (i.e., at least 1 One of providing the air flow passage). 所望ならば、空気流を通すために通路又はスリットを保持部材の後端面に形成してもよく、あるいは、保持部材が燃料素子をしっかり保持するとともに、十分な空気流通路を構成するように保持部材を変形し、あるいは保持部材にスリットを形成することができる。 If desired, it may form a passage or slit for the passage of air flow to the rear end surface of the holding member, or, together with the holding member is firmly holding the fuel element, held so as to constitute a sufficient air flow passage deforming the member, or may form a slit in the holding member.

【0076】保持部材は、それほど好ましい実施例ではないが、一連のワイヤ又はワイヤメッシュで製造することもできる。 [0076] holding member is not a very preferred embodiment, it can also be prepared by a series of wires or wire mesh. その場合、ワイヤが燃料素子の基部セグメントを掴持するとともに、燃料素子を喫煙物品内に保持するように形成することができる。 In that case, wire together to grip the base segment of the fuel element can be formed so as to hold the fuel element in the smoking article. 燃料素子を喫煙物品内にしっかり保持するようにワイヤの種類及び形態を選択することは、当業者には明らかであろう。 Selecting the type and form of a wire as tightly to hold the fuel element within the smoking article, it will be apparent to those skilled in the art. 又、燃料素子を金型成形する際にワイヤのの一端を燃料素子内に埋設しておき、ワイヤの他端を曲げて燃料素子を喫煙物品内に保持することもできる。 Also, the fuel element end of the wire when forming molds leave embedded in the fuel element, the fuel element may be held in the smoking article by bending the other end of the wire. 所望ならば、燃料素子を喫煙物品内に固定するために一連のワイヤを燃料素子を貫通して挿通し、及び、又は燃料素子の周りに巻きつけることもできる。 If desired, a series of wire to secure the fuel element in the smoking article is inserted through the fuel element, and, or may be wound around the fuel element. 別法として、燃料素子を喫煙物品内に固定するために一連のワイヤを同時押出成形した燃料素子の難燃性部分を貫通して挿通することができる。 Alternatively, it can be inserted through the flame retardant portion of coextruded fuel elements a set of wires to secure the fuel element in the smoking article. そのような同時押出成形燃料素子は、熱発生のための可燃部分と、燃料素子の横断方向又は長手方向に延長した難燃性部分を含構成とし、その難燃性部分を貫通してワイヤを挿通する。 Such co-extruded fuel element, the combustible portion for heat generation, the transverse or flame retardant portion that extends in the longitudinal direction of the fuel elements and containing structure, a wire through the flame retardant portion inserted to. かくして、燃料素子をその使用前及び燃焼中喫煙物品内に保持することができる。 Thus, it is possible to hold the fuel element in its pre-use and combustion during smoking the article. 通常、燃料素子は、それを固定する保持部材23を構成するワイヤを通すための貫通通路を備えた形で押出成形する。 Normally, the fuel element is extruded in the form having a through passage for passing the wire of a holding member 23 for fixing it. 細い金属ワイヤ又はワイヤメッシュから製造された保持部材は、 Holding member made from thin metal wires or wire mesh,
多量の熱を喫煙物品の他の部分へそれほど効率的に伝導しないので、燃料素子のための良好な熱隔離の役割を果たす。 Does not so efficiently conducted to other parts of the smoking article a large amount of heat, serves good thermal isolation for the fuel element. 金属ワイヤ又はワイヤメッシュからから成る保持部材を備えた喫煙物品の点火端には、随意選択として、 A lighting end of the smoking article with a holding member made of a metal wire or wire mesh, as optional,
孔あき端部キャップを冠設することができる。 The perforated end caps can be Kanmuri設.

【0077】本発明の大抵の実施例において、基材とエアゾール創生物質を包含した伝熱性カートリッジ17 [0077] In most embodiments of the present invention, heat conductive cartridge 17 which includes a substrate and aerosol forming material
は、マウスピースに取付けられるが、使い捨ての燃料素子と伝熱性カートリッジを、再使用可能なシガレットホルダーのような別個のマウスピースに挿入して使用することもできる。 It is attached to the mouthpiece, but the disposable fuel element and the heat conductive cartridge is inserted into a separate mouthpiece such as reusable cigarette holder may also be used. マウスピースは、揮発せしめられたエアゾール創生物質を喫煙者の口へ搬送する通路を構成し、 Mouthpiece constitutes a passage for conveying the volatilized aerosol forming material which is allowed to the mouth of the smoker,
又、その揮発せしめられたエアゾール創生物質に追加の香味を付与することができる。 Further, it is possible to impart additional flavor to the aerosol forming material that is caused to its volatility. 典型的な例では、マウスピースの長さは、約40〜約85mmとする。 In a typical example, the length of the mouthpiece, and from about 40 to about 85 mm. 通常、マウスピースの長さは、(i) 燃料素子の燃焼セグメント及び高温になる伝熱性部材17を喫煙者の口及び指から離れた位置に保持し、 (ii) 高温の揮発したエアゾール創生物質が、喫煙者の口に達するまでに冷却するだけの十分な時間が経過するように定める。 Usually, the length of the mouthpiece, (i) a heat conducting member 17 made of a burning portion and the high temperature of the fuel element held in a position away from the mouth and fingers of the smoker, (ii) hot vaporized aerosol forming material, defined as sufficient time to cool before reaching the smoker's mouth passes. マウスピース内のエアゾール発生手段の直後に空間を設けることが非常に望ましい場合が多い。 Often it is highly desirable to provide a space immediately after the aerosol generating means in the mouthpiece. 例えば、エアゾール発生手段の直ぐ後でタバコ材刻み補充料、タバコ紙又はフィルタセグメントの前方に喫煙物品の長手に沿って少くとも約10m For example, tobacco cut filler shortly after the aerosol generating means, about at least along the length of the forward smoking article of cigarette paper or filter segments 10m
mの長さの空間を設ける。 Providing a space length of m.

【0078】通常、好適なマウスピースは、エアゾール創生物質に対して不活性であり、凝縮やろ過によるエアゾールの損失を最少限にし、喫煙物品の使用中に受ける温度に耐えることができるものであることができる。 [0078] Normally, a suitable mouthpiece is inert to aerosol forming material, in which the loss of aerosol by condensation or filtration to minimize, can withstand the temperatures experienced during use of the smoking article it can be there. マウスピースの例としては、アメリカン・フィルトロナ・ Examples of the mouthpiece, American Filtrona,
コーポレーシヨンからSCS−1という商品名で販売されているような可塑化酢酸セルロース製チューブ、E. Plasticized cellulose acetate tubes, such as those sold under the trade name SCS-1 from Corporation Leh Chillon, E.
I. I. デュポンからカプトンという商品名で販売されているポリイミド製チューブ、板紙又は厚紙製チューブ、及びアルミニウムフォイルで内張りされた紙チューブ等がある。 Polyimide tubes sold under the trade name Kapton from Du Pont, paperboard or cardboard tube, and a paper tube or the like which is lined with aluminum foil.

【0079】喫煙物品の全長又は喫煙物品の任意の一部分をシガレット用巻紙で包被することができる。 [0079] Any of a portion of a full-length or smoking article of the smoking article can be envelope in the cigarette wrapping paper. 囲包部材即ち伝熱性部材又は伝熱性カートリッジ17を包被するための紙は、喫煙物品の使用中炎え上がる性質ものであってはならず、制御可能なくすぶり特性を有し、灰色の灰を残すものであることが好ましい。 Paper for the enclosure member i.e. heat conductive member or heat conductive cartridge 17 encapsulating, there those properties up example in flame use of the smoking article not has a controllable smolder properties, gray ash it is preferable that the leave. シガレット用巻紙の例は、米国特許第4,779,631号及びヨーロッパ特許第304,766号に記載されている。 Examples of cigarette wrapping paper is described in U.S. Patent No. 4,779,631 and European Patent No. 304,766. 紙ラップ(55,61,63)として好適なのは、キンバリ・ Suitable as paper wrap (55,61,63) is, Kimberly,
クラーク・コーポレーシヨンからP1981−152、 P1981-152 from Clark Corporation rate of Chillon,
P1981−124、P1224−63という商品名で販売されているものである。 P1981-124, are those sold under the trade name P1224-63. 喫煙物品の吸口端は、チップ紙(67)によって囲包することができる。 Mouth end of the smoking article may be circumscribed by the chip paper (67). そのようなチップ紙として好適なのは、「ノン・リップ・スティッキング」(唇に粘着しない)非孔質チップ紙である。 Suitable as such chips paper (not sticking to the lips) "Non-lip sticking" is a non-porous tip paper.
そのようなチップ紙は当業者には周知である。 Such chip paper are well known to those skilled in the art.

【0080】マウスピース内にひだ寄せタバコ紙のセグメント60を組入れることができる。 [0080] it is possible to incorporate segments 60 shirring tobacco paper within the mouthpiece. ひだ寄せタバコ紙のセグメントは、特に、メントール香味をエアゾールに付与するために、エアゾール創生物質を収容した伝熱性部材17の直ぐ後に配置することができる。 Segment shirring cigarette paper, particularly, in order to impart menthol flavor to the aerosol, may be placed immediately after the heat conducting member 17 which accommodates the aerosol forming material. 好適なひだ寄せ炭素紙のセグメントがヨーロッパ特許第342,5 Segments suitable shirring carbon paper EP 342,5
38号に記載されている。 It is described in No. 38. 所望ならば、水溶性タバコ材抽出物に接触させた不織ポリプロピレンのひだ寄せウエブをマウスピース内に組入れることもできる。 If desired, it is also possible to incorporate a shirred web of non-woven polypropylene in contact with the water-soluble tobacco extract within the mouthpiece.

【0081】喫煙物品の吸口端には、特に外観上の理由からフィルタ素子(64、65)を設けることが好ましい。 [0081] The mouth end of the smoking article, it is particularly preferable to provide a filter element (64, 65) for reasons of appearance. フィルタ素子として好ましいのは、エアゾールの送出をほとんど妨害しない低効率フィルタ素子である。 It preferred as filter elements are low efficiency filter elements which hardly interfere with the delivery of the aerosol. 好適なフィルタ材としては、低効率の酢酸セルロース又はポリプロピレンのトウ、バフル処理された又は中空成形されたポリプロピレン材、不織ポリプロピレン材のひだ寄せウエブ等がある。 Suitable filter material, there is a low efficiency cellulose acetate or polypropylene tow, baffled treated or hollow molded polypropylene materials, gathered webs or the like of the non-woven polypropylene material. 好適なフィルタ素子は、米国特許第4,807,809号の例1に記載されたフィルタロッド形成装置を用いてキンバリ・クラーク・コーポレーシヨン製の不織ポリプロピレンウエブPP−100−F Suitable filter elements are described in U.S. Patent No. 4,807,809 No. nonwoven polypropylene web PP-100-F manufactured by Kimberly-Clark Corporation rate Chillon using the filter rod forming apparatus described in Example 1 of
をひだ寄せすることによって得られる。 The obtained by shirring.

【0082】本発明の喫煙物品は、FTC喫煙条件のもとで喫煙した場合、少くとも約6パフから約10パフ吸うことができる。 [0082] The smoking article of the present invention, when smoked under FTC smoking conditions, it is possible to suck at least about 6 puffs about 10 puffs. 「パフ」とは、タバコの煙を吸い込む1服のことである。 A "puff", is that of 1 clothes inhale the smoke of tobacco. 「FTC喫煙条件」とは、58秒間のくすぶり(休止)期間をはさんで2秒間の吸込動作(パフ)(総容積35ml)を行うことである。 The "FTC smoking conditions", is to perform smolder of 58 seconds (pause) across the period suction operation of the two-seconds (puff) (total volume 35ml). FTC FTC
喫煙条件の下で喫煙した場合、本発明の好ましい喫煙物品の典型的なフィルタ素子を通して送出されるカロリーは、約300カロリー未満、好ましくは約200〜約2 When smoked under smoking conditions, preferred exemplary calories delivered through the filter element of a smoking article of the present invention is less than about 300 calories, preferably about 200 to about 2
50カロリーである。 Is 50 calories. 本発明の好ましい喫煙物品の吸込み動作中、燃焼する燃料素子によって発生される熱のうち少くとも約40%、好ましくは少くとも約65%、より好ましくは少くとも約75%の熱が、エアゾール発生手段を加熱し、従ってエアゾールの発生のために使用される。 During the suction operation of the preferred smoking articles of the present invention, at least about 40% of the heat generated by the burning fuel element, preferably at least about 65%, more preferably at least about 75% of the heat, the aerosol generating heating means, thus being used for the generation of aerosols.

【0083】好ましい可燃燃料素子は、約400℃〜約850℃、より好ましくは約400℃〜約700℃の温度の熱を発生する。 [0083] Preferred combustible fuel elements, about 400 ° C. ~ about 850 ° C., more preferably generates the temperature of the heat of about 400 ° C. ~ about 700 ° C.. 好ましい燃料素子は比較的低い温度の、そして比較的少量の熱を発生するので、そのような燃料素子を組入れた典型的な喫煙物品は、FTC喫煙条件下で喫煙した場合に放出されるCOの量は、約10m The preferred fuel element is relatively low temperatures, and so generates a relatively small amount of heat, typical smoking articles incorporating such fuel elements, the CO released when smoked under FTC smoking conditions the amount is about 10m
g、好ましくは約5mg未満、最も好ましくは約2mg g, preferably less than about 5mg, most preferably from about 2mg
未満である。 It is less than.

【0084】本発明の好ましい喫煙物品は、FTC喫煙条件下で喫煙した場合、最初の3パフ(服)の吸込みで粒状物の総湿量(WTPM)として測定して合計少くとも約0.6mgのエアゾールを送出することができる。 [0084] Preferred smoking articles of the present invention, when smoked under FTC smoking conditions, about both total less measured by a first 3 puffs total wet weight of the suction in the granules (clothes) (WTPM) 0.6 mg it can deliver the aerosol.
更に、好ましい喫煙物品は、FTC喫煙条件下で喫煙した場合、合計少くとも約6パフ(服)、好ましくは少くとも約10パフの吸込みの1パフ当りの平均粒状物総湿量(WTPM)は、少くとも約0.2mgである。 Moreover, preferred smoking article, when smoked under FTC smoking conditions, a total of at least about 6 puffs (clothing), preferably at least about 10 puffs of suction of 1 puff per average granulate total wet weight (WTPM) is , is at least about 0.2mg. 特に好ましい喫煙物品は、FTC喫煙条件下で喫煙した場合、合計少くとも約10パフの吸込みで少くとも約5m Particularly preferred smoking article, when smoked under FTC smoking conditions, approximately at least at the suction of the total at least about 10 puffs 5m
gの粒状物総湿量(WTPM)を送出する。 g sends particulates total wet weight (WTPM) of.

【0085】本発明の好ましい喫煙物品によって創生されるエアゾールは、主として空気と、水と、炭素の酸化物と、エアゾール創生物質と、任意所望の香味料又はその他の所望の揮発性物質と、痕跡量のその他の物質とから成る、化学的にみて単純な組成である。 [0085] Preferred aerosol is produced wound by smoking articles of the present invention is primarily air, and water, and the oxides of carbon, and aerosol forming material, and any desired flavoring or other desired volatile materials consists of other substances traces of a simple composition when viewed chemically.

【0086】本発明の好ましい喫煙物品によって送出されるエアゾール中の粒状物(WTPMとして表される) [0086] Preferred granules in the aerosol delivered by a smoking article of the present invention (expressed as WTPM)
は、エイムズ式試験で測定してほとんど、あるいは全く突然変異作用をもたない(即ち、本発明の好ましい喫煙物品によって送出されるエアゾール中の粒状物と、エアゾール中の粒状物に露呈させた標準試験用微生物に発生する復帰突然変異体の数との間にほとんど、あるいは、 Almost as measured by the Ames-through test, or not at all have the mutation effect (i.e., the particulates in the aerosol delivered by the preferred smoking articles of the present invention was exposed to particulates in the aerosol standard most, between the number of revertants occurring in the test microorganism or,
全く有意の因果関係が存在しない)。 Does not exist at all significant causal relationship). エイムズ式試験の提案者によれば、有意の因果関係の存在は、被検物に突然変異性物質が存在することを示すとされている(エームズ他の「ミューテーション・リサーチ(Mut.Re According to proponents of the Ames-through test, the presence of significant causation is to show that there is a mutagenic substance in the test object (Ames et al., "Mutation Research (Mut.Re
s. s. )」31:347−364(1976年)及びナガオ他の「ミューテーション・リサーチ」42:335 ) "31: 347-364 (1976) and Nagao other" Mutation Research "42: 335
(1977年)参照)。 (1977) reference).

【0087】本発明の構成を例示するために以下に幾つかの具体例を述べるが、これらの具体例は、本発明の範囲を限定するものではない。 [0087] To illustrate the structure of the present invention is described with some specific examples below, these examples are not intended to limit the scope of the present invention. 特に断らない限り、以下の具体例において示される「部」及び「%」は、いずれも重量を基準としたものである。 Unless otherwise specified, "parts" and "%" indicated in the following specific examples are intended both based on the weight.

【0088】 具体例1第1図に示されたタイプのシガレットを下記の態様で製造する。 [0088] Specific examples 1 type of cigarettes shown in Figure 1 is manufactured in the following embodiments. 燃料素子の調製長さ約2mmの基部セグメントと、長さ約2mmの隔離セグメントと、長さ約3mmの燃焼セグメントを有する、全長約7mmのセグメント化燃料素子を調製する。 A base segment length of about 2mm preparation of the fuel element, is prepared and isolated segments of a length of about 2mm, with a burning portion of a length of about 3 mm, the segmented fuel element length about 7 mm.
基部セグメントの断面形状は、幅約4mm、高さ約5. Sectional shape of the base segments has a width of about 4 mm, about height 5.
4mmの長方形とし、隔離セグメントの断面形状は、幅約4mm、高さ約4mmの正方形とし、燃焼セグメントの断面形状は、幅約4mm、高さ約4mmの正方形とする。 A 4mm rectangular cross-sectional shape of the isolation segments is a square having a width of about 4mm, height of about 4mm, cross-sectional shape of the burning portion is square having a width of about 4mm, height of about 4mm. この燃料素子は、その前端面から3mmのところから後端面に向かって延在する、長さ約2.5mm、幅約2.2mmの長方形の空洞を有する。 The fuel element extends toward the rear end face from where a 3mm from the front surface, having a rectangular cavity of a length of about 2.5 mm, a width of about 2.2 mm. 燃料素子の前端面には幅0.4mm、深さ1mmの2つの横断方向の溝が形成されている。 Width 0.4mm on the front end face of the fuel element, the two transverse grooves of depth 1mm is formed. 燃料素子の重さは約117mg、密度は、ヘリウム比重罎を用いて測定して約1.8g/cc Weighs about 117mg of the fuel element, the density is about 1.8 g / cc as measured using the helium density 罎
である。 It is. 燃料素子の燃焼セグメント又は基部セグメントを完全に貫通した長手方向空気流通路は形成されていない。 Longitudinal air flow path completely through the combustion segment or base segment of the fuel element is not formed.

【0089】この燃料素子は、タバコ粉末と、硬質木材パルプ炭素と、ハーキュルス・インコーポレイテッドからハーキュルス7HFSCMCという商品名で販売されているナトリウムカルボキシメチルセルロース(結合剤)とのペーストを押出成形することによって得られる。 [0089] The fuel element, resulting tobacco powder, hardwood pulp carbon, by extruding a paste of sodium carboxymethyl cellulose sold under the trade name Hercules 7HFSCMC from Hercules, Inc. (binding agent) It is. 詳述すれば、硬質木材パルプ炭素は、グランド・プレーリ・カナディアン・クラフトのタルク不含有硬質木材紙を窒素雰囲気下で加熱し、温度を少くとも750℃ If specifically, hardwood pulp carbon, talc-free hardwood paper Grand Prairie Canadian Kraft was heated under a nitrogen atmosphere, at least 750 ° C. The temperature
の最終炭化温度にまで紙の酸化を最少限にするように段階的に上昇させることによって調製する。 The oxidation of the paper to a final carbonizing temperature prepared by stepwise increase so as to minimize the. 得られた炭素材を窒素雰囲気下で35℃以下の温度にまで冷却し、次いで、直径約4〜約6μの平均粒度を有する微粉末に粉砕する。 The resulting carbon material is cooled to a temperature below 35 ° C. under a nitrogen atmosphere and then ground to fine powder having an average particle size diameter of about 4 to about 6 [mu. この微粉砕硬質木材炭素約74重量部を約20 The milled hardwood carbon about 74 parts to about 20
重量部のタバコ粉末と、約6重量部のナトリウムカルボキシメチルセルロース(結合剤)と、固いドウ状のペーストを得るのに十分な水と混合する。 And tobacco powder parts by weight, to about 6 parts by weight of sodium carboxymethyl cellulose (binding agent), is mixed with sufficient water to obtain a solid doughy paste. 上記ペーストをラム式押出機を用いて押出成形することによって燃料素子を得る。 Obtaining a fuel element by extrusion molding using a ram extruder the paste. 得られた押出成形品(燃料素子)を空気乾燥させる。 The resulting extrudate (the fuel element) and air dried. 次いで、押出成形品を長さ4mmの部片に切断して複数個の燃料素子を得る。 Then, to obtain a plurality of fuel elements by cutting the extrudate into pieces of length 4 mm.

【0090】 燃料素子のための保持部材厚さ約0.1016mmのアルミニウムシートを深絞り成形することによって頂部が開放し、底部及び側部が閉鎖した小さいカップを製造する。 [0090] the top is opened by deep drawn aluminum sheet retaining member having a thickness of about 0.1016mm for the fuel element, the bottom and sides to produce a small cup was closed. このカップの高さは約2.9mmであり、2つの対向する側辺は互いに平行でその間隔は約6.5mmであり、他の2つの対向する側辺は円弧状でその間隔は約7.5mmである。 The height of the cup is about 2.9 mm, the two opposite sides thereof intervals parallel to each other for about 6.5 mm, the sides of the other two opposing its distance arcuate about 7 it is .5mm.

【0091】上記燃料素子を、その(基部セグメントの)後端面を上記カップの底壁面に座置させるようにして該カップ内に挿入する。 [0091] the fuel element, the (base segment) rear end face so as to Za置 the bottom wall surface of the cup is inserted into the cup. 燃料素子の後端面は、その押出軸線に対して平行である(即ち、燃料素子の押出軸線は最終喫煙物品の長手軸線に対して垂直である)。 The rear end face of the fuel element is parallel to the extrusion axis (i.e., extrusion axis of the fuel element is perpendicular to the longitudinal axis of the final smoking article). 次いで、カップの2つの対向する平行な側辺を、燃料素子の基部セグメントの対応部分を覆ってクリンプ(縁曲げ) Then, crimping the two opposite parallel sides of the cup, covering the corresponding portion of the base segment of the fuel element (crimped)
することによって燃料素子をカップ内にしっかり保持する。 Firmly holding the fuel element in the cup by.

【0092】 伝熱性カートリッジ及びエアゾール発生手 [0092] thermally conductive cartridge and aerosol generator hand
厚さ約0.1016mmのアルミニウムシートを深絞り成形することによって一端が開放し、他端が閉鎖した、 One end is opened by deep drawn aluminum sheet stages thickness of about 0.1016 mm, and the other end is closed,
長さ約14mm、直径約7.2mmの円筒形のカートリッジを製造する。 Length of about 14 mm, to produce a cylindrical cartridge having a diameter of about 7.2 mm. このカートリッジの閉鎖端に直径約1.5mmの開口をパンチで打抜く。 The closed end of the cartridge punched openings with a diameter of approximately 1.5mm with a punch. このカートリッジ内に、325mgのエアゾール創生物質及びそれを担持した基材を装入する。 In this cartridge, it is charged with aerosol forming material and it carries the substrates 325 mg. この基材及びエアゾール創生物質は、約3.7%のフラクトースと、約11%の噴霧乾燥させた水性タバコ材抽出物と、約20%のグリセリンと、約0.1%のチョコレート風味の油と、約65.2 The substrate and aerosol forming material and about 3.7% of fructose, an aqueous tobacco extract was spray dried to about 11%, and about 20 percent glycerin, about 0.1 percent chocolate flavor and oil, about 65.2
%のW. % Of W. R. グレース・アンド・カンパニーからD−2 D-2 from R. Grace & Co.
焼結αアルミナという商品名で販売されているαアルミナビードを含有する。 Containing α alumina beads that are sold under the trade name of sintered α-alumina. このアルミナビードは、BET法で測定して約4m 2 /g〜約8のm 2 /gの表面積を有し、−14〜+20メッシュ(米国基準)の粒度を有する。 The alumina beads have a surface area of about 4m 2 / g to about 8 m 2 / g as measured by BET method, having a particle size of -14 + 20 mesh (US standard).

【0093】このカートリッジ内に、上記燃料素子を保持した保持部材を、燃料素子の前端がカートリッジの前端から約1mm突出するようにして挿入し、該保持部材を締り嵌めによってカートリッジ内にしっかりと保持する。 [0093] in the cartridge, the holding member holding the fuel element, the front end of the fuel element is inserted so as to approximately 1mm protrudes from the front end of the cartridge, the retaining member securely into the cartridge by an interference fit retention to.

【0094】 マウスピース及びシガレットの組立てシンプソン・ペーパー・カンパニーから販売されている、単位当り重量76ポンド、厚さ約0.3048m [0094] sold by assembling Simpson Paper Company, mouthpiece and cigarettes, per unit weight 76 lbs, a thickness of about 0.3048m
m、幅約27mmのマウスピース用の紙のウエブを筒状に丸め、その両側縁を水性エチレン酢酸ビニル接着剤で重ね継ぎすることによって、長さ約78mm、直径約7.7mmのチューブを形成する。 m, rounded web of paper mouthpiece having a width of about 27mm in a tubular shape, formed by splicing together the opposite side edges in an aqueous ethylene-vinyl acetate adhesive, a length of about 78mm, a tube having a diameter of about 7.7mm to. この紙チューブの一端に、上記カートリッジを挿入し、燃料素子の前端面を紙チューブの前端に揃える。 One end of the paper tube, and inserting the cartridge, align the front end surface of the fuel element to the front end of the paper tube. かくして、燃料素子の押出軸線は、シガレットの長手軸線に対して垂直になる。 Thus, the extrusion axis of the fuel element, is perpendicular to the longitudinal axis of the cigarette. カートリッジは締り嵌めによって紙チューブ内にしっかりと保持される。 Cartridge is firmly retained within the paper tube by an interference fit.

【0095】次いで、紙チューブの他端に、長さ約10 [0095] Then, the other end of the paper tube, a length of about 10
mm、円周約24mmの円筒形フィルタ素子を挿入する。 mm, inserting the cylindrical filter element of the circumference about 24 mm. このフィルタ素子は、周知のフィルタ製造法を用いて、酢酸セルロースのトウ(1フィラメント当り8.0 The filter element, using known filter manufacturing method, the cellulose acetate tow (per filament 8.0
デニール、合計40,000デニール)を紙製プラグラップで包被することによって製造する。 Denier, prepared by the total 40,000 denier) is the envelope with paper plug wrap.

【0096】上記のようにして製造されたシガレットを喫煙したところ、約10パフ中どのパフにおいても可視エアゾール及びタバコ香味(即ち、揮発したタバコ成分)が送出された。 [0096] When smoked cigarettes were produced as described above, visible aerosol and tobacco flavor at any puffs for about 10 puffs (i.e., volatilized tobacco components) is sent.

【0097】 具体例2第1図に示されたタイプのシガレットを、下記の燃料素子を用いる点を除いては、具体例1で説明したのと実質的に同様の態様で製造する。 [0097] The cigarettes of Example 2 the type shown in Figure 1, except for using the fuel elements of the following are prepared in substantially the same manner as described in Example 1. 長さ約2mmの基部セグメントと、長さ約2mmの隔離セグメントと、長さ約3m A base segment having a length of about 2 mm, and isolation segment length of about 2 mm, a length of about 3m
mの燃焼セグメントを有する、全長約7mmのセグメント化燃料素子を調製する。 Having a burning portion of m, preparing a segmented fuel element length about 7 mm. この燃料素子は、第11図に示されたような形状を有するものである。 The fuel element is one having a shape shown in Figure 11. 基部セグメントの断面形状は、幅約4mm、高さ約5.6mmの長方形であり、隔離セグメントの外周寸法は、燃焼セグメントから基部セグメントに向かって漸次増大している。 Sectional shape of the base segments is the width of about 4 mm, rectangle height of about 5.6 mm, the outer peripheral dimensions of the isolation segments are gradually increasing towards the base segment from the burning portion. 燃焼セグメントの断面形状は、幅約4mm、高さ約4mm Cross-sectional shape of the burning portion has a width of about 4mm, height of about 4mm
の正方形である。 Which is a square. この燃料素子は、長さ約2.5mm、 The fuel element has a length of about 2.5 mm,
幅約2.2mmの三角形の空洞を有する。 Having a cavity of triangular width of about 2.2 mm. この三角形の空洞の頂点は、燃料素子の前端面から3mmのところに位置し、空洞はそこから後端面に向かって延在する。 Apex of the cavity of the triangle is located at the front end face of the fuel element of 3 mm, the cavity extends therefrom toward the rear end face. 燃料素子の重さは約109mg、密度は、ヘリウム比重罎を用いて測定して約1.8g/ccである。 Weighs about 109 mg, the density of the fuel element is about 1.8 g / cc as measured using the helium density 罎. 燃料素子の燃焼セグメント又は基部セグメントを完全に貫通した長手方向空気流通路は形成されていない。 Longitudinal air flow path completely through the combustion segment or base segment of the fuel element is not formed.

【0098】この燃料素子は、タバコ粉末と、硬質木材パルプ炭素と、ハーキュルス・インコーポレイテッドからハーキュルス7HFSCMCという商品名で販売されているナトリウムカルボキシメチルセルロース(結合剤)とのペーストを押出成形することによって得られる。 [0098] The fuel element, resulting tobacco powder, hardwood pulp carbon, by extruding a paste of sodium carboxymethyl cellulose sold under the trade name Hercules 7HFSCMC from Hercules, Inc. (binding agent) It is. 硬質木材パルプ炭素は、具体例1で説明したようにして調製する。 Hardwood pulp carbon is prepared as described in Example 1. 約90重量部の微粉砕硬質木材炭素を約10重量部の重量部のナトリウムカルボキシメチルセルロース(結合剤)と、固いドウ状のペーストを得るのに十分な水と混合する。 Sodium carboxymethylcellulose by weight of finely ground hardwood carbon of about 90 parts to about 10 parts by weight (binder) are mixed with sufficient water to obtain a solid doughy paste. このペーストをラム式押出機を用いて押出成形することによって燃料素子を得る。 The paste obtained fuel element by extrusion molding using a ram extruder. 得られた押出成形品(燃料素子)を空気乾燥させる。 The resulting extrudate (the fuel element) and air dried. 次いで、 Then,
押出成形品を長さ4mmの部片に切断して複数個の燃料素子を得る。 Obtaining a plurality of fuel elements by cutting the extrudate into pieces of length 4 mm.

【0099】上記のようにして製造されたシガレットを喫煙したところ、最初の3パフで約0.7mgのグリセリンを、次ぎの3パフで約0.8mgのグリセリンを送出し、約13パフ中どのパフにおいても可視エアゾール及びタバコ香味を送出した。 [0099] When smoked cigarettes were produced as described above, glycerin approximately 0.7mg in the first three puffs, and sends glycerin approximately in the next 3 puff 0.8 mg, Dono in about 13 puffs It sent the visible aerosol and tobacco flavor even puff. このシガレットは、フィルトロナ・インスツルメンツ・アンド・オートメーション社から販売されているフィルトロナ・フィルタ・テスト・ステーション(CTSシリーズ)を用いて測定して1 This cigarette is measured using a Filtrona Filter Test Station, which is sold by Filtrona Instruments and Automation Inc. (CTS Series) 1
7.5cc/secの空気流量において約65mm(水柱)の圧力降下を示した。 The air flow rate of 7.5 cc / sec showed a pressure drop of about 65 mm (water column).

【0100】 具体例3第1図に示されたタイプのシガレットを、下記の基材及びエアゾール創生物質を用いる点を除いては、具体例2 [0100] Examples 3 types of cigarettes shown in Figure 1, except for using a substrate and aerosol forming material described below, Example 2
で説明したのと実質的に同様の態様で製造する。 In producing in a substantially similar manner as described. このシガレットでは、カートリッジ内に2つの基材セグメントを装入する。 In this cigarette, it is charged with two substrates segments in the cartridge. 第1基材セグメントは、具体例1で述べた約140mgのアルミナビードとエアゾール創生物質から成り、保持部材の直ぐ後に配置する。 First substrate segment is made of alumina beads and aerosol forming material of about 140mg described in Example 1, placed immediately after the holding member. 第2基材セグメントは、グリセリンを担持させたひだ寄せ紙を紙ラップで包被したものから成り、第1基材セグメントの後に配置する。 Second substrate segment is made of gathered paper which was supported glycerin from those envelope paper wrap, it is placed after the first substrate segment. このひだ寄せ紙は、長さ約3.3mm、円周約23.2mmの円筒形とすいる。 The gathered paper has a length of about 3.3 mm, and to a cylindrical circumference about 23.2 mm. この円筒形のひだ寄せ紙の長手軸線をシガレットの長手軸線に平行に配置する。 Arranging in parallel the longitudinal axis of the gathered paper of this cylindrical longitudinal axis of the cigarette. ひだ寄せ紙は、フィルトロナ社からMS2408/ Gathered paper is, from Filtrona Corp. MS2408 /
S538という商品名で販売されているものであり、それを重量約25mgのセグメントとしてひだ寄せする。 It is those which are sold under the trade name S538, shirring it as a segment of the weight about 25mg.
このひだ寄せ紙に約45mgのグリセリンを添加する。 The addition of a glycerin of about 45mg to the gathered paper.

【0101】このシガレットを喫煙したところ、約13 [0101] was smoking the cigarette, about 13
パフ中どのパフにおいても可視エアゾール及びタバコ香味(即ち、揮発タバコ成分)を送出した。 Visible aerosol and tobacco flavor (i.e., volatilized tobacco components) at any puff during puffs sent the. このシガレットは、具体例2で述べた装置を用いて測定して17.5 The cigarette, as determined using the apparatus described in Example 2 17.5
cc/secの空気流量において約90mm(水柱)の圧力降下を示した。 The air flow rate of cc / sec showed a pressure drop of about 90 mm (water column).

【0102】 具体例4第17図に示されたタイプのシガレットを下記の態様で製造する。 [0102] The cigarettes of Example 4 type shown in FIG. 17 prepared in the following embodiments. 燃料素子の調製長さ約3mmの基部セグメントと、長さ約8mmの隔離セグメントと、長さ約3mmの燃焼セグメントを有する、全長約14mmのセグメント化燃料素子を調製する。 A base segment of a length of about 3mm preparation of the fuel element, is prepared and isolated segments of a length of about 8 mm, having a burning portion of a length of about 3mm, a segmented fuel element of length about 14 mm. 基部セグメントの断面形状は、直径約4.5mmの円形とし、隔離セグメントの断面形状は、幅約4.5m Sectional shape of the base segment, a circle having a diameter of about 4.5 mm, the cross-sectional shape of the isolation portion has a width of about 4.5m
m、高さ約2mmの長方形とし、燃焼セグメントの断面形状は、直径約4.5mmの円形とする。 m, and a rectangular height of about 2 mm, cross-sectional shape of the burning portion is a circle having a diameter of about 4.5 mm. この燃料素子は、その両側面に180°対向して全長に亙って延在する2つの溝を有する。 The fuel element has two grooves extending over the entire length by 180 ° opposed to the both side surfaces thereof. 各溝は、幅0.75mm、深さ約1.5mmである。 Each groove is wide 0.75 mm, a depth of about 1.5 mm. 燃料素子の重さは約163mg、密度は、ヘリウム比重罎を用いて測定して約1.8g/c About the weight of the fuel element 163 mg, density is about 1.8 g / c was measured using helium density 罎
cである。 A c.

【0103】この燃料素子は、タバコ粉末と、硬質木材パルプ炭素と、ハーキュルス・インコーポレイテッドからハーキュルス7HFSCMCという商品名で販売されているナトリウムカルボキシメチルセルロース(結合剤)とのペーストを押出成形することによって得られる。 [0103] The fuel element, resulting tobacco powder, hardwood pulp carbon, by extruding a paste of sodium carboxymethyl cellulose sold under the trade name Hercules 7HFSCMC from Hercules, Inc. (binding agent) It is. 硬質木材パルプ炭素は、具体例1で述べたようにして調製し、直径約10〜約14μの平均粒度を有する微粉末に粉砕する。 Hardwood pulp carbon is prepared as described in example 1, ground to fine powder having an average particle size diameter of about 10 to about 14 microns. この微粉砕硬質木材炭素約72重量部を約20重量部のタバコ粉末と、約8重量部のナトリウムカルボキシメチルセルロース(結合剤)と、固いドウ状のペーストを得るのに十分な水と混合する。 And tobacco powder of the comminuted hardwood carbon about 72 parts by weight to about 20 parts by weight, to about 8 parts by weight of sodium carboxymethyl cellulose (binding agent), is mixed with sufficient water to obtain a solid doughy paste. 上記タバコ粉末は、「アメリカンブレンド」のタバコ材刻み補充料をボールミルで直径約12μの粒度にまで粉砕することによって得られる。 It said tobacco powder is obtained by grinding the tobacco cut filler of "American blend" to a particle size of approximately diameter ball mill 12 [mu. 上記ペーストをラム式押出機を用いて押出成形することによって燃料素子を得る。 Obtaining a fuel element by extrusion molding using a ram extruder the paste. この押出成形品の押出軸線は、得られる燃料素子の押出軸線がその燃料素子を組入れるシガレットの長手軸線に対して平行になるように定める。 Extrusion axis of the extrudate, extrusion axis of the resulting fuel element is determined so as to be parallel to the longitudinal axis of the cigarette incorporating the fuel elements. この押出成形のときに上記2 The 2 when the extrusion
つの溝を形成する。 One of a groove. 得られた押出成形品(燃料素子)を空気乾燥させる。 The resulting extrudate (the fuel element) and air dried. 次いで、乾燥した押出成形品を長さ1 Then, the length of the dried extrudate is 1
4mmの部片に切断して複数個の燃料素子を得る。 Obtaining a plurality of fuel elements is cut into pieces of 4 mm. それらの燃料素子をダイアモンドカッターホイールで切削加工し隔離セグメントを形成する。 Cutting their fuel element with a diamond cutter wheel to form an isolation segment.

【0104】 前端部の調製上記燃料素子を、「タバコを燃焼させずに加熱する新シガレットの試作品の化学的生理学的研究」R. [0104] The preparation the fuel element of the front end, "a prototype of the chemical physiological studies of new cigarette to heat without burning the tobacco" R. J. J. レノルズ・タバコ・カンパニー刊(1988年)、第48〜 Reynolds Tobacco Company published (1988), the first 48 to
52頁に記載されているタイプの断熱性ガラス繊維で囲包し、そのガラス繊維を紙ラップで包被して空気を通すように両端が開放した、長さ約14mm、円周約7.5 And circumscribed a thermally insulating glass fibers of the type described in page 52, both ends to pass air to open the glass fiber and envelope paper wrap, a length of about 14 mm, the circumference of about 7.5
mmの円筒体とする。 And mm of the cylindrical body. この紙ラップは、キンバリ・クラーク・コーポレーシヨンからP−850−63−5という商品名で販売されているものである。 This paper wrap are those sold under the trade name P-850-63-5 from Kimberly-Clark Corporation rate Chillon. かくして、紙ラップで包被した燃料素子、即ちシガレットの前端部を得る。 Thus, to obtain a paper wrap envelope fuel elements, i.e. the front end of the cigarette.

【0105】 基材の調製フィルトロナ社からMS2408/S538という商品名で販売されているひだ寄せ紙の棒状体を長さ約5mm [0105] substrate length of about 5mm a rod-shaped body of the gathered paper, which is sold under the trade name of preparation Filtrona Corp. from MS2408 / S538 of
のセグメントに切断し、そのセグメントの中心に長さ約3mm、直径約3mmの空洞をパンチによって形成する。 Cut into segments, centered length of about 3mm in the segment, it is formed by punching a cavity having a diameter of about 3mm. この基材セグメントの乾量重量は約55mgであり、この基材に約125mgのグリセリンを添加する。 Dry weight by weight of the base segment is about 55 mg, the addition of glycerin of from about 125mg to this substrate.

【0106】 マウスピースシンプソン・ペーパー・カンパニーから販売されている、単位当り重量76ポンド、厚さ約0.3048m [0106] have been sold from the mouthpiece Simpson Paper Company, per unit weight 76 lbs, a thickness of about 0.3048m
m、幅約27mmのマウスピース用の紙のウエブを筒状に丸め、その両側縁を水性エチレン酢酸ビニル接着剤で重ね継ぎすることによって、長さ約68mm、直径約7.5mmの紙チューブを形成する。 m, rounded web of paper mouthpiece having a width of about 27mm in a cylindrical shape, by splicing together the opposite side edges in an aqueous ethylene-vinyl acetate adhesive, a length of about 68mm, a diameter of about 7.5mm paper tube Form. この紙チューブの一端約10mmのところまでの内表面にハーキュルス・ Hercules on the inner surface of the far end about 10mm of the paper tube
インコーポレイテッドから販売されているハーコン70 Hakon are sold from Inc. 70
を被覆して乾燥させ、その塗布された内表面に更に塩化カルシウムの水溶液を被覆して乾燥させる。 Coating the dried, further drying the coating an aqueous solution of calcium chloride to the coated inner surface. この紙チューブの上記被覆端に上記基材を挿入し、基材の前端面が紙チューブの前端から約3mm引込んだところに位置するようにする。 The substrate is inserted into the covering end of the paper tube, the front end surface of the substrate to be positioned at the retracted approximately 3mm from the front end of the paper tube. 基材は、締り嵌めによって紙チューブ内にしっかりと保持される。 The substrate is firmly held within the paper tube by an interference fit.

【0107】次いで、紙チューブの他端に、紙ラップで包被した長さ約10mmのタバコ材刻み補充料のセグメントを挿入する。 [0107] Then, the other end of the paper tube is inserted a segment of tobacco cut filler of a length of about 10mm which is envelope paper wrap. このタバコ材刻み補充料のセグメントの後端が、紙チューブの後端即ち吸口端から約10mm The rear end of the segment of tobacco cut filler is about 10mm from the rear end i.e. mouth end of the paper tube
引込んだところに位置するようにする。 To be located in the place where retracted. 更に、この紙チューブの他端に、上記タバコ材刻み補充料のセグメントの後端面に衝接するようにして長さ約10mm、円周約24mmの円筒形フィルタ素子を挿入する。 Furthermore, the other end of the paper tube, to to a length of about 10mm to abutment on the rear end surface of the segment of the tobacco cut filler, inserting the cylindrical filter element of the circumference about 24 mm. このフィルタ素子は、周知のフィルタ製造法を用いて、トリアセチンで可塑化した酢酸セルロースのトウ(1フィラメント当り8.0デニール、合計40,000デニール)を紙製プラグラップで包被することによって製造する。 The filter element is manufactured by using a well-known filter manufacturing method, the envelope plasticized tow cellulose acetate (1 per filament 8.0 denier, a total of 40,000 denier) with paper plug wrap triacetin to.

【0108】 シガレットの組立て上記マウスピースと、前端部(燃料素子)とを突き合わせ関係に位置づけし、マウスピース内の基材の前端面を燃料素子の後端面から約3mmのところに位置させる。 [0108] and assembly the mouthpiece of the cigarette, and positioned in abutting relationship with the front end portion (the fuel element) to the front end surface of the base material in the mouthpiece is located at the rear end face of the fuel element about 3 mm.
この状態でマウスピースと前端部(燃料素子)とをチップ紙として機能する紙ラップによって包被することによって結合する。 By a paper wrap which functions mouthpiece and the front portion (the fuel element) as the chip paper in this state bound by encapsulating. その際、前端部(燃料素子)は、その点火端から約3mmまでを除いて全体を紙ラップによって包被する。 At that time, the front end portion (the fuel element), whole is encapsulated by a paper wrap except from the lighting end to about 3 mm. この紙ラップは、キンバリ・クラーク・コーポレーシヨンからP−850−61−2という商品名で販売されている低気孔率の紙である。 This paper wrap is a paper of low porosity, which is sold under the trade name P-850-61-2 from Kimberly-Clark Corporation rate Chillon.

【0109】このシガレットには、金属製の伝熱性カートリッジ、金属製の保持部材、金属製の基材は、含まれない。 [0109] The cigarette, metallic heat conducting cartridge, metallic holding member, the metal substrate is not included. 燃料素子は、それを囲包する断熱性ガラス繊維によってシガレット内にしっかりと保持される。 The fuel element is held it by thermal insulation glass fibers encloses tightly within the cigarette.

【0110】上記のようにして製造されたシガレットを喫煙したところ、約10パフ中どのパフにおいても可視エアゾール及びタバコ香味(即ち、揮発したタバコ成分)が送出された。 [0110] When smoked cigarettes were produced as described above, visible aerosol and tobacco flavor at any puffs for about 10 puffs (i.e., volatilized tobacco components) is sent. 燃料素子は、その燃焼セグメントが隔離セグメントにほぼ隣接するところまで燃焼し、自然消火した。 Fuel element, burns to where the burning portion is substantially adjacent to the isolated segment, spontaneously extinguishing.

【0111】 具体例5下記の構成及び基材材料を用いる点を除いては、具体例4で説明したのと実質的に同様の態様でシガレットを製造する。 [0111] Except for the point of using the specific example 5 The following configuration and substrate materials, the production of cigarettes in a substantially similar manner as described in Example 4. このシガレットでは、キンバリ・クラーク・コーポレーシヨンからP1981−152という商品名で販売されている紙を巻いて長さ約5mmのチューブを形成し、このチューブの一端内に、キンバリ・クラーク・ In this cigarette, wrapped paper sold under the trade name P1981-152 from Kimberly-Clark Corporation rate Chillon to form a tube having a length of about 5 mm, in one end of the tube, Kimberly-Clark
コーポレーシヨンからP−780−63−5という商品名で販売されているひだ寄せ紙の長さ約2mmのセグメントを挿入することによって基材を形成するが、完成した基材の形状及び寸法は、具体例4で述べたものと実質的に同じである。 While forming the substrate by inserting a segment length of about 2mm of gathered paper from corporate Leh Chillon sold under the trade name P-780-63-5, the shape and dimensions of the finished substrate, those described in example 4 is substantially the same.

【0112】前端部は、具体例4の燃料素子及びガラス繊維をキンバリ・クラーク・コーポレーシヨンからP− [0112] front end, a fuel element and glass fibers of Example 4 from the Kimberly-Clark Corporation Leh Chillon P-
850−63−5という商品名で販売されている紙ラップで包被し、更にそれを、点火端から約3mmのところまでを除いてキンバリ・クラーク・コーポレーシヨン製のP−850−61−2という紙ラップで包被することによって調製する。 And Tsutsumihi paper wrap which is sold under the trade name 850-63-5, further it, except from the ignition end to the place of about 3mm manufactured by Kimberly-Clark Corporation rate Chillon P-850-61-2 prepared by envelope paper wrap called.

【0113】シンプソン・ペーパー・カンパニーから販売されている長さ約74mmのマウスピース用の紙でできたチューブに上記前端部を挿入し、前端部の先端3m [0113] inserting the front end portion to a tube made of paper mouthpiece a length of about 74mm sold by Simpson Paper Company, the tip of the front end portion 3m
mをチューブから突出させる。 The m to protrude from the tube. この紙チューブの内表面に具体例4で述べた物質を具体例4で述べた態様で被覆する。 The substances described in example 4 on the inner surface of the paper tube is coated in the manner described in Example 4. 次いで、この紙チューブに上記基材を挿入し、前端部の燃料素子の後端面と基材の前端面とが約3mm離隔するように位置づけする。 Then, this paper tube insert the base material, and a rear surface and a front surface of the base material of the fuel elements of the front end portion is positioned to approximately 3mm apart. シガレットの残りの構成部品は、具体例4で述べたようにして調製する。 The remaining components of the cigarette, prepared as described in Example 4.

【0114】上記のようにして製造されたシガレットを喫煙したところ、約10パフ中どのパフにおいても可視エアゾール及びタバコ香味(即ち、揮発したタバコ成分)が送出された。 [0114] When smoked cigarettes were produced as described above, visible aerosol and tobacco flavor at any puffs for about 10 puffs (i.e., volatilized tobacco components) is sent. 燃料素子は、その燃焼セグメントが隔離セグメントにほぼ隣接するところまで燃焼し、自然消火した。 Fuel element, burns to where the burning portion is substantially adjacent to the isolated segment, spontaneously extinguishing.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】第1図は、本発明のシガレットの長手断面図である。 [1] Figure 1 is a longitudinal sectional view of a cigarette of the present invention.

【図2】第2図は、第1図のシガレットの長手軸線を中心として90°回転させてみた長手断面図である。 [Figure 2] Figure 2 is a longitudinal sectional view tried rotated 90 ° about the longitudinal axis of the cigarette of Figure 1.

【図3】第3図は、第1図のシガレットの線3−3に沿ってみた断面図である。 [Figure 3] Figure 3 is a cross-sectional view taken along line 3-3 of cigarettes of FIG. 1.

【図4】第4図は、第1、2図のシガレットの燃料素子と保持部材の分解透視図である。 [4] FIG. 4 is an exploded perspective view of the holding member and the cigarette of the fuel elements of the first and second views.

【図5】第5図は、第1、2図のシガレットの燃料素子と保持部材の組立後の透視図である。 [5] Figure 5 is a perspective view after assembly of the first and second view of a cigarette of the fuel element and retaining member.

【図6】第6図は、本発明の別の実施例によるシガレットの長手断面図である。 [6] FIG. 6 is a longitudinal sectional view of a cigarette according to another embodiment of the present invention.

【図7】第7図は、第6図のシガレットの長手軸線を中心として90°回転させてみた長手断面図である。 [Figure 7] Figure 7 is a longitudinal sectional view tried rotated 90 ° about the longitudinal axis of the cigarette of FIG. 6.

【図8】第8図は、本発明の更に別の実施例によるシガレットの長手断面図である。 [Figure 8] Figure 8 is a further longitudinal cross-sectional view of a cigarette according to another embodiment of the present invention.

【図9】第9図は、第8図のシガレットの線9−9に沿ってみた断面図である。 [Figure 9] Figure 9 is a sectional view taken along line 9-9 of cigarette Figure 8.

【図10】第10図は、本発明のシガレットのための代表的な燃料素子の一例の側面図である。 [Figure 10] Figure 10 is a side view of an example of a typical fuel element for cigarettes of the present invention.

【図11】第11図は、本発明のシガレットのための代表的な燃料素子の別の例の側面図である。 [Figure 11] Figure 11 is a side view of another example of a typical fuel element for cigarettes of the present invention.

【図12】第12図は、本発明のシガレットのための代表的な燃料素子の更に別の例の側面図である。 [Figure 12] Figure 12 is a further side view of another example of a typical fuel element for cigarettes of the present invention.

【図13】第13図は、本発明のシガレットのための代表的な燃料素子更に別の例の側面図である。 [Figure 13] Figure 13 is a side view of a typical fuel element further example for the cigarettes of the present invention.

【図14】第14図は、本発明のシガレットのための代表的な燃料素子更に別の例の側面図である。 [Figure 14] Figure 14 is a side view of a typical fuel element further example for the cigarettes of the present invention.

【図15】第15図は、本発明のシガレットのための代表的な燃料素子更に別の例の側面図である。 [Figure 15] Figure 15 is a side view of a typical fuel element further example for the cigarettes of the present invention.

【図16】第16図は、本発明のシガレットのための代表的な燃料素子更に別の例の側面図である。 [Figure 16] Figure 16 is a side view of a typical fuel element further example for the cigarettes of the present invention.

【図17】第17図は、本発明の更に別の実施例によるシガレットの長手断面図である。 [Figure 17] Figure 17 is a further longitudinal cross-sectional view of a cigarette according to another embodiment of the present invention.

【図18】第18図は、第17図のシガレットの線18 [Figure 18] Figure 18 is a cigarette line of FIG. 17 18
−18に沿ってみた断面図である。 It is a cross-sectional view taken along -18.

【図19】第19図は、本発明の更に別の実施例によるシガレットの長手断面図である。 [Figure 19] Figure 19 is a further longitudinal cross-sectional view of a cigarette according to another embodiment of the present invention.

【図20】第20図は、本発明の更に別の実施例によるシガレットの長手断面図である。 [Figure 20] Figure 20 is a further longitudinal cross-sectional view of a cigarette according to another embodiment of the present invention. 本発明のシガレットのための代表的な燃料素子の一例の側面図である。 It is a side view of an example of a typical fuel element for cigarettes of the present invention.

【図21】第21図は、本発明のシガレットのための代表的な燃料素子の一例の透視図である。 [Figure 21] Figure 21 is a perspective view of an example of a typical fuel element for cigarettes of the present invention.

【符合の説明】 Description of the sign]

8:シガレット 10:燃料素子 13:基材 17:囲包部材(伝熱性部材又は伝熱性カートリッジ) 23:保持部材 28:マウスピース 30:燃焼セグメント 32:基部セグメント 33:隔離セグメント 35:空洞 54:ひだ寄せ紙 55:紙ラップ 8: cigarette 10: Fuel element 13: substrate 17: enclosure member (heat conductive member or heat conductive cartridge) 23: holding member 28: the mouthpiece 30: the burning 32: base segment 33: isolation portion 35: cavity 54: gathered paper 55: paper wrap

フロントページの続き (72)発明者 ジヨゼフ・ジーガン・チウー 米国ノースカロライナ州クレモンズ、エピ ング・コート105 (72)発明者 ダレル・デイーン・ウイリアムズ 米国ノースカロライナ州ウインストン・セ イレム、マデイソン・アベニユー859 (72)発明者 ウイリアム・ジエイムズ・ケイシー 米国ノースカロライナ州クレモンズ、ウツ ドフオード・ロード1404 (72)発明者 トマス・リーロイ・ジエントリ 米国ノースカロライナ州ウインストン・セ イレム、ブライダル・クリーク・ロード 4388 (72)発明者 ウイリアム・キヤンプベル・スクワイアー ズ 米国ノースカロライナ州ウインストン・セ イレム、バーンズデイル・ロード600 (72)発明者 ビリー・テイローン・コナー 米国ノースカロライナ州ウインストン・セ イレム、スパンゲンバーグ・ロー Of the front page Continued (72) inventor Jiyozefu-Jigan, Chiu North Carolina Clemmons, epi packaging Court 105 (72) inventor Darrell Dean Williams, North Carolina, USA Winston cell Iremu, Madeison-Abeniyu 859 (72) invention who William Jieimuzu Casey North Carolina Clemmons, depression Dofuodo Road 1404 (72) inventor Thomas Riroi-Jientori North Carolina, USA Winston cell Iremu, bridal Creek Road 4388 (72) inventor William Kiyanpuberu-Squire 's, North Carolina, USA Winston cell Iremu, Burns Dale Road 600 (72) inventor Billy Teiron Connor, North Carolina, USA Winston cell Iremu, span Gen Berg low ド2851 De 2851

Claims (37)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】シガレットであって、 (a) 燃焼セグメントと、基部セグメントと、該燃焼セグメントと基部セグメントの間にある隔離セグメントを有する長手方向にセグメント化された可燃燃料素子と、 (b) 該燃料素子とは物理的に別体とされたエアゾール発生手段と、 (c) 前記燃料素子の基部セグメントに接触して該燃料素子をシガレット内の所定位置に固定する保持手段と、 (d) マウスピースと、 (e) タバコ材と、から成るシガレット。 1. A cigarette, (a) a combustion segment, a base segment, a combustible fuel element which is segmented in the longitudinal direction having an isolation portion lying between the combustion segment and base segments, (b) and aerosol generating means which is physically separate from the fuel element, and holding means for securing the fuel element in place within the cigarette in contact with the base segments (c) the fuel element, (d) and the mouthpiece, (e) and tobacco, cigarettes made of.
  2. 【請求項2】前記エアゾール発生手段は、前記燃料素子から長手方向に配置されていることを特徴とする請求項1に記載のシガレット。 Wherein said aerosol generating means, cigarette according to claim 1, characterized in that it is arranged in a longitudinal direction from the fuel element.
  3. 【請求項3】前記燃料素子の燃焼セグメントの長手外周面から半径方向に離隔した囲包部材を含むことを特徴とする請求項1に記載のシガレット。 3. A cigarette according to claim 1, characterized in that it comprises an enclosure member which is radially spaced from the longitudinal outer peripheral surface of the burning of the fuel element.
  4. 【請求項4】前記燃料素子は、燃焼前の時点で約20m Wherein said fuel element is about 20m prior to burning
    m未満の全長を有することを特徴とする請求項1〜3のいずれかに記載のシガレット。 The cigarette according to claim 1, characterized in that it has an overall length of less than m.
  5. 【請求項5】前記燃料素子は、少くとも1つの横断方向の空洞を有することを特徴とする請求項1〜3のいずれかに記載のシガレット。 Wherein said fuel element cigarette according to claim 1, characterized in that a cavity of at least one transverse direction.
  6. 【請求項6】前記燃料素子の燃焼セグメントの長さは、 6. A length of the burning portion of the fuel element,
    燃焼前の時点で約4mm〜約15mmであり、基部セグメントの長さは、約1mm〜約3mmであり、隔離セグメントの長さは、最高約5mmまでであることを特徴とする請求項1に記載のシガレット。 About 4mm~ about 15mm prior to burning, the length of the base segment is about 1mm~ about 3 mm, the length of the isolation segment to claim 1, characterized in that up to about 5mm cigarette described.
  7. 【請求項7】前記エアゾール発生手段はエアゾール創生物質を担持した基材を含み、前記タバコ材は、該基材によって担持されたタバコ材抽出物であることを特徴とする請求項1に記載のシガレット。 Wherein said aerosol generating means includes a substrate carrying an aerosol forming material, wherein the tobacco material, according to claim 1, characterized in that the tobacco extract is carried by the substrate of the cigarette.
  8. 【請求項8】シガレットであって、 (a) 押出軸線が該シガレットの長手軸線に対して実質的に垂直関係をなすように該シガレット内に配置された押出燃料素子と、 (b) 該燃料素子とは物理的に別体とされたエアゾール発生手段と、 (c) 前記燃料素子をシガレット内の所定位置に固定する保持手段と、 (d) マウスピースと、 (e) タバコ材と、から成るシガレット。 8. A cigarette, (a) an extrusion fuel element disposed within the cigarette so as to form a substantially vertical relationship extrusion axis to the longitudinal axis of the cigarette, (b) fuel and aerosol generating means which is physically separate from the device, (c) a said fuel element and retaining means for fixing in place within the cigarette, and (d) a mouthpiece, from, and (e) the tobacco cigarette made.
  9. 【請求項9】前記押出燃料素子は、燃焼セグメントと、 Wherein said extruded fuel element comprises a combustion segment,
    基部セグメントを有する長手方向にセグメント化された可燃燃料素子であることを特徴とする請求項8に記載のシガレット。 The cigarette according to claim 8, characterized in that the segmented combustible fuel element in the longitudinal direction having a base segment.
  10. 【請求項10】前記押出燃料素子は、前記燃焼セグメントと基部セグメントの間にある隔離セグメントを含むことを特徴とする請求項9に記載のシガレット。 Wherein said extruded fuel element cigarette of Claim 9, characterized in that it comprises an isolation segment located between the combustion segment and base segment.
  11. 【請求項11】前記エアゾール発生手段は、前記燃料素子から長手方向に配置されていることを特徴とする請求項8に記載のシガレット。 Wherein said aerosol generating means, cigarette according to claim 8, characterized in that it is arranged in a longitudinal direction from the fuel element.
  12. 【請求項12】前記燃料素子の燃焼セグメントの長手外周面から半径方向に離隔した囲包部材を含むことを特徴とする請求項8又は9に記載のシガレット。 12. The cigarette of claim 8 or 9, characterized in that it comprises an enclosure member which is radially spaced from the longitudinal outer peripheral surface of the burning of the fuel element.
  13. 【請求項13】前記燃料素子は、燃焼前の時点で約20 Wherein said fuel element is about 20 prior to burning
    mm未満の全長を有することを特徴とする請求項8〜1 Claim characterized in that it has an overall length of less than mm 8 to 1
    0のいずれかに記載のシガレット。 The cigarette according to any one of the 0.
  14. 【請求項14】前記燃料素子は、該シガレットの長手軸線に対して横断方向に貫通した空洞を有することを特徴とする請求項8〜10のいずれかに記載のシガレット。 14. The fuel element cigarette according to claim 8, characterized in that it comprises a cavity extending through transversely to the longitudinal axis of the cigarette.
  15. 【請求項15】前記エアゾール発生手段はエアゾール創生物質を担持した基材を含み、前記タバコ材は、該基材によって担持されたタバコ材抽出物であることを特徴とする請求項8に記載のシガレット。 15. The method of claim 14, wherein the aerosol generating means includes a substrate carrying an aerosol forming material, wherein the tobacco material, according to claim 8, characterized in that a tobacco extract is carried by the substrate of the cigarette.
  16. 【請求項16】喫煙物品であって、 (a) 燃焼セグメントと、基部セグメントと、該燃焼セグメントと基部セグメントの間にある隔離セグメントを有する長手方向にセグメント化された可燃燃料素子と、 (b) 該燃料素子とは物理的に別体とされたエアゾール発生手段と、 (c) 前記燃料素子の燃焼セグメントの長手外周面から半径方向に離隔した囲包部材と、 (d) 前記燃料素子の基部セグメントに接触して該燃料素子を該喫煙物品内の所定位置に固定する保持手段と、から成る喫煙物品。 16. A smoking article comprising: (a) a combustion segment and a base segment, combustible fuel element which is segmented in the longitudinal direction having an isolation portion lying between the combustion segment and base segments, (b ) and fuel element and the aerosol generating means physically separate from, (c) and enclosure member spaced radially from the longitudinal outer peripheral surface of the burning of the fuel element, the; (d) the fuel element holding means for securing the fuel element in place within the smoking article in contact with the base segment, the smoking article comprising a.
  17. 【請求項17】前記エアゾール発生手段は、前記燃料素子から長手方向に配置されていることを特徴とする請求項16に記載のシガレット。 17. The aerosol generating means, cigarette according to claim 16, characterized in that it is arranged in a longitudinal direction from the fuel element.
  18. 【請求項18】前記燃料素子は、燃焼前の時点で約20 18. The method of claim 17, wherein the fuel element is about 20 prior to burning
    mm未満の全長を有することを特徴とする請求項16又は17に記載の喫煙物品。 A smoking article according to claim 16 or 17, characterized in that it has an overall length of less than mm.
  19. 【請求項19】前記燃料素子は、少くとも約0.5g/ 19. The fuel element is at least about 0.5 g /
    ccの密度を有することを特徴とする請求項18に記載の喫煙物品。 Smoking article according to claim 18, characterized in that it has a density of cc.
  20. 【請求項20】前記燃料素子は、タバコ材を含むことを特徴とする請求項16又は17に記載の喫煙物品。 20. The fuel element smoking article according to claim 16 or 17, characterized in that it comprises a tobacco.
  21. 【請求項21】前記燃料素子は、少くとも1つの横断方向の空洞を有することを特徴とする請求項16又は17 21. The fuel element, or claim 16, characterized in that a cavity of at least one transverse direction 17
    に記載の喫煙物品。 Smoking article according to.
  22. 【請求項22】前記燃料素子は、その長手外周面を囲包する材料によって該喫煙物品内の所定位置に固定されていることを特徴とする請求項16に記載のシガレット。 22. The fuel element cigarette according to claim 16, characterized in that it is fixed in place within the smoking article by a material which encloses the longitudinal outer peripheral surface.
  23. 【請求項23】前記材料は、ガラス繊維を含むものであることを特徴とする請求項22に記載の喫煙物品。 23. The material, smoking article according to claim 22, characterized in that comprising glass fibers.
  24. 【請求項24】喫煙物品であって、 (a) 押出軸線が該喫煙物品の長手軸線に対して実質的に垂直関係をなすように該喫煙物品内に配置された押出燃料素子と、 (b) 該燃料素子とは物理的に別体とされたエアゾール発生手段と、 (c) 前記燃料素子を喫煙物品内の所定位置に固定する保持手段と、から成る喫煙物品。 24. A smoking article, the extruded fuel element disposed on the smoking within the article so as to form a substantially vertical relation to the longitudinal axis of the (a) extrusion axis the smoking article, (b ) and fuel element and the aerosol generating means physically separate from, (c) smoking article comprising a holding means, is fixed to a predetermined position within said smoking fuel element article.
  25. 【請求項25】前記押出燃料素子は、燃焼セグメントと、基部セグメントを有する長手方向にセグメント化された可燃燃料素子であることを特徴とする請求項24に記載の喫煙物品。 25. The extruded fuel element smoking article according to claim 24, wherein a combustion segment, that is segmented combustible fuel element in the longitudinal direction having a base segment.
  26. 【請求項26】前記押出燃料素子は、前記燃焼セグメントと基部セグメントの間にある隔離セグメントを含むことを特徴とする請求項25に記載のシガレット。 26. The extruded fuel element cigarette of Claim 25, characterized in that it comprises an isolation segment located between the combustion segment and base segment.
  27. 【請求項27】前記保持手段は、前記燃料素子の基部セグメントに接触することを特徴とする請求項25に記載の喫煙物品。 27. The retaining means, the smoking article according to claim 25, characterized in that contacting the base segment of the fuel element.
  28. 【請求項28】前記エアゾール発生手段は、前記燃料素子から長手方向に配置されていることを特徴とする請求項24に記載の喫煙物品。 28. The aerosol generating means, the smoking article according to claim 24, characterized in that it is arranged in a longitudinal direction from the fuel element.
  29. 【請求項29】前記燃料素子は、燃焼前の時点で約20 29. The fuel element is about 20 prior to burning
    mm未満の全長を有することを特徴とする請求項24〜 Claim characterized in that it has an overall length of less than mm. 24 to
    26のいずれかに記載の喫煙物品。 Smoking article according to any one of 26.
  30. 【請求項30】前記燃料素子は、その長手外周面を囲包する材料によって該喫煙物品内の所定位置に固定されていることを特徴とする請求項24〜26のいずれかに記載の喫煙物品。 30. The fuel element smoking article according to any one of claims 24 to 26, characterized in that it is fixed in place within the smoking article by a material which encloses the longitudinal outer peripheral surface .
  31. 【請求項31】前記燃料素子は、該喫煙物品の長手軸線に対して横断方向に貫通した空洞を有することを特徴とする請求項24〜26のいずれかに記載の喫煙物品。 31. The fuel element smoking article according to any one of claims 24 to 26, characterized in that it comprises a cavity extending through transversely to the longitudinal axis of the smoking article.
  32. 【請求項32】前記エアゾール発生手段はエアゾール創生物質を担持した基材を含むことを特徴とする請求項2 32. The aerosol generating means according to claim 2, characterized in that it comprises a substrate bearing an aerosol forming material
    4に記載の喫煙物品。 Smoking article according to 4.
  33. 【請求項33】前記材料は、ガラス繊維を含むものであることを特徴とする請求項30に記載の喫煙物品。 33. The material A smoking article as claimed in claim 30, characterized in that those comprising glass fibers.
  34. 【請求項34】前記燃料素子は、少くとも約0.5g/ 34. The fuel element is at least about 0.5 g /
    ccの密度を有することを特徴とする請求項24〜26 Claim characterized in that it has a density of cc 24 to 26
    のいずれかに記載の喫煙物品。 Smoking article according to any one of the.
  35. 【請求項35】前記燃料素子は、タバコ材を含むことを特徴とする請求項24〜26のいずれかに記載の喫煙物品。 35. The fuel element smoking article according to any one of claims 24 to 26, characterized in that it comprises a tobacco.
  36. 【請求項36】喫煙物品であって、 (a) 燃焼セグメントと、基部セグメントと、該燃焼セグメントと基部セグメントの間にある隔離セグメントを有する長手方向にセグメント化された可燃燃料素子と、 (b) 該燃料素子とは物理的に別体とされたエアゾール発生手段と、 (c) 前記燃料素子の基部セグメントに接触して該燃料素子を喫煙物品内の所定位置に固定する保持手段と、から成る喫煙物品。 36. A smoking article comprising: (a) a combustion segment and a base segment, combustible fuel element which is segmented in the longitudinal direction having an isolation portion lying between the combustion segment and base segments, (b ) and the aerosol generating means physically separate from the fuel element, from a holding means for fixing in place within the smoking article the fuel element in contact with the base segments (c) the fuel element smoking article comprising.
  37. 【請求項37】前記燃料素子は、燃焼前の時点で約20 37. The fuel element is about 20 prior to burning
    mm未満の全長を有することを特徴とする請求項36に記載の喫煙物品。 Smoking article according to claim 36, characterized in that it has an overall length of less than mm.
JP3053134A 1990-02-27 1991-02-26 Cigarette Withdrawn JPH05103836A (en)

Priority Applications (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US07/488,516 US5027837A (en) 1990-02-27 1990-02-27 Cigarette
US64223391A true 1991-01-23 1991-01-23
US642233 1991-01-23
US488516 1991-01-23

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH05103836A true JPH05103836A (en) 1993-04-27

Family

ID=27049367

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP3053134A Withdrawn JPH05103836A (en) 1990-02-27 1991-02-26 Cigarette

Country Status (4)

Country Link
EP (1) EP0444553A3 (en)
JP (1) JPH05103836A (en)
KR (1) KR910021225A (en)
CN (1) CN1054887A (en)

Cited By (22)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009521940A (en) * 2006-01-03 2009-06-11 ディディエ ジェラール マルツェルDidier Gerard Martzel Tobacco substitute
JP2011525366A (en) * 2008-06-27 2011-09-22 オリグ アーゲー Smokeless cigarette
WO2013146951A2 (en) 2012-03-30 2013-10-03 日本たばこ産業株式会社 Carbon heat source and flavour inhalation tool
JP2014526275A (en) * 2011-09-20 2014-10-06 アール・ジエイ・レイノルズ・タバコ・カンパニー Segmented smoking product with substrate cavity
CN104323429A (en) * 2014-11-03 2015-02-04 李辉 Baking type electronic cigarette with flavor adjusting function
JP2015516811A (en) * 2012-04-17 2015-06-18 アール・ジエイ・レイノルズ・タバコ・カンパニー How to make a smoking article
JP2015525565A (en) * 2012-07-04 2015-09-07 フィリップ・モーリス・プロダクツ・ソシエテ・アノニム Combustible heat source with improved binder
WO2015174442A1 (en) * 2014-05-15 2015-11-19 日本たばこ産業株式会社 Flavor inhaler and cup member
KR20160052672A (en) 2013-09-30 2016-05-12 니뽄 다바코 산교 가부시키가이샤 Flavor inhalator
WO2016162932A1 (en) * 2015-04-06 2016-10-13 日本たばこ産業株式会社 Flavor inhaler, inside holding member, production method for flavor inhaler, and production method for inside holding member
WO2016162933A1 (en) * 2015-04-06 2016-10-13 日本たばこ産業株式会社 Flavor inhaler and inside holding member
US20160316816A1 (en) * 2013-12-30 2016-11-03 Philip Morris Products S.A. Smoking article comprising an insulated combustible heat source
JP2016190071A (en) * 2008-10-23 2016-11-10 バットマーク・リミテッド Inhalator
WO2017187556A1 (en) * 2016-04-27 2017-11-02 日本たばこ産業株式会社 Flavor inhaler
WO2017187555A1 (en) * 2016-04-27 2017-11-02 日本たばこ産業株式会社 Flavor inhaler
US9930910B2 (en) 2011-05-31 2018-04-03 Philip Morris Products S.A. Rods for use in smoking articles
US10010110B2 (en) 2012-05-31 2018-07-03 Philip Morris Products S.A. Electrically operated aerosol generating system
US10010695B2 (en) 2011-02-11 2018-07-03 Batmark Limited Inhaler component
US10111466B2 (en) 2013-05-02 2018-10-30 Nicoventures Holdings Limited Electronic cigarette
US10314335B2 (en) 2013-05-02 2019-06-11 Nicoventures Holdings Limited Electronic cigarette
US10426193B2 (en) 2013-06-04 2019-10-01 Nicoventures Holdings Limited Container
US10543323B2 (en) 2008-10-23 2020-01-28 Batmark Limited Inhaler

Families Citing this family (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5348027A (en) * 1991-02-14 1994-09-20 R. J. Reynolds Tobacco Company Cigarette with improved substrate
US5469871A (en) * 1992-09-17 1995-11-28 R. J. Reynolds Tobacco Company Cigarette and method of making same
US5996589A (en) 1998-03-03 1999-12-07 Brown & Williamson Tobacco Corporation Aerosol-delivery smoking article
CN102499452B (en) * 2011-10-11 2013-05-08 中国烟草总公司郑州烟草研究院 Chocolate type smoke-free tobacco product
AT511344B1 (en) 2011-10-21 2012-11-15 Helmut Dr Buchberger Inhalatorkomponente
CN103233294B (en) * 2013-04-24 2014-11-26 湖北中烟工业有限责任公司 Method for preparing threadlike carbon heat source material for cigarettes by using acid
CN103230097B (en) * 2013-04-24 2014-04-16 湖北中烟工业有限责任公司 Method for utilizing acids to prepare piece-shaped carbonaceous heat source material for cigarettes
GB201407642D0 (en) * 2014-04-30 2014-06-11 British American Tobacco Co Aerosol-cooling element and arrangements for apparatus for heating a smokable material
GB201418817D0 (en) 2014-10-22 2014-12-03 British American Tobacco Co Apparatus and method for generating an inhalable medium, and a cartridge for use therewith
US10426199B2 (en) 2015-02-27 2019-10-01 British American Tobacco (Investments) Limited Cartridge, components and methods for generating an inhalable medium

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
IN166122B (en) * 1985-08-26 1990-03-17 Reynolds Tobacco Co R "cigarette type smoking article"
US4881556A (en) * 1988-06-06 1989-11-21 R. J. Reynolds Tobacco Company Low CO smoking article
US4966171A (en) * 1988-07-22 1990-10-30 Philip Morris Incorporated Smoking article
US5159940A (en) * 1988-07-22 1992-11-03 Philip Morris Incorporated Smoking article
GB8819291D0 (en) * 1988-08-12 1988-09-14 British American Tobacco Co Improvements relating to smoking articles

Cited By (38)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009521940A (en) * 2006-01-03 2009-06-11 ディディエ ジェラール マルツェルDidier Gerard Martzel Tobacco substitute
JP2011525366A (en) * 2008-06-27 2011-09-22 オリグ アーゲー Smokeless cigarette
US10098382B2 (en) 2008-06-27 2018-10-16 Olig Ag Smoke-free cigarette
US9046278B2 (en) 2008-06-27 2015-06-02 Olig Ag Smoke-free cigarette
US10543323B2 (en) 2008-10-23 2020-01-28 Batmark Limited Inhaler
JP2016190071A (en) * 2008-10-23 2016-11-10 バットマーク・リミテッド Inhalator
US10010695B2 (en) 2011-02-11 2018-07-03 Batmark Limited Inhaler component
US9930910B2 (en) 2011-05-31 2018-04-03 Philip Morris Products S.A. Rods for use in smoking articles
JP2014526275A (en) * 2011-09-20 2014-10-06 アール・ジエイ・レイノルズ・タバコ・カンパニー Segmented smoking product with substrate cavity
JPWO2013146951A1 (en) * 2012-03-30 2015-12-14 日本たばこ産業株式会社 Carbon heat source and flavor suction tool
WO2013146951A2 (en) 2012-03-30 2013-10-03 日本たばこ産業株式会社 Carbon heat source and flavour inhalation tool
US9877506B2 (en) 2012-03-30 2018-01-30 Japan Tobacco, Inc. Flavor inhaler
EP3146855A1 (en) 2012-03-30 2017-03-29 Japan Tobacco Inc. Carbon heat source and flavor inhaler
US9883695B2 (en) 2012-03-30 2018-02-06 Japan Tobacco Inc. Flavor inhaler
JP2015516811A (en) * 2012-04-17 2015-06-18 アール・ジエイ・レイノルズ・タバコ・カンパニー How to make a smoking article
US10010110B2 (en) 2012-05-31 2018-07-03 Philip Morris Products S.A. Electrically operated aerosol generating system
JP2015525565A (en) * 2012-07-04 2015-09-07 フィリップ・モーリス・プロダクツ・ソシエテ・アノニム Combustible heat source with improved binder
US10111466B2 (en) 2013-05-02 2018-10-30 Nicoventures Holdings Limited Electronic cigarette
US10314335B2 (en) 2013-05-02 2019-06-11 Nicoventures Holdings Limited Electronic cigarette
US10426193B2 (en) 2013-06-04 2019-10-01 Nicoventures Holdings Limited Container
KR20160052672A (en) 2013-09-30 2016-05-12 니뽄 다바코 산교 가부시키가이샤 Flavor inhalator
US20160316816A1 (en) * 2013-12-30 2016-11-03 Philip Morris Products S.A. Smoking article comprising an insulated combustible heat source
JP2017500852A (en) * 2013-12-30 2017-01-12 フィリップ・モーリス・プロダクツ・ソシエテ・アノニム Smoking articles with insulated flammable heat sources
US10542776B2 (en) 2013-12-30 2020-01-28 Philip Morris Products S.A. Smoking article comprising an insulated combustible heat source
JPWO2015174442A1 (en) * 2014-05-15 2017-04-20 日本たばこ産業株式会社 Flavor suction device and cup member
WO2015174442A1 (en) * 2014-05-15 2015-11-19 日本たばこ産業株式会社 Flavor inhaler and cup member
CN104323429A (en) * 2014-11-03 2015-02-04 李辉 Baking type electronic cigarette with flavor adjusting function
US10426194B2 (en) 2015-04-06 2019-10-01 Japan Tobacco Inc. Flavor inhaler and inside holding member
WO2016162932A1 (en) * 2015-04-06 2016-10-13 日本たばこ産業株式会社 Flavor inhaler, inside holding member, production method for flavor inhaler, and production method for inside holding member
JPWO2016162933A1 (en) * 2015-04-06 2017-08-10 日本たばこ産業株式会社 Flavor suction device and inner holding member
WO2016162933A1 (en) * 2015-04-06 2016-10-13 日本たばこ産業株式会社 Flavor inhaler and inside holding member
KR20170127529A (en) * 2015-04-06 2017-11-21 니뽄 다바코 산교 가부시키가이샤 Flavor inhaler, inside holding member, production method for flavor inhaler, and production method for inside holding member
JPWO2016162932A1 (en) * 2015-04-06 2017-08-10 日本たばこ産業株式会社 Flavor suction device, inner holding member, manufacturing method of flavor suction device, and manufacturing method of inner holding member
TWI660755B (en) * 2016-04-27 2019-06-01 日本煙草產業股份有限公司 Fragrance inhaler
WO2017187556A1 (en) * 2016-04-27 2017-11-02 日本たばこ産業株式会社 Flavor inhaler
WO2017187555A1 (en) * 2016-04-27 2017-11-02 日本たばこ産業株式会社 Flavor inhaler
WO2017188227A1 (en) * 2016-04-27 2017-11-02 日本たばこ産業株式会社 Flavor inhaler
WO2017188226A1 (en) * 2016-04-27 2017-11-02 日本たばこ産業株式会社 Flavor inhaler

Also Published As

Publication number Publication date
CN1054887A (en) 1991-10-02
EP0444553A3 (en) 1993-04-14
EP0444553A2 (en) 1991-09-04
KR910021225A (en) 1991-12-20

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP0352109B1 (en) Smoking article
US5611360A (en) Smoking article
US5357984A (en) Method of forming an electrochemical heat source
US8079371B2 (en) Tobacco containing smoking article
KR100238017B1 (en) Carbonaceous composition for fuel elements of smoking articles
JP6514815B2 (en) Electric aerosol delivery system
RU2268631C2 (en) Smoking article
US4955399A (en) Smoking article
JP5976637B2 (en) Segmented smoking articles
DK174292B1 (en) Low mutagenic smoking article, e.g. cigarette - has carbonaceous fuel element in heat exchange relationship with aerosol source
JP5357878B2 (en) Distillation-based smoking articles
US7290549B2 (en) Chemical heat source for use in smoking articles
JP5283614B2 (en) Smoking equipment
US5135009A (en) Smokable article
DK171264B1 (en) A smoking article with improved fuel element
US5129409A (en) Extruded cigarette
RU1795883C (en) Cigarette-like smoking product
JP5244782B2 (en) Smoking article
CN1062434C (en) Fuel element composition adapted for making cigarette products and the fuel element made from same
EP0418465B1 (en) Tobacco smoking article
US4941486A (en) Cigarette having sidestream aroma
JP3506722B2 (en) Cigarette
CA1312251C (en) Smoking article with improved fuel element
US5360023A (en) Cigarette filter
US4858630A (en) Smoking article with improved aerosol forming substrate

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 19980514