JPH05101024A - マルチプロセツサ制御方式 - Google Patents

マルチプロセツサ制御方式

Info

Publication number
JPH05101024A
JPH05101024A JP3257365A JP25736591A JPH05101024A JP H05101024 A JPH05101024 A JP H05101024A JP 3257365 A JP3257365 A JP 3257365A JP 25736591 A JP25736591 A JP 25736591A JP H05101024 A JPH05101024 A JP H05101024A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
inter
main memory
communication
shared area
processor
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP3257365A
Other languages
English (en)
Inventor
勲 ▼松▲田
Isao Matsuda
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
HOKKAIDO NIPPON DENKI SOFTWARE KK
NEC Solution Innovators Ltd
Original Assignee
HOKKAIDO NIPPON DENKI SOFTWARE KK
NEC Software Hokkaido Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by HOKKAIDO NIPPON DENKI SOFTWARE KK, NEC Software Hokkaido Ltd filed Critical HOKKAIDO NIPPON DENKI SOFTWARE KK
Priority to JP3257365A priority Critical patent/JPH05101024A/ja
Publication of JPH05101024A publication Critical patent/JPH05101024A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02EREDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION
    • Y02E60/00Enabling technologies; Technologies with a potential or indirect contribution to GHG emissions mitigation
    • Y02E60/30Hydrogen technology
    • Y02E60/50Fuel cells

Landscapes

  • Multi Processors (AREA)
  • Memory System (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【目的】マルチプロセッサシステムにおいて、プロセッ
サ間通信制御を他のプログラムの障害またはシステムバ
スの障害から保護し、正常にプロセッサ間通信ができる
ことを目的とする。 【構成】本発明は、プロセッサ間通信用メインメモリ共
有エリア21をシステム全体のメインメモリ共有エリア
27と分離してそれぞれについて、プロセッサ間通信用
メインメモリ共有エリア制御機構1と、メインメモリ共
有エリアや制御機構3とにより制御することにより、プ
ロセッサ間通信と関係のない他のプログラムの不具合に
よりプロセッサ間通信のメインメモリ共有エリア27の
一部または全体の破壊が防止できる。また、プロセッサ
間通信用システム22とシステム全体のシステムバス2
5と分離してプロセッサ間通信用システムバス制御機構
2により制御することにより、プロセッサ間通信と関係
のない他のハードウェアの不具合が発生してもプロセッ
サ間通信が正常に機能できる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明はマルチプロセッサ制御方
式に関し、特にオフィスにて使用される情報処理システ
ムに使用するマルチプロセッサ制御方式に関するもので
ある。
【0002】
【従来の技術】従来、この種のマルチプロセッサ制御方
式は、プロセッサ関通信のメインメモリ共有エリアを、
システム全体のメインメモリ共有エリアと完全共有して
制御していた。また、プロセッサ間通信のシステムバス
とシステム全体のシステムバスを完全共有して制御して
おり図3に示すようにプロセッサ31〜33と、I/O
装置35と、メインメモリ共有エリア36等がシステム
バス34を通して連結されている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】上述した従来のマルチ
プロセッサ制御方式は、プロセッサ間通信のメインメモ
リ共有エリアをシステム全体のメインメモリ共有エリア
と完全共有していたため、プロセッサ間通信と関係のな
い他のプログラムの不具合によりメインメモリ共有エリ
アの一部または全体が破壊され、それによってプロセッ
サ間通信にまで悪影響を及ぼし、プロセッサ間通信が正
常に機能しなくなる場合があるという欠点がある。
【0004】また、プロセッサ間通信のシステムバスを
システム全体のシステムバスと完全共有していたため、
プロセッサ間通信と関係のない他のハードウェアの不具
合によるシステムバスの故障により、プロセッサ間通信
にまで悪影響を及ぼし、プロセッサ間通信が正常に機能
しなくなる場合があるという欠点もある。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明のマルチプロセッ
サ制御方法は、マルチプロセッサ機構を装備した情報処
理システムにおいて、プロセッサ間通信用メインメモリ
共有エリアを制御し、相手プロセッサとの通信制御また
は相手プロセッサへのデータ通知を制御するプロセッサ
間通信用メインメモリ共有エリア制御機構と、プロセッ
サ間通信用システムバスを制御し、相手プロセッサとの
通信制御を行うプロセッサ間通信用システムバス制御機
構と、プロセッサ上のAP(アプリケーションプログラ
ム)またはOSのデータを別のプロセッサに渡すために
メインメモリ共有エリアを制御するメインメモリ共有エ
リア制御機構とを備えて構成される。
【0006】
【実施例】次に、本発明について図面を参照して説明を
する。
【0007】図1は本発明の一実施例の構成を示すブロ
ック図、図2は本発明の一実施例のハードウェアの構成
を示すブロック図である。
【0008】プロセッサ間通信用メインメモリ共有エリ
ア制御機構1は、プロセッサ間通信用メインメモリ共有
エリア21を制御し、相手プロセッサとの通信制御また
は相手プロセッサへのデータ通知を制御する。また、プ
ロセッサ間通信用システムバス制御機構2は、プロセッ
サ間通信用システムバス22を制御し、相手プロセッサ
との通信制御を行う。さらに、メインメモリ共有エリア
制御機構3は、たとえば、プロセッサ23上のAPまた
はOSのデータをプロセッサ24に渡すためにメインメ
モリ共有エリアを制御する。
【0009】すなわち、本発明は、プロセッサ間通信用
メインメモリ共有エリア21をシステム全体のメインメ
モリ共有エリア27と分離してそれぞれについて、プロ
セッサ間通信用メインメモリ共有エリア制御機構1と、
メインメモリ共有エリアや制御機構3とにより制御する
ことにより、プロセッサ間通信と関係のない他のプログ
ラムの不具合によりプロセッサ間通信のメインメモリ共
有エリア27の一部または全体の破壊が防止できる。ま
た、プロセッサ間通信用システム22とシステム全体の
システムバス25と分離してプロセッサ間通信用システ
ムバス制御機構2により制御することにより、プロセッ
サ間通信と関係のない他のハードウェアの不具合が発生
してもプロセッサ間通信が正常に機能できる。
【0010】
【発明の効果】以上説明したように本発明は、プロセッ
サ間通信のメインメモリ共有エリアをシステム全体のメ
インメモリ共有エリアと分離したため、プロセッサ間通
信と関係のない他のプログラムの不具合によるプロセッ
サ間通信のメインメモリ共有エリアの一部または全体の
破壊が防止でき、プロセッサ間通信が正常に機能できる
という効果がある。また、プロセッサ間通信のシステム
バスをシステム全体のシステムバスと分離したため、プ
ロセッサ間通信と関係のない他のハードウェアの不具合
が発生したもプロセッサ間通信が制御に機能できるとい
う効果がある。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施例の構成を示すブロック図。
【図2】本発明の一実施例のハードウェアの構成を示す
ブロック図。
【図3】従来技術によるマルチプロセッサ制御方式のハ
ードウェアの構成を示すブロック図。
【符号の説明】
1 プロセッサ間通信用メインメモリ共有エリア制御
機構 2 プロセッサ間通信用システムバス制御機構 3 メインメモリ共有エリア制御機構 21 プロセッサ間通信用メインメモリ共有エリア 22 プロセッサ間通信用システムバス 23,24,31,32,33 プロセッサ 25,34 システムバス 26,35 I/O装置 27,36 メインメモリ共有エリア

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 マルチプロセッサ機構を装備した情報処
    理システムにおいて、プロセッサ間通信用メインメモリ
    共有エリアを制御し、相手プロセッサとの通信制御また
    は相手プロセッサへのデータ通知を制御するプロセッサ
    間通信用メインメモリ共有エリア制御機構と、 プロセッサ間通信用システムバスを制御し、相手プロセ
    ッサとの通信制御を行うプロセッサ間通信用システムバ
    ス制御機構と、 プロセッサ上のAP(アプリケーションプログラム)ま
    たはOSのデータを別のプロセッサに渡すためにメイン
    メモリ共有エリアを制御するメインメモリ共有エリア制
    御機構とを備えて成ることを特徴とするマルチプロセッ
    サ制御方式。
JP3257365A 1991-10-04 1991-10-04 マルチプロセツサ制御方式 Pending JPH05101024A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3257365A JPH05101024A (ja) 1991-10-04 1991-10-04 マルチプロセツサ制御方式

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3257365A JPH05101024A (ja) 1991-10-04 1991-10-04 マルチプロセツサ制御方式

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH05101024A true JPH05101024A (ja) 1993-04-23

Family

ID=17305375

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP3257365A Pending JPH05101024A (ja) 1991-10-04 1991-10-04 マルチプロセツサ制御方式

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH05101024A (ja)

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPS59200327A (ja) 周辺装置の制御方式
US5386544A (en) Data processing system with a standby process mechanism for saving and restoring operations
JPS59106056A (ja) フエイルセイフ式デ−タ処理システム
JPH05101024A (ja) マルチプロセツサ制御方式
JPH11338833A (ja) マルチプロセッサ型コントローラ及びスケーラブルコントローラシステム
JPH0430245A (ja) マルチプロセッサ制御方式
JP2708636B2 (ja) 情報処理装置の保守制御方法
JPS605331A (ja) ラインプリンタ
JP3033586B2 (ja) 情報処理システム
JPS633358A (ja) マルチプロセサ
JPH0114616B2 (ja)
JPH0254362A (ja) 並列処理コンピュータ
JPH02236656A (ja) マルチプロセッサシステム
JPS60117359A (ja) 情報処理システム
JPH04128961A (ja) マルチプロセッサ制御方式
JPS59183447A (ja) 障害監視方式
JPS6371764A (ja) 割込み制御装置
JPS59135554A (ja) 計算機システム間通信方式
JPS61139849A (ja) デ−タ処理装置の冗長化システム
JPH0239817B2 (ja) Warikomiseigyohoshiki
JPH0651827A (ja) プログラムコントローラの異常監視システム
JPS628243A (ja) キヤツシユ・メモリ
JPS60123953A (ja) チャネル切り替え制御方式
JPH03131956A (ja) マルチプロセッサシステム
JPH03171332A (ja) 異常アクセス検出方式