JPH0510016U - 自動車用空気調和装置のインテークユニツト - Google Patents

自動車用空気調和装置のインテークユニツト

Info

Publication number
JPH0510016U
JPH0510016U JP5661691U JP5661691U JPH0510016U JP H0510016 U JPH0510016 U JP H0510016U JP 5661691 U JP5661691 U JP 5661691U JP 5661691 U JP5661691 U JP 5661691U JP H0510016 U JPH0510016 U JP H0510016U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
air
intake
intake port
port
outside
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP5661691U
Other languages
English (en)
Inventor
一志 赤坂
Original Assignee
カルソニツク株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by カルソニツク株式会社 filed Critical カルソニツク株式会社
Priority to JP5661691U priority Critical patent/JPH0510016U/ja
Publication of JPH0510016U publication Critical patent/JPH0510016U/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】高風量で、低騒音のインテークユニットを提供
する。 【構成】インテークケース(1)の上部に車室内空気を
取り入れるための第1内気吸入口(2)および第2内気
吸入口(3)と、外気を取り入れるための外気吸入口
(4)とを開設すると共に、インテークケース(1)の
下部に第3内気吸入口(5)および第4内気吸入口
(6)を開設し、これら内外気を吸入して下流側に接続
されたユニットに送風する送風機(7)をインテークケ
ース(1)内に設けた自動車用空気調和装置のインテー
クユニットにおいて、インテークケース(1)内にファ
ンスクロール部(8)とノーズ部(9)を構成する仕切
り壁(10)を形成し、当該仕切り壁(10)とインテ
ークケース(1)との間に、インテークケース上部の第
1内気吸入口(2)、第2内気吸入口(3)および外気
吸入口(4)と、前記インテークケース下部の第3内気
吸入口(5)および第4内気吸入口(6)とを連通する
空気通路(11)を形成した。

Description

【考案の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】
本考案は、自動車用空気調和装置のインテークユニットに関し、特に内外気吸 入抵抗を低減したインテークユニットに関する。
【0002】
【従来の技術】
一般に自動車用空気調和装置は、ファンをモータで回転することにより内気ま たは外気を取り込むインテークユニットと、このインテークユニットの吐出口か ら吐出された空気が流入するように連結され、内部にエバポレータが収容された クーラユニットと、このクーラユニットの吐出口から吐出された空気をミックス ドアによりヒータコア側と迂回路側に分岐し、再度混合室で冷風と温風とを混合 し所定温度の空気にして各種ダクトから車室内所定域に向かって吹き出すように したヒータユニットとを有している。
【0003】 このインテークユニットには内気取入口と外気取入口とが開設され、かつ、こ の両取入口を選択的に開閉するインテークドアを有する構造となっている。この 種のインテークユニットにおいては吸入抵抗が小さいことが望ましく、吸入抵抗 は吸入面積、すなわち取入口の面積が大きいほど小さくなる。
【0004】 しかしながら、インテークユニットは車両に搭載しなければならないので取入 口の寸法を大きくするにも限度がある。そこで従来、実開昭64−55108号 公報に見られるように、外気取入口と内気取入口の他に車室内空気を取り入れる ための第2内気取入口と、車室外空気を取り入れるための第2外気取入口とを設 け、さらに、インテークドアと連動してこれら第2内気取入口と第2外気取入口 とを選択的に開閉する第2インテークドアを設けたものが提案されている。
【0005】
【考案が解決しようとする課題】
ところが、上述した実開昭64−55108号公報に開示されたインテークユ ニットにあっても、車両搭載時のレイアウトの関係上、吸入面積の拡大には限度 があり、したがって風量増加および騒音低減にも限界があった。 本考案は、このような従来技術の問題点に鑑みてなされたものであり、高風量 で、かつ低騒音のインテークユニットを提供することを目的とする。
【0006】
【課題を解決するための手段】
上記目的を達成するための本考案は、インテークケース(1)の上部に車室内 空気を取り入れるための第1内気吸入口(2)および第2内気吸入口(3)と、 外気を取り入れるための外気吸入口(4)とを開設すると共に、インテークケー ス(1)の下部に第3内気吸入口(5)および第4内気吸入口(6)を開設し、 これら内外気を吸入して下流側に接続されたユニットに送風する送風機(7)を 前記インテークケース(1)内に設けた自動車用空気調和装置のインテークユニ ットにおいて、前記インテークケース(1)内にファンスクロール部(8)とノ ーズ部(9)を構成する仕切り壁(10)を形成し、当該仕切り壁(10)と前 記インテークケース(1)との間に、前記インテークケース上部の第1内気吸入 口(2)、第2内気吸入口(3)および外気吸入口(4)と、前記インテークケ ース下部の第3内気吸入口(5)および第4内気吸入口(6)とを連通する空気 通路(11)を形成したことを特徴とする自動車用空気調和装置のインテークユ ニットである。
【0007】
【作用】
まず、外気のみを吸入する場合には、第1内気吸入口(2)、第2内気吸入口 (3)、第3内気吸入口(5)、第4内気吸入口(6)を全て閉塞し、送風機 (7)を作動する。すると、外気吸入口(4)から導入された車室外空気の一部 はファン(15)の上側吸込口(16a )に導かれると共に、残りの空気は空気 通路(11)を介してファンの下側吸込口(16b )に導かれる。また、内気の みを吸入する場合には、第1内気吸入口(2)、第2内気吸入口(3)、第3内 気吸入口(5)、第4内気吸入口(6)を全て開放する。このとき、第1内気吸 入口(2)および第2内気吸入口(3)から導入された内気の一部はファンの上 側吸込口(16a )に導かれると共に、残りの空気は空気通路(11)を介して ファンの下側吸込口(16b )に導かれる。一方、第3内気吸入口(5)および 第4内気吸入口(6)から導入された車室内空気は、ファンの下側吸込口(16 b )に導かれる。 このように、本考案にあっては、インテークケース内に導入する空気の通路断 面積を空気通路を設けることにより増加させているため、吸入抵抗を減少させる ことができ、風量増加および騒音低減を図ることができる。
【0008】
【実施例】
以下、本考案の一実施例を図面に基づいて説明する。 図1は本考案の一実施例に係るインテークユニットを示す分解斜視図、図2は 同実施例の作用を説明する縦断面図であって、外気導入モードを示す図、図3は 同じく内外気導入モード(外気:内気=8:2)を示す縦断面図、図4は同じく 内外気導入モード(外気:内気=2:8)を示す縦断面図、図5は同じく内気導 入モードを示す縦断面図である。
【0009】 本実施例に係るインテークユニットは、車室外空気を取り入れるために内外気 切換箱1a の上部に開設された外気吸入口4と、車室内空気を取り入れるために 開設され前記外気吸入口4に近接した内外気切換箱1a の上部側面に互いに対向 して設けられた第1内気吸入口2および第2内気吸入口3とを有している。これ ら外気吸入口4、第1内気吸入口2および第2内気吸入口3には第1インテーク ドア12および第2インテークドア13が回動自在に設けられている。第1イン テークドア12は第1内気吸入口2を開閉し、一方、第2インテークドア13は 第2内気吸入口3を開閉するが、第1インテークドア12が第1内気吸入口2を 全閉すると共に第2インテークドア13が第2内気吸入口3を全閉したときは外 気吸入口4が全開する(図2参照)。逆に、第1インテークドア12が第1内気 吸入口2を全開すると共に第2インテークドア13が第2内気吸入口3を全開し たときは、これら第1および第2インテークドア12,13の共働によって外気 吸入口4が全閉する(図5参照)。また、第1インテークドア12が第1内気吸 入口2を半開すると共に第2インテークドア13が第2内気吸入口3を半開した ときは、これら第1および第2インテークドア12,13の共働によって外気吸 入口4も半開する(図4参照)。
【0010】 一方、インテークケース本体1b には,電動モータ14により回転すると共に 上下に吸込口16a,16b を有するファン15が収容され、さらにこのファン1 5の上部吸込口16a に取入空気を導くためのベルマウス17が取り付けられて いる。このインテークケース本体1b は、図1に示すように略直方体に形成され 、内部に取入空気をクーラユニット側に円滑に導くためのファンスクロール部8 とノーズ部9を構成する仕切り壁10が形成されている。さらに、この仕切り壁 10とインテークケース本体1b との間、特にファンスクロール部8、ノーズ部 9とインテークケース本体1b との間には、内外気切換箱1a から導入された取 入空気をファン15の下側吸込口16b に導くための空気通路11が形成されて いる。すなわち、円筒形状の仕切り壁10と直方体のインテークケース本体1b
との間、特にファンスクロール部8、ノーズ部9の近傍には、実質的にデッドス ペースとなっており、本実施例にあっては、このデッドスペースを利用して空気 通路11を形成している。したがって、インテークケース1の形状やインテーク ユニットの搭載位置の制約等を受けることなく充分な断面積の空気通路11を形 成することができる。また、インテークケース本体1b を略直方体に形成する
こ とによりケースの剛性が高まり、振動等の発生を抑制できるという付加的効果も ある。
【0011】 本実施例のインテークユニットの下部には、車室内空気を導入するための第3 内気吸入口5および第4内気吸入口6が開設されており、これら両内気吸入口5 ,6にはそれぞれ第3インテークドア18、第4インテークドア19が回動自在 に取り付けられている。この2つの内気吸入口から導入された空気は、ファン1 5の下側吸込口16b に導かれた後にクーラユニット側に送風される。
【0012】 次に作用を説明する。 本実施例に係るインテークユニットは、以下に説明するように外気導入モード 、内外気導入モード(外気:内気=8:2)、内外気導入モード(外気:内気= 2:8)、内気導入モードの何れかのモードが選択されるが、本考案はこの実施 例のみに限定されることなく種々のモードを形成しても良い。
【0013】外気導入モード 図2に示すように、クーラユニットおよびヒータユニット側に車室外の空気の みを送風する場合は第1インテークドア12、第2インテークドア13、第3イ ンテークドア18、第4インテークドア19の4つのインテークドアにより第1 内気吸入口2、第2内気吸入口3、第3内気吸入口5、第4内気吸入口6をそれ ぞれ閉塞する。この状態で送風機7を作動すると外気吸入口4から車室外空気が 内外気切換箱1a 内に導かれ、この空気の一部はファン15の上部吸込口16a に吸入されると共に、残りの空気は空気通路11を介してファン15の下側吸込 口16b から吸入され、ファンスクロール部8を通過して下流側に接続されたク ーラユニット等に送風される。このとき、ファン15に吸入される外気はファン 15の上部吸込口16a および下部吸込口16b の両方から吸込まれ、かつ空気 通路11による吸込み断面積も大きいことから、吸入抵抗が減少し、風量を増加 することができると共に騒音を低減することができる。また、風量が増加するこ とによりファン15の回転数を減少させることができ、これによっても騒音低減 を図ることができる。
【0014】内外気導入モード(外気:内気=8:2) 図3に示すように、例えば吸入風量比を外気:内気=8:2としてクーラユニ ットおよびヒータユニット側に車室外および車室内の混合空気を送風する場合に は、第1インテークドア12、第2インテークドア13の2つのインテークドア により第1内気吸入口2、第2内気吸入口3をそれぞれ閉塞すると共に、第3イ ンテークドア18および第4インテークドア19を開放する。この状態で送風機 7を作動すると外気吸入口4から車室外空気が内外気切換箱1a 内に導かれ、こ の空気の一部はファン15の上部吸込口16a に吸入されると共に、残りの空気 は空気通路11を介してファン15の下側吸込口16b から吸入される。一方、 第3内気吸入口5および第4内気吸入口6からは車室内空気が導入されてファン 15の下側吸込口16b に導かれ、ここで外気と混合しながらファンスクロール 部8を通過して下流側に接続されたクーラユニット等に送風される。
【0015】内外気導入モード(外気:内気=2:8) 図4に示すように、例えば吸入風量比を外気:内気=2:8としてクーラユニ ットおよびヒータユニット側に車室外および車室内の混合空気を送風する場合に は、第1インテークドア12、第2インテークドア13の2つのインテークドア により第1内気吸入口2、第2内気吸入口3をそれぞれ半開すると共に、第3イ ンテークドア18および第4インテークドア19を閉塞する。この状態で送風機 7を作動すると開口面積が減少した外気吸入口4から車室外空気が内外気切換箱 1a 内に導かれ、この空気はファン15の上部吸込口16a に吸入されると共に 、半開状態となった第1内気吸入口2および第2内気吸入口3からは車室内空気 が導入されて、その一部はファン15の上側吸込口16a に導かれ、残りの空気 は空気通路11を介して下側吸込口16b に導かれる。そして、車室内空気およ び車室外空気は混合しながらファンスクロール部8を通過して下流側に接続され たクーラユニット等に送風される。
【0016】内気導入モード 図5に示すように、クーラユニットおよびヒータユニット側に車室内の空気の みを送風する場合は第1インテークドア12、第2インテークドア13、第3イ ンテークドア18、第4インテークドア19の4つのインテークドアにより第1 内気吸入口2、第2内気吸入口3、第3内気吸入口5、第4内気吸入口6をそれ ぞれ全開する。このとき、第1インテークドア12と第2インテークドア13の 共働により外気吸入口4が閉塞される。この状態で送風機7を作動すると第1内 気吸入口2および第2内気吸入口3から車室内空気が内外気切換箱1a 内に導か れ、この空気の一部はファン15の上部吸込口16a に吸入されると共に、残り の空気は空気通路11を介してファン15の下側吸込口16b から吸入される。 一方、第3内気吸入口5および第4内気吸入口6から導入された車室内空気は、 ファン15の下側吸込口16b に導かれ、前述した車室内空気とともにファンス クロール部8を通過して下流側に接続されたクーラユニット等に送風される。
【0017】 このように、本実施例に係るインテークユニットにあっては、インテークケー スのデッドスペースを利用して空気通路を形成しているため、各モードにおいて 吸入口の断面積が増加し、これにより高風量かつ低騒音のインテークユニットを 提供することができる。また、風量を従来のインテークユニットと同一にすれば ファンの回転数を減少させることができ、これによっても低騒音のインテークユ ニットを提供することができる。
【0018】
【考案の効果】
以上述べたように本考案によれば、インテークケース内にファンスクロール部 とノーズ部を構成する仕切り壁を形成し、当該仕切り壁とインテークケースとの 間に、インテークケース上部の第1内気吸入口、第2内気吸入口および外気吸入 口と、インテークケース下部の第3内気吸入口および第4内気吸入口とを連通す る空気通路を形成したため、吸入抵抗を減少させることができ、高風量で低騒音 のインテークユニットを提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】は本考案の一実施例に係るインテークユニット
を示す分解斜視図である。
【図2】は同実施例の作用を説明する縦断面図であっ
て、外気導入モードを示す図である。
【図3】は同実施例の作用を説明する縦断面図であっ
て、内外気導入モード(外気:内気=8:2)を示す図
である。
【図4】は同実施例の作用を説明する縦断面図であっ
て、内外気導入モード(外気:内気=2:8)を示す図
である。
【図5】は同実施例の作用を説明する縦断面図であっ
て、内気導入モードを示す図である。
【符号の説明】
1…インテークケース、 2…第1内気吸入
口、 3…第2内気吸入口、 4…外気吸入口、 5…第3内気吸入口、 6…第4内気吸入
口、 7…送風機、 8…ファンスクロー
ル部、 9…ノーズ部、 10…仕切り壁、 11…空気通路。

Claims (1)

  1. 【実用新案登録請求の範囲】 【請求項1】インテークケース(1)の上部に車室内空
    気を取り入れるための第1内気吸入口(2)および第2
    内気吸入口(3)と、外気を取り入れるための外気吸入
    口(4)とを開設すると共に、インテークケース(1)
    の下部に第3内気吸入口(5)および第4内気吸入口
    (6)を開設し、これら内外気を吸入して下流側に接続
    されたユニットに送風する送風機(7)を前記インテー
    クケース(1)内に設けた自動車用空気調和装置のイン
    テークユニットにおいて、 前記インテークケース(1)内にファンスクロール部
    (8)とノーズ部(9)を構成する仕切り壁(10)を
    形成し、当該仕切り壁(10)と前記インテークケース
    (1)との間に、前記インテークケース上部の第1内気
    吸入口(2)、第2内気吸入口(3)および外気吸入口
    (4)と、前記インテークケース下部の第3内気吸入口
    (5)および第4内気吸入口(6)とを連通する空気通
    路(11)を形成したことを特徴とする自動車用空気調
    和装置のインテークユニット。
JP5661691U 1991-07-22 1991-07-22 自動車用空気調和装置のインテークユニツト Pending JPH0510016U (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5661691U JPH0510016U (ja) 1991-07-22 1991-07-22 自動車用空気調和装置のインテークユニツト

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5661691U JPH0510016U (ja) 1991-07-22 1991-07-22 自動車用空気調和装置のインテークユニツト

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0510016U true JPH0510016U (ja) 1993-02-09

Family

ID=13032202

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP5661691U Pending JPH0510016U (ja) 1991-07-22 1991-07-22 自動車用空気調和装置のインテークユニツト

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0510016U (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100723943B1 (ko) * 2005-12-27 2007-05-31 위니아만도 주식회사 스탠드형 에어컨의 공기청정기 구조
US20140234092A1 (en) * 2013-02-19 2014-08-21 Ford Global Technologies, Llc Dual fan coaxial flow blower housing assembly

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100723943B1 (ko) * 2005-12-27 2007-05-31 위니아만도 주식회사 스탠드형 에어컨의 공기청정기 구조
US20140234092A1 (en) * 2013-02-19 2014-08-21 Ford Global Technologies, Llc Dual fan coaxial flow blower housing assembly

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3575495B2 (ja) 車両用空気調和装置
US6821088B2 (en) Centrifugal blower having noise-reduction structure
JP2002293128A (ja) 自動車用空気調和装置の空気調和ケース及びこれを用いた自動車用空気調和装置
JPH10119533A (ja) 車両用空調装置
JP2003326939A (ja) 車両用空調装置
JP3328985B2 (ja) 空気調和装置
JP3873925B2 (ja) 車両用空調装置
JPH0510016U (ja) 自動車用空気調和装置のインテークユニツト
JP3900965B2 (ja) 車両用空調装置
KR100623504B1 (ko) 자동차용 공기조화장치
JP4263498B2 (ja) 車両用空調装置
KR100761163B1 (ko) 2층 공기유동구조의 자동차용 공기조화장치
JP3470047B2 (ja) 自動車用空気調和装置
JPH0522111U (ja) 自動車用空気調和装置のインテークユニツト
JPH0924722A (ja) 車両用空調装置
KR101465978B1 (ko) 차량용 공조시스템
JP2001239825A (ja) 冷房装置の凝縮水排水装置
JPH11105528A (ja) 車両用空調装置
JP3453763B2 (ja) 車両用空調装置の送風装置
JPH0630497Y2 (ja) 自動車用空調装置の内外気切換装置
JP2586646Y2 (ja) 自動車用空気調和装置のインテークユニット
JPH11222021A (ja) 車両用空調装置
JP2020090249A (ja) 車両用空調装置及びそのインテークユニット
JPH0620650Y2 (ja) ク−ルボツクスを備えた車両用空調装置
JP2518661Y2 (ja) 自動車用空気調和装置のインテークユニット