JPH04354595A - 汚水処理装置 - Google Patents

汚水処理装置

Info

Publication number
JPH04354595A
JPH04354595A JP3155462A JP15546291A JPH04354595A JP H04354595 A JPH04354595 A JP H04354595A JP 3155462 A JP3155462 A JP 3155462A JP 15546291 A JP15546291 A JP 15546291A JP H04354595 A JPH04354595 A JP H04354595A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
tank
treatment
treated water
pump
sludge
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP3155462A
Other languages
English (en)
Inventor
Hachiro Sato
八郎 佐藤
Takemori Sato
佐藤 丈衛
Yoshito Kitai
良人 北井
Masaru Harada
大 原田
Kazuyuki Honda
和之 本田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Kubota Corp
Original Assignee
Kubota Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kubota Corp filed Critical Kubota Corp
Priority to JP3155462A priority Critical patent/JPH04354595A/ja
Publication of JPH04354595A publication Critical patent/JPH04354595A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02WCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES RELATED TO WASTEWATER TREATMENT OR WASTE MANAGEMENT
    • Y02W10/00Technologies for wastewater treatment
    • Y02W10/10Biological treatment of water, waste water, or sewage

Landscapes

  • Separation Using Semi-Permeable Membranes (AREA)
  • Treatment Of Biological Wastes In General (AREA)
  • Activated Sludge Processes (AREA)

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】この発明は汚水処理装置の改良に
関する。
【0002】
【従来の技術】従来、汚水処理装置として、流量調整槽
から移流される処理水を処理する回分式処理槽、該回分
式処理槽より消毒槽を介して処理水が移流される放流ポ
ンプ槽、及び該放流ポンプ槽内の沈降汚泥を汚泥返送ポ
ンプにより返送する汚泥貯留槽とを備えた汚水処理装置
が知られている。上記汚水処理装置の回分式処理槽とは
、処理槽内部に好気性処理を行う活性汚泥を投入し、流
量調整槽から処理水を流入後散気を行って混合攪拌しつ
つ好気性処理を一定時間行い、次いで散気を停止して一
定時間活性汚泥を沈澱させ、上澄み液を次槽へ移流して
槽内の処理液を少なくし、処理時間中に滞留した前記流
量調整槽の処理水を再び流入し前記処理を繰り返す方式
の処理槽を言う。
【0003】ところで、この回分式処理槽においては処
理汚水中に含まれる活性汚泥等の外部流出を避ける必要
上、かなり高度な濾過装置を設ける必要があり、従来で
はセラミック膜モジュール、あるいはガラス又はプラス
チック製 0.1〜60ミクロンの目開きの微細多孔管
よりなる分離膜モジュールなどの膜分離装置を設け、こ
れによって上澄み処理水のみを濾過吸引し、これに必要
な消毒処理を行った上で外部排出することが行われてい
た。
【0004】
【従来の技術の問題点】しかし、回分式処理槽での処理
済液排出に使用される膜モジュールには、微小固形物に
よる目詰まりの他、膜表面または内部の微細孔に生物膜
がスライムとして付着し易く、このような付着物が生じ
ると低圧の空気逆洗程度では除去できず、化学洗浄が必
要となり保守点検が面倒となる問題があった。また、上
記膜モジュールは、目詰まりによる保守点検の頻度を少
なくするため出来るだけ膜面積の大きいものが使用され
ているので化学洗浄の作業も面倒となる問題があった。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】この発明は上記欠点に
鑑み、回分式処理槽を有する汚水処理装置において、活
性汚泥の濾過処理が容易に行え、また膜分離装置の洗浄
頻度も低くしかも小さな膜モジュールで十分に浄化処理
の行える汚水処理装置の改良を目的としてなされたもの
である。
【0006】
【課題を解決するための手段】即ち、この発明の汚水処
理装置は、流量調整槽から移流される処理水を処理する
回分式処理槽、該回分式処理槽より消毒槽を介して処理
水が移流される放流ポンプ槽、及び該放流ポンプ槽内の
沈降汚泥を汚泥返送ポンプにより返送する汚泥貯留槽と
を備えた汚水処理装置において、前記放流ポンプ槽内に
膜分離装置を介して処理水を排出するポンプ装置を設け
たことを特徴とするものである。
【0007】
【実施例】次に、この発明の実施例を説明する。図1は
この発明の実施例の断面図、図2は実施例の処理プロセ
スのブロック図である。
【0008】この発明の汚水処理装置Aは、流量調整槽
1から移流される処理水を処理する回分式処理槽2、回
分式処理槽2よりポンプ2Aにより消毒槽3を介して処
理水が移流される放流ポンプ槽4、及び放流ポンプ槽4
内の沈降汚泥5Aが汚泥返送ポンプ5により返送される
汚泥貯留槽6とを備えた汚水処理装置Aにおいて、放流
ポンプ槽4内に膜分離装置7を介して処理水を排出する
ポンプ装置8を設けて構成されている。
【0009】上記実施例において、膜分離装置7の膜モ
ジュールとしてはセラミック膜モジュール、あるいはガ
ラス又はプラスチック製 0.1〜60ミクロンの目開
きの微細多孔管よりなる分離膜モジュールなどで透過孔
の径が好適には 0.5〜20ミクロンとされた膜モジ
ュールが使用される。また、消毒槽3では主として塩素
系消毒液が消毒筒3Aより供給される構成とされる。な
お、図中1Aは処理汚水が流入される槽、1Bは該槽1
A内に設けられた固形物分離スクリーンを示す。また9
は回分式処理槽2内に散気を行う散気管、9Aは散気管
に給気するブロワを示す。
【0010】
【作用】この発明の汚水処理装置Aにおいて、浄化処理
は流量調整槽1から流入される処理水を回分式処理槽2
で処理され、一定処理時間後静置されて活性汚泥が沈殿
され、その上澄み液がポンプ2Aで消毒槽3へ送られ、
ここで消毒筒3Aより消毒液が供給された後放流ポンプ
槽4へ流入する。従って、放流ポンプ槽4へは消毒済み
の処理液が流入することとなり、膜分離装置7の膜モジ
ュールには微生物によるスライムの付着が防げる。この
放流ポンプ槽4の水位が高くなればポンプ8が駆動され
膜分離装置7で濾過された浄化水が外部へと放流される
。なお、この放流ポンプ槽4内に汚泥5Aが一定レベル
にまで沈殿堆積すれば汚泥返送ポンプ5により汚泥貯留
槽6へと返送される。汚泥貯留槽6では仮に返送水中に
残留塩素があっても、汚泥の有機物ですみやかに分解さ
れ上澄水が流量調整槽1へ流入しても、後段での微生物
による処理に悪影響はない。
【0011】
【発明の効果】この発明は以上説明したように、膜分離
装置7の設けられる処理槽を、消毒済みの処理液が流入
される放流ポンプ槽4としたから、膜分離装置7の膜モ
ジュールにスライムの付着が防止され、目詰まりがそれ
だけ防止される。従って膜モジュールの膜面積も小さい
ものとすることが可能となり点検、清掃も容易となる。 また、放流を膜分離装置7を介して行うので外部放流水
からはスカム等または浮遊物が除去されるので沈殿槽を
設ける必要がなく、きわめて良質な処理水が得られ、か
つ汚水処理装置の小型化も可能となるなど種々の効果を
有する。
【図面の簡単な説明】
【図1】この発明の実施例の断面図である。
【図2】実施例の処理プロセスのブロック図である。
【符号の説明】
A    汚水処理装置 1    流量調整槽 2    回分式処理槽 2A    ポンプ 3    消毒槽 4    放流ポンプ槽 5    ポンプ 5A    沈降汚泥 6    汚泥貯留槽 7    膜分離装置 8    ポンプ装置

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】  流量調整槽から移流される処理水を処
    理する回分式処理槽、該回分式処理槽より消毒槽を介し
    て処理水が移流される放流ポンプ槽、及び該放流ポンプ
    槽内の沈降汚泥を汚泥返送ポンプにより返送する汚泥貯
    留槽とを備えた汚水処理装置において、前記放流ポンプ
    槽内に膜分離装置を介して処理水を排出するポンプ装置
    を設けたことを特徴とする汚水処理装置。
JP3155462A 1991-05-30 1991-05-30 汚水処理装置 Pending JPH04354595A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3155462A JPH04354595A (ja) 1991-05-30 1991-05-30 汚水処理装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3155462A JPH04354595A (ja) 1991-05-30 1991-05-30 汚水処理装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH04354595A true JPH04354595A (ja) 1992-12-08

Family

ID=15606584

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP3155462A Pending JPH04354595A (ja) 1991-05-30 1991-05-30 汚水処理装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH04354595A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR20020092877A (ko) * 2002-11-11 2002-12-12 세림제지주식회사 내부반송형 간헐주기장기폭기식 하,폐수처리장치
KR100399609B1 (en) * 2002-07-16 2003-09-29 Ja Con Co Ltd Inner circulation type sequencing batch reactor
KR100451543B1 (ko) * 2001-07-06 2004-11-09 엘바이오텍 주식회사 오수 고도처리 시스템 및 그 처리 방법
JP2005279447A (ja) * 2004-03-30 2005-10-13 Kubota Corp 水処理方法および装置

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100451543B1 (ko) * 2001-07-06 2004-11-09 엘바이오텍 주식회사 오수 고도처리 시스템 및 그 처리 방법
KR100399609B1 (en) * 2002-07-16 2003-09-29 Ja Con Co Ltd Inner circulation type sequencing batch reactor
KR20020092877A (ko) * 2002-11-11 2002-12-12 세림제지주식회사 내부반송형 간헐주기장기폭기식 하,폐수처리장치
JP2005279447A (ja) * 2004-03-30 2005-10-13 Kubota Corp 水処理方法および装置
JP4508694B2 (ja) * 2004-03-30 2010-07-21 株式会社クボタ 水処理方法および装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7276171B2 (en) Method for cleaning separation membrane
KR100645952B1 (ko) 폐수 정화용 중공사막 여과 장치, 여과 모듈 및 그를 이용하는 물 또는 폐수 처리 방법
JPH07155758A (ja) 廃水処理装置
JPH10109095A (ja) 浄水処理装置
JP3491122B2 (ja) 浄水処理装置
JP2001276892A (ja) 排水処理装置
JPH04354595A (ja) 汚水処理装置
KR100574672B1 (ko) 막분리 공정을 이용한 오폐수 처리 장치
KR102026130B1 (ko) 선박용 오폐수 처리 장치
JPH11104698A (ja) 排水処理方法
JP4335193B2 (ja) 有機性廃水の処理方法及び装置
JP4104806B2 (ja) 有機性排水処理の固液分離方法及び装置
JP3883358B2 (ja) 汚水処理のろ過分離方法及びその装置
JP4124957B2 (ja) ろ過体の洗浄方法及び装置
KR100330923B1 (ko) 혐기,호기 접촉순환법과 부착여과법을 이용한오폐수처리시스템 및 그 방법
JPH09206793A (ja) 汚水処理方法および汚水処理装置
JP2003181483A (ja) 浄化槽の処理方法及びその浄化槽
KR100305361B1 (ko) 생활오수처리장치
JP2002239570A (ja) 排水再利用処理装置
JP2525124Y2 (ja) 汚水浄化槽
JPH03262589A (ja) 水処理設備
KR940006405B1 (ko) 호기성 침지형 생물막 여과장치
KR19990064383A (ko) 접촉산화와 침지형중공사정밀여과막유닛에 의한 오수의 재이용및 고농도 유기성폐수의 정화장치와 그 방법
JP2002263677A (ja) 活性汚泥の固液分離方法および装置
JP2001121175A (ja) 浄化槽