JPH04287155A - 文書処理装置 - Google Patents

文書処理装置

Info

Publication number
JPH04287155A
JPH04287155A JP3104993A JP10499391A JPH04287155A JP H04287155 A JPH04287155 A JP H04287155A JP 3104993 A JP3104993 A JP 3104993A JP 10499391 A JP10499391 A JP 10499391A JP H04287155 A JPH04287155 A JP H04287155A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
document
image
format
information
original
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP3104993A
Other languages
English (en)
Inventor
Tsunetada Izumi
泉 経忠
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Ricoh Co Ltd
Original Assignee
Ricoh Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Ricoh Co Ltd filed Critical Ricoh Co Ltd
Priority to JP3104993A priority Critical patent/JPH04287155A/ja
Publication of JPH04287155A publication Critical patent/JPH04287155A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Document Processing Apparatus (AREA)

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】この発明は、日本語ワードプロセ
ッサ等の文書処理装置に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、日本語ワードプロセッサ等の文書
処理装置によって手書き原稿やコピー原稿と同じ書式の
文書を作成する場合、操作者はその原稿上の文書の罫線
位置や文字間隔,行間隔,一行の文字数,及び一頁の行
数等の書式フォーマットを実測し、その実測値に合わせ
るように作成文書の書式フォーマットを設定したり、と
りあえず原稿上の文書と同様であると思われる書式フォ
ーマットを設定して文書を作成し、その作成文書を印刷
した結果と原稿を照合し、それが同じ書式になるように
何度も書式変更したりしていた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上述の
ように原稿上の文書の書式フォーマットを実測したり、
印刷した結果と原稿上の文書の書式との整合をとりなが
ら書式フォーマットを一致させるのでは、原稿と同様の
書式フォーマットの文書を作成する際の書式設定に手間
がかかり、能率が悪いという問題があった。
【0004】この発明は上記の点に鑑みてなされたもの
であり、原稿上の文書の書式(フォーマット)と同様の
書式の文書を能率よく作成できるようにすることを目的
とする。
【0005】
【課題を解決するための手段】この発明は上記の目的を
達成するため、原稿上の文書の画像を読み取る原稿画像
読取手段と、その読み取った原稿の画像を記憶する原稿
画像記憶手段と、文書作成中に入力される作業情報,編
集情報等の入力情報を記憶する入力情報記憶手段と、書
式設定画面に上記原稿の画像と入力情報とを同時に表示
させる同時表示手段と、その表示された原稿の画像中の
指定された領域内の罫線位置,行間隔,文字間隔等の書
式情報を演算して書式を設定する書式設定手段とを備え
た文書処理装置を提供する。
【0006】さらに、同時表示手段によって同時表示す
る文書の画像と入力情報の表示色を異ならせる手段を設
けたり、読み取った原稿の画像を記憶する外部記憶手段
を設けて、その原稿の画像を書式設定時に読み出して再
利用可能にするとよい。
【0007】
【作用】この発明による文書処理装置は、原稿画像読取
手段で読み取って原稿画像記憶手段に記憶した原稿の文
書画像と、入力情報記憶手段に記憶した文書作成中の作
業情報,編集情報とを同時表示手段によって書式設定画
面に同時に表示し、その原稿の画像のある領域が指定さ
れると、書式設定手段がその中の罫線位置,行間隔,文
字間隔等の書式情報を演算して書式を設定するので、原
稿と同様の書式を簡単に設定して文書を作成できる。
【0008】また、原稿の画像と入力情報を異なる色で
表示すれば両者を見分け易くなり、外部記憶手段に原稿
の画像を記憶するようにすれば必要時にそれを読み出し
て書式設定に再利用できる。
【0009】
【実施例】以下、この発明の実施例を図面に基づいて具
体的に説明する。図1はこの発明による文書処理装置の
構成を示すブロック図である。この文書処理装置は、キ
ーボード1,画像入力装置2,画像出力装置3,外部記
憶装置4,表示装置5,及び制御装置6からなる。
【0010】キーボード1は各種の入力キーを備えた入
力装置であり、文書作成時の書式設定や文字,数字等の
文字情報や各種編集機能の指示入力等を行ない、画像入
力装置2は、原稿に記載された文書等の画像を読み取る
イメージスキャナ等の原稿画像読取手段である。
【0011】画像出力装置3は、この文書処理装置によ
って作成した文書を紙に印刷するレーザプリンタ等の印
刷装置であり、外部記憶装置4は、作成した文書の情報
や読み取った原稿の画像等を記憶するハードディスク装
置やフロッピディスク装置等であり、表示装置5は、作
成中の文書や読み取った原稿の画像等を表示するCRT
やLCD等のディスプレイである。
【0012】そして、制御装置6はCPU,ROM,R
AM等からなるマイクロコンピュータを備え、キーボー
ドインタフェース(I/F)7,画像入力装置インタフ
ェース(I/F)8,画像出力装置インタフェース(I
/F)9,外部記憶装置コントローラ10,表示装置コ
ントローラ11,書式情報記憶メモリ12,作業・編集
情報記憶メモリ13,作業・編集情報映像メモリ14,
書式情報映像メモリ15,及び制御部16の各部からな
る。
【0013】そのキーボードインタフェース(I/F)
7,画像入力装置インタフェース(I/F)8,画像出
力装置インタフェース(I/F)9は、それぞれキーボ
ード1からのキー入力制御の処理、画像入力装置2から
の読み取り画像の入力制御の処理、画像出力装置3への
文書情報の出力制御の処理を司る。
【0014】また、外部記憶装置コントローラ10,表
示装置コントローラ11は、それぞれ外部記憶装置4へ
文書情報や原稿から読み取った画像の書き込みとその書
き込んだ情報及び画像を読み出す制御と、表示装置5に
作成中の文書の表示やその文書と共に読み取った原稿の
画像の表示の制御を司る。
【0015】書式情報記憶メモリ12は、画像入力装置
2によって読み取った原稿上の文書の画像を画像入力装
置I/F8を介して記憶すると共に設定された書式情報
を記憶し、作業・編集情報記憶メモリ13は、書式設定
時の情報やキーボード1からの各種の入力による作成中
の文書の作業情報,編集情報等の入力情報をキーボード
I/F7及び制御部16を介して記憶する。
【0016】作業・編集情報映像メモリ14および書式
情報映像メモリ15は、それぞれ作業・編集情報記憶メ
モリ13に記憶された入力情報と書式情報記憶メモリ1
2に記憶された原稿の画像を表示装置5の書式設定画面
に同時表示させるために一時的に格納する画像メモリで
ある。
【0017】そして、制御部16は、文書作成のための
書式設定と各種編集機能を実現するための各種の処理の
他に、原稿の画像を参照して書式設定する際にキーボー
ド1からカーソル等によって指定された領域内の罫線位
置,行間隔,文字間隔等の書式情報を演算して書式を設
定する処理、表示装置5に入力情報と原稿の画像を同時
に表示させるためにそれぞれ作業・編集情報映像メモリ
14及び書式情報映像メモリ15にデータを転送する際
の制御処理、入力情報と原稿の画像を同時表示させる際
にその表示色を異ならせる処理等も行なう。
【0018】次に、図2及び図3のフローチャートによ
ってこの文書処理装置の書式設定時の処理について説明
する。キーボード1から書式設定の指示入力がされると
、文書書式設定モードをONにし、原稿から読み取った
文書の画像を参照するモード(原稿参照モード)か否か
を判断し、NOなら通常の文書書式設定処理を行なって
処理を終了する。
【0019】原稿参照モードなら、次に外部読出モード
が指定されているか否かを判断し、外部読出モードが指
定されていれば、外部記憶装置コントローラ10によっ
て外部記憶装置4に記憶されている原稿の画像を読み出
して書式情報記憶メモリ12へ書き込む。
【0020】また、外部読出モードが指定されていなけ
れば、画像入力装置2によってそれにセットされた原稿
上の文書の画像を読み取り、その原稿の画像を画像入力
装置I/F8によって書式情報記憶メモリ12へ書き込
む。
【0021】次に、外部記憶モードが指定されているか
否かを判断し、それが指定されていれば、原稿の画像を
外部記憶装置コントローラ10によって外部記憶装置4
へ書き込む。
【0022】また、外部記憶モードが指定されていなけ
れば、その原稿の画像と入力情報を書式設定画面に同時
に表示させる同時表示モードを選択して設定する。この
時、原稿の画像と入力情報をそれぞれ異なる色(カラー
)で表示させる場合はそれぞれの色指定を表示装置コン
トローラ11へ指示し、双方を合成して(重ね合せて)
表示するか、それともそれぞれ並列で(横並びに)表示
するか等の表示方法の設定も行なうことができる。
【0023】同時表示モードを設定すると、作業・編集
情報記憶メモリ13に記憶されている書式設定のための
作業情報を作業・編集情報映像メモリ14へ転送し、書
式情報記憶メモリ12に記憶されている原稿の画像を書
式情報映像メモリ15へ転送し、両者を表示装置コント
ローラ11によって表示装置5へ同時表示させる。
【0024】次に、図3に示すようにキーボード1から
書式設定の各項目として罫線,行間隔,文字間隔,その
他のいずれが指定されたのかを判断し、罫線が指定され
たならその罫線位置を演算する処理を、行間隔が指定さ
れたなら行間隔を演算する処理を、文字間隔が指定され
たならその文字間隔を演算する処理を、その他ならそれ
に対応する演算処理をそれぞれ行なう。
【0025】この各演算は、罫線なら縦罫線,横罫線,
枠罫線のいずれかを指示した後に、原稿の画像中の対応
する罫線部分を指定すると、その指定された罫線の原稿
中の位置と長さを算出し、行間隔なら行間隔の設定を指
示した後、原稿画像中の隣接する2行以上の領域を指定
すると、その指定された領域の占める幅から行数分の文
字幅を減じた値を行数−1で割って行間隔を算出し、文
字間隔なら文字間隔の設定を指示した後、原稿の画像中
の1行中の文字列を指定すると、その指定された文字列
の長さからその領域内の文字数分の文字幅を減じ、その
値を文字数−1で割って文字間隔を算出するようにすれ
ばよい。
【0026】そして、その算出値によって書式の各項目
の設定が指示され、変更等がなければ実行キーの入力に
より書式設定を確定し、文書書式設定モードをOFFに
して処理を終了する。
【0027】次に、図4乃至図7によって書式設定時の
操作手順と表示例について説明する。図4は書式設定時
の表示画面であり、画面左側に書式の各項目が表示され
、右側のエリアには既に読み取った原稿の画像が表示さ
れている。操作者は、文字間隔を設定したい場合は、設
定項目の「文字間隔」を指定した後、表示されている原
稿の画像の例えばA及びBで示す文字にキーボード1の
操作によってカーソルを合せて実行キーを押すと、その
A及びBで指示した範囲の文字列によって文字間隔を算
出し、例えば図5に示すようにその文字間隔に最も近い
値として「1:2/12」を選択して設定する。
【0028】また、行間隔を設定したい場合は、設定項
目の行間隔を指定した後、図6に示すように文書の画像
の例えばC及びDで示す文字にカーソルを合せて実行キ
ーを押すと、その2行分の領域から行間隔を算出し、例
えば図7に示すようにその行間隔に最も近い値として「
1:2/8」を選択して設定する。
【0029】さらに、罫線を設定したい場合は、設定項
目の罫線で「0:設定する」を選択すると画面が罫線設
定画面に変わり、そこで縦罫線,横罫線,枠罫線等の項
目を選択して原稿画像中の罫線部分を順次カーソルで指
定していくと、その各罫線位置を順次算出して設定して
いく。
【0030】このようにして、原稿から読み取った文書
の画像から罫線,文字間隔,行間隔等の書式情報を得て
、文書作成の書式を設定することができる。
【0031】
【発明の効果】以上説明してきたように、この発明によ
る文書処理装置によれば、原稿上の文書の書式(フォー
マット)と同様の書式の文書を能率よく作成できる。
【図面の簡単な説明】
【図1】この発明による文書処理装置の構成を示すブロ
ック図である。
【図2】この文書処理装置の書式設定時の処理を示すフ
ローチャートである。
【図3】同じくその処理の一部を示すフローチャートで
ある。
【図4】図3の処理による文字間隔設定時の表示画面の
一例を示す説明図である。
【図5】同じく図3の処理による文字間隔設定後の表示
画面の一例を示す説明図である。
【図6】同じく図3の処理による行間隔設定時の表示画
面の一例を示す説明図である。
【図7】同じく図3の処理による行間隔設定後の表示画
面の一例を示す説明図である。
【符号の説明】
1  キーボード        2  画像入力装置
        3  画像出力装置 4  外部記憶装置      5  表示装置   
         6  制御装置 7  キーボードインタフェース(I/F)8  画像
入力装置インタフェース(I/F)9  画像出力装置
インタフェース(I/F)10  外部記憶装置コント
ローラ        11  表示装置コントローラ 12  書式情報記憶メモリ            
  13  作業・編集情報記憶メモリ 14  作業・編集情報映像メモリ        1
5  書式情報映像メモリ 16  制御部

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】  原稿上の文書の画像を読み取る原稿画
    像読取手段と、該手段によって読み取った原稿の画像を
    記憶する原稿画像記憶手段と、文書作成中に入力される
    作業情報,編集情報等の入力情報を記憶する入力情報記
    憶手段と、書式設定画面に前記原稿の画像と入力情報と
    を同時に表示させる同時表示手段と、該手段によって表
    示された原稿の画像中の指定された領域内の罫線位置,
    行間隔,文字間隔等の書式情報を演算して書式を設定す
    る書式設定手段とを備えたことを特徴とする文書処理装
    置。
  2. 【請求項2】  請求項1記載の文書処理装置において
    、前記同時表示手段によって同時表示する原稿の画像と
    入力情報の表示色を異ならせる手段を設けたことを特徴
    とする文書処理装置。
  3. 【請求項3】  請求項1又は2記載の文書処理装置に
    おいて、前記原稿の画像を記憶する外部記憶手段を設け
    、該原稿の画像を書式設定時に前記外部記憶手段から読
    み出して再利用できるようにしたことを特徴とする文書
    処理装置。
JP3104993A 1991-03-15 1991-03-15 文書処理装置 Pending JPH04287155A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3104993A JPH04287155A (ja) 1991-03-15 1991-03-15 文書処理装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3104993A JPH04287155A (ja) 1991-03-15 1991-03-15 文書処理装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH04287155A true JPH04287155A (ja) 1992-10-12

Family

ID=14395623

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP3104993A Pending JPH04287155A (ja) 1991-03-15 1991-03-15 文書処理装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH04287155A (ja)

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20040252340A1 (en) Image processing system, image processing method, template producing system and template data structure
JPH04287155A (ja) 文書処理装置
JP4304899B2 (ja) 画像処理システムおよび画像処理方法
JP3659280B2 (ja) 画像処理装置
JPH05108793A (ja) 文書編集装置
JP3161744B2 (ja) 情報処理装置
JPH0877376A (ja) 画像処理方法及び装置
JPS61273070A (ja) 画像処理装置
JP2803802B2 (ja) 版下組版の校正方法
JP2977132B2 (ja) プリンタ
JPH08161308A (ja) 文書処理装置
JP3026992B2 (ja) 表示制御方法及び装置
JP2849505B2 (ja) 文書処理装置
JPH05334300A (ja) 情報処理装置
JPH04369023A (ja) 帳票作成装置
JPH0573562A (ja) 文書編集装置
JPS62272746A (ja) 文書編集装置
JPH02245363A (ja) 画像出力作成方法
JPH02136268A (ja) データ処理装置
JPH0573564A (ja) 文書図形作成装置
JPH076166A (ja) 文書書式の設定方法
JPH076165A (ja) 文書書式の設定方法
JPH01190172A (ja) 文書印刷装置
JPH1139118A (ja) 文書印刷装置
JPH0796636A (ja) 文書処理装置および文書処理方法