JPH0416333A - 巻き反帯状部材の巻き出し方法 - Google Patents

巻き反帯状部材の巻き出し方法

Info

Publication number
JPH0416333A
JPH0416333A JP2117566A JP11756690A JPH0416333A JP H0416333 A JPH0416333 A JP H0416333A JP 2117566 A JP2117566 A JP 2117566A JP 11756690 A JP11756690 A JP 11756690A JP H0416333 A JPH0416333 A JP H0416333A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
unwinding
unwound
belt
roller
festoon
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2117566A
Other languages
English (en)
Inventor
Takashi Sakata
隆 坂田
Masayuki Osawa
大沢 正行
Yoshihiro Fukamachi
深町 嘉博
Shigeru Tada
多田 滋
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Bridgestone Corp
Original Assignee
Bridgestone Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Bridgestone Corp filed Critical Bridgestone Corp
Priority to JP2117566A priority Critical patent/JPH0416333A/ja
Publication of JPH0416333A publication Critical patent/JPH0416333A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Tyre Moulding (AREA)

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 (産業上の利用分野) タイヤ車輪として用いられる空気入りゴムタイヤの生産
には、一般に各種繊維やときに金属フィラメントを撚合
わせたいわゆるタイヤコードを補強要素とする、通常は
すだれ織りゴム被覆層やさらにこれを裁断再接合した長
尺の補強入りゴムストリップの形の帯状部材が、タイヤ
本体の骨格構造材料その他の補強部材として多用され、
この帯状部材は取扱いの便宜のため心棒を有する胴殻の
まわりにライナを挟んで多重に巻き重ねたコイル状の巻
き反としてハンドリングされるを通例とする。
二のような巻き反を実際のタイヤ成形工程で用いるとき
、その巻き解しの際にライナを分離してこれを巻き取り
乍ら帯状部材の巻き出しを行うわけであるが、この巻き
出しをとくに有利に成形工程と適合させることについて
開発研究の成果を以下に1,4するものである。
(従来の技術) この種の帯状部材の切断のために、該部材の片側縁のガ
イドに沿った送り移動を案内することに関して特公昭5
7−61495号公報には、帯状部材の供給方向及びこ
れに直角方向に回転自在としたロールを複数個列設した
材料供給体なるものを幅方向に傾斜せしめて配置するこ
とが開示されているが、この場合とくに材料押圧部材を
もってガイド部材に向は帯状部材を材料供給体とで押圧
するようにしているので、幅方向の変形を来すうれいな
しとせず、またこの事例では、帯状部材のハンドリング
、とくに帯状部材の原反である巻き反からの巻き出しに
関して何も触れられていない。
一般にこの種の巻き反は裁断機又はカレンダロールによ
る高速下で巻き取りの際、多少の心振れが不可避なので
、その巻きずれは、巻き反からの巻き出しの際に、縁の
横振れすなわち蛇行を生しる。この巻き出しに当たって
は蛇行を補正するようにガイドを用いるセンタリングが
行われるが、ときとしてガイドに乗上げるトラブルのお
それがあり、その監視に手間がかかる。
巻き動部材の巻き解し送り出しの際のセンタリングのた
めに例えばEPC(エツジポジションコントロール)制
御により連続的に修正を行うことはもちろん既知である
が、あまりにも高精度すぎ、費用が嵩む不利がある。
(発明が解決しようとする課題) 空気入りゴムタイヤの成形、より詳細には、その加硫工
程に供する生タイヤを組立てる際ないしは、この生タイ
ヤに加工される生ケースの造成の段階で、例えば生ケー
ス用のハンドを、造成ドラムのまわりではしめに述べた
ようなゴムストリップの形の帯状部材を巻き付け、ドラ
ムの周長に対応するタイヤ1本分の長さに切断し、切断
端を接合して無端化するような場合に、この巻き付は位
置は、その後のビードコアリングの打込みに備えて、造
成ドラムに対する帯状部材の巻き出しのセンタリングが
重要である。このような必要を簡便に満たし得るように
構成を単純化した巻き反帯状部材の巻き出し方法を与え
ることがこの発明の第1の目的である。
また上記巻き出しが、一つの巻き反について終了した際
には、次の巻き反の始端をあらためて多段にわたるロー
ラのそれぞれくくり抜けさせる、いわゆる通し作業が煩
雑なので、上記の終了の際にその巻き反にタイヤ1本分
に当たる余長を尾端域に残した成形の過程中に、次の巻
き反の始端とのジヨイント準備を完了させることによっ
て、厄介な通し作業を事実上省略し得る、帯状部材の巻
き出し方法を与えることがこの発明の第2の目的である
(課題を解決するための手段) 上記したこの発明の第1.第2の目的はそれぞれ次に列
記する構成事項によって成就される、帯状部材のコイル
状をなす巻き反を、その軸心に沿う横行移動可能な巻き
反台車上に軸受は支持し、この巻き反を巻き解して巻き
出しローラから、フェスツーン部と傾斜幅寄せガイドロ
ーラを介し、搬送テーブル上の基準ガイドに沿い、その
搬送テーブルに向けて巻き出すに当たり、巻き反の巻き
ずれによる帯状部材の基準ガイドに対する隔たりの変動
を、フェスツーン部においてエリアセンサにより所定の
許容範囲からの逸脱として検出し、この検出に基づく巻
き反台車の横行移動により、許容範囲内に復原させて直
進巻き出しの補正を行うこと。
巻き反からの巻出し後期に、巻き出しローラに向かう巻
き反の終端を位置センサよって検出し、この検出に基づ
いてフェスツーン部内の帯状部材を、その終端を含む尾
端域の巻き掛け保持に役立つ転向ローラの作動により一
時待避させて、次の巻き反の始端とのジヨイント準備に
供すること。
以上のとおりである。
(作用・実施例) この発明に従う上記の手順を有利に実現することができ
る、巻き反帯状部材の巻き出しのための設備例を図解し
これに従ってこの発明の作用を具体的な実施例とともに
以下で説明する。
第1図はこの発明に従う巻き反帯状部材の送り出し系統
を、設備の側面について示し、第2図でその前面また第
3図にて要部の平面を示した。
図中1は帯状部材、2はそのコイル状をなす巻き反、3
は巻き反台車、4は巻き出しローラ、5はフェスツーン
部、また6は傾斜幅寄せガイドローラ、7は搬送テーブ
ルそして8は基準ガイドである。
巻き反2はすでにのべたように未加硫状態のゴムストリ
ップの巻回層での付着をさまたげるライナ9を挟んでこ
れとともに帯状部材lを心棒IOを有する胴殻11のま
わりに多重に巻き重ねて別途に準備され、この巻き反2
は巻き反台車3上のスタンド12に心棒lOをのせて軸
受は支持することにより、巻き解しのための回転を可能
とする。
巻き反2から巻き解した帯状部材1は、ライナ9の剥取
りを準備するため第1図に示したように、2組みの上下
ロール対より成る分離ロール13に、ライナ9だけを各
ロール対におのおの逆向きのたすき掛けに巻き掛けして
迂曲経路を、帯状部材Iの方は直通経路をそれぞれ通し
た上で再び重ね合わせ、巻き出しローラ4に巻き掛けす
る。
ライナ9は巻き反台車3上に並製した巻き取り胴14に
巻き取ってライナ9の再使用を準備する一方、帯状部材
1は巻き出しローラ4からU字状に垂れ下がらせたフェ
ースラーン部5を形成した上で傾斜幅寄せガイドローラ
6を介し搬送テーブル7上に送る。
搬送テーブル7は、図示しないが例えばバンドフォーマ
のような成形ドラムと連繋して、この成形ドラムのまわ
りにおける帯状部材1の周回貼り合わせの度毎に、タイ
ヤ1本分宛の帯状部材lが搬送テーブル7上に巻き出さ
れるようにする。
搬送テーブル7上における上記帯状部材lの巻き出しを
、成形ドラムに対してセンタリングするため、該テーブ
ル7上に帯状部材10片側縁を沿わせるように基準ガイ
ド8は、図示しないが帯状部材lの巻き出し方向と直交
する向きの調節移動を可能として配置する(第4図参照
)。
この基準ガイド8に対し搬送テーブル7に向かう帯状部
材1に、その自重による偏倚力の下での接近傾向を傾斜
幅寄せガイドロール6によって強いるように、該ガイド
ロール6は搬送テーブル7の前縁両側に対向したブラケ
ッ目5により基準ガイド8寄りでわずかに下る傾斜の下
に保持したローラ軸16に多数の自由回転ローラ17を
配列し、これらの自由回転ローラ17のおのおのは、そ
のまわりで第5図のように、接線方向の支軸18によっ
て軽快に回転し得る多数の冠状配列になるサブローラ1
9を有するものとする。
基準ガイド8には、フェスツーン部5を横切ってのびる
伸長ブラケット20を設けてこれに、巻き出しローラ4
から垂下する帯状部材lの基準ガイド8寄りの片側縁に
おける耳をかすめて通り抜ける径路で向かい合うエリア
センサ21例えば投光器と光電変換素子の対を付設する
エリアセンサ21は、フェスツーン部材5から傾斜幅寄
せガイドロール6を経て搬送テーブル上に・巻き出され
た帯状部材1の基準ガイド8からの隔たりが、例えば2
mmと5鵬とになるのに対応する2カ所で2組を配置す
ることによって、この隔たりが2Mより狭く、また5 
mmより広(なるかの何れかの直線性限界の範囲からの
逸脱をフェスツーン部5の入側で検出する。
この検出信号に即応して巻き反台車3を巻き反2の軸心
に沿って横行移動させれば上記の限界範囲内に復原させ
得ることは明らかである。
この横行移動には、例えば巻き反台車3の全体を検出信
号に応じて±1.5+nm程度移動させるアクチュエー
タ22を設ければよく、その−例を第2図ではとくに巻
き反台車3を切替台車23上に載架した例について示す
すなわちこの場合切替台車23上にスライドガイド24
を巻き反2の軸心と平行に配置し、このスライドガイド
上を摺動し得るサドル25を、切替台車23上のギャー
ドモータ26でねじスピンドル27を介して進退させ、
サドル25を巻き反台車3と連絡する。
なおこの連結は図示例でサドル25上に配置した手動ハ
ンドル28を有する調整スクリュウ29を、巻き反台車
3の床板に取付けたハンガ30とねし結合することによ
り、エリアセンサ21の作動範囲に対する巻き反台車3
の初期位置の設定に便ならしめる。
上述した巻き反2に不可避な巻きずれによる帯状部材1
の巻き出しに伴う蛇行のうれいは、成形ドラム上におけ
るタイヤ1本分が引き出される度毎の間けつ的にフェス
ツーン部5に到来する帯状部材lの片側縁の横振れが許
容範囲をこえることによる巻き反2の位置修正によって
、簡便に解消されるのは明らかである。
逐次にタイヤの成形工程が進捗して巻き反2の巻き出し
終期に達し、ついに、その終端がそのままフェスツーン
部5まで通り抜けてしまうと、次の巻き反2の通し作業
が厄介になるので、この発明では、巻き反2と巻き出し
ローラ4との間の分離ローラ13上にて巻き反の終端を
検出する位置センサ31を準備し、その検出動作によっ
て、巻き出しローラ4からフェスツーン部に垂れ下がる
帯状部材lをその終端を含む尾端域でフェスツーン部材
5の上方で巻き掛け保持する転向ローラ32を第1図の
ように伸長ブラケット20上に用意することによって、
次の巻き反2の始端に対する上記終端のジヨイントによ
る連続操業を可能ならしめる。
転向ローラ32は第6図、第7図のように、伸長ブラケ
ット20上に配置した軸受33により回転可能に支持し
たアーム34の先端でやはり回転可能に取付けこのアー
ム34を上記の検出信号に応動して作動するモータ35
により歯車列36を介して図の矢印αの向きに回転させ
ることにより転向ローラ32は帯状部材1の尾端域を巻
き出しローラ4からすくいとって同図矢印βのように巻
きからめ、巻き掛け保持する。
このように巻き掛け保持した帯状部材1の終端は、新た
な巻き反2から帯状部材1の始端を分離ローラ13を経
て引き出すことにより、ジヨイントテーブル37上で接
合することにより、一連りの帯状部材として取扱うこと
ができる。
なお第1図において位置センサ31に隣接して距離セン
サ38を分離ローラ13に面して配置するを可とし、こ
れにより分離ローラ13間における帯状部材lの垂れ落
ちを常時監視して、これが過大になったときに懸念され
る分離ローラ13への帯状部材lの巻き込みを防ぐよう
にする。
上記のようにして空になった巻き反台車3は、これを載
架した切替台車23と諸共に、第3図に示した引き込み
軌道39にて稼動位置から避譲する一方、切替軌道40
上にて予め待機させである。新たな巻き反2を装架した
巻き反台車を切替台車によって稼動位置に移し、上記の
ジヨイントを行う。
この台車切替は、およそ、タイヤ成形の細分工程に要す
る時間よりも短時間で行えるので、タイヤ成形工程にお
ける手待ちを来すこともない。
(発明の効果) この発明により、巻き反から巻き解して巻き出される帯
状部材が、かりに蛇行原因をもっていても、少なくとも
タイヤ1本分の長さにわたる間に、タイヤの成形上、問
題にはならない許容範囲内の直進性を容易かつ簡便に確
保することができる。
またこの発明によれば、巻き反からの巻き解しの終期に
達したとき、その尾端域を次の巻き反の始端との接合に
備えて一時的に捕捉することにより、次の巻き反に必要
な通し作業を軽減の下に、巻き反の切替えによる作業停
滞のうれいをなくすることができる。
【図面の簡単な説明】
第1図は側面図、 第2図は前面図、 第3図は要部平面図であり、 第4図は帯状部材の巻き出しガイドの説明図、第5図は
傾斜幅寄せガイドローラの自由回転ローラの要部断面図
、 第6図、第7図は、転向ローラの作動説明図である。 1・・・帯状部材     2・・・巻き反3・・・巻
き反台車    4・・・巻き出しローラ5・・・フェ
スツーン部 6・・・傾斜幅寄せガイドローラ 7・・・搬送テーブル   8・・・基準ガイド21・
・・エリアセンサ   22・・・アクチュエータ31
・・・位置センサ    32・・・転向ローラ37・
・・ジヨイントテーブル 第2図 第1図 第3図

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 1、帯状部材のコイル状をなす巻き反を、その軸心に沿
    う横行移動可能な巻き反台車上に軸受け支持し、この巻
    き反を巻き解して巻き出しローラから、フェスツーン部
    と傾斜幅寄せガイドローラを介し、搬送テーブル上の基
    準ガイドに沿い、その搬送テーブルに向けて巻き出すに
    当たり、 巻き反の巻きずれによる帯状部材の基準ガ イドに対する隔たりの変動を、フェスツーン部において
    エリアセンサにより所定の許容範囲からの逸脱として検
    出し、この検出に基づく巻き反台車の横行移動により、
    許容範囲内に復原させて直進巻き出しの補正を行うこと
    を特徴とする、巻き反帯状部材の巻き出し方法。 2、巻き反からの巻出し後期に、巻き出しローラに向か
    う巻き反の終端を位置センサよって検出し、この検出に
    基づいてフェスツーン部内の帯状部材を、その終端を含
    む尾端域の巻き掛け保持に役立つ転向ローラの作動によ
    り一時待避させて、次の巻き反の始端とのジョイント準
    備に供すること を特徴とする請求項第1項に記載した巻き反帯状部材の
    巻き出し方法。
JP2117566A 1990-05-09 1990-05-09 巻き反帯状部材の巻き出し方法 Pending JPH0416333A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2117566A JPH0416333A (ja) 1990-05-09 1990-05-09 巻き反帯状部材の巻き出し方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2117566A JPH0416333A (ja) 1990-05-09 1990-05-09 巻き反帯状部材の巻き出し方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0416333A true JPH0416333A (ja) 1992-01-21

Family

ID=14714989

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2117566A Pending JPH0416333A (ja) 1990-05-09 1990-05-09 巻き反帯状部材の巻き出し方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0416333A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO1999004960A1 (en) * 1997-07-23 1999-02-04 Holroyd Associates Limited Improvements in tyre manufacture
JP2014184583A (ja) * 2013-03-22 2014-10-02 Sumitomo Rubber Ind Ltd タイヤ成形装置

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO1999004960A1 (en) * 1997-07-23 1999-02-04 Holroyd Associates Limited Improvements in tyre manufacture
JP2014184583A (ja) * 2013-03-22 2014-10-02 Sumitomo Rubber Ind Ltd タイヤ成形装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
TWI396656B (zh) 薄膜自動捲繞裝置、長條膜捲繞系統以及捲繞薄膜的製造方法
EP2539139B9 (en) Process and apparatus for unwinding an elongated element provided with two service fabrics in order to build tyres for vehicle wheels
JP6663784B2 (ja) トッピングシートの形成方法及び装置
RU2654978C2 (ru) Способ управления подачей удлиненного элемента на станцию для сборки шин
US10213971B2 (en) Forming machine for forming a hollow body, in particular a casing of a solid propellant engine, and deposit head for such a forming machine
JP6663786B2 (ja) トッピングシートの形成方法及び装置
FI82211B (fi) Foerfarande och anordning foer framstaellning av armeringsskikt foer foerstaerkta gummiprodukter.
DE202014101081U1 (de) Aufwickeleinrichtung zum Aufwickeln einer gummierten Cordbahn mit parallel geführter Zwischenlagenbahn auf eine Materialspule
US3534953A (en) Apparatus for folding strip material
CN106560403B (zh) 薄膜包装机薄膜供料
US2755028A (en) Apparatus for handling sheet material
JPH0416333A (ja) 巻き反帯状部材の巻き出し方法
JPH0261384B2 (ja)
CN107310176B (zh) 贴胶片材的形成方法以及装置
US6371399B1 (en) Machine for winding continuous sheet product for forming coils
JP4932127B2 (ja) 空気タイヤを製造するための方法および装置
JP2713381B2 (ja) プライ布材料及び該材料の製造に関する改良
JPH04241408A (ja) 鉄心窓の周りに巻かれたアモルファス鋼帯から成る変圧器鉄心の製造方法
US3676259A (en) Tire building apparatus having a plurality of component applying stations and drums
JP2004244200A (ja) ロール原紙の不良部分除去装置および不良部分除去方法
JP6663785B2 (ja) トッピングシートの形成方法及び装置
EP1089931B1 (en) Surface winding on an a-frame winder
EP1345755B1 (en) Method and apparatus for manufacturing pneumatic tires
CN219362663U (zh) 一种玻璃纤维复合织物展幅装置
JPH1134181A (ja) 帯状部材の供給方法及び供給装置