JPH0410996Y2 - - Google Patents

Info

Publication number
JPH0410996Y2
JPH0410996Y2 JP10234587U JP10234587U JPH0410996Y2 JP H0410996 Y2 JPH0410996 Y2 JP H0410996Y2 JP 10234587 U JP10234587 U JP 10234587U JP 10234587 U JP10234587 U JP 10234587U JP H0410996 Y2 JPH0410996 Y2 JP H0410996Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
cam
workpiece
driven
unclamping
backward
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired
Application number
JP10234587U
Other languages
English (en)
Other versions
JPS649040U (ja
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed filed Critical
Priority to JP10234587U priority Critical patent/JPH0410996Y2/ja
Publication of JPS649040U publication Critical patent/JPS649040U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JPH0410996Y2 publication Critical patent/JPH0410996Y2/ja
Expired legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Feeding Of Workpieces (AREA)

Description

【考案の詳細な説明】 考案の技術分野 本考案は、パーツフイーダーからワークを1個
ずつ取り出し、これをプレス機械などの加工位置
に自動的に供給するための供給装置に関する。
従来技術 この種の部品の供給装置は、通常、機械的な部
分と、電気的な部分とによつて構成されている。
機械的な部分は、主として所定の運動を繰り返し
行うための機素によつて組み立てられている。ま
た電気的な部分は、各機素の運動位置をリミツト
スイツチなどによつて検出し、それをシーケンス
制御装置に順次動作のための確認信号として送つ
ている。
このような機械的および電気的な構成の供給装
置では、機械的な部分と電気的な部分との同期の
ために、特別な調整が必要であり、またその調整
が不充分であると、一連の繰り返し運動が正確に
行われなくなる。しかも、いつたん電気的な故障
によつて一連の供給運動が行われなくなると、そ
の原因箇所の発見が遅れ、機械部品が破損した
り、再調整が繁雑さなる。
このような実情から、中小規模のプレス工場な
どでは、機械的な機構のみによる供給装置が望ま
れている。
考案の目的 したがつて、本考案の目的は、一つの回転駆動
源で、必要な一連の供給運動を機械的な機構のみ
によつて実現し、安価で、しかも保守および点検
の容易な供給装置を提供することである。
考案の解決手段 そこで、本考案は、一つの回転駆動源によつ
て、複数のカムを同期状態で回転させるととも
に、これらのカムでレバー、リンク機構および歯
車列を同期状態で駆動することにより、フインガ
ー、旋回アーム、ストツパー爪および分離爪に必
要な運動を与え、整列状態のワークを1個ずつ分
離しながら取り出し位置から供給位置へ送り込
み、さらにフインガーによつて、所定の加工位置
へ連続的に供給できるようにしている。
考案の構成 第1図および第2図は、本考案の供給装置1の
構成を示している。
この供給装置1は、第1図に示すように、同一
回転源により駆動される昇降用のカム2、アンク
ランプ用のカム3、リフト用のカム4、旋回用の
カム5および分離用のカム6を備えている。回転
源は、例えばプレス機械のクランクシヤフトなど
から取り出され、複数のエンドレス状のチエーン
28や、スプロケツトホイール29によつて、2
つのカム軸30,31に伝達され、最終的に上記
カム2,3,4,5,6に伝達される。
そして、昇降用のカム2は、板カムであり、ロ
ーラ32を介し上下動可能な昇降ロツド8の上端
部分のガイド7に対し昇降運動を与える。このガ
イド7は、角溝の案内面で、スライダー10を進
退自在に支持している。そして、このスライダー
10は、ガイド7の角溝の内部に摺動自在にはま
り合つており、先端部分でフインガー9を保持し
ており、また後端部分で、リンク34および2本
のピン35によつてフイードレバー13の上端部
分に連結されている。なお、フインガー9は、4
リンクのトグルプライヤー形式のものであり、ス
プリング33によつて常に閉じる方向に付勢され
ており、ワイヤー14によつて後方に引き込む
と、開放し、アンクランプの状態となる。
一方、上記フイードレバー13は、固定的なブ
ラケツト36に対し揺動軸37によつて揺動自在
に支持されており、さらに長孔38の内部のスラ
イド駒12によりアンクランプ用のカム3の偏心
軸11に連結されている。この結果、カム3、ス
ライド駒12、フイードレバー13およびブラケ
ツト36などは、揺動スライダークランク機構を
構成している。また、アンクランプ用のカム3
は、アンクランプレバー15に対しローラ39で
接している。このアンクランプレバー15は、固
定的なブラケツト40の軸41によつて回動自在
に支持されており、先端部分でワイヤー14に連
結され、またスプリング42によつてカム3に接
する方向に付勢され、さらに給油ポンプ43とも
連動している。
さらに、前記リフト用のカム4および旋回用の
カム5は、ともに端面カムであり、それぞれロー
ラ44,45のレバー16,17を介し軸46,
47に往復回転運動を与える。一方の軸46は、
水平方向にあつて、これと一体のレバー51の先
端で軸50に係り合い、スプリング48に抗し軸
50に上下方向の運動を与える。また軸47は、
垂直方向にあつて、これと一体の扇形のギヤ18
で、軸50の歯幅の大きなギヤ19に噛み合い、
スプリング49に抗し、軸50に180度の往復旋
回運動を与える。この結果、この軸50と一体の
旋回アーム21は、先端のワーク受け20をワー
ク52の受け取り位置から供給位置の間で、上下
運動と180度の旋回運動を組み合わせ、ワーク5
2を受け取り位置から供給位置まで移動させる。
さらに、分離用のカム6は、端面でローラ53
を介し、レバー22、これと一体の垂直方向の軸
54およびこれと一体のレバー23に対し、スプ
リング55に抗し、往復揺動運動を与え、これに
よつて、一方のラツク24aを駆動する。この結
果、定位置のピニオン25は、軸59を中心に回
転し、その回転運動を他方のラツク24bに異な
る方向の直線運動に変換する。このようにして、
一対のラツク24a,24bは、これと一体のス
トツパー爪26及び分離爪27に対し、ワーク5
2の受け取り位置で交互の進退運動を与える。な
お、これらのストツパー爪26、および分離爪2
7は第2図に示すように、ラツク24a,24b
に対し取り付け台56,57によつて位置調整可
能な状態で取り付けられており、その先端部分を
パーツフイーダなどのシユート58の先端に臨ん
でいる。
考案の作用 第3図は、プレス機械のスライドの上下運動と
の関係で、供給動作の一連の順序を示している。
プレス機械のクランクシヤフトの回転角0度か
ら180度までの間で、プレス機械のスライドは、
上死点から下降し下死点まで下がり、そこでワー
ク52に必要な加工を施し、180度から360度に至
る間で、上昇して、上死点まで到達する。
プレス機械の1回転中に、カム2,3,4,
5,6はプレス機械の回転力を取り入れて、1回
転することによつて、フインガー9、旋回アーム
21などに必要な運動を与える。
プレス機械のスライドの上死点から下がり始め
たとき、スライダー10は、フイードレバー13
によつて駆動され、前進位置に到達する。このと
き、アンクランプ用のカム3がアンクランプレバ
ー15を移動させ、ワイヤー14を後退させるた
め、フインガー9は、アンクランプの状態にな
る。同時に、リフト用のカム4は、レバー16,
17を介して、軸46を上限から下限位置まで下
降させる。この結果、フインガー9は、門型の運
動を行い、これによつて保持されていたワーク5
2は、フインガー9から離れ、プレス機械の加工
位置に供給される。この供給後、ガイド7および
昇降ロツド8は、昇降用のカム2によつてただち
に上昇し、上限位置まで復帰する。このようにし
て、ワーク52は、プレス機械の加工位置まで供
給され、プレス機械のスライドの下死点で(回転
角180度)で加工される。
一方、軸54は、分離用のカム6によつて駆動
され、ラツク24a,24bおよびピニオン25
を駆動することにより分離爪24をシユート58
の位置まで前進させ、ストツパー爪26を後退さ
せている。この結果、旋回アーム21のワーク受
け21は、分離爪27によつて分離されたシユー
ト58側の1個のワーク52を窪み部分で受け取
つている。このあと、ストツパー爪27が後退
し、代わつてストツパー爪26が前進するため、
整列状態のワーク52は、シユート58を滑り落
ち、最前列の部分でストツパー爪26に当たつて
停止し、次の受け渡しに備えている。
このあと、旋回アーム21は、旋回用のカム5
によつて駆動され、ワーク52を受け取つたまま
上限位置にあつて、受け位置から渡し位置まで、
180度回転し、またリフト用のカム4によつて駆
動され、上限位置から下降し、下限位置まで案内
される。このようにして、受け取り後のワーク5
2は、ワーク受け20によつて保持され、受け位
置から渡し位置まで旋回移動し、後退位置のフイ
ンガー9の位置まで運ばれる。ここで、アンクラ
ンプ状態すなわち開放状態のフインガー9は、ワ
イヤー14からの引き戻し力を解除された時点
で、スプリング33でクランプ状態となり、ワー
ク受け20によつて、新たに運ばれてきたワーク
52を受け取り、スライダー10の前進運動によ
つて、プレス機械の加工位置まで送り出し、次の
プレス加工に備える。
この後に、旋回アーム21は、上限位置から下
降し、下限位置まで戻り、渡し位置から180度回
り、受け位置まで復帰し、再び上昇することによ
つてワーク受け20の内部に新たなワーク52を
収納し、次の受け渡しに備えている。もちろん、
旋回アーム21が下限位置から上限位置へ上昇す
る過程で、分離爪27は、前進することによつて
整列状態の一つのワーク52を分離している。こ
のとき、ストツパー爪26は、後退することによ
つて、ワーク受け20の内部のワーク52を旋回
方向に移動できる状態に設定している。
このようにして、プレス機械の主軸が1回転
し、スライドが上死点から下死点まで下降し、再
び上死点まで上昇する間に、ワーク52は、シユ
ート58から1つだけ分離され、旋回アーム21
の旋回によつて、受け位置から渡し位置まで移動
し、さらにフインガー9の進退運動によつて加工
位置まで1個ずつ供給される。
このような全ての運動は、常にプレス機械の1
つの回転源と同期し、カム軸30,31によつて
駆動されるため、これらの一連の供給運動は、機
械的に常に同期した状態で行われる。
考案の変形例 上記実施例は、複数のカム2,3,4,5,6
を板状カムまたは端面カムとして構成している
が、これらのカム機構は、他の確動カムや立体カ
ムなどで構成することもできる。また、アンクラ
ンプ用のカム3とフイードレバー13との関係
は、てこクランク機構などで置き換えることもで
きる。もちろん、回転源は、モータなどであつて
もよい。
また、ワーク受け20の形状は、ワーク52の
形状に応じて変化すべきものであり、したがつて
その形状は、実施例のものに当然限定されない。
考案の効果 本考案では、1つの回転駆動源によつて複数の
カム2,3,4,5,6が常に同期状態で駆動さ
れ、これとの関係で昇降ロツド8の昇降運動、フ
インガー9の開閉運動、スライダー10の進退運
動、旋回アーム21の上昇または下降さらに旋回
運動、およびストツパー爪26および分離爪27
の交互の進退運動などが機械的に同期した状態で
制御されるため、一連の供給動作に同期ずれがな
く、また電気的な制御部分が存在しないため、リ
ミツトスイツチなどのチヤツタリングや接触不良
などに起因する誤動作が確実に防止できる。
したがつて、本考案によると、一連の供給動作
の同期の調整が容易であり、また調整時の保守点
検なども各部分の運動を確認しながら行えるた
め、電気的な同期制御手段に比較して、装置が安
価に提供でき、またその調整も容易となる。
【図面の簡単な説明】
第1図は本考案の供給装置の斜面図、第2図は
ストツパー爪および分離爪の部分の斜面図、第3
図は一連の供給動作の運動線図である。 1……供給装置、2,3,4,5,6……カ
ム、7……ガイド、8……昇降ロツド、9……フ
インガー、10……スライダー、11……偏心
軸、12……スライド駒、13……フイードレバ
ー、14……ワイヤー、15……アンクランプレ
バー、16,17……レバー、18,19……ギ
ヤ、20……ワーク受け、21……旋回アーム、
22,23……レバー、24a,24b……ラツ
ク、25……ピニオン、26……ストツパー爪、
27……分離爪、30,31……カム軸、41,
46,47,50,59……軸。

Claims (1)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 同一回転源により駆動される昇降用、アンクラ
    ンプ用、リフト用、旋回用および分離用のカム
    2,3,4,5,6と、昇降用のカム2によつて
    ガイド7を昇降自在に支持する昇降ロツド8と、
    ガイド7によつて、進退自在に支持され、先端で
    フインガー9を開閉可能な状態で支持するスライ
    ダー10と、アンクランプ用のカム3の偏心軸1
    1に対してスライド駒12で連動し、スライダー
    10に進退運動を与える揺動自在のフイードレバ
    ー13と、アンクランプ用のカム3および旋回用
    のカム5によつて駆動される複数のレバー16,
    17およびギヤ18,19によつてリフト運動を
    行うとともにワーク受け20をワーク受け位置と
    渡し位置との間で旋回運動を繰り返す旋回アーム
    21と、分離用カム6によつて駆動され複数のレ
    バー22,23、ラツク24およびピニオン25
    によつて駆動され、ワークの受け位置で交互に進
    退運動を繰り返すストツパー爪26および分離爪
    27とからなることを特徴とする供給装置。
JP10234587U 1987-07-03 1987-07-03 Expired JPH0410996Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10234587U JPH0410996Y2 (ja) 1987-07-03 1987-07-03

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10234587U JPH0410996Y2 (ja) 1987-07-03 1987-07-03

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS649040U JPS649040U (ja) 1989-01-18
JPH0410996Y2 true JPH0410996Y2 (ja) 1992-03-18

Family

ID=31332170

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10234587U Expired JPH0410996Y2 (ja) 1987-07-03 1987-07-03

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0410996Y2 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3651595B2 (ja) 2001-12-13 2005-05-25 株式会社東芝 洗濯機のインバータ装置及び洗濯乾燥機のインバータ装置

Also Published As

Publication number Publication date
JPS649040U (ja) 1989-01-18

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US3422657A (en) Press transfer mechanism
JPH032769B2 (ja)
US2937553A (en) Method and apparatus for cutting blanks and rotating alternate pieces into feeding alignment
JPS6054235A (ja) 被加工物の自動送り装置
KR870000177B1 (ko) 피가공물의 자동이송 장치
JPH0410996Y2 (ja)
SU1699866A1 (ru) Механизированный много русный накопитель
CN109909177A (zh) 电容外观检测设备
CN211945204U (zh) 桁架翻转机
EP0117097B1 (en) Apparatus for raising hooks of semi-finished spring products
JP2655850B2 (ja) プレスブレーキにおける板材支持装置
US1489896A (en) Bookbinding machinery
US3709422A (en) Wire bonding means
RU2041001C1 (ru) Автоматическая линия для штамповки крупногабаритных деталей
CN217316704U (zh) 一种温度传感器焊接用可翻转夹持机构
CN1072045C (zh) 用于在一多级成型机上自动输送工件的装置
JP2520411Y2 (ja) ワーク姿勢変換装置
CN220411061U (zh) M袋上袋双开机构
CN217750309U (zh) 一种基于机械手的零件装配设备
JPH0649380Y2 (ja) トランスファプレス機械のフィードバー駆動装置
JPH0225691B2 (ja)
JPH0116218B2 (ja)
JPH01122619A (ja) プレスブレーキにおける板材支持装置
JPS63138997A (ja) キヤツプ供給装置
JPH0614906Y2 (ja) トランスファプレスのリフトダウン装置