JPH02311639A - 合成床の構築方法 - Google Patents

合成床の構築方法

Info

Publication number
JPH02311639A
JPH02311639A JP13309989A JP13309989A JPH02311639A JP H02311639 A JPH02311639 A JP H02311639A JP 13309989 A JP13309989 A JP 13309989A JP 13309989 A JP13309989 A JP 13309989A JP H02311639 A JPH02311639 A JP H02311639A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
concrete
slab
prestressed concrete
hollow prestressed
mixed
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP13309989A
Other languages
English (en)
Inventor
Kunio Fukuyama
福山 国夫
Takashi Kono
隆史 河野
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Takenaka Komuten Co Ltd
Original Assignee
Takenaka Komuten Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Takenaka Komuten Co Ltd filed Critical Takenaka Komuten Co Ltd
Priority to JP13309989A priority Critical patent/JPH02311639A/ja
Publication of JPH02311639A publication Critical patent/JPH02311639A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Floor Finish (AREA)
  • Panels For Use In Building Construction (AREA)

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 〔産業上の利用分野〕 本発明は、上面にシャーコネクターとなる多数の凹部を
形成した平板状の空洞プレストレストコンクリート版を
使用し、当該空洞プレストレストコンクリート版とその
上部に現場打ちされた後打ちコンクリートとが構造的に
一体化された合成床を構築する方法に関するものである
[従来の技術〕 空洞プレストレストコンクリート版を使用した合成床の
構築方法は既に知られており、多くの施工実績がある。
これは、第6図に示すように、上面にシャーコネクター
となる多数の凹部aを形成した平板状の空洞プレストレ
ストコンクリート版すを梁C又は梁型枠に架設し、空洞
プレストレストコンクリート版すの上方に、スラブ上端
鉄筋(コンクリート打設後の荷重により床スラブの支持
点に生しる上端引張応力を負担するための正筋)dや後
打ちコンクリートのひび割れを防止するための鉄筋(配
力筋)を配筋した後、9iJ11のコンクリートeを現
場打ちし、前記空洞プレスI・レストコンクリート版す
とコンクリートeとが構造的に一体化された合成床を構
築する方法である。
〔発明が解決しようとする課題〕
上記の方法は、プレキャスト部材と現場打ちコンクリー
トとの合成床とするため、床スラブをブレキャスト部材
のみで構築するプレキャスト工法の問題点、つまり、 ■敷き並べたときの相互の目違いによる床仕上げ面の精
度の悪さ。
■設備配管・配線などに対応できにくく使用場所が限定
される。
■目地部からの音漏れ、水漏れが起きやすい。
■大梁との固定度が低く、単純支持扱いとなり、たわみ
に不利になる。
■水平力伝達のために接合部に剪断耐力を必要とする。
等々の問題点を補いつつ、プレキャストスラブの利点(
スラブ下面が平滑で直天井仕上げができることや型枠の
脱型や型枠の搬出作業が省略でき工期が短縮できること
)を活かすことができる。
殊に、プレキャスト部材として、空洞プレストレストコ
ンクリート版すを使用するため、たわみ、ひび割れが少
なく、スパン6m程度まで施工可能で、小梁を節約でき
る。空洞プレストレストコンクリート版すの上面が平坦
なため、版す上での作業が安全、容易である等の利点を
有している。
しかしながら、上記の従来例では、スラブ上端鉄筋dや
配力筋が必要とされているため、現場での鉄筋工事にか
なりの手間を要するばかりでなく、後打ちコンクリート
内への設備配管・配線がスラブ上端鉄筋dや配力筋によ
って制限され、配管・配線の作業がしにくく、これらの
点に改良の余地があった。
本発明の目的は、上記の点を改良し、より一層の省力化
、短工期化を可能にすることにある。
〔課題を解決するための手段〕
上記の目的を達成するために、本発明が講じた技術的手
段は、次の通りである。即ち、本発明による合成床の構
築方法は、上面に多数の凹部を形成した平板状の空洞プ
レストレストコンクリート版を梁又は梁型枠に架設し、
当該空洞プレストレストコンクリート版の上に、スラブ
上端鉄筋や後打ちコンクリートのひび割れを防止するた
めの鉄筋を配筋することなく、両端にフックが形成され
た鋼繊維を混入したコンクリートを現場打ちして、前記
空洞プレストレストコンクリート版と鋼繊維混入コンク
リートとによる合成床を構築することを特徴としている
〔作用〕
上記の方法で構築された合成床は、後打ちコンクリート
に両端にフックを有する鋼繊維が混入されているので、
配力筋やスラブ上端主筋を省いであるにもかかわらず、
コンクリートの収縮によるひび割れが防止され、且つ、
コンクリート打設後の荷重により床スラブの支持点に生
じる上端引張応力に耐えることができる。
〔実施例〕
以下、本発明の実施例を図面に基づいて説明する。
第1図〜第3図に基づいて本発明に係る合成床の構築方
法を説明すると、上面にシャーコネクターとなる多数の
凹部1が形成された平板状の空洞プレストレストコンク
リート版2を梁3に架設し、空洞プレストレストコンク
リート版2の上方に、スラブ上端鉄筋(コンクリート打
設後の荷重により床スラブの支持点に生じる上端引張応
力を負担するための主筋)や後打ちコンクリートのひび
割れを防止するための鉄筋(配力筋)を配筋することな
く、両端にフック4a、 4aが形成された鋼繊維(ド
ラミックス:商品名)4を混入したコンクリート5を現
場打ちして、前記空洞プレストレストコンクリート版2
と鋼繊維混入コンクリート5とによる合成床を構築する
のである。6は空洞部、7はプレキャスト製の梁2に埋
設された梁主筋、8はスターラップである。
前記鋼繊維4は、使用前においては、第4図に示すよう
に、適当な幅の板状を呈する。これは、両端にフック4
a、 4aを形成した多数本の鋼繊維4を水溶性接着剤
で接着して板状としたもので、生コンクリート調製時の
水分により前記水溶性接着剤が溶けて鋼繊維4がバラバ
ラになるので、普通コンクリートと同じ方法で混練する
ことができる。
図示の実施例では、梁3として、鉄筋コンクリート造の
プレキャスト梁を示したが、鉄筋鉄骨コンクリート造の
プレキャスト梁や鉄骨造の梁でもよく、プレキャスト梁
と現場打ちコンクリートとの合成梁であってもよい。ま
た、第5図に示すように、コンクリートを現場打ちして
構築する梁3である場合には、前記空洞プレストレスト
コンクリート版2は梁型枠9に架設されることになる。
〔発明の効果〕
本発明は、上述した構成よりなり、スラブ上端鉄筋や後
打ちコンクリートのひび割れを防止するための鉄筋(配
力筋)がないので、現場での鉄筋作業が省略され、後打
ちコンクリート内への設備配管、配線も容易であり、よ
り一層の省力化、短工期化が可能である。
【図面の簡単な説明】
図面は本発明に係る合成床の構築方法の実施例を示し、
第1図は合成床の一部破断斜視図、第2図は要部の縦断
面図、第3図は要部の斜視図、第4図は鋼繊維を示す斜
視図、第5図は本発明の別実施例を示す要部の縦断面図
である。 第6図は従来例を示す合成床の一部破断斜視図である。 1・・・凹部、2・・・空洞プレストレストコンクリー
ト版、3・・・梁、4・・・鋼繊維、4a・・・フック
、5・・・コンクリート、9・・・梁型枠。

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1.  上面に多数の凹部を形成した平板状の空洞プレストレ
    ストコンクリート版を梁又は梁型枠に架設し、当該空洞
    プレストレストコンクリート版の上に、スラブ上端鉄筋
    や後打ちコンクリートのひび割れを防止するための鉄筋
    を配筋することなく、両端にフックが形成された鋼繊維
    を混入したコンクリートを現場打ちして、前記空洞プレ
    ストレストコンクリート版と鋼繊維混入コンクリートと
    による合成床を構築することを特徴とする合成床の構築
    方法。
JP13309989A 1989-05-26 1989-05-26 合成床の構築方法 Pending JPH02311639A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP13309989A JPH02311639A (ja) 1989-05-26 1989-05-26 合成床の構築方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP13309989A JPH02311639A (ja) 1989-05-26 1989-05-26 合成床の構築方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH02311639A true JPH02311639A (ja) 1990-12-27

Family

ID=15096805

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP13309989A Pending JPH02311639A (ja) 1989-05-26 1989-05-26 合成床の構築方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH02311639A (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0396550A (ja) * 1989-09-08 1991-04-22 Bridgestone Corp 建物用合成スラブ
KR20030006449A (ko) * 2001-07-12 2003-01-23 유승룡 직사각형 모양의 수평 전단키
KR20040009564A (ko) * 2002-07-24 2004-01-31 삼성중공업 주식회사 슬림플로어 공법을 위한 철골보와 바닥판의 결합 구조
WO2019012436A1 (en) * 2017-07-14 2019-01-17 Filigran Primekss, Sia SEMI-PREFABRICATED REINFORCED CONCRETE ELEMENT SYSTEM
CN109537788A (zh) * 2018-11-22 2019-03-29 中耕耘成建筑科技(江苏)有限公司 一种具有超高性能的混凝土叠合板

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0396550A (ja) * 1989-09-08 1991-04-22 Bridgestone Corp 建物用合成スラブ
KR20030006449A (ko) * 2001-07-12 2003-01-23 유승룡 직사각형 모양의 수평 전단키
KR20040009564A (ko) * 2002-07-24 2004-01-31 삼성중공업 주식회사 슬림플로어 공법을 위한 철골보와 바닥판의 결합 구조
WO2019012436A1 (en) * 2017-07-14 2019-01-17 Filigran Primekss, Sia SEMI-PREFABRICATED REINFORCED CONCRETE ELEMENT SYSTEM
LV15383B (lv) * 2017-07-14 2019-10-20 Filigran Primekss, Sia Daļēji saliekama dzelzsbetona pārseguma elementu sistēma
CN109537788A (zh) * 2018-11-22 2019-03-29 中耕耘成建筑科技(江苏)有限公司 一种具有超高性能的混凝土叠合板
CN109537788B (zh) * 2018-11-22 2020-09-01 中耕耘成建筑科技(江苏)有限公司 一种具有超高性能的混凝土叠合板

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20010003234A1 (en) Cast-in-place hybrid building system
WO2002099208A1 (en) A composite precast cast insitue building system
CN111734018A (zh) 一种模壳结构、免拆模具以及混凝土墙施工方法
JPH02311639A (ja) 合成床の構築方法
JPH02311640A (ja) 合成床の構築方法
CN214061940U (zh) 一种带肋模构造的预制混凝土装配式结构
JPH05106339A (ja) コンクリート打継ぎ用プレキヤストコンクリート型枠
CN112359965A (zh) 一种带肋模构造的预制混凝土装配式结构及其施工方法
JP2928002B2 (ja) 柱型枠構造
JP2001107508A (ja) 穴補強部材および穴補強構造
JP3098107B2 (ja) 地中梁の構築工法
JPH03129034A (ja) 床の施工方法ならびに床スラブ用打込み型枠と自立型トラス状鉄筋の連結装置
JPH0266246A (ja) 立体トラス付き断熱コンクリート及びその造成方法
JPH01158146A (ja) トラス補強した薄肉プレキャスト床板打込み型枠工法
JPS615132A (ja) 壁床の施工方法
JP2541241B2 (ja) ボイドスラブ工法
JPH05248020A (ja) 耐力床の施工法
JPH0640137U (ja) 現場打スラブ併用型枠
AU704885B2 (en) Flooring system
JP2541570Y2 (ja) プレキャストコンクリート板
JPS6116827B2 (ja)
JPH10245922A (ja) 合成床用穴あきpc板を用いた段差床工法
JPH01223248A (ja) 折板ユニットスラブ工法
JPH02296948A (ja) 鉄筋コンクリート造スラブの構築方法
JPH01235742A (ja) コンクリートブロツクによる乾式型枠施工法