JPH0216275Y2 - - Google Patents

Info

Publication number
JPH0216275Y2
JPH0216275Y2 JP1984038951U JP3895184U JPH0216275Y2 JP H0216275 Y2 JPH0216275 Y2 JP H0216275Y2 JP 1984038951 U JP1984038951 U JP 1984038951U JP 3895184 U JP3895184 U JP 3895184U JP H0216275 Y2 JPH0216275 Y2 JP H0216275Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
temperature
temperature measuring
heat
measured
plate
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired
Application number
JP1984038951U
Other languages
English (en)
Other versions
JPS60152944U (ja
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed filed Critical
Priority to JP3895184U priority Critical patent/JPS60152944U/ja
Publication of JPS60152944U publication Critical patent/JPS60152944U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JPH0216275Y2 publication Critical patent/JPH0216275Y2/ja
Granted legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Measuring Temperature Or Quantity Of Heat (AREA)

Description

【考案の詳細な説明】 本考案は特に高温となる固体表面である被測定
物の温度を正確に測定する測温体に関する。
従来、温度の高い被測定物の温度を測温体によ
つて測定する場合、例えば、被測定物の表面に測
温体を接触させると、熱容量のかなり小さな測温
体でも被測定物より熱を奪つて温度が上昇し、或
いは、測温体が被測定物の熱によつて加熱される
ことにより測温体自身からも熱を放散し、その結
果、測定部分の温度が低下してしまつて正確な温
度を測定することができなかつた。また、被測定
物と測温体との間の接触熱抵抗によつて両者間に
温度差が生じる結果、被測定物の温度の測定値が
非常に不正確となる欠点があつた。
ここで、固体表面の温度を正確に測定すること
が困難であることは、絶えず熱移動の条件が被熱
体及び測温体とも表面形状、比重や比熱による熱
容量等の物性の違い、接触圧などの違い等によつ
て変わることを鑑みれば容易であり、本考案はか
かる従来の欠点を解決することを目的とするもの
である。
本考案はかかる従来の欠点に鑑みてなされたも
ので、測温体自身に発熱体を設けることにより被
測定物と同じ温度に自らを加熱し、被測定物の温
度を正確に計ることを目的とするもので、その構
成はニクロム板よりなり且つ中間部分に長いスリ
ツトを設けた発熱体の表面全体に、耐熱絶縁材を
介して一対の板状をした熱電対の先端を向い合せ
に接合し、且つその接合部分に測温点を設けた板
状をしている一対の熱電対を一体に接着して測温
体を形成し、この測温体を弧状に形成して弾力性
を具有させると共に、該測温体の両端を円筒体の
先端に固定させた絶縁板の下面に取付け、前記測
温点と円筒体に取付ける公知の温度計とを信号線
で接続させることを特徴とするものである。
本考案の実施例を図面により説明すると、長尺
な円筒体1の先端に、後記する測温体を取付ける
絶縁板2を取付けてある。3はニクロム板よりな
る発熱体で、この発熱体3の表面全体に耐熱絶縁
材4を接着して取付け、更に耐熱絶縁材4の表面
に、一対の板状をした熱電対5を互いに先端を向
い合わせに接合すると共に、この接合部分に測温
点6を設けて測温体7を形成してある。
発熱体3と耐熱絶縁材4と一対の熱電対5とを
一体に接着してなる該測温体を弾力性を具有させ
るために弧状に形成し、該測温体7の両端を前記
絶縁板2の下面に固着してある。
一対の熱電対5の接合部分に設けた測温体6と
前記円筒体1に適宜装着した公知の温度計とを信
号線で接続する。
8は発熱体3の中間部分に設けたやや長いスリ
ツトで、発熱体3の外部電源(図示せず)によつ
て発熱させる際、加熱用の電流によつて対をなす
熱電対5に電位を生じさせないため、また、誘導
電流を生じさせないように電流の向きを反対にす
るために設けてある。
円筒体1の内部には測温体6からの信号を伝え
る信号線や外部電源と発熱体3を接続する導線
(図示せず)を収容してある。
尚、本実施例では感熱体として熱電対を使用し
たが、その他、サーミスタや白金抵抗体等を使用
することも可能である。
測温体を加熱するには、測温体7に加熱用電流
を外部から通電するもので、熱による信号を取り
出すのをパルスを利用して交互に行う直接加熱方
式や、測温部分を例えばニクロム線等の絶縁材を
介して加熱する間接加熱方式等いろいろあつてい
ずれの方式でもよいが、本実施例は後者の方式を
用いている。
次に本実施例の作用について説明すると、先
ず、発熱体3を発熱させることなく、測温体7を
被測定物に接触させて測温点6に連結した公知の
温度計(図示せず)によつて該被測定物の温度を
読み取る。この場合、発熱体3と耐熱絶縁材4と
熱電対5を一体にして弧状に形成したことにより
弾力性を具有させてあるため、該測温体7を被測
定物に接触させた際の衝撃を吸収して該測温体の
破損や被測定物の物性の変化を防止する。
ついで、測温体7を被測定物から離し、外部電
源からの加熱電流によつて発熱体3を加熱して測
温体7自身の温度を、先に読み取つた被測定物の
温度とほぼ同じ温度まで上昇させてから、測温体
7を再び被測定物の表面に接触させて公知の温度
計により温度を測定するため、被測定物の温度は
熱移動することなく正確に測定することができ
る。
このようにして温度を測定すれば、1回の温度
測定でもかなり正確に温度を測定することができ
るし、より正確に温度を測定する必要がある場合
には、この操作を数回繰り返せばよい。
この測温体7で温度を測定したところ被測定物
の温度が500℃の時、従来の測温体では470〜490
℃と該測温体の押付け強度や押付け角度の変化に
よつて著しく不安定な値を示したものが、本考案
の測温体7によると極めて正確にしかも安定して
500℃を示した。
本考案は以下のような効果を有している。
測温体自体に発熱体を設け、自らを被測定物
とほぼ同じ温度に加熱させてから、被測定物の
温度を測定するため被測定物からの熱移動を生
じることがなく、正確に測定することができ
る。
測温体は発熱体と耐熱絶縁材と一対の熱電対
とを一体にして弧状に形成して全体に弾力性を
具有させてあるため、測定の際に被測定物への
接触圧や押付角度の相違を吸収して測定温度に
誤差を生じることがない。
発熱体の中間部分に長いスリツトを設けると
共に発熱体と熱電対との間に耐熱絶縁材を介在
させたことにより熱電対の誤作動を防止でき
る。
【図面の簡単な説明】
図面は本考案の実施例を示したもので、第1図
は一部破断した正面図、第2図は第1図A−A線
方向断面図、第3図は第1図B−B線方向断面
図、第4図は同底面図である。 1……円筒体、2……絶縁板、3……発熱体、
4……耐熱絶縁材、5……熱電対、6……測温
点、7……測温体、8……スリツト。

Claims (1)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. ニクロム板よりなり且つ中間部分に長いスリツ
    トを設けた発熱体の表面全体に、耐熱絶縁材を介
    して一対の板状をした熱電対の先端を向い合せに
    接合し、且つその接合部分に測温点を設けた板状
    をしている一対の熱電対を一体に接着して測温体
    を形成し、この測温体を弧状に形成して弾力性を
    具有させると共に、該測温体の両端を円筒体の先
    端に固定させた絶縁板の下面に取付け、前記測温
    点と円筒体に取付ける公知の温度計とを信号線で
    接続させてなる測温体。
JP3895184U 1984-03-21 1984-03-21 測温体 Granted JPS60152944U (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3895184U JPS60152944U (ja) 1984-03-21 1984-03-21 測温体

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3895184U JPS60152944U (ja) 1984-03-21 1984-03-21 測温体

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS60152944U JPS60152944U (ja) 1985-10-11
JPH0216275Y2 true JPH0216275Y2 (ja) 1990-05-02

Family

ID=30546441

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP3895184U Granted JPS60152944U (ja) 1984-03-21 1984-03-21 測温体

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS60152944U (ja)

Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5612837B2 (ja) * 1975-06-24 1981-03-24

Family Cites Families (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5850295Y2 (ja) * 1979-07-09 1983-11-16 三菱重工業株式会社 熱流測定用ゲ−ジ

Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5612837B2 (ja) * 1975-06-24 1981-03-24

Also Published As

Publication number Publication date
JPS60152944U (ja) 1985-10-11

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP0411121A4 (en) Optical thermometer
WO2000058702A1 (en) Non-invasive temperature measurement method and apparatus
JPS6258893U (ja)
CA2011659A1 (en) Measuring sensor for fluid state determination and method for measurement using such sensor
JPS62174642A (ja) 材料の熱伝導率測定プロ−ブ
JPH0216275Y2 (ja)
US3332285A (en) Fast precision temperature sensing thermocouple probe
JPH06160203A (ja) 流動媒体の温度を測定するための温度センサー
CN210487079U (zh) 红外温度传感器及包括其的探头、红外体温计
US3360404A (en) Grid type thermocouple
JPS59184829A (ja) 温度計
JPS645260B2 (ja)
JP2975552B2 (ja) 温度検知器
JPS594267Y2 (ja) 熱流センサ
SU800692A1 (ru) Устройство дл измерени температурыпОВЕРХНОСТи НАгРЕТыХ ТЕл
JPH0612493Y2 (ja) マイクロブリッジフローセンサ
JPS63157630U (ja)
JPS5848594Y2 (ja) 表面温度計用プロ−ブ
JPS585941Y2 (ja) 熱電対温度計
JPS6239306Y2 (ja)
JPH088433Y2 (ja) 温度検知器
JPS6363057B2 (ja)
JPH0750681Y2 (ja) 温度補正型赤外線検出器
JPS5943338A (ja) 示差走査熱量計
JPS607217B2 (ja) 熱流センサ