JPH01210549A - デッキプレートによる中空半pc床板工法 - Google Patents

デッキプレートによる中空半pc床板工法

Info

Publication number
JPH01210549A
JPH01210549A JP3512588A JP3512588A JPH01210549A JP H01210549 A JPH01210549 A JP H01210549A JP 3512588 A JP3512588 A JP 3512588A JP 3512588 A JP3512588 A JP 3512588A JP H01210549 A JPH01210549 A JP H01210549A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
deck plate
plate
hollow
deck
side section
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP3512588A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0668187B2 (ja
Inventor
Masayuki Kura
正幸 藏
Shigeru Ashikawa
茂 芦川
Hideki Kido
木戸 英樹
Yasushi Nagashima
長嶋 康
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Fujita Corp
Original Assignee
Fujita Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fujita Corp filed Critical Fujita Corp
Priority to JP3512588A priority Critical patent/JPH0668187B2/ja
Publication of JPH01210549A publication Critical patent/JPH01210549A/ja
Publication of JPH0668187B2 publication Critical patent/JPH0668187B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Forms Removed On Construction Sites Or Auxiliary Members Thereof (AREA)
  • Panels For Use In Building Construction (AREA)

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 〔産業上の利用分野〕 本発明は、デツキプレートを利用して現場でPC床板を
製造するための、デツキプレートにょる中空半PC床板
工法に関するものである。
〔従来の技術〕
従来よりPC床板の板厚内に面方向に延びる中空部を形
成した構造のものがPC建造物の床板材料として多用さ
れており、この種のPC床板はコンクリートを型枠に流
し込んで固化形成してあり、一般に工場で成形したもの
を建築現場に搬送している。
〔発明が解決しようとする課題〕
しかし工場で生産したものを搬送する方法では、搬送可
能な単位サイズに成形したものを現場に合わせて切断加
工しなければならず、再加工が必要になるとともに、現
場の施工床面に合わせて大スパンの床板を構成すること
はきわめて困難であり、一般に大スパンのPC床板を構
築する場合は1作業現場で型組みをして施工しており1
作業工数が多く工期が長大化し、また経済性に劣る問題
を有していた。
本発明は上記問題に鑑みてなされたものであり、型枠を
全く使用することがなく、大スパンの半PC床板を完全
に現場施工で構成することができるデツキプレートによ
る中空半PC床板工法を提唱することを目的とするもの
である。
〔課題を解決するための手段〕
本発明にあっては従来より使用されているデツキプレー
トが成形した床板の板厚内に位置するように成形するこ
とによって上記課題を解決したものであり、 鋼板の一方向に所定の間隔を隔して平山形の補強突条を
構成したデツキプレートを、その補強突条が下側になる
ように敷設した後、鉄筋を配設してコンクリートを打設
し、中空板下側部(PC板)を型取りする第1工程と。
上記第1工程のコンクリートが固化した後、デツキプレ
ートおよび中空板下側部を反転して。
該デツキプレートを中空板下側部から離型する第2工程
と、 第2工程で離型したデツキプレートを再度反転して補強
突条の各山面を前記中空板下側部の突条頂部と対向する
ように載着し、あらかじめ中空板下側部に埋設してある
アンカーボルトを利用して緊締一体化する第3工程と、 施工現場の梁上にデツキプレートを一体化した中空板下
側部を連設してなる第4工程と、並設したデツキプレー
ト上に鉄筋を配設した後、コンクリートを打設して中空
板上側部を形成する第5工程。
より施工することを要旨とするものである。
〔作 用〕
上記工法によって形成された中空半PC床板は、空洞が
形成され中空断面となるため、重量の軽減を達成するこ
とができる。また空洞の両側に配設した鉄筋からなるス
ラブ下筋およびスラブ上筋によって、床板の剛性および
耐力を高くすることができ、大スパンスラブを構築する
ことが可能となる。さらに、本発明に係るデツキプレー
トによる中空半PC床板工法は、従来より使用されてい
るデツキプレートを型枠兼用インサート材料として使用
しており、他に型枠を要することがなく、また支保施工
を必要としないため、施工が簡単で工期を短縮すること
ができる。
〔実 施 例〕
以下、本発明に係るデツキプレートによる中空半PC床
板工法を図面にしたがって説明する。
図面は第1図から第5図まで施工工程順に示してある。
第1工程(第1図) 符号(1)は鋼板の一方向に所定の間隔を隔して平山形
の補強突条(2)(2)・・Φを構成し、大凹部(3)
と小凹部(4)を互い違いに連続形成した側断面になる
公知のデツキプレートであり、第1工程では作業所のP
CC板製揚場該デツキプレート(1)を、その小凹部(
4)を上面になるように敷設した後、上記デツキプレー
ト(])の補強突条(2)の各山面に穿設したダボ孔(
5)(5)・・・に基部が上面側に半突出するようにア
ンカーボルト(6)をそれぞれ挿抜自在に貫挿するとと
もに、成形後スラブ下筋となる鉄筋(7)(7)・・・
を配設し、該鉄筋(7)が肉厚内に位置するようにコン
クリートを打設し、中空板下側部(8)を型取りする。
第2工程(第2図) 上記第1工程のコンクリートが固化した後、デツキプレ
ート(1)および中空板下側部(8)を反転し、該デツ
キプレート(1)を中空板下側部(8)から離型する。
このとき各アンカーポル) (8)は、ダボ孔(5)か
ら抜出して中空板下側部(8)の突条(9)頂部に立設
した構造になっている。
第3工程(第3図) 第2工程で離型したデツキプレート(1〕を再度反転し
、補強突条(2)の各山面を中空板下側部(8)の突条
(9)頂部と対向するようにアンカーボルト(8)に対
してダボ孔(5)を外挿するとともに、該各アンカーポ
ルト(6)にナツト(lO)を螺合し、デツキプレート
(1)を中空板下側部(8)と緊締一体化してなる。
第4工程(第4図) しかる後、施工現場のm (20)上にデツキプレート
(1)を一体化した中空板下側部(8)を、コネクタ(
21)によって溶接固着するとともに、隣接するデツキ
プレー) (1)(1)間を溶接により連結鉄筋(22
)を介して固着連設してなる。
第5工程(第5図) 第4工程で梁(20)上に並設したデツキプレート(+
)上に、成形後スラブ上筋となる鉄筋(11)(11)
・・・を配設し、該鉄筋(It)が肉厚内に位置するよ
うにコンクリートを打設し、中空板上側部(12)を形
成する。
上記第5工程を終了して中空板上側部(12)が固化す
ると第6図に示すように、板厚内にデツキプレート(1
)の大凹部(3)と中空板下側部(8)の突条(9)(
9)間の凹部によって形成される多数の空洞(+3)(
13)・・・を面方向に配設した構造の中空半PC床板
(14)が成形される。
なお、前記第1工程と第5工程において、コンクリート
をデツキプレート(1)上に打設する際、他に型枠およ
び何らの支保施工も要しないものである。
上記工法によって形成された中、空手PC床板(14)
は、空洞(13)によって形成される中空断面と、鉄筋
(7)(+1)からなるスラブ下筋およびスラブ上筋の
配設によって、剛性および耐力が高く。
軽重量の大スパンスラブを構成することができる。
〔発明の効果〕
以上述べたように本発明に係るデツキプレートによる中
空半PC床板工法は、従来より使用されているデツキプ
レートを型枠兼用インサート材料として使用することに
より、他に型枠を要することがなく、また支保施工を必
要としないため、施工が簡単な新規中空半PC床板工法
であるとともに、現場施工によって大スパンの床板を構
築することができるようになる等の特徴を有するもので
あり、本発明の効果はきわめて大きい。
【図面の簡単な説明】
第1図ないし第5図は本発明に係るデツキプレートによ
る中空半PC床板工法を工程順に示す説明図であり、第
6図はその工法によって構築した半PC床板の斜視図で
ある。 (1)デツキプレート  (2)補強突条(5)ダボ孔
  (6)アンカーボルト(7)(11)鉄筋  (8
)中空板下側部(PC板)(9)突条  (10)ナツ
ト (12)中空板上側部(現場打)   (13)空洞(
20)梁  (21)コネクタ  (22)連結鉄筋特
許出願人  フジタ工業株式会社 代理人 弁理士  野  本  陽  −第1図 ! 第3図 第4図 第5図

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 1、鋼板の一方向に所定の間隔を隔して平山形の補強突
    条を構成したデッキプレートを、その補強突条が下面に
    なるように敷設した後、鉄筋を配設してコンクリートを
    打設し、中空板下側部(PC板)を型取りする第1工程
    と、 上記第1工程のコンクリートが固化した後、デッキプレ
    ートおよび中空板下側部を反転して、該デッキプレート
    を中空板下側部から離型する第2工程と、 第2工程で離型したデッキプレートを再度反転して補強
    突条の各山面を前記中空板下側部の突条頂部と対向する
    ように載置し、あらかじめ中空板下側部に埋設してある
    アンカーボルトを利用して緊締一体化する第3工程と、 施工現場の梁上にデッキプレートを一体化した中空板下
    側部を連設してなる第4工程と、並設したデッキプレー
    ト上に鉄筋を配設した後、コンクリートを打設して中空
    板上側部を形成する第5工程、 より施工することを特徴とするデッキプレートによる中
    空半PC床板工法。
JP3512588A 1988-02-19 1988-02-19 デッキプレートによる中空半pc床板工法 Expired - Fee Related JPH0668187B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3512588A JPH0668187B2 (ja) 1988-02-19 1988-02-19 デッキプレートによる中空半pc床板工法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3512588A JPH0668187B2 (ja) 1988-02-19 1988-02-19 デッキプレートによる中空半pc床板工法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH01210549A true JPH01210549A (ja) 1989-08-24
JPH0668187B2 JPH0668187B2 (ja) 1994-08-31

Family

ID=12433214

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP3512588A Expired - Fee Related JPH0668187B2 (ja) 1988-02-19 1988-02-19 デッキプレートによる中空半pc床板工法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0668187B2 (ja)

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0668187B2 (ja) 1994-08-31

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4033548A (en) Concrete shuttering connecting means
JP3208530B2 (ja) プレキャストコンクリート型枠及びこれを用いた構造体
JP2826200B2 (ja) ボックスカルバート構築方法及びブロック
JPH01210549A (ja) デッキプレートによる中空半pc床板工法
JPH0637794B2 (ja) 建築物の壁構造及びその構築工法
JP3239151B2 (ja) コンクリート壁の施工方法
JPH08209653A (ja) 土木建築建造物用型枠ブロック及びこれを用いた建築建造物ならびにその工法
JP2786965B2 (ja) 鉄筋コンクリート壁用プレキャストコンクリート板
JP2778272B2 (ja) 壁型枠,壁型枠の製造方法並びに壁型枠を使用した壁の施工方法
JPH02167960A (ja) 薄肉ブレキヤストコンクリート型枠及びその製造方法
JPH08184120A (ja) プレキャスト床板接合部構造
JP2004084209A (ja) リサイクル型プレファブ布基礎部材ならびにこれを使用する布基礎の構築方法
JPS5858503B2 (ja) 鉄筋コンクリ−ト合成壁の構築工法
JP3026058B2 (ja) Pc合成床版
JPH11323958A (ja) 建築物の施工方法とこれに用いるコンクリート製品
JPH07247610A (ja) Pc壁を用いた建築物に用いられる梁
JPH0124251Y2 (ja)
JPH0224438A (ja) コンクリートユニット板
KR20040103270A (ko) 무해체 계단 거푸집
JPH01295952A (ja) 水平荷重を負担するようにしたpcスラブ製の床
JPH0313643A (ja) エキスパンションジョイント部を備えた長大構造物の構築方法
JPH031531Y2 (ja)
JPH02296948A (ja) 鉄筋コンクリート造スラブの構築方法
JPH01235742A (ja) コンクリートブロツクによる乾式型枠施工法
JPH0782884A (ja) 多格子梁用成形型枠及びこの成形型枠を使用した多格子スラブの構築方法並びにこの構築方法に使用する平行バタ角材の固定治具

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees