JP6999608B2 - Pachinko machine - Google Patents

Pachinko machine Download PDF

Info

Publication number
JP6999608B2
JP6999608B2 JP2019129780A JP2019129780A JP6999608B2 JP 6999608 B2 JP6999608 B2 JP 6999608B2 JP 2019129780 A JP2019129780 A JP 2019129780A JP 2019129780 A JP2019129780 A JP 2019129780A JP 6999608 B2 JP6999608 B2 JP 6999608B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
reach
effect
line
character
symbol
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2019129780A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2021013562A (en
Inventor
敏男 小倉
涼 梶原
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Sankyo Co Ltd
Original Assignee
Sankyo Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sankyo Co Ltd filed Critical Sankyo Co Ltd
Priority to JP2019129780A priority Critical patent/JP6999608B2/en
Publication of JP2021013562A publication Critical patent/JP2021013562A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP6999608B2 publication Critical patent/JP6999608B2/en
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、複数種類の識別情報の可変表示を行い表示結果を導出表示する可変表示手段に導出表示された識別情報の組み合わせが特定の組み合わせであることにより遊技者にとって有利な有利状態に制御されることを報知するパチンコ機やスロット機等の遊技機に関する。 In the present invention, the combination of the identification information derived and displayed by the variable display means for variably displaying a plurality of types of identification information and deriving and displaying the display result is controlled to an advantageous state advantageous for the player. It relates to a game machine such as a pachinko machine or a slot machine that notifies the fact.

遊技機として、遊技媒体である遊技球を発射装置によって遊技領域に発射し、遊技領域に設けられている入賞口などの入賞領域に遊技球が入賞すると、所定個の賞球が遊技者に払い出されるものがある。さらに、識別情報を可変表示(「変動」ともいう。)可能な可変表示領域が設けられ、可変表示領域において識別情報の可変表示の表示結果が特定表示結果となった場合に、遊技状態(遊技機の状態。よって、具体的には、遊技機が制御されている状態。)を変更して、所定の遊技価値を遊技者に与えるように構成されたものがある(いわゆるパチンコ機)。 As a game machine, a game ball, which is a game medium, is launched into a game area by a launching device, and when the game ball wins a prize in a prize area such as a prize opening provided in the game area, a predetermined number of prize balls are paid out to the player. There is something that can be done. Further, a variable display area capable of variable display (also referred to as “variation”) of the identification information is provided, and when the display result of the variable display of the identification information becomes the specific display result in the variable display area, the gaming state (game). There is a machine (so-called pachinko machine) configured to change the state of the machine, specifically, the state in which the game machine is controlled) to give a predetermined game value to the player (so-called pachinko machine).

また、所定の遊技媒体を1ゲームに対して所定数の賭数を設定した後、遊技者がスタートレバーを操作することにより可変表示領域による識別情報の可変表示を開始し、遊技者が各可変表示領域に対応して設けられた停止ボタンを操作することにより、その操作タイミングから予め定められた最大遅延時間の範囲内で識別情報の可変表示を停止し、全ての可変表示領域の可変表示を停止したときに導出された表示結果に従って入賞が発生し、入賞に応じて予め定められた所定の遊技媒体が払い出され、特定入賞が発生した場合に、遊技状態を所定の遊技価値を遊技者に与える状態にするように構成されたものがある(いわゆるスロット機)。 Further, after setting a predetermined number of bets for one game on a predetermined game medium, the player operates the start lever to start variable display of the identification information in the variable display area, and the player changes each. By operating the stop button provided corresponding to the display area, the variable display of the identification information is stopped within the range of the maximum delay time predetermined from the operation timing, and the variable display of all the variable display areas is displayed. When a prize is generated according to the display result derived when the game is stopped, a predetermined game medium determined in advance is paid out according to the prize, and a specific prize is generated, the game state is set to the predetermined game value by the player. There is something that is configured to give to (so-called slot machine).

なお、遊技価値とは、賞球の払い出しや、遊技機の遊技領域に設けられた可変入賞球装置の状態が打球が入賞しやすい遊技者にとって有利な状態になることや、遊技者にとって有利な状態になるための権利を発生させたりすることや、賞球払出の条件が成立しやすくなる状態になることである。 It should be noted that the game value means that the payout of the prize ball and the state of the variable winning ball device provided in the game area of the gaming machine are in an advantageous state for the player who can easily win the ball, and are advantageous for the player. It is to generate the right to become a state and to be in a state where the conditions for paying out prize balls are likely to be satisfied.

パチンコ遊技機では、始動入賞口に遊技球が入賞したことにもとづいて可変表示領域において開始される演出図柄(識別情報)の可変表示の表示結果として、あらかじめ定められた特定の表示態様が導出表示された場合に、「大当り」が発生する。なお、導出表示とは、図柄(最終停止図柄)を最終的に停止表示させることである。大当りが発生すると、例えば、大入賞口が所定回数開放して打球が入賞しやすい大当り遊技状態に移行する。そして、各開放期間において、所定個(例えば、10個)の大入賞口への入賞があると大入賞口は閉成する。そして、大入賞口の開放回数は、所定回数(例えば、15ラウンド)に固定されている。なお、各開放について開放時間(例えば、29秒)が決められ、入賞数が所定個に達しなくても開放時間が経過すると大入賞口は閉成する。以下、各々の大入賞口の開放期間をラウンドということがある。また、ラウンドにおける遊技をラウンド遊技ということがある。 In the pachinko gaming machine, as a display result of the variable display of the effect symbol (identification information) started in the variable display area based on the winning of the game ball in the starting winning opening, a predetermined specific display mode is derived and displayed. If so, a "big hit" will occur. The derivation display is to finally stop and display the symbol (final stop symbol). When a big hit occurs, for example, the big winning opening is opened a predetermined number of times to shift to a big hit game state in which a hit ball is easy to win. Then, in each opening period, if there is a prize in a predetermined number (for example, 10) of the large winning openings, the large winning openings are closed. The number of times the large winning opening is opened is fixed to a predetermined number of times (for example, 15 rounds). An opening time (for example, 29 seconds) is determined for each opening, and even if the number of winnings does not reach a predetermined number, the large winning opening is closed when the opening time elapses. Hereinafter, the opening period of each large winning opening may be referred to as a round. Also, a game in a round may be called a round game.

また、可変表示領域において、最終停止図柄(例えば、左中右図柄のうち中図柄)となる図柄以外の図柄が、所定時間継続して、特定の表示結果と一致している状態で停止、揺動、拡大縮小もしくは変形している状態、または、複数の図柄が同一図柄で同期して変動したり、表示図柄の位置が入れ替わっていたりして、最終結果が表示される前で大当り発生の可能性が継続している状態(以下、これらの状態をリーチ状態という。)において行われる演出をリーチ演出という。また、リーチ状態やその様子をリーチ態様という。さらに、リーチ演出を含む可変表示をリーチ可変表示という。そして、可変表示領域に変動表示される図柄の表示結果が特定の表示結果でない場合には「はずれ」となり、変動表示状態は終了する。遊技者は、大当りをいかにして発生させるかを楽しみつつ遊技を行う。 Further, in the variable display area, the symbols other than the symbol that becomes the final stop symbol (for example, the middle symbol among the left middle right symbols) continue for a predetermined time and stop or shake in a state of matching with a specific display result. A big hit can occur before the final result is displayed due to movement, enlargement / reduction or deformation, multiple symbols fluctuating in synchronization with the same symbol, or the positions of the displayed symbols being swapped. The effect performed in the state where the sex is continued (hereinafter, these states are referred to as the reach state) is referred to as the reach effect. In addition, the reach state and its state are referred to as a reach mode. Further, the variable display including the reach effect is called the reach variable display. Then, if the display result of the symbol that is variablely displayed in the variable display area is not a specific display result, it becomes "off" and the variable display state ends. The player plays the game while enjoying how to generate a big hit.

また、リーチ状態であるラインの数が増加するリーチ演出を実行する場合がある(例えば、特許文献1参照。)。 In addition, a reach effect may be performed in which the number of lines in the reach state increases (see, for example, Patent Document 1).

特開2015-6511号公報(図49~図54)JP-A-2015-6511 (FIGS. 49-54)

しかし、リーチ演出について改善の余地があった。 However, there was room for improvement in reach production.

そこで、本発明は、リーチ演出の興趣を向上させることを目的とする。 Therefore, it is an object of the present invention to improve the interest of reach production.

本発明による遊技機は、複数種類の識別情報(例えば、「1」~「7」の飾り図柄)の可変表示を行い表示結果を導出表示する可変表示手段(例えば、画像表示装置5)における所定のライン(例えば、ライン)上に導出表示された識別情報の組み合わせが特定の組み合わせ(例えば、大当り図柄)であることにより遊技者にとって有利な有利状態(例えば、大当り遊技状態)に制御されることを報知する遊技機であって、複数のライン(例えば、ラインA~ラインD)を用いたリーチ演出を実行可能なリーチ演出実行手段(例えば、演出制御用CPU120における、ステップ50IWS216,S8105を実行する部分)を備え、リーチ演出実行手段は、リーチ状態である一のラインを用いた演出を行う第1パート(例えば、リーチ状態であるラインB~ラインDを用いたランクアップチャンス演出を行う第1パート)と、リーチ状態である他のラインを用いた演出を行う第2パート(例えば、リーチ状態であるラインAを用いて演出を行う第2パート)とから構成されるリーチ演出(例えば、特殊演出)を実行可能であり、第1パートにおいて、態様の異なる複数種類の示唆演出(例えば、ランクアップチャンス演出)を実行可能であり、第2パートにおいて、有利状態に制御される期待度が異なり、有利状態に制御されるか否かを報知する複数種類の報知演出(例えば、第1態様~第3態様の当否報知演出)を実行可能であり、第1パートにおける示唆演出の種類(例えば、ランクアップチャンス演出における合計レベル)によって、第2パートにおける報知演出の種類の選択割合が異なり(図8-9(B)参照)、前記第2パートにおける報知演出を実行する期間の方が前記第1パートにおける示唆演出に関する煽りを行う期間よりも長いことを特徴とする。そのような構成によれば、第1パートにおいては示唆演出に注目させるとともに、第2パートにおいては有利状態に制御するか否かに注目させることができ、リーチ状態である複数のラインを用いた演出を好適に行うことができる。
また、本発明による他の遊技機は、複数種類の識別情報(例えば、「1」~「7」の飾り図柄)の可変表示を行い表示結果を導出表示する可変表示手段(例えば、画像表示装置5)に導出表示された識別情報の組み合わせが特定の組み合わせ(例えば、大当り図柄)であることにより遊技者にとって有利な有利状態(例えば、大当り遊技状態)に制御されることを報知する遊技機であって、複数のキャラクタ(例えば、キャラクタA~キャラクタE)を用いたリーチ演出を実行可能なリーチ演出実行手段(例えば、演出制御用CPU120における、ステップ50IWS216,S8105を実行する部分)を備え、リーチ演出実行手段は、一のキャラクタを用いた演出を行う第1パート(例えば、第2キャラクタ~第4キャラクタを用いたランクアップチャンス演出を行う第1パート)と、他のキャラクタを用いた演出を行う第2パート(例えば、第1キャラクタを用いて演出を行う第2パート)とから構成されるリーチ演出(例えば、特殊演出)を実行可能であり、第1パートにおいて、態様の異なる複数種類の示唆演出(例えば、ランクアップチャンス演出)を実行可能であり、第2パートにおいて、有利状態に制御される期待度が異なり、有利状態に制御されるか否かを報知する複数種類の報知演出(例えば、第1態様~第3態様の当否報知演出)を実行可能であり、第1パートにおける示唆演出の種類(例えば、ランクアップチャンス演出における合計レベル)によって、第2パートにおける報知演出の種類の選択割合が異なり(図8-9(B)参照)、前記第2パートにおける報知演出を実行する期間の方が前記第1パートにおける示唆演出に関する煽りを行う期間よりも長いことを特徴とする。そのような構成によれば、第1パートにおいては示唆演出に注目させるとともに、第2パートにおいては有利状態に制御するか否かに注目させることができ、複数のキャラクタを用いた演出を好適に行うことができる。
The gaming machine according to the present invention is a predetermined device in a variable display means (for example, an image display device 5) that variablely displays a plurality of types of identification information (for example, decorative symbols "1" to "7") and derives and displays a display result. The combination of the identification information derived and displayed on the line (for example, the line) is controlled to an advantageous state (for example, a big hit game state) advantageous to the player by being a specific combination (for example, a big hit symbol). The reach effect executing means (for example, in the effect control CPU 120, steps 50IWS216 and S8105) are executed, which is a gaming machine that notifies The first part (for example, the first part to perform the rank-up chance effect using the line B to the line D in the reach state) is provided, and the reach effect executing means is the first part to perform the effect using one line in the reach state. Reach effect (for example, special) consisting of a second part (for example, a second part that uses line A in the reach state) to produce an effect using another line in the reach state. The effect) can be executed, and in the first part, a plurality of types of suggestive effects (for example, rank-up chance effect) having different modes can be executed, and in the second part, the degree of expectation to be controlled in an advantageous state is different. , It is possible to execute a plurality of types of notification effects (for example, the hit / fail notification effects of the first to third aspects) for notifying whether or not the control is in an advantageous state, and the types of suggestion effects in the first part (for example, for example). The selection ratio of the type of notification effect in the second part differs depending on the total level in the rank-up chance effect) (see FIG. 8-9 (B)), and the period during which the notification effect in the second part is executed is the first. It is characterized by a longer period than the period during which the suggestion production in one part is fanned. According to such a configuration, in the first part, it is possible to pay attention to the suggestive effect, and in the second part, it is possible to pay attention to whether or not to control in an advantageous state, and a plurality of lines in the reach state are used. The production can be suitably performed.
In addition, another gaming machine according to the present invention is a variable display means (for example, an image display device) that variablely displays a plurality of types of identification information (for example, decorative symbols "1" to "7") and derives and displays a display result. A gaming machine that notifies that the combination of identification information derived and displayed in 5) is controlled to an advantageous state (for example, a big hit gaming state) that is advantageous to the player by being a specific combination (for example, a big hit symbol). The reach is provided with a reach effect executing means (for example, a portion of the effect control CPU 120 for executing steps 50IWS216 and S8105) capable of executing a reach effect using a plurality of characters (for example, characters A to E). The effect executing means is a first part (for example, a first part for performing a rank-up chance effect using the second to fourth characters) in which an effect is performed using one character, and an effect using another character. It is possible to execute a reach effect (for example, a special effect) composed of a second part to be performed (for example, a second part for producing an effect using the first character), and in the first part, a plurality of types having different modes can be executed. Suggestion effects (for example, rank-up chance effects) can be executed, and in the second part, there are different expectations for being controlled in an advantageous state, and a plurality of types of notification effects (for example) for notifying whether or not the effects are controlled in an advantageous state ( For example, the success / failure notification effect of the first to third aspects can be executed, and the type of notification effect in the second part depends on the type of suggestion effect in the first part (for example, the total level in the rank-up chance effect). The selection ratios are different (see FIG. 8-9 (B)), and the period for executing the notification effect in the second part is longer than the period for inciting the suggestion effect in the first part. According to such a configuration, in the first part, it is possible to pay attention to the suggestive effect, and in the second part, it is possible to pay attention to whether or not the control is performed in an advantageous state, and the effect using a plurality of characters is preferable. It can be carried out.

この実施の形態におけるパチンコ遊技機の正面図である。It is a front view of the pachinko gaming machine in this embodiment. パチンコ遊技機に搭載された各種の制御基板などを示す構成図である。It is a block diagram which shows various control boards mounted on a pachinko gaming machine. 遊技制御メイン処理の一例を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows an example of a game control main process. 遊技制御用タイマ割込み処理の一例を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows an example of the timer interrupt processing for game control. 特別図柄プロセス処理の一例を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows an example of a special symbol process process. 演出制御メイン処理の一例を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows an example of an effect control main process. 演出制御プロセス処理の一例を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows an example of an effect control process process. あらかじめ用意された飾り図柄の変動パターンを示す説明図である。It is explanatory drawing which shows the variation pattern of the decorative pattern prepared in advance. 可変表示中演出処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the effect processing during variable display. 停止図柄決定処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the stop symbol determination process. 第1リーチ図柄決定抽選テーブルおよびを示す説明図である。It is explanatory drawing which shows the 1st reach symbol determination lottery table. SP用キャラクタ決定処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the character determination process for SP. 第1キャラクタ決定抽選テーブル、キャラクタ規則決定抽選テーブル、リーチライン増加表示決定抽選テーブルおよびリーチライン増加ガセ表示実行抽選テーブルを示す説明図である。It is explanatory drawing which shows the 1st character decision lottery table, character rule decision lottery table, reach line increase display decision lottery table, and reach line increase gasse display execution lottery table. 特殊演出態様決定処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the special effect mode determination process. 変化レベル決定抽選テーブルを示す説明図である。It is explanatory drawing which shows the change level determination lottery table. 前段演出態様決定抽選テーブルおよび当否報知演出態様決定テーブルを示す説明図である。It is explanatory drawing which shows the pre-stage effect mode determination lottery table and the winning / failing notification effect mode determination table. 演出制御プロセス処理における可変表示中演出処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the effect processing during variable display in an effect control process process. 操作演出実行処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the operation effect execution process. 4ラインリーチ変動における特殊演出に対応するタイムチャートを示す説明図である。It is explanatory drawing which shows the time chart corresponding to the special effect in 4 line reach fluctuation. 特徴部50IWにおける画像表示部の表示例を示す説明図である。It is explanatory drawing which shows the display example of the image display part in the feature part 50IW. 特徴部50IWにおける画像表示部の表示例を示す説明図である。It is explanatory drawing which shows the display example of the image display part in the feature part 50IW. 特徴部50IWにおける画像表示部の表示例を示す説明図である。It is explanatory drawing which shows the display example of the image display part in the feature part 50IW. 特徴部50IWにおける画像表示部の表示例を示す説明図である。It is explanatory drawing which shows the display example of the image display part in the feature part 50IW.

(基本説明)
まず、パチンコ遊技機1の基本的な構成及び制御(一般的なパチンコ遊技機の構成及び制御でもある。)について説明する。
(Basic explanation)
First, the basic configuration and control of the pachinko gaming machine 1 (also the configuration and control of a general pachinko gaming machine) will be described.

(パチンコ遊技機1の構成等)
図1は、パチンコ遊技機1の正面図であり、主要部材の配置レイアウトを示す。パチンコ遊技機(遊技機)1は、大別して、遊技盤面を構成する遊技盤(ゲージ盤)2と、遊技盤2を支持固定する遊技機用枠(台枠)3とから構成されている。遊技盤2には、遊技領域が形成され、この遊技領域には、遊技媒体としての遊技球が、所定の打球発射装置から発射されて打ち込まれる。
(Configuration of pachinko gaming machine 1, etc.)
FIG. 1 is a front view of the pachinko gaming machine 1 and shows an arrangement layout of main members. The pachinko gaming machine (gaming machine) 1 is roughly classified into a gaming board (gauge board) 2 constituting the game board surface and a game machine frame (underframe) 3 for supporting and fixing the game board 2. A game area is formed on the game board 2, and a game ball as a game medium is launched from a predetermined hitting ball launching device into the game area.

遊技盤2の所定位置(図1に示す例では、遊技領域の右側方)には、複数種類の特別識別情報としての特別図柄(特図ともいう)の可変表示(特図ゲームともいう)を行う第1特別図柄表示装置4A及び第2特別図柄表示装置4Bが設けられている。これらは、それぞれ、7セグメントのLEDなどからなる。特別図柄は、「0」~「9」を示す数字や「-」などの点灯パターンなどにより表される。特別図柄には、LEDを全て消灯したパターンが含まれてもよい。 A variable display (also referred to as a special figure game) of a special symbol (also referred to as a special figure) as a plurality of types of special identification information is displayed at a predetermined position of the game board 2 (in the example shown in FIG. 1, on the right side of the game area). The first special symbol display device 4A and the second special symbol display device 4B to be performed are provided. Each of these consists of 7-segment LEDs and the like. The special symbol is represented by a number indicating "0" to "9" or a lighting pattern such as "-". The special symbol may include a pattern in which all the LEDs are turned off.

なお、特別図柄の「可変表示」とは、例えば、複数種類の特別図柄を変動可能に表示することである(後述の他の図柄についても同じ)。変動としては、複数の図柄の更新表示、複数の図柄のスクロール表示、1以上の図柄の変形、1以上の図柄の拡大/縮小などがある。特別図柄や後述の普通図柄の変動では、複数種類の特別図柄又は普通図柄が更新表示される。後述の飾り図柄の変動では、複数種類の飾り図柄がスクロール表示又は更新表示されたり、1以上の飾り図柄が変形や拡大/縮小されたりする。なお、変動には、ある図柄を点滅表示する態様も含まれる。可変表示の最後には、表示結果として所定の特別図柄が停止表示(導出又は導出表示などともいう)される(後述の他の図柄の可変表示についても同じ)。なお、可変表示を変動表示、変動と表現する場合がある。 The "variable display" of the special symbol is, for example, to display a plurality of types of special symbols in a variable manner (the same applies to other symbols described later). Variations include update display of a plurality of symbols, scroll display of a plurality of symbols, deformation of one or more symbols, enlargement / reduction of one or more symbols, and the like. In the variation of the special symbol or the ordinary symbol described later, a plurality of types of special symbols or ordinary symbols are updated and displayed. In the variation of the decorative symbol described later, a plurality of types of decorative symbols are scrolled or updated, and one or more decorative symbols are deformed or enlarged / reduced. It should be noted that the fluctuation includes a mode in which a certain symbol is blinking and displayed. At the end of the variable display, a predetermined special symbol is stopped and displayed (also referred to as derivation or derivation display) as a display result (the same applies to the variable display of other symbols described later). The variable display may be expressed as variable display or variable.

なお、第1特別図柄表示装置4Aにおいて可変表示される特別図柄を「第1特図」ともいい、第2特別図柄表示装置4Bにおいて可変表示される特別図柄を「第2特図」ともいう。また、第1特図を用いた特図ゲームを「第1特図ゲーム」といい、第2特図を用いた特図ゲームを「第2特図ゲーム」ともいう。なお、特別図柄の可変表示を行う特別図柄表示装置は1種類であってもよい。 The special symbol variably displayed on the first special symbol display device 4A is also referred to as a "first special symbol", and the special symbol variably displayed on the second special symbol display device 4B is also referred to as a "second special symbol". Further, the special figure game using the first special figure is also referred to as a "first special figure game", and the special figure game using the second special figure is also referred to as a "second special figure game". It should be noted that there may be only one type of special symbol display device that performs variable display of the special symbol.

遊技盤2における遊技領域の中央付近には画像表示装置5が設けられている。画像表示装置5は、例えばLCD(液晶表示装置)や有機EL(Electro Luminescence)等から構成され、各種の演出画像を表示する。画像表示装置5は、プロジェクタ及びスクリーンから構成されていてもよい。画像表示装置5には、各種の演出画像が表示される。 An image display device 5 is provided near the center of the game area on the game board 2. The image display device 5 is composed of, for example, an LCD (liquid crystal display device), an organic EL (Electro Luminescence), or the like, and displays various effects images. The image display device 5 may be composed of a projector and a screen. Various effect images are displayed on the image display device 5.

例えば、画像表示装置5の画面上では、第1特図ゲームや第2特図ゲームと同期して、特別図柄とは異なる複数種類の装飾識別情報としての飾り図柄(数字などを示す図柄など)の可変表示が行われる。ここでは、第1特図ゲーム又は第2特図ゲームに同期して、「左」、「中」、「右」の各飾り図柄表示エリア5L、5C、5Rにおいて飾り図柄が可変表示(例えば上下方向のスクロール表示や更新表示)される。なお、同期して実行される特図ゲーム及び飾り図柄の可変表示を総称して単に可変表示ともいう。 For example, on the screen of the image display device 5, a decorative symbol (a symbol indicating a number or the like) as a plurality of types of decorative identification information different from the special symbol is synchronized with the first special figure game or the second special figure game. Is variablely displayed. Here, in synchronization with the first special figure game or the second special figure game, the decorative symbols are variably displayed (for example, up and down) in each of the decorative symbol display areas 5L, 5C, and 5R of "left", "middle", and "right". Direction scroll display and update display). It should be noted that the special figure game and the variable display of decorative symbols executed in synchronization are collectively referred to as simply variable display.

画像表示装置5の画面上には、実行が保留されている可変表示に対応する保留表示や、実行中の可変表示に対応するアクティブ表示を表示するための表示エリアが設けられていてもよい。保留表示及びアクティブ表示を総称して可変表示に対応する可変表示対応表示ともいう。 On the screen of the image display device 5, a display area for displaying a hold display corresponding to the variable display in which execution is suspended or an active display corresponding to the variable display being executed may be provided. Hold display and active display are collectively referred to as variable display compatible display corresponding to variable display.

保留されている可変表示の数は保留記憶数ともいう。第1特図ゲームに対応する保留記憶数を第1保留記憶数、第2特図ゲームに対応する保留記憶数を第2保留記憶数ともいう。また、第1保留記憶数と第2保留記憶数との合計を合計保留記憶数ともいう。 The number of variable displays on hold is also called the number of hold storages. The number of reserved storage corresponding to the first special figure game is also referred to as the first reserved storage number, and the number of reserved storage corresponding to the second special figure game is also referred to as the second reserved storage number. Further, the total of the first reserved storage number and the second reserved storage number is also referred to as a total reserved storage number.

また、遊技盤2の所定位置には、複数のLEDを含んで構成された第1保留表示器25Aと第2保留表示器25Bとが設けられ、第1保留表示器25Aは、LEDの点灯個数によって、第1保留記憶数を表示し、第2保留表示器25Bは、LEDの点灯個数によって、第2保留記憶数を表示する。 Further, at a predetermined position of the game board 2, a first hold indicator 25A and a second hold indicator 25B configured to include a plurality of LEDs are provided, and the first hold indicator 25A has the number of LEDs lit. The first hold storage number is displayed, and the second hold display 25B displays the second hold storage number according to the number of LEDs lit.

画像表示装置5の下方には、入賞球装置6Aと、可変入賞球装置6Bとが設けられている。 Below the image display device 5, a winning ball device 6A and a variable winning ball device 6B are provided.

入賞球装置6Aは、例えば所定の玉受部材によって常に遊技球が進入可能な一定の開放状態に保たれる第1始動入賞口を形成する。第1始動入賞口に遊技球が進入したときには、所定個(例えば3個)の賞球が払い出されるとともに、第1特図ゲームが開始され得る。 The winning ball device 6A forms, for example, a first starting winning opening that is always maintained in a constant open state in which a game ball can enter by a predetermined ball receiving member. When a game ball enters the first start winning opening, a predetermined number (for example, three) of prize balls may be paid out and the first special figure game may be started.

可変入賞球装置6B(普通電動役物)は、ソレノイド81(図2参照)によって閉鎖状態と開放状態とに変化する第2始動入賞口を形成する。可変入賞球装置6Bは、例えば、一対の可動翼片を有する電動チューリップ型役物を備え、ソレノイド81がオフ状態であるときに可動翼片が垂直位置となることにより、当該可動翼片の先端が入賞球装置6Aに近接し、第2始動入賞口に遊技球が進入しない閉鎖状態になる(第2始動入賞口が閉鎖状態になるともいう。)。その一方で、可変入賞球装置6Bは、ソレノイド81がオン状態であるときに可動翼片が傾動位置となることにより、第2始動入賞口に遊技球が進入できる開放状態になる(第2始動入賞口が開放状態になるともいう。)。第2始動入賞口に遊技球が進入したときには、所定個(例えば3個)の賞球が払い出されるとともに、第2特図ゲームが開始され得る。なお、可変入賞球装置6Bは、閉鎖状態と開放状態とに変化するものであればよく、電動チューリップ型役物を備えるものに限定されない。 The variable winning ball device 6B (ordinary electric accessory) forms a second starting winning opening that is changed between a closed state and an open state by a solenoid 81 (see FIG. 2). The variable winning ball device 6B includes, for example, an electric tulip-shaped accessory having a pair of movable wing pieces, and the movable wing pieces are in a vertical position when the solenoid 81 is in the off state, so that the tip of the movable wing pieces is in a vertical position. Is close to the winning ball device 6A and is in a closed state in which the game ball does not enter the second starting winning opening (also referred to as the second starting winning opening is closed). On the other hand, the variable-sweep wing device 6B is in an open state in which the game ball can enter the second start winning opening because the movable wing piece is in the tilted position when the solenoid 81 is on (second start). It is also said that the winning opening is open.) When a game ball enters the second start winning opening, a predetermined number (for example, three) of prize balls may be paid out and the second special figure game may be started. The variable winning ball device 6B may be any as long as it changes between the closed state and the open state, and is not limited to the one provided with the electric tulip type accessory.

遊技盤2の所定位置(図1に示す例では、遊技領域の左右下方4箇所)には、所定の玉受部材によって常に一定の開放状態に保たれる一般入賞口10が設けられる。この場合には、一般入賞口10のいずれかに進入したときには、所定個数(例えば10個)の遊技球が賞球として払い出される。 At a predetermined position of the game board 2 (in the example shown in FIG. 1, four locations on the lower left and right sides of the game area), a general winning opening 10 that is always kept in a constant open state by a predetermined ball receiving member is provided. In this case, when entering any of the general winning openings 10, a predetermined number (for example, 10) of game balls are paid out as prize balls.

入賞球装置6Aと可変入賞球装置6Bの下方には、大入賞口を有する特別可変入賞球装置7が設けられている。特別可変入賞球装置7は、ソレノイド82(図2参照)によって開閉駆動される大入賞口扉を備え、その大入賞口扉によって開放状態と閉鎖状態とに変化する特定領域としての大入賞口を形成する。 Below the winning ball device 6A and the variable winning ball device 6B, a special variable winning ball device 7 having a large winning opening is provided. The special variable winning ball device 7 is provided with a large winning opening door that is opened and closed by a solenoid 82 (see FIG. 2), and the large winning opening as a specific area that changes between an open state and a closed state by the large winning opening door. Form.

一例として、特別可変入賞球装置7では、大入賞口扉用(特別電動役物用)のソレノイド82がオフ状態であるときに大入賞口扉が大入賞口を閉鎖状態として、遊技球が大入賞口に進入(通過)できなくなる。その一方で、特別可変入賞球装置7では、大入賞口扉用のソレノイド82がオン状態であるときに大入賞口扉が大入賞口を開放状態として、遊技球が大入賞口に進入しやすくなる。 As an example, in the special variable winning ball device 7, when the solenoid 82 for the large winning opening door (for the special electric accessory) is in the off state, the large winning opening door closes the large winning opening and the game ball is large. You will not be able to enter (pass) the winning opening. On the other hand, in the special variable winning ball device 7, when the solenoid 82 for the large winning opening door is on, the large winning opening door opens the large winning opening, and the game ball can easily enter the large winning opening. Become.

大入賞口に遊技球が進入したときには、所定個数(例えば14個)の遊技球が賞球として払い出される。大入賞口に遊技球が進入したときには、例えば第1始動入賞口や第2始動入賞口及び一般入賞口10に遊技球が進入したときよりも多くの賞球が払い出される。 When a game ball enters the large prize opening, a predetermined number (for example, 14) of game balls are paid out as prize balls. When a game ball enters the large winning opening, more prize balls are paid out than when the game ball enters, for example, the first starting winning opening, the second starting winning opening, and the general winning opening 10.

一般入賞口10を含む各入賞口に遊技球が進入することを「入賞」ともいう。特に、始動口(第1始動入賞口、第2始動入賞口始動口)への入賞を始動入賞ともいう。 The entry of a game ball into each winning opening including the general winning opening 10 is also referred to as "winning". In particular, winning a prize at the starting opening (first starting winning opening, second starting winning opening starting opening) is also referred to as a starting winning.

遊技盤2の所定位置(図1に示す例では、遊技領域の左側方)には、普通図柄表示器20が設けられている。一例として、普通図柄表示器20は、7セグメントのLEDなどからなり、特別図柄とは異なる複数種類の普通識別情報としての普通図柄の可変表示を行う。普通図柄は、「0」~「9」を示す数字や「-」などの点灯パターンなどにより表される。普通図柄には、LEDを全て消灯したパターンが含まれてもよい。このような普通図柄の可変表示は、普図ゲームともいう。 A normal symbol display 20 is provided at a predetermined position of the game board 2 (in the example shown in FIG. 1, the left side of the game area). As an example, the ordinary symbol display 20 is composed of 7-segment LEDs and the like, and performs variable display of ordinary symbols as a plurality of types of ordinary identification information different from special symbols. Ordinary symbols are represented by numbers indicating "0" to "9" or lighting patterns such as "-". The normal symbol may include a pattern in which all the LEDs are turned off. Such a variable display of a normal pattern is also called a normal figure game.

画像表示装置5の左方には、遊技球が通過可能な通過ゲート41が設けられている。遊技球が通過ゲート41を通過したことに基づき、普図ゲームが実行される。 A passing gate 41 through which a game ball can pass is provided on the left side of the image display device 5. Based on the fact that the game ball has passed through the passing gate 41, the normal drawing game is executed.

普通図柄表示器20の上方には、普図保留表示器25Cが設けられている。普図保留表示器25Cは、例えば4個のLEDを含んで構成され、実行が保留されている普図ゲームの数である普図保留記憶数をLEDの点灯個数により表示する。 Above the normal symbol display 20, a normal symbol hold display 25C is provided. The normal figure hold display 25C is configured to include, for example, four LEDs, and displays the number of normal figure hold storages, which is the number of normal figure games whose execution is held, by the number of LEDs lit.

遊技盤2の表面には、上記の構成以外にも、遊技球の流下方向や速度を変化させる風車及び多数の障害釘が設けられている。遊技領域の最下方には、いずれの入賞口にも進入しなかった遊技球が取り込まれるアウト口が設けられている。 In addition to the above configuration, the surface of the game board 2 is provided with a windmill that changes the flow direction and speed of the game ball and a large number of obstacle nails. At the bottom of the game area, there is an out opening for taking in a game ball that has not entered any of the winning openings.

遊技機用枠3の左右上部位置には、効果音等を再生出力するためのスピーカ8L、8Rが設けられており、さらに遊技領域周辺部には、遊技効果用の遊技効果ランプ9が設けられている。遊技効果ランプ9は、LEDを含んで構成されている。 Speakers 8L and 8R for reproducing and outputting sound effects and the like are provided at the upper left and right positions of the gaming machine frame 3, and a gaming effect lamp 9 for gaming effects is provided around the gaming area. ing. The game effect lamp 9 is configured to include an LED.

遊技盤2の所定位置(図1では図示略)には、演出に応じて動作する可動体32が設けられている。 At a predetermined position of the game board 2 (not shown in FIG. 1), a movable body 32 that operates according to the effect is provided.

遊技機用枠3の右下部位置には、遊技球を打球発射装置により遊技領域に向けて発射するために遊技者等によって操作される打球操作ハンドル(操作ノブ)30が設けられている。 At the lower right position of the gaming machine frame 3, a hitting ball operation handle (operation knob) 30 operated by a player or the like to launch the gaming ball toward the gaming area by the hitting ball launching device is provided.

遊技領域の下方における遊技機用枠3の所定位置には、賞球として払い出された遊技球や所定の球貸機により貸し出された遊技球を、打球発射装置へと供給可能に保持(貯留)する打球供給皿(上皿)が設けられている。上皿の下方には、上皿満タン時に賞球が払い出される打球供給皿(下皿)が設けられている。 At a predetermined position of the gaming machine frame 3 below the gaming area, a gaming ball paid out as a prize ball or a gaming ball rented by a predetermined ball lending machine is held (stored) so as to be able to be supplied to a hitting ball launching device. ) A hit ball supply plate (upper plate) is provided. Below the upper plate, a hitting ball supply plate (lower plate) is provided, in which prize balls are paid out when the upper plate is full.

遊技領域の下方における遊技機用枠3の所定位置には、遊技者が把持して傾倒操作が可能なスティックコントローラ31Aが取り付けられている。スティックコントローラ31Aには、遊技者が押下操作可能なトリガボタンが設けられている。スティックコントローラ31Aに対する操作は、コントローラセンサユニット35A(図2参照)により検出される。 A stick controller 31A that can be grasped and tilted by the player is attached to a predetermined position of the gaming machine frame 3 below the gaming area. The stick controller 31A is provided with a trigger button that can be pressed and operated by the player. The operation on the stick controller 31A is detected by the controller sensor unit 35A (see FIG. 2).

遊技領域の下方における遊技機用枠3の所定位置には、遊技者が押下操作などにより所定の指示操作を可能なプッシュボタン31Bが設けられている。プッシュボタン31Bに対する操作は、プッシュセンサ35B(図2参照)により検出される。 A push button 31B is provided at a predetermined position of the gaming machine frame 3 below the gaming area so that the player can perform a predetermined instruction operation by a pressing operation or the like. The operation for the push button 31B is detected by the push sensor 35B (see FIG. 2).

パチンコ遊技機1では、遊技者の動作(操作等)を検出する検出手段として、スティックコントローラ31Aやプッシュボタン31Bが設けられるが、これら以外の検出手段が設けられていてもよい。 The pachinko gaming machine 1 is provided with a stick controller 31A and a push button 31B as detection means for detecting the movement (operation, etc.) of the player, but detection means other than these may be provided.

(遊技の進行の概略)
パチンコ遊技機1が備える打球操作ハンドル30への遊技者による回転操作により、遊技球が遊技領域に向けて発射される。遊技球が通過ゲート41を通過すると、普通図柄表示器20による普図ゲームが開始される。なお、前回の普図ゲームの実行中の期間等に遊技球が通過ゲート41を通過した場合(遊技球が通過ゲート41を通過したが当該通過に基づく普図ゲームを直ちに実行できない場合)には、当該通過に基づく普図ゲームは所定の上限数(例えば4)まで保留される。
(Outline of the progress of the game)
The game ball is launched toward the game area by the rotation operation of the pachinko game machine 1 by the player to the ball striking operation handle 30. When the game ball passes through the passing gate 41, the normal symbol game by the normal symbol display 20 is started. If the game ball has passed through the passage gate 41 during the period during which the previous normal map game is being executed (when the game ball has passed through the passage gate 41 but the normal map game based on the passage cannot be executed immediately). , The normal map game based on the passage is suspended up to a predetermined upper limit (for example, 4).

この普図ゲームでは、特定の普通図柄(普図当り図柄)が停止表示されれば、普通図柄の表示結果が「普図当り」となる。その一方、確定普通図柄として、普図当り図柄以外の普通図柄(普図ハズレ図柄)が停止表示されれば、普通図柄の表示結果が「普図ハズレ」となる。「普図当り」となると、可変入賞球装置6Bを所定期間開放状態とする開放制御が行われる(第2始動入賞口が開放状態になる)。 In this normal symbol game, if a specific normal symbol (design per normal symbol) is stopped and displayed, the display result of the normal symbol becomes "per normal symbol". On the other hand, if the normal symbol other than the normal symbol (the normal symbol lost symbol) is stopped and displayed as the confirmed normal symbol, the display result of the normal symbol becomes "normal symbol lost". When it becomes "per normal drawing", the opening control is performed so that the variable winning ball device 6B is opened for a predetermined period (the second starting winning opening is opened).

入賞球装置6Aに形成された第1始動入賞口に遊技球が進入すると、第1特別図柄表示装置4Aによる第1特図ゲームが開始される。 When the game ball enters the first starting winning opening formed in the winning ball device 6A, the first special symbol game by the first special symbol display device 4A is started.

可変入賞球装置6Bに形成された第2始動入賞口に遊技球が進入すると、第2特別図柄表示装置4Bによる第2特図ゲームが開始される。 When the game ball enters the second starting winning opening formed in the variable winning ball device 6B, the second special symbol game by the second special symbol display device 4B is started.

なお、特図ゲームの実行中の期間や、後述する大当り遊技状態や小当り遊技状態に制御されている期間に、遊技球が始動入賞口へ進入(入賞)した場合(始動入賞が発生したが当該始動入賞に基づく特図ゲームを直ちに実行できない場合)には、当該進入に基づく特図ゲームは所定の上限数(例えば4)までその実行が保留される。 In addition, when the game ball enters (wins) the start winning opening during the period during which the special figure game is being executed, or during the period controlled by the big hit game state or the small hit game state described later (starting prize has occurred). If the special figure game based on the start prize cannot be executed immediately), the execution of the special figure game based on the approach is suspended up to a predetermined upper limit (for example, 4).

特図ゲームにおいて、確定特別図柄として特定の特別図柄(大当り図柄、例えば「7」、後述の大当り種別に応じて実際の図柄は異なる。)が停止表示されれば、「大当り」となり、大当り図柄とは異なる所定の特別図柄(小当り図柄、例えば「2」)が停止表示されれば、「小当り」となる。また、大当り図柄や小当り図柄とは異なる特別図柄(ハズレ図柄、例えば「-」)が停止表示されれば「ハズレ」となる。 In the special symbol game, if a specific special symbol (big hit symbol, for example, "7", the actual symbol differs depending on the jackpot type described later) is stopped and displayed as a confirmed special symbol, it becomes "big hit" and the jackpot symbol. If a predetermined special symbol (small hit symbol, for example, "2") different from the above is stopped and displayed, it becomes "small hit". Further, if a special symbol (missing symbol, for example, "-") different from the big hit symbol or the small hit symbol is stopped and displayed, it becomes "missing".

特図ゲームでの表示結果が「大当り」になった後には、遊技者にとって有利な有利状態として大当り遊技状態に制御される。特図ゲームでの表示結果が「小当り」になった後には、小当り遊技状態に制御される。 After the display result in the special figure game becomes "big hit", it is controlled to the big hit game state as an advantageous state advantageous for the player. After the display result in the special figure game becomes "small hit", it is controlled to the small hit game state.

大当り遊技状態では、特別可変入賞球装置7により形成される大入賞口が所定の態様で開放状態となる。当該開放状態は、所定期間(例えば29秒間や1.8秒間)の経過タイミングと、大入賞口に進入した遊技球の数が所定個数(例えば9個)に達するまでのタイミングと、のうちのいずれか早いタイミングまで継続される。前記所定期間は、1ラウンドにおいて大入賞口を開放することができる上限期間であり、以下、開放上限期間ともいう。このように大入賞口が開放状態となる1のサイクルをラウンド(ラウンド遊技)という。大当り遊技状態では、当該ラウンドが所定の上限回数(15回や2回)に達するまで繰り返し実行可能となっている。 In the big hit game state, the big winning opening formed by the special variable winning ball device 7 is opened in a predetermined manner. The open state includes the elapsed timing of a predetermined period (for example, 29 seconds or 1.8 seconds) and the timing until the number of game balls that have entered the large winning opening reaches a predetermined number (for example, 9). It will continue until the earlier timing. The predetermined period is an upper limit period during which the large winning opening can be opened in one round, and is also hereinafter referred to as an opening upper limit period. One cycle in which the big winning opening is open in this way is called a round (round game). In the big hit game state, the round can be repeatedly executed until the predetermined upper limit number (15 times or 2 times) is reached.

大当り遊技状態においては、遊技者は、遊技球を大入賞口に進入させることで、賞球を得ることができる。従って、大当り遊技状態は、遊技者にとって有利な状態である。大当り遊技状態におけるラウンド数が多い程、また、開放上限期間が長い程遊技者にとって有利となる。 In the big hit game state, the player can obtain the prize ball by letting the game ball enter the big prize opening. Therefore, the jackpot gaming state is an advantageous state for the player. The larger the number of rounds in the jackpot game state and the longer the open upper limit period, the more advantageous it is for the player.

なお、「大当り」には、大当り種別が設定されている。例えば、大入賞口の開放態様(ラウンド数や開放上限期間)や、大当り遊技状態後の遊技状態(後述の、通常状態、時短状態、確変状態など)を複数種類用意し、これらに応じて大当り種別が設定されている。大当り種別として、多くの賞球を得ることができる大当り種別や、賞球の少ない又はほとんど賞球を得ることができない大当り種別が設けられていてもよい。 A big hit type is set for "big hit". For example, multiple types of opening modes (number of rounds and opening upper limit period) of the big winning opening and game states after the big hit gaming state (normal state, time saving state, probability change state, etc., which will be described later) are prepared, and the big hit is made according to these. The type is set. As the big hit type, a big hit type in which a large number of prize balls can be obtained or a big hit type in which a small number of prize balls or almost no prize balls can be obtained may be provided.

小当り遊技状態では、特別可変入賞球装置7により形成される大入賞口が所定の開放態様で開放状態となる。例えば、小当り遊技状態では、一部の大当り種別のときの大当り遊技状態と同様の開放態様(大入賞口の開放回数が上記ラウンド数と同じであり、かつ、大入賞口の閉鎖タイミングも同じ等)で大入賞口が開放状態となる。なお、大当り種別と同様に、「小当り」にも小当り種別を設けてもよい。 In the small hit game state, the large winning opening formed by the special variable winning ball device 7 is opened in a predetermined opening mode. For example, in the small hit game state, the opening mode similar to the big hit game state in some big hit types (the number of times the big winning opening is opened is the same as the number of rounds above, and the closing timing of the big winning opening is also the same. Etc.), the big winning opening is opened. As with the big hit type, the small hit type may be provided for the "small hit".

大当り遊技状態が終了した後は、上記大当り種別に応じて、時短状態や確変状態に制御されることがある。 After the jackpot game state is completed, it may be controlled to a time saving state or a probability change state according to the jackpot type.

時短状態では、平均的な特図変動時間(特図を変動させる期間)を通常状態よりも短縮させる制御(時短制御)が実行される。時短状態では、平均的な普図変動時間(普図を変動させる期間)を通常状態よりも短縮させたり、普図ゲームで「普図当り」となる確率を通常状態よりも向上させる等により、第2始動入賞口に遊技球が進入しやすくなる制御(高開放制御、高ベース制御)も実行される。時短状態は、特別図柄(特に第2特別図柄)の変動効率が向上する状態であるので、遊技者にとって有利な状態である。 In the time saving state, control (time saving control) is executed in which the average special figure fluctuation time (period in which the special figure is changed) is shortened from the normal state. In the time-saving state, the average fluctuation time of the normal map (the period during which the normal map is changed) is shortened from the normal state, and the probability of becoming a "normal map hit" in the normal map game is improved from the normal state. Control (high opening control, high base control) that makes it easier for the game ball to enter the second start winning opening is also executed. The time saving state is a state in which the variation efficiency of the special symbol (particularly the second special symbol) is improved, which is advantageous for the player.

確変状態(確率変動状態)では、時短制御に加えて、表示結果が「大当り」となる確率が通常状態よりも高くなる確変制御が実行される。確変状態は、特別図柄の変動効率が向上することに加えて「大当り」となりやすい状態であるので、遊技者にとってさらに有利な状態である。 In the probabilistic state (probability fluctuation state), in addition to the time saving control, the probability change control in which the probability that the display result becomes a "big hit" is higher than in the normal state is executed. The probabilistic state is a state in which the fluctuation efficiency of the special symbol is improved and the “big hit” is likely to occur, which is a more advantageous state for the player.

時短状態や確変状態は、所定回数の特図ゲームが実行されたことと、次回の大当り遊技状態が開始されたこと等といった、いずれか1つの終了条件が先に成立するまで継続する。所定回数の特図ゲームが実行されたことが終了条件となるものを、回数切り(回数切り時短、回数切り確変等)ともいう。 The time saving state and the probabilistic change state continue until any one of the end conditions such as the execution of the special figure game a predetermined number of times and the start of the next big hit game state are satisfied first. A game whose end condition is that the special figure game has been executed a predetermined number of times is also referred to as a number-cutting (time-cutting time reduction, number-cutting probability change, etc.).

通常状態とは、遊技者にとって有利な大当り遊技状態等の有利状態、時短状態、確変状態等の特別状態以外の遊技状態のことであり、普図ゲームにおける表示結果が「普図当り」となる確率及び特図ゲームにおける表示結果が「大当り」となる確率などのパチンコ遊技機1が、パチンコ遊技機1の初期設定状態(例えばシステムリセットが行われた場合のように、電源投入後に所定の復帰処理を実行しなかったとき)と同一に制御される状態である。 The normal state is a gaming state other than a special state such as an advantageous state such as a big hit gaming state, a time saving state, and a probability change state, which is advantageous for the player, and the display result in the normal figure game is "normal figure hit". The pachinko gaming machine 1 such as the probability and the probability that the display result in the special figure game becomes a "big hit" returns to a predetermined state after the power is turned on, such as the initial setting state of the pachinko gaming machine 1 (for example, when a system reset is performed). It is in the same controlled state as when the process was not executed).

確変制御が実行されている状態を高確状態、確変制御が実行されていない状態を低確状態ともいう。時短制御が実行されている状態を高ベース状態、時短制御が実行されていない状態を低ベース状態ともいう。これらを組み合わせて、時短状態は低確高ベース状態、確変状態は高確高ベース状態、通常状態は低確低ベース状態などともいわれる。高確状態かつ低ベース状態は高確低ベース状態ともいう。 The state in which the probability change control is executed is also called a high probability state, and the state in which the probability change control is not executed is also called a low probability state. The state in which the time reduction control is executed is also called a high base state, and the state in which the time reduction control is not executed is also called a low base state. By combining these, it is also called a low-accuracy high-base state in a time-saving state, a high-accuracy high-base state in a probabilistic state, and a low-accuracy low-base state in a normal state. The high-accuracy state and the low-base state are also called the high-accuracy low-base state.

小当り遊技状態が終了した後は、遊技状態の変更が行われず、特図ゲームの表示結果が「小当り」となる以前の遊技状態に継続して制御される(但し、「小当り」発生時の特図ゲームが、上記回数切りにおける上記所定回数目の特図ゲームである場合には、当然遊技状態が変更される)。なお、特図ゲームの表示結果として「小当り」がなくてもよい。 After the small hit game state ends, the game state is not changed, and the game state is continuously controlled to the game state before the display result of the special figure game becomes "small hit" (however, "small hit" occurs. If the special figure game at the time is the special figure game of the predetermined number of times in the above number of times cut, the game state is naturally changed). In addition, it is not necessary that there is no "small hit" as the display result of the special figure game.

なお、遊技状態は、大当り遊技状態中に遊技球が特定領域(例えば、大入賞口内の特定領域)を通過したことに基づいて、変化してもよい。例えば、遊技球が特定領域を通過したとき、その大当り遊技状態後に確変状態に制御してもよい。 The gaming state may change based on the fact that the gaming ball has passed through a specific area (for example, a specific area in the big winning opening) during the big hit game state. For example, when the game ball passes through a specific area, it may be controlled to a probable change state after the big hit game state.

(演出の進行など)
パチンコ遊技機1では、遊技の進行に応じて種々の演出(遊技の進行状況を報知したり、遊技を盛り上げたりする演出)が実行される。当該演出について以下説明する。なお、当該演出は、画像表示装置5に各種の演出画像を表示することによって行われるが、当該表示に加えて又は代えて、スピーカ8L、8Rからの音声出力、及び/又は、遊技効果ランプ9の点等/消灯、可動体32の動作等により行われてもよい。
(Progress of production, etc.)
In the pachinko gaming machine 1, various effects (effects of notifying the progress of the game and enlivening the game) are executed according to the progress of the game. The production will be described below. The effect is performed by displaying various effect images on the image display device 5, but in addition to or in place of the display, audio output from the speakers 8L and 8R and / or a game effect lamp 9 It may be performed by the point or the like / extinguishing, the operation of the movable body 32, or the like.

遊技の進行に応じて実行される演出として、画像表示装置5に設けられた「左」、「中」、「右」の飾り図柄表示エリア5L、5C、5Rでは、第1特図ゲーム又は第2特図ゲームが開始されることに対応して、飾り図柄の可変表示が開始される。第1特図ゲームや第2特図ゲームにおいて表示結果(確定特別図柄ともいう。)が停止表示されるタイミングでは、飾り図柄の可変表示の表示結果となる確定飾り図柄(3つの飾り図柄の組合せ)も停止表示(導出)される。 As an effect executed according to the progress of the game, in the decorative symbol display areas 5L, 5C, and 5R of the "left", "middle", and "right" provided in the image display device 5, the first special figure game or the first 2 In response to the start of the special figure game, the variable display of the decorative pattern is started. At the timing when the display result (also referred to as the finalized special symbol) is stopped and displayed in the first special symbol game or the second special symbol game, the final decorative symbol (combination of three decorative symbols) which is the display result of the variable display of the decorative symbol is displayed. ) Is also displayed (derived) as a stop.

飾り図柄の可変表示が開始されてから終了するまでの期間では、飾り図柄の可変表示の態様が所定のリーチ態様となる(リーチが成立する)ことがある。ここで、リーチ態様とは、画像表示装置5の画面上にて停止表示された飾り図柄が後述の大当り組合せの一部を構成しているときに未だ停止表示されていない飾り図柄については可変表示が継続している態様などのことである。 In the period from the start to the end of the variable display of the decorative symbol, the variable display mode of the decorative symbol may become a predetermined reach mode (reach is established). Here, the reach mode is a variable display of a decorative symbol that has not yet been stopped and displayed when the decorative symbol that has been stopped and displayed on the screen of the image display device 5 constitutes a part of the jackpot combination described later. It is an aspect that is continuing.

また、飾り図柄の可変表示中に上記リーチ態様となったことに対応してリーチ演出が実行される。パチンコ遊技機1では、演出態様に応じて表示結果(特図ゲームの表示結果や飾り図柄の可変表示の表示結果)が「大当り」となる割合(大当り信頼度、大当り期待度とも呼ばれる。)が異なる複数種類のリーチ演出が実行される。リーチ演出には、例えば、ノーマルリーチと、ノーマルリーチよりも大当り信頼度の高いスーパーリーチと、がある。 In addition, the reach effect is executed in response to the above-mentioned reach mode during the variable display of the decorative pattern. In the pachinko gaming machine 1, the ratio of the display result (display result of the special figure game or variable display of the decorative symbol) to be "big hit" (also called big hit reliability or big hit expectation) is determined according to the production mode. Multiple different types of reach effects are performed. Reach effects include, for example, normal reach and super reach, which has a higher hit reliability than normal reach.

特図ゲームの表示結果が「大当り」となるときには、画像表示装置5の画面上において、飾り図柄の可変表示の表示結果として、予め定められた大当り組合せとなる確定飾り図柄が導出される(飾り図柄の可変表示の表示結果が「大当り」となる)。一例として、「左」、「中」、「右」の飾り図柄表示エリア5L、5C、5Rにおける所定の有効ライン上に同一の飾り図柄(例えば、「7」等)が揃って停止表示される。 When the display result of the special figure game is "big hit", a definite decorative symbol that is a predetermined jackpot combination is derived as a display result of the variable display of the decorative symbol on the screen of the image display device 5 (decoration). The display result of the variable display of the symbol is "big hit"). As an example, the same decorative symbols (for example, "7") are all stopped and displayed on predetermined effective lines in the decorative symbol display areas 5L, 5C, and 5R of "left", "middle", and "right". ..

大当り遊技状態の終了後に確変状態に制御される「確変大当り」である場合には、奇数の飾り図柄(例えば、「7」等)が揃って停止表示され、大当り遊技状態の終了後に確変状態に制御されない「非確変大当り(通常大当り)」である場合には、偶数の飾り図柄(例えば、「6」等)が揃って停止表示されるようにしてもよい。この場合、奇数の飾り図柄を確変図柄、偶数の飾り図柄を非確変図柄(通常図柄)ともいう。非確変図柄でリーチ態様となった後に、最終的に「確変大当り」となる昇格演出を実行するようにしてもよい。 In the case of "probability change jackpot" which is controlled to the probability change state after the end of the jackpot game state, an odd number of decorative symbols (for example, "7" etc.) are all stopped and displayed, and the probability change state is changed after the end of the jackpot game state. In the case of an uncontrolled "non-probability variable jackpot (normal jackpot)", an even number of decorative symbols (for example, "6") may be stopped and displayed. In this case, the odd-numbered decorative symbol is also referred to as a probabilistic symbol, and the even-numbered decorative symbol is also referred to as a non-probable variable symbol (normal symbol). After the non-probability pattern becomes the reach mode, the promotion effect that finally becomes the "probability change jackpot" may be executed.

特図ゲームの表示結果が「小当り」となるときには、画像表示装置5の画面上において、飾り図柄の可変表示の表示結果として、予め定められた小当り組合せとなる確定飾り図柄(例えば、「1 3 5」等)が導出される(飾り図柄の可変表示の表示結果が「小当り」となる)。一例として、「左」、「中」、「右」の飾り図柄表示エリア5L、5C、5Rにおける所定の有効ライン上にチャンス目を構成する飾り図柄が停止表示される。なお、特図ゲームの表示結果が、一部の大当り種別(小当り遊技状態と同様の態様の大当り遊技状態の大当り種別)の「大当り」となるときと、「小当り」となるときとで、共通の確定飾り図柄が導出表示されてもよい。 When the display result of the special figure game is "small hit", the fixed decorative symbol (for example, "for example,") which is a predetermined small hit combination as the display result of the variable display of the decorative symbol on the screen of the image display device 5. 1 3 5 "etc.) is derived (the display result of the variable display of the decorative pattern is" small hit "). As an example, the decorative symbols constituting the chance eyes are stopped and displayed on the predetermined effective lines in the decorative symbol display areas 5L, 5C, and 5R of "left", "middle", and "right". In addition, when the display result of the special figure game becomes "big hit" of some big hit types (big hit type of the big hit game state in the same mode as the small hit game state), and when it becomes "small hit". , A common fixed decorative pattern may be derived and displayed.

特図ゲームの表示結果が「ハズレ」となる場合には、飾り図柄の可変表示の態様がリーチ態様とならずに、飾り図柄の可変表示の表示結果として、非リーチ組合せの確定飾り図柄(「非リーチハズレ」ともいう。)が停止表示される(飾り図柄の可変表示の表示結果が「非リーチハズレ」となる)ことがある。また、表示結果が「ハズレ」となる場合には、飾り図柄の可変表示の態様がリーチ態様となった後に、飾り図柄の可変表示の表示結果として、大当り組合せでない所定のリーチ組合せ(「リーチハズレ」ともいう)の確定飾り図柄が停止表示される(飾り図柄の可変表示の表示結果が「リーチハズレ」となる)こともある。 When the display result of the special figure game is "missing", the variable display mode of the decorative symbol is not the reach mode, and the display result of the variable display of the decorative symbol is a definite decorative symbol of a non-reach combination ("" (Also referred to as "non-reach loss") may be stopped and displayed (the display result of the variable display of the decorative pattern may be "non-reach loss"). In addition, when the display result is "missing", after the variable display mode of the decorative symbol becomes the reach mode, the display result of the variable display of the decorative symbol is a predetermined reach combination ("reach loss") that is not a big hit combination. The confirmed decorative symbol (also referred to as) may be stopped and displayed (the display result of the variable display of the decorative symbol may be "reach loss").

パチンコ遊技機1が実行可能な演出には、上記の可変表示対応表示(保留表示やアクティブ表示)を表示することも含まれる。また、他の演出として、例えば、大当り信頼度を予告する予告演出等が飾り図柄の可変表示中に実行される。予告演出には、実行中の可変表示における大当り信頼度を予告する予告演出や、実行前の可変表示(実行が保留されている可変表示)における大当り信頼度を予告する先読み予告演出がある。先読み予告演出として、可変表示対応表示(保留表示やアクティブ表示)の表示態様を通常とは異なる態様に変化させる演出が実行されるようにしてもよい。 The effect that the pachinko gaming machine 1 can execute includes displaying the above-mentioned variable display compatible display (hold display or active display). Further, as another effect, for example, a notice effect for notifying the reliability of the jackpot is executed during the variable display of the decorative symbol. The notice effect includes a notice effect that announces the jackpot reliability in the variable display during execution, and a look-ahead advance notice effect that announces the jackpot reliability in the variable display (variable display in which execution is suspended) before execution. As the look-ahead notice effect, an effect of changing the display mode of the variable display compatible display (holding display or active display) to a mode different from the usual mode may be executed.

また、画像表示装置5において、飾り図柄の可変表示中に飾り図柄を一旦仮停止させた後に可変表示を再開させることで、1回の可変表示を擬似的に複数回の可変表示のように見せる擬似連演出を実行するようにしてもよい。 Further, in the image display device 5, one variable display is simulated as a plurality of variable displays by temporarily stopping the decorative symbol during the variable display of the decorative symbol and then restarting the variable display. The pseudo-continuous production may be executed.

大当り遊技状態中にも、大当り遊技状態を報知する大当り中演出が実行される。大当り中演出としては、ラウンド数を報知する演出や、大当り遊技状態の価値が向上することを示す昇格演出が実行されてもよい。また、小当り遊技状態中にも、小当り遊技状態を報知する小当り中演出が実行される。なお、小当り遊技状態中と、一部の大当り種別(小当り遊技状態と同様の態様の大当り遊技状態の大当り種別で、例えばその後の遊技状態を高確状態とする大当り種別)での大当り遊技状態とで、共通の演出を実行することで、現在が小当り遊技状態中であるか、大当り遊技状態中であるかを遊技者に分からないようにしてもよい。そのような場合であれば、小当り遊技状態の終了後と大当り遊技状態の終了後とで共通の演出を実行することで、高確状態であるか低確状態であるかを識別できないようにしてもよい。 Even during the big hit game state, the big hit middle effect that notifies the big hit game state is executed. As the big hit middle effect, an effect of notifying the number of rounds and a promotion effect indicating that the value of the big hit gaming state is improved may be executed. Further, even during the small hit game state, the small hit medium effect for notifying the small hit game state is executed. It should be noted that the big hit game during the small hit game state and in some big hit types (the big hit type of the big hit game state having the same aspect as the small hit game state, for example, the big hit type in which the subsequent game state is a highly accurate state). By executing a common effect depending on the state, the player may not know whether the current state is in the small hit game state or the big hit game state. In such a case, by executing a common effect after the end of the small hit game state and after the end of the big hit game state, it is not possible to distinguish between the high probability state and the low probability state. You may.

また、例えば特図ゲーム等が実行されていないときには、画像表示装置5にデモ(デモンストレーション)画像が表示される(客待ちデモ演出が実行される)。 Further, for example, when a special figure game or the like is not executed, a demo (demonstration) image is displayed on the image display device 5 (a customer waiting demo effect is executed).

(基板構成)
パチンコ遊技機1には、例えば図2に示すような主基板11、演出制御基板12、音声制御基板13、ランプ制御基板14、中継基板15などが搭載されている。その他にも、パチンコ遊技機1の背面には、例えば払出制御基板、情報端子基板、発射制御基板、電源基板などといった、各種の基板が配置されている。
(Board configuration)
For example, the pachinko gaming machine 1 is equipped with a main board 11, an effect control board 12, a voice control board 13, a lamp control board 14, a relay board 15, and the like as shown in FIG. In addition, various boards such as a payout control board, an information terminal board, a launch control board, and a power supply board are arranged on the back surface of the pachinko gaming machine 1.

主基板11は、メイン側の制御基板であり、パチンコ遊技機1における上記遊技の進行(特図ゲームの実行(保留の管理を含む)、普図ゲームの実行(保留の管理を含む)、大当り遊技状態、小当り遊技状態、遊技状態など)を制御する機能を有する。主基板11は、遊技制御用マイクロコンピュータ100、スイッチ回路110、ソレノイド回路111などを有する。 The main board 11 is a control board on the main side, and is a progress of the above-mentioned game in the pachinko gaming machine 1 (execution of a special figure game (including management of hold), execution of a normal figure game (including management of hold), and a big hit. It has a function to control a gaming state, a small hit gaming state, a gaming state, etc.). The main board 11 includes a game control microcomputer 100, a switch circuit 110, a solenoid circuit 111, and the like.

主基板11に搭載された遊技制御用マイクロコンピュータ100は、例えば1チップのマイクロコンピュータであり、ROM(Read Only Memory)101と、RAM(Random Access Memory)102と、CPU(Central Processing Unit)103と、乱数回路104と、I/O(Input/Output port)105とを備える。 The game control microcomputer 100 mounted on the main board 11 is, for example, a one-chip microcomputer, which includes a ROM (Read Only Memory) 101, a RAM (Random Access Memory) 102, and a CPU (Central Processing Unit) 103. , A random number circuit 104 and an I / O (Input / Output port) 105.

CPU103は、ROM101に記憶されたプログラムを実行することにより、遊技の進行を制御する処理(主基板11の機能を実現する処理)を行う。このとき、ROM101が記憶する各種データ(後述の変動パターン、後述の演出制御コマンド、後述の各種決定を行う際に参照される各種テーブルなどのデータ)が用いられ、RAM102がメインメモリとして使用される。RAM102は、その一部または全部がパチンコ遊技機1に対する電力供給が停止しても、所定期間記憶内容が保存されるバックアップRAMとなっている。なお、ROM101に記憶されたプログラムの全部又は一部をRAM102に展開して、RAM102上で実行するようにしてもよい。 The CPU 103 performs a process of controlling the progress of the game (a process of realizing the function of the main board 11) by executing the program stored in the ROM 101. At this time, various data stored in the ROM 101 (data such as a fluctuation pattern described later, an effect control command described later, and various tables referred to when making various decisions described later) are used, and the RAM 102 is used as the main memory. .. The RAM 102 is a backup RAM in which the stored contents are stored for a predetermined period even if the power supply to the pachinko gaming machine 1 is stopped in part or in whole. Note that all or part of the program stored in the ROM 101 may be expanded into the RAM 102 and executed on the RAM 102.

乱数回路104は、遊技の進行を制御するときに使用される各種の乱数値(遊技用乱数)を示す数値データを更新可能にカウントする。遊技用乱数は、CPU103が所定のコンピュータプログラムを実行することで更新されるもの(ソフトウェアで更新されるもの)であってもよい。 The random number circuit 104 counts updatable numerical data indicating various random numbers (game random numbers) used when controlling the progress of the game. The game random number may be one that is updated by the CPU 103 executing a predetermined computer program (one that is updated by software).

I/O105は、例えば各種信号(後述の検出信号)が入力される入力ポートと、各種信号(第1特別図柄表示装置4A、第2特別図柄表示装置4B、普通図柄表示器20、第1保留表示器25A、第2保留表示器25B、普図保留表示器25Cなどを制御(駆動)する信号、ソレノイド駆動信号)を伝送するための出力ポートとを含んで構成される。 The I / O 105 has, for example, an input port into which various signals (detection signals described later) are input, various signals (first special symbol display device 4A, second special symbol display device 4B, ordinary symbol display 20, first hold). It includes an output port for transmitting (a signal for controlling (driving) the display 25A, the second hold display 25B, the normal figure hold display 25C, etc., and a solenoid drive signal).

スイッチ回路110は、遊技球検出用の各種スイッチ(ゲートスイッチ21、始動口スイッチ(第1始動口スイッチ22Aおよび第2始動口スイッチ22B)、カウントスイッチ23)からの検出信号(遊技球が通過又は進入してスイッチがオンになったことを示す検出信号など)を取り込んで遊技制御用マイクロコンピュータ100に伝送する。検出信号の伝送により、遊技球の通過又は進入が検出されたことになる。 The switch circuit 110 is a detection signal (a game ball passes or is passed) from various switches for detecting a game ball (gate switch 21, start port switch (first start port switch 22A and second start port switch 22B), count switch 23). It takes in a detection signal indicating that the switch has been turned on by entering and transmits it to the game control microcomputer 100. By transmitting the detection signal, the passage or approach of the game ball is detected.

ソレノイド回路111は、遊技制御用マイクロコンピュータ100からのソレノイド駆動信号(例えば、ソレノイド81やソレノイド82をオンする信号など)を、普通電動役物用のソレノイド81や大入賞口扉用のソレノイド82に伝送する。 The solenoid circuit 111 transfers a solenoid drive signal from the game control microcomputer 100 (for example, a signal for turning on the solenoid 81 or the solenoid 82) to the solenoid 81 for an ordinary electric accessory or the solenoid 82 for a prize-winning door. To transmit.

主基板11(遊技制御用マイクロコンピュータ100)は、遊技の進行の制御の一部として、遊技の進行に応じて演出制御コマンド(遊技の進行状況等を指定(通知)するコマンド)を演出制御基板12に供給する。主基板11から出力された演出制御コマンドは、中継基板15により中継され、演出制御基板12に供給される。当該演出制御コマンドには、例えば主基板11における各種の決定結果(例えば、特図ゲームの表示結果(大当り種別を含む。)、特図ゲームを実行する際に使用される変動パターン(詳しくは後述))、遊技の状況(例えば、可変表示の開始や終了、大入賞口の開放状況、入賞の発生、保留記憶数、遊技状態)、エラーの発生等を指定するコマンド等が含まれる。 The main board 11 (microcomputer 100 for game control) issues an effect control command (command for designating (notifying) the progress of the game, etc.) according to the progress of the game as a part of controlling the progress of the game. Supply to 12. The effect control command output from the main board 11 is relayed by the relay board 15 and supplied to the effect control board 12. The effect control command includes, for example, various determination results on the main board 11 (for example, display results of the special figure game (including the jackpot type)), and fluctuation patterns used when executing the special figure game (details will be described later). )), The game status (for example, the start and end of the variable display, the opening status of the large winning opening, the occurrence of the winning, the number of reserved memories, the game status), the command for specifying the occurrence of an error, and the like are included.

演出制御基板12は、主基板11とは独立したサブ側の制御基板であり、演出制御コマンドを受信し、受信した演出制御コマンドに基づいて演出(遊技の進行に応じた種々の演出であり、可動体32の駆動、エラー報知、電断復旧の報知等の各種報知を含む)を実行する機能を有する。 The effect control board 12 is a control board on the sub side independent of the main board 11, receives an effect control command, and produces an effect (various effects according to the progress of the game) based on the received effect control command. It has a function of executing various notifications such as driving of the movable body 32, error notification, and notification of power failure recovery).

演出制御基板12には、演出制御用CPU120と、ROM121と、RAM122と、表示制御部123と、乱数回路124と、I/O125とが搭載されている。 The effect control board 12 is equipped with an effect control CPU 120, a ROM 121, a RAM 122, a display control unit 123, a random number circuit 124, and an I / O 125.

演出制御用CPU120は、ROM121に記憶されたプログラムを実行することにより、表示制御部123とともに演出を実行するための処理(演出制御基板12の上記機能を実現するための処理であり、実行する演出の決定等を含む)を行う。このとき、ROM121が記憶する各種データ(各種テーブルなどのデータ)が用いられ、RAM122がメインメモリとして使用される。 The effect control CPU 120 is a process for executing an effect together with the display control unit 123 by executing a program stored in the ROM 121 (a process for realizing the above-mentioned function of the effect control board 12, and is an effect to be executed). (Including the decision etc.). At this time, various data (data such as various tables) stored in the ROM 121 are used, and the RAM 122 is used as the main memory.

演出制御用CPU120は、コントローラセンサユニット35Aやプッシュセンサ35Bからの検出信号(遊技者による操作を検出したときに出力される信号であり、操作内容を適宜示す信号)に基づいて演出の実行を表示制御部123に指示することもある。 The effect control CPU 120 displays the execution of the effect based on the detection signal from the controller sensor unit 35A or the push sensor 35B (a signal output when an operation by the player is detected and an appropriate signal indicating the operation content). It may also instruct the control unit 123.

表示制御部123は、VDP(Video Display Processor)、CGROM(Character Generator ROM)、VRAM(Video RAM)などを備え、演出制御用CPU120からの演出の実行指示に基づき、演出を実行する。 The display control unit 123 includes a VDP (Video Display Processor), a CGROM (Character Generator ROM), a VRAM (Video RAM), and the like, and executes an effect based on an effect execution instruction from the effect control CPU 120.

表示制御部123は、演出制御用CPU120からの演出の実行指示に基づき、実行する演出に応じた映像信号を画像表示装置5に供給することで、演出画像を画像表示装置5に表示させる。表示制御部123は、さらに、演出画像の表示に同期した音声出力や、遊技効果ランプ9の点灯/消灯を行うため、音指定信号(出力する音声を指定する信号)を音声制御基板13に供給したり、ランプ信号(ランプの点灯/消灯態様を指定する信号)をランプ制御基板14に供給したりする。また、表示制御部123は、可動体32を動作させる信号を当該可動体32又は当該可動体32を駆動する駆動回路に供給する。 The display control unit 123 supplies the image display device 5 with a video signal corresponding to the effect to be executed based on the effect execution instruction from the effect control CPU 120, so that the effect image is displayed on the image display device 5. The display control unit 123 further supplies a sound designation signal (a signal for designating the sound to be output) to the voice control board 13 in order to output sound synchronized with the display of the effect image and turn on / off the game effect lamp 9. Or, a lamp signal (a signal for designating the lighting / extinguishing mode of the lamp) is supplied to the lamp control board 14. Further, the display control unit 123 supplies a signal for operating the movable body 32 to the movable body 32 or a drive circuit for driving the movable body 32.

音声制御基板13は、スピーカ8L、8Rを駆動する各種回路を搭載しており、当該音指定信号に基づきスピーカ8L、8Rを駆動し、当該音指定信号が指定する音声をスピーカ8L、8Rから出力させる。 The voice control board 13 is equipped with various circuits for driving the speakers 8L and 8R, drives the speakers 8L and 8R based on the sound designation signal, and outputs the voice designated by the sound designation signal from the speakers 8L and 8R. Let me.

ランプ制御基板14は、遊技効果ランプ9を駆動する各種回路を搭載しており、当該ランプ信号に基づき遊技効果ランプ9を駆動し、当該ランプ信号が指定する態様で遊技効果ランプ9を点灯/消灯する。このようにして、表示制御部123は、音声出力、ランプの点灯/消灯を制御する。 The lamp control board 14 is equipped with various circuits for driving the game effect lamp 9, drives the game effect lamp 9 based on the lamp signal, and turns on / off the game effect lamp 9 in a mode designated by the lamp signal. do. In this way, the display control unit 123 controls the audio output and the lighting / extinguishing of the lamp.

なお、音声出力、ランプの点灯/消灯の制御(音指定信号やランプ信号の供給等)、可動体32の制御(可動体32を動作させる信号の供給等)は、演出制御用CPU120が実行するようにしてもよい。 The effect control CPU 120 executes audio output, lamp lighting / extinguishing control (sound designation signal, lamp signal supply, etc.), and movable body 32 control (signal supply for operating the movable body 32, etc.). You may do so.

乱数回路124は、各種演出を実行するために使用される各種の乱数値(演出用乱数)を示す数値データを更新可能にカウントする。演出用乱数は、演出制御用CPU120が所定のコンピュータプログラムを実行することで更新されるもの(ソフトウェアで更新されるもの)であってもよい。 The random number circuit 124 counts updatable numerical data indicating various random number values (random numbers for effect) used for executing various effects. The effect random number may be one that is updated (updated by software) when the effect control CPU 120 executes a predetermined computer program.

演出制御基板12に搭載されたI/O125は、例えば主基板11などから伝送された演出制御コマンドを取り込むための入力ポートと、各種信号(映像信号、音指定信号、ランプ信号)を伝送するための出力ポートとを含んで構成される。 The I / O 125 mounted on the effect control board 12 is for transmitting various signals (video signal, sound designation signal, lamp signal) and an input port for taking in the effect control command transmitted from, for example, the main board 11. Consists of including the output port of.

演出制御基板12、音声制御基板13、ランプ制御基板14といった、主基板11以外の基板をサブ基板ともいう。パチンコ遊技機1のようにサブ基板が機能別に複数設けられていてもよいし、1のサブ基板が複数の機能を有するように構成してもよい。 Boards other than the main board 11, such as the effect control board 12, the sound control board 13, and the lamp control board 14, are also referred to as sub-boards. A plurality of sub-boards may be provided for each function as in the pachinko gaming machine 1, or one sub-board may be configured to have a plurality of functions.

(動作)
次に、パチンコ遊技機1の動作(作用)を説明する。
(motion)
Next, the operation (action) of the pachinko gaming machine 1 will be described.

(主基板11の主要な動作)
まず、主基板11における主要な動作を説明する。パチンコ遊技機1に対して電力供給が開始されると、遊技制御用マイクロコンピュータ100が起動し、CPU103によって遊技制御メイン処理が実行される。図3は、主基板11におけるCPU103が実行する遊技制御メイン処理を示すフローチャートである。
(Main operation of main board 11)
First, the main operation of the main board 11 will be described. When the power supply to the pachinko gaming machine 1 is started, the gaming control microcomputer 100 is activated, and the gaming control main process is executed by the CPU 103. FIG. 3 is a flowchart showing a game control main process executed by the CPU 103 on the main board 11.

図3に示す遊技制御メイン処理では、CPU103は、まず、割込禁止に設定する(ステップS1)。続いて、必要な初期設定を行う(ステップS2)。初期設定には、スタックポインタの設定、内蔵デバイス(CTC(カウンタ/タイマ回路)、パラレル入出力ポート等)のレジスタ設定、RAM102をアクセス可能状態にする設定等が含まれる。 In the game control main process shown in FIG. 3, the CPU 103 first sets interrupt prohibition (step S1). Subsequently, necessary initial settings are made (step S2). The initial setting includes a stack pointer setting, a register setting of a built-in device (CTC (counter / timer circuit), a parallel input / output port, etc.), a setting for making the RAM 102 accessible, and the like.

次いで、クリアスイッチからの出力信号がオンであるか否かを判定する(ステップS3)。クリアスイッチは、例えば電源基板に搭載されている。クリアスイッチがオンの状態で電源が投入されると、出力信号(クリア信号)が入力ポートを介して遊技制御用マイクロコンピュータ100に入力される。クリアスイッチからの出力信号がオンである場合(ステップS3;Yes)、初期化処理(ステップS8)を実行する。初期化処理では、CPU103は、RAM102に記憶されるフラグ、カウンタ、バッファをクリアするRAMクリア処理を行い、作業領域に初期値を設定する。 Next, it is determined whether or not the output signal from the clear switch is ON (step S3). The clear switch is mounted on the power supply board, for example. When the power is turned on with the clear switch turned on, an output signal (clear signal) is input to the game control microcomputer 100 via the input port. When the output signal from the clear switch is on (step S3; Yes), the initialization process (step S8) is executed. In the initialization process, the CPU 103 performs a RAM clear process for clearing the flags, counters, and buffers stored in the RAM 102, and sets initial values in the work area.

また、CPU103は、初期化を指示する演出制御コマンドを演出制御基板12に送信する(ステップS9)。演出制御用CPU120は、当該演出制御コマンドを受信すると、例えば画像表示装置5において、遊技機の制御の初期化がなされたことを報知するための画面表示を行う。 Further, the CPU 103 transmits an effect control command instructing initialization to the effect control board 12 (step S9). Upon receiving the effect control command, the effect control CPU 120 displays a screen for notifying, for example, that the control of the gaming machine has been initialized in the image display device 5.

クリアスイッチからの出力信号がオンでない場合には(ステップS3;No)、RAM102(バックアップRAM)にバックアップデータが保存されているか否かを判定する(ステップS4)。不測の停電等(電断)によりパチンコ遊技機1への電力供給が停止したときには、CPU103は、当該電力供給の停止によって動作できなくなる直前に、電源供給停止時処理を実行する。この電源供給停止時処理では、RAM102にデータをバックアップすることを示すバックアップフラグをオンする処理、RAM102のデータ保護処理等が実行される。データ保護処理には、誤り検出符号(チェックサム、パリティビット等)の付加、各種データをバックアップする処理が含まれる。バックアップされるデータには、遊技を進行するための各種データ(各種フラグ、各種タイマの状態等を含む)の他、前記バックアップフラグの状態や誤り検出符号も含まれる。ステップS4では、バックアップフラグがオンであるか否かを判定する。バックアップフラグがオフでRAM102にバックアップデータが記憶されていない場合(ステップS4;No)、初期化処理(ステップS8)を実行する。 If the output signal from the clear switch is not on (step S3; No), it is determined whether or not the backup data is stored in the RAM 102 (backup RAM) (step S4). When the power supply to the pachinko gaming machine 1 is stopped due to an unexpected power failure or the like (power failure), the CPU 103 executes the power supply stop processing immediately before the pachinko gaming machine 1 becomes inoperable due to the stop of the power supply. In this power supply stop processing, a process of turning on a backup flag indicating that data is backed up to the RAM 102, a process of protecting the data of the RAM 102, and the like are executed. The data protection process includes addition of an error detection code (checksum, parity bit, etc.) and a process of backing up various data. The data to be backed up includes various data for advancing the game (including various flags, various timer states, etc.), as well as the state of the backup flag and the error detection code. In step S4, it is determined whether or not the backup flag is on. When the backup flag is off and the backup data is not stored in the RAM 102 (step S4; No), the initialization process (step S8) is executed.

RAM102にバックアップデータが記憶されている場合(ステップS4;Yes)、CPU103は、バックアップしたデータのデータチェックを行い(誤り検出符号を用いて行われる)、データが正常か否かを判定する(ステップS5)。ステップS5では、例えば、パリティビットやチェックサムにより、RAM102のデータが、電力供給停止時のデータと一致するか否かを判定する。これらが一致すると判定された場合、RAM102のデータが正常であると判定する。 When the backup data is stored in the RAM 102 (step S4; Yes), the CPU 103 checks the data of the backed up data (used by using an error detection code) and determines whether or not the data is normal (step). S5). In step S5, for example, it is determined by the parity bit or the checksum whether or not the data in the RAM 102 matches the data at the time when the power supply is stopped. When it is determined that these match, it is determined that the data in the RAM 102 is normal.

RAM102のデータが正常でないと判定された場合(ステップS5;No)、内部状態を電力供給停止時の状態に戻すことができないので、初期化処理(ステップS8)を実行する。 When it is determined that the data in the RAM 102 is not normal (step S5; No), the internal state cannot be returned to the state when the power supply is stopped, so the initialization process (step S8) is executed.

RAM102のデータが正常であると判定された場合(ステップS5;Yes)、CPU103は、主基板11の内部状態を電力供給停止時の状態に戻すための復旧処理(ステップS6)を行う。復旧処理では、CPU103は、RAM102の記憶内容(バックアップしたデータの内容)に基づいて作業領域の設定を行う。これにより、電力供給停止時の遊技状態に復旧し、特別図柄の変動中であった場合には、後述の遊技制御用タイマ割込み処理の実行によって、復旧前の状態から特別図柄の変動が再開されることになる。 When it is determined that the data in the RAM 102 is normal (step S5; Yes), the CPU 103 performs a recovery process (step S6) for returning the internal state of the main board 11 to the state when the power supply is stopped. In the recovery process, the CPU 103 sets the work area based on the stored contents (contents of the backed up data) of the RAM 102. As a result, the game state is restored when the power supply is stopped, and if the special symbol is being changed, the change of the special symbol is restarted from the state before the restoration by executing the game control timer interrupt process described later. Will be.

そして、CPU103は、電断からの復旧を指示する演出制御コマンドを演出制御基板12に送信する(ステップS7)。これに合わせて、バックアップされている電断前の遊技状態を指定する演出制御コマンドや、特図ゲームの実行中であった場合には当該実行中の特図ゲームの表示結果を指定する演出制御コマンドを送信するようにしてもよい。これらコマンドは、後述の特別図柄プロセス処理で送信設定されるコマンドと同じコマンドを使用できる。演出制御用CPU120は、電断からの復旧時を特定する演出制御コマンドを受信すると、例えば画像表示装置5において、電断からの復旧がなされたこと又は電断からの復旧中であることを報知するための画面表示を行う。演出制御用CPU120は、前記演出制御コマンドに基づいて、適宜の画面表示を行うようにしてもよい。 Then, the CPU 103 transmits an effect control command instructing recovery from the power failure to the effect control board 12 (step S7). Along with this, an effect control command that specifies the game state before the power failure that is backed up, and an effect control that specifies the display result of the special figure game that is being executed when the special figure game is being executed. You may want to send a command. For these commands, the same commands that are set to be transmitted in the special symbol process processing described later can be used. When the effect control CPU 120 receives the effect control command for specifying the time of recovery from the power failure, the image display device 5, for example, notifies that the image display device 5 has recovered from the power failure or is recovering from the power failure. Display the screen to do so. The effect control CPU 120 may display an appropriate screen based on the effect control command.

復旧処理または初期化処理を終了して演出制御基板12に演出制御コマンドを送信した後には、CPU103は、乱数回路104を初期設定する乱数回路設定処理を実行する(ステップS10)。そして、所定時間(例えば2ms)毎に定期的にタイマ割込がかかるように遊技制御用マイクロコンピュータ100に内蔵されているCTCのレジスタの設定を行い(ステップS11)、割込みを許可する(ステップS12)。その後、ループ処理に入る。以後、所定時間(例えば2ms)ごとにCTCから割込み要求信号がCPU103へ送出され、CPU103は定期的にタイマ割込み処理を実行することができる。 After the restoration process or the initialization process is completed and the effect control command is transmitted to the effect control board 12, the CPU 103 executes the random number circuit setting process for initializing the random number circuit 104 (step S10). Then, the CTC register built in the game control microcomputer 100 is set so that the timer is interrupted periodically every predetermined time (for example, 2 ms) (step S11), and interrupts are permitted (step S12). ). After that, the loop processing is started. After that, an interrupt request signal is sent from the CTC to the CPU 103 every predetermined time (for example, 2 ms), and the CPU 103 can periodically execute the timer interrupt process.

こうした遊技制御メイン処理を実行したCPU103は、CTCからの割込み要求信号を受信して割込み要求を受け付けると、図4のフローチャートに示す遊技制御用タイマ割込み処理を実行する。図4に示す遊技制御用タイマ割込み処理を開始すると、CPU103は、まず、所定のスイッチ処理を実行することにより、スイッチ回路110を介してゲートスイッチ21、第1始動口スイッチ22A、第2始動口スイッチ22B、カウントスイッチ23といった各種スイッチからの検出信号の受信の有無を判定する(ステップS21)。続いて、所定のメイン側エラー処理を実行することにより、パチンコ遊技機1の異常診断を行い、その診断結果に応じて必要ならば警告を発生可能とする(ステップS22)。この後、所定の情報出力処理を実行することにより、例えばパチンコ遊技機1の外部に設置されたホール管理用コンピュータに供給される大当り情報(大当りの発生回数等を示す情報)、始動情報(始動入賞の回数等を示す情報)、確率変動情報(確変状態となった回数等を示す情報)などのデータを出力する(ステップS23)。 When the CPU 103 that has executed such a game control main process receives the interrupt request signal from the CTC and receives the interrupt request, it executes the game control timer interrupt process shown in the flowchart of FIG. When the game control timer interrupt process shown in FIG. 4 is started, the CPU 103 first executes a predetermined switch process to enter the gate switch 21, the first start port switch 22A, and the second start port via the switch circuit 110. It is determined whether or not detection signals are received from various switches such as the switch 22B and the count switch 23 (step S21). Subsequently, by executing a predetermined error processing on the main side, an abnormality diagnosis of the pachinko gaming machine 1 is performed, and a warning can be generated if necessary according to the diagnosis result (step S22). After that, by executing a predetermined information output process, for example, the jackpot information (information indicating the number of times the jackpot has occurred) and the start information (starting) supplied to the hall management computer installed outside the pachinko gaming machine 1. Data such as information such as the number of times of winning and the probability fluctuation information (information indicating the number of times of the probability change state) are output (step S23).

情報出力処理に続いて、主基板11の側で用いられる遊技用乱数の少なくとも一部をソフトウェアにより更新するための遊技用乱数更新処理を実行する(ステップS24)。この後、CPU103は、特別図柄プロセス処理を実行する(ステップS25)。CPU103がタイマ割込み毎に特別図柄プロセス処理を実行することにより、特図ゲームの実行及び保留の管理や、大当り遊技状態や小当り遊技状態の制御、遊技状態の制御などが実現される(詳しくは後述)。 Following the information output process, a game random number update process for updating at least a part of the game random numbers used on the main board 11 side by software is executed (step S24). After that, the CPU 103 executes a special symbol process process (step S25). By executing the special symbol process process for each timer interrupt by the CPU 103, it is possible to manage the execution and hold of the special symbol game, control the big hit game state and the small hit game state, control the game state, and the like (details are provided). See below).

特別図柄プロセス処理に続いて、普通図柄プロセス処理が実行される(ステップS26)。CPU103がタイマ割込み毎に普通図柄プロセス処理を実行することにより、ゲートスイッチ21からの検出信号に基づく(通過ゲート41に遊技球が通過したことに基づく)普図ゲームの実行及び保留の管理や、「普図当り」に基づく可変入賞球装置6Bの開放制御などを可能にする。普図ゲームの実行は、普通図柄表示器20を駆動することにより行われ、普図保留表示器25Cを点灯させることにより普図保留数を表示する。 Following the special symbol process process, the normal symbol process process is executed (step S26). By executing the normal symbol process processing for each timer interrupt, the CPU 103 manages the execution and hold of the normal figure game based on the detection signal from the gate switch 21 (based on the passage of the game ball through the passing gate 41). It enables opening control of the variable winning ball device 6B based on "per-figure". The execution of the normal figure game is performed by driving the normal symbol display 20, and the normal figure hold display 25C is turned on to display the number of normal figure hold.

普通図柄プロセス処理を実行した後、遊技制御用タイマ割込み処理の一部として、電断が発生したときの処理、賞球を払い出すための処理等などが行われてもよい。その後、CPU103は、コマンド制御処理を実行する(ステップS27)。CPU103は、上記各処理にて演出制御コマンドを送信設定することがある。ステップS27のコマンド制御処理では、送信設定された演出制御コマンドを演出制御基板12などのサブ側の制御基板に対して伝送させる処理が行われる。コマンド制御処理を実行した後には、割込みを許可してから、遊技制御用タイマ割込み処理を終了する。 After executing the normal symbol process process, as a part of the game control timer interrupt process, a process when a power failure occurs, a process for paying out a prize ball, and the like may be performed. After that, the CPU 103 executes the command control process (step S27). The CPU 103 may send and set an effect control command in each of the above processes. In the command control process of step S27, a process of transmitting the effect control command set for transmission to a control board on the sub side such as the effect control board 12 is performed. After executing the command control process, the interrupt is permitted and then the game control timer interrupt process is terminated.

図5は、特別図柄プロセス処理として、図4に示すステップS25にて実行される処理の一例を示すフローチャートである。この特別図柄プロセス処理において、CPU103は、まず、始動入賞判定処理を実行する(ステップS101)。 FIG. 5 is a flowchart showing an example of the process executed in step S25 shown in FIG. 4 as the special symbol process process. In this special symbol process process, the CPU 103 first executes a start winning determination process (step S101).

始動入賞判定処理では、始動入賞の発生を検出し、RAM102の所定領域に保留情報を格納し保留記憶数を更新する処理が実行される。始動入賞が発生すると、表示結果(大当り種別を含む)や変動パターンを決定するための乱数値が抽出され、保留情報として記憶される。また、抽出した乱数値に基づいて、表示結果や変動パターンを先読み判定する処理が実行されてもよい。保留情報や保留記憶数を記憶した後には、演出制御基板12に始動入賞の発生、保留記憶数、先読み判定等の判定結果を指定するための演出制御コマンドを送信するための送信設定が行われる。こうして送信設定された始動入賞時の演出制御コマンドは、例えば特別図柄プロセス処理が終了した後、図4に示すステップS27のコマンド制御処理が実行されることなどにより、主基板11から演出制御基板12に対して伝送される。 In the start winning determination process, a process of detecting the occurrence of a start winning, storing the hold information in a predetermined area of the RAM 102, and updating the hold storage number is executed. When the start winning is generated, the display result (including the jackpot type) and the random value for determining the fluctuation pattern are extracted and stored as hold information. Further, a process of pre-reading and determining a display result or a fluctuation pattern may be executed based on the extracted random number value. After the hold information and the number of hold storages are stored, the transmission setting for transmitting the effect control command for specifying the determination result such as the generation of the start winning prize, the number of hold storages, the look-ahead determination, etc. is made on the effect control board 12. .. The effect control command at the time of starting winning, which is set to be transmitted in this way, is executed from the main board 11 to the effect control board 12 by executing the command control process in step S27 shown in FIG. 4, for example, after the special symbol process process is completed. Is transmitted to.

S101にて始動入賞判定処理を実行した後、CPU103は、RAM102に設けられた特図プロセスフラグの値に応じて、ステップS110~S120の処理のいずれかを選択して実行する。なお、特別図柄プロセス処理の各処理(ステップS110~S120)では、各処理に対応した演出制御コマンドを演出制御基板12に送信するための送信設定が行われる。 After executing the start winning determination process in S101, the CPU 103 selects and executes any of the processes of steps S110 to S120 according to the value of the special figure process flag provided in the RAM 102. In each process (steps S110 to S120) of the special symbol process process, a transmission setting for transmitting an effect control command corresponding to each process to the effect control board 12 is performed.

ステップS110の特別図柄通常処理は、特図プロセスフラグの値が“0”(初期値)のときに実行される。この特別図柄通常処理では、保留情報の有無などに基づいて、第1特図ゲーム又は第2特図ゲームを開始するか否かの判定が行われる。また、特別図柄通常処理では、表示結果決定用の乱数値に基づき、特別図柄や飾り図柄の表示結果を「大当り」または「小当り」とするか否かや「大当り」とする場合の大当り種別を、その表示結果が導出表示される以前に決定(事前決定)する。さらに、特別図柄通常処理では、決定された表示結果に対応して、特図ゲームにおいて停止表示させる確定特別図柄(大当り図柄や小当り図柄、ハズレ図柄のいずれか)が設定される。その後、特図プロセスフラグの値が“1”に更新され、特別図柄通常処理は終了する。なお、第2特図を用いた特図ゲームが第1特図を用いた特図ゲームよりも優先して実行されるようにしてもよい(特図2優先消化ともいう)。また、第1始動入賞口及び第2始動入賞口への遊技球の入賞順序を記憶し、入賞順に特図ゲームの開始条件を成立させるようにしてもよい(入賞順消化ともいう)。 The special symbol normal processing in step S110 is executed when the value of the special symbol process flag is “0” (initial value). In this special symbol normal processing, it is determined whether or not to start the first special figure game or the second special figure game based on the presence or absence of the reserved information. In addition, in the special symbol normal processing, whether or not the display result of the special symbol or decorative symbol is set to "big hit" or "small hit" based on the random number value for determining the display result, and the big hit type when the display result is set to "big hit". Is determined (predetermined) before the display result is derived and displayed. Further, in the special symbol normal processing, a definite special symbol (either a big hit symbol, a small hit symbol, or a lost symbol) to be stopped and displayed in the special symbol game is set according to the determined display result. After that, the value of the special symbol process flag is updated to "1", and the special symbol normal processing ends. It should be noted that the special figure game using the second special figure may be executed with priority over the special figure game using the first special figure (also referred to as special figure 2 priority digestion). Further, the winning order of the game balls to the first starting winning opening and the second starting winning opening may be stored, and the starting condition of the special figure game may be satisfied in the winning order (also referred to as winning order digestion).

乱数値に基づき各種の決定を行う場合には、ROM101に格納されている各種のテーブル(乱数値と比較される決定値が決定結果に割り当てられているテーブル)が参照される。主基板11における他の決定、演出制御基板12における各種の決定についても同じである。演出制御基板12においては、各種のテーブルがROM121に格納されている。 When making various decisions based on the random number value, various tables stored in the ROM 101 (a table in which the decision value to be compared with the random number value is assigned to the decision result) are referred to. The same applies to other decisions on the main board 11 and various decisions on the effect control board 12. In the effect control board 12, various tables are stored in the ROM 121.

ステップS111の変動パターン設定処理は、特図プロセスフラグの値が“1”のときに実行される。この変動パターン設定処理には、表示結果を「大当り」または「小当り」とするか否かの事前決定結果等に基づき、変動パターン決定用の乱数値を用いて変動パターンを複数種類のいずれかに決定する処理などが含まれている。変動パターン設定処理では、変動パターンを決定したときに、特図プロセスフラグの値が“2”に更新され、変動パターン設定処理は終了する。 The variation pattern setting process in step S111 is executed when the value of the special figure process flag is “1”. In this fluctuation pattern setting process, one of a plurality of types of fluctuation patterns is used by using a random value for determining the fluctuation pattern based on the pre-determination result of whether or not the display result is "big hit" or "small hit". It includes the process of determining. In the variation pattern setting process, when the variation pattern is determined, the value of the special figure process flag is updated to "2", and the variation pattern setting process ends.

変動パターンは、特図ゲームの実行時間(特図変動時間)(飾り図柄の可変表示の実行時間でもある)や、飾り図柄の可変表示の態様(リーチの有無等)、飾り図柄の可変表示中の演出内容(リーチ演出の種類等)を指定するものであり、可変表示パターンとも呼ばれる。 The fluctuation pattern includes the execution time of the special figure game (special figure fluctuation time) (which is also the execution time of the variable display of the decorative symbol), the variable display mode of the decorative symbol (presence or absence of reach, etc.), and the variable display of the decorative symbol. It specifies the content of the effect (type of reach effect, etc.), and is also called a variable display pattern.

ステップS112の特別図柄変動処理は、特図プロセスフラグの値が“2”のときに実行される。この特別図柄変動処理には、第1特別図柄表示装置4Aや第2特別図柄表示装置4Bにおいて特別図柄を変動させるための設定を行う処理や、その特別図柄が変動を開始してからの経過時間を計測する処理などが含まれている。また、計測された経過時間が変動パターンに対応する特図変動時間に達したか否かの判定も行われる。そして、特別図柄の変動を開始してからの経過時間が特図変動時間に達したときには、特図プロセスフラグの値が“3”に更新され、特別図柄変動処理は終了する。 The special symbol variation process in step S112 is executed when the value of the special symbol process flag is “2”. In this special symbol variation processing, the processing for setting the special symbol to be varied in the first special symbol display device 4A and the second special symbol display device 4B, and the elapsed time from the start of the variation of the special symbol are performed. It includes processing to measure. In addition, it is also determined whether or not the measured elapsed time has reached the special figure fluctuation time corresponding to the fluctuation pattern. Then, when the elapsed time from the start of the change of the special symbol reaches the special symbol fluctuation time, the value of the special symbol process flag is updated to "3", and the special symbol variation process ends.

ステップS113の特別図柄停止処理は、特図プロセスフラグの値が“3”のときに実行される。この特別図柄停止処理には、第1特別図柄表示装置4Aや第2特別図柄表示装置4Bにて特別図柄の変動を停止させ、特別図柄の表示結果となる確定特別図柄を停止表示(導出)させるための設定を行う処理が含まれている。そして、表示結果が「大当り」である場合には特図プロセスフラグの値が“4”に更新される。その一方で、大当りフラグがオフであり、表示結果が「小当り」である場合には、特図プロセスフラグの値が“8”に更新される。また、表示結果が「ハズレ」である場合には、特図プロセスフラグの値が“0”に更新される。表示結果が「小当り」又は「ハズレ」である場合、時短状態や確変状態に制御されているときであって、回数切りの終了成立する場合には、遊技状態も更新される。特図プロセスフラグの値が更新されると、特別図柄停止処理は終了する。 The special symbol stop process in step S113 is executed when the value of the special symbol process flag is “3”. In this special symbol stop process, the first special symbol display device 4A and the second special symbol display device 4B stop the fluctuation of the special symbol, and stop display (derive) the confirmed special symbol that is the display result of the special symbol. Contains the process of making settings for. Then, when the display result is "big hit", the value of the special figure process flag is updated to "4". On the other hand, when the big hit flag is off and the display result is "small hit", the value of the special figure process flag is updated to "8". If the display result is "missing", the value of the special figure process flag is updated to "0". When the display result is "small hit" or "missing", the game state is also updated when the time reduction state or the probability change state is controlled and the end of the number of cuts is established. When the value of the special symbol process flag is updated, the special symbol stop processing ends.

ステップS114の大当り開放前処理は、特図プロセスフラグの値が“4”のときに実行される。この大当り開放前処理には、表示結果が「大当り」となったことなどに基づき、大当り遊技状態においてラウンドの実行を開始して大入賞口を開放状態とするための設定を行う処理などが含まれている。大入賞口を開放状態とするときには、大入賞口扉用のソレノイド82に対してソレノイド駆動信号を供給する処理が実行される。このときには、例えば大当り種別がいずれであるかに対応して、大入賞口を開放状態とする開放上限期間や、ラウンドの上限実行回数を設定する。これらの設定が終了すると、特図プロセスフラグの値が“5”に更新され、大当り開放前処理は終了する。 The jackpot opening preprocessing in step S114 is executed when the value of the special figure process flag is “4”. This big hit pre-opening process includes a process of setting to open the big winning opening by starting the execution of the round in the big hit game state based on the display result being "big hit". It has been. When the large winning opening is opened, a process of supplying a solenoid drive signal to the solenoid 82 for the large winning opening door is executed. At this time, for example, the open upper limit period for opening the big winning opening and the upper limit execution number of rounds are set according to which type of big hit. When these settings are completed, the value of the special figure process flag is updated to "5", and the jackpot release preprocessing ends.

ステップS115の大当り開放中処理は、特図プロセスフラグの値が“5”のときに実行される。この大当り開放中処理には、大入賞口を開放状態としてからの経過時間を計測する処理や、その計測した経過時間やカウントスイッチ23によって検出された遊技球の個数などに基づいて、大入賞口を開放状態から閉鎖状態に戻すタイミングとなったか否かを判定する処理などが含まれている。そして、大入賞口を閉鎖状態に戻すときには、大入賞口扉用のソレノイド82に対するソレノイド駆動信号の供給を停止させる処理などを実行した後、特図プロセスフラグの値が“6”に更新し、大当り開放中処理を終了する。 The process of opening the jackpot in step S115 is executed when the value of the special figure process flag is “5”. In this big hit opening process, the big winning opening is based on the process of measuring the elapsed time since the big winning opening is opened, the measured elapsed time, the number of game balls detected by the count switch 23, and the like. It includes a process of determining whether or not it is time to return the device from the open state to the closed state. Then, when the large winning opening is returned to the closed state, the value of the special figure process flag is updated to "6" after executing a process of stopping the supply of the solenoid drive signal to the solenoid 82 for the large winning opening door. End the processing while the jackpot is open.

ステップS116の大当り開放後処理は、特図プロセスフラグの値が“6”のときに実行される。この大当り開放後処理には、大入賞口を開放状態とするラウンドの実行回数が設定された上限実行回数に達したか否かを判定する処理や、上限実行回数に達した場合に大当り遊技状態を終了させるための設定を行う処理などが含まれている。そして、ラウンドの実行回数が上限実行回数に達していないときには、特図プロセスフラグの値が“5”に更新される一方、ラウンドの実行回数が上限実行回数に達したときには、特図プロセスフラグの値が“7”に更新される。特図プロセスフラグの値が更新されると、大当り解放後処理は終了する。 The post-processing after opening the jackpot in step S116 is executed when the value of the special figure process flag is “6”. In this big hit post-opening process, there is a process of determining whether or not the number of rounds to be executed with the big winning opening open has reached the set maximum number of executions, and a big hit game state when the maximum number of executions has been reached. It includes the process of making settings to terminate. Then, when the number of round executions has not reached the upper limit, the value of the special figure process flag is updated to "5", while when the number of round executions reaches the upper limit, the special figure process flag is set. The value is updated to "7". When the value of the special figure process flag is updated, the jackpot release post-processing ends.

ステップS117の大当り終了処理は、特図プロセスフラグの値が“7”のときに実行される。この大当り終了処理には、大当り遊技状態の終了を報知する演出動作としてのエンディング演出が実行される期間に対応した待ち時間が経過するまで待機する処理や、大当り遊技状態の終了に対応して確変制御や時短制御を開始するための各種の設定を行う処理などが含まれている。こうした設定が行われたときには、特図プロセスフラグの値が“0”に更新され、大当り終了処理は終了する。 The jackpot end process of step S117 is executed when the value of the special figure process flag is “7”. In this jackpot end process, there is a process of waiting until the waiting time corresponding to the period corresponding to the period in which the ending effect as an effect effect for notifying the end of the jackpot game state is executed, and a probable change corresponding to the end of the jackpot game state. It includes processing to make various settings to start control and time reduction control. When such a setting is made, the value of the special figure process flag is updated to "0", and the jackpot end process ends.

ステップS118の小当り開放前処理は、特図プロセスフラグの値が“8”のときに実行される。この小当り開放前処理には、表示結果が「小当り」となったことに基づき、小当り遊技状態において大入賞口を開放状態とするための設定を行う処理などが含まれている。このときには、特図プロセスフラグの値が“9”に更新され、小当り開放前処理は終了する。 The small hit release preprocessing in step S118 is executed when the value of the special figure process flag is “8”. This small hit pre-opening process includes a process of setting the large winning opening to be in the open state in the small hit game state based on the display result being "small hit". At this time, the value of the special figure process flag is updated to "9", and the small hit opening preprocessing ends.

ステップS119の小当り開放中処理は、特図プロセスフラグの値が“9”のときに実行される。この小当り開放中処理には、大入賞口を開放状態としてからの経過時間を計測する処理や、その計測した経過時間などに基づいて、大入賞口を開放状態から閉鎖状態に戻すタイミングとなったか否かを判定する処理などが含まれている。大入賞口を閉鎖状態に戻して小当り遊技状態の終了タイミングとなったときには、特図プロセスフラグの値が“10”に更新され、小当り開放中処理は終了する。 The small hit opening process in step S119 is executed when the value of the special figure process flag is “9”. In this small hit opening process, it is the timing to return the big prize opening from the open state to the closed state based on the process of measuring the elapsed time from the opening state of the big winning opening and the measured elapsed time. It includes a process to determine whether or not it is. When the large winning opening is returned to the closed state and the end timing of the small hit game state is reached, the value of the special figure process flag is updated to "10", and the processing during the small hit opening process ends.

ステップS120の小当り終了処理は、特図プロセスフラグの値が“10”のときに実行される。この小当り終了処理には、小当り遊技状態の終了を報知する演出動作が実行される期間に対応した待ち時間が経過するまで待機する処理などが含まれている。ここで、小当り遊技状態が終了するときには、小当り遊技状態となる以前のパチンコ遊技機1における遊技状態を継続させる。小当り遊技状態の終了時における待ち時間が経過したときには、特図プロセスフラグの値が“0”に更新され、小当り終了処理は終了する。 The small hit end process of step S120 is executed when the value of the special figure process flag is “10”. The small hit end process includes a process of waiting until a waiting time corresponding to a period in which the effect operation for notifying the end of the small hit game state is executed has elapsed. Here, when the small hit gaming state ends, the gaming state in the pachinko gaming machine 1 before the small hit gaming state is continued. When the waiting time at the end of the small hit game state has elapsed, the value of the special figure process flag is updated to "0", and the small hit end process ends.

(演出制御基板12の主要な動作)
次に、演出制御基板12における主要な動作を説明する。演出制御基板12では、電源基板等から電源電圧の供給を受けると、演出制御用CPU120が起動して、図6のフローチャートに示すような演出制御メイン処理を実行する。図6に示す演出制御メイン処理を開始すると、演出制御用CPU120は、まず、所定の初期化処理を実行して(ステップS71)、RAM122のクリアや各種初期値の設定、また演出制御基板12に搭載されたCTC(カウンタ/タイマ回路)のレジスタ設定等を行う。また、初期動作制御処理を実行する(ステップS72)。初期動作制御処理では、可動体32を駆動して初期位置に戻す制御、所定の動作確認を行う制御といった可動体32の初期動作を行う制御が実行される。
(Main operation of the effect control board 12)
Next, the main operation of the effect control board 12 will be described. In the effect control board 12, when the power supply voltage is supplied from the power supply board or the like, the effect control CPU 120 is activated to execute the effect control main process as shown in the flowchart of FIG. When the effect control main process shown in FIG. 6 is started, the effect control CPU 120 first executes a predetermined initialization process (step S71), clears the RAM 122, sets various initial values, and sets the effect control board 12. Set the registers of the mounted CTC (counter / timer circuit). Further, the initial operation control process is executed (step S72). In the initial operation control process, control for performing the initial operation of the movable body 32, such as control for driving the movable body 32 to return to the initial position and control for confirming a predetermined operation, is executed.

その後、タイマ割込みフラグがオンとなっているか否かの判定を行う(ステップS73)。タイマ割込みフラグは、例えばCTCのレジスタ設定に基づき、所定時間(例えば2ミリ秒)が経過するごとにオン状態にセットされる。このとき、タイマ割込みフラグがオフであれば(ステップS73;No)、ステップS73の処理を繰り返し実行して待機する。 After that, it is determined whether or not the timer interrupt flag is turned on (step S73). The timer interrupt flag is set to the ON state every time a predetermined time (for example, 2 milliseconds) elapses, based on the register setting of the CTC, for example. At this time, if the timer interrupt flag is off (step S73; No), the process of step S73 is repeatedly executed and waits.

また、演出制御基板12の側では、所定時間が経過するごとに発生するタイマ割込みとは別に、主基板11からの演出制御コマンドを受信するための割込みが発生する。この割込みは、例えば主基板11からの演出制御INT信号がオン状態となることにより発生する割込みである。演出制御INT信号がオン状態となることによる割込みが発生すると、演出制御用CPU120は、自動的に割込み禁止に設定するが、自動的に割込み禁止状態にならないCPUを用いている場合には、割込み禁止命令(DI命令)を発行することが望ましい。演出制御用CPU120は、演出制御INT信号がオン状態となることによる割込みに対応して、例えば所定のコマンド受信割込み処理を実行する。このコマンド受信割込み処理では、I/O125に含まれる入力ポートのうちで、中継基板15を介して主基板11から送信された制御信号を受信する所定の入力ポートより、演出制御コマンドを取り込む。このとき取り込まれた演出制御コマンドは、例えばRAM122に設けられた演出制御コマンド受信用バッファに格納する。その後、演出制御用CPU120は、割込み許可に設定してから、コマンド受信割込み処理を終了する。 Further, on the side of the effect control board 12, an interrupt for receiving an effect control command from the main board 11 is generated in addition to the timer interrupt that is generated every time a predetermined time elapses. This interrupt is, for example, an interrupt generated when the effect control INT signal from the main board 11 is turned on. When an interrupt occurs due to the effect control INT signal being turned on, the effect control CPU 120 automatically sets the interrupt disabled, but if a CPU that is not automatically interrupt disabled is used, the interrupt is interrupted. It is desirable to issue a prohibition order (DI command). The effect control CPU 120 executes, for example, a predetermined command reception interrupt process in response to an interrupt caused by the effect control INT signal being turned on. In this command reception interrupt process, among the input ports included in the I / O 125, the effect control command is taken in from a predetermined input port that receives the control signal transmitted from the main board 11 via the relay board 15. The effect control command captured at this time is stored in, for example, the effect control command reception buffer provided in the RAM 122. After that, the effect control CPU 120 sets the interrupt enable, and then ends the command reception interrupt process.

ステップS73にてタイマ割込みフラグがオンである場合には(ステップS73;Yes)、タイマ割込みフラグをクリアしてオフ状態にするとともに(ステップS74)、コマンド解析処理を実行する(ステップS75)。コマンド解析処理では、例えば主基板11の遊技制御用マイクロコンピュータ100から送信されて演出制御コマンド受信用バッファに格納されている各種の演出制御コマンドを読み出した後に、その読み出された演出制御コマンドに対応した設定や制御などが行われる。例えば、どの演出制御コマンドを受信したかや演出制御コマンドが特定する内容等を演出制御プロセス処理等で確認できるように、読み出された演出制御コマンドをRAM122の所定領域に格納したり、RAM122に設けられた受信フラグをオンしたりする。また、演出制御コマンドが遊技状態を特定する場合、遊技状態に応じた背景の表示を表示制御部123に指示してもよい。 If the timer interrupt flag is on in step S73 (step S73; Yes), the timer interrupt flag is cleared and turned off (step S74), and the command analysis process is executed (step S75). In the command analysis process, for example, after reading various effect control commands transmitted from the game control microcomputer 100 of the main board 11 and stored in the effect control command reception buffer, the read effect control commands are used. Corresponding settings and controls are made. For example, the read effect control command may be stored in a predetermined area of the RAM 122 or stored in the RAM 122 so that which effect control command is received and the content specified by the effect control command can be confirmed by the effect control process processing or the like. Turn on the provided receive flag. Further, when the effect control command specifies the game state, the display control unit 123 may be instructed to display the background according to the game state.

ステップS75にてコマンド解析処理を実行した後には、演出制御プロセス処理を実行する(ステップS76)。演出制御プロセス処理では、例えば画像表示装置5の表示領域における演出画像の表示動作、スピーカ8L、8Rからの音声出力動作、遊技効果ランプ9及び装飾用LEDといった装飾発光体における点灯動作、可動体32の駆動動作といった、各種の演出装置を動作させる制御が行われる。また、各種の演出装置を用いた演出動作の制御内容について、主基板11から送信された演出制御コマンド等に応じた判定や決定、設定などが行われる。 After executing the command analysis process in step S75, the effect control process process is executed (step S76). In the effect control process processing, for example, an effect image display operation in the display area of the image display device 5, an audio output operation from the speakers 8L and 8R, a lighting operation in a decorative light emitting body such as a game effect lamp 9 and a decorative LED, and a movable body 32. Controls are performed to operate various production devices such as the driving operation of the LED. Further, regarding the control content of the effect operation using various effect devices, determination, determination, setting, etc. are performed according to the effect control command or the like transmitted from the main board 11.

ステップS76の演出制御プロセス処理に続いて、演出用乱数更新処理が実行され(ステップS77)、演出制御基板12の側で用いられる演出用乱数の少なくとも一部がソフトウェアにより更新される。その後、ステップS73の処理に戻る。ステップS73の処理に戻る前に、他の処理が実行されてもよい。 Following the effect control process process in step S76, the effect random number update process is executed (step S77), and at least a part of the effect random numbers used on the effect control board 12 side is updated by the software. After that, the process returns to the process of step S73. Other processes may be executed before returning to the process of step S73.

図7は、演出制御プロセス処理として、図6のステップS76にて実行される処理の一例を示すフローチャートである。図7に示す演出制御プロセス処理において、演出制御用CPU120は、まず、先読予告設定処理を実行する(ステップS161)。先読予告設定処理では、例えば、主基板11から送信された始動入賞時の演出制御コマンドに基づいて、先読み予告演出を実行するための判定や決定、設定などが行われる。また、当該演出制御コマンドから特定される保留記憶数に基づき保留表示を表示するための処理が実行される。 FIG. 7 is a flowchart showing an example of the process executed in step S76 of FIG. 6 as the effect control process process. In the effect control process process shown in FIG. 7, the effect control CPU 120 first executes the pre-reading notice setting process (step S161). In the look-ahead notice setting process, for example, a determination, determination, setting, and the like for executing the look-ahead notice effect are performed based on the effect control command at the time of starting winning, which is transmitted from the main board 11. In addition, a process for displaying the hold display is executed based on the number of hold storages specified from the effect control command.

ステップS161の処理を実行した後、演出制御用CPU120は、例えばRAM122に設けられた演出プロセスフラグの値に応じて、以下のようなステップS170~S177の処理のいずれかを選択して実行する。 After executing the process of step S161, the effect control CPU 120 selects and executes any of the following processes of steps S170 to S177 according to the value of the effect process flag provided in, for example, the RAM 122.

ステップS170の可変表示開始待ち処理は、演出プロセスフラグの値が“0”(初期値)のときに実行される処理である。この可変表示開始待ち処理は、主基板11から可変表示の開始を指定するコマンドなどを受信したか否かに基づき、画像表示装置5における飾り図柄の可変表示を開始するか否かを判定する処理などを含んでいる。画像表示装置5における飾り図柄の可変表示を開始すると判定された場合、演出プロセスフラグの値を“1”に更新し、可変表示開始待ち処理を終了する。 The variable display start waiting process in step S170 is a process executed when the value of the effect process flag is “0” (initial value). This variable display start waiting process is a process of determining whether or not to start variable display of the decorative symbol on the image display device 5 based on whether or not a command for designating the start of variable display is received from the main board 11. And so on. When it is determined that the variable display of the decorative symbol on the image display device 5 is to be started, the value of the effect process flag is updated to "1", and the variable display start waiting process is terminated.

ステップS171の可変表示開始設定処理は、演出プロセスフラグの値が“1”のときに実行される処理である。この可変表示開始設定処理では、演出制御コマンドにより特定される表示結果や変動パターンに基づいて、飾り図柄の可変表示の表示結果(確定飾り図柄)、飾り図柄の可変表示の態様、リーチ演出や各種予告演出などの各種演出の実行の有無やその態様や実行開始タイミングなどを決定する。そして、その決定結果等を反映した演出制御パターン(表示制御部123に演出の実行を指示するための制御データの集まり)を設定する。その後、設定した演出制御パターンに基づいて、飾り図柄の可変表示の実行開始を表示制御部123に指示し、演出プロセスフラグの値を“2”に更新し、可変表示開始設定処理を終了する。表示制御部123は、飾り図柄の可変表示の実行開始の指示により、画像表示装置5において、飾り図柄の可変表示を開始させる。 The variable display start setting process in step S171 is a process executed when the value of the effect process flag is “1”. In this variable display start setting process, the display result of the variable display of the decorative symbol (fixed decorative symbol), the mode of the variable display of the decorative symbol, the reach effect, and various types are based on the display result and the variation pattern specified by the effect control command. It is determined whether or not various effects such as a notice effect are executed, the mode thereof, and the execution start timing. Then, an effect control pattern (a collection of control data for instructing the display control unit 123 to execute the effect) that reflects the determination result and the like is set. After that, based on the set effect control pattern, the display control unit 123 is instructed to start the execution of the variable display of the decorative symbol, the value of the effect process flag is updated to "2", and the variable display start setting process is terminated. The display control unit 123 causes the image display device 5 to start the variable display of the decorative symbol in response to the instruction to start the execution of the variable display of the decorative symbol.

ステップS172の可変表示中演出処理は、演出プロセスフラグの値が“2”のときに実行される処理である。この可変表示中演出処理において、演出制御用CPU120は、表示制御部123を指示することで、ステップS171にて設定された演出制御パターンに基づく演出画像を画像表示装置5の表示画面に表示させることや、可動体32を駆動させること、音声制御基板13に対する指令(効果音信号)の出力によりスピーカ8L、8Rから音声や効果音を出力させること、ランプ制御基板14に対する指令(電飾信号)の出力により遊技効果ランプ9や装飾用LEDを点灯/消灯/点滅させることといった、飾り図柄の可変表示中における各種の演出制御を実行する。こうした演出制御を行った後、例えば演出制御パターンから飾り図柄の可変表示終了を示す終了コードが読み出されたこと、あるいは、主基板11から確定飾り図柄を停止表示させることを指定するコマンドを受信したことなどに対応して、飾り図柄の表示結果となる確定飾り図柄を停止表示させる。確定飾り図柄を停止表示したときには、演出プロセスフラグの値が“3”に更新され、可変表示中演出処理は終了する。 The variable display effect process in step S172 is a process executed when the value of the effect process flag is “2”. In this variable display effect processing, the effect control CPU 120 instructs the display control unit 123 to display the effect image based on the effect control pattern set in step S171 on the display screen of the image display device 5. , Driving the movable body 32, outputting voice and sound effects from the speakers 8L and 8R by outputting commands (sound effect signals) to the voice control board 13, and commands (illuminated signals) to the lamp control board 14. Various effect controls are executed during the variable display of the decorative pattern, such as turning on / off / blinking the game effect lamp 9 and the decorative LED by the output. After performing such effect control, for example, an end code indicating the end of variable display of the decorative symbol is read from the effect control pattern, or a command is received from the main board 11 to specify that the fixed decorative symbol is to be stopped and displayed. In response to what has been done, the final decorative symbol, which is the display result of the decorative symbol, is stopped and displayed. When the fixed decorative symbol is stopped and displayed, the value of the effect process flag is updated to "3", and the effect process during variable display ends.

ステップS173の特図当り待ち処理は、演出プロセスフラグの値が“3”のときに実行される処理である。この特図当り待ち処理において、演出制御用CPU120は、主基板11から大当り遊技状態又は小当り遊技状態を開始することを指定する演出制御コマンドの受信があったか否かを判定する。そして、大当り遊技状態又は小当り遊技状態を開始することを指定する演出制御コマンドを受信したきに、そのコマンドが大当り遊技状態の開始を指定するものであれば、演出プロセスフラグの値を“6”に更新する。これに対して、そのコマンドが小当り遊技状態の開始を指定するものであれば、演出プロセスフラグの値を小当り中演出処理に対応した値である“4”に更新する。また、大当り遊技状態又は小当り遊技状態を開始することを指定するコマンドを受信せずに、当該コマンドの受信待ち時間が経過したときには、特図ゲームにおける表示結果が「ハズレ」であったと判定して、演出プロセスフラグの値を初期値である“0”に更新する。演出プロセスフラグの値を更新すると、特図当り待ち処理を終了する。 The special figure hit waiting process in step S173 is a process executed when the value of the effect process flag is “3”. In this special figure hit waiting process, the effect control CPU 120 determines whether or not an effect control command specifying to start the big hit game state or the small hit game state has been received from the main board 11. Then, when the effect control command for specifying the start of the big hit game state or the small hit game state is received, if the command specifies the start of the big hit game state, the value of the effect process flag is set to "6". Update to. On the other hand, if the command specifies the start of the small hit game state, the value of the effect process flag is updated to "4", which is the value corresponding to the small hit medium effect process. In addition, when the reception waiting time for the command has elapsed without receiving the command specifying to start the big hit game state or the small hit game state, it is determined that the display result in the special figure game is "missing". Then, the value of the effect process flag is updated to the initial value "0". When the value of the effect process flag is updated, the waiting process for hitting the special figure ends.

ステップS174の小当り中演出処理は、演出制御プロセスフラグの値が“4”のときに実行される処理である。この小当り中演出処理において、演出制御用CPU120は、例えば小当り遊技状態における演出内容に対応した演出制御パターン等を設定し、その設定内容に基づく小当り遊技状態における各種の演出制御を実行する。また、小当り中演出処理では、例えば主基板11から小当り遊技状態を終了することを指定するコマンドを受信したことに対応して、演出プロセスフラグの値を小当り終了演出に対応した値である“5”に更新し、小当り中演出処理を終了する。 The small hit medium effect process in step S174 is a process executed when the value of the effect control process flag is “4”. In this small hit medium effect process, the effect control CPU 120 sets, for example, an effect control pattern corresponding to the effect content in the small hit game state, and executes various effect controls in the small hit game state based on the set content. .. Further, in the small hit middle effect process, for example, the value of the effect process flag is set to the value corresponding to the small hit end effect in response to receiving a command from the main board 11 to specify the end of the small hit game state. Update to a certain "5" and end the small hit medium production process.

ステップS175の小当り終了演出処理は、演出制御プロセスフラグの値が“5”のときに実行される処理である。この小当り終了演出処理において、演出制御用CPU120は、例えば小当り遊技状態の終了などに対応した演出制御パターン等を設定し、その設定内容に基づく小当り遊技状態の終了時における各種の演出制御を実行する。その後、演出プロセスフラグの値を初期値である“0”に更新し、小当り終了演出処理を終了する。 The small hit end effect process in step S175 is a process executed when the value of the effect control process flag is “5”. In this small hit end effect process, the effect control CPU 120 sets, for example, an effect control pattern corresponding to the end of the small hit game state, and various effect controls at the end of the small hit game state based on the setting contents. To execute. After that, the value of the effect process flag is updated to the initial value "0", and the small hit end effect process is terminated.

ステップS176の大当り中演出処理は、演出プロセスフラグの値が“6”のときに実行される処理である。この大当り中演出処理において、演出制御用CPU120は、例えば大当り遊技状態における演出内容に対応した演出制御パターン等を設定し、その設定内容に基づく大当り遊技状態における各種の演出制御を実行する。また、大当り中演出処理では、例えば主基板11から大当り遊技状態を終了することを指定するコマンドを受信したことに対応して、演出制御プロセスフラグの値をエンディング演出処理に対応した値である“7”に更新し、大当り中演出処理を終了する。 The jackpot effect process in step S176 is a process executed when the value of the effect process flag is “6”. In this big hit middle effect processing, the effect control CPU 120 sets, for example, an effect control pattern corresponding to the effect content in the big hit game state, and executes various effect controls in the big hit game state based on the set content. Further, in the big hit middle effect process, for example, the value of the effect control process flag is a value corresponding to the ending effect process in response to receiving a command from the main board 11 to specify the end of the big hit game state. It is updated to 7 "and the production process during the big hit is completed.

ステップS177のエンディング演出処理は、演出プロセスフラグの値が“7”のときに実行される処理である。このエンディング演出処理において、演出制御用CPU120は、例えば大当り遊技状態の終了などに対応した演出制御パターン等を設定し、その設定内容に基づく大当り遊技状態の終了時におけるエンディング演出の各種の演出制御を実行する。その後、演出プロセスフラグの値を初期値である“0”に更新し、エンディング演出処理を終了する。 The ending effect process of step S177 is a process executed when the value of the effect process flag is “7”. In this ending effect processing, the effect control CPU 120 sets, for example, an effect control pattern corresponding to the end of the big hit game state, and various effect controls of the ending effect at the end of the big hit game state based on the setting contents. Execute. After that, the value of the effect process flag is updated to the initial value "0", and the ending effect process is terminated.

(基本説明の変形例)
この発明は、上記基本説明で説明したパチンコ遊技機1に限定されず、本発明の趣旨を逸脱しない範囲で、様々な変形及び応用が可能である。
(Modified example of basic explanation)
The present invention is not limited to the pachinko gaming machine 1 described in the above basic description, and various modifications and applications are possible without departing from the spirit of the present invention.

上記基本説明のパチンコ遊技機1は、入賞の発生に基づいて所定数の遊技媒体を景品として払い出す払出式遊技機であったが、遊技媒体を封入し入賞の発生に基づいて得点を付与する封入式遊技機であってもよい。 The pachinko gaming machine 1 of the above basic explanation is a payout type gaming machine that pays out a predetermined number of gaming media as prizes based on the occurrence of winning, but the gaming media are enclosed and points are given based on the occurrence of winning. It may be an enclosed gaming machine.

特別図柄の可変表示中に表示されるものは1種類の図柄(例えば、「-」を示す記号)だけで、当該図柄の表示と消灯とを繰り返すことによって可変表示を行うようにしてもよい。さらに可変表示中に当該図柄が表示されるものも、可変表示の停止時には、当該図柄が表示されなくてもよい(表示結果としては「-」を示す記号が表示されなくてもよい)。 Only one type of symbol (for example, a symbol indicating "-") is displayed during the variable display of the special symbol, and the variable display may be performed by repeating the display and extinguishing of the symbol. Further, even if the symbol is displayed during the variable display, the symbol may not be displayed when the variable display is stopped (the symbol indicating "-" may not be displayed as the display result).

上記基本説明では、遊技機としてパチンコ遊技機1を示したが、メダルが投入されて所定の賭け数が設定され、遊技者による操作レバーの操作に応じて複数種類の図柄を回転させ、遊技者によるストップボタンの操作に応じて図柄を停止させたときに停止図柄の組合せが特定の図柄の組み合わせになると、所定数のメダルが遊技者に払い出されるゲームを実行可能なスロット機(例えば、ビッグボーナス、レギュラーボーナス、RT、AT、ART、CZ(以下、ボーナス等)のうち1以上を搭載するスロット機)にも本発明を適用可能である。 In the above basic explanation, the pachinko gaming machine 1 is shown as a gaming machine, but a medal is inserted and a predetermined number of bets is set, and a plurality of types of symbols are rotated according to the operation of the operation lever by the player, and the player If the combination of stop symbols becomes a specific combination of symbols when the symbols are stopped in response to the operation of the stop button by, a slot machine capable of executing a game in which a predetermined number of medals are paid out to the player (for example, a big bonus) The present invention can also be applied to a slot machine equipped with one or more of regular bonus, RT, AT, ART, and CZ (hereinafter, bonus, etc.).

本発明を実現するためのプログラム及びデータは、パチンコ遊技機1に含まれるコンピュータ装置などに対して、着脱自在の記録媒体により配布・提供される形態に限定されるものではなく、予めコンピュータ装置などの有する記憶装置にインストールしておくことで配布される形態を採っても構わない。さらに、本発明を実現するためのプログラム及びデータは、通信処理部を設けておくことにより、通信回線等を介して接続されたネットワーク上の、他の機器からダウンロードすることによって配布する形態を採っても構わない。 The program and data for realizing the present invention are not limited to the form of being distributed and provided by a detachable recording medium to the computer device included in the pachinko gaming machine 1, and the computer device and the like in advance. It may take the form of being distributed by installing it in the storage device of the. Further, the program and data for realizing the present invention are distributed by downloading from other devices on the network connected via a communication line or the like by providing a communication processing unit. It doesn't matter.

そして、ゲームの実行形態も、着脱自在の記録媒体を装着することにより実行するものだけではなく、通信回線等を介してダウンロードしたプログラム及びデータを、内部メモリ等に一旦格納することにより実行可能とする形態、通信回線等を介して接続されたネットワーク上における、他の機器側のハードウェア資源を用いて直接実行する形態としてもよい。さらには、他のコンピュータ装置等とネットワークを介してデータの交換を行うことによりゲームを実行するような形態とすることもできる。 The execution mode of the game is not limited to the one executed by attaching a detachable recording medium, but can be executed by temporarily storing the program and data downloaded via the communication line or the like in the internal memory or the like. It may be executed directly by using the hardware resources of other devices on the network connected via a communication line or the like. Furthermore, it is also possible to execute a game by exchanging data with another computer device or the like via a network.

なお、本明細書において、演出の実行割合などの各種割合の比較の表現(「高い」、「低い」、「異ならせる」などの表現)は、一方が「0%」の割合であることを含んでもよい。例えば、一方が「0%」の割合で、他方が「100%」の割合又は「100%」未満の割合であることも含む。 In this specification, one of the expressions for comparison of various ratios such as the execution ratio of the production (expressions such as "high", "low", and "differentiate") is "0%". It may be included. For example, one may have a percentage of "0%" and the other may have a percentage of "100%" or less than "100%".

(特徴部50IWに関する説明)
次に、特徴部50IWについて説明する。特徴部50IWが備えるパチンコ遊技機1においては、図8-1(A)に示す変動パターンが設けられている。
(Explanation of feature 50IW)
Next, the feature unit 50IW will be described. In the pachinko gaming machine 1 included in the feature unit 50IW, the variation pattern shown in FIG. 8-1 (A) is provided.

図8-1(A)は、あらかじめ用意された飾り図柄の変動パターンを示す説明図である。図8-1(A)に示すように、この実施の形態では、特別図柄の可変表示結果が大当り図柄にならない場合に対応した変動パターンとして、Pt11~Pt17の変動パターンが用意されている。可変表示結果が「はずれ」であり飾り図柄の可変表示態様が「非リーチ」である場合に対応した変動パターンとして、Pt11およびPt12の変動パターンが用意されている。Pt11は、保留記憶数が3個未満である場合に選択され得る変動パターンであり、Pt12は、保留記憶数が3個以上である場合に選択され得る変動パターンである。また、可変表示結果が「はずれ」であり飾り図柄の可変表示態様が「リーチ」である場合に対応した変動パターンとして、Pt13~Pt22の変動パターンが用意されている。Pt13はノーマルリーチを伴う変動パターンであり、Pt14~Pt22はスーパーリーチを伴う変動パターンである。 FIG. 8-1 (A) is an explanatory diagram showing a variation pattern of a decorative pattern prepared in advance. As shown in FIG. 8-1 (A), in this embodiment, the fluctuation patterns of Pt11 to Pt17 are prepared as the fluctuation patterns corresponding to the case where the variable display result of the special symbol does not become the jackpot symbol. The fluctuation patterns of Pt11 and Pt12 are prepared as the fluctuation patterns corresponding to the case where the variable display result is "off" and the variable display mode of the decorative symbol is "non-reach". Pt11 is a variation pattern that can be selected when the number of reserved storages is less than 3, and Pt12 is a variation pattern that can be selected when the number of reserved storages is 3 or more. Further, as a variation pattern corresponding to the case where the variable display result is "off" and the variable display mode of the decorative symbol is "reach", variation patterns of Pt13 to Pt22 are prepared. Pt13 is a variation pattern with normal reach, and Pt14 to Pt22 are variation patterns with super reach.

本実施の形態では、一の変動において、一または複数のラインをリーチ状態とすることが可能である。リーチ状態とすることが可能なラインの上限数は4である。以下、実行中の変動において、1つ目にリーチ状態となるラインを「ラインA」、2つ目にリーチ状態となるラインを「ラインB」、3つ目にリーチ状態となるラインを「ラインC」、4つ目にリーチ状態となるラインを「ラインD」ということがある。 In this embodiment, it is possible to reach one or more lines in one variation. The maximum number of lines that can be reached is four. Hereinafter, in the fluctuation during execution, the first line in the reach state is "line A", the second line in the reach state is "line B", and the third line in the reach state is "line". "C", the fourth line in the reach state may be called "line D".

また、本実施の形態では、飾り図柄の種類として「1」~「7」が設けられており、いずれの種類の飾り図柄のリーチ状態となるかに応じて期待度が異なるよう構成されている。なお、飾り図柄は「1」、「2」、「3」、「4」、「5」、「6」、「7」、「1」、「2」・・・の順に配列されている。 Further, in the present embodiment, "1" to "7" are provided as the types of decorative symbols, and the degree of expectation differs depending on which type of decorative symbol reaches the reach state. .. The decorative patterns are arranged in the order of "1", "2", "3", "4", "5", "6", "7", "1", "2" ....

また、本実施の形態では、一のラインにおいてリーチ状態となることに対応して、複数のキャラクタのうちいずれか一のキャラクタを表示し、該一のラインに対応するリーチ演出として該一のキャラクタを用いた演出を行うものである。表示可能なキャラクタの種類としてはキャラクタA~キャラクタEが設けられている。キャラクタAは、このパチンコ遊技機1においてテーマとしている演出ストーリーの主人公キャラクタであり、キャラクタBはヒロインキャラクタであり、キャラクタC~キャラクタEはサブキャラクタである。本実施の形態では、リーチ状態においていずれのキャラクタを表示するかに応じて期待度が異なるよう構成されている。 Further, in the present embodiment, one of a plurality of characters is displayed in response to the reach state in one line, and the one character is displayed as a reach effect corresponding to the one line. It is intended to produce a production using. Characters A to E are provided as the types of characters that can be displayed. Character A is the main character of the production story that is the theme of the pachinko gaming machine 1, character B is a heroine character, and characters C to E are sub-characters. In the present embodiment, the degree of expectation differs depending on which character is displayed in the reach state.

以下、リーチ状態のラインAに対応して表示されるキャラクタを「第1キャラクタ」、リーチ状態のラインBに対応して表示されるキャラクタを「第2キャラクタ」、リーチ状態のラインCに対応して表示されるキャラクタを「第3キャラクタ」、リーチ状態のラインDに対応して表示されるキャラクタを「第4キャラクタ」ということがある。 Hereinafter, the character displayed corresponding to the reach state line A corresponds to the "first character", the character displayed corresponding to the reach state line B corresponds to the "second character", and corresponds to the reach state line C. The character displayed in the above direction may be referred to as a "third character", and the character displayed corresponding to the line D in the reach state may be referred to as a "fourth character".

図示するように、スーパーリーチとして、1ラインSP、2ラインSP、3ラインSP、3ラインバトル、4ラインバトル、および特殊演出が設けられている。 As shown in the figure, 1-line SP, 2-line SP, 3-line SP, 3-line battle, 4-line battle, and special effects are provided as super reach.

1ラインSPは、ラインAにおいてリーチ状態となるとともに第1キャラクタを表示し、該第1キャラクタを用いた演出を行うスーパーリーチ演出である。つまり、1ラインSPは、ラインAによる演出であり、第1キャラクタによる演出である。 The 1-line SP is a super reach effect in which the first character is displayed in the reach state on the line A and the effect using the first character is performed. That is, the 1-line SP is an effect by the line A and an effect by the first character.

2ラインSPは、1ラインSPの後に発展し得るスーパーリーチ演出であり、第1キャラクタを用いた演出を行った末にラインBにおいてリーチ状態となるとともに第2キャラクタを表示し、該第2キャラクタを主に用いた演出であって既に表示されている第1キャラクタも用いた演出を行うスーパーリーチ演出である。2ラインSP中はラインAについても表示されているものである。つまり、2ラインSPは、ラインAおよびラインBによる演出であり、第1キャラクタおよび第2キャラクタによる演出である。 The 2-line SP is a super reach effect that can be developed after the 1-line SP. After the effect using the first character is performed, the line B is in a reach state and the second character is displayed, and the second character is displayed. This is a super reach effect that mainly uses the above and also uses the first character that has already been displayed. In the 2 line SP, the line A is also displayed. That is, the two-line SP is an effect by the lines A and B, and is an effect by the first character and the second character.

3ラインSPは、2ラインSPの後に発展し得るスーパーリーチ演出であり、第2キャラクタを用いた演出を行った末にラインCにおいてリーチ状態となるとともに第3キャラクタを表示し、該第3キャラクタを主に用いた演出であって既に表示されている第1キャラクタおよび第2キャラクタも用いた演出を行うスーパーリーチ演出である。3ラインSP中はラインAおよびラインBについても表示されているものである。つまり、3ラインSPは、ラインA~ラインCによる演出であり、第1キャラクタ~第3キャラクタによる演出である。 The 3-line SP is a super reach effect that can be developed after the 2-line SP, and after performing an effect using the second character, the line C becomes a reach state and the third character is displayed, and the third character is displayed. This is a super reach effect that mainly uses the above and also uses the first character and the second character that have already been displayed. Line A and line B are also displayed in the three line SP. That is, the three-line SP is an effect by the lines A to C, and is an effect by the first character to the third character.

3ラインバトルは、3ラインSPの後に発展し得るスーパーリーチ演出であり、第1キャラクタ~第3キャラクタが敵キャラクタと戦う演出を行うスーパーリーチ演出である。3ラインバトル中はラインAおよびラインBについても表示されているものである。つまり、3ラインバトルは、ラインA~ラインCによる演出であり、第1キャラクタ~第3キャラクタによる演出である。以下、3ラインSPおよび3ラインバトルを「3ラインリーチ演出」と総称することがある。 The 3-line battle is a super reach effect that can develop after the 3-line SP, and is a super reach effect in which the first character to the third character fight against an enemy character. Line A and line B are also displayed during the 3-line battle. That is, the three-line battle is a production by the lines A to C, and is a production by the first character to the third character. Hereinafter, the 3-line SP and the 3-line battle may be collectively referred to as "3-line reach production".

4ラインバトルは、3ラインリーチ演出の後に発展し得るスーパーリーチ演出であり、3ラインSPにおいて第3キャラクタを用いた演出を行った末に、または3ラインバトルにおいて第1キャラクタ~第3キャラクタが敵キャラクタと戦う演出を行った末に、ラインDにおいてリーチ状態となるとともに第4キャラクタを表示し、第1キャラクタ~第4キャラクタが敵キャラクタと戦う演出を行うスーパーリーチ演出である。4ラインバトル中はラインA~ラインCについても表示されているものである。つまり、4ラインバトルは、ラインA~ラインDによる演出であり、第1キャラクタ~第4キャラクタによる演出である。 The 4-line battle is a super reach effect that can develop after the 3-line reach effect, and after the effect using the 3rd character in the 3-line SP, or in the 3-line battle, the 1st to 3rd characters This is a super reach effect in which the fourth character is displayed at the line D after the effect of fighting the enemy character is performed, and the first character to the fourth character perform the effect of fighting the enemy character. During the 4-line battle, lines A to C are also displayed. That is, the 4-line battle is a production by the lines A to D, and is a production by the first character to the fourth character.

なお、バトルリーチ演出(3ラインバトル、4ラインバトル)においては戦う敵キャラクタの種類としてボスAおよびボスBが設けられており、敵キャラクタの種類に応じて期待度が異なるよう構成されている。 In the battle reach production (3-line battle, 4-line battle), boss A and boss B are provided as the types of enemy characters to fight, and the degree of expectation differs depending on the type of enemy characters.

特殊演出は、2ラインSP~4ラインバトルの変動において複数のラインがリーチ状態となった後に行われる演出であり、リーチ状態であるライン(以下、「リーチライン」ということがある)および該ラインに対応するキャラクタを用いた演出を行う第1パートと、第1パートの演出結果に応じた演出を行う第2パートと、から構成された演出である。 The special effect is an effect performed after a plurality of lines are in the reach state in the fluctuation of the 2-line SP to 4-line battle, and the line in the reach state (hereinafter, may be referred to as "reach line") and the line. It is an effect composed of a first part for producing an effect using a character corresponding to the above, and a second part for performing an effect according to the effect result of the first part.

第1パートでは、ラインA以外のそれぞれのリーチラインを用いてランクアップチャンス演出を行う。ランクアップチャンス演出では、対応するラインのリーチ図柄やキャラクタを用いた演出を行い、ランクアップチャンス結果として、ランクアップしない「失敗」、ランクが一つアップする「成功」、ランクが2つアップする「大成功」のいずれかを報知するものである。このランクアップチャンス演出における最終的なランク(合計レベル)は大当りに対する期待度に対応するよう構成されている。 In the first part, each reach line other than line A is used to produce a rank-up chance. In the rank-up chance production, the reach pattern and character of the corresponding line are used for the production, and as a result of the rank-up chance, "failure" that does not rank up, "success" that ranks up by one, and rank up by two It informs one of the "great successes". The final rank (total level) in this rank-up chance production is configured to correspond to the degree of expectation for a big hit.

また、第1パートでは、複数回のランクアップチャンス演出を行う場合、最後にリーチ状態となったラインを用いたランクアップチャンス演出から順に行うものである。例えば、リーチラインが3つである場合には、ラインCを用いたランクアップチャンス演出を行った後に、ラインBを用いたランクアップチャンス演出を行う。また、例えば、リーチラインが4つである場合には、まずラインDを用いたランクアップチャンス演出を行い、次にラインCを用いたランクアップチャンス演出を行い、最後にラインBを用いたランクアップチャンス演出を行う。また、ランクアップチャンス演出では、ランクアップが成功するか否かを煽るための前段演出が行われ、該前段演出の実行後にランプアップ結果を報知するものである。 Further, in the first part, when the rank-up chance production is performed a plurality of times, the rank-up chance production using the line that is in the reach state at the end is performed in order. For example, when there are three reach lines, a rank-up chance effect using line C is performed, and then a rank-up chance effect using line B is performed. Further, for example, when there are four reach lines, first, a rank-up chance effect using line D is performed, then a rank-up chance effect using line C is performed, and finally, a rank using line B is performed. Perform up chance production. Further, in the rank-up chance production, a pre-stage effect for inciting whether or not the rank-up is successful is performed, and the ramp-up result is notified after the execution of the pre-stage effect.

第2パートでは、ラインAおよび第1キャラクタを用いた演出を行うとともに、第1パートにおけるランクアップチャンスの結果、最終的なランク(合計レベル)がいずれの値であるかに応じて態様の異なる当否報知演出を実行可能である。当否報知演出は、大当りであるか否かを報知する演出である。 In the second part, the production using the line A and the first character is performed, and as a result of the rank-up chance in the first part, the mode differs depending on which value the final rank (total level) is. It is possible to execute the success / failure notification effect. The hit / fail notification effect is an effect of notifying whether or not a jackpot is a big hit.

なお、いずれのスーパーリーチ演出においても、新たに表示されたキャラクタを用いた演出を行うものであるが、スーパーリーチ演出の演出ストーリーの序盤に該新たに表示されたキャラクタのシーンが含まれるようになっている。つまり、スーパーリーチ演出が開始されて直ちに新たに表示されたキャラクタが登場することとなるため、新たに追加表示されたキャラクタを強調することができる。 In any of the super reach productions, the newly displayed character is used for the production, but the scene of the newly displayed character is included in the early stage of the production story of the super reach production. It has become. That is, since the newly displayed character appears immediately after the super reach effect is started, the newly additionally displayed character can be emphasized.

Pt14は、1ラインSPを伴う変動パターンである。Pt15は、1ラインSPおよび2ラインSPを伴う変動パターンである。Pt16は、1ラインSP~3ラインSPを伴う変動パターンである。Pt17は、1ラインSP~3ラインSPおよびボスAと戦う3ラインバトルを伴う変動パターンである。Pt18は、1ラインSP~3ラインSPおよびボスBと戦う3ラインバトルを伴う変動パターンである。Pt19は、1ラインSP~3ラインSPおよびボスAと戦う4ラインバトルを伴う変動パターンである。Pt20は、1ラインSP~3ラインSPと、ボスAと戦う3ラインバトルおよび4ラインバトルを伴う変動パターンである。Pt21は、1ラインSP~3ラインSPおよびボスBと戦う4ラインバトルを伴う変動パターンである。Pt22は、1ラインSP~3ラインSPと、ボスBと戦う3ラインバトルおよび4ラインバトルを伴う変動パターンである。 Pt14 is a variation pattern with one line SP. Pt15 is a variation pattern with a 1-line SP and a 2-line SP. Pt16 is a variation pattern with 1-line SP to 3-line SP. Pt17 is a variation pattern involving a 1-line SP to a 3-line SP and a 3-line battle against the boss A. Pt18 is a variation pattern with a 3-line battle against 1-line SP to 3-line SP and boss B. Pt19 is a variation pattern with a 4-line battle against 1-line SP to 3-line SP and boss A. Pt20 is a variation pattern with 1-line SP to 3-line SP and 3-line battle and 4-line battle to fight boss A. Pt21 is a variation pattern with a 4-line battle against 1-line SP to 3-line SP and boss B. Pt22 is a variation pattern with 1-line SP to 3-line SP and 3-line battle and 4-line battle to fight boss B.

また、図8-1(A)に示すように、この実施の形態では、特別図柄の可変表示結果が大当り図柄になる場合に対応した変動パターンとして、Pt33~Pt42の変動パターンが用意されている。Pt33はノーマルリーチを伴う変動パターンであり、Pt34~Pt42はスーパーリーチを伴う変動パターンである。 Further, as shown in FIG. 8-1 (A), in this embodiment, the fluctuation patterns of Pt33 to Pt42 are prepared as the fluctuation patterns corresponding to the case where the variable display result of the special symbol becomes the jackpot symbol. .. Pt33 is a variation pattern with normal reach, and Pt34 to Pt42 are variation patterns with super reach.

Pt34は、1ラインSPを伴う変動パターンである。Pt35は、1ラインSPおよび2ラインSPを伴う変動パターンである。Pt36は、1ラインSP~3ラインSPを伴う変動パターンである。Pt37は、1ラインSP~3ラインSPおよびボスAと戦う3ラインバトルを伴う変動パターンである。Pt38は、1ラインSP~3ラインSPおよびボスBと戦う3ラインバトルを伴う変動パターンである。Pt39は、1ラインSP~3ラインSPおよびボスAと戦う4ラインバトルを伴う変動パターンである。Pt40は、1ラインSP~3ラインSPと、ボスAと戦う3ラインバトルおよび4ラインバトルを伴う変動パターンである。Pt41は、1ラインSP~3ラインSPおよびボスBと戦う4ラインバトルを伴う変動パターンである。Pt42は、1ラインSP~3ラインSPと、ボスBと戦う3ラインバトルおよび4ラインバトルを伴う変動パターンである。 Pt34 is a variation pattern with one line SP. Pt35 is a variation pattern with a 1-line SP and a 2-line SP. Pt36 is a variation pattern with 1-line SP to 3-line SP. Pt37 is a variation pattern with a 3-line battle against 1-line SP to 3-line SP and boss A. Pt38 is a variation pattern with a 3-line battle against 1-line SP to 3-line SP and boss B. Pt39 is a variation pattern with a 4-line battle against 1-line SP to 3-line SP and boss A. Pt40 is a variation pattern with 1-line SP to 3-line SP and 3-line battle and 4-line battle to fight boss A. Pt41 is a variation pattern with a 4-line battle against 1-line SP to 3-line SP and boss B. Pt42 is a variation pattern with 1-line SP to 3-line SP and 3-line battle and 4-line battle to fight boss B.

また、図8-1(B)に示すように、この実施の形態では、ラインDにおいてリーチ状態となるタイミングとして、3ラインSPにおいて第3キャラクタを用いた演出を行っている期間中の第1タイミングと、3ラインバトルにおいて第1キャラクタ~第3キャラクタが敵キャラクタと戦う演出を行っている期間中の第2タイミング(第1タイミングよりも遅いタイミング)とが設けられている。図示するように、Pt19,Pt21,Pt39,Pt41は第1タイミングにおいてラインDがリーチ状態となる変動パターンであり、Pt20,Pt22,Pt40,Pt42は第2タイミングにおいてラインDがリーチ状態となる変動パターンである。 Further, as shown in FIG. 8-1 (B), in this embodiment, as the timing of reaching the reach state in the line D, the first effect during the period in which the third character is used in the 3 line SP is performed. The timing and the second timing (timing later than the first timing) during the period in which the first character to the third character fight against the enemy character in the three-line battle are provided. As shown in the figure, Pt19, Pt21, Pt39, and Pt41 are fluctuation patterns in which the line D is in the reach state at the first timing, and Pt20, Pt22, Pt40, and Pt42 are fluctuation patterns in which the line D is in the reach state at the second timing. Is.

また、図8-1(B)に示すように、可変表示結果がはずれ図柄となる場合の選択割合はPt19>Pt20>Pt21>Pt22であり、可変表示結果が大当り図柄となる場合の選択割合はPt39<Pt40<Pt41<Pt42である。これにより、第2タイミングにおいてラインDがリーチ状態となる場合の方が、第1タイミングにおいてラインDがリーチ状態となる場合よりも、大当りとなる割合が高くなっている。 Further, as shown in FIG. 8-1 (B), the selection ratio when the variable display result is an out-of-order symbol is Pt19> Pt20> Pt21> Pt22, and the selection ratio when the variable display result is a jackpot symbol is Pt39 <Pt40 <Pt41 <Pt42. As a result, the rate of big hits is higher in the case where the line D is in the reach state at the second timing than in the case where the line D is in the reach state at the first timing.

なお、この実施の形態では、変動パターンは、まず、変動パターン種別判定用乱数(ランダム2)を用いて変動パターン種別を決定し、変動パターン判定用乱数(ランダム3)を用いて、決定した変動パターン種別に含まれるいずれかの変動パターンに決定する。そのように、この実施の形態では、2段階の抽選処理によって変動パターンが決定される。 In this embodiment, the variation pattern is first determined by using the random number for determining the variation pattern type (random 2), and the variation is determined by using the random number for determining the variation pattern (random 3). Determine one of the fluctuation patterns included in the pattern type. As such, in this embodiment, the variation pattern is determined by a two-step lottery process.

なお、変動パターン種別とは、複数の変動パターンをその変動態様の特徴に従ってグループ化したものである。例えば、複数の変動パターンをリーチの種類でグループ化して、ノーマルリーチを伴う変動パターンを含む変動パターン種別と、スーパーリーチAを伴う変動パターンを含む変動パターン種別と、スーパーリーチBを伴う変動パターンを含む変動パターン種別とに分けてもよい。また、例えば、複数の変動パターンを擬似連の再変動の回数でグループ化して、擬似連を伴わない変動パターンを含む変動パターン種別と、再変動1回の変動パターンを含む変動パターン種別と、再変動2回の変動パターンを含む変動パターン種別と、再変動3回の変動パターンを含む変動パターン種別とに分けてもよい。また、例えば、複数の変動パターンを擬似連や滑り演出などの特定演出の有無でグループ化してもよい。 The variation pattern type is a group of a plurality of variation patterns according to the characteristics of the variation mode. For example, a plurality of fluctuation patterns are grouped by reach type to include a fluctuation pattern type including a fluctuation pattern with normal reach, a fluctuation pattern type including a fluctuation pattern with super reach A, and a fluctuation pattern with super reach B. It may be divided into fluctuation pattern types. Further, for example, a plurality of fluctuation patterns are grouped by the number of re-variations of the pseudo-ream, and a fluctuation pattern type including a fluctuation pattern without a pseudo-ream, a fluctuation pattern type including a fluctuation pattern of one re-variation, and a re-variation are performed. It may be divided into a fluctuation pattern type including a fluctuation pattern of two fluctuations and a fluctuation pattern type including a fluctuation pattern of three re-variations. Further, for example, a plurality of fluctuation patterns may be grouped according to the presence or absence of a specific effect such as a pseudo-ream or a slip effect.

(可変表示開始設定処理)
図8-2は、図7に示された演出制御プロセス処理における可変表示開始設定処理(ステップS171)を示すフローチャートである。可変表示開始設定処理において、演出制御用CPU120は、まず、変動パターンコマンド格納領域から変動パターンコマンドを読み出す(ステップ50IWS201)。
(Variable display start setting process)
FIG. 8-2 is a flowchart showing the variable display start setting process (step S171) in the effect control process process shown in FIG. 7. In the variable display start setting process, the effect control CPU 120 first reads the variable pattern command from the variable pattern command storage area (step 50IWS201).

ステップ50IWS202Aにおいて、演出制御用CPU120は、ステップ50IWS201で読み出した変動パターンコマンド、および表示結果指定コマンド格納領域に格納されているデータ(すなわち、受信した表示結果指定コマンド)に応じて飾り図柄の表示結果(停止図柄)を決定する停止図柄決定処理を行う(ステップ50IWS202A)。すなわち、演出制御用CPU120によってステップ50IWS202Aの処理が実行されることによって、可変表示パターン決定手段が決定した可変表示パターン(変動パターン)に応じて、識別情報の可変表示の表示結果(飾り図柄の停止図柄)を決定する表示結果決定手段が実現される。なお、演出制御用CPU120は、決定した飾り図柄の停止図柄を示すデータを飾り図柄表示結果格納領域に格納する。 In step 50IWS202A, the effect control CPU 120 displays a decorative pattern according to the variation pattern command read in step 50IWS201 and the data stored in the display result designation command storage area (that is, the received display result designation command). A stop symbol determination process for determining (stop symbol) is performed (step 50IWS202A). That is, by executing the process of step 50IWS202A by the effect control CPU 120, the display result of the variable display of the identification information (stop of the decorative pattern) according to the variable display pattern (variable pattern) determined by the variable display pattern determining means. A display result determining means for determining a symbol) is realized. The effect control CPU 120 stores data indicating the determined stop symbol of the decorative symbol in the decorative symbol display result storage area.

その後、演出制御用CPU120は、スーパーリーチ演出において表示するキャラクタを決定するためのSP用キャラクタ設定処理を行い(ステップ50IWS202B)、特殊演出の演出態様を決定するためのSP用キャラクタ設定処理を行う(ステップ50IWS202C)。 After that, the effect control CPU 120 performs SP character setting processing for determining the character to be displayed in the super reach effect (step 50IWS202B), and performs SP character setting process for determining the effect mode of the special effect (step 50IWS202B). Step 50 IWS202C).

次いで、演出制御用CPU120は、飾り図柄の変動表示中に画像表示装置5において予告演出(例えば、セリフ予告演出、ステップアップ予告演出、ミニキャラ予告演出、群予告演出)を実行するか否かを決定する予告演出設定処理を実行する(ステップ50IWS203)。 Next, the effect control CPU 120 determines whether or not to execute a notice effect (for example, a dialogue notice effect, a step-up notice effect, a mini character notice effect, a group notice effect) on the image display device 5 during the variable display of the decorative pattern. The advance notice effect setting process is executed (step 50IWS203).

次いで、演出制御用CPU120は、変動パターンおよび予告演出の実行が決定されている場合であれば、実行が決定されている予告演出に応じたプロセステーブルを選択する(ステップ50IWS214)。そして、演出制御用CPU120は、選択したプロセステーブルのプロセスデータ1におけるプロセスタイマをスタートさせる(ステップ50IWS215)。 Next, if the execution of the variation pattern and the advance notice effect is determined, the effect control CPU 120 selects the process table according to the advance notice effect for which the execution is determined (step 50IWS214). Then, the effect control CPU 120 starts the process timer in the process data 1 of the selected process table (step 50IWS215).

プロセステーブルとは、演出制御用CPU120が演出装置の制御を実行する際に参照するプロセスデータが設定されたテーブルである。すなわち、演出制御用CPU120は、プロセステーブルに設定されているプロセスデータに従って画像表示装置5等の演出装置(演出用部品)の制御を行う。プロセステーブルは、プロセスタイマ設定値と表示制御実行データ、ランプ制御実行データおよび音番号データの組み合わせが複数集まったデータで構成されている。表示制御実行データには、飾り図柄の可変表示の可変表示時間(変動時間)中の変動態様を構成する各変動の態様を示すデータ等が記載されている。具体的には、画像表示装置5の表示画面の変更に関わるデータが記載されている。また、プロセスタイマ設定値には、その変動の態様での変動時間が設定されている。演出制御用CPU120は、プロセステーブルを参照し、プロセスタイマ設定値に設定されている時間だけ表示制御実行データに設定されている変動の態様で飾り図柄を表示させる制御を行う。また、プロセステーブルは、演出制御基板12におけるROM121に格納されている。また、プロセステーブルは、各変動パターンに応じて用意されている。 The process table is a table in which process data to be referred to when the effect control CPU 120 executes control of the effect device is set. That is, the effect control CPU 120 controls the effect device (effect component) such as the image display device 5 according to the process data set in the process table. The process table is composed of data in which a plurality of combinations of process timer setting values, display control execution data, lamp control execution data, and sound number data are collected. The display control execution data includes data and the like indicating each variation mode constituting the variation mode during the variable display time (variation time) of the variable display of the decorative symbol. Specifically, the data related to the change of the display screen of the image display device 5 is described. Further, in the process timer set value, the fluctuation time in the mode of the fluctuation is set. The effect control CPU 120 refers to the process table and controls the display control to display the decorative pattern in the variable mode set in the display control execution data only for the time set in the process timer set value. Further, the process table is stored in the ROM 121 of the effect control board 12. In addition, the process table is prepared according to each fluctuation pattern.

なお、リーチ演出を伴う変動パターンについて演出制御を実行する場合に用いられるプロセステーブルには、変動開始から所定時間が経過したときに左図柄を停止表示させ、さらに所定時間が経過すると右図柄を停止表示させることを示すプロセスデータが設定されている。なお、停止表示させる図柄をプロセステーブルに設定するのではなく、決定された停止図柄、擬似連や滑り演出における仮停止図柄に応じて、図柄を表示するための画像を合成して生成するようにしてもよい。 In the process table used to execute the effect control for the fluctuation pattern accompanied by the reach effect, the left symbol is stopped and displayed when a predetermined time has elapsed from the start of the fluctuation, and the right symbol is stopped when the predetermined time elapses. Process data indicating that it is to be displayed is set. In addition, instead of setting the symbol to be stopped and displayed in the process table, the image for displaying the symbol is synthesized and generated according to the determined stop symbol, the pseudo-ream, and the temporary stop symbol in the sliding effect. You may.

また、演出制御用CPU120は、プロセスデータ1の内容(表示制御実行データ1、ランプ制御実行データ1、音番号データ1)に従って演出装置(演出用部品としての画像表示装置5、演出用部品としての各種ランプおよび演出用部品としてのスピーカ8L,8R)の制御を実行する(ステップ50IWS216)。 Further, the effect control CPU 120 serves as an effect device (image display device 5 as an effect component, effect component 5) according to the contents of the process data 1 (display control execution data 1, lamp control execution data 1, sound number data 1). Control of various lamps and speakers 8L, 8R as production parts) is executed (step 50IWS216).

なお、この特徴部50IWでは、演出制御用CPU120は、変動パターンコマンドに1対1に対応する変動パターンによる飾り図柄の可変表示が行われるように制御するが、演出制御用CPU120は、変動パターンコマンドに対応する複数種類の変動パターンから、使用する変動パターンを選択するようにしてもよい。 In the feature unit 50IW, the effect control CPU 120 controls the variation pattern command so that the decorative pattern is variably displayed according to the variation pattern corresponding to one-to-one, while the effect control CPU 120 controls the variation pattern command. The fluctuation pattern to be used may be selected from a plurality of types of fluctuation patterns corresponding to the above.

次いで、演出制御用CPU120は、変動時間タイマに、変動パターンコマンドで特定される変動時間に相当する値を設定する(ステップ50IWS217)。そして、演出制御用CPU120は、演出プロセスフラグの値を“2”に更新し(ステップ50IWS218)、可変表示開始設定処理を終了する。 Next, the effect control CPU 120 sets a value corresponding to the fluctuation time specified by the fluctuation pattern command in the fluctuation time timer (step 50IWS217). Then, the effect control CPU 120 updates the value of the effect process flag to “2” (step 50IWS218), and ends the variable display start setting process.

図8-3は、停止図柄決定処理(ステップ50IWS202A)を示すフローチャートである。停止図柄決定処理において、演出制御用CPU120は、まず、リーチ変動であるか否かを判定し(ステップ50IWS221)、リーチ変動でない場合には、ステップ50IWS201で読み出した変動パターンコマンド、および表示結果指定コマンド格納領域に格納されているデータ(すなわち、受信した表示結果指定コマンド)に応じて飾り図柄の表示結果(停止図柄)を決定する(ステップ50IWS230)。 FIG. 8-3 is a flowchart showing the stop symbol determination process (step 50IWS202A). In the stop symbol determination process, the effect control CPU 120 first determines whether or not the reach variation occurs (step 50IWS221), and if it is not the reach variation, the variation pattern command read in step 50IWS201 and the display result designation command. The display result (stop symbol) of the decorative symbol is determined according to the data stored in the storage area (that is, the received display result designation command) (step 50IWS230).

ステップ50IWS230において、演出制御用CPU120は、例えば、停止図柄を決定するための乱数を抽出し、飾り図柄の組み合わせを示すデータと数値とが対応付けられている停止図柄決定テーブルを用いて、飾り図柄の停止図柄を決定する。すなわち、抽出した乱数に一致する数値に対応する飾り図柄の組み合わせを示すデータを選択することによって停止図柄を決定する。 In step 50IWS230, the effect control CPU 120 extracts, for example, a random number for determining a stop symbol, and uses a stop symbol determination table in which data indicating a combination of decorative symbols is associated with a numerical value, and the decorative symbol is used. Determine the stop symbol of. That is, the stop symbol is determined by selecting the data indicating the combination of the decorative symbols corresponding to the numerical value corresponding to the extracted random number.

リーチ変動である場合、演出制御用CPU120は、ラインAにおけるリーチ図柄(以下、「第1リーチ図柄」ということがある)を決定するための第1リーチ図柄決定抽選を行う(ステップ50IWS222)。具体的に、図8-4(A)に示す第1リーチ図柄決定抽選テーブルを用いて、第1リーチ図柄を決定する。 In the case of reach variation, the effect control CPU 120 performs a first reach symbol determination lottery for determining a reach symbol (hereinafter, may be referred to as “first reach symbol”) in line A (step 50IWS222). Specifically, the first reach symbol is determined using the first reach symbol determination lottery table shown in FIG. 8-4 (A).

図8-4(A)は、第1リーチ図柄決定抽選テーブルを示す説明図である。図8-4(A)に示す第1リーチ図柄決定抽選テーブルでは、可変表示結果(大当り、はずれ)毎に第1リーチ図柄に対する判定値が割り振られている。 FIG. 8-4 (A) is an explanatory diagram showing a first reach symbol determination lottery table. In the first reach symbol determination lottery table shown in FIG. 8-4 (A), a determination value for the first reach symbol is assigned to each variable display result (big hit, miss).

例えば、可変表示結果がはずれである場合、15%の割合で「1」を、20%の割合で「2」を、7%の割合で「3」を、20%の割合で「4」を、15%の割合で「5」を、20%の割合で「6」を、3%の割合で「7」を、第1リーチ図柄として決定する。 For example, if the variable display result is out of order, "1" at a rate of 15%, "2" at a rate of 20%, "3" at a rate of 7%, and "4" at a rate of 20%. , "5" at a rate of 15%, "6" at a rate of 20%, and "7" at a rate of 3% are determined as the first reach symbol.

また例えば、可変表示結果が大当りである場合、15%の割合で「1」を、6%の割合で「2」を、22%の割合で「3」を、6%の割合で「4」を、15%の割合で「5」を、6%の割合で「6」を、30%の割合で「7」を、第1リーチ図柄として決定する。 For example, when the variable display result is a big hit, "1" at a rate of 15%, "2" at a rate of 6%, "3" at a rate of 22%, and "4" at a rate of 6%. , "5" at a rate of 15%, "6" at a rate of 6%, and "7" at a rate of 30% are determined as the first reach symbol.

このように、可変表示結果がはずれである場合の選択割合は「7」<「3」<「1」,「5」<「2」,「4」,「6」となっており、可変表示結果が大当りである場合の選択割合は「7」>「3」>「1」,「5」>「2」,「4」,「6」となっている。これにより、第1リーチ図柄による大当り信頼度は「7」>「3」>「1」,「5」>「2」,「4」,「6」となっている。 In this way, when the variable display result is out of order, the selection ratio is "7" <"3" <"1", "5" <"2", "4", "6", and the variable display When the result is a big hit, the selection ratio is "7"> "3"> "1", "5"> "2", "4", "6". As a result, the jackpot reliability based on the first reach symbol is "7"> "3"> "1", "5"> "2", "4", and "6".

次いで、演出制御用CPU120は、中図柄を決定するための中図柄決定処理を行う(ステップ50IWS223)。なお、本実施の形態では単一のラインにてリーチ状態となった場合にも、複数のラインにてリーチ状態となった場合にも、最終的にはラインAを用いて大当りとなるか否かを示す演出が行われるものである。従って、中図柄決定処理では、大当り変動であれば第1リーチ図柄と同じ図柄を中図柄として決定し、はずれ変動であれば第1リーチ図柄と異なる図柄を中図柄として決定するものである。はずれ変動であれば、具体的に、第1リーチ図柄より「1」小さい値の図柄を中図柄として選択するものとする。なお、第1リーチ図柄が「1」の場合は中図柄として「7」を選択するものとする。 Next, the effect control CPU 120 performs a middle symbol determination process for determining the middle symbol (step 50IWS223). In addition, in this embodiment, whether or not the line A is finally used to make a big hit regardless of whether the player is in the reach state on a single line or the reach state on a plurality of lines. This is a production that shows whether or not. Therefore, in the middle symbol determination process, the same symbol as the first reach symbol is determined as the middle symbol in the case of a jackpot fluctuation, and a symbol different from the first reach symbol is determined as the middle symbol in the case of a missed variation. If it is an out-of-bounds fluctuation, specifically, a symbol having a value "1" smaller than that of the first reach symbol shall be selected as the middle symbol. When the first reach symbol is "1", "7" is selected as the middle symbol.

その後、演出制御用CPU120は、リーチ状態となるラインが1つである1ラインリーチ変動に対応する変動パターン(Pt14,Pt34)であるか否かを判定し(ステップ50IWS224)、1ラインリーチ変動に対応する変動パターンである場合、ステップ50IWS231へ移行する。1ラインリーチ変動に対応する変動パターンでない場合、演出制御用CPU120は、ラインB~ラインDにおけるリーチ図柄の規則を決定するためのリーチ図柄規則決定抽選を行う(ステップ50IWS225A)。具体的に、図8-4(B)~(D)に示すリーチ図柄規則決定抽選テーブルを用いて、リーチ図柄の規則を決定する。 After that, the effect control CPU 120 determines whether or not the variation pattern (Pt14, Pt34) corresponding to the one-line reach variation in which the line in the reach state is one is (step 50IWS224), and the one-line reach variation is achieved. If it is the corresponding variation pattern, the process proceeds to step 50IWS231. If the variation pattern does not correspond to one line reach variation, the effect control CPU 120 performs a reach symbol rule determination lottery for determining the rule of the reach symbol in the lines B to D (step 50IWS225A). Specifically, the reach symbol rule is determined using the reach symbol rule determination lottery table shown in FIGS. 8-4 (B) to (D).

図8-4(B)~(D)は、リーチ図柄規則決定抽選テーブルを示す説明図である。図8-4(B)~(D)に示すリーチ図柄規則決定抽選テーブルでは、可変表示結果(大当り、はずれ)毎にリーチ図柄規則(1つ前のリーチ図柄+1、1つ前のリーチ図柄-1)に対する判定値が割り振られている。 8-4 (B) to 8-4 (D) are explanatory views showing a reach symbol rule determination lottery table. In the reach symbol rule determination lottery table shown in FIGS. 8-4 (B) to (D), the reach symbol rule (previous reach symbol + 1, previous reach symbol-) is used for each variable display result (big hit, miss). Judgment values for 1) are assigned.

「1つ前のリーチ図柄」とは、第nリーチ図柄に対する第(n-1)リーチ図柄である。「1つ前のリーチ図柄+1」とは、第nリーチ図柄として、第(n-1)図柄に1加算した値の図柄を決定する規則である。その際、第(n-1)図柄に1加算した値が「8」である場合、「1」を第nリーチ図柄として決定するものである。また、「1つ前のリーチ図柄-1」とは、第nリーチ図柄として、第(n-1)図柄に1減算した値の図柄を決定する規則である。その際、第(n-1)図柄に1減算した値が「0」である場合、「7」を第nリーチ図柄として決定するものである。 The "previous reach symbol" is the (n-1) reach symbol for the nth reach symbol. The "previous reach symbol +1" is a rule for determining a symbol having a value obtained by adding 1 to the (n-1) th symbol as the nth reach symbol. At that time, when the value obtained by adding 1 to the (n-1) symbol is "8", "1" is determined as the nth reach symbol. Further, the "previous reach symbol-1" is a rule for determining a symbol having a value obtained by subtracting 1 from the (n-1) symbol as the nth reach symbol. At that time, when the value obtained by subtracting 1 from the (n-1) th symbol is "0", "7" is determined as the nth reach symbol.

図8-4(B)は、第1リーチ図柄が「1」~「3」のいずれかである場合に用いられるリーチ図柄規則決定抽選テーブルを示す説明図である。 FIG. 8-4 (B) is an explanatory diagram showing a reach symbol rule determination lottery table used when the first reach symbol is any one of “1” to “3”.

例えば、可変表示結果がはずれである場合、60%の割合で1つ前のリーチ図柄+1を、40%の割合で1つ前のリーチ図柄-1を、リーチ図柄規則として決定する。例えば、可変表示結果が大当りである場合、30%の割合で1つ前のリーチ図柄+1を、70%の割合で1つ前のリーチ図柄-1を、リーチ図柄規則として決定する。 For example, when the variable display result is out of alignment, the previous reach symbol +1 is determined at a rate of 60%, and the previous reach symbol -1 is determined at a rate of 40% as the reach symbol rule. For example, when the variable display result is a big hit, the previous reach symbol +1 is determined at a rate of 30%, and the previous reach symbol -1 is determined at a rate of 70% as the reach symbol rule.

これにより、第1リーチ図柄が「1」~「3」のいずれかである場合、1つ前のリーチ図柄-1の方が1つ前のリーチ図柄+1よりも大当りに対する信頼度が高い規則となっている。換言すれば、「7」図柄に近付くようにリーチ図柄が順に決定される場合の方が、「7」図柄から遠ざかるようにリーチ図柄が順に決定される場合よりも、大当りに対する信頼度が高い構成となっている。 As a result, when the first reach symbol is any of "1" to "3", the rule that the previous reach symbol -1 has higher reliability for the jackpot than the previous reach symbol +1. It has become. In other words, the case where the reach symbols are determined in order to approach the "7" symbol is more reliable than the case where the reach symbols are determined in order to move away from the "7" symbol. It has become.

図8-4(C)は、第1リーチ図柄が「4」~「6」のいずれかである場合に用いられるリーチ図柄規則決定抽選テーブルを示す説明図である。 FIG. 8-4 (C) is an explanatory diagram showing a reach symbol rule determination lottery table used when the first reach symbol is any one of “4” to “6”.

例えば、可変表示結果がはずれである場合、30%の割合で1つ前のリーチ図柄+1を、70%の割合で1つ前のリーチ図柄-1を、リーチ図柄規則として決定する。例えば、可変表示結果が大当りである場合、60%の割合で1つ前のリーチ図柄+1を、40%の割合で1つ前のリーチ図柄-1を、リーチ図柄規則として決定する。 For example, when the variable display result is out of alignment, the previous reach symbol +1 is determined at a rate of 30%, and the previous reach symbol -1 is determined at a rate of 70% as the reach symbol rule. For example, when the variable display result is a big hit, the previous reach symbol +1 is determined at a rate of 60%, and the previous reach symbol -1 is determined at a rate of 40% as the reach symbol rule.

これにより、第1リーチ図柄が「4」~「6」のいずれかである場合、1つ前のリーチ図柄+1の方が1つ前のリーチ図柄-1よりも大当りに対する信頼度が高い規則となっている。換言すれば、「7」図柄に近付くようにリーチ図柄が順に決定される場合の方が、「7」図柄から遠ざかるようにリーチ図柄が順に決定される場合よりも、大当りに対する信頼度が高い構成となっている。 As a result, when the first reach symbol is any of "4" to "6", the rule that the previous reach symbol +1 has higher reliability for the jackpot than the previous reach symbol -1. It has become. In other words, the case where the reach symbols are determined in order to approach the "7" symbol is more reliable than the case where the reach symbols are determined in order to move away from the "7" symbol. It has become.

図8-4(D)は、第1リーチ図柄が7である場合に用いられるリーチ図柄規則決定抽選テーブルを示す説明図である。 FIG. 8-4 (D) is an explanatory diagram showing a reach symbol rule determination lottery table used when the first reach symbol is 7.

例えば、可変表示結果が大当り/はずれのいずれである場合にも、50%の割合で1つ前のリーチ図柄+1を、50%の割合で1つ前のリーチ図柄-1を、リーチ図柄規則として決定する。 For example, regardless of whether the variable display result is a big hit or a miss, 50% of the previous reach symbol +1 and 50% of the previous reach symbol -1 are used as the reach symbol rule. decide.

そして、演出制御用CPU120は、決定した規則に応じて、ラインBにおけるリーチ図柄(以下、「第2リーチ図柄」ということがある)を決定するための第2リーチ図柄決定処理を行う(ステップ50IWS225B)。例えば、決定した規則が1つ前のリーチ図柄-1であれば第1リーチ図柄を1減算した値を第2リーチ図柄とし、決定した規則が1つ前のリーチ図柄+1であれば第1リーチ図柄を1加算した値を第2リーチ図柄とする。 Then, the effect control CPU 120 performs a second reach symbol determination process for determining the reach symbol (hereinafter, may be referred to as “second reach symbol”) in the line B according to the determined rule (step 50IWS225B). ). For example, if the determined rule is the previous reach symbol -1, the value obtained by subtracting the first reach symbol by 1 is used as the second reach symbol, and if the determined rule is the previous reach symbol +1 the first reach. The value obtained by adding 1 to the symbol is defined as the second reach symbol.

その後、演出制御用CPU120は、リーチ状態となるラインが2つである2ラインリーチ変動に対応する変動パターン(Pt15,Pt35)であるか否かを判定し(ステップ50IWS226)、2ラインリーチ変動に対応する変動パターンである場合、ステップ50IWS231へ移行する。2ラインリーチ変動に対応する変動パターンでない場合、演出制御用CPU120は、ラインCにおけるリーチ図柄(以下、「第3リーチ図柄」ということがある)を決定するための第3リーチ図柄決定処理を行う(ステップ50IWS227)。例えば、決定した規則が1つ前のリーチ図柄-1であれば第2リーチ図柄を1減算した値を第3リーチ図柄とし、決定した規則が1つ前のリーチ図柄+1であれば第2リーチ図柄を1加算した値を第3リーチ図柄とする。 After that, the effect control CPU 120 determines whether or not the variation pattern (Pt15, Pt35) corresponding to the two-line reach variation in which the two lines are in the reach state is (step 50IWS226), and the two-line reach variation is performed. If it is the corresponding variation pattern, the process proceeds to step 50IWS231. When the variation pattern does not correspond to the two-line reach variation, the effect control CPU 120 performs a third reach symbol determination process for determining the reach symbol in the line C (hereinafter, may be referred to as “third reach symbol”). (Step 50IWS227). For example, if the determined rule is the previous reach symbol -1, the value obtained by subtracting the second reach symbol by 1 is used as the third reach symbol, and if the determined rule is the previous reach symbol +1 the second reach. The value obtained by adding 1 to the symbol is defined as the third reach symbol.

その後、演出制御用CPU120は、リーチ状態となるラインが3つである3ラインリーチ変動に対応する変動パターン(Pt16~Pt18,Pt36~Pt38)であるか否かを判定し(ステップ50IWS228)、3ラインリーチ変動に対応する変動パターンである場合、ステップ50IWS231へ移行する。3ラインリーチ変動に対応する変動パターンでない場合、演出制御用CPU120は、ラインDにおけるリーチ図柄(以下、「第4リーチ図柄」ということがある)を決定するための第4リーチ図柄決定処理を行う(ステップ50IWS229)。例えば、決定した規則が1つ前のリーチ図柄-1であれば第3リーチ図柄を1減算した値を第4リーチ図柄とし、決定した規則が1つ前のリーチ図柄+1であれば第3リーチ図柄を1加算した値を第4リーチ図柄とする。 After that, the effect control CPU 120 determines whether or not the variation pattern (Pt16 to Pt18, Pt36 to Pt38) corresponding to the three-line reach variation having three lines in the reach state is determined (step 50IWS228), 3 If the fluctuation pattern corresponds to the line reach fluctuation, the process proceeds to step 50IWS231. When the variation pattern does not correspond to the three-line reach variation, the effect control CPU 120 performs a fourth reach symbol determination process for determining the reach symbol in the line D (hereinafter, may be referred to as “fourth reach symbol”). (Step 50IWS229). For example, if the determined rule is the previous reach symbol -1, the value obtained by subtracting the third reach symbol by 1 is used as the fourth reach symbol, and if the determined rule is the previous reach symbol +1 the third reach. The value obtained by adding 1 to the symbol is defined as the 4th reach symbol.

その後、演出制御用CPU120は、決定結果を設定する(ステップ50IWS231)。 After that, the effect control CPU 120 sets the determination result (step 50IWS231).

図8-5は、SP用キャラクタ決定処理(ステップ50IWS202B)を示すフローチャートである。SP用キャラクタ決定処理において、演出制御用CPU120は、まず、SPリーチ変動であるか否かを判定し(ステップ50IWS241)、SPリーチ変動でない場合にはそのまま処理を終了する。 FIG. 8-5 is a flowchart showing the SP character determination process (step 50IWS202B). In the SP character determination process, the effect control CPU 120 first determines whether or not the SP reach variation occurs (step 50IWS241), and if it is not the SP reach variation, the process ends as it is.

SPリーチ変動である場合、演出制御用CPU120は、第1キャラクタを決定するための第1キャラクタ決定抽選を行う(ステップ50IWS242)。具体的に、図8-6(A)に示す第1キャラクタ決定抽選テーブルを用いて、第1キャラクタを決定する。 In the case of SP reach variation, the effect control CPU 120 performs a first character determination lottery for determining the first character (step 50IWS242). Specifically, the first character is determined using the first character determination lottery table shown in FIG. 8-6 (A).

図8-6(A)は、第1キャラクタ決定抽選テーブルを示す説明図である。図8-6(A)に示す第1キャラクタ決定抽選テーブルでは、可変表示結果(大当り、はずれ)毎に第1キャラクタ(キャラクタA~キャラクタE)に対する判定値が割り振られている。 FIG. 8-6 (A) is an explanatory diagram showing a first character determination lottery table. In the first character determination lottery table shown in FIG. 8-6 (A), determination values for the first character (characters A to E) are assigned to each variable display result (big hit, miss).

例えば、可変表示結果がはずれである場合、10%の割合でキャラクタAを、15%の割合でキャラクタBを、20%の割合でキャラクタCを、25%の割合でキャラクタDを、30%の割合でキャラクタEを、第1キャラクタとして決定する。 For example, if the variable display result is off, character A at a rate of 10%, character B at a rate of 15%, character C at a rate of 20%, character D at a rate of 25%, and character D at a rate of 30%. Character E is determined as the first character by the ratio.

例えば、可変表示結果が大当りである場合、30%の割合でキャラクタAを、25%の割合でキャラクタBを、20%の割合でキャラクタCを、15%の割合でキャラクタDを、10%の割合でキャラクタEを、第1キャラクタとして決定する。 For example, if the variable display result is a big hit, 30% of the characters A, 25% of the characters B, 20% of the characters C, 15% of the characters D, and 10% of the characters. Character E is determined as the first character by the ratio.

これにより、キャラクタ毎の大当りに対する信頼度は、キャラクタA>キャラクタB>キャラクタC>キャラクタD>キャラクタEとなっている。 As a result, the reliability of the jackpot for each character is character A> character B> character C> character D> character E.

その後、演出制御用CPU120は、1ラインリーチ変動に対応する変動パターン(Pt14,Pt34)であるか否かを判定し(ステップ50IWS243)、1ラインリーチ変動に対応する変動パターンである場合、ステップ50IWS249Bへ移行する。1ラインリーチ変動に対応する変動パターンでない場合、演出制御用CPU120は、ラインB~ラインDにおけるキャラクタの規則を決定するためのキャラクタ規則決定抽選を行う(ステップ50IWS244A)。具体的に、図8-6(B)に示すキャラクタ規則決定抽選テーブルを用いて、キャラクタの規則を決定する。 After that, the effect control CPU 120 determines whether or not the variation pattern (Pt14, Pt34) corresponds to the one-line reach variation (step 50IWS243), and if the variation pattern corresponds to the one-line reach variation, step 50IWS249B. Move to. If it is not a variation pattern corresponding to one line reach variation, the effect control CPU 120 performs a character rule determination lottery for determining a character rule in lines B to D (step 50IWS244A). Specifically, the character rule is determined using the character rule determination lottery table shown in FIG. 8-6 (B).

図8-6(B)は、キャラクタ規則決定抽選テーブルを示す説明図である。図8-6(B)に示すキャラクタ規則決定抽選テーブルでは、可変表示結果(大当り、はずれ)毎にキャラクタ規則(上位キャラクタ、下位キャラクタ)に対する判定値が割り振られている。 FIG. 8-6 (B) is an explanatory diagram showing a character rule determination lottery table. In the character rule determination lottery table shown in FIG. 8-6 (B), determination values for character rules (upper character, lower character) are assigned to each variable display result (big hit, miss).

本実施の形態では、大当りに対する信頼度が異なる複数のキャラクタを表示可能であるよう構成されており(具体的に、大当りに対する信頼度は、キャラクタA>キャラクタB>キャラクタC>キャラクタD>キャラクタE)、大当りに対する信頼度が高いキャラクタであるほど上位のキャラクタ、大当りに対する信頼度が低いキャラクタであるほど下位のキャラクタであることとして説明する。 In the present embodiment, it is configured to be able to display a plurality of characters having different reliability for big hits (specifically, the reliability for big hits is Character A> Character B> Character C> Character D> Character E. ), The higher the reliability of the jackpot, the higher the character, and the lower the reliability of the jackpot, the lower the character.

キャラクタ規則としての「上位キャラクタ」とは、第nキャラクタとして、第(n-1)キャラクタより1段階だけ上位のキャラクタを決定する規則である。なお、「上位キャラクタ」が決定され、第(n-1)キャラクタがキャラクタAである場合、第nキャラクタとしてはキャラクタEが例外的に決定されるものである。 The "upper character" as a character rule is a rule for determining a character one step higher than the (n-1) th character as the nth character. When the "upper character" is determined and the (n-1) th character is the character A, the character E is exceptionally determined as the nth character.

キャラクタ規則としての「下位キャラクタ」とは、第nキャラクタとして、第(n-1)キャラクタより1段階だけ下位のキャラクタを決定する規則である。なお、「下位キャラクタ」が決定され、第(n-1)キャラクタがキャラクタEである場合、第nキャラクタとしてはキャラクタAが例外的に決定されるものである。 The "lower character" as a character rule is a rule for determining a character one step lower than the (n-1) th character as the nth character. When the "lower character" is determined and the (n-1) th character is the character E, the character A is exceptionally determined as the nth character.

例えば、可変表示結果がはずれである場合、40%の割合で上位キャラクタを、60%の割合で下位キャラクタを、キャラクタ規則として決定する。例えば、可変表示結果が大当りである場合、70%の割合で上位キャラクタを、30%の割合で下位キャラクタを、キャラクタ規則として決定する。 For example, when the variable display result is out of alignment, the upper character is determined at a rate of 40% and the lower character is determined at a rate of 60% as a character rule. For example, when the variable display result is a big hit, the upper character is determined at a rate of 70% and the lower character is determined at a rate of 30% as a character rule.

そして、演出制御用CPU120は、決定した規則に応じて、第2キャラクタを決定するための第2キャラクタ決定処理を行う(ステップ50IWS244B)。例えば、決定した規則が上位キャラクタであれば第1キャラクタより1段階上位のキャラクタを第2キャラクタとし、決定した規則が下位キャラクタであれば第1キャラクタより1段階下位のキャラクタを第2キャラクタとする。 Then, the effect control CPU 120 performs a second character determination process for determining the second character according to the determined rule (step 50IWS244B). For example, if the determined rule is a higher character, the character one step higher than the first character is set as the second character, and if the determined rule is a lower character, the character one step lower than the first character is set as the second character. ..

その後、演出制御用CPU120は、2ラインリーチ変動に対応する変動パターン(Pt15,Pt35)であるか否かを判定し(ステップ50IWS245)、2ラインリーチ変動に対応する変動パターンである場合、ステップ50IWS249Aへ移行する。2ラインリーチ変動に対応する変動パターンでない場合、演出制御用CPU120は、第3キャラクタを決定するための第3キャラクタ決定処理を行う(ステップ50IWS246)。例えば、決定した規則が上位キャラクタであれば第2キャラクタより1段階上位のキャラクタを第3キャラクタとし、決定した規則が下位キャラクタであれば第2キャラクタより1段階下位のキャラクタを第3キャラクタとする。 After that, the effect control CPU 120 determines whether or not the variation pattern (Pt15, Pt35) corresponds to the 2-line reach variation (step 50IWS245), and if the variation pattern corresponds to the 2-line reach variation, step 50IWS249A. Move to. If the variation pattern does not correspond to the two-line reach variation, the effect control CPU 120 performs a third character determination process for determining the third character (step 50IWS246). For example, if the determined rule is a higher character, the character one step higher than the second character is set as the third character, and if the determined rule is a lower character, the character one step lower than the second character is set as the third character. ..

その後、演出制御用CPU120は、3ラインリーチ変動に対応する変動パターン(Pt16~Pt18,Pt36~Pt38)であるか否かを判定し(ステップ50IWS247)、3ラインリーチ変動に対応する変動パターンである場合、ステップ50IWS249Aへ移行する。3ラインリーチ変動に対応する変動パターンでない場合、演出制御用CPU120は、第4キャラクタを決定するための第4キャラクタ決定処理を行う(ステップ50IWS248)。例えば、決定した規則が上位キャラクタであれば第3キャラクタより1段階上位のキャラクタを第4キャラクタとし、決定した規則が下位キャラクタであれば第3キャラクタより1段階下位のキャラクタを第4キャラクタとする。 After that, the effect control CPU 120 determines whether or not the variation pattern corresponds to the 3-line reach variation (Pt16 to Pt18, Pt36 to Pt38) (step 50IWS247), and is the variation pattern corresponding to the 3-line reach variation. If so, the process proceeds to step 50IWS249A. If the variation pattern does not correspond to the three-line reach variation, the effect control CPU 120 performs a fourth character determination process for determining the fourth character (step 50IWS248). For example, if the determined rule is a higher character, the character one step higher than the third character is the fourth character, and if the determined rule is the lower character, the character one step lower than the third character is the fourth character. ..

その後、演出制御用CPU120は、リーチラインを増加する際にリーチライン増加表示を表示するか否かを決定するためのリーチライン増加表示抽選を実行する(ステップ50IWS249A)。リーチライン増加表示としては、リーチラインを増加することを示すアイコン表示を透過する態様で表示し、その後、透過度合いを低下させてはっきりと表示するものである。具体的に、図8-6(C),(D)に示すリーチライン増加表示決定抽選テーブルを用いて、リーチライン増加表示の有無を決定する。 After that, the effect control CPU 120 executes a reach line increase display lottery for determining whether or not to display the reach line increase display when the reach line is increased (step 50IWS249A). As the reach line increase display, an icon display indicating that the reach line is increased is displayed in a transparent manner, and then the degree of transparency is reduced to clearly display the icon display. Specifically, the presence / absence of the reach line increase display is determined using the reach line increase display determination lottery table shown in FIGS. 8-6 (C) and 8-6 (D).

図8-6(C),(D)は、リーチライン増加表示決定抽選テーブルを示す説明図である。図8-6(C),(D)に示す第2キャラクタ決定抽選テーブルでは、リーチライン(ラインB、ラインC、ラインD)毎にリーチライン増加表示の有無に対する判定値が割り振られている。 8-6 (C) and 8-6 (D) are explanatory views showing a reach line increase display determination lottery table. In the second character determination lottery table shown in FIGS. 8-6 (C) and 8-6, determination values for the presence / absence of the reach line increase display are assigned to each reach line (line B, line C, line D).

図8-6(C)は、可変表示結果が大当りである場合に用いられるリーチライン増加表示決定抽選テーブルを示す説明図である。 FIG. 8-6 (C) is an explanatory diagram showing a reach line increase display determination lottery table used when the variable display result is a big hit.

例えば、増加するリーチラインがラインBである場合、80%の割合でリーチライン増加表示を表示することを、20%の割合でリーチライン増加表示を表示しないことを決定する。また例えば、増加するリーチラインがラインCである場合、70%の割合でリーチライン増加表示を表示することを、30%の割合でリーチライン増加表示を表示しないことを決定する。また例えば、増加するリーチラインがラインDである場合、60%の割合でリーチライン増加表示を表示することを、40%の割合でリーチライン増加表示を表示しないことを決定する。 For example, when the increasing reach line is line B, it is determined that the reach line increase display is displayed at a rate of 80% and that the reach line increase display is not displayed at a rate of 20%. Further, for example, when the increasing reach line is line C, it is determined that the reach line increase display is displayed at a rate of 70% and that the reach line increase display is not displayed at a rate of 30%. Further, for example, when the increasing reach line is the line D, it is determined that the reach line increase display is displayed at a rate of 60% and that the reach line increase display is not displayed at a rate of 40%.

図8-6(D)は、可変表示結果がはずれである場合に用いられるリーチライン増加表示決定抽選テーブルを示す説明図である。 FIG. 8-6 (D) is an explanatory diagram showing a reach line increase display determination lottery table used when the variable display result is out of alignment.

例えば、増加するリーチラインがラインBである場合、90%の割合でリーチライン増加表示を表示することを、10%の割合でリーチライン増加表示を表示しないことを決定する。また例えば、増加するリーチラインがラインCである場合、80%の割合でリーチライン増加表示を表示することを、20%の割合でリーチライン増加表示を表示しないことを決定する。また例えば、増加するリーチラインがラインDである場合、70%の割合でリーチライン増加表示を表示することを、30%の割合でリーチライン増加表示を表示しないことを決定する。 For example, if the increasing reach line is line B, it is determined that the reach line increase display is displayed at a rate of 90% and that the reach line increase display is not displayed at a rate of 10%. Further, for example, when the increasing reach line is line C, it is determined that the reach line increase display is displayed at a rate of 80% and that the reach line increase display is not displayed at a rate of 20%. Further, for example, when the increasing reach line is the line D, it is determined that the reach line increase display is displayed at a rate of 70% and that the reach line increase display is not displayed at a rate of 30%.

なお、ステップ50IWS249Aでは、リーチの増加が成功する場合におけるリーチライン増加表示の有無を決定するものであるから、2ラインリーチ変動~4ラインリーチ変動である場合に、リーチライン数だけリーチライン増加表示抽選が行われるものである。例えば、2ラインリーチ変動であれば、1ラインリーチ状態からラインBがリーチ状態となるときにリーチライン増加表示が行われるか否かを決定するものである。3ラインリーチ変動であれば、1ラインリーチ状態からラインBがリーチ状態となるときと、2ラインリーチ状態からラインCがリーチ状態となるときとでリーチライン増加表示が行われるか否かをそれぞれ決定するものである。4ラインリーチ変動であれば、1ラインリーチ状態からラインBがリーチ状態となるときと、2ラインリーチ状態からラインCがリーチ状態となるときと、3ラインリーチ状態からラインDがリーチ状態となるときとでリーチライン増加表示が行われるか否かをそれぞれ決定するものである。 In step 50IWS249A, the presence or absence of the reach line increase display when the reach increase is successful is determined. Therefore, when the reach line variation is 2 line reach variation to 4 line reach variation, the reach line increase display is performed by the number of reach lines. A lottery will be held. For example, in the case of a two-line reach variation, it is determined whether or not the reach line increase display is performed when the line B changes from the one-line reach state to the reach state. In the case of 3-line reach fluctuation, whether or not the reach line increase display is performed when line B is in the reach state from the 1-line reach state and when line C is in the reach state from the 2-line reach state, respectively. It is the one to decide. In the case of 4-line reach fluctuation, line B is in the reach state from the 1-line reach state, line C is in the reach state from the 2-line reach state, and line D is in the reach state from the 3-line reach state. It determines whether or not the reach line increase display is performed at times.

その後、演出制御用CPU120は、リーチの増加が失敗する場合におけるリーチライン増加ガセ表示の有無を決定するためのリーチライン増加ガセ表示抽選を実行する(ステップ50IWS249A)。リーチライン増加ガセ表示としては、例えば、リーチライン増加表示(リーチラインを増加することを示すアイコン表示)と同様の画像を透過する態様で表示し、その後消去するものである。具体的に、図8-6(E)に示すリーチライン増加ガセ表示抽選テーブルを用いて、リーチライン増加ガセ表示の有無を決定する。 After that, the effect control CPU 120 executes a reach line increase gasse display lottery for determining whether or not the reach line increase gasse display is present when the reach increase fails (step 50IWS249A). As the reach line increase display, for example, an image similar to the reach line increase display (icon display indicating that the reach line is increased) is displayed in a transparent manner and then erased. Specifically, the presence / absence of the reach line increase gasse display is determined using the reach line increase gasse display lottery table shown in FIG. 8-6 (E).

図8-6(E)は、リーチライン増加ガセ表示決定抽選テーブルを示す説明図である。図8-6(E)に示すリーチライン増加ガセ表示決定抽選テーブルでは、変動(1ラインリーチ変動、2ラインリーチ変動、3ラインリーチ変動)毎にリーチライン増加ガセ表示の有無に対する判定値が割り振られている。 FIG. 8-6 (E) is an explanatory diagram showing a reach line increase gasse display determination lottery table. In the lottery table for determining the reach line increase gasse display shown in FIG. 8-6 (E), the judgment value for the presence or absence of the reach line increase gasse display is assigned for each fluctuation (1 line reach variation, 2 line reach variation, 3 line reach variation). It has been.

例えば、1ラインリーチ変動である場合、30%の割合でラインAに対応する演出の終盤にリーチライン増加ガセ表示を表示することを、70%の割合でラインAに対応する演出の終盤にリーチライン増加ガセ表示を表示しないことを決定する。また例えば、2ラインリーチ変動である場合、50%の割合でラインBに対応する演出の終盤にリーチライン増加ガセ表示を表示することを、50%の割合でラインBに対応する演出の終盤にリーチライン増加ガセ表示を表示しないことを決定する。また例えば、3ラインリーチ変動である場合、70%の割合でラインCに対応する演出の終盤にリーチライン増加ガセ表示を表示することを、30%の割合でラインCに対応する演出の終盤にリーチライン増加ガセ表示を表示しないことを決定する。 For example, in the case of 1-line reach fluctuation, the reach line increase display is displayed at the end of the production corresponding to line A at a rate of 30%, and the reach at the end of the production corresponding to line A at a rate of 70%. Decide not to display the line increase display. Further, for example, in the case of a two-line reach fluctuation, displaying the reach line increase gasse display at the end of the production corresponding to line B at a rate of 50% is displayed at the end of the production corresponding to line B at a rate of 50%. Decide not to display the reach line increase display. Also, for example, in the case of a 3-line reach fluctuation, displaying the reach line increase gasse display at the end of the production corresponding to line C at a rate of 70% is displayed at the end of the production corresponding to line C at a rate of 30%. Decide not to display the reach line increase display.

その後、演出制御用CPU120は、決定結果を設定する(ステップ50IWS250)。 After that, the effect control CPU 120 sets the determination result (step 50IWS250).

図8-7は、特殊演出態様決定処理(ステップ50IWS202C)を示すフローチャートである。特殊演出態様決定処理において、演出制御用CPU120は、まず、特殊演出を伴う変動であるか否かを判定し(ステップ50IWS261)、特殊演出を伴う変動でない場合にはそのまま処理を終了する。 FIG. 8-7 is a flowchart showing a special effect mode determination process (step 50IWS202C). In the special effect mode determination process, the effect control CPU 120 first determines whether or not the variation is accompanied by a special effect (step 50IWS261), and if the variation is not accompanied by a special effect, the process is terminated as it is.

特殊演出を伴う変動である場合、演出制御用CPU120は、リーチライン特定数Kに「2」をセットし(ステップ50IWS262)、ランクアップチャンス演出においてランクアップさせるレベル(変化レベル)を決定するための変化レベル決定抽選を行う(ステップ50IWS263)。具体的に、図8-8(A)~(E)に示す変化レベル決定抽選テーブルを用いて、ランクアップチャンス演出における変化レベルを決定する。 In the case of a fluctuation accompanied by a special effect, the effect control CPU 120 sets "2" to the reach line specific number K (step 50IWS262), and determines the level (change level) to be ranked up in the rank-up chance effect. A change level determination lottery is performed (step 50IWS263). Specifically, the change level determination lottery table shown in FIGS. 8-8 (A) to 8-8 is used to determine the change level in the rank-up chance production.

図8-8(A)~(E)は、変化レベル決定抽選テーブルを示す説明図である。図8-8(A)~(E)に示す変化レベル決定抽選テーブルでは、可変表示結果(大当り、はずれ)およびリーチライン特定数Kに応じたリーチ図柄(「1」~「7」)毎に変化レベル(±0、+1、+2)に対する判定値が割り振られている。 8-8 (A) to 8-8 (E) are explanatory views showing a change level determination lottery table. In the change level determination lottery table shown in FIGS. 8-8 (A) to (E), for each reach symbol ("1" to "7") according to the variable display result (big hit, miss) and the specific number K of the reach line. Judgment values for change levels (± 0, +1, +2) are assigned.

図8-8(A)に示す変化レベル決定抽選テーブルは、リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するキャラクタ(第Kキャラクタ)がキャラクタAである場合に用いられる。 The change level determination lottery table shown in FIG. 8-8 (A) is used when the character (Kth character) corresponding to the reach line corresponding to the reach line specific number K is the character A.

まず、可変表示結果が大当りである場合について説明する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「1」であれば、40%の割合で±0を、60%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「2」であれば、70%の割合で±0を、30%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「3」であれば、20%の割合で±0を、80%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「4」であれば、70%の割合で±0を、30%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「5」であれば、40%の割合で±0を、60%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「6」であれば、70%の割合で±0を、30%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「7」であれば、10%の割合で±0を、70%の割合で+1を、20%の割合で+2を、変化レベルとして決定する。 First, a case where the variable display result is a big hit will be described. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "1", ± 0 is determined at a rate of 40% and +1 is determined at a rate of 60% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "2", ± 0 is determined at a rate of 70% and +1 is determined at a rate of 30% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "3", ± 0 is determined at a rate of 20% and +1 is determined at a rate of 80% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "4", ± 0 is determined at a rate of 70% and +1 is determined at a rate of 30% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "5", ± 0 is determined at a rate of 40% and +1 is determined at a rate of 60% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "6", ± 0 is determined at a rate of 70% and +1 is determined at a rate of 30% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "7", ± 0 at a rate of 10%, +1 at a rate of 70%, and a rate of 20%. +2 is determined as the change level.

次に、可変表示結果がはずれである場合について説明する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「1」であれば、60%の割合で±0を、40%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「2」であれば、80%の割合で±0を、20%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「3」であれば、40%の割合で±0を、60%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「4」であれば、80%の割合で±0を、20%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「5」であれば、60%の割合で±0を、40%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「6」であれば、80%の割合で±0を、20%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「7」であれば、30%の割合で±0を、60%の割合で+1を、10%の割合で+2を、変化レベルとして決定する。 Next, a case where the variable display result is out of alignment will be described. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "1", ± 0 is determined at a rate of 60% and +1 is determined at a rate of 40% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "2", ± 0 is determined at a rate of 80% and +1 is determined at a rate of 20% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "3", ± 0 is determined at a rate of 40% and +1 is determined at a rate of 60% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "4", ± 0 is determined at a rate of 80% and +1 is determined at a rate of 20% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "5", ± 0 is determined at a rate of 60% and +1 is determined at a rate of 40% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "6", ± 0 is determined at a rate of 80% and +1 is determined at a rate of 20% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "7", ± 0 at a rate of 30%, +1 at a rate of 60%, and a rate of 10%. +2 is determined as the change level.

図8-8(B)に示す変化レベル決定抽選テーブルは、リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するキャラクタ(第Kキャラクタ)がキャラクタBである場合に用いられる。 The change level determination lottery table shown in FIG. 8-8 (B) is used when the character (Kth character) corresponding to the reach line corresponding to the reach line specific number K is the character B.

まず、可変表示結果が大当りである場合について説明する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「1」であれば、41%の割合で±0を、59%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「2」であれば、71%の割合で±0を、29%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「3」であれば、21%の割合で±0を、79%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「4」であれば、71%の割合で±0を、29%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「5」であれば、41%の割合で±0を、59%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「6」であれば、71%の割合で±0を、29%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「7」であれば、13%の割合で±0を、69%の割合で+1を、18%の割合で+2を、変化レベルとして決定する。 First, a case where the variable display result is a big hit will be described. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "1", ± 0 is determined at a rate of 41% and +1 is determined at a rate of 59% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "2", ± 0 is determined at a rate of 71% and +1 is determined at a rate of 29% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "3", ± 0 is determined at a rate of 21% and +1 is determined at a rate of 79% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "4", ± 0 is determined at a rate of 71% and +1 is determined at a rate of 29% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "5", ± 0 is determined at a rate of 41% and +1 is determined at a rate of 59% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "6", ± 0 is determined at a rate of 71% and +1 is determined at a rate of 29% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "7", ± 0 at a rate of 13%, +1 at a rate of 69%, and a rate of 18%. +2 is determined as the change level.

次に、可変表示結果がはずれである場合について説明する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「1」であれば、61%の割合で±0を、39%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「2」であれば、81%の割合で±0を、19%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「3」であれば、41%の割合で±0を、59%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「4」であれば、81%の割合で±0を、19%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「5」であれば、61%の割合で±0を、39%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「6」であれば、81%の割合で±0を、19%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「7」であれば、33%の割合で±0を、59%の割合で+1を、8%の割合で+2を、変化レベルとして決定する。 Next, a case where the variable display result is out of alignment will be described. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "1", ± 0 is determined at a rate of 61% and +1 is determined at a rate of 39% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "2", ± 0 is determined at a rate of 81% and +1 is determined at a rate of 19% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "3", ± 0 is determined at a rate of 41% and +1 is determined at a rate of 59% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "4", ± 0 is determined at a rate of 81% and +1 is determined at a rate of 19% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "5", ± 0 is determined at a rate of 61% and +1 is determined at a rate of 39% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "6", ± 0 is determined at a rate of 81% and +1 is determined at a rate of 19% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "7", ± 0 at a rate of 33%, +1 at a rate of 59%, and a rate of 8%. +2 is determined as the change level.

図8-8(C)に示す変化レベル決定抽選テーブルは、リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するキャラクタ(第Kキャラクタ)がキャラクタCである場合に用いられる。 The change level determination lottery table shown in FIG. 8-8 (C) is used when the character (Kth character) corresponding to the reach line corresponding to the reach line specific number K is the character C.

まず、可変表示結果が大当りである場合について説明する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「1」であれば、42%の割合で±0を、58%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「2」であれば、72%の割合で±0を、28%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「3」であれば、22%の割合で±0を、78%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「4」であれば、72%の割合で±0を、28%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「5」であれば、42%の割合で±0を、58%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「6」であれば、72%の割合で±0を、28%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「7」であれば、16%の割合で±0を、68%の割合で+1を、16%の割合で+2を、変化レベルとして決定する。 First, a case where the variable display result is a big hit will be described. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "1", ± 0 is determined at a rate of 42% and +1 is determined at a rate of 58% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "2", ± 0 is determined at a rate of 72% and +1 is determined at a rate of 28% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "3", ± 0 is determined at a rate of 22% and +1 is determined at a rate of 78% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "4", ± 0 is determined at a rate of 72% and +1 is determined at a rate of 28% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "5", ± 0 is determined at a rate of 42% and +1 is determined at a rate of 58% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "6", ± 0 is determined at a rate of 72% and +1 is determined at a rate of 28% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "7", ± 0 at a rate of 16%, +1 at a rate of 68%, and a rate of 16%. +2 is determined as the change level.

次に、可変表示結果がはずれである場合について説明する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「1」であれば、62%の割合で±0を、38%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「2」であれば、82%の割合で±0を、18%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「3」であれば、42%の割合で±0を、58%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「4」であれば、82%の割合で±0を、18%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「5」であれば、62%の割合で±0を、38%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「6」であれば、82%の割合で±0を、18%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「7」であれば、36%の割合で±0を、58%の割合で+1を、6%の割合で+2を、変化レベルとして決定する。 Next, a case where the variable display result is out of alignment will be described. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "1", ± 0 is determined at a rate of 62% and +1 is determined at a rate of 38% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "2", ± 0 is determined at a rate of 82% and +1 is determined at a rate of 18% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "3", ± 0 is determined at a rate of 42% and +1 is determined at a rate of 58% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "4", ± 0 is determined at a rate of 82% and +1 is determined at a rate of 18% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "5", ± 0 is determined at a rate of 62% and +1 is determined at a rate of 38% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "6", ± 0 is determined at a rate of 82% and +1 is determined at a rate of 18% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "7", ± 0 at a rate of 36%, +1 at a rate of 58%, and a rate of 6%. +2 is determined as the change level.

図8-8(D)に示す変化レベル決定抽選テーブルは、リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するキャラクタ(第Kキャラクタ)がキャラクタDである場合に用いられる。 The change level determination lottery table shown in FIG. 8-8 (D) is used when the character (Kth character) corresponding to the reach line corresponding to the reach line specific number K is the character D.

まず、可変表示結果が大当りである場合について説明する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「1」であれば、43%の割合で±0を、57%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「2」であれば、73%の割合で±0を、27%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「3」であれば、23%の割合で±0を、77%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「4」であれば、73%の割合で±0を、27%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「5」であれば、43%の割合で±0を、57%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「6」であれば、73%の割合で±0を、27%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「7」であれば、19%の割合で±0を、67%の割合で+1を、14%の割合で+2を、変化レベルとして決定する。 First, a case where the variable display result is a big hit will be described. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "1", ± 0 is determined at a rate of 43% and +1 is determined at a rate of 57% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "2", ± 0 is determined at a rate of 73% and +1 is determined at a rate of 27% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "3", ± 0 is determined at a rate of 23% and +1 is determined at a rate of 77% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "4", ± 0 is determined at a rate of 73% and +1 is determined at a rate of 27% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "5", ± 0 is determined at a rate of 43% and +1 is determined at a rate of 57% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "6", ± 0 is determined at a rate of 73% and +1 is determined at a rate of 27% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "7", ± 0 at a rate of 19%, +1 at a rate of 67%, and a rate of 14%. +2 is determined as the change level.

次に、可変表示結果がはずれである場合について説明する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「1」であれば、63%の割合で±0を、37%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「2」であれば、83%の割合で±0を、17%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「3」であれば、43%の割合で±0を、57%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「4」であれば、83%の割合で±0を、17%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「5」であれば、63%の割合で±0を、37%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「6」であれば、83%の割合で±0を、17%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「7」であれば、39%の割合で±0を、57%の割合で+1を、4%の割合で+2を、変化レベルとして決定する。 Next, a case where the variable display result is out of alignment will be described. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "1", ± 0 is determined at a rate of 63% and +1 is determined at a rate of 37% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "2", ± 0 is determined at a rate of 83% and +1 is determined at a rate of 17% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "3", ± 0 is determined at a rate of 43% and +1 is determined at a rate of 57% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "4", ± 0 is determined at a rate of 83% and +1 is determined at a rate of 17% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "5", ± 0 is determined at a rate of 63% and +1 is determined at a rate of 37% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "6", ± 0 is determined at a rate of 83% and +1 is determined at a rate of 17% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "7", ± 0 at a rate of 39%, +1 at a rate of 57%, and a rate of 4%. +2 is determined as the change level.

図8-8(E)に示す変化レベル決定抽選テーブルは、リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するキャラクタ(第Kキャラクタ)がキャラクタEである場合に用いられる。 The change level determination lottery table shown in FIG. 8-8 (E) is used when the character (Kth character) corresponding to the reach line corresponding to the reach line specific number K is the character E.

まず、可変表示結果が大当りである場合について説明する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「1」であれば、44%の割合で±0を、56%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「2」であれば、74%の割合で±0を、26%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「3」であれば、24%の割合で±0を、76%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「4」であれば、74%の割合で±0を、26%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「5」であれば、44%の割合で±0を、56%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「6」であれば、74%の割合で±0を、26%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「7」であれば、22%の割合で±0を、66%の割合で+1を、12%の割合で+2を、変化レベルとして決定する。 First, a case where the variable display result is a big hit will be described. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "1", ± 0 is determined at a rate of 44% and +1 is determined at a rate of 56% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "2", ± 0 is determined at a rate of 74% and +1 is determined at a rate of 26% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "3", ± 0 is determined at a rate of 24% and +1 is determined at a rate of 76% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "4", ± 0 is determined at a rate of 74% and +1 is determined at a rate of 26% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "5", ± 0 is determined at a rate of 44% and +1 is determined at a rate of 56% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "6", ± 0 is determined at a rate of 74% and +1 is determined at a rate of 26% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "7", ± 0 at a rate of 22%, +1 at a rate of 66%, and a rate of 12%. +2 is determined as the change level.

次に、可変表示結果がはずれである場合について説明する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「1」であれば、64%の割合で±0を、36%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「2」であれば、84%の割合で±0を、16%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「3」であれば、44%の割合で±0を、56%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「4」であれば、84%の割合で±0を、16%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「5」であれば、64%の割合で±0を、36%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「6」であれば、84%の割合で±0を、16%の割合で+1を、変化レベルとして決定する。リーチライン特定数Kに対応するリーチラインに対応するリーチ図柄(第K図柄)が「7」であれば、42%の割合で±0を、56%の割合で+1を、2%の割合で+2を、変化レベルとして決定する。 Next, a case where the variable display result is out of alignment will be described. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "1", ± 0 is determined at a rate of 64% and +1 is determined at a rate of 36% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "2", ± 0 is determined at a rate of 84% and +1 is determined at a rate of 16% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "3", ± 0 is determined at a rate of 44% and +1 is determined at a rate of 56% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "4", ± 0 is determined at a rate of 84% and +1 is determined at a rate of 16% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "5", ± 0 is determined at a rate of 64% and +1 is determined at a rate of 36% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "6", ± 0 is determined at a rate of 84% and +1 is determined at a rate of 16% as the change level. .. If the reach symbol (Kth symbol) corresponding to the reach line corresponding to the specific number K of the reach line is "7", ± 0 at a rate of 42%, +1 at a rate of 56%, and a rate of 2%. +2 is determined as the change level.

このように、ランクアップチャンス演出において成功することに対するリーチ図柄毎の信頼度は「7」>「3」>「1」,「5」>「2」,「4」,「6」となっている。 In this way, the reliability of each reach symbol for success in the rank-up chance production is "7"> "3"> "1", "5"> "2", "4", "6". There is.

また、このように、リーチ図柄が「7」である場合のみ2ランクアップが可能な構成となっている。 Further, in this way, only when the reach symbol is "7", it is possible to increase the rank by two.

また、このように、大当りである場合の方がはずれである場合よりも高い割合でランクアップチャンス演出において成功するようになっている。 In addition, in this way, the case of a big hit is more successful in the rank-up chance production than the case of a miss.

また、このように、リーチラインに対応して表示されるキャラクタに応じて、ランクアップチャンス演出において成功する割合が異なるよう構成されている。具体的に、ランクアップチャンス演出において成功することに対するキャラクタ毎の信頼度はキャラクタA>キャラクタB>キャラクタC>キャラクタD>キャラクタEとなっている。 Further, in this way, it is configured so that the success rate in the rank-up chance production differs depending on the character displayed corresponding to the reach line. Specifically, the reliability of each character for success in the rank-up chance production is character A> character B> character C> character D> character E.

ステップ50IWS263の後、合計レベルを算出し(具体的に、変化レベル決定抽選を実行する度に抽選結果を記憶しておき、記憶している全ての抽選結果の和を算出することで合計レベルを算出する)、算出結果が3よりも大きいか否かを判定し(ステップ50IWS264)、3より大きい場合には再度ステップ50IWS263を実行する。合計レベルが3以下である場合、第Kリーチラインに対応するランクアップチャンス演出における前段演出態様を決定する前段演出態様決定抽選を行う(ステップ50IWS265)。具体的に、図8-9(A)に示す前段演出態様決定抽選テーブルを用いて、前段演出態様を決定する。 After step 50IWS263, the total level is calculated (specifically, the lottery result is stored every time the change level determination lottery is executed, and the sum of all the stored lottery results is calculated to obtain the total level. (Calculate), it is determined whether or not the calculation result is larger than 3 (step 50IWS264), and if it is larger than 3, step 50IWS263 is executed again. When the total level is 3 or less, a pre-stage effect mode determination lottery for determining the pre-stage effect mode in the rank-up chance effect corresponding to the K reach line is performed (step 50IWS265). Specifically, the pre-stage effect mode determination lottery table shown in FIG. 8-9 (A) is used to determine the pre-stage effect mode.

図8-9(A)は、前段演出態様決定抽選テーブルを示す説明図である。図8-9(A)に示す前段演出態様決定抽選テーブルでは、変化レベル(±0、+1、+2)毎に前段演出態様(第1態様~第3態様)に対する判定値が割り振られている。 FIG. 8-9 (A) is an explanatory diagram showing a pre-stage effect mode determination lottery table. In the pre-stage effect mode determination lottery table shown in FIG. 8-9 (A), determination values for the pre-stage effect mode (first to third modes) are assigned to each change level (± 0, +1, +2).

第1態様とは、遊技者にプッシュボタン31Bへの操作を促す画像表示や有効期間の設定が行われずにランクアップの成功の有無を煽る態様である。第2態様とは、有効期間を設定し、遊技者にプッシュボタン31Bへの連打を促す画像表示を行うとともにランクアップの成功の有無を煽る態様である。第3態様とは、有効期間を設定し、遊技者にプッシュボタン31Bへの単押し(1回の押下)を促す画像表示を行うとともにランクアップの成功の有無を煽る態様である。 The first aspect is an aspect in which the success or absence of rank-up is promoted without displaying an image for urging the player to operate the push button 31B or setting the validity period. The second aspect is an aspect in which an effective period is set, an image is displayed to encourage the player to repeatedly hit the push button 31B, and the success or absence of the rank-up is promoted. The third aspect is an aspect in which an effective period is set, an image is displayed to encourage the player to press the push button 31B once (press once), and the success or absence of the rank-up is promoted.

例えば、変化レベルが±0である場合、50%の割合で第1態様を、30%の割合で第2態様を、20%の割合で第3態様を、前段演出態様として決定する。例えば、変化レベルが+1である場合、30%の割合で第1態様を、40%の割合で第2態様を、30%の割合で第3態様を、前段演出態様として決定する。例えば、変化レベルが+2である場合、20%の割合で第1態様を、30%の割合で第2態様を、50%の割合で第3態様を、前段演出態様として決定する。 For example, when the change level is ± 0, the first aspect is determined at a rate of 50%, the second aspect is determined at a rate of 30%, and the third aspect is determined at a rate of 20% as the pre-stage effect mode. For example, when the change level is +1 the first aspect is determined at a rate of 30%, the second aspect is determined at a rate of 40%, and the third aspect is determined as a pre-stage effect mode at a rate of 30%. For example, when the change level is +2, the first aspect is determined at a rate of 20%, the second aspect is determined at a rate of 30%, and the third aspect is determined as a pre-stage effect mode at a rate of 50%.

その後、演出制御用CPU120は、決定結果を設定する(ステップ50IWS266)。そして、Kラインリーチ変動であるか否かを判定し(ステップ50IWS267)、Kラインリーチ変動でない場合、リーチライン特定数Kを1加算し(ステップ50IWS268)、ステップ50IWS263へ移行する。 After that, the effect control CPU 120 sets the determination result (step 50IWS266). Then, it is determined whether or not it is a K-line reach variation (step 50IWS267), and if it is not a K-line reach variation, the reach line specific number K is added by 1 (step 50IWS268), and the process proceeds to step 50IWS263.

ステップ50IWS267において、Kラインリーチ変動である場合、合計レベルを算出し(具体的に、変化レベル決定抽選を実行する度に抽選結果を記憶しておき、記憶している全ての抽選結果の和を算出することで合計レベルを算出する)、算出結果に応じた態様の当否報知演出を設定する(ステップ50IWS269).具体的に、図8-9(B)に示すように、合計レベルが0,1のいずれかであれば第1態様(停止前ボタン演出を実行しない態様)の当否報知演出を設定し、合計レベルが2であれば第2態様(小さいボタン画像を表示する停止前ボタン演出を実行する態様)の当否報知演出を設定し、合計レベルが3であれば第3態様(大きいボタン画像を表示する停止前ボタン演出を実行する態様)の当否報知演出を設定する。 In step 50IWS267, in the case of K line reach fluctuation, the total level is calculated (specifically, the lottery result is stored every time the change level determination lottery is executed, and the sum of all the stored lottery results is stored. The total level is calculated by calculation), and the pass / fail notification effect of the mode according to the calculation result is set (step 50IWS269). Specifically, as shown in FIG. 8-9 (B), if the total level is either 0 or 1, the hit / fail notification effect of the first mode (the mode in which the button effect before stopping is not executed) is set and totaled. If the level is 2, the hit / fail notification effect of the second aspect (the aspect of executing the button effect before stopping to display the small button image) is set, and if the total level is 3, the third aspect (the large button image is displayed) is set. A mode of executing the button effect before stopping) is set.

図8-10は、演出制御プロセス処理における可変表示中演出処理(ステップS172)を示すフローチャートである。可変表示中演出処理において、演出制御用CPU120は、プロセスタイマの値を1減算するとともに(ステップ50IWS8101)、変動時間タイマの値を1減算する(ステップ50IWS8102)。プロセスタイマがタイムアウトしたら(ステップ50IWS8103)、プロセスデータの切替を行う。すなわち、プロセステーブルにおける次に設定されているプロセスタイマ設定値をプロセスタイマに設定する(ステップ50IWS8104)。また、その次に設定されている表示制御実行データ、ランプ制御実行データおよび音番号データにもとづいて演出装置に対する制御状態を変更する(ステップ50IWS8105)。 FIG. 8-10 is a flowchart showing the variable display during effect processing (step S172) in the effect control process process. In the effect processing during variable display, the effect control CPU 120 subtracts 1 from the value of the process timer (step 50IWS8101) and subtracts 1 from the value of the variable time timer (step 50IWS8102). When the process timer times out (step 50IWS8103), the process data is switched. That is, the next set process timer setting value in the process table is set in the process timer (step 50IWS8104). Further, the control state for the effect device is changed based on the display control execution data, the lamp control execution data, and the sound number data set next (step 50IWS8105).

演出制御用CPU120は、前段演出および停止前ボタン演出に関する操作演出を実行するための操作演出実行処理を行う(ステップ50IWS8106)。 The effect control CPU 120 performs an operation effect execution process for executing an operation effect related to the pre-stage effect and the button effect before stopping (step 50IWS8106).

そして、演出制御用CPU120は、変動時間タイマがタイムアウトしていれば(ステップ50IWS8111)、演出制御プロセスフラグの値を特図当り待ち処理(ステップS173)に応じた値に更新する(ステップ50IWS8112)。 Then, if the fluctuation time timer has timed out (step 50IWS8111), the effect control CPU 120 updates the value of the effect control process flag to a value corresponding to the special figure hit wait process (step S173) (step 50IWS8112).

図8-11は、操作演出実行処理を示すフローチャートである。操作演出実行処理において、まず、演出制御用CPU120は、第2態様または第3態様の前段演出に対応してプッシュボタン31Bへの操作の検出を有効とする第1有効期間中であることを示す第1有効期間フラグがセットされているか否かを判定する(ステップ50IWS8201)。セットされていない場合、第1有効期間の開始タイミングであるか否かを判定し(ステップ50IWS8202)、第1有効期間の開始タイミングでない場合、ステップ50IWS8208へ移行する。ステップ50IWS8202においては、具体的に、第2態様または第3態様の前段演出を行うことが決定され、予め定められた特定のタイミングであるか否かを判定する。 FIG. 8-11 is a flowchart showing the operation effect execution process. In the operation effect execution process, first, it is shown that the effect control CPU 120 is in the first effective period during which the detection of the operation on the push button 31B is valid corresponding to the pre-stage effect of the second aspect or the third aspect. It is determined whether or not the first validity period flag is set (step 50IWS8201). If it is not set, it is determined whether or not it is the start timing of the first valid period (step 50IWS8202), and if it is not the start timing of the first valid period, the process proceeds to step 50IWS8208. In step 50IWS8202, specifically, it is determined to perform the pre-stage effect of the second aspect or the third aspect, and it is determined whether or not it is a predetermined specific timing.

第1有効期間の開始タイミングである場合、演出制御用CPU120は、第1有効期間フラグをセットし(ステップ50IWS8203)、プッシュボタン31Bへの所定操作(第2態様であれば連打、第3態様であれば単押し)を受け付けたか、または第1有効期間の終了タイミングであるか否かを判定する(ステップ50IWS8204,S8205)。プッシュボタン31Bへの所定操作(第2態様であれば連打、第3態様であれば単押し)を受け付けたか、または第1有効期間の終了タイミングである場合、変化レベルを報知する変化レベル報知演出を実行し(ステップ50IWS8206)、第1有効期間フラグをリセットする(ステップ50IWS8207)。 When it is the start timing of the first valid period, the effect control CPU 120 sets the first valid period flag (step 50IWS8203), and a predetermined operation to the push button 31B (continuously hit in the second mode, in the third mode). If there is a single push), it is determined whether or not it is the end timing of the first valid period (step 50IWS8204, S8205). When a predetermined operation to the push button 31B (continuous hitting in the second mode, single push in the third mode) is accepted, or when the end timing of the first valid period is reached, the change level notification effect for notifying the change level (Step 50IWS8206) and reset the first validity period flag (step 50IWS8207).

また、演出制御用CPU120は、第3態様の前段演出を行うか否かを判定し(ステップ50IWS8207A)、行う場合には所定タイミングであるか否かを判定する(ステップ50IWS8207B)。所定タイミングである場合、変化レベルを報知する変化レベル報知演出を実行する(ステップ50IWS8207C)。 Further, the effect control CPU 120 determines whether or not to perform the pre-stage effect of the third aspect (step 50IWS8207A), and if so, determines whether or not the timing is predetermined (step 50IWS8207B). When the predetermined timing is reached, the change level notification effect for notifying the change level is executed (step 50IWS8207C).

次いで、演出制御用CPU120は、停止前ボタン演出に対応してプッシュボタン31Bへの操作の検出を有効とする第2有効期間中であることを示す第2有効期間フラグがセットされているか否かを判定する(ステップ50IWS8208)。セットされていない場合、第2有効期間の開始タイミングであるか否かを判定し(ステップ50IWS8209)、第2有効期間の開始タイミングでない場合、ステップ50IWS8217へ移行する。 Next, whether or not the effect control CPU 120 is set with the second valid period flag indicating that the second valid period is in effect, which enables the detection of the operation on the push button 31B corresponding to the button effect before stopping. Is determined (step 50IWS8208). If it is not set, it is determined whether or not it is the start timing of the second valid period (step 50IWS8209), and if it is not the start timing of the second valid period, the process proceeds to step 50IWS8217.

第2有効期間の開始タイミングである場合、BGMの出力を停止する制御を行い(ステップ50IWS8210)、第2有効期間フラグをセットする(ステップ50IWS8211)。このように、第2有効期間ではBGMを停止することにより、停止前ボタン演出の注目度を向上させている。 When it is the start timing of the second validity period, the control to stop the output of the BGM is performed (step 50IWS82110), and the second validity period flag is set (step 50IWS8211). In this way, by stopping the BGM during the second valid period, the degree of attention of the button effect before the stop is improved.

なお、図示は省略するが、第1パートが開始されるとともに第1パート用のBGMの出力が開始され、第1パートが終了すると第1パート用のBGMの出力が終了するものであり、また、第2パートが開始されるとともに第2パート用のBGMの出力が開始され、第2パートが終了すると第2パート用のBGMの出力が終了するものである。また、いずれのパートであっても有効期間中にプッシュボタン31Bへの操作を検出した場合には共通する特定の操作音が出力されるものである。 Although not shown, the output of the BGM for the first part is started at the same time as the first part is started, and the output of the BGM for the first part is finished when the first part is finished. , The output of the BGM for the second part is started at the same time as the second part is started, and the output of the BGM for the second part is finished when the second part is finished. Further, in any part, when the operation to the push button 31B is detected during the valid period, a common specific operation sound is output.

このように、第1パートにおいては、第1パート用のBGMが出力されるとともにプッシュボタン31Bへの操作を検出したときに特定の操作音が出力される一方、第2パートにおいては、第2パート用のBGMが出力されるとともにプッシュボタン31Bへの操作を検出したときに特定の操作音が出力されるものであるが、第2有効期間中は第2パート用のBGMが停止されるものであるから、第1パートの第1有効期間中に出力される音声の種類の数よりも、第2パートの第2有効期間中に出力される音声の種類の数の方が少なくなるよう構成されている。 As described above, in the first part, the BGM for the first part is output and a specific operation sound is output when the operation to the push button 31B is detected, while in the second part, the second part is output. A specific operation sound is output when the BGM for the part is output and an operation to the push button 31B is detected, but the BGM for the second part is stopped during the second valid period. Therefore, the number of audio types output during the second valid period of the second part is smaller than the number of audio types output during the first valid period of the first part. Has been done.

そして、演出制御用CPU120は、プッシュボタン31Bへの所定操作(例えば、1回の押下)を受け付けたか、または第2有効期間の終了タイミングとなったか否かを判定し(ステップ50IWS8212,S8213)、プッシュボタン31Bへの所定操作(例えば、1回の押下)を受け付けたか、または第2有効期間の終了タイミングとなった場合、変動パターンに応じてバトル決着演出を行う(ステップ50IWS8214)。具体的に、可変表示結果がはずれであれば味方キャラクタが敵キャラクタに敗北する演出を行い、可変表示結果が大当りであれば味方キャラクタが敵キャラクタに勝利する演出を行う。そして、BGMの出力を開始し(ステップ50IWS8215)、第2有効期間フラグをリセットする(ステップ50IWS8216)。 Then, the effect control CPU 120 determines whether or not a predetermined operation (for example, one pressing) to the push button 31B has been accepted, or whether or not the end timing of the second valid period has been reached (step 50IWS8212, S8213). When a predetermined operation (for example, one pressing) to the push button 31B is accepted or the end timing of the second valid period is reached, a battle settlement effect is performed according to the fluctuation pattern (step 50IWS8214). Specifically, if the variable display result is off, the ally character is defeated by the enemy character, and if the variable display result is a big hit, the ally character wins the enemy character. Then, the output of the BGM is started (step 50IWS8215), and the second validity period flag is reset (step 50IWS8216).

その後、演出制御用CPU120は、第1報知態様の当否報知演出の実行中であり、所定のタイミングである場合に、変動パターンに応じてバトル決着演出を行う(ステップ50IWS8217~S8219)。 After that, the effect control CPU 120 is executing the pass / fail notification effect of the first notification mode, and when the timing is predetermined, the effect control CPU 120 performs a battle settlement effect according to the fluctuation pattern (steps 50IWS8217 to S8219).

図8-12は、4ラインリーチ変動における特殊演出に対応するタイムチャートを示す説明図である。図示するように、特殊演出として、ラインDを用いたランクアップチャンス演出(4ライン目使用演出)を期間Taに亘り実行し、ラインCを用いたランクアップチャンス演出(3ライン目使用演出)を期間Tbに亘り実行し、ラインBを用いたランクアップチャンス演出(2ライン目使用演出)を期間Tcに亘り実行し(以上、第1パート)、最後にラインAを用いた当否報知演出(1ライン目使用演出)を期間Tdに亘り実行する(以上、第2パート)。このとき、各演出の実行期間の長さは、期間Ta<期間Tb<期間Tc<期間Tdであり、また、期間Ta+期間Tb+期間Tc<期間Tdである。 FIG. 8-12 is an explanatory diagram showing a time chart corresponding to a special effect in a 4-line reach variation. As shown in the figure, as a special effect, a rank-up chance effect using line D (4th line use effect) is executed over a period of Ta, and a rank-up chance effect using line C (3rd line use effect) is performed. It is executed over the period Tb, the rank-up chance effect using the line B (the effect of using the second line) is executed over the period Tc (the above is the first part), and finally the hit / fail notification effect using the line A (1). The line use effect) is executed over the period Td (the above is the second part). At this time, the length of the execution period of each effect is period Ta <period Tb <period Tc <period Td, and period Ta + period Tb + period Tc <period Td.

図8-13および図8-14は、変動が開始されてからラインDがリーチ状態となるまでの期間の画像表示部5の表示例を示す説明図である。ここで示す表示例は、Pt41の4ラインリーチ変動を行う場合であり、第1リーチ図柄として「1」が、第2リーチ図柄として「7」が、第3リーチ図柄として「6」が、第4リーチ図柄として「5」が、第1キャラクタとしてキャラクタEが、第2キャラクタとしてキャラクタAが、第3キャラクタとしてキャラクタBが、第4キャラクタとしてキャラクタCが、それぞれ決定された場合の表示例である。また、ラインBおよびラインCをリーチ状態とするときにリーチライン増加表示を表示することが決定されるとともに、ラインDをリーチ状態とするときにリーチライン増加表示を表示しないことが決定されている場合である。 8-13 and 8-14 are explanatory views showing a display example of the image display unit 5 during the period from the start of the fluctuation to the reach state of the line D. The display example shown here is a case where the 4-line reach variation of Pt41 is performed, and the first reach symbol is "1", the second reach symbol is "7", and the third reach symbol is "6". 4 In the display example when "5" is determined as the reach symbol, character E is determined as the first character, character A is determined as the second character, character B is determined as the third character, and character C is determined as the fourth character. be. Further, it is determined to display the reach line increase display when the line B and the line C are in the reach state, and it is determined not to display the reach line increase display when the line D is in the reach state. If.

例えば、(A1)画像表示部5の略中央にて飾り図柄の変動が開始される。画像表示部5の中央下部に矩形の特定領域を有しているが、この特定領域では、リーチ演出において既に表示されたキャラクタを示す表示済キャラ表示が行われる。以下、キャラクタAに対応する表示済キャラ表示を表示済キャラ表示A、キャラクタBに対応する表示済キャラ表示を表示済キャラ表示B、キャラクタCに対応する表示済キャラ表示を表示済キャラ表示C、キャラクタDに対応する表示済キャラ表示を表示済キャラ表示D、キャラクタEに対応する表示済キャラ表示を表示済キャラ表示Eということがある。 For example, (A1) the variation of the decorative pattern is started at the substantially center of the image display unit 5. A rectangular specific area is provided in the lower center of the image display unit 5, and in this specific area, a displayed character indicating a character already displayed in the reach effect is displayed. Hereinafter, the displayed character display corresponding to the character A is displayed as the displayed character display A, the displayed character display corresponding to the character B is displayed as the displayed character display B, and the displayed character display corresponding to the character C is displayed as the displayed character display C. The displayed character display corresponding to the character D may be referred to as the displayed character display D, and the displayed character display corresponding to the character E may be referred to as the displayed character display E.

次に、(A2)「1」図柄にてラインAがリーチ状態となったことが提示されてから、(A3)第1キャラクタとしてキャラクタEが表示される。このとき、第1リーチ図柄が縮小表示されるとともに、特定領域には表示済キャラ表示Eが表示される。更に、第1リーチ図柄と表示済キャラ表示Eとが強調表示される。 Next, after the line A is shown to be in the reach state by the (A2) "1" symbol, the character E is displayed as the (A3) first character. At this time, the first reach symbol is reduced and displayed, and the displayed character display E is displayed in the specific area. Further, the first reach symbol and the displayed character display E are highlighted.

そして、キャラクタEを用いたリーチ演出が行われた後、(A4)リーチライン増加表示が表示され、(A5)リーチラインを増加することを報知する全面画像(「リーチライン数追加」の文字情報を表示する画像)に切り替わる。このとき、全面画像の表示優先度は飾り図柄や他の演出画像の表示優先度よりも高くなっており、全面画像と第4図柄(不図示)のみが表示されているものである。 Then, after the reach effect using the character E is performed, (A4) the reach line increase display is displayed, and (A5) the entire image notifying that the reach line is increased (character information of "addition of reach lines"). (Image to display) is switched to. At this time, the display priority of the entire surface image is higher than the display priority of the decorative symbol or other effect image, and only the entire surface image and the fourth symbol (not shown) are displayed.

その後、(A6)「7」図柄にてラインBがリーチ状態となったことが提示される。このとき、ラインBにおける「7」図柄はラインAにおける「1」図柄に一部が重複して表示されている。これにより、ラインBがリーチ状態となったことを遊技者に認識させやすくしている。また、第1リーチ図柄が「1」であり、第2リーチ図柄が「7」であることから、遊技者に期待感を与えることができる。 After that, (A6) "7" symbol indicates that the line B is in the reach state. At this time, the "7" symbol in the line B is partially overlapped with the "1" symbol in the line A. This makes it easier for the player to recognize that the line B is in the reach state. Further, since the first reach symbol is "1" and the second reach symbol is "7", it is possible to give a sense of expectation to the player.

そして、(A7)第2キャラクタとしてキャラクタAが表示される。このとき、第2リーチ図柄が縮小表示されるとともに、第1リーチ図柄は下方にシフト表示される。また、特定領域には表示済キャラ表示Aが追加表示され、第2リーチ図柄と表示済キャラ表示Aとが強調表示されてから、(A8)第1リーチ図柄と表示済キャラ表示Eとが強調表示される。 Then, (A7) the character A is displayed as the second character. At this time, the second reach symbol is reduced and displayed, and the first reach symbol is shifted downward. Further, the displayed character display A is additionally displayed in the specific area, the second reach symbol and the displayed character display A are highlighted, and then (A8) the first reach symbol and the displayed character display E are highlighted. Is displayed.

そして、キャラクタAを用いたリーチ演出が行われた後、(B1)リーチライン増加表示が表示され、(B2)リーチラインを増加することを報知する全面画像(「リーチライン数追加」の文字情報を表示する画像)に切り替わる。このとき、全面画像の表示優先度は飾り図柄や他の演出画像の表示優先度よりも高くなっており、全面画像と第4図柄(不図示)のみが表示されているものである。 Then, after the reach effect using the character A is performed, (B1) the reach line increase display is displayed, and (B2) the entire image notifying that the reach line is increased (character information of "addition of reach lines"). (Image to display) is switched to. At this time, the display priority of the entire surface image is higher than the display priority of the decorative symbol or other effect image, and only the entire surface image and the fourth symbol (not shown) are displayed.

その後、(B3)「6」図柄にてラインCがリーチ状態となったことが提示される。このとき、ラインCにおける「6」図柄はラインAにおける「1」図柄およびラインBにおける「7」図柄に一部が重複して表示されている。これにより、ラインCがリーチ状態となったことを遊技者に認識させやすくしている。 After that, (B3) "6" symbol indicates that the line C is in the reach state. At this time, the "6" symbol in the line C is partially overlapped with the "1" symbol in the line A and the "7" symbol in the line B. This makes it easier for the player to recognize that the line C is in the reach state.

そして、(B4)第3キャラクタとしてキャラクタBが表示される。このとき、第3リーチ図柄が縮小表示されるとともに、第1リーチ図柄と第2リーチ図柄とは下方にシフト表示される。また、特定領域には表示済キャラ表示Bが追加表示される。なお、図示は省略するが、ここでも、第3リーチ図柄と表示済キャラ表示Bとが強調表示されてから、第2リーチ図柄と表示済キャラ表示Aとが強調表示され、その後に第1リーチ図柄と表示済キャラ表示Eとが強調表示される。 Then, (B4) character B is displayed as the third character. At this time, the third reach symbol is reduced and displayed, and the first reach symbol and the second reach symbol are shifted downward. Further, the displayed character display B is additionally displayed in the specific area. Although not shown, here as well, the third reach symbol and the displayed character display B are highlighted, then the second reach symbol and the displayed character display A are highlighted, and then the first reach. The symbol and the displayed character display E are highlighted.

そして、キャラクタBを用いたリーチ演出が行われた後、(B5)リーチライン増加表示が表示されることなく、唐突に第4キャラクタとしてキャラクタCが表示されるとともに「5」図柄にてラインDがリーチ状態となったことが提示される。 Then, after the reach effect using the character B is performed, the character C is suddenly displayed as the fourth character without displaying the (B5) reach line increase display, and the line D is displayed with the "5" symbol. Is presented to be in reach.

図8-15および図8-16は、4ラインリーチ変動における特殊演出の画像表示部5の表示例を示す説明図である。 8-15 and 8-16 are explanatory views showing a display example of the image display unit 5 of the special effect in the 4-line reach variation.

例えば、第1リーチ図柄として「1」が、第1キャラクタとしてキャラクタEが、第2リーチ図柄として「7」が、第2キャラクタとしてキャラクタAが、第3リーチ図柄として「6」が、第3キャラクタとしてキャラクタBが、第4リーチ図柄として「5」が、第4キャラクタとしてキャラクタCが、それぞれ表示された状態において、(C1)特殊演出の実行を開始することを示す全面画像(具体的に、「特殊演出発動」の文字を含む画像)が表示される。このとき、複数のリーチラインよりも低い表示優先度にて全面画像が表示されるものである。 For example, "1" is the first reach symbol, character E is the first character, "7" is the second reach symbol, character A is the second character, and "6" is the third reach symbol. A full-scale image (specifically, showing that (C1) the execution of the special effect is started in a state where the character B as the character, the "5" as the fourth reach symbol, and the character C as the fourth character are displayed. , An image containing the characters "Special effect activation") is displayed. At this time, the entire image is displayed with a display priority lower than that of the plurality of reach lines.

(C2)特殊演出におけるランク表示が画像表示装置5の中央上部にて表示されるとともに、第4キャラクタであるキャラクタCを用いたランクアップチャンス演出が行われ、第2態様の前段演出が行われる。このランク表示は、現状のランクに対応した文字情報が表記されるとともに、枠の色にてレベルを報知するものである。例えば、レベル0の場合は「ボタン無?」の文字表示(現状のままだと当否報知演出の演出態様が第1報知態様であることを示唆する表示)とともに白色の枠が、レベル1の場合は「ボタン有?」の文字表示(現状のままだと当否報知演出の演出態様が第1報知態様であることを示唆する表示)とともに青色の枠が、レベル2の場合は「ボタン小?」の文字表示(現状のままだと当否報知演出の演出態様が第2報知態様であることを示唆する表示)とともに緑色の枠が、レベル3の場合は「ボタン大!」の文字表示(当否報知演出の演出態様が第3報知態様であることを確定的に報知する表示)とともに赤色の枠が付されて表示される。なお、虹色の枠が付されるパターンが設けられていてもよい。例えば、大当りである場合にはレベル3の枠として赤色の枠を虹入りの枠とが設けられ、はずれである場合にはレベル3の枠として赤色の枠のみが設けられることとしてもよい。また、ランク表示では、レベル自体を「Lv1」、「Lv3」などと表記するものであってもよい。 (C2) The rank display in the special effect is displayed at the upper center of the image display device 5, the rank-up chance effect using the character C, which is the fourth character, is performed, and the first stage effect of the second aspect is performed. .. In this rank display, character information corresponding to the current rank is displayed, and the level is notified by the color of the frame. For example, in the case of level 0, the character display of "No button?" (Display suggesting that the effect mode of the pass / fail notification effect is the first notification mode if it is as it is) and the white frame is in the case of level 1. Is a blue frame with the character display of "Is there a button?" Character display (display suggesting that the effect mode of the success / failure notification effect is the second notification mode if it is as it is) and the character display of "button large!" In the case of level 3 (pass / fail notification) A red frame is attached and displayed together with a display) that deterministically notifies that the effect mode of the effect is the third notification mode. A pattern with a rainbow-colored frame may be provided. For example, in the case of a big hit, a red frame may be provided as a level 3 frame with a rainbow-filled frame, and in the case of an outlier, only a red frame may be provided as a level 3 frame. Further, in the rank display, the level itself may be described as "Lv1", "Lv3", or the like.

(C3)ランクアップチャンス演出に成功してランクアップ(1ランクアップ)する旨が表示され、(C4)ランク表示においては「ボタン有?」の文字表示がなされるとともに青色の枠が付される。その後、ラインDのリーチ図柄「5」と第4キャラクタであるキャラクタCが消去されるとともに、ラインA~ラインCのリーチ図柄が上にシフト表示される。そして、第3キャラクタであるキャラクタBを用いたランクアップチャンス演出が行われ、第1態様の前段演出が行われる。 (C3) Rank-up chance It is displayed that the production is successful and the rank is up (1 rank up), and (C4) In the rank display, the characters "Is there a button?" Are displayed and a blue frame is attached. .. After that, the reach symbol "5" of the line D and the character C which is the fourth character are erased, and the reach symbols of the lines A to C are shifted upward. Then, the rank-up chance effect using the character B, which is the third character, is performed, and the pre-stage effect of the first aspect is performed.

(C5)ランクアップチャンス演出に失敗し、(C6)ラインCのリーチ図柄「6」と第3キャラクタであるキャラクタBが消去されるとともに、ラインA~ラインBのリーチ図柄が上にシフト表示される。そして、第2キャラクタであるキャラクタAを用いたランクアップチャンス演出が行われ、第3態様の前段演出が行われる。 (C5) The rank-up chance production fails, (C6) the reach symbol "6" of line C and the character B which is the third character are erased, and the reach symbols of lines A to B are shifted upward and displayed. To. Then, the rank-up chance effect using the character A, which is the second character, is performed, and the pre-stage effect of the third aspect is performed.

(C7)ランクアップチャンス演出に大成功してダブルランクアップ(2ランクアップ)する旨が表示され、(C8)ランク表示においては「ボタン大!」の文字表示がなされるとともに赤色の枠が付される。その後、ラインBのリーチ図柄「7」と第2キャラクタであるキャラクタAが消去されるとともに、ラインAのリーチ図柄が上にシフト表示される。 (C7) It is displayed that the rank-up chance production is very successful and double rank-up (2 rank-up) is displayed. (C8) In the rank display, the characters "Button large!" Are displayed and a red frame is attached. Will be done. After that, the reach symbol "7" of the line B and the character A which is the second character are erased, and the reach symbol of the line A is shifted upward.

その後、(D1)第1キャラクタであるキャラクタEを用いた当否報知演出(バトル演出)が第3報知態様(大ボタン)で行われ、バトル決着演出が行われるとともに、(D2)大当り図柄が停止表示される。このとき、実行した変動において登場した全キャラクタ(第1キャラクタであるキャラクタE、第2キャラクタであるキャラクタA、第3キャラクタであるキャラクタB、第4キャラクタであるキャラクタC)が集合表示され、大当りとなることを祝う演出が行われる。 After that, (D1) a success / failure notification effect (battle effect) using the first character character E is performed in the third notification mode (large button), a battle settlement effect is performed, and (D2) the jackpot symbol is stopped. Is displayed. At this time, all the characters (character E which is the first character, character A which is the second character, character B which is the third character, and character C which is the fourth character) appearing in the executed fluctuation are collectively displayed and a big hit. A production is performed to celebrate that.

(1A)以上に説明したように、この特徴部50IWによれば、複数種類の識別情報(本例では、「1」~「7」の飾り図柄)の可変表示を行い表示結果を導出表示する可変表示手段(本例では、画像表示装置5)における所定のライン(本例では、ライン)上に導出表示された識別情報の組み合わせが特定の組み合わせ(本例では、大当り図柄)であることにより遊技者にとって有利な有利状態(本例では、大当り遊技状態)に制御されることを報知する遊技機であって、複数のライン(本例では、ラインA~ラインD)を用いたリーチ演出を実行可能なリーチ演出実行手段(本例では、演出制御用CPU120における、ステップ50IWS216,S8105を実行する部分)を備え、リーチ演出実行手段は、第1ライン(本例では、ラインA~ラインC)において複数種類の識別情報のうちいずれかの識別情報をリーチ状態とした後に該第1ラインによる所定リーチ演出(本例では、1ラインSP~3ラインSP、3ラインバトル)を実行した後、第2ライン(本例では、ラインB~ラインD)において第1ラインの識別情報と異なる複数種類のうちいずれかの識別情報をリーチ状態とし、第1ラインおよび第2ラインを含む複数のラインによる特定リーチ演出(本例では、2ラインSP、3ラインSP、3ラインバトル、4ラインバトル、特殊演出)を実行することが可能であり、特定リーチ演出に、第1数のラインによる第1特定リーチ演出(本例では、2ラインSP、3ラインSP、3ラインバトル、特殊演出)と、該第1数よりも多い第2数のラインによる第2特定リーチ演出(本例では、3ラインSP、3ラインバトル、4ラインバトル、特殊演出)とが含まれ、リーチ演出実行手段は、第1特定リーチ演出および第2特定リーチ演出のいずれを実行する場合にも、最終的に第1ラインにおいて特定の組み合わせとなるか否かを報知するように第1特定リーチ演出および第2特定リーチ演出を実行し(本例では、図8-13~図8-16に示す例では、ラインAでリーチ状態となった「1」を用いて、最終的に大当りとなるか否かを示す演出を行う)、第1ラインの識別情報の種類によって有利状態に制御される期待度が異なる(本例では、大当り信頼度は「7」>「3」>「1」,「5」>「2」,「4」,「6」となっている。図8-4(A)参照。)こととした。これにより、第1ラインにおいていずれの識別情報によりリーチ状態となるかに注目させることができ、期待感を持続させることができる。 (1A) As described above, according to the feature unit 50IW, a plurality of types of identification information (decorative symbols "1" to "7" in this example) are variablely displayed and the display result is derived and displayed. The combination of identification information derived and displayed on a predetermined line (line in this example) in the variable display means (image display device 5 in this example) is a specific combination (big hit symbol in this example). It is a gaming machine that notifies that it is controlled to an advantageous state (in this example, a big hit gaming state) that is advantageous for the player, and provides a reach effect using a plurality of lines (in this example, lines A to D). The reach effect executing means (in this example, the portion of the effect control CPU 120 for executing steps 50IWS216 and S8105) is provided, and the reach effect executing means is the first line (in this example, lines A to C). After the identification information of one of the plurality of types of identification information is set to the reach state, the predetermined reach effect by the first line (in this example, 1 line SP to 3 line SP, 3 line battle) is executed, and then the first line. In the two lines (in this example, lines B to D), the identification information of any one of a plurality of types different from the identification information of the first line is set as the reach state, and the identification by the plurality of lines including the first line and the second line is specified. It is possible to execute reach production (in this example, 2-line SP, 3-line SP, 3-line battle, 4-line battle, special production), and for specific reach production, the first specific reach by the first number of lines. A second specific reach effect (in this example, a 3-line SP, a 3-line SP, a special effect) and a second specific reach effect with a second number of lines that is larger than the first number (in this example, a 2-line SP, a 3-line SP, a special effect). 3 line battle, 4 line battle, special effect) is included, and the reach effect execution means is finally specified in the 1st line regardless of whether the 1st specific reach effect or the 2nd specific reach effect is executed. The first specific reach effect and the second specific reach effect are executed so as to notify whether or not the combination is achieved (in this example, in the examples shown in FIGS. 8-13 to 8-16, the reach state is in line A. (In this example, the degree of expectation to be controlled in an advantageous state differs depending on the type of identification information of the first line), using the "1" that becomes The jackpot reliability is "7"> "3"> "1", "5"> "2", "4", "6". See Fig. 8-4 (A).) As a result, it is possible to pay attention to which identification information is used to reach the reach state in the first line, and it is possible to maintain a sense of expectation.

なお、遊技者にとって有利な有利状態としては、大当り遊技状態に限るものではなく、小当り遊技状態や、遊技者にとって有利な種類の大当り(アタッカの開放時間が長い大当り、アタッカの開放回数が多い大当り、遊技者にとって有利な遊技状態(確変状態、時短状態)へ移行する契機となる大当り)であってもよい。 It should be noted that the advantageous state that is advantageous for the player is not limited to the big hit game state, but the small hit game state and the type of big hit that is advantageous for the player (the big hit with a long opening time of the attacker, the number of times the attacker is opened is large). It may be a big hit, a big hit that triggers a transition to a gaming state (probability change state, time saving state) that is advantageous to the player.

(1B)また、以上に説明したように、この特徴部50IWによれば、複数種類の識別情報(本例では、「1」~「7」の飾り図柄)の可変表示を行い表示結果を導出表示する可変表示手段(本例では、画像表示装置5)に導出表示された識別情報の組み合わせが特定の組み合わせ(本例では、大当り図柄)であることにより遊技者にとって有利な有利状態(本例では、大当り遊技状態)に制御されることを報知する遊技機であって、複数のキャラクタ(本例では、キャラクタA~キャラクタE)を用いたリーチ演出を実行可能なリーチ演出実行手段(本例では、演出制御用CPU120における、ステップ50IWS216,S8105を実行する部分)を備え、リーチ演出実行手段は、第1キャラクタ(本例では、第1キャラクタ~第3キャラクタ)を表示した後に該第1キャラクタによる所定リーチ演出(本例では、1ラインSP~3ラインSP、3ラインバトル)を実行した後、第2キャラクタ(本例では、第2キャラクタ~第4キャラクタ)を追加表示し、第1キャラクタおよび第2キャラクタを含む複数のキャラクタによる特定リーチ演出(本例では、2ラインSP、3ラインSP、3ラインバトル、4ラインバトル、特殊演出)を実行することが可能であり、特定リーチ演出に、第1数のキャラクタによる第1特定リーチ演出(本例では、2ラインSP、3ラインSP、3ラインバトル、特殊演出)と、該第1数よりも多い第2数のキャラクタによる第2特定リーチ演出(本例では、3ラインSP、3ラインバトル、4ラインバトル、特殊演出)とが含まれ、リーチ演出実行手段は、第1特定リーチ演出および第2特定リーチ演出のいずれを実行する場合にも、最終的に第1キャラクタを用いて識別情報の組み合わせが特定の組み合わせとなるか否かを報知するように第1特定リーチ演出および第2特定リーチ演出を実行し(本例では、図8-13~図8-16に示す例では、第1キャラクタとして表示されたキャラクタEを用いて、最終的に大当りとなるか否かを示す演出を行う)、第1キャラクタの種類によって有利状態に制御される期待度が異なる(本例では、大当りに対する信頼度は、キャラクタA>キャラクタB>キャラクタC>キャラクタD>キャラクタEとなっている。図8-6(A)参照。)こととした。これにより、いずれの第1キャラクタが表示されるとなるかに注目させることができ、期待感を持続させることができる。 (1B) Further, as described above, according to the feature unit 50IW, a plurality of types of identification information (decorative symbols "1" to "7" in this example) are variably displayed and a display result is derived. The combination of the identification information derived and displayed on the variable display means to be displayed (in this example, the image display device 5) is a specific combination (in this example, a jackpot symbol), which is an advantageous state for the player (this example). Then, it is a gaming machine that notifies that it is controlled by the big hit game state), and is a reach effect executing means (this example) that can execute a reach effect using a plurality of characters (characters A to E in this example). Then, the effect control CPU 120 includes a portion for executing steps 50IWS216 and S8105), and the reach effect executing means displays the first character (in this example, the first character to the third character) and then the first character. After executing the predetermined reach effect (in this example, 1-line SP to 3-line SP, 3-line battle), the second character (in this example, the second character to the fourth character) is additionally displayed, and the first character is displayed. And it is possible to execute a specific reach effect (in this example, 2-line SP, 3-line SP, 3-line battle, 4-line battle, special effect) by a plurality of characters including the second character, and it is possible to perform a specific reach effect. , The first specific reach effect by the first number of characters (in this example, 2 line SP, 3 line SP, 3 line battle, special effect) and the second identification by the second number of characters more than the first number. Reach effect (in this example, 3 line SP, 3 line battle, 4 line battle, special effect) is included, and the reach effect execution means is either the first specific reach effect or the second specific reach effect. Also, the first specific reach effect and the second specific reach effect are executed so as to finally notify whether or not the combination of identification information becomes a specific combination using the first character (in this example, the figure). In the examples shown in 8-13 to 8-16, the character E displayed as the first character is used to perform an effect indicating whether or not a big hit is finally obtained), and an advantageous state depending on the type of the first character. (In this example, the reliability for the jackpot is character A> character B> character C> character D> character E. See FIG. 8-6 (A)). did. As a result, it is possible to pay attention to which first character will be displayed, and it is possible to maintain a sense of expectation.

(1-1)また、本実施の形態では、リーチ演出実行手段は、複数のラインおよび複数のキャラクタを用いたリーチ演出を実行可能であり、第1ラインにおいて複数種類の識別情報のうちいずれかの識別情報をリーチ状態とするとともに第1キャラクタを表示した後に該第1ラインおよび該第1キャラクタによる所定リーチ演出を実行した後、第2ラインにおいて第1ラインの識別情報と異なる複数種類のうちいずれかの識別情報をリーチ状態とするとともに第2キャラクタを追加表示し、第1ラインおよび第2ラインを含む複数のラインと、第1キャラクタおよび第2キャラクタを含む複数のキャラクタとによる特定リーチ演出を実行することが可能であり、特定リーチ演出に、第1数のラインおよび第1数のキャラクタによる第1特定リーチ演出と、該第1数よりも多い第2数のラインおよび第2数のキャラクタによる第2特定リーチ演出とが含まれ、第1特定リーチ演出および第2特定リーチ演出のいずれを実行する場合にも、最終的に第1キャラクタを用いて第1ラインにおいて特定の組み合わせとなるか否かを報知するように第1特定リーチ演出および第2特定リーチ演出を実行し、第1ラインの識別情報の種類によって有利状態に制御される期待度が異なり、第1キャラクタの種類によって有利状態に制御される期待度が異なることとした。これにより、第1ラインにおいていずれの識別情報によりリーチ状態となるかと、いずれの第1キャラクタが表示されるとなるかとに注目させることができ、期待感を持続させることができる。 (1-1) Further, in the present embodiment, the reach effect executing means can execute a reach effect using a plurality of lines and a plurality of characters, and any one of a plurality of types of identification information is used in the first line. Of the plurality of types different from the identification information of the first line in the second line after performing the predetermined reach effect by the first line and the first character after setting the identification information of the above to the reach state and displaying the first character. One of the identification information is set to the reach state, the second character is additionally displayed, and a specific reach effect is produced by a plurality of lines including the first line and the second line and a plurality of characters including the first character and the second character. It is possible to execute the first specific reach effect by the first number of lines and the first number of characters, and the second number of lines and the second number more than the first number. A second specific reach effect by a character is included, and regardless of whether the first specific reach effect or the second specific reach effect is executed, the first character is finally used to obtain a specific combination in the first line. The first specific reach effect and the second specific reach effect are executed so as to notify whether or not the character is present, and the degree of expectation controlled in an advantageous state differs depending on the type of identification information of the first line, which is advantageous depending on the type of the first character. It was decided that the degree of expectation controlled by the state was different. As a result, it is possible to pay attention to which identification information causes the reach state and which first character is displayed in the first line, and the expectation can be maintained.

(1-2)また、本実施の形態では、複数の識別情報は所定の順序にて配列され(本例では、飾り図柄は「1」、「2」、「3」、「4」、「5」、「6」、「7」、「1」、「2」・・・の順に配列される)、第2ラインにおいてリーチ状態を構成する識別情報が第1ラインにおいてリーチ状態を構成する識別情報の前の順序の識別情報である場合と、第1ラインにおいてリーチ状態を構成する識別情報の後の順序の識別情報である場合とで期待度が異なる(本例では、第1リーチ図柄が「5」であり第2リーチ図柄が「6」である場合の方が、第1リーチ図柄が「5」であり第2リーチ図柄が「4」である場合よりも大当り信頼度が高い。図8-4(B)~(D)参照)こととした。これにより、第2ラインにおいてリーチ状態を構成する識別情報に注目させることができる。 (1-2) Further, in the present embodiment, a plurality of identification information are arranged in a predetermined order (in this example, the decorative symbols are "1", "2", "3", "4", " 5 ”,“ 6 ”,“ 7 ”,“ 1 ”,“ 2 ”...), the identification information constituting the reach state in the second line constitutes the reach state in the first line. The degree of expectation differs depending on whether the information is the identification information in the order before the information or the identification information in the order after the identification information constituting the reach state in the first line (in this example, the first reach symbol is The case where the number is "5" and the second reach symbol is "6" has higher jackpot reliability than the case where the first reach symbol is "5" and the second reach symbol is "4". 8-4 (B) to (D)). As a result, the identification information constituting the reach state can be focused on in the second line.

(1-3)また、本実施の形態では、第2キャラクタとして、特定キャラクタが追加表示される場合と、特別キャラクタが追加表示される場合とで期待度が異なる(本例では、第1キャラクタがキャラクタCである場合に、第2キャラクタとしてキャラクタBが表示される場合の方が、第2キャラクタとしてキャラクタDが表示される場合よりも大当り信頼度が高い。図8-6(B)参照)こととした。これにより、追加表示される第2キャラクタに注目させることができる。 (1-3) Further, in the present embodiment, the degree of expectation differs depending on whether the specific character is additionally displayed as the second character and the special character is additionally displayed (in this example, the first character). When is a character C, the jackpot reliability is higher when the character B is displayed as the second character than when the character D is displayed as the second character. See FIG. 8-6 (B). ) It was decided. This makes it possible to pay attention to the second character that is additionally displayed.

(1-4)また、本実施の形態では、リーチ演出実行手段は、第1ラインにおいてリーチ状態であることを提示した後に、第1キャラクタの種類を提示し(本例では、図8-13(A2)に示すようにラインAがリーチ状態となったことを提示した後に、図8-13(A3)に示すように第1キャラクタとしてキャラクタEを提示する)、第1ラインにおいて有利状態に制御されることに対する期待度の高い種類の識別情報のリーチ状態とした場合、有利状態に制御されることに対する期待度の高い種類の第1キャラクタを表示しやすい(図8-4(A)および図8-6(A)参照)こととした。これにより、第1ラインにおいて信頼度の高い種類の識別情報のリーチ状態となった後にいずれのキャラクタが表示されるかに注目させることができ、且つ、該キャラクタは信頼度の高い種類となりやすいため、継続して期待感を与えることができる。 (1-4) Further, in the present embodiment, the reach effect executing means presents the type of the first character after presenting that it is in the reach state in the first line (in this example, FIGS. 8-13). After presenting that the line A has reached the reach state as shown in (A2), the character E is presented as the first character as shown in FIG. 8-13 (A3)), and the line A becomes an advantageous state in the first line. When the reach state of the type of identification information having a high expectation for being controlled is set, it is easy to display the first character of the type having a high expectation for being controlled in an advantageous state (FIG. 8-4 (A) and FIG. (See FIG. 8-6 (A)). As a result, it is possible to pay attention to which character is displayed after the reach state of the identification information of the highly reliable type is reached in the first line, and the character tends to be the highly reliable type. , Can continue to give a sense of expectation.

(1-5)また、本実施の形態では、リーチ演出実行手段は、所定リーチ演出および特定リーチ演出の実行中において、リーチ状態を構成する識別情報を表示手段に表示し、該識別情報の近傍に、所定リーチ演出および特定リーチ演出におけるキャラクタ表示とは異なる表示として、キャラクタを示す表示を行う(本例では、図8-13(A3)に示すように、画像表示部5の特定領域に表示済キャラ表示Eを表示する)こととした。これにより、表示中のキャラクタおよびリーチ状態を構成する識別情報を認識させやすくすることができる。 (1-5) Further, in the present embodiment, the reach effect executing means displays the identification information constituting the reach state on the display means during the execution of the predetermined reach effect and the specific reach effect, and the vicinity of the identification information. In addition, a character is displayed as a display different from the character display in the predetermined reach effect and the specific reach effect (in this example, as shown in FIG. 8-13 (A3), the display is displayed in the specific area of the image display unit 5. It was decided to display the completed character display E). This makes it easier to recognize the character being displayed and the identification information constituting the reach state.

なお、本実施の形態では表示済キャラ表示を特定領域に表示することとしたが、表示済キャラ表示を表示する位置についてはこれに限るものではない。例えば、各ラインのリーチ図柄に付される態様にて表示済キャラ表示を表示することとしてもよい。 In the present embodiment, the displayed character display is displayed in a specific area, but the position where the displayed character display is displayed is not limited to this. For example, the displayed character display may be displayed in a manner attached to the reach symbol of each line.

(1-6)また、本実施の形態では、リーチ演出実行手段は、特定リーチ演出の序盤において第2キャラクタを表示する(本例では、図8-14(B4)に示すように、3ラインSPを開始するとともに第3キャラクタであるキャラクタBを表示する)こととした。これにより、追加表示した第2キャラクタの演出を早期に認識させることで第2キャラクタの追加表示を強調することができる。 (1-6) Further, in the present embodiment, the reach effect executing means displays the second character in the early stage of the specific reach effect (in this example, three lines as shown in FIG. 8-14 (B4)). It was decided to start SP and display character B, which is the third character). As a result, the additional display of the second character can be emphasized by recognizing the effect of the second character additionally displayed at an early stage.

(1-7)また、本実施の形態では、リーチ演出実行手段は、一のラインをリーチ状態とした後に他のラインをリーチ状態とするとき、該一のラインの識別情報に対して該他のラインの識別情報の少なくとも一部が重複するよう表示する(本例では、図8-14(B3)に示すように、ラインAおよびラインBのリーチ図柄に対して重複するようにラインCのリーチ図柄である「6」を表示する)こととした。これにより、新たにリーチ状態となったラインを強調することができる。 (1-7) Further, in the present embodiment, when the reach effect executing means puts one line in the reach state and then puts the other line in the reach state, the reach effect executing means makes the other with respect to the identification information of the one line. At least a part of the identification information of the line is displayed so as to overlap (in this example, as shown in FIG. 8-14 (B3), the line A and the line B are overlapped with respect to the reach symbol of the line C. The reach symbol "6" is displayed). This makes it possible to emphasize the newly reached line.

(1-8)また、本実施の形態では、リーチ演出実行手段は、一のラインをリーチ状態とした後に他のラインをリーチ状態とするとき、リーチ状態とした全てのラインを表示するとともに、該全てのラインを順に強調表示する(本例では、図8-13(A7)~(Ab)に示すように、ラインBを強調表示した後にラインAを強調表示する)こととした。これにより、新たにリーチ状態となったラインを強調しつつ、リーチ状態となったラインの数を認識させやすくすることができる。 (1-8) Further, in the present embodiment, when the reach effect executing means puts one line in the reach state and then puts the other line in the reach state, the reach effect executing means displays all the lines in the reach state and also displays them. It was decided to highlight all the lines in order (in this example, as shown in FIGS. 8-13 (A7) to (Ab), the line B is highlighted and then the line A is highlighted). As a result, it is possible to easily recognize the number of lines in the reach state while emphasizing the lines in the reach state.

なお、強調表示の態様としては、光らせたり、動作(弾む、揺れるなど)させたり、大きさを変更(拡大、縮小)させたりすることとしてもよい。 The highlighting mode may be shining, moving (bouncing, shaking, etc.), or changing the size (enlargement, reduction).

(1-11)また、本実施の形態では、リーチ演出実行手段は、所定リーチ演出(本例では、3ラインリーチ演出)を開始してから第1タイミング(本例では、第1タイミング)にて特定リーチ演出(本例では、4ラインバトル)に発展させる第1発展パターン(本例では、Pt19,Pt21,Pt39,Pt41)と、所定リーチ演出を開始してから第2タイミング(本例では、第2タイミング)にて特定リーチ演出に発展させる第2発展パターン(本例では、Pt20,Pt22,Pt40,Pt42)とのいずれかにより所定リーチ演出から特定リーチ演出に発展させる制御を行い、第1発展パターンの制御がされる場合と第2発展パターンの制御がされる場合とで期待度が異なる(図8-1(B)参照)こととした。これにより、いずれの発展パターンとなるかに注目させることができる。 (1-11) Further, in the present embodiment, the reach effect executing means is set to the first timing (first timing in this example) after starting the predetermined reach effect (in this example, the three-line reach effect). The first development pattern (Pt19, Pt21, Pt39, Pt41 in this example) to develop into a specific reach effect (4 line battle in this example) and the second timing (in this example) after starting the predetermined reach effect. , 2nd timing) to develop from a predetermined reach effect to a specific reach effect by any of the second development patterns (Pt20, Pt22, Pt40, Pt42 in this example). It was decided that the degree of expectation differs between the case where the 1st development pattern is controlled and the case where the 2nd development pattern is controlled (see FIG. 8-1 (B)). This makes it possible to pay attention to which development pattern will be used.

(1-12)また、本実施の形態では、第1タイミングは、所定リーチ演出中のタイミングであり、第2タイミングは、第1タイミングよりも後のタイミングであり、第2発展パターンの制御がされる場合の方が第1発展パターンの制御がされる場合よりも期待度が高い(図8-1(B)参照)こととした。これにより、後のタイミングにおいて所定リーチ演出から特定リーチ演出に発展されることを期待させることができる。 (1-12) Further, in the present embodiment, the first timing is the timing during the predetermined reach effect, the second timing is the timing after the first timing, and the control of the second development pattern is performed. It was decided that the case where the first development pattern is controlled has a higher degree of expectation than the case where the first development pattern is controlled (see FIG. 8-1 (B)). As a result, it can be expected that the predetermined reach effect will be developed into the specific reach effect at a later timing.

(1-13)また、リーチ演出実行手段は、第1タイミングおよび第2タイミングよりも後のタイミングであって、特定リーチ演出の実行中の第3タイミングにおいて、新たにラインをリーチ状態に制御し、または新たにキャラクタを追加表示する特殊パターンにより制御可能であり、特殊パターンの制御がされる場合の方が第1発展パターンまたは第2発展パターンの制御がされる場合よりも期待度が高いこととしてもよい。例えば、特殊演出において、ラインCを用いたランクアップチャンス演出と、ラインBを用いたランクアップチャンス演出とが行われた後の第3タイミングにおいて、ラインDをリーチ状態とするとともに第4キャラクタを表示し、ラインDを用いたランクアップチャンス演出が行われる特殊パターンの変動を実行可能であることとしてもよい。また、特殊パターンの変動は、第1タイミングにてラインDがリーチ状態となるパターンや、第2タイミングにてラインDがリーチ状態となるパターンの変動よりも大当りに対する信頼度が高いこととしてもよい。例えば、特殊パターンの変動は大当りである場合のみ発生し得ることとしてもよい。これにより、第1タイミングおよび第2タイミングよりも後のタイミングにも期待させることができ、特定リーチ演出の実行中のタイミングにも期待させることができる。 (1-13) Further, the reach effect executing means newly controls the line to the reach state at the third timing during the execution of the specific reach effect, which is a timing after the first timing and the second timing. , Or it can be controlled by a special pattern that newly displays a character, and the expectation is higher when the special pattern is controlled than when the first development pattern or the second development pattern is controlled. May be. For example, in the special effect, at the third timing after the rank-up chance effect using the line C and the rank-up chance effect using the line B are performed, the line D is brought into the reach state and the fourth character is set. It may be possible to display and execute the variation of the special pattern in which the rank-up chance effect using the line D is performed. Further, the variation of the special pattern may have higher reliability for the jackpot than the variation of the pattern in which the line D is in the reach state at the first timing or the pattern in which the line D is in the reach state at the second timing. .. For example, the fluctuation of the special pattern may occur only when it is a big hit. As a result, it is possible to expect the timing after the first timing and the second timing, and it is possible to expect the timing during the execution of the specific reach effect.

(2A)また、以上に説明したように、この特徴部50IWによれば、複数種類の識別情報(本例では、「1」~「7」の飾り図柄)の可変表示を行い表示結果を導出表示する可変表示手段(本例では、画像表示装置5)における所定のライン(本例では、ライン)上に導出表示された識別情報の組み合わせが特定の組み合わせ(本例では、大当り図柄)であることにより遊技者にとって有利な有利状態(本例では、大当り遊技状態)に制御されることを報知する遊技機であって、複数のライン(本例では、ラインA~ラインD)を用いたリーチ演出を実行可能なリーチ演出実行手段(本例では、演出制御用CPU120における、ステップ50IWS216,S8105を実行する部分)を備え、リーチ演出実行手段は、第1数のラインによる第1特定リーチ演出(本例では、1ラインSP、2ラインSP、3ラインSP、3ラインバトル、特殊演出)と、該第1数よりも多い第2数のラインによる第2特定リーチ演出(本例では、2ラインSP、3ラインSP、3ラインバトル、4ラインバトル、特殊演出)とを実行可能であり、第2特定リーチ演出が実行されるときのパターンとして、第1特定リーチ演出中に特定表示(本例では、リーチライン増加表示)を表示してから第2特定リーチ演出に発展させる第1リーチパターン(本例では、図8-14(B1)~(B4)参照。)と、第1特定リーチ演出中に特定表示を表示せずに該特定表示とは異なる特別表示(本例では、新たにリーチ状態となるラインに応じて表示されるキャラクタ)を表示してから第2特定リーチ演出に発展させる第2リーチパターン(本例では、図8-14(B4)~(B5)参照。)とがあり、特定表示および特別表示は識別情報とは異なる表示であり、第1リーチパターンにより第2特定リーチ演出が実行される場合と第2リーチパターンにより第2特定リーチ演出が実行される場合とで期待度が異なる(本例では、図8-6(C)、(D)参照。)こととした。これにより、いずれのリーチパターンに制御されるかに注目させることができる。 (2A) Further, as described above, according to the feature unit 50IW, a plurality of types of identification information (decorative symbols "1" to "7" in this example) are variably displayed and a display result is derived. The combination of identification information derived and displayed on a predetermined line (line in this example) in the variable display means (image display device 5 in this example) to be displayed is a specific combination (big hit symbol in this example). This is a gaming machine that notifies that the player is controlled to an advantageous state (in this example, a big hit gaming state), which is advantageous for the player, and is a reach using a plurality of lines (in this example, lines A to D). The reach effect executing means (in this example, the portion of the effect control CPU 120 for executing steps 50IWS216 and S8105) is provided, and the reach effect executing means is the first specific reach effect (in this example) by the first number of lines. In this example, 1 line SP, 2 line SP, 3 line SP, 3 line battle, special effect) and a second specific reach effect (in this example, 2 line) by a second number of lines more than the first number. SP, 3 line SP, 3 line battle, 4 line battle, special effect) can be executed, and as a pattern when the second specific reach effect is executed, a specific display during the first specific reach effect (this example). Then, the first reach pattern (in this example, see FIGS. 8-14 (B1) to (B4)) and the first specific reach effect are displayed to display the reach line increase display) and then developed into the second specific reach effect. A special display different from the specific display (in this example, the character displayed according to the line that is newly reached) is displayed without displaying the specific display inside, and then the second specific reach effect is developed. There is a second reach pattern (see FIGS. 8-14 (B4) to (B5) in this example), and the specific display and the special display are different from the identification information, and the second specific display is based on the first reach pattern. The degree of expectation differs depending on whether the reach effect is executed or the second specific reach effect is executed according to the second reach pattern (see FIGS. 8-6 (C) and 8-6 (D) in this example). did. This makes it possible to pay attention to which reach pattern is controlled.

(2B)また、以上に説明したように、この特徴部50IWによれば、複数種類の識別情報(本例では、「1」~「7」の飾り図柄)の可変表示を行い表示結果を導出表示する可変表示手段(本例では、画像表示装置5)に導出表示された識別情報の組み合わせが特定の組み合わせ(本例では、大当り図柄)であることにより遊技者にとって有利な有利状態(本例では、大当り遊技状態)に制御されることを報知する遊技機であって、複数のキャラクタ(本例では、キャラクタA~キャラクタE)を用いたリーチ演出を実行可能なリーチ演出実行手段(本例では、演出制御用CPU120における、ステップ50IWS216,S8105を実行する部分)を備え、リーチ演出実行手段は、第1数のキャラクタによる第1特定リーチ演出(本例では、1ラインSP、2ラインSP、3ラインSP、3ラインバトル、特殊演出)と、該第1数よりも多い第2数のキャラクタによる第2特定リーチ演出(本例では、2ラインSP、3ラインSP、3ラインバトル、4ラインバトル、特殊演出)とを実行可能であり、第2特定リーチ演出が実行されるときのパターンとして、第1特定リーチ演出中に特定表示(本例では、リーチライン増加表示)を表示してから第2特定リーチ演出に発展させる第1リーチパターン(本例では、図8-14(B1)~(B4)参照。)と、第1特定リーチ演出中に特定表示を表示せずに該特定表示とは異なる特別表示(本例では、新たにリーチ状態となるラインに応じて表示されるキャラクタ)を表示してから第2特定リーチ演出に発展させる第2リーチパターン(本例では、図8-14(B4)~(B5)参照。)とがあり、特定表示および特別表示は識別情報とは異なる表示であり、第1リーチパターンにより第2特定リーチ演出が実行される場合と第2リーチパターンにより第2特定リーチ演出が実行される場合とで期待度が異なる(本例では、図8-6(C)、(D)参照。)こととした。これにより、いずれのリーチパターンに制御されるかに注目させることができる。 (2B) Further, as described above, according to the feature unit 50IW, a plurality of types of identification information (decorative symbols "1" to "7" in this example) are variably displayed and a display result is derived. The combination of the identification information derived and displayed on the variable display means (in this example, the image display device 5) to be displayed is a specific combination (in this example, a jackpot symbol), which is an advantageous state for the player (this example). Then, it is a game machine that notifies that it is controlled to be controlled by the big hit game state), and is a reach effect executing means (this example) that can execute a reach effect using a plurality of characters (characters A to E in this example). Then, the effect control CPU 120 includes a portion for executing steps 50IWS216 and S8105), and the reach effect execution means is a first specific reach effect by a first number of characters (in this example, a 1-line SP, a 2-line SP, 3 line SP, 3 line battle, special production) and 2nd specific reach production by 2nd number of characters more than the 1st number (2 line SP, 3 line SP, 3 line battle, 4 line in this example) (Battle, special effect) can be executed, and as a pattern when the second specific reach effect is executed, after displaying the specific display (in this example, the reach line increase display) during the first specific reach effect. The first reach pattern developed into the second specific reach effect (see FIGS. 8-14 (B1) to (B4) in this example) and the specific display without displaying the specific display during the first specific reach effect. A second reach pattern (in this example, Fig. 8- 14 (B4) to (B5)), and the specific display and the special display are different from the identification information, and the case where the second specific reach effect is executed by the first reach pattern and the second reach pattern. Therefore, the degree of expectation differs depending on whether the second specific reach effect is executed (see FIGS. 8-6 (C) and 8-6 (D) in this example). This makes it possible to pay attention to which reach pattern is controlled.

(2-9)また、本実施の形態では、リーチ演出実行手段は、特定表示としてアイコン表示を表示可能であり(本例では、図8-13(A4)参照)、特別表示としてキャラクタに対応する表示を表示可能であり(本例では、図8-14(B5)、(B6)参照)、第2リーチパターンの制御がされる場合の方が、第1リーチパターンの制御がされる場合よりも期待度が高い(本例では、図8-6(C)、(D)参照。)こととした。これにより、特別表示が表示されることに期待させることができる。 (2-9) Further, in the present embodiment, the reach effect executing means can display an icon display as a specific display (see FIG. 8-13 (A4) in this example), and corresponds to a character as a special display. (In this example, see FIGS. 8-14 (B5) and (B6)), and when the second reach pattern is controlled, the first reach pattern is controlled. It was decided that the degree of expectation was higher than that (in this example, see FIGS. 8-6 (C) and (D)). This can be expected to display a special display.

(2-10)また、本実施の形態では、リーチ演出実行手段は、1種類の特定表示を表示可能であり(本例では、「追加」の文字が付されたアイコン)、表示態様の異なる複数種類の特別表示(本例では、キャラクタA~キャラクタE)を表示可能であることとした。これにより、特別表示が表示されることに対し、より注目させることができる。 (2-10) Further, in the present embodiment, the reach effect executing means can display one type of specific display (in this example, an icon with the character "addition"), and the display mode is different. It is decided that a plurality of types of special displays (characters A to E in this example) can be displayed. This makes it possible to pay more attention to the display of the special display.

(3A)また、以上に説明したように、この特徴部50IWによれば、複数種類の識別情報(本例では、「1」~「7」の飾り図柄)の可変表示を行い表示結果を導出表示する可変表示手段(本例では、画像表示装置5)における所定のライン(本例では、ライン)上に導出表示された識別情報の組み合わせが特定の組み合わせ(本例では、大当り図柄)であることにより遊技者にとって有利な有利状態(本例では、大当り遊技状態)に制御されることを報知する遊技機であって、複数のライン(本例では、ラインA~ラインD)を用いたリーチ演出を実行可能なリーチ演出実行手段(本例では、演出制御用CPU120における、ステップ50IWS216,S8105を実行する部分)を備え、リーチ演出実行手段は、リーチ状態である一のラインを用いた演出を行う第1パート(本例では、リーチ状態であるラインB~ラインDを用いたランクアップチャンス演出を行う第1パート)と、リーチ状態である他のラインを用いた演出を行う第2パート(本例では、リーチ状態であるラインAを用いて演出を行う第2パート)とから構成されるリーチ演出(例えば、特殊演出)を実行可能であり、第1パートにおいて、態様の異なる複数種類の示唆演出(本例では、ランクアップチャンス演出)を実行可能であり、第2パートにおいて、有利状態に制御される期待度が異なり、有利状態に制御されるか否かを報知する複数種類の報知演出(本例では、第1態様~第3態様の当否報知演出)を実行可能であり、第1パートにおける示唆演出の種類(本例では、ランクアップチャンス演出における合計レベル)によって、第2パートにおける報知演出の種類の選択割合が異なる(図8-9(B)参照)こととした。これにより、一のラインを他のラインへの布石とすることで、第1パートにおいては示唆演出に注目させるとともに、第2パートにおいては有利状態に制御するか否かに注目させることができ、リーチ状態である複数のラインを用いた演出を好適に行うことができる。 (3A) Further, as described above, according to the feature unit 50IW, a plurality of types of identification information (decorative symbols "1" to "7" in this example) are variably displayed and a display result is derived. The combination of identification information derived and displayed on a predetermined line (line in this example) in the variable display means (image display device 5 in this example) to be displayed is a specific combination (big hit symbol in this example). This is a gaming machine that notifies that the player is controlled to an advantageous state (in this example, a jackpot gaming state) that is advantageous to the player, and is a reach using a plurality of lines (in this example, lines A to D). The reach effect executing means (in this example, the portion of the effect control CPU 120 for executing steps 50IWS216 and S8105) is provided, and the reach effect executing means uses one line in the reach state. The first part to be performed (in this example, the first part to produce a rank-up chance effect using the lines B to D in the reach state) and the second part to perform the effect using other lines in the reach state (in this example). In this example, it is possible to execute a reach effect (for example, a special effect) composed of a second part (second part) in which the effect is performed using the line A in the reach state, and in the first part, a plurality of types having different modes can be executed. It is possible to execute a suggestion effect (in this example, a rank-up chance effect), and in the second part, there are different expectations for being controlled in an advantageous state, and a plurality of types of notifications for notifying whether or not the effect is controlled in an advantageous state. The effect (in this example, the success / failure notification effect of the first to third aspects) can be executed, and the second part depends on the type of the suggestion effect in the first part (in this example, the total level in the rank-up chance effect). It was decided that the selection ratios of the types of notification effects in the above were different (see FIG. 8-9 (B)). As a result, by using one line as a stepping stone to the other line, it is possible to pay attention to the suggestive effect in the first part and to pay attention to whether or not to control it in an advantageous state in the second part. It is possible to preferably perform an effect using a plurality of lines in the reach state.

なお、本実施の形態では、合計レベルが0,1のいずれかであれば第1報知態様の当否報知演出を実行し、合計レベルが2であれば第2報知態様の当否報知演出を実行し、合計レベルが3であれば第3報知態様の当否報知演出を実行するものであり、換言すれば、合計レベルに応じた一の態様の当否報知演出を実行することとしたが、合計レベルに応じて異なる割合にて演出態様が選択されるものであれば、これに限るものではない。例えば、いずれの合計レベルであっても第1報知態様~第3報知態様のいずれも選択され得る構成であって、合計レベルが高い程、第1報知態様の選択割合が低く、第3報知態様の選択割合が高いこととしてもよい。また、いずれの合計レベルであっても第1報知態様~第3報知態様のいずれも選択され得る構成であれば、特殊演出中にランク表示(図8-15参照)を表示した場合に、いずれの態様の当否報知演出が行われるかに対する期待感をより強く与えることができる。その場合、ランク表示において当否報知演出の演出態様を確定的に報知する表示は行わず、例えばレベル3であっても「大ボタン?」などとしてもよい。また、レベル3である場合のランク表示として、当否報知演出の演出態様を報知しない態様の表示A(例えば、当否報知演出の演出態様が第1演出態様~第3演出態様のいずれであっても選択され得る「大ボタン?」)と、当否報知演出の演出態様を報知する態様の表示B(例えば、当否報知演出の演出態様が第3演出態様である場合に限り選択され得る「大ボタン!」)とのいずれかを表示可能であることとしてもよい。 In the present embodiment, if the total level is either 0 or 1, the hit / miss notification effect of the first notification mode is executed, and if the total level is 2, the hit / miss notification effect of the second notification mode is executed. If the total level is 3, the success / failure notification effect of the third notification mode is executed. In other words, the success / failure notification effect of one mode according to the total level is executed. The present invention is not limited to this as long as the production mode is selected at different ratios. For example, any of the first notification mode to the third notification mode can be selected regardless of the total level, and the higher the total level, the lower the selection ratio of the first notification mode, and the third notification mode. It may be assumed that the selection ratio of is high. Further, if any of the first notification mode to the third notification mode can be selected regardless of the total level, when the rank display (see FIGS. 8-15) is displayed during the special effect, any of the above. It is possible to give a stronger sense of expectation as to whether or not the success / failure notification effect of the above aspect is performed. In that case, the rank display does not deterministically notify the effect mode of the success / failure notification effect, and for example, even at level 3, a "large button?" May be used. Further, as the rank display in the case of level 3, display A in which the effect mode of the hit / miss notification effect is not notified (for example, even if the effect mode of the hit / fail notification effect is any of the first effect mode to the third effect mode). A selectable "large button?") And a display B of an aspect for notifying the effect mode of the hit / miss notification effect (for example, a "large button!" That can be selected only when the effect mode of the hit / miss notification effect is the third effect mode. It may be possible to display any of ")".

また、当否報知演出の演出態様としては、プッシュボタン31Bへの押下を促すボタン態様と、スティックコントローラ31Aへの傾倒操作を促すレバー態様とが含まれていることとしてもよい。 Further, the effect mode of the hit / miss notification effect may include a button mode for urging the push button 31B to be pressed and a lever mode for urging the stick controller 31A to tilt.

また、本実施の形態では、第1パートにおいて実行する示唆演出としてランクアップチャンス演出を実行することとしたが、他の演出を実行することとしてもよい。例えば、カットインする画像のランクが昇格するカットイン昇格演出、アクティブ表示の表示態様が変化するアクティブ変化演出、ボタン演出のランクが昇格するボタン昇格演出、演出の信頼度を示す星画像の数を増加させる星増加演出、セリフ内容がランクアップするセリフ態様昇格演出、制御される演出ゾーンのランクが昇格するゾーン移行演出などの演出を示唆演出として第1パートにおいて行うこととしてもよい。 Further, in the present embodiment, the rank-up chance effect is executed as the suggestion effect to be executed in the first part, but other effects may be executed. For example, a cut-in promotion effect that promotes the rank of the image to be cut in, an active change effect that changes the display mode of the active display, a button promotion effect that promotes the rank of the button effect, and the number of star images showing the reliability of the effect. In the first part, the effect of increasing the number of stars, the effect of promoting the dialogue mode in which the content of the dialogue is upgraded, the effect of shifting the zone to which the rank of the controlled effect zone is promoted, and the like may be performed as suggestive effects.

(3B)また、以上に説明したように、この特徴部50IWによれば、複数種類の識別情報(本例では、「1」~「7」の飾り図柄)の可変表示を行い表示結果を導出表示する可変表示手段(本例では、画像表示装置5)に導出表示された識別情報の組み合わせが特定の組み合わせ(本例では、大当り図柄)であることにより遊技者にとって有利な有利状態(本例では、大当り遊技状態)に制御されることを報知する遊技機であって、複数のキャラクタ(本例では、キャラクタA~キャラクタE)を用いたリーチ演出を実行可能なリーチ演出実行手段(本例では、演出制御用CPU120における、ステップ50IWS216,S8105を実行する部分)を備え、リーチ演出実行手段は、一のキャラクタを用いた演出を行う第1パート(本例では、第2キャラクタ~第4キャラクタを用いたランクアップチャンス演出を行う第1パート)と、他のキャラクタを用いた演出を行う第2パート(本例では、第1キャラクタを用いて演出を行う第2パート)とから構成されるリーチ演出を実行可能であり、第1パートにおいて、態様の異なる複数種類の示唆演出(本例では、ランクアップチャンス演出)を実行可能であり、第2パートにおいて、有利状態に制御される期待度が異なり、有利状態に制御されるか否かを報知する複数種類の報知演出(本例では、第1態様~第3態様の当否報知演出)を実行可能であり、第1パートにおける示唆演出の種類(本例では、ランクアップチャンス演出における合計レベル)によって、第2パートにおける報知演出の種類の選択割合が異なる(図8-9(B)参照)こととした。これにより、一のラインを他のラインへの布石とすることで、第1パートにおいては示唆演出に注目させるとともに、第2パートにおいては有利状態に制御するか否かに注目させることができ、複数のキャラクタを用いた演出を好適に行うことができる。 (3B) Further, as described above, according to the feature unit 50IW, a plurality of types of identification information (decorative symbols "1" to "7" in this example) are variably displayed and a display result is derived. The combination of the identification information derived and displayed on the variable display means (in this example, the image display device 5) to be displayed is a specific combination (in this example, a jackpot symbol), which is an advantageous state for the player (this example). Then, it is a game machine that notifies that it is controlled to be controlled by the big hit game state), and is a reach effect executing means (this example) that can execute a reach effect using a plurality of characters (characters A to E in this example). Then, the effect control CPU 120 includes a portion for executing steps 50IWS216 and S8105, and the reach effect executing means is a first part (in this example, a second character to a fourth character) for performing an effect using one character. It is composed of a second part (in this example, a second part that uses the first character) to produce a rank-up chance effect using another character. It is possible to execute a reach effect, and in the first part, it is possible to execute a plurality of types of suggestive effects (in this example, a rank-up chance effect) with different modes, and in the second part, the expectation level controlled to an advantageous state. It is possible to execute a plurality of types of notification effects (in this example, the success / failure notification effects of the first to third aspects) for notifying whether or not the control is in an advantageous state, and the suggestion effects in the first part can be executed. It was decided that the selection ratio of the type of the notification effect in the second part differs depending on the type (in this example, the total level in the rank-up chance effect) (see FIG. 8-9 (B)). As a result, by using one line as a stepping stone to the other line, it is possible to pay attention to the suggestive effect in the first part and to pay attention to whether or not to control it in an advantageous state in the second part. It is possible to preferably perform an effect using a plurality of characters.

(3-14)また、本実施の形態では、リーチ演出実行手段は、報知演出において、遊技者に動作を促す促進演出(本例では、停止前ボタン演出)を実行可能であり、促進演出として、第1促進演出(本例では、小さいボタン画像を表示する停止前ボタン演出)と、該第1促進演出よりも期待度が高い第2促進演出(本例では、大きいボタン画像を表示する停止前ボタン演出)とを含む複数の促進演出のうちいずれかを選択して実行可能であり(図8-9(B)参照)、特定態様の示唆演出を行った場合は第2促進演出を選択して実行し、特定態様とは異なる態様の示唆演出を行った場合は第2促進演出を選択しない(本例では、合計レベルが2であれば、小さいボタン画像を表示する停止前ボタン演出を実行する態様を選択し、合計レベルが3であれば、大きいボタン画像を表示する停止前ボタン演出を実行する態様を選択する。図8-9(B)参照)こととした。これにより、特定態様の示唆演出が行われるか否かに注目させることができる。 (3-14) Further, in the present embodiment, the reach effect executing means can execute a promotion effect (in this example, a button effect before stopping) that encourages the player to move in the notification effect, and as the promotion effect. , The first promotion effect (in this example, the button effect before stopping to display a small button image) and the second promotion effect (in this example, the stop to display a large button image) having a higher expectation than the first promotion effect. It is possible to select and execute one of a plurality of promotion effects including the front button effect (see FIG. 8-9 (B)), and select the second promotion effect when a specific mode of suggestion effect is performed. If the suggestion effect of a mode different from the specific mode is performed, the second promotion effect is not selected (in this example, if the total level is 2, a small button image is displayed before the stop button effect is performed. The mode to be executed is selected, and if the total level is 3, the mode to execute the pre-stop button effect for displaying a large button image is selected. See FIG. 8-9 (B). This makes it possible to pay attention to whether or not the suggestion effect of a specific aspect is performed.

(4A)以上に説明したように、この特徴部50IWによれば、複数種類の識別情報(本例では、「1」~「7」の飾り図柄)の可変表示を行い表示結果を導出表示する可変表示手段(本例では、画像表示装置5)における所定のライン(本例では、ライン)上に導出表示された識別情報の組み合わせが特定の組み合わせ(本例では、大当り図柄)であることにより遊技者にとって有利な有利状態(本例では、大当り遊技状態)に制御されることを報知する遊技機であって、複数のライン(本例では、ラインA~ラインD)を用いたリーチ演出を実行可能なリーチ演出実行手段(本例では、演出制御用CPU120における、ステップ50IWS216,S8105を実行する部分)を備え、リーチ演出実行手段は、リーチ状態である一のラインを用いた演出を行う第1パート(本例では、リーチ状態であるラインB~ラインDを用いたランクアップチャンス演出を行う第1パート)と、リーチ状態である他のラインを用いた演出を行う第2パート(本例では、リーチ状態であるラインAを用いて演出を行う第2パート)とから構成されるリーチ演出を実行可能であり、第1パートにおいて、態様の異なる複数種類の示唆演出(本例では、ランクアップチャンス演出)を実行可能であり、第2パートにおいて、有利状態に制御される期待度が異なり、有利状態に制御されるか否かを報知する複数種類の報知演出(本例では、第1態様~第3態様の当否報知演出)を実行可能であり、一のラインにおけるリーチ状態を構成する識別情報によって異なる割合にて示唆演出の態様を変化させる(図8-8(A)~(E)参照)こととした。これにより、一のラインを他のラインへの布石とすることで、第1パートにおいては示唆演出に注目させるとともに、第2パートにおいては有利状態に制御するか否かに注目させることができ、リーチ状態を構成する識別情報に注目させることができる。 (4A) As described above, according to the feature unit 50IW, a plurality of types of identification information (decorative symbols "1" to "7" in this example) are variablely displayed and the display result is derived and displayed. The combination of identification information derived and displayed on a predetermined line (line in this example) in the variable display means (image display device 5 in this example) is a specific combination (big hit symbol in this example). It is a gaming machine that notifies that it is controlled to an advantageous state (in this example, a big hit gaming state) that is advantageous for the player, and provides a reach effect using a plurality of lines (in this example, lines A to D). A second reach effect executing means (in this example, a portion of the effect control CPU 120 for executing steps 50IWS216 and S8105) is provided, and the reach effect executing means performs an effect using one line in the reach state. One part (in this example, the first part for producing a rank-up chance effect using lines B to D in the reach state) and the second part (in this example) for producing an effect using another line in the reach state. Then, it is possible to execute a reach effect composed of the second part (second part) in which the effect is performed using the line A in the reach state, and in the first part, a plurality of types of suggestive effects having different modes (rank in this example). Up chance effect) can be executed, and in the second part, the expectation degree controlled in the advantageous state is different, and a plurality of types of notification effects (in this example, the first) for notifying whether or not the control is performed in the advantageous state are performed. The mode of the suggestion effect is changed at different rates depending on the identification information constituting the reach state in one line (FIGS. 8-8 (A) to (E)). ) Refer to). As a result, by using one line as a stepping stone to the other line, it is possible to pay attention to the suggestive effect in the first part and to pay attention to whether or not to control it in an advantageous state in the second part. It is possible to pay attention to the identification information that constitutes the reach state.

(4B)また、以上に説明したように、この特徴部50IWによれば、複数種類の識別情報(本例では、「1」~「7」の飾り図柄)の可変表示を行い表示結果を導出表示する可変表示手段(本例では、画像表示装置5)に導出表示された識別情報の組み合わせが特定の組み合わせ(本例では、大当り図柄)であることにより遊技者にとって有利な有利状態(本例では、大当り遊技状態)に制御されることを報知する遊技機であって、複数のキャラクタ(本例では、キャラクタA~キャラクタE)を用いたリーチ演出を実行可能なリーチ演出実行手段(本例では、演出制御用CPU120における、ステップ50IWS216,S8105を実行する部分)を備え、リーチ演出実行手段は、一のキャラクタを用いた演出を行う第1パート(本例では、第2キャラクタ~第4キャラクタを用いたランクアップチャンス演出を行う第1パート)と、他のキャラクタを用いた演出を行う第2パート(本例では、第1キャラクタを用いて演出を行う第2パート)とから構成されるリーチ演出を実行可能であり、第1パートにおいて、態様の異なる複数種類の示唆演出(本例では、ランクアップチャンス演出)を実行可能であり、第2パートにおいて、有利状態に制御される期待度が異なり、有利状態に制御されるか否かを報知する複数種類の報知演出(本例では、第1態様~第3態様の当否報知演出)を実行可能であり、一のキャラクタによって異なる割合にて示唆演出の態様を変化させる(図8-8(A)~(E)参照)こととした。これにより、一のラインを他のラインへの布石とすることで、第1パートにおいては示唆演出に注目させるとともに、第2パートにおいては有利状態に制御するか否かに注目させることができ、表示されるキャラクタに注目させることができる。 (4B) Further, as described above, according to the feature unit 50IW, a plurality of types of identification information (decorative symbols "1" to "7" in this example) are variably displayed and a display result is derived. The combination of the identification information derived and displayed on the variable display means (in this example, the image display device 5) to be displayed is a specific combination (in this example, a jackpot symbol), which is an advantageous state for the player (this example). Then, it is a game machine that notifies that it is controlled to be controlled by the big hit game state), and is a reach effect executing means (this example) that can execute a reach effect using a plurality of characters (characters A to E in this example). Then, the effect control CPU 120 includes a portion for executing steps 50IWS216 and S8105, and the reach effect executing means is a first part (in this example, a second character to a fourth character) for performing an effect using one character. It is composed of a second part (in this example, a second part that uses the first character) to produce a rank-up chance effect using another character. It is possible to execute a reach effect, and in the first part, it is possible to execute a plurality of types of suggestive effects (in this example, a rank-up chance effect) with different modes, and in the second part, the expectation level controlled to an advantageous state. It is possible to execute a plurality of types of notification effects (in this example, the success / failure notification effects of the first to third aspects) for notifying whether or not the control is in an advantageous state, and the ratio differs depending on one character. Therefore, it was decided to change the mode of the suggestion effect (see FIGS. 8-8 (A) to (E)). As a result, by using one line as a stepping stone to the other line, it is possible to pay attention to the suggestive effect in the first part and to pay attention to whether or not to control it in an advantageous state in the second part. You can pay attention to the displayed character.

(4-15)また、本実施の形態では、複数の識別情報として少なくとも第1識別情報(本例では、「7」)と第2識別情報(本例では、「2」)とが設けられ、第1識別情報をリーチ状態としたラインにより有利状態に制御されるか否かを演出する場合の方が、第2識別情報をリーチ状態としたラインにより有利状態に制御されるか否かを演出する場合よりも期待度が高く(図8-4(A)参照)、リーチ演出実行手段は、一のラインにおけるリーチ状態を構成する識別情報が第1識別情報である場合の方が、第2識別情報である場合よりも高い割合にて示唆演出の態様を変化させる(図8-8(A)~(E)参照)こととした。これにより、リーチ状態を構成する識別情報に注目させることができる。 (4-15) Further, in the present embodiment, at least the first identification information (“7” in this example) and the second identification information (“2” in this example) are provided as a plurality of identification information. In the case of producing whether or not the line in which the first identification information is in the reach state is controlled in an advantageous state, whether or not the line in which the second identification information is in the reach state is controlled in an advantageous state is determined. Expectations are higher than in the case of directing (see FIG. 8-4 (A)), and the reach effect executing means is the first when the identification information constituting the reach state in one line is the first identification information. 2 It was decided to change the mode of suggestion effect at a higher rate than in the case of identification information (see FIGS. 8-8 (A) to (E)). As a result, the identification information constituting the reach state can be focused on.

(4-16)また、本実施の形態では、複数のキャラクタとして少なくとも第1キャラクタ(本例では、キャラクタA)と第2キャラクタ(本例では、キャラクタE)とが設けられ、第1キャラクタを用いて有利状態に制御されるか否かを演出する場合の方が、第2キャラクタを用いて有利状態に制御されるか否かを演出する場合よりも期待度が高く(図8-6(A)参照)、リーチ演出実行手段は、一のキャラクタが第1キャラクタである場合の方が、第2キャラクタである場合よりも高い割合にて示唆演出の態様を変化させる(図8-8(A)~(E)参照)こととした。これにより、表示するキャラクタに注目させることができる。 (4-16) Further, in the present embodiment, at least a first character (character A in this example) and a second character (character E in this example) are provided as a plurality of characters, and the first character is used. The degree of expectation is higher in the case of producing whether or not it is controlled in an advantageous state by using it than in the case of producing whether or not it is controlled in an advantageous state by using the second character (Fig. 8-6 (Fig. 8-6). (See A)), the reach effect executing means changes the mode of the suggestion effect at a higher rate when one character is the first character than when it is the second character (FIG. 8-8 (FIG. 8-8). A)-(E)). This makes it possible to draw attention to the displayed character.

(4-17)また、本実施の形態では、リーチ演出実行手段は、示唆演出の態様を変化させるか否かを示唆する前段演出(本例では、前段演出)を、複数の態様(本例では、第1態様~第3態様)のうちいずれかにて実行可能であり、前段演出の態様にもとづいて異なる割合にて示唆演出の態様を変化させる(図8-9(A)参照)こととした。これにより、前段演出に注目させることができる。 (4-17) Further, in the present embodiment, the reach effect executing means performs a plurality of modes (this example) of the pre-stage effect (in this example, the pre-stage effect) suggesting whether or not to change the mode of the suggestion effect. Then, it can be carried out in any one of the first to third aspects), and the aspect of the suggestion effect is changed at a different ratio based on the aspect of the previous stage effect (see FIG. 8-9 (A)). And said. This makes it possible to draw attention to the pre-stage production.

(4-18)また、本実施の形態では、第1パートにおいて遊技者の動作の検出を有効とする第1有効期間において出力される音声の種類の数と、第2パートにおいて遊技者の動作の検出を有効とする第2有効期間において出力される音声の種類の数とが異なることとした。これにより、出力される音声が多いパートについては盛り上げることができる一方で、出力される音声が少ないパートについては音声以外の演出(例えば、画像表示装置5を用いた演出、プッシュボタン31Bを用いた演出)に集中させることができ、更に、パートが切り替わったことを音声の種類の数によって報知することができる。 (4-18) Further, in the present embodiment, the number of types of sounds output during the first valid period during which the detection of the player's motion is enabled in the first part, and the player's motion in the second part. It was decided that the number of types of voice output during the second valid period in which the detection of was valid was different. As a result, it is possible to excite the part with a large amount of output sound, while for the part with a small amount of output sound, an effect other than the sound (for example, an effect using the image display device 5 and a push button 31B are used. It is possible to concentrate on the production), and further, it is possible to notify that the part has been switched by the number of voice types.

(4-19)また、本実施の形態では、第1パートにおいて遊技者の動作の検出を有効とする第1有効期間において出力される音声の種類の数は、第2パートにおいて遊技者の動作の検出を有効とする第2有効期間において出力される音声の種類の数よりも多いこととした。これにより、第2パートにおいて大当り遊技状態となるか否かを報知する瞬間に注目させることができる。 (4-19) Further, in the present embodiment, the number of types of voices output during the first valid period during which the detection of the player's movement is enabled in the first part is the player's movement in the second part. It was decided that the number of voice types to be output was larger than the number of voice types output during the second valid period in which the detection of was enabled. As a result, it is possible to pay attention to the moment of notifying whether or not the big hit game state is reached in the second part.

(4-20)また、本実施の形態では、第2有効期間中は第2パート用のBGMの出力が停止され、第2有効期間が終了したときに第2パート用のBGMの出力を再開することとした。これにより、第2パートにおいて大当り遊技状態となるか否かを報知する瞬間に注目させることができる (4-20) Further, in the present embodiment, the output of the BGM for the second part is stopped during the second valid period, and the output of the BGM for the second part is restarted when the second valid period ends. It was decided to. As a result, it is possible to pay attention to the moment of notifying whether or not the big hit game state is reached in the second part.

(4-21)また、本実施の形態では、第2パートにおける当否報知演出の実行期間Tdが、第1パートにおけるランクアップチャンス演出の実行期間(Ta,Tb,Tc)よりも長いこととした。これにより、第2パートにおける期待感を長時間遊技者に与えることができる。 (4-21) Further, in the present embodiment, the execution period Td of the hit / miss notification effect in the second part is longer than the execution period (Ta, Tb, Tc) of the rank-up chance effect in the first part. .. As a result, the expectation in the second part can be given to the player for a long time.

(4-22)また、本実施の形態では、3以上のラインがリーチ状態となる変動において、第1パートにおいてラインAを除くリーチラインを用いてランクアップチャンス演出を行うものであって、第1パートにおける各ランクアップチャンス演出の実行期間(Ta,Tb,Tc)よりも第2パートにおける当否報知演出の実行期間Tdの方が長いこととした。これにより、第2パートにおける期待感を長時間遊技者に与えることができる。 (4-22) Further, in the present embodiment, in the fluctuation in which three or more lines are in the reach state, the reach line excluding the line A is used in the first part to produce a rank-up chance. It was decided that the execution period Td of the hit / miss notification effect in the second part was longer than the execution period (Ta, Tb, Tc) of each rank-up chance effect in the first part. As a result, the expectation in the second part can be given to the player for a long time.

(4-23)また、本実施の形態では、3以上のラインがリーチ状態となる変動において、第1パートにおいてラインAを除くリーチラインを用いてランクアップチャンス演出を行うものであって、1回目のランクアップチャンス演出の実行期間よりも、2回目のランクアップチャンス演出の実行期間の方が長い(Ta<Tb<Tc)こととした。これにより、第1パートにおいては後半のランクアップチャンス演出に注目させることができる。 (4-23) Further, in the present embodiment, in the fluctuation in which three or more lines are in the reach state, the reach line excluding the line A is used in the first part to produce a rank-up chance. It was decided that the execution period of the second rank-up chance production is longer than the execution period of the second rank-up chance production (Ta <Tb <Tc). As a result, in the first part, attention can be paid to the rank-up chance production in the latter half.

(4-24)また、本実施の形態では、3以上のラインがリーチ状態となる変動において、第1パートにおいてラインAを除くリーチラインを用いてランクアップチャンス演出を行うものであって、第2パートにおける当否報知演出の実行期間Tdが、第1パートにおけるランクアップチャンス演出の実行期間の合計(Ta+Tb+Tc)よりも長いこととした。これにより、第2パートにおける期待感を長時間遊技者に与えることができる。 (4-24) Further, in the present embodiment, in the fluctuation in which three or more lines are in the reach state, the rank-up chance is produced by using the reach lines other than the line A in the first part. It was decided that the execution period Td of the hit / miss notification effect in the two parts is longer than the total execution period (Ta + Tb + Tc) of the rank-up chance effect in the first part. As a result, the expectation in the second part can be given to the player for a long time.

なお、図8-15に示した表示例では図示を省略したが、ランクアップチャンス演出の演出結果が報知されるときに(例えば、図8-15(C3)、(C5)、(C7))、表示されていたリーチ状態のラインの図柄の視認性を一時的に低下させることにより、ランクアップチャンス演出の演出結果を強調させることとしてもよい。また、ランクアップチャンス演出の演出結果が成功または大成功である場合に限り(例えば、図8-15(C3)、(C7))、表示されていたリーチ状態のラインの図柄の視認性を一時的に低下させることにより、ランクアップチャンス演出の演出結果を強調させることとしてもよい。 Although not shown in the display example shown in FIGS. 8-15, when the effect result of the rank-up chance effect is notified (for example, FIGS. 8-15 (C3), (C5), (C7)). , The visibility of the displayed line in the reach state may be temporarily reduced to emphasize the effect of the rank-up chance effect. In addition, only when the production result of the rank-up chance production is successful or very successful (for example, FIGS. 8-15 (C3), (C7)), the visibility of the displayed line in the reach state is temporarily suspended. It may be possible to emphasize the production result of the rank-up chance production by lowering the target.

また、本実施の形態では、ランクアップチャンス演出において、レベルが一度に2ランクアップするパターンが設けられているが、これに限るものではなく、例えば、ランクアップチャンス演出の演出結果として、ランクアップしない「失敗」と、1ランクアップする「成功」とが設けられているものであってもよい。 Further, in the present embodiment, in the rank-up chance production, a pattern in which the level is increased by two ranks at a time is provided, but the present invention is not limited to this, and for example, the rank-up is performed as a production result of the rank-up chance production. It may be provided with a "failure" that does not occur and a "success" that increases the rank by one.

また、複数回のランクアップチャンス演出を実行する変動においては、一のランクアップチャンス演出の演出結果の選択割合が、前回のランクアップチャンス演出の演出結果にもとづいて異なるものとしてもよい。例えば、2回目のランクアップチャンス演出の演出結果が大成功(2ランクアップ)する割合が、1回目のランクアップチャンス演出が成功した場合よりも、1回目のランクアップチャンス演出が失敗した場合の方が高いこととしてもよい。これにより、ランクアップチャンス演出が失敗したことによる遊技者の落胆感を軽減することができる。 Further, in the fluctuation of executing the rank-up chance effect a plurality of times, the selection ratio of the effect result of one rank-up chance effect may be different based on the effect result of the previous rank-up chance effect. For example, when the ratio of the production result of the second rank-up chance production to a great success (two ranks up) is higher than the case where the first rank-up chance production is successful, the first rank-up chance production fails. It may be higher. As a result, it is possible to reduce the disappointment of the player due to the failure of the rank-up chance production.

また、最終的に同じレベルまでランクアップする場合であっても、レベルの遷移パターンによって大当りに対する信頼度が異なることとしてもよい。例えば、3回のランクアップチャンス演出を行い、最終的にレベル2までランクアップする場合においても、1回目~3回目のランクアップチャンス演出において、失敗(±0)→失敗(±0)→大成功(+3)となるパターンの方が、成功(+1)→成功(+1)→成功(+1)となるパターンよりも大当りに対する信頼度が高いこととしてもよい。 Further, even when the rank is finally raised to the same level, the reliability for the jackpot may differ depending on the level transition pattern. For example, even when the rank-up chance production is performed 3 times and the rank is finally upgraded to level 2, the failure (± 0) → failure (± 0) → large in the 1st to 3rd rank-up chance production. It may be assumed that the pattern of success (+3) has higher reliability for the jackpot than the pattern of success (+1) → success (+1) → success (+1).

また、図8-8に示した変化レベル決定抽選テーブルを用いてランクアップチャンス演出の演出結果(変化レベル)を決定することにより、ランクアップチャンス演出において成功することに対するリーチ図柄毎の信頼度は「7」>「3」>「1」,「5」>「2」,「4」,「6」となっているが、これに限るものではない。例えば、「7」の成功割合が高い代わりに、その前後の「6」、「1」の成功割合が低くなっている構成としてもよいし、または「7」の成功割合が高い代わりに、その手前の「6」、「5」、または「1」、「2」の成功割合が低くなっている構成としてもよい。 Further, by determining the production result (change level) of the rank-up chance production using the change level determination lottery table shown in FIG. 8-8, the reliability of each reach symbol for success in the rank-up chance production is determined. "7"> "3"> "1", "5"> "2", "4", "6", but it is not limited to this. For example, instead of having a high success rate of "7", the success rate of "6" and "1" before and after that may be low, or instead of having a high success rate of "7", the success rate may be low. The success rate of "6", "5", or "1", "2" in the foreground may be low.

また、特殊演出を実行したものの味方キャラクタが敵キャラクタに敗北してはずれ図柄を搖動表示した後、再度飾り図柄の変動を開始する復活演出を実行するものであってもよい。その場合、リーチ状態となったラインに応じて表示したキャラクタ(特殊演出において用いたキャラクタ)とは異なるキャラクタを用いた復活演出を行うこととしてもよい。例えば、キャラクタA~Cを用いた特殊演出を行った後に、キャラクタDが助けにきて敵キャラクタを撃破する復活演出を行うこととしてもよい。また例えば、キャラクタA~Cを用いた特殊演出を行った後に、リーチラインに応じたキャラクタとしては選択されないキャラクタXが助けにきて敵キャラクタを撃破する復活演出を行うこととしてもよい。 Further, a revival effect may be executed in which the ally character is defeated by the enemy character and the out-of-order symbol is swayed and displayed, and then the decorative symbol starts to change again. In that case, a revival effect may be performed using a character different from the character displayed according to the line in the reach state (character used in the special effect). For example, after performing a special effect using the characters A to C, the character D may come to the rescue and perform a revival effect to destroy the enemy character. Further, for example, after performing a special effect using the characters A to C, a character X, which is not selected as a character corresponding to the reach line, may come to the rescue and perform a revival effect to destroy the enemy character.

以上に説明したように、本特徴部50IWには、以下に示す発明が含まれている。 As described above, the feature unit 50IW includes the inventions shown below.

(1-1)複数種類の識別情報(本例では、「1」~「7」の飾り図柄)の可変表示を行い表示結果を導出表示する可変表示手段(本例では、画像表示装置5)における所定のライン(本例では、ライン)上に導出表示された識別情報の組み合わせが特定の組み合わせ(本例では、大当り図柄)であることにより遊技者にとって有利な有利状態(本例では、大当り遊技状態)に制御されることを報知する遊技機であって、複数のライン(本例では、ラインA~ラインD)を用いたリーチ演出を実行可能なリーチ演出実行手段(本例では、演出制御用CPU120における、ステップ50IWS216,S8105を実行する部分)を備え、リーチ演出実行手段は、第1ライン(本例では、ラインA~ラインC)において複数種類の識別情報のうちいずれかの識別情報をリーチ状態とした後に該第1ラインによる所定リーチ演出(本例では、1ラインSP~3ラインSP、3ラインバトル)を実行した後、第2ライン(本例では、ラインB~ラインD)において第1ラインの識別情報と異なる複数種類のうちいずれかの識別情報をリーチ状態とし、第1ラインおよび第2ラインを含む複数のラインによる特定リーチ演出(本例では、2ラインSP、3ラインSP、3ラインバトル、4ラインバトル、特殊演出)を実行することが可能であり、特定リーチ演出に、第1数のラインによる第1特定リーチ演出(本例では、2ラインSP、3ラインSP、3ラインバトル、特殊演出)と、該第1数よりも多い第2数のラインによる第2特定リーチ演出(本例では、3ラインSP、3ラインバトル、4ラインバトル、特殊演出)とが含まれ、リーチ演出実行手段は、第1特定リーチ演出および第2特定リーチ演出のいずれを実行する場合にも、最終的に第1ラインにおいて特定の組み合わせとなるか否かを報知するように第1特定リーチ演出および第2特定リーチ演出を実行し(本例では、図8-13~図8-16に示す例では、ラインAでリーチ状態となった「1」を用いて、最終的に大当りとなるか否かを示す演出を行う)、第1ラインの識別情報の種類によって有利状態に制御される期待度が異なる(本例では、大当り信頼度は「7」>「3」>「1」,「5」>「2」,「4」,「6」となっている。図8-4(A)参照。)ことを特徴とする。そのような構成によれば、第1ラインにおいていずれの識別情報によりリーチ状態となるかに注目させることができ、期待感を持続させることができる。 (1-1) A variable display means (image display device 5 in this example) that variablely displays a plurality of types of identification information (decorative symbols "1" to "7" in this example) and derives and displays a display result. The combination of the identification information derived and displayed on the predetermined line (in this example, the line) is a specific combination (in this example, the big hit symbol), which is advantageous for the player (in this example, the big hit). A game machine that notifies that it is controlled by a game state), and is a reach effect executing means (in this example, an effect) that can execute a reach effect using a plurality of lines (lines A to D in this example). The control CPU 120 includes a portion for executing steps 50IWS216 and S8105), and the reach effect executing means is the identification information of any one of a plurality of types of identification information in the first line (in this example, lines A to C). Is set to the reach state, and then a predetermined reach effect by the first line (in this example, 1 line SP to 3 line SP, 3 line battle) is executed, and then the second line (in this example, lines B to D) is executed. In, one of a plurality of types of identification information different from the identification information of the first line is set to the reach state, and a specific reach effect by a plurality of lines including the first line and the second line (in this example, 2 lines SP and 3 lines). It is possible to execute SP, 3 line battle, 4 line battle, special effect), and for the specific reach effect, the 1st specific reach effect by the first number of lines (in this example, 2 line SP, 3 line SP). 3 line battle, special production) and 2nd specific reach production (in this example, 3 line SP, 3 line battle, 4 line battle, special production) with the 2nd number of lines more than the 1st number. Including, the reach effect executing means is so as to notify whether or not a specific combination is finally achieved in the first line regardless of whether the first specific reach effect or the second specific reach effect is executed. 1 Specified reach effect and 2nd specific reach effect are executed (in this example, in the examples shown in FIGS. 8-13 to 8-16, "1" in the reach state at line A is finally used. The degree of expectation to be controlled in an advantageous state differs depending on the type of identification information of the first line (in this example, the jackpot reliability is "7"> "3"> "". 1 ”,“ 5 ”>“ 2 ”,“ 4 ”,“ 6 ”. See FIG. 8-4 (A).). According to such a configuration, it is possible to pay attention to which identification information is used to reach the reach state in the first line, and it is possible to maintain a sense of expectation.

(1-2)複数種類の識別情報(本例では、「1」~「7」の飾り図柄)の可変表示を行い表示結果を導出表示する可変表示手段(本例では、画像表示装置5)に導出表示された識別情報の組み合わせが特定の組み合わせ(本例では、大当り図柄)であることにより遊技者にとって有利な有利状態(本例では、大当り遊技状態)に制御されることを報知する遊技機であって、複数のキャラクタ(本例では、キャラクタA~キャラクタE)を用いたリーチ演出を実行可能なリーチ演出実行手段(本例では、演出制御用CPU120における、ステップ50IWS216,S8105を実行する部分)を備え、リーチ演出実行手段は、第1キャラクタ(本例では、第1キャラクタ~第3キャラクタ)を表示した後に該第1キャラクタによる所定リーチ演出(本例では、1ラインSP~3ラインSP、3ラインバトル)を実行した後、第2キャラクタ(本例では、第2キャラクタ~第4キャラクタ)を追加表示し、第1キャラクタおよび第2キャラクタを含む複数のキャラクタによる特定リーチ演出(本例では、2ラインSP、3ラインSP、3ラインバトル、4ラインバトル、特殊演出)を実行することが可能であり、特定リーチ演出に、第1数のキャラクタによる第1特定リーチ演出(本例では、2ラインSP、3ラインSP、3ラインバトル、特殊演出)と、該第1数よりも多い第2数のキャラクタによる第2特定リーチ演出(本例では、3ラインSP、3ラインバトル、4ラインバトル、特殊演出)とが含まれ、リーチ演出実行手段は、第1特定リーチ演出および第2特定リーチ演出のいずれを実行する場合にも、最終的に第1キャラクタを用いて識別情報の組み合わせが特定の組み合わせとなるか否かを報知するように第1特定リーチ演出および第2特定リーチ演出を実行し(本例では、図8-13~図8-16に示す例では、第1キャラクタとして表示されたキャラクタEを用いて、最終的に大当りとなるか否かを示す演出を行う)、第1キャラクタの種類によって有利状態に制御される期待度が異なる(本例では、大当りに対する信頼度は、キャラクタA>キャラクタB>キャラクタC>キャラクタD>キャラクタEとなっている。図8-6(A)参照。)ことを特徴とする。そのような構成によれば、いずれの第1キャラクタが表示されるとなるかに注目させることができ、期待感を持続させることができる。 (1-2) Variable display means (image display device 5 in this example) that variablely displays a plurality of types of identification information (decorative symbols "1" to "7" in this example) and derives and displays the display result. A game that notifies that the combination of the identification information derived and displayed in is controlled to an advantageous state (in this example, a big hit game state) that is advantageous to the player by being a specific combination (in this example, a big hit symbol). Reach effect execution means (in this example, step 50IWS216, S8105 in the effect control CPU 120) that is a machine and can execute a reach effect using a plurality of characters (characters A to E in this example) is executed. The reach effect executing means is provided with a portion), and after displaying the first character (in this example, the first character to the third character), a predetermined reach effect by the first character (in this example, 1 line SP to 3 lines) is provided. After executing SP (3 line battle), the second character (in this example, the second character to the fourth character) is additionally displayed, and a specific reach effect (book) by a plurality of characters including the first character and the second character. In the example, it is possible to execute 2 line SP, 3 line SP, 3 line battle, 4 line battle, special effect), and for the specific reach effect, the first specific reach effect by the first number of characters (this example). Then, 2 line SP, 3 line SP, 3 line battle, special production) and the second specific reach production by the second number of characters, which is larger than the first number (in this example, 3 line SP, 3 line battle, special production). 4 line battle, special effect) is included, and the reach effect execution means finally uses the first character to identify the identification information regardless of whether the first specific reach effect or the second specific reach effect is executed. The first specific reach effect and the second specific reach effect are executed so as to notify whether or not the combination is a specific combination (in this example, the first in the examples shown in FIGS. 8-13 to 8-16). Using the character E displayed as a character, an effect indicating whether or not a big hit is finally made is performed), and the degree of expectation controlled in an advantageous state differs depending on the type of the first character (in this example, for the big hit). The reliability is as follows: character A> character B> character C> character D> character E. See FIG. 8-6 (A)). According to such a configuration, it is possible to pay attention to which first character will be displayed, and it is possible to maintain a sense of expectation.

(1-3)リーチ演出実行手段は、複数のラインおよび複数のキャラクタを用いたリーチ演出を実行可能であり、第1ラインにおいて複数種類の識別情報のうちいずれかの識別情報をリーチ状態とするとともに第1キャラクタを表示した後に該第1ラインおよび該第1キャラクタによる所定リーチ演出を実行した後、第2ラインにおいて第1ラインの識別情報と異なる複数種類のうちいずれかの識別情報をリーチ状態とするとともに第2キャラクタを追加表示し、第1ラインおよび第2ラインを含む複数のラインと、第1キャラクタおよび第2キャラクタを含む複数のキャラクタとによる特定リーチ演出を実行することが可能であり、特定リーチ演出に、第1数のラインおよび第1数のキャラクタによる第1特定リーチ演出と、該第1数よりも多い第2数のラインおよび第2数のキャラクタによる第2特定リーチ演出とが含まれ、第1特定リーチ演出および第2特定リーチ演出のいずれを実行する場合にも、最終的に第1キャラクタを用いて第1ラインにおいて特定の組み合わせとなるか否かを報知するように第1特定リーチ演出および第2特定リーチ演出を実行し、第1ラインの識別情報の種類によって有利状態に制御される期待度が異なり、第1キャラクタの種類によって有利状態に制御される期待度が異なることとしてもよい。そのような構成によれば、第1ラインにおいていずれの識別情報によりリーチ状態となるかと、いずれの第1キャラクタが表示されるとなるかとに注目させることができ、期待感を持続させることができる。 (1-3) The reach effect executing means can execute a reach effect using a plurality of lines and a plurality of characters, and one of a plurality of types of identification information is set to the reach state in the first line. After displaying the first character together with the first line and performing a predetermined reach effect by the first line, the second line is in a reach state of any of a plurality of types different from the identification information of the first line. It is possible to additionally display the second character and execute a specific reach effect by a plurality of lines including the first line and the second line and a plurality of characters including the first character and the second character. , The first specific reach effect by the first number of lines and the first number of characters, and the second specific reach effect by the second number of lines and the second number of characters, which are more than the first number, as the specific reach effect. Is included, and when either the first specific reach effect or the second specific reach effect is executed, the first character is finally used to notify whether or not a specific combination is achieved in the first line. The first specific reach effect and the second specific reach effect are executed, and the degree of expectation controlled to the advantageous state differs depending on the type of identification information of the first line, and the degree of expectation controlled to the advantageous state depends on the type of the first character. It may be different. According to such a configuration, it is possible to pay attention to which identification information causes the reach state and which first character is displayed in the first line, and it is possible to maintain a sense of expectation. ..

(1-4)複数の識別情報は所定の順序にて配列され(本例では、飾り図柄は「1」、「2」、「3」、「4」、「5」、「6」、「7」、「1」、「2」・・・の順に配列される)、第2ラインにおいてリーチ状態を構成する識別情報が第1ラインにおいてリーチ状態を構成する識別情報の前の順序の識別情報である場合と、第1ラインにおいてリーチ状態を構成する識別情報の後の順序の識別情報である場合とで期待度が異なる(本例では、第1リーチ図柄が「5」であり第2リーチ図柄が「6」である場合の方が、第1リーチ図柄が「5」であり第2リーチ図柄が「4」である場合よりも大当り信頼度が高い。図8-4(B)~(D)参照)こととしてもよい。そのような構成によれば、第2ラインにおいてリーチ状態を構成する識別情報に注目させることができる。 (1-4) A plurality of identification information is arranged in a predetermined order (in this example, the decorative symbols are "1", "2", "3", "4", "5", "6", " 7 ”,“ 1 ”,“ 2 ”...), the identification information constituting the reach state in the second line is the identification information in the order before the identification information constituting the reach state in the first line. The degree of expectation differs depending on whether the information is in the order of the identification information constituting the reach state in the first line (in this example, the first reach symbol is "5" and the second reach is reached. When the symbol is "6", the jackpot reliability is higher than when the first reach symbol is "5" and the second reach symbol is "4". FIGS. 8-4 (B) to ( D) may be referred to). With such a configuration, the identification information constituting the reach state can be focused on in the second line.

(1-5)第2キャラクタとして、特定キャラクタが追加表示される場合と、特別キャラクタが追加表示される場合とで期待度が異なる(本例では、第1キャラクタがキャラクタCである場合に、第2キャラクタとしてキャラクタBが表示される場合の方が、第2キャラクタとしてキャラクタDが表示される場合よりも大当り信頼度が高い。図8-6(B)参照)こととしてもよい。そのような構成によれば、追加表示される第2キャラクタに注目させることができる。 (1-5) Expectations differ depending on whether a specific character is additionally displayed as a second character and a special character is additionally displayed (in this example, when the first character is character C). The case where the character B is displayed as the second character has higher jackpot reliability than the case where the character D is displayed as the second character. See FIG. 8-6 (B). With such a configuration, it is possible to pay attention to the second character that is additionally displayed.

(1-6)リーチ演出実行手段は、第1ラインにおいてリーチ状態であることを提示した後に、第1キャラクタの種類を提示し(本例では、図8-13(A2)に示すようにラインAがリーチ状態となったことを提示した後に、図8-13(A3)に示すように第1キャラクタとしてキャラクタEを提示する)、第1ラインにおいて有利状態に制御されることに対する期待度の高い種類の識別情報のリーチ状態とした場合、有利状態に制御されることに対する期待度の高い種類の第1キャラクタを表示しやすい(図8-4(A)および図8-6(A)参照)こととしてもよい。そのような構成によれば、第1ラインにおいて信頼度の高い種類の識別情報のリーチ状態となった後にいずれのキャラクタが表示されるかに注目させることができ、且つ、該キャラクタは信頼度の高い種類となりやすいため、継続して期待感を与えることができる。 (1-6) The reach effect executing means presents the type of the first character after presenting that it is in the reach state in the first line (in this example, the line as shown in FIG. 8-13 (A2)). After presenting that A has reached the reach state, character E is presented as the first character as shown in FIG. 8-13 (A3)), and the degree of expectation that the character E will be controlled in an advantageous state in the first line. When the reach state of a high type of identification information is set, it is easy to display the first character of a type with a high expectation of being controlled in an advantageous state (see FIGS. 8-4 (A) and 8-6 (A)). ) May be. With such a configuration, it is possible to pay attention to which character is displayed after the reach state of the highly reliable type of identification information is reached in the first line, and the character has the reliability. Since it tends to be a high-quality type, it is possible to continue to give a sense of expectation.

(1-7)リーチ演出実行手段は、所定リーチ演出および特定リーチ演出の実行中において、リーチ状態を構成する識別情報を表示手段に表示し、該識別情報の近傍に、所定リーチ演出および特定リーチ演出におけるキャラクタ表示とは異なる表示として、キャラクタを示す表示を行う(本例では、図8-13(A3)に示すように、画像表示部5の特定領域に表示済キャラ表示Eを表示する)こととしてもよい。そのような構成によれば、表示中のキャラクタおよびリーチ状態を構成する識別情報を認識させやすくすることができる。 (1-7) The reach effect executing means displays the identification information constituting the reach state on the display means during the execution of the predetermined reach effect and the specific reach effect, and the predetermined reach effect and the specific reach are displayed in the vicinity of the identification information. A character is displayed as a display different from the character display in the production (in this example, the displayed character display E is displayed in a specific area of the image display unit 5 as shown in FIG. 8-13 (A3)). It may be that. According to such a configuration, it is possible to easily recognize the character being displayed and the identification information constituting the reach state.

(1-8)リーチ演出実行手段は、特定リーチ演出の序盤において第2キャラクタを表示する(本例では、図8-14(B4)に示すように、3ラインSPを開始するとともに第3キャラクタであるキャラクタBを表示する)こととしてもよい。そのような構成によれば、追加表示した第2キャラクタの演出を早期に認識させることで第2キャラクタの追加表示を強調することができる。 (1-8) The reach effect executing means displays the second character in the early stage of the specific reach effect (in this example, as shown in FIG. 8-14 (B4), the three-line SP is started and the third character is displayed. (Displays the character B). According to such a configuration, the additional display of the second character can be emphasized by recognizing the effect of the additionally displayed second character at an early stage.

(1-9)リーチ演出実行手段は、一のラインをリーチ状態とした後に他のラインをリーチ状態とするとき、該一のラインの識別情報に対して該他のラインの識別情報の少なくとも一部が重複するよう表示する(本例では、図8-14(B3)に示すように、ラインAおよびラインBのリーチ図柄に対して重複するようにラインCのリーチ図柄である「6」を表示する)こととしてもよい。そのような構成によれば、新たにリーチ状態となったラインを強調することができる。 (1-9) When the reach effect executing means puts one line in the reach state and then puts the other line in the reach state, at least one of the identification information of the other line with respect to the identification information of the one line. The parts are displayed so as to overlap (in this example, as shown in FIG. 8-14 (B3), the reach symbol “6” of the line C is overlapped with respect to the reach symbols of the line A and the line B. It may be displayed). With such a configuration, it is possible to emphasize the newly reached line.

(1-10)リーチ演出実行手段は、一のラインをリーチ状態とした後に他のラインをリーチ状態とするとき、リーチ状態とした全てのラインを表示するとともに、該全てのラインを順に強調表示する(本例では、図8-13(A7)~(Ab)に示すように、ラインBを強調表示した後にラインAを強調表示する)こととしてもよい。そのような構成によれば、新たにリーチ状態となったラインを強調しつつ、リーチ状態となったラインの数を認識させやすくすることができる。 (1-10) When the reach effect executing means puts one line in the reach state and then puts the other line in the reach state, all the lines in the reach state are displayed and all the lines are highlighted in order. (In this example, as shown in FIGS. 8-13 (A7) to (Ab), the line B is highlighted and then the line A is highlighted). With such a configuration, it is possible to make it easier to recognize the number of lines in the reach state while emphasizing the lines in the reach state.

(1-11)リーチ演出実行手段は、所定リーチ演出(本例では、3ラインリーチ演出)を開始してから第1タイミング(本例では、第1タイミング)にて特定リーチ演出(本例では、4ラインバトル)に発展させる第1発展パターン(本例では、Pt19,Pt21,Pt39,Pt41)と、所定リーチ演出を開始してから第2タイミング(本例では、第2タイミング)にて特定リーチ演出に発展させる第2発展パターン(本例では、Pt20,Pt22,Pt40,Pt42)とのいずれかにより所定リーチ演出から特定リーチ演出に発展させる制御を行い、第1発展パターンの制御がされる場合と第2発展パターンの制御がされる場合とで期待度が異なる(図8-1(B)参照)こととしてもよい。そのような構成によれば、いずれの発展パターンとなるかに注目させることができる。 (1-11) The reach effect executing means is a specific reach effect (in this example, the first timing) at the first timing (in this example, the first timing) after the predetermined reach effect (in this example, the three-line reach effect) is started. Specified at the first development pattern (Pt19, Pt21, Pt39, Pt41 in this example) to be developed into (4 line battle) and the second timing (second timing in this example) after starting the predetermined reach production. The first development pattern is controlled by controlling the development from the predetermined reach effect to the specific reach effect by any of the second development patterns (Pt20, Pt22, Pt40, Pt42 in this example) that develop into the reach effect. The degree of expectation may differ between the case and the case where the second development pattern is controlled (see FIG. 8-1 (B)). With such a configuration, it is possible to pay attention to which development pattern will be achieved.

(1-12)第1タイミングは、所定リーチ演出中のタイミングであり、第2タイミングは、第1タイミングよりも後のタイミングであり、第2発展パターンの制御がされる場合の方が第1発展パターンの制御がされる場合よりも期待度が高い(図8-1(B)参照)こととしてもよい。そのような構成によれば、後のタイミングにおいて所定リーチ演出から特定リーチ演出に発展されることを期待させることができる。 (1-12) The first timing is the timing during the predetermined reach effect, the second timing is the timing after the first timing, and the first timing is when the second development pattern is controlled. Expectations may be higher than when the development pattern is controlled (see FIG. 8-1 (B)). According to such a configuration, it can be expected that the predetermined reach effect will be developed into the specific reach effect at a later timing.

(1-13)リーチ演出実行手段は、第1タイミングおよび第2タイミングよりも後のタイミングであって、特定リーチ演出の実行中の第3タイミング(本例では、ラインCを用いたランクアップチャンス演出と、ラインBを用いたランクアップチャンス演出とが行われた後の第3タイミング)において、新たにラインをリーチ状態に制御し、または新たにキャラクタを追加表示する特殊パターンにより制御可能であり、特殊パターンの制御がされる場合の方が第1発展パターンまたは第2発展パターンの制御がされる場合よりも期待度が高い(本例では、特殊パターンの変動は大当りである場合のみ発生し得る)こととしてもよい。そのような構成によれば、第1タイミングおよび第2タイミングよりも後のタイミングにも期待させることができ、特定リーチ演出の実行中のタイミングにも期待させることができる。 (1-13) The reach effect execution means is a timing after the first timing and the second timing, and is a third timing during execution of the specific reach effect (in this example, a rank-up chance using the line C). In the third timing after the production and the rank-up chance production using the line B), the line can be newly controlled to the reach state, or can be controlled by a special pattern in which a new character is additionally displayed. , The expectation is higher when the special pattern is controlled than when the first development pattern or the second development pattern is controlled (in this example, the fluctuation of the special pattern occurs only when it is a big hit. You may get). According to such a configuration, it is possible to expect the timing after the first timing and the second timing, and it is possible to expect the timing during the execution of the specific reach effect.

(2-1)複数種類の識別情報(本例では、「1」~「7」の飾り図柄)の可変表示を行い表示結果を導出表示する可変表示手段(本例では、画像表示装置5)における所定のライン(本例では、ライン)上に導出表示された識別情報の組み合わせが特定の組み合わせ(本例では、大当り図柄)であることにより遊技者にとって有利な有利状態(本例では、大当り遊技状態)に制御されることを報知する遊技機であって、複数のライン(本例では、ラインA~ラインD)を用いたリーチ演出を実行可能なリーチ演出実行手段(本例では、演出制御用CPU120における、ステップ50IWS216,S8105を実行する部分)を備え、リーチ演出実行手段は、第1数のラインによる第1特定リーチ演出(本例では、1ラインSP、2ラインSP、3ラインSP、3ラインバトル、特殊演出)と、該第1数よりも多い第2数のラインによる第2特定リーチ演出(本例では、2ラインSP、3ラインSP、3ラインバトル、4ラインバトル、特殊演出)とを実行可能であり、第2特定リーチ演出が実行されるときのパターンとして、第1特定リーチ演出中に特定表示(本例では、リーチライン増加表示)を表示してから第2特定リーチ演出に発展させる第1リーチパターン(本例では、図8-14(B1)~(B4)参照。)と、第1特定リーチ演出中に特定表示を表示せずに該特定表示とは異なる特別表示(本例では、新たにリーチ状態となるラインに応じて表示されるキャラクタ)を表示してから第2特定リーチ演出に発展させる第2リーチパターン(本例では、図8-14(B4)~(B5)参照。)とがあり、特定表示および特別表示は識別情報とは異なる表示であり、第1リーチパターンにより第2特定リーチ演出が実行される場合と第2リーチパターンにより第2特定リーチ演出が実行される場合とで期待度が異なる(本例では、図8-6(C)、(D)参照。)ことを特徴とする。そのような構成によれば、いずれのリーチパターンに制御されるかに注目させることができる。 (2-1) Variable display means (image display device 5 in this example) that variablely displays a plurality of types of identification information (decorative symbols "1" to "7" in this example) and derives and displays a display result. The combination of the identification information derived and displayed on the predetermined line (in this example, the line) is a specific combination (in this example, the big hit symbol), which is advantageous for the player (in this example, the big hit). A game machine that notifies that it is controlled by a game state), and is a reach effect executing means (in this example, an effect) that can execute a reach effect using a plurality of lines (lines A to D in this example). The control CPU 120 includes steps 50IWS216 and S8105), and the reach effect executing means is a first specific reach effect by a first number of lines (in this example, 1 line SP, 2 line SP, 3 line SP). 3, 3 line battle, special production) and 2nd specific reach production by 2nd number of lines more than the 1st number (in this example, 2 line SP, 3 line SP, 3 line battle, 4 line battle, special (Effect) can be executed, and as a pattern when the second specific reach effect is executed, a specific display (in this example, a reach line increase display) is displayed during the first specific reach effect, and then the second specific display is performed. The first reach pattern developed into the reach effect (see FIGS. 8-14 (B1) to (B4) in this example) is different from the specific display without displaying the specific display during the first specific reach effect. A second reach pattern (in this example, FIG. 8-14 (B4)) that develops into a second specific reach effect after displaying a special display (in this example, a character displayed according to a line that is newly reached). )-(B5).) The specific display and the special display are different from the identification information, and the second specific reach effect is executed by the first reach pattern and the second by the second reach pattern. It is characterized in that the degree of expectation differs depending on the case where the specific reach effect is executed (see FIGS. 8-6 (C) and 8-6 (D) in this example). With such a configuration, it is possible to pay attention to which reach pattern is controlled.

(2-2)複数種類の識別情報(本例では、「1」~「7」の飾り図柄)の可変表示を行い表示結果を導出表示する可変表示手段(本例では、画像表示装置5)に導出表示された識別情報の組み合わせが特定の組み合わせ(本例では、大当り図柄)であることにより遊技者にとって有利な有利状態(本例では、大当り遊技状態)に制御されることを報知する遊技機であって、複数のキャラクタ(本例では、キャラクタA~キャラクタE)を用いたリーチ演出を実行可能なリーチ演出実行手段(本例では、演出制御用CPU120における、ステップ50IWS216,S8105を実行する部分)を備え、リーチ演出実行手段は、第1数のキャラクタによる第1特定リーチ演出(本例では、1ラインSP、2ラインSP、3ラインSP、3ラインバトル、特殊演出)と、該第1数よりも多い第2数のキャラクタによる第2特定リーチ演出(本例では、2ラインSP、3ラインSP、3ラインバトル、4ラインバトル、特殊演出)とを実行可能であり、第2特定リーチ演出が実行されるときのパターンとして、第1特定リーチ演出中に特定表示(本例では、リーチライン増加表示)を表示してから第2特定リーチ演出に発展させる第1リーチパターン(本例では、図8-14(B1)~(B4)参照。)と、第1特定リーチ演出中に特定表示を表示せずに該特定表示とは異なる特別表示(本例では、新たにリーチ状態となるラインに応じて表示されるキャラクタ)を表示してから第2特定リーチ演出に発展させる第2リーチパターン(本例では、図8-14(B4)~(B5)参照。)とがあり、特定表示および特別表示は識別情報とは異なる表示であり、第1リーチパターンにより第2特定リーチ演出が実行される場合と第2リーチパターンにより第2特定リーチ演出が実行される場合とで期待度が異なる(本例では、図8-6(C)、(D)参照。)ことを特徴とする。そのような構成によれば、いずれのリーチパターンに制御されるかに注目させることができる。 (2-2) A variable display means (image display device 5 in this example) that variablely displays a plurality of types of identification information (decorative symbols "1" to "7" in this example) and derives and displays a display result. A game that notifies that the combination of the identification information derived and displayed in is controlled to an advantageous state (in this example, a big hit game state) that is advantageous to the player by being a specific combination (in this example, a big hit symbol). Reach effect execution means (in this example, in the effect control CPU 120, steps 50IWS216 and S8105) that are machines and can execute reach effect using a plurality of characters (characters A to E in this example) are executed. The first specific reach effect (in this example, 1 line SP, 2 line SP, 3 line SP, 3 line battle, special effect) by the first number of characters and the first specific effect are provided. It is possible to execute a second specific reach effect (in this example, a 2-line SP, a 3-line SP, a 3-line battle, a 4-line battle, a special effect) by a second number of characters that is larger than one, and the second specific effect. As a pattern when the reach effect is executed, the first reach pattern (this example) that develops into the second specific reach effect after displaying the specific display (in this example, the reach line increase display) during the first specific reach effect. Then, see FIGS. 8-14 (B1) to (B4)) and a special display different from the specific display without displaying the specific display during the first specific reach effect (in this example, a new reach state). There is a second reach pattern (see FIGS. 8-14 (B4) to (B5) in this example) that develops into the second specific reach effect after displaying the character displayed according to the line. The specific display and the special display are different from the identification information, and the degree of expectation depends on the case where the second specific reach effect is executed by the first reach pattern and the case where the second specific reach effect is executed by the second reach pattern. (See FIGS. 8-6 (C) and 8-6 (D) in this example). With such a configuration, it is possible to pay attention to which reach pattern is controlled.

(2-3)リーチ演出実行手段は、特定表示としてアイコン表示を表示可能であり(本例では、図8-13(A4)参照)、特別表示としてキャラクタに対応する表示を表示可能であり(本例では、図8-14(B5)、(B6)参照)、第2リーチパターンの制御がされる場合の方が、第1リーチパターンの制御がされる場合よりも期待度が高い(本例では、図8-6(C)、(D)参照。)こととしてもよい。そのような構成によれば、特別表示が表示されることに期待させることができる。 (2-3) The reach effect executing means can display an icon display as a specific display (see FIG. 8-13 (A4) in this example), and can display a display corresponding to the character as a special display (see FIG. 8-13 (A4) in this example). In this example, (see FIGS. 8-14 (B5) and (B6)), the case where the second reach pattern is controlled has a higher degree of expectation than the case where the first reach pattern is controlled (this book). In the example, it may be referred to in FIGS. 8-6 (C) and 8-6 (D). With such a configuration, it can be expected that a special display will be displayed.

(2-4)リーチ演出実行手段は、1種類の特定表示を表示可能であり(本例では、「追加」の文字が付されたアイコン)、表示態様の異なる複数種類の特別表示(本例では、キャラクタA~キャラクタE)を表示可能であることとしてもよい。そのような構成によれば、特別表示が表示されることに対し、より注目させることができる。 (2-4) The reach effect executing means can display one type of specific display (in this example, an icon with the characters "addition"), and a plurality of types of special displays having different display modes (this example). Then, it may be possible to display the characters A to E). With such a configuration, it is possible to pay more attention to the display of the special display.

(3-1)複数種類の識別情報(本例では、「1」~「7」の飾り図柄)の可変表示を行い表示結果を導出表示する可変表示手段(本例では、画像表示装置5)における所定のライン(本例では、ライン)上に導出表示された識別情報の組み合わせが特定の組み合わせ(本例では、大当り図柄)であることにより遊技者にとって有利な有利状態(本例では、大当り遊技状態)に制御されることを報知する遊技機であって、複数のライン(本例では、ラインA~ラインD)を用いたリーチ演出を実行可能なリーチ演出実行手段(本例では、演出制御用CPU120における、ステップ50IWS216,S8105を実行する部分)を備え、リーチ演出実行手段は、リーチ状態である一のラインを用いた演出を行う第1パート(本例では、リーチ状態であるラインB~ラインDを用いたランクアップチャンス演出を行う第1パート)と、リーチ状態である他のラインを用いた演出を行う第2パート(本例では、リーチ状態であるラインAを用いて演出を行う第2パート)とから構成されるリーチ演出(本例では、特殊演出)を実行可能であり、第1パートにおいて、態様の異なる複数種類の示唆演出(本例では、ランクアップチャンス演出)を実行可能であり、第2パートにおいて、有利状態に制御される期待度が異なり、有利状態に制御されるか否かを報知する複数種類の報知演出(本例では、第1態様~第3態様の当否報知演出)を実行可能であり、第1パートにおける示唆演出の種類(本例では、ランクアップチャンス演出における合計レベル)によって、第2パートにおける報知演出の種類の選択割合が異なる(図8-9(B)参照)ことを特徴とする。そのような構成によれば、第1パートにおいては示唆演出に注目させるとともに、第2パートにおいては有利状態に制御するか否かに注目させることができ、リーチ状態である複数のラインを用いた演出を好適に行うことができる。 (3-1) A variable display means (image display device 5 in this example) that variablely displays a plurality of types of identification information (decorative symbols "1" to "7" in this example) and derives and displays a display result. The combination of the identification information derived and displayed on the predetermined line (in this example, the line) is a specific combination (in this example, the big hit symbol), which is advantageous for the player (in this example, the big hit). A game machine that notifies that it is controlled by a game state), and is a reach effect executing means (in this example, an effect) that can execute a reach effect using a plurality of lines (lines A to D in this example). The control CPU 120 includes a portion for executing steps 50IWS216 and S8105), and the reach effect executing means is a first part (in this example, a line B in the reach state) for performing an effect using one line in the reach state. -The first part that uses line D to produce a rank-up chance, and the second part that uses other lines that are in reach (in this example, line A that is in reach) is used to produce the effect. It is possible to execute a reach effect (special effect in this example) composed of the second part), and in the first part, multiple types of suggestion effects with different modes (rank-up chance effect in this example) are performed. It is feasible, and in the second part, a plurality of types of notification effects for notifying whether or not the expectation to be controlled in the advantageous state is different and whether or not the control is performed in the advantageous state (in this example, the first to third aspects). The selection ratio of the type of notification effect in the second part differs depending on the type of suggestion effect in the first part (in this example, the total level in the rank-up chance effect). -9 (B)). According to such a configuration, in the first part, it is possible to pay attention to the suggestive effect, and in the second part, it is possible to pay attention to whether or not to control in an advantageous state, and a plurality of lines in the reach state are used. The production can be suitably performed.

(3-2)複数種類の識別情報(本例では、「1」~「7」の飾り図柄)の可変表示を行い表示結果を導出表示する可変表示手段(本例では、画像表示装置5)に導出表示された識別情報の組み合わせが特定の組み合わせ(本例では、大当り図柄)であることにより遊技者にとって有利な有利状態(本例では、大当り遊技状態)に制御されることを報知する遊技機であって、複数のキャラクタ(本例では、キャラクタA~キャラクタE)を用いたリーチ演出を実行可能なリーチ演出実行手段(本例では、演出制御用CPU120における、ステップ50IWS216,S8105を実行する部分)を備え、リーチ演出実行手段は、一のキャラクタを用いた演出を行う第1パート(本例では、第2キャラクタ~第4キャラクタを用いたランクアップチャンス演出を行う第1パート)と、他のキャラクタを用いた演出を行う第2パート(本例では、第1キャラクタを用いて演出を行う第2パート)とから構成されるリーチ演出(本例では、特殊演出)を実行可能であり、第1パートにおいて、態様の異なる複数種類の示唆演出(本例では、ランクアップチャンス演出)を実行可能であり、第2パートにおいて、有利状態に制御される期待度が異なり、有利状態に制御されるか否かを報知する複数種類の報知演出(本例では、第1態様~第3態様の当否報知演出)を実行可能であり、第1パートにおける示唆演出の種類(本例では、ランクアップチャンス演出における合計レベル)によって、第2パートにおける報知演出の種類の選択割合が異なる(図8-9(B)参照)ことを特徴とする。そのような構成によれば、第1パートにおいては示唆演出に注目させるとともに、第2パートにおいては有利状態に制御するか否かに注目させることができ、複数のキャラクタを用いた演出を好適に行うことができる。 (3-2) A variable display means (image display device 5 in this example) that variablely displays a plurality of types of identification information (decorative symbols "1" to "7" in this example) and derives and displays a display result. A game that notifies that the combination of the identification information derived and displayed in is controlled to an advantageous state (in this example, a big hit game state) that is advantageous to the player by being a specific combination (in this example, a big hit symbol). A reach effect executing means (in this example, the effect control CPU 120, steps 50IWS216, S8105) that is a machine and can execute a reach effect using a plurality of characters (characters A to E in this example) is executed. The part) is provided, and the reach effect executing means is the first part (in this example, the first part in which the rank-up chance effect is performed using the second to fourth characters) in which the effect is performed using one character. It is possible to execute a reach effect (special effect in this example) composed of a second part (in this example, a second part in which the effect is performed using the first character) and an effect using another character. , In the first part, it is possible to execute a plurality of types of suggestion effects (in this example, rank-up chance effects) having different modes, and in the second part, the degree of expectation to be controlled in an advantageous state is different, and the control is performed in an advantageous state. It is possible to execute a plurality of types of notification effects (in this example, the success / failure notification effects of the first to third aspects) for notifying whether or not to be performed, and the types of suggestion effects in the first part (rank in this example). It is characterized in that the selection ratio of the type of notification effect in the second part differs depending on the total level in the up chance effect (see FIG. 8-9 (B)). According to such a configuration, in the first part, it is possible to pay attention to the suggestive effect, and in the second part, it is possible to pay attention to whether or not the control is performed in an advantageous state, and the effect using a plurality of characters is preferable. It can be carried out.

(3-3)リーチ演出実行手段は、報知演出において、遊技者に動作を促す促進演出(本例では、停止前ボタン演出)を実行可能であり、促進演出として、第1促進演出(本例では、小さいボタン画像を表示する停止前ボタン演出)と、該第1促進演出よりも期待度が高い第2促進演出(本例では、大きいボタン画像を表示する停止前ボタン演出)とを含む複数の促進演出のうちいずれかを選択して実行可能であり(図8-9(B)参照)、特定態様の示唆演出を行った場合は第2促進演出を選択して実行し、特定態様とは異なる態様の示唆演出を行った場合は第2促進演出を選択しない(本例では、合計レベルが2であれば、小さいボタン画像を表示する停止前ボタン演出を実行する態様を選択し、合計レベルが3であれば、大きいボタン画像を表示する停止前ボタン演出を実行する態様を選択する。図8-9(B)参照)こととしてもよい。そのような構成によれば、特定態様の示唆演出が行われるか否かに注目させることができる。 (3-3) The reach effect executing means can execute a promotion effect (in this example, a button effect before stopping) that encourages the player to move in the notification effect, and as the promotion effect, the first promotion effect (this example). Then, a plurality of including a pre-stop button effect that displays a small button image) and a second promotion effect (in this example, a pre-stop button effect that displays a large button image) that has a higher expectation than the first promotion effect. It is possible to select and execute one of the promotion effects of (see FIG. 8-9 (B)), and when the suggestion effect of a specific mode is performed, the second promotion effect is selected and executed, and the specific mode is used. Does not select the second promotion effect when the suggestion effect of a different aspect is performed (in this example, if the total level is 2, the mode of executing the pre-stop button effect that displays a small button image is selected and totaled. If the level is 3, the mode of executing the pre-stop button effect for displaying a large button image may be selected. (See FIG. 8-9 (B)). According to such a configuration, it is possible to pay attention to whether or not the suggestion effect of a specific aspect is performed.

(4-1)複数種類の識別情報(本例では、「1」~「7」の飾り図柄)の可変表示を行い表示結果を導出表示する可変表示手段(本例では、画像表示装置5)における所定のライン(本例では、ライン)上に導出表示された識別情報の組み合わせが特定の組み合わせ(本例では、大当り図柄)であることにより遊技者にとって有利な有利状態(本例では、大当り遊技状態)に制御されることを報知する遊技機であって、複数のライン(本例では、ラインA~ラインD)を用いたリーチ演出を実行可能なリーチ演出実行手段(本例では、演出制御用CPU120における、ステップ50IWS216,S8105を実行する部分)を備え、リーチ演出実行手段は、リーチ状態である一のラインを用いた演出を行う第1パート(本例では、リーチ状態であるラインB~ラインDを用いたランクアップチャンス演出を行う第1パート)と、リーチ状態である他のラインを用いた演出を行う第2パート(本例では、リーチ状態であるラインAを用いて演出を行う第2パート)とから構成されるリーチ演出(本例では、特殊演出)を実行可能であり、第1パートにおいて、態様の異なる複数種類の示唆演出(本例では、ランクアップチャンス演出)を実行可能であり、第2パートにおいて、有利状態に制御される期待度が異なり、有利状態に制御されるか否かを報知する複数種類の報知演出(本例では、第1態様~第3態様の当否報知演出)を実行可能であり、一のラインにおけるリーチ状態を構成する識別情報によって異なる割合にて示唆演出の態様を変化させる(図8-8(A)~(E)参照)ことを特徴とする。そのような構成によれば、第1パートにおいては示唆演出に注目させるとともに、第2パートにおいては有利状態に制御するか否かに注目させることができ、リーチ状態を構成する識別情報に注目させることができる。 (4-1) A variable display means (image display device 5 in this example) that variablely displays a plurality of types of identification information (decorative symbols "1" to "7" in this example) and derives and displays a display result. The combination of the identification information derived and displayed on the predetermined line (in this example, the line) is a specific combination (in this example, the big hit symbol), which is advantageous for the player (in this example, the big hit). A game machine that notifies that it is controlled by a game state), and is a reach effect executing means (in this example, an effect) that can execute a reach effect using a plurality of lines (lines A to D in this example). The control CPU 120 includes a portion for executing steps 50IWS216 and S8105), and the reach effect executing means is a first part (in this example, a line B in the reach state) for performing an effect using one line in the reach state. -The first part that uses line D to produce a rank-up chance, and the second part that uses other lines that are in reach (in this example, line A that is in reach) is used to produce the effect. It is possible to execute a reach effect (special effect in this example) composed of the second part), and in the first part, multiple types of suggestion effects with different modes (rank-up chance effect in this example) are performed. It is feasible, and in the second part, a plurality of types of notification effects for notifying whether or not the expectation to be controlled in the advantageous state is different and whether or not the control is performed in the advantageous state (in this example, the first to third aspects). (Refer to FIGS. 8-8 (A) to (E)) It is a feature. According to such a configuration, in the first part, it is possible to pay attention to the suggestion effect, and in the second part, it is possible to pay attention to whether or not to control the advantageous state, and to pay attention to the identification information constituting the reach state. be able to.

(4-2)複数種類の識別情報(本例では、「1」~「7」の飾り図柄)の可変表示を行い表示結果を導出表示する可変表示手段(本例では、画像表示装置5)に導出表示された識別情報の組み合わせが特定の組み合わせ(本例では、大当り図柄)であることにより遊技者にとって有利な有利状態(本例では、大当り遊技状態)に制御されることを報知する遊技機であって、複数のキャラクタ(本例では、キャラクタA~キャラクタE)を用いたリーチ演出を実行可能なリーチ演出実行手段(本例では、演出制御用CPU120における、ステップ50IWS216,S8105を実行する部分)を備え、リーチ演出実行手段は、一のキャラクタを用いた演出を行う第1パート(本例では、第2キャラクタ~第4キャラクタを用いたランクアップチャンス演出を行う第1パート)と、他のキャラクタを用いた演出を行う第2パート(本例では、第1キャラクタを用いて演出を行う第2パート)とから構成されるリーチ演出(本例では、特殊演出)を実行可能であり、第1パートにおいて、態様の異なる複数種類の示唆演出(本例では、ランクアップチャンス演出)を実行可能であり、第2パートにおいて、有利状態に制御される期待度が異なり、有利状態に制御されるか否かを報知する複数種類の報知演出(本例では、第1態様~第3態様の当否報知演出)を実行可能であり、一のキャラクタによって異なる割合にて示唆演出の態様を変化させる(図8-8(A)~(E)参照)ことを特徴とする。そのような構成によれば、第1パートにおいては示唆演出に注目させるとともに、第2パートにおいては有利状態に制御するか否かに注目させることができ、表示されるキャラクタに注目させることができる。 (4-2) Variable display means (image display device 5 in this example) that variablely displays a plurality of types of identification information (decorative symbols "1" to "7" in this example) and derives and displays a display result. A game that notifies that the combination of the identification information derived and displayed in is controlled to an advantageous state (in this example, a big hit game state) that is advantageous to the player by being a specific combination (in this example, a big hit symbol). A reach effect executing means (in this example, the effect control CPU 120, steps 50IWS216, S8105) that is a machine and can execute a reach effect using a plurality of characters (characters A to E in this example) is executed. The part) is provided, and the reach effect executing means is the first part (in this example, the first part in which the rank-up chance effect is performed using the second to fourth characters) in which the effect is performed using one character. It is possible to execute a reach effect (special effect in this example) composed of a second part (in this example, a second part in which the effect is performed using the first character) and an effect using another character. , In the first part, it is possible to execute a plurality of types of suggestion effects (in this example, rank-up chance effects) having different modes, and in the second part, the degree of expectation to be controlled in an advantageous state is different, and the control is performed in an advantageous state. It is possible to execute a plurality of types of notification effects (in this example, the success / failure notification effects of the first to third aspects) for notifying whether or not to be performed, and the mode of the suggestion effect is changed at different rates depending on one character. (See FIGS. 8-8 (A) to (E)). According to such a configuration, in the first part, it is possible to pay attention to the suggestion effect, and in the second part, it is possible to pay attention to whether or not to control in an advantageous state, and it is possible to pay attention to the displayed character. ..

(4-3)複数の識別情報として少なくとも第1識別情報(本例では、「7」)と第2識別情報(本例では、「2」)とが設けられ、第1識別情報をリーチ状態としたラインにより有利状態に制御されるか否かを演出する場合の方が、第2識別情報をリーチ状態としたラインにより有利状態に制御されるか否かを演出する場合よりも期待度が高く(図8-4(A)参照)、リーチ演出実行手段は、一のラインにおけるリーチ状態を構成する識別情報が第1識別情報である場合の方が、第2識別情報である場合よりも高い割合にて示唆演出の態様を変化させる(図8-8(A)~(E)参照)こととしてもよい。そのような構成によれば、リーチ状態を構成する識別情報に注目させることができる。 (4-3) At least the first identification information (“7” in this example) and the second identification information (“2” in this example) are provided as a plurality of identification information, and the first identification information is in a reach state. The degree of expectation is higher in the case of producing whether or not it is controlled in an advantageous state by the line in which the second identification information is set, than in the case of producing whether or not it is controlled in an advantageous state by the line in which the second identification information is in the reach state. Highly (see FIG. 8-4 (A)), the reach effect executing means is higher when the identification information constituting the reach state in one line is the first identification information than when it is the second identification information. The mode of the suggestion effect may be changed at a high rate (see FIGS. 8-8 (A) to (E)). With such a configuration, attention can be paid to the identification information constituting the reach state.

(4-4)複数のキャラクタとして少なくとも第1キャラクタ(本例では、キャラクタA)と第2キャラクタ(本例では、キャラクタE)とが設けられ、第1キャラクタを用いて有利状態に制御されるか否かを演出する場合の方が、第2キャラクタを用いて有利状態に制御されるか否かを演出する場合よりも期待度が高く(図8-6(A)参照)、リーチ演出実行手段は、一のキャラクタが第1キャラクタである場合の方が、第2キャラクタである場合よりも高い割合にて示唆演出の態様を変化させる(図8-8(A)~(E)参照)こととしてもよい。そのような構成によれば、表示するキャラクタに注目させることができる。 (4-4) At least a first character (character A in this example) and a second character (character E in this example) are provided as a plurality of characters, and the first character is used to be controlled in an advantageous state. The degree of expectation is higher in the case of producing whether or not it is produced than in the case of producing whether or not it is controlled in an advantageous state by using the second character (see FIG. 8-6 (A)), and the reach effect is executed. The means change the mode of the suggestion effect at a higher rate when one character is the first character than when it is the second character (see FIGS. 8-8 (A) to (E)). It may be that. With such a configuration, the displayed character can be focused on.

(4-5)リーチ演出実行手段は、示唆演出の態様を変化させるか否かを示唆する前段演出(本例では、前段演出)を、複数の態様(本例では、第1態様~第3態様)のうちいずれかにて実行可能であり、前段演出の態様にもとづいて異なる割合にて示唆演出の態様を変化させる(図8-9(A)参照)こととしてもよい。そのような構成によれば、前段演出に注目させることができる。 (4-5) The reach effect executing means performs a plurality of modes (in this example, the first mode to the third) of the pre-stage effect (in this example, the pre-stage effect) suggesting whether or not to change the mode of the suggestion effect. Aspects) can be implemented, and the mode of the suggestion effect may be changed at a different rate based on the mode of the previous stage effect (see FIG. 8-9 (A)). With such a configuration, attention can be paid to the pre-stage production.

1 … パチンコ遊技機
2 … 遊技盤
3 … 遊技機用枠
4A、4B … 特別図柄表示装置
5 … 画像表示装置
6A … 入賞球装置
6B … 可変入賞球装置
7 … 特別可変入賞球装置
8L、8R … スピーカ
9 … 遊技効果ランプ
10 … 一般入賞口
11 … 主基板
12 … 演出制御基板
13 … 音声制御基板
14 … ランプ制御基板
15 … 中継基板
20 … 普通図柄表示器
21 … ゲートスイッチ
22A、22B … 始動口スイッチ
23 … カウントスイッチ
30 … 打球操作ハンドル
31A … スティックコントローラ
31B … プッシュボタン
32 … 可動体
100 … 遊技制御用マイクロコンピュータ
101、121 … ROM
102、122 … RAM
103 … CPU
104、124 … 乱数回路
105、125 … I/O
120 … 演出制御用CPU
123 … 表示制御部
1 ... Pachinko game machine 2 ... Game board 3 ... Game machine frame 4A, 4B ... Special symbol display device 5 ... Image display device 6A ... Winning ball device 6B ... Variable winning ball device 7 ... Special variable winning ball device 8L, 8R ... Speaker 9 ... Game effect lamp 10 ... General winning opening 11 ... Main board 12 ... Production control board 13 ... Voice control board 14 ... Lamp control board 15 ... Relay board 20 ... Ordinary symbol display 21 ... Gate switch 22A, 22B ... Starting port Switch 23 ... Count switch 30 ... Ball hitting operation handle 31A ... Stick controller 31B ... Push button 32 ... Movable body 100 ... Game control microcomputer 101, 121 ... ROM
102, 122 ... RAM
103 ... CPU
104, 124 ... Random number circuit 105, 125 ... I / O
120 ... CPU for production control
123… Display control unit

Claims (2)

複数種類の識別情報の可変表示を行い表示結果を導出表示する可変表示手段における所定のライン上に導出表示された識別情報の組み合わせが特定の組み合わせであることにより遊技者にとって有利な有利状態に制御されることを報知する遊技機であって、
複数のラインを用いたリーチ演出を実行可能なリーチ演出実行手段を備え、
前記リーチ演出実行手段は、
リーチ状態である一のラインを用いた演出を行う第1パートと、リーチ状態である他のラインを用いた演出を行う第2パートとから構成されるリーチ演出を実行可能であり、
前記第1パートにおいて、態様の異なる複数種類の示唆演出を実行可能であり、
前記第2パートにおいて、前記有利状態に制御される期待度が異なり、前記有利状態に制御されるか否かを報知する複数種類の報知演出を実行可能であり、
前記第1パートにおける前記示唆演出の種類によって、前記第2パートにおける前記報知演出の種類の選択割合が異なり、
前記第2パートにおける報知演出を実行する期間の方が前記第1パートにおける示唆演出に関する煽りを行う期間よりも長い
ことを特徴とする遊技機。
The combination of the identification information derived and displayed on a predetermined line in the variable display means for variably displaying a plurality of types of identification information and deriving and displaying the display result is controlled to an advantageous state advantageous for the player. It is a gaming machine that informs you that it will be done.
Equipped with a reach effect execution means that can execute a reach effect using multiple lines,
The means for executing the reach effect is
It is possible to execute a reach effect consisting of a first part in which one line in the reach state is used and a second part in which the other line in the reach state is used.
In the first part, it is possible to execute a plurality of types of suggestive effects having different aspects.
In the second part, the degree of expectation controlled by the advantageous state is different, and it is possible to execute a plurality of types of notification effects for notifying whether or not the advantageous state is controlled.
The selection ratio of the type of the notification effect in the second part differs depending on the type of the suggestion effect in the first part.
A gaming machine characterized in that the period during which the notification effect is executed in the second part is longer than the period during which the suggestion effect is fanned in the first part.
複数種類の識別情報の可変表示を行い表示結果を導出表示する可変表示手段に導出表示された識別情報の組み合わせが特定の組み合わせであることにより遊技者にとって有利な有利状態に制御されることを報知する遊技機であって、
複数のキャラクタを用いたリーチ演出を実行可能なリーチ演出実行手段を備え、
前記リーチ演出実行手段は、
一のキャラクタを用いた演出を行う第1パートと、他のキャラクタを用いた演出を行う第2パートとから構成されるリーチ演出を実行可能であり、
前記第1パートにおいて、態様の異なる複数種類の示唆演出を実行可能であり、
前記第2パートにおいて、前記有利状態に制御される期待度が異なり、前記有利状態に制御されるか否かを報知する複数種類の報知演出を実行可能であり、
前記第1パートにおける前記示唆演出の種類によって、前記第2パートにおける前記報知演出の種類の選択割合が異なり、
前記第2パートにおける報知演出を実行する期間の方が前記第1パートにおける示唆演出に関する煽りを行う期間よりも長い
ことを特徴とする遊技機。
Notifies that the combination of the identification information derived and displayed by the variable display means that performs variable display of a plurality of types of identification information and derives and displays the display result is controlled to an advantageous state advantageous to the player by being a specific combination. It ’s a game machine that
Equipped with a reach effect execution means that can execute a reach effect using multiple characters,
The means for executing the reach effect is
It is possible to execute a reach effect composed of a first part for producing an effect using one character and a second part for performing an effect using another character.
In the first part, it is possible to execute a plurality of types of suggestive effects having different aspects.
In the second part, the degree of expectation controlled by the advantageous state is different, and it is possible to execute a plurality of types of notification effects for notifying whether or not the advantageous state is controlled.
The selection ratio of the type of the notification effect in the second part differs depending on the type of the suggestion effect in the first part.
A gaming machine characterized in that the period during which the notification effect is executed in the second part is longer than the period during which the suggestion effect is fanned in the first part.
JP2019129780A 2019-07-12 2019-07-12 Pachinko machine Active JP6999608B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2019129780A JP6999608B2 (en) 2019-07-12 2019-07-12 Pachinko machine

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2019129780A JP6999608B2 (en) 2019-07-12 2019-07-12 Pachinko machine

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2021013562A JP2021013562A (en) 2021-02-12
JP6999608B2 true JP6999608B2 (en) 2022-01-18

Family

ID=74531005

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2019129780A Active JP6999608B2 (en) 2019-07-12 2019-07-12 Pachinko machine

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6999608B2 (en)

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008161391A (en) 2006-12-27 2008-07-17 Samii Kk Pinball game machine
JP2009142311A (en) 2007-12-11 2009-07-02 Daikoku Denki Co Ltd Game machine

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008161391A (en) 2006-12-27 2008-07-17 Samii Kk Pinball game machine
JP2009142311A (en) 2007-12-11 2009-07-02 Daikoku Denki Co Ltd Game machine

Also Published As

Publication number Publication date
JP2021013562A (en) 2021-02-12

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6989661B2 (en) Pachinko machine
JP6999608B2 (en) Pachinko machine
JP6999607B2 (en) Pachinko machine
JP2021013566A (en) Game machine
JP7007331B2 (en) Pachinko machine
JP2021013565A (en) Game machine
JP2021007478A (en) Game machine
JP2021013563A (en) Game machine
JP2021007476A (en) Game machine
JP2021007477A (en) Game machine
JP2021013564A (en) Game machine
JP2021007475A (en) Game machine
JP2021013559A (en) Game machine
JP2021013556A (en) Game machine
JP2021013558A (en) Game machine
JP2021013557A (en) Game machine
JP7063851B2 (en) Pachinko machine
JP7063852B2 (en) Pachinko machine
JP6781194B2 (en) Game machine
JP6781195B2 (en) Game machine
JP6912442B2 (en) Pachinko machine
JP6807345B2 (en) Game machine
JP6781192B2 (en) Game machine
JP6781193B2 (en) Game machine
JP7086667B2 (en) Pachinko machine

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20210330

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20211221

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20211222

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6999608

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150