JP6821321B2 - 凝縮器、これを備えたターボ冷凍装置 - Google Patents

凝縮器、これを備えたターボ冷凍装置 Download PDF

Info

Publication number
JP6821321B2
JP6821321B2 JP2016081860A JP2016081860A JP6821321B2 JP 6821321 B2 JP6821321 B2 JP 6821321B2 JP 2016081860 A JP2016081860 A JP 2016081860A JP 2016081860 A JP2016081860 A JP 2016081860A JP 6821321 B2 JP6821321 B2 JP 6821321B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
heat transfer
tube bundle
transfer tube
bundle
refrigerant
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2016081860A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2017190927A (ja
Inventor
直也 三吉
直也 三吉
和島 一喜
一喜 和島
Original Assignee
三菱重工サーマルシステムズ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 三菱重工サーマルシステムズ株式会社 filed Critical 三菱重工サーマルシステムズ株式会社
Priority to JP2016081860A priority Critical patent/JP6821321B2/ja
Publication of JP2017190927A publication Critical patent/JP2017190927A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6821321B2 publication Critical patent/JP6821321B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25BREFRIGERATION MACHINES, PLANTS OR SYSTEMS; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT-PUMP SYSTEMS
    • F25B1/00Compression machines, plant, or systems with non-reversible cycle
    • F25B1/04Compression machines, plant, or systems with non-reversible cycle with compressor of rotary type
    • F25B1/053Compression machines, plant, or systems with non-reversible cycle with compressor of rotary type of turbine type
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25BREFRIGERATION MACHINES, PLANTS OR SYSTEMS; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT-PUMP SYSTEMS
    • F25B39/00Evaporators; Condensers
    • F25B39/04Condensers
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25BREFRIGERATION MACHINES, PLANTS OR SYSTEMS; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT-PUMP SYSTEMS
    • F25B43/00Arrangements for separating or purifying gases or liquids; Arrangements for vaporising the residuum of liquid refrigerant, e.g. by heat
    • F25B43/04Arrangements for separating or purifying gases or liquids; Arrangements for vaporising the residuum of liquid refrigerant, e.g. by heat for withdrawing non-condensible gases
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25BREFRIGERATION MACHINES, PLANTS OR SYSTEMS; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT-PUMP SYSTEMS
    • F25B49/00Arrangement or mounting of control or safety devices
    • F25B49/02Arrangement or mounting of control or safety devices for compression type machines, plant or systems
    • F25B49/027Condenser control arrangements
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F28HEAT EXCHANGE IN GENERAL
    • F28BSTEAM OR VAPOUR CONDENSERS
    • F28B1/00Condensers in which the steam or vapour is separate from the cooling medium by walls, e.g. surface condenser
    • F28B1/02Condensers in which the steam or vapour is separate from the cooling medium by walls, e.g. surface condenser using water or other liquid as the cooling medium
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F28HEAT EXCHANGE IN GENERAL
    • F28BSTEAM OR VAPOUR CONDENSERS
    • F28B9/00Auxiliary systems, arrangements, or devices
    • F28B9/10Auxiliary systems, arrangements, or devices for extracting, cooling, and removing non-condensable gases
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F28HEAT EXCHANGE IN GENERAL
    • F28DHEAT-EXCHANGE APPARATUS, NOT PROVIDED FOR IN ANOTHER SUBCLASS, IN WHICH THE HEAT-EXCHANGE MEDIA DO NOT COME INTO DIRECT CONTACT
    • F28D7/00Heat-exchange apparatus having stationary tubular conduit assemblies for both heat-exchange media, the media being in contact with different sides of a conduit wall
    • F28D7/16Heat-exchange apparatus having stationary tubular conduit assemblies for both heat-exchange media, the media being in contact with different sides of a conduit wall the conduits being arranged in parallel spaced relation
    • F28D7/163Heat-exchange apparatus having stationary tubular conduit assemblies for both heat-exchange media, the media being in contact with different sides of a conduit wall the conduits being arranged in parallel spaced relation with conduit assemblies having a particular shape, e.g. square or annular; with assemblies of conduits having different geometrical features; with multiple groups of conduits connected in series or parallel and arranged inside common casing
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F28HEAT EXCHANGE IN GENERAL
    • F28DHEAT-EXCHANGE APPARATUS, NOT PROVIDED FOR IN ANOTHER SUBCLASS, IN WHICH THE HEAT-EXCHANGE MEDIA DO NOT COME INTO DIRECT CONTACT
    • F28D7/00Heat-exchange apparatus having stationary tubular conduit assemblies for both heat-exchange media, the media being in contact with different sides of a conduit wall
    • F28D7/16Heat-exchange apparatus having stationary tubular conduit assemblies for both heat-exchange media, the media being in contact with different sides of a conduit wall the conduits being arranged in parallel spaced relation
    • F28D7/163Heat-exchange apparatus having stationary tubular conduit assemblies for both heat-exchange media, the media being in contact with different sides of a conduit wall the conduits being arranged in parallel spaced relation with conduit assemblies having a particular shape, e.g. square or annular; with assemblies of conduits having different geometrical features; with multiple groups of conduits connected in series or parallel and arranged inside common casing
    • F28D7/1669Heat-exchange apparatus having stationary tubular conduit assemblies for both heat-exchange media, the media being in contact with different sides of a conduit wall the conduits being arranged in parallel spaced relation with conduit assemblies having a particular shape, e.g. square or annular; with assemblies of conduits having different geometrical features; with multiple groups of conduits connected in series or parallel and arranged inside common casing the conduit assemblies having an annular shape; the conduits being assembled around a central distribution tube
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25BREFRIGERATION MACHINES, PLANTS OR SYSTEMS; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT-PUMP SYSTEMS
    • F25B2339/00Details of evaporators; Details of condensers
    • F25B2339/04Details of condensers
    • F25B2339/041Details of condensers of evaporative condensers
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25BREFRIGERATION MACHINES, PLANTS OR SYSTEMS; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT-PUMP SYSTEMS
    • F25B2339/00Details of evaporators; Details of condensers
    • F25B2339/04Details of condensers
    • F25B2339/046Condensers with refrigerant heat exchange tubes positioned inside or around a vessel containing water or pcm to cool the refrigerant gas
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25BREFRIGERATION MACHINES, PLANTS OR SYSTEMS; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT-PUMP SYSTEMS
    • F25B2339/00Details of evaporators; Details of condensers
    • F25B2339/04Details of condensers
    • F25B2339/047Water-cooled condensers
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25BREFRIGERATION MACHINES, PLANTS OR SYSTEMS; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT-PUMP SYSTEMS
    • F25B2400/00General features or devices for refrigeration machines, plants or systems, combined heating and refrigeration systems or heat-pump systems, i.e. not limited to a particular subgroup of F25B
    • F25B2400/13Economisers

Description

本発明は、低圧冷媒を気化させる凝縮器、これを備えたターボ冷凍装置に関するものである。
例えば地域冷暖房の熱源用として使用されているターボ冷凍装置は、周知のように、冷媒を圧縮するターボ圧縮機と、圧縮された冷媒を凝縮させる凝縮器と、凝縮された冷媒を膨張させる膨張弁と、膨張した冷媒を蒸発させる蒸発器とを備えて構成されている。
凝縮器は、一般に水平方向に延在する円胴シェル形状のシェル容器を備えており、このシェル容器を長手軸方向に貫通するように伝熱管束が配設されている。伝熱管束は、内部に水等の冷却液を流通させる多数の伝熱管が狭い間隔を空けて束ねられたものであり、シェル容器の内部を水平方向、且つ長手軸方向に通過するようにレイアウトされている。
ターボ圧縮機にて圧縮された高温・高圧の冷媒ガスは、シェル容器の上部に設けられた冷媒入口から内部に流入し、表面積の大きい伝熱管束に触れて熱交換することにより冷却されて凝縮し、冷媒液となってシェル容器の下部に設けられた冷媒出口から蒸発器側に送給される。
最高圧力0.2MPaG未満で使用されるR1233zd等の低圧冷媒は、ターボ冷凍装置を高効率化させることができ、しかも地球温暖化係数が低いことから、次世代冷媒として期待されている。しかし、この低圧冷媒の持つ特性により、ターボ圧縮機の吸引力が作用した際に、冷媒経路の内部が一部負圧になる場合があり、軸シールの隙間等から外部の不凝縮ガス(空気等)を冷媒経路内に混入させてしまうことがある。このように冷媒経路内に混入した不凝縮ガスは凝縮器に滞留し、凝縮効率を低下させ、冷熱機器としての性能を損なわせてしまう。
そこで、特許文献1に開示されているように、抽気装置によって凝縮器の内部に滞留した不凝縮ガスを冷媒ガスから分離して除去するようにした凝縮器がある。その分離方法としては、不凝縮ガスを冷媒ガスとともに抽気装置で抽気し、これを抽気装置の内部で冷却して冷媒ガスを凝縮させ、不凝縮ガスのみを分離するものである。空気等の不凝縮ガスは冷媒よりも比重が小さく、凝縮器の内部上方に分布する傾向があるため、従来の抽気装置では、シェル容器の最上部に設けた抽気用のポートから、シェル容器の内部上方に分布する不凝縮ガスを抽気していた。
特開平2−254271号公報
上記のように不凝縮ガスは冷媒よりも比重が小さいため、ターボ冷凍装置の運転停止時には凝縮器の上部空間に分布する傾向がある。したがって、運転停止時には従来のようにシェル容器の上部に設けた抽気用のポートから不凝縮ガスを効率的に抽気することができる。
しかしながら、ターボ冷凍装置の運転時においては、ターボ圧縮機によって圧縮された圧縮冷媒が、シェル容器の上部に設けられた冷媒入口からシェル容器の内部に吹き下ろされるため、この圧縮冷媒の下降気流の影響を受けて不凝縮ガスはシェル容器の上部空間よりも、圧縮冷媒が凝縮・液化される伝熱管束の内部に多く分布するようになる。
このため、ターボ冷凍装置の運転時におけるシェル容器上部空間の不凝縮ガスの濃度は、伝熱管束の内部の濃度に比べて低くなる。したがって、運転中にシェル容器の上部空間から不凝縮ガスを抽気するのは、不凝縮ガスと共に純度の高い冷媒ガスをも抽気してしまうことになり、効率的に不凝縮ガスを抽気することができない上に、冷媒ガスの喪失による凝縮効率の低下に繋がる懸念があった。
本発明は、このような事情に鑑みてなされたものであり、最高圧力0.2MPaG未満で使用される低圧冷媒を用いたターボ冷凍装置において、低圧冷媒に混入した不凝縮ガスを高い濃度で効果的に抽気可能にし、凝縮効率の低下を抑制することができる凝縮器、これを備えたターボ冷凍装置を提供することを目的とする。
上記課題を解決するために、本発明は、以下の手段を採用する。
本発明の第1態様に係る凝縮器は、最高圧力0.2MPaG未満で使用される低圧冷媒が導入されるシェル容器と、前記シェル容器の上部に設けられる冷媒入口と、前記シェル容器の下部に設けられる冷媒出口と、内部に冷却液を流通させる多数の伝熱管が束ねられ、前記シェル容器の内部に延在する伝熱管束と、前記伝熱管束の束径方向中心領域に配置されるとともに、該伝熱管束の軸方向に並行する管状をなし、その下面に、前記低圧冷媒中に混在する不凝縮ガスを抽気する不凝縮ガス抽気孔が形成された伝熱管束内抽気管と、前記伝熱管束内抽気管に接続されて前記不凝縮ガスを抽気する抽気装置と、を備えたものである。
本構成の凝縮器によれば、ターボ冷凍装置の運転時に不凝縮ガスが最も多く分布して高濃度になる伝熱管束の内部に伝熱管束内抽気管が配置されているため、抽気装置を作動させることにより、低圧冷媒に混入した不凝縮ガスを高い濃度で効果的に抽気することができる。これにより、不凝縮ガスの混入による凝縮効率の低下を抑制することができる。
不凝縮ガスを含む冷媒ガスは不凝縮ガス抽気孔から伝熱管束内抽気管内に抽気されるが、不凝縮ガス抽気孔は伝熱管束内抽気管の下面に形成されているため、凝縮された液冷媒が不凝縮ガス抽気孔に流入しにくくなっている。このため、凝縮された液冷媒が抽出されてしまうことによる凝縮効率の低下を抑制することができる。
上記構成の凝縮器において、前記シェル容器内の上部空間に配置されるとともに、その下面に前記不凝縮ガス抽気孔が形成され、且つ前記抽気装置に接続された伝熱管束外抽気管をさらに備え、前記抽気装置は、前記伝熱管束内抽気管と、前記伝熱管束外抽気管とから、それぞれ独立的に前記不凝縮ガスを抽気可能なものとしてもよい。
本構成の凝縮器によれば、ターボ冷凍装置の運転時に不凝縮ガスが最も多く分布する伝熱管束の内部に伝熱管束内抽気管が配置されていることに加え、ターボ冷凍装置の停止時に不凝縮ガスが最も多く分布するシェル容器内の上部空間に伝熱管束外抽気管が配置されることになる。そして、抽気装置は、伝熱管束内抽気管と伝熱管束外抽気管とから、それぞれ独立的に前記不凝縮ガスを抽気することができる。
このため、ターボ冷凍装置の運転停止時にはシェル容器内の上部空間に位置する伝熱管束外抽気管から抽気を行い、ターボ冷凍装置の運転時には伝熱管束の内部に位置する伝熱管束内抽気管から抽気を行うことにより、ターボ冷凍装置の運転状態に拘わらず、常に不凝縮ガスを高い濃度で効果的に抽気し、不凝縮ガスの混入による凝縮効率の低下を抑制することができる。もちろん、伝熱管束内抽気管と伝熱管束外抽気管の両方から同時に抽気を行ってもよい。
上記構成の凝縮器において、前記シェル容器は、水平方向に延在する円胴形状であり、前記伝熱管束は、前記シェル容器の内部における長手軸方向一端から他端まで延びる往路管束と、前記シェル容器の内部における長手軸方向他端において前記往路管束に連通し、前記シェル容器の内部における長手軸方向他端から一端まで戻る復路管束と、を具備し、前記シェル容器の内部において前記往路管束が下方、前記復路管束が上方に配置され、前記伝熱管束内抽気管は、前記往路管束には配置されず、該往路管束よりも上方に位置する前記復路管束の束径方向中心領域に配置されている構成としてもよい。
本構成では、往路管束よりも上方に位置するとともに、往路管束よりも下流側であるためにガス冷媒の凝縮量が少ない復路管束の内部に伝熱管束内抽気管が配置されている。このため、伝熱管束内抽気管が液冷媒に浸される確率が低くなり、液冷媒が不凝縮ガス抽気孔から伝熱管束内抽気管の内部に入って抽出されてしまうことを防止し、液冷媒の抽出による凝縮効率の低下を抑制することができる。
本発明の第2態様に係るターボ冷凍装置は、最高圧力0.2MPaG未満で使用される低圧冷媒を圧縮するターボ圧縮機と、圧縮された前記低圧冷媒を凝縮させる請求項1から3のいずれかに記載の凝縮器と、凝縮した前記低圧冷媒を膨張させる膨張弁と、膨張した前記低圧冷媒を蒸発させる蒸発器と、を具備してなるものである。これにより、上記の各作用・効果を奏することができる。
以上のように、本発明に係る凝縮器、これを備えたターボ冷凍装置によれば、最高圧力0.2MPaG未満で使用される低圧冷媒を用いたターボ冷凍装置において、低圧冷媒に混入した不凝縮ガスを高い濃度で効果的に抽気可能にし、凝縮効率の低下を抑制することができる。
本発明の実施形態に係るターボ冷凍装置の全体図である。 図1に示す凝縮器の斜視透視図であり、本発明の一実施形態を示す図である。
以下に、本発明の実施形態について図面を参照しながら説明する。
図1は、本発明の実施形態に係るターボ冷凍装置の全体図である。このターボ冷凍装置1は、冷媒を圧縮するターボ圧縮機2と、凝縮器3と、高圧膨張弁4と、中間冷却器5と、低圧膨張弁6と、蒸発器7と、潤滑油タンク8と、回路箱9と、インバータユニット10と、操作盤11等を備えてユニット状に構成されている。潤滑油タンク8は、ターボ圧縮機2の軸受や増速器等に供給する潤滑油を貯留するタンクである。
凝縮器3と蒸発器7は耐圧性の高い円胴シェル形状に形成され、その軸線を略水平方向に延在させた状態で互いに隣り合うように平行に配置されている。凝縮器3は蒸発器7よりも相対的に高い位置に配置され、その下方に回路箱9が設置されている。中間冷却器5と潤滑油タンク8は、凝縮器3と蒸発器7との間に挟まれて設置されている。インバータユニット10は凝縮器3の上部に設置され、操作盤11は蒸発器7の上方に配置されている。
ターボ圧縮機2は、電動機13によって回転駆動される公知の遠心タービン型のものであり、その軸線を略水平方向に延在させた姿勢で蒸発器7の上方に配置されている。電動機13はインバータユニット10によって駆動される。ターボ圧縮機2は後述するように蒸発器7から吸入管14を経て供給される気相状の冷媒を圧縮する。冷媒としては、例えば最高圧力0.2MPaG未満で使用されるR1233zd等の低圧冷媒が用いられる。
ターボ圧縮機2の吐出口と凝縮器3の上部に設けられた冷媒入口22との間が吐出管15により接続され、凝縮器3の底部に設けられた冷媒出口23と中間冷却器5の底部との間が冷媒管16により接続されている。また、中間冷却器5の底部と蒸発器7との間が冷媒管17により接続され、中間冷却器5の上部とターボ圧縮機2の中段との間が冷媒管18により接続されている。冷媒管16には高圧膨張弁4が設けられ、冷媒管17には低圧膨張弁6が設けられている。
以上のように構成されたターボ冷凍装置1において、ターボ圧縮機2は電動機13に回転駆動され、蒸発器7から吸入管14を経て供給される気相状の低圧冷媒を圧縮し、この圧縮された低圧冷媒を吐出管15から凝縮器3に送給する。
凝縮器3の内部では、ターボ圧縮機2で圧縮された高温の高圧冷媒が、水等の冷却液と熱交換されることにより凝縮熱を冷却されて凝縮液化される。ここで加熱された冷却液が暖房用の熱媒等として利用される。凝縮器3で液相状になった低圧冷媒は、凝縮器3から延出する冷媒管16に設けられた高圧膨張弁4を通過することにより膨張し、気液混合状態となって中間冷却器5に給送され、ここに一旦貯留される。
中間冷却器5の内部では、高圧膨張弁4にて膨張した気液混合状態の低圧冷媒が気相分と液相分とに気液分離される。ここで分離された低圧冷媒の液相分は、中間冷却器5の底部から延出する冷媒管17に設けられた低圧膨張弁6によりさらに膨張して気液二相流となって蒸発器7に給送される。また、中間冷却器5で分離された低圧冷媒の気相分は、中間冷却器5の上部から延出する冷媒管18を経てターボ圧縮機2の中段部に給送され、再び圧縮される。
蒸発器7の内部では、低圧膨張弁6において断熱膨張した後の低温の液冷媒が水等の被冷却液と熱交換され、ここで冷却された被冷却液は空調用の冷熱媒や工業用冷却液として利用される。被冷却液との熱交換により気化した冷媒は、吸入管14を経て再びターボ圧縮機2に吸入されて圧縮され、以下、このサイクルが繰り返される。
図2は、本発明の一実施形態を示す凝縮器3の斜視透視図である。
凝縮器3は、前述の通り水平方向に延在する円胴形状であり、最高圧力0.2MPaG未満で使用される低圧冷媒が導入されるシェル容器21と、このシェル容器21の上部に設けられた冷媒入口22と、シェル容器21の下部に設けられた冷媒出口23と、シェル容器21の内部において長手軸方向に沿って水平に延在する伝熱管束25と、本発明の要部となる抽気システム30と、を備えて構成されている。
冷媒入口22と冷媒出口23は、それぞれシェル容器21の長手軸方向中間部に配置されている。図1に示すように、冷媒入口22は吐出管15を介してターボ圧縮機2の吐出口に接続され、冷媒出口23は冷媒管16を介して中間冷却器5に接続されている。
伝熱管束25は、シェル容器21の内部における長手軸方向一端(図2中左端)から他端(図2中右端)まで水平に延びる往路管束25Aと、シェル容器21内部の長手軸方向他端において往路管束25Aに連通し、シェル容器21内部の長手軸方向他端から一端まで水平に戻る復路管束25Bとを備えている。往路管束25Aと復路管束25Bは、いずれも内部に水等の冷却液が流通される多数の伝熱管25aが図示しない複数の多孔状の伝熱管支持板に挿通されて束ねられた公知の管束構造を有するものである。
シェル容器21の内部において、往路管束25Aは下方、復路管束25Bは上方に配置されている。シェル容器21の他端(図2中右端)には図示しないUターン室が設けられており、往路管束25Aと復路管束25Bの端部はこのUターン室に繋がることにより相互に連通している。また、シェル容器21の一端(図2中左端)には、往路管束25Aの一端に繋がる図示しないノズル状の冷却水入口と、この冷却水入口の上に位置し、復路管束25Bの一端に繋がる図示しないノズル状の冷却水出口とが設けられている。
伝熱管束25に流される冷却液は、冷却水入口より往路管束25Aの一端(図2中左端)から流入して他端(図2中右端)に流れ、Uターン室にてUターンした後、復路管束25Bの他端(図2中右端)から一端(図2中左端)に流れ、冷却水出口を経て排出される。一方、ターボ圧縮機2で圧縮された高温・高圧のガス冷媒は、冷媒入口22からシェル容器21内に入り、分配板27によってシェル容器21の長手軸方向に分散され、復路管束25B→往路管束25Aの順に接触することにより熱交換されて凝縮し、液冷媒となって冷媒出口23から排出される。
本発明の要部となる抽気システム30は、低圧冷媒に混入されやすい空気等の不凝縮ガスを抽気するシステムであり、伝熱管束内抽気管31と、伝熱管束外抽気管32と、抽気装置33と、仕切弁34,35とを備えて構成されている。
伝熱管束内抽気管31は、伝熱管束25における復路管束25Bの束径方向中心領域に配置されるとともに、復路管束25Bの軸方向に並行する水平な管状をなし、その下面に複数の丸穴状の不凝縮ガス抽気孔31aが形成されたものである。伝熱管束内抽気管31の長さは、例えば復路管束25Bのほぼ全長に亘る長さとされているが、より短くしてもよい。伝熱管束内抽気管31の一端、もしくは中間部には、上方に延びる不凝縮ガス排出管37が繋がっている。本実施形態では、伝熱管束内抽気管31の一端が上方に向かって湾曲あるいは屈曲されてそのまま不凝縮ガス排出管37とされている。伝熱管束内抽気管31の他端は閉塞されている。不凝縮ガス排出管37はシェル容器21の周面を上方に貫通し、抽気装置33から延出する不凝縮ガス集合管40に仕切弁34を介して接続されている。
伝熱管束内抽気管31の管径は、例えば15mm〜20mm程度である。不凝縮ガス抽気孔31aは、例えば軸方向に沿って20cm程度の間隔で穿設されており、その孔径は、例えば5〜10mm程度である。この不凝縮ガス抽気孔31aの孔径が小さ過ぎると、液冷媒中に没した時に液冷媒の表面張力により液封されてしまう場合がある。逆に孔径が大き過ぎると液冷媒が不凝縮ガス抽気孔31aから伝熱管束内抽気管31内に流れ込みやすくなる。なお、不凝縮ガス抽気孔31aの孔形状は必ずしも丸穴状でなくてもよく、例えば角孔状、あるいは伝熱管束内抽気管31の軸方向に対して傾斜した長穴状、伝熱管束内抽気管31の軸方向に沿うスリット状等とすることも考えられる。
また、伝熱管束内抽気管31の出口側(不凝縮ガス排出管37側)から入口側(先端側)に向かって不凝縮ガス抽気孔31aの孔径を順次大きくしてもよい。このように、吸引力の強い(圧力損失の小さい)出口側の孔径を小さくし、吸引力の弱い(圧力損失の大きい)入口側の孔径を大きくすることにより、伝熱管束内抽気管31の全長に亘って均一に不凝縮ガスを抽気することができる。
一方、伝熱管束外抽気管32は、シェル容器21内の上部空間、即ち往路管束25Aの上方に配置されてシェル容器21の長手軸方向に沿って水平に延びる管状部材である。この伝熱管束外抽気管32の管径は、例えば伝熱管束内抽気管31と同径であり、その下面に伝熱管束内抽気管31の不凝縮ガス抽気孔31aと同様な不凝縮ガス抽気孔32aが穿設されている。この伝熱管束外抽気管32にも、上方に延びる不凝縮ガス排出管38が繋がっている。不凝縮ガス排出管38はシェル容器21の周面を上方に貫通し、抽気装置33から延出する不凝縮ガス集合管40に仕切弁35を介して接続されている。
抽気装置33は、シェル容器21中における冷媒中に混入した空気等の不凝縮性ガスを一部の冷媒ガスと共に抽気し、これを冷却することによって冷媒ガスのみを凝縮、液化させて不凝縮性ガスから分離するように構成された公知のものである。この抽気装置33が作動すると、所定の負圧が不凝縮ガス集合管40と不凝縮ガス排出管37,38とを経て伝熱管束内抽気管31と伝熱管束外抽気管32とに加わり、伝熱管束内抽気管31と伝熱管束外抽気管32とに形成された不凝縮ガス抽気孔31a,32aから、シェル容器21中の冷媒に混入している不凝縮性ガスが一部の冷媒ガスと共に抽気される。
前述のように、伝熱管束内抽気管31から延びる不凝縮ガス排出管37と、伝熱管束外抽気管32から延びる不凝縮ガス排出管38とが、それぞれ仕切弁34,35を介して抽気装置33から延出する不凝縮ガス集合管40に接続されている。抽気装置33は、仕切弁34または仕切弁35を開くことによって、伝熱管束内抽気管31と伝熱管束外抽気管32とから、それぞれ独立的に不凝縮ガスを抽気することができる。また、仕切弁34,35を両方とも開くことにより、伝熱管束内抽気管31と伝熱管束外抽気管32の両方から不凝縮性ガスを抽気することもできる。さらに、仕切弁34,35の開弁度を異ならせることにより、伝熱管束内抽気管31と伝熱管束外抽気管32の抽気の割合を異ならせることもできる。
凝縮器3は以上のように構成されている。
この凝縮器3では、抽気装置33に接続されて、シェル容器21内の冷媒中に混入している空気等の不凝縮ガスを抽気する伝熱管束内抽気管31が、伝熱管束25(復路管束25B)の束径方向中心領域に配置され、伝熱管束25の軸方向に並行するように設けられている。本構成によれば、ターボ冷凍装置1の運転時に不凝縮ガスが最も多く分布して高濃度になる伝熱管束25の内部に伝熱管束内抽気管31が配置されているため、抽気装置33を作動させることにより、低圧冷媒に混入した不凝縮ガスを高い濃度で効果的に抽気することができる。これにより、不凝縮ガスの混入による凝縮効率の低下を抑制することができる。
不凝縮ガスを含む冷媒ガスは複数の不凝縮ガス抽気孔31aから伝熱管束内抽気管31内に抽気されるが、不凝縮ガス抽気孔31aは伝熱管束内抽気管31の下面に形成されているため、凝縮された液冷媒が不凝縮ガス抽気孔31aに流入しにくくなっている。このため、凝縮された液冷媒が抽出されてしまうことによる凝縮効率の低下を抑制することができる。
また、伝熱管束内抽気管31は、伝熱管束25を構成している往路管束25Aと復路管束25Bのうち、往路管束25Aよりも上方に位置するとともに、往路管束25Aよりも下流側であるためにガス冷媒の凝縮量が少ない復路管束25Bの束径方向中心領域に配置されている。このため、伝熱管束内抽気管31が液冷媒に浸される確率が低くなり、液冷媒が不凝縮ガス抽気孔31aから伝熱管束内抽気管31の内部に入って抽出されてしまうことを防止し、液冷媒の抽出による凝縮効率の低下を抑制することができる。
また、この凝縮器3は、伝熱管束25(25B)の外部、且つシェル容器21内の上部空間に配置される伝熱管束外抽気管32をさらに備えている。この伝熱管束外抽気管32は、抽気装置33に接続されるとともに、その下面に不凝縮ガス抽気孔32aが形成されている。そして、抽気装置33は、伝熱管束内抽気管31と、伝熱管束外抽気管32とから、それぞれ独立的に不凝縮ガスを抽気可能となっている。
本構成によれば、ターボ冷凍装置1の運転時に不凝縮ガスが最も多く分布する伝熱管束25(25B)の内部に伝熱管束内抽気管31が配置されていることに加え、ターボ冷凍装置1の停止時に不凝縮ガスが最も多く分布するシェル容器21内の上部空間に伝熱管束外抽気管32が配置されることになる。そして、抽気装置33は、伝熱管束内抽気管31と伝熱管束外抽気管32とから、それぞれ独立的に不凝縮ガスを抽気することができる。
このため、ターボ冷凍装置1の運転停止時にはシェル容器21内の上部空間に位置する伝熱管束外抽気管32から抽気を行い、ターボ冷凍装置1の運転時には伝熱管束25(25B)の内部に位置する伝熱管束内抽気管31から抽気を行うことができる。これにより、ターボ冷凍装置1の運転状態に拘わらず、常に不凝縮ガスを高い濃度で効果的に抽気し、不凝縮ガスの混入による凝縮効率の低下を抑制することができる。もちろん、伝熱管束内抽気管31と伝熱管束外抽気管32の両方から同時に抽気を行ってもよい。
以上に説明したように、本実施形態に係る凝縮器3、およびこの凝縮器3を備えたターボ冷凍装置1によれば、最高圧力0.2MPaG未満で使用される低圧冷媒を用いたターボ冷凍装置1において、低圧冷媒に混入した不凝縮ガスを高い濃度で効果的に抽気可能にし、凝縮効率の低下を抑制することができる。
なお、本発明は上記実施形態の構成のみに限定されるものではなく、適宜変更や改良を加えることができ、このように変更や改良を加えた実施形態も本発明の権利範囲に含まれるものとする。

例えば、上記実施形態では、伝熱管束内抽気管31と伝熱管束外抽気管32とが、それぞれ1本ずつ設けられているが、2本以上設けてもよい。また、上記実施形態では、伝熱管束内抽気管31が伝熱管束25の上部を構成する復路管束25Bの内部に配設されているが、伝熱管束25の下部を構成する往路管束25Aの内部に配設することも考えられる。
1 ターボ冷凍装置
2 ターボ圧縮機
3 凝縮器
4,6 膨張弁
7 蒸発器
21 シェル容器
22 冷媒入口
23 冷媒出口
25 伝熱管束
25A 往路管束
25B 復路管束
25a 伝熱管
31 伝熱管束内抽気管
31a,32a 不凝縮ガス抽気孔
32 伝熱管束外抽気管
33 抽気装置

Claims (3)

  1. 最高圧力0.2MPaG未満で使用される低圧冷媒が導入されるシェル容器と、
    前記シェル容器の上部に設けられる冷媒入口と、
    前記シェル容器の下部に設けられる冷媒出口と、
    内部に冷却液を流通させる多数の伝熱管が束ねられ、前記シェル容器の内部に延在する伝熱管束と、
    前記伝熱管束の束径方向中心領域に配置されるとともに、該伝熱管束の軸方向に並行する管状をなし、その下面に、前記低圧冷媒中に混在する不凝縮ガスを抽気する不凝縮ガス抽気孔が形成された伝熱管束内抽気管と、
    前記伝熱管束内抽気管に接続されて前記不凝縮ガスを抽気する抽気装置と、
    を備え
    前記シェル容器は、水平方向に延在する円胴形状であり、
    前記伝熱管束は、前記シェル容器の内部における長手軸方向一端から他端まで延びる往路管束と、前記シェル容器の内部における長手軸方向他端において前記往路管束に連通し、前記シェル容器の内部における長手軸方向他端から一端まで戻る復路管束と、を具備し、
    前記シェル容器の内部において前記往路管束が下方、前記復路管束が上方に配置され、
    前記伝熱管束内抽気管は、前記往路管束には配置されず、該往路管束よりも上方に位置する前記復路管束の束径方向中心領域に配置されている凝縮器。
  2. 前記シェル容器内の上部空間に配置されるとともに、その下面に前記不凝縮ガス抽気孔が形成され、且つ前記抽気装置に接続された伝熱管束外抽気管をさらに備え、
    前記抽気装置は、前記伝熱管束内抽気管と、前記伝熱管束外抽気管とから、それぞれ独立的に前記不凝縮ガスを抽気可能である請求項1に記載の凝縮器。
  3. 最高圧力0.2MPaG未満で使用される低圧冷媒を圧縮するターボ圧縮機と、
    圧縮された前記低圧冷媒を凝縮させる請求項1又は2に記載の凝縮器と、
    凝縮した前記低圧冷媒を膨張させる膨張弁と、
    膨張した前記低圧冷媒を蒸発させる蒸発器と、を具備してなるターボ冷凍装置。
JP2016081860A 2016-04-15 2016-04-15 凝縮器、これを備えたターボ冷凍装置 Active JP6821321B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2016081860A JP6821321B2 (ja) 2016-04-15 2016-04-15 凝縮器、これを備えたターボ冷凍装置

Applications Claiming Priority (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2016081860A JP6821321B2 (ja) 2016-04-15 2016-04-15 凝縮器、これを備えたターボ冷凍装置
PCT/JP2017/015026 WO2017179631A1 (ja) 2016-04-15 2017-04-12 凝縮器、これを備えたターボ冷凍装置
US16/076,477 US20190041100A1 (en) 2016-04-15 2017-04-12 Condenser, and centrifugal chiller equipped with the same
CN201780010490.5A CN108700354B (zh) 2016-04-15 2017-04-12 冷凝器及具备该冷凝器的涡轮制冷装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2017190927A JP2017190927A (ja) 2017-10-19
JP6821321B2 true JP6821321B2 (ja) 2021-01-27

Family

ID=60042006

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2016081860A Active JP6821321B2 (ja) 2016-04-15 2016-04-15 凝縮器、これを備えたターボ冷凍装置

Country Status (4)

Country Link
US (1) US20190041100A1 (ja)
JP (1) JP6821321B2 (ja)
CN (1) CN108700354B (ja)
WO (1) WO2017179631A1 (ja)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR102115080B1 (ko) * 2018-04-27 2020-05-25 한동대학교 산학협력단 비응축가스 영향 최소화를 통한 응축기 성능 향상 방법 및 그 장치
CN111550938A (zh) * 2020-05-21 2020-08-18 武汉轻工大学 内循环节水型太阳能热水器水管

Family Cites Families (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US2321964A (en) * 1941-08-08 1943-06-15 York Ice Machinery Corp Purge system for refrigerative circuits
JPS5726148Y2 (ja) * 1977-07-12 1982-06-07
JPS63104857A (en) * 1986-10-22 1988-05-10 Fujitsu Ltd Image printer
JPS63104857U (ja) * 1986-12-18 1988-07-07
JPH0325266A (en) * 1989-06-23 1991-02-04 Tokyo Gas Co Ltd Air bleed device of air-cooled absorption type cold and hot water supplier
JPH0979708A (ja) * 1995-09-18 1997-03-28 Osaka Gas Co Ltd プレートフィン型凝縮器および吸収器
JP2002048435A (ja) * 2000-07-31 2002-02-15 Hitachi Zosen Corp 吸収式冷凍機
JP2003207284A (ja) * 2002-01-17 2003-07-25 Mitsubishi Heavy Ind Ltd 凝縮装置及び凝縮方法
US10579947B2 (en) * 2011-07-08 2020-03-03 Avaya Inc. System and method for scheduling based on service completion objectives
JP5916360B2 (ja) * 2011-11-30 2016-05-11 三菱重工業株式会社 ターボ冷凍機
JP6262040B2 (ja) * 2014-03-19 2018-01-17 三菱日立パワーシステムズ株式会社 復水器及びタービン設備
JP6397246B2 (ja) * 2014-07-24 2018-09-26 荏原冷熱システム株式会社 冷凍機用凝縮器
JP6456633B2 (ja) * 2014-09-05 2019-01-23 三菱重工サーマルシステムズ株式会社 ターボ冷凍機
JP6392052B2 (ja) * 2014-09-25 2018-09-19 三菱重工サーマルシステムズ株式会社 抽気装置の制御装置及び制御方法

Also Published As

Publication number Publication date
WO2017179631A1 (ja) 2017-10-19
CN108700354B (zh) 2021-07-23
CN108700354A (zh) 2018-10-23
JP2017190927A (ja) 2017-10-19
US20190041100A1 (en) 2019-02-07

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP2833083A1 (en) Refrigeration device
KR20110100905A (ko) 칠러
US10215469B2 (en) Cooling cycle apparatus for refrigerator
JP4118254B2 (ja) 冷凍装置
JP2010236706A (ja) 空気調和装置
JP6821321B2 (ja) 凝縮器、これを備えたターボ冷凍装置
JP6606194B2 (ja) 空気圧縮機
KR200359861Y1 (ko) 냉동장치의 액열기
KR20110097367A (ko) 칠러
JP2006003023A (ja) 冷凍装置
US10101060B2 (en) Cooling system
EP3002537B1 (en) Radiator and refrigerating cycle device
EP3141857B1 (en) Radiator and supercritical pressure refrigeration cycle using the same
KR101385194B1 (ko) 응축기
KR20090132938A (ko) 오일냉각장치 및 이를 포함하는 공기 조화기
JP6599176B2 (ja) ターボ冷凍装置
JP2010236707A (ja) 熱交換器
JP2008089252A (ja) 冷却装置
EP3217117A1 (en) Air-conditioning/hot-water supply system
JP2007315638A (ja) 冷凍サイクル装置
JP2017161088A (ja) 冷凍サイクル装置
JP2007315639A (ja) 蒸発器とそれを用いた冷凍サイクル装置
JP2021071244A (ja) 冷凍装置
JP2020067229A (ja) 冷凍装置
KR20180113478A (ko) 열펌프 장치

Legal Events

Date Code Title Description
A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A712

Effective date: 20170621

A625 Written request for application examination (by other person)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A625

Effective date: 20190322

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20200204

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20200406

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20200630

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20200928

C60 Trial request (containing other claim documents, opposition documents)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: C60

Effective date: 20200928

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20201006

C21 Notice of transfer of a case for reconsideration by examiners before appeal proceedings

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: C21

Effective date: 20201013

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20201208

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6821321

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20210106