JP6601382B2 - 車両用動力伝達装置 - Google Patents

車両用動力伝達装置 Download PDF

Info

Publication number
JP6601382B2
JP6601382B2 JP2016250288A JP2016250288A JP6601382B2 JP 6601382 B2 JP6601382 B2 JP 6601382B2 JP 2016250288 A JP2016250288 A JP 2016250288A JP 2016250288 A JP2016250288 A JP 2016250288A JP 6601382 B2 JP6601382 B2 JP 6601382B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
clutch
disconnecting
continuously variable
hydraulic
variable transmission
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2016250288A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2018105368A (ja
Inventor
龍志 千田
秀明 高原
Original Assignee
トヨタ自動車株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by トヨタ自動車株式会社 filed Critical トヨタ自動車株式会社
Priority to JP2016250288A priority Critical patent/JP6601382B2/ja
Publication of JP2018105368A publication Critical patent/JP2018105368A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6601382B2 publication Critical patent/JP6601382B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16HGEARING
    • F16H37/00Combinations of mechanical gearings, not hereinbefore provided for
    • F16H37/02Combinations of mechanical gearings, not hereinbefore provided for comprising essentially only toothed or friction gearings
    • F16H37/021Combinations of mechanical gearings, not hereinbefore provided for comprising essentially only toothed or friction gearings toothed gearing combined with continuous variable friction gearing
    • F16H37/022Combinations of mechanical gearings, not hereinbefore provided for comprising essentially only toothed or friction gearings toothed gearing combined with continuous variable friction gearing the toothed gearing having orbital motion
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16HGEARING
    • F16H61/00Control functions within control units of change-speed- or reversing-gearings for conveying rotary motion ; Control of exclusively fluid gearing, friction gearing, gearings with endless flexible members or other particular types of gearing
    • F16H61/66Control functions within control units of change-speed- or reversing-gearings for conveying rotary motion ; Control of exclusively fluid gearing, friction gearing, gearings with endless flexible members or other particular types of gearing specially adapted for continuously variable gearings
    • F16H61/662Control functions within control units of change-speed- or reversing-gearings for conveying rotary motion ; Control of exclusively fluid gearing, friction gearing, gearings with endless flexible members or other particular types of gearing specially adapted for continuously variable gearings with endless flexible means
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16DCOUPLINGS FOR TRANSMITTING ROTATION; CLUTCHES; BRAKES
    • F16D21/00Systems comprising a plurality of actuated clutches
    • F16D21/08Serially-arranged clutches interconnecting two shafts only when all the clutches are engaged
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16DCOUPLINGS FOR TRANSMITTING ROTATION; CLUTCHES; BRAKES
    • F16D25/00Fluid-actuated clutches
    • F16D25/06Fluid-actuated clutches in which the fluid actuates a piston incorporated in, i.e. rotating with the clutch
    • F16D25/062Fluid-actuated clutches in which the fluid actuates a piston incorporated in, i.e. rotating with the clutch the clutch having friction surfaces
    • F16D25/063Fluid-actuated clutches in which the fluid actuates a piston incorporated in, i.e. rotating with the clutch the clutch having friction surfaces with clutch members exclusively moving axially
    • F16D25/0635Fluid-actuated clutches in which the fluid actuates a piston incorporated in, i.e. rotating with the clutch the clutch having friction surfaces with clutch members exclusively moving axially with flat friction surfaces, e.g. discs
    • F16D25/0638Fluid-actuated clutches in which the fluid actuates a piston incorporated in, i.e. rotating with the clutch the clutch having friction surfaces with clutch members exclusively moving axially with flat friction surfaces, e.g. discs with more than two discs, e.g. multiple lamellae
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16DCOUPLINGS FOR TRANSMITTING ROTATION; CLUTCHES; BRAKES
    • F16D48/00External control of clutches
    • F16D48/02Control by fluid pressure
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16DCOUPLINGS FOR TRANSMITTING ROTATION; CLUTCHES; BRAKES
    • F16D48/00External control of clutches
    • F16D48/02Control by fluid pressure
    • F16D2048/0227Source of pressure producing the clutch engagement or disengagement action within a circuit; Means for initiating command action in power assisted devices
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16DCOUPLINGS FOR TRANSMITTING ROTATION; CLUTCHES; BRAKES
    • F16D48/00External control of clutches
    • F16D48/02Control by fluid pressure
    • F16D2048/0257Hydraulic circuit layouts, i.e. details of hydraulic circuit elements or the arrangement thereof
    • F16D2048/0287Hydraulic circuits combining clutch actuation and other hydraulic systems
    • F16D2048/0293Hydraulic circuits combining clutch and transmission actuation
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16DCOUPLINGS FOR TRANSMITTING ROTATION; CLUTCHES; BRAKES
    • F16D25/00Fluid-actuated clutches
    • F16D25/10Clutch systems with a plurality of fluid-actuated clutches
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16HGEARING
    • F16H37/00Combinations of mechanical gearings, not hereinbefore provided for
    • F16H37/02Combinations of mechanical gearings, not hereinbefore provided for comprising essentially only toothed or friction gearings
    • F16H37/021Combinations of mechanical gearings, not hereinbefore provided for comprising essentially only toothed or friction gearings toothed gearing combined with continuous variable friction gearing
    • F16H2037/026CVT layouts with particular features of reversing gear, e.g. to achieve compact arrangement
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16HGEARING
    • F16H61/00Control functions within control units of change-speed- or reversing-gearings for conveying rotary motion ; Control of exclusively fluid gearing, friction gearing, gearings with endless flexible members or other particular types of gearing
    • F16H61/66Control functions within control units of change-speed- or reversing-gearings for conveying rotary motion ; Control of exclusively fluid gearing, friction gearing, gearings with endless flexible members or other particular types of gearing specially adapted for continuously variable gearings
    • F16H61/662Control functions within control units of change-speed- or reversing-gearings for conveying rotary motion ; Control of exclusively fluid gearing, friction gearing, gearings with endless flexible members or other particular types of gearing specially adapted for continuously variable gearings with endless flexible means
    • F16H2061/66286Control for optimising pump efficiency

Description

本発明は、車両用動力伝達装置に関し、特にベルト式の無段変速機を備えた車両用動力伝達装置に関するものである。

(a)駆動源と、(b)前記駆動源と駆動輪との間に配設され、前記駆動源から出力された動力が入力される入力軸と前記駆動輪へ前記動力を出力する出力軸とを有する無段変速機と、(c)前記駆動源と前記無段変速機の入力軸との間の第1動力伝達経路を断接する第1断接装置と、(d)前記無段変速機の出力軸と前記駆動輪との間の第2動力伝達経路を断接する第2断接装置と、(e)前記第1断接装置よりも前記駆動源側に設けられ、前記駆動源の前記動力によって作動する機械式油圧ポンプと、を備え、(f)前記第1断接装置および前記第2断接装置は、前記機械式油圧ポンプから供給される作動油により前記第1動力伝達経路および前記第2動力伝達経路をそれぞれ断接する車両用動力伝達装置が知られている。たとえば、特許文献1から3に記載の車両用動力伝達装置がそれである

特開2015−014342号公報 特開2016−060254号公報

上記特許文献1および2では、無段変速機の出力軸と駆動輪との間に第2断接装置を設けるとともに、その第2断接装置に加えて駆動源と無段変速機の入力軸との間に油圧ポンプで油圧制御される第1断接装置を設ける車両用伝達装置が、記載されている。特に上記特許文献1に記載の車両用動力伝達装置では、駆動源の動力により作動する第1油圧ポンプが設けられるとともに、駆動輪の回転により作動する第2油圧ポンプが設けられている。これにより、駆動源の駆動を停止した場合においても、第1断接装置、第2断接装置および無段変速機を第2油圧ポンプで油圧制御することができる。そのため、駆動源の駆動を停止した状態で走行する惰性走行において、たとえば第1断接装置を解放することで駆動源および無段変速機を切り離して燃費を向上させるとともに、第2断接装置を締結して第2断接装置の伝達可能トルクを無段変速機の伝達可能トルクよりも小さくすることにより、駆動輪に急激な入力トルクがあった場合に無段減速機の伝動ベルトの滑りを抑制することができる。しかしながら、上記車両用動力伝達装置では、車両走行中は駆動輪の回転により第2油圧ポンプが常に回転させられるので、たとえば第2油圧ポンプが走行抵抗となり燃費が悪化する可能性があった。

本発明は、以上の事情を背景として為されたものであり、その目的とするところは、駆動源と無段変速機の入力軸との間に第1断接装置を設け、且つ無段変速機の出力軸と駆動輪との間に第2断接装置を設けた車両用動力伝達装置であって、燃費の悪化を抑制することができる車両用動力伝達装置を提供することにある。

第1発明の要旨とするところは、(a)駆動源と、(b)前記駆動源と駆動輪との間に配設され、前記駆動源から出力された動力が入力される入力軸と前記駆動輪へ前記動力を出力する出力軸とを有する無段変速機と、(c)前記駆動源と前記無段変速機の入力軸との間の第1動力伝達経路を断接する油圧式摩擦係合装置である第1断接装置と、(d)前記無段変速機の出力軸と前記駆動輪との間の第2動力伝達経路を断接する油圧式摩擦係合装置である第2断接装置と、(e)前記第1断接装置よりも前記駆動源側に設けられ、前記駆動源の前記動力によって作動する機械式油圧ポンプと、を備え、(f)前記第1断接装置および前記第2断接装置は、前記機械式油圧ポンプから供給される作動油により前記第1動力伝達経路および前記第2動力伝達経路をそれぞれ断接する車両用動力伝達装置であって、(g)前記第2断接装置に対する制御油圧が供給されないときに機械的に発生する前記第2断接装置の引き摺りトルクは、前記無段変速機のトルク容量よりも小さく、且つ前記第1断接装置に対する制御油圧が供給されないときに機械的に発生する前記第1断接装置の引き摺りトルクと前記第1断接装置から前記第2断接装置までの最大変速比との乗算値よりも大きいことにある。

また、第2発明の要旨とするところは、第1発明の車両用動力伝達装置において、前記第2断接装置は、前記無段変速機の出力軸に設けられ、前記第2断接装置の引き摺りトルクは、前記無段変速機のトルク容量よりも小さく、且つ前記第1断接装置の引き摺りトルクと前記無段変速機の最大変速比との乗算値よりも大きいことにある。

第1発明によれば、前記車両用動力伝達装置は、前記駆動源と前記無段変速機の前記入力軸との間に油圧式摩擦係合装置である第1断接装置を備え、前記無段変速機の前記出力軸と前記駆動輪との間に油圧式摩擦係合装置である第2断接装置を備えている。前記第2断接装置に対する制御油圧が供給されないときに機械的に発生する前記第2断接装置の引き摺りトルクは、前記無段変速機のトルク容量よりも小さく、且つ前記第1断接装置に対する制御油圧が供給されないときに機械的に発生する前記第1断接装置の引き摺りトルクと前記第1断接装置から前記第2断接装置までの最大変速比との乗算値よりも大きく設定されている。これにより、前記第2断接装置の油圧が解放された状態での前記第2断接装置の引き摺りトルクは、前記機械式油圧ポンプによって油圧制御が行われなくても前記無段変速機のトルク容量よりも小さく、且つ前記第1断接装置の油圧が解放された状態での前記第1断接装置の引き摺りトルクと前記第1断接装置から前記第2断接装置までの最大変速比との乗算値よりも大きい。そのため、たとえば前記駆動源の駆動を停止する状態で走行する惰性走行において、第1断接装置の解放によって駆動源と無段変速機とが切り離されて燃費が向上するだけでなく、前記第2断接装置と前記駆動輪との間に油圧ポンプなどの油圧制御部品を設けなくても、前記駆動輪に急激な入力トルクがあった場合の前記無段変速機における伝動ベルトの滑りを抑制することができる。また、前記第2断接装置と前記駆動輪との間に車両走行中に走行抵抗となる油圧ポンプを設ける必要がないことにより、油圧ポンプによる燃費の悪化を抑制することができる。

第2発明によれば、前記第2断接装置は、前記無段変速機の出力軸に設けられ、前記第2断接装置の引き摺りトルクは、前記無段変速機のトルク容量よりも小さく、且つ前記第1断接装置の引き摺りトルクと前記無段変速機の最大変速比との乗算値よりも大きく設定されている。これにより、前記第2断接装置の油圧が解放された状態での前記第2断接装置の引き摺りトルクは、前記機械式油圧ポンプによって油圧制御が行われなくても前記無段変速機のトルク容量よりも小さく、且つ前記第1断接装置の油圧が解放された状態での前記第1断接装置の引き摺りトルクと前記第1断接装置から前記第2断接装置までの最大変速比との乗算値よりも大きい。そのため、たとえば前記駆動源の駆動を停止する状態で走行する惰性走行において、第1断接装置の解放によって駆動源と無段変速機とが切り離されて燃費が向上するだけでなく、前記第2断接装置と前記駆動輪との間に油圧ポンプなどの油圧制御部品を設けなくても、前記駆動輪に急激な入力トルクがあった場合の前記無段変速機における伝動ベルトの滑りをより確実に抑制することができる。また、前記第2断接装置と前記駆動輪との間に車両走行中に走行抵抗となる油圧ポンプを設ける必要がないことにより、油圧ポンプによる燃費の悪化をより確実に抑制することができる。

本発明が適用された車両用動力伝達装置の構成を説明する骨子図である。 図1の車両用動力伝達装置における各種制御の為の制御系統の要部を説明する図である。 図1の車両用動力伝達装置に備えられた油圧式摩擦係合装置の構成を概略的に説明する図である。

以下、本発明の一実施例について図面を参照しつつ詳細に説明する。なお、以下の実施例において図は適宜簡略化或いは変形されており、各部の寸法比および形状等は必ずしも正確に描かれていない。

図1は、本発明が適用された車両用動力伝達装置10の構成を説明する骨子図である。この車両用動力伝達装置10は、走行用の駆動源としてのエンジン12に連結されている。エンジン12は、例えばガソリンエンジンやディーゼルエンジン等の内燃機関である。エンジン12から出力される動力は、そのエンジン12のクランク軸から流体式伝動装置としてのトルクコンバータ14、前後進切換装置16、ベルト式の無段変速機(CVT)18、減速歯車装置20を介して差動歯車装置22に伝達され、左右の駆動輪24L、24Rへ分配される。

トルクコンバータ14は、エンジン12のクランク軸に連結されたポンプ翼車14pと、トルクコンバータ14の出力側部材に相当するタービン軸34を介して前後進切換装置16に連結されたタービン翼車14tとを備えており、それら翼車の間で流体(作動油)を介して動力伝達を行うようになっている。また、ポンプ翼車14pとタービン翼車14tとの間にはロックアップクラッチ26が設けられている。ロックアップクラッチ26には、図示しないロックアップコントロールバルブによって調圧制御された作動油が供給される。ロックアップクラッチ26の図示しない係合側油室に調圧制御された作動油が供給されるとロックアップクラッチ26は係合され、ロックアップクラッチ26の図示しない解放側油室に調圧制御された作動油が供給されるとロックアップクラッチ26は解放される。ロックアップクラッチ26が完全係合させられると、ポンプ翼車14pおよびタービン翼車14tが一体回転させられる。また、ポンプ翼車14pには、無段変速機18の変速制御やベルト挟圧力制御、およびロックアップクラッチ26の係合および解放の制御等を実施するための油圧を発生させる機械式油圧ポンプ28が連結されている。機械式油圧ポンプ28は、エンジン12の回転と連動して作動させられる。

前後進切換装置16は、前進用第1クラッチC1、後進用ブレーキB1およびダブルピニオン型の遊星歯車装置16pを主体として構成されている。上記遊星歯車装置16pのサンギヤ16sは、トルクコンバータ14のタービン軸34に一体的に連結され、キャリア16cは、無段変速機18の入力軸36に一体的に連結されている。そして、キャリア16cおよびサンギヤ16sは、前進用第1クラッチC1を介して選択的に連結され、リングギヤ16rは、後進用ブレーキB1を介してトランスミッションケースに選択的に固定されるようになっている。上記前進用第1クラッチC1および後進用ブレーキB1は、何れも油圧シリンダ等の油圧アクチュエータによって摩擦係合させられる油圧式摩擦係合装置である。機械式油圧ポンプ28から供給された作動油は、後述の図2に示す油圧制御回路76内に設けられる図示しないマニュアルバルブによって調圧制御される。前進用第1クラッチC1および後退用ブレーキB1に供給される作動油が調圧制御されることにより、前進用第1クラッチC1および後退用ブレーキB1は係合または解放されることになる。

前後進切換装置16は、エンジン12と無段変速機18の入力軸36との間の第1動力伝達経路を断接する。具体的には、前後進切換装置16では、前進用第1クラッチC1が係合させられるとともに後進用ブレーキB1が解放されると、前後進切換装置16は一体回転させられてタービン軸34が入力軸36に直結され、第1動力伝達経路が成立させられて、前進方向の駆動力が駆動輪24Rおよび24Lに伝達される。また、後進用ブレーキB1が係合させられるとともに前進用第1クラッチC1が解放されると、入力軸36はタービン軸34に対して逆回転させられ、後進方向の駆動力が駆動輪24Rおよび24Lに伝達される。また、前進用第1クラッチC1および後進用ブレーキB1が共に解放されると、第1動力伝達経路が遮断されたニュートラル状態(動力伝達遮断状態)になる。本実施例では、前進用第1クラッチC1が第1断接装置として機能している。

無段変速機18は、互いに平行に且つ各軸心まわりに回転可能に設けられた入力軸36および出力軸40を備えている。入力軸36にはプライマリプーリ42が設けられ、出力軸40にはセカンダリプーリ46が設けられている。プライマリプーリ42およびセカンダリプーリ46に形成されるそれぞれのV溝には伝動ベルト48が巻き掛けられており、伝動ベルト48とプライマリプーリ42およびセカンダリプーリ46との間の摩擦力により動力伝達が行われる。無段変速機18は、プライマリプーリ42およびセカンダリプーリ46のV溝の幅を変更する推力を付与するとともに伝動ベルト48に対する挟圧力を付与するプライマリプーリ側油圧シリンダ50およびセカンダリプーリ側油圧シリンダ52を備えている。プライマリプーリ42およびセカンダリプーリ46は、入力軸36および出力軸40にそれぞれ固定された固定シーブ42aおよび46aと、入力軸36および出力軸40に対して軸心まわりの相対回転不能且つ軸心方向の移動可能に設けられた可動シーブ42bおよび46bとを備えて構成されている。プライマリプーリ42およびセカンダリプーリ46は、後述の図2に示す油圧制御回路76内に設けられる図示しない変速制御用ソレノイドバルブによってプライマリプーリ側油圧シリンダ50に供給される作動油が調圧制御されることにより、固定シーブ42aおよび46aと可動シーブ42bおよび46bとの間にV溝幅がそれぞれ変更されることになる。また、プライマリプーリ42およびセカンダリプーリ46では、後述の図2に示す油圧制御回路76内に設けられる図示しない挟圧力制御用ソレノイドバルブによってセカンダリプーリ側油圧シリンダ52に供給される作動油が調圧されることにより、プライマリプーリ42およびセカンダリプーリ46の伝動ベルト48に対する挟圧力がそれぞれ調節されることになる。

無段変速機18では、車両の走行状態に応じてプライマリプーリ42およびセカンダリプーリ46の溝幅がそれぞれ変化させられて、プライマリプーリ42およびセカンダリプーリ46に対する伝動ベルト48の掛かり径(有効径)が変更される。これにより、無段変速機18は変速比γ(=入力軸回転速度Nin/出力軸回転速度Nout)が連続的に変化させられるようになっている。また、プライマリプーリ42およびセカンダリプーリ46の伝動ベルト48に対する挟圧力がそれぞれ調節されることにより、伝動ベルト48の滑りが抑制されるようになっている。ここで、たとえば無段変速機18に調圧制御された作動油が供給されない場合すなわち無段変速機18の油圧が解放された場合には、セカンダリプーリ側油圧シリンダ52内に設けられたスプリング54の付勢力によって、可動シーブ42bおよび46bが入力軸36および出力軸40の軸心方向にそれぞれ移動させられて、無段変速機18は最ロー変速比γmaxを形成する。

第2断接装置として機能する第2クラッチC2は、たとえば、油圧シリンダ等の油圧アクチュエータによって摩擦係合させられる油圧式摩擦係合装置である。機械式油圧ポンプ28から供給された作動油は、後述の図2に示す油圧制御回路76内に設けられる図示しないマニュアルバルブによって調圧制御される。第2クラッチC2に供給される作動油が調圧制御されることにより、第2クラッチC2は係合または解放されることになる。

第2クラッチC2は、無段変速機18の出力軸40と左右の駆動輪24L、24Rとの間の第2動力伝達経路を断接する。第2クラッチC2が係合されると、出力軸40と左右の駆動輪24L、24Rとの第2動力伝達経路が接続させられて、動力が左右の駆動輪24L、24Rに伝達される。

図2は、図1の車両用動力伝達装置10における各種制御の為の制御系統の要部を説明する図である。図2に示す電子制御装置70は、CPU、RAM、ROM、入出力インターフェースなどを備えたいわゆるマイクロコンピューターを含んで構成されており、CPUはRAMの一時記憶機能を利用しつつ予めROMに記憶されたプログラムに従って信号処理を行うことにより車両用動力伝達装置10の各種制御を実行する。たとえば、電子制御装置70は、エンジン12の出力制御、無段変速機18の伝動ベルト挟圧力制御を含む変速制御等を実行するようになっており、必要に応じてエンジン制御用、油圧制御用等に分けて構成される。

電子制御装置70には、各種センサ(たとえば各種回転速度センサ80,82,84,86、アクセル開度センサ88、スロットルセンサ90、各油圧センサ92,94,96、シフトポジションセンサ98など)による検出信号に基づく各種実際値(例えばエンジン回転速度Ne、タービン回転速度Nt、入力軸回転速度Nin、車速Vに対応する出力軸回転速度Nout、アクセル開度θacc、スロットル弁開度θth、前進用第1クラッチC1へ供給される油圧(すなわち前進用第1クラッチ油圧)Pc1、後進用ブレーキB1へ供給される油圧(すなわち後進用ブレーキ油圧)Pb1、第2クラッチC2へ供給される油圧(すなわち第2クラッチ油圧)Pc2、シフト操作部材としてのシフトレバー99の位置情報に対応するシフト操作位置(シフト位置又はレバー位置ともいう)Pshなど)が、それぞれ供給される。また、電子制御装置70からは、各装置(たとえばエンジン12、油圧制御回路76など)に各種出力信号(たとえばエンジン12の出力制御の為のエンジン出力制御指令信号Se、無段変速機18の変速等に関する油圧制御の為の油圧制御指令信号Scvtin,Scvtout、前進用第1クラッチC1や後進用ブレーキB1、さらに第2クラッチC2の係合作動に関する油圧制御の為の油圧制御指令信号Sc1,Sb1,Sc2など)が供給される。

油圧制御回路76は、電子制御装置70からの各種信号に基づき、無段変速機18にプライマリプーリ側油圧Pinおよびセカンダリプーリ側油圧Poutを供給する。さらに、油圧制御回路76は、前後進切換装置16に前進用第1クラッチ油圧Pc1および後進用ブレーキ油圧Pb1を供給し、第2クラッチC2に第2クラッチ油圧Pc2を供給する。

シフトレバー99は、例えば「P」、「R」、「N」、及び「D」のシフト操作位置Pshへ択一的に手動操作される。シフト操作位置「P」は、車両用動力伝達装置10のパーキングポジション(Pポジション)を選択し、前進用第1クラッチC1及び後進用ブレーキB1を共に解放して車両用動力伝達装置10を第1動力伝達経路が遮断されたニュートラル状態(中立状態)とし且つ機械的に出力軸40の回転を阻止する為のパーキング操作位置Pである。また、シフト操作位置「R」は、車両用動力伝達装置10の後進走行ポジション(Rポジション)を選択し、後進用ブレーキB1を係合して車両用動力伝達装置10を後進走行用の後進用動力伝達経路が確立された後進走行可能状態とする為の後進走行操作位置Rである。また、シフト操作位置「N」は、車両用動力伝達装置10のニュートラルポジション(Nポジション)を選択し、車両用動力伝達装置10をニュートラル状態とする為のニュートラル操作位置(中立操作位置)Nである。又、シフト操作位置「D」は、車両用動力伝達装置10の前進走行ポジション(Dポジション)を選択し、前進用第1クラッチC1を係合して車両用動力伝達装置10を前進走行用の前進用動力伝達経路が確立された前進走行可能状態とする為の前進走行操作位置Dである。パーキング操作位置P及びニュートラル操作位置Nは、車両の走行を不能とする非走行操作位置である。後進走行操作位置R及び前進走行操作位置Dは、車両の走行を可能とする走行操作位置である。

図3は、図1の車両用動力伝達装置10に備えられた湿式多板型の油圧式摩擦係合装置の構成を概略的に説明する図であり、具体的には前進用第1クラッチC1の一例を示す部分拡大図である。図3に示すように、前進用第1クラッチC1は、第1回転部材としてのクラッチドラム100と、第1円板としてのセパレートプレート102と、クラッチドラム100と同心の第2回転部材としてのクラッチハブ104と、第2円板としての摩擦プレート106と、ピストン108と、リターンスプリング110と、バネ受板112とを含んで構成されている。

セパレートプレート102は、複数枚の略円環板状(円板状)の外周縁がクラッチドラム100の筒部100aの内周面に相対回転不能に嵌合されている。摩擦プレート106は、複数枚のセパレートプレート102の間に介在させられて、複数枚の略円環板状(円板状)の内周縁がクラッチハブ104の外周面に相対回転不能に嵌合されている。ピストン108は、セパレートプレート102および摩擦プレート106の方向に伸びる押圧部108aが外周縁に設けられている。リターンスプリング110は、ピストン108とバネ受板112との間に介在させられており、ピストン108をクラッチドラム100の底板部100bに当接するように付勢する。機械式油圧ポンプ28から吐出され且つ調圧された作動油は、油路114を通ってピストン油圧室である油室116に供給される。ピストン108は、調圧制御された作動油の油圧(すなわち係合油圧)によってリターンスプリング110の付勢力に抗してセパレートプレート102および摩擦プレート106に向かって移動させられる。ここで、クラッチドラム100の筒部100aの内周面には、摩擦プレート106の軸心方向の移動を阻止するためのスナップリング118が摩擦プレート106に対してピストン108の逆側に備えられており、作動油の油圧によってピストン108の押圧部108aがセパレートプレート102および摩擦プレート106を押圧することで、セパレートプレート102と摩擦プレート106とが係合されることになる。すなわち、ピストン108に対して油圧が作用されることによって前進用第1クラッチC1は係合させられる。前進用第1クラッチC1では、クラッチドラム100は、タービン軸34と一体的に連結されており、エンジン12に機械的に連結されている。また、クラッチハブ104は、入力軸36と一体的に連結されており、左右の駆動輪24L、24Rに機械的に連結されている。図3に示す構造は、第2クラッチC2にも同様に用いられ、ピストン108に対して油圧が作用されることによって第2クラッチC2は係合させられる。

ところで、車両走行中において、駆動源であるエンジン12を停止して惰性走行するいわゆるフリーラン惰性走行が行われる場合がある。フリーラン惰性走行では、エンジン12を停止することにより機械式油圧ポンプ28が駆動されないので、たとえば前進用第1クラッチC1、無段変速機18および第2クラッチC2の油圧制御が行われない状態となる。そのため、前進用第1クラッチC1、後進用ブレーキB1および第2クラッチC2は油圧が解放された状態となる。フリーラン惰性走行では、機械式油圧ポンプ28が駆動されずに無段変速機18は油圧が解放された状態となるので、無段変速機18の変速比はスプリング54の付勢力によって最ロー変速比γmaxになろうとするが、車速が高くなるに伴って発生する遠心圧によりγmaxよりも低くなる。フリーラン惰性走行でエンジン12が停止させられると、前進用第1クラッチC1ではタービン軸34と入力軸36との間に回転数差が生じて、たとえばセパレートプレート102と摩擦プレート106との間に引き摺りトルクT1が発生することになる。ここで、引き摺りトルクとは、油圧制御によって油圧式摩擦係合装置に作用させられるものではなく、制御油圧が供給されない状態で発生する機械的な引き摺りトルクである。たとえば前進用第1クラッチC1にこのような機械的な引き摺りトルクT1が発生した状態は、油圧式摩擦係合装置である前進用第1クラッチC1や後進用ブレーキB1の油圧が解放状態とされていても前進用第1クラッチC1には所定のトルク容量を有することと同様の状態となる。そのため、フリーラン惰性走行において、無段変速機18は動力伝達可能となる場合がある。また、フリーラン惰性走行において、前進用第1クラッチC1と同様に第2クラッチC2では動力入力側の軸と動力出力側の軸との間に回転数差が生じて、機械的な引き摺りトルクT2が発生することになる。

前進用第1クラッチC1および第2クラッチC2の機械的な引き摺りトルクT1およびT2は、潤滑油の粘性の他に、たとえば摩擦材の引き摺り摩擦トルクすなわち摩擦プレート106の引き摺り摩擦トルクの大きさによって影響されるものである。つまり、一般的に、摩擦プレート106の引き摺り摩擦トルクを増大させることによって、前進用第1クラッチC1および第2クラッチC2の機械的な引き摺りトルクT1、T2はそれぞれ増大させられる。具体的には、前進用第1クラッチC1および第2クラッチC2は、セパレートプレート102と接触する摩擦プレート106の枚数或いは面積を増やすことにより、機械的引き摺りトルクT1およびT2が増大される。

ここで、本実施例では、第2クラッチC2の機械的な引き摺りトルクT2は、無段変速機18のトルク容量Tcvtよりも小さく、且つ前進用第1クラッチC1の機械的な引き摺りトルクT1と前進用第1クラッチC1から第2クラッチC2までの最大変速比との乗算値よりも大きく設定されている。つまり、油圧制御が行われずに油圧が解放された状態で第2クラッチC2に発生する機械的な引き摺りトルクT2は、油圧制御が行われずに油圧が解放された状態での最ロー変速比γmaxにおける無段変速機18に発生するトルク容量Tcvtよりも小さく設定されている。さらに、油圧が解放された状態での第2クラッチC2の機械的な引き摺りトルクT2は、油圧制御が行われずに油圧が解放された状態で前進用第1クラッチC1に作用される機械的な引き摺りトルクT1と、前進用第1クラッチC1から第2クラッチC2までの最大変速比すなわち最ロー変速比γmaxとの乗算値よりも大きく設定されている。そのため、フリーラン惰性走行において、左右の駆動輪24L、24Rからの入力トルクに基づいて無段変速機18が回転させられて変速可能となるとともに、路面の凹凸などにより左右の駆動輪24L、24Rから急激に入力トルクが入力された場合には、第2クラッチC2がリミッターとなりトルクを遮断して無段変速機18の伝動ベルト48の滑りが防止される。第2クラッチC2は、無段変速機18のトルク容量Tcvtよりも小さく且つ前進用第1クラッチC1の機械的な引き摺りトルクT1と最ロー変速比γmaxとの乗算値よりも大きい機械的な引き摺りトルクT2になるように、たとえば、前進用第1クラッチC1よりも多くの枚数の摩擦プレート106が設けられることによって前進用第1クラッチC1よりも引き摺り摩擦トルクが増大させられている。

このように、本実施例によれば、車両用動力伝達装置10は、エンジン12と無段変速機18の入力軸36との間に前進用第1クラッチC1を備え、無段変速機18の出力軸40と駆動輪との間に第2クラッチC2を備えている。第2クラッチC2の機械的な引き摺りトルクT2は、無段変速機18のトルク容量Tcvtよりも小さく、且つ前進用第1クラッチC1の機械的な引き摺りトルクT1と前進用第1クラッチC1から第2クラッチC2までの最大変速比との乗算値よりも大きく設定されている。これにより、第2クラッチC2の油圧が解放された状態での第2クラッチC2の機械的な引き摺りトルクT2は、機械式油圧ポンプ28によって油圧制御が行われなくても無段変速機18のトルク容量Tcvtよりも小さく、且つ前進用第1クラッチC1の油圧が解放された状態での前進用第1クラッチC1の機械的な引き摺りトルクT1と前進用第1クラッチC1から第2クラッチC2までの最大変速比との乗算値よりも大きい。そのため、たとえばエンジン12の駆動を停止するフリーラン惰性走行において、前進用第1クラッチC1の解放によってエンジン12と無段変速機18とが切り離されて燃費が向上するだけでなく、第2クラッチC2を油圧制御するために第2クラッチC2と左右の駆動輪24L、24Rとの間に油圧ポンプなどの制御部品を設けなくても、左右の駆動輪24L、24Rに急激な入力トルクがあった場合の無段変速機18における伝動ベルト48の滑りを抑制することができる。また、フリーラン惰性走行中には左右の駆動輪24L、24Rからの入力トルクに基づき無段変速機18が変速されているので、エンジン12を再始動させて車両を惰性走行から通常走行に復帰させる場合に変速によるもたつきを運転者に感じさせることを抑制することができるとともに、変速する必要のないときは無段変速機18を停止させて燃費の悪化を抑制できる。さらに、車両走行中に走行抵抗となる油圧ポンプを第2クラッチC2と左右の駆動輪24L、24Rとの間に設ける必要がないことにより、油圧ポンプによる燃費の悪化を抑制することができる。

また、本実施例によれば、第2クラッチC2は、無段変速機18の出力軸40に設けられ、第2クラッチC2の機械的な引き摺りトルクT2は、無段変速機18のトルク容量Tcvtよりも小さく、且つ前進用第1クラッチC1の機械的な引き摺りトルクT1と無段変速機18の最大変速比との乗算値よりも大きく設定されている。これにより、第2クラッチC2の油圧が解放された状態での第2クラッチC2の機械的な引き摺りトルクT2は、機械式油圧ポンプ28により油圧制御が行われなくても無段変速機18のトルク容量Tcvtよりも小さく、且つ前進用第1クラッチC1の油圧が解放された状態での前進用第1クラッチC1の機械的な引き摺りトルクT1と前進用第1クラッチC1から第2クラッチC2までの最大変速比との乗算値よりも大きい。そのため、たとえばエンジン12の駆動を停止するフリーラン惰性走行において、前進用第1クラッチC1の解放によってエンジン12と無段変速機18とが切り離されて燃費が向上するだけでなく、第2クラッチC2を油圧制御するために第2クラッチC2と左右の駆動輪24L、24Rとの間に油圧ポンプなどの制御部品を設けなくても、左右の駆動輪24L、24Rに急激な入力トルクがあった場合の無段変速機18における伝動ベルト48の滑りをより確実に抑制することができる。また、フリーラン惰性走行中には左右の駆動輪24L、24Rからの入力トルクに基づき無段変速機18が変速されているので、エンジン12を再始動させて車両を惰性走行から通常走行に復帰させる場合に変速によるもたつきを運転者に感じさせることをより確実に抑制することができるとともに、変速する必要のないときは無段変速機18を停止させて燃費の悪化を抑制できる。さらに、車両走行中に走行抵抗となる油圧ポンプを設ける必要がないことにより、油圧ポンプによる燃費の悪化を抑制することができる。

以上、本発明の好適な実施例を図面に基づいて詳細に説明したが、本発明はこれに限定されるものではなく、更に別の態様においても実施される。

例えば、前述の実施例においては、第2クラッチC2の機械的な引き摺りトルクT2が、前進用第1クラッチC1の機械的な引き摺りトルクT1と前進用第1クラッチC1から第2クラッチC2までの最大変速比との乗算値よりも大きくなるように、第2クラッチC2の摩擦プレート106および前進用第1クラッチC1の摩擦プレート106がそれぞれ複数枚設けられていた。しかしながら、必ずしもこれに限らず、たとえば第2クラッチC2の摩擦プレート106および前進用第1クラッチC1の摩擦プレート106の直径を大きくしてセパレートプレート102と接触面積を増加するように設けられていてもよい。また、第2クラッチC2の機械的な引き摺りトルクT2が、前進用第1クラッチC1の機械的な引き摺りトルクT1と前進用第1クラッチC1から第2クラッチC2までの最大変速比との乗算値よりも大きくなるように、第2クラッチC2の摩擦プレート106は、前進用第1クラッチC1の摩擦プレート106よりも直径を大きくするとともに、枚数が多くなるように設定されていてもよい。

また、前述の実施例では、第2クラッチC2の機械的な引き摺りトルクT2が、前進用第1クラッチC1の機械的な引き摺りトルクT1と前進用第1クラッチC1から第2クラッチC2までの最大変速比との乗算値よりも大きくなるように、たとえば第2クラッチC2は前進用第1クラッチC1よりも多くの摩擦プレート106を設けている。しかしながら、必ずしもこれに限らず、第2クラッチC2の機械的な引き摺りトルクT2が、前進用第1クラッチC1の機械的な引き摺りトルクT1と前進用第1クラッチC1から第2クラッチC2までの最大変速比との乗算値よりも大きくなるように、第2クラッチC2および前進用第1クラッチC1の構成部品にたとえば引き摺りトルク設定用スプリングが設けられていればよい。

また、前述の実施例では、前進用第1クラッチC1および第2クラッチC2は湿式多板型の油圧式摩擦係合装置であったが、必ずしもこれに限らず、前進用第1クラッチC1および第2クラッチC2は乾式多板型の油圧式摩擦係合装置であってもよい。

なお、本発明の実施例を図面に基づいて詳細に説明したが、上述したのはあくまでも一実施形態であり、その他一々例示はしないが、本発明は、その趣旨を逸脱しない範囲で当業者の知識に基づいて種々変更、改良を加えた態様で実施することができる。

10:車両用動力伝達装置
12:エンジン(駆動源)
16:前後進切換装置
18:無段変速機
28:機械式油圧ポンプ
24L、24R:駆動輪
36:入力軸
40:出力軸
C1:前進用第1クラッチ(第1断接装置)
C2:第2クラッチ(第2断接装置)
T1:前進用第1クラッチC1の機械的な引き摺りトルク
T2:第2クラッチC2の機械的な引き摺りトルク
Tcvt:無段変速機18のトルク容量

Claims (2)

  1. 駆動源と、
    前記駆動源と駆動輪との間に配設され、前記駆動源から出力された動力が入力される入力軸と前記駆動輪へ前記動力を出力する出力軸とを有する無段変速機と、
    前記駆動源と前記無段変速機の入力軸との間の第1動力伝達経路を断接する油圧式摩擦係合装置である第1断接装置と、
    前記無段変速機の出力軸と前記駆動輪との間の第2動力伝達経路を断接する油圧式摩擦係合装置である第2断接装置と、
    前記第1断接装置よりも前記駆動源側に設けられ、前記駆動源の前記動力によって作動する機械式油圧ポンプと、を備え
    前記第1断接装置および前記第2断接装置は、前記機械式油圧ポンプから供給される作動油により前記第1動力伝達経路および前記第2動力伝達経路をそれぞれ断接する車両用動力伝達装置であって、
    前記第2断接装置に対する制御油圧が供給されないときに機械的に発生する前記第2断接装置の引き摺りトルクは、前記無段変速機のトルク容量よりも小さく、且つ前記第1断接装置に対する制御油圧が供給されないときに機械的に発生する前記第1断接装置の引き摺りトルクと前記第1断接装置から前記第2断接装置までの最大変速比との乗算値よりも大きいことを特徴とする車両用動力伝達装置。
  2. 前記第2断接装置は、前記無段変速機の出力軸に設けられ、前記第2断接装置の引き摺りトルクは、前記無段変速機のトルク容量よりも小さく、且つ前記第1断接装置の引き摺りトルクと前記無段変速機の最大変速比との乗算値よりも大きいことを特徴とする請求項1に記載の車両用動力伝達装置。
JP2016250288A 2016-12-24 2016-12-24 車両用動力伝達装置 Active JP6601382B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2016250288A JP6601382B2 (ja) 2016-12-24 2016-12-24 車両用動力伝達装置

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2016250288A JP6601382B2 (ja) 2016-12-24 2016-12-24 車両用動力伝達装置
US15/833,915 US10465777B2 (en) 2016-12-24 2017-12-06 Vehicle power transmission device
CN201711406872.8A CN108240468B (zh) 2016-12-24 2017-12-22 车辆动力传递装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2018105368A JP2018105368A (ja) 2018-07-05
JP6601382B2 true JP6601382B2 (ja) 2019-11-06

Family

ID=62629885

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2016250288A Active JP6601382B2 (ja) 2016-12-24 2016-12-24 車両用動力伝達装置

Country Status (3)

Country Link
US (1) US10465777B2 (ja)
JP (1) JP6601382B2 (ja)
CN (1) CN108240468B (ja)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN108138927B (zh) * 2015-10-30 2020-10-23 爱信艾达株式会社 自动变速器
US10900563B2 (en) * 2018-06-14 2021-01-26 Kawasaki Jukogyo Kabushiki Kaisha Utility vehicle

Family Cites Families (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2819026B2 (ja) 1988-11-25 1998-10-30 スズキ株式会社 連続可変変速機のベルトレシオ制御装置
JP3334485B2 (ja) * 1996-04-30 2002-10-15 アイシン・エィ・ダブリュ株式会社 自動変速機の油圧制御装置
JP3699626B2 (ja) * 2000-02-09 2005-09-28 株式会社日立製作所 自動変速機の制御装置
JP3589198B2 (ja) * 2000-12-25 2004-11-17 トヨタ自動車株式会社 駆動系統の制御装置
US7128688B2 (en) * 2003-04-25 2006-10-31 Jatco Ltd Hydraulic control for automatic transmission
EP1637756B1 (de) * 2004-09-16 2011-04-13 Getrag Ford Transmissions GmbH Doppelkupplungsgetriebe mit einem hydraulisches System zur Bereitstellung von Drücken und Volumenströmen
JP5048952B2 (ja) 2006-02-06 2012-10-17 富士重工業株式会社 車両用制御装置
JP2010276084A (ja) * 2009-05-27 2010-12-09 Toyota Motor Corp 無段変速機のニュートラル制御装置
JP5205412B2 (ja) * 2009-07-17 2013-06-05 ジヤトコ株式会社 無段変速機及びその制御方法
DE102011084584A1 (de) * 2011-10-17 2013-04-18 Zf Friedrichshafen Ag Vorrichtung zur Steuerung eines Kühl- und/oder Schmierölstromes
JP2015014342A (ja) 2013-07-08 2015-01-22 富士重工業株式会社 車両の動力伝達装置
JP5977458B2 (ja) * 2013-09-24 2016-08-24 ジヤトコ株式会社 電気自動車用自動変速機
JP6127961B2 (ja) * 2013-12-25 2017-05-17 トヨタ自動車株式会社 車両の制御装置
JP2016060254A (ja) 2014-09-12 2016-04-25 ジヤトコ株式会社 フライホイール回生システム及びその制御方法
US9512888B2 (en) * 2014-10-16 2016-12-06 American Axle & Manufacturing, Inc. Dual piston actuator
EP3354923A4 (en) * 2015-09-22 2019-05-01 C-Stone Technologies Co., Ltd DOUBLE CLUTCH

Also Published As

Publication number Publication date
JP2018105368A (ja) 2018-07-05
CN108240468A (zh) 2018-07-03
US10465777B2 (en) 2019-11-05
CN108240468B (zh) 2019-12-03
US20180180147A1 (en) 2018-06-28

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6979275B2 (en) Auxiliary transmission in transmission system
KR101706898B1 (ko) 무단 변속기 및 그 제어 방법
USRE47798E1 (en) Driving-side pulley
JP3173330B2 (ja) 車両用ロックアップクラッチのスリップ制御装置
US10012297B2 (en) Power transmission system
JP3783277B2 (ja) 車両用ロックアップクラッチのスリップ制御装置
KR20160146621A (ko) 무단 변속기 및 그 제어 방법
EP1413804B1 (en) Vehicular transmission
JP4678417B2 (ja) 油圧制御装置
EP2128499B1 (en) Control device and control method for continuously variable transmission
US7993225B2 (en) Hydraulic pressure supply unit of continuously variable transmission
KR101479810B1 (ko) 자동 변속기 및 유압 제어 장치
KR101356264B1 (ko) 코스트 스톱 차량 및 코스트 스톱 방법
US8326503B2 (en) Lock-up clutch control device
US7678016B2 (en) Control apparatus for vehicle
US8758198B2 (en) Power transmitting apparatuses
EP3109116B1 (en) Control system of vehicle
US7192371B2 (en) System and method of controlling V-belt type continuously variable transmission
KR101635302B1 (ko) 차량용 변속기의 제어 장치
US20060276279A1 (en) Belt type continuously variable transmission
US7815026B2 (en) Torque converter impeller clutch control
JP5380403B2 (ja) 自動変速機及び油圧制御装置
JP5605504B2 (ja) 車両用駆動装置の制御装置
US8062156B2 (en) Control device for continuously variable transmission
US7179196B2 (en) Input torque control system of belt-type continuously variable transmission for vehicle

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20180619

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20190408

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20190416

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20190607

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20190910

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20190923

R151 Written notification of patent or utility model registration

Ref document number: 6601382

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R151