JP6520813B2 - 情報処理装置及びネットワーク接続システム - Google Patents

情報処理装置及びネットワーク接続システム Download PDF

Info

Publication number
JP6520813B2
JP6520813B2 JP2016092283A JP2016092283A JP6520813B2 JP 6520813 B2 JP6520813 B2 JP 6520813B2 JP 2016092283 A JP2016092283 A JP 2016092283A JP 2016092283 A JP2016092283 A JP 2016092283A JP 6520813 B2 JP6520813 B2 JP 6520813B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
setting information
unit
external device
connection
information
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2016092283A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2017112586A (ja
Inventor
須山 明彦
明彦 須山
和也 虫壁
和也 虫壁
啓介 塚田
啓介 塚田
Original Assignee
ヤマハ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2015243321 priority Critical
Priority to JP2015243321 priority
Application filed by ヤマハ株式会社 filed Critical ヤマハ株式会社
Priority claimed from PCT/JP2016/086851 external-priority patent/WO2017104594A1/ja
Publication of JP2017112586A publication Critical patent/JP2017112586A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6520813B2 publication Critical patent/JP6520813B2/ja
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W40/00Communication routing or communication path finding
    • H04W40/24Connectivity information management, e.g. connectivity discovery or connectivity update
    • H04W40/246Connectivity information discovery
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W76/00Connection management
    • H04W76/10Connection setup
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W48/00Access restriction; Network selection; Access point selection
    • H04W48/16Discovering, processing access restriction or access information
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W76/00Connection management
    • H04W76/10Connection setup
    • H04W76/15Setup of multiple wireless link connections
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W92/00Interfaces specially adapted for wireless communication networks
    • H04W92/16Interfaces between hierarchically similar devices
    • H04W92/18Interfaces between hierarchically similar devices between terminal devices
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W84/00Network topologies
    • H04W84/02Hierarchically pre-organised networks, e.g. paging networks, cellular networks, WLAN [Wireless Local Area Network] or WLL [Wireless Local Loop]
    • H04W84/10Small scale networks; Flat hierarchical networks
    • H04W84/12WLAN [Wireless Local Area Networks]

Description

本発明は、無線ネットワークに接続された外部装置を操作する情報処理装置及びネットワーク接続システムに関する。

特許文献1には、無線LAN(Local Area Network)を用いたネットワークオーディオシステムが開示されている。特許文献1に記載のオーディオシステムは、音データを記憶した記憶装置及びプレーヤ等が無線LAN(又は有線LAN)を介して接続され、音データの送受信を行う構成になっている。

特開2007−158854号公報

無線LANに接続された各機器は、所定の情報を共有することができる。しかしながら、無線LANに接続されない機器に、同じデータを共有させたい場合、その機器を無線LANに新たに接続し、ネットワークを介して共有させたいデータを送信する必要がある。

そこで、本発明の目的は、無線ネットワークに接続された外部装置と、無線ネットワークに未接続の外部装置とで、情報を共有させることができる情報処理装置、及び、それを備えたネットワーク接続システムを提供することにある。

本発明に係る情報処理装置は、無線ネットワークとの接続が確立している第1外部装置と通信する第1通信部と、前記第1通信部を介して、前記第1外部装置が記憶する設定情報を、前記第1外部装置から受信する設定情報受信部と、前記無線ネットワークとの接続が未確立の第2外部装置と通信する第2通信部と、前記第2通信部を介して、前記設定情報受信部が受信した前記設定情報を、前記第2外部装置へ送信する送信部と、を備えることを特徴とする。

この構成では、第2外部装置が無線ネットワークに接続されていない場合であっても、第2外部装置を無線ネットワークに接続することなく、第1外部装置の設定情報を第2外部装置に送信できる。これにより、第1外部装置と第2外部装置とで設定情報を共有させることができる。

前記設定情報は、前記第1外部装置が、前記無線ネットワーク内のアクセスポイントとの接続を確立するための接続情報であり、前記送信部は、前記設定情報受信部が前記第1外部装置から取得した前記接続情報を、前記第2外部装置に送信する、ことを特徴とする。

この構成では、第1外部装置が保有する接続情報を第2外部装置へ送信し、第2外部装置がその接続情報を反映させると、第2外部装置は無線ネットワークのアクセスポイントに接続可能となる。これにより、ユーザが、第2外部装置に接続情報を手動で登録する操作を行わなくても、第2外部装置を無線ネットワークのアクセスポイントに接続させることができる。

また、情報処理装置は、前記第2外部装置が認識している前記無線ネットワーク内のアクセスポイントを複数取得するアクセスポイント取得部と、前記アクセスポイント取得部が取得した複数のアクセスポイントを表示する表示部と、前記表示部により表示された複数のアクセスポイントから、一のアクセスポイントを選択する選択部と、前記設定情報受信部は、前記選択部が選択するアクセスポイントに対応する接続情報を前記第1外部装置から取得する、ことを特徴とする。

この構成では、第2外部装置が接続可能なアクセスポイントが複数ある場合、一のアクセスポイントを選択することで、選択したアクセスポイントに第2外部装置を簡単に接続できる。アクセスポイントを選択する場合、無線の電波強度に応じて自動で選択してもよいし、接続情報にあるものと同じもの(同じSSID)があれば、該SSIDを自動で選択してもよいし、ユーザが手動で選択してもよい。

本発明によれば、無線ネットワークに未接続の第2外部装置に、無線ネットワークに接続された第1外部装置の設定情報を共有させることができる。

実施形態に係るオーディオシステムの構成を示す図 図2(A)は、コンテンツ記憶装置の構成を示すブロック図であり、図2(B)は、コンテンツ再生装置の構成を示すブロック図である。 ネットワーク接続情報を説明する図 携帯端末の構成を示すブロック図 コンテンツ記憶装置を新規追加する際の接続設定方法を説明するための図 携帯端末で接続設定を行う際に、表示部に表示される表示画像を説明する図 携帯端末がネットワーク接続情報を取得する際の処理を示すフローチャート 携帯端末がコンテンツ記憶装置に対し接続を設定する際の処理を示すフローチャート

図1は、本実施形態に係るオーディオシステム1の構成を示す図である。オーディオシステム1は、本発明に係る「ネットワーク接続システム」に相当する。

オーディオシステム1は、建物内に配線された有線LAN100に接続された無線アクセスポイント(以下、無線APという)2A,2B、スピーカ3及びプレーヤ4等を備えている。有線LAN100に接続される無線AP2A,2B等の各機器は、建物内の居間又は寝室等、複数の部屋に配置される。

無線AP2A,2Bは無線LAN101,102を構築する。無線AP2A,2Bには、コンテンツ記憶装置10A,10B、ユーザが所有する携帯端末20、及びスピーカ30A,30B等が接続される。図1では、無線AP2Aには、携帯端末20、コンテンツ記憶装置10A及びスピーカ30Aが接続され、無線AP2Bには、コンテンツ記憶装置10B及びスピーカ30Bが接続されている状態を示す。なお、有線LAN100に接続される無線APの数は1つであってもよいし、3つ以上であってもよい。

コンテンツ記憶装置10A,10Bは、音楽データ又は映像データ等を含むコンテンツデータを記憶する。コンテンツ記憶装置10A,10Bは、そのコンテンツデータを、コンテンツ再生装置であるスピーカ30A,30B、スピーカ3又はプレーヤ4等へ配信する。配信されたコンテンツデータは、配信先の機器により再生される。また、コンテンツ記憶装置10A,10Bがスピーカを備え、コンテンツ記憶装置10A,10Bからコンテンツデータを出力するようにしてもよい。コンテンツ記憶装置10A,10B、スピーカ30A,30B,スピーカ3又はプレーヤ4は、本発明に係る「第1外部装置」に相当する。

図2(A)は、コンテンツ記憶装置10A,10Bの構成を示すブロック図である。なお、コンテンツ記憶装置10Aとコンテンツ再生装置10Bは、同じ構成を有するものとして、図2(A)では、代表してコンテンツ記憶装置10Aを示す。ただし、コンテンツ記憶装置10A及びコンテンツ記憶装置10Bは、異なる構成であってもよい。図2(B)は、コンテンツ再生装置40の構成を示すブロック図である。コンテンツ再生装置40は、スピーカ30A、スピーカ30B、スピーカ3、又はプレーヤ4に相当する。スピーカ30A、スピーカ30B、スピーカ3、及びプレーヤ4は、全て同じ構成を有するものとして、図2(B)では、コンテンツ再生装置40として説明する。ただし、スピーカ30A、30B、スピーカ3、又はプレーヤ4は、異なる構成を有していてもよい。

コンテンツ記憶装置10A,10Bは、CPU(Central Processing Unit)11と、メモリ12と、通信部13と、電源ボタン14と、記憶部15とを備えている。通信部13は、Wi−Fi(登録商標)規格及びBluetooth(登録商標)規格等の無線信号を入出力する。この通信部13により、コンテンツ記憶装置10A,10Bは、無線AP2A,2B及び携帯端末20との通信がそれぞれ可能となる。電源ボタン14は、コンテンツ記憶装置10A,10Bの電源をオンオフするボタンである。

メモリ12は、RAM(Random Access Memory)及びROM(Read Only Memory)である。メモリ12は、CPU11が実行するプログラム、演算処理結果、及び通信部13が受信するデータ等を記憶する。

CPU11は、メモリ12からプログラムを読み出し、読み出したプログラムを実行する。本発明に係る「設定情報第1送信部」は、CPU11がメモリ12に記憶されるプログラムを実行することで実現される。

記憶部15は、例えばHDD(Hard Disk Drive)又はSSD(Solid State Drive)等である。記憶部15は、コンテンツデータ及びネットワーク接続情報等を記憶する。記憶部15は、本発明に係る「設定情報記憶部」に相当する。

図2(B)に示すように、コンテンツ再生装置40は、CPU(Central Processing Unit)41と、メモリ42と、通信部43と、電源ボタン44と、記憶部45と、再生部46とを備えている。通信部43は、Wi−Fi(登録商標)規格及びBluetooth(登録商標)規格等の無線信号を入出力する。この通信部43により、コンテンツ再生装置40は、無線AP2A,2B及び携帯端末20との通信がそれぞれ可能となる。電源ボタン44は、コンテンツ再生装置40の電源をオンオフするボタンである。

メモリ42は、RAM(Random Access Memory)及びROM(Read Only Memory)である。メモリ42は、CPU41が実行するプログラム、演算処理結果、及び通信部13が受信するデータ等を記憶する。

CPU41は、メモリ42からプログラムを読み出し、読み出したプログラムを実行する。「設定情報第1送信部」は、CPU41がメモリ42に記憶されるプログラムを実行することで実現される。

記憶部45は、例えばHDD(Hard Disk Drive)又はSSD(Solid State Drive)等である。記憶部45は、コンテンツデータ及びネットワーク接続情報等(設定情報)を記憶する。記憶部45は、本発明に係る「設定情報記憶部」に相当する。

再生部46は、配信されたコンテンツデータを再生する。

図3は、ネットワーク接続情報を説明する図である。

無線AP2A,2Bは、それぞれ固有のネットワーク名(SSID)、WEPキー等の暗号化キー等を保有している。接続対象の無線AP2A,2Bのネットワーク名と暗号化キーとがコンテンツ記憶装置10A,10Bに登録されると、コンテンツ記憶装置10A,10Bと無線AP2A,2Bとの接続が確立される。

ネットワーク接続情報は、コンテンツ記憶装置10A,10Bに既に登録されている無線AP2A,2Bのネットワーク名(SSID)、暗号化キー、及び暗号タイプ(WEP、WPA、あるいはWPA2等)が対応付けられた情報である。ただし、暗号タイプは、必須ではない。コンテンツ記憶装置10A,10Bは、電源がオフされるなどによって無線AP2A,2Bとの接続が遮断した場合、暗号化キーが再設定されなくても、記憶されたネットワーク接続情報に基づき、無線AP2A,2Bに再接続する。

オーディオシステム1内にあるコンテンツ記憶装置10A,10Bは、同じ内容のネットワーク接続情報を記憶する。例えば、接続するAPが変更される等して、コンテンツ記憶装置10Aが記憶するネットワーク接続情報が更新されると、コンテンツ記憶装置10Aは、更新されたネットワーク接続情報をコンテンツ記憶装置10Bへ送信する。コンテンツ記憶装置10Bは、自身が記憶するネットワーク接続情報を更新する。これにより、コンテンツ記憶装置10A,10Bそれぞれは、同じ内容のネットワーク接続情報を共有する。複数のコンテンツ再生装置(又はコンテンツ記憶装置)がある場合は、各コンテンツ再生装置は、全装置に対してお互いにネットワーク接続情報を送信し、共有する。

なお、オーディオシステム1は、有線LAN100に直接接続されたコンテンツ記憶装置を備えていてもよい。この場合であっても、そのコンテンツ記憶装置は、コンテンツ記憶装置10A,10Bが記憶するネットワーク接続情報と同じものを記憶する。

携帯端末20は、スマートフォン、タブレット又はパソコン等である。携帯端末20は、本発明に係る「情報処理装置」に相当する。携帯端末20は、同じ無線LAN101,102内にあるスピーカ30A又はコンテンツ記憶装置10Aを操作する。また、携帯端末20は、無線AP2Aを介して、他の機器、スピーカ30B、コンテンツ記憶装置10B、スピーカ3又はプレーヤ4を操作する。

図4は、携帯端末20の構成を示すブロック図である。

携帯端末20は、CPU21と、メモリ22と、通信部23と、受付部24と、表示部25とを備えている。通信部23は、Wi−Fi(登録商標)規格、Bluetooth(登録商標)規格等の無線信号を入出力する。この通信部23により、携帯端末20は、無線AP2A,2B及びコンテンツ記憶装置10A,10Bとの通信が可能となる。通信部23は、本発明に係る「第1通信部」及び「第2通信部」に相当する。受付部24は、ユーザによる操作を受け付ける。受付部24は、操作ボタンであってもよいし、タッチパネルであってもよい。受付部24は、本発明に係る「選択部」に相当する。表示部25は、各機器の操作画面等を表示する。

メモリ22は、RAM及びROMである。メモリ22は、CPU21が実行するプログラム、演算処理結果、及び通信部23が受信する情報等を記憶する。

CPU21は、メモリ22からプログラムを読み出し、読み出したプログラムを実行する。本発明に係る「設定情報受信部」、「送信部」、「アクセスポイント取得部」、「接続情報取得部」及び「設定情報第2送信部」は、CPU21がメモリ22に記憶されるプログラムを実行することで実現される。

この携帯端末20は、有線LAN100及び無線LAN101,102の何れにも接続されていないコンテンツ再生装置40(図1参照)を操作できる。例えばコンテンツ再生装置40を新規に購入し、オーディオシステム1に追加する場合、コンテンツ再生装置40を有線LAN100又は無線LAN101,102に接続する必要がある。特に、無線LAN101,102に接続する場合には、コンテンツ再生装置40に、無線AP2A,2Bのネットワーク名(SSID)及びWEPキー等の暗号化キーを登録する必要がある。本実施形態では、ユーザは、携帯端末20から、コンテンツ再生装置40にネットワーク接続情報を登録し、コンテンツ再生装置40と無線AP2A(又は無線AP2B)との接続を確立させることができる。コンテンツ再生装置40は、本発明に係る「第2外部装置」に相当する。

以下、コンテンツ再生装置40の接続設定方法について説明する。なお、新たに追加するコンテンツ再生装置40は、スピーカ30Aと同じ構成(図2(B)参照)であるものとし、図2(B)に示す符号を用いてコンテンツ再生装置40を説明する。

図5は、コンテンツ再生装置40を新規追加する際の接続設定方法を説明するための図である。図6は、携帯端末20で接続設定を行う際に、表示部25に表示される表示画像を説明する図である。

例えば、携帯端末20には専用のアプリケーションがインストールされている。ユーザは、そのアプリケーションを起動することで、コンテンツ再生装置40の接続設定を行える。アプリケーションの接続設定機能を選択すると、携帯端末20の表示部25には、「Setup」ボタンが選択可能に表示される(図6(1))。

「Setup」ボタンが選択されると、ユーザに、コンテンツ再生装置40の電源ボタン(又は装置本体に設けられた設定開始ボタン)を押すよう促すメッセージが表示される(図6(2))。このとき、携帯端末20は、図5(A)に示すように、無線AP2Aを介して、コンテンツ記憶装置10Aからネットワーク接続情報を取得する。なお、ここでは、携帯端末20は、表示部25に図6(2)に示した表示を行うとともにネットワーク接続情報を取得する例を示したが、当該表示とは別に、ネットワーク接続情報を取得してもよい。例えば、携帯端末20は、接続を開始する時にネットワーク接続情報を取得する。

なお、例えばコンテンツ記憶装置10Aの電源がオフされていて、携帯端末20がコンテンツ記憶装置10Aと通信できない状況の場合、図5(A’)に示すように、携帯端末20は、コンテンツ記憶装置10Bからネットワーク接続情報を取得するようにしてもよい。前記のように、コンテンツ記憶装置10A、コンテンツ記憶装置10B、スピーカ30A、及びスピーカ30Bは同じ内容のネットワーク接続情報を記憶している。このため、携帯端末20は、コンテンツ記憶装置10Aとの通信ができない状況でも、コンテンツ記憶装置10B、スピーカ30A、又はスピーカ30Bからでも同じ内容のネットワーク接続情報を取得できる。なお、仮に全て装置が同じネットワーク接続情報を共有していない場合でも、携帯端末20は、複数の装置、もしくはすべての装置からネットワーク接続情報を取得し、目的の無線APに関するネットワーク接続情報を取得してもよい。

また、有線LAN100に直接接続されたコンテンツ記憶装置がある場合、携帯端末20は、そのコンテンツ記憶装置からネットワーク接続情報を取得するようにしてもよい。この場合、コンテンツ記憶装置10A,10Bと無線AP2A,2Bとの無線接続が不安定なとき、携帯端末20は、より確実にネットワーク接続情報を取得できる。

ユーザによりコンテンツ再生装置40の電源ボタン(又は設定開始ボタン)が押されると、携帯端末20とコンテンツ再生装置40との通信が開始される。このときの通信は無線AP2Aを介した通信ではなく、Wi-Fi(登録商標)又はBluetooth(登録商標)等で、携帯端末20とコンテンツ再生装置40とが直接データを送受信する(コンテンツ再生装置40が一時的にAPとなる)通信である(ただし、特定のSSIDのAPがある場合、該APに優先的に接続される態様でも良い)。そして、図5(B)に示すように、携帯端末20は、コンテンツ再生装置40が接続可能なアクセスポイントの情報(以下、AP情報という)を取得する。AP情報とは、コンテンツ再生装置40へ電波が届き、コンテンツ再生装置40が認識している全てのSSID、電波強度、および暗号タイプである。

携帯端末20は、コンテンツ再生装置40から取得したAP情報を選択可能に表示する(図6(3))。ユーザにより、表示されたAP情報が選択されると、携帯端末20は、取得したネットワーク接続情報から、選択されたAP情報に対応するネットワーク接続情報をコンテンツ再生装置40へ送信する。なお、既に取得したAP情報と同じSSIDがあれば該SSIDを自動で選択する態様であってもよい。

コンテンツ再生装置40で、携帯端末20から送信されたネットワーク接続情報が登録(反映)されると、コンテンツ再生装置40と無線AP2A(又は無線AP2B)との接続が確立する。端末20は、コンテンツ再生装置40に接続された状態から、元のAP2Aに接続された状態に戻り、該AP2Aを介してコンテンツ再生装置40との通信が成功した時点で、表示部25に接続が確立した内容のメッセージを表示する(図6(4))。コンテンツ再生装置40は、無線AP2Aとの接続が確立すると端末20との接続を解除する。あるいは、携帯端末20は、コンテンツ記憶再生装置40との接続を自ら解除してもよい。

なお、選択されたAP情報がネットワーク接続情報に記憶されていない場合には、携帯端末20は、エラーを表示するようにしてもよい。また、携帯端末20は、コンテンツ再生装置40から取得したAP情報の中から電波強度が強いAP情報、又は特定の名称のAP情報(例えば事前に取得した設定情報と同じSSID)を自動で選択するようにしてもよい。この場合、携帯端末20は、図6(3)の画面を表示することなく、図6(2)の画面から図6(4)の画面へと変えるようにしてもよい。

以下に、コンテンツ再生装置40を新規追加する際のオーディオシステム1の処理について説明する。

図7は、携帯端末20がネットワーク接続情報を取得する際の処理を示すフローチャートである。

携帯端末20のCPU21は、コンテンツ記憶装置10A(又はコンテンツ記憶装置10B)に対し、ネットワーク接続情報の送信を要求する(S1)。コンテンツ記憶装置10A(又はコンテンツ記憶装置10B)のCPU11は、その要求を受け付けると、記憶部15に記憶されたネットワーク接続情報を、携帯端末20へ送信する(S2)。

携帯端末20のCPU21は、コンテンツ記憶装置10A(又はコンテンツ記憶装置10B)から受信したネットワーク接続情報を、メモリ22に記憶する(S3)。

なお、図7に示す処理を実行するタイミングは、携帯端末20が、図6(1)の画面を表示するタイミングであってもよいし、図6(2)の画面を表示するタイミングであってもよい。すなわち、装置40に接続されてAPとの接続から切り離される以前(ネットワークに接続している時点)であれば、いつでもよい。

図8は、携帯端末20がコンテンツ再生装置40に対し接続を設定する際の処理を示すフローチャートである。

図8の左列、携帯端末20のCPU21は、図6(1)、(2)に示す設定画面を表示する(S11)。そして、CPU21は、コンテンツ再生装置40と接続したか否かを判定する(S12)。コンテンツ再生装置40に特定操作(例えば設定開始ボタンの押下)がなされ、ネットワークへの接続が要求されることで、コンテンツ再生装置40は、自身を、特定のSSIDのAPとする。これにより、携帯端末20は、コンテンツ再生装置40に接続可能となる。コンテンツ再生装置40に接続していない場合(S12:NO)、CPU21は、S12の処理を再実行する。このとき、CPU21は、図6(2)で説明した、コンテンツ再生装置40に測定の操作を行う(例えば設定開始ボタンを押す)ようユーザに促すメッセージを表示し続けてもよいし、別のエラー画面を表示してもよい。

コンテンツ再生装置40に接続した場合(S12:YES)、CPU21は、コンテンツ再生装置40が接続可能なAP情報を、コンテンツ再生装置40から取得したか否かを判定する(S13)。

AP情報を取得していない場合(S13:NO)、CPU21は、S13の処理を再実行する。AP情報を取得した場合(S13:YES)、CPU21は、図6(3)に示すように、取得したAP情報を選択可能に表示する(S14)。

CPU21は、表示したAP情報の何れかがユーザにより選択されたか否かを判定する(S15)。AP情報が選択されていない場合(S15:NO)、CPU21は、S15の処理を再実行する。なお、携帯端末20は、電波強度の一番強いAP情報を自動で選択してもよい。AP情報が選択された場合(S15:YES)、CPU21は、図7の処理で取得し、メモリ22に記憶したネットワーク接続情報から、選択されたAP情報に対応するネットワーク接続情報を、コンテンツ再生装置40へ送信する(S16)。送信されたネットワーク接続情報は、コンテンツ再生装置40で設定に反映される。これにより、コンテンツ再生装置40と無線AP2A(又は無線AP2B)との接続が確立する。

その後、CPU21は、コンテンツ再生装置40との接続を解除するか、又は解除されることで(S17)、本処理を終了する。

図8の右列に移り、コンテンツ再生装置40のCPU11は、ユーザにより特定の操作がなされると、初期処理を開始する(S21)。この初期処理が実行されることで、コンテンツ再生装置40は、携帯端末20との通信が可能な状態となる。なお、自身が特定のSSIDのAPとなる例を示したが、例えばBluetooth(登録商標)などにより、携帯端末20と接続する態様であってもよい。CPU11は、携帯端末20と接続したか否かを判定する(S22)。

携帯端末20と接続していない場合(S22;NO)、CPU11は、S22の処理を再実行する。もしくは、CPU11は、一定時間成功しない場合はエラー終了してもよい。携帯端末20と接続した場合(S22;YES)、CPU11は、コンテンツ再生装置40が接続可能なアクセスポイントの情報をAP情報として、携帯端末20へ送信する(S23)。

CPU11は、携帯端末20から、ネットワーク接続情報を受信したか否かを判定する(S24)。受信していない場合(S24:NO)、CPU11は、S24の処理を再実行する。受信した場合(S24:YES)、CPU11は、受信したネットワーク接続情報を設定に反映させて(S25)、無線AP2A(又は無線AP2B)との接続を確立する。CPU11は、接続を確立した時点で、端末20との接続を解除してもよい。

以上説明したように、本実施形態に係るオーディオシステム1では、既に無線LAN101,102に接続されたコンテンツ記憶装置10A、コンテンツ記憶装置10B、スピーカ30A、又はスピーカ30Bの最新のネットワーク接続情報を、コンテンツ再生装置40をネットワークに加える際に、事前に取得して反映させることで、コンテンツ再生装置40を簡単かつ確実にオーディオシステム1に追加することができる。

1…オーディオシステム
2A,2B…無線アクセスポイント
3…スピーカ
4…プレーヤ
10A,10B…コンテンツ記憶装置
11…CPU
12…メモリ
13…通信部
14…電源ボタン
15…記憶部
20…携帯端末
21…CPU
22…メモリ
23…通信部
24…受付部
25…表示部
30A,30B…スピーカ
40…コンテンツ記憶装置
100…有線LAN
101,102…無線LAN

Claims (4)

  1. 無線ネットワークとの接続が確立している第1外部装置と通信する第1通信部と、
    前記第1通信部を介して、前記第1外部装置が記憶する設定情報を、前記第1外部装置から受信する設定情報受信部と、
    前記無線ネットワークとの接続が未確立の第2外部装置と通信する第2通信部と、
    前記第2通信部を介して、前記設定情報受信部が受信した前記設定情報を、前記第2外部装置へ送信する送信部と、
    を備え
    前記設定情報は、前記第1外部装置が、前記無線ネットワーク内のアクセスポイントとの接続を確立するための接続情報であり、
    前記送信部は、前記設定情報受信部が前記第1外部装置から取得した前記接続情報を、前記第2外部装置に送信し、
    前記第2外部装置が認識している前記無線ネットワーク内のアクセスポイントを複数取得するアクセスポイント取得部と、
    前記アクセスポイント取得部が取得した複数のアクセスポイントを表示する表示部と、
    前記表示部により表示された複数のアクセスポイントから、一のアクセスポイントを選択する選択部と、を備え、
    前記設定情報受信部は、前記選択部が選択するアクセスポイントに対応する接続情報を前記第1外部装置から取得する、
    情報処理装置。
  2. 無線ネットワークとの接続が確立している第1外部装置と、
    前記第1外部装置と通信する情報処理装置と、
    前記無線ネットワークとの接続が未確立の第2外部装置と、
    を備え、
    前記第1外部装置は、
    設定情報を記憶する設定情報記憶部と、
    前記設定情報記憶部が記憶する前記設定情報を、前記情報処理装置へ送信する設定情報第1送信部と、
    を有し、
    前記情報処理装置は、
    前記設定情報第1送信部が送信する前記設定情報を受信する設定情報受信部と、
    前記第2外部装置と通信する通信部と、
    前記設定情報受信部が受信する前記設定情報を、前記第2外部装置へ送信する設定情報第2送信部と、
    を有し、
    前記設定情報は、前記第1外部装置が、前記無線ネットワーク内の特定機器との接続を確立するための接続情報であり、
    前記情報処理装置は、
    前記第2外部装置が認識している前記無線ネットワーク内のアクセスポイントを取得するアクセスポイント取得部と、
    前記設定情報受信部が受信した接続情報の中から、前記アクセスポイント取得部が取得するアクセスポイントに対応する接続情報を取得する接続情報取得部と、
    をさらに備え、
    前記設定情報第2送信部は、
    前記接続情報取得部が取得する接続情報を前記第2外部装置に送信し、
    前記情報処理装置は、
    前記アクセスポイント取得部が取得した複数のアクセスポイントを表示する表示部と、
    前記表示部により表示された複数のアクセスポイントから、一のアクセスポイントを選択する選択部と、を備え、
    前記設定情報受信部は、前記選択部が選択するアクセスポイントに対応する接続情報を前記第1外部装置から取得する、
    ネットワーク接続システム。
  3. 前記設定情報受信部は、第2外部装置が接続を開始する時に前記第1外部装置の前記設定情報記憶部に記憶された前記接続情報を取得する、請求項2に記載のネットワーク接続システム。
  4. 無線ネットワークとの接続が確立している第1外部装置と、
    前記第1外部装置と通信する情報処理装置と、
    前記無線ネットワークとの接続が未確立の第2外部装置と、
    を備え、
    前記第1外部装置は、
    設定情報を記憶する設定情報記憶部と、
    前記設定情報記憶部が記憶する前記設定情報を、前記情報処理装置へ送信する設定情報第1送信部と、
    を有し、
    前記情報処理装置は、
    前記設定情報第1送信部が送信する前記設定情報を受信する設定情報受信部と、
    前記第2外部装置と通信する通信部と、
    前記設定情報受信部が受信する前記設定情報を、前記第2外部装置へ送信する設定情報第2送信部と、
    を有し、
    前記設定情報は、前記第1外部装置が、前記無線ネットワーク内の特定機器との接続を確立するための接続情報であり、
    前記情報処理装置は、
    前記第2外部装置が認識している前記無線ネットワーク内のアクセスポイントを取得するアクセスポイント取得部と、
    前記設定情報受信部が受信した接続情報の中から、前記アクセスポイント取得部が取得するアクセスポイントに対応する接続情報を取得する接続情報取得部と、
    をさらに備え、
    前記設定情報第2送信部は、
    前記接続情報取得部が取得する接続情報を前記第2外部装置に送信し、
    前記設定情報受信部は、第2外部装置が接続を開始する時に前記第1外部装置の前記設定情報記憶部に記憶された前記接続情報を取得する、ネットワーク接続システム。
JP2016092283A 2015-12-14 2016-05-02 情報処理装置及びネットワーク接続システム Active JP6520813B2 (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2015243321 2015-12-14
JP2015243321 2015-12-14

Applications Claiming Priority (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
PCT/JP2016/086851 WO2017104594A1 (ja) 2015-12-14 2016-12-12 情報処理装置、ネットワーク接続システム及びネットワーク接続方法
EP16875571.8A EP3393195A4 (en) 2015-12-14 2016-12-12 Information processing device, network connection system and network connection method
CN201680072758.3A CN108370596A (zh) 2015-12-14 2016-12-12 信息处理设备、网络连接系统和网络连接方法
US15/898,360 US20180176969A1 (en) 2015-12-14 2018-02-16 Information Processing Apparatus, Information Processing Method, and Network Connection Method

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2017112586A JP2017112586A (ja) 2017-06-22
JP6520813B2 true JP6520813B2 (ja) 2019-05-29

Family

ID=59081358

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2016092283A Active JP6520813B2 (ja) 2015-12-14 2016-05-02 情報処理装置及びネットワーク接続システム

Country Status (4)

Country Link
US (1) US20180176969A1 (ja)
EP (1) EP3393195A4 (ja)
JP (1) JP6520813B2 (ja)
CN (1) CN108370596A (ja)

Family Cites Families (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005142792A (ja) * 2003-11-06 2005-06-02 Sanyo Electric Co Ltd 接続情報設定方法および無線通信端末
WO2006062034A1 (ja) * 2004-12-08 2006-06-15 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. 携帯端末、管理装置、及び無線lan共用システム
JP5243870B2 (ja) * 2008-07-15 2013-07-24 任天堂株式会社 情報処理システム、情報処理装置、および情報処理プログラム
JP5396863B2 (ja) * 2009-01-07 2014-01-22 ヤマハ株式会社 ワイヤレスネットワークシステム
JP5167322B2 (ja) * 2010-09-08 2013-03-21 株式会社バッファロー データ転送方法および端末
JP2013196511A (ja) * 2012-03-21 2013-09-30 Ricoh Co Ltd ネットワークシステム、機器、サーバ
US9258704B2 (en) * 2012-06-27 2016-02-09 Advanced Messaging Technologies, Inc. Facilitating network login
JP6368989B2 (ja) * 2013-06-11 2018-08-08 ブラザー工業株式会社 通信装置
JP6363937B2 (ja) * 2014-04-03 2018-07-25 キヤノン株式会社 通信装置、その制御方法、通信システム、及びプログラム
JP6520261B2 (ja) * 2015-03-19 2019-05-29 カシオ計算機株式会社 無線通信システム、接続仲介装置、接続仲介方法及びプログラム

Also Published As

Publication number Publication date
EP3393195A4 (en) 2019-05-08
US20180176969A1 (en) 2018-06-21
CN108370596A (zh) 2018-08-03
JP2017112586A (ja) 2017-06-22
EP3393195A1 (en) 2018-10-24

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR101652954B1 (ko) 무선 네트워크에 접속하기 위한 방법, 장치, 프로그램 및 기록매체
US9730257B2 (en) Method and apparatus for establishing device-to-device connection in wireless communication system
US8774144B2 (en) Wireless communication device
US10334508B2 (en) Systems and methods for implementing band service discovery
KR101915314B1 (ko) 휴대단말기에서 WPS(Wi-Fi Protecte d Setup)을 이용한 와이파이 연결 방법 및 장치
KR20160005362A (ko) 무선 액세서리 디바이스 구성
US9106337B2 (en) Terminal apparatus for auto pairing, remote control apparatus and method thereof
EP2405622B1 (en) Device communication
US20140181916A1 (en) Electronic device, personal cloud apparatus, personal cloud system and method for registering personal cloud apparatus in user portal server thereof
US10021180B2 (en) Universal environment extender
US8483744B2 (en) Communication apparatus, communication system, notification method, and program product
US20160295625A1 (en) Method and apparatus for network access
US9223522B2 (en) Wireless communication device configured to perform a response process and a search process
JP5838988B2 (ja) 通信プログラムおよび通信装置
US8768331B2 (en) Communication device and method for controlling communication device
KR20170105545A (ko) 차량 내 무선 통신
KR101630505B1 (ko) 소셜 네트워크를 통해 접속 설정을 공유하는 방법 및 장치
US10117278B2 (en) Method for connection between electronic devices and electronic device thereof
CN104302014A (zh) 连接Wi-Fi热点的方法和装置
US9838515B2 (en) Communication apparatus, control method thereof, and non-transitory computer-readable storage medium
WO2016023293A1 (zh) 多屏输入/输出控制方法、设备、系统及计算机存储介质
US20100260069A1 (en) Wireless communication terminal and connection setup method of wireless network
TWI536855B (zh) 內容分享方法與裝置
US20140104990A1 (en) Electronic apparatus and control method thereof
US9960959B2 (en) Methods and systems for transmitting information between electronic devices

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20180220

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20190129

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20190318

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20190402

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20190415

R151 Written notification of patent or utility model registration

Ref document number: 6520813

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R151