JP6464809B2 - 着脱機構及び画像形成装置 - Google Patents

着脱機構及び画像形成装置 Download PDF

Info

Publication number
JP6464809B2
JP6464809B2 JP2015033696A JP2015033696A JP6464809B2 JP 6464809 B2 JP6464809 B2 JP 6464809B2 JP 2015033696 A JP2015033696 A JP 2015033696A JP 2015033696 A JP2015033696 A JP 2015033696A JP 6464809 B2 JP6464809 B2 JP 6464809B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
portion
support
attachment
lid
detachment mechanism
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2015033696A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2016155269A (ja
Inventor
佳之 原山
佳之 原山
明男 下永
明男 下永
Original Assignee
富士ゼロックス株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 富士ゼロックス株式会社 filed Critical 富士ゼロックス株式会社
Priority to JP2015033696A priority Critical patent/JP6464809B2/ja
Publication of JP2016155269A publication Critical patent/JP2016155269A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6464809B2 publication Critical patent/JP6464809B2/ja
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、着脱機構及び画像形成装置に関する。

電子機器ユニットに備えられたホルダーと、各ホルダーにおいて、弾性部材により第2の位置に付勢されつつ第1の位置と第2の位置との間で移動可能に設けられると共に、第1の位置においてホルダーを閉蓋するカバーとして機能し、第2の位置において電子機器を筐体から引き出す把持部として機能するレバー部材と、各レバー部材に弾性変形可能に形成された第1の係合部と、各ホルダーに形成され、対応する第1の係合部と係合することにより、レバー部材を第1の位置に係止する第2の係合部と、各レバー部材に形成された係止部と、筐体に形成され、レバー部材の第1の位置で前記係止部に係止し、電子機器ユニットが筐体内に装着された際に取り外し方向の移動を規制する規制部材と、ホルダーに操作可能に設けられており、押圧操作されることにより第1の係合部を弾性変形させ、第1の係合部と第2の係合部との係合を解除する操作ボタンと、筐体に設けられ、各操作ボタンの第1、第2の係合部の解除を抑止するロック機構とを設けた電子機器ユニット着脱機構が知られている(特許文献1)。

特開2004−54967号公報

本発明は、装置本体へ離脱可能に装着された電子機器及びその覆い部材の固定の解除を容易に行うことができる着脱機構及び画像形成装置を提供することを目的とする。

前記課題を解決するために、請求項1に記載の着脱機構は、
内部に収容空間を有する支持体と、
前記収容空間に突出部を有し、前記支持体の外側から前記収容空間に設けられた孔部に前記突出部が挿入されることによって前記支持体の外側で前記支持体に係合される取り付け体と、
回転軸、前記回転軸の一端で前記突出部に接触して前記係合を解除する押圧部、前記回転軸の他端で回転操作する操作部を有し、前記支持体に回転可能に取り付けられたレバー部材と、を備えた、
ことを特徴とする。

請求項2記載の発明は、請求項1に記載の着脱機構において、
前記レバー部材が、前記突出部が挿入される前記孔部から離れる方向に付勢する弾性部を有する、
ことを特徴とする。

請求項3記載の発明は、請求項2に記載の着脱機構において、
前記弾性部は、前記レバー部材と同一材料で一体として形成されている、
ことを特徴とする。

請求項4記載の発明は、請求項1ないし3のいずれか1項に記載の着脱機構において、
前記支持体に着脱自在に装着され前記収容空間を開放する開放位置と前記収容空間を閉塞する閉塞位置との間で移動可能な蓋体と、
前記蓋体にスライド可能且つ回転可能に取り付けられ、前記閉塞位置で前記蓋体をロックし、且つ前記開放位置で前記蓋体から外側に突出するように回転操作可能なロック部材と、を備えた、
ことを特徴とする。

請求項5記載の発明は、請求項4に記載の着脱機構において、
前記ロック部材はスライド方向と交差する方向に突出した支持軸を有し、前記蓋体の内側には、前記支持軸を保持する保持部が形成され、前記ロック部材が前記開放位置にスライドする際は、前記支持軸が前記保持部の壁面に当接することにより前記ロック部材のスライド方向の移動が規制されて前記支持軸を回転中心にして回転操作される、
ことを特徴とする。

請求項6記載の発明は、請求項5に記載の着脱機構において、
前記支持軸の一端側に先端部に向けて薄くなるように傾斜したテーパ部が形成され、前記蓋体の内側には前記ロック部材のスライド方向と交差する方向に突出した突起部が設けられ、前記ロック部材が前記閉塞位置にスライドする際に前記テーパ部と前記突起部が当接して前記蓋体が前記支持体に押圧される、
ことを特徴とする。

請求項7記載の発明は、請求項4ないし6のいずれか1項に記載の着脱機構において、
前記蓋体に前記ロック部材を収納する凹部が形成され、前記ロック部材は、前記蓋体をロックする位置で前記凹部を覆い前記蓋体の外面と合わさる外面部を有する、
ことを特徴とする。

請求項8記載の発明は、請求項4ないし7のいずれか1項に記載の着脱機構において、
前記支持体に装着された前記蓋体を、施錠された状態で前記支持体からの離脱を阻止し、開錠された状態で前記支持体からの離脱を可能とする施錠手段を備えた、
ことを特徴とする。

請求項9記載の発明は、請求項7に記載の着脱機構において、
前記施錠手段はケンジントンロックである、
ことを特徴とする。

前記課題を解決するために、請求項10に記載の画像形成装置は、
記録媒体を収容して送り出す給紙手段と、
像保持体とトナー像を形成する現像装置を含んでトナー像が形成される像形成ユニットと、
前記トナー像を前記記録媒体に転写する転写手段と、
前記転写手段によって前記記録媒体に転写された画像を定着させる定着手段と、
請求項1ないし9のいずれか1項に記載の着脱機構に収容された制御装置と、を含む、
ことを特徴とする。

請求項1ないし3に記載の発明によれば、外側から容易にアクセスできない内側領域の結合を容易に解除することができる。
請求項4及び5に記載の発明によれば、工具を用いることなく覆い部材の固定の解除を容易に行うことができる。
請求項6に記載の発明によれば、蓋体と支持体を密着させることができる。
請求項7に記載の発明によれば、スペースの増加を抑制することができる。
請求項8及び9に記載の発明によれば、盗難を防止することができる。
請求項10に記載の発明によれば、装置本体の外側へ離脱可能に装着された電子機器及びその覆い部材の固定の解除を容易に行うことができる。

画像形成装置1の内部構成を示す断面模式図である。 着脱装置100が取り付けられた筐体Fの斜視図である。 (a)は無線通信装置150の装着状態を示す斜視図、(b)は横断面模式図である。 (a)はレバー部材120の斜視図、(b)は平面図、(c)は正面図である。 (a)はレバー部材120がスナップフィット結合から離れた位置に付勢された状態を示す支持体内部の模式図、(b)はレバー部材120がスナップフィット結合から離れた位置に付勢された状態を示す斜視図である。 (a)はレバー部材120がスナップフィット結合に接触した状態を示す支持体内部の模式図、(b)はレバー部材120がスナップフィット結合に接触した状態を示す支持体内部の斜視図である。 (a)は蓋体130がロック部材140でロックされた状態を示す斜視図、(b)(a)は蓋体130がロック部材140のロックが解除されて移動可能になった状態を示す斜視図である。 (a)はロック部材140の斜視図、(b)は正面図、(c)は平面図である。である。 (a)は蓋体130がロック部材140でロックされた状態を示す横断面図、(b)は蓋体130がロック部材140のロックが解除された状態を示す横断面図、(c)は蓋体130がロック部材140のロックが解除されて移動可能になった状態を示す横断面図である。

次に図面を参照しながら、以下に実施形態及び具体例を挙げ、本発明を更に詳細に説明するが、本発明はこれらの実施形態及び具体例に限定されるものではない。
また、以下の図面を使用した説明において、図面は模式的なものであり、各寸法の比率等は現実のものとは異なることに留意すべきであり、理解の容易のために説明に必要な部材以外の図示は適宜省略されている。

(1)画像形成装置の全体構成及び動作
図1は本実施形態に係る画像形成装置1の内部構成を示す断面模式図である。
以下、図面を参照しながら、画像形成装置1の全体構成及び動作を説明する。

画像形成装置1は、制御装置10、給紙装置20、感光体ユニット30、現像ユニット40、転写装置50、定着装置60を備えて構成されている。画像形成装置1の上面(Z方向)には、画像が記録された用紙Pが排出・収容される排出トレイ1aが形成されている。

制御装置10は、支持体110の内部に収容され、画像形成装置1の動作を制御する画像形成装置制御部11と、印刷処理要求に応じた画像データを準備するコントローラ部12、露光装置LHの点灯を制御する露光制御部13等を有する。
制御装置10には、無線通信装置150が支持体110の内側でスナップフィットにより外部に離脱可能に装着されている。

コントローラ部12は、外部の情報送信装置(例えばパーソナルコンピュータ等)から入力された印刷情報を潜像形成用の画像情報に変換して予め設定されたタイミングで、駆動信号を露光装置LHに出力する。本実施形態の露光装置LHは、複数の発光素子(LED:Light Emitting Diode)が主走査方向に沿って線状に配列されたLEDヘッドにより構成されている。

画像形成装置1の底部には、給紙装置20が設けられている。給紙装置20は、用紙積載板21を備え、用紙積載板21の上面には多数の記録媒体としての用紙Pが積載される。用紙積載板21に積載され、規制板(不図示)で幅方向位置が決められた用紙Pは、上側から1枚ずつ用紙引き出し部22により横方向(X方向)に引き出された後、レジストローラ対23のニップ部まで搬送される。
給紙装置20の上方には、第2給紙装置20Aが設けられている。第2給紙装置20Aは、用紙搬送路27を介して、用紙引き出し部25により引き出された用紙Pをレジストローラ対23のニップ部まで搬送する。

感光体ユニット30は、給紙装置20の上方(Z方向)に、それぞれが並列して設けられ、回転駆動する像保持体としての感光体ドラム31を備えている。感光体ドラム31の回転方向にそって、帯電ローラ32、露光装置LH、現像ユニット40、一次転写ローラ52、クリーニングブレード34が配置されている。帯電ローラ32には、帯電ローラ32の表面をクリーニングするクリーニングローラ33が対向、接触して配置されている。

現像ユニット40は、内部に現像剤が収容される現像ハウジング41を有する。現像ハウジング41内には、感光体ドラム31に対向して配置された現像ローラ42と、この現像ローラ42の背面側斜め下方には現像剤を現像ローラ42側へ撹拌搬送する一対のオーガ44、45が配設されている。現像ローラ42には、現像剤の層厚を規制する層規制部材46が近接配置されている。
現像ユニット40各々は、現像ハウジング41に収容される現像剤を除いて同様に構成され、それぞれがイエロー(Y)、マゼンタ(M)、シアン(C)、黒(K)のトナー像を形成する。

回転する感光体ドラム31の表面は、帯電ローラ32により帯電され、露光装置LHから出射する潜像形成光により静電潜像が形成される。感光体ドラム31上に形成された静電潜像は現像ローラ42によりトナー像として現像される。

転写装置50は、各感光体ユニット30の感光体ドラム31にて形成された各色トナー像が多重転写される中間転写ベルト51、各感光体ユニット30にて形成された各色トナー像を中間転写ベルト51に順次転写(一次転写)する一次転写ローラ52、中間転写ベルト51上に重畳して転写された各色トナー像を用紙Pに一括転写(二次転写)する二次転写ローラ53から構成されている。

各感光体ユニット30の感光体ドラム31に形成された各色トナー像は、画像形成装置制御部11により制御された所定の転写電圧が印加された一次転写ローラ52により中間転写ベルト51上に順次静電転写(一次転写)され、各色トナーが重畳された重畳トナー像が形成される。

中間転写ベルト51上の重畳トナー像は、中間転写ベルト51の移動に伴って二次転写ローラ53が配置された領域(二次転写部T)に搬送される。重畳トナー像が二次転写部Tに搬送されると、そのタイミングに合わせて給紙装置20から用紙Pが二次転写部Tに供給される。そして、二次転写ローラ53には、所定の転写電圧が印加され、レジストローラ対23から送り出され、搬送ガイドにより案内された用紙Pに中間転写ベルト51上の多重トナー像が一括転写される。

感光体ドラム31表面の残留トナーは、クリーニングブレード34により除去され、廃現像剤収容部に回収される。感光体ドラム31の表面は、帯電ローラ32により再帯電される。尚、クリーニングブレード34で除去しきれず帯電ローラ32に付着した残留物は、帯電ローラ32に接触して回転するクリーニングローラ33表面に捕捉され、蓄積される。

定着装置60は、加熱モジュール61と加圧モジュール62を有し、加熱モジュール61と加圧モジュール62の圧接領域によって定着ニップ部N(定着領域)が形成される。

転写装置50においてトナー像が転写された用紙Pは、トナー像が未定着の状態で搬送ガイドを経由して定着装置60に搬送される。定着装置60に搬送された用紙Pは、一対の加熱モジュール61と加圧モジュール62により、圧着と加熱の作用でトナー像が定着される。
定着トナー像が形成された用紙Pは、搬送ローラ対68を介して排出ローラ対69から画像形成装置1上面の排出トレイ1aに排出される。

(2)取り付け体の着脱機構
図2は制御装置10が取り付けられた筐体Fの斜視図、図3(a)は無線通信装置150の装着状態を示す斜視図、(b)は横断面模式図、図4(a)はレバー部材120の斜視図、(b)は正面図、(c)は平面図、図5(a)はレバー部材120がスナップフィット結合から離れた位置に付勢された状態を示す支持体内部の模式図、(b)はレバー部材120がスナップフィット結合から離れた位置に付勢された状態を示す斜視図、図6(a)はレバー部材120がスナップフィット結合に接触した状態を示す支持体内部の模式図、(b)はレバー部材120がスナップフィット結合に接触した状態を示す支持体内部の斜視図である。
以下、図面を参照しながら取り付け体の着脱機構について説明する。

(2.1)全体構成
図2に示すように、制御装置10は、支持体110に収容されて、装置本体の筐体Fの一面側に固定配置されている。
支持体110は一面側が開口した収容部Sを有し、収容部Sに制御装置10を収容した状態で、開口部110aは、遮蔽板111とロック部材140を有する蓋体130で覆われて遮蔽されている。

支持体110の外面110bの一端には、取り付け体の一例として無線通信装置150が外部に離脱可能に装着されている。
図3に示すように無線通信装置150は取り付け面150a側に突出した弾性変形可能(図3(b)中 矢印参照)な係合部151を有し、係合部151には爪部151aが形成されている。
支持体110には、係合部151が挿入される係合孔112が形成され、無線通信装置150は支持体110の外側から装着されてスナップフィットにより固定されている。

このように、取り付け体としての無線通信装置150は、支持体110の内側となる収容部S内でスナップフィット結合され、支持体110の開口部110aは、ネジ止めされて固定された遮蔽板111と、ロック部材140を有する着脱可能な蓋体130で覆われているために、外部からは離脱することができない状態で装着されている。

(2.2)取り付け体の着脱機構
レバー部材120は、図4に示すように、回転軸122を有する本体部121の一端側には無線通信装置150の爪部151aに接触してスナップフィット結合を解除する押圧部123を有し、本体部121の他端側には回転操作する操作部124を有する。
本体部121の側部には回転軸122と押圧部123との間に、先端部125aが自由端となり弾性変形可能な弾性部125が一体として形成されている。

図5(a)に示すように、レバー部材120は、支持体110及び遮蔽板111に回転軸122を支持されている。弾性部125の先端部125aは、支持体110の受け部113に接触して押圧部123を係合部151が挿入される係合孔112から離れる方向に付勢している(図5(a)中 矢印F1参照)。
操作部124は、支持体110の開口部110aの上方(Z方向)を塞ぐ遮蔽板111の下端(図4中に破線で図示)からは下方(−Z方向)に位置して、蓋体130が支持体110の開口部110aの下方(−Z方向)を開放するように取り外された状態で操作可能な状態で露出する(図5(a)中 矢印参照)。

図5(b)に示すように、レバー部材120は、弾性部125の先端部125aが支持体110の受け部113に接触して押圧部123が係合部151が挿入される係合孔112から離れる方向に付勢されているために、無線通信装置150は係合部151の爪部151aが支持体110の係合孔112にスナップフィットで係合して固定されている。

係る状態において、図6に示すように、蓋体130が取り外された状態で露出しているレバー部材120の操作部124を操作して(図6(a)中 矢印R1方向)レバー部材120を回転させると、押圧部123が係合部151の爪部151aを係合孔112の内側へ弾性変形させて(図6(b)中 矢印R2参照)スナップフィット結合が解除される。
その結果、無線通信装置150を支持体110の外面110bから離脱させることができるようになる。

(2.3)蓋体の着脱機構
図7(a)は蓋体130がロック部材140でロックされた状態を示す斜視図、(b)(a)は蓋体130がロック部材140のロックが解除されて移動可能になった状態を示す斜視図、図8(a)はロック部材140の斜視図、(b)は正面図、(c)は平面図、図9(a)は蓋体130がロック部材140でロックされた状態を示す横断面図、(b)は蓋体130がロック部材140のロックが解除された状態を示す横断面図、(c)は蓋体130がロック部材140のロックが解除されて移動可能になった状態を示す横断面図である。
以下、図面を参照しながら蓋体130の着脱機構について説明する。

制御装置10を収容した支持体110の開口部110aは着脱可能な蓋体130で遮蔽され、蓋体130は、開口部110aを塞いだ状態でロックされ、スライド操作でロックを解除した際には、外側に突出するように回転操作可能なロック部材140を有している。

ロック部材140は、図7に示すように、外面部141、支持軸142、押し上げ部143、係合部144が一体として形成されている。
外面部141は、ロック部材140がロック位置で蓋体130の凹部131に収容された際(図7(a)参照)に、蓋体130の外面部132の一部を形成するように局面形状を有している。

支持軸142は、蓋体130の内面側に設けられた保持部133にスライド可能(図7(a)中 矢印R1参照)且つ回転可能(図7(a)中 矢印R2参照)に取り付けられる。
押し上げ部143は傾斜面を有し、ロック位置で蓋体130の内面に形成された突起部134と接触して押圧力(図9(a)中 F2参照)を受けて蓋体130を支持体110に密着させて、蓋体130の遮蔽機能を増加させる。

このように構成されるロック部材140が保持部133にスライド可能且つ回転可能に取り付けられた蓋体130は、ロック位置で支持体110の開口部110aを塞いだ状態で遮蔽する(図9(a)参照)。

支持体110の開口部110aを開放状態にして、制御装置10に装着された取り付け体(例えば、メモリ、記憶装置)にアクセスする場合には、図9(b)に示すように、ロック部材140を蓋体130の移動方向(図7(a)中 矢印R3参照)と交差する方向へスライド操作(図9(b)中 矢印R1参照)して係合部144の係合を解除する。
その後、図9(c)に示すように、ロック部材140を蓋体130から外側に突出するように回転操作(図9(c)中 矢印R2参照)してロック部材140を把持しながら、蓋体130の移動方向((図9(c)中 矢印R3参照)に移動させて支持体110の開口部110aを開放状態にする。

蓋体130の一面には、長孔135が形成され、施錠手段の一例としてのケンジントンロック(不図示)のキーが挿入される。ケンジントンロックは支持体110に装着された蓋体130を、施錠された状態で支持体110からの離脱を阻止し、開錠された状態で支持体110からの離脱を可能としている。

1・・・画像形成装置
10・・・制御装置
20・・・給紙装置
30・・・感光体ユニット
40・・・現像ユニット
50・・・転写装置
60・・・定着装置
110・・・支持体
110a・・・開口部
111・・・遮蔽板
112・・・係合孔
113・・・受け部
120・・・レバー部材
121・・・本体部
122・・・回転軸
123・・・押圧部
124・・・操作部
125・・・弾性部
130・・・蓋体
131・・・凹部
132・・・外面部
133・・・保持部
134・・・突起部
135・・・長孔
140・・・ロック部材
141・・・外面部
142・・・支持軸
143・・・押し上げ部
144・・・係合部
150・・・無線通信装置

Claims (10)

  1. 内部に収容空間を有する支持体と、
    前記収容空間に突出部を有し、前記支持体の外側から前記収容空間に設けられた孔部に前記突出部が挿入されることによって前記支持体の外側で前記支持体に係合される取り付け体と、
    回転軸、前記回転軸の一端で前記突出部に接触して前記係合を解除する押圧部、前記回転軸の他端で回転操作する操作部を有し、前記支持体に回転可能に取り付けられたレバー部材と、を備えた、
    ことを特徴とする着脱機構。
  2. 前記レバー部材が、前記突出部が挿入される前記孔部から離れる方向に付勢する弾性部を有する、
    ことを特徴とする請求項1に記載の着脱機構。
  3. 前記弾性部は、前記レバー部材と同一材料で一体として形成されている、
    ことを特徴とする請求項2に記載の着脱機構。
  4. 前記支持体に着脱自在に装着され前記収容空間を開放する開放位置と前記収容空間を閉塞する閉塞位置との間で移動可能な蓋体と、
    前記蓋体にスライド可能且つ回転可能に取り付けられ、前記閉塞位置で前記蓋体をロックし、且つ前記開放位置で前記蓋体から外側に突出するように回転操作可能なロック部材と、を備えた、
    ことを特徴とする請求項1ないし3のいずれか1項に記載の着脱機構。
  5. 前記ロック部材はスライド方向と交差する方向に突出した支持軸を有し、前記蓋体の内側には、前記支持軸を保持する保持部が形成され、前記ロック部材が前記開放位置にスライドする際は、前記支持軸が前記保持部の壁面に当接することにより前記ロック部材のスライド方向の移動が規制されて前記支持軸を回転中心にして回転操作される、
    ことを特徴とする請求項4に記載の着脱機構。
  6. 前記支持軸の一端側に先端部に向けて薄くなるように傾斜したテーパ部が形成され、前記蓋体の内側には前記ロック部材のスライド方向と交差する方向に突出した突起部が設けられ、前記ロック部材が前記閉塞位置にスライドする際に前記テーパ部と前記突起部が当接して前記蓋体が前記支持体に押圧される、
    ことを特徴とする請求項5に記載の着脱機構。
  7. 前記蓋体に前記ロック部材を収納する凹部が形成され、前記ロック部材は、前記蓋体をロックする位置で前記凹部を覆い前記蓋体の外面と合わさる外面部を有する、
    ことを特徴とする請求項4ないし6のいずれか1項に記載の着脱機構。
  8. 前記支持体に装着された前記蓋体を、施錠された状態で前記支持体からの離脱を阻止し、開錠された状態で前記支持体からの離脱を可能とする施錠手段を備えた、
    ことを特徴とする請求項4ないし7のいずれか1項に記載の着脱機構。
  9. 前記施錠手段はケンジントンロックである、
    ことを特徴とする請求項8に記載の着脱機構。
  10. 記録媒体を収容して送り出す給紙手段と、
    像保持体とトナー像を形成する現像装置を含んでトナー像が形成される像形成ユニットと、
    前記トナー像を前記記録媒体に転写する転写手段と、
    前記転写手段によって前記記録媒体に転写された画像を定着させる定着手段と、
    請求項1ないし9のいずれか1項に記載の着脱機構に収容された制御装置と、を含む、
    ことを特徴とする画像形成装置。
JP2015033696A 2015-02-24 2015-02-24 着脱機構及び画像形成装置 Active JP6464809B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2015033696A JP6464809B2 (ja) 2015-02-24 2015-02-24 着脱機構及び画像形成装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2015033696A JP6464809B2 (ja) 2015-02-24 2015-02-24 着脱機構及び画像形成装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2016155269A JP2016155269A (ja) 2016-09-01
JP6464809B2 true JP6464809B2 (ja) 2019-02-06

Family

ID=56824703

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2015033696A Active JP6464809B2 (ja) 2015-02-24 2015-02-24 着脱機構及び画像形成装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6464809B2 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2018089852A (ja) 2016-12-02 2018-06-14 セイコーエプソン株式会社 液体収容ユニット及び液体噴射装置

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2818568B2 (ja) * 1995-12-19 1998-10-30 静岡日本電気株式会社 保護蓋付電子機器の蓋体係止解除構造
JP5675039B2 (ja) * 2008-08-05 2015-02-25 キヤノン株式会社 X線撮影装置
CN101673812A (zh) * 2008-09-11 2010-03-17 深圳富泰宏精密工业有限公司 电池盖组件
JP2010224122A (ja) * 2009-03-23 2010-10-07 Canon Inc カラー電子写真画像形成装置

Also Published As

Publication number Publication date
JP2016155269A (ja) 2016-09-01

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US10216139B2 (en) Image forming apparatus and tandem type photosensitive unit
JP6602409B2 (ja) 画像形成装置
US9146492B2 (en) Electrophotographic image forming apparatus
US10048645B2 (en) Developing cartridge provided with cover
US9383709B2 (en) Electrophotographic image forming apparatus and supporting member
US9448526B2 (en) Image forming apparatus including rotatable cartridge supporting member
US8121518B2 (en) Combination in which toner cartridge is removably installed in developing cartridge, which is removably installed in photoconductor cartridge
US8087658B2 (en) Image forming device with open/close cover and manual paper feeding tray
CN106909044B (zh) 成像装置
JP5071433B2 (ja) 画像形成装置
JP4458642B2 (ja) 画像形成装置
US8918029B2 (en) Developer container and image-forming apparatus
US8682212B2 (en) Electrophotographic image forming apparatus
US9014596B2 (en) Electrophotographic image forming apparatus
JP2011059730A (ja) 電子写真画像形成装置
US8768208B2 (en) Image forming apparatus with cartridge supporting member and preventing members for ensuring mounting of cartridges in associated mounting portions
EP1850192B1 (en) Image Forming Device With Developer Supply Means
US7076187B2 (en) Electrophotographic printer
EP0843233B1 (en) Toner supply cartridge and image forming apparatus
US8112014B2 (en) Color electrophotographic image forming apparatus
US7289749B2 (en) Electrophotographic printer
CN101236391B (zh) 显影设备以及使用该显影设备的成像装置
US8634743B2 (en) Detachable body and image forming apparatus
US8335455B2 (en) Toner supplying device and image forming apparatus
US8320798B2 (en) Sheet conveying device and image forming apparatus

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20180116

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20180925

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20181002

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20181122

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20181211

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20181224

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6464809

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150