JP6460019B2 - 車両の制御装置 - Google Patents

車両の制御装置 Download PDF

Info

Publication number
JP6460019B2
JP6460019B2 JP2016051554A JP2016051554A JP6460019B2 JP 6460019 B2 JP6460019 B2 JP 6460019B2 JP 2016051554 A JP2016051554 A JP 2016051554A JP 2016051554 A JP2016051554 A JP 2016051554A JP 6460019 B2 JP6460019 B2 JP 6460019B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
driving support
package
information
driver
driving
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2016051554A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2017167758A (ja
Inventor
昌樹 松永
昌樹 松永
雄一 熊井
雄一 熊井
松下 直樹
直樹 松下
Original Assignee
トヨタ自動車株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by トヨタ自動車株式会社 filed Critical トヨタ自動車株式会社
Priority to JP2016051554A priority Critical patent/JP6460019B2/ja
Publication of JP2017167758A publication Critical patent/JP2017167758A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6460019B2 publication Critical patent/JP6460019B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60WCONJOINT CONTROL OF VEHICLE SUB-UNITS OF DIFFERENT TYPE OR DIFFERENT FUNCTION; CONTROL SYSTEMS SPECIALLY ADAPTED FOR HYBRID VEHICLES; ROAD VEHICLE DRIVE CONTROL SYSTEMS FOR PURPOSES NOT RELATED TO THE CONTROL OF A PARTICULAR SUB-UNIT
    • B60W30/00Purposes of road vehicle drive control systems not related to the control of a particular sub-unit, e.g. of systems using conjoint control of vehicle sub-units, or advanced driver assistance systems for ensuring comfort, stability and safety or drive control systems for propelling or retarding the vehicle
    • B60W30/18Propelling the vehicle
    • B60W30/18009Propelling the vehicle related to particular drive situations
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60WCONJOINT CONTROL OF VEHICLE SUB-UNITS OF DIFFERENT TYPE OR DIFFERENT FUNCTION; CONTROL SYSTEMS SPECIALLY ADAPTED FOR HYBRID VEHICLES; ROAD VEHICLE DRIVE CONTROL SYSTEMS FOR PURPOSES NOT RELATED TO THE CONTROL OF A PARTICULAR SUB-UNIT
    • B60W10/00Conjoint control of vehicle sub-units of different type or different function
    • B60W10/04Conjoint control of vehicle sub-units of different type or different function including control of propulsion units
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60WCONJOINT CONTROL OF VEHICLE SUB-UNITS OF DIFFERENT TYPE OR DIFFERENT FUNCTION; CONTROL SYSTEMS SPECIALLY ADAPTED FOR HYBRID VEHICLES; ROAD VEHICLE DRIVE CONTROL SYSTEMS FOR PURPOSES NOT RELATED TO THE CONTROL OF A PARTICULAR SUB-UNIT
    • B60W10/00Conjoint control of vehicle sub-units of different type or different function
    • B60W10/18Conjoint control of vehicle sub-units of different type or different function including control of braking systems
    • B60W10/184Conjoint control of vehicle sub-units of different type or different function including control of braking systems with wheel brakes
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60WCONJOINT CONTROL OF VEHICLE SUB-UNITS OF DIFFERENT TYPE OR DIFFERENT FUNCTION; CONTROL SYSTEMS SPECIALLY ADAPTED FOR HYBRID VEHICLES; ROAD VEHICLE DRIVE CONTROL SYSTEMS FOR PURPOSES NOT RELATED TO THE CONTROL OF A PARTICULAR SUB-UNIT
    • B60W10/00Conjoint control of vehicle sub-units of different type or different function
    • B60W10/20Conjoint control of vehicle sub-units of different type or different function including control of steering systems
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60WCONJOINT CONTROL OF VEHICLE SUB-UNITS OF DIFFERENT TYPE OR DIFFERENT FUNCTION; CONTROL SYSTEMS SPECIALLY ADAPTED FOR HYBRID VEHICLES; ROAD VEHICLE DRIVE CONTROL SYSTEMS FOR PURPOSES NOT RELATED TO THE CONTROL OF A PARTICULAR SUB-UNIT
    • B60W30/00Purposes of road vehicle drive control systems not related to the control of a particular sub-unit, e.g. of systems using conjoint control of vehicle sub-units, or advanced driver assistance systems for ensuring comfort, stability and safety or drive control systems for propelling or retarding the vehicle
    • B60W30/10Path keeping
    • B60W30/12Lane keeping
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60WCONJOINT CONTROL OF VEHICLE SUB-UNITS OF DIFFERENT TYPE OR DIFFERENT FUNCTION; CONTROL SYSTEMS SPECIALLY ADAPTED FOR HYBRID VEHICLES; ROAD VEHICLE DRIVE CONTROL SYSTEMS FOR PURPOSES NOT RELATED TO THE CONTROL OF A PARTICULAR SUB-UNIT
    • B60W30/00Purposes of road vehicle drive control systems not related to the control of a particular sub-unit, e.g. of systems using conjoint control of vehicle sub-units, or advanced driver assistance systems for ensuring comfort, stability and safety or drive control systems for propelling or retarding the vehicle
    • B60W30/14Adaptive cruise control
    • B60W30/16Control of distance between vehicles, e.g. keeping a distance to preceding vehicle
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60WCONJOINT CONTROL OF VEHICLE SUB-UNITS OF DIFFERENT TYPE OR DIFFERENT FUNCTION; CONTROL SYSTEMS SPECIALLY ADAPTED FOR HYBRID VEHICLES; ROAD VEHICLE DRIVE CONTROL SYSTEMS FOR PURPOSES NOT RELATED TO THE CONTROL OF A PARTICULAR SUB-UNIT
    • B60W40/00Estimation or calculation of non-directly measurable driving parameters for road vehicle drive control systems not related to the control of a particular sub unit, e.g. by using mathematical models
    • B60W40/08Estimation or calculation of non-directly measurable driving parameters for road vehicle drive control systems not related to the control of a particular sub unit, e.g. by using mathematical models related to drivers or passengers
    • B60W40/09Driving style or behaviour
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60WCONJOINT CONTROL OF VEHICLE SUB-UNITS OF DIFFERENT TYPE OR DIFFERENT FUNCTION; CONTROL SYSTEMS SPECIALLY ADAPTED FOR HYBRID VEHICLES; ROAD VEHICLE DRIVE CONTROL SYSTEMS FOR PURPOSES NOT RELATED TO THE CONTROL OF A PARTICULAR SUB-UNIT
    • B60W50/00Details of control systems for road vehicle drive control not related to the control of a particular sub-unit, e.g. process diagnostic or vehicle driver interfaces
    • B60W50/08Interaction between the driver and the control system
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60WCONJOINT CONTROL OF VEHICLE SUB-UNITS OF DIFFERENT TYPE OR DIFFERENT FUNCTION; CONTROL SYSTEMS SPECIALLY ADAPTED FOR HYBRID VEHICLES; ROAD VEHICLE DRIVE CONTROL SYSTEMS FOR PURPOSES NOT RELATED TO THE CONTROL OF A PARTICULAR SUB-UNIT
    • B60W50/00Details of control systems for road vehicle drive control not related to the control of a particular sub-unit, e.g. process diagnostic or vehicle driver interfaces
    • B60W50/08Interaction between the driver and the control system
    • B60W50/082Selecting or switching between different modes of propelling
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60WCONJOINT CONTROL OF VEHICLE SUB-UNITS OF DIFFERENT TYPE OR DIFFERENT FUNCTION; CONTROL SYSTEMS SPECIALLY ADAPTED FOR HYBRID VEHICLES; ROAD VEHICLE DRIVE CONTROL SYSTEMS FOR PURPOSES NOT RELATED TO THE CONTROL OF A PARTICULAR SUB-UNIT
    • B60W50/00Details of control systems for road vehicle drive control not related to the control of a particular sub-unit, e.g. process diagnostic or vehicle driver interfaces
    • B60W50/08Interaction between the driver and the control system
    • B60W50/10Interpretation of driver requests or demands
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60WCONJOINT CONTROL OF VEHICLE SUB-UNITS OF DIFFERENT TYPE OR DIFFERENT FUNCTION; CONTROL SYSTEMS SPECIALLY ADAPTED FOR HYBRID VEHICLES; ROAD VEHICLE DRIVE CONTROL SYSTEMS FOR PURPOSES NOT RELATED TO THE CONTROL OF A PARTICULAR SUB-UNIT
    • B60W50/00Details of control systems for road vehicle drive control not related to the control of a particular sub-unit, e.g. process diagnostic or vehicle driver interfaces
    • B60W50/08Interaction between the driver and the control system
    • B60W50/12Limiting control by the driver depending on vehicle state, e.g. interlocking means for the control input for preventing unsafe operation
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60WCONJOINT CONTROL OF VEHICLE SUB-UNITS OF DIFFERENT TYPE OR DIFFERENT FUNCTION; CONTROL SYSTEMS SPECIALLY ADAPTED FOR HYBRID VEHICLES; ROAD VEHICLE DRIVE CONTROL SYSTEMS FOR PURPOSES NOT RELATED TO THE CONTROL OF A PARTICULAR SUB-UNIT
    • B60W50/00Details of control systems for road vehicle drive control not related to the control of a particular sub-unit, e.g. process diagnostic or vehicle driver interfaces
    • B60W50/08Interaction between the driver and the control system
    • B60W50/14Means for informing the driver, warning the driver or prompting a driver intervention
    • GPHYSICS
    • G05CONTROLLING; REGULATING
    • G05DSYSTEMS FOR CONTROLLING OR REGULATING NON-ELECTRIC VARIABLES
    • G05D1/00Control of position, course or altitude of land, water, air, or space vehicles, e.g. automatic pilot
    • G05D1/02Control of position or course in two dimensions
    • G05D1/021Control of position or course in two dimensions specially adapted to land vehicles
    • G05D1/0212Control of position or course in two dimensions specially adapted to land vehicles with means for defining a desired trajectory
    • G05D1/0219Control of position or course in two dimensions specially adapted to land vehicles with means for defining a desired trajectory ensuring the processing of the whole working surface
    • GPHYSICS
    • G08SIGNALLING
    • G08GTRAFFIC CONTROL SYSTEMS
    • G08G1/00Traffic control systems for road vehicles
    • G08G1/16Anti-collision systems
    • G08G1/167Driving aids for lane monitoring, lane changing, e.g. blind spot detection
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60WCONJOINT CONTROL OF VEHICLE SUB-UNITS OF DIFFERENT TYPE OR DIFFERENT FUNCTION; CONTROL SYSTEMS SPECIALLY ADAPTED FOR HYBRID VEHICLES; ROAD VEHICLE DRIVE CONTROL SYSTEMS FOR PURPOSES NOT RELATED TO THE CONTROL OF A PARTICULAR SUB-UNIT
    • B60W50/00Details of control systems for road vehicle drive control not related to the control of a particular sub-unit, e.g. process diagnostic or vehicle driver interfaces
    • B60W50/08Interaction between the driver and the control system
    • B60W50/14Means for informing the driver, warning the driver or prompting a driver intervention
    • B60W2050/143Alarm means
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60WCONJOINT CONTROL OF VEHICLE SUB-UNITS OF DIFFERENT TYPE OR DIFFERENT FUNCTION; CONTROL SYSTEMS SPECIALLY ADAPTED FOR HYBRID VEHICLES; ROAD VEHICLE DRIVE CONTROL SYSTEMS FOR PURPOSES NOT RELATED TO THE CONTROL OF A PARTICULAR SUB-UNIT
    • B60W50/00Details of control systems for road vehicle drive control not related to the control of a particular sub-unit, e.g. process diagnostic or vehicle driver interfaces
    • B60W50/08Interaction between the driver and the control system
    • B60W50/14Means for informing the driver, warning the driver or prompting a driver intervention
    • B60W2050/146Display means
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60WCONJOINT CONTROL OF VEHICLE SUB-UNITS OF DIFFERENT TYPE OR DIFFERENT FUNCTION; CONTROL SYSTEMS SPECIALLY ADAPTED FOR HYBRID VEHICLES; ROAD VEHICLE DRIVE CONTROL SYSTEMS FOR PURPOSES NOT RELATED TO THE CONTROL OF A PARTICULAR SUB-UNIT
    • B60W2420/00Indexing codes relating to the type of sensors based on the principle of their operation
    • B60W2420/42Image sensing, e.g. optical camera
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60WCONJOINT CONTROL OF VEHICLE SUB-UNITS OF DIFFERENT TYPE OR DIFFERENT FUNCTION; CONTROL SYSTEMS SPECIALLY ADAPTED FOR HYBRID VEHICLES; ROAD VEHICLE DRIVE CONTROL SYSTEMS FOR PURPOSES NOT RELATED TO THE CONTROL OF A PARTICULAR SUB-UNIT
    • B60W2420/00Indexing codes relating to the type of sensors based on the principle of their operation
    • B60W2420/52Radar, Lidar
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60WCONJOINT CONTROL OF VEHICLE SUB-UNITS OF DIFFERENT TYPE OR DIFFERENT FUNCTION; CONTROL SYSTEMS SPECIALLY ADAPTED FOR HYBRID VEHICLES; ROAD VEHICLE DRIVE CONTROL SYSTEMS FOR PURPOSES NOT RELATED TO THE CONTROL OF A PARTICULAR SUB-UNIT
    • B60W2520/00Input parameters relating to overall vehicle dynamics
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60WCONJOINT CONTROL OF VEHICLE SUB-UNITS OF DIFFERENT TYPE OR DIFFERENT FUNCTION; CONTROL SYSTEMS SPECIALLY ADAPTED FOR HYBRID VEHICLES; ROAD VEHICLE DRIVE CONTROL SYSTEMS FOR PURPOSES NOT RELATED TO THE CONTROL OF A PARTICULAR SUB-UNIT
    • B60W2520/00Input parameters relating to overall vehicle dynamics
    • B60W2520/10Longitudinal speed
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60WCONJOINT CONTROL OF VEHICLE SUB-UNITS OF DIFFERENT TYPE OR DIFFERENT FUNCTION; CONTROL SYSTEMS SPECIALLY ADAPTED FOR HYBRID VEHICLES; ROAD VEHICLE DRIVE CONTROL SYSTEMS FOR PURPOSES NOT RELATED TO THE CONTROL OF A PARTICULAR SUB-UNIT
    • B60W2520/00Input parameters relating to overall vehicle dynamics
    • B60W2520/10Longitudinal speed
    • B60W2520/105Longitudinal acceleration
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60WCONJOINT CONTROL OF VEHICLE SUB-UNITS OF DIFFERENT TYPE OR DIFFERENT FUNCTION; CONTROL SYSTEMS SPECIALLY ADAPTED FOR HYBRID VEHICLES; ROAD VEHICLE DRIVE CONTROL SYSTEMS FOR PURPOSES NOT RELATED TO THE CONTROL OF A PARTICULAR SUB-UNIT
    • B60W2520/00Input parameters relating to overall vehicle dynamics
    • B60W2520/14Yaw
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60WCONJOINT CONTROL OF VEHICLE SUB-UNITS OF DIFFERENT TYPE OR DIFFERENT FUNCTION; CONTROL SYSTEMS SPECIALLY ADAPTED FOR HYBRID VEHICLES; ROAD VEHICLE DRIVE CONTROL SYSTEMS FOR PURPOSES NOT RELATED TO THE CONTROL OF A PARTICULAR SUB-UNIT
    • B60W2540/00Input parameters relating to occupants
    • B60W2540/215Selection or confirmation of options
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60WCONJOINT CONTROL OF VEHICLE SUB-UNITS OF DIFFERENT TYPE OR DIFFERENT FUNCTION; CONTROL SYSTEMS SPECIALLY ADAPTED FOR HYBRID VEHICLES; ROAD VEHICLE DRIVE CONTROL SYSTEMS FOR PURPOSES NOT RELATED TO THE CONTROL OF A PARTICULAR SUB-UNIT
    • B60W2540/00Input parameters relating to occupants
    • B60W2540/22Psychological state; Stress level or workload
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60WCONJOINT CONTROL OF VEHICLE SUB-UNITS OF DIFFERENT TYPE OR DIFFERENT FUNCTION; CONTROL SYSTEMS SPECIALLY ADAPTED FOR HYBRID VEHICLES; ROAD VEHICLE DRIVE CONTROL SYSTEMS FOR PURPOSES NOT RELATED TO THE CONTROL OF A PARTICULAR SUB-UNIT
    • B60W2554/00Input parameters relating to objects
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60WCONJOINT CONTROL OF VEHICLE SUB-UNITS OF DIFFERENT TYPE OR DIFFERENT FUNCTION; CONTROL SYSTEMS SPECIALLY ADAPTED FOR HYBRID VEHICLES; ROAD VEHICLE DRIVE CONTROL SYSTEMS FOR PURPOSES NOT RELATED TO THE CONTROL OF A PARTICULAR SUB-UNIT
    • B60W2555/00Input parameters relating to exterior conditions, not covered by groups B60W2552/00, B60W2554/00
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60WCONJOINT CONTROL OF VEHICLE SUB-UNITS OF DIFFERENT TYPE OR DIFFERENT FUNCTION; CONTROL SYSTEMS SPECIALLY ADAPTED FOR HYBRID VEHICLES; ROAD VEHICLE DRIVE CONTROL SYSTEMS FOR PURPOSES NOT RELATED TO THE CONTROL OF A PARTICULAR SUB-UNIT
    • B60W2556/00Input parameters relating to data
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60WCONJOINT CONTROL OF VEHICLE SUB-UNITS OF DIFFERENT TYPE OR DIFFERENT FUNCTION; CONTROL SYSTEMS SPECIALLY ADAPTED FOR HYBRID VEHICLES; ROAD VEHICLE DRIVE CONTROL SYSTEMS FOR PURPOSES NOT RELATED TO THE CONTROL OF A PARTICULAR SUB-UNIT
    • B60W2754/00Output or target parameters relating to objects
    • B60W2754/10Spatial relation or speed relative to objects
    • GPHYSICS
    • G05CONTROLLING; REGULATING
    • G05DSYSTEMS FOR CONTROLLING OR REGULATING NON-ELECTRIC VARIABLES
    • G05D2201/00Application
    • G05D2201/02Control of position of land vehicles
    • G05D2201/0213Road vehicle, e.g. car or truck

Description

本発明は車両の制御装置に関する。
特許文献1には、従来の車両の制御装置として、ドライバのスイッチ操作によって手動運転モードから自動運転モードに切り替えられると、車間距離制御や車線追従制御などの各種の運転支援操作を自動的に行う自動運転を実施するものが開示されている。
米国特許第8670891号明細書
しかしながら前述した従来の車両の制御装置は、自動運転モードに切り替えられたことをもって、ドライバが全ての運転支援操作に対する実施許可を与えたと判断していた。そのためドライバは、自動運転を実施するにあたって手動運転モードから自動運転モードへの切り替え操作しか行うことができず、各運転支援操作の実施可否を任意に設定することができなかった。このように全ての運転支援操作が行われる可能性のある状況では、自動運転中にドライバにとって不要な運転支援操作が行われるおそれがある。また、自動運転中にこれからどのような運転支援操作が行われるのかを予測することが難しく、ドライバによる操作介入(いわゆるオーバーライド)を招くおそれがあった。そのため、自動運転中にドライバが違和感を持つ頻度が増加しやすいという問題点があった。
したがって自動運転を実施するにあたっては、自動運転の開始前や実施中にその場の状況に応じてドライバが各運転支援操作の実施可否を設定できるようにした方が望ましい。しかしながら、その場の状況は車両走行中に時々刻々と変化するので、ドライバが自ら各運転支援操作の実施可否の設定を行って、その場の状況に適した自動運転を実施させるのは難しいという問題点がある。
本発明はこのような問題点に着目してなされたものであり、その場の状況に適した自動運転をドライバによって簡便に実施させることができるようにしつつ、自動運転中におけるドライバの違和感を軽減させることを目的とする。
上記課題を解決するために、本発明のある態様によれば、自車両の周辺環境状態に関する周辺環境情報を取得するための周辺環境情報取得装置と、自車両の状態に関する自車両情報を取得するための自車両情報取得装置と、自車両のドライバの状態に関するドライバ情報を取得するためのドライバ情報取得装置と、自車両のドライバに情報を提供するための情報提供装置と、を備える車両を制御する車両の制御装置が、複数の運転支援操作の中からドライバによる実施許可を得た運転支援操作を自動的に行う自動運転制御部を備える。そして自動運転制御部が、周辺環境情報、自車両情報、及びドライバ情報の少なくとも1つに基づいて、複数の運転支援操作のそれぞれの実施可否をパッケージ化した運転支援パッケージを決定するパッケージ決定部と、運転支援パッケージで実施が許可されている運転支援操作の実施許可を得るために、当該運転支援パッケージへの切り替えをドライバに提案するパッケージ提案部と、パッケージ提案部によって提案された運転支援パッケージへの切り替えを、ドライバが承認したか否かを判定する判定部と、ドライバによって承認された前記運転支援パッケージの内容に関する情報を、情報提供装置を介してドライバに提供するパッケージ内容提供部と、を備えるように構成される。
本発明のこの態様によれば、その場の状況に適した自動運転をドライバによって簡便に実施させることができるようにしつつ、自動運転中におけるドライバの違和感を軽減させることができる。
図1は、本発明の第1実施形態による車両用の自動運転システムの概略構成図である。 図2は、本発明の第1実施形態による自動運転システムを搭載した自車両の概略外観図である。 図3は、本発明の第1実施形態による自動運転システムを搭載した自車両の概略内観図である。 図4は、自動運転モード中に実施される運転支援操作の一覧を示した図である。 図5は、気象条件に関するパッケージ群を示す図である。 図6は、日照条件に関するパッケージ群を示す図である。 図7は、道路種別に関するパッケージ群を示す図である。 図8は、道路状況に関するパッケージ群を示す図である。 図9は、ドライバ状態に関するパッケージ群を示す図である。 図10は、自車両状態に関するパッケージ群を示す図である。 図11は、運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作の文字情報をディスプレイに表示する一例を示した図である。 図12は、運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作の文字情報をディスプレイに表示する一例を示した図である。 図13は、運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作の文字情報をディスプレイに表示する一例を示した図である。 図14は、運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作を表すアイコンをディスプレイに表示する一例を示した図である。 図15は、本発明の第1実施形態による自動運転制御について説明するフローチャートである。 図16は、文字情報に加えて運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作に対応する画像情報をディスプレイに表示する一例を示した図である。 図17は、文字情報に加えて運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作に対応する画像情報をディスプレイに表示する一例を示した図である。 図18は、文字情報に加えて運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作に対応する画像情報をディスプレイに表示する一例を示した図である。 図19は、文字情報に加えて運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作に対応する画像情報をディスプレイに表示する一例を示した図である。 図20は、文字情報に加えて運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作に対応する画像情報をディスプレイに表示する一例を示した図である。 図21は、本発明の第3実施形態による自動運転制御について説明するフローチャートである。
以下、図面を参照して本発明の実施形態について詳細に説明する。なお、以下の説明では、同様な構成要素には同一の参照番号を付す。
(第1実施形態)
図1は、本発明の第1実施形態による車両用の自動運転システム100の概略構成図である。図2は、本実施形態による自動運転システム100を搭載した自車両1の概略外観図である。図3は、本実施形態による自動運転システム100を搭載した自車両1の概略内観図である。
図1に示すように、本実施形態による自動運転システム100は、周辺環境情報取得装置10と、自車両情報取得装置20と、ドライバ情報取得装置30と、地図データベース40と、記憶装置50と、ヒューマン・マシン・インターフェース(Human Machine Interface;以下「HMI」という。)60と、ナビゲーション装置70と、電子制御ユニット80と、を備える。
周辺環境情報取得装置10は、自車両周辺の障害物(例えば建物や、道路上の先行車や後続車、対向車といった走行車両、停止車両、縁石、落下物、歩行者等)や天候といった自車両1の周辺環境状態に関する情報(以下「周辺環境情報」という。)を取得するための装置である。図1から図3に示すように、本実施形態による周辺環境情報取得装置10は、ライダ(LIDAR;Laser Imaging Detection And Ranging)11と、ミリ波レーダーセンサ12と、外部カメラ13と、照度センサ14と、レインセンサ15と、外部情報受信装置16と、を備える。
ライダ11は、レーザー光を利用して自車両周辺の道路や障害物を検出する。図2に示すように、本実施形態では、ライダ11は自車両1のルーフ上に取り付けられている。ライダ11は、自車両1の全周囲に向けてレーザー光を順次照射し、その反射光から道路及び自車両周辺の障害物までの距離を計測する。そしてライダ11は、その計測結果に基づいて自車両1の全周囲における道路及び障害物の三次元画像を生成し、生成した三次元画像の情報を電子制御ユニット80に送信する。
ミリ波レーダーセンサ12は、電波を利用してライダ11よりも遠距離に亘る自車両周辺の障害物を検出する。図2に示すように、本実施形態ではミリ波レーダーセンサ12は、例えば自車両1のフロントバンパー及びリヤバンパーにそれぞれ取り付けられている。ミリ波レーダーセンサ12は、自車両1の周囲(本実施形態では自車両1の前方、後方及び側方)に電波を発射し、その反射波から自車両周辺の障害物までの距離や当該障害物との相対速度を計測する。そしてミリ波レーダーセンサ12は、その計測結果を自車両周辺情報として電子制御ユニット80に送信する。
なお、ミリ波レーダーセンサ12の取り付け箇所は、必要な自車両周辺情報を取得できる箇所であれば特に限られるものではない。例えば、自車両1のグリルや、ヘッドライトやブレーキランプといったライト類の内部に取り付けても良いし、自車両1の車両本体部分(骨格)に取り付けても良い。
外部カメラ13は、自車両1の前方を撮影する。図2に示すように、本実施形態では外部カメラ13は、例えば自車両1のルーフ先端の中央部に取り付けられている。外部カメラ13は、撮影した自車両前方の映像の画像処理を行うことで、自車両前方の障害物情報や、走行レーンの車線幅や道路形状、道路標識、白線の有無、信号機の状態といった自車両前方の道路情報、ヨー角(走行レーンに対する車両の相対的な方向)や走行レーン中央からの車両オフセット位置といった自車両1の走行情報、雨や雪、霧といった自車両周辺の気象情報などを検出する。そして外部カメラ13は、検出したこれらの撮影情報を電子制御ユニット80に送信する。
なお、外部カメラ13の取り付け箇所は、自車両1の前方を撮影できる箇所であれば特に限られるものではない。例えば、自車両内のフロントガラス裏面の中央上部に取り付けても良い。
照度センサ14は、自車両周囲の照度を検出する。図2に示すように、本実施形態では、照度センサ14は自車両内のインストルメントパネルの上面に取り付けられている。照度センサ14は、検出した自車両周囲の照度情報を電子制御ユニット80に送信する。
レインセンサ15は、降水の有無及び降水量を検出する。図2に示すように、本実施形態では、レインセンサ15は自車両1のフロントガラス表面の中央上部に取り付けられている。レインセンサ15は、内蔵された発光素子によって生じさせた光をフロントガラス表面に向けて照射し、そのときの反射光の変化を計測することで、降水の有無や降水量といった降水情報を検出する。そしてレインセンサ15は、検出した降水情報を電子制御ユニット80に送信する。
外部情報受信装置16は、例えば道路交通情報通信システムセンタなどの外部の通信センタから送信されてくる渋滞情報や気象情報(雨や雪、霧、風速等の情報)などの外部情報を受信する。外部情報受信装置16は、受信した外部情報を電子制御ユニット80に送信する。
自車両情報取得装置20は、自車両1の速度や加速度、姿勢、現在位置といった自車両1の状態に関する情報(以下「自車両情報」という。)を取得するための装置である。図1に示すように、本実施形態による自車両情報取得装置20は、車速センサ21と、加速度センサ22と、ヨーレートセンサ23と、GPS受信機24と、を備える。
車速センサ21は、自車両1の速度を検出するためのセンサである。車速センサ21は、検出した自車両1の車速情報を電子制御ユニット80に送信する。
加速度センサ22は、加速時や制動時における自車両1の加速度を検出するためのセンサである。加速度センサ22は、検出した自車両1の加速度情報を電子制御ユニット80に送信する。
ヨーレートセンサ23は、自車両1の姿勢を検出するためのセンサであって、詳しくは自車両1の旋回時におけるヨー角の変化速度、すなわち自車両1の鉛直軸まわりの回転角速度(ヨーレート)を検出する。ヨーレートセンサ23は、検出した自車両1の姿勢情報を電子制御ユニット80に送信する。
GPS受信機24は、3個以上のGPS衛星からの信号を受信して自車両1の緯度及び経度を特定し、自車両1の現在位置を検出する。GPS受信機24は、検出した自車両1の現在位置情報を電子制御ユニット80に送信する。
ドライバ情報取得装置30は、自車両1のドライバの状態に関する情報(以下「ドライバ情報」という。)を取得するための装置である。図1及び図3に示すように、本実施形態によるドライバ情報取得装置30は、ドライバモニタカメラ31と、ステアリングタッチセンサ32と、を備える。
ドライバモニタカメラ31は、ステアリングコラムカバーの上面に取り付けられ、ドライバの外観を撮影する。ドライバモニタカメラ31は、撮影したドライバの映像を画像処理することで、ドライバの表情(ドライバの顔の向きや眼の開閉度など)や姿勢といったドライバの外観情報を検出する。そしてドライバモニタカメラ31は、検出したドライバの外観情報を電子制御ユニット80に送信する。
ステアリングタッチセンサ32は、ステアリングに取り付けられる。ステアリングタッチセンサ32は、ドライバがステアリングを把持しているか否かを検出し、検出したステアリングの把持情報を電子制御ユニット80に送信する。
地図データベース40は、地図情報に関するデータベースである。この地図データベース40は、例えば車両に搭載されたハードディスクドライブ(HDD;Hard Disk Drive)内に記憶されている。地図情報には、道路の位置情報や道路形状の情報(例えばカーブと直線部の種別、カーブの曲率など)、交差点及び分岐点の位置情報、道路種別などの情報などが含まれる。
記憶装置50は、自動運転専用の道路地図を記憶する。自動運転専用の道路地図は、ライダ11が生成した三次元画像に基づいて電子制御ユニット80が作成しており、電子制御ユニット80によって常時又は定期的に更新される。
HMI60は、ドライバ又は車両乗員と自動運転システム100との間で情報の入出力を行うためのインターフェイスである。本実施形態によるHMI60は、ドライバに各種の情報を提供するための情報提供装置61と、ドライバの音声を認識するためのマイク62と、ドライバが入力操作を行うためのタッチパネル(又は操作ボタン)63と、を備える。
情報提供装置61は、文字情報や画像情報を表示するためのディスプレイ611と、音を発生させるためのスピーカ612と、を備える。
ナビゲーション装置70は、HMI60を介してドライバによって設定された目的地まで自車両1を案内する装置である。ナビゲーション装置70は、GPS受信機24で検出した自車両1の現在位置情報と地図データベース40の地図情報とに基づいて、目的地までの目標ルートを演算し、演算した目標ルートに関する情報をナビゲーション情報として電子制御ユニット80に送信する。
電子制御ユニット80は、双方向性バスによって相互に接続された中央演算装置(CPU)、読み出し専用メモリ(ROM)、ランダムアクセスメモリ(RAM)、入力ポート、及び出力ポートを備えたマイク62ロコンピュータである。
電子制御ユニット80は、ドライバが手動運転モード(加速、操舵、及び制動に関する運転操作をドライバが行うモード)から自動運転モードに切り替えたときに、図4に示す各運転支援操作の中からドライバによる実施許可を得た運転支援操作を自動的に行う自動運転制御部90を備える。自動運転制御部90は、パッケージ決定部91と、パッケージ提案部92と、判定部93と、パッケージ内容提供部94と、備えており、電子制御ユニット80に入力された周辺環境情報や自車両情報、ドライバ情報、ナビゲーション情報などの自動運転に必要な各種の情報に基づいて、各運転支援操作やドライバに対する情報提供を行うために必要な各種の制御部品を制御し、車両の自動運転を実施する。
図4は、本実施形態において自動運転モード中に実施される運転支援操作の一覧を示した図である。
図4に示すように本実施形態では、運転支援操作を機能別に走行支援機能、視界支援機能、及び渋滞時支援機能の3つの機能群に大別している。
走行支援機能の欄に分別されている運転支援操作は、運転支援操作の中で、加速、操舵、及び制動の少なくとも1つを実施する機能(走行支援機能)を持つ運転支援操作である。本実施形態では、走行支援機能を持つ運転支援操作として、車間距離制御、車線追従制御、自動車線変更、自動追越、自動分流、及び自動合流を例示しているが、走行支援機能を持つ運転支援操作はこれらに限られるものではなく、必要に応じて図4に例示したものよりも多くしても良いし、少なくしても良い。
なお車間距離制御とは、車速に応じた適切な車間距離を保持しながら先行車の車速の変化に合わせて追従走行を行うことができるように、制限車速の範囲内で自動的に車速の調節を行う制御である。車線追従制御とは、走行レーンの車線幅に応じた適切な走行ラインを自車両1が走行するように、自動的に操舵量や車速の調節を行う制御である。
視界支援機能の欄に分別されている運転支援操作は、走行支援機能を持たない(すなわち加速、操舵、及び制動のいずれも実施しない)運転支援操作の中で、ドライバの視界、ひいては安全を確保する機能(視界支援機能)を持つ運転支援操作である。本実施形態では、視界支援機能を持つ運転支援操作として、車線逸脱警報やブラインドスポットモニタなどの11個の運転支援操作を例示しているが、視界支援機能を持つ運転支援操作はこれらに限られるものではなく、必要に応じて図4に例示したものよりも多くしても良いし、少なくしても良い。
渋滞時支援機能の欄に分別されている運転支援操作は、渋滞時におけるドライバ及び乗員の疲労を緩和させる機能(渋滞時支援機能)を持つ運転支援操作である。本実施形態では、渋滞時支援機能を持つ運転支援操作として、渋滞時における停止からの自動発進やハザードランプの一時点灯制御などの8個の運転支援操作を例示しているが、渋滞時支援機能を持つ運転支援操作はこれらに限られるものではなく、必要に応じて図4に例示したものよりも多くしても良いし、少なくしても良い。
ここで、前述したように、手動運転モードから自動運転モードに切り替えられると、各運転支援操作の中からドライバによる実施許可を得た運転支援操作を自動的に行う自動運転が実施されることになる。このような自動運転を実施するにあたっては、自動運転の開始前や実施中に、周辺環境状態や自車両状態、ドライバ状態に応じてドライバが各運転支援操作の実施可否を設定できるようにすることが望ましい。
しかしながら、自動運転を実施するにあたって各運転支援操作の実施可否を一つ一つドライバが設定しなければならないと、非常に手間がかかり、自動運転の利便性を失わせることになる。また周辺環境状態や自車両状態、ドライバ状態は、車両走行中に時々刻々と変化する。そのため、車両走行中にドライバが自ら各運転支援操作の実施可否の設定を行って、これらの状態に適した自動運転を実施させるのは困難である。
そこで本実施形態では、周辺環境情報、自車両情報、及びドライバ情報に基づいて、各運転支援操作の実施可否を一括りにまとめてパッケージ化した運転支援パッケージを決定し、決定した運転支援パッケージをドライバに提案することとした。具体的には、図5から図10に示す各パッケージ群の中から気象条件、日照条件、道路種別、道路状況、ドライバ状態、及び自車両状態に応じた最適な単位パッケージを選択し、選択した各単位パッケージを組み合わせることで決定した運転支援パッケージをドライバに提案することとした。
これにより、複数の運転支援操作の中からドライバによる実施許可を得た運転支援操作を自動的に行う自動運転を実施する場合において、周辺環境状態、自車両状態、及びドライバ状態が変化したときには、変化した各状態に適した運転支援パッケージをその都度ドライバに提案することができる。ドライバに提案される運転支援パッケージは、各運転支援操作の実施可否が予めパッケージ化されたものなので、ドライバは各運転支援操作の実施可否の設定を行う必要がなくなる。そのため、周辺環境状態、自車両状態、及びドライバ状態に適した自動運転を、ドライバによって簡便に実施させることができる。
一方、提案した運転支援パッケージをドライバが承認した後は、ドライバによる実施許可を得た運転支援操作、すなわちドライバが承認した運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作が自動的に行われることになる。
このとき、承認した運転支援パッケージによってどのような運転支援操作が自動的に行われるのかが分からないと、自動運転中にどのような運転支援操作が行われるのかを予測することが難しくなる。そのため、仮に或る運転支援操作が実施許可状態であったとしても、自動運転中にドライバが我慢できずに自らその運転支援操作を行ってしまい、ドライバによる操作介入(オーバーライド)を招くおそれがある。その結果、自動運転中にドライバが違和感を持つおそれがある。
したがって、提案した運転支援パッケージをドライバが承認した後は、当該運転支援パッケージの内容に関する情報を情報提供装置61を介してドライバに提供し、承認した運転支援パッケージによってどのような運転支援操作が自動的に行われるのかを、ドライバが把握できるようにすることが望ましい。
そこで本実施形態ではさらに、提案された運転支援パッケージへの切り替えをドライバが承認したか否かを判定し、ドライバによって承認された運転支援パッケージの内容に関する情報を、情報提供装置61を介してドライバに提供することとした。
以下、図5から図10を参照して、各パッケージ群について説明する。なお図5から図10において、マルが実施許可を表し、バツが実施不許可を表す。また各パッケージ群は、電子制御ユニット80のROMに記憶されている。
図5は、気象条件に関するパッケージ群を示す図である。気象条件に関するパッケージ群は、気象条件を晴、雨、大雨、雪、大雪、霧、濃霧、風、及び強風の9つに大別し、気象条件ごとに各運転支援操作の実施可否をパッケージ化したものである。
本実施形態では、外部カメラ13で検出した自車両周辺の気象情報(雨や雪、霧などの情報)と、外部情報受信装置16で受信した外部情報に含まれる気象情報(雨や雪、霧、風速などの情報)とに基づいて、気象条件の判定を実施している。
図6は、日照条件に関するパッケージ群を示す図である。日照条件に関するパッケージ群は、日照条件を昼と夜とに大別し、日照条件ごとに各運転支援操作の実施可否をパッケージ化したものである。
本実施形態では、照度センサ14で検出した照度情報と、日時とに基づいて、日照条件の判定を実施している。
図7は、道路種別に関するパッケージ群を示す図である。道路種別に関するパッケージ群は、道路種別を一般道路、幹線道路、東名高速道路や名神高速道路等の都市間高速道路、及び首都高速道路や阪神高速道路等の都市高速道路の4つに大別し、道路種別ごとに各運転支援操作の実施可否をパッケージ化したものである。
本実施形態では、外部カメラ13で検出した自車両前方の道路情報と、地図データベース40の地図情報に含まれる道路種別情報とに基づいて、道路種別の判定を実施している。
図8は、道路状況に関するパッケージ群を示す図である。道路状況に関するパッケージ群は、道路状況を渋滞と非渋滞とに大別し、道路状況ごとに各運転支援操作の実施可否をパッケージ化したものである。なお本実施形態において、「渋滞」とは、自車両周辺に他車両(先行車又は後続車)があり、かつ、自車両1及び自車両周辺の他車両の車速が継続的に一定速度(例えば一般道路や幹線道路では20[km/h]、都市間高速道路や都市高速走路では40[km/h])以下となっている状態をいう。一方で「非渋滞」とは、渋滞以外の状態をいう。
本実施形態では、ライダ11で生成した三次元画像の情報と、ミリ波レーダーセンサ12で検出した自車両周辺情報と、外部カメラ13で検出した自車両前方の障害物情報及び道路情報と、外部情報受信装置16で受信した外部情報に含まれる渋滞情報と、車速センサ21で検出した車速情報とに基づいて、道路状況の判定を実施している。
図9は、ドライバ状態に関するパッケージ群を示す図である。ドライバ状態に関するパッケージ群は、ドライバ状態を眠気、疲労、過労、漫然、及び平常の5つに大別し、ドライバ状態ごとに各運転支援操作の実施可否をパッケージ化したものである。なお本実施形態において、「眠気」とは、すぐには運転をやめなければならない程ではないが、眠気を原因として運転操作に対するドライバの集中力が低下している状態をいう。「疲労」とは、すぐには運転をやめなければならない程ではないが、疲労を原因として運転操作に対するドライバの集中力が低下している状態をいう。「漫然」とは、例えばドライバが携帯電話やタブレットパソコン等の携帯機器の操作や動画の視聴等といった運転操作以外のセカンドタスクを実施している場合や、脇見をしている場合など、眠気や疲労以外の要因によって運転操作に対するドライバの集中力が低下している状態をいう。「過労」とは、すぐに運転をやめなければならない程、眠気や疲労、漫然によって運転操作に対するドライバの集中力が低下している状態をいう。「平常」とは、眠気、疲労、過労、及び漫然以外の状態をいう。
本実施形態では、ドライバモニタカメラ31で検出したドライバの外観情報と、ステアリングタッチセンサ32で検出したステアリングの把持情報とに基づいて、ドライバ状態の判定を実施している。具体的には、ステアリングの把持情報を参照しつつ、ドライバの外観情報からドライバの表情(顔の向きや眼の開閉度など)を検出し、検出したドライバの表情を予めROMに記憶させたドライバ状態に応じた表情と比較することで、ドライバ状態の判定を実施している。
なお、ドライバ状態を判定するための指標となるのはドライバの外観情報やステアリングの把持情報に限られるものではなく、例えばドライバの心拍数や脈拍数、脳波などを検出し、これらを予めROMに記憶させたドライバ状態に応じた心拍数や脈拍数、脳波などと比較して、ドライバ状態の判定をしても良い。
図10は、自車両状態に関するパッケージ群を示す図である。自車両状態に関するパッケージ群は、自車両状態を不安定と安定とに大別し、自車両状態ごとに各運転支援操作の実施可否をパッケージ化したものである。なお本実施形態において、自車両状態が「不安定」とは、ピッチングやローリング、ヨーイングなどが継続して起こっており、自車両1の挙動が乱れている状態をいう。ピッチングとは、車両の重心を通る左右方向の水平軸を中心にして車両が前後に揺動している状態のことをいう。ローリングとは、車両の重心を通る前後方向の水平軸を中心にして車両が左右に揺動している状態のことをいう。ヨーイングとは、車両の重心を通る鉛直軸を中心にして車両が左右に揺動している状態のことをいう。一方で自車両状態が「安定」とは、不安定以外の状態、すなわち自車両1の挙動が乱れている状態をいう。
本実施形態では、加速度センサ22で検出した加速度情報と、ヨーレートセンサ23で検出した自車両1の姿勢情報と、に基づいて、自車両状態の判定を実施している。
続いて、図11から図14を参照して、ドライバによって承認された運転支援パッケージの内容に関する情報を、情報提供装置61を介してドライバに提供する方法について説明する。
図11から図13は、ドライバによって承認された運転支援パッケージの内容に関する情報として、当該運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作の文字情報をディスプレイ611に表示する例をそれぞれ示した図である。なお図11から図13では、走行支援機能を持つ運転支援操作の実施が全て許可されている例を示しており、図面が煩雑になるのを防止するため、走行支援機能を持つ運転支援操作の文字情報のみを抜粋して記載している。
図11に示すように、本実施形態では、ドライバによって承認された運転支援パッケージの内容に関する情報として、運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作の文字情報の一覧を表示している。これによりドライバは、運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作が何であるかを、一目で把握することができる。そのため、自動運転中にどのような運転支援操作が行われるのかを予測することが容易となるので、自動運転中にドライバによるオーバーライドが生じるのを抑制でき、自動運転中におけるドライバの違和感を軽減させることができる。
なお運転支援操作の文字情報の一覧は、運転支援パッケージの切り替えが承認されたときや、ドライバがタッチパネルに触れた場合やマイク62を介して表示を要求した場合などドライバによる表示要求があったときに一時的に表示するようにしても良いが、基本的には常時表示することが望ましい。運転支援操作の文字情報の一覧を常時表示することで、ドライバは、運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作が何であるかをいつでも一目で確認することができ、確認する際にタッチパネルの操作などの余計な動作が不要になるためである。
また図12に示すように、運転支援操作の文字情報の一覧を表示する際には、実施中の運転支援操作の文字情報を強調して表示することもできる。図12では、実施中の運転支援操作(この例では車間距離制御と車線追従制御)の文字情報を太字にして強調する例を示している。
このように、実施中の運転支援操作の文字情報を強調して表示することで、ドライバは、実施が許可されている運転支援操作に加え、実施中の運転支援操作が何であるかを一目で把握することができる。そのため、次にどのような運転支援操作が行われるのかを予測することが一層容易となるので、自動運転中にドライバによるオーバーライドが生じるのを抑制でき、自動運転中におけるドライバの違和感を軽減させることができる。
また図13に示すように、運転支援操作の文字情報の一覧を表示する際には、これから実施する運転支援操作の文字情報を、その実施開始前に一時的に強調して表示することもできる。図13では、実施中の運転支援操作(この例では車間距離制御と車線追従制御)の文字情報を太字にして強調すると共に、これから実施する運転支援操作(この例では自動車線変更)の文字情報を一時的に点滅させて強調する例を示している。
このように、これから実施する運転支援操作の文字情報を、その実施開始前に一時的に強調して表示することで、ドライバは、これから実施する運転支援操作を事前に把握することができる。そのためドライバは、次にどのような運転支援操作が行われるのかを事前に把握できる。これにより、各運転支援操作がドライバにとって唐突に行われるのを抑制でき、自動運転中におけるドライバの違和感を軽減させることができる。
なお図13に示す例のように、実施中の運転支援操作の文字情報と、これから実施する運転支援操作の文字情報と、をそれぞれ強調して表示する場合には、実施中の運転支援操作の文字情報の強調方法(この例では太字)とは異なる強調方法(この例では点滅)で、これから実施する運転支援操作の文字情報を強調することが望ましい。このようにすることで、ドライバは、実施中の運転支援操作と、これから実施する運転支援操作と、を一目で容易に区別して把握することができる。
なお、文字情報を強調する方法は、上記のように文字情報を太字にしたり点滅させたりする方法に限られるものではない。例えばこれ以外にも、強調したい文字情報に下線を引いても良いし、強調したい文字情報を斜体にしても良いし、強調したい文字情報のフォントや色を変更しても良いし、これらの強調方法を組み合わせるようにしても良い。また、強調する必要のない文字情報をぼかすことによって、ぼかしていない文字情報を相対的に強調させるようにしても良い。
図14は、ドライバによって承認された運転支援パッケージの内容に関する情報として、文字情報に換えて当該運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作を表すアイコンを表示する例を示した図である。図14では、走行支援機能を持つ運転支援操作の実施が全て許可されている例を示しており、図面が煩雑になるのを防止するため、走行支援機能を持つ運転支援操作を表すアイコンのみを抜粋して記載している。
なお本実施形態において、運転支援操作を表すアイコンとは、運転支援操作の内容を簡単な絵柄で表したものをいう。
図14に示すように、運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作を表すアイコンの一覧を表示することで、文字情報の一覧を表示したときと同様に、ドライバは、運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作が何であるかを、一目で把握することができるようになる。そのため、自動運転中にどのような運転支援操作が行われるのかを予測することが容易となるので、自動運転中にドライバによるオーバーライドが生じるのを抑制でき、自動運転中におけるドライバの違和感を軽減させることができる。また、文字情報と比較して、運転支援操作の内容が絵柄で表されているので、その内容を容易に把握することができる。
なお、文字情報に換えてアイコンを表示する場合も、一時的に表示するようにも良いし、常時表示するにしても良い。また必要に応じて、実施中の運転支援操作のアイコンや、これから実施する運転支援操作のアイコンを強調して表示するようにしても良い。アイコンを強調する方法としては、例えばアイコンの枠線を太線にしたり、アイコンの形状を変更したり(例えば図14に示す略正方形のアイコンの枠線を菱形は円形にする)、アイコンの大きさや色を変更したり、アイコンを点滅させたりする方法が挙げられる。
図15は、電子制御ユニット80が実施する本実施形態による自動運転制御について説明するフローチャートである。電子制御ユニット80は、本ルーチンを所定の演算周期で繰り返し実施する。
ステップS1において、電子制御ユニット80は、車両の運転モードが自動運転モードか否かを判定する。電子制御ユニット80は、車両の運転モードが自動運転モードであれば、ステップS2の処理に進む。一方で電子制御ユニット80は、運転モードが手動運転モードであれば、ステップS10の処理に進む。
ステップS2において、電子制御ユニット80は、周辺環境情報と、自車両情報と、ドライバ情報とに基づいて、運転支援パッケージを決定する。
具体的には電子制御ユニット80は、まず周辺環境情報と、自車両情報と、ドライバ情報とに基づいて、周辺環境状態(本実施形態では気象条件、日照条件、道路種別、及び道路状況)、自車両状態、及びドライバ状態を特定する。
次に電子制御ユニット80は、気象条件に関するパッケージ群の中から現在の気象条件として特定された気象条件の単位パッケージを選択する。例えばステップS2において現在の気象条件が「大雨」であると特定されたときは、電子制御ユニット80は気象条件に関するパッケージ群の中から「大雨」の単位パッケージを選択する。同様にして電子制御ユニット80は、日照条件に関するパッケージ群の中から現在の日照条件として特定された日照条件の単位パッケージを選択し、道路種別に関するパッケージ群の中から現在走行中の道路種別として特定された道路種別の単位パッケージを選択し、道路状況に関するパッケージ群の中から現在の道路状況として特定された道路状況の単位パッケージを選択し、ドライバ状態に関するパッケージ群の中から現在のドライバ状態として特定されたドライバ状態の単位パッケージを選択し、自車両状態に関するパッケージ群の中から現在の自車両状態として特定された自車両状態の単位パッケージを選択する。
最後に電子制御ユニット80は、選択した各単位パッケージを組み合わせることで、運転支援パッケージを決定する。このとき本実施形態では、走行支援機能についてはAND条件で組み合わせ、視界支援機能及び渋滞時支援機能についてはOR条件で組み合わせている。
したがって、走行支援機能の欄の各運転支援操作については、全ての単位パッケージで実施許可(マル)となっている運転支援操作が、運転支援パッケージにおいて実施許可となる。一方で、少なくとも1つの単位パッケージで実施不許可(バツ)となっている運転支援操作が、運転支援パッケージにおいて実施不許可となる。
また、視界支援機能及び渋滞時支援機能の欄の各運転支援操作については、少なくとも1つの単位パッケージで実施許可となっている運転支援操作が、運転支援パッケージにおいて実施許可となる。また、全ての単位パッケージで実施許可となっている運転支援操作も、運転支援パッケージにおいて実施許可となる。一方で、全ての単位パッケージで実施不許可となっている運転支援操作が、運転支援パッケージにおいて実施不許可となる。
このように本実施形態では、走行支援機能についてはAND条件で組み合わせ、視界支援機能及び渋滞時支援機能についてはOR条件で組み合わせているが、その組み合わせ方法は限られるものではなく、必要に応じてAND条件又はOR条件で組み合わせれば良い。また、各機能を全てAND条件で組み合わせても、またOR条件で組み合わせても良い。
ステップS3において、電子制御ユニット80は、ステップS2で決定した運転支援パッケージをドライバに提案する必要があるか否かを判定する。具体的には電子制御ユニット80は、ステップS2で決定した運転支援パッケージが、現在選択されている運転支援パッケージと異なるものであるか否かを判定する。電子制御ユニット80は、ステップS2で決定した運転支援パッケージが現在選択されている運転支援パッケージと異なるものであれば、ステップS4の処理に進む。一方で電子制御ユニット80は、ステップS2で決定した運転支援パッケージが、現在選択されている運転支援パッケージと同じものであれば、ステップS8の処理に進む。
ステップS4において、電子制御ユニット80は、ステップS2で決定した運転支援パッケージへの切り替えを、HMI60を介してドライバに提案する。具体的には電子制御ユニット80は、ステップS2で決定した運転支援パッケージをディスプレイ611に表示すると共に、スピーカ612によって当該運転支援パッケージへの切り替えを提案する。
ここで運転支援パッケージは、各運転支援操作の実施可否を予め一括りにまとめてパッケージ化したものである。そのため、ドライバに運転支援パッケージを提案する際には、例えばタッチパネル上に1つの承認ボタンを表示するなどして、ドライバが一度の操作で運転支援パッケージの切り替えを実行することができるような形態で運転支援パッケージを提案することができる。したがって、ドライバは容易に運転支援パッケージの切り替えを実行することができる。
ステップS5において、電子制御ユニット80は、提案した運転支援パッケージへの切り替えをドライバが承認したか否かを判定する。具体的には電子制御ユニットは、運転支援パッケージを提案してから所定時間が経過するまでの間に、ドライバがHMI60を介して承認の意思を示した場合に、提案した運転支援パッケージへの切り替えをドライバが承認したと判定する。電子制御ユニット80は、提案した運転支援パッケージへの切り替えをドライバが承認したと判定したときは、ステップS6の処理に進む。一方で電子制御ユニット80は、提案した運転支援パッケージへの切り替えをドライバが承認しなかったと判定したときは、ステップS7の処理に進む。
ステップS6において、電子制御ユニット80は、運転支援パッケージをステップS2で決定した運転支援パッケージに切り替える。
ステップS7において、電子制御ユニット80は、現在の運転支援パッケージを維持する。
ステップS8において、電子制御ユニット80は、ドライバによって承認された運転支援パッケージの内容に関する情報を、例えば図11から図14を参照して説明したような各種の提供方法によってディスプレイ611に表示し、ドライバに提供する。
ステップS9において、電子制御ユニット80は、ドライバの承認が得られている運転支援パッケージに基づいて、自動的に車両を制御する。具体的には、運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作が自動的に行われるように、車両を制御する。
ステップS10において、電子制御ユニット80は、運転モードが自動運転モードに切り替えられるまで、全ての運転支援操作の自動実施を停止する。
なお、本実施形態では、周辺環境情報、自車両情報、及びドライバ情報の3つの情報に基づいて運転支援パッケージを決定していたが、必ずしもこれら3つの情報が必要なわけでない。例えば気象条件に関するパッケージ群しか有していない場合であれば、周辺環境情報のみに基づいて運転支援パッケージを決定すればよい。また自車両状態に関するパッケージ群しか有していない場合であれば、自車両情報のみに基づいて運転支援パッケージを決定すればよい。またドライバ状態に関するパッケージ群しか有していない場合であれば、ドライバ情報のみに基づいて運転支援パッケージを決定すればよい。
このように運転支援パッケージは、ROMに記憶されたパッケージ群の種類に応じて、必要な情報に基づき決定すればよいものである。すなわち運転支援パッケージは、ROMに記憶されたパッケージ群の種類に応じて、周辺環境情報、自車両情報、及びドライバ情報の少なくとも1つに基づき決定すればよいものである。
以上説明した本実施形態によれば、自車両の周辺環境状態に関する周辺環境情報を取得するための周辺環境情報取得装置10と、自車両の状態に関する自車両情報を取得するための自車両情報取得装置20と、自車両のドライバの状態に関するドライバ情報を取得するためのドライバ情報取得装置30と、自車両のドライバに情報を提供するための情報提供装置61と、を備える車両を制御する電子制御ユニット80(制御装置)が、複数の運転支援操作の中からドライバによる実施許可を得た運転支援操作を自動的に行う自動運転制御部90を備える。
そして自動運転制御部90が、記周辺環境情報、自車両情報、及びドライバ情報の少なくとも1つに基づいて、複数の運転支援操作のそれぞれの実施可否をパッケージ化した運転支援パッケージを決定するパッケージ決定部91と、運転支援パッケージで実施が許可されている運転支援操作の実施許可を得るために、当該運転支援パッケージへの切り替えをドライバに提案するパッケージ提案部92と、パッケージ提案部92によって提案された運転支援パッケージへの切り替えを、ドライバが承認したか否かを判定する判定部93と、ドライバによって承認された運転支援パッケージの内容に関する情報を、情報提供装置61を介してドライバに提供するパッケージ内容提供部94と、を備えるように構成されている。
これにより、複数の運転支援操作の中からドライバによる実施許可を得た運転支援操作を自動的に行う自動運転を実施する場合において、周辺環境状態、自車両状態、及びドライバ状態が変化したときには、変化した各状態に適した運転支援パッケージをその都度ドライバに提案することができる。ドライバに提案される運転支援パッケージは、各運転支援操作の実施可否が予めパッケージ化されたものなので、ドライバは各運転支援操作の実施可否の設定を行う必要がなくなる。そのため、周辺環境状態、自車両状態、及びドライバ状態に適した自動運転を、ドライバによって簡便に実施させることができる。
さらに、提案した運転支援パッケージをドライバが承認した後は、当該運転支援パッケージの内容に関する情報が情報提供装置61を介してドライバに提供されるので、ドライバは、承認した運転支援パッケージによってどのような運転支援操作が自動的に行われるのかを把握することができる。そのため、自動運転中にどのような運転支援操作が行われるのかを予測することができるので、自動運転中にドライバによるオーバーライドが生じるのを抑制でき、自動運転中におけるドライバの違和感を軽減させることができる。
また本実施形態によれば、情報提供装置61は、情報を表示するためのディスプレイ611を備え、パッケージ内容提供部94は、運転支援パッケージの内容に関する情報として、運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作の文字情報、又は当該運転支援操作を表すアイコンをディスプレイ611に表示するように構成されている。
これによりドライバは、運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作が何であるかを、一目で文字情報又はアイコンから把握することができる。そのため、自動運転中にどのような運転支援操作が行われるのかを容易に予測することができる。運転支援パッケージの内容に関する情報として、運転支援操作を表すアイコンを表示するようにした場合には、アイコンは文字情報と比較して運転支援操作の内容が絵柄で表されているので、その内容を容易に把握することができる。
また本実施形態によれば、によれば、パッケージ内容提供部94は、運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作の文字情報、又は当該運転支援操作を表すアイコンをディスプレイ611に常時表示するように構成されている。
これによりドライバは、運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作が何であるかを、いつでも一目で文字情報から確認することができる。そのため、例えばドライバがタッチパネルに触れた場合など、ドライバによる表示要求があったときにディスプレイ611に一時的に表示する場合と比べて、確認する際にタッチパネルの操作などの余計な動作が不要となる。
また本実施形態によれば、パッケージ内容提供部94は、運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作のうち、実施中の運転支援操作の文字情報、又は当該運転支援操作を表すアイコンを強調するように構成されている。
これによりドライバは、実施が許可されている運転支援操作に加え、実施中の運転支援操作が何であるかを一目で把握することができる。そのため、次にどのような運転支援操作が行わるのかを、実施中の運転支援操作以外の運転支援操作から予測することができる。したがって、次にどのような運転支援操作が行われるのかを一層容易に予測することができるので、自動運転中におけるドライバの違和感を一層軽減させることができる。
また本実施形態によれば、パッケージ内容提供部94は、運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作のうち、実施を開始する運転支援操作の文字情報、又は当該運転支援操作を表すアイコンを、その実施開始前に強調してディスプレイ611に表示するように構成されている。
これによりドライバは、これから実施する運転支援操作を事前に把握することができる。そのため、次にどのような運転支援操作が行われるのかを事前に把握できるので、各運転支援操作がドライバにとって唐突に行われるのを抑制でき、自動運転中におけるドライバの違和感を軽減させることができる。
また本実施形態によれば、パッケージ内容提供部94は、運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作のうち、実施中の運転支援操作の文字情報、又は当該運転支援操作を表すアイコンを第1の強調方法で強調すると共に、実施を開始する運転支援操作の文字情報、又は当該運転支援操作を表すアイコンを、その実施開始前に第1の強調方法とは異なる第2の強調方法で強調するように構成されている。
これによりドライバは、実施中の運転支援操作と、これから実施する運転支援操作と、を一目で容易に区別して把握することができる。
また本実施形態によれば、自動運転制御部90は、判定部93が運転支援パッケージへの切り替えをドライバが承認したと判定した場合に、当該運転支援パッケージで実施が許可されている運転支援操作を自動的に行うように構成されている。
これによりドライバは、提案された運転支援パッケージに基づいて自動運転が実施されるようにするか否か、すなわち、提案された運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作のみが行われるようにするか否かを、自分の意思で決定することができる。そのため、ドライバの意思を反映させた自動運転を実施することができ、ドライバにとって好ましくない運転支援操作が実施されるのを抑制できる。
またまた本実施形態によれば、パッケージ提案部92は、ドライバが一度の操作で運転支援パッケージの切り替えを実行できるような形態で、当該運転支援パッケージへの切り替えをドライバに提案するように構成されている。
これによりドライバは、運転支援パッケージの切り替えを容易に実行することができる。そのためドライバは、周辺環境状態、自車両状態、及びドライバ状態に適した自動運転を、より一層簡便に実施させることができる。
(第2実施形態)
次に、図16から図20を参照して、本発明の第2実施形態について説明する。本実施形態は、ドライバによって承認された運転支援パッケージの内容に関する情報として、当該運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作に対応する画像情報を表示する点で、第1実施形態と相違する。以下、その相違点を中心に説明する。
図16から図20は、ドライバによって承認された運転支援パッケージの内容に関する情報として、文字情報に加えて当該運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作に対応する画像情報を表示する例をそれぞれ示した図である。図16から図20では、走行支援機能を持つ運転支援操作の実施が全て許可されている例を示しており、図面が煩雑になるのを防止するため、走行支援機能を持つ運転支援操作に関する情報(文字情報及び画像情報)のみを抜粋して記載している。
図16に示すように、本実施形態では、ドライバによって承認された運転支援パッケージの内容に関する情報として、文字情報に加えて当該運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作に対応する画像情報を常時表示している。
なお本実施形態において、運転支援操作に対応する画像情報とは、文字情報だけでは伝えにくい運転支援操作の動作を直感的に認識できるような画像情報のことをいう。
図16では、運転支援操作に対応する画像情報を破線で示し、自車両を太実線で示している。車間距離制御に対応する画像情報の例としては、自車両の前方に表示される先行車101の画像などが挙げられる。車線追従制御に対応する画像情報の例としては、自車両の走行レーン上に表示される進行方向を示す矢印102などが挙げられる。自動車線変更に対応する画像情報の例としては、自車両の走行レーンから隣接レーンに向かって延びる矢印103などが挙げられる。自動追越に対応する画像情報の例としては、先行車を追い越すように自車両の隣接レーンから走行レーンに向かって延びる矢印104などが挙げられる。自動分流に対応する画像情報の例としては、自車両の走行レーンから分岐レーンに向かって延びる矢印105などが挙げられる。自動合流に対応する画像情報の例としては、合流レーンから走行レーンに向かって延びる矢印106などが挙げられる。なお、自動分流や自動合流に関する画像情報などは、自車両が分流地点や合流地点の近傍まで走行してきた段階で表示するようにしても良い。
このように、運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作に対応する画像情報を表示することで、ドライバは、運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作によって自車両がどのような動きをするのかを、一目で容易に把握することができる。そのため、自動運転中にどのような運転支援操作が行われるのかを一層容易に予測することができる。
また図17に示すように、運転支援操作に対応する画像情報を表示する際には、実施中の運転支援操作に対応する画像情報を強調して表示することもできる。図17では、実施中の運転支援操作(この例では車間距離制御と車線追従制御)に対応する画像情報101,102を細実線にして強調する例を示している。
このように、実施中の運転支援操作に対応する画像情報を強調して表示することで、ドライバは、実施中の運転支援操作の動作を一目で容易に把握することができる。
また図18に示すように、運転支援操作に対応する画像情報を表示する際には、これから実施する運転支援操作に対応する画像情報を、その実施開始前に一時的に強調して表示することもできる。図18では、実施中の運転支援操作(この例では車間距離制御と車線追従制御)に対応する画像情報101,102を細実線にして強調すると共に、これから実施する運転支援操作(この例では自動車線変更)に対応する画像情報103を一時的に点滅させて強調する例を示している。なお図示はしないが、これから実施する運転支援操作に対応する画像情報のみを強調しても良い。
このように、これから実施する運転支援操作に対応する画像情報を、その実施開始前に一時的に強調して表示することで、ドライバは、これから実施する運転支援操作の動作を一目で容易に把握することができる。
また図19に示すように、運転支援操作に対応する画像情報を表示する際には、基本的に実施中の運転支援操作に対応する画像情報のみを常時表示し、これから実施する運転支援操作に対応する画像情報を、その実施開始前に一時的に表示することもできる。図19では、実施中の運転支援操作(この例では車間距離制御と車線追従制御)に対応する画像情報101,102を細実線で常時表示し、これから実施する運転支援操作(この例では自動車線変更)に対応する画像情報103を一時的に点滅させながら表示する例を示している。
これにより、ディスプレイ611に表示する情報の量を抑えることができる。そのためドライバは、実施中の運転支援操作の動作と、これから実施する運転支援操作の動作と、を一目で一層容易に把握することができる。したがって、次にどのような運転支援操作が行われるのかを予測することが一層容易になると共に、次にどのような運転支援操作が行われるのかを事前に容易に把握することができる。
なお、図18や図19に示す例のように、実施中の運転支援操作に対応する画像情報と、これから実施する運転支援操作に対応する画像情報と、をそれぞれ強調又は表示する場合には、実施中の運転支援操作に対応する画像情報の強調方法又は表示方法(今回の例では細実線)とは異なる強調方法又は表示方法(今回の例では点滅)で、これから実施する運転支援操作に対応する画像情報を強調又は表示することが望ましい。このようにすることで、ドライバは、実施中の運転支援操作の動作と、これから実施する運転支援操作の動作と、を一目で容易に区別して把握することができる。
また図20に示すように、運転支援操作に対応する画像情報を表示する際には、これから実施する運転支援操作に対応する画像情報のみを、その実施開始前に一時的に表示することもできる。図20では、これから実施する運転支援操作(この例では自動車線変更)に対応する画像情報103のみを、その実施開始前に一時的に点滅させながら表示する例を示している。
このように、これから実施する運転支援操作に対応する画像情報のみを表示することで、ドライバに提供する情報の量を抑えることができる。そのためドライバは、これから実施する運転支援操作の動作を一目で一層容易に把握することができる。
なお、運転支援操作に対応する画像情報の表示方法及び強調方法は、上記のように画像情報を破線又は実線にしたり、点滅させたりする方法に限られるものではない。例えばこれ以外にも、画像情報の大きさや色を変更しても良いし、これらの強調方法を組み合わせるようにしても良い。
以上説明した本実施形態によれば、自動運転制御部90のパッケージ内容提供部94が、運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作に対応する画像情報をディスプレイ611に表示するように構成されている。
これによりドライバは、運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作によって自車両がどのような動きをするのかを、一目で容易に把握することができる。そのため、自動運転中にどのような運転支援操作が行われるのかを一層容易に予測することができる。
また本実施形態によれば、パッケージ内容提供部94は、運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作のうち、実施中の運転支援操作に対応する画像情報を強調するように構成されている。
これによりドライバは、実施中の運転支援操作の動作を一目で容易に把握することができる。
また本実施形態によれば、パッケージ内容提供部94は、運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作のうち、実施を開始する運転支援操作に対応する画像情報を、その実施開始前に一時的に強調するように構成されている。
これによりドライバは、これから実施する運転支援操作の動作を一目で容易に把握することができる。
また本実施形態によれば、パッケージ内容提供部94は、運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作のうち、実施中の運転支援操作に対応する画像情報を第1の強調方法で強調すると共に、実施を開始する運転支援操作に対応する画像情報を、その実施開始前に第1の強調方法とは異なる第2の強調方法で一時的に強調するように構成されている。
これによりドライバは、実施中の運転支援操作の動作と、これから実施する運転支援操作の動作と、を一目で容易に区別して把握することができる。
また本実施形態によれば、パッケージ内容提供部94は、運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作のうち、実施中の運転支援操作に対応する画像情報のみをディスプレイ611に常時表示するように構成されている。
これにより、ディスプレイ611に表示する情報の量を抑えることができる。そのためドライバは、実施中の運転支援操作の動作を、一目で一層容易に把握することができる。したがって、次にどのような運転支援操作が行われるのかを予測することが一層容易になる。
また本実施形態によれば、パッケージ内容提供部94は、運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作のうち、実施を開始する運転支援操作に対応する画像情報を、その実施開始前に一時的にディスプレイ611に表示するように構成されている。
これにより、ディスプレイ611に表示する情報の量を抑えることができる。そのためドライバは、これから実施する運転支援操作の動作を一目で一層容易に把握することができる。したがって、次にどのような運転支援操作が行われるのかを事前に容易に把握することができる。
また本実施形態によれば、パッケージ内容提供部94は、運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作のうち、実施中の運転支援操作に対応する画像情報を第1の表示方法でディスプレイ611に表示すると共に、実施を開始する運転支援操作に対応する画像情報を、その実施開始前に第1の表示方法とは異なる第2の表示方法で一時的にディスプレイ611に表示するように構成されている。
これによりディスプレイ611に表示する情報の量を抑えることができると共に、ドライバは、実施中の運転支援操作の動作と、これから実施する運転支援操作の動作と、を一目で容易に区別して把握することができる。
(第3実施形態)
次に、図21を参照して、本発明の第3実施形態について説明する。本実施形態は、運転支援パッケージの内容に関する情報として、運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作の内容を、当該運転支援パッケージへの切り替えをドライバが承認したときに、スピーカ612を介して音声によってドライバに提供する点で、第1実施形態及び第2実施形態と相違する。以下、この相違点を中心に説明する。
図15は、電子制御ユニット80が実施する本実施形態による自動運転制御について説明するフローチャートである。電子制御ユニット80は、本ルーチンを所定の演算周期で繰り返し実施する。
ステップS1からステップS10までの処理は第1実施形態と同様なので、ここでは説明を省略する。
ステップS31において、電子制御ユニット80は、ドライバによって承認された運転支援パッケージの内容に関する情報を、スピーカ612を介して音声によってドライバに提供する。具体的には、ドライバによって承認された運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作の内容を、スピーカ612を介して音声によってドライバに提供する。
このように本実施形態によれば、情報提供装置61は、音を発生させるためのスピーカ612を備え、自動運転制御部90のパッケージ内容提供部94が、運転支援パッケージの内容に関する情報として、前記運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作を、当該運転支援パッケージへの切り替えをドライバが承認したときに、スピーカ612を介して音声によってドライバに提供するように構成されている。
そのためドライバは、運転支援パッケージが切り替えられたときに、ディスプレイ611を見なくても、運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作の内容を把握することができる。
以上、本発明の実施形態について説明したが、上記実施形態は本発明の適用例の一部を示したに過ぎず、本発明の技術的範囲を上記実施形態の具体的構成に限定する趣旨ではない。
例えば上記の各実施形態では、各単位パッケージを組み合わせることで、運転支援パッケージを作成していたが、予め組み合わせたものから運転支援パッケージを選択するようにしても良い。
また上記の第2実施形態において、運転支援操作の文字情報と、運転支援操作に対応する画像情報と、をディスプレイ611に表示するようにしていたが、文字情報に換えてアイコンをディスプレイ611に表示するようにしても良い。
また上記の各実施形態を適宜組み合わせても良い。
1 自車両
10 周辺環境情報取得装置
20 自車両情報取得装置
30 ドライバ情報取得装置
61 情報提供装置
611 ディスプレイ
612 スピーカ
80 電子制御ユニット(制御装置)
90 自動運転制御部
91 パッケージ決定部
92 パッケージ提案部
93 判定部
94 パッケージ内容提供部

Claims (16)

  1. 自車両の周辺環境状態に関する周辺環境情報を取得するための周辺環境情報取得装置と、
    自車両の状態に関する自車両情報を取得するための自車両情報取得装置と、
    自車両のドライバの状態に関するドライバ情報を取得するためのドライバ情報取得装置と、
    自車両のドライバに情報を提供するための情報提供装置と、
    を備える車両を制御する車両の制御装置であって、
    複数の運転支援操作の中からドライバによる実施許可を得た運転支援操作を自動的に行う自動運転制御部を備え、
    前記自動運転制御部は、
    前記周辺環境情報、前記自車両情報、及び前記ドライバ情報の少なくとも1つに基づいて、前記複数の運転支援操作のそれぞれの実施可否をパッケージ化した運転支援パッケージを決定するパッケージ決定部と、
    前記運転支援パッケージで実施が許可されている運転支援操作の実施許可を得るために、当該運転支援パッケージへの切り替えをドライバに提案するパッケージ提案部と、
    前記パッケージ提案部によって提案された前記運転支援パッケージへの切り替えを、ドライバが承認したか否かを判定する判定部と、
    ドライバによって承認された前記運転支援パッケージの内容に関する情報を、前記情報提供装置を介してドライバに提供するパッケージ内容提供部と、
    を備える車両の制御装置。
  2. 前記情報提供装置は、情報を表示するためのディスプレイを備え、
    前記パッケージ内容提供部は、
    前記運転支援パッケージの内容に関する情報として、前記運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作の文字情報、又は当該運転支援操作を表すアイコンを前記ディスプレイに表示する、
    請求項1に記載の車両の制御装置。
  3. 前記パッケージ内容提供部は、
    前記運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作の文字情報、又は当該運転支援操作を表すアイコンを前記ディスプレイに常時表示する、
    請求項2に記載の車両の制御装置。
  4. 前記パッケージ内容提供部は、
    前記運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作のうち、実施中の運転支援操作の文字情報、又は当該運転支援操作を表すアイコンを強調する、
    請求項2又は請求項3に記載の車両の制御装置。
  5. 前記パッケージ内容提供部は、
    前記運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作のうち、実施を開始する運転支援操作の文字情報、又は当該運転支援操作を表すアイコンを、その実施開始前に一時的に強調する、
    請求項2から請求項4までのいずれか1つに記載の車両の制御装置。
  6. 前記パッケージ内容提供部は、
    前記運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作のうち、実施中の運転支援操作の文字情報、又は当該運転支援操作を表すアイコンを第1の強調方法で強調すると共に、
    実施を開始する運転支援操作の文字情報、又は当該運転支援操作を表すアイコンを、その実施開始前に前記第1の強調方法とは異なる第2の強調方法で一時的に強調する、請求項2又は請求項3に記載の車両の制御装置。
  7. 前記パッケージ内容提供部は、
    前記運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作に対応する画像情報を前記ディスプレイに表示する、
    請求項2から請求項6までのいずれか1つに記載の車両の制御装置。
  8. 前記パッケージ内容提供部は、
    前記運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作のうち、実施中の運転支援操作に対応する画像情報を強調する、
    請求項7に記載の車両の制御装置。
  9. 前記パッケージ内容提供部は、
    前記運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作のうち、実施を開始する運転支援操作に対応する画像情報を、その実施開始前に一時的に強調する、
    請求項7又は請求項8に記載の車両の制御装置。
  10. 前記パッケージ内容提供部は、
    前記運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作のうち、実施中の運転支援操作に対応する画像情報を第1の強調方法で強調すると共に、
    実施を開始する運転支援操作に対応する画像情報を、その実施開始前に前記第1の強調方法とは異なる第2の強調方法で一時的に強調する、
    請求項7に記載の車両の制御装置。
  11. 前記パッケージ内容提供部は、
    前記運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作のうち、実施中の運転支援操作に対応する画像情報のみを前記ディスプレイに常時表示する、
    請求項7に記載の車両の制御装置。
  12. 前記パッケージ内容提供部は、
    前記運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作のうち、実施を開始する運転支援操作に対応する画像情報を、その実施開始前に一時的に前記ディスプレイに表示する、
    請求項7又は請求項8に記載の車両の制御装置。
  13. 前記パッケージ内容提供部は、
    前記運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作のうち、実施中の運転支援操作に対応する画像情報を第1の表示方法で前記ディスプレイに表示すると共に、
    実施を開始する運転支援操作に対応する画像情報を、その実施開始前に前記第1の表示方法とは異なる第2の表示方法で一時的に前記ディスプレイに表示する、
    請求項7に記載の車両の制御装置。
  14. 前記情報提供装置は、音を発生させるためのスピーカを備え、
    前記パッケージ内容提供部は、
    前記運転支援パッケージの内容に関する情報として、前記運転支援パッケージの中で実施が許可されている運転支援操作を、当該運転支援パッケージへの切り替えをドライバが承認したときに、前記スピーカを介して音声によってドライバに提供する、
    請求項1から請求項13までのいずれか1つに記載の車両の制御装置。
  15. 前記自動運転制御部は、
    前記判定部が前記運転支援パッケージへの切り替えをドライバが承認したと判定した場合に、当該運転支援パッケージで実施が許可されている運転支援操作を自動的に行う、
    請求項1から請求項14までのいずれか1つに記載の車両の制御装置。
  16. 前記パッケージ提案部は、
    ドライバが一度の操作で前記運転支援パッケージの切り替えを実行できるような形態で、当該運転支援パッケージへの切り替えをドライバに提案する、
    請求項1から請求項15までのいずれか1つに記載の車両の制御装置。
JP2016051554A 2016-03-15 2016-03-15 車両の制御装置 Active JP6460019B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2016051554A JP6460019B2 (ja) 2016-03-15 2016-03-15 車両の制御装置

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2016051554A JP6460019B2 (ja) 2016-03-15 2016-03-15 車両の制御装置
US15/421,868 US10099692B2 (en) 2016-03-15 2017-02-01 Control system for vehicle

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2017167758A JP2017167758A (ja) 2017-09-21
JP6460019B2 true JP6460019B2 (ja) 2019-01-30

Family

ID=59855331

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2016051554A Active JP6460019B2 (ja) 2016-03-15 2016-03-15 車両の制御装置

Country Status (2)

Country Link
US (1) US10099692B2 (ja)
JP (1) JP6460019B2 (ja)

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6447468B2 (ja) * 2015-11-17 2019-01-09 株式会社デンソー 運転支援装置
JP2017200786A (ja) * 2016-05-02 2017-11-09 本田技研工業株式会社 車両制御システム、車両制御方法、および車両制御プログラム
EP3566921A1 (en) * 2017-12-27 2019-11-13 The Hi-Tech Robotic Systemz Ltd Providing relevant alerts to a driver of a vehicle
DE102018212401B3 (de) 2018-07-25 2019-12-24 Volkswagen Aktiengesellschaft Verfahren und System zum automatischen Erkennen eines Ankuppelmanövers eines Kraftfahrzeugs an einen Anhänger

Family Cites Families (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3225806B2 (ja) 1995-09-22 2001-11-05 三菱自動車工業株式会社 自動運転装置
JP3621569B2 (ja) 1997-09-25 2005-02-16 本田技研工業株式会社 車両の自動走行制御システム
JP2007196854A (ja) * 2006-01-26 2007-08-09 Nissan Motor Co Ltd 運転支援装置および運転支援方法
JP4432929B2 (ja) * 2006-04-25 2010-03-17 トヨタ自動車株式会社 駐車支援装置及び駐車支援方法
JP5445852B2 (ja) * 2010-03-01 2014-03-19 アイシン精機株式会社 駐車支援装置
US8260482B1 (en) 2010-04-28 2012-09-04 Google Inc. User interface for displaying internal state of autonomous driving system
JP2012207974A (ja) 2011-03-29 2012-10-25 Toyota Motor Corp 記号表示手段
JP2014021767A (ja) * 2012-07-19 2014-02-03 Toyota Motor Corp 緊急退避装置
DE102013102087A1 (de) * 2013-03-04 2014-09-04 Conti Temic Microelectronic Gmbh Verfahren zum Betrieb eines Fahrerassistenzsystems eines Fahrzeugs
KR101518894B1 (ko) * 2013-07-11 2015-05-11 현대자동차 주식회사 운전자 보조 시스템의 경고 기준 설정 방법
DE102013013539A1 (de) * 2013-08-14 2015-02-19 GM Global Technology Operations, LLC (n.d. Ges. d. Staates Delaware) Fahrerassistenzsystem und Verfahren zum Betreiben eines Fahrerassistenzsystems
JP5844330B2 (ja) * 2013-10-04 2016-01-13 本田技研工業株式会社 駐車支援装置
JP6537780B2 (ja) * 2014-04-09 2019-07-03 日立オートモティブシステムズ株式会社 走行制御装置、車載用表示装置、及び走行制御システム
JP6348357B2 (ja) 2014-07-09 2018-06-27 株式会社デンソーテン 情報提供装置、通信システム及び情報提供方法

Also Published As

Publication number Publication date
US10099692B2 (en) 2018-10-16
JP2017167758A (ja) 2017-09-21
US20170267241A1 (en) 2017-09-21

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6354776B2 (ja) 車両の制御装置
JP6418199B2 (ja) 車両の自動運転システム
JP6460019B2 (ja) 車両の制御装置
KR20180051503A (ko) 운전 보조를 제공하는 시스템 및 방법
JP4855158B2 (ja) 運転支援装置
JP6252304B2 (ja) 車両用認知通知装置、車両用認知通知システム
JP6460058B2 (ja) 車両の制御装置
JP2017185946A (ja) 車両の自動運転システム
JP2008037167A (ja) 車両用情報表示装置
US10933745B2 (en) Display control apparatus, display apparatus, and display control method
US10254539B2 (en) On-vehicle device, method of controlling on-vehicle device, and computer-readable storage medium
JP6790522B2 (ja) 車両の制御装置
JP2018136700A (ja) 車両の制御装置
JP6720732B2 (ja) 車両の制御装置
US11008016B2 (en) Display system, display method, and storage medium
JP2018116429A (ja) 車両の制御装置
JP6701913B2 (ja) 車両の制御装置
JP6772527B2 (ja) 車両の制御装置
JP6658358B2 (ja) 車両の制御装置
JP2019188867A (ja) 車両の制御装置
WO2021006060A1 (ja) 表示制御装置および表示制御プログラム
JP2018185555A (ja) 車両の制御装置
JP2021049968A (ja) 表示制御装置および表示制御プログラム
US20210146962A1 (en) Vehicle control system, vehicle control method, and vehicle control program
JP2019087874A (ja) 車両の制御装置

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20180314

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20180424

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20181204

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20181217

R151 Written notification of patent or utility model registration

Ref document number: 6460019

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R151