JP6428785B2 - 自動洗浄機能を有する洗濯機の凝集装置および洗濯機 - Google Patents

自動洗浄機能を有する洗濯機の凝集装置および洗濯機 Download PDF

Info

Publication number
JP6428785B2
JP6428785B2 JP2016554669A JP2016554669A JP6428785B2 JP 6428785 B2 JP6428785 B2 JP 6428785B2 JP 2016554669 A JP2016554669 A JP 2016554669A JP 2016554669 A JP2016554669 A JP 2016554669A JP 6428785 B2 JP6428785 B2 JP 6428785B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
filtration
water
washing
container
aggregating
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2016554669A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2017514540A (ja
Inventor
許升
李海涛
▲トウ▼金柱
呂艶芬
Original Assignee
海爾集団公司
青島海爾洗衣机有限公司QingDao Haier Washing Machine Co.,Ltd.
青島海爾洗衣机有限公司
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to CN201410118981.XA priority Critical patent/CN104947384B/zh
Priority to CN201410119225.9A priority patent/CN104947385B/zh
Priority to CN201410118981.X priority
Priority to CN201410119225.9 priority
Application filed by 海爾集団公司, 青島海爾洗衣机有限公司QingDao Haier Washing Machine Co.,Ltd., 青島海爾洗衣机有限公司 filed Critical 海爾集団公司
Priority to PCT/CN2014/079776 priority patent/WO2015143785A1/zh
Publication of JP2017514540A publication Critical patent/JP2017514540A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6428785B2 publication Critical patent/JP6428785B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • DTEXTILES; PAPER
    • D06TREATMENT OF TEXTILES OR THE LIKE; LAUNDERING; FLEXIBLE MATERIALS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • D06FLAUNDERING, DRYING, IRONING, PRESSING OR FOLDING TEXTILE ARTICLES
    • D06F39/00Details of washing machines not specific to a single type of machines covered by groups D06F9/00 - D06F27/00 
    • D06F39/10Filtering arrangements
    • DTEXTILES; PAPER
    • D06TREATMENT OF TEXTILES OR THE LIKE; LAUNDERING; FLEXIBLE MATERIALS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • D06FLAUNDERING, DRYING, IRONING, PRESSING OR FOLDING TEXTILE ARTICLES
    • D06F39/00Details of washing machines not specific to a single type of machines covered by groups D06F9/00 - D06F27/00 
    • D06F39/006Recovery arrangements, e.g. for the recovery of energy or water
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D37/00Processes of filtration
    • B01D37/03Processes of filtration using flocculating agents
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C02TREATMENT OF WATER, WASTE WATER, SEWAGE, OR SLUDGE
    • C02FTREATMENT OF WATER, WASTE WATER, SEWAGE, OR SLUDGE
    • C02F1/00Treatment of water, waste water, or sewage
    • C02F1/001Processes for the treatment of water whereby the filtration technique is of importance
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C02TREATMENT OF WATER, WASTE WATER, SEWAGE, OR SLUDGE
    • C02FTREATMENT OF WATER, WASTE WATER, SEWAGE, OR SLUDGE
    • C02F1/00Treatment of water, waste water, or sewage
    • C02F1/52Treatment of water, waste water, or sewage by flocculation or precipitation of suspended impurities
    • DTEXTILES; PAPER
    • D06TREATMENT OF TEXTILES OR THE LIKE; LAUNDERING; FLEXIBLE MATERIALS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • D06FLAUNDERING, DRYING, IRONING, PRESSING OR FOLDING TEXTILE ARTICLES
    • D06F39/00Details of washing machines not specific to a single type of machines covered by groups D06F9/00 - D06F27/00 
    • D06F39/08Liquid supply or discharge arrangements
    • D06F39/083Liquid discharge or recirculation arrangements
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C02TREATMENT OF WATER, WASTE WATER, SEWAGE, OR SLUDGE
    • C02FTREATMENT OF WATER, WASTE WATER, SEWAGE, OR SLUDGE
    • C02F2307/00Location of water treatment or water treatment device
    • C02F2307/12Location of water treatment or water treatment device as part of household appliances such as dishwashers, laundry washing machines or vacuum cleaners

Description

本発明は洗濯機の循環水処理設備に関し、具体的に凝集方式を採用した洗濯機の循環節水設備であり、特に自動洗浄機能を有する洗濯機の凝集装置および洗濯機である。
人々の生活レベルの向上に伴い、洗濯機はすでに人々の日常生活において主要な家電の1つとなっている。洗濯機の衣類洗浄過程は、主に洗濯、すすぎ、脱水の数段階を含み、洗濯段階で洗濯機は取水し、洗剤で衣類を洗濯する。すすぎ段階に入ると、汚れおよび残った洗剤を洗い落とすために、より多くの水を取水するか、またはすすぎ回数をより多くして衣類をすすぐ必要があり、これは必然的に大量の水資源を消費する。たとえ節水のドラム式洗濯機であっても、衣類をすすぐために、少なくとも2回すすぐ必要があり、この過程で少なくとも30L以上の水道水を消費する。時には、衣類の汚れが比較的少ないか、または投入する洗剤が比較的少なく、2回できれいにすすぐことができるが、ユーザが3回のすすぎを選択することにより、必然的に水資源の浪費が引き起こされる。例えば6Kgの全自動洗濯機は、一般的に2回のすすぎを行うと、基本的に100リットル前後の水を使用する。いかにして衣類を洗浄するのと同時に、節水節電を行うかということは、常に消費者が関心を寄せる焦点の1つである。
現在まで、家庭用洗濯機に組み合わせて使用する、水の浄化および循環利用装置はいまだない。たとえいわゆる節水機能を備えた洗濯機であっても、一般的に洗濯機の側部に貯水タンクを取り付け、水ポンプを使用して注水および排水を行う。一般的に1回の注水ですすぎを3回行うことができ、節水機能を示すものである。しかし、洗濯後の水を保存することができず、さらに洗濯機本体の構造を複雑、膨大にし、輸送、回収処理などに不利である。体積、構造および適応性などの面の制限により、洗濯機が元々有する機能および節水タンク自体の機能に影響を及ぼしている。既存の洗濯機の方式を基に、より良好に水資源の節約を行うため、多くのメーカが多くの研究開発を行っている。
既存の水循環機能を備えた洗濯機は、糸くずをろ過する、洗濯を均一にする、またはオゾン、重金属イオンを添加して殺菌する、などの作用を示すのみである。水の消費量を改善することができず、洗浄についての根本的な向上はない。
衣類洗浄水の循環利用について、関連する特許文献を調べると、例えば中国特許出願番号第200810072420.5号の「洗濯機の循環水使用節水装置」は、衣類洗浄水を1つの水槽内に送り込み、浄化処理を行う。該発明では、1回目の衣類洗浄水は浄化せずに直接排出し、2回目、3回目のすすぎ水を浄化処理した後、後に次回の衣類洗浄時に使用する。
上記技術における「循環水使用技術」は、すすぎ水を浄化後に使用する。該技術は、1回目の衣類洗浄水(初回の洗濯水)を循環利用することができない。浄化後の水を後に次回の衣類洗浄でも使用するものであり、進行中の衣類洗浄に使用することはできない。
出願番号第03256181.4号の中国特許は、節水洗濯機を開示している。洗濯槽の出水口の前に初期ろ過装置が設けられ、さらに貯水槽が設けられ、貯水槽の底部に凝集タンクが設けられる。凝集タンクの上方にろ過装置が設けられ、凝集タンクは管路を介して洗濯槽と通じる。凝集タンクはさらに汚水排出口を有し、管路にポンプが設けられる。
上記構造の凝集タンクは洗浄機能を有さないため、長時間使用すると、タンクの壁に凝集状の汚れが付着し、細菌が繁殖する。
このことを考慮して、特に本発明を示す。
中国特許出願番号第200810072420.5号 中国特許出願番号第03256181.4号
本発明が解決しようとする技術的問題は、既存技術の不足を克服し、構造が簡単な、自動洗浄機能を有する洗濯機の凝集装置を提供することである。
本発明のもう1つの目的は、該凝集装置を有する洗濯機を提供することである。
上記技術的問題を解決するため、本発明が採用する技術案の基本的構想は次の通りである。自動洗浄機能を有する洗濯機の凝集装置は、凝集容器および撹拌機構を含み、凝集容器の内壁を洗い流し、洗浄する洗浄機構をさらに含む。該洗浄機構は放水インペラと、放水インペラを回転させる駆動モータとを含み、放水インペラにより、取水を凝集容器の内壁に放ち、洗浄する。
さらに、前記撹拌機構は、凝集容器の外部に取り付けられる撹拌モータと、凝集容器の内部に延伸する撹拌軸と、撹拌軸に取り付けられる撹拌インペラとを含む。
さらに、前記駆動モータは前記撹拌モータであり、前記放水インペラは撹拌軸に同軸に取り付けられ、撹拌モータと撹拌インペラとの間に位置する。撹拌インペラは撹拌軸の底端に取り付けられ、放水インペラは撹拌軸の撹拌モータに近い位置に取り付けられる。取水して凝集容器を洗浄するとき、撹拌モータは高速で放水インペラを回転させる。放水インペラの回転遠心力の作用により、取水を一定速度で凝集容器の内壁に放ち、洗浄する。放水範囲を拡大するため、撹拌モータを制御して様々な回転速度で段階的に動作させる。
さらに、前記撹拌インペラの湾曲方向は、凝集過程における撹拌インペラの回転方向と反対である。該撹拌インペラの構造は、水流をかき回して凝集剤の溶解を速めることも、水流が大きすぎて凝集物がばらばらになるのを防止することもできる。
本発明の前記凝集装置は、凝集剤を撹拌する過程では、撹拌モータが撹拌インペラを撹拌インペラの湾曲方向と反対の方向に回転させる。凝集容器の内壁を洗浄する過程では、撹拌モータが撹拌インペラを撹拌インペラの湾曲方向と同じ方向に回転させる。放水インペラは撹拌インペラと同じ撹拌軸に取り付けられるため、このとき放水インペラは取水を凝集容器の内壁に放ち、洗浄する。撹拌インペラの構造によって、水流を大きくかき回して洗浄することができ、該かき回す効果は、凝集過程におけるかき回す効果と完全に相反する。該洗浄過程における撹拌モータの回転速度は、凝集剤の撹拌過程における撹拌モータの回転速度より速い。
さらに、前記放水インペラは、回転テーブルと、回転テーブルの上表面に設けられるブレードとを含む。ブレードは回転テーブルの中心から外周方向に延伸し、各2つの隣接するブレードは回転テーブルの上表面を、放水を行う複数の扇形領域に仕切る。
さらに、前記放水インペラの回転テーブルの上表面に、回転テーブルの中心と同心の環状遮断リブがさらに設けられ、ブレードの一端は環状遮断リブから外周方向に延伸する。複数組のブレードは、環状遮断リブの外部領域を複数の小さい領域に仕切る。放水時に分散した水流を利用することにより、水流は4つの周壁に均等に放たれる。
さらに、前記凝集容器に取水口、凝集剤投入口、凝集出水口および汚水排出口が設けられる。凝集容器底部の内表面は傾斜面であり、汚水排出口は傾斜面のより低い一側の近くに設けられ、凝集容器を洗浄した汚水を排出するのに有利である。
さらに、前記凝集容器に水誘導溝が設けられ、一端は凝集容器取水口に通じ、もう一端は放水インペラの上方に延伸し、水誘導溝から放水インペラの扇形領域に出水される。好ましくは、水誘導溝の出水方向は、回転テーブルにおける環状遮断リブの外部領域上方であり、該構造は取水を均等に放出するのにより有利である。
さらに、前記凝集容器に少なくとも1つの溢水口が設けられ、好ましくは2つの溢水口が設けられる。このうち1つの溢水口は凝集容器の側部上方に設けられ、もう1つの溢水口は凝集容器頂部に設けられる。凝集容器取水口は三方管と通じ、三方管の他の2つの口は、1つが取水と通じ、三方管の側部に位置する。もう1つは前記凝集容器頂部に設けられる溢水口であり、三方管の上部に位置する。該構造は側部の溢水口が詰まったとき、進入した水が頂部の溢水口から直接排出されるのを防止する。
さらに、前記凝集容器は上部が開口した箱体と、箱体の開口を覆う上蓋とを含む。上蓋に取水口および凝集剤投入口が設けられ、駆動モータは上蓋に取り付けられる。上蓋の下表面に、駆動モータ軸の周囲に対応して環状リブが設けられる。
本発明は、凝集容器の上蓋の下表面に、駆動モータ軸の周囲に対応して、半分が閉ざされた空洞を形成する環状リブが設けられる。凝集容器に連続して取水されるとき、空洞に圧縮された空気室を形成することができる。すなわち空気による密封を実現することができ、凝集容器の水がモータ軸の周辺から溢れるのを防止する。
本発明の前記洗濯機は洗濯機外槽を含み、管路を介して順番に外槽、凝集装置、ろ過装置から再び外槽まで循環して通じる。このうち、
凝集装置は、外槽と通じる凝集容器と、凝集容器内に凝集剤を投入する凝集剤投入器とを含み、外槽から凝集容器内に排水されて凝集処理される。
ろ過装置は、ろ過容器と、ろ過容器内に設けられるろ過機構とを含み、ろ過容器はそれぞれ凝集容器および外槽と通じる。凝集容器内の凝集処理後の水を、さらにろ過機構でろ過してから、外槽内に排出して繰り返し使用する。
さらに、前記ろ過機構はろ過容器内に回転可能に設けられる。ろ過装置は、取水水流を利用してろ過機構を回転させ、ろ過機構を噴射洗浄するろ過自動洗浄機構をさらに含む。
さらに、前記ろ過機構は筒形のろ過フレームと、ろ過フレームに設けられるろ過ネットとを含む。ろ過フレームの両端はろ過容器の旋回軸と接続され、その一端はろ過出水口と通じる回転コネクタであり、もう一端は軸が密封される。前記ろ過機構の回転軸の方向および水平面は傾斜夾角α(0≦α≦30°)を有する。ろ過機構を傾斜して、または横向きに設置することにより、ろ過面積を大きくし、ろ過速度を速めることができるだけでなく、ろ過ネットの洗浄に有利である。
さらに、前記ろ過容器に、凝集容器と通じるろ過取水口と、ろ過後の水を排出するろ過出水口と、洗浄廃水を外部に排出する汚水排出口とが設けられ、ろ過出水口はろ過機構の回転コネクタと通じる。ろ過動作における水流の経路は、凝集容器で凝集された後に出水されて、ろ過取水口からろ過容器に進入し、ろ過ネットでろ過されて筒形のろ過フレーム内に進入し、さらに端部の回転コネクタからろ過出水口を経て排出される。
さらに、前記ろ過自動洗浄機構は噴射ヘッドを含み、噴射ヘッドはろ過容器上に取り付けられ、噴水方向がろ過機構の表面に作用し、ろ過機構を回転させる。噴射ヘッドの噴水方向は、筒形のろ過フレームの接点に近い方向である。ろ過機構は水平面から小さい角度で傾斜して設置されるため、噴水の圧力および重力がろ過フレームの表面に作用し、ろ過機構を回転させる衝撃力が大きくなる。
さらに、前記ろ過自動洗浄機構は、ろ過機構の表面に設けられるブレードをさらに含む。ブレードを噴射ヘッドの噴水方向に対応して設けることにより、水流がろ過機構を回転させる動力が伝達される。
本発明の前記洗濯機の循環水処理方法は、次の通りである。洗濯が終了し、排水されると、順番に凝集装置で凝集処理され、ろ過装置でろ過処理される。さらに外槽に排出され、すすぎを行い、上記水処理過程をすすぎが終了するまで繰り返す。凝集容器の汚水排出口およびろ過容器の汚水排出口が開き、外槽の水を凝集容器に排出して洗浄し、それと同時に、きれいな水を取水してろ過装置を洗浄する。
さらに、本発明の洗濯機は洗剤自動投入装置6をさらに含む。洗剤自動投入装置6は既存技術であり、好ましくは取水による負圧を利用して洗剤を吸引し、投入する構造である。本発明の前記凝集剤投入器5も自動投入構造であり、洗濯水量および洗濯/すすぎ水の混濁度に基づいて、凝集処理するたびに、対応する比率の凝集剤が自動投入される。好ましくは、凝集剤はタブレット状であり、既存のタブレット状洗剤の自動投入構造を採用することができる。顆粒状である場合、既存技術の顆粒の定量投入構造を採用する。
さらに、本発明は洗濯後に測定する洗濯水の混濁度に基づいて、凝集処理を行う必要があるかどうかを判断する。混濁度が比較的高いとき、直接完全に排出することができ、再びきれいな水を取水してすすぎを行い、1回目のすすぎ後、循環水を凝集してすすぎを行う。または、混濁度の範囲に基づいて、一定比率の洗濯水を排出し、その後水道水を取水して混濁度を低下させてから、循環水を凝集してすすぎを行う。
上記技術案を採用すると、本発明は既存技術と比較して以下の有益な効果を有する。
本発明の洗濯機は凝集循環節水設備を採用し、1回のみの取水で、すべての洗濯過程を完了することができる。洗濯効率に影響を及ぼさないのと同時に、最大限水資源を節約する。既存の撹拌インペラと完全に相反する設計の撹拌構造を採用しており、凝集剤および洗濯汚水の混合を速めることを実現することも、凝集物がばらばらになるのを防止することもでき、構造は簡単である。凝集装置およびろ過装置はいずれも自動洗浄を実現し、凝集容器およびろ過機構を手動で掃除する工程が省かれ、自動化の程度が上昇した。構造は簡単であり、生産コストを節約することができる。
図1は、本発明の洗濯機における断面構造の概要図である。 図2は、本発明の洗濯機における凝集循環節水設備の接続概要図である。 図3は、本発明の前記凝集装置における断面構造の概要図である。 図4は、本発明の前記もう1つの凝集装置の構造概要図である。 図5は、本発明の前記もう1つの凝集装置における断面構造の概要図である。 図6は、本発明の前記撹拌機構および洗浄機構の構造概要図である。 図7は、本発明の前記ろ過装置における断面構造の概要図である。 図8は、本発明の前記凝集装置およびろ過装置の構造概要図である。
以下に、図を組み合わせて、本発明の具体的実施方式についてさらに詳細に記載する。
図3から図6に示すように、本発明の前記洗濯機の凝集装置5は自動洗浄機能を有し、取水を利用して内壁に放ち、洗浄する。該凝集装置5は凝集容器1および撹拌機構を含み、凝集容器の内壁を洗い流し、洗浄する洗浄機構をさらに含む。該洗浄機構は放水インペラ12と、放水インペラ12を回転させる駆動モータ13とを含み、放水インペラ12により、取水を凝集容器1の内壁に放ち、洗浄する。撹拌機構は凝集容器1の外部に取り付けられる撹拌モータ14と、凝集容器1の内部に延伸する撹拌軸15と、撹拌軸15に取り付けられる撹拌インペラ16とを含む。
実施例1
図3に示すように、本実施例の前記駆動モータ13は凝集容器の上方に設けられ、撹拌モータ14は凝集容器1の底部に設けられ、撹拌軸15は上に向かって凝集容器1の内部に延伸する。
上記取付構造以外に、撹拌モータ14は凝集容器1の側部に設けることもでき、撹拌軸15は側部から凝集容器1の内部に延伸する。または撹拌モータ14および駆動モータ13をいずれも凝集容器の上方に設ける(図示せず)。
実施例2
図4および図5に示すように、本実施例は実施例1を基にして行ったさらなる改良である。放水インペラ12を回転させる駆動モータ13は前記撹拌モータ14でもあり、すなわち駆動モータ13は前記撹拌モータ14と同じモータであり、前記放水インペラ12は撹拌軸15に同軸に取り付けられる。撹拌インペラ16は撹拌軸15の底端に取り付けられ、放水インペラ12は撹拌軸15の撹拌モータ14に近い位置に取り付けられる。取水して凝集容器1を洗浄するとき、撹拌モータ14は高速で放水インペラを回転させる。放水インペラ12の回転遠心力の作用により、取水を一定速度で凝集容器1の内壁に放ち、洗浄する。放水範囲を拡大するため、撹拌モータ14を制御して様々な回転速度で段階的に動作させる。このようにして、放水は凝集容器1の内壁の様々な高さに落ちる。
本発明の撹拌インペラ16の湾曲方向は、撹拌過程で撹拌軸15が回転する方向と反対である。該構造は、水流をかき回して凝集剤の溶解を速めることも、水流が大きすぎて凝集物がばらばらになるのを防止することもできる。
本実施例の前記凝集装置は、凝集剤を撹拌する過程では、撹拌モータ14が撹拌インペラ16を撹拌インペラ16の湾曲方向と反対の方向に回転させる。凝集容器の内壁を洗浄する過程では、撹拌モータ14が撹拌インペラ16を撹拌インペラ16の湾曲方向と同じ方向に回転させる。放水インペラ12は撹拌インペラ16と同じ撹拌軸15に取り付けられるため、このとき放水インペラ12は取水を凝集容器1の内壁に放ち、洗浄を行う。撹拌インペラ16の構造によって、水流を大きくかき回して洗浄することができ、該かき回す効果は、凝集剤の撹拌過程におけるかき回す効果と完全に相反する。該洗浄過程における撹拌モータ14の回転速度は、凝集剤の撹拌過程における撹拌モータ14の回転速度より速い。
実施例3
図5および図6に示すように、本実施例は凝集容器1内に、取水を凝集容器の取水口11から放水インペラ12上に誘導する水誘導溝17が設けられる。該水誘導溝17構造は不可欠ではない。図3に示すように、取水口11が放水インペラ12の上方にあり、取水は直接放水インペラ12に到る。
上記取水口11からの取水、洗浄は、洗濯機で洗濯後の水でよい。またはきれいな水を取水して洗浄するか、さらにまたはそれぞれ水道水および洗濯機の洗濯水とつながる三方弁を取り付け、水を循環処理するときは洗濯後の水を取水し、洗浄するときはきれいな水を取水する。
実施例4
図6に示すように、本実施例の前記放水インペラ12は、回転テーブル121と、回転テーブル121の上表面に設けられるブレード122とを含む。ブレード122は回転テーブル121の中心から外周方向に延伸し、各2つの隣接するブレード122は回転テーブル121の上表面を、放水を行う複数の扇形領域123に仕切る。水誘導溝17は、放水インペラの扇形領域123に水を誘導する。
さらに、前記放水インペラの回転テーブル121の上表面に、回転テーブルの中心と同心の環状遮断リブ124がさらに設けられ、ブレード122の一端は環状遮断リブ124から外周方向に延伸する。複数組のブレード122は環状遮断リブの外部領域を複数の小さい領域に仕切り、水誘導槽は回転テーブルの環状遮断リブの外部領域上方に水を誘導する。該構造は、取水を均等に放出するのにより有利であり、放水時に分散した水流を利用することにより、水流は4つの周壁に均等に放たれる。
実施例5
図4および図5に示すように、本発明の前記凝集容器1に取水口11、凝集剤投入口18、凝集出水口19および汚水排出口10が設けられる。水誘導溝17の一端は凝集容器取水口11に通じ、もう一端は放水インペラ12の上方に延伸する。凝集容器1底部の内表面は傾斜面であり、汚水排出口10は傾斜面のより低い一側の近くに設けられる。傾斜面の傾斜角度は好ましくは0から10°であり、該傾斜角度は凝集容器を洗浄した汚水を排出するのに有利である。
さらに、前記凝集容器1に少なくとも1つの溢水口が設けられ、好ましくは2つの溢水口101、102が設けられる。このうち1つの溢水口101は凝集容器1の側部上方に設けられ、もう1つの溢水口102は凝集容器1の頂部に設けられる。凝集容器取水口11は三方管2と通じ、三方管2の他の2つの口は、1つが取水と通じ、三方管2の側部に位置する。もう1つは前記凝集容器頂部に設けられる溢水口102であり、三方管の上部に位置する。該構造は、側部の溢水口が詰まったとき、進入した水が頂部の溢水口から直接排出されるのを防止する。
さらに、前記凝集容器1は上部が開口した箱体103と、箱体の開口を覆う上蓋104とを含む。上蓋104に取水口11および凝集剤投入口18が設けられ、モータ13、14は上蓋104に取り付けられる。上蓋104の下表面に、モータ軸の周囲に対応して環状リブ105が設けられる(図5を参照)。
本発明の凝集容器における上蓋104の下表面に、モータ軸の周囲に対応して、半分が閉ざされた空洞を形成する環状リブ105が設けられる。凝集容器が連続して取水するとき、空洞に圧縮された空気室を形成することができる。すなわち空気による密封を実現することができ、凝集容器の水がモータ軸の周辺から溢れるのを防止する。
実施例6
図1および図2に示すように、本発明の前記洗濯機はパルセータ式洗濯機およびドラム式洗濯機を含むが、これに限定されない。洗濯機は洗濯機外槽3を含み、管路4を介して順番に外槽3、凝集装置5、ろ過装置6から再び外槽3まで循環して通じる。このうち、凝集装置5は外槽と通じる凝集容器1と、凝集容器1内に凝集剤を投入する凝集剤投入器51とを含み、外槽3から凝集容器1内に排水されて凝集処理される。ろ過装置6はろ過容器と、ろ過容器内に設けられるろ過機構とを含み、ろ過容器はそれぞれ凝集容器1および外槽3と通じる。凝集容器内の凝集処理後の水を、さらにろ過機構でろ過してから、外槽3内に排出して循環し、繰り返し使用する。
実施例7
図7に示すように、本実施例の前記ろ過機構は、筒形のろ過フレーム63と、ろ過フレーム63に設けられるろ過ネット(図示せず)とを含む。ろ過フレーム63の両端はろ過容器61の旋回軸と接続され、その一端はろ過出水口623とつながる回転コネクタ631であり、もう一端は軸が密封される。前記ろ過機構の回転軸の方向Lおよび水平面Rは傾斜夾角α(0≦α≦30°)を有する。ろ過機構を傾斜して、または横向きに設置することにより、ろ過面積を大きくし、ろ過速度を速めることができるだけでなく、ろ過ネットの洗浄に有利である。
本実施例の前記ろ過容器61に、凝集容器1と通じるろ過取水口622と、ろ過後の水を排出するろ過出水口623と、洗浄廃水を外部に排出する汚水排出口624とが設けられ、ろ過出水口623はろ過機構の一端の回転コネクタ631と通じる。図8に示すように、前記ろ過取水口622は凝集出水口19と通じ、この間に制御バルブ62が設けられる。ろ過動作における水流の経路は、凝集容器で凝集された後に出水されて、ろ過取水口622からろ過容器61内に進入し、ろ過ネットでろ過されて筒形のろ過フレーム63内に進入し、さらに端部の回転コネクタ631からろ過出水口623を経て排出される。
実施例8
図1および図7に示すように、本実施例の前記ろ過自動洗浄機構は噴射ヘッド64を含み、噴射ヘッド64はろ過容器61上に取り付けられ、噴水方向がろ過機構の表面に作用し、ろ過機構を回転させる。噴射ヘッド64の噴水方向は、筒形のろ過フレーム63の接点に近い方向である。ろ過機構は水平面から小さい角度で傾斜して設置されるため、噴水の圧力および重力がろ過フレーム63の表面に作用し、ろ過機構を回転させる衝撃力が大きくなる。
さらに、前記ろ過自動洗浄機構は、ろ過フレーム63の表面に設けられるブレード65をさらに含む(図1を参照)。ブレード65を噴射ヘッド64の噴水方向に対応して設置することにより、水流がろ過機構を回転させる動力が伝達される。
図7および図8に示すように、前記ろ過取水口622は凝集出水口19と通じ、この間に制御バルブ62が設けられる。
本発明の前記洗濯機の循環水処理方法は、次の通りである。洗濯が終了し、排水されると、順番に凝集装置で凝集処理され、ろ過装置でろ過処理される。さらに外槽に排出され、すすぎを行い、上記水処理過程をすすぎが終了するまで繰り返す。凝集容器の汚水排出口およびろ過容器の汚水排出口が開き、外槽の水を凝集容器に排出して洗浄し、それと同時に、きれいな水を取水してろ過装置を洗浄する。
さらに、本発明の洗濯機は洗剤自動投入装置7をさらに含む。洗剤自動投入装置7は既存技術であり、好ましくは取水による負圧を利用して洗剤を吸引し、投入する構造である。本発明の前記凝集剤投入器51も自動投入構造であり、洗濯水量および洗濯/すすぎ水の混濁度に基づいて、凝集処理するたびに、対応する比率の凝集剤が自動投入される。凝集剤がタブレット状である場合、既存のタブレット状洗剤の自動投入構造を採用することができ、凝集剤が顆粒または粉状の場合、既存技術の定量投入構造を採用する。
上記実施例の実施案は、さらなる組合せまたは置換を行うことができる。また実施例は本発明の好ましい実施例についての記載に過ぎず、本発明の構想および範囲を限定しない。本発明の設計、発想を逸脱しない前提において、当業者が本発明の技術案に対して行う各種の変更および改良は、いずれも本発明の保護範囲に属する。

Claims (16)

  1. 凝集容器および撹拌機構を含む、自動洗浄機能を有する洗濯機の凝集装置であって、凝集容器の内壁を洗い流し、洗浄する洗浄機構をさらに含み、該洗浄機構が放水インペラと、放水インペラを回転させる駆動モータとを含み、放水インペラにより、取水を凝集容器の内壁に放って洗浄し、前記撹拌機構が、撹拌する過程における撹拌インペラの湾曲方向が撹拌インペラの回転方向と反対の方向となる撹拌インペラを含むことを特徴とする凝集装置。
  2. 前記撹拌機構がさらに、凝集容器の外部に取り付けられる撹拌モータと、凝集容器の内部に延伸する撹拌軸含み、前記撹拌インペラは前記撹拌軸に取り付けられることを特徴とする、請求項1に記載の自動洗浄機能を有する洗濯機の凝集装置。
  3. 前記駆動モータが前記撹拌モータであり、前記放水インペラが撹拌軸に同軸に取り付けられ、撹拌モータと撹拌インペラとの間に位置することを特徴とする、請求項2に記載の自動洗浄機能を有する洗濯機の凝集装置。
  4. 前記放水インペラが、回転テーブルと、回転テーブルの上表面に設けられるブレードとを含み、ブレードが回転テーブルの中心から外周方向に延伸し、各2つの隣接するブレードが回転テーブルの上表面を、放水を行う複数の扇形領域に仕切ることを特徴とする、請求項1〜のいずれか1項に記載の自動洗浄機能を有する洗濯機の凝集装置。
  5. 凝集容器および撹拌機構を含む、自動洗浄機能を有する洗濯機の凝集装置であって、凝集容器の内壁を洗い流し、洗浄する洗浄機構をさらに含み、該洗浄機構が放水インペラと、放水インペラを回転させる駆動モータとを含み、放水インペラにより、取水を凝集容器の内壁に放って洗浄し、前記放水インペラが、回転テーブルと回転テーブルの上表面に設けられるブレードとを含み、ブレードが回転テーブルの中心から外周方向に延伸し、各2つの隣接するブレードが回転テーブルの上表面を、放水を行う複数の扇形領域に仕切ることを特徴とする凝集装置。
  6. 前記放水インペラの回転テーブルの上表面に、回転テーブルの中心と同心の環状遮断リブがさらに設けられ、ブレードの一端が環状遮断リブから外周方向に延伸することを特徴とする、請求項4または5に記載の自動洗浄機能を有する洗濯機の凝集装置。
  7. 前記凝集容器に水誘導溝が設けられ、一端が凝集容器取水口と通じ、もう一端が放水インペラの上方に延伸し、水誘導溝から放水インペラの扇形領域に出水されることを特徴とする、請求項4または5に記載の自動洗浄機能を有する洗濯機の凝集装置。
  8. 前記凝集容器に取水口、凝集剤投入口、凝集出水口および汚水排出口が設けられ、凝集容器底部の内表面が傾斜面であり、凝集出水口および汚水排出口が傾斜面のより低い一側の近くに設けられることを特徴とする、請求項1または5に記載の自動洗浄機能を有する洗濯機の凝集装置。
  9. 前記凝集容器に少なくとも1つの溢水口が設けられ、好ましくは2つの溢水口が設けられ、このうちの1つの溢水口が凝集容器の側部上方に設けられ、もう1つの溢水口が凝集容器頂部に設けられることを特徴とする、請求項8に記載の自動洗浄機能を有する洗濯機の凝集装置。
  10. 前記凝集容器が、上部が開口した箱体と、箱体の開口を覆う上蓋とを含み、上蓋に取水口および凝集剤投入口が設けられ、駆動モータが上蓋に取り付けられ、上蓋の下表面に、駆動モータ軸の周囲に対応して環状リブが設けられることを特徴とする、請求項1または5に記載の自動洗浄機能を有する洗濯機の凝集装置。
  11. 洗濯機外槽を含み、管路を介して順番に外槽、凝集装置、ろ過装置から再び外槽まで循環して通じる請求項1〜10のいずれか1項に記載の凝集装置を有する洗濯機であって、
    凝集装置が、外槽と通じる凝集容器と、凝集容器内に凝集剤を投入する凝集剤投入器とを含み、外槽から凝集容器内に排水されて凝集処理され、
    ろ過装置が、ろ過容器と、ろ過容器内に設けられるろ過機構とを含み、ろ過容器がそれぞれ凝集容器および外槽と通じ、凝集容器内の凝集処理後の水を、さらにろ過機構でろ過してから、外槽内に排出して繰り返し使用する、ことを特徴とする洗濯機。
  12. 前記ろ過機構がろ過容器内に回転可能に設けられ、ろ過装置が、取水水流を利用してろ過機構を回転させ、ろ過機構を噴射洗浄するろ過自動洗浄機構をさらに含むことを特徴とする、請求項11に記載の洗濯機。
  13. 前記ろ過機構が筒形のろ過フレームと、ろ過フレームに設けられるろ過ネットとを含み、ろ過フレームの両端がろ過容器の旋回軸と接続され、その一端が回転コネクタであり、もう一端は軸が密封され、前記ろ過機構の回転軸の方向および水平面が傾斜夾角α(0≦α≦30°)を有することを特徴とする、請求項12に記載の洗濯機。
  14. 前記ろ過容器に、凝集容器と通じるろ過取水口と、ろ過後の水を排出するろ過出水口と、洗浄廃水を外部に排出する汚水排出口とが設けられ、ろ過出水口がろ過機構の回転コネクタと通じることを特徴とする、請求項13に記載の洗濯機。
  15. 前記ろ過自動洗浄機構が噴射ヘッドを含み、噴射ヘッドがろ過容器上に取り付けられ、噴水方向がろ過機構の表面に作用し、ろ過機構を回転させることを特徴とする、請求項12に記載の洗濯機。
  16. 前記ろ過自動洗浄機構が、ろ過機構の表面に設けられるブレードをさらに含み、ブレードを噴射ヘッドの噴水方向に対応して設置することにより、水流がろ過機構を回転させる動力が伝達されることを特徴とする、請求項15に記載の洗濯機。
JP2016554669A 2014-03-27 2014-06-12 自動洗浄機能を有する洗濯機の凝集装置および洗濯機 Active JP6428785B2 (ja)

Priority Applications (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
CN201410118981.XA CN104947384B (zh) 2014-03-27 2014-03-27 一种具有自清洁功能的洗衣机絮凝装置及洗衣机
CN201410119225.9A CN104947385B (zh) 2014-03-27 2014-03-27 一种洗衣机循环用水处理装置及洗衣机
CN201410118981.X 2014-03-27
CN201410119225.9 2014-03-27
PCT/CN2014/079776 WO2015143785A1 (zh) 2014-03-27 2014-06-12 一种具有自清洁功能的洗衣机絮凝装置及洗衣机

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2017514540A JP2017514540A (ja) 2017-06-08
JP6428785B2 true JP6428785B2 (ja) 2018-11-28

Family

ID=54193966

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2016554669A Active JP6428785B2 (ja) 2014-03-27 2014-06-12 自動洗浄機能を有する洗濯機の凝集装置および洗濯機

Country Status (5)

Country Link
US (1) US20170137987A1 (ja)
EP (1) EP3128065B1 (ja)
JP (1) JP6428785B2 (ja)
KR (1) KR20160130855A (ja)
WO (1) WO2015143785A1 (ja)

Families Citing this family (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN105088642B (zh) 2014-05-08 2019-04-05 青岛海尔洗衣机有限公司 一种洗衣机控制方法及洗衣机
CN106958122B (zh) * 2016-01-12 2019-12-20 青岛海尔洗衣机有限公司 一种洗衣机的絮凝搅拌装置及洗衣机以及洗衣机控制方法
US10513450B2 (en) 2016-06-23 2019-12-24 Colgate-Palmolive Company Wastewater filtration system
US11039728B2 (en) 2017-02-28 2021-06-22 Whirlpool Corporation Washing appliance having a recirculation circuit
US20200129038A1 (en) * 2017-03-15 2020-04-30 Orbital Systems Ab Water use optimization in a device utilizing water for a cleaning procedure
WO2018169473A1 (en) * 2017-03-15 2018-09-20 Orbital Systems Ab Time optimization in a device utilizing water for a cleaning procedure

Family Cites Families (18)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US2348124A (en) * 1941-06-06 1944-05-02 Infilco Inc Liquid treatment
GB962386A (en) * 1963-04-08 1964-07-01 Insinooritoimisto Engineeringb An improved hydraulic classifier
US6402962B1 (en) * 2000-07-26 2002-06-11 Maytag Corporation Self-cleaning filter with bypass
JP2002119794A (ja) * 2000-10-16 2002-04-23 Sharp Corp 洗濯機
JP3953277B2 (ja) * 2001-02-02 2007-08-08 シャープ株式会社 洗濯機
JP2002292193A (ja) * 2001-03-29 2002-10-08 Sharp Corp 洗濯機
JP2003093859A (ja) * 2001-09-21 2003-04-02 Kimihiko Okanoe 気液混合装置
CN1316110C (zh) * 2002-06-07 2007-05-16 乐金电子(天津)电器有限公司 洗衣机的漂洗用水的净化系统及漂洗控制方法
US20050011543A1 (en) * 2003-06-27 2005-01-20 Haught John Christian Process for recovering a dry cleaning solvent from a mixture by modifying the mixture
JP2006085124A (ja) * 2004-08-20 2006-03-30 Ricoh Co Ltd 粉体収納容器、粉体収納容器の洗浄方法及び洗浄装置
KR200459982Y1 (ko) * 2007-08-29 2012-04-26 삼성전자주식회사 세탁기용 배수펌프
JP2009226360A (ja) * 2008-03-25 2009-10-08 Sanyo Electric Co Ltd 溶剤浄化装置および溶剤濾過装置
CN201258412Y (zh) * 2008-10-24 2009-06-17 卢菁 一种洗衣机废水循环利用装置
KR20110039981A (ko) * 2009-10-13 2011-04-20 임금용 세탁용 이온수 공급 장치
EP2325377A1 (en) * 2009-11-23 2011-05-25 Electrolux Home Products Corporation N.V. Washing machine with improved filter for the draining circuit
US8251399B2 (en) * 2009-11-24 2012-08-28 Toyota Motor Engineering & Manufacturing North America, Inc. Instrument panel energy absorption systems
ES2624756T3 (es) * 2010-12-24 2017-07-17 Unilever N.V. Proceso y dispositivo de floculacion
US9598807B2 (en) * 2012-08-10 2017-03-21 Whirlpool Corporation Lid lock for household appliance

Also Published As

Publication number Publication date
WO2015143785A1 (zh) 2015-10-01
EP3128065A1 (en) 2017-02-08
EP3128065A4 (en) 2018-01-24
US20170137987A1 (en) 2017-05-18
JP2017514540A (ja) 2017-06-08
KR20160130855A (ko) 2016-11-14
EP3128065B1 (en) 2019-03-20

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6428785B2 (ja) 自動洗浄機能を有する洗濯機の凝集装置および洗濯機
JP6418535B2 (ja) 自動洗浄機能を有する洗濯機の循環節水ろ過装置および洗濯機
JP6176469B2 (ja) 循環水処理機能を有する洗濯機およびその制御方法
JP6344580B2 (ja) 洗濯機の制御方法および洗濯機
CN104947384B (zh) 一种具有自清洁功能的洗衣机絮凝装置及洗衣机
CN105088697B (zh) 一种絮凝节水洗衣机及控制方法
CN105088700B (zh) 一种洗衣机及其控制方法
JP6337384B2 (ja) 洗濯機の水循環処理の制御方法および洗濯機
CN104514122A (zh) 一种絮凝洗衣机
CN104947374B (zh) 洗衣机絮凝过滤循环用水装置及洗衣机
CN104947385A (zh) 一种洗衣机循环用水处理装置及洗衣机
CN104947386A (zh) 具有絮凝过滤模块的洗衣机及控制方法
CN105274794B (zh) 一种洗衣机的絮凝容器搅拌结构及洗衣机
KR102051387B1 (ko) 세탁기 및 제어 방법
WO2017128949A1 (zh) 一种絮凝洗衣机
CN104975475A (zh) 一种洗衣机用过滤网自清洁方法及洗衣机
CN105088641A (zh) 一种洗衣机循环用水处理模块及洗衣机
CN105088672A (zh) 一种洗衣机及其控制方法
CN105274793B (zh) 一种洗衣机的絮凝容器搅拌结构及洗衣机
CN104947376B (zh) 一种洗衣机絮凝清洗搅拌装置及控制方法
CN105088699A (zh) 一种洗衣机絮凝处理水控制方法及洗衣机

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20170303

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20180227

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20180511

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20180918

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20181015

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6428785

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150