JP6419218B2 - 空気浄化機、そのフィルタの交換時期決定方法、及びフィルタの交換時期差圧決定装置と方法 - Google Patents

空気浄化機、そのフィルタの交換時期決定方法、及びフィルタの交換時期差圧決定装置と方法 Download PDF

Info

Publication number
JP6419218B2
JP6419218B2 JP2016571312A JP2016571312A JP6419218B2 JP 6419218 B2 JP6419218 B2 JP 6419218B2 JP 2016571312 A JP2016571312 A JP 2016571312A JP 2016571312 A JP2016571312 A JP 2016571312A JP 6419218 B2 JP6419218 B2 JP 6419218B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
filter
differential pressure
flow rate
replacement time
initial
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2016571312A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2017519176A (ja
Inventor
ヤン−グン チョン,
ヤン−グン チョン,
ジュ−ヒュン ベク,
ジュ−ヒュン ベク,
イン−ソク ソ,
イン−ソク ソ,
ソン−ジン ユン,
ソン−ジン ユン,
チュル−スン ダン,
チュル−スン ダン,
サン−ウ カン,
サン−ウ カン,
ジョン−ワン キム,
ジョン−ワン キム,
Original Assignee
コーウェイ カンパニー リミテッドCoway Co., Ltd.
コーウェイ カンパニー リミテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to KR1020140067454A priority Critical patent/KR20150139664A/ko
Priority to KR10-2014-0067454 priority
Priority to KR10-2014-0097227 priority
Priority to KR20140097227 priority
Priority to KR1020140098365A priority patent/KR101957686B1/ko
Priority to KR10-2014-0098365 priority
Priority to KR1020140178074A priority patent/KR20160016504A/ko
Priority to KR10-2014-0178074 priority
Priority to PCT/KR2014/012306 priority patent/WO2015186879A1/ko
Application filed by コーウェイ カンパニー リミテッドCoway Co., Ltd., コーウェイ カンパニー リミテッド filed Critical コーウェイ カンパニー リミテッドCoway Co., Ltd.
Publication of JP2017519176A publication Critical patent/JP2017519176A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6419218B2 publication Critical patent/JP6419218B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D46/00Filters, i.e. particle separators or filtering processes specially modified for separating dispersed particles from gases or vapours
    • B01D46/42Auxiliary equipment or operation thereof
    • B01D46/44Auxiliary equipment or operation thereof controlling filtration
    • B01D46/446Auxiliary equipment or operation thereof controlling filtration by pressure measuring
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D46/00Filters, i.e. particle separators or filtering processes specially modified for separating dispersed particles from gases or vapours
    • B01D46/0084Filters, i.e. particle separators or filtering processes specially modified for separating dispersed particles from gases or vapours provided with safety means
    • B01D46/0086Filter condition indicators
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D46/00Filters, i.e. particle separators or filtering processes specially modified for separating dispersed particles from gases or vapours
    • B01D46/24Particle separators, e.g. dust precipitators, using rigid hollow filter bodies
    • B01D46/2403Particle separators, e.g. dust precipitators, using rigid hollow filter bodies characterised by the physical shape or structure of the filtering element
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D46/00Filters, i.e. particle separators or filtering processes specially modified for separating dispersed particles from gases or vapours
    • B01D46/42Auxiliary equipment or operation thereof
    • B01D46/44Auxiliary equipment or operation thereof controlling filtration
    • B01D46/444Auxiliary equipment or operation thereof controlling filtration by flow measuring
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
    • G06F17/00Digital computing or data processing equipment or methods, specially adapted for specific functions
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01DSEPARATION
    • B01D46/00Filters, i.e. particle separators or filtering processes specially modified for separating dispersed particles from gases or vapours
    • B01D46/42Auxiliary equipment or operation thereof

Description

本発明は、空気浄化機、そのフィルタの交換時期決定方法、及びフィルタの交換時期圧力差決定装置並びにそのフィルタの交換時期圧力差決定方法に関する。
一般に、空気浄化機は、埃や細菌などで汚染された室内空気を、集塵、殺菌、脱臭などを通じて浄化するための装置で、複数のフィルタを含んでいる。
空気浄化機の効率を増加させその寿命を延ばすためには、フィルタを周期的に管理し交換する必要がある。従来の空気浄化機は、運転時間に応じてフィルタ交換時期を決定した。即ち、運転時間を測定し、累積運転時間が予め設定された時間に達すると、フィルタの交換時期を表示して使用者がフィルタを交換するようにしていた。このように、従来の空気浄化機は、空気浄化機を設置する環境によりフィルタの交換時期が異なるにも拘らず、運転時間に応じてフィルタを交換するため、フィルタを適期に交換することが困難であるという問題があった。
したがって、本発明の目的は、正確なフィルタ交換時期を決定するための方法を提供して、使用者が空気浄化用のフィルタを適期に交換することができるようにすることにある。
本発明の一実施形態による空気浄化機は、
フィルタの使用状態別の流量−差圧の相関関係グラフを保存するメモリと、フィルタの前端と後端の間の圧力差である差圧を測定する差圧センサと、予め設定された周期毎に前記差圧センサによって測定された前記フィルタの差圧、及び差圧の測定時に前記フィルタに流入される空気の流量を、前記使用状態別の流量−差圧の相関関係グラフにマッチングさせた結果に応じて、前記フィルタの交換時期を決定するフィルタ交換時期管理部と、含前記メモリは、複数のフィルタに対する使用状態別の流量−差圧の相関関係グラフを保存し、前記フィルタ交換時期管理部は、複数のフィルタに対する初期使用状態の流量−差圧の相関関係グラフに基づいて、初期設置段階で前記差圧センサによって測定された初期差圧、及び前記初期差圧の測定時に前記フィルタに流入される空気の流量をマッチングするグラフを有する一つのフィルタを確認し、確認されたフィルタの交換時期状態の流量−差圧の相関関係グラフを選択して、前記フィルタの交換時期の決定で選択されたグラフを用いることができる。
本発明の一実施形態による空気浄化機のフィルタ交換時期決定方法は、初期設置段階でフィルタの初期差圧を測定する工程と、複数のフィルタに対する初期使用状態の流量−差圧の相関関係グラフに基づいて、前記初期差圧、及び前記初期差圧の測定時に前記フィルタに流入される空気の流量とマッチングするグラフを有する一つのフィルタを確認し、確認されたフィルタの交換時期状態の流量−差圧の相関関係グラフを選択する工程と、フィルタの使用状態別の流量−差圧の相関関係グラフを保存する工程と、予め設定された周期毎に前記フィルタの差圧を測定する工程と、予め設定された周期毎に測定された前記フィルタの差圧、及び差圧の測定時に前記フィルタに流入される空気の流量を前記使用状態別の流量−差圧の相関関係グラフとマッチングさせた結果に応じて前記フィルタの交換時期を決定する工程と、を含むことができる。
本発明の一実施形態による空気浄化機のためのフィルタ交換時期差圧決定装置は、予め設定された周期毎にテスト対象フィルタのフィルタリング性能を測定するフィルタリング性能測定部と、上記予め設定された周期毎に測定された上記テスト対象フィルタのフィルタリング性能が、上記テスト対象フィルタより予め決定された段階までダウングレードされた性能を有する比較対象フィルタの初期フィルタリング性能と同一になる時点の上記テスト対象フィルタの交換時期状態の差圧を測定する差圧測定部と、上記交換時期状態の差圧に基づいて上記テスト対象フィルタに対するフィルタ交換時期の差圧を決定するフィルタ交換時期差圧決定部と、を含むことができる。
本発明の一実施形態による空気浄化機のためのフィルタ交換時期差圧決定方法は、予め設定された周期毎にテスト対象フィルタのフィルタリング性能を測定する工程と、上記予め設定された周期毎に測定された上記テスト対象フィルタのフィルタリング性能が、上記テスト対象フィルタより予め決定された段階までダウングレードされた性能を有する比較対象フィルタの初期フィルタリング性能と同一になる時点の上記テスト対象フィルタの交換時期状態の差圧を測定する工程と、上記テスト対象フィルタの交換時期状態の差圧に基づいて上記テスト対象フィルタに対するフィルタ交換時期の差圧を決定する工程と、を含むことができる。
さらに、上述の課題を解決するための手段は、本発明の特徴をすべて列挙したものではない。本発明の多様な特徴とそれによる長所及び効果は、添付の図面に関連して本発明の以下の詳細な説明からより明らかとなるであろう。
本発明によれば、フィルタの使用状態による流量−差圧の相関関係に基づいてフィルタ交換時期を決定することにより、正確なフィルタ交換時期を決定することができ、また、使用者がフィルタの交換時期を認知できるようにアラームを出力することで、使用者が空気浄化のためのフィルタを適期に交換できるようにするという利点がある。
本発明の空気浄化機の実施の一形態における構成を示すブロック図である。 本発明の空気浄化機のフィルタ交換時期決定方法の実施の一形態を示すフローチャートである。 本発明の実施の一形態における空気浄化機のメモリに予め保存される流量−差圧の相関関係グラフである。 本発明の空気浄化機のためのフィルタ交換時期差圧決定装置の構成の実施の一形態を示すブロック図である。 本発明の空気浄化機のためのフィルタ交換時期差圧決定方法の実施の一形態を示すフローチャートである。
本発明の実施の一形態を、添付の図を参照しつつ、詳細に説明する。しかしながら、本発明の実施の形態は様々な他の形態に変形されることができ、本発明の範囲は以下に説明する実施の形態に限定されない。また、本発明の実施形態の説明は、完全且つ完璧に説明されており、当該技術分野で平均的な知識を有する者が充分理解することができるであろう。図面において、要素の形状や大きさなどは、より明確にするために誇張される場合がある。
図1は本発明の空気浄化機の実施の一形態による構成を示すブロック図である。
図1を参照すると、本発明の一実施形態による空気浄化機100は、制御部110、メモリ120、入力部130、表示部140、フィルタ交換時期管理部150、差圧センサ160、及びアラーム部170を含む。
制御部110は、空気浄化機の全般的な動作を制御するものであり、プロセッサなどのハードウェアで具現されることができる。また、制御部110は、後述するフィルタ交換時期管理部150と一体に統合されて具現されることもできる。
例えば、制御部110は、差圧センサ160によって測定されたフィルタの差圧に基づいて決定されたフィルタ交換時期を使用者が認知できるようにするアラームを出力するための機能を処理する。
メモリ120は、制御部110の処理及び制御のためのプログラムのマイクロコード、各種の参照データ、各種のプログラムの遂行中に発生する一時的なデータ、及び各種の更新可能な保管用データを保存する。
実施の一形態では、メモリ120は、製造段階における実験を通じて得られた少なくとも一つのフィルタに対する使用状態別の流量−差圧の相関関係グラフを予め保存する。
他の実施の形態では、メモリ120は、フィルタの性能が予め決定された段階までダウングレードされる時点の差圧に基づいて決定されたフィルタ交換時期の差圧を予め保存する。この場合、フィルタに流入される空気の流量が予め設定された流量となるように調節した状態で、フィルタの差圧を測定する。ここで、流量が固定されているため、使用状態別の差圧に基づいて決定されたフィルタ交換時期の差圧だけを保存すればよい。
入力部130は、多数の機能ボタンを含むことができ、使用者が入力するボタンと対応するボタン入力データを制御部110に提供する。
ここで、入力部130と表示部140の機能は、タッチスクリーン部(図示せず)によって行われることができる。タッチスクリーン部(図示せず)は、使用者の画面タッチによるタッチスクリーン入力、及びタッチスクリーンによるグラフィック画面出力を処理する。
表示部140は、限定された数字の文字、多量の動画や静止画像など、空気浄化機の動作中に発生する状態情報を表示する。表示部140としては、液晶表示装置(LCD:Liquid Crystal Display)を用いることができる。
フィルタ交換時期管理部150は、周期的に測定されたフィルタの差圧、及び差圧測定時にフィルタに流入される空気の流量をメモリ120に保存された使用状態別の流量−差圧の相関関係グラフとマッチングさせた結果に応じて、フィルタの交換時期を決定する。ここで、フィルタに流入される空気の流量は、空気浄化機100のフィルタの前端に設置されてフィルタに流入される空気の流量を測定する流量センサ(図示せず)によってフィルタの差圧測定時に測定された空気の流量であってもよく、フィルタの差圧測定時に空気浄化機100の風量段階に応じて予め設定された空気の流量であってもよい。
実施の一形態では、複数のフィルタに対する使用状態別の流量−差圧の相関関係グラフがメモリ120に予め保存されている場合、フィルタ交換時期管理部150は、初期設置段階で測定された初期差圧、及びフィルタに流入される空気の流量に基づいて、メモリ120に予め保存された複数のグラフのうち一つを選択する。その後、周期的に測定された差圧、及びフィルタに流入される空気の流量が選択されたグラフとマッチングするか否かに応じて、フィルタ交換時期管理部150がフィルタの交換時期を決定する。
具体的には、フィルタ交換時期管理部150は、初期設置段階で差圧センサ160を通じて初期差圧を測定し、メモリ120に予め保存された初期使用状態の複数のフィルタの流量−差圧の相関関係グラフに基づいて、測定された初期差圧と初期差圧の測定時にフィルタに流入される空気の流量とがマッチングするグラフを有する一つのフィルタを確認し、確認されたフィルタの交換時期状態の流量−差圧の相関関係グラフを選択する。
次に、フィルタ交換時期管理部150は、差圧センサ160を通じてフィルタの差圧を周期的に測定し、周期的に測定された差圧、及び差圧測定時にフィルタに流入される空気の流量が、選択された交換時期状態の流量−差圧の相関関係グラフとマッチングするか否かを判定する。
この場合、周期的に測定された差圧、及び差圧測定時にフィルタに流入される空気の流量が、選択された交換時期状態の流量−差圧の相関関係グラフとマッチングすると、フィルタ交換時期管理部150は、内部フィルタの交換時期が到来したと決定し、アラーム部170を通じてフィルタ交換時期を知らせるアラーム情報を出力する。これに対し、周期的に測定された差圧、及び差圧測定時にフィルタに流入される空気の流量が、選択された交換時期状態の流量−差圧の相関関係グラフとマッチングしないと、フィルタ交換時期管理部150は、内部フィルタの交換時期が到来していないと決定する。
他の実施の形態では、フィルタに流入される空気の流量が予め設定された流量となるように調節した状態で、フィルタの差圧を測定することができる。この場合、フィルタ交換時期管理部150は、周期的に測定されたフィルタの差圧、及び初期差圧に基づいて、メモリ120に保存されたフィルタ交換時期の差圧と比較した結果に応じて、フィルタの交換時期を決定する。
差圧センサ160は、内部フィルタの両端(即ち、前端と後端)に設置されて、内部フィルタの差圧を測定する。ここで、差圧とは、フィルタの前端と後端との圧力差を意味する。即ち、フィルタリングされていない空気が流入されるフィルタの一面(前端)及びフィルタリングされた空気が流出されるフィルタの他面(後端)に差圧センサ160を設置し、差圧センサ160を通じてフィルタの前端で測定された圧力と後端で測定された圧力との差を計算することにより、フィルタの差圧を測定することができる。
アラーム部170は、差圧に対する測定結果や、フィルタ交換時期などを使用者に知らせる。アラーム部170は、差圧に対して測定した結果や、フィルタ交換時期などを、使用者が視覚及び聴覚などの人の感覚を通じて認知するように、アラームを出力することができる。
例えば、アラーム部170は、ブザーあるいはLED(Light Emitting Diode)を用いて、警告音を出力したりあるいは警告灯を点滅したりすることができ、また、差圧に対する測定結果やフィルタ交換時期などを知らせるアラームを出力して、表示部140を通じて表示あるいは案内することができる。
図2は本発明の実施の一形態による空気浄化機のフィルタ交換時期決定方法を示すフローチャートである。
図2を参照すると、空気浄化機は、工程201で少なくとも一つのフィルタに対する使用状態別の流量−差圧の相関関係グラフをメモリに予め保存する。ここで、使用状態別の流量−差圧の相関関係グラフは、製造段階における実験を通じて少なくとも一つのフィルタに対して風量を予め決定された段階(例えば、3段〜5段の風量)で機械的に設定した状態で、フィルタの使用状態による流量と差圧との相関関係を得てグラフとして図式化したものである。この場合、フィルタの使用状態は、初期使用状態(流入流量の100%が排出される状態)、中間使用状態(初期使用状態の排出流量の90%が排出される状態)、交換時期状態(初期使用状態の排出流量の80%が排出される状態)を含むことができる。このように得られた使用状態別の流量−差圧の相関関係グラフの一例は図3に示されたとおりである。
他の実施の形態では、フィルタに流入される空気の流量が予め設定された流量となるように調節した状態で、フィルタの差圧を測定することができる。この場合、空気浄化機は、フィルタの使用状態別の差圧に基づいて決定されたフィルタ交換時期の差圧を工程201でメモリに予め保存する。
次に、工程203において、初期設置段階で予め決定された段階の風量(例えば、3段の風量)で動作する状態で、空気浄化機は、フィルタの初期差圧を測定して、必要に応じて、初期測定結果を知らせるアラーム情報を出力することもできる。
その後、工程205で、メモリに予め保存された初期使用状態の複数のフィルタの流量−差圧の相関関係グラフに基づいて、空気浄化機は、初期測定結果とマッチングする、即ち、測定された初期差圧、及び初期差圧測定時にフィルタに流入される空気の流量とマッチングするグラフを有する一つのフィルタを確認し、確認されたフィルタの交換時期状態の流量−差圧の相関関係グラフを選択する。空気浄化機は、内部フィルタを、確認されたフィルタと見なす。
工程205は、メモリに複数のフィルタに対する流量−差圧の相関関係グラフが保存されている場合に行われるもので、内部フィルタに該当する流量−差圧の相関関係グラフだけがメモリに保存されている場合は省略できる。
次に、工程207において、空気浄化機は、予め決定された段階の風量で動作する状態で、フィルタの差圧を予め決定された周期で測定する。この際、空気浄化機は、測定結果を示すアラーム情報を出力することもできる。
その後、工程209において、空気浄化機は、予め決定された段階の風量で動作する状態で予め決定された周期で測定されたフィルタの差圧、及び差圧測定時にフィルタに流入される空気の流量が、選択された交換時期状態の流量−差圧の相関関係グラフとマッチングするか否かを判定する。即ち、予め決定された周期で測定された差圧、及び差圧測定時の空気の流量が、選択された交換時期状態の流量−差圧の相関関係グラフ上の任意の点とマッチングするか否かを判定する。
工程209においてマッチングした結果により、所定の時点で測定された差圧、及び空気の流量が選択された交換時期状態の流量−差圧の相関関係グラフとマッチングする場合、空気浄化機は、工程211で、フィルタの交換時期が到来したと決定し、フィルタ交換時期を知らせるアラーム情報を出力する。
これに対し、工程209においてマッチングした結果により、所定の時点で測定された差圧、及び空気の流量が選択された交換時期状態の流量−差圧の相関関係グラフとマッチングしない場合、空気浄化機は、フィルタの交換時期が到来していないと判定し、工程207に戻ってそれ以降の工程を繰り返し行う。
他の実施の形態では、フィルタに流入される空気の流量が予め設定された流量となるように調節した状態で、フィルタの差圧を測定することができる。この場合、空気浄化機は、初期差圧、及び予め決定された周期で測定されたフィルタの差圧に基づいて予め保存されたフィルタ交換時期の差圧と比較した結果に応じて、フィルタの交換時期が到来しているか否かを決定する。
その後、空気浄化機は、上述した実施の形態によるアルゴリズムを終了させる。
図示されていないが、工程211のフィルタ交換時期を知らせるアラーム情報の出力により使用者が内部フィルタを交換すると、空気浄化機は、工程203に戻り、予め決定された段階の風量で初期差圧を測定し、初期測定結果を知らせるアラーム情報を出力して、それ以降の工程を繰り返し行うことができる。
図4は本発明の実施の一形態による空気浄化機のためのフィルタ交換時期差圧決定装置の構成を示すブロック図である。
図4を参照すると、フィルタ交換時期差圧決定装置400は、フィルタリング性能測定部410、差圧測定部420、及びフィルタ交換時期差圧決定部430を含む。フィルタ交換時期差圧決定装置400は、製造段階における実験を通じてテスト対象フィルタのフィルタリング性能が予め決定された段階までダウングレードされる時点の差圧に基づいて、フィルタ交換時期の差圧を決定し、その決定されたフィルタ交換時期の差圧を空気浄化機に設けられたメモリ(図示せず)に保存する。
ここで、フィルタのフィルタリング性能としては、国際規格(例えば、CA(Clean Air)、CADR(Clean Air Delivery Rate)、JEMA(Japan Electrical Manufacturers’ Association)の規格)で定義されたサイズ0.3の異物(即ち、埃)の除去性能を適用することができる。例えば、製造段階で実験を通じて、使用面積49.586777m2(約15坪)型をカバーするように設計された空気浄化機のフィルタが時間の経過に伴って汚染され、使用面積42.975207m2(約13坪)型をカバーするフィルタと同一の性能を有するようになる時点の差圧に基づいて、フィルタ交換時期の差圧を決定することができる。
具体的には、フィルタリング性能測定部410は、テスト対象フィルタと、テスト対象フィルタよりも予め決定された段階までダウングレードされた性能を有する比較対象フィルタとの初期フィルタリング性能を測定する。
また、フィルタリング性能測定部410は、テスト対象フィルタのフィルタリング性能を周期的に測定する。
フィルタリング性能測定部410によってテスト対象フィルタの初期フィルタリング性能が測定されると、差圧測定部420は、その時点でのテスト対象フィルタの初期差圧を測定する。
また、フィルタリング性能測定部410によって周期的に測定されたテスト対象フィルタのフィルタリング性能が、テスト対象フィルタより予め決定された段階までダウングレードされた性能を有する比較対象フィルタの初期フィルタリング性能と同一になる時点で、差圧測定部420は、テスト対象フィルタの差圧(即ち、交換時期状態の差圧)を測定する。
ここで、差圧測定部420は、テスト対象フィルタに流入される空気の流量が予め設定された流量となるように調節した状態で、テスト対象フィルタの差圧を測定する。
フィルタ交換時期差圧決定部430は、差圧測定部420によって測定された初期差圧及び交換時期状態の差圧に基づいて、テスト対象フィルタに対するフィルタ交換時期の差圧(例えば、初期差圧と交換時期状態の差圧との差)を決定する。これにより、テスト対象フィルタが備えられた空気浄化機は、フィルタ交換時期差圧決定装置400によって決定されたフィルタ交換時期の差圧に基づいて、内部フィルタの交換時期を決定することができる。
上述のフィルタ交換時期差圧決定装置400は、テスト対象フィルタが備えられた空気浄
化機の内部に含まれてもよく、空気浄化機と連結される別途の装置としてもよい。
図5は本発明の実施の一形態による空気浄化機のためのフィルタ交換時期差圧決定方法を示すフローチャートである。図5に示されたフィルタ交換時期差圧決定方法は、図4に示されたフィルタ交換時期差圧決定装置によって行うことができる。
図5を参照すると、工程501において、予め決定されたサイズ(例えば、30m3)の第1実験用チャンバー内に、使用されていないテスト対象フィルタとサイズ0.3の異物を挿入し、ファン(Fan)を用いて予め決定された段階の風量(例えば、3段の風量)を維持した状態で、フィルタ交換時期差圧決定装置は、テスト対象フィルタの初期フィルタリング性能、例えば、サイズ0.3の異物が初期濃度の1/3以下となる時間T1を測定し、その際のテスト対象フィルタの初期差圧P1を測定する。
次に、工程503において、同一のサイズの第2実験用チャンバー内にテスト対象フィルタより予め決定された段階までダウングレードされた性能を有する使用されていない比較対象フィルタとサイズ0.3の異物を挿入し、ファンを用いて予め決定された段階の風量を維持した状態で、フィルタ交換時期差圧決定装置は、比較対象フィルタの初期フィルタリング性能、例えば、サイズ0.3の異物が初期濃度の1/3以下となる時間T2を測定する。ここで、テスト対象フィルタと比較対象フィルタは、例えば、それぞれ使用面積49.586777m2(約15坪)型と42.975207m2(約13坪)型をカバーするように設計された空気浄化機のフィルタであってもよい。
その後、工程505において、第1実験用チャンバーにサイズ0.3の異物を周期的に挿入し、フィルタ交換時期差圧決定装置によりテスト対象フィルタのフィルタリング性能を周期的に測定する。
テスト対象フィルタは、異物の周期的な挿入により、時間の経過に伴って汚染される。その結果、周期的に測定されるテスト対象フィルタのフィルタリング性能は、初期フィルタリング性能に対して次第に低下する。
続いて、工程507において、フィルタ交換時期差圧決定装置は、周期的に測定されたテスト対象フィルタのフィルタリング性能が、比較対象フィルタの初期フィルタリング性能と同一になる時点、例えば、サイズ0.3の異物が初期濃度の1/3以下となる時間T2を決定し、その時点のテスト対象フィルタの交換時期状態の差圧P2を測定する。
次に、工程509において、フィルタ交換時期差圧決定装置は、測定された交換時期状態の差圧P2と初期差圧P1に基づいて、テスト対象フィルタに対するフィルタ交換時期の差圧(例えば、初期差圧P1と交換時期状態の差圧P2との差)を決定する。
このように決定されたフィルタ交換時期の差圧は、テスト対象フィルタと同一のフィルタが内部に適用された空気浄化機のメモリに予め保存される。
最後に、フィルタ交換時期差圧決定装置は、上述した実施の形態によるアルゴリズムを終了させる。
このように、本発明の実施の形態による空気浄化機、そのフィルタ交換時期決定方法、及びフィルタの交換時期差圧決定装置と方法によると、フィルタの使用状態による流量−差圧の相関関係に基づいてフィルタ交換時期を決定するので、正確なフィルタ交換時期を決定することができ、また、アラームを使用者が認知するように出力するので、使用者が空気浄化のためのフィルタを適期に交換できる。
以上、本発明の実施の形態について詳細に説明してきたが、本発明の権利範囲はこれに限定されることなく、特許請求の範囲に記載された本発明の技術的思想を外れない範囲内で多様な修正及び変形ができることは当技術分野における通常の知識を有する者にとっては自明である。

Claims (14)

  1. フィルタの使用状態別の流量−差圧の相関関係グラフを保存するメモリと、
    フィルタの前端と後端の間の圧力差である差圧を測定する差圧センサと、
    予め設定された周期毎に前記差圧センサによって測定された前記フィルタの差圧、及び差圧の測定時に前記フィルタに流入される空気の流量を、前記使用状態別の流量−差圧の相関関係グラフにマッチングさせた結果に応じて、前記フィルタの交換時期を決定するフィルタ交換時期管理部と、含
    前記メモリは、複数のフィルタに対する使用状態別の流量−差圧の相関関係グラフを保存し、
    前記フィルタ交換時期管理部は、複数のフィルタに対する初期使用状態の流量−差圧の相関関係グラフに基づいて、初期設置段階で前記差圧センサによって測定された初期差圧、及び前記初期差圧の測定時に前記フィルタに流入される空気の流量をマッチングするグラフを有する一つのフィルタを確認し、確認されたフィルタの交換時期状態の流量−差圧の相関関係グラフを選択して、前記フィルタの交換時期の決定で選択されたグラフを用いる、空気清浄機。
  2. 前記フィルタに流入される空気の流量は、前記差圧の測定時に流量センサによって測定された空気の流量と、前記差圧の測定時に前記空気浄化機の風量段階に応じて予め設定された空気の流量とのいずれか一つである、請求項1に記載の空気浄化機。
  3. 前記予め設定された周期毎に測定された前記フィルタの差圧、及び差圧の測定時に前記フィルタに流入される空気の流量が、フィルタ交換状態の流量−差圧の相関関係グラフとマッチングすると、前記フィルタ交換時期管理部は、前記フィルタの交換時期が到来していると決定する、請求項1に記載の空気浄化機。
  4. 前記フィルタ交換時期管理部によって決定された前記フィルタの交換時期を知らせるアラーム情報を出力するアラーム部をさらに含む、請求項1に記載の空気浄化機。
  5. 初期設置段階でフィルタの初期差圧を測定する工程と、
    複数のフィルタに対する初期使用状態の流量−差圧の相関関係グラフに基づいて、前記初期差圧、及び前記初期差圧の測定時に前記フィルタに流入される空気の流量とマッチングするグラフを有する一つのフィルタを確認し、確認されたフィルタの交換時期状態の流量−差圧の相関関係グラフを選択する工程と、
    フィルタの使用状態別の流量−差圧の相関関係グラフを保存する工程と、
    予め設定された周期毎に前記フィルタの差圧を測定する工程と、
    予め設定された周期毎に測定された前記フィルタの差圧、及び差圧の測定時に前記フィルタに流入される空気の流量を前記使用状態別の流量−差圧の相関関係グラフとマッチングさせた結果に応じて前記フィルタの交換時期を決定する工程と、を含む、空気浄化機のフィルタ交換時期決定方法。
  6. 前記フィルタに流入される空気の流量は、前記差圧の測定時に流量センサによって測定された空気の流量、及び前記差圧の測定時に前記空気浄化機の風量段階に応じて予め設定された空気の流量のいずれか一つである、請求項に記載の空気浄化機のフィルタ交換時期決定方法。
  7. 前記フィルタの交換時期を決定する工程は、前記予め設定された周期毎に測定された前記フィルタの差圧、及び差圧の測定時に前記フィルタに流入される空気の流量が、フィルタ交換状態の流量−差圧の相関関係グラフとマッチングすると、前記フィルタの交換時期が到来していると決定する、請求項に記載の空気浄化機のフィルタ交換時期決定方法。
  8. 前記フィルタの交換時期を知らせるアラーム情報を出力する工程をさらに含む、請求項に記載の空気浄化機のフィルタ交換時期決定方法。
  9. 予め設定された周期毎にテスト対象フィルタのフィルタリング性能を測定するフィルタリング性能測定部と、
    前記予め設定された周期毎に測定された前記テスト対象フィルタのフィルタリング性能が、前記テスト対象フィルタより予め決定された段階までダウングレードされた性能を有する比較対象フィルタの初期フィルタリング性能と同一になる時点の前記テスト対象フィルタの交換時期状態の差圧を測定する差圧測定部と、
    前記交換時期状態の差圧に基づいて前記テスト対象フィルタに対するフィルタ交換時期の差圧を決定するフィルタ交換時期差圧決定部と、を含む、フィルタ交換時期の差圧決定装置。
  10. 前記フィルタリング性能測定部は、前記テスト対象フィルタ及び前記比較対象フィルタの初期フィルタリング性能を測定し、
    前記差圧測定部は、前記初期フィルタリング性能の測定時の前記テスト対象フィルタの初期差圧を測定し、
    前記フィルタ交換時期差圧決定部は、前記初期差圧と前記交換時期状態の差圧との間の差を、前記フィルタ交換時期の差圧として決定する、請求項に記載のフィルタ交換時期の差圧決定装置。
  11. 前記差圧測定部は、前記テスト対象フィルタに流入される空気の流量が予め設定された流量となるように調節した状態で、前記テスト対象フィルタの初期差圧と、交換時期状態の差圧とを測定する、請求項10に記載のフィルタ交換時期差圧決定装置。
  12. 予め設定された周期毎にテスト対象フィルタのフィルタリング性能を測定する段階と、
    前記予め設定された周期毎に測定された前記テスト対象フィルタのフィルタリング性能が、前記テスト対象フィルタより予め決定された段階までダウングレードされた性能を有する比較対象フィルタの初期フィルタリング性能と同一になる時点の前記テスト対象フィルタの交換時期状態の差圧を測定する工程と、
    前記テスト対象フィルタの交換時期状態の差圧に基づいて前記テスト対象フィルタに対するフィルタ交換時期の差圧を決定する工程と、を含む、空気浄化機のためのフィルタ交換時期差圧決定方法。
  13. 第1実験用チャンバー内に使用されていないテスト対象フィルタと予め設定されたサイズの異物を挿入し、ファン(FAN)を用いて予め決定された段階の風量を維持した状態で、テスト対象フィルタの初期フィルタリング性能及び初期差圧を測定する工程と、
    第2実験用チャンバー内に使用されていない比較対象フィルタと前記予め設定されたサイズの異物を挿入し、ファンを用いて予め決定された段階の風量を維持した状態で、比較対象フィルタの初期フィルタリング性能を測定する工程と、をさらに含む、請求項12に記載の空気浄化機のためのフィルタ交換時期差圧決定方法。
  14. 前記テスト対象フィルタに対するフィルタ交換時期の差圧を決定する工程は、前記初期差圧と前記交換時期状態の差圧との差を、前記フィルタ交換時期の差圧として決定する、請求項13に記載の空気浄化機のためのフィルタ交換時期差圧決定方法。
JP2016571312A 2014-06-03 2014-12-15 空気浄化機、そのフィルタの交換時期決定方法、及びフィルタの交換時期差圧決定装置と方法 Active JP6419218B2 (ja)

Priority Applications (9)

Application Number Priority Date Filing Date Title
KR1020140067454A KR20150139664A (ko) 2014-06-03 2014-06-03 공기정화기 및 이의 필터교체시기 결정 방법
KR10-2014-0067454 2014-06-03
KR10-2014-0097227 2014-07-30
KR20140097227 2014-07-30
KR1020140098365A KR101957686B1 (ko) 2014-07-31 2014-07-31 필터교체시기 차압 결정장치 및 이의 필터교체시기 차압 결정 방법, 및 이를 구비하는 공기정화기
KR10-2014-0098365 2014-07-31
KR10-2014-0178074 2014-12-11
KR1020140178074A KR20160016504A (ko) 2014-07-30 2014-12-11 공기정화기 및 이의 필터교체시기 결정 방법
PCT/KR2014/012306 WO2015186879A1 (ko) 2014-06-03 2014-12-15 공기정화기, 이의 필터교체시기 결정 방법 및 이를 위한 필터교체시기 차압 결정 장치 및 방법

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2017519176A JP2017519176A (ja) 2017-07-13
JP6419218B2 true JP6419218B2 (ja) 2018-11-07

Family

ID=58087962

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2016571312A Active JP6419218B2 (ja) 2014-06-03 2014-12-15 空気浄化機、そのフィルタの交換時期決定方法、及びフィルタの交換時期差圧決定装置と方法

Country Status (3)

Country Link
US (1) US10188976B2 (ja)
JP (1) JP6419218B2 (ja)
CN (1) CN106457115B (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR102264921B1 (ko) * 2020-01-17 2021-06-15 (주)명진 에어테크 집진 모듈 및 그를 포함하는 집진 모듈 조립체

Families Citing this family (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9907874B2 (en) 2016-05-17 2018-03-06 IONaer International Arizona, LLC Air ionization systems and methods
US9908081B2 (en) * 2016-05-17 2018-03-06 IONaer International Arizona, LLC Air ionization methods
CN106871353A (zh) * 2017-02-22 2017-06-20 深圳市佳洁农业投资发展有限公司 仓库管理监控系统及方法
US11123674B2 (en) * 2017-03-17 2021-09-21 Aerobiotix, Inc. System and method for maintaining, monitoring and/or improving air quality and purity in at least one room or environment
CN110090497A (zh) * 2018-01-30 2019-08-06 郑州宇通客车股份有限公司 空滤更换方法、更换时间检测方法和装置及燃料电池系统
WO2020239966A1 (en) * 2019-05-30 2020-12-03 Koninklijke Philips N.V. Systems and methods for detecting the status of a particle filter
US11009246B2 (en) * 2019-08-29 2021-05-18 Siemens Industry, Inc. Systems and methods to detect dirt level of filters
CN110374772B (zh) * 2019-09-11 2020-05-05 潍柴动力股份有限公司 空气滤清器堵塞的检测方法及装置
EP3828472A1 (en) * 2019-11-26 2021-06-02 Koninklijke Philips N.V. Systems and methods for detecting the status of a particle filter
US20210260631A1 (en) * 2020-02-20 2021-08-26 United Laboratories International, Llc On-Line Equipment Cleaning Method
CN111482024A (zh) * 2020-06-08 2020-08-04 深圳市鼎信科技有限公司 空气净化装置的控制方法、装置及存储介质

Family Cites Families (24)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5987014A (en) * 1982-11-08 1984-05-19 Toshiba Corp Apparatus for detecting clogging of filter
JP2604785B2 (ja) * 1988-03-04 1997-04-30 松下冷機株式会社 空気調和機
US5711785A (en) * 1995-10-26 1998-01-27 Ormet Corporation Method and apparatus for controlling the cleaning cycle of air filter elements and for predicting the useful life thereof
JP3176290B2 (ja) 1996-05-27 2001-06-11 オリオン機械株式会社 フィルタの管理装置
KR19990084486A (ko) * 1998-05-07 1999-12-06 윤종용 공기 청정기의 필터 교체시기 판단방법
JP2000018675A (ja) * 1998-06-24 2000-01-18 Matsushita Refrig Co Ltd 空気調和機
GB2351924B (en) * 1999-05-04 2003-03-19 Simatelex Manuf Co Air purifier
KR100533275B1 (ko) 1999-06-30 2005-12-05 주식회사 엘지이아이 냉장고의 필터교환정보 표시장치
JP2002085930A (ja) 2000-09-13 2002-03-26 Mitsubishi Paper Mills Ltd エアフィルター
CN1570755A (zh) * 2003-07-15 2005-01-26 乐金电子(沈阳)有限公司 投影仪空气过滤器更换时间判断装置及其表示方法
KR100670736B1 (ko) 2004-06-17 2007-01-18 모딘코리아 유한회사 차량의 루프-온형 에어컨용 필터링 장치의 제어방법
JP4956784B2 (ja) * 2006-03-07 2012-06-20 日産自動車株式会社 排ガス浄化フィルタのパティキュレート堆積量検出装置及び検出方法
KR100778575B1 (ko) 2006-12-01 2007-11-22 현대자동차주식회사 연료전지 차량에 설치되는 필터 일체형 가습기
KR20080079149A (ko) 2007-02-26 2008-08-29 (주)에이제이 집진기
JP2009036461A (ja) * 2007-08-02 2009-02-19 Panasonic Corp 電子機器およびフィルタ管理装置
JP2009228992A (ja) * 2008-03-24 2009-10-08 Fuji Industrial Co Ltd フィルタ目詰まり監視装置
US8182579B2 (en) 2008-07-02 2012-05-22 Woongjin Coway Co., Ltd. System and method for determining air purifier filter change time using measurement of motor speed
KR20100004044A (ko) 2008-07-02 2010-01-12 웅진코웨이주식회사 모터의 속도 측정을 이용한 공기청정기 필터교환시기 판단시스템 및 판단방법
KR101151132B1 (ko) 2010-01-28 2012-06-01 (주)이투산업환경 헤파 청소기
JP5613584B2 (ja) * 2010-02-18 2014-10-29 白光株式会社 空気清浄器およびその制御方法
CN101915675B (zh) * 2010-07-22 2012-12-19 中科华核电技术研究院有限公司 一种过滤器性能检测方法及装置
US8613792B2 (en) * 2011-06-20 2013-12-24 Honeywell International Inc. Method and systems for setting an air filter change threshold value in an HVAC system
US9186609B2 (en) 2012-01-31 2015-11-17 Cleanalert, Llc Filter clog sensing system and method for compensating in response to blower speed changes
JP5987014B2 (ja) 2014-03-19 2016-09-06 京楽産業.株式会社 遊技機

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR102264921B1 (ko) * 2020-01-17 2021-06-15 (주)명진 에어테크 집진 모듈 및 그를 포함하는 집진 모듈 조립체

Also Published As

Publication number Publication date
JP2017519176A (ja) 2017-07-13
US10188976B2 (en) 2019-01-29
CN106457115B (zh) 2019-03-12
CN106457115A (zh) 2017-02-22
US20170189846A1 (en) 2017-07-06

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6419218B2 (ja) 空気浄化機、そのフィルタの交換時期決定方法、及びフィルタの交換時期差圧決定装置と方法
JP2019532263A (ja) 空気フィルタの状態感知
KR101962013B1 (ko) 초미세먼지 측정 장치 및 그 방법
KR20130074486A (ko) 공기청정기 및 그의 필터 수명 표시 방법
CN107297109A (zh) 空气净化设备及其过滤件寿命提醒系统和提醒方法
KR20160016504A (ko) 공기정화기 및 이의 필터교체시기 결정 방법
JP2012128282A (ja) 投写型映像表示装置
KR20170031988A (ko) 공기 조화기 및 그 제어방법
CN108088030B (zh) 空调过滤网脏堵的检测方法及装置
TWI646420B (zh) 空調設備的濾網壽命告警系統及告警方法
KR101957686B1 (ko) 필터교체시기 차압 결정장치 및 이의 필터교체시기 차압 결정 방법, 및 이를 구비하는 공기정화기
JP6491767B2 (ja) 空気清浄機
JP6067115B2 (ja) ノズルクリーニング時期管理装置および管理方法
CN109908668B (zh) 一种过滤件寿命提示系统及其方法
JP2020051718A (ja) 加湿装置
JP2007117859A (ja) 空気浄化装置
US20150308890A1 (en) Ultraviolet monitoring systems, methods, and devices
KR20170071208A (ko) 공기청정기 및 이의 성능 표시 방법
KR20180038094A (ko) 공기 청정기 및 공기 청정기 필터의 청소 또는 교체 시기를 판단하는 방법
KR101982565B1 (ko) 공기청정기 및 공기청정기의 필터수명 예측방법
WO2015186879A1 (ko) 공기정화기, 이의 필터교체시기 결정 방법 및 이를 위한 필터교체시기 차압 결정 장치 및 방법
KR20100087977A (ko) 이이피롬이 구비된 필터가 장착된 공기청정기 및 그 동작방법
KR20150139664A (ko) 공기정화기 및 이의 필터교체시기 결정 방법
KR20160039021A (ko) 필터상태 확인장치, 공기 정화기 및 공기 정화기의 필터상태 확인방법
KR20210120344A (ko) 공기청정기의 필터 교환주기 측정방법

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20171023

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20180614

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20180620

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20180919

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20181003

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20181009

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6419218

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250