JP6407606B2 - 塵芥収集車 - Google Patents

塵芥収集車 Download PDF

Info

Publication number
JP6407606B2
JP6407606B2 JP2014153261A JP2014153261A JP6407606B2 JP 6407606 B2 JP6407606 B2 JP 6407606B2 JP 2014153261 A JP2014153261 A JP 2014153261A JP 2014153261 A JP2014153261 A JP 2014153261A JP 6407606 B2 JP6407606 B2 JP 6407606B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
dust
box
storage box
plate
stiffeners
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2014153261A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2016030664A (ja
Inventor
陸田 敬
敬 陸田
智史 弘津
智史 弘津
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Shinmaywa Industries Ltd
Original Assignee
Shinmaywa Industries Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Shinmaywa Industries Ltd filed Critical Shinmaywa Industries Ltd
Priority to JP2014153261A priority Critical patent/JP6407606B2/ja
Publication of JP2016030664A publication Critical patent/JP2016030664A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6407606B2 publication Critical patent/JP6407606B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、塵芥が収容される塵芥収容箱と、この塵芥収容箱の後方開口部に連設され、内部に塵芥積込装置を装備した塵芥投入箱とを備えた塵芥収集車に関するものである。
従来、塵芥収集車としては、例えば下記特許文献1、2に記載のように、車台上に搭載された塵芥収容箱の後方開口部に、塵芥積込装置を備えた塵芥投入箱が傾動可能に連設されるとともに、塵芥収容箱内において排出板が排出シリンダを介して車体の前後方向に移動自在に設けられたものが知られている。この排出板が、排出シリンダを介して車体の前後方向に移動することにより、塵芥収容箱内の塵芥が積み込まれる塵芥収容空間の容積を増減調節することができるようになっている。
下記特許文献1、2に記載の塵芥収集車では、塵芥積込装置による塵芥の積み込みに伴って、排出板を自動的に順次前方に移動させることで塵芥収容空間の容積を拡大させて、塵芥を圧縮しながら塵芥収容箱内に収容するようになっている。また、塵芥を外部に排出する際は、塵芥投入箱を上方に傾動させて塵芥収容箱の後部を開放した状態で排出板を後方まで移動させることによって塵芥の排出を行うようになっている。
特開平2−117502号公報 実開平5−85707号公報
ところが、上記特許文献1、2の塵芥収集車においてダンボールなどの嵩張る塵芥を塵芥積込装置により塵芥収容箱に積み込む際、ダンボールなどの嵩張る塵芥の構造ゆえに、該塵芥は、圧縮し難く、塵芥収容空間内の一方の側面付近に偏って集まりやすくなる場合、或いは中央部付近に集まりやすくなる場合があった。これらのような場合において、上記特許文献1、2の塵芥収集車においてダンボールなどの嵩張る塵芥を塵芥積込装置によりさらに塵芥収容箱に積み込む際には、塵芥収容空間のうち塵芥収容箱の他方の側面付近、或いは両側面付近に隙間ができてしまった状態で、排出板を車体前方に移動させ、塵芥収容空間の容積を拡大させざるを得ない場合があった。すなわち、排出板を車体前方最前まで移動させ、塵芥収容箱内の塵芥収容空間を最大まで拡大した後には、塵芥収容空間内にまだ余裕があるにもかかわらず、一定以上の塵芥の積み込みが困難となってしまい、塵芥を効率良く該塵芥収容空間内に収容することができない(塵芥収容空間について有効利用ができていない)場合があった。
そこで、本発明においては、ダンボールなどの嵩張る塵芥を塵芥積込装置により塵芥収容箱に積み込む際に、塵芥を効率良く塵芥収容箱内の塵芥収容空間に収容することができる塵芥収集車を提供することを目的とする。
(1)本発明の塵芥収集車は、車台上に搭載され、後方に後方開口部を有した塵芥収容箱と、前記塵芥収容箱の後方開口部に傾動可能に連設された塵芥投入箱と、前記塵芥投入箱の内部に装備され、前記後方開口部を介して塵芥を前記塵芥収容箱に積み込み可能な塵芥積込装置と、前記塵芥収容箱内において車体前後方向に移動可能に設けられ、前記塵芥収容箱の内部空間を前記塵芥積込装置により塵芥が積み込まれる塵芥収容空間と車体前方の前方空間とに区画する排出板と、前記前方空間内に設けられ、前記排出板を車体前後方向に移動させて前記塵芥収容空間の容積を変化させることが可能な排出シリンダと、を備えたものであって、前記塵芥収容箱の内底部において、前記後方開口部側から前記塵芥収容箱の両側面方向に略ハの字型に拡がるように設けられた少なくとも1対のデッキ案内部を備えていることを特徴とする。
上記(1)の構成によれば、デッキ案内部によって、塵芥は、塵芥収容空間内の一方の側面付近に偏って集まってしまったり中央部だけに集まってしまったりすることがなく、両側面方向にも分散される。これにより、排出板を前方へ移動させつつも、塵芥収容空間内に無駄な隙間を形成せずに、塵芥収容空間の容積を拡大することができる。したがって、塵芥を効率良く塵芥収容空間内に収容することができ、塵芥収容箱の塵芥積込量を従来よりも増加させることができる。また、ダンボールなどの塵芥の表面が濡れて、表面抵抗が大きくなってしまった場合でも、デッキ案内部によって、塵芥を塵芥収容箱の内底部表面に張り付きにくくすることができるので、塵芥の積込作業性及び排出作業性を向上させることができる。これらにより、ダンボールなどの嵩張る塵芥を塵芥積込装置により塵芥収容箱に積み込む際に、塵芥を効率良く塵芥収容箱内の塵芥収容空間に収容することができる。また、塵芥収容箱内の塵芥を効率良く排出することもできる。
(2)上記(1)の塵芥収集車においては、前記塵芥収容箱の内底部において、前記デッキ案内部の後方開口部側に、車体前後方向と略平行のレール部が少なくとも1対設けられていることが好ましい。
上記(2)の構成によれば、略平行のレール部を介して、塵芥が塵芥収容箱内の前方(デッキ案内部)へ滑り込みやすいとともに、レール部に載った後に、略ハの字型のデッキ案内部12bに載って連続的に塵芥収容箱2内の壁面方向へ流れやすくなる。これにより、塵芥の積込作業性をより向上させることができる。また、塵芥を排出する際には、レール部に載った塵芥はレール部に沿って後方へ排出されやすくなるので、塵芥の排出作業性をより向上させることができる。
本発明の実施の形態における塵芥収集車の塵芥収容箱及び塵芥投入箱を断面にて示す側面図である。 図1の塵芥収容箱内の排出板及びデッキを示す塵芥収容箱の斜視図である。 図1の圧縮板の拡大図である。 図3の圧縮板のA方向矢視図である。 本発明の実施の形態の変形例を示す図であって、塵芥収容箱内の排出板のスチフナ及びデッキのスチフナの一例である。 本発明の実施の形態の変形例を示す図であって、回転式の塵芥積込装置を備えた塵芥収集車の塵芥収容箱及び塵芥投入箱を断面にて示す側面図である。
以下、本発明の実施の形態について図1〜図4に基づいて説明する。図1は本発明の実施の形態における塵芥収集車の塵芥収容箱及び塵芥投入箱を断面にて示す側面図、図2は図1の塵芥収容箱内の排出板及びデッキ(塵芥収容箱の内底部)を示す塵芥収容箱の斜視図、図3は図1の圧縮板の拡大図、図4は図3のA方向矢視図である。なお、以下の説明において、前後方向は車体の進行方向と同じ方向を指すものとし、左右方向は車体の前方に向かって左右方向を指すものとする。
図1において、本発明の実施の形態における塵芥収集車100は、車台1上に、塵芥収容箱2と、塵芥投入箱3とが搭載されたものである。塵芥投入箱3は、塵芥収容箱2の後端の後方開口部4の上方で投入箱支持ピン3aにより軸支されており、この投入箱支持ピン3aを中心に傾動自在になっている。そして、この塵芥投入箱3を上方に傾動した状態で塵芥収容箱2内に設けられた排出板6を車体後方に移動することにより、塵芥収容箱2内に収容した塵芥を排出することができるようになっている。
塵芥投入箱3の後面下部には、塵芥を投入する塵芥投入口5が開口されている。塵芥投入箱3の内部には、圧縮式の塵芥積込装置30が装備されている。塵芥積込装置30は、塵芥投入箱3内に塵芥投入口5を通じて投入された塵芥を圧縮して、塵芥収容箱2に積み込むためのものである。
<塵芥収容箱の構成>
図2に示すように、塵芥収容箱2の内部には、排出板6が車台1の前後方向にデッキ7上を移動自在に配設されている。排出板6は、略垂直面6aと傾斜面6bとを有し、塵芥収容箱2の横幅及び上下高さと略同じ大きさに形成された板状体である。この排出板6によって、塵芥収容箱2の内部空間は、塵芥積込装置30により後方開口部4から積み込まれた塵芥を収容する塵芥収容空間2aと、その前方の前方空間2bとに区画されている。
また、図1に示すように、排出板6は、塵芥収容箱2内で車台1の前後方向に摺動する支持フレーム8に支持されている。支持フレーム8の左右両側縁には、排出板6の車台1の前後方向への移動をガイドするガイド部を構成する溝形鋼で構成された案内溝部材9が設けられている。塵芥収容箱2内の左右両側面の下部には、この案内溝部材9とともにガイド部を構成する案内凸部材10が車台1の前後方向に延設されている。
また、塵芥収容箱2の前方空間2bには、伸縮動作により排出板6を車台1の前後方向に移動させる排出シリンダ11が備えられている。排出シリンダ11は、一端が塵芥収容箱2の内部前方の上部位置に軸支され、他端が支持フレーム8の下部に軸支されている。この排出シリンダ11が伸長したときには、排出板6を塵芥収容箱2の後方開口部4に近接させて、塵芥収容空間2aの容積を最小にする一方、排出シリンダ11が縮退することにより、塵芥収容空間2aの容積を増大変更することができるようになっている。
また、図2に示すように、デッキ7上には、塵芥積込装置30による塵芥収容箱2への塵芥の積み込みをガイドする複数の板状部材、角パイプ又は山型状部材からなるスチフナ12A、12Bが、塵芥収容箱2内底部の中央に対して略左右対称に設けられている。
さらに説明すると、スチフナ12Aにおいては、後方開口部4側から塵芥収容箱2の途中まで平行直線状に設けられた1対のレール部12aと、レール部12aの車体前方側の端部から塵芥収容箱2の両側面方向に拡がるように延設された1対で略ハの字型のデッキ案内部12bとを有している。各デッキ案内部12bは直線状に形成されており、左右方向に対する傾斜角度は例えば45度程度に設定されている。また、各デッキ案内部12bは、デッキ7面から突出しているが、この突出量は排出板6の下端と干渉しない大きさ(例えば3mm〜6mm程度)に設定されている。
ここで、レール部12aは、デッキ案内部12bに塵芥を案内できる位置にあれば、デッキ7上のいずれの位置に設けられていてもよい。
スチフナ12Bにおいては、スチフナ12Aと同様の構成を有しているが、デッキ7上においてスチフナ12Aの内側(塵芥収容箱2中央部側)に設けられており、スチフナ12Aと比較して1対のスチフナ同士の間隔が狭く構成されている。なお、スチフナ12Bは、上述のスチフナ12Aの変形例と同構成であってもよい。
これらスチフナ12A、12Bにより、塵芥収容箱2内の塵芥の対流は、塵芥収容箱2内の中央部から左右両側面に向くようになっている。したがって、スチフナ12A、12Bにより、投入された塵芥は塵芥収容空間2a内の一方の側面付近に偏って集まってしまったり、中央だけに集まってしまったりしないように両側面方向に分散して塵芥収容箱2内に収容されることになる(スチフナ12A、12Bによる分散効果)。なお、ここでのスチフナ12A、12Bは、どちらか1対でも構わないし、さらに同様のスチフナが設けられた構成であってもよい。また、スチフナの配設位置はスチフナ12A、12Bと同様の場合に限られず、スチフナ12A、12Bと同様の効果を奏するのであれば、デッキ7上のいずれの位置に配設されてもよい。
排出板6の傾斜面6bには、塵芥積込装置30による塵芥収容箱2への塵芥の積み込みをガイドする帯板状部材、角パイプ又は断面山型状の部材からなる1対のスチフナ(案内部)13A、13Bが、塵芥収容箱2中央に対して左右対称に設けられている。さらに説明すると、スチフナ13Aにおいては、排出板6の傾斜面6bに沿って塵芥収容箱2の底面側から塵芥収容箱2の上部又は側面方向に拡がるように、1対で略ハの字型に設けられている。
各スチフナ13Aは、直線状に形成されており、水平状のデッキ面7に対する傾斜角度は例えば45度程度に設定されている。また、各スチフナ13Aの上端は、排出板6の全高さに対して排出板6の下端から約1/3の高さ位置に設けられている。また、各スチフナ13Aは、傾斜面6bから突出しているが、この突出量は例えば30mm〜80mm程度に設定されている。
スチフナ13Bにおいては、スチフナ13Aと同様の構成を有しているが、傾斜面6bにおいてスチフナ13Aの内側(塵芥収容箱2中央部側)に設けられており、スチフナ13Aと比較して1対のスチフナ同士の間隔が狭く構成されている。
これらスチフナ13A、13Bにより、排出板6に到達した塵芥収容箱2内の塵芥の対流は、塵芥収容箱2内の中央部から塵芥収容箱2内の左右両側面の上部側へ向くようになっている。したがって、スチフナ13A、13Bにより、投入されて排出板6に到達した塵芥は塵芥収容空間2a内の一方の側面付近に偏って集まってしまったり中央だけに集まってしまったりしないように両側面方向に分散して塵芥収容箱2内に収容されることになる(スチフナ13A、13Bによる分散効果)。また、スチフナ13A、13Bにおいては、上述のスチフナ12A、12Bと合わせて、さらに分散効果を高めることができるようになっている。なお、ここでのスチフナ13A、13Bはどちらか1対でも構わないし、さらに同様のスチフナが設けられた構成であってもよい。また、傾斜面6bにおけるスチフナの配設位置はスチフナ13A、13Bの場合に限られず、スチフナ13A、13Bと同様の効果を奏するのであれば、排出板6の後方面(略垂直面6a、傾斜面6b)のいずれの位置に配設されていてもよい。
<塵芥投入箱の構成>
図1に示すように、塵芥投入箱3の左右両側壁には、溝形鋼で形成された案内溝部材14が補強枠を兼ねて前方上部より後方下部に向かって敷設されている。塵芥投入箱3内には、その横幅方向全体に広がる摺動板15が収容されている。この摺動板15の左右両側縁の上下には、案内ローラ16が回転可能に設けられている。これらの案内ローラ16は、案内溝部材14の内壁に沿って転動自在に嵌入されている。
また、摺動板15の後面上部の左右端部にはボス部17が設けられている。このボス部17には、摺動板支持軸18が挿通されている。この摺動板支持軸18は、塵芥投入箱3の左右両側壁に形成された摺動用開口19を越えて塵芥投入箱3の内側より外側に突出するように配置されている。
また、塵芥投入箱3の左右両側壁からそれぞれ外側に突出した摺動板支持軸18と塵芥投入箱3の下部間には、左右それぞれ塵芥投入箱3の外側に案内溝部材14の傾斜方向に沿って配置された摺動シリンダ20がそれぞれ連結されている。この摺動シリンダ20の伸縮動作によって、摺動板15は案内溝部材14に沿って上下に往復移動する。
摺動板15の下端には、塵芥投入箱3の幅方向全体に亘って延設された圧縮板21が接続部21bを介して前後方向に揺動可能に支持されている。この圧縮板21の先端は前方に向かって若干屈曲形成されている。また、圧縮板21の左右両後面には接続部21aが突設されている。この左右それぞれの接続部21aと、摺動板15の後面上部に設けられた摺動板支持軸18の左右両端部との間には、それぞれ揺動シリンダ22が連結されている。この揺動シリンダ22の伸縮動作によって、圧縮板21は前後に揺動する。
図3及び図4に示すように、圧縮板21の前面には、断面山型形状であって辺の1つが尖形形状部分の先端部となるように配置され、かつ、該先端部がのこぎり状に形成されたスチフナ23及びスチフナ24が、幅方向に交互に複数設けられている。ここでは、スチフナ23の方がスチフナ24より大きく形成されているが、これに限られない。
また、図3及び図4に示すように、圧縮板21の下方先端の前面側であって、スチフナ23及びスチフナ24の下方には、断面山型形状であって辺の1つが尖形形状部分の先端部となるように配置された複数のスチフナ25が設けられている。このスチフナ25は、スチフナ23の長手方向及びスチフナ24の長手方向と重ならないように配置されている。圧縮板21の作動時において、上述のスチフナ23、24、25は、ダンボールなどの塵芥を確実に押し潰すとともに、該塵芥に喰い込み、滑落させてしまわないようにしつつ、塵芥収容箱2に積み込むことが可能である。
<塵芥収集車の動作>
上記構成の塵芥積込装置30により塵芥を塵芥収容箱2に積み込む場合は、まず図1に示すように排出シリンダ11を伸長させて、排出板6を塵芥収容箱2内の最後方位置に配置し、摺動シリンダ20及び揺動シリンダ22がいずれも伸長して摺動板15が上昇終了位置(最上位置)にある状態で、塵芥投入口5を通して塵芥を塵芥投入箱3内に投入する。そして、塵芥積込装置30に対して積込指示がなされると、塵芥積込装置30は、図1に示す状態から、揺動シリンダ22が縮退作動して圧縮板21が反転作動し、反転終了位置に達する(反転工程(図示せず))。この後、摺動シリンダ20が縮退作動して摺動板15が下降し、これに伴って圧縮板21が下降する(下降工程(図示せず))。そして、図示しないが、圧縮板21が下降終了位置に達すると、揺動シリンダ22を伸長させて圧縮板21を前方に揺動させ、圧縮工程に移行する。そして、圧縮板21が圧縮終了位置まで揺動する(圧縮工程)と、摺動シリンダ20を伸長させて圧縮板21を上昇させる(上昇工程(図示せず))。この圧縮板21が図1に示した上昇終了位置に達すると、一連の積込動作を終了する。これにより、圧縮板21の反転、下降、圧縮、上昇の各工程を1サイクルとして塵芥積込動作を繰り返して行う。
そして、塵芥積込装置30により積み込まれる塵芥が排出板6を押圧する力が所定以上に達した際に、排出シリンダ11を縮退させることで、排出板6が徐々に前方に移動する。この排出板6の移動動作によって、塵芥収容空間2aの容積を拡大させて、塵芥を圧縮しながら塵芥収容箱2内に積み込むことができるようになっている。このとき、塵芥がダンボールなどの嵩張る塵芥であっても、圧縮板21の前面に設けられたスチフナ23、24、25は、確実に該塵芥を押し潰すとともに喰い込み、該塵芥を滑落させてしまわないようにしつつ、後方開口部4から塵芥収容空間2a内に積み込む。そして、この積み込みの際、デッキ7のスチフナ12A、12Bに接触している塵芥、及び、排出板6のスチフナ13A、13Bに接触している塵芥は、圧縮板21によって塵芥収容空間2a内に押し込まれながら各スチフナに沿って塵芥収容箱2内の左右両側面方向に別れて流れやすくなる。これにより、該塵芥は塵芥収容箱2の中央部だけでなく左右両側面に分散し、塵芥収容空間2a内に円滑に且つ無駄な隙間なく収容されることになる。
一方、塵芥を外部に排出する場合は、塵芥投入箱3を上方に傾動させて塵芥収容箱2の後部を開放した状態で、排出シリンダ11を伸長させることで、塵芥収容箱2の前方に位置する排出板6を後方に移動させ、塵芥収容箱2内に収容された塵芥を排出することができるようになっている。このとき、排出板6のスチフナ13A、13Bに接触している塵芥は、スチフナ13A、13Bに沿って塵芥収容箱2内の中央下部から左右両側面の上部方向に別れて流れやすくなる。また、このとき、デッキ7のスチフナ12A、12Bに接触している塵芥は、スチフナ12A、12Bに沿って塵芥収容箱2の側面から中央部方向にずれやすくなる。これらにより、排出板6を後方に移動させた際には、塵芥収容箱2内に積み込まれた塵芥の塊を底部から崩しやすくすることができ、塵芥収容箱2内の塵芥を排出しやすくすることができる。
以上のように、本実施形態における塵芥収集車100では、塵芥を塵芥積込装置30により塵芥収容箱2に積み込む際、圧縮板21のスチフナ23、24、25によって、塵芥が従来よりも確実かつ効率良く押し潰され、デッキ7のスチフナ12A、12B及び排出板6のスチフナ13A、13Bによって、塵芥は塵芥収容空間2a内の一方の側面付近に偏って集まってしまったり中央部だけに集まってしまったりすることがなく両側面方向にも分散される。これにより、排出板6を前方へ移動させつつも、塵芥収容空間2a内に無駄な隙間を形成せずに、塵芥収容空間2aの容積を拡大することができる。したがって、塵芥を効率良く塵芥収容空間2a内に収容することができ、塵芥収容箱2の塵芥積込量を従来よりも増加させることができる。また、塵芥収容箱の内底部にデッキ案内部を設けたことにより、前記内底部に凹凸が形成され、塵芥収容箱の内底部と排出板下端との隙間にダンボールなどの塵芥が噛み込まないようにすることができる。さらに、ダンボールなどの塵芥の表面が濡れて、表面抵抗が大きくなってしまった場合でも、デッキ7のスチフナ12A、12B及び排出板6のスチフナ13A、13Bによって、塵芥をデッキ7及び排出板6の表面に張り付きにくくすることができるので、塵芥の積込作業性及び排出作業性を向上させることができる。これらにより、ダンボールなどの嵩張る塵芥を塵芥積込装置30により塵芥収容箱2に積み込む際に、塵芥を効率良く塵芥収容箱2内の塵芥収容空間2aに収容することができる。また、塵芥収容箱2a内の塵芥を効率良く排出することもできる。
また、略平行のレール部12aを介して、塵芥が塵芥収容箱2内のスチフナ12Aのデッキ案内部12bへ滑り込みやすいとともに、略平行のレール部12aに載った後に、連続的に略ハの字型のデッキ案内部12bに載って塵芥収容箱2内の壁面方向へ流れやすくなる。これにより、塵芥の積込作業性をより向上させることができる。また、塵芥を排出する際には、レール部12aに載った塵芥はレール部12aに沿って後方へ排出されやすくなるので、塵芥の排出作業性をより向上させることができる。なお、スチフナ12Bにおいてもスチフナ12Aと同様の効果を奏する。
以上、本発明の実施の形態を説明したが、具体例を例示したに過ぎず、特に本発明を限定するものではなく、具体的構成などは、適宜設計変更可能である。また、発明の実施の形態に記載された、作用及び効果は、本発明から生じる最も好適な作用及び効果を列挙したに過ぎず、本発明による作用及び効果は、本発明の実施の形態に記載されたものに限定されるものではない。
例えば、上記のデッキ7のスチフナ12A、12B及び排出板6のスチフナ13A、13Bは、図5に示すように、左右一対の曲線状且つ略ハの字型のスチフナ32、33であってもよい。すなわち、塵芥積込装置30により積み込まれた塵芥の対流が塵芥収容箱2内の中央部から左右両側面に向くように略ハの字型に配置され、上記実施形態と同様の効果を奏するものであれば、スチフナ32、33は、どのような形状のものであってもよい。また、スチフナ32、33は、それぞれ複数対あってもよい。
また、上記実施の形態におけるデッキ7のスチフナ12A、12B及び排出板6のスチフナ13A、13Bの構成は、回転式の塵芥積込装置を備えた塵芥収集車にも適用可能である。図6は回転式の塵芥積込装置を備えた塵芥収集車の塵芥収容箱及び塵芥投入箱を断面にて示す側面図である。なお、図6において上記実施形態の符号1〜6、8〜11と共通する部分及びほぼ同様の部分については、順に符号51〜56、58〜61を付し、相違部分には別の符号を付している。
図6に示すように、塵芥収集車200は、車台51上に、塵芥収容箱52と、塵芥投入箱53とが搭載されたものである。塵芥投入箱53の内部には、回転式の塵芥積込装置40が装備されている。塵芥積込装置40は、車台51の前後方向に揺動する押込板26と、この押込板26の下端付近に回転中心を有して正逆転する回転板27とを備えている。押込板26は、塵芥投入箱53の幅方向全体に亘って延設され、かつ後方開口部54に対向するように配設されている。この押込板26の上部は、塵芥投入箱53の左右両側壁の中央付近に、中心軸26aよりも上方に延びる延設部26bが設けられている。
延設部26bの先端には、左右一対の押込シリンダ28の先端が連設されている。押込シリンダ28は、その基端が投入箱支持ピン53aに回動自在に支持されている。この押込シリンダ28の伸縮動作により、押込板26が中心軸26a回りに車台51の前後方向に揺動するようになっている。
また、回転板27は、押込板26の下側に設けられている。回転板27は、押込板26の下端付近に回転中心としての回転軸27aを有し、塵芥投入箱53の断面略半円弧状に形成された底壁29に沿って回転軸27a回りに回転するように構成されている。また、回転軸27aの一方は、正逆回転可能なモータに減速機構を介して駆動連結されており、このモータにより回転力がトルクアップされた状態で、モータと同期して正逆回転するように構成されている。
このような構成の回転式の塵芥積込装置40においては、塵芥投入口55を通して塵芥投入箱53内に投入された塵芥は、回転板27が正回転(図6においては、回転軸27a回りに時計回り)することにより掻き集められ、回転板27の先端が後方開口部54の下縁の対応位置まで持ち上げられる。そして、押込板26が後方位置から前方位置へ揺動することにより、回転板27上の塵芥が後方開口部54を経て塵芥収容空間52a内へ押し込まれ、デッキ(図示せず)に設けられた上記実施の形態におけるスチフナ12A、12Bと同様のスチフナ(図示せず)、及び、排出板56に設けられた上記実施の形態におけるスチフナ13A、13Bと同様のスチフナ(図示せず)によって、塵芥収容箱52内の中央部から左右両側面に分散していくことになる。したがって、本変形例においても、上記実施形態と同様の効果を奏することができる。
1、51 車台
2、52 塵芥収容箱
2a、52a 塵芥収容空間
2b、52b 前方空間
3、53 塵芥投入箱
3a、53a 投入箱支持ピン
4、54 後方開口部
5、55 塵芥投入口
6、56 排出板
6a 略垂直面
6b 傾斜面
7 デッキ
8、58 支持フレーム
9、59 案内溝部材
10、60 案内凸部材
11、61 排出シリンダ
12A、12B、13A、13B、23、24、25、32、33 スチフナ
12a レール部
12b デッキ案内部
14 案内溝部材
15 摺動板
16 案内ローラ
17 ボス部
18 摺動板支持軸
19 摺動用開口
20 摺動シリンダ
21 圧縮板
21a、21b 接続部
22 揺動シリンダ
26 押込板
26a 中心軸
26b 延設部
27 回転板
27a 回転軸
28 押込シリンダ
29 底壁
30、40 塵芥積込装置
100、200 塵芥収集車

Claims (1)

  1. 車台上に搭載され、後方に後方開口部を有した塵芥収容箱と、
    前記塵芥収容箱の後方開口部に傾動可能に連設された塵芥投入箱と、
    前記塵芥投入箱の内部に装備され、前記後方開口部を介して塵芥を前記塵芥収容箱に積み込み可能な塵芥積込装置と、
    前記塵芥収容箱内において車体前後方向に移動可能に設けられ、前記塵芥収容箱の内部空間を前記塵芥積込装置により塵芥が積み込まれる塵芥収容空間と車体前方の前方空間とに区画する排出板と、
    前記前方空間内に設けられ、前記排出板を車体前後方向に移動させて前記塵芥収容空間の容積を変化させることが可能な排出シリンダと、
    を備えた塵芥収集車であって、
    前記塵芥収容箱の内底部において、前記後方開口部側から車体前後方向に平行直線状に設けられた少なくとも1対のレール部と、前記1対のレール部にそれぞれ接続され、前記1対のレール部の車体前方側の端部から前記塵芥収容箱の両側面方向に略ハの字型に拡がるようにれた少なくとも1対のデッキ案内部を備えていることを特徴とする塵芥収集車。
JP2014153261A 2014-07-28 2014-07-28 塵芥収集車 Active JP6407606B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2014153261A JP6407606B2 (ja) 2014-07-28 2014-07-28 塵芥収集車

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2014153261A JP6407606B2 (ja) 2014-07-28 2014-07-28 塵芥収集車

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2016030664A JP2016030664A (ja) 2016-03-07
JP6407606B2 true JP6407606B2 (ja) 2018-10-17

Family

ID=55441277

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2014153261A Active JP6407606B2 (ja) 2014-07-28 2014-07-28 塵芥収集車

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6407606B2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN109911476A (zh) * 2019-03-14 2019-06-21 成都市云海天环保科技有限公司 一种刮板上料装置及水平式垃圾压缩设备

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4188058A (en) * 1978-04-10 1980-02-12 Kuntzi David M Self draining truck bed floorings
JPS6333845Y2 (ja) * 1984-11-22 1988-09-08
US4750776A (en) * 1986-11-19 1988-06-14 Custom Form Manufacturing Co., Inc. Bed liner and mounting device
JPH068091Y2 (ja) * 1989-03-27 1994-03-02 富士車輌株式会社 塵芥収集車
JPH08133137A (ja) * 1994-11-04 1996-05-28 Custom Form Mfg Co Inc 多片荷台裏当て

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN109911476A (zh) * 2019-03-14 2019-06-21 成都市云海天环保科技有限公司 一种刮板上料装置及水平式垃圾压缩设备

Also Published As

Publication number Publication date
JP2016030664A (ja) 2016-03-07

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR100709482B1 (ko) 화물차량용 적재함 자동 커버장치
JP5893433B2 (ja) 塵芥投入箱および塵芥収集車
JP6407606B2 (ja) 塵芥収集車
CN110254489A (zh) 一种建筑工程翻斗自卸运料车
US3815765A (en) Material transport
JP6324835B2 (ja) 塵芥収集車
US3682336A (en) Refuse body loading mechanism
CN108438677A (zh) 一种后装压缩式垃圾车
JP6388505B2 (ja) 塵芥収集車
CN208054470U (zh) 自动装卸式垃圾车
JPH09202404A (ja) 塵芥収集車の塵芥押込み装置と塵芥押込み方法
CN212709490U (zh) 一种建筑工程用具有便于移动功能的物料输送装置
JP2005097000A (ja) 塵芥収集車
JP6888964B2 (ja) 塵芥積込装置
EP2944585A1 (en) A garbage-packing device
CN206142254U (zh) 一种垃圾压缩箱料斗
CN210122318U (zh) 用于垃圾装载箱的可移动盖板、垃圾装载箱及垃圾收集车
JP2004189409A (ja) 作業車輌における作業機器の駆動制御装置
JP5202397B2 (ja) 塵芥収集車およびその排出制御装置並びに排出制御方法
CN204296538U (zh) 一种井下可自动装载的翻斗车
JP2010222092A (ja) 塵芥収集車
JP5019522B2 (ja) 灰出装置
CN106335724A (zh) 一种垃圾压缩箱料斗
JP2007302410A (ja) 塵芥収集車の塵芥積込装置
JP5490629B2 (ja) 塵芥収集車

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20170419

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20180309

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20180320

A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20180501

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20180911

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20180919

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6407606

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250