JP6400605B2 - Surgical stapling cartridge containing a layer holding characteristics thereof - Google Patents

Surgical stapling cartridge containing a layer holding characteristics thereof Download PDF

Info

Publication number
JP6400605B2
JP6400605B2 JP2015557118A JP2015557118A JP6400605B2 JP 6400605 B2 JP6400605 B2 JP 6400605B2 JP 2015557118 A JP2015557118 A JP 2015557118A JP 2015557118 A JP2015557118 A JP 2015557118A JP 6400605 B2 JP6400605 B2 JP 6400605B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
portion
staple
thickness compensator
tissue thickness
anvil
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2015557118A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2016506826A (en
Inventor
シュミッド・キャサリン・ジェイ
スタメン・ジョン・エル
スミス・ブレット・ダブリュ
シェルトン・ザ・フォース・フレデリック・イー
Original Assignee
エシコン・エンド−サージェリィ・インコーポレイテッドEthicon Endo−Surgery,Inc.
エシコン・エンド−サージェリィ・インコーポレイテッドEthicon Endo−Surgery,Inc.
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US13/763,112 priority Critical
Priority to US13/763,112 priority patent/US20130256379A1/en
Application filed by エシコン・エンド−サージェリィ・インコーポレイテッドEthicon Endo−Surgery,Inc., エシコン・エンド−サージェリィ・インコーポレイテッドEthicon Endo−Surgery,Inc. filed Critical エシコン・エンド−サージェリィ・インコーポレイテッドEthicon Endo−Surgery,Inc.
Priority to PCT/US2014/015296 priority patent/WO2014124252A1/en
Publication of JP2016506826A publication Critical patent/JP2016506826A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP6400605B2 publication Critical patent/JP6400605B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

(関連出願の相互参照) CROSS-REFERENCE TO RELATED APPLICATIONS
本出願は、2012年3月28日付けで出願された「Tissue Thickness Compensator Comprising Channels」と題する米国特許出願第13/433,147号についての米国特許法第120条に基づく一部継続出願であり、この米国特許出願の内容全体が参照によって本明細書に組み込まれる。 The present application, be a continuation-in-part application based on US Patent Law Article 120 of about was filed on March 28, 2012, "Tissue Thickness Compensator Comprising Channels entitled" US patent application Ser. No. 13 / 433,147 , the entire contents of this U.S. patent application is incorporated herein by reference.

本発明は、外科用器具に関するものであり、様々な実施形態において、組織の切断及びステープル留めを行うように設計された、外科用切断及びステープル留め器具並びにステープルカートリッジに関する。 The present invention relates to a surgical instrument, in various embodiments, it is designed to perform cutting and stapling of tissue, a surgical cutting and stapling instrument and a staple cartridge.

以下の本発明の実施形態の説明文を添付の図面と併せて参照すると、本発明の特徴及び利点、並びにこれらを実現する方法は、より明らかとなり、発明自体のより深い理解が得られるであろう。 Referring in conjunction with the following accompanying drawings a description of embodiments of the present invention, features and advantages of the present invention and methods to achieve these, becomes more apparent, der deeper understanding of the invention itself is obtained wax.
リンクトリガー式自動後退及びラチェット式手動後退機構を含むハンドル部分を備えた、外科用ステープル留め及び切断器具の左正面斜視図である。 With a handle portion including a link triggered automatic retraction and ratcheting manual retraction mechanism is a left front perspective view of a surgical stapling and cutting instrument. 自動発射運動距離終了後退機構及び手動発射後退機構を露出させるために、細長いシャフトの一部分が切り取られ、ハンドル筐体の右半殻部が取り除かれた、図1の外科用ステープル留め及び切断器具の右後方斜視図である。 To expose the automatic firing motion distance terminated retraction mechanism and manual firing retraction mechanism, it cuts a portion of the elongate shaft, the right half shell of the handle housing removed, of the surgical stapling and severing instrument of FIG. 1 it is a right rear perspective view. 図1のハンドル部分と外科用ステーブル留め及び切断器具の細長いシャフトとの右後方分解斜視図である。 A right rear perspective view of the elongate shaft of the handle portion and the surgical stable fastening and cutting instrument of FIG. 部分的に分解された図1の外科用ステープル留め及び切断器具の右側面図である。 It is a right side view of the partially disassembled surgical stapling and severing instrument of FIG. 閉鎖機構が閉じかつクランプ締めされ、側面つめ機構が第1のストロークを完了し、発射機構の自動後退をトリガーする連結ラックの遠位リンクを露出させるために後退機構が取り除かれた、図1の外科用ステープル留め及び切断器具の部分分解右後方斜視図である。 Is closing mechanism closes and clamping a side pawl mechanism has completed a first stroke, retraction mechanism to expose the distal link linked rack that triggers automatic retraction of the firing mechanism has been removed, in Figure 1 is a partially exploded right rear perspective view of the surgical stapling and cutting instrument. エンドエフェクタが開き、反バックアップ機構が係合された初期状態における図4のステープル留め及び切断器具の部分分解左側面図である。 It opens the end effector is a partially exploded left side view of the stapling and severing instrument of FIG. 4 in an initial state in which the anti-backup mechanism is engaged. 4のステープル留め及び切断器具の部分分解左側面図である。 4 is a partial exploded left side view of the stapling and cutting instrument. 遠位リンクが作動され、反バックアップ解放レバーを前方でロックし、連結ラックが後退するのを許可する直後の図1の外科用ステープル留め及び切断器具の分解左側面詳細図である。 The distal link is actuated, the anti-backup release lever locked by the front, is an exploded left side detail view of the surgical stapling and severing instrument of FIG. 1 immediately after the linked rack to allow for retraction. 図1の外科用ステープル留め及び切断器具の遊び後方歯車と手動後退機構の手動後退レバー及びラチェット式歯止めとの右分解斜視図である。 A right exploded perspective view of a manual retraction lever and ratchet pawl idler rearward gear and manual retraction mechanism of the surgical stapling and severing instrument of FIG. 反バックアップ機構が図8の手動後退レバーの作動前に引張/圧縮併用ばねから切り離されている完全発射後の連結ラックに係合された、図1の外科用ステープル留め及び切断器具の部分分解左側面図である。 Anti-backup mechanism is engaged with the linked rack after complete firing that is disconnected from the tension / compression combination spring prior to actuation of the manual retraction lever of FIG. 8, partially exploded left surgical stapling and severing instrument of FIG. 1 it is a surface view. 反バックアップ解放レバー、後方歯車、及び手動発射解放レバーの隠れた部分が鎖線で表された、図9の外科用ステープル留め及び切断器具の部分分解左側面図である。 Anti backup release lever, rear wheel, and hidden part of the manual firing release lever represented in chain line, is a partial exploded left side view of the surgical stapling and severing instrument of FIG. 手動発射解放レバーの作動が連結ラックを手動で後退させた後の図10の外科用ステープル留め及び切断器具の部分分解左側面図である。 Actuation of the manual firing release lever is a partially exploded left side view of the surgical stapling and severing instrument of FIG. 10 after retracting the linked rack manually. 連結ラックが省略され、反バックアップ機構を係合解放する手動発射解放レバーを描く図11の外科用ステープル留め及び切断器具の部分分解左側面図である。 Linked rack is omitted, is a partial exploded left side view of the surgical stapling and severing instrument of FIG. 11 depicting the manual firing release lever to engage release the anti-backup mechanism. 連結ラックが後退位置にあり、反バックアップ解放レバーが発射ロッドに係合された反バックアッププレートと共に近位側に位置決めされた、代替的な反バックアップ解放機構の右側面図である。 Linked rack is in the retracted position, the anti-backup release lever is positioned proximally with anti backup plate engaged with the firing rod is a right side view of an alternative anti-backup release mechanism. 図13の後方歯車、自動後退カムホイール及び最も遠位側のリンクの右側面詳細図である。 Figure 13 of the rear wheel, a right side detail view of the automatic retraction cam wheel and the distal-most link. 更なる発射ストロークが自動後退カムホイールを遠位側に摺動させ、反バックアップ解放レバーをロックさせ、反バックアップ機構を係合解放した後の自動解放機構の右側面図である。 Additional firing stroke slid automatic retraction cam wheel distally to lock the anti-backup release lever is a right side view of the automatic release mechanism after engagement releasing the anti-backup mechanism. 交換可能ステープルカートリッジの右半分がステープルチャンネルに含まれている、開放ステープル装着用アセンブリの左前方斜視図である。 Right half of the replaceable staple cartridge is included in the staple channel, a left front perspective view of an open staple mounting assembly. 完全交換可能ステープルカートリッジ及び非関節シャフト構成を有する図16のステープル装着用アセンブリの分解斜視図である。 It is an exploded perspective view of the staple mounting assembly of Figure 16 with full replaceable staple cartridge and non-articular shaft configuration. ステープルカートリッジのカートリッジ本体の内部に位置決め可能な複数のステープルドライバの斜視図である。 It is a perspective view of an internal positionable plurality of staple drivers of the cartridge body of the staple cartridge. 図16のステープル装着用アセンブリのツーピースナイフ及び発射バー(「E形梁部」)の斜視図である。 Is a perspective view of a two-piece knife and firing bar of the staple mounting assembly of FIG. 16 ( "E-beam portion"). ステープル装着用アセンブリのステープルカートリッジの楔形スレッドの斜視図である。 It is a perspective view of a wedge-shaped thread of the staple cartridge of the staple mounting assembly. 図16のステープル装着用アセンブリの中心線21−21による縦方向断面において得られた左側面図である。 Is a left side view taken in longitudinal section along the center line 21-21 of the staple mounting assembly of FIG. 16. 交換可能ステープルカートリッジを含まず、かつ、ステープルチャンネルの遠位部分を含まない図16の開放ステープル装着用アセンブリの斜視図である。 Free of replaceable staple cartridge, and is a perspective view of an open staple mounting assembly of Figure 16 without the distal portion of the staple channel. ステープルカートリッジの内部ステープルドライバとツーピースナイフ及び発射バーの部分とを描く、図16のステープル装着用アセンブリの線23−23による断面において得られた正面図である。 Draw an internal staple drivers and two-piece knife and firing bar portions of the staple cartridge, a front view taken in section along the staple mounting line assembly 23-23 in FIG. ツーピースナイフ及び楔形スレッドの間にあるが、ステープルカートリッジの内部のステープル及びステープルドライバを見せるために横方向にオフセットさせられた中心接触点を含むように、図16の閉鎖ステープル装着用アセンブリの線24−24の長手軸にほぼ沿って得られた左側面図である。 There between the two-piece knife and wedge sled, to include a central contact point which is brought laterally offset to show the inside of the staple and staple driver of the staple cartridge, the line of the closed staple mounting assembly of FIG. 16 24 is a left side view taken substantially along the longitudinal axis of -24. ステープルカートリッジ交換の典型として少し多く後退させられたツーピースナイフが図24のステープル装着用アセンブリの左側面詳細図である。 Two-piece knife retracted slightly more as typical for staple cartridge replacement is a left side detail view of the staple mounting assembly of FIG. 24. ツーピースナイフが発射し始めた、図24に描かれた構成に対応する図25のステープル装着用アセンブリの左側面詳細図である。 Two-piece knife beginning to fire, is a left side detail view of the staple mounting assembly of FIG. 25 corresponding to the configuration depicted in FIG. 24. ツーピースナイフ及び発射バーが遠位側で発射された後の図24の閉鎖ステープル装着用アセンブリの左側面断面図である。 Is a left side sectional view of the closure staple mounting assembly of Figure 24 after the two-piece knife and firing bar is fired distally. ステープルカートリッジの発射及びツーピースナイフの後退の後の図27の閉鎖ステープル装着用アセンブリの左側面断面図である。 It is a left side sectional view of the closure staple mounting assembly of Figure 27 after the firing and the two-piece knife retracted in the staple cartridge. ツーピースナイフがロックアウト位置に落下することが許された、図28のステープル装着用アセンブリの左側面断面詳細図である。 It was allowed to two-piece knife drops into lockout position is a left side cross-sectional detail view of the staple mounting assembly of FIG. 28. 本開示の様々な実施形態に従って様々な要素が取り除かれ、未発射位置にある発射アセンブリを描き、アクチュエータの解放止め具と係合されたスレッドを更に描くエンドエフェクタアセンブリの顎部の部分斜視図である。 Various elements are removed in accordance with various embodiments of the present disclosure, draw the firing assembly in the unfired position, a partial perspective view of the jaws of the end effector assembly further draw release fastener engaged with threads of the actuator is there. 様々な要素が取り除かれ、部分発射位置にある発射アセンブリを描き、アクチュエータの解放止め具から係合解放されたスレッドを更に描く図29Aの顎部の部分斜視図である。 Various factors are removed, to draw the firing assembly in a partially fired position, is a partial perspective view of the jaw of Figure 29A further depicts the engagement release thread from the actuator of the release stopper. シャフト及び着脱式エンドエフェクタを含む外科用ステープル留め器具の斜視図である。 It is a perspective view of a surgical stapling instrument including a shaft and a removable end effector. 図30の外科用ステープル留め器具のシャフト及びエンドエフェクタの部分斜視図である。 It is a partial perspective view of the shaft and end effector of the surgical stapling instrument of FIG. 30. 図30の外科用ステープル留め器具のシャフトに組み付けられているエンドエフェクタの部分斜視図である。 Is a partial perspective view of the end effector is mounted to the shaft of the surgical stapling instrument of FIG. 30. 図30の外科用ステープル留め器具のシャフトに組み付けられているエンドフェクタの別の部分斜視図である。 Is another partial perspective view of Endofekuta which are assembled to the shaft of the surgical stapling instrument of FIG. 30. 図30の外科用ステープル留め器具のシャフトから分離されたエンドエフェクタを示す部分断面立面図である。 Is a partial cross-sectional elevational view showing the separated end effector from the shaft of the surgical stapling instrument of FIG. 30. 図30の外科用ステープル留め器具のシャフトに結合されたエンドエフェクタを示し、開放ロック解放位置にあるスライド環を更に示す部分断面立面図である。 Shows an end effector coupled to the shaft of the surgical stapling instrument of FIG. 30 is a partial cross-sectional elevational view showing a slide ring in an open lock release position. 図30の外科用ステープル留め器具のシャフトに結合されたエンドエフェクタを示し、閉鎖ロック位置にあるスライド環を更に示す部分断面立面図である。 Shows an end effector coupled to the shaft of the surgical stapling instrument of FIG. 30 is a partial cross-sectional elevational view showing a slide ring in the closed locked position. コンポーネントが取り除かれた状態で示された図30のエンドエフェクタの分解図である。 Component is an exploded view of the end effector of FIG. 30 shown in a state of being removed. 図30シャフトの分解図である。 Figure 30 is an exploded view of the shaft. ステープルが第1のシーケンス中に未発射位置から発射位置まで動かされた状態で示された、閉位置にあるアンビルと、剛性支持部分及び圧縮可能な組織厚さコンペンセータを備えるステープルカートリッジとの縦方向断面図である。 Staples have been shown in a state of being moved to the firing position from the unfired position in the first sequence, the longitudinal directions of the staple cartridge including an anvil in a closed position, the rigid support portion and a compressible tissue thickness compensator it is a cross-sectional view. 発射シーケンスが終了した後の開位置にあるアンビルを示す、図39のアンビル及びステープルカートリッジの別の断面図である。 Showing the anvil in the open position after the firing sequence has been completed, it is another cross-sectional view of the anvil and the staple cartridge of FIG. 39. 未発射位置にあるステープルを示す、図39のステープルカートリッジの部分詳細図である。 Showing the staple in the unfired position, it is a partial detailed view of the staple cartridge of FIG. 39. 未発射位置にあるステープルを示す、剛性支持部分及び圧縮可能な組織厚さコンペンセータを備えるステープルカートリッジの断面立面図である。 Showing the staple in the unfired position, it is a cross-sectional elevational view of the staple cartridge comprising a rigid support portion and a compressible tissue thickness compensator. 図42のステープルカートリッジの詳細図である。 It is a detail view of the staple cartridge of FIG. 42. 未発射位置にあるステープルを示す、開位置にあるアンビルと、剛性支持部分及び圧縮可能な組織厚さコンペンセータを含むステープルカートリッジとの立面図である。 Showing the staple in the unfired position, it is an elevational view of a staple cartridge including an anvil, a rigid support portion and a compressible tissue thickness compensator in the open position. 未発射位置にあるステープル及びアンビルと組織厚さコンペンセータとの間に捕捉された組織を示す、閉鎖位置にあるアンビルと、剛性支持部分及び圧縮可能な組織厚さコンペンセータを備えるステープルカートリッジとの立面図である。 Shows the tissue captured between the staple and anvil and the tissue thickness compensator in unfired position, elevation of the anvil in the closed position, the staple cartridge comprising a rigid support portion and a compressible tissue thickness compensator it is a diagram. 図45のアンビル及びステープルカートリッジの詳細図である。 It is a detail view of the anvil and the staple cartridge of FIG. 45. アンビルとステープルカートリッジとの間に位置決めされた、異なる厚さを有する組織を示す、図45のアンビル及びステープルカートリッジの立面図である。 Positioned between the anvil and the staple cartridge, showing a tissue having different thicknesses, is an elevational view of the anvil and the staple cartridge of FIG. 45. 図47に示されたとおりの図45のアンビル及びステープルカートリッジの詳細図である。 It is a detail view of the anvil and the staple cartridge of FIG. 45 as shown in Figure 47. 異なるステープルの内部に捕捉された、異なる組織厚さを補償する組織厚さコンペンセータを示す図である。 Trapped inside the different staple diagrams showing the tissue thickness compensator to compensate for different tissue thicknesses. ステープル行によって横切られた1本以上の血管に圧縮圧力を加える組織厚さコンペンセータを示す図である。 Is a diagram illustrating a thickness compensator tissue applying compressive pressure to one or more blood vessels traversed by the staple lines. ステープルの内部に捕捉された組織を示す図である。 It is a diagram illustrating a tissue trapped within the staple. ステープルの内部に捕捉された厚い組織及び組織厚さコンペンセータを示す図である。 Is a diagram showing a thick tissue and tissue thickness compensator trapped inside of the staple. ステープルの内部に捕捉された薄い組織及び組織厚さコンペンセータを示す図である。 It is a diagram showing a thin tissue and tissue thickness compensator trapped inside of the staple. ステープルの内部に捕捉された中間の厚さを有する組織及び組織厚さコンペンセータを示す図である。 Is a diagram illustrating a tissue and tissue thickness compensator having an internal captured the thickness of the intermediate staple. 少なくとも一実施形態による外科用ステープル留め器具のエンドエフェクタの部分断面図である。 It is a partial cross-sectional view of the end effector of the surgical stapling instrument according to at least one embodiment. 少なくとも1つの代替的実施形態によるエンドエフェクタの部分断面図である。 It is a partial cross-sectional view of the end effector according to at least one alternative embodiment. 別の代替的実施形態によるエンドエフェクタの部分断面図である。 It is a partial cross-sectional view of the end effector according to another alternative embodiment. 撓んだ状態で示されたエンドエフェクタの部分断面図である。 It is a partial cross-sectional view of the end effector shown in deflected state. 解放状態にある図58のエンドエフェクタの部分断面図である。 It is a partial cross-sectional view of the end effector of FIG. 58 in a released state. 組織厚さコンペンセータを支持部分に対して保持するように構成された横方向保持部材を備えるステープルカートリッジの斜視断面図である。 It is a perspective cross-sectional view of the staple cartridge comprising a transverse holding member configured to hold the supporting part tissue thickness compensator. 組織をステープル留めするために用いられている図60のステープルカートリッジの断面図である。 Tissue is a cross-sectional view of the staple cartridge of Figure 60 has been used to stapling. カートリッジ本体と複数の発射可能なアタッチメント部材によってカートリッジ本体に取り付けられた組織厚さコンペンセータとを含むステープルカートリッジの斜視図である。 The cartridge body and a plurality of launchable attachment member is a perspective view of a staple cartridge including a tissue thickness compensator which is attached to the cartridge body. 図62のステープルカートリッジの分解図である。 It is an exploded view of the staple cartridge of FIG. 62. 図62のステープルカートリッジの立面図である。 It is an elevational view of the staple cartridge of FIG. 62. 図64における切断線に沿って得られた、未発射位置にある発射可能なアタッチメント部材を示す図62のステープルカートリッジの断面図である。 Taken along section line in FIG. 64 is a cross-sectional view of the staple cartridge of Figure 62 showing the launchable attachment member in the unfired position. 図64における切断線に沿って得られた、発射破壊位置にある発射可能なアタッチメント部材を示す図62のステープルカートリッジの断面図である。 Taken along section line in FIG. 64 is a cross-sectional view of the staple cartridge of Figure 62 showing the launchable attachment member in a firing fracture position. 組織厚さコンペンセータの斜視図である。 Tissue is a perspective view of the thickness of the compensator. ステープルカートリッジに組み付けられている図167の組織厚さコンペンセータの斜視図である。 It is a perspective view of a tissue thickness compensator of FIG. 167 which are assembled to the staple cartridge. 図68の組織厚さコンペンセータ及びステープルカートリッジの分解図である。 It is an exploded view of the tissue thickness compensator and staple cartridge of Figure 68. 組織厚さコンペンセータ近位端部の斜視図である。 Tissue is a perspective view of the thickness of the compensator proximal end. ステープルカートリッジに組み付けられた図70の組織厚さコンペンセータ部分立面図である。 It is a tissue thickness compensator partial elevational view of FIG. 70 assembled to staple cartridge. 図71の組織厚さコンペンセータ及びステープルカートリッジの平面図である。 It is a plan view of a tissue thickness compensator and staple cartridge of Figure 71. 組織厚さコンペンセータをステープルカートリッジに対して保持するマウント部の正面図である。 Tissue thickness compensator is a front view of a mounting portion for holding against the staple cartridge. 図73のマウント部の側面図である。 It is a side view of a mounting portion of FIG. 73. 図73のマウント部の背面図である。 It is a rear view of the mount portion of FIG. 73. 図73のマウント部の底面図である。 It is a bottom view of the mounting portion of FIG. 73. 組織厚さコンペンセータをステープルカートリッジのカートリッジ本体に対して解放可能に保持するように構成された保持ピンを含むステープルカートリッジの部分断面図である。 Tissue thickness compensator is a partial cross-sectional view of the staple cartridge containing a configured retaining pin to releasably retain the cartridge body of the staple cartridge. 図解のため一部分が取り除かれた図77のステープルカートリッジの部分断面斜視図である。 It is a partial cross-sectional perspective view of the staple cartridge of FIG. 77 partially removed for illustration. 無効にされた状態にある保持ピンを示す、図77のステープルカートリッジの部分断面図である。 It shows a holding pin in the state of being disabled is a partial cross-sectional view of the staple cartridge of FIG. 77. 無効にされた状態にある保持ピンを更に示す、図77のステープルカートリッジの部分斜視断面図である。 Further shows a holding pin in the state of being disabled is a partial perspective sectional view of the staple cartridge of FIG. 77. 閉鎖状態にあるクランプを示す、組織厚さコンペンセータをカートリッジ本体に対して解放可能に保持するように構成されたクランプを含むステープルカートリッジの部分断面図である。 Showing the clamp in a closed state, is a partial sectional view of the staple cartridge containing a configured clamped to the tissue thickness compensator releasably retaining the cartridge body. 動作状態にあるクランプを示す、図80のステープルカートリッジの部分断面図である。 Showing the clamp in the operating state is a partial cross-sectional view of the staple cartridge of FIG. 80. 上に配置された組織厚さコンペンセータ及び/又はバトレス材料のような層を含み、エンドエフェクタ刃先と相対的に配置され、図示の目的のため残りのエンドエフェクタの部分が取り除かれた、ステープルカートリッジの斜視図である。 Comprising a layer, such as tissue thickness compensator and / or buttress material disposed thereon, is aligned relative to the end effector tip, of the remaining end effector for purposes of illustration has been removed, the staple cartridge it is a perspective view. 刃先が展開されず、ステープルが明瞭さの目的のため省略された、ステープルカートリッジ内の遠位空洞に配置された層の遠位端部を切断する刃先を表す図81Aのステープルカートリッジの平面断面図である。 Cutting edge is not deployed, the staples have been omitted for clarity purposes, the cross-sectional plan view of the staple cartridge of FIG. 81A representing the cutting edge for cutting the distal end portion of the layers disposed in the distal cavity of the staple cartridge it is. 層の遠位端部を切断する刃先が展開され、ステープルが明瞭さの目的のため省略された、図81Aのステープルカートリッジの平面断面図である。 To expand the cutting edge to cut the distal end portion of the layer, staples have been omitted for purposes of clarity, a plan sectional view of the staple cartridge of FIG. 81A. 近位コネクタ及び遠位コネクタによってカートリッジ本体に締め付けられた組織厚さコンペンセータを描き、未発射位置にある発射アセンブリを更に描く本開示の様々な実施形態によるエンドエフェクタアセンブリの顎部の斜視図である。 Draw a proximal connector and thickness compensator tissue clamped to the cartridge body by the distal connector is a perspective view of the jaws of the end effector assembly according to various embodiments of the further drawing the disclosure firing assembly in the unfired position . 作動前位置にあるアクチュエータを描く、図84の顎部の部分平面図である。 Draw actuator in an actuated position before a partial plan view of the jaw of Figure 84. 作動後位置にあるアクチュエータを描く、図84の顎部の部分平面図である。 Draw an actuator in position after actuation, a partial plan view of the jaw of Figure 84. 図85Bの顎部の詳細図である。 It is a detailed view of the jaws of Figure 85B. 作動後位置にあるアクチュエータを描き、破壊された近位コネクタ及び遠位コネクタを更に描く図84の顎部の立面図である。 Draw an actuator in position after actuation is an elevational view of the jaw of Figure 84 further depicts the proximal connector and a distal connector was destroyed. 様々な要素が取り除かれ、図85Aのアクチュエータのタブ部と係合されたカートリッジ本体のスレッドを描く図84の顎部の部分立面図である。 Various factors are removed, is a partial elevational view of the jaw of Figure 84 depicting the thread tab portion and engaged with the cartridge body of the actuator of FIG. 85A. 様々な要素が取り除かれ、アクチュエータのタブ部から係合解放されたカートリッジ本体のスレッドを描く図84の顎部の部分立面図である。 Various factors are removed, it is a partial elevational view of the jaw of Figure 84 depicting a thread engagement freed cartridge body from the tab portion of the actuator. アクチュエータの解放止め具に接した発射アセンブリの発射バーを描く、本開示の様々な実施形態によるエンドエフェクタアセンブリの顎部の部分平面図である。 Draw the firing bar of the firing assembly in contact with the actuator of the release fastener is a partial plan view of the jaws of the end effector assembly according to various embodiments of the present disclosure. アクチュエータの解放止め具を通って延在する発射アセンブリの発射バーを描く、図87Aの顎部の部分平面図である。 Through the actuator of the release stopper draw the firing bar extending firing assembly is a partial plan view of the jaw of Figure 87A. カートリッジ本体に締め付けられた組織厚さコンペンセータを描き、未発射位置にある発射アセンブリを更に描く、本開示の様々な実施形態によるエンドエフェクタアセンブリの顎部の斜視図である。 Draw a thickness compensator tissue clamped in the cartridge body, further draw the firing assembly in the unfired position, it is a perspective view of the jaws of the end effector assembly according to various embodiments of the present disclosure. 様々な要素が透明表示され、顎部を通って延在するアクチュエータを描き、未発射位置にある発射アセンブリを更に描く、図88の顎部の部分立面図である。 Various factors appear transparent, draw an actuator extending through the jaws, further draw the firing assembly in the unfired position, it is a partial elevational view of the jaw of Figure 88. 作動状態にある保持ピンを示す、組織厚さコンペンセータをカートリッジ本体に対して解放可能に保持するように構成された保持ピンを含むステープルカートリッジの部分断面図である。 It shows a holding pin in the operating state is a partial cross-sectional view of the staple cartridge includes a configuration retention pins as tissue thickness compensator releasably retaining the cartridge body. 無効状態にある保持ピンを示す、図90のステープルカートリッジの部分断面図である。 It shows a holding pin in the disabled state, which is a partial cross-sectional view of the staple cartridge of FIG. 90. 保持ピンを無効にするように構成された、図90のステープルカートリッジのアクチュエータの斜視図である。 Configured to disable the holding pin is a perspective view of the actuator of the staple cartridge of FIG. 90. 締結具カートリッジアセンブリのカートリッジ本体から解放された組織厚さコンペンセータを描き、未発射位置にある発射アセンブリを更に描く、本開示の様々な実施形態によるエンドエフェクタアセンブリの締結具カートリッジアセンブリの斜視図である。 Draw a thickness compensator tissue is released from the cartridge body of the fastener cartridge assembly further draw the firing assembly in the unfired position, is a perspective view of the fastener cartridge assembly of the end effector assembly according to various embodiments of the present disclosure . ステープルカートリッジアセンブリのカートリッジ本体に締め付けられた組織厚さコンペンセータを描く、図93Aの締結具カートリッジアセンブリの斜視図である。 Draw thickness compensator tissue clamped in the cartridge body of the staple cartridge assembly, a perspective view of the fastener cartridge assembly of FIG. 93A. 様々な要素が取り除かれ、発射前位置にある発射アセンブリを描く、図93Aの締結具カートリッジアセンブリの立面図である。 Various factors are removed, draw the firing assembly in the pre-firing position, it is an elevational view of the fastener cartridge assembly of FIG. 93A. 様々な要素が取り除かれ、部分発射位置にある発射アセンブリを描く、図93Aの締結具カートリッジアセンブリの立面図である。 Various factors are removed, draw a firing assembly in a partially fired position, an elevational view of the fastener cartridge assembly of FIG. 93A. 締結具カートリッジアセンブリのカートリッジ本体から解放された組織厚さコンペンセータを描く、本開示の様々な実施形態によるエンドエフェクタアセンブリの締結具カートリッジアセンブリの部分斜視図である。 Draw thickness compensator tissue is released from the cartridge body of the fastener cartridge assembly is a partial perspective view of the fastener cartridge assembly of the end effector assembly according to various embodiments of the present disclosure. 締結具カートリッジアセンブリのカートリッジ本体から解放された組織厚さコンペンセータを描く、本開示の様々な実施形態によるエンドエフェクタアセンブリの締結具カートリッジアセンブリの部分斜視図である。 Draw thickness compensator tissue is released from the cartridge body of the fastener cartridge assembly is a partial perspective view of the fastener cartridge assembly of the end effector assembly according to various embodiments of the present disclosure. カートリッジ本体のブリッジに保持された組織厚さコンペンセータのマウント部を描く、図95の締結具カートリッジアセンブリの部分断面図である。 Draw mounting portion of the tissue thickness compensator held on the bridge of the cartridge body, it is a partial sectional view of the fastener cartridge assembly of FIG. 95. 締結具カートリッジアセンブリのカートリッジ本体から解放された組織厚さコンペンセータを描く、本開示の様々な実施形態によるエンドエフェクタアセンブリの締結具カートリッジアセンブリの斜視図である。 Draw thickness compensator tissue is released from the cartridge body of the fastener cartridge assembly is a perspective view of the fastener cartridge assembly of the end effector assembly according to various embodiments of the present disclosure. 締結具カートリッジアセンブリのカートリッジ本体に締め付けられた組織厚さコンペンセータを描く、図97の締結具カートリッジアセンブリの斜視図である。 Fastener draw thickness compensator tissue cartridge clamped to the main body of the cartridge assembly is a perspective view of the fastener cartridge assembly of FIG. 97. 締結具カートリッジアセンブリのカートリッジ本体に締め付けられた組織厚さコンペンセータを描き、クランプ解放位置にあるエンドエフェクタを更に描く、図97のエンドエフェクタアセンブリの立面断面図である。 Draw a thickness compensator tissue clamped in the cartridge body of the fastener cartridge assembly further draw an end effector in the clamped release position is a vertical cross-sectional view of the end effector assembly of FIG 97. 締結具カートリッジアセンブリのカートリッジ本体に締め付けられていない組織厚さコンペンセータを描き、クランプ位置にあるエンドエフェクタを更に描く、図97のエンドエフェクタアセンブリの立面断面図である。 Draw a tissue thickness compensator which cartridge is not fastened to the body of the fastener cartridge assembly further draw an end effector in the clamped position, it is an elevational cross-sectional view of the end effector assembly of FIG 97. 上方組織厚さコンペンセータから延在する複数の保持特徴物を含む上方組織厚さコンペンセータと、下方組織厚さコンペンセータを備えるステープルカートリッジとを備えるステープルカートリッジアプリケータアセンブリの斜視図である。 An upper tissue thickness compensator including a plurality of retention features thereof extending from the upper tissue thickness compensator is a perspective view of the staple cartridge applicator assembly and a staple cartridge including a lower tissue thickness compensator. ステープルカートリッジチャンネルの内部に配置された図101のステープルカートリッジアプリケータアセンブリと、ステープルカートリッジアプリケータアセンブリの上に閉じたアンビルとの立面図である。 A staple cartridge applicator assembly of FIG. 101 which is disposed within the staple cartridge channel, which is an elevational view of a closed anvil on the staple cartridge applicator assembly. 再開位置にある図102のアンビルと、エンドエフェクタから取り除かれた図101のステープルカートリッジアプリケータとの立面図である。 An anvil of Figure 102 in the resume position, is an elevational view of a staple cartridge applicator of Figure 101 has been removed from the end effector. 図101の上方組織厚さコンペンセータと下方組織厚さコンペンセータとの中間に位置決めされた組織の断面図である。 It is a cross-sectional view of a middle positioned tissue of the upper tissue thickness compensator and lower tissue thickness compensator of Figure 101. 組織にステープル留めされ、切断部材によって切断された上方組織厚さコンペンセータ及び下方組織厚さコンペンセータを示す断面図である。 Tissue stapled, is a cross-sectional view showing a cut upper tissue thickness compensator and lower tissue thickness compensator by the cutting member. 少なくとも一実施形態によるアンビルに取り付けられるように構成された上方組織厚さコンペンセータを備えるステープルカートリッジアプリケータアセンブリの斜視図である。 It is a perspective view of the staple cartridge applicator assembly comprising an upper tissue thickness compensator configured to be attached to the anvil in accordance with at least one embodiment. ステープルカートリッジチャンネルの内部に位置決めされた図106のステープルカートリッジアプリケータアセンブリと、上方組織厚さコンペンセータの方へ動かされているアンビルとの立面図である。 A staple cartridge applicator assembly of FIG. 106 positioned within the staple cartridge channel, which is an elevational view of the anvil is moved towards the upper tissue thickness compensator. 上方組織厚さコンペンセータがアンビルと係合された後に、エンドエフェクタから取り外された図106のステープルカートリッジアプリケータを示す図である。 After the upper tissue thickness compensator is engaged and the anvil is a diagram showing a staple cartridge applicator of Figure 106 has been removed from the end effector. 図106の上方組織厚さコンペンセータの方へ動かされているアンビルの端面断面図である。 It is an end sectional view of the anvil being moved toward the upper tissue thickness compensator of Figure 106. 上方組織厚さコンペンセータと係合したアンビルの端面断面図である。 It is an end sectional view of the upper tissue thickness compensator engaged with the anvil. 本発明の1つの非限定的な実施形態によるステープルカートリッジに解放可能に保持されたバトレス材料の断片を有するステープルカートリッジの斜視図である。 It is a perspective view of a staple cartridge having a piece of buttress material releasably retained in staple cartridge according to one non-limiting embodiment of the present invention. バトレス材料の断片がこの断片から延在する複数の部材を含む、図109のステープルカートリッジ及びバトレス材料の断片の分解斜視図である。 Pieces of buttress material comprises a plurality of members extending from the fragment is an exploded perspective view of a fragment of a staple cartridge and buttress material of FIG. 109. 本発明の1つの非限定的な実施形態によるステープル空洞と係合された図110の部材を示す、図109における線111−111に沿って得られた断面図である。 It shows the member of Figure 110 engaged with the staple cavities in accordance with one non-limiting embodiment of the present invention, is a cross-sectional view taken along line 111-111 in FIG 109. 本発明の1つの非限定的な実施形態によるステープルカートリッジのステープル空洞と係合された部材を含むバトレス材料の断片の断面図である。 It is a cross-sectional view of a fragment of buttresses material including members engaged with staple cavities of the staple cartridge in accordance with one non-limiting embodiment of the present invention. 本発明の1つの非限定的な実施形態によるステープルカートリッジのステープル空洞から分離された部材を示す、図112の分解図である。 Shows the members separated from the staple cavities of the staple cartridge in accordance with one non-limiting embodiment of the present invention, is an exploded view of FIG. 112. 着脱式及び/又は交換式ステープル脚部ガイドを備えるステープルカートリッジの支持部分の部分斜視図である。 It is a partial perspective view of a support portion of a staple cartridge including a removable and / or replaceable staple legs guide. ステープルカートリッジから展開されているステープルを示す、図114のステープルカートリッジの部分断面図である。 Showing a staple being deployed from the staple cartridge is a partial cross-sectional view of the staple cartridge of FIG. 114. ステープルカートリッジが発射された後の図114の断面詳細図である。 Staple cartridge is a cross-sectional detail of Figure 114 after it has been fired. カートリッジ本体から延在する突出部を描く、本開示の様々な実施形態によるカートリッジ本体、殻部、及び組織厚さコンペンセータの部分斜視図である。 Draw a protruding portion extending from the cartridge body, the cartridge body in accordance with various embodiments of the present disclosure, the shell portion, and is a partial perspective view of a tissue thickness compensator. 殻部から延在する突出部を描く、本開示の様々な実施形態によるカートリッジ本体、殻部、及び組織厚さコンペンセータの部分斜視図である。 Draw a protruding portion extending from the shell portion, the cartridge body in accordance with various embodiments of the present disclosure, the shell portion, and is a partial perspective view of a tissue thickness compensator. エンド絵ファクタアセンブリのカートリッジ本体のステープル空洞内に位置決めされたステープルを描き、未成形構成におけるステープルを更に描く、本開示の様々な実施形態によるエンドエフェクタアセンブリの部分断面図である。 Draw staples positioned within the staple cavities of the cartridge body of the end picture factors assembly further draw the staples in unshaped configuration is a partial cross-sectional view of the end effector assembly according to various embodiments of the present disclosure. ステープル空洞から放出されたステープルを描き、成形構成におけるステープルを更に描く、図119のエンドエフェクタアセンブリの部分断面図である。 Draw staples released from the staple cavities, further draw the staples in the molding configuration is a partial cross-sectional view of the end effector assembly of FIG. 119. ロック構成におけるロックを描く本開示の様々な実施形態によるステープル及びロックの斜視図である。 It is a perspective view of the staple and the lock according to various embodiments of the present disclosure depicting a locking of the locking structure. ロック構成におけるロックを描く、図121のステープル及びロックの斜視図である。 Draw the lock in the locked configuration, it is a perspective view of the staple and the lock of FIG. 121. ステープル空洞内の発射前位置にあるロックを描き、ロック構成におけるロックを更に描く、図121のステープル及びロックの斜視図である。 Draw lock in the pre-launch position within the staple cavities, further draw the lock in the locked configuration, it is a perspective view of the staple and the lock of FIG. 121. ステープル空洞内の発射位置にあるロックを描き、ロック解放構成におけるロックを更に描く、図121のステープル及びロックの斜視図である。 Draw lock in the firing position in the staple cavities, further draw the locking of the locking release arrangement is a perspective view of the staple and the lock of FIG. 121. 締結具カートリッジアセンブリのカートリッジ本体内のロック空洞から延在するロックを描く本開示の様々な実施形態によるエンドエフェクタアセンブリの締結具カートリッジアセンブリの斜視図である。 Is a perspective view of the fastener cartridge assembly of the end effector assembly according to various embodiments of the present disclosure depicting a lock extending from the locking cavity of the cartridge body of the fastener cartridge assembly. ロック解放構成におけるロック及びロックに締め付けられていないコネクタを描く図125のロックの断面図である。 A locking cross-sectional view of FIG. 125 depicts a connector that is not clamped locking and the lock release configuration. 部分的に組み立てられた位置にあるカートリッジ本体、コネクタ、組織厚さコンペンセータ、及びロックを描く図125の締結具カートリッジアセンブリの部分断面図である。 The cartridge body in a partially assembled position, the connector is a partial cross-sectional view of the fastener cartridge assembly of FIG. 125 depicts the tissue thickness compensator, and a lock. ロック構成におけるロックを描き、クランプ締め位置にあるアンビルを描き、未発射位置にあるドライバキーを描く、図125の締結具カートリッジアセンブリの部分断面図である。 Draw a lock in the locked configuration, draw an anvil in the clamped position, draw the driver keys in the unfired position, it is a partial sectional view of the fastener cartridge assembly of FIG. 125. ロック解放構成におけるロックを描き、クランプ締め位置にあるアンビルを描き、部分発射位置にあるドライバキーを更に描く、図125の締結具カートリッジアセンブリの部分断面図である。 Draw a lock in the lock release configuration, draw an anvil in the clamping position, further draw the driver keys in a partially fired position, it is a partial sectional view of the fastener cartridge assembly of FIG. 125. ロック解放構成におけるロックを描き、クランプ締め位置にあるアンビルを描き、発射位置にあるドライバキーを更に描く、図125の締結具カートリッジアセンブリの部分断面図である。 Draw a lock in the lock release configuration, draw an anvil in the clamping position, further draw the driver keys in the firing position, it is a partial sectional view of the fastener cartridge assembly of FIG. 125. 部分発射位置にある発射部材を示す、エンドエフェクタの断面図である。 It shows a firing member in a partially fired position, is a cross-sectional view of the end effector. 部分的に埋め込まれた組織厚さコンペンセータから離されている支持部分を示す、図130のエンドエフェクタの断面図である。 Showing the support portion is spaced from the tissue thickness compensator partially embedded in a cross-sectional view of the end effector of FIG. 130. 少なくとも一実施形態による異なる高さを有するステープルドライバを備えるステープルカートリッジの部分切取図である。 It is a partial cut away view of the staple cartridge comprising a staple driver having a different height according to at least one embodiment. 図132のステープルドライバとこのステープルドライバの上に支持された異なる未発射高さを有するステープルとを示す図である。 It is a diagram showing a staple having a staple driver and supported different unfired heights on the staple driver of Figure 132. 少なくとも一実施形態による組織厚さコンペンセータと支持部分とを備えるステープルカートリッジの断面図である。 It is a cross-sectional view of the staple cartridge and a thickness of compensator tissue by at least one embodiment the support portion. 組織厚さコンペンセータ、ステープルガイド層、及び未発射位置にあるステープルの部分断面図である。 Tissue thickness compensator is a partial cross-sectional view of the staple in the staple guide layer, and unfired position. 少なくとも1つの代替的実施形態による組織厚さコンペンセータ、ステープルガイド層、及び未発射位置にあるステープルの部分断面図である。 At least one alternative embodiment according to the tissue thickness compensator is a partial cross-sectional view of the staple in the staple guide layer, and unfired position. 少なくとも1つの代替的実施形態による組織厚さコンペンセータ、ステープルガイド層、及び未発射位置にあるステープルの部分断面図である。 At least one alternative embodiment according to the tissue thickness compensator is a partial cross-sectional view of the staple in the staple guide layer, and unfired position. 少なくとも1つの代替的実施形態による組織厚さコンペンセータ、ステープルガイド層、及び未発射位置にあるステープルの部分断面図である。 At least one alternative embodiment according to the tissue thickness compensator is a partial cross-sectional view of the staple in the staple guide layer, and unfired position. 少なくとも1つの代替的実施形態による組織厚さコンペンセータ、ステープルガイド層、及び未発射位置にあるステープルの部分断面図である。 At least one alternative embodiment according to the tissue thickness compensator is a partial cross-sectional view of the staple in the staple guide layer, and unfired position. 少なくとも1つの代替的実施形態による組織厚さコンペンセータ、ステープルガイド層、及び未発射位置にあるステープルの部分断面図である。 At least one alternative embodiment according to the tissue thickness compensator is a partial cross-sectional view of the staple in the staple guide layer, and unfired position. 少なくとも1つの代替的実施形態による組織厚さコンペンセータ、ステープルガイド層、及び未発射位置にあるステープルの部分断面図である。 At least one alternative embodiment according to the tissue thickness compensator is a partial cross-sectional view of the staple in the staple guide layer, and unfired position. 図141のステープルの先端部を囲む領域の詳細図である。 It is a detail view of the area surrounding the staple of the tip of FIG. 141. 少なくとも1つの代替的実施形態による組織厚さコンペンセータ、ステープルガイド層、及び未発射位置にあるステープルの部分断面図である。 At least one alternative embodiment according to the tissue thickness compensator is a partial cross-sectional view of the staple in the staple guide layer, and unfired position. 図143のステープルの先端部を囲む領域の詳細図である。 It is a detail view of the area surrounding the staple of the tip of FIG. 143. 少なくとも1つの代替的実施形態による組織厚さコンペンセータ、ステープルガイド層、及び未発射位置にあるステープルの部分断面図である。 At least one alternative embodiment according to the tissue thickness compensator is a partial cross-sectional view of the staple in the staple guide layer, and unfired position. 少なくとも1つの代替的実施形態によるステープルガイド層、及び未発射位置にある複数のステープルの斜視図である。 Staple guide layer in accordance with at least one alternative embodiment, and is a perspective view of a plurality of staples in the unfired position. 組織厚さコンペンセータ及びステープルカートリッジ本体の分解図である。 Tissue is an exploded view of the thickness of the compensator and the staple cartridge body. ステープルカートリッジを支持するように構成された枢動可能な顎部を含む使い捨て装填ユニットの立面図である。 It is an elevational view of the disposable loading unit including a pivotable jaw configured to support a staple cartridge. 使い捨て装填ユニットのエフェクタの内部に位置決めされた組織厚さコンペンセータアプリケータの斜視図である。 It is a perspective view of a disposable positioned within effector loading unit tissue thickness compensator applicator. 図149の組織厚さコンペンセータアプリケータの平面斜視図である。 It is a top perspective view of a tissue thickness compensator applicator of FIG. 149. 図149の組織厚さコンペンセータアプリケータの底面斜視図である。 It is a bottom perspective view of the tissue thickness compensator applicator of FIG. 149. 少なくとも一実施形態による異なる高さ及び凹凸があるデッキ表面を有するステープルドライバを備える外科用ステープル留め器具のエンドエフェクタの断面図である。 It is a cross-sectional view of the end effector of the surgical stapling instrument comprising a staple driver having a deck surface with a height and unevenness differs according to at least one embodiment. 少なくとも一実施形態による異なる高さ及び階段状デッキ表面を有するステープルドライバを備える外科用ステープル留め器具のエンドエフェクタの断面図である。 It is a cross-sectional view of the end effector of the surgical stapling instrument comprising a staple driver having a height and stepped deck surface different according to at least one embodiment. 変化する厚さを備える組織厚さコンペンセータと、異なる高さを有するステープルドライバと、異なる未成形高さを有するステープルを示す図である。 A tissue thickness compensator comprising a varying thickness, the staple driver having different heights, is a diagram showing a staple having a different unformed heights. 組織に埋め込まれた図154のステープル及び組織厚さコンペンセータを示す図である。 It is a diagram showing a staple and tissue thickness compensator of Figure 154 embedded in the tissue. ステ−プルカートリッジ本体に取り付けられた組織厚さコンペンセータの部分断面図である。 Stearyl - it is a partial cross-sectional view of a mounted tissue thickness compensator to pull the cartridge body. 図156の組織厚さコンペンセータ及びステープルカートリッジ本体の部分断面図である。 It is a partial cross-sectional view of the tissue thickness compensator and staple cartridge body of FIG. 156. 図156の組織厚さコンペンセータの部分分解図である。 It is a partially exploded view of the tissue thickness compensator of Figure 156. 組織厚さコンペンセータ、ステープルカートリッジ本体、及び発射部材の部分分解図である。 Tissue thickness compensator is a partially exploded view of the staple cartridge body, and firing member. 図159の実施形態の部分立面図である。 It is a partial elevational view of the embodiment of Figure 159. ステープルカートリッジの底面図である。 It is a bottom view of the staple cartridge. 図161のステープルカートリッジの詳細底面図である。 It is a detailed bottom view of the staple cartridge of FIG. 161. ステープルドライバ配置構成を示すステープルカートリッジの分解図である。 Is an exploded view of the staple cartridge shown a staple driver arrangement. ステープルカートリッジに取り付けられ、リテーナとステープルカートリッジとの中間に配置された組織厚さコンペンセータのような層を含み、リテーナ、層、及びステープルカートリッジが外科用ステープルと相対的に配置され、ステープルカートリッジチャンネルが図示の目的のため取り除かれた、リテーナの実施形態の斜視図である。 Attached to the staple cartridge includes a layer such as an intermediate in the tissue disposed thickness compensator that the retainer and the staple cartridge, retainer, layers and staple cartridge is positioned relative the surgical staple, the staple cartridge channel It removed for purposes of illustration, a perspective view of an embodiment of a retainer. 図164のリテーナの斜視図である。 It is a perspective view of the retainer of FIG. 164. 図164のリテーナ、層、及びステープルカートリッジの平面図である。 Figure 164 of the retainer, the layers, and is a plan view of the staple cartridge. ステープルのリップ部がステープル空洞からステープルカートリッジ内及び層の中へ延在する、図164のリテーナ、層、及びステープルカートリッジの断面図である。 Lip of the staple extends from the staple cavities into the staple cartridge and the layer, the retainer of FIG. 164, the layer, and is a cross-sectional view of the staple cartridge. リテーナが可動カム部分及びロックタブ部を含むリテーナの実施形態の斜視図である。 Retainer is a perspective view of an embodiment of a retainer including a movable cam portion and locking tab portion. ステープルカートリッジ及びリテーナが外科用ステープラのエンドエフェクタのステープルカートリッジチャンネルへの挿入のため位置決めされた、ステープルカートリッジに取り付けられた図168のリテーナの斜視図である。 Staple cartridge and the retainer is positioned for insertion into the staple cartridge channel of the end effector of the surgical stapler, a perspective view of the retainer of FIG. 168 which is attached to the staple cartridge. 外科用エンドエフェクタのカートリッジチャンネルの中に位置決めされているが、完全には挿入されていない、図168のリテーナの平面図である。 Has been positioned in the cartridge channel of the surgical end effector, is not fully inserted is a plan view of the retainer of FIG. 168. 図170のステープルカートリッジチャンネルの中に位置決めされているが、完全には挿入されていない、図168のリテーナの端面断面図である。 Have been positioned within the staple cartridge channel of FIG. 170, has not been fully inserted, it is an end sectional view of the retainer of FIG. 168. 図170のステープルカートリッジチャンネル内に完全に挿入された図168のリテーナの平面図である。 It is a plan view of the retainer of FIG. 168 is fully inserted into the staple cartridge channel of Figure 170. リテーナがロック解放され、ステープルカートリッジから取り除かれている、図170のステープルカートリッジチャンネル内に完全に挿入された図168のリテーナの端面断面図である。 Retainer is locked released, are removed from the staple cartridge is an end sectional view of the retainer of FIG. 168 is fully inserted into the staple cartridge channel of Figure 170. 少なくとも一実施形態によるエンドエフェクタ挿入体の平面図である。 It is a plan view of the end effector inserts according to at least one embodiment. 図174のエンドエフェクタ挿入体の立面図である。 It is an elevational view of the end effector insert of FIG 174. 図174のエンドエフェクタ挿入体の斜視図である。 It is a perspective view of the end effector insert of FIG 174. 外科用器具のエンドエフェクタのアンビルを係合するエンドエフェクタ挿入体を描く、図174のエンドエフェクタ挿入体の部分斜視図である。 Draw an end effector insert that engages the anvil of the end effector of the surgical instrument is a partial perspective view of the end effector insert of FIG 174. 外科用器具のエンドエフェクタのステープルカートリッジを係合するエンドエフェクタ挿入体を示す、図174のエンドエフェクタ挿入体の部分斜視図である。 Showing the end effector inserts that engages the end effector of a staple cartridge of the surgical instrument is a partial perspective view of the end effector insert of FIG 174. 外科用器具のエンドエフェクタを係合するエンドエフェクタ挿入体を描く、図174のエンドエフェクタ挿入体の立面図である。 Draw an end effector inserts that engages the end effector of the surgical instrument is an elevational view of the end effector insert of FIG 174. 外科用器具のエンドエフェクタ内に位置決めされた図174のエンドエフェクタ挿入体の立面図である。 It is an elevational view of the end effector insert of FIG. 174 positioned within the end effector of the surgical instrument. ステープルカートリッジと相対的に位置決めされたステープルカートリッジ層及びアンビル取り付け可能な層を含むステープルカートリッジアセンビルの実施形態の部分斜視図である。 It is a partial perspective view of an embodiment of a staple cartridge acene building a staple cartridge layer and anvil attachable layers that are relatively positioned with the staple cartridge. アンビル取り付け可能な層がステープルカートリッジに留められた図181のステープルカートリッジアセンブリの部分斜視図である。 Anvil attachable layer is a partial perspective view of the staple cartridge assembly of FIG. 181 which is fastened to the staple cartridge. ステープルカートリッジと相対的に位置決めされたステープルカートリッジ層及びアンビル取り付け可能な層を含み、アンビル取り付け可能な層の近位端部分が接着剤又は溶接によってステープルカートリッジのアタッチメント特徴物に取り付けられ、図示の目的のためアンビル取り付け可能な層の一部分が透明として表されているステープルカートリッジアセンビルの実施形態の部分斜視図である。 Includes a staple cartridge layer and anvil attachable layers that are relatively positioned with the staple cartridge, the proximal end portion of the anvil attachable layer is attached to the attachment feature of the staple cartridge by adhesive or welding, for purposes of illustration portion of the anvil attachable layers for is a partial perspective view of an embodiment of a staple cartridge acene building, it represented as transparent. アンビル取り付け可能な層の近位端部分の隅部がステープルカートリッジから切り離され、持ち上げられて表されている図183のステープルカートリッジアセンブリの部分斜視図である。 Corners of the proximal end portion of the anvil attachable layer is separated from the staple cartridge is a partial perspective view of a raised and are represented staple cartridge assembly of FIG. 183. ステープルカートリッジと相対的に位置決めされたステープルカートリッジ層及びアンビル取り付け可能な層を含み、アンビル取り付け可能な層がステープルカートリッジ層に取り付けられたステープルカートリッジアセンブリの実施形態の部分斜視図である。 Includes a relatively positioning staple cartridge layers and anvil attachable layers with staple cartridge is a partial perspective view of an embodiment of a staple cartridge assembly anvil attachable layer is attached to the staple cartridge layer. 図185のステープルカートリッジ及びこのステープルカートリッジに取り付けられたアンビル取り付け可能な層の詳細図である。 It is a detail view of the anvil attachable layer attached to the staple cartridge and the staple cartridge of FIG. 185. アンビル取り付け可能な層の実施形態の部分平面図である。 It is a partial plan view of an embodiment of an anvil attachable layer. 切断刃によって切断された図187のアンビル取り付け可能な層の部分平面図である。 It is a partial plan view of the anvil attachable layer 187 cut by the cutting blade. 少なくとも一実施形態によるスリーブの組織コンペンセータの平面図である。 It is a plan view of a tissue compensator sleeve according to at least one embodiment. 図189の組織コンペンセータの斜視図である。 It is a perspective view of the tissue compensator of Figure 189. 図189の組織コンペンセータの立面図である。 It is an elevational view of the tissue compensator of Figure 189. 組織厚さコンペンセータの斜視図である。 Tissue is a perspective view of the thickness of the compensator. ステープルカートリッジに取り付けられた図192の組織厚さコンペンセータの斜視図である。 It is a perspective view of a tissue thickness compensator of FIG. 192 which is attached to the staple cartridge. 図192の別の組織厚さコンペンセータと少なくとも部分的に重ね合わされた図192の一方の組織厚さコンペンセータの詳細図である。 It is a detailed view of one of the tissue thickness compensator another organization thickness compensator at least partly superimposed Figure 192 in Figure 192. ステープルカートリッジに取り付けられた組織厚さコンペンセータを含むステープルカートリッジの斜視図である。 It is a perspective view of a staple cartridge including a tissue thickness compensator which is attached to the staple cartridge. 図195の別の組織厚さコンペンセータと少なくとも部分的に重ね合わされた図195の一方の組織厚さコンペンセータの詳細図である。 It is a detailed view of one of the tissue thickness compensator another organization thickness compensator at least partly superimposed Figure 195 of Figure 195. 複数の層を含む組織厚さコンペンセータを有するステープルカートリッジの分解図である。 It is an exploded view of a staple cartridge having a thickness compensator tissue comprising a plurality of layers. 患者組織の一方の側面に埋め込まれた図197の組織厚さコンペンセータと組織のもう一方の側面に埋め込まれた図197の別の組織厚さコンペンセータとを示す断面図である。 It is a sectional view showing the another tissue thickness compensator of Figure 197 embedded in the other side of the tissue and the tissue thickness compensator of Figure 197 embedded in one side of the patient's tissue. 様々な実施形態によるステープルカートリッジ及び組織厚さコンペンセータを備えるステープル留め器具のエンドエフェクタの分解斜視図である。 It is an exploded perspective view of the end effector of the stapling instrument comprising a staple cartridge and the tissue thickness compensator according to various embodiments. 様々な実施形態による図199における組織厚さコンペンセータの断面図である。 Is a cross-sectional view of the tissue thickness compensator in FIG. 199 in accordance with various embodiments. 様々な実施形態による複数の円形片を含む組織厚さコンペンセータの平面図である。 It is a plan view of a tissue thickness compensator including a plurality of circular pieces in accordance with various embodiments. 様々な実施形態による複数の円形片を含む組織厚さコンペンセータの平面図である。 It is a plan view of a tissue thickness compensator including a plurality of circular pieces in accordance with various embodiments. 様々な実施形態による組織厚さコンペンセータの断面図である。 It is a cross-sectional view of the tissue thickness compensator according to various embodiments. 様々な実施形態による組織厚さコンペンセータの平面図である。 It is a plan view of a tissue thickness compensator according to various embodiments. 様々な実施形態による複数の六角形片を含む組織厚さコンペンセータの平面図である。 It is a plan view of a tissue thickness compensator comprising a plurality of hexagonal pieces according to various embodiments. 様々な実施形態による複数の片を含む組織厚さコンペンセータの平面図である。 It is a plan view of a tissue thickness compensator including a plurality of pieces in accordance with various embodiments. 様々な実施形態による複数のスリットを含む組織厚さコンペンセータの平面図である。 It is a plan view of a tissue thickness compensator including a plurality of slits in accordance with various embodiments. 少なくとも一実施形態によるステープルカートリッジ及び層の分解図である。 It is an exploded view of the staple cartridge and the layer according to at least one embodiment. 少なくとも一実施形態によるステープルカートリッジとアンビルとの間に捕捉された層及び組織Tの断面図である。 It is a cross-sectional view of the captured layers and tissue T between the staple cartridge and anvil according to at least one embodiment. 少なくとも一実施形態による柱形状滑り止めを備える層の斜視図である。 It is a perspective view of a layer with a columnar shape slip according to at least one embodiment. 図207Cにおける層の断面図である。 It is a cross-sectional view of the layers in FIG. 207C. 少なくとも一実施形態による直線状突起部を備える層の斜視図である。 It is a perspective view of a layer comprising a linear protrusions according to at least one embodiment. 図209における層の断面図である。 It is a cross-sectional view of the layer in Figure 209. 少なくとも一実施形態によるドーム形突起部を備える層の斜視図である。 It is a perspective view of a layer having a dome-shaped projections according to at least one embodiment. 図211における層の断面図である。 It is a cross-sectional view of the layer in Figure 211. 少なくとも一実施形態による直線状窪み部を備える層の斜視図である。 It is a perspective view of a layer comprising a linear recess according to at least one embodiment. 図213における層の断面図である。 It is a cross-sectional view of the layer in Figure 213. 少なくとも一実施形態による直線状突起部を備える層の斜視図である。 It is a perspective view of a layer comprising a linear protrusions according to at least one embodiment. 図215における層の断面図である。 It is a cross-sectional view of the layer in Figure 215. 少なくとも一実施形態による直線状突起部を備える層の斜視図である。 It is a perspective view of a layer comprising a linear protrusions according to at least one embodiment. 少なくとも一実施形態による円錐形突起部を備える層の斜視図である。 It is a perspective view of a layer comprising a conical protrusion according to at least one embodiment. 少なくとも一実施形態によるピラミッド形突起部を備える層の斜視図である。 It is a perspective view of a layer with a pyramidal protrusion according to at least one embodiment. 少なくとも一実施形態による図219における層の断面図である。 It is a cross-sectional view of the layers in FIG. 219 according to at least one embodiment. 少なくとも一実施形態による層の斜視図である。 It is a perspective view of the layer according to at least one embodiment. 図221における層の断面図である。 It is a cross-sectional view of the layer in Figure 221. 少なくとも一実施形態による窪み部を備える層の斜視図である。 It is a perspective view of a layer comprising a recess according to at least one embodiment. 図223における層の断面図である。 It is a cross-sectional view of the layer in Figure 223. 少なくとも一実施形態による厚さが低減した部分を備える層、及び、複数のステープル成形ポケットを備えるアンビルとステープルカートリッジとの間で捕捉された組織Tの断面図である。 Layer comprising a portion thickness according to at least one embodiment is reduced, and a cross-sectional view of the captured tissue T between the anvil and the staple cartridge including a plurality of staple forming pockets. 少なくとも一実施形態による複数の突起部を備える層、及び、複数のステープル成形ポケットを備えるアンビルとステープルカートリッジとの間で捕捉された組織Tの断面図である。 Layer comprising a plurality of protrusions according to at least one embodiment, and is a cross-sectional view of the captured tissue T between the anvil and the staple cartridge including a plurality of staple forming pockets. 少なくとも1つの実施形態による外科用器具のエンドエフェクタのアンビルに締め付けられた組織厚さコンペンセータのような層の斜視断面図である。 It is a perspective cross-sectional view of a layer, such as tissue thickness compensator which is fastened to the anvil of the end effector of a surgical instrument in accordance with at least one embodiment. アンビルに締め付けられた図225の層の断面図である。 It is a cross-sectional view of a layer of Fig. 225 which is fastened to the anvil. 図225の層の断面図である。 It is a cross-sectional view of the layers of FIG. 225. ステープルカートリッジと共に用いられるリテーナの実施形態の斜視図である。 It is a perspective view of an embodiment of a retainer for use with a staple cartridge. ステープルカートリッジ及びアンビル取り付け可能な層と係合された図228のリテーナを含むステープルカートリッジアセンブリの斜視図である。 It is a perspective view of the staple cartridge assembly including a retainer of the staple cartridge and anvil attachable layer and engaged FIG 228. 図229のステープルカートリッジアセンブリの平面図である。 It is a plan view of the staple cartridge assembly of FIG. 229. ステープルカートリッジアセンブリがエンドエフェクタのステープルカートリッジチャンネルの中に挿入され、エンドエフェクタのアンビルがステープルカートリッジアセンブリと相対的に位置決めされた、図229のステープルカートリッジアセンブリの端面断面図である。 Staple cartridge assembly is inserted into the staple cartridge channel of the end effector, the anvil of the end effector is positioned relative the staple cartridge assembly is an end sectional view of the staple cartridge assembly of FIG. 229. アンビルがアンビル取り付け可能な層及びリテーナに押し付けられた、図231に表されたステープルカートリッジアセンブリ及びエンドエフェクタの端面断面図である。 Anvil is pressed against the anvil attachable layers and the retainer is an end sectional view of the staple cartridge assembly and end effector shown in Figure 231. アンビルがリテーナから持ち上げられ、取り付けられたアンビル取り付け可能な層をリテーナから取り除いている、図231に表されたステープルカートリッジアセンブリ及びエンドエフェクタの端面断面図である。 Anvil is lifted from the retainer, the anvil attachable layer attached is removed from the retainer is an end sectional view of the staple cartridge assembly and end effector shown in Figure 231. アンビル取り付け可能な層がアンビルに取り付けられ、アンビル及びリテーナが取り除かれた、図231に表されたエンドエフェクタの平面断面図である。 Anvil attachable layer is attached to the anvil, the anvil and the retainer has been removed, it is a plan sectional view of the represented end effector in FIG 231. 少なくとも一実施形態によるアンビル取り付け可能な層の実施形態の斜視図である。 It is a perspective view of an embodiment of an anvil attachable layer according to at least one embodiment. 少なくとも一実施形態によるアンビル取り付け可能な層の実施形態の斜視図である。 It is a perspective view of an embodiment of an anvil attachable layer according to at least one embodiment. 少なくとも一実施形態によるアンビル取り付け可能な層の実施形態の斜視図である。 It is a perspective view of an embodiment of an anvil attachable layer according to at least one embodiment. 非展開構成にある展開可能なアタッチメント特徴物を有するアンビル取り付け可能な層の実施形態の斜視図である。 It is a perspective view of an embodiment of an anvil attachable layer having a deployable attachment feature thereof in a non-deployed configuration. 展開可能なアタッチメント特徴物が展開構成で表されている、図238のアンビル取り付け可能な層の実施形態の斜視図である。 Deployable attachment feature thereof is represented in the deployed configuration is a perspective view of an embodiment of an anvil attachable layer of FIG 238. 展開可能なアタッチメント特徴物がアンビルのスロットに展開された、エンドエフェクタのアンビルと相対的に位置決めされた図238のアンビル取り付け可能な層の断面平面図である。 Deployable attachment feature thereof is expanded to the anvil slot, a cross-sectional plan view of the anvil attachable layer of Figure 238 positioned relative the anvil of the end effector. 非展開構成にある展開可能なアタッチメント特徴物を有するアンビル取り付け可能な層の実施形態の斜視図である。 It is a perspective view of an embodiment of an anvil attachable layer having a deployable attachment feature thereof in a non-deployed configuration. 展開可能なアタッチメント特徴物が展開構成で表されている、図241のアンビル取り付け可能な層の実施形態の斜視図である。 Deployable attachment feature thereof is represented in the deployed configuration is a perspective view of an embodiment of an anvil attachable layer of FIG 241. 展開可能なアタッチメント特徴物がアンビルのスロットに展開された、エンドエフェクタのアンビルと相対的に位置決めされた図241のアンビル取り付け可能な層の断面平面図である。 Deployable attachment feature thereof is expanded to the anvil slot, a cross-sectional plan view of the anvil attachable layer of Figure 241 positioned relative the anvil of the end effector. 少なくとも一実施形態によるアンビル及び組織厚さコンペンセータの分解斜視図である。 It is an exploded perspective view of the anvil and the tissue thickness compensator according to at least one embodiment. 少なくとも一実施形態による、複数のステープル成形ポケットと、成形ポケットと整列させられた複数のカプセルを備える、組織厚さコンペンセータのようなアンビル取り付け可能な層とを備えるアンビルの断面平面図である。 According to at least one embodiment, a plurality of staple forming pockets, a plurality of capsules which are aligned with the molding pockets, a cross-sectional plan view of the anvil having an anvil attachable layer such as tissue thickness compensator. 図245のアンビル取り付け可能な層のカプセルの詳細図である。 It is a detail view of the capsule of the anvil attachable layer of FIG 245. 組織の反対側に位置決めされたステープルカートリッジからのステープルによってステープル留めされる組織に位置決めされた図245のアンビル及びアンビル取り付け可能な層を示す図である。 Is a diagram illustrating an anvil and anvil attachable layer of Figure 245 positioned in the tissue to be stapled by the staples from the staple cartridge positioned on the opposite side of the tissue. 図247のステープルカートリッジの方向に動かされた図245のアンビルと、ステープルカートリッジから部分的に発射されたステープルとを示す図である。 An anvil of Figure 245 is moved in the direction of the staple cartridge of FIG. 247 is a diagram showing a staple which has been partially fired from the staple cartridge. ステープルカートリッジのステープルがアンビル取り付け可能な層及び患者組織を通して発射された、アンビル及び患者組織と相対的に配置されたアンビル取り付け可能な層の実施形態の断面図である。 Staple cartridge staples have been fired through the anvil attachable layer and the patient's tissue, it is a cross-sectional view of an embodiment of the anvil and the patient's tissue and relatively positioned anvil attachable layer. ステープルカートリッジのステープルがアンビル取り付け可能な層及び患者組織を通して発射された、アンビル及び患者組織と相対的に位置決めされたアンビル取り付け可能な層の実施形態の断面図である。 Staple cartridge staples have been fired through the anvil attachable layer and the patient's tissue, it is a cross-sectional view of an embodiment of the anvil and the patient's tissue and relatively positioned anvil attachable layer. アンビル及びステープルカートリッジチャンネルを備え、図示の目的のため挿入ツールの一部分が取り除かれた、外科用器具の中へ挿入されているリテーナアセンブリを示す図である。 Comprising an anvil and a staple cartridge channel, a portion of the insertion tool for the purpose of illustration has been removed, is a diagram illustrating a retainer assembly being inserted into the surgical instrument. 図示の目的のため挿入ツールの一部分が取り除かれた、外科用器具の中へ挿入されている図251のリテーナアセンブリを示す図である。 A portion of the insertion tool for the purpose of illustration has been removed, is a diagram illustrating the retainer assembly of Figure 251 has been inserted into the surgical instrument. ステープルカートリッジチャンネル内のステープルカートリッジ、及び、組織厚さコンペンセータのようなアンビル取り付け可能な層をアンビルと係合するためにリテーナと相対的に動かされ、図示の目的のため一部分が取り除かれている、図251の挿入ツールを示す図である。 Staple cartridge in the staple cartridge channel, and is moved relative to the retainer anvil attachable layer such as tissue thickness compensator for engaging the anvil, a portion for illustrative purposes has been removed, is a diagram showing the insertion tool of FIG. 251. アンビル取り付け可能な層、及び、ステープルカートリッジからリテーナを係合解放するためにリテーナと相対的に動かされ、図示の目的のため一部分が取り除かれている、図251の挿入ツールを示す図である。 Anvil attachable layers, and is moved relative to the retainer for engaging release retainer from the staple cartridge, a portion for illustrative purposes has been removed, is a diagram showing the insertion tool of FIG. 251. アンビル取り付け可能な層がリテーナと係合された展開可能なアタッチメント特徴物を有し、リテーナがエンドエフェクタの中への挿入のため位置決めされている、ステープルカートリッジと係合されたリテーナの実施形態の斜視図である。 Anvil attachable layer has a deployable attachment feature thereof engaged with the retainer, the retainer is positioned for insertion into the end effector embodiment of the staple cartridge and engaged with the retainer it is a perspective view. 図255のリテーナの斜視図である。 It is a perspective view of the retainer of FIG. 255. 図255のリテーナの立面図である。 It is an elevational view of the retainer of FIG. 255. アンビル取り付け可能な層の展開可能なアタッチメント特徴物が展開され、図示の目的のためアンビル及びアンビル取り付け可能な層の一部分が取り除かれている、エンドエフェクタに挿入された図255のリテーナ、ステープルカートリッジ及びアンビル取り付け可能な層の立面図である。 To expand the expandable attachment feature of the anvil attachable layer, a portion of the anvil and the anvil attachable layer for illustrative purposes has been removed, in Figure 255 which is inserted into the end effector retainer, and staple cartridge it is an elevational view of the anvil attachable layer. 展開可能なアタッチメント特徴物を含んでいるアンビル取り付け可能な層がリテーナに配置され、図示の目的のためリテーナ、アンビル取り付け可能な層、及びアンビルの一部分が取り除かれている、エンドエフェクタ内に挿入されたリテーナの実施形態の立面図である。 Disposed anvil attachable layer comprising an expandable attachment feature thereof retainer, the retainer for the purposes of illustration, the anvil attachable layer, and a portion of the anvil has been removed, it is inserted into the end effector and is an elevational view of an embodiment of a retainer. リテーナがアンビル取り付け可能な層の展開可能なアタッチメント特徴物を展開し、図示の目的のためリテーナ、アンビル取り付け可能な層、及びアンビルの一部分が取り除かれている、図259のリテーナの実施形態の立面図である。 Retainer expand expandable attachment feature of the anvil attachable layer, retainers for illustrative purposes, anvil attachable layer, and a portion of the anvil has been removed, standing embodiment of the retainer of FIG. 259 it is a surface view. 展開可能なアタッチメント特徴物が展開されず、図示の目的のためリテーナ、アンビル取り付け可能な層、及びアンビルの一部分が取り除かれている、図259のリテーナ、アンビル取り付け可能な層、及びアンビルの実施形態の詳細立面図である。 Is not deployed deployable attachment feature thereof, a retainer for illustrative purposes, anvil attachable layer, and a portion of the anvil has been removed, the retainer of FIG. 259, the anvil attachable layer, and embodiments of the anvil it is a detailed elevational view of. 展開可能なアタッチメント特徴物がアンビル内のスロットの中へ展開され、図示の目的のためリテーナ、アンビル取り付け可能な層、及びアンビルの一部分が取り除かれている、図259のリテーナ、アンビル取り付け可能な層、及びアンビルの実施形態の詳細立面図である。 Deployed deployable attachment feature thereof is into the slot in the anvil, retainer for illustrative purposes, anvil attachable layer, and a portion of the anvil has been removed, the retainer of FIG. 259, the anvil attachable layer , and it is a detail elevational view of an embodiment of the anvil. 特定の非限定的な実施形態による流動性アタッチメント部分を備える組織厚さコンペンセータを示す図である。 It is a diagram illustrating a thickness compensator tissue comprising a fluidity attachment portion according to certain non-limiting embodiments. 特定の非限定的な実施形態によるステープルカートリッジ内のスロットと整列させられた応力が加えられていない位置にある感圧接着積層体を示す図である。 Is a diagram illustrating a pressure sensitive adhesive laminate located at a position that has not been added is the slot with the aligned was stress in the staple cartridge according to certain non-limiting embodiments. 特定の非限定的な実施形態によるステープルカートリッジに解放可能に取り付けられた、図264における感圧接着積層体を示す図である。 It is releasably attached to the staple cartridge according to certain non-limiting embodiment, showing a pressure sensitive adhesive laminate in FIG 264. 特定の非限定的な実施形態による流動性アタッチメント部分を備える組織厚さコンペンセータを示す図である。 It is a diagram illustrating a thickness compensator tissue comprising a fluidity attachment portion according to certain non-limiting embodiments. 特定の非限定的な実施形態によるステープルカートリッジ内のステープル空洞と整列させられた応力が加えられていない位置にある感圧接着積層体を示す図である。 Is a diagram illustrating a pressure sensitive adhesive laminate located at a position not applied staple cavities and the aligned was stress in the staple cartridge according to certain non-limiting embodiments. 特定の非限定的な実施形態によるステープルカートリッジに解放可能に取り付けられた、図267における感圧接着積層体を示す図である。 It is releasably attached to the staple cartridge according to certain non-limiting embodiment, showing a pressure sensitive adhesive laminate in FIG 267. 特定の非限定的な実施形態による粘着性タブ部を備える感圧接着積層体を示す図である。 It is a diagram illustrating a pressure sensitive adhesive laminate comprising an adhesive tab portion according to certain non-limiting embodiments. 特定の非限定的な実施形態による粘着性タブ部を備える感圧接着積層体を示す図である。 It is a diagram illustrating a pressure sensitive adhesive laminate comprising an adhesive tab portion according to certain non-limiting embodiments. 特定の非限定的な実施形態による粘着性タブ部を備える感圧接着積層体を示す図である。 It is a diagram illustrating a pressure sensitive adhesive laminate comprising an adhesive tab portion according to certain non-limiting embodiments. 特定の非限定的な実施形態による粘着性タブ部を備える感圧接着積層体を示す図である。 It is a diagram illustrating a pressure sensitive adhesive laminate comprising an adhesive tab portion according to certain non-limiting embodiments. 特定の非限定的な実施形態による粘着性タブ部を備える感圧接着積層体を示す図である。 It is a diagram illustrating a pressure sensitive adhesive laminate comprising an adhesive tab portion according to certain non-limiting embodiments. 特定の非限定的な実施形態による粘着性タブ部を備える感圧接着積層体を示す図である。 It is a diagram illustrating a pressure sensitive adhesive laminate comprising an adhesive tab portion according to certain non-limiting embodiments. 特定の非限定的な実施形態による粘着性タブ部を備える感圧接着積層体を示す図である。 It is a diagram illustrating a pressure sensitive adhesive laminate comprising an adhesive tab portion according to certain non-limiting embodiments. 特定の非限定的な実施形態による粘着性タブ部を備える感圧接着積層体を示す図である。 It is a diagram illustrating a pressure sensitive adhesive laminate comprising an adhesive tab portion according to certain non-limiting embodiments. 特定の非限定的な実施形態による粘着性タブ部を備える感圧接着積層体を示す図である。 It is a diagram illustrating a pressure sensitive adhesive laminate comprising an adhesive tab portion according to certain non-limiting embodiments. 特定の非限定的な実施形態による粘着性タブ部を備える感圧接着積層体を示す図である。 It is a diagram illustrating a pressure sensitive adhesive laminate comprising an adhesive tab portion according to certain non-limiting embodiments. 特定の非限定的な実施形態による粘着性タブ部を備える感圧接着積層体を示す図である。 It is a diagram illustrating a pressure sensitive adhesive laminate comprising an adhesive tab portion according to certain non-limiting embodiments. 特定の非限定的な実施形態によるアンビルに解放可能に取り付けるためにタブ部を備える感圧接着積層体を示す図である。 It is a diagram illustrating a pressure sensitive adhesive laminate comprising a tab portion for releasably attaching the anvil according to certain non-limiting embodiments. 特定の非限定的な実施形態によるアンビルに解放可能に取り付けるためにタブ部を備える感圧接着積層体を示す図である。 It is a diagram illustrating a pressure sensitive adhesive laminate comprising a tab portion for releasably attaching the anvil according to certain non-limiting embodiments. 特定の非限定的な実施形態によるアンビルに解放可能に取り付けるためにタブ部を備える感圧接着積層体を示す図である。 It is a diagram illustrating a pressure sensitive adhesive laminate comprising a tab portion for releasably attaching the anvil according to certain non-limiting embodiments. 特定の非限定的な実施形態によるアンビルに解放可能に取り付けるためにタブ部を備える感圧接着積層体を示す図である。 It is a diagram illustrating a pressure sensitive adhesive laminate comprising a tab portion for releasably attaching the anvil according to certain non-limiting embodiments. 特定の非限定的な実施形態によるアプリケータを使用してアンビルに解放可能に取り付けられた感圧接着積層体を示す図である。 Is a diagram showing a specific non-limiting embodiment pressure sensitive adhesive laminate releasably attached to by using an applicator to the anvil by. 特定の非限定的な実施形態によるアプリケータを使用してアンビルに解放可能に取り付けられた感圧接着積層体を示す図である。 Is a diagram showing a specific non-limiting embodiment pressure sensitive adhesive laminate releasably attached to by using an applicator to the anvil by. 特定の非限定的な実施形態によるアプリケータを使用してアンビルに解放可能に取り付けられた感圧接着積層体を示す図である。 Is a diagram showing a specific non-limiting embodiment pressure sensitive adhesive laminate releasably attached to by using an applicator to the anvil by. 特定の非限定的な実施形態によるアプリケータを使用してアンビルに解放可能に取り付けられた感圧接着積層体を示す図である。 Is a diagram showing a specific non-limiting embodiment pressure sensitive adhesive laminate releasably attached to by using an applicator to the anvil by. 特定の非限定的な実施形態によるアプリケータを使用してアンビルに解放可能に取り付けられた感圧接着積層体を示す図である。 Is a diagram showing a specific non-limiting embodiment pressure sensitive adhesive laminate releasably attached to by using an applicator to the anvil by. 特定の非限定的な実施形態によるアンビルに解放可能に取り付けられた感圧接着積層体を示す図である。 Is a diagram showing a specific non-limiting pressure sensitive laminate which is releasably attached to anvil according. 特定の非限定的な実施形態によるアンビルに解放可能に取り付けられた感圧接着積層体を示す図である。 Is a diagram showing a specific non-limiting pressure sensitive laminate which is releasably attached to anvil according. 特定の非限定的な実施形態によるアンビルに解放可能に取り付けられた感圧接着積層体を示す図である。 Is a diagram showing a specific non-limiting pressure sensitive laminate which is releasably attached to anvil according. 特定の非限定的な実施形態によるアンビルに解放可能に取り付けられた感圧接着積層体を示す図である。 Is a diagram showing a specific non-limiting pressure sensitive laminate which is releasably attached to anvil according. アンビルから延在する埋め込み可能な遷移部分とステープルカートリッジから延在する埋め込み可能な遷移部分とを含む外科用ステープル留め器具のエンドエフェクタの斜視図である。 It is a perspective view of the end effector of the surgical stapling instrument including a implantable transition portion extending from the implantable transition portion and the staple cartridge extending from the anvil. 図293の外科用ステープル留め器具のアンビルとステープルカートリッジとの間に位置決めされた組織を描く図である。 Is a diagram depicting the tissue positioned between the anvil and the staple cartridge of the surgical stapling instrument of FIG. 293.

類似する符号は、複数の図面を通じて類似する部分を示す。 Wherein like reference numerals indicate parts similar throughout the several views. 本明細書に記載された例示は、本発明の特定の実施形態を1つの形態で示すものであり、このような例示は、いかなる意味においても本発明の範囲を限定するものとして解釈されるべきではない。 Illustrated as described herein, which illustrate specific embodiments of the present invention in one form, and such exemplifications are, to be construed as limiting the scope of the invention in any way is not.

本出願の出願人は、それぞれの内容全体が参照により本明細書に組み込まれる以下に示す米国特許出願について出願した権利も所有する。 Applicant of the present application also owns rights filed on United States Patent Application below the entire contents of each of which are incorporated herein by reference.
「SURGICAL INSTRUMENTS WITH RECONFIGURABLE SHAFT SEGMENTS」と題する米国特許出願第12/894,311号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0080496号、 "SURGICAL INSTRUMENTS WITH RECONFIGURABLE SHAFT SEGMENTS" entitled to a US patent application Ser. No. 12 / 894,311, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0080496,
「SURGICAL STAPLE CARTRIDGES SUPPORTING NON−LINEARLY ARRANGED STAPLES AND SURGICAL STAPLING INSTRUMENTS WITH COMMON STAPLE−FORMING POCKETS」と題する米国特許出願番号第12/894,340号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0080482号、 "SURGICAL STAPLE CARTRIDGES SUPPORTING NON-LINEARLY ARRANGED STAPLES AND SURGICAL STAPLING INSTRUMENTS WITH COMMON STAPLE-FORMING POCKETS entitled" A U.S. Patent Application No. 12 / 894,340, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0080482,
「JAW CLOSURE ARRANGEMENTS FOR SURGICAL INSTRUMENTS」と題する米国特許出願第12/894,327号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0080499号、 A "JAW CLOSURE ARRANGEMENTS FOR SURGICAL INSTRUMENTS entitled" US patent application Ser. No. 12 / 894,327, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0080499,
「SURGICAL CUTTING AND FASTENING INSTRUMENTS WITH SEPARATE AND DISTINCT FASTENER DEPLOYMENT AND TISSUE CUTTING SYSTEMS」と題する米国特許出願番号第12/894,351号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0080502号、 A "SURGICAL CUTTING AND FASTENING INSTRUMENTS WITH SEPARATE AND DISTINCT FASTENER DEPLOYMENT AND TISSUE CUTTING SYSTEMS entitled" US patent application Ser. No. 12 / 894,351, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0080502,
「IMPLANTABLE FASTENER CARTRIDGE HAVING A NON−UNIFORM ARRANGEMENT」と題する米国特許出願第第12/894,338号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0080481号、 "IMPLANTABLE FASTENER CARTRIDGE HAVING A NON-UNIFORM ARRANGEMENT entitled" A U.S. Patent Application Serial No. 12 / 894,338, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0080481,
「IMPLANTABLE FASTENER CARTRIDGE COMPRISING A SUPPORT RETAINER」と題する米国特許出願第12/894,369号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0080344号、 A U.S. patent application Ser. No. 12 / 894,369, entitled "IMPLANTABLE FASTENER CARTRIDGE COMPRISING A SUPPORT RETAINER", now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0080344,
「IMPLANTABLE FASTENER CARTRIDGE COMPRISING MULTIPLE LAYERS」と題する米国特許出願第12/894,312号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0080479号、 "IMPLANTABLE FASTENER CARTRIDGE COMPRISING MULTIPLE LAYERS" entitled to a US patent application Ser. No. 12 / 894,312, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0080479,
「SELECTIVELY ORIENTABLE IMPLANTABLE FASTENER CARTRIDGE」と題する米国特許出願第12/894,377号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0080334号、 "SELECTIVELY ORIENTABLE IMPLANTABLE FASTENER CARTRIDGE" entitled to a US patent application Ser. No. 12 / 894,377, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0080334,
「SURGICAL STAPLING INSTRUMENT WITH COMPACT ARTICULATION CONTROL ARRANGEMENT」と題する米国特許出願第12/894,339号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0080500号、 A "SURGICAL STAPLING INSTRUMENT WITH COMPACT ARTICULATION CONTROL ARRANGEMENT entitled" U.S. Patent Application Serial No. 12 / 894,339, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0080500,
「SURGICAL STAPLING INSTRUMENT WITH A VARIABLE STAPLE FORMING SYSTEM」と題する米国特許出願第12/894,360号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0080484号、 A U.S. patent application Ser. No. 12 / 894,360 entitled "SURGICAL STAPLING INSTRUMENT WITH A VARIABLE STAPLE FORMING SYSTEM", now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0080484,
「SURGICAL STAPLING INSTRUMENT WITH INTERCHANGEABLE STAPE CARTRIDGE ARRANGEMENTS」と題する米国特許出願第12/894,322号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0080501号、 "SURGICAL STAPLING INSTRUMENT WITH INTERCHANGEABLE STAPE CARTRIDGE ARRANGEMENTS entitled" A U.S. Patent Application Serial No. 12 / 894,322, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0080501,
「SURGICAL STAPLE CARTRIDGES WITH DETACHABLE SUPPORT STRUCTURES AND SURGICAL STAPLING INSTRUMENTS WITH SYSTEMS FOR PREVENTING ACTUATION MOTIONS WHEN A CARTRIDGE IS NOT PRESENT」と題する米国特許出願第12/894,350号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0080478号、 A "SURGICAL STAPLE CARTRIDGES WITH DETACHABLE SUPPORT STRUCTURES AND SURGICAL STAPLING INSTRUMENTS WITH SYSTEMS FOR PREVENTING ACTUATION MOTIONS WHEN A CARTRIDGE IS NOT PRESENT entitled" U.S. Patent Application Serial No. 12 / 894,350, now U.S. Patent Application Publication No. 2012 / Nos. 0080478,
「IMPLANTABLE FASTENER CARTRIDGE COMPRISING BIOABSORBABLE LAYERS」と題する米国特許出願第12/894,383号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0080345号、 "IMPLANTABLE FASTENER CARTRIDGE COMPRISING BIOABSORBABLE LAYERS" entitled to a US patent application Ser. No. 12 / 894,383, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0080345,
「COMPRESSIBLE FASTENER CARTRIDGE」と題する米国特許出願第12/894,389号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0080335号、 A US patent application Ser. No. 12 / 894,389 entitled "COMPRESSIBLE FASTENER CARTRIDGE", the current US Patent Application Publication No. 2012/0080335,
「FASTENERS SUPPORTED BY A FASTENER CARTRIDGE SUPPORT」と題する米国特許出願第12/894,345号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0080483号、 "FASTENERS SUPPORTED BY A FASTENER CARTRIDGE SUPPORT" a U.S. Patent Application No. 12 / 894,345, entitled, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0080483,
「COLLAPSIBLE FASTENER CARTRIDGE」と題する米国特許出願第12/894,306号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0080332号、 A US patent application Ser. No. 12 / 894,306 entitled "COLLAPSIBLE FASTENER CARTRIDGE", the current US Patent Application Publication No. 2012/0080332,
「FASTENER SYSTEM COMPRISING A PLURALITY OF CONNECTED RETENTION MATRIX ELEMENTS」と題する米国特許出願第12/894,318号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0080480号、 A U.S. patent application Ser. No. 12 / 894,318 entitled "FASTENER SYSTEM COMPRISING A PLURALITY OF CONNECTED RETENTION MATRIX ELEMENTS", now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0080480,
「FASTENER SYSTEM COMPRISING A RETENTION MATRIX AND AN ALIGNMENT MATRIX」と題する米国特許出願第12/894,330号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0080503号、 A "FASTENER SYSTEM COMPRISING A RETENTION MATRIX AND AN ALIGNMENT MATRIX entitled" U.S. Patent Application Serial No. 12 / 894,330, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0080503,
「FASTENER SYSTEM COMPRISING A RETENTION MATRIX」と題する米国特許出願第12/894,361号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0080333号、 A U.S. patent application Ser. No. 12 / 894,361 entitled "FASTENER SYSTEM COMPRISING A RETENTION MATRIX", now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0080333,
「FASTENING INSTRUMENT FOR DEPLOYING A FASTENER SYSTEM COMPRISING A RETENTION MATRIX」と題する米国特許出願第12/894,367号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0080485号、 A "FASTENING INSTRUMENT FOR DEPLOYING A FASTENER SYSTEM COMPRISING A RETENTION MATRIX entitled" U.S. Patent Application Serial No. 12 / 894,367, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0080485,
「FASTENER SYSTEM COMPRISING A RETENTION MATRIX AND A COVER」と題する米国特許出願第12/894,388号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0080487号、 A "FASTENER SYSTEM COMPRISING A RETENTION MATRIX AND A COVER entitled" U.S. Patent Application Serial No. 12 / 894,388, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0080487,
「FASTENER SYSTEM COMPRISING A PLURALITY OF FASTENER CARTRIDGES」と題する米国特許出願第12/894,376号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0080486号、 "FASTENER SYSTEM COMPRISING A PLURALITY OF FASTENER CARTRIDGES entitled" A U.S. Patent Application Serial No. 12 / 894,376, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0080486,
「SURGICAL STAPLER ANVIL COMPRISING A PLURALITY OF FORMING POCKETS」と題する米国特許出願第13/097,865号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0080488号、 "SURGICAL STAPLER ANVIL COMPRISING A PLURALITY OF FORMING POCKETS entitled" A U.S. patent application Ser. No. 13 / 097,865, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0080488,
「TISSUE THICKNESS COMPENSATOR FOR A SURGICAL STAPLER」と題する米国特許出願第13/097,936号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0080339号、 "TISSUE THICKNESS COMPENSATOR FOR A SURGICAL STAPLER entitled" A U.S. patent application Ser. No. 13 / 097,936, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0080339,
「STAPLE CARTRIDGE COMPRISING A VARIABLE THICKNESS COMPRESSIBLE PORTION」と題する米国特許出願第13/097,954号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0080340号、 "STAPLE CARTRIDGE COMPRISING A VARIABLE THICKNESS COMPRESSIBLE PORTION entitled" A U.S. patent application Ser. No. 13 / 097,954, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0080340,
「STAPLE CARTRIDGE COMPRISING STAPLES POSITIONED WITHIN A COMPRESSIBLE PORTION THEREOF」と題する米国特許出願第13/097,856号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0080336号、 "STAPLE CARTRIDGE COMPRISING STAPLES POSITIONED WITHIN A COMPRESSIBLE PORTION THEREOF entitled" A U.S. patent application Ser. No. 13 / 097,856, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0080336,
「TISSUE THICKNESS COMPENSATOR COMPRISING DETACHABLE PORTIONS」と題する米国特許出願第13/097,928号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0080490号、 "TISSUE THICKNESS COMPENSATOR COMPRISING DETACHABLE PORTIONS entitled" A U.S. patent application Ser. No. 13 / 097,928, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0080490,
「TISSUE THICKNESS COMPENSATOR FOR A SURGICAL STAPLER COMPRISING AN ADJUSTABLE ANVIL」と題する米国特許出願第13/097,891号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0080489号、 "TISSUE THICKNESS COMPENSATOR FOR A SURGICAL STAPLER COMPRISING AN ADJUSTABLE ANVIL entitled" A U.S. patent application Ser. No. 13 / 097,891, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0080489,
「STAPLE CARTRIDGE COMPRISING AN ADJUSTABLE DISTAL PORTION」と題する米国特許出願第13/097,948号、米国特許出願公開第2012/0083836号、 "STAPLE CARTRIDGE COMPRISING AN ADJUSTABLE DISTAL PORTION entitled" U.S. Patent Application Serial No. 13 / 097,948, U.S. Patent Application Publication No. 2012/0083836,
「COMPRESSIBLE STAPLE CARTRIDGE ASSEMBLY」と題する米国特許出願第13/097,907号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0080338号、 "Compressible STAPLE CARTRIDGE ASSEMBLY entitled" A U.S. patent application Ser. No. 13 / 097,907, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0080338,
「TISSUE THICKNESS COMPENSATOR COMPRISING PORTIONS HAVING DIFFERENT PROPERTIES」と題する米国特許出願第13/097,861号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0080337号、 "TISSUE THICKNESS COMPENSATOR COMPRISING PORTIONS HAVING DIFFERENT PROPERTIES entitled" A U.S. patent application Ser. No. 13 / 097,861, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0080337,
「STAPLE CARTRIDGE LOADING ASSEMBLY」と題する米国特許出願第13/097,869号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0160721号、 "STAPLE CARTRIDGE LOADING ASSEMBLY entitled" A U.S. patent application Ser. No. 13 / 097,869, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0160721,
「COMPRESSIBLE STAPLE CARTRIDGE COMPRISING ALIGNMENT MEMBERS」と題する米国特許出願第13/097,917号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0083834号、 A U.S. patent application Ser. No. 13 / 097,917 entitled "COMPRESSIBLE STAPLE CARTRIDGE COMPRISING ALIGNMENT MEMBERS", now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0083834,
「STAPLE CARTRIDGE COMPRISING A RELEASABLE PORTION」と題する米国特許出願第13/097,873号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0083833号、 "STAPLE CARTRIDGE COMPRISING A RELEASABLE PORTION entitled" A U.S. patent application Ser. No. 13 / 097,873, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0083833,
「STAPLE CARTRIDGE COMPRISING COMPRESSIBLE DISTORTION RESISTANT COMPONENTS」と題する米国特許出願第13/097,938号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0080491号、 "STAPLE CARTRIDGE COMPRISING COMPRESSIBLE DISTORTION RESISTANT COMPONENTS entitled" A U.S. patent application Ser. No. 13 / 097,938, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0080491,
「STAPLE CARTRIDGE COMPRISING A TISSUE THICKNESS COMPENSATOR」と題する米国特許出願第13/097,924号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0083835号、 "STAPLE CARTRIDGE COMPRISING A TISSUE THICKNESS COMPENSATOR entitled" A U.S. patent application Ser. No. 13 / 097,924, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0083835,
「SURGICAL STAPLER WITH FLOATING ANVIL」と題する米国特許出願第13/242,029号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0080493号、 A "SURGICAL STAPLER WITH FLOATING ANVIL entitled" U.S. Patent Application Serial No. 13 / 242,029, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0080493,
「CURVED END EFFECTOR FOR A STAPLING INSTRUMENT」と題する米国特許出願第13/242,066号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0080498号、 "CURVED END EFFECTOR FOR A STAPLING INSTRUMENT entitled" A U.S. patent application Ser. No. 13 / 242,066, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0080498,
「STAPLE CARTRIDGE INCLUDING COLLAPSIBLE DECK」と題する米国特許出願第13/242,086号、 "STAPLE CARTRIDGE INCLUDING COLLAPSIBLE DECK entitled" U.S. Patent Application Serial No. 13 / 242,086,
「STAPLE CARTRIDGE INCLUDING COLLAPSIBLE DECK ARRANGEMENT」と題する米国特許出願第13/241,912号、 "STAPLE CARTRIDGE INCLUDING COLLAPSIBLE DECK ARRANGEMENT entitled" U.S. Patent Application Serial No. 13 / 241,912,
「SURGICAL STAPLER WITH STATIONARY STAPLE DRIVERS」と題する米国特許出願第13/241,922号、 "SURGICAL STAPLER WITH STATIONARY STAPLE DRIVERS entitled" U.S. Patent Application Serial No. 13 / 241,922,
「SURGICAL INSTRUMENT WITH TRIGGER ASSEMBLY FOR GENERATING MULTIPLE ACTUATION MOTIONS」と題する米国特許出願第13/241,637号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0074201号、 "SURGICAL INSTRUMENT WITH TRIGGER ASSEMBLY FOR GENERATING MULTIPLE ACTUATION MOTIONS entitled" A U.S. patent application Ser. No. 13 / 241,637, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0074201,
「SURGICAL INSTRUMENT WITH SELECTIVELY ARTICULATABLE END EFFECTOR」と題する米国特許出願第13/241,629号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0074200号、 A "SURGICAL INSTRUMENT WITH SELECTIVELY ARTICULATABLE END EFFECTOR entitled" U.S. Patent Application Serial No. 13 / 241,629, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0074200,
「TISSUE THICKNESS COMPENSATOR COMPRISING A PLURALITY OF CAPSULES」と題する米国特許出願第13/433,096号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0241496号、 A "TISSUE THICKNESS COMPENSATOR COMPRISING A PLURALITY OF CAPSULES entitled" U.S. Patent Application Serial No. 13 / 433,096, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0241496,
「TISSUE THICKNESS COMPENSATOR COMPRISING A PLURALITY OF LAYERS」と題する米国特許出願第13/433,103号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0241498号、 A "TISSUE THICKNESS COMPENSATOR COMPRISING A PLURALITY OF LAYERS entitled" U.S. Patent Application Serial No. 13 / 433,103, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0241498,
「EXPANDABLE TISSUE THICKNESS COMPENSATOR」と題する米国特許出願第13/433,098号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0241491号、 "EXPANDABLE TISSUE THICKNESS COMPENSATOR entitled" A U.S. patent application Ser. No. 13 / 433,098, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0241491,
「TISSUE THICKNESS COMPENSATOR COMPRISING A RESERVOIR」と題する米国特許出願第13/433,102号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0241497号、 A "TISSUE THICKNESS COMPENSATOR COMPRISING A RESERVOIR entitled" U.S. Patent Application Serial No. 13 / 433,102, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0241497,
「RETAINER ASSEMBLY INCLUDING A TISSUE THICKNESS COMPENSATOR」と題する米国特許出願第13/433,114号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0241499号、 "RETAINER ASSEMBLY INCLUDING A TISSUE THICKNESS COMPENSATOR entitled" A U.S. patent application Ser. No. 13 / 433,114, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0241499,
「TISSUE THICKNESS COMPENSATOR COMPRISING AT LEAST ONE MEDICAMENT」と題する米国特許出願第12/433,136号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0241492号、 A US patent application Ser. No. 12 / 433,136 entitled "TISSUE THICKNESS COMPENSATOR COMPRISING AT LEAST ONE MEDICAMENT", the current US Patent Application Publication No. 2012/0241492,
「TISSUE THICKNESS COMPENSATOR COMPRISING CONTROLLED RELEASE AND EXPANSION」と題する米国特許出願第13/433,141号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0241493号、 A U.S. patent application Ser. No. 13 / 433,141 entitled "TISSUE THICKNESS COMPENSATOR COMPRISING CONTROLLED RELEASE AND EXPANSION", now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0241493,
「TISSUE THICKNESS COMPENSATOR COMPRISING FIBERS TO PRODUCE A RESILIENT LOAD」と題する米国特許出願第13/433,144号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0241500号、 A "TISSUE THICKNESS COMPENSATOR COMPRISING FIBERS TO PRODUCE A RESILIENT LOAD entitled" U.S. Patent Application Serial No. 13 / 433,144, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0241500,
「TISSUE THICKNESS COMPENSATOR COMPRISING STRUCTURE TO PRODUCE A RESILIENT LOAD」と題する米国特許出願第13/433,148号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0241501号、 A "TISSUE THICKNESS COMPENSATOR COMPRISING STRUCTURE TO PRODUCE A RESILIENT LOAD entitled" U.S. Patent Application Serial No. 13 / 433,148, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0241501,
「TISSUE THICKNESS COMPENSATOR COMPRISING RESILIENT MEMBERS」と題する米国特許出願第13/433,155号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0241502号、 A U.S. patent application Ser. No. 13 / 433,155 entitled "TISSUE THICKNESS COMPENSATOR COMPRISING RESILIENT MEMBERS", now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0241502,
「METHODS FOR FORMING TISSUE THICKNESS COMPENSATOR ARRANGEMENTS FOR SURGICAL STAPLERS」と題する米国特許出願第13/433,163号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0248169号、 A "METHODS FOR FORMING TISSUE THICKNESS COMPENSATOR ARRANGEMENTS FOR SURGICAL STAPLERS entitled" U.S. Patent Application Serial No. 13 / 433,163, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0248169,
「TISSUE THICKNESS COMPENSATORS」と題する米国特許出願第13/433,167号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0241503号、 A U.S. patent application Ser. No. 13 / 433,167 entitled "TISSUE THICKNESS COMPENSATORS", now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0241503,
「LAYERED TISSUE THICKNESS COMPENSATOR」と題する米国特許出願第13/433,175号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0253298号、 "LAYERED TISSUE THICKNESS COMPENSATOR entitled" A U.S. patent application Ser. No. 13 / 433,175, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0253298,
「TISSUE THICKNESS COMPENSATORS FOR CIRCULAR SURGICAL STAPLERS」と題する米国特許出願第13/433,179号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0241505号、 "TISSUE THICKNESS COMPENSATORS FOR CIRCULAR SURGICAL STAPLERS entitled" A U.S. patent application Ser. No. 13 / 433,179, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0241505,
「TISSUE THICKNESS COMPENSATOR COMPRISING CAPSULES DEFINING A LOW PRESSURE ENVIRONMENT」と題する米国特許出願第13/433,115号、 "TISSUE THICKNESS COMPENSATOR COMPRISING CAPSULES DEFINING A LOW PRESSURE ENVIRONMENT entitled" U.S. Patent Application Serial No. 13 / 433,115,
「TISSUE THICKNESS COMPENSATOR COMPRISED OF A PLURALITY OF MATERIALS」と題する米国特許出願第13/433,118号、 "TISSUE THICKNESS COMPENSATOR COMPRISED OF A PLURALITY OF MATERIALS entitled" U.S. Patent Application Serial No. 13 / 433,118,
「MOVABLE MEMBER FOR USE WITH A TISSUE THICKNESS COMPENSATOR」と題する米国特許出願第13/433,135号、 "MOVABLE MEMBER FOR USE WITH A TISSUE THICKNESS COMPENSATOR entitled" U.S. Patent Application Serial No. 13 / 433,135,
「TISSUE THICKNESS COMPENSATOR AND METHOD FOR MAKING THE SAME」と題する米国特許出願第13/433,140号、 "TISSUE THICKNESS COMPENSATOR AND METHOD FOR MAKING THE SAME entitled" US patent application Ser. No. 13 / 433,140,
「TISSUE THICKNESS COMPENSATOR COMPRISING CHANNELS」と題する米国特許出願第13/433,147号、 "TISSUE THICKNESS COMPENSATOR COMPRISING CHANNELS entitled" U.S. Patent Application Serial No. 13 / 433,147,
「TISSUE THICKNESS COMPENSATOR COMPRISING TISSUE INGROWTH FEATURES」と題する米国特許出願第13/433,126号、 "TISSUE THICKNESS COMPENSATOR COMPRISING TISSUE INGROWTH FEATURES entitled" U.S. Patent Application Serial No. 13 / 433,126,
「DEVICES AND METHODS FOR ATTACHING TISSUE THICKNESS COMPENSATING MATERIALS TO SURGICAL STAPLING INSTRUMENTS」と題する米国出願第13/433,132号、及び 「TISSUE THICKNESS COMPENSATOR COMPRISING A PLURALITY OF MEDICAMENTS」と題する米国特許出願第13/433,129号。 "DEVICES AND METHODS FOR ATTACHING TISSUE THICKNESS COMPENSATING MATERIALS TO SURGICAL STAPLING INSTRUMENTS entitled" U.S. Application No. 13 / 433,132, and "TISSUE THICKNESS COMPENSATOR COMPRISING A PLURALITY OF MEDICAMENTS entitled" U.S. Patent Application No. 13 / 433,129 No. .

本出願の出願人は、それぞれの内容全体が参照により本明細書に組み込まれる以下に示す米国特許出願について出願した権利も所有する。 Applicant of the present application also owns rights filed on United States Patent Application below the entire contents of each of which are incorporated herein by reference.
「STAPLE CARTRIDGES FOR FORMING STAPLES HAVING DIFFERING FORMED STAPLE HEIGHTS」と題する米国特許出願第11/216,562号であって、現在の米国特許第7,669,746号、 "STAPLE CARTRIDGES FOR FORMING STAPLES HAVING DIFFERING FORMED STAPLE HEIGHTS entitled" A U.S. Patent Application Serial No. 11 / 216,562, now U.S. Pat. No. 7,669,746,
「SURGICAL STAPLING DEVICE WITH ANVIL HAVING STAPLE FORMING POCKETS OF VARYING DEPTHS」と題する米国特許出願第11/714,049号であって、現在の米国特許出願公開第2007/0194082号、 "SURGICAL STAPLING DEVICE WITH ANVIL HAVING STAPLE FORMING POCKETS OF VARYING DEPTHS entitled" A U.S. Patent Application Serial No. 11 / 714,049, now U.S. Patent Application Publication No. 2007/0194082,
「SURGICAL STAPLING DEVICES THAT PRODUCE FORMED STAPLES HAVING DIFFERENT LENGTHS」と題する米国特許出願第11/711,979号であって、現在の米国特許第8,317,070号、 A "SURGICAL STAPLING DEVICES THAT PRODUCE FORMED STAPLES HAVING DIFFERENT LENGTHS entitled" U.S. Patent Application No. 11 / 711,979, now U.S. Pat. No. 8,317,070,
「SURGICAL STAPLING DEVICE WITH STAPLE DRIVERS OF DIFFERENT HEIGHT」と題する米国特許出願番号第11/711,975号であって、現在の米国特許出願公開第2007/0194079号、 "SURGICAL STAPLING DEVICE WITH STAPLE DRIVERS OF DIFFERENT HEIGHT entitled" A U.S. Patent Application Serial No. 11 / 711,975, now U.S. Patent Application Publication No. 2007/0194079,
「SURGICAL STAPLING DEVICE WITH STAPLE DRIVER THAT SUPPORTS MULTIPLE WIRE DIAMETER STAPLES」と題する米国特許出願第11/711,977号であって、現在の特許第7,673,781号、 "SURGICAL STAPLING DEVICE WITH STAPLE DRIVER THAT SUPPORTS MULTIPLE WIRE DIAMETER STAPLES entitled" A U.S. Patent Application Serial No. 11 / 711,977, now Japanese Patent No. 7,673,781,
「SURGICAL STAPLING DEVICE WITH MULTIPLE STACKED ACTUATOR WEDGE CAMS FOR DRIVING STAPLE DRIVERS」と題する米国特許出願第11/712,315号であって、現在の米国特許第7,500,979号、 A "SURGICAL STAPLING DEVICE WITH MULTIPLE STACKED ACTUATOR WEDGE CAMS FOR DRIVING STAPLE DRIVERS entitled" U.S. Patent Application No. 11 / 712,315, now U.S. Pat. No. 7,500,979,
「STAPLE CARTRIDGES FOR FORMING STAPLES HAVING DIFFERING FORMED STAPLE HEIGHTS」と題する米国特許出願第12/038,939号であって、現在の米国特許第7,934,630号、 "STAPLE CARTRIDGES FOR FORMING STAPLES HAVING DIFFERING FORMED STAPLE HEIGHTS entitled" A U.S. Patent Application Serial No. 12 / 038,939, now U.S. Pat. No. 7,934,630,
「SURGICAL STAPLING SYSTEMS THAT PRODUCE FORMED STAPLES HAVING DIFFERENT LENGTHS」と題する米国特許出願第13/020,263号であって、現在の米国特許出願公開第2011/0147434号、 "SURGICAL STAPLING SYSTEMS THAT PRODUCE FORMED STAPLES HAVING DIFFERENT LENGTHS entitled" A U.S. patent application Ser. No. 13 / 020,263, now U.S. Patent Application Publication No. 2011/0147434,
「ROBOTICALLY−CONTROLLED SURGICAL STAPLING DEVICES THAT PRODUCE FORMED STAPLES HAVING DIFFERENT LENGTHS」と題する米国特許出願第13/118,278号であって、現在の米国特許出願公開第2011/0290851号、 "ROBOTICALLY-CONTROLLED SURGICAL STAPLING DEVICES THAT PRODUCE FORMED STAPLES HAVING DIFFERENT LENGTHS entitled" A U.S. patent application Ser. No. 13 / 118,278, now U.S. Patent Application Publication No. 2011/0290851,
「ROBOTICALLY−CONTROLLED CABLE−BASED SURGICAL END EFFECTORS」と題する米国特許出願第13/369,629号であって、現在の米国特許出願公開第2012/0138660号、 A "ROBOTICALLY-CONTROLLED CABLE-BASED SURGICAL END EFFECTORS entitled" U.S. Patent Application Serial No. 13 / 369,629, now U.S. Patent Application Publication No. 2012/0138660,
「SURGICAL STAPLING DEVICES FOR FORMING STAPLES WITH DIFFERENT FORMED HEIGHTS」と題する米国特許出願第12/695,359号であって、現在の米国特許出願公開第2010/0127042号、及び 「STAPLE CARTRIDGES FOR FORMING STAPLES HAVING DIFFERING FORMED STAPLE HEIGHTS」と題する米国特許出願第13/072,923号であって、現在の米国特許出願公開第2011/0174863号。 A U.S. patent application Ser. No. 12 / 695,359 entitled "SURGICAL STAPLING DEVICES FOR FORMING STAPLES WITH DIFFERENT FORMED HEIGHTS", now U.S. Patent Application Publication No. 2010/0127042, and "STAPLE CARTRIDGES FOR FORMING STAPLES HAVING DIFFERING FORMED a U.S. patent application Ser. No. 13 / 072,923 entitled STAPLE HEIGHTS ", now U.S. Patent application Publication No. 2011/0174863.

本願の出願人は、本願と同日に出願され、それぞれの内容全体が参照によって本明細書にそれぞれ組み込まれる、以下に示す米国特許出願について出願した権利も所有する。 Applicant of the present application, filed in this application the same day, the entire contents of each of which are incorporated respectively herein by reference, also owned rights filed for US patent application below.
「ADHESIVE FILM LAMINATE」と題する米国特許出願第___________号(代理人整理番号END6843USCIP19/100528CP19)、 "ADHESIVE FILM LAMINATE entitled" U.S. Patent Application No. ___________ No. (Attorney Docket No. END6843USCIP19 / 100528CP19),
「ACTUATOR FOR RELEASING A TISSUE THICKNESS COMPENSATOR FROM A FASTENER CARTRIDGE」と題する米国特許出願第__________号(代理人整理番号END6848USCIP2/100533CIP2)、 "ACTUATOR FOR RELEASING A TISSUE THICKNESS COMPENSATOR FROM A FASTENER CARTRIDGE entitled" U.S. Patent Application No. __________ No. (Attorney Docket No. END6848USCIP2 / 100533CIP2),
「RELEASABLE TISSUE THICKNESS COMPENSATOR AND FASTENER CARTRIDGE HAVING THE SAME」と題する米国特許出願第__________号(代理人整理番号END6848USCIP3/100533CIP3)、 "RELEASABLE TISSUE THICKNESS COMPENSATOR AND FASTENER CARTRIDGE HAVING THE SAME entitled" US patent application Ser. No. __________ No. (Attorney Docket No. END6848USCIP3 / 100533CIP3),
「FASTENER CARTRIDGE COMPRISING A RELEASABLE TISSUE THICKNESS COMPENSATOR」と題する米国特許出願第__________号(代理人整理番号END6848USCIP4/100533CIP4)、 "FASTENER CARTRIDGE COMPRISING A RELEASABLE TISSUE THICKNESS COMPENSATOR entitled" U.S. Patent Application No. __________ No. (Attorney Docket No. END6848USCIP4 / 100533CIP4),
「FASTENER CARTRIDGE COMPRISING A CUTTING MEMBER FOR RELEASING A TISSUE THICKNESS COMPENSATOR」と題する米国特許出願第__________号(代理人整理番号END6848USCIP5/100533CIP5)、 "FASTENER CARTRIDGE COMPRISING A CUTTING MEMBER FOR RELEASING A TISSUE THICKNESS COMPENSATOR entitled" U.S. Patent Application No. __________ No. (Attorney Docket No. END6848USCIP5 / 100533CIP5),
「FASTENER CARTRIDGE COMPRISING A RELEASABLY ATTACHED TISSUE THICKNESS COMPENSATOR」と題する米国特許出願第__________号(代理人整理番号END6848USCIP6/100533CIP6)、 "FASTENER CARTRIDGE COMPRISING A RELEASABLY ATTACHED TISSUE THICKNESS COMPENSATOR entitled" U.S. Patent Application No. __________ No. (Attorney Docket No. END6848USCIP6 / 100533CIP6),
「STAPLE CARTRIDGE COMPRISING A RELEASABLE COVER」と題する米国特許出願第__________号(代理人整理番号END7201USNP/120294)、 "STAPLE CARTRIDGE COMPRISING A RELEASABLE COVER entitled" U.S. Patent Application No. __________ No. (Attorney Docket No. END7201USNP / 120294),
「ANVIL LAYER ATTACHED TO PROXIMAL END OF AN END EFFECTOR」と題する米国特許出願第__________号(代理人整理番号END7102USCIP2/110604CIP2)と、 "ANVIL LAYER ATTACHED TO PROXIMAL END OF AN END EFFECTOR entitled" U.S. Patent Application No. __________ No. and (Attorney Docket No. END7102USCIP2 / 110604CIP2),
「LAYER COMPRISING DEPLOYABLE ATTACHMENT MEMBERS」と題する米国特許出願第__________号(代理人整理番号END7102USCIP3/110604CIP3)、 "LAYER COMPRISING DEPLOYABLE ATTACHMENT MEMBERS entitled" U.S. Patent Application No. __________ No. (Attorney Docket No. END7102USCIP3 / 110604CIP3),
「END EFFECTOR COMPRISING A DISTAL TISSUE ABUTMENT MEMBER」と題する米国特許出願第__________号(代理人整理番号END7102USCIP4/110604CIP4)、 "END EFFECTOR COMPRISING A DISTAL TISSUE ABUTMENT MEMBER entitled" U.S. Patent Application No. __________ No. (Attorney Docket No. END7102USCIP4 / 110604CIP4),
「LAYER ARRANGEMENTS FOR SURGICAL STAPLE CARTRIDGES」と題する米国特許出願第__________号(代理人整理番号END6232USCIP1/070348CIP1)、 "LAYER ARRANGEMENTS FOR SURGICAL STAPLE CARTRIDGES entitled" U.S. Patent Application No. __________ No. (Attorney Docket No. END6232USCIP1 / 070348CIP1),
「IMPLANTABLE ARRANGEMENTS FOR SURGICAL STAPLE CARTRIDGES」と題する米国特許出願第__________号(代理人整理番号END6232USCIP2/070348CIP2)、 "IMPLANTABLE ARRANGEMENTS FOR SURGICAL STAPLE CARTRIDGES entitled" U.S. Patent Application No. __________ No. (Attorney Docket No. END6232USCIP2 / 070348CIP2),
「MULTIPLE THICKNESS IMPLANTABLE LAYERS FOR SURGICAL STAPLING DEVICES」と題する米国特許出願第__________号(代理人整理番号END6840USCIP2/100525CIP2)、 "MULTIPLE THICKNESS IMPLANTABLE LAYERS FOR SURGICAL STAPLING DEVICES entitled" U.S. Patent Application No. __________ No. (Attorney Docket No. END6840USCIP2 / 100525CIP2),
「RELEASABLE LAYER OF MATERIAL AND SURGICAL END EFFECTOR HAVING THE SAME」と題する米国特許出願第__________号(代理人整理番号END6232USCIP3/070348CIP3)、 "RELEASABLE LAYER OF MATERIAL AND SURGICAL END EFFECTOR HAVING THE SAME entitled" US patent application Ser. No. __________ No. (Attorney Docket No. END6232USCIP3 / 070348CIP3),
「ACTUATOR FOR RELEASING A LAYER OF MATERIAL FROM A SURGICAL END EFFECTOR」と題する米国特許出願第__________号(代理人整理番号END6232USCIP4/070348CIP4)、及び 「STAPLE CARTRIDGE COMPRISING A COMPRESSIBLE PORTION」と題する米国特許出願第__________号(代理人整理番号END7200USNP/120302)。 "ACTUATOR FOR RELEASING A LAYER OF MATERIAL FROM A SURGICAL END EFFECTOR entitled" U.S. Patent Application No. __________ No. (Attorney Docket No. END6232USCIP4 / 070348CIP4), and "STAPLE CARTRIDGE COMPRISING A COMPRESSIBLE PORTION entitled" U.S. Patent Application No. __________ No. ( Attorney Docket No. END7200USNP / 120302).

ある種の例示的実施形態は、本明細書で開示される装置及び方法の構造、機能、製造、及び使用の原理の全体的な理解を提供するために、以下で説明される。 Certain exemplary embodiment, the structure of the apparatus and methods disclosed herein, function, manufacture, and to provide an overall understanding of the principles of use, are described below. これらの実施形態の1つ以上の例は、添付図面に示される。 One or more examples of these embodiments are illustrated in the accompanying drawings. 本明細書で具体的に説明され、添付図面に示される装置及び方法は、非限定的な例示的実施形態であること、並びに、本発明の様々な実施形態の範囲は、特許請求の範囲によってのみ定義されることが当業者に理解されるであろう。 Are specifically described herein, devices and methods depicted in the accompanying drawings, it is a non-limiting illustrative embodiments, as well, the scope of various embodiments of the present invention, by the appended claims it will only be defined will be understood by those skilled in the art. 1つの例示的実施形態に関連して例示又は説明される特徴は、他の実施形態の特徴と組み合わされてもよい。 The features illustrated or described in connection with one exemplary embodiment may be combined with the features of other embodiments. このような変更及び変形は、本発明の範囲内に含まれることが意図される。 Such modifications and variations are intended to be included within the scope of the present invention.

本明細書全体を通して、「様々な実施形態」、「いくつかの実施形態」、「一実施形態」、又は「ある実施形態」等の参照は、その実施形態と関連して記述されている特有の特徴、構造、又は特性が少なくとも一実施形態に含まれることを意味する。 Throughout this specification, "various embodiments", "some embodiments", see, "an embodiment", or "an embodiment", typical of a described in connection with the embodiment features, mean that a structure, or characteristic is included in at least one embodiment. したがって、本明細書全体を通じた各所で、「様々な実施形態において」、「いくつかの実施形態において」、「一実施形態において」、又は「ある実施形態において」などの語句が出現するが、これらは必ずしも全てが同じ実施形態を指すわけではない。 Thus, in many places where throughout this specification, "in various embodiments," "in some embodiments", "in one embodiment" or "in an embodiment" Although terms such as appears, it is not necessarily all referring to the same embodiment. 更に、特有の特徴、構造、又は特性は、1つ又は2つ以上の実施形態において好適な方式であれば組み合わされてもよい。 Furthermore, the specific features, structures, or characteristics may be combined as long as suitable manner in one or more embodiments. したがって、一実施形態に関して図示又は説明される特有の特徴、構造、又は特性は、限定されることなく、1つ以上の他の実施形態の特徴、構造、又は特性と、全体的に又は部分的に、組み合わされてもよい。 Therefore, characteristic features illustrated or described with respect to one embodiment, structure, or characteristic is not limited, one or more other embodiments of the features, structures, or the characteristics, totally or partially to, may be combined. このような変更及び変形は、本発明の範囲内に含まれることが意図される。 Such modifications and variations are intended to be included within the scope of the present invention.

「近位」及び「遠位」という用語は、外科用器具のハンドル部分を操作する医師を基準として本明細書において用いられる。 The term "proximal" and "distal" are used herein physician to manipulate the handle portion of the surgical instrument as a reference. 「近位」という用語は、医師に最も近い部分を指し、「遠位」という用語は、医師から離れた位置にある部分を指す。 The term "proximal" refers to that portion which is closest to the physician, the term "distal" will refer to the portion located away from the doctor. 便宜上及び明確性のために、「垂直」、「水平」、「上」、及び「下」などの空間的な用語が、図面と関連して本明細書で使用されることがあることが更に理解されるであろう。 For convenience and clarity, "vertical", spatial terms such as "horizontal", "upper", and "lower" is, that may be used herein in connection with the drawings Further it will be appreciated. しかしながら、外科用器具は、多くの向き及び位置で使用され、これらの用語は、限定的及び/又は絶対的であることを意図するものではない。 However, surgical instruments are used in many orientations and positions, and these terms are not intended to be limiting and / or absolute.

腹腔鏡及び低侵襲の外科手術を行うための様々な例示的な装置及び方法が提供される。 Various exemplary devices and methods for performing surgery laparoscopic and minimally invasive is provided. しかしながら、本明細書で開示する様々な方法及び装置は、例えば、観血的外科手術に関連したことを含めて、多数の外科手術及び用途で用いられ得ることが当業者には容易に理解されよう。 However, various methods and devices disclosed herein including, for example, that associated with invasive surgery, that may be used in a number of surgical and application readily apparent to those skilled in the art Ocean. この「発明を実施するための形態」を読むにつれ、本明細書に開示される様々な器具は、例えば、自然孔を通して、又は組織に形成された切開孔若しくは穿刺穴を通して、といったような何らかの方法で体内に挿入され得ることが当業者には更に理解されるであろう。 As reading this "Description of the Invention", various instruments disclosed herein, for example, through a natural orifice, or some manner, such as through-formed incision or puncture, such as the tissue in it will be further understood by those skilled in the art that may be inserted into the body. これらの器具の作動部分即ちエンドエフェクタ部分は、患者の体内に直接に挿入できる、又は、外科用器具のエンドエフェクタ及び細長いシャフトを通過させることが可能なワーキングチャンネルを有するアクセス装置を介して挿入され得る。 Actuating portion or end effector of these instruments can be inserted directly into the body of the patient, or is inserted through the access device having a working channel capable of passing through the end effector and elongate shaft of a surgical instrument obtain.

図1及び2において、外科用ステープル留め及び切断器具8010は、細長いステープルチャンネル8016への枢動可能な取り付け具の周りで繰り返し開閉されることがあるアンビル8014を備えることができる。 1 and 2, surgical stapling and cutting instrument 8010 can comprise an anvil 8014 that may occur when repeatedly opened and closed around the pivotable fixture for elongate staple channel 8016. ステープル装着用アセンブリ8012は、アンビル8014とチャネル8016とを備えることができ、このアセンブリ8012は、近位側で、道具部分8022を形成する細長いシャフト8018に取り付けられ得る。 Staple mounting assembly 8012 may comprise an anvil 8014 and the channel 8016, the assembly 8012, the proximal side, may be attached to the elongate shaft 8018 to form a tool part 8022. ステープル装着用アセンブリ8012が閉じているとき、又は少なくとも実質的に閉じているとき、道具部分8022は、トロカールからステープル装着用アセンブリ8012を挿入するのに好適な充分に小さな断面を見せることができる。 When staple mounting assembly 8012 is closed, or at least when you are substantially closed, tool portion 8022, can show a suitable sufficiently small cross section to insert the staple mounting assembly 8012 from the trocar. 様々な実施形態において、アセンブリ8012は、シャフト8018に接続されたハンドル8020によって操作され得る。 In various embodiments, the assembly 8012 may be operated by a handle 8020 connected to the shaft 8018. このハンドル8020は、例えば、細長いシャフト8018とステープル装着用アセンブリ8012とをシャフト8018の長手軸の周りに回転させる回転ノブ8030などのようなユーザー制御装置を備えることができる。 The handle 8020, for example, may comprise a user control device such as a rotary knob 8030 to rotate the elongate shaft 8018 and staple mounting assembly 8012 about the longitudinal axis of the shaft 8018. ハンドル筐体8154を横切って横方向に係合された閉鎖トリガーピン8152(図3)の周りにピストルグリップ8036の前で枢動することができる閉鎖トリガー8026は、ステープル装着用アセンブリ8012を閉じるために押し込まれ得る。 Closure trigger 8026 which can pivot in front of the pistol grip 8036 around the handle housing 8154 to across the closure trigger pin engaged laterally 8152 (FIG. 3), in order to close the staple mounting assembly 8012 It can be pushed in. 様々な実施形態において、詳しくは後述されるように、閉鎖解放ボタン8038は、閉鎖トリガー8026がクランプされたとき、閉鎖トリガー8026をクランプ解放し、ステープル装着用アセンブリ8012を開くために、閉鎖解放ボタン8038を押し込むことができるようにハンドル8020の上に外向きに存在することができる。 In various embodiments, in detail, as will be described later, the closure release button 8038, when the closure trigger 8026 is clamped, the closure trigger 8026 clamps released, to open the staple mounting assembly 8012, the closure release button 8038 may be present outwardly on the handle 8020 to be able to push the. 閉鎖トリガー8026の前で枢動することができる発射トリガー8034は、ステープル装着用アセンブリ8012に、ステープル装着用アセンブリの中にクランプされた組織の切断とステープル留めを同時に行わせることができる。 Firing trigger 8034 which can pivot in front of the closure trigger 8026, the staple mounting assembly 8012, it is possible to perform the cutting and stapling of the tissue clamped in the staple mounting assembly simultaneously. 様々な状況において、詳しくは後述されるように、複数の発射ストロークが、ストローク1回につき外科医の手によって加えられることが要求される力の量を低減するために、発射トリガー8034を使用して利用される可能性がある。 In various circumstances, in detail, as will be described later, a plurality of firing strokes in order to reduce the amount of force that is applied by the surgeon's hand at a time stroke is required, using the firing trigger 8034 there is a possibility to be used. ある種の実施形態において、ハンドル8020は、発射の進み具合を示すことができる回転可能な右及び/又は左インジケータ・ホイール8040、8041(図3)を備えることができる。 In certain embodiments, the handle 8020 may comprise a rotatable right may indicate the progress of the firing and / or left indicator wheels 8040,8041 (Figure 3). 例として、完全な発射運動距離は、発射トリガー8034の完全な発射ストローク3回分を必要とすることがあり、したがって、インジケータ・ホイール8040、8041は、発射トリガー8034の各ストローク当たり3分の1回転まで回転することができる。 As an example, full firing exercise distance, may require 3 doses at full firing strokes of the firing trigger 8034, therefore, the indicator wheel 8040,8041 is one revolution of 3 minutes per each stroke of the firing trigger 8034 it can be rotated up. 詳しくは後述されるように、手動発射解放レバー8042は、必要に応じて、完全な発射運動距離が完了する前に発射システムを後退させるようにすることができ、更に、発射解放レバー8042は、発射システムが固着する及び/又は機能しなくなる場合に、外科医又は他の臨床医が発射システムを後退させるようにすることができる。 For more information as described below, the manual firing release lever 8042, as needed, can complete firing motion distance to retract the firing system before completing further firing release lever 8042, when the launching system is no longer to and / or functional fixation can surgeon or other clinician to retract the firing system.

図1及び3を参照すると、細長いシャフト8018は、ハンドル8020の閉鎖トリガー8026の近位側押し込みに応答してアンビル8014をこのアンビルの閉位置に向かって枢動させる、縦方向に往復運動する閉鎖管8024を含む外側構造体を備えることができる。 1 and 3, the elongate shaft 8018 in response to proximal depression of the closure trigger 8026 of the handle 8020 is pivoted toward the anvil 8014 to the closed position of the anvil, closing reciprocating longitudinally it can be an outer structure including the tube 8024. 細長いチャンネル8018は、閉鎖管8024の内部にあるフレーム8028(図3)によってハンドル8020に接続され得る。 Elongated channel 8018 may be connected to the handle 8020 by a frame 8028 that is internal to the closure tube 8024 (FIG. 3). フレーム8028は、回転ノブ8030(図1)の回転が手先部分8022を回転させることができるように、ハンドル8020に回転係合可能である。 Frame 8028, the rotation of the rotation knob 8030 (FIG. 1) so that it can rotate the hand portion 8022 is rotatable engagement with handle 8020. 特に図3を参照すると、回転ノブ8030は、1つ以上の内向き突出部8031を含むことができる2つの半殻部で構成されることができ、これらの突出部は、閉鎖管8024内の1つ以上の細長い側面開口8070を通って延在し、フレーム8028と係合することができる。 With particular reference to FIG. 3, the rotation knob 8030 may be composed of two half-shell which may include one or more inwardly protruding portions 8031, these protrusions, in the closure tube 8024 extends through one or more elongated side opening 8070, it can be engaged with the frame 8028. 上記の結果、回転ノブ8030とフレーム8028とは、ノブ8030の回転位置が道具部分8022の回転位置を決定するように、一緒に又は同期的に回転することができる。 Above results, the rotation knob 8030 and the frame 8028 may be the rotational position of the knob 8030 is to determine the rotational position of the tool portion 8022, together or synchronously rotated. 様々な実施形態において、より長い開口8070の縦方向長さは、閉鎖管8024の縦方向閉鎖動作及び開放動作をさせるのに充分な長さである。 In various embodiments, more longitudinal length of the long opening 8070 is of sufficient length to cause the longitudinal closing operation and opening operation of the closure tube 8024. 閉鎖管8024の閉鎖動作を起こすことに関して、主に図3及び5を参照すると、閉鎖トリガー8026の上部8160は、閉鎖リンク8164を用いて閉鎖ヨーク8162(図4)を押し進めることができる。 Regard to cause closing operation of the closure tube 8024, referring primarily to FIGS. 3 and 5, the upper 8160 of the closure trigger 8026 may push the closure yoke 8162 (FIG. 4) with a closure link 8164. 閉鎖リンク8164は、これの遠位端で閉鎖ヨークピン8166によって閉鎖ヨーク8162に枢動可能に取り付けられ、これの近位端で閉鎖リンクピン8168によって枢動可能に取り付けられている。 Closure link 8164 is by a closure yoke pin 8166 at a distal end of which is pivotally mounted to the closure yoke 8162 is attached pivotally by a closure link pin 8168 at the proximal end of this. 様々な実施形態において、閉鎖トリガー8026は、閉鎖トリガー引張ばね8246によって開位置まで押し進めることができ、この閉鎖トリガー引張ばねは、閉鎖トリガー8026の上方部分8160に近位側で接続され、右及び左の半殻部8156、8158によって形成されたハンドルハウジング8154に接続されている。 In various embodiments, the closure trigger 8026, the tension spring closure trigger can push to the open position by 8246, the closure trigger tension spring is connected proximally to the upper portion 8160 of the closure trigger 8026, right and left It is connected to the handle housing 8154 formed by the half-shell portions 8156,8158 of. 引張ばね8246によって加えられた張力は、ヨーク8162、閉鎖リンク8164、及び閉鎖管8024を遠位側に前進させるために閉鎖トリガー8026に加えられた閉鎖力によって克服され得る。 Tension applied by the tension spring 8246 includes a yoke 8162 may be overcome by the closure link 8164, and the closing force applied to the closure trigger 8026 to advance the closure tube 8024 distally.

閉鎖トリガー8026が、上述のように、作動される又は押し込まれる際、閉鎖解放ボタン8038は、外科医又は他の臨床医が、望ましい場合に閉鎖解放ボタン8038を押すことができ、並びに、閉鎖トリガー8026及び他の外科用器具を非作動状態に戻すことができるように、位置決めされ得る。 The closure trigger 8026 is, as described above, when it is being or pushed operation, closure release button 8038 may be a surgeon or other clinician, pushes the closure release button 8038 if desired, as well as the closure trigger 8026 and to be able to return the other surgical instrument to a non-operating state, it may be positioned. 様々な実施形態において、閉鎖解放ボタン8038は、運動が解放ボタン8038と枢動ロッキングアーム8172との間で伝達され得るように、中央横方向枢動軸8173によってロッキングアーム8172に接続され得る。 In various embodiments, the closure release button 8038, such that the movement can be transmitted between the release button 8038 and pivot the locking arm 8172 may be connected to the locking arm 8172 by a central lateral pivot axis 8173. 図3を再び参照すると、圧縮ばね8174は閉鎖解放ボタン8038を近位側に、即ち、右から見たときに中央横方向枢動軸8173の周りに時計方向に付勢することができ、閉鎖トリガー8026の上部分8160は、後部切欠き部8171を備えた近位頂上部8170を含むことができる。 Referring again to FIG. 3, the compression spring 8174 is proximally closure release button 8038, i.e., about the central lateral pivot axis 8173 can be urged in a clockwise direction when viewed from the right, the closure upper portion of the trigger 8026 8160 may include a proximal apex 8170 having a rear notch 8171. 閉鎖トリガー8026が押し込まれるのにつれて、枢動ロッキングアーム8172が近位頂上部8170の上に載ることがあり、閉鎖トリガー8026が完全に押し込まれた位置に達するとき、当然のことながら、後部切欠き部8171は、圧縮ばね8174の押し進めの下で、後部切欠き部8171内に落ち、後部切欠き部8171に接してロックされる枢動ロッキングアーム8172の下にある。 As the closure trigger 8026 is pressed, it may rest on it pivoting locking arm 8172 of the proximal top section 8170, when the closure trigger 8026 reaches a position fully depressed, of course,-out rear notch parts 8171, under the forced compression spring 8174, fall within the rear notch 8171, under the pivoting locking arm 8172 which is locked in contact with the rear notch 8171. この時点で、閉鎖解放ボタン8038の手動押し込みは、枢動ロッキングアーム8172を上向きに、かつ、後部切欠き部8171から外へ回転させ、これによって閉鎖トリガー8026をロック解放し、閉鎖トリガー8026がこの閉鎖トリガーのクランプ解放位置に戻ることができるようにする。 At this point, the manual depression of the closure release button 8038 is upwardly pivoting locking arm 8172, and is rotated from the rear notch 8171 out, thereby locking release the closure trigger 8026, the closure trigger 8026 is this to be able to return to the clamping release position of the closure trigger.

閉鎖トリガー8026が近位側でクランプされると、上述のように、発射トリガー8034は、発射ロッド8032をハンドル8020から遠位側に前進させるために、ピストルグリップ8036に向かって引っ張られ得る。 When the closure trigger 8026 is clamped proximally, as discussed above, the firing trigger 8034 in order to advance distally the firing rod 8032 from the handle 8020 may be pulled toward the pistol grip 8036. 様々な実施形態において、発射トリガー8034は横方向に横切る発射トリガーピン8202の周りに枢動することができ、かつハンドル8020の右半殻部及び左半殻部8156、8158と係合している。 In various embodiments, the firing trigger 8034 is able to pivot about a firing trigger pin 8202 that crosses the transverse direction and engaged with the right half shell and the left half shell 8156,8158 of the handle 8020 . 発射トリガー8034は、作動されたとき、連結伝達発射機構8150を前進させることができる。 Firing trigger 8034, when activated, it can advance the coupling transmission firing mechanism 8150. 連結伝達発射機構8150は、詳しくは後述されるように、一方で、ハンドル8020のピストルグリップ8036に取り付けられ、もう一方で、例えば、リンクされている伝達発射機構8150のリンクの1つに取り付けられているばね8184によって、後寄りの未発射位置へ押し進めることができる。 Coupling transmission firing mechanism 8150 is, more specifically as described below, on the one hand, attached to the pistol grip 8036 of handle 8020, on the other hand, for example, attached to one of the links of the transmission firing mechanism 8150 that is linked by it and the spring 8184, it can be pushed into the unfired position after closer. ばね8184は、筐体8154に接続された非移動端8186と、スチールバンド8192の近位端8190に接続された移動端8188とを備えることができる。 The spring 8184 may include a non-moving end 8186 connected to housing 8154, and a moving end 8188 connected to the proximal end 8190 of the steel band 8192. スチールバンド8192の遠位側に配置された端部8194は、連結ラック8200を形成する複数のリンク8196a〜8196dの前方リンク8196a上のアタッチメント特徴物8195に取り付けることができる。 End disposed distally of the steel band 8192 8194 may be attached to the attachment feature thereof 8195 on the front link 8196a of a plurality of links 8196a~8196d forming the linked rack 8200. 連結ラック8200は、容易にピストングリップ8036の中へ後退し、ハンドル8020の長さを最小化することができるように、可撓性であることができ、その上、かなりの発射力を発射ロッド8032まで、及び/又は、発射ロッド8032を通して伝達することがある真っ直ぐな剛性ラックアセンブリを形成することができる。 Linked rack 8200, easily retracted into the piston grip 8036, the length of the handle 8020 so that it can be minimized, can be flexible and, moreover, a firing rod considerable firing forces until 8032, and / or it may form a straight rigid rack assembly that may be transmitted through the firing rod 8032. 詳しくは後述されるように、発射トリガー8034は、発射トリガー8034の第1の作動中に第1のリンク8196aと係合し、発射トリガー8034の第2の作動中に第2のリンク8196bと係合し、発射トリガー8034の第3の作動中に第3のリンク8196cと係合し、及び発射トリガー8034の第4の作動中に第4のリンク8196dと係合することができ、発射トリガー8034の各作動は、連結ラック8200を遠位側に増分量だけ前進させることができる。 For more information as described below, the firing trigger 8034, the first engagement link 8196a engages and during the first actuation of firing trigger 8034, a second link 8196b and engaged during the second actuation of firing trigger 8034 combined, combined third link 8196c engagement with in the third actuation of firing trigger 8034, and can be 4 engages the fourth link 8196d during operation of the firing trigger 8034, the firing trigger 8034 each actuation of the can be advanced by an incremental amount the linked rack 8200 distally. 様々な実施形態において、上記に加えて、発射トリガー8034の複数回のストロークは、連結ラック8200が前進した距離を示すために、右及び左のインジケータゲージホイール8040、8041を回転させることができる。 In various embodiments, in addition to the above, multiple strokes of the firing trigger 8034 to indicate the distance the linked rack 8200 is advanced, it is possible to rotate the right and left indicator gauge wheels 8040,8041.

次に図3及び5を参照すると、反バックアップ機構8250は、引張/圧縮併用ばね8184が発射ストロークの合間に連結ラック8200を後退させるのを防ぐことができる。 Referring now to FIG. 3 and 5, the anti-backup mechanism 8250, tension / compression combination spring 8184 can be prevented from retracting the linked rack 8200 in between firing strokes. 様々な実施形態において、カップリングスライド管8131は、第1のリンク8196aと当接し、発射運動を伝えるために発射ロッド8032に接続する。 In various embodiments, the coupling slide tube 8131, first link 8196a abuts, is connected to the firing rod 8032 to communicate the firing motion. 発射ロッド8032は、フレーム8028の近位端部から出て、反バックアッププレート8266の貫通穴8408を通って近位側に延びる。 Firing rod 8032, out of the proximal end portion of the frame 8028 extends proximally through the through hole 8408 of the anti-backup plate 8266. 貫通穴8408は、垂直に整列しているときに発射ロッド8032を摺動的に受容するが、傾いているときには拘束するような寸法にされている。 Through hole 8408 is a firing rod 8032 slidingly receiving when aligned vertically and is dimensioned to restrain when the tilted. 下方タブアタッチメント8271は、反バックアッププレート8266の下方エッジの開口部8269を通って延在するフレーム8028の近位端部の下方リップから近位側に延びる。 Lower tab attachment 8271 extends proximally from a lower lip of the proximal end portion of the frame 8028 that extends through an opening 8269 of the lower edge of the anti-backup plate 8266. この下方タブアタッチメント8271は、反バックアッププレート8266の下方部分をフレーム8028の近くに引き付け、その結果、この反バックアッププレート8266は、発射ロッド8032が遠位側に前進するとき、垂直であり、発射ロッド8032が後退しようと試みるとき、結合状態に入って上部後方に傾くことが許される。 The lower tab attachment 8271 may attract the lower part of the anti-backup plate 8266 close to the frame 8028 such that the anti-backup plate 8266, when the firing rod 8032 is advanced distally, a vertical firing rod when the 8032 tries to retreat, it is allowed to tilt to the upper rear enters the binding state. 後退防止圧縮ばね8264は、フレーム8028の近位端部によって遠位側で制約され、反バックアッププレート8266の上部と近位側で当接し、この反バックアッププレート8266をロッキング状態まで付勢する。 Anti-backup compression spring 8264 is restricted at the distal side by the proximal end portion of the frame 8028, contact with the upper and the proximal side of anti-backup plate 8266, biasing the anti-backup plate 8266 to the locking state. ばね付勢に対して、反バックアップカム管8268がカップリング摺動管8131を摺動可能に包囲し、反バックアッププレート8266と当接する。 Against spring bias, anti backup cam tube 8268 surrounds the coupling sliding tube 8131 slidably contacts with the anti-backup plate 8266. 反バックアップカム管8268に取り付けられた、近位側に突出している反バックアップヨーク8256は、閉鎖ヨーク8162の上に延在する。 Attached to the anti-backup cam tube 8268, anti-backup yoke 8256 protruding proximally extends over the closure yoke 8162.

図3を参照すると、リンクトリガーによる自動後退機構8289は、完全な発射運動距離の終わりにナイフを後退させるために外科用ステープル留め及び切断器具8010に組み込まれている。 Referring to FIG. 3, the automatic retraction mechanism 8289 by the link triggers are incorporated into the surgical stapling and severing instrument 8010 to retract the knife at the end of full firing exercise distance. このため、遠位リンク8196dは、この遠位リンク8196dが閉鎖ヨーク8162内に形成されたラックチャンネル8291(図3)の中へ前進させられたときに上向きに突出するタング8290を含む。 Therefore, the distal link 8196d includes a tang 8290 that projects upwardly when the distal link 8196d have been advanced into a rack channel 8291 formed in the closure yoke 8162 (Figure 3). このタング8290は、反バックアップ解放レバー8248(図6)上の下部近位カム8292を作動させるために整列されている。 The tongue 8290 is aligned to actuate the lower proximal cam 8292 on the anti-backup release lever 8248 (FIG. 6). 特に図6を参照すると、右半殻部及び左半殻部8156、8158内に形成された構造体は、反バックアップ解放レバー8248の動きを拘束する。 With particular reference to FIG. 6, the right half shell portion and is formed in the left half in the shell 8156,8158 structure restrains the movement of the anti-backup release lever 8248. 右半殻部及び左半殻部8156、8158の間にそれぞれ形成されたピン受容部8296及び円形ピン8293は、下部近位カム8292の遠位側にある反バックアップ解放レバー8248内に形成された縦方向に細長い開口部8294を通って受容され、このようにして、縦方向並進と共に円形ピン8293の周りの回転が可能になる。 Pin accommodating part 8296 and the round pins are formed respectively between the right half shell and the left half shell 8156,8158 8293 is formed in the anti-backup release lever 8248 located on the distal side of the lower proximal cam 8292 vertically is received through an elongated opening 8294, this way, it is possible to rotate about the circular pin 8293 with longitudinal translation. 右半殻部8156において、近位側開放チャンネルは、上向き及び遠位側に角度がつけられた、反バックアップ解放レバー8248の近位端部の近くで右向き後方ピン8297を受容する部分と連通する近位側水平部分を含み、このようにして、反バックアップ解放レバー8248がこのレバーの並進の最も遠位側の部分に達するのにつれて上向きの回転を付与する。 In the right half shell 8156, a proximal open channel, angled upward and distally portion communicates with receiving a right rear pin 8297 near the proximal end of the anti-backup release lever 8248 It includes a proximal horizontal portion, this way, the anti-backup release lever 8248 to impart an upward rotation as to reach the distal-most portion of the translation of the lever. 反バックアップ解放レバー8248の近位側にある右半殻部8156内に形成された阻止構造体は、後述される、近位側開放チャンネル内の右向き後側ピン8297を維持するように組み立てられると、この反バックアップ解放レバーの近位側の動きを阻止する。 Proximally formed in the right half the shell 8156 in the blocking structure of the anti-backup release lever 8248 will be described later, when assembled to maintain rightward rear pin 8297 of the proximal opening in the channel prevents proximal movement of the anti-backup release lever.

上記に加えて、次に、図3及び7を参照すると、反バックアップ解放レバー8248の遠位端部8254は、このようにして遠位側及び下向きに押し進められ、右向き前方ピン8298を右半殻部8156に形成された遠位側開放段構造体8299に落下させ、この遠位側開放段構造体は、右向き前方ピン8298と縦方向に細長い開口部8294との間で反バックアップ解放レバー8248上の左向きフック8301に引っ掛けられた圧縮ばね8300(図3)によって係合させられる。 In addition to the above, then, referring to FIGS. 3 and 7, the distal end 8254 of the anti-backup release lever 8248 is pushed forward distally and downward in this way, the right half shell the right front pin 8298 part 8156 is dropped distally open step structure 8299 formed, the distal opening stage structure, anti-backup release lever on 8248 with the elongated opening 8294 in the right front pin 8298 and the longitudinal the compression spring 8300, which is hooked to a leftward hook 8301 (FIG. 3) are engaged. 圧縮ばね8300のもう一方の端部は、閉鎖ヨーク8266の直上のより近位側かつより下方の位置にある右半殻部8156内に形成されたフック8302(図6)に取り付けられている。 The other end of the compression spring 8300 is attached to a more proximal and hooks formed in the right half the shell 8156 in from a position below 8302 (Figure 6) just above the closure yoke 8266. 圧縮ばね8300は、このようにして、反バックアップ解放レバー8248の遠位端部8254を下向き及び後方に引っ張り、これにより、遠位側に前進したときに、右向き前方ピン8298が遠位側開放段構造体8299内にロックされる。 The compression spring 8300 is, in this way, pulling the distal end 8254 of the anti-backup release lever 8248 downward and rearward, thereby, when advanced distally, the distal opening stage right front pin 8298 It is locked to the structure 8299. このようにして、一旦外されると、図7を参照すると、反バックアップ解放レバー8248は、反バックアッププレート8266を垂直に保持したまま前方にとどまり、このようにして、連結ラック8200を後退させることができる。 Thus, once removed, referring to FIG. 7, the anti-backup release lever 8248 is stay ahead remains anti backup plate 8266 and held vertically, that this way, retracting the linked rack 8200 can. エンドエフェクタ8012のクランプを解放し、閉鎖ヨーク8266がその後に後退させられるとき、閉鎖ヨーク8266上の上向きに突出しているリセットされたタング8303は、反バックアップ解放レバー8248の下部遠位カム8305に接触し、遠位側開放段構造体8299から外に右向き前方ピン8298を持ち上げるので、反バックアップ圧縮ばね8264は、反バックアップカム管8268及び反バックアップ解放レバー8248をこれらの後退位置(図6)まで近位側で押すことができる。 Releasing the clamping of the end effector 8012, when the closure yoke 8266 is brought subsequently retracted, the tongue 8303 which is reset protrudes upward on the closure yoke 8266 is in contact with the lower distal cam 8305 of the anti-backup release lever 8248 and, since the distal opening stage structure 8299 lifting the rightward front pin 8298 out, anti backup compression spring 8264, near the anti-backup cam tube 8268 and the anti-backup release lever 8248 to these retracted position (FIG. 6) it can be pushed in the position side.

様々な実施形態において、図1〜3を参照すると、発射トリガー8034は、適当などんな方法でも、連結ラック8200に操作可能に係合させることができる。 In various embodiments, referring to FIGS. 1-3, the firing trigger 8034 is also suitable any way, it is possible to engage operably engages the linked rack 8200. 特に図2及び3を参照すると、発射トリガー8034は、ハウジング8154に接続された発射トリガーピン8202の周りに枢動する。 With particular reference to FIGS. 2 and 3, the firing trigger 8034 pivots about a firing trigger pin 8202 that is connected to the housing 8154. 発射トリガー8034の上方部分8204は、発射トリガー8034がピストルグリップ8036の方へと押し込まれたとき、発射トリガーピン8202の周りで遠位側に移動し、発射トリガー8034の上方部分8204とハウジング8154との間で近位側に接続された、近位側に置かれた発射トリガー引張ばね8206(図3)を伸ばす。 The upper portion 8204 of the firing trigger 8034, when the firing trigger 8034 is pushed toward the pistol grip 8036 to move distally about the firing trigger pin 8202, an upper portion 8204 and the housing 8154 of the firing trigger 8034 It connected to the proximal side between, extend the tension spring trigger firing placed proximally 8206 (Figure 3). 発射トリガー8034の上方部分8204は、ばね付勢された側面歯止め機構8210を介して、毎回の発射トリガー押し込みの間に連結ラック8200を係合する。 The upper portion 8204 of the firing trigger 8034, via a side pawl mechanism 8210 which is spring biased to engage the linked rack 8200 during each firing trigger push. 発射トリガーが解放されると、この側面歯止め機構が連結ラック8200から係合解放され、発射トリガーは、押し込まれていない、即ち、未発射位置に戻ることができる。 When the firing trigger is released, the side pawl mechanism is engaged released from the linked rack 8200, firing trigger is not pushed, that is, it is possible to return to the unfired position. 使用時、リンク8196a〜8196dのそれぞれにおいて、近位側及び右側に面している斜面8284によって形成された傾斜右側トラックは、側面歯止めアセンブリ8285によって係合される。 In use, in each link 8196A~8196d, tilt right track formed by the inclined surface 8284 facing proximally and right are engaged by the sides pawl assembly 8285. 特に、歯止めスライド部8270(図3及び4)は、ラックチャンネル8291の下で閉鎖ヨーク8266に形成された左トラック8274(図3)、及び、ラックチャンネル8291と平行する閉鎖ヨークレール8276内の右トラック8275でそれぞれ摺動する右下方ガイド及び左下方ガイド8272を有し、歯止めスライド部8270の運動の遠位側にある閉鎖ヨーク8266内のラックチャンネル8291の右向き開放部分を閉じるラックチャンネル・カバー8277に取り付けられている。 In particular, pawl slide portion 8270 (Fig. 3 and 4), the left track 8274 (Figure 3) formed in the closure yoke 8266 in the bottom of the rack channel 8291, and, right in the closure yoke rail 8276 in parallel with the rack channel 8291 track has a right lower guide and the lower left guide 8272 slides respectively 8275, right open portion close rack channel cover rack channel 8291 in the closure yoke 8266 on the distal movement of the pawl slide portion 8270 8277 It is attached to. 図3〜5において、圧縮ばね8278は、閉鎖ヨークレール8276上の上部近位位置にあるフック8279と、歯止めスライド部8270の遠位右側にあるフック8280との間に取り付けられており、このことが、歯止めスライド部8270を近位側に引っ張り、発射トリガー8034の上方部分8204に接触した状態に保つ。 In Figure 3-5, the compression spring 8278 is provided with a hook 8279 on the top proximal position on the closure yoke rail 8276 is mounted between a hook 8280 on the distal right pawl slide portion 8270, this but pulling the pawl slide portion 8270 proximally, kept into contact with the upper portion 8204 of the firing trigger 8034.

特に図3を参照すると、歯止めブロック8318は、歯止めブロック8318と歯止めスライド部8270との左側近位隅部を貫通する垂直後部ピン8320の周りに枢動する歯止めスライド部8270に着座する。 With particular reference to FIG. 3, the pawl block 8318 is seated on the pawl slide portion 8270 to pivot about a vertical rear pin 8320 penetrating the left proximal corner of pawl block 8318 and the pawl slide portion 8270. キックアウトブロック凹部8322は、下部先端部が歯止めスライド部8270の上面で歯止めばね凹部8328の中へ延在する垂直ピン8326によって内部に枢動可能にピン止めされているキックアウトブロック8324を受容するため、ブロック8318の上面の遠位部分に形成されている。 Kick-out block recess 8322 is to receive the kick-out block 8324 to the lower tip is pivotally pinned therein by a vertical pin 8326 that extends into the upper surface at the pawl spring recess 8328 of the pawl slide portion 8270 Therefore, it is formed in the distal portion of the upper surface of the block 8318. 歯止めばね凹部8328内の歯止めばね8330は、歯止めブロック8318を上から見たとき時計方向に回転させ、傾斜右側トラック8282と係合させる垂直前方ピン8326の右側に延びる。 Pawl spring 8330 in the pawl spring recess 8328 rotates clockwise when viewed pawl block 8318 from above, extending to the right of the vertical front pin 8326 into engagement with the inclined right track 8282. キックアウトブロック凹部8322内の小さなコイルばね8332は、キックアウトブロック8324を上から見て時計方向に回転させ、このキックアウトブロックの近位端部は、ラックチャンネル8291の上の閉鎖ヨーク8266内に形成された凹凸のあるリップ部8334と接触させられる。 Small coil spring 8332 in the kick-out block recess 8322 is rotated clockwise as viewed from above the kick-out block 8324, the proximal end portion of the kick-out block in the closure yoke 8266 on the rack channel 8291 a formed irregularities are contacted with the lip 8334. 図5に示すように、小さなコイルばね8332より優れた歯止めばね8330のより頑丈な機械的利点は、歯止めブロック8318が時計方向に回転させられたキックアウトブロック8324と係合する傾向があることを意味する。 As shown in FIG. 5, a more robust mechanical advantage of excellent pawl spring 8330 smaller coil spring 8332 is that the pawl block 8318 tends to engage the kick-out block 8324 which is rotated clockwise means. 図3において、発射トリガー8034が完全に押し込まれ、解放され始めると、キックアウトブロック8324は、歯止めスライド部8270が後退する際に、凹凸のあるリップ8334内の隆起部8336に衝突し、キックアウトブロック8324を上から見て時計方向に回転させ、これによって、歯止めブロック8318を連結ラック8200との係合から解放する。 3, fully depressed the firing trigger 8034 and begins to be released, the kick-out block 8324, when the pawl slide portion 8270 is retracted, collides with the ridge 8336 of the lip 8334 with irregularities, kickout look at the block 8324 from the top is rotated in a clockwise direction, thereby releasing the pawl block 8318 from engagement with the linked rack 8200. キックアウトブロック凹部8322の形状は、完全な後退の間にこの係合解放を維持する凹凸のあるリップ8334に垂直な方向に向かってキックアウトブロック8324の時計方向の回転を停止させ、これにより、ラチェットノイズを解消する。 The shape of the kick-out block recess 8322 stops the clockwise rotation of the kick-out block 8324 towards the complete perpendicular direction to the lip 8334 with irregularities to maintain this engagement released during retraction, thereby, to eliminate the ratchet noise.

図3、4、8及び12において、外科用ステープル留め及び切断器具8010は、発射機構の手動解放のため手動後退を行い、1つのバージョン(図13〜15)において、完全発射運動の最後に自動後退を更に実施する、手動後退機構8500を含むことができる。 In Figure 3, 4, 8 and 12, surgical stapling and cutting instrument 8010 is to do a manual retraction for the manual release of the firing mechanism, the automatic In one version (13-15), the last full firing motion further carrying out the retraction, it may include a manual retraction mechanism 8500. 次に図3及び8を参照すると、特に、前方遊び歯車8220が連結ラック8200の歯状上方左面8222と係合させられ、前方遊び歯車8220は、より小さな右側ラチェット歯車8231を有する後方遊び歯車8230を更に係合させる。 Referring now to FIG. 3 and 8, in particular, the forward idler gear 8220 are engaged with the teeth-shaped upper left surface 8222 of the linked rack 8200, the forward idler gear 8220, rear idler gear having a smaller right ratchet wheel 8231 8230 the engaged further engagement. 前方遊び歯車8220及び後方遊び歯車8230は共に、前方遊び軸8232及び後方遊び軸8234でそれぞれハンドルハウジング8154に回転可能に接続されている。 Front idler gear 8220 and aft idler gear 8230 together, it is rotatably connected to the handle housing 8154, respectively in front idler shaft 8232 and a rear idler shaft 8234. 後方軸8232の両端部は、それぞれ右ハウジング半殻部8156及びと左ハウジング半殻部8158を通って延在し、左右のインジケータゲージホイール8040、8041に取り付けられ、後方軸8234は、ハンドルハウジング8154内で自由にスピンし、後方歯車8230へのキー係合部を有しているので、インジケータゲージホイール8040、8041は、後方歯車8230と共に回転する。 Both end portions of the rear shaft 8232, respectively extend through the right housing Hankara unit 8156 and a left housing Hankara unit 8158 is attached to the left and right indicator gauge wheels 8040,8041, rear shaft 8234 includes a handle housing 8154 freely spin on the inner, since it has a key engaging portion of the rearward gear 8230, the indicator gauge wheels 8040,8041 rotates with the rear wheel 8230. 連結ラック8200と遊び歯車8220と後方歯車8230との間の歯車噛み合いは、歯状上方表面8222が適切に頑丈である歯寸法を有し、後方歯車8230が連結伝達発射機構8150の完全な発射運動の間に1回転しか行わないように、有利に選択されることがある。 Meshing gears between the linked rack 8200 and the idler gear 8220 and the rear wheel 8230 has tooth dimensions dentate upper surface 8222 is suitably rugged, full firing motion of the rear wheel 8230 is coupled transmission firing mechanism 8150 1 so as not only rotates, it may be advantageously selected between. 発射移動距離又は進み具合を視覚的に示すギア機構8502に加えて、ギア機構8502は更に、ナイフを手動で後退させるのにも使用され得る。 The firing travel distance or progress in addition to the gear mechanism 8502 shown visually gear mechanism 8502 may further also be used to retract the knife manually. 様々な実施形態において、後方遊び歯車8230のより小さな右側ラチェット歯車8231は、ハブ8506を分岐する垂直縦方向に整列させられたスロット8508(図8)と具体的に整列させられた手動後退レバー8042のハブ8506の中へ延在する。 In various embodiments, the smaller right ratchet wheel 8231 of rear idler gear 8230 can be manually retracted lever is allowed to specifically align with the slots 8508 which are aligned in the vertical longitudinal direction (FIG. 8) for branching the hub 8506 8042 extending into the hub 8506. ハブ8506の横方向貫通穴8510は、上方凹部8512と連通している。 Transverse through hole 8510 of the hub 8506 is in communication with the upper recess 8512. 前方部分8514は、上方凹部8512の遠位端部に形成された右向き横方向ピン8518の周りに枢動する近位側にある有向のロック歯止め8516を受容するように形作られている。 Front portion 8514 is shaped to receive a directed locking pawl 8516 that is proximal to pivot about a rightward lateral pin 8518 formed in the distal end portion of the upper recess 8512. 後方部分8520は、ロック歯止め8516を下向きに押し進めて右側のより小さなラチェット歯車8231と係合させるL字型ばねタブ部8522を受容するように形作られている。 Rear portion 8520 is shaped L-shaped spring tab portion 8522 into engagement with the smaller ratchet gear 8231 of the right side pushed the locking pawl 8516 downward so as to receive. ホールドアップ構造体8524(図6)は、手動後退レバー8042が下りているときに(図10)、右半殻部8156から、ロック歯止め8516が小さな右側のラチェット歯車8231を係合することを妨げる上方凹部8512の中へ突出する。 Holdup structure 8524 (FIG. 6), when the manual retraction lever 8042 is down (FIG. 10), from the right half shell 8156, prevents the lock pawl 8516 engages the ratchet wheel 8231 of a small right projecting into the upper recess 8512. コイルばね8525(図3)は、手動後退レバー8042を下方向に押し進める。 Coil spring 8525 (FIG. 3) forces the manual retraction lever 8042 downward.

使用中、図9及び10に示されるように、圧縮引張ばね8184は、遠位側に配置された連結ラックから切り離された状態になることがある。 In use, as shown in FIGS. 9 and 10, you are compressed tension 8184 may be a state of being disconnected from the linked rack disposed distally. 図11及び12において、手動後退レバー8042が上げられると、ロック歯止め8516は、時計回りに回転し、ホールドアップ構造体8524によって妨げられることがなくなり、小さな右側ラチェット歯車8231を係合し、後方遊び歯車8230を左から見て時計回りに回転させる。 11 and 12, the manual retraction lever 8042 is raised, the locking pawl 8516 rotates clockwise, there is no hindered by holdup structure 8524 engages the small right ratchet wheel 8231, the rear idler rotate clockwise when viewed gear 8230 from the left. したがって、前方遊び歯車8220は、連結ラック8200を後退させる反時計回りに応答する。 Thus, the forward idler gear 8220 responds counterclockwise retracting the linked rack 8200. 加えて、右側に湾曲した隆起部8510は、ハブ8506から突出し、手動後退レバー8042が回転されたとき、後退防止機構8250を解放するために、後退防止解放レバー8248と接触し、後退防止解放レバーを遠位側に移動させるような寸法にされている。 In addition, ridges 8510 that is curved to the right protrudes from the hub 8506, when the manual retraction lever 8042 is rotated, to release the anti-backup mechanism 8250, in contact with the anti-backup release lever 8248, an anti-backup release lever It is dimensioned to move in a distal side.

図13〜15において、外科用ステープル留め及び切断器具用の自動後退機構8600は、3回の発射ストロークに対応するほぼ完全な回転の後、妨害物に衝突するまで、カムホイール8606内の円形溝8604の内部で動く歯8602を有する前方遊び歯車8220aに、完全な発射運動距離の最後で自動後退を組み込むことができる。 In 13-15, the automatic retraction mechanism 8600 for a surgical stapling and cutting instrument, after almost complete rotation corresponding to three firing strokes, until colliding with the obstruction, circular groove in the cam wheel 8606 forward idler gear 8220a having teeth 8602 to move within the 8604, it can be incorporated at the end automatic retraction of full firing exercise distance. このような状況において、右向き隆起部8610は、反バックアップ解放レバー8248aを遠位側に動かすために、上向き回転されて下部カム凹部8612に接触する。 In this context, rightward ridge 8610 in order to move the anti-backup release lever 8248a distally, is rotated upward into contact with the lower cam recess 8612. 特に図13を特に参照すると、反バックアップ解放レバー8248aは、前述のように動作する遠位端部8254を含む。 Especially With particular reference to FIG. 13, the anti-backup release lever 8248a includes a distal end 8254 that operates as described above. 右半殻部及び左半殻部8156、8158に成形された円形ピン8293及びピン受容部8296は、下部カム8192の後方で反バックアップ解放レバー8248a内に成形された概ね矩形状の開口部8294aを通って受容され、このようにして、反バックアップ解放レバー8248aの遠位端部8254の縦方向並進及び下向きロック運動を許可する。 Right half shell and the left half shell 8156,8158 round pins 8293 and the pin-receiving portion is formed in 8296 has a generally rectangular opening 8294a formed into anti backup release lever in 8248a behind the lower cam 8192 It is through with receptors, in this way, to allow longitudinal translation and downward locking movement of the distal end portion 8254 of the anti-backup release lever 8248A. 右半殻部8156において、水平方向の近位側に開いたチャンネルは、反バックアップ解放レバー8248aの近位端部近くの右向き後方ピンを受容する。 In the right half shell 8156, a channel open to the proximal side of the horizontal direction, for receiving a proximal end portion near the right rear pin of the anti-backup release lever 8248A.

操作中、図13、14における発射前に、連結ラック8200及び反バックアップカム管8268は、後退位置にあり、反バックアップ圧縮ばね8264が反バックアッププレート8266を近位側に傾けるとき、反バックアップ機構8250をロックする。 During operation, prior to firing in FIGS. 13 and 14, the linked rack 8200 and the anti-backup cam tube 8268 is in a retracted position, when the anti-backup compression spring 8264 tilts the anti backup plate 8266 proximally, anti-backup mechanism 8250 the lock. 自動後退機構8600は、反バックアップ解放レバー8248aが前方遊び歯車8220aと接触したリンク8196aを使って後退させられた状態で初期状態にある。 Automatic retraction mechanism 8600 is in the initial state with anti backup release lever 8248a is retracted using the links 8196a in contact with the front idler gear 8220A. 歯8602は、右向き隆起部8610が歯8602のすぐ近位側にあると、この歯の反時計方向に進行する円形溝8604の完全な運動距離の状態で6時の位置にある。 Teeth 8602, the right ridge 8610 is immediately proximal to the tooth 8602, in the 6 o'clock position in the state of full exercise distance circular groove 8604 traveling in a counterclockwise direction of the teeth. 1回目の発射ストロークの後、連結ラック8200は、1段高い遠位リンク8196bを前方遊び歯車8220aと接触させる。 After the first firing stroke, linked rack 8200, contacting one stage higher distal link 8196b forward idler gear 8220A. 歯8602は、静止カムホイール8606の円形溝8604の中で3分の1回転前進している。 Tooth 8602 is in one revolution forward-third in the circular groove 8604 of stationary cam wheel 8606. 2回目の発射ストロークの後、連結ラック8200は、1段高い遠位リンク8196cを前方遊び歯車8220aと接触させる。 After the second firing stroke, linked rack 8200, contacting one stage higher distal links 8196c and forward idler gear 8220A. 歯8602は、静止カムホイール8606の円形溝8604の中で3分の2回転前進している。 Tooth 8602 has two rotational advancement of 3 minutes in the circular groove 8604 of stationary cam wheel 8606. 3回目の発射ストロークの後、連結ラック8200は、1段高い遠位リンク8196dを前方遊び歯車8220aと接触させる。 After firing stroke the third, linked rack 8200, contacting one stage higher distal link 8196d forward idler gear 8220A. 歯8602は、円形溝8604を完全に1回転して、前述の障害物に接触し、右向き隆起部を反バックアップ解放レバー8248aに接触させるカムホイール8606の(右から見たとき)反時計周りの回転を開始する。 Teeth 8602, and one complete rotation of the circular groove 8604, into contact with the obstacle of the foregoing, the cam wheel 8606 contacting the right ridge counter-backup release lever 8248A (when viewed from the right) counterclockwise to start the rotation. 図15において、反バックアップ解放レバー8248aは、これに応答して遠位側に動き、右向き前方ピン8298を遠位側に開く段差構造体8299にロックし、反バックアップ機構8250を解放する。 15, the anti-backup release lever 8248a is move distally in response thereto, to lock the stepped structure 8299 to open the right front pin 8298 distally to release the anti-backup mechanism 8250. 同様の外科用ステープル留め器具が、2006年8月1日付けで発行された米国特許番号第7,083,075号に開示されており、この米国特許の開示全体が参照により本明細書に組み込まれる。 Similar surgical stapling instrument is disclosed in U.S. Patent No. 7,083,075, issued August 1, 2006, herein incorporated entire disclosure of this U.S. patent by reference It is.

図16を参照すると、外科用ステープル留め器具9010のステープル装着用アセンブリ9012は、シャフトフレーム9070に対してシャフト9016の下方へ縦方向に伝達された2つのはっきりと異なる運動によって、組織にクランプする機能、ステープルを駆動する機能、及び細胞を切断する機能を実現する。 Referring to FIG. 16, the staple mounting assembly 9012 of the surgical stapling instrument 9010, by longitudinally different by two distinctly transfer movement downward of the shaft 9016 relative to the shaft frame 9070, the ability to clamp the tissue , the ability to drive the staples, and to realize the function of cutting the cell. このシャフトフレーム9070は、外科用ステープル留め器具のハンドルに近位側で取り付けられ、長手軸の周りの回転のためこのハンドルに連結されている。 This shaft frame 9070 is attached proximally to the handle of the surgical stapling instrument, which is connected to the handle for rotation about the longitudinal axis. 外科用ステープル留め及び切断用器具の例示的なマルチストロークハンドルは、同時係属中であり、かつ、同一出願人による、「SURGICAL STAPLING INSTRUMENT INCORPORATING A MULTISTROKE FIRING POSITION INDICATOR AND RETRACTION MECHANISM」と題する米国特許出願第10/374,026号に詳細に記載され、この米国特許出願の開示全体が参照により本明細書に組み込まれる。 Exemplary multi-stroke handle of the surgical stapling and severing instrument is a co-pending and commonly assigned, "SURGICAL STAPLING INSTRUMENT INCORPORATING A MULTISTROKE FIRING POSITION INDICATOR AND RETRACTION MECHANISM" entitled U.S. patent application No. are described in detail in JP 10 / 374,026, the entire disclosure of this U.S. patent application is incorporated herein by reference. 本発明と一致する他の出願は、同時係属中であり、かつ、同一の出願人による、「SURGICAL STAPLING INSTRUMENT HAVING SEPARATE DISTINCT CLOSING AND FIRING SYSTEMS」と題する米国特許出願第10/441,632号に記載されているような、単一の発射ストロークを含むことがあり、この米国特許出願の開示全体が参照により本明細書に組み込まれる。 Other applications consistent with the present invention is a co-pending, and the same by the applicant, "SURGICAL STAPLING INSTRUMENT HAVING SEPARATE DISTINCT CLOSING AND FIRING SYSTEMS" entitled described in U.S. Patent Application No. 10 / 441,632 as is, it may comprise a single firing stroke, the entire disclosure of this U.S. patent application is incorporated herein by reference.

特に図17を参照すると、シャフトフレーム9070の遠位端部は、ステープルチャンネル9018に取り付けられている。 With particular reference to FIG. 17, the distal end portion of the shaft frame 9070 is attached to the staple channel 9018. アンビル9022は、ステープルチャネルとシャフトフレーム9070との係合のすぐ遠位側にあるステープルチャンネル9018の近位端部9074の内部に枢動的に受容された近位枢動端部9072を有する。 The anvil 9022 has a proximal pivoting end 9072 that is pivotally received within the proximal end 9074 of the staple channel 9018 which is just distal to the engagement of the staple channel and the shaft frame 9070. アンビル9022が下向きに枢動されるとき、アンビル9022は、下記に詳述されるように、対向するステープルカートリッジの方へ組織接触表面9028及び成形ポケット9026を動かす。 When the anvil 9022 is pivoted downwardly, the anvil 9022, as described in detail below, move the tissue contacting surface 9028 and forming pockets 9026 toward the opposing staple cartridge. アンビル9022の枢動端部9072は、近位側であるが、ステープルチャンネル9018との枢動取り付けに接近しているが、遠位側にある閉鎖機構9076を含む。 Pivoting end 9072 of the anvil 9022 is a proximal, although close to the pivot mounting of the staple channel 9018 includes a closure mechanism 9076 that is distal. したがって、遠位端部がこの閉鎖機構9076と係合する馬蹄形開口部9080を含む閉鎖管9078は、上述と同様に、閉鎖トリガーに応答してシャフトフレーム9070の上を摺動しながら、近位側縦方向運動中にアンビル9022に対して開放運動、及び、閉鎖管9078の遠位側縦方向運動中にアンビル9022に対して閉鎖運動を選択的に加える。 Thus, the closure tube 9078 including a horseshoe aperture 9080 that the distal end portion is engaged with the closure mechanism 9076, similar to the above, while sliding over the shaft frame 9070 in response to the closure trigger, the proximal opening movement relative to the anvil 9022 in the side longitudinal movement, and, selectively apply a closure motion relative to the anvil 9022 in the distal longitudinal movement of the closure tube 9078. シャフトフレーム9070は、縦方向に往復運動するツーピースのナイフ及び発射バー9090を包囲し、このナイフ及び発射バーを介してハンドルからの発射運動をガイドする。 Shaft frame 9070, a two-piece knife and firing bar 9090 reciprocates in the vertical direction surrounds, guides the firing motion from the handle through the knife and firing bar. 特に、シャフトフレーム9070は、ツーピースのナイフ及び発射バー9090の近位部分、具体的には、ラミネート加工先細発射バー9094を受容する縦方向発射バースロット9092を含む。 In particular, the shaft frame 9070, a knife and a proximal portion of the firing bar 9090 of the two-piece, specifically includes a longitudinal firing bar slot 9092 for receiving the laminated tapered firing bar 9094. ラミネート加工先細発射バー9094は、固体の発射バー及び/又はその他の好適な材料で置き換えてもよいことが理解されよう。 Laminated tapered firing bar 9094 is replaced with a solid firing bar and / or other suitable materials that may be understood.

E字形梁部9102は、ツーピースのナイフ及び発射バー9090の遠位部分であり、これは、別々の閉鎖と発射を実現し易くすると共に、発射中に細長いステープルチャンネル9018からのアンビル9022の間隔空けを実現し易くする。 E-shaped beam portion 9102, a distal portion of the two-piece knife and firing bar 9090, which is adapted to easily realize firing and separate closure, spaced intervals of the anvil 9022 from elongated staple channel 9018 during firing It makes it easier to achieve. 特に図17及び19を参照すると、鑞付け又は接着剤などの何らかの取り付け処理に加えて、ナイフ及び発射バー9090は、ラミネート加工先細発射バー9094によって遠位側に現された対応する雄型アタッチメント部材9106を受容するE字形梁部9102内の近位側に形成された雌型垂直アタッチメント開口部9104の形をなし、各部分がこれらの部分の全く異なる機能(例えば、強度、柔軟性、摩擦)のため好適な選択された材料及びプロセスで形成されるようにされる。 With particular reference to FIGS. 17 and 19, in addition to any attachment treatment such as brazing or adhesive, the knife and firing bar 9090, the corresponding male attachment member was revealed distally by laminating tapered firing bar 9094 the form of a proximal female formed side vertical attachment aperture 9104 of the E-shaped in beam portion 9102 to receive the 9106, each portion completely different functions of these parts (e.g., strength, flexibility, friction) It is to be formed in a suitable chosen material and process for. E字形梁部9102は、一対の上部ピン9110、一対の中間ピン9112、及び下部ピン又は足部9114を形成するため好適な材料特性を有すると共に、鋭い刃先9116を得ることができる材料で形成されると有利であることがある。 E-shaped beam portion 9102, a pair of upper pin 9110, which has a suitable material properties for forming a pair of middle pins 9112, and a lower pin or foot 9114 is formed of a material capable of sharp edge 9116 may be that if it is advantageous. 加えて、刃先9116の各垂直端部をブラケット取り付けする一体成形された、近位側に突出している上部ガイド9118及び中間ガイド9120は、切断の前に、組織を鋭い刃先9116へガイドするのを補助する組織ステージングエリア9122を更に画定する。 In addition, each vertical end of the cutting edge 9116 is integrally molded to the mounting bracket, an upper guide 9118 and the intermediate guide 9120 protruding proximally, before cutting, you to guide tissue into the sharp edge 9116 further defines the tissue staging area 9122 to assist. 中間ガイド9120は、詳しくは後述されるように、ステープル装着用アセンブリ9012によるステープル成形を行う楔形スレッド9126(図20)の階段状中央部材9124に当接することによりステープル装着用器具9012を係合かつ発射するために更に役立つ。 Intermediate guide 9120, details as described below, the engaging and stapling attachment instrument 9012 by contacting the stepped central member 9124 of the wedge-shaped thread 9126 to perform staple-forming by staple mounting assembly 9012 (FIG. 20) further serve to fire. E字形梁部9102と一体的にこれらの特徴物(例えば、上部ピン9110、中間ピン9112及び下部足部9114)を成形することは、複数の部品から組み立てられた場合に比べ、互いにより厳しい許容誤差で製造することを実現し易くさせ、ステープル装着用アセンブリ9012の発射中の望ましい動作及び/又は様々なロックアウト特徴物との効果的な相互作用を確保する。 E-shaped beam portion 9102 integrally with these features (e.g., the upper pin 9110, intermediate pin 9112 and a lower leg portion 9114) shaping the, compared to when assembled from a plurality of parts, tight tolerance from each other It is easily realized to produce the error, to ensure effective interaction of the desired behavior and / or various lockout features contained in the firing of the staples mounting assembly 9012.

図21及び22において、ステープル装着用アセンブリ9012は、E字形梁部9102が完全に後退させられた開放状態で示されている。 In Figure 21 and 22, staple mounting assembly 9012, E-shaped beam portion 9102 is shown in an open state in which it is fully retracted. 組立中、E字形梁部9102の下方足部9114は、拡幅された穴9130を通ってステープルチャンネル9018に落下させられ、E字形梁部9102は、E字形梁部9102がステープルチャンネル9018内に成形された下方トラック9132に沿って遠位側に摺動するように前進する。 During assembly, the lower leg portion 9114 of the E-shaped beam portion 9102, through the widened hole 9130 is dropped into the staple channel 9018, E-shaped beam portion 9102, forming E-shaped beam portion 9102 is within the staple channel 9018 It advances to slide distally along the lower track 9132 which is. 特に、下方トラック9132は、特に図22及び23に示されるように、拡幅された穴9130と連通する横方向断面内の逆T字型形状を成形するために、ステーブルチャンネル9018の下面に拡幅されたスロット9134として広がる狭いスロット9133を含む。 In particular, the lower track 9132 is especially as shown in FIGS. 22 and 23, in order to form an inverted T shape in transverse cross section which communicates with the bore 9130 which is widened, widening the lower surface of the stable channel 9018 comprising a narrow slot 9133 extending as a slot 9134 that is. 組み付けられると、ラミネート加工先細発射バー9094に近位側で連結されたコンポーネントは、下方足部9114が係合解放を可能とするために拡幅された穴9130まで再び近位側に移動することを許可しない。 When assembled, the components connected proximally to the laminated tapered firing bar 9094 is that the lower leg portion 9114 is moved proximally again to the hole 9130, which is widened in order to allow releasable engagement not allowed. 図24を参照すると、ラミネート加工先細発射バー9094は、トロカールの中を通したステープル装着用アセンブリ9012の挿入を実現し易くする。 Referring to FIG. 24, the firing bar 9094 tapered lamination is easy to achieve insertion of the staple mounting assembly 9012 through the inside of the trocar. 特に、より一層遠位側の下向き突出部9136は、完全に後退させられたとき、E字形梁部9102を持ち上げる。 In particular, more downwardly projecting portions 9136 of the distal even more, when it is fully retracted, lifting the E-shaped beam portion 9102. これは、下向き突出部9136がステープルチャンネル9018内の拡幅された穴9130の近位エッジで上向きにカム動作を行う場所での下向き突出部9136の配置によって達成される。 This downward protrusion 9136 is achieved by the arrangement of the downwardly protruding portion 9136 in upward location where the cam operation proximal edge of the hole 9130, which is widened in the staple channel 9018. 次に図25を参照すると、ラミネート加工先細発射バー9094は、発射運動距離の初期部分の間に、シャフトフレーム9070によって下向きに押し進められるより接近した上向き突出部9138を含めることによりステープルチャンネル9018に組み込まれることがある特定のロックアウト特徴物の動作を強化する。 Referring now to FIG. 25, the firing bar 9094 tapered lamination, during the initial portion of the firing exercise distance, built into the staple channel 9018 by including an upward protrusion 9138 which is closer urged downwardly by the shaft frame 9070 it is there to enhance the operation of certain lockout features thereof. 特に、横方向バー9140は、シャフトフレーム9070内の一対の矩形開口部9142の間に画定される(図17)。 In particular, the transverse bar 9140 is defined between a pair of rectangular openings 9142 in the shaft frame 9070 (FIG. 17). 横方向バー9140を包むクリップばね9144は、縦方向発射バースロット9092から遠位側に突出しているラミネート加工先細発射バー9094の一部分を下向きに押し進め、このことは、特定の有利なロックアウト特徴物が適切な場合に係合されることを確実にする。 Clip spring 9144 surrounding the transverse bar 9140, forced a portion of the longitudinal firing bar slot 9092 laminated tapered firing bar 9094 that protrudes distally from a downward, this particular advantageous lockout features thereof to ensure that is engaged when appropriate. この押し進めは、上向き突出部9138がクリップばね9144に接触するとき、より一層顕著であり、かつ、発射運動距離の一部分だけに限定される。 This forced, when the upward protruding portion 9138 contacts the clip spring 9144, more and more pronounced, and is limited only to a portion of the firing exercise distance.

図21及び22において、E字形梁部9102は、アンビル9022の枢動近位端部の近くにあるアンビルポケット9150内部でE字形梁部の上部ピン9110によって後退させられる。 In Figure 21 and 22, E-shaped beam portion 9102 is retracted by the upper pin 9110 of the E-shaped beam portion within anvil pocket 9150 near the pivot proximal end of the anvil 9022. 下向きの開放垂直アンビルスロット9152(図16)は、図24及び25に示されるように、発射中に遠方側へ前進するE字形梁部9102の上部ピン9110を捕捉するアンビル内部トラック9154の中へアンビル9022内で横方向に広がり、ステープルチャンネル9018からアンビル9022を確実に引き離す。 Downward open vertical anvil slot 9152 (FIG. 16), as shown in FIGS. 24 and 25, into the anvil internal track 9154 to capture the upper pin 9110 of the E-shaped beam portion 9102 to advance to the far side during firing spread laterally in the anvil 9022, reliably separate the anvil 9022 from the staple channel 9018. このようにして、E字形梁部9102が後退した状態で、外科医は、ステープル留め及び切断のため内部に捕捉した組織の配置及び向きに満足するまで、ステープル装着用アセンブリ9012を繰り返し開閉することができ、しかも、E字形梁部9102は、直径が小さく、それに対応して剛性が低減したステープル装着用アセンブリ9012に対しても組織の適切な位置決めに役立つ。 In this way, with the E-shaped beam portion 9102 is retracted, the surgeon, until satisfied with the placement and orientation of tissue captured therein for stapling and severing, be repeatedly opened and closed the staple mounting assembly 9012 can, moreover, E-shaped beam portion 9102 has a smaller diameter, help proper positioning of the tissue against the staple mounting assembly 9012 which reduces the rigidity correspondingly. 図16、17、20、21、23、及び29において、ステープル装着用アセンブリ9012は、楔形スレッド9126を含む交換可能なステープルカートリッジ9020と共に示されている。 In FIG 16,17,20,21,23, and 29, staple mounting assembly 9012 is shown with a replaceable staple cartridge 9020 comprising a wedge-shaped thread 9126. 縦方向に整列した平行な複数の下向き開放楔形スロット9202(図23)は、楔形スレッド9126に一体化されたそれぞれの楔形部9204を受容する。 Longitudinally parallel aligned with a plurality of downwardly open wedge slots 9202 (FIG. 23) for receiving a respective wedge portion 9204 that is integrated into the wedge-shaped thread 9126. 図23〜25において、楔形スレッド9126は、このようにして、ステープルドライバ凹部9208の内部で垂直摺動可能である複数のステープルドライバ9206に上向きにカム動作を行う。 In 23-25, wedge sled 9126, this way, upward performs cam operation to a plurality of staple drivers 9206 can be perpendicular sliding inside the staple driver recesses 9208. この例示バージョンにおいて、各ステープルドライバ9206は、ステープル穴9210又は空洞9024の中へそれぞれ上向きに並進する2本の垂直突起物を含み、上に載っているステープル9023をアンビル9022のステープル成形面9214(図25)に接触させて上向きに強制的に押し出し、かつ、変形させる。 In this illustrative version, each staple driver 9206 includes two vertical protrusions to translate upwardly respectively into staple holes 9210 or cavities 9024, the staple forming surface 9214 of the anvil 9022 staples 9023 which rests on ( Figure 25) to be contacted upward forcibly extruded and deform. ステープルチャンネル9018に近接するステープルカートリッジ9020の内部に画定された中央発射凹部9216(図17)は、楔形スレッド9126の下部水平部分9218(図20)と共にE形梁部9102の中間ピン9112との通過を許す。 Central firing recess 9216 defined therein of the staple cartridge 9020 proximate to the staple channel 9018 (FIG. 17) passes through the lower horizontal portion of the wedge-shaped thread 9126 9218 with (FIG. 20) and the intermediate pin 9112 of the E-beam unit 9102 the forgive. 具体的には、ステープルカートリッジ・トレイ9220(図17、23)は、ステープルドライバ凹部9208、ステープル穴9210、及び中央発射凹部9216が中に形成された重合体製ステープルカートリッジ本体9222に取り付けられ、この重合体製ステープルカートリッジ本体の下にある。 Specifically, the staple cartridge tray 9220 (FIG. 17, 23) is, staple driver recesses 9208, attached to the staple holes 9210, and central firing recess 9216 is formed in the polymer made staple cartridge body 9222, the at the bottom of the polymer made staple cartridge body. ステープル9023がこのようにしていずれかの側に形成されるので、鋭い刃先9116は、最遠端部だけを除いて、ステープルカートリッジ9020の長手軸を通過する垂直貫通スロット9230に入る。 Since staples 9023 are formed on either side of this manner, sharp cutting edge 9116, with the exception of only the far end, enters a vertical through slot 9230 passing through the longitudinal axis of staple cartridge 9020.

ステープル装着用アセンブリ9012の発射は、図25に示されるように、下向き突出部9136が上向きかつ後方にE形梁部9102上で中間ガイド9120にカム動作を行うまで、近位側に引き出されたツーピースのナイフ及び発射バー9090で始まり、アンビル9022が図16及び21に示されるように開いているとき、新しいステープルカートリッジ9020がステープルチャンネル9018に挿入されるようにする。 Firing of staples mounting assembly 9012, as shown in FIG. 25, until the cam operation to the intermediate guide 9120 downward protrusion 9136 in an upward and backward over E-beam unit 9102, drawn proximally It starts with two-piece knife and firing bar 9090 when the anvil 9022 is open, as shown in FIGS. 16 and 21, a new staple cartridge 9020 to be inserted into the staple channel 9018. 図26において、ツーピースのナイフ及び発射バー9090は、小さな距離だけ遠位側に前進させられ、ラミネート加工先細発射バー9094の上向き突出部9138に対するクリップばね9144の押し進めの下で、下向き突出部9136を下方トラック9132の拡幅された穴9130の中に落下させる。 In Figure 26, the knife and firing bar 9090 of the two-piece, small distance is advanced distally, under the pushed the clip spring 9144 against the upward projecting portion 9138 of the laminate tapered firing bar 9094, the downward projecting portion 9136 It is dropped into the widened hole 9130 of the lower track 9132. 中間ガイド9120は、楔形スレッド9126の階段状中央部材9124の上に載ることにより下向き回転を更に防止し、このようにして、E字形梁部の中間ピン9112を中央発射凹部9216の内部に保持する。 Intermediate guide 9120 further prevents a downward rotation by resting on the stepped central member 9124 of the wedge sled 9126, this way, to hold the middle pin 9112 of the E-shaped beam portion in the interior of the central firing recess 9216 . 図27において、ツーピースのナイフ及び発射バー9090は、遠位側で発射され、ステープル9023の形成を引き起こすために楔形スレッド9126を前進させるのと同時に、アンビル9022とステープルカートリッジ9020との間にクランプされた組織9242を鋭い波崎9116を使って切断する。 27, the knife and firing bar 9090 of the two-piece can be fired distally, at the same time advancing the wedge sled 9126 to cause formation of staples 9023, it is clamped between the anvil 9022 and staple cartridge 9020 It was cut with a sharp Hasaki 9116 the organization 9242. その後、図28において、ツーピースのナイフ及び発射バー9090は、後退させられ、楔形スレッド9126を遠位側に位置決めされたままにする。 Then, in FIG. 28, the knife and firing bar 9090 of the two-piece can be retracted, leaving positioned wedge sled 9126 distally. 図29において、中間ピン9112は、ステープルチャンネル9018の中に形成されたロックアウト凹部9240の中へ下方に並進するようにされる(図22及び25も参照されたい)。 29, middle pin 9112, (see also FIGS. 22 and 25) which is being adapted to translate downward into the lockout recess 9240 formed in the staple channel 9018. このようにして、操作者は、楔形スレッド9126(図29に図示せず)が近位側に位置決めされていないとき(即ち、届かないステープルカートリッジ9020、又は、使用済みステープルカートリッジ9020)、中間ピン9112がロックアウト凹部9240の遠位エッジに衝突するので、触覚的表示を受け取るであろう。 In this way, the operator, when the wedge sled 9126 (not shown in FIG. 29) is not positioned proximally (i.e., unreachable staple cartridge 9020, or, the spent staple cartridge 9020), middle pin since 9112 strikes the distal edge of the lockout recess 9240, it will receive a tactile indication. 同様の外科用ステープル留め器具は、2008年6月3日付けで発行された米国特許第7,380,696号に開示され、この米国特許の開示全体が参照により本明細書に組み込まれる。 Similar surgical stapling instruments are disclosed in U.S. Patent No. 7,380,696, issued on June 3, 2008, the entire disclosure of this patent is incorporated herein by reference.

様々な実施形態において、今度は図30〜38を参照すると、外科用器具12000は、ハンドル12010と、ハンドル12010から延びるシャフト12020と、シャフト12020に着脱式に取り付け可能なエンドエフェクタ12040とを備えることができる。 In various embodiments, referring now to FIG. 30-38, surgical instrument 12000, comprise a handle 12010, a shaft 12020 extending from the handle 12010 and an end effector 12040 attachable removably to the shaft 12020 can. ハンドル12010は、一方で、エンドエフェクタ12040を閉じるために、もう一方で、エンドエフェクタ12040を通って遠位側で発射部材12043を前進させるために、トリガー12014を備えることができる。 Handle 12010, on the other hand, to close the end effector 12040, on the other hand, in order to advance the firing member 12043 distally through the end effector 12040 can comprise a trigger 12014. 図30〜38に示されていないが、ハンドル12010は、トリガー12014の回転運動を伝達し、シャフト12010を通って延在する発射部材12023の直線運動に変換するように構成された何らかの好適な駆動系を含むことができる。 Although not shown in Figure 30-38, the handle 12010 transmits the rotational movement of the trigger 12014, configured any suitable drive to convert the linear motion of the firing member 12023 extending through the shaft 12010 it can include a system. 使用中、トリガー12014は、長手軸12039に沿ってシャフト12020の内部において遠位側で発射部材12023を前進させるためにハンドル12010のピストルグリップ12012に向かって作動されることができ、より詳細に更に後述されるように、シャフト発射部材12023がエンドエフェクタ発射部材12043と動作的に連結されているとき、シャフト発射部材12023の遠位側の運動は、エンドエフェクタ発射部材12043に伝達され得る。 During use, the trigger 12014 along the longitudinal axis 12039 can be actuated toward the pistol grip 12012 of the handle 12010 in order to advance the firing member 12023 distally inside the shaft 12020, further more detail as described later, when the shaft firing member 12023 is operatively connected to the end effector firing member 12043, distal movement of the shaft firing member 12023 may be transferred to the end effector firing member 12043. エンドエフェクタ発射部材12043が近位側で前進させられるとき、エンドエフェクタ発射部材12043は、アンビルを含む第1の顎部12040a、及び/又は、ステープルカートリッジチャンネルを含む第2の顎部12040bを係合し、第1の顎部12040aと第2の顎部12040bとのうち少なくとも一方をもう一方に向かって動かすように構成され得る。 When the end effector firing member 12043 is advanced in the proximal side, the end effector firing member 12043 has a first jaw 12040a including an anvil, and / or, engaging the second jaw 12040b a staple cartridge channel and it may be configured at least one to move toward the other one of the first jaw 12040a and second jaw 12040B. 上記に加えて、主に図30〜32を参照すると、エンドエフェクタ12040は、長手軸12039を横切る方向にシャフト12010に組み付けられ得る。 In addition to the above, referring primarily to FIG. 30 through 32, the end effector 12040 may be assembled to the shaft 12010 in the direction transverse to the longitudinal axis 12039. 例として、エンドエフェクタ12040は、例えば、長手軸12039と垂直である方向にシャフト12010に組み付けられ得る。 As an example, the end effector 12040, for example, may be assembled to the shaft 12010 in the direction perpendicular to the longitudinal axis 12039. この状況下では、エンドエフェクタ12040は、エンドエフェクタ12040のフレーム12041がフレーム12021に係合し、接続するように、及び、発射部材12043の近位端部12044が発射部材12023の遠位端部12024に係合し、連結するように、シャフト12010に向かって動かされ得る。 In this situation, the end effector 12040 engages the frame 12041 frame 12021 of the end effector 12040, to connect, and the distal end of the proximal end portion 12044 of the firing member 12023 of the firing member 12043 12024 engages, so as to connect, it may be moved towards the shaft 12010. シャフトフレーム12021は、このシャフトフレームの中に画定された、シャフト発射部材12023を摺動可能に受容し、長手軸12039を画定するように構成され得るチャンネル12022を含むことができる。 Shaft frame 12021, this defined within the shaft frame, slidably receiving the shaft firing member 12023 can include a channel 12022 which can be configured to define a longitudinal axis 12039. エンドエフェクタフレーム12041をシャフトフレーム12021と整列させるため、様々な実施形態において、エンドエフェクタフレーム12041の近位端部12045とシャフトフレーム12021の遠位端部12025とは、例えば、シャフト12020に対してエンドエフェクタ12040を正しい方向に置くことができる協働するダブテール特徴物を含むことができる。 For the end effector frame 12041 is aligned with the shaft frame 12021, in various embodiments, the distal end portion 12025 of the proximal end portion 12045 and the shaft frame 12021 of the end effector frame 12041, e.g., end the shaft 12020 It may include a dovetail features thereof cooperating can put effector 12040 in the right direction. シャフトフレーム12021は、このシャフトフレームの中に画定された、エンドエフェクタフレーム12041から延在するマウント突出部12046を受容するように構成され得るマウント開口部12026を更に含むことができる。 Shaft frame 12021 can this defined within the shaft frame, further including mounting apertures 12026 which can be configured to receive the mounting protrusion 12046 extending from the end effector frame 12041. 端部12025、12045の協働するダブテール特徴物及び/又はマウント特徴物12026、12046の結果として、様々な状況において、エンドエフェクタ12040をシャフト12020にしっかりと実装することができる。 As a result of the dovetail feature thereof cooperating end 12025,12045 and / or mount characteristic object 12026,12046, in various situations, it is possible to securely implement the end effector 12040 to the shaft 12020. 様々な実施形態において、外科用器具12000は、エンドエフェクタ12040をシャフト12020にロックするように構成され得るロック環12030を更に備えることができる。 In various embodiments, the surgical instrument 12000 can further comprise a locking ring 12030 that the end effector 12040 may be configured to lock the shaft 12020. 次に主として図34〜36を参照すると、ロック環12030は、ロック解放位置(図34及び35)とロック位置(図36)との間で動かされ得る。 Now to primarily to FIGS. 34 to 36, the locking ring 12030 can be moved between a lock release position (FIGS. 34 and 35) and lock position (FIG. 36). ロック環12030がこのロック環のロック解放位置にあるとき、図34を参照すると、エンドエフェクタ12040は、シャフト12020に取り付けられ得る。 When the lock ring 12030 is in the unlocking position of the lock ring, referring to FIG. 34, the end effector 12040 may be attached to the shaft 12020. エンドエフェクタ12040がシャフト12020と係合すると、ロック環12030は、エンドエフェクタ12040を所定の位置にロックするために、エンドエフェクタ12040とシャフト12020との間の相互接続の上で摺動させられ得る。 When the end effector 12040 is engaged with the shaft 12020, the locking ring 12030, in order to lock the end effector 12040 in position, it can be slid over the interconnection between the end effector 12040 and shaft 12020. より具体的には、少なくとも一実施形態において、ロック環12030は、エンドエフェクタ12040及びシャフト12020の外周をぴったりと受容するように構成され得る内側開口部12031を画定することができる。 More specifically, in at least one embodiment, locking ring 12030 may define the inner opening 12031 which can be configured to receive snugly the outer periphery of the end effector 12040 and shaft 12020. 特定の実施形態において、外科用器具12000は、ロック環12030をこのロック環のロック位置へ付勢するように構成されたばね又は付勢部材を備えることができる。 In certain embodiments, the surgical instrument 12000 can comprise a configured spring or biasing member to urge the locking ring 12030 to the locked position of the lock ring. このような実施形態において、臨床医は、ばねの付勢力に対して近位側へロック環12030を引っ張り、その後、ロック環12030を解放し、ばねにロック環12030をこのロック環のロック位置に戻すようにすることができる。 In such embodiments, the clinician pulls the lock ring 12030 to proximally relative to biasing force of the spring, then release the lock ring 12030, the lock ring 12030 to spring into the locked position of the lock ring it can be made to return.

再び図30〜38、及び、主として図32及び33を参照すると、外科用器具12000は、関節継手12050を備えることができる。 Again FIGS. 30-38 and, when referring primarily to FIGS. 32 and 33, surgical instrument 12000 can comprise an articulation joint 12050. 関節継手12050は、様々な実施形態において、エンドエフェクタ12040の遠位部分が関節継手12050によって画定された軸の周りに枢動することを可能とするように構成され得る。 Articulation 12050, in various embodiments, may be configured such that the distal portion of the end effector 12040 is it possible to pivot about the axis defined by the articulation 12050. このような実施形態において、エンドエフェクタ12040は、シャフト12020にしっかりと実装された近位部分、及び、関節継手12050の周りに近位部分と相対的に回転することができる遠位部分を備えることができる。 In such embodiments, the end effector 12040, firmly implemented proximal portion to the shaft 12020, and it comprises a distal portion that can rotate relative to the proximal portion around the articulation joint 12050 can. 特定の実施形態において、外科用器具12000は、エンドエフェクタ12040を係合する及び係合解放するように構成されたロックを備えることができる。 In certain embodiments, the surgical instrument 12000 can comprise a lock configured to and releasable engagement of the engagement end effector 12040. 例として、エンドエフェクタ12040は、エンドエフェクタ12040の遠位部分を所定の位置にロックするために遠位側に押すこと、及び/又は、エンドエフェクタ12040の遠位部分をロック解放するために近位側に引くことができるエンドエフェクタロック部分12047を含むことができる。 As an example, the end effector 12040, pushing distally to lock the distal portion of the end effector 12040 in position, and / or proximal to lock release a distal portion of the end effector 12040 it can include end effector lock portion 12047 which can be pulled to the side. 外科用器具12000は、例えば、エンドエフェクタロック部分12047を近位側に引っ張るために近位側に引っ張ることができるロックアクチュエータ12060をハンドル12010に隣接して更に備えることができる。 Surgical instrument 12000, for example, may be provided further adjacent the lock actuator 12060 which can be pulled proximally in order to pull the end effector lock portion 12047 proximally to the handle 12010. このような実施形態において、ロックアクチュエータ12060は、エンドエフェクタロック部分12047に動作的に連結される、又は、動作的に連結可能であるシャフト12020を通って延在するロック部分12027と動作的に連結され得る。 In such embodiments, the lock actuator 12060 is operatively coupled to the end effector lock portion 12047, or, operatively connected to the locking portion 12027 extending through the shaft 12020 is operable linked It may be. 少なくとも1つのこのような実施形態において、エンドエフェクタロック部分12047の近位端部12048は、エンドエフェクタ12040がシャフト12020に組み付けられたとき、ロック部分12027の遠位端部12028に組み付けられ得る。 In at least one such embodiment, the proximal end portion 12048 of the end effector lock portion 12047 when the end effector 12040 is assembled to the shaft 12020 can be assembled to the distal end portion 12028 of the locking portion 12027. 少なくとも1つのこのような実施形態において、エンドエフェクタロック部分12047は、エンドエフェクタ発射部材12043がシャフト発射部材12023に組み付けられるのと同時にロック部分12027に組み付けられ得る。 In at least one such embodiment, the end effector lock portion 12047, the end effector firing member 12043 may be assembled to the locking portion 12027 at the same time that is assembled to the shaft firing member 12023.

様々な実施形態において、上述のように、ステープルカートリッジは、内部に画定された複数のステープル空洞を含むカートリッジ本体を備えることができる。 In various embodiments, as described above, the staple cartridge may comprise a cartridge body including a plurality of staple cavities defined therein. カートリッジ本体は、デッキ及び上部デッキ表面を備えることができ、各ステープル空洞は、デッキ表面内に開口を画定することができる。 The cartridge body may include a deck and an upper deck surface, each staple cavity may define an opening in the deck surface. 同様に上述のように、ステープルは、ステープルがカートリッジ本体から放出されるまで、カートリッジ本体の内部に格納されるように、各ステープルキャビティの内部に位置決めされ得る。 As also described above, the staples until the staple is released from the cartridge body so as to be stored inside the cartridge body can be positioned within the respective staple cavities. ステープルは、カートリッジ本体から放出される前に、様々な実施形態において、ステープルがデッキ表面の上に突起しないように、カートリッジ本体の内部に収容され得る。 Staples, prior to being released from the cartridge body, in various embodiments, as the staple is not projecting above the deck surface may be housed within the cartridge body. ステープルはデッキ表面の下に配置されているため、そのような実施形態において、ステープルの損傷及び/又は標的組織に時期尚早に接触する可能性を低減することができる。 Staples because it is located below the deck surface, in such an embodiment, it is possible to reduce the possibility of premature contact with the staple damage and / or target tissue. 様々な状況において、ステープルは、ステープルがカートリッジ本体から突起していない未発射位置と、ステープルがカートリッジ本体から現れ、ステープルカートリッジの反対側に位置決めされたアンビルに接触することができる発射位置との間で動かされ得る。 In various circumstances, the staples, between the unfired position stapling is not protruding from the cartridge body, staples emerge from the cartridge body, a firing position which can contact the anvil positioned opposite the staple cartridge in can be moved. 様々な実施形態において、アンビル、及び/又はアンビルの内部に画定されている成形ポケットは、ステープルがカートリッジ本体から展開されるとき、ステープルが所定の形状高さに変形されるように、デッキ表面の上の所定距離に位置決めされ得る。 In various embodiments, an anvil, and / or forming pockets that are defined within the anvil when the staples are deployed from the cartridge body, as the staples are deformed into a predetermined shape height of the deck surface It may be positioned at a predetermined distance above. 一部の状況において、アンビルとステープルカートリッジとの間で捕捉された組織の厚さは、変化することがあり、その結果、より厚い組織は、特定のステープルの内部で捕捉されることがあるが、より薄い組織は、特定の他のステープルの内部で捕捉されることがある。 In some circumstances, the thickness of the tissue captured between the anvil and the staple cartridge may vary, as a result, thicker tissue, it is to be trapped within a particular staple , thinner tissue may be caught within a certain other staples. いずれにしても、ステープルによって組織に加えられる締め付け圧若しくは締め付け力は、例えば、ステープル同士の間で変化することがあり、又は、ステープル列の一方の端部にあるステープルと、このステープル列のもう一方の端部にあるステープルとの間で変化することがある。 In any case, the clamping pressure or clamping force exerted on the tissue by the staple, for example, may vary between each other staple or staple on one end portion of the staple rows and the other of the rows of staples it may vary between a staple at the one end. 特定の状況において、アンビルとステープルカートリッジデッキとの間のギャップは、ステープルが各ステープルの内部で特定の最低締め付け圧を加えるように制御され得る。 In certain circumstances, the gap between the anvil and the staple cartridge deck, staples can be controlled to exert a certain minimum clamping pressure within each staple. しかしながら、一部のこのような状況において、異なるステープルの内部において締め付け圧の顕著な変動が依然として存在することがある。 However, in some such situations the sometimes significant variations in the clamping pressure in the interior of different staple still exists.

使用中、上記に加えて、主に図39を参照すると、アンビル10060のようなアンビルは、例えば、ステープルカートリッジ10000の反対側にある閉鎖位置に動かされ得る。 In use, in addition to the above, referring primarily to FIG. 39, the anvil such as anvil 10060, for example, may be moved to a closed position on the opposite side of the staple cartridge 10000. 詳しくは後述されるように、アンビル10060は、組織厚さコンペンセータ10020に対するように組織を配置することができ、かつ、様々な実施形態において、例えば、組織厚さコンペンセータ10020を、支持部分10010のデッキ表面10011に対して圧迫することができる。 For more information as will be described later, the anvil 10060 may be positioned tissue so to tissue thickness compensator 10020 and, in various embodiments, for example, the tissue thickness compensator 10020, the deck of the support portion 10010 it can be pressed against the surface 10011. アンビル10060が適当に位置決めされると、ステープル10030は、同様に図39に示されるように、展開され得る。 The anvil 10060 is properly positioned, staple 10030, as also shown in FIG. 39, it may be deployed. 様々な実施形態において、上述のように、ステープル発射スレッド10050は、図40に示されるように、ステープルカートリッジ10000の近位端部10001から、遠位端部10002に向かって動かされ得る。 In various embodiments, as described above, the staple firing sled 10050, as shown in FIG. 40, from the proximal end portion 10001 of the staple cartridge 10000 can be moved toward the distal end portion 10002. スレッド10050が前進させられるとき、スレッド10050は、ステープルドライバ10040に接触し、ステープルドライバ10040をステープル空洞10012の内部で上向きに持ち上げられ得る。 When a thread 10050 is advanced, the thread 10050 is in contact with the staple driver 10040, it may upwardly lifted the staple driver 10040 within the staple cavities 10012. 少なくとも一実施形態において、スレッド10050及びステープルドライバ10040は、それぞれが、ステープルドライバ10040をこれらの未発射位置から上向きに動かすために協働することができる1つ以上の斜面若しくは傾斜面を備えることができる。 In at least one embodiment, thread 10050 and the staple driver 10040, respectively, may comprise one or more inclined surfaces or inclined surfaces of the staple driver 10040 can cooperate to move upward from these non-firing position it can. 少なくとも1つのこのような実施形態において、各ステープルドライバ10040は、少なくとも1つの傾斜面を備えることができ、スレッド10050は、スレッド10050がステープルカートリッジの内部で遠位側に前進させられるにつれて、スレッド傾斜面がドライバ傾斜面の下を摺動できるように構成され得る少なくとも1つ以上の傾斜面を備えることができる。 In at least one such embodiment, as each staple driver 10040 may comprise at least one inclined surface, thread 10050 thread 10050 is advanced distally within the staple cartridge, thread gradient surface can be provided with at least one or more inclined surfaces may be configured to be slid under the driver inclined surface. ステープルドライバ10040がそれぞれのステープル空洞10012の内部で上向きに持ち上げられるにつれて、ステープルドライバ10040は、ステープル10030がステープルデッキ10011内の開口を通ってこれらのステープルのステープルキャビティ10012から現れることができるように、ステープル10030を上向きに持ち上げられ得る(図41)。 As the staple driver 10040 is upwardly lifted in the interior of each staple cavity 10012, staple driver 10040, so that it can staple 10030 appears from the staple cavities 10012 of these staples through openings in the staple deck 10011, It may upwardly lifted staples 10030 (Figure 41). 例示発射シーケンスの間に、スレッド10050は、第1ステープル10030に接触し、第1ステープル10030を上向きに持ち上げ始めることができる。 During exemplary firing sequence, thread 10050 may be in contact with the first staple 10030, starts lifting the first staple 10030 upwards. スレッド10050が更に遠位側に前進するのにつれて、スレッド10050は、順番に、追加ステープル10030と他の後続のステープルとを持ち上げ始めることができる。 As the threads 10050 is advanced further distally, threads 10050 can be sequentially begin lifting the additional staples 10030 and the other subsequent staples. スレッド10050は、ステープルの脚部10032が対向するアンビルに接触し、望ましい形状に変形され、支持部分10010から放出されるように、ステープル10030を上方向に駆動することができる。 Threads 10050 contacts the anvil staple legs 10032 faces, it is deformed into a desired shape so as to be released from the support portion 10010 can drive the staples 10030 upwardly. 様々な状況において、スレッド10050は、発射シーケンスの一環として、数個のステープルを同時に上向きに動かすことができる。 In various circumstances, threads 10050, as part of the firing sequence, it is possible to move several staples simultaneously upwards.

図49から54を参照すると、各ステープル10030は、圧縮ゾーン10039が各ステープルの中に画定されるように、変形され得る。 Referring to Figures 49 54, each staple 10030 is such that the compression zone 10039 is defined in each staple may be deformed. 例として、各ステープル10030は、基部10031と、基部10031から延びる1つ以上の脚部10032とを備えることができ、これらの脚部は、変形されたとき、基部10031と協働的に領域を画定することができ、この領域の内部で組織T及び組織厚さコンペンセータ10020が捕捉され得る。 As an example, each staple 10030 includes a base 10031 may comprise one or more legs 10032 which extend from the base 10031, these legs, when deformed, the region in the base 10031 cooperatively can be defined, tissue T and the tissue thickness compensator 10020 may be captured within this region. 圧縮ゾーン10039の内部で、組織厚さコンペンセータ10020は、組織Tに圧力を加え、特定の状況において、組織Tの厚さに依存して異なった圧縮高さをとることができる。 Within the compression zone 10039, the tissue thickness compensator 10020, the pressure applied to the tissue T, in certain circumstances, can take depending on the thickness of different compression height of the tissue T. 一部の状況において、組織厚さコンペンセータ10020は、ステープル10030によって画定された圧縮ゾーン10039の内部に存在するギャップ又は空き空間を弾性的に満たすことができる。 In some situations, tissue thickness compensator 10020 can meet the inside gap or empty space exists in the compression zone 10039 defined by staple 10030 elastically.

前述のように、図41を参照すると、ステープル10030のステープル脚部10032は、ステープル10030が未発射位置にあるとき、支持部分10010のデッキ表面10011の上に延在することができる。 As described above, referring to FIG. 41, the staple legs 10032 of the staples 10030 when the staples 10030 is in the unfired position, it may extend above the deck surface 10011 of the support portion 10010. 様々な実施形態において、ステープル脚部10032の先端部又はステープル脚部10032のその他の部分は、ステープル10030がこれらの未発射位置にあるとき、組織厚さコンペンセータ10020の上部組織接触面10021を通って突起しないことがある。 In various embodiments, other portions of the tip or the staple legs 10032 of the staple legs 10032 when the staples 10030 are in these non-firing position, through the upper tissue contacting surface 10021 of the tissue thickness compensator 10020 there may not projections. ステープル10030がこれらの未発射位置からこれらの発射位置まで動くのにつれて、ステープル脚部の先端部は、組織接触面を通って突起することができる。 As the staples 10030 moves until these firing position from these unfired position, distal end portions of the staple legs can be projections through the tissue contacting surface. 様々な実施形態において、ステープル脚部10032の先端部は、組織厚さコンペンセータ10020を切開し、突き抜ける鋭い先端部を備えることができる。 In various embodiments, the distal end portion of the staple legs 10032 is to cut tissue thickness compensator 10020 can comprise a sharp tip penetrating. 特定の実施形態において、組織厚さコンペンセータ10020は、ステープル脚部10032を受容し、ステープル脚部10032に組織厚さコンペンセータ10020と相対的に摺動させるように構成され得る複数の開口を備えることができる。 In certain embodiments, the tissue thickness compensator 10020 is to receive the staple legs 10032, have a plurality of openings which can be configured to slide relative the tissue thickness compensator 10020 the staple legs 10032 it can. 特定の実施形態において、支持部分10010は、デッキ表面10011から延在する複数のガイド10013(図41)を更に備えることができる。 In certain embodiments, the support portion 10010 can further comprise a plurality of guide 10013 extending from the deck surface 10011 (FIG. 41). ガイド10013は、ステープル脚部10032がガイド10013により少なくとも部分的に支持できるように、デッキ表面10011内のステープル空洞開口に隣接して位置決めされ得る。 Guide 10013, the staple legs 10032 to allow at least partially supported by the guide 10013, may be positioned adjacent to the staple cavities opening in the deck surface 10011. 特定の実施形態において、ガイド10013は、ステープル空洞開口の近位端部及び/又は遠位端部に位置決めされ得る。 In certain embodiments, guide 10013 may be positioned at the proximal end and / or distal end of the staple cavity openings. 様々な実施形態において、第1ガイド10013は、各ステープル空洞開口の第1端部に位置決めすることができ、第2ガイド10013は、各ステープル空洞開口の第2端部に位置決めすることができ、各第1ガイド10013は、ステープル10030の第1ステープル脚部10032を支持することができものであり、各第2ガイド10013は、ステープルの第2ステープル脚部10032を支持することができるものである。 In various embodiments, the first guide 10013 can be positioned at the first end of each staple cavity opening, the second guide 10013 may be positioned on the second end of each staple cavity opening, each first guide 10013 is intended can support the first staple leg 10032 of the staple 10030, the second guide 10013 is one which is capable of supporting a second staple legs 10032 of the staple . 少なくとも一実施形態において、図41を参照すると、各ガイド10013は、溝10016のような溝又はスロットを備えることができ、例えば、この溝又はスロットの中にステープル脚部10032が摺動可能に受容できる。 In at least one embodiment, referring to FIG. 41, each guide 10013 can comprise grooves or slots, such as groove 10016, for example, staple legs 10032 slidably received in the groove or slot it can. 様々な実施形態において、各ガイド10013は、デッキ表面10011から延在することができ、組織厚さコンペンセータ10020の中へ延在することができる滑り止め、突起部、及び/又は先鋭部を備えることができる。 In various embodiments, each guide 10013 may extend from the deck surface 10011, slip can extend into the tissue thickness compensator 10020, be provided with protrusions, and / or sharpened tip can. 少なくとも一実施形態において、詳しくは後述されるように、滑り止め、突起部、及び/又はスパイクは、組織厚さコンペンセータ10020と支持部分10010との間の相対的な動きを低減させることができる。 In at least one embodiment, more information as described below, slip, projections, and / or spikes can reduce the relative movement between the tissue thickness compensator 10020 and the support portion 10010. 特定の実施形態において、ステープル脚部10032の先端部は、ステープル10030がこれらの未発射位置にあるとき、ガイド10013の内部に位置決めされることがあり、ガイド10013の上面の上に延在しないことがある。 In certain embodiments, the distal end portion of the staple legs 10032 when the staples 10030 are in these unfired position, may be positioned within the guide 10013, it does not extend over the upper surface of the guide 10013 there is. 少なくともこのような実施形態において、ガイド10013は、ガイド高さを画定することができ、ステープル10030は、これらのステープルがこれらの未発射位置にあるとき、このガイド高さの上に延在しないことがある。 In at least such an embodiment, the guide 10013 may define a guide height, staples 10030 when these staples in these non-firing position, it does not extend over the guide height there is.

様々な実施形態において、組織厚さコンペンセータ10020のような組織厚さコンペンセータは、例えば、1枚のシート材料から構成され得る。 In various embodiments, the tissue thickness compensator, such as tissue thickness compensator 10020, for example, may consist of a single sheet material. 少なくとも一実施形態において、組織厚さコンペンセータは、支持部分10010の上部デッキ表面10011の全部を覆うことができる、あるいは、デッキ表面10011の一部しか覆うことができない1枚の連続シート材料を構成することができる。 In at least one embodiment, the tissue thickness compensator may cover the entire upper deck surface 10011 of the support portion 10010, or constitute a single continuous sheet of material that can not be covered only a portion of the deck surface 10011 be able to. 特定の実施形態において、シート材料は、支持部分10010のステープル空洞開口を覆うことができるが、他の実施形態において、シート材料は、ステープル空洞開口と整列させることができる、又は少なくとも部分的に揃えることができる開口を備えることができる。 In certain embodiments, the sheet materials can cover the staple cavity openings of the support portion 10010, in other embodiments, the sheet material may be aligned with the staple cavity opening, or at least partially align it can be provided with an opening capable. 様々な実施形態において、組織厚さコンペンセータは、複数の材料層から構成することできる。 In various embodiments, the tissue thickness compensator can be constructed from multiple layers of materials. 一部の実施形態において、組織厚さコンペンセータは、圧縮可能な核部と、この圧縮可能な核部を包むラップとを備えることができる。 In some embodiments, the tissue thickness compensator may comprise a compressible core portion, and a wrap surrounding the core portion can be the compression.

様々な実施形態において、組織厚さコンペンセータは、圧縮可能な核部を支持部分10010に対して解放可能に保持するラップを備えることができる。 In various embodiments, the tissue thickness compensator may comprise a wrap for releasably retaining the compressible core portion to the support portion 10010. 少なくとも1つのこのような実施形態において、ステープルカートリッジは、ラップ及び圧縮可能な核部が支持部分10010から途中で外れることを阻止するように構成され得るリテーナクリップを更に備えることができる。 In at least one such embodiment, the staple cartridge can further comprise a retainer clip wrap and compressible core portion can be configured to prevent the outside on the way from the support portion 10010. 特定の実施形態において、上述のように、組織厚さコンペンセータは、ステープル10030によって支持部分10010に着脱式に取り付けられ得る。 In certain embodiments, as described above, the tissue thickness compensator may be attached removably to the support portion 10010 by staples 10030. より詳しくは、同様に上述のように、ステープル10030の脚部は、ステープル10030が未発射位置にあるとき、組織厚さコンペンセータ10020の中へ延在することができ、その結果、組織厚さコンペンセータ10020を支持部分10010に対して開放可能に保持することができる。 More specifically, similarly as described above, the legs of the staple 10030 when the staples 10030 is in the unfired position, may extend into the tissue thickness compensator 10020, as a result, the tissue thickness compensator 10020 to can be releasably retained with respect to the support portion 10010. 少なくとも一実施形態において、ステープル10030の脚部は、これらのステープルのそれぞれのステープル空洞10012の側壁と接触することができ、ステープル脚部10032と側壁との間の摩擦のおかげで、ステープル10030及び組織厚さコンペンセータ10020は、ステープル10030がステープルカートリッジ10000から展開されるまで、所定の位置に保持され得る。 In at least one embodiment, the staple legs 10030 may be in contact with each of these staples of the side walls of the staple cavities 10012, thanks to the friction between the staple legs 10032 and a side wall, a staple 10030 and tissues the thickness compensator 10020, until the staples 10030 are deployed from the staple cartridge 10000 can be held in place. ステープル10030が展開されたとき、組織厚さコンペンセータ10020は、ステープル10030の内部に捕捉され、ステープル留めされた組織Tに押し付けられ得る。 When the staple 10030 has been deployed, the tissue thickness compensator 10020 is captured within the staple 10030 can be pressed against the stapled tissue T. アンビルがその後組織Tを解放するために開位置に動かされたとき、支持部分10010は、組織に留められた組織厚さコンペンセータ10020から離され得る。 When moved to the open position for the anvil to release the subsequent tissue T, the support portion 10010 can be isolated from the tissue thickness compensator 10020 which is fastened to the tissue. 特定の実施形態において、接着剤が組織厚さコンペンセータ10020を支持部分10010に着脱式に押し当てるために利用され得る。 In certain embodiments, it may be utilized to adhesive pressed removably tissue thickness compensator 10020 to the support portion 10010. 少なくとも一実施形態において、2成分接着剤を使用することができ、少なくとも一実施形態において、組織厚さコンペンセータ10020がデッキ表面10011に押し当たるとき、接着剤を活性化し、組織厚さコンペンセータ10020を支持部分10010に着脱式に接合するために第1の成分が第2の成分と接触できるように、接着剤の第1の成分は、デッキ表面10011に置かれることができ、接着剤の第2成分は、組織厚さコンペンセータ10020に置かれ得る。 In at least one embodiment, it is possible to use two-component adhesive, in at least one embodiment, when the tissue thickness compensator 10020 pressed against the deck surface 10011, the adhesive to activate, support tissue thickness compensator 10020 as the first component can be contacted with a second component to be joined to the detachable in the portion 10010, a first component of the adhesive can be placed on the deck surface 10011, a second component of the adhesive It may be placed into the tissue thickness compensator 10020. 様々な実施形態において、その他の好適な手段が組織厚さコンペンセータをステープルカートリッジの支持部分に着脱式に押し付けるために使用され得る。 In various embodiments, other suitable means may be used to press the removable tissue thickness compensator to the support portion of the staple cartridge.

様々な実施形態において、上記に加えて、スレッド10050は、ステープルカートリッジ10000の内部に収容されたステープル10030の全てを完全に展開するために近位端部から遠位端部に前進させられ得る。 In various embodiments, in addition to the above, the thread 10050 can be advanced to the distal end from the proximal end in order to fully deploy all staples 10030 contained inside the staple cartridge 10000. 少なくとも一実施形態において、次に図44を参照すると、スレッド10050は、外科用ステープラの発射部材、即ち、ナイフバー10052によって、支持部分10010の内部の縦方向空洞の内部で遠位側に前進させられ得る。 In at least one embodiment, referring now to FIG. 44, the thread 10050, firing member of the surgical stapler, i.e., the knife bar 10052 is advanced distally within the longitudinal cavity within the support portion 10010 obtain. 使用中、ステープルカートリッジ10000は、外科用ステープラの顎部内のステープルカートリッジチャネルの中へ挿入されることができ、発射部材10052は、図44に示されるように、スレッド10050との接触に向けて前進させられ得る。 In use, the staple cartridge 10000 can be inserted into the staple cartridge channel of the jaws of the surgical stapler, the firing member 10052, as shown in FIG. 44, toward the contact with the threads 10050 forward It may be allowed. スレッド10050が発射部材10052によって遠位側に前進させられるのにつれて、スレッド10050は、最も近接したステープル駆動部、又は駆動部群10040に接触することができ、上述のように、カートリッジ本体10010からステープル10030を発射又は放出することができる。 As the thread 10050 is advanced distally by firing member 10052, thread 10050 can contact closest to the staple driver, or the driver group 10040, as described above, the staple from the cartridge body 10010 10030 can be fired or release. 図44に示されるように、発射部材10052は、ステープル10030が発射されるのにつれて、支持部分10010内のナイフスロットを通って遠位側に前進させることができる刃先10053を更に備えることができる、様々な実施形態において、対応するナイフスロットは、ステープルカートリッジ10000の反対側に位置決めされたアンビルを通して延在することができ、少なくとも一実施形態において、刃先10053は、アンビルと支持部分10010との間に延在し、アンビルと支持部分との間に位置決めされた組織及び組織厚さコンペンセータを切開することができる、というものである。 As shown in FIG. 44, the firing member 10052 is as the staples 10030 is fired, can further comprise a cutting edge 10053 which can be advanced distally through the knife slot in the support portion 10010, in various embodiments, the corresponding knife slot can extend through the positioning anvil opposite the staple cartridge 10000, at least one embodiment, the cutting edge 10053 is between the anvil and the support portion 10010 It extends, it is possible to cut tissue and tissue thickness compensator positioned between the anvil and the support portion, is that. 様々な状況において、スレッド10050は、スレッド10050がステープルカートリッジ10000の遠位端部10002に達するまで、発射部材10052により遠位側に前進させられ得る。 In various circumstances, threads 10050, until the thread 10050 reaches the distal end portion 10002 of the staple cartridge 10000 can be advanced distally by firing member 10052. この時点で、発射部材10052は、近位側に後退させられ得る。 At this point, the firing member 10052 can be retracted proximally. 一部の実施形態において、スレッド10050は、発射部材10052と一緒に近位側に後退させることができるが、様々な実施形態において、スレッド10050は、発射部材10052が後退させられ得るが、ステープルカートリッジ10000の遠位端部10002内に取り残され得る。 In some embodiments, thread 10050, but can be retracted proximally with firing member 10052, in various embodiments, threads 10050 is firing member 10052 can be retracted, the staple cartridge It may be left in the distal end portion 10002 of 10000. 発射部材10052が完全に後退させられると、アンビルは、再び開くことができ、組織厚さコンペンセータ10020は、支持部分10010から取り外されることができ、支持部分10010を含んで、使用済みステープルカートリッジ10000の残りの埋め込まれていない部分は、ステープルカートリッジチャネル10070から取り除かれ得る。 When firing member 10052 has been fully retracted, the anvil may be opened again, the tissue thickness compensator 10020 can be detached from the support portion 10010, comprises a support portion 10010, of the spent staple cartridge 10000 portion not rest with embedded, it may be removed from the staple cartridge channel 10070.

使用済みステープルカートリッジ10000がステープルカートリッジチャンネルから取り除かれた後、上記に加えて、新しいステープルカートリッジ10000、又はその他の好適なステープルカートリッジは、ステープルカートリッジチャンネルに挿入され得る。 After the spent staple cartridge 10000 is removed from the staple cartridge channel, in addition to the above, a new staple cartridge 10000, or other suitable staple cartridge can be inserted into the staple cartridge channel. 様々な実施形態において、上記に加えて、ステープルカートリッジチャンネル、発射部材10052、及び/又はステープルカートリッジ10000は、協働特徴物を構成することができ、この協働特徴物は、新しい、即ち、未発射のステープルカートリッジ10000がステープルカートリッジチャンネル10070内に位置決めされることなしに、2回以上、発射部材10052が遠位側に前進させられるのを阻止することができる。 In various embodiments, in addition to the above, staple cartridge channel, firing member 10052, and / or staple cartridge 10000 can be configured to cooperate features thereof, the cooperating features thereof are new, that is, non without the staple cartridge 10000 firing is positioned within the staple cartridge channel 10070, more than once, it is possible to firing member 10052 is prevented from being advanced distally. より詳しくは、発射部材10052が前進させられてスレッド10050に接触するのにつれて、及び、スレッド10050がこれの近位側の未発射位置にあるとき、発射部材10052の支持ノーズ部は、発射部材10052が、この発射部材10052から延在するロック、又は梁部10054がステープルカートリッジチャンネルの内部に画定されたロック凹部の中へ落ちるのを阻止するために十分な上向き位置に保持されように、スレッド10050の支持レッジ部に接して及び/又は支持レッジ部の上に位置決めされ得る。 More specifically, as making contact with the firing member 10052 are advanced thread 10050, and, when a thread 10050 is in the unfired position of the proximal side of this, the supporting nose of the firing member 10052 is firing member 10052 but Ni will be held in sufficient upward position to prevent the lock extending from firing member 10052, or the beam portion 10054 falls into a locking recess defined in the interior of the staple cartridge channel, thread 10050 It may be positioned above the contact with the support ledge and / or the support ledge. ロック10054は、ロック凹部の中へ落ちることがないので、このような状況において、ロック10054は、発射部材10052が前進するのにつれて、ロック凹部の遠位側壁に当接しないことがある。 Lock 10054, since no fall into the locking recess, in such a situation, the lock 10054, firing member 10052 is as to move forward, it may not contact the distal side wall of the locking recess. 発射部材10052がスレッド10050を遠位側に押すのにつれて、発射部材10052は、支持レッジ部に載っている支持ノーズ部のため、この発射部材の上向き発射位置に支持され得る。 As the firing member 10052 to press thread 10050 distally, firing member 10052 is for supporting nose portions resting on the support ledge may be supported upward firing position of the firing member. 前述のとおり、発射部材10052がスレッド10050に対して後退させられるとき、発射部材10052は、支持ノーズ部がもはやスレッド10050の支持レッジ部の上に置かれなくなるので、この発射部材の上向き位置から下向きに落下することができる。 As described above, when firing member 10052 is retracted relative to the thread 10050, firing member 10052 is the supporting nose is not longer placed on the support ledge portion of the threads 10050, downwardly from the upward position of the firing member it is possible to fall in. 少なくとも1つのこのような実施形態において、外科用ステープラは、発射部材10052をこの発射部材の下向き位置に付勢するように構成され得るばね及び/又はその他の好適な付勢要素を備えることができる。 In at least one such embodiment, the surgical stapler can comprise a spring and / or other suitable biasing element may be configured to bias downward the position of the firing member firing member 10052 . 発射部材10052が完全に後退させられると、発射部材10052は、再び使用済みステープルカートリッジ10000を通して遠位側に前進させられ得ない。 When firing member 10052 has been fully retracted, the firing member 10052 can not be advanced distally through the spent staple cartridge 10000 again. より詳しくは、発射部材10052は、スレッド10050が、動作シーケンスの中のこの時点では、ステープルカートリッジ10000の遠位端部に残されているため、スレッド10050によってこの発射部材の上方位置に保持することができない。 More particularly, the firing member 10052 has threads 10050, at this point in the operation sequence, because it is left in the distal end of the staple cartridge 10000, by a thread 10050 keeping the upper position of the firing member can not. このようにして、前述のように、発射部材10052がステープルカートリッジを交換することなしに再び前進させられる場合、ロック梁部10054は、発射部材10052がステープルカートリッジ10000に向かって遠位側へ再び前進させられるのを阻止するものであるロック凹部の側壁10057に接触するであろう。 Thus, as described above, when firing member 10052 is advanced again without replacing the staple cartridge, the locking beam portion 10054, advancing firing member 10052 again distally toward the staple cartridge 10000 it is to prevent the provoking will contact the locking side walls of the recess 10057. 換言すれば、使用済みステープルカートリッジ10000が新しいステープルカートリッジと交換されると、この新しいステープルカートリッジは、発射部材10052をこの発射部材の上方位置に保持し、発射部材10052を再び遠位側に前進させることができる、近位側に位置決めされたスレッド10050を有するであろう。 In other words, when the spent staple cartridge 10000 is replaced with a new staple cartridge, the new staple cartridge holds the firing member 10052 in the upper position of the firing member is advanced again distally the firing member 10052 it can will have a thread 10050 which is positioned proximally.

上述のように、スレッド10050は、支持部分10010からステープル10030を放出するために、第1の未発射位置と第2の発射済み位置との間でステープルドライバ10040を動かすように構成され得る。 As described above, threads 10050, in order to release the staples 10030 from the support portion 10010 can be configured to move the staple driver 10040 between the first unfired position and a second fired position. 様々な実施形態において、ステープルドライバ10040は、ステープル10030が支持部分10010から放出された後、ステープル空洞10012の内部に収容され得る。 In various embodiments, the staple driver 10040 after the staples 10030 was released from the support portion 10010 can be housed within the staple cavities 10012. 特定の実施形態において、支持部分10010は、ステープルドライバ10040がステープル空洞10012から放出される又は落ちることを妨害するように構成され得る1つ以上の保持特徴物を備えることができる。 In certain embodiments, the support portion 10010 can comprise one or more retention features product staple driver 10040 can be configured to interfere to fall or be released from the staple cavities 10012. 様々なその他の実施形態において、スレッド10050は、ステープル10030内の支持部分10010からステープルドライバ10040を発射するように構成され得る。 In various other embodiments, threads 10050 may be a support portion 10010 in the staple 10030 to fire staples driver 10040. 少なくとも1つのこのような実施形態において、ステープルドライバ10040は、例えば、ウルテムのような生体吸収性及び/又は生体適合性のある材料から構成され得る。 In at least one such embodiment, the staple driver 10040, for example, may be comprised of a bioabsorbable and / or biocompatible material, such as Ultem. 特定の実施形態において、ステープルドライバは、ステープル10030に取り付けられ得る。 In certain embodiments, the staple driver can be attached to staple 10030. 少なくとも1つのこのような実施形態において、ステープルドライバは、ドライバがステープルと一体成形されるように、各ステープル10030の基部の上及び/又は周りにモールド成形され得る。 In at least one such embodiment, the staple driver, the driver as the staple integrally molded can be molded on and / or around the base of each staple 10030. 2006年9月29日付けで出願された、「SURGICAL STAPLES HAVING COMPRESSIBLE OR CRUSHABLE MEMBERS FOR SECURING TISSUE THEREIN AND STAPLING INSTRUMENTS FOR DEPLOYING THE SAME」と題する米国特許出願番号第11/541,123号は、これの内容全体が参照によって本明細書に組み込まれる。 Filed on September 29, 2006, "SURGICAL STAPLES HAVING COMPRESSIBLE OR CRUSHABLE MEMBERS FOR SECURING TISSUE THEREIN AND STAPLING INSTRUMENTS FOR DEPLOYING THE SAME entitled" US patent application Ser. No. 11 / 541,123, this content entirety of which is incorporated herein by reference.

様々な状況において、上記に加えて、圧縮可能な組織厚さコンペンセータは、下にあるステープルカートリッジの剛性支持部分と相対的に動くこと、ねじれること、及び/又は歪むことができる。 In various circumstances, further to the above, compressible tissue thickness compensator is movable relative to the rigid support portion of the staple cartridge below, twisting it, and / or distorted it. 様々な実施形態において、ステープルカートリッジの支持部分、及び/又はその他の好適な部分は、組織厚さコンペンセータと支持部分との間の相対運動を制限するように構成された1つ以上の特徴物を備えることができる。 In various embodiments, the support portion of the staple cartridge, and / or other suitable part, one or more features thereof that is configured to limit relative movement between the tissue thickness compensator and the support portion it can be provided. 上述のように、ステープル10030の少なくとも一部分は、支持部分10010のデッキ表面10011より上に延在することができ、特定の状況において、組織厚さコンペンセータに加えられた横方向力は、ステープル10030、及び/又は、例えば、支持部分10010から延在する滑り止め10013による抵抗を受けることがあり得る。 As described above, at least a portion of the staple 10030 may extend above the deck surface 10011 of the support portion 10010, in certain circumstances, lateral forces applied to the tissue thickness compensator, staples 10030, and / or, for example, it may be subject to resistance by slip 10013 extending from the support portion 10010. 様々な状況において、ステープル10030は、組織厚さコンペンセータの横方向運動に抵抗している間に、ステープル空洞10012の内部で傾くこと及び/又は曲がることがあり、様々な実施形態において、ステープル空洞10012及びステープル10030は、ステープル10000がステープル成形プロセス中に適切に成形されるようにするため、ステープル10030の脚部10032と反対側のアンビル10060内の成形ポケットとの間の相対的な整列を維持する寸法及び構成にすることができる。 In various circumstances, the staples 10030 can while resisting lateral movement of the tissue thickness compensator, might be bent and / or inclined within the staple cavities 10012, in various embodiments, the staple cavities 10012 and staple 10030 is so that staples 10000 are appropriately shaped into the staple forming process, to maintain the relative alignment between the legs 10032 of the staple 10030 and forming pockets in the opposite side of the anvil 10060 It may be sized and configured. 様々な実施形態において、ステープル10030及び/又は滑り止め10013は、組織厚さコンペンセータ10020の内部の横方向ひずみを阻止又は少なくとも制限するように構成にされ得る。 In various embodiments, the staple 10030 and / or skid 10013 may be a configured to prevent or at least limit the distortion lateral internal tissue thickness compensator 10020. 少なくとも1つのこのような実施形態において、ステープル10030及び/又は滑り止め10013は、例えば、組織厚さコンペンセータの第2の、即ち、下部表面と相対的に第1の、即ち、組織接触表面の、横方向及び/又は縦方向運動を硬直させる、あるいは、制限するように構成され得る。 In at least one such embodiment, the staple 10030 and / or skid 10013, for example, the second tissue thickness compensator, i.e., the first relative to the bottom surface, i.e., tissue contacting surface, It is rigid lateral and / or longitudinal movement, or may be configured to limit. 様々な実施形態において、ステープルカートリッジ、及び/又はステープルカートリッジが位置決めされるステープルカートリッジチャンネルは、組織厚さコンペンセータの横方向及び/又は縦方向運動あるいは歪を制限するために上向きに延在することができる少なくとも1つのひずみ最小化部材を備えることができる。 In various embodiments, the staple cartridge, and / or staple cartridge channel staple cartridge is positioned is be upwardly extends in order to limit the lateral and / or longitudinal movement or distortion of the tissue thickness compensator it may comprise at least one strain minimization member. 組織厚さコンペンセータを少なくとも部分的に取り囲むラップは、前述のとおり、組織厚さコンペンセータの横方向及び/又は縦方向運動、あるいはひずみを、防止する、あるいは少なくとも制限することもある。 Wrap surrounding tissue thickness compensator at least in part, as described above, lateral and / or longitudinal movement of the tissue thickness compensator, or strain, to prevent, or sometimes at least limit.

様々な実施形態において、ステープルカートリッジは、内部に配置されたステープルをそれぞれ格納する複数のステープル空洞を備えることができ、ステープル空洞は、複数の列に配列することができ、ステープルカートリッジの反対側に位置決めされたアンビルは、ステープルカートリッジ内のステープル空洞に対応する複数の成形ポケットを備えることができる。 In various embodiments, the staple cartridge may comprise a plurality of staple cavities for storing staples disposed therein respectively, staple cavities may be arranged in a plurality of rows, on opposite sides of the staple cartridge positioning anvil may comprise a plurality of molding pockets corresponding to the staple cavity in the staple cartridge. 換言すれば、アンビルは、複数の成形ポケット列を備えることができ、各成形ポケットは、ステープルカートリッジ内でステープル空洞の反対側に位置決めされ得る。 In other words, the anvil can comprise a plurality of molding pockets columns, each forming pocket may be positioned opposite the staple cavity in the staple cartridge. 様々な実施形態において、各成形ポケットは、ステープル10030のステープル脚部10032を受容するように構成された2つの成形カップを備えることができ、各成形カップは、例えば、ステープル脚部10032を受容し、ステープル脚部10032を他のステープル脚部10032の方へ成形する又は丸めるように構成されている。 In various embodiments, each forming pocket can comprise two molded cups configured to receive a staple legs 10032 of the staples 10030, each forming cup, for example, to receive the staple legs 10032 and it is configured round or molding the staple legs 10032 towards the other staple legs 10032. 様々な状況において、脚部10032は、成形カップに届かないこと、又は適切に入らないことがあり、その結果、ステープル脚部10032は、発射シーケンス中に成形不良になることがある。 In various circumstances, the legs 10032 are sometimes not enter not reach the forming cup, or appropriate, as a result, the staple legs 10032 may become defective molded into firing sequence. 本明細書に記載された様々な実施形態において、アンビルは、ステープル脚部を受容し、成形するようにそれぞれが構成されている成形ポケットの配列又は格子を備えることができる。 In various embodiments described herein, the anvil is to receive the staple legs, respectively to shape can be provided an array or grid of the forming pockets that are configured. 少なくとも1つのこのような実施形態において、成形ポケットの配列は、ステープルカートリッジの内部に含まれるステープルの数より多数の成形ポケットを備えることができる。 In at least one such embodiment, the sequence of the molding pockets may comprise a number of forming pockets than the number of staples contained within the staple cartridge. 少なくとも一実施形態において、ステープルカートリッジは、例えば、6列のステープル空洞の縦方向列を備えることができ、アンビルは、6列のステープル空洞と整列された6列の成形ポケットと、加えて、成形ポケットの列と列との間に位置決めされた成形ポケットとを備えることができる。 In at least one embodiment, staple cartridge, for example, may comprise longitudinal rows of staples cavity of the six columns, anvil, and forming pockets of six rows which are aligned with the staple cavities of the six columns, in addition, molding it can comprise a shaped pocket that is positioned between the rows and columns of pockets. 例えば、アンビルの一方の側面に、アンビルは、第1のステープル空洞の列の上に位置決めすることができる第1の成形ポケットの列と、第1のステープル空洞の列に隣接する第2のステープル空洞の上に位置決めすることができる第2の成形ポケットの列と、加えて、第1の成形ポケットの列と第2の成形ポケットの列との間に位置決めされた1列の成形ポケットとを備えることができる。 For example, on one side of the anvil, the anvil includes a row of first forming pockets can be positioned on top of the row of first staple cavity, a second staple adjacent to the row of first staple cavities a second row of forming pockets can be positioned over the cavity, in addition, the one row forming pockets of which are positioned between the rows of columns in the first molding pocket and the second molding pockets it can be provided.

様々な実施形態において、上述のように、アンビルは、組織をステープルカートリッジの組織厚さコンペンセータ、例えば、組織厚さコンペンセータ10020に押し付けるために開位置から閉位置へと動かされ得る。 In various embodiments, as described above, the anvil, the tissue thickness compensator of a staple cartridge the tissue, for example, may be moved from the open position to press the tissue thickness compensator 10020 to the closed position. 様々な状況において、組織厚さコンペンセータは、この組織厚さコンペンセータが組織と相対的に位置決めされる前に、ステープルカートリッジの支持部分に隣接して位置決めされ得る。 In various circumstances, tissue thickness compensator, before the tissue thickness compensator is positioned relative the tissue, may be positioned adjacent to the supporting portion of the staple cartridge. 特定の実施形態において、組織厚さコンペンセータ10020は、アンビルが閉位置へ動かされる前に、この組織厚さコンペンセータが支持部分10018に当接する位置にあり得る。 In certain embodiments, the tissue thickness compensator 10020, before the anvil is moved to the closed position may be a position where the tissue thickness compensator abuts the support portion 10018. 特定のその他の実施形態において、組織厚さコンペンセータ10020は、ギャップがこの組織厚さコンペンセータ10020と支持部分10018との間に存在する位置にあり得る。 In certain other embodiments, the tissue thickness compensator 10020 may be in a position where a gap is present between the support portion 10018 and the tissue thickness compensator 10020. 少なくとも1つのこのような実施形態において、アンビルは、組織厚さコンペンセータ10020が支持部分10018に当接するまで、組織及び組織厚さコンペンセータ10020を下向きに動かすことができ、この時点で、アンビルは、このアンビルの閉位置に動かされ、組織の内部に圧縮をもたらすことができる。 In at least one such embodiment, the anvil, until the tissue thickness compensator 10020 abuts against the support portion 10018, can move the tissue and tissue thickness compensator 10020 downwardly, at this point, the anvil, this moved to the closed position of the anvil, it can bring compression inside the tissue. 外科医がアンビルとステープルカートリッジとの間の組織の位置決めに満足できない場合、外科医は、アンビルを開き、アンビル及びステープルカートリッジの位置を調整し、アンビルを再び閉じることができる。 If the surgeon not satisfied with the positioning of the tissue between the anvil and the staple cartridge, the surgeon opens the anvil, to adjust the position of the anvil and staple cartridge it can again closed anvil. 組織と相対的なステープルカートリッジのこのような位置決め及び再位置決めのため、様々な状況において、例えば、組織厚さコンペンセータ10020の遠位端部は、支持部分10010から取り外され得る。 For such positioning and repositioning of the tissue relative to staple cartridge, in various situations, for example, the distal end of the tissue thickness compensator 10020 can be detached from the support portion 10010. 一部のこのような状況において、組織厚さコンペンセータ10020の遠位端部は、組織に接触し、支持部分10010から剥離されること、又は支持部分10010と相対的に回転することができる。 In some such situations, the distal end of the tissue thickness compensator 10020 contacts the tissue, be separated from the support portion 10010, or the support portion 10010 can rotate relatively. 様々な実施形態において、詳しくは後述されるように、ステープルカートリッジは、組織厚さコンペンセータを下にあるステープルカートリッジの支持部分に対して開放可能に保持するように構成された1つ以上の特徴物を備えることができる。 In various embodiments, in detail as described below, the staple cartridge may include one or more features thereof that is configured to releasably hold the supporting portion of the staple cartridge in tissue thickness compensator below it can be provided with.

様々な実施形態において、次に図55を参照すると、ステープルカートリッジ10300は、支持部分10310と、支持部分10310により支持された組織厚さコンペンセータ10320と、組織厚さコンペンセータ10320の遠位端部10325を所定の位置に解放可能に保持するように構成されたノーズ部10303を含む遠位端部10302とを備えることができる。 In various embodiments, referring now to FIG. 55, the staple cartridge 10300 includes a support portion 10310, a tissue thickness compensator 10320 supported by the support portion 10310, a distal end portion 10325 of the tissue thickness compensator 10320 It may include a distal end portion 10302 including the nose portion 10303 that is configured to releasably hold in place. 少なくとも一実施形態において、ノーズ部10303は、組織厚さコンペンセータ10320の遠位端部10325を受容するように構成されたスロット10305を備えることができる。 In at least one embodiment, the nose portion 10303 may include a slot 10305 which is configured to receive a distal end portion 10325 of the tissue thickness compensator 10320. 様々な実施形態において、遠位端部10325は、ステープルカートリッジ10300が組織と相対的に位置決めされているのでこの遠位端部10325が所定の位置に保持され得るように、スロット10305の内部で圧縮される又はくさびで留められ得る。 In various embodiments, the distal end portion 10325, like the distal end portion 10325 so the staple cartridge 10300 is positioned relative the tissue may be held in place, compressed inside of the slot 10305 It can be fastened with the the or wedge. 少なくとも1つのこのような実施形態において、スロット10305は、支持部分10310のデッキ表面10311に平行、又は少なくとも実質的に平行である方向に向きを合わされ得る。 In at least one such embodiment, slot 10305 is parallel to the deck surface 10311 of the support portion 10310, or may be combined with orientation in a direction at least substantially parallel. 様々な実施形態において、スロット10305は、デッキ表面10311に対して水平になり得る。 In various embodiments, slots 10305 can be horizontal to the deck surface 10311. 様々なその他の実施形態において、次に図56を参照すると、ステープルカートリッジ10400は、支持部分と、支持部分により支持された組織厚さコンペンセータ10420と、組織厚さコンペンセータ10420の遠位端部10425を所定の位置に解放可能に保持するように構成されたノーズ部10403を部組む遠位端10402とを備えることができる。 In various other embodiments, referring now to FIG. 56, the staple cartridge 10400 includes a support portion, a tissue thickness compensator 10420 supported by the support portion, a distal end portion 10425 of the tissue thickness compensator 10420 may comprise a distal end 10402 partnering part the nose 10403 configured to releasably hold in place. 少なくとも一実施形態において、遠位端部10425は、この遠位端部から延在する突出部を備えることができ、ノーズ部10403は、この遠位端部10425の突出部を受容するように構成された垂直スロット10405を備えることができる。 In at least one embodiment, the distal end portion 10425, this can be provided with a protruding portion extending from the distal end, the nose portion 10403, adapted to receive a protruding portion of the distal end portion 10425 It has been can be provided with a vertical slot 10405. 様々な実施形態において、遠位端部10425、及び/又は遠位端部から延在する突出部は、ステープルカートリッジ10400が組織と相対的に位置決めされるので、この遠位端部10425が所定の位置に保持できるように、スロット10405の内部で圧縮され得る、又はくさびで留められ得る。 In various embodiments, the protruding portion extending from the distal end portion 10425, and / or the distal end, since the staple cartridge 10400 is positioned relative the tissue, the distal end portion 10425 is given as can be held in position, it may be compressed within the slot 10405, or may be wedged. 特定の実施形態において、組織厚さコンペンセータ10420はノーズ部10403の少なくとも一部分を中に受容するように構成され得る、例えば、スロット10429のようなスロットを備えることができる。 In certain embodiments, the tissue thickness compensator 10420 can be configured to receive in at least a portion of the nose portion 10403, for example, it can be provided with slots, such as slot 10429. 少なくとも一実施形態において、スロット10405は、支持部分のデッキ表面10411に垂直、又は少なくとも実質的に垂直である方向に向きを合わされ得る。 In at least one embodiment, slot 10405 may be combined with orientation perpendicular to the deck surface 10411 of the support portion, or in a direction at least substantially perpendicular. 様々な実施形態において、次に図57を参照すると、ステープルカートリッジ10500は、支持部分と、支持部分により支持された組織厚さコンペンセータ10520と、組織厚さコンペンセータ10520の遠位端部10525を所定の位置に解放可能に保持するように構成されたノーズ部を含む遠位端部10502とを備えることができる。 In various embodiments, referring now to FIG. 57, the staple cartridge 10500, support portion and a tissue thickness compensator 10520 supported by the support portion, a distal end portion 10525 of the tissue thickness compensator 10520 given It may include a distal end portion 10502 including a nose portion configured to releasably hold the position. 少なくとも一実施形態において、ノーズ部は、組織厚さコンペンセータ10520の遠位端部10525を受容するように構成された垂直スロット10505を備えることができる。 In at least one embodiment, the nose portion may comprise a vertical slot 10505 configured to receive a distal end portion 10525 of the tissue thickness compensator 10520. 様々な実施形態において、遠位端部10525は、ステープルカートリッジ10500が組織と相対的に位置決めされるので、この遠位端部10525が所定の位置に保持できるように、スロット10505内で圧縮され得る又はくさびで留められ得る。 In various embodiments, the distal end portion 10525, since the staple cartridge 10500 is positioned relative the tissue, the distal end portion 10525 is so can be held in place, can be compressed in the slot 10505 or it may be wedged.

様々な実施形態において、再び図55を参照すると、組織厚さコンペンセータ10320は、ノーズ部10303の上部表面10304より上に位置決めされ得る上部表面10324を備えることができる。 In various embodiments, referring to FIG. 55 again, the tissue thickness compensator 10320 can comprise a top surface 10324 which can be positioned above the top surface 10304 of the nose portion 10303. 組織厚さコンペンセータの上部表面がステープルカートリッジのノーズ部より上に位置決めされる別の例示実施形態が図44に示され、例えば、組織厚さコンペンセータ10720の上部表面10721は、ノーズ部10003の上部表面10004より上に位置決めされる。 Another exemplary embodiment the upper surface of the tissue thickness compensator is positioned above the nose of the staple cartridge shown in FIG. 44, for example, the top surface 10721 of the tissue thickness compensator 10720, the top surface of the nose portion 10003 10004 is positioned above. 使用中、再び図55を参照すると、組織は、ノーズ部10303の上部表面10304の上を摺動することができ、一部の状況において、組織は、組織厚さコンペンセータ10320の遠位端部10325に接触することができ、支持部分10310から組織厚さコンペンセータ10320を剥離する傾向がある組織厚さコンペンセータ10320に力を加えることができる。 In use, referring to Figure 55 again, the tissue can slide over the top surface 10304 of the nose portion 10303, in some situations, tissue, distal end of the tissue thickness compensator 10320 10325 You can contact, can apply force to the tissue thickness compensator 10320 which tend to peel off the tissue thickness compensator 10320 from the support portion 10310. 本明細書に記載された実施形態において、この剥離力は、ノーズ部10303の内部にくさびで留められた遠位端部10325の一部分による抵抗を受け得る。 In the embodiment described herein, the peel strength may resisted by a portion of the distal end portion 10325 which is wedged inside the nose portion 10303. いずれにしても、組織がステープルカートリッジ13000と相対的に適切に位置決めされると、アンビルは、組織及び組織厚さコンペンセータ10320を支持部分10310に押し付けるために閉位置に回転させられ得る。 In any event, the tissue is relatively properly positioned the staple cartridge 13000, anvil can be rotated to the closed position in order to press the tissue and tissue thickness compensator 10320 to the support portion 10310. 少なくとも1つのこのような実施形態において、アンビルは、このアンビルがノーズ部10303の上部表面10304に接触する位置へ回転されられ得るので、結果として、アンビルは、更に回転することが阻止され得る。 In at least one such embodiment, the anvil, since the anvil may be rotated to a position in contact with the top surface 10304 of the nose portion 10303, as a result, the anvil can be prevented from further rotation. 様々な状況において、組織厚さコンペンセータ10320の上部表面10324がノーズ部10303の上部表面10304より上に位置決めされているので、上部表面10324は、アンビルが閉じるのにつれて、支持部分10310の方へ下向きに押されることができ、一部の状況において、例えば、上部表面10324は、ノーズ部10303の上部表面10304より下に押され得る。 In various circumstances, since the top surface 10324 of the tissue thickness compensator 10320 is positioned above the top surface 10304 of the nose portion 10303, an upper surface 10324, as the anvil to close, downward toward the support portion 10310 pushed by it can, in some circumstances, for example, the top surface 10324 can be pushed below the top surface 10304 of the nose portion 10303. ステープルカートリッジ10300の内部に収容されているステープルが展開され、組織厚さコンペンセータ10320が切断された後、本明細書に記載されるように、支持部分10310及びノーズ部10303は、組織厚さコンペンセータ10320の遠位端部10325がスロット10305から滑り出ることができるように、組織厚さコンペンセータ10320から離され得る。 Are staples deployed housed inside the staple cartridge 10300, after the tissue thickness compensator 10320 is disconnected, as described herein, the support portion 10310 and the nose section 10303, the tissue thickness compensator 10320 the distal end portion 10325 is to be able to slip out of the slot 10305 may be separated from the tissue thickness compensator 10320.

上述のように、例えば、アンビル10060のようなアンビルは、アンビル10060が、例えば、ステープルカートリッジ10000のようなステープルカートリッジの上部ノーズ表面10004に接触する閉位置へ回転させられ得る。 As described above, for example, an anvil, such as anvil 10060, anvil 10060, for example, may be rotated to a closed position in contact with the upper nose surface 10004 of the staple cartridge, such as staple cartridge 10000. アンビルがこのアンビルの閉位置に達すると、例えば、組織厚さコンペンセータ10020のような組織厚さコンペンセータが圧縮される量は、とりわけ組織厚さコンペンセータの非圧縮厚さ又は高さと、組織の厚さとに依存するであろう。 When the anvil reaches the closed position of the anvil, for example, the amount that the tissue thickness compensator, such as tissue thickness compensator 10020 is compressed, especially the uncompressed thickness or height of the tissue thickness compensator, and the thickness of the tissue It will depend on. 次に図42及び43を参照すると、組織厚さコンペンセータ10920は、ノーズ部10003の上部表面10004と同一平面又は少なくとも実質的に同一平面である上部表面を備えることができる。 Referring now to FIGS. 42 and 43, tissue thickness compensator 10920 can comprise a top surface which is the upper surface 10004 flush or at least substantially flush with the nose portion 10003. このような実施形態において、組織厚さコンペンセータ10920の上部表面は、ノーズ部10003の上部表面10004より下に押され得る。 In such embodiments, the top surface of the tissue thickness compensator 10920 can be pushed below the top surface 10004 of the nose portion 10003. 次に図47及び48を参照すると、例えば、組織厚さコンペンセータ10820のような組織厚さコンペンセータは、組織厚さコンペンセータ10820が組織T及びアンビル10060によって圧縮される前に、ノーズ上部表面10004より下に位置決めされ得る上部表面10821を備えることができる。 Referring now to FIG. 47 and 48, for example, tissue thickness compensator, such as tissue thickness compensator 10820, before the tissue thickness compensator 10820 is compressed by the tissue T and the anvil 10060, below the nose top surface 10004 It may comprise a top surface 10821 which may be positioned. 図45及び46に示されるように、組織Tが比較的薄い状況において、組織厚さコンペンセータ10920は、比較的僅かな圧縮しか受けないことがある。 As shown in FIGS. 45 and 46, a relatively thin circumstances tissue T, tissue thickness compensator 10920 may not undergo relatively little compression. 次に図47及び48を参照すると、組織厚さコンペンセータ10820は、組織Tが比較的厚い場合、大きな圧縮を受けることがある。 Referring now to FIGS. 47 and 48, tissue thickness compensator 10820, when tissue T is relatively thick, may be subject to significant compression. 図47及び48に示されるように、組織Tが薄いセクションとより厚いセクションとの両方を有する状況において、組織厚さコンペンセータ10820は、例えば、この組織厚さコンペンセータがより厚い組織Tの下に位置決めされているとき、より大きな量で、及び、より薄い組織Tの下に位置決めされているとき、より僅かな量で圧縮されることがある。 As shown in FIGS. 47 and 48, in situations with both thicker sections and tissue T is thin section tissue thickness compensator 10820, for example, positioning the tissue thickness compensator is below the thicker tissue T when it is, in a greater amount, and, when it is positioned under the thinner tissue T, which may be compressed in a more minor amounts. よって、上述のように、組織厚さコンペンセータは、異なる組織厚さを補償することができる。 Therefore, as described above, the tissue thickness compensator can compensate for different tissue thicknesses.

様々な実施形態において、次に図58及び59を参照すると、外科用ステープル留め器具は、一方で、ステープルカートリッジ16600を受容するように構成されたカートリッジチャンネル16670と、もう一方で、カートリッジチャンネル16670に枢動可能に連結されたアンビル16660とを備えることができる。 In various embodiments, referring now to FIGS. 58 and 59, stapling instrument for surgery, while the cartridge channel 16670 configured to receive a staple cartridge 16600, on the other hand, the cartridge channel 16670 It may comprise a pivotally linked anvil 16,660. ステープルカートリッジ16600は、支持部分16610と組織厚さコンペンセータ16620とを備えることができ、組織厚さコンペンセータ16620の遠位端部16625は、ステープルカートリッジ16600の遠位端部16602においてノーズ部16603により支持部分16610に対して解放可能に保持され得る。 Staple cartridge 16600 can comprise a support portion 16610 and the tissue thickness compensator 16620, the distal end portion 16625 of the tissue thickness compensator 16620, the support portion by the nose portion 16603 at the distal end 16602 of the staple cartridge 16600 It may be releasably held against 16610. 少なくとも一実施形態において、ノーズ部16603は、スロット16605を備えることができ、可撓性材料で構成され得る。 In at least one embodiment, the nose portion 16603 may include a slot 16605 may be configured in a flexible material. 使用中、主に図58を参照すると、ノーズ部16603は、スロット16605の開口を拡張するために下向きに撓むことができる。 In use, referring primarily to FIG. 58, the nose portion 16603 can flex downward to extend the opening of the slot 16605. 特定の実施形態において、ノーズ部16603は、ノーズ部16603に下向きに撓むことを許すように構成され得るノッチ部即ち切り抜き部16606を備えることができる。 In certain embodiments, nose portion 16603 may include a notch portion or cut-out portion 16606 may be configured to allow the flex downward into the nose portion 16603. いずれにしても、様々な状況において、スロット16605の拡張された開口は、組織厚さコンペンセータ16620の遠位端部16625をスロット16605に挿入するのを実現し易くする。 In any event, in various situations, expanded opening of the slot 16605 may be easier to achieve the insertion of the distal end portion 16625 of the tissue thickness compensator 16620 into the slot 16605. 組織厚さコンペンセータ16620が適切に位置決めされると、ノーズ部16603は、開くことができ、ノーズ部16603を構成する材料の弾性のため、図59に示されるように、ノーズ部16603は、このノーズ部の撓んでいない状態に戻る、又は、少なくとも実質的に戻ることができ、組織厚さコンペンセータ16620の遠位端部16625をデッキ表面16611に接触させて捕捉する。 The tissue thickness compensator 16620 is properly positioned, the nose portion 16603 can be opened, because of the elasticity of the material forming the nose portion 16603, as shown in FIG. 59, the nose portion 16603, the nose Back to the un-deflected position of parts, or can return at least substantially, to capture the distal end portion 16625 of the tissue thickness compensator 16620 in contact with the deck surface 16611. 使用中、上記と同様に、支持部分16610がステープル留めされた組織から離されるとき、遠位端部16625は、スロット16605から引き抜かれ得る。 In use, in the same manner as described above, when the support portion 16610 is separated from the stapled tissue, the distal end portion 16625 can be withdrawn from the slot 16605. 様々な状況において、可撓性ノーズ部16603は、組織厚さコンペンセータ16620が支持部分16610から引き離されるのにつれて歪むように構成され得る。 In various circumstances, flexible nose portion 16603, the tissue thickness compensator 16620 can be configured such distorted as from being detached from the support portion 16610. 様々な実施形態において、再び図59を参照すると、組織厚さコンペンセータ16620は、ノーズ部16603の上部表面16604と整列させられた、又は少なくとも実質的に整列させられた上部表面16621を備えることができる。 In various embodiments, referring to FIG. 59 again, the tissue thickness compensator 16620 can comprise are aligned with the upper surface 16604 of the nose portion 16603, or a top surface 16621 which is brought at least substantially aligned .

様々な実施形態において、次に図60〜61を参照すると、例えば、ステープルカートリッジ11400のようなステープルカートリッジは、支持部分11410に着脱式に取り付けられた組織厚さコンペンセータ11420を備えることができる。 In various embodiments, referring now to FIG. 60-61, for example, a staple cartridge, such as staple cartridge 11400 can comprise a tissue thickness compensator 11420 attached removably to the support portion 11410. 少なくとも一実施形態において、ステープルカートリッジ11400は、組織厚さコンペンセータ11420の縦方向側面をデッキ表面11411に対して保持するように構成され得る1本以上のリテーナバー11413を備えることができる。 In at least one embodiment, staple cartridge 11400 can comprise a longitudinal sides one or more Ritenaba 11413 which can be configured to hold against the deck surface 11411 of the tissue thickness compensator 11420. 少なくとも1つのこのような実施形態において、各リテーナバー11413は、中間にチャンネル11416を画定することができる対向するアーム11418を備えることができる。 In at least one such embodiment, each Ritenaba 11413 can comprise arms 11418 facing can define a channel 11416 in the middle. そのような実施形態において、アーム11418の一方は、組織厚さコンペンセータ11420の上に延在するように構成されることができ、もう一方のアーム11418は、支持部分11410から延在するリップ部11419の下に延在するように構成され得る。 In such embodiments, one of the arms 11418 can be configured to extend over the tissue thickness compensator 11420, the other arm 11418 is lip extending from the support portion 11410 11419 It may be configured to extend under the. 主に図60を参照すると、各リテーナバー11413のチャンネル11416は、ステープルカートリッジ11400が使用される前に、組織厚さコンペンセータ11420の縦方向側面に圧縮力を加える寸法及び構成にすることができる。 Referring now primarily to FIG. 60, the channel 11416 each Ritenaba 11413 may be prior to the staple cartridge 11400 is used, dimensioned and configured to apply a compressive force to longitudinal sides of the tissue thickness compensator 11420. 使用中、主に図61を参照すると、ステープルカートリッジ11400は、ステープルカートリッジチャネルの内部に位置決めされることができ、ステープルカートリッジ11400が適切に位置決めされると、例えば、アンビル11460のようなアンビルは、このアンビルが組織厚さコンペンセータ11420を圧縮できる位置に動かされ得る。 In use, referring primarily to FIG. 61, the staple cartridge 11400 can be positioned within the staple cartridge channel, the staple cartridge 11400 is properly positioned, e.g., the anvil such as anvil 11460, the anvil can be moved to a position capable of compressing the tissue thickness compensator 11420. 上記と同様、組織厚さコンペンセータ11420は、圧縮されたとき、横方向又は外向きに膨張し、その結果、ステープルカートリッジ11400からリテーナバー11413を取り外すことができる。 As described above, tissue thickness compensator 11420, when compressed, it expands laterally or outwardly, as a result, it is possible to remove the Ritenaba 11413 from the staple cartridge 11400. 特定のその他の実施形態において、アンビル11460を閉じることは、ステープルカートリッジからリテーナバー11413を取り外さないこと、又は、完全には取り外さないことがある。 In certain other embodiments, the closing of the anvil 11460 may not remove the Ritenaba 11413 from the staple cartridge, or may not remove completely. 少なくとも1つのこのような実施形態において、上述された、ステープルカートリッジ11400を通る発射バーの前進は、支持部分11410からステープル10030を展開することができ、同時に、組織厚さコンペンセータ11420を横方向に拡張させ、ステープルカートリッジ11400からリテーナバー11413を取り外すのに十分な圧縮力を組織厚さコンペンセータ11420に加えるためにアンビル11460とステープルカートリッジ11400とを両側から押し込んで互いに近づけることができる。 In at least one such embodiment, described above, advancement of the firing bar through the staple cartridge 11400 can be deployed staples 10030 from the support portion 11410, at the same time, it extends the tissue thickness compensator 11420 laterally are allowed, it is possible to approach each other is pushed from both sides of the anvil 11460 and the staple cartridge 11400 to apply sufficient compressive force to remove the Ritenaba 11413 from the staple cartridge 11400 to tissue thickness compensator 11420. 保持バー11413がステープルカートリッジ11400から取り外されると、支持部分11410は、埋め込まれた組織厚さコンペンセータ11420から遠ざけることができ、手術部位から除去され得る。 When the holding bar 11413 is detached from the staple cartridge 11400, support portion 11410 can be moved away from the implanted tissue thickness compensator 11420 can be removed from the surgical site.

様々な実施形態において、上記に加えて、ステープルカートリッジは、組織厚さコンペンセータをステープルカートリッジの支持部分に対して解放可能に保持するように構成された複数の締結具を備えることができる。 In various embodiments, in addition to the above, staple cartridge may comprise a plurality of fasteners configured to releasably retain the tissue thickness compensator relative to the support portion of the staple cartridge. 特定の実施形態において、支持部分は、例えば、デッキ表面に画定された複数の開口部を備えることができ、締結具は、組織厚さコンペンセータを通って延在することができ、支持部分開口部内に解放可能に保持され得る。 In certain embodiments, the support portion may, for example, may comprise a plurality of openings defined in the deck surface, the fastener passes through the tissue thickness compensator can extend, the support portion opening It may be releasably held to. 使用中、締結具は、ステープルが支持部分から徐々に発射されるのにつれて、支持部分から徐々に解放され得る。 In use, the fastener, as the staples are gradually emitted from the support portion, may gradually be released from the support portion. 少なくとも1つのこのような実施形態において、締結具は、組織厚さコンペンセータと共に埋め込むことができ、少なくとも一実施形態において、締結具は、例えば、少なくとも1つの生体吸収性材料から構成することができる。 In at least one such embodiment, the fastener can be implanted together with the tissue thickness compensator, in at least one embodiment, fastener, for example, can be composed of at least one bioabsorbable material. 特定の実施形態において、組織厚さコンペンセータが少なくとも部分的に埋め込まれた後、かつ、支持部材が埋め込まれた組織厚さコンペンセータから離されるのにつれて、締結具は、支持部分から外れることができる。 In certain embodiments, after the tissue thickness compensator is at least partially embedded, and that as a support member is separated from the tissue thickness compensator embedded, fasteners can be disengaged from the support portion. 様々な実施形態において、次に図130〜131を参照すると、例えば、ステープルカートリッジ11600のようなステープルカートリッジは、複数の締結具11613によって支持部分11610に解放可能に実装された組織厚さコンペンセータ11620を備えることができる。 In various embodiments, referring now to FIG. 130-131, for example, the staple cartridge includes a plurality of fasteners 11613 tissue thickness compensator 11620 which is releasably mounted to the support portion 11610 by such as staple cartridge 11600 it can be provided. 各締結具11613は、組織厚さコンペンセータ11620の内部に埋め込まれた及び/又はそうでなければこの組織厚さコンペンセータと係合された第1の端部11618と、支持部分11610と係合された第2の端部11618と、第1の端部11618を第2の端部11618に接続するコネクタ11616とを備えることができる。 Each fastener 11613 has a first end 11618 unless engaged with the tissue thickness compensator is embedded and / or so inside the tissue thickness compensator 11620, engaged with the support portion 11610 It may include a second end 11618 and a connector 11616 for connecting the first end 11618 to the second end 11618. 様々な実施形態において、締結具11613は、支持部分11610内に画定されたナイフスロット11615を通って延在することができる。 In various embodiments, the fastener 11613 can extend through the knife slot 11615 defined in the support portion 11610. 使用中、発射部材10052は、支持部分11610内のナイフスロット11615を通してナイフエッジを動かすことができ、支持部分11610から組織厚さコンペンセータ11620を解放するために締結具11613を切開することができる。 In use, the firing member 10052 can move the knife-edge through knife slot 11615 in the support portion 11610 can be incised fastener 11613 to release the tissue thickness compensator 11620 from the support portion 11610. 少なくとも1つのこのような実施形態において、発射バー10052は、一方で、前述のとおり、スレッド10050を遠位側に前進させ、ステープル10030を徐々に発射させるために、もう一方で、支持部分11610から組織厚さコンペンセータ11620を徐々に開くように締結具11613を徐々に切開及び/又は破壊するために、ステープルカートリッジ11600の近位端部からステープルカートリッジ11600の遠位端部に前進させられ得る。 In at least one such embodiment, the firing bar 10052, on the other hand, as described above, to advance the thread 10050 distally, in order to gradually firing staples 10030, on the other hand, the support portion 11610 to gradually incision and / or destroying the fasteners 11613 to open gradually tissue thickness compensator 11620, it can be advanced from the proximal end of the staple cartridge 11600 at a distal end of the staple cartridge 11600. 特定の実施形態において、上記と同様に、組織厚さコンペンセータ11620は、例えば、それぞれが1つ以上の締結具11613によって支持部分11610に対して保持される可能性がある複数の取り外し可能なセグメントを備えることができる。 In certain embodiments, similarly to the above, the tissue thickness compensator 11620, for example, a plurality of removable segments which may each be held against the support portion 11610 by one or more fasteners 11613 it can be provided. 図130に示されるように、発射部材10052がステープルカートリッジ11600の近位端部と遠位端部との中間で停止された場合、図131に示されるように、締結具11613は、アンビル11660が開かれ、支持部分11610が組織Tから離された後、締結具11613は、組織厚さコンペンセータ11620の埋め込まれていない部分を支持部分11610に対して保持するのを助けることができる。 As shown in FIG. 130, if the firing member 10052 is stopped in the middle of a proximal end and a distal end portion of the staple cartridge 11600, as shown in FIG. 131, the fastener 11613 is anvil 11660 opened, after the support portion 11610 is released from the tissue T, fastener 11613 can help hold the non-embedded portion of the tissue thickness compensator 11620 to the support portion 11610. 様々な実施形態において、上記に加えて、発射部材10052の刃先10053は、締結具11613を切開及び/又は破壊するように構成され得る。 In various embodiments, in addition to the above, the cutting edge 10053 of firing member 10052 may be configured fastener 11613 to dissection and / or destroyed.

様々な実施形態において、次に図132を参照すると、ステープルカートリッジは、例えば、異なった厚さを有する複数の部分を備えることができる組織厚さコンペンセータ15120のような組織厚さコンペンセータを備えることができる。 In various embodiments, referring now to FIG. 132, the staple cartridge, for example, comprise a tissue thickness compensator, such as tissue thickness compensator 15120 which can comprise a plurality of portions having different thicknesses it can. 少なくとも一実施形態において、組織厚さコンペンセータ15120は、第1の厚さを有することができる第1の、又は内側の部分15122aと、それぞれ第2の厚さを有することができ、第1の部分15122aから延在し、各々が第2の厚さを有することができる第2の、又は中間の部分15122bと、第2の部分15122bから延在し、それぞれが第3の厚さを有することができる第3の、又は中間の部分15122cとを備えることができる。 In at least one embodiment, the tissue thickness compensator 15120, the first that can have a first thickness, or the inner portion 15122A, can have a second thickness, respectively, the first portion extending from 15122A, each of the second, which may have a second thickness, or an intermediate portion 15122B, extends from the second portion 15122B, that each have a third thickness third capable of, or may comprise an intermediate portion 15122C. 少なくとも1つのこのような実施形態において、例えば、第3の厚さは、第2の厚さより厚いことがあり、第2の厚さは、第1の厚さより厚いことがあるが、その他の好適な厚さが様々なその他の実施形態において利用され得る。 In at least one such embodiment, for example, the thickness of the third, may be thicker than the second thickness, the second thickness, it is thicker than the first thickness, other suitable thickness such may be utilized in various other embodiments. 様々な実施形態において、組織厚さコンペンセータ15120の部分15122a〜15122cは、異なる厚さを有する段を備えることができる。 In various embodiments, portions 15122a~15122c tissue thickness compensator 15120 can comprise a stage having a different thickness. 少なくとも一実施形態において、上記と同様に、ステープルカートリッジは、数列のステープル10030と、ステープル10030を異なる成形高さに変形することができる、異なった高さを有する複数のステープルドライバとを備えることができる。 In at least one embodiment, similar to the above, staple cartridge includes a staple 10030 of the sequence, it is possible to deform the staples 10030 different forming height, may comprise a plurality of staple drivers having different heights it can. 更に上記と同様に、ステープルカートリッジは、上に支持されているステープル10030を第1の成形高さに駆動することができる第1のステープルドライバ15140aと、上に支持されているステープル10030を第2の成形高さに駆動することができる第2のステープルドライバ15140bと、上に支持されているステープル10030を第3の成形高さに駆動することができる第3のステープルドライバ15140cとを備えることができ、例えば、第1の成形高さは、第2の成形高さより短くすることができ、第2の成形高さは、第3の成形高さより短くすることができる。 Similar to further above, the staple cartridge includes a first staple driver 15140a which can drive the staples 10030 supported by the top to a first forming height, staples 10030 supported by the upper second a second staple drivers 15140b which can be driven forming height of, be provided with a third staple drivers 15140c can drive the staples 10030 supported by the top to a third forming height can, for example, first forming height may be shorter than the second forming height, second forming height may be less than the third forming height. 様々な実施形態において、図132に示されるように、各ステープル10030は、同一の、又は実質的に同一の未成形又は未発射の高さを備えることができる。 In various embodiments, as shown in FIG. 132, each staple 10030 is identical, or substantially may comprise the height of the same unformed or unfired. 特定のその他の実施形態において、次に図133を参照すると、第1のドライバ15140a、第2のドライバ15140b、及び/又は第3のドライバ15140cは、異なる未成形高さを有するステープルを支持することができる。 In certain other embodiments, referring now to FIG. 133, the first driver 15140A, second driver 15140B, and / or third driver 15140c is to support a staple having a different unformed heights can. 少なくとも1つのこのような実施形態において、第1のステープルドライバ15140aは、第1の未成形高さを有するステープル15130aを支持することができ、第2のステープルドライバ15140bは、第2の未成形高さを有するステープル15130bを支持することができ、第3のステープルドライバ15140cは、第3の未成形高さを有するステープル15130cを支持することができ、例えば、第1の未成形高さは、第2の未成形高さより短くすることができ、第2の未成形高さは、第3の未成形高さより短くすることができる。 In at least one such embodiment, the first staple driver 15140a may support a staple 15130a having a first unshaped height, the second staple drivers 15140b, the second unshaped high is able to support a staple 15130b having the third staple drivers 15140c, it can supporting the staples 15130c having a third unformed height, for example, a first unformed height, the can be shorter than the unformed height of 2, the second unformed height can be shorter than the third unformed height. 様々な実施形態において、再び図133を参照すると、ステープル15130a、15130b、及び/又は15130cの先端部は、同一平面に置かれることができ、又は少なくとも実質的に置かれることができ、一方、他の実施形態において、ステープル15130a、15130b、及び/又は15130cの先端部は、同一平面に置かれないことがある。 In various embodiments, referring to FIG. 133 again, staples 15130a, 15130b, and / or 15130c of the tip can be placed in the same plane, or at least substantially as it can to put, while the other in embodiments, staples 15130a, 15130b, and / or 15130c of the tip may not be placed on the same plane.

特定の実施形態において、次に図154を参照すると、上述のように、ステープルカートリッジは、ステープル15130a、15130b、及び15130cによって組織Tに対して埋め込むことができる、異なった厚さを有する複数の部分を有する組織厚さコンペンセータ15220を含むことができる。 In certain embodiments, referring now to FIG. 154, as described above, the staple cartridge includes a plurality of portions having staple 15130a, 15130b, and can be embedded with respect to the tissue T by 15130C, different thickness it can include a tissue thickness compensator 15220 with. 少なくとも一実施形態において、次に図155を参照すると、ステープル15130a、15130b、及び/又は15130cは、異なる成形高さに変形することができ、第1のステープル15130aは、第1の成形高さに変形することができ、第2のステープル15130bは、第2の成形高さに変形することができ、第3のステープル15130cは、第3の成形高さに変形することができ、例えば、第1の成形高さは、第2の成形高さより短くすることができ、第2の成形高さは、第3の成形高さより短くすることができる。 In at least one embodiment, referring now to FIG. 155, the staple 15130a, 15130b, and / or 15130c can be transformed into different forming height, the first staple 15130A is the first forming height can deform, the second staple 15130b can be deformed into a second forming height, third staple 15130c can be deformed in the third forming height, for example, the first forming height of the can be made shorter than the second forming height, second forming height may be less than the third forming height. ステープル15130a、15130b、及び15130cがその他の好適な成形高さ及び/又はその他の相対的な成形高さに成形され得る他の実施形態が考えられる。 Staples 15130a, 15130b, and 15130c are other embodiments that may be formed into other suitable molding height and / or other relative forming height considered.

前述のように、また図134を参照すると、例えば、ステープルカートリッジ10000のようなステープルカートリッジは、支持部分10010及び組織厚さコンペンセータ10020を備えることができ、複数のステープル10030は、支持部分10010に少なくとも部分的に格納され、ステープル10030がこれらの未発射位置にあるとき、組織厚さコンペンセータ10020の中へ延在することができる。 As described above, and referring to FIG. 134, for example, a staple cartridge, such as staple cartridge 10000 can comprise a support portion 10010 and the tissue thickness compensator 10020, a plurality of staples 10030 is at least a support portion 10010 partially stored, when the staple 10030 is in these unfired position, can extend into the tissue thickness compensator 10020. 様々な実施形態において、ステープル10030がこれらの未発射位置にあるとき、ステープル10030の先端部は、組織厚さコンペンセータ10020から突起しない。 In various embodiments, when the staple 10030 is in these unfired position, distal end portion of the staple 10030 does not project from the tissue thickness compensator 10020. 前述のとおり、ステープル10030がステープルドライバ10040によって未発射位置から発射済み位置に動かされるのにつれて、ステープル10030の先端部は、組織厚さコンペンセータ10020を貫通すること、及び/又は上層又は表皮10022を貫通することができる。 As described above, through as the staples 10030 is moved into fired position from the unfired position by the staple driver 10040, the distal end portion of the staple 10030 is to penetrate the tissue thickness compensator 10020, and / or the upper layer or epidermis 10022 can do. 特定の代替的な実施形態において、ステープル10030がこれらのステープルの未発射位置にあるとき、ステープル10030の先端部は、組織厚コンペンセータ10020の上部表面及び/又は表皮10022を通って突起することができる。 In certain alternative embodiments, when the staple 10030 is in the unfired position of the staple, the distal end portion of the staple 10030 can be protrusions through the top surface and / or epidermal 10022 tissue thickness compensator 10020 . いずれにしても、ステープル10030は、展開される前に支持部分10010から外へ上向きに延在しているので、同様に上述のように、支持部分に対して傾くこと及び/又は歪むことがある。 Anyway, staple 10030 Since extends upwardly from the support portion 10010 out before being expanded, similarly as described above, is and / or distorted that tilts with respect to the support portion .

様々な実施形態において、次に図140を参照すると、ステープルカートリッジは、組織厚さコンペンセータ13620と、例えば、表皮又は上層13621とを備えることができる。 In various embodiments, referring now to FIG. 140, the staple cartridge includes a tissue thickness compensator 13620, for example, may comprise a skin layer or the upper layer 13621. 少なくとも1つのこのような実施形態において、例えば、1つ以上の綿撒糸又はリテーナ13622は、表皮13621内に埋め込まれ得る。 In at least one such embodiment, for example, one or more pledgets or retainer 13622 may be embedded in the epidermis 13621. 特定の実施形態において、各リテーナ13622は、図140に示されるように、ステープル13030がこれらの未発射位置にあるとき、ステープル脚部13032若しくはステープル13030を中に受容するように構成され得る1つ以上の開口部13629が各リテーナの中に画定され得る。 In certain embodiments, the retainers 13622, as shown in FIG. 140, when the staples 13030 are in these unfired position, one that may be configured to receive therein a staple legs 13032 or staples 13030 or more openings 13629 may be defined in each retainer. 使用中、上記に加えて、ステープル脚部10032は、例えば、ステープル13030の基部13031が組織厚さコンペンセータ13620に接触し、組織厚さコンペンセータ13620の少なくとも一部分を綿撒糸13622の下部表面に押し付けるまで、ステープル13030がこれらのステープルの未発射位置から発射済み位置まで動くとき、開口部13629を通って摺動することができる。 In use, in addition to the above, staple legs 10032, for example, in contact with the base portion 13031 is tissue thickness compensator 13620 of staple 13030, at least a portion of the tissue thickness compensator 13620 until pressed against the bottom surface of the pledget 13622 when the staple 13030 moves to the fired position from the unfired position of these staples can slide through the opening 13,629. 様々な実施形態において、次に図135を参照すると、ステープルカートリッジは、組織厚さコンペンセータ13120と、例えば、表皮又は上層13122とを備えることができる。 In various embodiments, referring now to FIG. 135, the staple cartridge includes a tissue thickness compensator 13120, for example, may comprise a skin layer or the upper layer 13122. 少なくとも1つのこのような実施形態において、組織厚さコンペンセータ13120は、例えば、組織厚さコンペンセータ13120の上部表面13121から上向きに延在することができる円錐形隆起部、突出部、及び/又は突起部13128を備えることができる。 In at least one such embodiment, the tissue thickness compensator 13120, for example, conical protuberance can extend upwardly from the top surface 13121 of the tissue thickness compensator 13120, protrusions, and / or projections it can be provided with 13,128. 突出部13128は、図135に示されるように、ステープル13030がこれらの未発射位置にあるとき、ステープル13030のステープル脚部13032の先端部を受容し包み込むように構成され得る。 Protrusions 13128, as shown in FIG. 135, when the staples 13030 are in these unfired position, may be configured to wrap around to receive the distal end portion of the staple legs 13032 of the staples 13030. 上層13122は、突出部13128と整列させる、又は少なくとも実質的に整列させることができる円錐形隆起部、突出部、及び/又は突起部13129を更に備えることができる。 Upper 13122 aligns the projecting portion 13,128, or at least the conical protuberance can be substantially aligned, protrusions, and / or the protrusion 13129 may further include. 使用中、ステープル脚部10032は、突出部13128及び13129を貫通し、組織厚さコンペンセータ13120から現れることができる。 In use, the staple legs 10032 penetrates the protrusions 13128 and 13129, can emerge from the tissue thickness compensator 13120. 様々な実施形態において、次に図139を参照すると、ステープルカートリッジは、組織厚さコンペンセータ13520と、例えば、表皮又は上層13522とを備えることができる。 In various embodiments, referring now to FIG. 139, the staple cartridge includes a tissue thickness compensator 13520, for example, may comprise a skin layer or the upper layer 13522. 少なくとも1つのこのような実施形態において、表皮13522は、例えば、組織厚さコンペンセータ13520の上部表面13521から上向きに延在することができる円錐形隆起部、突出部、及び/又は突起部13529を備えることができる。 In at least one such embodiment, the epidermis 13522 includes, for example, conical ridges upward may extend from the top surface 13521 of the tissue thickness compensator 13520, protrusions, and / or a protrusion 13529 be able to. 上記と同様に、突出部13529は、図139に示されるように、ステープル13030がこれらの未発射位置にあるとき、ステープル13030のステープル脚部13032の先端部を受容し包み込むように構成され得る。 Similar to the above, the projecting portion 13,529, as shown in FIG. 139, when the staples 13030 are in these unfired position, may be configured to wrap around to receive the distal end portion of the staple legs 13032 of the staples 13030. 使用中、ステープル脚部10032は、突出部13529を貫通し、表皮13522から現れることができる。 In use, the staple legs 10032 penetrates the protrusion 13529 may appear from epidermis 13522.

様々な実施形態において、次に図136を参照すると、ステープルカートリッジは、組織厚さコンペンセータ13220と、例えば、表皮又は上層13222とを備えることができる。 In various embodiments, referring now to FIG. 136, the staple cartridge includes a tissue thickness compensator 13220, for example, may comprise a skin layer or the upper layer 13222. 少なくとも1つのこのような実施形態において、組織厚さコンペンセータ13220は、例えば、組織厚さコンペンセータ13220の上部表面13221へ下向きに延在することができる円錐形窪み部及び/又は凹部13128を備えることができる。 In at least one such embodiment, the tissue thickness compensator 13220, for example, comprise a conical recess and / or the recess 13,128 that may extend downwardly to the upper surface 13221 of the tissue thickness compensator 13220 it can. 様々な実施形態において、図136に示されるように、ステープル脚部13032の先端部は、ステープル13030がこれらの未発射位置にあるとき、凹部13128を通って延在することができる。 In various embodiments, as shown in FIG. 136, the distal end portion of the staple legs 13032 when the staples 13030 are in these unfired position, it can extend through the recess 13,128. 少なくとも一実施形態において、上層13222は、凹部13228と整列させる、又は少なくとも実質的に整列させることができる円錐形窪み部及び/又は凹部13229を更に備えることができる。 In at least one embodiment, the upper layer 13222 is aligned with the recess 13,228, or conical recess may be at least substantially aligned and / or the recess 13229 can further comprise. 様々な実施形態において、次に図137を参照すると、ステープルカートリッジは、組織厚さコンペンセータ13320と、例えば、表皮又は上層13322とを備えることができる。 In various embodiments, referring now to FIG. 137, the staple cartridge includes a tissue thickness compensator 13320, for example, may comprise a skin layer or the upper layer 13322. 少なくとも1つのこのような実施形態において、表皮13320は、組織厚さコンペンセータ13320の上部表面13321の中へ下向きに延在することができる厚い部分13329を備えることができる。 In at least one such embodiment, the skin 13320 can comprise a thicker portion 13329 which can extend downwardly into the top surface 13321 of the tissue thickness compensator 13320. 様々な状況において、図137に示されるように、この厚い部分13329は、ステープル13030が未発射位置にあるとき、ステープル13030のステープル脚部13032の少なくとも一部分を受容するように構成され得る。 In various circumstances, as shown in FIG. 137, the thick portion 13329 when the staples 13030 is in the unfired position, it may be configured to receive at least a portion of the staple legs 13032 of the staples 13030. このような実施形態において、厚い部分13329は、脚部13032が組織厚さコンペンセータ13320の反対側に位置決めされたアンビルのステープル成形ポケットと整列させられる、又は少なくとも実質的に整列させられるように、ステープル脚部13032を所定の位置に保持することができる。 In such embodiments, the thick portions 13329 are the legs 13032 are aligned with staple forming pockets of the anvil positioned opposite the tissue thickness compensator 13320, or to be brought at least substantially aligned, staples it can hold the legs 13032 in position. 様々な実施形態において、次に図138を参照すると、ステープルカートリッジは、組織厚さコンペンセータ13420と、例えば、表皮又は上層13422とを備えることができる。 In various embodiments, referring now to FIG. 138, the staple cartridge includes a tissue thickness compensator 13420, for example, may comprise a skin layer or the upper layer 13422. 少なくとも1つのこのような実施形態において、表皮13422は、組織厚さコンペンセータ13420の上部表面13421から上向きに延在することができる厚い部分13429を備えることができる。 In at least one such embodiment, the skin 13422 can comprise a thicker portion 13429 which can extend upwardly from the top surface 13421 of the tissue thickness compensator 13420. 様々な状況において、この厚い部分13429は、図138に示されるように、ステープル13030が未発射位置にあるとき、ステープル13030のステープル脚部13032の少なくとも一部分を受容するように構成され得る。 In various circumstances, the thick portion 13429, as shown in FIG. 138, when the staples 13030 is in the unfired position, may be configured to receive at least a portion of the staple legs 13032 of the staples 13030. このような実施形態において、厚い部分13429は、脚部13032が組織厚さコンペンセータ13420の反対側に位置決めされたアンビルのステープル成形ポケットと整列させられる、又は少なくとも実質的に整列させられるように、ステープル脚部13032を所定の位置に保持され得る。 In such embodiments, the thick portions 13429 are the legs 13032 are aligned with staple forming pockets of the anvil positioned opposite the tissue thickness compensator 13420, or to be brought at least substantially aligned, staples It may hold the legs 13032 in position.

様々な実施形態において、次に図141及び142を参照すると、ステープルカートリッジは、組織厚さコンペンセータ13720と、例えば、表皮又は上層13721とを備えることができる。 In various embodiments, referring now to FIGS 141 and 142, the staple cartridge includes a tissue thickness compensator 13720, for example, may comprise a skin layer or the upper layer 13721. 少なくとも1つのこのような実施形態において、組織厚さコンペンセータ13720は、例えば、組織厚さコンペンセータ13720の上部表面13721から上向きに延在することができるピラミッド形及び/又は階段状隆起部、突出部及び/又は突起部13728を備えることができる。 In at least one such embodiment, the tissue thickness compensator 13720, for example, pyramids and / or stepped ridges upward may extend from the top surface 13721 of the tissue thickness compensator 13720, protrusions and / or it can comprise a projecting portion 13,728. 突出部13728は、図142に示されるように、ステープル13030がこれらの未発射位置にあるとき、ステープル13030のステープル脚部13032の先端部を受容し包み込むように構成され得る。 Protrusions 13728, as shown in FIG. 142, when the staples 13030 are in these unfired position, may be configured to wrap around to receive the distal end portion of the staple legs 13032 of the staples 13030. 同様に、上層13721は、突出部13728と整列させる、又は少なくとも実質的に整列させることができるピラミッド形及び/又は階段状隆起部、突出部及び/又は突起部13729を備えることができる。 Similarly, the upper layer 13721 is aligned with the projecting portion 13,728, or at least pyramidal can be substantially aligned and / or stepped ridges may be provided with a projecting portion and / or projections 13729. 様々な実施形態において、表皮13721は、上層13721に接して位置決めされた組織を係合し、かつ、組織、上層13721、及び/又はステープル脚部13032の先端部の間の相対的な横方向及び/又は縦方向運動を阻止する、又は少なくとも制限するように構成され得る突出部13729から上向きに延在する1つ以上の歯13727を更に備えることができる。 In various embodiments, the epidermis 13721 engages the tissue positioned in contact with the upper layer 13721, and tissue, relative lateral and between the upper layer 13721, and / or tip of the staple legs 13032 / or longitudinal movement to prevent, or one or more teeth 13727 extending upwardly from the projecting portions 13729 which can be configured to at least limit can further comprise. 使用中、ステープル脚部13032は、ステープル13030がこれらのステープルの未発射位置から発射済み位置へ動かされるのにつれて、突出部13728及び13729を貫通し、組織厚さコンペンセータ13720から現れることができる。 In use, the staple legs 13032 are as the staples 13030 is moved from the unfired position of the staple to the fired position, through the protrusions 13728 and 13729, can emerge from the tissue thickness compensator 13720. 様々な実施形態において、次に図143及び144を参照すると、ステープルカートリッジは、組織厚さコンペンセータ13820と、例えば、表皮又は上層13821とを備えることができる。 In various embodiments, referring now to FIGS 143 and 144, the staple cartridge includes a tissue thickness compensator 13820, for example, may comprise a skin layer or the upper layer 13821. 少なくとも1つのこのような実施形態において、組織厚さコンペンセータ13820は、例えば、組織厚さコンペンセータ13820の上部表面13821から上向きに延在することができるピラミッド形及び/又は階段状隆起部、突出部及び/又は突起部13828を備えることができる。 In at least one such embodiment, the tissue thickness compensator 13820, for example, pyramids and / or stepped ridges upward may extend from the top surface 13821 of the tissue thickness compensator 13820, protrusions and / or it may comprise a protrusion 13828. 突出部13828は、図144に示されるように、ステープル13030がこれらの未発射位置にあるとき、ステープル13030のステープル脚部13032の先端部を受容し包み込むように構成され得る。 Protrusions 13828, as shown in FIG. 144, when the staples 13030 are in these unfired position, may be configured to wrap around to receive the distal end portion of the staple legs 13032 of the staples 13030. 同様に、上層13821は、突出部13828と整列させる、又は少なくとも実質的に整列させることができるピラミッド形及び/又は階段状隆起部、突出部及び/又は突起部13829を備えることができる。 Similarly, the upper layer 13821 is aligned with the protrusion 13828, or at least pyramidal can be substantially aligned and / or stepped ridges may be provided with a projecting portion and / or projections 13829. 様々な実施形態において、上層13821は、例えば、上層13821と組織厚さコンペンセータ13820との間の相対的な横方向及び/又は縦方向運動を阻止する、又は少なくとも制限するように構成され得る組織厚さコンペンセータ13820の中へ下向きに延在する1つ以上の歯13827を更に備えることができる。 In various embodiments, the upper layer 13821, for example, to prevent relative lateral and / or longitudinal motion between the upper layer 13821 and the tissue thickness compensator 13820, or tissue thickness which may be configured to at least limit can further comprise one or more teeth 13827 extending downwardly into the compensator 13820. 使用中、ステープル脚部10032は、ステープル13030がこれらのステープルの未発射位置から発射済み位置へ動かされるのにつれて、突出部13828及び13829を貫通し、組織厚さコンペンセータ13820から現れることができる。 In use, the staple legs 10032 are as the staples 13030 is moved from the unfired position of the staple to the fired position, through the protrusions 13828 and 13829, can emerge from the tissue thickness compensator 13820.

様々な実施形態において、次に図145を参照すると、ステープルカートリッジは、例えば、中に画定された畝部13923及び谷部13924を含むことができる組織厚さコンペンセータ13920のような組織厚さコンペンセータを備えることができ、少なくとも一実施形態において、谷部13924は畝部13923の間に画定できる。 In various embodiments, referring now to FIG. 145, the staple cartridge, for example, a tissue thickness compensator, such as tissue thickness compensator 13920 which may include ridges 13923 and valleys 13924 defined therein it can comprise, in at least one embodiment, the valleys 13924 can be defined between the ridge 13 923. 様々な実施形態において、各畝部13923は、同一の高さ、実質的に同一の高さ、又は異なった高さを備えることができる。 In various embodiments, the ridges 13923 are the same height, may comprise substantially the same height, or a different height. 同様に、各谷部13924は、同一の深さ、実質的に同一の深さ、又は異なった深さを備えることができる。 Similarly, the valleys 13924, the same depth may be provided substantially the same depth, or different depth. 様々な実施形態において、複数のステープル13030は、ステープル13030の先端部が畝部13923の内部に位置決めされ得るように、組織厚さコンペンセータ13920の内部に少なくとも部分的に格納することができる。 In various embodiments, a plurality of staples 13030 can be tip of the staple 13030 can as can be positioned within the ridge 13 923 stores at least partially inside the tissue thickness compensator 13920. 少なくとも1つのこのような実施形態において、ステープル13030のステープル脚部13032は、例えば、ステープル13030がこれらのステープルの未発射位置に格納されているとき、組織厚さコンペンセータ13920、及び/又は組織厚さコンペンセータ13920に取り付けられた表皮又は上層13921から突起しないことがある。 In at least one such embodiment, the staple legs 13032 of the staples 13030, for example, when a staple 13030 is stored in the unfired position of these staples, tissue thickness compensator 13920, and / or tissue thickness it may not protrude from the skin or upper 13921 attached to the compensator 13920. 様々な実施形態において、畝部13923及び/又は谷部13924は、ステープルカートリッジを横断して横方向に延在することができる。 In various embodiments, ridges 13923 and / or valleys 13924 can extend laterally across the staple cartridge. 少なくとも1つのこのような実施形態において、ステープルカートリッジは、縦方向ナイフスロットを備えることができ、畝部13923及び谷部13924は、ナイフスロットを横断する、及び/又はナイフスロットに垂直である方向に延在することができる。 In at least one such embodiment, the staple cartridge may comprise a longitudinal knife slot, ridges 13923 and valleys 13924 traverses the knife slot, and / or in the direction perpendicular to the knife slot it is possible to extend. 様々な状況において、畝部13923は、ステープル13030がこれらのステープルの未発射位置から発射済み位置へ動かされるまで、ステープル脚部13032の先端部を所定の位置に保持するように構成され得る。 In various circumstances, ridges 13923 until the staples 13030 is moved from the unfired position of the staple to the fired position, it may be configured to hold the distal portion of the staple legs 13032 in position. 様々な実施形態において、次に図146を参照すると、組織厚さコンペンセータ、及び/又は組織厚さコンペンセータを覆う表皮は、縦方向畝部及び/又は谷部を備えることができる。 In various embodiments, referring now to FIG. 146, the skin covering the tissue thickness compensator, and / or tissue thickness compensator may comprise a longitudinal ridges and / or valleys. 少なくとも1つのこのような実施形態において、組織厚さコンペンセータは、畝部14023及び谷部14024により画定された上部表面を備えることができ、谷部14024は、例えば、畝部14023の間に画定され得る。 In at least one such embodiment, the tissue thickness compensator may comprise a top surface defined by ridges 14023 and valleys 14024, valleys 14024, for example, is defined between the ridges 14023 obtain. 様々な実施形態において、組織厚さコンペンセータは、ステープル脚部13032を受容するようにそれぞれが構成された、表皮の中に画定された複数の開口部14029を備えることができる表皮14021を備えることができる。 In various embodiments, the tissue thickness compensator, comprise a skin 14021, which can comprise respectively to receive the staple legs 13032 is configured, a plurality of openings 14029 defined within the epidermis it can. 特定の実施形態において、開口部14029は、畝部14023の中に画定することができ、ステープル脚部13032の先端部は、畝部14029の頂点14028より下に位置決めされ、頂点14028と同一平面に位置決めされ、及び/又は頂点14028より上に位置決めされ得る。 In certain embodiments, the openings 14029 may be defined within the ridges 14023, the tip of the staple legs 13032 are positioned below the apex 14028 ridge portion 14029, in the same plane and the vertex 14028 It is positioned, and / or may be positioned above the the apex 14028. 特定の実施形態において、上記に加えて、又は上記の代わりに、開口部14029は、例えば、谷部14024の中に画定され得る。 In certain embodiments, in addition to the above, or in place of the openings 14029 may, for example, may be defined in the valleys 14024. 特定の実施形態において、各開口部は、例えば、開口部を取り囲む表皮及び/又は組織厚さコンペンセータを補強することができる浮き出し部によって取り囲まれる、又は少なくとも部分的に取り囲まれ得る。 In certain embodiments, each opening may, for example, it is surrounded by the embossed portion can be reinforced skin and / or tissue thickness compensator surrounding the opening, or at least partially surrounded. いずれにしても、上記に加えて、表皮14021は、例えば、少なくとも1つの接着剤を使用することを含むその他の適当な方法で組織厚さコンペンセータに取り付けられ得る。 Anyway, in addition to the above, the epidermis 14021, for example, may be attached to a thickness compensator tissue other suitable methods, including the use of at least one adhesive.

様々な実施形態において、次に図148を参照すると、使い捨ての装填ユニット15900は、例えば、アンビル15960とステープルカートリッジチャンネル15970とを備えることができ、ステープルカートリッジチャンネル15970は、アンビル15960と相対的に回転することができる。 In various embodiments, referring now to FIG. 148, the loading unit 15900 of the disposable, for example, can comprise an anvil 15960 and the staple cartridge channel 15970, staple cartridge channel 15970 is relatively rotated with the anvil 15960 can do. 少なくとも1つのこのような実施形態において、アンビル15960は、回転できないことがある。 In at least one such embodiment, the anvil 15960 may not be rotated. 特定の実施形態において、組織は、アンビル15960とステープルカートリッジチャンネル15970との間に位置決めされることができ、その後、ステープルカートリッジチャンネル15970は、組織をアンビルに対してクランプするために組織に向かって回転させられ得る。 In certain embodiments, the tissue can be positioned between the anvil 15960 and the staple cartridge channel 15970, then, the staple cartridge channel 15970 is tissue towards the tissue to clamp against the anvil rotation It may be allowed. 少なくとも1つのこのような実施形態において、使い捨ての装填ユニット15900は、組織に接触するように構成され得る組織厚さコンペンセータ15920を更に備えることができる。 In at least one such embodiment, the loading unit 15900 of the disposable may further comprise a tissue thickness compensator 15920 which can be configured to contact tissue.

様々な実施形態において、次に図149〜151を参照すると、使い捨ての充填ユニット12900は、支持部分12610に着脱式に取り付けられ得る下部部分12922と、アンビル12560に着脱式に取り付けられ得る上部部分12990と、下部部分12922及び上部部分12990を接続する可撓性継手12991とを含む、装填アセンブリを備えることができる。 In various embodiments, referring now to FIG. 149-151, filling unit 12900 disposable includes a lower portion 12922 which can be attached removably to the support portion 12610, an upper portion may be attached removably to the anvil 12560 12990 When, it may include a flexible joint 12991 that connects the lower portion 12922 and the upper portion 12990 includes a loading assembly. 上記と同様に、縦方向保持レール12825は、下部部分12922が支持部分12610に対して解放可能に保持され得るように、下部部分12922から下向きに、かつ、支持部分12610内に画定されたナイフスロット12615の中へ延在することができる。 Similar to the above, longitudinal retaining rails 12 825, like the lower portion 12922 can be releasably retained with respect to the support portion 12610, downwardly from the lower portion 12922, and a knife slot defined within the support portion 12610 it is possible to extend into the 12615. 同様に、縦方向保持レール12995は、上部部分12990がアンビル12560に対して解放可能に保持され得るように、上部部分12990から上向きに、アンビル12560内に画定されたナイフスロットの中へ延在することができる。 Similarly, longitudinal retaining rails 12 995, like upper portion 12990 can be releasably held against the anvil 12560, upwardly from the upper portion 12990 and extends into the knife slot defined within the anvil 12560 be able to. 図150及び151に示されるように、組織厚さコンペンセータ12620は、装填アセンブリの下部部分12922に実装されることができ、支持部分12610と相対的に組織厚さコンペンセータ12620を位置決めするために、臨床医は、上部部分12990と下部部分12922を互いの方へ撓ませることができ、アンビル12560と支持部分12610との間に装填アセンブリを位置決めすることができ、装填アセンブリが弾性的に膨張し、上部部分12990をアンビル12560に対して付勢させ、下部部分12922を支持部分12610に対して付勢させることができるように、撓んだ装填アセンブリを解放することもできる。 As shown in FIGS. 150 and 151, the tissue thickness compensator 12620 can be mounted in the lower portion 12922 of the loading assembly, in order to position the relatively tissue thickness compensator 12620 and the support portion 12610, clinical medical may deflect the upper portion 12990 and the lower portion 12922 toward each other, it is possible to position the loading assembly between the anvil 12560 and the support portion 12610, loading assembly expands elastically, upper the portion 12990 is urged against the anvil 12560, so it is possible to bias the lower portion 12,922 with respect to the support portion 12610, it is also possible to release the loading assembly deflected.

様々な実施形態において、次に図152を参照すると、例えば、ステープルカートリッジ14900のようなステープルカートリッジは、支持部分14910と、加えて、支持部分14910に接して位置決めされた組織厚さコンペンセータ14920とを備えることができる。 In various embodiments, referring now to FIG. 152, for example, a staple cartridge, such as staple cartridge 14900 includes a support portion 14910, in addition, a support portion 14910 tissue thickness compensator positioned in contact with the 14920 it can be provided. 上記と同様に、支持部分14910は、ステープルカートリッジ14900の反対側に位置決めされたアンビル10060のようなアンビルの方に、支持部分14910の内部に少なくとも部分的に位置決めされたステープル、例えば、ステープル10030を持ち上げるために、ステープル展開スレッドによって上向きに持ち上げられ得るステープルドライバを備えることができる。 As above, the support portion 14910 is towards the anvil such as anvil 10060 positioned opposite the staple cartridge 14900, at least partially positioned staple inside the support portion 14910, for example, the staples 10030 to lift may comprise a staple driver which can upwardly lifted by staple deploying thread. 特定の実施形態において、支持部分14910は、例えば、2列の外側ステープル空洞の列、2列の内側ステープ空洞の列、及び、内側の列と外側の列との中間に位置決めされた2列の中間ステープル空洞の列のような6列のステープル空洞を備えることができ、アンビル10060は、ステープル空洞に整合させられた、又は少なくとも実質的に整列させられた6列の成形ポケット10062を備えることができる。 In certain embodiments, the support portion 14910, for example, two rows row of outside staple cavities of two rows column inside Suthep cavity, and, two rows positioned intermediate the inner row and outer row may comprise six columns staple cavities, such as rows of the intermediate staple cavity, the anvil 10060, it was matched to the staple cavities, or be provided with six rows of forming pockets 10062 which is brought at least substantially aligned it can. 様々な実施形態において、内側ステープル空洞の列は、その中に位置決めされたステープルドライバ14940aを含むことができ、中間ステープル空洞の列は、その中に位置決めされたステープルドライバ14940bを含むことができ、外側ステープル空洞の列は、その中に位置決めされたステープルドライバ14940cを含むことができ、ステープルドライバ14940aのそれぞれは、ステープル10030を支持するように構成された受台14949aを含むことができ、ステープルドライバ14940bのそれぞれは、ステープル10030を支持するように構成された受台14949bを含むことができ、ステープルドライバ14940cのそれぞれは、ステープル10030を支持するように構成された受台14949c In various embodiments, the rows of inside staple cavities can include staple drivers 14940a positioned therein, rows of intermediate staple cavities can include staple drivers 14940b positioned therein, row of outside staple cavities, it can include a staple driver 14940c positioned therein, each of the staple driver 14940A, it can include a configured cradle 14949a to support a staple 10030, staple drivers each 14940B, can include a configured cradle 14949b to support a staple 10030, each staple driver 14940C, cradle 14949c configured to support a staple 10030 含むことができる。 It can be included. これらの未発射位置において、即ち、ステープルドライバ14940a〜14940cが、支持部分14910の下に延在するドライバ支持台14926に着座しているとき、ステープルドライバ14940aの受台14949aは、ステープルドライバ14940bの受台14949b及びステープルドライバ14940cの受台14949cよりアンビル10060の近くに位置決めされ得る。 In these non-firing position, i.e., when the staple driver 14940a~14940c is seated in the driver support 14926 extending beneath the support portion 14910, cradle 14949a of staple drivers 14940a is received in the staple drivers 14940b It may be positioned near the anvil 10060 from cradle 14949c platform 14949b and staple driver 14940C. このような位置において、第1の成形距離は、受台14949aと、受台14949aの上に位置決めされた成形ポケット10062との間に画定することができ、第2の成形距離は、受台14949bと、受台14949bの上に位置決めされた成形ポケット10062との間に画定することができ、第3の成形距離は、受台14949cと、受台14949cの上に配置された成形ポケット10062との間に画定することができ、様々な実施形態において、例えば、第1の成形距離は、第2の成形距離より短くすることができ、第2の成形距離は、第3の成形距離より短くすることができる。 In such a position, the first forming distance, the cradle 14949A, can be defined between the forming pockets 10062 positioned on the cradle 14949A, the second forming distance, cradle 14949b When, can be defined between the forming pockets 10062 positioned on the cradle 14949B, third forming distance of the pedestal 14949C, the forming pockets 10062 disposed on the cradle 14949C can be defined between, in various embodiments, for example, first forming distance may be shorter than the second forming distance, the second forming distance is shorter than the third forming distance of be able to. ステープルドライバ14940a〜14940cがこれらの未発射位置(図152)からこれらの発射済み位置へ動かされるとき、各ステープルドライバ14940a〜14940cは、第1のドライバ14940aがそれぞれのステープル10030を第1の成形高さに駆動し、第2のドライバ14940bがそれぞれのステープル10030を第2の成形高さに駆動し、第3のドライバ14940cがそれぞれのステープル10030を第3の成形高さに駆動するように、ステープル展開スレッドによりアンビル10060に向けて等距離、又は少なくとも実質的に等距離だけ上向きに移動させることができ、例えば、第1の成形高さは、第2の成形高さより短くすることができ、第2の成形高さは、第3の成形高さより短くすることが When the staple driver 14940a~14940c is to be moved from these non-firing position (FIG. 152) to those fired position, the staple driver 14940a~14940c the first driver 14940a is a respective staple 10030 first forming height driven to be, as the second driver 14940b drives each staple 10030 to a second forming height, the third driver 14940c drives each staple 10030 to a third forming height, staple equidistant towards the anvil 10060 by deploying a thread, or at least substantially can be moved only upward equidistant, for example, first forming height may be shorter than the second forming height, second forming height of 2 be shorter than the third forming height きる。 Kill. 第1のステープルドライバ14940aが第1の距離だけ上向きに移動させられ、第2のステープルドライバ14940bが第2の距離だけ上向きに移動させられ、第3のステープルドライバ14940cが第3の距離だけ上向きに移動させられ、第1の距離、第2の距離、及び第3の距離のうち1つ以上が異なる可能性がある様々な他の実施形態が考えられる。 First staple drivers 14940a is moved upwardly a first distance, the second staple drivers 14940b is moved upwards by a second distance, upwardly third staple drivers 14940c only third distance brought moved, the first distance, the second distance, and various other embodiments in which one or more may be different among the third distance can be considered.

様々な実施形態において、再び図152を参照すると、支持部分14910のデッキ表面14911は、アンビル10060の組織接触表面10061に関して高さが変動する可能性がある。 In various embodiments, referring to FIG. 152 again, the deck surface 14911 of the support portion 14910 is likely to height with respect to the tissue contacting surface 10061 of the anvil 10060 fluctuates. 特定の実施形態において、この高さの変動は、横方向に生じることがあり、少なくとも一実施形態において、例えば、内側ステーブル空洞の列を取り囲むデッキ表面14911の高さは、外側ステープル空洞の列を取り囲むデッキ表面14911の高さより高くすることができる。 In certain embodiments, the variation of the height may occur in the transverse direction, in at least one embodiment, for example, the height of the deck surface 14911 which surrounds the column of inner stable cavity rows of outer staple cavities it can be higher than the height of the deck surface 14911 which surrounds the. 様々な実施形態において、組織厚さコンペンセータ14920の下部表面14922は、支持部分14910のデッキ表面14911に平行、又は少なくとも実質的に平行であるように構成され得る。 In various embodiments, the lower surface 14922 of the tissue thickness compensator 14920 can be configured to parallel or at least substantially parallel to the deck surface 14911 of the support portion 14910. 上記に加えて、組織厚さコンペンセータ14920は、厚さも変動する可能性があり、少なくとも一実施形態において、組織厚さコンペンセータ14920の上部又は組織接触表面14921は、この表面の外側又は側方エッジから内向きに傾斜することができる。 In addition to the above, the tissue thickness compensator 14920 are likely to vary even thickness, in at least one embodiment, the top or tissue contacting surface 14921 of the tissue thickness compensator 14920 from the outer or lateral edges of the surface it can be inclined inwardly. 少なくとも1つのこのような実施形態において、上記の結果として、組織厚さコンペンセータ14920は、例えば、内側ステープル空洞の列の上に位置決めされた領域内で薄くすることができ、外側ステープル空洞の列の上に位置決めされた領域内で厚くすることができる。 In at least one such embodiment, as a result of the above, the tissue thickness compensator 14920, for example, can be made thin in positioned over the row of inside staple cavity region, the outer staple cavities of the column it can be thickened by being positioned in the upper region. 様々な実施形態において、次に図153を参照すると、支持部分15010のデッキ表面は、例えば、階段状デッキ表面を備えることができ、例えば、階段状表面の最も高い段は、内側ステープル空洞の列を取り囲むことができ、階段状表面の最も低い段は、外側ステープル空洞の列を取り囲むことができる。 In various embodiments, referring now to FIG. 153, the deck surface of the support portion 15010, for example, can comprise a stepped deck surface, for example, the highest stage of the stepped surface, the rows of inside staple cavity You can surround the lowest stage of the stepped surface can surround a row of outside staple cavity. 少なくとも1つのこのような実施形態において、中間高さを有する段は、中間ステープル空洞の列を取り囲むことができる。 In at least one such embodiment, stages with intermediate heights may surround the column intermediate the staple cavities. 特定の実施形態において、例えば、組織厚さコンペンセータ15020のような組織厚さコンペンセータは、支持部分15010のデッキ表面に平行であり、このデッキ表面に当接することができる下部表面を備えることができる。 In certain embodiments, for example, tissue thickness compensator, such as tissue thickness compensator 15020 is parallel to the deck surface of the support portion 15010 can comprise a bottom surface which can abut the deck surface. 少なくとも一実施形態において、組織厚さコンペンセータの上部又は組織接触表面15021は、例えば、弓状面、放物面、及び/又は曲面を備えることができ、この面は、少なくとも1つのこのような実施形態において、例えば、頂点がステープルカートリッジ15000の中心と整列させられた、又は少なくとも実質的に整列させられた状態で、組織厚さコンペンセータ15020の第1の側面から組織厚さコンペンセータ15020の第2の側面まで延在することができる。 In at least one embodiment, the top or tissue contacting surface 15021 of the tissue thickness compensator, for example, arcuate surface may comprise a paraboloid, and / or a curved surface, this surface, at least one such embodiment in the form, for example, vertices are aligned with the center of the staple cartridge 15000, or at least substantially aligned so obtained state, from a first side of the tissue thickness compensator 15020 tissue thickness compensator 15020 second it can extend to the side faces.

様々な実施形態において、上記に加えて、ステープルカートリッジ10000のステープル発射スレッド10050は、他の所で示された発射部材を用いて、図161及び162に示されるように、ステープルカートリッジ10000の近位端部からステープルカートリッジの遠位端部10002に向かって動かされ得る。 In various embodiments, in addition to the above, staple firing sled 10050 of the staple cartridge 10000, using a firing member shown elsewhere, as shown in FIGS. 161 and 162, proximal of the staple cartridge 10000 from the end portion can be moved toward the distal end portion 10002 of the staple cartridge. スレッド10050が前進させられるのにつれて、スレッド10050は、ステープルドライバ10040に接触し、ステープルカートリッジ10000のカートリッジ本体10010内に画定されたステープル空洞10012の内部で上向きにステープルドライバ10040を持ち上げられ得る。 As the thread 10050 is advanced, the thread 10050 is in contact with the staple driver 10040, may upwardly lifted the staple driver 10040 within the staple cavities 10012 defined in the cartridge body 10010 of the staple cartridge 10000. 少なくとも一実施形態において、スレッド10050及びステープルドライバ10040は、それぞれが、ステープルドライバ10040及びステープルドライバに支持されたステープルをこれらのステープルの未発射位置から上向きに動かすために協働することができる1つ以上の斜面若しくは傾斜面を備えることができる。 In at least one embodiment, thread 10050 and the staple driver 10040, respectively, one of the support staple to the staple driver 10040 and the staple driver can cooperate to move upwardly from unfired position of these staples it can comprise more than slopes or inclined surfaces. ステープルカートリッジ10000は、カートリッジ本体10010の下部を少なくとも部分的に取り囲むことができ、かつ、カートリッジ本体10010の内部にステープルドライバ10040を少なくとも部分的に収容することができる受け皿10027を更に備えることができる。 Staple cartridge 10000, the lower portion of the cartridge body 10010 can be at least partially surrounds, and the pan 10027 which can at least partially accommodate the staple driver 10040 in the interior of the cartridge body 10010 can further comprise. カートリッジ本体10010は、このカートリッジ本体内に画定され、発射部材がステープルカートリッジ10000を通過するのにつれて発射部材を少なくとも部分的に受容するように構成され得る縦方向スロット10016を更に備えることができる。 The cartridge body 10010 is defined in the cartridge body may further comprise a longitudinal slot 10016 firing member can be configured to at least partially receiving the firing member as to pass through the staple cartridge 10000.

次に図163を参照すると、ステーブルカートリッジ本体10010の内部に収容されたステープルは、ステープルカートリッジ10000の近位端部10001と遠位端部10002との間で順次発射させられ得る。 Referring now to FIG. 163, the staples housed within the stable cartridge body 10010 can be brought sequentially fired between the proximal end portion 10001 and the distal end portion 10002 of the staple cartridge 10000. 様々な実施形態において、ステープルカートリッジ10000は、例えば、所定の方法でステープルを発射することができるステープルドライバ10040a、10040b、及び10040cを備えることができる。 In various embodiments, the staple cartridge 10000, for example, staple drivers 10040a can then fire the staples in a predetermined manner, can be provided 10040B, and 10040C. 例として、ステープルカートリッジ10000は、縦方向スロット10016の第1の側面に位置決めされた近位ドライバ10040cと、スロット10016の第2の、又は反対側の側面に位置決めされた第2の近位ドライバ10040cとを備えることができる。 As an example, staple cartridge 10000, a proximal driver 10040c positioned on a first side of the longitudinal slot 10016, the second slot 10016, or second proximal driver 10040c positioned on the opposite side it can be provided with a door. 各ドライバ10040cは、2つのステープル、即ち、2つの最も近位側にあるステープルを同時に発射するように構成され得る。 Each driver 10040c are two staples, i.e., the staples in the two most proximal be configured to fire simultaneously. このようなステープルは、10012cで示されたステープル空洞内に位置決めされる。 Such staples are positioned at the indicated staple cavity at 10012C. 実際には、スロット10016の各側面にある10012cで示された2つのステープル空洞のうち、このようなステープル空洞10012cは、10013cで示された遠位ステープル空洞と、近位ステープル空洞10014cとを備えることができる。 In fact, one of the two staple cavities indicated by 10012c on each side of the slot 10016, such staple cavities 10012c comprises a distal staple cavity indicated by 10013C, and a proximal staple cavity 10014c be able to. 読者は、ステープル空洞10013cがステープル空洞10014cと異なったステープル列内に位置決めされることを理解するであろう。 The reader will understand that the staple cavity 10013c are positioned at different staples in a column with the staple cavity 10014C. 実際には、ステープル空洞10013c及び10014cは、第3の最も外側のステープル列がドライバ10040cによって発射されるステープルを有しない状態で、2つの最も内側のステープル列内に位置することがある。 In practice, the staple cavities 10013c and 10014c may be a third outermost row of staples in a state having no staples are fired by the driver 10040C, located within two innermost rows of staples. その上に、ステープルカートリッジ10000は、縦方向スロット10016の第1の側面に位置決めされた中間ドライバ10040bと、スロット10016の第2の、又は反対側の側面に位置決めされた第2の中間ドライバ10040bとを備えることができる。 Thereon, staple cartridge 10000, an intermediate driver 10040b positioned on a first side of the longitudinal slot 10016, the second slot 10016, or a second intermediate driver 10040b positioned on the opposite side it can be provided with. 各ドライバ10040bは、3つのステープルを同時に発射するように構成され得る。 Each driver 10040b may be configured to fire three staples at the same time. このようなステープルは、10012bで示されたステープル空洞内に位置決めされる。 Such staples are positioned at the indicated staple cavity in 10012B. 実際には、スロット10016の各側面にある10012bで示された3つのステープル空洞のうち、このようなステープル空洞10012bは、10013bで示された遠位ステープル空洞と、中間ステープル空洞10014bと、遠位ステープル空洞10015bとを備えることができる。 In fact, of the three staple cavities indicated by 10012b on each side of the slot 10016, such staple cavities 10012b includes a distal staple cavity indicated by 10013b, an intermediate staple cavity 10014B, distal It may comprise a staple cavity 10015B. 読者は、ステープル空洞10013b、10014b、及び10015bが異なったステープル列に全て位置決めされることを更に理解するであろう。 The reader will further appreciate staple cavity 10013b, 10014B, and that the 10015b is positioned all different row of staples. その上に、ステープルカートリッジ10000は、縦方向スロット10015の第1の側面に位置決めされた遠位ドライバ10040aと、スロット10015の第2の、又は反対側の側面に位置決めされた第2の遠位ドライバ10040aとを備えることができる。 Thereon, staple cartridge 10000, a distal drivers 10040a positioned on a first side of the longitudinal slot 10015, the second slot 10015, or a second distal driver positioned in the opposite side it can be provided and 10040a. 各ドライバ10040aは、4つのステープルを同時に発射するように構成され得る。 Each driver 10040a may be configured to fire four staples simultaneously. このようなステープルは、10012aで示されたステープル空洞内に位置決めされる。 Such staples are positioned at the indicated staple cavity in 10012A. 実際には、スロット10016の各側面にある10012aで示された4つのステープル空洞のうち、このようなステープル空洞10012aは、10013aで示された2つの遠位ステープル空洞と、中間ステープル空洞10014aと、遠位ステープル空洞10015aとを備えることができる。 In fact, among the four staple cavities indicated by 10012a on each side of the slot 10016, such staple cavities 10012a includes two distal staple cavity indicated by 10013A, the intermediate staple cavity 10014A, It may comprise a distal staple cavity 10015A. 読者は、ステープル空洞10013a、10014a、及び10015aが縦方向スロット10016の側面にある3列のステープル列全体に亘って延在する配列に全て位置決めされることを更に理解するであろう。 Readers, staple cavities 10013a, 10014a, and 10015a would further appreciate that it is all positioned in the extending arranged over the entire rows of staples in three rows on the sides of the longitudinal slot 10016. 実際には、カートリッジ本体10010の内部の最も遠位側の空洞10013aの内部に位置決めされた最も遠位側のステープルは、内側のステープル列及び外側のステープル列に位置決めされ、内側のステープル空洞列と外側のステープル空洞列との間に位置決めされた中間列において最も遠位側のステープル空洞10014aに関して遠位側に延在する。 In fact, the most distal staples positioned within the cavity 10013a of the distal-most interior of the cartridge body 10010 is positioned inside the staple rows and the outer row of staples, and the inside of the staple cavities column extending distally with respect to the distal-most staple cavity 10014a in intermediate rows positioned between the outer staple cavities column. 少数のステープルドライバ10040a、10040b、及び10040cだけが前述されているが、ステープルカートリッジ10000は、ステープル空洞からステープルを放出するためにいくつかの適当な数のステープルドライバを備えることができる。 Few staple drivers 10040a, 10040b, and 10040c but is above, staple cartridge 10000 can comprise a number of appropriate number of staple drivers to release the staples from the staple cavities. このようなステープルは、2つ、3つ、4つ、及び/又はそれ以上のステープルを同時に放出することができる。 Such staples, 2, 3, 4, and / or more staples can be released at the same time. 特に図18を参照すると、ステープルカートリッジは、例えば、2つのステープルを下から支持するように構成された1つ以上のステープドライバ41040a、例えば、3つのステープルを下から支持するように構成された1つ以上のドライバ41040b、及び/又は4つのステープルを下から支持するように構成された1つ以上のステープルドライバ41040cを備えることができる。 With particular reference to Figure 18, the staple cartridge, for example, one or more stapling driver 41040a that the two staples are configured to support from below, for example, is configured with three staples so as to support from below 1 one or more drivers 41040B, and / or four staples can include one or more staple driver 41040c, which is configured to support from below. 様々な実施形態において、カートリッジの内部に収容された最後の、又は最も遠位側のドライバは、ステープル行の中に最後のステープルを保持することができる2つの遠方支持受台41041cを含むことができるドライバ41040cを備えることができる。 In various embodiments, the last housed inside the cartridge, or the most distal of the drivers include two distal support cradles 41041c capable of holding the last staple in the staple line it may comprise a driver 41040C. 例として、ドライバ41040a〜cは、6行のステープル行においてステープルを支持し、ドライバ41040cは、これらの行のうち4行において最後のステープルを支持する。 As an example, the driver 41040a~c supports a staple in the staple rows 6 rows, driver 41040c support the last staple in four rows of these rows. このようなステープルは、長手軸に沿って延在する切断経路に垂直である軸に沿って整列させられ得る、又は少なくとも実質的に整列させられ得る。 Such staples can be aligned along an axis which is perpendicular to the cutting path extending along the longitudinal axis, or may be allowed to at least substantially aligned. このようなステープルは、これらの配置構成のため、様々な止血上の利点を提供することができる。 Such staples, for these arrangements, it is possible to provide advantages on various hemostasis. その他の2行のステープル行における最後のステープルは、受台41041bによって支持され得る。 The last staple in other two rows of staples rows can be supported by the cradle 41041B.

様々な実施形態において、外科用ステープラのためのステープルカートリッジは、例えば、ステープルカートリッジのステープルデッキに配置された、組織厚さコンペンセータ、及び/又は、バトレス材料のような層を含むことができる。 In various embodiments, the staple cartridge for a surgical stapler, for example, disposed on the staple deck of the staple cartridge, tissue thickness compensator, and / or may include a layer such as buttresses material. 使用中、この層及び患者組織は、ステープルが発射されたとき、ステープルによって捕捉され得る。 During use, this layer and patient tissue when the staples have been fired, may be captured by a staple. 次に、この層は、外科用ステープラから分離することができ、ステープラが患者から取り除かれたとき、患者の中に残り得る。 Next, this layer can be separated from the surgical stapler when the stapler is removed from the patient, may remain in the patient. 特定の実施形態において、この層の遠位端部は、ステープルカートリッジ及びこの層が患者組織と相対的に位置決めされている間に、ステープルカートリッジと相対的にこの層を安定化するためにステープルカートリッジに取り付けられ得る。 In certain embodiments, the distal end portion of this layer, while the staple cartridge and this layer is positioned relative the patient tissue, the staple cartridge in order to stabilize the relatively this layer with the staple cartridge It can be attached to.

この層の遠位端部がステープルカートリッジに取り付けられる特定の実施形態において、ステープルカートリッジは、ステープルカートリッジに取り付けられた遠位端部から解放されたこの層を切断する、遠位側に配置された切断刃を含むことができる。 In certain embodiments the distal end portion of this layer is attached to the staple cartridge, the staple cartridge, cutting the layers that are released from the distal end attached to the staple cartridge, disposed on a distal side it can include a cutting blade. 図81A〜83は、ステープルカートリッジ2330と、ステープルカートリッジ2330の遠位空洞2332に配置された遠位切断刃2324とを含むステープルカートリッジアセンブリ2300を示す。 FIG 81A~83 illustrates the staple cartridge 2330, a staple cartridge assembly 2300 that includes a distal cutting edge 2324 disposed at the distal cavity 2332 of the staple cartridge 2330. より詳細に後述されるように、遠位切断刃2324は、ステープルカートリッジに配置された層2306の遠位端部2316を分断するために、遠位空洞2332の内部の非展開位置から切断刃2324が遠位空洞2332から延在する展開位置まで動かされ得る。 As will be described in more detail below, the distal cutting edge 2324, in order to divide the distal end portion 2316 of the layer 2306 disposed on the staple cartridge, cut from the non-deployed position inside the distal cavity 2332 blade 2324 There may be moved to a deployed position extending from the distal cavity 2332.

図82及び83を参照すると、様々な実施形態において、層2306の遠位部分2316は、ステープルカートリッジ2300とステープルカートリッジアセンブリ2300のノーズ部2308から近位側に延在するパネル2310との間で捕捉されていることによって、ステープルカートリッジ2300に取り付けられ得る。 Referring to FIGS. 82 and 83, in various embodiments, the distal portion 2316 of the layer 2306, captured between the nose portion 2308 of the staple cartridge 2300 and staple cartridge assembly 2300 and the panel 2310 extending proximally by being, it can be attached to staple cartridge 2300. 特定の実施形態において、層2306は、ステープルカートリッジ2330とパネル2310との間で圧縮されていることによって捕捉され得る。 In certain embodiments, the layer 2306 can be captured by being compressed between the staple cartridge 2330 and the panel 2310. 言い換えると、ステープルカートリッジ2330とパネル2310との間のギャップは、遠位部分2316がステープルカートリッジ2330とパネル2310との間で圧縮されるように、ギャップの中に位置決めされた層2306の遠位部分2316の厚さより小さくすることができる。 In other words, the gap between the staple cartridge 2330 and the panel 2310, so that the distal portion 2316 is compressed between the staple cartridge 2330 and the panel 2310, the distal portion of the layer 2306 that is positioned in the gap it can be made smaller than the thickness of 2316. 特定の実施形態において、図82及び83を参照すると、層2306の遠位部分2316は、1つ以上の開口部2320を含むことができる。 In certain embodiments, referring to FIGS. 82 and 83, the distal portion 2316 of layer 2306 can include one or more openings 2320. 1本以上のペグ2318は、層2306の遠位部分2316を捕捉するために、パネル2308から延在し、開口部2320を通過することができる。 One or more pegs 2318, to capture the distal portion 2316 of the layer 2306 extends from the panel 2308 can pass through the opening 2320. 特定の実施形態において、層2306の遠位部分2316は、例えば、接着剤、溶接、及び/又は熱かしめによってステープルカートリッジ2330に取り付けられ得る。 In certain embodiments, the distal portion 2316 of the layer 2306, for example, adhesives, welding, and may be attached to staple cartridge 2330 by / or thermal caulking.

層2306の遠位部分2316を層2306の残りの部分からを分断する遠位切断刃2324は、ステープルカートリッジ2330の遠位空洞2332に配置され得る。 Distal cutting edge 2324 of cutting the distal portion 2316 of the layer 2306 from the remaining portion of layer 2306 may be disposed on the distal cavity 2332 of the staple cartridge 2330. 遠位空洞2332及び遠位切断刃2324は、遠位切断刃2324が、遠位部分2316がステープルカートリッジ2330に取り付けられる場所に対する近位場所で層2306の遠位部分2316を分断することができるように、位置決めされ得る。 The distal cavity 2332 and a distal cutting edge 2324, the distal cutting edge 2324, to allow the distal portion 2316 to divide the distal portion 2316 of the layer 2306 at the proximal location to the location to be attached to the staple cartridge 2330 to be positioned. 例えば、図82及び83を参照すると、遠位切断刃2324は、ペグ2318に対する近位場所で層2306の遠位部分2316と、遠位部分2316をステープルカートリッジ2330に取り付ける開口部2320とを分断することができる。 For example, referring to FIGS. 82 and 83, the distal cutting edge 2324 divided at proximal locations relative to the peg 2318 and distal portion 2316 of the layer 2306, and an opening 2320 for mounting a distal portion 2316 to the staple cartridge 2330 be able to. その結果、遠位切断刃2324が層2306の遠位部分2316を分断するとき、層2306の残りの部分は、ステープルカートリッジから解放され得る。 As a result, when the distal cutting edge 2324 is to divide the distal portion 2316 of the layer 2306, the remaining portions of the layer 2306 may be released from the staple cartridge.

遠位切断刃2324は、遠位空洞2332から遠位切断刃2324を押し出すことができるカム2322を含むことができる。 Distal cutting edge 2324 can include cam 2322 can be pushed out the distal cutting edge 2324 of the distal cavity 2332. カム2322は、遠位切断刃2324が遠位空洞2332から外に延びるのにつれて、カム2322及び遠位切断刃2324の運動を特有の方向に拘束することができる遠位空洞2332内でレール及び/又はチャンネル2334を係合することができる。 Cam 2322, as the distal cutting edge 2324 extending from a distal cavity 2332 to the outside, the rails and in the distal cavity 2332 that is capable of restraining the movement of the cam 2322 and the distal cutting edge 2324 in the specific direction / or channel 2334 can engage the. レール及び/又はチャンネル2334は、ステープルカートリッジ2330のステープルデッキ2302に垂直であるものとして図82及び83に示されている。 Rail and / or channel 2334 is shown in FIG. 82 and 83 as being perpendicular to the stapling deck 2302 of staple cartridge 2330. このような配置構成において、非展開位置(図82に示される)から展開位置(図83に示される)まで動かされるとき、遠位切断刃2324は、ステープルカートリッジ2330のステープルデッキ2302に垂直である方向に遠位空洞2332から延在することができる。 In such an arrangement, when moved to the deployed position (shown in FIG. 83) from the non-deployed position (shown in FIG. 82), the distal cutting edge 2324 are perpendicular to the stapling deck 2302 of staple cartridge 2330 It may extend from the distal cavity 2332 in direction. 様々な実施形態において、レール及び/又はチャンネル2334は、ステープルカートリッジ2330のステープルデッキ2302に対して何らかの適当な角度で配置され得る。 In various embodiments, the rails and / or channels 2334 may be arranged in any appropriate angle relative to the staple deck 2302 of staple cartridge 2330. 例えば、レール又はチャンネル2334は、遠位切断刃2324がステープルカートリッジ2330のステープルデッキ2302に対して垂直から30°である遠位方向に部分的に遠位空洞2322から外へ延びるように、ステープルカートリッジ2330のステープルデッキ2302に対して角度30°で配置され得る。 For example, rail or channel 2334, such that the distal cutting edge 2324 extends out of the partially distal cavity 2322 in the distal direction is 30 ° from the perpendicular to the staple deck 2302 of staple cartridge 2330, staple cartridge It may be positioned at an angle 30 ° relative to the staple deck 2302 of 2330.

遠位切断刃を展開するために、カム2322は、発射部材2326によって押され得る。 To deploy the distal cutting edge, the cam 2322 may be pushed by the firing member 2326. 発射部材2326は、例えば、ナイフスロット2304のようなステープルカートリッジ2330内のスロットに配置され得る。 Firing member 2326, for example, it may be disposed in a slot in the staple cartridge 2330 such as a knife slot 2304. 発射部材2326は、カム2322及び遠位切断刃2324を層2306の方へ移動させるためにカム2322を係合するカム面2328及び2329を含む可能性がある。 Firing member 2326 may contain a cam surface 2328 and 2329 for engaging the cam 2322 to move the cam 2322 and a distal cutting edge 2324 towards the layer 2306. 発射部材2326は、切断刃2324を展開し、層2306の遠位部分2316を分断するために、非作動位置から作動位置までカム2322及び遠位切断刃2324に対して遠位側に動くことができる。 Firing member 2326, the cutting blade 2324 to expand, in order to divide the distal portion 2316 of the layer 2306, is movable distally with respect to the cam 2322 and a distal cutting edge 2324 to the operating position from the inoperative position it can. 図82は、カム面2328及び2329がカム2322を係合していない非作動位置にある発射部材2326を示す。 Figure 82 shows a firing member 2326 in an unactuated position in which the cam surfaces 2328 and 2329 are not engaged with the cam 2322. 様々な実施形態において、発射部材2326の表面2328及び2329は、遠位切断刃2324が遠位空洞2332から押し出されない限り、非作動位置にあるカムと接触することができる。 In various embodiments, the surface 2328 and 2329 of the firing member 2326, so long as the distal cutting edge 2324 is not pushed out of the distal cavity 2332 can be in contact with a cam in the inoperative position. 発射部材2326が図83に示された作動位置まで遠位側に動くのにつれて、発射部材2326のカム面2328は、遠位切断刃が層2306の遠位部分2316を分断するようにカム2322及び遠位切断刃2324を展開位置へ徐々に押すためにカム2322を係合する。 As the firing member 2326 moves distally to the operating position shown in FIG. 83, the cam surface 2328 of the firing member 2326, the cam 2322 and so that the distal cutting blade to divide the distal portion 2316 of the layer 2306 engaging the cam 2322 to push gradually the distal cutting edge 2324 to the deployed position.

前述のとおり、カム2322は、遠位空洞2332内でレール及び/又はチャンネル2334を係合することができる。 As described above, the cam 2322 can engage the rail and / or channel 2334 in the distal cavity 2332. その上、レール及び/又はチャンネル2334は、ステープルカートリッジ2330のステープルデッキ2302に対してある角度で配置され得る。 Moreover, the rails and / or channels 2334 may be positioned at an angle with respect to the staple deck 2302 of staple cartridge 2330. 様々な実施形態において、レール及び/又はチャンネル2334は、刃2324が遠位空洞から展開するのにつれて、カム2322及び遠位切断刃2324が遠位側に動くような角度で配置され得る。 In various embodiments, the rails and / or channels 2334, as the blade 2324 is deployed from the distal cavity can be arranged at an angle such that the cam 2322 and a distal cutting edge 2324 moves distally. 様々な状況において、このような角度でレールを配置することは、発射部材2326が沿って動く長手軸の方向にカム2322及び刃2324の運動の成分を整列させることにより発射部材2326を作動させるために必要な力の量を低減することができる。 In various circumstances, placing the rail in such an angle, for actuating the firing member 2326 by causing the direction of the longitudinal axis to move along the firing member 2326 aligns the component of motion of the cam 2322 and blade 2324 it is possible to reduce the amount of force required. このような角度でレールを配置することは、カム2322と発射部材2326との間、及び/又は、遠位空洞2332内のカム2322とレール及び/又はチャンネル2324との間の結合の可能性を更に低減することができる。 Placing the rail in such an angle, between the cam 2322 and the firing member 2326, and / or, the possibility of coupling between the cam 2322 and the rail and / or channel 2324 in the distal cavity 2332 it can be further reduced.

様々な実施形態において、発射部材2326は、切断刃2312及び/又はステープルドライバ2340によって非作動位置から作動位置まで遠位側に動かされ得る。 In various embodiments, the firing member 2326 can be moved distally to the operating position from the inoperative position by the cutting blade 2312 and / or staple driver 2340. 様々な実施形態において、発射部材2326は、発射部材2326が組織切断刃2312及び/又はステープルドライバ2340と一緒にステープルカートリッジ2330を通り、ステープルカートリッジ2330の長手軸に沿って進むように、組織切断刃2312及び/又はステープルドライバ2340と一体になることができる。 In various embodiments, the firing member 2326 through the staple cartridge 2330 with firing member 2326 with tissue cutting blades 2312 and / or staple driver 2340, to travel along the longitudinal axis of staple cartridge 2330, the tissue cutting blade it can be integrated with the 2312 and / or staple driver 2340. 様々な実施形態において、発射部材2326は、組織切断刃2312及び/又はステープルドライバ2340から分離することができる。 In various embodiments, the firing member 2326 can be separated from the tissue cutting blade 2312 and / or staple driver 2340. このような実施形態において、組織切断刃2312及び/又はステープルドライバ2340は、ステープルカートリッジ2330を通して発射部材2326を押し進めることができる。 In such embodiments, the tissue cutting blade 2312 and / or staple driver 2340 may push the firing member 2326 through the staple cartridge 2330. 代替的に、発射部材2326が組織切断刃2312及び/又はステープルドライバ2340から分離しているこのような実施形態において、発射部材2326は、図82に示されるように、非作動位置においてステープルカートリッジ2330の遠位端部に位置決めされ得る。 Alternatively, in such embodiments the firing member 2326 is separated from the tissue cutting blade 2312 and / or staple driver 2340, the firing member 2326, as shown in FIG. 82, the staple cartridge 2330 at the inoperative position It may be positioned in the distal end portion. 切断刃2312及び/又はステープルドライバ2340は、ステープルカートリッジ2330を通って進み、その後、切断刃2312及び/又はステープルドライバ2340がステープルカートリッジ2330の遠位端部に達するのにつれて、発射部材2326を図83に示された作動位置に押し込むことができる。 Cutting blades 2312 and / or staple driver 2340 travels through the staple cartridge 2330, then, as the cutting blades 2312 and / or staple driver 2340 reaches the distal end of the staple cartridge 2330, the firing member 2326 Figure 83 it can be pushed into the indicated operating position to. これらの実施形態の全てにおいて、ステープルカートリッジ2330の長手軸に沿った方向における組織切断刃2312及び/又はステープルドライバ2340の運動は、遠位切断刃2324を組織切断刃及び/又はステープルドライバ2340と異なった方向に展開させることができる。 In all of these embodiments, the motion of the tissue cutting blade 2312 and / or staple driver 2340 in the direction along the longitudinal axis of staple cartridge 2330, the distal cutting edge 2324 and the tissue cutting blade and / or staple driver 2340 differs It may be deployed in the direction.

様々な実施形態において、遠位切断刃2324は、組織切断刃2312及び/又はステープルドライバ2340の発射ストロークが終了する、又は、ほとんど終了するまで、層2306の遠位部分2316を分断するために展開されない。 In various embodiments, the distal cutting edge 2324, the firing stroke of the tissue cutting blade 2312 and / or staple driver 2340 is completed, or until almost completed, deployed to divide the distal portion 2316 of the layer 2306 not. このような実施形態において、層2306の遠位部分2316は、ステープルカートリッジ2330に取り付けられた状態を保つことができるので、ステープルのほとんど又は全てがステープルドライバ2340によって発射されるまで、及び/又は、患者組織及び層2306が組織切断刃2312によって分断されるまで、ステープルカートリッジ2330と相対的に層2306を安定化する。 In such embodiments, the distal portion 2316 of the layer 2306, it is possible to maintain a state of being attached to the staple cartridge 2330, until most or all of the staples are fired by staple driver 2340, and / or, until the patient tissue and layer 2306 is divided by the tissue cutting blade 2312 to stabilize the relatively layer 2306 and staple cartridge 2330. 様々なその他の実施形態において、遠位切断刃2324は、組織切断刃2312及び/又はステープルドライバ2340がこれらの発射ストロークを始める前に、層2306の遠位部分2316を分断するために展開され得る例えば、発射部材2326は、外科用ステープラの発射トリガーの1回目の作動によって図82に示された非作動位置から図83に示された作動位置まで動かされ得る。 In various other embodiments, the distal cutting edge 2324, before the tissue cutting blade 2312 and / or staple driver 2340 starts these firing strokes, may be deployed in order to divide the distal portion 2316 of the layer 2306 for example, the firing member 2326 can be moved from the inoperative position shown in Figure 82 by the first actuation of firing trigger of the surgical stapler to the operating position shown in Figure 83. 後続の発射トリガーの作動は、組織切断刃2312及び/又はステープルドライバ2340を動かすことができる。 Operation of the subsequent firing trigger can move the tissue cutting blade 2312 and / or staple driver 2340. その結果、層2306の遠位部分2316は、組織切断刃2312が患者組織を分断する前に、及び/又は、ステープルが層2306及び患者組織を捕捉する前に、ステープルカートリッジ2330から取り外され得る。 As a result, the distal portion 2316 of the layer 2306, before the tissue cutting blade 2312 is to divide the patient tissue, and / or, before the staple captures the layers 2306 and patient tissue can be removed from the staple cartridge 2330. 別の例として、発射部材2326は、外科用器具の1回目のトリガーによって作動させられることがあり、組織切断刃2312及び/又はステープルドライバ2340は、2回目のトリガーによって作動させられ得る。 As another example, the firing member 2326 may be actuated by the first trigger of the surgical instrument, the tissue cutting blade 2312 and / or staple driver 2340 may be actuated by the second trigger.

前述のとおり、ステープルカートリッジアセンブリ2300のノーズ部2308は、ノーズ部2308から近位側に延在し、層2306の遠位部分2316を少なくとも部分的に覆うパネル2310を含むことができる。 As described above, the nose portion 2308 of the staple cartridge assembly 2300 extends proximally from the nose portion 2308 may include at least partially cover panel 2310 to the distal portion 2316 of the layer 2306. パネル2310は、層2306の遠位部分2316に面することができる内向き表面2309を含むことができる。 Panel 2310 may include an inner facing surface 2309 that may be facing the distal portion 2316 of the layer 2306. 特定の実施形態において、パネル2310の内向き表面2309は、遠位切断刃2324が遠位部分2316を分断するのにつれて、層2306の遠位部分2316を支持することができる。 In certain embodiments, the inner facing surface 2309 of the panel 2310 as the distal cutting edge 2324 is to divide the distal portion 2316 can support the distal portion 2316 of the layer 2306. 様々な状況において、遠位切断刃2324が展開されたとき、遠位切断刃2324は、内向き表面2309と最終的に接触することができるので、層2306の遠位部分2316を層2306の残りの部分から完全に分断する。 In various circumstances, when the distal cutting edge 2324 is deployed, the distal cutting edge 2324, it is possible to finally an inner facing surface 2309 contact, the remaining layers 2306 and distal portion 2316 of the layer 2306 It is completely separated from the part.

パネル2310は、遠位切断刃2324から患者組織を保護することもできる。 Panel 2310 may also protect the patient tissue from the distal cutting edge 2324. 様々な状況において、組織切断刃2312によって分断されない、及び/又は、ステープルカートリッジ2330からステープルによってステープル留めされない、影響を受けない患者組織は、パネル2310の外向き表面2311の上を通過することができる。 In various circumstances, not divided by the tissue cutting blade 2312, and / or unstapled by staples from the staple cartridge 2330, unaffected patient tissue can be passed over the outward surface 2311 of the panel 2310 . このような状況において、パネル2310は、遠位切断刃2324から、影響を受けない組織を保護することができる。 In such a situation, the panel 2310 can be from the distal cutting edge 2324, to protect the unaffected tissue. 例えば、図83に示されるように、パネル2310は、患者組織が遠位切断刃2324に晒されないように、遠位空洞2332から外へ延びる遠位切断刃2324とパネル2310の外向き表面2311に近接した患者組織との間に位置決めされ得る。 For example, as shown in FIG. 83, panel 2310, so that the patient tissue is not exposed to the distal cutting edge 2324, outward surface 2311 of the distal cutting edge 2324 and the panel 2310 extending from a distal cavity 2332 to the outside It may be positioned between the adjacent patient tissue.

次に図77〜79を参照すると、ステープルカートリッジ20000は、カートリッジ本体20010と、カートリッジ本体に解放可能に取り付けられた組織厚さコンペンセータ20020とを備えることができる。 Referring now to FIG. 77-79, staple cartridge 20000 can comprise a cartridge body 20010, and a releasably attached tissues cartridge body thickness compensator 20020. ステープルカートリッジ20000は、本明細書の他の場所に記載されているように、組織厚さコンペンセータ20020の少なくとも一部分及びステープルの内部の患者組織の少なくとも一部分を捕捉するために、ステープルカートリッジ20000の遠位側を通過するスレッド又は発射部材によって発射されるステープル、ステープル空洞、及び/又はステープルドライバの何らかの適当な配置構成を備えることができる。 Staple cartridge 20000, as described elsewhere herein, in order to capture at least a portion, and at least a portion of the staple within a patient tissue tissue thickness compensator 20020, distal of the staple cartridge 20000 staples fired by the thread or the firing member passes through the side can be provided with any suitable arrangement of staple cavities, and / or staple driver. このようなステープル、ステープル空洞、及びステープルドライバについての考察は、読者への簡潔さのためここでは繰り返さない。 Such staples, discussion of staple cavities, and the staple driver are not repeated here for brevity to the reader. 主に図77及び77Aを参照すると、ステープルカートリッジ20000は、発射部材20050によって遠方側へ進められるスレッド20060を含むことができる。 Referring now primarily to FIGS. 77 and 77A, the staple cartridge 20000 can include threads 20060 to be advanced to the far side by the firing member 20050. 発射部材20050及びスレッド20060の遠方側での前進中の特定の時点で、スレッド20060は、例えば、図78及び79に示されるように、カートリッジ本体20010から組織厚さコンペンセータ20020を解放するように構成され得る。 At certain points during the advancement of the far side of the firing member 20050 and thread 20060, thread 20060, for example, as shown in FIGS. 78 and 79, configured to release the tissue thickness compensator 20020 from the cartridge body 20010 It may be. 例として、組織厚さコンペンセータ20020の遠位端部20022は、可撓性クランプ20013及び保持ピン20072によってカートリッジ本体20010の遠位端部に解放可能に保持することができ、スレッド20060は、保持ピン20072を駄目にする、又は、引き抜く可能性がある。 As an example, the distal end portion 20022 of the tissue thickness compensator 20020, the flexible clamp 20013 and can be releasably retained by a retaining pin 20072 at the distal end of the cartridge body 20010, thread 20060 is holding pins ruin the 20072, or it may be pulled out. 可撓性クランプ20013は、カートリッジ本体20010のデッキ20015に対して組織厚さコンペンセータ20020をしっかりと保持するように構成され得る。 The flexible clamps 20013 may be configured to securely hold the tissue thickness compensator 20020 against the deck 20015 of the cartridge body 20010. このような状況において、可撓性クランプ20013は、組織厚さコンペンセータ20020を所定の位置に保持するために、十分なクランプ力を組織厚さコンペンセータ20020に与えることができる。 In such a situation, the flexible clamp 20013, in order to hold the tissue thickness compensator 20020 in position, it is possible to provide sufficient clamping force to the tissue thickness compensator 20020. 保持ピン20072は、組織厚さコンペンセータ20020をカートリッジ本体20010に対してしっかりと保持することもある。 Retaining pin 20072 is also possible to securely hold the tissue thickness compensator 20020 against the cartridge body 20010. 例として、図77及び77Aを参照すると、組織厚さコンペンセータ20020の遠位端部20022は、この遠位端部の中に画定され、保持ピン20072を受容するように構成され得る開口部20023を備えることができ、保持ピン20072と開口部20023の側壁との間の相互作用のため、保持ピン20072は、組織厚さコンペンセータ20020がクランプ20013とカートリッジデッキ20015との間で滑り出ることを阻止することができる。 As an example, referring to FIGS. 77 and 77A, the distal end portion 20022 of the tissue thickness compensator 20020 is defined in the distal end portion, an opening 20023, which may be a holding pin 20072 to receive it can comprise, for interaction between the side walls of the holding pin 20072 and the opening 20023, the holding pins 20072, the tissue thickness compensator 20020 is to prevent the slipping out between the clamp 20013 and the cartridge deck 20015 be able to. その上、保持ピン20072及びクランプ20013は、組織厚さコンペンセータ20020の運動を協働的に制限することができ、様々な状況において、保持ピン20072の先端部は、クランプ20013に当接することができ、又は、クランプ20013に密接に隣接させて位置決めされ得る。 Moreover, the holding pin 20072 and clamp 20013 may be limited to a cooperative movement of a tissue thickness compensator 20020, in various circumstances, the distal end portion of the holding pin 20072 can abut against the clamping 20013 or it may be positioned closely adjacent to the clamping 20013.

使用中、上記に加えて、保持ピン20072は、図78及び79に示されるように、スレッド20060によって下げられ得る。 In use, in addition to the above, the holding pin 20072, as shown in FIGS. 78 and 79, can be lowered by thread 20060. より具体的には、保持ピン20072は、カム20070から延在することができ、カム20070は、カートリッジ本体20010に取り付けられた受け皿20011から延在する弾性部材、又はばね20012の上に載ること、又は着座することができ、スレッド20060は、カム20070を係合することができ、スレッド20060は、カム20070及び保持ピン20072を押し下げることができるので、ばね20012を圧縮する。 More specifically, the retaining pin 20072 may extend from the cam 20070, cam 20070 is an elastic member extending from pan 20011 which is attached to the cartridge body 20010, or resting on the spring 20012, or it can be seated, thread 20060 can engage a cam 20070, thread 20060 is, it is possible to push down the cam 20070 and retaining pin 20072, compressing the spring 20012. カートリッジ本体20010は、このカートリッジ本体の内部に画定され、実質的に垂直な経路、即ち、カートリッジデッキ20015に垂直である経路に沿ってカム20070の運動を制限するガイド20018を含むことができる。 The cartridge body 20010 is defined inside the cartridge body, substantially vertical path, i.e., it may include a guide 20018 to limit the motion of the cam 20070 along a path which is perpendicular to the cartridge deck 20015. 様々な実施形態において、スレッド20060は、ステープルドライバリフト表面20063に関して遠位側に延在するカムアクチュエータ20062を含むことができる。 In various embodiments, threads 20060 may include a cam actuator 20062 extending distally with respect to the staple driver lift surface 20063. ピン20072が十分に下げられると、組織厚さコンペンセータ20020は、カートリッジデッキ20015と相対的に摺動し、クランプ20013から滑り出ることができる。 When the pin 20072 is sufficiently lowered, the tissue thickness compensator 20020 is to slide relative to the cartridge deck 20015 can slide out of the clamp 20013. 様々な状況において、ピン20072は、十分な量を下げることができるが、それでもなおカートリッジデッキ20015から少なくとも部分的に突起する。 In various circumstances, the pin 20072 is can be lowered a sufficient amount, but still at least partially protruding from the cartridge deck 20015. その他の状況において、ピン20072は、カートリッジデッキ20015の下に下げることができる。 In other situations, the pin 20072 can be lowered below the cartridge deck 20015. いずれにしても、スレッド20060のカムアクチュエータ20062及びステープルドライバリフト表面20063は、最後の、又は最も遠位側にあるステープルがスレッド20060によって発射されるのと同時に、保持ピン20072が十分に下げられるように構成され得る。 In any case, the cam actuator 20062 and staple driver lift surface 20063 threads 20060, the last, or most distally located at the same time as the staples are fired by the thread 20060, so that the holding pin 20072 is sufficiently lowered It may be configured to. その他の状況において、スレッド20060のカムアクチュエータ20062及びステープルドライバリフト表面20063は、最後の、又は最も遠位側にあるステープルがスレッド20060によって発射される前に、保持ピン20072が十分に下げられるように構成され得る。 In other situations, the cam actuator 20062 and staple driver lift surface 20063 threads 20060, the last, or most distally located before the staples are fired by thread 20060, so that the retention pin 20072 is sufficiently lowered It may be configured. 更に他の状況において、スレッド20060のカムアクチュエータ20062及びステープルドライバリフト表面20063は、最後の、又は最も遠位側にあるステープルがスレッド20060によって発射された後に、保持ピン20072が十分に下げられるように構成され得る。 In still other situations, the cam actuator 20062 and staple driver lift surface 20063 threads 20060 is the last, or most distally located after being fired by staple sled 20060, so that the retention pin 20072 is sufficiently lowered It may be configured. カム20070は、1本の保持ピン20072を有するものとして本明細書に記載されているが、複数の保持ピン20072は、カム20070から延在することができ、各々は、組織厚さコンペンセータ20020をカートリッジ本体20010に対して解放可能に保持するように構成され得る。 Cam 20070 has been described herein as having a single retaining pin 20072, a plurality of retaining pins 20072 may extend from the cam 20070, each of the tissue thickness compensator 20020 It may be configured to releasably retain the cartridge body 20010. したがって、組織厚さコンペンセータ20020は、保持ピン20072を受容するように構成された適切な数の開口部20023を含むことができる。 Thus, the tissue thickness compensator 20020 can comprise a suitable number of openings 20023 that is configured to receive a retaining pin 20072.

次に図80及び81を参照すると、カートリッジ21000は、例えば、カートリッジ本体21010と、カートリッジ本体21010に解放可能に締め付けられた組織厚さコンペンセータ21020と、カートリッジ本体21010から組織厚さコンペンセータ21020を解放するように構成され得るスレッド21060とを備えることができる。 Referring now to FIGS. 80 and 81, the cartridge 21000, for example, a cartridge body 21010, and releasably clamped tissue thickness compensator 21020 to the cartridge body 21010, to release the tissue thickness compensator 21020 from the cartridge body 21010 It may comprise a thread 21060 which can be configured to. 上記と同様に、スレッド21060は、組織厚さコンペンセータ21020の反対側に位置決めされたアンビルに向かって、ステープルドライバと、ステープルドライバに支持されたステープルとを持ち上げるように構成されたステープルドライバリフト表面21063を備えることができる。 Similar to the above, the thread 21060 is toward the anvil positioned opposite the tissue thickness compensator 21020, staple driver and staple driver lift surface configured to lift the staple supported in the staple driver 21063 it can be provided with. 更に上記と同様に、スレッド21060は、組織厚さコンペンセータ21020の遠位端部21022をカートリッジ本体21010のデッキ表面21015に対して保持するクランプ21013を停止させるように構成され得るカムアクチュエータ21062を更に備えることができるより具体的には、クランプ21013は、カートリッジ本体21010の中へ下向きに延在するカム21072を含むことができ、カム21072は、スレッド21060がステープルカートリッジ21000を通って遠位側に進められるのにつれて、カムアクチュエータ21062によって係合され得る。 Further in the same manner as described above, thread 21060 further comprises a cam actuator 21062 to the clamping 21013 can be configured to stop the distal end portion 21022 holds against the deck surface 21015 of the cartridge body 21010 of the tissue thickness compensator 21020 more specifically it is possible, clamp 21013, it can include a cam 21072 extending downwardly into the cartridge body 21010, cam 21072 advances distally thread 21060 is through the staple cartridge 21000 as from being it may be engaged by the cam actuator 21062. カムアクチュエータ21062がカム21072を係合するとき、カムアクチュエータ21062は、図81に示されるように、カム21072を上向きに持ち上げ、組織厚さコンペンセータ21020の遠位端部21022を避けてクランプ21013を撓ませることができる。 When the cam actuator 21062 engages a cam 21072, cam actuator 21062, as shown in FIG. 81, lifting upward the cam 21072, FLEXIBLE clamp 21013 avoiding the distal end portion 21022 of the tissue thickness compensator 21020 Maseru can be. このような時点で、カートリッジ本体21010は、組織厚さコンペンセータ21020から離され得る。 At such point, the cartridge body 21010 can be isolated from the tissue thickness compensator 21020. 言い換えれば、組織厚さコンペンセータ21020がカートリッジ本体21010から解放されるときまでに、組織厚さコンペンセータ21020は、1つ以上のステープルによって患者組織に埋め込まれているものであり、組織厚さコンペンセータ21020が解放された後、カートリッジ本体21010は、埋め込まれた組織厚さコンペンセータ21020から離され、手術部位から取り除かれ得る。 In other words, by the time the tissue thickness compensator 21020 is released from the cartridge body 21010, tissue thickness compensator 21020 are those which are implanted in the patient tissue by one or more staples, tissue thickness compensator 21020 is after being released, the cartridge body 21010 is separated from the embedded tissue thickness compensator 21020 can be removed from the surgical site.

上記に加えて、スレッド21060のカムアクチュエータ21062及びステープルドライバリフト表面21063は、最後の、又は最も遠位側にあるステープルがスレッド20060によって発射されるのと同時に、カム20072がクランプ21013によって加えられたクランプ力を十分に低減するために十分に上げられるように構成され得る。 In addition to the above, the cam actuator 21062 and staple driver lift surface 21063 threads 21060, the last, or most distally located staples at the same time as emitted by the threads 20060, cam 20072 is applied by a clamp 21013 It may be configured to be sufficiently raised in order to sufficiently reduce the clamping force. その他の状況において、スレッド21060のカムアクチュエータ21062及びステープルドライバリフト表面21063は、最後の、又は最も遠位側にあるステープルがスレッド21060によって発射される前に、カム21072がクランプ21013によって加えられたクランプ力を十分に低減するために十分に上げられるように構成され得る。 In other situations, the cam actuator 21062 and staple driver lift surface 21063 threads 21060, before the last, or staple the most distally is emitted by the thread 21060, clamp cam 21072 is applied by the clamp 21013 It may be configured to be sufficiently raised in order to sufficiently reduce the force. 更に他の状況において、スレッド21060のカムアクチュエータ21062及びステープルドライバリフト表面21063は、最後の、又は最も遠位側にあるステープルがスレッド21060によって発射された後に、カム20072がクランプ21013によって加えられたクランプ力を十分に低減するために十分に上げられるように構成され得る。 In still other situations, the cam actuator 21062 and staple driver lift surface 21063 threads 21060 is the last, or most distally located after being fired by staple sled 21060, clamp cam 20072 is applied by the clamp 21013 It may be configured to be sufficiently raised in order to sufficiently reduce the force. クランプ21013は、クランプから延在する1つのカム21072を有するものとして本明細書に記載されているが、複数のカム21072は、クランプ21013から延在することができ、各々は、クランプ21013を持ち上げ、カートリッジ本体20010から組織厚さコンペンセータ20020を解放するように構成され得る。 Clamp 21013 has been described herein as having one cam 21072 extending from the clamp, a plurality of cams 21072 may extend from the clamp 21013, each of which lifts the clamp 21013 It can be configured to release the tissue thickness compensator 20020 from the cartridge body 20010.

上記に加えて、ステープルカートリッジを通過するスレッド又は発射部材は、スレッドの遠位運動の最後若しくは最後付近で、及び/又は、発射部材の発射ストロークの最後で、カートリッジ本体から組織厚さコンペンセータを解放することができる。 In addition to the above, a thread or firing member passes through the staple cartridge, released at the end or near the end of the distal movement of the thread, and / or, at the end of the firing stroke of the firing member, the thickness of the compensator tissue from the cartridge body can do. 言い換えれば、組織厚さコンペンセータは、ステープルの全てがステープルカートリッジから発射されるのと同時に若しくはほぼ同時にカートリッジ本体から解放され得る。 In other words, the tissue thickness compensator, all the staples can be released from the same time or almost at the same time the cartridge body and being fired from the staple cartridge. 様々なその他の実施形態において、組織厚さコンペンセータは、第1の、又は最も近位側にあるステープルがステープルカートリッジから発射されるのと同時に若しくは発射される前に、カートリッジ本体から解放され得る。 In various other embodiments, the tissue thickness compensator, before the first or staple the most proximally is simultaneously or firing as is fired from the staple cartridge may be released from the cartridge body. 1つのこのような例示実施形態は、ステープルカートリッジ22000を示す図90〜92に描かれる。 One such exemplary embodiment is depicted in Figure 90-92 showing the staple cartridge 22000. 上記と同様に、ステープルカートリッジ22000は、カートリッジ本体22010と、カートリッジ本体に解放可能に締め付けられた組織厚さコンペンセータ22020とを備えることができる。 Similar to the above, staple cartridge 22000 can comprise a cartridge body 22010, a releasably clamped tissue in the cartridge body thickness compensator 22020. ステープルカートリッジ22000は、前述のとおりのステープル発射スレッドを更に含むことができ、スレッドは、組織厚さコンペンセータ22020を解放しないことがあり、むしろ、ステープルカートリッジ22000は、発射部材の発射ストロークの初めに、発射部材によって遠方側に前進させることができるアクチュエータ22011を更に備えることがある。 Staple cartridge 22000 can further include a staple firing threads as described above, the thread may not release the tissue thickness compensator 22020, but rather, the staple cartridge 22000, at the beginning of the firing stroke of the firing member, there may further comprise an actuator 22011 which can be advanced distally by firing member. 様々なその他の実施形態は、アクチュエータを遠位側で前進させる手段を開示する本明細書に開示され、読者への簡潔さのためこの実施形態に関して繰り返されない。 Various other embodiments are disclosed herein which disclose a means for advancing the actuator distally, not repeated for this embodiment because of the simplicity of the reader. いずれにしても、アクチュエータ22011は、アクチュエータから延在し、図90に示されるように、アクチュエータ22011がこのアクチュエータの非作動状態にあるとき、カム22070を支持するように構成され得るカム支持体22012を含むことができる。 In any case, the actuator 22011 extends from the actuator, as shown in FIG. 90, when the actuator 22011 is in a non-operating state of the actuator, the cam support 22012 that may be configured to support the cam 22070 it can contain. その上、ステープルカートリッジ22000は、カム支持体22012に対してカム22070を保持又は付勢するように構成され得る付勢部材又はばね22074を更に備えることができるが、この場合も、アクチュエータ22011は、図90に示された非作動位置にある。 Thereon, staple cartridge 22000 can further comprise a biasing member or spring 22074 can be configured to hold or bias the cam 22070 relative to the cam support 22012, also in this case, actuator 22011 is an unactuated position shown in Figure 90. このようなカム22070の位置において、カム22070から延在する保持ピン22072は、上記と同様に、保持ピン22072、及び/又は、カートリッジ本体22010から延在するクランプ22013に呼応する保持ピン22072が組織厚さコンペンセータ22020を所定の位置に保持することができるように、組織厚さコンペンセータ22020の遠位端部22022に画定された開口部22023と係合され、この開口部を通って延在することができる。 In the position of such a cam 22070, retaining pin 22072 extending from the cam 22070, in the same manner as mentioned above, the holding pin 22072, and / or the retaining pin 22072 which responsive to clamp 22013 extending from the cartridge body 22010 is organized the thickness compensator 22020 so that it can be held in place, engaged with the opening 22023, which is defined in the distal end portion 22022 of the tissue thickness compensator 22020, that extend through the opening can.

アクチュエータ22011が発射部材によって遠位側に進められたとき、次に図91を参照すると、カム支持体22012は、カム支持体22012がもはやカム22070を支持しないように遠位側に前進させることができる。 When the actuator 22011 is advanced distally by the firing member, referring now to FIG. 91, the cam support 22012 may be advanced distally so as not to support the cam support 22012 is no longer cams 22070 it can. このような状況において、ばね22074は、保持ピン22072が付勢されて組織厚さコンペンセータ22020と係合解放する、又は、少なくとも部分的に係合解放するように、カム22070を下向きに付勢することがある。 In this context, the spring 22074 is retaining pin 22072 are engaged releases a tissue thickness compensator 22020 is biased, or, to at least partially engage releasably biases the cam 22070 downwards Sometimes. 少なくとも1つの状況において、ばね22074は、保持ピン22072がカートリッジ22010のデッキ22015より下に位置決めされるように、カム22070を下向きに付勢することができる。 In at least one situation, the spring 22074, like retaining pin 22072 is positioned below the deck 22015 of the cartridge 22010 can bias the cam 22070 downward. いずれにしても、アクチュエータ22011の遠位側前進は、カートリッジ本体22010から組織厚さコンペンセータ22020を解放することができる。 In any event, the distal advancement of the actuator 22011 can release the tissue thickness compensator 22020 from the cartridge body 22010. 言い換えれば、保持ピン22072が下げられると、クランプ22013は、組織厚さコンペンセータ22020がステープルデッキ22015に対してピン留めされた状態を保つように、それでもなお保持力を組織厚さコンペンセータ22020に与えることがあるが、組織厚さコンペンセータ22020は、組織厚さコンペンセータ22020とカートリッジ本体22010との間に十分な相対的な力を印加すると、下にあるクランプ22013から滑り出させることができる。 In other words, the retaining pin 22072 is lowered, the clamping 22013, as keep the tissue thickness compensator 22020 is pinned against the staple deck 22015, still providing a holding force to the tissue thickness compensator 22020 there are, tissue thickness compensator 22020, when to apply a sufficient relative force between the tissue thickness compensator 22020 and the cartridge body 22010 can be slid out from the clamp 22013 below. 上記に加えて、カートリッジ本体22010からの組織厚さコンペンセータ22020の解放は、最も近位側にあるステープルがステープルカートリッジ22000から発射される前、発射されるのと同時に、及び/又は、発射された直後に生じる可能性がある。 In addition to the above, the release of tissue thickness compensator 22020 from the cartridge body 22010 is, before the staple in the proximal-most fired from the staple cartridge 22000, at the same time as being fired, and / or was fired there is a possibility that occurs immediately after. このような状況において、組織厚さコンペンセータ22020の途中解放は、例えば、ステープルカートリッジ22000が部分的にしか発射されないとしても、組織厚さコンペンセータ22020がカートリッジ本体22010から解放されることを許すことがある。 In this context, middle release of tissue thickness compensator 22020, for example, even the staple cartridge 22000 is not only fired part, it may allow the tissue thickness compensator 22020 is released from the cartridge body 22010 .

次に図84〜87を参照すると、エンドエフェクタアセンブリ5000は、他の場所に示された第1の顎部と、第2の顎部5002とを含むことができる。 Referring now to FIG. 84 to 87, the end effector assembly 5000 may include a first jaw shown elsewhere, and a second jaw 5002. 様々な実施形態において、第2の顎部5002は、締結具カートリッジ本体5050と、締結具カートリッジ本体5050に解放可能に締め付けられた組織厚さコンペンセータ5058とを含むカートリッジアセンブリを含むことができる。 In various embodiments, the second jaw 5002 may include a cartridge assembly including a fastener cartridge body 5050, and a fastener cartridge body 5050 to releasably clamped tissue thickness compensator 5058. 主に図84を参照すると、締結具カートリッジ本体5050は、カートリッジデッキ5052と、カートリッジデッキ5052に画定された締結具空洞5054とを有することができる。 Referring now primarily to FIG. 84, the fastener cartridge body 5050 may have a cartridge deck 5052, and a fastener cavity 5054 defined in the cartridge deck 5052. その上、第2の顎部5002は、例えば、締結具空洞5054内に解放可能に位置決めされ得る外科用ステープルのような締結具を含むことができる。 Moreover, the second jaw 5002, for example, may include fasteners such as surgical staples that can be releasably positioned within the fastener cavities 5054. 例えば、締結具は、カートリッジ本体5050の各締結具空洞5054内に放出可能に位置決めされ得る。 For example, the fastener may be releasably positioned in the fastener within the cavity 5054 of the cartridge body 5050. 特定の実施形態において、カートリッジ本体5050は、第2の顎部5002の近位部分5004から第2の顎部5002の遠位部分5006の方へ延在することができるスロット5056を含むことができる。 In certain embodiments, the cartridge body 5050 may include slots 5056 from the proximal portion 5004 of the second jaw 5002 can extend toward the distal portion 5006 of the second jaw 5002 . 様々な実施形態において、発射アセンブリ5030は、カートリッジ本体5050のスロット5056に沿って並進することができる。 In various embodiments, the firing assembly 5030 can translate along the slot 5056 of the cartridge body 5050. 例えば、発射アセンブリ5030は、発射ストローク中にスロット5056の内部で並進することができ、発射ストローク中に締結具空洞5054から締結具を放出することができる。 For example, the firing assembly 5030 may translate within the slots 5056 during the firing stroke, it is possible to release the fasteners from the fastener cavity 5054 during the firing stroke.

主に図84、86及び87を参照すると、発射アセンブリ5030は、発射バー(図84)と、刃先5036と、クロスバー5038と、足部5044(図86及び87)と含むことができる。 Referring now primarily to FIGS. 84, 86 and 87, the firing assembly 5030 includes a firing bar (FIG. 84), and cutting edge 5036 can include a crossbar 5038, the foot portion 5044 (FIG. 86 and 87). 刃先5036は、発射アセンブリ5030が発射ストローク中に第2の顎部5002を通して発射されるのにつれて、組織を切断する、及び/又は、組織厚さコンペンセータ5058を切断することができる。 Cutting edge 5036, as the firing assembly 5030 is fired through the second jaw 5002 in the firing stroke, to cut tissue, and / or, it is possible to cut the tissue thickness compensator 5058. 例えば、クロスバー5038は、カートリッジ本体5050に対して第1の顎部を保持することができ、足部5044は、カートリッジ本体5050に対して発射アセンブリ5030を保持することができる。 For example, the cross bar 5038 is capable of holding the first jaw relative to the cartridge body 5050, foot 5044 may hold the firing assembly 5030 against the cartridge body 5050. 様々な実施形態において、クロスバー5038及び足部5044は、例えば、締結具カートリッジ5050のデッキ5052に垂直である切断要素5036を保持することができる。 In various embodiments, the cross bar 5038 and the foot portion 5044, for example, it is possible to hold the cutting element 5036 is perpendicular to the deck 5052 of the fastener cartridge 5050. 主に図29A及び29Bを参照すると、発射アセンブリ5030は、発射ストローク中にカートリッジ本体5050内でスレッド5034を係合することができる。 Referring now primarily to FIGS. 29A and 29B, the firing assembly 5030 may engage the threads 5034 in the cartridge main assembly 5050 during the firing stroke. 発射アセンブリ5030は、例えば、締結具空洞5054から締結具を放出するために発射ストローク中にスレッド5034を遠位側に押すことができる。 Firing assembly 5030, for example, it is possible to push the thread 5034 distally during firing strokes in order to release the fasteners from the fastener cavity 5054.

主に図84を参照すると、組織厚さコンペンセータ5058は、少なくとも1つのコネクタ5080a、5080bによってカートリッジ本体5050に解放可能に締め付けることができる。 Referring now primarily to FIG. 84, the tissue thickness compensator 5058, at least one connector 5080A, can be clamped releasably in the cartridge body 5050 by 5080B. 特定の実施形態において、複数のコネクタ5080a、5080bは、組織厚さコンペンセータ5058をカートリッジ本体5050に締め付けることができる。 In certain embodiments, a plurality of connectors 5080a, 5080b may be clamped tissue thickness compensator 5058 in the cartridge body 5050. 例えば、近位コネクタ5080aは、組織厚さコンペンセータ5058を第2の顎部5002の近位部分5004でカートリッジ本体5050に締め付けることができ、遠位コネクタ5080bは、組織厚さコンペンセータ5058を第2の顎部5002の遠位部分5006でカートリッジ本体5050に締め付けることができる。 For example, the proximal connector 5080a is a tissue thickness compensator 5058 can be tightened to the cartridge body 5050 in the proximal portion 5004 of the second jaw 5002, the distal connector 5080b is a tissue thickness compensator 5058 second it can be clamped in the cartridge body 5050 with a distal portion 5006 of the jaw 5002. 特定の実施形態において、付加的なコネクタは、組織厚さコンペンセータ5058をカートリッジ本体5050に締め付けることができる。 In certain embodiments, the additional connectors may clamp tissue thickness compensator 5058 in the cartridge body 5050. このような実施形態において、付加的なコネクタは、カートリッジ本体5050の長さの少なくとも一部分に沿って間隔を空けることができ、例えば、近位コネクタ5080aと遠位コネクタ5080bとの間に位置決めされ得る。 In such embodiments, additional connectors, along at least a portion of the length of the cartridge body 5050 can be spaced, for example, may be positioned between the proximal connector 5080a and a distal connector 5080b .

更に主に図84を参照すると、コネクタ5080a、5080bは、カートリッジ本体5050に対して組織厚さコンペンセータ5058を保持することができる。 Further primarily to FIG. 84, connector 5080a, 5080b can hold the tissue thickness compensator 5058 relative to the cartridge body 5050. 組織厚さコンペンセータ5058は、コネクタ5080a、5080bが破壊される、切断される、取り外される、又はそうでなければ除かれるとき、カートリッジ本体5050から解放され得る。 Tissue thickness compensator 5058, a connector 5080a, 5080b is destroyed, is cut, when removed if not to remove the, or otherwise, may be released from the cartridge body 5050. 特定の実施形態において、発射アセンブリ5030は、発射アセンブリ5030が発射ストローク中に締結具カートリッジ5050内のスロット5056に沿って並進するのにつれて、コネクタ5080a、5080bに打ち勝つことができる。 In certain embodiments, the firing assembly 5030, as the firing assembly 5030 is translated along the slot 5056 in the fastener cartridge 5050 during the firing stroke, the connector 5080A, it is possible to overcome the 5080B. このような発射ストローク中に、発射アセンブリ5030は、第1の顎部と第2の顎部5002との間にクランプ締めされた組織を切断することができ、締結具空洞5054からクランプ締めされた組織の中へ締結具を更に動かすことができる。 During such firing stroke, the firing assembly 5030, it is possible to cut the clamped tissue between the first jaw and the second jaw 5002, which is clamped from the fastener cavity 5054 it is possible to further move the fastener into the tissue. 様々な実施形態において、発射アセンブリ5030は、発射ストローク中にスレッド5034(図86及び87)を遠位側に押すことができる。 In various embodiments, the firing assembly 5030 may be pushed threads 5034 (FIG. 86 and 87) distally during firing stroke. スレッド5034は、締結具空洞5054においてドライバを係合することができるカム面又は斜面5042を有することができる。 Thread 5034 may have a cam surface or the inclined surface 5042 can engage the driver in the fastener cavity 5054. 斜面5042がドライバを係合するとき、斜面5042は、締結具空洞5054から締結具を放出するためにドライバをデッキ5052の方へ押すことができる。 When the slope 5042 engages the driver, slope 5042 can press the driver to release the fasteners from the fastener cavity 5054 towards the deck 5052. その上、発射アセンブリ5030は、発射ストローク中に組織厚さコンペンセータ5058及びコネクタ5080a、5080bを切断することができる。 Moreover, the firing assembly 5030 may be cut tissue thickness compensator 5058 and the connector 5080A, the 5080b during firing stroke.

主に図84を参照すると、発射アセンブリ5030の刃先5036は、例えば、発射ストロークの初め又はほとんど初めに近位コネクタ5080aを切断することができ、発射ストロークの終わり又はほとんど終わりに遠位コネクタ5080bを切断することができる。 Referring now primarily to FIG. 84, the cutting edge 5036 of the firing assembly 5030, for example, can be cut proximal connector 5080a beginning or almost at the beginning of the firing stroke, the distal connector 5080b at the end or the end most of the firing stroke it can be cut. 特定の実施形態において、スレット5034(図86及び87)は、刃先5036が近位コネクタ5080aを切断した後、かつ、刃先5036が遠位コネクタ5080bを切断する前に締結具空洞5054から締結具を放出することができる。 In certain embodiments, threat 5034 (FIGS. 86 and 87), after the cutting edge 5036 disconnects the proximal connector 5080A, and a fastener from the fastener cavities 5054 before the cutting edge 5036 to cut the distal connector 5080b it can be released. このような実施形態において、発射アセンブリ5030が発射ストロークを終了しない場合、発射アセンブリ5030の刃先5036は、遠位コネクタ5080bに達する前に停止することがあり、組織厚さコンペンセータ5058は、第2の顎部5002の遠位部分5006でカートリッジ本体5050に締め付けられた状態を保つことがある。 In such embodiments, if the firing assembly 5030 does not end the firing stroke, the cutting edge 5036 of the firing assembly 5030 may stop before reaching the distal connector 5080B, tissue thickness compensator 5058, the second there is possible to maintain the state of being fastened to the cartridge body 5050 with a distal portion 5006 of the jaw 5002. 特定の実施形態において、組織厚さコンペンセータ5058は、操作者が遠位コネクタ5080bを切断する、又は、そうでなければ遠位コネクタ5080bに打ち勝つまで、カートリッジ本体5050に締め付けられた状態を保つことができる。 In certain embodiments, the tissue thickness compensator 5058, the operator disconnects the distal connector 5080B, or, to be kept up to overcome the distal connector 5080B otherwise tightened to the cartridge body 5050 state it can. 例えば、操作者は、遠位コネクタ5080bに打ち勝つために付加的な外科用器具及び/又はステップを外科手術に導入することがある。 For example, the operator may introduce the additional surgical instruments and / or steps surgery to overcome the distal connector 5080B.

引き続き図84〜87を参照すると、様々な実施形態において、第2の顎部5002は、発射ストロークの初め又はほとんど初めにコネクタ5080a、5080bに打ち勝つことができる。 With continued reference to FIG. 84 to 87, in various embodiments, the second jaw 5002, the beginning of the firing stroke or almost First connector 5080A, it is possible to overcome the 5080B. 換言すれば、第2の顎部5002の要素は、発射ストロークの初め又はほとんど初めに、近位コネクタ5080a、遠位コネクタ5080b、及び近位コネクタと遠位コネクタとの間にあるいくつの付加的なコネクタに打ち勝つことができる。 In other words, the elements of the second jaw 5002, initially or almost at the beginning of firing strokes, proximal connector 5080A, a number of additional existing between the distal connector 5080B, and a proximal connector and a distal connector it can be overcome to a connector. 例えば、第2の顎部5002及び/又はカートリッジアセンブリは、締結具が締結具空洞から放出される前に、遠位コネクタ5080bに打ち勝つことができるアクチュエータ5010を含むことができる。 For example, the second jaw 5002 and / or cartridge assembly may include before the fastener is released from the fastener cavity, an actuator 5010 that can overcome the distal connector 5080B. アクチュエータ5010は、遠位コネクタ5080bに打ち勝つことができ、組織厚さコンペンセータ5358は、発射ストロークが途中で終了したときであっても、即ち、例えば、発射アセンブリ5030が第2の顎部5002の遠位部分5006に達する前に、カートリッジ本体5050から解放され得る。 The actuator 5010 may be overcome distal connector 5080B, tissue thickness compensator 5358, even when the firing stroke is completed in the middle, i.e., for example, the far the firing assembly 5030 of the second jaw 5002 before reaching the position portion 5006 may be released from the cartridge body 5050. 様々な実施形態において、アクチュエータ5010は、底面5016(図85A〜85C)及び側面5018(図84及び85D)を含むことができる。 In various embodiments, actuator 5010 can include a bottom surface 5016 (FIG. 85a to 85c) and a side 5018 (FIG. 84 and 85D). 側面5018は、底面5016から、かつ、カートリッジ本体5050の少なくとも一部分の周りに延在することができる。 Side 5018, from the bottom surface 5016, and can extend around at least a portion of the cartridge body 5050. 底面5016及び/又は側面5018は、締結具空洞5054内に位置決めされた締結具を通り過ぎて、又は、締結具の周りに延在することができる。 Bottom 5016 and / or side 5018, past the fastener positioned within the fastener cavities 5054, or can extend around the fastener. その上、アクチュエータ5010は、カートリッジ本体5050に対して可動式に保持され得る。 Moreover, the actuator 5010 may be held movably with respect to the cartridge body 5050. 例えば、アクチュエータ5010は、作動前位置(図85A)から作動後位置(図85B及び85D)まで動くことができる。 For example, the actuator 5010 can move the position before activation (FIG. 85A) to a position after actuation (Fig. 85B and 85D). 特定の実施形態において、アクチュエータ5010の側壁5018は、アクチュエータ5010がカートリッジ本体5050と相対的に摺動するために第1のスリット内で動くように、カートリッジ本体5050内のスリットを係合することができる。 In certain embodiments, the side wall 5018 of the actuator 5010 so that the actuator 5010 moves in the first slit to slide relative to the cartridge body 5050, be engaged with the slit of the cartridge body 5050 it can. アクチュエータ5010がカートリッジ本体5050と相対的に動くとき、アクチュエータ5010は、カートリッジ本体5050の締結具空洞5054内に位置決めされた締結具と相対的に摺動することができる。 When the actuator 5010 is moved relative to the cartridge body 5050, an actuator 5010 can slide relative positioning has been fasteners into the fastener cavities 5054 of the cartridge body 5050. 例えば、アクチュエータ5010は、締結具空洞5054内に位置決めされた締結具の傍を通り過ぎて、又は、締結具の周りで摺動することができる。 For example, the actuator 5010 is past the fastener positioned within the fastener cavities 5054, or can slide around the fastener.

主に図85A〜85Cを参照すると、アクチュエータ5010は、第2の顎部5002の近位部分5004から遠位端部5006の方へ延在することができるスロット5012を含むことができる。 Referring now primarily to FIG. 85a to 85c, the actuator 5010 may include slots 5012 which can extend from the proximal portion 5004 of the second jaw 5002 towards the distal end 5006. アクチュエータ5010内のスロット5012は、例えば、カートリッジ本体5050内のスロット5056(図84)に対応する、及び/又は、スロット5056と整列させられることができる。 Slot 5012 in actuator 5010, for example, corresponding to the slot 5056 of the cartridge body 5050 (FIG. 84), and / or can be aligned with the slot 5056. その上、発射アセンブリ5030は、発射アセンブリ5030が発射ストローク中にカートリッジ本体5050内のスロット5056に沿って、及び/又は、スロット5056の内部で並進するのにつれて、アクチュエータ5010内のスロット5012に沿って、及び/又は、スロット5012の内部で並進することができる。 Moreover, the firing assembly 5030, firing assembly 5030 along the slot 5056 of the cartridge body 5050 during the firing stroke, and / or, as to translate within the slot 5056 along a slot 5012 in the actuator 5010 , and / or it can translate within the slot 5012. 様々な実施形態において、発射アセンブリ5030は、発射アセンブリ5030が発射ストロークの初め又はほとんど初めであるとき、アクチュエータ5010を遠位側に動かすためにアクチュエータ5010を係合することができる。 In various embodiments, the firing assembly 5030, when firing assembly 5030 is initially or almost the beginning of the firing stroke, it is possible to engage the actuator 5010 to move the actuator 5010 distally. このような実施形態において、発射アセンブリ5030は、第2の顎部5002の近位部分5004でアクチュエータ5010を作動することができる。 In such embodiments, the firing assembly 5030 may operate the actuator 5010 in the proximal portion 5004 of the second jaw 5002. アクチュエータ5010が作動され、遠位側へ動くとき、アクチュエータ5010の遠位端部は、例えば、遠位コネクタ5080bを切断する、又は、遠位コネクタ5080bに打ち勝つことができる。 Actuator 5010 is actuated, it moves distally, the distal end of the actuator 5010, for example, to cut the distal connector 5080B, or can be overcome distal connector 5080B. 換言すれば、アクチュエータ5010の近位側作動は、カートリッジ本体5050から組織厚さコンペンセータ5058の遠位解放を達成することができる。 In other words, the proximal actuation of the actuator 5010 can be achieved distal release of the tissue thickness compensator 5058 from the cartridge body 5050. 様々な実施形態において、アクチュエータ5010は、遠位コネクタ5080bに打ち勝つために単に遠位側へシフトすることができる。 In various embodiments, actuator 5010 can be simply shifted distally to overcome the distal connector 5080B. 少なくとも一実施形態において、アクチュエータ5010は、遠位コネクタ5080bに打ち勝つ前に、例えば、およそ1mmシフトすることができる。 In at least one embodiment, actuator 5010 before overcome distal connector 5080B, for example, can be approximately 1mm shift. 特定の実施形態において、アクチュエータ5010は、遠位コネクタ5080bに打ち勝つ前に、例えば、およそ0.5mmからおよそ5mmまでシフトすることができる。 In certain embodiments, the actuator 5010, before overcoming the distal connector 5080B, for example, can be shifted from approximately 0.5mm to approximately 5 mm.

主に図85A及び85Bを参照すると、アクチュエータ5010は、発射ストロークの一部の間に発射アセンブリ5030が未発射位置と部分的に発射された位置との間を動くときに、作動前位置(図85A)から作動後位置(図85B)まで動くことができる。 Referring now primarily to FIGS. 85A and 85B, the actuator 5010, when moving between a position where firing assembly 5030 during a portion is partially fired and unfired position of the firing stroke, pre-actuation position (Fig. can move from 85A) to a position after actuation (Fig. 85B). 様々な実施形態において、アクチュエータ5010は、例えば、戻り止めタブ部5022のような解放止め具を含むことができる。 In various embodiments, actuator 5010 can include, for example, a release stop such as detent tabs 5022. アクチュエータ5010に対する発射要素の前進は、戻り止めタブ部5022によって一時停止させることができる。 Advancement of the firing element to the actuator 5010, detents can be paused by the tab portion 5022. 換言すれば、戻り止めタブ部5022は、アクチュエータ5010に対して発射アセンブリ5030の前進を一時的に停止させることができる。 In other words, detent tab portion 5022 can be temporarily stopping the advancement of the firing assembly 5030 relative to the actuator 5010. 例えば、アクチュエータ5010が作動前位置から作動後位置に向かって動いている間に、戻り止めタブ部5022は、アクチュエータ5010が作動前位置と作動後位置との間を動くように、アクチュエータ5010に対して発射アセンブリ5030を保持するためにスレッド5034及び/又は発射アセンブリ5030を係合することができる。 For example, while the actuator 5010 is moving toward the operation after the position from the position prior to actuation, detent tab portion 5022, so that the actuator 5010 is moved between a position and an operating post position prior to actuation, to an actuator 5010 thread 5034 and / or firing assembly 5030 to hold the firing assembly 5030 Te can engage. 例えば、主に図86及び87を参照すると、アクチュエータ5010の底面5016は、戻り止めタブ部5022を含むことができ、スレッド5034は、凹部又は溝5040を含むことができる。 For example, referring primarily to FIGS. 86 and 87, the bottom surface 5016 of the actuator 5010, the detent can include a tab portion 5022, thread 5034 may include a recess or groove 5040. 様々な実施形態において、溝5040は、スレッド5034が第2の顎部5002の近位部分5004内に位置決めされたとき、タブ部5022を受容することができる。 In various embodiments, groove 5040, when the thread 5034 is positioned in the proximal portion 5004 of the second jaw 5002 can receive the tab portion 5022. 例えば、溝5040は、発射アセンブリ5030が発射前位置から発射後位置へ動くとき、よって、アクチュエータが作動前位置(図85A)から作動後位置(図85B)まで押されるとき、タブ部5022と整列させることができる。 For example, the groove 5040 when the firing assembly 5030 moves to the firing after the position from the position prior to launch, thus, when the actuator is pushed from the position before operation (Fig. 85A) until after actuation position (Fig. 85B), aligned with the tab portion 5022 it can be. 様々な実施形態において、少なくとも1つのタブ部5022は、アクチュエータ5010内のスロット5012(図85A〜85C)の両側に位置決めされることができ、各タブ部5022は、スレッド5034を係合することができる。 In various embodiments, the at least one tab portion 5022, a slot 5012 in the actuator 5010 can be positioned on opposite sides of (Fig. 85a to 85c), each tab portion 5022 can engage the thread 5034 it can.

主に図85Aを参照すると、スレッド5034は、発射アセンブリ5030及びスレッド5034が発射ストローク中にスロット5056(図84)に沿って並進するのにつれて、戻り止めタブ部5022を係合することができる。 Referring now primarily to FIG. 85A, the thread 5034, as the firing assembly 5030 and threads 5034 is translated along the slot 5056 (FIG. 84) in the firing stroke, the detent may engage a tab portion 5022. 例えば、戻り止めタブ部5022は、発射ストロークの初めに又はほとんど初めにスレッド5034を係合することができる。 For example, detent tab portion 5022 can engage the thread 5034 or almost the beginning beginning of firing strokes. 特定の実施形態において、戻り止めタブ部5022は、アクチュエータ5010の近位端部に近接することができ、スレッド4034は、発射ストロークが開始し次第、戻り止めタブ部5022を係合することができる。 In certain embodiments, the detent tab portion 5022, the actuator can be close to the proximal end of 5010, thread 4034 may engage as soon as detent tab portion 5022 starts firing stroke . 発射バー5032が遠位側に動かされ、戻り止めタブ部5022がスレッド5034(図86及び87)内で凹部5040と係合されるとき、アクチュエータ5010は、遠位側に運ばれること及び/又はシフトされることができる。 Firing bar 5032 is moved distally, when detent tab portion 5022 is engaged with the recess 5040 within the thread 5034 (FIGS. 86 and 87), the actuator 5010 may be carried on the distal side and / or it can be shifted. 特定の実施形態において、主に図85Bを参照すると、アクチュエータ5010は、例えば、アクチュエータがカートリッジ本体5050内に画定された堅固な止め具5060に達するまで、遠位側に動くことができる。 In certain embodiments, referring primarily to FIG. 85B, the actuator 5010, for example, the actuator until it reaches the solid stop 5060 defined in the cartridge body 5050 can move distally. 堅固な止め具5060は、第2の顎部5002の遠位部分5006に存在する可能性があり、例えば、アクチュエータ5010の更なる遠位運動を阻止することができる。 Rigid stop 5060 may be present in the distal portion 5006 of the second jaw 5002, for example, it is possible to prevent further distal movement of the actuator 5010. 様々な実施形態において、アクチュエータ5010は、発射アセンブリ5030がカートリッジ本体5050の締結具空洞5054から少なくとも1つの締結具を放出するのにつれて、堅固な止め具5060に当接することができる(図84)。 In various embodiments, actuator 5010 can be firing assembly 5030 as to release at least one fastener from the fastener cavity 5054 of the cartridge body 5050, in contact with the rigid stop 5060 (Figure 84). 一部の実施形態において、アクチュエータ5010は、発射アセンブリ5030が締結具空洞5054から少なくとも1つの締結具を放出するのにつれて、及び/又は、発射アセンブリ5030が締結具空洞5054から少なくとも1つの締結具を放出した後に、堅固な止め具5060に当接することができる。 In some embodiments, the actuator 5010, as firing assembly 5030 to release at least one fastener from the fastener cavities 5054, and / or, firing assembly 5030 is at least one fastener from the fastener cavity 5054 after release, can abut the rigid stop 5060.

主に図85Dを参照すると、アクチュエータ5010がスレッド5034及び/又は発射アセンブリ5030によって遠位側に押されるとき、アクチュエータ5010は、第2の顎部5002の遠位部分5006でカートリッジ本体5050から組織厚さコンペンセータ5058を解放するために、遠位コネクタ5080bを切断すること、又は、そうでなければ遠位コネクタ5080bに打ち勝つことが可能である。 Referring now primarily to FIG. 85D, when the actuator 5010 is pushed distally by the thread 5034 and / or firing assembly 5030, the actuator 5010, tissue thickness from the cartridge body 5050 with a distal portion 5006 of the second jaw 5002 to release the compensator 5058 is, cutting the distal connector 5080B, or, it is possible to overcome the distal connector 5080B otherwise. 特定の実施形態において、アクチュエータ5010は、遠位コネクタ5080bを受容し、保持する切欠き部5024を含むことができる。 In certain embodiments, the actuator 5010 may include a notch 5024 which receives the distal connector 5080B, holds. 切欠き部5024は、アクチュエータ5010が堅固な止め具5060に向かって遠方側へシフトするのにつれて、遠位コネクタ5080bを保持することができる。 Notch 5024, as the actuator 5010 is shifted to the far side to the rigid stop 5060 may hold the distal connector 5080B. その上、アクチュエータ5010は、例えば、切欠き部5024に沿って刃先5020を含むことができる。 Moreover, the actuator 5010, for example, can include a cutting edge 5020 along notch 5024. 特定の実施形態において、アクチュエータ5010が堅固な止め具5060の方へ動くとき、遠位コネクタ5080bは、アクチュエータ5010の堅固な止め具5060と刃先5020との間に押され得る。 In certain embodiments, when the actuator 5010 is moved toward the rigid stop 5060, a distal connector 5080b may be pushed between the rigid stop 5060 and edge 5020 of the actuator 5010. 様々な実施形態において、刃先5020は、この刃先5020が堅固な止め具5060の中に押し込まれる及び/又は堅固な止め具5060の方へ押されるとき、遠位コネクタ5080bを切断することができる。 In various embodiments, the cutting edge 5020, when the edge 5020 is pushed towards the pushed by and / or rigid stops 5060 in the rigid stop 5060, it is possible to cut the distal connector 5080B. このような実施形態において、遠位コネクタ5080bは、発射ストロークの初め又はほとんど初めに、かつ、締結具が締結具空洞5054から発射される前に、アクチュエータ5010の刃先5020によって切断され得る(図84)。 In such embodiments, the distal connector 5080b is initially or almost the beginning of the firing stroke, and, before the fastener is fired from the fastener cavity 5054 may be cut by the cutting edge 5020 of the actuator 5010 (FIG. 84 ). 一部の実施形態において、アクチュエータ5020は、発射アセンブリ5030が締結具空洞5054から少なくとも1つの締結具を放出するのにつれて、及び/又は、発射アセンブリ5030が締結具空洞5054から少なくとも1つの締結具を放出した後に、遠位コネクタ5080bを切断することができる。 In some embodiments, the actuator 5020, as firing assembly 5030 to release at least one fastener from the fastener cavities 5054, and / or, firing assembly 5030 is at least one fastener from the fastener cavity 5054 after release, it is possible to cut the distal connector 5080B. 様々な実施形態において、アクチュエータ5010は、遠位コネクタ5080bを切断することなく、遠位コネクタ5080bに打ち勝つことができる。 In various embodiments, actuator 5010 without cutting the distal connector 5080B, can overcome the distal connector 5080B. 例えば、アクチュエータ5010は、遠位コネクタ5080bがもはやカートリッジ本体5050に対して組織厚さコンペンセータ5058を保持しないように、遠位コネクタ5080bを所定の位置から取り外す、又は、引き伸ばすことができる。 For example, the actuator 5010 so as not to hold the tissue thickness compensator 5058 relative to the distal connector 5080b cartridge body 5050 longer, removing the distal connector 5080b from a predetermined position, or may be stretched.

様々な実施形態において、近位コネクタ5080aは、アクチュエータ5010の近位刃先によって切断され得る。 In various embodiments, the proximal connector 5080a can be cleaved by the proximal edge of the actuator 5010. 同様に、カートリッジ本体5050の長さに沿った付加的なコネクタは、発射ストロークの初め又はほとんど初めにアクチュエータ5010によって切断する、又は、そうでなければ打ち勝つことができる。 Similarly, additional connectors along the length of the cartridge body 5050 is cut by an actuator 5010 initially or almost at the beginning of the firing stroke, or may overcome otherwise. 付加的に又は代替的に、発射アセンブリ5030の刃先5036は、近位コネクタ5080a及び/又は付加的なコネクタを切断する、又は、そうでなければ、近位コネクタ5080a及び/又は付加的なコネクタに打ち勝つことができる。 Additionally or alternatively, the cutting edge 5036 of the firing assembly 5030 cuts the proximal connector 5080a and / or additional connector, or otherwise, to the proximal connector 5080a and / or additional connector it can be overcome. 例えば、締結具がカートリッジ本体5050の締結具空洞5054から放出される前に、発射アセンブリ5030の刃先5036は、近位コネクタ5080aを切断し、アクチュエータ5010の刃先5020は、遠位コネクタ5080bを切断することができる(図84)。 For example, before the fastener is released from the fastener cavity 5054 of the cartridge body 5050, edge 5036 of the firing assembly 5030 cuts the proximal connector 5080A, the cutting edge 5020 of the actuator 5010, cutting the distal connector 5080b it is possible (Fig. 84).

主に図87を参照すると、スレッド5034及び/又は発射アセンブリ5030は、アクチュエータ5010の戻り止めタブ部5022に打ち勝つように構成され得る。 Referring now primarily to FIG. 87, the thread 5034 and / or firing assembly 5030 may be configured to overcome the detent tab portion 5022 of the actuator 5010. スレッド5034及び/又は発射アセンブリ5030が戻り止めタブ部5022に打ち勝つとき、発射アセンブリ5030及びスレッド5034は、アクチュエータ5010と相対的に動くことができる。 When overcome thread 5034 and / or firing assembly 5030 detent tab portion 5022, the firing assembly 5030 and threads 5034 are moveable relative to the actuator 5010. 例えば、発射アセンブリ5030は、アクチュエータの更なる遠位運動が堅固な止め具5060によって阻止されるまで、遠位側でアクチュエータ5010を動かすために遠位側でスレッド5034を押すことができる(図85A、85C、及び85D)。 For example, the firing assembly 5030 until further distal motion of the actuator is prevented by the rigid stop 5060 can press the thread 5034 distally to move the actuator 5010 distally (FIG. 85A , 85C, and 85D). 引き続き図87を参照すると、アクチュエータ5010が更なる遠位運動を妨げられたとき、発射アセンブリ5030は、スレッド5034内の凹部5040から戻り止めタブ部5022を変形させる、歪める、及び/又は取り外すために、十分な力でスレッド5034を押すことができる。 With continued reference to FIG. 87, when the actuator 5010 hindered distal movement further, firing assembly 5030, deforming the tab portion 5022 detent from the recess 5040 in the thread 5034, distort, and / or removed for the , it is possible to push the thread 5034 with sufficient force. 例えば、タブ部5022は、十分な縦方向力がスレッド5034に加えられた後に,下向きに撓んで溝5040との係合を解放することができる片持ち梁をそれぞれに備えることができる。 For example, the tab portion 5022 may include a sufficient longitudinal force after being added to the thread 5034, it flexes downward cantilever capable of releasing the engagement with the groove 5040, respectively. 発射アセンブリ5030がスレッド5034を押して戻り止めタブ部5022との係合を解放するとき、発射アセンブリ5030及びスレッド5034は、アクチュエータ5010と相対的に動くことができる。 When firing assembly 5030 releases the engagement between the locking tab portion 5022 back Press threads 5034, firing assembly 5030 and threads 5034 are moveable relative to the actuator 5010. 様々な実施形態において、戻り止めタブ部5022は、アクチュエータ5010が堅固な止め具5060に向かって遠位側にシフトするのにつれて、発射アセンブリ5030の力に持ちこたえるために十分に剛性を有することができ、アクチュエータ5010が堅固な止め具5060に達したとき、モータ及び/又は操作者による過大な力を必要とすることなく歪むために十分に可撓性を有することができる。 In various embodiments, detent tab portion 5022, as the actuator 5010 is shifted distally toward the rigid stop 5060, to have a sufficiently rigid to withstand the force of the firing assembly 5030 can, when the actuator 5010 has reached a firm stop 5060 can have a sufficiently flexible to deflect without requiring excessive force by the motor and / or operator. 様々な状況において、戻り止めタブ部5022は、この戻り止めタブ部5022に加えられた力が所定の力を超えた後に、発射バー5032がカートリッジ本体5050を通過することを可能にするように構成され得る。 In various circumstances, detent tab portion 5022, configured to allow the detent tab portion 5022 on the applied force after exceeding a predetermined force, the firing bar 5032 is passed through the cartridge body 5050 It may be.

次に図29A及び29Bを参照すると、エンドエフェクタアセンブリ5100は、他の場所に示された第1の顎部と、第2の顎部5102とを含むことができる。 Referring now to FIGS. 29A and 29B, the end effector assembly 5100 may include a first jaw shown elsewhere, and a second jaw 5102. 様々な実施形態において、第2の顎部5102及び/又はこの第2の顎部の中に位置決め可能な締結具カートリッジアセンブリは、アクチュエータ5110を含むことができる。 In various embodiments, the fastener cartridge assembly which can be positioned in the second jaw 5102 and / or the second jaw may include an actuator 5110. アクチュエータ5110は、例えば、締結具カートリッジアセンブリの締結具カートリッジ本体5050(図84)のような締結具カートリッジ本体と相対的に摺動又はシフトすることができる。 The actuator 5110, for example, can be fastener cartridge body relatively slides or shifts such as fastener cartridge body 5050 of fastener cartridge assembly (FIG. 84). その上、特定の実施形態において、アクチュエータ5110は、カートリッジ本体5050の周りに少なくとも部分的に位置決めされ得る底壁5116及び側壁5118を含むことができる。 Moreover, in certain embodiments, the actuator 5110 may include a bottom wall 5116 and side walls 5118 may be positioned at least partially around the cartridge body 5050. 底壁5116及び/又は側壁5118は、アクチュエータがカートリッジ本体5050に対して保持されたとき、締結具空洞5054(図84)に位置決めされた締結具の傍ら又は周りに延在することができる。 The bottom wall 5116 and / or the side wall 5118, when the actuator is held against the cartridge body 5050 may extend beside or around the fastener cavity 5054 fastener positioned (Figure 84). 様々な実施形態において、アクチュエータ5110は、底壁5116の少なくとも一部分に沿って延在するスロット5112を含むことができる。 In various embodiments, actuator 5110 can include a slot 5112 extending along at least a portion of the bottom wall 5116. その上、底壁5118は、カートリッジ本体5050に摺動係合することができるリップ部5122及び/又はリップ部5124を含むことができる。 Moreover, the bottom wall 5118 may include a lip portion 5122 and / or the lip 5124 may be slidingly engages the cartridge body 5050. 例えば、リップ部5122は、カートリッジ本体5050の周りに、かつ、カートリッジ本体5050のデッキ5052(図84)内のスリットの中へ延在することができる。 For example, the lip portion 5122 around the cartridge body 5050, and the deck of the cartridge body 5050 5052 may extend into the slit (Figure 84) within. その上、リップ部5124は、例えば、カートリッジ本体5050の側面に沿ってスリットの中へ延在することができる。 Moreover, the lip portion 5124, for example, can extend into the slit along the side of the cartridge body 5050. 様々な実施形態において、リップ部5122、5124は、アクチュエータ5110がカートリッジ本体5050と相対的に動くのにつれて、スリットの内部で摺動することができる。 In various embodiments, lips 5122,5124 are as the actuator 5110 moves relative to the cartridge body 5050 can slide within the slit. このような実施形態において、リップ部は、例えば、アクチュエータ5110とカートリッジ本体5050との間の相対運動を拘束及び/又は画定することができる。 In such embodiments, the lip portion, for example, the relative motion between the actuator 5110 and the cartridge body 5050 can be restrained and / or defined. アクチュエータ5110がカートリッジ本体5050と相対的に動くとき、アクチュエータ5110は、カートリッジ本体5050の締結具空洞5054内に位置決めされた締結具と相対的に摺動することができる。 When the actuator 5110 is moved relative to the cartridge body 5050, an actuator 5110 can slide relative positioning has been fasteners into the fastener cavities 5054 of the cartridge body 5050. 例えば、アクチュエータ5110は、締結具空洞5054内で締結具の傍を通り過ぎて、又は、締結具の周りで摺動することができる。 For example, the actuator 5110 is past the fastener within the fastener cavities 5054, or can slide around the fastener.

引き続き図29A及び29Bを参照すると、アクチュエータ5110は、例えば、第2の顎部5102の近位部分5104で、例えば、戻り止め5114のような解放止め具を含むことができる。 With continued reference to FIGS. 29A and 29B, the actuator 5110, for example, the second proximal portion 5104 of the jaws 5102, for example, can include a release stop such as detents 5114. 主に図29Aを参照すると、戻り止め5114は、カートリッジ本体5050(図84)のスレッド5134を動作的に保持することができる戻り止めアーム5120を含むことができる。 Referring now primarily to FIG. 29A, detents 5114 can include a detent arm 5120 can house threads 5134 of the cartridge body 5050 (FIG. 84) operatively. 例えば、スレッド5134は、溝5144を含むことができ、戻り止めアーム5120は、アクチュエータ5110に対してスレッド5134を保つために溝5144を係合することができる様々な実施形態において、戻り止め5114は、スレッド5134の中の溝5144に保つことができる複数の戻り止めアーム5120を有することができる。 For example, thread 5134 may include a groove 5144, the detent arm 5120, in various embodiments that can engage the groove 5144 in order to keep the thread 5134 to the actuator 5110, detents 5114 it can have a plurality of detent arms 5120 can be kept in the groove 5144 in the threads 5134. 戻り止めアーム5120は、例えば、アクチュエータ5110の反対側から延在することができ、スレッド5134は、例えば、戻り止めアーム5120の中間に位置決めされ得る。 Detent arm 5120, for example, the actuator can extend from the opposite side of 5110, thread 5134 may, for example, be positioned intermediate the detent arm 5120. 特定の実施形態において、発射アセンブリ5030は、スレッド5134を押すことができ、戻り止めアーム5120がスレッド5134の溝5144内に保持されている間にアクチュエータ5110を遠位側にシフトさせることができる(図29A)。 In certain embodiments, the firing assembly 5030 may push the thread 5134, the detent arm 5120 can shift the actuator 5110 distally while being held in the groove 5144 of threads 5134 ( Figure 29A). 戻り止めアーム5120は、アクチュエータ5110が発射アセンブリ5030によって遠方側に押されるのにつれて、アクチュエータ5110に対してスレッド5134を保持するために十分に剛性を有することができる。 Detent arm 5120, as the actuator 5110 is pushed distally by the firing assembly 5030 may have a sufficiently rigid to hold the thread 5134 to the actuator 5110. その後、アクチュエータ5110は、例えば、アクチュエータ5110の更なる遠位運動を阻止することができる堅固な止め具5060(図84〜85B、85D)のような堅固な止め具に当接することができる。 Thereafter, the actuator 5110, for example, can abut the rigid stop, such as a rigid stop that can block further distal movement of the actuator 5110 5060 (FIG 84~85B, 85D).

主に図29Bを参照すると、アクチュエータ5010が堅固な止め具5060(図84〜85B及び85D)に当接するとき、発射アセンブリ5030は、戻り止め5114を通してスレッド5134を押し進めることができる。 Referring now primarily to FIG. 29B, when the actuator 5010 is in contact with the rigid stop 5060 (Figure 84~85B and 85D), the firing assembly 5030 may push the thread 5134 through the detents 5114. 換言すれば、発射アセンブリ5030は、戻り止めアーム5120に打ち勝つためにスレッド5134を押し進めることができる。 In other words, the firing assembly 5030 may push the thread 5134 to overcome the detent arm 5120. このような実施形態において、戻り止めアーム5120は、十分に可撓性があるのでスレッド5134の溝5144との係合から外れるまで撓むことができ、戻り止めアーム5120同士の間で、かつ、アクチュエータ5110内のスロット5112に沿って発射アセンブリ5030の通過を許すことができる。 In such embodiments, the detent arm 5120, because there is sufficient flexibility can be deflected to out of engagement with the grooves 5144 of threads 5134, the detent between the arms 5120 each other and, along the slot 5112 in the actuator 5110 may allow the passage of the firing assembly 5030. アクチュエータ5010と同様に、アクチュエータ5110は、このアクチュエータ5110が発射アセンブリ5030によって遠位側にシフトされるとき、例えば、遠位コネクタ5080b(図84及び85D)に類似した遠位コネクタを切断する、又は、そうでなければ遠位コネクタに打ち勝つことができるエッジを含むことができる。 Like the actuator 5010, an actuator 5110, when the actuator 5110 is shifted distally by the firing assembly 5030, for example, to cut the distal connector similar to the distal connector 5080B (FIG. 84 and 85D), or It may include an edge that can overcome the distal connector otherwise. その後、発射アセンブリ5030及びスレッド5134は、スロット5112に沿って並進することができ、例えば、カートリッジ本体内の締結具空洞5054から締結具を放出することができる。 Thereafter, firing assembly 5030 and threads 5134 may be translated along the slot 5112, for example, may release a fastener from the fastener cavity 5054 of the cartridge body. 様々な実施形態において、アクチュエータ5110は、締結具が締結具カートリッジ5050から発射される前に、遠位コネクタ及び/又は付加的なコネクタ(群)に打ち勝つことができる。 In various embodiments, actuator 5110, before the fastener is fired from the fastener cartridge 5050, can be overcome in a distal connector and / or additional connector (s). 特定の実施形態において、アクチュエータ5110は、少なくとも1つの締結具が締結具空洞から発射されるのにつれて、及び/又は、少なくとも1つの締結具が締結具空洞から発射された後に、遠位コネクタ及び/又は付加的なコネクタ(群)に打ち勝つことができる。 In certain embodiments, the actuator 5110, as the at least one fastener has been fired from the fastener cavities, and / or, after at least one fastener has been fired from the fastener cavity, the distal connector and / or it can be overcome additional connector (s).

次に図87A及び87Bを参照すると、エンドエフェクタアセンブリ5200は、他の場所に示された第1の顎部と、第2の顎部5202とを含むことができる。 Referring now to FIGS. 87A and 87B, the end effector assembly 5200 may include a first jaw shown elsewhere, and a second jaw 5202. 様々な実施形態において、第2の顎部5202及び/又は締結具カートリッジアセンブリは、例えば、締結具カートリッジ本体5050(図84)のような締結具カートリッジ本体と相対的に摺動することができるアクチュエータ5210を含むことができる。 In various embodiments, the second jaw 5202 and / or fastener cartridge assembly, for example, can be relatively slid fastener cartridge body, such as a fastener cartridge body 5050 (FIG. 84) the actuator it can contain 5210. その上、特定の実施形態において、アクチュエータ5210は、底壁5216及び側壁を含むことができる。 Moreover, in certain embodiments, actuator 5210 can include a bottom wall 5216 and a side wall. 側壁は、例えば、少なくともカートリッジ本体5050の周りに位置決めされ得る。 Sidewalls, for example, may be positioned around at least a cartridge body 5050. アクチュエータ5210は、底壁5216の少なくとも一部分に沿って延在するスロット5212を含むことができる。 The actuator 5210 may include slots 5212 extending along at least a portion of the bottom wall 5216. その上、アクチュエータ5210は、カートリッジ本体5050に対して可動式に保持され得る。 Moreover, the actuator 5210 may be held movably with respect to the cartridge body 5050. アクチュエータ5210がカートリッジ本体5050と相対的に動くとき、アクチュエータ5210は、カートリッジ本体5050の締結具空洞5054内に位置決めされた締結具と相対的に動くことができる。 When the actuator 5210 is moved relative to the cartridge body 5050, an actuator 5210 can be moved relative to the fastener which is positioned within the fastener cavities 5054 of the cartridge body 5050. 例えば、アクチュエータ5210は、締結具空洞5054内に位置決めされた締結具の傍を通り過ぎて、又は、締結具の周りで摺動することができる。 For example, the actuator 5210 is past the fastener positioned within the fastener cavities 5054, or can slide around the fastener.

様々な実施形態において、発射アセンブリ5030は、発射ストローク中にスロット5212に沿って及び/又はスロット5212の内部で並進することができる。 In various embodiments, the firing assembly 5030 can translate inside along the slot 5212 during the firing stroke and / or slot 5212. アクチュエータ5010、5110と同様に、アクチュエータ5210は、解放止め具5214を含むことができる。 Like the actuator 5010,5110, actuator 5210 can include a release stop 5214. 様々な実施形態において、解放止め具5214は、例えば、スロット5212を横切るブリッジであることができる壊れやすい部分5220を含むことができる。 In various embodiments, release stop 5214, for example, may include a frangible portion 5220 may be a bridge across the slot 5212. 主に図87Aを参照すると、発射アセンブリ5030は、アクチュエータ5210を遠方側に押すために解放止め具5214に当接することができる。 Referring now primarily to FIG. 87A, the firing assembly 5030 may be in contact with the release stop 5214 to push the actuator 5210 distally. その後、アクチュエータ5210は、アクチュエータ5210の更なる遠位運動を阻止することができる堅固な止め具5060(図84〜85B、85D)のような堅固な止め具に当接することができる。 Thereafter, the actuator 5210 can abut the rigid stop, such as a rigid stop that can block further distal movement of the actuator 5210 5060 (FIG 84~85B, 85D). 主に図87Bを参照すると、堅固な止め具5060に到達し次第、発射アセンブリ5030は、発射ストローク中にスロット5212に沿って動き続けるために解放止め具5214の壊れやすい部分5220を破壊することができる。 Referring now primarily to FIG. 87B, upon reaching the rigid stop 5060, firing assembly 5030, to disrupt fragile portion 5220 of the release stopper 5214 to continue to move along the slot 5212 during the firing stroke it can. 壊れやすい部分5220は、アクチュエータ5210が堅固な止め具5060(図85D)に向かって遠位側にシフトするのにつれて、発射アセンブリ5030の力に持ちこたえるために十分に剛性を有することができ、アクチュエータ5210が堅固な止め具5060に達したとき、モータ及び/又は操作者による過大な力を必要とすることなく壊れるように十分に壊れやすさを有することができる。 Frangible portion 5220, as the actuator 5210 is shifted distally toward the rigid stop 5060 (Figure 85D), it is possible to have a sufficiently rigid to withstand the force of the firing assembly 5030, the actuator when 5210 reaches rigid stop 5060 may have a motor and / or operator due to an excessive force required to be sufficiently fragile to break without of the. 様々な実施形態において、アクチュエータ5210は、締結具が締結具カートリッジ5050から発射される前に、遠位コネクタ5080b及び/又は付加的なコネクタ(群)に打ち勝つことができる。 In various embodiments, actuator 5210, before the fastener is fired from the fastener cartridge 5050, can be overcome distal connector 5080b and / or additional connector (s). 特定の実施形態において、アクチュエータ5210は、少なくとも1つの締結具が締結具空洞から発射されるのにつれて、及び/又は、少なくとも1つの締結具が締結具空洞から発射された後に、遠位コネクタ及び/又は付加的なコネクタ(群)に打ち勝つことができる。 In certain embodiments, the actuator 5210, as the at least one fastener has been fired from the fastener cavities, and / or, after at least one fastener has been fired from the fastener cavity, the distal connector and / or it can be overcome additional connector (s).

次に図88及び89を参照すると、エンドエフェクタアセンブリ5300は、他の場所に示された第1の顎部と、第2の顎部5302とを含むことができる。 Referring now to FIGS. 88 and 89, end effector assembly 5300 may include a first jaw shown elsewhere, and a second jaw 5302. 様々な実施形態において、第2の顎部5302は、カートリッジ本体5350と、カートリッジ本体5350に解放可能に締め付けられた組織厚さコンペンセータ5358とを含むことができる。 In various embodiments, the second jaw 5302 may comprise a cartridge body 5350, and a releasably clamped tissue thickness compensator 5358 in the cartridge body 5350. 第2の顎部5002と同様に、第2の顎部5302は、例えば、カートリッジ本体5350内の締結具空洞内に解放可能に位置決めすることができる外科用ステープルのような締結具を含むことができる。 Like the second jaw 5002, the second jaw 5302, for example, comprise a fastener, such as a surgical staple can be releasably positioned within the fastener cavities of the cartridge body 5350 it can. 例えば、締結具は、各締結具空洞内に放出可能に位置決めされ得る。 For example, the fastener may be releasably positioned in the fastener within the cavity. 特定の実施形態において、カートリッジ本体5350は、第2の顎部5302の近位部分5304から遠位部分5306の方へ延在することができるスロット5356(図88)を含むことができる。 In certain embodiments, the cartridge body 5350 may include slots 5356 from the proximal portion 5304 of the second jaw 5302 can extend toward the distal portion 5306 (FIG. 88). 様々な実施形態において、発射アセンブリ5030は、カートリッジ本体5350のスロット5356に沿って並進することができる。 In various embodiments, the firing assembly 5030 can translate along the slot 5356 of the cartridge body 5350. 発射アセンブリ5030は、例えば、発射ストローク中に締結具カートリッジ5350のスロットの内部で並進することができ、発射ストローク中に締結具空洞から締結具を放出することができる。 Firing assembly 5030, for example, can translate within the fastener cartridge 5350 slots during firing stroke, it is possible to release the fasteners from the fastener cavities during firing stroke. 発射アセンブリ5030は、例えば、発射ストローク中にカートリッジ本体5350内のスレッド5334(図89)を係合することができ、例えば、発射ストローク中にスレッド5334を遠位側に押すことができる。 Firing assembly 5030, for example, can engage the thread of the cartridge body 5350 5334 (FIG. 89) in the firing stroke, for example, it is possible to push the thread 5334 distally during firing stroke. その上、発射ストローク中に、発射アセンブリ5030及び/又はアクチュエータ5310は、カートリッジ本体5350から組織厚さコンペンセータ5358を解放することができる。 Moreover, during the firing stroke, the firing assembly 5030 and / or the actuator 5310 can release the tissue thickness compensator 5358 from the cartridge body 5350.

引き続き図88及び89を参照すると、組織厚さコンペンセータ5358は、本体5360と、本体5360から延在する近位マウント部5362と、本体5360から延在する遠位マウント部5364とを含むことができる。 With continued reference to FIGS. 88 and 89, tissue thickness compensator 5358 may include a main body 5360, a proximal mounting portion 5362 extending from the body 5360, and a distal mounting portion 5364 extending from the body 5360 . 主に図89を参照すると、ピン5366は、例えば、このピン5366が第2の顎部5302の近位部分5304でカートリッジ本体5350に対して組織厚さコンペンセータ5358を保持するように、近位マウント部5362を通ってカートリッジ本体5350内の開口5356aの中へ延在することができる。 Referring now primarily to FIG. 89, the pin 5366 is, for example, as the pin 5366 holds the tissue thickness compensator 5358 relative to the cartridge body 5350 in the proximal portion 5304 of the second jaw 5302, the proximal mount it can extend into the opening 5356a of the cartridge body 5350 through the section 5362. ピン5366は、例えば、開口5356aの中に摩擦嵌合及び/又はスナップ嵌合され得る。 Pin 5366 can, for example, be fitted friction fit and / or snap into the opening 5356A. 特定の実施形態において、ピン5366は、例えば、1つ以上の接着剤を使用して開口5456a内に保持され得る。 In certain embodiments, the pin 5366 can, for example, may be maintained using one or more adhesive in the opening 5456A. 一部の実施形態において、カートリッジ本体5350及び/又はピン5366の少なくとも一部分は、例えば、溶接され得る。 In some embodiments, at least a portion of the cartridge body 5350 and / or pin 5366, for example, may be welded. 様々な実施形態において、組織厚さコンペンセータ5358は、カートリッジ本体5350においてスロット5356(図88)の片側又は両側でカートリッジ本体5350に解放可能に締め付けることができる複数の近位マウント部5362を含むことができる。 In various embodiments, the tissue thickness compensator 5358, include a slot 5356 more proximal mounting portion 5362 which can be clamped releasably in the cartridge body 5350 on one or both sides (Fig. 88) in the cartridge body 5350 it can. 特定の実施形態において、遠位マウント部5364は、例えば、第2の顎部5302の遠位部分5306でカートリッジ本体5350に締め付けることができる。 In certain embodiments, the distal mounting portion 5364, for example, can be clamped to the cartridge body 5350 with a distal portion 5306 of the second jaw 5302. 遠位マウント部5364は、例えば、遠位マウント部5364とカートリッジ本体5350との間で少なくとも1つの接着剤を用いてカートリッジ本体5350に締め付けることができる。 The distal mounting portion 5364, for example, can be clamped to the cartridge body 5350 using at least one adhesive between the distal mounting portion 5364 and the cartridge body 5350. 付加的に又は代替的に、遠位マウント部5364は、例えば、少なくとも1つのピン及び/又はその他の締結具によってカートリッジ本体5350に締め付けられ得る。 Additionally or alternatively, the distal mounting portion 5364, for example, be fastened to the cartridge body 5350 by means of at least one pin and / or other fasteners.

主に図89を参照すると、アクチュエータ5310は、遠位マウント部5364の周りで輪になることができ、第2の顎部5302内のスレッド5334まで延びることができる。 Referring now primarily to FIG. 89, the actuator 5310 may be looped around the distal mounting portion 5364 can extend to thread 5334 in the second jaw 5302. 様々な実施形態において、アクチュエータ5310は、例えば、カートリッジ本体5350を通って、及び/又は、第2の顎部5302又はスレッド5334に画定されたチャンネル5346を通って延在することができるケーブル又はコードを備えることができる。 In various embodiments, actuator 5310, for example, through the cartridge body 5350, and / or a cable or cord can extend through the channel 5346 defined in the second jaw 5302 or thread 5334 it can be provided with. 様々な実施形態において、スレッド5334の遠位運動は、組織厚さコンペンセータ5358の遠位マウント部5364を突破するためにアクチュエータ5310を引っ張ることができる。 In various embodiments, the distal movement of the thread 5334 can pull the actuator 5310 in order to break through the distal mounting portion 5364 of the tissue thickness compensator 5358. 例えば、アクチュエータ5310は、スレッド5334に締め付けられた第1の端部5316と、カートリッジ本体5350の内部に締め付けられた第2の端部5318と、第1の端部5316と第2の端部5318との間にループ5320とを有することができる。 For example, the actuator 5310 includes a first end 5316 that is fastened to the thread 5334, a second end 5318 that is fastened to the inside of the cartridge body 5350, a first end 5316 a second end 5318 It may have a loop 5320 between. ループ5320は、例えば、遠位マウント部5364の周りで輪になることができる。 Loop 5320 may, for example, be looped around the distal mounting portion 5364. 様々な実施形態において、ループ5320は、カートリッジ本体5350に締め付けられた遠位マウント部5364の部分と組織厚さコンペンセータ5358の本体5360との間で遠位マウント部5364の周りに巻き付くことができる。 In various embodiments, the loop 5320 may be wrapped around around a distal mounting portion 5364 between the portion of the distal mounting portion 5364 which is fastened to the cartridge body 5350 and the main body 5360 of the tissue thickness compensator 5358 . 特定の実施形態において、第2の端部5318は、第1の端部5316が動くとき、ループ5320が遠位マウント部5364の周りで堅く締まるように、カートリッジ本体5350内に固定して締め付けることができる。 In certain embodiments, the second end 5318, when the first end portion 5316 is moved, so that the loop 5320 is tightened tightly around the distal mounting portion 5364, by tightening and fixed to the cartridge body 5350 can. 様々な実施形態において、第2の顎部5302及び/又はカートリッジ本体5350は、例えば、第1のボタン5312及び第2のボタン5314のようなボタン、ピン、及び/又はキャスターを含むことができる。 In various embodiments, the second jaw 5302 and / or the cartridge body 5350, for example, can include buttons such as first button 5312 and a second button 5314, the pin, and / or casters. アクチュエータ5310は、例えば、第1のボタン5312及び第2のボタン5314に巻き付くことができる。 The actuator 5310, for example, can be wound around the first button 5312 and a second button 5314. ボタン5312、5314の位置とボタン5312、5314の周りのアクチュエータ5310の姿勢とは、スレッド5334及び発射アセンブリ5330が発射ストローク中に遠位側へ動くとき、アクチュエータ5310のループ5320に遠位マウント部5364の周りで堅く締まるようにさせることができる。 The posture of the actuator 5310 around the position and the button 5312,5314 buttons 5312,5314, when a thread 5334 and firing assembly 5330 moves distally during firing stroke, the distal mounting portion to the loop 5320 of the actuator 5310 5364 it can be so tighten firmly around. その上、ループ5320が遠位マウント部5364の周りに堅く締まるのにつれて、ループ5320は、第2の顎部5302の遠位位置5306でカートリッジ本体5350から組織厚さコンペンセータ5358の本体5360を解放するために遠位マウント部5364を突き破ることができる。 Moreover, as the loop 5320 is tightened firmly about the distal mounting portion 5364, the loop 5320, releases the body 5360 of the tissue thickness compensator 5358 from the cartridge body 5350 in a distal position 5306 of the second jaw 5302 it is possible to break through the distal mount section 5364 in order. したがって、上記を考慮すると、遠位マウント部5364は、発射ストロークの初めの間に係合解放され得る。 Therefore, considering the above, the distal mounting portion 5364 can be engaged released during the first firing stroke.

様々な実施形態において、組織厚さコンペンセータ5358の遠位マウント部5364がカートリッジ本体5350から解放されるとき、組織厚さコンペンセータ5358の近位マウント部5362をカートリッジ本体5350に締め付けるピン5366は、カートリッジ5350内の開口5356から解放され得る。 In various embodiments, when the distal mounting portion 5364 of the tissue thickness compensator 5358 is released from the cartridge body 5350, a pin 5366 tightening the proximal mounting portion 5362 of the tissue thickness compensator 5358 in the cartridge body 5350, the cartridge 5350 It may be released from the opening of the inner 5356. 例えば、ストロークの初め又はほとんど初めに、ピン5366は、開口5356から解放され得る。 For example, first or most the beginning of the stroke, the pin 5366 may be released from the opening 5356. ピン5366は、例えば、発射アセンブリ5030の刃先5036によって剪断又は切断されることができ、及び/又は、発射アセンブリ5030の要素によって開口5356から押し出され得る及び/又は追い出され得る。 Pin 5366 can, for example, can be sheared or cut by the cutting edge 5036 of the firing assembly 5030, and / or may be capable and / or expelled extruded from the opening 5356 by the elements of the firing assembly 5030. このような実施形態において、組織厚さコンペンセータ5358は、近位マウント部5362及び遠位マウント部5364の両方がカートリッジ本体5350から解放されるとき、発射ストロークの初め又はほとんど初めにカートリッジ本体5350から解放され得る。 Release In such embodiments, the tissue thickness compensator 5358, when both of the proximal mounting portion 5362 and a distal mounting portion 5364 is released from the cartridge body 5350, the cartridge body 5350 first or most the beginning of the firing stroke It may be. 換言すれば、アクチュエータ5310は、発射アセンブリ5030及び/又はスレッド5334がカートリッジ本体5350内の締結具空洞から締結具を放出する前に、カートリッジ本体5350から組織厚さコンペンセータ5358を解放することができる。 In other words, the actuator 5310, before the firing assembly 5030 and / or thread 5334 releases a fastener from the fastener cavities of the cartridge body 5350 may release the tissue thickness compensator 5358 from the cartridge body 5350. 一部の実施形態において、発射アセンブリ5030及び/又はスレット5334は、アクチュエータ5310がカートリッジ本体5350から組織厚さコンペンセータ5358を解放する前に及び/又は解放する間に、締結具空洞から少なくとも1つの締結具を放出することができる。 In some embodiments, the firing assembly 5030 and / or threat 5334, during the and / or released before the actuator 5310 to release the tissue thickness compensator 5358 from the cartridge body 5350, at least one fastener from the fastener cavity it is possible to release the ingredients.

締結具カートリッジアセンブリは、複数の締結具空洞を備えるカートリッジ本体と、スロットとを備えることができる。 Fastener cartridge assembly may include a cartridge body comprising a plurality of fasteners cavity, and a slot. 締結具カートリッジアセンブリは、各締結具が締結具空洞内に解放可能に位置決めされた複数の締結具を更に備えることができる。 Fastener cartridge assembly, a plurality of fasteners each fastener is releasably positioned in the fastener within the cavity may be further provided. 締結具カートリッジアセンブリは、スロットに沿って動くように構成された発射要素と、カートリッジ本体に解放可能に締め付けられた組織厚さコンペンセータと、組織厚さコンペンセータをカートリッジ本体に締め付け、複数の締結具のうちの1つの締結具より遠位側に位置決めされたマウント部とを更に備えることができる。 Fastener cartridge assembly includes a firing element which is configured to move along the slot, the tissue thickness compensator which is clamped releasably in the cartridge body, clamped tissue thickness compensator to the cartridge body, a plurality of fasteners and a mount portion positioned distal to one fastener out may further comprise. 締結具カートリッジアセンブリは、発射要素とマウント部との間に、発射要素がスロットに沿って遠位側に動くときにマウント部を破壊するように構成されたケーブルを更に備えることができる。 Fastener cartridge assembly may be between the firing element and the mount portion, further comprising a configured cable to break the mounting portion when the firing element moves distally along the slot. 組織厚さコンペンセータは、ケーブルがマウント部を破壊するとき、カートリッジ本体から解放され得る。 Tissue thickness compensator, when the cable is to destroy the mount portion can be released from the cartridge body. ケーブルは、締結具空洞からの締結具の取り外しの前にマウント部を破壊することができる。 Cables, can destroy the mounting portion prior to removal of the fastener from the fastener cavities. 締結具カートリッジアセンブリは、チャンネルを更に備えることができ、ケーブルは、このチャンネルを通って延在する。 Fastener cartridge assembly may further comprise a channel, the cable extending through this channel.

次に図93A〜93Dを参照すると、エンドエフェクタアセンブリ5600は、他の場所に示された第1の顎部と、第2の顎部5602とを含むことができる。 Referring now to FIG. 93a to 93d, the end effector assembly 5600 may include a first jaw shown elsewhere, and a second jaw 5602. 様々な実施形態において、第2の顎部5602は、締結具カートリッジ本体5650と、第2の顎部5602及び/又は締結具カートリッジ本体5650に解放可能に締め付けられた組織厚さコンペンセータ5658とを含むことができる。 In various embodiments, the second jaw 5602 includes a fastener cartridge body 5650, and a second jaw 5602 and / or fastener cartridge body 5650 releasably clamped tissue thickness compensator to 5658 be able to. 特定の実施形態において、締結具カートリッジ本体5650と、この締結具カートリッジ本体に解放可能に締め付けられた組織厚さコンペンセータ5658とは、締結具カートリッジアセンブリに解放可能に締め付けられ得る。 In certain embodiments, the fastener cartridge body 5650, and the fastener cartridge body releasably clamped tissue thickness compensator 5658 may releasably fastened to the fastener cartridge assembly. 主に図93Aを参照すると、カートリッジ本体5650は、カートリッジデッキ5652と、カートリッジデッキ5652に画定された締結具空洞5654とを有することができる。 Referring now primarily to FIG. 93A, the cartridge body 5650 may have a cartridge deck 5652, and a fastener cavity 5654 defined in the cartridge deck 5652. その上、第2の顎部5602は、例えば、締結具空洞5654内に解放可能に位置決めされ得る外科用ステープルのような締結具を含むことができる。 Moreover, the second jaw 5602, for example, may include fasteners such as surgical staples that can be releasably positioned within the fastener cavities 5654. 例えば、単一の締結具は、カートリッジ本体5650の各締結具空洞5654内に放出可能に位置決めされ得る。 For example, a single fastener may be releasably positioned in the fastener within the cavity 5654 of the cartridge body 5650. 依然として主に図93Aを参照すると、カートリッジ本体5650は、カートリッジデッキ5652から延在する畝部5648を含むことができる。 Still primarily to FIG. 93A, the cartridge body 5650 may include a ridge portion 5648 extending from the cartridge deck 5652. 畝部5648は、例えば、締結具空洞5654の少なくとも一部分の周りに延在することができる。 Ridges 5648, for example, can extend around at least a portion of the fastener cavity 5654. 様々な実施形態において、締結具が締結具空洞5654内に位置決めされたとき、締結具の先端部は、締結具空洞5654から突起することができる。 In various embodiments, when the fastener is positioned within the fastener cavities 5654, the distal end portion of the fastener may be protruding from the fastener cavity 5654. このような実施形態において、少なくとも部分的に締結具空洞5654の周りに位置決めされた畝部5648は、締結具が締結具空洞5654から放出されたとき、締結具の先端部を支持及び/又はガイドすることができる。 In such embodiments, ridges 5648 positioned at least partially around the fastener cavity 5654, when the fastener is discharged from the fastener cavity 5654, supporting the leading end of the fastener and / or guide can do. 特定の実施形態において、依然として図93Aを参照すると、カートリッジ本体5650は、第2の顎部5602の近位部分5604から第2の顎部5602の遠位部分5606の方へ延在することができるスロット5656を含むことができる。 In certain embodiments, referring still to Figure 93A, the cartridge body 5650 can extend from the proximal portion 5604 of the second jaw 5602 towards the distal portion 5606 of the second jaw 5602 it can include a slot 5656. 様々な実施形態において、発射アセンブリ5630は、カートリッジ本体5650のスロット5656に沿って並進することができる。 In various embodiments, the firing assembly 5630 can translate along the slot 5656 of the cartridge body 5650. 例えば、発射アセンブリ5630は、発射ストローク中にスロット5656に沿って並進することができ、発射ストローク中に締結具空洞5654から締結具を放出することができる。 For example, the firing assembly 5630 may be translated along the slot 5656 during the firing stroke, it is possible to release the fasteners from the fastener cavity 5654 during the firing stroke.

引き続き図93A〜93Dを参照すると、発射アセンブリ5630は、発射バー5632、刃先5636、クロスバー5638、及び足部5644を含むことができる。 With continued reference to FIG. 93a to 93d, the firing assembly 5630, the firing bar 5632, edge 5636, it can include a crossbar 5638, and foot 5644. 刃先5636は、発射アセンブリ5630が発射ストローク中に第2の顎部5602を通して発射されるのにつれて、組織を切断する、及び/又は、組織厚さコンペンセータ5658を切断することができる。 Cutting edge 5636, as the firing assembly 5630 is fired through the second jaw 5602 in the firing stroke, to cut tissue, and / or, it is possible to cut the tissue thickness compensator 5658. クロスバー5638は、第1の顎部に対して発射アセンブリ5630を保持するために第1の顎部のアンビル内でスロットを係合することができ、足部5644は、例えば、カートリッジ本体5650に対して第1の顎部を保持するために、カートリッジ本体5650内のスロット5656のような第2の顎部5602内のスロットを係合することができる。 Crossbar 5638, it is possible to engage the slot in the first the anvil of the jaws to hold the firing assembly 5630 relative to the first jaw, the foot portion 5644 is, for example, the cartridge body 5650 to hold the first jaw against the second jaw slot in 5602, such as the slots 5656 of the cartridge body 5650 can engage. 様々な実施形態において、クロスバー5638及び足部5644は、例えば、締結具カートリッジ5650のデッキ5652に垂直である発射アセンブリ6530の刃先5636を保持することができる。 In various embodiments, the cross bar 5638 and the foot portion 5644, for example, can hold a cutting edge 5636 of the firing assembly 6530 is perpendicular to the deck 5652 of the fastener cartridge 5650. 主に図93A及び93Dを参照すると、発射アセンブリ5630は、発射ストローク中にカートリッジ本体5650内のスレッド5634を係合することができる。 Referring now primarily to FIGS. 93A and 93D, the firing assembly 5630 may engage the threads 5634 of the cartridge body 5650 during the firing stroke. 発射アセンブリ5630は、例えば、締結具空洞5654から締結具を放出するために発射ストローク中にスレッド5634を遠位側に押すことができる。 Firing assembly 5630, for example, it is possible to push the thread 5634 distally during firing strokes in order to release the fasteners from the fastener cavity 5654. 様々な実施形態において、スレッド5634は、例えば、締結具空洞5654においてドライバ及び/又は締結具を係合することができるカム面又は斜面5642を有することができる。 In various embodiments, the thread 5634 can, for example, having a cam surface or the inclined surface 5642 can engage the driver and / or fasteners in the fastener cavity 5654. 斜面5642がドライバを係合するとき、斜面5642は、締結具空洞5654から対応する締結具を放出するためにドライバをデッキ5652の方へ押すことができる。 When the slope 5642 engages the driver, slope 5642 can press the driver to release the fastener from the corresponding fastener cavity 5654 towards the deck 5652. その上、様々な実施形態において、発射アセンブリ5630は、発射ストローク中に組織厚さコンペンセータ5658を切断することができる。 Thereon, in various embodiments, the firing assembly 5630 may cut the tissue thickness compensator 5658 during the firing stroke.

主に図93A及び93Bを参照すると、組織厚さコンペンセータ5658は、カートリッジ接触表面5662(図93A)と、組織接触表面5664(図93B)とを含むことができる。 Referring now primarily to FIGS. 93A and 93B, the tissue thickness compensator 5658, the cartridge contacting surface 5662 (FIG. 93A), can include a tissue contacting surface 5664 (FIG. 93B). カートリッジ接触表面5662は、例えば、組織厚さコンペンセータ5658がカートリッジ本体5650(図93B)に締め付けられたとき、カートリッジデッキ5652に対して位置決めされ得る。 Cartridge contact surface 5662, for example, when the tissue thickness compensator 5658 is that fastened to the cartridge body 5650 (FIG. 93B), may be positioned relative to the cartridge deck 5652. その上、組織接触表面5664は、例えば、組織が第1の顎部と第2の顎部5602との間にクランプ締めされたとき、組織に対して位置決めされ得る。 Moreover, the tissue contacting surface 5664, for example, when the tissue is clamped between the first jaw and the second jaw 5602 may be positioned relative to the tissue. 主に図93Aを参照すると、組織厚さコンペンセータ5658は、マウント部5660を含むことができる。 Referring now primarily to FIG. 93A, the tissue thickness compensator 5658 may include a mount portion 5660. 様々な実施形態において、マウント部5660は、例えば、組織厚さコンペンセータ5658から延在することができる矩形又は三角形フラップであることができる。 In various embodiments, the mount portion 5660, for example, be a rectangular or triangular flaps can extend from the tissue thickness compensator 5658. その上、マウント部5660は、このマウント部5660の形状に対応するスペース5666が組織厚さコンペンセータ5658に残されるように、組織厚さコンペンセータ5658の切り抜き部分であることができる。 Moreover, the mount portion 5660, so the space 5666 corresponding to the shape of the mounting portion 5660 is left in the tissue thickness compensator 5658 may be a cut-out portion of the tissue thickness compensator 5658. マウント部5660は、例えば、組織厚さコンペンセータ5658がカートリッジ本体5650と相対的に位置決めされたとき、カートリッジ本体5650のスロット5656と整列させられ得る。 Mounting portion 5660, for example, when the tissue thickness compensator 5658 is positioned relative to the cartridge body 5650 may be aligned with the slot 5656 of the cartridge body 5650. その上、マウント部5660は、組織厚さコンペンセータ5658のカートリッジ接触表面5662がカートリッジ本体5650のデッキ5652に隣接して位置決めされたとき、スロット5656の中へ延在することができる。 Moreover, the mount portion 5660, when the cartridge contacting surface 5662 of the tissue thickness compensator 5658 is positioned adjacent to the deck 5652 of the cartridge body 5650, can extend into the slot 5656. 様々な実施形態において、マウント部5660は、組織厚さコンペンセータ5658がカートリッジ本体5650に締め付けられるとき、スロット5656に摩擦嵌合され得る。 In various embodiments, the mount portion 5660, when the tissue thickness compensator 5658 is tightened to the cartridge body 5650 may friction fit in the slot 5656. マウント部5660は、カートリッジ本体5650に対して組織厚さコンペンセータ5658の少なくとも一部分を保持することができる。 Mounting portion 5660 is capable of retaining at least a portion of the tissue thickness compensator 5658 relative to the cartridge body 5650. 例えば、マウント部5660がスロット5656内に摩擦嵌合されるとき、カートリッジ接触表面5662は、カートリッジ本体5650のデッキ5652に対して位置決めされ得る。 For example, when the mounting portion 5660 is fitted frictionally within the slot 5656, the cartridge contacting surfaces 5662 may be positioned relative to the deck 5652 of the cartridge body 5650.

様々な実施形態において、組織厚さコンペンセータ5658は、カートリッジ本体5650のスロット5656と整列させることができる複数のマウント部5660を含むことができる。 In various embodiments, the tissue thickness compensator 5658 may include a plurality of mounting portions 5660 which can be aligned with the slot 5656 of the cartridge body 5650. 例えば、少なくとも1つのマウント部5660は、第2の顎部5602の近位部分5604内に位置決めされることができ、少なくとも1つのマウント部5660は、第2の顎部5602の遠位部分5606内に位置決めされ得る。 For example, at least one of the mount portion 5660 can be positioned within the proximal portion 5604 of the second jaw 5602, at least one of the mount portion 5660, the distal portion 5606 of the second jaw 5602 It may be positioned. 様々な実施形態において、マウント部5660は、組織厚さコンペンセータ5658の長さの少なくとも一部分に沿って間隔を置くことができる。 In various embodiments, the mount portion 5660 may be spaced along at least a portion of the length of the tissue thickness compensator 5658. 例えば、スロット5656は、第2の顎部5602の近位部分5604から遠位部分5606まで延在する縦方向スロットであることができる。 For example, slot 5656 can be a longitudinal slot extending from the proximal portion 5604 of the second jaw 5602 to a distal portion 5606. マウント部5660は、例えば、縦方向スロット5656の中へ摩擦嵌合させることができ、組織厚さコンペンセータ5658をカートリッジ本体5650に締め付けることができる。 Mounting portion 5660, for example, longitudinal slot can friction fit to into the 5656, can clamp tissue thickness compensator 5658 in the cartridge body 5650.

主に図93A及び93Dを参照すると、スレッド5634は、スレッド5634から第2の顎部5602の遠位部分5606の方へ突出することができる舌状部5640を含むことができる。 Referring now primarily to FIGS. 93A and 93D, the thread 5634 can include a tongue 5640 which can protrude from the thread 5634 toward the distal portion 5606 of the second jaw 5602. 発射アセンブリ5630が発射ストローク中にスレッド5634を押すとき、舌状部5640は、カートリッジ本体5650内でスロット5656に沿って動くことができる。 When the firing assembly 5630 is pushing the thread 5634 in the firing stroke, tongue 5640 can be moved along the slot 5656 in the cartridge body 5650. 主に図93Dを参照すると、舌状部5640は、組織厚さコンペンセータ5658のカートリッジ接触表面5664に隣接したスロット5656に沿って動くことができる。 Referring now primarily to FIG. 93D, tongue 5640 can be moved along the slot 5656 adjacent the cartridge contacting surface 5664 of the tissue thickness compensator 5658. その上、舌状部5640は、スロット5656内に位置決めされたマウント部5660に対して動くことができる。 Moreover, tongue 5640 can be moved relative to the mounting portion 5660 which is positioned in the slot 5656. 様々な実施形態において、マウント部5660は、歪むことができる。 In various embodiments, the mount portion 5660 may be distorted. 舌状部5640がマウント部5660を押すとき、舌状部5640は、マウント部5660を歪めて組織厚さコンペンセータ5658の本体と整列させる、又は、少なくとも実質的に整列させることができる。 When tongue 5640 is pushing the mounting unit 5660, tongue 5640, distort the mount portion 5660 is aligned with the body of the tissue thickness compensator 5658, or may be at least substantially aligned. 例えば、舌状部5640がカートリッジ本体5650内で動くとき、マウント部5660は、組織厚さコンペンセータ5658内に画定された対応するスペース5666の中へ順番に歪められ得る。 For example, when the tongue 5640 is moved within the cartridge body 5650, the mount portion 5660 may be distorted in order into the corresponding space 5666 defined within the tissue thickness compensator 5658. マウント部5660がスロット5656から外へ歪められたとき、組織厚さコンペンセータ5658は、カートリッジ本体5650から締め付け解放され得る、及び/又は、解放され得る。 When mounting portion 5660 is distorted out of the slot 5656, the tissue thickness compensator 5658 is tightened from the cartridge body 5650 may be released, and / or may be released. 様々な実施形態において、スレッド5634及び/又は発射アセンブリ5630の別の要素は、カートリッジ本体5650から組織厚さコンペンセータ5658を締め付け解放する、及び/又は、解放するために、スロット5656の外へマウント部5660を歪めることができる。 In various embodiments, another element of the thread 5634 and / or firing assembly 5630 is clamped to release the tissue thickness compensator 5658 from the cartridge body 5650, and / or, in order to release the mount portion out of the slot 5656 5660 can distort.

次に図94を参照すると、エンドエフェクタアセンブリ5700は、エンドエフェクタアセンブリ5600と同様に、他の場所に示された第1の顎部と、第2の顎部5702とを含むことができる。 Referring now to FIG. 94, end effector assembly 5700, similar to the end effector assembly 5600 may include a first jaw shown elsewhere, and a second jaw 5702. 様々な実施形態において、第2の顎部5702は、締結具カートリッジ本体5750と、カートリッジ本体5750及び/又は第2の顎部5702に解放可能に締め付けられた組織厚さコンペンセータ5758とを含むことができる。 In various embodiments, the second jaw 5702, may include a fastener cartridge body 5750, and a cartridge body 5750 and / or second jaw 5702 tissue thickness compensator which is clamped releasably in 5758 it can. 特定の実施形態において、締結具カートリッジ本体5750と、この締結具カートリッジ本体に解放可能に締め付けられた組織厚さコンペンセータ5758とは、例えば、締結具カートリッジアセンブリを構成することができる。 In certain embodiments, the fastener cartridge body 5750, and releasably clamped tissue thickness compensator 5758 in the fastener cartridge body, for example, it can constitute a fastener cartridge assembly. カートリッジ本体5650と同様に、カートリッジ本体5750は、カートリッジデッキ5752、カートリッジデッキ5752内に画定され、締結具を保持する締結具空洞5754、少なくとも締結具空洞5754の周りにある畝部5748、及び/又は、第2の顎部5702の近位部分5704から第2の顎部5702の遠位部分5706の方へ延びるスロット5756を有することができる。 Similar to the cartridge body 5650, the cartridge body 5750, the cartridge deck 5752 is defined within the cartridge deck 5752, fastener cavity 5754 for holding the fastener, ridge 5748 is about at least a fastener cavity 5754, and / or it can have a slot 5756 extending from the proximal portion 5704 of the second jaw 5702 towards the distal portion 5706 of the second jaw 5702. 様々な実施形態において、カートリッジ本体5750は、スロット5756を横切る又はスロット5756を越えて広がるブリッジ5780を含むことができる。 In various embodiments, the cartridge body 5750 can include a bridge 5780 extending beyond the crossing or slot 5756 slot 5756. ブリッジ5780は、例えば、壊れやすい及び/又は分割可能なブリッジであることができる。 Bridge 5780, for example, can be a fragile and / or separable bridge. 特定の実施形態において、ブリッジ5780は、薄い壊れやすい部分であることができ、かつ、例えば、PGA、PCL、PGA/PCL、PLA/PCL及び/又はTMCのような固形吸収性材料であることができる。 In certain embodiments, the bridge 5780 may be a thin frangible portion, and, for example, PGA, PCL, PGA / PCL, be a solid absorbent material, such as PLA / PCL and / or TMC it can. ブリッジ5780は、少なくとも部分的にブリッジ5780を通って延在することができる開口部5782を有することができる。 Bridge 5780 may have an opening 5782 which can extend at least partially through the bridge 5780.

引き続き図94を参照すると、様々な実施形態において、発射アセンブリ5630は、カートリッジ本体5750のスロット5756に沿って並進することができる。 With continued reference to FIG. 94, in various embodiments, the firing assembly 5630 can translate along the slot 5756 of the cartridge body 5750. 例えば、発射アセンブリ5630は、発射ストローク中にスロット5756に沿って並進することができ、発射ストローク中に締結具空洞5754から締結具を放出することができる。 For example, the firing assembly 5630 may be translated along the slot 5756 during the firing stroke, it is possible to release the fasteners from the fastener cavity 5754 during the firing stroke. 発射アセンブリ5630は、発射バー5632、刃先5636、クロスバー5638、及び足部5644を含むことができる。 Firing assembly 5630, the firing bar 5632, edge 5636, it can include a crossbar 5638, and foot 5644. 刃先5636は、発射アセンブリ5630が発射ストローク中に第2の顎部5702を通して発射されるのにつれて、組織を切断する、及び/又は、組織厚さコンペンセータ5758を切断することができる。 Cutting edge 5636, as the firing assembly 5630 is fired through the second jaw 5702 in the firing stroke, to cut tissue, and / or, it is possible to cut the tissue thickness compensator 5758. クロスバー5638は、カートリッジ本体5750に対して第1の顎部を保持するために第1の顎部のアンビル内でスロットを係合することができ、足部5644は、例えば、第2の顎部5702に対して発射アセンブリ5630を保持するために、カートリッジ本体5750内のスロット5756のような第2の顎部5702内のスロットを係合することができる。 Crossbar 5638, it is possible to engage the slot in the anvil of the first jaw for holding the first jaw relative to the cartridge body 5750, foot 5644 may, for example, the second jaw to hold the firing assembly 5630 relative to part 5702, a second jaw slot in 5702, such as the slots 5756 of the cartridge body 5750 can engage. 様々な実施形態において、クロスバー5638及び足部5644は、例えば、締結具カートリッジ5750のデッキ5752に垂直である刃先5636を保持することができる。 In various embodiments, the cross bar 5638 and the foot portion 5644 may be, for example, to hold the cutting edge 5636 it is perpendicular to the deck 5752 of the fastener cartridge 5750.

引き続き図94を参照すると、組織厚さコンペンセータ5758は、カートリッジ接触表面5762及び組織接触表面を含むことができる。 With continued reference to FIG. 94, the tissue thickness compensator 5758 may include a cartridge contact surface 5762 and the tissue contacting surface. カートリッジ接触表面5762は、例えば、組織厚さコンペンセータ5758がカートリッジ本体5750及び/又は第2の顎部5702に締め付けられたとき、カートリッジデッキ5752に対して位置決めされ得る。 Cartridge contact surface 5762, for example, when the tissue thickness compensator 5758 is tightened to the cartridge body 5750 and / or second jaw 5702 may be positioned relative to the cartridge deck 5752. その上、組織接触表面は、例えば、組織が第1の顎部と第2の顎部5702との間にクランプ締めされたとき、組織に対して位置決めされ得る。 Moreover, the tissue contacting surface, for example, when the tissue is clamped between the first jaw and the second jaw 5702 may be positioned relative to the tissue. 様々な実施形態において、組織厚さコンペンセータ5758は、マウント部5760を含むことができる。 In various embodiments, the tissue thickness compensator 5758 may include a mount portion 5760. マウント部5760は、例えば、組織厚さコンペンセータ5758のカートリッジ接触表面5762から延在することができる突起部、ピン、タブ部、及び/又は支柱であることができる。 Mounting portion 5760 can be, for example, projections may extend from the cartridge contacting surface 5762 of the tissue thickness compensator 5758, pins, a tab portion, and / or struts. マウント部5760は、例えば、組織厚さコンペンセータ5758がカートリッジ本体5750と相対的に位置決めされたとき、ブリッジ5780の開口部5782と整列させること、又は、少なくとも実質的に整列させられ得る。 Mounting portion 5760, for example, when the tissue thickness compensator 5758 is positioned relative to the cartridge body 5750, be aligned with the opening 5782 of the bridge 5780, or may be allowed to at least substantially aligned. その上、マウント部5760は、組織厚さコンペンセータ5758のカートリッジ接触表面5762がカートリッジ本体5750のデッキ5752に隣接して位置決めされたとき、少なくとも部分的に開口部5782の中へ延在することができる。 Moreover, the mount portion 5760, when the cartridge contacting surface 5762 of the tissue thickness compensator 5758 is positioned adjacent to the deck 5752 of the cartridge body 5750, can extend into the at least partially opening 5782 . 様々な実施形態において、マウント部5760は、組織厚さコンペンセータ5758がカートリッジ本体5750に締め付けられるとき、開口部5782の中へ摩擦嵌合され得る。 In various embodiments, the mount portion 5760, when the tissue thickness compensator 5758 is tightened to the cartridge body 5750 may friction fit into the opening 5782. マウント部5760は、カートリッジ本体5750及び/又は第2の顎部5702に対して組織厚さコンペンセータ5758を保持及び/又は締め付けることができる。 Mounting portion 5760 can be tightened holding and / or tissue thickness compensator 5758 relative to the cartridge body 5750 and / or the second jaw 5702. 例えば、マウント部5760がブリッジ5780の開口部5782内に摩擦嵌合されるとき、カートリッジ接触表面5762は、カートリッジ本体5750のデッキ5752に対して位置決めされ得る。 For example, when the mounting portion 5760 is friction fitted into the opening 5782 of the bridge 5780, the cartridge contacting surfaces 5762 may be positioned relative to the deck 5752 of the cartridge body 5750.

様々な実施形態において、締結具カートリッジ5750は、カートリッジ本体5750のスロット5756を越えて広がる複数のブリッジ5780を含むことができる。 In various embodiments, the fastener cartridge 5750 may include a plurality of bridges 5780 which extends beyond the slot 5756 of the cartridge body 5750. ブリッジ5780は、例えば、スロット5756の長さの少なくとも一部分に沿って間隔を置くことができる。 Bridge 5780, for example, can be spaced along at least a portion of the length of the slot 5756. 例えば、スロット5756は、第2の顎部5702の近位部分5704から遠位部分5706まで延在する縦方向スロットであることができる。 For example, slot 5756 can be a longitudinal slot extending from the proximal portion 5704 of the second jaw 5702 to a distal portion 5706. その上、様々な実施形態において、組織厚さコンペンセータ5758は、カートリッジ本体5750のブリッジ5780と整列させることができる複数のマウント部5760を含むことができる。 Moreover, in various embodiments, the tissue thickness compensator 5758 may include a plurality of mounting portions 5760 may be aligned with the bridge 5780 of the cartridge body 5750. 例えば、少なくとも1つのマウント部5760は、組織厚さコンペンセータ5758がカートリッジ本体5750と相対的に位置決めされたとき、第2の顎部5702の近位部分5704内に位置決めされることができ、少なくとも1つのマウント部5760は、第2の顎部5702の遠位部分5706内に位置決めされ得る。 For example, at least one of the mount portion 5760, when the tissue thickness compensator 5758 is positioned relative to the cartridge body 5750 can be positioned within the proximal portion 5704 of the second jaw 5702, at least 1 One of the mount portion 5760 may be positioned within the distal portion 5706 of the second jaw 5702. 様々な実施形態において、マウント部5760は、組織厚さコンペンセータ5758の長さの少なくとも一部分に沿って間隔を置くことができる。 In various embodiments, the mount portion 5760 may be spaced along at least a portion of the length of the tissue thickness compensator 5758. マウント部5760は、例えば、スロット5756の中へ摩擦嵌合されることができ、組織厚さコンペンセータ5758をカートリッジ本体5750及び/又は第2の顎部5702に締め付けることができる。 Mounting portion 5760, for example, it can be friction fit into the slots 5756 may clamp tissue thickness compensator 5758 to the cartridge body 5750 and / or the second jaw 5702.

引き続き図94を参照すると、発射アセンブリ5630の刃先5636は、発射アセンブリ5630が発射ストローク中にスロット5756に沿って動くとき、エンドエフェクタアセンブリ5700の第1の顎部と第2の顎部5702との間にクランプ締めされた組織厚さコンペンセータ5758及び/又は組織を切断することができる。 With continued reference to FIG. 94, the cutting edge 5636 of the firing assembly 5630, when the firing assembly 5630 moves along the slot 5756 during the firing stroke, the first jaw and the second jaw 5702 of the end effector assembly 5700 it is possible to cut the clamped tissue thickness compensator 5758 and / or tissue in between. その上、発射アセンブリ5630は、発射アセンブリ5630がスロット5756を通って動くときに、ブリッジ5780を分割することができる。 Moreover, the firing assembly 5630, when the firing assembly 5630 moves through the slot 5756 may split the bridge 5780. 例えば、発射アセンブリ5630の刃先5636は、発射アセンブリがスロット5756に沿って動くとき、ブリッジ5780を破壊又は切断することができる。 For example, the cutting edge 5636 of the firing assembly 5630, when the firing assembly is moved along the slot 5756 can be broken or cut bridge 5780. 様々な実施形態において、刃先5636は、発射アセンブリ5630が発射ストローク中にスロット5756内を動くのにつれて、各ブリッジ5780を連続的に切断することができる。 In various embodiments, the cutting edge 5636, as the firing assembly 5630 moves within the slot 5756 during the firing stroke, it is possible to continuously cut the respective bridge 5780. ブリッジ5780が刃先5636によって切断又は破壊されたとき、組織厚さコンペンセータ5758は、カートリッジ本体5750から締め付け解放され得る、及び/又は、解放され得る。 When the bridge 5780 is cut or broken by the cutting edge 5636, tissue thickness compensator 5758 is tightened from the cartridge body 5750 may be released, and / or may be released. 特定の実施形態において、刃先5636は、発射ストローク中にこの刃先と整列させられたマウント部5760を破壊又は切断することができる。 In certain embodiments, the cutting edge 5636 can be disrupted or cut the mounting portion 5760 which is aligned with the cutting edge during the firing stroke. 様々な実施形態において、スレッド及び/又は発射アセンブリ5630の別の要素は、カートリッジ本体5750から組織厚さコンペンセータ5758を解放するために、ブリッジ5780を破壊又は切断することができる。 In various embodiments, another element threads and / or firing assembly 5630, in order to release the tissue thickness compensator 5758 from the cartridge body 5750, can destroy or cut the bridge 5780.

次に図95及び96を参照すると、エンドエフェクタアセンブリ5800は、エンドエフェクタアセンブリ5600と同様に、他の場所に示された第1の顎部と、第2の顎部5802とを含むことができる。 Referring now to FIGS. 95 and 96, end effector assembly 5800, similar to the end effector assembly 5600 may include a first jaw shown elsewhere, and a second jaw 5802 . 様々な実施形態において、第2の顎部5802は、締結具カートリッジ本体5850と、カートリッジ本体5850及び/又は第2の顎部5802に解放可能に締め付けられた組織厚さコンペンセータ5858とを含むことができる。 In various embodiments, the second jaw 5802, may include a fastener cartridge body 5850, and a cartridge body 5850 and / or second jaw 5802 tissue thickness compensator which is clamped releasably in 5858 it can. 特定の実施形態において、締結具カートリッジ本体5850と、この締結具カートリッジ本体に解放可能に締め付けられた組織厚さコンペンセータ5858とは、締結具カートリッジアセンブリを構成することができる。 In certain embodiments, the fastener cartridge body 5850, and the fastener cartridge body releasably clamped tissue thickness compensator 5858 can be configured fastener cartridge assembly. カートリッジ本体5650と同様に、カートリッジ本体5850は、カートリッジデッキ5852、カートリッジデッキ5852内に画定され、締結具を受容するために構成された締結具空洞5854、締結具空洞5854の少なくとも一部分の周りに位置決めされた畝部5848、及び、第2の顎部5802の近位部分5804から第2の顎部5802の遠位部分5806の方へ延びることができるスロット5856を有することができる。 Similar to the cartridge body 5650, the cartridge body 5850, the cartridge deck 5852 is defined within the cartridge deck 5852, fastener cavity 5854 configured for receiving the fastener, positioned around at least a portion of the fastener cavities 5854 It has been ridges 5848, and can have a slot 5856 which can extend from the proximal portion 5804 of the second jaw 5802 towards the distal portion 5806 of the second jaw 5802. 様々な実施形態において、カートリッジ本体5850は、スロット5856を横切る又は少なくとも部分的にスロット5856を越えて広がるブリッジ5880を含むことができる。 In various embodiments, the cartridge body 5850 can include a bridge 5880 which extend beyond or at least partially the slot 5856 crosses the slot 5856. プレジット5880は、例えば、壊れやすい及び/又は分割可能なブリッジであることができる。 Pledget 5880 can be, for example, a fragile and / or separable bridge. 特定の実施形態において、ブリッジ5880は、第1の脚部5884及び第2の脚部5886を含むことができる。 In certain embodiments, the bridge 5880 may include a first leg 5884 and second leg 5886. 主に図96を参照すると、第1の脚部5884は、例えば、カートリッジ本体5850の第1の側面からスロット5856の中へ延在することができ、第2の脚部5886は、カートリッジ本体5850の第2の側面からスロット5856の中へ延在することができる。 Referring now primarily to FIG. 96, the first leg 5884, for example, from a first side of the cartridge body 5850 into the slot 5856 can extend, the second leg 5886, the cartridge body 5850 It may extend from the second side to the slot 5856. 第1の脚部5884及び第2の脚部5886は、スロット5856の軸に対して角度傾斜させることができ、例えば、第1の脚部5884は、第2の脚部5886に対しておよそ90度だけ角度傾斜させることができる。 First leg 5884 and second leg 5886, can be an angle inclined relative to the axis of the slot 5856, for example, the first leg 5884 is approximately the second leg 5886 90 it can be an angle inclined degrees. 特定の実施形態において、第1の脚部5884及び/又は第2の脚部5886は、歪むことができる。 In certain embodiments, the first leg 5884 and / or the second leg 5886 may be distorted. 特定の実施形態において、ブリッジ5880は、例えば、第1の脚部5884と第2の脚部5886との間にキャップを含むことができる。 In certain embodiments, the bridge 5880, for example, may include a first leg 5884 of the cap between the second leg 5886.

依然として図95及び96を参照すると、様々な実施形態において、発射アセンブリ5630は、カートリッジ本体5850のスロット5856に沿って並進することができる。 Still referring to FIGS. 95 and 96, in various embodiments, the firing assembly 5630 can translate along the slot 5856 of the cartridge body 5850. 例えば、発射アセンブリ5630は、発射ストローク中にスロット5856に沿って並進することができ、発射ストローク中に締結具空洞5854から締結具を放出することができる。 For example, the firing assembly 5630 may be translated along the slot 5856 during the firing stroke, it is possible to release the fasteners from the fastener cavity 5854 during the firing stroke. 発射アセンブリ5630は、発射バー5632、刃先5636、クロスバー5638、及び足部5644を含むことができる。 Firing assembly 5630, the firing bar 5632, edge 5636, it can include a crossbar 5638, and foot 5644. 刃先5636は、発射アセンブリ5630が発射ストローク中に第2の顎部5802を通して発射されるのにつれて、組織を切断する、及び/又は、組織厚さコンペンセータ5858を切断することができる。 Cutting edge 5636, as the firing assembly 5630 is fired through the second jaw 5802 in the firing stroke, to cut tissue, and / or, it is possible to cut the tissue thickness compensator 5858. クロスバー5638は、カートリッジ本体5850に対して第1の顎部を保持するために第1の顎部のアンビル内でスロットを係合することができ、足部5644は、例えば、第2の顎部5802に対して発射アセンブリ5630を保持するために、カートリッジ本体5850内のスロット5856のような第2の顎部5802内のスロットを係合することができる。 Crossbar 5638, it is possible to engage the slot in the anvil of the first jaw for holding the first jaw relative to the cartridge body 5850, foot 5644 may, for example, the second jaw to hold the firing assembly 5630 relative to part 5802, a second jaw slot in 5802, such as the slots 5856 of the cartridge body 5850 can engage. 様々な実施形態において、クロスバー5638及び足部5644は、例えば、締結具カートリッジ5850のデッキ5852に垂直である刃先5636を保持することができる。 In various embodiments, the cross bar 5638 and the foot portion 5644 may be, for example, to hold the cutting edge 5636 it is perpendicular to the deck 5852 of the fastener cartridge 5850.

引き続き図95及び96を参照すると、組織厚さコンペンセータ5858は、カートリッジ接触表面5862及び組織接触表面を含むことができる。 With continued reference to FIGS. 95 and 96, tissue thickness compensator 5858 may include a cartridge contact surface 5862 and the tissue contacting surface. カートリッジ接触表面5862は、例えば、組織厚さコンペンセータ5858がカートリッジ本体5850及び/又は第2の顎部5802に締め付けられたとき、カートリッジデッキ5852に対して位置決めされ得る。 Cartridge contact surface 5862, for example, when the tissue thickness compensator 5858 is tightened to the cartridge body 5850 and / or second jaw 5802 may be positioned relative to the cartridge deck 5852. その上、組織接触表面は、例えば、組織が第1の顎部と第2の顎部5802との間にクランプ締めされたとき、組織に対して位置決めされ得る。 Moreover, the tissue contacting surface, for example, when the tissue is clamped between the first jaw and the second jaw 5802 may be positioned relative to the tissue. 様々な実施形態において、組織厚さコンペンセータ5858は、取り付け具5860を含むことができる。 In various embodiments, the tissue thickness compensator 5858 may include a fixture 5860. 取り付け具5760と同様に、マウント部5860は、例えば、組織厚さコンペンセータ5858のカートリッジ接触表面5862から延在することができる突起部、ピン、タブ部、及び/又は支柱であることができる。 Like the fixture 5760, the mount portion 5860, for example, be projections may extend from the cartridge contacting surface 5862 of the tissue thickness compensator 5858, pins, a tab portion, and / or struts. マウント部5860は、例えば、組織厚さコンペンセータ5858がカートリッジ本体5850と相対的に位置決めされたとき、ブリッジ5880の脚部5884、5886の間のギャップと整列させることができる。 Mounting portion 5860, for example, when the tissue thickness compensator 5858 is positioned relative to the cartridge body 5850 may be aligned with the gap between the legs 5884,5886 of the bridge 5880. その上、マウント部5860は、組織厚さコンペンセータ5858のカートリッジ接触表面5862がカートリッジ本体5850のデッキ5852に隣接して位置決めされたとき、ブリッジ5880の脚部5884、5886によって保持され得る。 Moreover, the mount portion 5860, when the cartridge contacting surface 5862 of the tissue thickness compensator 5858 is positioned adjacent to the deck 5852 of the cartridge body 5850 may be held by the legs 5884,5886 of the bridge 5880. 様々な実施形態において、マウント部5860は、組織厚さコンペンセータ5858がカートリッジ本体5850に締め付けられたとき、脚部5884、5886の間のギャップの中へ摩擦嵌合され得る。 In various embodiments, the mount portion 5860, when the tissue thickness compensator 5858 is tightened to the cartridge body 5850 may friction fit into the gap between the legs 5884,5886. 第2の顎部5802のマウント部−ブリッジ係合は、カートリッジ本体5850に対して組織厚さコンペンセータ5858を保持することができる。 Mounting portion of the second jaw 5802 - bridge engagement can hold the tissue thickness compensator 5858 relative to the cartridge body 5850. 例えば、マウント部5860がブリッジ5880の脚部5884、5886の間に摩擦嵌合されるとき、カートリッジ接触表面5862は、カートリッジ本体5850のデッキ5852に対して保持され得る。 For example, when the mounting portion 5860 is friction fitted between the legs 5884,5886 of the bridge 5880, the cartridge contacting surface 5862 may be held against the deck 5852 of the cartridge body 5850.

様々な実施形態において、主に図95を参照すると、締結具カートリッジ5850は、カートリッジ本体5850のスロット5856を越えて広がる複数のブリッジ5880を含むことができる。 In various embodiments, referring primarily to FIG. 95, the fastener cartridge 5850 may include a plurality of bridges 5880 which extends beyond the slot 5856 of the cartridge body 5850. ブリッジ5880は、例えば、スロット5856の長さの少なくとも一部分に沿って間隔を置くことができる。 Bridge 5880, for example, can be spaced along at least a portion of the length of the slot 5856. 例えば、スロット5856は、第2の顎部5802の近位部分5804から遠位部分5806まで延在する縦方向スロットであることができる。 For example, slot 5856 can be a longitudinal slot extending from the proximal portion 5804 of the second jaw 5802 to a distal portion 5806. その上、様々な実施形態において、組織厚さコンペンセータ5858は、カートリッジ本体5850のブリッジ5880と整列させることができる複数のマウント部5860を含むことができる。 Moreover, in various embodiments, the tissue thickness compensator 5858 may include a plurality of mounting portions 5860 which can be aligned with the bridge 5880 of the cartridge body 5850. 例えば、少なくとも1つのマウント部5860は、組織厚さコンペンセータ5858がカートリッジ本体5850及び/又は第2の顎部5802と相対的に位置決めされたとき、第2の顎部5802の近位部分5804内に位置決めされることができ、少なくとも1つのマウント部5860は、第2の顎部5802の遠位部分5806内に位置決めされ得る。 For example, at least one of the mount portion 5860, when the tissue thickness compensator 5858 is positioned relative to the cartridge body 5850 and / or the second jaw 5802, in the proximal portion 5804 of the second jaw 5802 It can be positioned, at least one of the mount portion 5860 may be positioned within the distal portion 5806 of the second jaw 5802. 様々な実施形態において、マウント部5860は、組織厚さコンペンセータ5858の長さの少なくとも一部分に沿って間隔を置くことができる。 In various embodiments, the mount portion 5860 may be spaced along at least a portion of the length of the tissue thickness compensator 5858. マウント部5860は、例えば、ブリッジ5880の中へ摩擦嵌合されることができ、組織厚さコンペンセータ5858をカートリッジ本体5850に締め付けることができる。 Mounting portion 5860, for example, friction fit is that it is into the bridge 5880, it is possible to tighten the tissue thickness compensator 5858 in the cartridge body 5850.

引き続き図95及び96を参照すると、発射アセンブリ5630の刃先5636は、発射アセンブリ5630が発射ストローク中にスロット5856に沿って動くとき、エンドエフェクタアセンブリ5800の第1の顎部と第2の顎部5802との間でクランプ締めされた組織厚さコンペンセータ5858及び/又は組織を切断することができる。 With continued reference to FIGS. 95 and 96, the cutting edge 5636 of the firing assembly 5630, when the firing assembly 5630 moves along the slot 5856 during the firing stroke, the first jaw and the second jaw of the end effector assembly 5800 5802 tissue thickness compensator 5858 and / or tissue is clamped between the can cleave. その上、発射アセンブリ5630は、発射アセンブリ5630がスロット5856を通って動くときに、ブリッジ5880を分割することができる。 Moreover, the firing assembly 5630, when the firing assembly 5630 moves through the slot 5856 may split the bridge 5880. 例えば、発射アセンブリ5630の刃先5636は、発射アセンブリ5630がスロット5856を通って動くとき、ブリッジ5880の脚部5884、5886を歪める又は分割することができる。 For example, the cutting edge 5636 of the firing assembly 5630, when the firing assembly 5630 moves through the slot 5856 may be distorted or split the legs 5884,5886 of the bridge 5880. 様々な実施形態において、刃先5636は、発射アセンブリ5630が発射ストローク中にスロット5856内を動くのにつれて、各ブリッジ5880の脚部5884、5886を連続的に歪め、ブリッジ5880を分割することができる。 In various embodiments, the cutting edge 5636 may be firing assembly 5630 as to move in the slot 5856 during the firing stroke, continuously distorted legs 5884,5886 of each bridge 5880, it divides the bridge 5880. ブリッジ5880の脚部5884、5886が刃先5636によって歪められるとき、ブリッジ5880は、組織厚さコンペンセータ5858の対応するマウント部5860を解放することができる。 When the legs 5884,5886 of the bridge 5880 is distorted by the cutting edge 5636, the bridge 5880 can release a corresponding mounting portion 5860 of the tissue thickness compensator 5858. 組織厚さコンペンセータ5858は、各マウント部5860がカートリッジ本体5850の長さに沿って各ブリッジ5880から解放されたとき、カートリッジ本体5850から締め付け解放され得る、及び/又は、解放され得る。 Tissue thickness compensator 5858, each mounting part 5860 is when released from the bridge 5880 along the length of the cartridge body 5850, tightening the cartridge body 5850 may be released, and / or may be released. 特定の実施形態において、刃先5636は、発射ストローク中にこの刃先と整列させられたマウント部5860を切断又は破壊することができる。 In certain embodiments, the cutting edge 5636 can be cut or break the mount portion 5860 which is aligned with the cutting edge during the firing stroke. 様々な実施形態において、スレッド及び/又は発射アセンブリ5630の別の要素は、カートリッジ本体5850から組織厚さコンペンセータ5858を解放するために、ブリッジ5880を分割することができる。 In various embodiments, another element threads and / or firing assembly 5630, in order to release the tissue thickness compensator 5858 from the cartridge body 5850 may split the bridge 5880.

次に図97〜100を参照すると、エンドエフェクタアセンブリ5900は、エンドエフェクタアセンブリ5600と同様に、第1の顎部又はアンビル5910(図99及び100)と、第2の顎部5902とを含むことができる。 Referring now to FIG. 97 to 100, the end effector assembly 5900, similar to the end effector assembly 5600, comprise a first jaw or anvil 5910 (FIGS. 99 and 100), and a second jaw 5902 can. 様々な実施形態において、第2の顎部5902は、締結具カートリッジ本体5950と、締結具カートリッジ本体5950及び/又は第2の顎部5902に解放可能に締め付けられた組織厚さコンペンセータ5958とを含むことができる。 In various embodiments, the second jaw 5902 includes a fastener cartridge body 5950, and a fastener cartridge body 5950 and / or second jaw 5902 tissue thickness compensator which is clamped releasably in 5958 be able to. 特定の実施形態において、締結具カートリッジ本体5950と、この締結具カートリッジ本体に解放可能に締め付けられた組織厚さコンペンセータ5958とは、例えば、締結具カートリッジアセンブリを構成され得る。 In certain embodiments, the fastener cartridge body 5950, and releasably clamped tissue thickness compensator 5958 in the fastener cartridge body, for example, it may be configured fastener cartridge assembly. 主に図98を参照すると、締結具カートリッジ本体5950は、カートリッジデッキ5952と、カートリッジデッキ5962内に画定された空洞とを有することができる。 Referring now primarily to FIG. 98, the fastener cartridge body 5950 may have a cartridge deck 5952, and a cavity defined within the cartridge deck 5962. マウント部空洞5948及び/又は締結具空洞5954は、例えば、カートリッジデッキ5952内に画定され得る。 Mount cavity 5948 and / or fastener cavities 5954, for example, it may be defined within the cartridge deck 5952. 様々な実施形態において、マウント部空洞5948及び締結具空洞5954は、同一の又は類似した構造体及び/又は幾何学的形状を有することができる。 In various embodiments, the mount portion cavity 5948 and fasteners cavity 5954 may have the same or similar structural body and / or geometry. 第2の顎部5902は、例えば、締結具空洞5954内に解放可能に位置決めされ得る外科用ステープルのような締結具を含むことができる。 The second jaw 5902, for example, may include fasteners such as surgical staples that can be releasably positioned within the fastener cavities 5954. 特定の実施形態において、カートリッジ本体5950は、第2の顎部5902の近位部分5904から第2の顎部5902の遠位部分5906の方へ延在することができるスロット5956を含むことができる。 In certain embodiments, the cartridge body 5950 may include slots 5956 which can extend from the proximal portion 5904 of the second jaw 5902 towards the distal portion 5906 of the second jaw 5902 .

引き続き図97〜100を参照すると、様々な実施形態において、発射アセンブリ5630は、発射ストローク中にカートリッジ本体5950のスロット5956に沿って並進することができ、発射ストローク中に締結具空洞5954から締結具を放出することができる。 With continued reference to FIG. 97 to 100, in various embodiments, the firing assembly 5630 may be translated along the slot 5956 of the cartridge body 5950 during the firing stroke, the fastener from the fastener cavity 5954 during the firing stroke it can be released. 刃先5636は、発射アセンブリ5630が発射ストローク中にエンドエフェクタアセンブリ5900を通して発射されるのにつれて、組織を切断する、及び/又は、組織厚さコンペンセータ5958を切断することができる。 Cutting edge 5636, as the firing assembly 5630 is fired through the end effector assembly 5900 during the firing stroke, to cut tissue, and / or, it is possible to cut the tissue thickness compensator 5958. クロスバー5638は、カートリッジ本体5950に対して第1の顎部を保持するためにアンビル5910(図99及び100)内でスロット5912を係合することができ、足部5644は、例えば、第2の顎部5902に対して発射アセンブリ5630を保持するために、カートリッジ本体5950内のスロット5956のような第2の顎部5902内のスロットを係合することができる。 Crossbar 5638, the anvil 5910 to hold the first jaw relative to the cartridge body 5950 can engage the slot 5912 (Figure 99 and 100), the foot section 5644 is, for example, the second in order to hold the firing assembly 5630 with respect to the jaws 5902, a second slot in the jaws 5902, such as slot 5956 in the cartridge body 5950 can engage. 様々な実施形態において、クロスバー5638及び足部5644は、例えば、締結具カートリッジ5950のデッキ5952に垂直である刃先5636を保持することができる。 In various embodiments, the cross bar 5638 and the foot portion 5644 may be, for example, to hold the cutting edge 5636 it is perpendicular to the deck 5952 of the fastener cartridge 5950.

引き続き図97〜100を参照すると、組織厚さコンペンセータ5958は、カートリッジ接触表面5962(図97)及び組織接触表面5964(図98及び99)を含むことができる。 With continued reference to FIG. 97 to 100, the tissue thickness compensator 5958 may include a cartridge contact surface 5962 (FIG. 97) and the tissue contacting surface 5964 (FIG. 98 and 99). カートリッジ接触表面5962は、例えば、組織厚さコンペンセータ5958がカートリッジ本体5950及び/又は第2の顎部5902に締め付けられたとき、カートリッジデッキ5952に対して位置決めされ得る。 Cartridge contact surface 5962, for example, when the tissue thickness compensator 5958 is tightened to the cartridge body 5950 and / or second jaw 5902 may be positioned relative to the cartridge deck 5952. その上、組織接触表面5964は、例えば、組織がアンビル5910と第2の顎部5902との間にクランプ締めされたとき、組織に対して位置決めされ得る。 Moreover, the tissue contacting surface 5964, for example, when the tissue is clamped between the anvil 5910 and the second jaw 5902 may be positioned relative to the tissue. 様々な実施形態において、組織厚さコンペンセータ5958は、マウント部5960を含むことができる。 In various embodiments, the tissue thickness compensator 5958 may include a mount portion 5960. マウント部5760及びマウント部5860と同様に、例えば、マウント部5960は、例えば、組織厚さコンペンセータ5958のカートリッジ接触表面5962から延在することができる突起部、ピン、タブ部、及び/又は支柱であることができる。 Like the mounting portion 5760 and the mount portion 5860, for example, the mount portion 5960, for example, projections may extend from the cartridge contacting surface 5962 of the tissue thickness compensator 5958, pins, tab portion, and / or post it can be there. 特定の実施形態において、組織厚さコンペンセータ5958は、例えば、マウント部5960に隣接することができる凹部5970を含むことができる。 In certain embodiments, the tissue thickness compensator 5958, for example, may include a recess 5970 which can be adjacent to the mounting portion 5960. 凹部5970は、例えば、マウント部5970と垂直に整列させられ得る。 Recess 5970 may, for example, may be aligned perpendicular to the mounting portion 5970. 主に図99を参照すると、凹部5970は、組織厚さコンペンセータ5958の組織接触表面5964に画定されることができ、マウント部5960の方へ広がることができる。 Referring now primarily to FIG. 99, the recess 5970 can be defined in the tissue contacting surface 5964 of the tissue thickness compensator 5958 may extend towards the mounting portion 5960. 様々な実施形態において、組織厚さコンペンセータ5958の薄片は、例えば、凹部5970とマウント部5960との間に位置決めされ得る。 In various embodiments, flakes of tissue thickness compensator 5958 can, for example, may be positioned between the recess 5970 and the mount portion 5960.

マウント部5960は、例えば、組織厚さコンペンセータ5958がカートリッジ本体5950と相対的に位置決めされたとき、カートリッジデッキ5952内のマウント部空洞5948と整列させられ得る。 Mounting portion 5960, for example, when the tissue thickness compensator 5958 is positioned relative to the cartridge body 5950 may be aligned with the mount portion a cavity 5948 in the cartridge deck 5952. その上、マウント部5960は、組織厚さコンペンセータ5958のカートリッジ接触表面5962がカートリッジ本体5950のデッキ5952に隣接して位置決めされたとき、マウント部空洞5948内に位置決めされ得る。 Moreover, the mount portion 5960, when the cartridge contacting surface 5962 of the tissue thickness compensator 5958 is positioned adjacent to the deck 5952 of the cartridge body 5950 may be positioned within the mount cavity 5948. 様々な実施形態において、マウント部5960は、組織厚さコンペンセータ5958がカートリッジ本体5950に締め付けられるとき、マウント部空洞5948の中へ摩擦嵌合され得る。 In various embodiments, the mount portion 5960, when the tissue thickness compensator 5958 is tightened to the cartridge body 5950 may friction fit into the mounting portion cavity 5948. マウント部5960とマウント部空洞5948との間の摩擦嵌合係合は、カートリッジ本体5950に対して組織厚さコンペンセータ5958の少なくとも一部分を保持することができる。 Friction Hamagogakarigo between the mounting portion 5960 and the mount portion cavity 5948 can hold at least a portion of the tissue thickness compensator 5958 relative to the cartridge body 5950. 例えば、マウント部5960がマウント部空洞5948内に摩擦嵌合されるとき、カートリッジ接触表面5962は、カートリッジ本体5950のデッキ5952に対して保持され得る。 For example, when the mounting portion 5960 is fitted frictionally within the mount cavity 5948, the cartridge contacting surface 5962 may be held against the deck 5952 of the cartridge body 5950.

主に図97及び98を参照すると、締結具カートリッジ5950は、カートリッジデッキ5952内に画定された複数のマウント空洞5948を含むことができる。 Referring now primarily to FIGS. 97 and 98, the fastener cartridge 5950 may include a plurality of mounting cavities 5948 defined within the cartridge deck 5952. 特定の実施形態において、対応するマウント部空洞5948は、スロット5956の両側でカートリッジデック5952内に画定され得る。 In certain embodiments, the corresponding mount cavity 5948 may be defined in the cartridge deck 5952 on both sides of the slot 5956. 第1のマウント部空洞5948は、例えば、カートリッジ本体5950の第1の縦方向側面に画定されることができ、対応する第2のマウント部空洞5948は、例えば、カートリッジ本体5950の第2の縦方向側面に画定され得る。 The first mounting portion cavity 5948, for example, can be defined in a first longitudinal side of the cartridge body 5950, the corresponding second mounting portion cavity 5948, for example, a second longitudinal cartridge body 5950 It may be defined in the direction side. 例えば、第1の対応するマウント部空洞5948のペアは、第2の顎部5902の近位部分5904内に位置決めされることができ、及び/又は、第2の対応するマウント部空洞5948のペアは、第2の顎部5902の遠位部分5906内に位置決めされ得る。 For example, a pair of first corresponding mounting portion cavity 5948 may be positioned within the proximal portion 5904 of the second jaw 5902, and / or the second corresponding pair of mounting portion cavity 5948 It may be positioned within the distal portion 5906 of the second jaw 5902. 様々な実施形態において、締結具空洞5954は、対応するマウント部空洞5948のペアの間に、即ち、よりスロット5956に近接して、及び、第2の顎部5902の近位部分5904にあるマウント部空洞5948のペアと第2の顎部5902の遠位部分5906にあるマウント部空洞5948のペアとの間に、即ち、カートリッジ本体5950の中間部分に位置決めされ得る。 In various embodiments, the fastener cavity 5954 is between the corresponding pair of mounting portions cavity 5948, i.e., in close proximity to the more slots 5956, and the proximal portion 5904 of the second jaw 5902 Mount between the pair of mounting portions cavity 5948 in the distal portion 5906 of the pair and the second jaw 5902 parts cavity 5948, that may be positioned in the middle portion of the cartridge body 5950. その上、様々な実施形態において、組織厚さコンペンセータ5958は、カートリッジ本体5950のマウント部空洞5948と整列させられ得る複数のマウント部5960を含むことができる。 Moreover, in various embodiments, the tissue thickness compensator 5958 may include a plurality of mounting portions 5960 which can be aligned with the mounting portion cavity 5948 of the cartridge body 5950. 例えば、少なくとも1つのマウント部5960は、第2の顎部5902の近位部分5904内に位置決めされることができ、少なくとも1つのマウント部5960は、第2の顎部5902の遠位部分5906内に位置決めされ得る。 For example, at least one of the mount portion 5960 can be positioned within the proximal portion 5904 of the second jaw 5902, at least one of the mount portion 5960 is in the distal portion 5906 of the second jaw 5902 It may be positioned. 様々な実施形態において、マウント部5960のペアは、第2の顎部5902の近位部分5904内に位置決めされることができ、マウント部5960のペアは、第2の顎部5902の遠位部分5906内に位置決めされ得る。 In various embodiments, a pair of the mount portion 5960 can be positioned within the proximal portion 5904 of the second jaw 5902, the pair of mounting portions 5960, a distal portion of the second jaw 5902 It may be positioned within 5906. 取り付け具5960は、例えば、マウント部空洞5948の中へ摩擦嵌合させることができ、組織厚さコンペンセータ5958の少なくとも一部分をカートリッジ本体5950に締め付けることができる。 Fitting 5960 may be, for example, can be friction fit into the mounting portion cavity 5948, it can be clamped at least a portion of the tissue thickness compensator 5958 in the cartridge body 5950.

主に図99及び100を参照すると、マウント部5960は、発射ストローク中にマウント部空洞5948から取り除かれ得る。 Referring now primarily to FIGS. 99 and 100, the mount portion 5960 may be removed from the mounting portion cavity 5948 during the firing stroke. 様々な実施形態において、マウント部空洞5948内で可動的に位置決めされたドライバ5920は、発射ストローク中にマウント部空洞5948からマウント部5960を放出することができる。 In various embodiments, the driver 5920 that is movably positioned in the mounting portion cavity 5948 can release the mount portion 5960 from the mount portion cavity 5948 during the firing stroke. 例えば、ドライバ5920は、各マウント部空洞5948内に位置決めされ得る。 For example, the driver 5920 may be positioned within each mount cavity 5948. 発射ストローク中に、発射アセンブリ5630の要素及び/又は第2の顎部5902内のスレッドは、例えば、ドライバ5920をカートリッジデッキ5952に向かって、及び/又は、組織厚さコンペンセータ5958に向かって動かすためにドライバ5920を係合することができる。 During firing stroke, elements and / or the second threads in the jaw 5902 of the firing assembly 5630, for example, the driver 5920 toward cartridge deck 5952, and / or to move toward the tissue thickness compensator 5958 it can engage the driver 5920 to. ドライバ5920が動くのにつれて、ドライバ5920は、例えば、マウント部空洞5948内に位置決めされたマウント部5960をデッキ5952に押し込むこと、及び/又は、組織厚さコンペンセータ5958に押し付けることができる。 As the driver 5920 moves, the driver 5920, for example, pushing the mounting portion 5960 positioned in the mounting portion cavity 5948 to deck 5952, and / or can be pressed against the tissue thickness compensator 5958. 様々な実施形態において、押し込まれたマウント部5960に対応する、組織厚さコンペンセータ5958内に画定された凹部5970は、押し込まれたマウント部5960を受容することができる。 In various embodiments, corresponding to the pushed mount 5960, recesses 5970 defined in the tissue thickness compensator 5958 is capable of receiving the mounting portion 5960 which is depressed. 例えば、ドライバ5920は、マウント部5960を凹部5970に押し込むことができる。 For example, the driver 5920, a mount portion 5960 may be pushed into the recess 5970. マウント部5960は、例えば、凹部5970の中へ押し潰される、変形される、及び/又は圧縮される可能性がある。 Mounting portion 5960, for example, it is crushed into the recess 5970, is deformed, and / or may be compressed. マウント部5960が発射ストローク中にマウント部空洞5960から取り除かれ、対応する凹部5970に押し込まれたとき、組織厚さコンペンセータ5958は、カートリッジ本体5950から締め付け解放され得る、及び/又は、解放され得る。 Mount 5960 is removed from the mount portion cavity 5960 during the firing stroke, when pushed into corresponding recesses 5970, the tissue thickness compensator 5958 is tightened from the cartridge body 5950 may be released, and / or may be released.

様々な実施形態において、次に図62〜66を参照すると、ステープルカートリッジ13000は、より詳細に後述されるように、カートリッジ本体13010と、組織厚さコンペンセータ13020と、組織厚さコンペンセータ13020をカートリッジ本体13010に対して解放可能に保持するように構成された複数の発射可能なコネクタとを備えることができる。 In various embodiments, referring now to FIG. 62-66, staple cartridge 13000, as will be described in more detail below, the cartridge body 13010, a tissue thickness compensator 13020, the cartridge body tissue thickness compensator 13020 It may comprise a plurality of launchable connector configured to releasably hold against 13010. カートリッジ本体13010は、近位端部13011と、遠位端部13012と、組織厚さコンペンセータ13020を支持するように構成されたデッキ13015とを備えることができる。 The cartridge body 13010 can include a proximal end portion 13011, a distal end portion 13012, and a deck 13015 configured to support tissue thickness compensator 13020. カートリッジ本体13010は、このカートリッジ本体から延び、組織厚さコンペンセータ13020の近位運動を妨害する又は近位運動に抵抗するように構成され得る1つ以上の近位止め具13013を含むことができる。 The cartridge body 13010 can be this extends from the cartridge body includes a proximal motion to interfere with or proximal one may be configured to resist movement or proximal stop 13013 tissue thickness compensator 13020. 同様に、カートリッジ本体13010は、組織厚さコンペンセータ13020の近位運動を妨害又は近位運動に抵抗するように構成され得る1つ以上の遠位止め具13014を含むことができる。 Similarly, the cartridge body 13010 can include a proximal movement disturbance or proximal be configured to resist movement of one or more distal stop 13014 tissue thickness compensator 13020. 主に図63を参照すると、カートリッジ本体13010は、このカートリッジ本体内に画定された複数のステープル空洞13016を更に備えることができる。 Referring now primarily to FIG. 63, the cartridge body 13010 can further comprise a plurality of staple cavities 13016 defined in the cartridge body. 様々な実施形態において、ステープルカートリッジ13000は、カートリッジ本体13010に対して組織厚さコンペンセータ13020を解放可能に保持するように構成された複数のコネクタ13030及び13040を備えることができる。 In various embodiments, the staple cartridge 13000 can comprise a plurality of connectors 13030 and 13040, which is configured to releasably hold the tissue thickness compensator 13020 against the cartridge body 13010. 各コネクタ13030は、例えば、ステープル空洞13016内に位置決め可能である複数の空洞プラグ13031と、空洞プラグ13031の間で、組織厚さコンペンセータ13020の上を通って延在する接続バー13032とを備えることができる。 Each connector 13030, for example, comprise a plurality of cavities plug 13031 is positionable within the staple cavities 13016, between the cavity plugs 13031, and a connecting bar 13032 which extends through the top of the tissue thickness compensator 13020 can. 空洞プラグ13031は、少なくとも一実施形態において、ステープル空洞13016の内部にぴったりと嵌合することができる。 Cavity plug 13031, at least one embodiment, can be fit snugly inside the staple cavities 13016. 特定の実施形態において、空洞プラグ13031は、ステープルカートリッジ13016の中へ圧入及び/又はスナップ嵌合され得る。 In certain embodiments, the cavity plugs 13031 may press-fitted and / or snap into the staple cartridge 13016. 各コネクタ13040は、例えば、空洞プラグ13031と、この空洞プラグから延在するヘッド13042とを備えることができ、ヘッド13042は、少なくとも部分的に組織厚さコンペンセータ13020の上を通って延在することができる。 Each connector 13040 is, for example, a cavity plug 13031 can comprise a head 13042 extending from the cavity plug, head 13042 is that extending through the upper at least partially tissue thickness compensator 13020 can. 再び図63を参照すると、近位コネクタ13030から延在する組織厚さコンペンセータ13020は、例えば、組織厚さコンペンセータ13020の近位端部13021に画定され、空洞プラグ13031を受容するように構成された近位切欠き部13023の組と、中間コネクタ13040から延在する空洞プラグ13031を各々に受容するように構成された中間切欠き部13024と、組織厚さコンペンセータ13020の遠位端部13022に画定され、遠位コネクタ13030から延在する空洞プラグ13031を受容するように構成された遠位切欠き部13025の組と、を備えることができる。 Referring to Figure 63 again, the proximal connector extending tissue thickness compensator 13020 from 13030, for example, defined in the proximal end portion 13021 of the tissue thickness compensator 13020, configured to receive a cavity plug 13031 a set of proximal notch 13023, an intermediate notch 13024 which is configured to receive a hollow plug 13031 extending from the intermediate connector 13040 each, defined in the distal end portion 13022 of the tissue thickness compensator 13020 is, it is possible and a pair of distal notch 13025 which is configured to receive the extending cavity plug 13031 from the distal connector 13030.

使用中、スレッド、又は発射部材は、ステープル空洞13016の内部に位置決めされたステープルを放出するためにステープルカートリッジ13000を通して遠位側に前進させることができる。 In use, a thread, or the firing member can be advanced distally through the staple cartridge 13000 in order to release the staples positioned within the staple cavities 13016. 様々な実施形態において、ステープルが中に位置決めされているステープル空洞13016は、空洞プラグ13031が差し込まれないことがある。 In various embodiments, the staple cavities 13016 which is positioned in the staples may be hollow plug 13031 is not inserted. 特定の実施形態において、空洞プラグ13031が中に位置決めされているステープル空洞は、ステープルが中に位置決めされていないことがある。 In certain embodiments, the staple cavities being positioned in the cavity plugs 13031 may not be positioned in the staple. 一部の実施形態において、図示されていないが、ステープル空洞は、締結具及び空洞プラグ13031が中に位置決めされていることがある。 In some embodiments, although not illustrated, the staple cavities, may have been positioned in the fastening tool and cavity plugs 13031. 次に図65及び66を参照すると、ステープルカートリッジ13000は、例えば、未発射位置にあるステープルを支持する複数のステープルドライバ13050を更に備えることがある。 Referring now to FIGS. 65 and 66, staple cartridge 13000, for example, it may further comprise a plurality of staple drivers 13050 supporting the staples in the unfired position. 発射部材が、例えば、ステープルカートリッジを通して遠位側に前進させられるのにつれて、この発射部材は、ステープルドライバ13050及びステープルを上向きに、即ち、カートリッジ本体13010のデッキ13015の方へ、及び、組織厚さコンペンセータ13020の反対側に位置決めされたアンビルの方へ持ち上げることができる。 Firing member, for example, as the is advanced distally through the staple cartridge, the firing member is upwardly staple drivers 13050 and staples, i.e., towards the deck 13015 of the cartridge body 13010, and tissue thickness it can be lifted towards the anvil positioned opposite the compensator 13020. 同様に、ステープルドライバ13050の少なくとも一部は、ステープル空洞13016の一部内に位置決めされた空洞プラグ13031に接触し、この空洞プラグをアンビルの方へ持ち上げることができる。 Similarly, at least a portion of the staple driver 13050 can be in contact with the cavity plug 13031 positioned within a portion of the staple cavities 13016, lift this cavity plug towards the anvil. ステープルがステープルドライバ13050によって上向きに持ち上げられるとき、ステープルの脚部は、組織厚さコンペンセータ13020を組織厚さコンペンセータ13020とアンビルとの間に位置決めされた組織を通って通過し、組織の反対側に位置決めされたアンビルに接触することができる。 When the staple is lifted upward by the staple driver 13050, the legs of the staple, tissue thickness compensator 13020 passes through the tissue positioned between tissue thickness compensator 13020 and the anvil, on the opposite side of the tissue You can contact the positioning anvil. ステープルドライバ13050は、その後、ステープルが組織厚さコンペンセータ13020及び組織を中に捕捉するために変形されるようにアンビルに対してステープルを駆動することができる。 Staple driver 13050 may then drive the staples against the anvil to be deformed to staple is captured in the tissue thickness compensator 13020 and tissues. 空洞プラグ13031がドライバ13050によって上向きに持ち上げられるとき、アンビルは、空洞プラグ13031の上向き運動に抵抗することがある。 When cavity plug 13031 is lifted upward by the driver 13050, the anvil may be resistance to upward movement of the hollow plug 13031. このような状況において、主に図63を参照すると、空洞プラグ13031は、変形すること、歪むこと、及び/又は破壊することがある。 In such circumstances, referring primarily to FIG. 63, the cavity plugs 13031 shall be deformed, distorted it, and / or may be destroyed. 特定の実施形態において、空洞プラグ13031は、例えば、切欠き部の中の特有の場所で空洞プラグ13031の変形、歪み、及び/又は破壊を引き起こすことができる1つ以上の切欠き部を含むことができる。 In certain embodiments, the cavity plugs 13031, for example, deformation of the cavity plugs 13031 at specific locations in the notch, include one or more notches can cause distortion, and / or destroyed can. 様々な状況において、空洞プラグ13031の全体、又は少なくとも実質的に全体がステープルドライバ13050によってステープル空洞13016から放出されることがある。 In various circumstances, the entire cavity plugs 13031, or the entire at least substantially that may be released from the staple cavities 13016 by the staple driver 13050. このような時点で、コネクタ13030及び/又は13040は、もはや組織厚さコンペンセータ13020をカートリッジ本体13010に接続しないことがあり、したがって、カートリッジ本体13010は、組織に埋め込まれた組織厚さコンペンセータ13020から離され得る。 At such point, the connector 13030 and / or 13040 are may no longer connect tissue thickness compensator 13020 to the cartridge body 13010, therefore, the cartridge body 13010 is away from the tissue thickness compensator 13020 embedded in tissue It may be.

使用中、上記に加えて、発射部材は、ステープルカートリッジ13000の近位端部13011から遠位端部13012に向かって前進させられ得る。 In use, in addition to the above, firing member can be advanced toward the distal end portion 13012 from the proximal end 13011 of the staple cartridge 13000. カートリッジ本体13010は、発射部材の少なくとも一部分を中に摺動可能に受容するように構成された縦方向スロット13019を含むことができる。 The cartridge body 13010 can include a longitudinal slot 13019 configured to slidably receive in at least a portion of the firing member. 発射部材が遠位側に前進させられるのにつれて、発射部材は、最も近位側にあるステープル13016の中に位置決めされたステープルを放出し、その後、最も近位側にあるコネクタ13030を発射することができる。 As the firing member is advanced distally, the firing member is to release the staples positioned within the staple 13016 in proximal-most, then, to fire connectors 13030 at the extreme proximal can. 最も近位側にあるコネクタ13030の発射は、カートリッジ本体13010から組織厚さコンペンセータ13020の近位端部13021を解放することができる。 The most proximal firing connector 13030 in the can to release the proximal end portion 13021 of the tissue thickness compensator 13020 from the cartridge body 13010. 他の実施形態において、発射部材は、どれでもステープルを発射する前に、最も近位側にあるコネクタを発射することができる。 In other embodiments, the firing member, any prior fire staples can be fired connector on most proximally. いずれにしても、発射部材は、ステープル空洞13016からステープルを放出するために遠位側に更に前進させられることができ、その後、中間コネクタ13040を発射することができる。 Anyway, the firing member can be advanced further distally to release the staples from the staple cavities 13016, then it is possible to fire the intermediate connector 13040. このような時点で、最も遠位側にあるコネクタ13030だけがそのままの状態を保つことがあり、カートリッジ本体13010に対して組織厚さコンペンセータ13020を保持する。 At such point, it may only connectors 13030 on the most distal side keep intact, to hold the tissue thickness compensator 13020 against the cartridge body 13010. 発射部材が最も遠位側にあるコネクタ13030を発射すると、組織厚さコンペンセータ13020は、もはやカートリッジ本体13010に取り付けられないことがある。 When the firing member to fire connectors 13030 on the distal-most, tissue thickness compensator 13020 may not longer be attached to the cartridge body 13010. 上述のシーケンスは、十分に又は完全に発射されたステープルカートリッジについて記載する。 Above sequence describes a staple cartridge that is sufficiently or fully fired. ステープルカートリッジに収容されたステープルのうち全部に満たないものが発射されるその他の状況が起こる可能性がある。 There is a possibility that other conditions that those less than all of the staples housed in the staple cartridge is fired occurs. このような状況において、カートリッジ本体13010に対して組織厚さコンペンセータ13020を保持するコネクタの一部は、発射されないことがある。 In such a situation, a part of the connector to hold the tissue thickness compensator 13020 against the cartridge body 13010 may not be fired. ステープルカートリッジ13000の部分的な使用が完了したとき、アンビルは、開かれることがあり、カートリッジ本体13010は、部分的に埋め込まれた組織厚さコンペンセータ13020から引き離されることがある。 When partial use of the staple cartridge 13000 is completed, the anvil, which may be open, the cartridge body 13010 may be pulled away from the tissue thickness compensator 13020 partially embedded. このような状況において、未発射コネクタは、未だ発射されていないとしても、ステープル空洞13016から抜けるように構成されることがある。 In this context, unfired connector, even not yet been fired, it may be configured to exit the staple cavities 13016. いずれにしても、コネクタ13030及び13040は、例えば、何らかの適当な生体適合性及び/又は生体吸収性材料で構成されることがある。 In any event, the connector 13030 and 13040, for example, may be configured in any suitable biocompatible and / or bioabsorbable material.

上記に加えて、発射部材は、例えば、発射部材がステープルカートリッジ13000を通して遠位側に前進させられるのにつれて、組織厚さコンペンセータ13020及び組織を横に切断するように構成され得るナイフのような切断部分を含むことがある。 In addition to the above, firing member, for example, as the firing member is advanced distally through staple cartridge 13000, cut like a knife that may be configured to cut tissue thickness compensator 13020 and tissue next which may include a portion. このような状況において、切断部分は、コネクタ13030の接続バー13032を横に切断するように更に構成され得る。 In this context, the cutting portion can be further configured to disconnect a connection bar 13032 connector 13030 laterally.

様々な実施形態において、次に図101及び102を参照すると、支持部分10810及び組織厚さコンペンセータ10820を備えるステープルカートリッジ10800は、例えば、ステープルカートリッジアプリケータ10880を用いてステープルカートリッジチャンネルルに装填され得る。 In various embodiments, referring now to FIGS 101 and 102, the staple cartridge 10800 comprising a support portion 10810 and the tissue thickness compensator 10820, for example, may be loaded into the staple cartridge channel le with staple cartridge applicator 10880 . 上記と同様に、ステープルカートリッジアプリケータ10880は、例えば、アンビル10060が閉じているとき、アンビル10060が組織厚さコンペンセータ10890に接触して係合することができるように、例えば、アンビル10060のようなアンビルと相対的に上方組織厚さコンペンセータ10890を位置決めするように更に構成され得る。 Similar to the above, staple cartridge applicator 10880, for example, when the anvil 10060 is closed, so that it can anvil 10060 is engaged in contact with the tissue thickness compensator 10890, for example, such as anvil 10060 It may be further configured to position the anvil relatively upper tissue thickness compensator 10890. 少なくとも一実施形態において、組織厚さコンペンセータ10890は、アンビル10060を係合し、組織厚さコンペンセータ10890をアンビル10060に対して解放可能に保持することができる、組織厚さコンペンセータ10890の上部表面10891から延在する複数の保持脚部10895を備えることができる。 In at least one embodiment, the tissue thickness compensator 10890 engages the anvil 10060, the tissue thickness compensator 10890 can be releasably held against the anvil 10060, from the top surface 10891 of the tissue thickness compensator 10890 it can comprise a plurality of holding legs 10895 extending. 少なくとも1つのこのような実施形態において、脚部10895は、縦方向列に配置されることができ、各脚部10895は、アンビル10060の内部に画定されたナイフスロット10065に入り、係合するように構成された少なくとも1つの足部を備えることができる。 In at least one such embodiment, the legs 10895 can be arranged in the vertical direction column, each leg 10895 enters the knife slot 10065 defined within the anvil 10060, to engage At least one foot is configured can be provided to. 特定の実施形態において、脚部10895の足部のうちいくつかは、一方の方向に延びることができ、その他の足部は、別の方向に延びることができる。 In certain embodiments, the some of the foot portion of the leg portion 10895 can extend in one direction, the other foot may extend in a different direction. 少なくとも一実施形態において、足部のうちいくつかは、反対方向に延びることができる。 In at least one embodiment, some of the foot may extend in opposite directions.

いずれにしても、アンビル10060が組織厚さコンペンセータ10890と係合すると、次に図102及び103を参照すると、アンビル10060は、再び開くことができ、臨床医は、組織厚さコンペンセータ10820及び10890からステープルカートリッジアプリケータ10880を離すことができる。 In any event, the anvil 10060 is engaged with the tissue thickness compensator 10890, referring now to FIGS 102 and 103, anvil 10060 can be reopened, clinician, tissue from the thickness of the compensator 10820 and 10890 it is possible to release the staple cartridge applicator 10880. その後、図104を参照すると、上方組織厚さコンペンセータ10890は、標的組織の第1の側面に位置決めされることができ、下方組織厚さコンペンセータを備えることができる組織厚さコンペンセータ10820は、この組織の第2の側面に位置決めされ得る。 Thereafter, referring to FIG. 104, the upper tissue thickness compensator 10890 can be positioned on a first side of the target tissue, tissue thickness compensator 10820 which can be provided with a lower tissue thickness compensator, the tissue It may be positioned on the second side of. 組織厚さコンペンセータ10820及び10890が適当に位置決めされた後に、次に図105を参照すると、例えば、刃先10053のような発射部材の刃先は、組織及び組織厚さコンペンセータを通して前進させられ得る。 After the tissue thickness compensator 10820 and 10890 it is properly positioned, referring now to FIG. 105, for example, the cutting edge of the firing member, such as a cutting edge 10053 can be advanced through the thickness compensator tissue and tissue.

様々な実施形態において、次に図106を参照すると、例えば、アプリケータ12280のようなステープルカートリッジアプリケータは、このアプリケータに着脱式に実装された組織厚さコンペンセータ12290を備えることができ、この組織厚さコンペンセータは、上記と同様に、図106Aに示すように、ステープルカートリッジチャンネルに挿入されることができ、アンビル10060が閉位置に入れられたとき、アンビル10060によって係合され得る。 In various embodiments, referring now to FIG. 106, for example, staple cartridge applicator such as applicator 12280 can comprise a tissue thickness compensator 12290 mounted removably to the applicator, this tissue thickness compensator, similarly to the above, as shown in FIG. 106A, can be inserted into the staple cartridge channel, when the anvil 10060 is placed in the closed position, may be engaged by the anvil 10060. アプリケータ12280は、ステープルカートリッジと相対的にコンペンセータ12290を位置決めするハンドル10084を含むことがある。 Applicator 12280 may include a handle 10084 to position relatively compensator 12290 and the staple cartridge. その上、アプリケータ10084は、コンペンセータ12290をステープルカートリッジに締め付けることがある複数の脚部10081を備えることがある。 Moreover, the applicator 10084 may comprise a plurality of legs 10081 which is tightening the compensator 12290 in the staple cartridge. 少なくとも1つのこのような実施形態において、組織厚さコンペンセータ12290は、この組織厚さコンペンセータ12290の上部表面12291から上向きに延在する複数の保持部材12295を備えることができ、各保持部材12295は、アンビル10060内のナイフスロット10065に挿入されるように構成され得る複数の可撓性脚部12296を備えることができる。 In at least one such embodiment, the tissue thickness compensator 12290 can comprise a plurality of holding members 12295 extending upwardly from the top surface 12291 of the tissue thickness compensator 12290, each retaining member 12295 is It may comprise a plurality of flexible legs 12296 which can be configured to be inserted into the knife slot 10065 of the anvil 10060. 主に図107及び108を参照すると、各保持部材12295の可撓性脚部12296は、脚部12296がナイフスロット10065に挿入されるのにつれて、脚部12296が内向きに撓むことができ、その後、可撓性脚部12296の拡大された側部がナイフスロット10065を通過すると外向きに弾性的に復元することができるように、ギャップ12298によって分離され得る。 Referring now primarily to FIGS. 107 and 108, flexible legs 12296 of each retention member 12295 is as the legs 12296 is inserted into the knife slot 10065 can flex inwardly legs 12296, Thereafter, expanded side of the flexible legs 12296 has to be able to elastically restored outward when passing through the knife slot 10065 may be separated by a gap 12298. 様々な実施形態において、可撓性脚部12296の拡大された足部は、アンビル10060内に画定された反対側にある保持リップ部12297の裏側に撓むことができ、脚部12296及びリップ部12297の相互作用の結果、組織厚さコンペンセータ12290は、アンビル10060に対して保持され得る。 In various embodiments, the enlarged foot of the flexible legs 12296 can flex back side of the holding lip 12297 on the opposite side which is defined in the anvil 10060, legs 12296 and a lip portion result of the interaction of the 12297, the tissue thickness compensator 12290 may be held against the anvil 10060. その後、ステープルカートリッジアプリケータ12280は、図106Bに示すように、組織厚さコンペンセータ12290から離され得る。 Thereafter, the staple cartridge applicator 12280, as shown in FIG. 106B, may be separated from the tissue thickness compensator 12290. 使用中、組織厚さコンペンセータ12290がステープルカートリッジ10000から展開されたステープルによって組織に埋め込まれると、例えば、アンビル10060は、再び開くことができ、アンビル10060が埋め込まれた組織厚さコンペンセータ12290から離されるのにつれて、保持部材12995の脚部12296は、ナイフスロット10065から引き抜くことができるように、内向きに撓むことができる。 In use, the tissue thickness compensator 12290 is implanted in tissue by expanded staples from the staple cartridge 10000, for example, the anvil 10060 is separated from it can, tissue thickness compensator 12290 anvil 10060 is embedded reopen as the legs 12296 of the retaining member 12995 is, as can be withdrawn from the knife slot 10065, it can flex inwardly.

上記概略のとおり、エンドエフェクタアセンブリは、ステープルカートリッジ、アンビル、及び、ステープルカートリッジとアンビルとの中間に位置決めされた少なくとも1片のバトレス材料の断片とを含むことができる。 As outlined above, the end effector assembly can include staple cartridge, an anvil, and a fragment of the buttress material of at least one strip is positioned intermediate the staple cartridge and the anvil. 少なくとも一実施形態において、次に図109〜111を参照すると、バトレス材料336のようなバトレス材料の断片は、エンドエフェクタの内部にバトレス材料の断片を解放可能に保持するためにステープルカートリッジ322のうちの少なくとも1つ及び/又はアンビス(図示せず)にスナップ嵌合するように構成され得る。 In at least one embodiment, referring now to FIG. 109-111, fragments of the buttresses materials, such as buttress material 336, of the staple cartridge 322 to releasably retain pieces of buttress material within the end effector It may be configured to at least one and / or Anbisu (not shown) so as to snap fit. 図110及び111を参照すると、ステープルカートリッジ322は、第1の側壁302及び第2の側壁304を含むことができ、第1の側壁及び第2の側壁の少なくとも一方は、外向きに延在する先端プ306を含むことができる。 Referring to FIGS. 110 and 111, the staple cartridge 322 may include a first sidewall 302 and second sidewall 304, at least one of the first sidewall and a second sidewall extends outwardly It may include a tip-flop 306. 様々な実施形態において、バトレス材料336は、第1のエッジ又は側面308と、第2のエッジ又は側面310と、エッジ308及び310の長さに少なくとも部分的に沿って延在する少なくとも1つのリップ部312とを含むことができる。 In various embodiments, buttress material 336 includes a first edge or side 308, at least one lip and a second edge or side 310, extending at least partially along the length of the edges 308 and 310 It may include a section 312. 少なくとも一実施形態において、図111を参照すると、リップ部312は、バトレス材料336をステープルカートリッジ322に対して解放可能に維持するために、スナップ嵌合形式でリップ部306を係合するように構成され得る。 In at least one embodiment, referring to FIG. 111, the lip 312, in order to releasably maintain the buttress material 336 relative to the staple cartridge 322, configured to engage the lip portion 306 in a snap-fit ​​type It may be.

上記に加えて、図111を参照すると、バトレス材料336は、ステープルカートリッジ322のデッキ328に隣接又は接して位置決めされるように構成され得る表面316を含むことができる。 In addition to the above, referring to FIG. 111, buttress material 336 can include that may be surface 316 configured to be positioned adjacent to or in contact with the deck 328 of staple cartridge 322. 少なくとも一実施形態において、側面エッジ308及び310は、表面316に対して垂直又は横方向に延在することができる側壁を備えることができる。 In at least one embodiment, side edges 308 and 310 can comprise sidewalls which can extend in a vertical or horizontal direction with respect to the surface 316. このような実施形態において、リップ部312は、リップ部312がステープルカートリッジ322のリップ部306の裏側で連動できるようにこれらの側壁から延在することができる。 In such embodiments, lip 312 can lip 312 extends from the sidewalls to allow interlocking with the back side of the lip portion 306 of the staple cartridge 322. 様々な実施形態において、バトレス材料336のリップ部312は、ステープルがステープルカートリッジ322から展開されたとき、ステープルカートリッジ322のリップ部306から係合解放され得る。 In various embodiments, the lip portion 312 of buttress material 336, when the staples are deployed from the staple cartridge 322 may be releasably engaging the lip 306 of the staple cartridge 322. より詳しくは、ステープルが展開されたとき、ステープルは、バトレス材料336に接触し、上向き力をバトレス材料336に加え、ステープルカートリッジ322からバトレス材料336を取り外すことができる。 More particularly, when the staples are deployed, the staple is in contact with buttresses material 336, adding upward force to buttress material 336, it can be removed buttress material 336 from staple cartridge 322. 有利な点として、その結果、バトレス材料336は、前述のとおり、ステープルがステープルカートリッジから展開されたとき、及び/又は、エンドエフェクタが開かれたとき、ステープルカートリッジ322から自動的に係合解放されることがある。 Advantageously, as a result, buttress material 336, as described above, when the staples are deployed from the staple cartridge, and / or, when the end effector is opened, automatically the engagement released from the staple cartridge 322 there is Rukoto.

様々な実施形態において、図110及び111を参照すると、バトレス材料の断片は、この断片から延在し、バトレス材料をステープルカートリッジ及び/又はアンビルの一方に解放可能に維持するように構成され得る少なくとも1つの部材を含むことができる。 In various embodiments, referring to FIGS. 110 and 111, a fragment of the buttresses material is at least the fragment extending from, may be configured to releasably maintain the buttress material to one of the staple cartridge and / or anvil It may include one member. 少なくとも一実施形態において、部材318は、表面316と垂直又は平行である方向にバトレス材料336から延在することができる。 In at least one embodiment, member 318 can extend from buttress material 336 in a direction that is the surface 316 and the perpendicular or parallel. 様々な実施形態において、部材318は、バトレスの断片をステープルカートリッジ及びアンビルのうちの一方に対して解放可能に保持するために、摩擦嵌合又は圧力嵌合方式でステープル空洞320及び/又はアンビルポケットの一方と係合され得る。 In various embodiments, member 318 for releasably retaining pieces of buttress against one of the staple cartridge and anvil, a friction fit or staple cavities 320 and / or anvil pocket at a pressure fitting system It may engage one and engagement of the. 上記と同様に、様々な実施形態において、ステープル空洞320から展開されたステープルは、バトレス材料336に上向き力を加えることができ、ステープル空洞320から部材318を係合解放することができる。 Similar to the above, in various embodiments, staples deployed from staple cavities 320 can be added to an upward force to buttress material 336, can be a member 318 engages release from staple cavities 320. 様々な実施形態において、ステープルは、上記概略のとおり、バトレス材料を組織に締め付けるために部材318及び/又はバトレス材料336に穴を開けることができる。 In various embodiments, the staples, as outlined above, can puncture the member 318 and / or buttress material 336 to tighten the buttress material to the tissue.

図110に示されるように、バトレス材料の断片は、バトレス材料の断片をステープルカートリッジ及びアンビルの一方に対して保持するためにバトレス材料から延在する2つ以上の部材又は保護物を含むことができる。 As shown in FIG. 110, a fragment of the buttresses material may include two or more members or protective material extending from the buttress material to hold the pieces of buttress material to one of the staple cartridge and anvil it can. 様々な実施形態において、次に図112及び113を参照すると、2つ以上の部材318'は、例えば、バトレス材料336'の断片から延在することができる。 In various embodiments, referring now to FIGS 112 and 113, two or more members 318 ', for example, buttresses material 336' can extend from the fragments. 少なくとも一実施形態において、部材318'は、上記概略のとおり、部材がバトレス材料の断片をステープルカートリッジ及び/又はアンビルに対して摩擦保持できるように、ステープルカートリッジ322'のステープル空洞320'の中へ、及び/又は、アンビルのアンビルポケット(図示されない)の中へ圧力嵌合され得る。 In at least one embodiment, members 318 ', as outlined above, member to allow friction hold pieces of buttress material to a staple cartridge and / or anvil, the staple cartridge 322' into the staple cavities 320 'of , and / or it may be fitted pressure into the anvil of the anvil pockets (not shown). 本明細書においてより詳細に記載されるように、ステープルカートリッジ及び/又はアンビルは、ステープルカートリッジのステープル空洞及びアンビルのアンビルポケットに加えて、バトレス材料の断片から延在する突出部又は保持部材を受容するスロット又は開口部をこのステープルカートリッジ及び/又はアンビルの中に含むことができる。 As described in more detail herein, a staple cartridge and / or anvil, in addition to the anvil pockets of the staple cavity and the anvil of the staple cartridge, receiving the projection or the holding member extending from the fragments of the buttresses material a slot or opening for may be included in the staple cartridge and / or anvil.

特定の実施形態において、詳しくは後述されるように、支持部分は、ステープルがステープルカートリッジから徐々に発射されるのにつれて、支持部分から組織厚さコンペンセータを徐々に解放するように構成され得る保持特徴物を備えることができる。 In certain embodiments, details as described below, the support portion, as the staples are gradually emitted from the staple cartridge, holding features that may be configured to gradually release the tissue thickness compensator from the support portion it can comprise things. 次に図114を参照すると、例えば、ステープルカートリッジ11200のようなステープルカートリッジは、組織厚さコンペンセータ11220(図115)を支持部分11210に対して解放可能に保持するように構成され得る保持特徴物11213を含む支持部分11210を備えることができる。 Referring now to FIG. 114, for example, a staple cartridge, such as staple cartridge 11200, tissue thickness compensator 11220 (FIG. 115) a support portion releasably retaining features thereof may be configured to hold against 11210 11213 it can comprise a support portion 11210 including. 様々な実施形態において、保持特徴物11213は、例えば、各ステープル空洞11212の端部に位置決めされることができ、各保持特徴物11213は、この保持特徴物の中に画定され、ステープル10030のステープル脚部10032を摺動可能に受容するように構成されたガイド溝11216を備えることができる。 In various embodiments, the retaining feature was 11213, for example, can be positioned on the end of each staple cavity 11212, each retaining feature was 11213 is defined in the retaining feature was the staple 10030 staple It may comprise a guide groove 11216, which is configured to receive the legs 10032 slidably. このような実施形態において、ステープル脚部10032及び保持特徴物11213はどちらも、組織厚さコンペンセータ11220を支持部分11210に解放可能に保持するように構成され得る。 In such embodiments, both staple legs 10032 and retention characteristic object 11213 may be configured to releasably hold the tissue thickness compensator 11220 to the support portion 11210.

使用中、次に図115を参照すると、支持部分11210の内部に収容されたステープルドライバ10040は、上述のとおり、スレッド10050によって上向きに駆動されることができ、ステープルドライバ10040は、保持特徴物11213に接触し、支持部分11210から保持特徴物11213を少なくとも部分的に切り離し、保持特徴物11213をステープル10030及びステープル空洞11212から外向き、及び、遠くへ移動させるように構成され得る。 Referring in use, then the FIG. 115, the staple driver 10040 housed inside the support portion 11210, as described above, can be driven upward by the thread 10050, staple driver 10040, retaining feature was 11213 contacting the, disconnect the retaining feature was 11213 from the support portion 11210 at least partially outwardly of the retaining features was 11213 from the staple 10030 and staple cavities 11212, and may be configured to move far. 保持特徴物11213が、支持部分11210から切り離される、及び/又は外向きに移動させられるとき、保持特徴物11213は、もはや組織厚さコンペンセータ11220を支持部分11210に対して保持することはできないことがあり、その結果、組織厚さコンペンセータ11220は、支持部分11210から解放されることができる。 Holding characteristic object 11213 is disconnected from the support portion 11210, and / or when it is moved outward, the holding characteristic object 11213 may be unable to hold longer tissue thickness compensator 11220 to the support portion 11210 There, as a result, the tissue thickness compensator 11220 can be released from the support portion 11210. 上記と同様に、組織厚さコンペンセータ11220は、ステープル10030がステープルカートリッジから、例えば、アンビル11260のようなアンビルに向かって徐々に放出されるのにつれて、支持部分11210から徐々に解放され得る。 As above, the tissue thickness compensator 11220 may staples 10030 from the staple cartridge, for example, as being gradually released toward the anvil as the anvil 11260 can gradually be released from the support portion 11210. 様々な実施形態において、ステープルドライバ10040は、例えば、ステープルドライバ10040の上部表面が支持部分11210のデッキ表面11211と同一平面上、又は少なくとも実質的に同一平面上にあるとき、保持特徴物11213に接触することがある。 In various embodiments, the staple driver 10040, for example, when the upper surface of the staple driver 10040 is flush with the deck surface 11211 of the support portion 11210, or at least substantially coplanar, contact the retention features thereof 11213 sometimes. このような実施形態において、組織厚さコンペンセータ11220は、ステープル10030が完全成形構成又は完全発射構成に成形されるのと同時に、及び/又は直前に、支持部分11210から解放されることがある。 In such embodiments, the tissue thickness compensator 11220 is at the same time staple 10030 is formed entirely molded construction or complete firing configuration, and / or just before, is the fact there is released from the support portion 11210.

少なくとも1つのこのような実施形態において、主に図116を参照すると、ドライバ10040は、ドライバがステープル10030を完全に成形するためにデッキ表面11211の上方に押されるように、オーバードライブさせることができ、オーバードライブされているプロセス中、支持部分11210から離れた保持特徴物11213を破壊することができる。 In at least one such embodiment, referring primarily to FIG. 116, the driver 10040 is to be pushed over the deck surface 11211 for the driver to fully form the staples 10030, it is possible to overdrive , during the process being overdriven, it can destroy the holding characteristic object 11213 away from the support portion 11210. 様々な実施形態において、再び図115を参照すると、保持特徴物11213は、ドライバ10040がデッキ表面11211に達するのと全く同様にドライバ10040が保持特徴物11213に接触するように、切り離される又は外向きに移動させられる前に、ステープル空洞11212の上に広がる、又は覆い被さることがある。 In various embodiments, referring to FIG. 115 again, retaining feature was 11213, as exactly as drivers 10040 as driver 10040 reaches the deck surface 11211 is in contact with the retaining feature was 11213, disconnected the or outward before being moved to spread over the staple cavities 11212, or may overlie. いずれにしても、組織厚さコンペンセータ11220が支持部分11210から解放されると、次に図116を参照すると、支持部分11210は、埋め込まれた組織厚さコンペンセータ11220から離され得る。 In any event, the tissue thickness compensator 11220 is released from the support portion 11210, referring now to FIG. 116, the support portion 11210 can be isolated from the implanted tissue thickness compensator 11220.

次に図117を参照すると、エンドエフェクタアセンブリと共に用いられる締結具カートリッジアセンブリ6002は、カートリッジ本体6050及びこのカートリッジ本体に解放可能に締め付けられた組織厚さコンペンセータ6058を含むことができる。 Referring now to FIG. 117, the fastener cartridge assembly 6002 for use with the end effector assembly may include a cartridge body 6050 and tissue thickness compensator 6058 which is clamped releasably in the cartridge body. カートリッジ本体5650と同様に、例えば、カートリッジ本体6050は、発射アセンブリをガイドするように構成されたスロット6056、及び/又は、締結具をカートリッジ本体6050内に着脱式に保持するように構成された締結具空洞6054とを含むことができる。 Like the cartridge body 5650 concluded, for example, the cartridge body 6050, a slot 6056 configured to guide the firing assembly, and / or, configured to hold a removable fasteners in the cartridge body 6050 It may include a tool cavity 6054. 様々な実施形態において、カートリッジ本体6050は、例えば、支柱、マウント部、タブ部、及び/又は畝部のような突出部6048を含むことができる。 In various embodiments, the cartridge body 6050, for example, can include strut mount portion, the tab portions, and / or protrusions 6048, such as ridges. 突出部6048は、組織厚さコンペンセータ6058がカートリッジデッキと相対的に位置決めされたとき、カートリッジ本体6050のカートリッジデッキから組織厚さコンペンセータ6058の中へ延在することができる。 Protrusions 6048, when the tissue thickness compensator 6058 is positioned relative to the cartridge deck can extend from the cartridge deck of the cartridge body 6050 into the tissue thickness compensator 6058. 様々な実施形態において、カートリッジ本体6050は、カートリッジデッキから延在する複数の突出部6048を含むことができる。 In various embodiments, the cartridge body 6050 may include a plurality of protrusions 6048 extending from the cartridge deck. 突出部6048は、例えば、カートリッジ本体6050の長さに沿って位置決めされることができ、例えば、隣接する締結具空洞6054の間に位置決めされ得る。 Protrusion 6048, for example, along the length of the cartridge body 6050 can be positioned, for example, may be positioned between the fastener cavity 6054 adjacent.

引き続き図117を参照すると、様々な実施形態において、組織厚さコンペンセータ6058は、組織厚さコンペンセータ6058の突出部6048の周りで熱成形され得る。 With continued reference to FIG. 117, in various embodiments, the tissue thickness compensator 6058 may be thermoformed around the protruding portion 6048 of the tissue thickness compensator 6058. 例えば、組織厚さコンペンセータ6058は、カートリッジ本体6050のカートリッジデッキと相対的に位置決めされ得る。 For example, tissue thickness compensator 6058 may be positioned relative to the cartridge deck of the cartridge body 6050. 一旦位置決めされると、組織厚さコンペンセータ6058は、組織厚さコンペンセータ6058が、この組織厚さコンペンセータから延在する突出部6048の形状を含んで、カートリッジデッキの形状を収容するために変形するように、十分な温度まで加熱され得る。 Once positioned, the tissue thickness compensator 6058, so that the tissue thickness compensator 6058 is, including the shape of the protrusion 6048 extending from the tissue thickness compensator, deforms to accommodate the shape of the cartridge deck to be heated to a sufficient temperature. 組織厚さコンペンセータ6058は、例えば、局所的に加熱されることができ、例えば、組織厚さコンペンセータ6058を備える材料のガラス転移温度に近い、及び/又は、接近する温度に到達することができる。 Tissue thickness compensator 6058, for example, can be locally heated, for example, close to the glass transition temperature of the material comprising the tissue thickness compensator 6058, and / or can reach a temperature approaching. 組織厚さコンペンセータは、例えば、およそ摂氏90度、およそ摂氏120度まで加熱され得る。 Tissue thickness compensator, for example, 90 degrees about Celsius, may be heated to about 120 degrees Celsius. ある特定の実施形態において、組織厚さコンペンセータは、例えば、およそ摂氏75度、およそ摂氏150度まで加熱され得る。 In certain embodiments, the tissue thickness compensator, for example, 75 degrees about Celsius, may be heated to approximately 150 degrees Celsius. 組織厚さコンペンセータ6058が突出部6048の周りに嵌合するため変形すると、熱源は、取り除かれること、又は、縮小されることができ、組織厚さコンペンセータ6058は、冷めることができる。 The tissue thickness compensator 6058 is deformed to fit around the projecting portion 6048, a heat source, be removed, or can be reduced, the tissue thickness compensator 6058 can be cool. 組織厚さコンペンセータ6058は、例えば、突出部6048の周りで十分な変形を実現するために、およそ2秒間、およそ5秒間に亘って、高くされた温度に晒される可能性がある。 Tissue thickness compensator 6058, for example, in order to achieve sufficient deformation around the protrusions 6048, approximately 2 seconds, over approximately 5 seconds, may be exposed to high temperature. その他の状況において、組織厚さコンペンセータ6058は、例えば、突出部6048の周りで十分な変形を実現するために、およそ1秒間、およそ10秒間に亘って、高くされた温度に晒される可能性がある。 In other situations, tissue thickness compensator 6058, for example, in order to achieve sufficient deformation around the protrusions 6048, approximately 1 second, over approximately 10 seconds, may be exposed to high temperature is there. 冷めるとき、組織厚さコンペンセータ6058は、例えば、突出部6048の周りにより近づくように、及び/又は、より緊密に縮小することができる。 When cool, the tissue thickness compensator 6058, for example, so as to approach the circumference of the protrusion 6048, and / or can be more closely reduced. 様々な実施形態において、熱変形された組織厚さコンペンセータ6058は、締結具空洞6054の間で、及び、カートリッジ本体6050の長さに沿って、組織厚さコンペンセータ6058の横方向シフト及び/又は座屈を防止及び/又は制限することができる。 In various embodiments, the thermal deformation tissue thickness compensator 6058 between the fastener cavities 6054, and, along the length of the cartridge body 6050, lateral shift and / or the seat of the tissue thickness compensator 6058 it is possible to prevent and / or limit the bending.

付加的に又は代替的に、組織厚さコンペンセータ6058は、締結具空洞6054内に着脱式に位置決めされた締結具の少なくとも一部分の周りで熱成形され得る。 Additionally or alternatively, the tissue thickness compensator 6058 may be thermoformed around at least a portion of which is positioned removably in the fastener cavity 6054 fasteners. 例えば、組織厚さコンペンセータ6058は、カートリッジデッキの上に延在するステープルの脚部の周りで熱成形され得る。 For example, tissue thickness compensator 6058 may be thermoformed around the staple legs extending above the cartridge deck. 引き続き図117を参照すると、様々な実施形態において、締結具カートリッジアセンブリ6002は、カートリッジ本体6050の少なくとも一部分の周りにカバー又は殻部6060を含むことができる。 With continued reference to FIG. 117, in various embodiments, the fastener cartridge assembly 6002 can include a cover or shell 6060 around at least a portion of the cartridge body 6050. 殻部6060は、例えば、カートリッジ本体6050の底面、側面、及び/又はカートリッジデッキの周りに延在することができる。 Shell 6060, for example, the bottom surface of the cartridge body 6050 may extend around the sides, and / or cartridge deck. 殻部6060は、例えば、ピン6062によってカートリッジ本体6050に締め付けられ得る。 Shell 6060, for example, be fastened to the cartridge body 6050 by a pin 6062. その上、様々な実施形態において、殻部6060は、例えば、ステンレス鋼300、ステンレス鋼400シリーズ、チタン、及び/又は、医療グレードアルミニウムのような金属材料を含むことができる。 Thereon, in various embodiments, shell 6060, for example, stainless steel 300, stainless steel 400 series, titanium, and / or can comprise a metallic material such as medical grade aluminum. 金属製殻部6060は、例えば、熱成形効果を改善するために、カートリッジ本体6050及び/又は突出部6048における熱伝導を実現し易くすることができる。 Metallic shell 6060, for example, to improve the thermoforming effect, it is possible to easily realize a thermal conduction in the cartridge body 6050 and / or protrusions 6048.

次に図118を参照すると、エンドエフェクタアセンブリと共に用いられる締結具カートリッジアセンブリ6102は、カートリッジ本体6150及びこのカートリッジ本体に解放可能に締め付けられた組織厚さコンペンセータ6158を含むことができる。 Referring now to FIG. 118, the fastener cartridge assembly 6102 for use with the end effector assembly may include a cartridge body 6150 and tissue thickness compensator 6158 which is clamped releasably in the cartridge body. カートリッジ本体5650と同様に、カートリッジ本体6150は、例えば、発射アセンブリをガイドするように構成されたスロット6156と、例えば、カートリッジ本体6150内に締結具を着脱式に保持するように構成された締結具空洞6154とを含むことができる。 Like the cartridge body 5650, the cartridge body 6150, for example, a slot 6156 configured to guide the firing assembly, for example, configured fastener to hold the fastener detachably into the cartridge body 6150 It may include a cavity 6154. カートリッジ本体6150は、カートリッジデッキ6152から延在する畝部5648に類似している畝部6146を更に含むことができる。 The cartridge body 6150 may further include a ridge portion 6146 that is similar to the ridge 5648 extending from the cartridge deck 6152. 畝部6146は、例えば、締結具空洞6154の少なくとも一部分の周りに延在することができる。 Ridges 6146, for example, can extend around at least a portion of the fastener cavity 6154. 様々な実施形態において、締結具が締結具空洞6154内に位置決めされたとき、締結具の先端部は、締結具空洞6148から突出することができる。 In various embodiments, when the fastener is positioned within the fastener cavities 6154, the distal end portion of the fastener may protrude from the fastener cavity 6148. このような実施形態において、少なくとも部分的に締結具空洞6154の周りに位置決めされた畝部6146は、締結具が締結具空洞6154から放出されたとき、締結具の先端部を支持及び/又はガイドすることができる。 In such embodiments, ridges 6146 positioned at least partially around the fastener cavity 6154, when the fastener is discharged from the fastener cavity 6154, supporting the leading end of the fastener and / or guide can do. 様々な実施形態において、カートリッジ本体6150は、締結具空洞6154を少なくとも部分的に取り囲む複数の畝部6146を含むことができる。 In various embodiments, the cartridge body 6150 may include a plurality of ridges 6146 that surrounds the fastener cavity 6154 at least partially. 例えば、畝部6146は、各締結具空洞6154の少なくとも近位端部及び/又は遠位端部の周りに延在することができる。 For example, ridges 6146 can extend around at least a proximal end portion and / or the distal end portion of each fastener cavity 6154.

引き続き図118を参照すると、様々な実施形態において、締結具カートリッジアセンブリ6102は、例えば、カートリッジ本体6150の少なくとも一部分の周りに位置決めされた殻部6060に類似するカバー又は殻部6160を含むことができる。 With continued reference to FIG. 118, in various embodiments, the fastener cartridge assembly 6102, for example, may include a cover or shell 6160 is similar to the shell portion 6060 that is positioned around at least a portion of the cartridge body 6150 . 殻部6160は、例えば、カートリッジ本体6150の底面及び/又は側面の周りに延在することができ、例えば、ピン6162によってカートリッジ本体6150に締め付けることができる。 Shell 6160, for example, it is possible to extend around the bottom and / or sides of the cartridge body 6150, for example, can be clamped to the cartridge body 6150 by a pin 6162. 様々な実施形態において、殻部6160は、例えば、支柱、マウント部、タブ部、及び/又は畝部のような突出部6148を含むことができる。 In various embodiments, shell 6160, for example, can include strut mount portion, the tab portions, and / or protrusions 6148, such as ridges. 突出部6148は、カートリッジ本体6150のカートリッジデッキ6152の裏側に延在することができる。 Protrusion 6148 may extend to the back side of the cartridge deck 6152 of the cartridge body 6150. 様々な実施形態において、突出部6148は、組織厚さコンペンセータ6158がカートリッジデッキと相対的に位置決めされたとき、組織厚さコンペンセータ6158の中へ延びることができる。 In various embodiments, the protrusions 6148, when the tissue thickness compensator 6158 is positioned relative to the cartridge deck can extend into the tissue thickness compensator 6158. 様々な実施形態において、殻部6160は、この殻部から延在する複数の突出部6148を含むことができる。 In various embodiments, shell 6160 may include a plurality of protrusions 6148 extending from the shell portion. 突出部6148は、例えば、殻部6160の長さに沿って、及び、例えば、カートリッジ本体6150の周囲の周りに位置決めされ得る。 Protrusion 6148, for example, along the length of the shell 6160, and, for example, it may be positioned about the periphery of the cartridge body 6150.

組織厚さコンペンセータ6058と同様に、組織厚さコンペンセータ6158は、殻部6160の突出部6148の周りで熱成形され得る。 Similar to the tissue thickness compensator 6058, tissue thickness compensator 6158 may be thermoformed around the protruding portion 6148 of the shell 6160. 様々な実施形態において、組織厚さコンペンセータ6158は、組織厚さコンペンセータ6158の一部分がカートリッジ本体6150の周囲を越えて延在するように、殻部6160より幅広であることができる。 In various embodiments, the tissue thickness compensator 6158, as a portion of the tissue thickness compensator 6158 extends beyond the periphery of the cartridge body 6150 can be wider than the shell 6160. このような実施形態において、組織厚さコンペンセータ6158は、例えば、カートリッジ本体6150の周囲の周りで突出部6148に熱成形され得る。 In such embodiments, the tissue thickness compensator 6158 may for example be thermoformed into the protruding portion 6148 around the circumference of the cartridge body 6150. 付加的又は代替的に、組織厚さコンペンセータ6158は、例えば、畝部6146、及び/又は、締結具空洞6154から延在するステープル脚部に熱成形されることができる。 Additionally or alternatively, the tissue thickness compensator 6158, for example, ridges 6146, and / or can be thermoformed into staple legs extending from the fastener cavity 6154. 様々な実施形態において、殻部6160は、例えば、熱伝導を実現し易くし、熱成形効果を改善するために、ステンレス鋼300シリーズ、ステンレス鋼400シリーズ、チタン、及び/又は、医療グレードアルミニウムのような金属材料を含むことができる。 In various embodiments, shell 6160, for example, to facilitate to achieve thermal conductivity, to improve thermal molding effect, stainless steel 300 series, stainless steel 400 series, titanium, and / or, medical grade aluminum It may comprise a metallic material such as.

次に図119及び120を参照すると、エンドエフェクタアセンブリ6200は、第1の顎部又はアンビル6210と、第2の顎部6202とを含むことができる。 Referring now to FIGS. 119 and 120, the end effector assembly 6200 may include a first jaw or anvil 6210 and a second jaw 6202. 第2の顎部6202は、カートリッジ本体6250と、このカートリッジ本体に解放可能に締め付けられた組織厚さコンペンセータ6258とを含むことができる。 The second jaw 6202 may comprise a cartridge body 6250, and a releasably clamped tissue thickness compensator 6258 in the cartridge body. カートリッジ本体5650と同様に、カートリッジ本体6250は、締結具空洞6254と、例えば、締結具空洞内に着脱式に位置決めされ得る外科用ステープルのような締結具とを含むことができる。 Similar to the cartridge body 5650, the cartridge body 6250 includes a fastener cavity 6254, for example, it may include a fastener such as a surgical staple that can be positioned removably in fastener cavity. 様々な実施形態において、外科用ステープル6290は、締結具空洞6254内のドライバ6220に位置決めされ得る。 In various embodiments, the surgical staple 6290 may be positioned in the driver 6220 in the fastener cavity 6254. 主に図119を参照すると、ドライバ6220が発射前位置にあるとき、ステープル6290の一部分は、締結具空洞6254内に位置決めされ得る。 Referring now primarily to FIG. 119, when the driver 6220 is in the position prior to launch, a portion of staple 6290 may be positioned within the fastener cavities 6254. 様々な実施形態において、ステープル6290は、基部6292と、基部6292から延在する脚部6294a、6294bとを含むことができる。 In various embodiments, the staples 6290 includes a base 6292, legs 6294a extending from the base portion 6292 may include a 6294B. 第1の脚部6294aは、例えば、基部6292の第1の端部から延在し、第2の脚部6294bは、例えば、基部6292の第2の端部から延在することができる。 First leg 6294a, for example, extends from a first end of the base portion 6292, a second leg portion 6294b, for example, may extend from the second end of the base 6292. 様々な実施形態において、ドライバ6220が発射前位置にあり、ステープル6290が成形前構成にあるとき、ステープル6290の基部6292は、締結具空洞6254内に位置決めされることができ、ステープル6290の脚部6294a、6294bは、締結具空洞6254から組織厚さコンペンセータ6258の中へ延びることができる。 In various embodiments, there driver 6220 is in a position prior to launch, when the staple 6290 is in the configuration prior to molding, the base portion 6292 of the staple 6290 may be positioned within the fastener cavities 6254, the staple legs 6290 6294a, 6294b can extend from the fastener cavity 6254 into the tissue thickness compensator 6258.

様々な実施形態において、引き続き図119及び120を参照すると、ステープル脚部6294a、6294bは、基部6292と各ステープル脚部6294a、6294bの先端部6299a、6299bとの間に掛部を含むことができる。 In various embodiments, continuing reference to FIGS. 119 and 120, the staple legs 6294a, 6294b may be the base 6292 and the staple legs 6294a, 6294b of the distal end portion 6299A, between the 6299b including hook . 掛部は、例えば、棘のような鋭い突起部、及び/又は、先の尖った突起部とすることができる。 Hook, for example, sharp projections such as barbs, and / or may be a pointed projections. 様々な実施形態において、ステープルの線径は、例えば、およそ0.1753mm(0.0069インチ)、およそ0.2007mm(0.0079インチ)、及び/又はおよそ0.2261mm(0.0089インチ)とすることができる。 In various embodiments, the staple wire diameter is, for example, approximately 0.1753mm (0.0069 inch), approximately 0.2007mm (0.0079 inch), and / or approximately 0.2261mm and (0.0089 inches) can do. 掛部は、例えば、およそ0.0254mm(0.001インチ)であることがある。 Hook, for example, may be approximately 0.0254 mm (0.001 inch). 特定の状況において、掛部は、例えば、およそ0.0127mm(0.0005インチ)からおよそ0.076mm(0.003インチ)とすることができる。 In certain circumstances, hook, for example, may be approximately 0.076mm approximately 0.0127 mm (0.0005 inch) (0.003 inch). 特定の実施形態において、第1の下方掛部6296aは、第1のステープル脚部6294aに位置決めされることがあり、第2の下方掛部6296bは、第2のステープル脚部6294bに位置決めされ得る。 In certain embodiments, the first lower hook 6296a is sometimes positioned in a first staple legs 6294A, the second lower hook 6296b may be positioned on the second staple leg 6294b . 下方掛部6296a、6296bは、基部6292とステープル脚部6294a、6294bの先端部6299a、6299bとの間に位置決めされ得る。 Lower hook 6296a, 6296b includes a base 6292 and the staple legs 6294a, 6294b of the distal end portion 6299A, may be positioned between the 6299B. その上、第1の上方掛部6298aは、第1のステープル脚部6294aに位置決めされることがあり、第2の上方掛部6298bは、第2のステープル脚部6294bに位置決め得る。 Moreover, the first upper hook 6298a is sometimes positioned in a first staple legs 6294A, the second upper hook 6298b obtains positioning the second staple legs 6294B. 上方掛部6298a、6298bは、下方掛部6296a、6296bとそれぞれのステープル脚部6294a、6294bの先端部6299a、6299bとの間に位置決めされ得る。 Upper hook 6298a, 6298b is lower hook 6296a, 6296b and respective staple legs 6294a, 6294b of the distal end portion 6299A, may be positioned between the 6299B. ドライバ6220が発射前位置にあり、ステープル6290が成形前構成にあるとき、ステープル6290の少なくとも1つの掛部6296a、6296b、6298a、6298bは、組織厚さコンペンセータ6258内に位置決めされ得る。 There driver 6220 is in a position prior to launch, when the staple 6290 is in the configuration prior to molding, at least one hook 6296a of staple 6290, 6296b, 6298a, 6298b may be positioned within the tissue thickness compensator 6258. このような実施形態において、掛部6296a、6296b、6298a、6298bは、例えば、カートリッジ本体6250に対して組織厚さコンペンセータ6258を掴む及び/又は保持することができる。 In such embodiments, hook 6296a, 6296b, 6298a, 6298b, for example, the tissue thickness compensator 6258 grip and / or can be held against the cartridge body 6250. 組織厚さコンペンセータ6258内に埋め込まれた掛部6296a、6296b、6298a、6298bは、例えば、カートリッジデッキに対して組織厚さコンペンセータ6258の横方向運動を阻止及び/又は制限することができ、及び/又は、例えば、カートリッジデッキから離れる組織厚さコンペンセータ6258の持ち上げを阻止することができる。 Tissue thickness compensator hook embedded in the 6258 6296a, 6296b, 6298a, 6298b, for example, can be prevented and / or limit the lateral movement of the tissue thickness compensator 6258 relative to the cartridge deck and / or, for example, it is possible to prevent the lifting of the tissue thickness compensator 6258 away from the cartridge deck. 付加的又は代替的に、様々な実施形態において、掛部は、ステープル脚部6294a、6294bの先端部6299a、6299bに位置決めされ得る。 Additionally or alternatively, in various embodiments, hook the staple legs 6294a, 6294b of the distal end portion 6299A, it may be positioned 6299B.

主に図120を参照すると、ドライバ6220が発射位置へ動くとき、ステープル6290は、締結具空洞6254から取り除かれ得る及び/又は放出され得る。 Referring now primarily to FIG. 120, when the driver 6220 moves to the firing position, staple 6290 can be can be removed from the fastener cavity 6254 and / or release. その上、組織厚さコンペンセータ6258及び組織Tは、エンドエフェクタアセンブリ6200のアンビル6210とカートリッジ本体6250との間にクランプ締めされ得る。 Moreover, the tissue thickness compensator 6258 and tissue T can be clamped between the anvil 6210 and the cartridge body 6250 of the end effector assembly 6200. アンビル6210内のステープル成形ポケット6214は、例えば、ステープル6290をB字形に成形することができる。 Staple forming pockets 6214 in the anvil 6210, for example, it is possible to form the staples 6290 to B-shaped. その上、ステープル6290の少なくとも1つの掛部6296a、6296b、6298a、6298bは、例えば、ステープル6290の内部にクランプ締めされた組織を係合することができる。 Moreover, at least one hook 6296a, 6296b, 6298a, 6298b of the staple 6290, for example, can engage the tissue clamped within the staple 6290. 掛部6296a、6296b、6298a、6298bは、ステープル6290の内部に捕捉された組織Tを掴む及び/又は保持することができる。 Hook 6296a, 6296b, 6298a, 6298b may be grasping and / or holding tissue T that has been trapped inside the staple 6290.

次に図121〜124を参照すると、締結具6390は、エンドエフェクタアセンブリと共に用いられる締結具カートリッジ6350(図123及び124)においてロックドライバ6320によって解放可能に保持され得る。 Referring now to FIG. 121 to 124, the fastener 6390 may be releasably held by the lock driver 6320 in the fastener cartridge 6350 (FIGS. 123 and 124) for use with end effector assembly. 様々な実施形態において、締結具6390は、基部6392と、基部6392から延在する脚部6394a、6394bとを含むことができる。 In various embodiments, the fastener 6390 includes a base 6392, legs 6394a extending from the base portion 6392 may include a 6394B. 第1の脚部6394aは、例えば、基部6392の第1の端部から延在することができ、第2の脚部6394bは、例えば、基部6392の第2の端部から延在することができる。 First leg 6394a, for example, may extend from the first end of the base portion 6392, a second leg portion 6394b, for example, may extend from the second end of the base portion 6392 it can. 特定の実施形態において、ロックドライバ6320は、締結具6390の基部6392を解放可能に保持することができる。 In certain embodiments, the lock driver 6320 can be releasably holding the base 6392 of the fastener 6390. 様々な実施形態において、ロックドライバ6320は、基部6392を解放可能にフックで留めること及び/又は保持することができるキャッチ部6340を含むことができる。 In various embodiments, the lock driver 6320 may include a catch portion 6340 which can be and / or holding button closing releasably hook the base 6392. キャッチ部6340は、例えば、可撓性を有することができ、例えば、締結具6390の基部6392を解放するために撓むことができる。 Catch portion 6340, for example, flexibility can have, for example, can flex to release the base portion 6392 of the fastener 6390. 様々な実施形態において、ロックドライバ6320及び/又はキャッチ部6340は、例えば、キャッチ部6340が十分に弾性的及び/又は塑性的に変形するように、ガラス充填材付き又はガラス充填材なしのいずれかのウルテムのようなプラスチックで構成され得る。 In various embodiments, lock driver 6320 and / or the catch portion 6340, for example, as the catch portion 6340 is sufficiently resilient and / or plastically deformed, either without a glass filler or glass filler of it may be a plastic, such as Ultem.

主に図123及び124を参照すると、ロックドライバ6320は、カートリッジ本体6350のカートリッジデッキ6352内に画定された締結具空洞6354において可動的に位置決めされ得る。 Referring now primarily to FIGS. 123 and 124, the lock driver 6320 may be movably positioned in the fastener cavity 6354 defined in the cartridge deck 6352 of the cartridge body 6350. ロックドライバ6320は、締結具空洞内でロック位置(図123)からロック解放位置(図124)まで動くことができる。 Lock driver 6320 can be moved from the locked position by a fastener within the cavity (Fig. 123) until the locking release position (FIG. 124). カートリッジ本体6350内のスレッド及び/又はドライバは、ロック位置からロック解放位置までロックドライバ6320を動かすために発射ストローク中にロックドライバ6320を係合することができる。 Threads and / or driver in the cartridge body 6350 can engage the lock driver 6320 during the firing stroke to move the lock driver 6320 from the locked position to the lock release position. 様々な実施形態において、締結具6390は、ロックドライバ6320がロック位置にあるとき、ロックドライバ6320に締め付けることができ、ロックドライバ6320がロック解放位置まで動かされたとき、ロックドライバ6320から解放され得る。 In various embodiments, the fastener 6390, when the lock driver 6320 is in the locked position, can be fastened to the lock driver 6320, when the lock driver 6320 is moved to the lock release position, it can be released from the lock driver 6320 . ロックドライバ6320がロック位置からロック解放位置まで動くとき、締結具6390は、締結具空洞6354から放出され得る。 When the lock driver 6320 moves from the locking position to the unlocking position, the fastener 6390 may be released from the fastener cavity 6354. 締結具空洞6354に隣接したキー6353は、例えば、ロックドライバ6320から締結具6390を解放することができる。 Key 6353 adjacent to the fastener cavity 6354, for example, it is possible to release the fastener 6390 from the lock driver 6320. キー6353は、例えば、締結具空洞6354の縁の少なくとも一部分から内向きに延在するリップ部とすることができる。 Key 6353 can be, for example, a lip portion extending inwardly from at least a portion of the edges of the fastener cavity 6354. 様々な実施形態において、キー6353は、カム面6355を有することができる。 In various embodiments, the key 6353 may have a cam surface 6355. ロックドライバ6320がロック位置からロック解放位置まで動くとき、キャッチ部6340のレッジ部6344は、キー6353のカム面6355に当接することができる。 When the lock driver 6320 moves from the locking position to the unlocking position, ledge 6344 of the catch portion 6340 can abut against the cam surface 6355 of the key 6353. このような実施形態において、キャッチ部6340がカム面6355に逆らって動くのにつれて、カム面6355は、フック6342が締結具6390の基部6392を解放するように、キャッチ部6340を撓ませることができる。 In such embodiments, as the catch portion 6340 moves against the cam surface 6355, the cam surface 6355, as the hook 6342 releases the base 6392 of the fastener 6390 can deflect the catch portion 6340 . 様々な実施形態において、フック6342は、基部6392を解放するために上向きに回転することができる。 In various embodiments, the hook 6342 can be rotated upwardly to release the base 6392. 例えば、フック6342は、フック6342の開口が組織厚さコンペンセータ6358の方へ向けられるように、及び、基部6392が開口を通って上向きに、かつ、ロックドライバ6320から離れて動くことができるように、上向きに回転することができる。 For example, the hook 6342, as in the opening of the hook 6342 is directed towards the tissue thickness compensator 6358, and upward base 6392 is through the opening, and such that it can move away from the lock driver 6320 it can be rotated upward.

引き続き図123及び124を参照すると、組織厚さコンペンセータ6358は、カートリッジ本体6350のカートリッジデッキ6352に解放可能に締め付けられ得る。 With continued reference to FIGS. 123 and 124, the tissue thickness compensator 6358 may releasably clamped cartridge deck 6352 of the cartridge body 6350. ロックドライバ6320がロック位置(図123)にあるとき、ステープル脚部6394a、6394bは、締結具空洞6354から組織厚さコンペンセータ6358の中へ延びることができる。 When the lock driver 6320 is in the locked position (FIG. 123), the staple legs 6394a, 6394b can extend from the fastener cavity 6354 into the tissue thickness compensator 6358. ステープル脚部6394a、6394bは、例えば、カートリッジデッキ6352に対して組織厚さコンペンセータ6358を保持することができ、例えば、カートリッジデッキ6352に対する組織厚さコンペンセータ6358の横方向運動を阻止及び/又は制限することができる。 Staple legs 6394a, 6394b, for example, it is possible to hold the tissue thickness compensator 6358 relative to the cartridge deck 6352, for example, to prevent and / or limit the lateral movement of