JP6373730B2 - 変流器を含む電源装置及び変流器の補償方法 - Google Patents

変流器を含む電源装置及び変流器の補償方法 Download PDF

Info

Publication number
JP6373730B2
JP6373730B2 JP2014228686A JP2014228686A JP6373730B2 JP 6373730 B2 JP6373730 B2 JP 6373730B2 JP 2014228686 A JP2014228686 A JP 2014228686A JP 2014228686 A JP2014228686 A JP 2014228686A JP 6373730 B2 JP6373730 B2 JP 6373730B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
current
value
current transformer
compensation
transformer
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2014228686A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2015109440A (ja
Inventor
ヨン キル チェ
ヨン キル チェ
ホ ソク チェ
ホ ソク チェ
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
LS Electric Co Ltd
Original Assignee
LSIS Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to KR10-2013-0150706 priority Critical
Priority to KR1020130150706A priority patent/KR101798689B1/ko
Application filed by LSIS Co Ltd filed Critical LSIS Co Ltd
Publication of JP2015109440A publication Critical patent/JP2015109440A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6373730B2 publication Critical patent/JP6373730B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • GPHYSICS
    • G01MEASURING; TESTING
    • G01RMEASURING ELECTRIC VARIABLES; MEASURING MAGNETIC VARIABLES
    • G01R31/00Arrangements for testing electric properties; Arrangements for locating electric faults; Arrangements for electrical testing characterised by what is being tested not provided for elsewhere
    • G01R31/28Testing of electronic circuits, e.g. by signal tracer
    • G01R31/2832Specific tests of electronic circuits not provided for elsewhere
    • G01R31/2836Fault-finding or characterising
    • G01R31/2837Characterising or performance testing, e.g. of frequency response
    • GPHYSICS
    • G01MEASURING; TESTING
    • G01RMEASURING ELECTRIC VARIABLES; MEASURING MAGNETIC VARIABLES
    • G01R21/00Arrangements for measuring electric power or power factor
    • GPHYSICS
    • G01MEASURING; TESTING
    • G01RMEASURING ELECTRIC VARIABLES; MEASURING MAGNETIC VARIABLES
    • G01R31/00Arrangements for testing electric properties; Arrangements for locating electric faults; Arrangements for electrical testing characterised by what is being tested not provided for elsewhere
    • G01R31/28Testing of electronic circuits, e.g. by signal tracer
    • G01R31/2832Specific tests of electronic circuits not provided for elsewhere
    • G01R31/2836Fault-finding or characterising
    • G01R31/2843In-circuit-testing
    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01FMAGNETS; INDUCTANCES; TRANSFORMERS; SELECTION OF MATERIALS FOR THEIR MAGNETIC PROPERTIES
    • H01F27/00Details of transformers or inductances, in general
    • H01F27/42Circuits specially adapted for the purpose of modifying, or compensating for, electric characteristics of transformers, reactors, or choke coils

Description

本発明は変流器に関するものであり、特に計器用変流器(current transformer for metering)の線形特性の差によって発生する電流測定値の誤差を最小化する変流器を含む電源装置及び変流器の補償方法に関するものである。
計器用変流器は電流の値を測定して処理する全ての製品に適用される。このような変流器は電流を測定しようとする位置に装着又は設置される。
前記変流器は実際に電流を測定する部と、ここで測定された実際の電流値を変流器の1次側と称し、前記測定された実際の電流値を処理可能な値に変換する部と、ここで返還された電流値を変流器の2次側と称する。
一般に、変流器の1次側電流は直接処理しにくい大電流であるため、それを処理可能な値に変換するための変換比を設定する。ここで、変換比は前記1次側と2次側との間の電流値の比である。
例えば、1次側の電流値、言い換えると前記実際の電流値が400Aであり、2次側では前記400Aの電流値を5A又は5Vに変換した場合、その変換比は400:5である。
一方、前記のような変換比は1次側の電流測定範囲による線形性を有する。
図1は一般的な変流器の動作原理を説明するための図であり、図2は一般的な変流器が有する線形特性を示すグラフである。
図1及び図2を参照して変流器が有する大電流の測定原理を説明すると、1次側の大電流はアンペア法則によって磁界が発生する。
この磁束Φは鉄心を介して伝達され、2次側の巻線に鎖交(interlinkage)されながら起電力Eが維持される。
そして、前記誘起された起電力の大きさはファラデーの電磁誘導の法則により、その方向はレンツの法則によって決められる。
即ち、磁束の変化を相殺する方向に磁束及び起電力が発生し、それによって2次側の電流が生成される。
即ち、負荷(Load)に伝達される電流は変流器の1次側に伝達され、前記1次側に伝達された電流はその巻線比に応じて変換された値で2次側に伝達される。そして、測定パネル(Measuring Panel)は前記2次側と連結され、それによって前記2次側の電流値を読み込んでからそれを前記巻線比を適用して実際に前記負荷に供給される電流値を測定する。
この際、前記1次側電流と2次側電流は巻線比に反比例し、下記式で表現される。
ここで、Eは起電力、Φは磁束、I1は1次側の電流、I2は2次側の電流、N1は1次側の巻線数、N2は2次側の巻線数である。
そして、図2に示したように前記変流器の線形特性は低電流、中電流及び大電流領域に区分される各領域に対して差が発生する。
ここで、飽和点電圧(Knee pont voltage)で表現された部分以上の範囲の大電流領域は飽和領域であり、変流器の誤差が増大される特性を有する。
即ち、変流器は1次電流が増加すると変圧比に応じて2次電流も増加するようになる。しかし、ある限界に到達すると1次電流は増加し続けても2次電流は飽和して増加しなくなる。前記飽和点は変流器の1次巻線を開放し、2次巻線に定格周波数の交流電圧を増加させながら徐々に励磁電流を測定する際、励磁電圧が10%増加すると励磁電流が50%になる点を意味する。
一般に、飽和特性試験で飽和点の印加電圧を飽和電圧というが、これが十分に高くなければ大電流領域での確実な保護が不可能になる。
一方、前記のような変流器は同じ製造会社で製作された同一製品であっても前記線形特性に差がある。
それによって、変流器はシステムに適用するための試験手順を進行するが、前記試験手順は工程試験と現場試験に分けられる。
前記工程試験は変流器の特性を確認及び検証するためにサンプル製品に対して行うタイプテストと、全ての製品の性能を評価するために全数試験を行うルーティンテストを経る。
そして、それを介して単品に対する性能を検証した後、システムに適用して単品試験及び連携試験などの手順を介して現場試験を行う。
前記のような変流器は高電圧直流送電システム(HVDC)のような大規模の電力システムや電力を変換する製品又はシステムに適用されるが、前記のようなシステムは様々な箇所で電力を測定してシステムを制御するか保護するように設計されて運転される。
前記のように適用される変流器は同一製品である場合でも電流範囲に応じて異なる線形特性を有する。前記変流器の線形特性は製品やシステムに適用される確認試験を一応経るが、変換比が大きいか2つ以上の変流器が適用されるシステムでは線形性の差による問題が発生する可能性がある。
即ち、このような場合には同じ経路の電流を多様な箇所で測定しても各箇所に設置された変流器の個別線形特性の差による電流測定の誤差が発生する恐れがあり、これはシステム故障として認識されるか警報発生又は深刻な場合にはシステムの運転を中断せざるを得ない状況が発生する恐れがある。
一方、前記のような変流器はそれぞれの製品が有する線形特性が異なるため一つの変流器に一つの測定パネルがそれぞれ連結されるべきであり、これは製品単価を引き上げる要因として作用する。
本発明による実施例ではそれぞれの変流器が有する線形特性を補償し、前記線形特性が補償された変流器を適用した変流器を含む電源装置及び変流器の補償方法を提供する。
また、本発明による実施例では各送電電路に設置された変流器の個別線形特性による電流測定の誤差を最小化し、システムの信頼性向上及び安定度増加を図る変流器を含む電源装置及び変流器の補償方法を提供する。
実施例による変流器を含む電源装置は、第1乃至第N変流器と、前記第1乃至第N変流器と連結され、前記第1乃至第N変流器から検出された電流値を利用し、前記第1乃至第N変流器が設置された各位置の実際の電流値を測定する統合測定パネルと、を含み、前記統合測定パネルは、前記第1乃至第N変流器が有するそれぞれの線形特性の誤差を補償するための補償値を記憶し、前記記憶した補償値を適用して前記実際の電流値を測定する。
また、前記補償値は、前記第1乃至第N変流器が有する線形特性の平均値と差が発生する特定変流器の線形特性を補償する。
また、前記補償値は電流区間別に前記平均値との差を補償するための補償条件で形成され、前記補償条件は電流変化割合、オフセット値及びゲイン値のうち少なくとも一つを含む。
一方、実施例による変流器の補償方法は、複数の変流器の線形特性を確認するステップと、前記確認された複数の変流器の線形特性に対する平均値を求めるステップと、前記求められた平均値と差が存在する変流器を確認するステップと、前記確認した変流器の線形特性を前記平均値に補償するための補償値を決定するステップと、を含む。
また、前記決定するステップは、前記平均値と差が存在する電流区間を確認するステップと、前記確認した電流区間で前記平均値と誤差値を確認するステップと、前記誤差値を利用して前記補償値を決定するステップと、を含む。
また、前記補償値を決定するステップは、前記確認した電流区間で前記確認された変流器から測定される電流値を前記平均値として認識するための電流変化割合、オフセット値及びゲイン値のうち少なくともいずれか一つの設定を変更するステップを含む。
また、前記補償値が決定されると前記複数の変流器と共通に連結される統合測定パネルに前記補償値を適用するステップを更に含む。
また、前記線形特性を確認する前に前記複数の変流器のうち一部の変流器に対するタイプテストを行うステップと、前記複数の変流器の全数に対するルーティンテストを行うステップと、を含む。
また、前記補償値が決定されると前記決定された補償値を適用して前記複数の変流器と共通に連結される統合測定パネルとの連携テストを行うステップを更に含む。
本発明による実施例によると、それぞれの変流器が有する線形特性の誤差を補償することで電流測定誤差を最小化し、それを介してシステムに適用する変流器の性能を標準化して確実なシステム保護動作を達成し、システムの信頼性向上及び制御安定度の増加などを達成することができる。
また、本発明による実施例によると、それぞれの変流器の線形性モデリングに対する検討及び分析を行って各変流器の誤差を補償するための補償値を適用することで一つに統合された測定パネルに多数の変流器を連結することによる製造単価を下げることができる。
一般的な変流器の動作原理を説明するための図である。 一般的な変流器が有する線形特性を示すグラフである。 本発明の実施例による変流器を含む電源装置を示す図である。 本発明の実施例による電源装置の変流器の補償方法を段階別に説明するためのフローチャートである。 本発明の実施例による変流器の補償方法を段階別に説明するためのフローチャートである。 図5に示した補償値の決定過程をより詳細に説明するためのフローチャートである。 図6に示した補償値の決定条件を説明するための図である。 図6に示した補償値の決定条件を説明するための図である。 本発明の実施例による変流器の交換方法を段階別に説明するためのフローチャートである。
本発明の実施例を図面と共に説明する。
図3は、本発明の一実施例による変流器を含む電源装置を示す図である。
図3を参照すると、電源装置は複数の変流器110及び前記変流器110と連結された統合測定パネル120を含む。
複数の変流器110は第1変流器111、第2変流器112、第3変流器113及び第N変流器114を含む。
前記第1乃至第N変流器111,112,113,114は互いに異なる位置に設置され、それによって前記設置された位置を通過する電源に対する電流値を検出して統合測定パネル120に伝達する。
前記第1乃至第N変流器111,112,113,114は同じ製造会社で製造された製品であってもよく、それとは異なって互いに異なる製造会社で製造された製品であってもよい。
前記第1乃至第N変流器111,112,113,114はファラデー法則による電磁気誘導現象によって電線路を流れる電流を検出する計測器であり、検出値は前記第1乃至第N変流器111,112,113,114と電気的に連結された計測器、言い換えると前記統合測定パネル120に伝達され、それによって前記統合測定パネル120を介して表示される。
統合測定パネル120は前記第1乃至第N変流器111,112,113,114と電気的に連結され、それによって第1乃至第N変流器111,112,113,114を介して検出された電流値を受信する。
そして、統合測定パネル120は前記受信した電流値を利用して前記第1乃至第N変流器111,112,113,114を介して検出された電流値の誤差を補償し、前記補償した電流値を表示する。
即ち、従来は第1乃至第N変流器111,112,113,114が有するそれぞれの線形特性が全て異なるため、一つの変流器に一つの個別測定パネルをそれぞれ連結せざるを得なかった。この場合、個別測定パネルによって変流器を介して検出された電流値を確認することができた。ここで、前記線形特性はそれぞれの変流器が有する電流検出値の特性を意味する。言い換えると、前記線形特性は入力される電流値と検出される電流値との間の関係を意味する。
本発明は一つの統合測定パネル120を介して多数の変流器を介して検出された電流値を確認し、前記確認された電流値を利用して前記多数の変流器が設置されたそれぞれの位置に対する実際の電流値を獲得する。
この際、前記第1乃至第N変流器111,112,113,114の線形特性は事前作業によって標準化されている。
そして、前記標準化された第1乃至第N変流器111,112,113,114に対する情報は前記統合測定パネル120に記憶されている。
それによって前記統合測定パネル120はメモリ121を含んで構成され、前記メモリ121には前記第1乃至第N変流器111,112,113,114から検出した電流値の誤差を補償するための補償値が記憶されている。
この際、前記補償値は前記第1乃至第N変流器111,112,113,114それぞれに対して前記第1乃至第N変流器111,112,113,114が有する線形特性の平均値で前記第1乃至第N変流器111,112,113,114の線形特性を標準化するための値である。
例えば、10個の変流器に対する線形特性を確認すれば殆どの変流器は正常的な線形特性を示すが、前記線形特性が一般的な変流器とは全く異なる特性を示す変流器も存在する。
この際、前記10個の変流器が有する線形特性の平均値は正常範囲内の線形特性を示すが、それぞれの変流器が有する線形特性は前記正常範囲を逸脱するようになる。
それによって、前記線形特性に問題がある変流器に対しては該当線形特性を前記平均値に補償するための補償値を設定し、前記設定した補償値を前記統合測定パネル120のメモリ121に記憶する。
そして、後に前記統合測定パネル120は前記メモリ121に記憶された補償値を利用して前記変流器から検出された電流値を補償する。そして、前記統合測定パネル120は前記補償された電流値を最終検出値として出力する。
この際、前記補償値はそれぞれの変流器別に前記メモリ121に記憶されており、それぞれの変流器別の補償値は電流区間別にそれに対する検出値を補償するための値で形成される。
前記電流区間は実際に供給される電流の印加範囲を意味する。
例えば、前記電流区間は低電流区間、中電流区間及び大電流区間で区分される。また、低電流区間、中電流区間及び大電流区間は更にそれぞれ多数の区間に区分される。
そして、前記補償値は前記のように区分された区間別に該当検出値を補償するための値で形成される。
例えば、前記第1変流器111の場合には150A〜160Aの電流区間内で誤差が発生するため、その誤差を補償するための補償値が前記メモリ121に記憶される。
この際、前記補償値は多数の変流器野線形特性を標準化した平均値であって、前記第1変流器111の線形特性に合わせるための値である。
前記補償値は前記のように各電流区分別に該当変流器から検出した電流値を補償するための条件で形成される。この際、前記条件には変化割合(「変流比」とも称する)、オフセット(Off−set)及びゲイン値のうちいずれか一つを含む。
即ち、前記メモリ121には各変流器に対する補償値が記憶されている。そして、前記各変流器別の補償値は電流測定範囲(又は電流印加範囲)に応じた電流区間別に該当検出電流値を補償するための変化割合、オフセット及びゲイン値のうちいずれか一つで構成される。
第1電流区間では1次電流値が100Aに、2次電流値が10Aになる場合を例に挙げて説明する。もし、実際に測定された1次電流値は100Aであるが2次電流値が15Aである場合、15Aの2次電流値を10Aに認識するための補償条件が補償値である。即ち、予め設定された第1電流区間では2次電流値が15Aであることが確認されても、補償値に応じて1次電流値を100Aに認識する。なぜならば、前記統合測定パネル120は他の電流区間では100:10を確認するが、第1電流区間では20:3を基準に1次電流値を認識するためである。よって、第1電流区間では2次電流値が15Aであっても1次電流値を100Aに認識することができる。
前記のように統合測定パネル120は第1変流器111を介して検出された電流値が伝達されると前記電流値が検出された電流区間を確認し、それについて前記第1変流器111に対して前記確認された電流区間での誤差補償が必要であるのかを確認する。
即ち、統合測定パネル120は前記確認した電流区間で前記第1変流器111に対して予め記憶された補償値が存在するのか否かを確認する。
そして、統合測定パネル120は前記補償値が存在すれば前記補償値を利用して前記検出された電流値を補償し、前記補償された電流値を利用して第1変流器111が設置された位置の1次電流値を確認する。
また、統合測定パネル120は前記補償値が存在しなければ前記検出された電流値を利用して第1変流器111が設置された位置の1次電流値を確認する。
本発明による実施例によると、それぞれの変流器が有する線形特性の誤差を補償することで電流測定誤差を最小化し、それを介してシステムに適用する変流器の性能を標準化して確実なシステム保護動作を達成し、システムの信頼性向上及び制御安定度の増加などを達成することができる。
また、本発明による実施例によると、それぞれの変流器の線形性モデリングに対する検討及び分析を行って各変流器の誤差を補償するための補償値を適用することで一つに統合された測定パネルに多数の変流器を連結することによる製造単価を下げることができる。
図4は、本発明の実施例による電源装置の変流器補償方法を段階別に説明するためのフローチャートである。
図4を参照すると、まず第1乃至第N変流器111,112,113,114は伝送路に設置され、前記伝路を介して流れる電流を検出する。この際、前記電流検出は1次電流検出及び前記1次に検出された電流を予め設定された変化割合に応じて変換した2次電流検出で行われる。
前記のように、第1乃至第N変流器111,112,113,114を介して電流検出が行われると統合測定パネル120は先に第1変流器111に対する電流値確認動作を行う。
そして、前記統合測定パネル120は前記第1変流器111を介して検出された検出値を確認し、前記確認された検出値に対する電流区間を確認するS110。
前記電流区間が確認されれば、統合測定パネル120は前記第1変流器111に対して前記確認された電流区間での誤差補償が必要であるのか否かを判断するS120。
前記判断結果S120、前記電流区間での誤差補償が必要であれば前記統合測定パネル120は予め記憶された該当電流区間での補償値を確認するS130。
そして、前記補償値が確認されれば統合測定パネル120は前記確認された補償値を適用して前記第1変流器111を介して検出された2次側電流値を補償するS140。この際、前記補償値は上述したように電流変化割合設定変更、オフセット値設定変更及びゲイン値設定変更のうちいずれか一つを含む。
そして、統合測定パネル120は前記補償された電流値を利用して前記第1変流器111が設置された位置での実際の電流値を検出するS150。即ち、変流器に応じて誤差が発生しても計算された補償値に応じて1次電流値を正確に認識することができる。
一方、前記判断結果、前記電流区間での誤差保証が必要でなければ前記統合測定パネル120は前記検出された2次側電流値を利用して前記第1変流器111が設置された位置での実際の電流値を検出するS160。
次に、統合測定パネル120は全ての変流器に対する実際の電流値検出過程が行われたのか否かを判断しS170、前記全ての変流器に対する実際の電流値の検出過程が完了されていれば終了し、そうでなければ以前のステップ(S110)に戻って次の変流器に対する実際の電流値検出動作を行う。
以下、前記のような変流器の線形特性誤差を補償するための補償値の決定過程を説明する。
図5は、本発明の実施例による変流器の補償方法を段階別に説明するためのフローチャートである。
図5を参照すると、変流器製造が完了されると製造された多数の変流器のうち特定サンプル製品に対する線形特性を確認及び検証するためのタイプテスト過程を行いS200、前記タイプテスト過程が終了されると前記製造された全ての変流器に対する性能を評価するためのルーティンテスト過程を行うS210。
次に、前記製造された変流器に対するルーティンテストが完了されると前記変流器に対する線形特性を検証し、それに応じて前記線形特性を全ての変流器の平均値として標準化するための補償値を決定するS220。
即ち、全ての変流器は互いに同じ線形特性を示さなければ、同じ伝送路に複数の変流器が設置された場合にそれを介して検出された電流値の相異から発生する問題を解決することができない。
それによって、本発明では製造された変流器の線形特性を確認し、前記確認した線形特性の平均値を求め、それに応じてそれぞれの電流区間で誤差が激しい変流器に対して前記電流区間で前記誤差を補償して前記平均値と同じ線形特性を有するようにする補償値を決定する。
次に、前記補償値が決定されると前記決定された補償値を適用して前記製造された全ての変流器に対する事前試運転テストを行うS230。
前記事前試運転テストが正常的に行われたのであれば、他の連携機器と前記変流器を連携させて前記変流器の動作状態を確認する連携テストを行うS240。
前記連携テストが正常的に行われたのであれば、次は実際のシステムに前記変流器を設置し、それに応じて前記システム上での変流器の動作状態を確認するシステムテストを行うS250。
図6は図5に示した補償値の決定過程をより詳細に説明するためのフローチャートであり、図7及び図8は図6に示した補償値の決定条件を説明するための図である。
まず、変流器が製造されて前記製造された変流器に対するタイプテスト及びルーティンテストが正常的に行われたのであれば、前記製造された全ての変流器の線形特性を確認するS221。ここで、前記線形特性を確認する過程は、前記変流器別に電流区間に応じた実際の測定値を確認し、前記電流区間及び実際の測定値に基づいて線形特性を確認するステップで行われる。
次に、前記線形特性が確認されると前記確認された線形特性をモデリングするS222。
図7は、前記変流器の線形特性をモデリングしたグラフである。
図7は多数の変流器の線形特性を確認し、それに応じて前記確認した線形特性を示したグラフである。
図7を参照すると、第1ライン710は前記線形特性を確認した多数の変流器のうちいずれか一つの変流器が有する線形特性を示すものであり、第2ライン720は前記第1ライン710に示した変流器を除く残りの他の変流器の線形特性を示している。
即ち、第2ライン720は前記第1ライン710に示した変流器を除く残りの他の変流器が有する線形特性が全て類似しているため一つのラインで示されたように見えるが、実際に前記第2ライン720は前記モデリングされた変流器の数に対応するラインで構成される。それによって前記第2ライン720が第1ライン710より太く示されていることが分かる。
前記モデリングが完了されると、前記モデリング結果に応じて補償区間を定義するS223。
即ち、前記モデリング結果に応じて一般的な変流器が有する線形特性と比べて誤差が激しい電流区間を確認する。
前記電流区間が確認されると、前記電流区間での誤差を確認するS224。
図8を参照すると、図8の第1ライン810は前記モデリングした線形特性に対する電流値のうち最大値を示したものであり、第2ライン820最小値、そして第3ライン830は最大値と最小値の差の値を示すものである。
前記差の値を見ると、変流器別に大きな差があることが分かる。
それによって、前記モデリングした変流器が有する線形特性の電流区間別の平均値を求め、前記平均値と誤差が激しい電流値を測定する変流器が存在すれば前記平均値と前記電流値の差を確認する。
そして、前記差が確認されれば、前記確認された差が実際の電流値の測定においていかなる影響を与えるのかを評価するS225。例えば、前記確認された差が小さくて実際の電流値を測定するのに大きい影響を及ぼさないのか、或いは前記差が大きくて電流値の測定において激しい誤差が発生する可能性があるのかを評価する。
次に、前記評価に応じて前記誤差を補償すべきであるのか否かを判断するS226。
そして、前記誤差を補償すべきであれば前記誤差を基準に補償値を決定し、前記決定された補償値を統合測定パネル120に適用するS227。
次に、前記決定された補償値を適用して再度前記変流器の線形特性を検証し、前記補償値が適用されることで前記線形特性が平均値と同じであるのか否かをテストするS228。
一方、図7及び図8のグラフにおいて横軸は電流範囲、言い換えると電流区間を意味し、縦軸は実際に該当を介して測定された測定値を意味する。
図9は、本発明の実施例による変流器の交換方法を段階別に説明するためのフローチャートである。
前記のようにそれぞれの変流器に補償値を決定し、前記決定した変流器を利用してシステムに適用した後、多様な条件によって前記システムに適用された変流器のうちいずれか一つの特定変流器で故障が発生する可能性がある。この際、本発明では前記故障が発生した変流器を新しい変流器に容易に交換する方法を提供する。
図9を参照すると、システムに適用された多数の変流器のうち故障が発生した変流器が存在するのかを判断し、前記故障が発生した変流器が存在すれば前記故障が発生した変流器がどの変流器であるのかを確認するS330。
前記故障が発生した変流器が確認されると、前記故障が発生した変流器をシステムから分離するS310。
そして、前記故障が発生した変流器を新しい変流器に交換するために以前求めた前記平均値を確認するS320。
前記平均値は前記故障が発生した変流器の補償値を決定するために使用した平均値である。
即ち、前記新しい変流器が適用される位置は前記故障が発生した変流器が適用された位置と同じである。それによって、前記新しい変流器にも前記故障が発生した変流器の補償値決定に使用した平均値をそのまま適用して補償値を決定するようにする。
言い換えると、前記以前使用した平均値を適用して前記新しい変流器の補償値を決定するS330。前記補償値の決定方法は既に説明したためそれに対する詳細な説明は省略する。
次に、前記補償値が決定されると前記故障が発生した変流器を前記新しい変流器に交換するS340。
そして、統合測定パネルに前記交換された新しい変流器の補償値を記憶するS350。
前記のように、本発明では変流器が有する線形特性の平均値を求め、それに応じて前記変流器が有する線形特性を前記平均値にあわせるための補償値を決定し、前記決定した補償値を適用して変流器が有する線形特性の差を解決する。
本発明による実施例によると、それぞれの変流器が有する線形特性の誤差を補償することで電流測定誤差を最小化し、それを介してシステムに適用する変流器の性能を標準化して確実なシステム保護動作を達成し、システムの信頼性向上及び制御安定度の増加などを達成することができる。
また、本発明による実施例によると、それぞれの変流器の線形性モデリングに対する検討及び分析を行って各変流器の誤差を補償するための補償値を適用することで一つに統合された測定パネルに多数の変流器を連結することによる製造単価を下げることができる。
110 変流器
111 第1変流器
112 第2変流器
113 第3変流器
114 第N変流器
120 統合測定パネル
121 メモリ

Claims (9)

  1. 第1乃至第N2次側電流値を検出する第1乃至第N変流器と、
    前記第1乃至第N変流器と連結され、前記検出された第1乃至第N2次側電流値を表示する統合測定パネルと、を含み、
    前記統合測定パネルは、
    前記第1乃至第N変流器が有するそれぞれの線形特性の誤差を補償するための補償値を電流区間別に記憶し、
    前記第1乃至第N変流器から検出された前記第1乃至第N2次側電流値のうち少なくとも一つの2次側電流値に線形特性の平均値と差が発生した場合、前記差が発生した少なくとも一つの2次側電流値を前記電流区間別に記憶された前記補償値で補償し、
    前記補償値で補償された2次側電流値を利用して、前記差が発生した変流器に流れる1次側電流値出する、変流器を含む電源装置。
  2. 前記補償値は、前記第1乃至第N変流器が有する線形特性の平均値と差が発生する特定変流器の線形特性を補償する、請求項1に記載の変流器を含む電源装置。
  3. 前記補償値は、前記第1乃至第N変流器によって測定される2次側電流値が属する電流区間別に異なるように決定される、請求項2に記載の変流器を含む電源装置。
  4. 前記補償値は前記電流区間別に前記平均値に一致するようにするための補償条件に当たる、請求項3に記載の変流器を含む電源装置。
  5. 前記補償条件は、電流変化割合、オフセット値及びゲイン値のうちいずれか一つを含む、請求項4に記載の変流器を含む電源装置。
  6. 複数の変流器がそれぞれ有する2次側測定電流の線形特性を確認するステップと、
    前記確認された複数の変流器の線形特性に対する平均値を求めるステップと、
    前記求められた平均値と差が存在する変流器を確認するステップと、
    前記確認した変流器の線形特性を前記平均値に補償するための補償値を決定するステップと、
    前記補償値が決定された前記複数の変流器から検出された複数の2次側電流値のうち少なくとも一つの2次側電流値に線形特性の平均値と差が発生した場合、前記差が発生した少なくとも一つの2次側電流値を前記補償値で補償し、前記補償値で補償された2次側電流値を利用して、前記差が発生した変流器に流れる1次側電流値を検出するステップと、を含
    前記決定するステップは、
    前記平均値と差が存在する電流区間を確認するステップと、
    前記確認した電流区間で前記平均値との誤差値を確認するステップと
    前記誤差値を利用して前記補償値を決定するステップを含む、変流器の補償方法。
  7. 前記補償値を決定するステップは、
    前記確認した電流区間で前記確認された変流器から測定される2次側電流値を前記平均値として認識するための電流変化割合、オフセット値及びゲイン値のうち少なくともいずれか一つの設定を変更するステップを含む、請求項に記載の変流器の補償方法。
  8. 前記線形特性を確認する前に前記複数の変流器のうち一部の変流器に対するタイプテストを行うステップと、
    前記複数の変流器の全数に対するルーティンテストを行うステップと、を含む、請求項6に記載の変流器の補償方法。
  9. 前記補償値が決定されると前記決定された補償値を適用して前記複数の変流器と共通に連結される統合測定パネルとの連携テストを行うステップを更に含む、請求項に記載の変流器の補償方法。
JP2014228686A 2013-12-05 2014-11-11 変流器を含む電源装置及び変流器の補償方法 Expired - Fee Related JP6373730B2 (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
KR10-2013-0150706 2013-12-05
KR1020130150706A KR101798689B1 (ko) 2013-12-05 2013-12-05 계기용 변류기를 포함하는 전원 장치 및 계기용 변류기의 보상 방법

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2015109440A JP2015109440A (ja) 2015-06-11
JP6373730B2 true JP6373730B2 (ja) 2018-08-15

Family

ID=51830244

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2014228686A Expired - Fee Related JP6373730B2 (ja) 2013-12-05 2014-11-11 変流器を含む電源装置及び変流器の補償方法

Country Status (6)

Country Link
US (1) US9612275B2 (ja)
EP (1) EP2881955B1 (ja)
JP (1) JP6373730B2 (ja)
KR (1) KR101798689B1 (ja)
CN (1) CN104698251B (ja)
ES (1) ES2641167T3 (ja)

Families Citing this family (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
GB2531697B (en) * 2014-10-01 2018-01-03 Northern Design (Electronics) Ltd Electrical measurement apparatus and method of measurement
KR101736585B1 (ko) 2015-07-30 2017-05-16 엘에스산전 주식회사 고압직류송전 시스템의 복동조 필터 설계 방법
KR102011330B1 (ko) 2015-08-27 2019-08-16 엘에스산전 주식회사 Hvdc 시스템에서의 데이터측정장치 및 데이터측정방법
CN110441589B (zh) * 2019-07-26 2022-06-07 康力电梯股份有限公司 一种变频器电流采样的在线确认及校正方法
CN110993273B (zh) * 2019-11-05 2022-04-15 中国电力科学研究院有限公司 一种双级励磁高电压比例标准装置及误差补偿方法
CN113300323A (zh) * 2021-06-28 2021-08-24 贵州长通电气有限公司 一种负荷开关电动控制系统

Family Cites Families (19)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4217546A (en) * 1978-12-11 1980-08-12 General Electric Company Electronic energy consumption meter and system with automatic error correction
US4887028A (en) * 1987-09-21 1989-12-12 Landis & Gyr Metering, Inc. Watthour meter with isolation transformers having a feedback loop
US5058031A (en) * 1990-03-30 1991-10-15 American Standard Inc. Multilevel phase unbalance compressor motor protection system
BR9400084C1 (pt) * 1994-01-12 1999-12-28 Pesquisas De En Eletrica Cepel Medidor elétrico para faturamento de consumo elétrico a partir de uma rede elétrica.
JPH0989939A (ja) 1995-09-20 1997-04-04 Kubota Corp 電流スキャニング装置
JP3487403B2 (ja) 1997-10-31 2004-01-19 三菱電機株式会社 過電流検出装置
US6988043B1 (en) 1999-10-21 2006-01-17 Landis+Gyr Inc. External transformer correction in an electricity meter
DE10001340B4 (de) * 2000-01-14 2008-11-27 Robert Bosch Gmbh Verfahren zur Meßfehlerkompensation bei der Stromerfassung in einem Energiespeicher
US6429637B1 (en) 2000-08-04 2002-08-06 Analog Devices, Inc. Electronic power meter with phase and non-linearity compensation
JP2002107387A (ja) * 2000-09-28 2002-04-10 Tempearl Ind Co Ltd 電流値検出方法及び電流値検出装置
US7305310B2 (en) * 2004-10-18 2007-12-04 Electro Industries/Gauge Tech. System and method for compensating for potential and current transformers in energy meters
JP2007205971A (ja) 2006-02-03 2007-08-16 Tohoku Electric Power Co Inc 変流器および交流電力量測定器
US7327134B1 (en) 2006-07-26 2008-02-05 General Electric Company Method and system for transformer control
US8560255B2 (en) * 2008-12-12 2013-10-15 Schneider Electric USA, Inc. Power metering and merging unit capabilities in a single IED
US8203814B2 (en) * 2009-08-31 2012-06-19 Eaton Corporation Electrical switching apparatus including a plurality of Rogowski coils and method of calibrating the same
JP5255554B2 (ja) * 2009-12-18 2013-08-07 株式会社日立産機システム 変流器あるいは変圧器のための特性監視装置
US20120101760A1 (en) * 2010-10-26 2012-04-26 Praveen Sutrave Method of Enabling Calibration of a Current Transformer, and Associated Apparatus
US20120101765A1 (en) * 2010-10-26 2012-04-26 Mccomas Donald Thompson Method of Identifying a Current Transformer Situated About a Conductor, and Associated Metering Device
CN102841233B (zh) * 2012-09-12 2015-04-29 同济大学 一种电流互感器二次电流补偿方法

Also Published As

Publication number Publication date
CN104698251B (zh) 2017-10-27
CN104698251A (zh) 2015-06-10
EP2881955A1 (en) 2015-06-10
US9612275B2 (en) 2017-04-04
JP2015109440A (ja) 2015-06-11
EP2881955B1 (en) 2017-06-28
KR20150065416A (ko) 2015-06-15
ES2641167T3 (es) 2017-11-08
KR101798689B1 (ko) 2017-11-16
US20150160288A1 (en) 2015-06-11

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6373730B2 (ja) 変流器を含む電源装置及び変流器の補償方法
US9322866B2 (en) Method and apparatus for transformer diagnosis
CA2908579C (en) Method and device for testing a transformer
JP5973716B2 (ja) 変圧器健全性を監視する方法およびシステム
US10401395B2 (en) Monitoring a linear variable differential transformer sensor
KR101904875B1 (ko) 내장 래치 릴레이 접점 상태 감시가 가능한 전력량계
US10996247B2 (en) Volt-VAR device monitor
JP6373019B2 (ja) 模擬電力供給装置及び正常計量確認装置
CN101806823B (zh) 用于生成并且同时监控测量电流的电流生成设备
CN102590783A (zh) 一种检验高压电能表电能量示值误差及合格评定方法
CN110456299B (zh) 一种电流互感器二次绕组匝间短路故障在线检测方法
KR101346159B1 (ko) 계기용 변성기의 오결선 판단 방법 및 장치
JP2010060313A (ja) 変流器の異常検査試験装置
US10845424B2 (en) Apparatus and method for diagnosing failure of electromagnetic-inductive power supply apparatus
CN110398649B (zh) 基于电压差/电流轨迹图在线检测变压器绕组变形的方法
KR101908369B1 (ko) 계기용 변압 변류기의 비오차 판별 장치 및 컴퓨터 판독가능 기록 매체
KR20200002226A (ko) 전력량계의 상 오차 검출장치 및 그 방법
KR102344194B1 (ko) 3상 4선식의 전력량계의 오차를 추정하는 진단 시스템
KR102357052B1 (ko) 활선 상태에서의 전류 비오차 측정장치와 모니터링 시스템
WO2017140616A1 (en) A method and a system for measuring power loss in a power transformer
JP6262974B2 (ja) 電子式電力量計
KR102389897B1 (ko) 휴대용 변류기 시험기
KR20040025002A (ko) 운전중인 변압기 중성점 리액터의 열화진단장치
KR20200056524A (ko) 계기용 변성기 상태 점검 시스템 및 방법
US20210310837A1 (en) Method for testing a sensor

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20160301

A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20160530

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20161108

A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20170307

A911 Transfer to examiner for re-examination before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20170315

A912 Re-examination (zenchi) completed and case transferred to appeal board

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A912

Effective date: 20170707

A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20180509

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20180718

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6373730

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees