JP6364142B1 - Solid soap composition containing the microemulsion - Google Patents

Solid soap composition containing the microemulsion Download PDF

Info

Publication number
JP6364142B1
JP6364142B1 JP2018509633A JP2018509633A JP6364142B1 JP 6364142 B1 JP6364142 B1 JP 6364142B1 JP 2018509633 A JP2018509633 A JP 2018509633A JP 2018509633 A JP2018509633 A JP 2018509633A JP 6364142 B1 JP6364142 B1 JP 6364142B1
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
microemulsion
preferably
solid soap
soap composition
composition
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2018509633A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPWO2018087940A1 (en
Inventor
勇生 ▲高▼▲柳▼
勇生 ▲高▼▲柳▼
佐藤 大介
大介 佐藤
亜砂子 岡田
亜砂子 岡田
龍雄 松岡
龍雄 松岡
Original Assignee
サントリーホールディングス株式会社
株式会社ペリカン石鹸
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2016219997 priority Critical
Priority to JP2016219997 priority
Application filed by サントリーホールディングス株式会社, 株式会社ペリカン石鹸 filed Critical サントリーホールディングス株式会社
Priority to PCT/JP2017/007146 priority patent/WO2018087940A1/en
Application granted granted Critical
Publication of JP6364142B1 publication Critical patent/JP6364142B1/en
Publication of JPWO2018087940A1 publication Critical patent/JPWO2018087940A1/en
Application status is Active legal-status Critical

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toilet preparations
    • A61K8/02Cosmetics or similar toilet preparations characterised by special physical form
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toilet preparations
    • A61K8/18Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition
    • A61K8/30Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition containing organic compounds
    • A61K8/33Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition containing organic compounds containing oxygen
    • A61K8/36Carboxylic acids; Salts or anhydrides thereof
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toilet preparations
    • A61K8/18Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition
    • A61K8/30Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition containing organic compounds
    • A61K8/40Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition containing organic compounds containing nitrogen
    • A61K8/44Aminocarboxylic acids or derivatives thereof, e.g. aminocarboxylic acids containing sulfur; Salts; Esters or N-acylated derivatives thereof
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toilet preparations
    • A61K8/18Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition
    • A61K8/30Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition containing organic compounds
    • A61K8/55Phosphorus compounds
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toilet preparations
    • A61K8/18Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition
    • A61K8/72Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition containing organic macromolecular compounds
    • A61K8/84Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition containing organic macromolecular compounds obtained by reactions otherwise than those involving only carbon-carbon unsaturated bonds
    • A61K8/86Polyethers
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toilet preparations
    • A61K8/18Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition
    • A61K8/72Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition containing organic macromolecular compounds
    • A61K8/84Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition containing organic macromolecular compounds obtained by reactions otherwise than those involving only carbon-carbon unsaturated bonds
    • A61K8/89Polysiloxanes
    • A61K8/891Polysiloxanes saturated, e.g. dimethicone, phenyl trimethicone, C24-C28 methicone or stearyl dimethicone
    • A61K8/894Polysiloxanes saturated, e.g. dimethicone, phenyl trimethicone, C24-C28 methicone or stearyl dimethicone modified by a polyoxyalkylene group, e.g. cetyl dimethicone copolyol
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toilet preparations
    • A61K8/18Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition
    • A61K8/92Oils, fats or waxes; Derivatives thereof, e.g. hydrogenation products thereof
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61QSPECIFIC USE OF COSMETICS OR SIMILAR TOILET PREPARATIONS
    • A61Q1/00Make-up preparations; Body powders; Preparations for removing make-up
    • A61Q1/14Preparations for removing make-up
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61QSPECIFIC USE OF COSMETICS OR SIMILAR TOILET PREPARATIONS
    • A61Q19/00Preparations for care of the skin
    • A61Q19/10Washing or bathing preparations
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61QSPECIFIC USE OF COSMETICS OR SIMILAR TOILET PREPARATIONS
    • A61Q5/00Preparations for care of the hair
    • A61Q5/02Preparations for cleaning the hair

Abstract

本発明の固体石けん組成物は、(A)石けん素地、及び、(B)以下の成分(b1)〜(b3)を含有するマイクロエマルションを含有する:(b1)ノニオン界面活性剤及びアニオン界面活性剤からなる群より選択される少なくとも1種の界面活性剤、(b2)少なくとも1種の油性成分及び(b3)水。 Solid soap composition of the present invention, (A) soap base, and contains a micro-emulsion containing (B) the following components (b1) ~ (b3): ​​(b1) a nonionic surfactant and anionic surfactant at least one surfactant selected from the group consisting of agents, (b2) at least one oil component and (b3) water.

Description

本発明は、固体石けん組成物、その製造方法及び固体石けん組成物の泡質改良剤に関する。 The present invention relates to a solid-state soap composition, a foam quality improving agent of their preparation and solid soap composition.

顔や身体等の皮膚用洗浄剤組成物等として、脂肪酸塩を主成分とする固体石けん組成物が広く使用されている。 As the face or body skin cleansing composition such as such as a solid soap composition based on fatty acid salts have been used widely. 皮膚用洗浄剤組成物は、洗浄力に加えて、その使用感が優れることも重要であり、泡質及び泡の持続性(泡持ち)がよいことが求められる。 Skin cleansing composition, in addition to detergency, it is also important that the feeling is excellent, foam quality and persistence of the foam (retention foam) that is required good. 例えば泡の持続性が悪く、泡がすぐに消えてしまう場合には、洗浄中に泡の弾力性が維持できないため使用感が悪く、また、充分な洗浄感が得られない。 For example poor persistence of foam, if the bubbles disappear immediately, poor use feeling for resilient foam can not be maintained during the cleaning, also, sufficient cleaning feeling can not be obtained. また、泡がすぐに消滅すると皮膚同士(手と顔等)の摩擦により肌に負担がかかるため泡持ちが良い方が好ましい。 In addition, foam is immediately friction better head retention because it takes the burden to the skin by the skin between (hands and face, etc.) is preferable to disappear. 泡質については、弾力性及び曳糸性がある泡が良質の泡とされており、固体石けん組成物についても、泡質の改善に関して検討が行われている。 The foam quality, foam is resilient and spinnability have been a good quality foam, for the solid soap composition, studies have been made with respect to improvement of foam quality. 例えば特許文献1には、脂肪酸石鹸部と、泡質改善効果を有する水溶性高分子を含む造粒物とを含む洗浄剤組成物が記載されている。 For example, Patent Document 1, a fatty acid soap part, detergent composition comprising a granulated product comprising a water-soluble polymer having a foam quality improvement effect is described.

マイクロエマルションは、透明又は半透明な外観を呈し、分離することがなく安定であり、水溶性成分と油分とを同時に配合することができるという性質を有する。 Microemulsion, exhibit transparent or translucent appearance, it is stable without separating, has the property of being able to formulate the water-soluble components and oil simultaneously. このような性質から、化粧品、液状又はゲル状の洗浄剤組成物の調製において、マイクロエマルションが使用されている。 From such nature, cosmetics, in the preparation of liquid or gel detergent compositions, microemulsions are used. 特許文献2には、アルキル(オリゴ)グリコシド等を含むマイクロエマルション、アニオン性界面活性剤及びカチオン性ポリマー等を含有する化粧洗浄剤組成物が記載されている。 Patent Document 2, alkyl (oligo) Cosmetic detergent compositions containing microemulsion, anionic surfactants and cationic polymers containing glycoside or the like is described.

特開2013−1860号公報 JP 2013-1860 JP 特表2014−520770号公報 JP-T 2014-520770 JP

特許文献1の洗浄剤組成物では、泡質を改善するために水溶性高分子を配合している。 The detergent composition of Patent Document 1, are blended with water-soluble polymer to improve the foam quality. しかしながら、特許文献1にはマイクロエマルションについては記載されていない。 However, there is no description of microemulsions in Patent Document 1. 特許文献2では、固体せっけん組成物の泡質や泡の持続性を改善することについて検討されていない。 Patent Document 2 does not consider improving the persistence of foam quality and foam solid soap composition. マイクロエマルションを配合した固体石けん組成物は知られていない。 Solid soap composition containing a microemulsion is not known.

本発明は、泡質及び泡の持続性が良好な固体石けん組成物及びその製造方法を提供することを目的とする。 The present invention aims to persistence of foam quality and foam provide a good solid soap composition and a manufacturing method thereof.

本発明者らは、上記課題を解決するために鋭意研究を行った結果、石けん素地を含む固体石けん組成物にマイクロエマルションを配合することにより、泡質及び泡の持続性が向上(改善)することを見出した。 The present inventors have made intensive studies in order to solve the above problems, by incorporating a microemulsion to the solid soap composition comprising soap base, persistent foam quality and foam are improved (improvement) it was found that. マイクロエマルションが、固体石けん組成物の泡質及び泡の持続性を向上することは、驚くべき知見である。 Microemulsion, to improve the foam quality and persistence of the foam solid soap compositions are surprising finding.

本発明は、以下の固体石けん組成物等に関する。 The present invention relates to the following solid soap composition, and the like.
本発明の固体石けん組成物は、(A)石けん素地、及び、(B)以下の成分(b1)〜(b3)を含有するマイクロエマルションを含有する。 Solid soap composition of the present invention, (A) soap base, and contains a micro-emulsion containing (B) the following components (b1) ~ (b3).
(b1)ノニオン界面活性剤及びアニオン界面活性剤からなる群より選択される少なくとも1種の界面活性剤(b2)少なくとも1種の油性成分(b3)水本発明の固体石けん組成物は、石けん素地と共にマイクロエマルションを含有することにより、洗浄時には弾力性及び曳糸性があり、きめが細かい優れた泡質の泡を形成することができる。 (B1) at least one surfactant selected from the group consisting of nonionic surfactant and anionic surfactant (b2) at least one solid soap composition oil component (b3) Mizumoto invention, soap base together by containing microemulsion, when washing is resilient and spinnability, it is possible to form a foam texture fine excellent foam quality. また、泡の持続性が良いため、洗浄中も泡の弾力性を維持することができ、使用感に優れる。 Further, since a good persistence of foam, also it can maintain the elasticity of foam during washing, excellent feeling. さらに、良好な洗浄感を得ることができる。 Furthermore, it is possible to obtain a good cleaning effect. 本明細書中、上記成分(b1)〜(b3)を含有するマイクロエマルションを、単にマイクロエマルションともいう。 Herein, the microemulsions containing the above components (b1) ~ (b3), simply referred to as microemulsions.

上記(B)マイクロエマルションの配合量は、上記固体石けん組成物中に0.15〜5質量%であることが好ましい。 The (B) The amount of the microemulsion is preferably 0.15 to 5 mass% in the solid soap composition.
マイクロエマルションを上記量配合することにより、固体石けん組成物の泡質がより良好となり、弾力性及び曳糸性により優れる泡となる。 By the amount of microemulsion, foam quality solid soap composition becomes better, the foam excellent in elasticity and spinnability. また、泡の持続性がより向上する。 In addition, the persistence of the foam can be further improved.
本明細書中、固体石けん組成物の各成分((A)石けん素地、(B)マイクロエマルション及び所望により配合されるその他の成分)の配合量(質量%)は、特に断らない場合は、固体石けん組成物100質量%中の配合量である。 Herein, the components of the solid soap composition amount of ((A) soap base, (B) microemulsions and other components to be blended as desired) (% by mass), unless otherwise specified, solid is the amount of soap composition 100 wt%.

本発明の固体石けん組成物においては、上記(B)マイクロエマルションが、さらに(b4)炭素数1〜4の1価のアルコール及び/又は(b5)多価アルコールを含むことが好ましい。 In the solid soap composition of the present invention, the (B) microemulsion further (b4) preferably contains a monovalent alcohol and / or (b5) a polyhydric alcohol having 1 to 4 carbon atoms.
本発明の固体石けん組成物の形態は、固形状、シート状、粉末状又は顆粒状であることが好ましい。 Form of a solid soap composition of the present invention, solid, sheet, is preferably powdered or granular.

本発明の一態様においては、上記マイクロエマルションが水中油型(O/W型)マイクロエマルションであり、上記ノニオン界面活性剤が、HLBが10〜20である、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンアルキルエーテル、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル、ポリオキシエチレングリセリン脂肪酸エステル、ポリオキシエチレン水添ヒマシ油、ポリグリセリン脂肪酸エステル及びポリエーテル変性シリコーンからなる群より選択される少なくとも1種である、ことが好ましい。 In one aspect of the present invention, the microemulsion is oil-in-water (O / W type) and microemulsion, the nonionic surfactant is, HLB is 10 to 20, polyoxyethylene alkyl ethers, polyoxyethylene polyoxypropylene alkyl ether is at least one polyoxyethylene sorbitan fatty acid esters, polyoxyethylene glycerin fatty acid esters, polyoxyethylene hydrogenated castor oil is selected from the group consisting of polyglycerol fatty acid ester and polyether-modified silicone, it is preferable.
一態様においては、上記マイクロエマルションが水中油型(O/W型)マイクロエマルションであり、上記アニオン界面活性剤が、ポリオキシエチレンアルキルエーテルリン酸エステル塩、N―アシルグルタミン酸塩、及び、ポリオキシエチレンアルキルエーテルリン酸又はその塩からなる群より選択される少なくとも1種である、ことが好ましい。 In one embodiment, the microemulsion is oil-in-water (O / W type) and microemulsion, the anionic surfactant, polyoxyethylene alkyl ether phosphate salts, N- acyl glutamic acid salts and polyoxy is at least one selected from polyoxyethylene alkyl ether phosphate or the group consisting of a salt, it is preferable.
また、一態様においては、上記マイクロエマルションが油中水型(W/O型)マイクロエマルションであり、 Further, in one aspect, the microemulsion water-in-oil (W / O type) and microemulsions,
また、一態様においては、上記ノニオン界面活性剤が、HLBが1〜7である、ポリオキシエチレンジ脂肪酸エステル、モノグリセリンモノ脂肪酸エステル、モノグリセリンジ脂肪酸エステル、ジグリセリンモノ脂肪酸エステル及びポリエーテル変性シリコーンからなる群より選択される少なくとも1種であることが好ましい。 Further, in one aspect, the nonionic surfactant, HLB is 1-7, polyoxyethylene di-fatty acid esters, monoglycerol fatty acid monoester, monoglycerol difatty acid esters, diglycerin mono fatty acid ester and polyether-modified is preferably at least one selected from the group consisting of silicone.

本発明の固体石けん組成物の製造方法は、少なくとも、(A)石けん素地、及び、(B)以下の成分(b1)〜(b3)を含有するマイクロエマルションを混錬して石けん素地組成物を調製する工程を含む。 Method for producing a solid soap composition of the present invention, at least, (A) soap base, and, the (B) the following components (b1) ~ (b3) was kneaded microemulsion containing by soap base composition comprising the step of preparing.
(b1)ノニオン界面活性剤及びアニオン界面活性剤からなる群より選択される少なくとも1種の界面活性剤(b2)少なくとも1種の油性成分(b3)水本発明の製造方法によれば、上述した本発明の固体石けん組成物を製造することができる。 (B1) according to the method of manufacturing a nonionic surfactant, and at least one surfactant selected from the group consisting of anionic surfactant (b2) at least one oil component (b3) Mizumoto invention, the above-described it is possible to produce a solid soap composition of the present invention.
本発明の製造方法においては、上記(B)マイクロエマルションの配合量が、上記固体石けん組成物中に0.15〜5質量%であることが好ましい。 In the production method of the present invention, the (B) the amount of the microemulsion is preferably a 0.15 to 5% by weight in the solid soap composition.

本発明の固体石けん組成物の泡質改良剤は、以下の成分(b1)〜(b3): Foam quality improving agent of the solid soap composition of the present invention, the following components (b1) ~ (b3):
(b1)ノニオン界面活性剤及びアニオン界面活性剤からなる群より選択される少なくとも1種の界面活性剤、 (B1) nonionic surfactant and at least one surfactant selected from the group consisting of anionic surfactants,
(b2)少なくとも1種の油性成分、及び、 (B2) at least one oily component and,,
(b3)水、 (B3) water,
を含有するマイクロエマルションを有効成分とする。 As an active ingredient a microemulsion containing.
本発明の固体石けん組成物の泡質改良剤は、例えば固体石けん組成物に配合することにより、その泡質を改善することができる。 Foam quality improving agent of the solid soap composition of the present invention, for example, by blending the solid soap composition, can improve the foam quality. また、固体石けん組成物の泡の持続性を改善することができる。 Further, it is possible to improve the persistence of the foam solid soap composition.
本発明は、上記成分(b1)〜(b3)を含有するマイクロエマルションの、固体石けん組成物の泡質を改善するための使用、も包含する。 The present invention encompasses a microemulsion containing the components (b1) ~ (b3), used to improve the foam quality of the solid soap composition, also.

本発明によれば、泡質及び泡の持続性が良好な固体石けん組成物及びその製造方法を提供することができる。 According to the present invention, it is possible persistence of foam quality and foam provide a good solid soap composition and a manufacturing method thereof.

以下、本発明について具体的に説明する。 Hereinafter, the present invention will be described in detail. しかしながら、本発明は、以下の実施形態に限定されるものではなく、本発明の要旨を変更しない範囲において適宜変更して適用することができる。 However, the present invention is not limited to the following embodiments can be applied appropriately changed within a scope not changing the gist of the present invention.

本発明の固体石けん組成物は、(A)石けん素地、及び、(B)以下の成分(b1)〜(b3)を含有するマイクロエマルションを含有する。 Solid soap composition of the present invention, (A) soap base, and contains a micro-emulsion containing (B) the following components (b1) ~ (b3).
(b1)ノニオン界面活性剤及びアニオン界面活性剤からなる群より選択される少なくとも1種の界面活性剤(b2)少なくとも1種の油性成分(b3)水本発明の固体石けん組成物は、石けん素地及びマイクロエマルションを含有することにより、泡質及び泡の持続性が良好なものである。 (B1) at least one surfactant selected from the group consisting of nonionic surfactant and anionic surfactant (b2) at least one solid soap composition oil component (b3) Mizumoto invention, soap base and by containing microemulsion is favorable persistent foam quality and foam. マイクロエマルションを配合することにより、固体石けん組成物の泡質が向上し、泡の持続性が向上する。 By blending microemulsion improves the foam quality of the solid soap composition, improves the persistence of the foam. 本発明の固体石けん組成物は、洗浄時には弾力性及び曳糸性があり、きめが細かい優れた泡質の泡を形成することができる。 Solid soap composition of the present invention, when the washing is resilient and spinnability, it is possible to form a foam texture fine excellent foam quality. また、泡の持続性が良いため、洗浄中も泡の弾力性を維持することができる。 Further, since a good persistence of foam during the cleaning it is possible to maintain the elasticity of the foam. このため例えば皮膚洗浄時には、泡の感触がよく、また、泡の持続性が良好であることから、良好な使用感が得られる。 During Thus for example skin cleansing, good feel of foam, also, since the persistence of the foam is good, good feeling can be obtained. また、良好な洗浄感も得られる。 Further, good feeling of washing can be obtained.

<(A)石けん素地> <(A) soap base>
本発明における石けん素地としては、通常の固体石けん組成物に使用される石けん用の素地であればよく、脂肪酸アルカリ塩が好適に使用される。 The soap base in the present invention may be a basis material for the soap used in conventional solid soap composition, fatty acid alkali salt is preferably used. 脂肪酸アルカリ塩は、1種であってもよく、2種以上であってもよい。 Fatty acid alkali salt can be one, or may be two or more. 脂肪酸アルカリ塩における脂肪酸は、炭素数8〜22の脂肪酸が好ましい。 Fatty acids in the fatty acid alkali salt, a fatty acid having 8 to 22 carbon atoms are preferred. 本発明における石けん素地としては、炭素数8〜22の脂肪酸アルカリ塩が好ましく、該脂肪酸アルカリ塩1種又は2種以上を使用することができる。 The soap base in the present invention can be fatty acid alkali salt having 8 to 22 carbon atoms is preferred, to use one or two or more the fatty acid alkali salt. 脂肪酸の炭素数は10〜20がより好ましく、12〜18がさらに好ましい。 Number of carbon atoms in the fatty acid is more preferably 10 to 20, 12 to 18 is more preferred. 脂肪酸は、直鎖状であってもよく、分岐鎖状であってもよい。 Fatty acid may be linear, it may be branched. 脂肪酸は、飽和脂肪酸であってもよく、不飽和の脂肪酸であってもよい。 Fatty acids may be saturated fatty acids or may be unsaturated fatty acids. 脂肪酸としては、ラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、イソステアリン酸等の飽和脂肪酸;オレイン酸、リノール酸、リノレン酸、リシノール酸等の不飽和脂肪酸;これらの混合物である、ヤシ油脂肪酸、パーム油脂肪酸、パーム核油脂肪酸、牛脂脂肪酸、硬化牛脂脂肪酸、豚油脂肪酸等が挙げられる。 Examples of the fatty acid, lauric acid, myristic acid, palmitic acid, stearic acid, saturated fatty acids such as isostearic acid; oleic acid, linoleic acid, linolenic acid, unsaturated fatty acids such as ricinoleic acid; a mixture thereof, coconut oil fatty acid, palm oil fatty acid, palm kernel oil fatty acid, tallow fatty acid, hardened tallow fatty acid, lard fatty acid, and the like. 中でも、ラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、パーム核油脂肪酸等が好ましい。 Of these, lauric acid, myristic acid, palmitic acid, stearic acid, palm kernel oil fatty acids are preferred.

脂肪酸アルカリ塩のアルカリとしては、ナトリウム、カリウム等のアルカリ金属;エタノールアミン等の有機アミン等が挙げられ、中でもナトリウム、カリウムがより好ましく、ナトリウムがさらに好ましい。 As the alkali of fatty acid alkali salts, sodium, potassium, etc. of alkali metals; organic amines such as ethanolamine and the like. Among them, sodium, potassium are more preferable, and sodium is more preferred. 石けん素地として使用される脂肪酸アルカリ塩100質量%中の脂肪酸ナトリウム塩の含有量は、50〜100質量%が好ましく、55〜100質量%がより好ましい。 The content of the fatty acid sodium salt soap base fatty acid alkali salt in 100% by mass which is used as is preferably 50 to 100 wt%, more preferably 55 to 100 wt%.
本発明における脂肪酸アルカリ塩として、ラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、イソステアリン酸等の飽和脂肪酸のナトリウム塩、カリウム塩及びトリエタノールアミン塩等が好ましく、ラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸のナトリウム塩及びカリウム塩等がより好ましく、ラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸のナトリウム塩がさらに好ましい。 As fatty acid alkali salt in the present invention, lauric acid, myristic acid, palmitic acid, stearic acid, sodium salts of saturated fatty acids such as isostearic acid, potassium and triethanolamine salts are preferred, and lauric acid, myristic acid, palmitic acid sodium and potassium salts are more preferred, lauric acid, myristic acid, sodium salt of palmitic acid further preferred. これらは1種使用してもよく、2種以上を使用してもよい。 These may be used alone, may be used or two or more kinds.
石けん素地として使用される脂肪酸アルカリ塩の調製は、上記脂肪酸を用いて、けん化法、中和法等の公知の方法により行うことができる。 Preparation of fatty acid alkali salt used as soap base may be made of any of the above fatty acids, saponification method can be carried out by a known method neutralization method.

<(B)マイクロエマルション> <(B) microemulsion>
本発明におけるマイクロエマルションは、以下の成分(b1)〜(b3)を含有する。 Microemulsion in the present invention contains the following components (b1) ~ (b3).
(b1)ノニオン界面活性剤及びアニオン界面活性剤からなる群より選択される少なくとも1種の界面活性剤(b2)少なくとも1種の油性成分(b3)水 (B1) nonionic surfactant and at least one surfactant selected from the group consisting of anionic surfactant (b2) at least one oil component (b3) water

本発明におけるマイクロエマルションは、水中油型(O/W型)マイクロエマルションであってもよく、油中水型(W/O型)マイクロエマルションであってもよい。 Microemulsion in the present invention, oil-in-water (O / W type) may be a microemulsion, a water-in-oil (W / O type) or may be a microemulsion. O/W型マイクロエマルション及びW/O型マイクロエマルションを併用することもできる。 The O / W microemulsion and W / O microemulsions can also be used in combination. 一例として、マイクロエマルションは、pHが9〜11であることが好ましい。 As an example, microemulsion is preferably a pH of 9-11.

<水中油型(O/W型)マイクロエマルション> <Oil-in-water (O / W type) micro-emulsion>
O/W型マイクロエマルションでは、外相が水性相である。 In the O / W type microemulsion, Foreign Minister is an aqueous phase. O/W型マイクロエマルションとしては、上記成分(b1)を0.1〜20質量%、上記成分(b2)を0.01〜10質量%、及び、上記成分(b3)を50〜99質量%含有するものが好ましい。 The O / W microemulsion, the component (b1) 0.1 to 20 wt%, the component (b2) 0.01 to 10 wt%, and the component (b3) 50 to 99 wt% those containing preferred. 本発明において、成分(b1)〜(b3)の含量(質量%)は、マイクロエマルション100質量%中の含量である。 In the present invention, the content of component (b1) ~ (b3) (wt%), a content of the microemulsion in 100 mass%.

O/W型マイクロエマルションの場合、成分(b1)におけるノニオン界面活性剤として、HLBが10〜20のノニオン界面活性剤が好ましい。 For O / W microemulsion, as nonionic surfactant in component (b1), HLB is preferably nonionic surfactant 10-20. O/W型マイクロエマルションの場合、成分(b1)は、アニオン界面活性剤及びHLBが10〜20のノニオン界面活性剤からなる群より選択される少なくとも1種の界面活性剤であることが好ましい。 For O / W microemulsion, component (b1) is preferably anionic surfactant and HLB is at least one surfactant selected from the group consisting of anionic surfactants 10 to 20. アニオン界面活性剤及びHLBが10〜20のノニオン界面活性剤は、それぞれ1種使用してもよく、2種以上を組合わせて使用してもよい。 Nonionic surfactants of anionic surfactants and HLB of 10 to 20 may each be used alone, it may be used in combination of two or more thereof. O/W型マイクロエマルションの場合の成分(b1)は、HLBが10〜20のノニオン界面活性剤を含むことが好ましく、(b1)は、HLBが10〜20のノニオン界面活性剤、又は、HLBが10〜20のノニオン界面活性剤及びアニオン界面活性剤が好ましい。 Component in the case of O / W microemulsion (b1) preferably comprises a nonionic surfactant having an HLB of 10 to 20, (b1) is a nonionic surfactant having an HLB of 10-20, or, HLB There preferably nonionic surfactants and anionic surfactants of 10 to 20. O/W型マイクロエマルションでは、成分(b1)中にHLBが10〜20のノニオン界面活性剤を80質量%以上含むことが好ましく、90質量%以上がより好ましく、例えば、80〜100質量%含むことが好ましく、90〜100質量%含むことがより好ましい。 The O / W microemulsion, comprising preferably contains component (b1) HLB is a nonionic surfactant of 10 to 20 80% by mass or more in, more preferably at least 90 wt%, e.g., 80 to 100 wt% it is preferred, more preferably contains 90 to 100 wt%. 一態様において、HLBが10〜20のノニオン界面活性剤の含量の上限は、成分(b1)中に99.99質量%以下であってもよく、99.9質量%以下又は99質量%以下であってもよい。 In one embodiment, the upper limit of the content of the nonionic surfactant having an HLB of 10 to 20 may be less 99.99 mass% in the component (b1), 99.9 mass% or less, or 99 wt% or less it may be. 一態様において、成分(b1)中のアニオン界面活性剤の含量は、20質量%以下が好ましく、10質量%以下がより好ましい。 In one embodiment, the content of anionic surfactant in component (b1) is preferably 20 wt% or less, more preferably 10 wt% or less. 成分(b1)がアニオン界面活性剤を含む場合、その含量は、一例として成分(b1)中に0.01質量%以上が好ましく、0.1質量%以上がより好ましく、例えば、0.01〜20質量%が好ましく、0.1〜10質量%がより好ましい。 When component (b1) contains an anionic surfactant, its content is preferably 0.01 mass% or more in the component (b1) as an example, and more preferably at least 0.1 wt%, for example, 0.01 preferably 20 wt%, more preferably from 0.1 to 10% by weight.
本発明において、HLB(親水親油バランス)は、グリフィン法で算出されるHLB値である。 In the present invention, HLB (hydrophilic-lipophilic balance) is an HLB value calculated by the Griffin method.

上記HLBが10〜20のノニオン界面活性剤として、例えば、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、ポリオキシエチレンアルキルフェニルエーテル、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンアルキルエーテル、ポリオキシエチレン脂肪酸エステル、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル、ポリオキシエチレンヒマシ油、ポリオキシエチレン水添ヒマシ油、ポリオキシエチレンソルビトールテトラ脂肪酸エステル、ポリグリセリン脂肪酸エステル、ショ糖脂肪酸エステル、アルキル(ポリ)グルコシド、N−アルキルジメチルアミノキシド、ポリオキシエチレングリセリン脂肪酸エステル、ポリエーテル変性シリコーン等が挙げられる。 As nonionic surfactant of the HLB is 10 to 20, for example, polyoxyethylene alkyl ethers, polyoxyethylene alkyl phenyl ethers, polyoxyethylene polyoxypropylene alkyl ethers, polyoxyethylene fatty acid esters, polyoxyethylene sorbitan fatty acid esters, polyoxyethylene castor oil, polyoxyethylene hydrogenated castor oil, polyoxyethylene sorbitol tetra-fatty acid esters, polyglycerol fatty acid esters, sucrose fatty acid esters, alkyl (poly) glucoside, N- alkyl dimethyl amino dimethylsulfoxide, polyoxyethylene glycerin fatty acid esters, polyether-modified silicone, and the like. これらはそれぞれ1種使用してもよく、2種以上を組合わせて使用してもよい。 These may be used alone, respectively, may be used in combination of two or more thereof.
O/W型マイクロエマルションの成分(b1)に使用されるノニオン界面活性剤は、より好ましくは、HLBが12〜20のノニオン界面活性剤である。 Nonionic surface active agents used in the O / W microemulsion component (b1) is more preferably, HLB is a nonionic surfactant of 12 to 20.

HLBが10〜20のノニオン界面活性剤として、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンアルキルエーテル、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル、ポリオキシエチレングリセリン脂肪酸エステル、ポリオキシエチレン水添ヒマシ油、ポリグリセリン脂肪酸エステル、ポリエーテル変性シリコーン等がより好ましい。 As nonionic surfactant having an HLB of 10 to 20, polyoxyethylene alkyl ethers, polyoxyethylene polyoxypropylene alkyl ethers, polyoxyethylene sorbitan fatty acid esters, polyoxyethylene glycerin fatty acid esters, polyoxyethylene hydrogenated castor oil, poly glycerin fatty acid esters, polyether-modified silicone are more preferable. これらはそれぞれ1種使用してもよく、2種以上を組合わせて使用してもよい。 These may be used alone, respectively, may be used in combination of two or more thereof. このようなHLBが10〜20のノニオン界面活性剤を含むO/W型マイクロエマルションを使用すると、固体石けん組成物の泡質がより良好となり、泡の持続性がより向上するため好ましい。 When such HLB uses an O / W microemulsion containing a nonionic surfactant of 10 to 20, foam quality solid soap composition becomes better, preferable persistence of bubbles is further improved. 中でも、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル、ポリオキシエチレングリセリン脂肪酸エステル、ポリオキシエチレン水添ヒマシ油等がさらに好ましい。 Among them, polyoxyethylene alkyl ethers, polyoxyethylene sorbitan fatty acid esters, polyoxyethylene glycerin fatty acid esters, polyoxyethylene hydrogenated castor oil are more preferred. このようなHLBが10〜20のノニオン界面活性剤を含むO/W型マイクロエマルションを使用すると、固体せっけん組成物の泡立ちが向上し、速泡性、起泡性が向上するため好ましい。 When such HLB uses an O / W microemulsion containing a nonionic surfactant of 10 to 20, to improve the foaming of the solid soap composition, rapid lathering, it is improved, which is preferable foaming.

ポリオキシエチレンアルキルエーテルとしては、炭素数8〜40のアルキル基を有し、オキシエチレン基(以下、EOとも記載する)の数平均付加モル数が10〜50のものが好ましく、例えば、ポリオキシエチレンオクチルエーテル、ポリオキシエチレンラウリルエーテル、ポリオキシエチレンミリスチルエーテル、ポリオキシエチレンパルミチルエーテル、ポリオキシエチレンイソステアリルエーテル、ポリオキシエチレンステアリルエーテル、ポリオキシエチレンオレイルエーテル、ポリオキシエチレンコレステリルエーテル等が挙げられる。 Examples of the polyoxyethylene alkyl ether has an alkyl group of 8 to 40 carbon atoms, an oxyethylene group (hereinafter, EO also described) the number-average molar number of addition thereof is preferably 10 to 50, for example, polyoxy ethylene octyl ether, polyoxyethylene lauryl ether, polyoxyethylene myristyl ether, polyoxyethylene palmityl ethers, polyoxyethylene isostearyl ethers, polyoxyethylene stearyl ether, polyoxyethylene oleyl ether, polyoxyethylene cholesteryl ether like It is. 中でも、炭素数12〜40のアルキル基を有し、EOの数平均付加モル数が10〜30又は15〜30のものが好ましく、例えば、ポリオキシエチレンコレステリルエーテル等がより好ましい。 Above all, having an alkyl group with 12 to 40 carbon atoms, the number average addition molar number of EO is preferably one having 10 to 30 or 15 to 30, for example, polyoxyethylene cholesteryl ether are more preferable.

ポリオキシエチレンアルキルフェニルエーテルとしては、炭素数8〜22のアルキル基を有し、EOの数平均付加モル数が10〜50のものが好ましく、例えば、ポリオキシエチレンオクチルフェニルエーテル、ポリオキシエチレンノニルフェニルエーテル等が挙げられる。 As the polyoxyethylene alkyl phenyl ethers, having an alkyl group having 8 to 22 carbon atoms, the number average addition mole number of EO thereof is preferably 10 to 50, such as polyoxyethylene octyl phenyl ether, polyoxyethylene nonyl phenyl ether and the like. 中でも、炭素数12〜20のアルキル基を有し、EOの数平均付加モル数が15〜30のものが好ましい。 Above all, having an alkyl group with 12 to 20 carbon atoms, the number average addition molar number of EO is preferably from 15 to 30.

ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンアルキルエーテルとしては、炭素数8〜22のアルキル基を有し、EOの数平均付加モル数が10〜50(好ましくは20〜40)、オキシプロピレン基(以下、POと記載する)の数平均付加モル数が5〜10のものが好ましく、例えば、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンオクチルエーテル、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルエーテル、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテルが挙げられる。 As the polyoxyethylene polyoxypropylene alkyl ethers, having an alkyl group having 8 to 22 carbon atoms, the number average addition molar number of EO is 10 to 50 (preferably 20-40), oxypropylene group (hereinafter, a PO preferably has a number-average molar number of addition according to) is 5-10, for example, polyoxyethylene polyoxypropylene octyl ethers, polyoxyethylene polyoxypropylene decyl ether, polyoxyethylene polyoxypropylene decyl tetradecyl ether like It is.

ポリオキシエチレン脂肪酸エステルとしては、炭素数8〜22の脂肪酸を有し、EOの数平均付加モル数が10〜50のものが好ましく、例えば、ポリオキシエチレンオクタン酸エステル、ポリオキシエチレンラウリン酸エステル、ポリオキシエチレンミリスチン酸エステル、ポリオキシエチレンパルミチン酸エステル、ポリオキシエチレンイソステアリン酸エステル、ポリオキシエチレンステアリン酸エステル、ポリオキシエチレンオレイン酸エステル等が挙げられる。 As the polyoxyethylene fatty acid esters has a fatty acid having 8 to 22 carbon atoms, preferably those having average addition mole number of EO is 10 to 50, for example, polyoxyethylene octanoate esters, polyoxyethylene laurate , polyoxyethylene myristate, polyoxyethylene palmitate, polyoxyethylene isostearate esters, polyoxyethylene stearic acid ester, polyoxyethylene oleic acid ester, and the like. 中でも、炭素数12〜20の脂肪酸を有し、EOの数平均付加モル数が10〜30のものが好ましく、例えば、ポリオキシエチレンオレイルエーテル等がより好ましい。 Among them, a fatty acid of 12 to 20 carbon atoms, the number average addition mole number of EO thereof is preferably 10 to 30, such as polyoxyethylene oleyl ether and the like are more preferable.

ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルとしては、炭素数8〜22の脂肪酸を有し、EOの数平均付加モル数が10〜50のものが好ましく、例えば、ポリオキシエチレンソルビタンオクタン酸エステル、ポリオキシエチレンソルビタンラウリン酸エステル、ポリオキシエチレンソルビタンミリスチン酸エステル、ポリオキシエチレンソルビタンパルミチン酸エステル、ポリオキシエチレンソルビタンイソステアリン酸エステル、ポリオキシエチレンソルビタンステアリン酸エステル、ポリオキシエチレンソルビタンオレイン酸エステル(ポリオキシエチレンソルビタンモノオレイン酸エステル、モノオレイン酸ポリオキシエチレンソルビタンともいう)等が挙げられる。 Examples of the polyoxyethylene sorbitan fatty acid esters has a fatty acid having 8 to 22 carbon atoms, the number average addition mole number of EO thereof is preferably 10 to 50, for example, polyoxyethylene sorbitan octanoic acid esters, polyoxyethylene sorbitan laurate, polyoxyethylene sorbitan myristate, polyoxyethylene sorbitan Rumi Chin esters, polyoxyethylene sorbitan isostearate esters, polyoxyethylene sorbitan stearic acid ester, polyoxyethylene sorbitan oleate (polyoxyethylene sorbitan monooleate ester, also called mono-oleate polyoxyethylene sorbitan), and the like. 中でも、炭素数12〜20の脂肪酸を有し、EOの数平均付加モル数が10〜30のものが好ましく、例えば、ポリオキシエチレンソルビタンモノオレイン酸エステル(例えば、ポリオキシエチレン(20)ソルビタンモノオレエート(ポリソルベート80))、ポリオキシエチレンソルビタンモノステアリン酸エステル(例えば、ポリオキシエチレン(20)ソルビタンモノステアレート(ポリソルベート60))等がより好ましい。 Among them, a fatty acid of 12 to 20 carbon atoms, the number average addition mole number of EO thereof is preferably 10 to 30, for example, polyoxyethylene sorbitan monooleate (e.g., polyoxyethylene (20) sorbitan oleate (polysorbate 80)), polyoxyethylene sorbitan monostearate (e.g., polyoxyethylene (20) sorbitan monostearate (polysorbate 60)) are more preferable.

ポリオキシエチレンヒマシ油及びポリオキシエチレン水添ヒマシ油としては、EOの数平均付加モル数が10〜80のものが好ましく、30〜70のものがより好ましい。 As the polyoxyethylene castor oil and polyoxyethylene hydrogenated castor oil, preferably has a number-average molar number of addition of EO is 10 to 80, more preferably from 30 to 70.
ポリオキシエチレンソルビトールテトラ脂肪酸エステルとしては、炭素数8〜22の脂肪酸を有し、EOの数平均付加モル数が10〜50のものが好ましく、例えば、ポリオキシエチレンソルビトールテトラオクタン酸エステル、ポリオキシエチレンソルビトールテトラオレイン酸エステル等が挙げられる。 The polyoxyethylene sorbitol tetra fatty acid ester has a fatty acid having 8 to 22 carbon atoms, the number average addition mole number of EO thereof is preferably 10 to 50, for example, polyoxyethylene sorbitol tetra-octanoate esters, polyoxy such as ethylene sorbitol tetraoleate ester. 中でも、炭素数12〜20の脂肪酸を有し、EOの数平均付加モル数が10〜30のものが好ましい。 Among them, a fatty acid of 12 to 20 carbon atoms, the number average addition molar number of EO is preferably from 10 to 30.

ポリグリセリン脂肪酸エステルとしては、炭素数12〜22の脂肪酸を有するものが好ましい。 The polyglycerol fatty acid ester preferably has a fatty acid having 12 to 22 carbon atoms. また、一例として、グリセリンの重合度が5〜12のポリグリセリン脂肪酸エステルが挙げられる。 As an example, the degree of polymerization of glycerin is polyglycerol fatty acid ester of 5 to 12. ポリグリセリン脂肪酸エステルとして、例えば、モノステアリン酸デカグリセリル等が挙げられる。 As polyglycerol fatty acid esters, for example, monostearate decaglyceryl like. ショ糖脂肪酸エステルとしては、炭素数12〜22の脂肪酸を有するものが好ましく、例えば、ショ糖ステアリン酸エステル等が挙げられる。 The sucrose fatty acid esters, those having a fatty acid having 12 to 22 carbon atoms is preferable, for example, sucrose stearate, and the like.
アルキル(ポリ)グルコシドとしては、炭素数8〜22のアルキル基を有するものが挙げられ、例えば、デシルグルコシド、ラウリルグルコシド等が挙げられる。 The alkyl (poly) glucoside, include those having an alkyl group having 8 to 22 carbon atoms, such as decyl glucoside, lauryl glucoside and the like. 一態様においては、マイクロエマルションは、アルキル(ポリ)グルコシドを含まないことが好ましい。 In one embodiment, the microemulsion is preferably free of alkyl (poly) glucoside. アルキル(ポリ)グルコシドを含有すると、例えば色が薄い固体石けん石けん組成物では経時的に黄変が生じる可能性がある。 When containing an alkyl (poly) glucoside, for example, over time there is a possibility that yellowing occurs in the light color solid soap soap composition.

ポリオキシエチレングリセリン脂肪酸エステルとしては、炭素数8〜22の脂肪酸を有し、EOの数平均付加モル数が10〜50のポリオキシエチレングリセリンモノ脂肪酸エステルが好ましく、例えばポリオキシエチレングリセリンモノオクタン酸エステル、ポリオキシエチレングリセリンモノラウリン酸エステル、ポリオキシエチレングリセリンモノミリスチン酸エステル、ポリオキシエチレングリセリンモノパルミチン酸エステル、ポリオキシエチレングリセリンモノイソステアリン酸エステル(イソステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル)、ポリオキシエチレングリセリンモノステアリン酸エステル、ポリオキシエチレングリセリンモノオレイン酸エステル等が挙げられる。 The polyoxyethylene glycerin fatty acid ester has a fatty acid having 8 to 22 carbon atoms, the number average addition molar number of EO is preferably from 10 to 50 polyoxyethylene glycerin mono-fatty acid esters such as polyoxyethylene glycerol mono octanoic acid esters, polyoxyethylene glycerol mono-laurate, polyoxyethylene glycerol mono-myristate, polyoxyethylene glycerol mono-palmitate, polyoxyethylene glycerol monoisostearate ester (isostearate, polyoxyethylene glyceryl), polyoxyethylene glycerin mono stearic acid esters, polyoxyethylene glycerin monooleate, and the like. 中でも、炭素数12〜18の脂肪酸を有し、EOの数平均付加モル数が15〜30のものが好ましく、例えば、ポリオキシエチレングリセリンモノイソステアリン酸エステル等が好ましい。 Among them, a fatty acid having 12 to 18 carbon atoms, preferably those having average addition mole number of EO is 15 to 30, for example, polyoxyethylene glycerin monoisostearate esters are preferred.
HLBが10〜20のポリエーテル変性シリコーンとしては、ポリエーテル基としてEOの数平均付加モル数が10〜50のポリオキシエチレン基を有するものが好ましく、例えば、EOの数平均付加モル数が10〜50のポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体(例えば、PEG−12ジメチコン等)等が挙げられる。 The polyether-modified silicone having an HLB of 10 to 20, the number-average molar number of addition of EO is preferably those having a polyoxyethylene group 10-50 as polyether groups, for example, the number-average molar number of addition of EO is 10 polyoxyethylene-methylpolysiloxane copolymer and 50 (e.g., PEG-12 dimethicone, etc.) and the like.

アニオン界面活性剤として、脂肪酸塩、アルキルエーテルカルボン酸塩、アシル乳酸塩、N−アシルサルコシン塩、N−アシルグルタミン酸塩、N−アシルメチルアラニン塩、N−アシルメチルタウリン塩、アルカンスルホン酸塩、α−オレフィンスルホン酸塩、α−スルホ脂肪酸メチルエステル塩、アルキルスルホコハク酸塩、アシルイセチオン酸塩、アルキル硫酸エステル塩、アルキルエーテル硫酸エステル塩、ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸塩、脂肪酸アルカノールアミド硫酸エステル塩、モノアシルグリセリン硫酸エステル塩、モノアルキルリン酸エステル塩、ポリオキシエチレンアルキルエーテルリン酸又はその塩、ポリオキシエチレンアルキルエーテルリン酸エステル塩等が挙げられる。 As the anionic surfactant, fatty acid salts, alkyl ether carboxylates, acyl lactates, N- acyl sarcosine salts, N- acyl glutamates, N- acyl methylalanine salt, N- acyl methyl taurate, alkane sulfonates, alpha-olefin sulfonates, alpha-sulfo fatty acid methyl ester salts, alkyl sulfosuccinates, acyl isethionates, alkyl sulfates, alkyl ether sulfate, polyoxyethylene alkyl ether sulfates, fatty acid alkanolamide sulfates, monoacylglycerol sulfates, monoalkyl phosphoric acid ester salts, polyoxyethylene alkyl ether phosphoric acid or salts thereof, polyoxyethylene alkyl ether phosphate salts, and the like. これらは1種使用してもよく、2種以上を使用してもよい。 These may be used alone, may be used or two or more kinds.
上記塩としては、ナトリウム、カリウム等のアルカリ金属塩;エタノールアミン等の有機アミン塩等が挙げられ、中でもナトリウム塩、カリウム塩がより好ましく、ナトリウム塩がさらに好ましい。 Examples of the salt include sodium, potassium alkali metal salts of; organic amine salts such as ethanolamine, and among them a sodium salt, more preferably potassium salts, more preferably sodium salts.

アニオン界面活性剤の中でも、ポリオキシエチレンアルキルエーテルリン酸エステル塩、N―アシルグルタミン酸塩、ポリオキシエチレンアルキルエーテルリン酸又はその塩が好ましく、ポリオキシエチレンアルキルエーテルリン酸又はその塩がより好ましい。 Among the anionic surfactants, polyoxyethylene alkyl ether phosphate salts, N- acyl glutamates, polyoxyethylene alkyl ether phosphoric acid or a salt thereof are preferred, with polyoxyethylene alkyl ether phosphoric acid or a salt thereof is more preferable.

脂肪酸塩として、例えば、炭素数8〜22の脂肪酸アルカリ塩、金属石鹸等が挙げられる。 As fatty acid salts, for example, fatty acid alkali salt having 8 to 22 carbon atoms, metal soaps and the like.
アルキルエーテルカルボン酸塩として、アルキル基の炭素数が8〜22のアルキルエーテルカルボン酸塩又はポリオキシエチレンアルキルエーテルカルボン酸塩等が挙げられる。 As alkyl ether carboxylates, carbon atoms in the alkyl group include alkyl ether carboxylates or polyoxyethylene alkyl ether carboxylic acid salts of 8 to 22.
アシル乳酸塩、N−アシルサルコシン塩、N−アシルグルタミン酸塩、N−アシルメチルアラニン塩、N−アシルメチルタウリン塩、アシルイセチオン酸塩、モノアシルグリセリン硫酸エステル塩として、例えば、アシル基の炭素数が8〜22のものが好ましい。 Acyl lactates, N- acyl sarcosine salts, N- acyl glutamates, N- acyl methylalanine salt, N- acyl methyl taurate, acyl isethionates, as monoacylglycerol sulfates, for example, the number of carbon atoms of the acyl group 8 to 22 it is preferred.

アルカンスルホン酸塩、α−オレフィンスルホン酸塩、α−スルホ脂肪酸メチルエステル塩、アルキルスルホコハク酸塩、アルキル硫酸エステル塩、アルキルエーテル硫酸エステル塩、ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸塩、脂肪酸アルカノールアミド硫酸エステル塩、モノアルキルリン酸エステル塩として、例えば、炭素数8〜22のものが好ましい。 Alkane sulfonates, alpha-olefin sulfonates, alpha-sulfo fatty acid methyl ester salts, alkyl sulfosuccinates, alkyl sulfates, alkyl ether sulfate, polyoxyethylene alkyl ether sulfates, fatty acid alkanolamide sulfates as monoalkyl phosphate ester salts, for example, preferably from 8 to 22 carbon atoms. ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸塩として、例えば、EOの数平均付加モル数が5〜50のものが好ましい。 As the polyoxyethylene alkyl ether sulfate, for example, the number-average molar number of addition of EO is preferably from 5 to 50.

ポリオキシエチレンアルキルエーテルリン酸又はその塩としては、例えば、炭素数8〜22のアルキル基を有し、EOの数平均付加モル数が5〜50のものが好ましく、炭素数12〜20のアルキル基を有し、EOの数平均付加モル数が5〜20のものがより好ましい。 Examples of the polyoxyethylene alkyl ether phosphate or its salt, for example, have an alkyl group having 8 to 22 carbon atoms, the number average addition mole number of EO thereof is preferably 5 to 50, alkyl of 12 to 20 carbon atoms has a group, number average addition molar number of EO is more preferably from 5 to 20. 例えば、ポリオキシエチレンラウリルエーテルリン酸、ポリオキシエチレントリデシルエーテルリン酸、ポリオキシエチレンミリスチルエーテルリン酸、ポリオキシエチレンペンタデシルエーテルリン酸及びこれらの塩等が挙げられる。 For example, polyoxyethylene lauryl ether phosphate, polyoxyethylene tridecyl ether phosphate, polyoxyethylene myristyl ether phosphoric acid, polyoxyethylene pentadecyl ether phosphate and salts thereof, and the like. ポリオキシエチレンアルキルエーテルリン酸又はその塩として、ジポリオキシエチレン(POE)(8)(C12−15)アルキルエーテルリン酸又はその塩も好適に使用される。 As the polyoxyethylene alkyl ether phosphoric acid or salts thereof, dipolyoxyethylene (POE) (8) (C12-15) alkyl ether phosphate or its salt are also preferably used.

ポリオキシエチレンアルキルエーテルリン酸エステル塩としては、炭素数8〜22のアルキル基を有し、EOの数平均付加モル数が10〜50のものが好ましく、例えば、ポリオキシエチレンデシルエーテルリン酸エステル塩、ポリオキシエチレンラウリルエーテルリン酸エステル塩等が挙げられる。 Examples of the polyoxyethylene alkyl ether phosphoric acid ester salts having an alkyl group having 8 to 22 carbon atoms, the number average addition mole number of EO thereof is preferably 10 to 50, for example, polyoxyethylene decyl ether phosphate salts, polyoxyethylene lauryl ether phosphoric acid ester salts.

成分(b2)として使用される油性成分は特に限定されない。 Oil component to be used as component (b2) is not particularly limited. 例えば、一般的に化粧料で使用されているものなどを好ましく使用することができる。 For example, it can be like the preferably used those which are generally used in cosmetics. 成分(b2)の油性成分は、例えば、植物油、動物油、エステル油、エーテル油、高級脂肪酸、シリコーンオイル、精油及び炭化水素油からなる群から選択される1種以上の油であることが好ましい。 Oil component is component (b2), for example, vegetable oils, animal oils, ester oil, ether oil, higher fatty acid is preferably a silicone oil, essential oils and one or more oils selected from the group consisting of hydrocarbon oils.
油性成分は、1種使用してもよく、2種以上を組合わせて使用してもよい。 Oily components may be used alone or may be used in combination of two or more thereof.

植物油として、例えば、オリーブ油、アルガンオイル、ホホバオイル、亜麻仁油、ツバキ油、ヒマワリ油、アーモンド油、菜種油、ゴマ油、ダイズ油、ピーナッツ油、アボガド油ブドウ種子油、ヒマシ油、シアバター等が挙げられる。 As vegetable oils, such as olive oil, argan oil, jojoba oil, linseed oil, camellia oil, sunflower oil, almond oil, rapeseed oil, sesame oil, soybean oil, peanut oil, avocado oil grape seed oil, castor oil, shea butter, and the like .
動物油として、例えば、馬油等が挙げられる。 As animal oils, for example, horse oil, and the like.

エステル油として、例えば、ミリスチン酸オクチルドデシル、パルミチン酸イソプロピル、ステアリン酸ブチル、ミリスチン酸ミリスチル、ミリスチン酸イソプロピル、アジピン酸ジ−2−エチルヘキシル、セバチン酸ジイソプロピル、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、トリオクタノイン、エチルヘキサン酸セチル等が挙げられる。 As ester oils, for example, octyldodecyl myristate, isopropyl palmitate, butyl stearate, myristyl myristate, isopropyl myristate, di-2-ethylhexyl adipate, sebacic acid diisopropyl, neopentyl glycol dicaprate, trioctanoin, ethyl hexanoic acid cetyl, and the like.

エーテル油として、例えば、ジオクチルエーテル、セチルジメチルブチルエーテル、エチレングリコールオクチルエーテル、エチレングリコールジオクチルエーテル、グリセロールモノオレイルエーテル等が挙げられる。 As ether oil, for example, dioctyl ether, cetyl dimethyl ether, ethylene glycol octyl ether, ethylene glycol dioctyl ether, glycerol mono-oleyl ether and the like.

高級脂肪酸として、エイコセン酸、イソミリスチン酸、カプリン酸等が挙げられる。 As higher fatty acids, eicosenoic acid, isomyristic acid, capric acid.
シリコーンオイルとして、例えば、ジメチルポリシロキサン、環状ジメチルポリシロキサン、メチルフェニルポリシロキサン、アミノ変性シリコーン、エポキシ変性シリコーン、カルボキシ変性シリコーン、アルコール変性シリコーン、アルキル変性シリコーン、ポリエーテル変性シリコーン、フッ素変性シリコーン等が挙げられる。 As the silicone oil, for example, dimethyl polysiloxane, cyclic dimethyl polysiloxane, methylphenyl polysiloxane, amino-modified silicone, epoxy-modified silicones, carboxy-modified silicones, alcohol-modified silicones, alkyl-modified silicone, polyether-modified silicones, fluorine-modified silicones and the like.

精油として、オレンジ油、ラベンダー油等が挙げられる。 As essential oils, orange oil, lavender oil, and the like.
炭化水素油として、例えば、流動パラフィン、スクアラン、スクアレン、n−ヘキサデカン等が挙げられる。 As hydrocarbon oils include liquid paraffin, squalane, squalene, n- hexadecane, and the like.

一態様において、O/W型マイクロエマルションの成分(b2)に使用する油性成分は、例えば、融点が60℃以下のものが好ましく、50℃以下のものがより好ましい。 In one embodiment, the oil component to be used for component (b2) of the O / W microemulsion is preferably, for example, those of 60 ° C. below the melting point, more preferably from 50 ° C. or less.
また、O/W型マイクロエマルションの内相(油性相)に、後述する成分(b4)の1価のアルコール及び/又は成分(b5)の多価アルコールを使用する場合には、使用するアルコールの沸点以下で、該アルコールに溶解するものを選択することが好ましい。 Also, the O / W microemulsion in the internal phase (oil phase), when using a polyhydric alcohol, monovalent alcohol and / or components described later component (b4) (b5) is the alcohol used below boiling point, it is preferable to select those which are dissolved in the alcohol. 例えば、成分(b4)としてエタノールを使用し、成分(b4)をO/W型マイクロエマルションの内相に含有させる場合には、融点が78℃以下の油性成分を使用することが好ましい。 For example, using ethanol as the component (b4), if the inclusion of the component (b4) in the internal phase of the O / W microemulsion is preferably the melting point is to use the oil component of 78 ° C. or less.

マイクロエマルションに配合する油性成分は、固体石けん組成物に所望される性能等に応じて適宜選択することができる。 Oily component to be blended in the microemulsion can be appropriately selected depending on the desired performance to the solid soap composition. 一態様において、成分(b2)に使用する油性成分として、植物油が好ましく、アルガンオイル、ホホバオイル、オリーブ油等がより好ましい。 In one embodiment, the oil component to be used for component (b2), preferably vegetable oil, argan oil, jojoba oil, olive oil and the like are more preferable. 例えば、アルガンオイル、ホホバオイルを使用すると、固体石けん組成物の保湿効果を向上させることができる。 For example, using argan oil, jojoba oil, it is possible to improve the moisturizing effect of the solid soap composition. また、例えばオリーブ油を使用すると、固体石けん組成物の、化粧(メイクアップ)や皮脂汚れを落とす洗浄効果が向上する。 Further, for example, by using the olive oil, solid soap composition, cosmetic cleaning effect decreasing the (make-up) and sebum dirt is improved.
本発明においては、マイクロエマルション中に油性成分を配合することにより、固体石けん組成物に該油性成分が有する保湿作用、洗浄作用等を付与することもできる。 In the present invention, by blending an oil component in the microemulsion, moisturizing effect with the oily ingredients to solid soap composition can also be provided to cleaning action like.

成分(b3)として使用される水は、水道水、イオン交換水、蒸留水等を使用することができ、好ましくはイオン交換水、蒸留水である。 Water used as the component (b3) is tap water, it is possible to use ion-exchanged water, distilled water or the like, preferably ion-exchanged water, distilled water.

O/W型マイクロエマルションの場合、成分(b1)の含量は、0.15〜10質量%がより好ましく、0.3〜5質量%がさらに好ましい。 For O / W microemulsion, the content of component (b1), and more preferably from 0.15 to 10 wt%, more preferably 0.3 to 5 wt%. 成分(b2)の含量は、0.05〜5質量%が好ましく、0.07〜1質量%がさらに好ましい。 The content of component (b2), preferably from 0.05 to 5 wt%, more preferably 0.07 to 1 mass%. 成分(b3)の含量は、60〜95質量%がより好ましく、70〜90質量%がさらに好ましい。 The content of component (b3), and more preferably 60 to 95 wt%, more preferably 70 to 90 wt%.
成分(b1)と成分(b3)の配合割合は、質量比で、(b1)/(b3)=1/100〜1/10が好ましく、1/100〜1/50がより好ましい。 The mixing ratio of the component (b1) and the component (b3) is a mass ratio, (b1) / (b3) = 1 / 100-1 / 10, and more preferably from 1/100 to 1/50. 成分(b2)と成分(b3)の配合割合は、質量比で、(b2)/(b3)=1/1000〜1/50が好ましく、1/900〜1/100がより好ましい。 The mixing ratio of the component (b2) and the component (b3) is a mass ratio, (b2) / (b3) = is preferably from 1 / 1,000 to / 50, 1 / 900-1 / 100 is more preferable.

<油中水型(W/O型)マイクロエマルション> <Water-in-oil (W / O type) micro-emulsion>
本発明の固体石けん組成物においては、上記マイクロエマルションとしてW/O型マイクロエマルションを使用することもできる。 In the solid soap composition of the present invention, it is also possible to use a W / O microemulsion as the microemulsion. O/W型マイクロエマルションでは、外相が油性相である。 In the O / W type microemulsion, Foreign Minister is an oily phase. W/O型マイクロエマルションは、上記成分(b1)を0.1〜20質量%、上記成分(b2)を50〜99質量%、及び、上記成分(b3)を0.01〜10質量%含有することが好ましい。 W / O type microemulsion, the component (b1) 0.1 to 20 wt%, the component (b2) 50 to 99 wt%, and, containing 0.01 to 10% by mass of the component (b3) it is preferable to. 成分(b1)〜(b3)の含量(質量%)は、マイクロエマルション100質量%中の含量(質量%)である。 Content (mass%) of component (b1) ~ (b3) is a content of the microemulsion in 100% by mass (mass%). 一態様において、成分(b3)の含量は、0.001〜10質量%であってもよい。 In one embodiment, the content of component (b3), or may be from 0.001 to 10 mass%.

W/O型マイクロエマルションの場合、成分(b1)におけるノニオン界面活性剤としては、HLBが1〜7のノニオン界面活性剤が好ましい。 For W / O microemulsions, as the nonionic surfactant in component (b1), nonionic surfactant having an HLB of 1-7 is preferable. HLBが1〜7のノニオン界面活性剤は、1種使用してもよく、2種以上を使用してもよい。 Nonionic surfactant having an HLB of 1-7, may be used alone, may be used or two or more kinds. 一例として、成分(b1)中のHLBが1〜7のノニオン界面活性剤の含量は、90質量%以上が好ましく、95質量%以上がより好ましく、例えば、90〜100質量%が好ましく、95〜100質量%がより好ましい。 As an example, the content of HLB in component (b1) 1 to 7 of nonionic surfactant, preferably at least 90 wt%, more preferably at least 95 wt%, for example, preferably 90 to 100 mass%, 95 to 100 mass% is more preferable. W/O型の場合、成分(b1)として、HLBが1〜7のノニオン界面活性剤が好ましい。 For W / O type, as component (b1), nonionic surfactant having an HLB of 1-7 is preferable.
HLBが1〜7のノニオン界面活性剤として、例えば、ポリオキシエチレンジ脂肪酸エステル、モノグリセリンモノ脂肪酸エステル、モノグリセリンジ脂肪酸エステル、ジグリセリンモノ脂肪酸エステル、モノグリセリンモノアルキルエーテル、ジグリセリンモノアルキルエーテル、ソルビタン脂肪酸エステル、ポリエーテル変性シリコーン等が挙げられる。 As nonionic surfactant having an HLB of 1-7, for example, polyoxyethylene di-fatty acid esters, monoglycerol fatty acid monoester, monoglycerol difatty acid esters, diglycerin mono fatty acid esters, monoglycerol monoalkyl ethers, diglycerol monoalkyl ether , sorbitan fatty acid esters, polyether-modified silicone, and the like. これらはそれぞれ1種使用してもよく、2種以上を組合わせて使用してもよい。 These may be used alone, respectively, may be used in combination of two or more thereof.

モノグリセリンモノ脂肪酸エステル、モノグリセリンジ脂肪酸エステルとしては、グリセリンと、炭素数8〜22の脂肪酸のモノ又はジエステルが好ましく、例えば、モノグリセリンオクタン酸エステル、モノグリセリン2−エチルヘキサン酸エステル、モノグリセリンデカン酸エステル、モノグリセリンラウリン酸エステル、モノグリセリンミリスチン酸エステル、モノグリセリンパルミチン酸エステル等が好ましい。 Monoglycerol fatty acid monoester, the monoglycerol difatty acid ester, glycerin, mono- or diesters are preferred fatty acid having 8 to 22 carbon atoms, for example, monoglycerol octanoic acid ester, monoglycerol 2-ethylhexanoic acid ester, monoglycerin decanoic acid esters, monoglycerol laurate, monoglycerol myristate, monoglycerol palmitate and the like are preferable.

ジグリセリンモノ脂肪酸エステルとしては、ジグリセリンと、炭素数8〜22の脂肪酸のエステルが好ましく、例えば、ジグリセリンオクタン酸エステル、ジグリセリンラウリン酸エステル、ジグリセリンミリスチン酸エステル、ジグリセリンパルミチン酸エステル等が挙げられる。 The diglycerol mono-fatty acid esters, diglycerin, esters of fatty acids having 8 to 22 carbon atoms are preferred, e.g., diglycerol octanoic acid ester, diglycerin laurate, diglycerin myristate ester, diglycerin palmitate ester and the like.
モノグリセリンモノアルキルエーテルとしては、グリセリンと、炭素数8〜22のアルキル基のエーテルが好ましく、例えばモノグリセリンオクチルエーテル、モノグリセリンデシルエステル、モノグリセリンラウリルエーテル、モノグリセリンミリスチルエーテル、モノグリセリンパルミチルエーテル等が挙げられる。 The monoglycerol monoalkyl ethers, and glycerol, ether alkyl group having 8 to 22 carbon atoms are preferred, e.g. monoglycerol octyl ether, monoglyceryl decyl ester, monoglycerol lauryl ether, monoglyceryl myristyl ether, monoglyceryl palmityl ether etc. the.

ジグリセリンモノアルキルエーテルとしては、ジグリセリンと炭素数8〜22のアルキル基のエーテルが好ましく、例えば、ジグリセリンオクチルエーテル、ジグリセリンラウリルエーテル、ジグリセリンミリスチルエーテル、ジグリセリンパルミチルエーテル等が挙げられる。 The diglycerol monoalkyl ethers, ethers of diglycerol and alkyl group having 8 to 22 carbon atoms are preferred, e.g., diglycerol octyl ether, diglycerol lauryl ether, diglycerol myristyl ether, diglycerol palmityl ether and the like .
ソルビタン脂肪酸エステルとしては、炭素数8〜22の脂肪酸のエステルが好ましく、例えば、ソルビタンオクタン酸エステル、ソルビタンカプリル酸エステル、ソルビタンカプリン酸エステル、ソルビタンラウリン酸エステル、ソルビタンミリスチン酸エステル、ソルビタンパルミチン酸エステル等が挙げられる。 The sorbitan fatty acid esters, preferably esters of fatty acids having 8 to 22 carbon atoms, for example, sorbitan octanoate ester, sorbitan tanker prills acid ester, sorbitan tanker purine ester, sorbitan laurate, sorbitan myristate, sorbitan Rumi Chin acid esters and the like.
HLBが1〜7のポリエーテル変性シリコーンとしては、ポリエーテル基としてEOの数平均付加モル数が10〜20及びPOの数平均付加モル数が1〜10のポリオキシエチレンポリオキシプロピレン基を有するものが好ましく、例えば、セチルジメチコンコポリオール(セチルPEG/PPG−10/1ジメチコン)等が挙げられる。 The polyether-modified silicone having an HLB of 1-7 and a number average molar number of addition of a number average molar number of addition of EO as polyether groups from 10 to 20 and PO have 1-10 polyoxyethylene polyoxypropylene group those are preferred, for example, such as cetyl dimethicone copolyol (cetyl PEG / PPG-10/1 dimethicone) and the like.

中でも、HLBが1〜7のノニオン界面活性剤としては、ポリオキシエチレンジ脂肪酸エステル、モノグリセリンモノ脂肪酸エステル、モノグリセリンジ脂肪酸エステル、ジグリセリンモノ脂肪酸エステル、ポリエーテル変性シリコーンが好ましく、ポリエーテル変性シリコーンがより好ましい。 Among them, the nonionic surfactant having an HLB of 1-7, polyoxyethylene di-fatty acid esters, monoglycerol fatty acid monoester, monoglycerol difatty acid esters, diglycerin mono fatty acid esters, polyether-modified silicones are preferred, polyether-modified silicone is more preferable. W/O型マイクロエマルションとして、このようなHLBが1〜7のノニオン界面活性剤を含むマイクロエマルションを使用すると、固体石けん組成物の泡質及び泡の持続性がより良好となるため好ましい。 As W / O microemulsions, when such HLB uses microemulsions comprising a nonionic surfactant having 1 to 7, preferably for foam quality and persistence of the foam solid soap composition becomes better. また、固体せっけん組成物の泡立ちが向上し、速泡性、起泡性が向上するため好ましい。 Moreover, it improved foaming solid soap composition, rapid lathering, preferably for improving foaming property.

W/O型マイクロエマルションにおける成分(b2)としては、上述したO/W型マイクロエマルションに使用される成分(b2)と同じものが挙げられ、適宜選択することができる。 As component (b2) in the W / O microemulsion, same ones mentioned as the component (b2) used in the O / W microemulsion described above, it can be appropriately selected. 成分(b2)は1種使用してもよく、2種以上を組合わせて使用してもよい。 Component (b2) may be used alone or may be used in combination of two or more thereof. 中でも、融点が60℃以下のものが好ましく、50℃以下のものがより好ましく、植物油がより好ましく、例えば、オリーブオイル、ホホバオイル、アルガンオイル等がさらに好ましい。 Among them, preferred is a melting point of 60 ° C. or less, more preferably those of 50 ° C. or less, more preferably vegetable oils such as olive oil, jojoba oil, argan oil, etc. are more preferred.

W/O型マイクロエマルションの場合、成分(b1)の含量は、0.15〜10質量%がより好ましく、0.5〜5質量%がさらに好ましい。 For W / O microemulsion, the content of component (b1), and more preferably from 0.15 to 10 wt%, more preferably 0.5 to 5 mass%. 成分(b2)の含量は、60〜99質量%がより好ましく、70〜99質量%がさらに好ましい。 The content of component (b2), more preferably from 60 to 99 wt%, more preferably 70 to 99 wt%. 成分(b3)の含量は、0.05〜5質量%が好ましく、0.07〜1質量%がさらに好ましい。 The content of component (b3), preferably from 0.05 to 5 wt%, more preferably 0.07 to 1 mass%.

本発明におけるマイクロエマルション(O/W型及びW/O型)には、本発明の効果を損なわない限り、上記の成分(b1)〜(b3)以外の任意成分を適宜配合することができる。 Microemulsion (O / W type and W / O type) in the present invention, as long as they do not impair the effects of the present invention, can be appropriately compounded optional components other than the aforementioned components (b1) ~ (b3).
例えば、マイクロエマルションは、さらに(b4)炭素数1〜4の1価のアルコール(以下、成分(b4)ともいう)を含むことが好ましい。 For example, microemulsion, additionally (b4) 1 monohydric alcohol having 1 to 4 carbon atoms preferably includes a (hereinafter, component (b4) also referred to). 成分(b4)は、界面活性剤、油性成分の溶剤として好適に使用される。 Component (b4), the surfactant, is preferably used as a solvent for the oil component. 成分(b4)を使用すると、マイクロエマルションがより形成されやすく、安定となるため好ましい。 With component (b4), easily microemulsion is more formed, which is preferable stable. 炭素数1〜4の1価のアルコールとして、例えば、メタノール、エタノール、n−プロパノール、イソプロパノール、ブタノール等が挙げられる。 As the monovalent alcohol having 1 to 4 carbon atoms, such as methanol, ethanol, n- propanol, isopropanol, butanol and the like. これらは1種使用してもよく、2種以上を組合わせて使用してもよい。 These may be used alone or may be used in combination of two or more thereof. 中でも、エタノールが好ましい。 Among them, ethanol is preferable.
マイクロエマルションが成分(b4)を含む場合、その含量は、マイクロエマルション中に0.01〜20質量%が好ましく、0.1〜20質量%がより好ましく、1〜20質量%とすることがより好ましく、2〜15質量%がさらに好ましい。 If microemulsion comprising component (b4), the content is 0.01 to 20 mass% is preferable in the microemulsion, and more preferably from 0.1 to 20 mass%, more that 1 to 20 wt% preferably, more preferably 2 to 15 mass%.

マイクロエマルションは、さらに(b5)多価アルコール(以下、成分(b5)ともいう)を含有していてもよい。 Microemulsions further (b5) a polyhydric alcohol (hereinafter also referred to as component (b5)) may contain. マイクロエマルションは、成分(b4)及び/又は(b5)を含むことが好ましい。 Microemulsion preferably contains a component (b4) and / or (b5). 多価アルコールは、例えば、炭素数が2〜10の多価アルコールが好ましく、より好ましくは炭素数が2〜8、さらに好ましくは炭素数が2〜6、特に好ましくは炭素数が2〜4の多価アルコールである。 Polyhydric alcohols, for example, is preferably a polyhydric alcohol having 2 to 10 carbon atoms, more preferably a carbon number from 2 to 8, more preferably the number is 2 to 6, particularly preferably 2 to 4 carbon atoms atoms it is a polyhydric alcohol.
成分(b5)は、界面活性剤、油性成分の溶剤として好適に使用される。 Component (b5), the surfactant, is preferably used as a solvent for the oil component. 成分(b5)を使用すると、マイクロエマルションがより形成されやすく、安定となるため好ましい。 With component (b5), easily microemulsion is more formed, which is preferable stable. 多価アルコールは、化粧料等に配合できる2個以上の水酸基を有する化合物が好ましく、例えば、エチレングリコール、1,2−プロパンジオール(プロピレングリコール)、1,3−プロパンジオール(プロパンジオール)、1,2−ブチレングリコール、1,3−ブチレングリコール、1,4−ブチレングリコール、2,3−ブチレングリコール、ジプロピレングリコール等の2価のアルコール;グリセリン(グリセロール)等の3価のアルコール;ジグリセリン等の4価のアルコール等が挙げられる。 Polyhydric alcohol is preferably a compound having two or more hydroxyl groups can be incorporated into cosmetics, such as ethylene glycol, 1,2-propanediol (propylene glycol), 1,3-propanediol (propanediol), 1 , 2-butylene glycol, 1,3-butylene glycol, 1,4-butylene glycol, 2,3-butylene glycol, a dihydric alcohol such as dipropylene glycol; trihydric alcohols such as glycerin (glycerol); diglycerin include tetravalent alcohol and the like. これらは1種使用してもよく、2種以上を組合わせて使用してもよい。 These may be used alone or may be used in combination of two or more thereof. 中でも、2価又は3価のアルコールが好ましく、1,3−プロパンジオール、1,3−ブチレングリコール等が好ましい。 Among these, divalent or trivalent alcohols are preferred, 1,3-propanediol, 1,3-butylene glycol are preferable.
マイクロエマルションが、成分(b5)を含む場合、その含量は、マイクロエマルション中に0.01〜20質量%が好ましく、0.1〜20質量%が好ましく、1〜20質量%とすることがより好ましく、2〜15質量%がさらに好ましい。 Microemulsion, when comprising component (b5), the content is 0.01 to 20 mass% is preferable in the microemulsion is preferably 0.1 to 20 mass%, more that 1 to 20 wt% preferably, more preferably 2 to 15 mass%.
マイクロエマルションが成分(b4)及び/又は成分(b5)を含む場合、一態様においては、マイクロエマルション中に、成分(b4)及び成分(b5)の合計含量が0.01〜30質量%が好ましく、0.02〜30質量%が好ましく、0.1〜25質量%がより好ましく、0.2〜25質量%がより好ましく、1〜25質量%がさらに好ましく、2〜20質量%がさらに好ましい。 If microemulsion comprising component (b4) and / or component (b5), in one embodiment, in the microemulsion, component (b4) and total content of 0.01 to 30% by weight of component (b5) is preferably , preferably 0.02 to 30 wt%, more preferably from 0.1 to 25 wt%, more preferably from 0.2 to 25 mass%, more preferably 1 to 25 wt%, more preferably 2-20 wt% .

マイクロエマルションは、上記成分の他に、必要に応じて、保湿剤、エモリエント剤、カチオン界面活性剤、増粘剤、pH調整剤、酸化防止剤、防腐剤、香料、色素、植物抽出物等の任意成分の1種又は2種以上を含有してもよい。 Microemulsion, in addition to the above components, if necessary, humectants, emollients, cationic surfactants, thickeners, pH adjusting agents, antioxidants, preservatives, perfumes, dyes, etc. plant extracts it may contain one or more optional ingredients. マイクロエマルションは、両性界面活性剤を含有してもよいが、一態様においては、両性界面活性剤を含有しないことが好ましい。 Microemulsions may contain an amphoteric surfactant but, in one aspect, it is preferred not to contain an amphoteric surfactant. 両性界面活性剤を含有すると、マイクロエマルションの安定性が低下しやすい場合がある。 When containing an amphoteric surfactant, the stability of the microemulsion which may easily lowered.

本発明におけるマイクロエマルションは、上記の界面活性剤、油性成分及び水を含む、熱力学的に安定な一相系の組成物である。 Microemulsion in the present invention, the surfactant comprises an oil component and water, is thermodynamically stable compositions of the one-phase system. 本発明におけるマイクロエマルションは、その性状としては、通常、透明又は半透明の外観であり、また、配合する全ての成分が均一に溶解している一相状態の溶液である。 Microemulsion in the present invention, as its properties, usually, a transparent or translucent appearance, also a one-phase solution state in which all the components to be blended are uniformly dissolved. 一相であることは、通常目視により確認できる。 It is one phase can be confirmed by ordinary visual inspection.
一態様において、本発明におけるマイクロエマルションは、分散粒子の平均粒径が10〜200nmが好ましく、30〜150nmがより好ましい。 In one embodiment, microemulsion in the present invention has an average particle size of the dispersed particles is preferably 10 to 200 nm, 30 to 150 nm is more preferable. ここでいう平均粒径とは、レーザー回折/散乱法にて測定した値であって、散乱光強度分布による中位粒径(D50)をいう。 The average particle diameter referred to here is a value measured by a laser diffraction / scattering method, referred median particle size due to scattered light intensity distribution (D50). 分散粒子の平均粒径が上記範囲であると、通常、マイクロエマルションが透明又は半透明となるため好ましい。 When the average particle diameter of the dispersed particles is within the above range, typically preferred because microemulsion is transparent or translucent.

<マイクロエマルションの調製方法> <A process for the preparation of microemulsion>
マイクロエマルションの調製方法は特に限定されない。 Process for the preparation of the microemulsion is not particularly limited. 例えば、以下に記載する方法を用いることができる。 For example, it is possible to use the methods described below.
(1)マイクロエマルションの内相に含まれる成分を秤量し、混合し攪拌することにより均一な内相成分の溶液を調製する。 (1) it was weighed components contained in the internal phase of the microemulsion, to prepare a solution of the homogeneous inner phase components by mixing and stirring. この際に、必要に応じて加熱してもよい。 At this time, it may be heated if necessary. 特に、内相に該当する成分に固体状のものを含む場合には、加熱して充分に溶解させることが好ましい。 Particularly, when the component corresponding to the internal phase include those solid, it is preferable to sufficiently dissolved by heating.
(2)外相に該当する成分を秤量する。 (2) Weigh component corresponding to the outer phase. この際に必要に応じて加熱してもよく、外相に該当する成分に固体状のものを含む場合には、加熱して充分に溶解させて均一な外相成分の溶液としておくことが好ましい。 This time may be heated if necessary, in the case including those solid into components corresponding to the external phase, it is preferable to prepare a solution of the homogeneous external phase components sufficiently dissolved by heating.
(3)(2)の外相成分の溶液を撹拌しながら、(1)で調製した内相成分の溶液を徐々に添加する。 (3) stirring the solution of the external phase components (2), is added slowly a solution of internal phase component prepared in (1).
(4)目視で一相になるまで撹拌する。 (4) it is stirred until it is phase visually.
上記(4)において、目視で一相(透明又は半透明、やや青白い場合もある)であれば、通常マイクロエマルションが形成されている。 In the above (4), if one phase visually (transparent or translucent, sometimes slightly pale) generally microemulsion is formed. 所望により、マイクロエマルションを所定のpH(好ましくは9〜11)に調製する工程を行ってもよい。 If desired, it may be carried out preparing a microemulsion in a predetermined pH (preferably 9-11).
上述した所望により添加し得る任意成分(成分(b4)、成分(b5)等)は、内相成分の溶液を調製する際に混合して配合されるか、又は、外相成分の溶液を調製する際に混合して配合される。 Optional ingredients which may be added optionally as described above (component (b4), component (b5), etc.), or be formulated by mixing in preparing the solution of the internal phase component, or to prepare a solution of the external phase components They are formulated by mixing at the time.

例えば、O/W型マイクロエマルションの場合は、通常、成分(b1)及び(b2)を内相に該当する成分として使用し、成分(b3)を外相に該当する成分として使用する。 For example, in the case of O / W microemulsion, typically using the ingredients (b1) and (b2) as a component corresponding to the internal phase, used as a component corresponding to component (b3) to the outer phase.
O/W型マイクロエマルションを調製する際は、まず、成分(b1)及び(b2)を混合して成分(b1)及び(b2)を含む均一な溶液を調製する。 In preparing an O / W microemulsion is first to prepare a homogeneous solution comprising components (b1) and (b2) mixing with component (b1) and (b2). 該溶液を調製する際には、必要に応じて加熱してもよい。 In preparing the solution may be heated as necessary. 次いで、成分(b3)を撹拌しながら、成分(b1)及び(b2)を含む均一な溶液を徐々に添加する。 Then, while stirring component (b3), gradually added a homogeneous solution containing components (b1) and (b2). 添加後、撹拌することにより、O/W型マイクロエマルションを得ることができる。 After the addition, the stirring can be obtained an O / W microemulsion.
所望により添加し得る任意成分(成分(b4)、(b5)等)は、成分(b1)及び(b2)を含む溶液を調製する際に混合して配合されるか、又は、成分(b3)に混合して配合される。 Optional ingredients that optionally may be added (component (b4), (b5), etc.), the components (b1) and either formulated by mixing in preparing a solution containing (b2), or component (b3) They are formulated by mixing the. O/W型マイクロエマルションにおいて内相(油性相)に任意成分を配合する場合には、成分(b1)及び(b2)を含む溶液を調製する際に、成分(b1)及び(b2)に加えて任意成分を混合すればよい。 When the O / W microemulsion blending optional ingredients inner phase (oily phase), in preparing a solution containing the component (b1) and (b2), in addition to the component (b1) and (b2) it may be mixed with optional ingredients Te. 外相(水性相)に任意成分を配合する場合には、成分(b3)の水に任意成分を混合すればよい。 When blending the optional ingredients outer phase (aqueous phase) may be mixed optional ingredients in water of component (b3).
W/O型マイクロエマルションの場合は、通常、成分(b1)及び(b3)を内相(水性相)に該当する成分として使用し、成分(b2)を外相(油性相)に該当する成分として使用し、上記方法により調製することができる。 For W / O microemulsions, usually as a component using the component (b1) and (b3) as the component corresponding to the internal phase (aqueous phase), the appropriate component (b2) to the outer phase (oil phase) it can be used, prepared by the above method.

<固体石けん組成物> <Solid soap composition>
本発明の固体石けん組成物は、(A)石けん素地及び(B)マイクロエマルションを含有する固体石けん組成物である。 Solid soap composition of the present invention is a solid soap composition containing (A) soap base and (B) microemulsions. マイクロエマルションは、1種使用してもよく、2種以上を組合わせて使用してもよい。 Microemulsions may be used alone or may be used in combination of two or more thereof. 本発明の固体石けん組成物は、(A)石けん素地及び(B)マイクロエマルションを含有するが、マイクロエマルションは、固体石けん組成物中に均一に分散していることが好ましい。 Solid soap composition of the present invention contains (A) soap base and (B) micro-emulsions, microemulsions are preferably uniformly dispersed in the solid soap composition.
本発明の固体石けん組成物は、機械練石けん(機械練石けん組成物)、枠練石けん(枠練石けん組成物)のいずれにも適用することができる。 Solid soap composition of the present invention, mechanical kneading soap (mechanical kneading soap composition), can be applied to any of the frame kneading soap (frame paste soap composition).

固体石けん組成物中の(A)石けん素地の配合量(配合割合)は、通常20〜99質量%とすることができ、好ましくは20〜95質量%、より好ましくは22〜90質量%、さらに好ましくは25〜88質量%である。 Solid soap composition of (A) the amount of soap base (mixing ratio) is usually be a 20 to 99% by weight, preferably from 20 to 95 wt%, more preferably 22 to 90 mass%, further preferably from 25 to 88 wt%.
一態様として、例えば機械練石けんの場合、石けん素地の配合量は、固体石けん組成物中に50〜99質量%が好ましく、60〜95質量%がより好ましく、65〜90質量%がさらに好ましく、70〜88質量%が特に好ましい。 In one aspect, for example, in the case of mechanical mixing soap, the amount of the soap base is preferably 50 to 99 mass% in the solid soap composition, more preferably from 60 to 95 wt%, more preferably 65 to 90 wt%, 70-88% by weight is particularly preferred. 泡立ちがよくなる観点からは、(A)石けん素地の配合量は多い方がよいが、石けん素地が多いと皮脂等を落とす洗浄力が強くなるため、皮膚に負担がかかる場合や、洗いあがり後の皮膚のつっぱり感が問題となる場合がある。 From the viewpoint of foaming is improved, the amount of (A) soap base is better in many cases, but since the detergency soap base is large and lowering the sebum becomes strong, or if it takes a burden on the skin, after washing up there is a case in which tightness of the skin becomes a problem. (A)石けん素地の配合量が上記範囲であると、固体石けん組成物の泡立ちが良好であるうえ、所望により固体石けん組成物に保湿作用を有する成分等を配合することができる。 If the amount of (A) soap base is in the above range, after foaming of the solid soap composition is good, it can be blended component such as having a moisturizing effect to the desired solid soap composition. このため、洗い上がり等の使用感などをより向上させることができ好ましい。 Therefore, preferably it is possible to further improve the like feeling such as washing up. 一態様として、枠練石けんの場合は、石けん素地の配合量は、固体石けん組成物中に20〜70質量%が好ましく、20〜65質量%がより好ましく、20〜60質量%がさらに好ましく、22〜50質量%がさらにより好ましく、25〜45質量%が特に好ましい。 In one aspect, if the frame kneading soap, the amount of the soap base is preferably 20 to 70 mass% in the solid soap composition, more preferably from 20 to 65 wt%, more preferably 20 to 60 wt%, even more preferably from 22 to 50 mass%, particularly preferably 25 to 45 wt%.

(B)マイクロエマルションの配合量は、固体石けん組成物の泡質が良好であることから、例えば、固体石けん組成物中に0.15質量%以上が好ましく、0.2質量%以上又は0.25質量%以上がより好ましく、0.3質量%以上がさらに好ましい。 (B) The amount of the microemulsion, since foam quality solid soap composition is good, for example, preferably not less than 0.15 mass% in the solid soap composition, 0.2 wt% or 0. more preferably at least 25 wt%, more preferably at least 0.3 mass%. また、マイクロエマルションの配合量は、例えば、固体石けん組成物中に12質量%以下が好ましく、10質量%以下がより好ましく、5質量%以下、4質量%以下又は3質量%以下がさらに好ましい。 The amount of the microemulsion, for example, preferably 12 wt% or less in the solid soap composition, more preferably 10 wt% or less, 5 wt% or less, more preferably 4 wt% or less, or 3 wt% or less. これらの下限値と上限値とは任意に組み合わせることができる。 These can be combined arbitrarily and lower and upper limits.

一態様において、(B)マイクロエマルションの配合量は、固体石けん組成物中に0.15〜12質量%とすることが好ましく、0.15〜10質量%がより好ましい。 In one embodiment, the amount of (B) microemulsion is preferably in the 0.15 to 12 mass% in the solid soap composition, more preferably 0.15 to 10 mass%. マイクロエマルションの配合量が上記範囲であると、固体石けん組成物の泡質が良好であるため好ましい。 If the amount of the microemulsion is in the range, for foam quality solid soap composition is good preferred. また、固体石けん組成物を製造する際に、成型性が良好であり、機械練法及び枠練法のいずれの方法も採用できるため好ましい。 Further, in preparing the solid soap composition, good moldability, preferred because it can adopt any method of mechanical mixing method and Wakuneri method. 一態様において、マイクロエマルションの配合量の上限を固体石けん組成物中に5質量%以下とすることも好ましい。 In one embodiment, it is also preferably 5 mass% or less in the upper solid soap composition in the amount of the microemulsion. マイクロエマルションの配合量が5質量%以下であると、固体石けん組成物を製造する際に成型性がより良好となる。 If the amount of the microemulsion is 5 wt% or less, moldability becomes better in preparing the solid soap composition. マイクロエマルションの配合量は、固体石けん組成物中に0.15〜5質量%であることがさらに好ましい。 The amount of the microemulsion is more preferably a 0.15 to 5% by weight to a solid soap composition. マイクロエマルションの配合量が上記範囲であると、固体石けん組成物の泡質が良好であり、弾力性及び糸曳性を有する泡となる。 If the amount of the microemulsion is in the above range, the foam quality of the solid soap composition is good, the foam having elasticity and yarn 曳性. また、泡の持続性が良好である。 In addition, it is good persistence of foam. また、固形石けん組成物を製造する際の成型性も良好である。 Further, moldability in the production of the solid soap composition is also good. 一態様において、マイクロエマルションの配合量は、固体石けん組成物中に0.15〜4質量%がさらにより好ましく、0.2〜3質量%が特に好ましい。 In one embodiment, the amount of microemulsion, even more preferably from 0.15 to 4% by weight to a solid soap composition, particularly preferably from 0.2 to 3 wt%. また、一態様として、マイクロエマルションの配合量は、0.2〜5質量%が好ましく、0.25〜4質量%がより好ましく、0.25〜3質量%がさらに好ましい。 As one form, the amount of the microemulsion is preferably 0.2 to 5 wt%, more preferably from 0.25 to 4 wt%, more preferably 0.25 to 3 wt%. 2種以上のマイクロエマルションを使用する場合には、マイクロエマルションの配合量は、それらの合計である。 When using two or more microemulsions, the amount of the microemulsion is their total.

固体石けん組成物中の(A)石けん素地と(B)マイクロエマルションとの配合比率は、質量比で(B)/(A)が、好ましくは1/2000以上、1/1500以上又は1/1000以上、より好ましくは1/600以上、1/500以上又は1/400以上、さらに好ましくは1/350以上、特に好ましくは1/300以上である。 Solid soap composition of (A) mixing ratio of the soap base and (B) microemulsion, a mass ratio (B) / (A), preferably 1/2000 or more, 1/1500 or more or 1/1000 or more, more preferably 1/600 or more, 1/500 or more or 1/400 or more, more preferably 1/350 or more, and particularly preferably 1/300 or more. また、上記の質量比(B)/(A)は、好ましくは1/15以下、より好ましくは1/18以下、1/20以下又は1/25以下、さらに好ましくは1/50以下、特に好ましくは1/60以下である。 The mass ratio of the (B) / (A) is preferably 1/15 or less, more preferably 1/18 or less, 1/20 or less or 1/25 or less, more preferably 1/50 or less, particularly preferably it is 1/60 or less. これらの下限値と上限値とは任意に組み合わせることができる。 These can be combined arbitrarily and lower and upper limits.
一例として、固体石けん組成物中の(A)石けん素地と(B)マイクロエマルションとの配合比率は、質量比で(B)/(A)が1/2000〜1/15が好ましく、1/1500〜1/15がより好ましく、1/1000〜1/15がより好ましく、1/1000〜1/18がより好ましく、1/1000〜1/20がさらに好ましく、1/1000〜1/50がさらにより好ましく、1/600〜1/60、1/500〜1/60、1/400〜1/60、1/350〜1/60又は1/300〜1/60が特に好ましい。 As an example, the solid soap composition of (A) mixing ratio of the soap base and (B) microemulsion, a mass ratio (B) / (A) is preferably 1 / 2,000 to 1/15, 1/1500 more preferably to 1/15, more preferably from 1 / 1,000 to 1/15, more preferably from 1 / 1,000 to 1/18, more preferably 1 / 1,000 to 1/20, 1 / 1000-1 / 50 is more more preferably, 1 / 600-1 / 60, / 500 to 1/60, / 400-1 / 60, / 350-1 / 60 or 1/300 to 1/60 are particularly preferred. また、一態様において、固体石けん組成物中の(A)石けん素地と(B)マイクロエマルションとの配合比率は、質量比で(B)/(A)が1/600〜1/15が好ましく、1/500〜1/15が好ましく、1/400〜1/20がより好ましく、1/350〜1/25がさらに好ましく、1/300〜1/25が特に好ましい。 Also, in one embodiment, the solid soap composition of (A) mixing ratio of the soap base and (B) microemulsion, a mass ratio (B) / (A) is preferably 1 / 600-1 / 15, preferably 1/500 to 1/15, more preferably 1 / 400-1 / 20, more preferably from 1 / 350-1 / 25, 1/300 to 1/25 are particularly preferred.
固体石けん組成物中の石けん素地及びマイクロエマルションの配合比率が上記範囲であると、泡質がより良好であり、弾力性及び糸曳性を有する泡となる。 If the mixing ratio of the soap base and microemulsions solid soap composition is within the above range, foam quality is better, the foam having elasticity and yarn 曳性. また、泡の持続性が良好であるため好ましい。 Also preferred for persistence of foam is good.

本発明における好ましい態様の一例として、例えば、(A)石けん素地としてラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸及びイソステアリン酸(より好ましくはラウリン酸、ミリスチン酸及びパルミチン酸)からなる群より選択される少なくとも1種の飽和脂肪酸のアルカリ塩を、(B)マイクロエマルションとして、以下のO/W型マイクロエマルション及び/又はW/O型マイクロエマルションを含有する固体石けん組成物が挙げられる。 An example of a preferred embodiment of the present invention, for example, be selected from the group consisting of (A) laurate as soap base, myristic acid, palmitic acid, stearic acid, and isostearic acid (more preferably lauric acid, myristic acid and palmitic acid) at least one alkali salts of saturated fatty acids that, (B) as a microemulsion, solid soap composition may be mentioned containing the following O / W microemulsion and / or W / O microemulsion.
(b1)におけるノニオン界面活性剤は、HLBが10〜20のノニオン界面活性剤であり、該HLBが10〜20のノニオン界面活性剤が、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンアルキルエーテル、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル、ポリオキシエチレングリセリン脂肪酸エステル、ポリオキシエチレン水添ヒマシ油、ポリグリセリン脂肪酸エステル及びポリエーテル変性シリコーン(より好ましくは、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル、ポリオキシエチレングリセリン脂肪酸エステル及びポリオキシエチレン水添ヒマシ油)からなる群より選択される少なくとも1種であり、 Nonionic surfactant in (b1) is, HLB is a nonionic surfactant of 10 to 20, the nonionic surfactant of the HLB is 10 to 20, polyoxyethylene alkyl ethers, polyoxyethylene polyoxypropylene alkyl ethers , polyoxyethylene sorbitan fatty acid esters, polyoxyethylene glycerin fatty acid esters, polyoxyethylene hydrogenated castor oil, polyglycerol fatty acid ester and polyether-modified silicones (more preferably, polyoxyethylene alkyl ethers, polyoxyethylene sorbitan fatty acid esters, is at least one selected from the group consisting of polyoxyethylene glycerin fatty acid esters and polyoxyethylene hydrogenated castor oil),
アニオン界面活性剤が、ポリオキシエチレンアルキルエーテルリン酸エステル塩、N―アシルグルタミン酸塩、及び、ポリオキシエチレンアルキルエーテルリン酸又はその塩からなる群より選択される少なくとも1種、より好ましくはポリオキシエチレンアルキルエーテルリン酸及びその塩の少なくとも1種であるO/W型マイクロエマルション; Anionic surfactant, polyoxyethylene alkyl ether phosphate salts, N- acyl glutamates, and, at least one selected from the group consisting of polyoxyethylene alkyl ether phosphoric acid or a salt thereof, more preferably polyoxy O / W microemulsions is at least one ethylene alkyl ether phosphates and salts thereof;
(b1)におけるノニオン界面活性剤は、HLBが1〜7のノニオン界面活性剤であり、該HLBが1〜7のノニオン界面活性剤が、ポリオキシエチレンジ脂肪酸エステル、モノグリセリンモノ脂肪酸エステル、モノグリセリンジ脂肪酸エステル、ジグリセリンモノ脂肪酸エステル及びポリエーテル変性シリコーンからなる群より選択される少なくとも1種、より好ましくはポリエーテル変性シリコーンであるW/O型マイクロエマルション Nonionic surfactant in (b1) is, HLB is a nonionic surfactant having 1 to 7, nonionic surfactant of the HLB of 1 to 7, polyoxyethylene di-fatty acid esters, monoglycerol fatty acid monoesters, mono glycerin di-fatty acid esters, at least one selected from the group consisting of diglycerol mono-fatty acid ester and polyether-modified silicone, more preferably W / O microemulsion is a polyether-modified silicone

固体石けん組成物は、本発明の効果を損なわない限り、さらに、(A)石けん素地及び(B)マイクロエマルション以外の成分(以下、その他の成分ともいう)を含有してもよい。 Solid soap compositions, as long as they do not impair the effects of the present invention may further contain (A) soap base and (B) other than the microemulsion component (hereinafter also referred to as other component). 例えば、保湿剤(湿潤剤)、エモリエント剤、殺菌剤、キレート剤、界面活性剤(乳化剤)、無機塩、安定化剤(酸化防止剤、紫外線吸収剤)、植物抽出物、香料、着色料(色素等)、水等の固体せっけんに使用し得る成分1種又は2種以上を配合することができる。 For example, humectants (wetting agents), emollients, bactericides, chelating agents, surfactants (emulsifiers), inorganic salts, stabilizers (antioxidants, ultraviolet absorbers), plant extracts, perfumes, colorants ( dyes), may be used in a solid soap water and the like may be blended one or more kinds components.

保湿剤として、ヒアルロン酸、コラーゲン、多価アルコール等が挙げられる。 As humectants, hyaluronic acid, collagen, polyhydric alcohol and the like. 多価アルコールとしては、例えば、グリセリン、プロピレングリコール、1,3−ブチレングリコール、ソルビトール、スクロース、トレハロース等が挙げられる。 Examples of the polyhydric alcohols, for example, glycerol, propylene glycol, 1,3-butylene glycol, sorbitol, sucrose and trehalose. 固体石けん組成物に多価アルコールを配合する場合、その配合量は、例えば機械練石けんであれば、固体石けん組成物中に好ましくは0.01〜2質量%、より好ましくは0.1〜1質量%である。 When blending the polyhydric alcohol to the solid soap composition, the amount thereof, for example if the machine mixing soap, preferably 0.01 to 2 mass% in the solid soap composition, more preferably 0.1 to 1 % by mass. 枠練石けんに多価アルコールを配合する場合、その配合量は、固体石けん組成物中に好ましくは20〜40質量%、より好ましくは25〜35質量%である。 When blending the polyhydric alcohol to the frame kneading soap, the amount thereof, preferably in solid soap composition is 20 to 40 wt%, more preferably from 25 to 35 wt%.

エモリエント剤として、例えば、上述した成分(b2)として使用される油性成分が挙げられる。 As emollient, for example, oily components that are used as the above-mentioned component (b2). 殺菌剤としては、例えば、トリクロロカルバニド、トリクロサン、イソプロピルメチルフェノール等が挙げられる。 The fungicides, e.g., trichlorocarbanilide Nido, triclosan, isopropyl methylphenol and the like.

キレート剤として、例えば、ペンテト酸五ナトリウム塩(ペンテト酸5Na)、エチドロン酸四ナトリウム塩(エチドロン酸4Na)、エチレンジアミン四酢酸又はその塩、クエン酸又はその塩等が挙げられる。 As chelating agents, for example, pentetic coral (5Na pentetic acid) sodium salt, etidronate tetrasodium salt (etidronate 4Na), ethylenediaminetetraacetic acid or salts thereof, citric acid or its salts and the like. 塩として、ナトリウム塩、カリウム塩が挙げられる。 As salts, sodium salts, potassium salts.
界面活性剤としては、上述したアニオン界面活性剤、ノニオン界面活性剤、カチオン界面活性剤が挙げられる。 As the surfactant, anionic surfactants as described above, nonionic surfactants, cationic surfactants. 例えば、アニオン界面活性剤として、アルキルエーテル硫酸エステル塩、ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸塩(ラウレス硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸ナトリウム)等が挙げられる。 For example, as anionic surfactants, alkyl ether sulfate, polyoxyethylene alkyl ether sulfate (sodium laureth sulfate, sodium lauryl sulfate), and the like. なお、石けん素地として使用される脂肪酸アルカリ塩及びマイクロエマルションの成分は、固体石けん組成物にその他の成分として使用される界面活性剤には含まれない。 Incidentally, components of the fatty acid alkali salts and microemulsions to be used as a soap base is not included in the surfactant used as other components in the solid soap composition.

無機塩としては、塩化ナトリウム、塩化カリウム、硫酸ナトリウム、炭酸ナトリウム等が挙げられる。 As the inorganic salts, sodium chloride, potassium chloride, sodium sulfate, sodium carbonate, and the like.
酸化防止剤として、例えば、トコフェロール(ビタミンE)、アスコルビン酸(ビタミンC)等が挙げられる。 As an antioxidant, e.g., tocopherol (vitamin E), ascorbic acid (vitamin C) and the like. 植物抽出物として、例えば、チャ葉エキス、ウーロン茶エキス等が挙げられる。 As plant extracts, for example, tea leaf extract, oolong tea extract, and the like. また、固体石けん組成物は、その他の成分として、炭素数8〜22の脂肪酸(好ましくは炭素数12〜18の脂肪酸、例えば、ステアリン酸、ラウリン酸、ミリスチン酸)、1価のアルコール(例えば、エタノール、プロパノール、ブタノール)を含有してもよい。 The solid soap composition as the other ingredients, (fatty acids 12 to 18, preferably carbon atoms, e.g., stearic acid, lauric acid, myristic acid) fatty acids having 8 to 22 carbon atoms, monovalent alcohols (e.g., ethanol, propanol, butanol) may contain.

固体石けん組成物が水を含有する場合、その配合量は、固体石けん組成物中に1〜30質量%が好ましい。 When a solid soap composition contains water, the amount thereof is preferably 1 to 30 mass% in the solid soap composition. この場合の水は、その他の成分として含まれる水である。 Water in this case is the water contained as other components. 機械練石けんの場合、水の配合量は、固体石けん組成物中に1〜20質量%が好ましく、1〜10質量%がより好ましい。 For mechanical mixing soap, the amount of water is preferably from 1 to 20 mass% in the solid soap composition, and more preferably 1 to 10 mass%. 枠練石けんの場合、水の配合量は、固体石けん組成物中に10〜30質量%が好ましく、15〜30質量%がより好ましい。 If the frame kneading soap, the amount of water is preferably from 10 to 30 mass% in the solid soap composition, more preferably 15 to 30 wt%. 水としては、上述した水道水、イオン交換水、蒸留水等を使用することができる。 The water can be used tap water as described above, ion-exchanged water, distilled water or the like.
その他の成分は、それぞれ1種又は2種以上を使用することができる。 Other components may be used one or two or more thereof. なお、上記にその他の成分の一例を挙げたが、これらはその作用又は性質に応じて、上記以外の目的で配合されてもよい。 Although to an example of other components above, these are in accordance with the action or nature, it may be formulated for any other purpose. 例えば、キレート剤として例示した物質を、殺菌剤として配合してもよく、安定化剤として配合してもよい。 For example, the substances exemplified above as a chelating agent, may be formulated as a disinfectant may be added as a stabilizer.

本発明の固体石けん組成物は、上記石けん素地及びマイクロエマルション、並びに、所望により配合されるその他の成分を配合した石けん素地組成物を用いて作製することができる。 Solid soap composition of the present invention, the soap base and microemulsions, as well, can be produced using the soap base composition containing other components blended as desired. 上記石けん素地組成物は、上記の成分を混錬することにより得ることができる。 It said soap base composition can be obtained by kneading the above ingredients.

本発明の固体石けん組成物の形態は特に限定されない。 Form of a solid soap composition of the present invention is not particularly limited. 例えば、固形状、シート状、粉末状又は顆粒状であることが好ましい。 For example, solid, sheet, is preferably powdered or granular.
本発明の固体石けん組成物は、例えば、顔、身体の皮膚の洗浄、毛髪の洗浄に使用することができる。 Solid soap composition of the present invention, for example, can be used face, wash the skin of the body, the cleaning of the hair. 例えば、皮膚洗浄用に好適に使用され、特に、メイク落とし用洗浄剤組成物として好適に使用される。 For example, it is suitably used for skin cleansing, in particular, is suitably used as a detergent composition for makeup.

<固体石けん組成物の製造方法> <Method of manufacturing a solid soap composition>
本発明の固体石けん組成物は、少なくとも、(A)石けん素地、及び、(B)以下の成分(b1)〜(b3)を含有するマイクロエマルションを混錬して石けん素地組成物を調製する工程を含む製造方法により製造することができる。 Solid soap composition of the present invention, at least, (A) soap base, and preparing the soap base composition was kneaded microemulsion containing (B) the following components (b1) ~ (b3) it can be produced by a production method including.
(b1)ノニオン界面活性剤及びアニオン界面活性剤からなる群より選択される少なくとも1種の界面活性剤(b2)少なくとも1種の油性成分(b3)水上記工程を含む固体石けん組成物の製造方法も、本発明の1つである。 (B1) a method of manufacturing nonionic surfactant and at least one surfactant selected from the group consisting of anionic surfactant (b2) solid soap composition comprising at least one oily component (b3) water above step it is also one of the present invention. 本発明の固体石けん組成物の製造方法(以下、単に本発明の製造方法ともいう)は、上述した本発明の固体石けん組成物の製造方法として好ましい。 Method for producing a solid soap composition of the present invention (hereinafter, simply referred to as the production method of the present invention) it is preferred as a method for manufacturing a solid-state soap composition of the present invention described above.
本発明の製造方法は、石けん素地組成物を調製する工程以外の工程を含んでいてもよく、例えば、マイクロエマルションを調製する工程等を含んでいてもよい。 Production method of the present invention may include a step other than the step of preparing the soap base composition, for example, it may include a step or the like for preparing the microemulsion.

本発明の製造方法における石けん素地及びマイクロエマルション並びにこれらの好ましい態様は、上述した本発明の固体石けん組成物におけるものと同じである。 Soap base and microemulsions as well as a preferred embodiment thereof in the production process of the present invention are the same as those in the solid soap composition of the present invention described above. 石けん素地として使用される脂肪酸アルカリ塩及びマイクロエマルションは、それぞれ1種使用してもよく、2種以上を組み合わせて使用してもよい。 Fatty acid alkali salts and microemulsions are used as soap base may each be used alone, it may be used in combination of two or more. 石けん素地組成物の調製においては、少なくとも(A)石けん素地及び(B)マイクロエマルションを混錬すればよく、これらの成分(A)及び(B)に加えて、所望により上述したその他の成分を配合してもよい。 In preparing the soap base composition may be kneaded least (A) soap base and (B) microemulsion, in addition to these components (A) and (B), the other components described above, if desired it may be blended. 石けん素地、マイクロエマルション等の各成分の配合量は、得られる固体石けん組成物中の配合量が上述した範囲となるように、石けん素地組成物に使用する各成分の配合量を適宜設定することが好ましい。 Soap base, the amount of each component such as a microemulsion, the amount of the solid soap composition obtained is such that the above-mentioned range, sets the amount of each component used soap base composition suitably It is preferred. 例えばマイクロエマルションの配合量は、一例として固体石けん組成物中に0.15〜12質量%が好ましく、0.15〜10質量%がより好ましく、0.15〜5質量%がさらに好ましく、0.15〜4質量%が特に好ましく、0.2〜3質量%が特に好ましい。 For example the amount of the microemulsion is preferably 0.15 to 12 mass% in the solid soap composition as an example, and more preferably from 0.15 to 10 wt%, more preferably 0.15 to 5 wt%, 0. particularly preferably 15-4 wt%, particularly preferably 0.2 to 3 wt%. 一態様においては、マイクロエマルションの配合量は、固体石けん組成物中に0.2〜5質量%が好ましく、0.25〜4質量%がより好ましく、0.25〜3質量%がさらに好ましい。 In one embodiment, the amount of the microemulsion is preferably 0.2 to 5 mass% in the solid soap composition, more preferably from 0.25 to 4 wt%, more preferably 0.25 to 3 wt%.
このような固体石けん組成物を製造する際のマイクロエマルションの配合量としては、例えば、石けん素地組成物中に0.15〜12質量%が好ましく、0.15〜10質量%がより好ましく、0.15〜5質量%がさらに好ましく、0.15〜4質量%が特に好ましく、0.2〜3質量%が特に好ましい。 The amount of the microemulsion in manufacturing such a solid soap composition, for example, preferably 0.15 to 12% by weight soap base composition, more preferably from 0.15 to 10 wt%, 0 more preferably .15~5 mass%, particularly preferably from 0.15 to 4% by weight, particularly preferably 0.2 to 3 wt%. 一態様においては、マイクロエマルションの配合量は、石けん素地組成物中に0.2〜5質量%が好ましく、0.25〜4質量%がより好ましく、0.25〜3質量%がさらに好ましい。 In one embodiment, the amount of the microemulsion is preferably 0.2 to 5% by weight soap base composition, more preferably from 0.25 to 4 wt%, more preferably 0.25 to 3 wt%.
また、得られる固体石けん組成物中の(B)/(A)の質量比が上述した範囲となるように、(A)石けん素地とマイクロエマルションとの配合比率を適宜設定することも好ましい。 Further, as the mass ratio of the solid soap composition obtained (B) / (A) is in the range described above, it is also preferable to appropriately set the mixing ratio of the (A) soap base and microemulsions.

石けん素地組成物を調製する工程においては、石けん素地及びマイクロエマルション、並びに、所望により配合されるその他の成分を混錬すればよい。 In the step of preparing the soap base composition, soap base and microemulsions, and may be kneaded other components blended as desired. 混錬は、成分が均一になるまで行うことが好ましい。 Kneading is preferably carried out until the component is uniform. これらの成分を混錬する順番も特に限定されない。 The order of kneading the components is not particularly limited. 混練の方法は特に限定されず、ミキサー等で攪拌して混錬すればよい。 The method of kneading is not particularly limited, and may be kneaded with stirring by a mixer or the like. また、石けん素地、マイクロエマルション等の原料は、1度に全量を添加してもよく、複数回に分けて添加してもよい。 Further, soap base, raw materials such as micro-emulsion may be added to a total volume of 1 degree, it may be added in several times. 例えば、石けん素地、マイクロエマルション及び所望により配合されるその他の成分を一度に混錬してもよく;石けん素地及びその他の成分を混錬した後、マイクロエマルションを加えて混錬してもよく;その他の成分の一部及び石けん素地を混錬した後、残りのその他の成分及びマイクロエマルションを加えて混錬してもよく;石けん素地及びマイクロエマルションを混錬した後、その他の成分を加えて混錬してもよい。 For example, soap base, may be kneaded at once and other components blended by microemulsion and optionally; After kneading the soap base and other components may be kneaded by adding the microemulsion; after kneading a part of the other ingredients and soap base may be kneaded by adding the rest of the other components and microemulsion; after kneading the soap base and microemulsions, in addition to other components it may be kneaded. 混錬の際に、所望により加熱を行ってもよい。 During kneading, it may be carried out optionally by heating.
上記工程により得られる石けん素地組成物に、枠練法、機械練法等の一般的な方法を適用することにより固体石けん組成物を得ることができる。 The soap base composition obtained by the above process, it is possible to obtain a solid soap composition by applying Wakuneriho, a general method such as mechanical mixing method.

例えば機械練法の場合は、石けん素地組成物をそのまま固体石けん組成物とすることができる。 For example, in the case of mechanical mixing method, it is possible to make the soap base composition as a solid soap composition. 例えば固形の石けん組成物とする場合は、石けん素地組成物を切断又は型打することにより、固形石けんの形状に加工することができる。 For example, in the case of a solid soap composition, by cutting or stamping the soap base composition, it can be processed into the shape of the bar soap. また、石けん素地組成物を粉砕し、さらに均一になるように混練することも好ましい。 Also, the soap base composition was pulverized, it is preferable to kneading so as to be more uniform. この場合は、その後、押し出し機で棒状等に押し出した後、所望の大きさに切断、又は、型打を行って固体石けん組成物を得ることができる。 In this case, then, after extrusion into a rod or the like in an extruder, cut to the desired size, or can perform stamping give a solid soap composition.
枠練法の場合は、石けん素地組成物を枠に流し込み、固化させた後、所望の大きさに切断することにより固体石けん組成物(枠練石けん組成物)を製造することができる。 For Wakuneri method, the soap base composition poured into the frame, after being solidified, it is possible to produce solid soap composition (frame kneading soap composition) by cutting into a desired size. 必要に応じて、固化の際には冷却してもよい。 If necessary, it may be cooled during solidification. 切断前又は切断後に、必要に応じてさらに乾燥させてもよく、切断後に型打を行ってもよい。 After cutting before or cutting may be further dried if necessary, it may be subjected to stamping after cutting.
固体石けん組成物を粉末状とする場合は、固形の石けん組成物を切断する等の方法により粉末状とすればよい。 If the solid soap composition as powder may be a powder by a method such as cutting the soap composition solids.

<固体石けん組成物の泡質改良剤> <Foam quality improving agent of the solid soap composition>
本発明の固体石けん組成物の泡質改良剤は、以下の成分(b1)〜(b3)を含有するマイクロエマルションを有効成分とする。 Foam quality improving agent of the solid soap composition of the present invention, as an active ingredient a micro-emulsion containing the following components (b1) ~ (b3).
(b1)ノニオン界面活性剤及びアニオン界面活性剤からなる群より選択される少なくとも1種の界面活性剤(b2)少なくとも1種の油性成分(b3)水本発明の固体石けん組成物の泡質改良剤(以下、単に泡質改良剤ともいう)を、固体石けん組成物に配合することにより、固体石けん組成物の泡質を改善することができる。 (B1) the foam quality improvement of the nonionic surfactant and at least one surfactant selected from the group consisting of anionic surfactant (b2) at least one solid soap composition oil component (b3) Water The invention agent (hereinafter, simply referred to as a foam quality improving agent), by blending the solid soap composition, can improve the foam quality of the solid soap composition. また、固体石けん組成物の泡の持続性を改善することができる。 Further, it is possible to improve the persistence of the foam solid soap composition. このため本発明の泡質改良剤を固体石けん組成物に配合することにより、泡質及び泡の持続性が良好な固体石けん組成物を得ることができる。 Therefore the foam quality improving agent of the present invention by blending the solid soap composition may be persistent foam quality and foam obtain good solid soap composition. 本発明の固体石けんの泡質改良剤は、石けん素地を用いて調製される固体石けん組成物に好適に使用される。 Foam improver solid soap of the present invention is suitably used in a solid soap compositions prepared using the soap base. 泡質改良剤は、泡質改善剤ということもできる。 Foam quality improving agent may also be referred to as foam quality improving agent.

本発明の泡質改良剤は、上記マイクロエマルションを含有する。 Foam quality improving agent of the present invention contains the above microemulsion.
本発明の泡質改良剤におけるマイクロエマルション及びその好ましい態様は、上述した固体石けん組成物に使用されるマイクロエマルション及びその好ましい態様と同じである。 Microemulsion and its preferred embodiments in the foam quality improving agent of the present invention is the same as microemulsions and its preferred embodiments are used in a solid soap composition described above.
泡質改良剤中、マイクロエマルションの含量は100質量%であってもよいが、本発明の効果を損なわない限り、所望により、他の成分を含んでいてもよい。 During foam quality improving agent, the content of the microemulsion may be 100 mass%, but as long as it does not impair the effects of the present invention, if desired, may contain other components.

一態様において、本発明の泡質改良剤により固体石けん組成物の泡質を改善する場合、固体石けん組成物の製造において、石けん素地に泡質改良剤を配合すればよい。 In one embodiment, the foam quality improving agent of the present invention may improve the foam quality of the solid soap composition, in the manufacture of a solid soap composition may be blended foam quality improving agent in soap base. 泡質改良剤の配合量は、固体石けん組成物中にマイクロエマルションが、上述した本発明の固体石けん組成物について述べた量含まれるように泡質改良剤を配合することが好ましい。 The amount of foam quality improving agent, a microemulsion to the solid soap composition is preferably be blended foam quality improving agent so as to include an amount as described for the solid soap composition of the present invention described above. 一例として、固体石けん組成物中にマイクロエマルションとして、0.15〜12質量%となるように、泡質改良剤を配合することが好ましい。 As an example, as a microemulsion in the solid soap composition, so that 0.15 to 12 wt%, it is preferable to blend the foam quality improvement agent. 一例として、泡質改良剤の配合量は、固体石けん組成物中にマイクロエマルションとして、0.15〜10質量%がより好ましく、0.15〜5質量%がさらに好ましく、0.15〜4質量%が特に好ましく、0.2〜3質量%が特に好ましい。 As an example, the amount of foam quality improving agent, as a microemulsion in the solid soap composition, more preferably from 0.15 to 10 wt%, more preferably 0.15 to 5 mass%, 0.15 to 4 mass % it is particularly preferred, particularly preferably 0.2 to 3 wt%. 一態様において、泡質改良剤の配合量は、マイクロエマルションの配合量として、固体石けん組成物中に0.2〜5質量%、0.25〜4質量%又は0.25〜3質量%等も好ましい。 In one embodiment, the amount of the foam quality improvement agent, as the amount of the microemulsion, solid soap composition in 0.2 to 5% by weight, 0.25 to 4 wt%, or 0.25 to 3 wt%, etc. It is also preferred.
固体石けん組成物の製造において、石けん素地に上記マイクロエマルションを添加する固体石けん組成物の泡質改善方法も、本発明に包含される。 In the production of a solid soap composition, foam quality improving method of solid soap composition adding the microemulsion to a soap base also encompassed by the present invention. 好ましくは、固体石けん組成物の製造において、石けん素地及び上記マイクロエマルションを混錬する。 Preferably, in the production of a solid soap composition, kneading the soap base and the microemulsion. 石けん素地は特に限定されず、上述したものなどを使用することができる。 Soap base is not particularly limited, may be used such as those described above. マイクロエマルションを使用することにより、固体石けん組成物の泡質及び泡の持続性を改善することができる。 The use of microemulsions, it is possible to improve the durability of the foam quality and foam solid soap composition.
また、本発明の泡質改良剤は、固体石けん組成物に配合せずに使用することもできる。 Further, foam quality improving agent of the present invention can also be used without blending the solid soap composition. 固体石けん組成物の使用時に、例えば、該組成物の希釈液等に泡質改良剤を添加して泡立てると、その泡質及び泡の持続性を改善することができる。 In use of a solid soap composition, for example, the whipping with the addition of foam quality improving agent in a diluent or the like of the composition, it is possible to improve the durability of the foam quality and foam. この場合の泡質改良剤の使用量は、例えば、固体石けん組成物及び泡質改良剤の合計量に対して、マイクロエマルションが好ましくは0.15〜12質量%、より好ましくは0.15〜10質量%、さらに好ましくは0.15〜5質量%、特に好ましくは0.15〜4質量%又は0.2〜3質量%となるように使用することが好ましい。 The amount of foam improver this case, for example, the total amount of the solid soap composition and foam quality improving agent, a microemulsion preferably 0.15 to 12 wt%, more preferably 0.15 to 10 wt%, more preferably from 0.15 to 5% by weight, particularly preferably it is preferred to use so that 0.15 to 4 mass%, or 0.2 to 3 wt%. 一態様において、泡質改良剤の使用量は、固体石けん組成物及び泡質改良剤の合計量に対して、マイクロエマルションとして0.2〜5質量%、0.25〜4質量%又は0.25〜3質量%も好ましい。 In one embodiment, the amount of foam quality improving agent, based on the total amount of the solid soap composition and foam quality improving agent, 0.2 to 5 wt% as a microemulsion, 0.25-4 wt%, or 0. 25-3% by weight is preferred.

本発明は、固体石けん組成物の泡質改良剤を製造するための、上記成分(b1)〜(b3)を含有するマイクロエマルションの使用も包含する。 The present invention, for producing a foam quality improving agent of the solid soap composition also encompasses the use of the microemulsion containing the components (b1) ~ (b3). 本発明は、上記成分(b1)〜(b3)を含有するマイクロエマルションの、固体石けん組成物の泡質を改善するための使用、も包含する。 The present invention encompasses a microemulsion containing the components (b1) ~ (b3), used to improve the foam quality of the solid soap composition, also. マイクロエマルションの好ましい態様、その使用方法等は、上述したものと同じである。 A preferred embodiment of the microemulsion, its use or the like are the same as those described above.

以下、本発明をより具体的に説明する実施例を示す。 Hereinafter, an embodiment of the present invention will be described more specifically. なお、本発明はこれらの実施例のみに限定されるものではない。 The present invention is not limited only to these examples. 実施例中、%及び部は、特に断らない場合はそれぞれ質量%及び質量部を意味する。 In the examples,% and parts are, if not otherwise specified means, respectively mass% and mass unit.

以下で使用した界面活性剤、油性成分等は以下の通りである。 Surfactants used in the following, the oily component and the like are as follows.
(界面活性剤) (Surfactant)
モノオレイン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.):商品名ノニオンOT−221、日油(株)製、表示名称ポリソルベート80、HLB15.7 Monooleate polyoxyethylene sorbitan (20E.O.): trade name Nonion OT-221, manufactured by NOF CORPORATION, INCI name Polysorbate 80, HLB15.7
イソステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル:商品名EMALEX GWIS−120、日本エマルジョン(株)製、表示名称イソステアリン酸PEG−20グリセリル、HLB13 Isostearate, polyoxyethylene glyceryl trade name EMALEX GWIS-120, Nihon Emulsion Co., INCI name isostearate PEG-20 glyceryl, HLB 13
ジPOE(8)(C12−15)アルキルエーテルリン酸:商品名NIKKOL DDP−8、日光ケミカルズ(株)製、表示名称ジ(C12−15)パレス−8リン酸、HLB11.5 Di POE (8) (C12-15) alkyl ether phosphoric acid: trade name NIKKOL DDP-8, Nikko Chemicals Co., Ltd., display name di (C12-15) Palace -8 phosphoric acid, HLB11.5
ポリオキシエチレンコレステリルエーテル:商品名EMALEX CS−10、日本エマルジョン(株)製、表示名称コレス10、HLB10 Polyoxyethylene cholesteryl ether: product name EMALEX CS-10, Nihon Emulsion Co., Ltd., display name correspondent 10, HLB10
ポリオキシエチレン(60)水添ヒマシ油:商品名NIKKOL HCO−60、日光ケミカルズ(株)製、表示名称PEG60水添ヒマシ油、HLB14.0 Polyoxyethylene (60) hydrogenated castor oil: trade name NIKKOL HCO-60, Nikko Chemicals Co., Ltd., INCI name PEG60 hydrogenated castor oil, HLB14.0
セチルジメチコンコポリオール(セチルPEG/PPG10−1ジメチコン):商品名ABIL EM 90、Evonik社製、HLB3.5 Cetyl dimethicone copolyol (cetyl PEG / PPG10-1 dimethicone): trade name ABIL EM 90, Evonik Co., HLB3.5
ポリオキシエチレンポリオキシプロピレン重合体:商品名NIKKOL PEN−4630、日光ケミカルズ(株)製、表示名称PPG−6デシルテトラデセス−30(ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル)、HLB12.0 Polyoxyethylene polyoxypropylene polymer: trade name NIKKOL PEN-4630, Nikko Chemicals Co., Ltd., INCI name PPG-6 decyltetradeceth -30 (polyoxyethylene polyoxypropylene decyl tetradecyl ether), HLB12.0
モノステアリン酸デカグルセリル:商品名NIKKOL Decaglyn 1−SV、日光ケミカルズ(株)製、表示名称ステアリン酸ポリグリセリル−10、HLB12.0 Monostearate Dekaguruseriru: Product Name NIKKOL Decaglyn 1-SV, Nikko Chemicals Co., Ltd., display name stearic acid polyglyceryl -10, HLB12.0
ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体:商品名DOW CORNING TORAY SS−2804、東レ(株)製、表示名称PEG−12ジメチコン、HLB13 Polyoxyethylene-methylpolysiloxane copolymer: trade name DOW CORNING TORAY SS-2804, Toray Co., INCI name PEG-12 dimethicone, HLB 13

(油性成分) (Oil component)
アルガンオイル:商品名Lipofructyl(登録商標) Argan LS 9779、BASF社製、表示名称アルガニアスピノサ核油エチルヘキサン酸セチル:商品名NS−CIO、日本精化(株)製オリーブ油:商品名NIKKOL オリーブ油、日光ケミカルズ(株)製ホホバオイル:商品名NIKKOL ホホバ油S、日光ケミカルズ(株)製、表示名称ホホバ種子油 Argan oil: trade name Lipofructyl (registered trademark) Argan LS 9779, BASF Corp., display name Alga near spinosa kernel oil cetyl ethylhexanoate Product name: NS-CIO, Nippon Fine Chemical Co., Ltd. olive oil trade name NIKKOL olive oil, Nikko Chemicals Co., Ltd., jojoba oil, trade name: NIKKOL jojoba oil S, Nikko Chemicals Co., Ltd., display name jojoba seed oil

(その他) (Other)
プロパンジオール(1,3−プロパンジオール):商品名Zemea(登録商標) Select プロパンジオール、DuPont Tate & Lyle Bio Products製ブチレングリコール:1,3−ブチレングリコール柑橘抽出物:商品名マンダリンクリア、一丸ファルコス(株)製、表示名称マンダリンオレンジ果皮エキス(成分:精製水、1,3−ブチレングリコール、チンピエキス) Propanediol (1,3-propanediol): trade name Zemea (TM) the Select propanediol, DuPont Tate & Lyle Bio Products Ltd. butylene glycol: 1,3-butylene glycol citrus extract: trade name Mandarin clear, Ichimaru Pharcos ( Ltd.), the display name mandarin orange peel extract (ingredients: purified water, 1,3-butylene glycol, Chinpiekisu)
マイクロエマルションの製造に使用した水は、イオン交換水である。 Water used in the preparation of the microemulsion is an ion-exchanged water.

固体石けん組成物の速泡性、起泡性及び排液時間の評価は、固体石けん組成物を石けん試料として用いて、以下の方法で行った。 Fast foaming solid soap composition, evaluation of foaming and drain time, the solid soap composition using as a soap samples was carried out in the following manner.
速泡性は、泡立ちの速さを表す。 Fast foaming represents the speed of the foaming. 起泡性は、泡の量を表す。 Foaming represents the amount of foam. 排液時間は、泡の持続性(クリーミィさ)を表す。 Drainage time represents persistence of foam (creamy of). 排液時間が長いほど、泡の持続性が良い。 As drainage time is long, a good persistence of foam.
(評価方法) (Evaluation method)
1)ジュースミキサー(商品名ジュースミキサー、型番JM−N−88、JIK型(株)ナカサ製)にイオン交換水又は水道水300mLを入れた(水温度:25℃)。 1) was placed juice mixer (trade name juice mixer, model number JM-N-88, JIK type (Ltd.) Nacasa Ltd.) ion exchange water or tap water 300mL (water temperature: 25 ℃). なお、同じ試験系(例えば実施例1及び比較例1の固体石けん組成物を比較する場合)では、同じ水(イオン交換水又は水道水)を使用して評価した。 In the same test system (for example, when comparing the solid soap composition of Example 1 and Comparative Example 1) were evaluated using the same water (deionized water or tap water).
2)1)に微粉末化した石けん試料を投入してサンプルとした。 2) 1) was charged fine powdered soap samples was used as a sample.
3)ジュースミキサーを回転させ、10秒後に泡の高さを測定し速泡性とした。 3) Rotate the juice mixer, foam height was measured velocity foaming after 10 seconds.
4)60秒後に回転を止め、泡の高さを測定し起泡性とした。 4) stopping the rotation after 60 seconds, it was foaming to measure the height of the foam.
5)60秒後からミキサー内で200mLに泡量(体積)が減するのに要する時間を排液時間(泡の持続性)とした。 5) and after 60 seconds foam volume to 200mL in a mixer (volume) drainage time the time required for reduction is a (persistent foam).
以下、提示する実施例のデータはn=3(3回)の実測値の平均数字である。 Hereinafter, the data of the embodiments presented are the average numbers of the measured values ​​of n = 3 (3 times).

<実施例1> <Example 1>
以下の方法により、表1に示す成分を含有するO/W型マイクロエマルション(O/W1−1)を調製した。 By the following method to prepare O / W microemulsion containing the ingredients shown in Table 1 (O / W1-1).
(1)内相の各成分を秤量し、混合して60℃に加温しながら撹拌し、均一な溶液を得た。 (1) Weigh the components of the internal phase, mixed and stirred while heating to 60 ° C., to obtain a homogeneous solution.
(2)上記(1)とは別の容器に、外相の各成分を秤量し、混合した。 In a separate vessel and (2) above (1), they were weighed each component of the external phase, and mixed.
(3)(2)で得られた混合液をスパーテルでしっかり撹拌しながら、(1)で得た溶液を徐々に添加した。 (3) while firmly stirring the mixture obtained in (2) with a spatula, it was slowly added a solution obtained in (1).
(4)添加終了後、約0.5分間撹拌し、目視で一相の透明なマイクロエマルションを得た。 (4) After completion of the addition, it stirred for about 0.5 minutes to produce a clear microemulsion single phase visually.

内相及び外相に表2〜3に示す各成分を使用した以外は、上記と同じ方法で、表2〜3に示す成分を含有するO/W型のマイクロエマルションO/W1−2〜O/W1−3を調製した。 Except for using components shown in Table 2-3 to internal and external phases, in the same manner as described above, the O / W type containing the ingredients shown in Table 2-3 microemulsion O / W1-2~O / W1-3 was prepared.

石けん素地を含有する下記組成の組成物(以下、組成物(I))及びマイクロエマルションO/W1−1〜O/W1−3を常温で均一になるまで混錬して石けん素地組成物を得た。 The composition of the following composition containing soap base (hereinafter, the composition (I)) to give the soap base composition was kneaded until uniform and microemulsion O / W1-1~O / W1-3 at room temperature It was. この石けん素地組成物を型打ち機により型打ちし、固体石けん組成物を得た。 This soap base composition stamped by stamping machine to obtain a solid soap composition. この固体石けん組成物は、機械練石けんである。 The solid soap composition is a mechanical mixing soap.

以降の実施例及び比較例等で使用した組成物(I)は、石けん素地(脂肪酸アルカリ塩)及びその他の成分(石けん素地及びマイクロエマルション以外の成分)を含む以下の組成の組成物である(下記の石けん素地及びその他の成分の含量(%)は、組成物(I)中の含量(%))。 Following examples and compositions used in Comparative Examples, etc. (I) is a composition of the following composition containing soap base (fatty acid alkali salt) and other components (components other than soap base and microemulsions) ( the content of the soap base and other components of the following (%), the content in the composition (I) (%)). 組成物(I)中に、石けん素地は86.5%含まれる。 In the composition (I), soap base is included 86.5%.
組成物(I)の組成(石けん素地) The composition of the composition (I) (soap base)
ミリスチン酸Na:32.7% Myristic acid Na: 32.7%
ミリスチン酸K:21.8% Myristic acid K: 21.8%
ラウリン酸Na:14.0% Lauric acid Na: 14.0%
ラウリン酸K:9.3% Lauric acid K: 9.3%
パルミチン酸Na:5.2% Palmitic acid Na: 5.2%
パルミチン酸K:3.5% Palmitic acid K: 3.5%
(その他の成分) (Other Components)
水:9.997% Water: 9.997%
ラウリン酸2.5% Lauric acid 2.5%
グリセリン:0.7% Glycerin: 0.7%
クエン酸:0.3% Citric acid: 0.3%
トコフェロール:0.003% Tocopherol: 0.003%

マイクロエマルション(ME)の配合量(%)は、固体石けん組成物中に(1)0.05%、(2)0.15%、(3)0.20%、(4)0.25%又は(5)0.30%とした。 Amount of microemulsion (ME) (%) is, the solid soap composition (1) 0.05%, (2) 0.15%, (3) 0.20%, (4) 0.25% or (5) it was 0.30%. このマイクロエマルションの配合量は、マイクロエマルションO/W1−1〜O/W1−3の合計(各マイクロエマルションは同量使用)である。 The amount of the microemulsion total microemulsion O / W1-1~O / W1-3 (each microemulsion same amount used) is. 例えば、(2)のマイクロエマルションの配合量が0.15%の場合は、組成物(I)を99.85部及びマイクロエマルションO/W1−1〜O/W1−3を各0.05部(合計0.15部)使用して石けん素地組成物を調製した。 For example, (2) When the amount of the microemulsion of 0.15%, the composition (I) 99.85 parts of microemulsion O / W1-1~O / W1-3 each 0.05 parts (total 0.15 parts) to prepare a soap base composition used.
実施例1で調製した(1)〜(5)の固体石けん組成物中のマイクロエマルション(ME)及び石けん素地の配合量を、以下に示す。 The amount of microemulsion (ME) and soap base solid soap composition of the prepared in Example 1 (1) to (5), shown below. ME/石けん素地の質量比を、カッコ内に示す。 The mass ratio of ME / soap base, shown in parentheses.
(1)ME0.05%及び石けん素地86.46%(ME/石けん素地=1/1729) (1) ME0.05% and soap base 86.46% (ME / soap base = 1/1729)
(2)ME0.15%及び石けん素地86.37%(ME/石けん素地=1/576) (2) ME0.15% and soap base 86.37% (ME / soap base = 1/576)
(3)ME0.20%及び石けん素地86.33%(ME/石けん素地=1/432) (3) ME0.20% and soap base 86.33% (ME / soap base = 1/432)
(4)ME0.25%及び石けん素地86.28%(ME/石けん素地=1/345) (4) ME0.25% and soap base 86.28% (ME / soap base = 1/345)
(5)ME0.30%及び石けん素地86.24%(ME/石けん素地=1/287) (5) ME0.30% and soap base 86.24% (ME / soap base = 1/287)

<比較例1> <Comparative Example 1>
実施例1において、マイクロエマルションを使用しなかったこと以外は、同じ方法により固体石けん組成物を得た。 In Example 1, except for not using the microemulsion to give a solid soap composition by the same method. この比較例1の固体石けん組成物は、組成物(I)から調製された固体石けん組成物である。 Solid soap composition of Comparative Example 1 is a solid soap composition prepared from the composition (I).

実施例1及び比較例1で調製した各固体石けん組成物0.5gを石けん試料として用いて、上記の方法で排液時間の評価を行った(サンプル中の石けん試料濃度:0.5g/300mL)。 Each solid soap composition 0.5g prepared in Example 1 and Comparative Example 1 used as a soap samples were evaluated for drainage time in the manner described above (soap sample concentration in the sample: 0.5g / 300 mL ). 結果を表4に示す。 The results are shown in Table 4. 排液時間増加率(%)は、比較例1の固体石けん組成物(マイクロエマルションを配合していない固体石けん組成物)の排液時間(T0)(秒)に対する、マイクロエマルションを配合した固体石けん組成物の排液時間(T1)(秒)の増加率であり、以下の計算により求めた。 For drainage time increase rate (%), the solid soap composition of Comparative Example 1 (microemulsion solid soap composition not blended) drainage time (T0) (in seconds), solid soap formulated microemulsion an increase rate of the drainage time (T1) (in seconds) of the composition was determined by the following calculation.
排液時間増加率(%)=100×(T1−T0)/T0 Drainage time increase rate (%) = 100 × (T1-T0) / T0

ME配合量が0%は、比較例1である。 ME amount 0% is a comparative example 1. 固体石けん組成物にマイクロエマルションを配合すると、排液時間が長くなった。 When formulating the microemulsion to the solid soap composition, drainage time is prolonged. 特に固体石けん組成物にマイクロエマルションを0.15質量%以上配合すると、排液時間が顕著に長くなった。 In particular, when formulating the microemulsion 0.15 mass% or more in the solid soap composition, drainage time becomes remarkably long.

<実施例2> <Example 2>
内相及び外相に表5に示す各成分を使用した以外は、実施例1と同じ方法により、表5に示す各成分を含有するO/W型マイクロエマルション(O/W2−1)を調製した。 Except for using components shown in Table 5 in the internal phase and external phase, in the same manner as in Example 1 to prepare an O / W microemulsion containing the components shown in Table 5 (O / W2-1) .

内相及び外相に表6に示す成分を使用した以外は、上記と同じ方法で、表6に示す各成分を含有するW/O型マイクロエマルション(W/O2−1)を調製した。 Except for using components shown in Table 6 in the internal phase and external phase, in the same manner as described above, to prepare a W / O microemulsion containing the components shown in Table 6 (W / O2-1).

組成物(I)(75.6部)、マイクロエマルションO/W2−1(0.15部)、マイクロエマルションW/O2−1(0.15部)、及び、その他の添加成分(乳化剤、エモリエント剤、湿潤剤、安定化剤、香料、着色料等を合計で24.1部)を常温で均一になるまで混錬して石けん素地組成物を得た。 Composition (I) (75.6 parts), microemulsion O / W2-1 (0.15 parts), microemulsion W / O2-1 (0.15 parts), and other additive components (emulsifiers, emollient agents, wetting agents, stabilizers, perfumes, and then kneaded until uniform coloring, etc. 24.1 parts) in total at room temperature to obtain a soap base composition. この石けん素地組成物を型打ち機により型打ちし、固体石けん組成物を得た。 This soap base composition stamped by stamping machine to obtain a solid soap composition. この固体石けん組成物中のマイクロエマルションの配合量は0.3%、石けん素地の配合量は65.4%であった(ME/石けん素地の質量比は1/218)。 0.3% The amount of the microemulsion of the solid soap composition, the amount of soap base was 65.4% (ME / mass ratio of the soap base is 1/218).
なお実施例及び比較例で使用したその他の添加成分は、石けん素地及びマイクロエマルションを含まない。 Still other additive components used in Examples and Comparative Examples do not include soap base and microemulsions.

上記の評価方法で、実施例2及び比較例1で調製した各固体石けん組成物について、速泡性、起泡性及び排液時間の評価を行った。 In the above evaluation method, for each solid soap composition prepared in Example 2 and Comparative Example 1, rapid lathering, the evaluation of the foamability and drainage time was performed. 石けん試料として、各固体石けん組成物1gを使用した(サンプル中の石けん試料濃度:1g/300mL)。 As soap sample was using each solid soap composition 1 g (soap sample concentration in the sample: 1g / 300mL). 結果を表7に示す。 The results are shown in Table 7. マイクロエマルションを配合した実施例2の固体石けん組成物は、比較例1の固体石けん組成物に比べて排液時間が長く、泡の持続性に優れていた。 Solid soap composition of Example 2 blended with the microemulsion has a long drainage times compared to the solid soap composition of Comparative Example 1, it was excellent in durability of the foam. また、実施例2の固体石けん組成物は、速泡性及び起泡性に優れていた。 The solid soap composition of Example 2 had excellent quick lathering and foaming properties.

<実施例3> <Example 3>
内相及び外相に表8〜10に示す各成分を使用した以外は、実施例1と同じ方法で、表8〜10に示す成分を含有する3種類のO/W型マイクロエマルション(O/W3−1〜O/W3−3)を調製した。 Except for using components shown in Table 8-10 to internal and external phases, in the same manner as in Example 1, containing the ingredients shown in Table 8-10 three O / W microemulsion (O / W3 -1~O / W3-3) was prepared. マイクロエマルションO/W2−1(0.15部)及びマイクロエマルションW/O2−1(0.15部)の代わりに、これらのマイクロエマルションO/W3−1〜O/W3−3をそれぞれ0.1部(合計0.3部)使用した以外は、実施例2と同様にして、固体石けん組成物を得た。 Instead of microemulsion O / W2-1 (0.15 parts) and microemulsion W / O2-1 (0.15 parts), these microemulsions O / W3-1~O / W3-3 respectively 0. 1 part except that (total 0.3 parts) was used, the same procedure as in example 2 to give a solid soap composition. この固体石けん組成物中のマイクロエマルションの配合量は0.3%、石けん素地の配合量は65.4%であった(ME/石けん素地の質量比は1/218)。 0.3% The amount of the microemulsion of the solid soap composition, the amount of soap base was 65.4% (ME / mass ratio of the soap base is 1/218).

上記の評価方法で、実施例3及び比較例1で調製した各固体石けん組成物について、速泡性、起泡性及び排液時間の評価を行った。 In the above evaluation method, for each solid soap composition prepared in Example 3 and Comparative Example 1, rapid lathering, the evaluation of the foamability and drainage time was performed. 石けん試料として、各固体石けん組成物1gを使用した(サンプル中の石けん試料濃度:1g/300mL)。 As soap sample was using each solid soap composition 1 g (soap sample concentration in the sample: 1g / 300mL). 結果を表11に示す。 The results are shown in Table 11.

<実施例4> <Example 4>
実施例1と同じ方法で3種類のO/W型マイクロエマルション(表1〜3に示す成分を含有するマイクロエマルションO/W1−1〜O/W1−3)を調製した。 Were prepared three kinds of O / W microemulsion in the same manner as in Example 1 (microemulsion O / W1-1~O / W1-3 containing the ingredients shown in Table 1-3). 石けん素地組成物の製造に、組成物(I)(86.0部)、マイクロエマルションO/W1−1〜O/W1−3をそれぞれ0.1部(合計0.3部)及びその他の添加成分(乳化剤、エモリエント剤、湿潤剤、安定化剤、香料、着色料等を合計で13.7部)を使用した以外は、実施例1と同様にして、固体石けん組成物を得た。 In the manufacture of soap base composition, the composition (I) (86.0 parts), microemulsion O / W1-1~O / W1-3 respectively 0.1 parts (total 0.3 parts) and adding other ingredients except for using (emulsifiers, emollients, wetting agents, stabilizing agents, perfumes, 13.7 parts in total of colorants, etc.), in the same manner as in example 1 to give a solid soap composition. この固体石けん組成物中のマイクロエマルションの配合量は固体石けん組成物中に0.3%、石けん素地の配合量は74.4%であった(ME/石けん素地の質量比は1/248)。 The solid soap composition amount of micro-emulsion in the 0.3% to the solid soap composition, the amount of soap base was 74.4% (ME / mass ratio of the soap base is 1/248) .

<比較例2> <Comparative Example 2>
組成物(I)(86.0部)及びその他の添加成分(乳化剤、エモリエント剤、湿潤剤、安定化剤、香料、着色料等を合計で13.7部)に、表1〜3に示すマイクロエマルションO/W1−1〜O/W1−3の成分(原料)を、マイクロエマルション化せずにそれぞれ0.1部(合計0.3部)使用した以外は、実施例4と同様にして固体石けん組成物を得た。 Composition (I) (86.0 parts), and other additive components to (emulsifiers, emollients, wetting agents, stabilizing agents, perfumes, etc. 13.7 parts in total of coloring), shown in Tables 1 to 3 the microemulsion O / W1-1~O / W1-3 component (raw material), 0.1 parts respectively without microemulsion of (total 0.3 parts), except for using, in the same manner as in example 4 to give a solid soap composition.

上記の評価方法で、実施例4及び比較例2で調製した各固体石けん組成物について、速泡性、起泡性及び排液時間の評価を行った。 In the above evaluation method, for each solid soap composition prepared in Example 4 and Comparative Example 2, fast foaming, the evaluation of the foamability and drainage time was performed. 石けん試料として、各固体石けん組成物1gを使用した(サンプル中の濃度:1g/300mL)。 As soap sample was using each solid soap composition 1 g (concentration in the sample: 1g / 300mL). 結果を表12に示す。 The results are shown in Table 12.
マイクロエマルションを配合した実施例4の固体石けん組成物は、マイクロエマルションに含まれる成分を、マイクロエマルションとせずにそのまま配合した比較例2の固体石けん組成物と比較して、速泡性、起泡性及び泡の持続性がいずれも優れていた。 Solid soap composition of Example 4 blended with microemulsions, the components contained in the microemulsion, as compared with the solid soap composition of Comparative Example 2 was directly blended without the microemulsion, fast lathering, foaming persistence of sex and foam was excellent either.

<実施例5> <Example 5>
内相及び外相に表13〜15に示す各成分を使用した以外は、実施例1と同じ方法で、表13〜15に示す成分を含有する3種類のO/W型マイクロエマルション(O/W5−1〜O/W5−3)を調製した。 Except for using components shown in Table 13 to 15 internal and external phases, in the same manner as in Example 1, containing the ingredients shown in Table 13-15 three O / W microemulsion (O / W5 -1~O / W5-3) was prepared. 組成物(I)(99.7部)及びマイクロエマルションO/W5−1〜O/W5−3をそれぞれ0.1部(合計0.3部)使用した以外は、実施例1と同様にして、固体石けん組成物を得た。 Composition (I) (99.7 parts) and a microemulsion O / W5-1~O / W5-3 except that 0.1 parts, respectively (total 0.3 parts) used, in the same manner as in Example 1 to give a solid soap composition. この固体石けん組成物中のマイクロエマルションの配合量は0.3%、石けん素地の配合量は86.2%であった(ME/石けん素地の質量比は1/287)。 0.3% The amount of the microemulsion of the solid soap composition, the amount of soap base was 86.2% (ME / mass ratio of the soap base is 1/287).

上記の評価方法で、実施例5及び比較例1で調製した各固体石けん組成物について、速泡性、起泡性及び排液時間の評価を行った。 In the above evaluation method, for each solid soap composition prepared in Example 5 and Comparative Example 1, rapid lathering, the evaluation of the foamability and drainage time was performed. 石けん試料として、各固体石けん組成物1gを使用した(サンプル中の石けん試料濃度:1g/300mL)。 As soap sample was using each solid soap composition 1 g (soap sample concentration in the sample: 1g / 300mL). 結果を表16に示す。 The results are shown in Table 16.

<実施例6> <Example 6>
実施例1と同じ方法で、表1〜3に示す成分を含有する3種類のO/W型マイクロエマルションO/W1−1〜O/W1−3を調製した。 In the same manner as in Example 1 to prepare three types of O / W microemulsion O / W1-1~O / W1-3 containing the ingredients shown in Table 1-3. 石けん素地を含有する下記の組成物(II)及びこれらのマイクロエマルションを用いて、石けん素地組成物を調製した。 The following composition containing a soap base (II) and by using these microemulsions were prepared soap base composition.
組成物(II)(99.7部)及びマイクロエマルションO/W1−1〜O/W1−3(各0.1部、合計0.3部)を、常温で均一になるまで混錬して石けん素地組成物を得た。 Composition (II) (99.7 parts) and microemulsions O / W1-1~O / W1-3 (each 0.1 parts Total 0.3 parts), and kneaded until uniform at room temperature to obtain a soap base composition. 石けん素地組成物を100mLのプラスチック製の型に流し込み、室温で冷却・固化した後、型から固体石けん組成物を取り出した。 Poured soap base composition in a plastic mold 100 mL, was cooled and solidified at room temperature, the solid removed soap composition from the mold. この固体石けん組成物中のマイクロエマルションの配合量は0.3%、石けん素地の配合量は25.8%であった(ME/石けん素地の質量比は1/86)。 0.3% The amount of the microemulsion of the solid soap composition, the amount of soap base was 25.8% (ME / mass ratio of the soap base is 1/86). この固体石けん組成物は、枠練石けんである。 The solid soap composition, a frame kneading soap.

組成物(II)は、石けん素地及びその他の成分を含む以下の組成の組成物である(下記の石けん素地及びその他の成分の含量(%)は、組成物(II)中の含量(%))。 Composition (II) is a composition of the following composition containing a soap base and other components (content of soap base and other components of the following (%), the content in the composition (II) (%) ). 組成物(II)中に、石けん素地は25.9%含まれる。 In the composition (II), soap base is included 25.9 percent.
組成物(II)の組成(石けん素地) The composition of the composition (II) (soap base)
ステアリン酸Na:16.0% Stearate Na: 16.0%
ラウリン酸Na:8.0% Lauric acid Na: 8.0%
ミリスチン酸Na:1.9% Myristic acid Na: 1.9%
(その他の成分) (Other Components)
水:29.9% Water: 29.9%
グリセリン:14.0% Glycerin: 14.0%
プロピレングリコール(PG):14.0% Propylene glycol (PG): 14.0%
ソルビトール:6.0% Sorbitol: 6.0%
ラウレス硫酸Na:6.0% Laureth sulfate Na: 6.0%
ラウリル硫酸Na:2.4% Lauryl sulfate Na: 2.4%
塩化Na:0.6% Chloride Na: 0.6%
ステアリン酸:0.6% Stearic acid: 0.6%
ラウリン酸:0.2% Lauric acid: 0.2%
ミリスチン酸:0.2% Myristic acid: 0.2%
ペンテト酸5Na:0.1% Pentetic acid 5Na: 0.1%
エチドロン酸4Na:0.1% Etidronate 4Na: 0.1%

<比較例3> <Comparative Example 3>
実施例6において、マイクロエマルションを使用しなかったこと以外は、同じ方法により固体石けん組成物を得た。 In Example 6, except for not using the microemulsion to give a solid soap composition by the same method. この比較例3の固体石けん組成物は、組成物(II)から調製された固体石けん組成物である。 Solid soap composition of Comparative Example 3 is a solid soap composition prepared from the composition (II).

実施例6及び比較例3で調製した各固体石けん組成物1.0gを石けん試料として用いて、実施例1と同じ方法で、排液時間の評価を行った(サンプル中の石けん試料濃度:1.0g/300mL)。 Each solid soap composition 1.0g prepared in Example 6 and Comparative Example 3 using as the soap sample, in the same manner as in Example 1, soap sample concentration in evaluated drainage time (Sample: 1 .0g / 300mL). 結果を表17に示す。 The results are shown in Table 17. 排液時間増加率(%)は、比較例3(マイクロエマルションを配合していない固体石けん組成物)の排液時間(T0)(秒)に対する、実施例6(マイクロエマルションを配合した固体石けん組成物)の排液時間(T1)(秒)の増加率であり、実施例1と同じ方法で計算した。 Drainage time increase rate (%) of Comparative Example 3 for (microemulsion solid soap composition not blended) drainage time (T0) (sec), a solid soap composition formulated with Example 6 (microemulsion an increase rate of the drainage time (T1) (in seconds) of the object) was calculated in the same manner as in example 1.
表17中、ME配合量が0%は、比較例3である。 In Table 17, ME amount 0% is a comparative example 3. ME配合量が0.3%は実施例6である。 ME blending amount is 0.3% which is Embodiment 6. マイクロエマルションを配合したことにより、泡の持続性が向上した。 By containing a combination of micro-emulsion, improved persistence of foam.

<試験例1> <Test Example 1>
実施例1と同じ方法で、表1〜3に示す成分を含有する3種類のO/W型マイクロエマルションO/W1−1〜O/W1−3を調製した。 In the same manner as in Example 1 to prepare three types of O / W microemulsion O / W1-1~O / W1-3 containing the ingredients shown in Table 1-3.
組成物(I)を型打ち機により型打ちし、固体石けん素地組成物を得た。 Composition (I) was stamped by stamping machine to obtain a solid soap base composition.
以下の評価方法で、速泡性及び排液時間を評価した。 The following evaluation methods were evaluated fast foaming and drain time.
1)ジュースミキサー(商品名ジュースミキサー、型番JM−N−88、JIK型(株)ナカサ製)に水道水100mLを入れた(水道水温度:25℃)。 Was filled with tap water 100mL to 1) juice mixer (trade name juice mixer, model number JM-N-88, JIK type (Ltd.) Nacasa) (tap water temperature: 25 ℃).
2)1)に微粉末化した固体石けん素地組成物及びマイクロエマルションを投入してサンプルとした。 2) 1) was charged with finely divided solid soap base composition and microemulsion was used as a sample.
3)ジュースミキサーを回転させ、10秒後に泡の高さを測定し速泡性とした。 3) Rotate the juice mixer, foam height was measured velocity foaming after 10 seconds.
4)60秒後に回転を止め、泡の高さを測定した。 4) stopping the rotation after 60 seconds was measured the height of the foam.
5)60秒後からミキサー内で200mLに泡量(体積)が減するのに要する時間を排液時間(泡の持続性)とした。 5) and after 60 seconds foam volume to 200mL in a mixer (volume) drainage time the time required for reduction is a (persistent foam).
速泡性及び排液時間のデータは、n=3(3回)の実測値の平均数字で示した。 Data fast foaming and drain time was expressed by the average number of the measured values ​​of n = 3 (3 times).

固体石けん素地組成物及びマイクロエマルション(ME)の投入量は、以下の(1)〜(4)とした。 Input amount of the solid soap base composition and microemulsion (ME) was the following (1) to (4).
(1)固体石けん素地組成物0.5g、(2)固体石けん素地組成物0.4985g及びME0.0015g、(3)固体石けん素地組成物0.485g及びME0.015g、(4)固体石けん素地組成物0.475g及びME0.025g (1) Solid soap base composition 0.5 g, (2) a solid soap base composition 0.4985g and ME0.0015g, (3) Solid soap base composition 0.485g and ME0.015g, (4) a solid soap base composition 0.475g and ME0.025g
MEの使用量は、固体石けん素地組成物及びMEの合計質量に対して、(1)が0%、(2)が0.3%、(3)が3.0%、(4)が5.0%である。 The amount of the ME, based on the total weight of the solid soap base composition and ME, (1) 0%, (2) 0.3%, (3) 3.0%, (4) 5 it is a .0%. マイクロエマルションO/W1−1〜O/W1−3はそれぞれ同量使用し、合計が上記量となるようにした。 Microemulsion O / W1-1~O / W1-3 is the same amount used respectively, the total is set to be the amount. 例えば(2)では、マイクロエマルションO/W1−1〜O/W1−3の使用量はそれぞれ0.0005gとした。 In example (2), the amount of microemulsion O / W1-1~O / W1-3 was 0.0005g respectively.
石けん素地の使用量は、固体石けん素地組成物及びMEの合計質量に対して、(1)が86.5%、(2)が86.2%、(3)が83.9%、(4)が82.2%であった。 The amount of soap base, based on the total weight of the solid soap base composition and ME, (1) 86.5% (2) 86.2% (3) 83.9% (4 ) was 82.2%.
石けん素地及びマイクロエマルションの使用量の質量比(ME/石けん素地)は、(1)が0、(2)が1/287、(3)が1/28、(4)が1/16であった。 Weight ratio of the amount of soap base and microemulsions (ME / soap base) is (1) is 0, (2) is 1/287, (3) 1/28, (4) 1/16 met It was.

結果を表18に示す。 The results are shown in Table 18.
排液時間増加率(%)は、上記(1)のサンプル(MEを配合していないサンプル)の排液時間(T0)(秒)に対する、マイクロエマルションを配合した場合の排液時間(T1)(秒)の増加率であり、実施例6と同じ方法で計算した。 Drainage time increase rate (%), the above (1) sample (sample not blended ME) drainage time (T0) with respect to (s), drainage time when formulated with microemulsion (T1) a rate of increase (in seconds) was calculated in the same manner as in example 6. マイクロエマルションにより、固体石けん組成物の泡の持続性が向上することが分かる。 The microemulsion, it can be seen that the improved persistence of the foam solid soap composition.

<製造例1> <Production Example 1>
実施例1と同じ方法で、表1〜3に示す成分を含有する3種類のO/W型マイクロエマルションO/W1−1〜O/W1−3を調製した。 In the same manner as in Example 1 to prepare three types of O / W microemulsion O / W1-1~O / W1-3 containing the ingredients shown in Table 1-3.
組成物(I)(88部)及びマイクロエマルションO/W1−1〜O/W1−3(各4部、合計12部)を、常温で均一になるまで混錬して石けん素地組成物を得た。 The resulting composition (I) (88 parts) and microemulsions O / W1-1~O / W1-3 (each 4 parts of a total of 12 parts), and kneaded until uniform at room temperature the soap base composition It was. この石けん素地組成物を型打ち機により型打ちし、機械練りの固体石けん組成物を得た。 This soap base composition stamped by stamping machine to obtain a milled solid soap composition. この固体石けん組成物中のマイクロエマルションの配合量は12%、石けん素地の配合量は、76%であった(ME/石けん素地の質量比は1/6)。 The amount of the microemulsion of a solid soap composition is 12%, the amount of soap base was 76% (mass ratio of ME / soap base 1/6).

<製造例2> <Production Example 2>
製造例1において、組成物(I)を97部、マイクロエマルションO/W1−1〜O/W1−3を各1部(合計3部)使用する以外は、製造例1と同じ方法で固体石けん組成物を製造する。 Production Example 1, 97 parts of composition (I), microemulsion O / W1-1~O / W1-3 each part (total 3 parts) except using the solid soap in the same manner as in Preparation Example 1 to produce a composition. この固体石けん組成物中のマイクロエマルションの配合量は3%、石けん素地の配合量は、84%である(ME/石けん素地の質量比は1/28)。 The amount of solid microemulsion soap composition 3%, the amount of the soap base is 84% ​​(ME / mass ratio of the soap base is 1/28).

本発明によれば、泡質及び泡の持続性が良好で使用感に優れる固体石けん組成物を提供することができる。 According to the present invention, it is possible to provide a solid soap composition persistence of foam quality and foam excellent good feeling.

Claims (11)

  1. (A)石けん素地、及び、(B)以下の成分(b1)〜(b3)を含有するマイクロエマルションを含有する皮膚洗浄用又は毛髪洗浄用の固体石けん組成物。 (A) soap base, and, (B) the following components (b1) ~ (b3) solid soap composition for skin cleansing or hair cleansing containing microemulsions containing.
    (b1)ノニオン界面活性剤及びアニオン界面活性剤からなる群より選択される少なくとも1種の界面活性剤(b2)少なくとも1種の油性成分(b3)水 (B1) nonionic surfactant and at least one surfactant selected from the group consisting of anionic surfactant (b2) at least one oil component (b3) water
  2. 前記(B)マイクロエマルションの配合量が、前記固体石けん組成物中に0.15〜5質量%である請求項1に記載の固体石けん組成物。 (B) the amount of microemulsion, solid soap composition according to claim 1 to said solid soap composition is 0.15 to 5 mass%.
  3. 前記(B)マイクロエマルションが、さらに(b4)炭素数1〜4の1価のアルコール及び/又は(b5)多価アルコールを含む請求項1又は2に記載の固体石けん組成物。 (B) the microemulsion further (b4) 1 monovalent alcohol and / or 1 to 4 carbon atoms (b5) solid soap composition according to claim 1 or 2 including a polyhydric alcohol.
  4. 固体石けん組成物の形態が、固形状、シート状、粉末状又は顆粒状である請求項1〜3のいずれかに記載の固体石けん組成物。 Form of a solid soap composition, solid, sheet, powder or solid soap composition according to claim 1 which is granular.
  5. 前記マイクロエマルションが水中油型(O/W型)マイクロエマルションであり、 The microemulsion is an oil-in-water (O / W type) are microemulsions,
    前記ノニオン界面活性剤が、HLBが10〜20である、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンアルキルエーテル、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル、ポリオキシエチレングリセリン脂肪酸エステル、ポリオキシエチレン水添ヒマシ油、ポリグリセリン脂肪酸エステル及びポリエーテル変性シリコーンからなる群より選択される少なくとも1種である、請求項1〜4のいずれかに記載の固体石けん組成物。 It said nonionic surfactant, HLB is 10 to 20, polyoxyethylene alkyl ethers, polyoxyethylene polyoxypropylene alkyl ethers, polyoxyethylene sorbitan fatty acid esters, polyoxyethylene glycerin fatty acid esters, polyoxyethylene hydrogenated castor oil, at least one selected from the group consisting of polyglycerol fatty acid ester and polyether-modified silicone, a solid soap composition according to any one of claims 1 to 4.
  6. 前記マイクロエマルションが水中油型(O/W型)マイクロエマルションであり、 The microemulsion is an oil-in-water (O / W type) are microemulsions,
    前記アニオン界面活性剤が、ポリオキシエチレンアルキルエーテルリン酸エステル塩、N−アシルグルタミン酸塩、及び、ポリオキシエチレンアルキルエーテルリン酸又はその塩からなる群より選択される少なくとも1種である、請求項1〜5のいずれかに記載の固体石けん組成物。 The anionic surfactant, polyoxyethylene alkyl ether phosphate salts, N- acyl glutamates, and is at least one selected from the group consisting of polyoxyethylene alkyl ether phosphoric acid or a salt thereof, according to claim solid soap composition according to any one of 1 to 5.
  7. 前記マイクロエマルションが油中水型(W/O型)マイクロエマルションであり、 Said microemulsion water-in-oil (W / O type) and microemulsions,
    前記ノニオン界面活性剤が、HLBが1〜7である、ポリオキシエチレンジ脂肪酸エステル、モノグリセリンモノ脂肪酸エステル、モノグリセリンジ脂肪酸エステル、ジグリセリンモノ脂肪酸エステル及びポリエーテル変性シリコーンからなる群より選択される少なくとも1種である、請求項1〜6のいずれかに記載の固体石けん組成物。 It said nonionic surfactant, HLB is 1-7, polyoxyethylene di-fatty acid esters, monoglycerol fatty acid monoester, monoglycerol difatty acid ester is selected from the group consisting of diglycerol mono-fatty acid ester and polyether-modified silicone that is at least one, solid soap composition according to any one of claims 1 to 6.
  8. 少なくとも、(A)石けん素地、及び、(B)以下の成分(b1)〜(b3)を含有するマイクロエマルションを混錬して石けん素地組成物を調製する工程を含む皮膚洗浄用又は毛髪洗浄用の固体石けん組成物の製造方法。 At least, (A) soap base, and, (B) the following components (b1) ~ (b3) was kneaded microemulsion containing a cleaning or hair cleansing skin comprising the step of preparing the soap base composition method for producing a solid soap composition.
    (b1)ノニオン界面活性剤及びアニオン界面活性剤からなる群より選択される少なくとも1種の界面活性剤(b2)少なくとも1種の油性成分(b3)水 (B1) nonionic surfactant and at least one surfactant selected from the group consisting of anionic surfactant (b2) at least one oil component (b3) water
  9. 前記(B)マイクロエマルションの配合量が、前記固体石けん組成物中に0.15〜5質量%である請求項8に記載の固体石けん組成物の製造方法。 Method for producing the (B) the amount of microemulsion, solid soap composition according to claim 8 to said solid soap composition is 0.15 to 5 mass%.
  10. 以下の成分(b1)〜(b3): The following components (b1) ~ (b3):
    (b1)ノニオン界面活性剤及びアニオン界面活性剤からなる群より選択される少なくとも1種の界面活性剤、 (B1) nonionic surfactant and at least one surfactant selected from the group consisting of anionic surfactants,
    (b2)少なくとも1種の油性成分、及び、 (B2) at least one oily component and,,
    (b3)水、 (B3) water,
    を含有するマイクロエマルションを有効成分とする固体石けん組成物の泡の持続性改善剤。 Persistence improving agent foam solid soap composition comprising, as an active ingredient a microemulsion containing.
  11. 以下の成分(b1)〜(b3): The following components (b1) ~ (b3):
    (b1)ノニオン界面活性剤及びアニオン界面活性剤からなる群より選択される少なくとも1種の界面活性剤、 (B1) nonionic surfactant and at least one surfactant selected from the group consisting of anionic surfactants,
    (b2)少なくとも1種の油性成分、及び、 (B2) at least one oily component and,,
    (b3)水、 (B3) water,
    を含有するマイクロエマルションの、固体石けん組成物の泡の持続性を改善するための使用。 Of the microemulsion containing, use for improving the persistence of the foam solid soap composition.
JP2018509633A 2016-11-10 2017-02-24 Solid soap composition containing the microemulsion Active JP6364142B1 (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2016219997 2016-11-10
JP2016219997 2016-11-10
PCT/JP2017/007146 WO2018087940A1 (en) 2016-11-10 2017-02-24 Microemulsion-containing solid soap composition

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP6364142B1 true JP6364142B1 (en) 2018-07-25
JPWO2018087940A1 JPWO2018087940A1 (en) 2018-11-15

Family

ID=62109651

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2018509633A Active JP6364142B1 (en) 2016-11-10 2017-02-24 Solid soap composition containing the microemulsion

Country Status (4)

Country Link
JP (1) JP6364142B1 (en)
CN (1) CN110022842A (en)
TW (1) TW201817866A (en)
WO (1) WO2018087940A1 (en)

Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6286099A (en) * 1985-10-12 1987-04-20 Nippon Oils & Fats Co Ltd Production of granular composite soap
JPH03146600A (en) * 1989-09-02 1991-06-21 Procter & Gamble Co:The Granular detergent composition containing compound occluded in microemulsion base gel
US5490948A (en) * 1993-04-02 1996-02-13 Dowbrands Inc. Translucent solid prespotting composition
JP2000510893A (en) * 1996-05-24 2000-08-22 ユニリーバー・ナームローゼ・ベンノートシヤープ Delivery system of functional ingredients
JP2005239674A (en) * 2004-02-27 2005-09-08 Shiseido Co Ltd Microemulsion composition and method for producing the same
JP2006510342A (en) * 2002-04-03 2006-03-30 ザ ユニバーシティ オブ クウィーンズランド Prothrombin activating protein
JP2015209472A (en) * 2014-04-25 2015-11-24 富塚 信司 Transparent solid soap and production method thereof

Family Cites Families (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE19722767A1 (en) * 1997-06-02 1998-12-03 Henkel Kgaa Detergents or cleaning agents with increased cleaning performance

Patent Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6286099A (en) * 1985-10-12 1987-04-20 Nippon Oils & Fats Co Ltd Production of granular composite soap
JPH03146600A (en) * 1989-09-02 1991-06-21 Procter & Gamble Co:The Granular detergent composition containing compound occluded in microemulsion base gel
US5490948A (en) * 1993-04-02 1996-02-13 Dowbrands Inc. Translucent solid prespotting composition
JP2000510893A (en) * 1996-05-24 2000-08-22 ユニリーバー・ナームローゼ・ベンノートシヤープ Delivery system of functional ingredients
JP2006510342A (en) * 2002-04-03 2006-03-30 ザ ユニバーシティ オブ クウィーンズランド Prothrombin activating protein
JP2005239674A (en) * 2004-02-27 2005-09-08 Shiseido Co Ltd Microemulsion composition and method for producing the same
JP2015209472A (en) * 2014-04-25 2015-11-24 富塚 信司 Transparent solid soap and production method thereof

Also Published As

Publication number Publication date
WO2018087940A1 (en) 2018-05-17
CN110022842A (en) 2019-07-16
JPWO2018087940A1 (en) 2018-11-15
TW201817866A (en) 2018-05-16

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5352116B2 (en) Oil-in-water emulsified composition and a production method thereof
CA2212187C (en) Antiperspirant roll-on comprising peg-7-glyceryl cocoate, an emollient and cyclomethicone in a dispersed oil phase
JP2007203288A (en) Cosmetic emulsion capable of being prepared at low temperature, and having low-viscosity and long-term stability
EP1433476B2 (en) Skin cleansing composition
EP1639989B1 (en) Microemulsion
JP4638669B2 (en) Skin cleansing composition
WO2003059315A1 (en) Water-in-oil emulsion preparation for external use on skin
JP4822089B2 (en) O / w type emulsion composition
JP4397286B2 (en) Oil-in-water type emulsion cosmetics and a method of manufacturing the same
JP5914961B2 (en) External composition for skin, a cosmetic method of detergents and cosmetics
JP2007146029A (en) Detergent composition
JP4832036B2 (en) Skin cleanser
JP5506130B2 (en) Oil-in-water emulsion
DE60131091T2 (en) Beaten cosmetic O / W emulsion and process for their preparation
DE60218687T2 (en) Temperature independent single-phase microemulsions
CN101448484B (en) External preparation for skin
JP2009215283A (en) Oil-in-water type milky skin cosmetic
JP6044699B2 (en) Make-up cosmetic composition, and makeup cosmetics
EP1581170A1 (en) Wax dispersions
WO2005078039A1 (en) Thickening composition
US20120022160A1 (en) Composition for external use on skin
DE10053728A1 (en) Transparent aqueous compositions containing hydrophobic silicone oils
CN101073537B (en) Fine emulsion of oil in water
US9839588B2 (en) Skin external preparation comprising an aqueous dispersion of finely dispersed wax, nonionic surfactant, and ionic water-soluble thickener
KR101337811B1 (en) Process for producing o/w microemulsion preparation for external application

Legal Events

Date Code Title Description
A975 Report on accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971005

Effective date: 20180515

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20180619

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20180629

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6364142

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150