JP6343110B1 - 軒樋 - Google Patents

軒樋 Download PDF

Info

Publication number
JP6343110B1
JP6343110B1 JP2018007846A JP2018007846A JP6343110B1 JP 6343110 B1 JP6343110 B1 JP 6343110B1 JP 2018007846 A JP2018007846 A JP 2018007846A JP 2018007846 A JP2018007846 A JP 2018007846A JP 6343110 B1 JP6343110 B1 JP 6343110B1
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
eaves
watering
drainage
bowl according
eaves bowl
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2018007846A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2019127688A (ja
Inventor
輝幸 坂井
輝幸 坂井
Original Assignee
輝幸 坂井
輝幸 坂井
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 輝幸 坂井, 輝幸 坂井 filed Critical 輝幸 坂井
Priority to JP2018007846A priority Critical patent/JP6343110B1/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6343110B1 publication Critical patent/JP6343110B1/ja
Publication of JP2019127688A publication Critical patent/JP2019127688A/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Abstract

【課題】現在、建築物の屋根には多種の雨樋が使用されている、形状は半円型、角型が主流である。軒樋はブラケットを用いて排水勾配をとり、縦樋に接続され排水溝へと流されている、豪雨時には排水の集中することにより,マンホールやU字溝がオーバーフローする原因の一つとなっている。又、地下水の水涸れの原因にもなっている。軒樋部分をジョウロ状に加工し雨水を散水して地面に還元できれば、少しは前述の環境が改善されるのではなかろうか。【解決手段】従来の軒樋にあたる部分を一枚板状に成形し、散水孔を設け雨水を小粒に散水させることにより、軒樋の雨水を溜めることなく地上に還元でき、上述の現状を改善できる。【選択図】図1

Description

軒樋には半円型、角型があり樋上部に小葉除けネットを設けたものがあり、集水器を用い竪樋に接続し配水管に接続する。
本発明は軒樋部分を一枚板状の半円型の逆使いとし、雨水を散水する、竪樋不要の軒樋である。
従来の軒樋には箱型で上部に通水孔板やネットを設け塵除けとしたものがある、軒樋はブラケットにより排水勾配を取り竪樋に接続し、U字溝や下水道に接続される。豪雨時にそれらがオーバーフローする原因の一つに上げられる。
特開2012-067496号公報 特開2000-310016号公報 特開平06-180048号公報 実開平07-019446号公報
集中豪雨による下水、排水溝のオーバーフローや、地下水、小河川の水涸れなどを防ぐことを目的に、従来の軒樋部分に貫通孔を設けジョウロのように散水し、雨水を処理する事ができる。縦樋を不要とし、雨水を地面に戻すことができる。地球にやさしい軒樋。
派風板に取付けるための取付け部分と、従来の軒樋にあたる部分を一枚板状に一体成形し、強度アップと雨や落ち葉などの溜まらない構造にするために、上板の散水面をむくリ状態にしたゆるいカーブをつける、先端部分にはリブ溝を設け、強度を上げる。散水面とリブ溝には貫通孔を設け、その孔を散水孔と称する。散水孔の形状は、上面孔径を下面孔径より大きくすることにより、効率のよい集雨ができる。このことにより屋根の雨水は散水面、リブ溝により小粒になり地表に散水処理することができる、このことにより竪樋と配水管への接続は不要になる。
前述のように、従来の軒樋部分を本発明の一枚板状にして雨水を小粒に散水することにより、雨水は地表に還元され排水溝のオーバーフローを防ぐことが可能になり、地下水不足にも貢献する。及び小粒になった雨水は外壁の洗浄にも役立つ。軒樋は積雪地位外にはブラケットは不要であり、水平に取付けすることが出来る。竪樋も不要であり省エネ、ロウコストになる。
軒樋 納まり断面図 軒樋平面図 軒樋正面図 軒樋右側面図 ジョイント平面図 ジョイント正面図 ジョイントA-A´断面図 ブラケット平面図 ブラケット正面図 ブラケット右側面図 エンドキャップ平面図 エンドキャップ正面図 散水孔拡大平面図 散水孔拡大断面図
軒樋の形状を図1から図4に示し、取付け部分と散水部分を一体成形でおこない、材種は金属や塩ビで従来と同じである。連続使用においては、専用ジョイトを用い両端差込にて連結することができる。端部の処理は専用エンドキャップを差し込んで軒樋の使用形状となる。積雪地においては、専用ブラケットを用い軒樋を保持することができる。
図1は本発明の軒樋を、建物の軒先に取付けた状態の断面図である。
図2〜4は軒樋本体の形状図となっている。
図5〜7は軒樋本体を連結するジョイントの形状図。
図8〜10は軒樋本体を保持するブラケットの形状図。
図11〜12は軒樋端部に差し込むエンドキャップの形状図。
図13〜14は散水孔拡大図
1 屋根
2 派風板
3 取付け部分
4 散水面
5 リブ溝
6 散水孔
7 ブラケット本体
8 ビス穴
9 ジョイント本体
10 差込部分
11 リブ部分
12 散水孔拡大部分
13 散水孔上面
14 散水孔下面
15 エンドキャップ本体

Claims (8)

  1. 従来の溝状の軒樋にあたる部分を一枚板状に一体形成した軒樋であって、取付け部と、軒から離れる方向に沿って伸びる散水面と、散水面の延長線上であり一枚板の先端部分に設けられたリブ溝を、一体成形したことを特徴とする、軒樋。
  2. 散水面とリブ溝に散水孔を設け、散水孔の配列は並列に設けたことを特徴とする、請求項1記載の軒樋。
  3. 散水面に散水孔を設け、散水孔の孔径を、上面は下面より大きくしたことを特徴とする、請求項1記載の軒樋。
  4. 散水面に散水孔を設け、散水孔形状丸孔であることを特徴とする、請求項1記載の軒樋。
  5. 散水面を、ゆるいカーブ状にしたことを特徴とする、請求項1記載の軒樋。
  6. 軒樋を連続する、H型ジョイントを有することを特徴とする、請求項1記載の軒樋。
  7. 軒樋を保持する、ブラケットを有することを特徴とする、請求項1記載の軒樋。
  8. 軒樋端部に、エンドキャップを有することを特徴とする、請求項1記載の 軒樋。
JP2018007846A 2018-01-22 2018-01-22 軒樋 Active JP6343110B1 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2018007846A JP6343110B1 (ja) 2018-01-22 2018-01-22 軒樋

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2018007846A JP6343110B1 (ja) 2018-01-22 2018-01-22 軒樋

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP6343110B1 true JP6343110B1 (ja) 2018-06-13
JP2019127688A JP2019127688A (ja) 2019-08-01

Family

ID=62556044

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2018007846A Active JP6343110B1 (ja) 2018-01-22 2018-01-22 軒樋

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6343110B1 (ja)

Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS46845Y1 (ja) * 1967-07-27 1971-01-13
JP2000027386A (ja) * 1998-07-13 2000-01-25 Sanwa Kinzoku Kk 雨 樋
JP2002180611A (ja) * 2000-12-14 2002-06-26 Ig Tech Res Inc 雨 樋
JP2005139847A (ja) * 2003-11-10 2005-06-02 Zenemon Sangyo:Kk 雨樋
US7946081B1 (en) * 2008-07-10 2011-05-24 Frederick Michael J Eaves trough and cover assemblies for eaves troughs
JP2018009433A (ja) * 2016-07-01 2018-01-18 元旦ビューティ工業株式会社 端部構造

Patent Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS46845Y1 (ja) * 1967-07-27 1971-01-13
JP2000027386A (ja) * 1998-07-13 2000-01-25 Sanwa Kinzoku Kk 雨 樋
JP2002180611A (ja) * 2000-12-14 2002-06-26 Ig Tech Res Inc 雨 樋
JP2005139847A (ja) * 2003-11-10 2005-06-02 Zenemon Sangyo:Kk 雨樋
US7946081B1 (en) * 2008-07-10 2011-05-24 Frederick Michael J Eaves trough and cover assemblies for eaves troughs
JP2018009433A (ja) * 2016-07-01 2018-01-18 元旦ビューティ工業株式会社 端部構造

Also Published As

Publication number Publication date
JP2019127688A (ja) 2019-08-01

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7493728B2 (en) Rainwater collector
US7544288B1 (en) Gutter filtering device
JP6343110B1 (ja) 軒樋
CN209323840U (zh) 一种建筑屋檐防水节水结构
CN208996332U (zh) 一种金属屋面不锈钢天沟防堵式溢流口结构
CN109441026A (zh) 一种建筑屋檐防水节水结构
US3271913A (en) Means for dispersing water from a roof over adjacent land surface
CN209194664U (zh) 一种住宅小区的社区海绵系统
JP3871397B2 (ja) 雨水マスシステム
JP3222899U (ja) 折板樋散水型
JPH11100953A (ja) 樋装置
CN211850415U (zh) 一种屋面排水系统
JP5006859B2 (ja) 排水ホース接続継手
JPH1171869A (ja) 樋の構造
CN210766227U (zh) 一种园林鹅卵石路防积水结构
KR100973298B1 (ko) 배수관의 배수 유도장치
JP5006858B2 (ja) 排水ホース接続継手
JP3121295U (ja) システム樋
CN107700763B (zh) 一种流量自适应的排水沟
JP4455016B2 (ja) 雨樋
JP2535354Y2 (ja) 雨樋用カバー
JP3025293U (ja) 竪 樋
CN206144046U (zh) 一种工厂厂房天沟快速排水结构
KR20140123687A (ko) 조립식 텐트 하우스의 물받이 구조
JP4980954B2 (ja) 屋根上散水配管構造

Legal Events

Date Code Title Description
A871 Explanation of circumstances concerning accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A871

Effective date: 20180122

A975 Report on accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971005

Effective date: 20180213

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20180313

A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20180322

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20180424

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6343110

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250