JP6340898B2 - Drug container connector - Google Patents

Drug container connector Download PDF

Info

Publication number
JP6340898B2
JP6340898B2 JP2014095348A JP2014095348A JP6340898B2 JP 6340898 B2 JP6340898 B2 JP 6340898B2 JP 2014095348 A JP2014095348 A JP 2014095348A JP 2014095348 A JP2014095348 A JP 2014095348A JP 6340898 B2 JP6340898 B2 JP 6340898B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
slider
connector
cover
puncture needle
container
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2014095348A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2015211763A (en
Inventor
沖山 忠
忠 沖山
秀俊 加藤
秀俊 加藤
Original Assignee
株式会社ジェイ・エム・エス
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社ジェイ・エム・エス filed Critical 株式会社ジェイ・エム・エス
Priority to JP2014095348A priority Critical patent/JP6340898B2/en
Priority claimed from PCT/JP2015/063005 external-priority patent/WO2015166993A1/en
Priority claimed from CN201580021866.3A external-priority patent/CN106456443A/en
Publication of JP2015211763A publication Critical patent/JP2015211763A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP6340898B2 publication Critical patent/JP6340898B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、バイアル瓶のような密閉された医薬品用容器に接続されるコネクタに関する。 The present invention relates to a connector connected to the sealed pharmaceutical container such as a vial.

バイアル瓶のような密閉された医薬品用容器内には、一般に、粉末状の薬剤が収容されている。 The sealed medicament for the container such as a vial, generally powdered medicament is accommodated. 当該薬剤を患者に投与する場合、バイアル瓶内に溶解液を注入して薬剤を溶解して薬液を得た後、当該薬液をバイアル瓶から取り出す。 When administering the drug to the patient, after obtaining a chemical liquid by injecting solution into the vial to dissolve the drug, taking out the liquid medicine from the vial. 取り出された薬液は、一般に薬液バッグに一時的に貯留される。 Retrieved chemical is generally temporarily stored in the medical bag.

バイアル瓶に収容された薬剤が、例えば抗がん剤のように劇薬に指定された薬剤である場合がある。 Medicament contained in the vial is, there is a case where, for example, drugs that are specified in a powerful drug as an anti-cancer agent. このような危険な薬剤を含む薬液が漏れ出して作業者の指などに付着したり、その蒸気を作業者が吸引したりする事態は回避しなければならない。 Or attached such unsafe drug leaked chemical, including the operator's fingers, a situation that the vapor operator or suction must be avoided. 従って、バイアル瓶内の薬剤を溶解し、その薬液を薬液バッグに移送する上記の一連の作業は、薬液が漏れ出す可能性が低い「閉鎖系のデバイス」を用いて行われることが望まれる。 Therefore, to dissolve the drug in the vial, the series of operations described above for transferring the drug solution into the drug solution bag is desired that possibly leaking liquid medicine is performed using a low "closed system device."

このような閉鎖系のデバイスの一例が特許文献1に記載されている。 An example of such a closed system of the device is described in Patent Document 1. 特許文献1のデバイス(特許文献1ではこれを「医療用コネクタ」と称している)は、バイアル瓶及び薬液バッグがそれぞれ接続される2つのコネクタと、シリンジが接続されるポートとを備えている。 Device in Patent Document 1 (This is referred to as Patent Document 1 as "medical connector") is provided with two connectors vial and the drug solution bag are connected, and a port for syringe is connected . デバイスは、更に、バイアル瓶、薬液バッグ、シリンジ間の流路を切り替えるためのコックを備えている。 The device further includes a cock for switching vial, the medical bag, the flow path between the syringe. デバイスに、バイアル瓶、薬液バッグ、シリンジを接続する。 To the device, connect the vial, the medical bag, a syringe. 薬液バッグには、当初は薬剤を溶解するための溶解液が貯蔵されている。 The medical bag is initially being stored dissolution liquid for dissolving the drug. コックを操作して流路を適宜切り替えることにより、薬液バッグ内の溶解液をシリンジを介してバイアル瓶に移送し、バイアル瓶内の薬剤を溶解して薬液を得て、その後、バイアル瓶内の薬液をシリンジを介して薬液バッグに移送することができる。 By switching the flow path by operating the cock properly, the solution in the drug solution bag is transferred into a vial through a syringe to give a drug solution by dissolving the drug in the vial, then the vial bottle chemical liquid can be transferred to the drug solution bag via the syringe. 必要に応じて、バイアル瓶を新しいバイアル瓶に交換して同様の操作を行う。 If necessary, perform the same operation to replace the vial to a new vial. このようにして、必要な数及び種類のバイアル瓶内の薬剤を溶解して得た薬液を共通する薬液バッグ内に貯留することができる。 In this way, it is possible to stored in the chemical bag common was obtained by dissolving the drug number and type of vial required chemicals.

バイアル瓶の口(開口)は、一般に栓体(ゴム栓)で封止されている。 Vial mouth (opening) is sealed generally at plug (rubber plug). 上記のデバイスのバイアル瓶が接続されるコネクタは、この栓体に穿刺される、鋭利な先端を備えた穿刺針を備える。 Connectors vial of the above devices are connected, this is pierced into the plug body comprises a puncture needle having a sharp tip. バイアル瓶とコネクタとを分離した後、穿刺針の流路内に残存する薬液が穿刺針の当該流路の先端側の開口から外界に漏れ出すことがある。 After separation of the vial and connector, the chemical liquid remaining in the flow path of the puncture needle may leak to the outside from the opening of the distal end side of the flow path of the puncture needle.

特許文献2には、メス部材(ニードルレスポート)に挿入される棒状のオス部材(オスルアー)を覆う、可撓性を有するカバー(シールド)が記載されている。 Patent Document 2, cover the female member rod-shaped male member inserted into (needleless port) (male luer), the cover having a flexible (shield) is described. カバーは、圧縮変形可能な蛇腹状の外周壁と、外周壁の一端に設けられた、オス部材の先端が挿入される頭部と、外周壁の他端に設けられた基部とを備える。 The cover comprises a compression deformable bellows outer peripheral wall, provided at one end of the outer peripheral wall, a head distal end of the male member is inserted and a base portion provided on the other end of the outer peripheral wall. カバーの基部は、オス部材を保持する基台に固定される。 The base of the cover is fixed to the base to hold the male member. メス部材は、直線状のスリット(切り込み)が形成されたゴム等の弾性材料からなる隔壁部材(一般に「セプタム」と呼ばれる)を備える。 Female member is provided with a linear slit (cut) is made of an elastic material such as formed rubber septum member (generally referred to as the "septum"). オス部材とメス部材とを接続する際には、オス部材は、カバーを貫通し、更にセプタムのスリットに挿入される。 When connecting the male member and the female member, the male member, through the cover, it is further inserted into the slit of the septum. このとき、カバーの外周壁は弾性的に圧縮される。 At this time, the outer peripheral wall of the cover is elastically compressed. オス部材をメス部材から分離すると、カバーの外周壁は初期形状に復帰し、オス部材を覆う。 Separating the male member from the female member, the outer peripheral wall of the cover is returned to the initial shape, covering the male member.

特許文献2のカバーを上記のデバイスの穿刺針に適用することにより、バイアル瓶とコネクタとを分離した後に薬液が穿刺針から外界に漏れ出すのを防ぐことができると考えられる。 By applying the cover Patent Document 2 in the puncture needle of the device, the drug solution after separation of the vial and the connector is considered to be able to prevent the leaking to the outside from the puncture needle.

国際公開第2013/161979号パンフレット WO 2013/161979 pamphlet 特開2012−254142号公報 JP 2012-254142 JP

ところが、実際に特許文献2のカバーを特許文献1のデバイスの穿刺針に適用すると、バイアル瓶とコネクタとを分離した後に、カバーの外周壁が直ちに初期形状に復帰しない場合がある。 However, when actually applying the cover Patent Document 2 in the puncture needle of the device of Patent Document 1, after separation of the vial and the connector, there is a case where the outer peripheral wall of the cover does not immediately return to its initial shape. この場合、穿刺針の流路の先端側の開口が外界に露出されるので、当該開口から流路内に残存する薬液が漏れ出てしまう。 In this case, since the distal end side of the opening of the flow path of the puncture needle is exposed to the environment, chemical liquid remaining in the flow path from the opening is leak out.

特許文献2には、カバーの外周壁が初期形状に復帰するのを助けるために、カバーの頭部の先端に、メス部材と係合可能な係合形状を設けることが記載されている。 Patent Document 2, in order to help the outer peripheral wall of the cover to return to the initial shape, the tip of the cover of the head, it is described that provide a female member engageable with the engagement shape. ところが、一般に、バイアル瓶は、カバーの係合形状が係合できる形状を有していない。 However, in general, the vial does not have a shape that engagement shape of the cover can engage.

本発明は、上記の従来の課題を解決し、バイアル瓶で代表される容器の栓体に穿刺される穿刺針をカバーで覆ったコネクタにおいて、コネクタと容器とを分離した後に、薬液が外界に漏れ出る可能性を低減することを目的する。 The present invention is to solve the conventional problems described above, in the connector to cover the puncture needle is punctured into the plug body of the container represented in the vial with a cover, after separation of the connector and the container, the chemical liquid to the outside the object of the present invention is to reduce the possibility of leaks.

本発明の医薬品容器用コネクタは、容器の口を封止する栓体に穿刺することができる穿刺針と、前記穿刺針に形成された液体が流れる流路の先端側の開口を覆うカバーとを備え、前記穿刺針は前記カバーを貫通して前記栓体を穿刺するように構成されている。 Pharmaceutical container connector of the present invention comprises a puncture needle capable of puncturing the plug body for sealing the mouth of the container, and a cover for covering the distal end opening of said puncture needle to form flow paths which liquid flows wherein the puncture needle is configured to puncture the stopper body through said cover. 前記穿刺針はコネクタ本体に設けられている。 The puncture needle is provided in the connector body. 前記カバーはスライダに保持されている。 The cover is held in the slider. 前記スライダは、前記コネクタ本体に対して前記穿刺針の長手方向に沿って移動可能である。 The slider is movable along the longitudinal direction of the puncture needle relative to the connector body. 前記スライダは、前記容器の口のフランジに係合可能な爪を備える。 The slider comprises an engageable pawl to the flange of the mouth of the container.
本発明の第1のコネクタは、前記爪と前記フランジとの係合が解除されるのを防止するロック機構を備える。 First connector of the present invention includes a locking mechanism that prevents the engagement between the pawl and the flange is released. 前記ロック機構は、前記爪が形成された、外向きに弾性的に曲げ変形が可能な把持アームと、前記把持アームの曲げ変形を制限する前記コネクタ本体とを含む。 The locking mechanism comprises the pawl is formed, a gripping arm which can be elastically bent and deformed outwardly, and said connector body to limit the bending deformation of the gripping arm.
本発明の第2のコネクタでは、前記爪が前記容器の前記フランジに係合していないとき、前記スライダは前記コネクタ本体に対して前記穿刺針の長手方向に沿って移動することができない。 In a second connector of the present invention, when the pawl is not engaged with the flange of the container, the slider can not move along the longitudinal direction of the puncture needle relative to the connector body.

本発明によれば、穿刺針が設けられたコネクタ本体に対して移動可能なスライダが、カバーを保持し、また、容器のフランジに係合可能な爪を備える。 According to the present invention, comprises a movable slider relative to the connector body puncture needle is provided, to hold the cover, also capable of engaging claws on the container flange. これにより、穿刺針を栓体から引き抜くと、穿刺針の流路の先端側の開口を外界に露出させることなくカバーで覆うことができる。 Thereby, the puncture needle is pulled out from the plug body can be covered with a cover without exposing the distal end side opening of the flow path of the puncture needle to the outside world. 従って、コネクタと容器とを分離した後に、薬液が外界に漏れ出る可能性を低減することができる。 Thus, after separation of the connector and the container, it is possible to reduce the possibility that the drug solution leaks to the outside world.

図1は、本発明の一実施形態にかかるコネクタの分解斜視図である。 Figure 1 is an exploded perspective view of a connector according to an embodiment of the present invention. 図2Aは、本発明の一実施形態にかかるコネクタを構成するコネクタ本体の前方上側から見た斜視図である。 2A is a front perspective view of the upper side of the connector body constituting the connector according to an embodiment of the present invention. 図2Bは、本発明の一実施形態にかかるコネクタを構成するコネクタ本体の後方上側から見た斜視図である。 Figure 2B is a rear perspective view of the upper side of the connector body constituting the connector according to an embodiment of the present invention. 図3Aは、本発明の一実施形態にかかるコネクタを構成するコネクタ本体の前方下側から見た斜視図である。 Figure 3A is a perspective view from the front lower side of the connector body constituting the connector according to an embodiment of the present invention. 図3Bは、本発明の一実施形態にかかるコネクタを構成するコネクタ本体の後方下側から見た斜視図である。 Figure 3B is a rear perspective view of the lower side of the connector body constituting the connector according to an embodiment of the present invention. 図4Aは、本発明の一実施形態にかかるコネクタを構成するコネクタ本体の前方下側から見た断面斜視図である。 Figure 4A is a cross-sectional perspective view from the front lower side of the connector body constituting a connector according to an embodiment of the present invention. 図4Bは、本発明の一実施形態にかかるコネクタを構成するコネクタ本体の後方下側から見た断面斜視図である。 Figure 4B is a cross-sectional perspective view from the rear lower side of the connector body constituting the connector according to an embodiment of the present invention. 図5は、本発明の一実施形態にかかるコネクタを構成するコネクタ本体の下面図である。 Figure 5 is a bottom view of the connector body constituting a connector according to an embodiment of the present invention. 図6Aは、本発明の一実施形態にかかるコネクタを構成するスライダの前方上側から見た斜視図である。 6A is a front perspective view of the upper side of the slider constituting the connector according to an embodiment of the present invention. 図6Bは、本発明の一実施形態にかかるコネクタを構成するスライダの後方上側から見た斜視図である。 Figure 6B is a rear perspective view of the upper side of the slider constituting the connector according to an embodiment of the present invention. 図7Aは、本発明の一実施形態にかかるコネクタを構成するスライダの前方下側から見た斜視図である。 Figure 7A is a perspective view from the front lower side of the slider constituting the connector according to an embodiment of the present invention. 図7Bは、本発明の一実施形態にかかるコネクタを構成するスライダの後方下側から見た斜視図である。 Figure 7B is a rear perspective view of the lower side of the slider constituting the connector according to an embodiment of the present invention. 図8Aは、本発明の一実施形態にかかるコネクタを構成するスライダの前方下側から見た断面斜視図である。 Figure 8A is a sectional perspective view from the front lower side of the slider constituting the connector according to an embodiment of the present invention. 図8Bは、本発明の一実施形態にかかるコネクタを構成するスライダの後方下側から見た断面斜視図である。 Figure 8B is a cross-sectional perspective view from the rear lower side of the slider constituting the connector according to an embodiment of the present invention. 図9は、本発明の一実施形態にかかるコネクタを構成するスライダの下面図である。 Figure 9 is a bottom view of a slider constituting a connector according to an embodiment of the present invention. 図10Aは、本発明の一実施形態にかかるコネクタを構成するカバーの下から見た斜視図である。 Figure 10A is a perspective view from below of the cover constituting such connector to an embodiment of the present invention. 図10Bは、本発明の一実施形態にかかるコネクタを構成するカバーの断面図である。 10B is a cross-sectional view of a cover constituting a connector according to an embodiment of the present invention. 図11Aは、初期状態にある本発明の一実施形態にかかるコネクタの前方上側から見た斜視図である。 Figure 11A is a perspective view from the front upper side of the connector according to an embodiment of the present invention in an initial state. 図11Bは、初期状態にある本発明の一実施形態にかかるコネクタの後方上側から見た斜視図である。 Figure 11B is a rear perspective view of the upper side of the connector according to an embodiment of the present invention in an initial state. 図12Aは、初期状態にある本発明の一実施形態にかかるコネクタの前方下側から見た斜視図である。 Figure 12A is a perspective view from a connector according front lower side of the one embodiment of the present invention in an initial state. 図12Bは、初期状態にある本発明の一実施形態にかかるコネクタの後方下側から見た斜視図である。 Figure 12B is a perspective view of a connector according lower rear side of an embodiment of the present invention in an initial state. 図13は、初期状態にある本発明の一実施形態にかかるコネクタの断面斜視図である。 Figure 13 is a cross-sectional perspective view of a connector according to an embodiment of the present invention in an initial state. 図14は、初期状態にある本発明の一実施形態にかかるコネクタの、穿刺針の先端及びこれを覆おうカバーの拡大断面図である。 Figure 14 is a connector according to an embodiment of the present invention in an initial state, is an enlarged sectional view of the distal end and a cover that will the crust this puncture needle. 図15は、初期状態にある本発明の一実施形態にかかるコネクタにおいて、コネクタ本体の前側の開口の拡大斜視図である。 Figure 15 is a connector according to an embodiment of the present invention in an initial state, is an enlarged perspective view of the front opening of the connector body. 図16は、初期状態にある本発明の一実施形態にかかるコネクタにおいて、コネクタ本体の後ろ側の開口の拡大斜視図である。 16, a connector according to an embodiment of the present invention in an initial state, is an enlarged perspective view of the rear side of the opening of the connector body. 図17は、本発明の一実施形態にかかるコネクタをバイアル瓶に装着する直前の状態を示した斜視断面図である。 Figure 17 is a perspective cross-sectional view showing a state immediately before attaching the connector according to the embodiment in a vial of the present invention. 図18は、本発明の一実施形態にかかるコネクタが装着されるバイアル瓶の断面図である。 Figure 18 is a cross-sectional view of the vial connector according to an embodiment of the present invention is mounted. 図19は、本発明の一実施形態にかかるコネクタの爪がバイアル瓶のフランジに係合した直後の状態を示した斜視断面図である。 Figure 19 is a perspective cross-sectional view of the connector nail according to an embodiment showing a state immediately engaged with the flange of the vial of the present invention. 図20は、本発明の一実施形態にかかるコネクタの爪がバイアル瓶のフランジに係合した直後の状態において、コネクタ本体の後ろ側の開口の拡大斜視図である。 Figure 20, in a state immediately after the nail connector according to an embodiment is engaged with the flange of the vial of the present invention, it is an enlarged perspective view of the rear side of the opening of the connector body. 図21は、本発明の一実施形態にかかるコネクタの穿刺針がバイアル瓶の栓体を穿刺した状態を示した斜視図である。 Figure 21 is a perspective view of a connector puncture needle according to an embodiment showing a state in which puncture the stopper of the vial of the present invention. 図22は、本発明の一実施形態にかかるコネクタの穿刺針がバイアル瓶の栓体を穿刺した状態を示した斜視断面図である。 Figure 22 is a perspective cross-sectional view of the connector puncture needle according to an embodiment showing a state in which puncture the stopper of the vial of the present invention. 図23は、スライダが中間停止位置にある本発明の一実施形態にかかるコネクタの拡大斜視断面図である。 23, the slider is connector enlarged perspective sectional view of a according to an embodiment of the present invention in an intermediate stop position. 図24は、スライダが中間停止位置にある本発明の一実施形態にかかるコネクタの斜視図である。 Figure 24 is a slider is a perspective view of a connector according to an embodiment of the present invention in an intermediate stop position. 図25は、スライダが中間停止位置にある本発明の一実施形態にかかるコネクタの斜視断面図である。 Figure 25 is a slider is a perspective cross-sectional view of a connector according to an embodiment of the present invention in an intermediate stop position. 図26は、スライダが中間停止位置にあるときに、リリースボタンを押し込むことにより中間ストッパと停止突起との衝突が解除される様子を示した拡大斜視断面図である。 26, when the slider is in the intermediate stop position is an enlarged perspective sectional view of a collision between the intermediate stopper and the stop projections showing a state that is released by pushing the release button. 図27は、スライダがコネクタ本体から最大に引き出された、本発明の一実施形態にかかるコネクタの斜視図である。 27, the slider is pulled out to the maximum from the connector body, a perspective view of a connector according to an embodiment of the present invention. 図28は、スライダがコネクタ本体から最大に引き出された、本発明の一実施形態にかかるコネクタの斜視断面図である。 28, the slider is pulled out to the maximum from the connector body, a perspective cross-sectional view of a connector according to an embodiment of the present invention. 図29は、本発明の一実施形態において、スライダの爪がバイアル瓶に装着したキャップの外周面を摺動している状態を示した斜視図である。 Figure 29 shows, in an embodiment of the present invention, it is a perspective view showing a state in which the pawl of the slider is sliding on the outer peripheral surface of the cap attached to the vial. 図30は、図29の状態を示した斜視断面図である。 Figure 30 is a perspective cross-sectional view showing the state of FIG. 29.

上記の本発明の医薬品容器用コネクタにおいて、前記爪が前記容器の前記フランジに係合している状態では、前記カバーの先端が前記栓体に当接するように構成されていることが好ましい。 In pharmaceutical containers connector of the invention described above, in the state in which the pawl is engaged with the flange of the container, it is preferable that the tip of the cover is adapted to abut the plug body. これにより、爪がフランジに係合している限り、穿刺針を栓体から引き抜くと、穿刺針の流路の先端側の開口は、外界に露出されることなくカバー内に確実に収納される。 Thus, as long as the pawl is engaged with the flange, the withdrawal of the puncture needle from the plug body, the distal end side of the opening of the flow path of the puncture needle is reliably housed in the cover without being exposed to the external environment . よって、コネクタと容器とを分離した後に、薬液が外界に漏れ出る可能性を低減することができる。 Thus, after separation of the connector and the container, it is possible to reduce the possibility that the drug solution leaks to the outside world.

上記の本発明の医薬品容器用コネクタが、前記爪と前記フランジとの係合が解除されるのを防止するロック機構を備えることが好ましい。 Pharmaceutical container connector of the invention described above is preferably provided with a locking mechanism that prevents the engagement between the pawl and the flange is released. これにより、爪とフランジとの係合が意図せずに解除されてしまう誤操作を防止することができる。 Thus, it is possible to prevent an erroneous operation that would be released unintentionally engagement between the pawl and the flange.

前記ロック機構は、前記爪が形成された、外向き(即ち、穿刺針から離れる向き)に弾性的に曲げ変形が可能な把持アームと、前記把持アームの曲げ変形を制限する前記コネクタ本体とを含みうる。 The locking mechanism, the pawl is formed, outwardly (i.e., away from the needle) and gripping arm capable of elastically bending deformation, and said connector body to limit the bending deformation of the gripping arm It may include. これにより、簡単な構成でロック機構を構成することができる。 Thus, it is possible to configure a locking mechanism with a simple structure.

前記ロック機構によるロック状態及び非ロック状態は、前記スライダの前記コネクタ本体に対する前記穿刺針の長手方向に沿った位置に応じて切り替えることができることが好ましい。 Locked state and the unlocked state by the lock mechanism preferably can be switched depending on the position along the longitudinal direction of the puncture needle relative to the connector body of the slider. これにより、例えば穿刺針を栓体に穿刺する過程において、スライダをコネクタ本体に向かって移動させるのに連動して、ロック機構が非ロック状態からロック状態へ自動的に切り替わるように構成することができる。 Thus, for example, in the process of puncturing the puncture needle to the plug body, in conjunction to move toward the slider to the connector body, that the locking mechanism is configured to switch automatically from the unlocked state to the locked state it can. 従って、ロック機構がロック状態に切り替えられないことによって、爪とフランジとの係合が意図せずに解除されてしまう誤操作を防止することができる。 Therefore, by the locking mechanism can not be switched to the locked state, it is possible to prevent an erroneous operation that would be released unintentionally engagement between the pawl and the flange.

前記スライダが前記コネクタ本体から最大に引き出されたとき、前記ロック機構は機能しないように構成することができる。 When the slider is pulled out to the maximum from the connector body, the locking mechanism can be configured not to function. これにより、穿刺針が栓体を穿刺した穿刺状態から容器をコネクタ本体から離れるように一方向に移動させるだけで、コネクタと容器とを分離することが可能な状態にすることができる。 Thus, it is possible to puncture needle only moves in one direction away containers from puncture while puncturing the plug body from the connector body, a state that is capable of separating the connector and container. 従って、コネクタと容器との分離作業が簡単化され、非熟練者にも分離作業の理解が容易である。 Thus, the separation work of the connector and the container is simplified, it is easy understanding of the separation work unskilled person.

前記ロック機構が機能しない非ロック位置に向かって前記スライダを前記コネクタ本体から引き出す過程において、前記スライダが前記非ロック位置に到達するより前に、前記スライダを前記コネクタ本体から更に引き出すことができないように前記スライダの前記コネクタ本体に対する移動が規制される中間停止位置が設けられていてもよい。 In the process of pulling out the slider toward the unlocked position where the locking mechanism is not functioning from the connector body, before the slider reaches the unlocked position, so that it can not be further pulled out of the slider from the connector body intermediate stop position may be provided to move relative to the connector body of the slider is restricted to. これにより、コネクタと容器とを分離する作業は、中間停止位置において一時的に停止される。 Thus, the work of separating the connector and the container is temporarily stopped at the intermediate stop position. このため、栓体の穿刺針が穿刺していた孔が閉じるための時間が、確実に確保される。 Therefore, the time for closing the hole puncture needle stopper had been punctured, it is reliably ensured. 従って、その後、カバーを栓体から分離したときに、薬液が栓体から漏れ出る可能性を低減することができる。 Accordingly, thereafter, when the separation of the cover from the plug body, the drug solution can reduce the possibility of leaking from the stopper.

前記中間停止位置において前記スライダの前記コネクタ本体に対する移動の規制を解除するリリースボタンが設けられていてもよい。 Release button for releasing the restriction of movement relative to the connector body of the slider may be provided in the intermediate stop position. リリースボタンが押されないと、スライダを非ロック位置に移動させることはできない。 When the release button is not pressed, it is impossible to move the slider to the unlocked position. 従って、コネクタと容器とを分離する作業は、中間停止位置において確実に停止される。 Therefore, the task of separating the connector and the container is reliably stopped at the intermediate stop position. このため、栓体の穿刺針が穿刺していた孔が閉じるための時間が、十分に確保される。 Therefore, the time for closing the hole puncture needle stopper had been punctured, it is sufficiently secured. 従って、その後、カバーを栓体から分離したときに、薬液が栓体から漏れ出る可能性を低減することができる。 Accordingly, thereafter, when the separation of the cover from the plug body, the drug solution can reduce the possibility of leaking from the stopper.

前記ロック機構が機能しない非ロック位置に前記スライダが位置するとき、前記穿刺針の前記開口は前記カバーで覆われることが好ましい。 When the slider in unlocked position where the locking mechanism does not function is located, the opening of the puncture needle is preferably covered by the cover. これにより、スライダが非ロック位置にあるときに爪とフランジとの係合が解除されても、流路の先端側の開口から薬液が外界に漏れ出る事態の発生を防ぐことができる。 Accordingly, slider be engagement releasing the pawl and the flange when in the unlocked position, chemical from the distal end side of the opening of the channel can be prevented the occurrence of leaking situation to the outside world.

上記の本発明の医薬品容器用コネクタにおいて、前記爪が前記容器の前記フランジに係合していないとき、前記スライダは前記コネクタ本体に対して前記穿刺針の長手方向に沿って移動することができないことが好ましい。 In pharmaceutical containers connector of the invention described above, when the pawl is not engaged with the flange of the container, the slider can not move along the longitudinal direction of the puncture needle with respect to said connector body it is preferable. これにより、爪を容器のフランジに係合させるための圧縮力を、スライダではなくコネクタ本体に印加しても、スライダはコネクタ本体に対して移動することはない。 Thus, the compressive forces for engaging the pawl with the flange of the container, be applied to the connector body instead of the slider, the slider does not move relative to the connector body. 従って、コネクタを容器に装着する作業を効率良く行うことができる。 Therefore, it is possible to efficiently perform the operation of attaching the connector to the container. また、スライダとコネクタ本体とを誤って分離してしまう誤操作を防止することができる。 Further, it is possible to prevent erroneous operation which would separate incorrectly slider and the connector body.

上記の本発明の医薬品容器用コネクタにおいて、前記爪が前記容器の前記フランジに係合しているとき、前記スライダは前記コネクタ本体に対して前記穿刺針の長手方向に沿って移動可能であることが好ましい。 In pharmaceutical containers connector of the invention described above, when the pawl is engaged with the flange of the container, said slider is movable along the longitudinal direction of the puncture needle with respect to said connector body It is preferred. これにより、爪に係合された容器をコネクタ本体に向かって移動させ、穿刺針を栓体に穿刺することができる。 Thus, the engaged container pawl is moved toward the connector body, the puncture needle can be punctured into the plug body. また、穿刺針が栓体を穿刺した状態から、爪に係合された容器をコネクタ本体から離れる向きに移動させ、穿刺針を栓体から引き抜くことができる。 Further, from the state in which the puncture needle has punctured the plug member is moved in a direction away the engaged container pawl from the connector body, the puncture needle can be withdrawn from the stopper.

上記の本発明の医薬品容器用コネクタにおいて、前記スライダは、前記爪が前記容器の前記フランジに係合しているときに前記栓体の上側端縁に当接する当接突起と、前記当接突起が形成された、外向き(即ち、穿刺針から離れる向き)に弾性的に曲げ変形が可能なスライド規制アームとを備えうる。 In pharmaceutical containers connector of the present invention described above, the slider includes a contact projection abutting the side edge of the plug body when said pawl is engaged with said flange of said container, said contacting projection There are formed, outwardly (i.e., away from the needle) may comprise a resiliently bending slide restricting arm capable deformation. これにより、爪と当接突起とで、容器のフランジ及び栓体を挟持することができる。 Thus, a nail and a contact projection can be clamped a flange and plug of the container. また、当接突起が曲げ変形可能なスライド規制アームに形成されているので、コネクタを装着することができるフランジ及び栓体の寸法の許容範囲が拡大する。 Further, since the contact protrusion is formed on the bending deformation can slide restricting arm, tolerance of the dimensions of the flange and the plug which can be attached to the connector is enlarged.

前記爪が前記容器の前記フランジに係合していないとき、前記スライド規制アームは前記コネクタ本体に衝突し、これにより前記スライダは前記コネクタ本体に対して前記穿刺針の長手方向に沿って移動することが規制されることが好ましい。 When said pawl is not engaged with the flange of the container, the slide regulating arm collides with the connector body, whereby said slider is moved along the longitudinal direction of the puncture needle with respect to said connector body it is is preferably regulated. また、前記爪が前記容器の前記フランジに係合しているとき、前記スライド規制アームは前記コネクタ本体に衝突しない位置に弾性的に曲げ変形し、これにより前記スライダは前記コネクタ本体に対して前記穿刺針の長手方向に沿って移動することが可能になることが好ましい。 Further, when the pawl is engaged with the flange of the container, the slide regulating arm elastically bent and deformed in a position that does not collide with the connector body, thereby said slider relative to said connector body it is preferred that it is possible to move along the longitudinal direction of the puncture needle. これにより、爪がフランジに係合していないときには、コネクタ本体に容器に向かう圧縮力を印加して爪をフランジに係合させることができ、一旦、爪がフランジに係合すると、コネクタ本体に容器に向かう圧縮力を印加して穿刺針を栓体に穿刺することができる。 Thus, when the pawl is not engaged with the flange, to apply a compressive force directed toward the container to the connector body nails can be engaged with the flange, once the pawl is engaged with the flange, the connector body the puncture needle can be punctured into the plug body by applying a compression force towards the vessel. 従って、コネクタ本体に容器に向かう圧縮力を単に印加するだけで、爪がフランジに係合していない状態から、穿刺針が栓体を穿刺した状態まで、連続的に移行することができる。 Thus, simply applying a compressive force toward the container to the connector body, from a state in which the pawl is not engaged with the flange, to the state the puncture needle has punctured the plug body, it is possible to continuously transition. しかも、これを、簡単な構成で実現できる。 Moreover, this can be realized with a simple configuration.

前記当接突起の前記栓体に当接する端縁は、前記穿刺針の長手方向に対して傾斜していることが好ましい。 The abutting edges in the plug body of the abutment projections are preferably inclined relative to the longitudinal direction of the puncture needle. これにより、コネクタを装着することができるフランジ及び栓体の寸法の許容範囲が拡大する。 Thus, tolerance of the dimensions of the flange and the plug which can be attached to the connector is enlarged.

上記の本発明の医薬品容器用コネクタにおいて、前記カバーは、その先端に前記穿刺針が貫通することができるスリットと、前記穿刺針の外周面に密着するシール領域と、前記シール領域に対して前記先端側に配置された可変形領域とを備えうる。 In pharmaceutical containers connector of the present invention described above, the cover includes a slit that can be the biopsy needle to its tip penetrates the sealing region in close contact with the outer peripheral surface of the puncture needle, the relative said sealing region It may comprise a deformable region disposed distally. この場合、前記可変形領域は、前記シール領域に比べて、前記穿刺針の長手方向に沿った圧縮変形及び伸張変形が容易であることが好ましい。 In this case, the deformable region, as compared to the sealing region, it is preferable compressive deformation and stretching deformation along the longitudinal direction of the puncture needle is easy. これにより、可変形領域は栓体の変形に追従して変形することができる。 Thus, the deformable area can be deformed following the deformation of the plug. 従って、爪が容器のフランジに係合されているかぎり、スライダのコネクタ本体に対する位置に関わらず、カバーの先端が栓体に密着した状態を維持し続けることができる。 Therefore, it is possible as long as the pawl is engaged with the flange of the container, irrespective of the position relative to the slider of the connector body, it maintains the state in which the leading edge of the cover is in close contact with the stopper. その結果、カバーと栓体とを分離した後に、カバーの先端や栓体の外面に付着する薬液の量を少なくすることができる。 As a result, after separation of the cover and the plug, it is possible to reduce the amount of the chemical liquid adhering to the outer surface of the cover of the tip and the plug body. また、寸法が種々に異なる容器に対しても、外界に漏れ出る薬液の量を少なくすることができる。 Further, it is possible to dimension even for different containers in various, to reduce the amount of liquid medicine from leaking outside.

前記爪が前記容器の前記フランジに係合していないとき、前記可変領域内に、密閉された空間が形成されることが好ましい。 When said pawl is not engaged with the flange of the container, to the variable region, preferably sealed space is formed. これにより、密閉された空間内に、薬液を貯留することができる。 Thus, the sealed space, it is possible to store the liquid medicine. これは、外界に漏れ出る薬液の量を少なくするのに有利である。 This is advantageous to reduce the amount of liquid medicine from leaking outside.

前記穿刺針が前記栓体を貫通しているとき、前記密閉された空間は縮小又は消失することが好ましい。 When the puncture needle penetrates the plug member, the sealed space is preferably reduced or eliminated. 縮小又は消失した空間は、その後、穿刺針を栓体から引き抜いて、更に、爪とフランジとの係合を解除すると、初期形状に復帰する。 Reduced or lost space, then pull out the needle from the stopper, further, when releasing the engagement between the claw and the flange to return to the initial shape. この復帰過程で、当該空間内に負圧が発生する。 In this return process, a negative pressure is generated in the space. 負圧は、カバーの先端と栓体との間の薬液をスリットを通じて当該空間内に吸引する。 Negative pressure is sucked into the inner space a chemical between the tip of the cover and the plug through the slits. 従って、カバーと栓体とを分離した後に、カバーの先端や栓体の外面に付着する薬液の量を少なくすることができる。 Thus, after separation of the cover and the plug, it is possible to reduce the amount of the chemical liquid adhering to the outer surface of the cover of the tip and the plug body.

前記カバーは、前記カバーを前記スライダに保持するための保持部を備えうる。 The cover may comprise a holding portion for holding the cover on the slider. この場合、前記保持部は、前記シール領域に設けられていることが好ましい。 In this case, the holding portion is preferably provided in the sealing region. これにより、スライダに対するシール領域の、穿刺針の長手方向に沿った位置は、スライダのコネクタ本体に対する位置に関わらず実質的に一定に維持される。 Thus, the sealing region relative to the slider, the position along the longitudinal direction of the puncture needle is substantially maintained constant irrespective of the position relative to the slider of the connector body. 従って、穿刺針を栓体から引き抜くと、穿刺針の流路の先端側の開口は、外界に露出されることなくカバーで確実に覆われる。 Therefore, the withdrawal of the puncture needle from the plug body, the distal end side of the opening of the flow path of the puncture needle is reliably covered with a cover without being exposed to the outside world. このため、コネクタとバイアル瓶とを分離した後に、薬液が外界に漏れ出る可能性を更に低減することができる。 Thus, after separation of the connector and the vial, the drug solution can be further reduce the possibility of leaking to the outside.

上記の本発明の医薬品容器用コネクタにおいて、前記カバーの前記穿刺針によって貫通される先端には、前記栓体に向かって突出した凸面が形成されていることが好ましい。 In pharmaceutical containers connector of the present invention described above, the tip is penetrated by the needle of the cover is preferably convex projecting toward the plug body is formed. これにより、カバーの先端と栓体との密着性が向上する。 Thus, adhesion between the tip of the cover and the plug can be improved. 従って、薬液が外界に漏れ出る可能性を更に低減することができる。 Therefore, it is possible to further reduce the possibility that the drug solution leaks to the outside world.

上記の本発明の医薬品容器用コネクタにおいて、前記カバーには、前記容器と係合する係合形状が設けられていないことが好ましい。 In pharmaceutical containers connector of the present invention described above, the cover is preferably engaging shape to be engaged with the container is not provided. 本発明では、このような係合形状を設けなくても、穿刺針を栓体から引き抜くと、穿刺針の流路の先端側の開口は、外界に露出されることなくカバーで覆われる。 In the present invention, even without providing such engaging shape, when pulled out the puncture needle from the plug body, the distal end side of the opening of the flow path of the puncture needle is covered with a cover without being exposed to the outside world. 従って、係合形状が係合する形状が設けられていない容器に対しても、薬液が外界に漏れ出る可能性を常に低減することができる。 Therefore, even for a container engaging shape is not shaped to engage is provided, it is possible liquid medicine always reduce the possibility of leaking to the outside.

以下に、本発明を好適な実施形態を示しながら詳細に説明する。 Will be described in detail with the present invention shows a preferred embodiment. 但し、本発明は以下の実施形態に限定されないことはいうまでもない。 However, the present invention is of course not limited to the following embodiments. 以下の説明において参照する各図は、説明の便宜上、本発明の実施形態を構成する部材のうち、本発明を説明するために必要な主要部材のみを簡略化して示したものである。 The drawings referred in the following description, for convenience of description, among the members constituting the embodiment of the present invention, there is shown a simplified key member only necessary to describe the present invention. 従って、本発明は以下の各図に示されていない任意の部材を備え得る。 Accordingly, the present invention may comprise any members that are not shown in the figure below.

1. 1. コネクタの構成 図1は、本発明の一実施形態にかかる医薬品容器用コネクタ(以下、単に「コネクタ」という)1の分解斜視図である。 Configuration view of the connector 1, the connector pharmaceuticals container according to an embodiment of the present invention (hereinafter, simply referred to as "connector") is an exploded perspective view of one. コネクタ1は、コネクタ本体10、スライダ50、カバー(またはシールド)90から構成される。 Connector 1, the connector body 10, the slider 50, and a cover (or shield) 90. 一点鎖線1aは、コネクタ1の中心軸である。 Dashed line 1a is the central axis of the connector 1. 以下の説明の便宜のために、中心軸1aと平行な軸をZ軸とするXYZ直交座標系を設定する。 For convenience of the following description, the axis parallel to the central axis 1a is an XYZ orthogonal coordinate system with the Z axis. Z軸方向を「上下方向」といい、Z軸の矢印が向いた側を「上」側、その反対側を「下」側という。 The Z-axis direction is referred to as "vertical direction", the Z-axis "upper" side arrow pointing side, the opposite side is referred to as "lower" side. Z軸と直交する平面に平行な方向を「水平方向」という。 The direction parallel to the plane perpendicular to the Z-axis called "horizontal direction". Y軸の矢印が向いた側を「前」側、その反対側を「後ろ」側という。 Side the arrow pointing in the Y-axis "front" side, the opposite side is called "rear" side. 中心軸1aに直交する直線に沿った方向を「半径方向」又は「直径方向」といい、中心軸1aの周りを回転する方向を「周方向」という。 The direction along the straight line perpendicular to the center axis 1a is referred to as "radial" or "radial direction", the direction of rotating about the central axis 1a of "circumferential direction". 半径方向において、中心軸1aから離れる側を「外」側といい、中心軸1aに近づく側を「内」側という。 In the radial direction, the side away from the central axis 1a is referred to as "outer" side, the side closer to the central axis 1a of "inner" side.

コネクタ1は、上述した特許文献1においてバイアル瓶が接続される「第2コネクタ200」(特許文献1の図11〜図14参照)と置き換えて、特許文献1のデバイスと同様に機能する閉鎖系デバイスを構成することができる。 Connector 1, replacing the vial are connected in Patent Document 1 mentioned above, "the second connector 200 '(see FIGS. 11 to 14 of Patent Document 1), a closed system which functions similarly to Patent Document 1 device it is possible to configure the device. 本明細書では、コネクタ1のうち、バイアル瓶との接続に関連する部分を中心に説明し、それ以外の部分の説明を省略する。 In this specification, among the connector 1 will be described by focusing portion associated with the connection to the vial, it will not be described other portions.

1.1. 1.1. コネクタ本体 図2Aは、コネクタ本体10の前方上側から見た斜視図、図2Bは、その後方上側から見た斜視図である。 Connector body Figure 2A is a perspective view seen from the front upper side of the connector body 10, FIG. 2B is a perspective view from the rear upper side. 図3Aは、コネクタ本体10の前方下側から見た斜視図、図3Bは、その後方下側から見た斜視図である。 Figure 3A is a perspective view seen from the front lower side of the connector body 10, FIG. 3B is a perspective view from the lower rear side. 図4Aは、コネクタ本体10の前方下側から見た断面斜視図、図4Bは、その後方下側から見た断面斜視図である。 Figure 4A is a cross-sectional perspective view seen from the front lower side of the connector body 10, FIG. 4B is a cross-sectional perspective view of the rear lower side. 図5は、コネクタ本体10の下面図である。 Figure 5 is a bottom view of the connector body 10. 図4A、図4Bの断面は、中心軸1a及びY軸を含む。 Figure 4A, the cross-section of Figure 4B, includes a center axis 1a and the Y-axis.

図3A、図3B、図4A、図4Bに示されているように、コネクタ本体10は、バイアル瓶(容器)180の栓体186(後述する図17、図18参照)に穿刺される穿刺針(「瓶針」と呼ばれることもある)20を備えている。 3A, 3B, 4A, as shown in Figure 4B, the connector body 10, the puncture needle is punctured into the plug body 186 of the vial bottle (container) 180 (see FIG. 17, FIG. 18 to be described later) and a (sometimes referred to as "bottle needle") 20. 穿刺針20は、平面視形状が略円形である天板11の中央から下方に向かって延びている。 Puncturing needle 20 extends downward is plan view shape from the center of the top plate 11 is substantially circular. 穿刺針20は中心軸1aと同軸に配置されている。 Puncture needle 20 is disposed on the central axis 1a coaxially.

穿刺針20は、棒状の部材であって、鋭利な先端20tを形成するために略円錐面(テーパ面)の外面を有する円錐部25と、円錐部25と天板11とを繋ぐ柱状部26とを備えている。 Puncturing needle 20, the columnar portion 26 connecting a rod-shaped member, a conical portion 25 having an outer surface of the substantially conical surface (tapered surface) to form a sharp tip 20t, and a conical portion 25 and the top plate 11 It is equipped with a door. 本実施形態では、柱状部26の外周面は、上下方向において外径が一定である円筒面である。 In this embodiment, the outer peripheral surface of the columnar portion 26 is a cylindrical surface external diameter is constant in the vertical direction. 但し、穿刺針20の外形は、これに限定されない。 However, the outer shape of the puncture needle 20 is not limited thereto. 例えば、柱状部26が、円錐部25に近づくにしたがってその外径がわずかに小さくなるテーパ面であってもよい。 For example, the columnar portion 26, the outer diameter may be slightly smaller tapered surface toward the conical portion 25. あるいは、円錐部25と柱状部26とが明確に区別されている必要はなく、例えば、穿刺針20の外周面は、先端20tから天板11に近づくにしたがって外径がなだらかに変化する曲面で構成されていてもよい。 Alternatively, it is not necessary to the conical portion 25 and the columnar portion 26 are clearly distinguished, for example, the outer peripheral surface of the puncture needle 20 is a curved surface whose outer diameter changes gradually toward the top plate 11 from the tip 20t it may be configured.

図4A及び図4Bに示されているように、穿刺針20内には、その長手方向(上下方向)と略平行な2つの流路21,22が互いに独立して形成されている。 As shown in FIGS. 4A and 4B, the puncture needle 20, the longitudinal (vertical direction) and two substantially parallel flow paths 21 and 22 are independently formed with each other. 流路21は、液体が流れる液体流路であり、流路22は、気体が流れる気体流路である。 The channel 21 is a liquid flow path through which the liquid flows, the passage 22 is a gas passage in which the gas flows. 液体流路21は、先端20t側において、横孔21aと連通している。 Liquid flow path 21, at the tip 20t side, and communicates with the horizontal hole 21a. 横孔21aは、半径方向に沿って前側に向かって延び、柱状部26の外周面において開口している。 Horizontal hole 21a extends toward the front side along the radial direction and is open at the outer peripheral surface of the columnar portion 26. 横孔21aの柱状部26での開口は、液体流路21の先端20t側の開口を構成する。 Opening of the columnar portion 26 of the horizontal hole 21a constitute the opening of the tip 20t side of the liquid flow path 21. 気体流路22は、先端20t側において、円錐部25の外周面において開口している。 Gas flow channel 22, at the tip 20t side and open at the outer peripheral surface of the conical portion 25. 液体流路21及び気体流路22は、天板11を超えて上方に延び、天板11よりも上に設けられた、円筒面状の内周面を有する管状部13に達している。 The liquid flow path 21 and gas flow channel 22 extends upwardly beyond the top plate 11, provided above the top plate 11, reaches the tubular portion 13 having a cylindrical surface shaped inner circumferential surface.

穿刺針20を取り囲むように、外筒12が天板11から、下方に向かって延びている。 So as to surround the puncture needle 20, the outer cylinder 12 from the top plate 11 and extends downward. 外筒12は、穿刺針20と同軸の中空の略円筒形状を有している。 The outer cylinder 12 has a hollow substantially cylindrical puncture needle 20 coaxially. 外筒12には、上下方向に延びた一対の開口31,41が形成されている。 The outer cylinder 12, a pair of apertures 31, 41 extending in the vertical direction is formed. 開口31と開口41とは、穿刺針20に対して対称位置に配されている。 The opening 31 and the opening 41 is disposed at symmetrical positions with respect to the puncture needle 20.

図2A、図4A、図4Bに示されているように、前側の開口31において、上下方向に沿った両側端縁から、一対のガイド突起32が開口31内に向かって突出している。 Figures 2A, 4A, as shown in Figure 4B, the front side of the opening 31, from both side edges along the vertical direction, a pair of guide projections 32 are projected toward into the opening 31. ガイド突起32は、上下方向に沿って延び、その下端は停止端33で終端している。 Guide projections 32 extends along the vertical direction, the lower end is terminated by end stop 33. ガイド突起32は、外筒12の外周面に対して、わずかに穿刺針20に近い位置にある。 Guide projection 32, the outer peripheral surface of the outer cylinder 12, is only located close to the puncture needle 20.

停止端33よりわずかに上の位置において、一対のガイド突起32から開口31内に向かって一対の停止突起35が突出している。 At the position of slightly above end it stops 33, a pair of stop projections 35 toward the opening 31 is protruded from the pair of guide projections 32. 停止突起35の半径方向の厚さ(寸法)は、停止突起35の下側部分35aで相対的に薄い。 Radial thickness of the stop projection 35 (dimension), thin relatively in the lower portion 35a of the stop projection 35. 停止突起35の内側面(穿刺針20に対向する面)には、この停止突起35の厚さ変化に対応して、下側の薄肉部35aより上側に、上にいくにしたがって穿刺針20に近づくように傾斜した傾斜面35bが形成されている。 The inner surface of the stop projection 35 (opposed to the puncture needle 20), in response to thickness variation of the stopping protrusions 35, above the lower side of the thin portion 35a, the puncture needle 20 toward the top inclined inclined surface 35b is formed so as to approach.

図2B、図4A、図4Bに示されているように、後ろ側の開口41においても、上下方向に沿った両側端縁から、一対のガイド突起42が開口41内に向かって突出している。 Figure 2B, Figure 4A, as shown in Figure 4B, also in the opening 41 of the rear, from both side edges along the vertical direction, a pair of guide protrusions 42 protrude toward the inside opening 41. ガイド突起42は、上下方向に沿って延びている。 Guide projections 42 extends along the vertical direction. ガイド突起42は、外筒12の外周面に対して、わずかに穿刺針20に近い位置にある。 Guide projections 42, the outer peripheral surface of the outer cylinder 12, is only located close to the puncture needle 20.

一対のガイド突起42から開口41内に向かって一対の停止突起45が突出している。 A pair of stop projections 45 projecting from a pair of guide projections 42 toward the opening 41. ガイド突起42の下端と停止突起45の下端とは、上下方向における位置が一致し、ともに停止端43を構成している。 The lower end of the guide protrusion 42 and the lower end of the stop projection 45 is positioned in the vertical direction match and are both constituting the end stop 43. 停止突起35と異なり、停止突起45の半径方向の厚さ(寸法)は、上下方向において一定である。 Unlike stopping projection 35, the thickness in the radial direction of the stop projection 45 (dimension) is constant in the vertical direction. 停止突起45の内側面(穿刺針20に対向する面)には、停止突起35の傾斜面35bと同様の傾斜面は形成されていない。 The inner surface of the stop projection 45 (opposed to the puncture needle 20), the inclined surface similar to the inclined surface 35b of the stop projection 35 is not formed.

外筒12の内周面に、4本の溝17が、外筒12の下端から上方に向かって延びている。 The inner peripheral surface of the outer cylinder 12, four grooves 17 extend from the lower end of the outer tube 12 upwardly. 2本の溝17は開口31を周方向に挟んで配置され、他の2本の溝17は、開口41を周方向に挟んで配置されている。 The two grooves 17 are arranged across the opening 31 in the circumferential direction, the other two grooves 17 are arranged across the opening 41 in the circumferential direction.

コネクタ本体10は、硬質の材料からなることが好ましい。 The connector body 10 is preferably made of a hard material. 具体的には、ポリアセタール、ポリカーボネート、ポリスチレン、ポリアミド、ポリプロピレン、硬質ポリ塩化ビニル等の樹脂材料を用いることができる。 Specifically, it is possible to use polyacetal, polycarbonate, polystyrene, polyamide, polypropylene, a hard resin material such as polyvinyl chloride. コネクタ本体10は、これらの樹脂材料を用いて、例えば射出成形等により一体的に成形することができる。 The connector body 10 using these resin materials can be molded integrally by, for example, injection molding or the like.

1.2. 1.2. スライダ 図6Aは、スライダ50の前方上側から見た斜視図、図6Bは、その後方上側から見た断面斜視図である。 Slider Figure 6A is a perspective view seen from the front upper side of the slider 50, FIG. 6B is a cross-sectional perspective view of the rear upper side. 図7Aは、スライダ50の前方下側から見た斜視図、図7Bは、その後方下側から見た斜視図である。 7A is a perspective view seen from the front lower side of the slider 50, FIG. 7B is a perspective view from the lower rear side. 図8Aは、スライダ50の前方下側から見た断面斜視図、図8Bは、その後方下側から見た断面斜視図である。 Figure 8A is a cross-sectional perspective view seen from the front lower side of the slider 50, FIG. 8B is a cross-sectional perspective view of the rear lower side. 図9は、スライダ50の下面図である。 Figure 9 is a bottom view of the slider 50. 図8A、図8Bの断面は、中心軸1a及びY軸を含む。 Figure 8A, the cross-section of Figure 8B, including the center axis 1a and the Y-axis.

図6A、図6B、図7A、図7B、図8A、図8Bに示されているように、スライダ50は、全体として、上下方向に開口した、中心軸1aと同軸の中空の略円筒形状を有している。 6A, 6B, 7A, 7B, the as shown FIG. 8A, FIG. 8B, the slider 50 as a whole, is open in the vertical direction, the hollow substantially cylindrical central shaft 1a coaxially It has. スライダ50内に、上下方向に開口した略円筒形状を有する保持器58が中心軸1aと同軸に設けられている。 The slider 50, the retainer 58 having a substantially cylindrical shape which is open in the vertical direction is provided on the center axis 1a coaxially. 保持器58は、スライダ50の上端近傍の位置に、X軸方向に平行な保持バー59を介してスライダ50の内周面に固定されている。 Retainer 58 is in a position near the upper end of the slider 50, and is fixed to the inner circumferential surface of the slider 50 via a parallel holding bars 59 in the X-axis direction.

スライダ50の略円筒面形状を有する側面には、一対の開口61,71が形成されている。 The side surface having a substantially cylindrical surface shape of the slider 50, a pair of openings 61 and 71 are formed. 開口61と開口71とは、中心軸1aに対して対称位置に配されている。 The opening 61 and the opening 71 is disposed at symmetrical positions with respect to the center axis 1a. 開口61は前側に配置され、開口71は後ろ側に配置されている。 Opening 61 is disposed on the front side, the opening 71 is disposed on the rear side.

開口61,71において、開口61,71の下側端縁から上方に向かってスライド規制アーム(以下、単に「規制アーム」という)62,72が延びている。 In the opening 61 and 71, the slide restricting arm (hereinafter, simply referred to as "regulatory arm") from the lower edge of the opening 61 and 71 upward 62 and 72 extend. 規制アーム62,72は、その上端の頭部63,73を自由端とする片持ち支持構造を有している。 Regulating arm 62 and 72 has a cantilever support structure for the head 63, 73 of the upper end as a free end. 規制アーム62,72は、頭部63,73が半径方向に沿って外向きに変位するように、弾性的に曲げ変形可能である。 Regulating arm 62, 72 so as to be displaced outwardly head 63, 73 along the radial direction, it is resiliently bendable deformation. 規制アーム62,72は、その頭部63,73が周方向に沿って両側に突出した略「T」字形状を有している。 Regulating arm 62, 72 has a substantially "T" shaped to the head 63, 73 is projected to both sides in the circumferential direction. 図7A、図7B、図8A、図8Bに示されているように、規制アーム62,72の内面(中心軸1aに対向する面)の上端近傍の位置から、当接突起64,74が中心軸1aに向かって突出している。 7A, 7B, 8A, as shown in FIG. 8B, from a position near the upper end of the inner surface of the regulating arm 62, 72 (the surface facing the central axis 1a), the contact projection 64, 74 is centered It protrudes toward the axis 1a. 当接突起64,74は、下にいくにしたがって中心軸1aから離れるように中心軸1aに対して傾斜した端縁64a,74aを備える。 Contacting projection 64 and 74 includes edges 64a inclined with respect to the central axis 1a away from the central axis 1a toward the lower, the 74a.

規制アーム62を周方向に挟むように、開口61の上側端縁から下方に向かって一対の把持アーム65が延びている。 So as to sandwich the regulation arm 62 in the circumferential direction, a pair of gripping arms 65 from the upper edge of the opening 61 downward extends. 同様に、規制アーム72を周方向に挟むように、開口71の上側端縁から下方に向かって一対の把持アーム75が延びている。 Similarly, so as to sandwich the regulation arm 72 in the circumferential direction, a pair of gripping arms 75 from the upper edge toward the lower opening 71 extends. 把持アーム65,75は、その下端を自由端とする片持ち支持構造を有している。 Gripping arm 65 and 75 has a cantilevered structure in which the lower end as a free end. 把持アーム65,75は、その下端(自由端)が半径方向に沿って外向きに変位するように、弾性的に曲げ変形可能である。 Gripping arms 65 and 75, the lower end (free end) is to be displaced outwardly in the radial direction, is resiliently bendable deformation. 把持アーム65,75の外面(中心軸1aとは反対側の面)の下端近傍の位置から、ロック突起67,77が半径方向に略沿って外向きに突出している。 From a position near the lower end of the outer surface of the gripping arms 65, 75 (opposite to the central axis 1a), the locking projections 67, 77 protrude outwardly substantially along the radial direction. 図7A、図7B、図8A、図8Bに示されているように、把持アーム65,75の内面(中心軸1aに対向する面)の下端近傍の位置から、爪66,76が中心軸1aに向かって突出している。 7A, 7B, 8A, as shown in FIG. 8B, from a position near the lower end of the inner surface of the gripping arms 65, 75 (the surface facing the central axis 1a), claws 66 and 76 the center axis 1a It protrudes toward the. 爪66,76のそれぞれには、その先端(中心軸1aに最も近い箇所)66t,76tよりも下側に、先端66t,76tから下方に離れるにしたがって中心軸1aから離れるように傾斜した傾斜面66s,76sが形成されている。 Each pawl 66, 76 (closest point to the center axis 1a) 66 t its tip below the 76t, tip 66 t, inclined surface inclined away from the central axis 1a farther downward from 76t 66s, 76s are formed.

図6Aに示されているように、前側の開口61の上側の端縁を構成するフロントアッパーフレーム68の周方向の略中央位置に、リリースボタン52が半径方向に沿って外向きに突出している。 As shown in Figure 6A, in a substantially central position in the circumferential direction of the front upper frame 68 constituting the upper edge of the front opening 61 and projects outwardly release button 52 in the radial direction . リリースボタン52の両側面(半径方向に略平行な面)には、中間ストッパ53及び抜け止め突起54が突出している。 On both sides of the release button 52 (a plane substantially parallel to the radial direction), the intermediate stopper 53 and the retaining projection 54 is projected. 抜け止め突起54は、半径方向に略沿って水平方向に延びている。 Retaining projection 54 extends in the horizontal direction substantially along the radial direction. 中間ストッパ53は抜け止め突起54よりも下に位置している。 Is located below the intermediate stopper 53 is retaining projection 54. フロントアッパーフレーム68の半径方向の寸法(厚み)は、比較的薄い。 Radial dimension of the front upper frame 68 (thickness) is relatively thin. 従って、リリースボタン52を半径方向に沿って内向きに(中心軸1aに向かって)押すと、リリースボタン52が中心軸1aに近づくように、フロントアッパーフレーム68は弾性的に変形することができる。 Therefore, when the release button 52 inward along the radial direction (toward the center axis 1a) pressing can release button 52 so as to approach the center axis 1a, a front upper frame 68 is elastically deformed . フロントアッパーフレーム68及び把持アーム65のうちの一方の変形によって他方が変位しないように、フロントアッパーフレーム68と把持アーム65の上端(固定端)とはスリット69を介して離間している(図6A、図6B参照)。 As other by one of deformation of the front upper frame 68 and the holding arm 65 is not displaced, and the upper end of the front upper frame 68 gripping arms 65 (fixed end) are spaced through slits 69 (FIG. 6A , see Fig. 6B).

図6Bに示されているように、後ろ側の開口71の上側の端縁を構成するリアアッパーフレーム78の周方向の略中央位置に、抜け止め突起55が外向きに突出している。 As shown in Figure 6B, in a substantially central position in the circumferential direction of the rear upper frames 78 constituting the upper edge of the rear side of the opening 71, retaining projection 55 projects outwardly. 抜け止め55は、周方向に沿って延びている。 Stopper 55 extends along the circumferential direction.

スライダ50は、硬質の材料からなることが好ましい。 The slider 50 is preferably made of a hard material. 具体的には、ポリアセタール、ポリカーボネート、ポリスチレン、ポリアミド、ポリプロピレン、硬質ポリ塩化ビニル等の樹脂材料を用いることができる。 Specifically, it is possible to use polyacetal, polycarbonate, polystyrene, polyamide, polypropylene, a hard resin material such as polyvinyl chloride. スライダ50は、これらの樹脂材料を用いて、例えば射出成形等により一体的に成形することができる。 The slider 50 using these resin materials can be molded integrally by, for example, injection molding or the like.

1.3. 1.3. カバー 図10Aは、カバー90の下から見た斜視図、図10Bは、カバー90の断面図である。 Cover Figure 10A is a perspective view from below of the cover 90, FIG. 10B is a sectional view of the cover 90. カバー90は、中心軸1aに対して任意の回転角度について対称性(いわゆる回転等方性)を有している。 Cover 90 has a symmetrical (the so-called rotating isotropic) for any rotational angle with respect to the center axis 1a.

カバー90は、可撓性(柔軟性)を有し、外力を加えると変形し且つ当該外力を除去すると直ちに初期形状に復帰するゴム状の弾性を有する材料(いわゆるエラストマー)からなる。 Cover 90 is flexible (flexibility), made of material (so-called elastomer) having a rubber-like elastic to return immediately initial shape upon removal of the deformed and the external force and an external force. 具体的には、天然ゴム、イソプレンゴム、シリコーンゴム等のゴムや、スチレン系エラストマー、オレフィン系エラストマー、ポリウレタン系エラストマー等の熱可塑性エラストマーを用いることができる。 Specifically, there can be used natural rubber, isoprene rubber, or rubber such as silicone rubber, styrene elastomers, olefin elastomers, thermoplastic elastomers such as polyurethane elastomer. カバー90は、このような材料を用いて一体的に成形される。 Cover 90 is molded integrally with such materials.

図10Bに示されているように、カバー90には、中心軸1aに沿った内腔91が形成されている。 As shown in FIG. 10B, the cover 90, lumen 91 along the central axis 1a is formed. 内腔91は、カバー90の上端面に開口している。 Lumen 91 is open at the upper end surface of the cover 90. カバー90は、上側(基端側)にシール領域92を、下側(先端側)に可変形領域93を、互いに隣接して備えている。 Cover 90, the sealing region 92 on the upper side (base end side), the deformable area 93 on the lower side (distal end side), and provided adjacent to each other.

シール領域92には、初期状態(後述する図13、図14参照)において穿刺針20が挿入される。 The sealing area 92, the puncture needle 20 is inserted in the initial state (see FIGS. 13, 14 to be described later). シール領域92での内腔91の内周面は、穿刺針20の外周面形状に沿って形成されている。 The inner peripheral surface of the lumen 91 in the sealing region 92 is formed along the outer peripheral surface shape of the puncture needle 20. シール領域92での内腔91の内周面が、穿刺針20の外周面(特に横孔21aの近傍領域)に液密及び気密に密着するように、シール領域92での内径は、穿刺針20の外径よりわずかに小さく設定されていることが好ましい。 The inner peripheral surface of the lumen 91 in the seal region 92, so as to be in close contact with liquid and gas-tight (the region near the particular horizontal hole 21a) outer peripheral surface of the puncture needle 20, the inner diameter of a sealing area 92, the puncture needle it is preferably set slightly smaller than the outer diameter of 20.

可変形領域93は、中心軸1aに沿って内径が増大しその後減小する、内周面の断面形状が略菱形である可動部93aを備えうる。 Deformable region 93 has an inner diameter and then decreased small increases along the center axis 1a, the cross-sectional shape of the inner peripheral surface may comprise a movable portion 93a is substantially rhombic. 本実施形態では、可動部93aは1つのみであるが、同様の略菱形断面を有する複数の可動部93aが中心軸1aに沿って配置されていてもよい。 In the present embodiment, the movable portion 93a is there is only one, a plurality of movable portion 93a having a similar substantially rhombic cross-section may be disposed along the central axis 1a. 可変形領域93は、可動部93aに隣接してその下側に、下側で内径が小さくなる略円錐面形状を有する案内部93bを備える。 Deformable region 93, on its underside adjacent to the movable portion 93a, provided with a guide portion 93b having an inner diameter at the lower smaller substantially conical surface shape. 但し、案内部93bは省略しうる。 However, the guide portion 93b can be omitted.

カバー90の外周面は、全体として、下側ほど外径が小さくなる形状を有している。 The outer peripheral surface of the cover 90 as a whole has a shape whose outer diameter becomes smaller toward the lower side. 外径は、シール領域92より可変形領域93において概して小さい。 Outer diameter is generally small in the deformable region 93 of the seal region 92. 更に、可変形領域93は、略蛇腹形状に近似した内周面形状を有する可動部93aを備える。 Furthermore, the deformable region 93 is provided with a movable portion 93a having a peripheral shape among approximate to a substantially bellows. これらのために、カバー90の機械的強度は、シール領域92より可変形領域93において概して小さい。 For these, the mechanical strength of the cover 90 is generally small in the deformable region 93 of the seal region 92. 従って、可変形領域93は、シール領域92に比べて、比較的容易に上下方向に沿って圧縮変形及び伸張変形することができる。 Therefore, deformable region 93, as compared to the sealing area 92 can be relatively easily compressed and deformed and extending along the vertical direction deformation.

可変形領域93の下端面97は、下方に向かって突出した凸面である。 The lower end surface 97 of the deformable region 93 is a convex surface that protrudes downward. 凸面97の形状は、任意であり、円錐面、球面、ドーム状の滑らかな非球面など、任意に設定することができる。 The shape of the convex surface 97 is optional, conical surface, a spherical surface, such as a dome-shaped smooth aspheric, can be arbitrarily set.

スリット95がカバー90の先端を上下方向に貫通している。 Slit 95 extends through the distal end of the cover 90 in the vertical direction. 図10Aに示されているように、スリット95は、その下方から見た形状が「−」(マイナス)字形状である直線状の切り込みである。 As shown in FIG. 10A, the slit 95 is shaped as viewed from below is "-" is cut straight is (minus) shape. 穿刺針20がスリット95を貫通していない初期状態では、スリット95を形成する互いに対向する端縁(リップ)は接触していることが好ましい。 In the initial state where the puncture needle 20 does not penetrate the slit 95, it is preferable that edges opposite to each other to form a slit 95 (lip) is in contact. スリット95は、凸面97の頂部、及び、内腔91の最深部(すなわち、案内部93bの最深部)を通る。 Slit 95, the top of the convex surface 97, and passes through the deepest portion of the lumen 91 (i.e., the deepest of the guide portion 93 b).

カバー90の最大外径を有する保持部98は、スライダ50の保持器58に嵌入される(後述する図13、図14参照)。 Holding portion 98 having the maximum outer diameter of the cover 90 is fitted into the holder 58 of the slider 50 (FIG. 13 to be described later, see FIG. 14). 保持部98は、シール領域92上に設けられている。 Holding portion 98 is provided in the seal region 92 on.

1.4. 1.4. 初期状態のコネクタ 図11Aは、コネクタ1の前方上側から見た斜視図、図11Bは、コネクタ1の後方上側から見た斜視図である。 Connectors Figure 11A in the initial state is a perspective view seen from the front upper side of the connector 1, FIG. 11B is a rear perspective view of the upper side of the connector 1. 図12Aは、コネクタ1の前方下側から見た斜視図、図12Bは、コネクタ1の後方下側から見た斜視図である。 Figure 12A is a perspective view seen from the front lower side of the connector 1, FIG. 12B is a rear perspective view of the lower side of the connector 1. 図13は、コネクタ1の中心軸1aを含む面に沿った断面斜視図である。 Figure 13 is a cross-sectional perspective view taken along a plane including the center axis 1a of the connector 1.

図13に示されているように、カバー90は、その保持部98を保持器58に嵌入することにより、スライダ50に保持される。 As shown in Figure 13, cover 90, by fitting the holding portion 98 to the retainer 58 is held to the slider 50. スライダ50は、コネクタ本体10の外筒12内に、下から挿入される。 The slider 50 is in the outer cylinder 12 of the connector body 10 is inserted from below. かくして、本実施形態にかかるコネクタ1が組み立てられる。 Thus, the connector 1 of the present embodiment is assembled. 図11A、図11B、図12A、図12B、図13に示すコネクタ1は、まだバイアル瓶に装着されていない。 11A, 11B, 12A, 12B, the connector 1 shown in FIG. 13 are not yet mounted on the vial. コネクタ1のこの状態を「初期状態」という。 This state of the connector 1 is referred to as "initial state". 初期状態にあるコネクタ1において、スライダ50のコネクタ本体10に対する位置を「初期位置」という。 The connector 1 in the initial state, the position relative to the connector body 10 of the slider 50 as "initial position".

図13に示されているように、穿刺針20の先端20tを含む部分が、カバー90で覆われている。 As shown in Figure 13, the portion including the distal end 20t of the puncture needle 20 is covered with a cover 90. 図14に、これを拡大して示す。 14 shows an enlarged it. 穿刺針20が、カバー90の内腔91のシール領域92内に挿入されている。 The puncture needle 20 is inserted into the seal region 92 of the bore 91 of the cover 90. カバー90の内腔91の内周面は穿刺針20の外周面に密着する。 The inner peripheral surface of the lumen 91 of the cover 90 is brought into close contact with the outer peripheral surface of the puncture needle 20. これにより、シール領域92において、内腔91の内周面と穿刺針20の外周面との間に、液密及び気密なシールが形成される。 Thus, in the seal region 92, between the inner and outer circumferential surfaces of the puncture needle 20 of the lumen 91, liquid-tight and gas-tight seal is formed. また、シール領域92において、内腔91の内周面は、穿刺針20の外周面に密着して、液体流路21と連通した横孔21aの開口(好ましくは、更に気体流路22の開口)を液密及び気密に塞ぐ。 Further, in the sealing region 92, the inner peripheral surface of the lumen 91 is in close contact with the outer peripheral surface of the puncture needle 20, the opening of the liquid flow path 21 and the communication with the horizontal hole 21a (preferably, further opening of the gas flow channel 22 ) the block in liquid-tight and airtight.

穿刺針20の先端20tは、カバー90の内腔91の最深部にまでは達していない。 Tip 20t of the puncture needle 20 does not extend up to the deepest portion of the lumen 91 of the cover 90. 可変形領域93には穿刺針20が実質的に挿入されない。 The puncture needle 20 is not substantially inserted into the deformable region 93. このため、可変形領域93の内腔91内に、空間99が形成される。 Therefore, within the lumen 91 of the deformable region 93, a space 99 is formed. 上述したように、シール領域92では内腔91の内周面が穿刺針20の外周面に密着する。 As described above, the inner peripheral surface of the inner in the seal region 92 lumen 91 is in close contact with the outer peripheral surface of the puncture needle 20. また、スリット95を形成する互いに対向する端縁(リップ)は接触して閉じられれている。 Also, the edges facing each other to form a slit 95 (lip) are closed in contact. 従って、空間99は、好ましくは液密及び気密にシールされた密閉空間である。 Thus, the space 99 is preferably enclosed space which is sealed liquid-tight and gas-tight. 密閉空間99は、薬液を貯留するための空間として機能することができる。 Enclosed space 99 can function as a space for storing the liquid medicine.

図15は、コネクタ本体10の前側の開口31を見た拡大斜視図である。 Figure 15 is an enlarged perspective view of the front opening 31 of the connector body 10. スライダ50のリリースボタン52が開口31内に嵌入し、その先端がコネクタ本体10の外筒12の外周面からわずかに外向きに突出している。 Release button 52 of the slider 50 is fitted into the opening 31, the tip protrudes slightly outward from the outer circumferential surface of the outer tube 12 of the connector body 10.

開口31内に、スライダ50の前側の規制アーム62の上端の頭部63が見える。 In the opening 31, the upper end of the head 63 of the front restricting arm 62 of the slider 50 is visible. 頭部63は、開口31内に突出したコネクタ本体10のガイド突起32の下端の停止端33に、上下方向に当接している。 Head 63, the lower end of the stop end 33 of the guide projection 32 of the connector body 10 which protrudes into the opening 31, is in contact with the vertical direction.

スライダ50のリリースボタン52の側面から突出した抜け止め突起54は、開口31内に突出した停止突起35の上方に位置している。 Retaining projection 54 which projects from the side surface of the release button 52 of the slider 50 is positioned above the stop projections 35 projecting into the opening 31.

図示されていないが、スライダ50のリリースボタン52の側面から突出した中間ストッパ53(図6A参照)は、停止突起35の薄肉部35a(図4B参照)の内側面(穿刺針20に対向する面)に対向している。 Although not shown, (see FIG. 6A) intermediate stopper 53 protruding from the side surface of the release button 52 of the slider 50 is opposed to the inner surface (the puncture needle 20 of the thin portion 35a of the stop projection 35 (see FIG. 4B) plane It is opposed to).

図16は、コネクタ本体10の後ろ側の開口41を見た拡大斜視図である。 Figure 16 is an enlarged perspective view of the opening 41 of the rear side of the connector body 10. 図15と同様に、開口41内に、スライダ50の後ろ側の規制アーム72の上端の頭部73が見える。 Similar to FIG. 15, in the opening 41, the upper end of the head 73 of the rear side of the regulating arm 72 of the slider 50 is visible. 頭部73は、開口41内に突出したコネクタ本体10のガイド突起42の下端及び停止突起45の下端に共通する停止端43に、上下方向に当接している。 Head 73, the end stop 43 which is common to the lower end and the lower end of the stop projection 45 of the guide projection 42 of the connector body 10 which protrudes into the opening 41, is in contact with the vertical direction.

スライダ50のリアアッパーフレーム78から突出した抜け止め突起55は、開口41内に突出した停止突起45の上方に位置している。 Retaining projection 55 projecting from the rear upper frame 78 of the slider 50 is positioned above the stop projections 45 projecting into the opening 41.

図15及び図16から理解できるように、スライダ50の規制アーム62,72の頭部63,73の上面は、コネクタ本体10の停止端33,43に上下方向に当接している。 As can be seen from FIGS. 15 and 16, the upper surface of the head portion 63, 73 of the regulation arms 62, 72 of the slider 50 are in contact with vertically end stops 33 and 43 of the connector body 10. . 従って、この初期状態においてスライダ50とコネクタ本体10に上下方向の圧縮力を印加しても、規制アーム62,72の頭部63,73と停止端33,43とが衝突するので、スライダ50をコネクタ本体10内に挿入することはできない。 Therefore, even by applying a compressive force in the vertical direction in the slider 50 and the connector body 10 in this initial state, since the head 63, 73 of the regulating arm 62, 72 and end stops 33 and 43 collide, the slider 50 It can not be inserted into the connector body 10.

また、スライダ50の抜け止め突起54,55の下側に、コネクタ本体10の停止突起35,45が配置されている。 Further, on the lower side of the retaining projection 55 of the slider 50, stopping protrusions 35 and 45 of the connector body 10 is arranged. 従って、この初期状態においてスライダ50とコネクタ本体10に上下方向の引っ張り力を印加しても、抜け止め突起54,55と停止突起35,45とが衝突するので、スライダ50をコネクタ本体10から引き出すことはできない。 Therefore, even by applying a vertical pulling force to the slider 50 and the connector body 10 in this initial state, since the stopper projections 54 and 55 exit and stop projections 35 and 45 collide, withdrawing the slider 50 from the connector body 10 It is not possible. これにより、スライダ50とコネクタ本体10とを誤って分離してしまうという誤操作が防止される。 Accordingly, erroneous operation arises to separate incorrectly slider 50 and the connector body 10 is prevented.

このように、バイアル瓶180に装着されていない初期状態では、スライダ50はコネクタ本体10に対して上下方向(穿刺針20の長手方向)に沿って上向き及び下向きのいずれにも移動することができない。 Thus, in the initial state of not being attached to the vial 180, the slider 50 can not move in either the upward and downward along the (longitudinal direction of the puncture needle 20) vertically relative to the connector body 10 .

図12A、図12Bに示されているように、スライダ50の把持アーム65,75の外面から外向きに突出したロック突起67,77は、コネクタ本体10の外筒12の下端よりも下に位置している。 Figure 12A, as shown in FIG. 12B, the locking projections 67, 77 projecting outwardly from the outer surface of the gripping arms 65, 75 of the slider 50 is positioned below the lower end of the outer tube 12 of the connector body 10 doing.

2. 2. コネクタの使用方法 本実施形態のコネクタ1は、図17に示すように、医薬品用容器としてのバイアル瓶180に装着して使用される。 Connector 1 Using the embodiment of the connector, as shown in FIG. 17, is used by attaching the vial 180 as a medicament container.

2.1. 2.1. バイアル瓶の構成 図18は、バイアル瓶180の一例の断面図である。 Diagram of the vial 18 is an example cross-sectional view of the vial 180. バイアル瓶180は、瓶本体181の上端のフランジ182で囲まれた口(開口)183に、フランジ182と略同一外径を有する栓体(ゴム栓)186を嵌入して当該口183を気密及び液密に封止した密閉容器である。 Vial 180, the mouth (opening) 183 surrounded by the flange 182 of the upper end of the vial body 181, airtight and the opening 183 by fitting the plug (rubber plug) 186 having substantially the same outer diameter as the flange 182 a closed container which is sealed in a fluid-tight manner. フランジ182の外周面は、そのすぐ下の部分(くびれ部分)184よりも大きな外径を有する略円筒面である。 The outer peripheral surface of the flange 182 has a substantially cylindrical surface having a larger outer diameter than the portion (constricted portion) 184 immediately below. 従って、フランジ182とくびれ部分184との間には、両者の外径差に基づく段差が形成されている。 Accordingly, in the space between parts 184 constriction and the flange 182, the step which is based on both the outer diameter difference is formed.

栓体186が瓶本体181の口183から脱落するのを防止するために、栓体186及びフランジ182にキャップ188が装着されている。 To plug 186 is prevented from falling off from the mouth 183 of the bottle body 181, a cap 188 is mounted on the plug body 186 and the flange 182. キャップ188は、金属(例えばアルミニウム)、樹脂等のシートからなり、栓体186及びフランジ182に密着している。 Cap 188 is a metal (e.g. aluminum), made from a sheet of resin or the like, in close contact with the stopper 186 and the flange 182. キャップ188の下端は、フランジ182の略円筒面である外周面よりも下側にまで及んでいる。 The lower end of the cap 188 is extends to the lower side than the outer peripheral surface is substantially cylindrical surface of the flange 182. キャップ188の上端は、栓体186の上面にまで及んでいる。 The upper end of the cap 188 is extends to the upper surface of the plug 186. 栓体186の上面の中央の領域は、キャップ188に設けられた円形の開口188aを介して外界に露出している(図17参照)。 Central area of ​​the upper surface of the plug 186 is exposed to the outside through the circular opening 188a provided in the cap 188 (see FIG. 17).

栓体186及びフランジ182の各外周面は、略同一直径の円筒面である。 Each outer peripheral surface of the plug body 186 and the flange 182 is a cylindrical surface of substantially the same diameter. 従って、これらに装着されたキャップ188の外周面188cも略円筒面である。 Thus, the outer peripheral surface 188c of the cap 188 attached thereto is also substantially cylindrical surface. キャップ188の外周面188cの上端を上側端縁188bといい、また、当該外周面188cの下端を下側端縁188dという。 It refers to the upper end of the outer peripheral surface 188c of the cap 188 and the side edge 188b, also the lower end of the outer peripheral surface 188c of the lower edge 188d.

バイアル瓶180はキャップ188を備えていなくてもよい。 Vial 180 may not include a cap 188. その場合には、上側端縁188b、下側端縁188d、外周面188cは、栓体186又はフランジ182の対応する箇所を意味する。 In that case, side edge 188b, the lower edge 188d, the outer circumferential surface 188c denotes a corresponding portion of the plug body 186 or the flange 182.

バイアル瓶180内には、粉末状の薬剤(図示せず)が収容されている。 The vial 180, powdered medicament (not shown) is housed.

2.2. 2.2. コネクタの装着 コネクタ1は、バイアル瓶180に以下のようにして装着される。 Mounting connector 1 of the connector is mounted as follows in the vial 180.

図17に示すように、バイアル瓶180の栓体186に、初期状態のコネクタ1を対向させる。 As shown in FIG. 17, the plug body 186 of the vial 180 is made to face the connector 1 in the initial state. そして、コネクタ1のスライダ50内にキャップ188を挿入して、コネクタ1をバイアル瓶180に向かって押し付ける。 Then, by inserting the cap 188 in the slider 50 of the connector 1, pressed toward the connector 1 to the vial 180. スライダ50の把持アーム65,75から突出した爪66,76の先端66t,76t(図7A、図7B、図8A、図8B参照)に沿った内接円の直径は、バイアル瓶180のキャップ188の外径より小さい。 Tip 66t of the pawl 66, 76 projecting from the gripping arms 65, 75 of the slider 50, 76t (7A, 7B, 8A, see FIG. 8B) the diameter of the inscribed circle along the vial 180 Cap 188 smaller than that of the outer diameter. 従って、爪66,76の傾斜面66s,76s(図7A、図7B、図8A、図8B参照)が、キャップ188の上側端縁188b(図18参照)に衝突する。 Accordingly, the inclined surface 66s of the pawl 66 and 76, 76s (7A, 7B, 8A, see FIG. 8B) impinges on the upper edge of the cap 188 188b (see FIG. 18). コネクタ1をバイアル瓶180に向かって押し付けるにしたがって、爪66,76が外向きに変位するように把持アーム65,75は弾性的に曲げ変形する。 According pressing the connector 1 towards the vial 180, the pawl 66 and 76 gripping arms 65, 75 so as to be displaced outwardly deforms elastically bent. 把持アーム65,75の外面から突出したロック突起67,77は、コネクタ本体10の外筒12の下端よりも下に位置しているので、把持アーム65,75が外向きに弾性曲げ変形しても、ロック突起67,77はコネクタ本体10に衝突しない。 Locking projections 67, 77 projecting from the outer surface of the gripping arms 65 and 75, so located below the lower end of the outer tube 12 of the connector body 10, the gripping arms 65, 75 are elastically bent and deformed outwardly also, the locking projection 67 and 77 does not collide with the connector body 10. 爪66,76の先端66t,76tは、キャップ188の上側端縁188bを通過した後、キャップ188の外周面188c(図18参照)上を摺動する。 The tip of the nail 66 and 76 66 t, 76t, after passing through the upper edge 188b of the cap 188, slides on the outer peripheral surface 188c (see FIG. 18) on the cap 188. そして、爪66,76の先端66t,76tが、キャップ188の下側端縁188d(図18参照)を越えると、把持アーム65,75が弾性回復し、爪66,76はくびれ部分184に嵌入し、爪66,76とフランジ182とが係合する。 Then, the tip of the nail 66, 76 66 t, 76t is, exceeds the lower edge 188d of cap 188 (see FIG. 18), the gripping arms 65, 75 are elastically restored, pawls 66 and 76 are fitted into the constricted portion 184 and a pawl 66 and 76 and the flange 182 are engaged. かくして、コネクタ1をバイアル瓶180に装着することができる。 Thus, it is possible to mount the connector 1 to the vial 180.

爪66,76が外向きに弾性的に変位可能であること、及び、爪66,76が傾斜面66s,76sを備えていることにより、上記のようにコネクタ1をバイアル瓶180に向かって単に押し込むだけで、爪66,76をフランジ182に係合させ、コネクタ1をバイアル瓶180に装着することができる。 It claws 66 and 76 is resiliently displaceable outwardly, and, by the claws 66 and 76 inclined surface 66s, and a 76s, simply connector 1 as described above toward the vial 180 only pushed to engage the pawl 66, 76 in the flange 182, the connector 1 can be attached to the vial 180. 従って、コネクタ1のバイアル瓶180に対する装着の作業性は良好である。 Therefore, workability of the mounting for the vial 180 of the connector 1 is good.

上述したように、初期状態ではスライダ50とコネクタ本体10とは穿刺針20の長手方向における相対的移動は規制されている。 As described above, the relative movement in the longitudinal direction of the puncture needle 20 and the slider 50 and the connector body 10 in the initial state is restricted. 従って、爪66,76をフランジ182に係合させるための下向きの圧縮力を、スライダ50ではなくコネクタ本体10に印加しても、スライダ50はコネクタ本体10に対して移動することはない。 Accordingly, the downward compressive force for engaging the pawl 66, 76 in the flange 182, be applied to the connector body 10, rather than the slider 50, the slider 50 does not move relative to the connector body 10. この点においても、コネクタ1のバイアル瓶180に対する装着の作業性は良好である。 In this respect, the workability of the mounting for the vial 180 of the connector 1 is good.

図19は、爪66,76(図19では見えない)がバイアル瓶180のフランジ182に係合した状態を示した斜視断面図である。 19, (not visible in FIG. 19) the pawl 66, 76 is a perspective cross-sectional view showing a state engaged with the flange 182 of the vial 180.

スライダ50に保持されたカバー90の下端(先端)の凸面97が、キャップ188の開口188a内に露出した栓体186の上面に当接している。 Convex surface 97 of the lower end of the cover 90 held by the slider 50 (tip) is in contact with the upper surface of the plug 186 exposed in the opening 188a of the cap 188. 栓体186は、凸面97から下方に向かう押力を受けて、わずかに下方に変形している。 Plug 186 receives a pressing force directed from the convex surface 97 downward and slightly deformed downward. 穿刺針20は、まだ、カバー90及び栓体186を貫通していない。 Puncturing needle 20 is not yet through the cover 90 and the plug 186. 図19では、カバー90は実質的に変形していないが、カバー90の可変形領域93(図10B、図14参照)が上下方向に弾性的に圧縮変形してもよい。 In Figure 19, the cover 90 is not substantially deformed, the deformable region 93 of the cover 90 (FIG. 10B, see FIG. 14) may be elastically compressed and deformed in the vertical direction.

栓体186やフランジ182、キャップ188の外形寸法の違いなどにより、栓体186の上面の上下方向の位置(高さ)がバイアル瓶180ごとに相違している場合がありうる。 Plug 186 and the flange 182, due to differences in external dimensions of the cap 188, the vertical position of the upper surface of the plug 186 (height) may be the case that different for each vial 180. この場合には、栓体186の変形量に加えて、カバー90の可変形領域93の上下方向の圧縮変形量が適宜変化しうる。 In this case, in addition to the deformation of the plug body 186, the amount of compressive deformation in the vertical direction of the deformable region 93 of the cover 90 may vary as appropriate. 従って、寸法が異なるバイアル瓶180に対しても、カバー90の凸面97と栓体186の上面とを良好に密着させることができる。 Therefore, even for vial 180 different dimensions, it can be favorably adhered to the upper surface of the convex surface 97 and the plug 186 of the cover 90.

図17から理解できるように、爪66,76がフランジ182に係合する直前に、スライダ50の規制アーム62,72の当接突起64,74の端縁64a,74a(図7A、図7B、図8A、図8B参照)がキャップ188の上側端縁188b(図18参照)に衝突する。 As can be understood from FIG. 17, immediately before the claws 66 and 76 engage the flange 182, the edge 64a of the abutment projections 64, 74 of the regulation arms 62, 72 of the slider 50, 74a (FIGS. 7A, 7B, Figure 8A, see FIG. 8B) collides with the side edge 188b (see FIG. 18) of the cap 188. 従って、図19に示すように、爪66,76がフランジ182に係合すると、当接突起64,74が外向きに変位するように規制アーム62,72が弾性的に曲げ変形する。 Accordingly, as shown in FIG. 19, the pawl 66 and 76 are engaged with the flange 182, the contact projection 64, 74 regulating arm 62, 72 so as to be displaced outwardly to deform elastically bent. スライダ50の爪66,76と当接突起64,74とがキャップ188を上下方向に挟持する。 Claws 66, 76 of the slider 50 and the contacting protrusions 64, 74 to clamp the cap 188 in the vertical direction. 従って、バイアル瓶180に対してスライダ50が位置決めされる。 Accordingly, the slider 50 with respect to the vial 180 is positioned.

当接突起64,74のキャップ188に当接する端縁64a,74a(図7A、図7B、図8A、図8B参照)は、上下方向に対して傾斜している。 Abutment abutting edge 64a to the cap 188 of the projections 64, 74, 74a (7A, 7B, 8A, see FIG. 8B) is inclined with respect to the vertical direction. 従って、例えば栓体186やフランジ182の外形寸法の違いなどにより、キャップ188の上側端縁188bと下側端縁188dとの距離や外周面188cの外径がバイアル瓶180ごとに相違していても、当該相違に応じて、上側端縁188bが当接する端縁64a,74a上の位置が変化し、または、規制アーム62,72の曲げ変形量が変化する。 Thus, for example, due to differences in external dimensions of the plug body 186 and the flange 182, the outer diameter of the distance and the outer peripheral surface 188c of the side edge 188b and the lower edge 188d of the cap 188 have different for each vial 180 also, in accordance with the difference, side edge 188b abuts the end edge 64a, the position is changed on 74a, or bending deformation of the regulating arm 62, 72 is changed. 従って、コネクタ1を装着できるキャップ188の寸法の許容範囲は広い。 Therefore, the allowable range of dimensions of the cap 188 can be attached to the connector 1 is wide.

図20は、図19の状態にあるコネクタ1の、コネクタ本体10の後ろ側の開口41を見た拡大斜視図である。 Figure 20, the connector 1 in the state of FIG. 19 is an enlarged perspective view of the opening 41 of the rear side of the connector body 10. 開口41内に、スライダ50の後ろ側の規制アーム72の上端の頭部73が見える。 In the opening 41, the upper end of the head 73 of the rear side of the regulating arm 72 of the slider 50 is visible. 規制アーム72が弾性的に曲げ変形しているので、頭部73が外向きに変位している。 Since restricting arm 72 is deformed elastically bent, the head 73 is displaced outwardly. 図16と比較すれば理解できるように、頭部73は、コネクタ本体10のガイド突起42の下端の停止端43よりも、外側に位置している。 As it can be understood by comparison with FIG. 16, the head 73, the lower end of the stop end 43 of the guide projection 42 of the connector body 10 is located outside.

図示を省略するが、コネクタ本体10の前側の開口31内においても(図15参照)、規制アーム62が弾性的に曲げ変形した結果、その頭部63はコネクタ本体10のガイド突起32の下端の停止端33よりも、外側に位置している。 Although not shown, (see FIG. 15) also in front of the opening 31 of the connector body 10, regulating arm 62 is deformed elastically bent result, the head 63 is a connector body 10 guide projection 32 the lower end of the than end stops 33 are located outside.

このように、スライダ50の爪66,76がバイアル瓶180のフランジ182に係合すると、規制アーム62,72が弾性曲げ変形して、その上端の頭部63,73とコネクタ本体10の停止端33,43との衝突が解除される。 Thus, the pawl 66 and 76 of the slider 50 is engaged with the flange 182 of the vial 180, regulating arm 62, 72 is deformed bending elastic stop end of the head 63, 73 and the connector body 10 of the upper end collision between the 33 and 43 is released. 従って、この状態において、コネクタ本体10及びバイアル瓶180に、互いを接近させるような上下方向の圧縮力を印加すると、バイアル瓶180とスライダ50との相対的位置関係は一定のままで、スライダ50及びバイアル瓶180をコネクタ本体10内に進入させることができる。 Accordingly, in this state, the connector body 10 and the vial 180, the application of a compression force in the vertical direction as to approach each other, the relative positional relationship between the vial 180 and the slider 50 remains constant, the slider 50 and it may be advanced the vial 180 into the connector body 10.

2.3. 2.3. 穿刺針の穿刺 図19の状態から、コネクタ本体10をバイアル瓶180に向かって押し付ける。 From the state of the puncture 19 of the puncture needle, pressed toward the connector body 10 to the vial 180. バイアル瓶180を保持したスライダ50は、コネクタ本体10内に収納されるようにコネクタ本体10に対して移動する。 Slider holding the vial 180 50 moves relative to the connector body 10 to be received in the connector body 10.

スライダ50の規制アーム62,72の当接突起64,74はキャップ188の上側端縁188bに衝突している。 Abutment projection 64, 74 of the regulation arms 62, 72 of the slider 50 is collided with the side edge 188b of the cap 188. 従って、コネクタ本体10とバイアル瓶180とに上下方向の圧縮力を印加しても、バイアル瓶180とスライダ50との相対的位置関係は実質的に変わることなく、スライダ50がコネクタ本体10に対して移動する。 Therefore, even by applying a compressive force in the vertical direction in the connector body 10 and the vial 180, without the relative positional relationship between the vial 180 and the slider 50 which substantially changed with respect to the slider 50 the connector body 10 moving Te.

スライダ50がコネクタ本体10に対して移動する前、スライダ50のリリースボタン52の側面から突出した中間ストッパ53(図6A参照)は、コネクタ本体10の停止突起35の薄肉部35a(図4B参照)の内側面に対向している。 Before the slider 50 is moved relative to the connector body 10, the intermediate stopper 53 protruding from the side surface of the release button 52 of the slider 50 (see FIG. 6A) is thin portion 35a of the stop projection 35 of the connector body 10 (see FIG. 4B) faces of the inner surface. スライダ50がコネクタ本体10に対して移動し始めると、スライダ50の中間ストッパ53は、コネクタ本体10の停止突起35の傾斜面35b(図4B参照)上を摺動する。 When the slider 50 starts moving relative to the connector body 10, intermediate stopper 53 of the slider 50 slides on the inclined surface 35b of the stopping projection 35 of the connector body 10 (see FIG. 4B). この際、リリースボタン70が内向きに移動するようにフロントアッパーフレーム68がわずかに弾性的に曲げ変形する。 At this time, release button 70 is elastically bent to deform slightly the front upper frame 68 to move inwardly. 中間ストッパ53が傾斜面35bの上端を通過して停止突起35よりも上に移動すると、フロントアッパーフレーム68が弾性回復し、リリースボタン70は、外向きにわずかに変位して初期位置に復帰する。 When the intermediate stopper 53 is moved upward to be the stop projection 35 passes through the upper end of the inclined surface 35b, the front upper frame 68 is elastically restored, the release button 70 returns to its initial position slightly displaced outward .

スライダ50がコネクタ本体10に対して移動するとき、スライダ50のリリースボタン52の両側面から突出した中間ストッパ53(図6A参照)は、コネクタ本体10の開口31内に突出した一対のガイド突起32の先端面(ガイド突起32の相手方のガイド突起32に対向する面)上を摺動する。 When the slider 50 moves relative to the connector body 10 (see FIG. 6A) intermediate stopper 53 which protrudes from both sides of the release button 52 of the slider 50, a pair of guide projections 32 projecting into the opening 31 of the connector body 10 sliding of the distal end surface (the guide projection 32 of the mating guide projections 32 on opposite sides) above. スライダ50の規制アーム62,72の周方向に突出した頭部63,73は、コネクタ本体10の開口31,41内に突出したガイド突起32,42(図4A、図4B参照)の外側面上を摺動する。 Slider head 63, 73 projecting in the circumferential direction of the regulation arms 62, 72 of the 50, the guide protrusions 32 and 42 (Fig. 4A, see FIG. 4B) that protrudes into the opening 31, 41 of the connector body 10 on the outer surface of the the slides. また、スライダ50の把持アーム65,75の外面から外向きに突出したロック突起67,77は、コネクタ本体10の内周面に形成された溝17内に収納される(図12A、図12B参照)。 The lock projections 67 and 77 from the outer surface of the gripping arms 65, 75 of the slider 50 projecting outwardly is accommodated in the inner circumferential surface a groove formed in 17 of the connector body 10 (FIG. 12A, see FIG. 12B ).

図19の状態から、スライダ50がコネクタ本体10内に進入すると、コネクタ本体10に設けられた穿刺針20は、スライダ50に保持されたカバー90及びバイアル瓶180に対して下方に向かって相対的に移動する。 From the state of FIG. 19, when the slider 50 enters the connector body 10, the puncture needle 20 provided in the connector body 10, the relative downward relative to the cover 90 and the vial 180 held in the slider 50 to move to. 穿刺針20は、カバー90の先端のスリット95に到達し、これを貫通する。 Puncturing needle 20 reaches the slit 95 of the distal end of the cover 90, extending therethrough. 続いて、バイアル瓶180の栓体186を穿刺し、これを貫通する。 Subsequently, puncture the stopper 186 of the vial 180, therethrough. カバー90の内腔91に設けられた案内部93b(図10B参照)は、穿刺針20の先端20tをスリット95に案内するように機能する。 Guide portion 93b provided in the inner cavity 91 of the cover 90 (see FIG. 10B) serves to guide the distal end 20t of the puncture needle 20 to the slit 95.

図21は、スライダ50がコネクタ本体10内に最も深く進入した状態を示した斜視図、図22はその斜視断面図である。 Figure 21 is a perspective view slider 50 showed the most deeply entering state into the connector body 10, 22 is its perspective cross-sectional view.

図22に示されているように、穿刺針20は、カバー90の先端(下端)に形成されたスリット95を貫通し、更に、栓体186をも貫通している。 As shown in Figure 22, the puncture needle 20 penetrates the slit 95 formed at the tip (lower end) of the cover 90, further, it is also through the plug 186. 穿刺針20がカバー90及び栓体186を貫通する際、カバー90及び栓体186は穿刺針20から下向きの力を受ける。 When the puncture needle 20 through the cover 90 and the plug 186, the cover 90 and the plug 186 receives a downward force from the puncture needle 20. 従って、栓体186は、穿刺針20に貫通されることにより、瓶本体181の側に大きく変形している。 Accordingly, the plug 186, by being through the puncture needle 20 is greatly deformed on the side of the bottle body 181. カバー90も、凸面97が栓体186に密着した状態を維持しながら、初期の形状(図10A、図10B、図14参照)が認められないほどに下方に向かって大きく変形している。 Cover 90 also convex 97 while maintaining a state of being in close contact with the stopper 186, the initial shape is greatly deformed downward enough not was observed (FIG. 10A, FIG. 10B, see FIG. 14). カバー90の保持部98はスライダ50の保持器58に保持されているので、保持部98とバイアル瓶180との上下方向距離は、穿刺針20が穿刺する前(図19)と後(図22)とでは実質的に同じである。 Since the holding portion 98 of the cover 90 is held in the holder 58 of the slider 50, the vertical direction between the holding portion 98 and the vial 180 after the front (FIG. 19) that the puncture needle 20 punctures (Figure 22 ) and a are substantially the same. 従って、栓体186の変形に追従して、カバー90の可変形領域93(図10A、図14参照)が下方に伸ばされる。 Thus, following the deformation of the plug body 186, the deformable region 93 of the cover 90 (FIG. 10A, see Fig. 14) is extended downward. 可変形領域93内に形成されていた密閉空間99(図14参照)は、ほぼ完全に消失している。 Enclosed space 99 which is formed on the deformable region 93 (see FIG. 14) is almost completely disappeared.

穿刺針20の液体流路21及び気体流路22に連通した先端20t側の各開口は、バイアル瓶180内に露出している。 Each opening of the liquid flow path 21 and the distal end 20t side communicating with the gas passage 22 of the puncture needle 20 is exposed in the vial 180. この状態で、液体流路21及び横孔21aを介して、バイアル瓶180内に液体(例えば溶解液)を流入させることができ、また、バイアル瓶180内の液体(例えば薬剤を溶解して得た薬液)をバイアル瓶180外に流出させることができる。 In this state, through the liquid flow path 21 and the horizontal hole 21a, it can be made to flow a liquid (e.g. solution) into the vial 180, also by dissolving a liquid (e.g., a drug in the vial 180 to give chemical liquid) can be flow out the vial 180. バイアル瓶180に対して液体が出入りする際に、気体流路22を介して空気がバイアル瓶180に対して出入りする。 When the liquid and out of the vial 180, through the gas flow path 22 is air and out of the vial 180. これにより、バイアル瓶180内の気圧の変動を低減し、液体の出入りを容易にする。 This reduces the variation in pressure in the vial 180 to facilitate entry and exit of liquid.

本発明では、図21、図22に示す、穿刺針20が栓体186を穿刺した状態を「穿刺状態」という。 In the present invention, FIG 21, FIG 22, a state puncture needle 20 that punctures the stopper 186 of "puncture state". 穿刺状態のときのスライダ50のコネクタ本体10に対する位置を「穿刺位置」という。 The position relative to the connector body 10 of the slider 50 when the puncture state is referred to as "puncture position".

2.4. 2.4. 穿刺針の引き抜き 穿刺針20を介してバイアル瓶180に対して液体の出し入れを行った後、穿刺針20を栓体186から引き抜く。 After loading and unloading of liquid was made to vial 180 through the withdrawal needle 20 of the puncture needle, withdrawing the needle 20 from the plug 186. すなわち、図21、図22に示す穿刺状態から、コネクタ本体10とバイアル瓶180とを互いに引き離すように上下方向に引っ張る。 That is, FIG. 21, from the puncture state shown in FIG. 22, pulling the connector body 10 and the vial 180 in the vertical direction as away from each other.

スライダ50の爪66,76がバイアル瓶180のフランジ182に係合している。 Claws 66, 76 of the slider 50 is engaged with the flange 182 of the vial 180. 従って、バイアル瓶180を下方に引っ張ると、バイアル瓶180と一緒にスライダ50もコネクタ本体10から引き出される。 Therefore, pulling the vial 180 downward, the slider 50 together with the vial 180 is also pulled out from the connector body 10. この過程でスライダ50とバイアル瓶180との相対的位置関係は実質的に変化しないので、カバー90とバイアル瓶180との相対的位置関係も実質的に変化しない。 Since the relative positional relationship between the slider 50 and the vial 180 in this process is not substantially changed, the relative positional relationship between the cover 90 and the vial 180 is also substantially unchanged.

スライダ50の把持アーム65,75の爪66,76とは反対側の面からロック突起67,77が突出している。 The claws 66 and 76 of the gripping arms 65, 75 of the slider 50 is locked projections 67, 77 from the surface opposite projects. ロック突起67,77は、コネクタ本体10の内周面に形成された溝17内に収納されている。 Locking projections 67, 77 are accommodated in the inner circumferential surface a groove formed in 17 of the connector body 10. ロック突起67,77が溝17の底面に衝突するために、爪66,76が外向きに変位するように把持アーム65,75は弾性的に曲げ変形することができない。 To lock projections 67, 77 collides with the bottom surface of the groove 17, can not claws 66 and 76 gripping arms 65, 75 so as to be displaced outwardly deforms elastically bent. 従って、バイアル瓶180とコネクタ本体10とを互いに引き離すように引っ張っても、爪66,76とフランジ182との係合が外れることはない。 Therefore, even if pulled to detach the vial 180 and the connector body 10 to each other, it will not be disengaged from the claws 66 and 76 and the flange 182.

このように、スライダ50がコネクタ本体10内に収納されている状態では、コネクタ本体10は、ロック突起67,77を含む把持アーム65,75に衝突することによって、把持アーム65,75が外向きに曲げ変形するのを防止する。 Thus, in the state where the slider 50 is housed in the connector body 10, the connector body 10, by striking the gripping arms 65, 75 including the locking projection 67, 77, the gripping arms 65, 75 outwardly to prevent bending deformation. すなわち、爪66,76が形成された弾性的に曲げ変形可能な把持アーム65,75と、把持アーム65,75の曲げ変形を制限するコネクタ本体10とは、爪66,76とフランジ182との係合が解除されるのを防止する「ロック機構」を構成する。 That is, the deformable gripping arms 65, 75 elastically bent nails 66, 76 are formed, the connector body 10 to restrict the bending deformation of the gripping arm 65 and 75, the pawl 66, 76 and the flange 182 to prevent the engagement is released constitutes a "lock mechanism". コネクタ1がロック機構を備えることにより、穿刺状態においてコネクタ本体10とバイアル瓶180とに引っ張り力を印加して、穿刺針20の引き抜き操作を安定的に行うことができる。 By connector 1 comprises a locking mechanism, by applying a tensile force to the connector body 10 and the vial 180 in the puncture state, the pulling operation of the puncture needle 20 can be stably performed. 引き抜き操作の途中で、爪66,76とフランジ182との係合が外れる誤操作は生じない。 During the withdrawal operation, there is no erroneous operation disengagement of the pawl 66, 76 and the flange 182. なお、本実施形態では、把持アーム65,75の外側面にロック突起67,77が突出しているが、ロック突起67,77を省略しても、コネクタ本体10が把持アーム65,75の曲げ変形を制限することによって爪66,76とフランジ182との係合が解除されるのを防止するロック機構を構成することは可能である。 In the present embodiment, although the locking projections 67, 77 on the outer surface of the gripping arms 65, 75 protrude, be omitted lock projections 67 and 77, the connector body 10 is bent in the gripping arms 65, 75 deform it is possible to configure a locking mechanism that prevents the engagement of the pawl 66, 76 and the flange 182 is released by limiting the.

スライダ50をコネクタ本体10から引き出す過程で、図23に示すように、スライダ50のリリースボタン52の両側面から突出した中間ストッパ53は、コネクタ本体10の前側の開口31内に突出した停止突起35の上端に衝突する。 In the process of pulling out the slider 50 from the connector body 10, as shown in FIG. 23, the intermediate stopper 53 which protrudes from both sides of the release button 52 of the slider 50, the stop protrusion 35 which protrudes in front of the opening 31 of the connector body 10 collide with the upper end of the. 中間ストッパ53と停止突起35とが衝突すると、スライダ50をコネクタ本体10に対して更に下方に移動させることはできない。 When the intermediate stopper 53 and the stop projection 35 collides, can not be further moved downwards with respect to the connector body 10 of the slider 50. スライダ50をコネクタ本体10から引き出す過程において、スライダ50をコネクタ本体10から更に引き出すことができなくなる、スライダ50のコネクタ本体10に対する位置を「中間停止位置」という。 In the process of withdrawing the slider 50 from the connector body 10, it can not be further pulled out of the slider 50 from the connector body 10, the position relative to the connector body 10 of the slider 50 as "intermediate stop position".

図24はスライダ50が中間停止位置にあるコネクタ1の斜視図、図25はその斜視断面図である。 Figure 24 is a perspective view of the connector 1 the slider 50 is in the intermediate stop position, FIG. 25 is its perspective cross-sectional view.

図24に示されているように、スライダ50が中間停止位置にあるとき、スライダ50の把持アーム65の外面から外向きに突出したロック突起67(図6A参照)は、コネクタ本体10の内周面に形成された溝17内に収納されたままである。 As shown in Figure 24, when the slider 50 is in the intermediate stop position, the locking projection 67 from the outer surface of the gripping arms 65 of the slider 50 protrudes outward (see FIG. 6A), the inner periphery of the connector body 10 it remains housed in a groove 17 formed on the surface. 図示を省略するが、後ろ側の把持アーム75のから突出したロック突起77(図6B参照)も、同様にコネクタ本体10の溝17内に収納されたままである。 Although not shown, (see FIG. 6B) lock projection 77 projecting from the gripping arms 75 of the back side, remains housed in a groove 17 similarly connector body 10. 従って、上述したロック機構は、中間停止位置においても機能している。 Thus, the locking mechanism described above also functions at the intermediate stop position.

図25に示されているように、穿刺針20は栓体186からほぼ引き抜かれている。 As shown in Figure 25, the puncture needle 20 is substantially withdrawn from the plug 186. 穿刺針20の先端20tは、カバー90のスリット95(図10B参照)内に位置している。 Tip 20t of the puncture needle 20 is positioned in the slit 95 of the cover 90 (see FIG. 10B). カバー90の下端の凸面97は、栓体186の上面に密着し、栓体186を下方に押圧している。 Convex surface 97 of the lower end of the cover 90 is in close contact with the upper surface of the plug body 186, it presses the stopper 186 downwardly. 栓体186は、カバー90の凸面97からの押力を受けて、栓体186の穿刺針20が穿刺されていた箇所が下方に変形している。 Plug 186 receives a pressing force from the convex surface 97 of the cover 90, portions of the puncture needle 20 of the plug 186 has been punctured is deformed downward. カバー90の可変形領域93は初期状態(図14参照)に比べてわずかに下方に伸ばされている。 Deformable region 93 of the cover 90 is stretched slightly downward compared to the initial state (see FIG. 14). 可変形領域93内に形成されていた密閉空間99(図14参照)は、依然としてほとんど認めることができない。 Enclosed space 99 which is formed on the deformable region 93 (see FIG. 14) it is still not able to almost admit.

スライダ50が中間停止位置にある状態(図23〜図25)において、図26に示すように、リリースボタン52を内側に向かって押し込む。 In a state where the slider 50 is in the intermediate stop position (FIGS. 23 to 25), as shown in FIG. 26, pushed towards the release button 52 inward. 図26を図23と比較すれば容易に理解できるように、リリースボタン52を押すと、リーリースボタン52を保持するフロントアッパーフレーム68が弾性変形して、リリースボタン52及びその両側面の中間ストッパ53が内向きに変位する。 Figure 26 As can be easily understood by comparison with FIG. 23, pressing the release button 52, the front upper frame 68 is elastically deformed to hold the Lee release button 52, the intermediate stopper 53 of the release button 52 and side surfaces There is displaced inward. これにより、中間ストッパ53と停止突起35との衝突が解除される。 Accordingly, collision between the intermediate stopper 53 and the stop projection 35 is released. その結果、スライダ50は、コネクタ本体10に対して更に下方に移動可能になる。 As a result, the slider 50 is further made movable downwardly relative to the connector body 10.

リリースボタン52を押しながらバイアル瓶180をコネクタ本体10に対して下方に引っ張ると、バイアル瓶180とこれに装着されたスライダ50とを、コネクタ本体10にから更に引き出すことができる。 Pulling the vial 180 while pressing the release button 52 downward with respect to the connector body 10 and a slider 50 attached with the vial 180 to this, it is possible to further withdraw from the connector body 10-fold. スライダ50の抜け止め突起54,55(図6A、図6B参照)がコネクタ本体10の停止突起35,45(図2A、図2B参照)に衝突するまで、バイアル瓶180及びスライダ50を引き出すことができる。 Retaining projection 54 and 55 (FIGS. 6A, 6B reference) of the slider 50 stop projections 35 and 45 (Fig. 2A, see FIG. 2B) of the connector body 10 until impinging on, be drawn vial 180 and the slider 50 it can.

図27は、バイアル瓶180及びスライダ50をコネクタ本体10から最大に引き出した状態を示した斜視図、図28はその斜視断面図である。 Figure 27 is a perspective view showing a state of pulling the maximum vial 180 and the slider 50 from the connector body 10, FIG. 28 is its perspective cross-sectional view. コネクタ本体10に対するバイアル瓶180及びスライダ50の相対的位置関係は、コネクタ1をバイアル瓶180に装着した直後の状態(図19)と同じである。 The relative positional relationship between the vial 180 and the slider 50 relative to the connector body 10 is the same as immediately after the state (FIG. 19) of mounting the connector 1 to the vial 180.

図27から理解できるように、スライダ50の把持アーム65,75の外面から突出したロック突起67,77(図27ではロック突起77は見えない)は、コネクタ本体10の外筒12の下端よりも下に位置している。 As can be understood from FIG. 27, the locking projections 67, 77 (locking projections 77 in FIG. 27 is not visible) protruding from the outer surface of the gripping arms 65, 75 of the slider 50, the lower end of the outer tube 12 of the connector body 10 It is located below. 従って、把持アーム65,75は外向きに弾性曲げ変形可能である。 Thus, the gripping arms 65, 75 are elastically bendable outwardly deformed. すなわち、爪66,76とフランジ182との係合が解除されるのを防止する「ロック機構」は、機能していない。 That is, to prevent the engagement of the pawl 66, 76 and the flange 182 is released "locking mechanism" is not functioning. 図27、図28に示す、ロック機構が機能していない、スライダ50のコネクタ本体10に対する位置を「非ロック位置」という。 Figure 27, shown in FIG. 28, the locking mechanism is not functioning, the position relative to the connector body 10 of the slider 50 "non-locking position".

図28に示されているように、穿刺針20はカバー90のシール領域92内に収納されている。 As shown in Figure 28, the puncture needle 20 is accommodated in the seal region 92 of the cover 90. 穿刺針20の横孔21aの開口(好ましくは、更に気体流路22の開口)は、カバー90の内腔91(図10B参照)の内周面によって塞がれている。 Openings (preferably, further opening of the gas passage 22) transverse bore 21a of the puncture needle 20 is closed by the inner peripheral surface of the lumen 91 of the cover 90 (see FIG. 10B). カバー90及び栓体186の形状は、図19と概略同じである。 Shape of the cover 90 and the plug 186 are 19 and almost the same. カバー90の下端(先端)の凸面97が栓体186に当接している。 Convex surface 97 of the lower end (tip) of the cover 90 is in contact with the stopper 186. 栓体186は、凸面97から下方に向かう押力を受けて、わずかに下方に変形している。 Plug 186 receives a pressing force directed from the convex surface 97 downward and slightly deformed downward. カバー90の可変形領域93内には密閉空間99が復元されている。 The deformable region 93 of the cover 90 enclosed space 99 is restored. 図28では、カバー90は実質的に変形していないが、カバー90の可変形領域93が上下方向に弾性的に圧縮変形してもよい。 In Figure 28, the cover 90 is not substantially deformed, the deformable region 93 of the cover 90 may be elastically compressed and deformed in the vertical direction. また、可変形領域93が圧縮変形することにより、密閉空間99も圧縮され、その容積が初期状態(図13、図14参照)より小さくなっていてもよい。 Further, by the deformable region 93 is compressed and deformed, the closed space 99 is also compressed, the volume of the initial state (see FIGS. 13 and 14) may be smaller than.

2.5. 2.5. コネクタとバイアル瓶との分離 スライダ50が非ロック位置にある状態(図27、図28)から、バイアル瓶180をコネクタ1に対して下方に向かって引っ張る。 From a state where the separation slider 50 between the connector and the vial is in the unlocked position (FIG. 27, FIG. 28), pulls downward the vial 180 to the connector 1. バイアル瓶180のフランジ182にはスライダ50の爪66,76が係合している。 The flange 182 of the vial 180 has claws 66 and 76 of the slider 50 engages. 爪66,76が形成された把持アーム65,75の外面から突出したロック突起67,77は、外筒12の下端よりも下に位置している。 Locking projections 67, 77 projecting from the outer surface of the gripping arms 65, 75 pawl 66, 76 is formed is positioned below the lower end of the outer tube 12. 従って、把持アーム65,75は外向きに弾性的に曲げ変形することができる。 Thus, the gripping arms 65, 75 can be elastically bent outward deformation. バイアル瓶180が引っ張られることにより、爪66,76はフランジ182の下側の傾斜した円錐面に沿って外向きに移動する。 By vial 180 is pulled, the pawl 66, 76 moves outwardly along the inclined conical surface of the lower flange 182.

図29は、爪66,76がバイアル瓶180のキャップ188の下側端縁188dを超え、キャップ188の外周面188c上を摺動している状態を示した斜視図である。 Figure 29 is above the lower edge 188d of the cap 188 of the vial 180 is pawl 66 and 76, is a perspective view showing a state in which slides on the outer peripheral surface 188c of the cap 188. 図30は、図29の状態の斜視断面図である。 Figure 30 is a perspective cross-sectional view of the state of FIG. 29. 図30に示されているように、カバー90がバイアル瓶180の栓体186から分離している。 As shown in Figure 30, the cover 90 is separated from the stopper 186 of the vial 180. カバー90及び栓体186は、いずれも初期状態(図13、図17参照)に復帰している。 Cover 90 and the plug 186 is returned to either the initial state (see FIG. 13, FIG. 17). スライダ50の規制アーム62,72の当接突起64,74はキャップ188から離間している。 Abutment projection 64, 74 of the regulation arms 62, 72 of the slider 50 is spaced from the cap 188. このため、規制アーム62,72は、内向きに向かって移動し初期状態の位置に復帰している。 Therefore, regulating arm 62, 72 move toward the inward are restored to the initial position. その結果、図15及び図16に示した初期状態と同様に、規制アーム62,72の頭部63,73と停止端33,43とが上下方向に衝突する。 As a result, similarly to the initial state shown in FIGS. 15 and 16, a head 63, 73 of the regulating arm 62, 72 and end stops 33, 43 collides vertically.

上述したように、スライダ50がコネクタ本体10に対して非ロック位置(図27、図28参照)に到達すると、スライダ50の抜け止め突起54,55(図6A、図6B参照)がコネクタ本体10の停止突起35,45(図2A、図2B参照)に衝突する。 As described above, the non-locked position the slider 50 relative to the connector body 10 (FIG. 27, see FIG. 28) is reached, the retaining projection 55 of the slider 50 (FIG. 6A, see FIG. 6B) the connector body 10 stopping projections 35 and 45 (Fig. 2A, see FIG. 2B) impinging on. 従って、図29、図30に示すコネクタ1とバイアル瓶180と分離作業では、スライダ50ではなくコネクタ本体10に引っ張り力を印加しても、コネクタ本体10とスライダ50との相対的位置関係を実質的に一定に維持したままでコネクタ1とバイアル瓶180とを分離するすることができる。 Thus, Figure 29, substantially the relative positional relationship between the connector 1 and the vial 180 and the separation work, even by applying a tensile force to the connector body 10, rather than the slider 50, the connector body 10 and the slider 50 shown in FIG. 30 the connector 1 and the vial 180 while maintaining constant can be separated in manner.

かくして、バイアル瓶180をコネクタ1から分離することができる。 Thus, it is possible to separate the vial 180 from the connector 1. 必要に応じて、コネクタ1に新しいバイアル瓶180を接続して、上記の操作を繰り返す。 If necessary, to connect the new vial 180 to the connector 1, and repeats the above operation. その後、危険な薬剤に触れた使用済みのコネクタ1は廃棄される。 After that, the used of the connector 1, which touched the dangerous drug is discarded.

3. 3. 作用 以上のように、本実施形態のコネクタ1は、穿刺針20の流路21,22と連通した先端20t側の開口を覆うカバー90を備える。 As described above action, the connector 1 of this embodiment includes a flow channel 21 and a cover 90 covering the opening of the tip 20t side in communication of the puncture needle 20. 穿刺針20はコネクタ本体10に設けられ、カバー90はスライダ50に保持されている。 Puncture needle 20 is provided in the connector body 10, cover 90 is held to the slider 50. スライダ50は、コネクタ本体10とは別個の部品であり、コネクタ本体10に対して穿刺針20の長手方向に沿って移動可能である。 The slider 50, the connector body 10 is a separate part and is movable along the longitudinal direction of the puncture needle 20 relative to the connector body 10. スライダ50は、バイアル瓶180のフランジ182に係合する爪66,76を備える。 The slider 50 is provided with a pawl 66 and 76 to engage the flange 182 of the vial 180. 従って、一旦、スライダ50の爪66,76をバイアル瓶180のフランジ182に係合させると、その後、爪66,76とフランジ182との係合が解除されるまでの間、カバー90とバイアル瓶180との相対的位置関係は実質的に一定である。 Thus, once the engagement of the pawl 66, 76 of the slider 50 in the flange 182 of the vial 180, then until the engagement of the pawl 66, 76 and the flange 182 is released, the cover 90 and the vial the relative positional relationship between the 180 is substantially constant. このようなカバー90及びバイアル瓶180に対して穿刺針20が移動する。 The puncture needle 20 is moved to such a cover 90 and the vial 180.

上述した特許文献2のカバーは、オス部材を保持する基台に固定されていた。 Cover of Patent Document 2 described above, have been fixed to the base to hold the male member. 従って、カバーはオス部材と一体的に変位する。 Accordingly, the cover is integrally displaced with the male member. このようなカバーをバイアル瓶の栓体に穿刺される穿刺針に適用した場合を考える。 Such cover is supposed to be applied to the puncture needle is punctured into the plug body of the vial. この場合には、穿刺針を栓体から引き抜くと、これと同時にカバーは栓体から分離される。 In this case, the withdrawal of the puncture needle from the plug body, and at the same time the cover is separated from the stopper. カバーが穿刺針と一緒に移動するので、例えば穿刺針を栓体から素早く引き抜くと、カバーが直ちに初期形状に復帰できない事態が起こりうる。 Since the cover is moved together with the puncture needle, for example, pulled quickly puncture needle from the stopper, the cover can not be immediately returned to the initial shape situation can occur. この場合、穿刺針の流路の先端側の開口がカバーで覆われるまでの間に、穿刺針の流路の当該開口から薬液が外界に漏れ出てしまう。 In this case, until the distal end side of the opening of the flow path of the puncture needle is covered by the cover, the chemical liquid leaks out to the outside from the opening of the flow path of the puncture needle.

これに対して、本実施形態のコネクタ1では、爪66,76がバイアル瓶180のフランジ182に係合している限り、カバー90の位置は、栓体186に対して実質的に不変である。 In contrast, in the connector 1 of this embodiment, as long as the pawl 66, 76 is engaged with the flange 182 of the vial 180, the position of the cover 90 is substantially invariant to plug 186 . 従って、穿刺針20を栓体186から引き抜く際、カバー90は穿刺針20に対して確実に移動する。 Therefore, when removing the puncture needle 20 from the plug body 186, the cover 90 is reliably moved relative to the puncture needle 20. この結果、栓体186から引き抜かれた穿刺針20の液体流路21の先端20t側の開口(即ち、横孔21aの開口)を外界に露出させることなくカバー90内に収納することができる。 As a result, it is possible to house the opening of the tip 20t side of the liquid flow path 21 of the puncture needle 20 has been withdrawn from the plug 186 (i.e., the opening of the horizontal hole 21a) in the cover 90 without exposing to the outside world. このため、栓体186から引き抜かれた穿刺針20がカバー90で覆われないために、液体流路21の先端20t側の開口から薬液が漏れ出るという事態が起こる可能性が低減される。 Therefore, the puncture needle 20 has been withdrawn from the plug 186 to which is not covered with the cover 90, a possibility that a situation occurs that the tip 20t side opening drug solution leaks from the liquid flow path 21 is reduced. かくして、本発明のコネクタ1によれば、コネクタ1とバイアル瓶180とを分離した後に、薬液が外界に漏れ出る可能性を低減することができる。 Thus, according to the connector 1 of the present invention, after separation of the connector 1 and the vial 180, it is possible to reduce the possibility that the drug solution leaks to the outside world.

上述した特許文献2のカバーの先端には、メス部材と係合可能な係合形状が設けられていた。 The tip of the cover Patent Document 2 described above, the female member and engageable with the engagement shape is provided. 係合形状は、オス部材がメス部材から引き抜かれ、カバー内に収納された後に、カバーがメス部材から分離することを意図して設けられている。 Engaging shape, the male member is withdrawn from the female member, after being housed in the cover, the cover is provided with the intention to separate from the female member. これに対して、本実施形態では、上述したように、穿刺針20を栓体186から引き抜く際、カバー90の栓体186に対する位置は実質的に不変である。 In contrast, in the present embodiment, as described above, when removing the puncture needle 20 from the plug body 186, the position relative to the plug body 186 of the cover 90 is substantially unchanged. 従って、本実施形態のカバー90には、特許文献2のカバーに設けられた係合形状と同様の、バイアル瓶180に係合可能な係合形状は不要である。 Therefore, the cover 90 of the present embodiment, similar to the engagement shape provided on the cover of Patent Document 2, the engagement shape engageable with the vial 180 is unnecessary. そもそも、バイアイル瓶180は、特許文献2のカバーの係合形状が係合可能な構造を有していない。 To begin with, Baiairu bottle 180 engages the shape of the cover Patent Document 2 does not have an engageable structure. 特許文献2では、仕様が異なる複数のメス部材に係合形状を係合させるためには、メス部材の仕様に応じて係合形状が異なる複数のカバーを準備する必要がある。 In Patent Document 2, in order specification to engage the engagement shape different female member, it is necessary to prepare a plurality of different cover engagement shape according to the specifications of the female member. 本発明の好ましい実施形態では、カバー90には、このような係合形状が不要であるので、メス部材の仕様に応じて複数種類のカバー90を準備する必要はない。 In a preferred embodiment of the present invention, the cover 90, since such engagement shapes are required, it is not necessary to prepare a plurality of types of cover 90 according to the specifications of the female member. 本実施形態のコネクタ1によれば、係合形状が係合する形状が設けられていないバイアル瓶180に対しても、薬液が外界に漏れ出る可能性を低減することができる。 According to the connector 1 of this embodiment, even for vial 180 engaging shape is not shaped to engage is provided, it is possible to reduce the possibility that the drug solution leaks to the outside world.

本発明の好ましい実施形態では、爪66,76がフランジ182に係合している状態では、カバー90の先端の凸面97が栓体186の上面に当接するように構成される。 In a preferred embodiment of the present invention, in a state where the pawl 66, 76 is engaged with the flange 182, configured as a convex surface 97 of the distal end of the cover 90 abuts against the upper surface of the plug 186. 従って、爪66,76がフランジ182に係合している限り、穿刺針20を栓体186から引き抜いた後であっても、カバー90の凸面97は栓体186に当接し続ける。 Therefore, as long as the pawl 66, 76 is engaged with the flange 182, even after the withdrawal of the puncture needle 20 from the plug body 186, the convex surface 97 of the cover 90 continues to abut against the stopper 186. このため、栓体186から引き抜かれた穿刺針20の液体流路21の先端20t側の開口を外界に露出させることなくカバー90内に確実に収納することができる。 Therefore, it is possible to reliably housed in the cover 90 without exposing the openings of the tip 20t side of the liquid flow path 21 of the puncture needle 20 has been withdrawn from the plug 186 to the outside world. よって、コネクタ1とバイアル瓶180とを分離した後に、薬液が外界に漏れ出る可能性を更に低減することができる。 Thus, after separation of the connector 1 and the vial 180, the drug solution can be further reduce the possibility of leaking to the outside.

栓体186の穿刺針20が穿刺されていた孔は、穿刺針20を引き抜いた直後にはまだ完全に塞がっていない場合がある。 Hole puncture needle 20 of the plug 186 has been punctured may immediately after the withdrawal of the puncture needle 20 is not blocked yet fully. この場合には、当該孔を通って薬液が外界に漏れ出てしまう事態が起こりうる。 In this case, a situation where the chemical solution through the hole leaks out to the outside may occur. ところが、本発明の好ましい本実施形態では、穿刺針20を栓体186から引き抜いても、爪66,76がフランジ182に係合している限り、カバー90の凸面97が栓体186に密着し続ける。 However, in a preferred embodiment of the present invention, even when withdrawn the puncture needle 20 from the plug body 186, as long as the pawl 66, 76 is engaged with the flange 182, the convex surface 97 of the cover 90 is in close contact with the stopper 186 to continue. 栓体186の穿刺針20が穿刺していた孔は、栓体186自身の自己復元力によって当該孔が塞がれるまでのしばらくの間、この凸面97が密着するすることによって塞がれる。 Hole puncture needle 20 has been punctured the plug 186, while until the hole is closed by the self-restoring force of the plug body 186 itself is closed by the convex surface 97 comes into close contact. 従って、その後、カバー90を栓体186から分離しても、薬液が栓体186から漏れ出る可能性を低減することができる。 Thus, thereafter, it is separated cover 90 from the plug body 186 can be drug solution to reduce the possibility of leaking from the stopper 186.

本発明の好ましい実施形態では、爪66,76とフランジ182との係合が解除されるのを防止する「ロック機構」が設けられる。 In a preferred embodiment of the present invention, "locking mechanism" is provided to prevent the engagement of the pawl 66, 76 and the flange 182 is released. ロック機構が機能した「ロック状態」では、バイアル瓶180のフランジ182と爪66,76との係合を解除することができない。 The lock mechanism is to function "locked state", it is not possible to release the engagement between the flange 182 and the claws 66 and 76 of the vial 180. ロック機構が機能しない「非ロック状態」では、バイアル瓶180のフランジ182に爪66,76を係合させることができ、また、フランジ182と爪66,76との係合を解除することができる。 Locking mechanism is not functioning "unlocked state", it is possible to engage the pawls 66 and 76 on the flange 182 of the vial 180, also it is possible to release the engagement between the flange 182 and the pawl 66 and 76 .

ロック状態と非ロック状態とは、スライダ50のコネクタ本体10に対する穿刺針20の長手方向に沿った位置に応じて切り替わる。 The locked state and the unlocked state is switched depending on the position along the longitudinal direction of the puncture needle 20 relative to the connector body 10 of the slider 50. これにより、穿刺針20を栓体186に穿刺する過程において、スライダ50及びバイアル瓶180をコネクタ本体10内に進入させるのに連動して、ロック機構は非ロック状態からロック状態へ自動的に切り替わるように構成することができる。 Thus, in the process of puncturing the puncture needle 20 into the plug 186, in conjunction with the slider 50 and the vial 180 to be entered into the connector body 10, the lock mechanism is automatically changed from the unlocked state to the locked state it can be configured to. この場合、手動でロック状態へ切り替える手間が不要である。 In this case, there is no need time to switch manually to the locked state. ロック機構の非ロック状態からロック状態への切り替えが、忘れられることなく、確実に行われる。 Switching from the non-locked state of the lock mechanism to the locked state, without being forgotten, it is reliably performed. 例えば、穿刺状態(図22参照)において、ロック機構がロック状態に切り替わっていないと、爪66,76とフランジ182との係合を解除してしまい、バイアル瓶180をコネクタ1から分離してしまう誤操作が起こりうる。 For example, in the puncture state (see FIG. 22), the lock mechanism is not switched to the locked state, it would then release the engagement between the claws 66 and 76 and the flange 182, thereby separating the vial 180 from the connector 1 erroneous operation may occur. この場合、穿刺針20の液体流路21の先端20t側の開口から薬液が外界に漏れ出てしまう。 In this case, chemical liquid leaks out to the outside from the tip 20t side of the opening of the liquid flow path 21 of the puncture needle 20. これに対して、本発明の好ましい実施形態では、スライダ50のコネクタ本体10に対する位置に応じてロック状態と非ロック状態とが切り替わるので、ロック機構がロック状態に切り替えられないことによって、上記の誤操作が起こる可能性がない。 In contrast, in a preferred embodiment of the present invention, since the switches between the locked state and the unlocked state according to the position relative to the connector body 10 of the slider 50, by the locking mechanism is not switched to the locked state, erroneous operation of the there is no possibility to occur. したがって、安全性が向上する。 Therefore, safety is improved.

ロック機構が非ロック状態になる、スライダ50のコネクタ本体10に対する位置を「非ロック位置」という。 Lock mechanism is unlocked, the position relative to the connector body 10 of the slider 50 "non-locking position". 本発明の好ましい実施形態では、スライダ50がコネクタ本体10から最大に引き出された状態のとき、すなわち、(1)「初期状態」(図11A、図11B、図12A、図12B、図13)、(2)バイアル瓶180に爪66,76に係合した直後の状態(図19)、及び、(3)中間停止位置を超えてスライダ50をコネクタ本体10から引き出した状態(図27、図28)、のときのスライダ50の位置が非ロック位置に該当する。 In a preferred embodiment of the present invention, the state where the slider 50 is pulled out to the maximum from the connector body 10, i.e., (1) "initial state" (FIG. 11A, FIG. 11B, 12A, 12B, 13), (2) state immediately engaged with the pawl 66 and 76 in the vial 180 (FIG. 19), and, (3) beyond the intermediate stop position pulled out of the slider 50 from the connector body 10 (FIGS. 27, 28 ), the position of the slider 50 when the corresponds to the unlocked position. スライダ50をコネクタ本体10から最大に引き出すことにより、ロック状態から非ロック状態に切り替わるので、穿刺状態(図21、図22)からバイアル瓶180をコネクタ本体10から離れるように一方向に移動させるだけで、コネクタ1とバイアル瓶180とを分離することが可能な状態に至る。 By withdrawing the slider 50 from the connector body 10 to the maximum, since switched from the locked state to the unlocked state, the puncture state (FIG. 21, FIG. 22) only by moving in one direction away the vial 180 from the connector body 10 from in, to the state capable of separating the connector 1 and the vial 180. 従って、コネクタ1とバイアル瓶180との分離作業が簡単化され、非熟練者にも分離作業の理解が容易である。 Thus, the separation work of the connector 1 and the vial 180 is simplified, it is easy understanding of the separation work unskilled person.

本発明の好ましい実施形態では、スライダ50が非ロック位置にあるとき、穿刺針20の液体流路21の先端20t側の開口は、カバー90で覆われる。 In a preferred embodiment of the present invention, when the slider 50 is in the unlocked position, the tip 20t side of the opening of the liquid flow path 21 of the puncture needle 20 is covered with a cover 90. 従って、スライダ50が非ロック位置にあるときに爪66,76とフランジ182との係合が解除されても、液体流路21の先端20t側の開口から薬液が外界に漏れ出る事態の発生を防ぐことができる。 Accordingly, the slider 50 even if the engagement of the pawl 66, 76 and the flange 182 is released when it is in the unlocked position, the occurrence of a situation where the chemical liquid from the tip 20t side of the opening of the liquid flow path 21 from leaking to the outside it is possible to prevent.

本発明の好ましい実施形態では、穿刺状態(図21、図22)からスライダ50を非ロック位置(図27、図28)に向かってコネクタ本体10から引き出す過程において、スライダ50が非ロック位置に到達するよりも前に、「中間停止位置」が設けられている(図23〜図25)。 In a preferred embodiment of the present invention, the puncture state (21, 22) the unlocked position the slider 50 (FIG. 27, FIG. 28) in the process of pulling out from the connector body 10 toward the slider 50 reaches the unlocked position before it, "intermediate stop position" is provided (FIGS. 23 to 25). 中間停止位置では、スライダ50をコネクタ本体10から更に引き出すことができないようにスライダ50のコネクタ本体10に対する移動が規制される。 The intermediate stop position, the movement is restricted relative to the connector body 10 of the slider 50 so that it can not be further pulled out of the slider 50 from the connector body 10. 作業者は、スライダが中間停止位置に至ると、リリースボタン52を押して、スライダ50のコネクタ本体10に対する移動の規制を解除しなければならない(図26参照)。 The operator when the slider reaches the intermediate stop position, by pressing the release button 52 must release the restriction of movement relative to the connector body 10 of the slider 50 (see FIG. 26). そうすることによって、スライダ50を非ロック位置にまで更に移動させることができる。 By doing so, it is possible to further move the slider 50 to the unlocked position. 非ロック位置で爪66,76とフランジ182との係合が解除されると、カバー90と栓体186とが分離される。 When the engagement between the claws 66 and 76 and the flange 182 in the unlocked position is released, the cover 90 and the plug 186 are separated.

このような好ましい実施形態では、コネクタ1をバイアル瓶180から分離する作業は、中間停止位置において一時的に停止される。 In such preferred embodiments, the work of separating the connector 1 from the vial 180 is temporarily stopped at the intermediate stop position. 中間停止位置では、穿刺針20は実質的に栓体186から引き抜かれているが、カバー90と栓体186とは密着している(図25参照)。 The intermediate stop position, the puncture needle 20 is being withdrawn from substantially plug 186 is in close contact to the cover 90 and the plug 186 (see FIG. 25). 中間停止位置においてリリースボタン52が押されて分離作業が再開するまでの時間内に、栓体186の穿刺針20が穿刺していた孔は、栓体186自身の自己復元力によって塞がれる。 The time until separation work release button 52 is pressed to resume in the intermediate stop position, holes puncture needle 20 of the plug 186 has been punctured is closed by the self-restoring force of the plug 186 itself. すなわち、中間停止位置を設けることによって、栓体186の穿刺針20が穿刺していた孔が閉じるための時間が、確実に確保される。 That is, by providing the intermediate stop position, the time puncture needle 20 for to have holes close puncture plug 186 is reliably ensured. 従って、その後、カバー90を栓体186から分離したときに、薬液が栓体186から漏れ出る可能性を低減することができる。 Therefore, then, when separating the cover 90 from the plug body 186, the drug solution can be reduced the possibility of leaking from the stopper 186.

本発明の好ましい実施形態では、カバー90は、シール領域92よりも先端側に、比較的容易に変形することができる可変形領域93を備えている。 In a preferred embodiment of the present invention, it covers 90, the distal end side than the seal region 92, and a deformable region 93 can be relatively easily deformed. 初期状態(図13、図14)では、可変形領域93内には密閉空間99が形成されている。 In the initial state (FIG. 13, FIG. 14), the sealed space 99 is formed in the deformable region 93. 密閉空間99は、穿刺針20が栓体186を穿刺した穿刺状態(図22)では縮小(好ましくは消失)するが、その後、スライダ50が非ロック位置に至ると復元し始め(図28)、カバー90が栓体186から分離すると初期状態に復帰する(図30)。 Enclosed space 99, the reduction in the puncture state (FIG. 22) that the puncture needle 20 has punctured the plug 186 (preferably disappeared), but, then, begins to restore the slider 50 reaches the unlocked position (FIG. 28), cover 90 returns to the initial state and separated from the stopper 186 (FIG. 30). 密閉空間99が、このように、縮小又は実質的に消失した状態から初期状態の形状に復帰するまでの過程で、密閉空間99内には負圧が発生する。 Sealed space 99 is thus, in the process to return from a reduced or substantially lost state to the shape of the initial state, a negative pressure is generated in the closed space 99. 密閉空間99に対して上側のシール領域92ではカバー90の内腔91の内周面は穿刺針20の外周面に液密及び気密に密着している。 The inner peripheral surface of the lumen 91 of the upper seal region 92 in the cover 90 relative to the closed space 99 is in close contact with the liquid and gas-tight to the outer peripheral surface of the puncture needle 20. 従って、密閉空間99内の負圧は、スリット95を通じてカバー90の凸面97と栓体186との間の薬液を密閉空間99内に吸引する。 Accordingly, negative pressure in the closed space 99 sucks the liquid medicine between the convex surface 97 and the plug 186 of the cover 90 through the slits 95 into the closed space 99. 例えば、栓体186を穿刺していた穿刺針20を栓体186から引き抜く際、バイアル瓶180内の薬液が穿刺針20の外周面に付着して栓体186外に漏れ出る可能性がある。 For example, when removing the puncture needle 20 that has punctured the plug 186 from the plug 186, there is a possibility that the drug solution in the vial 180 from leaking outside the plug body 186 attached to the outer peripheral surface of the puncture needle 20. また、穿刺針20を栓体186から引き抜いた直後に、穿刺針20が穿刺していた孔を通って薬液が栓体186外に漏れ出る可能性がある。 Further, immediately after withdrawal of the puncture needle 20 from the plug body 186, chemical through a bore puncture needle 20 has been punctured is likely to leak to the outside plug body 186. 仮に薬液がこのように栓体186を通過して栓体186とカバー90の凸面97との間に漏れ出たとしても、当該薬液は、密閉空間99に発生する負圧によって密閉空間99内に吸引される。 Even if the drug solution is leaked between the convex surface 97 of the thus plug 186 plug body 186 and the cover 90 through the, the chemical solution, the closed space 99 by the negative pressure generated in the closed space 99 It is sucked. 従って、カバー90と栓体186とを分離した後に、カバー90の凸面97や栓体186の外面に付着する薬液の量を少なくすることができる。 Therefore, it is possible to after separation of the cover 90 and the plug 186, reducing the amount of the chemical liquid adhering to the outer surface of the convex 97 and the plug 186 of the cover 90. なお、穿刺状態(図22)において密閉空間99は完全に消失する必要はない。 Incidentally, the closed space 99 need not completely disappear in the puncture state (FIG. 22). 穿刺状態(図22)において密閉空間99は縮小するだけであっても、その後、初期状態の形状に復帰する過程で密閉空間99内に負圧が発生するので、上記と同様の効果が奏される。 Also enclosed space 99 in the puncture state (FIG. 22) is merely reduced, then, since negative pressure is generated in the process of returning to the shape of the initial state in the closed space 99, the same effect as described above can be achieved that.

カバー90の可変形領域93は、シール領域92に比べて、上下方向に沿った圧縮/伸張が比較的容易である。 Deformable region of the cover 90 93, as compared to the sealing area 92, the compression / decompression along the vertical direction is relatively easy. このため、スライダ50が初期位置、穿刺位置、中間停止位置、非ロック位置などのいずれの位置にあっても、可変形領域93は栓体186の変形に追従して変形する。 Therefore, the slider 50 is the initial position, the puncturing position, intermediate stop position, in any position, such as non-locking position, the deformable region 93 is deformed following the deformation of the plug 186. 従って、カバー90の凸面97と栓体186との密着状態は、爪66,76がフランジ182に係合している限り確実に維持され続ける。 Therefore, close contact between the convex surface 97 and the plug 186 of the cover 90, unless continues to be reliably maintained the pawls 66 and 76 is engaged with the flange 182. このため、密閉空間99内に発生する上記の負圧が意図せずに常圧に戻ることはない。 Therefore, not returned to the normal pressure unintentionally negative pressure above that generated in the closed space 99 is. また、栓体186の穿刺針20が穿刺されていた孔を通じて薬液が外界に漏れ出るのを、カバー90の凸面97が防止する。 Further, chemical solution through hole puncture needle 20 of the plug 186 has been punctured from leaking to the outside, the convex surface 97 of the cover 90 is prevented. よって、可変形領域93が圧縮/伸張が比較的容易であることは、カバー90と栓体186とを分離した後に、カバー90の凸面97や栓体186の外面に付着する薬液の量を少なくするのに有利である。 Therefore, it deformable region 93 is relatively easy compression / decompression, after separation of the cover 90 and the plug 186, reducing the amount of the chemical liquid adhering to the outer surface of the convex 97 and the plug 186 of the cover 90 it is advantageous to.

バイアル瓶180によっては、例えば栓体186やフランジ182の上下方向寸法の違いなどにより、コネクタ1をバイアル瓶180に装着した時の栓体186の上面の高さが異なることがある。 Depending vial 180, for example due to differences in the vertical dimension of the plug body 186 and the flange 182, the height of the upper surface of the plug body 186 upon mounting the connector 1 to the vial 180 may be different. 可変形領域93の圧縮/伸張量は、栓体186の上面のこの高さの違いに応じて適宜変化しうる。 Compression / decompression of the deformable region 93 can be appropriately changed according to a difference in the height of the upper surface of the plug 186. 従って、寸法が種々に異なるバイアル瓶180に対しても、カバー90の凸面97と栓体186とは常に密着され、また、密閉空間99内に上記の負圧を確実に発生させることができる。 Therefore, even for vial 180 different sizes in different, the convex surface 97 and the plug 186 of the cover 90 are always in close contact, also, it is possible to reliably generate the negative pressure above the closed space 99. よって、可変形領域93が圧縮/伸張が比較的容易であることは、寸法が種々に異なるバイアル瓶180に対しても、外界に漏れ出る薬液の量を少なくするのに有利である。 Therefore, it deformable region 93 is relatively easy compression / decompression, even for vial 180 different sizes in various, it is advantageous to reduce the amount of liquid medicine from leaking outside.

本発明の好ましい実施形態では、スライダ50に保持される保持部98は、シール領域92に設けられている。 In a preferred embodiment of the present invention, the holding portion 98 held by the slider 50 is provided in the seal region 92. カバー90は、保持部98とシール領域92との間に、圧縮/伸張が可能な領域を実質的に備えていない。 Cover 90, between the holding portion 98 and the seal region 92 does not include substantially an area capable of compression / decompression. 従って、シール領域92の保持部98に対する上下方向位置は、スライダ50のコネクタ本体10に対する位置に関わらず実質的に不変である。 Accordingly, the vertical position relative to the holding portion 98 of the sealing region 92 is substantially unchanged regardless of the position relative to the connector body 10 of the slider 50. このため、穿刺針20を栓体186から引き抜く際、カバー90のシール領域92は、スライダ50及びバイアル瓶180と一体的に、穿刺針20に対して移動する。 Therefore, when removing the puncture needle 20 from the plug body 186, the seal region 92 of the cover 90 is integral with the slider 50 and the vial 180, it moves relative to the puncture needle 20. この結果、栓体186から引き抜かれた穿刺針20の液体流路21の先端20t側の開口を外界に露出させることなくカバー90内に収納し、シール領域92で液体流路21の開口を塞ぐことができる。 As a result, housed in the cover 90 without exposing the openings of the tip 20t side of the liquid flow path 21 of the puncture needle 20 has been withdrawn from the plug 186 to the outside, to close the opening of the liquid flow path 21 in the seal region 92 be able to. このため、コネクタ1とバイアル瓶180とを分離した後に、薬液が外界に漏れ出る可能性を更に低減することができる。 Thus, after separation of the connector 1 and the vial 180, the drug solution can be further reduce the possibility of leaking to the outside.

また、保持部98がシール領域92に設けられているので、爪66,76をフランジ182に係合した状態では、シール領域92よりも先端側に配された可変形領域93が選択的に変形して、カバー90の凸面97と栓体186とが密着する。 Further, since the holding portion 98 is provided in the seal region 92, the engagement pawls 66, 76 to the flange 182, the deformable region 93 is selectively deformable than the sealing region 92 disposed on the distal end side and a convex surface 97 and the plug 186 of the cover 90 are in close contact. このため、カバー90と栓体186とを分離した後に、カバー90の凸面97や栓体186の外面に付着する薬液の量を少なくすることができる。 Therefore, it is possible to after separation of the cover 90 and the plug 186, reducing the amount of the chemical liquid adhering to the outer surface of the convex 97 and the plug 186 of the cover 90.

カバー90の保持部98は保持器58で直径方向に圧縮されてもよい。 Holding portion of the cover 90 98 may be compressed diametrically retainer 58. 本発明の好ましい実施形態では、保持部98はシール領域92の外周面上に設けられているので、直径方向の圧縮力は、シール領域92でカバー90と穿刺針20との密着性を向上させる。 In a preferred embodiment of the present invention, since the holding portion 98 is provided on the outer peripheral surface of the seal region 92, the compressive force of the diameter direction, thereby improving the adhesion between the cover 90 and the puncture needle 20 in the sealing region 92 . これは、密閉空間99内の負圧の発生に有利である。 This is advantageous to the generation of negative pressure in the sealed space 99. 従って、カバー90と栓体186とを分離した後に、カバー90の凸面97や栓体186の外面に付着する薬液の量を更に少なくすることができる。 Therefore, it is possible to after separation of the cover 90 and the plug 186, further reducing the amount of the chemical liquid adhering to the outer surface of the convex 97 and the plug 186 of the cover 90. また、液体流路21の先端20t側の開口の封止性の向上に有利である。 Further, it is advantageous in improving the sealing of the tip 20t side of the opening of the liquid flow path 21. 従って、薬液の外界への漏れ出しを更に少なくすることができる。 Therefore, it is possible to further reduce the leakage to the outside world of the chemical.

4. 4. 各種変更実施形態 上記の実施形態は、例示にすぎない。 Various alternative embodiment the above embodiments are merely illustrative. 本発明は、上記の実施形態に限定されず、適宜変更することができる。 The present invention is not limited to the above embodiments can be appropriately changed.

例えば、穿刺針20の形状は上記に限定されず、適宜変更しうる。 For example, the shape of the puncture needle 20 is not limited to the above, it can be suitably changed. 横孔21aは、中心軸1aに対して直角に(すなわち、半径方向に)延びている必要はなく、中心軸1aに対して傾斜する直線に沿って延びていてもよい。 Horizontal hole 21a is at right angles with respect to the center axis 1a (i.e., radially) extend need not have, it may extend along a straight line which is inclined with respect to the central axis 1a. 気体流路22にも、横孔21aと同様の横孔を形成してもよい。 In the gas flow path 22 may be formed transverse bore similar to the horizontal hole 21a. 横孔21aを省略し、気体流路22と同様に、液体流路21が中心軸1aに沿って延び、円錐部25の外周面で開口していてもよい。 Omitted horizontal hole 21a, similarly to the gas flow channel 22, the liquid flow path 21 extends along the central axis 1a, it may be open at the outer peripheral surface of the conical portion 25. この場合も、初期状態では、液体流路21の開口がカバー90のシール領域92において内腔91の内周面で塞がれるように、内腔91の内周面の形状が設定されていることが好ましい。 Again, in the initial state, as in the opening of the liquid flow path 21 is closed by the inner peripheral surface of the lumen 91 in the seal region 92 of the cover 90, the shape of the inner peripheral surface of the lumen 91 is configured it is preferable.

リリースボタン52を、スライダ50のリアアッパーフレーム78にも設けることができる。 The release button 52 also can be provided on the rear upper frame 78 of the slider 50. 即ち、前側の開口31,61及びその近傍の構成と、後ろ側の開口41,61及びその近傍の構成とを、概略同じにすることができる。 That is, the configuration of the front opening 31, 61 and the vicinity thereof, and behind the opening 41, 61 and the vicinity thereof of the side structure, can be made almost the same. この場合、スライダ50が中間停止位置にあるときに前後のリリースボタンを同時に押すことにより、スライダ50を非ロック位置まで更に移動させることが可能になる。 In this case, the slider 50 by pushing at the same time before and after the release button when in the intermediate stop position, it is possible to further move the slider 50 to the unlocked position.

コネクタ本体10において、後ろ側の開口41を省略してもよい。 The connector body 10 may be omitted opening 41 of the rear side. この場合、スライダ50の後ろ側の規制アーム72を省略することができる。 In this case, it is possible to omit the rear of the regulation arm 72 of the slider 50.

フランジ182に係合する爪の数は、上記の実施形態のように4つに限定されない。 The number of pawls for engaging the flange 182 is not limited to four as in the above embodiment. これより多くても、あるいは、少なくてもよい。 Even more than this, or, it may be less.

スライダ50の中間停止位置を省略し、スライダ50を穿刺位置から非ロック位置まで、スライダ50のコネクタ本体10に対する移動を途中で停止させることなく移動可能であってもよい。 Omitting the intermediate stop position of the slider 50, the slider 50 to the unlocked position from the puncture position, may be movable without stopping halfway the movement relative to the connector body 10 of the slider 50.

ロック機構を省略してもよい。 A locking mechanism may be omitted. 例えば、把持アーム65,75の曲げ強度を適切に設定することにより、ロック機構がなくても、爪66,76とバイアル瓶180のフランジ182との係合が意図せずに解除される可能性を低減することは可能である。 For example, by appropriately setting the bending strength of the gripping arms 65, 75, even without the lock mechanism, could be released unintentionally engage the flange 182 of the pawl 66, 76 and vial 180 it is possible to reduce.

カバー90の形状も適宜変更しうる。 The shape of the cover 90 may also be appropriately changed. 可変形領域93に形成される可動部93aの形状は、任意である。 The shape of the movable portion 93a which is formed in the deformable region 93 is optional. 可変形領域93は、圧縮/伸張が容易になるように、その外径及び内径が上下方向に沿って周期的に変化する蛇腹形状を有していてもよい。 Deformable region 93, so that the compression / decompression is facilitated, may have a bellows shape which the outer and inner diameters thereof periodically changes along the vertical direction. 保持部98は、カバー90の最大外径を有している必要はなく、スライダ50に安定的に保持することができるような任意の形状を有しうる。 Holding unit 98 does not need to have a maximum outer diameter of the cover 90 can have any shape such that it can be stably held on the slider 50.

上記の実施形態のコネクタ1は、特許文献1の「第2コネクタ200」(特許文献1の図11〜図14参照)と置き換えて、特許文献1の閉鎖系デバイスを構成することができる。 Connector 1 of the above embodiment may be replaced with "the second connector 200" of Patent Document 1 (see FIGS. 11 to 14 of Patent Document 1), constitutes a closed system device of Patent Document 1. 但し、本発明のコネクタは、特許文献1の閉鎖系デバイス以外にも適用することができる。 However, the connector of the present invention can also be applied to other closed system device of Patent Document 1. コネクタ本体10の天板11よりも上側の構成は、任意に変更することができる。 Upper structure than the top plate 11 of the connector body 10 can be arbitrarily changed.

本発明の利用分野は、制限はないが、危険な薬剤を収容した容器に接続されるコネクタとして好ましく利用することができる。 FIELD the present invention, the limit is not, can be preferably used as a connector to be connected to a vessel containing hazardous agents.

1 コネクタ(医薬品容器用コネクタ) 1 connector (connector for pharmaceutical container)
1a コネクタの中心軸10 コネクタ本体20 穿刺針20t 穿刺針の先端21 液体流路21a 液体流路の横孔22 気体流路50 スライダ52 リリースボタン62,72 規制アーム(スライド規制アーム) 1a connector central axis 10 connector body 20 puncture needle 20t puncture needle tip 21 lateral hole 22 a gas channel 50 slider 52 release button 62, 72 regulating arm of the liquid channel 21a liquid flow path (slide restriction arm)
64,74 当接突起64a,74a 当接突起の端縁65,75 把持アーム66,76 爪90 カバー92 シール領域93 可変形領域95 スリット97 カバーの先端(凸面) 64 and 74 of the contact protrusion 64a, 74a edge 65, 75 gripping arms 66, 76 claws 90 cover 92 sealing region 93 deformable region 95 slit 97 covers the abutment projecting tip (convex)
98 保持部99 密閉空間180 バイアル瓶(容器) 98 holding portion 99 enclosed space 180 vials (containers)
182 フランジ183 バイアル瓶の口186 栓体188b 栓体(キャップ)の上側端縁 Side edge of the mouth 186 of the 182 flange 183 vial stopper 188b plug (cap)

Claims (20)

  1. 容器の口を封止する栓体に穿刺することができる穿刺針と、前記穿刺針に形成された液体が流れる流路の先端側の開口を覆うカバーとを備え、前記穿刺針は前記カバーを貫通して前記栓体を穿刺するように構成された医薬品容器用コネクタであって、 A puncture needle capable of puncturing the container mouth stopper body for sealing, and a cover for covering the distal end opening of said puncture needle to form flow paths which liquid flows, the biopsy needle to the cover through to a configured pharmaceutical container connector to pierce the plug body,
    前記穿刺針はコネクタ本体に設けられており、 The puncture needle is provided in the connector body,
    前記カバーはスライダに保持されており、 The cover is held on the slider,
    前記スライダは、前記コネクタ本体に対して前記穿刺針の長手方向に沿って移動可能であり、 The slider is movable along the longitudinal direction of the puncture needle with respect to said connector body,
    前記スライダは、前記容器の口のフランジに係合可能な爪を備え The slider is provided with engageable claws on the flange of the mouth of the container,
    前記コネクタは、前記爪と前記フランジとの係合が解除されるのを防止するロック機構を備え、 The connector includes a locking mechanism that prevents the engagement between the pawl and the flange is released,
    前記ロック機構は、前記爪が形成された、外向きに弾性的に曲げ変形が可能な把持アームと、前記把持アームの曲げ変形を制限する前記コネクタ本体とを含むことを特徴とする医薬品容器用コネクタ。 The locking mechanism, the pawl is formed, a gripping arm which can be elastically bent and deformed outwardly, pharmaceutical containers which comprises a said connector body to limit the bending deformation of the gripping arm connector.
  2. 前記爪が前記容器の前記フランジに係合していないとき、前記スライダは前記コネクタ本体に対して前記穿刺針の長手方向に沿って移動することができない請求項に記載の医薬品容器用コネクタ。 When said pawl is not engaged with the flange of the container, said slider connector medicament container according to claim 1 which can not be moved along the longitudinal direction of the puncture needle relative to the connector body.
  3. 容器の口を封止する栓体に穿刺することができる穿刺針と、前記穿刺針に形成された液体が流れる流路の先端側の開口を覆うカバーとを備え、前記穿刺針は前記カバーを貫通して前記栓体を穿刺するように構成された医薬品容器用コネクタであって、 A puncture needle capable of puncturing the container mouth stopper body for sealing, and a cover for covering the distal end opening of said puncture needle to form flow paths which liquid flows, the biopsy needle to the cover through to a configured pharmaceutical container connector to pierce the plug body,
    前記穿刺針はコネクタ本体に設けられており、 The puncture needle is provided in the connector body,
    前記カバーはスライダに保持されており、 The cover is held on the slider,
    前記スライダは、前記コネクタ本体に対して前記穿刺針の長手方向に沿って移動可能であり、 The slider is movable along the longitudinal direction of the puncture needle with respect to said connector body,
    前記スライダは、前記容器の口のフランジに係合可能な爪を備え、 The slider is provided with engageable claws on the flange of the mouth of the container,
    前記爪が前記容器の前記フランジに係合していないとき、前記スライダは前記コネクタ本体に対して前記穿刺針の長手方向に沿って移動することができないことを特徴とする医薬品容器用コネクタ。 When said pawl is not engaged with the flange of the container, said slider medicament container connector, characterized in that it is impossible to move along the longitudinal direction of the puncture needle relative to the connector body.
  4. 前記コネクタは、前記爪と前記フランジとの係合が解除されるのを防止するロック機構を備え、 The connector includes a locking mechanism that prevents the engagement between the pawl and the flange is released,
    前記ロック機構は、前記爪が形成された、外向きに弾性的に曲げ変形が可能な把持アームと、前記把持アームの曲げ変形を制限する前記コネクタ本体とを含む請求項3に記載の医薬品容器用コネクタ。 The locking mechanism, the pawl is formed, pharmaceuticals container according to claim 3 comprising a gripping arm which can be elastically bent and deformed outwardly, and said connector body to limit the bending deformation of the gripping arm use connector.
  5. 前記ロック機構によるロック状態及び非ロック状態は、前記スライダの前記コネクタ本体に対する前記穿刺針の長手方向に沿った位置に応じて切り替えることができる請求項1,2及び4のいずれかに記載の医薬品容器用コネクタ。 The locking mechanism according to the locked state and the unlocked state, medicament according to any of claims 1, 2 and 4 can be switched depending on the position along the longitudinal direction of the puncture needle relative to the connector body of said slider container connector.
  6. 前記スライダが前記コネクタ本体から最大に引き出されたとき、前記ロック機構は機能しない請求項1,2,4及び5のいずれかに記載の医薬品容器用コネクタ。 When the slider is pulled out to the maximum from the connector body, the connector pharmaceutical container according to any one of claims 1, 2, 4 and 5, the locking mechanism does not function.
  7. 前記ロック機構が機能しない非ロック位置に向かって前記スライダを前記コネクタ本体から引き出す過程において、前記スライダが前記非ロック位置に到達するより前に、前記スライダを前記コネクタ本体から更に引き出すことができないように前記スライダの前記コネクタ本体に対する移動が規制される中間停止位置が設けられている請求項1,2及び4〜6のいずれかに記載の医薬品容器用コネクタ。 In the process of pulling out the slider toward the unlocked position where the locking mechanism is not functioning from the connector body, before the slider reaches the unlocked position, so that it can not be further pulled out of the slider from the connector body pharmaceutical container connector according to any one of claims 1, 2 and 4 to 6 the intermediate stop position is provided movement is restricted with respect to the connector body of the slider.
  8. 前記中間停止位置において前記スライダの前記コネクタ本体に対する移動の規制を解除するリリースボタンが設けられている請求項7に記載の医薬品容器用コネクタ。 Pharmaceutical container connector according to claim 7 in which the release button is provided for releasing the restriction of movement relative to the connector body of the slider in the intermediate stop position.
  9. 前記ロック機構が機能しない非ロック位置に前記スライダが位置するとき、前記穿刺針の前記開口は前記カバーで覆われる請求項1,2及び4〜8のいずれかに記載の医薬品容器用コネクタ。 Wherein when the slider to the unlocked position the locking mechanism does not function is located, the opening of the puncture needle pharmaceutical container connector according to any one of claims 1, 2 and 4 to 8 are covered by the cover.
  10. 前記爪が前記容器の前記フランジに係合している状態では、前記カバーの先端が前記栓体に当接するように構成されている請求項1 〜9のいずれかに記載の医薬品容器用コネクタ。 Wherein in the state in which the pawl is engaged with the flange of the container, medicament container connector according to any one of claims 1-9 in which the distal end of the cover is adapted to abut the plug body.
  11. 前記爪が前記容器の前記フランジに係合しているとき、前記スライダは前記コネクタ本体に対して前記穿刺針の長手方向に沿って移動可能である請求項1〜10のいずれかに記載の医薬品容器用コネクタ。 When said pawl is engaged with the flange of the container, medicines of the slider according to any of claims 1 to 10 is movable along the longitudinal direction of the puncture needle with respect to said connector body container connector.
  12. 前記スライダは、前記爪が前記容器の前記フランジに係合しているときに前記栓体の上側端縁に当接する当接突起と、前記当接突起が形成された、外向きに弾性的に曲げ変形が可能なスライド規制アームとを備える請求項1〜11のいずれかに記載の医薬品容器用コネクタ。 The slider includes a contact projection abutting the side edge of the plug body when said pawl is engaged with the flange of the container, the abutment projections are formed, resiliently outwardly bending medicament container connector according to any one of claims 1 to 11 comprising deforming a slide restriction arm capable.
  13. 前記爪が前記容器の前記フランジに係合していないとき、前記スライド規制アームは前記コネクタ本体に衝突し、これにより前記スライダは前記コネクタ本体に対して前記穿刺針の長手方向に沿って移動することが規制され、 When said pawl is not engaged with the flange of the container, the slide regulating arm collides with the connector body, whereby said slider is moved along the longitudinal direction of the puncture needle with respect to said connector body it is restricted,
    前記爪が前記容器の前記フランジに係合しているとき、前記スライド規制アームは前記コネクタ本体に衝突しない位置に弾性的に曲げ変形し、これにより前記スライダは前記コネクタ本体に対して前記穿刺針の長手方向に沿って移動することが可能になる請求項12に記載の医薬品容器用コネクタ。 When said pawl is engaged with the flange of the container, the puncture needle with respect to the slide restriction arm elastically bent and deformed in a position that does not collide with the connector body, whereby said slider said connector body pharmaceutical container connector according to claim 12, it becomes possible to move along the longitudinal direction of.
  14. 前記当接突起の前記栓体に当接する端縁は、前記穿刺針の長手方向に対して傾斜している請求項12又は13に記載の医薬品容器用コネクタ。 The skilled abutting edge on the plug body of the contact projection is pharmaceutical container connector according to claim 12 or 13 is inclined relative to the longitudinal direction of the puncture needle.
  15. 前記カバーは、その先端に前記穿刺針が貫通することができるスリットと、前記穿刺針の外周面に密着するシール領域と、前記シール領域に対して前記先端側に配置された可変形領域とを備え、 The cover includes a slit that can be the biopsy needle to its tip penetrates the sealing region in close contact with the outer peripheral surface of the puncture needle, and said deformable region disposed on the distal side relative to the sealing region provided,
    前記可変形領域は、前記シール領域に比べて、前記穿刺針の長手方向に沿った圧縮変形及び伸張変形が容易である請求項1〜14のいずれかに記載の医薬品容器用コネクタ。 Said deformable region, the as compared to the sealing region, pharmaceuticals container connector according to any one of claims 1 to 14 compression deformation and stretching deformation along the longitudinal direction of the puncture needle is easy.
  16. 前記爪が前記容器の前記フランジに係合していないとき、前記可変領域内に、密閉された空間が形成される請求項15に記載の医薬品容器用コネクタ。 When said pawl is not engaged with the flange of the container, said variable region, pharmaceuticals container connector according to claim 15, sealed space is formed.
  17. 前記穿刺針が前記栓体を貫通しているとき、前記密閉された空間は縮小又は消失する請求項16に記載の医薬品容器用コネクタ。 When said puncture needle penetrates the stopper body, pharmaceuticals container connector according to claim 16 wherein the enclosed space is to be reduced or lost.
  18. 前記カバーは、前記カバーを前記スライダに保持するための保持部を備え、 It said cover is provided with a holding portion for holding the cover on the slider,
    前記保持部は、前記シール領域に設けられている請求項15〜17のいずれかに記載の医薬品容器用コネクタ。 The holding portion includes pharmaceutical container connector according to any one of claims 15 to 17 provided in the sealing region.
  19. 前記カバーの前記穿刺針によって貫通される先端には、前記栓体に向かって突出した凸面が形成されている請求項1〜18のいずれかに記載の医薬品容器用コネクタ。 The tip is penetrated by the needle of the cover the medicament container connector according to any one of claims 1 to 18 convex projecting toward the plug body is formed.
  20. 前記カバーには、前記容器と係合する係合形状が設けられていない請求項1〜19のいずれかに記載の医薬品容器用コネクタ。 The cover, pharmaceuticals container connector according to any one of claims 1 to 19 engaging shape is not provided to be engaged with the container.
JP2014095348A 2014-05-02 2014-05-02 Drug container connector Active JP6340898B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2014095348A JP6340898B2 (en) 2014-05-02 2014-05-02 Drug container connector

Applications Claiming Priority (6)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2014095348A JP6340898B2 (en) 2014-05-02 2014-05-02 Drug container connector
PCT/JP2015/063005 WO2015166993A1 (en) 2014-05-02 2015-04-30 Drug container connector and male member cover
CN201580021866.3A CN106456443A (en) 2014-05-02 2015-04-30 Drug container connector and male member cover
KR1020167033440A KR20170003599A (en) 2014-05-02 2015-04-30 Drug container connector and male member cover
EP15786803.5A EP3138551A4 (en) 2014-05-02 2015-04-30 Drug container connector and male member cover
US15/303,700 US20170027820A1 (en) 2014-05-02 2015-04-30 Drug container connector and male member cover

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2015211763A JP2015211763A (en) 2015-11-26
JP6340898B2 true JP6340898B2 (en) 2018-06-13

Family

ID=54696444

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2014095348A Active JP6340898B2 (en) 2014-05-02 2014-05-02 Drug container connector

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6340898B2 (en)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101934373B1 (en) * 2016-09-12 2019-01-02 대한약품공업 주식회사 Connecting Socket for Medicine Bottle

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6159192A (en) * 1997-12-04 2000-12-12 Fowles; Thomas A. Sliding reconstitution device with seal
JP6140916B2 (en) * 2011-06-08 2017-06-07 株式会社ジェイ・エム・エス Medical male member
JP6284219B2 (en) * 2013-09-27 2018-02-28 テルモ株式会社 Vial adapter

Also Published As

Publication number Publication date
JP2015211763A (en) 2015-11-26

Similar Documents

Publication Publication Date Title
AU2008242160B2 (en) Method and apparatus for contamination-free transfer of a hazardous drug
EP1396250B1 (en) Transfer needle assembly
EP2252250B1 (en) Vial adapter element
EP1267794B1 (en) Housing capable of connecting a container to a medical device
US8211082B2 (en) Drug solution preparing kit
JP4216466B2 (en) Fluid transfer assembly
JP6091698B2 (en) Connection system for medical device components
EP1339372B1 (en) Axially activated vial access adapter
US20110106046A1 (en) Connector assembly
EP2101710B1 (en) Pressure equalizing device for vial access
EP2351549A1 (en) Connector
CN102470074B (en) Connection device
US9381135B2 (en) Easy linking transfer system
CN102015014B (en) Connector assembly
JP5432176B2 (en) Connector
JP6140916B2 (en) Medical male member
JP2004267776A (en) Transfer device for medical fluid
US20130076019A1 (en) Connector and connector assembly
WO2012168235A1 (en) Device for connection between a recipient and a container and method for assembling and using such a device
EP2554152A1 (en) Connector and connector assembly
JP2003265608A (en) Collecting tool
JP5265680B2 (en) Connector and infusion tube set
WO2008062741A1 (en) Connector and infusion tube set
EP2231100B1 (en) Syringe adapter element in drug mixing system
EP2931207B1 (en) Vial adapter

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20170321

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20171219

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20180215

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20180417

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20180430

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6340898

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150