JP6299095B2 - Shared data definition support system, its master device, local terminal, program - Google Patents

Shared data definition support system, its master device, local terminal, program Download PDF

Info

Publication number
JP6299095B2
JP6299095B2 JP2013144039A JP2013144039A JP6299095B2 JP 6299095 B2 JP6299095 B2 JP 6299095B2 JP 2013144039 A JP2013144039 A JP 2013144039A JP 2013144039 A JP2013144039 A JP 2013144039A JP 6299095 B2 JP6299095 B2 JP 6299095B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
shared data
data definition
information
program
master
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2013144039A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2015018349A (en
Inventor
吉平 宮野
吉平 宮野
吉原 大助
大助 吉原
Original Assignee
富士電機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 富士電機株式会社 filed Critical 富士電機株式会社
Priority to JP2013144039A priority Critical patent/JP6299095B2/en
Publication of JP2015018349A publication Critical patent/JP2015018349A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP6299095B2 publication Critical patent/JP6299095B2/en
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Description

本発明は、複数のプログラマブルコントローラの共有データの定義情報の更新方法などに関する。   The present invention relates to a method for updating definition information of shared data of a plurality of programmable controllers.
例えば、特許文献1には、複数のPLC(プログラマブルコントローラ)の共有データを管理する共有データ定義支援装置が、開示されている。共有データの管理とは、例えば、共有メモリへの共通変数とアドレス割り付け等である。よく知られているように、共有メモリには、複数のPLCで共有される変数(共通変数)に係わるデータが格納されるものであり、その格納アドレスが割り当てられる。   For example, Patent Document 1 discloses a shared data definition support device that manages shared data of a plurality of PLCs (programmable controllers). The management of shared data is, for example, allocation of common variables and addresses to the shared memory. As is well known, data related to a variable (common variable) shared by a plurality of PLCs is stored in the shared memory, and the storage address is assigned.
ここで、複数のPLCのプログラムを開発/編集等する場合は、規模が大きい場合、複数の作業者で分担して作業実施する場合がある。複数の作業者が並行してこの様なプログラミング作業を実施すると共に、それに伴って共有データ定義を更新する場合がある。この為、複数の作業者で並行してプログラミング作業等を実施しても、共有データ定義の整合性を保てるようにする必要がある。これを実現するシステム構成例を、図9に示す。   Here, when developing / editing a plurality of PLC programs, when the scale is large, there are cases where a plurality of workers share the work. There are cases where a plurality of workers perform such programming work in parallel and update the shared data definition accordingly. For this reason, it is necessary to maintain the consistency of the shared data definition even if a plurality of workers perform programming work in parallel. A system configuration example for realizing this is shown in FIG.
尚、本説明においてプログラムとは、基本的に、PLCのプログラム、すなわち制御プログラムを意味するものとし、PLCプログラムと記す場合もあれば、単にプログラムと記す場合もあるものとする。   In this description, the program basically means a PLC program, that is, a control program, and may be referred to as a PLC program or simply a program.
尚、共有データ定義とは、共通変数に係わる所定の各種情報であり、例えば、上記共通変数の変数名、割当アドレス、書込みを行うPLC、読出しを行うPLC等である。共有データ定義の更新は、例えば、これら各種情報の修正や、新たな共通変数の追加や、既存の共通変数の削除等である。例えば、プログラムに新たな共通変数が追加されたならば、それに伴って、共有データ定義には、この新たな共通変数に係わる上記各種情報を、追加することになる。   The shared data definition is predetermined various information related to the common variable, such as the variable name of the common variable, the assigned address, the PLC that performs writing, and the PLC that performs reading. The update of the shared data definition is, for example, correction of these various information, addition of a new common variable, deletion of an existing common variable, or the like. For example, if a new common variable is added to the program, the various information related to the new common variable is added to the shared data definition accordingly.
図9は、従来のプログラマブルコントローラのプログラム開発システムの具体例である。
図9のPLCプログラム開発システムでは、マスタ装置110と、複数のローカル端末120とが、ネットワーク100に接続している。尚、図では、ローカル端末120は1つのみ示すが、実際には上記の通り複数存在する。
FIG. 9 is a specific example of a program development system for a conventional programmable controller.
In the PLC program development system of FIG. 9, the master device 110 and a plurality of local terminals 120 are connected to the network 100. Although only one local terminal 120 is shown in the figure, there are actually a plurality of local terminals as described above.
複数のローカル端末120は、上記複数の作業者が各々上記プログラミング作業や共有データ定義の更新作業等を行うための情報処理装置である。各作業者は、任意のローカル端末120を用いて、自己が担当するプログラミング作業を実施する。尚、上記のように作業を分担するので、任意の1台のPLCに係わるプログラミング作業を、複数の作業者が分担して行う場合も有り得る。   The plurality of local terminals 120 are information processing apparatuses for the plurality of workers to perform the programming operation, shared data definition updating operation, and the like. Each worker uses the arbitrary local terminal 120 to perform the programming work that he is in charge of. Since the work is shared as described above, there may be a case where a plurality of workers share the programming work related to any one PLC.
マスタ装置110が、複数のPLCのプログラムや共有データ定義を、一元管理する。
上記各作業者は、自己のローカル端末120からネットワーク100を介してマスタ装置110にアクセスして、任意のプログラムの編集作業やそれに伴う共有データ定義の更新作業を行う。複数のPLCに係わる各共有データ定義が、マスタ装置110が備える図示の共有データDB113に格納されて一元管理されている。
The master device 110 centrally manages a plurality of PLC programs and shared data definitions.
Each of the above workers accesses the master device 110 from his / her local terminal 120 via the network 100 to edit an arbitrary program and update the shared data definition associated therewith. Each shared data definition relating to a plurality of PLCs is stored in the shared data DB 113 shown in the master device 110 and managed in an integrated manner.
任意の共有データ定義情報にアクセスする場合、作業者は、その更新作業を開始する前に、マスタ装置110が有する“共有データDB113を管理する機能”(不図示の構成管理ツール)から、アクセス権を獲得する必要がある。アクセス権を所有した作業者(仮に作業者Aとする)だけが共有データ定義の更新が可能になる。   When accessing any shared data definition information, the worker can access right from the “function to manage the shared data DB 113” (configuration management tool not shown) of the master device 110 before starting the update work. Need to win. Only the worker who has the access right (assuming worker A) can update the shared data definition.
よって、アクセス権を所有した作業者Aが共有データ定義の更新を行っている最中に、他の作業者が共有データ定義の更新を行うことはない。他の作業者は、後に、上記作業者Aによって更新された後の共有データ定義に対して、更に更新を行うことは出来る。逆に言えば、作業者Aによる更新前の共有データ定義に基づいて更新を行うことは出来ない。これは、換言すれば、作業者Aによる更新内容を無視するような形で更新することは出来ないことになる。これは、共有データ定義の整合性を保つことが出来るものと言うことができる。   Therefore, while the worker A who owns the access right is updating the shared data definition, no other worker updates the shared data definition. Other workers can further update the shared data definition that has been updated by the worker A later. In other words, the update cannot be performed based on the shared data definition before update by the worker A. In other words, the update cannot be performed in such a way as to ignore the update contents by the worker A. This can be said to be able to maintain the consistency of the shared data definition.
従来では、この様にして、複数の作業者で並行してプログラミング作業を実施しても、共有データ定義の整合性を保つようにしていた。
尚、図示の例では、例えば、マスタ装置110は、プログラミング支援部111、共有データ定義支援部112等の各種処理機能部を有する。プログラミング支援部111は、例えばPLCプログラム編集部111aを有する。PLCプログラム編集部111aは、ユーザによる任意のPLCプログラムに関する任意の編集作業を支援する。このプログラム編集作業に伴う共有データの更新作業は、共有データ定義支援部112内の共有データ定義設定部112aが支援する。また、マスタ装置110は、共有データDB(データベース)113を有している。共有データDB113には、上記の通り、各PLCプログラムに係わる各種共有データ定義情報が格納される。換言すれば、マスタ装置110は、全てのPLCに係わる共有データ定義情報を一元管理している。
Conventionally, in this way, the consistency of the shared data definition is maintained even when a plurality of workers perform programming work in parallel.
In the illustrated example, for example, the master device 110 includes various processing function units such as a programming support unit 111 and a shared data definition support unit 112. The programming support unit 111 includes, for example, a PLC program editing unit 111a. The PLC program editing unit 111a supports arbitrary editing work related to an arbitrary PLC program by the user. The shared data definition setting unit 112a in the shared data definition support unit 112 supports the shared data update operation associated with the program editing operation. The master device 110 has a shared data DB (database) 113. As described above, the shared data DB 113 stores various shared data definition information related to each PLC program. In other words, the master device 110 centrally manages shared data definition information related to all PLCs.
ここで、図示の例では、各PLCプログラムは、PLC単位で管理されている。例えば、図示のように、PLC1用のプログラムである図示の3つのプログラム(1,2,3)を、グループ化して管理しており、このグループを“プロジェクト”と呼んでいる。他のPLCについても略同様であり、例えば、PLC2用のプログラム群である図示のPLC2プロジェクト、PLCn用のプログラム群である図示のPLCnプロジェクト等が、マスタ装置110で格納・管理されている。   Here, in the illustrated example, each PLC program is managed in units of PLC. For example, as shown in the figure, the three programs (1, 2, 3) shown in the figure, which are programs for the PLC 1, are managed as a group, and this group is called a "project". The same applies to other PLCs. For example, the illustrated PLC2 project, which is a PLC2 program group, and the illustrated PLCn project, which is a PLCn program group, are stored and managed by the master device 110.
各プログラムの編集作業は、上記PLCプログラム編集部111aによって行うことも出来るし、各ローカル端末120で行うことも出来る。各ローカル端末120には、後述するPLCプログラム編集部121aが備えられている。   Editing of each program can be performed by the PLC program editing unit 111a, or can be performed by each local terminal 120. Each local terminal 120 includes a PLC program editing unit 121a described later.
尚、上記編集作業は、このプロジェクト単位で行うものであってよいが、これに限らず、プログラム単位で行っても良い。図示の例では、プロジェクト単位で編集を行う例を示す。尚、これは、PLC単位で編集を行うものと同義と見做してもよい。   The editing operation may be performed in units of projects, but is not limited thereto, and may be performed in units of programs. In the example shown in the figure, an example in which editing is performed in units of projects is shown. Note that this may be regarded as synonymous with editing performed in units of PLCs.
また、各ローカル端末120は、上記プログラミング支援部111、共有データ定義支援部112と同等の処理機能部である図示のプログラミング支援部121、共有データ定義支援部122を有している。勿論、プログラミング支援部121は、上記PLCプログラム編集部111aに相当するPLCプログラム編集部121aを有している。共有データ定義支援部122も、上記共有データ定義設定部112aに相当する共有データ定義設定部122aを有している。   Each local terminal 120 includes a programming support unit 121 and a shared data definition support unit 122 shown in the figure, which are processing function units equivalent to the programming support unit 111 and the shared data definition support unit 112. Of course, the programming support unit 121 includes a PLC program editing unit 121a corresponding to the PLC program editing unit 111a. The shared data definition support unit 122 also includes a shared data definition setting unit 122a corresponding to the shared data definition setting unit 112a.
尚、図9では、任意のローカル端末120において、作業者が、PLCプログラム編集部121aに支援されながらPLC1プロジェクトの編集を任意に行っている状態を、一例として示している。また、作業者は、この編集作業に伴う共有データ定義の設定・更新等を、共有データ定義設定部122aを介して行っている。その際、上述したように、共有データ定義の整合性は保たれるようになっている。これは、ネットワーク100経由でマスタ装置110の上記不図示の構成管理ツールを利用することにより実現される。   Note that FIG. 9 shows an example in which a worker is arbitrarily editing a PLC1 project in any local terminal 120 while being supported by the PLC program editing unit 121a. In addition, the operator performs setting / updating of the shared data definition accompanying this editing work via the shared data definition setting unit 122a. At that time, as described above, the consistency of the shared data definition is maintained. This is realized by using the configuration management tool (not shown) of the master device 110 via the network 100.
尚、マスタ装置110は例えばサーバ装置等であり、ローカル端末120は例えばパソコン等である。
上記のように、従来では、例えば、複数の作業者で共有データ定義情報の整合性を保つようにして管理する技術として、構成管理ツールによって一元管理された共有データ定義を、ネットワーク経由でアクセス権を得て編集する仕組みが考えられている。
The master device 110 is, for example, a server device, and the local terminal 120 is, for example, a personal computer.
As described above, conventionally, for example, as a technique for managing the shared data definition information by maintaining the consistency of the shared data definition information among a plurality of workers, the shared data definition centrally managed by the configuration management tool can be accessed via the network. A mechanism to obtain and edit is considered.
特許4541437号公報Japanese Patent No. 4541437
上述したように、従来の例えば図9に示すシステム構成では、各ローカル端末120が、ネットワーク経由でマスタ装置110の上記不図示の構成管理ツールを利用してプログラム編集作業や共有データ定義の設定・更新等を行うことで、複数の作業者で並行してプログラミング作業を実施しても、共有データ定義の整合性を保つようにしていた。   As described above, in the conventional system configuration shown in FIG. 9, for example, each local terminal 120 uses the configuration management tool (not shown) of the master device 110 via the network to set program editing work and shared data definition. By updating, etc., the consistency of the shared data definition is maintained even when a plurality of workers perform programming work in parallel.
しかしながら、現実には、ローカル端末120におけるプログラミング作業を、ネットワーク経由で構成管理ツールを利用しながら行うことが、出来ない場合がある。換言すれば、上記アクセス権を保持してプログラムの編集や共有データ定義の更新等を行うことが、出来ない状況があり得る。例えば任意の作業者が、自己のローカル端末120を現地に持っていき、そこでプログラムの編集作業やそれに伴う共有データの更新作業を行う必要がある場合がある。この様な場合、現地でネットワーク100に接続出来ない場合がある。尚、“現地”とは、例えばプログラミング作業対象のPLCの設置場所等である。   However, in reality, it may not be possible to perform programming work on the local terminal 120 using a configuration management tool via a network. In other words, there may be a situation where it is impossible to edit the program or update the shared data definition while holding the access right. For example, there is a case in which an arbitrary worker needs to bring his / her local terminal 120 to the site and edit the program or update shared data associated therewith. In such a case, it may not be possible to connect to the network 100 locally. Note that “local” is, for example, a place where a PLC to be programmed is installed.
この様な状況において、共有データ定義情報の整合性を保つ方法として、例えば現地に行く前にアクセス権を取得しておき、現地から戻ってきたら編集・更新内容をマスタ装置110に反映させて、アクセス権を放すようにすることが考えられる。しかしながら、この方法では、現地に行ってから戻ってくる間の長時間、他の作業者はアクセス権を取得できないことになり、他の作業者は長時間、共有データ定義の設定・更新等を行えないことになる。よって、この方法は、現実的ではない。   In such a situation, as a method of maintaining the consistency of the shared data definition information, for example, the access right is acquired before going to the site, and the edit / update contents are reflected on the master device 110 when returning from the site, It may be possible to release access rights. However, with this method, other workers cannot obtain access rights for a long time after returning to the site, and other workers cannot set / update shared data definitions for a long time. It will not be possible. Therefore, this method is not realistic.
この為、例えば、現地に行く前にアクセス権を取得するようなことは、行わないようにする方法も考えられる。すなわち、この方法では、作業者は、現地に行く前に、自己のローカル端末120をマスタ装置110に接続して、共有データ定義のコピーを取得する(アクセス権は取得しない)。そして、現地で共有データ定義(コピー)の変更作業等を実施する。その後、構成管理ツールが利用できる環境に移動したら、すなわちマスタ装置110に接続可能な環境に移動したら、マスタ装置110に接続して、アクセス権を取得し、現地で実施した変更内容を反映させる。これは、例えば、共有データDB113に格納される既存の共有データ定義を、変更後の共有データ定義に置き換える(上書きする)。   For this reason, for example, there may be a method in which access right is not acquired before going to the site. That is, in this method, before going to the site, the worker connects his / her local terminal 120 to the master device 110 and acquires a copy of the shared data definition (no access right is acquired). And the shared data definition (copy) change work etc. is carried out locally. After that, when moving to an environment where the configuration management tool can be used, that is, when moving to an environment connectable to the master device 110, the access to the master device 110 is obtained to acquire the access right, and the contents of changes made on site are reflected. For example, the existing shared data definition stored in the shared data DB 113 is replaced (overwritten) with the changed shared data definition.
しかしながら、この方法では、コピーした時点からアクセス権を取得するまでの間に、他の作業者が共有データDB113の共有データ定義の変更を実施している可能性がある。この様なケースでは、本来は、他の作業者によって変更後の共有データ定義に基づいて、変更等を行うべきものである。この為、他の作業者が変更を行っている状況にも係わらず上記上書きを行った場合には、他の作業者による変更内容が削除されてしまう可能性がある。   However, in this method, there is a possibility that another worker is changing the shared data definition in the shared data DB 113 from the time of copying until the access right is acquired. In such a case, the change should be originally made by another worker based on the shared data definition after the change. For this reason, when the above-mentioned overwriting is performed regardless of the situation where other workers are making changes, there is a possibility that the changes made by other workers may be deleted.
この為、従来では、例えば、ローカル端末120は、上記構成管理ツールを利用して、上記アクセス権を取得する際に最新の共有データ定義を獲得する。これより、作業者は、最新の共有データ定義の内容を把握して、他の作業者による変更内容が削除されないようにしつつ現地で変更した内容を手動で反映させる作業を行っていた。この為、作業者の手間が掛かると共に、共有データ定義の変更内容に何らかのミスが生じる可能性がある。   For this reason, conventionally, for example, the local terminal 120 uses the configuration management tool to acquire the latest shared data definition when acquiring the access right. Thus, the worker grasps the contents of the latest shared data definition, and manually performs the work of reflecting the contents changed at the site while preventing changes made by other workers from being deleted. For this reason, it takes time and effort for the operator, and there is a possibility that some mistakes may occur in the change contents of the shared data definition.
本発明の課題は、共有データ定義を管理するマスタ装置と、該共有データ定義の更新に係わる作業が行われる複数のローカル端末とを有するシステムにおいて、ローカル環境でローカル端末側での共有データ定義の更新作業が行われる場合であっても、マスタ装置側の共有データ定義の整合性を保つことができる共有データ定義支援システム等を提供することである。   An object of the present invention is to create a shared data definition on the local terminal side in a local environment in a system having a master device that manages the shared data definition and a plurality of local terminals that perform operations related to updating the shared data definition. It is to provide a shared data definition support system and the like that can maintain the consistency of the shared data definition on the master device side even when update work is performed.
本発明の共有データ定義支援システムは、各制御装置の各プログラムと該各プログラムに係る共有データ定義情報を記憶・管理するマスタ装置と、各々が任意のときに該マスタ装置上の任意の該プログラム又は/及び該共有データ定義情報を更新し得る複数のローカル端末とを有するシステムであって、下記の構成要素を有する。   The shared data definition support system of the present invention includes a program for each control device, a master device for storing and managing shared data definition information related to each program, and any program on the master device at any time. And / or a system having a plurality of local terminals that can update the shared data definition information, and includes the following components.
前記マスタ装置は、各制御装置に対応して、その制御装置に係わるプログラムと所定のキー情報が付与された共有データ定義情報とを記憶する第1記憶手段を有する。
前記ローカル端末は、任意の制御装置に係わる前記プログラムと前記共有データ定義情報を、前記マスタ装置から取得する持出手段と、該持出手段で取得した共有データ定義情報に対して任意の更新を行わせると共に、該更新に伴って前記付与されているキー情報を更新する定義・キー更新手段とを有する。
The master device has first storage means for storing a program related to the control device and shared data definition information to which predetermined key information is assigned corresponding to each control device.
The local terminal is configured to acquire the program and the shared data definition information related to an arbitrary control device from the master device, and arbitrarily update the shared data definition information acquired by the export device. And a definition / key update means for updating the assigned key information with the update.
前記マスタ装置は、更に、前記定義・キー更新手段によって更新された後の共有データ定義情報によって前記第1記憶手段に記憶される共有データ定義情報を更新することを、許可するか否かを、前記キー情報に基づいて判定する許可判定手段を有する。   The master device further determines whether or not to permit to update the shared data definition information stored in the first storage unit with the shared data definition information after being updated by the definition / key update unit. Permission determining means for determining based on the key information is included.
本発明の共有データ定義支援システム等によれば、共有データ定義を管理するマスタ装置と、該共有データ定義の更新に係わる作業が行われる複数のローカル端末とを有するシステムにおいて、ローカル環境でローカル端末側での共有データ定義の更新作業が行われる場合であっても、マスタ装置側の共有データ定義の整合性を保つことができる。   According to the shared data definition support system and the like of the present invention, in a system having a master device that manages a shared data definition and a plurality of local terminals that perform operations related to the update of the shared data definition, Even when the shared data definition update operation is performed on the master device side, the consistency of the shared data definition on the master device side can be maintained.
本例の共有データ定義支援システムの構成図である。It is a block diagram of the shared data definition assistance system of this example. マスタ装置における新規プログラム作成の際の処理フローチャート図である。It is a process flowchart figure at the time of the new program preparation in a master apparatus. ローカル端末側の編集作業等の際の処理フローチャート図である。It is a process flowchart figure in the case of editing work etc. on the local terminal side. キー情報の具体例である。It is a specific example of key information. マスタ装置における共有データ定義情報の更新に係わる処理フローチャート図である。It is a process flowchart figure concerning the update of the shared data definition information in a master apparatus. (a)〜(c)は、キー情報更新の具体例である。(A)-(c) is a specific example of key information update. 共有データ定義情報に関して、(a)はデータ構造例、(b)は設定画面例である。Regarding shared data definition information, (a) shows an example of a data structure, and (b) shows an example of a setting screen. 共有データ定義支援部の機能ブロック図である。It is a functional block diagram of a shared data definition support part. 従来のプログラマブルコントローラのプログラム開発システムの具体例である。It is a specific example of the program development system of the conventional programmable controller.
以下、図面を参照して、本発明の実施の形態について説明する。
図1は、本例の共有データ定義支援システムの構成図である。
図示の共有データ定義支援システムは、マスタ装置10と複数のローカル端末20を有する。これらの既存機能を簡単に述べるならば、マスタ装置10は、不図示の各プログラマブルコントローラの各プログラムと該各プログラムに係る共有データ定義情報を記憶・管理する。各ローカル端末20は、各々が任意のときに該マスタ装置10上の任意の該プログラム又は/及び該共有データ定義情報を更新し得る。但し、従来とは異なり、各ローカル端末20は必ずしもネットワークに接続されているとは限らないので、ネットワークは図示していない。但し、マスタ装置10は基本的に常に不図示のネットワークに接続されており、各ローカル端末20は当該ネットワークに接続される場合もある構成であってもよい。
Embodiments of the present invention will be described below with reference to the drawings.
FIG. 1 is a configuration diagram of the shared data definition support system of this example.
The shared data definition support system shown in the figure has a master device 10 and a plurality of local terminals 20. If these existing functions are simply described, the master device 10 stores and manages each program of each programmable controller (not shown) and shared data definition information related to each program. Each local terminal 20 can update any of the programs or / and the shared data definition information on the master device 10 at any time. However, unlike the prior art, each local terminal 20 is not necessarily connected to the network, so the network is not shown. However, the master device 10 is basically always connected to a network (not shown), and each local terminal 20 may be connected to the network.
尚、マスタ装置10や各ローカル端末20によるプログラムや共有データ定義情報の管理・編集対象は、上記プログラマブルコントローラに限るものではなく、何らかの所定のプログラムに基づいて任意の機器を制御するコンピュータ装置であれば何でもよく、これらを総称して“制御装置”と記すものとする。   Note that the management and editing target of the program and shared data definition information by the master device 10 and each local terminal 20 is not limited to the programmable controller, and may be a computer device that controls an arbitrary device based on some predetermined program. Anything may be used, and these are collectively referred to as a “control device”.
また、各ローカル端末20は、不図示のネットワークに接続中に、図示の「持ち出し」や「取り込み」のようなマスタ装置10へのアクセス処理等を、行うものであってもよい。尚、ローカル端末20がネットワークに接続することは、マスタ装置10に接続することと同義と見做しても構わない。また、“ローカル環境”とは、ローカル端末20がネットワークに接続出来ない環境、すなわちマスタ装置10に接続出来ない環境を意味するものとする。ローカル環境は、例えば、上記従来で説明した“現場”等である。   Further, each local terminal 20 may perform an access process to the master device 10 such as “take-out” or “take-in” shown in the figure while connected to a network (not shown). Note that connecting the local terminal 20 to the network may be regarded as synonymous with connecting to the master device 10. The “local environment” means an environment in which the local terminal 20 cannot connect to the network, that is, an environment in which the local terminal 20 cannot connect to the master device 10. The local environment is, for example, the “site” described above in the related art.
本例の共有データ定義支援システムは、共有データ定義を格納・管理するマスタ装置10と、該共有データ定義の更新に係わる作業が行われる複数のローカル端末20とを有するシステムを、前提とする。そして、ローカル環境でローカル端末20側での共有データ定義の更新作業が行われる場合であっても、マスタ装置側の共有データ定義の整合性を保つことができるものである。   The shared data definition support system of this example is premised on a system having a master device 10 that stores and manages shared data definitions and a plurality of local terminals 20 that perform operations related to updating of the shared data definitions. Even when the shared data definition is updated on the local terminal 20 side in the local environment, the consistency of the shared data definition on the master device side can be maintained.
尚、図示の「持ち出し」や「取り込み」の処理は、概略的には、マスタ装置10が格納・管理するプログラムや共有データ定義情報のコピーを、ローカル端末20に取得させることが「持ち出し」である。「取り込み」は、その後に、ローカル端末20側で編集後のプログラムや更新後の共有データ定義情報によって、マスタ装置10で格納・管理するプログラム/データを更新する処理である。つまり、ローカル端末20側での編集・更新内容を、マスタ装置10側で管理するプログラムや共有データ定義情報に反映させる処理である。詳しくは後述する。   It should be noted that the “take-out” and “take-in” processing shown in the figure is generally “take-out” that causes the local terminal 20 to obtain a copy of the program and shared data definition information stored and managed by the master device 10. is there. “Import” is a process of updating the program / data stored and managed in the master device 10 with the edited program and the updated shared data definition information on the local terminal 20 side thereafter. That is, it is a process of reflecting the editing / update contents on the local terminal 20 side in the program and shared data definition information managed on the master device 10 side. Details will be described later.
何れにしても、本手法では、任意のローカル端末20が、図示の「持ち出し」を行った後、例えば上記“現地”のようにネットワーク経由でマスタ装置の構成管理ツールを利用しつつプログラム編集作業等を行うことが出来ない環境下で、プログラムの編集や共有データの更新が行われるケースを、主に想定しているものである。それ以外状況に関しては、本手法を適用してもよいし、上記従来手法を用いても構わない。 In any case, in this method, after any local terminal 20 performs “take-out” shown in the figure, the program editing operation is performed using the configuration management tool of the master device via the network, for example, “local” above. It is mainly assumed that the program is edited and the shared data is updated in an environment where it is not possible to perform such operations. For the other situations, it may be applied to the present method, it may be used the conventional method.
尚、マスタ装置10は例えばサーバ装置等であり、ローカル端末20は例えばパソコン等であり、何れもコンピュータ装置である。特に図示しないが、マスタ装置10、ローカル端末20は、一般的なコンピュータ装置の構成を有している。すなわち、不図示のCPU等の演算プロセッサ、メモリ等の記憶部、通信部、操作部、表示部等を有している。操作部はキーボード、マウス等である。記憶部には、予め所定のアプリケーションプログラムが記憶されている。演算プロセッサが、このアプリケーションプログラムを実行することにより、図1や図8に示す各種機能部や後述するフローチャート図の処理が実現される。   The master device 10 is, for example, a server device, and the local terminal 20 is, for example, a personal computer or the like, both of which are computer devices. Although not particularly shown, the master device 10 and the local terminal 20 have a general computer device configuration. That is, it has an arithmetic processor such as a CPU (not shown), a storage unit such as a memory, a communication unit, an operation unit, a display unit, and the like. The operation unit is a keyboard, a mouse, or the like. A predetermined application program is stored in the storage unit in advance. When the arithmetic processor executes this application program, the various functional units shown in FIGS. 1 and 8 and the processing of the flowchart shown below are realized.
すなわち、マスタ装置10では、下記のプログラミング支援部11、共有データ定義支援部12等や後述する第1記憶部31、許可判定部32、更新実施部33等の各種処理機能部や、後述する図2、図5の処理等が実現される。また、記憶部には下記の共有データDB(データベース)13が構成される。また、ローカル端末20では、下記のプログラミング支援部21、共有データ定義支援部22等や後述する持出部41、定義・キー更新部42指定部43、編集許可部44等の各種処理機能部や、後述する図3の処理等が実現される。また、記憶部には後述する共有データDB(データベース)(コピー)23が構成される。 That is, in the master device 10, various processing function units such as the following programming support unit 11, the shared data definition support unit 12 and the like, a first storage unit 31, a permission determination unit 32, and an update execution unit 33, which will be described later, 2, the processing of FIG. Further, the following shared data DB (database) 13 is configured in the storage unit. In the local terminal 20, various processing function units such as the following programming support unit 21, shared data definition support unit 22, etc., a take-out unit 41, a definition / key update unit 42 , a designation unit 43, and an edit permission unit 44 described later. In addition, the processing of FIG. In addition, a shared data DB (database) (copy) 23 described later is configured in the storage unit.
以下、図1に示す各構成について説明する。
図示の例では、マスタ装置10は、プログラミング支援部11、共有データ定義支援部12等の各種処理機能部を有し、更に共有データDB(データベース)13を有する。また、特に図示しないが、図示の各プロジェクトのプログラム群等を記憶する記憶部も存在する。
Hereinafter, each configuration shown in FIG. 1 will be described.
In the illustrated example, the master device 10 includes various processing function units such as a programming support unit 11 and a shared data definition support unit 12, and further includes a shared data DB (database) 13. Although not particularly shown, there is also a storage unit that stores a program group and the like of each illustrated project.
特に図示していないが、既に述べたように、各プロジェクトは、各PLC用のプログラム群であり、1以上の制御プログラム等より成る。例えば、PLC1用のプログラム群である図示のPLC1プロジェクト、PLC2用のプログラム群である図示のPLC2プロジェクト等が、作成されて記憶されている。また、これら各プロジェクトは、任意のときに、プログラミング支援部11または後述するプログラミング支援部21によって編集されて更新される。これに伴って、対応する共有データ定義情報も、共有データ定義支援部12によって更新される。   Although not particularly shown, as described above, each project is a program group for each PLC, and includes one or more control programs. For example, the illustrated PLC1 project, which is a program group for PLC1, and the illustrated PLC2 project, which is a program group for PLC2, are created and stored. These projects are edited and updated at any time by the programming support unit 11 or the programming support unit 21 described later. Accordingly, the corresponding shared data definition information is also updated by the shared data definition support unit 12.
例えば、上記PLC1プロジェクトに対応する共有データ定義は、後述するPLC1用定義13aである。つまり、PLC1プロジェクトとPLC1用定義13aは、PLC1に係わるものである。従って、PLC1プロジェクトの編集が行われる際には、基本的に、PLC1用定義13aの更新も行われるものと見做しても構わない。   For example, the shared data definition corresponding to the PLC1 project is a PLC1 definition 13a described later. That is, the PLC1 project and the PLC1 definition 13a relate to PLC1. Therefore, when the PLC1 project is edited, the definition for PLC1 13a may be basically updated.
また、プログラミング支援部11は、例えばPLCプログラム編集部11aを有する。PLCプログラム編集部11aは、ユーザによる任意のPLCプログラムに対する任意の編集作業を支援する。このプログラム編集作業に伴う共有データ定義の設定・更新作業は、共有データ定義支援部12内の共有データ定義設定部12aが支援する。尚、PLCプログラム編集部11aによる上記支援の機能自体は、従来のPLCプログラム編集部111aと略同様と見做して構わない。   The programming support unit 11 includes, for example, a PLC program editing unit 11a. The PLC program editing unit 11a supports arbitrary editing work on an arbitrary PLC program by the user. The shared data definition setting / updating operation accompanying the program editing operation is supported by the shared data definition setting unit 12a in the shared data definition support unit 12. The support function itself by the PLC program editing unit 11a may be regarded as substantially the same as the conventional PLC program editing unit 111a.
共有データDB13には、各PLCプログラムに係わる各種共有データ定義が格納される。換言すれば、マスタ装置10は、全てのPLCに係わる共有データ定義を一元管理している。そして、図示のように、共有データDB13には、共有データ定義がPLC毎に分類されて格納されている。すなわち、各PLC毎に応じた共有データ定義である図示のPLC1用定義13a、PLC2用定義13b、・・・、PLCn用定義13n等に分類されて記憶されている。   The shared data DB 13 stores various shared data definitions related to each PLC program. In other words, the master device 10 centrally manages the shared data definitions related to all the PLCs. As shown in the figure, the shared data definition is classified and stored for each PLC in the shared data DB 13. That is, they are classified and stored in the illustrated PLC1 definition 13a, PLC2 definition 13b,..., PLCn definition 13n, etc., which are shared data definitions corresponding to each PLC.
また、各ローカル端末20は、上記プログラミング支援部11、共有データ定義支援部12と略同様の機能であるプログラミング支援部21、共有データ定義支援部22を備えている。これらは、各々、上記PLCプログラム編集部11a、共有データ定義設定部12aに相当するPLCプログラム編集部21a、共有データ定義設定部22aを有する。   Each local terminal 20 includes a programming support unit 21 and a shared data definition support unit 22 that have substantially the same functions as the programming support unit 11 and the shared data definition support unit 12. These include a PLC program editing unit 11a and a shared data definition setting unit 22a corresponding to the PLC program editing unit 11a and the shared data definition setting unit 12a, respectively.
ここで、本例では、上記各プロジェクト、各共有データ定義には、図示の“Key1”、“Key2”、“Keyn”等のようなキー情報が付与される。これは、同じPLCに係わるプロジェクトと共有データ定義には、同じキー情報が付与される。例えば、上記PLC1に係わるPLC1プロジェクトとPLC1用定義13aとには、図示のように同じキー情報“Key1”が付与される。   In this example, key information such as “Key1”, “Key2”, “Keyn”, etc. shown in the figure is assigned to each project and each shared data definition. This is because the same key information is assigned to projects and shared data definitions related to the same PLC. For example, the same key information “Key1” is assigned to the PLC1 project related to the PLC1 and the PLC1 definition 13a as shown in the figure.
ここで、本手法では、ローカル端末20において任意のPLCに係わるプログラム編集や共有データ定義更新を行う際には、ローカル端末20は、編集対象のプログラム/プロジェクトのコピーを、マスタ装置10から取得する。つまり、図示の「持ち出し」を行う。図示の例では“PLC1プロジェクト”の“PLC1プログラム”の「持ち出し」を行っている。この様に、プログラムに関しては、プロジェクト単位で「持ち出し」を行ってもよいし、プログラム単位で「持ち出し」を行なっても良いが、何れの場合でも、そのプロジェクトに付与されているキー情報も一緒に持ち出す。   Here, in this method, when the local terminal 20 performs program editing or shared data definition update related to an arbitrary PLC, the local terminal 20 acquires a copy of the program / project to be edited from the master device 10. . That is, “take-out” shown in the figure is performed. In the example shown in the figure, “PLC1 program” of “PLC1 project” is “taken out”. In this way, with regard to programs, “take-out” may be performed in units of projects or “take-out” may be performed in units of programs. In either case, the key information assigned to the project is also included. Take it out.
また、ローカル端末20は、共有データ定義に関しては、共有データDB13全体のコピーを、マスタ装置10から取得する。これより、図示のように、共有データDB13全体のコピーである共有データDB(コピー)23が、ローカル端末20に格納された状態となる。但し、共有データDB(コピー)23の全ての共有データ定義に対して、更新等が行えるわけではない。図示の例では、PLC1用定義23aに対しては設定・更新が許可されるが、他の共有データ定義に対しては例えば参照のみが行なえるように管理される。詳しくは後述する。   Further, the local terminal 20 acquires a copy of the entire shared data DB 13 from the master device 10 with respect to the shared data definition. As a result, the shared data DB (copy) 23 that is a copy of the entire shared data DB 13 is stored in the local terminal 20 as illustrated. However, not all the shared data definitions in the shared data DB (copy) 23 can be updated. In the illustrated example, setting / update is permitted for the PLC1 definition 23a, but for other shared data definitions, for example, management is performed so that only reference can be performed. Details will be described later.
尚、上記「持ち出し」は、不図示のネットワークを介して行ってよいが、この例に限らず、USBメモリ等の不図示の可搬型記録媒体を介して行っても良い。
尚、上記「持ち出し」の際にアクセス権は取得しない。従って、その後に、他のローカル端末20がマスタ装置10から共有データ定義等を持ち出すこともできる。
The “carrying out” may be performed via a network (not shown), but is not limited to this example, and may be performed via a portable recording medium (not shown) such as a USB memory.
Note that the access right is not acquired at the time of “take-out”. Therefore, after that, another local terminal 20 can take out the shared data definition or the like from the master device 10.
何れにしても、上記プログラム等や共有データの「持ち出し」を行った後、作業者は、このローカル端末20を例えば上記「現場」に持っていく等して、そこで、持ち出したプログラムの編集や、このプログラムに係わる共有データ定義の設定・更新などを行うことになる。尚、「現場」は、何処でも良いが、上記の通り、マスタ装置10にアクセスすることはできない環境(ローカル環境)であるものとする。   In any case, after performing “take-out” of the above-mentioned program or shared data, the operator takes the local terminal 20 to the “on-site”, for example, and edits the taken-out program or the like. The shared data definition related to this program is set / updated. The “site” may be anywhere, but as described above, it is assumed that the environment (local environment) is inaccessible to the master device 10.
図示の例では、上記PLC1プログラムを持ち出したローカル端末20においては、例えば上記「現場」等で、作業者が、このPLC1プログラムの編集等を行うと共に、このPLC1プログラムに係わる共有データ定義であるPLC1用定義23aの更新等を行うことになる。   In the illustrated example, in the local terminal 20 that brought out the PLC1 program, for example, at the “on-site”, an operator edits the PLC1 program and the like, and PLC1 is a shared data definition related to the PLC1 program. The usage definition 23a is updated.
ここで、本手法では、上記のように、共有データDB13全体のコピーを持ち出すが、更新等のデータの内容の変更を伴うアクセスが許可されるのは、持ち出したプログラム(プロジェクト)に係わる共有データ定義のみである。つまり、図示の例では、PLC1用定義23aのみが更新等を許可され、それ以外の共有データ定義は参照だけが許される。   Here, in this method, as described above, a copy of the entire shared data DB 13 is taken out, but access that accompanies a change in the contents of data such as update is permitted because the shared data relating to the taken out program (project) is shared. Definition only. That is, in the illustrated example, only the PLC1 definition 23a is allowed to be updated, and other shared data definitions are only allowed to be referenced.
この様な許可制御を行う為に、上記キー情報を用いる。つまり、持ち出したプログラムに付与されるキー情報と同一のキー情報が付与されている共有データ定義のみが、更新等を許可される。図示の例では、PLC1用プログラムには“Key1”が付与されているので、“Key1”が付与されている共有データ定義である図示の「PLC1用定義」23aのみが、更新等を許可されることになる。   In order to perform such permission control, the key information is used. That is, only the shared data definition to which the same key information as the key information to be given to the taken-out program is permitted to be updated. In the example shown in the figure, since “Key1” is assigned to the PLC1 program, only the “PLC1 definition” 23a, which is the shared data definition to which “Key1” is assigned, is permitted to be updated. It will be.
尚、上記キー情報の利用方法は、他にもあり、それについては後述するが、「取り込み」の際に利用するものである。
尚、ローカル端末20における作業者によるプログラムの編集作業は、上記プログラミング支援部21(そのPLCプログラム編集部21a)が支援する。同様に、共有データの更新作業は、上記共有データ定義支援部22(その共有データ定義設定部22a)が支援する。
Note that there are other methods of using the key information, which will be described later, but are used during “capture”.
The programming support unit 21 (the PLC program editing unit 21a) supports the program editing operation by the operator at the local terminal 20. Similarly, the shared data update support unit 22 (the shared data definition setting unit 22a) supports the shared data update operation.
上記マスタ装置10において、共有データDB13は、各PLCに応じた記憶領域から構成され、各PLCに係わる共有データ定義は、それぞれの該当領域に格納される。
共有データ定義支援部12は、複数のPLCそれぞれのプログラム(プロジェクト)を管理し、各PLCに応じた共有データ定義情報を、共有データDB13に格納・管理する。その際、各プログラム(プロジェクト)に上記固有のキー情報を付与する。尚、ここでは上記の通り、各PLC用のプログラム群をまとめてプロジェクトと呼称する。さらに、共有データ定義支援部12は、各共有データ定義情報に対して、該当するキー情報を付与する。
In the master device 10, the shared data DB 13 is composed of storage areas corresponding to the PLCs, and the shared data definitions related to the PLCs are stored in the corresponding areas.
The shared data definition support unit 12 manages a program (project) of each of a plurality of PLCs, and stores / manages shared data definition information corresponding to each PLC in the shared data DB 13. At that time, the unique key information is given to each program (project). Here, as described above, a group of programs for each PLC is collectively referred to as a project. Furthermore, the shared data definition support unit 12 assigns corresponding key information to each shared data definition information.
該当するキー情報とは、その共有データ定義が係わるPLCと同じPLCに係わるプロジェクト(プログラム)に付与されているキー情報である。このキー情報を元に、その共有データ定義の設定・更新や「取り込み(反映)」の許可判断を行う。以下、図2以降の各図を参照して更に具体的に説明する。   The corresponding key information is key information assigned to a project (program) related to the same PLC as the PLC related to the shared data definition. Based on this key information, setting / updating of the shared data definition and permission determination of “import (reflection)” are performed. Hereinafter, a more specific description will be given with reference to FIGS.
図2は、マスタ装置10における新規プログラム登録の際の処理フローチャート図である。
図2において、マスタ装置10(支援ツール)は、新たに管理対象とする任意のPLC用のプログラム(プロジェクト)の登録を行うと共に(ステップS11)、このPLC用の共有データ定義の記憶領域を共有データDB13内に確保する(ステップS12)。
FIG. 2 is a processing flowchart for registering a new program in the master device 10.
In FIG. 2, the master device 10 (support tool) newly registers an arbitrary PLC program (project) to be managed (step S11) and shares the storage area of the shared data definition for the PLC. It secures in data DB13 (step S12).
尚、以下、上記プログラム(プロジェクト)をプログラムと記すものとする。つまり、以下の説明では、プログラムは、プロジェクト(プログラム群)を意味するものであってもよい。   Hereinafter, the program (project) will be referred to as a program. That is, in the following description, a program may mean a project (a program group).
尚、この時点では記憶領域が確保されただけであり、共有データ定義情報自体は未だ格納されていないものであっても構わない。勿論、この時点で共有データ定義情報が作成済みであれば、これを上記確保された記憶領域に格納しても構わない。また、この時点では未だ共有データ定義情報が作成されていなくても、後に任意のときに作成された時点で、当該作成された共有データ定義情報を上記確保された記憶領域に格納すればよい。   At this point, the storage area is only secured, and the shared data definition information itself may not be stored yet. Of course, if the shared data definition information has already been created at this point, it may be stored in the reserved storage area. Even if the shared data definition information has not yet been created at this time, the created shared data definition information may be stored in the reserved storage area at a later time when it is created.
また、この例は、共有データ定義自体にキー情報を付与するのではなくその記憶領域に対してキー情報を付与する例を用いるが、勿論、この例に限らない。共有データ定義自体にキー情報を付与するものであっても構わない。   In this example, key information is not given to the shared data definition itself, but key information is given to the storage area. However, the present invention is not limited to this example. Key information may be added to the shared data definition itself.
マスタ装置10は、続いて、任意の固有の識別情報を生成して(ステップS13)この識別情報を含むキー情報を、上記新たなプログラムと共有データ定義記憶領域に対して付与する(ステップS14)。これは、上述したように、同じPLCに係わるプログラムと共有データ定義(その記憶領域)とには同じキー情報を付与する。 Subsequently, the master device 10 generates arbitrary unique identification information (step S13) , and assigns key information including this identification information to the new program and the shared data definition storage area (step S14). ). As described above, the same key information is assigned to the program related to the same PLC and the shared data definition (its storage area).
尚、上記識別情報とキー情報との関係は、後に図4に示す一例を参照して説明するが、基本的にはキー情報は1以上の識別情報から成るものである。図2の処理の際には、新たなキー情報が生成されることになるので、このキー情報は上記ステップS13で生成された1つの識別情報のみから構成されることになる。その後、キー情報の更新が行われる毎に、キー情報を構成する識別情報の数が、増えていくことになる、詳しくは図4等を用いて後述する。   The relationship between the identification information and the key information will be described later with reference to an example shown in FIG. 4. Basically, the key information is composed of one or more pieces of identification information. Since new key information is generated in the process of FIG. 2, this key information is composed of only one piece of identification information generated in step S13. Thereafter, each time the key information is updated, the number of pieces of identification information constituting the key information increases. Details will be described later with reference to FIG.
上記ステップS11で新規登録したプログラムが複数ある場合には、全ての新規プログラムについてステップS13、S14の処理を実行したか否か判定する(ステップS15)。未処理の新規登録プログラムが残っている場合には(ステップS15、NO)、ステップS13に戻り、未処理の新規登録プログラムについてステップS13、S14の処理を実行する。全ての新規登録プログラムについて処理実行したら(ステップS15,YES)、本処理は終了する。   If there are a plurality of programs newly registered in step S11, it is determined whether or not the processes in steps S13 and S14 have been executed for all new programs (step S15). If an unprocessed new registration program remains (step S15, NO), the process returns to step S13, and the processes of steps S13 and S14 are executed for the unprocessed new registration program. When the process is executed for all the new registration programs (step S15, YES), this process ends.
例えば図2の処理が実行されていることで、図1で説明したように、同じPLCに係わるプログラムと共有データ定義記憶領域とには、同じキー情報が付与された状態となっている。図1の例では、例えば、PLC1に係わるプログラムと共有データ定義記憶領域とには同じキー情報が付与されている。すなわち、PLC1プロジェクトとPLC1用共有データ定義記憶領域13aには、どちらにもキー情報“Key1”が付与されている。   For example, by executing the processing of FIG. 2, as described in FIG. 1, the same key information is assigned to the program related to the same PLC and the shared data definition storage area. In the example of FIG. 1, for example, the same key information is assigned to the program related to the PLC 1 and the shared data definition storage area. That is, key information “Key1” is assigned to both the PLC1 project and the PLC1 shared data definition storage area 13a.
次に、以下、各ローカル端末20側の処理例について説明する。
任意のPLCのプログラミング作業をローカル環境で行う為に、各ローカル端末20には、マスタ装置10と同じ支援機能である上記共有データ定義支援部22およびプログラミング支援部21を、予めインストールしておく。
Next, processing examples on the local terminal 20 side will be described below.
In order to perform an arbitrary PLC programming operation in a local environment, the shared data definition support unit 22 and the programming support unit 21 which are the same support functions as the master device 10 are installed in each local terminal 20 in advance.
そして、任意のときに、編集対象のPLCのプログラムと、共有データDB13とを、マスタ装置10からコピーして持ち出す。尚、編集対象のPLCは、1つとは限らず、複数のPLCを編集対象としてもよく、これら各PLCに係わる各プログラムを持ち出すものであっても構わない。   At any time, the PLC program to be edited and the shared data DB 13 are copied from the master device 10 and taken out. Note that the number of PLCs to be edited is not limited to one, and a plurality of PLCs may be edited, and each program related to each PLC may be brought out.
その後、例えば上記「現場」等のローカル環境において、作業者等が上記ローカル端末20上で任意の編集作業等を行う際に、ローカル端末20は図3の処理を実行する。
尚、以下の説明においても、プログラムとは、1つの制御プログラムまたはプログラム群(プロジェクト)を意味するものとする。
Thereafter, for example, when an operator or the like performs an arbitrary editing operation or the like on the local terminal 20 in the local environment such as the “site”, the local terminal 20 executes the process of FIG.
In the following description, the program means one control program or a group of programs (projects).
図3において、まず、作業者等が、編集対象とするプログラムと共有データ定義とを指定する(ステップS21、S22)。勿論、編集対象とするプログラムは、上記持ち出したプログラムのなかから選択・指定することになる。一方、共有データ定義に関しては、本手法では上記の通り共有データDB13を持ち出してくるので、基本的には全ての共有データ定義を指定可能である。例えば、図1の例では、PLC1のプログラムを持ち出しているが、例えばPLCnに係わる共有データ定義であっても指定可能である。   In FIG. 3, first, an operator or the like designates a program to be edited and a shared data definition (steps S21 and S22). Of course, the program to be edited is selected / designated from among the programs brought out above. On the other hand, regarding the shared data definition, the shared data DB 13 is brought out in the present method as described above, so that basically all shared data definitions can be specified. For example, in the example of FIG. 1, the PLC1 program is taken out, but for example, it can be specified even in the shared data definition related to PLCn.
これより、まず、ステップS22で指定された共有データ定義が、ステップS21で指定されたプログラムに対応するものであるか否かをチェックする。換言すれば、同じPLCに係わるものであるか否かをチェックする。その為に、本例では上記キー情報を用いる。すなわち、ステップS21で指定されたプログラムのキー情報と、ステップS22で指定された共有データ定義のキー情報とが、一致するか否かを判定する(ステップS23)。   From this, first, it is checked whether or not the shared data definition designated in step S22 corresponds to the program designated in step S21. In other words, it is checked whether or not they are related to the same PLC. Therefore, in this example, the key information is used. That is, it is determined whether or not the key information of the program specified in step S21 matches the key information of the shared data definition specified in step S22 (step S23).
これら2つのキー情報が不一致の場合には(ステップS23,NO)、これらプログラムと共有データ定義の組み合わせは、編集不可の組み合わせである旨の警告メッセージ等を表示して(ステップS25)、本処理を終了する。尚、この場合には、ユーザに再度上記ステップS21、S22の指定を行わせるようにしてもよい。尚、2つのキー情報が不一致の場合とは、基本的には、2つのキー情報が異なる場合であるが、それ以外にも、どちらか一方または両方のキー情報が存在しない場合等も含まれる。   If these two key information do not match (step S23, NO), a warning message or the like indicating that the combination of the program and the shared data definition is an uneditable combination is displayed (step S25), and this processing is performed. Exit. In this case, the user may specify the steps S21 and S22 again. Note that the case where the two pieces of key information do not match is basically the case where the two pieces of key information are different, but other cases include cases where either one or both of the pieces of key information does not exist. .
一方、上記2つのキー情報が一致する場合には(ステップS23,YES)、共有データ定義の編集(設定・更新)を許可する(ステップS24)。これは、例えば、上記ステップS22で指定された共有データ定義を格納する、共有データDB(コピー)23内の記憶領域を特定し、当該特定した記憶領域に対しては編集可能とし、それ以外の領域は参照のみとする。これによって、作業者は、上記ステップS22で指定した共有データ定義の編集を、任意に行うことができると共に、それ以外の共有データ定義については参照のみしか行えない。   On the other hand, if the two pieces of key information match (step S23, YES), editing (setting / updating) of the shared data definition is permitted (step S24). For example, a storage area in the shared data DB (copy) 23 that stores the shared data definition specified in step S22 is specified, and the specified storage area can be edited. The area is for reference only. Thus, the operator can arbitrarily edit the shared data definition designated in step S22, and can only refer to other shared data definitions.
作業者は、共有データ定義支援部22の支援機能により、上記編集許可された共有データ定義の更新作業等を行う。そして、任意のとき、例えば作業者が更新作業完了を入力操作した場合に、共有データ定義支援部22は、ステップS26〜S28の処理を実行する。   The worker performs an update operation of the shared data definition permitted to be edited by the support function of the shared data definition support unit 22. Then, at any time, for example, when an operator inputs an update operation completion, the shared data definition support unit 22 executes the processes of steps S26 to S28.
すなわち、まず、共有データ定義に変更があるか否かを判定する(ステップS26)。これは、例えば、マスタ装置10からコピーしたときの共有データ定義情報を、バックアップ情報として残しておき、このバックアップ情報が現在の共有データ定義と不一致の場合には変更ありと判定する(ステップS26,YES)。一方、一致の場合には変更なしと判定し(ステップS26,NO)、何もすることなく本処理を終了する。   That is, first, it is determined whether or not there is a change in the shared data definition (step S26). For example, the shared data definition information copied from the master device 10 is left as backup information, and if the backup information does not match the current shared data definition, it is determined that there is a change (step S26, YES) On the other hand, in the case of coincidence, it is determined that there is no change (step S26, NO), and this process is terminated without doing anything.
共有データ定義に変更がある場合には(ステップS26,YES)、新たな固有の識別情報を生成する(ステップS27)。ここで“固有の”とは、自端末においてユニークであることは勿論のこと、他のローカル端末20が同じ識別情報を生成することは無いことを意味する。その為に、例えば、識別情報には当該ローカル端末20のMACアドレスや製造ナンバー等のようなユニークなIDが、含まれるようにする。勿論、この例に限らない。   If there is a change in the shared data definition (step S26, YES), new unique identification information is generated (step S27). Here, “unique” means that the local terminal 20 does not generate the same identification information, as well as being unique in the terminal itself. For this purpose, for example, the identification information includes a unique ID such as a MAC address or a manufacturing number of the local terminal 20. Of course, the present invention is not limited to this example.
そして、上記ステップS27で生成した識別情報を、上記変更があった共有データ定義のキー情報と、ステップS21で指定されたプログラムのキー情報とに、追加することで、キー情報を更新する(ステップS28)。つまり、キー情報とは、1以上の識別情報から成るものである。   The key information is updated by adding the identification information generated in step S27 to the key information of the shared data definition that has been changed and the key information of the program specified in step S21 (step S21). S28). That is, the key information is composed of one or more pieces of identification information.
ここで、キー情報の具体例を図4に示す。
図示の例のキー情報は、3つの識別情報から成る。各識別情報には世代が対応付けられている。この世代は、新たな識別情報が追加される毎に、1,2,3,4、・・・等のように増加する。よって、図示の例では、世代‘1’の識別情報が最も古く、世代‘3’の識別情報が最新である。尚、世代‘1’の識別情報は、上記ステップS13で生成された識別情報であり、換言すれば新規キー情報生成時の識別情報である。
Here, a specific example of the key information is shown in FIG.
The key information in the illustrated example includes three pieces of identification information. Each identification information is associated with a generation. This generation increases as new identification information is added, such as 1, 2, 3, 4,. Therefore, in the illustrated example, the identification information of the generation “1” is the oldest and the identification information of the generation “3” is the latest. The generation information “1” is the identification information generated in step S13, in other words, the identification information when the new key information is generated.
尚、上記のように、共有データ定義の更新毎にキー情報に識別情報が追加されるので、最新の世代は、そのキー情報の版数を示すものと見做してもよい。図4に示すキー情報は、第3版のキー情報と言える。また、仮に、世代‘1’の識別情報のみから成るキー情報があった場合には、それは初版のキー情報と言える。   As described above, the identification information is added to the key information every time the shared data definition is updated. Therefore, the latest generation may be regarded as indicating the version number of the key information. The key information shown in FIG. 4 can be said to be key information of the third version. Also, if there is key information consisting only of the identification information of the generation “1”, it can be said to be the first version key information.
キー情報を例えば図4のような構成とする理由は、後述する図5の処理の際に利用する為である。
ここで、上記ステップS26の判定がYESになる場合、共有データ定義が更新されたことになるが、それはローカル環境における話であり、未だ共有データ定義の更新が確定したわけではない。この更新内容が、マスタ装置10側で管理している共有データDB13に反映されることで、当該共有データ定義の更新が確定することになる。しかしながら、上述したように、共有データ定義の更新を確定させてはならない場合がある。すなわち、同じ共有データ定義に関して、他のローカル端末20でも更新が行われていると共に、既にその更新内容が、マスタ装置10側に反映されている場合である。この様な場合には更新内容がマスタ装置10側に反映されないようにするのが、図5の処理であり、その為に上記キー情報を用いる。
The reason why the key information is configured as shown in FIG. 4, for example, is to use it in the process of FIG. 5 described later.
Here, when the determination in step S26 is YES, the shared data definition has been updated, but this is a story in the local environment, and the update of the shared data definition has not yet been finalized. The update contents are reflected in the shared data DB 13 managed on the master device 10 side, so that the update of the shared data definition is confirmed. However, as described above, there are cases where the update of the shared data definition must not be confirmed. That is, the same shared data definition is updated in other local terminals 20 and the updated content is already reflected on the master device 10 side. In such a case, it is the processing of FIG. 5 that prevents the update contents from being reflected on the master device 10 side, and the key information is used for this purpose.
以下、図5の処理について説明する。
図5の処理は、マスタ装置10の処理であり、例えば任意のローカル端末20からアクセスがあり、例えば“取り込み”要求があった場合等に、開始される。尚、開始前に、要求元のローカル端末20にアクセス権を与えるようにしてよい。また、他のローカル端末20にアクセス権を与えている状態で上記要求があった場合には、要求を拒否する。
Hereinafter, the process of FIG. 5 will be described.
The process of FIG. 5 is a process of the master device 10 and is started, for example, when there is an access from an arbitrary local terminal 20 and there is a “capture” request, for example. It should be noted that the access right may be given to the requesting local terminal 20 before the start. Further, when the request is made in a state where the access right is given to another local terminal 20, the request is rejected.
尚、上記のことから、図5の処理開始時点では、上記ローカル端末20側で更新された共有データ定義等を、取得済みまたは取得可能な状態となっている。取得可能な状態とは、例えば上記ローカル端末20とネットワークを介して通信可能な状態などである。   From the above, at the time of starting the processing in FIG. 5, the shared data definition and the like updated on the local terminal 20 side have been acquired or can be acquired. The obtainable state is, for example, a state in which communication with the local terminal 20 via the network is possible.
尚、以下の説明においても、プログラムとは、1つの制御プログラムまたは制御プログラム群(プロジェクト)を意味するものとする。
尚、図5の処理は、例えば共有データ定義支援部12が実行するが、この例に限らない。
In the following description, a program means one control program or a control program group (project).
The process of FIG. 5 is executed by the shared data definition support unit 12, for example, but is not limited to this example.
図5の処理例では、まず、更新対象とするPLCに係わるプログラムと共有データ定義とを、作業者等に指定させて(ステップS31、S32)、これらをコピーして取り込む。尚、図2の例では、編集対象としてローカル端末20側に持ち出されたのはPLC1プログラムのみであるので、ステップS31で指定し得るのはPLC1プログラムのみとなるが、複数のプログラムが持ち出されていた場合には、ステップS31ではその中から作業者が所望のプログラムを選択・指定することになる。   In the processing example of FIG. 5, first, a program related to the PLC to be updated and the shared data definition are designated by an operator or the like (steps S31 and S32), and these are copied and imported. In the example of FIG. 2, only the PLC1 program is taken out as the editing target to the local terminal 20, so that only the PLC1 program can be specified in step S31, but a plurality of programs are taken out. If so, in step S31, the operator selects and designates a desired program.
また、ステップS32では、作業者は、ステップS31で指定したプログラムと同じPLCに係わる共有データ定義を指定することになるが、正しく指定できるとは限らない。この為、本例では、ステップS31で指定されたプログラムのキー情報と、ステップS32で指定された共有データ定義のキー情報とが、一致するか否かを判定する(ステップS33)。そして、これらキー情報が不一致の場合には(ステップS33,NO)、更新不可の組み合わせである旨の警告メッセージを表示して(ステップS38)、本処理を終了する。あるいは、再びステップS31、32の指定作業を行わせる。   In step S32, the operator designates the shared data definition related to the same PLC as the program designated in step S31, but it cannot always be designated correctly. Therefore, in this example, it is determined whether or not the key information of the program specified in step S31 matches the key information of the shared data definition specified in step S32 (step S33). If the key information does not match (step S33, NO), a warning message indicating that the combination cannot be updated is displayed (step S38), and the process is terminated. Alternatively, the designated work in steps S31 and S32 is performed again.
尚、ステップS33の一致/不一致判定は、キー情報全体を比較して一致/不一致を判定するものであってもよいが、上記図4で説明した“最新の世代”同士を比較して一致/不一致を判定するものであっても構わない。   The match / mismatch determination in step S33 may be performed by comparing the entire key information to determine match / mismatch. However, the “latest generation” described in FIG. It is also possible to determine inconsistencies.
上記キー情報が一致する場合には(ステップS33,YES)、上記ステップS31、S32で指定されたプログラムと共有データ情報とが正しい組合せであると見做して、ステップS34以降の処理へ移行する。   If the key information matches (YES in step S33), the program designated in steps S31 and S32 and the shared data information are regarded as a correct combination, and the process proceeds to step S34 and subsequent steps. .
ステップS34では、マスタ側のキー情報が、更新側のキー情報に存在するか否かを判定する。これは、マスタ側のキー情報の識別情報全てが、更新側のキー情報内に存在するか否かを判定する。これは、例えば、まず、上記更新対象に係わるPLCに関してマスタ装置10側で保持しているプログラムまたは共有データ定義のキー情報を取得する。そして、取得したキー情報の識別情報全てが、上記ステップS33の判定に用いたキー情報に含まれているか否かを判定する。換言すれば、処理対象のPLCに係わるマスタ装置10側のキー情報の識別情報全てが、ローカル端末20側のキー情報に含まれているか否かを判定する。   In step S34, it is determined whether the key information on the master side exists in the key information on the update side. This determines whether all identification information of the key information on the master side is present in the key information on the update side. For example, first, key information of a program or shared data definition held on the master apparatus 10 side regarding the PLC related to the update target is acquired. Then, it is determined whether or not all the identification information of the acquired key information is included in the key information used for the determination in step S33. In other words, it is determined whether or not all the identification information of the key information on the master device 10 side related to the processing target PLC is included in the key information on the local terminal 20 side.
尚、上記更新側のキー情報は、ステップS32で指定された共有データ定義情報に付与されているキー情報である。
また、尚、ステップS34の処理では、最初に例えば、ステップS32で指定された共有データ定義情報に対応する、共有データDB13上の記憶領域を特定して、この記憶領域の共有データ定義情報に付与されているキー情報を、上記マスタ側のキー情報とする処理等が行われるものであってもよい。尚、この処理は、例えば、共有データDB(コピー)23は、共有データDB13のコピーであることから、ステップS32で指定された共有データ定義情報の格納アドレスを認識することで、共有データDB13において同じ格納アドレスの共有データ定義情報に付与されているキー情報を、上記マスタ側のキー情報とすればよい。
Note that the key information on the update side is key information given to the shared data definition information specified in step S32.
Further, in the process of step S34, first, for example, a storage area on the shared data DB 13 corresponding to the shared data definition information specified in step S32 is specified, and assigned to the shared data definition information of this storage area. A process may be performed in which the master key information is used as key information on the master side. In this process, for example, since the shared data DB (copy) 23 is a copy of the shared data DB 13, the shared data DB 13 recognizes the storage address of the shared data definition information specified in step S32. The key information given to the shared data definition information with the same storage address may be the key information on the master side.
上記ステップS34の処理について、図6に示す具体例を参照して更に説明する。
図6に示す例では、2台のローカル端末20(ローカル端末Aとローカル端末B)で、ほぼ同時期に、同じPLCに係わるプログラムや共有データ定義の編集・更新が行われた場合を例にする。
The process of step S34 will be further described with reference to a specific example shown in FIG.
In the example shown in FIG. 6, an example is given in which two local terminals 20 (local terminal A and local terminal B) edit and update programs and shared data definitions related to the same PLC almost at the same time. To do.
また、更新対象は、持ち出したプログラムに対応する共有データ定義であり、この共有データ定義のキー情報は、このプログラムのキー情報と同一であるものとする。尚、上記フローチャートではこれらが同一か否かをチェックする処理もあるが、基本的には同一となるので、ここでは同一であることを前提として説明する。   Further, the update target is a shared data definition corresponding to the taken-out program, and the key information of this shared data definition is the same as the key information of this program. In the above flowchart, there is a process for checking whether or not they are the same, but since they are basically the same, the description will be made on the assumption that they are the same.
尚、上記のように本例では、共有データ定義に関しては常に共有データDB13全体のコピーを持ち出すことになるが、これは更新対象以外の他の共有データ定義も参照等が行なわれる可能性があるからである。しかし、ここでは、説明の都合上、共有データDB13全体の持ち出しには言及せず、任意のPLCに係わるプログラムと共有データ定義とをセットで扱って説明するものとする。つまり、例えば、図6(a)の図上左側に示すように、任意のPLCに係わる「プログラム&共有データ定義」を例えばプログラム等α等と記すものとする。また、これより、プログラム等αのコピーである後述するプログラム等(コピー)α’は、「プログラムのコピー&共有データ定義のコピー」を意味するものとする。   As described above, in this example, a copy of the entire shared data DB 13 is always taken out with respect to the shared data definition, but this may refer to other shared data definitions other than the update target. Because. However, here, for convenience of explanation, the entire shared data DB 13 is not referred to, but a program related to an arbitrary PLC and a shared data definition are handled as a set. That is, for example, as shown on the left side of FIG. 6A, “program & shared data definition” related to an arbitrary PLC is described as “α” or the like, for example. Further, a program or the like (copy) α ′ described later, which is a copy of the program or the like α, means “copy of program & copy of shared data definition”.
既に述べたように、任意のPLCに係わるプログラムと共有データ定義とには同じキー情報が付与されるものであり、更に基本的には、プログラムの変更がある場合には共有データ定義も更新されるので、上記のようにセットで扱って説明しても特に問題はない。   As already mentioned, the same key information is given to the program related to an arbitrary PLC and the shared data definition. Basically, the shared data definition is also updated when there is a program change. Therefore, there is no particular problem even if it is explained as a set as described above.
これより、まず、図6(a)に示すように、マスタ端末10からローカル端末Aに任意のPLCに係わるプログラム等αのコピーα’を持ち出す。このとき、このプログラム等αのキー情報は、図示のように世代‘1’の識別情報(xxxx-0001)のみである。従って、このときにはローカル端末A側のおける上記プログラム等(コピー)α’のキー情報は、世代‘1’の識別情報(xxxx-0001)のみとなっている。   Thus, as shown in FIG. 6A, first, a copy α ′ of a program α related to an arbitrary PLC is taken from the master terminal 10 to the local terminal A. At this time, the key information of this program α is only the identification information (xxxx-0001) of the generation “1” as shown in the figure. Accordingly, at this time, the key information of the program (copy) α 'on the local terminal A side is only the identification information (xxxx-0001) of the generation' 1 '.
また、これと同時期に、ローカル端末Bに関しても、上記ローカル端末Aの場合と略同様の処理が行われたものとする。すなわち、マスタ端末10からローカル端末Bへ、上記ローカル端末Aの場合と同じPLCに係わるプログラム等αのコピーα’を持ち出す。このとき、このプログラム等αのキー情報は、図示のように世代‘1’の識別情報(xxxx-0001)のみである。従って、このときにはローカル端末B側における上記プログラム等(コピー)α’のキー情報は、世代‘1’の識別情報(xxxx-0001)のみとなっている。   Further, at the same time, it is assumed that the local terminal B is subjected to substantially the same processing as that of the local terminal A. That is, a copy α ′ of the program α related to the same PLC as in the case of the local terminal A is taken from the master terminal 10 to the local terminal B. At this time, the key information of this program α is only the identification information (xxxx-0001) of the generation “1” as shown in the figure. Accordingly, at this time, the key information of the above program (copy) α 'on the local terminal B side is only the identification information (xxxx-0001) of the generation' 1 '.
その後、ローカル端末A、ローカル端末Bは、どちらも、その作業員と共に上記「現場」等に移動して、そこでプログラム等(コピー)α’の編集、更新作業等が行われ、これに伴ってキー情報も更新されたものとする。   Thereafter, both the local terminal A and the local terminal B move together with the worker to the above-mentioned “on-site” etc., where the program, etc. (copy) α ′ is edited, updated, etc. It is assumed that the key information has also been updated.
例えば、図6(b)に示すように、ローカル端末Aにおいては、プログラム等(コピー)α’を編集/更新した結果である図示の“プログラム等α更新版A”が存在している。そして、“プログラム等α更新版A”に対応するキー情報は、世代‘2’の識別情報(xxxx-0002)が追加された状態となっている。   For example, as shown in FIG. 6B, in the local terminal A, there is a “program etc. α updated version A” shown as a result of editing / updating a program etc. (copy) α ′. The key information corresponding to “program etc. α update version A” is in a state where the identification information (xxxx-0002) of generation “2” is added.
同様に、ローカル端末Bにおいては、プログラム等(コピー)α’を編集/更新した結果である図示の“プログラム等α更新版B”が存在している。そして、“プログラム等α更新版B”に対応するキー情報は、世代‘2’の識別情報(xxxx-0003)が追加された状態となっている。   Similarly, in the local terminal B, there is a “program etc. α updated version B” shown in the figure, which is a result of editing / updating a program etc. (copy) α ′. Then, the key information corresponding to “program etc. α update version B” is in a state in which generation information “xxxx” (xxxx-0003) is added.
尚、上記のように、ローカル端末Aとローカル端末Bとが同じ識別情報を生成することはないので、例えばこの例においてローカル端末Bにおいて識別情報(xxxx-0002)が生成されることはない。   As described above, since the local terminal A and the local terminal B do not generate the same identification information, for example, in this example, the identification information (xxxx-0002) is not generated in the local terminal B.
その後、まずローカル端末Aがネットワークに接続する等してマスタ装置10にアクセス可能な状態となり、上記図5の処理が実行されたとする。この処理開始時には、ローカル端末A側のキー情報は上記のように識別情報(xxxx-0001)と識別情報(xxxx-0002)とから成り、マスタ装置10側のキー情報は、図6(a)の状態のままであり識別情報(xxxx-0001)のみから成る。従って、この状態では、マスタ側の識別情報全て(xxxx-0001)が、ローカル端末A側のキー情報に存在していることになるので、上記ステップS34の判定はYESとなる。   After that, it is assumed that the local terminal A first becomes accessible to the master device 10 by connecting to the network and the processing of FIG. 5 is executed. At the start of this processing, the key information on the local terminal A side consists of the identification information (xxxx-0001) and the identification information (xxxx-0002) as described above, and the key information on the master device 10 side is shown in FIG. And only the identification information (xxxx-0001). Accordingly, in this state, all the identification information (xxxx-0001) on the master side is present in the key information on the local terminal A side, so the determination in step S34 is YES.
但し、ローカル側で更新が行われず、ローカル端末Aのキー情報が識別情報(xxxx-0001)のみから成る状態のままであっても、ステップS34の判定はYESとなる。この為、ステップS34の判定がYESとなったら、キー情報が更新されているか否かをチェックし(ステップS35)、更新されていない場合には(ステップS35,NO)、何等処理を行う必要はないので、更新不要である旨のメッセージを表示する等して、本処理を終了する。   However, even if the update is not performed on the local side and the key information of the local terminal A remains only in the identification information (xxxx-0001), the determination in step S34 is YES. Therefore, if the determination in step S34 is YES, it is checked whether or not the key information has been updated (step S35). If it has not been updated (step S35, NO), no processing needs to be performed. Since there is no update, a message indicating that updating is not necessary is displayed, and this processing is terminated.
尚、上記ステップS35の判定は、例えば、マスタ装置10側のキー情報と、ローカル端末A側のキー情報とが一致するか否かを判定するものであり、一致する場合には更新されていない(ステップS35,NO)と判定される。   Note that the determination in step S35 is, for example, determining whether or not the key information on the master device 10 side matches the key information on the local terminal A side. (Step S35, NO) is determined.
ステップS34、S35の判定がYESの場合には、ローカル側の更新内容をマスタ側に反映させる処理を行う(ステップS36)。これは、上記の例では、例えば、マスタ装置10は、まず、ローカル端末A側の上記“プログラム等α更新版A”を取得する。換言すれば、編集/更新後の上記プログラム等α(プログラム&共有データ定義)を取得する。そして、取得した更新後の共有データ定義を、共有データDB13における該当領域に上書き格納することで、マスタ装置10が管理する共有データ定義を更新する。また、取得した編集後のプログラムを、既存のプログラムに置き換えることで、マスタ装置10が管理するプログラムを更新する。また、これら取得したプログラムや共有データ定義に付与されるキー情報は、例えば上記識別情報(xxxx-0001)と識別情報(xxxx-0002)とから成るものであるので、マスタ側のキー情報は図6(c)に示す状態となる。   If the determinations in steps S34 and S35 are YES, a process of reflecting the update content on the local side on the master side is performed (step S36). In the above example, for example, the master device 10 first acquires the “program updated α version A” on the local terminal A side. In other words, the above-described program α (program & shared data definition) after editing / update is acquired. And the shared data definition which the master apparatus 10 manages is updated by overwrite-storing and storing the acquired shared data definition in the applicable area | region in shared data DB13. Moreover, the program managed by the master device 10 is updated by replacing the acquired edited program with an existing program. The key information given to the acquired program or shared data definition is composed of the identification information (xxxx-0001) and the identification information (xxxx-0002), for example. The state shown in 6 (c) is obtained.
この状態で、その後、ローカル端末Bがネットワークに接続する等して、上記図5の処理が実行されたとする。この処理開始時には、上記の通り、マスタ装置10のキー情報は図6(c)に示す状態となっている。よって、この場合、上記ステップS34の処理では、マスタ側のキー情報である識別情報(xxxx-0001)と識別情報(xxxx-0002)のなかで識別情報(xxxx-0002)は、ローカル端末B側のキー情報に存在していないことになる。すなわち、ローカル端末B側のキー情報は識別情報(xxxx-0001)と識別情報(xxxx-0003)とから成るので、識別情報(xxxx-0002)は、ローカル端末B側のキー情報に存在していない。従って、ステップS34の判定はNOとなる。   In this state, it is assumed that the process in FIG. 5 is executed after the local terminal B is connected to the network. At the start of this process, as described above, the key information of the master device 10 is in the state shown in FIG. Therefore, in this case, in the process of step S34, the identification information (xxxx-0002) in the identification information (xxxx-0001) and the identification information (xxxx-0002) that is key information on the master side is the local terminal B side. Does not exist in the key information. That is, since the key information on the local terminal B side includes identification information (xxxx-0001) and identification information (xxxx-0003), the identification information (xxxx-0002) exists in the key information on the local terminal B side. Absent. Therefore, the determination in step S34 is NO.
このため、ローカル端末Bにおけるプログラムや共有データ定義の更新内容は、マスタ側に反映されることはない。もし、この反映が行われた場合、ローカル端末Aにおける更新内容が無くなる可能性があったが、その可能性は無くなることになる。   For this reason, the update contents of the program and the shared data definition in the local terminal B are not reflected on the master side. If this reflection is performed, there is a possibility that the updated contents in the local terminal A may be lost, but this possibility is lost.
上記例のようにローカル端末Bに関してはステップS34の判定がNOとなった場合には、改めて、マスタ装置10のプログラムや共有データDB13をローカル端末Bに持ち出して、これに基づいてローカル端末B側で編集・更新等を行えばよい。この場合には、マスタ装置10から持ち出した共有データ定義は、既にローカル端末Aによる更新内容が反映済みである。よって、これをベースにしてローカル端末Bで任意の更新を行っても問題は生じない。また、この場合には、図5の処理を行うと、ローカル端末B側のキー情報は、既存の識別情報(xxxx-0001)及び識別情報(xxxx-0002)と、新たに生成された例えば識別情報(xxxx-0004)とから成るので、マスタ側のキー情報の識別情報(xxxx-0001)と識別情報(xxxx-0002)は全て存在しているので、ステップS34の判定はYESとなる。   If the determination in step S34 is NO for the local terminal B as in the above example, the program of the master device 10 and the shared data DB 13 are brought out to the local terminal B again, and the local terminal B side based on this Edit, update, etc. In this case, the shared data definition taken out from the master device 10 has already been updated by the local terminal A. Therefore, no problem occurs even if the local terminal B performs arbitrary updating based on this. In this case, when the processing of FIG. 5 is performed, the key information on the local terminal B side includes the existing identification information (xxxx-0001) and identification information (xxxx-0002), and a newly generated identification information, for example, Information (xxxx-0004), the identification information (xxxx-0001) and identification information (xxxx-0002) of the key information on the master side are all present, so the determination in step S34 is YES.
尚、上記ローカル端末A,Bが“更新する側”、マスタ装置10が“更新される側”と見做すこともできる。この場合、上記ステップS34は、“更新する側”が保持するキー情報に、“更新される側”が保持するキー情報が含まれているか否かを判定するものと言える。そして、ステップS34がYESとなる場合には、“更新する側”の共有データ定義は、“更新される側”の共有データ定義を元に編集されたものであると見做して、更新の実施を許可するものと言える。   The local terminals A and B can be regarded as “updating side” and the master device 10 as “updating side”. In this case, step S34 can be said to determine whether or not the key information held by the “updating side” includes the key information held by the “updating side”. If YES in step S34, the shared data definition on the “updating side” is assumed to have been edited based on the shared data definition on the “updating side”, and the update data is updated. It can be said that the implementation is permitted.
次に、共有データDBのデータ構造と共有データ定義の設定について説明する。
図7(a)に共有データDB13(23)のデータ構造を示す。図7(b)には共有データ定義の設定入力画面例を示す。
Next, the data structure of the shared data DB and setting of the shared data definition will be described.
FIG. 7A shows the data structure of the shared data DB 13 (23). FIG. 7B shows an example of a setting input screen for shared data definition.
例えば図7(a)に示すように、共有データDB13(23)におけるデータ構造は、まず、PLC一覧があり、マスタ装置10による管理対象となる複数の(例えばM台の)PLCのPLC名一覧等が登録されている。各PLC名毎に対応付けて、該当するプロジェクト名が登録されている。これは、上述したように、各PLC毎に、そのPLCに係わるプログラム群をまとめてプロジェクトとして扱っているので、1つのPLCに対して1つのプロジェクトが対応付けられることになる。また、上述したように、1つのプロジェクトに対して1つのキー情報が割り当てられるので、図示のように、任意のPLC名に関連付けて、そのPLCのプロジェクトに係わるキー情報が登録される。尚、キー情報の詳細は、図4に示しており、ここでは説明しない。   For example, as shown in FIG. 7A, the data structure in the shared data DB 13 (23) first has a PLC list, and a list of PLC names of a plurality of (for example, M) PLCs to be managed by the master device 10. Etc. are registered. Corresponding project names are registered in association with each PLC name. As described above, since a group of programs related to the PLC is collectively handled as a project for each PLC, one project is associated with one PLC. Further, as described above, since one key information is assigned to one project, as shown in the figure, key information related to the PLC project is registered in association with an arbitrary PLC name. Details of the key information are shown in FIG. 4 and will not be described here.
そして、各PLC名に対応して、そのPLCのプロジェクト(プログラム群)で使用される各種変数の変数名が登録されている。そして、各変数名に関連付けて、その変数に関する所定の付随情報が登録されている。所定の付随情報とは、例えば図示のデータ型、コメント等であるが、更に詳しくは図7(b)に示す各種データ項目のデータである。尚、変数は、ここでは特に共有変数である。   Corresponding to each PLC name, variable names of various variables used in the PLC project (program group) are registered. In addition, in association with each variable name, predetermined accompanying information regarding the variable is registered. The predetermined accompanying information is, for example, the illustrated data type, comment, and the like, but more specifically, is data of various data items illustrated in FIG. Note that the variable is a shared variable here.
図7(b)は、上記各変数に関する所定の付随情報を、ユーザに任意に入力させる為の画面例である。尚、この画面の表示や画面上でのユーザ入力に係わる処理は、例えば、共有データ定義支援部12が行うが、この例に限らない。   FIG. 7B is an example of a screen for allowing the user to arbitrarily input predetermined incidental information regarding each variable. The processing related to the display of the screen and the user input on the screen is performed by, for example, the shared data definition support unit 12, but is not limited to this example.
ここで、図7(b)の画面で入力する情報が、上記共有データ定義の一例に相当すると見做してよい。ユーザは、この画面上で、共有データに係わる変数(共通変数)に関して、その変数名、データ型、コメント、その変数のデータを共有メモリからリードするPLC、ライトするPLC等などを入力する。すなわち、図示の共通変数名、データ型、コメント、各PLC名毎のR/W区別等の各データ項目に対して、ユーザは任意のデータを入力する。   Here, it may be considered that the information input on the screen of FIG. 7B corresponds to an example of the shared data definition. On this screen, the user inputs the variable name, data type, comment, PLC that reads the data of the variable from the shared memory, PLC that writes the variable, and the like regarding the variable (common variable) related to the shared data. That is, the user inputs arbitrary data for each data item such as the common variable name, data type, comment, and R / W distinction for each PLC name shown in the figure.
上述したように、本例の共有データ定義支援システムは、基本的に、1台のマスタ装置10で、複数のPLCのプロジェクトを記憶・管理すると共に、共有データ定義情報を記憶管理する。更に、複数台のローカル端末20それぞれにおいて、任意のPLCに係わるプロジェクト(プログラム群)の編集や、それに関連する共有データ定義情報の更新等を、作業者が任意に行うものである。   As described above, the shared data definition support system of this example basically stores and manages a plurality of PLC projects and also stores and manages shared data definition information with one master device 10. Further, in each of the plurality of local terminals 20, an operator arbitrarily edits a project (program group) related to an arbitrary PLC, updates shared data definition information related thereto, and the like.
尚、以下の説明では、再び、プログラムは、制御プログラムまたはプロジェクト(制御プログラム群)を意味するものとする。
本手法では、上記システムにおいて、特に、ローカル端末20が、任意のPLCのプログラムおよび共有データ定義情報を、マスタ装置10からコピーして持ち出し、オフライン環境下等において上記編集/更新等の作業を行う場合において、顕著な効果を奏するものである。
In the following description, the program again means a control program or a project (control program group).
In this method, in particular, in the above system, the local terminal 20 copies an arbitrary PLC program and shared data definition information from the master device 10 and carries out the editing / updating operations in an offline environment or the like. In some cases, the effect is remarkable.
すなわち、まず、編集可能なプログラムと共有データ定義情報との組合せを特定することができる。これは、例えば上記ステップS23の判定処理のように、指定された組合せが“編集可能な組合せ”であるか否かを判定し、編集不可の組合せの場合には編集を許可しないものである。これによって、誤った組合せで編集が行われてしまうことを防止できる。   That is, first, a combination of an editable program and shared data definition information can be specified. For example, as in the determination process of step S23, it is determined whether or not the designated combination is an “editable combination”. If the combination is not editable, editing is not permitted. As a result, it is possible to prevent editing from being performed in an incorrect combination.
尚、ステップS21〜S23やステップS31〜S33の代わりに、任意のプログラムを指定させたら、当該指定されたプログラムに対応する共有データ定義情報を判別して、両者の組み合わせに対して編集・更新を許可するようにしてもよい。このように、ユーザがプログラムと共有データ定義情報の両方を指定しなくても済み、且つ、正しい組合せで編集・更新作業が行われるようにすることもできる。   If an arbitrary program is designated instead of steps S21 to S23 and steps S31 to S33, shared data definition information corresponding to the designated program is determined, and editing / updating is performed on the combination of both. You may make it permit. In this way, it is not necessary for the user to specify both the program and the shared data definition information, and the editing / updating work can be performed in a correct combination.
また、尚、ステップS21〜S23やステップS31〜S33の処理、あるいは上記編集・更新対象のプログラムと共有データ定義情報の組合せを自動的に決定する処理等は、必須ではない。また、これに伴って、プログラムにもキー情報を付与することも必須ではなく、キー情報は共有データ定義情報のみに付与するようにしても構わない。勿論、この場合でも上記ステップS34、S35の処理は行われる。   In addition, the process of steps S21 to S23 and steps S31 to S33, or the process of automatically determining the combination of the program to be edited / updated and the shared data definition information is not essential. Along with this, it is not essential to give key information to the program as well, and the key information may be given only to the shared data definition information. Of course, even in this case, the processes of steps S34 and S35 are performed.
また、図1に示す例に限らず、例えば、共有データDB13全体に対して1つのキー情報のみを付与するようにしても構わない。つまり、この場合、基本的に、「持ち出し」を行ったローカル端末20側では、共有データDB(コピー)23の全ての共有データ定義情報の更新を行えることになる。但し、この場合、同時期に自己とは異なるPLCのプログラムを編集した他のローカル端末20が、先に「取り込み」を成功させた場合には、自己は「取り込み」失敗となることになる。尚、これに伴って、共有データDB13のデータ構造も、図1に示すような各PLCに応じた各記憶領域とする例に限らず、図9に示す従来例と同様であっても構わない。   In addition to the example illustrated in FIG. 1, for example, only one key information may be assigned to the entire shared data DB 13. That is, in this case, basically, the shared data definition information of the shared data DB (copy) 23 can be updated on the local terminal 20 side that has performed “take-out”. However, in this case, if another local terminal 20 that has edited a PLC program different from that of the local terminal succeeds in “capture” first, it will fail in “capture”. Along with this, the data structure of the shared data DB 13 is not limited to the example of each storage area corresponding to each PLC as shown in FIG. 1, and may be the same as the conventional example shown in FIG. .
更に、任意のPLCのプログラムに関して、同時期に複数のローカル端末20で上記「持ち出し」が行われた場合、そのうちの1台のローカル端末20によるオフラインでの編集・更新内容が、マスタ装置10側に反映された場合には、その後、他のローカル端末20によるオフラインでの編集・更新内容は、マスタ装置10側に反映されないように制御できる。これにより、マスタ装置10側で管理する共有データ定義情報が、誤った内容となってしまうことを防止可能となる。つまり、ローカル環境で複数のローカル端末20側で同時期に共有データ定義の更新作業が行われる場合であっても、マスタ装置10側の共有データ定義の整合性を保つことができる。   Furthermore, when the above-mentioned “take-out” is performed at a plurality of local terminals 20 at the same time with respect to an arbitrary PLC program, offline editing / update contents by one of the local terminals 20 is the master device 10 side. Then, it is possible to control so that the offline editing / update contents by the other local terminals 20 are not reflected on the master device 10 side. As a result, it is possible to prevent the shared data definition information managed on the master device 10 side from becoming erroneous contents. That is, even if the shared data definition is updated at the same time on the plurality of local terminals 20 in the local environment, the consistency of the shared data definition on the master device 10 side can be maintained.
更に、上記効果が得られることで、例えば、各PLCに応じて別々のローカル作業環境でプログラミング作業等を同時並行で進めることができ、プログラミング作業の効率化を図れるという効果を有する。   Furthermore, by obtaining the above effect, for example, programming work and the like can be performed in parallel in different local work environments according to each PLC, and the efficiency of the programming work can be improved.
PLCに関するプログラミング作業を実施する場合、変数とプログラムの情報は、PLC単位で1つのプロジェクトとして管理されている。そこで、複数のPLCで共有する変数(共通変数)に関する情報を管理する共有データ定義支援部12を、マスタ装置10設けている。尚、プログラミング支援部11は、単に、マスタ装置10においてもプログラムの編集が可能というものであり、ここでは特に説明しない。 When the programming work related to the PLC is performed, the variable and the program information are managed as one project for each PLC. Therefore, the master device 10 is provided with a shared data definition support unit 12 that manages information related to variables (common variables) shared by a plurality of PLCs. Note that the programming support unit 11 is merely capable of editing a program in the master device 10 and is not particularly described here.
共有データ定義支援部12(22)は、上述した本手法に係わる各種処理を実行するものであり、換言するならば、図1や図8に示す各種機能部の全部又は一部の処理機能を有するものと見做してもよいが、この例に限らない。   The shared data definition support unit 12 (22) executes various processes related to the above-described method. In other words, the shared data definition support unit 12 (22) performs all or some of the processing functions of the various functional units illustrated in FIGS. Although it may be regarded as having, it is not limited to this example.
図8は、マスタ装置10とローカル端末20の機能ブロック図である。尚、上記のことから、これは、共有データ定義支援部12と共有データ定義支援部22の機能が含まれているものと見做しても構わない。   FIG. 8 is a functional block diagram of the master device 10 and the local terminal 20. From the above, this may be regarded as including the functions of the shared data definition support unit 12 and the shared data definition support unit 22.
図示の例では、まず、マスタ装置10は、各PLCに対応して、そのPLCに係わるプログラムと“所定のキー情報が付与された共有データ定義情報”とを記憶する第1記憶部31を有する。   In the illustrated example, first, the master device 10 includes a first storage unit 31 that stores a program related to each PLC and “shared data definition information given predetermined key information” corresponding to each PLC. .
また、ローカル端末20は、持出部41、定義・キー更新部42等を有する。
持出部41は、任意のPLCに係わるプログラムと共有データ定義情報のコピー等を、マスタ装置10から取得する。定義・キー更新部42は、持出部41で取得した共有データ定義情報に対して任意の更新を行わせると共に、該更新に伴って当該共有データ定義情報に付与されている上記キー情報を更新する。
Further, the local terminal 20 includes a take-out unit 41, a definition / key update unit 42, and the like.
The take-out unit 41 acquires a program related to an arbitrary PLC, a copy of shared data definition information, and the like from the master device 10. The definition / key update unit 42 causes the shared data definition information acquired by the bring-out unit 41 to be arbitrarily updated, and updates the key information given to the shared data definition information along with the update. To do.
そして、マスタ装置10は、更に、許可判定部32を有する。
許可判定部32は、上記定義・キー更新部42によって更新された後の共有データ定義情報によって、第1記憶部31に記憶される共有データ定義情報を更新することを許可するか否かを、キー情報に基づいて判定する。つまり、マスタ装置10側のキー情報と、ローカル端末20側で上記のように更新されたキー情報とに基づいて、許可/不許可を判定する。
The master device 10 further includes a permission determination unit 32.
The permission determination unit 32 determines whether or not to permit updating of the shared data definition information stored in the first storage unit 31 with the shared data definition information updated by the definition / key update unit 42. Determine based on key information. That is, permission / non-permission is determined based on the key information on the master device 10 side and the key information updated on the local terminal 20 side as described above.
尚、図示していないが、マスタ装置10も上記定義・キー更新部42と同様の処理機能を有していても構わない。尚、以下の説明において、定義・キー更新部42と、マスタ装置10における同様の処理機能とを、特に区別することなく説明する場合には「定義・キー更新部42等」と記すものとする。   Although not shown, the master device 10 may have the same processing function as the definition / key update unit 42. In the following description, the definition / key update unit 42 and the similar processing function in the master device 10 will be described as “definition / key update unit 42 etc.” without any particular distinction. .
ここで、既に述べたように、キー情報は、例えば図4で説明したように1以上の固有の識別情報から成るものである。
そして、上記定義・キー更新部42は、新たな識別情報を生成して該識別情報をキー情報に追加することで、上記キー情報の更新を行うものである。
Here, as already described, the key information is composed of one or more unique identification information as described with reference to FIG. 4, for example.
Then, the definition / key update unit 42 updates the key information by generating new identification information and adding the identification information to the key information.
そして、上記許可判定部32は、マスタ装置10側で保持するキー情報の全ての識別情報が、ローカル端末20側のキー情報に存在する場合には、許可すると判定する。
ここで、本手法では、任意のローカル端末20の上記定義・キー更新部42による上記共有データ定義情報とキー情報の更新処理は、そのローカル端末20がマスタ装置10と接続できない環境下で行われることを、主に想定している。つまり、上記「現場」等のローカル環境で行われることを、主に想定している。
And the said permission determination part 32 determines with permit, when all the identification information of the key information hold | maintained at the master apparatus 10 side exists in the key information by the local terminal 20 side.
Here, in this method, the update processing of the shared data definition information and key information by the definition / key update unit 42 of an arbitrary local terminal 20 is performed in an environment where the local terminal 20 cannot connect to the master device 10. This is mainly assumed. That is, it is mainly assumed that it is performed in a local environment such as the above-mentioned “site”.
また、上述した図1等に示す一例のように、上述した各PLCに対応する各共有データ定義情報に付与されるキー情報を、該当するプログラムにも付与するようにしてもよい。つまり、任意のPLCに係わるプログラムと共有データ定義情報とには、同一のキー情報が付与されるようにしてもよい。尚、ここでも、プログラムとは、制御プログラムまたは制御プログラム群(プロジェクト)を意味するものとする。   Further, as in the example shown in FIG. 1 and the like described above, the key information given to each shared data definition information corresponding to each PLC described above may also be given to the corresponding program. That is, the same key information may be assigned to a program related to an arbitrary PLC and shared data definition information. Here, the program also means a control program or a control program group (project).
そして、例えば、上記定義・キー更新部42は、共有データ定義情報のキー情報の更新の際に、同じPLCに係わるプログラムのキー情報も同様に更新するようにしてもよい。つまり、例えば、上記生成した新たな識別情報を、共有データ定義情報のキー情報だけでなくプログラムのキー情報にも追加するようにしてもよい。   For example, when the key information of the shared data definition information is updated, the definition / key update unit 42 may similarly update the key information of the program related to the same PLC. That is, for example, the generated new identification information may be added not only to the key information of the shared data definition information but also to the key information of the program.
また、ローカル端末20は、更に、指定部43、編集許可部44等を有するものであってもよい。
指定部43は、編集対象とするプログラムと共有データ定義情報を、作業者等に任意に指定させる。
The local terminal 20 may further include a designation unit 43, an edit permission unit 44, and the like.
The designation unit 43 allows a worker or the like to arbitrarily designate a program to be edited and shared data definition information.
編集許可部44は、指定部43により指定されたプログラムのキー情報と、指定部43により指定された共有データ定義情報のキー情報とが、同一ではない場合には、編集を許可しない。つまり、プログラムの編集や共有データ定義情報の更新を許可しない。この様に、指定されたプログラムと共有データ定義情報とが正しい組合せである場合、つまり同一のPLCに係わるものである場合、これらの編集/更新が許可される。   The edit permission unit 44 does not permit editing when the key information of the program specified by the specification unit 43 and the key information of the shared data definition information specified by the specification unit 43 are not the same. In other words, editing of the program and updating of the shared data definition information are not permitted. As described above, when the designated program and the shared data definition information are in a correct combination, that is, when they are related to the same PLC, these editing / updating operations are permitted.
また、例えば、上記第1記憶部31は、全てのPLCに係わる共有データ定義情報を格納する共有データDB13を有するものであってもよい。そして、持出部41は、該共有データDB13のコピーを取得するものであってもよい。この例の場合、ローカル端末20は、編集対象とするプログラムを任意に指定させる不図示の指定部と、共有データDB13のコピーにおける各共有データ定義情報のなかで、該不図示の指定部で指定されたプログラムのキー情報と同一のキー情報が付与された共有データ定義情報のみ、その更新を許可する不図示の許可部とを、有するものであってもよい。   For example, the first storage unit 31 may include a shared data DB 13 that stores shared data definition information related to all PLCs. And the taking-out part 41 may acquire the copy of this shared data DB13. In the case of this example, the local terminal 20 designates the designation unit (not shown) that arbitrarily designates the program to be edited and the designation unit (not shown) in each shared data definition information in the copy of the shared data DB 13. Only the shared data definition information to which the same key information as the key information of the programmed program is assigned may have a permission unit (not shown) that permits the update.
尚、上記「定義・キー更新部42等」は、例えば、自装置において任意のPLCに係わる共有データ定義情報が生成/更新される毎に、これに付与される一意の情報(上記キー情報等)を新規生成/更新するものである。新規生成は、主にマスタ装置10において行われる。つまり、マスタ装置10は、自装置において任意のPLCに係わる共有データ定義情報が新たに生成される毎に、それに対応する新規キー情報を新規生成する。一方、更新は、主に、各ローカル端末20の定義・キー更新部42が実行する。つまり、定義・キー更新部42は、自装置において任意のPLCに係わる共有データ定義情報が更新される毎に、それに対応するキー情報を更新する。キー情報の更新方法は、既に述べたように、任意に生成した固有の識別情報を、キー情報に追加するものである。   Note that the “definition / key update unit 42 etc.”, for example, each time the shared data definition information related to an arbitrary PLC is generated / updated in its own device, unique information (the above key information etc.) ) Is newly created / updated. New generation is mainly performed in the master device 10. That is, every time the shared data definition information related to an arbitrary PLC is newly generated in the own device, the master device 10 newly generates new key information corresponding thereto. On the other hand, the update is mainly executed by the definition / key update unit 42 of each local terminal 20. That is, every time the shared data definition information related to an arbitrary PLC is updated in the own apparatus, the definition / key update unit 42 updates the corresponding key information. As described above, the key information update method is to add arbitrarily generated unique identification information to the key information.
また、上記許可判定部32は、任意のローカル端末20から例えば「ローカル環境で更新された、任意のPLCに係わる共有データ定義情報を、マスタ装置10側に反映させる」旨の要求があった場合、この要求に対して上記のように許可/不許可を判定する。   In addition, the permission determination unit 32 receives a request from any local terminal 20 to “reflect shared data definition information related to an arbitrary PLC updated in the local environment on the master device 10 side”, for example. In response to this request, permission / denial is determined as described above.
この判定方法は、既に述べたように、例えば、マスタ側の共有データ定義情報のキー情報の全ての識別情報が、ローカル側の共有データ定義情報のキー情報に存在する場合には、許可するものと判定する。換言すれば、この様な場合には、ローカル側の共有データ定義情報は、現在のマスタ側の共有データ定義情報を元に編集されたものであると見做して、更新を許可する。これによって、マスタ側で記憶・管理する共有データ定義情報に対して、誤った上書きが行われる事態を防止することができる。 As described above, this determination method permits, for example, when all identification information of the key information of the shared data definition information on the master side is present in the key information of the shared data definition information on the local side. Is determined. In other words, in such case, the shared data definition information for the local side, and regarded as those that are edited based on the shared data definition information for the current master to allow updates. As a result, it is possible to prevent a situation where erroneous overwriting is performed on the shared data definition information stored and managed on the master side.
また、マスタ装置10は、更に、更新実施部33を有するものであってもよい。
更新実施部33は、上記許可判定部32で許可すると判定された場合には、更新する側(ローカル側)の共有データ定義情報によって、更新される側(マスタ側)の共有データ定義情報を更新する。これは、例えば、既存のマスタ側の共有データ定義情報は消去して、ローカル側の共有データ定義情報を、新たなマスタ側の共有データ定義情報とする。尚、これに伴って、マスタ側のキー情報が、ローカル側の共有データ定義情報のキー情報に置き換えられる。また、尚、上記マスタ側の共有データ定義情報の更新は、例えば、指定されたPLCに係わる共有データ定義情報を更新するが、この例に限らない。例えば、DB13全体を、DB23の内容へと更新するようにしてもよい。
The master device 10 may further include an update execution unit 33.
The update execution unit 33 updates the shared data definition information on the updating side (master side) with the shared data definition information on the updating side (local side) when the permission determination unit 32 determines to permit the update. To do. For example, the existing shared data definition information on the master side is deleted, and the shared data definition information on the local side becomes the new shared data definition information on the master side. Along with this, the key information on the master side is replaced with the key information of the shared data definition information on the local side. In addition, the update of the shared data definition information on the master side is performed, for example, by updating the shared data definition information related to the designated PLC, but is not limited to this example. For example, the entire DB 13 may be updated to the contents of the DB 23.
また、上記のようにプログラムにもキー情報を付与して、プログラムと共有データとの正当な組合せをキー情報に基づいて管理することで、誤った組み合わせで更新等が行われる事態を回避できる。また、例えば、管理していない別ツールでプロジェクト変更が行われた場合や、古い共有データ定義情報を元に編集した場合、キーの組み合わせが異なるので、共有データの更新を防止することが可能になる。つまり、作業者が誤って、異なる組み合わせによって、共有データ定義情報を更新するような事態を防止することができる。   In addition, as described above, key information is also given to the program, and a valid combination of the program and the shared data is managed based on the key information, so that a situation where updating or the like is performed with an incorrect combination can be avoided. Also, for example, when a project is changed with another unmanaged tool, or when editing based on old shared data definition information, the key combination is different, so it is possible to prevent shared data from being updated. Become. In other words, it is possible to prevent a situation in which the operator erroneously updates the shared data definition information with a different combination.
尚、特に図示していないが、マスタ装置10は、更に、複数のプログラマブルコントローラの各プログラムを管理する機能部(プログラミング支援部11に相当)を有していても良い。あるいは、複数のプログラマブルコントローラで共有する変数(共通変数)に関する定義情報を、任意に設定させる機能部を有していてもよい。これは、例えば図7(b)に示す画面により、作業者等に任意に設定させるものである。上記定義情報は、例えば、変数名、変数に係わるプログラマブルコントローラ、変数の割当アドレス等などである。変数に係わるプログラマブルコントローラは、変数の割当アドレスにアクセスするPLCであり、リードまたはライトするものである。   Although not particularly illustrated, the master device 10 may further include a function unit (corresponding to the programming support unit 11) that manages each program of a plurality of programmable controllers. Or you may have the function part which sets arbitrarily the definition information regarding the variable (common variable) shared by several programmable controllers. For example, the operator or the like is arbitrarily set by the screen shown in FIG. The definition information includes, for example, a variable name, a programmable controller related to the variable, a variable assignment address, and the like. A programmable controller related to a variable is a PLC that accesses an assigned address of a variable, and reads or writes the PLC.
上述したように、本例の共有データ定義支援システム等によれば、共有データ定義を管理するマスタ装置10と、該共有データ定義の更新に係わる作業が行われる複数のローカル端末20とを有するシステムにおいて、ローカル環境で複数のローカル端末20で各々共有データ定義の更新作業が行われる場合であっても、マスタ装置10側の共有データ定義の整合性を保つことができる。   As described above, according to the shared data definition support system and the like of this example, a system including the master device 10 that manages the shared data definition and a plurality of local terminals 20 that perform work related to the update of the shared data definition. In the local environment, even when a plurality of local terminals 20 update shared data definitions, the consistency of the shared data definitions on the master device 10 side can be maintained.
10 マスタ装置
11 プログラミング支援部
12 共有データ定義支援部
13 共有データDB(データベース)
20 ローカル端末
21 プログラミング支援部
22 共有データ定義支援部
23 共有データDB(データベース)
31 第1記憶部
32 許可判定部
33 更新実施部
41 持出部
42 定義・キー更新部
43 指定部
44 編集許可部
10 Master device 11 Programming support unit 12 Shared data definition support unit 13 Shared data DB (database)
20 Local terminal 21 Programming support unit 22 Shared data definition support unit 23 Shared data DB (database)
31 First Storage Unit 32 Permission Determination Unit 33 Update Execution Unit 41 Take-out Unit 42 Definition / Key Update Unit 43 Designation Unit 44 Edit Permission Unit

Claims (10)

  1. 複数の制御装置の各プログラムと該各プログラムに係る共有データ定義情報を記憶し且つ一元管理するマスタ装置と、各々が任意のときに該マスタ装置上の任意の該プログラム又は/及び該共有データ定義情報を更新し得る複数のローカル端末とを有するシステムであって、
    前記マスタ装置は、
    前記複数の制御装置の各々に対応して、その制御装置に係わる前記プログラムと所定のキー情報が付与された前記共有データ定義情報とを記憶する第1記憶手段を有し、
    前記ローカル端末は、
    任意の前記制御装置に係わる前記プログラムと前記共有データ定義情報を、前記マスタ装置から取得する持出手段と、
    該持出手段で取得した共有データ定義情報に対して任意の更新を行わせると共に、該更新に伴って前記付与されているキー情報を更新する定義・キー更新手段とを有し、
    前記マスタ装置は、
    前記定義・キー更新手段によって更新された後の共有データ定義情報によって前記第1記憶手段に記憶される共有データ定義情報を更新することを、許可するか否かを、前記キー情報に基づいて判定する許可判定手段を、更に有することを特徴とする共有データ定義支援システム。
    Each program of a plurality of control devices, a master device that stores and centrally manages shared data definition information related to each program, and any program or / and shared data definition on the master device at any given time A system having a plurality of local terminals capable of updating information,
    The master device is
    Corresponding to each of the plurality of control devices , the first storage means for storing the program related to the control device and the shared data definition information to which a predetermined key information is assigned,
    The local terminal is
    Bring-out means for acquiring the program and the shared data definition information related to the arbitrary control device from the master device;
    The shared data definition information acquired by the take-out means is arbitrarily updated, and has a definition / key update means for updating the assigned key information along with the update,
    The master device is
    Based on the key information, it is determined whether or not to allow the shared data definition information stored in the first storage means to be updated with the shared data definition information updated by the definition / key update means. A shared data definition support system, further comprising permission determination means.
  2. 前記キー情報は、1以上の固有の識別情報から成り、
    前記定義・キー更新手段は、新たな前記識別情報を生成して該識別情報をキー情報に追加することで前記キー情報の更新を行い、
    前記許可判定手段は、前記マスタ装置側のキー情報の全ての識別情報が、前記ローカル端末側のキー情報に存在する場合には、許可すると判定することを特徴とする請求項1記載の共有データ定義支援システム。
    The key information comprises one or more unique identification information,
    The definition / key update means updates the key information by generating new identification information and adding the identification information to the key information.
    2. The shared data according to claim 1, wherein the permission determining means determines that permission is allowed when all identification information of the key information on the master device side is present in the key information on the local terminal side. Definition support system.
  3. 前記定義・キー更新手段による前記共有データ定義情報とキー情報の更新処理は、前記ローカル端末を前記マスタ装置と接続できないローカル環境下で行われることを特徴とする請求項1または2記載の共有データ定義支援システム。 The shared data definition information and key information update processing by the definition / key update means is performed in a local environment where the local terminal cannot be connected to the master device. Definition support system.
  4. 任意の前記制御装置に係わる前記プログラムと前記共有データ定義情報とには同一の前記キー情報が付与され、
    前記定義・キー更新手段は、前記共有データ定義情報のキー情報の更新の際に、同じ制御装置に係わるプログラムのキー情報も更新することを特徴とする請求項1〜3の何れかに記載の共有データ定義支援システム。
    The same key information is given to the program and the shared data definition information related to an arbitrary control device,
    4. The definition / key update unit updates key information of a program related to the same control device when updating the key information of the shared data definition information. Shared data definition support system.
  5. 前記ローカル端末は、
    編集対象とするプログラムと共有データ定義情報を任意に指定させる指定手段と、
    該指定されたプログラムの前記キー情報と、該指定された共有データ定義情報の前記キー情報とが、同一ではない場合には、編集を許可しない編集許可手段と、
    を更に有することを特徴とする請求項記載の共有データ定義支援システム。
    The local terminal is
    A specifying means for arbitrarily specifying a program to be edited and shared data definition information;
    An editing permission means that does not permit editing when the key information of the specified program and the key information of the specified shared data definition information are not the same;
    The shared data definition support system according to claim 4 , further comprising:
  6. 前記第1記憶手段は、全ての前記制御装置に係わる共有データ定義情報を格納する共有データ定義データベースを有し、
    前記持出手段は、該共有データ定義データベースのコピーを取得するものであり、
    前記ローカル端末は、
    編集対象とするプログラムを任意に指定させる指定手段と、
    前記共有データ定義データベースの各共有データ定義情報のなかで、該指定手段で指定されたプログラムのキー情報と同一のキー情報が付与された共有データ定義情報のみ、その更新を許可する許可手段と、
    を更に有することを特徴とする請求項4または5記載の共有データ定義支援システム。
    The first storage means has a shared data definition database for storing shared data definition information related to all the control devices,
    The take-out means obtains a copy of the shared data definition database,
    The local terminal is
    A designation means for arbitrarily designating a program to be edited;
    Among the shared data definition information of the shared data definition database, only the shared data definition information to which the same key information as the key information of the program specified by the specifying means is granted, and permission means for permitting the update;
    The shared data definition support system according to claim 4 or 5 , further comprising:
  7. 複数の制御装置の各プログラムと該各プログラムに係る共有データ定義情報を記憶し且つ一元管理するマスタ装置と、各々が任意のときに該マスタ装置上の任意の該プログラム又は/及び該共有データ定義情報を更新し得る複数のローカル端末とを有するシステムにおける該マスタ装置であって、
    前記複数の制御装置の各々に対応して、その制御装置に係わる前記プログラムと所定のキー情報が付与された前記共有データ定義情報とを記憶する第1記憶手段と、
    前記ローカル端末で更新された後の共有データ定義情報によって前記第1記憶手段に記憶される共有データ定義情報を更新することを、許可するか否かを、前記キー情報に基づいて判定する許可判定手段と、
    を有することを特徴とするマスタ装置。
    Each program of a plurality of control devices, a master device that stores and centrally manages shared data definition information related to each program, and any program or / and shared data definition on the master device at any given time A master device in a system having a plurality of local terminals capable of updating information,
    Corresponding to each of the plurality of control devices , a first storage means for storing the program related to the control device and the shared data definition information to which a predetermined key information is assigned;
    Permission determination that determines whether or not to permit updating of the shared data definition information stored in the first storage unit with the shared data definition information after being updated at the local terminal is permitted based on the key information. Means,
    A master device comprising:
  8. 複数の制御装置の各プログラムと該各プログラムに係る共有データ定義情報を記憶し且つ一元管理するマスタ装置と、各々が任意のときに該マスタ装置上の任意の該プログラム又は/及び該共有データ定義情報を更新し得る複数のローカル端末とを有するシステムにおける該ローカル端末であって、
    任意の前記制御装置に係わる前記プログラムとキー情報が付与された前記共有データ定義情報とを、前記マスタ装置から取得する持出手段と、
    該持出手段で取得した共有データ定義情報に対して任意の更新を行わせると共に、該更新に伴って前記付与されているキー情報を更新する定義・キー更新手段と、
    を有することを特徴とするローカル端末。
    Each program of a plurality of control devices, a master device that stores and centrally manages shared data definition information related to each program, and any program or / and shared data definition on the master device at any given time A local terminal in a system having a plurality of local terminals capable of updating information,
    A take-out means for acquiring from the master device the shared data definition information to which the program and key information related to the arbitrary control device are attached;
    An arbitrary update is performed on the shared data definition information acquired by the take-out means, and a definition / key update means for updating the assigned key information along with the update,
    A local terminal.
  9. 複数の制御装置の各プログラムと該各プログラムに係る共有データ定義情報を記憶し且つ一元管理するマスタ装置と、各々が任意のときに該マスタ装置上の任意の該プログラム又は/及び該共有データ定義情報を更新し得る複数のローカル端末とを有するシステムにおける該マスタ装置のコンピュータを、
    前記複数の制御装置の各々に対応して、その制御装置に係わる前記プログラムと所定のキー情報が付与された前記共有データ定義情報とを記憶する第1記憶手段と、
    前記ローカル端末で更新された後の共有データ定義情報によって前記第1記憶手段に記憶される共有データ定義情報を更新することを、許可するか否かを、前記キー情報に基づいて判定する許可判定手段、
    として機能させるためのプログラム。
    Each program of a plurality of control devices, a master device that stores and centrally manages shared data definition information related to each program, and any program or / and shared data definition on the master device at any given time A computer of the master device in a system having a plurality of local terminals capable of updating information;
    Corresponding to each of the plurality of control devices , a first storage means for storing the program related to the control device and the shared data definition information to which a predetermined key information is assigned;
    Permission determination that determines whether or not to permit updating of the shared data definition information stored in the first storage unit with the shared data definition information after being updated at the local terminal is permitted based on the key information. means,
    Program to function as.
  10. 複数の制御装置の各プログラムと該各プログラムに係る共有データ定義情報を記憶し且つ一元管理するマスタ装置と、各々が任意のときに該マスタ装置上の任意の該プログラム又は/及び該共有データ定義情報を更新し得る複数のローカル端末とを有するシステムにおける該ローカル端末のコンピュータを、
    任意の前記制御装置に係わる前記プログラムとキー情報が付与された前記共有データ定義情報とを、前記マスタ装置から取得する持出手段と、
    該持出手段で取得した共有データ定義情報に対して任意の更新を行わせると共に、該更新に伴って前記付与されているキー情報を更新する定義・キー更新手段、
    として機能させるためのプログラム。
    Each program of a plurality of control devices, a master device that stores and centrally manages shared data definition information related to each program, and any program or / and shared data definition on the master device at any given time A computer of the local terminal in a system having a plurality of local terminals capable of updating information,
    A take-out means for acquiring from the master device the shared data definition information to which the program and key information related to the arbitrary control device are attached;
    A definition / key update unit for causing the shared data definition information acquired by the take-out unit to be arbitrarily updated and updating the assigned key information along with the update;
    Program to function as.
JP2013144039A 2013-07-09 2013-07-09 Shared data definition support system, its master device, local terminal, program Active JP6299095B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013144039A JP6299095B2 (en) 2013-07-09 2013-07-09 Shared data definition support system, its master device, local terminal, program

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013144039A JP6299095B2 (en) 2013-07-09 2013-07-09 Shared data definition support system, its master device, local terminal, program

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2015018349A JP2015018349A (en) 2015-01-29
JP6299095B2 true JP6299095B2 (en) 2018-03-28

Family

ID=52439295

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2013144039A Active JP6299095B2 (en) 2013-07-09 2013-07-09 Shared data definition support system, its master device, local terminal, program

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6299095B2 (en)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6922583B2 (en) * 2017-09-15 2021-08-18 オムロン株式会社 Information processing equipment, information processing methods, and information processing programs
CN109491756A (en) * 2018-09-28 2019-03-19 深圳市彬讯科技有限公司 A kind of system running environment synchronous method and device, storage medium

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5039428B2 (en) * 2007-05-14 2012-10-03 株式会社キーエンス Programmable controller and PLC system
JP4865634B2 (en) * 2007-05-14 2012-02-01 株式会社キーエンス Program editing support apparatus, computer program, program editing support method, and PLC system
JP5446965B2 (en) * 2010-02-18 2014-03-19 オムロン株式会社 SAFETY CONTROL DEVICE AND SAFETY CONTROL DEVICE CONTROL METHOD

Also Published As

Publication number Publication date
JP2015018349A (en) 2015-01-29

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20080133616A1 (en) Method, Apparatus and Computer Program Product for Change Management in a Data Processing Environment
JP6661395B2 (en) License management server, license management system, program
JP5649171B2 (en) Method for enabling sharing of local environment of application executed on client, server and computer program thereof
JP5963957B2 (en) Development environment system, development environment device, development environment providing method and program
US10248686B2 (en) Shared data with relationship information
KR101661789B1 (en) Synchronizing self-referencing fields during two-way synchronization
JP6299095B2 (en) Shared data definition support system, its master device, local terminal, program
KR101700553B1 (en) System development device, method, and program
JP2003216666A (en) Drawing control system
JP2005092544A (en) Work flow generation management processing method, work flow processing system and work flow control program
JP2016001376A (en) Programmable controller system, and support device of the same
JP2016170547A (en) Control system, management server apparatus thereof, and support apparatus
JP2005316778A (en) Plant monitoring controller
JP2014067417A (en) Method for temporarily separating object data of design model
JP2016099899A (en) Control system, support device of the same, and programmable control device
JP2012168900A (en) Programming device and program
TW201516707A (en) Development system, terminal device, development method, and program
JP2009230357A (en) Job operation management system
JP2003345592A (en) Software product managing system
JP2010092228A (en) System, method and program for controlling access to object model
JP2015022511A (en) Programmable controller system, and support device and program thereof
KR102021327B1 (en) Program Development Supporting Device and Program Parts Management Method
JP2020017299A (en) Information processing device, processing method thereof, and program
JP2021022201A (en) Operation monitoring system and operation monitoring method
JP2003150431A (en) Server device and plant control system by use of the same

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20160614

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20170829

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20171013

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20180130

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20180212

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6299095

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250