JP6282929B2 - Electric wire twisting device, twisted cable manufacturing device, electric wire twisting method, and twisted cable manufacturing method - Google Patents

Electric wire twisting device, twisted cable manufacturing device, electric wire twisting method, and twisted cable manufacturing method Download PDF

Info

Publication number
JP6282929B2
JP6282929B2 JP2014102202A JP2014102202A JP6282929B2 JP 6282929 B2 JP6282929 B2 JP 6282929B2 JP 2014102202 A JP2014102202 A JP 2014102202A JP 2014102202 A JP2014102202 A JP 2014102202A JP 6282929 B2 JP6282929 B2 JP 6282929B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
clamp
tail
wire
wires
electric wire
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2014102202A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2015220070A5 (en
JP2015220070A (en
Inventor
充 永野
充 永野
和則 蒔田
和則 蒔田
昌貴 國田
昌貴 國田
Original Assignee
日本オートマチックマシン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 日本オートマチックマシン株式会社 filed Critical 日本オートマチックマシン株式会社
Priority to JP2014102202A priority Critical patent/JP6282929B2/en
Priority claimed from CN201410240067.2A external-priority patent/CN104217823B/en
Publication of JP2015220070A publication Critical patent/JP2015220070A/en
Publication of JP2015220070A5 publication Critical patent/JP2015220070A5/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6282929B2 publication Critical patent/JP6282929B2/en
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、複数本(特には2本)の電線を撚り合わせる装置等に関し、特には、主に車載用として使用されるツイスト(撚り合わせ)ケーブルを製造する装置に関する。   The present invention relates to a device for twisting a plurality of wires (particularly two wires), and more particularly to a device for manufacturing a twisted (twisted) cable mainly used for in-vehicle use.

ツイストケーブル(ツイストペア電線、撚り合わせ電線)は、両端が端処理(端子圧着など)された2本の電線を撚り合わせたもので、電磁波によるノイズを遮断するため等に主に使用される。同様の目的の同軸ケーブルよりも安価であるため、自動車に搭載される種々の信号線として広く使用されている。ツイストケーブルは様々な長さ(0.55m〜3.5m)のものが要求されるとともに、電気特性を一定に保つために、電線間のスキマが小さく、ツイストのピッチを長さに応じた一定の値にする必要がある。このためには、2本の電線の長さが同じであり、電線を適宜な張力で把持しながら撚り合わせる必要がある。特に、撚り合わせることにより電線の長さは単体の長さよりも短くなるので、撚り合わせの進行に追随して両端間の間隔や張力を調整する必要がある。   A twisted cable (twisted pair electric wire, twisted electric wire) is obtained by twisting two electric wires whose ends are end-treated (terminal crimping, etc.), and is mainly used for blocking noise caused by electromagnetic waves. Since it is cheaper than a coaxial cable for the same purpose, it is widely used as various signal lines mounted on automobiles. Twisted cables of various lengths (0.55m to 3.5m) are required, and in order to keep the electrical characteristics constant, the gap between the wires is small, and the twist pitch is constant according to the length. The value must be For this purpose, the lengths of the two electric wires are the same, and it is necessary to twist the wires while holding them with an appropriate tension. In particular, since the length of the electric wire becomes shorter than the length of a single unit by twisting, it is necessary to adjust the distance and tension between both ends following the progress of twisting.

このようなツイストケーブルを作製する方法の一例として、予め両端が処理された電線(端子圧着電線等)を準備しておき、そのうちの2本を人手で撚り合わせ装置に装着し、同装置で撚り合わせる方法がある。このような撚り合わせ装置としては、撚り戻しによる電線間のスキマの発生を防止するように、電線自体の向きを同じにして撚り合わせるものが提案されている(例えば特許文献1参照)。   As an example of a method for producing such a twisted cable, an electric wire (terminal crimped electric wire, etc.) having both ends treated in advance is prepared, and two of them are manually attached to a twisting device and twisted by the same device. There is a way to match. As such a twisting device, a device that twists the wires in the same direction has been proposed so as to prevent a gap between the wires due to untwisting (for example, see Patent Document 1).

ただし、このような、端処理された電線を準備する工程と電線を撚り合わせる工程とが連続しておらず人手を介するために、時間を要し生産効率が上がらない。   However, since the process of preparing the end-processed electric wire and the process of twisting the electric wire are not continuous, it takes time and production efficiency does not increase.

ところで、本発明者らは、1台の装置で並列的に2本の端子圧着電線を製造する装置を提案した(特許文献2参照)。この、2本の電線を並列して処理する機構を電線を撚り合わせる機構に応用すると、端子圧着電線を準備する工程と電線を撚り合わせる工程とを1台の装置上で行うことができる   By the way, the present inventors have proposed an apparatus for manufacturing two terminal crimped electric wires in parallel with one apparatus (see Patent Document 2). When this mechanism for processing two wires in parallel is applied to a mechanism for twisting the wires, the step of preparing the terminal crimped wire and the step of twisting the wires can be performed on one device.

特開2008−47387号公報JP 2008-47387 A 特許第5060657号Patent No. 5060657

本発明は、上記の点に鑑みてなされたものであって、電線長さの精度が高く、適切な張力付与機構を備えた電線撚り合わせ装置などを提供することを目的とする。さらには、端子圧着などの電線端処理と撚り合わせを一台の装置で行うこととともに、タクトタイムの短いツイストケーブル製造装置などを提供することを目的とする。さらには、製造するツイストケーブルの品質が高いツイストケーブル製造装置などを提供することを目的とする。   The present invention has been made in view of the above points, and an object of the present invention is to provide an electric wire twisting apparatus or the like having a high electric wire length accuracy and an appropriate tension applying mechanism. Furthermore, it aims at providing the twist cable manufacturing apparatus etc. with short tact time while performing wire end processing, such as terminal crimping, and twisting with one apparatus. Furthermore, it aims at providing the twisted cable manufacturing apparatus etc. with which the quality of the twisted cable to manufacture is high.

本発明のベースとなる電線撚り合わせ装置は、 並列する複数本の電線の一方の端部を把持するトップクランプと、 該複数本の電線の他方の端部を把持するテールクランプと、 前記トップクランプ及び/又は前記テールクランプを回転させるクランプ回転手段と、 前記トップクランプと前記テールクランプの相互間隔であるクランプ間隔、及び、前記複数本の電線に付加する張力、を調整するクランプ間隔・張力調整機構と、を備える。
An electric wire twisting device serving as a base of the present invention includes a top clamp that holds one end of a plurality of electric wires arranged in parallel, a tail clamp that holds the other end of the plurality of electric wires, and the top clamp. And / or a clamp rotating means for rotating the tail clamp, and a clamp interval / tension adjusting mechanism for adjusting a clamp interval which is a mutual interval between the top clamp and the tail clamp, and tension applied to the plurality of electric wires. And comprising.

本発明の第1の電線撚り合わせ装置は、 前記クランプ間隔・張力調整機構が、 前記トップクランプ又は前記テールクランプを搭載する移動台と、 該移動台を、前記クランプ間隔の広がる方向に付勢するとともに、前記電線の撚り合わせの進行に伴って前記クランプ間隔の狭まる方向に前記クランプが移動するのを許容する付勢手段と、 前記移動台の、前記クランプ間隔の広がる方向のストロークエンドを定めるストッパと、 該ストッパの位置を変えるストッパ移動アクチュエータと、を具備し、 前記電線を撚り初める際に、前記ストッパを、前記クランプ間隔が広がる方向に動かして、前記電線の弛みを取ることを特徴とする。   In the first electric wire twisting device according to the present invention, the clamp interval / tension adjusting mechanism biases the moving table on which the top clamp or the tail clamp is mounted, and the moving table in a direction in which the clamp interval is widened. And an urging means for allowing the clamp to move in a direction in which the clamp interval is narrowed as the electric wire is twisted, and a stopper for determining a stroke end of the moving base in the direction in which the clamp interval is widened. And a stopper moving actuator that changes the position of the stopper, and when starting to twist the wire, the stopper is moved in a direction in which the clamp interval is widened to remove the slack of the wire. .

撚り初めにストッパを動かし、付勢手段を働かせて、電線の弛みを取る。その後、電線に付勢手段の付勢力による張力をかけながら、電線を撚り合わせる。比較的シンプルな機構を用いながら、短い時間で電線の弛み取りとスムーズな撚り合わせ開始ができる。   At the beginning of twisting, the stopper is moved and the urging means is activated to remove the slack of the wire. Thereafter, the electric wires are twisted together while applying tension by the urging force of the urging means to the electric wires. Using a relatively simple mechanism, it is possible to start loosening of wires and smooth twisting in a short time.

本発明のベースとなる第1のツイストケーブル製造装置は、 並列する複数本の電線を送給する電線送給手段と、 該電線のトップ部の被覆を皮むきするトップ皮むき手段と、 皮むきされたトップ部に処理を施すトップ端処理手段と、 処理された前記トップ部を引き出すトップ引き出し手段と、 前記電線を任意の長さに切断する電線切断手段と、 切断された前記電線のテール部の被覆を皮むきするテール皮むき手段と、 皮むきされたテール部に処理を施すテール端処理手段と、 両端が処理された前記並列する複数本の電線を撚り合わせる下記A〜Dを有する電線撚り合わせ装置と、 A)前記複数本の電線のトップ部を把持するトップクランプ、 B)該複数本の電線のテール部を把持するテールクランプ、 C)前トップクランプ及び/又は前記テールクランプを回転させる回転手段、及び、 D)前記トップクランプと前記テールクランプの相互間隔及び前記複数本の電線に付加する張力を調整するクランプ間隔・張力調整機構、 前記複数本の電線のトップ部を、前記トップ引き出し手段から受け取って前記電線撚り合わせ装置の前記トップクランプに渡すトップ渡し手段と、 前記複数本の電線のテール部を、前記電線撚り合わせ装置の前記テールクランプに渡すテール渡し手段と、を具備する。   A first twisted cable manufacturing apparatus serving as a base of the present invention includes: an electric wire feeding unit that feeds a plurality of electric wires arranged in parallel; a top peeling unit that peels a covering of a top portion of the electric wire; A top end processing means for processing the processed top portion; a top drawing means for pulling out the processed top portion; a wire cutting means for cutting the wire into an arbitrary length; and a tail portion of the cut wire Tail peeling means for peeling the coating of the tail, tail end processing means for processing the peeled tail portion, and electric wires having the following A to D for twisting the plurality of parallel electric wires processed at both ends A twisting device; A) a top clamp for gripping the top portions of the plurality of wires; B) a tail clamp for gripping the tail portions of the plurality of wires; C) a front top clamp. And / or rotating means for rotating the tail clamp, and D) a clamp interval / tension adjusting mechanism for adjusting a mutual interval between the top clamp and the tail clamp and a tension applied to the plurality of electric wires, Top passing means for receiving the top portion of the electric wire from the top pulling means and passing it to the top clamp of the electric wire twisting device, and passing the tail portions of the plurality of electric wires to the tail clamp of the electric wire twisting device Tail passing means.

本発明の第2のツイストケーブル製造装置は、前記電線撚り合わせ装置に前記電線を渡す手前で、前記並列する複数本の電線の相互間隔である電線間ピッチを狭くする機構が設けられていることを特徴とする。   The second twisted cable manufacturing apparatus of the present invention is provided with a mechanism for narrowing a pitch between wires, which is an interval between the plurality of wires arranged in parallel, before passing the wires to the wire twisting device. It is characterized by.

並列する複数本の電線の端部を皮むき・切断などする際は、並列する複数本の電線間ピッチをある程度広く(例えば20mm)せざるをえない。なぜならば、並列する皮むき・切断の工具・装置などを収めるスペースが必要になるからである。しかし、撚り合わせ工程では、電線にかかる負荷低減(後述)などのため、電線間ピッチをより狭く(例えば10mm)する必要がある。そこで、電線切断・皮むき・端処理を終えた後、電線撚り合わせ装置に電線を渡す前に、並列する複数本の電線の相互間隔である電線間ピッチを狭くする機構を設けた。これにより、複数本の電線の並列処理を可能としつつ、ツイストケーブルの品質を向上できる。   When peeling or cutting the ends of a plurality of electric wires arranged in parallel, the pitch between the plurality of electric wires arranged in parallel has to be widened to some extent (for example, 20 mm). This is because a space is required to accommodate the parallel peeling and cutting tools and devices. However, in the twisting step, it is necessary to make the pitch between wires narrower (for example, 10 mm) in order to reduce the load on the wires (described later). Then, after finishing electric wire cutting / peeling / end processing, before passing the electric wire to the electric wire twisting device, a mechanism for narrowing the pitch between the electric wires, which is the interval between a plurality of electric wires arranged in parallel, is provided. Thereby, the quality of a twist cable can be improved, enabling parallel processing of a plurality of electric wires.

本発明の第3のツイストケーブル製造装置は、 前記電線間ピッチを狭くする機構が、前記トップ引き出し手段又は前記トップ渡し手段、及び、前記テール渡し手段に設けられていることを特徴とする。これらの手段は、前記電線間ピッチを狭くする機構を設けるのに適している。 The third twisted cable manufacturing apparatus of the present invention is characterized in that the mechanism for narrowing the pitch between the wires is provided in the top drawing means or the top passing means and the tail passing means. These means are suitable for providing a mechanism for narrowing the pitch between the wires.

本発明に関連する第4のツイストケーブル製造装置は、前記電線送給手段に設けられた、前記複数の電線の各々の送給された距離を計測する送給電線長さ計と、 前記トップ引き出し手段によって引き出される長さを計測する引出電線長さ計と、 前記送給電線長さ計で計測した各電線長さに相互に所定以上の差が生じるか、前記送給電線長さ計で計測した各電線長さと前記引出電線長さ計で計測した長さに所定以上の差が生じた場合に異常と判断する電線長さ異常判定手段と、をさらに備えることを特徴とする。 The 4th twist cable manufacturing apparatus relevant to this invention is provided in the said electric wire feeding means, The feed line length meter which measures each fed distance of the said some electric wire, The said top drawer A lead wire length meter that measures the length drawn by the means, and whether each wire length measured by the feed line length meter has a predetermined difference or more from each other, is measured by the feed line length meter It further comprises wire length abnormality determining means for determining that there is an abnormality when a difference of a predetermined value or more occurs between each of the measured wire lengths and the length measured by the lead wire length meter.

本発明の第5のツイストケーブル製造装置は、 前記電線送給手段に設けられた、前記複数の電線の各々をクランプするとともに送るローラ、及び、該ローラが前記電線を押圧する押圧力を制御する手段、を有し、 前記ローラの駆動により前記電線を送る際には前記押圧力を比較的高くし、 前記ローラを自由回転状態として前記電線を前記トップ引き出し手段で引き出すときは、該ローラと電線とがスリップしない範囲で、前記押圧力を比較的低くする、ことを特徴とする。   The fifth twisted cable manufacturing apparatus of the present invention controls a roller provided in the wire feeding means for clamping and feeding each of the plurality of wires, and a pressing force by which the roller presses the wires. And when the wire is fed by driving the roller, the pressing force is relatively high, and when the roller is in a freely rotating state and the wire is pulled out by the top pulling means, the roller and the wire The pressing force is relatively low in a range in which the slip does not slip.

本発明に関連する第6のツイストケーブル製造装置は、 前記トップ渡し手段を電線長さ方向に移動させる移動テーブル、及び、該移動テーブルに搭載された、前記トップ渡し手段の電線クランプを、前記電線長さ方向の直角方向に移動させる機構、 前記移動テーブルのテール側において処理・搬送される電線の下側に広がっているとともに、前記移動テーブルとともに前記電線長さ方向に移動する樹脂製のクッションベルトを、有することを特徴とする。   A sixth twisted cable manufacturing apparatus related to the present invention includes a moving table for moving the top passing means in the electric wire length direction, and an electric wire clamp for the top passing means mounted on the moving table. A mechanism for moving in a direction perpendicular to the length direction, and a resin cushion belt that spreads below the electric wire to be processed and conveyed on the tail side of the moving table and moves in the electric wire length direction together with the moving table It is characterized by having.

本発明に関連する他のツイストケーブル製造装置は、前記トップ渡し手段、及び、前記トップクランプを、電線長さ方向に移動させる移動テーブル、並びに、 該移動テーブルに搭載された、前記トップ渡し手段の電線クランプを、前記電線長さ方向の直角方向に移動させる機構、 を有することを特徴とする。   Another twisted cable manufacturing apparatus related to the present invention includes the top passing means, the moving table for moving the top clamp in the length direction of the electric wire, and the top passing means mounted on the moving table. And a mechanism for moving the electric wire clamp in a direction perpendicular to the electric wire length direction.

本発明の第2の電線撚り合わせ装置は、 撚り合わせ中の前記電線の振れを止める振れ止めが設けられていることを特徴とする。   The second wire twisting device of the present invention is characterized in that an anti-swaying device is provided to stop the wire from twisting during twisting.

本発明の第3の電線撚り合わせ装置は、 さらに、 電線撚り合わせ後に、前記トップクランプ及び前記テールクランプが解放されて落下する撚り合わせ後の電線を載置する排出トレイと、を備え、 前記トップクランプ及び/又は前記テールクランプ、該クランプの前記回転手段、並びに、該クランプを付勢しながら移動させる前記クランプ間隔・張力調整機構が、前記排出トレイの上方に配置されたテーブルから吊下げ式に配設されていることを特徴とする。撚り合わせ後にクランプ開放製品落下させる場合に、排出トレイ(シュート)に落ちる製品が引っ掛かるような部位を極力なくす。これにより、作業トラブルを防止することができる。   The third wire twisting device of the present invention further includes a discharge tray for placing the twisted wires that fall after the top clamp and the tail clamp are released after the wire twisting, and the top The clamp and / or the tail clamp, the rotating means of the clamp, and the clamp interval / tension adjusting mechanism that moves the clamp while being urged are suspended from a table disposed above the discharge tray. It is characterized by being arranged. When dropping the clamp-open product after twisting, eliminate the part where the product falling on the discharge tray (chute) is caught as much as possible. Thereby, work troubles can be prevented.

本発明の第1のツイストケーブル製造方法は、 複数本の電線の一方の端部であるトップをトップクランプで挟持し、 該複数本の電線の他方の端部であるテールをテールクランプで挟持し、 前記トップクランプと前記テールクランプの相互間隔及び前記電線に付加する張力を調整しながら、前記トップクランプ及び/又は前記テールクランプを回転させ、 複数本の電線を撚り合わせて撚り合わせ電線を製造する方法であって、前記の電線撚り合わせ装置を用いることを特徴とする。   In the first twisted cable manufacturing method of the present invention, a top that is one end of a plurality of electric wires is clamped by a top clamp, and a tail that is the other end of the plurality of electric wires is clamped by a tail clamp. While adjusting the mutual distance between the top clamp and the tail clamp and the tension applied to the electric wire, the top clamp and / or the tail clamp are rotated, and a plurality of electric wires are twisted to produce a twisted electric wire. It is a method, Comprising: The said wire twisting apparatus is used, It is characterized by the above-mentioned.

本発明の第2のツイストケーブル製造方法は、 電線を送給する工程と、 送給された電線のトップ部の被覆を皮むきするトップ皮むき工程と、 皮むきされたトップ部に端子を圧着するなどの処理を施すトップ端処理工程と、 トップ部の端処理された電線を任意の長さに切断する電線切断工程と、 切断された電線のテール部の被覆を皮むきするテール皮むき工程と、 皮むきされたテール部に端処理を施すテール端処理工程と、 両端に端処理された複数本の電線を撚り合わせる撚り合わせ工程と、を含むツイストケーブルの製造方法であって、前記のツイストケーブル製造装置を用いることを特徴とする。   The second twisted cable manufacturing method of the present invention includes a step of feeding an electric wire, a top peeling step of peeling a coating on a top portion of the fed electric wire, and a terminal is crimped to the peeled top portion. A top end processing step for performing a treatment such as a wire cutting step, a wire cutting step for cutting the end-treated electric wire of the top portion into an arbitrary length, and a tail peeling step for peeling the covering of the tail portion of the cut electric wire A method of manufacturing a twisted cable, comprising: a tail end processing step for end-treating the peeled tail portion; and a twisting step for twisting a plurality of wires end-treated at both ends, A twist cable manufacturing apparatus is used.

撚り合わせが進行するにしたがって撚り合わされた電線の長さは徐々に短くなる。本発明によれば、2本(複数本)の電線を撚り合わせる際に、電線の一方の端部を引っ張って張力を与えるとともに、電線の縮み代に応じて同端部を電線の長手方向に移動させるので、電線を適宜な張力で維持することができる。したがって、撚り合わせのピッチが均一で、電線間のスキマの小さいツイストケーブルを製造できる。さらに、この撚り合わせ装置を二線式(複数線式)の端子圧着装置に組み込めば、電線端処理(皮むき、端子圧着など)に連続して撚り合わせ作業を行うことができるので、人手による撚り合わせ装置への装着等の手間がかからず、生産効率を上げることができる。あるいは、タクトタイムの短いツイストケーブル製造装置などを提供できる。また、製造するツイストケーブルの品質が高いツイストケーブル製造装置などを提供できる。   As the twisting progresses, the length of the wires twisted gradually decreases. According to the present invention, when two (a plurality of) electric wires are twisted together, one end of the electric wire is pulled to give tension, and the same end in the longitudinal direction of the electric wire according to the contraction allowance of the electric wire. Since it moves, an electric wire can be maintained with appropriate tension. Therefore, a twisted cable having a uniform twisting pitch and a small gap between wires can be manufactured. Furthermore, if this twisting device is incorporated into a two-wire (multi-wire) terminal crimping device, the twisting operation can be carried out continuously after the wire end treatment (peeling, terminal crimping, etc.). Production efficiency can be increased without the need for mounting on a twisting device. Alternatively, a twist cable manufacturing apparatus with a short tact time can be provided. In addition, a twisted cable manufacturing apparatus with high quality of the manufactured twisted cable can be provided.

本発明の実施の形態に係るツイストケーブル製造装置の全体構成を模式的に示す平面図である。It is a top view which shows typically the whole structure of the twist cable manufacturing apparatus which concerns on embodiment of this invention. 電線送給装置の側面図である。It is a side view of an electric wire feeder. トップ引き出し装置の側面図である。It is a side view of a top drawer device. 電線送給装置とトップ引き出し装置の位置関係を示す側面図である。It is a side view which shows the positional relationship of an electric wire feeder and a top drawer | drawing-out apparatus. トップ引き出し装置のクランプ部の側面図である。It is a side view of the clamp part of a top drawer device. トップ引き出し装置のクランプ部の平面図である。It is a top view of the clamp part of a top drawer device. トップ受け渡し装置、並びに、移動テーブルの構成を示す側面図である。It is a side view which shows the structure of a top delivery apparatus and a movement table. 図7のトップ受け渡し装置、並びに、移動テーブルの構成を示す平面図である。It is a top view which shows the structure of the top delivery apparatus of FIG. 7, and a movement table. 図7のトップ受け渡し装置、並びに、移動テーブルの構成を示すトップ側から見た正面図である。It is the front view seen from the top side which shows the structure of the top delivery apparatus of FIG. 7, and a movement table. 図10(A)は、テーブル移動機構の側面図、図10(B)は正面図である。FIG. 10A is a side view of the table moving mechanism, and FIG. 10B is a front view. テール受け渡し装置の排出側から見た側面図であり、主にクランプの上下機構が示されている。It is the side view seen from the discharge | emission side of a tail delivery apparatus, and the raising / lowering mechanism of a clamp is mainly shown. テール受け渡し装置のトップ側から見た正面図であり、主にクランプのクランプ間隔変更機構(電線ピッチ変更機構)が示されている。It is the front view seen from the top side of a tail delivery device, and mainly shows the clamp interval change mechanism (electric wire pitch change mechanism) of a clamp. テール受け渡し装置の平面図である。It is a top view of a tail delivery apparatus. トップ回転ユニットを排出側から見た側面図である。電線撚り合わせ作業開始前の状態である。It is the side view which looked at the top rotation unit from the discharge side. This is the state before starting the wire twisting operation. 図14のトップ回転ユニットを排出側から見た側面図である。電線撚り合わせ作業終了後の状態である。付勢シリンダの空圧配管系統も、模式的に図示してある。It is the side view which looked at the top rotation unit of FIG. 14 from the discharge side. It is the state after the end of the wire twisting operation. The pneumatic piping system of the biasing cylinder is also schematically shown. 図14のトップ回転ユニットを下から見た底面図である。図14同様に電線撚り合わせ作業開始前の状態である。It is the bottom view which looked at the top rotation unit of Drawing 14 from the bottom. Similarly to FIG. 14, it is a state before the start of the wire twisting operation. 図14のトップ回転ユニットをテール側から見た正面図である。It is the front view which looked at the top rotation unit of FIG. 14 from the tail side. テール側電線振れ止め、及び、X方向中央部電線振れ止めを示すための、電線撚り合わせ装置をトップ側からテール側を見た図である。It is the figure which looked at the tail side from the top side of the wire twisting apparatus for showing tail side electric wire steadying and X direction center part electric wire steadying. ツイストケーブル製造工程を説明するための模式的平面図である。It is a typical top view for explaining a twist cable manufacturing process. ツイストケーブル製造工程を説明するための模式的平面図である。It is a typical top view for explaining a twist cable manufacturing process. ツイストケーブル製造工程を説明するための模式的平面図である。It is a typical top view for explaining a twist cable manufacturing process. ツイストケーブル製造工程を説明するフローチャートである。It is a flowchart explaining a twist cable manufacturing process. ツイストケーブルの一例を示す模式的平面図である。It is a typical top view which shows an example of a twist cable.

発明を実施するための良好な形態Good form for carrying out the invention

以下、本発明の実施の形態について、図面を参照しながら詳細に説明する。
ツイストケーブル製造装置の全体構成
図1を参照して、本発明の実施の形態に係るツイストケーブル製造装置の全体構成を説明する。ツイスト(撚り合わせ)ケーブルとは、図23に示す、2本の、両端に端子Tを圧着するなどの端処理の施された二本の電線W1・W2を撚り合わせたものである。
Hereinafter, embodiments of the present invention will be described in detail with reference to the drawings.
Overall Configuration of Twist Cable Manufacturing Device With reference to FIG. 1, the overall configuration of a twist cable manufacturing device according to an embodiment of the present invention will be described. The twisted (twisted) cable is a cable obtained by twisting two electric wires W1 and W2 that are end-treated such as crimping a terminal T on both ends as shown in FIG.

ツイストケーブル製造装置1は、図1に示すように、以下の主要部を備える。
本発明者らが提案した二線式圧着電線製造装置(特許第5060657号)と同様の、2つの電線束の各々から電線を送給するとともに該電線の先端部を挟持する電線送給装置(手段)100。
該電線の先端(トップ)の被覆を皮むきする皮むき装置(手段)200。
皮むきされた電線の先端に端子を圧着する端子圧着装置(手段)210。
先端に端子が圧着された電線を任意の長さに切断する電線切断装置(手段)230。
切断された電線の後端(テール)部を挟持するクランプ装置(手段)240。
切断された電線の後端の被覆を皮むきする皮むき装置(手段)250。
皮むきされた後端に端子を圧着する端子圧着装置(端処理手段)260。
As shown in FIG. 1, the twist cable manufacturing apparatus 1 includes the following main parts.
Similar to the two-wire crimped wire manufacturing device proposed by the present inventors (Patent No. 5060657), a wire feeding device that feeds the wire from each of the two wire bundles and clamps the tip of the wire ( Means) 100.
A peeling device (means) 200 for peeling off the coating on the tip (top) of the electric wire.
A terminal crimping device (means) 210 for crimping a terminal to the end of the peeled electric wire.
An electric wire cutting device (means) 230 for cutting an electric wire having a terminal crimped to the tip into an arbitrary length.
A clamping device (means) 240 for clamping the rear end (tail) portion of the cut electric wire.
Peeling device (means) 250 for peeling the covering of the rear end of the cut electric wire.
A terminal crimping device (end processing means) 260 for crimping a terminal to the peeled rear end.

さらに、ツイストケーブル製造装置1は、上記特許の二線式圧着電線製造装置には存在しない、以下の主要部も備える。
切断装置230で切断されて端子が圧着された電線の先端部を把持して任意の長さだけ引き出すトップ引き出し装置(手段)1300。このトップ引き出し装置1300は、電線引き出し後に、二本の電線W1・W2の軸芯間距離(Y方向の寸法、電線間ピッチという)を、引き出し時の20mmから10mmに狭めることができる。
両端に端子が圧着された2本の電線を撚り合わせる電線撚り合わせ装置1400。
電線撚り合わせ装置1400は、切断された電線の先端部(トップ)を把持して回転するトップ回転ユニット(回転手段)1400Aと、同電線の後端部(テール)を把持して回転するテール回転ユニット1400Bとからなる。両ユニット間の下方には、製造されたツイストケーブルが収容される排出トレイ1800が配置されている。
Furthermore, the twisted cable manufacturing apparatus 1 includes the following main parts that are not present in the two-wire crimped electric wire manufacturing apparatus of the above-mentioned patent.
A top pulling device (means) 1300 for grasping the leading end portion of the electric wire cut by the cutting device 230 and crimped to the terminal and pulling it out to an arbitrary length. The top drawing device 1300 can narrow the distance between the axes of the two electric wires W1 and W2 (the dimension in the Y direction, the pitch between the wires) from 20 mm at the time of drawing to 10 mm after the drawing of the wires.
Wire twisting device 1400 that twists two wires with terminals crimped at both ends.
The wire twisting device 1400 has a top rotating unit (rotating means) 1400A that rotates by gripping the tip (top) of the cut wire, and a tail rotation that rotates by gripping the rear end (tail) of the wire. Unit 1400B. A discharge tray 1800 that accommodates the manufactured twisted cable is disposed below both units.

さらに、ツイストケーブル製造装置1は、以下の主要部も備える。
切断された電線のトップを、トップ引き出し装置1300から撚り合わせ装置のトップ回転ユニット1400Aに移行するトップ受け渡し装置(払い渡し手段)1600。
切断された電線のテールを、テールクランプ装置240から撚り合わせ装置のテール回転ユニット1400Bに移行するテール受け渡し装置(払い渡し手段)1700。このテール受け渡し装置1700は、受け取った二本の電線W1・W2の軸芯間距離(Y方向の寸法、電線間ピッチという)を、引き出し時の20mmから10mmに狭めることができる。
Furthermore, the twisted cable manufacturing apparatus 1 is also provided with the following main parts.
A top delivery device (delivery means) 1600 for transferring the top of the cut electric wire from the top drawing device 1300 to the top rotating unit 1400A of the twisting device.
A tail transfer device (delivery means) 1700 for transferring the tail of the cut electric wire from the tail clamp device 240 to the tail rotation unit 1400B of the twisting device. The tail delivery device 1700 can narrow the distance between the shaft centers of the two received wires W1 and W2 (the dimension in the Y direction, the pitch between wires) from 20 mm when pulled out to 10 mm.

(優先権基礎出願0034)
以降の説明において、切断装置230で切断された後に電線束側に残った電線を残留電線あるいは1次側電線といい、電線束から切断された先の電線を切断電線あるいは2次側電線という(図1参照)。また、電線送給装置100による電線送給方向(電線の長さ方向をX方向といい、X方向の先側(+側)をトップ側といい、後側(−X側)をテール側という。また、X方向と直交する、2次側電線が送られる方向をY方向といい、Y方向の元側(−側)を反排出側、先側(+側)を排出側という。
(Priority basic application 0034)
In the following description, the electric wire remaining on the electric wire bundle side after being cut by the cutting device 230 is referred to as a residual electric wire or a primary electric wire, and the previous electric wire cut from the electric wire bundle is referred to as a cut electric wire or a secondary electric wire ( (See FIG. 1). Also, the wire feeding direction by the wire feeding device 100 (the length direction of the wire is referred to as the X direction, the front side (+ side) in the X direction is referred to as the top side, and the rear side (−X side) is referred to as the tail side. In addition, the direction in which the secondary electric wires are sent perpendicular to the X direction is referred to as the Y direction, the original side (− side) in the Y direction is referred to as the anti-discharge side, and the front side (+ side) is referred to as the discharge side.

次のツイストケーブル製品を製造するために1次側電線を電線送給装置100に送り始める初期状態において、電線送給装置100、切断装置230、テールクランプ装置240、及び、トップ引き出し装置1300は、2個の電線束から繰り出された電線が送られる方向(X方向)に、所定の間隔を開けて直列に順に並んでいる。この初期状態の電線送給装置100などのY方向位置を電線送り位置Y0(原点ともいう)という。また、トップ引き出し装置1300の初期状態のX方向位置を初期位置X0という。   In the initial state in which the primary side electric wire is started to be sent to the wire feeder 100 to manufacture the next twisted cable product, the wire feeder 100, the cutting device 230, the tail clamp device 240, and the top drawing device 1300 are: The wires drawn from the two wire bundles are arranged in series in series in a direction (X direction) with a predetermined interval therebetween. The position in the Y direction of the wire feeding device 100 in the initial state is referred to as a wire feeding position Y0 (also referred to as an origin). Further, the X-direction position in the initial state of the top drawer device 1300 is referred to as an initial position X0.

電線送給装置100は、電線送り位置Y0から、−Y方向に移動可能である。トップ皮むき装置200は、電線送り位置Y0から−Y方向に所定の距離離れた位置Y1(トップ皮むき位置)に配置され、トップ端子圧着装置210は、トップ皮むき位置Y1からさらに−Y方向に離れた位置(トップ端子圧着位置)Y2に配置されている。   The wire feeding device 100 is movable in the −Y direction from the wire feeding position Y0. The top peeling device 200 is disposed at a position Y1 (top peeling position) that is a predetermined distance away from the wire feeding position Y0 in the -Y direction, and the top terminal crimping device 210 is further from the top peeling position Y1 in the -Y direction. It is arrange | positioned in the position (top terminal crimping | compression-bonding position) Y2 which was distant.

テールクランプ装置240は、電線送り位置Y0から、+Y方向に移動可能である。テール皮むき装置250は、電線送り位置Y0から+Y方向に所定の距離離れた位置Y3(テール皮むき位置)に配置され、テール端子圧着装置260は、テール皮むき位置Y3からさらに+Y方向に離れた位置Y4(テール端子圧着位置)に配置されている。   The tail clamp device 240 is movable in the + Y direction from the wire feed position Y0. The tail peeling device 250 is disposed at a position Y3 (tail peeling position) that is a predetermined distance away from the wire feed position Y0 in the + Y direction, and the tail terminal crimping device 260 is further separated from the tail peeling position Y3 in the + Y direction. Is located at the position Y4 (tail terminal crimping position).

トップ引き出し装置1300は、原点位置X0からX方向に移動可能である。
電線撚り合わせ装置1400は、テール端子圧着位置Y4から+Y方向に所定の距離離れた位置Y5に配置されている。テール回転ユニット1400BはXY方向に固定されているが、トップ回転ユニット1400Aは、X方向に移動可能である(詳細後述)。
The top drawer device 1300 is movable in the X direction from the origin position X0.
The wire twisting device 1400 is disposed at a position Y5 that is a predetermined distance away from the tail terminal crimping position Y4 in the + Y direction. The tail rotation unit 1400B is fixed in the XY direction, but the top rotation unit 1400A is movable in the X direction (details will be described later).

次に、各装置について説明する。
電線送給装置100
図2を参照して、電線送給装置について説明する。電線送給装置100は、基本的には、特許5060657号の二線式圧着電線製造装置と同様の構成・作用を有する。
Next, each device will be described.
Wire feeder 100
The electric wire feeder will be described with reference to FIG. The electric wire feeder 100 basically has the same configuration and operation as the two-wire crimped electric wire manufacturing apparatus disclosed in Japanese Patent No. 5060657.

電線送給装置100は、2個の電線束から各々繰り出された電線のトップを電線送り方向に平行に並べてクランプするとともに、これらの電線を電線送り方向に沿って送り出す。同装置100は、電線を送り出すとともに把持するローラユニット110を備える。ローラユニット110は、左右のローラ対120、左右ローラ対120の各々を駆動するモータ130、左右ローラ対支持プレート140、及び、これらが搭載されるベースプレート150を備える。なお、これらのローラは、電線をクランプするとともに送るものであるので、フィード・クランプローラともいえる。   The electric wire feeding device 100 arranges and clamps the tops of the electric wires fed out from the two electric wire bundles in parallel with the electric wire feeding direction, and sends out these electric wires along the electric wire feeding direction. The apparatus 100 includes a roller unit 110 that feeds and grips an electric wire. The roller unit 110 includes a left and right roller pair 120, a motor 130 that drives each of the left and right roller pair 120, a left and right roller pair support plate 140, and a base plate 150 on which these are mounted. Since these rollers clamp and send the electric wire, they can also be called feed / clamp rollers.

左右のローラ支持プレート140は、電線送り方向に平行となるようにベースプレート150の左右側に配置されている。各ローラ支持プレート140の上部には、前方に延びる2本の上下アーム141、142が旋回可能に取り付けられている。各アーム141、142の先端には、ローラ対120を構成する上下のローラ121、122が回転可能に取り付けられている。上下ローラ121、122間の間隔は、シリンダ148により各アーム141、142を旋回させることによって変更することができる。また、上下ローラ121、122間の押圧力、すなわち、両ローラに把持された電線の被覆表面にかかる圧力も調整できる。具体的には、シリンダ148にかける空気圧を空気圧管路147の電気制御圧力調整弁149でコントロールする。ローラ、アーム、シリンダの詳細な構成は、特許5060657号の図12・5、明細書段落0053〜67に記載されている。   The left and right roller support plates 140 are disposed on the left and right sides of the base plate 150 so as to be parallel to the wire feeding direction. Two upper and lower arms 141 and 142 extending forward are attached to the upper portion of each roller support plate 140 so as to be rotatable. Upper and lower rollers 121 and 122 constituting a roller pair 120 are rotatably attached to the tips of the arms 141 and 142. The interval between the upper and lower rollers 121 and 122 can be changed by turning the arms 141 and 142 by the cylinder 148. Further, the pressing force between the upper and lower rollers 121 and 122, that is, the pressure applied to the coating surface of the electric wire held by both rollers can be adjusted. More specifically, the air pressure applied to the cylinder 148 is controlled by the electric control pressure adjustment valve 149 in the pneumatic line 147. Detailed configurations of the roller, arm, and cylinder are described in FIG. 12.5 of Japanese Patent No. 5060657 and paragraphs 0053 to 67 of the specification.

本実施形態においては、ローラ120による電線クランプ時と電線送り時には比較的高い押圧力を電線にかけ、トップ引き出し装置1300による電線引き出し時には、比較的低い押圧力(ローラのスリップを避ける程度)をかける。これにより、電線引き出し時に電線被覆表面に圧痕などが付くのを防止できる。空気圧圧力の値は、電線の寸法や材質により選択できる。   In the present embodiment, a relatively high pressing force is applied to the electric wire when the electric wire is clamped and fed by the roller 120, and a comparatively low pressing force (a degree to avoid slipping of the roller) is applied when the electric wire is extracted by the top drawing device 1300. Thereby, it can prevent that an indentation etc. adhere to the electric wire coating surface at the time of electric wire drawing-out. The value of the pneumatic pressure can be selected depending on the size and material of the electric wire.

左右ローラ対の上下のローラ121、122には、同軸上にギアが固定されており、これらのギアは、各々上下の駆動ギア125、126に噛み合っている。上下の駆動ギア125、126は互いに噛み合うように配置されている。下駆動ギア126の同軸上に固定されたプーリと、モータ130の出力軸に固定されたプーリとの間には、タイミングベルト133が巻き回されている。このような構成によって、モータ130が停止した状態では、電線は上下ローラ121、122の外周面間に挟まれてクランプされ、モータ130が駆動されると、上下駆動ギア125、126を介して上下ローラ121、122が反対方向に回転し、電線が送り出される。上下ローラ121、122の接触面の前方には、電線が挿通されるノズル135が取り付けられている。   Gears are coaxially fixed to the upper and lower rollers 121 and 122 of the pair of left and right rollers, and these gears mesh with the upper and lower drive gears 125 and 126, respectively. The upper and lower drive gears 125 and 126 are arranged to mesh with each other. A timing belt 133 is wound between a pulley fixed on the same axis as the lower drive gear 126 and a pulley fixed to the output shaft of the motor 130. With such a configuration, when the motor 130 is stopped, the electric wire is sandwiched and clamped between the outer peripheral surfaces of the upper and lower rollers 121 and 122, and when the motor 130 is driven, the upper and lower drive gears 125 and 126 are used to The rollers 121 and 122 rotate in the opposite direction, and the electric wire is sent out. A nozzle 135 through which the electric wire is inserted is attached in front of the contact surfaces of the upper and lower rollers 121 and 122.

モータ130は、エンコーダを内蔵したサーボモータである。同モータは、エンコーダで計測された回転角度信号を制御部にフィードバックし(セミクローズド制御)、目的の移動量に達するように動作量を制御する。また、電磁ブレーキを開放してサーボフリーの状態として、エンコーダのみを機能させることもできる。つまり、モータを駆動させずに自由回転状態で電線を引き出した場合、モータの回転軸は回転するので、エンコーダによって引き出し量を計測することができる。これにより、2本の電線の各々を独立して送り出すことができるとともに、電線毎の送り出し長さを知ることができる。   The motor 130 is a servo motor with a built-in encoder. The motor feeds back the rotation angle signal measured by the encoder to the control unit (semi-closed control), and controls the operation amount so as to reach the target movement amount. It is also possible to make only the encoder function by releasing the electromagnetic brake and making it servo-free. That is, when the electric wire is pulled out in a free rotating state without driving the motor, the rotating shaft of the motor rotates, so that the pulling amount can be measured by the encoder. Thereby, while being able to send out each of two electric wires independently, the sending length for every electric wire can be known.

各ローラ支持プレート140は、ベースプレート150に対してばね(図示されず)によって上方に付勢されており、上限高さが上下ローラ121、122間の高さが所定の電線送り高さとなるように設定されている。さらに、各ローラ支持プレート140は、ベースプレート150に対して上下方向に移動可能に支持されており、上下ローラ121、122の接触面の高さを、端子圧着時に、圧着に追随させて下降させることができる(沈み機構)。これにより、端子圧着時に電線が中高に曲がったり折れたりすることを防止できる。   Each roller support plate 140 is biased upward by a spring (not shown) with respect to the base plate 150 so that the upper limit height is a predetermined wire feed height between the upper and lower rollers 121 and 122. Is set. Furthermore, each roller support plate 140 is supported so as to be movable in the vertical direction with respect to the base plate 150, and the height of the contact surface of the upper and lower rollers 121, 122 is lowered following the crimping at the time of terminal crimping. (Sink mechanism). Thereby, it can prevent that an electric wire bends or bends to middle-high at the time of terminal crimping.

ベースプレート150は、ボールネジ、ボールネジを駆動するモータ、リニアガイド及びスライダ等で構成される移動機構151により、テーブル160上をX方向に移動可能に支持されている。皮むき時や端子圧着時には、ベースプレート150がX方向を前方に移動し、皮むき作業や端子圧着作業が行われる。
さらに、テーブル160は、旋回アーム、旋回アームを駆動するモータ、リニアガイド及びスライダ等で構成される移動機構161により、機台3上をY方向に移動可能に支持されている。これにより、電線送給装置100が、トップ皮むき位置Y1やトップ端子圧着位置Y2に移動する。
The base plate 150 is supported on the table 160 so as to be movable in the X direction by a moving mechanism 151 including a ball screw, a motor for driving the ball screw, a linear guide, and a slider. At the time of peeling or terminal crimping, the base plate 150 moves forward in the X direction, and the peeling work or terminal crimping work is performed.
Further, the table 160 is supported so as to be movable in the Y direction on the machine base 3 by a moving mechanism 161 composed of a turning arm, a motor for driving the turning arm, a linear guide, a slider, and the like. Thereby, the electric wire feeder 100 moves to the top peeling position Y1 or the top terminal crimping position Y2.

切断装置230や皮むき装置200等
次に、切断装置や皮むき装置等について説明する。切断装置230、トップ皮むき装置200、トップ端子圧着装置210、テール皮むき装置250、テール端子圧着装置260及びテールクランプ装置240は、基本的には、二線式圧着電線製造装置(特許5060657号)の各装置と同様の構成・作用を有する。それらについて、以下に概要の説明を行う。
Like cutting device 230 and peeling device 200 will now be described a cutting device and peeling device. The cutting device 230, the top peeling device 200, the top terminal crimping device 210, the tail peeling device 250, the tail terminal crimping device 260 and the tail clamp device 240 are basically a two-wire crimping wire manufacturing device (Patent No. 5060657). ) Have the same configuration and operation as each device. The outline of these will be described below.

切断装置230は、並列する2本の電線を切断する二組の切断刃を有し、2本の電線を同時に切断する。テールクランプ装置240は、並列する2本の電線のテール側端部を挟持するクランプ部を有し、電線送り位置Y0から、テール皮むき位置Y3、テール端子圧着位置Y4へ移動可能である。トップ及びテール皮むき装置200、250は、並列する2本の電線の皮むきをする二組の刃を有し、2本の電線を同時に皮むきする。トップ及びテール端子圧着装置210、260は、一組の端子圧着機を備え、2本の電線を1本ずつ、時間をずらして端子圧着処理する。   The cutting device 230 has two sets of cutting blades for cutting two electric wires arranged in parallel, and cuts the two electric wires at the same time. The tail clamp device 240 has a clamp portion that holds the tail side end portions of two electric wires arranged in parallel, and is movable from the wire feed position Y0 to the tail peeling position Y3 and the tail terminal crimping position Y4. The top and tail peeling devices 200, 250 have two sets of blades for peeling two wires in parallel, and peel the two wires at the same time. The top and tail terminal crimping apparatuses 210 and 260 include a pair of terminal crimping machines, and perform terminal crimping processing with two wires one by one at different times.

トップ引き出し装置
次に、図3を参照して、トップ引き出し装置の全体構成を説明する。
トップ引き出し装置1300は、電線送給装置100(図1)から送り出された2本の電線の先端を把持するクランプ部1310と、クランプ部1310を、Y方向における原点位置Y0において、X方向に移動させる移動機構320とを備える。+X方向への移動長さは、ツイストケーブル製品のツイスト前の長さによって決定される(例えば3.5m程度)。
Top drawer Apparatus Next, with reference to FIG. 3, the overall structure of the top drawer device.
The top drawing device 1300 moves the clamp portion 1310 that grips the tips of the two wires fed from the wire feeding device 100 (FIG. 1) and the clamp portion 1310 in the X direction at the origin position Y0 in the Y direction. And a moving mechanism 320 to be moved. The moving length in the + X direction is determined by the length of the twisted cable product before twisting (for example, about 3.5 m).

クランプ部1310は、二本の電線W1・W2の各々を把持する計二セットで上下一対のクランプ1311と、このクランプ1311の開閉機構(後述)とを備える。クランプ部1310は、横長の支持プレート315のテール側端に取り付けられている。   The clamp unit 1310 includes a total of two sets for holding each of the two electric wires W1 and W2, and includes a pair of upper and lower clamps 1311 and an opening / closing mechanism (described later) for the clamps 1311. The clamp portion 1310 is attached to the tail side end of the horizontally long support plate 315.

移動機構320は、固定ベース(図示されず)の上にX方向に延びるように敷設されたリニアガイド321、同ガイド321に係合する2個のスライダ322、タイミングベルト325、及び、タイミングベルト325を駆動するモータ327等を備える。リニアガイド321の長さは約4mである。リニアガイド321の両端付近にはプーリ329が配置されており、一方(トップ側)のプーリ329の回転軸には、モータ327の回転軸が連結している。両プーリ間にはタイミングベルト325が巻き回されている。タイミングベルト325は、複数箇所で押さえローラ331によってテンションが調節されている。モータ327は、エンコード付きのサーボモータである。   The moving mechanism 320 includes a linear guide 321 laid on a fixed base (not shown) so as to extend in the X direction, two sliders 322 engaged with the guide 321, a timing belt 325, and a timing belt 325. And a motor 327 for driving the motor. The length of the linear guide 321 is about 4 m. A pulley 329 is disposed near both ends of the linear guide 321, and the rotation shaft of the motor 327 is connected to the rotation shaft of one (top side) pulley 329. A timing belt 325 is wound between the pulleys. The tension of the timing belt 325 is adjusted by pressing rollers 331 at a plurality of locations. The motor 327 is a servo motor with an encoding.

クランプ部1310を支持する支持プレート315は、背面にリニアガイド321に係合するスライダ322が取り付けられているとともに、連結プレート317によってタイミングベルト325に固定されている。モータ327が駆動されると、タイミングベルト325は両プーリ329間を循環走行する。モータ327の回転方向を適宜に反転させることにより、タイミングベルト325とともに連結プレート317がリニアガイド321に沿って両プーリ329間をX方向の双方向に移動する。固定プレート317の両移動限は、センサ等により検出される。   A support plate 315 that supports the clamp portion 1310 has a slider 322 that is engaged with the linear guide 321 attached to the back surface, and is fixed to the timing belt 325 by a connecting plate 317. When the motor 327 is driven, the timing belt 325 circulates between the pulleys 329. By appropriately reversing the rotation direction of the motor 327, the connection plate 317 together with the timing belt 325 moves between the pulleys 329 in both directions in the X direction along the linear guide 321. Both movement limits of the fixed plate 317 are detected by a sensor or the like.

連結プレート317の移動によって、クランプ部1310も、Y方向における原点位置Y0において、X方向に移動可能である。詳細には、図4に示すように、クランプ部1310は、X方向における原点位置X0においては、電線装置給装置100のノズル135の先端から所定の距離(一例で160mm程度)+X方向に離れた位置に待機している。そして、−X方向に該距離だけ移動して電線送給装置100に接近し(クランプ位置、X1)、同装置100に挟持されている電線のトップを挟持した後、+X方向に移動して電線を電線送給装置100から引き出す。引き出し距離は、この例では最大で3500mmまでの任意の距離にできる。なお、モータ327にはエンコーダが内蔵されているので、モータ327の回転軸の回転数によって、クランプ部1310のクランプ位置(X1)からの移動距離(電線引き出し長さ)が算出される。   By the movement of the connecting plate 317, the clamp portion 1310 can also move in the X direction at the origin position Y0 in the Y direction. Specifically, as shown in FIG. 4, the clamp portion 1310 is separated from the tip of the nozzle 135 of the wire device feeder 100 by a predetermined distance (about 160 mm, for example) + X direction at the origin position X0 in the X direction. Waiting for position. Then, the wire moves by the distance in the −X direction and approaches the wire feeding device 100 (clamp position, X1). After holding the top of the wire held by the device 100, the wire moves in the + X direction and moves to the wire. Is pulled out from the wire feeder 100. The pull-out distance can be any distance up to 3500 mm in this example. Since the motor 327 includes an encoder, the moving distance (cable drawing length) from the clamp position (X1) of the clamp portion 1310 is calculated based on the number of rotations of the rotation shaft of the motor 327.

ここで、電線送給装置100の各電線送りモータ130をサーボフリーとし、トップ引き出し装置1300で電線を引き出す(+X方向へ移動させる)と、引き出し長さ(クランプ部1310の移動距離)は、電線送給装置100の各モータ130のエンコーダで算出される電線毎の値(L1、L2)と、トップ引き出し装置1300のモータ327のエンコーダで算出される値(M)の三種類が存在しうることになる。これらの値が同じであることが理想的であるが、電線のスリップや電線の伸びの影響等によっては、L1とL2の値が異なる、あるいは、L1、L2の値が同じでもこの値がMと異なるようなこともありうる。このような場合、製造されるツイストケーブルの電気特性に不具合が生じることが懸念される。したがって、このような場合は、工程異常と判定することもできる。具体的には、L1とL2との差、MとL1との差、MとL2との差が、予め設定した閾値以下であれば問題ないと判定し、これ以上であれば工程異常と判定し、装置の点検や調整等を行うこともできる。   Here, when each wire feeding motor 130 of the wire feeding device 100 is servo-free and the top drawing device 1300 draws the wire (moves in the + X direction), the drawing length (the moving distance of the clamp portion 1310) There can be three types of values (L1, L2) for each electric wire calculated by the encoder of each motor 130 of the feeding device 100 and a value (M) calculated by the encoder of the motor 327 of the top drawing device 1300. become. Ideally, these values are the same, but depending on the effect of wire slip or wire elongation, the values of L1 and L2 are different, or even if the values of L1 and L2 are the same, this value is M Can be different. In such a case, there is a concern that defects may occur in the electrical characteristics of the manufactured twisted cable. Therefore, in such a case, it can be determined that the process is abnormal. Specifically, it is determined that there is no problem if the difference between L1 and L2, the difference between M and L1, and the difference between M and L2 is equal to or less than a preset threshold value, and if it is greater than this, it is determined that the process is abnormal In addition, inspection and adjustment of the device can be performed.

トップ引き出し装置1300のクランプ部1310
次に、図5・6を参照しつつ、トップ引き出し装置1300のクランプ部1310の具体的実施形態を説明する。この実施形態のクランプ部1310は、クランプ間隔(電線間ピッチ)変更機構1350を有するのが特徴である。
図5は、トップ引き出し装置1300のクランプ部1310の側面図である。
図6は、トップ引き出し装置1300のクランプ部1310の平面図である。
Clamp part 1310 of top drawer device 1300
Next, a specific embodiment of the clamp portion 1310 of the top drawer device 1300 will be described with reference to FIGS. The clamp part 1310 of this embodiment is characterized by having a clamp interval (inter-wire pitch) changing mechanism 1350.
FIG. 5 is a side view of the clamp portion 1310 of the top drawer device 1300.
FIG. 6 is a plan view of the clamp portion 1310 of the top drawer device 1300.

このトップ引き出し装置1300のクランプ部1310は、図5の右下に示す移動台1371(図3の支持プレート315に対応)のテール側端部に搭載されている。図6に示すように、クランプ部1310は、Y方向に対向する一対のクランプ(反排出側クランプ1311・排出側クランプ1311´)を有する。各クランプ1311は、それぞれが二本の電線W1・W2の片方を把持する。各クランプ1311は個別にクランプ開閉リンク機構1313を有している。また、両クランプ1311のY方向の軸芯距離K(電線間ピッチにほぼ対応)を変更するクランプ間隔変更機構1350を有している。   The clamp portion 1310 of the top drawer device 1300 is mounted on the tail side end portion of the movable table 1371 (corresponding to the support plate 315 in FIG. 3) shown in the lower right of FIG. As shown in FIG. 6, the clamp portion 1310 has a pair of clamps (an anti-discharge side clamp 1311 and a discharge side clamp 1311 ′) that face each other in the Y direction. Each clamp 1311 grips one of the two electric wires W1 and W2. Each clamp 1311 has a clamp opening / closing link mechanism 1313 individually. In addition, a clamp interval changing mechanism 1350 is provided for changing the axial center distance K in the Y direction of both the clamps 1311 (substantially corresponding to the pitch between the wires).

まずクランプ1311そのものを説明する。クランプ1311は、図5に示すように、鰐口状に開閉する上下一対の同様のものである。ここでは、上側のクランプ1311について説明する。クランプ本体1324、及び、その根元のアーム1325は、棒状のものであって、ピン1327の回りに回動する。クランプ本体1324の先端には、ピン1323を介して爪1321が付設されている。この爪1321は、クランプ閉時にワイヤーWの絶縁被覆の外面に押し当てられる。この際、爪1321がピン1323回りに回動自在であるので、爪1321はX方向の各部で均一に、またワイヤーW被覆外面に平行に当る。これにより、ワイヤーWの絶縁被覆の外面に爪1321のエッジが片辺りして絶縁被覆に傷を付けるようなことを防止している。   First, the clamp 1311 itself will be described. As shown in FIG. 5, the clamps 1311 are a pair of upper and lower similar ones that open and close like a shed. Here, the upper clamp 1311 will be described. The clamp body 1324 and its base arm 1325 are rod-shaped and rotate around the pin 1327. A claw 1321 is attached to the tip of the clamp body 1324 via a pin 1323. The claw 1321 is pressed against the outer surface of the insulating coating of the wire W when the clamp is closed. At this time, since the claw 1321 is rotatable around the pin 1323, the claw 1321 hits uniformly in each part in the X direction and parallel to the outer surface of the wire W coating. This prevents the edge of the claw 1321 from being on one side of the outer surface of the insulating coating of the wire W and scratching the insulating coating.

アーム1325の根元には、ピン1327を介して、リンクA1329(アーム1325と一体物)・リンクB1333・ピン1331・ピン1335からなるクランプ開閉リンク機構1313が連結されている。ピン1335は、クレビス1334を介して、クランプ開閉シリンダ1339のロッド1338(図6)によりX方向に駆動される。そして、図5がクランプ1311が開の状態であり、ここからピン1335がトップ側(+X)に動くと、クランプ1311が閉じてワイヤーWが把持される。なお、上記リンク機構1313は、枠1330内に配置されている。   A clamp opening / closing link mechanism 1313 including a link A 1329 (integrated with the arm 1325), a link B 1333, a pin 1331, and a pin 1335 is connected to the root of the arm 1325 via a pin 1327. The pin 1335 is driven in the X direction by the rod 1338 (FIG. 6) of the clamp opening / closing cylinder 1339 via the clevis 1334. FIG. 5 shows the state in which the clamp 1311 is open. When the pin 1335 moves from here to the top side (+ X), the clamp 1311 is closed and the wire W is gripped. The link mechanism 1313 is arranged in the frame 1330.

次にクランプ間隔変更機構1350について、主に図5を参照しつつ説明する。同機構1350は、図5の下部に示されており、クランプ開閉リンク機構1313の枠1330及びクランプ開閉シリンダ1339の搭載されているプレート1351を、Y方向(図5の紙面前後方向)に動かすものである。同プレート1351の下面には、エアチャックスライダ1353とリニアガイドスライダ1361が取付けられている。エアチャックスライダ1353は、エアチャック本体1357に供給される空圧により、エアチャックレール1355上をY方向に駆動される。リニアガイドスライダ1361はリニアガイドレール1363上をスライドする。なお、エアチャックやリニアガイドは市販品を利用できる。なお、エアチャックとリニアガイドの両者を併用しているのは、X方向に長いクランプ部1310をスムーズに動かすためである。   Next, the clamp interval changing mechanism 1350 will be described mainly with reference to FIG. The mechanism 1350 is shown in the lower part of FIG. 5, and moves the frame 1330 of the clamp opening / closing link mechanism 1313 and the plate 1351 on which the clamp opening / closing cylinder 1339 is mounted in the Y direction (the front-rear direction in FIG. 5). It is. An air chuck slider 1353 and a linear guide slider 1361 are attached to the lower surface of the plate 1351. The air chuck slider 1353 is driven in the Y direction on the air chuck rail 1355 by the air pressure supplied to the air chuck body 1357. The linear guide slider 1361 slides on the linear guide rail 1363. Commercially available air chucks and linear guides can be used. The reason why both the air chuck and the linear guide are used together is to smoothly move the clamp portion 1310 that is long in the X direction.

クランプ間隔変更機構1350は、二本の電線W1・W2用の各クランプ1311毎に一セット設けられている。同機構1350は、前述のように、電線トップ引き出し後に、両クランプ1311・1311´を、互いに近づく方向に夫々5mm動かして、二本の電線W1・W2のピッチを10mmに狭める。なお、動かすストロークは、図6の右寄り中断部分に示すストローク調節ボルト1347の、図の上側の頭の位置を調節することにより変えられる。すなわち、同ボルト1347の頭とその対向面との間の寸法K1の半分が各クランプ1311・1311´の動き寸法となる。   One set of the clamp interval changing mechanism 1350 is provided for each of the clamps 1311 for the two electric wires W1 and W2. As described above, the mechanism 1350 moves the clamps 1311 and 1311 ′ by 5 mm in the directions approaching each other after the wire top is pulled out, thereby narrowing the pitch of the two wires W1 and W2 to 10 mm. The stroke to be moved can be changed by adjusting the position of the head on the upper side of the drawing of the stroke adjusting bolt 1347 shown in the right-side interruption portion of FIG. In other words, half of the dimension K1 between the head of the bolt 1347 and its opposing surface is the movement dimension of the clamps 1311 and 1311 ′.

トップ受け渡し装置1600
次に、トップ受け渡し装置1600、並びに、同装置1600及びトップ回転ユニット1400AをX方向に移動させる移動テーブル1401について、図7〜9を参照して説明する。
図7は、トップ受け渡し装置1600、並びに、移動テーブル1401の構成を示す側面図である。
図8は、図7のトップ受け渡し装置1600、並びに、移動テーブル1401の構成を示す平面図である。
図9は、図7のトップ受け渡し装置1600、並びに、移動テーブル1401の構成を示すトップ側から見た正面図である。
Top delivery device 1600
Next, the top delivery device 1600 and the moving table 1401 for moving the device 1600 and the top rotary unit 1400A in the X direction will be described with reference to FIGS.
FIG. 7 is a side view showing the configuration of the top delivery device 1600 and the moving table 1401.
FIG. 8 is a plan view showing the configuration of the top delivery device 1600 and the moving table 1401 of FIG.
FIG. 9 is a front view of the top delivery device 1600 and the moving table 1401 shown in FIG.

トップ受け渡し装置1600は、図8の左上に示す並列する二本の電線W1・W2のトップ部を、引き出し装置1300(図1・3参照)から受け取り、そこから図の想像線の矢印に沿って、排出(+Y)側に運び、その後トップ側に運んで、図の下部に想像線で示すトップ回転ユニット1400Aに受け渡すものである。   The top transfer device 1600 receives the top portions of the two parallel wires W1 and W2 shown in the upper left of FIG. 8 from the drawing device 1300 (see FIGS. 1 and 3), and from there along the imaginary arrow in the figure , Carried to the discharge (+ Y) side, then carried to the top side, and delivered to the top rotating unit 1400A indicated by an imaginary line at the bottom of the figure.

トップ受け渡し装置1600は以下の各主要部を具備する。
電線を把持するクランプ部1610。
同クランプ部1610を180°回転させる回転ステージ1615。
同回転ステージ1615及びクランプ部1610をY方向に駆動・案内するボールネジ1625・スライダ1622・レール1621。
ボールネジ1625やレール1621を搭載してX方向に動くX移動台1640。
X移動台1640をX方向に駆動・案内するボールネジ1647・ネジ駆動モータ1650・レール1661・1662。
各部を搭載して製品電線長さに応じてX方向に大きく移動する移動テーブル1401。
The top delivery device 1600 includes the following main parts.
Clamp part 1610 that holds the electric wire.
A rotary stage 1615 that rotates the clamp portion 1610 by 180 °.
A ball screw 1625, a slider 1622, and a rail 1621 for driving and guiding the rotation stage 1615 and the clamp portion 1610 in the Y direction.
An X moving table 1640 that moves in the X direction with ball screws 1625 and rails 1621 mounted.
A ball screw 1647, screw drive motor 1650, rails 1661 and 1662 for driving and guiding the X moving table 1640 in the X direction.
A moving table 1401 that mounts each part and moves greatly in the X direction according to the product wire length.

クランプ部1610は、二本の電線W1・W2を把持する一対のクランプ1611と、この一対のクランプ1611を開閉するエアチャック1613とを備える。チャック1613は、X方向の水平軸を中心として回転する回転ステージ1615のアーム1614に取り付けられている。この回転ステージ1615により、クランプ1611は引き出し装置1300(図1・3参照)に挟持されている電線Wを挟持した後、X方向水平軸を中心として、下周りに180°回転する(図9も参照)。   The clamp portion 1610 includes a pair of clamps 1611 that grip the two electric wires W1 and W2, and an air chuck 1613 that opens and closes the pair of clamps 1611. The chuck 1613 is attached to an arm 1614 of a rotary stage 1615 that rotates about a horizontal axis in the X direction. By this rotating stage 1615, the clamp 1611 holds the electric wire W held by the drawing device 1300 (see FIGS. 1 and 3), and then rotates 180 ° downward about the horizontal axis in the X direction (also FIG. 9). reference).

回転ステージ1615は、図7に最も分かり易く示すように、上に立ち上がる支台1617のテール側に固定されている。支台1617の底面は、リニアガイドスライダ1622上に搭載されている。スライダ1622は、Y方向に延びるレール1621に沿ってスライドする。また、支台1617はナットホルダー1626にも接続されている。ナットホルダー1626は、ボールネジ1625と噛み合うボールナットを内蔵しており、モータ1627(図8の上端部にも示す)によってボールネジ1625が回転すると、ナットホルダー1626及び支台1617・回転ステージ1615・クランプ部1610は、レール1621に沿ってY方向に移動する。   The rotation stage 1615 is fixed to the tail side of an abutment 1617 that stands up, as best shown in FIG. The bottom surface of the abutment 1617 is mounted on the linear guide slider 1622. The slider 1622 slides along a rail 1621 extending in the Y direction. The abutment 1617 is also connected to the nut holder 1626. The nut holder 1626 has a built-in ball nut that meshes with the ball screw 1625. When the ball screw 1625 is rotated by a motor 1627 (also shown at the upper end of FIG. 8), the nut holder 1626, the abutment 1617, the rotary stage 1615, and the clamp portion 1610 moves along the rail 1621 in the Y direction.

上述のY方向に延びるレール1621及びボールネジ1625は、図8に示すように、Y方向に延びるX移動台1640上に搭載されている。同X移動台1640の下面には、図7に示すように、リニアガイドスライダ1642とナットホルダー1644が固定されている。リニアガイドスライダ1642は、図8に示すように、X方向に延びる二本の並列なレール1661・1662に沿ってスライドする。ナットホルダー1644及びX移動台1640は、X方向に延びるボールネジ1647に駆動されてスライドする。同ボールネジ1647のトップ側端部にネジ回転駆動モータ1650が接続されている。   The rail 1621 and the ball screw 1625 extending in the Y direction are mounted on an X moving table 1640 extending in the Y direction, as shown in FIG. As shown in FIG. 7, a linear guide slider 1642 and a nut holder 1644 are fixed to the lower surface of the X moving table 1640. As shown in FIG. 8, the linear guide slider 1642 slides along two parallel rails 1661 and 1662 extending in the X direction. The nut holder 1644 and the X moving table 1640 are driven to slide by a ball screw 1647 extending in the X direction. A screw rotation drive motor 1650 is connected to the top side end of the ball screw 1647.

上記のY方向ボールネジ1625・レール1621により、クランプ部1610をY方向に駆動・案内する。これにより、トップ引き出し装置1300(図1・3参照)から受け取った二本の電線W1・W2を、トップ回転ユニット1400Aの回転軸と同じY方向位置まで運ぶ。その後、X方向ボールネジ1647・レール1661・1662が、クランプ部1610をX方向トップ側に駆動・案内し、二本の電線W1・W2を、トップ回転ユニット1400Aのクランプ部1410まで運ぶ。   The clamp portion 1610 is driven and guided in the Y direction by the Y direction ball screw 1625 and the rail 1621 described above. Thereby, the two electric wires W1 and W2 received from the top drawing device 1300 (see FIGS. 1 and 3) are carried to the same Y direction position as the rotation axis of the top rotation unit 1400A. Thereafter, the X direction ball screw 1647 and rails 1661 and 1662 drive and guide the clamp portion 1610 to the X direction top side, and carry the two electric wires W1 and W2 to the clamp portion 1410 of the top rotation unit 1400A.

移動テーブル1401
次に、移動テーブル1401について説明する。移動テーブル1401は、図8に示すように、XY面(水平面)大きく広がる略長方形の板である。同移動テーブル1401は、図7や図9の最下部近くにも示されている。この移動テーブル1401は、トップ受け渡し装置1600及びトップ回転ユニット1400Aを搭載し、次述するテーブル駆動装置に駆動されて、製品電線長さに応じてX方向に大きく移動する。
Moving table 1401
Next, the movement table 1401 will be described. As shown in FIG. 8, the moving table 1401 is a substantially rectangular plate that extends widely in the XY plane (horizontal plane). The moving table 1401 is also shown near the bottom of FIGS. This moving table 1401 is equipped with a top delivery device 1600 and a top rotating unit 1400A, and is driven by a table driving device described below to move greatly in the X direction in accordance with the product wire length.

図10を参照して、トップ受け渡し装置及びトップ回転ユニットが搭載される移動テーブル1401の移動機構について説明する。図10(A)は、テーブル移動機構の側面図、図10(B)は正面図である。移動テーブル1401は、前述のように、トップ引き出し装置1300(図1・3参照)に伴ってX方向に移動可能である。   With reference to FIG. 10, the moving mechanism of the moving table 1401 on which the top delivery device and the top rotating unit are mounted will be described. FIG. 10A is a side view of the table moving mechanism, and FIG. 10B is a front view. As described above, the moving table 1401 is movable in the X direction in accordance with the top drawer device 1300 (see FIGS. 1 and 3).

図10(B)の際下部に示す台650上には、二列のリニアガイド651が、トップ引き出し装置のリニアガイド321に平行に(X方向に)敷設されている。テーブル1401の裏面には、上記リニアガイド651に沿ってスライドするスライダ652が取り付けられている。このリニアガイド651により、テーブル1401はX方向に直進するように案内される。   10B, two rows of linear guides 651 are laid in parallel (in the X direction) with the linear guides 321 of the top drawer device. A slider 652 that slides along the linear guide 651 is attached to the back surface of the table 1401. The linear guide 651 guides the table 1401 so as to go straight in the X direction.

移動テーブル1401の下には、ベルト接続部667が垂下している。同ベルト接続部667は、移動テーブル1401駆動用のタイミングベルト659に固定されており、このタイミングベルト659の駆動に伴い、ベルト接続部667と移動テーブル1401がX方向に駆動される。図10(A)に示すように、タイミングベルト659の両端部には、各々、プーリ655・656が配置されている。トップ側のプーリ655は、モータ657によってベルト658を介して正逆転に駆動される。両プーリ655間をX方向の双方向に移動する。テーブル1401の両移動限は、センサ等により検出される。なお、テーブル1401の移動に伴って下述のクッションベルト660もX方向に走行する。   A belt connecting portion 667 hangs under the moving table 1401. The belt connecting portion 667 is fixed to a timing belt 659 for driving the moving table 1401, and along with the driving of the timing belt 659, the belt connecting portion 667 and the moving table 1401 are driven in the X direction. As shown in FIG. 10A, pulleys 655 and 656 are disposed at both ends of the timing belt 659, respectively. The top pulley 655 is driven forward and backward by a motor 657 via a belt 658. The two pulleys 655 move in both directions in the X direction. Both movement limits of the table 1401 are detected by a sensor or the like. As the table 1401 moves, the cushion belt 660 described below also travels in the X direction.

タイミングベルト659の外周には、樹脂製のクッションベルト660が周回するように配設されている。移動テーブル1401のX方向両端の下面に、クッションベル660の両端が固定されている。クッションベルト660は、タイミングベルト659の外側に、4個のプーリ663で回転自在に支持されている。
On the outer periphery of the timing belt 659, a resin cushion belt 660 is disposed so as to circulate. Both ends of the cushion bell 660 are fixed to the lower surfaces of both ends in the X direction of the moving table 1401. The cushion belt 660 is rotatably supported by four pulleys 663 outside the timing belt 659.

クッションベルト660のY方向の幅は、図8(B)に示すように、移動テーブル1401の幅とほぼ等しい。この樹脂製のクッションベルト660は、図1あるいは図18に示すように、移動テーブル1401のテール側において、処理・搬送される電線の下側に広がっている。電線が電線送給位置から撚り合わせ位置に移行する間、電線の中間部はベルト660の上を搬送されるので、電線が他の部材・部品に引っ掛かったり、傷付くような事態を避けることができる。   The width of the cushion belt 660 in the Y direction is substantially equal to the width of the moving table 1401 as shown in FIG. As shown in FIG. 1 or FIG. 18, the resin cushion belt 660 extends on the tail side of the moving table 1401 below the wires to be processed and conveyed. While the wire moves from the wire feeding position to the twisting position, the middle part of the wire is transported on the belt 660, so it is possible to avoid a situation where the wire is caught or damaged by other members or parts. it can.

テール受け渡し装置1700
次に、テール受け渡し装置を説明する。
テール受け渡し装置1700は、図1に示すように、2次側電線のテール側端部を、テール端子圧着位置(Y4)においてテールクランプ装置240から受け取り、撚り合わせ位置(Y5)に搬送して、テール回転ユニット1400Bに渡すものである。この例では、クランプ部と、クランプ部を移動させる旋回アームを使用した機構を使用できる。
Tail delivery device 1700
Next, the tail delivery device will be described.
As shown in FIG. 1, the tail transfer device 1700 receives the tail side end portion of the secondary electric wire from the tail clamp device 240 at the tail terminal crimping position (Y4), and conveys it to the twisting position (Y5). This is passed to the tail rotation unit 1400B. In this example, a mechanism using a clamp part and a swing arm that moves the clamp part can be used.

図11は、テール受け渡し装置1700の排出側から見た側面図であり、主にクランプの上下機構が示されている。
図12は、テール受け渡し装置1700のトップ側から見た正面図であり、主にクランプのクランプ間隔変更機構(電線ピッチ変更機構)が示されている。
図13は、テール受け渡し装置1700の平面図である。
FIG. 11 is a side view of the tail delivery device 1700 as viewed from the discharge side, and mainly shows the vertical mechanism of the clamp.
FIG. 12 is a front view of the tail delivery device 1700 as seen from the top side, and mainly shows a clamp interval changing mechanism (cable pitch changing mechanism) of the clamp.
FIG. 13 is a plan view of the tail transfer device 1700.

このテール受け渡し装置1700は、図11や図1に示すテールクランプ装置240(電線テールの皮むき・端子圧着時に電線のテール側端部を把持する)から電線Wのテール側端部を受け取って、電線間ピッチを狭めた(20mm→10mm)後に、電線撚り合わせ装置1400のテール回転ユニット1400Bのクランプ1410に渡すものである。このテール受け渡し装置1700は、主に以下の各部を備える(概ね図12の下部から上部に向けて配置されている順番に列挙)。   This tail delivery device 1700 receives the tail side end portion of the electric wire W from the tail clamp device 240 shown in FIGS. 11 and 1 (holds the tail side end portion of the electric wire when peeling the electric wire tail and crimping the terminal), After the pitch between the wires is narrowed (20 mm → 10 mm), the wire is passed to the clamp 1410 of the tail rotating unit 1400B of the wire twisting device 1400. The tail delivery device 1700 mainly includes the following parts (enumerated in the order of being arranged from the lower part to the upper part in FIG. 12).

位置固定クランプ1749;反排出側電線W1を把持する。
位置可動クランプ1799;排出側電線W2を把持する。二本の電線W1・W2の軸中心間距離(電線間ピッチ)を変更する際に反排出側に移動する。
電線間ピッチ変更シリンダ1770;上記架クランプ位置可動クランプ1799をY方向に移動させる。
クランプ上下シリンダ1720;両クランプ1749・1799を上下に移動させる。
吊下げ棒1711・旋回機構1701;両クランプ1749・1799及びその電線間ピッチ可変機構・上下機構全体を吊下げて水平面(XY面)で旋回する(図1参照)。
なお、図12に示す符号1706は、電線引っ掛かり防止用のカバーである。
Position fixing clamp 1749; grips the non-discharge side electric wire W1.
Position movable clamp 1799; grips the discharge-side electric wire W2. When changing the distance between the shaft centers of the two wires W1 and W2 (wire pitch), the wire moves to the non-discharge side.
Pitch changing cylinder 1770 between wires: The above-described overhead clamp position movable clamp 1799 is moved in the Y direction.
Clamp upper / lower cylinder 1720: Moves both clamps 1749 and 1799 up and down.
Hanging rod 1711 and swivel mechanism 1701; both clamps 1749 and 1799 and their pitch-variable mechanism and vertical mechanism are suspended and swung on a horizontal plane (XY plane) (see FIG. 1).
In addition, the code | symbol 1706 shown in FIG. 12 is a cover for electric wire catch prevention.

位置固定クランプ1749は、図12(正面図)の最下部や図13(平面図)の最上部に示すように、反排出側電線W1を把持するものであり、Y方向に対向する一対の爪からなる。クランプ1749の上部は、図11に示すように、エアチャック1740のアーム1747に接続されている。エアチャック1740に空圧を供給することにより、アーム1747を介してクランプ1749を開閉する。位置固定クランプ1749のエアチャック1740は、図13に示す上下台1731に固定されており上下方向に動く(詳細後述、吊下げ棒1711と共に旋回もする)。   As shown in the lowermost part of FIG. 12 (front view) and the uppermost part of FIG. 13 (plan view), the position fixing clamp 1749 grips the non-discharge side electric wire W1 and has a pair of claws facing in the Y direction. Consists of. The upper portion of the clamp 1749 is connected to the arm 1747 of the air chuck 1740 as shown in FIG. By supplying pneumatic pressure to the air chuck 1740, the clamp 1749 is opened and closed via the arm 1747. The air chuck 1740 of the position fixing clamp 1749 is fixed to the upper and lower bases 1731 shown in FIG. 13 and moves in the vertical direction (details will be described later, and also swivels with the hanging rod 1711).

位置可動クランプ1799は、図12(正面図)の最下部や図13(平面図)の上部に示すように、排出側電線W2を把持するものであり、Y方向に対向する一対の爪からなる。位置可動クランプ1799の上部は、図11に示すように、トップ側の斜め上方向に曲がって延びており、その先はエアチャック1790のアーム1797に接続されている。エアチャック1790に空圧を供給することにより、アーム1797を介してクランプ1799を開閉する。位置固定クランプ1799のエアチャック1790は、図13に示す移動プレート1781に固定されておりY方向及び上下方向に動く(詳細後述、吊下げ棒1711と共に旋回もする)。   As shown in the lowermost part of FIG. 12 (front view) and the upper part of FIG. 13 (plan view), the position movable clamp 1799 holds the discharge-side electric wire W2, and includes a pair of claws facing in the Y direction. . As shown in FIG. 11, the upper portion of the position movable clamp 1799 is bent and extended in an obliquely upward direction on the top side, and the tip thereof is connected to the arm 1797 of the air chuck 1790. By supplying pneumatic pressure to the air chuck 1790, the clamp 1799 is opened and closed via the arm 1797. The air chuck 1790 of the position fixing clamp 1799 is fixed to the moving plate 1781 shown in FIG. 13 and moves in the Y direction and the up and down direction (details will be described later, and also swivels together with the hanging rod 1711).

次に、テール受け渡し装置1700におけるクランプ上下機構を説明する。このクランプ上下機構は、両クランプ1749・1799を上下させて、テールクランプ装置240のクランプから電線を外す際と、テール回転ユニット1400Bのクランプ部1410に電線を落とし込む際に作動する。   Next, the clamp up-and-down mechanism in the tail delivery device 1700 will be described. This clamp up-and-down mechanism operates when both the clamps 1749 and 1799 are moved up and down to remove the electric wires from the clamp of the tail clamp device 240 and when the electric wires are dropped into the clamp portion 1410 of the tail rotating unit 1400B.

図11に示すように、クランプ上下シリンダ1720のシリンダ本体1721は、吊下げ棒1711の下部に固定されている。このシリンダ本体1721の上には、シリンダロッド1723が出ている。シリンダ本体1721のトップ側側方及び上側には、上下スライダ1725が存在する。この上下スライダ1725は、シリンダロッド1723により上下に駆動されるとともに、シリンダ本体1721内のリニアガイドによって上下に案内される。上下スライダ1725はL字状の部材であって、シリンダ本体1725の側面に沿って上下に案内される元部1727と、その上端から直角に折れて、シリンダ本体1725の上面に沿う先部1729を有する。先部1729の下面にはシリンダロッド1723が接続されている。このようなスライダ付きエアシリンダは市販品を利用できる。   As shown in FIG. 11, the cylinder body 1721 of the clamp upper and lower cylinders 1720 is fixed to the lower part of the hanging rod 1711. A cylinder rod 1723 protrudes above the cylinder body 1721. Up and down sliders 1725 exist on the top side and upper side of the cylinder body 1721. The vertical slider 1725 is driven up and down by a cylinder rod 1723 and is guided up and down by a linear guide in the cylinder body 1721. The vertical slider 1725 is an L-shaped member, and includes a base portion 1727 guided up and down along the side surface of the cylinder body 1725 and a tip portion 1729 along the top surface of the cylinder body 1725 that is bent at a right angle from the upper end. Have. A cylinder rod 1723 is connected to the lower surface of the tip portion 1729. Such an air cylinder with a slider can use a commercial item.

上下スライダ1725の先部1729の上面には、上下台1731のシリンダ接続部1733が固定されている。上下台1731は、図13に示すように、その平面形状が逆Z型の台である。上下台1731の、上記シリンダ接続部1733の排出側には、上下プレート接続部1735が形成されている。同部1735のテール側には、延長部1737がテール側に延びるように形成されている。同延長部1737の先には、排出側に延びるエアチャック接続部1739が形成されている。同部1739には、前述のように、反排出側の位置固定クランプ1749を開閉するエアチャック1740が固定されている。   A cylinder connecting portion 1733 of the upper and lower platform 1731 is fixed to the upper surface of the tip portion 1729 of the upper and lower slider 1725. As shown in FIG. 13, the upper and lower platform 1731 is an inverted Z-shaped platform. An upper and lower plate connecting portion 1735 is formed on the upper and lower bases 1731 on the discharge side of the cylinder connecting portion 1733. An extension portion 1737 is formed on the tail side of the same portion 1735 so as to extend to the tail side. An air chuck connection portion 1739 extending toward the discharge side is formed at the tip of the extension portion 1737. As described above, the air chuck 1740 that opens and closes the anti-discharge side position fixing clamp 1749 is fixed to the part 1739.

次に、テール受け渡し装置1700における電線間ピッチ変更機構を説明する。
図12に示すように、前述の上下台1731の上下プレート接続部1735の下面には、上下プレート1761が下方に垂下するように固定されている。同上下プレート1761の下部1763のテール側(図13参照)には、下述するように位置可動クランプ1799の位置をY方向に動かす電線間ピッチ変更シリンダ1770の本体1771が、吊下げられるような形で固定されている。
Next, the inter-wire pitch changing mechanism in the tail delivery device 1700 will be described.
As shown in FIG. 12, the upper and lower plates 1761 are fixed to the lower surface of the upper and lower plate connecting portions 1735 of the upper and lower platforms 1731 so as to hang downward. On the tail side of the lower portion 1763 of the upper and lower plates 1761 (see FIG. 13), as described below, the main body 1771 of the wire-to-wire pitch changing cylinder 1770 that moves the position of the position movable clamp 1799 in the Y direction is suspended. It is fixed in shape.

電線間ピッチ変更シリンダ1770は、図12に示すように、上述の本体1771やシリンダロッド1773、L字状に水平スライダ1775を有する。このシリンダ1770は、上述の上下シリンダ1720と同様の市販品である。水平スライダ1775の上部1777の上面には、水平移動プレート1781が固定されている。この水平移動プレート1781のテール側には、図13に示すように、位置可動クランプ1799の開閉エアチャック1790が固定されている。この開閉エアチャック1790は、上記電線間ピッチ変更シリンダ1770によって、図13に二点鎖線で示されている反排出側の位置(電線間ピッチが狭くなる位置)に、10mm移動可能である。   As shown in FIG. 12, the inter-wire pitch changing cylinder 1770 includes the main body 1771, the cylinder rod 1773, and a horizontal slider 1775 in an L shape. This cylinder 1770 is a commercially available product similar to the upper and lower cylinders 1720 described above. A horizontal movement plate 1781 is fixed to the upper surface of the upper portion 1777 of the horizontal slider 1775. As shown in FIG. 13, an open / close air chuck 1790 of a position movable clamp 1799 is fixed to the tail side of the horizontal movement plate 1781. The open / close air chuck 1790 can be moved by 10 mm to a position on the opposite side to the discharge side (position where the pitch between the wires becomes narrow) indicated by a two-dot chain line in FIG.

このように、排出側のクランプ1799は、図13・図12に示されている電線間ピッチの広い(20mm)状態と、両図に想像線(二点鎖線)で示した電線間ピッチの狭い(10mm)状態とに変位可能である。テールクランプ装置240から端子の付いた電線テール部を受け取るときは電線間ピッチの広い状態で受け取り、その後に電線間ピッチを狭め、その状態で、電線のテール側端部をテール回転ユニット1400Bのクランプ部1410に渡す。これにより、電線撚り合わせ時における二本の電線W1・W2の端部の距離を狭くして、撚り合わせ端部における電線の広がり角度(Y字の又の角度)を小さくできる。その結果、電線にかかる力・変形を小さくでき、電線の損傷の危険性を下げることができるとの効果がある。   In this way, the clamp 1799 on the discharge side has a wide inter-wire pitch (20 mm) state shown in FIGS. 13 and 12, and a narrow inter-wire pitch indicated by an imaginary line (two-dot chain line) in both figures. Displaceable to (10mm) state. When receiving the wire tail part with terminals from the tail clamp device 240, it is received in a state where the pitch between the wires is wide, then the pitch between the wires is narrowed, and in this state, the tail side end of the wire is clamped by the tail rotating unit 1400B. Pass to part 1410. Thereby, the distance of the edge part of the two electric wires W1 and W2 at the time of wire twisting can be narrowed, and the spreading angle (Y-shaped angle) of the wire at the twisting end part can be reduced. As a result, there is an effect that the force and deformation applied to the electric wire can be reduced and the risk of damage to the electric wire can be reduced.

撚り合わせ装置1400
次に、撚り合わせ装置1400について説明する。撚り合わせ装置1400は、図1に示すように、切断された電線(2次側電線)のトップ部を把持して回転するトップ回転ユニット1400Aと、同電線のテール部を把持して回転するテール回転ユニット1400Bとを備える。両ユニットは、Y方向における撚り合わせ位置Y5上に、対向するように配置されている。なお、テール回転ユニット1400Bは固定されている(X方向・Y方向に不動)が、トップ回転ユニット1400Aは、図8に示すように、X方向に移動可能なテーブル1401上にトップ受け渡し装置1600とともに配置されている。両回転ユニット1400A・Bの電線把持機構・回転機構は共通である。
Twisting device 1400
Next, the twisting apparatus 1400 will be described. As shown in FIG. 1, the twisting device 1400 includes a top rotating unit 1400A that rotates by gripping the top portion of a cut electric wire (secondary side wire), and a tail that rotates by gripping the tail portion of the electric wire. A rotation unit 1400B. Both units are arranged to face each other on the twisting position Y5 in the Y direction. Although the tail rotating unit 1400B is fixed (immovable in the X direction and the Y direction), the top rotating unit 1400A is mounted with a top delivery device 1600 on a table 1401 movable in the X direction as shown in FIG. Is arranged. The electric wire gripping mechanism and rotating mechanism of both rotating units 1400A and B are common.

トップ回転ユニット1400Aについて説明する。
図14は、本実施形態のトップ回転ユニット1400Aを排出側から見た側面図である。電線撚り合わせ作業開始前の状態である。
図15は、図14のトップ回転ユニット1400Aを排出側から見た側面図である。電線撚り合わせ作業終了後の状態である。付勢シリンダ1510の空圧配管系統も、模式的に図示してある。
図16は、図14のトップ回転ユニット1400Aを下から見た底面図である。図14同様に電線撚り合わせ作業開始前の状態である。
図17は、図14のトップ回転ユニット1400Aをテール側から見た正面図である。
The top rotation unit 1400A will be described.
FIG. 14 is a side view of the top rotation unit 1400A of the present embodiment as viewed from the discharge side. This is the state before starting the wire twisting operation.
FIG. 15 is a side view of the top rotary unit 1400A of FIG. 14 as viewed from the discharge side. It is the state after the end of the wire twisting operation. The pneumatic piping system of the biasing cylinder 1510 is also schematically shown.
FIG. 16 is a bottom view of the top rotation unit 1400A of FIG. 14 as viewed from below. Similarly to FIG. 14, it is a state before the start of the wire twisting operation.
FIG. 17 is a front view of the top rotation unit 1400A of FIG. 14 as viewed from the tail side.

このトップ回転ユニット1400Aは以下の主要部分からなる。
撚り合わせる電線のトップ部を把持するクランプ部1410(開閉シリンダ1447などの開閉機構付き、併せてトップクランプともいう)。
クランプ回転モータ1450などのクランプ回転手段。
付勢シリンダ1510や移動台1455などの、クランプを付勢しながら移動させるクランプ間隔・張力調整機構。
ストッパー1463やその移動シリンダ1462などのワイヤー弛み取り機構1460。
The top rotation unit 1400A is composed of the following main parts.
Clamp part 1410 that holds the top part of the wires to be twisted (with an opening / closing mechanism such as an opening / closing cylinder 1447, also called a top clamp).
Clamp rotation means such as clamp rotation motor 1450.
Clamp interval and tension adjustment mechanism that moves the clamp while urging it, such as the urging cylinder 1510 and the movable table 1455.
Wire slack removal mechanism 1460 such as stopper 1463 and its moving cylinder 1462.

これらトップクランプ、クランプ回転手段、及び、クランプを付勢しながら移動させるクランプ間隔・張力調整機構、さらにワイヤー弛み取り機構1460は、図14・図15に示すように、前述のテーブル1401に接続されたベース1470から吊下げ式に配設されている。これは、電線撚り合わせ後に、クランプを開放して製品を落下させる際に、シュート(排出トレイ)に落ちる製品が引っ掛かるような部位を極力なくすためである。   The top clamp, the clamp rotating means, the clamp interval / tension adjusting mechanism for moving the clamp while urging it, and the wire slack eliminating mechanism 1460 are connected to the aforementioned table 1401 as shown in FIGS. The base 1470 is suspended. This is to eliminate as much as possible a portion where the product falling on the chute (discharge tray) is caught when the clamp is opened and the product is dropped after the wires are twisted together.

まず、クランプ部1410及びその開閉機構を説明する。
クランプ部1410は、二本の電線W1・W2を把持して回転し、それらを撚り合わせるクランプ片1411を有する。クランプ片1411は、図17に示すように対向する一対のものであり、互いに近接(閉)して二本の電線W1・W2を把持し、離隔(開)して電線を解放する。クランプ片1411は、根元部1414の側が広く先側が狭い直角三角形状の本体1413を有する。このようなクランプ片1411の形状としたのは、強いクランプ力をかけても変形せずしっかりと電線を把持できるようにするためである。クランプ片1411の先側の対向部には、テーパ1415が形成されており、電線Wをクランプ片1411間に入れる際に引っ掛からないようになっている。
First, the clamp part 1410 and its opening / closing mechanism will be described.
The clamp portion 1410 has a clamp piece 1411 that holds and rotates the two electric wires W1 and W2 and twists them. As shown in FIG. 17, the clamp pieces 1411 are a pair of facing each other, close to each other (close), hold the two electric wires W1 and W2, and separate (open) to release the electric wires. The clamp piece 1411 has a right-angled triangular main body 1413 having a wide base portion 1414 side and a narrow tip side. The reason why the shape of the clamp piece 1411 is used is that the electric wire can be firmly gripped without being deformed even when a strong clamping force is applied. A taper 1415 is formed at the front facing portion of the clamp piece 1411 so that the electric wire W is not caught when inserted between the clamp pieces 1411.

クランプの開閉機構は、図16に示すように、クランプ片1411の根元に連結されたリンク421・422などからなるリンク機構、同機構を収容する開閉リンクハウジング1420、リンク機構を駆動するシャフト1427、それを回転自在に支持するベアリング1435、同ベアリング1435のホルダー1430、同ホルダー1430をX方向に移動させるクランプ開閉シリンダ1447・ジョイント1443などを含む。これらの詳細は、特願2013117153(日本特許第5400981号)に記載されている。なお、符号1408は、電線の振れ止め(詳細後述)である。

As shown in FIG. 16, the clamp opening / closing mechanism includes a link mechanism including links 421 and 422 connected to the base of the clamp piece 1411, an opening / closing link housing 1420 for housing the mechanism, a shaft 1427 for driving the link mechanism, It includes a bearing 1435 that rotatably supports it, a holder 1430 of the bearing 1435, a clamp opening / closing cylinder 1447 that moves the holder 1430 in the X direction, a joint 1443, and the like. Details of these are described in Japanese Patent Application No. 2013117153 (Japanese Patent No. 5400981). Reference numeral 1408 denotes an electric wire steadying (details will be described later).

次にクランプ回転手段について説明する。クランプ片1411やそれを開閉する開閉リンクハウジング1420は、シャフト1427と一体となって、モータ1450により回転駆動される。モータ1450とシャフト1427の間はカップリング1449により接続されている。これらの回転する物の回転中心軸は、二本の電線W1・W2のほぼ真ん中とされている。開閉リンクハウジング1420は、回転中心から大きくずれて配置されているのでアンバランスウェイトとなっているが、そのアンバランスを相殺するためのカウンターウェイト1429が、シャフト先端部において、開閉リンクハウジング1420と回転軸を挟んで対向する位置に設けられている。 Next, the clamp rotating means will be described. The clamp piece 1411 and the open / close link housing 1420 for opening and closing the clamp piece 1411 are integrally driven with the shaft 1427 and driven to rotate by a motor 1450. The motor 1450 and the shaft 1427 are connected by a coupling 1449. The center axis of rotation of these rotating objects is approximately the middle of the two electric wires W1 and W2. The open / close link housing 1420 is arranged at a large deviation from the center of rotation, so it is an unbalanced weight, but the counterweight 1429 for offsetting the unbalance rotates with the open / close link housing 1420 at the end of the shaft. It is provided at a position facing each other across the shaft.

次に、クランプ間隔・張力調整機構について説明する。同機構は、図15に示すように、クランプ装置1410やその回転モータ1450を吊る移動台1455と、同移動台1455をトップ側に付勢する(引っ張る)付勢シリンダ1510とから主に構成されている。 Next, the clamp interval / tension adjustment mechanism will be described. As shown in FIG. 15, the mechanism is mainly composed of a moving table 1455 for suspending the clamping device 1410 and its rotating motor 1450, and an urging cylinder 1510 for urging (pulling) the moving table 1455 to the top side. ing.

移動台1455の上面には、X方向に並ぶリニアガイドスライダ1476が取付けられている。同スライダ1476及び移動台1455は、ベース1470の下面にX方向に延びるリニアガイドレール1475に沿ってX方向に動く。なお、レール1475と平行にレール1474(図16参照)も設けられている。この移動台1455の前進限(テール側限)は、図15に示すように、ベース1470のテール側端部に接続されたL字型のステイ1473の先に固定されているショックアブソーバー1406と、移動台1455のテール側端の当接により定まる。一方、移動台1455の後退限(トップ側限)は、図14に示すように、移動台1455のトップ側端に固定されているショックアブソーバー1459とストッパ1463(移動可能、後述)との当接により定まる。   A linear guide slider 1476 arranged in the X direction is attached to the upper surface of the moving table 1455. The slider 1476 and the moving table 1455 move in the X direction along a linear guide rail 1475 extending in the X direction on the lower surface of the base 1470. A rail 1474 (see FIG. 16) is also provided in parallel with the rail 1475. The forward limit (tail side limit) of the movable table 1455 is, as shown in FIG. 15, a shock absorber 1406 fixed to the tip of an L-shaped stay 1473 connected to the tail side end of the base 1470, It is determined by the contact of the tail side end of the movable table 1455. On the other hand, as shown in FIG. 14, the backward limit (top side limit) of the movable table 1455 is a contact between a shock absorber 1459 fixed to the top side end of the movable table 1455 and a stopper 1463 (movable, described later). It depends on.

移動台1455の付勢シリンダ1510は、図15に実線及び破線で示すように、ベース1470の下面に、X方向に延びるように吊下げ取付けられている。付勢シリンダ1510からは、ロッド1511がテール側に延び出している。ロッド1511の先端(テール側端)は、移動台1455上面の取付部1456に接続されている。   The urging cylinder 1510 of the moving base 1455 is suspended and attached to the lower surface of the base 1470 so as to extend in the X direction, as indicated by a solid line and a broken line in FIG. A rod 1511 extends from the biasing cylinder 1510 to the tail side. The distal end (tail side end) of the rod 1511 is connected to the mounting portion 1456 on the upper surface of the movable table 1455.

付勢シリンダ1510は、この例では空圧シリンダである。図15に示すように、シリンダ1510のロッド側の室にはロッド側管路513が接続されており、反ロッド側の室にはピストン側管路514が接続されている。各管路は開閉切換弁517、518を介して空圧源519に接続されている。ロッド側管路513には圧力調整弁516も設けられている。   The biasing cylinder 1510 is a pneumatic cylinder in this example. As shown in FIG. 15, a rod side conduit 513 is connected to the rod side chamber of the cylinder 1510, and a piston side conduit 514 is connected to the opposite rod side chamber. Each pipe line is connected to a pneumatic pressure source 519 via open / close switching valves 517 and 518. The rod side pipe 513 is also provided with a pressure adjustment valve 516.

この圧力調整弁516は、ピストン512のロッド側にかかる圧力を調整するものであり、所定圧以上でロッド側管路513からエアを抜き、所定圧以下でエアをロッド側管路513に込める。これにより、ピストン1512のロッド側の面にかかる空圧をほぼ一定に制御し、ロッド1511の引っ張り力すなわち撚り合わせ中に電線にかかる張力を、ほぼ一定に制御する。そして、電線の撚り合わせが進んで電線の長さが短くなるのに合わせて、付勢シリンダ1510のロッド1511はテール側に繰り出される(実際は、ロッド1511は撚り合わせ電線によって引っ張り出される)。   The pressure adjustment valve 516 adjusts the pressure applied to the rod side of the piston 512, and draws air from the rod side pipe 513 at a predetermined pressure or higher, and draws air into the rod side pipe 513 at a predetermined pressure or lower. As a result, the pneumatic pressure applied to the rod-side surface of the piston 1512 is controlled to be substantially constant, and the pulling force of the rod 1511, that is, the tension applied to the electric wire during twisting is controlled to be substantially constant. Then, as the twisting of the electric wire progresses and the length of the electric wire becomes shorter, the rod 1511 of the urging cylinder 1510 is drawn out to the tail side (actually, the rod 1511 is pulled out by the twisted electric wire).

ワイヤー弛み取り機構1460
次に、ストッパ1463やストッパ移動シリンダ1462などからなるワイヤー弛み取り機構1460を説明する。同シリンダ1462は、図14・図15に示すように、ベース1470から垂下するプレート1468の排出側の面に固定されている。同シリンダ1462のロッド1461はテール側に繰り出し可能である。同ロッド1461の先端にはストッパ1463が接続されている。また、ストッパ1463の上下には、トップ側に延びるストッパーガイドロッド1465が設けられている。このガイドロッド1465は、ストッパ移動シリンダ1462の上下のガイド孔(図示されず)に案内される。
Wire slack removal mechanism 1460
Next, the wire slack eliminating mechanism 1460 including the stopper 1463 and the stopper moving cylinder 1462 will be described. As shown in FIGS. 14 and 15, the cylinder 1462 is fixed to the discharge side surface of the plate 1468 that hangs down from the base 1470. The rod 1461 of the cylinder 1462 can be extended to the tail side. A stopper 1463 is connected to the tip of the rod 1461. In addition, a stopper guide rod 1465 extending to the top side is provided above and below the stopper 1463. The guide rod 1465 is guided to upper and lower guide holes (not shown) of the stopper moving cylinder 1462.

ワイヤー弛み取り機構とクランプ間隔・張力調整機構の動作について説明する。図14の電線撚り合わせ開始前の状態においては、ストッパ1463はテール側限にある。このとき、付勢シリンダ1510は、ロッド側に空気圧がかかっており、ロッド1511には引き込み方向の力がかかっている。そして、移動台1455は、ストッパ1463とショックアブソーバー1459の当接により、待機位置(電線弛み位置)に位置する。なお、このとき、付勢シリンダ1510は、ロッド引き込み限に近い状態にあるが、電線弛み取りにための寸法(この例で30mm)だけはさらに引き込み可能である。   The operation of the wire slack eliminating mechanism and the clamp interval / tension adjusting mechanism will be described. In the state before the start of wire twisting in FIG. 14, the stopper 1463 is at the tail side limit. At this time, in the urging cylinder 1510, air pressure is applied to the rod side, and a force in the retracting direction is applied to the rod 1511. The moving table 1455 is positioned at the standby position (electric wire slack position) by the contact between the stopper 1463 and the shock absorber 1459. At this time, the urging cylinder 1510 is in a state close to the rod pull-in limit, but only the dimension (30 mm in this example) for removing the electric wire can be further pulled.

この待機状態から、前述のトップ受け渡し装置1600から渡された電線トップ部を、クランプ部1410で把持する。しかし、このときは、シリンダロッド1511にかかっている力Fは、ショックアブソーバー1459がストッパ1463から受ける力F´と釣り合っており、同力Fはクランプ部1410や電線Wにはかかっていない。そして、クランプ回転を開始する前にストッパ移動シリンダ1462を駆動して、ストッパ1463を30mmだけトップ側に動かす(図15参照)。すると、付勢シリンダ1510に引かれて、移動台1455やクランプ部1410がトップ側に動き、電線Wの弛みを取って電線Wに張力がかかる。   From this standby state, the electric wire top portion delivered from the above-described top delivery device 1600 is gripped by the clamp portion 1410. However, at this time, the force F applied to the cylinder rod 1511 is balanced with the force F ′ received by the shock absorber 1459 from the stopper 1463, and the same force F is not applied to the clamp portion 1410 or the electric wire W. Then, before starting the clamp rotation, the stopper moving cylinder 1462 is driven to move the stopper 1463 to the top side by 30 mm (see FIG. 15). Then, it is pulled by the urging cylinder 1510, and the moving base 1455 and the clamp part 1410 move to the top side, and the electric wire W is loosened and tension is applied to the electric wire W.

ここで、回転モータ1450によりクランプ部1410を回転させる。すると、二本の電線Wが撚り合わせされて、次第に短くなっていく。この短くなっていく電線Wに引かれて、付勢シリンダ1510のロッド1511は、ほぼ一定の引っ張り力を電線Wに付与しつつテール側に引き出されていく。なお、この例では、付勢シリンダ1510のストロークは250mmのものを使用している。図15は、シリンダロッド1511が繰り出された状態である。なお、次述するように、付勢シリンダ1510は、まだ繰り出し限に至っておらず、余裕のストロークを残している。   Here, the clamp unit 1410 is rotated by the rotary motor 1450. Then, the two electric wires W are twisted together and gradually shortened. The rod 1511 of the urging cylinder 1510 is pulled out to the tail side while applying a substantially constant pulling force to the wire W by being pulled by the shortened wire W. In this example, the stroke of the urging cylinder 1510 is 250 mm. FIG. 15 shows a state where the cylinder rod 1511 is extended. As will be described below, the urging cylinder 1510 has not yet reached the delivery limit, leaving a surplus stroke.

次に、撚り合わせが終わった後について説明する。
両回転ユニット1400A、1400Bのクランプ部1410が所定の回数だけ回転した後、付勢シリンダ1510はロッド1511をさらに繰り出して、トップ回転ユニット1400Aは約50mmテール側に移動して、電線は少し弛む。その後、両ユニットのクランプ部1410は、クランプ1411が垂直方向となるように回動した後、クランプ1411が開き、電線が排出される。電線は緊張した状態で撚り合わされているため、この状態のままクランプ1411を開放すると、電線が跳ねて排出トレイ1800に収まらないおそれがある。このため、トップ回転ユニット1400Aを移動して電線の張力を緩めた後で電線の自重のみで排出トレイ1800に落下させる。
Next, after the twisting is finished will be described.
After the clamp portions 1410 of both rotary units 1400A and 1400B rotate a predetermined number of times, the urging cylinder 1510 further extends the rod 1511, the top rotary unit 1400A moves to the tail side by about 50 mm, and the electric wire is slightly loosened. Thereafter, the clamp portions 1410 of both units are rotated so that the clamp 1411 is in the vertical direction, and then the clamp 1411 is opened and the electric wire is discharged. Since the electric wires are twisted in a tensioned state, if the clamp 1411 is opened in this state, the electric wires may jump and may not fit in the discharge tray 1800. For this reason, after moving the top rotating unit 1400A to loosen the tension of the electric wire, it is dropped on the discharge tray 1800 only by its own weight.

この例の装置では、付勢シリンダ1510のストローク250mmは、概ね以下のように用いられる。
撚り合わせ開始時に電線の弛みを取る際に最大30mm。
撚り合わせ中に電線が短くなるのに合わせて、張力をかけつつ繰り出す分が最大170mm(製品長さによって変わる)。
撚り合わせ後に電線(ツイストケーブル)を弛ませるのに最大50mm。
In the apparatus of this example, the stroke 250 mm of the urging cylinder 1510 is generally used as follows.
30 mm maximum for removing slack of wires at the start of twisting.
Along with the shortening of the wire during twisting, the maximum amount of wire that can be fed while applying tension is 170mm (depending on the product length).
Up to 50 mm to loosen the wire (twisted cable) after twisting.

次に、この電線撚り合わせ装置における、電線振れ止め手段について説明する。
電線振れ止め手段として、この装置には、以下の三箇所の電線振れ止め部材が設けられている。
トップ側電線振れ止め1408;前述のトップ回転ユニット1400A(図15・図17)のクランプ部1410のテール側・上方に、ぴんと張られた電線のほぼ上面直上にY方向に延びる形(図17)で設けられている。回転する電線の上方への振れを抑制し、クランプ部1410の振動を防止する。また、よりきれいな電線の撚り形を得る。
テール側電線振れ止め1403、及び、X方向中央部電線振れ止め1404;下述。
Next, in the wire twisting device, for wire steadying means it will be described.
As the wire steadying means, this device is provided with the following three wire steadying members.
Top-side electric wire steady rest 1408; a shape extending in the Y direction almost directly above the upper surface of the taut wire on the tail side and above the clamp portion 1410 of the above-described top rotating unit 1400A (FIGS. 15 and 17) (FIG. 17) Is provided. The upward swing of the rotating electric wire is suppressed, and the clamp portion 1410 is prevented from vibrating. In addition, a cleaner wire twist shape is obtained.
Tail side wire steady rest 1403 and X direction center portion wire steady rest 1404;

図18は、テール側電線振れ止め1403、及び、X方向中央部電線振れ止め1404を示すための、電線撚り合わせ装置をトップ側からテール側を見た図である。同図においては、左上にテール側回転ユニット1400Bやそのクランプ部1410が示されている。一方、同図の右下にはトップ側回転ユニット1400Aの一部であるテール側のショックアブソーバー1406や、それを取り付けるステイ1473が見えている。両回転ユニットの中心を結ぶ線(電線回転中心線)が一点鎖線で描かれている。   FIG. 18 is a view of the tail twisting device viewed from the top side to show the tail-side wire steady rest 1403 and the X-direction central portion wire steady rest 1404. In the figure, the tail side rotation unit 1400B and its clamp part 1410 are shown in the upper left. On the other hand, a tail-side shock absorber 1406, which is a part of the top-side rotation unit 1400A, and a stay 1473 to which the tail-side shock absorber 1406 is attached can be seen in the lower right of FIG. A line connecting the centers of the two rotating units (electric wire rotation center line) is drawn with a one-dot chain line.

図18に示すように、テール側電線振れ止め1403は、テール回転ユニット1400B(図1)のクランプ部1410のトップ側・上方に、電線回転中心線のほぼ上面直上にY方向に延びる形で設けられている。同じく図18に示すように、中央部電線振れ止め1404は、撚り合わされる電線のX方向(長手方向)のほぼ中央部の上方に、電線回転中心線のほぼ上面直上のY方向、及び、排出側斜め上に延びる形で設けられている。これらの電線振れ止め1403・1404の作用効果は上述のとおりである。   As shown in FIG. 18, the tail-side electric wire steady rest 1403 is provided on the top side / above the clamp portion 1410 of the tail rotation unit 1400B (FIG. 1) so as to extend in the Y direction almost directly above the upper surface of the electric wire rotation center line. It has been. Similarly, as shown in FIG. 18, the central portion of the electric wire steadying 1404 is disposed above the substantially central portion in the X direction (longitudinal direction) of the wires to be twisted, in the Y direction substantially above the upper surface of the electric wire rotation center line, and discharged. It is provided so as to extend diagonally upward. The effects of these electric wire steady rests 1403 and 1404 are as described above.

図18の下部には、製品排出トレイ1800も示されている。また、前述の樹脂製クッションベルト660も排出トレイ1800の反排出側に示されている。   A product discharge tray 1800 is also shown at the bottom of FIG. The above-mentioned resin cushion belt 660 is also shown on the opposite side of the discharge tray 1800.

ツイストケーブル製造工程
次に、図19〜図21を参照して、ツイストケーブル製造装置でツイストケーブルを製造する工程の一例を説明する。
Twisted Cable Manufacturing Process Next, an example of a process for manufacturing a twisted cable with a twisted cable manufacturing apparatus will be described with reference to FIGS.

図19(A)は、電線送給装置100により送給されて端子の圧着された並列する二本の電線W1・W2のトップ部を、トップ引き出し装置1300のクランプ1310が受け取った(把持した)状態である。二本の電線のうち反排出側電線W1は、クランプ部1310の反排出側クランプ1311に把持されており、排出側電線W2は、排出側クランプ1311´に把持されている。このとき、二本の電線W1・W2の中心間距離(ピッチ)は20mmである。このピッチ20mmは、電線送給装置100や皮むき装置200の構造上の制約から、これ以上狭くしにくいと考えられる寸法である。   In FIG. 19A, the clamp 1310 of the top pulling device 1300 has received (gripped) the top portions of the two parallel wires W1 and W2 fed by the wire feeder 100 and crimped on the terminals. State. Of the two wires, the non-discharge side electric wire W1 is held by the anti-discharge side clamp 1311 of the clamp portion 1310, and the discharge side electric wire W2 is held by the discharge side clamp 1311 ′. At this time, the distance (pitch) between the centers of the two electric wires W1 and W2 is 20 mm. This pitch of 20 mm is a dimension that is considered to be difficult to narrow further due to structural limitations of the wire feeding device 100 and the peeling device 200.

次に、図19(B)に示すように、引き出し装置1300のクランプ部1310を、トップ側に所定の長さ(ほぼ製品の長さに対応した長さ)引き出し、同時に、前述の方法で電線の側長を行う。次いで、図19(B´)に示すように、トップ引き出し装置1300のクランプ間隔変更機構1350(エアチャック)を駆動して、両クランプ1311・1311´を、互いに近づく方向に夫々5mm動かして、二本の電線W1・W2のピッチを10mmに狭める。なお、このように二本の電線W1・W2を均等に移動させているので、両電線の姿勢が等しい(どちらかの電線だけが斜めになっているということではない)。そのため、両電線にかかる負荷と、テール側の切断・皮むきなどの工程の環境を均一にできる。なお、図19(B´)のように図番に´の付いている図は、特許5400981号の図12〜図14により説明されているツイストケーブル製造工程に付加された工程である。   Next, as shown in FIG. 19 (B), the clamp part 1310 of the drawer device 1300 is pulled out to the top side by a predetermined length (a length corresponding to the length of the product), and at the same time, the electric wire is Do the side director. Next, as shown in FIG. 19 (B ′), the clamp interval changing mechanism 1350 (air chuck) of the top pulling device 1300 is driven to move both clamps 1311 and 1311 ′ toward each other by 5 mm. Narrow the pitch of the wires W1 and W2 to 10mm. In addition, since the two electric wires W1 and W2 are moved evenly in this way, the postures of the two electric wires are the same (not only one of the electric wires is inclined). Therefore, the load applied to both wires and the environment of the process such as cutting and peeling of the tail side can be made uniform. In addition, the figure which attaches | subjects to figure number like FIG.19 (B ') is the process added to the twisted cable manufacturing process demonstrated by FIGS. 12-14 of patent 5400981.

そして、図19(C)に示すように、引き出された電線をテールクランプ装置240でクランプした後、切断装置230で電線を切断する。これにより、引き出された電線(2次側電線)のテール側端部がテールクランプ装置240に移行する。ほぼ同じタイミングで、引き出された電線のトップ側端部が、引き出し装置1300のクランプ部1310からトップ受け渡し装置1600のクランプ部1610に渡される。この際、トップ受け渡し装置1600のクランプ部1610は、引き出し装置1300のクランプ部1310よりも内側(テール寄り)の位置で電線を挟持する。   Then, as shown in FIG. 19C, after the drawn electric wire is clamped by the tail clamp device 240, the electric wire is cut by the cutting device 230. Thereby, the tail side end portion of the drawn electric wire (secondary side electric wire) is transferred to the tail clamp device 240. At almost the same timing, the top-side end portion of the drawn wire is transferred from the clamp portion 1310 of the pull-out device 1300 to the clamp portion 1610 of the top transfer device 1600. At this time, the clamp portion 1610 of the top delivery device 1600 clamps the electric wire at a position on the inner side (closer to the tail) than the clamp portion 1310 of the drawer device 1300.

その後、図19(D)に示すように、トップ受け渡し装置1600が搭載されたX移動台1640がテール側に少し移動し、両クランプ間の電線が緩められる。これにより、テール側の処理(皮むき、端子圧着)時に、テールが電線軸方向及びその直交する方向へ移動しやすくなる。この間に、テールクランプ装置240はテール皮むき位置に移動し、皮むき装置250でテール側端部がストリップされる。   Thereafter, as shown in FIG. 19D, the X moving table 1640 on which the top delivery device 1600 is mounted moves slightly to the tail side, and the electric wire between the clamps is loosened. Thereby, at the time of processing (peeling, terminal crimping) on the tail side, the tail can easily move in the direction of the electric wire axis and the direction perpendicular thereto. During this time, the tail clamping device 240 moves to the tail peeling position, and the tail side end portion is stripped by the peeling device 250.

そして、図20(E)に示すように、テールクランプ装置240がテール端子圧着位置に移動し、端子圧着装置260で端子が圧着される。ほぼ同じタイミングで、トップ受け渡し装置1600のクランプ部1610が、下周りで180°回転する。次に、図20(F)に示すように、テール受け渡し装置1700が、テール側端部をテールクランプ装置240から持ち替えやすいように、X移動台1640がトップ側に移動する。これにより、電線W1・W2の弛みが取れて、テール受け渡し装置1700のクランプ1749・1799が電線を挟みやすくなる。そして、テール受け渡し装置1700が電線のテール側端部を受け取り、各クランプ1749・1799が電線端部(テールクランプ装置240のクランプ部のややトップ側)をクランプする。   Then, as shown in FIG. 20E, the tail clamp device 240 moves to the tail terminal crimping position, and the terminal is crimped by the terminal crimping device 260. At approximately the same timing, the clamp portion 1610 of the top delivery device 1600 rotates 180 ° around the bottom. Next, as shown in FIG. 20F, the X moving table 1640 moves to the top side so that the tail transfer device 1700 can easily change the tail side end portion from the tail clamp device 240. Thereby, the slack of the electric wires W1 and W2 can be removed, and the clamps 1749 and 1799 of the tail transfer device 1700 can easily pinch the electric wires. The tail delivery device 1700 receives the tail end of the electric wire, and the clamps 1749 and 1799 clamp the electric wire end (slightly on the top side of the clamp portion of the tail clamp device 240).

次いで、図20(F´)に示すように、テール受け渡し装置1700の排出側クランプ1799が反排出側に10mmを移動して、二本の電線W1・W2のピッチを10mmに狭める。なお、テール受け渡し装置1700の電線間ピッチ変更機構においては片方のクランプ1799のみを動かしているのは、機構をよりシンプル・軽量にするためである。この図18(F´)の工程においては、二本の電線W1・W2の姿勢の均等性はあまり問題とならない。   Next, as shown in FIG. 20 (F ′), the discharge side clamp 1799 of the tail transfer device 1700 moves 10 mm to the opposite discharge side, and narrows the pitch of the two electric wires W1 and W2 to 10 mm. The reason why only one clamp 1799 is moved in the inter-wire pitch changing mechanism of the tail delivery device 1700 is to make the mechanism simpler and lighter. In the process of FIG. 18 (F ′), the uniformity of the postures of the two electric wires W1 and W2 is not a problem.

その後、図21(G)に示すように、テール受け渡し装置1700及びトップ受け渡し装置1600が同時に撚り合わせ位置に移動する。そして、テール受け渡し装置1700のクランプ1749・1799から、電線のテール側端部がテール回転ユニット1400Bのクランプ部1410に移し替えられる。また、トップ受け渡し装置1600のクランプ部1610から、電線のトップ側端部がトップ回転ユニット1400Aのクランプ部1410に移し替えられる。なお、各回転ユニット1400の各クランプ部1410は、各受け渡し装置のクランプ部よりも外側(電線の端寄り)の位置で電線を挟持する。   Thereafter, as shown in FIG. 21G, the tail transfer device 1700 and the top transfer device 1600 simultaneously move to the twisting position. Then, the tail side end of the electric wire is transferred from the clamps 1749 and 1799 of the tail delivery device 1700 to the clamp part 1410 of the tail rotating unit 1400B. Further, the top side end portion of the electric wire is transferred from the clamp portion 1610 of the top delivery device 1600 to the clamp portion 1410 of the top rotation unit 1400A. In addition, each clamp part 1410 of each rotation unit 1400 clamps an electric wire in the position outside the clamp part of each delivery device (near the end of an electric wire).

図21(G)の状態(回転ユニットの電線受け取り時)では、付勢シリンダ1510のロッド1511は、引き込み限から少し繰り出した状態である。そして、クランプ装置1410やその開閉シリンダ1447・回転モータ1450などが搭載されている移動台1455を、トップ側に引っ張っている状態である。このとき、移動台1455は、ショックアブソーバー1459を介して、トップ側限ストッパ1463に当接して止まっている。この図21(G)の状態では、両回転ユニット1400A・1400B間で、電線は弛んでいる。   In the state of FIG. 21G (when receiving the electric wire of the rotating unit), the rod 1511 of the urging cylinder 1510 is slightly extended from the retracting limit. The movable table 1455 on which the clamp device 1410, its open / close cylinder 1447, the rotary motor 1450, and the like are mounted is pulled to the top side. At this time, the moving base 1455 is stopped by coming into contact with the top side limit stopper 1463 via the shock absorber 1459. In the state of FIG. 21 (G), the electric wire is loose between the two rotary units 1400A and 1400B.

その後、図21(H)に示すように、トップ回転ユニット1400Aの移動台1455のストッパ1463を、ストッパ移動シリンダ1462を駆動して、30mmトップ側に動かす。これにより、トップクランプの付勢シリンダ1510を引き込み可能とする。この結果、付勢シリンダ1510はトップクランプ部1410をトップ側に引き、電線のたるみが取れる。   Thereafter, as shown in FIG. 21H, the stopper moving cylinder 1462 of the moving base 1455 of the top rotating unit 1400A is driven to move to the top side by 30 mm. Thereby, the urging cylinder 1510 of the top clamp can be retracted. As a result, the urging cylinder 1510 pulls the top clamp portion 1410 to the top side, and the slack of the electric wire can be taken.

この電線の弛み取り後、両ユニット1400A・1400Bの回転を開始する。そして、図21(I)に示すように、クランプ部1410を適当に選択した速度・回転数だけ回転させて二本の電線を撚り合わせる。撚り合わせ時には、付勢シリンダ1510により所定の張力を電線にかけながら、撚り合わせによる縮み代の分だけシリンダロッド1511が繰り出される。両ユニット1400A・1400Bのモータが所定の回転数だけ回転終了した後、付勢シリンダ1510がさらのロッド1511を繰り出して(この例で50mm、電線をやや緩ませる。その後、両ユニットのクランプ部1410が開放され、撚り合わされた電線が跳ねずに排出トレイ1800上に排出される。   After removing the slack of the electric wire, the units 1400A and 1400B start to rotate. Then, as shown in FIG. 21 (I), the two electric wires are twisted together by rotating the clamp portion 1410 by an appropriately selected speed and number of rotations. At the time of twisting, the cylinder rod 1511 is fed out by the amount of contraction due to twisting while applying a predetermined tension to the electric wire by the urging cylinder 1510. After the motors of both units 1400A and 1400B have finished rotating by a predetermined number of revolutions, the urging cylinder 1510 extends the further rod 1511 (in this example, the cable is slightly loosened by 50 mm. After that, the clamp part 1410 of both units Is opened, and the twisted wires are discharged onto the discharge tray 1800 without jumping.

このように、二本の電線の長さの精度が高く、さらに、電線に適宜な張力を与えながら撚り合わせを行うので、撚り合わせのピッチがほぼ均一で電線間のスキマの小さいツイストケーブルを製造できる。   In this way, the length of the two wires is high, and twisting is performed while applying appropriate tension to the wires, so a twisted cable with a substantially uniform twisting pitch and a small gap between the wires is manufactured. it can.

上記の各工程の概要を、図15のフローチャートを参照して説明する。
まず、S1で、電線送給装置で電線が送給された後、S2で、電線のトップが引き出し装置で挟持されて所定の距離だけ引き出される。その後、S3で、電線が切断される。切断後、電線束側に残った電線(1次側電線)は、電線送給装置に挟持されたまま、S4でトップが皮むきされ、S5で端子が圧着される。一方、切断された電線(2次側電線)においては、テールが、S6で皮むきされた後、S7で端子が圧着される。その後、テール及びトップが各々回転ユニットに受け渡されて、同ユニットにより電線が撚り合わされる。寄り合わせ後、製造されたツイストケーブルは、S9で排出される。
S5で端子が圧着された後の1次側電線は、図の破線に示すように、次のサイクルで、電線送給装置で送給され、S2引き出し、S3切断を経て、2次側電線として処理される。
The outline of each of the above steps will be described with reference to the flowchart of FIG.
First, in S1, an electric wire is fed by the electric wire feeder, and then in S2, the top of the electric wire is sandwiched by the drawing device and pulled out by a predetermined distance. Thereafter, in S3, the electric wire is cut. After cutting, the electric wire (primary electric wire) remaining on the electric wire bundle side is peeled off at S4 while being pinched by the electric wire feeder, and the terminal is crimped at S5. On the other hand, in the cut electric wire (secondary side electric wire), the tail is peeled off in S6, and then the terminal is crimped in S7. Thereafter, the tail and the top are respectively transferred to the rotating unit, and the electric wires are twisted together by the unit. After the close together, the manufactured twisted cable is discharged in S9.
As shown by the broken line in the figure, the primary side electric wire after the terminal is crimped in S5 is fed by the electric wire feeder in the next cycle, and after passing through S2 and S3 cutting, as the secondary side electric wire. It is processed.

このように、電線が切断された後、1次側電線の端処理作業と2次側電線の端処理作業が独立しているとともに、これらの作業と電線撚り合わせ作業とが完全に独立しているので、これらの作業を並行して行うことができる。具体的には、2次側電線のトップを、トップ引き出し装置からトップ受け渡し装置手段に受け渡した後は、トップ引き出し装置を初期位置に戻すなど、電線撚り合わせ装置とは関係なく電線端処理作業をすることができる。特に、撚り合わせ作業は比較的時間を要する作業であるので、撚り合わせ作業中に、次の電線を準備しておくことができる。したがって、装置全体のタクトタイムを短くできる。   As described above, after the wire is cut, the end treatment work of the primary side wire and the end treatment work of the secondary side wire are independent, and these work and the wire twisting work are completely independent. Therefore, these operations can be performed in parallel. Specifically, after the top of the secondary-side electric wire is transferred from the top drawing device to the top transferring device means, the wire end processing work is performed regardless of the wire twisting device, such as returning the top drawing device to the initial position. can do. In particular, since the twisting work is a relatively time-consuming work, the next electric wire can be prepared during the twisting work. Therefore, the tact time of the entire apparatus can be shortened.

上記の説明では、両端に端子が圧着された電線を用いたツイストケーブルについて説明したが、両端が半田付けされた電線や、一端が半田付けされてもう一方の端部が端子圧着された電線、あるいは、これらの組合せによるツイストケーブルを製造することもできる。この場合は、図1の装置において、端子圧着機の代わりに半田付け装置を設置する。   In the above description, a twisted cable using an electric wire with terminals crimped at both ends has been described, but an electric wire with both ends soldered, an electric wire with one end soldered and the other end crimped with a terminal, Or the twisted cable by these combination can also be manufactured. In this case, in the apparatus of FIG. 1, a soldering apparatus is installed instead of the terminal crimping machine.

なお、本発明のツイストケーブル製造装置1の電線撚り合わせ装置1400のみを単独で使用することもできる。この場合は、予め端処理された電線を準備し、2本の電線の各端部を人手等で各回転ユニット400A、400Bのクランプ410に挟持させて撚り合わせ作業を行う。この場合も、上記の説明と同様に、撚り合わせが進行しても電線を適宜な張力で挟持させておくことができる。   Note that only the wire twisting device 1400 of the twisted cable manufacturing device 1 of the present invention can be used alone. In this case, wires that have been end-treated in advance are prepared, and the ends of the two wires are manually clamped between the clamps 410 of the rotary units 400A and 400B. Also in this case, similarly to the above description, the electric wire can be held with an appropriate tension even when the twisting proceeds.

また、本発明のツイストケーブル製造装置1は、電線撚り合わせ作業を行わない場合、2本の端処理電線を製造する装置として使用できる。この場合、前述した電線送給装置100とトップ引き出し装置1300を用いた電線側長を行えば、長さ精度の高い2本の端処理電線を製造することができる。   Moreover, the twist cable manufacturing apparatus 1 of this invention can be used as an apparatus which manufactures two end process electric wires, when not performing an electric wire twisting operation | work. In this case, if the electric wire side length using the electric wire feeding device 100 and the top drawing device 1300 described above is performed, two end-treated electric wires with high length accuracy can be manufactured.

W1・W2;電線
1;ツイストケーブル製造装置、3;機台、100;電線送給装置、110;ローラユニット、
120;左右のローラ対、121・122;ローラ、125・126;駆動ギア、
130;電線送りモータ、133;タイミングベルト、135;ノズル、
140;左右ローラ対支持プレート、141・142;上下アーム、147;空気圧管路、
148;シリンダ、149;電気制御圧力調整弁
150;ベースプレート、151;移動機構、
160;テーブル、161;移動機構
200;トップ皮むき装置、210;トップ端子圧着装置、230;切断装置
240;テールクランプ装置、250;テール皮むき装置、260;テール端子圧着装置
315;支持プレート、317;連結プレート、320;移動機構、321;リニアガイド、
322;スライダ、325;タイミングベルト、327;モータ、329;プーリ、
331;押さえローラ、
421・422;リンク、
513;ロッド側管路、514;ピストン側管路、
516;圧力調整弁、517・518;開閉切換弁、519;空圧源
659;タイミングベルト、655・656;プーリ、657;モータ、658;ベルト
660;クッションベルト、662;ベルト端部、663;プーリ、667;ベルト接続部、
1300;トップ引き出し装置、1310;クランプ部、1311;クランプ、
1313;クランプ開閉リンク機構、
1321;爪、1323;ピン、1324;クランプ本体、1325;アーム、
1327;ピン、1329;リンクA、
1330;枠、1331;ピン、1333;リンクB、1334;クレビス、1335;ピン、1338;ロッド、1339;クランプ開閉シリンダ、1347;ストローク調整ボルト、
1350;クランプ間隔変更機構、1351;プレート、1353;エアチャックスライダ、
1355;エアチャックレール、1357;エアチャック本体、
1361;リニアガイドスライダ、1363;リニアガイドレール、1371;移動台、
1400;電線撚り合わせ装置、1400A;トップ回転ユニット、1400B;テール回転ユニット
1401;テーブル、1403;テール側電線振れ止め、1404;X方向中央部電線振れ止め、1406;ショックアブソーバー、1408;トップ側電線振れ止め
1410;クランプ部、1411;クランプ片、1413;本体、1414;根元部、1415;テーパ、
1420;開閉リンクハウジング、1427;シャフト、1429;カウンターウェイト
1430;ホルダー、1435;ベアリング
1443;ジョイント、1447;クランプ開閉シリンダ、1449;カップリング、
1450;クランプ回転モータ、1455;移動台、1456;取付部、1459;ショックアブソーバー
1460;ワイヤー弛み取り機構、1461;ロッド、1462;ストッパ移動シリンダ、
1463;ストッパ、1465;ストッパーガイドロッド、1468;プレート
1470;ベース、1473;ステイ、1474・1475; リニアガイドレール、
1476;リニアガイドスライダ
1510;付勢シリンダ、1511;ロッド、1512;ピストン、
1600;トップ受け渡し装置、
1610;クランプ部、1611;クランプ、1613;エアチャック、1614;アーム、
1615;回転ステージ、1617;支台、
1621;レール、1622;スライダ、1625;ボールネジ、1626;ナットホルダー、
1627;モータ、
1640;X移動台、1642;リニアガイドスライダ、1644;ナットホルダー、
1647;ボールネジ、1650;ネジ駆動モータ、1651;リニアガイド、
1652;スライダ、1661・1662;レール、
1700;テール受け渡し装置、1706;カバー、1701;旋回機構、1711;吊下げ棒
1720;クランプ上下シリンダ、1721;シリンダ本体、1723;シリンダロッド、
1725;上下スライダ、1727;元部、1729;先部
1731;上下台、1733;シリンダ接続部、1735;上下プレート接続部、
1737;延長部、1739;エアチャック接続部
1740;エアチャック、1747;アーム、1749;位置固定クランプ、
1761;上下プレート、1763;下部
1770;電線間ピッチ変更シリンダ、1771;本体、1773;シリンダロッド、
1775;水平スライダ、1777;上部、1781;移動プレート
1790;エアチャック、1797;アーム、1799;位置可動クランプ
1800;排出トレイ
W1 and W2; Electric wire 1; Twist cable manufacturing device, 3; Machine base, 100; Electric wire feeder, 110; Roller unit,
120; left and right roller pair, 121/122; roller, 125/126; drive gear,
130; wire feed motor, 133; timing belt, 135; nozzle,
140; left and right roller pair support plate, 141/142; upper and lower arms, 147; pneumatic pipe line,
148; Cylinder, 149; Electrically controlled pressure regulating valve
150; base plate, 151; moving mechanism,
160; table, 161; moving mechanism
200; Top peeling device, 210; Top terminal crimping device, 230; Cutting device
240; tail clamping device, 250; tail peeling device, 260; tail terminal crimping device
315; support plate, 317; connection plate, 320; moving mechanism, 321; linear guide,
322; Slider, 325; Timing belt, 327; Motor, 329; Pulley,
331; presser roller,
421 ・ 422; Link,
513; Rod side pipe line, 514; Piston side pipe line,
516; Pressure regulating valve, 517/518; Open / close switching valve, 519; Air pressure source
659; Timing belt, 655/656; Pulley, 657; Motor, 658; Belt
660; cushion belt, 662; belt end, 663; pulley, 667; belt connection,
1300; Top drawer device, 1310; Clamp part, 1311; Clamp,
1313; Clamp opening / closing link mechanism,
1321; claw, 1323; pin, 1324; clamp body, 1325; arm,
1327; Pin, 1329; Link A,
1330; Frame, 1331; Pin, 1333; Link B, 1334; Clevis, 1335; Pin, 1338; Rod, 1339; Clamp open / close cylinder, 1347; Stroke adjustment bolt,
1350; Clamp interval changing mechanism, 1351; Plate, 1353; Air chuck slider,
1355; Air chuck rail, 1357; Air chuck body,
1361; Linear guide slider, 1363; Linear guide rail, 1371;
1400; Wire twisting device, 1400A; Top rotation unit, 1400B; Tail rotation unit
1401; Table, 1403; Tail-side wire steady rest, 1404; X-direction central wire steady rest, 1406; Shock absorber, 1408; Top-side wire steady rest
1410; clamp part, 1411; clamp piece, 1413; body, 1414; root part, 1415; taper,
1420; Open / close link housing, 1427; Shaft, 1429; Counterweight
1430; Holder, 1435; Bearing
1443; Joint, 1447; Clamping cylinder, 1449; Coupling,
1450; Clamp rotation motor, 1455; Moving base, 1456; Mounting part, 1459; Shock absorber
1460; Wire slack eliminating mechanism, 1461; Rod, 1462; Stopper moving cylinder,
1463; Stopper, 1465; Stopper guide rod, 1468; Plate
1470; Base, 1473; Stay, 1474/1475; Linear guide rail,
1476; Linear guide slider
1510; bias cylinder, 1511; rod, 1512; piston,
1600; Top delivery device,
1610; clamp part, 1611; clamp, 1613; air chuck, 1614; arm,
1615; rotating stage, 1617; abutment,
1621; Rail, 1622; Slider, 1625; Ball screw, 1626; Nut holder,
1627; motor,
1640; X moving table, 1642; linear guide slider, 1644; nut holder,
1647; Ball screw, 1650; Screw drive motor, 1651; Linear guide,
1652; Slider, 1661 and 1662; Rail,
1700; tail transfer device, 1706; cover, 1701; swivel mechanism, 1711; hanging rod
1720; Clamp upper and lower cylinders, 1721; Cylinder body, 1723; Cylinder rod,
1725; Up and down slider, 1727; Original part, 1729;
1731; Upper and lower platform, 1733; Cylinder connection, 1735; Upper and lower plate connection,
1737; Extension, 1739; Air chuck connection
1740; air chuck, 1747; arm, 1749; position clamp,
1761; top and bottom plates, 1763; bottom
1770; Cylinder for changing pitch between wires, 1771; Body, 1773; Cylinder rod,
1775; Horizontal slider, 1777; Top, 1781; Moving plate
1790; Air chuck, 1797; Arm, 1799; Position movable clamp
1800; discharge tray

Claims (8)

  1. 並列する複数本の電線を送給する電線送給手段(100)と、
    該電線のトップ部の被覆を皮むきするトップ皮むき手段(200)と、
    皮むきされたトップ部に処理を施すトップ端処理手段(210)と、
    処理された前記トップ部を引き出すトップ引き出し手段(1300)と、
    前記電線を任意の長さに切断する電線切断手段(230)と、
    切断された前記電線のテール部の被覆を皮むきするテール皮むき手段(250)と、
    皮むきされたテール部に処理を施すテール端処理手段(260)と、
    両端が処理された前記並列する複数本の電線を撚り合わせる下記A〜Dを有する電線撚り合わせ装置(1400)と、
    A)前記複数本の電線のトップ部を把持するトップクランプ(1410)、
    B)該複数本の電線のテール部を把持するテールクランプ(1410)、
    C)前トップクランプ及び/又は前記テールクランプを回転させる回転手段(1450)、及び、
    D)前記トップクランプと前記テールクランプの相互間隔及び前記複数本の電線に付
    加する張力を調整するクランプ間隔・張力調整機構(1510)、
    前記複数本の電線のトップ部を、前記トップ引き出し手段(1300)から受け取って前記電線撚り合わせ装置のトップクランプ(1410)に渡すトップ渡し手段(1600)と、
    前記複数本の電線のテール部を、前記電線撚り合わせ装置の前記テールクランプ(1410)に渡すテール渡し手段(1700)と、
    を具備するツイストケーブル製造装置であって、
    前記電線撚り合わせ装置(1400)に前記電線を渡す手前で、前記並列する複数本の電線の相互間隔である電線間ピッチを狭くする機構(1350・1770)が設けられていることを特徴とするツイストケーブル製造装置。
    Wire feeding means (100) for feeding a plurality of wires in parallel;
    A top stripping means (200) for stripping the coating on the top of the wire;
    Top end processing means (210) for processing the peeled top portion;
    A top pull-out means (1300) for pulling out the processed top portion;
    Electric wire cutting means (230) for cutting the electric wire into an arbitrary length;
    Tail peeling means (250) for peeling the covering of the cut tail portion of the wire;
    Tail end processing means (260) for processing the peeled tail portion;
    A wire twisting device (1400) having the following A to D for twisting the plurality of parallel wires processed at both ends;
    A) A top clamp (1410) for gripping the top portion of the plurality of wires.
    B) A tail clamp (1410) for gripping the tail portions of the plurality of electric wires,
    C) Rotating means (1450) for rotating the front top clamp and / or the tail clamp, and
    D) Clamp interval / tension adjusting mechanism (1510) for adjusting the mutual interval between the top clamp and the tail clamp and the tension applied to the plurality of wires.
    Top passing means (1600) for receiving the top portions of the plurality of wires from the top drawing means (1300) and passing them to the top clamp (1410) of the wire twisting device;
    Tail passing means (1700) for passing the tail portions of the plurality of wires to the tail clamp (1410) of the wire twisting device;
    A twisted cable manufacturing apparatus comprising:
    Before passing the wires to the wire twisting device (1400), there is provided a mechanism (1350/1770) for narrowing the pitch between wires, which is the distance between the plurality of wires arranged in parallel. Twist cable manufacturing equipment.
  2. 前記電線間ピッチを狭くする機構(1350・1770)が、前記トップ引き出し手段(1300)又は前記トップ渡し手段(1600)、及び、前記テール渡し手段(1700)に設けられていることを特徴とする請求項1記載のツイストケーブル製造装置。   The mechanism (1350/1770) for narrowing the pitch between the wires is provided in the top pulling means (1300) or the top passing means (1600) and the tail passing means (1700). The twisted cable manufacturing apparatus according to claim 1.
  3. 前記トップ引き出し手段(1300)に設けられた前記電線間ピッチを狭くする機構(1350)が、二本の電線を均等に寄せることにより前記電線間ピッチを狭くするものであることを特徴とする請求項1又は2記載のツイストケーブル製造装置。   The mechanism (1350) for narrowing the pitch between the wires provided in the top drawing means (1300) narrows the pitch between the wires by bringing two wires evenly. Item 3. A twisted cable manufacturing apparatus according to item 1 or 2.
  4. 前記テール渡し手段(1700)が、
    二本の電線の各々を把持する二セットのクランプ(1749・1799)と、
    該クランプの一方(1799)を移動させて前記電線間ピッチを狭くする機構(1770)と、
    前記二セットのクランプを上下させる機構(1720)と、
    を含むことを特徴とする請求項2又は3記載のツイストケーブル製造装置。
    The tail passing means (1700)
    Two sets of clamps (1749/1799) that hold each of the two wires,
    A mechanism (1770) for moving one of the clamps (1799) to narrow the pitch between the wires;
    A mechanism (1720) for raising and lowering the two sets of clamps;
    The twisted cable manufacturing apparatus according to claim 2 or 3, characterized by comprising:
  5. 撚り合わせ中の前記電線の振れを止める振れ止め(1403・1404・1408)が設けられていることを特徴とする請求項1〜4いずれか1項記載のツイストケーブル製造装置 The twist cable manufacturing apparatus according to any one of claims 1 to 4 , further comprising a steady stop (1403, 1404, 1408) that stops the swing of the electric wires during twisting.
  6. 前記振れ止め(1403・1404・1408)が、前記トップクランプ及び前記テールクランプの近傍、並びに、両クランプの間の位置に設けられていることを特徴とする請求項記載のツイストケーブル製造装置6. The twist cable manufacturing apparatus according to claim 5, wherein the steady rests (1403, 1404, 1408) are provided in the vicinity of the top clamp and the tail clamp and at a position between the clamps.
  7. さらに、電線撚り合わせ後に、前記トップクランプ及び前記テールクランプが解放されて落下する撚り合わせ後の電線を載置する排出トレイ(1800)を備える請求項1〜4いずれか1項記載のツイストケーブル製造装置であって、
    前記トップクランプ(1410)及び/又は前記テールクランプ(1410)、該クランプの前記回転手段(1450)、並びに、該クランプを付勢しながら移動させる前記クランプ間隔・張力調整機構(1510)が、前記排出トレイ(1800)の上方に配置されたベース(1470)から吊下げ式に配設されていることを特徴とするツイストケーブル製造装置
    Further, after the combined wire twisted, twisted cable manufacturing according to any one of the preceding claims, comprising a discharge tray for placing the wire after twisting the top clamp and the tail clamp to drop is released (1800) A device ,
    The top clamp (1410) and / or the tail clamp (1410), the rotating means (1450) of the clamp, and the clamp interval / tension adjusting mechanism (1510) for moving the clamp while being urged, A twisted cable manufacturing apparatus , wherein the twisted cable manufacturing apparatus is suspended from a base (1470) disposed above the discharge tray (1800).
  8. 電線を送給する工程と、
    送給された電線のトップ部の被覆を皮むきするトップ皮むき工程と、
    皮むきされたトップ部に端子を圧着するなどの処理を施すトップ端処理工程と、
    トップ部の端処理された電線を任意の長さに切断する電線切断工程と、
    切断された電線のテール部の被覆を皮むきするテール皮むき工程と、
    皮むきされたテール部に端処理を施すテール端処理工程と、
    両端に端処理された複数本の電線を撚り合わせる撚り合わせ工程と、
    を含むツイストケーブルの製造方法であって、
    請求項1〜7いずれか1項記載のツイストケーブル製造装置を用いることを特徴とする撚り合わせ電線製造方法。
    A process of feeding electric wires;
    A top peeling process to peel off the coating on the top of the supplied wire;
    A top end treatment process for performing a treatment such as crimping a terminal on the peeled top portion;
    An electric wire cutting step of cutting the end-treated electric wire of the top portion into an arbitrary length;
    A tail peeling process to peel off the covering of the tail part of the cut electric wire;
    A tail end processing step for performing end processing on the peeled tail portion;
    A twisting step of twisting a plurality of wires end-treated at both ends;
    A twisted cable manufacturing method comprising:
    A twisted cable manufacturing method using the twisted cable manufacturing apparatus according to any one of claims 1 to 7 .
JP2014102202A 2014-05-16 2014-05-16 Electric wire twisting device, twisted cable manufacturing device, electric wire twisting method, and twisted cable manufacturing method Active JP6282929B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2014102202A JP6282929B2 (en) 2014-05-16 2014-05-16 Electric wire twisting device, twisted cable manufacturing device, electric wire twisting method, and twisted cable manufacturing method

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2014102202A JP6282929B2 (en) 2014-05-16 2014-05-16 Electric wire twisting device, twisted cable manufacturing device, electric wire twisting method, and twisted cable manufacturing method
CN201410240067.2A CN104217823B (en) 2013-06-03 2014-05-30 Electric wire stranding device and method, twisting type cables manufacturing device and method

Publications (3)

Publication Number Publication Date
JP2015220070A JP2015220070A (en) 2015-12-07
JP2015220070A5 JP2015220070A5 (en) 2017-03-02
JP6282929B2 true JP6282929B2 (en) 2018-02-21

Family

ID=54779291

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2014102202A Active JP6282929B2 (en) 2014-05-16 2014-05-16 Electric wire twisting device, twisted cable manufacturing device, electric wire twisting method, and twisted cable manufacturing method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6282929B2 (en)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN106182748B (en) * 2016-08-31 2018-05-22 党正 A kind of Full-automatic cutting glues all-in-one machine

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0687621B2 (en) * 1991-05-15 1994-11-02 日本オートマチックマシン株式会社 How to install the seal tube
JP4258961B2 (en) * 2000-08-02 2009-04-30 住友電装株式会社 Electric wire twist processing equipment
WO2011158390A1 (en) * 2010-06-16 2011-12-22 日本オートマチックマシン株式会社 Two crimped wire manufacturing device, two crimped wire manufacturing method, and two wire feeding device
JP5400981B1 (en) * 2013-06-03 2014-01-29 日本オートマチックマシン株式会社 Wire twisting device, twisted wire manufacturing device, twisted wire manufacturing method

Also Published As

Publication number Publication date
JP2015220070A (en) 2015-12-07

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20200373040A1 (en) Electric wire twisting device and electric wire twisting method
ES2565068T3 (en) Braiding device
JP5619505B2 (en) Twisted wire manufacturing apparatus and manufacturing method
EP1032095B1 (en) Method and device for processing and twisting a conductor pair
CN102948022B (en) Multiple crimped wire manufacturing device, two terminal-crimped wire manufacturing method, multiple wire feeding device, terminal crimping method, and terminal crimping device
US7024760B2 (en) Method and apparatus for equipping plug housings with fitted-out cable ends of a cable
EP0147081B1 (en) A wire length varying device in combination with apparatus for making electrical harnesses
US7721582B2 (en) Bending machine for rod-shaped workpieces made from wire, tubular material or the like
US7891225B2 (en) Bending machine
US4194281A (en) Apparatus and method for stripping wire leads
ES2274156T3 (en) Procedure and device for the mechanical production of winding cable without coil.
US20050050722A1 (en) Inspection apparatus and method for wire-processing machine
CN108550435B (en) Flexible flat cable tube processing machine convenient for feeding
EP1992464A2 (en) Method of machining component parts of wood or similar, in particular door and window frame component parts
JP2808976B2 (en) Harness manufacturing apparatus and harness manufacturing method
US7185411B2 (en) Method and apparatus for forming fine gauge and monofilament single and double-armed sutures
CN204156269U (en) One automatically wears heat-shrink tube press
JPH10340644A (en) Twisted electric cable manufacturing device
CH666441A5 (en) Device for cutting at least one segment from a continuous strand.
JP2018537934A (en) Wave winding device
JPH06133428A (en) Wire treating device
US4165768A (en) Wire straightening mechanism for wire lead production apparatus
CN105229754B (en) The bandage winding method and bandage wind of twisted-pair feeder
KR101494604B1 (en) Transfer unit pipes
JP6542024B2 (en) Method and apparatus for manufacturing crimped connections

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20170127

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20170127

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20171110

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20171117

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20180109

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20180123

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20180125

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6282929

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250