JP6256385B2 - The liquid crystal display device - Google Patents

The liquid crystal display device Download PDF

Info

Publication number
JP6256385B2
JP6256385B2 JP2015041705A JP2015041705A JP6256385B2 JP 6256385 B2 JP6256385 B2 JP 6256385B2 JP 2015041705 A JP2015041705 A JP 2015041705A JP 2015041705 A JP2015041705 A JP 2015041705A JP 6256385 B2 JP6256385 B2 JP 6256385B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
liquid crystal
polarizing plate
display device
crystal display
surface
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2015041705A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2016161833A (en
Inventor
征一 磯嶋
征一 磯嶋
剛志 黒田
剛志 黒田
中川 博喜
博喜 中川
Original Assignee
大日本印刷株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 大日本印刷株式会社 filed Critical 大日本印刷株式会社
Priority to JP2015041705A priority Critical patent/JP6256385B2/en
Publication of JP2016161833A publication Critical patent/JP2016161833A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP6256385B2 publication Critical patent/JP6256385B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、液晶表示装置に関する。 The present invention relates to a liquid crystal display device.

液晶表示装置は、省電力、軽量、薄型等といった特徴を有していることから、従来のCRTディスプレイに替わり、近年急速に普及している。 The liquid crystal display device, power saving, lightweight, since it has characteristics such as thin, etc., instead of the conventional CRT display, has rapidly spread in recent years.
一般的な液晶表示装置としては、例えば、バックライト光源、該バックライト側の偏光板、液晶セル、カラーフィルター及び表示側の偏光板を有する構造が挙げられる。 As a general liquid crystal display device, for example, a backlight source, the backlight side polarizing plate, liquid crystal cell, the structure having a color filter and a display side polarizing plate and the like.
液晶表示装置の2枚の偏光板は、所定の振動方向の振動面を有する直線偏光のみを選択的に透過させるように構成されたものであり、それぞれの振動方向が相互に直角の関係になるようにクロスニコル状態で対向して配置されている。 Two polarizing plates of the liquid crystal display device has been configured to selectively transmit only the linear polarization having an oscillation plane in a predetermined oscillation direction, each of the vibration direction is perpendicular relationship to each other They are arranged opposite in a cross nicol state such. また、液晶セルは2枚の偏光板の間に配置されている。 The liquid crystal cell is disposed between two polarizing plates.

近年、4K2K(水平画素数3840×垂直画素数2160)や8K4K(水平画素数7680×垂直画素数4320)と呼ばれる水平画素数が3000以上の超高精細な液晶表示装置が開発されているが、このような超高精細な液晶表示装置では、これまで以上に優れた輝度を有することが求められている。 Recently, 4K2K although (horizontal pixels 3840 × vertical pixels number 2160) and 8K4K number of horizontal pixels is 3000 or more ultra-high-definition liquid crystal display device called a (horizontal pixels 7680 × vertical pixels number 4320) have been developed, such ultra-high-definition liquid crystal display device, it is required to have excellent brightness than ever.
液晶表示装置の輝度には、バックライト光源が直接的に関連しており、従来、液晶表示装置のバックライト光源としては、CCFL、EEFL、FFL、LED等が用いられており、LED光源は、CCFL光源に比べて応答速度が速く、色表現性が優れており、環境にやさしいということで採用が多くなっていた。 The luminance of the liquid crystal display device, the backlight source are directly related, conventionally, as a backlight source of a liquid crystal display device, CCFL, EEFL, FFL, and LED or the like is used, LED light source, CCFL light source high response speed compared to, and color expressivity excellent, it was increasingly employed in that environmentally friendly.
しかしながら、超精細な液晶表示装置の開発とともに、これまでよりも広い色域(国際規格、ITU−R勧告BT.2020)を満たす色表現が求められるところ、従来の白色LED光源(例えば、青色LEDと黄色蛍光体とを組み合わせたLED光源)を用いた液晶表示装置では、このような広色域の国際規格を充分にカバーすることはできなかった。 However, with the development of ultra-definition liquid crystal display device, which wider color gamut than the point where (international standard, ITU-R Recommendation BT.2020) is color representation satisfying sought, conventional white LED light source (e.g., a blue LED and a liquid crystal display device using an LED light source) a combination of a yellow phosphor, it was not possible to sufficiently cover the international standard for such a wide color gamut.

一方、より高輝度及び広色域化を可能とするバックライト光源として、量子ドット(Quantum dot (QD))を含む光透過層を備えたバックライト光源(以下、QD光源ともいう)が注目されている。 On the other hand, as a backlight source that enables higher luminance and wide color gamut, a backlight light source with a light transmission layer including a quantum dot (Quantum dot (QD)) (hereinafter, also referred to as a QD light source) is focused ing.
量子ドット(QD)とは、10億分の1メートルサイズの小さい粒子を意味する「ナノ(nano)」素材であり、量子サイズ効果によりバルク半導体とは異なる光学的特性を持つ。 The quantum dot (QD), a material "nano (nano)" meaning one billionth of a meter sized small particles, having optical properties different from the bulk semiconductor by a quantum size effect. この量子ドットは、光を吸収して異なる波長の光を発生させることができ、サイズを調節することで、赤外から紫外の広い波長範囲の光を出すことができる。 The quantum dot light can generate light absorption to different wavelengths, by adjusting the size, it is possible to emit light in a wide wavelength range of the infrared of ultraviolet. また、様々なサイズの量子ドットが共に存在するときに一つの波長で光を発するようにすると、様々な色を一度に出すこともできる。 Further, when to emit light at one wavelength when the quantum dots of different sizes are present together, it is also possible to produce different colors at a time.
この量子ドットを用いたQD光源では、従来の白色LED光源と比べて発光スペクトルの半値全幅(FWHM)が狭いため、色純度が高くカラーフィルターによる光ロスも少ない。 In the QD light source using the quantum dots, for the full width at half maximum of the emission spectrum as compared with conventional white LED light source (FWHM) is narrow, the optical loss is small due to high color filter color purity. また、量子ドットを用いたQD光源は、高い変換効率を有するため、高輝度、且つ広色域のバックライト光源となり得る。 Further, QD light sources using quantum dots has a high conversion efficiency can be a high brightness, and Hiroiroiki backlight source of.

ここで、液晶表示装置に用いられる偏光板保護フィルムとしては、従来、トリアセチルセルロースに代表されるセルロースエステルからなるフィルムが用いられていた。 Here, the polarizing plate protective film used in a liquid crystal display device, conventionally, a film of cellulose ester represented by triacetyl cellulose has been used. これは、セルロースエステルはリタデーション値が低いため、液晶表示装置の表示品質への影響が少ないことや、適度な透水性を有することから、偏光板製造時に偏光子に残留した水分を、偏光板保護フィルムを通して乾燥させることができる等の利点に基づくものである。 This is because the cellulose ester has a low retardation value, the influence on the display quality of the liquid crystal display device is small and, since it has moderate permeability, the moisture remaining on the polarizer at the time of the polarizing plate production, a polarizing plate protective it is based on the advantages of such can be dried through the film. また、セルロースエステルフィルムは比較的廉価であるという点も寄与している。 It is also contributes that the cellulose ester film is relatively inexpensive.
しかしながら、このようなセルロースエステルフィルムを、今後も拡大する液晶表示装置産業を支える部材として考えた場合、種々の問題点が存する。 However, such a cellulose ester film, when considered as a member for supporting the liquid crystal display device industry to expand in the future, various problems resides. なかでも特に重大な問題点としては、次のようなものが指摘されている。 The very particularly serious problem, something like the following have been pointed out.
まず、セルロースエステルフィルムの製造は、有機溶媒にセルロースエステルを溶解した溶液を、支持体上にキャスティングし、溶媒を乾燥した後、これを剥離することによって製膜する、いわゆる溶液製膜法によって製造されるのが一般的である。 First production, production of cellulose ester film, a solution prepared by dissolving cellulose ester in an organic solvent, cast on a support, after drying the solvent, which film by peeling it, the so-called solution casting method they are generally. しかしながら、このような溶液製膜法を実施するには、溶媒の乾燥工程等を含めて大規模な設備と特別な技術を要することから、特殊な技術を保有する者にしか製造することができず、拡大する液晶表示装置市場に対応する需給を満たすことができていない。 However, such a carrying out a solution film-forming method, including a drying step or the like of the solvent can take a large equipment and special technologies, it can be produced only to those who possess special technology not, not been able to meet the supply and demand corresponding to the liquid crystal display device market to expand. このため、今後も偏光板保護フィルムとしてセルロースエステルフィルムに依存することは、今や我が国の主幹産業と言っても過言ではない液晶表示装置産業の発展を阻害することになりかねない。 Thus, it depends on the cellulose ester film as the polarizing plate protective film future, not now could end up inhibiting the development of a liquid crystal display device industry no exaggeration to say that our main trunk industry.
また、一般的にセルロースエステルフィルムを上述した溶液製膜方法にて製造する場合、セルロースエステル溶液に用いられる有機溶媒としては、ジクロロメタンが主溶媒として用いられている。 In the production of at generally a cellulose ester film solution casting method described above, and as the organic solvent used in the cellulose ester solution, dichloromethane is used as a main solvent. しかしながら、当該ジクロロメタンは、人体に対する危険性が疑われているものであるため、将来にわたってセルロースエステルフィルムに依存することは、液晶表示装置産業の発展に伴ってジクロロメタン使用量・排出量を増加させることになり、環境面においても望ましいものではなかった。 However, the dichloromethane is because those that risk is suspected to a human body, be dependent on the cellulose ester film future, increasing the dichloromethane consumption and emissions with the development of the liquid crystal display device industry to be, it was not even desirable in environmental aspects.

このようなセルロースエステルフィルムの問題点から、市場において入手が容易な、あるいは簡易な方法で製造することが可能な汎用性フィルムを偏光板保護フィルムとして用いることが望まれており、例えば、セルロースエステル代替フィルムとして、ポリエチレンテレフタレート等のポリエステルフィルムを利用する試みがなされている(例えば、特許文献1参照)。 From such problems of the cellulose ester film, which is desirable to use is readily available in the market, or a general-purpose film which can be manufactured in a simple manner as a polarizing plate protective film, such as cellulose esters Alternatively the film, an attempt to utilize polyester films such as polyethylene terephthalate have been made (for example, see Patent Document 1).

しかしながら、セルロースエステルフィルム代替フィルムとしてポリエチレンテレフタレート(PET)等のポリエステルフィルムを用いた場合、液晶表示装置に色の異なるムラ(以下、「ニジムラ」ともいう)が、特に表示画面を斜めから観察したときに生じ、液晶表示装置の表示品質が損なわれてしまうという問題点があることが判明した。 However, when using a polyester film of polyethylene terephthalate (PET) or the like as the cellulose ester film alternate film, a liquid crystal display device of different colors to unevenness (hereinafter, also referred to as "Nijimura") is, especially when observing the display screen from the oblique to the resulting, it has been found that there is a display problem quality is impaired in a liquid crystal display device.
特に、バックライト光源としてQD光源を用いた場合、該QD光源は、従来のLED光源よりも発光スペクトルの半値全幅が狭いため、ポリエステルフィルムのような面内に複屈折を有するフィルムを偏光板保護フィルムとして使用した場合にニジムラが見えやすくなっていた。 In particular, when using a QD light source as a backlight source, the QD light source, since narrow full width at half maximum of the emission spectrum than conventional LED light source, a polarizing plate protective film having a birefringence in the plane, such as a polyester film Nijimura when used as a film had become more visible.
このため、液晶表示装置のバックライト光源としてQD光源を用いて充分な輝度が得られたとしても、ニジムラが生じてしまうという問題があった。 Therefore, even if a sufficient luminance by using the QD light source as a backlight source of a liquid crystal display device is obtained, there is a problem that Nijimura occurs.

特開2004−205773号公報 JP 2004-205773 JP

本発明は、上記現状に鑑み、高輝度かつ広色域で表示画像にニジムラが生じることを極めて高度に抑制することができる液晶表示装置を提供することを目的とするものである。 The present invention aims to provide a liquid crystal display device capable of very highly inhibited that in view of the above situation, it Nijimura display images with high luminance and wide color gamut arises.

本発明は、バックライト光源、液晶セル、カラーフィルター、偏光板及び偏光板保護フィルムがこの順序で配置された構成を有する液晶表示装置であって、上記バックライト光源は、量子ドットを含有する光透過層を含み、上記偏光板保護フィルムは、 膜厚が20〜72μmの範囲内で、 12000nm以上のリタデーションを有するものであり、かつ、上記偏光板の吸収軸と上記偏光板保護フィルムの遅相軸とのなす角度が、0°±10°又は90°±10°となるように配設されていることを特徴とする液晶表示装置である。 The present invention is a liquid crystal display device having a backlight source, a liquid crystal cell, the color filter, a configuration in which a polarizing plate and polarizing plate protective film are arranged in this order, said backlight source is a light containing quantum dots includes a transparent layer, the polarizing plate protective film has a thickness in the range of 20~72Myuemu, are those having the above retardation 12000 nm, and the absorption axis of the polarizing plate and the slow phase of the polarizing plate protective film the angle between axes, a liquid crystal display device characterized by being arranged such that 0 ° ± 10 ° or 90 ° ± 10 °.

本発明の液晶表示装置において、上記偏光板保護フィルムは、面内において最も屈折率が大きい方向である遅相軸方向の屈折率(nx)と、上記遅相軸方向と直交する方向である進相軸方向の屈折率(ny)との差(nx−ny)が、0.05以上であることが好ましい。 In the liquid crystal display device of the present invention, the polarizing plate protective film, the slow axis direction of the refractive index is the most direction refractive index is larger in the plane and (nx), a direction perpendicular to the slow axis direction advances refractive index of the axis direction (ny) difference between the (nx-ny) is preferably 0.05 or more.
また、上記偏光板保護フィルムは、ポリエステル系樹脂、ポリオレフィン系樹脂、(メタ)アクリル系樹脂、ポリウレタン系樹脂、ポリエーテルサルホン系樹脂、ポリカーボネート系樹脂、ポリスルホン系樹脂、ポリエーテル系樹脂、ポリエーテルケトン系樹脂、(メタ)アクロニトリル系樹脂、及び、シクロオレフィン系樹脂からなる群より選択されるいずれか1種の材料からなることが好ましい。 Further, the polarizing plate protective film, a polyester resin, a polyolefin resin, (meth) acrylic resins, polyurethane resins, polyether sulfone resins, polycarbonate resins, polysulfone resins, polyether resins, polyether ketone resins, (meth) acrylonitrile resins, and is preferably made of any one material selected from the group consisting of cycloolefin resin.

また、本発明の液晶表示装置は、上記偏光板保護フィルムの偏光板側と反対側面上に、表面に凹凸形状を有する光学層が積層されており、上記偏光板保護フィルムと上記光学層とを有する光学積層体は、全ヘイズ値が0%以上5%以下であり、内部ヘイズ値が0%以上5%以下であり、0.125mm幅の光学くしを用いて測定される透過像鮮明度をC(0.125)とし、0.25mm幅の光学くしを用いて測定される透過像鮮明度をC(0.25)としたとき、下記式(1)及び式(2)を満たすことが好ましい。 The liquid crystal display device of the present invention, on the opposite side polarizing plate side of the polarizing plate protective film, and the optical layer is laminated with an uneven shape on the surface, and the polarizing plate protective film and the optical layer the optical laminate having a total haze value is 5% or less than 0%, the internal haze value is 5% or less than 0%, the transmission image clarity measured using an optical comb of 0.125mm width and C (0.125), when the transmission image clarity measured using an optical comb of 0.25mm width is C (0.25), it satisfies the following formulas (1) and (2) preferable.
C(0.25)−C(0.125)≧2% (1) C (0.25) -C (0.125) ≧ 2% (1)
C(0.125)≧65% (2) C (0.125) ≧ 65% (2)

また、本発明の液晶表示装置は、上記偏光板保護フィルムの偏光板側と反対側面上に、表面に凹凸形状を有する光学層が積層されており、上記偏光板保護フィルムと上記光学層とを有する光学積層体は、全ヘイズ値が0%以上5%以下であり、内部ヘイズ値が0%以上5%以下であり、長波長カットオフ波長を100μmとしたときの上記光学積層体の表面の算術平均粗さをRa(100)[μm]とし、短波長カットオフ波長を100μmとし、かつ、長波長カットオフ波長を1000μmとしたときの上記光学積層体の表面の算術平均粗さをRa(100−1000)[μm]としたとき、下記式(3)及び式(4)を満たすことが好ましい。 The liquid crystal display device of the present invention, on the opposite side polarizing plate side of the polarizing plate protective film, and the optical layer is laminated with an uneven shape on the surface, and the polarizing plate protective film and the optical layer the optical laminate having a total haze value is 5% or less than 0%, the internal haze value is 5% or less than 0%, of the surface of the optical laminate when formed into a 100μm long wavelength cut-off wavelength the arithmetic average roughness and Ra (100) [[mu] m], a short wavelength cutoff wavelength is 100 [mu] m, and the arithmetic average roughness of the surface of the optical laminate when formed into a 1000μm long wavelength cut-off wavelength Ra ( 100-1000) [[mu] m] and the time, it is preferable to satisfy the following formula (3) and (4).
Ra(100)/Ra(100−1000)≦0.5 (3) Ra (100) / Ra (100-1000) ≦ 0.5 (3)
0.04μm≦Ra(100−1000)≦0.12μm (4) 0.04μm ≦ Ra (100-1000) ≦ 0.12μm (4)
また、上記Ra(100)が下記式(5)を満たすことが好ましい。 Further, it is preferable that the Ra (100) satisfies the following formula (5).
Ra(100)≦0.03μm (5) Ra (100) ≦ 0.03μm (5)

また、本発明の液晶表示装置において、上記光学層の凹凸面が光学積層体の表面となっていることが好ましい。 In the liquid crystal display device of the present invention, it is preferable that the irregular surface of the optical layer has a surface of the optical stack.
また、上記光学層上に設けられた機能層を更に備え、上記機能層の表面が上記光学積層体の表面となっていることが好ましい。 Moreover, further comprising a functional layer provided on the optical layer, it is preferable that the surface of the functional layer is a surface of the optical laminate.
また、上記光学層は、バインダー樹脂と微粒子とを含むことが好ましく、上記微粒子は、無機酸化物微粒子であることが好ましい。 Further, the optical layer preferably comprises a binder resin and fine particles, the fine particles are preferably inorganic oxide particles.
また、上記無機酸化物微粒子の平均一次粒径が1nm以上100nm以下であることが好ましく、上記無機酸化物微粒子は、表面が疎水化処理された無機酸化物微粒子であることが好ましい。 It is preferable that the average primary particle diameter of the inorganic oxide fine particles is 1nm or more 100nm or less, the inorganic oxide fine particles are preferably surface is an inorganic oxide fine particles having been hydrophobic-treated.
また、本発明の液晶表示装置において、上記光学積層体は、全ヘイズ値が0%以上1%以下であり、内部ヘイズ値が実質的に0%であることが好ましい。 In the liquid crystal display device of the present invention, the optical laminate, the total haze value is less than 1% 0% It is preferred internal haze value is substantially 0%.
以下に、本発明を詳細に説明する。 Hereinafter, the present invention will be described in detail.
なお、本明細書において、「樹脂」とは、特に言及しない限り、モノマー、オリゴマー等も包含する概念である。 In this specification, the term "resin", unless otherwise specified, the monomer is a concept encompasses oligomers.

本発明者らは、鋭意検討した結果、量子ドット(QD)を含有する光透過層を含むバックライト光源(QD光源)を用いることで、広い色域を再現でき、液晶表示装置の表示画面側の偏光板保護フィルムを、極めて高いリタデーションを有し、かつ、特定の方向に配置させることで、表示画像にニジムラが生じることを抑制できることを見出した。 The present inventors have made intensive studies, as a result, by using a back light source (QD light source) including a light transmitting layer containing quantum dots (QD), it can reproduce a wide color gamut, the display screen side of the liquid crystal display device of the polarizing plate protective film, it has a very high retardation, and, by arrangement in a specific direction has been found that it is possible to prevent the Nijimura occurs in the displayed image.
ここで、ある程度高いリタデーション値を有するポリエステルフィルムを偏光板保護フィルムとして用いた液晶表示装置としては、例えば、特開2011−107198号公報に記載の液晶表示装置が知られている。 Here, the liquid crystal display device using a polyester film having a relatively high retardation value as a polarizing plate protective film, for example, a liquid crystal display device is known described in JP 2011-107198. この液晶表示装置は、液晶セルの視認側に偏光板が設けられ、該偏光板の視認側に3000〜30000nmのリタデーションを有する高分子フィルムを配置し、該高分子フィルムの遅相軸と偏光板の吸収軸とのなす角を凡そ45度とした液晶表示装置であって、高分子フィルムとして、配向ポリエステルフィルムを用いるものである。 The liquid crystal display device, a polarizing plate is provided on the viewing side of the liquid crystal cell, disposed a polymer film having a retardation of 3000~30000nm the viewing side of the polarizing plate, the slow axis and the polarizing plate of the polymer film a liquid crystal display device was about 45 degrees angle between the absorption axis of the polymer film, it is to use an oriented polyester film. この液晶表示装置によればサングラス等の偏光板を介して表示画像を見た場合であっても、従来のポリエステルフィルムを偏光板保護フィルムとして用いた場合と比較して、ニジムラの発生はある程度改善できるものと考えられる。 Even when viewing the display image through the polarizing plate of sunglasses According to the liquid crystal display device, as compared with the case of using a conventional polyester film as a polarizing plate protective film, the occurrence of Nijimura is improved to some extent It is believed to be.
しかしながら、近年の超高精細な液晶表示装置に対しては、表示画面に生じるニジムラは極めて高度に抑制することが必要となってきている。 However, for recent ultra-high-definition liquid crystal display device, Nijimura occurring on the display screen is becoming necessary to very highly inhibited.
ところが、従来の偏光板保護フィルムでは、このような極めて高度なニジムラの抑制に充分に応えることができなかった。 However, the conventional polarizing plate protective film, was not able to respond sufficiently to such suppression of very high Nijimura.
これは、上述のように、QD光源は、従来のLED光源よりも発光スペクトルの半値全幅が狭いため、ポリエステルフィルムのような面内に複屈折を有するフィルムを偏光板保護フィルムとして使用した場合にニジムラが見えやすくなっていたことに加え、本発明者らの更なる検討の結果、従来のある程度高いリタデーション値を有する配向ポリエステルフィルムを偏光板保護フィルムとして用いた液晶表示装置では、透過光であるバックライト光の影響に関してのみに着目して種々の研究がなされていたため、外光や蛍光灯の光のある環境下における液晶表示装置の外部からの光の影響を失念していたこと、及び、カラーフィルターによる波長均一性の変化を加味していなかったことが原因であることが判明した。 This is because, as described above, QD light source, since narrow full width at half maximum of the emission spectrum than conventional LED light source, a film having a birefringence in the plane, such as a polyester film when used as a polarizing plate protective film in addition to Nijimura had become more visible, the result of further investigation by the present inventors, in the liquid crystal display device using oriented polyester film having a conventional relatively high retardation value as a polarizing plate protective film is a transmitted light since various studies have been made in view only for the effects of the backlight, it has been forgotten the influence of light from outside of the liquid crystal display device in an environment with light of external light or a fluorescent lamp, and, it has been found to be responsible for by color filters did not considering the change in the wavelength uniformity.
すなわち、従来のある程度高いリタデーション値を有する配向ポリエステルフィルムを偏光板保護フィルムとして用いた液晶表示装置であっても、カラーフィルターによる波長均一性の変化、及び、外光や蛍光灯の光の反射光によりニジムラが発生し、表示品質を低下させるといった不具合が生じてしまい、高度なニジムラの抑制に充分応えることができなかった。 That is, even in the liquid crystal display device using the oriented polyester film having a conventional relatively high retardation value as a polarizing plate protective film, the change in wavelength uniformity by the color filter, and the light of external light and fluorescent lights reflected light the Nijimura occurs, will occur is inconvenience to lower the display quality, it could not respond sufficiently to suppress advanced Nijimura.
これに対して、本発明者らの研究によると、偏光板保護フィルムを、その遅相軸が偏光板の吸収軸に対してなす角度がほぼ0°又は90°となるように配設することで、外光や蛍光灯の光のある環境下で使用した場合であっても、表示画像にニジムラが生じることを極めて高度に抑制できることを見出し、本発明を完成するに至った。 In contrast, according to the inventors' study, the polarizing plate protective film, the angle formed with respect to the absorption axis of the slow axis thereof polarizing plate is arranged to be substantially 0 ° or 90 ° in, even when used in an environment with light of external light and fluorescent lights, found that it very highly inhibited that Nijimura occurs in the display image, and have completed the present invention.

図1は、本発明の液晶表示装置の一例を模式的に示す断面図である。 Figure 1 is a cross-sectional view schematically showing an example of a liquid crystal display device of the present invention.
図1に示したように、本発明の液晶表示装置10は、液晶セル11、カラーフィルター12、偏光板13及び偏光板保護フィルム14がこの順序で配置された構成を有する。 As shown in FIG. 1, the liquid crystal display device 10 of the present invention has a structure in which liquid crystal cell 11, a color filter 12, polarizer 13 and the polarizer protective film 14 are arranged in this order.
また、図1には示していないが、本発明の液晶表示措置10は、液晶セル11のカラーフィルター12と反対側にバックライト光源を有するものであり、更に、液晶セル11は、2つの偏光板で挟持された構造であってもよく、この場合、液晶セル11のカラーフィルター12と反対側面に偏光板13と同構成の偏光板が設けられることとなるが、これら2つの偏光板は、通常、互いの吸収軸が90°(クロスニコル)となるよう配設される。 Although not shown in FIG. 1, the liquid crystal display measures 10 of the present invention are those having a backlight source on the opposite side of the color filter 12 of the liquid crystal cell 11, further, the liquid crystal cell 11, two polarization may be sandwiched structure of a plate, in this case, it becomes possible polarizing plate of the color filter 12 and the same structure as the polarizing plate 13 on the opposite side of the liquid crystal cell 11 is provided, the two polarizing plates, typically arranged to respective absorption axes are 90 ° (cross Nicol).

本発明の液晶表示装置において、上記バックライト光源は、量子ドットを含有する光透過層を含むものである。 In the liquid crystal display device of the present invention, the backlight source is intended to include a light transmission layer containing quantum dots.
図2は、上記量子ドットを含有する光透過層を含むバックライト光源の一例を模式的に示す断面図である。 Figure 2 is a cross-sectional view schematically showing an example of a backlight light source including a light transmitting layer containing the quantum dots.
図2に示したように、上記バックライト光源は、光源部20と光透過層200とから構成されており、光源部20は、フレーム21と該フレーム21の光透過層200面上に設けられた凹部に青色LED22が実装されており、光透過層200は、バインダー樹脂210中に量子ドット(赤色量子ドット220及び緑色量子ドット230)が分散されている。 As shown in FIG. 2, the backlight source is a light source unit 20 and the light transmitting layer 200. The light source unit 20 is provided on the light transmitting layer 200 on the surfaces of the frame 21 and the frame 21 recesses and blue LED22 is mounted on the light transmitting layer 200, a quantum dot (red quantum dot 220 and the green quantum dot 230) is dispersed in a binder resin 210. なお、光源部20の青色LED22から放出された青色光は、光透過層200を透過することで白色光に変換される。 Incidentally, the blue light emitted from the blue LED22 of the light source unit 20 is converted to white light by being transmitted through the light transmission layer 200.

上記量子ドットとは、量子閉じ込め効果(quantum confinement effect)を有する所定の大きさの半導体粒子である。 The above quantum dot is a semiconductor particle of a predetermined size having a quantum confinement effect (quantum confinement effect). 量子ドットは、励起源から光を吸収してエネルギー励起状態に達すると、量子ドットのエネルギーバンドギャップに応じたエネルギーを放出する。 Quantum dots, when absorbs light from the excitation source reaches energy excited state, emit energy corresponding to an energy band gap of the quantum dot. よって、量子ドットの粒径又は物質の組成を調節すると、エネルギーバンドギャップを調節することができ、様々なレベルの波長帯のエネルギーを得ることができる。 Thus, particle size or quantum dots when adjusting the composition of matter, can adjust the energy band gap, it is possible to obtain energy in the wavelength band of the different levels.
また、上記量子ドットは、通常、中心体と該中心体を被覆する殻で構成され、該殻の外表面に高分子コーティングされた構成を有する。 Further, the above quantum dots typically have been configured with the shell covering the central body and said center member, a structure that is a polymer coated on the outer surface of the shell.
上記量子ドットの中心体及び殻としては特に限定されず、例えば、CdSe、CdTe、CdS、ZnO、ZnS、ZnSe、InP、PbSe等が挙げられる。 Is not particularly restricted but includes the center body and the shell of the quantum dots, for example, CdSe, CdTe, CdS, ZnO, ZnS, ZnSe, InP, PbSe, and the like.

ここで、上記量子ドットは、粒径が小さいほど短い波長の光が発生し、粒子が大きいほど長い波長の光を発生するので、緑色量子ドット230は、赤色量子ドット220の粒径よりも小さく形成される。 Here, the quantum dots, generated light at wavelengths shorter smaller the particle size, since the generation of light of longer wavelength larger particles, green quantum dot 230 is smaller than the particle size of the red quantum dots 220 It is formed. 具体的には、赤色量子ドット220のサイズとしては、例えば、6〜10nmφが挙げられ、緑色量子ドット230のサイズとしては、例えば、2〜4nmφが挙げられる。 Specifically, as the size of the red quantum dot 220, for example, 6~10Nmfai. Examples of the size of the green quantum dots 230, for example, 2~4Nmfai.
また、量子ドットの形状としては特に限定されず、例えば、球状、棒状、円盤状、その他の形状(例えば、断面形状が三角形、四角形又は楕円形となる形状等)が挙げられる。 Further, no particular limitation is imposed on the shape of the quantum dots, for example, spherical, rod, disk, other shapes (e.g., cross-sectional shape triangular shape as a square or oval) and the like.
なお、上記量子ドットの平均粒径は、上記光透過層の断面TEM又はSTEM観察にて測定された20個の量子ドットの粒径を平均した値である。 The average particle diameter of the quantum dots are 20 values ​​obtained by averaging the particle size of the quantum dots as measured by cross-sectional TEM or STEM observation of the light-transmitting layer.

また、バインダー樹脂210としては特に限定されず、従来公知の材料が挙げられるが、具体的には、例えば、シリコーン樹脂、エポキシ樹脂、アクリル樹脂等を単独又は任意に組み合わせて用いることができる。 Further, no particular limitation is imposed on the binder resin 210, but conventionally known materials may be mentioned, specifically, for example, silicone resins, epoxy resins, in combination with either alone or in any acrylic resin.

上記量子ドットを含有する光透過層を有するバックライト光源(QD光源)のその他の構成としては特に限定されず、従来公知のものと同様のものを用いることができる。 Is not particularly limited as other configurations of the backlight source (QD light source) having a light transmitting layer containing the quantum dots, it can be the same as conventional ones.
上記光透過層は、例えば、上述した量子ドット及びバインダー樹脂のモノマー成分に、必要に応じて公知の溶剤及び光重合開始剤等を添加した光透過層用組成物を調製し、該光透過層用組成物を、公知の方法で塗布、乾燥、硬化させることで製造することができる。 The light-transmitting layer is, for example, the monomer components of the quantum dots and the binder resin described above, the light transmission layer composition was added known solvents and the photopolymerization initiator and the like to prepare necessary, the light transmitting layer the use composition, coating by a known method, drying, can be produced by curing.
上述したように、本発明の画像表示装置は、バックライト光源が上記量子ドットを含有する光透過層を有するため、高輝度及び高色域化を図ることができる。 As described above, the image display device of the present invention, the backlight light source has a light-transmitting layer containing the quantum dots, it is possible to achieve high brightness and high color gamut.

本発明の液晶表示装置において、上記偏光板保護フィルムは、最も視認側に配置されるものであり、12000nm以上のリタデーションを有する。 In the liquid crystal display device of the present invention, the polarizing plate protective film, which is disposed closest to a viewer side, having the above retardation 12000 nm. リタデーションが12000nm未満であると、本発明の液晶表示装置の表示画像にニジムラが生じてしまう。 When the retardation is less than 12000 nm, Nijimura occurs in the display image of the liquid crystal display device of the present invention. 一方、上記偏光板保護フィルムのリタデーションの上限としては特に限定されないが、3万nm程度であることが好ましい。 On the other hand, the upper limit of the retardation of the polarizing plate protective film is not particularly limited, is preferably about 30,000 nm. 3万nmを超えると、これ以上の表示画像のニジムラ改善効果の向上が見られず、また、膜厚が相当に厚くなるため好ましくない。 When more than 30,000 nm, showed no improvement in Nijimura improvement of more of the display image, also, the film thickness is considerably thickened for undesirable.
上記偏光板保護フィルムのリタデーションは、ニジムラ防止性及び薄膜化の観点から、15000〜2万nmであることが好ましい。 Retardation of the polarizing plate protective film, from the viewpoint of Nijimura preventing properties and thinning is preferably 15,000 to 20,000 nm.

なお、上記リタデーションとは、偏光板保護フィルムの面内において最も屈折率が大きい方向(遅相軸方向)の屈折率(nx)と、遅相軸方向と直交する方向(進相軸方向)の屈折率(ny)と、偏光板保護フィルムの厚み(d)とにより、以下の式によって表わされるものである。 Incidentally, the above retardation, the refractive index of the most large refractive index direction in the plane of the polarizing plate protective film (slow axis direction) and (nx), the direction perpendicular to the slow axis direction of the (fast axis direction) the refractive index (ny), the thickness of the polarizing plate and the protective film (d), those represented by the following equation.
リタデーション(Re)=(nx−ny)×d Retardation (Re) = (nx-ny) × d
また、上記リタデーションは、例えば、王子計測機器社製KOBRA−WRによって測定(測定角0°、測定波長548.2nm)することができる。 Further, the retardation, for example, can be measured by Oji Scientific Instruments Co. KOBRA-WR (Measurement angle 0 °, measuring wavelength 548.2Nm) to.
なお、本発明では、上記nx−ny(以下、Δnとも表記する)は、0.05以上であることが好ましい。 In the present invention, the nx-ny (hereinafter, also referred to as [Delta] n) is preferably 0.05 or more. 上記Δnが0.05未満であると、充分なニジムラの抑制効果が得られないことがある。 When the Δn is less than 0.05, it may suppress a sufficient effect of Nijimura can not be obtained. また、上述したリタデーション値を得るために必要な膜厚が厚くなるため、好ましくない。 Furthermore, since the thicker the film thickness required to obtain a retardation value as described above, it is not preferred. 上記Δnのより好ましい下限は0.07である。 A more preferred lower limit of the Δn is 0.07.

上記偏光板保護フィルムを構成する材料としては、上述したリタデーションを充足するものであれば特に限定されないが、例えば、ポリエステル系樹脂、ポリオレフィン系樹脂、(メタ)アクリル系樹脂、ポリウレタン系樹脂、ポリエーテルサルホン系樹脂、ポリカーボネート系樹脂、ポリスルホン系樹脂、ポリエーテル系樹脂、ポリエーテルケトン系樹脂、(メタ)アクロニトリル系樹脂、及び、シクロオレフィン系樹脂からなる群より選択される1種が好適に用いられる。 The material constituting the polarizing plate protective film is not particularly limited as long as it satisfies the retardation as described above, for example, polyester resins, polyolefin resins, (meth) acrylic resins, polyurethane resins, polyether sulfone resins, polycarbonate resins, polysulfone resins, polyether resins, polyether ketone resins, (meth) acrylonitrile resins, and, one is suitably selected from the group consisting of cycloolefin resin used. なかでも、上記偏光板保護フィルムは、ポリエチレンテレフタレート又はポリエチレン−2,6−ナフタレートが力学的物性や光学物性等のバランスが良いので特に好ましい。 Of these, the polarizing plate protective film is particularly preferable because a polyethylene terephthalate or polyethylene-2,6-naphthalate good balance of such mechanical properties and optical properties. 特に、ポリエチレンテレフタレート(PET)からなることが好ましい。 In particular, it is preferably made of polyethylene terephthalate (PET). ポリエチレンテレフタレートは汎用性が高く、入手が容易であるからである。 Polyethylene terephthalate has high versatility, because it is easy to obtain. 本発明においてはPETのような、汎用性が極めて高いフィルムであっても、表示品質の高い液晶表示装置を作製することが可能な、偏光板保護フィルムを得ることができる。 Such as PET in the present invention, versatility is a very high film can be obtained which can be manufactured with high display quality liquid crystal display device, a polarizing plate protective film. 更に、PETは、透明性、熱又は機械的特性に優れ、延伸加工によりリタデーションの制御が可能であり、固有複屈折が大きく、膜厚が薄くても比較的容易に大きなリタデーションが得られる。 Furthermore, PET is excellent in transparency, thermal or mechanical properties, it is possible to control the retardation by stretching a large intrinsic birefringence, relatively easily large retardation to obtain even thinner film thickness.

ここで、本発明の液晶表示装置を、近年の超精細な液晶表示装置として用いるためには、バックライト光源であるQD光源により照射された光を、如何に効率よく表示画面まで透過させるかが重要となる。 Here, the liquid crystal display device of the present invention, for use as recent ultra-definition liquid crystal display device, or the light emitted by the QD light source is a backlight source, is how transmission to efficiently display screen It is important. このため、液晶表示装置の偏光板保護フィルムには、高度な形状安定性が要求される。 Therefore, the polarizing plate protective film of liquid crystal display device, high dimensional stability is required.
上記偏光板保護フィルムは、液晶表示装置の表示画面側に配置されるため、該液晶表示装置の周囲の環境、特に湿度の影響を受けやすい。 The polarizing plate protective film may be placed in the display screen side of the liquid crystal display device, environment around the liquid crystal display device, particularly sensitive to humidity. このため、上記偏光板保護フィルムがセルロースアセテートフィルムであると、該セルロースアセテートフィルムは、適度な透水性を有することから、液晶表示装置の周囲の湿度により膨潤してしまい、形状を安定的に保持することができず、その結果、QD光源により照射された光を、効率よく表示画面まで透過させることができなくなることがある。 When this reason, the polarizing plate protective film is a cellulose acetate film, the cellulose acetate film, held since it has moderate permeability, causes swollen with humidity around the liquid crystal display device, a shape stable It can not be, as a result, the light emitted by the QD light source, it may no longer be able to transmit to efficiently display screen.
これに対して、上記PETフィルムのようなポリエステルからなる偏光板保護フィルムは、液晶表示装置の周囲の湿度により膨潤することは殆どなく、形態安定性に極めて優れたものとなり、QD光源により照射された光を、極めて効率よく表示画面まで透過させることが可能となる。 In contrast, the polarizing plate protective film made of polyester such as described above PET films, it is hardly to be swelled by the humidity around the liquid crystal display device, it is assumed that extremely excellent in shape stability, is irradiated by the QD light source the light, it becomes possible to transmit up to very efficiently display screen.

上記偏光板保護フィルムを得る方法としては、上述したリタデーションを充足する方法であれば特に限定されないが、例えば、上記PET等のポリエステルからなる場合、材料のポリエステルを溶融し、シート状に押出し成形された未延伸ポリエステルをガラス転移温度以上の温度においてテンター等を用いて横延伸処理を施す方法が挙げられる。 As a method for obtaining the above polarizing plate protective film is not particularly limited as long as it is a method which satisfies the retardation as described above, for example, if a polyester, such as the PET, melting the polyester material is extruded into a sheet and a method of applying a transverse stretching process unstretched polyester using a tenter or the like at a temperature above the glass transition temperature was.
上記横延伸温度としては、80〜130℃が好ましく、より好ましくは90〜120℃である。 As the transverse stretching temperature is preferably 80 to 130 ° C., more preferably from 90 to 120 ° C.. また、横延伸倍率は2.5〜6.0倍が好ましく、より好ましくは3.0〜5.5倍である。 Further, the transverse stretching ratio is preferably 2.5 to 6.0 times, more preferably 3.0 to 5.5 times. 上記横延伸倍率が6.0倍を超えると、得られるポリエステルからなる偏光板保護フィルムの透明性が低下しやすくなり、横延伸倍率が2.5倍未満であると、延伸張力も小さくなるため、得られる偏光板保護フィルムの複屈折が小さくなり、リタデーションを12000nm以上とできないことがある。 When the transverse stretching ratio exceeds 6.0 times, the transparency of the polarizer protective film made of the resulting polyester is liable to be lowered, the transverse stretching ratio is less than 2.5 times, is also reduced for drawing tension , the birefringence of the polarizing plate protective film obtained is reduced, there may not be a more 12000nm retardation.
また、本発明においては、二軸延伸試験装置を用いて、上記未延伸ポリエステルの横延伸を上記条件で行った後、該横延伸に対する流れ方向の延伸(以下、縦延伸ともいう)を行ってもよい。 In the present invention, biaxially using a drawing test apparatus, after the transverse stretching of the unstretched polyester under the above conditions, the stretching direction of flow with respect to the lateral stretching (hereinafter also referred to as longitudinal stretching) carried out it may be. この場合、上記縦延伸は、延伸倍率が2倍以下であることが好ましい。 In this case, the longitudinal stretching, the draw ratio is preferably twice or less. 上記縦延伸の延伸倍率が2倍を超えると、Δnの値を上述した好ましい範囲にできないことがある。 If the stretching magnification of the longitudinal stretching is more than 2-fold, there may not be a value of Δn preferred range mentioned above.

上述した方法で作製した偏光板保護フィルムのリタデーションを12000nm以上に制御する方法としては、延伸倍率や延伸温度、作製する偏光板保護フィルムの膜厚を適宜設定する方法が挙げられる。 As a method for controlling the retardation of the polarizing plate protective film prepared by the method described above or to 12000nm, the stretching ratio and stretching temperature, and a method of appropriately setting the thickness of the polarizing plate protective film to produce the. 具体的には、例えば、延伸倍率が高いほど、延伸温度が低いほど、また、膜厚が厚いほど、高いリタデーションを得やすくなり、延伸倍率が低いほど、延伸温度が高いほど、また、膜厚が薄いほど、低いリタデーションを得やすくなる。 Specifically, for example, the higher the draw ratio, the higher the stretching temperature is lower or as the layer thickness is larger, it becomes easy to obtain a high retardation, the lower the draw ratio, the higher the stretching temperature is higher, also, the film thickness the thinner, it becomes easy to obtain a low retardation.

上記偏光板保護フィルムの厚みとしては、その構成材料等に応じて適宜決定されるが、20〜500μmの範囲内であることが好ましい。 The thickness of the polarizing plate protective film, but is appropriately determined depending on the constituent material, etc., is preferably in the range of 20 to 500 [mu] m. 20μm未満であると、上記偏光板保護フィルムのリタデーションを12000nm以上にできないことがあり、また、力学特性の異方性が顕著となり、裂け、破れ等を生じやすくなり、工業材料としての実用性が著しく低下することがある。 If it is less than 20 [mu] m, may not be the retardation of the polarizing plate protective film above 12000 nm, also, the anisotropy of mechanical properties becomes remarkable, tear easily occur tear, practical utility as an industrial material sometimes significantly reduced. 一方、500μmを超えると、偏光板保護フィルムが非常に剛直であり、高分子フィルム特有のしなやかさが低下し、やはり工業材料としての実用性が低下するので好ましくない。 On the other hand, when it exceeds 500 [mu] m, a polarizing plate protective film is very rigid, and reduced polymer film inherent flexibility, since also utility as an industrial material is undesirably reduced. 上記偏光板保護フィルムの厚さのより好ましい下限は30μm、より好ましい上限は400μmであり、更により好ましい上限は300μmである。 The thickness A more preferred lower limit of the above polarizing plate protective film is 30 [mu] m, more preferred upper limit is 400 [mu] m, even more preferred upper limit is 300 [mu] m.

また、上記偏光板保護フィルムは、可視光領域における透過率が80%以上であることが好ましく、84%以上であるものがより好ましい。 Further, the polarizing plate protective film is preferably transmittance in the visible light region is 80% or more, it is more preferable at 84% or more. なお、上記透過率は、JIS K7361−1(プラスチック−透明材料の全光透過率の試験方法)により測定することができる。 The above transmittance, JIS K7361-1 - can be measured by (a plastic test method for total light transmittance of the transparent material).

本発明の液晶表示装置において、上記偏光板保護フィルムは、該偏光板保護フィルムの遅相軸と後述する偏光板(液晶セルの視認側に配置された偏光板)の吸収軸とのなす角度が、0°±10°又は90°±10°となるように配設される。 In the liquid crystal display device of the present invention, the polarizing plate protective film, the angle between the absorption axis of the polarizing plate (the polarizing plate disposed on a visible side of the liquid crystal cell) to be described later and the slow axis of the polarizing plate protective film are arranged so that the 0 ° ± 10 ° or 90 ° ± 10 °. 上記偏光板保護フィルムの遅相軸と偏光板の吸収軸とのなす角度が上記範囲内にあることで、本発明の液晶表示装置の表示画像にニジムラが生じることを極めて高度に抑制することができる。 By the angle between the absorption axis of the slow axis and the polarizer in the polarizing plate protective film is within the above range, be very highly inhibited that Nijimura occurs in the display image of the liquid crystal display device of the present invention it can. この理由は明確ではないが、以下の理由によると考えられる。 The reason for this is not clear, but is thought to be due to the following reasons.
すなわち、外光や蛍光灯の光のない環境下(以下、このような環境下を「暗所」ともいう)では、本発明の液晶表示装置の偏光板保護フィルムの遅相軸と偏光板の吸収軸とのなす角度は、0°及び90°、又は、45°に設置することで、ニジムラの発生を抑制できる。 That is, the light-free environment under ambient light and a fluorescent lamp (hereinafter, such an environment is also referred to as "dark"), the polarizing plate protective film of liquid crystal display device of the present invention slow axis of the polarizing plate the angle between the absorption axis, 0 ° and 90 °, or by installing the 45 °, it can suppress the occurrence of Nijimura. 上記偏光板保護フィルムの遅相軸と偏光板の吸収軸とのなす角度が0°及び90°の場合は、下記式における「sin 2θ」が0となり、光が透過しなくなるためニジムラは発生しない。 The case the angle between the absorption axis of the slow axis and the polarizer of the polarizing plate protective film is 0 ° and 90 °, the "sin 2 2 [Theta]" is 0 in the formula, the Nijimura the light is not transmitted occurs do not do. 一方、上記偏光板保護フィルムの遅相軸と偏光板の吸収軸とのなす角度が45°の場合は、光の透過率が最大となり、連続的な幅広いスペクトルを有するバックライト光源であれば、ニジムラの発生が抑制できる。 On the other hand, in the case of the angle is 45 ° and the absorption axis of the slow axis and the polarizer in the polarizing plate protective film, the light transmittance becomes the maximum, if the backlight light source having a continuous broad spectrum, the occurrence of Nijimura can be suppressed. なお、下記式において、I/I は、クロスニコル状態に置かれた2枚の偏光板を透過する光の透過率を示し、Iは、クロスニコル状態に置かれた2枚の偏光板を透過した光の強度を、I は、クロスニコル状態に置かれた2枚の偏光板に入射する光の強度を、それぞれ示す。 In the equation below, I / I 0 represents the transmittance of the light transmitted through the two polarizing plates placed in crossed Nicols state, I is, the two were placed in the cross Nicol state polarizing plate the intensity of the transmitted light, I 0 is the intensity of light incident on the two polarizing plates placed in crossed Nicols state, respectively.
I/I =sin 2θ・sin (πRe/λ) I / I 0 = sin 2 2θ · sin 2 (πRe / λ)
しかしながら、外光や蛍光灯の光のある環境下(以下、このような環境下を「明所」ともいう)においては、外光や蛍光灯の光は、連続的な幅広いスペクトルを有するものばかりではないため、偏光板保護フィルムの遅相軸と偏光板の吸収軸とのなす角度を上述の範囲にしないと、ニジムラが生じてしまい表示品位が低下してしまう。 However, under the environment with light of external light or a fluorescent lamp (hereinafter, such an environment is also referred to as "bright place") in the light of the outside light or fluorescent light, only those with a continuous broad spectrum not a, when an angle between the absorption axis of the slow axis and the polarizer of the polarizing plate protective film is not within the above range, Nijimura display quality will occur is reduced.
この現象は、例えば、液晶表示画面に入射する蛍光灯の反射光が、S偏光(表示画面の左右方向に振動する光)が多いことが原因であると考えられる。 This phenomenon, for example, reflected light of a fluorescent lamp to be incident on the liquid crystal display screen, it may be the cause S-polarized light (light vibrating in the horizontal direction of the display screen) is large. S偏光が、偏光板保護フィルムを通過し、偏光子との界面で反射し、観測者側に戻ってくるのであるが、この時、偏光板保護フィルムの遅相軸と偏光板の吸収軸とのなす角度を45°に設置した場合は、連続的な幅広いスペクトルを有さない光が位相差を受けることとなり、ニジムラが発生してしまうと考えられる。 S-polarized light, passes through the polarizing plate protective film, reflected at the interface between the polarizer, the at but returns to the viewer's side, this time, the absorption axis of the slow axis and the polarizer of the polarizing plate protective film when installed angle of the 45 °, the light not having a continuous broad spectrum becomes subject to phase difference is considered to Nijimura occurs.
更に、カラーフィルターを透過したバックライトの光も連続的な幅広いスペクトルを有するものばかりではないため、偏光板保護フィルムの遅相軸と偏光板の吸収軸とのなす角度を上述の範囲にしないと、ニジムラが生じてしまい表示品位が低下してしまうと推測している。 Further, since also the light of the backlight transmitted through the color filter is not only one having a continuous broad spectrum, when the angle between the absorption axis of the slow axis and the polarizer of the polarizing plate protective film is not within the above range , Nijimura the display quality will occur is estimated to deteriorate.

上記偏光板としては、所望の偏光特性を備えるものであれば特に限定されず、一般的に液晶表示装置の偏光板に用いられるものを用いることができる。 As the polarizing plate, it is possible to use those used in the desired long as it has a polarization characteristic is not particularly limited, the polarizer generally a liquid crystal display device. 具体的には、例えば、ポリビニルアルコールフィルムが延伸されてなり、ヨウ素を含有する偏光板が好適に用いられる。 Specifically, for example, polyvinyl alcohol film is being stretched, a polarizing plate containing iodine is preferably used.

上記液晶セルとしては特に限定されず、例えば、一般的に液晶表示装置用の液晶セルとして公知のものを用いることができる。 It is not particularly restricted but includes the liquid crystal cell, for example, generally can be a known liquid crystal cell for a liquid crystal display device. また、液晶表示装置用の液晶セルとしては、TN、STN、VA、IPS及びOCB等の表示方式のものが知られているが、本発明においてはこれらのいずれの表示方式の液晶セルであっても用いることができる。 Further, as the liquid crystal cell for a liquid crystal display device, TN, STN, VA, but is known as the IPS and display method of the OCB or the like, in the present invention a liquid crystal cell of any display mode it can be also used.

また、上記カラーフィルターとしては特に限定されず、例えば、一般的に液晶表示装置のカラーフィルターとして公知のものを用いることができる。 Moreover, it is not particularly restricted but includes the color filter, for example, can generally be used what is known as a color filter of a liquid crystal display device. このようなカラーフィルターは、通常、赤色、緑色及び青色の各色の透明着色パターンから構成され、それら各透明着色パターンは、着色剤が溶解又は分散、好ましくは顔料微粒子が分散された樹脂組成物から構成される。 Such color filters usually red, is composed of a transparent colored pattern of colors of green and blue, each of these transparent colored pattern colorant dissolved or dispersed, preferably from a resin composition in which the pigment fine particles are dispersed constructed. なお、上記カラーフィルターの形成は、所定の色に着色したインキ組成物を調製して、着色パターン毎に印刷することによって行なってもよいが、所定の色の着色剤を含有した塗料タイプの感光性樹脂組成物を用いて、フォトリソグラフィ法によって行なうのがより好ましい。 The formation of the color filter is to prepare an ink composition colored a predetermined color, it may be performed by printing each colored pattern, photosensitive paint type containing a predetermined color of the colorant with sexual resin composition, it carried out by photolithography preferred.
本発明の液晶表示装置の表示画像は、上記バックライト光源から照射された光が上記カラーフィルターを透過することでカラー表示される。 Display image of the liquid crystal display device of the present invention, light emitted from the backlight source is a color display by transmitting the color filter. ところが、上記カラーフィルターを透過する光が単色表示となるように制御した場合、上記偏光板保護フィルムとして従来の配向ポリエステルフィルムを用いると、ニジムラがより強く生じる場合がある。 However, if the light transmitted through the color filter is controlled to be monochrome display, the use of conventional oriented polyester film as the polarizing plate protective film, there are cases where Nijimura occurs more strongly. これに対して、本発明の液晶表示装置は、上述した偏光板保護フィルムを有するため、このような単色表示とした場合であっても、ニジムラの発生を好適に抑制することができる。 In contrast, the liquid crystal display device of the present invention has the polarizing plate protective film as described above, even when such a monochrome display, it is possible to suitably suppress the occurrence of Nijimura.

本発明の液晶表示装置は、上述した偏光板の偏光板保護フィルムが設けられた反対側面に、別の偏光板保護フィルムが設けられたものであってもよい。 The liquid crystal display device of the present invention, the opposite side to the polarizing plate protective film of the polarizing plate described above is provided, or may be another polarizing plate protective film is provided. このような別の偏光板保護フィルムが設けられていることで、上記偏光板が空気中の水分等に曝されることを防止したり、偏光板の寸法変化を防止したりすることができる。 By such another polarizing plate protective film is provided, it is possible to the polarizing plate or prevented from being exposed to moisture in air or the like, or to prevent the dimensional change of the polarizing plate.

上記別の偏光板保護フィルムとしては透明性を有するものであれば特に限定されないが、可視光領域における透過率が80%以上であるものが好ましく、90%以上であるものがより好ましい。 As the another polarizing plate protective film is not particularly limited as long as it has transparency is preferably a transmittance in the visible light region is 80% or more, more preferably not more than 90%. ここで、上記透過率は、JIS K7361−1(プラスチック−透明材料の全光透過率の試験方法)により測定することができる。 Here, the transmittance, JIS K7361-1 - can be measured by (a plastic test method for total light transmittance of the transparent material).

上記別の偏光板保護フィルムを構成する材料としては、例えば、セルロース誘導体、シクロオレフィン系ポリマー、ポリメチルメタクリレート、ポリビニルアルコール、ポリイミド、ポリアリレート、ポリエチレンテレフタレート、ポリスルホン、ポリエーテルスルホン、アモルファスポリオレフィン、変性アクリル系ポリマー、ポリスチレン、エポキシ樹脂、ポリカーボネート、ポリエステル類等の樹脂材料が挙げられる。 Examples of the material constituting the said further polarizing plate protective film, for example, cellulose derivatives, cycloolefin polymers, polymethyl methacrylate, polyvinyl alcohol, polyimide, polyarylate, polyethylene terephthalate, polysulfone, polyether sulfone, amorphous polyolefin, modified acrylic system polymers, polystyrene, epoxy resin, polycarbonate, a resin material such as polyesters. なかでも、上記樹脂材料としてセルロース誘導体又はシクロオレフィン系ポリマーが好適に用いられる。 Among them, a cellulose derivative or a cycloolefin-based polymer is preferably used as the resin material.

上記セルロース誘導体としては、所望の透明性、透湿性等を備えるものであれば特に限定されないが、なかでも、セルロースアセテートを特に好適に用いることができる。 As the cellulose derivative, the desired transparency, is not particularly limited as long as it has moisture permeability and the like, among others, can be used particularly preferably cellulose acetate.
上記セルロースアセテートとしては、平均酢化度が57.5〜62.5%(置換度:2.6〜3.0)のトリアセチルセルロースを用いることが最も好ましい。 As the cellulose acetate, the average degree of acetylation 57.5 to 62.5% (degree of substitution: 2.6 to 3.0) is most preferably used triacetyl cellulose. ここで、酢化度とは、セルロース単位質量当りの結合酢酸量を意味する。 Here, The acetylation degree means the amount of acetic acid bonded per unit mass of cellulose. 酢化度は、ASTM:D−817−91(セルロースアセテート等の試験方法)におけるアセチル化度の測定及び計算により求めることができる。 The acetylation degree, ASTM: D-817-91 can be determined by measurement and calculation of acetylation degree in (test method for cellulose acetate and the like).

上記シクロオレフィン系ポリマーとしては、環状オレフィン(シクロオレフィン)からなるモノマーのユニットを有する樹脂であれば特に限定されるものではない。 Examples of the cycloolefin polymer, is not particularly limited as long as it is a resin having a unit of the monomer comprising a cyclic olefin (cycloolefin). このような環状オレフィンからなるモノマーとしては、例えば、ノルボルネンや多環ノルボルネン系モノマー等が挙げられる。 Examples of the monomer having such a cyclic olefin include, for example, such as norbornene and polycyclic norbornene monomers.
なお、上記シクロオレフィン系ポリマーとしては、シクロオレフィンポリマー(COP)又はシクロオレフィンコポリマー(COC)のいずれであっても好適に用いることができる。 As the above cycloolefin-based polymer can be preferably used be either cycloolefin polymer (COP) or cycloolefin copolymer (COC). 上記シクロオレフィン系ポリマーは、上記環状オレフィンからなるモノマーの単独重合体であってもよく、共重合体であってもよい。 The cycloolefin polymer may be a homopolymer of a monomer having the above cyclic olefin, or a copolymer.

また、上記シクロオレフィン系ポリマーは、23℃における飽和吸水率が1質量%以下であるものが好ましく、なかでも0.1質量%〜0.7質量%の範囲内であるものが好ましい。 Further, the cycloolefin polymer is preferably one saturated water absorption at 23 ° C. is not more than 1 wt%, it is preferable in the range Of these 0.1 wt% to 0.7 wt%. このようなシクロオレフィン系ポリマーを用いることにより、上記別の偏光板保護フィルムを吸水による光学特性の変化や寸法の変化がより生じにくいものとすることができる。 By using such a cycloolefin polymer, can change or changes the dimensions of the optical properties due to water absorption of the further polarizing plate protective film is assumed to more unlikely to occur.
ここで、上記飽和吸水率は、ASTMD570に準拠し23℃の水中で1週間浸漬して増加重量を測定することにより求められる。 Here, the saturated water absorption is determined by measuring the weight increase was immersed for 1 week in water conforming to ASTMD570 23 ℃.

さらに、上記シクロオレフィン系ポリマーは、ガラス転移点が100〜200℃の範囲内であるものが好ましく、100〜180℃の範囲内であるものがより好ましく、100〜150℃の範囲内であるものが更に好ましい。 Even more, the cycloolefin polymer is preferably a glass transition point in the range of 100 to 200 ° C., more preferably those in the range of 100 to 180 ° C., in the range of 100 to 150 ° C. There further preferred. ガラス転移点が上記範囲内であることにより、上記別の偏光板保護フィルムを耐熱性及び加工適性により優れたものにできる。 By the glass transition point is within the above range, the said further polarizing plate protective film is excellent by heat resistance and processability.

上記シクロオレフィン系ポリマーからなる別の偏光板保護フィルムの具体例としては、例えば、Ticona社製のTopas、ジェイエスアール社製のアートン、日本ゼオン社製のZEONOR、ZEONEX、三井化学社製のアペル等が挙げられる。 Specific examples of the another polarizing plate protective film made of the cycloolefin-based polymer, for example, Ticona Co. Topas, JSR Co. Arton, Nippon Zeon ZEONOR, ZEONEX, manufactured by Mitsui Chemicals, Inc. of Apel such and the like.

上記別の偏光板保護フィルムは、単一層からなるものであってもよく、複数層が積層された構成を有するものであってもよい。 It said further polarizing plate protective film may be made of a single layer, or may have a structure in which plural layers are stacked. ここで、複数層が積層された構成としては、同一組成からなる層が複数積層された構成であってもよく、異なる組成からなる層が積層された構成であってもよい。 Here, the structure in which a plurality of layers are laminated, may be a configuration in which a layer composed of the same composition are stacked, may be configured to layers of different compositions are laminated.

また、上記別の偏光板保護フィルムは、屈折率異方性を有することにより、光学補償機能を有するものであってもよい。 Moreover, the further polarizing plate protective film, by having a refractive index anisotropy, may have an optical compensation function.
すなわち、本発明では、上記別の偏光板保護フィルムとして、液晶表装置用の光学補償フィルム(位相差フィルム)を用いることができる。 That is, in the present invention, as the further polarizing plate protective film, it is possible to use an optical compensation film for liquid crystal display device (phase difference film). 上記別の偏光板保護フィルムが光学補償機能を有する態様としては、上述したような材料からなるフィルム中に、屈折率異方性を有する化合物が含有される態様や、上記フィルム上に、屈折率異方性を有する化合物を含有する層が形成された態様等が挙げられる。 As a mode of the another polarizing plate protective film having an optical compensation function, in the film made of a material as described above, or aspects compound having a refractive index anisotropy is contained, on the film, the refractive index embodiments the layer containing a compound having anisotropy is formed, and the like.
本発明においてはこれらいずれの態様であっても好適に用いることができるが、用途に応じて屈折率異方性を任意に調整することが容易であるという点において、後者の態様が好適に用いられる。 While in the present invention can be used even be suitable in any of these embodiments, in that it is easy to arbitrarily adjust the refractive index anisotropy depending on the application, the latter embodiment is preferably used It is.

上記屈折率異方性を有する化合物としては、例えば、棒状化合物、円盤状化合物及び液晶化合物等が挙げられる。 Examples of the compound having the refractive index anisotropy, for example, rod-shaped compound, the discotic compound and liquid crystal compounds, and the like. また、これらの屈折率異方性を有する化合物は、規則的に配向させることによって優れた光学補償機能を発現し得るものであることから、配向安定性の観点から、重合性官能基を有する化合物が用いられることが好ましい。 The compounds, since it is capable of expressing excellent optical compensation function by regularly oriented, in view of alignment stability, compounds having a polymerizable functional group having these refractive index anisotropy it is preferred that is used.

このような偏光板保護フィルム及び別の偏光板保護フィルムと、偏光板とは、接着剤層を介して配置させることができる。 Such a polarizing plate protective film and another polarizing plate protective film, such a polarizing plate and can be arranged through an adhesive layer.
上記接着剤層に用いられる接着剤としては特に限定されず、例えば、ポリビニルアルコール、ポリビニルピロリドン等の親水性接着剤や、アクリル系粘着剤、ウレタン系粘着剤、エポキシ系粘着剤等が挙げられる。 It is not particularly limited as adhesives used for the adhesive layer, for example, polyvinyl alcohol, and hydrophilic adhesive such as polyvinyl pyrrolidone, acrylic adhesive, a urethane adhesive, an epoxy adhesive, and the like. なかでも、例えば、PETのような疎水性である偏光板保護フィルムにおいては、紫外線硬化型の接着剤層であることが好ましい。 Among them, for example, in the polarizing plate protective film, such hydrophobic as PET, it is preferable that an adhesive layer of the ultraviolet curable.
また、紫外線透過率の高い偏光板保護フィルムにおいては、上記接着剤層に紫外線吸収剤を含有させておくことも好ましい態様である。 In the high polarizing plate protective film UV transmittance, it is also preferable that allowed to contain an ultraviolet absorber in the adhesive layer.

本発明の液晶表示装置は、上記偏光板保護フィルムの偏光板側と反対側面上に、種々の光学的機能を付与された光学層が積層されていることが好ましい。 The liquid crystal display device of the present invention, on the opposite side polarizing plate side of the polarizing plate protective film, it is preferable that the optical layer granted various optical functions are laminated.
上記光学層としては、例えば、反射防止性、ハードコート性、防眩性、帯電防止性、又は、防汚性等の機能を発揮する層等が挙げられる。 As the optical layer, for example, antireflective, hard coat properties, antiglare, anti-static properties, or, such as a layer that serves the function of antifouling property and the like.

本発明の液晶表示装置は、上記偏光板保護フィルムの偏光板側と反対側面上に、表面に凹凸形状を有する光学層が積層されていることが好ましい。 The liquid crystal display device of the present invention, on the opposite side polarizing plate side of the polarizing plate protective film, it is preferable that the optical layer having a concavo-convex shape on the surface is laminated. このような凹凸形状を有する光学層は、防眩層として機能し、本発明の液晶表示装置に、表示画面に観察者及び観察者の背景等の映り込みを抑制する防眩性を付与することができる。 Optical layer having such irregularities may be function as an antiglare layer, a liquid crystal display device of the present invention, it imparts inhibit antiglare reflection of such background of the viewer and the viewer on the display screen can.

本発明の液晶表示装置は、上記偏光板保護フィルムの偏光板側と反対側面上に、表面に凹凸形状を有する光学層が積層されており、上記偏光板保護フィルムと上記光学層とを有する光学積層体は、全ヘイズ値が0%以上5%以下であり、内部ヘイズ値が0%以上5%以下であり、0.125mm幅の光学くしを用いて測定される透過像鮮明度をC(0.125)とし、0.25mm幅の光学くしを用いて測定される透過像鮮明度をC(0.25)としたとき、下記式(1)及び式(2)を満たすことが好ましい。 The liquid crystal display device of the present invention, on the opposite side polarizing plate side of the polarizing plate protective film, an optical layer is laminated with an uneven shape on the surface, an optical having the aforementioned polarizing plate protective film and the optical layer laminate, the total haze value is 5% or less than 0%, the internal haze value is 5% or less than 0%, the transmission image clarity measured using an optical comb of 0.125mm width C ( 0.125), and when the transmission image clarity measured using an optical comb of 0.25mm width is C (0.25), it is preferable to satisfy the following formula (1) and (2).
C(0.25)−C(0.125)≧2% (1) C (0.25) -C (0.125) ≧ 2% (1)
C(0.125)≧65% (2) C (0.125) ≧ 65% (2)

本発明において、光学積層体が上記式(1)及び(2)を満たすことが好ましいのは、以下の理由からである。 In the present invention, the it is preferred that the optical laminate satisfies the above formula (1) and (2) are the following reasons.
まず、上記光学積層体において、防眩性を得るために、光学層の表面に凹凸形状を形成するが、この凹凸形状における凹凸がレンズのように作用してしまうことがある(レンズ効果)。 First, in the optical laminate, in order to obtain anti-glare properties, but forming an uneven shape on the surface of the optical layer, sometimes irregularities in the uneven shape will act like a lens (lens effect). そして、このようなレンズ効果が生じると、液晶表示装置の画素を仕切るブラックマトリクスや画素からの透過光がランダムに強調されてしまい、これによりギラツキが生じるものと考えられる。 When such a lens effect occurs, the transmitted light from the black matrix and the pixel dividing the pixels of the liquid crystal display device will be highlighted in a random, which is believed to by what glare occurs. 透過像鮮明度が低い光学積層体は、透過像鮮明度が高い光学積層体よりも、レンズとして作用する凹凸が多くなり、ギラツキが悪化する傾向があると考えられる。 Low transmission image clarity optical laminate, than high optical laminate transmission image clarity, irregularities acting as a lens is increased, it is considered that there is a tendency that glare is deteriorated. この点について、本発明者らが鋭意研究を重ねたところ、具体的には、C(0.125)の値が65%未満であると、レンズとして作用する凹凸が多くなり過ぎてしまい、ギラツキが悪化してしまう。 In this regard, the present inventors have conducted extensive studies, specifically, the value of C (0.125) is less than 65%, unevenness acts as a lens becomes too large, glare There deteriorated. また、本発明者らがさらに鋭意研究を重ねたところ、理由は定かではないが、C(0.25)の値とC(0.125)の値の差が小さい防眩フィルムは、この差が大きい防眩フィルムよりも、レンズ効果が強くなり、ギラツキが悪化する傾向があることを見出した。 Further, the present inventors have overlaid further intensive studies, but is not clear why the difference is smaller antiglare film of the values ​​of C (0.25) values ​​and C (0.125) of this difference than the large anti-glare film, the lens effect becomes strong, it has been found that there is a tendency that glare is deteriorated. 具体的には、C(0.25)の値とC(0.125)の値の差が2%未満であると、レンズ効果が強くなり過ぎてしまい、ギラツキが悪化してしまう。 Specifically, when the difference between the values ​​and C C (0.25) (0.125) is less than 2%, the lens effect becomes too strong, glare is deteriorated. このようなことから、防眩フィルムが、上記式(1)及び(2)を満たすことが必要であるとしている。 For this reason, anti-glare film, and that it is necessary to satisfy the above equation (1) and (2). なお、通常、当業者であれば、ギラツキを抑制する観点からは、C(0.25)の値とC(0.125)の値の差は小さい方がよく、この差が大きいと、ギラツキが悪化すると予測する。 Normally, one skilled in the art from the viewpoint of suppressing glare, C (0.25) difference between the value and the value of C (0.125) of it is better is small, when the difference is large, glare There is expected to worsen. このことは、例えば、特開2010−269504号公報によっても裏付けられている。 This can, for example, is also supported by JP 2010-269504. この公報には、ギラツキを抑制する観点から、0.125mmの光学くしを用いた透過像鮮明度と2.0mmの光学くしを用いた透過像鮮明度の比を0.70以上とすること、及び、この比を好ましくは0.80以上0.93以下とすることが記載されている。 In this publication, from the viewpoint of suppressing glare, that the ratio of the transmission image clarity is referred to as 0.70 or more using an optical comb of the transmission image clarity and 2.0mm using an optical comb of 0.125 mm, and, it is described that this ratio is preferably 0.80 or more 0.93 or less. すなわち、この公報においては、0.25mmの光学くしを用いていないが、上記比は0.70以上より0.80以上である方が好ましいと記載されているので、0.125mmの光学くしを用いた透過像鮮明度と2.0mmの光学くしを用いた透過像鮮明度との差は小さい方が好ましいという方向性を示している。 That is, in this publication, but not using the optical comb of 0.25 mm, so the ratio is described as it is preferable is from 0.80 or more 0.70 or more, an optical comb of 0.125mm the difference between the transmission image clarity and 2.0mm transmission image clarity using optical combs using indicates the direction that is preferably small.
これに対し、この予測とは逆に、本発明においては、ギラツキを抑制するために、C(0.25)の値とC(0.125)の値との差が2%以上であることを好ましい範囲にしている。 In contrast, contrary to this prediction that, in the present invention, in order to suppress glare, the difference between the value of C (0.25) values ​​and C (0.125) of 2% or more It is a preferred range. したがって、上記(1)及び(2)を満たす光学積層体は、従来の防眩性を付与された光学積層体の技術水準に照らして、予測され得る範囲を超えたものであると言える。 Therefore, optical laminate satisfies the above (1) and (2) can be said to the light of the state of the art conventional antiglare the granted optical stack, but beyond the range that can be predicted.

上記C(0.25)の値とC(0.125)の値との差は3%以上であることが好ましく、4%以上であることがより好ましい。 Preferably the C (0.25) the difference between the value of the value and C (0.125) 3% or more, more preferably 4% or more. 上記C(0.125)の値は、75%以上であることが好ましい。 The value of C (0.125) is preferably 75% or more. 上記C(0.125)の値は、防眩性を担保する上で、90%以下であることが好ましく、85%以下であることがより好ましく、80%以下であることがさらに好ましい。 The value of C (0.125) is, in order to ensure the antiglare property is preferably 90% or less, more preferably 85% or less, more preferably 80% or less.

上記透過像鮮明度は、JIS K7374の像鮮明度の透過法に準拠した透過像鮮明度測定装置によって測定することができる。 The transmitted image clarity can be measured by the transmission image clarity measuring device conforming to the transmission method of image clarity of JIS K7374. このような測定装置としては、スガ試験機社製の写像性測定器ICM−1T等が挙げられる。 Such measuring apparatus, manufactured by Suga Test Instruments Co., Ltd. of image clarity meter ICM-1T, and the like.

透過像鮮明度測定装置100は、図3に示されるように、光源101、スリット102、レンズ103、レンズ104、光学くし105、及び、受光器106を備えるものである。 Transmission image clarity measuring apparatus 100, as shown in FIG. 3, the light source 101, a slit 102, lens 103, lens 104, an optical comb 105, and are those comprising a light receiver 106. 透過像鮮明度測定装置100は、光源101から発せられ、かつ、スリット102を通過した光をレンズ103により平行光とし、この平行光を光学積層体107の基材(偏光板保護フィルム)側に照射させ、光学積層体107の光学層の凹凸面から透過した光をレンズ104により集光させ、光学くし105を通過した光を受光器106で受光するものであり、この受光器106で受光された光の量に基づいて、下記式(A)により透過像鮮明度Cを算出する。 Transmission image clarity measuring apparatus 100 is emitted from the light source 101, and the parallel light by the light passing through the slit 102 lens 103, the collimated light substrate of the optical stack 107 (polarizing plate protective film) side is irradiated, the light transmitted from the irregular surface of the optical layer of the optical stack 107 is focused by the lens 104, which receives light that has passed through the optical comb 105 by the photodetector 106, it is received by the light receiver 106 was based on the amount of light, it calculates the transmission image clarity C by the following formula (a).
C(n)={(M−m)/(M+m)}×100(%) (A) C (n) = {(M-m) / (M + m)} × 100 (%) (A)
上記式(A)中、C(n)は、光学くしの幅n(mm)のときの透過像鮮明度(%)、Mは光学くしの幅n(mm)のときの最高光量であり、mは光学くしの幅n(mm)のときの最低光量である。 In the above formula (A), C (n), the transmission image clarity when the width n of the optical comb (mm) (%), M is the highest quantity of light at the width n of the optical comb (mm), m is the minimum quantity of light at the width n of the optical comb (mm).

光学くし105は、光学くし105の長手方向に沿って移動可能であり、遮光部分及び透過部分を有している。 Optical comb 105 is movable along the longitudinal direction of the optical comb 105, and a light shielding portion and a transparent portion. 光学くし105の遮光部分及び透過部分の幅の比は1:1となっている。 The ratio of the width of the light shielding portions and the transmissive portion of the optical comb 105 is 1: 1. ここで、JIS K7374においては、光学くしとして、幅が、0.125mm、0.25mm、0.5mm、1.0mm、2.0mmの5種類の光学くしが定められている。 Here, in the JIS K7374, as the optical comb width is, 0.125 mm, 0.25 mm, 0.5 mm, 1.0 mm, are defined five optical comb 2.0 mm.

また、本発明の液晶表示装置は、偏光板保護フィルムの偏光板側と反対側面上に、表面に凹凸形状を有する光学層が積層されており、上記偏光板保護フィルムと上記光学層とを有する光学積層体は、全ヘイズ値が0%以上5%以下であり、内部ヘイズ値が0%以上5%以下であり、長波長カットオフ波長を100μmとしたときの上記光学積層体の表面の算術平均粗さをRa(100)[μm]とし、短波長カットオフ波長を100μmとし、かつ、長波長カットオフ波長を1000μmとしたときの上記光学積層体の表面の算術平均粗さをRa(100−1000)[μm]としたとき、下記式(3)及び式(4)を満たすことが好ましい。 The liquid crystal display device of the present invention, on the polarizing plate side opposite to the side surface of the polarizing plate protective film, an optical layer is laminated with an uneven shape on the surface, and a the polarizing plate protective film and the optical layer optical stack, the total haze value is 5% or less than 0%, the internal haze value is 5% or less than 0%, the arithmetic of the surface of the optical laminate when formed into a 100μm long wavelength cut-off wavelength average roughness and Ra (100) [μm], a short wavelength cutoff wavelength is 100 [mu] m, and the arithmetic average roughness of the surface of the optical laminate when formed into a 1000μm long wavelength cut-off wavelength Ra (100 -1000) [[mu] m] and the time, it is preferable to satisfy the following formula (3) and (4).
Ra(100)/Ra(100−1000)≦0.5 (3) Ra (100) / Ra (100-1000) ≦ 0.5 (3)
0.04μm≦Ra(100−1000)≦0.12μm (4) 0.04μm ≦ Ra (100-1000) ≦ 0.12μm (4)

上記「長波長カットオフ波長」とは、光学積層体の表面における算術平均粗さを求める際に、このカットオフ波長よりも長い波長の凹凸を除外するために設定される波長である。 The "long-wavelength cutoff wavelength", when obtaining the arithmetic mean roughness of the surface of the optical stack, a wavelength which is set to exclude the unevenness of longer wavelength than the cutoff wavelength. 従って、Ra(100)の測定に際しては、100μmよりも長い波長の凹凸は除外され、Ra(100−1000)の測定に際しては、1000μmよりも長い波長の凹凸は除外される。 Therefore, in the measurement of Ra (100), long-wavelength convexo-concave than 100μm are excluded, in the measurement of Ra (100-1000), long-wavelength convexo-concave than 1000μm are excluded. また、上記「短波長カットオフ波長」とは、光学積層体の表面における算術平均粗さを求める際に、このカットオフ波長よりも短い波長を有する凹凸を除外するために設定される波長である。 Moreover, the "short-wavelength cut-off wavelength", when obtaining the arithmetic mean roughness of the surface of the optical stack is the wavelength that is set to exclude irregularities having wavelengths shorter than the cut-off wavelength . したがって、Ra(100−1000)の測定に際しては、100μmよりも短い波長の凹凸は除外される。 Therefore, in the measurement of Ra (100-1000), short wavelength unevenness than 100μm are excluded.

また、上記「光学積層体の表面」とは、光学層上に低屈折率層等の機能層が形成されている場合には機能層の表面を意味し、光学層上に低屈折率層等の機能層が形成されていない場合には光学層の表面を意味する。 Further, the "surface of the optical stack" means a surface of the functional layer in the case where the functional layer such as a low refractive index layer is formed on the optical layer, the low refractive index layer or the like on the optical layer It means a surface of the optical layer in the case where the functional layer of is not formed. また、上記「機能層の表面」とは、機能層における偏光板保護フィルム側の面(機能層の裏面)とは反対側の面を意味し、上記「光学層の表面」とは、光学層における偏光板保護フィルム側の面(光学層の裏面)とは反対側の面を意味するものとする。 Further, the "surface of the functional layer" means a surface opposite to the surface of the polarizing plate protective film side (back side of the functional layer) in the functional layer, the "surface of the optical layer" optical layer It shall mean the surface opposite to the surface of the polarizing plate protective film side (back surface of the optical layer) in.

本発明者らは、1000μmより長い波長を有する凹凸は防眩フィルムの全体的なうねりを表し、光学的特性とは直接関係なく、100μm〜1000μmの波長を有する凹凸は人間の目に光学的特性として映る領域であり、防眩性は主にこの範囲の波長を有する凹凸によって決まり、また100μm未満の波長を有する凹凸は直接人間の目には見えないものの、凹凸に微細な歪みをもたらし、ギラツキの原因となることを見出した。 The present inventors have irregularities having wavelengths greater than 1000μm represents the overall waviness of the antiglare film, not directly related to the optical properties, optical properties irregularities to the human eye having a wavelength of 100μm~1000μm an area appearing as antiglare is determined primarily by the irregularities having wavelengths in this range, also although irregularities having a wavelength of less than 100μm invisible direct human results in fine distortion unevenness, glare It was found to be a cause of. すなわち、100μm未満の波長を有する凹凸成分が強い程、ギラツキが発生しやすくなる。 That is, the stronger the irregularity component having a wavelength of less than 100 [mu] m, glare is likely to occur. なお、凹凸の算術平均粗さが大きくなると、防眩性も強くなるが、ギラツキも強くなる傾向がある。 Incidentally, the arithmetic mean roughness of the irregularities is large, anti although glare becomes stronger, there is a tendency to glare even stronger. そこで、本発明においては、ギラツキを抑制し、かつ画像表示面に映り込む像の輪郭をぼかすために、Ra(100)/Ra(100−1000)の値を0.5以下とし、かつRa(100−1000)の値を0.04μm以上0.12μm以下としている。 Therefore, in the present invention, to suppress glare, and to blur the contours of the image reflected on the image display surface, the value of Ra (100) / Ra (100-1000) and 0.5 or less, and Ra ( the value of 100-1000) is set to 0.04μm more than 0.12μm or less. Ra(100)/Ra(100−1000)の値を0.5以下としたのは、この値が0.5を超えると、Ra(100)の割合が多いため、ギラツキが発生してしまうおそれがあるからである。 Ra (100) / ra value was set to 0.5 or less (100-1000), when the value exceeds 0.5, the proportion of Ra (100) is large, glare occurs afraid This is because there is. また、Ra(100−1000)の値を0.04μm以上0.12μm以下としたのは、Ra(100−1000)の値が0.04μm未満であると、防眩性が弱いので、映り込む像の輪郭をぼかすことができなくなり、またRa(100−1000)の値が0.12μmを超えると、防眩性は強くなるものの、ギラツキが発生してしまうからである。 Also, it was not more than 0.12μm value 0.04 .mu.m or more Ra (100-1000), when the value of Ra (100-1000) is less than 0.04 .mu.m, since antiglare property is weak, being reflected will not be able to blur the contours of the image, also the value of Ra (100-1000) is more than 0.12 .mu.m, although antiglare property becomes stronger, because glare occurs. なお、JIS B0601−1994には、算術平均粗さを測定する際のカットオフ値が規定されているが、JIS B0601−1994で規定されているカットオフ値は0.08mm等であるので、本発明のカットオフ波長とは全く異なるものである。 Note that JIS B0601-1994, but the cut-off value for measuring the arithmetic average roughness is defined, since the cut-off value defined in JIS B0601-1994 is 0.08mm or the like, the the cut-off wavelength of the present invention is totally different.

本発明の液晶表示装置において、上記Ra(100)は、ギラツキをより抑制する観点から、下記式(5)を満たすことが好ましい。 In the liquid crystal display device of the present invention, the Ra (100) is more from the viewpoint of suppressing glare, it is preferable to satisfy the following equation (5). Ra(100)は0μmであってもよい。 Ra (100) may be a 0μm.
Ra(100)≦0.03μm (5) Ra (100) ≦ 0.03μm (5)

上記Ra(100−1000)の下限は、0.045μm以上であることが好ましく、0.05μm以上であることがより好ましい。 The lower limit of the Ra (100-1000) is preferably at least 0.045 .mu.m, and more preferably 0.05μm or more. Ra(100−1000)の上限は、0.1μm以下であることが好ましく、0.08μm以下であることがより好ましい。 The upper limit of ra (100-1000) is preferably 0.1μm or less, and more preferably less 0.08 .mu.m.

上記光学積層体の表面におけるRa(100)及びRa(100−1000)の測定は、光学積層体の表面形状を測定することにより得られる。 Measurements of Ra (100) and Ra (100-1000) on the surface of the optical laminate is obtained by measuring the surface shape of the optical stack. 表面形状を測定する装置としては、接触式表面粗さ計や非接触式の表面粗さ計(例えば、干渉顕微鏡、共焦点顕微鏡、原子間力顕微鏡等)が挙げられる。 The device for measuring the surface shape, contact surface roughness meter or contact type surface roughness meter (for example, interference microscope, a confocal microscope, atomic force microscope, etc.). これらの中でも、測定の簡便性から干渉顕微鏡が好ましい。 Among them, preferred interference microscope the simplicity of the measurement. このような干渉顕微鏡としては、Zygo社製の「New View」シリーズ等が挙げられる。 Such interference microscope, and the like is manufactured by Zygo of "New View" series and the like.

表面形状を測定する際のサンプリング間隔は4μm以下であることが好ましい。 It is preferable that the sampling interval at the time of measuring the surface shape is 4μm or less. サンプリング間隔が4μmより大きいと、ギラツキに影響を与える微細な歪みが正確に見積もることができなくなるおそれがある。 And the sampling interval is greater than 4 [mu] m, fine distortions affecting the glare may become impossible to accurately estimate. 測定面積は広い方が好ましく、少なくとも500μm×500μm以上、より好ましくは2mm×2mm以上の領域で測定されるのがよい。 Measurement area wider is preferably at least 500 [mu] m × 500 [mu] m or more, and more preferably being measured at 2mm × 2mm or more regions.

上記光学層が、防眩性の他にハードコート性を発揮する層である場合、光学層は、JIS K5600−5−4(1999)で規定される鉛筆硬度試験(4.9N荷重)で「H」以上の硬度を有することが好ましい。 It said optical layer, if a layer which exhibits a hard coat property to another antiglare, optical layer in a pencil hardness test specified in JIS K5600-5-4 (1999) (4.9N load) " it is preferred to have the H "or higher hardness.

上記光学層の表面は、上述したように凹凸形状が形成された凹凸面となっていることが好ましい。 The surface of the optical layer is preferably an uneven surface irregularities as described above is formed. なお、上記「光学層の表面」とは、光学層における偏光板保護フィルム側の面(光学層の裏面)とは反対側の面を意味するものとする。 Note that the "surface of the optical layer", to the surface of the polarizing plate protective film side of the optical layer (back surface of the optical layer) is intended to mean a surface opposite.

また、内部ヘイズ値が0%以上5%以下の範囲内であれば、内部ヘイズ値は、透過像鮮明度に影響を与えないので、透過像鮮明度は、光学積層体の表面の凹凸形状に影響を受ける。 Further, as long as it is within the range internal haze value is less than 5% 0% internal haze value, does not affect the transmission image clarity, transmission image clarity is the irregular shape of the surface of the optical stack to be influenced. 一方、本発明では、光学積層体の表面は、光学層の凹凸面となっていることが好ましい。 On the other hand, in the present invention, the surface of the optical stack is preferably an uneven surface of the optical layer. 従って、本発明において、光学積層体の透過像鮮明度が上記式(1)及び式(2)を満たすか否か、又は、光学積層体の表面の算術平均粗さをRaが上記式(3)及び(4)を満たすか否かは、光学層の凹凸面の凹凸形状によって決まる。 Accordingly, in the present invention, whether the transmission image clarity of the optical stack satisfies the above formula (1) and (2), or, Ra is the formula the arithmetic mean roughness of the surface of the optical stack (3 ) and whether they meet the (4) is determined by the uneven shape of the uneven surface of the optical layer. なお、以下、光学積層体が上記式(1)及び式(2)、又は、式(3)及び式(4)を満たすような光学層の凹凸面を「特異な凹凸面」と称する。 In the following, the optical laminate above formula (1) and (2), or, the irregular surface of the optical layer to satisfy the equation (3) and (4) referred to as "specific uneven surface".

上記特異な凹凸面は、凹凸の数、凹凸の大きさ、又は、凹凸の傾斜角等を適宜調整することにより形成することができるが、これらを調整する方法としては、例えば、硬化後バインダー樹脂となる光重合性化合物及び微粒子を含む光学層用組成物を用いて凹凸面を形成する方法等が挙げられる。 The specific irregular surface, the number of irregularities, unevenness of size, or can be formed by appropriately adjusting the inclination angle and the like of the unevenness, as the method of adjusting these, for example, after curing the binder resin method for forming an uneven surface by using an optical layer composition comprising a photopolymerizable compound and fine particles composed of a like.

上記凹凸面を形成する方法においては、光重合性化合物が重合(架橋)して、バインダー樹脂となる際に、微粒子が存在しない部分においては、光重合性化合物が硬化収縮を起こすため全体的に収縮する。 In the method for forming the uneven surface, the photopolymerizable compound is polymerized (cross-linked), when the binder resin, in a portion where fine particles are not present, generally for the photopolymerizable compounds undergo curing shrinkage contraction. これに対し、微粒子が存在する部分においては、微粒子は硬化収縮を起こさないため、微粒子の上下に存在する光重合性化合物のみ硬化収縮を起こす。 In contrast, in the portion where there are fine particles because not cause cure shrinkage, it causes curing shrinkage only photopolymerizable compound is present above and below the particulate. これにより、微粒子が存在する部分は微粒子が存在しない部分に比べて光学層の膜厚が厚くなるので、光学層の表面が凹凸面となる。 Thus, the portion where there are fine particles the thickness of the optical layer is thicker than the portion where no fine particles, the surface of the optical layer is an uneven surface. したがって、微粒子の種類や粒径及び光重合性化合物の種類を適宜選択し、塗膜形成条件を調整することにより、特異な凹凸面を有する光学層を形成することができる。 Accordingly, by appropriately selecting the type of the fine particles of the type and particle size and a photopolymerizable compound, by adjusting the film forming conditions, it is possible to form the optical layer having a specific uneven surface.

上記光学層は、バインダー樹脂及び微粒子を含んでおり、上述した方法によって形成されていることが好ましい。 The optical layer includes a binder resin and fine particles, it is preferably formed by a method described above.

上記バインダー樹脂は、光重合性化合物の重合物(架橋物)を含むものである。 The binder resins are those containing polymer of the photopolymerizable compound (crosslinked product).
上記バインダー樹脂は、光重合性化合物の重合物(架橋物)の他、溶剤乾燥型樹脂や熱硬化性樹脂を含んでいてもよい。 The binder resin, in addition to the polymer of the photopolymerizable compound (crosslinked product) may contain solvent-drying resin or a thermosetting resin.
上記光重合性化合物は、光重合性官能基を少なくとも1つ有するものである。 The photopolymerizable compound, a photopolymerizable functional group is one having at least one. なお、本明細書における、「光重合性官能基」とは、光照射により重合反応し得る官能基である。 Incidentally, in this specification, the term "photopolymerizable functional group" is a functional group capable of polymerization by light irradiation.
このような光重合性官能基としては、例えば、(メタ)アクリロイル基、ビニル基、アリル基等のエチレン性二重結合を含む官能基が挙げられる。 Such photopolymerizable functional group, for example, (meth) acryloyl group, a vinyl group, and a functional group containing an ethylenic double bond such as an allyl group. なお、「(メタ)アクリロイル基」とは、「アクリロイル基」及び「メタクリロイル基」の両方を含む意味である。 Note that "(meth) acryloyl group" is meant to include both "acryloyl group" and "methacryloyl group".
また、上記光重合性化合物を重合する際に照射される光としては、可視光線、並びに、紫外線、X線、電子線、α線、β線及びγ線のような電離放射線が挙げられる。 As the light irradiated upon the polymerization of the photopolymerizable compound, visible light, as well as ultraviolet rays, X-rays, electron beam, alpha rays include ionizing radiation such as β-rays and γ-rays.

上記光重合性化合物としては、例えば、光重合性モノマー、光重合性オリゴマー、又は、光重合性ポリマーが挙げられ、これらを適宜調整して用いることができる。 As the photopolymerizable compound, for example, a photopolymerizable monomer, photopolymerizable oligomer, or include photopolymerizable polymers, it can be used to adjust these as appropriate.
上記光重合性化合物としては、光重合性モノマーと、光重合性オリゴマー又は光重合性ポリマーとの組み合わせが好ましい。 As the photopolymerizable compound, a combination of a photopolymerizable monomer, a photopolymerizable oligomer or photopolymerizable polymers are preferred.

上記光重合性モノマーとしては、光重合性官能基を2つ(すなわち、2官能)以上有する多官能モノマーが好ましい。 As the photopolymerizable monomer, two photopolymerizable functional group (i.e., difunctional) a polyfunctional monomer having or more.
上記2官能以上のモノマーとしては、例えば、トリメチロールプロパントリ(メタ)アクリレート、トリプロピレングリコールジ(メタ)アクリレート、ジエチレングリコールジ(メタ)アクリレート、ジプロピレングリコールジ(メタ)アクリレート、ペンタエリスリトールトリ(メタ)アクリレート、ペンタエリスリトールテトラ(メタ)アクリレート、ジペンタエリスリトールヘキサ(メタ)アクリレート、1,6−ヘキサンジオールジ(メタ)アクリレート、ネオペンチルグリコールジ(メタ)アクリレート、トリメチロールプロパントリ(メタ)アクリレート、ジトリメチロールプロパンテトラ(メタ)アクリレート、ジペンタエリスリトールペンタ(メタ)アクリレート、トリペンタエリスリトールオクタ(メタ)アクリレート Examples of the bifunctional or more monomer, such as trimethylolpropane tri (meth) acrylate, tripropylene glycol di (meth) acrylate, diethylene glycol di (meth) acrylate, dipropylene glycol di (meth) acrylate, pentaerythritol tri (meth ) acrylate, pentaerythritol tetra (meth) acrylate, dipentaerythritol hexa (meth) acrylate, 1,6-hexanediol di (meth) acrylate, neopentyl glycol di (meth) acrylate, trimethylolpropane tri (meth) acrylate, ditrimethylolpropane tetra (meth) acrylate, dipentaerythritol penta (meth) acrylate, tripentaerythritol octa (meth) acrylate テトラペンタエリスリトールデカ(メタ)アクリレート、イソシアヌル酸トリ(メタ)アクリレート、イソシアヌル酸ジ(メタ)アクリレート、ポリエステルトリ(メタ)アクリレート、ポリエステルジ(メタ)アクリレート、ビスフェノールジ(メタ)アクリレート、ジグリセリンテトラ(メタ)アクリレート、アダマンチルジ(メタ)アクリレート、イソボロニルジ(メタ)アクリレート、ジシクロペンタンジ(メタ)アクリレート、トリシクロデカンジ(メタ)アクリレート、ジトリメチロールプロパンテトラ(メタ)アクリレートや、これらをPO、EO等で変性したものが挙げられる。 Tetra pentaerythritol deca (meth) acrylate, isocyanuric acid tri (meth) acrylate, isocyanuric acid di (meth) acrylate, polyester tri (meth) acrylate, polyester di (meth) acrylate, bisphenol di (meth) acrylate, diglycerol tetra ( meth) acrylate, Adamanchiruji (meth) acrylate, Isoboroniruji (meth) acrylate, dicyclopentane di (meth) acrylate, tricyclodecane di (meth) acrylate, and ditrimethylolpropane tetra (meth) acrylate, these PO, EO It includes those modified with like.
これらの中でも硬度が高い光学層を得る観点から、上記光重合性モノマーとしては、ペンタエリスリトールトリアクリレート(PETA)、ジペンタエリスリトールヘキサアクリレート(DPHA)、ペンタエリスリトールテトラアクリレート(PETTA)、ジペンタエリスリトールペンタアクリレート(DPPA)等が好ましい。 From the viewpoint of hardness among these obtain high optical layer, as the photopolymerizable monomer, pentaerythritol triacrylate (PETA), dipentaerythritol hexaacrylate (DPHA), pentaerythritol tetraacrylate (PETTA), dipentaerythritol penta acrylate (DPPA) and the like are preferable.

上記光重合性オリゴマーは、重量平均分子量が1000を超え10000以下のものである。 The photopolymerizable oligomer is weight average molecular weight of 10,000 or less than 1000.
上記光重合性オリゴマーとしては、例えば、ポリエステル(メタ)アクリレート、ウレタン(メタ)アクリレート、ポリエステル−ウレタン(メタ)アクリレート、ポリエーテル(メタ)アクリレート、ポリオール(メタ)アクリレート、メラミン(メタ)アクリレート、イソシアヌレート(メタ)アクリレート、エポキシ(メタ)アクリレート等が挙げられる。 As the photopolymerizable oligomer include polyester (meth) acrylate, urethane (meth) acrylates, polyester - urethane (meth) acrylates, polyether (meth) acrylate, polyol (meth) acrylates, melamine (meth) acrylate, isocyanurate isocyanurate (meth) acrylate, epoxy (meth) acrylate.
上記光重合性オリゴマーとしては、2官能以上の多官能オリゴマーが好ましく、光重合性官能基が3つ(3官能)以上の多官能オリゴマーが好ましい。 As the photopolymerizable oligomer, a bifunctional or higher polyfunctional oligomer is preferably a photopolymerizable functional group is three (trifunctional) or more polyfunctional oligomer is preferred.

上記光重合性ポリマーは、重量平均分子量が1万を超えるものであり、重量平均分子量としては1万以上8万以下が好ましく、1万以上4万以下がより好ましい。 The photopolymerizable polymers are those having a weight average molecular weight exceeds 10,000, preferably 10,000 or more 80,000 or less as a weight-average molecular weight, 10,000 or more 40,000 or less is more preferable. 重量平均分子量が8万を超える場合は、粘度が高いため塗工適性が低下してしまい、得られる光学積層体の外観が悪化するおそれがある。 If the weight average molecular weight exceeds 80,000, the causes and reduced coatability due to the high viscosity, there is a possibility that the appearance of the optical laminate obtained may be deteriorated.
上記光重合性ポリマーとしては、ウレタン(メタ)アクリレート、イソシアヌレート(メタ)アクリレート、ポリエステル−ウレタン(メタ)アクリレート、エポキシ(メタ)アクリレート等が挙げられる。 As the photopolymerizable polymers, urethane (meth) acrylate, isocyanurate (meth) acrylate, polyester - urethane (meth) acrylate, epoxy (meth) acrylate.

上記溶剤乾燥型樹脂は、熱可塑性樹脂等、塗工時に固形分を調整するために添加した溶剤を乾燥させるだけで、被膜となるような樹脂である。 The solvent-drying resin is a thermoplastic resin or the like, only to dry the the solvent added to adjust the solid content during the coating, a resin such that coating. 溶剤乾燥型樹脂を添加した場合、光学層を形成する際に、塗液の塗布面の被膜欠陥を有効に防止することができる。 If addition of solvent-drying resin, at the time of forming the optical layer, it is possible to effectively prevent the coating defect of coating surface of the coating liquid. 溶剤乾燥型樹脂としては特に限定されず、一般に、熱可塑性樹脂を使用することができる。 Is not particularly limited as solvent-drying resin, in general, it can be used a thermoplastic resin.

上記熱可塑性樹脂としては、例えば、スチレン系樹脂、(メタ)アクリル系樹脂、酢酸ビニル系樹脂、ビニルエーテル系樹脂、ハロゲン含有樹脂、脂環式オレフィン系樹脂、ポリカーボネート系樹脂、ポリエステル系樹脂、ポリアミド系樹脂、セルロース誘導体、シリコーン系樹脂及びゴム又はエラストマー等を挙げることができる。 Examples of the thermoplastic resin, for example, styrene resins, (meth) acrylic resins, vinyl acetate resins, vinyl ether resins, halogen containing resins, alicyclic olefin resins, polycarbonate resins, polyester resins, polyamide resins, cellulose derivatives, and silicone-based resin and rubber or elastomers.

上記熱可塑性樹脂は、非結晶性で、かつ有機溶媒(特に複数のポリマーや硬化性化合物を溶解可能な共通溶媒)に可溶であることが好ましい。 The thermoplastic resin is preferably a non-crystalline, and is soluble in an organic solvent (particularly a common solvent capable of dissolving a plurality of polymers and curable compounds). 特に、透明性や耐候性という観点から、スチレン系樹脂、(メタ)アクリル系樹脂、脂環式オレフィン系樹脂、ポリエステル系樹脂、セルロース誘導体(セルロースエステル類等)等が好ましい。 In particular, from the viewpoint of transparency and weather resistance, a styrene resin, (meth) acrylic resin, alicyclic olefin resins, polyester resins, and cellulose derivatives (cellulose esters, etc.) it is preferable.

上記熱硬化性樹脂としては特に限定されず、例えば、フェノール樹脂、尿素樹脂、ジアリルフタレート樹脂、メラミン樹脂、グアナミン樹脂、不飽和ポリエステル樹脂、ポリウレタン樹脂、エポキシ樹脂、アミノアルキッド樹脂、メラミン−尿素共縮合樹脂、ケイ素樹脂、ポリシロキサン樹脂等を挙げることができる。 Is not particularly restricted but includes the thermosetting resin include phenol resins, urea resins, diallyl phthalate resins, melamine resins, guanamine resins, unsaturated polyester resins, polyurethane resins, epoxy resins, amino alkyd resins, melamine - urea co-condensation resins, silicon resins, polysiloxane resins and the like.

上記微粒子は、無機微粒子又は有機微粒子のいずれであってもよいが、なかでも、例えば、シリカ(SiO )微粒子、アルミナ微粒子、チタニア微粒子、酸化スズ微粒子、アンチモンドープ酸化スズ(略称;ATO)微粒子、酸化亜鉛微粒子等の無機酸化物微粒子が好ましい。 The above fine particles may be either inorganic particles or organic fine particles, but these, for example, silica (SiO 2) particles, alumina fine particles, titania fine particles, fine particles of tin oxide, antimony-doped tin oxide (abbreviation; ATO) fine particles , inorganic oxide particles such as zinc oxide fine particles are preferable. 上記無機酸化物微粒子は、光学層中で凝集体を形成することが可能となり、この凝集体の凝集度合により特異な凹凸面を形成することが可能となる。 The inorganic oxide fine particles, it is possible to form aggregates optical layer, it is possible to form a specific uneven surface due to aggregation degree of the aggregates.

上記有機微粒子としては、例えば、プラスチックビーズを挙げることができる。 Examples of the organic fine particles, for example, a plastic bead. プラスチックビーズとしては、具体例としては、ポリスチレンビーズ、メラミン樹脂ビーズ、アクリルビーズ、アクリル−スチレンビーズ、シリコーンビーズ、ベンゾグアナミンビーズ、ベンゾグアナミン・ホルムアルデヒド縮合ビーズ、ポリカーボネートビーズ、ポリエチレンビーズ等が挙げられる。 The plastic beads, specific examples include polystyrene beads, melamine resin beads, acrylic beads, acrylic - styrene beads, silicone beads, benzoguanamine beads, benzoguanamine-formaldehyde condensation beads, polycarbonate beads, polyethylene beads, and the like.

上記有機微粒子は、上述した硬化収縮において、微粒子が有する硬化収縮に対する抵抗力を適度に調整されていることが好ましい。 The organic fine particles, the curing shrinkage described above, it is preferable to be appropriately adjusted resistance to curing shrinkage with fine particles. この収縮に対する抵抗力を調整するには、事前に、三次元架橋の程度を変えて作成した、硬さの異なる有機微粒子を含む光学積層体を複数作成し、光学積層体の透過像鮮明度を評価することによって、特異な凹凸面となるに適した架橋度合いを選定しておくことが好ましい。 To adjust the resistance to this shrinkage in advance, it was prepared by changing the degree of three-dimensional cross-linking, creating multiple optical laminate comprising a different organic fine particles hardness, the transmission image clarity of the optical stack by evaluating, it is preferable to select the degree of crosslinking suitable for a specific uneven surface.

上記微粒子として無機酸化物粒子を用いる場合、無機酸化物粒子は表面処理が施されていることが好ましい。 When using the inorganic oxide particles as the fine particles, it is preferable that inorganic oxide particles surface-treated. 上記無機酸化物微粒子に表面処理を施すことにより、微粒子の光学層中での分布を好適に制御することができ、また、微粒子自体の耐薬品性及び耐鹸化性の向上を図ることもできる。 By performing the surface treatment to the inorganic oxide particles, it is possible to suitably control the distribution of an optical layer of the fine particles, it can also be improved chemical resistance and 耐鹸-resistant fine particles themselves.

上記表面処理としては、無機酸化物粒子の表面を疎水性にする疎水化処理が好ましい。 As the surface treatment, hydrophobic treatment of the hydrophobic surface of the inorganic oxide particles are preferred. このような疎水化処理は、微粒子の表面にシラン類やシラザン類等の表面処理剤を化学的に反応させることにより、得ることができる。 Such hydrophobic treatment, by chemically reacting the surface treating agent such as silanes or silazanes the surface of the fine particles can be obtained. 具体的な表面処理剤としては、例えば、ジメチルジクロロシランやシリコーンオイル、ヘキサメチルジシラザン、オクチルシラン、ヘキサデシルシラン、アミノシラン、メタクリルシラン、オクタメチルシクロテトラシロキサン、ポリジメチルシロキサン等が挙げられる。 Specific surface treatment agent, for example, dimethyldichlorosilane or silicone oil, hexamethyldisilazane, octyl silane, hexadecyl silane, amino silane, methacrylate silane, octamethylcyclotetrasiloxane, polydimethylsiloxane, and the like. 微粒子が無機酸化物微粒子の場合、無機酸化物微粒子の表面には水酸基が存在しているが、上記のような疎水化処理を施すことにより、無機酸化物微粒子の表面に存在する水酸基が少なくなり、無機酸化物微粒子のBET法により測定される比表面積が小さくなるとともに、無機酸化物微粒子が過度に凝集することを抑制でき、特異な凹凸面を有する機能層を形成することができる。 If fine particles are inorganic oxide particles, but the surface of the inorganic oxide fine particles are present hydroxyl, by applying to a hydrophobic treatment as described above, hydroxyl groups present on the surface of the inorganic oxide fine particles is reduced , together with the specific surface area measured by the BET method of the inorganic oxide fine particles is reduced, the inorganic oxide fine particles can be suppressed to aggregate excessively, it is possible to form a functional layer having a specific uneven surface.

上記微粒子として無機酸化物粒子を用いる場合、無機酸化物微粒子は非晶質であることが好ましい。 When using the inorganic oxide particles as the fine particles, it is preferred inorganic oxide fine particles are amorphous. これは、無機酸化物粒子が結晶性である場合、その結晶構造中に含まれる格子欠陥により、無機酸化物微粒子のルイス酸塩が強くなってしまい、無機酸化物微粒子の過度の凝集を制御できなくなるおそれがあるからである。 This is because when the inorganic oxide particles are crystalline, the lattice defects contained in the crystal structure, a Lewis acid salts of inorganic oxide fine particles becomes stronger, to control the excessive aggregation of the inorganic oxide fine particles This is because there is a possibility that the no.

上記光学層における微粒子の含有量は特に限定されないが、0.1質量%以上5.0質量%以下であることが好ましい。 The content of fine particles in the optical layer is not particularly limited, it is preferably at most 0.1% by mass to 5.0% by mass. 微粒子の含有量が0.1質量%以上であることで、特異な凹凸面をより確実に形成することができ、また微粒子の含有量が5.0質量%以下であることで、凝集体が過度に生じることもなく、内部拡散及び/又は機能層の表面に大きな凹凸が生じることを抑制でき、これにより白濁感を好適に抑制できる。 When the content of the fine particles is not less than 0.1 mass%, specific surface roughness, can be more reliably formed, also by the content of the fine particles is not more than 5.0 mass%, aggregates excessively without causing, it can be suppressed that a large unevenness on the surface of the internal diffusion and / or functional layers occurs, thereby suitably suppressed cloudiness. 微粒子の含有量の下限は0.2質量%であることがより好ましく、微粒子の含有量の上限は3.0質量%であることがより好ましい。 More preferably the lower limit of the content of the fine particles is 0.2% by mass, and more preferably the upper limit of the content of the fine particles is 3.0 mass%.

上記微粒子は、単粒子状態での形状が球状であることが好ましい。 The above fine particles are preferably shaped in a single particle state are spherical. 微粒子の単粒子がこのような球状であることにより、光学積層体を画像表示装置の画像表示面に配置したときに、コントラストに優れた画像を得ることができる。 By single particle of the fine particle has such a spherical, when placing the optical stack on the image display surface of the image display device, it is possible to obtain an image having excellent contrast. ここで、「球状」とは、例えば、真球状、楕円球状等が含まれるが、いわゆる不定形のものは含まれない意味である。 Here, "spherical", for example, including but spherical, ellipsoidal shape or the like, is meant to not include the so-called amorphous.

上記微粒子として有機微粒子を用いる場合、屈折率の異なる樹脂の共重合比率を変えることでバインダー樹脂との屈折率差を小さく、例えば、0.01未満とすることが、微粒子による光の拡散を抑制できる点で好ましい。 When using the organic fine particles as the fine particles, small refractive index difference between the binder resin by changing the copolymerization ratio of the different refractive index resin, e.g., it is less than 0.01, suppress the diffusion of light by fine particles preferable in that it can. 有機微粒子の平均一次粒径は8.0μm未満であることが好ましく、5.0μm以下であることがより好ましい。 Preferably has an average primary particle diameter of the organic fine particles is less than 8.0 .mu.m, more preferably at most 5.0 .mu.m.

上記光学層は、緩やかな凝集体を形成する微粒子を用いて形成されたものであることが好ましい。 The optical layer is preferably one formed by using the fine particles forming a loose aggregate. 「緩やかな凝集体」とは、微粒子の凝集体が塊状ではなく、一次粒子が連なることによって形成された屈曲部と、屈曲部で挟まれた内側領域とを含む構造を有する凝集体を意味する。 The "loose aggregate", aggregates of particles rather than the bulk, meaning the bend formed by the primary particles is contiguous, the aggregate having a structure comprising an inner region between the bent portion . ここで、本明細書においては、「屈曲部」とは、湾曲部をも含む概念である。 Here, in this specification, the term "bent portion" is a concept including a curved portion. 屈曲部を有する形状としては、例えば、V字状、U字状、円弧状、C字状、糸毬状、籠状等が挙げられる。 The shape having a bent portion, eg, V-shaped, U-shaped, arc-shaped, C-shaped, Itokasajo, cage and the like. 上記屈曲部の両端は、閉じていてもよく、例えば、屈曲部を有する環状構造であってもよい。 Both ends of the bent portion may be closed, for example, may be a cyclic structure having a bent portion.

上記屈曲部は、一次粒子が連なることによって形成され、かつ、屈曲している1本の微粒子の凝集体から構成されていてもよいが、一次粒子が連なることによって形成された幹部と、幹部から分岐し、かつ、一次粒子が連なることによって形成された枝部とによって構成されていてもよく、また幹部から分岐し、かつ、幹部において連結した2本の枝部によって構成されていてもよい。 The bending portion is formed by the primary particles is contiguous, and, may be composed of aggregates of single particles is bent, and cadres formed by the primary particles is contiguous, from the trunk branched, and may be constituted by the branch portion formed by the primary particles is continuous, also branches from the trunk, and may be constituted by two branches linked in executive. なお、上記「幹部」とは、微粒子の凝集体において最も長い部分である。 The above and "executive" is the longest part in the aggregate of the fine particles.

上記内側領域は、バインダー樹脂で埋められている。 The inner region is filled with a binder resin. 上記屈曲部は、内側領域を光学層の厚み方向から挟むように存在していることが好ましい。 The bending portion is preferably present an inner region so as to sandwich from the thickness direction of the optical layer.

塊状に凝集している凝集体は、硬化後にバインダー樹脂となる光重合性化合物の硬化収縮(重合収縮)に際して単一の固体として作用するので、光学層の凹凸面は凝集体の形状に対応する。 Aggregates are agglomerated into massive, because they act as a single solid upon curing shrinkage (polymerization shrinkage) of the photopolymerizable compound as a binder resin after curing, the irregular surface of the optical layer corresponds to the shape of the aggregate . これに対し、微粒子が緩やかに凝集した凝集体は、屈曲部と、屈曲部によって挟まれた内側領域とを有しているので、硬化収縮に際して緩衝作用を有する固体として作用する。 In contrast, aggregates fine particles are loosely aggregated includes a bent portion, because it has an inner region sandwiched by the bent portion, acts as a solid having a buffering action upon curing shrinkage. 従って、微粒子が緩やかに凝集した凝集体は、硬化収縮の際に、容易に、かつ、均一性を持って潰れる。 Accordingly, fine particles are loosely agglomerated aggregates, upon curing shrinkage, easily and collapse with uniformity. これにより、凹凸面の形状は、微粒子が塊状に凝集している場合に比べて緩やかであり、また、一部に大きな凹凸形状が生じにくくなる。 Thus, the shape of the uneven surface is gentle as compared with the case where fine particles are aggregated mass also less likely to occur large irregularities in a part.
上記光学層が緩やかな凝集体により形成されている場合、膜厚を調整することによって緩やかな凝集体の大きさを調整することも可能である。 If the optical layer is formed by loose aggregates, it is also possible to adjust the size of the loose agglomerate by adjusting the film thickness. すなわち、膜厚が大きいと緩やかな凝集体の大きさがより大きくなりやすい。 That is, the size of the loose agglomerate the film thickness is large tends to be larger. それにより、凹凸の大きさをより大きく、凹凸の間隔をより広くすることができる。 Thus, larger the size of the irregularities, it is possible to further widen the interval between irregularities.

また、緩やかな凝集体を形成する微粒子としては、例えば、平均一次粒径が1nm以上100nm以下の無機酸化物微粒子が好ましい。 As the fine particles forming a loose aggregate, for example, average primary particle diameter is preferably 100nm or less of the inorganic oxide fine particles or 1 nm. 微粒子の平均一次粒径が1nm以上であることで、特異な凹凸面を有する光学層をより容易に形成することができ、また、平均一次粒径が100nm以下であることで、微粒子による光の拡散を抑制でき、優れた暗室コントラストを好適に得ることができる。 When the average primary particle size of the fine particles is 1nm or more, it is possible to more easily form an optical layer having a specific uneven surface, When the average primary particle diameter of 100nm or less, of light by fine particles diffusion can be suppressed, it is possible to obtain suitably high dark room contrast. 微粒子の平均一次粒径の下限は5nm以上であることがより好ましく、微粒子の平均一次粒径の上限は50nm以下であることがより好ましい。 More preferably the lower limit of the average primary particle size of the fine particles is 5nm or more and more preferably the upper limit of the average primary particle size of the fine particles is 50nm or less. なお、微粒子の平均一次粒径は、断面電子顕微鏡(TEM、STEM等の透過型で倍率が5万倍以上のものが好ましい)の画像から、画像処理ソフトウェアを用いて測定される値である。 The average primary particle diameter of the fine particles is a value from the image of the cross-section electron microscopy (TEM, is preferable ratio is more than 50,000 times by a transmission such as STEM), is measured using an image processing software.

上記緩やかな凝集体を形成する微粒子として無機酸化物微粒子を用いる場合、光学層の凹凸面における凹凸は、無機酸化物微粒子のみに起因して形成されていることが好ましい。 If an inorganic oxide fine particles as fine particles forming the loose agglomerates, uneven in the irregular surface of the optical layer is preferably formed only due to the inorganic oxide fine particles. 「光学層の凹凸面における凹凸が無機酸化物微粒子のみに起因して形成されている」とは、光学層の凹凸面における凹凸が、無機酸化物微粒子の他に、無機酸化物微粒子以外の微粒子に起因して形成されている場合は実質的に含まれないという意味である。 The "uneven in the irregular surface of the optical layer is formed due only to the fine inorganic oxide particles", uneven in the irregular surface of the optical layer, the other inorganic oxide fine particles, other than the inorganic oxide fine particles If it is formed due to a sense that it is not substantially contained. ここでいう、「実質的に含まれない」とは、光学層の凹凸面における凹凸を形成しないような微粒子であるか、凹凸を形成するとしても反射防止性に影響しないような僅かな量であれば、光学層は、無機酸化物微粒子以外の他の微粒子を含んでいてもよいことを意味する。 Herein, the term "substantially absent", or is a particulate that does not form irregularities on the irregular surface of the optical layer, with a small amount that does not affect the antireflective properties as forming unevenness if the optical layer means that may contain other fine particles other than the fine inorganic oxide particles.

上記無機酸化物微粒子の中でも、緩やかな凝集体を形成し、容易に特異な凹凸面を形成することができる観点から、フュームドシリカが特に好ましい。 Among the inorganic oxide particles, from the viewpoint of capable of forming a loose aggregate, to form a readily specific uneven surface, fumed silica is particularly preferred.
上記フュームドシリカとは、乾式法で作製された200nm以下の粒径を有する非晶質のシリカであり、ケイ素を含む揮発性化合物を気相で反応させることにより得ることができる。 The fumed silica and is amorphous silica having a particle size of less fabricated 200nm to a dry method, can be obtained by reacting a volatile compound containing silicon in the gas phase. 具体的には、例えば、四塩化ケイ素(SiCl )等のケイ素化合物を酸素と水素の炎中で加水分解して生成されたもの等が挙げられる。 Specifically, for example, such as those generated by hydrolyzing a silicon compound such as silicon tetrachloride (SiCl 4) in oxygen and the flame of hydrogen. 上記フュームドシリカの市販品としては、例えば、日本アエロジル社製のAEROSIL R805等が挙げられる。 Examples of commercial products of the fumed silica, for example, Nippon Aerosil Co., Ltd. of AEROSIL R805, and the like.

上記フュームドシリカには、親水性を示すものと、疎水性を示すものがあるが、これらの中でも、水分吸収量が少なくなり、機能層用組成物中に分散し易くなる観点から、疎水性を示すものが好ましい。 The above fumed silica, and shows hydrophilicity, there is an indication of hydrophobicity, among these, the less water absorption, the easier becomes the viewpoint dispersed in functional layer composition, the hydrophobic shows are preferred.
疎水性のフュームドシリカは、フュームドシリカの表面に存在するシラノール基に上記のような表面処理剤を化学的に反応させることにより得ることができる。 Hydrophobic fumed silica may be obtained by chemically reacting the silanol groups present on the surface of the fumed silica surface treatment agents as described above. 上記のような凝集体を容易に得るという観点からは、フュームドシリカはオクチルシラン処理されていることが最も好ましい。 From the viewpoint of easily obtain agglomerates as described above, it is most preferred that the fumed silica is octyl silane treated.

上記フュームドシリカのBET比表面積は、100m /g以上200m /g以下が好ましい。 BET specific surface area of the fumed silica, 100 m 2 / g or more 200 meters 2 / g or less. フュームドシリカのBET比表面積を100m /g以上であることで、フュームドシリカが分散しすぎず、適度な凝集体を形成させやすくなり、またフュームドシリカのBET比表面積が200m /g以下であることで、フュームドシリカが過剰に大きな凝集体を形成しにくくなる。 The BET specific surface area of the fumed silica that is 100 m 2 / g or more, fumed silica is not too dispersed, easily form a suitable aggregate, also fumed silica having a BET specific surface area of 200 meters 2 / g by or less, fumed silica is less likely to form excessively large agglomerates. フュームドシリカのBET比表面積の下限は、より好ましくは120m /gであり、さらに好ましくは140m /gである。 The lower limit of the BET specific surface area of the fumed silica is more preferably 120 m 2 / g, more preferably from 140 m 2 / g. フュームドシリカのBET比表面積の上限は、より好ましくは180m /gであり、さらに好ましくは165m /gである。 The upper limit of the BET specific surface area of the fumed silica is more preferably 180 m 2 / g, more preferably from 165m 2 / g.

このような光学層は、例えば、以下の方法によって形成することができる。 Such optical layer, for example, can be formed by the following method.
まず、上記偏光板保護フィルムの表面に、以下の光学層用組成物を塗布する。 First, the surface of the polarizing plate protective film, coating the following optical layer composition.
上記光学層用組成物を塗布する方法としては、例えば、スピンコート、ディップ法、スプレー法、スライドコート法、バーコート法、ロールコート法、グラビアコート法、ダイコート法等の公知の塗布方法が挙げられる。 As a method for applying the optical layer composition, for example, spin coating, dipping, spraying, slide coating, bar coating, roll coating, gravure coating, include known coating method a die coating method or the like It is.

上記光学層用組成物は、少なくとも、上記光重合性化合物、上記微粒子を含むものである。 The optical layer composition, at least, the photopolymerizable compounds are those containing the fine particles. その他、必要に応じて、光学層用組成物に、上記熱可塑性樹脂、上記熱硬化性樹脂、溶剤、重合開始剤を添加してもよい。 Other, if necessary, the optical layer composition, the thermoplastic resin, the thermosetting resin, a solvent may be added a polymerization initiator. さらに、光学層用組成物には、光学層の硬度を高くする、硬化収縮を抑える、屈折率を制御する等の目的に応じて、従来公知の分散剤、界面活性剤、帯電防止剤、シランカップリング剤、増粘剤、着色防止剤、着色剤(顔料、染料)、消泡剤、レベリング剤、難燃剤、紫外線吸収剤、接着付与剤、重合禁止剤、酸化防止剤、表面改質剤、易滑剤等を添加していてもよい。 Further, the optical layer composition, to increase the hardness of the optical layer, suppressing the curing shrinkage, in accordance with the purpose of controlling the refractive index, conventionally known dispersants, surfactants, antistatic agents, silane coupling agents, thickeners, anti-coloring agents, colorants (pigments, dyes), defoamers, leveling agents, flame retardants, UV absorbers, tackifiers, polymerization inhibitors, antioxidants, surface modifiers , it may have added an easy-lubricants, and the like.

上記溶剤は、上記光学層用組成物を塗布しやすくするために粘度を調整する目的や、蒸発速度や微粒子に対する分散性を調整して、光学層形成時における微粒子の凝集度合を調整して特異な凹凸面を形成させやすくする目的で使用されうる。 These solvents, purpose or to adjust the viscosity for easier coating the optical layer composition, to adjust the dispersibility in evaporation rate and fine specificity to adjust the aggregation degree of particles during optical layer formed It can be used for the purpose of facilitating to form a concave-convex surface.
このような溶剤としては、例えば、アルコール(例、メタノール、エタノール、プロパノール、イソプロパノール、n−ブタノール、s−ブタノール、t−ブタノール、ベンジルアルコール、PGME、エチレングリコール)、ケトン類(アセトン、メチルエチルケトン(MEK)、シクロヘキサノン、メチルイソブチルケトン、ジアセトンアルコール、シクロヘプタノン、ジエチルケトン等)、エーテル類(1,4−ジオキサン、ジオキソラン、テトラヒドロフラン等)、脂肪族炭化水素類(ヘキサン等)、脂環式炭化水素類(シクロヘキサン等)、芳香族炭化水素類(トルエン、キシレン等)、ハロゲン化炭素類(ジクロロメタン、ジクロロエタン等)、エステル類(蟻酸メチル、酢酸メチル、酢酸エチル、酢酸プロピル、酢酸ブチル、 Examples of the solvent include alcohols (e.g., methanol, ethanol, propanol, isopropanol, n- butanol, s- butanol, t-butanol, benzyl alcohol, PGME, ethylene glycol), ketones (acetone, methyl ethyl ketone (MEK ), cyclohexanone, methyl isobutyl ketone, diacetone alcohol, cycloheptanone, diethyl ketone, etc.), ethers (1,4-dioxane, dioxolane, tetrahydrofuran, etc.), aliphatic hydrocarbons (hexane, etc.), alicyclic hydrocarbons hydrogen compound (cyclohexane), aromatic hydrocarbons (toluene, xylene), halogenated carbons (dichloromethane, dichloroethane, etc.), esters (methyl formate, methyl acetate, ethyl acetate, propyl acetate, butyl acetate, 酸エチル等)、セロソルブ類(メチルセロソルブ、エチルセロソルブ、ブチルセロソルブ等)、セロソルブアセテート類、スルホキシド類(ジメチルスルホキシド等)、アミド類(ジメチルホルムアミド、ジメチルアセトアミド等)等が例示でき、これらの混合物であってもよい。 Ethyl, etc.), cellosolves (methyl cellosolve, ethyl cellosolve, butyl cellosolve, etc.), cellosolve acetates, sulfoxides (dimethyl sulfoxide), amides (dimethylformamide, dimethylacetamide, etc.) and the like can be exemplified, a mixture thereof it may be.

上記重合開始剤は、光照射により分解されて、ラジカルを発生して光重合性化合物の重合(架橋)を開始または進行させる成分である。 The polymerization initiator is decomposed by light irradiation, is a component which generates a radical to initiate or promoting the polymerization (crosslinking) of the photopolymerizable compound.
このような重合開始剤は、光照射によりラジカル重合を開始させる物質を放出することが可能であれば特に限定されず、従来公知のものを用いることができ、具体例には、例えば、アセトフェノン類、ベンゾフェノン類、ミヒラーベンゾイルベンゾエート、α−アミロキシムエステル、チオキサントン類、プロピオフェノン類、ベンジル類、ベンゾイン類、アシルホスフィンオキシド類が挙げられる。 Such polymerization initiator is not particularly limited as long as capable of releasing a substance to initiate radical polymerization by light irradiation, can be a conventionally known, in the specific examples are, for example, acetophenones , benzophenones, Michler's benzoyl benzoate, alpha-amyloxime esters, thioxanthones, propiophenones, benzils, benzoins, and an acyl phosphine oxides. また、光増感剤を混合して用いることが好ましく、その具体例としては、例えば、n−ブチルアミン、トリエチルアミン、ポリ−n−ブチルホスフィン等が挙げられる。 Further, it is preferable to use a mixture of photosensitizers, Specific examples thereof include, n- butylamine, triethylamine, poly -n--butylphosphine.

上記重合開始剤としては、上記バインダー樹脂がラジカル重合性不飽和基を有する樹脂系の場合は、アセトフェノン類、ベンゾフェノン類、チオキサントン類、ベンゾイン、ベンゾインメチルエーテル等を単独又は混合して用いることが好ましい。 As the polymerization initiator, in the case of resin systems the binder resin having a radical polymerizable unsaturated group, acetophenones, benzophenones, thioxanthones, benzoin, it is preferred to use alone or in combination with benzoin methyl ether .

光学層用組成物における重合開始剤の含有量は、光重合性化合物100質量部に対して、0.5質量部以上10.0質量部以下であることが好ましい。 The content of the polymerization initiator in the optical layer composition, it is preferred for the photopolymerizable compound 100 parts by mass or less 10.0 parts by mass or more 0.5 part by mass. 重合開始剤の含有量をこの範囲内にすることにより、ハードコート性能が充分に保つことができ、かつ硬化阻害を抑制できる。 When the content of the polymerization initiator within this range, it is possible to hard coat performance maintained sufficiently, and a curing inhibition can be suppressed.

光学層用組成物中における原料の含有割合(固形分)としては特に限定されないが、通常は5質量%以上70質量%以下が好ましく、25質量%以上60質量%以下とすることがより好ましい。 No particular limitation is imposed on the content of the material in the optical layer for a composition (solid content), usually preferably 5 wt% to 70 wt%, more preferably 25 mass% or more and 60 mass% or less.

上記レベリング剤としては、例えば、シリコーンオイル、フッ素系界面活性剤等が、光学層がベナードセル構造となることを回避することから好ましい。 Examples of the leveling agents include silicone oils, fluorine-containing surface active agent is preferred because it avoids the optical layer is Benard Cells structure. 溶剤を含む樹脂組成物を塗工し、乾燥する場合、塗膜内において塗膜表面と内面とに表面張力差等を生じ、それによって塗膜内に多数の対流が引き起こされる。 Coating the resin composition containing a solvent, when dried, results in the coating film surface and the inner surface and the surface tension differences or the like in the coating film, a large number of convection is caused to it by the coating. この対流により生じる構造はベナードセル構造と呼ばれ、形成する光学層にゆず肌や塗工欠陥といった問題の原因となる。 Structure caused by convection is referred to as Benard Cells structure, causing orange peel and such coating defects problem in the optical layer to be formed.

上記ベナードセル構造は、光学層の表面の凹凸が大きくなりすぎてしまうおそれがある。 The Benard cell structure, there is a possibility that unevenness of the surface of the optical layer is too large. 前述のようなレベリング剤を用いると、この対流を防止することができるため、欠陥やムラのない光学層が得られるだけでなく、光学層の表面の凹凸形状の調整も容易となる。 With leveling agent as described above, it is possible to prevent the convection, not only without optical layer defects or unevenness can be obtained, it is easy to adjust the uneven shape of the surface of the optical layer.

上記光学層用組成物の調製方法としては、各成分を均一に混合できれば特に限定されず、例えば、ペイントシェーカー、ビーズミル、ニーダー、ミキサー等の公知の装置を使用して行うことができる。 A process of preparing the above optical layer composition is not particularly limited as long uniformly mixing each component can be performed, for example, a paint shaker, a bead mill, a kneader, using known devices such as a mixer.

上記偏光板保護フィルムの表面に、光学層用組成物を塗布した後、塗膜状の光学層用組成物を乾燥させるために加熱されたゾーンに搬送し、各種の公知の方法で光学層用組成物を乾燥させ溶剤を蒸発させる。 On the surface of the polarizing plate protective film, after applying the optical layer composition, a coating film-shaped optical layer composition was conveyed to a zone which is heated to dry, for optical layers in a variety of known methods the composition and the solvent is evaporated to dryness. ここで、溶剤相対蒸発速度、固形分濃度、塗布液温度、乾燥温度、乾燥風の風速、乾燥時間、乾燥ゾーンの溶剤雰囲気濃度等を選定することにより、微粒子の凝集状態や分布状態を調整できる。 Here, the solvent relative evaporation rate, solids concentration, the coating liquid temperature, drying temperature, drying air wind speed, drying time, by selecting the solvent atmosphere concentration of the drying zone can be adjusted aggregation state and the distribution state of the fine particles .

特に、乾燥条件の選定によって微粒子の分布状態を調整する方法が簡便で好ましい。 In particular, a method of adjusting the distribution of the fine particles by the choice of drying conditions is preferably simple.
例えば、乾燥温度を低く、及び/又は、乾燥風速を小さくすることで、乾燥速度を遅くすることにより、微粒子がより凝集しやすくなるため、凹凸が大きくかつ凹凸の間隔が広い形状としやすくすることができる。 For example, the drying temperature low and / or by reducing the drying wind speed by slowing the drying speed, the fine particles become more easily aggregate, the interval of the unevenness is large and irregularities are liable to a broad shape can.
具体的な乾燥温度としては、30〜120℃、乾燥風速では0.2〜50m/sであることが好ましく、この範囲内で適宜調整した乾燥処理を、1回又は複数回行うことで微粒子の分布状態を所望の状態に調整することができる。 Specific drying temperature, 30 to 120 ° C., preferably in the dry wind is 0.2~50m / s, the drying process was appropriately adjusted within this range, fine particles by performing one or more times it is possible to adjust the distribution in a desired state.

また、その後、塗膜状の光学層用組成物に紫外線等の光を照射して、光重合性化合物を重合(架橋)させることにより光学層用組成物を硬化させて、光学層を形成する。 Further, thereafter, is irradiated with light such as ultraviolet coating shaped optical layer composition of, by curing the optical layer composition by causing the photopolymerizable compound polymer (crosslinked) to form an optical layer .

上記光学層用組成物を硬化させる際の光として、紫外線を用いる場合には、超高圧水銀灯、高圧水銀灯、低圧水銀灯、カーボンアーク、キセノンアーク、メタルハライドランプ等から発せられる紫外線等が利用できる。 As light for curing the said optical layer composition, when ultraviolet rays are used, ultrahigh pressure mercury lamp, high pressure mercury lamp, low pressure mercury lamp, carbon arc, xenon arc, ultraviolet rays emitted from a metal halide lamp or the like can be used. また、紫外線の波長としては、190〜380nmの波長域を使用することができる。 As the wavelength of the ultraviolet can be used to a range of wavelengths from 190 to 380 nm. 電子線源の具体例としては、コッククロフトワルト型、バンデグラフト型、共振変圧器型、絶縁コア変圧器型、又は直線型、ダイナミトロン型、高周波型等の各種電子線加速器が挙げられる。 Specific examples of the electron beam source, Cockcroft Walther preparative, Bande graft resonance transformer type, insulated core transformer type, or linear type, Dynamitron type, and a variety of electron beam accelerators of the high-frequency type.

なお、バインダー樹脂を形成する材料として、光重合性化合物と溶剤乾燥型樹脂とを用いることによっても、特異な凹凸面を有する光学層を形成することができる。 Incidentally, as a material for forming the binder resin, even by using a photopolymerizable compound and a solvent drying type resin, it is possible to form the optical layer having a specific uneven surface.
具体的には、例えば、光重合性化合物、溶剤乾燥型樹脂、及び、微粒子を含む光学層用組成物を用いて、上記と同様の方法により偏光板保護フィルム上に光学層用組成物の塗膜を形成し、上記と同様に光学層用組成物を硬化させる。 Specifically, for example, a photopolymerizable compound, a solvent drying type resin, and, using an optical layer composition containing fine particles, the coating of the optical layer composition in a polarizing plate protective film on the same manner film is formed, it is cured in the same manner as above optical layer composition.
上記バインダー樹脂を形成する材料として、光重合性化合物と溶剤乾燥型樹脂とを併用した場合、光重合性化合物のみを用いた場合に比べて粘度を上昇させることができ、また、硬化収縮(重合収縮)を少なくすることができるので、乾燥時及び硬化時に、光学層の凹凸面が微粒子の形状に追随することなく形成され、特異な凹凸面を形成することができる。 As the material for forming the binder resin, when used in combination with a photopolymerizable compound and a solvent drying type resin, it is possible to increase the viscosity as compared with the case of using only the photopolymerizable compound, curing shrinkage (polymerization it is possible to reduce the shrinkage), dry and when cured, is formed without uneven surface of the optical layer follows the shape of the fine particles, it is possible to form a specific uneven surface. ただし、光学層の凹凸面の凹凸形状は、光学層の膜厚等の影響を受けるので、このような方法で光学層を形成する場合であっても、光学層の膜厚等を適宜調整する必要があることは言うまでもない。 However, uneven shape of the uneven surface of the optical layer is affected, such as film thickness of the optical layer, even in the case of forming the optical layer in this manner, appropriately adjusting the thickness of the optical layer such as it goes without saying that there is a need.

また、本発明においては、上記光学層は、上記式(1)及び式(2)、又は、式(3)及び式(4)を満たすことが好ましいが、1層構造となっていても、2層以上の多層構造となっていてもよい。 In the present invention, the optical layer, the equation (1) and (2), or, it is preferable to satisfy the formula (3) and (4), even if a one-layer structure, it may be made of two or more layers of the multilayer structure. 具体的には、光学層は、表面が凹凸面となった下地凹凸層と、下地凹凸層上に形成された表面調整層とからなる2層構造となっていてもよい。 Specifically, the optical layer, and the surface underlying irregular layer became uneven surface may be a two-layer structure composed of a surface conditioning layer formed on the substrate concavoconvex layer.
上記下地凹凸層は、光学層であってもよい。 The underlying uneven layer may be an optical layer.
上記表面調整層は、上記下地凹凸層の表面に存在する微細な凹凸を埋めて、滑らかな凹凸面を得るため、及び/又は、凹凸層の表面に存在する凹凸の間隔、大きさ等を調整するための層である。 The surface adjustment layer, fills the fine irregularities present on the surface of the underlying uneven layer, to obtain a smooth irregular surface and / or adjustment intervals of the unevenness on the surface of the uneven layer, the size, etc. it is a layer for. 上記表面調整層は、表面が凹凸面となっており、該表面調整層の凹凸面が特異な凹凸面となっている。 The surface adjustment layer, the surface has an uneven surface, the uneven surface of the surface adjusting layer has a specific uneven surface. ただし、光学層が多層構造の場合には、製造工程が複雑となり、また製造工程の管理が1層構造の場合に比べて困難となるおそれがあるので、光学層は1層構造が好ましい。 However, when the optical layer of the multilayer structure, the manufacturing process is complicated, and since control of the manufacturing process may become difficult as compared with the case of a single-layer structure, the optical layer 1-layer structure is preferred.

上記表面調整層の膜厚は、凹凸を調整する観点から、0.5μm以上20μm以下であることが好ましい。 Thickness of the surface adjusting layer, from the viewpoint of adjusting the unevenness is preferably 0.5μm or more 20μm or less. 表面調整層の膜厚の上限は、12μm以下であることが好ましく、8μm以下であることがより好ましい。 The upper limit of the thickness of the surface conditioning layer is preferably 12μm or less, and more preferably 8μm or less. 表面調整層の膜厚の下限は、3μm以上であることが好ましい。 The lower limit of the thickness of the surface adjusting layer is preferably 3μm or more.

上記下地凹凸層及び表面調整層からなる光学層は、光学層用組成物として、下地凹凸層用組成物及び表面調整層用組成物を用いて、以下の方法によって形成することが可能である。 Optical layers composed of the underlying uneven layer and the surface adjusting layer, as an optical layer composition, using a substrate concavoconvex layer composition and surface conditioning layer composition can be formed by the following method.

上記下地凹凸層用組成物としては、上記光学層用組成物の欄で説明した光学層用組成物と同様の組成物を用いることができる。 Examples of the substrate concavoconvex layer composition, it is possible to use an optical layer composition mentioned in the description of the optical layer composition similar to the composition. また、表面調整層用組成物としては、上記バインダー樹脂の欄で説明した光重合性化合物と同様の光重合性化合物を少なくとも含む組成物を用いることができる。 As the surface conditioning layer composition, it is possible to use at least a composition comprising a photopolymerizable compound mentioned in the description of the binder resin and the same photopolymerizable compound. 表面調整層用組成物は、光重合性化合物の他、上記光学層用組成物の欄で説明したレベリング剤や溶剤と同様のレベリング剤や溶剤等が含まれていてもよい。 Surface conditioning layer composition, other photopolymerizable compounds, may contain similar leveling agents and solvents and leveling agents and solvents mentioned in the description of the optical layer composition.

上記下地凹凸層及び表面調整層からなる光学層を形成する際には、まず、透過性基材上に下地凹凸層用組成物を塗布して、偏光板保護フィルム上に下地凹凸層用組成物の塗膜を形成する。 Above when forming the optical layer comprising a substrate concavoconvex layer and surface conditioning layer, first, a substrate concavoconvex layer composition on a transparent base material is applied, the underlying uneven layer composition onto a polarizing plate protective film to form a coating film.
そして、この塗膜を乾燥した後に、塗膜に紫外線等の光を照射して、光重合性化合物を重合(架橋)させることにより下地凹凸層用組成物を硬化させて、下地凹凸層を形成する。 Then, after drying the coated film was irradiated with light such as ultraviolet coating film, curing the substrate concavoconvex layer composition by causing the photopolymerizable compound polymer (crosslinked) by the underlying irregularity layer formed to.
その後、下地凹凸層上に、表面調整層用組成物を塗布し、表面調整層用組成物の塗膜を形成する。 Then, on an underlying irregular layer, the surface conditioning layer composition was applied to form a coating film of the surface conditioning layer composition. そして、この塗膜を乾燥した後、塗膜に紫外線等の光を照射して、光重合性化合物を重合(架橋)させることにより表面調整層用組成物を硬化させて、表面調整層を形成する。 Then, after drying the coated film was irradiated with light such as ultraviolet coating film, by curing the surface conditioning layer composition by causing the photopolymerizable compound polymer (crosslinking) to, form a surface adjustment layer to. これにより、緩やかな凝集体を形成する微粒子を用いなくとも、特異な凹凸面を有する光学層を形成することができる。 Thus, without using the fine particles forming a loose aggregate, it is possible to form the optical layer having a specific uneven surface. ただし、光学層の凹凸面の凹凸形状は、塗膜の乾燥条件、並びに、下地凹凸層及び表面調整層の膜厚等によっても影響を受けるので、このような方法で光学層を形成する場合であっても、塗膜の乾燥条件および下地凹凸層および表面調整層の膜厚等を適宜調整する必要があることは言うまでもない。 However, uneven shape of the uneven surface of the optical layer, drying conditions of the coating film, and, since is also influenced by the thickness of the substrate concavoconvex layer and surface conditioning layer such as, in the case of forming the optical layer in such a way even, it is needless to say that it is necessary to appropriately adjust the thickness of the drying conditions and the underlying uneven layer and a surface adjustment layer of the coating film.

上記光学積層体は、全光線透過率が85%以上であることが好ましい。 The optical laminate is preferably a total light transmittance of 85% or more. 全光線透過率が85%以上であると、光学積層体を画像表示装置の表面に装着した場合において、色再現性や視認性をより向上させることができる。 When the total light transmittance is 85% or more, in the case of mounting the optical laminate to the surface of the image display device, it is possible to further improve color reproducibility and visibility. 上記全光線透過率は、90%以上であることがより好ましい。 The total light transmittance is more preferably 90% or more. 全光線透過率は、ヘイズメーター(村上色彩技術研究所製、製品番号;HM−150)を用いてJIS K7361に準拠した方法により測定することができる。 Total light transmittance, haze meter (manufactured by Murakami Color Research Laboratory, product number; HM-150) can be measured by a method according to JIS K7361 using.

また、本発明の液晶表示装置は、映り込み及びニュートンリングの発生をより好適に防止できることから、上記光学層は、表面に凹凸形状を有する凹凸層上に低屈折率層が積層された構成であることが好ましい。 The liquid crystal display device of the present invention, because it can more suitably prevent occurrence of reflection and Newton rings, the optical layer is a low refractive index layer is laminated structure on the uneven layer having an uneven shape on the surface there it is preferable.
上記凹凸層としては、上述したバインダー樹脂及び微粒子を含んでなる光学層と同様のもの組成及び方法で形成されたものが挙げられる。 As the uneven layer include those formed with like compositions and methods and an optical layer comprising a binder resin and fine particles as described above.
上記低屈折率層は、外部からの光(例えば蛍光灯、自然光等)が光学積層体の表面にて反射する際、その反射率を低くするという役割を果たす層である。 The low refractive index layer, the light (e.g. fluorescent lamp, natural light, etc.) from the outside play a role layer that is when reflected on the surface of the optical stack, lowering its reflectivity. 低屈折率層としては、好ましくは1)シリカ、フッ化マグネシウム等の低屈折率粒子を含有する樹脂、2)低屈折率樹脂であるフッ素系樹脂、3)シリカ又はフッ化マグネシウムを含有するフッ素系樹脂、4)シリカ、フッ化マグネシウム等の低屈折率物質の薄膜等のいずれかで構成される。 The low refractive index layer, the fluorine preferably 1) containing silica, resins containing a low refractive index particles such as magnesium fluoride, 2) a fluorine-based resin is a low refractive index resin, 3) silica or magnesium fluoride system resin, 4) silica, and either a thin film or the like having a low refractive index material such as magnesium fluoride. フッ素系樹脂以外の樹脂については、上述した光学層を構成するバインダー樹脂と同様の樹脂を用いることができる。 The fluorine-based resin other than the resin, it is possible to use the same resin as the binder resin constituting the optical layer described above.
また、上述したシリカは、中空シリカ微粒子であることが好ましく、このような中空シリカ微粒子は、例えば、特開2005−099778号公報の実施例に記載の製造方法にて作製できる。 Further, the above-mentioned silica is preferably hollow silica fine particles, such hollow silica fine particles can be produced, for example, in the manufacturing method described in Examples of JP-A 2005-099778.
これらの低屈折率層は、その屈折率が1.45以下、特に1.42以下であることが好ましい。 These low refractive index layer has a refractive index of 1.45 or less, and particularly preferably 1.42 or less.
また、低屈折率層の厚みは限定されないが、通常は30nm〜1μm程度の範囲内から適宜設定すれば良い。 The thickness of the low refractive index layer is not limited, usually it may be appropriately set from a range of about 30Nm~1myuemu.
また、上記低屈折率層は単層で効果が得られるが、より低い最低反射率、あるいはより高い最低反射率を調整する目的で、低屈折率層を2層以上設けることも適宜可能である。 Further, the low refractive index layer is effective to obtain a single layer, for the purpose of adjusting the lower minimum reflectance, or a higher minimum reflectance, it is possible appropriately to a low refractive index layer provided two or more layers . 上記2層以上の低屈折率層を設ける場合、各々の低屈折率層の屈折率及び厚みに差異を設けることが好ましい。 When providing the two or more layers of a low refractive index layer, it is preferable to provide a difference in refractive index and thickness of each of the low refractive index layer.

上記フッ素系樹脂としては、少なくとも分子中にフッ素原子を含む重合性化合物又はその重合体を用いることができる。 The fluorine-based resin, a polymerizable compound or a polymer thereof containing fluorine atoms at least in a molecule. 重合性化合物としては特に限定されないが、例えば、電離放射線で硬化する官能基、熱硬化する極性基等の硬化反応性の基を有するものが好ましい。 No particular limitation is imposed on the polymerizable compound, for example, a functional group that is cured by ionizing radiation, those having a curing reactive groups such as polar groups that heat curing is preferred. また、これらの反応性の基を同時に併せ持つ化合物でもよい。 It may also be a compound having these reactive groups simultaneously. この重合性化合物に対し、重合体とは、上記のような反応性基などを一切もたないものである。 To this polymerizable compound and the polymer are those which do not have any such reactive groups as described above.

上記電離放射線で硬化する官能基を有する重合性化合物としては、エチレン性不飽和結合を有するフッ素含有モノマーを広く用いることができる。 The polymerizable compound having a functional group that is cured by the ionizing radiation, can be widely used a fluorine-containing monomer having an ethylenically unsaturated bond. より具体的には、フルオロオレフィン類(例えばフルオロエチレン、ビニリデンフルオライド、テトラフルオロエチレン、ヘキサフルオロプロピレン、パーフルオロブタジエン、パーフルオロ−2,2−ジメチル−1,3−ジオキソール等)を例示することができる。 More specifically, to illustrate the fluoroolefins (e.g., fluoroethylene, vinylidene fluoride, tetrafluoroethylene, hexafluoropropylene, perfluoro-butadiene, perfluoro-2,2-dimethyl-1,3-dioxol) can. (メタ)アクリロイルオキシ基を有するものとしては、2,2,2−トリフルオロエチル(メタ)アクリレート、2,2,3,3,3−ペンタフルオロプロピル(メタ)アクリレート、2−(パーフルオロブチル)エチル(メタ)アクリレート、2−(パーフルオロヘキシル)エチル(メタ)アクリレート、2−(パーフルオロオクチル)エチル(メタ)アクリレート、2−(パーフルオロデシル)エチル(メタ)アクリレート、α−トリフルオロメタクリル酸メチル、α−トリフルオロメタクリル酸エチルのような、分子中にフッ素原子を有する(メタ)アクリレート化合物;分子中に、フッ素原子を少なくとも3個持つ炭素数1〜14のフルオロアルキル基、フルオロシクロアルキル基又はフルオロアルキレン基と、少なくとも2個の(メ (Meth) acrylate as those having acryloyloxy group, 2,2,2-trifluoroethyl (meth) acrylate, 2,2,3,3,3-pentafluoro-propyl (meth) acrylate, 2- (perfluorobutyl ) ethyl (meth) acrylate, 2- (perfluorohexyl) ethyl (meth) acrylate, 2- (perfluorooctyl) ethyl (meth) acrylate, 2- (perfluoro decyl) ethyl (meth) acrylate, alpha-trifluoro methyl methacrylate, alpha-like trifluoroethyl methacrylate, having a fluorine atom in the molecule (meth) acrylate compound; in the molecule, at least three with a fluoroalkyl group having 1 to 14 carbon atoms and fluorine atoms, fluoro a cycloalkyl group or fluoroalkylene group, at least two (main タ)アクリロイルオキシ基とを有する含フッ素多官能(メタ)アクリル酸エステル化合物等もある。 Data) is also a fluorine-containing polyfunctional (meth) acrylic acid ester compound having an acryloyloxy group.

上記熱硬化する極性基として好ましいのは、例えば、水酸基、カルボキシル基、アミノ基、エポキシ基等の水素結合形成基である。 Preferred as polar groups that cure the heat, for example, a hydroxyl group, a carboxyl group, an amino group, a hydrogen bond forming groups such as epoxy groups. これらは、塗膜との密着性だけでなく、シリカ等の無機超微粒子との親和性にも優れている。 These are not only the adhesion to a coating film is also excellent in affinity with inorganic ultrafine particles such as silica. 熱硬化性極性基を持つ重合性化合物としては、例えば、4−フルオロエチレン−パーフルオロアルキルビニルエーテル共重合体;フルオロエチレン−炭化水素系ビニルエーテル共重合体;エポキシ、ポリウレタン、セルロース、フェノール、ポリイミド等の各樹脂のフッ素変性品等が挙げられる。 The polymerizable compound having a thermosetting polar group, e.g., 4-fluoroethylene - perfluoroalkyl vinyl ether copolymer; fluoroethylene - hydrocarbon vinyl ether copolymers, epoxy, polyurethane, cellulose, phenol, polyimide or the like fluorine modified products of the resins.
上記電離放射線で硬化する官能基と熱硬化する極性基とを併せ持つ重合性化合物としては、アクリル又はメタクリル酸の部分及び完全フッ素化アルキル、アルケニル、アリールエステル類、完全又は部分フッ素化ビニルエーテル類、完全又は部分フッ素化ビニルエステル類、完全又は部分フッ素化ビニルケトン類等を例示することができる。 The polymerizable compound having both a polar group to a functional group and a thermosetting cured at the ionizing radiation, the portion of the acrylic or methacrylic acid and fully fluorinated alkyl, alkenyl, aryl esters, fully or partially fluorinated vinyl ethers, fully or partially fluorinated vinyl esters, can be exemplified completely or partially fluorinated vinyl ketones.

また、フッ素系樹脂としては、例えば、次のようなものを挙げることができる。 As the fluorine-based resin, for example, it can be exemplified as follows.
上記電離放射線硬化性基を有する重合性化合物の含フッ素(メタ)アクリレート化合物を少なくとも1種類含むモノマー又はモノマー混合物の重合体;上記含フッ素(メタ)アクリレート化合物の少なくとも1種類と、メチル(メタ)アクリレート、エチル(メタ)アクリレート、プロピル(メタ)アクリレート、ブチル(メタ)アクリレート、2−エチルヘキシル(メタ)アクリレートの如き分子中にフッ素原子を含まない(メタ)アクリレート化合物との共重合体;フルオロエチレン、フッ化ビニリデン、トリフルオロエチレン、クロロトリフルオロエチレン、3,3,3−トリフルオロプロピレン、1,1,2−トリクロロ−3,3,3−トリフルオロプロピレン、ヘキサフルオロプロピレンのような含フッ素モノマーの単独重合体又 Polymer of the fluorine-containing (meth) acrylate compound containing at least one monomer or monomer mixture of the polymerizable compound having an ionizing radiation-curable group; and at least one of said fluorine-containing (meth) acrylate compound, methyl (meth) acrylate, ethyl (meth) acrylate, propyl (meth) acrylate, butyl (meth) acrylate, copolymers of 2-ethylhexyl (meth) not included in the molecule such as acrylate fluorine atom (meth) acrylate compound; fluoroethylene , vinylidene fluoride, trifluoroethylene, chlorotrifluoroethylene, 3,3,3-trifluoro-propylene, 1,1,2-trichloro-3,3,3-trifluoro-propylene, fluorinated such as hexafluoropropylene homopolymer of the monomer addition 共重合体など。 Copolymer such as. これらの共重合体にシリコーン成分を含有させたシリコーン含有フッ化ビニリデン共重合体も用いることができる。 These copolymers silicone-containing vinylidene fluoride was contained silicone component copolymer may also be used. この場合のシリコーン成分としては、(ポリ)ジメチルシロキサン、(ポリ)ジエチルシロキサン、(ポリ)ジフェニルシロキサン、(ポリ)メチルフェニルシロキサン、アルキル変性(ポリ)ジメチルシロキサン、アゾ基含有(ポリ)ジメチルシロキサン、ジメチルシリコーン、フェニルメチルシリコーン、アルキル・アラルキル変性シリコーン、フルオロシリコーン、ポリエーテル変性シリコーン、脂肪酸エステル変性シリコーン、メチル水素シリコーン、シラノール基含有シリコーン、アルコキシ基含有シリコーン、フェノール基含有シリコーン、メタクリル変性シリコーン、アクリル変性シリコーン、アミノ変性シリコーン、カルボン酸変性シリコーン、カルビノール変性シリコーン、エポキシ変性シリコーン、メルカプト変性シリ Examples of the silicone component of the case, (poly) dimethylsiloxane, (poly) diethyl siloxane, (poly) diphenylsiloxane, (poly) methylphenyl siloxane, alkyl-modified (poly) dimethylsiloxane, azo group-containing (poly) dimethylsiloxane, dimethyl silicone, phenylmethyl silicone, alkyl-aralkyl-modified silicones, fluorosilicone, polyether modified silicone, fatty acid ester-modified silicone, methyl hydrogen silicone, silanol group-containing silicone, alkoxy-containing silicone, phenol group-containing silicone, methacryl-modified silicone, acrylic modified silicones, amino-modified silicones, carboxylic acid-modified silicone, carbinol-modified silicone, epoxy-modified silicones, mercapto-modified silica ーン、フッ素変性シリコーン、ポリエーテル変性シリコーン等が例示される。 Over emissions, fluorine-modified silicones, polyether-modified silicone and the like. なかでも、ジメチルシロキサン構造を有するものが好ましい。 Among them, those having a dimethylsiloxane structure are preferable.

更には、以下のような化合物からなる非重合体又は重合体も、フッ素系樹脂として用いることができる。 Furthermore, non-polymeric or polymeric consisting of compounds such as the following can also be used as a fluorine-based resin. すなわち、分子中に少なくとも1個のイソシアナト基を有する含フッ素化合物と、アミノ基、ヒドロキシル基、カルボキシル基のようなイソシアナト基と反応する官能基を分子中に少なくとも1個有する化合物とを反応させて得られる化合物;フッ素含有ポリエーテルポリオール、フッ素含有アルキルポリオール、フッ素含有ポリエステルポリオール、フッ素含有ε−カプロラクトン変性ポリオールのようなフッ素含有ポリオールと、イソシアナト基を有する化合物とを反応させて得られる化合物等を用いることができる。 That is, the fluorine-containing compound having at least one isocyanate group in the molecule, an amino group, a hydroxyl group, and a functional group reactive with isocyanate groups, such as carboxyl groups is reacted with a compound having at least one in the molecule of the compound obtained; fluorine-containing polyether polyols, fluorine-containing alkyl polyols, fluorine-containing polyester polyol, a fluorine-containing polyols such as fluorine-containing ε- caprolactone modified polyol compound and a compound obtained by reacting a having a isocyanato group or the like it can be used.

また、上記したフッ素原子を持つ重合性化合物や重合体とともに、上記光学層に記載したような各バインダー樹脂を混合して使用することもできる。 Further, the polymerizable compound and a polymer having a fluorine atom as described above, can also be used in mixing the binder resin as described above the optical layer. 更に、反応性基等を硬化させるための硬化剤、塗工性を向上させたり、防汚性を付与させたりするために、各種添加剤、溶剤を適宜使用することができる。 Further, the curing agent for curing the reactive group or the like, or to improve the coatability, for or to impart antifouling property can be appropriately used various additives, solvents.

上記低屈折率層の形成においては、低屈折率剤及び樹脂等を添加してなる低屈折率層用組成物の粘度を好ましい塗布性が得られる0.5〜5mPa・s(25℃)、好ましくは0.7〜3mPa・s(25℃)の範囲のものとすることが好ましい。 In the above-described formation of the low refractive index layer, 0.5~5mPa · s (25 ℃) which preferably coatability viscosity of the low refractive index layer composition obtained by adding a low refractive index material and a resin or the like is obtained, preferably it is preferable to the range of 0.7~3mPa · s (25 ℃). 可視光線の優れた光学層を実現でき、かつ、均一で塗布ムラのない薄膜を形成することができ、かつ、密着性に特に優れた低屈折率層を形成することができる。 It can realize excellent optical layer of visible light, and can form a thin film with no uneven coating in a uniform, and can form a particularly excellent low-refractive index layer adhesion.

樹脂の硬化手段は、上述した光学層で説明したものと同様であってよい。 Curing means of the resin may be the same as those described for the optical layer described above. 硬化処理のために加熱手段が利用される場合には、加熱により、例えばラジカルを発生して重合性化合物の重合を開始させる熱重合開始剤がフッ素系樹脂組成物に添加されることが好ましい。 When the heating means for curing is used, heated by, for example, thermal polymerization initiator to initiate the polymerization of the radical was generated polymerizable compound it is preferable to be added to the fluorine-based resin composition.

低屈折率層の層厚(nm)d は、下記式(B): Layer thickness (nm) d A of the low refractive index layer, the following formula (B):
=mλ/(4n ) (B) d A = mλ / (4n A ) (B)
(上記式中、 (In the above formula,
は低屈折率層の屈折率を表し、 n A represents the refractive index of the low refractive index layer,
mは正の奇数を表し、好ましくは1を表し、 m represents a positive odd number, preferably 1,
λは波長であり、好ましくは480〜580nmの範囲の値である) λ is the wavelength, and preferably a value in the range of 480~580Nm)
を満たすものが好ましい。 It satisfies the preferred.

また、本発明にあっては、低屈折率層は下記式(C): Further, in the present invention, the low refractive index layer is represented by the following formula (C):
120<n <145 (C) 120 <n A d A <145 (C)
を満たすことが低反射率化の点で好ましい。 Be satisfied are preferable from the standpoint of reduction of reflectance.

本発明の液晶表示装置は、上述した構成を有するため、高輝度かつ広色域で表示画像にニジムラが生じることを極めて高度に抑制することができる。 The liquid crystal display device of the present invention has the structure described above, can be very highly inhibited that Nijimura occurs in the display image with high brightness and wide color gamut.

本発明の液晶表示装置の一例を模式的に示す断面図である。 An example of a liquid crystal display device of the present invention is a cross-sectional view schematically showing. 量子ドットを含有する光透過層を含むバックライト光源の一例を模式的に示す断面図である。 An example of a backlight light source including a light transmitting layer containing quantum dots is a cross-sectional view schematically showing. 透過像鮮明度の算出方法を説明する図である。 The method of calculating the transmission image clarity is a diagram illustrating a. 実施例及び比較例で使用した液晶表示装置のバックライトの発光スペクトルを示すグラフである。 Is a graph showing an emission spectrum of a backlight of a liquid crystal display device used in Examples and Comparative Examples.

本発明の内容を下記の実施例により説明するが、本発明の内容はこれらの実施態様に限定して解釈されるものではない。 The contents of the present invention is illustrated by the following Examples, but the contents of the present invention is not to be construed as being limited to these embodiments. 特別に断りの無い限り、「部」及び「%」は質量基準である。 Otherwise specifically noted, "parts" and "%" are based on mass.

<光学層用組成物の調製> <Preparation of optical layer composition>
まず、下記に示す組成となるように各成分を配合して、光学層用組成物を得た。 First, by blending each component having the composition shown below to obtain an optical layer composition.
(光学層用組成物) (Optical layer composition)
シリカ微粒子(オクチルシラン処理フュームドシリカ、平均一次粒子径12nm、日本アエロジル社製) 0.5質量部シリカ微粒子(メチルシラン処理フュームドシリカ、平均一次粒子径12nm、日本アエロジル社製) 0.2質量部ペンタエリスリトールテトラアクリレート(PETTA)(製品名「PETA」、ダイセル・サイテック社製) 50質量部ウレタンアクリレート(製品名「V−4000BA」、DIC社製) 50質量部重合開始剤(イルガキュア184、BASFジャパン社製) 5質量部ポリエーテル変性シリコーン(製品名「TSF4460」、モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズ社製) 0.025質量部トルエン 70質量部イソプロピルアルコール 40質量部シクロヘキサノン 40質量部 Silica fine particles (octyl silane treated fumed silica, an average primary particle size 12 nm, Nippon Aerosil Co., Ltd.) 0.5 parts by weight of silica fine particles (methylsilane processing fumed silica, an average primary particle diameter 12 nm, manufactured by Nippon Aerosil Co., Ltd.) 0.2 wt parts of pentaerythritol tetraacrylate (PETTA) (product name "PETA", manufactured by DAICEL-CYTEC Co., Ltd.) 50 parts by mass of urethane acrylate (product name "V-4000BA", manufactured by DIC Corporation) 50 parts by weight polymerization initiator (IRGACURE 184, BASF Japan Co., Ltd.) 5 parts by weight polyether-modified silicone (trade name "TSF4460", manufactured by Momentive performance Materials Co., Inc.) 0.025 parts by mass of toluene 70 parts by weight of isopropyl alcohol 40 parts of cyclohexanone 40 parts by weight

<低屈折率層用組成物の調製> <Preparation of composition for a low refractive index layer>
次に、下記に示す組成となるように各成分を配合して、低屈折率層用組成物を得た。 Then, by blending each component having the composition described below, was obtained composition for a low refractive index layer.

(低屈折率層用組成物) (Low refractive index layer composition)
中空シリカ微粒子(中空シリカ微粒子の固形分:20質量%、溶液:メチルイソブチルケトン、平均粒径:50nm) 40質量部ペンタエリスリトールトリアクリレート(PETA)(製品名:PETIA、ダイセル・サイテック社製) 10質量部重合開始剤(イルガキュア127;BASFジャパン社製) 0.35質量部変性シリコーンオイル(X22164E;信越化学工業社製) 0.5質量部メチルイソブチルケトン(MIBK) 320質量部プロピレングリコールモノメチルエーテルアセテート(PGMEA) 161質量部 Hollow silica fine particles (solid hollow silica fine particle content: 20 mass%, solution: methyl isobutyl ketone, an average particle diameter: 50 nm) 40 parts by mass of pentaerythritol triacrylate (PETA) (Product Name: PETIA, manufactured by Daicel-Cytec) 10 parts by polymerization initiator (Irgacure 127, manufactured by BASF Japan Ltd.) 0.35 parts by weight modified silicone oil (X22164E; manufactured by Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.) 0.5 parts by mass of methyl isobutyl ketone (MIBK) 320 parts by mass of propylene glycol monomethyl ether acetate (PGMEA) 161 parts by weight

(偏光板保護フィルム1の作製) (Preparation of polarizing plate protective film 1)
ポリエチレンテレフタレート材料を290℃で溶融して、フィルム形成ダイを通して、シート状に押出し、水冷冷却した回転急冷ドラム上に密着させて冷却し、未延伸フィルムを作製した。 Polyethylene terephthalate material was melted at 290 ° C., through a film formation die extrusion, in close contact on a rotating quench drum was water-cooled to cool into a sheet to prepare an unstretched film. この未延伸フィルムを二軸延伸試験装置(東洋精機製)にて、120℃にて1分間予熱した後、120℃にて、延伸倍率4.5倍に延伸した後、片側にポリエステル樹脂の水分散体を固形分で28.0質量部と水72.0質量部とからなるプライマー層用樹脂組成物を、ロールコーターにて均一に塗布した。 The unstretched film at biaxial stretching test apparatus (manufactured by Toyo Seiki), after preheating for 1 minute at 120 ° C., at 120 ° C., after stretching in draw ratio of 4.5 times, the water of the polyester resin on one side a primer layer resin composition dispersion with a solid content consisting of 28.0 parts by weight of water 72.0 parts by weight was uniformly coated by a roll coater. 次いで、この塗布フィルムを95℃で乾燥し、先の延伸方向とは90度の方向に延伸倍率1.5倍にて延伸を行い、Δn=0.10、膜厚=50μm、リタデーション=5000nmの偏光板保護フィルム1を得た。 Then, the coating film was dried at 95 ° C., and the extending direction of the previously performed stretching at stretching ratio 1.5 times in the direction of 90 degrees, [Delta] n = 0.10, thickness = 50 [mu] m, the retardation = 5000 nm to obtain a polarizing plate protective film 1.

(光学積層体1の作製) (Preparation of Optical laminate 1)
得られた偏光板保護フィルム1の片面に、光学層用組成物を塗布し、塗膜を形成した。 On one side of the polarizing plate protective film 1 obtained was coated optical layer composition to form a coating film.
次いで、形成した塗膜に対して、0.2m/sの流速で50℃の乾燥空気を15秒間流通させた後、更に10m/sの流速で70℃の乾燥空気を30秒間流通させて乾燥させることにより塗膜中の溶剤を蒸発させ、紫外線を窒素雰囲気(酸素濃度200ppm以下)下にて積算光量が50mJ/cm になるように照射して塗膜を硬化させることにより、4μm厚み(硬化時)の防眩性能を有する光学層を形成した。 Then, for forming the coating film, and after drying air flow 15 seconds 50 ° C. at a flow rate of 0.2 m / s, then further circulated for 30 seconds 70 ° C. in dry air at a flow rate of 10 m / s drying evaporate the solvent in the coating film by UV nitrogen atmosphere (oxygen concentration 200ppm or less) by the integrated quantity of light at the lower cures the coating film was irradiated so that 50 mJ / cm 2, 4 [mu] m thickness ( to form an optical layer having antiglare performance during curing).
次いで、光学層の表面に、低屈折率層用組成物を、乾燥後(40℃×1分)の膜厚が0.1μmとなるように塗布し、窒素雰囲気(酸素濃度200ppm以下)下にて、積算光量100mJ/cm で紫外線照射を行って硬化させて低屈折率層を形成して光学積層体1を作製した。 Then, the surface of the optical layer, a low refractive index layer composition, the film thickness after drying (40 ° C. × 1 min). The coating is 0.1 [mu] m, a nitrogen atmosphere (oxygen concentration 200ppm or less) under Te, to produce an optical laminate 1 to form a low refractive index layer is cured by performing UV irradiation at the integrated light quantity 100 mJ / cm 2.

(偏光板保護フィルム2及び光学積層体2の作製) (Preparation of polarizing plate protective film 2 and the optical laminate 2)
偏光板保護フィルム1と同様にして得られた未延伸フィルムの延伸倍率を調整して、Δn=0.10、膜厚=80μm、リタデーション=8000nmの偏光板保護フィルム2を作製した。 Adjust the draw ratio of the unstretched film was obtained in the same manner as the polarizing plate protective film 1, Δn = 0.10, thickness = 80 [mu] m, to prepare a polarizing plate protective film 2 retardation = 8000 nm.
得られた偏光板保護フィルム2を用いた以外は実施例1と同様にして光学層と低屈折率層とが形成された光学積層体2を作製した。 Obtained except for using the polarizing plate protective film 2 was prepared in Example 1 as optical stack 2 and the optical layer and the low refractive index layer is formed in the same manner.

(偏光板保護フィルム3及び光学積層体3の作製) (Preparation of polarizing plate protective film 3 and the optical stack 3)
偏光板保護フィルム1と同様にして得られた未延伸フィルムの延伸倍率を調整して、Δn=0.10、膜厚=100μm、リタデーション=10000nmの偏光板保護フィルム3を作製した。 Adjust the draw ratio of the unstretched film was obtained in the same manner as the polarizing plate protective film 1, Δn = 0.10, film thickness = 100 [mu] m, a polarizing plate protective film 3 of the retardation = 10000 nm produced.
得られた偏光板保護フィルム3を用いた以外は実施例1と同様にして光学層と低屈折率層とが形成された光学積層体3を作製した。 Obtained except that the polarizing plate protective film 3 was used to prepare Example 1 as optical stack 3 formed with optical layer and the low refractive index layer in the same manner.

(偏光板保護フィルム4及び光学積層体4の作製) (Preparation of polarizing plate protective film 4 and the optical stacked structure 4)
ポリエチレンナフタレート材料を290℃で溶融して、フィルム形成ダイを通して、シート状に押出し、水冷冷却した回転急冷ドラム上に密着させて冷却し、未延伸フィルムを作製した。 Polyethylene naphthalate material was melted at 290 ° C., through a film formation die extrusion, in close contact on a rotating quench drum was water-cooled to cool into a sheet to prepare an unstretched film. この未延伸フィルムを二軸延伸試験装置(東洋精機社製)にて、120℃にて1分間予熱した後、120℃にて、延伸倍率4.5倍に延伸した後、片側にポリエステル樹脂の水分散体を固形分で28.0質量部と水72.0質量部とからなるプライマー層用樹脂組成物を、ロールコーターにて均一に塗布した。 The unstretched film at biaxial stretching test apparatus (manufactured by Toyo Seiki Co.), was preheated for 1 minute at 120 ° C., at 120 ° C., after stretching in draw ratio of 4.5 times, the polyester resin on one side a primer layer resin composition aqueous dispersion with a solid content consisting of 28.0 parts by weight of water 72.0 parts by weight was uniformly coated by a roll coater. 次いで、この塗布フィルムを95℃で乾燥し、先の延伸方向とは90度の方向に延伸倍率1.5倍にて延伸を行い、Δn=0.21、膜厚58μm、リタデーション=12000nmの偏光板保護フィルム4を得た。 Then, the coating film was dried at 95 ° C., and the extending direction of the previously performed stretching at stretching ratio 1.5 times in the direction of 90 degrees, [Delta] n = 0.21, thickness 58 .mu.m, retardation = 12000 nm polarization to obtain a plate protective film 4.
得られた偏光板保護フィルム4を用いた以外は実施例1と同様にして光学層と低屈折率層とが形成された光学積層体4を作製した。 Obtained except for using the polarizing plate protective film 4 to produce an optical stacked structure 4 formed and the optical layer in the same manner as in Example 1 and the low refractive index layer.

(偏光板保護フィルム5及び光学積層体5の作製) (Preparation of polarizing plate protective film 5 and the optical laminate 5)
偏光板保護フィルム4と同様にして得られた未延伸フィルムの延伸倍率を調整して、Δn=0.21、膜厚72μm、リタデーション=15000nmの偏光板保護フィルム5を作製した。 Adjust the draw ratio of the unstretched film was obtained in the same manner as the polarizing plate protective film 4, Δn = 0.21, thickness 72 .mu.m, to produce a polarizing plate protective film 5 of the retardation = 15000 nm.
得られた偏光板保護フィルム5を用いた以外は実施例1と同様にして光学層と低屈折率層とが形成された光学積層体5を作製した。 Obtained except for using the polarizing plate protective film 5 to produce an optical laminate 5 and the optical layer and the low refractive index layer is formed in the same manner as in Example 1.

(液晶表示装置1) (Liquid crystal display device 1)
液晶表示装置1として、バックライトに蛍光体を使用した白色LEDを備えた液晶表示装置(FLATORON IPS226V(LG Electronics Japan社製))を用いた。 As the liquid crystal display device 1, a liquid crystal display device including a white LED using a phosphor backlight (FLATORON IPS226V (LG Electronics Japan Co., Ltd.)).

(液晶表示装置2) (Liquid crystal display device 2)
液晶表示装置2として、バックライトにQD光源を備えた液晶表示装置(Amazon社製、Kindle Fire HDX)を用いた。 As the liquid crystal display device 2, a liquid crystal display device (Amazon Inc., Kindle Fire HDX) having a QD light source for the backlight was used.

上述した光学積層体1〜5を、表1に示した関係で液晶表示装置1又は2に適用し、偏光保護フィルムの遅相軸と、該偏光板保護フィルム側の偏光板の吸収軸とのなす角度が表1に示した値となるようにすることで、実施例1〜5、比較例1〜15に係る液晶表示装置を得た。 The optical laminate 5 as described above, applied to a liquid crystal display device 1 or 2 in the relationship shown in Table 1, the slow axis of the polarizing protective film of the polarizing plate protective film side of the absorption axis of the polarizing plate Nasu angle by such a value as shown in Table 1, examples 1 to 5, to obtain a liquid crystal display device according to Comparative examples 1 to 15.

(ニジムラ評価) (Nijimura evaluation)
実施例及び比較例にて作製した液晶表示装置を、暗所及び明所(液晶モニター周辺照度400ルクス)にて、5人の人間が、正面及び斜め方向(約50度)から目視及び偏光サングラス越しに表示画像の観測を行い、ニジムラの有無を以下の基準に従い評価した。 The liquid crystal display device manufactured in the Examples and Comparative Examples, the dark and bright place (LCD monitor illuminance 400 lux), five human visual and polarization sunglasses from the front and oblique directions (about 50 degrees) better to make the observation of the displayed image was evaluated according to the following criteria: the presence or absence of Nijimura.
◎:ニジムラが観測されない。 ◎: Nijimura is not observed.
○:ニジムラが観測されるが、薄く、実使用上問題ないレベル。 ○: Although Nijimura is observed, thin, there is no problem in practical use level.
△:ニジムラが観測される。 △: Nijimura is observed.
×:ニジムラが強く観測される。 ×: Nijimura is strongly observed.

表1に示したように、実施例に係る液晶表示装置は、目視及び偏光サングラス越しのいずれでもニジムラが観察されなかった。 As shown in Table 1, the liquid crystal display device according to the embodiment, Nijimura was observed either visually and polarization sunglasses over.
これに対し、比較例1〜9に係る液晶表示装置では、比較例1及び比較例5に係る液晶表示装置のニジムラの評価に劣っていたが、それ以外の比較例ではニジムラの評価は実施例と同等であった。 In contrast, in the liquid crystal display device according to Comparative Example 1-9 was inferior in the evaluation of Nijimura the liquid crystal display device according to Comparative Example 1 and Comparative Example 5, Example evaluation Nijimura in the comparative examples other than it It was equivalent to. しかしながら、図4に示したように、比較例1〜9に係る液晶表示装置1のバックライト光源である蛍光体を使用したLEDの発光スペクトルは、実施例で使用した液晶表示装置2のバックライト光源であるQD光源の発光スペクトルと比較してピークが小さく半値全幅も広く、色純度が低いものであった。 However, as shown in FIG. 4, the emission spectrum of the LED using the phosphor is a backlight source of a liquid crystal display device 1 according to the comparative example 1-9, a back light of a liquid crystal display device 2 used in Example comparison peak small full width at half maximum and the emission spectrum of the QD light as a light source widely, color purity was low. なお、図4は、実施例及び比較例で使用した液晶表示装置の正面での発光スペクトルを、分光放射計SR−UL1R(トプコン社製)にて測定したグラフである。 Incidentally, FIG. 4 is a graph of the emission spectrum was measured with a spectroradiometer SR-UL1R (Topcon Co., Ltd.) in the front of the liquid crystal display device used in Examples and Comparative Examples.
また、比較例10〜14に係る液晶表示装置は、偏光板保護フィルムのリタデーション値が小さく、また、比較例15に係る液晶表示装置は、偏光板保護フィルムの遅相軸と偏光板の吸収軸とのなす角度が45°であったため、目視又は偏光サングラス越しの何れか又は両方の評価に劣っていた。 The liquid crystal display device according to Comparative Example 10 to 14, the retardation value of the polarizing plate protective film is small, also the liquid crystal display device according to Comparative Example 15, the absorption axis of the slow axis and the polarizer of the polarizing plate protective film angle between because was 45 °, were inferior in the evaluation of either or both of the visual or polarizing sunglasses over.
また、バックライトにQD光源を備えた液晶表示装置2を用いた実施例及び比較例10〜15では、いずれにおいても高輝度で高色域化を図ることができたが、バックライトに蛍光体を使用した白色LEDを備えた液晶表示装置1を用いた比較例1〜9では、液晶表示装置2を用いた実施例等と比較して高輝度で高色域化は図ることができなかった。 In Examples and Comparative Examples 10 to 15 using the liquid crystal display device 2 having a QD light source for the backlight, it was possible to achieve high color gamut in a high luminance in either case, the phosphor in the backlight in Comparative examples 1-9 using the liquid crystal display device 1 provided with a white LED using a high color gamut with high luminance as compared with examples and the like using the liquid crystal display device 2 could not be achieved .

本発明の液晶表示装置は、上述した構成からなるため、高輝度かつ広色域で表示画像にニジムラが生じることを極めて高度に抑制することができる。 The liquid crystal display device of the present invention, since having the structure described above, can be very highly inhibited that Nijimura occurs in the display image with high brightness and wide color gamut.

10 液晶表示装置11 液晶セル12 カラーフィルター13 偏光板14 偏光板保護フィルム20 光源部21 フレーム22 青色LED 10 liquid crystal display device 11 liquid crystal cell 12 color filter 13 polarizing plate 14 polarizer protective film 20 light source section 21 the frame 22 blue LED
100 透過像鮮明度測定装置101 光源102 スリット103、104 レンズ105 光学くし106 受光器107 光学積層体200 光透過層210 バインダー樹脂220 赤色量子ドット230 緑色量子ドット 100 transmission image clarity measuring apparatus 101 light source 102 slits 103, 104 lens 105 the optical comb 106 photodetector 107 optical stack 200 light-transmitting layer 210 binder resin 220 red quantum dots 230 green quantum dots

Claims (13)

  1. バックライト光源、液晶セル、カラーフィルター、偏光板及び偏光板保護フィルムがこの順序で配置された構成を有する液晶表示装置であって、 A liquid crystal display device comprising a backlight source, a liquid crystal cell, the color filter, a configuration in which a polarizing plate and polarizing plate protective film are arranged in this order,
    前記バックライト光源は、量子ドットを含有する光透過層を含み、 The backlight source includes a light transmitting layer containing quantum dots,
    前記偏光板保護フィルムは、 膜厚が20〜72μmの範囲内で、 12000nm以上のリタデーションを有するものであり、かつ、前記偏光板の吸収軸と前記偏光板保護フィルムの遅相軸とのなす角度が、0°±10°又は90°±10°となるように配設されていることを特徴とする液晶表示装置。 The polarizing plate protective film has a thickness in the range of 20~72Myuemu, are those having the above retardation 12000 nm, and the angle between the slow axis of the polarizing plate protective film and the absorption axis of the polarizing plate There, a liquid crystal display apparatus characterized by being arranged such that 0 ° ± 10 ° or 90 ° ± 10 °.
  2. 偏光板保護フィルムは、面内において最も屈折率が大きい方向である遅相軸方向の屈折率(nx)と、前記遅相軸方向と直交する方向である進相軸方向の屈折率(ny)との差(nx−ny)が、0.05以上である請求項1記載の液晶表示装置。 Polarizing plate protective film, the slow axis direction of the refractive index is the most direction refractive index is larger in the plane and (nx), the slow axis direction and a fast axis direction of the refractive index which is a direction orthogonal (ny) the difference between the (nx-ny) is a liquid crystal display device according to claim 1, wherein 0.05 or more.
  3. 偏光板保護フィルムは、ポリエステル系樹脂、ポリオレフィン系樹脂、(メタ)アクリル系樹脂、ポリウレタン系樹脂、ポリエーテルサルホン系樹脂、ポリカーボネート系樹脂、ポリスルホン系樹脂、ポリエーテル系樹脂、ポリエーテルケトン系樹脂、(メタ)アクロニトリル系樹脂、及び、シクロオレフィン系樹脂からなる群より選択されるいずれか1種の材料からなる請求項1又は2記載の液晶表示装置。 Polarizing plate protective film, a polyester resin, a polyolefin resin, (meth) acrylic resins, polyurethane resins, polyether sulfone resins, polycarbonate resins, polysulfone resins, polyether resins, polyether ketone resins , (meth) acrylonitrile resins, and liquid crystal display device according to claim 1 or 2, wherein consists of either one material selected from the group consisting of cycloolefin resin.
  4. 偏光板保護フィルムの偏光板側と反対側面上に、表面に凹凸形状を有する光学層が積層されており、前記偏光板保護フィルムと前記光学層とを有する光学積層体は、全ヘイズ値が0%以上5%以下であり、内部ヘイズ値が0%以上5%以下であり、0.125mm幅の光学くしを用いて測定される透過像鮮明度をC(0.125)とし、0.25mm幅の光学くしを用いて測定される透過像鮮明度をC(0.25)としたとき、下記式(1)及び式(2)を満たす請求項1、2又は3記載の液晶表示装置。 Over the polarizing plate side opposite to the side surface of the polarizing plate protective film, the surface is optically layer laminate having an irregular shape, the optical laminate having a said optical layer the polarizing plate protective film, total haze value is 0 % and not more than 5%, the internal haze value is 5% or less than 0%, the transmission image clarity and C (0.125) as measured using an optical comb of 0.125mm wide, 0.25 mm when the transmission image clarity measured using an optical comb width is C (0.25), the following equation (1) and the liquid crystal display device according to claim 1, wherein satisfying the equation (2).
    C(0.25)−C(0.125)≧2% (1) C (0.25) -C (0.125) ≧ 2% (1)
    C(0.125)≧65% (2) C (0.125) ≧ 65% (2)
  5. 偏光板保護フィルムの偏光板側と反対側面上に、表面に凹凸形状を有する光学層が積層されており、前記偏光板保護フィルムと前記光学層とを有する光学積層体は、全ヘイズ値が0%以上5%以下であり、内部ヘイズ値が0%以上5%以下であり、長波長カットオフ波長を100μmとしたときの前記光学積層体の表面の算術平均粗さをRa(100)[μm]とし、短波長カットオフ波長を100μmとし、かつ、長波長カットオフ波長を1000μmとしたときの前記光学積層体の表面の算術平均粗さをRa(100−1000)[μm]としたとき、下記式(3)及び式(4)を満たす請求項1、2又は3記載の液晶表示装置。 Over the polarizing plate side opposite to the side surface of the polarizing plate protective film, the surface is optically layer laminate having an irregular shape, the optical laminate having a said optical layer the polarizing plate protective film, total haze value is 0 % and not more than 5%, the internal haze value is 5% or less than 0%, the Ra (100) an arithmetic average roughness of the surface of the optical stack [[mu] m when formed into a 100μm long wavelength cut-off wavelength and, a short wavelength cutoff wavelength is 100 [mu] m, and, when the arithmetic average roughness of the surface of the optical stack when formed into a 1000μm long wavelength cut-off wavelength is Ra (100-1000) [μm], formula (3) and a liquid crystal display device according to claim 1, wherein satisfying the equation (4).
    Ra(100)/Ra(100−1000)≦0.5 (3) Ra (100) / Ra (100-1000) ≦ 0.5 (3)
    0.04μm≦Ra(100−1000)≦0.12μm (4) 0.04μm ≦ Ra (100-1000) ≦ 0.12μm (4)
  6. Ra(100)が下記式(5)を満たす請求項5記載の液晶表示装置。 Ra (100) is a liquid crystal display device according to claim 5, wherein satisfies the following equation (5).
    Ra(100)≦0.03μm (5) Ra (100) ≦ 0.03μm (5)
  7. 光学層の凹凸面が光学積層体の表面となっている、請求項4、5又は6記載の液晶表示装置。 Irregular surface of the optical layer has a surface of the optical stack, the liquid crystal display device according to claim 4, 5 or 6, wherein.
  8. 光学層上に設けられた機能層を更に備え、前記機能層の表面が前記光学積層体の表面となっている請求項4、5又は6記載の液晶表示装置。 Further comprising a functional layer provided on the optical layer, the liquid crystal display device according to claim 4, 5 or 6 wherein the surface of said functional layer is a surface of the optical stack.
  9. 光学層は、バインダー樹脂と微粒子とを含む請求項4、5、6、7又は8記載の液晶表示装置。 Optical layer, the liquid crystal display device according to claim 4, 5, 6, 7 or 8, wherein comprising a binder resin and fine particles.
  10. 微粒子は、無機酸化物微粒子である請求項9記載の液晶表示装置。 Microparticles, the liquid crystal display device according to claim 9, wherein the inorganic oxide fine particles.
  11. 無機酸化物微粒子の平均一次粒径が1nm以上100nm以下である請求項10記載の液晶表示装置。 The liquid crystal display device according to claim 10, wherein the average primary particle diameter of the inorganic oxide fine particles is 1nm or more 100nm or less.
  12. 無機酸化物微粒子は、表面が疎水化処理された無機酸化物微粒子である請求項10又は11記載の液晶表示装置。 Inorganic oxide fine particles, the surface liquid crystal display device according to claim 10 or 11 wherein the inorganic oxide fine particles having been hydrophobic-treated.
  13. 光学積層体は、全ヘイズ値が0%以上1%以下であり、内部ヘイズ値が実質的に0%である請求項4、5、6、7、8、9、10、11又は12記載の液晶表示装置。 Optical stack, the total haze value is less than 1% 0% internal haze value is substantially of claim 4,5,6,7,8,9,10,11 or 12, wherein 0% The liquid crystal display device.
JP2015041705A 2015-03-03 2015-03-03 The liquid crystal display device Active JP6256385B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2015041705A JP6256385B2 (en) 2015-03-03 2015-03-03 The liquid crystal display device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2015041705A JP6256385B2 (en) 2015-03-03 2015-03-03 The liquid crystal display device

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2016161833A JP2016161833A (en) 2016-09-05
JP6256385B2 true JP6256385B2 (en) 2018-01-10

Family

ID=56846824

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2015041705A Active JP6256385B2 (en) 2015-03-03 2015-03-03 The liquid crystal display device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6256385B2 (en)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN107357080A (en) * 2017-08-30 2017-11-17 京东方科技集团股份有限公司 Colorful diaphragm, manufacturing method for colorful diaphragm and colorful film substrate

Family Cites Families (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101562022B1 (en) * 2009-02-02 2015-10-21 삼성디스플레이 주식회사 A light emitting diode unit, a display device and a light emitting diode unit comprising the same production method
CN103033984B (en) * 2011-09-30 2015-04-08 大日本印刷株式会社 Liquid crystal display device and polarizer protective film
JP5885447B2 (en) * 2011-09-30 2016-03-15 大日本印刷株式会社 Laminate and a polarizer protective film
JP6064406B2 (en) * 2012-07-26 2017-01-25 大日本印刷株式会社 Optical laminate, a polarizing plate and an image display device
WO2014123724A1 (en) * 2013-02-08 2014-08-14 3M Innovative Properties Company High color gamut quantum dot display
CN103235447B (en) * 2013-03-25 2016-01-06 京东方科技集团股份有限公司 The optical compensation film, a polarizing plate and optical compensation liquid crystal display device
JP5976602B2 (en) * 2013-07-19 2016-08-23 大日本印刷株式会社 Antiglare film, a polarizing plate, a liquid crystal panel, and an image display device
JP6324683B2 (en) * 2013-08-09 2018-05-16 日亜化学工業株式会社 Direct type light source apparatus
JP6106047B2 (en) * 2013-08-12 2017-03-29 富士フイルム株式会社 Optical film, polarizing plate and liquid crystal display device

Also Published As

Publication number Publication date
JP2016161833A (en) 2016-09-05

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8163393B2 (en) Anti-dazzling optical laminate
JP5252811B2 (en) Antiglare hard coat film, polarizing plate and image display device
KR101241991B1 (en) Antiglare laminate
JP5359137B2 (en) Optical stack, a method of manufacturing the same, a polarizing plate and an image display device
CN102356334B (en) Light diffusing element, polarizing plate with light diffusing element, liquid crystal display using both, and manufacturing method for light diffusing element
JP5601297B2 (en) Protective film
CN101650447B (en) A method of manufacturing an optical film, an antiglare film, a polarizer with an optical layer, and a display device
CN101341427B (en) Anti-dazzling optical laminate
US7968177B2 (en) Anti-glare optical multilayer body
JP5175672B2 (en) Antiglare Film, Antireflection Film, polarizing plate and image display device
JP5169215B2 (en) Protective film for polarizing plate
CN101779146B (en) Optical film and manufacturing method therefor, anti-glare film, polarizing element with optical layer, and display device
JP4271922B2 (en) Antiglare antireflection film, a polarizing plate, a liquid crystal display device and a manufacturing method of the antiglare and antireflection film using the same
JP2007334064A (en) Antidazzle hard coat film, and polarizing plate and image display apparatus using the same
JP3507344B2 (en) Antiglare film, a polarizer and a transmissive display device
US8081385B2 (en) Antiglare film, method for manufacturing antiglare film, polarizer, and display device
JP4145332B2 (en) Hard coat film, a method of manufacturing a hard coat film, an optical element and an image display device
US8215780B2 (en) Hard-coated antiglare film, and polarizing plate and image display including the same
JP5447612B2 (en) Method for manufacturing a protective film for a polarizing plate
US8795823B2 (en) Optical layered body, polarizer and image display device
CN100480737C (en) Reflection preventing laminated body and optical member
JP2007293303A (en) Light-scattering film, polarizing plate and image display
JP5531509B2 (en) Optical laminate, a polarizing plate and an image display device
WO2007061027A1 (en) Polarizing plate with optical compensation layer and image display device using the same
JP5186237B2 (en) Optical film, and a polarizing plate and a liquid crystal display device using the optical film

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20170425

A871 Explanation of circumstances concerning accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A871

Effective date: 20170425

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20170804

A975 Report on accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971005

Effective date: 20170814

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20170822

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20171023

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20171107

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20171120

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6256385

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150