JP6248613B2 - 車両下部構造 - Google Patents

車両下部構造 Download PDF

Info

Publication number
JP6248613B2
JP6248613B2 JP2013266058A JP2013266058A JP6248613B2 JP 6248613 B2 JP6248613 B2 JP 6248613B2 JP 2013266058 A JP2013266058 A JP 2013266058A JP 2013266058 A JP2013266058 A JP 2013266058A JP 6248613 B2 JP6248613 B2 JP 6248613B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
vehicle
opening
tunnel
floor
air
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2013266058A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2015120451A (ja
JP2015120451A5 (ja
Inventor
杵島 史彦
史彦 杵島
Original Assignee
トヨタ自動車株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by トヨタ自動車株式会社 filed Critical トヨタ自動車株式会社
Priority to JP2013266058A priority Critical patent/JP6248613B2/ja
Publication of JP2015120451A publication Critical patent/JP2015120451A/ja
Publication of JP2015120451A5 publication Critical patent/JP2015120451A5/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6248613B2 publication Critical patent/JP6248613B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Description

本発明は、車両下部構造に関する。
車両下部を車両前端から車両後端まで覆うフロアカバーが開示されている(特許文献1参照)。
実開昭58−153175号公報
フロントグリル等、車両の前部から車両内側に取り入れられた空気は、エンジンルームを通過し、車両のフロアのトンネル部へと流れる。しかしながら、トンネル部の車両下側はフロアカバーで覆われていて開口がないため、トンネル部の空気の流れが停滞し易い。
本発明は、上記の事実を考慮し、フロアカバーで覆われたトンネル部における空気の流れの停滞を抑制することを目的とする。
請求項1に係る車両下部構造は、車両下部に設けられるフロアと、前記フロアの車幅方向中央位置に設けられ、車両前部に設けられた開口部と連通したトンネル部と、前記トンネル部の前端から後端までを含む前記フロアを車両下側から覆い、かつ前記トンネル部の車両下側に開口を有するフロアカバーと、を備え、前記開口として、前記トンネル部内の車両後方側に向けて開口する吸込みダクトと、前記フロアカバーの車両後側に形成され車両外側に開放された後開口部と、前記吸込みダクトよりも車両後方かつ前記後開口部よりも車両前方に形成され前記トンネル部内の車両前方側に向けて開口し前記トンネル部内の空気を車両外側へ排出する前開口部とを有している。
この車両下部構造によれば、車両前部の開口部から車両内側に取り入れられた空気が、フロアカバーで覆われたトンネル部内を流れる際に、該フロアカバーの開口から車両外側へ排出される。これにより、トンネル部内の圧力が低くなるため、車両前部の開口部から車両内側に取り入れられた空気がトンネル部へ流れ易くなる。このため、フロアカバーで覆われたトンネル部における空気の流れの停滞を抑制することができる。
請求項に記載の発明は、請求項に記載の車両下部構造において、前記吸込みダクトが、車両後方上側へ傾斜するガイド部を有している。
請求項に記載の発明は、請求項1又は請求項2に記載の車両下部構造において、前記前開口部がガイド部を有し、前記ガイド部は、車両前方下向きに凸の湾曲形状とされ、前記トンネル部内に配置されている。
本発明によれば、フロアカバーで覆われたトンネル部における空気の流れの停滞を抑制することができる。
車両下部構造を示す面図である。 (A)車両下部構造における空気の流れを示す、図1における2A−2A矢視拡大断面図である。(B)フロアカバーにおける吸込みダクト及び部品逃げ穴を示す、図1における2B−2B矢視拡大断面図である。 フロアカバーの吸込みダクト、部品逃げ穴、第1前開口部、第2前開口部及び後開口部を通じた空気の流れを示す斜視図である。 変形例に係り、フロアカバーの開口を通じた空気の流れを示す斜視図である。
以下、本発明に係る実施の形態について、図面を基に詳細に説明する。なお、説明の便宜上、各図において適宜示す矢印UPを車両上方向、矢印FRを車両前方向、矢印RHを車両右方向、矢印LHを車両左方向、矢印Wを車幅方向とする。
図1において、本実施形態に係る車両下部構造10は、フロア12と、トンネル部14(図2)と、フロアカバー16と、を有している。
フロア12は、車両下部に設けられる、例えばフロアパネルである。このフロア12は、車両のボディの一部を構成している。
トンネル部14は、フロア12の車幅方向中央位置に設けられ、車両下向きに凹状に形成され、車両前後方向に延びている。このトンネル部14は、車両前部に設けられた開口部18と連通している。開口部18は、図示しないグリル等の空気取入れ口である。
フロアカバー16は、トンネル部14の前端から後端までを含むフロア12を車両下側から覆っており、フロア12又は他の部位に対して、ボルト及びナットの締結や、クリップ留め(何れも図示せず)等により取り付けられている。このフロアカバー16は、トンネル部14の車両下側に、開口の一例たる部品逃げ穴20、吸込みダクト22、第1前開口部31、第2前開口部32、及び後開口部34を有している。
図2に示されるように、部品逃げ穴20は、排気系部品26との干渉や、排気系部品26の熱の影響を避けるために形成されている。排気系部品26とは、排気管、触媒コンバーター等である。この部品逃げ穴20は、フロアカバー16の車幅方向の中心に対して、左右対称に一対設けられている。各々の部品逃げ穴20は、例えば略矩形に形成されている。
吸込みダクト22は、部品逃げ穴20の車幅方向外側に隣接して形成され、トンネル部14内の車両後方側に向けて開口している。吸込みダクト22の車幅方向の幅は、車両後方へ向かって広がっている。また、吸込みダクト22はガイド部24を有している。このガイド部24は、車両後方上側へ傾斜し、水平方向と成す角度が車両前方側から後方側へ向かって大きくなるR状とされている。
第2前開口部32は、第1前開口部31の車両後側に隣接して配置されている。第1前開口部31及び第2前開口部32は、車幅方向の中心に対して、左右対称に2つずつ設けられている。2つの第1前開口部31は、車幅方向に互いに離間している。同様に、2つの第2前開口部32は、車幅方向に互いに離間している。
第1前開口部31はガイド部41を有し、第2前開口部32はガイド部42を有している。ガイド部41,42は、R状に湾曲する板状とされ、R状の凸面側が前方下向きになるようにトンネル部14内に配置されている。ガイド部41,42は、車両後方下側へ傾斜し、水平方向と成す角度が車両前方側から後方側へ向かって小さくなるR状とされている。
ガイド部41,42の車両前側には、トンネル部14内に開口する流入口51,52が形成されている。トンネル部14から流入口51,52へ流入した空気は、ガイド部41,42の下面に沿って流れて、第1前開口部31及び第2前開口部32から車両外側へ排出されるようになっている。
フロアカバー16の車両後側は、後開口部34となっている。この後開口部34は、車両外側に開放されており、トンネル部14内のガイド部42の上面に沿って流れる気流が、後開口部34から車外へ排出されるようになっている。
この他、フロアカバー16には、小開口部36、第1前開口部61、第2前開口部62が形成されている。小開口部36は、例えば第1開口部31を車幅方向に狭くした構造であり、フロアカバー16の車幅方向の両端部に、夫々車両前後方向に直列に複数配置されている。第1前開口部61及び第2前開口部62は、エンジンルーム(図示せず)の車両下方に配置されている。この第1前開口部61及び第2前開口部62は、第1前開口部31、第2前開口部32よりも車幅方向及び車両前後方向に大きく形成されている。エンジンルーム28内から車両下方に流れる空気の一部は、第1前開口部61及び第2前開口部62を通じて車外へ排出されるようになっている。
車両の下部前側には、前アンダーカバー28が配設されている。前アンダーカバー28は、車両のエンジンルーム(不図示)下側を覆うように車両の前端から前輪11の後側まで延出され、車両の底面を形成している。
(作用)
本実施形態は上記のように構成されており、以下その作用について説明する。図2,図3において、本実施形態に係る車両下部構造10では、車両前部の開口部18から車両内側に空気が取り入れられ、フロアカバー16で覆われたトンネル部14内を流れる。この際、この空気は、フロアカバー16の開口(第1前開口部31、第2前開口部32、後開口部34等)から車両外側へ排出される。これにより、トンネル部14内の圧力が低くなるため、車両前部の開口部18から車両内側に取り入れられた空気がトンネル部14へ流れ易くなる。このため、フロアカバー16で覆われたトンネル部14における空気の流れの停滞を抑制することができる。
具体的には、図2に示されるように、車両走行時におけるフロア12の車両下側の空気は、車両床下に沿って後方へ流れる(気流A1)。トンネル部14内を流れる空気は、ガイド部41,42により車両後方下側へ向かい、気流A4、A5、A6に分かれて、第1前開口部31、第2前開口部32及び後開口部34から各々排出される。したがって、気流A1、A4、A5、A6をスムーズに合流させることができる。このため、気流A1の乱れを抑制できる。
また、図3に示されるように、本実施形態では、部品逃げ穴20に隣接した吸込みダクト22を通じて、フロア12の車両下側の空気をトンネル部14内に取り込むことができる(気流A2)。気流A2により生ずる負圧により、部品逃げ穴20からの空気の吹出しを抑制し、該部品逃げ穴20からも空気を取り込むことができる(気流A3)。このため、気流A1の乱れを抑制できる。また、気流A2,A3により、車外の比較的冷たい空気を排気系部品26に当てることができるので、該排気系部品26の冷却効率が向上する。
部品逃げ穴20及び吸込みダクト22の車両後方には、第1前開口部31、第2前開口部32及び後開口部34が配置されているので、部品逃げ穴20及び吸込みダクト22から取り込まれた気流A2,A3を、第1前開口部31、第2前開口部32及び後開口部34から気流A4、A5、A6として速やかに排出することができる。
なお、フロアカバー16に設けられた他の開口部(小開口部36、第1前開口部61、第2前開口部62)からも、車外への空気の排出を行うことができる。
[他の実施形態]
上記実施形態では、部品逃げ穴20と吸込みダクト22とが車幅方向に隣接するものとしたが、図4に示されるように、吸込みダクト22を設け、部品逃げ穴を設けない構成としてもよい。
また、第2前開口部32がフロアカバー16の後端に設けられるものとしたが、第2前開口部32がより車両前方側に設けられ、後開口部34と第2前開口部32とが車両前後方向に離間していてもよい。
更に、第1前開口部31及び第2前開口部32のうち、何れかを省略してもよい。
10 車両下部構造
12 フロア
14 トンネル部
16 フロアカバー
18 開口部
20 部品逃げ穴(開口)
22 吸込みダクト(開口)
24 ガイド部
31 第1前開口部(開口)
32 第2前開口部(開口)
34 後開口部(開口)
41 ガイド部
42 ガイド部

Claims (3)

  1. 車両下部に設けられるフロアと、
    前記フロアの車幅方向中央位置に設けられ、車両前部に設けられた開口部と連通したトンネル部と、
    前記トンネル部の前端から後端までを含む前記フロアを車両下側から覆い、かつ前記トンネル部の車両下側に開口を有するフロアカバーと、を備え
    前記開口として、前記トンネル部内の車両後方側に向けて開口する吸込みダクトと、前記フロアカバーの車両後側に形成され車両外側に開放された後開口部と、前記吸込みダクトよりも車両後方かつ前記後開口部よりも車両前方に形成され前記トンネル部内の車両前方側に向けて開口し前記トンネル部内の空気を車両外側へ排出する前開口部とを有する車両下部構造。
  2. 前記吸込みダクトは、車両後方上側へ傾斜するガイド部を有している請求項に記載の車両下部構造。
  3. 前記前開口部は、ガイド部を有し、
    前記ガイド部は、車両前方下向きに凸の湾曲形状とされ、前記トンネル部内に配置されている請求項1又は請求項2に記載の車両下部構造。
JP2013266058A 2013-12-24 2013-12-24 車両下部構造 Active JP6248613B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013266058A JP6248613B2 (ja) 2013-12-24 2013-12-24 車両下部構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013266058A JP6248613B2 (ja) 2013-12-24 2013-12-24 車両下部構造

Publications (3)

Publication Number Publication Date
JP2015120451A JP2015120451A (ja) 2015-07-02
JP2015120451A5 JP2015120451A5 (ja) 2016-04-28
JP6248613B2 true JP6248613B2 (ja) 2017-12-20

Family

ID=53532512

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2013266058A Active JP6248613B2 (ja) 2013-12-24 2013-12-24 車両下部構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6248613B2 (ja)

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE102015220922A1 (de) * 2015-10-27 2017-04-27 Bayerische Motoren Werke Aktiengesellschaft Wärmeabführvorrichtung für einen Getriebetunnel eines Kraftfahrzeuges
JP2018058383A (ja) * 2016-09-30 2018-04-12 トヨタ自動車株式会社 車両下部構造
JP6465140B2 (ja) * 2017-03-28 2019-02-06 マツダ株式会社 車両の下部車体構造

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5938176U (ja) * 1982-09-06 1984-03-10
JPH07215074A (ja) * 1994-02-07 1995-08-15 Toyota Motor Corp 車両用アンダーカバー装置
JP5482510B2 (ja) * 2010-06-30 2014-05-07 マツダ株式会社 車両のアンダフロア構造

Also Published As

Publication number Publication date
JP2015120451A (ja) 2015-07-02

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20130180789A1 (en) Front end structure for vehicle
JP5983568B2 (ja) 車両下部構造
JP5858033B2 (ja) 車両下部構造
JP5768930B2 (ja) エアガイド構造
US8763738B2 (en) Front end structure for vehicle
JP6248613B2 (ja) 車両下部構造
US20190072023A1 (en) Bottom cover and cooling duct
JP4563869B2 (ja) 自動車の吸気構造
JP6549642B2 (ja) 車両の吸気構造
JP2014069772A5 (ja)
JP2010228711A (ja) 車両の前部車体構造
JP2007099182A (ja) フード構造
JP2016055751A (ja) 車両のアンダカバー構造
JP6378996B2 (ja) 車両構造
JP2010254023A (ja) 車両の空気抵抗低減構造
JP6504140B2 (ja) 車両用冷却装置
JP6355159B2 (ja) 車両前部構造
JP6702167B2 (ja) 車両のアンダーカバー構造
JP2018196235A (ja) 外装部材
CN107856619B (zh) 车辆用车身底罩结构
JP6643766B2 (ja) 自動車用ボンネットの構造
JP2010241367A (ja) 車両の空気抵抗低減構造
JP2005171792A (ja) 自動車の排気系の遮熱板
US10363967B2 (en) Front side member
JP2015190443A (ja) 車両用内燃機関の排気マニホールド用遮熱カバー

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20160309

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20161013

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20170627

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20170629

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20170825

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20171024

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20171106

R151 Written notification of patent or utility model registration

Ref document number: 6248613

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R151