JP6243960B2 - Game machine - Google Patents

Game machine Download PDF

Info

Publication number
JP6243960B2
JP6243960B2 JP2016088599A JP2016088599A JP6243960B2 JP 6243960 B2 JP6243960 B2 JP 6243960B2 JP 2016088599 A JP2016088599 A JP 2016088599A JP 2016088599 A JP2016088599 A JP 2016088599A JP 6243960 B2 JP6243960 B2 JP 6243960B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
time
determined
game
jackpot
determination
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2016088599A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2016135340A (en
Inventor
将平 丸子
将平 丸子
Original Assignee
京楽産業.株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 京楽産業.株式会社 filed Critical 京楽産業.株式会社
Priority to JP2016088599A priority Critical patent/JP6243960B2/en
Publication of JP2016135340A publication Critical patent/JP2016135340A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP6243960B2 publication Critical patent/JP6243960B2/en
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Description

本発明は、ソレノイドにより開閉駆動される開閉部材を備えた遊技機に関する。   The present invention relates to a gaming machine including an opening / closing member that is driven to open and close by a solenoid.
ソレノイドにより開閉駆動される各種の開閉部材(主に役物)を備えた遊技機が数多く提供されている。開閉駆動される役物の1つとして、入賞口を開閉する電動チューリップがある。電動チューリップは、一般に、当該電動チューリップ駆動用のソレノイドへ通電が行われると開動作し、ソレノイドへの通電が停止されると閉動作する(例えば、特許文献1参照。)。   Many gaming machines provided with various opening / closing members (mainly accessories) driven to open / close by a solenoid are provided. There is an electric tulip that opens and closes a prize opening as one of the objects that are opened and closed. In general, the electric tulip is opened when the solenoid for driving the electric tulip is energized and closed when the energization of the solenoid is stopped (for example, refer to Patent Document 1).
特開2011−87860号公報JP 2011-87860 A
ソレノイドは、通電を行うと発熱する。そのため、ソレノイドを通電駆動する際には、一般に、一定時間(オン時間)電圧を印加してソレノイドへの通電を行った後、電圧印加を停止してソレノイドを冷却するための冷却時間(オフ時間)を設ける必要がある。   The solenoid generates heat when energized. For this reason, when energizing the solenoid, generally, a voltage is applied for a certain time (on time) to energize the solenoid, and then the cooling time (off time) for cooling the solenoid by stopping the voltage application. ) Must be provided.
ソレノイドには、通常、オン時間とオフ時間との比(以下「デューティ比」ともいう)の上限が定められており、その上限を超えるような通電を行うとソレノイドが過熱して不具合(例えば焼損)するおそれがある。   Normally, the upper limit of the ratio between the on time and the off time (hereinafter also referred to as “duty ratio”) is set for the solenoid. If energization exceeding the upper limit is performed, the solenoid will overheat and malfunction (for example, burnout) )
そのため、例えば電動チューリップを繰り返し連続的に開閉させる場合に、開放時間をできるだけ長く設定して逆に閉じている時間を短く設定しようとしても、デューティ比の上限によって制約を受けることがあった。   Therefore, for example, when the electric tulips are repeatedly opened and closed repeatedly, even if an attempt is made to set the opening time as long as possible and conversely set the closing time to be short, there are cases where the upper limit of the duty ratio is limited.
本発明は上記課題に鑑みなされたものであり、ソレノイドの温度上昇を抑えつつ、開閉部材の連続的な開閉動作を多様に実現できるようにすることを目的とする。   The present invention has been made in view of the above problems, and an object of the present invention is to enable various continuous opening / closing operations of the opening / closing member while suppressing the temperature rise of the solenoid.
本発明は、上記の課題を解決するために以下の構成を採用した。なお、本欄における括弧内の参照符号や補足説明等は、本発明の理解を助けるために、後述する実施形態との対応関係を示したものであって、本発明を何ら限定するものではない。   The present invention employs the following configuration in order to solve the above problems. Note that the reference numerals in parentheses and supplementary explanations in this column show the correspondence with the embodiments described later in order to help understanding of the present invention, and do not limit the present invention at all. .
本発明の遊技機(1)は、入賞装置(123,126)と、開閉駆動機構(700)と、通電制御部(301a,1000)とを備える。大入賞装置は、遊技球が流下可能な遊技領域に設けられ、入球装置(122)への遊技球の入球又は球通過装置(125)での遊技球の通過に基づく当たりか否かの判定における判定結果に応じて、開閉部材(124,プレート)により遊技球が入賞口(123)に入球不可能な閉状態と入球可能な開状態とに作動し得る装置である。開閉駆動機構は、ソレノイド(307,308)を有し、ソレノイドにより開閉部材を開閉駆動する機構である。通電制御部は、ソレノイドへの通電を制御する。また、開閉駆動機構は、ソレノイドが非励磁状態の間は開閉部材を閉状態とし、ソレノイドが励磁状態にされて作動するとその作動中は開閉部材を開状態とするように構成されている。さらに、通電制御部は、閉状態の開閉部材を所定期間開状態にする際、開閉部材を閉状態から開状態に変化させることが可能な第1の励磁電流をソレノイドに通電することで開閉部材を開状態に移行させる初期駆動通電のみを行い、初期駆動通電の後、第1の励磁電流よりも低い第2の励磁電流をソレノイドに通電することで開状態を保持させる保持通電のみを行い、閉状態の開閉部材を所定期間より短い期間開状態にする際には、初期駆動通電のみを行って、保持通電を行わないものである。 Gaming machine of the present invention (1) is provided with inlet Prize device (123, 126), the opening and closing drive mechanism and (700), power supply controller and (301a, 1000). The grand prize winning device is provided in a game area where a game ball can flow down, and whether or not it is a hit based on a game ball entering the ball entering device (122) or a game ball passing through the ball passing device (125). According to the determination result in the determination, the opening / closing member ( 124, plate) is a device that can be operated in a closed state in which the game ball cannot enter the winning opening (123) and an open state in which the ball can enter. The opening / closing drive mechanism has a solenoid ( 307, 308), and is a mechanism that drives the opening / closing member to open / close by the solenoid. The energization control unit controls energization to the solenoid. The open / close drive mechanism is configured to close the open / close member while the solenoid is in a non-excited state and to open the open / close member during operation when the solenoid is in an excited state. Furthermore, the energization control unit energizes the solenoid with a first excitation current that can change the open / close member from the closed state to the open state when the open / close member in the closed state is opened for a predetermined period. Only the initial drive energization that shifts to the open state, and after the initial drive energization, only the holding energization for holding the open state by energizing the solenoid with a second excitation current lower than the first excitation current, When the open / close member in the closed state is opened for a period shorter than the predetermined period, only the initial drive energization is performed and the holding energization is not performed.
本発明によれば、開閉部材を閉状態から開状態にする際には、第1の励磁電流を通電するが、第1の励磁電流の通電によって開閉部材が開いた後は、そのまま第1の励磁電流を通電し続けるのではなく、第1の励磁電流よりも低い第2の励磁電流によって開状態を保持させる。保持期間中は通電電流が低く抑えられるため、その分、ソレノイドの温度上昇を抑制することができる。そして、ソレノイドの温度上昇を抑制できることで、例えば、開閉部材を連続的に開閉動作させようとする場合に、1回あたりの開時間をより長く設定したり、1回あたりの閉時間をより短く設定したり、開閉動作させる連続回数をより多く設定したりすることができる。   According to the present invention, when the opening / closing member is changed from the closed state to the open state, the first excitation current is applied. However, after the opening / closing member is opened by the application of the first excitation current, the first excitation current is directly applied. Rather than energizing the excitation current, the open state is maintained by a second excitation current lower than the first excitation current. Since the energization current is kept low during the holding period, the temperature rise of the solenoid can be suppressed accordingly. Further, by suppressing the temperature rise of the solenoid, for example, when continuously opening and closing the opening / closing member, the opening time per time is set longer or the closing time per time is shorter. It is possible to set the number of continuous operations for opening and closing.
従って、本発明の遊技機によれば、ソレノイドの温度上昇を抑えつつ、開閉部材の連続的な開閉動作を多様に実現することが可能となる。   Therefore, according to the gaming machine of the present invention, it is possible to realize various continuous opening / closing operations of the opening / closing member while suppressing the temperature rise of the solenoid.
実施形態の遊技機1の概略正面図である。It is a schematic front view of the gaming machine 1 of the embodiment. 表示器111の構成を表す説明図である。4 is an explanatory diagram illustrating a configuration of a display device 111. FIG. 遊技機1の概略構成を表すブロック図である。1 is a block diagram illustrating a schematic configuration of a gaming machine 1. (A)は第1特別図柄の大当たり判定テーブルを例示し、(B)は第2特別図柄の大当たり判定テーブルを例示し、(C)は普通図柄の当たり判定テーブルを例示する説明図である。(A) illustrates the jackpot determination table of the first special symbol, (B) illustrates the jackpot determination table of the second special symbol, and (C) is an explanatory diagram illustrating the hit determination table of the normal symbol. (A)は大当たりにおける図柄決定テーブルを例示し、(B)は15R大当たりとなる割合を例示し、(C)は、ハズレにおける図柄決定テーブルを例示する説明図である。(A) illustrates the symbol determination table for jackpot, (B) illustrates the ratio of 15R jackpot, and (C) is an explanatory diagram illustrating the symbol determination table for lose. 変動パターンの決定のためのテーブルを例示する説明図である。It is explanatory drawing which illustrates the table for the determination of a fluctuation pattern. 電動チューリップ駆動ユニット700の外観構成を示す斜視図である。It is a perspective view which shows the external appearance structure of the electric tulip drive unit 700. FIG. 電動チューリップ駆動ユニット700の分解斜視図である。FIG. 5 is an exploded perspective view of an electric tulip drive unit 700. (A)は電動チューリップ124が閉姿勢の状態を示す正面図、(B)は電動チューリップ124が開姿勢の状態を示す正面図である。(A) is a front view showing a state in which the electric tulip 124 is in a closed posture, and (B) is a front view showing a state in which the electric tulip 124 is in an open posture. (A)は始動装置開閉ソレノイド307及びこれを駆動するソレノイド駆動回路1000の具体的回路構成を示す回路図、(B)はソレノイド駆動回路1000の動作例を示すタイムチャートである。(A) is a circuit diagram showing a specific circuit configuration of the starter opening / closing solenoid 307 and the solenoid drive circuit 1000 that drives the starter opening / closing solenoid 307, and (B) is a time chart showing an operation example of the solenoid drive circuit 1000. 主制御基板300のメインCPU301aによって実行されるメイン処理を示すフローチャートである。3 is a flowchart showing main processing executed by a main CPU 301a of the main control board 300. 主制御基板300のメインCPU301aによって実行される復旧処理を示すフローチャートである。5 is a flowchart showing a recovery process executed by the main CPU 301a of the main control board 300. 主制御基板300のメインCPU301aによって実行される電断監視処理を示すフローチャートである。5 is a flowchart showing a power interruption monitoring process executed by the main CPU 301a of the main control board 300. 主制御基板300のメインCPU301aによって実行されるタイマ割込処理を示すフローチャートである。5 is a flowchart showing a timer interrupt process executed by the main CPU 301a of the main control board 300. 主制御基板300のメインCPU301aによって実行されるスイッチ処理を示すフローチャートである。4 is a flowchart showing a switch process executed by the main CPU 301a of the main control board 300. 主制御基板300のメインCPU301aによって実行される第1始動装置スイッチ処理を示すフローチャートである。3 is a flowchart showing a first starter switch process executed by a main CPU 301a of the main control board 300. 主制御基板300のメインCPU301aによって実行される第2始動装置スイッチ処理を示すフローチャートである。7 is a flowchart showing a second starter switch process executed by the main CPU 301a of the main control board 300. 主制御基板300のメインCPU301aによって実行されるゲートスイッチ処理を示すフローチャートである。4 is a flowchart showing a gate switch process executed by a main CPU 301a of the main control board 300. 主制御基板300のメインCPU301aによって実行される特別図柄処理を示すフローチャートである。5 is a flowchart showing special symbol processing executed by the main CPU 301a of the main control board 300. 主制御基板300のメインCPU301aによって実行される大当たり判定処理を示すフローチャートである。7 is a flowchart showing a jackpot determination process executed by the main CPU 301a of the main control board 300. 主制御基板300のメインCPU301aによって実行される変動パターンテーブル選択処理を示すフローチャートである。5 is a flowchart showing a variation pattern table selection process executed by the main CPU 301a of the main control board 300. 主制御基板300のメインCPU301aによって実行される停止中処理を示すフローチャートである。7 is a flowchart showing a stop process executed by the main CPU 301a of the main control board 300. 主制御基板300のメインCPU301aによって実行される普通図柄処理を示すフローチャートである。3 is a flowchart showing normal symbol processing executed by a main CPU 301a of the main control board 300. 主制御基板300のメインCPU301aによって実行される電動チューリップ処理を示すフローチャートである。5 is a flowchart showing an electric tulip process executed by the main CPU 301a of the main control board 300. 主制御基板300のメインCPU301aによって実行される電動チューリップ駆動処理を示すフローチャートである。4 is a flowchart showing an electric tulip drive process executed by the main CPU 301a of the main control board 300. 主制御基板300のメインCPU301aによって実行される大入賞装置開放制御処理を示すフローチャートである。7 is a flowchart showing a big prize device opening control process executed by a main CPU 301a of the main control board 300. 主制御基板300のメインCPU301aによって実行される遊技状態設定処理を示すフローチャートである。7 is a flowchart showing a game state setting process executed by the main CPU 301a of the main control board 300. 演出制御基板320のサブCPU320aによって実行されるタイマ割込処理を示すフローチャートである。10 is a flowchart showing a timer interrupt process executed by a sub CPU 320a of the effect control board 320. 演出制御基板320のサブCPU320aによって実行されるコマンド処理を示すフローチャートである。10 is a flowchart showing command processing executed by a sub CPU 320a of the effect control board 320. 演出制御基板320のサブCPU320aによって実行される保留関連処理を示すフローチャートである。12 is a flowchart showing a hold-related process executed by a sub CPU 320a of the effect control board 320. 演出制御基板320のサブCPU320aによって実行される保留処理を示すフローチャートである。10 is a flowchart showing a hold process executed by a sub CPU 320a of the effect control board 320. (A)はソレノイド駆動回路の別の実施例としてのソレノイド駆動回路3200の具体的回路構成を示す回路図、(B)はそのソレノイド駆動回路3200の動作例を示すタイムチャートである。(A) is a circuit diagram showing a specific circuit configuration of a solenoid drive circuit 3200 as another embodiment of the solenoid drive circuit, and (B) is a time chart showing an operation example of the solenoid drive circuit 3200. (A)は電動チューリップ作動検出スイッチ307aからの検出信号に基づいて通電を制御する場合の具体的回路構成例、(B)は(A)の回路構成による動作例を示すタイムチャートである。(A) is a specific circuit configuration example when energization is controlled based on a detection signal from the electric tulip operation detection switch 307a, and (B) is a time chart illustrating an operation example according to the circuit configuration of (A).
以下、適宜図面を参照しつつ、本発明の遊技機の一実施形態としての遊技機1について説明する。
[遊技機1の構成]
図1を用いて、遊技機1の概略構成について説明する。図1は、本実施形態の遊技機1の概略正面図である。遊技機1は、遊技者の発射操作に基づいて遊技球を発射させ、特定の入賞装置に遊技球が入賞すると、その入賞に基づいて所定数の遊技球を遊技者に払い出すよう構成されたパチンコ遊技機である。なお、本実施形態の遊技機1は、1種タイプと呼ばれるパチンコ遊技機である。
Hereinafter, a gaming machine 1 as an embodiment of the gaming machine of the present invention will be described with reference to the drawings as appropriate.
[Configuration of gaming machine 1]
A schematic configuration of the gaming machine 1 will be described with reference to FIG. FIG. 1 is a schematic front view of a gaming machine 1 according to the present embodiment. The gaming machine 1 is configured to fire a game ball based on a player's launch operation, and when a game ball wins a specific winning device, a predetermined number of game balls are paid out to the player based on the win. It is a pachinko machine. Note that the gaming machine 1 of the present embodiment is a pachinko gaming machine called a type 1 type.
図1に示すように、遊技機1は、入賞や判定に関する役物等が設けられた遊技盤100と、遊技盤100を囲む枠部材101とを備えている。
枠部材101は、遊技盤100の盤面と所定の間隔を隔てて平行配置された透明なガラス板を支持するいわゆるガラス枠である。枠部材101が支持するガラス板と遊技盤100とによって、遊技球が流下可能な遊技領域102が形成されている。
As shown in FIG. 1, the gaming machine 1 includes a game board 100 provided with a prize and a prize related to determination, and a frame member 101 surrounding the game board 100.
The frame member 101 is a so-called glass frame that supports a transparent glass plate arranged in parallel with a predetermined distance from the board surface of the game board 100. A game area 102 in which a game ball can flow down is formed by the glass plate supported by the frame member 101 and the game board 100.
枠部材101は、その上部中央に、演出などで発光する枠ランプ103を有している。枠ランプ103の左右両側には、スピーカ104が設けられている。また、枠部材101は、その下部が遊技者側へ突出した構成となっており、その突出部分の上面に、円形の演出ボタン105が設けられている。演出ボタン105の左側手前には、4つの押しボタンからなる演出キー106が設けられている。さらに、演出ボタン105の奥側には、遊技球を発射装置(不図示)へ案内する皿107が設けられている。枠部材101は、その右側下部に、ハンドル108を有している。ハンドル108には、レバー109が回転可能に取り付けられている。また、ハンドル108には、レバー109の回転にかかわらず一時的に遊技球の発射を停止させるための停止ボタン110が設けられている。また、枠部材101における、遊技盤100の右下側の領域に、表示器111が設けられている。   The frame member 101 has a frame lamp 103 that emits light for production or the like in the upper center. Speakers 104 are provided on the left and right sides of the frame lamp 103. Further, the frame member 101 has a structure in which a lower portion thereof protrudes toward the player side, and a circular effect button 105 is provided on the upper surface of the protruding portion. An effect key 106 composed of four push buttons is provided in front of the effect button 105 on the left side. Further, on the back side of the effect button 105, a tray 107 for guiding the game ball to a launching device (not shown) is provided. The frame member 101 has a handle 108 at the lower right side. A lever 109 is rotatably attached to the handle 108. Further, the handle 108 is provided with a stop button 110 for temporarily stopping the launch of the game ball regardless of the rotation of the lever 109. A display 111 is provided in the lower right region of the game board 100 in the frame member 101.
遊技盤100は、その中央に、液晶表示装置121を有している。また、遊技盤100は、入賞や判定に関する役物として、第1始動装置122、第2始動装置123、電動チューリップ124、ゲート125、大入賞装置126、及び、4つの一般入賞装置127を有している。   The game board 100 has a liquid crystal display device 121 at the center thereof. In addition, the game board 100 includes a first starting device 122, a second starting device 123, an electric tulip 124, a gate 125, a grand prize winning device 126, and four general winning devices 127 as a prize and a prize related to determination. ing.
第1始動装置122は、液晶表示装置121の下方で遊技盤100の左右中央に設けられている。第1始動装置122の下方に、第2始動装置123が設けられている。また、第2始動装置123に近接して、普通電動役物としての電動チューリップ124が設けられている。ゲート125は、遊技盤100の右側上部に設けられている。液晶表示装置121の下方右寄りに、大入賞装置126が設けられている。4つの一般入賞装置127のうちの2つは遊技盤100の左側下部に設けられ、残りの2つは遊技盤100の右側下部に設けられている。なお、遊技盤100の最下部には、入賞しなかった遊技球を排出する排出装置128が設けられている。   The first starter 122 is provided at the center of the game board 100 below the liquid crystal display device 121. A second starter 123 is provided below the first starter 122. In addition, an electric tulip 124 as a normal electric accessory is provided in the vicinity of the second starting device 123. The gate 125 is provided on the upper right side of the game board 100. A big winning device 126 is provided on the lower right side of the liquid crystal display device 121. Two of the four general winning devices 127 are provided in the lower left part of the game board 100, and the remaining two are provided in the lower right part of the game board 100. At the bottom of the game board 100, a discharge device 128 that discharges game balls that have not won a prize is provided.
このような構成により、遊技者がハンドル108を握ってレバー109を時計方向に回転させると、皿107に溜められた遊技球が発射装置(不図示)へと案内され、レバー109の回転角度に応じた打球力で遊技領域102へ向けて発射される。発射装置により発射された遊技球は、遊技盤100の左端側に設けられたレール(不図示)の間を上昇し、やがて遊技領域102内の上部へ到達する。遊技領域102内の上部へ到達した遊技球は、その後、遊技領域102内を落下する。このとき、遊技球は、遊技領域102に設けられた複数の釘や風車等に接触することでその移動方向を変化させながら(予測不能に)遊技盤100の盤上を落下する。なお、上述したように遊技球の発射は、遊技者が停止ボタン110を操作することによって一時的に停止される。   With such a configuration, when the player grasps the handle 108 and rotates the lever 109 in the clockwise direction, the game balls stored in the tray 107 are guided to the launching device (not shown), and the rotation angle of the lever 109 is set. The ball is fired toward the game area 102 with a corresponding hitting force. The game ball launched by the launching device rises between rails (not shown) provided on the left end side of the game board 100 and eventually reaches the upper part in the game area 102. The game ball that has reached the upper part in the game area 102 then falls in the game area 102. At this time, the game ball falls on the board of the game board 100 while changing its moving direction (unpredictably) by contacting a plurality of nails or windmills provided in the game area 102. As described above, the launch of the game ball is temporarily stopped when the player operates the stop button 110.
遊技者がハンドル108のレバー109を回転操作することよって遊技球を発射させる際、遊技者がレバー109を小さい回転角で回転させた状態を維持するいわゆる「左打ち」を行うと、遊技球が相対的に弱い打球力で打ち出される。この場合、遊技球は、図1の波線矢印131に例示されるように遊技領域102における左側領域を流下する。一方、遊技者がレバー109を大きい回転角で回転させた状態を維持するいわゆる「右打ち」を行うと、遊技球が相対的に強い打球力で打ち出される。この場合、遊技球は、図1の波線矢印132に例示されるように遊技領域102における右側領域を流下する。したがって、ゲート125や大入賞装置126へ入賞させる際は「右打ち」が必要となってくる。   When a player launches a game ball by rotating the lever 109 of the handle 108, if the player makes a so-called “left-handed” operation that maintains the lever 109 rotated at a small rotation angle, the game ball It is launched with a relatively weak hitting force. In this case, the game ball flows down the left area in the game area 102 as illustrated by the wavy arrow 131 in FIG. On the other hand, when the player performs a so-called “right strike” in which the lever 109 is rotated at a large rotation angle, the game ball is launched with a relatively strong hitting force. In this case, the game ball flows down the right area in the game area 102 as illustrated by the wavy arrow 132 in FIG. Therefore, “right-handed” is required to win the gate 125 and the big winning device 126.
第1始動装置122は、常時開放されている始動装置である。この第1始動装置122には、遊技球の入球を検出する第1始動装置検出スイッチ304(図3参照)が設けられている。この第1始動装置検出スイッチ304により遊技球の入球が検出されることによって入賞すると、遊技者にとって有利な大当たり遊技を実行するか否かが判定されてその判定結果が表示器111に表示されると共に、所定の賞球(例えば3個の遊技球)が払い出される。   The first starter 122 is a starter that is always open. The first starter 122 is provided with a first starter detection switch 304 (see FIG. 3) that detects the entry of a game ball. When the first starter detection switch 304 detects that a game ball has entered and wins a prize, it is determined whether or not a jackpot game advantageous to the player is executed, and the determination result is displayed on the display 111. In addition, a predetermined prize ball (for example, three game balls) is paid out.
第2始動装置123は、電動チューリップ124が作動しているときだけ開放される始動装置である。この第2始動装置123には、遊技球の入球を検出する第2始動装置検出スイッチ305(図3参照)が設けられている。この第2始動装置検出スイッチ305により遊技球の入球が検出されることによって入賞すると、上記第1始動装置122と同様に、遊技者にとって有利な大当たり遊技を実行するか否かが判定されてその判定結果が表示器111に表示されると共に、所定の賞球(例えば3個の遊技球)が払い出される。   The second starter 123 is a starter that is opened only when the electric tulip 124 is operating. The second starter 123 is provided with a second starter detection switch 305 (see FIG. 3) that detects the entry of a game ball. When the second starting device detection switch 305 detects that a game ball has entered and wins, it is determined whether or not a jackpot game advantageous to the player is executed, as with the first starting device 122 described above. The determination result is displayed on the display 111, and a predetermined prize ball (for example, three game balls) is paid out.
なお、以下の説明では、第1始動装置122を通過した遊技球の入賞を条件として実行される判定を「第1特別図柄判定」ということとし、第2始動装置123への遊技球の入賞を条件として実行される判定を「第2特別図柄判定」ということとし、これらの判定を総称して「特別図柄判定」ということとする。   In the following description, the determination executed on the condition that the winning of the game ball that has passed through the first starting device 122 is referred to as “first special symbol determination”, and the winning of the gaming ball to the second starting device 123 is determined. The determination executed as a condition is referred to as “second special symbol determination”, and these determinations are collectively referred to as “special symbol determination”.
大入賞装置126は、特別図柄判定の結果に応じて開放される。この大入賞装置126の開口部には、大入賞装置126を開閉するプレートが設けられている。大入賞装置126は、通常はこのプレートによって閉塞されている。これに対して、特別図柄判定の判定結果が「大当たり」であることを示す所定の大当たり図柄が表示器111に停止表示された場合、すなわち大当たりが発生した場合、上記プレートを作動させて大入賞装置126を開放する大当たり遊技が実行される。このため、遊技者は、大当たり遊技中に右打ちを行うことで、大当たり遊技が行われていないときに比べてより多くの賞球を得ることができる。   The special winning device 126 is opened according to the result of the special symbol determination. A plate for opening and closing the large winning device 126 is provided at the opening of the large winning device 126. The big winning device 126 is normally closed by this plate. On the other hand, when a predetermined jackpot symbol indicating that the determination result of the special symbol determination is “big jackpot” is stopped and displayed on the display 111, that is, when a big jackpot occurs, the plate is operated to win a big prize. A jackpot game that opens the device 126 is executed. For this reason, the player can obtain more prize balls by making a right hit during the jackpot game compared to when the jackpot game is not being played.
電動チューリップ124は、第2始動装置123に近接配置されており、一対の羽根部材124a,124b(図7参照)を有している。この電動チューリップ124は、一対の羽根部材が第2始動装置123を閉塞する閉姿勢(閉状態)(図1,図7,図9(A)等参照)と、第2始動装置123を開放する開姿勢(開状態)(図9(B)参照)とに姿勢(状態)変化可能に構成されている。   The electric tulip 124 is disposed close to the second starter 123 and has a pair of blade members 124a and 124b (see FIG. 7). This electric tulip 124 opens the second starter 123 in a closed position (closed state) in which the pair of blade members closes the second starter 123 (see FIGS. 1, 7, 9A, etc.). The posture (state) can be changed to an open posture (open state) (see FIG. 9B).
第2始動装置123は、通常は、図1に示されるように電動チューリップ124によって閉塞されている。これに対して、遊技球がゲート125を通過すると、賞球の払い出しは行われないものの、第2始動装置123を開放するか否かが判定される。ここで、第2始動装置123を開放すると判定された場合、電動チューリップ124の一対の羽根部材が規定時間開姿勢を維持した後に閉姿勢に戻る動作が規定回数だけ繰り返される。   The second starting device 123 is normally closed by an electric tulip 124 as shown in FIG. On the other hand, when the game ball passes through the gate 125, it is determined whether or not the second starter 123 is to be opened, although no prize ball is paid out. Here, when it is determined that the second starting device 123 is to be opened, the operation of returning to the closed position after the pair of blade members of the electric tulip 124 has maintained the open position for a specified time is repeated a specified number of times.
このように、第2始動装置123は、電動チューリップ124が作動していないとき(つまり一対の羽根部材が閉姿勢のとき)には遊技球が通過し難い状態であるのに対して、電動チューリップ124が作動する(つまり一対の羽根部材が開姿勢になる)と遊技球が通過し易い状態となる。なお、以下の説明では、ゲート125への遊技球の入賞を条件として実行される判定を「普通図柄判定」と呼ぶものとする。また、図1では図示を省略したが、電動チューリップ124の近傍には、電動チューリップ124が開状態になった場合にこれを検出する電動チューリップ作動検出スイッチ307a(図3参照)が設けられている。   In this way, the second starting device 123 is in a state where it is difficult for the game ball to pass when the electric tulip 124 is not operating (that is, when the pair of blade members are in the closed posture), whereas the electric tulip is When 124 is actuated (that is, when the pair of blade members are in the open position), the game ball easily passes. In the following description, the determination executed on condition that a game ball wins the gate 125 is referred to as “ordinary symbol determination”. Although not shown in FIG. 1, an electric tulip operation detection switch 307 a (see FIG. 3) is provided in the vicinity of the electric tulip 124 to detect when the electric tulip 124 is opened. .
4つの一般入賞装置127は、第1始動装置122と同様に常時開放されており、遊技球の入賞によって所定個数の賞球がある入賞装置である。なお、第1始動装置122等とは異なり、一般入賞装置127に遊技球が入賞しても判定が行われることはない。   The four general winning devices 127 are always open like the first starting device 122, and are a winning device having a predetermined number of winning balls by winning a game ball. Unlike the first starting device 122 and the like, even if a game ball wins the general winning device 127, no determination is made.
[表示器111の構成]
図2は、図1における表示器111の拡大図である。表示器111は、主に特別図柄判定や普通図柄判定に関する情報を表示するものであり、図2に示されるように、第1特別図柄表示器201、第2特別図柄表示器202、第1特別図柄保留表示器203、第2特別図柄保留表示器204、普通図柄表示器205、及び、普通図柄保留表示器206を有している。
[Configuration of Display 111]
FIG. 2 is an enlarged view of the display 111 in FIG. The display 111 mainly displays information related to the special symbol determination and the normal symbol determination. As shown in FIG. 2, the first special symbol display 201, the second special symbol display 202, and the first special symbol are displayed. The symbol holding display 203, the second special symbol holding display 204, the normal symbol display 205, and the normal symbol holding display 206 are provided.
第1特別図柄表示器201は、第1特別図柄判定が行われると、図柄を変動表示してから第1特別図柄判定の判定結果を示す停止図柄を停止表示することによって第1特別図柄判定の判定結果を報知する。この第1特別図柄表示器201には、第1特別図柄判定の結果が「大当たり」であることを示す大当たり図柄、又は第1特別図柄判定の結果がハズレであることを示すハズレ図柄が停止表示される。   When the first special symbol determination is performed, the first special symbol display 201 displays the stop symbol indicating the determination result of the first special symbol determination after variably displaying the symbol, thereby displaying the first special symbol determination. The determination result is notified. On this first special symbol display 201, a jackpot symbol indicating that the result of the first special symbol determination is “big hit”, or a lost symbol indicating that the result of the first special symbol determination is lost Is done.
第2特別図柄表示器202は、第2特別図柄判定が行われると、図柄を変動表示してから第2特別図柄判定の判定結果を示す停止図柄を停止表示することによって第2特別図柄判定の判定結果を報知する。この第2特別図柄表示器202には、第2特別図柄判定の判定結果が「大当たり」であることを示す大当たり図柄、又は第2特別図柄判定の結果がハズレであることを示すハズレ図柄が停止表示される。   When the second special symbol determination is performed, the second special symbol display unit 202 displays the stop symbol indicating the determination result of the second special symbol determination after variably displaying the symbol, thereby displaying the second special symbol determination. The determination result is notified. In the second special symbol display 202, a jackpot symbol indicating that the determination result of the second special symbol determination is “big hit” or a lost symbol indicating that the result of the second special symbol determination is lost is stopped. Is displayed.
ところで、特別図柄判定に係る図柄の変動表示や大当たり遊技などが行われている最中に、第1始動装置122に新たに遊技球が入賞した場合は、この入賞を契機とする第1特別図柄判定及び図柄の変動表示を即座に実行することができない。そこで、本実施形態の遊技機1は、第1始動装置122に遊技球が入賞しても即座に第1特別図柄判定を実行できない場合には第1特別図柄判定の権利が保留されるように構成されている。第1特別図柄保留表示器203は、このようにして保留された第1特別図柄判定の保留数を表示する。   By the way, when a game ball is newly won in the first starter 122 while the symbol variation display or jackpot game related to the special symbol determination is performed, the first special symbol triggered by this winning is used. Judgment and symbol variation display cannot be executed immediately. Therefore, the gaming machine 1 of the present embodiment is configured so that the right of the first special symbol determination is suspended when the first special symbol determination cannot be immediately executed even if a game ball wins the first starting device 122. It is configured. The first special symbol hold display 203 displays the number of hold of the first special symbol determination held in this way.
同様に、特別図柄判定に係る図柄の変動表示や大当たり遊技などが行われている最中に、第2始動装置123に新たに遊技球が入賞した場合も、この入賞を契機とする第2特別図柄判定及び図柄の変動表示を即座に実行することができない。そこで、本実施形態における遊技機1は、第2始動装置123に遊技球が入賞しても即座に第2特別図柄判定を実行できない場合には第2特別図柄判定の権利が保留されるように構成されている。第2特別図柄保留表示器204は、このようにして保留された第2特別図柄判定の保留数を表示する。   Similarly, when a game ball is newly won in the second starting device 123 while the symbol change display or jackpot game related to the special symbol determination is being performed, the second special is triggered by this winning. Symbol determination and symbol variation display cannot be executed immediately. Therefore, the gaming machine 1 according to the present embodiment reserves the right to determine the second special symbol when the second special symbol determination cannot be executed immediately even if a game ball wins the second starting device 123. It is configured. The second special symbol hold indicator 204 displays the number of hold of the second special symbol determination held in this way.
普通図柄表示器205は、普通図柄判定が行われると、図柄を変動表示してから普通図柄判定の判定結果を示す停止図柄を停止表示することによって普通図柄判定の判定結果を報知する。なお、例えば普通図柄表示器205における図柄の変動表示中など、遊技球がゲート125を通過しても普通図柄判定及び普通図柄判定に係る図柄の変動表示を即座に実行できない場合には、普通図柄判定の権利が保留される。普通図柄保留表示器206は、このようして保留された普通図柄判定の保留数を表示する。   When the normal symbol determination is performed, the normal symbol display unit 205 notifies the determination result of the normal symbol determination by suspending and displaying the stop symbol indicating the determination result of the normal symbol determination after variably displaying the symbol. Note that the normal symbol determination and the symbol variation display related to the normal symbol determination cannot be immediately executed even if the game ball passes through the gate 125, such as during the symbol variation display on the normal symbol display 205, for example. Judgment rights are withheld. The normal symbol hold display unit 206 displays the number of hold for normal symbol determination held in this way.
なお、以下の説明では、第1特別図柄表示器201又は第2特別図柄表示器202に表示される図柄を「特別図柄」と呼び、普通図柄表示器205に表示される図柄を「普通図柄」と呼ぶものとする。   In the following description, the symbol displayed on the first special symbol display 201 or the second special symbol display 202 is referred to as “special symbol”, and the symbol displayed on the normal symbol display 205 is “normal symbol”. Shall be called.
[遊技機1の内部構成]
図3は、遊技機1のブロック図である。遊技機1は、主制御基板300、払出制御基板310、演出制御基板320、画像制御基板330、ランプ制御基板340、発射制御基板350、及び電源基板360を備えている。
[Internal configuration of gaming machine 1]
FIG. 3 is a block diagram of the gaming machine 1. The gaming machine 1 includes a main control board 300, a payout control board 310, an effect control board 320, an image control board 330, a lamp control board 340, a launch control board 350, and a power supply board 360.
主制御基板300は、遊技機の基本動作を制御する。主制御基板300は、ワンチップマイコン301を備えており、ワンチップマイコン301は、メインCPU301a、メインROM301bおよびメインRAM301cを含んでいる。また、主制御基板300は、主制御用の入力ポート及び出力ポート(いずれも不図示)を備えている。   The main control board 300 controls the basic operation of the gaming machine. The main control board 300 includes a one-chip microcomputer 301, and the one-chip microcomputer 301 includes a main CPU 301a, a main ROM 301b, and a main RAM 301c. The main control board 300 includes an input port and an output port (both not shown) for main control.
この主制御用の入力ポートには、一般入賞装置127に遊技球が入球したことを検知する一般入賞装置検出スイッチ302、普通図柄ゲート125に遊技球が入球したことを検知するゲート検出スイッチ303、第1始動装置122に遊技球が入球したことを検知する第1始動装置検出スイッチ304、第2始動装置123に遊技球が入球したことを検知する第2始動装置検出スイッチ305、大入賞装置126に遊技球が入球したことを検知する大入賞装置検出スイッチ306、第2始動装置123に近接配置された電動チューリップ124が作動したこと(即ち開状態になったこと)を検出する電動チューリップ作動検出スイッチ307a、及び、払出制御基板310が接続されている。この主制御用の入力ポートによって、各種信号が主制御基板300に入力される。   The main control input port includes a general winning device detection switch 302 for detecting that a game ball has entered the general winning device 127, and a gate detection switch for detecting that a game ball has entered the normal symbol gate 125. 303, a first starter detection switch 304 for detecting that a game ball has entered the first starter 122, a second starter detection switch 305 for detecting that a game ball has entered the second starter 123, Detects that a winning device detection switch 306 for detecting that a game ball has entered the winning device 126 and that an electric tulip 124 disposed in proximity to the second starting device 123 has been actuated (ie, opened). The electric tulip operation detection switch 307a and the payout control board 310 are connected. Various signals are input to the main control board 300 through the main control input port.
また、主制御用の出力ポートには、第2始動装置123に近接配置された電動チューリップ124の一対の羽根部材を開閉動作させる始動装置開閉ソレノイド307、大入賞装置126を開閉するプレートを動作させる大入賞装置開閉ソレノイド308、表示器111を構成する各表示器201〜206、外部情報信号を出力する遊技情報出力端子板309、払出制御基板310、及び、演出制御基板320が接続されている。この主制御用の出力ポートによって、各種信号が出力される。   In addition, a starting device opening / closing solenoid 307 for opening / closing a pair of blade members of the electric tulip 124 disposed in the vicinity of the second starting device 123 and a plate for opening / closing the grand prize winning device 126 are operated on the output port for main control. The big winning device opening / closing solenoid 308, the displays 201 to 206 constituting the display 111, the game information output terminal board 309 for outputting an external information signal, the payout control board 310, and the effect control board 320 are connected. Various signals are output from the main control output port.
なお、主制御基板300には、始動装置開閉ソレノイド307を通電駆動するソレノイド駆動回路1000(図10参照。)が設けられているが、図3では図示を省略している。   The main control board 300 is provided with a solenoid drive circuit 1000 (see FIG. 10) for energizing and driving the starter opening / closing solenoid 307, but is not shown in FIG.
遊技情報出力端子板309は、主制御基板300において生成された外部情報信号を遊技店のホールコンピュータ等に出力するための基板である。遊技情報出力端子板309は主制御基板300と配線接続され、遊技情報出力端子板309には、遊技店のホールコンピュータ等と接続をするためのコネクタが設けられている。   The game information output terminal board 309 is a board for outputting an external information signal generated in the main control board 300 to a hall computer or the like of the game shop. The game information output terminal board 309 is wired to the main control board 300, and the game information output terminal board 309 is provided with a connector for connecting to a hall computer of a game store.
主制御基板300のワンチップマイコン301において、メインCPU301aは、各検出スイッチやタイマからの入力信号に基づき、メインROM301bに格納されたプログラムを読み出して演算処理を行うとともに、各装置を直接制御したり、あるいは演算処理の結果に応じて他の基板にコマンドを送信したりする。   In the one-chip microcomputer 301 of the main control board 300, the main CPU 301a reads out the program stored in the main ROM 301b based on the input signals from the detection switches and timers, performs arithmetic processing, and directly controls each device. Alternatively, a command is transmitted to another board according to the result of the arithmetic processing.
メインROM301bには、遊技制御用のプログラムや各種遊技に必要なテーブルが記憶されている。例えば、大当たり抽選に参照される大当り判定テーブル、特別図柄の停止図柄を決定する図柄決定テーブル、特別図柄の変動パターンを決定する変動パターン決定テーブル等が記憶されている。なお、ここに挙げたテーブルは一部に過ぎず、図示しないテーブルが多数設けられている。   The main ROM 301b stores game control programs and tables necessary for various games. For example, a jackpot determination table referred to in the jackpot lottery, a symbol determination table for determining a special symbol stop symbol, a variation pattern determination table for determining a special symbol variation pattern, and the like are stored. The tables listed here are only a part, and a number of tables (not shown) are provided.
メインRAM301cは、メインCPU301aの演算処理時におけるデータのワークエリアとして機能し、複数の記憶領域を有している。例えば、メインRAM301cには、普通図柄判定の保留数T、普通図柄乱数、特別図柄の保留数U1,U2、ラウンド数R、大入賞装置への入球数C、確変遊技フラグ、時短遊技フラグなどが記憶される。なお、ここに挙げたものの他にも、多数の情報が記憶される。   The main RAM 301c functions as a data work area when the main CPU 301a performs arithmetic processing, and has a plurality of storage areas. For example, in the main RAM 301c, the number T of the normal symbol determination, the normal symbol random number, the numbers U1, U2 of the special symbol, the round number R, the number C of balls entered into the big winning device, the probability variation game flag, the short-time game flag, etc. Is memorized. In addition to the information listed here, a lot of information is stored.
払出制御基板310は、遊技球の発射制御と賞球の払い出し制御を行う。この払出制御基板310は、図示しない払出CPU、払出ROM、払出RAMから構成されるワンチップマイコンを備えており、主制御基板300に対して、双方向に通信可能に接続されている。払出CPUは、遊技球が払い出されたか否かを検知する払出球計測スイッチ311、扉開放スイッチ312、及び、タイマからの入力信号に基づいて、払出ROMに格納されたプログラムを読み出して演算処理を行うとともに、当該処理に基づいて、対応するデータを主制御基板300に送信する。   The payout control board 310 performs game ball launch control and prize ball payout control. The payout control board 310 includes a one-chip microcomputer composed of a payout CPU, a payout ROM, and a payout RAM (not shown), and is connected to the main control board 300 so as to be capable of bidirectional communication. The payout CPU reads out a program stored in the payout ROM based on an input signal from the payout ball measuring switch 311, the door opening switch 312, and the timer that detects whether or not the game ball has been paid out, and performs arithmetic processing. And corresponding data is transmitted to the main control board 300 based on the processing.
また、払出制御基板310の出力側には、遊技球の貯留部から所定数の賞球を遊技者に払い出すための賞球払出装置の払出モータ313が接続されている。払出CPUは、主制御基板300から送信された払出個数指定コマンドに基づいて、払出ROMから所定のプログラムを読み出して演算処理を行うとともに、賞球払出装置の払出モータ313を制御して所定の賞球を遊技者に払い出す。このとき、払出RAMは、払出CPUの演算処理時におけるデータのワークエリアとして機能する。   Further, a payout motor 313 of a prize ball payout device for paying out a predetermined number of prize balls from a game ball storage unit to a player is connected to the output side of the payout control board 310. The payout CPU reads out a predetermined program from the payout ROM based on the payout number designation command transmitted from the main control board 300, performs arithmetic processing, and controls the payout motor 313 of the prize ball payout device to control the predetermined prize. Pay the ball to the player. At this time, the payout RAM functions as a data work area at the time of calculation processing of the payout CPU.
演出制御基板320は、主に遊技中や待機中等の各演出を制御する。この演出制御基板320は、サブCPU320a、サブROM320b、サブRAM320cを備えており、主制御基板300に対して、当該主制御基板300から演出制御基板320への一方向に通信可能に接続されている。   The effect control board 320 mainly controls each effect such as during a game or standby. The effect control board 320 includes a sub CPU 320a, a sub ROM 320b, and a sub RAM 320c, and is connected to the main control board 300 so as to be communicable in one direction from the main control board 300 to the effect control board 320. .
サブCPU320aは、主制御基板300から送信されたコマンド、演出ボタン検出スイッチ321、演出キー検出スイッチ322、及び、タイマからの入力信号に基づいて、サブROM320bに格納されたプログラムを読み出して演算処理を行うとともに、当該処理に基づいて、対応するコマンドやデータを画像制御基板330やランプ制御基板340へ送信する。サブRAM320cは、サブCPU320aの演算処理時におけるデータのワークエリアとして機能する。   The sub CPU 320a reads out a program stored in the sub ROM 320b based on a command transmitted from the main control board 300, an effect button detection switch 321, an effect key detection switch 322, and an input signal from the timer, and performs arithmetic processing. At the same time, based on this processing, corresponding commands and data are transmitted to the image control board 330 and the lamp control board 340. The sub RAM 320c functions as a data work area when the sub CPU 320a performs arithmetic processing.
例えば、演出制御基板320におけるサブCPU320aは、主制御基板300から特別図柄の変動態様を示す変動パターン指定コマンドを受信すると、受信した変動パターン指定コマンドの内容を解析して、液晶表示装置121、音声出力装置331、演出用駆動装置341、演出用照明装置342に所定の演出を実行させるためのコマンドやデータを生成し、これら各コマンド、データを画像制御基板330やランプ制御基板340へ送信する。   For example, when the sub CPU 320a in the effect control board 320 receives the fluctuation pattern designation command indicating the fluctuation pattern of the special symbol from the main control board 300, the sub CPU 320a analyzes the content of the received fluctuation pattern designation command, and displays the liquid crystal display device 121, the sound. Commands and data for causing the output device 331, the effect driving device 341, and the effect illumination device 342 to execute predetermined effects are generated, and these commands and data are transmitted to the image control board 330 and the lamp control board 340.
演出制御基板320のサブROM320bには、演出制御用のプログラムや各種の遊技の決定に必要なデータ、テーブルが記憶されている。
例えば、主制御基板300から受信した変動パターン指定コマンドに基づいて演出パターンを決定するための演出パターン決定テーブル、停止表示する装飾図柄の組み合わせを決定するための装飾図柄決定テーブル等がサブROM320bに記憶されている。なお、上述したテーブルは、本実施形態におけるテーブルのうち、特徴的なテーブルを一例として列挙しているに過ぎず、この他にも不図示のテーブルやプログラムが多数設けられている。
The sub ROM 320b of the effect control board 320 stores a program for effect control and data and tables necessary for determining various games.
For example, an effect pattern determination table for determining an effect pattern based on a variation pattern designation command received from the main control board 300, an ornamental symbol determination table for determining a combination of ornamental symbols to be stopped, and the like are stored in the sub ROM 320b. Has been. In addition, the table mentioned above only enumerates the characteristic table among the tables in this embodiment as an example, and many other tables and programs (not shown) are provided.
演出制御基板320のサブRAM320cは、複数の記憶領域を有している。これらの記憶領域には、遊技状態、演出モード、演出パターン、装飾図柄、計数カウンタ、発射操作情報等が記憶される。なお、この他にも多数の情報が記憶される。   The sub RAM 320c of the effect control board 320 has a plurality of storage areas. In these storage areas, a game state, an effect mode, an effect pattern, a decorative pattern, a counting counter, firing operation information, and the like are stored. In addition to this, a lot of information is stored.
画像制御基板330は、液晶表示装置121の画像表示制御を行うための図示しない画像CPU、制御ROM、制御RAM、CGROM、VRAM、VDPと、音声CPU、音声ROM、及び、音声RAMを備えている。この画像制御基板330は、演出制御基板320に双方向通信可能に接続されており、その出力側に液晶表示装置121および音声出力装置331が接続されている。   The image control board 330 includes an image CPU, control ROM, control RAM, CGROM, VRAM, and VDP (not shown) for performing image display control of the liquid crystal display device 121, a sound CPU, a sound ROM, and a sound RAM. . The image control board 330 is connected to the effect control board 320 so that bidirectional communication is possible, and a liquid crystal display device 121 and an audio output device 331 are connected to the output side thereof.
画像CPUは、演出制御基板320から受信したコマンドに基づいて、VDPに所定の画像を表示させる制御を行う。制御RAMは、画像CPUの演算処理時におけるデータのワークエリアとして機能し、制御ROMから読み出されたデータを一時的に記憶するものである。また、制御ROMには、画像CPUの制御処理のプログラムや、演出パターンのアニメーションを表示するためのアニメパターン、アニメシーン情報などが記憶されている。   The image CPU performs control to display a predetermined image on the VDP based on the command received from the effect control board 320. The control RAM functions as a data work area at the time of calculation processing of the image CPU, and temporarily stores data read from the control ROM. The control ROM stores a control processing program of the image CPU, an animation pattern for displaying an animation of the effect pattern, animation scene information, and the like.
CGROMには、液晶表示装置121に表示される装飾図柄や背景等の画像データが多数格納されており、画像CPUが演出制御基板320から送信されたコマンドに基づいて所定のプログラムを読み出すとともに、CGROMに格納された所定の画像データをVRAMに展開させ、VRAMに展開された画像データを液晶表示装置121に表示させる制御を行う。   The CGROM stores a large number of image data such as decorative symbols and backgrounds displayed on the liquid crystal display device 121. The image CPU reads a predetermined program based on a command transmitted from the effect control board 320, and the CGROM. The predetermined image data stored in the VRAM is expanded in the VRAM, and the image data expanded in the VRAM is displayed on the liquid crystal display device 121.
また、音声ROMには、音声出力装置331から出力するための音声のデータが多数格納されており、音声CPUは、演出制御基板320から送信されたコマンドに基づいて所定のプログラムを読み出すとともに、音声出力装置331における音声出力制御を行う。   The audio ROM stores a large amount of audio data to be output from the audio output device 331, and the audio CPU reads out a predetermined program based on the command transmitted from the effect control board 320, and the audio ROM Audio output control is performed in the output device 331.
ランプ制御基板340は、演出用駆動装置341及び演出用照明装置342の動作を制御する。ランプ制御基板340は、不図示のCPU、ROM、RAM等を備えており、演出制御基板320と双方向に通信可能に接続されている。   The lamp control board 340 controls operations of the effect driving device 341 and the effect lighting device 342. The lamp control board 340 includes a CPU, a ROM, a RAM, and the like (not shown), and is connected to the effect control board 320 so as to be capable of bidirectional communication.
演出用駆動装置341は、演出用の各種のソレノイドやモータ等のアクチュエータを含む。ランプ制御基板340は、これら各種アクチュエータの駆動を制御する。演出用照明装置342は、枠部材101に設けられた枠ランプ103や、遊技盤100に設けられた不図示の盤ランプなどの、遊技機1が有する各種の照明・発光用の装置・素子を含む。ランプ制御基板340は、これら各種ランプ等の動作の制御も行う。ランプ制御基板340のCPUは、演出制御基板320から送信されたコマンドやデータに基づいて、上記の各制御を行う。   The production drive device 341 includes various production solenoids and actuators such as motors. The lamp control board 340 controls driving of these various actuators. The effect lighting device 342 includes various lighting / light emitting devices / elements of the gaming machine 1, such as a frame lamp 103 provided on the frame member 101 and a board lamp (not shown) provided on the gaming board 100. Including. The lamp control board 340 also controls the operation of these various lamps. The CPU of the lamp control board 340 performs each control described above based on the commands and data transmitted from the effect control board 320.
発射制御基板350は、タッチセンサ351からのタッチ信号を入力するとともに、発射ボリューム352から供給された電圧に基づいて、発射用ソレノイド353や玉送りソレノイド354に対する通電制御を行う。   The firing control board 350 inputs a touch signal from the touch sensor 351 and performs energization control on the firing solenoid 353 and the ball feed solenoid 354 based on the voltage supplied from the firing volume 352.
タッチセンサ351は、遊技者がハンドル108に触れたことによる静電容量の変化を利用した静電容量型の近接スイッチから構成され、遊技者がハンドル108に触れたことを検知すると、発射制御基板350に発射用ソレノイド353の通電を許可するタッチ信号を出力する。   The touch sensor 351 includes a capacitive proximity switch that uses a change in capacitance caused by the player touching the handle 108. When the touch sensor 351 detects that the player touches the handle 108, the launch control board is detected. A touch signal that permits energization of the firing solenoid 353 is output to 350.
発射ボリューム352は、可変抵抗器から構成され、その発射ボリューム352に印加された定電圧(例えば5V)を可変抵抗器により分圧して、分圧した電圧を発射制御基板350へ供給する。   The firing volume 352 includes a variable resistor, and a constant voltage (for example, 5 V) applied to the firing volume 352 is divided by the variable resistor, and the divided voltage is supplied to the firing control board 350.
ここで、発射用ソレノイド353の回転速度は、発射制御基板350に設けられた水晶発振器の出力周期に基づく周波数から、約99.9(回/分)に設定されている。これにより、1分間に発射される遊技球の個数は、発射ソレノイドが1回転する毎に1個発射されるため、約99.9(個/分)となる。すなわち、1個の遊技球は約0.6秒毎に発射されることになる。   Here, the rotational speed of the firing solenoid 353 is set to about 99.9 (times / minute) based on the frequency based on the output period of the crystal oscillator provided on the firing control board 350. As a result, the number of game balls fired per minute is about 99.9 (pieces / minute) because one ball is fired every time the firing solenoid rotates. That is, one game ball is fired about every 0.6 seconds.
なお、タッチセンサ351からのタッチ信号及び発射ボリューム352からの電圧信号は、演出制御基板320へ入力されるようになっている。これにより、演出制御基板320において遊技球の発射を検出可能となる。   Note that the touch signal from the touch sensor 351 and the voltage signal from the firing volume 352 are input to the effect control board 320. Thereby, it is possible to detect the launch of the game ball on the effect control board 320.
電源基板360は、外部から入力される電力(例えば交流24V)を所定電圧値の直流電圧に変換するレギュレータを備え、そのレギュレータで生成された直流電圧を、遊技機1内の各部に電源電圧として供給する。具体的には、電源基板360は、主制御基板300、払出制御基板310、演出制御基板320、発射制御基板350へ電源電圧を供給する。また、電源基板360は、レギュレータにて生成された直流電力を蓄電するための、コンデンサからなるバックアップ電源を備えており、レギュレータが動作を停止した場合にはこのバックアップ電源から直流電力を供給することも可能である。   The power supply board 360 includes a regulator that converts externally input electric power (for example, AC 24V) into a DC voltage having a predetermined voltage value, and the DC voltage generated by the regulator is used as a power supply voltage for each part in the gaming machine 1. Supply. Specifically, the power supply board 360 supplies a power supply voltage to the main control board 300, the payout control board 310, the effect control board 320, and the launch control board 350. The power supply board 360 includes a backup power source composed of a capacitor for storing the DC power generated by the regulator. When the regulator stops operation, the DC power is supplied from the backup power source. Is also possible.
電源基板360が供給可能な電源電圧は複数種類(例えば12V、5V、3V、その他)あり、電源基板360は、供給対象の各基板や回路等に対して、それぞれ、必要な電源電圧を供給する。例えば、主制御基板300に対しては、少なくとも、5Vと3Vの電源電圧を供給する。   There are a plurality of types of power supply voltages (for example, 12V, 5V, 3V, etc.) that can be supplied by the power supply board 360, and the power supply board 360 supplies a necessary power supply voltage to each supply target board or circuit. . For example, at least 5 V and 3 V power supply voltages are supplied to the main control board 300.
また、電源基板360は、遊技機1内に供給する電源電圧を監視し、電源電圧が所定値以下となったときに、電断検知信号を主制御基板300に出力する。より具体的には、電断検知信号がハイレベルになるとメインCPU301aは動作可能状態になり、電断検知信号がローレベルになるとメインCPU301aは動作停止状態になる。監視対象の電源電圧は、電源基板360が生成する複数種類の電源電圧全てであってもよいし、特定の1つ又は複数の電源電圧であってもよい。バックアップ電源はコンデンサに限らず、例えば、電池でもよく、コンデンサと電池とを併用して用いてもよい。   Further, the power supply board 360 monitors the power supply voltage supplied into the gaming machine 1 and outputs a power interruption detection signal to the main control board 300 when the power supply voltage becomes a predetermined value or less. More specifically, when the power interruption detection signal becomes high level, the main CPU 301a becomes operable, and when the power interruption detection signal becomes low level, the main CPU 301a becomes inactive state. The power supply voltages to be monitored may be all of a plurality of types of power supply voltages generated by the power supply board 360, or may be one or more specific power supply voltages. The backup power source is not limited to a capacitor, and for example, a battery may be used, and a capacitor and a battery may be used in combination.
[各種テーブル]
図4〜図6を用いて、メインROM301bに記憶されている各種テーブルの詳細について説明する。
[Various tables]
Details of various tables stored in the main ROM 301b will be described with reference to FIGS.
図4(A)及び(B)は、「大当たりの判定」に用いられる大当り判定テーブルを示している。図4(A)は、第1特別図柄の大当り判定テーブルであり、図4(B)は、第2特別図柄の大当り判定テーブルである。   4 (A) and 4 (B) show a jackpot determination table used for “big jackpot determination”. FIG. 4 (A) is a jackpot determination table for the first special symbol, and FIG. 4 (B) is a jackpot determination table for the second special symbol.
大当り判定テーブルは、遊技状態及び取得された大当たり乱数に基づいて、「大当たり」又は「ハズレ」を判定するものである。大当たり乱数は、「0」〜「598」のいずれかの数値として、第1始動装置122又は第2始動装置123への入球時に取得される。   The jackpot determination table is for determining “big hit” or “losing” based on the gaming state and the acquired jackpot random number. The jackpot random number is acquired as a numerical value of “0” to “598” when entering the first starting device 122 or the second starting device 123.
ここで図4(A)及び(B)に示す遊技状態について説明を加える。
本実施形態においては、大当たりの判定に関する状態として「通常遊技状態」と「確変遊技状態」とを有する。
Here, the gaming state shown in FIGS. 4A and 4B will be described.
In the present embodiment, “normal gaming state” and “probability changing gaming state” are included as states relating to the jackpot determination.
「通常遊技状態」というのは、第1始動装置122または第2始動装置123に遊技球が入球したことを条件として行われる大当たりの判定において、大当たりとなる確率が1/299.5に設定された遊技状態をいう。これに対して「確変遊技状態」というのは、上記大当たりとなる確率が1/29.95に設定された遊技状態をいう。したがって、「確変遊技状態」では、「通常遊技状態」よりも、大当たりに当選し易いこととなる。なお、この確変遊技状態のときには、後述する確変遊技フラグが「ON」にセットされており、通常遊技状態のときには、確変遊技フラグが「OFF」になっている。また、通常遊技状態から確変遊技状態に移行するのは、確変大当たり遊技を終了した後である。   “Normal gaming state” means that the probability of winning a jackpot is set to 1 / 299.5 in the jackpot determination performed on the condition that a game ball has entered the first starting device 122 or the second starting device 123. Refers to the played gaming state. On the other hand, the “probability gaming state” refers to a gaming state in which the probability of winning the jackpot is set to 1 / 29.95. Therefore, in the “probability game state”, it is easier to win a big hit than in the “normal game state”. It should be noted that in this probability variation game state, a probability variation game flag, which will be described later, is set to “ON”, and in the normal game state, the probability variation game flag is “OFF”. Also, the transition from the normal gaming state to the probability variation gaming state is after the probability variation big hit game is finished.
なお、「大当たり」とは、大入賞装置126を開放させる特別遊技である。具体的には、第1始動装置122または第2始動装置123に遊技球が入球したことを条件として行われる大当たりの判定において、大当りに当選したときに実行される遊技をいう。   The “big hit” is a special game that opens the big prize winning device 126. Specifically, it refers to a game that is executed when a big win is won in the jackpot determination performed on the condition that a game ball has entered the first starter 122 or the second starter 123.
「大当たり」においては、大入賞装置126が開放されるラウンド遊技を合計15回又は合計8回行う。各ラウンド遊技における大入賞装置126の最大開放時間は最大29.5秒に設定されており、この間に大入賞装置126に規定個数(9個)の遊技球が入球すると、1回のラウンド遊技が終了となる。「大当たり」は、大入賞装置126に遊技球が入球するとともに、当該入球に応じた賞球を遊技者が獲得できることから、多量の賞球を獲得可能である。また、大入賞装置126は、遊技盤100の右側の下部に設けられていることから、「大当たり」のときには、ハンドル108のレバー109を大きく回転させる、いわゆる「右打ち」で遊技を行うこととなる。   In the “hit”, the round game in which the grand prize winning device 126 is released is performed 15 times in total or 8 times in total. The maximum opening time of the grand prize winning device 126 in each round game is set to a maximum of 29.5 seconds, and if a prescribed number (9) of game balls enter the big prize winning device 126 during this time, one round game Ends. The “big hit” allows a large amount of winning balls to be obtained because a game ball enters the winning device 126 and the player can acquire a winning ball corresponding to the winning ball. Further, since the big winning device 126 is provided at the lower right side of the game board 100, when “hit”, the lever 109 of the handle 108 is greatly rotated, so that the game is performed by so-called “right-handed”. Become.
図4(A)に示す第1特別図柄の大当り判定テーブルによれば、通常遊技状態であるときには、取得された大当たり乱数が「7」又は「8」のときに大当たりと判定される。一方、確変遊技状態であるときには、「7」〜「26」の20個の大当たり乱数が大当たりと判定される。なお、上記以外の値であった場合には「ハズレ」と判定される。   According to the jackpot determination table of the first special symbol shown in FIG. 4A, in the normal gaming state, when the acquired jackpot random number is “7” or “8”, it is determined to be a jackpot. On the other hand, when the probability variation gaming state, 20 big hit random numbers “7” to “26” are determined to be big hits. If the value is other than the above, it is determined as “lost”.
大当たり乱数の乱数範囲が「0」〜「598」であるから、通常遊技状態のときに大当たりと判定される確率は1/299.5であり、確変遊技状態のときに大当たりと判定される確率は10倍アップして1/29.9である。   Since the random number range of the jackpot random number is “0” to “598”, the probability of being determined to be a jackpot in the normal gaming state is 1 / 299.5, and the probability of being determined to be the jackpot in the probability variation gaming state Is increased by 10 times to 1 / 29.9.
図4(C)は、「普通図柄の当たり判定」に用いられる当り判定テーブルを例示する説明図である。
当たり判定テーブルは、遊技状態及び取得された普通図柄乱数に基づいて、「当たり」又は「ハズレ」を判定するものである。普通図柄乱数は、「0」〜「65535」のいずれかの数値として、ゲート125の通過時に取得される。
FIG. 4C is an explanatory diagram illustrating a hit determination table used for “normal symbol hit determination”.
The winning determination table is for determining “winning” or “losing” based on the gaming state and the acquired normal symbol random number. The normal symbol random number is acquired as a numerical value of “0” to “65535” when passing through the gate 125.
ここで図4(C)に示す遊技状態について説明を加える。
本実施形態では、第2始動装置123に近接して配置された電動チューリップ124に関する状態として「非時短遊技状態」と「時短遊技状態」とを有する。上述した大当たりの判定に関する状態(通常遊技状態、確変遊技状態)と電動チューリップ124に関する状態(非時短遊技状態、時短遊技状態)とは、それぞれの状態を関連させることもでき、独立させることもできる。
Here, a description will be given of the gaming state shown in FIG.
In the present embodiment, there are a “non-short game state” and a “short-time game state” as states relating to the electric tulip 124 arranged in proximity to the second starting device 123. The states related to the jackpot determination (the normal gaming state, the probability variation gaming state) and the states related to the electric tulip 124 (the non-short-time gaming state and the short-time gaming state) can be associated with each other or can be made independent. .
なお、遊技を開始したときの遊技状態、すなわち遊技機1の初期の遊技状態は、「通常遊技状態」であって「非時短遊技状態」に設定されている。
本実施形態において「非時短遊技状態」というのは、ゲート125を遊技球が通過したことを条件として行われる普通図柄の当たり判定において、その判定結果に対応する普通図柄の変動時間が12秒と長く設定され、かつ、当たりに当選した際の第2始動装置123の開放制御時間が0.2秒と短く設定された遊技状態をいう。つまり、ゲート125を遊技球が通過すると、普通図柄の抽選が行われて、普通図柄表示器205において普通図柄の変動表示が行われるが、普通図柄は変動表示が開始されてから12秒後に停止表示する。そして、抽選結果が当たりであった場合には、普通図柄の停止表示後に、電動チューリップ124の作動により第2始動装置123が約0.2秒間開放される。
It should be noted that the gaming state when the game is started, that is, the initial gaming state of the gaming machine 1 is the “normal gaming state” and is set to the “non-short game state”.
In the present embodiment, “non-short-time gaming state” means that in the normal symbol hit determination performed on the condition that the game ball has passed through the gate 125, the variation time of the normal symbol corresponding to the determination result is 12 seconds. This is a gaming state in which the opening control time of the second starting device 123 is set to be as short as 0.2 seconds when it is set to be long and won. In other words, when the game ball passes through the gate 125, the normal symbol is drawn, and the normal symbol display 205 displays the fluctuation of the normal symbol, but the normal symbol stops 12 seconds after the fluctuation display is started. indicate. If the lottery result is a win, the second starting device 123 is opened for about 0.2 seconds by the operation of the electric tulip 124 after the normal symbol is stopped.
これに対して「時短遊技状態」というのは、ゲート125を遊技球が通過したことを条件として行われる普通図柄の当たり判定において、その判定結果に対応する普通図柄の変動時間が3秒と、「非時短遊技状態」よりも短く設定され、かつ、当たりに当選した際の第2始動装置123の開放制御時間が3.5秒と、「非時短遊技状態」よりも長く設定された遊技状態をいう。さらに、「非時短遊技状態」においては普通図柄の当たり判定において当たりに当選する確率が1/65536に設定され、「時短遊技状態」においては普通図柄の当たり判定において当たりに当選する確率が65535/65536に設定される。なお、この時短遊技状態のときには、後述する時短遊技フラグが「ON」にセットされており、非時短遊技状態のときには、時短遊技フラグが「OFF」になっている。   On the other hand, the “short-time gaming state” means that in the normal symbol hit determination performed on the condition that the game ball has passed through the gate 125, the variation time of the normal symbol corresponding to the determination result is 3 seconds. A gaming state that is set to be shorter than the “non-short game state” and is set to be longer than the “non-short game state”, that is, the opening control time of the second starter 123 when winning in the win is 3.5 seconds. Say. Further, in the “non-short game state”, the probability of winning in the normal symbol hit determination is set to 1/65536, and in the “short time game state”, the probability of winning in the normal symbol hit determination is 65535 / 65536 is set. At this time, the short-time game flag, which will be described later, is set to “ON” in the short game state, and the short-time game flag is “OFF” in the non-short-time game state.
したがって、「時短遊技状態」においては、「非時短遊技状態」よりも、ゲート125を遊技球が通過する限りにおいて、第2始動装置123が開放状態に制御されやすくなる。これにより、「時短遊技状態」では、遊技の進行において遊技球の消費が抑えられる。   Therefore, in the “short-time gaming state”, the second starting device 123 is more easily controlled to the open state as long as the game ball passes through the gate 125 than in the “non-short-time gaming state”. Thereby, in the “short-time gaming state”, the consumption of the game ball is suppressed in the progress of the game.
また、ゲート125が遊技盤100の右側に設けられていることから、「時短遊技状態」のときには、ハンドル108のレバー109を大きく回転させた、いわゆる「右打ち」で遊技を行うこととなる。   In addition, since the gate 125 is provided on the right side of the game board 100, in the “short-time gaming state”, the game is played by so-called “right-handed” in which the lever 109 of the handle 108 is greatly rotated.
なお、普通図柄の当たり判定において当たりに当選する確率を「非時短遊技状態」および「時短遊技状態」のいずれの遊技状態であっても変わらないように設定してもよい。
図4(C)に示す当り判定テーブルによれば、非時短遊技状態であるときには、普通図柄乱数が「0」のときに当たりと判定される。一方、時短遊技状態であるときには、普通図柄乱数が「0」〜「65534」のいずれかであるときに当たりと判定される。なお、上記以外の乱数値であった場合には、「ハズレ」と判定される。
It should be noted that the probability of winning in the normal symbol hit determination may be set so that it does not change in any of the “non-short game state” and the “short-time game state”.
According to the hit determination table shown in FIG. 4 (C), in the non-time-saving gaming state, it is determined that the normal symbol random number is “0”. On the other hand, in the short-time gaming state, it is determined that the normal symbol random number is any one of “0” to “65534”. If the random number is other than the above, it is determined as “lost”.
普通図柄乱数の範囲が「0」〜「65535」であるから、非時短遊技状態のときに当たりと判定される確率は1/65536であり、時短遊技状態のときに当たりと判定される確率は65535/65536=1/1.00002である。   Since the range of normal symbol random numbers is “0” to “65535”, the probability of being determined to be hit in the non-short game state is 1/65536, and the probability of being determined to be win in the time-short game state is 65535 / 65536 = 1 / 1.00002.
図5は、特別図柄の停止図柄を決定する図柄決定テーブルを例示する説明図である。
図5(A)は、大当たりのときに停止図柄を決定するための図柄決定テーブルであり、図5(B)は、15R大当たりとなる確率を示す説明図であり、図5(C)は、ハズレのときに停止図柄を決定するための図柄決定テーブルである。
FIG. 5 is an explanatory diagram illustrating a symbol determination table for determining a special symbol stop symbol.
FIG. 5A is a symbol determination table for determining a stop symbol at the time of jackpot, FIG. 5B is an explanatory diagram showing the probability of 15R jackpot, and FIG. It is a symbol determination table for determining a stop symbol at the time of losing.
図5(A)では、「特別図柄」の種別(遊技球が第1始動装置122及び第2始動装置123のいずれに入球したか)と、第1始動装置122または第2始動装置123に遊技球が入球したときに取得される「大当たり図柄用乱数値」に基づいて、大当たりの「種別」及び停止図柄データが決定される。なお、大当たり図柄用乱数は、その範囲が「0」〜「99」に設定されている。また、確変大当たりとなるか通常大当たりとなるかの確率は、それぞれ1/2(50%)となっている。   In FIG. 5A, the type of “special symbol” (whether the game ball has entered the first starter 122 or the second starter 123) and the first starter 122 or the second starter 123 are The jackpot “type” and stop symbol data are determined based on the “hit symbol random number” acquired when the game ball enters. The range of the jackpot symbol random number is set to “0” to “99”. In addition, the probability of being a promiscuous jackpot or a normal jackpot is ½ (50%), respectively.
図5(A)に示すように、第1特別図柄において大当たりのときには大当たり図柄用乱数を参照し、大当たり図柄用乱数が「0」〜「49」のいずれかであれば、1/2の確率で「確変15R大当たり」となり、1/2の確率で「通常15R大当たり」となる。このときは、停止図柄データがそれぞれ「01」、「02」となる。   As shown in FIG. 5 (A), when the first special symbol is a jackpot, the jackpot symbol random number is referred to, and if the jackpot symbol random number is between “0” and “49”, the probability is ½. Becomes a “probable 15R jackpot” with a probability of 1/2 and becomes a “normal 15R jackpot”. At this time, the stop symbol data is “01” and “02”, respectively.
同様に、大当たり図柄用乱数が「50」〜「99」のいずれかであれば、1/2の確率で「確変8R大当たり」となり、1/2の確率で「通常8R大当たり」となる。このときは、停止図柄データがそれぞれ「03」、「04」となる。   Similarly, if the jackpot symbol random number is between “50” and “99”, it becomes “probability 8R jackpot” with a probability of 1/2, and “normal 8R jackpot” with a probability of 1/2. At this time, the stop symbol data becomes “03” and “04”, respectively.
第2特別図柄において大当たりのときにも大当たり用図柄乱数を参照し、大当たり図柄用乱数が「0」〜「74」のいずれかであれば、1/2の確率で「確変15R大当たり」となり、1/2の確率で「通常15R大当たり」となる。このときは、停止図柄データがそれぞれ「05」、「06」となる。   In the case of jackpot in the second special symbol, the jackpot symbol random number is referred to, and if the jackpot symbol random number is “0” to “74”, it becomes “probability 15R jackpot” with a probability of 1/2, It becomes “normal 15R big hit” with a probability of 1/2. At this time, the stop symbol data is “05” and “06”, respectively.
同様に、大当たり図柄用乱数が「75」〜「99」のいずれかであれば、1/2の確率で「確変8R大当たり」となり、1/2の確率で「通常8R大当たり」となる。このときは、停止図柄データがそれぞれ「07」、「08」となる。   Similarly, if the jackpot symbol random number is between “75” and “99”, it becomes “probability 8R jackpot” with a probability of 1/2 and “normal 8R jackpot” with a probability of 1/2. At this time, the stop symbol data becomes “07” and “08”, respectively.
図5(B)に示すように15R大当たりとなる割合は、第1特別図柄で大当たりとなった場合が50%であるのに対し、第2特別図柄で大当たりとなった場合は、75%となっている。   As shown in FIG. 5 (B), the ratio of 15R jackpot is 50% when the first special symbol is a big jackpot, whereas when the second special symbol is a big jackpot, it is 75%. It has become.
図5(C)に示すように、第1特別図柄においても第2特別図柄においても判定結果がハズレのときには、停止図柄データは「00」となる。
なお、特別図柄の種類(停止図柄データ)によって、大当たり終了後の遊技状態、大当たり態様が決定される。
As shown in FIG. 5C, when the determination result is lost in both the first special symbol and the second special symbol, the stop symbol data is “00”.
In addition, the game state after jackpot end and the jackpot mode are determined by the type of special symbol (stop symbol data).
[変動パターン決定テーブル]
図6は、特別図柄の変動パターンを決定する変動パターン決定テーブルを例示する説明図である。
[Variation pattern determination table]
FIG. 6 is an explanatory diagram illustrating a variation pattern determination table for determining the variation pattern of the special symbol.
図6に示すように、第1特別図柄及び第2特別図柄の変動パターン決定テーブルは共通となっている。変動パターンは、判定結果、遊技状態、保留球数、リーチ乱数、及び、変動パターン乱数に基づいて決定される。なお、リーチ乱数及び変動パターン乱数は「0」〜「99」の値をとる。   As shown in FIG. 6, the variation pattern determination tables for the first special symbol and the second special symbol are common. The variation pattern is determined based on the determination result, the gaming state, the number of reserved balls, the reach random number, and the variation pattern random number. The reach random number and the fluctuation pattern random number take values from “0” to “99”.
図6に例示されるように、判定結果が確変大当たりである場合、変動パターン乱数に基づいて変動パターンが決定される。具体的には、変動パターン乱数が「0」〜「29」のときは、変動パターン1が選択される。このとき、変動時間は20秒であり、リーチAによって大当たりとなる。そして、大当たり終了後、確変遊技状態で遊技が制御される。また、変動パターン乱数が「30」〜「99」のときは、変動パターン2が選択される。このとき、変動時間は30秒であり、リーチBによって大当たりとなる。そして、大当たり終了後、確変遊技状態で遊技が制御される。   As illustrated in FIG. 6, when the determination result is a probable big hit, the variation pattern is determined based on the variation pattern random number. Specifically, when the fluctuation pattern random number is “0” to “29”, the fluctuation pattern 1 is selected. At this time, the fluctuation time is 20 seconds, and the reach A is a big hit. Then, after the jackpot ends, the game is controlled in the probability variation gaming state. When the variation pattern random number is “30” to “99”, the variation pattern 2 is selected. At this time, the fluctuation time is 30 seconds, and a big hit is made by reach B. Then, after the jackpot ends, the game is controlled in the probability variation gaming state.
判定結果が通常大当たりである場合、変動パターン乱数に基づいて変動パターンが決定される。具体的には、変動パターン乱数が「0」〜「29」のときは、変動パターン1が選択される。このとき、変動時間は20秒であり、リーチAによって大当たりとなる。そして、大当たり終了後、通常遊技状態で遊技が制御される。また、変動パターン乱数が「30」〜「99」のときは、変動パターン2が選択される。このとき、変動時間は30秒であり、リーチBによって大当たりとなる。そして、大当たり終了後、通常遊技状態で遊技が制御される。   When the determination result is usually a big hit, the variation pattern is determined based on the variation pattern random number. Specifically, when the fluctuation pattern random number is “0” to “29”, the fluctuation pattern 1 is selected. At this time, the fluctuation time is 20 seconds, and the reach A is a big hit. Then, after the jackpot ends, the game is controlled in the normal gaming state. When the variation pattern random number is “30” to “99”, the variation pattern 2 is selected. At this time, the fluctuation time is 30 seconds, and a big hit is made by reach B. Then, after the jackpot ends, the game is controlled in the normal gaming state.
判定結果がハズレである場合、遊技状態、保留球数、リーチ判定用乱数、及び、変動パターン乱数に基づいて変動パターンが決定される。
具体的には、遊技状態が「非時短遊技状態」で保留球数が「0〜2」である場合、リーチ乱数及び変動パターン乱数により、変動パターン3,4,5のいずれかが選択される。変動パターン3は変動時間が10秒の通常変動であり、変動パターン4は変動時間が20秒でありリーチAでハズレとなり、変動パターン5は変動時間が30秒でありリーチBでハズレとなる。
When the determination result is a loss, the variation pattern is determined based on the gaming state, the number of reserved balls, the reach determination random number, and the variation pattern random number.
Specifically, when the game state is “non-short-time game state” and the number of held balls is “0 to 2”, one of the variation patterns 3, 4, and 5 is selected by the reach random number and the variation pattern random number. . The fluctuation pattern 3 is a normal fluctuation with a fluctuation time of 10 seconds, the fluctuation pattern 4 is a fluctuation time of 20 seconds and loses at reach A, and the fluctuation pattern 5 is a fluctuation time of 30 seconds and loses at reach B.
遊技状態が「非時短遊技状態」で保留球数が「3〜4」である場合、リーチ乱数及び変動パターン乱数により、変動パターン4,5,6のいずれかが選択される。変動パターン6は変動時間が5秒の短縮変動であり、変動パターン4は変動時間が20秒でありリーチAでハズレとなり、変動パターン5は変動時間が30秒でありリーチBでハズレとなる。   When the game state is “non-short game state” and the number of reserved balls is “3-4”, one of the variation patterns 4, 5, and 6 is selected by the reach random number and the variation pattern random number. The variation pattern 6 is a shortened variation with a variation time of 5 seconds, the variation pattern 4 has a variation time of 20 seconds and loses at reach A, and the variation pattern 5 has a variation time of 30 seconds and loses at reach B.
遊技状態が「時短遊技状態」で保留球数が「0〜1」である場合、リーチ乱数及び変動パターン乱数により、変動パターン3,4,5のいずれかが選択される。変動パターン3は変動時間が10秒の通常変動であり、変動パターン4は変動時間が20秒でありリーチAでハズレとなり、変動パターン5は変動時間が30秒でありリーチBでハズレとなる。   When the game state is “time-short game state” and the number of held balls is “0 to 1”, one of the variation patterns 3, 4, and 5 is selected by the reach random number and the variation pattern random number. The fluctuation pattern 3 is a normal fluctuation with a fluctuation time of 10 seconds, the fluctuation pattern 4 is a fluctuation time of 20 seconds and loses at reach A, and the fluctuation pattern 5 is a fluctuation time of 30 seconds and loses at reach B.
遊技状態が「時短遊技状態」で保留球数が「2〜4」である場合、リーチ乱数及び変動パターン乱数により、変動パターン4,6,7のいずれかが選択される。変動パターン4は変動時間が5秒の短縮変動であり、変動パターン4は変動時間が20秒でありリーチAでハズレとなり、変動パターン7は変動時間が5秒でありリーチCでハズレとなる。変動パターン7は、リーチであるにもかかわらず、変動時間の短い変動パターンである。   When the game state is “time-short game state” and the number of held balls is “2-4”, one of the variation patterns 4, 6, and 7 is selected by the reach random number and the variation pattern random number. The variation pattern 4 is a shortened variation with a variation time of 5 seconds, the variation pattern 4 has a variation time of 20 seconds and loses at reach A, and the variation pattern 7 has a variation time of 5 seconds and loses at reach C. The variation pattern 7 is a variation pattern having a short variation time despite being reach.
なお、図6に例示する特別図柄の変動パターン決定テーブルの特徴として、判定結果がハズレの場合に時短遊技状態であるときには、特別図柄の変動時間が短くなるように設定されている。例えば、大当たりの判定結果がハズレの場合に保留球数が「2」のときには、時短遊技状態であればリーチ乱数に基づいて95%の確率で変動時間が5秒の変動パターン6(短縮変動)が決定されるが、非時短遊技状態であれば変動時間が10秒を超える変動パターンが決定される。このように、時短遊技状態になると変動時間が短くなるように設定されている。   As a feature of the special symbol variation pattern determination table illustrated in FIG. 6, the special symbol variation time is set to be short when the determination result is lost and the game is in the short-time gaming state. For example, if the jackpot determination result is a loss and the number of held balls is “2”, if the game is in the short-time game state, the variation pattern 6 (shortening variation) with a variation time of 5 seconds with a probability of 95% based on the reach random number However, in the non-time-saving gaming state, a variation pattern in which the variation time exceeds 10 seconds is determined. In this manner, the variation time is set to be short when the time-saving gaming state is entered.
[電動チューリップユニット700]
図7〜図9を用いて、電動チューリップユニット700について説明する。図7は、電動チューリップユニット700の外観構成を示す斜視図であり、図8はこの電動チューリップユニット700の分解斜視図であり、図9(A)及び図9(B)は電動チューリップ124が閉状態の場合と開状態の場合をそれぞれ示す正面図である。
[Electric tulip unit 700]
The electric tulip unit 700 will be described with reference to FIGS. 7 is a perspective view showing an external configuration of the electric tulip unit 700, FIG. 8 is an exploded perspective view of the electric tulip unit 700, and FIGS. 9A and 9B show the closed state of the electric tulip 124. FIG. It is a front view which shows the case of a state and the case of an open state, respectively.
電動チューリップユニット700は、電動チューリップ124と、これを動作させる各種機構等により構成される。具体的に、電動チューリップユニット700は、第2始動装置123を開放又は閉塞するための電動チューリップ124と、この電動チューリップ124を開閉駆動(詳しくは一対の開閉片(羽根)124a,124bを開閉動作)させる開閉機構701と、開閉機構701を作動させるソレノイド式駆動機構702と、ソレノイド式駆動機構702をロックするロック機構703と、を備えている。   The electric tulip unit 700 includes an electric tulip 124 and various mechanisms that operate the tulip. Specifically, the electric tulip unit 700 opens and closes the second starting device 123, and the electric tulip 124 is opened and closed (specifically, a pair of opening and closing pieces (blades) 124a and 124b are opened and closed). ) Opening / closing mechanism 701, a solenoid type driving mechanism 702 for operating the opening / closing mechanism 701, and a lock mechanism 703 for locking the solenoid type driving mechanism 702.
電動チューリップユニット700は、遊技盤100に形成された開口内に配置され、一対の開閉片124a,124bが遊技盤100の盤面よりも前方に位置するよう、且つソレノイド式駆動機構702は全体として遊技盤100の後方に位置するように配置されている。電動チューリップユニット700は、図7、図9に示した取付け部材704を遊技盤100に固定することによって、遊技盤100に固定される。従って、遊技者が遊技機1をその前方側から見たとき、電動チューリップユニット700全体のうち遊技者から直接見えるのは、図1に示すように基本的には一対の開閉片124a,124bであり、ソレノイド式駆動機構702は遊技者からは直接は見えない。なお、図7〜図9では図示を省略したが、電動チューリップ124の近傍には、電動チューリップ124が作動したこと(即ち開状態になったこと)を検出する電動チューリップ作動検出スイッチ307a(図3参照)が設けられている。   The electric tulip unit 700 is disposed in an opening formed in the game board 100 so that the pair of opening / closing pieces 124a and 124b are positioned in front of the board surface of the game board 100, and the solenoid drive mechanism 702 is a game as a whole. It arrange | positions so that it may be located in the back of the board | substrate 100. FIG. The electric tulip unit 700 is fixed to the game board 100 by fixing the mounting member 704 shown in FIGS. 7 and 9 to the game board 100. Therefore, when the player views the gaming machine 1 from the front side, the pair of opening / closing pieces 124a and 124b are basically visible to the player in the entire electric tulip unit 700 as shown in FIG. Yes, the solenoid drive mechanism 702 is not directly visible to the player. Although not shown in FIGS. 7 to 9, in the vicinity of the electric tulip 124, an electric tulip operation detection switch 307 a (FIG. 3) that detects that the electric tulip 124 has been operated (that is, opened). Reference) is provided.
各開閉片(羽根)124a,124bは、取付け部材704の前部に設けた左右一対の軸穴705によって夫々後面下部から突設した軸部706を軸支されることにより矢印で示す左右方向に開閉自在に構成されており、各軸部706の内側の開閉片背面にはソレノイド式駆動機構702により上下動させられる突起状の被作動部材707が突設されている。軸穴705、軸部706、被作動部材707は、各開閉片124a,124bを開閉動作させる開閉機構701を構成している。   Each opening / closing piece (blade) 124a, 124b is supported in the left-right direction indicated by the arrow by pivotally supporting a shaft portion 706 projecting from the lower rear surface by a pair of left and right shaft holes 705 provided at the front portion of the mounting member 704. It is configured to be openable and closable, and a protrusion-like actuated member 707 that is moved up and down by a solenoid-type drive mechanism 702 protrudes from the back of the open / close piece inside each shaft portion 706. The shaft hole 705, the shaft portion 706, and the actuated member 707 constitute an opening / closing mechanism 701 that opens / closes each opening / closing piece 124a, 124b.
ソレノイド式駆動機構702は、ソレノイド駆動回路1000(図10参照)からの通電のオン・オフによって励磁状態(通電状態)と非励磁状態(非通電状態)に切り替わるコイル712、及びコイル712の非励磁時に弾性部材(コイルバネ等)による付勢によって前方へ突出する一方でコイル712の励磁時に後方へ退避するプランジャ714を備えたプル型の始動装置開閉ソレノイド307と、取付け部材704に固定されて始動装置開閉ソレノイド307を支持するベース部材715と、後部をベース部材715により軸支されることにより先端部を上下方向へ揺動(回動)させて開閉機構701及び各開閉片124a,124bを作動させる一対の作動アーム716と、プランジャ714の出没動作に連動して作動アーム716を揺動させるようにプランジャ714と作動アーム716を連結する連結部717と、を備えている。なお、ベース部材715は、取付け部材704の一部を構成している。また、作動アーム716を支持する手段としてのベース部材は、必ずしも始動装置開閉ソレノイド307を支持するベース部材715と一体である必要はなく、別部材であってもよい。   The solenoid-type drive mechanism 702 includes a coil 712 that switches between an energized state (energized state) and a non-excited state (non-energized state) when the energization from the solenoid drive circuit 1000 (see FIG. 10) is turned on and off, and the coil 712 is not energized. A pull-type starter opening / closing solenoid 307 provided with a plunger 714 that sometimes protrudes forward by urging by an elastic member (coil spring or the like) while retreating backward when the coil 712 is excited, and a mounting member 704 fixed to the starter A base member 715 that supports the open / close solenoid 307 and a rear portion that is pivotally supported by the base member 715 cause the tip portion to swing (rotate) in the vertical direction to operate the open / close mechanism 701 and the open / close pieces 124a and 124b. A pair of actuating arms 716 and an actuating arm 716 in conjunction with the movement of the plunger 714 A connecting portion 717 for connecting the plunger 714 and the actuating arm 716 so as to swing, and a. The base member 715 constitutes a part of the attachment member 704. Further, the base member as means for supporting the operation arm 716 is not necessarily integral with the base member 715 supporting the starter opening / closing solenoid 307, and may be a separate member.
プル型の始動装置開閉ソレノイド307は、周知のように固定鉄心に巻き付けたコイル712に通電したときに可動鉄心としてのプランジャ714を吸引して没入させ、非通電時に弾性部材によって突出方向へ戻すように構成されている。   As is well known, the pull-type starter opening / closing solenoid 307 attracts and immerses the plunger 714 as the movable iron core when the coil 712 wound around the fixed iron core is energized, and returns to the protruding direction by the elastic member when deenergized. It is configured.
各作動アーム716は、プランジャ714の出没方向(前後方向)と直交する方向(水平方向)へ延びる軸支部716aを後部に備えると共に軸支部716aをベース部材715(或いは、取付け部材704)に設けた支持部(支持穴)よって軸支されることにより先端部を上下方向へ揺動させて開閉機構701を作動させるように構成されている。各作動アーム716は、横軸716cにより一体化されている。   Each actuating arm 716 includes a shaft support portion 716a extending in a direction (horizontal direction) orthogonal to the direction in which the plunger 714 protrudes and retracts (front-rear direction), and a shaft support portion 716a provided on the base member 715 (or mounting member 704). The opening / closing mechanism 701 is actuated by pivoting in the vertical direction by being pivotally supported by a support portion (support hole). Each operating arm 716 is integrated by a horizontal shaft 716c.
各作動アーム716の先端部には、先端が開口した略円形の凹所716bを備えており、各凹所716bの開口内に各開閉片124a,124bの後面から突設した被作動部材707が遊嵌しており、作動アーム716の上下方向への揺動によって被作動部材707が上下方向に移動し、軸部706を中心として各開閉片124a,124bを左右に開閉動作させるように構成されている。即ち、作動アーム716の先端部が下降している時には被作動部材707が押し下げられるため各開閉片124a,124bは閉止状態となり、逆に作動アーム先端部が上昇しているときには被作動部材707が押し上げられるため、各開閉片124a,124bは開放状態となる。   Each operating arm 716 has a substantially circular recess 716b opened at the tip, and an actuated member 707 protruding from the rear surface of each opening / closing piece 124a, 124b in the opening of each recess 716b. It is loosely fitted, and the actuated member 707 moves in the up-down direction by swinging the actuating arm 716 in the up-down direction, and is configured to open and close the open / close pieces 124a, 124b about the shaft portion 706. ing. That is, when the tip of the operating arm 716 is lowered, the actuated member 707 is pushed down, so that the open / close pieces 124a and 124b are closed, and conversely, when the tip of the operating arm is raised, the actuated member 707 is Since it is pushed up, the open / close pieces 124a and 124b are opened.
連結部717は、プランジャ714の先端部に所定の間隔を隔てて中心部を固定された二枚の円板717aのギャップ間に、作動アーム716の内側面の後部上部に突設した突部716dを嵌合させた構成を備えており、プランジャ714が突出した状態にあるときには円板717aが突部716dを前方へ押圧して作動アーム716の先端部を下降させる一方で、プランジャ714が引っ込んだ状態にあるときには円板717aが突部716dを後方へ引いて作動アーム716の先端部を上昇させる。   The connecting portion 717 is a protrusion 716 d that protrudes from the gap between two discs 717 a that are fixed at the center of the distal end of the plunger 714 at a predetermined interval on the rear upper portion of the inner surface of the operating arm 716. When the plunger 714 is in a protruding state, the disk 717a pushes the protrusion 716d forward to lower the tip of the operating arm 716, while the plunger 714 is retracted. When in a state, the disk 717a pulls the protrusion 716d backward to raise the tip of the operating arm 716.
ロック機構703は、コイル712が非励磁状態にある時には作動アーム716をロックしてその揺動を禁止し、コイルが励磁状態になった時に作動アーム716の揺動禁止を解除するための機構である。ロック機構703の具体的構成や動作についての詳細説明は省略する。   The lock mechanism 703 is a mechanism for locking the operating arm 716 when the coil 712 is in a non-excited state and prohibiting the swing thereof, and releasing the prohibition of the swinging of the operating arm 716 when the coil is in an excited state. is there. A detailed description of the specific configuration and operation of the lock mechanism 703 will be omitted.
このように、電動チューリップユニット700においては、始動装置開閉ソレノイド307のコイル712に通電が行われている間は、プランジャ714が吸引されて電動チューリップ124が開き、コイル712に通電が行われていない間は、プランジャ714が弾性部材の付勢力により突出し、これにより電動チューリップ124が閉じる。なお、以下の説明で、電動チューリップ124について「作動する」というときは、電動チューリップ124が閉姿勢(閉状態)から開姿勢(開状態)に変化することを意味し、始動装置開閉ソレノイド307について「作動する」というときは、始動装置開閉ソレノイド307においてプランジャ714が突出した状態から吸引されること(延いてはその吸引により電動チューリップが開状態になること)を意味する。   Thus, in the electric tulip unit 700, while the coil 712 of the starter opening / closing solenoid 307 is energized, the plunger 714 is attracted to open the electric tulip 124, and the coil 712 is not energized. In the meantime, the plunger 714 protrudes by the biasing force of the elastic member, and the electric tulip 124 is thereby closed. In the following description, “actuating” the electric tulip 124 means that the electric tulip 124 changes from the closed position (closed state) to the open position (open state). “Activate” means that the plunger 714 is sucked from the protruding state of the starter opening / closing solenoid 307 (and the electric tulip is opened by the suction).
ところで、プランジャ714を吸引させて電動チューリップ124を作動させるためには、単にコイル712に電流を流す、というだけでは不十分で、プランジャ714を作動させるためには所定値以上の電流を通電する必要がある。具体的には、所定の初期駆動下限値以上の電流をコイル712に通電する必要がある。そのため、電動チューリップ124が閉状態の場合に、それを作動させて一定期間開状態に維持させるためには、まずは初期駆動下限値Id(図10(B)参照)以上の所定電流値の駆動電流をコイル712に通電する必要がある。そして、開状態に維持すべき期間中、その駆動電流を通電し続けることで、開状態を維持することができる。   By the way, in order to operate the electric tulip 124 by attracting the plunger 714, it is not sufficient to simply pass a current through the coil 712. In order to operate the plunger 714, it is necessary to supply a current of a predetermined value or more. There is. Specifically, the coil 712 needs to be energized with a current equal to or greater than a predetermined initial drive lower limit value. Therefore, when the electric tulip 124 is in the closed state, in order to operate it and maintain it in the open state for a certain period of time, first, a driving current having a predetermined current value equal to or greater than the initial driving lower limit Id (see FIG. 10B). It is necessary to energize the coil 712. And it can maintain an open state by continuing supplying with the drive current during the period which should be maintained in an open state.
しかし、電動チューリップ124を作動させるのに必要な電流は比較的大きな電流である。即ち、閉状態の電動チューリップ124を作動させる際には、慣性や摩擦(静摩擦)などの種々の要因によって、開状態を保持するのに必要な電流よりも大きな電流(大きな電力)が必要である。そのため、作動に必要な大きな電流(初期駆動下限値Id以上の電流。以下「初期駆動電流」ともいう。)で作動させた後、そのままその初期駆動電流を通電し続けると、コイル712の発熱が早く進む。よって、電動チューリップ124を繰り返し連続的に開閉させようとする場合に、オン時間(コイル712に駆動電圧が印加されて通電が行われる時間)とオフ時間(コイル712への駆動電圧の印加が停止される時間)との比であるデューティ比が制約を受け、デューティ比を大きくとることが困難となる。   However, the current required to operate the electric tulip 124 is a relatively large current. That is, when the electric tulip 124 in the closed state is operated, a current (large electric power) larger than that required to maintain the open state is required due to various factors such as inertia and friction (static friction). . For this reason, if the initial drive current continues to be applied after operating with a large current required for operation (current greater than the initial drive lower limit Id; hereinafter also referred to as “initial drive current”), the coil 712 generates heat. Proceed quickly. Therefore, when the electric tulip 124 is repeatedly opened and closed continuously, the on-time (time when the drive voltage is applied to the coil 712 and energization is performed) and the off-time (application of the drive voltage to the coil 712 is stopped). The duty ratio, which is a ratio with respect to the time to be used, is limited, and it becomes difficult to increase the duty ratio.
一方、電動チューリップ124が作動して開状態になった後は、その開状態を維持させるためには、必ずしも初期駆動下限値Id以上の電流を流す必要はなく、より低い電流によって開状態を維持させることができる。   On the other hand, after the electric tulip 124 is activated and opened, in order to maintain the opened state, it is not always necessary to pass a current equal to or higher than the initial drive lower limit Id, and the opened state is maintained with a lower current. Can be made.
そこで、本実施形態の遊技機1では、電動チューリップ124を作動させて一定時間開状態を維持させる場合に、作動開始時には初期駆動下限値Id以上の大きな初期駆動電流を通電するものの、その初期駆動電流を所定時間通電させて電動チューリップ124を作動させた後は、コイル712に流す電流を初期駆動電流よりも低く抑え、その低く抑えた電流(保持電流)によって開状態を維持させるようにする制御(以下「保持電流低減制御」という)機能を備えている。そして、保持電流低減制御を実現するために、本実施形態の遊技機1は、図10(A)に示すような、ソレノイド駆動回路1000を備えている。なお、本実施形態では、電動チューリップ124を作動させる際に常に保持電流低減制御を行うのではなく、保持電流低減制御を実行すべき特定の条件(実行条件)が成立している場合に保持電流低減制御を実行するようにしている。   Therefore, in the gaming machine 1 of the present embodiment, when the electric tulip 124 is operated to maintain the open state for a certain period of time, a large initial driving current greater than or equal to the initial driving lower limit value Id is energized at the start of the operation. After operating the electric tulip 124 by energizing the current for a predetermined time, the current flowing through the coil 712 is kept lower than the initial drive current, and the open state is maintained by the reduced current (holding current). (Hereinafter referred to as “holding current reduction control”). And in order to implement | achieve holding current reduction control, the game machine 1 of this embodiment is provided with the solenoid drive circuit 1000 as shown to FIG. 10 (A). In this embodiment, the holding current reduction control is not always performed when the electric tulip 124 is operated, but the holding current is satisfied when a specific condition (execution condition) for executing the holding current reduction control is satisfied. Reduction control is executed.
[ソレノイド駆動回路1000]
図10(A)に示すように、ソレノイド駆動回路1000は、主制御基板300に設けられている。ソレノイド駆動回路1000は、第1電圧源1001と、第2電圧源1002と、電圧切替スイッチ1003と、通電スイッチ1004とを備える。
[Solenoid drive circuit 1000]
As shown in FIG. 10A, the solenoid drive circuit 1000 is provided on the main control board 300. The solenoid drive circuit 1000 includes a first voltage source 1001, a second voltage source 1002, a voltage changeover switch 1003, and an energization switch 1004.
第1電圧源1001は、コイル712に初期駆動電流を流すために必要な第1駆動電圧Vs1(本実施形態では5V)を出力する。第1電圧源1001の具体的構成は種々考えられる。例えば、電源基板360から入力された直流の電源電圧を第1駆動電圧Vs1に降圧又は昇圧するレギュレータを備えた構成であってもよい。また例えば、電源基板360から入力される電源電圧のうち第1駆動電圧Vs1と同じ電圧値の電源電圧をそのまま第1駆動電圧Vs1として用いるような回路構成であってもよい。   The first voltage source 1001 outputs a first drive voltage Vs1 (5 V in the present embodiment) necessary for flowing an initial drive current through the coil 712. Various specific configurations of the first voltage source 1001 are conceivable. For example, a configuration may be provided that includes a regulator that steps down or boosts the DC power supply voltage input from the power supply board 360 to the first drive voltage Vs1. Further, for example, a circuit configuration in which a power supply voltage having the same voltage value as the first drive voltage Vs1 among the power supply voltages input from the power supply substrate 360 is used as the first drive voltage Vs1 may be used.
第2電圧源1002は、コイル712に保持電流Ik(図10(B)参照)を流すために必要な第2駆動電圧Vs2(本実施形態では3V)を出力する。第2電圧源1002の具体的構成についても、第1電圧源1001の場合と同様に種々考えられる。   The second voltage source 1002 outputs a second drive voltage Vs2 (3 V in the present embodiment) necessary for causing the holding current Ik (see FIG. 10B) to flow through the coil 712. Various specific configurations of the second voltage source 1002 are possible as in the case of the first voltage source 1001.
電圧切替スイッチ1003は、始動装置開閉ソレノイド30のコイル712へ印加する駆動電圧を第1駆動電圧Vs1又は第2駆動電圧Vs2の何れかに切り替えるためのスイッチである。この電圧切替スイッチ1003の動作は、メインCPU301aから出力されるスイッチ制御信号によって制御される。電圧切替スイッチ1003により選択された何れか一方の駆動電圧が、通電スイッチ1004を経て、ソレノイド駆動電圧Vsolとしてコイル712に印加される。コイル712に第1駆動電圧Vs1が印加されると、コイル712には、初期駆動下限値Id以上の初期駆動電流が流れる。コイル712に第2駆動電圧Vs2が印加されると、コイル712には、初期駆動電流よりも低い(本実施形態では初期駆動下限値よりも低い)保持電流Ikが流れる。   The voltage changeover switch 1003 is a switch for switching the drive voltage applied to the coil 712 of the starter opening / closing solenoid 30 to either the first drive voltage Vs1 or the second drive voltage Vs2. The operation of the voltage changeover switch 1003 is controlled by a switch control signal output from the main CPU 301a. One of the drive voltages selected by the voltage switch 1003 is applied to the coil 712 as the solenoid drive voltage Vsol via the energization switch 1004. When the first drive voltage Vs1 is applied to the coil 712, an initial drive current equal to or greater than the initial drive lower limit Id flows through the coil 712. When the second drive voltage Vs2 is applied to the coil 712, a holding current Ik that is lower than the initial drive current (lower than the initial drive lower limit value in the present embodiment) flows through the coil 712.
通電スイッチ1004は、電圧切替スイッチ1003からコイル712への通電経路を導通・遮断するためのスイッチである。この通電スイッチ1004は、メインCPU301aから出力される通電制御信号によって制御(オン・オフ)される。   The energization switch 1004 is a switch for conducting / interrupting the energization path from the voltage changeover switch 1003 to the coil 712. The energization switch 1004 is controlled (ON / OFF) by an energization control signal output from the main CPU 301a.
図10(B)を用いて、保持電流低減制御の実行時における、始動装置開閉ソレノイド307への通電パターン、及び通電に伴う電動チューリップ124の開閉状態の変化の一例を説明する。なお、図10(B)において、電チューとは、電動チューリップの略称である。   An example of the energization pattern to the starter opening / closing solenoid 307 and the change in the open / close state of the electric tulip 124 accompanying energization will be described with reference to FIG. Note that in FIG. 10B, electric Chu is an abbreviation for electric tulip.
図10(B)に示すように、本実施形態では、電動チューリップ124の開閉動作を複数回連続的に繰り返す場合、電気的には、ソレノイド駆動回路1000から駆動電圧が印加される所定のオン時間Tonと、ソレノイド駆動回路1000から駆動電圧が印加されない所定のオフ時間Toffとが、連続的に繰り返し発生する。さらに、保持電流低減制御の実行時には、オン時間Tonは、より詳しくは、第1駆動電圧Vs1が印加される初期駆動時間Taと、第2駆動電圧Vs2が印加される保持時間Tbとを有する。   As shown in FIG. 10B, in the present embodiment, when the opening and closing operation of the electric tulip 124 is continuously repeated a plurality of times, electrically, a predetermined on-time during which the drive voltage is applied from the solenoid drive circuit 1000 Ton and a predetermined off time Toff in which a drive voltage is not applied from the solenoid drive circuit 1000 continuously and repeatedly occur. Furthermore, when the holding current reduction control is executed, the on-time Ton more specifically includes an initial driving time Ta to which the first driving voltage Vs1 is applied and a holding time Tb to which the second driving voltage Vs2 is applied.
図10(B)に示すように、時刻t1で、ソレノイド駆動電圧Vsolとして第1駆動電圧Vs1がコイル712に印加されると、コイル712への通電が始まり、コイル712の通電電流が上昇していく。時刻t2で、コイル712の通電電流値が初期駆動下限値Idに達すると、プランジャ714の吸引動作が始まり、これにより電動チューリップ124が開き始める。そして、時刻t3で、電動チューリップ124が完全に開いた開状態となる。   As shown in FIG. 10B, when the first drive voltage Vs1 is applied to the coil 712 as the solenoid drive voltage Vsol at time t1, energization to the coil 712 starts, and the energization current of the coil 712 increases. Go. When the energization current value of the coil 712 reaches the initial drive lower limit Id at time t2, the suction operation of the plunger 714 starts, and thereby the electric tulip 124 starts to open. At time t3, the electric tulip 124 is fully opened.
時刻t4までは、コイル712には第1駆動電圧Vs1が印加され続けるため、時刻t2から少なくとも時刻t4までは、初期駆動電流(初期駆動下限値Id以上の電流)が流れ続ける。時刻t1から初期駆動時間Taが経過した時刻t4で、電圧切替スイッチ1003が切り替わることにより、ソレノイド駆動電圧Vsolとして第2駆動電圧Vs2がコイル712に印加されると、コイル712への通電電流は徐々に低下していく。そして、第2駆動電圧Vs2に対応した定常電流値である保持電流Ikまで低下すると、その後はその保持電流Ikが通電される。   Until time t4, the first drive voltage Vs1 is continuously applied to the coil 712, and therefore, the initial drive current (current greater than or equal to the initial drive lower limit Id) continues to flow from time t2 to at least time t4. When the second drive voltage Vs2 is applied to the coil 712 as the solenoid drive voltage Vsol by switching the voltage changeover switch 1003 at the time t4 when the initial drive time Ta has elapsed from the time t1, the energization current to the coil 712 is gradually increased. It will drop to. And if it falls to the holding current Ik which is a steady-state current value corresponding to the 2nd drive voltage Vs2, the holding current Ik will be energized after that.
時刻t4から時刻t5までの保持時間Tbの間は、コイル712に第2駆動電圧Vs2が印加され続け、これにより電動チューリップ124は開状態が維持される。時刻t5で、コイル712へのソレノイド駆動電圧Vsolの印加が停止されると、コイル712に流れる電流は低下していって0になる。またこれに伴い、時刻t5から若干遅延したタイミングで、プランジャ714が元の突出位置の方向へと動き始め、これにより電動チューリップ124は開状態から閉じ始め、時刻t6で閉状態となる。時刻t5でソレノイド駆動電圧Vsolを0にした後、規定のオフ時間Toffが経過したら、再び、始動装置開閉ソレノイド307の通電制御(上記の時刻t1以降の通電制御)を行う。   During the holding time Tb from the time t4 to the time t5, the second driving voltage Vs2 is continuously applied to the coil 712, whereby the electric tulip 124 is maintained in the open state. When the application of the solenoid drive voltage Vsol to the coil 712 is stopped at time t5, the current flowing through the coil 712 decreases and becomes zero. Accordingly, at a timing slightly delayed from time t5, the plunger 714 starts to move in the direction of the original protruding position, whereby the electric tulip 124 starts to close from the open state and closes at time t6. After the solenoid drive voltage Vsol is set to 0 at time t5, when the specified off time Toff has elapsed, the energization control of the starter opening / closing solenoid 307 is performed again (the above-described energization control after time t1).
[主制御基板のメイン処理]
図11を用いて、主制御基板300において実行されるメイン処理について説明する。図11は、主制御基板300において実行されるメイン処理の一例を示すフローチャートである。主制御基板300は、電源投入時に、このメイン処理を実行する。主制御基板300のメイン処理は、メインROM301bに記憶されているプログラムに基づいてメインCPU301aが実行するものである。
[Main control board main processing]
A main process executed in the main control board 300 will be described with reference to FIG. FIG. 11 is a flowchart illustrating an example of main processing executed in the main control board 300. The main control board 300 executes this main process when the power is turned on. The main process of the main control board 300 is executed by the main CPU 301a based on a program stored in the main ROM 301b.
メインCPU301aは、図11のメイン処理を開始すると、S1101で、メインRAM301cへのアクセスを許可する。この処理は、例えば電源投入後、1000msを待機した後に行われる。   When the main process of FIG. 11 is started, the main CPU 301a permits access to the main RAM 301c in S1101. This process is performed, for example, after waiting for 1000 ms after the power is turned on.
S1102では、RAMクリアスイッチが「ON」であるか否かを判断する。ここでRAMクリアスイッチが「ON」であると判断された場合(S1102:YES)、S1111へ移行する。一方、RAMクリアスイッチが「ON」でないと判断された場合(S1102:NO)、すなわちRAMクリアスイッチが「OFF」である場合には、S1103へ移行する。   In S1102, it is determined whether or not the RAM clear switch is “ON”. If it is determined that the RAM clear switch is “ON” (S1102: YES), the process proceeds to S1111. On the other hand, when it is determined that the RAM clear switch is not “ON” (S1102: NO), that is, when the RAM clear switch is “OFF”, the process proceeds to S1103.
S1103では、バックアップフラグが「ON」であるか否かを判断する。バックアップフラグは、メインRAM301cに記憶されるものであり、遊技機1への電源が遮断された状態になるとセットされて「ON」となる。ここでバックアップフラグが「ON」であると判断された場合(S1103:YES)、S1104へ移行する。一方、バックアップフラグが「ON」でないと判断された場合(S1103:NO)、すなわちバックアップフラグが「OFF」である場合には、S1111へ移行する。   In S1103, it is determined whether or not the backup flag is “ON”. The backup flag is stored in the main RAM 301c, and is set to “ON” when the power to the gaming machine 1 is cut off. If it is determined that the backup flag is “ON” (S1103: YES), the process proceeds to S1104. On the other hand, when it is determined that the backup flag is not “ON” (S1103: NO), that is, when the backup flag is “OFF”, the process proceeds to S1111.
S1104では、チェックサムが正常であるか否かを判断する。チェックサムとは、バックアップ情報に対して作成されるものであり、データの加算値が一致することでバックアップ情報の正当性を判断しようというものである。ここでチェックサムが正常であると判断された場合(S1104:YES)、S1105へ移行する。一方、チェックサムが正常でないと判断された場合(S1104:NO)、S1111へ移行する。   In S1104, it is determined whether the checksum is normal. The checksum is created for the backup information, and is intended to determine the validity of the backup information when the data addition values match. If it is determined that the checksum is normal (S1104: YES), the process proceeds to S1105. On the other hand, if it is determined that the checksum is not normal (S1104: NO), the process proceeds to S1111.
S1105では、復旧処理を実行する。復旧処理の詳細については後述する。
S1106では、CTC周期の設定を行う。この処理は、内蔵されているタイマカウンタであるCTCの周期を設定するものである。例えば4msに設定するという具合である。これにより、メインCPU301aは、CTCの周期で、後述するタイマ割込処理を実行する。
In S1105, recovery processing is executed. Details of the recovery process will be described later.
In S1106, the CTC cycle is set. This process sets the cycle of the CTC that is a built-in timer counter. For example, it is set to 4 ms. As a result, the main CPU 301a executes a timer interrupt process to be described later at a CTC cycle.
S1107では、電断監視処理を実行する。電断監視処理の詳細については後述する。
S1108では、割込禁止設定を行う。この処理は、メインCPU301aによるタイマ割込処理を禁止するものである。
In S1107, a power interruption monitoring process is executed. Details of the power interruption monitoring process will be described later.
In S1108, interrupt prohibition setting is performed. This process prohibits the timer interrupt process by the main CPU 301a.
S1109では、乱数更新処理を行う。この処理は、大当たり乱数、大当たり用図柄乱数、リーチ乱数、変動パターン乱数、及び普通図柄乱数の各種乱数値を更新するものである。これらの乱数値は、この処理が行われる毎に「1」加算される。なお、各乱数値は、予め設定された最大値に達した後は「0」に戻される。   In S1109, random number update processing is performed. This process is to update various random values of jackpot random numbers, jackpot symbol random numbers, reach random numbers, variation pattern random numbers, and regular symbol random numbers. These random numbers are incremented by “1” every time this process is performed. Each random value is returned to “0” after reaching a preset maximum value.
S1110では、割込許可設定を行う。この処理は、メインCPU301aによるタイマ割込処理を許可するものである。そして、S1110の処理終了後、S1107からの処理を繰り返す。   In S1110, interrupt permission setting is performed. This process permits timer interrupt processing by the main CPU 301a. Then, after the processing of S1110 is completed, the processing from S1107 is repeated.
S1111には、S1102で肯定判断された場合、S1103で否定判断された場合、及び、S1104で否定判断された場合に移行する。S1111では、RAMクリアを行う。RAMクリアとは、主制御基板300が設定する各種フラグやカウント値を初期化するものである。例えば各種フラグには、確変フラグや時短フラグが挙げられる。カウント値には、時短変動回数Wなどが挙げられる。   The process proceeds to S1111 when an affirmative determination is made in S1102, a negative determination is made in S1103, and a negative determination is made in S1104. In S1111, the RAM is cleared. The RAM clear is to initialize various flags and count values set by the main control board 300. For example, various flags include a probability variation flag and a time reduction flag. Examples of the count value include the number of short-time fluctuations W.
S1112では、周辺部初期設定を行う。この処理は、主制御基板300から払出制御基板310及び演出制御基板320へ初期設定コマンドを送信するものである。これにより、払出制御基板310及び演出制御基板320にて、初期設定が行われる。S1112の処理終了後、上述したS1106へ移行する。   In S1112, the peripheral part initial setting is performed. In this process, an initial setting command is transmitted from the main control board 300 to the payout control board 310 and the effect control board 320. Thereby, initial setting is performed on the payout control board 310 and the effect control board 320. After the process of S1112, the process proceeds to S1106 described above.
[復旧処理]
図12を用い、主制御基板300において実行される復旧処理について説明する。この復旧処理は、図11のS1105にて実行されるものである。
[Recovery processing]
The restoration process executed in the main control board 300 will be described using FIG. This restoration process is executed in S1105 of FIG.
最初のS1201では、作業領域を設定する。作業領域は、復旧処理に用いられる領域である。このS1201の処理では、作業領域をメインRAM301cに設定する。
S1202では、復旧コマンドを作成する。この復旧コマンドには、遊技状態に関するコマンドが含まれる。すなわち、確変遊技フラグ及び時短遊技フラグなどである。また、これらフラグに関するカウンタのカウント値が含まれる。さらに、保留表示に関連する保留情報が含まれる。
In the first step S1201, a work area is set. The work area is an area used for recovery processing. In the processing of S1201, the work area is set in the main RAM 301c.
In S1202, a recovery command is created. This recovery command includes a command related to the gaming state. That is, a probability variation game flag, a time-short game flag, and the like. In addition, the count value of the counter related to these flags is included. Furthermore, hold information related to the hold display is included.
S1203では、復旧コマンドを送信する。この処理は、S1202にて作成した復旧コマンドを演出制御基板320へ送信する処理である。
S1204ではバックアップフラグを「OFF」とし、その後、復旧処理を終了する。
In S1203, a recovery command is transmitted. This process is a process of transmitting the restoration command created in S1202 to the effect control board 320.
In S1204, the backup flag is set to “OFF”, and then the recovery process is terminated.
[電断監視処理]
図13を用い、主制御基板300において実行される電断監視処理について説明する。この電断監視処理は、図11のS1107にて実行されるものである。
[Power failure monitoring processing]
The power interruption monitoring process executed in the main control board 300 will be described with reference to FIG. This power interruption monitoring process is executed in S1107 of FIG.
最初のS1301では、割込禁止設定を行う。この処理は、メインCPU301aによるタイマ割込処理を禁止する処理である。
S1302では、電源が遮断されたか否かを判断する。この処理は、遊技機1への電源供給が遮断されたか否かを判断する処理である。ここで電源が遮断されたと判断された場合(S1302:YES)、S1303へ移行する。一方、電源が遮断されていないと判断された場合(S1302:NO)、S1306へ移行する。
In the first S1301, interrupt prohibition setting is performed. This process is a process for prohibiting the timer interrupt process by the main CPU 301a.
In S1302, it is determined whether or not the power supply is shut off. This process is a process for determining whether or not the power supply to the gaming machine 1 is cut off. If it is determined that the power supply has been cut off (S1302: YES), the process proceeds to S1303. On the other hand, if it is determined that the power supply is not shut off (S1302: NO), the process proceeds to S1306.
S1303では、バックアップ情報を作成して格納する。バックアップ情報はメインRAM301cに格納する。このとき、チェックサムを作成しバックアップ情報とともに格納する。バックアップ情報は、上述したように復旧コマンドの作成に用いられる。   In S1303, backup information is created and stored. The backup information is stored in the main RAM 301c. At this time, a checksum is created and stored together with the backup information. The backup information is used for creating a recovery command as described above.
S1304では、バックアップフラグを「ON」にする。バックアップフラグは、メインRAM301cに格納される。
S1305ではRAMアクセスを禁止し、その後、メイン処理(図11参照)を終了する。
In S1304, the backup flag is set to “ON”. The backup flag is stored in the main RAM 301c.
In S1305, RAM access is prohibited, and then the main process (see FIG. 11) is terminated.
S1306には、S1302で電源が遮断されていないと判断された場合に移行する。S1306では、割込許可設定を行う。この処理は、メインCPU301aのタイマ割込処理を許可するものである。S1306の処理終了後、図11のS1108へ移行する。   The process proceeds to S1306 when it is determined in S1302 that the power is not shut off. In S1306, interrupt permission setting is performed. This process permits the timer interrupt process of the main CPU 301a. After the processing of S1306 is completed, the process proceeds to S1108 in FIG.
[タイマ割込処理]
図14を用いて、主制御基板300において実行されるタイマ割込み処理について説明する。図14は、主制御基板300において実行されるタイマ割込み処理の一例を示すフローチャートである。主制御基板300は、電源投入時や電源断時等の特殊な場合を除く通常の動作時において、図14に例示されている一連の処理を一定時間(例えば4ミリ秒)毎に繰り返し実行する。なお、図14以降のフローチャートに基づいて説明する主制御基板300の処理は、メインROM301bに記憶されているプログラムに基づいてメインCPU301aが実行するものである。
[Timer interrupt processing]
The timer interrupt process executed in the main control board 300 will be described with reference to FIG. FIG. 14 is a flowchart showing an example of timer interrupt processing executed in the main control board 300. The main control board 300 repeatedly executes a series of processes illustrated in FIG. 14 at regular time intervals (for example, 4 milliseconds) during a normal operation except for special cases such as when the power is turned on and when the power is turned off. . Note that the processing of the main control board 300 described based on the flowcharts of FIG. 14 and thereafter is executed by the main CPU 301a based on a program stored in the main ROM 301b.
まず、S1401では、乱数更新処理を実行する。この処理は、大当たり乱数、大当たり用図柄乱数、リーチ乱数、変動パターン乱数、及び普通図柄乱数の各種乱数値を更新するものである。これらの乱数値は、この処理が行われる毎に「1」加算される。なお、各乱数値は、予め設定された最大値に達した後は「0」に戻される。   First, in S1401, random number update processing is executed. This process is to update various random values of jackpot random numbers, jackpot symbol random numbers, reach random numbers, variation pattern random numbers, and regular symbol random numbers. These random numbers are incremented by “1” every time this process is performed. Each random value is returned to “0” after reaching a preset maximum value.
S1402では、スイッチ処理を行う。この処理は、各スイッチからの検知信号が入力された場合に実行されるものである。なお、スイッチ処理の詳細については後述する。
S1403では、特別図柄処理を行う。この処理は、第1特別図柄表示器201又は第2特別図柄表示器202に特別図柄を変動表示させてから特別図柄判定の結果を示す停止図柄を停止表示させる処理等を含む。なお、特別図柄処理の詳細については後述する。
In S1402, a switch process is performed. This process is executed when a detection signal from each switch is input. Details of the switch process will be described later.
In S1403, special symbol processing is performed. This process includes a process of stopping and displaying a stop symbol indicating the result of the special symbol determination after the special symbol is variably displayed on the first special symbol display 201 or the second special symbol display 202. Details of the special symbol process will be described later.
S1404では、普通図柄処理を行う。この処理は、普通図柄判定を実行し、普通図柄表示器205に普通図柄を変動表示させてから普通図柄判定の結果を示す普通図柄を停止表示させる処理等を含む。この普通図柄処理の詳細については後述する。   In S1404, normal symbol processing is performed. This process includes a process of executing normal symbol determination, causing the normal symbol display 205 to display the normal symbol variably, and then stopping and displaying the normal symbol indicating the result of the normal symbol determination. Details of this normal symbol processing will be described later.
S1405では、電動チューリップ処理を行う。この処理は、普通図柄判定を行った結果、第2始動装置123を開放すると判定した場合に、電動チューリップ124を作動させるものである。電動チューリップ処理の詳細については後述する。   In S1405, electric tulip processing is performed. This process activates the electric tulip 124 when it is determined that the second starter 123 is to be released as a result of the normal symbol determination. Details of the electric tulip process will be described later.
S1406では、大入賞装置開放制御処理を行う。この処理は、S1403において大当たりであると判定した場合、大入賞装置開閉ソレノイド308を制御して大入賞装置126を開放するものである。大入賞装置開放制御処理の詳細については後述する。   In S1406, a special winning device opening control process is performed. In this process, when it is determined in S1403 that it is a big hit, the big winning device opening / closing solenoid 308 is controlled to open the big winning device 126. Details of the big prize device opening control process will be described later.
S1407では、賞球処理を実行する。この処理は、遊技球の入賞に応じた賞球の払い出しを制御するものである。
S1408では、送信処理を実行する。この処理は、S1407以前の処理ステップにおいてメインRAM301cにセット(格納)された各種コマンドや演出内容を決定するために必要な情報を演出制御基板320に送信するものである。
In S1407, prize ball processing is executed. This process controls the payout of prize balls according to the winning of game balls.
In S1408, transmission processing is executed. In this process, information necessary for determining various commands and contents of effects set (stored) in the main RAM 301c in the processing steps before S1407 is transmitted to the effect control board 320.
[スイッチ処理]
図15は、図14のS1402におけるスイッチ処理の詳細を示すフローチャートである。
[Switch processing]
FIG. 15 is a flowchart showing details of the switch processing in S1402 of FIG.
最初のS1501では、第1始動装置スイッチ処理を実行する。この処理は、第1始動装置検出スイッチ304からの検知信号の入力の有無を監視して、S1401の処理によって適宜更新される各種乱数(大当たり乱数、大当たり用図柄乱数、リーチ乱数、及び変動パターン乱数)について、第1始動装置検出スイッチ304からの検知信号が入力された時点の値を取得するものである。第1始動装置スイッチ処理については、さらに後述する。   In the first S1501, the first starter switch process is executed. This process monitors the presence / absence of a detection signal input from the first starter detection switch 304, and various random numbers (big hit random number, big hit symbol random number, reach random number, and variation pattern random number that are appropriately updated by the processing of S1401. ) Is obtained at the time when the detection signal from the first starter detection switch 304 is input. The first starter switch process will be further described later.
続くS1502では、第2始動装置スイッチ処理を実行する。この処理は、第2始動装置検出スイッチ305からの検知信号の入力の有無を監視して、S1401の処理によって適宜更新される各種乱数(大当たり乱数、大当たり用図柄乱数、リーチ乱数、及び変動パターン乱数)について、第2始動装置検出スイッチ305からの検知信号が入力された時点の値を取得するものである。第2始動装置スイッチ処理についてはさらに後述する。   In subsequent S1502, second starter switch processing is executed. This process monitors the presence / absence of a detection signal input from the second starter detection switch 305, and various random numbers (big hit random number, big hit symbol random number, reach random number, and variation pattern random number that are appropriately updated by the processing of S1401. ) Is obtained at the time when the detection signal from the second starter detection switch 305 is input. The second starter switch process will be further described later.
次のS1503では、ゲートスイッチ処理を実行する。この処理は、ゲート検出スイッチ303からの検知信号の入力の有無を監視して、S1401の処理によって適宜更新される普通図柄乱数について、ゲート検出スイッチ303からの検知信号が入力された時点の値を取得するものである。ゲートスイッチ処理についてはさらに後述する。   In the next S1503, gate switch processing is executed. This process monitors the presence / absence of a detection signal input from the gate detection switch 303, and determines the value at the time when the detection signal from the gate detection switch 303 is input for the normal symbol random number updated as appropriate in the process of S1401. To get. The gate switch process will be further described later.
[第1始動装置スイッチ処理]
図16は、図15のS1501における第1始動装置スイッチ処理の詳細を示すフローチャートである。
[First starter switch processing]
FIG. 16 is a flowchart showing details of the first starter switch process in S1501 of FIG.
最初のS1601では、第1始動装置検出スイッチ304が「ON」になったか否かを判定する。この処理は、第1始動装置検出スイッチ304からの検知信号(第1始動装置検出スイッチ304が「ON」になったことを示すON信号)が入力されたか否かに基づいて、第1始動装置検出スイッチ304が「ON」になったか否かを判定するものである。ここで第1始動装置検出スイッチ304が「ON」になったと判定した場合(S1601:YES)、S1602へ移行する。一方、第1始動装置検出スイッチ304が「ON」になっていないと判定した場合(S1601:NO)、以降の処理を実行せず、第1始動装置スイッチ処理を終了する。   In first step S1601, it is determined whether or not the first starter detection switch 304 has been turned “ON”. This processing is based on whether or not a detection signal from the first starter detection switch 304 (ON signal indicating that the first starter detection switch 304 is “ON”) is input. It is determined whether or not the detection switch 304 is turned “ON”. Here, when it is determined that the first starter detection switch 304 is “ON” (S1601: YES), the process proceeds to S1602. On the other hand, if it is determined that the first starter detection switch 304 is not “ON” (S1601: NO), the subsequent process is not executed and the first starter switch process is terminated.
S1602では、保留数U1が最大保留数Umax1未満であるか否かを判断する。この処理は、メインRAM301cに記憶されている第1特別図柄判定の保留数U1が、予めメインROM301bに記憶されている最大保留数Umax1(本実施形態では「4」)未満であるか否かを判断するものである。ここで、U1<Umax1であると判断された場合(S1602:YES)、S1603へ移行する。一方、U1≧Umax1であると判断された場合(S1602:NO)、以降の処理を実行せず、第1始動装置スイッチ
処理を終了する。
In S1602, it is determined whether or not the hold number U1 is less than the maximum hold number Umax1. In this process, it is determined whether or not the hold number U1 for the first special symbol determination stored in the main RAM 301c is less than the maximum hold number Umax1 ("4" in the present embodiment) stored in the main ROM 301b in advance. Judgment. If it is determined that U1 <Umax1 (S1602: YES), the process proceeds to S1603. On the other hand, when it is determined that U1 ≧ Umax1 (S1602: NO), the subsequent processing is not executed and the first starter switch processing is terminated.
S1603では、保留数U1の値を現在の値から「1」加算した値に更新する。
S1604〜S1607では、各種乱数を取得する。この処理は、第1特別図柄判定に使用する取得情報として、大当たり乱数、大当たり用図柄乱数、リーチ乱数、及び変動パターン乱数を取得し、これらの乱数を対応付けてメインRAM301cに格納するものである。
In S1603, the value of the holding number U1 is updated to a value obtained by adding “1” from the current value.
In S1604 to S1607, various random numbers are acquired. In this process, a jackpot random number, a jackpot symbol random number, a reach random number, and a variation pattern random number are acquired as acquisition information used for the first special symbol determination, and these random numbers are associated with each other and stored in the main RAM 301c. .
S1608では、事前判定を行う。ここでは、大当たり判定、大当たり図柄の決定、及び、変動パターンの選択を事前に行う。これらの処理は、後述する特別図柄処理で行われるものと同様のものである。したがって、詳細な処理については、後述する。   In S1608, a prior determination is performed. Here, jackpot determination, determination of jackpot symbol, and selection of variation pattern are performed in advance. These processes are the same as those performed in the special symbol process described later. Therefore, detailed processing will be described later.
ここでは最初に、S1604にて取得した大当たり用乱数に基づいて大当たりであるか否かを判定する。
大当たり判定の結果が大当たりであるときには、S1605にて取得した大当たり図柄乱数に基づいて大当たり図柄(停止図柄データ)を決定する。図5(A)に示したように、大当たり図柄乱数が「0〜49」のときは15R大当たりとなり、大当たり図柄乱数が「50〜99」のときは8R大当たりとなる。また、15R大当たりのうち1/2の割合で確変15R大当たりとなり、1/2の割合で通常15R大当たりとなる。このときはそれぞれ、停止図柄データが「01」、「02」となる。また、8R大当たりのうち1/2の割合で確変8R大当たりとなり、1/2の割合で通常8R大当たりとなる。このときはそれぞれ、停止図柄データが「03」、「04」となる。
Here, it is first determined whether or not the jackpot is based on the jackpot random number acquired in S1604.
If the result of the jackpot determination is a jackpot, a jackpot symbol (stop symbol data) is determined based on the jackpot symbol random number acquired in S1605. As shown in FIG. 5A, when the jackpot symbol random number is “0 to 49”, it becomes 15R jackpot, and when the jackpot symbol random number is “50 to 99”, it becomes 8R jackpot. Further, the probability variation 15R jackpot is a half of the 15R jackpot, and the ratio is usually 15R jackpot at a ratio of 1/2. At this time, the stop symbol data is “01” and “02”, respectively. Further, the probability variation 8R jackpot is a half of the 8R jackpot, and the ratio of 1/2 is usually the 8R jackpot. At this time, the stop symbol data is “03” and “04”, respectively.
一方、大当たり判定の結果がハズレであるときには、ハズレ図柄(停止図柄データ)が選択される。ハズレのときの停止図柄データは「00」である。
また、大当たり判定の結果が大当たりであるときには、S1607にて取得した変動パターン乱数に基づいて変動パターンを選択する。具体的には、図6に示すように、大当たりの場合には、変動パターン1又は変動パターン2が選択される。
On the other hand, when the result of the jackpot determination is a loss, a lost symbol (stop symbol data) is selected. The stop symbol data at the time of losing is “00”.
If the result of the jackpot determination is a jackpot, a variation pattern is selected based on the variation pattern random number acquired in S1607. Specifically, as shown in FIG. 6, in the case of a big hit, the fluctuation pattern 1 or the fluctuation pattern 2 is selected.
一方、大当たり判定の結果がハズレであるときには、S1606にて取得したリーチ乱数、S1607にて取得した変動パターン乱数、遊技状態、及び、保留数に基づいて、変動パターンを選択する。この場合は、変動パターン3〜変動パターン6のいずれかが選択される。   On the other hand, when the result of the jackpot determination is a loss, a variation pattern is selected based on the reach random number acquired in S1606, the variation pattern random number acquired in S1607, the gaming state, and the number of holds. In this case, one of the fluctuation pattern 3 to the fluctuation pattern 6 is selected.
上述したように、大当たり判定、大当たり図柄の決定、及び、変動パターンの選択は、後述する特別図柄処理で行われる。したがって、変動パターンは、特別図柄処理を実行する時点での保留数に応じて、変更されることがあり得る。   As described above, the jackpot determination, the determination of the jackpot symbol, and the selection of the variation pattern are performed by special symbol processing described later. Therefore, the variation pattern may be changed according to the number of holds at the time of executing the special symbol process.
S1609では、保留コマンドをセットする。保留コマンドには、第1特別図柄に係る保留であるか第2特別図柄に係る保留であるかを区別する「始動装置データ」、何番目の保留であるかを示す「保留数データ」(すなわち保留数U1)、大当たり種類及びハズレを示す「停止図柄データ」、変動パターンを示す「変動パターンデータ」が含まれる。   In S1609, a hold command is set. The hold command includes “starter data” for distinguishing whether the hold is related to the first special symbol or the second special symbol, and “hold number data” indicating the number of the hold (ie, the hold number data). The number of reservations U1), “stop symbol data” indicating the jackpot type and loss, and “variation pattern data” indicating the variation pattern are included.
なお、S1609でセットされた保留コマンドは、図14のS1408の送信処理にて演出制御基板320へ送信される。
[第2始動装置スイッチ処理]
図17は、図15のS1502における第2始動装置スイッチ処理の詳細を示すフローチャートである。第2始動装置スイッチ処理は、上述した第1始動装置スイッチ処理と同様のものである。
Note that the hold command set in S1609 is transmitted to the effect control board 320 in the transmission process of S1408 in FIG.
[Second starter switch processing]
FIG. 17 is a flowchart showing details of the second starter switch process in S1502 of FIG. The second starter switch process is the same as the first starter switch process described above.
最初のS1701では、第2始動装置検出スイッチ305が「ON」になったか否かを判定する。この処理は、第2始動装置検出スイッチ305からの検知信号(第2始動装置検出スイッチ305が「ON」になったことを示すON信号)が入力されたか否かに基づいて、第2始動装置検出スイッチ305が「ON」になったか否かを判定するものである。ここで第2始動装置検出スイッチ305が「ON」になったと判定した場合(S1701:YES)、S1702へ移行する。一方、第2始動装置検出スイッチ305が「ON」になっていないと判定した場合(S1701:NO)、以降の処理を実行せず、第2始動装置スイッチ処理を終了する。   In the first S1701, it is determined whether or not the second starter detection switch 305 is turned “ON”. This process is based on whether or not a detection signal from the second starter detection switch 305 (ON signal indicating that the second starter detection switch 305 is “ON”) is input. It is determined whether or not the detection switch 305 is turned “ON”. Here, when it is determined that the second starter detection switch 305 is “ON” (S1701: YES), the process proceeds to S1702. On the other hand, when it is determined that the second starter detection switch 305 is not “ON” (S1701: NO), the subsequent process is not executed and the second starter switch process is terminated.
S1702では、保留数U2が最大保留数Umax2未満であるか否かを判断する。この処理は、メインRAM301cに記憶されている第2特別図柄保留数U2が、予めメインROM301bに記憶されている最大保留数Umax2(本実施形態では「4」)未満であるか否かを判断するものである。ここで、U2<Umax2であると判断された場合(S1702:YES)、S1703へ移行する。一方、U2≧Umax2であると判断された場合(S1702:NO)、以降の処理を実行せず、第2始動装置スイッチ処理を終了する。   In S1702, it is determined whether or not the hold number U2 is less than the maximum hold number Umax2. In this process, it is determined whether or not the second special symbol hold number U2 stored in the main RAM 301c is less than the maximum hold number Umax2 ("4" in the present embodiment) stored in the main ROM 301b in advance. Is. Here, when it is determined that U2 <Umax2 is satisfied (S1702: YES), the process proceeds to S1703. On the other hand, if it is determined that U2 ≧ Umax2 (S1702: NO), the subsequent processing is not executed and the second starter switch processing is terminated.
S1703では、保留数U2の値を現在の値から「1」加算した値に更新する。
S1704〜S1707では、各種乱数を取得する。この処理は、第2特別図柄判定に使用する取得情報として、大当たり乱数、大当たり用図柄乱数、リーチ乱数、及び変動パターン乱数を取得し、これらの乱数を対応付けてメインRAM301cに格納するものである。
In step S1703, the value of the hold count U2 is updated to a value obtained by adding “1” from the current value.
In S1704 to S1707, various random numbers are acquired. This process acquires jackpot random numbers, jackpot symbol random numbers, reach random numbers, and variation pattern random numbers as acquisition information used for the second special symbol determination, associates these random numbers, and stores them in the main RAM 301c. .
S1708では、事前判定を行う。ここでは、大当たり判定、大当たり図柄の決定、及び、変動パターンの選択を事前に行う。これらの処理は、後述する特別図柄処理で行われるものと同様のものである。したがって、詳細な処理については、後述する。   In S1708, a prior determination is performed. Here, jackpot determination, determination of jackpot symbol, and selection of variation pattern are performed in advance. These processes are the same as those performed in the special symbol process described later. Therefore, detailed processing will be described later.
ここでは最初に、S1704にて取得した大当たり用乱数に基づいて大当たりであるか否かを判定する。
大当たり判定の結果が大当たりであるときには、S1705にて取得した大当たり用図柄乱数に基づいて大当たり図柄(停止図柄データ)を決定する。図5(A)に示したように、大当たり用図柄乱数が「0〜74」のときは15R大当たりとなり、大当たり図柄乱数が「75〜99」のときは8R大当たりとなる。また、15R大当たりのうち1/2の割合で確変15R大当たりとなり、1/2の割合で通常15R大当たりとなる。このときはそれぞれ、停止図柄データが「05」、「06」となる。また、8R大当たりのうち1/2の割合で確変8R大当たりとなり、1/2の割合で通常8R大当たりとなる。このときはそれぞれ、停止図柄データが「07」、「08」となる。
Here, it is first determined whether or not the jackpot is based on the jackpot random number acquired in S1704.
If the result of the jackpot determination is a jackpot, a jackpot symbol (stop symbol data) is determined based on the jackpot symbol random number acquired in S1705. As shown in FIG. 5A, when the jackpot symbol random number is “0 to 74”, it becomes 15R jackpot, and when the jackpot symbol random number is “75 to 99”, it becomes 8R jackpot. Further, the probability variation 15R jackpot is a half of the 15R jackpot, and the ratio is usually 15R jackpot at a ratio of 1/2. At this time, the stop symbol data is “05” and “06”, respectively. Further, the probability variation 8R jackpot is a half of the 8R jackpot, and the ratio of 1/2 is usually the 8R jackpot. At this time, the stop symbol data becomes “07” and “08”, respectively.
一方、大当たり判定の結果がハズレであるときには、ハズレ図柄(停止図柄データ)が選択される。ハズレのときの停止図柄データは「00」である。
また、大当たり判定の結果が大当たりであるときには、S1707にて取得した変動パターン乱数に基づいて変動パターンを選択する。具体的には、図6に示すように、大当たりの場合には、変動パターン1又は変動パターン2が選択される。
On the other hand, when the result of the jackpot determination is a loss, a lost symbol (stop symbol data) is selected. The stop symbol data at the time of losing is “00”.
If the result of the jackpot determination is a jackpot, a variation pattern is selected based on the variation pattern random number acquired in S1707. Specifically, as shown in FIG. 6, in the case of a big hit, the fluctuation pattern 1 or the fluctuation pattern 2 is selected.
一方、大当たり判定の結果がハズレであるときには、S1706にて取得したリーチ乱数、S1707にて取得した変動パターン乱数、遊技状態、及び、保留数に基づいて、変動パターンを選択する。このときは、変動パターン3〜変動パターン6のいずれかが選択される。   On the other hand, if the result of the jackpot determination is a loss, a variation pattern is selected based on the reach random number acquired in S1706, the variation pattern random number acquired in S1707, the gaming state, and the number of holds. At this time, any one of the fluctuation patterns 3 to 6 is selected.
上述したように、大当たり判定、大当たり図柄の決定、及び、変動パターンの選択は、後述する特別図柄処理で行われる。したがって、変動パターンは、特別図柄処理を実行する時点での保留数に応じて、変更されることがあり得る。   As described above, the jackpot determination, the determination of the jackpot symbol, and the selection of the variation pattern are performed by special symbol processing described later. Therefore, the variation pattern may be changed according to the number of holds at the time of executing the special symbol process.
S1709では、保留コマンドをセットする。保留コマンドには、第1特別図柄に係る保留であるか第2特別図柄に係る保留であるかを区別する「始動装置データ」、何番目の保留であるかを示す「保留数データ」(すなわち保留数U2)、大当たり種類及びハズレを示す「停止図柄データ」、変動パターンを示す「変動パターンデータ」が含まれる。   In S1709, a hold command is set. The hold command includes “starter data” for distinguishing whether the hold is related to the first special symbol or the second special symbol, and “hold number data” indicating the number of the hold (ie, the hold number data). The number of reservations U2), “stop symbol data” indicating the jackpot type and loss, and “variation pattern data” indicating the variation pattern are included.
なお、S1709でセットされた保留コマンド及び先読みコマンドは、図14のS1408の送信処理にて演出制御基板320へ送信される。
[ゲートスイッチ処理]
図18は、図15のS1503におけるゲートスイッチ処理の詳細を示すフローチャートである。
Note that the hold command and the prefetch command set in S1709 are transmitted to the effect control board 320 in the transmission processing in S1408 of FIG.
[Gate switch processing]
FIG. 18 is a flowchart showing details of the gate switch processing in S1503 of FIG.
最初のS1801では、ゲート検出スイッチ303が「ON」となったか否かを判断する。この処理は、ゲート検出スイッチ303からの検知信号(ゲート検出スイッチ303が「ON」になったことを示すON信号)が入力されたか否かに基づいて、ゲート検出スイッチ303が「ON」になったか否かを判断するものである。ここでゲート検出スイッチ303が「ON」になったと判断された場合(S1801:YES)、S1802へ移行する。一方、ゲート検出スイッチ303が「ON」になっていないと判断された場合(S1801:NO)、以降の処理を実行せず、ゲートスイッチ処理を終了する。   In the first S1801, it is determined whether or not the gate detection switch 303 is “ON”. In this process, the gate detection switch 303 is turned “ON” based on whether or not a detection signal from the gate detection switch 303 (ON signal indicating that the gate detection switch 303 is “ON”) is input. It is determined whether or not. If it is determined that the gate detection switch 303 is “ON” (S1801: YES), the process proceeds to S1802. On the other hand, if it is determined that the gate detection switch 303 is not “ON” (S1801: NO), the subsequent processing is not executed and the gate switch processing is terminated.
S1802では、保留数Tが最大保留数Tmax未満であるか否かを判断する。この処理は、メインRAM301cに記憶されている普通図柄判定の保留数Tが、メインROM301bに予め記憶されている普通図柄判定の最大保留数Tmax(本実施形態では「4」)未満であるか否かを判断するものである。ここでT<Tmaxであると判断された場合(S1802:YES)、S1803へ移行する。一方、T≧Tmaxであると判断された場合(S1802:NO)、以降の処理を実行せずに、ゲートスイッチ処理を終了する。   In S1802, it is determined whether the hold number T is less than the maximum hold number Tmax. In this process, whether or not the normal symbol determination hold number T stored in the main RAM 301c is less than the maximum normal symbol determination hold number Tmax ("4" in this embodiment) stored in advance in the main ROM 301b. It is a judgment. If it is determined that T <Tmax (S1802: YES), the process proceeds to S1803. On the other hand, if it is determined that T ≧ Tmax (S1802: NO), the gate switch process is terminated without executing the subsequent processes.
S1803では、保留数Tを現在の値から「1」加算した値に更新する。続くS1804では、普通図柄判定に使用される普通図柄乱数を取得して、メインRAM301cに格納する。   In S1803, the hold count T is updated to a value obtained by adding “1” from the current value. In subsequent S1804, a normal symbol random number used for normal symbol determination is acquired and stored in the main RAM 301c.
[特別図柄処理]
図19を用いて、主制御基板300によって実行される特別図柄処理の詳細について説明する。図19は、図14のS1403の特別図柄処理の詳細を示すフローチャートである。
[Special symbol processing]
Details of the special symbol process executed by the main control board 300 will be described with reference to FIG. FIG. 19 is a flowchart showing details of the special symbol process in S1403 of FIG.
最初のS1901では、大当たり遊技中であるか否かを判断する。大当たり遊技中である場合には、メインRAM301cに記憶される大当たり遊技フラグが「ON」にされる。この処理は、メインRAM301cに記憶されている大当たり遊技フラグが「ON」に設定されているか否かを判断するものである。ここで大当たり遊技中であると判断された場合(S1901:YES)、以降の処理を実行せず、特別図柄処理を終了する。一方、大当たり遊技中でないと判断された場合(S1901:NO)、S1902へ移行する。   In first S1901, it is determined whether or not a big hit game is being played. When the jackpot game is being played, the jackpot game flag stored in the main RAM 301c is set to “ON”. This process is to determine whether or not the jackpot game flag stored in the main RAM 301c is set to “ON”. If it is determined that the game is a jackpot game (S1901: YES), the subsequent symbol processing is terminated without executing the subsequent processing. On the other hand, if it is determined that the game is not a jackpot game (S1901: NO), the process proceeds to S1902.
S1902では、特別図柄の変動表示中であるか否かを判断する。ここで特別図柄の変動表示中でないと判断された場合(S1902:NO)、S1903へ移行する。一方、特別図柄の変動表示中であると判断された場合(S1902:YES)、S1911へ移行する。   In S1902, it is determined whether or not the special symbol variation display is in progress. If it is determined that the special symbol variation display is not being performed (S1902: NO), the process proceeds to S1903. On the other hand, if it is determined that special symbols are being displayed (S1902: YES), the process proceeds to S1911.
S1903では、第1特別図柄判定の保留数U1又は第2特別図柄判定の保留数U2のうちいずれか一方が「0」よりも大きいか否かを判断する。ここでU1>0又はU2>0であると判断された場合(S1903:YES)、S1904へ移行する。一方、U1=U2=0であると判断された場合(S1903:NO)、以降の処理を実行せず、特別図柄処理を終了する。   In S1903, it is determined whether or not one of the holding number U1 for the first special symbol determination or the holding number U2 for the second special symbol determination is greater than “0”. If it is determined that U1> 0 or U2> 0 (S1903: YES), the process proceeds to S1904. On the other hand, when it is determined that U1 = U2 = 0 (S1903: NO), the subsequent process is not executed and the special symbol process is terminated.
S1904では、U2>0ならば、保留数U2を現在の値から「1」減算した値に更新する。また、U2=0ならば、保留数U1を現在の値から「1」減算した値に更新する。すなわち、第2特別図柄の保留が優先的に消化される。   In S1904, if U2> 0, the pending number U2 is updated to a value obtained by subtracting “1” from the current value. If U2 = 0, the number of holds U1 is updated to a value obtained by subtracting “1” from the current value. That is, the reservation of the second special symbol is preferentially digested.
S1905では、記憶領域のシフト処理を行う。この処理は、メインRAM301cの記憶領域に対するシフト処理を実行するものである。具体的には、S1904で減算した第1又は第2特別図柄判定の大当たり乱数、大当たり用図柄乱数、リーチ乱数、及び変動パターン乱数について、保留記憶領域に最初に格納されたもの(最も古いもの)を判定用記憶領域にシフトさせ、残りのものを判定用記憶領域側にシフトさせる。   In S1905, the storage area is shifted. This process executes a shift process for the storage area of the main RAM 301c. Specifically, the first or second special symbol determination jackpot random number, jackpot symbol random number, reach random number, and variation pattern random number subtracted in S1904 are stored first in the reserved storage area (the oldest one) Are shifted to the determination storage area, and the rest are shifted to the determination storage area.
S1906では、大当たり判定処理を実行する。この処理は、判定用記憶領域に記憶されている乱数に基づいて、大当たり判定処理を実行するものである。この大当たり判定処理が実行されることによって、大当たり及びハズレのいずれであるかが判定され、その判定結果がメインRAM301cにセットされる。そして、大当たりであると判定された場合には大当たりの種類を示す大当たり図柄(停止図柄データ)が決定される。大当たり判定処理の詳細については後述する。   In S1906, a jackpot determination process is executed. In this process, the jackpot determination process is executed based on the random numbers stored in the determination storage area. By executing this jackpot determination process, it is determined whether it is a jackpot or loss, and the determination result is set in the main RAM 301c. When it is determined that the jackpot is a jackpot symbol (stop symbol data) indicating the type of jackpot. Details of the jackpot determination process will be described later.
S1907では、変動パターン選択処理を実行する。具体的には、メインROM301bに予め記憶されている変動パターンテーブルを参照して、S1906における大当たり判定の判定結果、メインRAM301cにセットされた停止図柄データ、現在の遊技状態、特別図柄判定の保留数U1又はU2、判定用記憶領域に記憶されているリーチ乱数及び変動パターン乱数に基づいて、特別図柄の変動パターンを選択する。このS1907の処理が行われることによって、リーチ有り演出を行うか、或いはリーチ無し演出を行うかも併せて決定される。変動パターン選択処理の詳細については後述する。   In S1907, a variation pattern selection process is executed. Specifically, referring to the variation pattern table stored in the main ROM 301b in advance, the determination result of the jackpot determination in S1906, the stop symbol data set in the main RAM 301c, the current gaming state, the number of special symbol determination pending The variation pattern of the special symbol is selected based on the reach random number and the variation pattern random number stored in the storage area for determination U1 or U2. By performing the processing of S1907, it is also determined whether to perform an effect with reach or an effect without reach. Details of the variation pattern selection process will be described later.
S1908では、変動開始コマンドをセットする。この処理は、S1906の処理で設定した停止図柄データ、S1907の処理で設定した変動パターンを示す変動パターンデータ、遊技機1の遊技状態を示す遊技状態データ等を含む変動開始コマンドをメインRAM301cにセットするものである。この変動開始コマンドは、特別図柄の変動表示に伴う変動演出の開始を指示するコマンドであって、図14のS1408の送信処理によって演出制御基板320に送信される。   In S1908, a change start command is set. In this process, a change start command including stop symbol data set in the process of S1906, change pattern data indicating the change pattern set in the process of S1907, game state data indicating the gaming state of the gaming machine 1, and the like is set in the main RAM 301c. To do. This variation start command is a command for instructing the start of the variation effect accompanying the variation display of the special symbol, and is transmitted to the effect control board 320 by the transmission processing of S1408 of FIG.
これに対して、演出制御基板320は、主制御基板300から受信した変動開始コマンドを解析することによって、特別図柄判定の結果を特定し、リーチ有り演出とリーチ無し演出のどちらを行う必要があるのかを判定し、特別図柄が変動表示される変動時間を取得し、遊技機1の遊技状態を特定する。そして、第1特別図柄表示器201又は第2特別図柄表示器202における特別図柄の変動表示に伴って、液晶表示装置121にどのようなパターンで装飾図柄を変動表示させるか、音声出力装置331からどのような音を出力するか、枠ランプ103をどのような発光パターンで発光させるか、各種の役物を動作させるか、各種役物を動作させる場合にはどの役物をどのように動作させるか等を決定し、決定した内容の演出を画像制御基板330及びランプ制御基板340に実行させる。   On the other hand, the effect control board 320 needs to specify the result of the special symbol determination by analyzing the variation start command received from the main control board 300, and perform either the effect with reach or the effect without reach. To determine the game state of the gaming machine 1 by acquiring the variation time during which the special symbol is variably displayed. From the voice output device 331, the display pattern of the decorative symbol is variably displayed on the liquid crystal display device 121 in accordance with the variation display of the special symbol on the first special symbol indicator 201 or the second special symbol indicator 202. What kind of sound is output, what light emission pattern the frame lamp 103 emits, various types of actors are operated, and what types of actors are operated when various types of actors are operated The image control board 330 and the lamp control board 340 are caused to execute the effect of the determined content.
S1909では、変動表示を開始する。この処理は、S1908の処理でセットした変動開始コマンドに含まれているデータに基づいて、特別図柄の変動表示を開始するものである。なお、この特別図柄の変動表示は、第1特別図柄表示器201又は第2特別図柄表示器202を用いて行われる。   In S1909, the variable display is started. This process starts the special symbol variation display based on the data included in the variation start command set in S1908. The special symbol variation display is performed using the first special symbol display 201 or the second special symbol display 202.
S1910では、変動時間の計測を開始する。この処理は、変動表示を開始してからの経過時間である変動時間の計測を開始するものである。
次のS1911では、変動時間が経過したか否かを判断する。この処理は、S1910における変動時間の計測開始から、S1907の処理によって選択された変動パターンに対応する変動時間が経過したか否かを判断するものである。ここで、変動時間が経過していないと判断された場合(S1911:NO)、以降の処理を実行せず、特別図柄処理を終了する。一方、変動時間が経過したと判断された場合(S1911:YES)、S1912へ移行する。
In S1910, measurement of the variation time is started. In this process, measurement of a variation time that is an elapsed time since the start of variation display is started.
In the next S1911, it is determined whether or not the variation time has elapsed. In this process, it is determined whether or not the variation time corresponding to the variation pattern selected by the processing in S1907 has elapsed since the measurement of the variation time in S1910. If it is determined that the fluctuation time has not elapsed (S1911: NO), the subsequent process is not executed and the special symbol process is terminated. On the other hand, when it is determined that the fluctuation time has elapsed (S1911: YES), the process proceeds to S1912.
S1912では、図柄確定コマンドをセットする。この処理は、第1特別図柄表示器201又は第2特別図柄表示器202に特別図柄判定の判定結果を示す停止図柄が停止表示されることを通知する図柄確定コマンドをメインRAM301cにセットするものである。図柄確定コマンドは、図14のS1408における送信処理によって演出制御基板320に送信される。これにより、液晶表示装置121に変動表示されていた装飾図柄を特別図柄判定の判定結果を示す態様で停止表示させる処理等が行われることになる。   In S1912, a symbol confirmation command is set. In this process, a symbol confirmation command for notifying that the stop symbol indicating the determination result of the special symbol determination is stopped and displayed on the first special symbol display 201 or the second special symbol display 202 is set in the main RAM 301c. is there. The symbol confirmation command is transmitted to the effect control board 320 by the transmission processing in S1408 of FIG. Thereby, the process etc. which stop-display the decoration symbol which was variably displayed on the liquid crystal display device 121 in the aspect which shows the determination result of a special symbol determination, etc. are performed.
S1913では、変動表示を終了する。この処理は、S1909の処理で開始した特別図柄の変動表示を終了するものである。その際、S1906の処理で設定した停止図柄データ(大当たり図柄又はハズレ図柄)を、特別図柄を変動表示していた特別図柄表示器201,202に停止表示させる。具体的には、第1特別図柄表示器201において特別図柄が変動表示されていた場合には第1特別図柄表示器201に大当たり図柄又はハズレ図柄を停止表示させ、第2特別図柄表示器202において特別図柄が変動表示されていた場合には第2特別図柄表示器202に大当たり図柄又はハズレ図柄を停止表示させる。   In S1913, the variable display ends. This process ends the special symbol variation display started in S1909. At that time, the stop symbol data (big hit symbol or lost symbol) set in the processing of S1906 is stopped and displayed on the special symbol indicators 201 and 202 that have been variably displayed on the special symbols. Specifically, when the special symbol is variably displayed on the first special symbol display 201, the first special symbol display 201 is caused to stop display the jackpot symbol or the lost symbol, and the second special symbol display 202 When the special symbol is variably displayed, the big special symbol or the lost symbol is stopped and displayed on the second special symbol display unit 202.
S1914では、計測した変動時間をリセットする。この処理は、S1910の処理で計測を開始した変動時間をリセットするものである。
続くS1915では、停止中処理を実行する。この処理は、大当たりである場合に大当たり遊技を開始させる処理等を含む。停止中処理の詳細については後述する。
In S1914, the measured variation time is reset. This process is to reset the variation time when the measurement is started in the process of S1910.
In the subsequent S1915, the stop process is executed. This process includes a process of starting a jackpot game when the jackpot is won. Details of the stop process will be described later.
[大当たり判定処理]
図20は、図19のS1906における大当たり判定処理の詳細を示すフローチャートである。
[Big hit judgment processing]
FIG. 20 is a flowchart showing details of the jackpot determination process in S1906 of FIG.
最初のS2001では、大当たり判定を行う。ここで、第1始動装置122への入賞に係る大当たり判定を実行する場合、メインROM301bに予め記憶されている第1特別図柄の大当たり判定テーブル(図4(A)参照)を用いる。一方、第2始動装置123への入賞に係る大当たり判定を実行する場合、メインROM301bに予め記憶されている第2特別図柄の大当たり判定テーブル(図4(B)参照)を用いる。   In the first S2001, a jackpot determination is performed. Here, when the jackpot determination relating to the winning to the first starter 122 is executed, the jackpot determination table (see FIG. 4A) of the first special symbol stored in advance in the main ROM 301b is used. On the other hand, when the jackpot determination relating to winning in the second starting device 123 is executed, a jackpot determination table (see FIG. 4B) of the second special symbol stored in advance in the main ROM 301b is used.
第1特別図柄及び第2特別図柄の大当たり判定テーブルには、大当たり乱数が記述されている。そこで、判定用記憶領域に記憶されている大当たり乱数が、第1特別図柄又は第2特別図柄の大当たり判定テーブルに記述されている値と一致するか否かで大当たりを判定する。一致しない場合はハズレと判定する。このとき、遊技状態が通常遊技状態である場合、大当たり乱数は「7」又は「8」のいずれかであり、遊技状態が確変遊技状態である場合、大当たり乱数は「7」〜「26」のいずれかである。   A jackpot random number is described in the jackpot determination table of the first special symbol and the second special symbol. Therefore, the jackpot is determined based on whether or not the jackpot random number stored in the determination storage area matches the value described in the jackpot determination table of the first special symbol or the second special symbol. If they do not match, it is determined to be lost. At this time, when the gaming state is the normal gaming state, the jackpot random number is either “7” or “8”, and when the gaming state is the probability variation gaming state, the jackpot random number is “7” to “26”. Either.
続くS2002では、大当たりであるか否かを判断する。この処理は、S2001の判定結果に基づき、大当たりであるか否かを判断するものである。ここで大当たりであると判断された場合(S2002:YES)、S2003へ移行する。一方、大当たりでないと判断された場合(S2002:NO)、すなわちハズレである場合には、S2005にてハズレ図柄(停止図柄データ「00」)をセットし、大当たり判定処理を終了する。   In subsequent S2002, it is determined whether or not it is a big hit. This process determines whether or not the jackpot is based on the determination result of S2001. If it is determined that the game is a big hit (S2002: YES), the process proceeds to S2003. On the other hand, if it is determined that it is not a big hit (S2002: NO), that is, if it is a loss, a lost symbol (stop symbol data “00”) is set in S2005, and the big hit determination process is terminated.
S2003では、大当たりの種類を決定する。この処理は、メインRAM301cに記憶されている大当たりにおける図柄判定テーブル(図5(A)参照)を用い、大当たりの種類を決定するものである。ここでは、判定用記憶領域に記憶されている大当たり用図柄乱数に基づき、15R大当たりか8R大当たりかを決定する。第1特別図柄の場合には、図5(A)の上段に示した値を用い、第2特別図柄の場合には、図5(A)の下段に示した値を用いる。これにより、図5(B)に示した大当たりの内訳を実現することが可能となる。   In S2003, the type of jackpot is determined. In this process, a jackpot type is determined using a jackpot symbol determination table (see FIG. 5A) stored in the main RAM 301c. Here, 15R jackpot or 8R jackpot is determined based on the jackpot symbol random number stored in the determination storage area. In the case of the first special symbol, the value shown in the upper part of FIG. 5A is used, and in the case of the second special symbol, the value shown in the lower part of FIG. 5A is used. This makes it possible to realize the jackpot breakdown shown in FIG.
S2004では、大当たり図柄をセットする。この処理は、S2003の処理で決定した大当たりの種類に応じた大当たり図柄(停止図柄データ)をメインRAM301cにセットするものである。これにより、上述した図19におけるS1913の処理の際、ここでセットされた大当たり図柄が第1特別図柄表示器201又は第2特別図柄表示器202に停止図柄として停止表示されて、大当たり遊技が実行されることになる。S2004の処理終了後、大当たり判定処理を終了する。   In S2004, a jackpot symbol is set. In this process, a jackpot symbol (stop symbol data) corresponding to the type of jackpot determined in the process of S2003 is set in the main RAM 301c. Accordingly, during the process of S1913 in FIG. 19 described above, the jackpot symbol set here is stopped and displayed as a stop symbol on the first special symbol display 201 or the second special symbol display 202, and the jackpot game is executed. Will be. After the process of S2004 ends, the jackpot determination process ends.
[変動パターン選択処理]
図21は、図19のS1907における変動パターン選択処理の詳細を示すフローチャートである。
[Variation pattern selection processing]
FIG. 21 is a flowchart showing details of the variation pattern selection processing in S1907 of FIG.
最初のS2101では、大当たりか否かを判断する。この処理は、図20のS2001における大当たり判定に基づくものである。ここで大当たりであると判断された場合(S2101:YES)、S2102へ移行する。一方、大当たりでないと判断された場合(S2101:NO)、すなわちハズレである場合には、S2105へ移行する。   In the first S2101, it is determined whether or not a big hit. This process is based on the jackpot determination in S2001 of FIG. If it is determined that the game is a big hit (S2101: YES), the process proceeds to S2102. On the other hand, if it is determined that it is not a big hit (S2101: NO), that is, if it is a loss, the process proceeds to S2105.
S2102では、確変大当たりであるか否かを判断する。この処理は、図20のS2003にて決定される大当たりの種類(停止図柄データ)に基づくものである。ここで確変大当たりであると判断された場合(S2102:YES)、S2103にて確変大当たり用の変動パターンテーブルをセットし、その後、S2109へ移行する。一方、確変大当たりでないと判断された場合(S2102:NO)、すなわち通常大当たりである場合には、S2104にて通常大当たり用の変動パターンテーブルをセットし、その後、S2109へ移行する。   In S2102, it is determined whether or not the probability variation jackpot. This processing is based on the jackpot type (stop symbol data) determined in S2003 in FIG. If it is determined that it is a probable big hit (S2102: YES), the fluctuation pattern table for the probable big hit is set in S2103, and then the process proceeds to S2109. On the other hand, if it is determined that it is not a probable big hit (S2102: NO), that is, if it is a normal big hit, the normal big hit variation pattern table is set in S2104, and then the process proceeds to S2109.
S2101で大当たりでないと判定された場合に移行するS2105では、遊技状態及び保留数を判定する。この処理は、メインRAM301cに記憶されている時短遊技フラグに基づいて、現在の遊技状態が時短遊技状態であるか非時短遊技状態であるかを判定するものである。また、現在の特別図柄判定の保留数を判定するものである。これにより対応する変動パターンテーブルが絞り込まれる。   In S2105, which shifts to a case where it is determined in S2101 that the game is not a big hit, the gaming state and the number of holds are determined. This process is to determine whether the current gaming state is the hourly gaming state or the non-hourly gaming state based on the hourly gaming flag stored in the main RAM 301c. Moreover, the number of pending special symbol determinations is determined. As a result, the corresponding variation pattern table is narrowed down.
S2106では、リーチであるか否かを判断する。この処理は、ハズレである場合、遊技者に対して大当たりを期待させるためのリーチ演出を行うか否かを判断するものである。具体的には、判定用記憶領域に記憶されているリーチ乱数が、変動パターンテーブルに記述されている値と一致するか否かを判定する。ここでリーチであると判断された場合(S2106:YES)、S2107へ移行する。一方、リーチでないと判断された場合(S2106:NO)、S2108へ移行する。   In S2106, it is determined whether or not it is reach. In the case of a loss, this process determines whether or not to perform a reach effect for causing the player to expect a big hit. Specifically, it is determined whether or not the reach random number stored in the determination storage area matches the value described in the variation pattern table. If it is determined that it is reach (S2106: YES), the process proceeds to S2107. On the other hand, when it is determined that it is not reach (S2106: NO), the process proceeds to S2108.
S2107では、リーチ用の変動パターンテーブルをセットする。この処理は、S2105で判定された遊技状態及び保留球数に基づいて、リーチ用の変動パターンテーブルをメインROM301bから読み出し、メインRAM301cにセットするものである。その後、S2109へ移行する。   In step S2107, a variation pattern table for reach is set. In this process, the reach variation pattern table is read from the main ROM 301b based on the gaming state and the number of reserved balls determined in S2105, and is set in the main RAM 301c. Thereafter, the process proceeds to S2109.
S2108では、リーチなしの変動パターンテーブルをセットする。この処理は、S2105で判定された遊技状態及び保留球数に基づいて、リーチなしの変動パターンテーブルをメインROM301bから読み出し、メインRAM301cにセットするものである。その後、S2109へ移行する。   In S2108, a variation pattern table without reach is set. In this process, the unreachable variation pattern table is read from the main ROM 301b based on the gaming state and the number of reserved balls determined in S2105, and is set in the main RAM 301c. Thereafter, the process proceeds to S2109.
S2109では、変動パターン乱数判定処理を行う。この処理は、S2103、S2104、S2107、又は、S2108の処理でセットされた変動パターンテーブルを用いて変動パターン乱数の判定を行うものである。具体的には、メインRAM301cにセットされた変動パターンテーブルを参照して、判定用記憶領域に記憶されている変動パターン乱数に対応する変動パターンを選択する。このS2109の処理が行われることにより、特別図柄の変動パターン(変動時間)が決定されることとなる。   In S2109, a variation pattern random number determination process is performed. In this process, the fluctuation pattern random number is determined using the fluctuation pattern table set in the process of S2103, S2104, S2107, or S2108. Specifically, the variation pattern corresponding to the variation pattern random number stored in the determination storage area is selected with reference to the variation pattern table set in the main RAM 301c. By performing the processing of S2109, the variation pattern (variation time) of the special symbol is determined.
S2110では、変動パターンをセットする。この処理は、S2109にて選択した変動パターンを示す変動パターンデータをメインRAM301cにセットするものである。変動パターンデータは、大当たり判定処理によって設定された図柄(停止図柄データ)と共に、図19中のS1908の処理でセットされる変動開始コマンドに含まれ、図14のS1408の送信処理によって演出制御基板320に送信される。   In S2110, a variation pattern is set. In this process, variation pattern data indicating the variation pattern selected in S2109 is set in the main RAM 301c. The variation pattern data is included in the variation start command set in the processing of S1908 in FIG. 19 together with the symbol (stop symbol data) set by the jackpot determination processing, and the effect control board 320 is transmitted by the transmission processing in S1408 of FIG. Sent to.
[停止中処理]
図22は、図19中のS1915における停止中処理の詳細を示すフローチャートである。
[Processing while stopped]
FIG. 22 is a flowchart showing details of the stopping process in S1915 in FIG.
最初のS2201では、大当たりか否かを判断する。この処理は、図20のS2001の判定結果に基づいて、大当たりであるか否かを判断するものである。ここで大当たりであると判断された場合(S2201:YES)、S2202にて大当たり遊技フラグを「ON」に設定し、その後、S2203へ移行する。一方、大当たりでないと判断された場合(S2201:NO)、S2206へ移行する。   In the first S2201, it is determined whether or not a big hit. This process determines whether or not the jackpot is based on the determination result of S2001 in FIG. If it is determined that the game is a jackpot (S2201: YES), the jackpot game flag is set to “ON” in S2202, and then the process proceeds to S2203. On the other hand, when it is determined that it is not a big hit (S2201: NO), the process proceeds to S2206.
S2203では、時短遊技フラグが「ON」であるか否かを判断する。この処理は、メインRAM301cに記憶されている時短遊技フラグが「ON」に設定されているか否かを判断するものである。時短遊技フラグは、遊技機1の遊技状態が時短遊技状態であるか否かを示すフラグであり、通常遊技状態から時短遊技状態に移行する際に「ON」に設定され、時短遊技状態から通常遊技状態に戻される際に「OFF」に設定される。ここで時短遊技フラグが「ON」に設定されていると判断された場合(S2203:YES)、S2204にて時短遊技フラグを「OFF」に設定し、その後、S2205へ移行する。一方、時短遊技フラグが「ON」に設定されていないと判断された場合(S2203:NO)、すなわち時短遊技フラグが「OFF」に設定されている場合には、S2204の処理を実行せず、S2205へ移行する。   In S2203, it is determined whether or not the time-saving game flag is “ON”. This process is to determine whether or not the short-time game flag stored in the main RAM 301c is set to “ON”. The short-time game flag is a flag indicating whether or not the gaming state of the gaming machine 1 is a short-time game state, and is set to “ON” when transitioning from the normal game state to the short-time game state. It is set to “OFF” when returning to the gaming state. If it is determined that the short-time game flag is set to “ON” (S2203: YES), the short-time game flag is set to “OFF” in S2204, and then the process proceeds to S2205. On the other hand, if it is determined that the short-time game flag is not set to “ON” (S2203: NO), that is, if the short-time game flag is set to “OFF”, the process of S2204 is not executed. The process moves to S2205.
S2205では、メインRAM301cに、オープニングコマンドをセットする。オープニングとは、大当たり遊技が開始されてから最初に大入賞装置126が開放され始めるまでの期間をいう。オープニングコマンドは、これらのオープニングが開始されることを通知するためのコマンドであり、S1408の送信処理によって演出制御基板320に送信される。   In S2205, an opening command is set in the main RAM 301c. The opening refers to a period from when the jackpot game is started until the first prize-winning device 126 starts to be released. The opening command is a command for notifying that the opening is started, and is transmitted to the effect control board 320 by the transmission process of S1408.
S2205の処理後、又はS2201にて大当たりでないと判定された場合に移行するS2206では、確変遊技フラグが「ON」であるか否かを判断する。確変遊技フラグは、メインRAM301cに記憶されるものであり、確変遊技状態となっている場合に「ON」とされ、通常遊技状態となっている場合に「OFF」とされる。ここで確変遊技フラグが「ON」となっていると判断された場合(S2206:YES)、以降の処理を実行せず、停止中処理を終了する。一方、確変遊技フラグが「OFF」となっていると判定された場合(S2206:NO)、S2207へ移行する。   After S2205, or when it is determined in S2201 that it is not a big hit, it is determined whether or not the probability variation game flag is “ON”. The probability change game flag is stored in the main RAM 301c, and is set to “ON” when the probability change game state is set, and is set to “OFF” when the normal game state is set. If it is determined that the probability variation game flag is “ON” (S2206: YES), the subsequent processing is terminated without executing the subsequent processing. On the other hand, when it is determined that the probability variation game flag is “OFF” (S2206: NO), the process proceeds to S2207.
S2207では、時短遊技フラグが「ON」であるか否かを判断する。時短遊技フラグは、メインRAM301cに記憶されるものであり、時短遊技状態となっている場合に「ON」とされ、非時短遊技状態となっている場合に「OFF」とされる。ここで時短遊技フラグが「ON」となっていると判断された場合(S2207:YES)、S2208へ移行する。一方、時短遊技フラグが「OFF」となっていると判定された場合(S2207:NO)、以降の処理を実行せず、停止中処理を終了する。   In S2207, it is determined whether or not the time-saving game flag is “ON”. The time saving game flag is stored in the main RAM 301c, and is set to “ON” when the time saving gaming state is set, and is set to “OFF” when the non-time saving gaming status is set. If it is determined that the time-saving game flag is “ON” (S2207: YES), the process proceeds to S2208. On the other hand, when it is determined that the time-saving game flag is “OFF” (S2207: NO), the subsequent processing is terminated without executing the subsequent processing.
S2208では、現在の時短変動回数Wから「1」を減じることで、時短変動回数Wを更新する。時短変動回数Wは、メインRAM301cに記憶される。
S2209では、時短変動回数Wが「0」であるか否かを判定する。ここでW=0であると判定された場合(S2209:YES)、S2210にて時短遊技フラグを「OFF」とし、その後、停止中処理を終了する。一方、W≠0である場合(S2209:NO)、S2210の処理を実行せず、停止中処理を終了する。
In S2208, the number of short-time fluctuations W is updated by subtracting “1” from the current number of short-time fluctuations W. The time fluctuation number W is stored in the main RAM 301c.
In S2209, it is determined whether or not the time-varying fluctuation count W is “0”. If it is determined that W = 0 (S2209: YES), the time-short game flag is set to “OFF” in S2210, and then the in-stop process is terminated. On the other hand, if W ≠ 0 (S2209: NO), the process in S2210 is not executed and the stopped process is terminated.
[普通図柄処理]
図23は、図14のS1404における普通図柄処理の詳細を示すフローチャートである。
[Normal pattern processing]
FIG. 23 is a flowchart showing details of the normal symbol processing in S1404 of FIG.
最初のS2301では、補助遊技フラグが「ON」であるか否かを判断する。この処理は、メインRAM301cに記憶されている補助遊技フラグが「ON」に設定されているか否かを判定するものである。補助遊技フラグは、電動チューリップ124が規定時間だけ開姿勢を維持した後に閉姿勢に戻る動作を規定回数行う補助遊技中であるか否かを示すフラグであり、補助遊技中は「ON」に設定され、補助遊技中でないときは「OFF」に設定される。ここで補助遊技フラグが「ON」に設定されていると判断された場合(S2301:YES)、以降の処理を実行せず、普通図柄処理を終了する。この場合、図14のS1405の電動チューリップ処理へ移ることになる。一方、補助遊技フラグが「ON」でないと判断された場合(S2301:NO)、すなわち補助遊技フラグが「OFF」に設定されている場合には、S2302へ移行する。   In the first S2301, it is determined whether or not the auxiliary game flag is “ON”. This process determines whether or not the auxiliary game flag stored in the main RAM 301c is set to “ON”. The auxiliary game flag is a flag that indicates whether or not the electric tulip 124 is in an auxiliary game in which the operation of returning to the closed posture after maintaining the open posture for a predetermined time is performed, and is set to “ON” during the auxiliary game. When it is not in the auxiliary game, “OFF” is set. If it is determined that the auxiliary game flag is set to “ON” (S2301: YES), the subsequent symbol processing is terminated without executing the subsequent processing. In this case, it moves to the electric tulip process of S1405 of FIG. On the other hand, if it is determined that the auxiliary game flag is not “ON” (S2301: NO), that is, if the auxiliary game flag is set to “OFF”, the process proceeds to S2302.
S2302では、普通図柄が変動中であるか否かを判断する。この処理は、普通図柄表示器205における変動表示が行われているか否かを判断するものである。ここで普通図柄が変動中でないと判断された場合(S2302:NO)、S2303へ移行する。一方、普通図柄が変動中であると判断された場合(S2302:YES)、S2314へ移行する。   In S2302, it is determined whether or not the normal symbol is changing. This process is to determine whether or not the variable display on the normal symbol display 205 is being performed. If it is determined here that the normal symbol is not changing (S2302: NO), the process proceeds to S2303. On the other hand, if it is determined that the normal symbol is changing (S2302: YES), the flow proceeds to S2314.
普通図柄が変動中でない場合に移行するS2303では、普通図柄判定の保留数Tが「1」以上であるか否かを判定する。ここで保留数Tが「1」以上であると判定された場合(S2303:YES)、S2304へ移行する。一方、保留数Tが「1」以上でないと判定された場合(S2303:NO)、すなわち保留数Tが「0」である場合には、以降の処理を実行せず、普通図柄処理を終了する。   In S2303, which is shifted to when the normal symbol is not fluctuating, it is determined whether or not the number T of the normal symbol determination is “1” or more. If it is determined that the hold count T is “1” or more (S2303: YES), the process proceeds to S2304. On the other hand, when it is determined that the number of holdings T is not “1” or more (S2303: NO), that is, when the number of holdings T is “0”, the subsequent process is not executed and the normal symbol processing is terminated. .
S2304では、保留数Tを現在の値から「1」減算した値に更新する。そして、S2305にて、当たり乱数判定処理を行う。この処理は、図18のS1804にてメインRAM301cに記憶された普通図柄乱数の中で最も古い普通図柄乱数が、予めメインROM301bに記憶されている普通図柄判定に係る当選値のいずれかと一致するか否かを判定するものである。   In S2304, the hold count T is updated to a value obtained by subtracting “1” from the current value. In step S2305, a hit random number determination process is performed. In this process, whether the oldest normal symbol random number among the normal symbol random numbers stored in the main RAM 301c in S1804 in FIG. 18 matches one of the winning values related to the normal symbol determination stored in the main ROM 301b in advance. It is to determine whether or not.
S2306では、当たりであるか否かを判断する。この処理は、S2305の判定結果に基づいて、普通図柄判定の判定結果が当たりであるか否かを判断するものである。ここで当たりであると判断された場合(S2306:YES)、S2307にて当たり図柄をメインRAM301cにセットし、その後、S2309へ移行する。一方、当たりでないと判定された場合(S2306:NO)、すなわちハズレである場合には、S2308にてハズレ図柄をメインRAM301cにセットし、その後、S2309へ移行する。   In S2306, it is determined whether or not it is a win. This process determines whether or not the determination result of the normal symbol determination is a win based on the determination result of S2305. If it is determined that the game is successful (S2306: YES), the winning symbol is set in the main RAM 301c in S2307, and then the process proceeds to S2309. On the other hand, if it is determined that it is not a win (S2306: NO), that is, if it is a loss, the lost symbol is set in the main RAM 301c in S2308, and then the process proceeds to S2309.
S2309では、非時短遊技状態であるか否かを判断する。この処理は、時短遊技フラグが「ON」に設定されているか否かに基づいて、遊技機1の現在の遊技状態が非時短遊技状態であるか否かを判定するものである。ここで非時短遊技状態であると判定された場合(S2309:YES)、S2310にて普通図柄変動時間を12秒にセットし、その後、S2312へ移行する。一方、非時短遊技状態でないと判定された場合(S2309:NO)、すなわち時短遊技状態である場合には、S2311にて普通図柄変動時間を3秒にセットし、その後、S2312へ移行する。普通図柄変動時間は、普通図柄表示器205に普通図柄を変動表示させる時間である。ここでセットされた普通図柄変動時間は、メインRAM301cに一時的に記憶される。   In S2309, it is determined whether or not the non-time-saving gaming state. This process determines whether or not the current gaming state of the gaming machine 1 is a non-short-time gaming state based on whether or not the hourly gaming flag is set to “ON”. If it is determined that the game is in the non-short-time gaming state (S2309: YES), the normal symbol variation time is set to 12 seconds in S2310, and then the process proceeds to S2312. On the other hand, if it is determined that the game is not in the non-short game state (S2309: NO), that is, if it is in the short-time game state, the normal symbol variation time is set to 3 seconds in S2311, and then the process proceeds to S2312. The normal symbol variation time is the time for the normal symbol display 205 to display the normal symbol in a variable manner. The normal symbol variation time set here is temporarily stored in the main RAM 301c.
S2312では、普通図柄表示器205による普通図柄の変動を開始する。そして、S2313では、その変動表示開始からの経過時間の計測を開始する。
一方、普通図柄が変動中である場合に移行するS2314では、普通図柄の変動を終了させるか否かを判断する。具体的には、S2313の処理によって計測を開始した経過時間が、S2310又はS2311でセットした普通図柄変動時間に達したか否かに基づいて、普通図柄の変動表示を終了させるか否かを判断する。ここで普通図柄の変動を終了させると判断された場合(S2314:YES)、S2315にて普通図柄表示器205における普通図柄の変動表示を終了させ当たり図柄又はハズレ図柄を停止表示させて、その後、S2316へ移行する。一方、普通図柄の変動を終了させないと判断された場合(S2314:NO)、以降の処理を実行せず、普通図柄処理を終了する。
In S2312, the normal symbol display 205 starts to change the normal symbol. In step S2313, measurement of elapsed time from the start of the variable display is started.
On the other hand, in S2314 which is shifted when the normal symbol is changing, it is determined whether or not to end the normal symbol change. Specifically, it is determined whether or not to end the normal symbol fluctuation display based on whether or not the elapsed time when the measurement is started in S2313 has reached the normal symbol fluctuation time set in S2310 or S2311. To do. Here, when it is determined that the variation of the normal symbol is to be ended (S2314: YES), the normal symbol variation display on the normal symbol display unit 205 is terminated in S2315, and the winning symbol or the lost symbol is stopped and displayed. The process moves to S2316. On the other hand, if it is determined not to end the variation of the normal symbol (S2314: NO), the normal symbol processing is terminated without executing the subsequent processing.
S2316では、経過時間をリセットする。この処理は、S2313の処理で計測を開始した経過時間をリセットするものである。
S2317では、S2306と同様、普通図柄判定の判定結果が当たりであるか否かを判断する。ここで当たりであると判断された場合(S2317:YES)、S2318に補助遊技フラグを「ON」に設定し、その後、普通図柄処理を終了する。一方、当たりでないと判断された場合(S2317:NO)、S2318の処理を実行せず、普通図柄処理を終了する。
In S2316, the elapsed time is reset. This process resets the elapsed time when the measurement is started in the process of S2313.
In S2317, as in S2306, it is determined whether or not the determination result of the normal symbol determination is correct. If it is determined that it is a win (S2317: YES), the auxiliary game flag is set to “ON” in S2318, and then the normal symbol process is terminated. On the other hand, when it is determined that it is not a hit (S2317: NO), the process of S2318 is not executed and the normal symbol process is terminated.
[電動チューリップ処理]
図24は、図14のS1405における電動チューリップ処理の詳細を示すフローチャートである。
[Electric tulip treatment]
FIG. 24 is a flowchart showing details of the electric tulip process in S1405 of FIG.
最初のS2401では、補助遊技フラグが「ON」になっているか否かを判断する。ここで補助遊技フラグが「ON」になっていると判断された場合(S2401:YES)、S2402へ移行する。一方、補助遊技フラグが「ON」になっていないと判断された場合(S2401:NO)、すなわち補助遊技フラグが「OFF」になっている場合には、
以降の処理を実行せず、電動チューリップ処理を終了する。
In the first S2401, it is determined whether or not the auxiliary game flag is “ON”. If it is determined that the auxiliary game flag is “ON” (S2401: YES), the process proceeds to S2402. On the other hand, when it is determined that the auxiliary game flag is not “ON” (S2401: NO), that is, when the auxiliary game flag is “OFF”,
The electric tulip process is terminated without executing the subsequent processes.
S2402では、電動チューリップが動作中であるか否かを判断する。ここで電動チューリップが動作中であると判断された場合(S2402:YES)、S2407へ移行する。一方、電動チューリップが動作中でないと判断された場合(S2402:NO)、S2403へ移行する。   In S2402, it is determined whether or not the electric tulip is operating. If it is determined that the electric tulip is operating (S2402: YES), the process proceeds to S2407. On the other hand, when it is determined that the electric tulip is not operating (S2402: NO), the process proceeds to S2403.
S2403では、非時短遊技状態であるか否かを判断する。この処理は、図23のS2309と同様のものである。ここで非時短遊技状態であると判断された場合(S2403:YES)、S2404にて動作パターンをセットし、その後、S2406へ移行する。S2404では、電動チューリップ124の動作パターンとして、第2始動装置123を0.1秒間開放する動作を2回行う動作パターンをメインRAM301cにセットする。これにより、合計0.2秒間の開放が実現される。   In S2403, it is determined whether or not it is a non-time saving gaming state. This process is the same as S2309 in FIG. If it is determined that the game is in the non-short game state (S2403: YES), an operation pattern is set in S2404, and then the process proceeds to S2406. In S2404, as an operation pattern of the electric tulip 124, an operation pattern for performing the operation of opening the second starting device 123 for 0.1 second twice is set in the main RAM 301c. Thereby, the opening for a total of 0.2 seconds is realized.
S2404でセットされる動作パターン、即ち0.1秒間開放する動作を2回行う動作パターンを、図10(B)を用いて具体的に説明すると、例えば、オン時間Tonを0.1秒、オフ時間Toffを所定時間にそれぞれ設定し、その設定したオン時間Ton及びオフ時間Toffにて、電動チューリップ124を連続的に2回開放する(開状態とする)、という動作パターンになる。ただし、オン時間Tonを0.1秒とするのは一例であって、例えば、電動チューリップ124が開き始めてから閉じるまでの期間(時刻t2〜t6)が0.1秒となるようにオン時間Ton及びオフ時間Toffを設定してもよい。また例えば、電動チューリップ124が完全に開いている状態の期間(時刻t3〜時刻t5より若干後(閉動作が始まるタイミング))が0.1秒となるようにオン時間Ton及びオフ時間Toffを設定してもよい。   The operation pattern set in S2404, that is, the operation pattern in which the operation of releasing for 0.1 second is performed twice will be described in detail with reference to FIG. The operation pattern is such that the time Toff is set to a predetermined time, and the electric tulip 124 is continuously opened twice (set to the open state) at the set on time Ton and off time Toff. However, the on-time Ton is set to 0.1 second, for example. For example, the on-time Ton is set so that the period (time t2 to t6) from when the electric tulip 124 starts to close to 0.1 second is 0.1 second. In addition, the off time Toff may be set. Further, for example, the on-time Ton and the off-time Toff are set so that the period during which the electric tulip 124 is fully open (slightly after time t3 to time t5 (timing when the closing operation starts)) is 0.1 second. May be.
一方、非時短遊技状態でないと判定された場合(S2403:NO)、すなわち時短遊技状態である場合には、S2405にて動作パターンをセットし、その後、S2406へ移行する。S2405では、電動チューリップ124の動作パターンとして、第2始動装置123を0.5秒間開放する動作を7回行う動作パターンをメインRAM301cにセットする。これにより、合計3.5秒間の開放が実現される。   On the other hand, if it is determined that the game is not in the non-short game state (S2403: NO), that is, if it is in the short-time game state, the operation pattern is set in S2405, and then the process proceeds to S2406. In S2405, as an operation pattern of the electric tulip 124, an operation pattern for performing the operation of opening the second starter 123 for 0.5 seconds seven times is set in the main RAM 301c. Thereby, the opening for a total of 3.5 seconds is realized.
S2405でセットされる動作パターン、即ち0.5秒間開放する動作を7回行う動作パターンを、図10(B)を用いて具体的に説明すると、例えば、オン時間Tonを0.5秒、オフ時間Toffを所定時間にそれぞれ設定し、その設定したオン時間Ton及びオフ時間Toffにて、電動チューリップ124を連続的に7回開放する(開状態とする)、という動作パターンになる。ただし、オン時間Tonを0.5秒とするのは一例であって、例えば、電動チューリップ124が開き始めてから閉じるまでの期間(時刻t2〜t6)が0.5秒となるようにオン時間Ton及びオフ時間Toffを設定してもよい。また例えば、電動チューリップ124が完全に開いている状態の期間(時刻t3〜時刻t5より若干後(閉動作が始まるタイミング))が0.5秒となるようにオン時間Ton及びオフ時間Toffを設定してもよい。   The operation pattern set in S2405, that is, the operation pattern in which the operation of releasing for 0.5 seconds is performed seven times will be described in detail with reference to FIG. 10B. The operation pattern is such that the time Toff is set to a predetermined time, and the electric tulip 124 is continuously opened seven times (set to the open state) at the set on time Ton and off time Toff. However, the ON time Ton is set to 0.5 seconds, for example. For example, the ON time Ton is set so that the period (time t2 to t6) from when the electric tulip 124 starts to close to 0.5 seconds becomes 0.5 seconds. In addition, the off time Toff may be set. In addition, for example, the on time Ton and the off time Toff are set so that the period in which the electric tulip 124 is fully open (slightly after time t3 to time t5 (timing at which the closing operation starts)) is 0.5 seconds. May be.
S2406では、電動チューリップ124の動作を開始する。この処理は、S2404又はS2405でセットした動作パターンで、電動チューリップ124の動作を開始させるものである。具体的には、図25に示す電動チューリップ駆動処理が、メインCPU301aによって開始される。図25の電動チューリップ駆動処理は、メイン処理と並行して(並列処理として)実行されるものである。図25の電動チューリップ駆動処理の詳細については後述する。   In S2406, the operation of the electric tulip 124 is started. This process is to start the operation of the electric tulip 124 with the operation pattern set in S2404 or S2405. Specifically, the electric tulip driving process shown in FIG. 25 is started by the main CPU 301a. The electric tulip driving process in FIG. 25 is executed in parallel (as a parallel process) with the main process. Details of the electric tulip driving process of FIG. 25 will be described later.
S2407では、電動チューリップ124の動作が完了したか否かを判断する。ここで電動チューリップ124の動作が完了したと判断された場合(S2407:YES)、S2408にて補助遊技フラグを「OFF」に設定し、その後、電動チューリップ処理を終了する。これにより、補助遊技が終了する。一方、電動チューリップ124の動作が完了していないと判断された場合(S2407:NO)、S2408の処理を実行せず、電動チューリップ処理を終了する。   In S2407, it is determined whether the operation of the electric tulip 124 is completed. If it is determined that the operation of the electric tulip 124 is completed (S2407: YES), the auxiliary game flag is set to “OFF” in S2408, and then the electric tulip process is terminated. Thereby, an auxiliary game is complete | finished. On the other hand, when it is determined that the operation of the electric tulip 124 is not completed (S2407: NO), the processing of S2408 is not executed, and the electric tulip process is terminated.
[電動チューリップ駆動処理]
図25は、図24のS2406によってメインCPU301aにより実行開始される電動チューリップ駆動処理の詳細を示すフローチャートである。
[Electric tulip drive process]
FIG. 25 is a flowchart showing details of the electric tulip driving process started to be executed by the main CPU 301a in S2406 of FIG.
最初のS2501では、初期駆動時間Ta及び保持時間Tbを、図24の電動チューリップ処理におけるS2404又はS2405で設定されている動作パターンに対応した値に設定する。即ち、例えばS2404で0.1秒間開放する動作を2回行うような動作パターンにセットされている場合は、電動チューリップ124を確実に作動させることが可能な初期駆動時間Taを設定すると共に、Ta+Tbが0.1秒となるように保持時間Tbを設定する。   In the first S2501, the initial drive time Ta and the holding time Tb are set to values corresponding to the operation pattern set in S2404 or S2405 in the electric tulip process of FIG. That is, for example, when the operation pattern is set such that the operation of releasing for 0.1 second in S2404 is performed twice, the initial drive time Ta that can reliably operate the electric tulip 124 is set, and Ta + Tb Is set to be 0.1 seconds.
S2502では、電圧切替スイッチ1003を、第1駆動電圧Vs1に切り替える。S2503では、通電スイッチ1004をオンする。これにより、第1電圧源1001の第1駆動電圧Vs1が、ソレノイド駆動電圧Vsolとしてコイル712に印加され、コイル712への通電が開始される。   In S2502, the voltage selector switch 1003 is switched to the first drive voltage Vs1. In S2503, the energization switch 1004 is turned on. Thereby, the first drive voltage Vs1 of the first voltage source 1001 is applied to the coil 712 as the solenoid drive voltage Vsol, and energization of the coil 712 is started.
S2504では、保持電流低減制御の実行条件が成立しているか否か判断する。この実行条件(換言すれば、電動チューリップ124が開姿勢になった後にコイル712への通電電流を初期駆動電流(初期駆動下限値Id以上の電流)よりも低い保持電流に低減すべき条件)は、適宜決めることができるが、本実施形態では、少なくとも、時短遊技状態であること、が設定されている。   In S2504, it is determined whether or not the holding current reduction control execution condition is satisfied. This execution condition (in other words, the condition that the current supplied to the coil 712 should be reduced to a holding current lower than the initial drive current (current greater than the initial drive lower limit Id) after the electric tulip 124 is in the open position) is Although it can be determined as appropriate, in the present embodiment, at least the short-time gaming state is set.
S2504の判断時に遊技状態が時短遊技状態になっているということは、図24の電動チューリップ処理におけるS2405で動作パターンとして合計3.5秒間の電動チューリップ124の開放(詳しくは0.5秒の開放を7回実行)がセットされていることになる。この動作パターンでの電動チューリップ124の開放時間は、非時短遊技状態の場合の開放時間(合計0.2秒)よりも長い。そのため、開放中に大きな電流をコイル712に流し続けるとコイル712が過熱するおそれがある。   The fact that the gaming state is the short-time gaming state at the time of the determination in S2504 means that the electric tulip 124 is released for a total of 3.5 seconds as an operation pattern in S2405 in the electric tulip processing of FIG. Is executed 7 times). The opening time of the electric tulip 124 in this operation pattern is longer than the opening time in the non-short game state (0.2 seconds in total). Therefore, if a large current continues to flow through the coil 712 during opening, the coil 712 may overheat.
そこで、本実施形態では、保持電流低減制御の実行条件の一つとして、時短遊技状態であること、が設定されており、時短遊技状態で電動チューリップ124を作動させる際には保持電流低減制御を実行するようにしている。一方、非時短遊技状態の場合は、電動チューリップ124の開放時間は合計0.2秒と非常に短い。そのため、非時短遊技状態の場合は保持電流低減制御を行わない。   Therefore, in the present embodiment, one of the execution conditions of the holding current reduction control is set to be the short-time gaming state, and the holding current reduction control is performed when the electric tulip 124 is operated in the short-time gaming state. I am trying to do it. On the other hand, in the non-short-time gaming state, the opening time of the electric tulip 124 is very short as 0.2 seconds in total. Therefore, the holding current reduction control is not performed in the non-short game state.
S2504で、保持電流低減制御の実行条件が成立していない場合は(例えば非時短遊技状態である場合)、S2505で、通電開始から規定のオン時間Tonが経過したか否か判断する。ここで判断基準として用いるオン時間は、S2501でセットした初期駆動時間Taと保持時間Tbの和である。オン時間Tonが経過するまではS2505の判断を繰り返す。なお、S2505の判断が繰り返される過程で、コイル712に流れる電流が上昇していって初期駆動下限値Id以上となり、電動チューリップ124が作動する。   If it is determined in S2504 that the holding current reduction control execution condition is not satisfied (for example, in the case of a non-time saving gaming state), it is determined in S2505 whether or not the specified on-time Ton has elapsed since the start of energization. The on-time used as a criterion here is the sum of the initial driving time Ta and the holding time Tb set in S2501. The determination in S2505 is repeated until the on time Ton elapses. Note that, in the process in which the determination in S2505 is repeated, the current flowing through the coil 712 increases and becomes equal to or greater than the initial drive lower limit Id, and the electric tulip 124 is activated.
通電開始からオン時間Tonが経過した場合は(S2505:YES)、S2509に進む。このように、保持電流低減制御の実行条件が成立していない場合は、保持電流低減制御は行われない。つまり、通電開始から終了まで、コイル712には第1駆動電圧Vs1が印加され続け、第2駆動電圧Vs2への切り替え(即ち通電電流の低減)は行われない。   If the on-time Ton has elapsed since the start of energization (S2505: YES), the process proceeds to S2509. Thus, when the execution condition of the holding current reduction control is not satisfied, the holding current reduction control is not performed. That is, the first drive voltage Vs1 is continuously applied to the coil 712 from the start to the end of energization, and switching to the second drive voltage Vs2 (that is, reduction of the energization current) is not performed.
S2504で、保持電流低減制御の実行条件が成立している場合は、S2506に進む。S2506では、通電開始から初期駆動時間Taが経過したか否か判断する。ここで判断基準として用いる所期駆動時間Taは、S2501でセットした時間である。通電開始から初期駆動時間Taが経過するまでは、S2506の判断処理を繰り返す。なお、S2506の判断処理が繰り返される過程で、図10(B)を用いて説明したように、コイル712に流れる電流が初期駆動下限値Id以上となって、電動チューリップ124が作動する。   If the execution condition of the holding current reduction control is satisfied in S2504, the process proceeds to S2506. In S2506, it is determined whether the initial drive time Ta has elapsed since the start of energization. The intended drive time Ta used as a criterion here is the time set in S2501. Until the initial drive time Ta elapses from the start of energization, the determination process of S2506 is repeated. In the process in which the determination process of S2506 is repeated, as described with reference to FIG. 10B, the current flowing through the coil 712 becomes equal to or greater than the initial drive lower limit Id, and the electric tulip 124 is activated.
通電開始から初期駆動時間Taが経過した場合は(S2506:YES)、S2507で、電圧切替スイッチ1003を、第2駆動電圧Vs2に切り替える。この時点で、特に異常が発生していない限り、電動チューリップ124は開状態となっている。S2507で電圧切替スイッチ1003が第2駆動電圧Vs2に切り替わることにより、以降、第2電圧源1002の第2駆動電圧Vs2がソレノイド駆動電圧Vsolとしてコイル712に印加され、保持電流Ikの通電が行われることになる。   When the initial drive time Ta has elapsed from the start of energization (S2506: YES), the voltage switch 1003 is switched to the second drive voltage Vs2 in S2507. At this point, the electric tulip 124 is in an open state unless an abnormality has occurred. When the voltage changeover switch 1003 is switched to the second drive voltage Vs2 in S2507, the second drive voltage Vs2 of the second voltage source 1002 is applied to the coil 712 as the solenoid drive voltage Vsol, and the holding current Ik is energized. It will be.
S2508では、S2507で電圧切替スイッチ1003が第2駆動電圧Vs2に切り替わってから保持時間Tbが経過したか否か判断する。ここで判断基準として用いる保持時間Tbは、S2501でセットした時間である。保持時間Tbが経過するまでは、S2508の判断処理を繰り返す。保持時間Tbが経過した場合は(S2508:YES)、S2509に進む。   In S2508, it is determined whether the holding time Tb has elapsed since the voltage changeover switch 1003 was switched to the second drive voltage Vs2 in S2507. Here, the holding time Tb used as a criterion is the time set in S2501. Until the holding time Tb elapses, the determination processing of S2508 is repeated. If the holding time Tb has elapsed (S2508: YES), the process proceeds to S2509.
S2508で保持時間Tbが経過したと判断された場合、若しくはS2505でオン時間Ton経過したと判断された場合に実行されるS2509では、通電スイッチ1004をオフする。これにより、コイル712へのソレノイド駆動電圧Vsolの印加が停止される。   In S2508, which is executed when it is determined that the holding time Tb has elapsed in S2508 or when it is determined that the on-time Ton has elapsed in S2505, the energization switch 1004 is turned off. Thereby, the application of the solenoid drive voltage Vsol to the coil 712 is stopped.
S2510では、電動チューリップ124の開閉動作が規定回数完了したか否か判断する。ここでいう規定回数とは、図24の電動チューリップ処理におけるS2404又はS2405で設定されている動作パターンに対応した動作回数である。規定回数の開閉動作が完了していない場合は(S2510:NO)、S2511でオフ時間Toff待機して、S2502に戻る。   In S2510, it is determined whether the opening / closing operation of the electric tulip 124 has been completed a specified number of times. The specified number of times here is the number of operations corresponding to the operation pattern set in S2404 or S2405 in the electric tulip process of FIG. If the specified number of opening / closing operations has not been completed (S2510: NO), the system waits for the off time Toff in S2511 and returns to S2502.
S2510で、規定回数の開閉動作が完了した場合は(S2510:YES)、この図25の電動チューリップ駆動処理を終了する。図25の電動チューリップ駆動処理が実行されている間は、図24のS2407では否定判定され続けることになる。一方、図25の電動チューリップ駆動処理が終了すると、図24のS2407で肯定判定されてS2408に進むことになる。   If the specified number of opening / closing operations has been completed in S2510 (S2510: YES), the electric tulip driving process of FIG. 25 is terminated. While the electric tulip driving process of FIG. 25 is being executed, a negative determination is continued in S2407 of FIG. On the other hand, when the electric tulip driving process of FIG. 25 is completed, an affirmative determination is made in S2407 of FIG. 24 and the process proceeds to S2408.
[大入賞装置開放制御処理]
図26は、図14のS1406における大入賞装置開放制御処理の詳細を示すフローチャートである。
[Large winning device opening control processing]
FIG. 26 is a flowchart showing details of the big winning device opening control process in S1406 of FIG.
最初のS2601では、大当たり遊技フラグが「ON」に設定されているか否かを判断する。ここで大当たり遊技フラグが「ON」に設定されていると判断された場合(S2601:YES)、S2602へ移行する。一方、大当たり遊技フラグが「ON」に設定されていないと判断された場合(S2601:NO)、すなわち大当たり遊技フラグが「O
FF」に設定されている場合には、以降の処理を実行せず、大入賞装置開放制御処理を終了する。
In the first S2601, it is determined whether or not the jackpot game flag is set to “ON”. If it is determined that the jackpot game flag is set to “ON” (S2601: YES), the flow proceeds to S2602. On the other hand, when it is determined that the jackpot game flag is not set to “ON” (S2601: NO), that is, the jackpot game flag is “O”.
If it is set to “FF”, the subsequent process is not executed, and the big winning device release control process is terminated.
S2602では、オープニング中であるか否かを判断する。例えば図22のS2205の処理によって大当たり遊技に係るオープニングコマンドをセットしてからの経過時間が所定のオープニング時間に達したか否かに基づいて、大当たり遊技のオープニング中であるか否かを判断するという具合である。ここでオープニング中であると判断された場合(S2602:YES)、S2603へ移行する。一方、オープニング中でないと判断された場合(S2602:NO)、S2611へ移行する。   In S2602, it is determined whether or not opening is in progress. For example, it is determined whether or not the jackpot game is being opened based on whether or not the elapsed time after setting the opening command related to the jackpot game by the processing of S2205 in FIG. 22 has reached a predetermined opening time. That's it. If it is determined that the opening is being performed (S2602: YES), the process proceeds to S2603. On the other hand, when it is determined that the opening is not in progress (S2602: NO), the process proceeds to S2611.
S2603では、オープニング時間が経過したか否かを判断する。ここでオープニング時間が経過したと判断された場合(S2603:YES)、S2604へ移行する。一方、オープニング時間が経過していないと判断された場合(S2603:NO)、以降の処理を実行せず、大入賞装置開放制御処理を終了する。   In S2603, it is determined whether or not the opening time has elapsed. If it is determined that the opening time has elapsed (S2603: YES), the flow proceeds to S2604. On the other hand, when it is determined that the opening time has not elapsed (S2603: NO), the subsequent process is not executed and the large winning device opening control process is terminated.
S2604では、動作パターンを設定する。この処理は、ラウンド上限数Rmax(「15」又は「8」)や動作パターンを決定してメインRAM301cに格納するものである。S2604の処理によって、ラウンドと次のラウンドとの間のインターバル時間、最終ラウンド終了後のエンディング時間等の大当たり遊技に関する各種時間も併せて設定される。   In S2604, an operation pattern is set. In this process, the round upper limit number Rmax (“15” or “8”) and the operation pattern are determined and stored in the main RAM 301c. By the processing of S2604, various times related to the jackpot game such as the interval time between the rounds and the ending time after the end of the final round are also set.
S2605では、大入賞装置126への遊技球の入賞数Yを「0」としてリセットする。続くS2606では、メインRAM301cに記憶される大当たり中のラウンド数Rを現在の値から「1」加算した値に更新する。ラウンド数Rは、大当たり開始前は「0」に設定されており、S2606の処理が実行される毎に「1」加算される。   In S 2605, the winning number Y of game balls to the big winning device 126 is reset to “0”. In subsequent S2606, the number R of jackpot rounds stored in the main RAM 301c is updated to a value obtained by adding “1” from the current value. The round number R is set to “0” before the start of the jackpot, and is incremented by “1” every time the processing of S2606 is executed.
S2607では、大入賞装置の開放制御を開始する。続くS2608では、S2607の開放制御が開始されてからの経過時間である開放時間の計測を開始する。次のS2609では、ラウンド開始コマンドをセットする。この処理は、ラウンド遊技が開始されたことを通知するラウンド開始コマンドをメインRAM301cにセットするものである。S2609の処理終了後、S2616へ移行する。   In S2607, the opening control of the big winning device is started. In subsequent S2608, measurement of an opening time that is an elapsed time since the opening control in S2607 is started is started. In next step S2609, a round start command is set. In this process, a round start command for notifying that a round game has started is set in the main RAM 301c. After the processing of S2609 ends, the process proceeds to S2616.
S2602でオープニング中でないと判定された場合に移行するS2611では、エンディング中であるか否かを判断する。この処理は、例えばメインRAM301cに記憶されている現在の状態が大当たり遊技におけるどの時点であるかを示す情報に基づいて、最終ラウンド終了直後のエンディング中であるか否かを判断するものである。ここでエンディング中であると判断された場合(S2611:YES)、S2624へ移行する。一方、エンディング中でないと判断された場合(S2611:NO)、S2612へ移行する。   In S2611, when it is determined that the opening is not being performed in S2602, it is determined whether or not the ending is in progress. This process determines, for example, whether the ending immediately after the end of the final round is in progress based on information indicating when the current state stored in the main RAM 301c is in the jackpot game. If it is determined that the ending is in progress (S2611: YES), the process proceeds to S2624. On the other hand, when it is determined that ending is not being performed (S2611: NO), the process proceeds to S2612.
S2612では、インターバル中であるか否かを判断する。この処理は、例えばメインRAM301cに記憶されている現在の状態が大当たり遊技におけるどの時点であるかを示す情報に基づいて、インターバル中(ラウンドと次のラウンドとの間)であるか否かを判断するものである。ここでインターバル中であると判断された場合(S2612:YES)、S2613へ移行する。一方、インターバル中でないと判断した場合(S2612:NO)、S2614へ移行する。   In S2612, it is determined whether the interval is in progress. In this process, for example, whether or not the current state stored in the main RAM 301c is in the interval (between the rounds) is determined based on the information indicating the time point in the jackpot game. To do. If it is determined that the interval is in effect (S2612: YES), the flow shifts to S2613. On the other hand, if it is determined that the interval is not in progress (S2612: NO), the process proceeds to S2614.
S2613では、インターバル時間が経過したか否かを判断する。この処理は、前回のラウンド終了時に大入賞装置126が閉塞してから、S2604の処理によって設定されたインターバル時間が経過したか否かを判断するものである。ここでインターバル時間が経過したと判断された場合(S2613:YES)、次のラウンドを開始するタイミングになっているため、S2604へ移行する。一方、インターバル時間が経過していないと判断された場合(S2613:NO)、以降の処理を実行せず、大入賞装置開放制御処理を終了する。   In S2613, it is determined whether the interval time has elapsed. This process is to determine whether or not the interval time set by the process of S2604 has elapsed since the big winning device 126 was closed at the end of the previous round. If it is determined that the interval time has elapsed (S2613: YES), the process proceeds to S2604 because it is time to start the next round. On the other hand, when it is determined that the interval time has not elapsed (S2613: NO), the subsequent process is not executed and the large winning device opening control process is terminated.
S2614では、大入賞装置検出スイッチ306が「ON」になったか否かを判断する。大入賞装置検出スイッチ306は、大入賞装置への遊技球の入賞を検出するスイッチである。この処理は、ラウンド中に大入賞装置検出スイッチ306からの検知信号の入力の有無に基づいて、大入賞装置検出スイッチ306が「ON」になったか否かを判断するものである。ここで大入賞装置検出スイッチ306が「ON」になったと判断された場合(S2614:YES)、大入賞装置126に1個の遊技球が入賞したと判断して、S2615にて遊技球の入賞数Yを現在の値から「1」加算した値に更新し、その後、S2616へ移行する。一方、大入賞装置検出スイッチ306が「ON」になっていないと判断された場合(S2614:NO)、S2615の処理を実行せず、S2616へ移行する。   In S2614, it is determined whether or not the special winning device detection switch 306 is turned “ON”. The big winning device detection switch 306 is a switch for detecting a winning of a game ball to the big winning device. This process is to determine whether or not the big winning device detection switch 306 is turned “ON” based on the presence / absence of the detection signal input from the big winning device detection switch 306 during the round. Here, when it is determined that the big winning device detection switch 306 is “ON” (S2614: YES), it is determined that one game ball has won the big winning device 126, and the game ball is won in S2615. The number Y is updated to a value obtained by adding “1” from the current value, and thereafter, the process proceeds to S2616. On the other hand, when it is determined that the special winning device detection switch 306 is not “ON” (S2614: NO), the processing of S2615 is not executed, and the process proceeds to S2616.
S2616では、規定開放時間が経過したか否かを判断する。この処理は、大入賞装置126の開放開始から規定開放時間が経過したか否かを判断するものである。具体的には、S2608の処理によって計測が開始された開放時間が、予めメインROM301bに記憶されている規定開放時間(本実施形態では29秒)に達したか否かを判断する。ここで規定開放時間が経過していないと判断された場合(S2616:NO)、S2617へ移行する。一方、規定開放時間が経過したと判断された場合(S2616:YES)、S2617の処理を実行せず、S2618へ移行する。   In S2616, it is determined whether the specified opening time has elapsed. In this process, it is determined whether or not the specified opening time has elapsed since the opening of the special winning device 126. Specifically, it is determined whether or not the opening time at which the measurement is started by the processing of S2608 has reached a specified opening time (29 seconds in this embodiment) stored in the main ROM 301b in advance. If it is determined that the specified opening time has not elapsed (S2616: NO), the process proceeds to S2617. On the other hand, when it is determined that the specified release time has elapsed (S2616: YES), the processing of S2617 is not executed, and the process proceeds to S2618.
S2617では、入賞数Yが入賞上限数Ymaxとなったか否かを判断する。この処理は、メインRAM301cに記憶されている今回のラウンドにおける遊技球の入賞数Yが、予めメインROM301bに記憶されている大入賞装置126の閉塞タイミングを規定する入賞上限数Ymax(例えば「9」)と一致するか否かを判断するものである。ここでY=Ymaxであると判断された場合(S2617:YES)、S2618へ移行する。一方、Y≠Ymaxであると判断された場合(S2617:NO)、以降の処理を実行せず、大入賞装置開放制御処理を終了する。   In S2617, it is determined whether or not the winning number Y has reached the maximum winning number Ymax. In this process, the winning number Y of game balls in the current round stored in the main RAM 301c is the maximum number of winnings Ymax (for example, “9”) that prescribes the closing timing of the big winning device 126 stored in the main ROM 301b in advance. ) Is determined. If it is determined that Y = Ymax (S2617: YES), the flow proceeds to S2618. On the other hand, if it is determined that Y ≠ Ymax (S2617: NO), the subsequent process is not executed and the large winning device opening control process is terminated.
S2618では、大入賞装置126の開放制御を終了する。これにより、大入賞装置126が閉塞される。
S2619では、ラウンド数Rがラウンド上限数Rmaxとなったか否かを判断する。ここでR=Rmaxであると判断された場合(S2619:YES)、S2621へ移行する。一方、R≠Rmaxであると判断された場合(S2619:NO)、S2620にてインターバル時間の計測を開始し、その後、大入賞装置開放制御処理を終了する。S2620の処理は、次のラウンドの開始タイミングを制御するために、大入賞装置126が閉塞されてからの経過時間であるインターバル時間の計測を開始するものである。このインターバル時間は、S2613の処理に使用される。
In S2618, the opening control of the big winning device 126 is finished. As a result, the special winning device 126 is closed.
In S2619, it is determined whether or not the round number R has reached the round upper limit number Rmax. If it is determined that R = Rmax (S2619: YES), the flow proceeds to S2621. On the other hand, if it is determined that R ≠ Rmax (S2619: NO), the measurement of the interval time is started in S2620, and then the big prize winning device opening control process is ended. The process of S2620 starts measurement of an interval time that is an elapsed time after the big winning device 126 is closed in order to control the start timing of the next round. This interval time is used for the processing of S2613.
S2621では、エンディング時間の計測を開始する。そして、S2622では、ラウンド数Rを「0」としてリセットする。さらに、S2623では、エンディングコマンドをメインRAM301cにセットする。このエンディングコマンドは、大入賞装置126の最後の開放が終了したことを通知するコマンドであり、S1408の送信処理によって演出制御基板320に送信される。   In S2621, ending time measurement is started. In step S2622, the round number R is reset to “0”. In step S2623, an ending command is set in the main RAM 301c. This ending command is a command for notifying that the final release of the big winning device 126 has been completed, and is transmitted to the effect control board 320 by the transmission processing of S1408.
S2624では、エンディング時間が経過したか否かを判断する。この処理は、S2621の処理によって計測を開始したエンディング時間が、S2604の処理によって設定された設定エンディング時間に達したか否かを判断するものである。ここでエンディング時間が経過したと判断された場合(S2624:YES)、S2625へ移行する。一方、エンディング時間が経過していないと判断された場合(S2624:NO)、以降の処理を実行せず、大入賞装置開放制御処理を終了する。   In S2624, it is determined whether or not the ending time has elapsed. In this process, it is determined whether or not the ending time at which measurement is started by the process of S2621 has reached the set ending time set by the process of S2604. If it is determined that the ending time has elapsed (S2624: YES), the process proceeds to S2625. On the other hand, if it is determined that the ending time has not elapsed (S2624: NO), the subsequent process is not executed and the large winning device opening control process is terminated.
S2625では、遊技状態設定処理を実行する。遊技状態設定処理は、大当たり遊技終了後の遊技機1の遊技状態を設定するものである。遊技状態設定処理の詳細については後述する。   In S2625, a game state setting process is executed. The game state setting process is to set the game state of the gaming machine 1 after the jackpot game ends. Details of the game state setting process will be described later.
S2626では大当たり遊技フラグを「OFF」し、その後、大入賞装置開放制御処理を終了する。大当たり遊技フラグを「OFF」にすることで、大当たり遊技が終了することになる。   In S2626, the big hit game flag is turned “OFF”, and then the big winning device opening control process is ended. By setting the jackpot game flag to “OFF”, the jackpot game ends.
[遊技状態設定処理]
図27は、図26のS2625における遊技状態設定処理の詳細を示すフローチャートである。
[Game state setting process]
FIG. 27 is a flowchart showing details of the gaming state setting process in S2625 of FIG.
最初のS2701では、大当たり図柄(停止図柄データ)に基づいて確変の有無を判定する。この処理は、図20のS2004にてセットされる大当たり図柄に基づくものである。   In the first S2701, the presence / absence of a probability change is determined based on the jackpot symbol (stop symbol data). This process is based on the jackpot symbol set in S2004 of FIG.
S2702では、S2701の判定結果に基づき、確変大当たりであるか否かを判断する。ここで確変大当たりであると判断された場合(S2702:YES)、S2703へ移行する。一方、確変大当たりでないと判断された場合(S2702:NO)、すなわち通常大当たりである場合には、S2705へ移行する。   In S2702, it is determined based on the determination result in S2701 whether or not it is a probable big hit. Here, when it is determined that it is a probable big hit (S2702: YES), the process proceeds to S2703. On the other hand, when it is determined that it is not a probable big hit (S2702: NO), that is, when it is a normal big hit, the process proceeds to S2705.
S2703では、確変遊技フラグを「ON」にする。確変遊技フラグは、メインRAM301cに記憶されるものであり、確変遊技状態となっている場合に「ON」とされ、通常遊技状態となっている場合に「OFF」とされる。   In S2703, the probability variation game flag is set to “ON”. The probability change game flag is stored in the main RAM 301c, and is set to “ON” when the probability change game state is set, and is set to “OFF” when the normal game state is set.
S2704では、時短遊技フラグを「ON」にする。時短遊技フラグは、メインRAM301cに記憶されるものであり、時短遊技状態となっている場合に「ON」とされ、非時短遊技状態となっている場合に「OFF」とされる。S2704の処理終了後、遊技状態設定処理を終了する。   In S2704, the time-saving game flag is set to “ON”. The time saving game flag is stored in the main RAM 301c, and is set to “ON” when the time saving gaming state is set, and is set to “OFF” when the non-time saving gaming status is set. After the process of S2704 is completed, the game state setting process is terminated.
S2702で確変大当たりでないと判定された場合に移行するS2705では、確変遊技フラグを「OFF」にする。
S2706では、時短遊技フラグを「ON」とし、S2707で、時短変動回数Wに「100」をセットする。これにより、低確率状態における遊技球の減少を抑えた遊技(いわゆる時短遊技)が100回付与される。S2707の処理終了後、遊技状態設定処理を終了する。
In S2705, which is shifted to when it is determined in S2702 that the probability variation is not a big hit, the probability variation game flag is set to “OFF”.
In S2706, the short-time game flag is set to “ON”, and in S2707, “100” is set to the short-time fluctuation count W. Thereby, a game (a so-called short-time game) in which a decrease in the number of game balls in the low probability state is suppressed is awarded 100 times. After the process of S2707 is completed, the game state setting process is terminated.
[演出制御基板320のタイマ割込処理]
図28を用いて、演出制御基板320のタイマ割込み処理の内容について説明する。図28は、演出制御基板320のサブCPU320aによって行われるタイマ割込み処理を示すフローチャートである。なお、本処理は、演出制御基板320に設けられた図示しないリセット用クロックパルス発生回路によって、演出制御基板320の電源投入時や電源断時等の特殊な場合を除く通常の動作時において、所定の周期(例えば2ms)毎に繰り返し実行される。また、図28のフローチャートに基づいて説明する演出制御基板320で行われる処理は、サブROM320bに記憶されているプログラムに基づいて実行される。さらにまた、本発明に関係しない処理について適宜省略して示す。
[Timer interrupt processing of effect control board 320]
The contents of the timer interrupt process of the effect control board 320 will be described with reference to FIG. FIG. 28 is a flowchart showing the timer interrupt process performed by the sub CPU 320a of the effect control board 320. Note that this processing is performed by a reset clock pulse generation circuit (not shown) provided on the effect control board 320 during a normal operation except for special cases such as when the effect control board 320 is turned on or off. It is repeatedly executed every cycle (for example, 2 ms). In addition, the processing performed on the effect control board 320 described based on the flowchart of FIG. 28 is executed based on a program stored in the sub ROM 320b. Furthermore, processes that are not related to the present invention are omitted as appropriate.
電源投入を契機にして、サブCPU320aは起動プログラムを実行し、これによって、メモリ(例えば、サブRAM320c)等の各ユニットの初期化等を行う。初期化が行われた後、サブROM320bに記憶されたプログラムがサブRAM320cに読み込まれ、サブCPU320aによって当該プログラムが実行される。   When the power is turned on, the sub CPU 320a executes a startup program, thereby initializing each unit such as a memory (for example, the sub RAM 320c). After initialization, the program stored in the sub ROM 320b is read into the sub RAM 320c, and the program is executed by the sub CPU 320a.
最初のS2801では、演出用乱数を更新する。この処理は、演出に用いる各種乱数を更新するものである。具体的には、各種乱数に「1」を加算して更新し、所定の値まで到達すると「0」にリセットする。   In the first S2801, the production random number is updated. This process is to update various random numbers used for production. Specifically, “1” is added to various random numbers for updating, and when reaching a predetermined value, the random number is reset to “0”.
S2802では、コマンド処理を実行する。この処理は、各種コマンドに基づく演出を行うためのものである。ここで処理されるコマンドは、主制御基板300から送信される変動開始コマンド、図柄確定コマンド、オープニングコマンド、ラウンド開始コマンド、及び、エンディングコマンドである。コマンド処理に詳細については、後述する。   In S2802, command processing is executed. This process is for performing effects based on various commands. The commands processed here are a change start command, a symbol determination command, an opening command, a round start command, and an ending command transmitted from the main control board 300. Details of the command processing will be described later.
S2803では、保留関連処理を実行する。この処理は、保留コマンド等に基づく演出表示を行うためのものである。ここで処理されるコマンドは、主制御基板300から送信される保留コマンド、及び、復旧コマンドである。保留関連処理の詳細については後述する。   In S2803, a hold related process is executed. This process is for effect display based on a hold command or the like. The commands processed here are a hold command and a recovery command transmitted from the main control board 300. Details of the hold-related processing will be described later.
S2804では、演出ボタン処理を行う。この処理は、演出ボタン105による演出を実現するためのものである。具体的には、遊技者による演出ボタン105の操作による演出ボタン検出スイッチ321からの入力に基づき、各種の演出上の処理を行う。   In S2804, effect button processing is performed. This process is for realizing an effect by the effect button 105. Specifically, various types of effects are performed based on the input from the effect button detection switch 321 by the player operating the effect button 105.
S2805では、送信処理を行う。この処理は、S2804までの処理でセットされたコマンドを画像制御基板330及びランプ制御基板340へ送信するものである。
[コマンド処理]
図29は、図28のS2802で実行されるコマンド処理の詳細を示すフローチャートである。
In S2805, transmission processing is performed. In this process, the command set in the processes up to S2804 is transmitted to the image control board 330 and the lamp control board 340.
[Command processing]
FIG. 29 is a flowchart showing details of the command processing executed in S2802 of FIG.
最初のS2901では、コマンドを受信したか否かを判断する。主制御基板300から送信されたコマンドは、演出制御基板320のバッファ領域に記憶される。この処理は、当該バッファ領域にコマンドが記憶されているか否かを判断するものである。ここでコマンドを受信したと判断された場合(S2901:YES)、S2902へ移行する。一方、コマンドを受信していないと判断された場合(S2901:NO)、以降の処理を実行せず、コマンド処理を終了する。   In first S2901, it is determined whether or not a command is received. The command transmitted from the main control board 300 is stored in the buffer area of the effect control board 320. This process determines whether a command is stored in the buffer area. If it is determined that a command has been received (S2901: YES), the process proceeds to S2902. On the other hand, if it is determined that a command has not been received (S2901: NO), the subsequent processing is not executed and the command processing is terminated.
S2902では、S2901で受信したと判断されたコマンドが変動開始コマンドであるか否かを判断する。変動開始コマンドは、図19のS1908でセットされる。ここで変動開始コマンドであると判断された場合(S2902:YES)、S2903にて変動処理を実行し、その後、コマンド処理を終了する。一方、変動開始コマンドでないと判断された場合(S2902:NO)、S2904へ移行する。S2903の変動処理は、主には、液晶表示装置121に装飾図柄の変動表示を行わせるための変動コマンドをセットする処理である。   In S2902, it is determined whether or not the command determined to be received in S2901 is a change start command. The change start command is set in S1908 of FIG. If it is determined that the command is a change start command (S2902: YES), the change process is executed in S2903, and then the command process is terminated. On the other hand, if it is determined that the command is not a change start command (S2902: NO), the process proceeds to S2904. The variation processing of S2903 is mainly processing for setting a variation command for causing the liquid crystal display device 121 to perform variation display of decorative symbols.
S2904では、S2901で受信したと判断されたコマンドが図柄確定コマンドであるか否かを判断する。図柄確定コマンドは、図19のS1912でセットされる。ここで図柄確定コマンドであると判断された場合(S2904:YES)、S2905へ移行する。一方、図柄確定コマンドでないと判断された場合(S2904:NO)、S2906へ移行する。   In S2904, it is determined whether or not the command determined to be received in S2901 is a symbol confirmation command. The symbol confirmation command is set in S1912 of FIG. If it is determined that the command is a symbol confirmation command (S2904: YES), the flow proceeds to S2905. On the other hand, if it is determined that the command is not a symbol determination command (S2904: NO), the process proceeds to S2906.
S2905では、図柄確定処理を実行する。図柄確定コマンドは、第1特別図柄表示器201又は第2特別図柄表示器202に特別図柄判定の判定結果を示す停止図柄が停止表示されることを通知するコマンドである。したがって、図柄確定処理では、液晶表示装置121に変動表示されていた装飾図柄を特別図柄判定の判定結果を示す態様で停止表示させる処理等を行う。S2905の処理終了後、コマンド処理を終了する。   In S2905, a symbol determination process is executed. The symbol confirmation command is a command for notifying that the stop symbol indicating the determination result of the special symbol determination is stopped and displayed on the first special symbol display 201 or the second special symbol display 202. Therefore, in the symbol determination process, a process of stopping and displaying the decorative symbol that has been variably displayed on the liquid crystal display device 121 in a manner indicating the determination result of the special symbol determination is performed. After the process of S2905 is completed, the command process is terminated.
S2906では、S2901で受信したと判断されたコマンドがオープニングコマンドであるか否かを判断する。ここでオープニングコマンドであると判断された場合(S2906:YES)、S2907へ移行する。一方、オープニングコマンドでないと判断された場合(S2906:NO)、S2908へ移行する。   In step S2906, it is determined whether the command determined to be received in step S2901 is an opening command. If it is determined that the command is an opening command (S2906: YES), the process proceeds to S2907. On the other hand, if it is determined that the command is not an opening command (S2906: NO), the process proceeds to S2908.
S2907では、オープニング処理を実行する。オープニングとは、大当たり遊技が開始されてから最初に大入賞装置126が開放され始めるまでの期間をいう。オープニングコマンドは、このオープニングが開始されることを通知するためのコマンドであり、図22のS2205でセットされる。   In S2907, an opening process is executed. The opening refers to a period from when the jackpot game is started until the first prize-winning device 126 starts to be released. The opening command is a command for notifying that the opening is started, and is set in S2205 of FIG.
オープニング処理としては、サブROM320bに予め記憶されている実写映像(例えばアイドルグループの映像)を読み出し、画像制御基板330へコマンドとともに送信することで、液晶表示装置121に、当該実写映像を表示するような処理であることが例示される。また、サブROM320bに予め記憶されている音声データ(例えば「おめでとう」)を読み出し、画像制御基板330へコマンドとともに送信することで、音声出力装置331を介したスピーカ104からの音声出力を行う処理であることが例示される。さらにまた、ランプ制御基板340へコマンドとともに制御データを送信することで、演出用駆動装置341を介した役物の駆動を行ったり、演出用照明装置342を介した枠ランプ103の点灯を行ったりする処理であることが例示される。   As the opening process, a live-action video (for example, an idle group video) stored in advance in the sub-ROM 320b is read out and transmitted together with a command to the image control board 330 so that the real-action video is displayed on the liquid crystal display device 121. It is illustrated that it is a simple process. Further, the voice data (for example, “congratulations”) stored in advance in the sub-ROM 320b is read and transmitted together with the command to the image control board 330, thereby performing voice output from the speaker 104 via the voice output device 331. It is exemplified. Furthermore, by transmitting control data together with a command to the lamp control board 340, the accessory is driven via the effect driving device 341, or the frame lamp 103 is turned on via the effect lighting device 342. The process is exemplified.
なお、これらコマンドや制御データが実際にランプ制御基板340に送信されるのはS2805の送信処理の実行時であり、S2907では、これら各コマンドや制御データがサブRAM320c等にセットされることになる。S2907の処理終了後、コマンド処理を終了する。   Note that these commands and control data are actually transmitted to the lamp control board 340 when the transmission process of S2805 is executed. In S2907, these commands and control data are set in the sub RAM 320c and the like. . After the process of S2907 is completed, the command process is terminated.
S2908では、S2901で受信したと判断されたコマンドがラウンド開始コマンドであるか否かを判断する。ここでラウンド開始コマンドであると判断された場合(S2908:YES)、S2909へ移行する。一方、ラウンド開始コマンドでないと判断された場合(S2908:NO)、S2910へ移行する。   In S2908, it is determined whether or not the command determined to be received in S2901 is a round start command. If it is determined that the command is a round start command (S2908: YES), the process proceeds to S2909. On the other hand, if it is determined that the command is not a round start command (S2908: NO), the process proceeds to S2910.
S2909では、ラウンド処理を実行する。ラウンド開始コマンドは、ラウンド遊技が開始されたことを通知するコマンドであり、図26のS2609でセットされる。したがって、ラウンド処理としては、サブROM320bに予め記憶されている実写ライブ映像(例えばアイドルグループのライブ映像)を読み出し、画像制御基板330へコマンドとともに送信することで、液晶表示装置121に、当該実写ライブ映像を表示するような処理であることが例示される。また、サブROM320bに予め記憶されている音楽データ(例えば、ライブ映像に対応する楽曲データ)を読み出し、画像制御基板330へコマンドとともに送信することで、音声出力装置331を介したスピーカ104からの楽曲の出力を行う処理であることが例示される。さらにまた、ランプ制御基板340へコマンドとともに制御データを送信することで、演出用駆動装置341を介した役物の駆動を行ったり、演出用照明装置342を介した枠ランプ103の点灯を行ったりする処理であることが例示される。   In S2909, a round process is executed. The round start command is a command for notifying that a round game has started, and is set in S2609 of FIG. Therefore, as the round processing, a live-action live video (for example, a live video of an idle group) stored in advance in the sub-ROM 320b is read and transmitted together with a command to the image control board 330, whereby the live-action live video is displayed on the liquid crystal display device 121. The process is exemplified to display a video. Also, music data (for example, music data corresponding to live video) stored in advance in the sub-ROM 320b is read out and transmitted to the image control board 330 together with the command, so that music from the speaker 104 via the audio output device 331 is obtained. It is illustrated that this is a process for performing the output. Furthermore, by transmitting control data together with a command to the lamp control board 340, the accessory is driven via the effect driving device 341, or the frame lamp 103 is turned on via the effect lighting device 342. The process is exemplified.
なお、これらコマンドや制御データが実際にランプ制御基板340に送信されるのはS2805の送信処理の実行時であり、S2909では、これら各コマンドや制御データがサブRAM320c等にセットされることになる。S2909の処理終了後、コマンド処理を終了する。   Note that these commands and control data are actually transmitted to the lamp control board 340 when the transmission process of S2805 is executed. In S2909, these commands and control data are set in the sub RAM 320c and the like. . After the process of S2909 is completed, the command process is terminated.
S2910では、S2901で受信したと判断されたコマンドがエンディングコマンドであるか否かを判断する。ここでエンディングコマンドであると判断された場合(S2910:YES)、S2911へ移行する。一方、エンディングコマンドでないと判断された場合(S2910:NO)、S2911の処理を実行せず、コマンド処理を終了する。   In S2910, it is determined whether or not the command determined to be received in S2901 is an ending command. If it is determined that the command is an ending command (S2910: YES), the flow shifts to S2911. On the other hand, if it is determined that the command is not an ending command (S2910: NO), the process of S2911 is not executed and the command process is terminated.
S2911では、エンディング処理を行う。エンディングコマンドは、大入賞装置126の最後の開放が終了したことを通知するコマンドであり、図26のS2623でセットされる。したがって、エンディング処理としては、サブROM320bに予め記憶されているメッセージ画像(例えばRUSHタイム突入やチャンスタイム突入)を読み出し、画像制御基板330へコマンドとともに送信することで、液晶表示装置121に、当該メッセージ画像を表示するような処理であることが例示される。また、サブROM320bに予め記憶されている音声データ(例えば「RUSHタイム突入」や「チャンスタイム突入」)を読み出し、画像制御基板330へコマンドとともに送信することで、音声出力装置331を介したスピーカ104からの音声出力を行う処理であることが例示される。さらにまた、ランプ制御基板340へコマンドとともに制御データを送信することで、演出用駆動装置341を介した役物の駆動を行ったり、演出用照明装置342を介した枠ランプ103の点灯を行ったりする処理であることが例示される。   In step S2911, an ending process is performed. The ending command is a command for notifying that the final release of the special winning device 126 has been completed, and is set in S2623 of FIG. Therefore, as the ending process, a message image (for example, rush time entry or chance time entry) stored in advance in the sub ROM 320b is read out and transmitted to the image control board 330 together with the command, whereby the message is displayed on the liquid crystal display device 121. It is exemplified that the process is to display an image. The audio data (for example, “RUSH time entry” or “chance time entry”) stored in advance in the sub-ROM 320b is read out and transmitted to the image control board 330 together with the command, whereby the speaker 104 via the audio output device 331 is obtained. It is exemplified that the process is to perform audio output from. Furthermore, by transmitting control data together with a command to the lamp control board 340, the accessory is driven via the effect driving device 341, or the frame lamp 103 is turned on via the effect lighting device 342. The process is exemplified.
なお、これらコマンドや制御データが実際にランプ制御基板340に送信されるのはS2805の送信処理の実行時であり、S2911では、これら各コマンドや制御データがサブRAM320c等にセットされることになる。S2911の処理終了後、コマンド処理を終了する。   Note that these commands and control data are actually transmitted to the lamp control board 340 when the transmission process of S2805 is executed. In S2911, these commands and control data are set in the sub-RAM 320c and the like. . After the process of S2911, the command process is terminated.
[保留関連処理]
図30は、図28のS2803で実行される保留関連処理の詳細を示すフローチャートである。
[Pending-related processing]
FIG. 30 is a flowchart showing details of the hold-related process executed in S2803 of FIG.
最初のS3001では、コマンドを受信したか否かを判断する。この処理は、図29のS2901と同様のものである。主制御基板300から送信されたコマンドは、演出制御基板320のバッファ領域に記憶される。この処理は、当該バッファ領域にコマンドが記憶されているか否かを判断するものである。ここでコマンドを受信したと判断された場合(S3001:YES)、S3002へ移行する。一方、コマンドを受信していないと判断された場合(S3001:NO)、以降の処理を実行せず、保留関連処理を終了する。   In first S3001, it is determined whether or not a command has been received. This process is the same as S2901 in FIG. The command transmitted from the main control board 300 is stored in the buffer area of the effect control board 320. This process determines whether a command is stored in the buffer area. If it is determined that a command has been received (S3001: YES), the process proceeds to S3002. On the other hand, if it is determined that the command has not been received (S3001: NO), the subsequent processing is not executed and the hold-related processing is terminated.
S3002では、S3001で受信したと判断されたコマンドが保留コマンドであるか否かを判断する。保留コマンドは、図16のS1609又は図17のS1709でセットされる。ここで保留コマンドであると判断された場合(S3002:YES)、S3003にて保留処理を実行し、その後、保留関連処理を終了する。保留処理の詳細については後述する。一方、保留コマンドでないと判断された場合(S3002:NO)、S3004へ移行する。   In S3002, it is determined whether the command determined to be received in S3001 is a pending command. The hold command is set in S1609 in FIG. 16 or S1709 in FIG. If it is determined that the command is a hold command (S3002: YES), a hold process is executed in S3003, and then the hold related process is terminated. Details of the hold process will be described later. On the other hand, if it is determined that the command is not a pending command (S3002: NO), the process proceeds to S3004.
S3004では、S3001で受信したと判断されたコマンドが復旧コマンドであるか否かを判断する。復旧コマンドは、図12のS1203で送信される。ここで復旧コマンドであると判断された場合(S3004:YES)、S3005へ移行する。一方、復旧コマンドでないと判断された場合(S3004:NO)、S3005の処理を実行せず、保留関連処理を終了する。   In S3004, it is determined whether or not the command determined to be received in S3001 is a recovery command. The recovery command is transmitted in S1203 of FIG. If it is determined that the command is a recovery command (S3004: YES), the process proceeds to S3005. On the other hand, if it is determined that the command is not a recovery command (S3004: NO), the processing of S3005 is not executed and the hold-related processing is terminated.
S3005では、保留復旧処理を実行する。復旧コマンドは、上述したように、電源の遮断が起きたときに送信される。この復旧コマンドには保留情報が含まれているため、ここでは、保留情報に基づいて、保留表示などを電源遮断前の状態に戻す。S3005の処理実行後、保留関連処理を終了する。   In S3005, a hold recovery process is executed. As described above, the recovery command is transmitted when the power is cut off. Since this recovery command includes hold information, here, the hold display is returned to the state before power-off based on the hold information. After executing the process of S3005, the hold related process is terminated.
[保留処理]
図31は、図30のS3003で実行される保留処理の詳細を示すフローチャートである。
[Hold processing]
FIG. 31 is a flowchart showing details of the hold process executed in S3003 of FIG.
最初のS3101では、保留コマンドを解析する。保留コマンドには、第1特別図柄に係る保留であるか第2特別図柄に係る保留であるかを区別する「始動装置データ」、何番目の保留であるかを示す「保留数データ」(すなわち保留数U1、U2)、大当たり種類及びハズレを示す「停止図柄データ」、変動パターンを示す「変動パターンデータ」が含まれる。   In the first S3101, the pending command is analyzed. The hold command includes “starter data” for distinguishing whether the hold is related to the first special symbol or the second special symbol, and “hold number data” indicating the number of the hold (ie, the hold number data). The number of holds U1, U2), “stop symbol data” indicating the jackpot type and loss, and “variation pattern data” indicating the variation pattern are included.
S3102では、保留オブジェクトを選択する。ここでは、通常表示態様の保留オブジェクトが選択される。本実施形態では、第1特別図柄に係る保留も第2特別図柄に係る保留も通常表示態様の保留オブジェクトを共通にしているが、異なるものとしてもよい。このときは、「始動装置データ」に基づいて通常表示態様の保留オブジェクトを選択するようにすればよい。   In S3102, a pending object is selected. Here, the hold object in the normal display mode is selected. In the present embodiment, the hold related to the first special symbol and the hold related to the second special symbol share the hold object in the normal display mode, but may be different. At this time, the hold object in the normal display mode may be selected based on the “starter data”.
S3103では、保留領域にデータを格納する。この処理は、「始動装置データ」に基づいて第1特別図柄に係る保留であるか第2特別図柄に係る保留であるかを特定し、また、「保留数データ」に基づいて何番目の保留であるかを特定し、第1特別図柄に係る第1〜第4保留領域及び第2特別図柄に係る第1〜第4保留領域のいずれかにデータを格納するものである。格納されるデータは、保留オブジェクトを特定するための「オブジェクトデータ」、大当たり種類及びハズレを示す「停止図柄データ」及び変動パターンを示す「変動パターンデータ」である。   In S3103, data is stored in the reserved area. This process specifies whether the hold is related to the first special symbol or the second special symbol based on the “starter data”, and the number of the hold based on the “hold number data” And the data is stored in one of the first to fourth reserved areas related to the first special symbol and the first to fourth reserved areas related to the second special symbol. The data to be stored are “object data” for specifying the pending object, “stop symbol data” indicating the jackpot type and loss, and “variation pattern data” indicating the variation pattern.
S3104では、保留表示コマンドをセットする。この保留表示コマンドは、図28のS2805の送信処理によって、画像制御基板330へ送信される。これによって、新たな保留に関し、通常表示態様の保留オブジェクトによる保留表示が実現される。S3104の処理実行後、保留処理を終了する。   In S3104, a hold display command is set. This hold display command is transmitted to the image control board 330 by the transmission process of S2805 in FIG. Thereby, regarding the new hold, the hold display by the hold object in the normal display mode is realized. After executing the process of S3104, the hold process is terminated.
[本実施形態の遊技機1が発揮する効果]
(1)本実施形態の遊技機1では、電動チューリップ124を閉状態から開状態にする際には、初期駆動下限値Idよりも高い初期駆動電流を通電するが、初期駆動電流の通電によって電動チューリップ124が開いた後は、そのまま初期駆動電流を通電し続けるのではなく、初期駆動電流よりも低い保持電流Ikによって開状態を保持させる。保持時間Tb中は通電電流が低く抑えられるため、その分、ソレノイド307の温度上昇を抑制することができる。そして、ソレノイド307の温度上昇を抑制できることで、例えば、電動チューリップ124を連続的に開閉動作させようとする場合に、1回あたりの開時間をより長く設定したり、1回あたりの閉時間をより短く設定したり、開閉動作させる連続回数をより多く設定したりすることができる。
[Effects of the gaming machine 1 of the present embodiment]
(1) In the gaming machine 1 according to the present embodiment, when the electric tulip 124 is changed from the closed state to the open state, an initial drive current higher than the initial drive lower limit Id is applied. After the tulip 124 is opened, the initial drive current is not continuously supplied, but the open state is held by the holding current Ik lower than the initial drive current. Since the energization current is kept low during the holding time Tb, the temperature rise of the solenoid 307 can be suppressed accordingly. Further, by suppressing the temperature rise of the solenoid 307, for example, when the electric tulip 124 is continuously opened and closed, the opening time per time is set longer or the closing time per time is set. It is possible to set a shorter time or to set a larger number of continuous opening / closing operations.
従って、本実施形態の遊技機1によれば、ソレノイド307の温度上昇を抑えつつ、電動チューリップ124の連続的な開閉動作を多様に実現することが可能となる。
(2)本実施形態では、ソレノイド307への通電を行う電気的構成として、ソレノイド駆動回路1000を備えている。ソレノイド駆動回路1000は、第1駆動電圧Vs1及び第2駆動電圧Vs1の2種類の駆動電圧のうち一方を選択的にソレノイド307へ印加可能である。駆動電圧の選択は、メインCPU301aが電圧切替スイッチ1003を制御することにより行われる。そのため、初期駆動電流と保持電流Ikの各々の通電及び両者の切り替えを、容易に行うことができる。
Therefore, according to the gaming machine 1 of the present embodiment, it is possible to realize various continuous opening / closing operations of the electric tulip 124 while suppressing the temperature rise of the solenoid 307.
(2) In this embodiment, the solenoid drive circuit 1000 is provided as an electrical configuration for energizing the solenoid 307. The solenoid drive circuit 1000 can selectively apply one of the two types of drive voltages, the first drive voltage Vs1 and the second drive voltage Vs1, to the solenoid 307. The drive voltage is selected by the main CPU 301a controlling the voltage changeover switch 1003. Therefore, the energization of each of the initial drive current and the holding current Ik and the switching between them can be easily performed.
(3)また、本実施形態では、保持電流Ikは、単に初期駆動電流よりも低い値というだけでなく、初期駆動下限値Idよりも低い値となるように構成されている。つまり、保持時間Tbの間に通電される保持電流Ikは、閉状態から開状態に状態変化させることは困難であるが、いったん開状態となった電動チューリップ124を開状態に維持させることはできる。このように、保持電流Ikを、初期駆動下限値Idよりも小さい値(ただし最低限、開状態を保持可能な値)にすることで、ソレノイド307の発熱をより効果的に抑えることができ、これにより、電動チューリップ124をより多様な動作パターンで動作させることが可能となる。   (3) In the present embodiment, the holding current Ik is configured not only to be a value lower than the initial drive current but also to a value lower than the initial drive lower limit value Id. That is, it is difficult to change the holding current Ik that is energized during the holding time Tb from the closed state to the open state, but the electric tulip 124 that has been once opened can be maintained in the open state. . In this way, by setting the holding current Ik to a value smaller than the initial drive lower limit value Id (however, at least, a value capable of holding the open state), the heat generation of the solenoid 307 can be more effectively suppressed, As a result, the electric tulip 124 can be operated in various operation patterns.
[他の実施形態]
(1)始動装置開閉ソレノイド307を駆動するソレノイド駆動回路の構成は、図10(A)に例示した上記実施形態のソレノイド駆動回路1000に限らず、他の種々の構成をとり得る。例えば、図32(A)に示すようなソレノイド駆動回路3200を用いてもよい。図32に示すソレノイド駆動回路3200は、図10(A)に示したソレノイド駆動回路1000と同様、主制御基板300に設けられている。
[Other Embodiments]
(1) The configuration of the solenoid drive circuit that drives the starter opening / closing solenoid 307 is not limited to the solenoid drive circuit 1000 of the above-described embodiment illustrated in FIG. 10A, and may take other various configurations. For example, a solenoid drive circuit 3200 as shown in FIG. 32A may be used. A solenoid drive circuit 3200 shown in FIG. 32 is provided on the main control board 300 in the same manner as the solenoid drive circuit 1000 shown in FIG.
図32(A)に示すソレノイド駆動回路3200は、電圧源3201と、CR通電回路3202とを備える。電圧源3201は、上記実施形態の第1電圧源1001と同様、第1駆動電圧Vs1を出力する。   A solenoid drive circuit 3200 shown in FIG. 32A includes a voltage source 3201 and a CR energization circuit 3202. The voltage source 3201 outputs the first drive voltage Vs1 similarly to the first voltage source 1001 of the above embodiment.
CR通電回路3202は、通電スイッチ3203と、コンデンサC1と、第1抵抗R1と、第2抵抗R2とを備える。電圧源3201から出力された第1駆動電圧Vs1は、通電スイッチ3203の一端に入力される。通電スイッチ3203の他端は第2抵抗R2の一端に接続される。第2抵抗R2の他端は、コンデンサC1の一端に接続される。コンデンサC1の他端は、始動装置開閉ソレノイド307のコイル712に接続される。第1抵抗R1は、コンデンサC1に対して並列接続されている。通電スイッチ3203は、メインCPU301aから出力される通電制御信号によって制御(オン・オフ)される。   The CR energization circuit 3202 includes an energization switch 3203, a capacitor C1, a first resistor R1, and a second resistor R2. The first drive voltage Vs1 output from the voltage source 3201 is input to one end of the energization switch 3203. The other end of the energization switch 3203 is connected to one end of the second resistor R2. The other end of the second resistor R2 is connected to one end of the capacitor C1. The other end of the capacitor C1 is connected to the coil 712 of the starter opening / closing solenoid 307. The first resistor R1 is connected in parallel to the capacitor C1. The energization switch 3203 is controlled (on / off) by an energization control signal output from the main CPU 301a.
図32(B)を用いて、図32(A)に示したソレノイド駆動回路3200による、始動装置開閉ソレノイド307への通電パターン、及び通電に伴う電動チューリップ124の開閉状態の変化の一例を説明する。   An example of the energization pattern to the starter opening / closing solenoid 307 and the change in the open / close state of the electric tulip 124 due to energization by the solenoid drive circuit 3200 shown in FIG. 32A will be described with reference to FIG. .
図10(B)に示すように、時刻t1で、通電スイッチ3203がオンされてコイル712への通電が開始されると、その通電電流が急上昇していく。時刻t2で、コイル712の通電電流値が初期駆動下限値Idに達すると、プランジャ714の吸引動作が始まり、これにより電動チューリップ124が開き始める。そして、時刻t3で、電動チューリップ124が完全に開いた開状態となる。   As shown in FIG. 10B, when the energization switch 3203 is turned on and energization of the coil 712 is started at time t1, the energization current rapidly increases. When the energization current value of the coil 712 reaches the initial drive lower limit Id at time t2, the suction operation of the plunger 714 starts, and thereby the electric tulip 124 starts to open. At time t3, the electric tulip 124 is fully opened.
一方、コイル712への通電電流が急上昇していく過程で、コンデンサC1が充電されていく。そのため、通電電流の値は、初期駆動下限値Idよりも高い値でピーク値を取った後、減少していって、やがて保持電流Ikに落ち着く(時刻t4)。つまり、コンデンサC1がフル充電された状態になり、電圧源3201からコイル712への通電は、実質的に、CR通電回路3202内の各抵抗R1,R2を経て行われる状態となる。   On the other hand, the capacitor C1 is charged in the process in which the current supplied to the coil 712 increases rapidly. Therefore, the value of the energization current takes a peak value higher than the initial drive lower limit value Id, then decreases, and eventually settles on the holding current Ik (time t4). That is, the capacitor C1 is in a fully charged state, and energization from the voltage source 3201 to the coil 712 is substantially performed through the resistors R1 and R2 in the CR energization circuit 3202.
そのため、コンデンサC1の静電容量値や、各抵抗R1,R2の抵抗値は、通電開始時にはコイル712に初期駆動電流が十分に(電動チューリップ124が確実に開状態になるように)供給されるよう、且つ電動チューリップ124が開状態になった後はできる限り速やかに通電電流が保持電流Ikまで低下するように、適宜決めるとよい。   Therefore, the capacitance value of the capacitor C1 and the resistance values of the resistors R1 and R2 are sufficiently supplied with the initial drive current to the coil 712 at the start of energization (so that the electric tulip 124 is surely opened). In addition, after the electric tulip 124 is in the open state, it may be determined as appropriate so that the energization current decreases to the holding current Ik as soon as possible.
時刻t4で通電電流が保持電流Ikに落ち着いた後、通電スイッチ3203がオフされる時刻t5までは、保持電流Ikが供給されることによって、電動チューリップ124は開状態を維持する。そして、時刻t5で通電スイッチ3203がオフされると、コイル712に流れる電流は低下していって0になる。またこれに伴い、時刻t5から若干遅延したタイミングで、プランジャ714が元の突出位置の方向へと動き始め、これにより電動チューリップ124は開状態から閉じ始め、時刻t6で閉状態となる。時刻t5で通電スイッチ3203がオフされた後、規定のオフ時間Toffが経過すると、再び、始動装置開閉ソレノイド307の通電制御(上記の時刻t1以降の通電制御)が行われる。   The electric tulip 124 is maintained in the open state by supplying the holding current Ik until the time t5 when the energizing switch 3203 is turned off after the energizing current settles to the holding current Ik at time t4. When the energization switch 3203 is turned off at time t5, the current flowing through the coil 712 is reduced to zero. Accordingly, at a timing slightly delayed from time t5, the plunger 714 starts to move in the direction of the original protruding position, whereby the electric tulip 124 starts to close from the open state and closes at time t6. After the energization switch 3203 is turned off at time t5, when a specified off time Toff elapses, the energization control of the starter opening / closing solenoid 307 (the energization control after time t1 described above) is performed again.
このように、図32(A)に例示したようなソレノイド駆動回路3200によっても、駆動開始時は初期駆動下限値Id以上の初期駆動電流を通電して電動チューリップ124を作動させることができると共に、作動後はより低い保持電流Ikの通電によって開状態を維持させることができるため、図10(A)に示した上記実施形態のソレノイド駆動回路1000と同等の作用効果が得られる。   Thus, even with the solenoid drive circuit 3200 illustrated in FIG. 32A, the electric tulip 124 can be operated by energizing the initial drive current equal to or higher than the initial drive lower limit Id at the start of driving, After the operation, the open state can be maintained by energization with a lower holding current Ik, so that the same effect as the solenoid drive circuit 1000 of the above-described embodiment shown in FIG.
さらに、図32(A)に例示したソレノイド駆動回路3200では、CR通電回路3202の回路構成によって生じる過渡的な通電電流の変化を利用して、コイル712への通電電流をハードウェア的に制御している。つまり、メインCPU301aは単に通電開始と停止の制御をすればよく、上記実施形態のように2つのスイッチを切り替え制御する必要はない。   Further, in the solenoid drive circuit 3200 illustrated in FIG. 32A, the energization current to the coil 712 is controlled by hardware by using a transient change in energization current caused by the circuit configuration of the CR energization circuit 3202. ing. That is, the main CPU 301a only needs to start and stop energization, and it is not necessary to switch between the two switches as in the above embodiment.
なお、駆動開始時には大きな電流を流してその後はより低い電流を保持させる、という通電動作を1つの電圧源で実現する方法として、図32(A)に例示したソレノイド駆動回路3200の構成はあくまでも一例であり、他の構成を採用してもよい。例えば、電圧源の電圧を昇圧する昇圧回路と、充電用コンデンサを設け、閉状態の間に、昇圧回路で昇圧した電圧を充電用コンデンサに充電しておく。そして、駆動開始時に、まずその充電用コンデンサの充電電荷をコイル712に放電させることにより、コイル712に大電流を流して、電動チューリップ124を作動させる。電動チューリップ124の作動後は、電圧源の電圧をそのまま或いは変圧してコイル712へ印加することにより、保持電流Ikを継続的に流す。このような構成のソレノイド駆動回路によっても、上記実施形態と同様の作用効果が得られる。   Note that the configuration of the solenoid drive circuit 3200 illustrated in FIG. 32A is merely an example as a method of realizing an energization operation of flowing a large current at the start of driving and holding a lower current thereafter with one voltage source. Other configurations may be adopted. For example, a booster circuit that boosts the voltage of the voltage source and a charging capacitor are provided, and the voltage boosted by the booster circuit is charged in the charging capacitor during the closed state. Then, at the start of driving, first, the charging charge of the charging capacitor is discharged to the coil 712, thereby causing a large current to flow through the coil 712 and operating the electric tulip 124. After the operation of the electric tulip 124, the holding current Ik is continuously supplied by applying the voltage of the voltage source to the coil 712 as it is or after being transformed. Also with the solenoid drive circuit having such a configuration, the same operation and effect as the above-described embodiment can be obtained.
図32(A)に例示したソレノイド駆動回路3200を用いると、必然的に、電動チューリップ124の作動時には必ず保持電流低減制御が実行されることになる。そのため、仮に、上記実施形態のように、保持電流低減制御の実行有無を選択的に切り替えできるようにする必要がある場合は、例えば次のような回路構成にするとよい。即ち、図32(A)に例示したソレノイド駆動回路3200に対し、例えば、電圧源3201からの第1駆動電圧Vs1をCR通電回路3202を介さずに直接コイル712に印加するためのバイパス経路を設け、そのバイパス経路上にスイッチ(バイパススイッチ)を設ける。具体的には、例えば通電スイッチ3203の一端(電圧源側)とコンデンサC1の他端(コイル側)とを直結するようなバイパス経路を接続し、そのバイパス経路上に、そのバイパス経路を導通・遮断するためのバイパススイッチを設ければよい。そして、保持電流低減制御を実行すべき場合にはバイパススイッチをオフさせ、保持電流低減制御を実行する必要がない場合はバイパススイッチをオンさせる。バイパススイッチをオンさせれば、電動チューリップ124の作動中、コイル712には常に第1駆動電圧Vs1が印加されることになる。バイパススイッチの制御は、例えばメインCPU301aが行うようにしてもよい。   When the solenoid drive circuit 3200 illustrated in FIG. 32A is used, the holding current reduction control is necessarily executed when the electric tulip 124 is operated. Therefore, if it is necessary to selectively switch whether or not the holding current reduction control is executed as in the above embodiment, for example, the following circuit configuration may be used. That is, for the solenoid drive circuit 3200 illustrated in FIG. 32A, for example, a bypass path is provided for applying the first drive voltage Vs1 from the voltage source 3201 directly to the coil 712 without passing through the CR energization circuit 3202. A switch (bypass switch) is provided on the bypass path. Specifically, for example, a bypass path that directly connects one end (voltage source side) of the energization switch 3203 and the other end (coil side) of the capacitor C1 is connected, and the bypass path is electrically connected to the bypass path. What is necessary is just to provide the bypass switch for interrupting | blocking. Then, when the holding current reduction control is to be executed, the bypass switch is turned off, and when it is not necessary to execute the holding current reduction control, the bypass switch is turned on. When the bypass switch is turned on, the first drive voltage Vs1 is always applied to the coil 712 during the operation of the electric tulip 124. For example, the main CPU 301a may control the bypass switch.
(2)上記実施形態では、保持電流低減制御の実行時における、電圧切替スイッチ1003を第1駆動電圧Vs1から第2駆動電圧Vs2に切り替える(即ち通電電流を保持電流Ikに低減する)タイミングを、メインCPU301aが所定の初期駆動時間Taを設定することにより決めていた(図25のS2501)。しかし、この切り替えタイミングは、他の方法で決めるようにしてもよい。   (2) In the above embodiment, the timing of switching the voltage changeover switch 1003 from the first drive voltage Vs1 to the second drive voltage Vs2 (ie, reducing the energization current to the hold current Ik) at the time of executing the hold current reduction control, The main CPU 301a is determined by setting a predetermined initial drive time Ta (S2501 in FIG. 25). However, this switching timing may be determined by other methods.
例えば、電動チューリップ124が開状態になったことを確認次第、第2駆動電圧Vs2に切り替えるようにしてもよい。既述の通り、本実施形態の遊技機1は、電動チューリップ124が開状態になったことを検出する電動チューリップ作動検出スイッチ307a(図3参照)を備えている。そこで、電動チューリップ作動検出スイッチ307aによって電動チューリップ124の作動(開状態)が検出されたときに、電圧切替スイッチ1003を第1駆動電圧Vs1から第2駆動電圧Vs2に切り替えるようにしてもよい。   For example, as soon as it is confirmed that the electric tulip 124 is in the open state, it may be switched to the second drive voltage Vs2. As described above, the gaming machine 1 of this embodiment includes the electric tulip operation detection switch 307a (see FIG. 3) that detects that the electric tulip 124 is in the open state. Therefore, when the operation (open state) of the electric tulip 124 is detected by the electric tulip operation detection switch 307a, the voltage changeover switch 1003 may be switched from the first drive voltage Vs1 to the second drive voltage Vs2.
具体的な回路例を、図33に示す。図33(A)に示すソレノイド駆動回路1000は、ハードウェア構成自体は図10(A)に示した上記実施形態のソレノイド駆動回路1000と同じであるが、メインCPU301aの処理内容が上記実施形態とは異なる。   A specific circuit example is shown in FIG. The solenoid drive circuit 1000 shown in FIG. 33A has the same hardware configuration as that of the solenoid drive circuit 1000 of the above embodiment shown in FIG. 10A, but the processing content of the main CPU 301a is the same as that of the above embodiment. Is different.
メインCPU301aには、入力信号として、電動チューリップ作動検出スイッチ307aからの検出信号が入力される。そのため、メインCPU301は、電動チューリップ124を作動させる際、電動チューリップ作動検出スイッチ307aからの検出信号に基づいて電圧切替スイッチ1003を制御する。   A detection signal from the electric tulip operation detection switch 307a is input to the main CPU 301a as an input signal. Therefore, when operating the electric tulip 124, the main CPU 301 controls the voltage changeover switch 1003 based on the detection signal from the electric tulip operation detection switch 307a.
具体的には、図33(B)に例示するように、電動チューリップ124の開閉動作を複数回連続的に繰り返す場合、時刻t11で、電圧切替スイッチ1003が第1駆動電圧Vs1に設定されて通電スイッチ1004がオンされることにより、ソレノイド駆動電圧Vsolとして第1駆動電圧Vs1がコイル712に印加される。これによりコイル712への通電が始まり、コイル712の通電電流が上昇していく。時刻t12で、コイル712の通電電流値が初期駆動下限値Idに達すると、プランジャ714の吸引動作が始まり、これにより電動チューリップ124が開き始める。そして、時刻t13で、電動チューリップ124が完全に開いた開状態となる。   Specifically, as illustrated in FIG. 33B, when the opening / closing operation of the electric tulip 124 is continuously repeated a plurality of times, the voltage changeover switch 1003 is set to the first drive voltage Vs1 at time t11 and energized. When the switch 1004 is turned on, the first drive voltage Vs1 is applied to the coil 712 as the solenoid drive voltage Vsol. As a result, energization of the coil 712 starts and the energization current of the coil 712 increases. When the energization current value of the coil 712 reaches the initial drive lower limit Id at time t12, the suction operation of the plunger 714 starts, and thereby the electric tulip 124 starts to open. At time t13, the electric tulip 124 is fully opened.
時刻t13で電動チューリップ124が開状態になると、電動チューリップ作動検出スイッチ307aがオンし、電動チューリップ作動検出スイッチ307aからメインCPU301aへ検出信号が入力される。そのため、時刻t13では、メインCPU301aが電圧切替スイッチ1003を第2駆動電圧Vs2に切り替える。これにより、コイル714にはソレノイド駆動電圧Vsolとして第2駆動電圧Vs2が印加され、コイル712への通電電流は徐々に低下していく。そして、第2駆動電圧Vs2に対応した定常電流値である保持電流Ikまで低下すると、その後はその保持電流Ikが通電される。   When the electric tulip 124 is opened at time t13, the electric tulip operation detection switch 307a is turned on, and a detection signal is input from the electric tulip operation detection switch 307a to the main CPU 301a. Therefore, at time t13, the main CPU 301a switches the voltage changeover switch 1003 to the second drive voltage Vs2. As a result, the second drive voltage Vs2 is applied to the coil 714 as the solenoid drive voltage Vsol, and the current supplied to the coil 712 gradually decreases. And if it falls to the holding current Ik which is a steady-state current value corresponding to the 2nd drive voltage Vs2, the holding current Ik will be energized after that.
メインCPU301aは、時刻t13で電圧切替スイッチ1003を第2駆動電圧Vs2に切り替えると、計時を開始する。そして、計時開始から規定開放時間Txが経過したら(時刻t14)、通電スイッチ1004をオフして、コイル714への通電を停止させ、電動チューリップ124を閉動作させる。なお、規定開放時間Txは、電動チューリップ124を開放すべき時間であり、例えば時短遊技状態の場合は0.5秒であり、非時短遊技状態の場合は0.2秒である。   When the main CPU 301a switches the voltage changeover switch 1003 to the second drive voltage Vs2 at time t13, the main CPU 301a starts measuring time. When the specified opening time Tx elapses from the start of time measurement (time t14), the energization switch 1004 is turned off, the energization to the coil 714 is stopped, and the electric tulip 124 is closed. The specified opening time Tx is a time for opening the electric tulip 124, and is, for example, 0.5 seconds in the short-time gaming state and 0.2 seconds in the non-short-time gaming state.
時刻t14でコイル712へのソレノイド駆動電圧Vsolの印加が停止されると、コ
イル712に流れる電流は低下していって0になる。またこれに伴い、時刻t14から若干遅延したタイミングで、電動チューリップ124は開状態から閉じ始め、時刻t15で閉状態となる。時刻t14でソレノイド駆動電圧Vsolを0にした後、規定のオフ時間Toffが経過したら、再び、始動装置開閉ソレノイド307の通電制御(上記の時刻t11以降の通電制御)を行う。
When the application of the solenoid drive voltage Vsol to the coil 712 is stopped at time t14, the current flowing through the coil 712 decreases and becomes zero. Accordingly, at a timing slightly delayed from time t14, the electric tulip 124 starts to close from the open state and is closed at time t15. After the solenoid drive voltage Vsol is set to 0 at time t14, when a predetermined off time Toff has elapsed, the energization control of the starter opening / closing solenoid 307 is performed again (the energization control after time t11).
なお、図33に例示した構成の場合、電動チューリップ124の駆動時に遊技状態が非時短遊技状態の場合は、時刻t13で電動チューリップ124が開状態となって電動チューリップ作動検出スイッチ307aからメインCPU301aへ検出信号が入力されても、メインCPU301aは、電圧切替スイッチ1003を切り替えずに第1駆動電圧Vs1の供給状態を維持する。   In the case of the configuration illustrated in FIG. 33, if the gaming state is the non-short-time gaming state when the electric tulip 124 is driven, the electric tulip 124 is opened at time t13 to the main CPU 301a from the electric tulip operation detection switch 307a. Even when the detection signal is input, the main CPU 301a maintains the supply state of the first drive voltage Vs1 without switching the voltage switch 1003.
(3)上記実施形態では、保持電流低減制御を行う実行条件として、時短遊技状態であること、が設定されているものとして説明したが、保持電流低減制御の実行条件の具体的内容や数・種類は適宜決めることができる。   (3) In the above embodiment, the execution condition for holding current reduction control has been described as being set to be in the short-time gaming state. However, the specific contents and number of execution conditions for holding current reduction control are The type can be determined as appropriate.
例えば、遊技状態に応じて、上記実行条件とは異なる1又は複数の条件、或いは上記実行条件に加えてさらに他の1又は複数の条件を設定してもよい。複数の実行条件を設定する場合、それら複数の実行条件のうち少なくとも1つが成立していれば保持電流低減制御を実行するようにしてもよいし、特定の複数の実行条件が共に成立した場合に保持電流低減制御を実行するようにしてもよい。   For example, according to the gaming state, one or more conditions different from the execution conditions, or one or more other conditions in addition to the execution conditions may be set. When setting a plurality of execution conditions, holding current reduction control may be executed if at least one of the plurality of execution conditions is satisfied, or when a plurality of specific execution conditions are satisfied together The holding current reduction control may be executed.
具体的には、例えば、特定の遊技状態の場合には保持電流低減制御を行う(或いは行わない)ようにしてもよい。例えば、遊技状態が確変遊技状態か通常遊技状態かに応じて、保持電流低減制御を行うか否かを決めるようにしてもよい。   Specifically, for example, in the case of a specific gaming state, the holding current reduction control may be performed (or not performed). For example, the holding current reduction control may be determined according to whether the gaming state is a probability variation gaming state or a normal gaming state.
また例えば、非時短遊技状態では、通常は上記実施形態のように0.1秒間の開放を2回繰り返されるが、特定の遊技状態においては、非時短遊技状態であっても長時間開放する場合がある。例えば、非時短遊技状態ではあるものの、2回の開放動作のうち1回目は0.1秒間であるが2回目は長い時間(例えば3秒)開放させる場合がある。そのような場合には、少なくともその長時間開放させる2回目の動作時には、保持電流低減制御の実行条件が成立したものとして、保持電流低減制御を実行するようにしてもよい。   Also, for example, in the non-short game state, the release for 0.1 seconds is normally repeated twice as in the above embodiment, but in a specific game state, the game is released for a long time even in the non-short game state. There is. For example, although it is a non-short-time gaming state, there are cases where the first time of the two opening operations is 0.1 seconds, but the second time is released for a long time (for example, 3 seconds). In such a case, the holding current reduction control may be executed on the assumption that the execution condition of the holding current reduction control is satisfied at least during the second operation that is opened for a long time.
また例えば、所定期間内に複数回開閉動作を行わせる場合に、その所定期間内の開閉回数に応じて、保持電流低減制御を実行するか否かを決めるようにしてもよい。例えば、開閉回数が所定回数より多い場合には実行し、所定回数より少ない場合は実行しないようにしてもよい。   Further, for example, when the opening / closing operation is performed a plurality of times within a predetermined period, whether or not the holding current reduction control is to be executed may be determined according to the number of opening / closing operations within the predetermined period. For example, it may be executed when the number of times of opening and closing is greater than a predetermined number, and may not be executed when it is less than the predetermined number.
また、所定期間内に複数回開閉動作を行わせる場合に、単にその開閉回数だけでなく、1回あたりの開放時間や、オフ時間Toff、開放時間とオフ時間Toffの比率なども考慮して、保持電流低減制御の実行有無を決めるようにしてもよい。例えば、連続して非常に多い回数の開閉動作を行わせるものの、1回あたりの開放時間が、閉状態の時間よりも非常に短い場合(例えば、短時間の開放を長い間隔で多回数繰り返す場合)には、保持電流低減制御を行わないようにしてもよい。逆に、連続開閉ではなく単に1回だけ所定時間開放させるような場合であっても、その開放時間が長い場合には、保持電流低減制御を実行するようにしてもよい。   In addition, when performing the opening / closing operation a plurality of times within a predetermined period, not only the number of opening / closing times but also the opening time per time, the off time Toff, the ratio of the opening time to the off time Toff, etc. Whether or not the holding current reduction control is executed may be determined. For example, when a very large number of continuous opening / closing operations are performed, but the opening time per time is much shorter than the closing time (for example, when a short time opening is repeated many times at long intervals) ), The holding current reduction control may not be performed. On the contrary, even if it is a case where it is opened for a predetermined time only instead of continuous opening and closing, if the open time is long, the holding current reduction control may be executed.
また例えば、特に実行条件を設けずに、電動チューリップ124を作動させる際には必ず保持電流低減制御を実行するようにしてもよい。
(4)第1実施形態では、図10(B)を用いて説明したように、コイル712への1回あたりの通電開始から停止までのオン時間Tonが規定の開放時間(例えば時短遊技状態の場合は0.5秒)となるように通電が行われたが、通電開始から停止までの全期間のうち厳密にどこからどこまでを規定の開放時間として扱うかについては,適宜決めることができる。
Further, for example, the holding current reduction control may be executed without fail when the electric tulip 124 is operated without particularly setting the execution condition.
(4) In the first embodiment, as described with reference to FIG. 10 (B), the on-time Ton from the start of energization to the coil 712 until the stop is a specified opening time (for example, in the short-time gaming state). In this case, the energization is performed so that it is 0.5 seconds), but it is possible to appropriately determine from where to where in the entire period from the start of energization to the stop as the specified open time.
例えば、図10(B)において、保持時間Tbが規定の開放時間となるように通電制御してもよい。図32に示した例においても同様である。
逆に、図33に示した例では、電動チューリップ124が開状態になった後、規定開放時間Txが経過するまで開状態を維持させる構成であったが、上記実施形態と同様、通電開始から停止までの全期間(時刻t11〜t14)が規定開放時間Txとなるようにしてもよい。その場合、例えば、時刻t13で電動チューリップ124が開状態になったときに、通電開始(時刻t11)から時刻t13までの経過時間を算出し、その経過時間を規定開放時間Txから減算した時間を、時刻t13以後の通電時間としてもよい。
For example, in FIG. 10B, energization control may be performed so that the holding time Tb becomes a specified opening time. The same applies to the example shown in FIG.
On the contrary, in the example shown in FIG. 33, after the electric tulip 124 is in the open state, the open state is maintained until the specified opening time Tx elapses. The entire period until the stop (time t11 to t14) may be the specified opening time Tx. In this case, for example, when the electric tulip 124 is opened at time t13, the elapsed time from the start of energization (time t11) to time t13 is calculated, and the elapsed time is subtracted from the specified opening time Tx. The energization time after time t13 may be used.
上述した例はあくまでも一例であり、通電開始から停止までの時間を具体的にどのように定めるか、また、通電開始から停止までの全期間における、初期駆動時間Taや保持時間Tbを具体的にどのように定めるか、電動チューリップ124の開状態が検出されてから通電を停止するまでの時間を具体的にどのように定めるか、などについては、規定開放時間やその他の各種要件に基づいて適宜決めることができる。   The above-described example is merely an example, and how the time from the start of energization to the stop is specifically determined, and the initial drive time Ta and the hold time Tb in the entire period from the start of energization to the stop are specifically described. As to how to determine, how to specifically determine the time from when the open state of the electric tulip 124 is detected to when the energization is stopped, etc., as appropriate based on the specified opening time and other various requirements. I can decide.
(5)図10(A)に示したソレノイド駆動回路1000において、2種類の駆動電圧Vs1、Vs2を生成する具体的回路構成は他にも考えられる。例えば、電圧源としては第1電圧源1001のみ用い、その第1電圧源1001から第1駆動電圧Vs1をコイル712へ印加可能とすると共に、第1駆動電圧Vs1を第2駆動電圧Vs2に分圧する分圧回路を設け、その分圧回路から第2駆動電圧Vs2を出力できるようにしてもよい。   (5) In the solenoid drive circuit 1000 shown in FIG. 10A, other specific circuit configurations for generating two types of drive voltages Vs1 and Vs2 are conceivable. For example, only the first voltage source 1001 is used as the voltage source, the first drive voltage Vs1 can be applied to the coil 712 from the first voltage source 1001, and the first drive voltage Vs1 is divided into the second drive voltage Vs2. A voltage dividing circuit may be provided so that the second drive voltage Vs2 can be output from the voltage dividing circuit.
また、通電スイッチ1004と電圧切替スイッチ1003の各機能を1つのスイッチで実現するようにしてもよい。例えば、通電スイッチ1004を省き、電圧切替スイッチ1003として、駆動電圧の切り替えだけでなく通電そのもののオン・オフも可能な構成のスイッチを用いるようにしてもよい。   Further, each function of the energization switch 1004 and the voltage changeover switch 1003 may be realized by one switch. For example, the energization switch 1004 may be omitted, and the voltage changeover switch 1003 may be a switch that can be turned on / off as well as the drive voltage.
(6)ソレノイド駆動回路に設ける電圧源の電圧値(各駆動電圧Vs1、Vs2)は、結果として所望の電流(初期駆動電流、保持電流)をコイル712へ通電できる限り、適宜決めることができる。   (6) The voltage value of the voltage source provided in the solenoid drive circuit (respective drive voltages Vs1, Vs2) can be determined as long as a desired current (initial drive current, holding current) can be passed through the coil 712 as a result.
(7)図10(A)や図32(A)に例示した各ソレノイド駆動回路1000,3200は、いずれも、主制御基板300内に設けられていたが、このように主制御基板300内に設けることは必須ではない。ソレノイド駆動回路は、その一部又は全てが、主制御基板300の外に設けられていてもよい。   (7) The solenoid drive circuits 1000 and 3200 illustrated in FIG. 10A and FIG. 32A are all provided in the main control board 300, but in this way in the main control board 300. It is not essential to provide it. A part or all of the solenoid drive circuit may be provided outside the main control board 300.
(8)本発明の適用対象の電動チューリップは、上記実施形態のような、一対の開閉片124a,124bを備えたタイプの電動チューリップに限定されない。第2始動装置を開閉するための開閉部材としての電動チューリップとしては、例えば、1つの矩形状の扉部材を備えたタイプのものがある。このタイプの電動チューリップは、遊技盤100の盤面に形成された穴を塞ぐように扉部材が設けられ、通常は扉部材がその穴を塞いでいる(閉状態)。そして、遊技球がゲート125を通過して、第2始動装置123を開放するとの判定がなされた場合に、扉部材が開いて、遊技球がその穴を経て第2始動装置123へ入球可能となる(開状態)。このようなタイプの電動チューリップにおいても、扉部材の開閉にソレノイドが用いられる。そのため、このようなタイプの電動チューリップを駆動するにあたっても、上記実施形態と同様の通電(初期駆動電流と保持電流)を行うことが
できる。
(8) The electric tulip to which the present invention is applied is not limited to the electric tulip of the type provided with a pair of opening and closing pieces 124a and 124b as in the above embodiment. As an electric tulip as an opening and closing member for opening and closing the second starting device, for example, there is a type including one rectangular door member. In this type of electric tulip, a door member is provided so as to close a hole formed in the board surface of the game board 100, and the door member normally closes the hole (closed state). When it is determined that the game ball passes through the gate 125 and the second starter 123 is opened, the door member opens and the game ball can enter the second starter 123 through the hole. (Open state). Even in this type of electric tulip, a solenoid is used to open and close the door member. Therefore, even when driving this type of electric tulip, the same energization (initial driving current and holding current) as in the above embodiment can be performed.
(9)本発明の適用は、電動チューリップ124(換言すればそれを駆動する始動装置開閉ソレノイド)への適用に限定されない。例えば、大入賞装置開閉ソレノイド308についても、本発明を適用して、最初に高い電流を流してプレートを開かせ、その後プレートを閉じるまでは低い電流で開状態を保持させるようにしてもよい。また、本発明の適用は、役物にも限定されない。遊技機1において、ソレノイドを駆動源として開閉駆動されるあらゆる開閉部材に対して本発明を適用できる。   (9) The application of the present invention is not limited to the application to the electric tulip 124 (in other words, the starter opening / closing solenoid that drives the tulip). For example, the present invention may also be applied to the big winning device opening / closing solenoid 308 so that the plate is opened by first flowing a high current, and then the open state is maintained at a low current until the plate is closed. Further, the application of the present invention is not limited to an accessory. In the gaming machine 1, the present invention can be applied to any opening / closing member that is driven to open / close using a solenoid as a driving source.
(10)その他、本発明は、上記の実施形態に示された具体的手段や構造等に限定されるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲において種々の形態を採り得る。例えば、上記実施形態における1つの構成要素が有する機能を複数の構成要素として分散させたり、複数の構成要素が有する機能を1つの構成要素に統合したりしてもよい。また、上記実施形態の構成の少なくとも一部を、同様の機能を有する公知の構成に置き換えてもよい。また、上記実施形態の構成の一部を、課題を解決できる限りにおいて省略してもよい。また、上記実施形態の構成の少なくとも一部を、他の上記実施形態の構成に対して付加、置換等してもよい。なお、特許請求の範囲に記載の文言から特定される技術思想に含まれるあらゆる態様が本発明の実施形態である。   (10) In addition, the present invention is not limited to the specific means and structure shown in the above embodiment, and can take various forms without departing from the gist of the present invention. For example, the functions of one component in the above embodiment may be distributed as a plurality of components, or the functions of a plurality of components may be integrated into one component. Further, at least a part of the configuration of the above embodiment may be replaced with a known configuration having the same function. Moreover, you may abbreviate | omit a part of structure of the said embodiment as long as a subject can be solved. In addition, at least a part of the configuration of the above embodiment may be added to or replaced with the configuration of the other embodiment. In addition, all the aspects included in the technical idea specified from the wording described in the claims are embodiments of the present invention.
1・・・遊技機、
123・・・第2始動装置(入賞装置)、
124・・・電動チューリップ(開閉部材)、
125・・・ゲート(球通過装置)、
126・・・大入賞装置(入賞装置)、
700・・・電動チューリップユニット(開閉駆動機構)、
301a・・・メインCPU(通電制御部)
307・・・始動装置開閉ソレノイド(ソレノイド)、
308・・・大入賞装置開閉ソレノイド(ソレノイド)
1000・・・ソレノイド駆動回路(通電制御部)。
1 ... gaming machine,
123 ... second starting device (winning device),
124: Electric tulip (opening / closing member),
125 ... Gate (ball passage device),
126 ... Grand prize device (winning device),
700 ... Electric tulip unit (open / close drive mechanism),
301a... Main CPU (energization control unit)
307 ... starter opening / closing solenoid (solenoid),
308 ... Grand prize-winning device opening / closing solenoid (solenoid) ,
1000: Solenoid drive circuit (energization controller).

Claims (1)

  1. 遊技球が流下可能な遊技領域に設けられ、入球装置への遊技球の入球又は球通過装置での遊技球の通過に基づく当たりか否かの判定における判定結果に応じて、開閉部材により遊技球が入賞口に入球不可能な閉状態と入球可能な開状態とに作動し得る入賞装置と、
    ソレノイドを有し、前記ソレノイドにより前記開閉部材を開閉駆動する開閉駆動機構と、
    前記ソレノイドへの通電を制御する通電制御部と、
    を備え、
    前記開閉駆動機構は、前記ソレノイドが非励磁状態の間は前記開閉部材を閉状態とし、前記ソレノイドが励磁状態にされて作動するとその作動中は前記開閉部材を開状態とするように構成されており、
    前記通電制御部は、閉状態の前記開閉部材を所定期間開状態にする際、前記開閉部材を閉状態から開状態に変化させることが可能な第1の励磁電流を前記ソレノイドに通電することで前記開閉部材を開状態に移行させる初期駆動通電のみを行い、前記初期駆動通電の後、前記第1の励磁電流よりも低い第2の励磁電流を前記ソレノイドに通電することで開状態を保持させる保持通電のみを行い、閉状態の前記開閉部材を前記所定期間より短い期間開状態にする際には、前記初期駆動通電のみを行って、前記保持通電を行わない
    ことを特徴とする遊技機。
    According to the determination result in the determination whether or not the game ball is provided in a game area where the game ball can flow down and hit based on the game ball entering the ball entry device or the game ball passing through the ball passage device, and input Prize device game ball that obtained operating in the ball entrance impossible closed and ball entrance capable opened to winning opening,
    An open / close drive mechanism having a solenoid and driving the open / close member by the solenoid;
    An energization control unit for controlling energization to the solenoid;
    With
    The open / close drive mechanism is configured to close the open / close member while the solenoid is in a non-excited state and open the open / close member during operation when the solenoid is in an excited state. And
    The energization control unit energizes the solenoid with a first excitation current that can change the open / close member from a closed state to an open state when the open / close member in the closed state is opened for a predetermined period. It performs only initial drive current to shift the opening and closing member to the open state, after the initial driving current, to hold the open state by energizing the lower second excitation current than the first exciting current to the solenoid It performs holding energization only when the closing member in the closed state in a short period opened than the predetermined time period, performs only the initial drive current, the gaming machine, characterized in that does not perform the holding current.
JP2016088599A 2016-04-26 2016-04-26 Game machine Active JP6243960B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2016088599A JP6243960B2 (en) 2016-04-26 2016-04-26 Game machine

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2016088599A JP6243960B2 (en) 2016-04-26 2016-04-26 Game machine

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2014060203A Division JP5931109B2 (en) 2014-03-24 2014-03-24 Game machine

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2016135340A JP2016135340A (en) 2016-07-28
JP6243960B2 true JP6243960B2 (en) 2017-12-06

Family

ID=56512367

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2016088599A Active JP6243960B2 (en) 2016-04-26 2016-04-26 Game machine

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6243960B2 (en)

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006333956A (en) * 2005-05-31 2006-12-14 Okumura Yu-Ki Co Ltd Winning device of game machine
JP4879605B2 (en) * 2006-02-16 2012-02-22 株式会社大一商会 Game machine
JP6007694B2 (en) * 2012-09-14 2016-10-12 ソニー株式会社 Solid-state imaging device and electronic apparatus

Also Published As

Publication number Publication date
JP2016135340A (en) 2016-07-28

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5996512B2 (en) Game machine
JP5931109B2 (en) Game machine
JP6243960B2 (en) Game machine
JP6133351B2 (en) Game machine
JP5745579B2 (en) Game machine
JP2016077299A (en) Game machine
JP5809299B2 (en) Game machine
JP2016005714A (en) Game machine
JP5809712B2 (en) Game machine
JP5809713B2 (en) Game machine
JP2015136629A (en) Game machine
JP2016005713A (en) Game machine
JP5739029B1 (en) Game machine
JP2017118907A (en) Game machine
JP2016116647A (en) Game machine
JP2019048183A (en) Game machine
JP2015134264A (en) Game machine
JP6151347B1 (en) Game machine
JP5997244B2 (en) Game machine
JP2019107251A (en) Game machine
JP2017104522A (en) Game machine
JP2017104521A (en) Game machine
JP2017104516A (en) Game machine
JP2017104517A (en) Game machine
JP2017113532A (en) Game machine

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20160706

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20170425

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20170602

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20171031

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20171110

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6243960

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250