JP6238297B2 - シールド機の組み立て方法、及びシールド機の組み立て装置 - Google Patents

シールド機の組み立て方法、及びシールド機の組み立て装置 Download PDF

Info

Publication number
JP6238297B2
JP6238297B2 JP2014099749A JP2014099749A JP6238297B2 JP 6238297 B2 JP6238297 B2 JP 6238297B2 JP 2014099749 A JP2014099749 A JP 2014099749A JP 2014099749 A JP2014099749 A JP 2014099749A JP 6238297 B2 JP6238297 B2 JP 6238297B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
divided piece
shield machine
piece
assembling
divided
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2014099749A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2015127496A (ja
Inventor
典生 庄村
典生 庄村
福田 日出男
日出男 福田
安則 矢野
安則 矢野
英史 五十嵐
英史 五十嵐
雅之 戸崎
雅之 戸崎
Original Assignee
三井住友建設株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2013247055 priority Critical
Priority to JP2013247055 priority
Application filed by 三井住友建設株式会社 filed Critical 三井住友建設株式会社
Priority to JP2014099749A priority patent/JP6238297B2/ja
Publication of JP2015127496A publication Critical patent/JP2015127496A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6238297B2 publication Critical patent/JP6238297B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、洞道内に延設されてなる収容ラインを囲繞するように略円筒状のシールド機を組み立てる、シールド機の組み立て方法、及びシールド機の組み立て装置に関する。
従来、老朽化したトンネルを撤去する装置としてシールド機が使用されており、種々の構造のものが提案されている(例えば、特許文献1及び2参照)。
図6は、シールド機の従来構造の一例を示す断面図であって、図7は、ローラーカッターの支持部分の構成の一例を示す断面図である。図6に示すシールド機101は、既設トンネルTの外径よりも大径の胴体102を備えており、該胴体102の前側にはカッタードラム103を介して環状のカッターヘッド104が回動可能に支持されている。そして、該カッターヘッド104には、図7に詳示するようなローラーカッター105が複数支持されており、該ローラーカッター105を回転させると共に前記カッターヘッド104を前記既設トンネルTの回りに回転させることにより該既設トンネルTの周囲の地山Gを掘削するように構成されていた。
特許第3311321号公報 特開2003−253984号公報
ところで、上述のような構成のシールド機101で洞道(つまり、通信ケーブルやガス管や送電線等の種々の収容ラインが敷設されている専用管路トンネル)のセグメントを更新する場合は、該収容ラインが邪魔になって前記シールド機101を配置できないことから、該収容ラインを一時的に洞道外に移設してスペースを確保するということが行われていた。しかしながら、該収容ラインを移設する工事に莫大な日数やコストが掛かってしまうという問題があった。
本発明は、上述の問題を解消することのできるシールド機の組み立て方法及び組み立て装置を提供することを目的とするものである。
請求項1に係る発明は、図1(a) 〜(f) 、図2及び図4に例示するものであって、洞道(図4の符号T参照)内に延設されてなる収容ライン(L)を囲繞するように略円筒状のシールド機(B)を組み立てる、シールド機の組み立て方法において、
該シールド機(B)を周方向(Dc)に分割した各構造体(図1の符号B1,B2参照)を“シールド機分割片”とし、前記洞道(T)に連通される立坑(V)内に最初に吊り降ろされるシールド機分割片(B1)を“第1分割片”とし、その後に該立坑(V)内に吊り降ろされるシールド機分割片(B2)を“後続分割片”とし、前記洞道(T)の軸方向に直交する方向の内の水平な方向(x)を“洞道横方向”とした場合に、
前記第1分割片(B1)をその周方向(Dc)に転動可能であると共に洞道横方向(x)に移動可能となるように構成された移動架台(3)を前記立坑(V)の内部であって前記収容ライン(L)よりも低い位置に配置する移動架台配置工程(図5の符号S1及び図1(b) 参照)と、
前記立坑(V)を利用して前記第1分割片(B1)を吊り降ろすと共に該第1分割片(B1)を前記移動架台(3)に載置する第1分割片吊り降ろし工程(図5の符号S2及び図1(a) 参照)と、
該移動架台(3)を洞道横方向(x)に移動させることにより前記収容ライン(L)を囲繞する所定位置に前記第1分割片(B1)を配置する第1分割片移動工程(図5の符号S3及び図1(c) 参照)と、
該移動架台(3)に載置された前記第1分割片(B1)を前記収容ライン(L)の下方の所定位置までその周方向(Dc)に転動させる第1分割片転動工程(図5の符号S4及び図1(d) 参照)と、 前記立坑(V)を利用して前記後続分割片(B2)を吊り降ろす後続分割片吊り降ろし工程(図5の符号S5及び図1(f) 参照)と、
前記立坑(V)の内部の所定の位置に配置されている前記シールド機分割片(B1)に前記後続分割片吊り降ろし工程(S5)にて吊り降ろしてきた後続分割片(B2)を組み付ける後続分割片組み付け工程(図5の符号S6参照)と、
を備え、
後続分割片の数だけ前記後続分割片吊り降ろし工程(S5)及び前記後続分割片組み付け工程(S6)を繰り返して実施することを特徴とする。
請求項2に係る発明は、請求項1に係る発明において、前記第1分割片(B1)は、前記第1分割片転動工程(S4)によって前記収容ライン(L)の下方の所定位置に配置された状態における洞道横方向(x)の寸法Axがその上下方向の寸法Ayよりも大きくなるように構成され、
前記第1分割片吊り降ろし工程(S2)では、寸法Ayが略水平方向の寸法となり寸法Axが略上下方向の寸法となるような姿勢で前記第1分割片(B1)を吊り降ろすことを特徴とする。
請求項3に係る発明は、請求項1又は2に係る発明において、前記移動架台(3)は前記第1分割片(B1)の下面に取り付けておいて前記第1分割片吊り降ろし工程(S2)にて該第1分割片(B1)と共に吊り降ろすことにより前記移動架台配置工程(S1)と前記第1分割片吊り降ろし工程(S2)とを同時に実施することを特徴とする。
請求項4に係る発明は、請求項1乃至3のいずれか1項に記載の発明において、前記収容ライン(L)が、通信ケーブル、ガス管又は送電線であることを特徴とする。
請求項5に係る発明は、洞道(T)内に延設されてなる収容ライン(L)を囲繞するように略円筒状のシールド機(B)を組み立てる、シールド機の組み立て装置(1)において、
該シールド機(B)を周方向(Dc)に分割した各構造体(B1,…)を“シールド機分割片”とし、前記洞道(T)に連通される立坑(V)内に最初に吊り降ろされるシールド機分割片(B1)を“第1分割片”とし、その後に該立坑(V)内に吊り降ろされるシールド機分割片(B2)を“後続分割片”とし、前記洞道(T)の軸方向に直交する方向の内の水平な方向を“洞道横方向(x)”とした場合に、
前記立坑(V)を利用して前記第1分割片(B1)及び前記後続分割片(B2)を吊り降ろす吊り降ろし装置(2)と、
前記第1分割片(B1)を載置可能であって該分割片(B1)をその周方向(Dc)に転動可能となるように構成された移動架台(3)と、
前記立坑(V)の内部であって前記収容ライン(L)よりも低い位置に配置されて前記移動架台(3)を洞道横方向(x)に移動可能に支持するガイド装置(4)と、
洞道横方向(x)へ移動される前記移動架台(3)の位置決めをする位置決め装置(5)と、
前記移動架台(3)上における前記第1分割片(B1)の転動を阻止するロック装置(図3の符号6参照)と、
を備え、
前記第1分割片(B1)が前記吊り降ろし装置(2)によって吊り降ろされて前記移動架台(3)に載置され、前記移動架台(3)が移動されることによって前記収容ライン(L)を囲繞する所定位置まで前記第1分割片(B1)が移動され、前記ロック装置(6)を解除することによって前記第1分割片(B1)がその周方向(Dc)の所定位置に転動されるように構成されたことを特徴とする。
請求項6に係る発明は、請求項5に記載の発明において、前記収容ライン(L)が、通信ケーブル、ガス管又は送電線であることを特徴とする。
なお、括弧内の番号などは、図面における対応する要素を示す便宜的なものであり、従って、本記述は図面上の記載に限定拘束されるものではない。
請求項1,3乃至6に係る発明によれば、既設の洞道において該洞道に収容されている収容ラインと干渉することなくシールド機を設置することができ、該洞道の更新をすることができる。
請求項2に係る発明によれば、大きい方の寸法Axが略水平方向の寸法となるような姿勢で前記第1分割片を吊り降ろす場合に比べて、前記収容ラインと前記立坑の壁面との水平方向の離間距離を小さくできる。
図1(a) 〜(f) は、本発明に係るシールド機の組み立て方法の一例を示す横断面図である。 図2は、第1分割片を吊り降ろしている状態の一例を示す横断面図である。 図3は、移動架台等の構成を示す拡大断面図である。 図4は、シールド機が組み立てられた状態の一例を示す縦断面図である。 図5は、本発明に係るシールド機の組み立て方法の一例を示すフローチャート図である。 図6は、シールド機の従来構造の一例を示す断面図である。 図7は、ローラーカッターの支持部分の構成の一例を示す断面図である。
以下、図1乃至図5に沿って、本発明の実施の形態について説明する。
本発明は、通信ケーブル・ガス管・送電線など(図4の符号L参照。以下、“収容ライン”とする)の専用管路トンネル(図4の符号T参照。以下、“洞道”とする)に適用されるものであり、前記洞道T内に延設されてなる収容ラインLを囲繞するように略円筒状のシールド機(シールド掘進機)Bを組み立てる方法に関するものである。
本明細書においては、洞道Tの軸方向(図4中に矢印zで示す方向であって、前記収容ラインLが延設されている方向)を“洞道軸方向”と称することとし、該洞道軸方向zに直交する方向の内の水平な方向(図2中の矢印x参照)を“洞道横方向”と称することとする。また、本発明においては、図1(a) 〜(f) に例示するように、前記シールド機Bを少なくとも周方向(同図(d) の符号Dc参照)に分割した状態で立坑V内(前記洞道Tに連通するように形成された立坑V内)に搬入するが、該シールド機Bを周方向Dcに分割した各構造体B1,B2,…を“シールド機分割片”と称することとし、特に区別の必要がある場合には、該立坑V内に最初に吊り降ろされるシールド機分割片B1を“第1分割片”と称することとし、その後の2番目以降に該立坑V内に吊り降ろされるシールド機分割片B2,…を“後続分割片”と称することとする。なお、シールド機Bを構成する部品の中には止水のためのシール材(成形パッキンと称されるような、ゴム製や樹脂製の部材)があるが、このシール材については、
・ 該シール材を分割したもの(以下、“シール材分割片”とする)を各シールド機分割片に組み込んでおき、該シールド機分割片どうしを組み付ける際に該シール材分割片どうしを接合するようにしても、或いは、
・ シール材は分割せずに一箇所だけ切り込みを入れておいて、円筒状のシールド機が組み上がる際に該シール材を組み付けるようにしても、
どちらでも良い。
ところで、図1に示すものは、シールド機分割片B1,…の中心角(つまり、組み上がったシールド機Bの中心軸と、シールド機分割片B1,…の2つの周方向端面とを結んでできる角)を180度としてシールド機Bを2分割した例であるが、もちろんこれに限られるものではなく、3分割でも4分割でも、それ以上の分割でも良い。なお、3分割の場合は後続分割片の個数は2つとなり、4分割の場合は後続分割片の個数は3つとなる。また、各シールド機分割片B1,…の中心角を等しく(つまり、等角度分割)する必要はなく、各シールド機分割片B1,…の中心角を異ならせても良い。
また、シールド機Bは、公知のように、軸方向(つまり、図4に符号Bzで示す方向であって、シールド機Bの軸方向)に長い略円筒状であるが、上述のような周方向Dcにだけ分割するのではなく軸方向Bzにも分割しても良い。例えば、該図4にて二点鎖線E1,E2,…で示す部分で分割するようにしても良い。シールド機Bをこのように軸方向Bzに分割した場合には、移動架台3(詳細は後述する)も分割した個数だけ必要となる。
次に、本発明に係るシールド機の組み立て方法について説明する。
本発明に係るシールド機の組み立て方法は、
・ 図3に符号3で例示する移動架台、すなわち、前記第1分割片B1をその周方向Dcに転動可能であると共に洞道横方向xに移動可能となるように構成された移動架台3を図1(b) に例示するように前記立坑Vの内部であって前記収容ラインLよりも低い位置に配置する移動架台配置工程(図5の符号S1参照)と、
・ 図1(a) (b) に例示するように、前記立坑Vを利用して前記第1分割片B1を地上から吊り降ろすと共に該第1分割片B1を前記移動架台3に載置する(つまり、前記立坑Vの内部にて前記移動架台3に該第1分割片B1の重量を受けさせる)第1分割片吊り降ろし工程(図5の符号S2参照)と、
を備えている。この第1分割片吊り降ろし工程S2においては、“該第1分割片B1の横断面の水平方向の寸法(図2の符号Ay参照)”が“収容ラインLと立坑壁面Vaとの水平方向の離間距離(同図の符号Av参照)”よりも小さくなるような姿勢に該第1分割片B1を保持していて、該第1分割片B1が前記収容ラインLや前記立坑壁面Vaに接触しないように設定されている。該第1分割片吊り降ろし工程S2における第1分割片B1の吊り降ろしは公知のクレーン等(吊り降ろし装置)により行うと良い。一方、図1(a) 及び図2に示す例では、前記移動架台3は前記第1分割片B1の下面に取り付けておいて前記第1分割片吊り降ろし工程S2にて該第1分割片B1と共に吊り降ろすことにより前記移動架台配置工程S1と前記第1分割片吊り降ろし工程S2とを同時に実施するようになっているが、前記移動架台配置工程S1を前記第1分割片吊り降ろし工程S2の前に実施し、前記立坑Vの内部の所定位置に既に配置されている前記移動架台3に前記第1分割片B1を載置するようにしても良い。
また、本発明に係るシールド機の組み立て方法は、
・ 図1(c) に例示するように、該移動架台3を洞道横方向xに移動させることにより前記収容ラインLを囲繞する所定位置に前記第1分割片B1を配置する第1分割片移動工程(図5の符号S3参照)と、
・ 図1(d) に例示するように、前記移動架台3に載置された前記第1分割片B1を前記収容ラインLの下方の所定位置までその周方向Dcに転動させる第1分割片転動工程(図5の符号S4参照)と、を備えている。ここで、これらの第1分割片転動工程S4と第1分割片移動工程S3とは前記移動架台配置工程S1及び前記第1分割片吊り降ろし工程S2を実施した後に実施する必要がある。また、前記第1分割片転動工程S4においては前記第1分割片B1を後述するようにその自重により転動させると良いが、何らかの駆動装置によって転動させる場合を排除するものではない。さらに、前記第1分割片移動工程S3における前記移動架台3の移動は作業者の人力で行えば良いが、何らかの駆動装置によって行う場合を排除するものではない。
さらに、本発明に係るシールド機の組み立て方法は、
・ 図1(f) に例示するように、前記立坑Vを利用して前記後続分割片B2,…を吊り降ろす後続分割片吊り降ろし工程(図5の符号S5参照)と、
・ 前記立坑Vの内部の所定の位置に配置されているシールド機分割片(つまり、前記第1分割片B1及び/又は既に所定位置に配置されている別の後続分割片)に前記後続分割片吊り降ろし工程S5にて吊り降ろしてきた後続分割片B2,…を組み付ける後続分割片組み付け工程(図5の符号S6参照)と、
を備えている。なお、前記後続分割片吊り降ろし工程S5及び前記後続分割片組み付け工程S6は後続分割片の数だけ繰り返して実施すると良い。つまり、シールド機Bの分割数が2つ(つまり、後続分割片の数が1つ)である場合は前記後続分割片吊り降ろし工程S5と前記後続分割片組み付け工程S6とは1回ずつだけ実施すれば良いが、シールド機Bの分割数が3つ(つまり、後続分割片の数が2つ)である場合は前記後続分割片吊り降ろし工程S5と前記後続分割片組み付け工程S6とは2回ずつ実施すれば良く、シールド機Bの分割数が4つ(つまり、後続分割片の数が3つ)である場合は前記後続分割片吊り降ろし工程S5と前記後続分割片組み付け工程S6とは3回ずつ実施すると良い。また、図1(e) 及び(f) に例示するように、後続分割片B2を内側の部材と外側の部材とに分けて別々に吊り降ろすようにしても良い。
本発明によれば、既設の洞道Tにおいて該洞道Tに収容されている収容ラインLと干渉することなくシールド機Bを設置することができ、該洞道Tの更新をすることができる。
また、前記第1分割片B1を、前記第1分割片転動工程S4によって前記収容ラインLの下方の所定位置に配置された状態における洞道横方向xの寸法(図1(d)の符号Ax参照)がその上下方向yの寸法(同図の符号Ay参照)よりも大きくなるように構成しておいて、前記第1分割片吊り降ろし工程S2では、図2に例示するように、寸法Ayが略水平方向の寸法となり寸法Axが略上下方向の寸法となるような姿勢で前記第1分割片B1を吊り降ろすようにしても良い。そのようにした場合には、大きい方の寸法Axが略水平方向の寸法となるような姿勢で前記第1分割片B1を吊り降ろす場合に比べて前記離間距離Av(つまり、前記収容ラインLと立坑壁面Vaとの水平方向の離間距離Av)を小さくできる。
次に、本発明に係るシールド機の組み立て装置について説明する。
本発明に係るシールド機の組み立て装置は、洞道T内に延設されてなる収容ラインLを囲繞するように略円筒状のシールド機Bを組み立てる装置であり、図2に符号1で例示するように、
・ 前記立坑Vを利用して前記第1分割片B1及び前記後続分割片B2を吊り降ろす吊り降ろし装置2と、
・ 前記第1分割片B1を載置可能であって該分割片B1をその周方向Dcに転動可能となるように構成された移動架台3と、
・ 前記立坑Vの内部であって前記収容ラインLよりも低い位置に配置されて前記移動架台3を洞道横方向xに移動可能に支持するガイド装置4と、
・ 洞道横方向xへ移動される前記移動架台3の位置決めをする位置決め装置5と、
・ 前記移動架台3上における前記第1分割片B1の転動を阻止するロック装置6と、
を備えており、前記第1分割片B1が前記吊り降ろし装置2によって吊り降ろされて前記移動架台3に載置され、前記移動架台3が移動されることによって前記収容ラインLを囲繞する所定位置まで前記第1分割片B1が移動され、前記ロック装置6を解除することによって前記第1分割片B1がその周方向Dcの所定位置に転動されるように構成されている。
ここで、図3に例示する移動架台3は、
・ 複数の鋼球30と、
・ 該複数の鋼球30を転動自在及び移動自在に収容するループ状の溝31と、
からなるユニット(以下、“ボールスライダー”とする)Uを複数(上側に2つ、下側に3つ)有しており、
・ 上側の2つのボールスライダーUは、ループ状の溝31が洞道軸方向zを向くと共に鋼球30が前記第1分割片B1に接触するように配置されて該第1分割片B1を移動可能に支持し、
・ 下側の3つのボールスライダーUは、ループ状の溝31が洞道横方向xを向くと共に鋼球30が基台面(ガイド装置)4に接触するように配置されて前記第1分割片B1を洞道横方向xに移動可能に支持する、
ように構成されている。また、この移動架台3と同じような構造のもの(以下、“対向架台”とする)は、符号3’で示すように左右対称となる位置に配置しておくと良い。さらに、前記基台面4における該移動架台3と該対向架台3’との間にはボールスライダー7を設けておいて、前記第1分割片移動工程S3や前記第1分割片転動工程S4において前記第1分割片B1を安定して摺動自在(及び転動自在)に支持できるようにすると良い。またさらに、これらの移動架台3や対向架台3’やボールスライダー7は図4に例示するように洞道軸方向zに沿って複数配置しておくと良い。そのような構成にした場合には、
・ 前記第1分割片移動工程S3における前記第1分割片B1の移動
・ 前記第1分割片転動工程S4における前記第1分割片B1の転動
だけでなく、組み立てられたシールド機Bを洞道軸方向zに送り出す際の発進架台のために前記移動架台3や前記対向架台3’を利用することが可能となる。該移動架台3や該対向架台3’をこのような構成にすることが好ましいが、その他の構成にしても良く、例えば、ボールスライダーUの数を変えても、或いは、ボールスライダー以外の公知の機構を用いても良い。この移動架台3は、上述したように、前記第1分割片B1の下面に取り付けておいて該第1分割片B1と一緒に吊り降ろすようにしても、或いは、一緒に吊り降ろさずに前記ガイド装置4の側に先に取り付けておいても良い。なお、後者の場合(つまり、前記移動架台3を前記第1分割片B1と一緒に吊り降ろさずに前記ガイド装置4の側に先に取り付けておく場合)は、前記第1分割片移動工程S3において前記第1分割片B1の移動を行う際には、該移動架台3が前記第1分割片B1と一体的に移動できるようにそれらを固定すると良い。
また、図3に例示するロック装置6は、
・ 前記第1分割片B1に取り付けられた孔付きプレートと、
・ 前記移動架台3に取り付けられた孔付きプレートと、
・ これらの孔付きプレートに挿通されるボルトナットと、
によって構成されていてボルトを孔付きプレートから抜くことにより前記第1分割片B1が自重により転動するように構成されているが、もちろんこれに限られるものではなく、他の構造であっても良い。
さらに、ガイド装置4は、
・ 前記ボールスライダーUが載置される基台面を有する部材(具体的には、立坑内に敷かれた鉄板)や、
・ 該鉄板の上に着脱可能に配置されたレール部材やアングル部材
などで構成すると良い。またさらに、図3に示す位置決め装置5は、前記ガイド装置4から立設されたプレート状のものであるが、もちろんこれに限られるものではなく、他の構造であっても良い。
また、前記吊り降ろし装置2としてはクレーンを用いると良く、前記第1分割片B1を転動させたり移動させたりする間はワイヤで該第1分割片B1が倒れたりしないように補助しておくと良い。
1 シールド機の組み立て装置
2 吊り降ろし装置
3 移動架台
4 ガイド装置
5 位置決め装置
6 ロック装置
B シールド機
B1 第1分割片(シールド機分割片)
B2 後続分割片(シールド機分割片)
L 収容ライン
S1 移動架台配置工程
S2 第1分割片吊り降ろし工程
S3 第1分割片移動工程
S4 第1分割片転動工程
S5 後続分割片吊り降ろし工程
S6 後続分割片組み付け工程
T 洞道
V 立坑
x 洞道横方向

Claims (6)

  1. 洞道内に延設されてなる収容ラインを囲繞するように略円筒状のシールド機を組み立てる、シールド機の組み立て方法において、
    該シールド機を周方向に分割した各構造体を“シールド機分割片”とし、前記洞道に連通される立坑内に最初に吊り降ろされるシールド機分割片を“第1分割片”とし、その後に該立坑内に吊り降ろされるシールド機分割片を“後続分割片”とし、前記洞道の軸方向に直交する方向の内の水平な方向を“洞道横方向”とした場合に、
    前記第1分割片をその周方向に転動可能であると共に洞道横方向に移動可能となるように構成された移動架台を前記立坑の内部であって前記収容ラインよりも低い位置に配置する移動架台配置工程と、
    前記立坑を利用して前記第1分割片を吊り降ろすと共に該第1分割片を前記移動架台に載置する第1分割片吊り降ろし工程と、
    該移動架台を洞道横方向に移動させることにより前記収容ラインを囲繞する所定位置に前記第1分割片を配置する第1分割片移動工程と、
    該移動架台に載置された前記第1分割片を前記収容ラインの下方の所定位置までその周方向に転動させる第1分割片転動工程と、 前記立坑を利用して前記後続分割片を吊り降ろす後続分割片吊り降ろし工程と、
    前記立坑の内部の所定の位置に配置されている前記シールド機分割片に前記後続分割片吊り降ろし工程にて吊り降ろしてきた後続分割片を組み付ける後続分割片組み付け工程と、
    を備え、
    後続分割片の数だけ前記後続分割片吊り降ろし工程及び前記後続分割片組み付け工程を繰り返して実施する、
    ことを特徴とする、シールド機の組み立て方法。
  2. 前記第1分割片は、前記第1分割片転動工程によって前記収容ラインの下方の所定位置に配置された状態における洞道横方向の寸法Axがその上下方向の寸法Ayよりも大きくなるように構成され、
    前記第1分割片吊り降ろし工程では、寸法Ayが略水平方向の寸法となり寸法Axが略上下方向の寸法となるような姿勢で前記第1分割片を吊り降ろす、
    ことを特徴とする、請求項1に記載のシールド機の組み立て方法。
  3. 前記移動架台は前記第1分割片の下面に取り付けておいて前記第1分割片吊り降ろし工程にて該第1分割片と共に吊り降ろすことにより前記移動架台配置工程と前記第1分割片吊り降ろし工程とを同時に実施する、
    ことを特徴とする、請求項1又は2に記載のシールド機の組み立て方法。
  4. 前記収容ラインは、通信ケーブル、ガス管又は送電線である、
    ことを特徴とする、請求項1乃至3のいずれか1項に記載のシールド機の組み立て方法。
  5. 洞道内に延設されてなる収容ラインを囲繞するように略円筒状のシールド機を組み立てる、シールド機の組み立て装置において、
    該シールド機を周方向に分割した各構造体を“シールド機分割片”とし、前記洞道に連通される立坑内に最初に吊り降ろされるシールド機分割片を“第1分割片”とし、その後に該立坑内に吊り降ろされるシールド機分割片を“後続分割片”とし、前記洞道の軸方向に直交する方向の内の水平な方向を“洞道横方向”とした場合に、
    前記立坑を利用して前記第1分割片及び前記後続分割片を吊り降ろす吊り降ろし装置と、
    前記第1分割片を載置可能であって該分割片をその周方向に転動可能となるように構成された移動架台と、
    前記立坑の内部であって前記収容ラインよりも低い位置に配置されて前記移動架台を洞道横方向に移動可能に支持するガイド装置と、
    洞道横方向へ移動される前記移動架台の位置決めをする位置決め装置と、
    前記移動架台上における前記第1分割片の転動を阻止するロック装置と、
    を備え、
    前記第1分割片が前記吊り降ろし装置によって吊り降ろされて前記移動架台に載置され、前記移動架台が移動されることによって前記収容ラインを囲繞する所定位置まで前記第1分割片が移動され、前記ロック装置を解除することによって前記第1分割片がその周方向の所定位置に転動されるように構成された、
    ことを特徴とする、シールド機の組み立て装置。
  6. 前記収容ラインは、通信ケーブル、ガス管又は送電線である、
    ことを特徴とする、請求項5に記載のシールド機の組み立て装置。
JP2014099749A 2013-11-29 2014-05-13 シールド機の組み立て方法、及びシールド機の組み立て装置 Active JP6238297B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013247055 2013-11-29
JP2013247055 2013-11-29
JP2014099749A JP6238297B2 (ja) 2013-11-29 2014-05-13 シールド機の組み立て方法、及びシールド機の組み立て装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2014099749A JP6238297B2 (ja) 2013-11-29 2014-05-13 シールド機の組み立て方法、及びシールド機の組み立て装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2015127496A JP2015127496A (ja) 2015-07-09
JP6238297B2 true JP6238297B2 (ja) 2017-11-29

Family

ID=53837613

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2014099749A Active JP6238297B2 (ja) 2013-11-29 2014-05-13 シールド機の組み立て方法、及びシールド機の組み立て装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6238297B2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN110671121A (zh) * 2019-09-23 2020-01-10 中铁工程服务有限公司 盾构机的拆卸结构、拆卸方法和修复方法

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN109874169A (zh) * 2017-12-01 2019-06-11 中冶长天国际工程有限责任公司 一种用于城市地下综合管廊的定位方法及系统
CN108843392B (zh) * 2018-06-07 2020-04-28 温州慧思工业设计有限公司 一种用于隧道内的管道安装设备

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6346234B2 (ja) * 1983-03-30 1988-09-14 Mitsui Constr
JPH04176989A (en) * 1990-11-08 1992-06-24 Mitsubishi Heavy Ind Ltd Installing/assembling method for shield excavator
JPH09170326A (ja) * 1995-12-22 1997-06-30 Ishikawajima Harima Heavy Ind Co Ltd シールド掘進機の組立足場
JP5475521B2 (ja) * 2010-03-30 2014-04-16 三菱重工メカトロシステムズ株式会社 トンネル掘削機

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN110671121A (zh) * 2019-09-23 2020-01-10 中铁工程服务有限公司 盾构机的拆卸结构、拆卸方法和修复方法

Also Published As

Publication number Publication date
JP2015127496A (ja) 2015-07-09

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9944499B2 (en) Crane maneuvering assistance
CN105750937A (zh) 一种管材多角度钻孔设备
US10919585B2 (en) System for traveling on a cylindrical or frustoconical surface
RU2651934C1 (ru) Установка для обнаружения дефектов с функцией параллельного поддомкрачивания, выполненная с возможностью обнаружения дефектов без демонтажа колес
JP5545498B2 (ja) 物品保管設備及び物品保管設備におけるメンテナンス方法
JP2017039334A (ja) 飛翔機のフレーム構造体、飛翔機、飛翔機の使用方法
JP2007291794A (ja) 型枠装置
CN204674585U (zh) 轨道车辆车底状态观察装置
KR101215501B1 (ko) 케이블 안내 장치
CN104047446A (zh) 一种通过观众席迴转改变舞台区域和状态的舞台
CN101789570B (zh) 施工现场电缆盘放缆工具的制作方法和使用方法
BR112014029657B1 (pt) Dispositivo de sustentação de uma cinta de goma crua para a fabricação de um pneumático
CN104795765B (zh) 线缆敷设布放架
CN106054180A (zh) 隧道衬砌无损检测台车及其工作方法
CN103979438B (zh) 一种用于拆除塔吊附着架的辅助装置
CN109184756B (zh) 用于盾构暗挖通道内拆除负环管片的装置及方法
CN104617521A (zh) 一种电缆敷设装置
CN206159741U (zh) 一种管道探损机器人
JP2018105029A (ja) 移動式型枠装置
CN203243006U (zh) 电缆放线用旋转盘
CN107237605A (zh) 一种用于通信行业的抢修工程车
JP2004346652A (ja) 嵩上げ鉄塔の構造および工事方法
CN103696372A (zh) 一种钢管拱桥拱架的架设方法
CN105149922A (zh) 一种在隧道内拆除盾构机零部件的拆除设备及其应用
CN104532843A (zh) 一种立柱桩的钢立柱定位调直方法

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20161208

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20171013

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20171025

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20171025

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6238297

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250