JP6231527B2 - 画材セット - Google Patents

画材セット Download PDF

Info

Publication number
JP6231527B2
JP6231527B2 JP2015182125A JP2015182125A JP6231527B2 JP 6231527 B2 JP6231527 B2 JP 6231527B2 JP 2015182125 A JP2015182125 A JP 2015182125A JP 2015182125 A JP2015182125 A JP 2015182125A JP 6231527 B2 JP6231527 B2 JP 6231527B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
pallet
case
dimension
water
art
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2015182125A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2017056601A (ja
Inventor
田中 莞二
莞二 田中
佳照 有本
佳照 有本
岩本 真一
真一 岩本
中野 浩
浩 中野
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Lihit Lab Inc
Original Assignee
Lihit Lab Inc
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Lihit Lab Inc filed Critical Lihit Lab Inc
Priority to JP2015182125A priority Critical patent/JP6231527B2/ja
Publication of JP2017056601A publication Critical patent/JP2017056601A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6231527B2 publication Critical patent/JP6231527B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、複数の画材を備える画材セットに関する。
従来、上面が開口した筆洗容器と、前記開口を覆い、絵の具箱を収容する蓋ケースとを備える画材セット携帯具が提案されている(例えば特許文献1参照)。筆洗容器には、筆又はパレットが収容され、蓋ケースには絵の具箱が収容される。画材セット携帯具には紐又はベルトが取り付けられ、画材セット携帯具はユーザの肩に掛けて運ばれる。
実開平3−64800号公報
しかし筆洗容器及び蓋ケースは依然として大型であり、画材セット携帯具の運搬はユーザにとって負荷が大きい。
本発明は斯かる事情に鑑みてなされたものであり、小型化を促進する画材セットを提供することを目的とする。
本発明に係る画材セットは、一面が開口しており、画材を収容する収容箱と、一面に調色部を有し、他面にて前記収容箱の開口を覆うパレットとを有するパレット付き画材入れと、水入れと、該水入れを起立させて保持する保持部と、前記パレット付き画材入れ、水入れ及び保持部を収容する筐体とを備え、前記パレット付き画材入れ、水入れ及び保持部それぞれの厚さ寸法は、前記筐体の厚さ寸法に等しくなるように設定されており、前記パレット付き画材入れ、水入れ及び保持部全てを前記筐体に収容した場合に、前記パレット付き画材入れ、水入れ及び保持部における縦寸法の合計及び横寸法の合計は、前記筐体の縦寸法及び横寸法に等しくなるように設定されていることを特徴とする。
本発明においては、パレット付き画材入れ、水入れ及び保持部の厚さ寸法、縦寸法及び横寸法が、筐体の厚さ寸法、縦寸法及び横寸法に応じて設定されており、パレット付き画材入れ、水入れ及び保持部が筐体に収容された場合に、筐体内には余分な空間が存在しない。またパレット付き画材入れ、水入れ及び保持部の筐体内におけるレイアウトをユーザは好みに応じて変更することができる。
また収容箱の開口をパレットによって覆うので、パレット及び収容箱が一体化され、パレット及び収容箱を個別に製造する場合に比べて、小型になる。ユーザはパレット及び収容箱を個別に持つ必要がなくなる。
本発明に係る画材セットは、一面が開口しており、画材を収容する収容箱と、一面に調色部を有し、他面にて前記収容箱の開口を覆うパレットとを有するパレット付き画材入れと、水入れと、該水入れを起立させて保持する保持部と、画材を収容するケースと、前記パレット付き画材入れ、水入れ、保持部及びケースを収容する筐体とを備え、前記パレット付き画材入れ、水入れ、保持部及びケースそれぞれの厚さ寸法は、前記筐体の厚さ寸法に等しくなるように設定されており、前記パレット付き画材入れ、水入れ、保持部及びケース全てを前記筐体に収容した場合に、前記パレット付き画材入れ、水入れ、保持部及びケースにおける縦寸法の合計及び横寸法の合計は、前記筐体の縦寸法及び横寸法に等しくなるように設定されていることを特徴とする。
本発明においては、パレット付き画材入れ、水入れ、保持部及びケースの厚さ寸法、縦寸法及び横寸法が、筐体の厚さ寸法、縦寸法及び横寸法に応じて設定されており、パレット付き画材入れ、水入れ、保持部及びケースが筐体に収容された場合に、筐体内には余分な空間が存在しない。またパレット付き画材入れ、水入れ、保持部及びケースの筐体内におけるレイアウトをユーザは好みに応じて変更することができる。
また収容箱の開口をパレットによって覆うので、パレット及び収容箱が一体化され、パレット及び収容箱を個別に製造する場合に比べて、小型になる。ユーザはパレット及び収容箱を個別に持つ必要がなくなる。
本発明に係る画材セットは、前記パレット付き画材入れは、前記開口又は他面の縁部の一方から他方に向けて突出した突出部と、前記他方に設けられており、前記突出部が嵌合する凹部とを備えることを特徴とする。
本発明においては、パレット及び収容箱を組み合わせた場合に、突出部は凹部に嵌合し、両者は円滑に一体化され、また運搬時におけるパレット及び収容箱のガタつきが防止される。
本発明に係る画材セットは、前記水入れの縦寸法及び横寸法はポケットティッシュの縦寸法及び横寸法にそれぞれ対応していることを特徴とする。
本発明においては、ポケットティッシュを水入れに挿入し、水入れと共に運搬することができる。
本発明に係る画材セットは、前記保持部は一面が開口した箱状をなし、前記保持部の内側面に前記水入れを保持するための突起が設けられていることを特徴とする。
本発明においては、突起によって水入れを起立させる。
本発明に係る画材セットにあっては、収容箱の開口をパレットによって覆うので、パレット及び収容箱が一体化され、パレット及び収容箱を個別に製造する場合に比べて、小型になる。またユーザはパレット及び収容箱を個別に持つ必要がなくなり、携帯性が向上する。
実施の形態1に係る画材セットを略示する斜視図である。 パレット付き筆入れを略示する斜視図である。 収容箱を略示する平面図である。 収容箱を略示する側面図である。 パレットカバーを開いた状態を略示するパレット付き筆入れの平面図である。 図5に示すVI−VI線を切断線とした断面図である。 図5に示すVII−VII線を切断線とした断面図である。 図6に示すVIII線で囲った部分の拡大図である。 図5に示すIX−IX線を切断線とした断面図である。 第1水入れを略示する正面図である。 図10に示すXI−XI線を切断線とした断面図である。 第2水入れを略示する正面図である。 図12に示すXIII−XIII線を切断線とした断面図である。 保持部を略示する平面図である。 図14に示すXV−XV線を切断線とした断面図である。 第1ケースを略示する平面図である。 図16に示すXVII−XVII線を切断線とした断面図である。 第2ケースを略示する平面図である。 図18に示すXIX−XIX線を切断線とした断面図である。 実施の形態2に係る画材セットを略示する斜視図である。
(実施の形態1)
以下本発明を実施の形態1に係る画材セット1を示す図面に基づいて説明する。図1は画材セット1を略示する斜視図である。
画材セット1は筐体2を備え、筐体2は、偏平な直方体状をなし、一面に開口を有するキャビネット3と、該キャビネット3に連結板4を介して連結しており、前記開口を覆う蓋5とを備える。以下の説明において、筐体2を平置きにした場合における筐体2の長手方向の寸法を縦寸法といい、長手方向に直交する方向の寸法を横寸法という。
キャビネット3は、矩形の底面板3aと、該底面板3aの短辺それぞれから略直角に突出した第1側面板3bと、底面板3aの一方の長辺から略直角に突出した第2側面板3cと、底面板3aの他方の長辺から略直角に突出した二つの第3側面板3eとを備える。
第1側面板3bは、底面板3aの短辺に平行な方向を長手方向とした矩形をなす。第2側面板3cは、底面板3aの一方の長辺に平行な方向を長手方向とした矩形をなす。第2側面板3cの両端部は第1側面板3bの一端部に連結している。第3側面板3eは、底面板3aの他方の長辺に平行な方向を長手方向とした矩形をなす。第3側面板3eの長手方向中央部には開口3fが設けられており、第3側面板3eは該開口3fによって分断されている。分断された第3側面板3eはそれぞれ、二つの第1側面板3bの他端部に連結している。第1側面板3b〜第3側面板3eの短辺寸法(筐体2の厚さ寸法)は略同じである。
第2側面板3cには、後述する被係止部5cに係止する係止部3dが設けられている。係止部3dは、第2側面板3cから外向きに突出しており、その基端部を支点にして回動することができる。
蓋5は、矩形の天面板5aと、該天面板5aの一方の長辺及び二つの短辺から略直角に突出した周壁5bとを備える。天面板5aの長辺及び短辺の寸法(縦及び横寸法)は、底面板3aの長辺及び短辺の寸法と略同じである。天面板5aの他方の長辺と底面板3aの他方の長辺とが連結板4を介して連結している。天面板5aの一方の長辺側において、周壁5bに、係止部3dに対応した被係止部5cが設けられている。被係止部5cは周壁5bから外向きに突出している。
天面板5a及び底面板3aは、連結板4との連結部分において折り曲げ可能に構成されており、蓋5をキャビネット3の上側に被せることができる。蓋5をキャビネット3に被せて、係止部3dを被係止部5cに係止させることによって、蓋5はキャビネット3に取り付けられる。
キャビネット3の内側には、パレット付き筆入れ10(パレット付き画材入れ)と、第1水入れ20と、第2水入れ30と、第1水入れ20及び第2水入れ30を起立させて保持する保持部40と、画材を収容する第1ケース50及び第2ケース60とが収容されている。第1水入れ20及び第2水入れ30は横倒しの状態(起立していない状態)でキャビネット3に収容されている。なおパレット付き筆入れ10、保持部40、第1ケース50又は第2ケース60は、逆さまの状態で収容されてもよい。
図2は、パレット付き筆入れ10を略示する斜視図、図3は、収容箱11を略示する平面図、図4は、収容箱11を略示する側面図である。パレット付き筆入れ10は、一面が開口した筆を収容する矩形の収容箱11と、一面に調色部14を有し、他面にて前記収容箱11の開口11eを覆う矩形のパレット12と、該パレット12の一面を覆うパレットカバー19とを備える。パレットカバー19は、ヒンジ18を介してパレット12の一方の長辺部分に回動可能に連結している。
収容箱11は、矩形の底面部11aと、該底面部11aの周縁部全体から略直角に突出した環状の周壁部11bとを備える。周壁部11bの突出端部によって開口11eが形成されている。前記突出端部の内側部分から環状のリブ11c(突出部)が突出している。底面部11aには、長手方向に平行な仕切り板11dが設けられている。仕切り板11dは底面部11aから略直角に突出しており、底面部11aの両短辺の中央部同士を連結するように、長手方向に延びている。
図5は、パレットカバー19を開いた状態を略示するパレット付き筆入れ10の平面図、図6は、図5に示すVI−VI線を切断線とした断面図、図7は、図5に示すVII−VII線を切断線とした断面図、図8は、図6に示すVIII線で囲った部分の拡大図、図9は、図5に示すIX−IX線を切断線とした断面図である。
パレット12は、矩形の浅皿状をなす本体13を備える。該本体13の表面(図5における表側の面)には、調色部14が設けられている。調色部14は、複数の小凹部14aと、複数の大凹部14bとを備える。なお小凹部14a及び大凹部14bの数は単数でもよく、いずれかが無くてもよい。図6に示すように大凹部14bは小凹部14aよりも浅い。小凹部14aには絵の具を載置することができる。ユーザは、小凹部14aに載置した絵の具を用いて、大凹部14bにて調色を行うことができる。例えば、複数色を混ぜるか又は色の濃度を調整することができる。
本体13の表面の外周には、後述するパレットカバー19の周面部19bが係止する断面L形の溝13aが形成されている。図8に示すように、本体13の裏面(図5における裏側の面)には、前記リブ11cが嵌合する凹部13bが形成されている。凹部13bは、本体13の外周部に沿って溝状に形成されている。
長手方向に平行な本体13の一側面には、ユーザが指を入れるための窪み16が設けられている。窪み16は、一側面の長手方向中央部に設けられている。窪み16には、後述する掛止部19dが掛止する被掛止部15が隣接している。
長手方向に平行な本体13の他側面には、ヒンジ18を介して、矩形のパレットカバー19が連結している。図9に示すように、パレットカバー19は、矩形の天面部19aと、該天面部19aの周縁部分からパレット12側に突出した周面部19bとを備える。
天面部19aの長手方向に平行な一縁部分が、ヒンジ18を介して、本体13の他側面に連結している。周面部19bにおけるヒンジ18の反対側に、ヒンジ18側に突出した掛止部19dが設けられている。また天面部19aのパレット12に対向する面には複数の仕切り19cが設けられている。仕切り19cは長手方向に沿って並設されている。仕切り19cによって、天面部19aが複数の領域に分割され、ユーザは各領域を調色の為に使用することができる。なお仕切り19cは単数でもよく、仕切り19cを設けなくてもよい。
ユーザはパレット12を収容箱11から取り外し、パレットカバー19を開いて、パレット12及びパレットカバー19の上で調色を行うことができる。
パレットカバー19によってパレット12を閉じた場合、パレットカバー19の周面部19bはパレット12の溝13aに挿入され、パレットカバー19はパレット12に係止される。そのため、調色部14又は天面部19aに絵の具が載置されている場合に、パレットカバー19は絵の具の外部への飛散を防止する。
なお図2において、X1は、収容箱11又はパレット12の長辺寸法(パレット付き筆入れ10の縦寸法)を示し、Y1は、収容箱11又はパレット12の短辺寸法(パレット付き筆入れ10の横寸法)を示し、Z1は、パレット付き筆入れ10の厚さ寸法を示す。
図10は、第1水入れ20を略示する正面図、図11は、図10に示すXI−XI線を切断線とした断面図である。第1水入れ20は一面が開口した直方体状をなし、矩形の底面板23と、該底面板23の各長辺から突出した第1側面板21と、底面板23の各短辺から突出した第2側面板22とを備える。
第1側面板21は略正方形状をなす。第2側面板22は矩形状をなす。第2側面板22の各長辺は各第1側面板21の縁部分に連なっている。第2側面板22の短辺は底面板23に連なっている。第1水入れ20は、底面板23の反対側において、開口している。
底面板23の反対側における第1側面板21の縁部分の寸法は、底面板23側の縁部分の寸法よりも若干大きい。また底面板23の反対側における第2側面板22の短辺の寸法は、底面板23側の短辺の寸法よりも若干大きい。すなわち、第1側面板21及び第2側面板22は、第1水入れ20の開口側が拡幅するように、底面板23に対して、若干傾斜している。
なお図10において、X2は、開口側における第1側面板21の縁部分の寸法(第1水入れ20の縦寸法)を示し、Y2は、第2側面板22の長辺寸法(第1水入れ20の横寸法)を示す。図11において、Z2は、開口側における第2側面板22の短辺寸法(第1水入れ20の厚さ寸法)を示す。
図12は、第2水入れ30を略示する正面図、図13は、図12に示すXIII−XIII線を切断線とした断面図である。第2水入れ30は一面が開口した直方体状をなし、矩形の底面板33と、該底面板33の各長辺から突出した第1側面板31と、底面板33の各短辺から突出した第2側面板32とを備える。
第1側面板31及び第2側面板32は矩形状をなす。第1側面板31の短辺が底面板33に連なっている。第2側面板32の短辺は底面板33に連なっており、第2側面板32の各長辺は各第1側面板31の長辺に連なっている。第2水入れ30は、底面板33の反対側において、開口している。
底面板33の反対側における第1側面板31の短辺の寸法は、底面板33側の短辺の寸法よりも若干大きい。また底面板33の反対側における第2側面板32の短辺の寸法は、底面板33側の短辺の寸法よりも若干大きい。すなわち、第1側面板31及び第2側面板32は、第2水入れ30の開口側が拡幅するように、底面板33に対して、若干傾斜している。
なお第2水入れ30における第2側面板32の長辺の寸法(第1側面板31の長辺の寸法)は、第1水入れ20における第2側面板22の長辺の寸法(第2側面板の長辺に連なる第1側面板31の縁部分の寸法)よりも大きい。
第1側面板31の長辺及び短辺寸法は、矩形のポケットティッシュの長辺及び短辺寸法に対応しており、ポケットティッシュを第2水入れ30に挿入することができる。ポケットティッシュの長辺寸法は、例えば約120mmであり、短辺寸法は、例えば約80mmである。なお第1側面板31の長辺及び短辺寸法は、必ずしもポケットティッシュの長辺及び短辺寸法以上である必要はない。第1側面板31の長辺及び短辺寸法がポケットティッシュの長辺及び短辺寸法未満であったとしても、ポケットティッシュは柔軟なので、湾曲させるか又は折り曲げて第2水入れ30に挿入させることができるからである。第1側面板31の長辺及び短辺寸法は、ポケットティッシュを容易に挿入することができる寸法であればよい。
なお図12において、X3は、第1側面板31の長辺寸法(第2水入れ30の縦寸法)を示し、Y3は、第1側面板31の短辺寸法(第2水入れ30の横寸法)を示す。図13において、Z3は、開口側における第2側面板32の短辺寸法(第2水入れ30の厚さ寸法)を示す。
図14は、保持部40を略示する平面図、図15は、図14に示すXV−XV線を切断線とした断面図である。保持部40は、一面が開口した偏平な箱状をなし、矩形の底面板43と、該底面板43の各長辺から突出した第1側面板41と、底面板43の各短辺から突出した第2側面板42とを備える。
第1側面板41及び第2側面板42は矩形状をなす。第1側面板41の長辺が底面板43に連なっている。第2側面板42の長辺は底面板43に連なっており、第2側面板42の各短辺は各第1側面板41の短辺に連なっている。第2水入れ30は、底面板43の反対側において、開口している。
各第1側面板41の内側面には、底面板43に対して略直角な二つの突条45が第1側面板41の長手方向に並設されている。各第2側面板42の内側面に突起44が設けられている。突起44は底面板43に対して略直角に延びている。突起44は、第2側面板42の長辺の中央部に位置している。図15に示すように、突起44は細長い錐台状をなし、底面板43側における突起44の幅は、開口側における幅よりも大きい。
突起44と第1側面板41の間の寸法は、第1水入れ20及び第2水入れ30の底面板43の短辺の寸法よりも若干大きい。なお第1水入れ20及び第2水入れ30において、底面板43の寸法は略同じである。
第1水入れ20又は第2水入れ30を底面側から保持部40に挿入した場合、突起44と第1側面板41との間に挟まれ、第1水入れ20又は第2水入れ30を起立させることができる。また第1水入れ20又は第2水入れ30と保持部40との間に突条45が位置し、第1水入れ20又は第2水入れ30のがたつきを防止することができる。
なお図14において、X4は、第2側面板42の長辺寸法(保持部40の縦寸法)を示し、Y4は、第1側面板41の長辺寸法(保持部40の横寸法)を示す。図15において、Z4は、第1側面板41又は第2側面板42の短辺寸法(保持部40の厚さ寸法)を示す。
図16は、第1ケース50を略示する平面図、図17は、図16に示すXVII−XVII線を切断線とした断面図である。
第1ケース50は、一面が開口した偏平な箱状をなし、矩形の底面板53と、該底面板53の各長辺から突出した第1側面板51と、底面板53の各短辺から突出した第2側面板52とを備える。
第1側面板51及び第2側面板52は矩形状をなす。第1側面板51の長辺が底面板53に連なっている。第2側面板52の長辺は底面板53に連なっており、第2側面板52の各短辺は各第1側面板51の短辺に連なっている。第2水入れ30は、底面板53の反対側において、開口している。
なお図16において、X5は、第1側面板51の長辺寸法(第1ケース50の縦寸法)を示し、Y5は、第2側面板52の長辺寸法(第1ケース50の横寸法)を示す。図17において、Z5は、第1側面板51又は第2側面板52の短辺寸法(第1ケース50の厚さ寸法)を示す。
図18は、第2ケース60を略示する平面図、図19は、図18に示すXIX−XIX線を切断線とした断面図である。
第2ケース60は、一面が開口した偏平な箱状をなし、矩形の底面板63と、該底面板63の各長辺から突出した第1側面板61と、底面板63の各短辺から突出した第2側面板52とを備える。
第1側面板61及び第2側面板62は矩形状をなす。第1側面板61の長辺が底面板63に連なっている。第2側面板62の長辺は底面板63に連なっており、第2側面板62の各短辺は各第1側面板61の短辺に連なっている。第2水入れ30は、底面板63の反対側において、開口している。
なお図18において、X6は、第2側面板62の長辺寸法(第2ケース60の縦寸法)を示し、Y6は、第1側面板61の長辺寸法(第2ケース60の横寸法)を示す。図19において、Z6は、第1側面板61又は第2側面板62の短辺寸法(第2ケース60の厚さ寸法)を示す。
パレット付き筆入れ10、第1水入れ20、第2水入れ30、保持部40、第1ケース50及び第2ケース60における縦寸法X1〜X6の合計及び横寸法Y1〜Y6の合計それぞれが、筐体2の縦寸法及び横寸法それぞれに等しくなるように、パレット付き筆入れ10、第1水入れ20、第2水入れ30、保持部40、第1ケース50及び第2ケース60は設計されている。またパレット付き筆入れ10、第1水入れ20、第2水入れ30、保持部40、第1ケース50及び第2ケース60それぞれの厚さ寸法Z1〜Z6が、筐体2の厚さ寸法と略同じになるように、パレット付き筆入れ10、第1水入れ20、第2水入れ30、保持部40、第1ケース50及び第2ケース60は設計されている。
第1水入れ20の縦寸法X2、第2水入れ30の縦寸法X3、保持部40の縦寸法X4及び第2ケース60の縦寸法X6の合計は筐体2の縦寸法に略等しい。また第2ケースの縦寸法X6及びパレット付き筆入れ10の縦寸法X1の合計は、筐体2の縦寸法に略等しい。また第1ケース50の縦寸法X5は筐体2の縦寸法に略等しい。
第1ケース50の横寸法Y5及び第2ケース60の横寸法Y6の合計は、筐体2の横寸法に略等しい。また第2ケース60の横寸法Y6と、パレット付き筆入れ10の横寸法Y1と、第1水入れ20の横寸法Y2、第2水入れ30の横寸法Y3又は保持部40の横寸法Y4との合計は、筐体2の横寸法に略等しい。
したがって、例えば図1に示すように、パレット付き筆入れ10、第1水入れ20、第2水入れ30、保持部40、第1ケース50及び第2ケース60を筐体2内に収容することができる。なお図1に示すパレット付き筆入れ10、第1水入れ20、第2水入れ30、保持部40、第1ケース50及び第2ケース60の配列は一例であり、他の配列に変更してもよい。
実施の形態1に係るパレット付き筆入れ10及び画材セット1にあっては、収容箱11の開口11eをパレット12によって覆うので、パレット12及び収容箱11が一体化され、パレット12及び収容箱11を個別に製造する場合に比べて、小型になる。またユーザはパレット12及び収容箱11を個別に持つ必要がなくなり、携帯性が向上する。
またパレット12及び収容箱11を組み合わせた場合に、リブ11cは凹部13bに嵌合し、両者は円滑に一体化される。そのため運搬時におけるパレット12及び収容箱11のガタつきが防止される。上記実施例では、パレット12の裏面に凹部13bを設け、収容箱11の開口11eの縁部分にリブ11cを設けているが、パレット12の裏面にリブを設け、収容箱11の開口11eの縁部分に凹部を設け、該凹部にリブを嵌合させてもよい。
またパレット付き筆入れ10、第1水入れ20、第2水入れ30、保持部40、第1ケース50及び第2ケース60の厚さ寸法、縦寸法及び横寸法が、筐体2の厚さ寸法、縦寸法及び横寸法に応じて設定されており、パレット付き筆入れ10等の画材が筐体2に収容された場合に、筐体2内には余分な空間が存在せず、パレット付き筆入れ10等は、きっちりと筐体2内に収容される。また画材の筐体2内におけるレイアウトをユーザは好みに応じて変更することができる。
またポケットティッシュを第2水入れ30に挿入し、第2水入れ30と共に運搬することができる。画材セット1の使用後、ポケットティッシュを用いて、第1水入れ20、第2水入れ30等に付着した水又は絵の具等を拭き取り、再度第2水入れ30にポケットティッシュを挿入することができる。
第1水入れ20又は第2水入れ30を、底面部11aから保持部40に保持させた場合、第1水入れ20又は第2水入れ30は、保持部40の側面と突起44との間に挟まれ、起立することができる。
(実施の形態2)
図20は、実施の形態2に係る画材セット1を略示する斜視図である。なお実施の形態2に係る構成の内、実施の形態1と同様な構成については同じ符号を付し、その詳細な説明を省略する。
実施の形態2に係る画材セット1は、実施の形態1と異なり、第1ケース50及び第2ケース60を備えていない。筐体2は、パレット付き筆入れ10、第1水入れ20、第2水入れ30及び保持部40が、余計な空間を発生させることなく、収納されるように縦寸法及び横寸法が設計されている。
パレット付き筆入れ10、第1水入れ20、第2水入れ30及び保持部40における縦寸法X1〜X4の合計及び横寸法Y1〜Y4の合計それぞれが、筐体2の縦寸法及び横寸法それぞれに等しくなるように、パレット付き筆入れ10、第1水入れ20、第2水入れ30及び保持部40は設計されている。
またパレット付き筆入れ10、第1水入れ20、第2水入れ30及び保持部40それぞれの厚さ寸法Z1〜Z4が、筐体2の厚さ寸法と略同じになるように、パレット付き筆入れ10、第1水入れ20、第2水入れ30及び保持部40は設計されている。
第1水入れ20の縦寸法X2、第2水入れ30の縦寸法X3及び保持部40の縦寸法X4の合計は筐体2の縦寸法に略等しい。またパレット付き筆入れ10の縦寸法X1は、筐体2の縦寸法に略等しい。
パレット付き筆入れ10の横寸法Y1と、第1水入れ20の横寸法Y2、第2水入れ30の横寸法Y3又は保持部40の横寸法Y4との合計は、筐体2の横寸法に略等しい。
したがって、例えば図20に示すように、パレット付き筆入れ10、第1水入れ20、第2水入れ30及び保持部40を筐体2内に収容することができる。なお図1に示すパレット付き筆入れ10、第1水入れ20、第2水入れ30及び保持部40の配列は一例であり、他の配列に変更してもよい。
第1ケース50及び第2ケース60を削減することによって、画材セット1の更なる小型化を実現する。
なお実施の形態1及び2において、パレット付き筆入れ10の収容箱11には、筆以外の他の画材、例えば絵の具、ペン、布等を収容することができる。すなわち、パレット付き筆入れ10は、パレット付き画材入れとして機能する。
今回開示した実施の形態は、全ての点で例示であって、制限的なものではないと考えられるべきである。各実施例にて記載されている技術的特徴は互いに組み合わせることができ、本発明の範囲は、特許請求の範囲内での全ての変更及び特許請求の範囲と均等の範囲が含まれることが意図される。
1 画材セット
2 筐体
3 キャビネット
4 連結板
5 蓋
10 パレット付き筆入れ(パレット付き画材入れ)
11 収容箱
11c リブ(突出部)
11e 開口
12 パレット
13b 凹部
40 保持部
44 突起
50 第1ケース
60 第2ケース

Claims (5)

  1. 一面が開口しており、画材を収容する収容箱と、一面に調色部を有し、他面にて前記収容箱の開口を覆うパレットとを有するパレット付き画材入れと、
    水入れと、
    該水入れを起立させて保持する保持部と、
    前記パレット付き画材入れ、水入れ及び保持部を収容する筐体と
    を備え、
    前記パレット付き画材入れ、水入れ及び保持部それぞれの厚さ寸法は、前記筐体の厚さ寸法に等しくなるように設定されており、
    前記パレット付き画材入れ、水入れ及び保持部全てを前記筐体に収容した場合に、前記パレット付き画材入れ、水入れ及び保持部における縦寸法の合計及び横寸法の合計は、前記筐体の縦寸法及び横寸法に等しくなるように設定されていること
    を特徴とする画材セット。
  2. 一面が開口しており、画材を収容する収容箱と、一面に調色部を有し、他面にて前記収容箱の開口を覆うパレットとを有するパレット付き画材入れと、
    水入れと、
    該水入れを起立させて保持する保持部と、
    画材を収容するケースと、
    前記パレット付き画材入れ、水入れ、保持部及びケースを収容する筐体と
    を備え、
    前記パレット付き画材入れ、水入れ、保持部及びケースそれぞれの厚さ寸法は、前記筐体の厚さ寸法に等しくなるように設定されており、
    前記パレット付き画材入れ、水入れ、保持部及びケース全てを前記筐体に収容した場合に、前記パレット付き画材入れ、水入れ、保持部及びケースにおける縦寸法の合計及び横寸法の合計は、前記筐体の縦寸法及び横寸法に等しくなるように設定されていること
    を特徴とする画材セット。
  3. 前記パレット付き画材入れは、
    前記開口又は他面の縁部の一方から他方に向けて突出した突出部と、
    前記他方に設けられており、前記突出部が嵌合する凹部と
    を備えることを特徴とする請求項1又は2に記載の画材セット。
  4. 前記水入れの縦寸法及び横寸法はポケットティッシュの縦寸法及び横寸法にそれぞれ対応していること
    を特徴とする請求項1から3のいずれか一つに記載の画材セット。
  5. 前記保持部は一面が開口した箱状をなし、
    前記保持部の内側面に前記水入れを保持するための突起が設けられていること
    を特徴とする請求項からのいずれか一つに記載の画材セット。
JP2015182125A 2015-09-15 2015-09-15 画材セット Active JP6231527B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2015182125A JP6231527B2 (ja) 2015-09-15 2015-09-15 画材セット

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2015182125A JP6231527B2 (ja) 2015-09-15 2015-09-15 画材セット

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2017056601A JP2017056601A (ja) 2017-03-23
JP6231527B2 true JP6231527B2 (ja) 2017-11-15

Family

ID=58388900

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2015182125A Active JP6231527B2 (ja) 2015-09-15 2015-09-15 画材セット

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6231527B2 (ja)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN108357287A (zh) * 2018-03-12 2018-08-03 厦门大学嘉庚学院 储物伸缩画架
CN113978176A (zh) * 2021-10-22 2022-01-28 兰州现代职业学院 一种便携式美术用具收纳装置

Family Cites Families (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS4728048U (ja) * 1971-04-15 1972-11-30
JPS4851726A (ja) * 1971-11-02 1973-07-20
JPH047521Y2 (ja) * 1988-12-08 1992-02-27
JPH0721349Y2 (ja) * 1991-05-17 1995-05-17 株式会社新学社 筆洗い
JPH0718900U (ja) * 1993-09-21 1995-04-04 ターナー色彩株式会社 絵の具と絵画用具の収納ケース
JP4050340B2 (ja) * 1995-09-22 2008-02-20 株式会社サクラクレパス 絵の具ケース
JP3031819U (ja) * 1996-05-29 1996-12-03 クツワ株式会社 絵の具入れケース

Also Published As

Publication number Publication date
JP2017056601A (ja) 2017-03-23

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20190059557A1 (en) Cosmetic container with removable palette
US10308409B2 (en) Customizable caddy
EP2965869A1 (en) Inserts for an assortment box
US11272046B2 (en) Phone case configured to engage with interchangeable accessory
JP6231527B2 (ja) 画材セット
JP3228232U (ja) 絵具箱
KR200338783Y1 (ko) 케이스
CN205075041U (zh) 组合式工具箱
US9218023B2 (en) Foldable structure for portable devices
JP6677471B2 (ja) 化粧料容器
JP4717372B2 (ja) 化粧用コンパクト容器
JP3223599U (ja) 容器
CN211633007U (zh) 一种多功能纸巾盒
JP5465961B2 (ja) 化粧料容器
JP2006062738A (ja) 多目的容器
JP2006248590A (ja) 包装容器
JP3138187U (ja) メモリー機能片収納体
KR101416554B1 (ko) 조립식 필기구 케이스 겸용 필기구 꽂이
JP3192417U (ja) ブロック型容器及び積層容器
KR20190022293A (ko) 다용도 키트 케이스 겸용 전자기기 거치대
JP2004344595A (ja) 付け爪用ケース
JP5285935B2 (ja) 容器収容ケース
JP2020050364A (ja) ティッシュケース
JP2021062124A (ja) 歯磨きケース
JP2010184720A (ja) スライド式容器

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20170425

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20170516

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20171010

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20171019

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6231527

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250