JP6230553B2 - Method of manufacturing a terminal structure and the terminal structure of the loose tube type optical fiber cable - Google Patents

Method of manufacturing a terminal structure and the terminal structure of the loose tube type optical fiber cable Download PDF

Info

Publication number
JP6230553B2
JP6230553B2 JP2015011002A JP2015011002A JP6230553B2 JP 6230553 B2 JP6230553 B2 JP 6230553B2 JP 2015011002 A JP2015011002 A JP 2015011002A JP 2015011002 A JP2015011002 A JP 2015011002A JP 6230553 B2 JP6230553 B2 JP 6230553B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
tube
optical fiber
resin
loose tube
terminal
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2015011002A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2016136179A (en )
Inventor
広行 谷津
広行 谷津
Original Assignee
古河電気工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

本発明は、ルースチューブ型光ファイバケーブルの端末構造及び当該端末構造の製造方法に関する。 The present invention relates to a method of manufacturing a terminal structure and the terminal structure of the loose tube type optical fiber cable. さらに詳しくは、海中での使用も可能なルースチューブ型光ファイバケーブルの端末構造及び当該端末構造の製造方法に関する。 More particularly, a method of manufacturing a terminal structure and the terminal structure can also be a loose tube type optical fiber cable used in the sea.

光ファイバケーブルは電気通信のデジタル化の中枢を担う媒体として広く利用されている。 Optical fiber cables are widely utilized as a medium carrying the central digitized telecommunications. また、光ファイバケーブルは海中でも多く使用されており、海中で海洋ケーブルとして使用される光ファイバケーブルの構造としては、例えば、ルースチューブ型光ファイバケーブルが知られている。 The optical fiber cables are increasingly used in the sea, as the structure of the optical fiber cable used as a marine cable in the sea, for example, there is known a loose tube type optical fiber cable.

ルースチューブ型光ファイバケーブルとは、光ファイバ心線をジェリーと呼ばれる充填材を介して、ポリブチレンテレフタレート(PBT)や、ポリプロピレン(PP)等のプラスチックで成形したチューブ(ルースチューブ)の内部に挿通させ、必要により抗張力体(テンションメンバ)とともにシースで被覆した構造の光ファイバケーブルである(例えば、特許文献1等を参照。)。 The loose tube type optical fiber cable, inserting through the filler called Jerry optical fiber, polybutylene terephthalate (PBT) or, in the interior of polypropylene (PP) tube molded in plastic such (loose tube) is, strength members necessary an optical fiber cable structure coated with a sheath with (tension members) (e.g., see Patent Document 1 and the like.).

特開2003−322780号公報 JP 2003-322780 JP

例えば、海中に敷設される海洋ケーブルは長尺であるため、接続された複数のケーブルで構成される場合があり、ケーブルに内蔵されるルースチューブないしは光ファイバも、所定の方法で接続されて使用されていた。 For example, since the marine cable is laid in the sea it is long, may consist of a plurality of connected cables, loose tube or optical fiber incorporated in the cable is also connected by a predetermined method using It had been. 海中で使用されるケーブルは、水圧、温度等の海の及ぼす種々の作用から生ずる応力に耐えうる構造が必要とされる一方、海中でルースチューブ型光ファイバケーブルに水圧がかかった場合には、ルースチューブに充填されたジェリーが大気圧のかかる方向に逃げてしまい、接続されるルースチューブの端末からジェリーが漏れ出してしまうという問題があった。 Cables used in underwater, water pressure, while the structure can withstand the stress generated from a variety of effects on the sea temperature and the like are required, when the water pressure is applied to the loose tube type optical fiber cable in the sea, Jerry filled in loose tubes escapes in the direction consuming atmospheric pressure, there is a problem that Jerry leaks from the terminal of the connected loose tube. 加えて、ルースチューブからジェリーが漏れてしまうと、ジェリーと一緒に光ファイバが外部に飛び出してしまう等となり、最終的には光ファイバ心線の断線や減衰(ロス)等を招いてしまうことがあるため、改善が求められていた。 In addition, when leaks Jelly from loose tube, be an optical fiber with Jerry becomes like would jump out to the outside, eventually resulting in an such breakage or attenuation of the optical fiber (loss) some reason, the improvement has been required.

本発明は、前記の課題に鑑みてなされたものであり、海中での使用に際し、水圧の影響等でルースチューブに充填されたジェリーが、ルースチューブが接続される端末から漏れ出すこと及びそれによる光ファイバの断線等を防止することができるルースチューブ型光ファイバケーブルの端末構造及び当該端末構造の製造方法を提供することにある。 The present invention has been made in view of the above problems, in use at sea, Jerry filled in loose tube with water pressure influence is due it and it leaks from a terminal loose tube is connected is to provide a method of manufacturing the terminal structure and the terminal structure of the loose tube type optical fiber cable can be prevented from being broken or the like of the optical fiber.

前記の課題を達成するために、本発明に係るルースチューブ型光ファイバケーブルの端末構造は、光ファイバを収容したルースチューブを有するルースチューブ型光ファイバケーブルの端末構造であって、前記光ファイバを挿通させた状態で、前記ルースチューブの端末から当該ルースチューブの内部にその一部が挿入される樹脂チューブと、前記ルースチューブ及び前記樹脂チューブを挿通し、前記ルースチューブ及び前記樹脂チューブの周囲に固定されるスリーブと、前記スリーブの両端部を含んだ当該スリーブの全部を覆うように、当該スリーブの周囲に巻き付けられる自己融着テープと、前記自己融着テープの周囲に配設される熱収縮チューブと、を備えた端末部と、前記端末部における少なくとも前記熱収縮チューブが現れる部分 To achieve the above object, the terminal structure of the loose tube type optical fiber cable according to the present invention is a terminal structure of a loose tube type optical fiber cable having a loose tube containing the optical fiber, the optical fiber in the state of being inserted, the resin tube partially into the terminal of the loose tube inside of the loose tube, inserted through the loose tube and the resin tube, around the loose tube and the resin tube a sleeve which is fixed so as to cover the whole of the sleeve including the both end portions of the sleeve, the self-bonding tape is wrapped around the sleeve, heat shrink disposed around the self-bonding tape a tube, a terminal portion having a part at least the heat-shrinkable tube in the terminal portion appears 封止する樹脂封止部と、を備えたことを特徴とする。 Characterized by comprising a resin sealing portion for sealing, the.

本発明に係るルースチューブ型光ファイバケーブルの端末構造は、前記した本発明において、前記スリーブが、前記ルースチューブ及び前記樹脂チューブに接着剤を介して固定されていることを特徴とする。 Terminal structure of the loose tube type optical fiber cable according to the present invention, in the present invention described above, the sleeve, characterized in that it is fixed via an adhesive to the loose tube and the resin tube.

本発明に係るルースチューブ型光ファイバケーブルの端末構造の製造方法は、光ファイバを収容したルースチューブを有するルースチューブ型光ファイバケーブルの端末構造の製造方法であって、樹脂チューブを、前記光ファイバを挿通させた状態で、前記ルースチューブの端末から当該ルースチューブの内部にその一部を挿入し、スリーブを、前記ルースチューブ及び前記樹脂チューブを挿通した状態で、前記ルースチューブ及び前記樹脂チューブの周囲に固定し、自己融着テープを、前記スリーブの両端部を含んだ当該スリーブの全部を覆うように、前記スリーブの周囲に巻き付け、熱収縮チューブを前記自己融着テープの周囲を覆うように取り付け、当該熱収縮チューブを収縮させて端末部とし、前記端末部における少なくとも前記熱 Method for producing a terminal structure of a loose tube type optical fiber cable according to the present invention is a manufacturing method of a terminal structure of a loose tube type optical fiber cable having a loose tube containing the optical fiber, a resin tube, the optical fiber in a state where a was inserted, and inserts the part from the terminal of the loose tube inside of the loose tube, the sleeve, while inserting the loose tube and the resin tube, the loose tube and the resin tube and secured around the self-fusing tape, so as to cover the whole of the sleeve including the both end portions of the sleeve, wrapped around the sleeve, the heat-shrinkable tube so as to cover the periphery of the self-bonding tape attached, and the heat-shrinkable tube is shrunk by the terminal portion, at least the heat in the terminal portion 縮チューブが現れる部分を覆うように樹脂を配置し、当該樹脂を硬化させて樹脂封止部を形成することを特徴とする。 To cover the portion where condensation tube appears to place the resin, and forming a resin sealing portion by curing the resin.

本発明に係るルースチューブ型光ファイバケーブルの端末構造の製造方法は、前記した本発明において、前記スリーブが、前記ルースチューブ及び前記樹脂チューブに接着剤を介して固定されていることを特徴とする。 Method for producing a terminal structure of a loose tube type optical fiber cable according to the present invention, in the present invention described above, the sleeve, characterized in that it is fixed via an adhesive to the loose tube and the resin tube .

本発明に係るルースチューブ型光ファイバケーブルの端末構造の製造方法は、前記した本発明において、前記端末部に筒状の型枠を被せ、当該型枠の内部に前記樹脂を注入し、硬化させることを特徴とする。 Method for producing a terminal structure of a loose tube type optical fiber cable according to the present invention, in the present invention described above, covering the cylindrical mold to the terminal unit, and injecting the resin into the interior of the formwork and cured it is characterized in.

本発明に係るルースチューブ型光ファイバケーブルの端末構造によれば、ルースチューブの端末部が確実に封止され、水圧の影響等でルースチューブに充填されたジェリーが、ルースチューブが接続される端末から漏れ出すこと及びそれによる光ファイバの断線等を防止することができる、耐水圧性に優れたルースチューブ型光ファイバケーブルの端末構造を提供する。 According to the terminal structure of the loose tube type optical fiber cable according to the present invention, the terminal portion of the loose tube is reliably sealed, Jerry filled in loose tube hydraulically effects etc., the loose tube is connected the terminal it is possible to prevent disconnection or the like of the optical fiber and that the by then leaks out, provides an excellent terminal structure of the loose tube type optical fiber cable in resistance to water pressure.

また、本発明に係るルースチューブ型光ファイバケーブルの端末構造の製造方法は、ルースチューブの端末部が確実に封止され、水圧の影響等でルースチューブに充填されたジェリーが、ルースチューブが接続される端末から漏れ出すこと及びそれによる光ファイバの断線等を防止することができる耐水圧性に優れた構造を、簡便な操作で製造する手段を提供する。 A method of manufacturing a terminal structure of a loose tube type optical fiber cable according to the present invention, the terminal portions of the loose tube is reliably sealed, Jerry filled in loose tube hydraulically effects etc., the loose tube is connected excellent structure water pressure resistance which can be prevented from being broken or the like and that the optical fiber caused thereby leaking from a terminal that is provides a means of producing a simple operation.

ルースチューブ型光ファイバケーブルの一態様を示した断面図である。 Is a sectional view showing an embodiment of a loose tube type optical fiber cable. 光ファイバを収容したルースチューブの一態様を示した断面図である。 Is a sectional view showing an embodiment of a loose tube containing the optical fiber. ケーブルの端末構造を示した説明図(樹脂チューブを取り付けた状態)である。 It is an explanatory view showing a terminal structure of a cable (attached with an resin tube). ケーブルの端末構造を示した説明図(さらにスリーブを取り付けた状態)である。 It is an explanatory showing a terminal structure of a cable drawing (still being attached sleeve). ケーブルの端末構造を示した説明図(さらに自己融着テープを取り付けた状態)である。 It is an explanatory view showing a terminal structure of the cable (and attached with an self-welding tape). ケーブルの端末構造を示した説明図(さらに自己融着テープを取り付けた状態)である。 It is an explanatory view showing a terminal structure of the cable (and attached with an self-welding tape). ケーブルの端末構造を示した説明図(さらに熱収縮チューブを取り付けた状態)である。 It is an explanatory showing a terminal structure of a cable diagram (and attached with an heat-shrinkable tube). 樹脂封止部を形成した状態を示した説明図である。 It is an explanatory diagram showing a state of forming a resin sealing portion.

以下、本発明の一態様について、図面を用いて説明する。 Hereinafter, an embodiment of the present invention will be described with reference to the drawings.
(I)ルースチューブ型光ファイバケーブル1の構造: (I) the loose tube type optical fiber cable 1 Structure:
図1は、ルースチューブ型光ファイバケーブル1の一態様を示した断面図である。 Figure 1 is a sectional view showing an embodiment of a loose tube type optical fiber cable 1. 図1に示したルースチューブ型光ファイバケーブル1(以下、単に「ケーブル1」とする場合がある。)は、海中に敷設される海洋ケーブル等として使用可能であり、中心のコア部分11に、光ファイバ2をジェリー31とともに内部に収容したルースチューブ3(断面構造は図2を参照。)及び通信線12を3本ずつ配置し、かかるコア部分11をシース13で被覆するとともに、シース13で被覆されたコア部分11の周囲を2種の抗張力体15,16で取り囲むようにし、抗張力体15,16の周囲を再度シース14で被覆した構造とされている。 Loose tube type optical fiber cable 1 shown in FIG. 1 (hereinafter, sometimes simply referred to as "cable 1".) Are available as marine cable or the like to be laid into the sea, the core portion 11 of the center, with the optical fiber 2 loose tube 3 accommodating therein with Jerry 31 (sectional structure reference. FIG. 2) and the communication line 12 and arranged one by three, to cover such core portion 11 in the sheath 13, with the sheath 13 around the coated core portions 11 so as to surround in two strength members 15 and 16, there is a covered structure in the sheath 14 around again strength member 15, 16. なお、図1では、抗張力体15は、複数本のうちの1本に15の符号を付して示しており、抗張力体16も、複数本のうちの1本に16の符号を付して示している。 In FIG. 1, tension member 15 is denoted by the 15 symbols of the one of the plurality of tensile strength members 16 also bear the 16 codes to one of a plurality of shows.

図2は、光ファイバ2を収容したルースチューブ3の一態様を示した断面図である。 Figure 2 is a cross-sectional view showing an embodiment of a loose tube 3 accommodating the optical fiber 2. 図2に示すように、ルースチューブ3は、光ファイバ2をジェリー31とともに内部に収容したチューブであり、光ファイバ2は、図2では1本の光ファイバ(例えば、1本の光ファイバ心線等。)2を収容した態様を示している。 As shown in FIG. 2, loose tube 3 is a tube which accommodates therein an optical fiber 2 with jelly 31, the optical fiber 2, in FIG. 2 a single optical fiber (for example, one optical fiber indicates equal.) embodiments containing a 2. 光ファイバ2としては、例えば、光ファイバ素線、光ファイバ心線、光ファイバテープ心線等が挙げられ、光ファイバ素線は、石英ガラスファイバの上に紫外線硬化樹脂を被覆したものであり、光ファイバ心線は、石英ガラスファイバの上に紫外線硬化樹脂等を被覆してその直径を前記した光ファイバ素線よりも大きくしたもの等が知られている。 The optical fiber 2, for example, optical fiber, optical fiber, include optical fiber ribbon or the like, the optical fiber is obtained by coating an ultraviolet curable resin on a quartz glass fiber, optical fiber has, on a quartz glass fiber coated with ultraviolet curing resin or the like such as those larger than the optical fiber described above the diameter is known. 光ファイバテープ心線は、光ファイバ素線を平行に数本並べて、紫外線硬化樹脂等で被覆して一体化させたものである。 Optical fiber ribbon is an optical fiber arranged in parallel to this number, is obtained by integrally coated with an ultraviolet curable resin or the like.

ルースチューブ3は、例えば、円筒形状のポリブチレンテレフタレート(PBT)、ポリプロピレン(PP)等から構成され、その内部に光ファイバ2をジェリー31とともに収容する。 Loose tube 3, for example, cylindrical polybutylene terephthalate (PBT), is composed of polypropylene (PP) or the like, to accommodate the optical fiber 2 with jelly 31 therein. また、ジェリー31は、光ファイバ2を外部衝撃から保護するとともに、ルースチューブ3の内部に水分が浸入しようとすることを防止する役割を果たし、例えば、ジェリーコンパウンド等からなる。 Also, Jerry 31 protects the optical fiber 2 from external impact, acts to prevent moisture inside the loose tube 3 is about to infiltration, for example, a jelly compound or the like.

本実施形態にあっては、コア部分11には、ルースチューブ3に加えて、絶縁電線からなる通信線(電源線)12を収容している。 In the present embodiment, the core portion 11, in addition to the loose tube 3, and accommodates the communication line (power supply line) 12 made of insulated wire. 通信線12は、外部との通信等のためケーブル1に内蔵されるものであり、例えば、金属導体を被覆材料で被覆して構成される。 Communication line 12 is intended to be incorporated in the cable 1 for communication and the like with the outside, for example, constituted by coating a metal conductor with a coating material. 金属導体としては、軟銅や銅合金、アルミ等の単線や撚線等を用いることができる。 The metal conductors may be used annealed copper or a copper alloy, a single wire such as aluminum or twisted wire. また、裸線のほかに、錫メッキ等によりメッキされたものを用いてもよい。 In addition to the bare wire may be used as plated by a tin plating. 被覆材料としては、ポリエチレン、ポリプロピレン等のポリオレフィン樹脂や、ポリ塩化ビニル等を用いることができる。 Examples of the coating material, polyethylene, or polyolefin resin such as polypropylene, can be used such as polyvinyl chloride.

シース13,14は、ルースチューブ3と通信線12の周囲を被覆するように押出成形されるとともに、後記する抗張力体15,16の周囲を被覆するように押出成形される。 The sheath 13 and 14, while being extruded so as to cover the periphery of the communication line 12 and the loose tube 3 is extruded to cover the periphery of the strength members 15 and 16 which will be described later. シース13,14の構成材料としては、例えば、ポリエチレン、ポリプロピレン等のポリオレフィン樹脂を主成分とした熱可塑性樹脂組成物が用いられる。 The constituent material of the sheath 13, e.g., polyethylene, a thermoplastic resin composition whose main component is a polyolefin resin such as polypropylene is used.

抗張力体(テンションメンバ)15,16は、例えば、ガラス繊維強化プラスチック(GFRP)、ガラス繊維、アラミド繊維、アラミドFRP、鋼線等の線材からなり、例えば、円形断面形状とされている。 Strength member (tension member) 15 and 16, for example, glass fiber reinforced plastic (GFRP), glass fibers, aramid fibers, aramid FRP, consist wire of steel wire or the like, for example, there is a circular cross-sectional shape. 特に、繊維強化プラスチックを使用すれば、ケーブル1の軽量化になる。 In particular, the use of fiber-reinforced plastic, the weight of the cable 1. 抗張力体15,16は、その長手方向に撚らずに使用してもよいし、必要に応じて周方向に撚って使用してもよい。 Strength member 15 and 16 may be used regardless of its longitudinal direction, may be used by optionally in the circumferential direction.

(II)端末構造X: (II) terminal structure X:
次に、前記したようなルースチューブ型光ファイバケーブル1に適用可能な、本発明に係るルースチューブ型光ファイバケーブルの端末構造X(以下、単に「端末構造X」とする場合がある。)について、図3ないし図8を用いて説明する。 Next, applicable to the loose tube type optical fiber cable 1 as described above, the terminal structure X of the loose tube type optical fiber cable according to the present invention (hereinafter, sometimes simply referred to as "terminal structure X".) For It will be described with reference to FIGS. 3-8. なお、図3ないし図8において、光ファイバ2が外部に現れている側が、図示しないフェルール等で光ファイバ2が他の端末の光ファイバと接続される側(フェルール側)となり、かかるフェルール側と反対側が、ケーブル本体側となる。 Note that, in FIGS. 3-8, the side optical fiber 2 has appeared to the outside, next to the side of the optical fiber 2 is connected to the optical fiber of the other terminals in the ferrule or the like (not shown) (ferrule side), and takes the ferrule side the opposite side, the cable body side.

図3ないし図8は、ルースチューブ型光ファイバケーブル1(ケーブル1)の端末構造Xを示した説明図であり、図3は、樹脂チューブ4を取り付けた状態を示した図、図4は、さらにスリーブ5を取り付けた状態を示した図、図5及び図6は、さらに自己融着テープ6を取り付けた状態を示した図、図7は、さらに熱収縮チューブ7を取り付けた状態を示した図をそれぞれ示している。 3 to 8 are explanatory views showing a terminal structure X of the loose tube type optical fiber cable 1 (cable 1), FIG. 3, FIG, 4 shows a state of attaching the resin tube 4, FIG, 5 and 6, further showing a state of attaching the sleeve 5, figure 7 shows a further state of attaching the self-bonding tape 6, showing a state in which further fitted with a heat-shrinkable tube 7 respectively show FIG. また、図8は、樹脂封止部8を形成した状態を示した説明図、をそれぞれ示している。 Further, FIG. 8 illustrates explanatory views showing a state of forming a resin sealing portion 8, respectively.

なお、以下の説明(図3ないし図8)にあっては、端末構造Xの説明にあたって、1本のルースチューブの端末32に対して形成される1つの端末構造Xを例示して説明しているが、本発明は、全てのルースチューブの端末32に適用可能な端末構造Xであることはもちろんである。 In the following description In the (FIGS. 3-8), when the description of the terminal structure X, illustrates and describes one terminal structure X formed to the terminal 32 of a single loose tube it is, but the present invention is of course a possible termination structure X applied to terminal 32 of all the loose tube.

(1)ルースチューブの端末32への樹脂チューブ4の取り付け: (1) Mounting of the resin tube 4 to the terminal 32 of the loose tube:
筒状部材である樹脂チューブ4は、光ファイバ2の補強及び後工程となるフェルール(図示しない)の取り付けの便宜を図るため等の目的で、光ファイバ2を挿通した状態で、ルースチューブの端末32から、その一部をルースチューブ3の内部に挿入し、他の部分がルースチューブ3の外部から現れるように取り付けられる。 Resin tube 4 is a cylindrical member, for the purpose of a convenience to mounting the ferrule serving as reinforcement and post-process of the optical fiber 2 (not shown), in a state in which the optical fiber 2 is inserted, the loose tube terminal 32, by inserting a part of the inside of the loose tube 3 and the other part is attached as it appears from the outside of the loose tube 3. かかる樹脂チューブ4は、例えば、ルースチューブの端末32より10〜100mmの長さでルースチューブ3の内部に挿入し、樹脂チューブ4の残った部分がルースチューブの端末32から外部に現れるようにすることが好ましい。 Such resin tube 4, for example, inserted into the loose tube 3 by the length of 10~100mm from the terminal 32 of the loose tube, remaining portion of the resin tube 4 to appear from the terminal 32 of the loose tube to the outside it is preferable.

樹脂チューブ4としては、特に制限はなく、例えば、ナイロンチューブ、フッ素樹脂チューブ等を使用することができる。 The resin tube 4 is not particularly limited, for example, can be used nylon tube, a fluororesin tube or the like. 樹脂チューブ4の長さは、特に制限はないが、例えば、50〜200mmとすることが好ましい。 The length of the resin tube 4 is not particularly limited, for example, it is preferable to 50 to 200 mm.

また、樹脂チューブ4は、アニール処理を施したものを使用することが好ましい。 The resin tube 4, it is preferable to use those annealed. アニー処理を施すことにより、ひずみが取り除かれることになる。 By performing Annie process, so that the strain is removed.

(2)スリーブ5の固定: (2) of the sleeve 5 fixed:
図4は、さらにスリーブ5を取り付けた状態を示した図である。 Figure 4 is a diagram showing a further state of mounting the sleeve 5. 樹脂チューブ4が取り付けられたら、ルースチューブ3及びルースチューブの端末32から現れる樹脂チューブ4を挿通した状態で、ルースチューブ3と樹脂チューブ4の周囲に、筒状部材であるスリーブ5が固定される。 When the resin tube 4 is attached, in a state of inserting the resin tube 4 that emerges from the loose tube 3 and the loose tube terminal 32, around the loose tube 3 and the resin tube 4, the sleeve 5 is a cylindrical member fixed . なお、本実施形態にあっては、図4に示すように、ルースチューブ3と樹脂チューブ4の周囲に、筒状部材であるスリーブ5が接着剤51を介して固定される態様を示している。 Incidentally, in the present embodiment, as shown in FIG. 4, the periphery of the loose tube 3 and the resin tube 4, shows an embodiment in which the sleeve 5 is a cylindrical member is fixed by an adhesive 51 . 接着剤を使用した固定により、スリーブ5がルースチューブ3と樹脂チューブ4に確実かつ強固に固定され、また、作業性にも優れる。 The fixing using an adhesive, the sleeve 5 is reliably and firmly fixed to the loose tube 3 and the resin tube 4, also excellent in workability.

スリーブ5は、ルースチューブ3及び樹脂チューブ4を固定する等の目的で取り付けられる。 The sleeve 5 is mounted for the purpose of fixing the loose tube 3 and the resin tube 4. スリーブ5は、固定手段で接着剤を使用する場合等にあっては、いわゆる割スリーブを使用することが好ましい。 Sleeve 5, in the like when using the adhesive fastening means, it is preferable to use a so-called split sleeve. 割スリーブを使用することにより、接着剤51の注入が容易となり、接着固定を簡便かつ強固に行うことができ、作業性が向上する。 By using the split sleeve, it is easy to inject the adhesive 51, can be performed bonded easily and firmly, thereby improving the workability.

スリーブ5としては、特に制限はなく、例えば、銅スリーブ、ステンレススリーブ、鉛スリーブ等の金属スリーブや、セラミックスリーブ等の無機スリーブ等を使用することができる。 The sleeve 5 is not particularly limited, for example, copper sleeve, stainless steel sleeve, and the metal sleeve and lead sleeve, can be used inorganic sleeve such as a ceramic sleeve. スリーブ5の長さは、特に制限はないが、例えば、5〜50mmとすることが好ましい。 The length of the sleeve 5 is not particularly limited, for example, it is preferable that the 5 to 50 mm.

固定手段で接着剤を使用する場合等にあっては、接着剤51としては、特に制限はなく、使用されるスリーブ5やルースチューブ3及び樹脂チューブ4の構成材料や求められる接着強度等に応じて従来公知の接着剤を使用することができ、例えば、シアノアクリレート(シアノアクリル)系接着剤等のアクリル系接着剤、シリコーンゴム系接着剤、エポキシ系接着剤、ウレタン系接着剤、ポリエステル系接着剤、ビニルエステル系接着剤等の合成系接着剤等を使用することができるが、これらには限定されない。 In the case such an adhesive is used in fixing means, the adhesive 51 is not particularly limited, depending on the sleeve 5 and the loose tube 3 and the material and sought the adhesive strength of the resin tube 4 or the like to be used It can be used conventionally known adhesive Te, for example, acrylic adhesives such as cyanoacrylate (cyanoacrylate) based adhesive, a silicone rubber adhesive, epoxy adhesive, urethane adhesive, polyester adhesive agents, may be used, synthetic adhesives such as vinyl ester-based adhesives, it is not limited. なお、あらかじめ各部材に塗布するプライマーを使用した上で、接着剤51で各部材を固着させるようにしてもよい。 Incidentally, after using primers applied in advance to the respective members may be to fix the respective members by an adhesive 51.

(3)自己融着テープ6の巻き付け: (3) winding of the self-bonding tape 6:
ルースチューブ3及び樹脂チューブ4にスリーブ5が固定されたら、スリーブ5の両端部を含んだ部分を覆うように、スリーブ5の周囲に自己融着テープ6が巻き付けられる。 When the sleeve 5 in the loose tubes 3 and the resin tube 4 is fixed so as to cover the part including the both end portions of the sleeve 5, self-welding tape 6 is wound around the sleeve 5. 自己融着テープ6は、取り付けられたスリーブ5及びその内部に存在するルースチューブの端末32等を確実に封止し、ジェリー31の漏れ出しを防止するために役立つ。 Self-bonding tape 6 is sealed reliably seal the terminal 32 or the like of loose tube present in the sleeve 5 and therein mounted, serves to prevent leakage of Jerry 31.

図5及び図6は、さらに自己融着テープ6を取り付けた状態を示した図である。 5 and 6 are views showing a further state of mounting a self-welding tape 6. 自己融着テープ6は、スリーブ5の端部を確実に覆って封止することが好ましく、まず、図5に示すように、自己融着テープ6をスリーブ5の両端に巻き付け、スリーブ5とルースチューブ3との段差がなくなるように整形した上で、図6に示すように、スリーブ5の周囲を覆うように巻き付け固定することが好ましい。 Self-bonding tape 6 is preferably to seal securely over the end of the sleeve 5, as shown in FIG. 5, wrapped around a self-welding tape 6 at both ends of the sleeve 5, the sleeve 5 and Ruth after having shaped as step between the tube 3 is eliminated, as shown in FIG. 6, it is preferable to fix wound so as to cover the periphery of the sleeve 5.

自己融着テープ6としては、従来公知のものを使用することができ、例えば、ブチルゴム等のブチル系樹脂、シリコーンゴム等のシリコーン系樹脂、ポリ塩化ビニル樹脂、酢酸ビニル樹脂等を構成材料とするものを使用することができる。 The self-bonding tape 6, conventionally can be used known ones, for example, butyl-based resins such as butyl rubber, silicone resin such as silicone rubber, polyvinyl chloride resin, vinyl acetate resin or the like as a constituent material it is possible to use the thing. ブチル系樹脂による自己融着テープ6としては、例えば、「エフコテープ」(商品名、古河電工パワーシステムズ(株)製)等が挙げられる。 The self-bonding tape 6 according butyl-based resin, for example, "Efukotepu" (trade name, Furukawa Power Systems Ltd. Co.), and the like. 自己融着テープ6の長さ(巻き付けた場合の外部に現れる幅を指す。)は、特に制限はないが、例えば、スリーブ5の長さプラス1〜50mmとすることが好ましい。 The length of the self-bonding tape 6 (refer to width appearing outside when wound.) Is not particularly limited, for example, it is preferable that the length plus 1~50mm the sleeve 5.

(4)熱収縮チューブ7の取り付け: (4) Mounting of the heat shrinkable tube 7:
自己融着テープ6を巻き付けたら、自己融着テープ6の周囲に熱収縮チューブ7が配設される。 After winding the self-bonding tape 6, the heat-shrinkable tube 7 is disposed around the self-welding tape 6. 図7は、さらに熱収縮チューブ7を取り付けた状態である。 Figure 7 is a state in which further fitted with a heat-shrinkable tube 7. 熱収縮チューブ7を取り付けることで、端末部Yが完成される。 By mounting the heat-shrinkable tube 7, the terminal portion Y is completed. 熱収縮チューブ7は、自己融着テープ6の周囲を覆うように配設され、自己融着テープ6を確実に被覆し、固定するとともに、自己融着テープ6の内部に存在するスリーブ5やルースチューブの端末32等を封止、固定することになり、ルースチューブの端末32からのジェリー31の漏れ出しを防止する。 Heat-shrinkable tube 7 is disposed so as to cover the periphery of the self-welding tape 6, the self-bonding tape 6 reliably cover, is fixed, the sleeve 5 and loose existing inside the self-bonding tape 6 It becomes the terminal 32 or the like of tube sealing, to be secured to prevent leakage of Jerry 31 from the terminal 32 of the loose tube.

熱収縮チューブ7としては、従来公知のものを使用することができ、例えば、ポリオレフィン、弾性ネオプレン、フロロプラスチック等を構成材料とするものを使用することができる。 As the heat shrinkable tube 7, can be conventionally used known ones, for example, can be used polyolefins, elastic neoprene, those that a constituent material of fluoroalkyl plastic. 熱収縮チューブ7の長さは、特に制限はないが、例えば、自己融着テープ6の長さプラス1〜50mmとすることが好ましい。 The length of the heat shrinkable tube 7 is not particularly limited, for example, it is preferable that the length plus 1~50mm of self-welding tape 6.

(5)樹脂による端末部Yの封止: (5) sealing of the terminal portion Y by the resin:
前記のようにして得られた端末部Yは、ケーブル1において他に端末処理をされたもの(図示しない他の端末部等)と含めて、少なくとも熱収縮チューブ7が現れる部分を覆うように樹脂封止部8を形成して封止される。 Terminal portion Y which are obtained as above, others to that terminal processing in the cable 1, including (not-shown other end portion and the like), resin to cover at least portions of the heat-shrinkable tube 7 appears It is sealed to form a sealing portion 8.

図8は、樹脂封止部8を形成した状態を示した説明図である。 Figure 8 is an explanatory view showing a state of forming a resin sealing portion 8. 硬化された樹脂により形成された樹脂封止部8により、端末部Yにおける少なくとも熱収縮チューブ7が現れる部分を封止することにより、ジェリー31の漏れ出しを確実に防止することができる。 The resin sealing portion 8 formed by the cured resin, by sealing a portion of at least the heat-shrinkable tube 7 appears in the terminal portion Y, it is possible to reliably prevent the leakage of Jerry 31. 封止するための樹脂としては、樹脂封止部8を形成した際にある程度の硬度を維持できる材料を使用することが好ましく、熱硬化性樹脂、光硬化性樹脂等の硬化性樹脂等を挙げることができる。 As the resin for sealing, mention is preferable to use a material capable of maintaining a certain degree of hardness at the time of forming the resin sealing portion 8, a thermosetting resin, a curing resin such as a photocurable resin be able to. 具体的には、例えば、エポキシ樹脂、アクリル樹脂、フェノール樹脂、ポリイミド樹脂、シリコーン樹脂、ウレタン樹脂、不飽和ポリエステル樹脂等の樹脂が挙げられるが、これらには限定されない。 Specifically, for example, epoxy resin, acrylic resin, phenol resin, polyimide resin, silicone resin, urethane resin, resins such as unsaturated polyester resins, but are not limited to. また、これらの樹脂に硬化剤を存在させて使用するようにしてもよい。 Further, it is also possible to use in the presence of a curing agent for these resins. また、エポキシ樹脂を使用する場合には、1液性、2液性等、その種類には制限はされないが、作業性及び硬化性等の点で、2液性のものを使用することが好ましい。 Also, when using epoxy resin, one pack, two-pack, etc., but are not limited to the type in terms of workability and curability, it is preferable to use a two-component .

なお、端末部Yは、他のケーブルとの接続のために、図示しない他の端末部とともに、筒状の型枠に挿入され、かかる型枠の内部に配設された、フロントインサート(図示せず)と呼ばれる端末部の位置決め部材で位置決めされた状態で、筒状の型枠の内部で形成された樹脂封止部8により封止するようにしてもよい。 The terminal portion Y is for connection to other cables, with other terminal portion, not shown, is inserted into a cylindrical mold, is disposed in the interior of such a mold, the front insert (shown in a state of being positioned by the positioning member of the terminal portion called not), it may be sealed by the resin sealing portion 8 formed inside the cylindrical mold. このようにすれば、位置決めされた状態で、図示しない他の端末部と一体化しての固定等が可能となる。 In this way, in a state of being positioned, it is possible to fixed etc. integrated with another terminal unit (not shown).

樹脂封止部8、端末部Yの封止を確実とするために、例えば、フェルール側の端部については、長さL(図8参照。)が熱収縮チューブ7の端部から見て5mm以上の範囲で、樹脂封止部8が形成されているようにすることが好ましい。 Resin sealing portion 8, in order to ensure the sealing of the terminal portion Y, for example, for the end of the ferrule side, the length L (see FIG. 8.) Is viewed from the end of the heat shrinkable tube 7 5 mm in the range above, it is preferable that the resin sealing portion 8 is formed.

(III)端末構造Xの製造方法: (III) a terminal structure X of the manufacturing method:
以下、図3ないし図8を用いて、ルースチューブ型光ファイバケーブルの端末構造Xの製造方法(形成方法)について説明する。 Hereinafter, with reference to FIGS. 3 to 8, a manufacturing method (forming method) of the terminal structure X of the loose tube type optical fiber cable will be described.

まず、前工程でケーブル1の端末からルースチューブ3が取り出され、接続される端末が形成されるルースチューブの端末32において、所定の長さのルースチューブ3を切り取って、光ファイバ2がルースチューブの端末32から外部に現れるような状態とし、光ファイバ2等からジェリー31をできる限り除去する。 First, pre-process the loose tube 3 from the cable 1 terminal retrieved, in the terminal 32 of the loose tube terminal connected is formed, cut and loose tube 3 of a predetermined length, the optical fiber 2 is loose tube from the terminal 32 in a state as it appears to the outside, to remove as much as possible Jerry 31 from the optical fiber 2 and the like. 次に、図3に示すように、樹脂チューブ4を、光ファイバ2を挿通させた状態で、ルースチューブの端末32からルースチューブ3の内部にその一部を挿入するようにする。 Next, as shown in FIG. 3, the resin tube 4, in a state of being inserted through the optical fiber 2, so as to insert a part of the terminal 32 of the loose tube inside the loose tube 3.

樹脂チューブ4をルースチューブの端末32から内部に挿入し、ルースチューブの端末32から一部の樹脂チューブ4が現れた状態で、図4に示すように、筒状部材であるスリーブ5を、ルースチューブ3及びルースチューブの端末32から現れる樹脂チューブ4を挿通した状態で、ルースチューブ3及び樹脂チューブ4の周囲に固定する。 Insert the resin tube 4 from the terminal 32 of the loose tube therein, with a portion of the resin tube 4 has emerged from the terminal 32 of the loose tube, as shown in FIG. 4, the sleeve 5 is a cylindrical member, Ruth while inserting the plastic tube 4 that emerges from the tube 3 and the loose tube terminal 32 is fixed around the loose tube 3 and the resin tube 4. 図4では、ルースチューブ3と樹脂チューブ4の周囲に、筒状部材であるスリーブ5が接着剤51を介して固定された状態を示しているが、この場合、接着剤51は、前記したように、まず、プライマーをルースチューブ3、樹脂チューブ4及びスリーブ5の接着対象となる部分に塗布して仮止めした状態で、スリーブ5とルースチューブ3及び樹脂チューブ4との隙間等に接着剤51を注入して、各部材を固定することが好ましい。 In Figure 4, around the loose tube 3 and the resin tube 4, so that the sleeve 5 is a cylindrical member but indicates a state where it is fixed via an adhesive 51, in this case, the adhesive 51 was the to, first, the loose tube 3 primers was applied to the adhesive interesting portions of the resin tube 4 and the sleeve 5 by temporarily fixed state, the adhesive in the gap or the like between the sleeve 5 and the loose tube 3 and the resin tube 4 51 was injected, it is preferable to fix each member. また、スリーブ5として割スリーブを使用することにより、接着剤51の注入が容易となり、接着固定を簡便に行うことができ、作業性が向上する。 Further, by using a split sleeve as the sleeve 5, it is easy to inject the adhesive 51, the adhesive fixing can be easily performed and the workability is improved. また、各部材の接着固定も強固になされることになる。 Also, so that also the adhesive fixing of the members is made firmly.

スリーブ5が固定されたら、図5及び図6に示すように、自己融着テープ6を、スリーブ5の両端部を含んだ部分を覆うように、スリーブ5の周囲に巻き付け、取り付ける。 When the sleeve 5 is fixed, as shown in FIGS. 5 and 6, the self-bonding tape 6 so as to cover laden portion both end portions of the sleeve 5, wrapped around the sleeve 5 is attached. 自己融着テープ6の巻き付け(取り付け)は、図5に示すように、小さめの自己融着テープ6をスリーブ5の両端に巻き付け、スリーブ5とルースチューブ3との段差が極力なくなるように整形した上で、図6に示すように、スリーブ5の周囲を覆うように、自己融着テープ6を巻き付けるようにすれば、スリーブ5の端部を確実に覆って封止するので好ましい。 Winding of the self-welding tape 6 (mounting), as shown in FIG. 5, wound around a small self-fusing tape 6 at both ends of the sleeve 5, the step between the sleeve 5 and the loose tube 3 is shaped so as much as possible eliminate above, as shown in FIG. 6, so as to cover the periphery of the sleeve 5, when so wound self-bonding tape 6, preferably to seal securely over the end of the sleeve 5.

自己融着テープ6を巻き付けたら、図7に示すように、熱収縮チューブ7を、自己融着テープ6の周囲を覆うように取り付け、図示しないドライヤー等で加熱する等により熱収縮チューブ7を収縮させ、固定するようにする。 After winding the self-bonding tape 6, as shown in FIG. 7, the heat-shrinkable tube 7, mounted so as to cover the periphery of the self-welding tape 6, the heat-shrinkable tube 7 such as by heating in a drier or the like (not shown) contracts It is to be fixed. この場合、樹脂チューブ4としてナイロンチューブ等の比較的ドライヤー等の熱に対して弱いものを使用する場合は、樹脂チューブ4を保護するように実施する必要がある。 In this case, when using a weak relatively dryer heat, such as nylon tube as the resin tube 4 needs to be implemented to protect the resin tube 4. 熱収縮チューブ7を取り付け、収縮させることにより、端末部Yが完成される。 Mounting heat-shrinkable tube 7, by contracting, the terminal portion Y is completed. なお、熱収縮チューブ7の端部には、後工程で使用する樹脂(硬化性樹脂等)等を注入、硬化させるようにして、隙間等を可能な限り塞ぐようにしてもよい。 Incidentally, the end portions of the heat shrinkable tube 7, a post-process resin used in the (curable resin) or the like implanted, so as to cure, may be blocked as much as possible the gap or the like.

このようにして端末部Yが完成されたら、例えば、光ファイバ2の端末に図示しないフェルール等を取り付ける等を行った上で、端末部Yにおける少なくとも熱収縮チューブ7が現れる部分を覆うように樹脂を配置し、樹脂を硬化させて樹脂封止部8を形成するようにする。 After this manner the terminal portion Y is completed, for example, after performing such mounting the like ferrule not shown of the optical fiber 2 terminal, resin so as to cover at least a portion of the heat-shrinkable tube 7 appears in the terminal portion Y It was placed, so as to form a resin sealing portion 8 to cure the resin. 樹脂封止部8は、例えば、図示しない筒状の型枠を被せ、型枠の内部に硬化性樹脂等の樹脂を注入し、かかる硬化性樹脂等の樹脂を硬化させるようにして形成させてもよい。 Resin sealing portion 8, for example, covered with a cylindrical mold (not shown), injecting resin such as curable resin inside the mold, by forming so as to cure the resin, such as such a curable resin it may be. 端末部Yは、他のケーブルとの接続のために、図示しない他の端末部とともに、図示しないフロントインサートと呼ばれる端末部の位置決め部材で位置決めされた状態で、筒状の型枠の内部で形成された樹脂封止部8により封止するようにしてもよい。 Forming terminal portions Y are for connection to other cables, with other terminal portion, not shown, in a state of being positioned by the positioning member of the terminal portion called front insert, not shown, within the cylindrical mold it may be sealed by the resin sealing portion 8 which is.

このようにして樹脂封止部8が形成されたら、フロントインサートに、図示しない電源線コンタクト及び光ファイバフェルール等を装着したり、樹脂封止部8より現れる光ファイバ等を他のケーブルの端末の光ファイバ等と接続する等、後工程が実施され、ケーブル1同士の接続がなされることになる。 Once this way the resin sealing portion 8 is formed, the front insert, or seat the power line contact (not shown) and an optical fiber ferrule or the like, an optical fiber or the like appearing from the resin sealing portion 8 of the other cable terminals etc. connected to the optical fiber or the like, post-process is performed, so that the connection between the cable 1 is made.

(IV)本発明の効果: (IV) the effect of the present invention:
以上説明した本実施形態に係るルースチューブ型光ファイバケーブル1の端末構造は、光ファイバ2を挿通させた状態で、ルースチューブの端末32からルースチューブ3の内部にその一部が挿入される樹脂チューブ4と、ルースチューブ3及び樹脂チューブ4を挿通し、ルースチューブ3及び樹脂チューブ4の周囲に固定されるスリーブ5と、スリーブ5の両端部を含んだ部分を覆うように、スリーブ5の周囲に巻き付けられる自己融着テープ6と、自己融着テープ6の周囲に配設される熱収縮チューブ7と、を備えた端末部Yと、端末部Yにおける少なくとも熱収縮チューブ7が現れる部分を封止する樹脂封止部8と、を備えている。 The above-described terminal structure of the loose tube type optical fiber cable 1 according to this embodiment, in a state of being inserted through the optical fiber 2, the resin partially into the terminal 32 of the loose tube inside the loose tube 3 the tube 4, by inserting the loose tube 3 and the resin tube 4, a sleeve 5 which is secured around the loose tube 3 and the resin tube 4, so as to cover laden portion both end portions of the sleeve 5, the periphery of the sleeve 5 sealing and self-welding tape 6 wound around a heat-shrinkable tube 7 which is disposed around the self-welding tape 6, and a terminal portion Y having a, at least partial heat shrinkable tube 7 appears in the terminal portion Y in includes a resin sealing portion 8 to stop, the. かかる端末構造Xにより、ルースチューブの端末32が確実に封止され、水圧の影響等でルースチューブ3に充填されたジェリー31が、ルースチューブ3が接続される端末32から漏れ出すこと及びそれによる光ファイバ2の断線等を防止することが可能な、耐水圧性に優れたルースチューブ型光ファイバケーブルの端末構造Xとなる。 Such termination structure X, the terminal 32 of the loose tube is reliably sealed, Jerry 31 filled in the loose tube 3 in water pressure influence is due it and it leaks from the terminal 32 to the loose tube 3 is connected capable of preventing disconnection or the like of the optical fiber 2, the terminal structure X of the loose tube type optical fiber cable having excellent resistance to water pressure.

本発明は、例えば、海中で使用されるルースチューブ型光ファイバケーブル1等に適用可能であり、水圧の影響等でルースチューブ3に充填されたジェリー31が、ルースチューブ3が接続されるルースチューブの端末32から漏れ出すこと及びそれによる光ファイバ2の断線を確実に防止することができる。 The present invention is, for example, can be applied to loose tube optical fiber cable 1 or the like used in the sea, loose tube Jerry 31 filled in the loose tube 3 in water pressure influence is, the loose tube 3 is connected it can be leaking from the terminal 32 and that the reliably prevent the breakage of the optical fiber 2 by it. 加えて、海中での使用に限られず、ルースチューブ型光ファイバケーブル1の端末構造として広く用いることができる。 In addition, not limited to use in subsea, it can be widely used as a terminal structure of a loose tube type optical fiber cable 1.

(V)実施形態の変形: (V) embodiment of the deformation:
なお、以上説明した態様は、本発明の一態様を示したものであって、本発明は、前記した実施形態に限定されるものではなく、本発明の構成を備え、目的及び効果を達成できる範囲内での変形や改良が、本発明の内容に含まれるものであることはいうまでもない。 Incidentally, the embodiment described above, merely indicate one aspect of the present invention, the present invention is not limited to the above-described embodiment, a configuration of the present invention can achieve the object and effects modifications and improvements within the range, it is needless to say intended to be included within the context of the present invention. また、本発明を実施する際における具体的な構造及び形状等は、本発明の目的及び効果を達成できる範囲内において、他の構造や形状等としても問題はない。 Also, specific structure, shape and the like in the practice of the present invention, within the range that can achieve the objects and advantages of the present invention, there is no problem even if other structures and shapes and the like. 本発明は前記した各実施形態に限定されるものではなく、本発明の目的を達成できる範囲での変形や改良は、本発明に含まれるものである。 The present invention is not limited to the embodiments described above, various changes and modifications within the range that can achieve the object of the present invention are intended to be included in the present invention.

例えば、前記した実施形態では、ルースチューブ型光ファイバケーブル1として、図1に示した構造を例に挙げて説明したが、本発明は、光ファイバ2を収容したルースチューブ3を有するルースチューブ型光ファイバケーブル1の端末構造Xとして広く適用でき、その構造等は図1に示したものには限定されない。 For example, in the above-described embodiment, as the loose tube type optical fiber cable 1 has been described as an example the structure shown in FIG. 1, the present invention is a loose tube type having a loose tube 3 containing the optical fiber 2 widely applicable as a terminal structure X of the optical fiber cable 1, the structure or the like is not limited to that shown in FIG. よって、例えば、中心に単数本の抗張力体15,16を配置してその周囲にルースチューブ3を配する等、ケーブル1の構造は任意に決定することができ、加えて、ケーブル1におけるルースチューブ3の本数、配置等や、抗張力体15,16等、ルースチューブ3以外に介在される部材等の種類、本数、配置等や、多層とするか単層にするか等は任意に決定することができる。 Thus, for example, equal to arrange the loose tube 3 at its periphery by placing the tension member 15 and 16 of the single present in the center, the structure of the cable 1 can be arbitrarily determined, in addition, loose-tube in the cable 1 number of 3, arrangement and the like and, like strength members 15 and 16, the type of member such as to be interposed in addition to loose tube 3, the number, arrangement, and the like and, like whether to set a single-layer and multi-layer be arbitrarily determined can.

前記した実施形態では、図4に示すように、ルースチューブ3と樹脂チューブ4の周囲に、筒状部材であるスリーブ5が接着剤51を介して固定する態様を用いて説明しているが、スリーブ5をルースチューブ3と樹脂チューブ4に固定する手段としては、前記したような接着剤を介する手段には限定されず、例えば、図示しない接着テープを介してスリーブ5をルースチューブ3と樹脂チューブ4の周囲に固定したり、スリーブ5をペンチや専用工具等で潰したりする等により、ルースチューブ3と樹脂チューブ4にいわゆるかしめ(カシメ)るようにしてスリーブ5をルースチューブ3や樹脂チューブ4に固定したり、熱溶着(熱融着)可能な材料で形成されたスリーブ5等を用いて、熱溶着によりスリーブ5にこれらに固定するように In the embodiment described above, as shown in FIG. 4, the periphery of the loose tube 3 and the resin tube 4, although the sleeve 5 is a cylindrical member is described with reference to embodiments for fixing via an adhesive 51, the means for securing the sleeve 5 to the loose tube 3 and the resin tube 4 is not limited to the means through the adhesive as described above, for example, loose tube 3 a sleeve 5 with an adhesive tape (not shown) and the resin tube or secured around the 4 by like or crush sleeve 5 with pliers or special tools like, loose tube 3 and the sleeve 5 in the so-called caulking (caulked) so that the resin tube 4 loose tube 3 and the resin tube 4 or fixed, using a heat welding (heat sealing) material capable sleeve 5 or the like formed in, by thermal welding so as to fix thereto the sleeve 5 ても構わない。 And it may be.
その他、本発明の実施の際の具体的な構造及び形状等は、本発明の目的を達成できる範囲で他の構造等としてもよい。 Other, specific structure, shape and the like of the practice of the present invention, objects may be other structures such as in the range of the present invention can be achieved.

本発明は、耐水圧性に優れ、ルースチューブの端末からのジェリーの漏れ出しを防止することができるルースチューブ型光ファイバケーブルの端末構造を提供する手段として有利に利用することができ、産業上の利用可能性は高い。 The present invention is excellent in resistance to water pressure, it can be advantageously used as a means of providing a terminal structure of a loose tube type optical fiber cable capable of preventing leakage of jelly from the loose tube terminals, industrial availability is high.

1 …… ルースチューブ型光ファイバケーブル 11 …… コア部分 12 …… 通信線 13,14 …… シース 15,16 …… 抗張力体 2 …… 光ファイバ 3 …… ルースチューブ 31 …… ジェリー 32 …… ルースチューブの端末 4 …… 樹脂チューブ 5 …… スリーブ 51 …… 接着剤 6 …… 自己融着テープ 7 …… 熱収縮チューブ 8 …… 樹脂封止部 X …… 端末構造 Y …… 端末部 1 ...... loose tube optical fiber cable 11 ...... core portion 12 ...... communication lines 13, 14 ...... sheath 15, 16 ...... tension members 2 ...... optical fiber 3 ...... loose tube 31 ...... Jerry 32 ...... Ruth terminal 4 ...... resin tube 5 ...... sleeve 51 ...... adhesive 6 ...... self-bonding tape 7 ...... heat-shrinkable tube 8 ...... resin sealing portion X ...... terminal structure Y ...... terminal portion of the tube

Claims (5)

  1. 光ファイバを収容したルースチューブを有するルースチューブ型光ファイバケーブルの端末構造であって、 A terminal structure of a loose tube type optical fiber cable having a loose tube containing the optical fiber,
    前記光ファイバを挿通させた状態で、前記ルースチューブの端末から当該ルースチューブの内部にその一部が挿入される樹脂チューブと、 In the state of being inserted through the optical fiber, and a resin tube partially into the terminal of the loose tube inside of the loose tube,
    前記ルースチューブ及び前記樹脂チューブを挿通し、前記ルースチューブ及び前記樹脂チューブの周囲に固定されるスリーブと、 And inserting the loose tube and the resin tube, a sleeve is fixed around the loose tube and the resin tube,
    前記スリーブの両端部を含んだ当該スリーブの全部を覆うように、当該スリーブの周囲に巻き付けられる自己融着テープと、 So as to cover the whole of the sleeve including the both end portions of the sleeve, the self-bonding tape is wrapped around the sleeve,
    前記自己融着テープの周囲に配設される熱収縮チューブと、を備えた端末部と、 A terminal portion and a heat shrinkable tube which is disposed around the self-bonding tape,
    前記端末部における少なくとも前記熱収縮チューブが現れる部分を封止する樹脂封止部と、を備えたことを特徴とするルースチューブ型光ファイバケーブルの端末構造。 Terminal structure of the loose tube type optical fiber cable, characterized in that it and a resin sealing portion for sealing the portions at least said heat shrinkable tube appears at the terminal portion.
  2. 前記スリーブが、前記ルースチューブ及び前記樹脂チューブに接着剤を介して固定されていることを特徴とする請求項1に記載のルースチューブ型光ファイバケーブルの端末構造。 Said sleeve, said loose tube and the terminal structure of the loose tube type optical fiber cable according to claim 1, characterized in that it is fixed via an adhesive to the resin tube.
  3. 光ファイバを収容したルースチューブを有するルースチューブ型光ファイバケーブルの端末構造の製造方法であって、 A method of manufacturing a terminal structure of a loose tube type optical fiber cable having a loose tube containing the optical fiber,
    樹脂チューブを、前記光ファイバを挿通させた状態で、前記ルースチューブの端末から当該ルースチューブの内部にその一部を挿入し、 The resin tube, while being inserted through the optical fiber, inserting a part of the terminal of the loose tube inside of the loose tube,
    スリーブを、前記ルースチューブ及び前記樹脂チューブを挿通した状態で、前記ルースチューブ及び前記樹脂チューブの周囲に固定し、 The sleeve, while inserting the loose tube and the resin tube, is fixed around the loose tube and the resin tube,
    自己融着テープを、前記スリーブの両端部を含んだ当該スリーブの全部を覆うように、前記スリーブの周囲に巻き付け、 The self-bonding tapes, to cover the whole of the sleeve including the both end portions of the sleeve, wrapped around the sleeve,
    熱収縮チューブを前記自己融着テープの周囲を覆うように取り付け、当該熱収縮チューブを収縮させて端末部とし、 Mounting a heat-shrinkable tube so as to cover the periphery of the self-bonding tape, and a terminal portion to contract the heat shrinkable tube,
    前記端末部における少なくとも前記熱収縮チューブが現れる部分を覆うように樹脂を配置し、当該樹脂を硬化させて樹脂封止部を形成することを特徴とするルースチューブ型光ファイバケーブルの端末構造の製造方法。 At least a resin so as to cover the portion where the heat-shrinkable tube appears disposed, the manufacture of the terminal structure of the loose tube type optical fiber cable, characterized in that by curing the resin to form a resin sealing portion of the terminal portion Method.
  4. 前記スリーブが、前記ルースチューブ及び前記樹脂チューブに接着剤を介して固定されていることを特徴とする請求項3に記載のルースチューブ型光ファイバケーブルの端末構造の製造方法。 Said sleeve, said loose tube and method of manufacturing the terminal structure of the loose tube type optical fiber cable according to claim 3, characterized in that it is fixed via an adhesive to the resin tube.
  5. 前記端末部に筒状の型枠を被せ、当該型枠の内部に前記樹脂を注入し、硬化させることを特徴とする請求項3または請求項4に記載のルースチューブ型光ファイバケーブルの端末構造の製造方法。 Covered with a cylindrical mold to the terminal unit, the resin is injected into the said mold, the terminal structure of the loose tube type optical fiber cable according to claim 3 or claim 4, wherein the curing the method of production.
JP2015011002A 2015-01-23 2015-01-23 Method of manufacturing a terminal structure and the terminal structure of the loose tube type optical fiber cable Active JP6230553B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2015011002A JP6230553B2 (en) 2015-01-23 2015-01-23 Method of manufacturing a terminal structure and the terminal structure of the loose tube type optical fiber cable

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2015011002A JP6230553B2 (en) 2015-01-23 2015-01-23 Method of manufacturing a terminal structure and the terminal structure of the loose tube type optical fiber cable

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2016136179A true JP2016136179A (en) 2016-07-28
JP6230553B2 true JP6230553B2 (en) 2017-11-15

Family

ID=56512534

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2015011002A Active JP6230553B2 (en) 2015-01-23 2015-01-23 Method of manufacturing a terminal structure and the terminal structure of the loose tube type optical fiber cable

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6230553B2 (en)

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH01126126A (en) * 1987-11-06 1989-05-18 Osaka Gas Co Ltd Linear connection of rubber and plastic cable
JP2000162481A (en) * 1998-11-25 2000-06-16 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> Method for preparing terminal part of optical fiber cable
US7127143B2 (en) * 2004-05-24 2006-10-24 Corning Cable Systems Llc Distribution cable assembly having overmolded mid-span access location
US7136555B2 (en) * 2004-05-27 2006-11-14 Corning Cable Systems Llc Distribution cable having articulated optical connection nodes
JP2013152377A (en) * 2012-01-26 2013-08-08 Viscas Corp Optical fiber protection body, optical compound power cable, and optical cable connection method

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2016136179A (en) 2016-07-28 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5838861A (en) Transition assembly for optical fiber
US5997186A (en) Hybrid cable splice closure and related methods
US6591046B2 (en) Method for protecting optical fibers embedded in the armor of a tow cable
US7272282B1 (en) Fiber optic cables and assemblies suitable for distribution
USRE37028E1 (en) Cable assembly for use with opto-electronic equipment enclosures
US7218821B2 (en) Optical fiber cables
US6423952B1 (en) Heater arrangement with connector or terminating element and fluoropolymer seal, and method of making the same
US5222177A (en) Underwater optical fiber cable having optical fiber coupled to grooved core member
US4595256A (en) Connection between the ends of two undersea optical fiber cables and method of manufacturing said connection
US5224190A (en) Underwater optical fiber cable having optical fiber coupled to grooved metallic core member
US4545645A (en) Connection joining the ends of two under-water optical fiber cables and a method of manufacturing same
US6875918B2 (en) Joint for tubular cable cover
US4516830A (en) Junction for joining the ends of two under water optical fiber cables, and method of manufacture
US5241611A (en) Cable joint
US5539849A (en) Optical fiber cable and core
US7270485B1 (en) Device for furcating fiber optic cables
US7590321B2 (en) Mid-span breakout with helical fiber routing
US6278823B1 (en) Sensor array cable and fabrication method
US4697873A (en) Device for protecting optical fibers freed at the end of a cable element
US7489843B2 (en) Polyurethane to polyethylene adhesion process
US4601536A (en) Connection for a submerged optical fiber cable
US20060056782A1 (en) Flexible optical closure and other flexible optical assemblies
US6728451B2 (en) Optical fiber holding structure and method of making same
US6992253B1 (en) Strength strand construction for a longitudinal section of a cable
US6763170B2 (en) System for storing splices in a joint box

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20160526

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20170315

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20170322

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20170511

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20171003

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20171017

R151 Written notification of patent or utility model registration

Ref document number: 6230553

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R151