JP6221587B2 - Communication equipment - Google Patents

Communication equipment Download PDF

Info

Publication number
JP6221587B2
JP6221587B2 JP2013205409A JP2013205409A JP6221587B2 JP 6221587 B2 JP6221587 B2 JP 6221587B2 JP 2013205409 A JP2013205409 A JP 2013205409A JP 2013205409 A JP2013205409 A JP 2013205409A JP 6221587 B2 JP6221587 B2 JP 6221587B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
wireless
wireless network
identifier
communication
device
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2013205409A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2015070557A (en
Inventor
安藤 智子
智子 安藤
Original Assignee
ブラザー工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by ブラザー工業株式会社 filed Critical ブラザー工業株式会社
Priority to JP2013205409A priority Critical patent/JP6221587B2/en
Publication of JP2015070557A publication Critical patent/JP2015070557A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP6221587B2 publication Critical patent/JP6221587B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本明細書では、無線ネットワークの親局として動作可能な通信機器を開示する。 In this specification, discloses a communication device operable as a master station of a wireless network.

特許文献1及び2の無線通信装置は、無線通信装置自身の周囲に存在する各アクセスポイントから各SSID(Service Set IDentifierの略)を取得して、各SSIDを無線通信装置の表示部に表示させる。 Wireless communication device of Patent Document 1 and 2 obtains the respective SSID (abbreviation of Service Set IDentifier) ​​from each access point existing around the radio communication device itself, thereby displaying each SSID on the display of the wireless communication device . ユーザは、表示される各SSIDの中から、無線通信装置との無線接続を確立させたいアクセスポイントのSSIDを選択する。 User, from among the SSID displayed, selects the SSID of the access point you want to establish a wireless connection with the wireless communication device. これにより、無線通信装置は、選択済みのSSIDを有するアクセスポイントとの無線接続を確立する。 Thereby, the wireless communication device establishes a wireless connection with an access point having a pre-selected SSID. 特許文献1の技術では、各SSIDを表示させる際に、無線通信装置からの距離が近いアクセスポイントのSSIDを上位に表示させる。 In Patent Document 1 technologies, when displaying each SSID, the distance from the radio communication apparatus is displayed on the upper the SSID near the access point. また、特許文献2の技術では、AOSS(登録商標)又はWPS(Wi-Fi Protected Setupの略)等の自動無線設定モードで動作しているアクセスポイントのSSIDを表示させず、自動無線設定モードで動作していないアクセスポイントのSSIDを表示させる。 Further, in the technique of Patent Document 2, AOSS without displaying the (R) or WPS (Wi-Fi Protected Setup substantially) the access point SSID of operating in the automatic wireless setting mode or the like, the automatic wireless setting mode to display the access point SSID of that is not working. 即ち、特許文献1及び2の技術では、ユーザが所望のSSIDを選択し易いように、各SSIDを表示させる手法が工夫されている。 That is, in the technique of Patent Document 1 and 2, in order to facilitate the user selects a desired SSID, techniques for displaying each SSID has been devised.

特開2013−131956号公報 JP 2013-131956 JP 特開2010−074334号公報 JP 2010-074334 JP 特開2009−171565号公報 JP 2009-171565 JP

本明細書では、外部機器のユーザに識別子の選択を容易に実行させて、通信機器が親局として動作する無線ネットワークに当該外部機器を子局として容易に参加させ得る技術を提供する。 In this specification, easily to execute the selected identifier to a user of the external device, the communication device to provide a technique capable easily to participate as a slave station the external device to the wireless network to operate as a master station.

本明細書によって開示される通信機器は、取得部と、形成部と、送信部と、通信実行部と、を備える。 Communication device disclosed in the present specification includes an acquisition unit, a forming unit, a transmission unit, and the communication execution unit. 取得部は、通信機器が親局として動作する第1の無線ネットワークが形成されている状態で、第1の無線ネットワークに所属していない第1の外部機器の第1のユーザから所定の指示を取得する。 Obtaining unit, in a state in which the communication device is formed first wireless network that operates as a master station, a predetermined instruction from a first user of a first external device not belonging to the first wireless network get. 第1の無線ネットワークは、第1の識別子によって識別される無線ネットワークである。 The first wireless network is a wireless network identified by the first identifier. 形成部は、第1の無線ネットワークが形成されている状態で、第1のユーザから所定の指示が取得される場合に、通信機器が親局として動作する第2の無線ネットワークを識別するための第2の識別子を生成して、第1の無線ネットワークが形成されている状態を維持しながら、第2の無線ネットワークを形成する。 Forming unit in a state where the first wireless network is formed, when a predetermined instruction is obtained from a first user, for communication device to identify a second wireless network that operates as a master station to generate a second identifier while maintaining the state in which the first wireless network is formed, to form a second wireless network. 第2の識別子は、第1の識別子とは異なる識別子であり、第2の識別子を選択すべきことを第1のユーザに通知するための1個以上の文字及び/又は記号を含む。 The second identifier, the first identifier is different identifiers, including one or more characters and / or symbols for notifying that it should select a second identifier to the first user. 送信部は、第2の識別子を第1の外部機器に送信する。 Transmission unit transmits the second identifier to the first external device. 通信実行部は、第2の識別子が第1の外部機器に送信された後に、第1のユーザが第1の外部機器を操作することによって、第2の識別子が選択される場合に、第1の外部機器を第1の無線ネットワークに子局として参加させるための接続プロセスを、第1の外部機器と実行する。 Communication execution unit, when the second identifier after being sent to the first external device, the first user by operating the first external device, the second identifier is selected, the first the external device connection process to participate as a slave station in the first wireless network, executes the first external device.

上記の構成によると、通信機器は、通信機器が親局として動作する第1の無線ネットワークが形成されている状態で、第1のユーザから所定の指示を取得する。 According to the above configuration, the communication device is in a state in which the communication device is formed first wireless network that operates as a master station, to obtain a predetermined instruction from the first user. この場合、通信機器は、第1の無線ネットワークが形成されている状態を維持しながら、第2の無線ネットワークを形成して、第2の無線ネットワークの第2の識別子を第1の外部機器に送信する。 In this case, communication device, while maintaining the state in which the first wireless network is formed, to form a second wireless network, a second identifier of the second wireless network to the first external device Send. 第2の識別子は、当該第2の識別子を選択すべきことを第1のユーザに通知するための1個以上の文字及び/又は記号を含む。 The second identifier comprises one or more characters and / or symbols for notifying that it should select the second identifier to the first user. 従って、第1の外部機器で第2の識別子が表示される場合に、第1のユーザは、第2の識別子を容易に選択することができる。 Therefore, if the second identifier in the first external device is displayed, the first user can select a second identifier easily. そして、通信機器は、第1のユーザによって第2の識別子が選択される場合に、第1の外部機器と接続プロセスを実行して、第1の外部機器を第1の無線ネットワークに子局として参加させる。 The communication device, when the second identifier is selected by the first user, and executes the connection process to the first external device, the slave station the first external device to the first wireless network to participate. この構成によると、第1のユーザは、通信機器が親局として動作する第1の無線ネットワークに、第1の外部機器を子局として容易に参加させることができる。 According to this configuration, the first user, the first wireless network communication device operating as a master station, it is possible to easily join the first external device as the slave station.

第1の無線ネットワークは、特定の無線通信方式に従って形成される無線ネットワークであってもよい。 The first wireless network may be a wireless network formed in accordance with a particular wireless communication system. 第2の無線ネットワークは、上記の特定の無線通信方式に従って形成される無線ネットワークであってもよい。 The second wireless network may be a wireless network formed according to the above specific wireless communication system.

送信部は、第2の無線ネットワークが形成された後に、第1の外部機器から要求信号が受信される場合に、第1の識別子を含む応答信号を第1の外部機器に送信せずに、第2の識別子を含む応答信号を第1の外部機器に送信してもよい。 Transmission unit, after the second wireless network is formed, when a request signal from the first external device is received, without transmitting a response signal including the first identifier to the first external device, a response signal including the second identifier may be transmitted to the first external device. この構成によると、第1の識別子を含む応答信号が第1の外部機器に送信されないので、第1の外部機器で第1の識別子が表示されない。 According to this configuration, the response signal including the first identifier is not transmitted to the first external device, the first identifier is not displayed in the first external device. 従って、第1のユーザは、第2の識別子を容易に選択することができる。 Thus, the first user can select a second identifier easily.

第1の無線ネットワークは、通信機器のMACアドレスとして第1のMACアドレスが利用される無線ネットワークであってもよい。 The first wireless network, the first MAC address as a MAC address of the communication device may be a wireless network that is utilized. 第2の無線ネットワークは、通信機器のMACアドレスとして第1のMACアドレスとは異なる第2のMACアドレスが利用される無線ネットワークであってもよい。 The second wireless network may be a wireless network different from the second MAC address is utilized as the first MAC address as a MAC address of a communication device. 接続プロセスは、第1の接続プロセスと、第2の接続プロセスと、を含んでいてもよい。 Connection process, a first connection process, and the second connection process, may be included. 第1の接続プロセスは、通信機器のMACアドレスとして第2のMACアドレスを利用して、第1の無線ネットワークの無線設定情報であって、第1の識別子を含む無線設定情報を、第1の外部機器に送信するための通信を含んでいてもよい。 The first connection process, by using the second MAC address as a MAC address of a communication device, a wireless setting information of the first wireless network, the wireless setting information including a first identifier, the first it may include a communication to be sent to the external device. 第2の接続プロセスは、無線設定情報を利用して、第1の外部機器との無線接続を確立するための通信を含んでいてもよい。 The second connection process, by using the wireless setting information may include communication for establishing a wireless connection with the first external device. この構成によると、通信機器は、第1の接続プロセスにおいて、第1の識別子を含む無線設定情報を第1の外部機器に送信する。 According to this configuration, a communication device, in a first connection process, and transmits the wireless setting information including a first identifier to the first external device. これにより、通信機器は、第2の接続プロセスにおいて、無線設定情報を利用して、第1の外部機器との無線接続を確立することができる。 Thus, communication device, the second connection process, by using the wireless setting information, it is possible to establish a wireless connection between the first external device.

通信実行部は、通信機器のMACアドレスとして第2のMACアドレスを利用して、第1の接続プロセスを実行した後に、通信機器のMACアドレスとして第1のMACアドレスを利用して、第2の接続プロセスを実行してもよい。 Communication execution unit utilizes a second MAC address as a MAC address of the communication device, after performing the first connection process, by using the first MAC address as a MAC address of a communication device, the second it may perform the connection process.

上記の1個以上の文字及び/又は記号は、第2の識別子を選択することを第1のユーザに促す語を含んでいてもよい。 1 or more characters and / or symbols described above may also include a word to prompt the first user to select a second identifier. この構成によると、第1のユーザは、第2の識別子を容易に選択することができる。 According to this configuration, the first user can select a second identifier easily.

第2の識別子は、1個以上の文字及び/又は記号と、第1の識別子と、を含んでいてもよい。 The second identifier and one or more characters and / or symbols, and the first identifier, may be included. この構成によると、第1のユーザは、第2の識別子を選択する際に、第1の識別子を知ることができる。 According to this configuration, the first user, in selecting the second identifier, it is possible to know the first identifier.

第1の無線ネットワークは、特定の無線通信方式に従って形成される無線ネットワークであってもよい。 The first wireless network may be a wireless network formed in accordance with a particular wireless communication system. 特定の無線通信方式は、一対の機器の間に特定の無線通信方式に従った無線接続が確立されて、無線ネットワークが形成されるべき際に、一対の機器が無線ネットワークの親局及び子局を決定するための無線通信を実行する仕組みを有する無線通信方式であってもよい。 Particular wireless communication system, the wireless connection according to a specific wireless communication system is established between a pair of devices, when should the radio network is formed, the master station and the slave stations of a pair of devices wireless network it may be a wireless communication system having a mechanism which executes wireless communication to determine.

特定の無線通信方式は、特定の無線通信方式に従って形成される無線ネットワークを識別するための識別子の命名規則を有していてもよい。 Particular wireless communication system may have a naming convention identifier to identify the wireless network formed in accordance with a particular wireless communication system. 第1の識別子は、命名規則で決められている所定の文字列を含んでいてもよい。 The first identifier may comprise a predetermined string that is determined by the naming convention. 第2の識別子は、所定の文字列を含まなくてもよい。 The second identifier may not include the predetermined string. この構成によると、第2の識別子が所定の文字列を含まないので、第1のユーザは、第2の識別子を容易に選択し得る。 According to this configuration, since the second identifier does not include the predetermined string, the first user may select a second identifier easily.

取得部は、さらに、第1の無線ネットワークが形成されていない状態で、第2の外部機器の第2のユーザから所定の指示を取得してもよい。 Acquisition unit further, with the first wireless network is not formed, may be from a second user of the second external device acquires the predetermined instruction. 形成部は、さらに、第1の無線ネットワークが形成されていない状態で、第2のユーザから所定の指示が取得される場合に、第1の無線ネットワークと第2の無線ネットワークとの双方を形成してもよい。 Forming unit further with the first wireless network is not formed, when a predetermined instruction is obtained from the second user, forming both the first radio network and a second wireless network it may be. 送信部は、さらに、第2の識別子を第2の外部機器に送信してもよい。 Transmitting unit may further transmit the second identifier to the second external device. 通信実行部は、さらに、第2の識別子が第2の外部機器に送信された後に、第2のユーザが第2の外部機器を操作することによって、第2の識別子が選択される場合に、第2の外部機器を第1の無線ネットワークに子局として参加させるための接続プロセスを、第2の外部機器と実行してもよい。 When the communication execution unit further second identifier after being transmitted to the second external device, the second user by operating the second external device, the second identifier is selected, the connection process to participate as a slave station of the second external device to the first wireless network may be performed with the second external device. この構成によると通信機器は、第1の無線ネットワークが形成されていない状態で、第2のユーザから所定の指示を取得する場合に、第1及び第2の無線ネットワークの双方を形成して、第2の無線ネットワークの第2の識別子を第1の外部機器に送信する。 A communication device according to this configuration, in a state where the first wireless network is not formed, when acquiring the predetermined instruction from the second user, to form both the first and second wireless networks, transmitting the second identifier of the second wireless network to the first external device. 従って、第2のユーザは、第2の識別子を容易に選択することができる。 Accordingly, the second user may select the second identifier easily. そして、通信機器は、第2のユーザによって第2の識別子が選択される場合に、第2の外部機器と接続プロセスを実行して、第2の外部機器を第1の無線ネットワークに子局として参加させる。 The communication device, when the second identifier is selected by the second user, and executes the connection process with the second external device, the slave station to the second external apparatus to the first wireless network to participate. この構成によると、第2のユーザは、通信機器が親局として動作する第1の無線ネットワークに、第2の外部機器を子局として容易に参加させることができる。 According to this configuration, the second user, the first wireless network communication device operating as a master station, it is possible to easily join the second external device as a slave station.

上記の通信機器の機能を実現するための制御方法、コンピュータプログラム、及び、当該コンピュータプログラムを記憶するコンピュータ読取可能記録媒体も、新規で有用である。 The method for realizing the functions of the communication device, a computer program, and computer-readable recording medium storing the computer program are also novel and useful. また、上記の通信機器と、上記の第1の外部機器及び/又は第2の外部機器と、を備えるシステムも、新規で有用である。 Further, a system comprising the above communication device, a first external device and / or the second external apparatus described above also novel and useful.

通信システムの構成を示す。 It shows a configuration of a communication system. プリンタの応答処理のフローチャートを示す。 It shows a flowchart of the response processing of the printer. 各デバイスによって実行される各処理のシーケンス図を示す。 It shows a sequence diagram of the processing performed by each device. 図3の続きのシーケンス図を示す。 It shows a sequence diagram of a continuation of FIG.

(第1実施例) (First Embodiment)
(システムの構成;図1) (Configuration System; Fig. 1)
本実施例の通信システム2は、複数個のプリンタPR1,PR2と、複数個の携帯端末Ta,Tbと、を備える。 Communication system 2 of the present embodiment includes a plurality of printers PR1, PR2, a plurality of portable terminal Ta, and Tb, the. 各プリンタPR1,PR2及び各携帯端末Ta,Tbは、無線通信を実行可能である。 Each printer PR1, PR2 and the portable terminal Ta, Tb is capable of executing a wireless communication.

(プリンタPR1の構成) (Configuration of the printer PR1)
プリンタPR1は、印刷機能を実行可能な周辺機器である。 The printer PR1 is a peripheral device capable of executing a print function. プリンタPR1は、操作部12と、表示部14と、印刷実行部16と、無線LAN(Local Area Networkの略)インターフェース20と、制御部30と、を備える。 The printer PR1 includes an operation unit 12, a display unit 14, a print performing unit 16, a wireless LAN (Local Area Network Abbreviation) interface 20, a control unit 30. 各部12〜30は、バス線(符号省略)に接続されている。 Each unit 12 to 30 is connected to a bus line (reference number omitted). 以下では、インターフェースのことを「I/F」と呼ぶ。 In the following, the interface is referred to as "I / F".

操作部12は、複数のキーを備える。 The operation unit 12 includes a plurality of keys. ユーザは、操作部12を操作することによって、様々な指示をプリンタPR1に入力することができる。 The user can operate the operating unit 12 can input various instructions to the printer PR1. 表示部14は、様々な情報を表示するためのディスプレイである。 Display unit 14 is a display for displaying various information. 印刷実行部16は、インクジェット方式、レーザ方式等の印刷機構である。 Print execution unit 16, an ink jet method, a printing mechanism, such as a laser type.

無線LANI/F20は、Wi−Fi方式に従った無線通信(即ちWi−Fi通信)を実行するためのインターフェースである。 Wireless LAN I / F20 is an interface for performing wireless communication according to the Wi-Fi system (i.e. Wi-Fi communication). Wi−Fi方式は、例えば、IEEE(The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc.の略)の802.11の規格、及び、それに準ずる規格(例えば、802.11a,11b,11g,11n等)に従って、無線通信を実行するための無線通信方式である。 Wi-Fi scheme, for example, IEEE (The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc. approximately) 802.11 standard, and, standards (e.g., 802.11a, 11b, 11g, 11n, etc.) based thereon in accordance with is a wireless communication method for performing wireless communication. より具体的に言うと、無線LANI/F20は、Wi−Fi Allianceによって策定されたWFD(Wi-Fi Directの略)方式をサポートしているI/Fである。 Speaking more specifically, the wireless LAN I / F20 is an I / F that support scheme (abbreviation of Wi-Fi Direct) Wi-Fi Alliance WFD which was developed by. 従って、制御部30は、WFD方式の無線ネットワーク(以下では「WFDNW」と呼ぶ)を利用して、無線LANI/F20を介して、Wi−Fi通信を実行することができる。 Accordingly, the control unit 30 of the radio network (hereinafter referred to as "WFDNW") WFD scheme utilizing, through the wireless LAN I / F20, it is possible to perform a Wi-Fi communication.

無線LANI/F20は、物理的には1個のインターフェース(即ち1個のICチップ)である。 Wireless LAN I / F20, the physically one interface (i.e. one IC chip). ただし、無線LANI/F20には、2個のMACアドレス(以下では「MACx」、「MACy」と呼ぶ)が予め割り当てられる。 However, the wireless LAN I / F20, 2 MAC addresses (hereinafter referred to as "MACx", "MACy") is assigned in advance. 従って、制御部30は、MACxを利用したWi−Fi通信と、MACyを利用したWi−Fi通信と、の両方を同時的に実行し得る。 Accordingly, the control unit 30, and Wi-Fi communication using the MACx, may simultaneously perform the Wi-Fi communication using the MACy, both.

制御部30は、CPU32と、メモリ34と、を備える。 Control unit 30 includes a CPU 32, a memory 34, a. CPU32は、メモリ34に記憶されているプログラム36に従って、様々な処理を実行するプロセッサである。 CPU32 according to a program 36 stored in the memory 34, a processor for executing various processes. メモリ34は、継続的NW記憶領域SAxと、一時的NW記憶領域SAyと、を備える。 Memory 34 includes a continuous NW storage areas SAx, and a temporary NW storage areas SAy, the.

継続的NW記憶領域SAxは、プリンタPR1のMACアドレスとしてMACxが利用されるWFDNW(以下では「継続的NW」と呼ぶ)に関係する情報を記憶する。 Continuous NW storage areas SAx is, WFDNW the MACx is used as the MAC address of the printer PR1 (hereinafter referred to as "continuous NW") for storing information relating to. 一時的NW記憶領域SAyは、プリンタPR1のMACアドレスとしてMACyが利用されるWFDNW(以下では「一時的NW」と呼ぶ)に関係する情報を記憶する。 Temporarily NW storage areas SAy is, WFDNW the MACy is used as the MAC address of the printer PR1 (hereinafter referred to as "temporary NW") for storing information relating to. プリンタPR1は、継続的NWの親局(即ちWFD方式のGroup Owner)として動作すると共に、一時的NWの親局として動作する。 The printer PR1 is configured to operate as (Group Owner at ie WFD method) master station continuously NW, operating as a master station for temporary NW. 継続的NWは、携帯端末Ta,Tbが子局として参加するための無線ネットワークであり、プリンタPR1との無線接続を確立している携帯端末が存在する限り、継続的に維持される。 Continuous NW is a mobile terminal Ta, a wireless network for participating as Tb child station, as long as the mobile terminal has established a wireless connection with the printer PR1 is present, is continuously maintained. 一時的NWは、携帯端末Ta,Tbを参加させることを目的としない無線ネットワークであり、携帯端末を継続的NWに参加させるために一時的に形成される。 Temporary NW is a mobile terminal Ta, a wireless network that does not aim to join the Tb, it is temporarily formed in order to join the mobile terminal continuously NW.

継続的NW記憶領域SAxは、継続的NWが存在する場合に、無線設定情報SIxと、管理リストLxと、を記憶する。 Continuous NW storage areas SAx, when continuous NW exists, and stores the wireless setting information SIx, the management list Lx, the. 無線設定情報SIxは、SSIDと、認証方式と、暗号化方式と、パスワードと、を含む。 Wireless setting information SIx includes a SSID, and authentication method, and the encryption method, and the password, the. 当該SSIDは、継続的NWを識別するための識別子である。 The SSID is an identifier for identifying the continuous NW. 認証方式、暗号化方式、及び、パスワードは、継続的NWで実行される認証及び暗号化で利用される情報である。 Authentication method, encryption method, and the password are information used in authentication and encryption are performed in a continuous NW. 管理リストLxには、継続的NWの子局として動作する機器のMACアドレスが記述される。 The management list Lx, MAC address of the device operating as a slave station of the continuous NW is described. 即ち、管理リストLxには、継続的NWの親局として動作するプリンタPRとの無線接続が確立されている機器のMACアドレスが記述される。 That is, the management list Lx, MAC address of the device wirelessly connected to the printer PR which operates as a master station continuously NW has been established is described.

一時的NW記憶領域SAyは、一時的NWが存在する場合に、無線設定情報SIyを記憶する。 Temporarily NW storage areas SAy, when temporary NW exists, and stores the wireless setting information SiY. 一時的NWは、プリンタPRがユーザから接続確立指示を取得する場合に、新たに形成されるWFDNWである。 Temporary NW, when the printer PR to obtain a connection establishment instruction from the user, a WFDNW newly formed. そして、無線設定情報SIyは、一時的NWが形成される際に、プリンタPRによって生成されて、一時的NW記憶領域SAyに記憶される。 The wireless setting information SIy, when temporarily NW is formed, is generated by the printer PR, is stored in the temporary NW storage areas it says. 無線設定情報SIyは、SSID、認証方式、暗号化方式、及び、パスワードを含む。 Wireless setting information SIy includes SSID, authentication method, encryption method, and, a password. 当該SSIDは、一時的NWを識別するための識別子である。 The SSID is an identifier for identifying a temporary NW. 認証方式、暗号化方式、及び、パスワードは、WSC Exchangeを実行するための認証及び暗号化で利用される情報である。 Authentication method, encryption method, and the password are information used in authentication and encryption for performing WSC Exchange. 上述したように、一時的NWは、携帯端末が子局として参加する無線ネットワークではない。 As described above, the temporary NW is not a wireless network mobile terminal to participate as a slave station. 従って、一時的NW記憶領域SAyは、一時的NWの子局として動作する機器のMACアドレスが記述される管理リストを記憶しない。 Therefore, the temporary NW storage areas SAy does not store management list MAC address of the device which operates as a slave station temporary NW is described.

(プリンタPR2の構成) (Configuration of the printer PR2)
プリンタPR2は、プリンタPR1と同様の構成を備える。 Printer PR2 has the same configuration as the printer PR1. 即ち、プリンタPR2も、プリンタPR2が親局として動作する継続的NW及び一時的NWを形成可能である。 That is, the printer PR2 also printer PR2 is capable of forming a continuous NW and temporary NW operating as a master station.

(携帯端末Ta,Tbの構成) (Portable terminal Ta, the configuration of the Tb)
各携帯端末Ta,Tbは、携帯電話(例えばスマートフォン)、PDA、ノートPC、タブレットPC、携帯型音楽再生装置、携帯型動画再生装置等の可搬型の端末装置である。 Each mobile terminal Ta, Tb is, mobile phone (for example, a smart phone), PDA, notebook PC, a tablet PC, a portable music playback device, a portable terminal device such as a portable video playback device. 各携帯端末Ta,Tbは、Wi−Fi方式に従ったWi−Fi通信を実行可能である。 Each mobile terminal Ta, Tb is capable of executing a Wi-Fi communication in accordance with the Wi-Fi system. 各携帯端末Ta,Tbは、WFD方式をサポートしていてもよいし、WFD方式をサポートしていなくてもよい(即ち後述のレガシー機器でもよい)。 Each mobile terminal Ta, Tb may be support WFD system, (which may be a legacy device i.e. below) may or may not support the WFD system. 各携帯端末Ta,Tbは、プリンタPR1との無線接続を確立して、プリンタPR1が親局として動作する継続的NWに子局として参加することができる。 Each mobile terminal Ta, Tb establishes a wireless connection with the printer PR1, the printer PR1 can participate as a slave station in the continuous NW operating as a master station. これにより、各携帯端末Ta,Tbは、継続的NWを利用して、プリンタPR1と対象データ(例えばプリンタPR1で印刷されるべき印刷データ)の無線通信を実行することができる。 Thus, each of the mobile terminals Ta, Tb can be utilized continuously NW, performs wireless communication of the printer PR1 and target data (e.g., print data to be printed by the printer PR1).

(WFD(Wi-Fi Directの略)方式) (WFD (abbreviation of Wi-Fi Direct) method)
続いて、WFD方式について説明する。 Next, a description will be given of the WFD system. WFD方式は、Wi−Fi Allianceによって作成された規格書「Wi−Fi Peer−to−Peer(P2P) Technical Specification Version1.1(Wi−Fi Alliance、2010年)」に記述されている無線通信方式である。 WFD system is a wireless communication system that is described in the specifications that have been created "Wi-Fi Peer-to-Peer (P2P) Technical Specification Version1.1 (Wi-Fi Alliance, 2010 years)" by the Wi-Fi Alliance is there.

以下では、プリンタPR1,PR2のように、WFD方式をサポートしている機器のことを「WFD機器」と呼ぶ。 In the following, such as the printer PR1, PR2, that of devices that support the WFD system is referred to as a "WFD equipment". 上記のWFDの規格書では、WFD機器の状態として、Group Owner状態(以下では「G/O状態」と呼ぶ)、クライアント状態(以下では「CL状態」と呼ぶ)、及び、デバイス状態の3つの状態が定義されている。 The specifications of the above WFD, as the state of WFD equipment, Group Owner at state (hereinafter referred to as "G / O state"), the client state (in the following referred to as "CL state"), and, the device state of the three state has been defined. WFD機器は、上記の3つの状態のうちの1つの状態で選択的に動作可能である。 WFD device is selectively operable in one state of the three states.

G/O状態のWFD機器(即ちG/O機器)は、当該WFD機器が親局として動作する無線ネットワーク(即ちWFDNW)を形成する機器である。 G / O state WFD equipment (i.e. G / O device) is a device in which the WFD device forms a wireless network (i.e. WFDNW) operating as a master station. CL状態のWFD機器(即ちCL機器)は、WFDNWの子局として動作する機器である。 WFD Equipment CL state (i.e. CL device) is a device that operates as a slave station of WFDNW. デバイス状態のWFD機器(即ちデバイス機器)は、WFDNWに所属していない機器である。 WFD equipment of the device state (ie, the device equipment) is a device that does not belong to WFDNW.

G/O機器とCL機器との双方が所属しているWFDNWは、例えば、以下の2つの手順のいずれかによって形成される。 WFDNW both belong to the G / O device and CL device is formed, for example, by either of the following two procedures. 第1の手順では、一対のデバイス機器は、G/Oネゴシエーションと呼ばれる無線通信を実行する。 In the first step, a pair of device apparatus executes wireless communication called G / O negotiation. これにより、当該一対のデバイス機器のうちの一方は、G/O状態(即ちG/O機器)になることを決定し、他方は、CL状態(即ちCL機器)になることを決定する。 Thus, one of the pair of device apparatus decides to become the G / O state (i.e. G / O device), and the other determines to become CL state (i.e. CL device). そして、G/O機器は、WFDNWを形成して、CL機器との無線接続を確立する。 Then, G / O devices, to form a WFDNW, establishes a wireless connection with the CL device. これにより、G/O機器とCL機器との双方が所属しているWFDNWが形成される。 Thus, WFDNW which both the G / O device and CL device belongs is formed. このように、WFD方式は、G/Oネゴシエーションの仕組みを有する無線通信方式である。 Thus, WFD scheme is a wireless communication system having a G / O negotiation mechanism.

第2の手順では、デバイス機器は、G/Oネゴシエーションを実行せずに、自発的にG/O状態に移行して、WFDNWを形成する。 In the second procedure, the device apparatus does not perform the G / O negotiation, the process proceeds to spontaneously G / O state, to form a WFDNW. この場合、WFDNWが形成された後に、他のデバイス機器は、G/Oネゴシエーションを実行せずに、CL状態に移行して、G/O機器との無線接続を確立する。 In this case, after the WFDNW is formed, the other device apparatus, without executing the G / O negotiation, the process proceeds to the CL state, establishes a wireless connection with the G / O device. これにより、G/O機器とCL機器との双方が所属しているWFDNWが形成される。 Thus, WFDNW which both the G / O device and CL device belongs is formed.

G/O機器は、他の機器を介さずに、CL機器と対象データの無線通信を実行可能である。 G / O device is not through other equipment, it is possible to execute wireless communication CL device and the target data. 対象データは、OSI参照モデルのネットワーク層の情報、及び、ネットワーク層よりも上位層(例えばアプリケーション層)の情報を含むデータであり、例えば、印刷対象の画像を表わす印刷データを含む。 Target data, information of the network layer of the OSI reference model, and is data including the information of the upper layer than the network layer (e.g., application layer), for example, includes a print data representing the image to be printed. また、G/O機器は、複数個のCL機器が当該G/O機器によって形成されているWFDNWに参加している場合に、一対のCL機器の間の対象データの無線通信を中継可能である。 Further, the G / O device, when the plurality of CL device is participating in WFDNW formed by the G / O device, it is possible to relay the radio communication target data between the pair of CL device . このように、WFDNWでは、各機器は、当該各機器とは別体に構成されているアクセスポイント(以下では「AP」と呼ぶ)を介さずに、対象データの無線通信を実行することができる。 Thus, in WFDNW, each device is with the respective devices (in the following referred to as "AP") access points are configured separately without using the can execute wireless communication target data . 即ち、WFD方式は、APが利用されない無線通信方式であると言える。 That, WFD scheme is said to be a wireless communication method that AP is not utilized.

また、G/O機器は、WFDNWに所属していないデバイス機器と対象データの無線通信を実行することができないが、デバイス機器と接続用データの無線通信を実行して、デバイス機器との無線接続を確立することができる。 Also, G / O device is not able to perform the wireless communication device apparatus and the target data does not belong to WFDNW, and executes wireless communication of data for connecting the device apparatus, a wireless connection with the device equipment it can be established. これにより、G/O機器は、デバイス機器をWFDNWに参加させることができる。 Thus, G / O devices can join the device apparatus to WFDNW.

G/O機器は、さらに、WFDNWに所属していないレガシー機器と接続用データの無線通信を実行して、レガシー機器との無線接続を確立することもできる。 G / O device further executes a wireless communication connection data and legacy devices that do not belong to WFDNW, it is also possible to establish a wireless connection with the legacy device. これにより、G/O機器は、レガシー機器をWFDNWに参加させることができる。 Thus, G / O devices can join a legacy device to WFDNW. レガシー機器は、WFD方式をサポートしていないが、Wi−Fi方式に従って例えばAPとの無線接続を確立可能な機器である。 Legacy device does not support the WFD system is capable of establishing device a wireless connection, for example, AP according Wi-Fi system.

上記の接続用データは、OSI参照モデルのネットワーク層よりも下位層(例えば、物理層、データリンク層等)の情報を含むデータ(即ち、ネットワーク層の情報を含まないデータ)である。 The above connection data is lower layer than the network layer of the OSI reference model (e.g., physical layer, data link layer) data containing information (i.e., data that does not include information of the network layer). より具体的に言うと、上記の接続用データは、WFD方式に特有である特有データを含まない通常接続用データと、特有データを含まないWFD接続用データと、のどちらかに分類される。 More specifically, the above connection data, and for normal connection data that does not include the specific data that is specific to the WFD are classified into either a WFD connection data that does not include the specific data, the.

通常接続用データは、例えば、Probe Request/Response信号、Authentication Request/Response信号、Association Request/Response信号、WSC Exchange、4-Way Handshake等を含む。 For normal connection data includes, for example, Probe Request / Response signal, Authentication Request / Response signal, Association Request / Response signal, the WSC Exchange, 4-Way Handshake like. Probe Request信号は、無線ネットワークの親局として動作する機器(例えば、G/O機器、AP)をサーチするための信号であり、Probe Response信号は、その応答信号である。 Probe Request signal, the device operating as a master station of a wireless network (e.g., G / O devices, AP) is a signal for searching for, Probe Response signal is a response signal. Authentication Request信号は、認証方式を確認するための信号であり、Authentication Response信号は、その応答信号である。 Authentication Request signal is a signal for confirming the authentication method, Authentication Response signal is a response signal. Association Request信号は、接続を要求するための信号であり、Association Response信号は、その応答信号である。 Association Request signal is a signal for requesting a connection, Association Response signal is a response signal. WSC Exchangeは、認証情報等を含む無線設定情報を供給するための信号である。 WSC Exchange is a signal for supplying the wireless setting information including authentication information, and the like. 4-Way Handshakeは、認証を実行するための信号である。 4-Way Handshake is a signal for executing the authentication.

また、WFD接続用データは、上記の通常接続用データに加えて、WFD方式に特有である特有データとして、例えば、Provision Discovery Request/Response信号等を含む。 The data for WFD connection, in addition to the above normal connection data, including the specific data that is specific to the WFD system, for example, a Provision Discovery Request / Response signal or the like. Provision Discovery Request信号は、WPS(Wi-Fi Protected Setupの略)の方式(例えば、プッシュボタン方式、PINコード方式等)を確認するための信号であり、Provision Discovery Response信号は、その応答信号である。 The Provision Discovery Request signal system (e.g., a push button method, PIN code method and the like) of the WPS (Wi-Fi Protected Setup Abbreviation) is a signal for confirming, the Provision Discovery Response signal is a response signal . なお、以下では、「Request」、「Response」を、それぞれ、「Req.」、「Res.」と記載する。 In the following, "Request", the "Response", respectively, "Req.", Referred to as "Res.".

即ち、レガシー機器は、APと通常接続用データの無線通信を実行して、APとの無線接続を確立し、APによって形成されている無線ネットワークにいわゆるステーションとして参加することができる。 That is, the legacy device may perform the wireless communication with AP and data for normal connection, establishes a wireless connection with the AP, to participate as a so-called station to the radio network formed by the AP. これと同様に、レガシー機器は、G/O機器と通常接続用データの無線通信を実行して、G/O機器との無線接続を確立し、WFDNWにステーションとして参加することができる。 Similarly, the legacy device may perform the wireless communication with the G / O device and the data for normal connection, it establishes a wireless connection with the G / O device, participate as station WFDNW.

デバイス機器(即ち、WFD方式をサポートしている機器)は、状況に応じて、通常接続用データ及びWFD接続用データのどちらかの無線通信をG/O機器と実行して、G/O機器との無線接続を確立し、WFDNWに参加することができる。 Device devices (i.e., devices that support the WFD method), depending on the situation, either the wireless communication of data for normal connection data and WFD connection running the G / O device, the G / O device It establishes a wireless connection with, it is possible to participate in the WFDNW. デバイス機器が通常接続用データの無線通信を実行する場合には、デバイス機器は、WFDNWにステーションとして参加すると言える。 If the device apparatus to perform wireless communication of data for normal connection, the device apparatus is said to participate as station WFDNW. デバイス機器は、WFD方式の特有データの無線通信を実行しないからである。 Device apparatus is do not perform the wireless communication-specific data the WFD. 一方において、デバイス機器がWFD接続用データの無線通信を実行する場合には、デバイス機器は、WFDNWにCL機器として参加すると言える。 On the other hand, in the case where the device apparatus to perform wireless communication of data WFD connection, the device apparatus is said to participate as CL equipment WFDNW.

上述したように、レガシー機器は、WFDNWにステーションとして参加することができる。 As mentioned above, legacy device may participate as a station in WFDNW. また、デバイス機器は、WFDNWにステーションとして参加することもできるし、WFDNWにCL機器として参加することもできる。 The device equipment can either be joined as station WFDNW, it may also participate as a CL device in WFDNW. ただし、以下では、ステーションとCL機器とを区別することなく「子局」と呼ぶ。 However, in the following, without distinguishing between the station and the CL device is referred to as a "slave station".

(プリンタPR1の応答処理;図2) (Response processing of the printer PR1; Fig. 2)
図2を参照して、プリンタPR1のCPU32が実行する応答処理の内容を説明する。 Referring to FIG. 2, for explaining the contents of the response processing CPU32 executes the printer PR1. プリンタPR2も、プリンタPR1と同様に、図2の応答処理を実行する。 Printer PR2, like the printer PR1, to perform the response process of FIG.

CPU32は、携帯端末(例えば携帯端末Ta,Tb)のユーザが、操作部12を操作して、無線接続を確立するための接続確立指示を入力することを監視している。 CPU32, the user of the mobile terminal (e.g., mobile terminal Ta, Tb) operates the operation unit 12 monitors to enter a connection establishment instruction to establish a wireless connection. CPU32は、ユーザから接続確立指示を取得する場合に、図2の応答処理を開始する。 CPU32, when obtaining a connection establishment instruction from the user, initiates a response processing of FIG. なお、以下では、接続確立指示を入力したユーザのことを「対象ユーザ」と呼び、対象ユーザによって所持される携帯端末のことを「対象端末」と呼ぶ。 In the following description, to a user who inputs a connection establishment instruction is referred to as "target user", to a portable terminal that is possessed by the target user is referred to as "target terminal".

S2では、CPU32は、プリンタPR1が継続的NWを形成している状態であるのか否かを判断する。 In S2, CPU 32 determines whether or not a state in which the printer PR1 is formed continuously NW. CPU32は、メモリ34内の継続的NW記憶領域SAxに無線設定情報SIx及び管理リストLxが記憶されている場合には、プリンタPR1が継続的NWを形成している状態であると判断して(S2でYES)、S4をスキップしてS6に進む。 CPU32, when the radio continuous NW storage areas SAx in the memory 34 the setting information SIx and management list Lx is stored, it is determined that the state in which the printer PR1 is formed continuously NW ( YES in S2), the process proceeds to step S6 by skipping S4. 一方において、CPU32は、メモリ34内の継続的NW記憶領域SAxに無線設定情報SIx及び管理リストLxが記憶されていない場合には、プリンタPR1が継続的NWを形成している状態ではないと判断して(S2でNO)、S4に進む。 In one, CPU 32 is determined to when the wireless set to continuously NW storage areas SAx in the memory 34 information SIx and management list Lx is not stored, not in the state the printer PR1 form a continuous NW to (NO in S2), the process proceeds to S4.

S4では、CPU32は、継続的NWを新たに形成する。 In S4, CPU 32 is newly formed continuous NW. 具体的には、CPU32は、G/Oネゴシエーションを実行せずに、継続的NWのG/O機器になり、継続的NWで利用されるべき無線設定情報SIx及び管理リストLxを生成する。 Specifically, CPU 32 does not execute the G / O negotiation, becomes G / O device continued NW, generates the wireless setting information SIx and management list Lx should be utilized in a continuous NW. そして、CPU32は、無線設定情報SIx及び管理リストLxを継続的NW記憶領域SAxに記憶させる。 Then, CPU 32 stores the wireless setting information SIx and management list Lx continuous NW storage areas SAx. この段階では、管理リストLxには、MACアドレスが記述されていない。 At this stage, the management list Lx, MAC address is not described. CPU32は、以下のようにして、無線設定情報SIx(即ち、SSID、認証方式、暗号化方式、パスワード)を生成する。 CPU32 is as follows, the wireless setting information SIx (i.e., SSID, authentication method, encryption method, password) to generate.

即ち、CPU32は、ランダムに文字列「XXX」を選択し、次いで、選択済みの文字列「XXX」に所定の文字列「DIRECT」及び記号「−(ハイフン)」を付加して、SSID「DIRECT−XXX」を生成する。 That, CPU 32 selects a random character string "XXX", and then, a predetermined character string to the selected character string "XXX", "DIRECT" and symbols - by adding "(hyphen)", SSID "DIRECT to generate a -XXX ". 所定の文字列「DIRECT」は、WFDNWのSSIDの命名規則で決められている文字列である。 Predetermined character string "DIRECT" is a character string that is determined by the naming convention SSID of WFDNW. 当該命名規則は、WFD方式の上記の規格書に記述されている。 The naming convention is described in the above specifications the WFD. 文字は、アルファベット及び数字を含む概念であり、文字列は、複数個の文字の組み合わせである。 Character is a concept including alphabetic and numeric, string is a combination of a plurality of characters. また、CPU32は、例えば、ランダムに文字列を選択することによって、パスワードを生成する。 Further, CPU 32, for example, by selecting a string at random, to generate a password. そして、CPU32は、予め決められている認証方式及び暗号化方式を準備する。 Then, CPU 32 prepares an authentication method and the encryption method are predetermined. S4を終えると、S6に進む。 Upon completion of the S4, the process proceeds to S6.

S6では、CPU32は、継続的NWが形成されている状態を維持しながら、一時的NWを新たに形成する。 In S6, CPU 32, while maintaining the state in which continuous NW is formed, newly formed temporary NW. 具体的には、CPU32は、G/Oネゴシエーションを実行せずに、一時的NWのG/O機器になり、一時的NWで利用されるべき無線設定情報SIyを生成する。 Specifically, CPU 32 does not execute the G / O negotiation, becomes G / O device temporarily NW, generates the wireless setting information SIy be utilized by temporarily NW. そして、CPU32は、無線設定情報SIyを一時的NW記憶領域SAyに記憶させる。 Then, CPU 32 stores the wireless setting information SIy temporarily NW storage areas SAy. CPU32は、以下のようにして、無線設定情報SIyを生成する。 CPU32 is as follows, and generates a wireless setting information SiY.

即ち、CPU32は、プログラム36で予め決められている語「SELECT」に基づいて、SSID「SELECT」を生成する。 That, CPU 32, based on the word "SELECT" which is predetermined by the program 36, to generate the SSID "SELECT". 語は、特定の意味を表わす1個以上の文字の組み合わせであり、本実施例の「SELECT」は、「選択」という意味を表わす。 The term is a combination of one or more characters that represent a specific meaning, "SELECT" in this embodiment represents the meaning of "selection". 従って、SSID「SELECT」は、当該SSIDを選択すべきことを対象端末の対象ユーザに通知するための語「SELECT」を含む。 Accordingly, SSID "SELECT" includes the word "SELECT" to notify the target user of the target terminal should be selected the SSID. なお、SSID「SELCT」は、WFDNWのSSIDの命名規則で決められている所定の文字列「DIRECT」を含まない。 Incidentally, SSID "SELCT" does not include a predetermined character string "DIRECT" as determined by the naming convention SSID of WFDNW. SSID「DIRECT−SELECT」が採用されるよりも、本実施例のように、SSID「SELECT」が採用される方が、対象ユーザは、選択すべきSSIDを容易に認識し得るので、SSID「SELECT」を容易に選択することができる。 Than SSID "DIRECT-SELECT" is adopted, as in the present embodiment, who SSID "SELECT" is employed, the target user, because it can easily recognize the SSID to be selected, SSID "SELECT "and it can be easily selected. また、CPU32は、例えば、ランダムに文字列を選択することによって、パスワードを生成する。 Further, CPU 32, for example, by selecting a string at random, to generate a password. そして、CPU32は、予め決められている認証方式及び暗号化方式を準備する。 Then, CPU 32 prepares an authentication method and the encryption method are predetermined. なお、当該認証方式及び暗号化方式は、継続的NWの無線設定情報SIxに含まれる認証方式及び暗号化方式と同じものであってもよいし、異なるものであってもよい。 Note that the authentication method and the encryption method, may be the same as the authentication method and the encryption method included in the wireless setting information SIx continuous NW, may be different. S6を終えると、S8に進む。 Upon completion of the S6, the process proceeds to S8.

上述したように、本実施例では、プリンタPR1は、継続的NWが形成されている状態を維持しながら、一時的NWを新たに形成する。 As described above, in this embodiment, the printer PR1, while maintaining a state of continuous NW is formed, newly formed temporary NW. このように、継続的NWが消滅しないので、継続的NWに所属している機器とプリンタPR1との間の無線接続が切断されることがなく、当該機器とプリンタPR1との間で無線通信を実行可能な状況を維持することができる。 Thus, since the continuous NW does not disappear, without the wireless connection is disconnected between the device and the printer PR1 belonging to continuously NW, wireless communication with the device and the printer PR1 it is possible to maintain a viable situation.

S8では、CPU32は、対象端末からProbe Req.信号を受信することを監視する。 In S8, CPU 32 monitors receiving a Probe Req. Signal from the target terminal. CPU32は、S6で一時的NWを形成してから所定期間が経過する前に、無線LANI/F20を介して、対象端末からProbe Req.信号を受信する場合に、S8でYESと判断して、S10に進む。 CPU32 before the predetermined period elapses after forming a temporary NW at S6, via the wireless LAN I / F20, when receiving the Probe Req. Signal from the target terminal, and determines YES in S8, proceed to S10. また、CPU32は、S6で一時的NWを形成してから所定期間が経過しても、対象端末からProbe Req.信号を受信しない場合に、S8でNOと判断して、S20に進む。 Further, CPU 32 is even after a predetermined period of time after forming the temporary NW at S6, if it does not receive Probe Req. Signal from the target terminal, and determines NO in S8, the process proceeds to S20.

S10〜S18の各処理では、CPU32は、無線LANI/F20を介して、対象端末と様々な信号の通信を実行して、対象端末との無線接続を確立することを試みる。 In the processes of S10~S18 it is CPU 32, via the wireless LAN I / F20, and executes communication with the target terminal and the various signals, attempt to establish a wireless connection with the target terminal. 特に、S10及びS14では、CPU32は、対象端末に各信号を送信する際に、送信元のMACアドレスとして、一時的NWに対応するMACyを利用する。 In particular, in S10 and S14, CPU 32, when transmitting each signal to the target terminal, a MAC address of the sender, utilizing MACy corresponding temporary NW. また、S18では、CPU32は、対象端末に各信号を送信する際に、送信元のMACアドレスとして、継続的NWに対応するMACxを利用する。 Further, in S18, CPU 32, when transmitting each signal to the target terminal, a MAC address of the sender, utilizing MACx corresponding to continuous NW. 即ち、CPU32は、対象端末を一時的NWに参加させるわけではないが、一時的NWに関係する通信(即ちS10〜S14)を対象端末と実行し、その後、継続的NWに関係する通信(即ちS18)を対象端末と実行して、対象端末を継続的NWに参加させる。 That, CPU 32 may include, but are not to participate in the temporary NW the target terminal, performs communication relating to temporary NW (i.e. S10 to S14) and the target terminal, then related to the ongoing NW communication (i.e. S18) is running with the target terminal, to join the target terminal to continuously NW.

S10では、CPU32は、無線LANI/F20を介して、一時的NWのSSID「SELECT」を含むProbe Res.信号を対象端末に送信する。 In S10, CPU 32 via the wireless LAN I / F20, and transmits a Probe Res. Signal including the SSID "SELECT" temporary NW to the subject terminal. 当該Probe Res.信号は、継続的NWのSSID「DIRECT−XXX」を含まない。 The Probe Res. Signal does not include the SSID "DIRECT-XXX" continuous NW. 即ち、CPU32は、携帯端末からProbe Req.信号を受信する場合に、SSID「DIRECT―XXX」を送信せずに、SSID「SELECT」のみを送信する。 That, CPU 32, when receiving the Probe Req. Signal from the mobile terminal, without transmitting the SSID "DIRECT-XXX", and transmits only the SSID "SELECT". 従って、対象端末でSSID「DIRECT−XXX」が表示されないので、対象ユーザは、一時的NWのSSID「SELECT」を容易に選択することができる。 Accordingly, since the target terminal SSID "DIRECT-XXX" is not displayed, the target user can easily select the SSID "SELECT" temporary NW. また、当該Probe Res.信号は、一時的NWの無線設定情報SIyに含まれる認証方式及び暗号化方式を含む。 Further, the Probe Res. Signal includes an authentication method and the encryption method included in the wireless setting information SIy temporary NW. これにより、当該認証方式及び暗号化方式を利用すべきことを、対象端末に通知することができる。 Thus, it should use the authentication method and the encryption method, can notify the target terminal. なお、当該認証方式及び暗号化方式は、S14のWSC Exchangeを実行するために一時的に利用される認証方式及び暗号化方式である。 Incidentally, the authentication method and the encryption method is an authentication method and the encryption method is used temporarily to perform WSC Exchange of S14.

次いで、S12では、CPU32は、対象端末からAuthentication Req.信号を受信することを監視する。 Next, in S12, CPU 32 monitors to receive an Authentication Req. Signal from the target terminal. CPU32は、S10でProbe Res.信号を送信してから所定期間が経過する前に、無線LANI/F20を介して、対象端末からAuthentication Req.信号を受信する場合に、S12でYESと判断して、S14に進む。 CPU32 before the Probe Res. Prescribed period from the transmission of the signal has passed in S10, through the wireless LAN I / F20, when receiving the Authentication Req. Signal from the target terminal, determines YES in S12 , the process proceeds to S14. これにより、CPU32は、Authentication Req.信号の受信を含む第1の接続プロセスを対象端末と実行する。 Thus, CPU 32 may, Authentication Req. Executes the signal first target terminal the connection process including the reception of the. また、CPU32は、S10でProbe Res.信号を送信してから所定期間が経過しても、対象端末からAuthentication Req.信号を受信しない場合に、S12でNOと判断して、S20に進む。 Further, CPU 32 can be passed Probe Res. Prescribed period from the transmission of the signal at S10, if it does not receive Authentication Req. Signal from the target terminal, and determines NO in S12, the process proceeds to S20.

S14では、CPU32は、無線LANI/F20を介して、Authentication Req.信号に続く各信号の通信(即ち第1の接続プロセスの続き)を対象端末と実行する。 In S14, CPU 32 via the wireless LAN I / F20, Authentication Req. Signal followed communication of each signal (i.e. continuation of the first connection process) to execute the target terminal. 具体的には、CPU32は、まず、Authentication Res.信号を対象端末に送信する。 Specifically, CPU 32 first transmits an Authentication Res. Signal to the target terminal. 次いで、CPU32は、対象端末からAssociation Req.信号を受信して、Association Res.信号を対象端末に送信する。 Then, CPU 32 receives the Association Req. Signal from the target terminal, transmits an Association Res. Signal to the target terminal. これにより、WSC Exchangeを実行するための準備が完了する。 Thus, in preparation for performing the WSC Exchange is completed. そして、CPU32は、WSC Exchangeを実行して、継続的NWの無線設定情報SIx(即ち、SSID「DIRECT−XXX」、認証方式、暗号化方式、パスワード)を、対象端末に送信する。 Then, CPU32 executes the WSC Exchange, wireless setting information SIx continuous NW (ie, SSID "DIRECT-XXX", authentication method, encryption method, password), and transmits to the target terminal. なお、WSC Exchangeでは、一時的NWの無線設定情報SIyに含まれるパスワードを利用した暗号化通信が実行される。 In WSC Exchange, encrypted communication using the password included in the wireless setting information SIy temporary NW is executed. WSC Exchangeが終了すると、第1の接続プロセスが終了する。 When the WSC Exchange is completed, the first of the connection process is completed.

次いで、S16では、CPU32は、一時的NWを消滅させる。 Next, in S16, CPU 32 may extinguish temporary NW. 具体的には、CPU32は、メモリ34内の一時的記憶領域SAy(図1参照)から無線設定情報SIyを削除する。 Specifically, CPU 32 deletes the wireless setting information SIy from the temporary storage area SAy in memory 34 (see FIG. 1).

上述したように、CPU32は、ユーザから接続確立指示を取得する毎に、S6において、一時的NWの無線設定情報SIyを新たに生成し、S16において、無線設定情報SIyを削除する。 As described above, CPU 32, every time to get the connection establishment instruction from the user, in S6, generates a new wireless setting information SiY temporary NW, in S16, deletes the wireless setting information SiY. 一方において、CPU32は、S4において、継続的NWの無線設定情報SIxを一旦生成すると、その後、ユーザから接続確立指示を再度取得しても、継続的NWの無線設定情報SIxを新たに生成しない。 In one, CPU 32, in S4, when once generates radio configuration information SIx continuous NW, then, be obtained from the user connection establishment instruction again, not newly generate wireless setting information SIx continuous NW.

次いで、S18では、CPU32は、無線LANI/F20を介して、第2の接続プロセスを対象端末と実行する。 Next, in S18, CPU 32 via the wireless LAN I / F20, executes the second connection process with the target terminal. S14で無線設定情報SIxが対象端末に送信されたので、プリンタPR1及び対象端末は、同じ無線設定情報SIxを利用して、第2の接続プロセスを実行することができる。 Since wireless setting information SIx is transmitted to the target terminal in S14, the printer PR1 and the target terminal uses the same wireless setting information SIx, it is possible to perform the second connection process. 具体的には、CPU32は、対象端末からAuthentication Req.信号及びAssociation Req.信号を順次受信して、Authentication Res.信号及びAssociation Res.信号を対象端末に順次送信する。 Specifically, CPU 32 may, Authentication Req from the target terminal. Signal and Association Req. Signal sequentially receive sequentially transmits Authentication Res. Signal and Association Res. Signal to the target terminal. そして、CPU32は、4-Way Handshakeを実行する。 Then, CPU 32 executes the 4-Way Handshake. これにより、プリンタPR1と対象端末との間に無線接続が確立される。 The wireless connection is established between the printer PR1 and the target terminal.

なお、上記の第1の接続プロセス及び第2の接続プロセスでは、対象端末からプリンタPR1に送信される各信号は、送信元のMACアドレスとして、対象端末のMACアドレスを含む。 In the first connection process and the second connection process described above, the signal transmitted from the target terminal to the printer PR1 as MAC address of the sender, including the MAC address of the target terminal. S18では、CPU32は、さらに、継続的記憶領域SAx内の管理リストLx(図1参照)に対象端末のMACアドレスを記述する。 In S18, CPU 32 further describes the MAC address of the target terminal to the management list in the continuous storage area SAx Lx (see FIG. 1). これにより、プリンタPR1は、対象端末を継続的NNに子局として参加させることができる。 Thus, the printer PR1 is able to participate as a slave station the target terminal continuously NN.

図2のフローチャートには示されていないが、CPU32は、対象端末が継続的NNに参加した後に、継続的NWを利用して、無線LANI/F20を介して、対象データの無線通信を対象端末と実行することができる。 Although not shown in the flowchart of FIG. 2, CPU 32, after the target terminal has joined the ongoing NN, by utilizing continuous NW, through the wireless LAN I / F20, target terminal wireless communication target data it is possible to run with. 例えば、CPU32は、対象端末から印刷データを受信することができる。 For example, CPU 32 may receive the print data from the target terminal. この場合、CPU32は、印刷データを印刷実行部16に供給する。 In this case, CPU 32 supplies the print data to the print execution unit 16. 印刷実行部16は、印刷データによって表わされる画像を印刷媒体に印刷する。 Print performing unit 16 prints an image represented by print data on a printing medium. これにより、印刷済みの印刷媒体を対象ユーザに提供することができる。 Thus, it is possible to provide the printed print media to the target users.

(具体的なケース) (Specific case)
続いて、図3及び図4を参照して、図2のフローチャートに従って実現される具体的なケースの内容を説明する。 Subsequently, referring to FIGS. 3 and 4, explaining the contents of specific case implemented in accordance with the flowchart of FIG. 図3及び図4では、プリンタPR1から伸びる破線の矢印は、送信元のMACアドレスとしてMACyが利用される通信を示し、プリンタPR1から伸びる実線の矢印は、送信元のMACアドレスとしてMACxが利用される通信を示す。 3 and 4, the dashed arrows extending from the printer PR1 represents the communication MACy is used as the MAC address of the sender, the solid arrow extending from the printer PR1 is MACx is used as the MAC address of the sender It shows the communication that.

図3の初期状態では、プリンタPR1は、継続的NW110及び一時的NW120を形成していない。 In the initial state of FIG. 3, the printer PR1 is not formed continuously NW110 and temporary NW120. また、プリンタPR2は、プリンタPR2自身がG/O機器として動作する継続的NW100を形成している。 The printer PR2, the printer PR2 itself forms a continuous NW100 operating as G / O device. 継続的NW100には、図示省略の携帯端末が子局として参加している。 Continuously NW100 is, not shown mobile terminal is participating as a slave station. 継続的NW100のSSIDは「DIRECT−YYY」である。 SSID of continuous NW100 is "DIRECT-YYY".

携帯端末Taのユーザは、携帯端末TaとプリンタPR1との間に無線接続を確立することを望む場合に、T10において、プリンタPR1の操作部12を操作して、接続確立指示をプリンタPR1に入力する(図2の処理の開始のトリガ)。 The user of the portable terminal Ta is input when it is desired to establish a wireless connection between the portable terminal Ta and the printer PR1, at T10, by operating the operation unit 12 of the printer PR1, the connection establishment instruction to the printer PR1 to (trigger to start the process in FIG. 2).

T12では、プリンタPR1は、継続的NW110が形成されている状態ではないと判断し(S2でNO)、SSID「DIRECT−XXX」によって識別される継続的NW110を新たに形成する(S4)。 In T12, the printer PR1 is determined not in a state continuous NW110 is formed (NO in S2), newly formed continuous NW110 identified by SSID "DIRECT-XXX" (S4).

次いで、T14では、プリンタPR1は、継続的NW110が形成されている状態を維持しながら、SSID「SELECT」によって識別される一時的NW120を新たに形成する(S6)。 Next, in T14, the printer PR1, while maintaining a state of continuous NW110 is formed, newly forms a temporary NW120 identified by SSID "SELECT" (S6).

T16では、携帯端末Taのユーザは、携帯端末Taを無線ネットワークに参加させるための所定の操作を、携帯端末Taに実行する。 In T16, the user of the portable terminal Ta is a predetermined operation to join the mobile terminal Ta to the radio network, it executes the portable terminal Ta. この場合、T18,T19では、携帯端末Taは、携帯端末Taの周囲に存在する親局(即ち、G/O機器及びAP)をサーチするために、送信先が指定されていないProbe Req.信号を送信する。 In this case, the T18, T19, the mobile terminal Ta, the parent station existing around the mobile terminal Ta (i.e., G / O device and AP) to search for the destination is not specified Probe Req. Signal to send. この結果、携帯端末Taは、G/O機器として動作している各プリンタPR1,PR2にProbe Req.信号を送信することができる。 As a result, the portable terminal Ta may transmit a Probe Req. Signal to each of the printers PR1, PR2 operating as G / O device.

T18において、プリンタPR1は、携帯端末TaからProbe Req.信号を受信する(S8でYES)。 In T18, the printer PR1 receives a Probe Req. Signal from the mobile terminal Ta (YES in S8). この場合、T20において、プリンタPR1は、一時的NW120のSSID「SELECT」を含むProbe Res.信号を携帯端末Taに送信する(S10)。 In this case, in T20, the printer PR1 sends a Probe Res. Signal including the SSID "SELECT" temporary NW120 the mobile terminal Ta (S10).

また、T19において、プリンタPR2は、携帯端末TaからProbe Req.信号を受信する。 Further, in T19, the printer PR2 receives the Probe Req. Signal from the mobile terminal Ta. プリンタPR2では接続確立操作が実行されていないので、図2の処理が実行されていない。 Since the connection establishment operation in the printer PR2 is not running, the process of FIG. 2 is not running. 従って、プリンタPR2は、一時的NWを新たに形成せずに、T21において、継続的NW100のSSID「DIRECT−YYY」を含むProbe Res.信号を携帯端末Taに送信する。 Therefore, the printer PR2, without newly forming a temporary NW, in T21, transmits a Probe Res. Signal including the SSID "DIRECT-YYY 'continuously NW100 the mobile terminal Ta.

T20及びT21において、携帯端末Taは、プリンタPR1からSSID「SELECT」を含むProbe Res.信号を受信し、プリンタPR2からSSID「DIRECT−YYY」を含むProbe Res.信号を受信する。 In T20 and T21, the mobile terminal Ta receives the Probe Res. Signal including the SSID "SELECT" from the printer PR1, receives a Probe Res. Signal including the SSID "DIRECT-YYY 'from the printer PR2. この場合、T22では、携帯端末Taは、SSID「SELECT」及びSSID「DIRECT−YYY」を表示する。 In this case, the T22, the mobile terminal Ta displays the SSID "SELECT" and SSID "DIRECT-YYY".

T24では、携帯端末Taのユーザは、携帯端末Taに表示されている2個のSSIDの中から、SSID「SELECT」を選択する。 In T24, the user of the portable terminal Ta from among the two SSID displayed on the portable terminal Ta, selects the SSID "SELECT". SSID「SELECT」は、当該SSIDを選択することをユーザに促す語「SELECT」を含む。 SSID "SELECT" includes the word "SELECT" to prompt you to select the SSID to the user. 従って、ユーザは、SSID「SELECT」を選択すべきことを容易に知ることができ、SSID「SELECT」を容易に選択することができる。 Therefore, the user can easily know that it should select the SSID "SELECT", it is possible to easily select the SSID "SELECT".

T26〜T34では、プリンタPR1及び携帯端末Taは、第1の接続プロセスを実行する(S12、S14)。 In T26~T34, printers PR1 and the portable terminal Ta executes the first connection process (S12, S14). 即ち、プリンタPR1及び携帯端末Taは、T26のAuthentication Req.信号、T28のAuthentication Res.信号、T30のAssociation Req.信号、及び、T32のAssociation Res.信号の通信を順次実行する。 That is, the printer PR1 and the portable terminal Ta is, T26 of Authentication Req. Signal, T28 of Authentication Res. Signal, T30 of Association Req. Signal, and sequentially executes the communication Association Res. Signal T32. そして、プリンタPR1は、T34のWSC Exchangeを実行して、継続的NW110のSSID「DIRECT−XXX」を含む無線設定情報SIxを携帯端末Taに送信する。 The printer PR1 executes the WSC Exchange of T34, sends the wireless setting information SIx including the SSID "DIRECT-XXX" continuous NW110 the mobile terminal Ta.

T36では、プリンタPR1は、一時的NW120を消滅させる。 In T36, the printer PR1 is annihilate temporary NW120. そして、T38〜T46では、プリンタPR1及び携帯端末Taは、無線設定情報SIxを利用して、第2の接続プロセスを実行する(S18)。 Then, in T38~T46, printers PR1 and the portable terminal Ta by using the wireless setting information SIx, executes the second connection process (S18). 即ち、プリンタPR1及び携帯端末Taは、T38のAuthentication Req.信号、T40のAuthentication Res.信号、T42のAssociation Req.信号、T44のAssociation Res.信号、及び、T46の4-Way Handshakeの通信を順次実行する。 That is, the printer PR1 and the portable terminal Ta is, T38 of Authentication Req. Signal, T40 of Authentication Res. Signal, T42 of Association Req. Signal, T44 of Association Res. Signal, and sequentially communication 4-Way Handshake of T46 Run. これにより、携帯端末Taは、プリンタPR1がG/O機器として動作する継続的NW110に子局として参加することができる。 Thus, the portable terminal Ta may printer PR1 to participate as a slave station in the continuous NW110 operating as G / O device.

図4は、図3の続きのシーケンスである。 4 is a sequence of continuation of FIG. 即ち、図4の初期状態では、プリンタPR1は、継続的NW110を形成しているが、一時的NWを形成していない。 That is, in the initial state of FIG. 4, the printer PR1 is forms a continuous NW110, do not form a transient NW. 携帯端末Taは、継続的NW110に子局として参加している。 Portable terminal Ta has participated as a slave station in the ongoing NW110.

携帯端末Tbのユーザは、携帯端末TbとプリンタPR1との間に無線接続を確立することを望む場合に、T110において、プリンタPR1の操作部12を操作して、接続確立指示をプリンタPR1に入力する(図2の処理の開始のトリガ)。 The user of the portable terminal Tb is input when it is desired to establish a wireless connection between the mobile terminal Tb and the printer PR1, at T110, by operating the operation unit 12 of the printer PR1, the connection establishment instruction to the printer PR1 to (trigger to start the process in FIG. 2).

T114では、プリンタPR1は、継続的NW110が形成されている状態であると判断し(S2でYES)、継続的NW110が形成されている状態を維持しながら、SSID「SELECT」によって識別される一時的NW120を新たに形成する(S6)。 In T114, the printer PR1 is determined to be a state of continuous NW110 is formed (YES in S2), while maintaining a state where the continuous NW110 is formed, the temporary identified by SSID "SELECT" newly forming the target NW120 (S6).

T116において、ユーザは、携帯端末Tbを無線ネットワークに参加させるための所定の操作を、携帯端末Tbに実行する。 In T116, the user, the predetermined operation to join the mobile terminal Tb to a wireless network, executes the portable terminal Tb. この後のT118〜T146は、図3のT18〜T46と同様である。 T118~T146 after this are the same as T18~T46 in FIG. 従って、T124では、携帯端末Tbのユーザは、SSID「SELECT」を容易に選択することができる。 Therefore, the T124, the user of the portable terminal Tb can easily select the SSID "SELECT". このために、携帯端末Tbは、プリンタPR1がG/O機器として動作する継続的NW120に子局として参加することができる。 For this, the mobile terminal Tb can printer PR1 to participate as a slave station in the continuous NW120 operating as G / O device.

(第1実施例の効果) (Effect of first embodiment)
図3に示されるように、プリンタPR1は、プリンタPR1がG/O機器として動作する継続的NWが形成されていない状態で、携帯端末Taのユーザから接続確立指示を取得する場合(T10)に、継続的NW110及び一時的NW120の双方を形成して(T12、T14)、一時的NW120のSSID「SELECT」を携帯端末Taに送信する(T20)。 As shown in FIG. 3, the printer PR1, in a state where the printer PR1 is not formed continuously NW operating as G / O device, when obtaining a connection establishment instruction from the user of the portable terminal Ta (T10) , to form both the continuous NW110 and temporary NW120 (T12, T14), and transmits the SSID "SELECT" temporary NW120 the mobile terminal Ta (T20). 従って、携帯端末Taのユーザは、SSID「SELECT」を容易に選択することができる(T24)。 Thus, the user of the portable terminal Ta can easily select the SSID "SELECT" (T24). そして、プリンタPR1は、携帯端末Taと第1及び第2の接続プロセスを実行して(T26〜T46)、携帯端末Taを継続的NW110に子局として参加させる。 The printer PR1 executes the portable terminal Ta and the first and second connection process (T26~T46), to participate as a slave station of the mobile terminal Ta continuously NW110. 本実施例によると、携帯端末Taのユーザは、プリンタPR1がG/O機器として動作する継続的NW110に、携帯端末Taを子局として容易に参加させることができる。 According to this embodiment, the user of the portable terminal Ta is continuously NW110 the printer PR1 is operating as a G / O device, it is possible to easily join the mobile terminal Ta as the slave station.

また、図4に示されるように、プリンタPR1は、継続的NW110が形成されている状態で、携帯端末Tbのユーザから接続確立指示を取得する場合(T110)に、継続的NW110が形成されている状態を維持しながら、一時的NW120を形成して、一時的NW120のSSID「SELECT」を携帯端末Tbに送信する(T120)。 Further, as shown in FIG. 4, the printer PR1 is in a state of continuous NW110 is formed, when obtaining a connection establishment instruction from the user of the portable terminal Tb (T110), continuous NW110 is formed while maintaining a state where there, to form a temporary NW120, it transmits the SSID "SELECT" temporary NW120 the mobile terminal Tb (T120). 従って、携帯端末Tbのユーザは、SSID「SELECT」を容易に選択することができる(T124)。 Thus, the user of the portable terminal Tb can easily select the SSID "SELECT" (T124). そして、プリンタPR1は、携帯端末Tbと第1及び第2の接続プロセスを実行して(T126〜T146)、プリンタPR1がG/O機器として動作する継続的NW110に携帯端末Tbを子局として参加させる。 The printer PR1 is participating mobile terminal Tb as a slave station in the continuous NW110 that running portable terminal Tb and the first and second connection process (T126~T146), the printer PR1 operates as a G / O device make. 本実施例によると、携帯端末Tbのユーザは、プリンタPR1がG/O機器として動作する継続的NW110に、携帯端末Tbを子局として容易に参加させることができる。 According to this embodiment, the user of the portable terminal Tb is continuously NW110 the printer PR1 is operating as a G / O device, it is possible to easily join the mobile terminal Tb as the slave station.

なお、仮に、携帯端末Ta,Tbが、各SSIDを表示する際に、各SSIDの表示態様を工夫すれば(例えば、表示順序のソート、一部のSSIDの非表示等)、ユーザにSSIDを容易に選択させることができるかもしれない(以下では「第1の比較例の手法」と呼ぶ)。 Incidentally, if the portable terminal Ta, Tb is the time to display each SSID, if devised a display mode of each SSID (e.g., sorting display order, non-display of a portion of the SSID), the SSID to the user You might be able to easily selected (hereinafter referred to as "method of the first comparative example"). しかしながら、第1の比較例の手法では、携帯端末Ta,Tbは、携帯端末のOS(Operating Systemの略)の種類に応じて、各SSIDの表示態様を工夫するための特別なアプリケーションを備えていなければならない。 However, in the method of the first comparative example, the portable terminal Ta, Tb, depending on the type of the mobile terminal OS (abbreviation of Operating System), have a special application for devising a display mode of each SSID There must be. これに対し、本実施例では、プリンタPR1側にプログラム36が備えられており、ユーザが選択し易いSSID「SELECT」がプリンタPR1から携帯端末Ta,Tbに送信される。 In contrast, in this embodiment, and the program 36 is provided in the printer PR1 side, the user selects easily SSID "SELECT" is transmitted from the printer PR1 portable terminal Ta, the Tb. 従って、携帯端末Ta,Tbは、プリンタPR1から受信されるSSID「SELECT」を表示すればよいので、携帯端末側に上記の特別なアプリケーションを備えずに済む。 Accordingly, the portable terminal Ta, Tb, since may display the SSID "SELECT" received from the printer PR1, the portable terminal need not comprise the special application.

プリンタPR1が、一時的NW120のSSIDを生成する際に、ASCIIで採用されていない特殊な記号(例えば星マーク等)を含むSSIDを生成する手法を採用することが考えられる(以下では「第2の比較例の手法」と呼ぶ)。 Printer PR1 is temporarily in generating the SSID of NW120, it is conceivable to adopt a method of generating an SSID including special symbols which are not used in ASCII (e.g. star mark, etc.) (hereinafter "second is referred to as a comparative example of the technique "). 携帯端末Ta,Tbは、通常、ASCIIで採用されている文字(即ちアルファベット及び数字)及び記号(例えばハイフン等)については、特別なアプリケーションを備えていなくても表示することができる。 Mobile terminal Ta, Tb are usually the character adopted in ASCII (i.e. alphabets and numbers) and symbols (e.g., hyphens, etc.) can be displayed even if not provided with a special application. しかしながら、第2の比較例の手法を実現するためには、携帯端末Ta,Tbは、ASCIIで採用されていない特殊な記号を表示するための特別なアプリケーションを備えていなければならない。 However, in order to realize the method of the second comparative example, the portable terminal Ta, Tb must have a special application for displaying special symbol that is not used in ASCII. これに対し、本実施例では、プリンタPR1は、一時的NW120のSSIDを生成する際に、ASCIIで採用されている文字及び記号の範囲内でSSID「SELECT」を生成する。 In contrast, in the present embodiment, the printer PR1 is, when generating the SSID temporary NW120, generates an SSID "SELECT" within range of characters and symbols are employed in ASCII. このために、携帯端末Ta,Tbは、上記の特別なアプリケーションを備えずに済む。 For this, the mobile terminal Ta, Tb are need not comprise a special application of the above.

本実施例では、プリンタPR1は、携帯端末Ta,Tbのユーザから接続確立指示を取得する場合に、一時的NWを形成する。 In this embodiment, the printer PR1 is a portable terminal Ta, when obtaining a connection establishment instruction from Tb of the user, to form a temporary NW. これに代えて、プリンタPR1が、接続確立指示を取得する前に、継続的NWと一時的NWとの双方を予め形成している構成を採用することが考えられる(以下では「第3の比較例」と呼ぶ)。 Alternatively, the printer PR1 is, before obtaining a connection establishment instruction, compare "third in it is conceivable to adopt a configuration that is formed in advance both the continuous NW and temporarily NW (hereinafter referred to as the example "). しかしながら、第3の比較例では、プリンタPR1は、プリンタPR1との無線接続を確立することを望んでいないユーザ、即ち、接続確立指示をプリンタPRに与えないユーザによって所持されている携帯端末からProbe Req.信号を受信しても、一時的NWのSSID「SELECT」を含むProbe Res.信号を当該携帯端末に送信する。 However, in the third comparative example, the printer PR1 is not willing to establish a wireless connection with the printer PR1 user, i.e., Probe from the portable terminal that is possessed by the user does not give a connection establishment instruction to the printer PR req. also receive a signal, and transmits a Probe Res. signal including the SSID "SELECT" temporary NW to the mobile terminal. このために、当該携帯端末のユーザは、プリンタPR1との無線接続を確立することを望んでいないにも関わらず、SSID「SELECT」を選択し得る。 For this, the user of the mobile terminal, despite not willing to establish a wireless connection with the printer PR1, may select the SSID "SELECT". 一方において、本実施例では、プリンタPR1は、当該携帯端末のユーザから接続確立指示を取得しない状況では、一時的NWのSSID「SELECT」を含むProbe Res.信号を当該携帯端末に送信しない。 On the other hand, in the present embodiment, the printer PR1 is in a situation which does not get a connection establishment instruction from the user of the mobile terminal does not transmit a Probe Res. Signal including the SSID "SELECT" temporary NW to the mobile terminal. このために、当該携帯端末のユーザが誤ってSSID「SELECT」を選択する事象の発生を抑制することができる。 For this, it is possible to suppress the occurrence of an event that accidentally the user of the mobile terminal selects the SSID "SELECT".

(対応関係) (Correspondence)
プリンタPR1、携帯端末Ta、携帯端末Tbが、それぞれ、「通信機器」、「第2の外部機器」、「第1の外部機器」の一例である。 Printer PR1, the portable terminal Ta, the mobile terminal Tb, respectively, "communication equipment", which is an example of the "second external device", the "first external device." 継続的NW、一時的NWが、ぞれぞれ、「第1の無線ネットワーク」、「第2の無線ネットワーク」の一例である。 Continuous NW, temporarily NW, Zorezore an example of the "first wireless network", "second wireless network." WFD方式が、「特定の無線通信方式」の一例である。 WFD system is an example of a "specific wireless communication system." G/Oネゴシエーションが、「一対の機器の間に・・・無線通信を実行する仕組み」の一例である。 G / O negotiation is an example of "a mechanism for executing ... wireless communication between a pair of devices."

SSID「DIRECT−XXX」、SSID「SELECT」が、それぞれ、「第1の識別子」、「第2の識別子」の一例である。 SSID "DIRECT-XXX", SSID "SELECT" are respectively "first identifier", which is an example of the "second identifier". 「SELECT」が、「1個以上の文字及び/又は記号」の一例である。 "SELECT" is an example of "one or more characters and / or symbols." 「DIRECT」が、「所定の文字列」の一例である。 "DIRECT" is an example of the "predetermined character string." MACx,MAXyが、それぞれ、「第1のMACアドレス」、「第2のMACアドレス」の一例である。 MACx, maxY, respectively, the "first MAC address", which is an example of the "second MAC address." 無線設定情報SIxが、「無線設定情報」の一例である。 Wireless setting information SIx is an example of the "wireless setting information". 図2の処理のトリガである接続確立指示が、「所定の指示」の一例である。 Connection establishment instruction is a trigger of the processing of FIG. 2 is an example of the "prescribed instruction". 図4のT118のProbe Req.信号、T120のProbe Res.信号が、それぞれ、「要求信号」、「応答信号」の一例である。 T118 of Probe Req. Signal of FIG. 4, T120 of Probe Res. Signal, respectively, "request signal", is an example of the "response signal". 図4のT134のWSC Exchangeが、「・・・無線設定情報を、第1の外部機器に送信するための通信」の一例である。 T134 of WSC Exchange of Figure 4 is an example of "a ... wireless setting information, communication for transmitting to the first external device."

図2の処理の開始のトリガとして接続確立指示を受信する処理が、「取得部」によって実行される処理の一例である。 Processing for receiving a connection establishment instruction as a trigger for the start of the processing of FIG. 2 is an example of a process performed by the "acquisition unit". S4及びS6の処理が、「形成部」によって実行される処理の一例である。 Processing of S4 and S6 is an example of a process performed by the "forming section". S10の処理が、「送信部」によって実行される処理の一例である。 Processing of S10 is an example of a process performed by the "transmitting unit". S14及びS18の処理が、「通信実行部」によって実行される処理の一例である。 Processing of S14 and S18 is an example of a process performed by the "communication execution unit".

(第2実施例) (Second Embodiment)
本実施例では、図2のS6の処理が、第1実施例とは異なる。 In this embodiment, the process of S6 of FIG. 2, different from the first embodiment. 即ち、S6では、プリンタPR1のCPU32は、プログラム36によって予め決められている語「SELECT」と、継続的NWのSSID「DIRECT−XXX」と、を組み合わせて、一時的NWのSSID「SELECT―DIRECT−XXX」を生成する。 That is, in S6, CPU 32 of the printer PR1 includes a word "SELECT" which is predetermined by the program 36, a combination of, the SSID "DIRECT-XXX" continuous NW, SSID temporary NW "SELECT-DIRECT to generate a -XXX ". その他の処理は、第1実施例と同様である。 The other processes are the same as the first embodiment.

本実施例でも、一時的NWのSSID「SELECT―DIRECT−XXX」は、当該SSIDを選択することをユーザに促す語「SELECT」を含む。 Also in this embodiment, SSID "SELECT-DIRECT-XXX" temporary NW includes the word "SELECT" to prompt the selection of the SSID to the user. 従って、携帯端末(例えばTa)のユーザは、当該SSIDを容易に選択することができる。 Thus, the user of the portable terminal (e.g. Ta) may select the SSID easily. また、一時的NWのSSID「SELECT―DIRECT−XXX」は、継続的NWのSSID「DIRECT−XXX」を含む。 In addition, SSID "SELECT-DIRECT-XXX" of the temporary NW is, including the SSID "DIRECT-XXX" continued NW. 従って、携帯端末(例えばTa)のユーザは、当該SSIDを選択する際に、継続的NWのSSID「DIRECT−XXX」を知ることができる。 Thus, the user of the portable terminal (e.g. Ta), when selecting the SSID, it is possible to know the SSID "DIRECT-XXX" continuous NW. 本実施例では、一時的NWのSSID「SELECT―DIRECT−XXX」が、「第2の識別子」の一例である。 In this embodiment, SSID "SELECT-DIRECT-XXX" temporary NW is an example of the "second identifier".

以上、本発明の具体例を詳細に説明したが、これらは例示にすぎず、特許請求の範囲を限定するものではない。 Having described the embodiments of the present invention in detail, these are merely illustrative and are not intended to limit the scope of the appended claims. 特許請求の範囲に記載の技術には以上に例示した具体例を様々に変形、変更したものが含まれる。 Various modifications of the specific examples described above to the technique described in the appended claims, include those changes. 上記の実施例の変形例を以下に列挙する。 Listed variation of the above embodiment will be described below.

(変形例1) (Modification 1)
図2のS4及びS6において、CPU32は、プリンタPR1をWFD方式のG/O機器として動作させる代わりに、いわゆるSoftAPを起動して、プリンタPR1を疑似的なAPとして動作させてもよい。 In S4 and S6 in FIG. 2, CPU 32, instead of operating the printer PR1 as a G / O device of WFD protocol, start the so-called SoftAP, the printer PR1 may be operated as a pseudo-AP. 本変形例でも、CPU32は、プリンタPR1が親局として動作する継続的NWと、プリンタPR1が親局として動作する一時的NWと、を形成することができる。 Also in this modification, CPU 32 may be a printer PR1 is formed with continuous NW operating as a master station, and a temporary NW printer PR1 is operating as a master station. 本変形例では、SoftAPによって形成される継続的ネットワーク、SoftAPによって形成される一時的ネットワークが、それぞれ、「第1の無線ネットワーク」、「第2の無線ネットワーク」の一例である。 In this modification, continuous network formed by SoftAP, temporary network formed by SoftAP, respectively, the "first wireless network", is an example of a "second wireless network." また、本実施例では、SoftAPの無線通信方式が、「特定の無線通信方式」の一例である。 Further, in this embodiment, the wireless communication system SoftAP is an example of a "specific wireless communication system."

(変形例2) (Modification 2)
図2のS4において、CPU32は、プリンタPR1をWFD方式のG/O機器として動作させて、継続的NWを形成し、S6において、SoftAPを起動して、一時的NWを形成してもよい。 In S4 of FIG. 2, CPU 32 is a printer PR1 is operated as a G / O device the WFD, to form a continuous NW, in S6, to start the SoftAP, may form a temporary NW. 本変形例では、WFD方式によって形成される継続的ネットワーク、SoftAPによって形成される一時的ネットワークが、それぞれ、「第1の無線ネットワーク」、「第2の無線ネットワーク」の一例である。 In this modification, continuous network formed by the WFD, temporary network formed by SoftAP, respectively, the "first wireless network", is an example of a "second wireless network." また、別の変形例では、図2のS4において、CPU32は、SoftAPを起動して、継続的NWを形成し、S6において、プリンタPR1をWFD方式のG/O機器として動作させて、一時的NWを形成してもよい。 Further, in another variation, in S4 of FIG. 2, CPU 32 starts the SoftAP, to form a continuous NW, in S6, and the printer PR1 is operated as a G / O device the WFD, temporary NW may be formed. 本変形例では、SoftAPによって形成される継続的ネットワーク、WFD方式によって形成される一時的ネットワークが、それぞれ、「第1の無線ネットワーク」、「第2の無線ネットワーク」の一例である。 In this modification, continuous network formed by SoftAP, temporary network formed by the WFD, respectively, the "first wireless network", is an example of a "second wireless network."

(変形例3) (Modification 3)
上記の各実施例では、図2のS10において、CPU32は、継続的NWのSSIDを含むProbe Res.信号を対象端末に送信せずに、一時的NWのSSIDを含むProbe Res.信号を対象端末に送信する。 In the above embodiments, in S10 of FIG. 2, CPU 32, without transmitting a Probe Res. Signal including the SSID continuous NW to the target terminal, the target terminal and Probe Res. Signal including the SSID temporary NW to send to. これに代えて、CPU32は、継続的NWのSSIDを含むProbe Res.信号と、一時的NWのSSIDを含むProbe Res.信号と、の双方を対象端末に送信してもよい。 Alternatively, CPU 32 may transmit the Probe Res. Signal including the SSID continuous NW, and Probe Res. Signal including the SSID temporary NW, both the target terminal. 本変形例でも、一時的NWのSSIDが対象端末に送信されるので、対象端末のユーザは、一時的NWのSSIDを容易に選択することができる。 Also in this modification, the SSID temporary NW is transmitted to the target terminal, the user of the target terminal can easily select the SSID temporary NW. 一般的に言うと、通信機器は、上記の実施例のように、第1の識別子を含む応答信号を第1の外部機器に送信せずに、第2の識別子を含む応答信号を第1の外部機器に送信してもよいし、本変形例のように、第1の識別子を含む応答信号と第2の識別子を含む応答信号との双方を第1の外部機器に送信してもよい。 Generally speaking, communication devices, as in the above embodiment, without transmitting a response signal including the first identifier to the first external device, a response signal including a second identifier first it may be transmitted to the external device, as in this modified example, may transmit both the response signal including a response signal and the second identifier comprises a first identifier to the first external device.

(変形例4) (Modification 4)
上記の各実施例では、一時的NWのSSIDは、当該SSIDを選択することをユーザに促す語「SELECT」を含む。 In the above embodiments, SSID temporary NW includes the word "SELECT" to prompt the selection of the SSID to the user. これに代えて、「語」は、例えば、「TARGET」、「CHOOSE」のように、「対象」、「選択」等の意味を表わす語であってもよい。 Alternatively, "word", for example, "TARGET", such as "CHOOSE", "subject" may be a word meaning, such as "selection". また、「語」は、例えば、「PUSHED」、「OPERATED」のように、無線接続を確立するための接続確立指示がプリンタPR1に与えられたことを表わす語であってもよい。 Further, "word", for example, "PUSHED", such as "OPERATED" may be a word that represents that the connection establishment instruction to establish a wireless connection is given to the printer PR1. 一般的に言うと、「第2の識別子」は、当該第2の識別子を選択することをユーザに促す語を含んでいればよい。 Generally speaking, the "second identifier" need only contain the word prompting to select the second identifier to the user.

(変形例5) (Modification 5)
また、一時的NWのSSIDは、アスタリスク、星マーク等のように、ユーザの注意を引くための記号であってもよい。 In addition, SSID of temporary NW is, asterisk, such as such as star mark, it may be a symbol to draw the attention of the user. 一般的に言うと、「第2の識別子」は、当該第2の識別子を選択することをユーザに促す語を含んでいなくてもよく、第2の識別子を選択すべきことを第1のユーザに通知するための1個以上の文字及び/又は記号を含んでいればよい。 Generally speaking, the "second identifier" is the selecting a second identifier may not contain the word prompt the user, that should be selected second identifier first It needs to include one or more characters and / or symbols for notifying the user.

(変形例6) (Modification 6)
上記の実施例では、CPU32がメモリ34内のプログラム36(即ちソフトウェア)を実行することによって、図2の各処理が実現される。 In the above embodiment, CPU 32 is by executing a program 36 in the memory 34 (i.e. software), the processing of FIG. 2 is realized. これに代えて、図2の各処理のうちの少なくとも1つの処理は、論理回路等のハードウェアによって実現されてもよい。 Alternatively, at least one processing out of the processing in FIG. 2 may be implemented by hardware such as a logic circuit.

また、本明細書または図面に説明した技術要素は、単独であるいは各種の組合せによって技術的有用性を発揮するものであり、出願時請求項記載の組合せに限定されるものではない。 Furthermore, the technical elements described in this specification or drawings is to exhibit technical usefulness solely or in various combinations, but the invention is not limited to the combination set forth in the claims at the time application. また、本明細書または図面に例示した技術は複数目的を同時に達成するものであり、そのうちの一つの目的を達成すること自体で技術的有用性を持つものである。 Furthermore, the technology illustrated in the present specification or drawings achieves a plurality of objects simultaneously, and has technical utility by achieving one of these objects.

2:通信システム、12:操作部、14:表示部、16:印刷実行部、20:無線LANI/F、30:制御部、32:CPU、34:メモリ、36:プログラム、PR1,PR2:プリンタ、Ta,Tb:携帯端末、SAx:継続的NW記憶領域、SAy:一時的NW記憶領域、SIx,SIy:無線設定情報、Lx:管理リスト、MACa,MACb,MACx,MACy:MACアドレス 2: Communication System, 12: operation unit, 14: display unit, 16: printing unit, 20: wireless LAN I / F, 30: controller, 32: CPU, 34: memory, 36: Program, PR1, PR2: printer , Ta, Tb: the mobile terminal, SAx: continuous NW storage areas, SAy: temporarily NW storage areas, SIx, SIy: wireless setting information, Lx: the management list, MACa, MACb, MACx, MACy: MAC address

Claims (10)

  1. 通信機器であって、 A communication equipment,
    前記通信機器が親局として動作する第1の無線ネットワークが形成されている状態で、前記第1の無線ネットワークに所属していない第1の外部機器の第1のユーザから第1の所定の指示を取得する第1の取得部であって、前記第1の無線ネットワークは、第1の識別子によって識別される無線ネットワークである、前記第1の取得部と、 In a state in which the communication device is formed is a first wireless network that operates as a master station, the first of the first user from a first predetermined instruction of the first external device not belonging to the wireless network a first acquisition unit for acquiring, the first wireless network is a wireless network identified by a first identifier, said first acquisition unit,
    前記第1の無線ネットワークが形成されている状態で、前記第1のユーザから前記第1の所定の指示が取得される場合に、前記第1の無線ネットワークが形成されている状態を維持しながら、前記通信機器が親局として動作する第2の無線ネットワークを形成する第1の形成部であって、前記第2の無線ネットワークを識別するための第2の識別子は、前記第1の識別子とは異なる識別子であり、1個以上の文字及び/又は記号を含む、前記第1の形成部と、 In a state where the first wireless network is formed to maintain the state of the said the first user a first predetermined instruction when it is acquired, before Symbol first wireless network is formed while, the communication device is a first forming section for forming a second wireless network that operates as a master station, the second the second identifier to identify the wireless network, the first identifier and different is an identifier comprises one or more characters and / or symbols, the first forming unit and,
    前記第2の無線ネットワークが形成されることに応じて、前記第2の識別子を前記第1の外部機器に送信する第1の送信部と、 A first transmission unit for transmitting in response to the second wireless network is formed, the second identifier to the first external device,
    前記第2の識別子が前記第1の外部機器に送信された後に、前記第1のユーザが前記第1の外部機器を操作することによって、前記第2の識別子が選択される場合に、前記第1の外部機器を前記第1の無線ネットワークに子局として参加させるための接続プロセスを、前記第1の外部機器と実行する第1の通信実行部と、 After the second identifier has been transmitted to the first external device, by the first user operating the first external device, if the second identifier is selected, the first the connection process to participate as a slave station in the first wireless network one of the external device, a first communication execution unit for executing said first external device,
    前記第1の無線ネットワークが形成されていない状態で、第2の外部機器の第2のユーザから第2の所定の指示を取得する第2の取得部と、 In a state of not being the first wireless network is formed, a second acquisition unit from the second user of the second external device to obtain a second predetermined instruction,
    前記第1の無線ネットワークが形成されていない状態で、前記第2のユーザから前記第2の所定の指示が取得される場合に、前記第1の無線ネットワークと前記第2の無線ネットワークとの双方を形成する第2の形成部と、 Both the said first state in which the wireless network is not formed, the second when the user second predetermined instruction is acquired, the first wireless network and the second wireless network a second forming section for forming an,
    前記第1の無線ネットワークと前記第2の無線ネットワークとの双方が形成されることに応じて、前記第2の識別子を前記第2の外部機器に送信する第2の送信部と、 A second transmission unit that transmits the first in response to both the wireless network and the second wireless network is formed, the second identifier to the second external device,
    前記第2の識別子が前記第2の外部機器に送信された後に、前記第2のユーザが前記第2の外部機器を操作することによって、前記第2の識別子が選択される場合に、前記第2の外部機器を前記第1の無線ネットワークに子局として参加させるための接続プロセスを、前記第2の外部機器と実行する第2の通信実行部と、 After the second identifier has been transmitted to the second external apparatus by the second user operating the second external device, if the second identifier is selected, the first the connection process to the second external device is participating as the slave station in the first radio network, a second communication execution unit that executes said second external device,
    を備える通信機器。 Communication device equipped with.
  2. 前記第1の無線ネットワークは、特定の無線通信方式に従って形成される無線ネットワークであり、 Wherein the first wireless network is a wireless network formed in accordance with a particular wireless communication system,
    前記第2の無線ネットワークは、前記特定の無線通信方式に従って形成される無線ネットワークである、請求項1に記載の通信機器。 The second wireless network is a wireless network formed in accordance with the particular wireless communication system, a communication device according to claim 1.
  3. 前記第1の送信部は、前記第2の無線ネットワークが形成された後に、前記第1の外部機器から要求信号が受信される場合に、前記第1の識別子を含む応答信号を前記第1の外部機器に送信せずに、前記第2の識別子を含む応答信号を前記第1の外部機器に送信する、請求項1又は2に記載の通信機器。 The first transmission unit, after the second wireless network is formed, when said request signal from the first external device is received, the response signal the first including the first identifier without sending to the external device, and transmits a response signal including the second identifier to the first external device, the communication device according to claim 1 or 2.
  4. 前記第1の無線ネットワークは、前記通信機器のMACアドレスとして第1のMACアドレスが利用される無線ネットワークであり、 The first radio network is a radio network in which the first MAC address is used as the MAC address of the communication device,
    前記第2の無線ネットワークは、前記通信機器のMACアドレスとして前記第1のMACアドレスとは異なる第2のMACアドレスが利用される無線ネットワークであり、 The second wireless network, wherein the first MAC address as a MAC address of the communication device is a wireless network different from the second MAC address is used,
    前記第1の外部機器を前記第1の無線ネットワークに子局として参加させるための前記接続プロセスは、第1の接続プロセスと、第2の接続プロセスと、を含み、 The connection process to participate as a slave station of the first external device to the first wireless network comprises a first connection process, and the second connection process, the,
    前記第1の接続プロセスは、前記通信機器のMACアドレスとして前記第2のMACアドレスを利用して、前記第1の無線ネットワークの無線設定情報であって、前記第1の識別子を含む前記無線設定情報を、前記第1の外部機器に送信するための通信を含み、 The first connection process, by using the second MAC address as a MAC address of the communication device, a wireless setting information of the first wireless network, the wireless setting including the first identifier information includes a communication for transmission to the first external device,
    前記第2の接続プロセスは、前記無線設定情報を利用して、前記第1の外部機器との無線接続を確立するための通信を含む、請求項1から3のいずれか一項に記載の通信機器。 The second is the connection process, by using the wireless setting information, including communication for establishing a wireless connection with the first external device, a communication according to any one of claims 1 3 machine.
  5. 前記第1の通信実行部は、前記通信機器のMACアドレスとして前記第2のMACアドレスを利用して、前記第1の接続プロセスを実行した後に、前記通信機器のMACアドレスとして前記第1のMACアドレスを利用して、前記第2の接続プロセスを実行する、請求項4に記載の通信機器。 The first communication execution unit, by using the second MAC address as a MAC address of the communication device, after performing the first connection process, the first MAC as the MAC address of the communication device using the address, and executes the second connection process, the communication device according to claim 4.
  6. 前記1個以上の文字及び/又は記号は、前記第2の識別子を選択することを前記第1のユーザに促す語を含む、請求項1から5のいずれか一項に記載の通信機器。 Said one or more characters and / or symbols, said selecting a second identifier includes the word prompting the first user, the communication device according to any one of claims 1 to 5.
  7. 前記第2の識別子は、前記1個以上の文字及び/又は記号と、前記第1の識別子と、を含む、請求項1から6のいずれか一項に記載の通信機器。 The second identifier, said and one or more characters and / or symbols, the first comprising 1 of an identifier, a communication device according to any one of claims 1 to 6.
  8. 前記第1の無線ネットワークは、特定の無線通信方式に従って形成される無線ネットワークであり、 Wherein the first wireless network is a wireless network formed in accordance with a particular wireless communication system,
    前記特定の無線通信方式は、一対の機器の間に前記特定の無線通信方式に従った無線接続が確立されて、無線ネットワークが形成されるべき際に、前記一対の機器が無線ネットワークの親局及び子局を決定するための無線通信を実行する仕組みを有する無線通信方式である、請求項1から7のいずれか一項に記載の通信機器。 The particular wireless communication system, the wireless connection according to a specific wireless communication system is established between a pair of devices, when should the radio network is formed, the master station of the pair of devices is a wireless network and a wireless communication system having a mechanism for performing wireless communication for determining the slave station, the communication apparatus according to any one of claims 1 to 7.
  9. 前記特定の無線通信方式は、前記特定の無線通信方式に従って形成される無線ネットワークを識別するための識別子の命名規則を有し、 The particular wireless communication system includes a naming identifier for identifying a wireless network to be formed in accordance with the particular wireless communication system,
    前記第1の識別子は、前記命名規則で決められている所定の文字列を含み、 Wherein the first identifier comprises predetermined character strings are determined by the naming convention,
    前記第2の識別子は、前記所定の文字列を含まない、請求項8に記載の通信機器。 The second identifier does not include the predetermined string, the communication device according to claim 8.
  10. 通信機器のためのコンピュータプログラムであって、 A computer program for communication equipment,
    前記通信機器に搭載されるコンピュータに、以下の各処理、即ち、 The computer mounted on the communication device, the following processes, namely,
    前記通信機器が親局として動作する第1の無線ネットワークが形成されている状態で、前記第1の無線ネットワークに所属していない第1の外部機器の第1のユーザから第1の所定の指示を取得する第1の取得処理であって、前記第1の無線ネットワークは、第1の識別子によって識別される無線ネットワークである、前記第1の取得処理と、 In a state in which the communication device is formed is a first wireless network that operates as a master station, the first of the first user from a first predetermined instruction of the first external device not belonging to the wireless network a first acquisition processing for acquiring, the first wireless network is a wireless network identified by a first identifier, said first acquisition processing,
    前記第1の無線ネットワークが形成されている状態で、前記第1のユーザから前記第1の所定の指示が取得される場合に、前記第1の無線ネットワークが形成されている状態を維持しながら、前記通信機器が親局として動作する第2の無線ネットワークを形成する第1の形成処理であって、前記第2の無線ネットワークを識別するための第2の識別子は、前記第1の識別子とは異なる識別子であり、1個以上の文字及び/又は記号を含む、前記第1の形成処理と、 In a state where the first wireless network is formed to maintain the state of the said the first user a first predetermined instruction when it is acquired, before Symbol first wireless network is formed while, the communication device is a first forming process of forming a second wireless network that operates as a master station, the second the second identifier to identify the wireless network, the first identifier and different is an identifier comprises one or more characters and / or symbols, the first forming process and,
    前記第2の無線ネットワークが形成されることに応じて、前記第2の識別子を前記第1の外部機器に送信する第1の送信処理と、 In response to the second wireless network is formed, a first transmitting process of transmitting the second identifier to the first external device,
    前記第2の識別子が前記第1の外部機器に送信された後に、前記第1のユーザが前記第1の外部機器を操作することによって、前記第2の識別子が選択される場合に、前記第1の外部機器を前記第1の無線ネットワークに子局として参加させるための接続プロセスを、前記第1の外部機器と実行する第1の通信実行処理と、 After the second identifier has been transmitted to the first external device, by the first user operating the first external device, if the second identifier is selected, the first the connection process to participate as a slave station in the first wireless network one of the external device, a first communication execution processing to be executed with the first external device,
    前記第1の無線ネットワークが形成されていない状態で、第2の外部機器の第2のユーザから第2の所定の指示を取得する第2の取得処理と、 In a state of not being the first wireless network is formed, and a second acquisition process from the second user of the second external device to obtain a second predetermined instruction,
    前記第1の無線ネットワークが形成されていない状態で、前記第2のユーザから前記第2の所定の指示が取得される場合に、前記第1の無線ネットワークと前記第2の無線ネットワークとの双方を形成する第2の形成処理と、 Both the said first state in which the wireless network is not formed, the second when the user second predetermined instruction is acquired, the first wireless network and the second wireless network a second forming process for forming a
    前記第1の無線ネットワークと前記第2の無線ネットワークとの双方が形成されることに応じて、前記第2の識別子を前記第2の外部機器に送信する第2の送信処理と、 In response to both of said second wireless network and the first wireless network is formed, and a second transmission process for transmitting the second identifier to the second external device,
    前記第2の識別子が前記第2の外部機器に送信された後に、前記第2のユーザが前記第2の外部機器を操作することによって、前記第2の識別子が選択される場合に、前記第2の外部機器を前記第1の無線ネットワークに子局として参加させるための接続プロセスを、前記第2の外部機器と実行する第2の通信実行処理と、 After the second identifier has been transmitted to the second external apparatus by the second user operating the second external device, if the second identifier is selected, the first the connection process to participate as a slave station in the first wireless network 2 of the external device, a second communication execution processing to be executed with the second external device,
    を実行させるコンピュータプログラム。 A computer program to be run.
JP2013205409A 2013-09-30 2013-09-30 Communication equipment Active JP6221587B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013205409A JP6221587B2 (en) 2013-09-30 2013-09-30 Communication equipment

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013205409A JP6221587B2 (en) 2013-09-30 2013-09-30 Communication equipment

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2015070557A JP2015070557A (en) 2015-04-13
JP6221587B2 true JP6221587B2 (en) 2017-11-01

Family

ID=52836817

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2013205409A Active JP6221587B2 (en) 2013-09-30 2013-09-30 Communication equipment

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6221587B2 (en)

Family Cites Families (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4104524B2 (en) * 2003-10-06 2008-06-18 サクサ株式会社 Registration method in a wireless lan system
JP2006042087A (en) * 2004-07-29 2006-02-09 Toshiba Corp Client terminal, access point apparatus and radio communication system
US20070159997A1 (en) * 2006-01-10 2007-07-12 Hsiu-Ping Tsai Wireless Security Setup between Station and AP Supporting MSSID
JP5842362B2 (en) * 2011-03-31 2016-01-13 富士通株式会社 Program, information communication equipment and cooperation method
JP5853478B2 (en) * 2011-08-04 2016-02-09 株式会社バッファロー Access point apparatus and a communication setting method for providing
KR20130025749A (en) * 2011-09-02 2013-03-12 삼성전자주식회사 Image forming apparatus supporting peer-to-peer connection and method of managing security based on signal intensity thereof
US9271317B2 (en) * 2011-10-28 2016-02-23 Qualcomm Incorporated Systems and methods for fast initial network link setup

Also Published As

Publication number Publication date
JP2015070557A (en) 2015-04-13

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9826116B2 (en) Image forming apparatus supporting peer to peer connection and method of performing image forming operation thereof
JP6199379B2 (en) System and method for persistent wireless docking
EP2112844A2 (en) Methods and apparatus for setting up wireless LAN
US9820130B2 (en) Method for creating Wi-Fi P2P group
US10282153B2 (en) Function executing device with two types of wireless communication interfaces
JP5962146B2 (en) Communication device
KR101863564B1 (en) Apparatus and method for determining group owner during wi-fi direct coonection setting
CN103369454B (en) Communication means
EP3060003B1 (en) Electronic device and method of operating the same
CN104022926B (en) Communication means
US20050009469A1 (en) Client software download in bluetooth device bonding
EP2941854B1 (en) Authenticating a wireless dockee to a wireless docking service
US20130170482A1 (en) Wi-fi direct connection method
US10142925B2 (en) Communication apparatus
CN103369638B (en) Communication means
EP2701457A1 (en) Method for connecting peer-to-peer applications over a wireless lan, and method for maintaining a connection between the peer-to-peer applications over the wireless lan, and wireless lan-based peer terminal
JP5538692B2 (en) Communication device, a control method for a communication apparatus, a computer program
KR20100123640A (en) Communication device and method for controlling communication device
US10003914B2 (en) Communication device and non-transitory computer-readable recording medium
EP2677833B1 (en) Terminal and Method for P2P Connection in Wi-Fi Network
US8565132B2 (en) Wireless communication terminal
JP6098396B2 (en) Terminal device and printer
US9042940B2 (en) Technique for executing communication of object data with mobile device
CN103582155B (en) communication device
JP6368989B2 (en) Communication device

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20160324

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20170118

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20170131

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20170221

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20170516

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20170905

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20170918

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6221587

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150