JP6211309B2 - Syringe - Google Patents

Syringe Download PDF

Info

Publication number
JP6211309B2
JP6211309B2 JP2013116219A JP2013116219A JP6211309B2 JP 6211309 B2 JP6211309 B2 JP 6211309B2 JP 2013116219 A JP2013116219 A JP 2013116219A JP 2013116219 A JP2013116219 A JP 2013116219A JP 6211309 B2 JP6211309 B2 JP 6211309B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
striker
injection
position
groove
detonator
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2013116219A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2014233422A (en
Inventor
真浩 灰塚
真浩 灰塚
Original Assignee
株式会社ダイセル
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社ダイセル filed Critical 株式会社ダイセル
Priority to JP2013116219A priority Critical patent/JP6211309B2/en
Publication of JP2014233422A publication Critical patent/JP2014233422A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP6211309B2 publication Critical patent/JP6211309B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、注射目的物質を注射対象領域に注射する注射器に関する。 The present invention relates to syringes for injecting injection objective substance into the injection target area.

火薬の点火により生じる燃焼ガスのエネルギーを利用して、注射成分を射出する注射器が広く開示されている。 Using the energy of the combustion gas caused by the ignition of gunpowder, syringes for injecting an injection component are disclosed generally. 例えば、特許文献1に記載の注射器では、ユーザの操作により、雷管に対してトリガーを刺突させて、そこで生じる火薬の燃焼エネルギーを利用して注射液を射出する構成が採用されている。 For example, the syringe according to Patent Document 1, by a user operation, configuration by piercing the trigger, where occurs through the use of combustion energy of the explosive injection an injection liquid is employed for the detonator. 具体的には、ユーザが把持する外殻容器をノズル側に移動させることで、バネによって付勢された状態のトリガーを固定しているボールを外殻容器の内部に形成された溝に逃げ込ませる。 Specifically, by moving the outer shell container held by the user on the nozzle side, write escape the ball holding the trigger in a state of being urged by a spring inside the grooves formed in the outer shell container Maseru. これにより、トリガーの移動を制限していたボールが、トリガーから外れることになるため、バネの付勢力によりトリガーが雷管に刺突し、そこで注射のための燃焼エネルギーが発生することになる。 Thus, balls limits the movement of the trigger, this means that out of the trigger, the trigger by the urging force of the spring is piercing the detonator, where the combustion energy for injection will occur.

米国特許第6666843号明細書 US Pat. No. 6666843

雷管に対して衝撃等による物理エネルギーを加えることで雷管を燃焼させ、その燃焼エネルギーによって注射液の射出を行う場合、その雷管に適切に衝撃が加わらないと、十分な燃焼エネルギーを取出すことが難しくなり、所望の注射液の射出が実現できなくなる。 Is burned detonator by adding physical energy due to shock or the like to the detonator, when performing injection of injection liquid by the combustion energy, unless properly impact applied to the detonator, it is difficult to take out a sufficient combustion energy It will, not be realized injection of the desired injection solution. 例えば、上記の従来技術に係る注射器では、雷管に衝撃を加えるトリガーは、注射液が射出される前の段階では、バネにより付勢されながら、ボールにより移動が制限された状態にある。 For example, in the injector according to the prior art, it triggers bombarding the detonator, in a stage before the injection liquid is injected, while being urged by a spring in a state in which movement is limited by a ball. そのため、このボールが、トリガーから適切に外れなければ、トリガーの固定状態が適切に解除されず、トリガーは、雷管に対する衝撃付与のための適切な運動を行えない。 Therefore, this ball, if properly disengaged from the trigger, the trigger of the fixed state is not properly released, the trigger is not to make the appropriate movement for the impact application to the detonator.

特に、ボールを利用して、トリガーの固定やその解除を行う場合、ボールだけではなく、固定解除時にボールが逃げ込む溝の形状等を精度よく加工する必要がある。 In particular, by using a ball, when performing fixed and its release of the trigger, as well as the ball, it is necessary to precisely process the shape of the grooves the balls escape during unlocking. その加工精度が良好でなければ、ボールによる固定の解除が円滑に行われず、トリガーが注射器内部で引っ掛かってしまい、動作不良となり得る。 If the processing accuracy is not good, the release of fixation by the ball is not smoothly performed, the trigger will be caught inside the syringe can be a malfunction. また、加工精度の観点に立てば、ボールが逃げ込む溝は、外殻容器の内部に形成されているため、溝の加工精度を上げるのは容易ではない。 Also, standing on the viewpoint of processing accuracy, groove ball escape, because they are formed in the interior of the outer shell container, it is not easy to increase the machining accuracy of the groove. また、その加工精度を上げるために、外殻容器の長さを短くすると、注射を行う際の外殻容器の移動量が短くなり、注射器の安全使用の観点から好ましくない。 Further, in order to increase the processing accuracy, shortening the length of the outer shell container, the amount of movement of the outer shell vessel when performing the injection is shortened, which is undesirable in view of safe use of the syringe. このように、雷管に対して物理エネルギーを加えることで雷管を燃焼させ、その燃焼エネルギーによって注射液の射出を行う従来技術に係る注射器では、雷管の良好な燃焼を生じさせることは容易ではない状況に置かれている。 Thus, by burning detonator by adding physical energy to the detonator, the in the injector according to the prior art performing the injection of injection liquid by combustion energy, it is not easy to produce a good combustion of the detonator status It has been placed in.

そこで、本発明は、上記した問題に鑑み、雷管に対して物理エネルギーを加えることで雷管を燃焼させ、その燃焼エネルギーによって注射液の射出を行う注射器であって、雷管を好適に燃焼させるための雷管への物理エネルギーの付与構造を有する注射器を提供することを目的とする。 The present invention, in view of the problems described above, the combustion of detonator by adding physical energy to the detonator, a syringe to perform an injection of injection liquid by the combustion energy, for suitably burn the detonator and to provide a syringe with a grant structure of the physical energy to the detonator.

上記課題を解決するために、本願発明者は、雷管に対して物理エネルギーを付与するストライカの駆動機構に関する工夫を行った。 In order to solve the above problems, the present inventor has conducted devised relating striker driving mechanism to impart physical energy to the detonator. 具体的には、本発明は、注射対象領域に注射される注射目的物質を収容する収容部と、雷管と、前記雷管に対して物理エネルギーを与え、該雷管を燃焼させるストライカと、前記ストライカを前記雷管に対して刺突させる駆動機構と、前記雷管の燃焼により、前記収容部に収容されている前記注射目的物質に対して射出のためのエネルギーを付与し、前記注射対象領域に対して該注射目的物質を射出する射出部と、を備える注射器である。 Specifically, the present invention includes a storage portion for storing injection objective substance to be injected into the injection target area, and the detonator gives physical energy to the detonator, a striker that burn 該雷 tube, said striker a drive mechanism for piercing to the detonator, the combustion of the detonator, the energy for injection was given to the injection objective substance contained in the housing part, the relative said injection target area an injection unit for injecting the injection objective substance is a syringe comprising a. そして、前記駆動機構は、前記注射目的物質の注射準備時から前記ストライカを前記雷管に刺突させるまでの間、該ストライカを該雷管に向かって付勢する付勢部と、前記注射準備時に、前記付勢部の付勢力によって、前記ストライカが前記雷管から離間した準備位置に位置するように該ストライカを保持する保持部と、前記ストライカが前記雷管に対して近接するときに、該雷管に対する該ストライカの姿勢を維持する姿勢維持部と、前記ストライカを、前記保持部による保持が解除される第一位置まで移動させ、その後に、前記付勢部の付勢力によって、該ストライカを、前記姿勢維持部による姿勢維持が開始される第二位置まで移動させる移動部と、を有する。 Then, the drive mechanism is, between the time of injection preparation for the injection objective substance to be piercing the striker to the detonator, and an urging unit that urges the striker to 該雷 tube, when the injection preparation, by the biasing force of the biasing portion, a holding portion to which the striker holds the striker so as to be positioned in spaced preparation position from the detonator, when the striker is closer to the detonator, the relative 該雷 tube a position maintaining unit that maintains the striker posture, the striker is moved to a first position in which the holding by the holding portion is released, followed by the urging force of the urging unit, the striker, the position maintaining having a moving unit that moves to a second position where the position maintaining is started by section.

本発明に係る注射器において、駆動機構によりストライカが雷管に対して刺突させられることで、該雷管に物理エネルギーが付与され、以て、注射目的物質を射出するためのエネルギーが発生する構成が採用されている。 In the injector according to the present invention, since the striker is caused to pierce against the detonator by a drive mechanism, physical energy is imparted to the 該雷 tube, than Te, configuration adopted energy is generated for ejecting injection objective substance It is. ここで、当該駆動機構においては、ストライカに対して、常時、付勢部によって付勢力が作用している状態が形成されている。 Here, in the drive mechanism, with respect to the striker, always a state in which the urging force acts is formed by the biasing portion. この付勢力は、ストライカを雷管に対して刺突させる動力源になるものである。 This biasing force will be made a power source for piercing the striker against the detonator.

このように構成される本願発明に係る注射器では、注射目的物質が注射対象領域に射出される前の状態、すなわち注射準備時には、保持部によるストライカの保持、すなわち雷管に対する刺突を回避するために、雷管から離間した準備位置での該ストライカの保持が行われている。 In the injector according to the thus configured present invention, a state before the injection objective substance is injected into the injection target area, that is, when armed, the striker of the holding by the holding unit, i.e. in order to avoid piercing against detonator , retention of the striker at the ready position spaced from detonator is being performed. この場合においても、付勢部の付勢力を利用することで、ストライカの保持を容易に持続させることができ、以て注射器の安全性を担保することができる。 Even in this case, by utilizing the urging force of the urging portion, it is possible to easily maintain the striker holding, it is possible to ensure the safety of the syringe Te following.

次に、注射目的物質の射出を行うときには、上記の通り、移動部によるストライカの移動が行われる。 Next, when performing an injection of injection objective substance, as described above, the movement of the striker by the moving unit is performed. 移動部によるストライカの移動は、保持部によるストライカの保持が解除される第一位置までストライカを移動させた後に、やはり付勢部の付勢力を利用して、ストライカの雷管への近接が始まる位置であって、姿勢維持部によるストライカの姿勢維持が始まる位置でもある第二位置に、該ストライカが移動させられる。 The movement of the striker by the moving unit, after the striker holding by the holding unit moves the striker to the first position is released, also by utilizing the urging force of the urging unit, the proximity to the striker detonator starting position a is, in a second position which is also the position striker position maintaining by the posture maintaining portion starts, the striker is moved. そして、第二位置に到達したストライカは、付勢部の付勢力によって、姿勢維持部に姿勢維持された状態で雷管に近接し、該雷管に刺突することになる。 Then, the striker has reached the second position by the biasing force of the biasing portion, close to the detonator in a state of being position maintaining the position maintaining unit, will pierce the 該雷 tube. このように、ストライカが準備位置から第一位置、第二位置を経て雷管に至るまでの過程を見ると、移動部によりストライカが第一位置まで運ばれた後は、付勢部の付勢力により、ストライカそのものの移動が実現される構成であるため、ストライカの雷管への近接が円滑に行われやすくなる。 Thus, the first position from the striker ready position, looking at the process up to the detonator via the second position, after the striker is brought to the first position by the moving part, due to the biasing force of the biasing portion since the movement of the striker itself is a configuration realized, proximity to the striker of the detonator is easily smoothly. 更に、注射目的物質を射出するためのエネルギーを生成するストライカの雷管への近接過程、すなわち第二位置から雷管に至るまでの過程では、特に、姿勢保持部によるストライカの姿勢保持が継続した状態で、該近接が行われる。 Furthermore, the proximity process to striker detonators for generating energy for ejecting injection objective substance, that is, in the course up to the detonator from the second position, in particular, with the striker of the posture holding by the posture holding portion continues , the proximity is performed. そのため、その近接過程においてストライカが周辺の構成に干渉して該近接が阻害される事態を効果的に回避することができ、雷管の燃焼に十分な物理エネルギーをストライカの刺突によって付与することが可能となる。 Therefore, it in its proximity process striker interfere with configuration of the peripheral can be effectively avoided that the proximity is inhibited, it is imparted by the striker of the piercing enough physical energy to combustion detonator It can become.

また、上記注射器において、前記ストライカは、ストライカ本体と、前記ストライカ本体から外方向に突出した複数の突起部と、を有するように構成されてもよい。 In the above syringe, the striker, the striker body, a plurality of protrusions projecting outwardly from said striker body, may be configured to have. そして、前記保持部は、前記ストライカ本体が内部を移動可能となるように筒状に構成されたカムの側壁に、前記複数の突起部に対応して形成され、且つ、前記第一位置を含む第一溝であって、前記複数の突起部のそれぞれは、前記付勢部の付勢力によって、対応する前記第一溝の奥部に位置する前記準備位置で保持されてもよい。 Then, the holding portion, the striker body is on the side wall of the cam which is configured in a cylindrical shape so as to be movable therethrough, it is formed corresponding to the plurality of protrusions, and includes the first position a first groove, wherein the plurality of respective projections, by the biasing force of the biasing unit may be held in the ready position located deep portion of the corresponding first groove. 更に、前記姿勢維持部は、前記カムの側壁に設けられ、前記複数の突起部のそれぞれが前記ストライカの前記雷管への近接方向に沿って延在するとともに、該ストライカの近接時に該突起部を案内し、且つ、前記第二位置を含む第二溝であってもよい。 Moreover, the position maintaining unit is provided on a side wall of the cam, together with each of the plurality of protrusions extending along the approaching direction to the detonator of the striker, the protrusion portion when the proximity of the striker guide to, and may be a second groove including the second position. そして、このような構成を踏まえて、前記移動部は、前記第一溝において、外力により、前記準備位置にある前記ストライカの突起部を、前記付勢部の付勢力に抗しながら前記第一位置まで移動させる移動部材と、前記付勢部の付勢力の分力により、前記ストライカの突起部を前記第一位置から前記第二位置に移動させるように、前記近接方向に対して斜めに前記第一溝と前記第二溝との間に形成された案内壁と、を有してもよい。 Then, based on such a structure, the moving part is in the first groove, by an external force, the projecting portion of the striker in the ready position, the first against the urging force of the urging portion a moving member for moving to a position, by the component force of the biasing force of the biasing portion, the projecting portion of the striker to move to the second position from said first position, said obliquely to the approaching direction and formed guide wall between the first groove and the second groove may have.

上記の通り、ストライカの突起部を準備位置に保持する保持部は、第一溝として形成される。 As described above, the holding portion for holding the projections of the striker in the ready position is formed as a first groove. この第一溝は、ストライカの複数の突起部に対応して設けられ、各突起部が第一溝に嵌め込まれ、そして、付勢部の付勢力によって各突起部が、対応する第一溝の奥部に押し付けられる。 The first groove is provided corresponding to the plurality of projections of the striker, the protrusions is fitted into the first groove, and, the protrusions by the urging force of the urging portion, of the corresponding first groove It is pressed against the inner part. これにより、複数の突起部を介して、ストライカをカムに押圧し、その状態で準備位置でのスタンバイ状態を形成することができる。 Thus, it is possible through a plurality of projections, to press the striker cam, to form a standby state in the standby position in this state. また、近接時のストライカの姿勢を維持する姿勢維持部は、第二溝として形成される。 Further, the posture maintaining portion for maintaining the striker posture in the nearby is formed as a second groove. この第二溝もストライカの複数の突起部に対応して設けられるものであり、ストライカの雷管への近接時に、突起部を案内するように構成され、これにより近接時の該ストライカの姿勢が好適に維持される。 The second groove is also one that is provided corresponding to the plurality of projections of the striker, when proximity to the striker of the detonator is configured to guide the protrusion, thereby preferably the striker position in the nearby It is maintained in. そして、第一溝と第二溝は案内壁によって繋がれており、その案内壁の第一溝側に上記第一位置が配され、第二溝側に第二位置が配されている。 The first groove and the second groove are connected by the guide wall, the first position is disposed in the first groove side of the guide wall, the second position is disposed in the second groove side.

このように注射器が構成されることで、移動部材によって、ストライカの突起部が準備位置から第一位置まで移動させられた後は、付勢部の付勢力により、案内壁に沿った第一位置から第二位置までの移動、および第二溝の案内の下、該第二位置から移動し、ストライカの雷管までの移動が実現されることになる。 By thus syringe is configured by the movement member, after the projections of the striker is moved from the ready position to the first position by the biasing force of the biasing portion, the first position along the guide wall from the bottom of the mobile, and the guide of the second groove to the second position, it moves from said second position, so that the movement to detonator striker is realized. ここで、前者の移動では、付勢部の付勢力の案内壁、より詳細には案内壁の上端部壁面に沿った分力が移動の動力源となり、後者の移動では、付勢部の付勢力そのものが移動の動力源になる。 Here, the movement of the former, the guide wall urging force of the urging unit, the component force along the upper end wall of the guide wall is a power source for moving, more particularly, in the latter movement, with the urging portion force itself is the power source of the movement. このようにストライカの突起部を介した一連の移動過程において、移動の動力源となる力の大きさは、付勢力の分力から付勢力そのものへと移行することになる。 Thus in a series of transfer processes through the projections of the striker, the size of the power source to become the force of the movement will be migrated to the biasing force itself from the component force of the urging force. このため、ストライカを雷管に刺突させる際に、急激にストライカに移動のための力を加えるのではなく、次第にその力が大きくなるように力を加える構成となるため、近接過程におけるストライカの姿勢が好適に維持され、周囲の構成に対する干渉が起きにくくなり、雷管の燃焼に十分な物理エネルギーをストライカの刺突によって付与することが可能となる。 Therefore, when to pierce the striker detonator, rapidly rather than apply a force for moving the striker, since gradually configured to apply a force to the force increases, the striker posture in proximity process is suitably maintained, hardly occur interference with the surrounding structure, it is possible to impart the sufficient physical energy of the striker piercing combustion detonator.

また、ストライカに設けられた複数の突起部が、案内壁、第二溝によって案内されることで、ストライカの雷管への近接が行われる。 Further, a plurality of projections provided on the striker, the guide wall, by being guided by the second groove, adjacent to the striker detonators is performed. 複数の突起部は、ストライカと一体的に設けられているため、各突起部の、案内壁および第二溝に対する相対位置は、それぞれの突起部において同じである。 A plurality of projections, because it provided the striker integrally, of the protrusions, the relative position with respect to the guide wall and the second groove is the same in each of the protrusion. そのため、近接の際でのストライカの姿勢が崩れにくく、このことは、ストライカによる雷管への好適な物理エネルギーの付与に大きく貢献するものである。 Therefore, the posture of the striker is less likely to collapse at the time of proximity, this is intended to contribute significantly to impart suitable physical energy to the detonator by striker.

ここで、上記の注射器において、前記第一溝と前記第二溝は、前記カムの側壁において、前記近接方向に沿って延在し、また、前記第二溝の奥部は、前記第一溝の奥部より前記雷管にさらに近い位置に位置してもよい。 Here, in the above syringe, the first groove and the second groove is the side wall of the cam, extending along the approaching direction, also, the inner portion of the second groove, said first groove of it may be located at a position closer to the detonator than the inner part. このように第一溝の奥部と第二溝の奥部の相対関係を定義することで、準備位置を決定する第一溝の奥部を、雷管からより離れた位置、すなわち、ストライカと雷管との接触を回避できる位置とすることができる。 By thus defining the relative relationship between the inner part of the inner portion and the second groove of the first groove, the inner portion of the first groove for determining the ready position, further from the detonator position, i.e., the striker and primer it can be contacted with avoiding position with. それとともに、第二溝の奥部の位置設定により、ストライカによる雷管の刺突が可能な位置まで突起部を第二溝に沿って案内することが可能となる。 At the same time, the position setting of the inner portion of the second groove, it is possible to make the projecting portion to a position capable of stinging impact detonator according striker along the second groove guide.

また、上述までの注射器において、前記移動部材は、前記射出部における前記注射目的物質の射出口の近傍において、一の端部が突出して設けられた、前記複数の突起部と同数の複数のピンであってもよい。 Further, in the syringe to above, the moving member is in the vicinity of the injection port of the injection objective substance in the injection unit, one end portion is provided to project a plurality of pins equal in number to the plurality of projections it may be. この場合、前記注射目的物質の注射時に該射出口を前記注射対象領域に接触させたときに生じる外力により、前記複数のピンは前記注射器の内部に入り込むとともに、該複数のピンの前記一の端部に対する反対側の端部が、前記カムの側壁から飛び出した、対応する前記複数の突起部に接触することで、前記ストライカの突起部を前記第一位置まで移動させるように構成されてもよい。 In this case, by an external force caused when the injection-outlet during injection of the injection objective substance is brought into contact with the injection target area, together with the plurality of pins entering the interior of the syringe, the one ends of the pins of the plurality of the opposite end with respect to part are jumped out of the side wall of the cam, by contacting the plurality of protrusions corresponding, the projections of the striker may be configured to move to said first position . このように複数の突起部と同数のピン、すなわち複数の突起部に対応した複数のピンを利用することで、各ピンの一の端部と注射対象領域との接触状態に応じて、ストライカの移動を制御することが可能となる。 Pin thus equal to the plurality of protrusions, i.e. by using a plurality of pins corresponding to a plurality of protrusions, according to the state of contact between the first end and the injection target area of ​​each pin, the striker it is possible to control the movement. これにより、ユーザは、注射器を把持したまま、その先端、すなわち注射目的物質の射出口が設けられている部位の近傍を注射対象領域に押し付ける動作によって、注射目的物質の射出が実現できるようになり、注射時の操作性を良好なものとすることができる。 Thus, the user, while holding the syringe, the tip, i.e. by the action of pressing the injection target area in the vicinity of the site where the injection port is provided in the injection objective substance, the injection of the injection objective substance is able to achieve and can be operated at the time of injection is made favorable.

また、上記のようにピンを利用してストライカの移動を制御する構成を採用する場合において、前記複数のピンは、それぞれが独立して前記注射器の内部に入り込むように構成されてもよい。 Further, in the case of adopting the structure for controlling the movement of the striker by use of pins as described above, the plurality of pins may be configured so as to enter the interior of the syringe, each independently. ストライカの突起部を準備位置から第一位置まで移動させる場合、それぞれに対応する複数のピンが同時に複数の突起部に接触しなければならない。 When moving the projections of the striker from the preparation position to the first position, a plurality of pins corresponding to each must be in contact with the plurality of projections at the same time. そこで、上記のように複数のピンの動きがそれぞれ独立している場合には、ユーザによる注射目的物質の射出時に複数のピンを注射対象領域に慎重に押し付ける動作が必要となってくる。 Therefore, when a plurality of pins of movement as described above are each independently, carefully pressing operation at the injection target area a plurality of pins at the time of injection of the injection objective substance by the user is necessary. これにより、ユーザの不意の操作による誤った注射目的物質の射出を抑制することができる。 Thus, it is possible to suppress the injection of injection objective substance inadvertent operation of inadvertent user. また、別法として、前記複数のピンは、全てのピンが同時に前記注射器の内部に入り込むように構成されてもよい。 Further, alternatively, the plurality of pins, all pins may be configured to simultaneously enter into the interior of the syringe. このように構成した場合は、ユーザは複数のピンを容易に連動して動かすことができるので、注射目的物質の射出のための操作性を向上することができる。 If this is configured as a user because it can move easily interlocked multiple pins, it is possible to improve the operability for the injection of injection objective substance.

雷管に対して物理エネルギーを加えることで雷管を燃焼させ、その燃焼エネルギーによって注射液の射出を行う注射器であって、雷管を好適に燃焼させるための雷管への物理エネルギーの付与構造を有する注射器を提供することが可能となる。 It is burned detonator by adding physical energy to the detonator, a syringe to perform an injection of injection liquid by the combustion energy, a syringe with a grant structure of the physical energy to the detonator for suitably burn the detonator it is possible to provide.

本発明に係る注射器の概略構成を示す図である。 It is a diagram showing a schematic configuration of the syringe according to the present invention. 図1に示す注射器に含まれるカムの構成を示す図である。 Is a diagram showing a configuration of a cam included in the injector shown in FIG. 図1に示す注射器に含まれるストライカの構成を示す図である。 Is a diagram showing the striker arrangements included the injector shown in FIG. 図1に示す注射器に含まれるピンの先端の形状を示す図である。 Is a diagram showing the pin at the tip of the shapes included in the injector shown in FIG. 図1に示す注射器において注射液の射出を行う際のカムとストライカの相対的な位置関係を示す図である。 It is a diagram illustrating a relative positional relationship between the cam and the striker when performing the injection of the injection liquid in the syringe shown in Figure 1. 本発明に係る注射器に関する安全装置の概略構成を示す第一の図である。 It is a first view showing the schematic configuration of the safety device about the injector according to the present invention. 本発明に係る注射器に関する安全装置の概略構成を示す第二の図である。 It is a second diagram showing the schematic configuration of the safety device about the injector according to the present invention. 本発明に係る注射器に関する安全装置の概略構成を示す第三の図である。 A third diagram showing the schematic configuration of the safety device about the injector according to the present invention.

以下に、図面を参照して本発明の実施形態に係る注射器1について説明する。 The following describes the injector 1 according to the embodiment of the present invention with reference to the drawings. なお、以下の実施形態の構成は例示であり、本発明はこの実施の形態の構成に限定されるものではない。 Incidentally, the configuration in the following embodiment is an exemplification, and the present invention is not limited to the configuration of this embodiment.

ここで、図1は本発明の技術思想を、生体に対して注射を行う注射器に適用した注射器1の構造を示す図であり、特に図1(a)はその断面図であり、図1(b)は注射器1の先端側、すなわち注射液MLを射出するノズル23側から見た場合の底面図ある。 Here, the technical concept of Figure 1 the present invention, a diagram showing the structure of the syringe 1 is applied to a syringe to perform an injection to a living body, in particular FIG. 1 (a) is a sectional view thereof, FIG. 1 ( b) the distal end side of the syringe 1, namely a bottom view when viewed from the nozzle 23 side which emits injection solution ML. そこで、本実施例では、注射器1の各構成において、ノズル23側を「先端側」と称し、その反対側を「基端側」と称する。 Accordingly, in this embodiment, in each configuration of the syringe 1, the nozzle 23 side is referred to as a "leading end side" refers to the opposite side as "proximal end side". 当該注射器1は、本発明に係る注射目的物質に相当する注射液MLを、注射対象となる生体内の領域(例えば、動物の皮膚構造体)に直接に送り届ける注射針を有していない無針注射器である。 The syringe 1, the injection solution ML corresponding to the injection objective substance according to the present invention, regions of the living body to be injected interest (e.g., an animal skin structure) does not have a directly delivering needle to needle-free it is a syringe. なお、本実施例では、注射目的物質を液体としているが、これには生体内に注射される物質の内容や形態を限定する意図はない。 In the present embodiment, the injection objective substance is a liquid, this is not intended to limit the contents and form of the substance to be injected into a living body. 上述の通り、例えば皮膚構造体に対して注射すべき物質はその治療目的に応じて様々であるため、皮膚構造体に届けるべき成分が当該治療目的に適応している限りにおいては、溶解していても溶解していなくてもよく、また注射目的物質も、エネルギーにより注射器1から皮膚構造体に対して射出され得るものであれば、その具体的な形態は不問であり、液体、ゲル状等様々な形態が採用できる。 As described above, for example, for material to be injected to the skin structure is different depending on the therapeutic purpose, as long as the components to be delivered to the skin structure is adapted to the therapeutic purposes, undissolved and it may not be dissolved well, and also injection objective substance, as long as it can be injected to the skin structure from the syringe 1 by the energy, the specific embodiment is unquestioned, liquid, gel, etc. various forms can be adopted.

注射器1は、筒状のハウジング3を外殻容器2で覆われることで形成される。 Syringe 1 is formed by being covered a cylindrical housing 3 with an outer shell container 2. 外殻容器2は、図1(a)に示すように、図中上側、すなわち基端側に上底面2aを有しており、注射器1のユーザが、後述するように外殻容器2の上底面2aを把持して押圧することで、注射液MLの射出が可能となる。 Outer shell container 2, as shown in FIG. 1 (a), the upper side in the drawing, i.e. comprises an upper bottom 2a on the base end side, the user of the syringe 1, on the outer shell container 2 as described later by pressing gripping the bottom 2a, it is possible to exit the injection solution ML. ハウジング3は、先端側が概ね閉塞した中空形状に形成され、その内部にカム7、ピストンブロック22、シリンジブロック21が、図中上から順に収容される。 The housing 3 is formed in a hollow shape the tip side is generally closed, the cam 7 in its interior, the piston block 22, the syringe block 21 is accommodated in order from the top in the drawing. 図1(a)に示すようにハウジング3が外殻容器2内に収容され、注射器1が完成された状態(以下、「完成状態」という)においては、ハウジング3の内部において、カム7の一の端面が外殻容器2の上底面2aの内表面に接触するとともに、他の端面がピストンブロック22の一の端面に接触している。 A housing 3 as shown in FIG. 1 (a) is housed in the outer shell container 2, a state in which the syringe 1 is completed (hereinafter, referred to as "complete state") in the inside of the housing 3, one cam 7 end surface contacts with the inner surface of the upper bottom surface 2a outer shell container 2, the other end face is in contact with one end face of the piston block 22. 更に、ピストンブロック22の他の端面が、シリンジブロック21の一の端面に接触するとともに、シリンジブロックの他の端面は、ハウジング3の先端側の内表面に接触している。 Furthermore, the other end face of the piston block 22 contacts with the one end face of the syringe block 21, the other end face of the syringe block is in contact with the inner surface of the front end side of the housing 3. したがって、注射器1の完成状態では、カム7、ピストンブロック22、シリンジブロック21は互いに変位しないように、固定された状態となっている。 Therefore, in the finished state of the syringe 1, the cam 7, the piston block 22, as the syringe block 21 is not displaced from one another, it has become a fixed state.

ここで、カム7には、注射液MLの射出時に、後述する雷管5に物理エネルギーを与えるために、雷管5に衝突するストライカ4が配置されるとともに、ストライカ4と上底面2aの内表面との間にバネ16が設けられている。 Here, the cam 7, at the time of injection of the injection solution ML, to provide physical energy to the detonator 5 which will be described later, together with the striker 4 strikes the detonator 5 is arranged, the inner surface of the striker 4 and the upper bottom 2a spring 16 is provided between the. 注射器1の完成状態(注射準備時)では、バネ16は、常時ストライカ4に付勢力を付与するように、バネ16の寸法や取付位置が決定されている。 In the finished state of the syringe 1 (when armed), the spring 16, so as to impart a biasing force to always striker 4, dimensions and mounting position of the spring 16 is determined. なお、ストライカ4およびカム7の詳細の構成については、後述する。 The details of the configuration of the striker 4 and the cam 7 will be described later.

次に、ピストンブロック22には、注射液MLの射出のためのエネルギーを生成する構成と、そのエネルギーを受けて注射液MLに加圧を行うピストン13が配置されている。 Then, the piston block 22, configured as to generate the energy for the injection of injection solution ML, piston 13 for pressing are arranged in injection solution ML receives this energy. 具体的には、図1(a)に示す完成状態において、ストライカ4に対向する位置に、雷管5が雷管ピース8に収容された状態で配置されており、更に、この雷管ピース8は、フィルム10に包まれたガス発生剤9とともに、燃焼室チャンバ12内に配置されている。 Specifically, in the finished state shown in FIG. 1 (a), in a position facing the striker 4 is arranged in a state in which the detonator 5 is accommodated in the detonator piece 8, further, the detonator piece 8, the film together with the gas generating agent 9 wrapped in 10, it is arranged in the combustion chamber chamber 12. このフィルム10は、ガス発生剤9を燃焼室11内の所定の位置に配置しやすくするために用いられるものであり、また、ガス発生剤9を湿気から保護する機能も有する。 The film 10 is one used to easily arrange the gas generating agent 9 in place in the combustion chamber 11 also has a function of protecting the gas generating agent 9 from moisture.

ここで、燃焼室11は、その先端側に、開口部12aを有している。 Here, the combustion chamber 11 has at its distal end, has an opening 12a. また、雷管ピース8も、ガス発生剤9が置かれている先端側に、雷管5が配置されている空間と連通する開口部8aを有している。 Further, detonator piece 8 also, the distal end side of the gas generating agent 9 is placed, has an opening 8a which communicates with the space in which the detonator 5 is arranged. このような構成により、ストライカ4から物理エネルギーが付与されて雷管5から生成された高温の燃焼ガスや火炎は、開口部8aを介してガス発生剤9側に排出される。 With such a configuration, the combustion gases and flames of high temperature physical energy generated from the detonator 5 is applied from the striker 4 is discharged to the gas generating agent 9 side through the opening 8a. これによりガス発生剤9が燃焼し、燃焼ガスが生成され、燃焼室11内に充満した後に、当該燃焼ガスが開口部12aを経てピストン13を加圧することになる。 Thereby the gas generating agent 9 is combusted, the combustion gas is generated, after filling the combustion chamber 11, the combustion gas is pressurizing the piston 13 through the opening 12a. そのため、開口部12aが、ピストン13の基端側の端面に接するように、ピストン13と燃焼室11の相対的な位置関係が決定されている。 Therefore, the opening 12a is, so as to be in contact with the end face of the base end side of the piston 13, the relative positional relationship between the piston 13 and the combustion chamber 11 is determined. また、ピストン13は、ピストンブロック22の内部に設けられた通路22a内に収容され、開口部12aから排出される燃焼ガスによって、当該通路22a内を推進可能なように、該通路22aとピストン13の寸法等が決定されている。 Further, the piston 13 is accommodated in the passage 22a provided inside the piston block 22, the combustion gas discharged from the opening 12a, so as to be capable of promoting within the passage 22a, the passage 22a and the piston 13 dimensions and the like of have been determined. なお、ピストン22の効率的な推進と燃焼ガスの注射液MLへの混入を回避するために、ピストン13の外周部にはO−リング14が設けられている。 In order to avoid contamination of efficient promotion of the piston 22 to the injection solution ML combustion gases, the outer peripheral portion of the piston 13 O-ring 14 is provided.

次に、シリンジブロック21には、注射液MLを収容する構成が配置されている。 Then, the syringe block 21, configured to accommodate the injection solution ML are arranged. 具体的には、シリンジブロック21の内部には、注射液MLを収容するための収容空間21aが、図1(a)に示す完成状態において、ピストン13が推進する通路22aの先端側の延長上に形成されており、この収容空間21aは、ピストン13が推進する通路22aと、同じ断面形状を有している。 Specifically, inside the syringe block 21, the housing space 21a for accommodating the injection solution ML is, in the finished state shown in FIG. 1 (a), the piston 13 is on the extension of the distal end side of the passage 22a to promote are formed on, the housing space 21a, the piston 13 has a passage 22a to promote the same cross-sectional shape. したがって、ピストン13は、収容空間21a内も推進可能となるように、シリンジブロック21が構成されている。 Thus, the piston 13, the accommodation space 21a as it is possible promotion, syringe block 21 is formed. なお、ピストン13による注射液MLの加圧を的確に行うために、また、収容空間21a内に注射液MLを漏出することなく収容するために、樹脂製のプランジャ15が収容空間21aの基端側に配置されている。 In order perform the pressurization of the injection solution ML by the piston 13 accurately, and in order to accommodate without leaking the injection solution ML in the accommodation space 21a, the proximal end of the plunger 15 made of resin housing space 21a It is arranged on the side. 図1(a)に示す完成状態において、プランジャ15は、ピストン13の先端側の端面と接触するように配置される。 In the completed state shown in FIG. 1 (a), the plunger 15 is placed in contact with the distal end surface of the piston 13.

また、シリンジブロック21の先端側には、収容空間21aと連通する通路21bが形成されており、この通路21bは、ハウジング3の先端側に取り付けられたノズル23内の通路23aと連通するように、シリンジブロック21とノズル23との相対的な位置関係が設定されている。 Further, on the distal end side of the syringe block 21, the housing space 21a and has communicating passages 21b are formed, the passage 21b so as to passage 23a communicates with the nozzle 23 attached to the distal end side of the housing 3 , the relative positional relationship between the syringe block 21 and the nozzle 23 is set. このような構成により、収容空間21a内の注射液MLが、注射器1の外部に射出可能な状態に置かれることになる。 With such a configuration, injection solution ML in the housing space 21a is, will be placed in an injection ready outside of the syringe 1.

更に、注射器1には、図1(b)に示すように、ノズル23の開口部を中心として、4本のピン6が等角に配置されている。 Further, the syringe 1, as shown in FIG. 1 (b), around the opening of the nozzle 23, four pins 6 are arranged equiangularly. 図1(a)に示すように、ピン6は、ハウジング3内に、注射器1の長手方向に延在するように、且つ、ハウジング3内でその軸方向にスライド可能なように構成されている。 As shown in FIG. 1 (a), the pin 6, in the housing 3, so as to extend in the longitudinal direction of the syringe 1, and is configured so as to be slidable in the axial direction in the housing 3 . そして、図1(a)に示す完成状態では、ピン6の先端側の端部6aは、ノズル23の開口端面よりも、より先端側に突出している。 Then, in the completed state shown in FIG. 1 (a), the distal end side of the end portion 6a of the pin 6, than the opening end face of the nozzle 23 and protrudes more distal end side. 一方で、ピン6の基端側の端部6bは、完成状態ではストライカ4には接触していないが、注射液MLの射出時において、後述するようにピン6がハウジング3の内部に押し込まれていくと、端部6bがストライカ4に接触するように構成されている。 On the other hand, the end portion 6b of the base end side of the pin 6, in the finished state, but not in contact with the striker 4, at the time of injection of the injection solution ML, pin 6 as will be described later is pushed into the housing 3 as you, the end portion 6b is configured to contact the striker 4.

<ストライカの駆動機構> <Striker of the drive mechanism>
注射器1においては、ストライカ4が雷管5に刺突し物理エネルギーを付与することで、雷管5およびガス発生剤9が燃焼し、その燃焼ガスによるピストン13の推進が引き起こされる。 In the syringe 1, the striker 4 to confer physical energy pierce the detonator 5, and detonator 5 and the gas generating agent 9 is burning, the promotion of the piston 13 by the combustion gases is caused. このとき、雷管5の燃焼が適切に生じなければ、好適なピストン13の推進が引き起こされないため、注射液MLの射出が効果的に行われないことになる。 At this time, if combustion is suitably caused detonator 5, since the promotion of suitable piston 13 is not caused, so that the injection of the injection solution ML is not performed effectively. このような課題を踏まえ、本発明に係る注射器1では、ストライカ4の雷管5への刺突を担保するための駆動機構が設けられており、当該駆動機構は、具体的には、カム7、バネ16、ピン6によって複合的に形成されている。 In light of these problems, the syringe 1 according to the present invention, a drive mechanism for securing the piercing to detonator 5 of the striker 4 is provided, the drive mechanism, specifically, the cam 7, spring 16, is compositely formed by a pin 6.

そこで、ストライカ4に関する上記駆動機構に関し、カム7、ストライカ4、ピン6の構造や形状について以下に説明する。 Therefore, relates to the aforementioned drive mechanism about the striker 4, the cam 7 will be described striker 4, below the structure and shape of the pin 6. カム7は、図2に示すように、筒状の側壁であるカム本体71を有する。 Cam 7, as shown in FIG. 2, it has a cam body 71 is a cylindrical side wall of the. なお、図2における構成は概略的なものであり、筒状のカム本体71の厚みの記載は省略している。 Note that the configuration in FIG. 2 are merely schematic, the description of the thickness of the cylindrical cam body 71 is omitted. 図2に示すカム7において、図中の上側の開口部7aが基端側の開口部であり、下側の開口部7bが先端側の開口部である。 In the cam 7 shown in FIG. 2, an opening above the opening 7a of the base end side in the figure, the lower side of the opening 7b is an opening on the distal end side. したがって、注射器1の完成状態においては、開口部7aが上底面2aに接触し、開口部7bがピストンブロック22に接触する。 Therefore, in the finished state of the syringe 1, the opening portion 7a is brought into contact with the upper bottom 2a, the opening 7b is in contact with the piston block 22.

ここで、カム7には、第一溝72、第二溝73、案内壁74からなる構成群が、後述するストライカ4の突起部42のそれぞれに対応して設けられている。 Here, the cam 7, the first groove 72, second groove 73, is configured groups of guide walls 74 are provided corresponding to each of the protrusion 42 of the striker 4 which will be described later. 本実施例のストライカ4には、4つの突起部42が設けられているため、カム7にも、第一溝72、第二溝73、案内壁74からなる上記構成群が4つ設けられることになるが、図2においては、説明を簡便にするため、1つの構成群のみを記載している。 The striker 4 of the present embodiment, since the four projections 42 are provided, in the cam 7, the first groove 72, second groove 73, that the subassembly consisting of guide wall 74 are four provided becomes, in FIG. 2, for ease of description describes only one configuration group. 当該構成群について具体的に説明すると、第一溝72は、カム本体71の開口部7a側の端部から開口部7b側に向かって、カム7の軸方向に沿って延在する溝である。 Specifically described the construction group, the first groove 72 is a groove toward the end of the opening 7a side of the cam body 71 to the opening 7b side, extending along the axial direction of the cam 7 . この第一溝72の溝幅は、後述するように突起部42が第一溝72を摺動可能となるように、ストライカ4の突起部42の幅とほぼ同じに設定され、溝の長さは、カム本体71の開口部7a側の端部から奥部72aに至るまでの長さである。 The groove width of the first groove 72, so that projections 42 as will be described later becomes slidable first groove 72, is substantially the same set as the width of the protrusion 42 of the striker 4, the length of the groove is the length from the end portion of the opening 7a side of the cam body 71 up to the inner part 72a. また、第二溝73も、カム本体71の開口部7a側の端部から開口部7b側に向かって、カム7の軸方向に沿って、すなわち、第一溝72と平行に延在する溝である。 The groove second groove 73, toward the opening 7b side from an end portion of the opening portion 7a side of the cam body 71, along the axial direction of the cam 7, i.e., extending parallel to the first groove 72 it is. この第二溝73の溝幅も、第一溝72と同じように、突起部42が第二溝73を摺動可能となるように、ストライカ4の突起部42の幅とほぼ同じに設定される。 The groove width of the second groove 73, like the first groove 72, as the protruding portion 42 is slidable second groove 73, is substantially the same set as the width of the protrusion 42 of the striker 4 that. なお、第二溝73の長さは、カム本体71の開口部7a側の端部から奥部73aに至るまでの長さであるが、奥部73aは、第一溝72の奥部72aよりも開口部7bに近い位置に位置している。 The length of the second groove 73 is the length from the end portion of the opening 7a side of the cam body 71 up to the inner part 73a, the inner part 73a, from the inner part 72a of the first groove 72 It is also located at a position closer to the opening 7b. したがって、第二溝73の長さは、第一溝72の長さよりも長い。 Therefore, the length of the second groove 73 is longer than the length of the first groove 72.

更に、カム7においては、第一溝72と第二溝73との間に案内壁74が設けられている。 Further, the cam 7, the guide wall 74 is provided between the first groove 72 and second groove 73. 案内壁74は、その壁面の上端部が、第一溝72と第二溝73にそれぞれ合流している。 Guide wall 74 has an upper end portion of the wall surface, are joined respectively to the first groove 72 in the second groove 73. そして、案内壁74と第二溝73の合流点P2が、案内壁74と第一溝72の合流点P1より開口部7b寄りに位置するように、案内壁74の上端部が、互いに平行な第一溝72と第二溝73に対して斜めに形成されている。 Then, the guide wall 74 joining point P2 of the second groove 73, so as to be positioned between the guide wall 74 opening 7b toward the merging point P1 of the first groove 72, the upper end portion of the guide wall 74, parallel to each other It is formed obliquely with respect to the first groove 72 and second groove 73.

次に、ストライカ4について、図3に基づいて説明する。 Next, the striker 4 will be described with reference to FIG. ストライカ4は円柱状のストライカ本体41を有している。 Striker 4 has a cylindrical striker body 41. このストライカ本体41は、筒状のカム7の内部に挿入可能となるように、その断面における半径が設定されている。 The striker body 41, so that can be inserted into the cylindrical cam 7, the radius is set in its cross-section. また、ストライカ本体41の基端側には、ストライカ本体41の半径方向に突出した突起部42が、4つ設けられている。 Further, the base end side of the striker body 41, protrusions 42 protruding in the radial direction of the striker body 41 is provided with four. この4つの突起部42の、ストライカ本体41の断面における配置は、ストライカ4の長手方向における軸を中心として等角配置されており、各突起部42は、先端側を向いている傾斜面42aを有している。 Of the four projections 42, located in the cross section of the striker body 41 is conformally disposed about an axis in the longitudinal direction of the striker 4, the protrusions 42, an inclined surface 42a which faces the tip side It has. 更に、ストライカ本体41の先端側の中央部分には、雷管5に刺突するためのニードル43が設置されている。 Further, the front end side central portion of the striker body 41, a needle 43 for piercing the detonator 5 is installed.

次に、ピン6の端部6bの形状について、図4に基づいて説明する。 Next, the shape of the end portion 6b of the pin 6 will be described with reference to FIG. ピン6の端部6bは、上述したようにハウジング3においてピン6がスライドしたとき、ストライカ4の突起部42のうち、カム7のカム本体71から飛び出している部分の傾斜面42a(図1、図3を参照)に接触する端部であり、その先端は、図4(a)に示すように丸い形状に形成されてもよく、又は、図4(b)に示すように、突起部42の傾斜面42aと同じ斜度を有するように斜面状に形成されてもよい。 End 6b of the pin 6 when the pin 6 is slid in the housing 3 as described above, of the protrusion 42 of the striker 4, the inclined surface 42a of the portion protrudes from the cam body 71 of the cam 7 (FIG. 1, an end portion which contacts the reference) to FIG. 3, the tip may be formed into a round shape as shown in FIG. 4 (a), or, as shown in FIG. 4 (b), the protrusion 42 it may be formed in the tapered so as to have the same inclination as the inclined surface 42a.

図2〜図4に基づいて説明されたカム7、ストライカ4、ピン6は、図1(a)に示す完成状態においては、ストライカ4と外郭容器2の上底面2aとの間にバネ16が配置されているため、ストライカ4に対して常時付勢力が付与された状態になっている。 2-4 cam 7 is described with reference to the striker 4, pin 6, in the completed state shown in FIG. 1 (a), the spring 16 between the bottom surface 2a on the striker 4 and the outer container 2 since it is arranged, in a state constantly biasing force against the striker 4 has been applied. そして、注射器1が使用される前の状態である準備状態においては、ストライカ4がカム7の内部に嵌め込まれ、且つ、ストライカ4の突起部42が第一溝72内に収まるように、ストライカ4とカム7の相対位置関係が設定されている。 Then, in the preparation state is a state before the syringe 1 is used, the striker 4 is fitted inside the cam 7, and, as the protrusion 42 of the striker 4 fits into the first groove 72, the striker 4 the relative positional relationship between the cam 7 has been set to. この準備状態においては、バネ16の付勢力により、突起部42が第一溝72の奥部72aに押し付けられることで、ストライカ4がカム7に対して容易に動かないように固定された状態にある。 In this ready state, by the urging force of the spring 16, by the protruding portion 42 is pressed against the inner portion 72a of the first groove 72, the state in which the striker 4 is fixed so as not to move easily with respect to the cam 7 is there.

ここで、ストライカ4とカム7の相対位置関係について、準備状態から、ストライカ4がカム7に刺突する状態に至るまでの、特徴的な相対位置関係の推移について、図5に基づいて説明する。 Here, the relative positional relationship between the striker 4 and the cam 7, the ready state, up to the state striker 4 is pierce to the cam 7, the transition of the characteristic relative positional relationship will be described with reference to FIG. 5 . ここで、図5は、注射器1により注射液の射出を行う際のストライカ4とカム7の相対的な位置関係を示す図であって、特に図5(a)は、ストライカ4が本発明に係る準備位置に位置する場合の相関を示し、図5(b)は、ストライカ4が本発明に係る第一位置に位置する場合の相関を示し、図5(c)は、ストライカ4が本発明に係る第一位置から第二位置に至る途中の位置に位置する場合の相関を示し、図5(d)は、ストライカ4が本発明に係る第二位置に位置する場合の相関を示し、図5(e)は、ストライカ4が雷管5に刺突する位置に位置する場合の相関を示している。 Here, FIG. 5 is a diagram showing the relative positional relationship between the striker 4 and the cam 7 when performing the injection of the injection liquid by a syringe 1, in particular FIG. 5 (a), the striker 4 is the invention shows a correlation when located ready position according, FIG. 5 (b), shows the correlation when the striker 4 is positioned in a first position according to the present invention, FIG. 5 (c), the striker 4 is the invention shows the correlation when the first position is located in the middle of the position reaching the second position according to, FIG. 5 (d) shows the correlation when the striker 4 is positioned in the second position according to the present invention, FIG. 5 (e) shows the correlation when located at a position where the striker 4 is pierce the detonator 5.

図5(a)に示す準備位置では、注射器1はユーザによってまだ操作されていない状態である。 In the ready position shown in FIG. 5 (a), the syringe 1 is in a state not yet operated by the user. そのため、ピン6はハウジング3に対して押し込まれていないため、ピン6の端部6bは、突起部42には接触しておらず、且つ、突起部42は、第一溝72の奥部72aに保持された状態になっている。 Therefore, since the pin 6 is not pushed against the housing 3, an end portion 6b of the pin 6 is not in contact with the protrusion 42, and the protrusions 42, the back portion 72a of the first groove 72 It is in a state which is held in.

次に、ユーザが注射器1を使用するにあたり、ノズル23を注射対象領域に押し当てる操作を行う。 Then, when the user uses the syringe 1, performs an operation of pressing the nozzle 23 to the injection target area. このとき、ピン6の端部6aは、ノズル23の先端より、注射器1の先端側に飛び出している。 At this time, the end portion 6a of the pin 6, from the tip of the nozzle 23, which protrudes distally of the syringe 1. そのため、上記押し当て操作を行うと、注射対象領域によってピン6がハウジング3内に押し込まれる。 Therefore, when the pressing operation, the pin 6 is pushed into the housing 3 by injection target area. その結果、ピン6の端部6bが突起部42の傾斜面42aに接触するとともに、ピン6の押し込みに伴い端部6bによってストライカ4の突起部42が、図5(b)に示す第一位置にまで移動させられる。 As a result, the end portion 6b of the pin 6 is brought into contact with the inclined surface 42a of the protrusion 42, the protrusion 42 of the striker 4 by the end 6b with the pushing of the pin 6, a first position shown in FIG. 5 (b) It is moved up to. このとき、バネ16による付勢力はストライカ4に掛かった状態であるので、ピン6のハウジング3への押し込み操作は、この付勢力に抗しながら行われることになる。 At this time, since the urging force of the spring 16 is in a state of hanging the striker 4, pushed into the housing 3 of the pin 6 will be done while resisting the biasing force.

そして、突起部42が第一位置に到達すると、突起部42の傾斜面42aが、案内壁74の壁面の上端部と概ねそろった状態となる。 When the protrusion 42 reaches the first position, the inclined surface 42a of the protrusion 42 becomes a substantially uniform state to the upper end of the wall surface of the guide wall 74. このとき、ピン6の端部6bは、図4に示すような形状を有しており、また、案内壁74の上端部は第一溝72および第二溝73に対して斜めに形成されている。 At this time, the end 6b of the pin 6 has a shape as shown in FIG. 4, also, the upper end portion of the guide wall 74 is formed obliquely with respect to the first groove 72 and second groove 73 there. そのため、突起部42が第一位置に到達すると、バネ16の付勢力のうち、案内壁74の壁面の上端部に沿った分力が、ストライカ4の突起部42を、図5(c)に示すように該壁面に沿って移動させるように作用することになる。 Therefore, when the protrusion 42 reaches the first position, of the biasing force of the spring 16, the component force along the upper portion of the wall surface of the guide wall 74, the protrusion 42 of the striker 4, FIG. 5 (c) It will act to move along the wall surface, as shown. このとき、ストライカ4の本体41は円柱形状を有しているから、突起部42が案内壁74の壁面の上端部に沿って移動すると、その移動に応じて、ストライカ4はカム7内で回転する。 At this time, since the main body 41 of the striker 4 has a cylindrical shape, the protrusion 42 moves along the upper portion of the wall surface of the guide wall 74, in accordance with the movement, the striker 4 is rotated in the cam 7 to.

そして、突起部42が案内壁74の上端部を移動し終わると、図5(d)に示すように第二位置に至る。 When the protrusion 42 has finished moving the upper end of the guide wall 74, it reaches the second position, as shown in FIG. 5 (d). この第二位置では、突起部42が第二溝73に含まれた状態になり、また突起部42が案内壁74による支持を失った状態になるため、第二位置は、バネ16の付勢力によるストライカ4の雷管5への近接が開始される位置である。 In this second position, the protrusion 42 is in a state of being contained in the second groove 73, also a state in which the protrusion 42 loses support by the guide wall 74, the second position, the biasing force of the spring 16 is a position where the proximity is started to detonator 5 of the striker 4 by.

次に、突起部42が第二位置に到達すると、図5(e)に示すように、バネ16の付勢力を利用して、ストライカ4が雷管5に向かって近接し、ニードル43が雷管5に刺突することで、雷管5の燃焼に必要な物理エネルギーが付与されることになる。 Then, when the protrusion 42 reaches the second position, as shown in FIG. 5 (e), by utilizing the urging force of the spring 16, the striker 4 is close towards the detonator 5, the needle 43 is the detonator 5 by piercing the results in the physical energy required for combustion of detonator 5 is applied. このストライカの近接時には、ストライカ4の突起部42は、第二溝73に収められた状態が維持される。 The striker During proximity, the protrusion 42 of the striker 4 is a state of being accommodated in the second groove 73 is maintained. そして、第二溝73の幅は、突起部42の幅と略同一であり、また、突起部42は4つ存在するため、近接時においては、カム7に対するストライカ4の姿勢は好適に維持され、ストライカ4がカム7に引っ掛かることなく円滑に、雷管5に刺突するまで移動することができる。 The width of the second groove 73, the width substantially the same as the protrusion 42, also, since the protrusion 42 is present four, in the close-attitude of the striker 4 relative to the cam 7 is suitably maintained can striker 4 moves until pierce the smooth, detonator 5 without being caught in the cam 7.

このように構成されるストライカ4の駆動機構は、ユーザの注射器1の使用操作により、ピン6がハウジング内に押し込まれて突起部42が第一位置に到達した後は、バネ16の付勢力によって、円滑に、雷管5に刺突するまでの移動が実現されることになる。 Drive mechanism thus configured striker 4, by using the operation of the syringe 1 of the user, the protrusion 42 pin 6 is pushed into the housing after reaching the first position by the biasing force of the spring 16 smoothly, so that the movement until piercing the detonator 5 is realized. 特に、第一位置から第二位置への案内壁14の上端部に沿った移動(以下、「案内移動」という)と、第二位置から雷管5に刺突するまでの、第二溝73に姿勢維持されながらの移動(以下、「姿勢維持移動」という)は、ストライカ4とカム7との引っ掛かりを生じさせる可能性を可及的に排除したものである。 In particular, movement along the upper end portion of the guide wall 14 from the first position to the second position (hereinafter, referred to as "guided movement") and, until the piercing to detonator 5 from the second position, the second groove 73 movement while being position maintaining (hereinafter, referred to as "position maintaining movement") is obtained by eliminating the possibility of causing caught between the striker 4 and the cam 7 as much as possible. また、図2に示すように、カム7の各溝と案内壁74は、カム本体71の側壁を切除する加工で形成できるため、その加工は比較的容易である。 Further, as shown in FIG. 2, the guide walls 74 and the grooves of the cam 7, it is possible to form the machining ablating sidewalls of the cam body 71, the machining is relatively easy.

また、図5に示すストライカ4の一連の移動において、案内移動では案内壁74に沿った移動が行われるが、このとき、案内壁に沿ったバネ16の付勢力の分力(より正確には、ストライカ4の自重の分力も加わる)が、案内移動の推進力となる。 Further, in a series of movement of the striker 4 shown in FIG. 5, in the guide movement takes place be moved along the guide wall 74, this time, the component force of the urging force of the spring 16 along the guide wall (more precisely , also join the force component of the weight of the striker 4), it is the driving force of the guide movement. そして、案内移動の後に迎える姿勢維持移動では、第二溝73に沿った移動で行われるが、このときは、バネ16の付勢力そのもの(より正確には、ストライカ4の自重も加わる)が、姿勢維持移動の推進力となる。 Then, the position maintaining moved greet after guiding the movement is carried out by movement along the second groove 73, this time, the urging force itself of the spring 16 (more precisely, the self-weight of the striker 4 is also applied) is, It is the driving force of position maintaining movement. 当該分力は、当該付勢力そのものよりは小さいため、この一連の移動において、ストライカ4に掛かる推進力が次第に大きくなる、換言すれば、ストライカ4に急激に大きな推進力が掛かるのが回避される。 The component force is smaller than the biasing force itself, in this series movement, thrust gradually increases across the striker 4, in other words, is avoided that sudden major driving force in the striker 4 is applied . この点からも、移動中においてストライカが姿勢を崩し、カム7に引っ掛かってしまうのを回避することが可能となる。 From this point, the striker destroy the posture during the movement, it is possible to avoid being caught in the cam 7.

更には、案内移動と姿勢維持移動において、カム7に対するストライカ4の姿勢は、ストライカ4の突起部42と第二溝73と案内壁74との接触状態によって決定される。 Furthermore, the guide movement and position maintaining movement, the attitude of the striker 4 relative to the cam 7 is determined by the contact between the protruding portion 42 of the striker 4 and the second groove 73 and the guide wall 74. ここで、本実施例では、4つの突起部42がストライカ本体41と一体的に設けられている。 In the present embodiment, four projections 42 are provided integrally with the striker body 41. このことは、ストライカ本体41を介して、全ての突起部42の動きを固定的に連動させるものである。 This via the striker body 41 is intended to fixedly interlock all movement of the protrusion 42. そのため、4つの突起部42は、それぞれが同時に案内壁74に沿って移動し、また、第二溝73に沿って移動することになる。 Therefore, four projections 42, each of which moves along the guide wall 74 at the same time, also, will move along the second groove 73. このような構成により、カム7に対してストライカ4の姿勢が傾きにくくなり、以て、カム7への引っ掛かりを効果的に抑制することができる。 With this configuration, the posture of the striker 4 is less likely to tilt with respect to the cam 7, than Te, can be effectively suppressed caught to the cam 7.

なお、上記の実施例では、ハウジング3に嵌め込まれているピン6は、図1(b)に示すように4本存在し、それぞれが、端部6aを介して受ける外力、すなわち、ユーザの操作により注射対象領域から受ける力によって、ハウジング3内に押し込められる。 In the above embodiments, pins 6 are fitted to the housing 3, there four as shown in FIG. 1 (b), an external force that each receive through the end 6a, i.e., the user's operation the force from the injection target area by, is pushed into the housing 3. ここで、この各ピン6の動きは、それぞれが独立して発生するように構成され、すなわち、一のピン6の押し込み動作と他のピン6の押し込み操作は連動していない。 Here, the motion of each pin 6 is configured so that each is generated independently, i.e., pushing operation and pushing operation of the other pin 6 of one pin 6 is not interlocked. そのため、注射液MLを射出するために、ストライカ4の位置を図5(a)に示す位置から図5(b)に示す位置まで移動させるには、4つのピン6の全てが、ハウジング4に押し込まれるように注射器1を操作しなければならない。 Therefore, in order to exit the injection solution ML, to move the position of the striker 4 from the position shown in FIG. 5 (a) to the position shown in FIG. 5 (b), all four pins 6, the housing 4 It must manipulate the syringe 1 as is pushed. このような構成することにより、注射器1を注射対象領域に対して垂直に立てる等の慎重な操作を、ユーザに促すことができる。 By such a configuration, a careful operation such stand vertically syringe 1 for injection target area, may prompt the user. また、不意の操作によって一のピン6が押し込まれてしまっても、ストライカ4を図5(b)に示す位置まで移動させることが難しいため、注射液MLが射出されてしまうのを回避することもできる。 Further, even if I pushed one pin 6 by the operation of the unexpected, since it is difficult to move the striker 4 to the position shown in FIG. 5 (b), to avoid the injection solution ML from being injected It can also be.

また、ピン6の押し込みに関し、上記の態様に代えて、全てのピン6の押し込み動作が連動するように構成してもよい。 Also relates to pushing the pin 6, in place of the above aspects, the pushing operation of all the pins 6 may be configured to work. 例えば、ハウジング3内において、全てのピン6を環状のリング等で連結することで、一のピン6の押し込み動作が、他のピン6の押し込み動作を招くようにしてもよい。 For example, in the housing 3, all the pins 6 by connecting an annular ring or the like, pushing operation of one of the pin 6, may be causing a pushing operation of the other pin 6. このように構成することで、ユーザによる注射器1の操作性を高めることができる。 With this configuration, it is possible to improve the operability of the syringe 1 by the user.

上記の実施例で述べたように、本発明に係る注射器1では、ピン6がハウジング3内に押し込まれることで、ストライカ4による雷管5への刺突が行われる。 As mentioned in the above examples, the injector 1 according to the present invention, since the pin 6 is pushed into the housing 3, stinging impact to the detonator 5 by the striker 4 is performed. そのため、ユーザの不意の操作による注射液の射出は、可及的に回避されなければならない。 Therefore, injection of injection liquid by the operation of the unexpected user must be avoided as much as possible. そこで、以下に、不意の注射液の射出を回避するための安全装置に関する実施例を示す。 Therefore, below, it shows an example safety device for avoiding injection of injectables unexpected. 先ず、図6に示すように、注射器1の先端側に、保護キャップ30を設けてもよい。 First, as shown in FIG. 6, the distal end side of the syringe 1 may be provided with a protective cap 30. これにより、注射器1の未使用時に、ピン6が不意に押し込まれることを回避することができる。 Thus, when not in use of the syringe 1, the pin 6 can be prevented to be pushed into the guard.

また、図6に示す安全装置の態様に代えて、図7に示すように、注射器1の基端側に、ピン6の押し込み動作を制限するためのロック装置31を設けてもよい。 Further, instead of the embodiment of the safety device illustrated in FIG. 6, as shown in FIG. 7, the base end side of the syringe 1 may be provided with a locking device 31 for limiting the pushing operation of the pin 6. ロック装置31は、外殻容器2の上底面2aを貫通して挿入される脚部32を有している。 Locking device 31 includes a leg 32 which is inserted through the bottom surface 2a on the outer shell container 2. この脚部32は、上底面2aを貫通し、ハウジング3内の、ピン6の端部6bに接触し得る位置まで延在し、そして、脚部32が端部6bに接触した状態で、ロック装置31が外殻容器2に取り付けられる。 The leg 32 extends through the upper bottom 2a, in the housing 3, extends to a position that could be brought into contact with the end 6b of the pin 6, and, in a state where the leg portion 32 is in contact with the end portion 6b, the locking device 31 is attached to the outer shell container 2. ロック装置31は、例えばスナップフィットなどで外殻容器2に固定され、一定以上の力を加えないと抜けないようになっている。 Locking device 31 is, for example, secured to the outer shell container 2 in such a snap-fit, so as not missing and not apply a constant force or more. そのため、仮にピン6の端部6aに外力が加わったとしても、端部6b側で脚部32がピン6の押し込み動作を制限する。 Therefore, even if the external force to the end portion 6a of the pin 6 is applied, the leg portions 32 at the end 6b side to limit the operation for pushing the pin 6. この結果、ストライカ4の移動が制限され、不意の注射液MLの射出を回避することができる。 As a result, the movement of the striker 4 is restricted, it is possible to avoid the injection of injection solution ML unexpected.

また、図7に示す安全装置の態様に代えて、図8に示すように、注射器1の外殻容器2の側壁に、ピン6の押し込み動作を制限するためのロック装置32を設けてもよい。 Further, instead of the embodiment of the safety device illustrated in FIG. 7, as shown in FIG. 8, the side wall of the outer shell container 2 of the syringe 1 may be provided with a locking device 32 for limiting the pushing operation of the pin 6 . ロック装置32は、操作部32aと爪部32bを有しており、注射器1の未使用時には、図8(a)に示すように、爪部32bが端部6bを覆うように位置する。 Locking device 32 has an operation portion 32a and the claw portion 32b, at the time of non-use of the syringe 1, as shown in FIG. 8 (a), the claw portion 32b is positioned so as to cover the end portion 6b. そのため、ピン6の押し込み動作により端部6bが基端側に進もうとしても、その動きは爪部32bによって制限される。 Therefore, the end portion 6b by pushing operation of the pin 6 even if Susumo proximally, its movement is limited by the pawl portion 32b. 一方で、注射器1の使用時には、ユーザが操作部32aを押下することで、ロック装置32が外殻容器2に対して回転移動し、爪部32bがピン6の端部6bから離れる。 On the other hand, when using the syringe 1, the user presses the operation portion 32a, rotates and moves the locking device 32 relative to the outer shell container 2, the claw portion 32b is away from the end 6b of the pin 6. これにより、ピン6の押し込み動作の制限が解除されることになる。 Thereby, the pushing of the operating limitations of the pin 6 is released. このように、ユーザの操作によってピン6の押し込み動作を制限するロック装置32を設けることでも、適切に不意の注射液MLの射出を回避することができる。 In this way, by providing the locking device 32 for limiting the pushing operation of the pin 6 by the operation of the user, it is possible to properly avoid the injection of injection solution ML unexpected.

<その他の実施例> <Other embodiments>
本発明に係る注射器1によれば、上述した注射液を皮膚構造体に注射する場合以外にも、例えば、再生医療の分野において、注射対象となる細胞や足場組織・スキャフォールドに培養細胞、幹細胞等を播種することが可能となる。 According to the syringe 1 according to the present invention, in addition to the case of injecting the injection solution discussed above to the skin structure be, for example, in the field of regenerative medicine, the injection target cells and scaffolds tissue-scaffold in cultured cells, stem cells such as it is possible to seed. 例えば、特開2008−206477号公報に示すように、移植される部位及び再細胞化の目的に応じて当業者が適宜決定し得る細胞、例えば、内皮細胞、内皮前駆細胞、骨髄細胞、前骨芽細胞、軟骨細胞、繊維芽細胞、皮膚細胞、筋肉細胞、肝臓細胞、腎臓細胞、腸管細胞、幹細胞、その他再生医療の分野で考慮されるあらゆる細胞を、注射器1により注射することが可能である。 For example, as shown in JP-A-2008-206477, cells those skilled in the art depending on the site and recellularize purpose of being implanted may be determined as appropriate, for example, endothelial cells, endothelial precursor cells, bone marrow cells, prior to bone blasts, chondrocytes, fibroblasts, skin cells, muscle cells, liver cells, kidney cells, intestinal cells, stem cells, any cell to be considered in the field of other regenerative medicine, it can be injected by syringe 1 .

さらには、特表2007−525192号公報に記載されているような、細胞や足場組織・スキャフォールド等へのDNA等の送達にも、本発明に係る注射器1を使用することができる。 Furthermore, as described in JP-T-2007-525192, in the delivery of DNA or the like into cells and scaffolds tissue-scaffold can be used, such as a syringe 1 according to the present invention. この場合、針を用いて送達する場合と比較して、本発明に係る注射器1を使用した方が、細胞や足場組織・スキャフォールド等自体への影響を抑制できるためより好ましいと言える。 In this case, as compared with the case of delivery using a needle, better to use the syringe 1 according to the present invention, it can be said that the more preferable in terms of being able to suppress the influence on the cells and scaffolds tissue-scaffold like itself.

さらには、各種遺伝子、癌抑制細胞、脂質エンベロープ等を直接目的とする組織に送達させたり、病原体に対する免疫を高めるために抗原遺伝子を投与したりする場合にも、本発明に係る注射器1は好適に使用される。 Further, various genetic, cancer suppressor cells, or it is delivered to the tissue to be direct object a lipid envelope, etc., even if the or administering the antigen gene in order to increase the immunity to pathogens, syringe 1 according to the present invention are preferably They are used to. その他、各種疾病治療の分野(特表2008−508881号公報、特表2010−503616号公報等に記載の分野)、免疫医療分野(特表2005−523679号公報等に記載の分野)等にも、当該注射器1は使用することができ、その使用可能な分野は意図的には限定されない。 Other, various diseases therapeutic areas (Kohyo 2008-508881 and JP-field described in JP-T-2010-503616 Publication), in such immunization medical field (field described in JP-T-2005-523679 Publication) , the syringe 1 can be used, their possible fields is not limited to intentionally.

1・・・・注射器 2・・・・外殻容器 3・・・・ハウジング 4・・・・ストライカ 41・・・・ストライカ本体 42・・・・突起部 43・・・・ニードル 5・・・・雷管 6・・・・ピン 6a、6b・・・・端部 7・・・・カム 71・・・・カム本体 72・・・・第一溝 72a、73a・・・・奥部 73・・・・第二溝 74・・・・案内壁 9・・・・ガス発生剤 13・・・・ピストン 21・・・・シリンジブロック 22・・・・ピストンブロック 23・・・・ノズル 30・・・・保護キャップ 31、32・・・・ロック装置 1 .... syringe 2 .... shell container 3 ... housing 4 ... striker 41 ... striker body 42 ... projections 43 ... needle 5 ... · detonator 6 ... pin 6a, 6b ... end 7 ... cam 71 ... cam body 72 .... first groove 72a, 73a ... inner part 73 ... ... second groove 74 .... guide wall 9 ... gas generating agent 13 ... piston 21 ... syringe block 22 ... piston block 23 ... nozzle 30 ... and protection cap 31, 32 ... locking device

Claims (6)

  1. 注射対象領域に注射される注射目的物質を収容する収容部と、 A storage portion for storing injection objective substance to be injected into the injection target area,
    雷管と、 And a detonator,
    前記雷管に対して物理エネルギーを与え、該雷管を燃焼させるストライカと、 Giving physical energy to the detonator, a striker that burn 該雷 tube,
    前記ストライカを前記雷管に対して刺突させる駆動機構と、 A drive mechanism for piercing the striker to the detonator,
    前記雷管の燃焼により、前記収容部に収容されている前記注射目的物質に対して射出のためのエネルギーを付与し、前記注射対象領域に対して該注射目的物質を射出する射出部と、を備える注射器であって、 By combustion of the detonator, the energy for injection was given to the injection objective substance contained in the receiving portion, and a injection unit for injecting the injection objective substance relative to the injection target area a syringe,
    前記駆動機構は、 The drive mechanism,
    前記注射目的物質の注射準備時から前記ストライカを前記雷管に刺突させるまでの間、該ストライカを該雷管に向かって付勢する付勢部と、 Between the time of injection preparation for the injection objective substance to be piercing the striker to the detonator, and an urging unit that urges the striker to 該雷 tube,
    前記注射準備時に、前記付勢部の付勢力によって、前記ストライカが前記雷管から離間した準備位置に位置するように該ストライカを保持する保持部と、 Wherein upon injection preparation, a holding part by the biasing force of the biasing portion, the striker holds the striker so as to be located in the ready position spaced from the detonator,
    前記ストライカが前記雷管に対して近接するときに、該雷管に対する該ストライカの姿勢を維持する姿勢維持部と、 When the striker is closer to the detonator, a position maintaining unit for maintaining the posture of the striker against 該雷 tube,
    外力により、前記準備位置にある前記ストライカを、 前記付勢部の付勢力に抗しながら前記保持部による保持が解除される第一位置まで移動させ、その後に、前記付勢部の付勢力の分力によって、該ストライカを、 該第一位置より前記雷管寄りの位置であって前記姿勢維持部による姿勢維持が開始される第二位置まで移動させる移動部と、 By an external force, the striker is in the ready position, against the urging force of the urging unit is moved to a first position in which the holding is released by the holding unit, after which the biasing force of the biasing portion the component force, the striker, and a moving unit that moves to a second position where the position maintaining by said position maintaining portion a position of the detonator closer than the first position is started,
    を有する注射器。 Syringe with a.
  2. 前記ストライカは、 The striker,
    ストライカ本体と、 And the striker body,
    前記ストライカ本体から外方向に突出した複数の突起部と、 A plurality of protrusions projecting outwardly from said striker body,
    を有し、 Have,
    前記保持部は、前記ストライカ本体が内部を移動可能となるように筒状に構成されたカムの側壁に、前記複数の突起部に対応して形成され、且つ、前記第一位置を含む第一溝であって、 The holding portion, said the side wall of the cam which is configured in a cylindrical shape so as striker body can be moved inside, is formed corresponding to the plurality of protrusions, and a first containing the first position a groove,
    前記複数の突起部のそれぞれは、前記付勢部の付勢力によって、対応する前記第一溝の奥部に位置する前記準備位置で保持され、 Said plurality of respective projections, by the biasing force of the biasing portion is held by the ready position located deep portion of the corresponding first groove,
    前記姿勢維持部は、前記カムの側壁に設けられ、記複数の突起部のそれぞれが前記ストライカの前記雷管への近接方向に沿って延在するとともに、該ストライカの近接時に該突起部を案内し、且つ、前記第二位置を含む第二溝であって、 The position maintaining unit is provided on the side wall of the cam, together with each of the serial plurality of protrusions extending along the approaching direction to the detonator of the striker, to guide the protrusion portion when the proximity of the striker and, a second groove including said second position,
    前記移動部は、 The moving part,
    前記第一溝において、外力により、前記準備位置にある前記ストライカの突起部を、前記付勢部の付勢力に抗しながら前記第一位置まで移動させる移動部材と、 In the first groove, by an external force, a moving member for moving the projections of the striker in the standby position, until the first position against the urging force of the urging portion,
    前記付勢部の付勢力の分力により、前記ストライカの突起部を前記第一位置から前記第二位置に移動させるように、前記近接方向に対して斜めに前記第一溝と前記第二溝との間に形成された案内壁と、を有する、 The component of the biasing force of the biasing portion, the projecting portion of the striker to move to the second position from the first position, the second groove and the first groove at an angle relative to the approaching direction having a formed guide wall between,
    請求項1に記載の注射器。 Syringe according to claim 1.
  3. 前記第一溝と前記第二溝は、前記カムの側壁において、前記近接方向に沿って延在し、 The second groove and the first groove, in the side wall of the cam, extending along the approaching direction,
    前記第二溝の奥部は、前記第一溝の奥部より前記雷管に近く、前記ストライカによる前記雷管の刺突が可能な位置まで前記突起部を前記第二溝に沿って案内する位置に形成される、 Inner portion of the second groove is closer to the detonator than the inner portion of the first groove, the protrusion to a position capable of stinging impact of the detonator by the striker in a position to guide along the second groove It is formed,
    請求項2に記載の注射器。 Syringe according to claim 2.
  4. 前記移動部材は、前記射出部における前記注射目的物質の射出口の近傍において、一の端部が突出して設けられた、前記複数の突起部と同数の複数のピンであって、 The moving member, said near the exit of the injection objective substance in the injection unit, one end portion is provided to protrude, a plurality of pins equal in number to the plurality of protrusions,
    前記注射目的物質の注射時に該射出口を前記注射対象領域に接触させたときに生じる外 Outer caused when said the injection-outlet during injection of injection objective substance into contact with the injection target area

    力により、前記複数のピンは前記注射器の内部に入り込むとともに、該複数のピンの前記一の端部に対する反対側の端部が、前記カムの側壁から飛び出した、対応する前記複数の突起部に接触することで、前記ストライカの突起部を前記第一位置まで移動させる、 The force, together with the plurality of pins entering the interior of the syringe, the opposite end with respect to the one end of the pin of said plurality of, jumped from the side wall of the cam, the plurality of protrusions corresponding by contacting, moving the protruding portion of the striker to the first position,
    請求項2又は請求項3に記載の注射器。 Syringe according to claim 2 or claim 3.
  5. 前記複数のピンは、それぞれが独立して前記注射器の内部に入り込むように構成される、 Wherein the plurality of pins are configured such that each enters the interior of the syringe independently,
    請求項4に記載の注射器。 Syringe according to claim 4.
  6. 前記複数のピンは、全てのピンが同時に前記注射器の内部に入り込むように構成される、 Wherein the plurality of pins, all pins are configured to simultaneously enter into the interior of the syringe,
    請求項4に記載の注射器。 Syringe according to claim 4.
JP2013116219A 2013-05-31 2013-05-31 Syringe Active JP6211309B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013116219A JP6211309B2 (en) 2013-05-31 2013-05-31 Syringe

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013116219A JP6211309B2 (en) 2013-05-31 2013-05-31 Syringe

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2014233422A JP2014233422A (en) 2014-12-15
JP6211309B2 true JP6211309B2 (en) 2017-10-11

Family

ID=52136587

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2013116219A Active JP6211309B2 (en) 2013-05-31 2013-05-31 Syringe

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6211309B2 (en)

Family Cites Families (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
FR2800619B1 (en) * 1999-11-05 2002-02-08 Cross Site Technologies Needleless syringe with a means to temporarily retained thrust
GB2391480B (en) * 2002-08-05 2007-02-28 Caretek Medical Ltd Drug delivery system
JP2006513765A (en) * 2003-02-25 2006-04-27 エフ.ホフマン−ラ ロシュ アーゲーF. Hoffmann−La Roche Aktiengesellschaft Needleless hypodermic injection device comprising a non-electric detonator ignition means
FR2884723B1 (en) * 2005-04-20 2008-03-14 Becton Dickinson France Soc Pa A device for protecting an injection device
US9480804B2 (en) * 2009-12-23 2016-11-01 Becton, Dickinson And Company Monodose nasal drug delivery system
EP2468328A1 (en) * 2010-12-21 2012-06-27 Sanofi-Aventis Deutschland GmbH Auto-injector

Also Published As

Publication number Publication date
JP2014233422A (en) 2014-12-15

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US3403679A (en) Hypodermic injection apparatus with a secondary capsule-collapsing means
RU2531118C2 (en) Drug administration device comprising signal feedback units
US8500681B2 (en) Injection systems
US8062255B2 (en) Auto-injector
JP6057894B2 (en) Safety device for prefilled syringes, syringe device and injection kit
US6406456B1 (en) Jet injector
CN1915449B (en) Drug delivery device for buccal and aural applications and other areas of the body difficult to access
EP2268342B1 (en) Injector safety device
EP1755708B1 (en) Injection device
EP1476210B1 (en) Intradermal injector
US9446195B2 (en) Injection device with cammed ram assembly
CN100406076C (en) Automatic injector with anti-coring needle
US7749195B2 (en) Administration device with an insertion mechanism and a delivery mechanism
JP5497753B2 (en) Injection device
EP2758100B1 (en) Automatic injection device
CN101687080B (en) Device for administering a fluid active substance from a multi-chamber ampoule
EP0014006B1 (en) Automatic, plural spring actuated, injecting device
DK2131898T3 (en) autoinjector
US7699802B2 (en) Needle-less injector
US20060129122A1 (en) Method and apparatus for delivering epinephrine
DK2054109T3 (en) Loading device for insertion heads, particularly for infusion
ES2229183T3 (en) Water jet injector.
ES2234321T3 (en) Autoinjector.
US7615234B2 (en) Drug delivery technology
US4394863A (en) Automatic injector with cartridge having separate sequentially injectable medicaments

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20160304

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20161227

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20170110

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20170313

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20170815

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20170913

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6211309

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150