JP6198732B2 - Liquid transport adapter and tilting spike - Google Patents

Liquid transport adapter and tilting spike Download PDF

Info

Publication number
JP6198732B2
JP6198732B2 JP2014520360A JP2014520360A JP6198732B2 JP 6198732 B2 JP6198732 B2 JP 6198732B2 JP 2014520360 A JP2014520360 A JP 2014520360A JP 2014520360 A JP2014520360 A JP 2014520360A JP 6198732 B2 JP6198732 B2 JP 6198732B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
liquid transport
transport adapter
vial
spike
syringe
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2014520360A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2014526920A (en
Inventor
サンド,ジュリアス・シー
スワンソン,ケヴィン・ディー
Original Assignee
アンタレス・ファーマ・インコーポレーテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US13/184,211 priority Critical patent/US9220660B2/en
Priority to US13/184,211 priority
Priority to US201261671037P priority
Priority to US61/671,037 priority
Application filed by アンタレス・ファーマ・インコーポレーテッド filed Critical アンタレス・ファーマ・インコーポレーテッド
Priority to PCT/US2012/046639 priority patent/WO2013066435A2/en
Publication of JP2014526920A publication Critical patent/JP2014526920A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP6198732B2 publication Critical patent/JP6198732B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61JCONTAINERS SPECIALLY ADAPTED FOR MEDICAL OR PHARMACEUTICAL PURPOSES; DEVICES OR METHODS SPECIALLY ADAPTED FOR BRINGING PHARMACEUTICAL PRODUCTS INTO PARTICULAR PHYSICAL OR ADMINISTERING FORMS; DEVICES FOR ADMINISTERING FOOD OR MEDICINES ORALLY; BABY COMFORTERS; DEVICES FOR RECEIVING SPITTLE
    • A61J1/00Containers specially adapted for medical or pharmaceutical purposes
    • A61J1/05Containers specially adapted for medical or pharmaceutical purposes for collecting, storing or administering blood, plasma or medical fluids ; Infusion or perfusion containers
    • A61J1/14Details, e.g. provisions for hanging or shape retaining means; Accessories therefor, e.g. inlet or outlet ports, filters or caps
    • A61J1/20Arrangements for transferring or mixing fluids, e.g. from vial to syringe
    • A61J1/2096Combination of a vial and a syringe for transferring or mixing their contents
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61JCONTAINERS SPECIALLY ADAPTED FOR MEDICAL OR PHARMACEUTICAL PURPOSES; DEVICES OR METHODS SPECIALLY ADAPTED FOR BRINGING PHARMACEUTICAL PRODUCTS INTO PARTICULAR PHYSICAL OR ADMINISTERING FORMS; DEVICES FOR ADMINISTERING FOOD OR MEDICINES ORALLY; BABY COMFORTERS; DEVICES FOR RECEIVING SPITTLE
    • A61J1/00Containers specially adapted for medical or pharmaceutical purposes
    • A61J1/05Containers specially adapted for medical or pharmaceutical purposes for collecting, storing or administering blood, plasma or medical fluids ; Infusion or perfusion containers
    • A61J1/14Details, e.g. provisions for hanging or shape retaining means; Accessories therefor, e.g. inlet or outlet ports, filters or caps
    • A61J1/20Arrangements for transferring or mixing fluids, e.g. from vial to syringe
    • A61J1/2003Accessories used in combination with means for transfer or mixing of fluids, e.g. for activating fluid flow, separating fluids, filtering fluid or venting
    • A61J1/2006Piercing means
    • A61J1/201Piercing means having one piercing end
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61JCONTAINERS SPECIALLY ADAPTED FOR MEDICAL OR PHARMACEUTICAL PURPOSES; DEVICES OR METHODS SPECIALLY ADAPTED FOR BRINGING PHARMACEUTICAL PRODUCTS INTO PARTICULAR PHYSICAL OR ADMINISTERING FORMS; DEVICES FOR ADMINISTERING FOOD OR MEDICINES ORALLY; BABY COMFORTERS; DEVICES FOR RECEIVING SPITTLE
    • A61J1/00Containers specially adapted for medical or pharmaceutical purposes
    • A61J1/05Containers specially adapted for medical or pharmaceutical purposes for collecting, storing or administering blood, plasma or medical fluids ; Infusion or perfusion containers
    • A61J1/14Details, e.g. provisions for hanging or shape retaining means; Accessories therefor, e.g. inlet or outlet ports, filters or caps
    • A61J1/20Arrangements for transferring or mixing fluids, e.g. from vial to syringe
    • A61J1/2003Accessories used in combination with means for transfer or mixing of fluids, e.g. for activating fluid flow, separating fluids, filtering fluid or venting
    • A61J1/2048Connecting means
    • A61J1/2065Connecting means having aligning and guiding means
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61JCONTAINERS SPECIALLY ADAPTED FOR MEDICAL OR PHARMACEUTICAL PURPOSES; DEVICES OR METHODS SPECIALLY ADAPTED FOR BRINGING PHARMACEUTICAL PRODUCTS INTO PARTICULAR PHYSICAL OR ADMINISTERING FORMS; DEVICES FOR ADMINISTERING FOOD OR MEDICINES ORALLY; BABY COMFORTERS; DEVICES FOR RECEIVING SPITTLE
    • A61J2200/00General characteristics or adaptations
    • A61J2200/10Coring prevention means, e.g. for plug or septum piecing members

Description

[0001]本願は2011年7月15日に出願された米国特許出願第13/184211号および2012年7月12日に出願された米国仮出願第61/67103号の部分継続出願であり、これらの優先権を主張する。 [0001] This application is a continuation-in-part application of US Provisional Application No. 61/67103 filed July 12, 2011 filed July 15 U.S. Patent Application No. 13/184211 and 2012, these claims of priority. また、これらの各出願は参照によりその全体が本明細書に組み込まれる。 Further, each of these applications are incorporated by reference in their entirety herein.

[0002]本願は、広く液体輸送アダプタに関し、より特定すれば、バイアルと注射器との間の液体連通を提供する液体輸送アダプタに関する。 [0002] The present application relates generally liquid transport adapter, and more particularly relates to a liquid transport adapter to provide a fluid communication between the vial and syringe.

[0003]医療分野において、バイアル内に薬剤が提供されることは一般的な慣行である。 [0003] In the medical field, the drug is provided in a vial is a common practice. 薬剤はバイアルから注射器(たとえば、シリンジ、自動注射器、ジェット注射器など)に輸送され、その後、患者に注入される。 Drug syringe from the vial (e.g., a syringe, an auto-injector, a jet injector, etc.) is transported to, then injected into the patient. ある場合において、薬剤はシールされたバイアル内で溶液として提供され、またある場合は、固体状態(たとえば粉末)で提供される。 In some cases, the drug is provided as a solution in a sealed vial, if there also is provided in the solid state (e.g., powder). 一般に、固体状態で提供される場合、薬剤を溶解させるためにバイアル内に溶媒(たとえば水)が注入される。 In general, when provided in a solid state, a solvent (e.g., water) is injected into the vial to dissolve the drug. 液体の薬剤は、患者に注入するために、バイアルから注射器に引き出される。 Agent liquid for injection into a patient is drawn into the syringe from the vial.

[0004]典型的なバイアルはストッパでシールされ、ストッパはバイアルのネック部の内側壁の下に延びる側壁を備えるものとすることができる。 [0004] A typical vial was sealed with a stopper, the stopper can be made with a side wall extending below the inner wall of the neck portion of the vial. 側壁の幾何学構造および厚さは薬剤の性質に応じで変更することができ、限定するわけではないが薬剤は溶解のために溶媒を必要とする粉末状のものを含む。 Geometry and thickness of the side wall can be modified in accordance with the nature of the agent, but are not limited drug include the powdered requiring a solvent for dissolution. 従来、バイアルの内容物との流体連通をもたらすために中空スパイクが実装される。 Conventionally, the hollow spike is implemented to provide fluid communication between the contents of the vial. 具体的には、中空スパイクはストッパを貫き、バイアルに液体を注入し、および/または、バイアルから液体を引き出す。 Specifically, the hollow spike pierces the stopper, the liquid was injected into the vial, and / or draws liquid from the vial. しかし、時折、ストッパを貫こうとするとき、スパイク118はストッパの側壁に不注意に入ることがあり、バイアルからスパイクへ液体を引き出すための開口部の向きによっては、バイアル内の内容物との液体連通を妨げまたは制限することがある。 However, occasionally, when trying Tsuranuko stoppers, spikes 118 may enter the negligence on the side wall of the stopper, by the orientation of the opening for withdrawing the liquid from the vial to the spike, the contents of the vial sometimes impede or restrict fluid communication.

[0005]追加的に、従来のスパイクがゴムストッパを通じて押されると、ゴムストッパはしばしばスパイクにより伸縮し、裂け、または切断される。 [0005] Additionally, the conventional spike is pushed through the rubber stopper, the rubber stopper is often expands and contracts spike is torn or cut. いくつかの場合、ストッパの一部は、中空スパイクの中に入ることがあり、また、ストッパの芯を抜くことがあり、バイアルから液体の流れを妨げることがある。 In some cases, a portion of the stopper, may enter into the hollow spike, also it may pull the core of the stopper, which may impede the flow of liquid from the vial.

[0006]米国特許第5254106号明細書は、針の側壁に沿って延びるスロットを含む針を開示している。 [0006] U.S. Patent No. 5,254,106 Pat discloses a needle comprising a slot extending along the sidewall of the needle. 米特許出願公開第2006/0266431号明細書は、側壁にスロットを備える針を開示している。 US Patent Application Publication No. 2006/0266431 Patent specification discloses a needle comprising a slot in the side wall. 米国特許第4411661号明細書および米国特許出願公開第2007/0179506号明細書は、スロット付きのスパイクを開示し、スロットは側壁の円錐形の頂部から延びる。 U.S. Patent and US Patent Application Publication No. 2007/0179506 Specification No. 4411661 discloses a spike with a slot, the slot extending from the top of the conical sidewall. 米国特許第7150735号明細書は、傾斜表面に1つまたは複数の開口部を備えるスパイクを開示している。 U.S. Patent No. 7150735 Patent specification discloses a spike comprising one or more openings in the inclined surface. これらの特許文献のすべては、参照によりそれらの全体が本明細書に組み込まれる。 All these patents in their entirety are incorporated by reference herein.

[0007]注射器とバイアルとの間に作動的に挟むことができる液体輸送アダプタが提供される。 [0007] syringe and fluid transport adapters that can be sandwiched in operative between the vial is provided. いくつかの実施形態において、液体輸送アダプタは、注射器に液体連結するように構成される注射器係合部と、バイアル連結部とを有する。 In some embodiments, the liquid transport adapter has a syringe-engaging portion configured to liquid connected to a syringe, and a vial connection. バイアル連結部はスパイクを含み、スパイクはスパイク軸、およびバイアルの隔壁を貫くように構成される先端部を備える。 Vial coupling portion includes a spike, the spike includes a spike shaft, and configured tip so as to penetrate the vial septum. 先端部は、1つまたは複数のエッジで互いに結合する複数のファセットを含み、1つまたは複数のエッジの少なくとも1つは、スパイク軸に対して傾斜する。 Tip includes a plurality of facets joined together at one or more edges, at least one of the one or more edges is inclined with respect to the spike axis. スパイクは、スパイクを通るチャネルを画定し、注射器係合部と液体連通する。 Spike defines a channel through the spike, fluid communication with the syringe engaging portion. ファセットの少なくとも1つにチャネル開口部が画定され、チャネル開口部はエッジを中断することなく配置される。 Defined the channel opening in at least one facet, the channel opening is arranged without interrupting the edge.

[0008]いくつかの実施形態において、エッジはファセット間の接合部を有する。 [0008] In some embodiments, the edge has a joint portion between the facets. エッジは、スパイクが通るときに隔壁を突き刺するように構成される付き刺し面を備えるものとすることができる。 Edges can be made with a configured with stab surface so that pierce the septum when the spike passes. 一実施形態において、先端部は、少なくとも3つのファセットを備え、また、少なくとも3つのファセットの各々に配置されるチャネル開口部を有する。 In one embodiment, the tip comprises at least three facets, also has a channel opening which is arranged on each of at least three facets. チャネル開口部は、エッジから円周方向に間隔が隔てられるものとすることができる。 Channel openings can be assumed that gap is circumferentially spaced from the edge. 追加的に、チャネル開口部の側方エッジは、エッジと比べて半径方向内側に配置するようにしてもよい。 Additionally, the lateral edges of the channel openings may be disposed radially inward than the edge. さらに、チャネル開口部の側方エッジは、任意の軸方向位置においてエッジに対して半径方向内側に配置される。 Further, the side edge of the channel opening is disposed radially inwardly with respect to the edge in any axial position. チャネル開口部の側方エッジは、スパイクが隔壁を貫通するときに、隔壁がチャネル開口部へ侵入することを最小化するのに十分な距離だけ、エッジから間隔が隔てられるようにすることができる。 Side edge of the channel opening, when the spike penetrates the partition wall, the partition wall by a distance sufficient to minimize that entering the channel openings can be made such that the distance from the edge are separated . チャネル開口部はファセット上で実質的に円周方向に中心決めされるようにしてもよい。 Channel openings may be configured to be substantially centered in the circumferential direction on the facet.

[0009]いくつかの実施形態において、シールは、液体をチャネルおよび注射器内に維持するために注射器に係合するように構成される注射器係合部に配置することができる。 [0009] In some embodiments, the seal may be disposed in the syringe engaging portion configured to engage the syringe in order to maintain the liquid in the channel and syringe. 追加的に、注射器係合部は、針無し注射器に連結するのに好適な寸法を備える。 Additionally, the syringe engaging portion is provided with dimensions suitable for coupling to a needleless syringe. さらに、取り外し可能な挿入部は、注射器係合部内に取り外し可能に連結することができ、様々なサイズの注射器に係合するように選択的に注射器係合部を構成する。 Further, the removable insert, the syringe engaging it can be removably coupled to coupling portion, constituting a selective syringe engaging portion to engage the syringe of various sizes. 取り外し可能は挿入部は、第1幅を備えるシリンジ、および第1幅よりも大きな第2幅を備えるジェット注射器に連結するのに好適な寸法を備えるようにすることができる。 Insertion unit removable is, can be made to include dimensions suitable for coupling to a jet injector with a syringe, and a larger second width greater than the first width comprises a first width.

[0010]いくつかの実施形態において、バイアル係合部材は、バイアル連結部に関連付けられるようにすることができ、また、挿入されるスパイクにより液体輸送アダプタをバイアルに係合させるように構成される。 [0010] In some embodiments, the vial engagement member may be so associated with the vial connecting portion, also adapted to engage the fluid transport adapter into the vial by the spike to be inserted . さらに、バイアル係合部材は、スパイクの周りに配置されるそり返ったフィンガ部を含むようにすることができ、また、バイアルに係合する液体輸送アダプタをスナップ留めおよび保持するように液体輸送アダプタに向かって延びる。 Furthermore, the vial engagement member may be adapted to include a finger portion warped disposed around the spike, also the liquid transfer adapter to the liquid transport adapter for engaging snaps and held in a vial extending toward the. さらに、スパイクは、先端から注射器係合部へ向かって延びるシャフトを含むようにすることができ、また、バイアルの逆さの位置で、バイアルからの液体の引き出しを最大化するように開口部がシャフト上に延びる。 Additionally, spikes may be to include a shaft extending from the tip to the syringe engaging portion, also in an inverted position of the vial, the opening portion so as to maximize the withdrawal of liquid from the vial shaft extending above.

[0011]いくつかの実施形態において、エッジは実質的に軸方向に中心決めされるポイントにおいて接する。 [0011] In some embodiments, the edge is in contact at a point that is substantially centered in the axial direction. 追加的に、ファセットは実質的に平坦な傾斜部とすることができる。 Additionally, facet may be a substantially flat inclined portion. 他の実施形態において、液体輸送アダプタは、シールされたバイアルとの液体連通を提供するためのスパイクを備えるように提供される。 In other embodiments, the liquid transport adapter is provided to comprise spikes for providing fluid communication between the sealed vial. スパイクは、シャフト部、およびバイアルの隔壁を貫通するように構成される貫通ポイントを含む。 Spike includes a through-point is configured to penetrate the shaft portion, and the vial septum. 先端部は、実質的に中心の先端において互いに結合する少なくとも3つの傾斜部を含み、また、スパイクを通って延びるチャネル、および各傾斜部内におよびシャフト部に配置されるチャネル開口部を含む。 Tip comprises at least three inclined portions coupled together at the distal end of the substantially center also includes a channel opening which is arranged a channel, and the inclined portion and the shaft portion extending through the spike. チャネル開口部は、バイアルへまたはバイアルからの液体の輸送のためのチャネルに接続される。 Channel opening is connected to the channel for the transport of liquid from the vial or vials.

[0012]いくつかの実施形態において、本発明は注射器とバイアルとの間に作動的に挟むことができる液体輸送アダプタを含み、液体輸送アダプタは、注射器に流体連結するように構成される注射器係合部を含み;さらに、スパイクを含むバイアル連結部を含み、スパイクは、スパイク軸およびバイアルの隔壁を貫くように構成される先端部を含み、先端部は、1つまたは複数のエッジにおいて互いに結合する複数のファセットを含み、1つまたは複数のエッジの少なくとも1つは、スパイク軸に対して傾斜しており、スパイクは、注射器係合部と流体連通するスパイクを通るチャネルを画定し、また、ファセットの少なくとも1つに画定されるチャネル開口部を含み、これはエッジを中断することなく配置され、また、挿入されるスパイクによ [0012] In some embodiments, the present invention comprises a liquid transport adapter which can operatively sandwich it between the syringe and the vial, liquid transport adapter, the syringe engaging configured to fluidly connect the syringe It includes a case portion; further comprising a vial coupling portion including a spike, the spike includes a configured tip portion so as to penetrate the spike axis and vial septum tip coupled together at one or more edges includes a plurality of facets, at least one of the one or more edges is inclined with respect to the spike axis, spike defines a channel therethrough spike in fluid communication with the syringe engaging portion, also, It includes a channel opening defined in at least one facet, which is arranged without interrupting the edge, also in the inserted spike 液体輸送アダプタをバイアルに係合させるガイドとして機能するように構成される、バイアル連結部に関連付けられるカラーを含む。 Composed of liquid transport adapter to act as a guide to engage a vial, comprising a color associated with the vial connecting portion.

[0013]添付図面は、本発明のコンセプトによる1つまたは複数の実施形態を、限定ではなく単なる例示として示している。 [0013] The accompanying drawings, one or more embodiments according to the concept of the present invention is shown by way of example only and not limitation. 図面において、同様の符号は同一または類似の要素を指す。 In the drawings, like numerals refer to same or similar elements.

例示的な実施形態による液体輸送システム100を示す図である。 It is a diagram showing a liquid transfer system 100 according to an exemplary embodiment. 線分II−IIに沿って切り出した図1の液体輸送システム100の断面図である。 It is a cross-sectional view of a liquid transport system 100 of Figure 1 cut along line II-II. バイアル102に連結された、図2の液体輸送アダプタの遠位端部の遠位部分を示す断面図である。 Coupled to the vial 102 is a sectional view showing a distal portion of the distal end portion of the liquid transport adapter of FIG. ストッパ120でシールする前のバイアルを示す図である。 Is a diagram showing the vial before sealing with the stopper 120. ストッパ120でシールした後のバイアルを示す図である。 It shows a vial after sealing with the stopper 120. 液体輸送のための様々なサイズに接続される様々なアダプタ構成を示す断面図である。 It is a cross-sectional view showing the various adapters configured to be connected to various sizes for liquid transport. 液体輸送のための様々なサイズに接続される様々なアダプタ構成を示す断面図である。 It is a cross-sectional view showing the various adapters configured to be connected to various sizes for liquid transport. 液体輸送のための様々なサイズに接続される様々なアダプタ構成を示す断面図である。 It is a cross-sectional view showing the various adapters configured to be connected to various sizes for liquid transport. 図1の液体輸送アダプタ104の斜視図である。 It is a perspective view of a liquid transport adapter 104 of FIG. 線分X−Xに沿って切り出された図9の液体輸送アダプタの拡大断面図である。 It is an enlarged sectional view of a liquid transport adapter of FIG. 9 cut out along the line X-X. バイアル連結端部から軸方向に見た図9の液体輸送アダプタを示す図である。 Is a diagram showing a liquid transfer adapter of FIG. 9 as viewed from the vial connecting end portion in the axial direction. アダプタを使用する前のキャップを備える、図1の液体輸送アダプタ104を側方からみた図である。 Comprising a cap before using the adapter, which is a view from the side of the liquid transport adapter 104 of FIG. 線分XIVに沿って切り出された図12の液体輸送アダプタ104の断面図である。 Is a cross-sectional view of a liquid transport adapter 104 of Figure 12 cut out along the line XIV. 液体輸送アダプタ104および取り外し可能な挿入部を使用して液体をバイアルに挿入する方法の実施形態の工程を示す図である。 The liquid using a liquid transport adapter 104 and a removable insertion portion is a diagram showing steps of an embodiment of a method of inserting the vial. 液体輸送アダプタ104および取り外し可能な挿入部を使用して液体をバイアルに挿入する方法の実施形態の工程を示す図である。 The liquid using a liquid transport adapter 104 and a removable insertion portion is a diagram showing steps of an embodiment of a method of inserting the vial. 液体輸送アダプタ104および取り外し可能な挿入部を使用して液体をバイアルに挿入する方法の実施形態の工程を示す図である。 The liquid using a liquid transport adapter 104 and a removable insertion portion is a diagram showing steps of an embodiment of a method of inserting the vial. 液体輸送アダプタ104および取り外し可能な挿入部を使用して液体をバイアルに挿入する方法の実施形態の工程を示す図である。 The liquid using a liquid transport adapter 104 and a removable insertion portion is a diagram showing steps of an embodiment of a method of inserting the vial. バイアルの隔壁を貫通するスパイク118の実施形態を示す斜視図である。 Is a perspective view showing an embodiment of a spike 118 for penetrating the vial septum. バイアル102の隔壁120を通って部分的に貫通する、図18のスパイクの軸方向の図である。 Partially penetrate through the septum 120 of the vial 102 is a view in the axial direction of the spike in FIG. 18. バイアル102の隔壁120を通って完全に貫通する、図18のスパイクの軸方向の図である。 Completely penetrate through the partition wall 120 of the vial 102 is a view in the axial direction of the spike in FIG. 18. 代替実施形態による、4つのファセットを備えるスパイクを示す図である。 According to an alternative embodiment, showing a spike having four facets. 液体輸送アダプタ200の例示的な実施形態を示す斜視図である。 Is a perspective view illustrating an exemplary embodiment of a liquid transport adapter 200.

[0029]図1を参照すると、例示的な実施形態による液体輸送システム100が示されている。 [0029] Referring to FIG. 1, a liquid transport system 100 according to an exemplary embodiment is shown. 一実施形態において、液体輸送システム100は、液体103を保持するバイアル102、液体輸送アダプタ104、および注射器106を含む。 In one embodiment, a liquid transport system 100 includes a vial 102 for holding a liquid 103, comprising a liquid transport adapter 104 and syringe 106,. 他の実施形態において、液体輸送アダプタ104は、バイアル102と注射器106との間の液体連通を提供し、注射器106からバイアル102へ、および/またはバイアル102からの注射器への液体の輸送を容易にする。 In other embodiments, the liquid transport adapter 104 provides a fluid communication between the vial 102 and syringe 106, to a vial 102 from the syringe 106, and / or the transport of liquid into the syringe from the vial 102 easily to.

[0030]注射器106は、含まれる液体103の体積(たとえば、バイアル102から引き出された液体の量)を表示するための表示窓108を備えるようにすることができる。 [0030] The syringe 106, the volume of the liquid 103 contained (e.g., the amount of liquid drawn from the vial 102) can be made to comprise a display window 108 for displaying. 注射器106はいくつかの異なる形態の1つとすることができ、異なる形態は、シリンジ、自動注射器、およびジェット注射器を含む(針無しまたは針を支援するもの)。 The syringe 106 can be one of several different forms, different forms, syringes, automatic syringes, and a jet injector (which support the needleless or needle). 注射器に関する情報は、米国特許第5875976号明細書、および/または第6673035号明細書に示されており、これらは参照によりその全体が本明細書に組み込まれる。 Information about the syringe, U.S. Patent No. 5875976, and / or are shown in Patent Specification No. 6673035, it is incorporated by reference in their entirety herein. これらの文献に説明される針無しの注射器は、針支援注射器、自動注射器、および/または他のタイプの注射器にも適用できることを理解されたい。 Syringe without a needle as described in these documents, the needle support syringe should also be understood to be applicable to an automatic injector, and / or other types of syringes.

[0031]液体輸送アダプタ104は、バイアル102と注射器106との間に作動的に連結されるようにすることができる。 [0031] Liquid transport adapter 104 can be configured to be operatively coupled between the vial 102 and syringe 106. 液体輸送アダプタ104はバイアル係合端部110を備え、これはバイアル102を受け取り、バイアルを液体輸送アダプタ104に連結する。 Liquid transport adapter 104 comprises a vial engagement end 110, which receives the vial 102, for coupling the vial to the liquid transport adapter 104. 追加的に、液体輸送アダプタ104は注射器係合端部112を備え、ここに注射器106を取り付けることができる。 Additionally, the liquid transport adapter 104 includes a syringe engaging Gotan unit 112 can be attached to a syringe 106 herein.

[0032]図2は、線分II−IIに沿って切り出した図1の液体輸送システムの断面図である。 [0032] FIG. 2 is a cross-sectional view of FIG. 1 of the liquid transport system cut out along line II-II. 図示のように、注射器106は、遠位ハウジング107および近位ハウジング109を含む。 As shown, the syringe 106 includes a distal housing 107 and proximal housing 109. 近位ハウジング109は、トリガ機構111および注射器106を駆動させるボタン113を含む。 Proximal housing 109 includes a button 113 for driving the trigger mechanism 111 and syringe 106. 遠位ハウジング107は、注射器106を駆動させるためのエネルギを提供するために、ラム115およびラムに関連付けられるエネルギ源17(たとえば駆動バネ)を含む。 Distal housing 107 includes in order to provide energy for driving the injector 106, the energy source 17 associated with the ram 115 and ram (e.g. drive spring). 駆動ストッパ119は、ラム115の遠位端部に取り付けられるようにすることができ、注射器106が駆動されたときに、ジェットノズル121を通して液体薬剤を排出する。 Driving the stopper 119 may be so attached to the distal end of the ram 115, when the syringe 106 is driven to discharge the liquid medicament through the jet nozzle 121. 追加的に、駆動ストッパ119は近位方向に移動し、液体103をバイアル102からカートリッジ123に引き出す。 Additionally, driving the stopper 119 is moved proximally, withdrawing the liquid 103 from the vial 102 to the cartridge 123. シール132は、カートリッジ123のジェットノズル121に整合し、また、全体として液体輸送アダプタ104と注射器106の遠位端部との間に位置する。 Seal 132 is aligned with the jet nozzle 121 of the cartridge 123, also located between the liquid transport adapter 104 as a whole and the distal end of the syringe 106. シール132は、液体をチャネル130および液体輸送アダプタ104に連結される注射器106内に維持することができる。 Seal 132 can maintain the liquid into the syringe 106 which is connected to the channel 130 and the liquid transport adapter 104.

[0033]図3は、図2の一部の拡大図であり、バイアル102および液体輸送アダプタ104を示している。 [0033] FIG. 3 is an enlarged view of a portion of FIG. 2 shows a vial 102 and liquid transport adapter 104. 一実施形態において、バイアル102はネック部125およびネック127の凹部を越えて半径方向に突出すリップ部114を備え、これは、バイアル102を液体輸送アダプタ104に係合させるのに使用することができる。 In one embodiment, the vial 102 comprises a lip 114 projecting radially beyond the recess of the neck portion 125 and the neck 127, which may be used vial 102 to engage the fluid transport adapter 104 it can. 液体輸送アダプタ104のフィンガ部116は、係合位置において液体輸送アダプタ104に対してバイアル102を保持するために、リップ部114に着座および係合するように設けることができる。 Fingers 116 of liquid transfer adapter 104, to hold the vial 102 to the liquid transport adapter 104 in the engaged position, can be provided to seat and engage the lip 114. フィンガ部116は、バイアル102に係合する液体輸送アダプタ104をスナップ留めおよび保持するために、スパイク118の周りに配置することができ、また、スパイク118に向かって延びるようにすることができる。 Finger 116, in order to snap and hold the liquid transport adapter 104 for engaging the vial 102, can be placed around the spike 118, also it can be made to extend toward the spike 118.

[0034]バイアル102の液体輸送アダプタ104との係合により、液体輸送アダプタ104のスパイク118がバイアル102の隔壁700(図4参照)を貫く。 [0034] The engagement of the liquid transport adapter 104 of the vial 102, the spike 118 of the fluid transport adapter 104 through the septum 700 of the vial 102 (see FIG. 4). 一実施形態において、スパイク118は、スパイク118の中心軸に対して軸方向に中心決めされる先端部112を備える、複数のファセットを備えるスパイクとすることができる。 In one embodiment, the spike 118 is provided with a tip 112 which is centered axially relative to the central axis of the spike 118 may be a spike including a plurality of facets. そのような実施形態において、先端部122は、同軸ポイントを備えることができるが、代替実施形態において、先端部およびポイントは中心から外れるように設けることができる。 In such embodiments, tip 122 can be provided with a coaxial point, in alternative embodiments, tip and point may be provided to deviate from the center. 1つまたは複数のファセット124は、チャネル開口部126を含むようにすることができる。 One or more facets 124 can be made to contain a channel opening 126. チャネル開口部126のいくつかまたは全ては、ファセット124上に延び、またスパイク118のシャフト129の側壁上に延びる。 Some or all of the channel opening 126, extends over the facet 124, also extends over the side wall of the shaft 129 of the spike 118. スパイク118が隔壁700を通って押し込まれると、隔壁は変形し(符号117として示される)、シャフト129の側壁128が隔壁上で引く。 When the spike 118 is pushed through the septum 700, the septum (shown as reference numeral 117) deforms the side wall 128 of the shaft 129 pulls on the partition wall. 一実施形態において、チャネル開口部126は、シャフト129の側壁128の下方に延び、スパイク118が隔壁700に挿入されたとき、チャネル開口部126の少なくとも一部は隔壁700を過ぎては延びず、ギャップ147内に流れる液体が、チャネル開口部126の少なくとも一部にアクセスできることを保証する。 In one embodiment, the channel openings 126 extend below the side wall 128 of the shaft 129, when the spike 118 is inserted into the partition wall 700, at least a portion of the channel openings 126 not extend past the partition wall 700, liquid flowing into the gap 147 ensures that access to at least a portion of the channel opening 126. チャネル開口部126は、内部チャネル130に流体接続し、内部チャネル130はスパイク118を長手方向に通って延びる。 Channel openings 126 fluidly connected to the interior channel 130, an internal channel 130 extends through the spike 118 in the longitudinal direction. チャネル開口部126は、エッジ190から円周方向に全体的に間隔が隔てられる(図11)。 Channel openings 126, generally intervals in the circumferential direction from the edge 190 are separated (FIG. 11). さらに、チャネル開口部126の側方エッジは、任意の軸方向ステーションにおいてエッジ190から半径方向内側に位置決めされる。 Further, the side edge of the channel opening 126 is positioned radially inward from the edge 190 in any axial station. チャネル130は、バイアル端部110と液体輸送アダプタ104の注射器係合端部112との間の液体連通を提供する。 Channel 130 provides fluid communication between the syringe engaging Gotan portion 112 of the vial end 110 and the liquid transport adapter 104.

[0035]また、図2、3はゴムシールまたはエラストマー隔壁のようなシール132を示し、これは、チャネル130の終端部の上で注射器係合端部112内に位置決めされ、また、注射器係合端部112とそこに連結される注射器106との間の界面から液体が漏れるのを防止するように構成される。 [0035] Further, FIGS. 2 and 3 shows a seal 132, such as a rubber seal or elastomeric septum which is positioned the syringe engaging Gotan portion 112 on the end of the channel 130, also syringe engaging end configured to prevent liquid from leaking from the interface between the parts 112 and syringe 106 that is coupled thereto. シール132は、チャネル130を注射器106に流体連通させるために開口部133を含む。 Seal 132 includes an opening 133 for fluid communication channel 130 to the syringe 106. シール132は、ドーム領域135を含み、液体輸送アダプタ104内のこれはドーム切断部137に対応し、また、シールを達成するのを支援する。 Seal 132 includes a dome region 135, which corresponds to the dome cutting portion 137 of the liquid transport adapters 104, also help to achieve a seal. 一実施形態において、ジェットノズル121とシール132とが接するときに、ジェットノズル121はわずかにシール132を変形させる。 In one embodiment, when the contact is and the jet nozzle 121 and the seal 132, the jet nozzle 121 is slightly deformed to seal 132.

[0036]図4は、ストッパ120にシールされる前のバイアル102を示す。 [0036] Figure 4 illustrates a vial 102 prior to being sealed with the stopper 120. バイアル102は、凹んだネック部127およびリップ部114を備える。 Vial 102 includes a neck portion 127 and the lip portion 114 recessed. 薬剤は、バイアルのネック部125内にストッパが配置される前に、バイアル102内に挿入される。 Agent, before the stopper into the neck 125 of the vial is disposed, is inserted into the vial 102. ストッパ120は、ストッパ側壁145を含むことができ、これは、バイアルのネック部125内に延びるように構成することができる。 Stopper 120 may include a stopper sidewalls 145, which may be configured to extend into the neck 125 of the vial. バイアル102をシールする前に、ストッパ120をバイアル102に部分的に挿入することができ、また、ストッパ側壁145のギャップ147を形成する。 Before sealing the vial 102, the stopper 120 can be partially inserted into the vial 102, also form a gap 147 of the stopper side wall 145. ギャップ147は、ストッパ側壁145の短くなった部分の形態とすることができ、または、ストッパ120の中空の部分とすることができる。 Gap 147 may be in the form of a shortened portion of the stopper side wall 145, or may be a hollow portion of the stopper 120. 薬剤は液体または固体の状態でバイアル内に配置することができる。 Drugs can be placed in a vial in liquid or solid. 追加的に、いくつかの実施形態において、バイアル102内に挿入された液体薬剤は、加熱することができ、または、ストッパ120を完全に挿入する前に固体であるように、他の方法で処理することができる。 Additionally, in some embodiments, the liquid drug is inserted into the vial 102 may be heated, or, as is solid prior to fully inserting the stopper 120, the process in other ways can do. 図5に示されるように、ストッパ120が完全にバイアル102内に挿入されると、キャップ149(たとえば金属キャップ)は、ストッパ120上に位置決めされ、また、キャップ149は、ストッパ120を固定し、バイアルをシールするために、バイアル102のリップ部114に実質的にクリンプされるようにすることができる。 As shown in FIG. 5, when the stopper 120 is fully inserted into the vial 102, the cap 149 (e.g., the metal cap) is positioned stopper 120, The cap 149 is fixed to the stopper 120, to seal the vial, it can be made to be substantially crimped lip 114 of the vial 102. キャップ149は、取り外し可能なタブ153を備えることができ、これは液体輸送アダプタ104のスパイク118のようなスパイクの挿入のために取り外すことができる。 Cap 149 may be provided with a removable tab 153, which can be removed for insertion of the spike as the spike 118 of the liquid transport adapter 104. ストッパ120は、頂部に円形の突出部151を備えることができ、これはスパイクにターゲットを提供するように機能することができる。 Stopper 120 can comprise a circular protrusion 151 at the top, which can function to provide a target spike. いくつかの実施形態において、取り外し可能なタブ153は全体として突出部上に中心決めされるようにすることができ、取り外されたときに突出部151が露出される。 In some embodiments, the removable tab 153 can be configured to be centered on the protruding portion as a whole, the protrusions 151 is exposed when removed. ストッパ120および/またはバイアル102は、様々な異なるサイズおよび/または寸法で提供することができることを理解されたい。 Stoppers 120 and / or the vial 102, it is to be understood that it is possible to provide a variety of different sizes and / or dimensions.

[0037]図6−8、10は、バイアル102、例示的なストッパを備える液体輸送アダプタ104の断面図を示し、各ストッパは異なる寸法を備えている。 [0037] FIG 6-8,10 is a vial 102, shows a cross-sectional view of a liquid transport adapter 104 with an exemplary stopper each stopper comprises a different dimension. 具体的には、図6は、20mmの直径のバイアルリップ部ストッパ155を示し、図7は20mm直径のバイアルリップ部ストッパ157を示し、図8は13mm直径のバイアルリップ部ストッパ159を示す。 Specifically, FIG. 6 shows the vial lip stopper 155 of 20mm diameter, Figure 7 shows the vial lip stopper 157 of 20mm diameter, Figure 8 shows a vial lip stopper 159 of 13mm diameter. 各ストパ155、157、159は、それぞれギャップ161、163、165を備える。 Each Sutopa 155,157,159, respectively includes a gap 161, 163. 図6−8に示されるアダプタの各々のように、スパイク118は、異なるバイアルとの使用のために寸法決めされた液体輸送アダプタ内で同一の寸法を備える。 As each of the adapter shown in Figure 6-8, the spike 118 is provided with the same dimensions in the sized liquid transport adapters for use with different vials. 様々なアダプタにおいて機能的であり、様々なバイアルおよびストッパサイズを備えるスパイク118のために共通の型を使うことができる。 Functional in a variety of adapters may be used a common mold for various vial and spike 118 comprises a stopper sized. それで、液体輸送アダプタ104の他の部分の型は異なるものとすることができるが、本実施形態では単一の型のみがスパイク118のために設計および準備される必要があり、そのため製造効率や節約をもたらす。 So, although the type of the other parts of the liquid transport adapter 104 can be different, in this embodiment it is necessary only a single type is designed and prepared for the spike 118, Ya therefore production efficiency bring savings.

[0038]図6−8にみられるように、一実施形態において、スパイク118のチャネル開口部126は、スパイク側壁128上でまたはこれに沿って、ファセット124から、チャネル開口部126の一部が隔壁700を越えて延びるのに十分な先端からの距離で延びる(図示せず)。 [0038] As can be seen in Figure 6-8, in one embodiment, the channel openings 126 of the spike 118, on the spike side wall 128 or along which the facets 124, a portion of the channel opening 126 to extend beyond the partition wall 700 extends at a distance from sufficient tip (not shown). いくつかの実施形態において、チャネル開口部126の少なくとも一部が、ストッパ155、157、159内に保持され、チャネル開口部126の一部がストッパのギャップ内に延びる(たとえば、ギャップ161、163、165)。 In some embodiments, at least a portion of the channel opening 126 is retained in the stopper 155,157,159, part of the channel opening 126 extends into the gap of the stopper (e.g., gaps 161 and 163, 165). 他の実施形態において、チャネル開口部126の少なくとも一部は、隔壁700と同一平面になる。 In other embodiments, at least a portion of the channel opening 126 is made in the partition wall 700 and the same plane. 他の実施形態において、チャネル開口部126の近位部分は、完全にはギャップ内および隔壁700を越えては延びない。 In other embodiments, the proximal portion of the channel opening 126 is not completely extend beyond the gap, and septum 700. 図3の符号117で示されるようにスパイク118が押されたとき、中心部分ストッパ(たとえばストッパ155、157、159)のいくつかの変形が存在し得ることを理解されたい。 When the spike 118 is pushed as shown by reference numeral 117 in FIG. 3, it is to be understood that several variations of the central portion stopper (e.g. stopper 155,157,159) may be present. 変形は図6−8には示されていない。 Variations are not shown in Figure 6-8. しかし、一般に、スパイク118のチャネル開口部126は、隔壁の中心部分内のいくつかのポイントで終端し、連結されるバイアル、液体輸送アダプタ104、および注射器がバイアルの頂部で逆さにされるとき、ストッパ側壁145の外側で終端するチャネル開口部126を備える場合に比べて、バイアルから引き出される液体の量は最大化される。 However, in general, the channel opening 126 of the spike 118, when terminating at some point in the central portion of the partition wall, the vial being connected, the liquid transport adapter 104, and syringe is inverted at the top of the vial, as compared with the case with the channel opening 126 terminating at the outside of the stopper side wall 145, the amount of liquid drawn from the vial is maximized. しかし、代替実施形態において、チャネル開口部126のいくつかまたは全てはより短く、スパイクが完全に挿入されたとき、ストッパ側壁145から隔たれたままである。 However, in alternate embodiments, some or all of the channel openings 126 shorter, when the spike is fully inserted, it remains Hedatare from the stopper side wall 145.

[0039]再び図4、5を参照し、チャネル開口部126の一部がストッパ120内にある、またはこれに接触する、またはシール式に係合する程度、および/またはチャネル開口部126の端部140が、隔壁700を越えて延びる程度は、いくつかの要因に依存するようにすることができ、たとえばストッパ120の厚さ、チャネルの長さ、および/またはチャネルがスパイクの側壁の方へ延びる程度などに依存するようにすることができる。 [0039] Again with reference to FIGS. 4 and 5, the end of the channel opening portion 126 is in the stopper 120, or in contact therewith or extent engages sealingly, and / or channel openings 126, part 140 is the degree to which extends beyond the partition wall 700 can be made to depend on several factors, for example the thickness of the stopper 120, the length of the channel, and / or channel towards the side wall of spike can be made to it depends on the extent to extend. しかし、いくつかの実施形態において、スパイクの寸法は、様々な異なる寸法の隔壁、ストッパ、および/またはバイアルに意図するように機能するような寸法である。 However, in some embodiments, the dimensions of the spike is dimensioned to function as intended variety of different sizes of the septum, stopper, and / or the vial. そのためスパイク118のための工具は再使用することができる。 Therefore tool for the spike 118 can be re-used. 液体輸送アダプタ104の寸法は、たとえば異なるサイズのバイアルネックに対応するように変更することができる。 The dimensions of the liquid transport adapter 104 can be changed to correspond to, for example, different sizes of vials neck. 他の実施形態において、スパイク118の寸法は変更することができ、また、工具は様々なスパイクのサイズ/寸法に対応するように形成することができる。 In another embodiment, the dimensions of the spike 118 can be changed, also, the tool may be formed to correspond to the size / dimensions of the various spikes.

[0040]図9は、液体輸送アダプタ104をバイアル無しの状態で示す斜視図である。 [0040] FIG. 9 is a perspective view showing a liquid transport adapter 104 in the state without the vial. バイアル係合端部110は、カラー150を含み、これは液体輸送アダプタ104の中心本体152を支持構造部154に連結させる。 Vial engaging end 110 includes a collar 150, which is connected to central body 152 of the fluid transport adapter 104 to the support structure 154. カラー150は、変化する高さを備えることができる。 Collar 150 may comprise a varying height. たとえば、一実施形態において、カラー150は図9に示されるような高さ150aを備える。 For example, in one embodiment, collar 150 is provided with a height 150a as shown in FIG. 他の実施形態において、カラー150は図22に示されるような高さ150bを備える。 In other embodiments, collar 150 is provided with a height 150b, as shown in Figure 22. 一実施形態において、カラー150は約0.05インチ、約0.1インチ、0.15インチ、約0.2インチ、約0.25インチ、約0.3インチ、約0.35インチ、約0.4インチ、約0.45インチ、約0.50インチ、約0.55インチ、約0.6インチ、約0.65インチ、約0.70インチ、約0.75インチ、約0.80インチ、約0.85インチ、約0.90インチ、約0.95インチ、約1.99インチ、または上述した用量から決定できる任意の範囲の高さである(たとえば約0.10インチから約1インチ、または約0.45インチから約0.60インチなど)。 In one embodiment, collar 150 is about 0.05 inches, about 0.1 inches 0.15 inches, about 0.2 inches, about 0.25 inches, about 0.3 inches, about 0.35 inches, about 0.4 inches, about 0.45 inches, about 0.50 inches, about 0.55 inches, about 0.6 inches, about 0.65 inches, about 0.70 inches, about 0.75 inches, about 0. 80 inches, about 0.85 inches, about 0.90 inches, from about 0.95 inches and a height of any range can be determined from about 1.99 inches or above doses, (e.g., about 0.10 inches about such as one inch or about 0.45 inches to about 0.60 inches). 一実施形態において、カラー150の高さは、支持構造部154の高さの約1%、約5%、約10%、約15%、約20%、約25%、約30%、約35%、約40%、約45%、約50%、約55%、約60%、約65%、約70%、約75%、約80%、約85%、約90%、約95%、約100%、約105%、約110%、約115%、約120%、約125%、約130%、約135%、約140%、約145%、約150%、約155%、約160%、約165%、約170%、約175%、約180%、約185%、約190%、約195%、約200%、約205%、約210%、約215%、約220%、約225%、約230%、約235%、約240%、約245%、約250%、約255%、約260%、約265 In one embodiment, the height of the collar 150 is about 1% of the height of the support structure 154, about 5% to about 10%, about 15%, about 20%, about 25%, about 30%, about 35 %, about 40%, about 45%, about 50%, about 55%, about 60%, about 65%, about 70%, about 75%, about 80%, about 85%, about 90%, about 95%, about 100%, about 105%, about 110%, about 115%, about 120%, about 125%, about 130%, about 135%, about 140%, about 145%, about 150%, about 155%, about 160 %, about 165%, about 170%, about 175%, about 180%, about 185%, about 190%, about 195%, about 200%, about 205%, about 210%, about 215%, about 220%, about 225% about 230% about 235% about 240% about 245%, about 250%, about 255%, about 260%, about 265 、約270%、約275%、約280%、約285%、約290%、約295%、約300%、または上述のパーセンテージから決定できる任意の範囲の高さ(たとえば約1%から約100%または約55%から約115%の高さ)である。 , About 270% about 275% about 280% about 285% about 290% about 295%, about 300%, or the height of any range can be determined from the percentage of above (e.g. about 1% to about 100 % or from about 55% the height of about 115%). 一実施形態において、カラー150は、バイアル102の係合端部110がバイアル102に係合するときに、液体輸送アダプタ104のガイドとして機能するように構成される。 In one embodiment, collar 150, when the engaging end 110 of the vial 102 is engaged with the vial 102 configured to function as a guide for liquid transport adapter 104. 一実施形態において、カラー150は、バイアル102内への液体の導入を妨げることなく、または、バイアル102から液体を引き出すことなく、ユーザーが液体輸送アダプタ104付きのバイアル102に、バイアル102のストッパ120に対して様々な角度で接近するのに、十分な寸法である。 In one embodiment, collar 150, without interfering with the introduction of a liquid into the vial 102, or, without drawing the liquid from the vial 102, the user vial 102 with liquid transfer adapter 104, the stopper 120 of the vial 102 for approaching at different angles relative to a sufficient size. 一実施形態において、カラー150は、スパイクがストッパ120の貫通可能な表面に接触する前に、スパイク118をストッパ120の貫通可能な表面に整合させる。 In one embodiment, collar 150, before the spike is in contact with the penetrable surface of the stopper 120, thereby aligning the spikes 118 into the penetrable surface of the stopper 120. 一実施形態において、カラー150は、ストッパ120の側壁145を実質的に避けるために、スパイク118をバイアル102の隔壁内へ前もって挿入するのに十分な寸法(たとえば高さ、円周、厚さなど)である。 In one embodiment, collar 150, the side wall 145 of the stopper 120 in order to avoid substantially sufficient size to advance the insertion spike 118 into the septum of the vial 102 (e.g. height, circumference, thickness, etc. ) it is. 他の実施形態において、カラー150は、バイアル102内への液体の導入を妨げることなく、またはバイアル102から液体を引き出すことなく、バイアル102のストッパ120に対する角度で、バイアル102を液体輸送アダプタ104への取り付けを可能にするのに十分な寸法である。 In other embodiments, collar 150, without interfering with the introduction of a liquid into the vial 102, or a vial 102 without drawing the liquid from at an angle with respect to the stopper 120 of the vial 102, the vial 102 to the liquid transport adapter 104 a sufficient size to allow for the attachment. 一実施形態において、カラー150は全体的に円筒形である。 In one embodiment, collar 150 is generally cylindrical. しかし、カラー150はそのような形状に限定されず、任意の好適な矩形または不規則な形状とすることができる。 However, collar 150 is not limited to such shapes, it can be any suitable rectangular or irregular shape. 一実施形態において、中心本体152は、バイアル102および注射器係合端部110、112を互いに分離する壁171を含み、また、スパイク118は中心本体152から延びる。 In one embodiment, central body 152 includes a wall 171 that separates the vial 102 and syringe engaging Gotan 110,112 to one another and the spike 118 extends from central body 152. カラー150は、中心本体152からのスパイク118の長さよりも大きな距離において、支持構造部154により保持される。 Collar 150 is in a distance greater than the length of the spike 118 from the central body 152, it is held by the support structure 154. 一実施形態において、支持構造部154の高さは、約0.2インチ、約0.25インチ、約0.30インチ、約0.35インチ、約0.40インチ、約0.45インチ、約0.50インチ、約0.55インチ、約0.60インチ、約0.65インチ、約0.70インチ、約0.75インチ、約0.80インチ、約0.85インチ、約0.90インチ、約0.95インチ、約1.00インチ、または、上述の高さから決定できる任意の範囲(たとえば約0.30インチから約1インチ、または0.45インチから約0.60インチ)である。 In one embodiment, the height of the support structure 154, about 0.2 inches, about 0.25 inches, about 0.30 inches, about 0.35 inches, about 0.40 inches, about 0.45 inches, about 0.50 inches, about 0.55 inches, about 0.60 inches, about 0.65 inches, about 0.70 inches, about 0.75 inches, about 0.80 inches, about 0.85 inches, about 0 .90 inches, about 0.95 inches, about 1.00 inches, or any range (e.g., from about 0.30 inches to about 1 inch can be determined from the height above or 0.45 inch to about 0.60, it is an inch). フィンガ116は、カラー150を中心に配置され、またカラー150からスパイク118に向かって内側に延びる。 Finger 116 is disposed around the collar 150 and extends inwardly toward the collar 150 to the spike 118. フィンガ116は、バイアル102にスナップ留めするようにそり返され、また、バイアル102に係合された液体輸送アダプタ104を保持する。 Finger 116 is returned sled to snap into the vial 102, also holds the liquid transport adapter 104 engaged with the vial 102. 他の実施形態は、液体輸送アダプタ104をバイアル102に係合させる異なる機構を使用することができる。 Other embodiments of fluid transport adapter 104 may use different mechanisms to engage the vial 102.

[0041] 係合部材174を備える注射器係合端部112上の係合スロット170は図9に示されている。 [0041] The syringe engaging Gotan unit on 112 engaging slot 170 having an engagement member 174 is shown in FIG. 全体として、係合スロット170は、解放可能に注射器またはカートリッジのフランジを受け入れおよびこれに係合するように構成することができる。 Overall, the engagement slot 170 can be configured to engage the flange of releasably syringe or cartridge acceptance and thereto. 係合部材174は、全体としてスロット170内への弾性突出部であり、液体輸送アダプタ104に対する連結位置で注射器またはカートリッジのフランジを保持するように構成される。 Engaging member 174 is an elastic protrusion throughout as a slot 170 in configured to hold the flange of the syringe or cartridge in the coupling position with respect to the liquid transport adapter 104.

[0042]図9を参照し、液体輸送アダプタ104の具体的な寸法は変更することができ、液体輸送アダプタ104のスケールの意義を与えるために、本明細書でいくつかの例示的な寸法を提供する。 [0042] Referring to FIG. 9, the specific dimensions of the liquid transport adapter 104 can be changed, in order to provide the scale of significance of liquid transport adapter 104, a number of exemplary dimensions herein provide. たとえば、カラー150の外側エッジからフィンガ116の端部112への距離は、たとえば半インチ程度までとすることができる。 For example, the distance from the outer edge of the collar 150 to the ends 112 of the fingers 116 may be, for example, up to about a half inch. 他の実施形態において、カラー150の外側エッジからフィンガ116の端部への距離は、約0.1インチから0.4インチの間とすることができる。 In other embodiments, the distance from the outer edge of the collar 150 to the ends of the fingers 116 may be between about 0.1 inches and 0.4 inches. 他の実施形態において、カラー150の外側エッジからフィンガ116の端部112への距離は約4分1インチである。 In other embodiments, the distance from the outer edge of the collar 150 to the end 112 of the finger 116 is about 1/4 inch. ペアとして設けられている4つのフィンガ116のような複数のフィンガ116を提供することができ、バイアル102との連結のために所望の剛性で構成される。 It can provide a plurality of fingers 116, such as the four fingers 116 are provided as a pair, and a desired stiffness for coupling with the vial 102. 注射器係合端部112の長さは、典型的には約半インチから1インチの間またはそれ以上であり、一実施形態においては約0.8インチである。 The length of the syringe engaging Gotan unit 112 is typically at least 1 inch, or between more about a half an inch, and in one embodiment about 0.8 inches. さらに、注射器係合端部112の直径は、約1インチまで、またはそれ以上とすることができる。 Further, the diameter of the syringe engaging Gotan unit 112 can be up to about 1 inch, or more. 一実施形態において、注射器係合端部112の直径は、0.4インチから0.7インチの間であり、たとえば約半インチであり、一実施形態では約0.6インチである。 In one embodiment, the diameter of the syringe engaging Gotan portion 112 is between 0.7 inches and 0.4 inches, for example, about half an inch, and in one embodiment about 0.6 inches.

[0043]図10は、図9の線分X−Xに沿って切り出された液体輸送アダプタ104の拡大断面図である。 [0043] FIG. 10 is an enlarged sectional view of a liquid transport adapter 104 which is cut out along the line X-X in FIG. スパイク118の先端122は、スパイク118の軸方向の中心に示されている。 Tip 122 of the spike 118 is shown in the axial direction of the center of the spike 118. しかし、他の実施形態において、スパイク118は、軸方向に中心決めされなくてもよい(たとえば、中心からずれるようにしてもよい)。 However, in other embodiments, the spike 118 may not be centered in the axial direction (for example, may be deviated from the center). 全体として、傾斜したファセット124は、バイアルストッパ120を貫通するのに好適なスパイク118の軸に対する角度θを備える。 Overall, the facets 124 angled includes an angle θ with respect to the axis of suitable spikes 118 to penetrate the vial stoppers 120. たとえば、角度θはスパイク118の軸に対して約45度までとすることができ、典型的には約10度から約20度の間とすることができ、一実施形態においては約15度とすることができる。 For example, the angle θ can be up to about 45 degrees relative to the axis of the spike 118, typically can be between about 10 degrees to about 20 degrees, about 15 degrees in one embodiment can do. 傾斜ファセット124は、0.1インチから0.17インチの長さAを備えるようにすることができ、一実施形態においては、スパイク118の長手方向に沿って0.14インチの長さとすることができる。 Inclined facet 124 may be so equipped with a length A of 0.17 inches 0.1 inches in one embodiment, be a length 0.14 inches along the longitudinal direction of the spike 118 can. 長さB、スパイクのシャフトに沿う、傾斜部からベース162の湾曲部へのスパイクのシャフトは、0.21インチから0.29インチの間とすることができ、一実施形態においては0.24インチとすることができる。 Length B, along the spike shaft, spike shaft from inclined portion to the curved portion of the base 162 may be between 0.29 inches 0.21 inches 0.24 in one embodiment it can be set to inch. ベースJの湾曲部は、0.01インチから0.03インチの間とすることができ、一実施形態において約0.02インチとすることができる。 Curved portion of the base J may be between 0.03 inches 0.01 inches may be about 0.02 inches in one embodiment. 湾曲ベース162を含むスパイク118のシャフトに沿う長さCは、0.22インチから0.29インチの間とすることができ、一実施形態において、0.25インチとすることができる。 Length C along the shaft of the spike 118 includes a curved base 162 may be between 0.29 inches and 0.22 inches in one embodiment, it may be 0.25 inches. A/BおよびA/Cの比は、約1/3から3/4の間とすることができる。 The ratio of A / B and A / C can be between about 1/3 3/4. いくつかの実施形態において、CはB+Jに等しくすることができる。 In some embodiments, C may be equal to B + J.

[0044]スパイク118は、全体として、半インチまでまたはそれ以上の長さDを備えることができ、一実施形態において、約0.3インチから0.5インチの間とすることができ、他の実施形態においては約0.4インチとすることができる。 [0044] spikes 118, as a whole, can comprise or more in length D until half inch, in one embodiment, it can be between about 0.3 inches to 0.5 inches, other in embodiments can be about 0.4 inches. A/Dの比は、1/5から2/3の間とすることができる。 The ratio of the A / D may be between 1/5 2/3. スパイク118は、典型的には、0.05インチから0.2インチの幅Eを備えるようにすることができ、一実施形態においては、0.07インチから0.1インチの間であり、他の実施形態では0.08インチである。 Spike 118 is typically able to make comprises width E of 0.2 inches 0.05 inches in one embodiment is between 0.1 inches 0.07 inches, in another embodiment is 0.08 inches. シャフトの幅Eは、シャフト178のベース162においてわずかに大きくなるようにすることができる。 Width E of the shaft can be made to be slightly larger at the base 162 of the shaft 178. チャネル130は、スパイク118の中心を通って延び、約0.02インチから約0.06インチの間の直径Fを備えるようにすることができ、一実施形態では、約0.04インチまたは0.05インチであり且つ近位下方向にテーパーが設けられる。 Channel 130 extends through the center of the spike 118, it is possible to make comprises a diameter F of between about 0.02 inches to about 0.06 inches, in one embodiment, about 0.04 inch or 0 taper is provided is and in the proximal downward at .05 inch. 下方のテーパーは、チャネル130とチャネル開口部126との間の重なりが生じるところから始まるようにすることができる。 Lower taper may be so begins with overlap between the channel 130 and the channel opening 126 occurs. チャネル130は、シャフト178のベース162から重なりが生じるところまで、0.1インチから0.2インチの長さを備えるようにすることができる。 Channel 130, to the point where the overlap occurs from the base 162 of the shaft 178 can be made to comprise a length of 0.2 inches 0.1 inches. チャネルとチャネル開口部126との重なりは、0.08インチから0.1インチの間の長さTを備えるようにすることができる。 Overlap between the channel and the channel openings 126 can be made to comprise a length T of between 0.1 inches 0.08 inches. チャネル130は、0.02インチから0.03インチの間の深さHを備えるようにすることができ、一実施形態においては、約0.025インチとすることができる。 Channel 130 may be so equipped with a depth H of between 0.03 inches 0.02 inches, in one embodiment, it may be about 0.025 inches. H/Eの比は、約1/4から1/3の間とすることができる。 The ratio of H / E may be between from about 1/4 1/3. 先端122からチャネル開口部126までの長手方向距離Iは、0.06インチから0.08インチの間とすることができ、一実施形態においては、一実施形態においては0.07インチとすることができる。 Longitudinal distance I from the tip 122 to the channel openings 126 may be between 0.08 inches 0.06 inches, in one embodiment, be 0.07 inches in an embodiment can. A/Iの比は、約2から3/4の間とすることができる。 The ratio of A / I can be between about 2 3/4. いくつかの実施形態において、DはA+CまたはA+B+Jに等しくなるようにすることができる。 In some embodiments, D may be made equal to A + C or A + B + J.

[0045]図11は、ポイント122に集束する3つのファセットまたは傾斜部を備えるスパイク先端122を示す。 [0045] FIG. 11 shows a spike tip 122 with three facets or ramps converging point 122. ファセット124はエッジ190に結合し、チャネル開口部126はファセット内に位置するがエッジを中断しない。 Facet 124 is attached to the edge 190, the channel opening 126 is located within the facet not interrupt edge. チャネル開口部126は、全体として、0.01インチから0.02インチの間の幅Kを備えるようにすることができ、一実施形態においては約0.015インチであり、ファセット124は、全体として、約0.06インチから0.1インチの間のエッジの間の各々のアーチ長さLを備えるようにすることができ、一実施形態において約0.08インチである。 Channel openings 126, as a whole, can be made to comprise a width K between 0.02 inches 0.01 inches in one embodiment is about 0.015 inches, the facet 124, the entire as, about 0.06 inches can be like comprising a respective arch length L between the edge of between 0.1 inches and about 0.08 inches in one embodiment. K/Lの比は1/10から1/3の間とすることができる。 The ratio of K / L can be between 1/3 to 1/10.

[0046]一実施形態において、チャネル開口部126は、全体として、ファセット内に中心決めされ、これらがファセットの結合部にまで延びないようにする。 [0046] In one embodiment, the channel openings 126, as a whole, is centered in facets, it is prevented extend to the junction of the facets. したがって、チャネル開口部126の側方エッジは、エッジ190と比べて半径方向内側に配置され、エッジから円周方向に間隔が隔てられる。 Therefore, the side edge of the channel opening 126 is disposed radially inward than the edge 190, intervals in the circumferential direction from the edge are separated. これは任意の軸方向ステーションにおいて当てはまる。 This is true in any axial station. 軸からチャネル開口部126まで測定される距離R1は、軸からエッジ190の周辺端部までの距離R2よりも小さい。 Distance is measured from the axis to the channel openings 126 R1 is smaller than the distance R2 from the axis to the peripheral edge portion of the edge 190. 本実施形態において、チャネル開口部126は、軸方向から見て中心から約120度隔てられており、これらはファセット124上で等間隔で隔てられて中心決めされている。 In the present embodiment, the channel openings 126 are spaced approximately 120 degrees from the center as viewed in the axial direction, which are centered spaced at equal intervals on the facet 124. ファセット124は、スパイク118の先端122を中心に任意の好適な方法で隔てられるようにすることができる。 Facets 124 can be made to be separated in any suitable manner around the tip 122 of the spike 118. いくつかの実施形態において、各ファセット124は互いに同一のサイズであり、他の実施形態においては、1つまたは複数のファセットは互いに異なるサイズになるようにすることができる。 In some embodiments, each facet 124 is the same size each other, in other embodiments, can be made to one or more facets becomes different sizes. たとえば、1つまたは複数のファセット124は、10分の1インチよりも小さな幅を備えるようにすることができ、シャフトの側壁128で結合する。 For example, one or more facets 124 can be made to comprise a width smaller than 1 inch 10 minutes, it binds with the side wall 128 of the shaft. 一実施形態において、チャネル開口部126は、半径平面上で中心から測定して約30度までの幅とすることができ、一実施形態においては5度から30度の幅とすることができる(たとえば一実施形態においては約20度の幅である)。 In one embodiment, the channel openings 126 may be a width of up to about 30 degrees measured from the center on the radius plane, in one embodiment can have a width of 30 degrees 5 degrees ( for example, in one embodiment a width of about 20 degrees). 先端122とチャネル開口部126との間の距離Gは、0.01インチから0.02インチとすることができる(たとえば0.015インチ)。 The distance G between the tip 122 and the channel openings 126 may be 0.02 inches 0.01 inches (e.g., 0.015 inches). 一実施形態において、チャネル開口部126は、ファセット124に沿ってテーパーが設けられるが、代替的に実質的に一定の幅を備えるようにすることもできる。 In one embodiment, the channel opening 126 is tapered is provided along the facet 124 may alternatively be so substantially comprises a constant width.

[0047]本明細書で与えられる寸法は単なる例示であり限定するものではないことを理解されたい。 [0047] dimensions given herein are to be understood not to limit merely illustrative. 実際、いくつかの実施形態において、具体的な機能に適合するために、および/または、異なる寸法の注射器および/またはバイアルに連結させるために寸法を変更することができる。 Indeed, in some embodiments, to meet the specific functions, and / or may change the dimensions for coupling to a syringe and / or vials of different sizes.

[0048]図12に示されるように、液体輸送を清潔に保つのを助けるために、液体輸送アダプタ104の注射器係合端部112を使用前にカバーするキャップ220を設けることができる。 [0048] As shown in FIG. 12, it is possible to help keep the fluid transport clean, providing a cap 220 for covering prior to use syringe engaging Gotan portion 112 of the liquid transport adapter 104. 注射器を液体輸送アダプタ104に連結させるのを可能にするために、キャップ220は取り外し可能である。 A syringe to allow the linking to the liquid transport adapter 104, the cap 220 is removable.

[0049]図13は、図12の線分XIVに沿って切り出される断面図である。 [0049] FIG. 13 is a cross-sectional view cut out along the line XIV of Figure 12. 図示のように、取り外し可能な挿入部230は、液体輸送アダプタ104の注射器係合端部112内に位置決めすることができる。 As shown, the removable insert 230 may be positioned syringe engaging Gotan portion 112 of the liquid transport adapter 104. 挿入部230は、異なるサイズの注射器が液体輸送アダプタ104に連結および係合することが可能になるように構成される。 Insertion unit 230 is configured so that it becomes possible different sizes of the syringe is coupled and engaged to the liquid transport adapter 104. たとえば、いくつかの実施形態において、液体輸送アダプタ104の注射器係合端部112の内側寸法は、あらかじめ選択されるジェット注射器タイプを受け入れるように構成することができ、また、全体としてこれに対応するサイズにすることができる。 For example, in some embodiments, the inner dimensions of the syringe engaging Gotan portion 112 of the liquid transport adapter 104 may be configured to receive a jet injector type that is pre-selected, also corresponding to the overall it is possible to size. 挿入部230は、ジェット注射器とともに液体輸送アダプタ104の使用のために取り外すことができる。 Insertion unit 230, can be removed for use of the liquid transport adapter 104 together with the jet injector. 挿入部230が配置されると、挿入部は、再構成薬剤のためにシリンジを受け入れるように選択された寸法を提供することができる。 When the insertion portion 230 is placed, the insertion portion may provide a selected dimensioned to receive a syringe for reconstitution agent. 全体として、アダプタに対して挿入部を固定するために、挿入部230は、液体輸送アダプタ104の係合スロット170内に挿入されるフランジ232を含むようにすることができる。 Overall, in order to secure the insertion portion relative to the adapter, the insertion portion 230, it is possible to include a flange 232 which is inserted into the engagement slot 170 of the liquid transport adapter 104. これらの同一のスロット70は、ジェット注射器が装填されるときに(たとえばバイアルから液体を引き出すとき)、ジェット注射器を所定位置に係合させるために使用することができる。 These same slot 70 (e.g. when withdrawing the liquid from a vial) when the jet injector is loaded, can be used to engage a jet injector in place.

[0050]図14−17は、シリンジ240を使用して薬剤を再構成するプロセスを示している。 [0050] FIG 14-17 illustrates a process of reconstructing a drug using the syringe 240. 図14において、バイアル102、液体輸送アダプタ104、およびシリンジ240の各々は、最初に互いに分離した状態で示されている。 14, vial 102, the liquid transport adapter 104, and each of the syringe 240 is shown in the first state of being separated from each other. 液体輸送アダプタ104は、バイアル102に係合するために下方に移動させることができる。 Liquid transport adapter 104 can be moved downwardly to engage the vial 102. 図15において、キャップ220は液体輸送アダプタ104から取り外され、キャップ242はシリンジ240から取り外される。 15, the cap 220 is removed from the liquid transport adapter 104, the cap 242 is removed from the syringe 240. シリンジ240は、アダプタの注射器係合端部112に入ることで液体輸送アダプタ104に係合する。 Syringe 240 is engaged with the liquid transport adapter 104 by entering the syringe engaging Gotan portion 112 of the adapter. シリンジ240および液体輸送アダプタ104が互いに結合されると、図16に示されるように、シリンジ240のプランジャ244が押されて、液体をバイアル内に挿入する。 The syringe 240 and fluid transport adapter 104 is coupled to each other, as shown in FIG. 16, the plunger 244 of the syringe 240 is pushed to insert the liquid into the vial. シリンジからの液体がバイアル102内へ挿入されると、シリンジ240は液体輸送アダプタ104から取り外されるであろう。 When the liquid from the syringe is inserted into the vial 102, the syringe 240 will be detached from the liquid transport adapter 104. 図17に示されるように、シリンジが液体輸送アダプタ104の注射器係合端部112から引き出されるとき、挿入部230も液体輸送アダプタ104から引き出されるであろう。 As shown in FIG. 17, when the syringe is withdrawn from the syringe engaging Gotan portion 112 of the liquid transport adapter 104, the insertion portion 230 will also be drawn from the liquid transport adapter 104.

[0051]図18−20は、たとえば、液体輸送アダプタ104がバイアルに係合するときに、バイアル102のゴムストッパ120を貫くスパイク118の図である。 [0051] 18-20, for example, when the liquid transport adapter 104 engages the vial, a diagram of a spike 118 through the rubber stopper 120 of the vial 102. 特に、図18は、バイアル102の外側からスパイク118を示している。 In particular, FIG. 18 shows a spike 118 from outside of the vial 102. 複数のファセット124は、スパイク118のシャフト129の側壁128上を延びるチャネル開口部126を備えるものとして示されている。 A plurality of facets 124 are shown as comprising a channel opening 126 extending upper wall 128 of the shaft 129 of the spike 118. さらに、金属キャップ149が示されている。 Furthermore, the metal cap 149 is shown. 金属キャップのタブは取り外されており、スパイクがストッパ120、およびタブが金属キャップ149に接続されていた場所に残っている残物にアクセスするのを可能にする。 Tab of the metal cap has been removed, spikes makes it possible to access the remnants remaining in place stopper 120, and the tab was connected to the metal cap 149. ストッパ120の突出部151が示されており、スパイク118のターゲットとして機能する。 Protrusions 151 of the stopper 120 is shown, which functions as a target of the spike 118. ファセット124間の接合部におけるエッジ190は、スパイク118がストッパ120を刺すときのカッティングエッジとして機能する。 Edge 190 at the junction between the facets 124, spike 118 acts as a cutting edge when stabbing stopper 120.

[0052]図19は、スパイク118がストッパ120を通って押されるときの、バイアル内から見た図を示す。 [0052] Figure 19, when the spike 118 is pushed through the stopper 120, shows a view from the vial. いくつかの実施形態において、スパイク118の挿入時にストッパ120の裂けが生じることがある。 In some embodiments, it may tear the stopper 120 is caused upon insertion of the spike 118. 一実施形態において、スパイク118の貫通を促進するために、エッジ190は、弾性ストッパ120を通って刺すのに十分に鋭い。 In one embodiment, to facilitate the penetration of the spikes 118, the edge 190 is sufficiently sharp to pierce through the elastic stopper 120. エッジ190は、ファセット124の方面よりもさらに遠くに半径方向に延びるので、ストッパ120からの圧力は、エッジ190に集中する。 Edge 190, since the radially extending farther than the surface of the facets 124, pressure from the stopper 120 is concentrated on the edge 190. より具体的には、付き刺しの応力集中、伸び、および/またはストッパ120の裂けは、開口部126から離れて、エッジ190がストッパに接触する場所でポイント258において集中する。 More specifically, attached stab stress concentration, growth, and / or the stopper 120 tearing is away from the opening 126, the edge 190 is concentrated at a point 258 at a location in contact with the stopper. したがって、チャネル開口部126は、全体として、ストッパ120を突き刺すためのエッジまたはポイントを提供しない。 Thus, the channel opening 126, as a whole, do not provide an edge or point for piercing the stopper 120. これは、ストッパ120の芯が抜かれることを避けるのを助け、ストッパ120のチャネル開口部126への侵入を最小化するのを助ける。 This helps to avoid the core of the stopper 120 is pulled out, it helps to minimize intrusion into the channel openings 126 of the stopper 120. 一実施形態において、ストッパ120の材料は、エッジ190によりチャネル開口部126から引き離され、符号259で示されるような、チャネル開口部126内へ拡張するストッパの材料は最小化される。 In one embodiment, the material of the stopper 120 is pulled away from the channel opening 126 by the edge 190, as indicated by reference numeral 259, the material of the stopper to expand to the channel opening 126 is minimized.

[0053]図20は、バイアル102に完全に挿入されたスパイク118を示している。 [0053] FIG. 20 shows a spike 118 which is fully inserted into the vial 102. 図に見られるように、エッジ190はストッパ120から除かれ、チャネル開口部126が露出されている。 As can be seen, the edge 190 is removed from the stopper 120, the channel opening 126 is exposed. ここには示されていないが、スパイク118がストッパ120を通って押されるとき、ストッパ120はバイアル102内へわずかに逸らされる。 Although not shown here, when the spike 118 is pushed through the stopper 120, the stopper 120 is deflected slightly into the vial 102. 一実施形態において、チャネル開口部126の遠位端部は、ストッパ120と同一平面になるか、または、ストッパ120内に残り、上述したように、バイアル内の液体の実質的に全てが注射器内に引き出される。 In one embodiment, the distal end portion of the channel openings 126, become stopper 120 flush, or remains in the stopper 120, as described above, substantially all the liquid the vial is in the syringe They are drawn to.

[0054]図21は、液体輸送アダプタ200の他の実施形態の斜視図であり、4つのファセット204を備えるスパイク202を有する。 [0054] FIG. 21 is a perspective view of another embodiment of a liquid transport adapter 200 has a spike 202 having four facets 204. 各ファセット204は、類似のサイズまたは異なるサイズとすることができ、一実施形態は、ファセットの面内からスパイク202の側壁208上に延びるチャネル開口部206を備える。 Each facet 204 may be a similar size or of different sizes, an embodiment includes a channel opening 206 extending above the side walls 208 of the spike 202 from the plane of the facet. チャネル開口部206は、スパイク202内のチャネル(図示せず)と連絡し、液体輸送アダプタ200の2つの端部の間の液体連通を提供する。 Channel openings 206 in communication with channels in the spike 202 (not shown) to provide fluid communication between the two ends of the liquid transport adapter 200.

[0055]ファセット204は先端210で結合し、また、各ファセットは、隣接するファセットと結合しエッジ212を形成する(他の実施形態ではエッジ190として言及される)。 [0055] Facet 204 is coupled with the tip 210, and each facet forms an edge 212 attached to adjacent facets (in other embodiments referred to as edge 190). 先端210は、スパイク202に対して軸方向に中心決めされる。 Tip 210 is centered axially relative to the spike 202. ファセット204の接合部におけるエッジ212は、バイアルのゴムの隔壁またはストッパを通って突き刺すために用いることができる。 Edge 212 at the junction of the facets 204 may be used to pierce through the rubber septum or stopper of the vial. それゆえ、エッジ212はカッティングエッジである。 Therefore, the edge 212 is a cutting edge. さらに、チャネル開口部206(他の実施形態ではチャネル126として言及される)は、エッジ212の間に位置決めされるが、エッジに干渉または中断しない。 Further, the channel opening 206 (in other embodiments be referred to as channel 126) is positioned between the edge 212, it does not interfere with or interrupt the edge. エッジ212は、チャネル開口部206が位置決めされるファセット204の内側部分よりもより半径方向外側に配置される。 Edge 212 is disposed more radially outwardly than the inner portions of the facets 204 where the channel opening 206 is positioned. エッジ212の外側位置は、スパイク202が隔壁を貫通するときに、チャネル開口部から離れて隔壁のひずみ集中を局在化させる。 Outer position of the edge 212, when the spike 202 penetrates the septum, to localize concentration strain of the partition away from the channel openings.

[0056]本願の詳細な説明のセクションで具体的に特定される全ての参考文献は、参照によりその全体が明示的に本明細書に組み込まれる。 [0056] All references are specifically identified in the detailed description section of the present application by reference in its entirety expressly incorporated herein. 本明細書で使用される「約」との語は、広く、対応する数値および数値範囲の両者を指すことを理解されたい。 The term "about" as used herein, broadly, be understood to refer to both the corresponding number and numerical ranges. さらに、本明細書におけるすべての数値範囲は、その範囲内にある全体の全ての数値を含み、他の実施形態は他の寸法を備えることができることを理解されたい。 Moreover, all numerical ranges herein include all numerical values ​​of the whole that is within the range, other embodiments should be understood that it is possible to comprise other dimensions. したがって、本明細書で説明される具体的な実施形態は、例示でありその範囲を限定するものではないことを理解されたい。 Accordingly, the specific embodiments described herein, it will be understood that it is not intended to limit the scope thereof is illustrative.

[0057]本開示の説明的な実施形態が開示されたが、多数の修正形態および他の実施形態が当業者に想起されるであろう。 [0057] Illustrative embodiments of the present disclosure have been disclosed, it will numerous modifications and other embodiments will occur to those skilled in the art. たとえば、様々な実施形態の特徴は、他の実施形態において用いることができる。 For example, features of the various embodiments may be used in other embodiments. それゆえ、添付の特許請求の範囲の請求項は、そのようなあらゆる修正形態、および本開示の趣旨および範囲内で想到するあらゆる実施形態を包含することが意図されている。 Hence, the claims of the appended claims are intended to encompass all such modifications, and any embodiments that occur within the spirit and scope of the present disclosure. 上記した全ての各文献の内容は参照により本明細書にその全体が組み込まれる。 All Each of the documents described above herein in its entirety is incorporated by reference.

Claims (20)

  1. 注射器(106)とバイアル(102)との間に作動的に挟むことができる液体輸送アダプタ(104)であって、 A syringe (106) and the vial (102) and the liquid transport adapters that can be sandwiched in operative between (104),
    注射器(106)に流体的に連結するように構成される注射器係合部(112)と、 Syringe engaging portion configured to couple fluidly the syringe (106) and (112),
    バイアル連結部(110)と、を有し、前記バイアル連結部(110)は、スパイク軸、およびバイアル(102)の隔壁(120,700)を貫通するように構成される先端(122)を含む先端部を備えるスパイク(118)を含み、前記先端部は、複数のファセット(124)を含み、前記複数のファセット(124)は、前記先端(122)において互いに結合する平坦な傾斜部であり、 A vial connection portion (110), wherein the vial connecting portion (110) includes spike axis, and a distal end (122) configured to pierce a septum (120,700) of the vial (102) includes spike (118) including a distal portion, the distal portion includes a plurality of facets (124), said plurality of facets (124), said a flat inclined portion which coupled together at the distal end (122),
    前記スパイク(118)は、前記先端(122)から前記注射器係合部(112)に向かって延びるシャフト(129)を有し、 It said spike (118) has a shaft (129) extending towards the said syringe engaging portion from the tip (122) (112),
    前記複数のファセット(124)の1つ以上は1つ以上のエッジ(190)において結合し、前記1つ以上のエッジ(190)の少なくとも1つは、前記スパイク軸に対して傾斜しており、 Wherein one or more of the plurality of facets (124) is attached at one or more edges (190), wherein at least one of the one or more edges (190) is inclined with respect to the spike axis,
    前記スパイク(118)は、前記注射器係合部(112)に流体連通するように前記スパイク(118)を通って延びるチャネル(130)を画定し、前記スパイク(118)は、前記ファセット(124)の少なくとも1つ内に画定され且つ前記エッジ(190)を中断しないように配置される、前記チャネルに連通するチャネル開口部(126)を含み、 Said spike (118), said defining a syringe engaging portion (112) extending through the spike (118) in fluid communication with the channel (130), said spike (118), said facet (124) are disposed of so as not to interrupt a defined and the edges (190) within at least one, comprises a channel opening (126) communicating with said channel,
    前記バイアル(102)が逆さにされた状態で、前記バイアル(102)から引き出される流体を最大化するように、前記チャネル開口部(126)は、少なくとも1つの前記ファセット(124)から前記シャフト(129)の側壁(128)上に延びる、液体輸送アダプタ。 In a state where the vial (102) is inverted, so as to maximize the fluid drawn from the vial (102), said channel opening (126), said at least one of said facets (124) shaft ( 129) extends over the side wall (128) of the liquid transport adapter.
  2. 請求項1に記載の液体輸送アダプタ(104)であって、前記エッジ(190)は、前記スパイク(118)が前記隔壁(120,700)を通って押入れられるときに、前記隔壁(120,700)を突き刺すように構成される付き刺し表面を有する、液体輸送アダプタ。 A liquid transport adapter according to claim 1 (104), said edge (190), when the spikes (118) are pushed through the septum (120,700), said partition wall (120,700 ) has a configured with stab surface to pierce the liquid transport adapter.
  3. 請求項1に記載の液体輸送アダプタ(104)であって、前記先端部は、少なくとも3つのファセット(124)を有する、液体輸送アダプタ。 A liquid transport adapter according to claim 1 (104), wherein the tip has at least three facets (124), the liquid transport adapter.
  4. 請求項3に記載の液体輸送アダプタ(104)であって、前記チャネル開口部(126)は、前記少なくとも3つのファセット(124)の各々に配置されるチャネル開口部(126)を有する、液体輸送アダプタ。 A liquid transport adapter according to claim 3 (104), said channel opening (126), said has a channel opening (126) disposed on each of the at least three facets (124), the liquid transport adapter.
  5. 請求項1に記載の液体輸送アダプタ(104)であって、さらに、前記注射器係合部に配置され、前記注射器(106)と係合するように構成されるシール(132)、または、前記チャネルおよび前記注射器内に液体を維持するための取り外し可能な挿入部、を有する、液体輸送アダプタ。 A liquid transport adapter according to claim 1 (104), further wherein disposed syringe engaging portion, the syringe (106) and the seal configured to engage (132), or, the channel and an insertion portion, removable for maintaining liquid in the syringe, liquid transport adapter.
  6. 請求項1に記載の液体輸送アダプタ(104)であって、さらに、前記バイアル(102)に挿入された前記スパイク(118)により前記液体輸送アダプタ(104)を前記バイアル(102)に係合させるように構成される、前記バイアル連結部(110)に関連付けられるバイアル係合部材を有する、液体輸送アダプタ。 A liquid transport adapter according to claim 1 (104), further, engaging the liquid transport adapter (104) by the inserted said spike the vial (102) (118) to said vial (102) configured to have the vial engagement member associated with said vial connection portion (110), the liquid transport adapter.
  7. 請求項に記載の液体輸送アダプタ(104)であって、前記バイアル係合部材は、前記スパイク(118)の周りに配置されるそり返るフィンガ(116)を有し、前記フィンガ(116)は、前記バイアル(102)に係合する前記液体輸送アダプタ(104)をスナップ留めして保持するように前記スパイク(118)の方に向かって延びる、液体輸送アダプタ。 A liquid transport adapter according to claim 6 (104), said vial engaging member has a warp fingers (116) are disposed around the spike (118), said fingers (116) , extending towards the said liquid transport adapter for engaging the vial (102) (104) so ​​as to hold the snap spike (118), the liquid transport adapter.
  8. 請求項1に記載の液体輸送アダプタ(104)であって、前記チャネル開口部(126)の各々は、前記エッジ(190)から円周方向に間隔が隔てられる、液体輸送アダプタ。 A claim 1 liquid transport adapter according to (104), each of said channel openings (126), the interval is circumferentially spaced from said edge (190), the liquid transport adapter.
  9. 請求項1に記載の液体輸送アダプタ(104)であって、前記スパイク軸の中心軸から前記チャネル開口部(126)の各々まで測定される距離R1は、前記中心軸から前記ファセットと前記シャフトの側壁との境界までの距離R2よりも小さい、液体輸送アダプタ。 A liquid transport adapter according to claim 1 (104), the distance R1 measured from the central axis of the spike shaft to each of said channel openings (126), from said central axis of said shaft and said facet smaller than the distance R2 to the boundary between the side wall, the liquid transport adapter.
  10. 請求項1に記載の液体輸送アダプタ(104)であって、前記チャネル開口部(126)の各々の側方エッジは、前記スパイク(118)が前記隔壁(120,700)を通って貫通するときに、前記隔壁(120,700)の前記チャネル開口部(126)の各々への中への侵入を最小化するのに十分なだけ前記エッジ(190)から円周方向に間隔が隔てられている、液体輸送アダプタ。 A claim 1 liquid transport adapter according to (104), each side edge of the channel opening (126) when said spikes (118) penetrates through the partition wall (120,700) in the intervals in the circumferential direction from a sufficiently said edge (190) to minimize the intrusion into to each of the channel openings (126) of said partition wall (120,700) are separated , liquid transport adapter.
  11. 請求項1に記載の液体輸送アダプタ(104)であって、前記チャネル開口部(126)の各々は、1つのファセット(124)上で円周方向に中心決めされる、液体輸送アダプタ。 A liquid transport adapter according to claim 1 (104), each of said channel openings (126) is centered in a circular circumferential direction on one facet (124), the liquid transport adapter.
  12. 請求項1に記載の液体輸送アダプタ(104)であって、前記注射器係合部(112)は、針無注射器または取り外し可能な挿入部に連結するように構成される、液体輸送アダプタ。 A liquid transport adapter according to claim 1 (104), the syringe engaging portion (112), needleless syringe or configured to couple to the removable insertion portion, the liquid transport adapter.
  13. 請求項12に記載の液体輸送アダプタ(104)であって、様々なサイズの注射器に係合するように前記注射器係合部(112)を選択的に構成するために、取り外し可能な挿入部(230)が前記注射器係合部(112)に取り外し可能に連結される、液体輸送アダプタ。 A liquid transport adapter according to claim 12 (104), for selectively forming the syringe engaging portion to engage the syringe of various sizes (112), removable insertion portion ( 230) is removably coupled to the syringe-engaging portion (112), the liquid transport adapter.
  14. 請求項1に記載の液体輸送アダプタ(104)であって、前記エッジ(190)は、軸方向に中心決めされる前記先端(122)において結合する、液体輸送アダプタ。 A claim 1 liquid transport adapter according to (104), said edge (190) is coupled to the said tip is centered in the axial direction (122), the liquid transport adapter.
  15. 請求項1に記載の液体輸送アダプタ(104)であって、 A liquid transport adapter according to claim 1 (104),
    前記液体輸送アダプタ(104)は、前記バイアル連結部(110)に関連付けられるカラー(150)を有し、前記バイアル(102)に挿入された前記スパイク(118)により前記液体輸送アダプタ(104)を前記バイアル(102)に係合させるためのガイドとして機能するように構成される、液体輸送アダプタ。 Said liquid transport adapter (104), said has a collar (150) associated with the vial connecting portion (110), the liquid transport adapter by the inserted said spikes to said vial (102) (118) and (104) configured to function as a guide for engaging with the vial (102), the liquid transport adapter.
  16. 請求項15に記載の液体輸送アダプタ(104)であって、前記カラー(150)は、前記液体輸送アダプタ(104)のスパイク(118)を前記バイアル(102)の隔壁(120,700)のターゲットに挿可能に構成される 、液体輸送アダプタ。 A liquid transport adapter according to claim 15 (104), said collar (150), the target of the partition walls (120,700) of the spike (118) of the liquid transport adapter (104) vial (102) insert configured to allow liquid transport adapter.
  17. 請求項15に記載の液体輸送アダプタ(104)であって、前記カラー(150)は、実質的にストッパの側壁に接触せずに 、前記液体輸送アダプタ(104)のスパイク(118)を前記バイアル(102)内に挿可能に構成される 、液体輸送アダプタ。 A 15. Liquid transport adapter according to (104), said collar (150) is substantially without contact with the side wall of the stopper, the vial spikes (118) of the liquid transport adapter (104) (102) inserted configured to allow liquid transport adapter into.
  18. 請求項15に記載の液体輸送アダプタ(104)であって、前記カラー(150)は、前記バイアル(102)内への流体の導入または前記バイアル(102)から液体の引き出しを妨げることなく、前記バイアル(102)に対する角度で前記液体輸送アダプタ(104)とともにバイアル(102)への取り付けを可能に構成される 、液体輸送アダプタ。 A liquid transport adapter according to claim 15 (104), said collar (150), said vial (102) without interfering with withdrawal of fluid from the inlet or the vial fluid (102) into the configured to allow attachment to the vial (102) vial (102) with an angle at the liquid transport adapter (104) for liquid transport adapter.
  19. 請求項15に記載の液体輸送アダプタ(104)であって、前記カラー(150)は、前記バイアル(102)に係合した前記液体輸送アダプタ(104)をスナップ留めして保持するために、前記スパイク(118)の方に向かって延びる、前記スパイク(118)の周りに配置されるそり返ったフィンガ(116)を有する、液体輸送アダプタ。 A liquid transport adapter according to claim 15 (104), said collar (150), the engaged said liquid transport adapter (104) to hold the snap in the vial (102), the extending towards the spike (118) having a finger (116) which warped is arranged around the spike (118), the liquid transport adapter.
  20. イアル(102)に液体連通を提供するスパイク(118)を有する液体輸送アダプタ(104)であって、前記スパイク(118)は、 A fluid transport adapter (104) having a spike (118) for providing liquid communication in the vial (102), said spike (118)
    スパイク軸と、 And the spike axis,
    バイアル(102)の隔壁(120,700)を貫通するように構成される先端(122)を含む先端部と、 A distal portion including a distal end (122) configured to pierce a septum (120,700) of the vial (102),
    前記先端から前記スパイク軸に沿って延びるシャフト( 129)と、 Shafts DOO extending along the spike shaft from said distal end and (129),
    記先端(122)で互いに結合する平坦な傾斜部である複数のファセット(124)と、を有し、前記ファセット(124)の各々は、前記スパイク軸に対して傾斜しており、前記複数のファセット(124)は1つ以上のエッジ(190)で結合し、 A plurality of facets is a flat inclined portion that binds together before Symbol tip (122) (124), has, each of said facets (124) is inclined with respect to the spike axis, said plurality facets (124) is attached at one or more edges (190),
    前記スパイク(118)はさらに、前記スパイク(118)の少なくとも一部に沿って延びるチャネル(130)と、 It said spike (118) further includes a channel extending along at least a portion of said spike (118) (130),
    各々の前記複数のファセット(124)内に画定される、前記チャネルに連通するチャネル開口部(126)と、を有し、 前記バイアル(102)が逆さにされた状態で、前記バイアル(102)から引き出される流体を最大化するように、前記チャネル開口部(126)は、少なくとも1つの前記ファセット(124)から前記シャフト(129)の側壁(128)上に延びる、液体輸送アダプタ。 Defined within each of said plurality of facets (124) has a channel opening communicating with (126), the said channel, said in a state in which a vial (102) is inverted, the vial (102) to maximize fluid drawn from the channel opening (126) extends on the side wall (128) of the shaft (129) from at least one of said facets (124), the liquid transport adapter.
JP2014520360A 2011-07-15 2012-07-13 Liquid transport adapter and tilting spike Active JP6198732B2 (en)

Priority Applications (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US13/184,211 US9220660B2 (en) 2011-07-15 2011-07-15 Liquid-transfer adapter beveled spike
US13/184,211 2011-07-15
US201261671037P true 2012-07-12 2012-07-12
US61/671,037 2012-07-12
PCT/US2012/046639 WO2013066435A2 (en) 2011-07-15 2012-07-13 Liquid-transfer adapter beveled spike

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2014526920A JP2014526920A (en) 2014-10-09
JP6198732B2 true JP6198732B2 (en) 2017-09-20

Family

ID=48192976

Family Applications (2)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2014520360A Active JP6198732B2 (en) 2011-07-15 2012-07-13 Liquid transport adapter and tilting spike
JP2017158328A Withdrawn JP2017221717A (en) 2011-07-15 2017-08-21 Liquid-transfer adapter and beveled spike

Family Applications After (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2017158328A Withdrawn JP2017221717A (en) 2011-07-15 2017-08-21 Liquid-transfer adapter and beveled spike

Country Status (8)

Country Link
EP (1) EP2731652B8 (en)
JP (2) JP6198732B2 (en)
KR (1) KR101958042B1 (en)
AU (1) AU2012324002C1 (en)
ES (2) ES2672784T3 (en)
LT (1) LT3050588T (en)
PT (1) PT3050588T (en)
WO (1) WO2013066435A2 (en)

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2015521949A (en) * 2012-07-12 2015-08-03 アンタレス・ファーマ・インコーポレーテッド Chamfered spike of liquid transfer adapter
AU2014281715B2 (en) 2013-06-18 2018-09-27 Enable Injections, Inc. Vial transfer and injection apparatus and method
WO2019084371A1 (en) * 2017-10-26 2019-05-02 Cook Regentec Llc Adaptor for vials and syringes

Family Cites Families (23)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US547370A (en) * 1895-10-01 Detachable spout and can-opener
US1465793A (en) * 1923-08-21 Detachable spout fob containkbs
US3831814A (en) * 1969-07-25 1974-08-27 Cutter Lab Trocar-cannula
US4411661A (en) * 1980-10-22 1983-10-25 Travenol European Research And Development Centre Spike connector
US4662878A (en) * 1985-11-13 1987-05-05 Patents Unlimited Ltd. Medicine vial adaptor for needleless injector
US5254106A (en) 1992-04-17 1993-10-19 Feaster Fred T Hydrodissection needle
US5279576A (en) * 1992-05-26 1994-01-18 George Loo Medication vial adapter
CA2193702C (en) * 1994-06-24 2009-10-13 George A. Lopez Fluid transfer device and method of use
US5893397A (en) * 1996-01-12 1999-04-13 Bioject Inc. Medication vial/syringe liquid-transfer apparatus
GB9701413D0 (en) * 1997-01-24 1997-03-12 Smithkline Beecham Biolog Novel device
US6656433B2 (en) 2001-03-07 2003-12-02 Churchill Medical Systems, Inc. Vial access device for use with various size drug vials
US6875205B2 (en) * 2002-02-08 2005-04-05 Alaris Medical Systems, Inc. Vial adapter having a needle-free valve for use with vial closures of different sizes
CN100482288C (en) * 2002-05-16 2009-04-29 斯科特实验室公司 Drug container entry mechanisms and method
GB0309705D0 (en) 2003-04-28 2003-06-04 Glaxosmithkline Biolog Sa Novel device
WO2005032623A1 (en) * 2003-10-03 2005-04-14 Yoshikuni Saito Bottle needle
US8360114B2 (en) * 2003-10-23 2013-01-29 Niles Clark Apparatus and method for filing a syringe
US7615041B2 (en) * 2004-07-29 2009-11-10 Boston Scientific Scimed, Inc. Vial adaptor
US7611502B2 (en) * 2005-10-20 2009-11-03 Covidien Ag Connector for enteral fluid delivery set
US7828805B2 (en) 2006-02-02 2010-11-09 Zimmer Technology, Inc. Hip stem centralizer datum guide, and method
US7770726B2 (en) 2006-06-08 2010-08-10 Hollister Incorporated Catheter product package and method of forming same
GB0705782D0 (en) * 2007-03-26 2007-05-02 Novartis Ag Vial assemblies
CN101918074B (en) * 2007-09-18 2013-02-27 麦迪麦珀医疗工程有限公司 Medicament mixing and injection apparatus
FR2951075B1 (en) 2009-10-12 2012-02-03 P2A Medical perforating needle

Also Published As

Publication number Publication date
EP2731652B8 (en) 2016-10-19
KR20140044910A (en) 2014-04-15
KR101958042B1 (en) 2019-03-13
WO2013066435A3 (en) 2013-07-04
AU2012324002B2 (en) 2015-07-16
JP2017221717A (en) 2017-12-21
AU2012324002C1 (en) 2016-03-24
ES2592180T3 (en) 2016-11-28
EP2731652A4 (en) 2015-04-01
WO2013066435A2 (en) 2013-05-10
LT3050588T (en) 2018-07-10
EP2731652A2 (en) 2014-05-21
PT3050588T (en) 2018-05-29
JP2014526920A (en) 2014-10-09
ES2672784T3 (en) 2018-06-18
EP2731652B1 (en) 2016-08-17
AU2012324002A1 (en) 2013-05-30

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6217568B1 (en) Preslit injection site and tapered cannula for blood sampling
EP1030711B1 (en) Sliding reconstitution device for a diluent container
US4927423A (en) Connector and a disposable assembly utilizing said connector
JP5680414B2 (en) Liquid drug delivery device for use with a syringe having a diameter distal tip
US5833213A (en) Multiple dose drug vial adapter for use with a vial having a pierceable septum and a needleless syringe
CN100577234C (en) Connector for medical liquid-containing packages and medical liquid-containing packages
JP5746127B2 (en) Method and apparatus for delivering a therapeutic agent through the infusion port
EP2959878B1 (en) Closed fluid transfer system
US8317743B2 (en) Medicament mixing and injection apparatus
US6258078B1 (en) Luer connector with rotationally engaging piercing luer
US6361525B2 (en) Single-use syringe
US5746733A (en) Syringe filling and delivery device
US5135489A (en) Pre-slit injection site and tapered cannula
US5871500A (en) Pre-slit injection site and tapered cannula
EP2361076B1 (en) Vial access spike assembly
US6695829B2 (en) Container closure system
US6394979B1 (en) Cannula for use with a medical syringe
US7985216B2 (en) Medicinal container engagement and automatic needle device
AU2001249714B2 (en) Housing capable of connecting a container to a medical device
US5211638A (en) Pre-slit injection site
US20060184103A1 (en) Syringe safety device
AU650122B2 (en) Improved liquid dispensers
US20020189712A1 (en) Needle safe transfer guard
US5769138A (en) Nozzle and adapter for loading medicament into an injector
CA2440873C (en) Kit including side firing syringe needle for preparing a drug in an injection pen cartridge

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20150609

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20160303

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20160304

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20160603

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20160802

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20160920

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20161219

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20170317

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20170420

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20170711

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20170727

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20170822

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6198732

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150