JP6173204B2 - The method of assembling the throttle device - Google Patents

The method of assembling the throttle device Download PDF

Info

Publication number
JP6173204B2
JP6173204B2 JP2013258925A JP2013258925A JP6173204B2 JP 6173204 B2 JP6173204 B2 JP 6173204B2 JP 2013258925 A JP2013258925 A JP 2013258925A JP 2013258925 A JP2013258925 A JP 2013258925A JP 6173204 B2 JP6173204 B2 JP 6173204B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
throttle
rotor
assembling
step
method
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2013258925A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2015113821A (en )
Inventor
聖哉 吉田
聖哉 吉田
美哉 鈴木
美哉 鈴木
宏昭 岩田
宏昭 岩田
Original Assignee
東洋電装株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

本発明は、ハンドルバーに対するスロットル装置の組付方法に関する。 The present invention relates to a method of assembling the throttle device relative to the handle bar.

例えば、アクセルグリップ(ハンドルグリップ)の回転角度をスロットル装置で検出し、その検出信号に基づいてECUがスロットルバルブの開度を制御する自動二輪車が広汎に知られている。 For example, a motorcycle to detect the rotation angle of the accelerator grip (handle grips) the throttle device, ECU on the basis of the detection signal for controlling the opening degree of the throttle valve are known in the extensive.

スロットル装置は、一般的にハンドルバーに設けられている。 Throttle device is provided in generally the handlebar. そして、この種のスロットル装置は、例えば、ハンドルグリップが外嵌されたスロットルパイプと、スロットルパイプの回動に連動して回動するリング状のロータ(連動部材)と、ロータの回転角度を検出するスロットルセンサ部とを備える。 Then, this type of throttle device, for example, a throttle pipe handle grip is fitted a ring-shaped rotor that rotates in conjunction with rotation of the throttle pipe (interlocking member), detecting the rotation angle of the rotor and a throttle sensor unit to. ロータ及びスロットルセンサ部は、ケーシングに収容されている。 The rotor and the throttle sensor unit is accommodated in a casing.

このようなスロットル装置において、スロットルパイプの一端面に一対の凹部を形成すると共にロータに一対の前記凹部が嵌合する一対の凸部を形成することにより、スロットルパイプの回転をロータに確実に伝達させる技術的思想が知られている(例えば、特許文献1参照)。 In such a throttle device, by a pair of the recess in the rotor so as to form a pair of recesses on one end face of the throttle pipe to form a pair of convex portions to be fitted securely transmit the rotation of the throttle pipe in the rotor technical idea which is known (e.g., see Patent Document 1).

特開2011−144715号公報 JP 2011-144715 JP

上述した特許文献1には、ハンドルバーに対するスロットル装置の組付方法について記載がない。 Patent Document 1 described above, there is no description about the method of assembling the throttle device relative to the handle bar. スロットル装置の組付方法としては、例えば、ハンドルバーにロータを挿通した後でスロットルパイプを前記ハンドルバーに挿通し、スロットルパイプの一対の凹部とロータの一対の凸部とを嵌合させた状態でケーシングを取り付ける手順が考えられる。 State as the method of assembling the throttle device, for example, which is inserted a throttle pipe to the handle bar after inserting the rotor into the handlebar, mated and a pair of convex portions of the pair of recesses and the rotor of the throttle pipe to install the casing can be considered in. しかしながら、このような手順では、ハンドルバーに対するロータの挿通とハンドルバーに対するスロットルパイプの挿通とが別々に行われるため、スロットル装置の組付工数の低減に改善の余地がある。 However, such procedures, since the insertion of the throttle pipe relative to the rotor insertion and handlebar relative to the handle bar is made separately, there is room for improvement in reducing the number of assembly steps of the throttle device.

本発明は、このような課題を考慮してなされたものであり、ハンドルバーに対する組付工数の低減を図ることができるスロットル装置の組立方法を提案することを目的とする。 The present invention, this problem has been made in consideration of, and an object thereof is to propose a method of assembling a throttle device capable of reducing the assembling steps for the handlebar.

本発明に係るスロットル装置の組付方法は、ハンドルバーに回動可能に設けられるスロットルパイプと、前記スロットルパイプと連動して回動するリング状のロータと、前記ロータを回動可能に支持して当該ロータの回転角度を検出するスロットルセンサ部と、前記スロットルパイプの軸線方向と直交する方向に沿って分割された第1ケース部と第2ケース部とを含んで構成されて前記スロットルセンサ部を収容するケーシングと、を備え、前記スロットルパイプの一端面には、当該スロットルパイプの軸線を中心として線対称に形成された一対の凹部が形成され、前記ロータには、一対の前記凹部が嵌合する一対の凸部が形成されているスロットル装置を前記ハンドルバーに組み付けるスロットル装置の組付方法において、前記スロットル Method of assembling a throttle device according to the present invention includes: a throttle pipe which is provided rotatably on the handle bar, and a ring-shaped rotor that rotates in conjunction with the throttle pipe, supporting the rotor rotatably a throttle sensor which detects the rotation angle of the rotor Te, the first case portion and the throttle sensor unit is configured and a second casing portion which is divided along a direction perpendicular to the axial direction of the throttle pipe and a casing housing, said one end face of the throttle pipe, the pair of recesses formed in line symmetry about the axis of the throttle pipe is formed, the rotor is fitted with a pair of the recess in the method of assembling the throttle device for assembling the throttle device to the handlebar pair of convex portions which case is formed, the throttle ンサ部を前記第1ケース部の内面側に取り付ける取付工程と、前記第1ケース部に取り付けられた前記スロットルセンサ部の外面に対して前記スロットルパイプの一端面をスライドさせながら前記スロットルパイプの各前記凹部を前記ロータの各前記凸部に挿入して嵌合する嵌合工程と、前記嵌合工程の後で前記ハンドルバーを前記ロータ及び前記スロットルパイプに挿通する挿通工程と、前記第2ケース部を前記第1ケース部に固定する固定工程と、を行う、ことを特徴とする。 A mounting step of mounting the capacitors portion on the inner surface of the first case portion, each of said throttle pipe while sliding the end face of the throttle pipe against the outer surface of the throttle sensor unit attached to the first case portion a fitting step of fitting by inserting the recess to each of said projecting portions of said rotor, an insertion step of inserting the handlebar to the rotor and the throttle pipe after said fitting step, the second case performing a fixing step of fixing the parts to the first case portion, characterized in that.

このような方法によれば、スロットルパイプの各凹部をロータの各凸部に嵌合させた状態でハンドルバーをロータ及びスロットルパイプに挿通しているので、ハンドルバーのロータへの挿通とハンドルバーのスロットルパイプへの挿通とを一緒に行うことができる。 According to this method, since the insertion of the handle bars to the rotor and the throttle pipe in a state in which the respective recesses of the throttle pipe is fitted to the convex portions of the rotor, through the handlebar to the handlebar of the rotor it is possible to perform the insertion of the throttle pipe together. また、スロットルパイプの一端面をスロットルセンサ部の外面に対してスライドさせながらスロットルパイプの各凹部をロータの各凸部に挿入して嵌合するので、嵌合工程を容易に行うことができる。 Further, since the fitting by inserting the respective recesses of the throttle pipe respective convex portions of the rotor while sliding the end face of the throttle pipe against the outer surface of the throttle sensor unit, it is possible to perform the fitting process easily. よって、ハンドルバーに対するスロットル装置の組付工数の低減を図ることができる。 Therefore, it is possible to reduce the assembling steps of the throttle device relative to the handle bar.

上記のスロットル装置の組付方法において、前記固定工程では、前記挿通工程の後で、前記第2ケース部に設けられたピンが前記ハンドルバーに形成された保持孔に挿入されるように当該第2ケース部を前記第1ケース部に固定してもよい。 In assembling method of the throttle device, wherein in the fixing step, after said insertion step, the first so that the pin provided on the second casing portion is inserted into the holding hole formed in the handlebar the second case portion may be fixed to the first case portion.

このような方法によれば、第2ケース部のピンをハンドルバーの保持孔に挿入するため、ケーシングをハンドルバーに対して容易に位置決め固定することができる。 According to this method, for inserting the pins of the second case portion in the holding hole of the handlebar can be easily positioned and fixed casing to the handle bar.

上記のスロットル装置の組付方法において、前記第2ケース部を前記第1ケース部に対してねじ部材で仮止めする仮止め工程を前記嵌合工程と前記挿通工程との間に行い、前記固定工程では、前記ねじ部材を締め付けることにより前記第2ケース部を前記第1ケース部に固定してもよい。 In assembling method of the throttle device, it performs a temporary fixing step of temporarily screwed member the second casing portion to the first casing part between said insertion step and the fitting step, the fixed the process may be fixed to the second casing portion to the first casing portion by tightening the screw member.

このような方法によれば、第2ケース部を第1ケース部にねじ部材で仮止めした状態で挿通工程を行うため、この挿通工程において、スロットルパイプがロータから離脱することを抑制できる。 According to such a method, for performing the insertion step in temporarily fixed state by the screw member and the second case portion to the first casing part, in the insertion step, it is possible to suppress the throttle pipe is disengaged from the rotor. また、固定工程において、仮止め工程で用いられたねじ部材を締め付けることにより第2ケース部を第1ケース部に対して容易に固定することができる。 Further, in the fixing step, the second case portion by tightening the screw member used in the temporary fixing process can be easily fixed to the first case portion. これにより、ハンドルバーに対するスロットル装置の組付工数のさらなる低減を図ることができる。 Thus, it is possible to further reduce assembly steps of the throttle device relative to the handle bar.

上記のスロットル装置の組付方法において、前記取付工程では、前記ロータの軸線を通り且つ前記ケーシングの分割方向に延在する直線上に前記ロータの一対の前記凸部が位置するように、前記スロットルセンサ部を前記第1ケース部の内面側に取り付けてもよい。 In assembling method of the throttle device, in the attachment step, as a pair of the convex portions of the rotor on a straight line extending in the dividing direction of the street and the casing axis of the rotor is located, the throttle the sensor unit may be attached to the inner surface of the first case portion.

このような方法によれば、ロータの軸線を通り且つケーシングの分割方向に延在する直線上にロータの一対の凸部が位置するので、嵌合工程において、スロットルパイプの各凹部をロータの各凸部に一層容易に挿入することができる。 According to this method, since the pair of convex portions of the rotor on a straight line extending in the dividing direction of the street and the casing the axis of the rotor is positioned in the fitting step, each concave portion of the throttle pipe of the rotor each it can be more easily inserted into the convex portion.

上記のスロットル装置の組付方法において、前記取付工程では、前記ロータの軸線を通り且つ前記ケーシングの分割方向に延在する直線上に前記ロータの一対の前記凸部が位置しないように、前記スロットルセンサ部を前記第1ケース部の内面側に取り付けてもよい。 In assembling method of the throttle device, in the attachment step, as a pair of the convex portions of the rotor on a straight line extending in the dividing direction of the street and the casing the axis of the rotor is not located, the throttle the sensor unit may be attached to the inner surface of the first case portion.

このような方法によれば、取付工程において、ロータの軸線を通り且つケーシングの分割方向に延在する直線上にロータの一対の凸部が位置しないので、スロットルパイプの各凹部をロータの各凸部に嵌合した状態で、スロットルパイプがロータから離脱することを好適に抑制できる。 According to this method, in the mounting step, the pair of convex portions of the rotor on a straight line extending in the dividing direction of the street and the casing the axis of the rotor is not located, the convex of the rotor of each recess of the throttle pipe in fitted state section, it can be suitably suppress the throttle pipe is disengaged from the rotor.

上記のスロットル装置の組付方法において、前記嵌合工程では、前記スロットルセンサ部に対して前記ロータを回転させて一対の前記凸部を前記直線上に位置させた状態で前記スロットルパイプの一対の凹部を一対の前記凸部に嵌合してもよい。 In assembling method of the throttle device, wherein in the fitting step, the throttle sensor unit and the rotor to rotate the state of a pair of the throttle pipe and the pair of the convex portions are positioned on the straight line with respect to the recess may be fitted to the pair of the convex portions.

このような方法によれば、嵌合工程において、前記直線上にロータの一対の凸部を位置させるので、スロットルパイプの各凹部をロータの各凸部に容易に挿入させることができる。 According to this method, in the fitting process, since to position the pair of convex portions of the rotor to the straight line, it can be easily inserted to the recesses of the throttle pipe respective convex portions of the rotor. しかも、嵌合工程の後では、ロータの一対の凸部が前記直線上に位置しなくなるので、スロットルパイプがロータから離脱し難くなる。 Moreover, after the fitting process, since the pair of convex portions of the rotor is not located on the straight line, the throttle pipe is hardly detached from the rotor.

本発明によれば、スロットルパイプの一端面をスロットルセンサ部の外面に対してスライドさせながらスロットルパイプの各凹部をロータの各凸部に挿入して嵌合した後でハンドルバーをロータ及びスロットルパイプに挿通する。 According to the present invention, the rotor and the throttle pipe handlebars after being fitted by inserting the respective recesses of the throttle pipe respective convex portions of the rotor while sliding the end face of the throttle pipe against the outer surface of the throttle sensor unit It is inserted into. よって、ハンドルバーに対するスロットル装置の組付工数の低減を図ることができる。 Therefore, it is possible to reduce the assembling steps of the throttle device relative to the handle bar.

本発明の第1実施形態に係るスロットル装置の組付方法が適用されるスロットル装置の斜視図である。 Is a perspective view of a throttle device assembling method of a throttle apparatus according to a first embodiment of the present invention is applied. 前記スロットル装置の分解斜視図である。 Wherein is an exploded perspective view of the throttle device. 図3Aは図1のIIIA−IIIA線に沿った横断面図であり、図3Bはスロットルパイプの回転が規制された状態を示す横断面図である。 3A is a cross-sectional view taken along line IIIA-IIIA of FIG. 1, FIG. 3B is a cross-sectional view showing a state where the rotation of the throttle pipe is regulated. 第1実施形態の取付工程を説明するための横断面図である。 It is a cross-sectional view for explaining the attachment process of the first embodiment. 第1実施形態の嵌合工程を説明するための斜視図である。 Is a perspective view for explaining the fitting process of the first embodiment. 図6Aはスロットルパイプをセンサケースの外面に対してスライドさせている状態を示す横断面図であり、図6Bは嵌合工程が完了した状態を示す横断面図である。 6A is a cross-sectional view showing a state in which slide the throttle pipe against the outer surface of the sensor case, FIG. 6B is a cross sectional view showing the fitting process is complete. 第1実施形態の仮止め工程を説明するための斜視図である。 Is a perspective view for explaining a temporary fixing step of the first embodiment. 第1実施形態の挿通工程を説明するための斜視図である。 Is a perspective view for explaining the insertion step of the first embodiment. 第1実施形態の固定工程を説明するための断面図である。 It is a cross-sectional view illustrating the fixing process of the first embodiment. 第1実施形態の装着工程を説明するための斜視図である。 Is a perspective view for illustrating the mounting process of the first embodiment. 本発明の第2実施形態に係るスロットル装置の組付け方法が適用されるスロットル装置の斜視図である。 It is a perspective view of a throttle device in which the method of assembling the throttle device according to a second embodiment of the present invention is applied. 図11に示すスロットル装置の分解斜視図である。 Is an exploded perspective view of the throttle device shown in FIG. 11. 図13Aは図11のXIIIA−XIIIA線に沿った横断面図であり、図13Bはスロットルパイプの回転が規制された状態を示す横断面図である。 Figure 13A is a cross-sectional view along XIIIA-XIIIA line in FIG. 11, FIG. 13B is a cross-sectional view showing a state where the rotation of the throttle pipe is regulated. 第2実施形態の取付工程を説明するための横断面図である。 It is a cross-sectional view for explaining the attachment process of the second embodiment. 第2実施形態の嵌合工程を説明するための斜視図である。 Is a perspective view for explaining the fitting process of the second embodiment. 図16Aは当該嵌合工程の第1の状態を示す横断面図であり、図16Bは当該嵌合工程の第2の状態を示す横断面図である。 Figure 16A is a cross-sectional view showing a first state of the fitting process, FIG. 16B is a cross-sectional view showing a second state of the fitting process. 図17Aは当該嵌合工程の第3の状態を示す横断面図であり、図17Bは当該嵌合工程の第4の状態を示す横断面図である。 Figure 17A is a cross-sectional view showing a third state of the fitting process, FIG. 17B is a cross-sectional view showing a fourth state of the fitting process. 第2実施形態の固定工程を説明するための断面図である。 It is a cross-sectional view illustrating the fixing process of the second embodiment.

以下、本発明に係るスロットル装置の組付方法について好適な実施形態を挙げ、添付の図面を参照しながら説明する。 Hereinafter, like the preferred embodiment for the method of assembling the throttle device according to the present invention will be described with reference to the accompanying drawings.

(第1実施形態) (First Embodiment)
本発明の第1実施形態に係るスロットル装置10Aの組付方法について図1〜図10を参照しながら説明する。 For assembling method of the throttle device 10A according to the first embodiment of the present invention will be described with reference to FIGS. 1-10. 先ず、本実施形態に係るスロットル装置10Aの構成について説明する。 First, the configuration of a throttle device 10A according to this embodiment. なお、理解を容易にするために、各図において、自動二輪車に着座した運転者から見た方向に従って、車体の左側を矢印「L」で示し、車体の右側を矢印「R」で示すと共に、車体の前方を矢印「Fr」で示し、車体の後方を矢印「Rr」で示す。 In order to facilitate understanding, in the drawings, according to the direction as viewed from the rider seated on the motorcycle, shown vehicle body left by arrow "L", with showing the vehicle body right side by arrow "R", It shows the body of the forward arrow "Fr" indicates the body of the backwards arrow "Rr".

図1に示すように、スロットル装置10Aは、自動二輪車のハンドルバー200の右端部に取り付けられ、運転者がハンドルグリップ14(アクセルグリップ)を回動操作した際に、その回転角度を検出してその検出信号を図示しないECUに出力する。 As shown in FIG. 1, a throttle device 10A is attached to the right end of the handlebar 200 of the motorcycle, when the driver is rotated the handle grip 14 (accelerator grip), and detects the rotation angle and outputs to the ECU (not shown) a detection signal. 前記ECUは、検出信号に基づいて図示しないスロットルバルブの開度を制御する。 The ECU controls the opening degree of the throttle valve (not shown) on the basis of the detection signal.

図2及び図3Aに示すように、スロットル装置10Aは、ハンドルバー200の右端部に回動可能に設けられたスロットルパイプ12と、スロットルパイプ12に外嵌されたハンドルグリップ14と、スロットルパイプ12の一端部(左端部)に設けられたスロットルセンサユニット16とを備えている。 As shown in FIGS. 2 and 3A, the throttle device 10A, the throttle pipe 12 provided rotatably to the right end portion of the handlebar 200, a handle grip 14 fitted on the throttle pipe 12, the throttle pipe 12 one end of and a throttle sensor unit 16 provided on the (left end).

スロットルパイプ12の一端側の外周面には、ハンドルグリップ14を位置決め固定するための一対の円環部18、20が突出形成されている。 The outer peripheral surface of one side of the throttle pipe 12, a pair of annular portion 18, 20 for positioning and fixing the handle grip 14 is formed to project. すなわち、ハンドルグリップ14は、スロットルパイプ12と一体的に回動する。 That is, the handle grip 14 is integrally rotated with the throttle pipe 12.

スロットルパイプ12の一端には、その半径方向外側に突出したフランジ部22が形成されている。 At one end of the throttle pipe 12, a flange portion 22 projecting in the radially outward is formed. フランジ部22(スロットルパイプ12)の一端面には、スロットルパイプ12の軸線Ax1を中心として線対称に一対の凹部28、30が形成されている(図3A参照)。 The end surface of the flange portion 22 (the throttle pipe 12), a pair of recesses 28, 30 are formed in line symmetry about the axis Ax1 of the throttle pipe 12 (see FIG. 3A). 換言すれば、一対の凹部28、30は、スロットルパイプ12の周方向に互いに180°だけ位相がずれた対向位置に形成されている。 In other words, a pair of recesses 28, 30 are formed at opposite positions whose phases are shifted by 180 ° from each other in the circumferential direction of the throttle pipe 12. フランジ部22の外周面には、スロットルパイプ12の回転を規制するための規制突起32が設けられている。 The outer peripheral surface of the flange portion 22, restricting projection 32 for restricting rotation of the throttle pipe 12 is provided.

スロットルセンサユニット16は、スロットルパイプ12と連動して回動するリング状のロータ34と、ロータ34の回転角度を検出するスロットルセンサ部36と、スロットルセンサ部36に隣接して配設されたハンドルスイッチ部38と、ケーシング40とを有している。 Handle throttle sensor unit 16, in which the ring-shaped rotor 34 which rotates in conjunction with the throttle pipe 12, a throttle sensor 36 for detecting the rotation angle of the rotor 34, disposed adjacent to the throttle sensor unit 36 a switch unit 38, and a casing 40.

ロータ34は、その外周面にギヤが形成された連動ギヤとして構成されている。 The rotor 34 is configured as a linkage gear gear is formed on its outer peripheral surface. ロータ34のうちスロットルパイプ12側の端面には、ロータ34の軸線Ax2を中心として線対称に一対の凸部42、44が形成されている(図3A参照)。 The end face of the throttle pipe 12 side of the rotor 34, a pair of protrusions 42, 44 in line symmetry about the axis Ax2 of the rotor 34 is formed (see FIG. 3A). すなわち、一対の凸部42、44は、ロータ34の周方向に互いに180°だけ位相がずれた対向位置に形成されている。 That is, the pair of protrusions 42, 44 are formed at opposite positions whose phases are shifted by 180 ° from each other in the circumferential direction of the rotor 34. 各凸部42、44は、スロットルパイプ12に形成された各凹部28、30に対応した形状を有している。 Each protrusion 42, 44 has a shape corresponding to the recesses 28, 30 formed in the throttle pipe 12.

このようなロータ34は、スロットルパイプ12と同軸に位置した状態で各凸部42、44が各凹部28、30に嵌合し、スロットルパイプ12と連動して回動する。 Such rotor 34, each of the convex portions 42, 44 in a state of being positioned in the throttle pipe 12 coaxial with and fitted in the recesses 28 and 30, to rotate in conjunction with the throttle pipe 12. そして、一対の凹部28、30をスロットルパイプ12の軸線Ax1を中心として線対称に形成すると共に一対の凸部42、44をロータ34の軸線Ax2を中心として線対称に形成している。 Then, it is formed in line symmetry with a pair of protrusions 42, 44 about the axis Ax2 of the rotor 34 so as to form in line symmetry with a pair of recesses 28, 30 about the axis Ax1 of the throttle pipe 12. よって、ロータ34とスロットルパイプ12の軸ずれを好適に抑制できると共にスロットルパイプ12の回転力をロータ34の各凸部42、44に略均等に確実に伝達することができる。 Therefore, it is possible to substantially uniformly reliably transmit the rotational force of the throttle pipe 12 in the respective convex portions 42, 44 of the rotor 34 along with the axial displacement of the rotor 34 and the throttle pipe 12 can be suitably suppressed.

スロットルセンサ部36は、ロータ34を回動自在に支持するセンサケース46と、センサケース46内に配設された図示しないセンサ本体及びリターンスプリングとを含む。 Throttle sensor unit 36 ​​includes a sensor case 46 for supporting the rotor 34 rotatably, and a sensor body and a return spring (not shown) provided in the sensor case 46. センサケース46のうちロータ34の内側には、ハンドルバー200が挿通する挿通孔48が形成されている。 Inside the rotor 34 of the sensor case 46, an insertion hole 48 which the handle bar 200 is inserted is formed. センサ本体は、ロータ34の回転角度を検出するためのものであり周知の構成を採用し得る。 Sensor body is for detecting the rotation angle of the rotor 34 may employ a known structure. また、リターンスプリングは、ハンドルグリップ14の回動操作によって回転されたロータ34を初期位置(原点位置)に復帰させるためのものである。 Further, the return spring is for returning the rotor 34 is rotated by the rotation operation of the handle grip 14 to the initial position (home position).

ケーシング40は、スロットルパイプ12の軸線方向と直交する方向に沿って分割された第1ケース部50と第2ケース部52とを含んで構成されており、スロットルセンサ部36及びハンドルスイッチ部38を収容する。 Casing 40 is configured to include a first case portion 50 which is divided along a direction perpendicular to the axial direction of the throttle pipe 12 and the second case part 52, the throttle sensor unit 36 ​​and the handle switch 38 accommodating to. 換言すれば、ケーシング40は、自動二輪車の前後方向に二分割されており、ケーシング40の後方側を構成する第1ケース部50と、ケーシング40の前方側を構成する第2ケース部52とを有する。 In other words, the casing 40 is bisected in the front-rear direction of the motorcycle, the first case portion 50 constituting the rear side of the casing 40, and a second case portion 52 constituting the front side of the casing 40 a.

第1ケース部50の内面には、ハンドルスイッチ部38及びセンサケース46が固定されている。 On the inner surface of the first case portion 50, a handle switch unit 38 and the sensor case 46 is fixed. 具体的には、ハンドルスイッチ部38は、第1ケース部50の一端側にねじ部材54によって固定されており、センサケース46は、第1ケース部50の他端側にねじ部材56によって固定されている。 Specifically, handle switch portion 38 is fixed by a screw member 54 at one end of the first case portion 50, the sensor case 46 is fixed by a screw member 56 to the other end of the first case portion 50 ing. また、第1ケース部50の内面には、第2ケース部52を第1ケース部50に固定するための複数のねじ部材58a、58bが螺合する複数のボス部60a、60bが形成されている。 Further, on the inner surface of the first case portion 50, a plurality of screw members 58a for securing the second case portion 52 into the first case portion 50, a plurality of boss portions 60a, 58b is screwed, 60b is formed there.

第2ケース部52の内面には、スロットルパイプ12の規制突起32が当接するストッパ部62と、ハンドルバー200に形成された保持孔202に挿入されて第2ケース部52をハンドルバー200に対して位置決め固定するピン64とが設けられている。 The inner surface of the second case portion 52, the stopper portion 62 restricting projection 32 of the throttle pipe 12 abuts the second case portion 52 is inserted into the holding hole 202 formed in the handle bar 200 to the handlebar 200 a pin 64 for positioning and fixing Te is provided. また、第2ケース部52のうち第1ケース部50の各ボス部60a、60bに対応する位置には、各ねじ部材58a、58bが挿通する複数の貫通孔66a、66bが形成されている。 Each boss 60a of the first case portion 50 of the second case portion 52, the position corresponding to 60b, a plurality of through holes 66a each screw member 58a, 58b are inserted, 66b is formed.

このように構成されるスロットル装置10Aでは、運転者がハンドルグリップ14を回動操作すると、スロットルパイプ12がハンドルグリップ14と一体的に回動すると共にロータ34がスロットルパイプ12に連動して回動する。 In thus configured throttle device 10A, when the driver of the handle grip 14 to the turning operation, and the rotor 34 together with the throttle pipe 12 is integrally rotated with the handle grip 14 is interlocked with the throttle pipe 12 rotates to. このとき、スロットルセンサ部36は、ロータ34の回転角度を検出してその検出信号を前記ECUに出力する。 At this time, the throttle sensor unit 36 ​​detects the rotation angle of the rotor 34 and outputs a detection signal to the ECU. そして、ECUは、前記検出信号に基づいてスロットルバルブの開度を制御する。 Then, ECU controls the opening of the throttle valve based on the detection signal.

また、図3Bに示すように、スロットル装置10Aでは、スロットルバルブが全開となるようなロータ34の回転角度において、スロットルパイプ12の規制突起32がストッパ部62に当接する。 Further, as shown in FIG. 3B, the throttle device 10A, in the rotation angle of the rotor 34 as the throttle valve is fully opened, restricting projection 32 of the throttle pipe 12 abuts against the stopper portion 62. これにより、ハンドルグリップ14のそれ以上の回転が規制される。 Thus, further rotation of the handle grip 14 is restricted. 一方、運転者がハンドルグリップ14から手を離すと、リターンスプリングの作用によって、ハンドルグリップ14は、元の位置に復帰する。 On the other hand, when the driver releases the hand from the handle grip 14, by the action of the return spring, the handle grip 14 is returned to its original position.

本実施形態に係るスロットル装置10Aは、基本的には以上のように構成されるものであり、次に、ハンドルバー200に対してスロットル装置10Aを組み付ける方法について説明する。 Throttle device 10A according to this embodiment, which is basically constructed as described above, then, a method of assembling a throttle device 10A will be described with respect to the handlebar 200. なお、本実施形態に係るスロットル装置10Aの組付方法では、初期段階において、第1ケース部50の内面にハンドルスイッチ部38が固定されると共に、ロータ34がセンサケース46に対して回動自在に装着されているものとする。 In the method of assembling the throttle device 10A according to this embodiment, in the initial stage, with the handle switch portion 38 is fixed to the inner surface of the first case portion 50, rotatable rotor 34 relative to the sensor case 46 and those that are attached to.

本実施形態のスロットル装置10Aの組付方法では、先ず、第1ケース部50の内面にスロットルセンサ部36を取り付ける(取付工程)。 The method of assembling the throttle device 10A of the present embodiment, firstly, mounting the throttle sensor unit 36 ​​on the inner surface of the first case portion 50 (mounting step). 具体的には、図4に示すように、ロータ34の軸線Ax2を通り且つケーシング40の分割方向(自動二輪車の前後方向)に延在する直線L1上にロータ34の一対の凸部42、44が位置するように、第1ケース部50の内面にセンサケース46をねじ部材56によって固定する。 Specifically, as shown in FIG. 4, a pair of projecting portions 42, 44 of the rotor 34 on the straight line L1 extending in the dividing direction of the street and the casing 40 on the axis Ax2 of the rotor 34 (the front-rear direction of the motorcycle) There so as to be positioned, the sensor case 46 to the inner surface of the first case portion 50 is fixed by the screw member 56.

続いて、図5〜図6Bに示すように、スロットルパイプ12の一端面をセンサケース46の外面に対してスライドさせながらスロットルパイプ12の各凹部28、30をロータ34の各凸部42、44に挿入して嵌合する(嵌合工程)。 Subsequently, as shown in FIGS. 5 6B, the convex portions 42, 44 of each recess 28, 30 rotors 34 of the throttle pipe 12 while sliding the end face of the throttle pipe 12 against the outer surface of the sensor case 46 inserted to the fitting (mating step). このとき、一対の凸部42、44が直線L1上に位置しているので、各凹部28、30を各凸部42、44に挿入する際に、スロットルパイプ12と第1ケース部50との干渉を抑制できる。 At this time, since the pair of convex portions 42, 44 are located on the straight line L1, when inserting each of the recesses 28, 30 in the respective convex portions 42 and 44, and the throttle pipe 12 of the first case portion 50 the interference can be suppressed.

その後、図7に示すように、第2ケース部52を第1ケース部50に対して複数のねじ部材58a、58bで仮止めする(仮止め工程)。 Thereafter, as shown in FIG. 7, a plurality of screw members 58a and the second case portion 52 with respect to the first case portion 50, temporarily fixed at 58b (temporary fixing step). すなわち、第2ケース部52の分割面と第1ケース部50の分割面とを合わせた状態で第2ケース部52を第1ケース部50に対して複数のねじ部材58a、58bで仮止めする。 That is, a plurality of screw members 58a relative to the second casing portion 52 of the dividing surface and split surface and a state in the second case portion 52 first casing part 50 of the combined first case portion 50, temporarily fixed at 58b . これにより、スロットルパイプ12がロータ34から離脱することを第2ケース部52で抑えることができる。 Thus, it is possible to suppress the throttle pipe 12 is disengaged from the rotor 34 in the second case portion 52.

そして、図8に示すように、ハンドルバー200の右端側をスロットルセンサ部36及びスロットルパイプ12に挿通する(挿通工程)。 Then, as shown in FIG. 8, inserting the right end of the handlebar 200 to the throttle sensor unit 36 ​​and the throttle pipe 12 (insertion step). 換言すれば、ハンドルバー200をセンサケース46の挿通孔48(ロータ34の内側)及びスロットルパイプ12の内部に挿通する。 In other words, inserting the handlebar 200 to the inside of the insertion hole 48 (inner rotor 34) and the throttle pipe 12 of the sensor case 46. このとき、ハンドルバー200の他端は、スロットルパイプ12の他端よりもスロットルセンサユニット16側に位置する。 At this time, the other end of the handle bar 200 is positioned to the throttle sensor unit 16 side from the other end of the throttle pipe 12. また、この挿通工程では、ハンドルバー200の保持孔202の位置と第2ケース部52のピン64の位置とを合わせる。 Further, in the insertion step, combining a position of the pin 64 of the second case portion 52 of the holding hole 202 of the handlebar 200.

次いで、図9に示すように、仮止めされていたねじ部材58a、58bを締め付けることにより、第2ケース部52を第1ケース部50に対して固定する(固定工程)。 Then, as shown in FIG. 9, the screw member 58a which has been temporarily fixed, by tightening 58b, fixing the second casing portion 52 relative to the first casing portion 50 (fixing step). これにより、第2ケース部52のピン64がハンドルバー200の保持孔202に挿入され、ケーシング40がハンドルバー200に対して位置決め固定される。 Thus, the pin 64 of the second case portion 52 is inserted into the holding hole 202 of the handle bar 200, the casing 40 is positioned and fixed relative to the handlebar 200.

また、図10に示すように、ハンドルグリップ14をスロットルパイプ12に外嵌する(装着工程)。 Further, as shown in FIG. 10, be fitted to the handle grip 14 to the throttle pipe 12 (mounting process). この装着工程が完了した段階で、今回のスロットル装置10Aの組付方法の手順が終了する。 In step the mounting process is completed, the procedure of assembling method of this throttle device 10A is completed.

本実施形態によれば、スロットルパイプ12の各凹部28、30をロータ34の各凸部42、44に嵌合した状態でハンドルバー200をセンサケース46の挿通孔48(ロータ34の内側)及びスロットルパイプ12の内部に挿通している。 According to the present embodiment, (the inside of the rotor 34) the insertion hole 48 of the handle bar 200 of each recess 28, 30 of the throttle pipe 12 in a state fitted to the convex portions 42, 44 of the rotor 34 the sensor case 46 and It is inserted inside the throttle pipe 12. そのため、ハンドルバー200のロータ34への挿通とハンドルバー200のスロットルパイプ12への挿通とを一緒に行うことができる。 Therefore, it is possible to perform the insertion of the throttle pipe 12 through the handle bar 200 of the rotor 34 of the handle bar 200 together. また、スロットルパイプ12の一端面をセンサケース46の外面に対してスライドさせながらスロットルパイプ12の各凹部28、30をロータ34の各凸部42、44に挿入して嵌合するので、嵌合工程を容易に行うことができる。 Further, since the fitting by inserting the respective recesses 28, 30 of the throttle pipe 12 in the respective convex portions 42, 44 of the rotor 34 while sliding the end face of the throttle pipe 12 with respect to the outer surface of the sensor case 46, the fitting step can be easily performed. よって、ハンドルバー200に対するスロットル装置10Aの組付工数の低減を図ることができる。 Therefore, it is possible to reduce the assembling steps of the throttle device 10A relative to the handle bar 200.

本実施形態において、取付工程では、ロータ34の軸線Ax2を通り且つケーシング40の分割方向に延在する直線L1上にロータ34の一対の凸部42、44が位置するので、嵌合工程において、スロットルパイプ12の各凹部28、30を各凸部42、44に一層容易に挿入することができる。 In the present embodiment, in the attaching process, since the pair of convex portions 42, 44 of the rotor 34 on the straight line L1 extending in the dividing direction of the street and the casing 40 on the axis Ax2 of the rotor 34 is positioned in the fitting process, it is possible to more easily insert the respective recesses 28, 30 of the throttle pipe 12 in the respective convex portions 42 and 44.

また、嵌合工程と挿通工程との間に仮止め工程を行っている。 Also, doing the temporary fixing step between the fitting step and the insertion step. すなわち、第2ケース部52を第1ケース部50に複数のねじ部材58a、58bで仮止めした状態で挿通工程を行うため、この挿通工程において、スロットルパイプ12がロータ34から離脱することを抑制できる。 That is, for performing the insertion step of the second case portion 52 a plurality of screw members 58a in the first case portion 50, the temporary stop state at 58b, in the insertion step, prevent the throttle pipe 12 is disengaged from the rotor 34 it can. さらに、固定工程において、仮止め工程で用いられたねじ部材58a、58bを締め付けることにより第2ケース部52を第1ケース部50に対して容易に固定することができる。 Further, in the fixing step, the screw member 58a used in the temporary fixing process, the second case portion 52 by tightening 58b can be easily fixed to the first case portion 50. これにより、ハンドルバー200に対するスロットル装置10Aの組付け工数のさらなる低減を図ることができる。 Thus, it is possible to further reduce assembling steps of the throttle device 10A relative to the handle bar 200.

本実施形態によれば、固定工程において、第2ケース部52のピン64をハンドルバー200の保持孔202に挿入するため、ケーシング40をハンドルバー200に対して容易に位置決め固定することができる。 According to this embodiment, in the fixing step, to insert the pin 64 of the second case portion 52 in the holding hole 202 of the handle bar 200 can be easily positioned and fixed casing 40 relative to the handle bar 200.

(第2実施形態) (Second Embodiment)
次に、本発明の第2実施形態に係るスロットル装置10Bの組付方法について図11〜図18を参照しながら説明する。 Next, with reference for assembling method of the second embodiment according to the throttle device 10B to FIGS. 11 to 18 of the present invention. なお、第2実施形態において、上述した第1実施形態と同一の構成要素には同一の参照符号を付し、その構成要素及び第1実施形態と同一の工程の詳細な説明を省略する。 Incidentally, omitted in the second embodiment are denoted by the same reference numerals to the same components as the first embodiment described above, a detailed description of its components and the first embodiment and the same step.

図11及び図12に示すように、スロットル装置10Bは、スロットルパイプ70、ハンドルグリップ14及びスロットルセンサユニット72を備えている。 As shown in FIGS. 11 and 12, a throttle device 10B is provided with a throttle pipe 70, the handle grip 14 and the throttle sensor unit 72. スロットルパイプ70の一端に形成されたフランジ部74の外周面には、一対の貫通孔76、78が形成されている。 The outer peripheral surface of the flange portion 74 formed at one end of the throttle pipe 70, a pair of through holes 76, 78 are formed. これら貫通孔76、78は、スロットルパイプ70の周方向に互いに180°だけ位相がずれた対向位置に形成されている。 These through holes 76, 78 are formed at opposite positions whose phases are shifted by 180 ° from each other in the circumferential direction of the throttle pipe 70.

スロットルセンサユニット72は、ロータ34、スロットルセンサ部36、ハンドルスイッチ部38及びケーシング80を有している。 Throttle sensor unit 72 includes a rotor 34, a throttle sensor 36, the handle switch portion 38 and the casing 80. ケーシング80は、スロットルパイプ70の軸線方向と直交する方向(自動二輪車の前後方向)に沿って分割された第1ケース部82と第2ケース部84とを含んで構成されている。 Casing 80 is configured to include a first case portion 82 which is divided along the direction (front-rear direction of the motorcycle) perpendicular to the axial direction of the throttle pipe 70 and the second case portion 84.

第1ケース部82の内面には、センサケース46及びハンドルスイッチ部38が固定されている。 On the inner surface of the first case portion 82, the sensor case 46 and the handle switch portion 38 is fixed. 具体的には、センサケース46は、第1ケース部82の一端側にねじ部材56によって固定されており、ハンドルスイッチ部38は、第1ケース部82の他端側にねじ部材56によって固定されている。 Specifically, the sensor case 46 is fixed by a screw member 56 at one end of the first case portion 82, a handle switch unit 38 is fixed by a screw member 56 to the other end of the first case portion 82 ing. すなわち、ハンドルスイッチ部38は、スロットルパイプ70のフランジ部74の外周側に隣接している。 That is, the handle switch portion 38 is adjacent to the outer peripheral side of the flange portion 74 of the throttle pipe 70.

第1ケース部82の内面のうちセンサケース46よりも他端側には、スロットルパイプ70の規制突起32が接触する第1ストッパ部90と、スロットルパイプ70の貫通孔76を構成する壁面が接触する第2ストッパ部92とが設けられている。 The other end side of the sensor case 46 of the inner surface of the first case portion 82, a first stopper portion 90 restricting projection 32 of the throttle pipe 70 are in contact, the contact wall surface constituting the through hole 76 of the throttle pipe 70 a second stopper portion 92 is provided. すなわち、第2ストッパ部92は、スロットルパイプ70の貫通孔76に挿通している。 That is, the second stopper section 92 is inserted into the through hole 76 of the throttle pipe 70. なお、第2ケース部84の内面には、ハンドルバー200に形成された保持孔202に挿入されて第2ケース部84をハンドルバー200に対して位置決め固定するピン64が設けられている。 Note that the inner surface of the second case portion 84, the pin 64 for positioning and fixing the second casing portion 84 relative to handle bar 200 is inserted into the holding hole 202 formed in the handle bar 200 is provided.

このように構成されたスロットル装置10Bでは、図13A及び図13Bに示すように、スロットルバルブが全開となるようなロータ34の回転角度において、スロットルパイプ70の規制突起32が第1ストッパ部90に当接すると共にスロットルパイプ70の貫通孔76を構成する壁面が第2ストッパ部92に当接する。 In the thus configured throttle device 10B, as shown in FIGS. 13A and 13B, the rotation angle of the rotor 34 as the throttle valve is fully open, the restricting projection 32 of the throttle pipe 70 is first stopper portion 90 wall constituting the through hole 76 of the throttle pipe 70 abuts against abuts against the second stopper portion 92. これにより、ハンドルグリップ14のそれ以上の回転が確実に規制される。 Thus, further rotation of the handle grip 14 is reliably restricted.

本実施形態に係るスロットル装置10Bは、基本的には以上のように構成されるものであり、次に、ハンドルバー200に対してスロットル装置10Bを組み付ける方法について説明する。 Throttle device 10B according to this embodiment, which is basically constructed as described above, then, a method of assembling a throttle device 10B will be described with respect to the handlebar 200.

本実施形態のスロットル装置10Bの組付方法では、先ず、第1ケース部82の内面にスロットルセンサ部36を取り付ける(取付工程)。 The method of assembling the throttle device 10B of the present embodiment, firstly, mounting the throttle sensor unit 36 ​​on the inner surface of the first case portion 82 (mounting step). 具体的には、図14に示すように、ロータ34の軸線Ax2を通り且つケーシング80の分割方向に延在した直線L1上にロータ34の一対の凸部42、44が位置しないように、第1ケース部82の内面にセンサケース46をねじ部材56によって固定する。 Specifically, as shown in FIG. 14, as a pair of protrusions 42, 44 of the rotor 34 on the straight line L1 and the axis Ax2 extending in the dividing direction of the street and the casing 80 of the rotor 34 is not located, the the sensor case 46 to the inner surface of the first case portion 82 is fixed by the screw member 56.

続いて、図15〜図17Bに示すように、スロットルパイプ70の一端面をセンサケース46の外面に対してスライドさせながらスロットルパイプ70の各凹部28、30をロータ34の各凸部42、44に挿入して嵌合する(嵌合工程)。 Subsequently, as shown in FIGS. 15 to 17B, the protrusions 42, 44 of each recess 28, 30 of the rotor 34 of the throttle pipe 70 while sliding the end face of the throttle pipe 70 against the outer surface of the sensor case 46 inserted to the fitting (mating step). 具体的には、スロットルパイプ70のフランジ部74をロータ34の凸部42に引掛けた状態でロータ34を回転させる(図16A参照)。 Specifically, the rotor 34 is rotated in a state in which hooked flange portion 74 of the throttle pipe 70 to the convex portion 42 of the rotor 34 (see FIG. 16A). そうすると、ロータ34の一対の凸部42、44が直線L1上に位置する(図16B参照)。 Then, the pair of projecting portions 42, 44 of the rotor 34 is located on the straight line L1 (see FIG. 16B). そして、この状態で、スロットルパイプ70の各凹部28、30をロータ34の各凸部42、44に挿入して嵌合する(図17A参照)。 Then, in this state, it fits by inserting the recesses 28, 30 of the throttle pipe 70 in the respective convex portions 42, 44 of the rotor 34 (see FIG. 17A). その後、図示しないリターンスプリングの作用によって、ロータ34が元の位置に復帰する(図17B参照)。 Then, by the action of a return spring, not shown, the rotor 34 is restored to the original position (see FIG. 17B).

このように、ロータ34の一対の凸部42、44を直線L1上に位置させると、スロットルパイプ70の各凹部28、30を各前記凸部42、44に容易に挿入することができる。 Thus, when positioning the pair of convex portions 42, 44 of the rotor 34 on the straight line L1, it is possible to easily insert each recess 28, 30 of the throttle pipe 70 to each of said protrusions 42 and 44. また、スロットルパイプ70の各凹部28、30をロータ34の各凸部42、44に嵌合した状態で、ロータ34の一対の凸部42、44が直線L1上に位置しないため、スロットルパイプ70がロータ34から離脱することが抑制される。 Further, in a state where the respective recesses 28 and 30 fitted to the convex portions 42, 44 of the rotor 34 of the throttle pipe 70, since the pair of convex portions 42, 44 of the rotor 34 is not located on the straight line L1, a throttle pipe 70 There can be suppressed to leave from the rotor 34.

その後、第2ケース部84を第1ケース部82に対して複数のねじ部材58a、58bで仮止めし(仮止め工程)、ハンドルバー200の右端側をセンサケース46の挿通孔48(ロータ34の内側)及びスロットルパイプ70の内部に挿通する(挿通工程)。 Thereafter, the second case portion 84 a plurality of screw members 58a with respect to the first case portion 82, temporarily fixed at 58b (temporary fixing step), the insertion hole 48 of the sensor case 46 to the right end of the handlebar 200 (rotor 34 inner) and inserted inside the throttle pipe 70 (insertion step).

次いで、図18に示すように、仮止めされていた複数のねじ部材58a、58bを締め付けることにより、第2ケース部84を第1ケース部82に対して固定する(固定工程)。 Then, as shown in FIG. 18, a plurality of screw members 58a which has been temporarily fixed, by tightening 58b, the second casing portion 84 is fixed to the first case portion 82 (fixing step). これにより、第2ケース部84のピン64がハンドルバー200の保持孔202に挿入され、ケーシング80がハンドルバー200に対して位置決め固定される。 Thus, the pin 64 of the second case portion 84 is inserted into the holding hole 202 of the handle bar 200, the casing 80 is positioned and fixed relative to the handlebar 200.

また、ハンドルグリップ14をスロットルパイプ70に外嵌する(装着工程)。 Also fitted a handle grip 14 to the throttle pipe 70 (mounting process). この装着工程が完了した段階で、今回のスロットル装置10Bの組付方法の手順が終了する。 In step the mounting process is completed, the procedure of assembling method of this throttle device 10B is ended.

本実施形態によれば、取付工程において、ロータ34の軸線Ax2を通り且つケーシング80の分割方向に延在する直線L1上にロータ34の一対の凸部42、44が位置しないので、スロットルパイプ70の各凹部28、30を各前記凸部42、44に嵌合した状態で、スロットルパイプ70がロータ34から離脱することを好適に抑制できる。 According to this embodiment, in the attaching step, the pair of projecting portions 42, 44 of the rotor 34 on the straight line L1 extending in the dividing direction of the street and the casing 80 on the axis Ax2 of the rotor 34 is not located, the throttle pipe 70 each recess 28, 30 in a state fitted to each of said protrusions 42 and 44 can suitably suppress the throttle pipe 70 is disengaged from the rotor 34.

また、嵌合工程において、スロットルパイプ70のフランジ部74をロータ34の凸部42に引掛けた状態でロータ34を回転させることにより、ロータ34の一対の凸部42、44を前記直線L1上に位置させているので、スロットルパイプ70の各凹部28、30をロータ34の各凸部42、44に容易に挿入させることができる。 Further, in the fitting step, by rotating the rotor 34 in a state in which hooked flange portion 74 of the throttle pipe 70 to the convex portion 42 of the rotor 34, on the pair of protrusions 42, 44 line L1 of the rotor 34 since is positioned, it can be easily inserted into the respective convex portions 42, 44 of each recess 28, 30 rotors 34 of the throttle pipe 70.

本発明に係るスロットル装置の組付方法は、上述の実施形態に限らず、本発明の要旨を逸脱することなく、種々の工程を採り得ることはもちろんである。 Method of assembling a throttle device according to the present invention is not limited to the above embodiments without departing from the gist of the present invention, it is should be understood that various steps.

本発明に係るスロットル装置の組付方法は、例えば、仮止め工程を省略しても構わない。 Method of assembling a throttle device according to the present invention, for example, may be omitted temporary fixing step. また、上述した実施形態では、固定工程の後に装着工程を行う例を説明したが、装着工程は、任意の段階で行うことができる。 Further, in the above embodiment, an example has been described for performing the mounting step after the fixing step, the mounting step can be carried out at any stage. つまり、装着工程は、取付工程の前、取付工程と嵌合工程の間、嵌合工程と仮止め工程の間、仮止め工程と挿通工程の間、挿通工程と固定工程の間のいずれかで行うことができる。 That is, the mounting step, prior to the mounting step, during the attachment step and the fitting step, during the fitting process and the temporary fixing step, during the temporary fixing step and the insertion step, either during the insertion step and the fixing step It can be carried out.

10A、10B…スロットル装置 12、70…スロットルパイプ14…ハンドルグリップ 16、72…スロットルセンサユニット22、74…フランジ部 28、30…凹部34…ロータ 36…スロットルセンサ部38…ハンドルスイッチ部 40、80…ケーシング42、44…凸部 46…センサケース50、82…第1ケース部 52、84…第2ケース部64…ピン 200…ハンドルバーL1…直線 Ax1、Ax2…軸線 10A, 10B ... throttle device 12,70 ... Throttle pipe 14 ... handle grip 16,72 ... throttle sensor unit 22,74 ... flange portion 28 ... concave portion 34 ... rotor 36 ... throttle sensor unit 38 ... handle switch portion 40, 80 ... casing 44 ... projection 46 ... sensor case 50,82 ... first case portion 52 and 84 ... second case portion 64 ... pin 200 ... handlebar L1 ... straight Ax1, Ax2 ... axis

Claims (6)

  1. ハンドルバーに回動可能に設けられるスロットルパイプと、 A throttle pipe which is provided rotatably on the handle bar,
    前記スロットルパイプと連動して回動するリング状のロータと、 A ring-shaped rotor that rotates in conjunction with the throttle pipe,
    前記ロータを回動可能に支持して当該ロータの回転角度を検出するスロットルセンサ部と、 A throttle sensor which detects the rotation angle of the rotor supporting the rotor rotatably,
    前記スロットルパイプの軸線方向と直交する方向に沿って分割された第1ケース部と第2ケース部とを含んで構成されて前記スロットルセンサ部を収容するケーシングと、を備え、 And a casing for accommodating the throttle sensor unit first case portion is divided along a direction perpendicular to the axial direction and is configured to include a second casing portion of the throttle pipe,
    前記スロットルパイプの一端面には、当該スロットルパイプの軸線を中心として線対称に形成された一対の凹部が形成され、前記ロータには、一対の前記凹部が嵌合する一対の凸部が形成されているスロットル装置を前記ハンドルバーに組み付けるスロットル装置の組付方法において、 Wherein the end surface of the throttle pipe, the pair of recesses formed in line symmetry about the axis of the throttle pipe is formed, said rotor, a pair of convex portions in which a pair of said recesses is fitted is formed in the method of assembling the throttle device for assembling and has a throttle device to the handlebar,
    前記スロットルセンサ部を前記第1ケース部の内面側に取り付ける取付工程と、 A mounting step of mounting the throttle sensor unit on the inner surface of the first case portion,
    前記第1ケース部に取り付けられた前記スロットルセンサ部の外面に対して前記スロットルパイプの一端面をスライドさせながら前記スロットルパイプの各前記凹部を前記ロータの各前記凸部に挿入して嵌合する嵌合工程と、 Fitted by inserting each said recess of said throttle pipe while sliding the end face of the throttle pipe against the outer surface of the throttle sensor unit attached to the first case portion to each of said projecting portions of said rotor and the fitting process,
    前記嵌合工程の後で前記ハンドルバーを前記ロータ及び前記スロットルパイプに挿通する挿通工程と、 An insertion step of inserting the handlebar to the rotor and the throttle pipe after said fitting step,
    前記第2ケース部を前記第1ケース部に固定する固定工程と、 A fixing step of fixing the second casing portion to the first casing portion,
    を行う、 I do,
    ことを特徴とするスロットル装置の組付方法。 Method of assembling a throttle device, characterized in that.
  2. 請求項1記載のスロットル装置の組付方法において、 In the method of assembling the throttle device according to claim 1,
    前記固定工程では、前記挿通工程の後で、前記第2ケース部に設けられたピンが前記ハンドルバーに形成された保持孔に挿入されるように当該第2ケース部を前記第1ケース部に固定する、 Wherein in the fixing step, after said insertion step, the second case portion so that the pin provided on the second casing portion is inserted into the holding hole formed in the handlebar to the first case portion fixed,
    ことを特徴とするスロットル装置の組付方法。 Method of assembling a throttle device, characterized in that.
  3. 請求項2記載のスロットル装置の組付方法において、 In the method of assembling the throttle device according to claim 2,
    前記第2ケース部を前記第1ケース部に対してねじ部材で仮止めする仮止め工程を前記嵌合工程と前記挿通工程との間に行い、 Perform temporary fixing step of temporarily screwed member the second casing portion to the first casing part between said insertion step and the fitting step,
    前記固定工程では、前記ねじ部材を締め付けることにより前記第2ケース部を前記第1ケース部に固定する、 The fixed step, the second case portion is fixed to the first casing portion by tightening said threaded member,
    ことを特徴とするスロットル装置の組付方法。 Method of assembling a throttle device, characterized in that.
  4. 請求項1〜3のいずれか1項に記載のスロットル装置の組付方法において、 In the method of assembling the throttle device according to any one of claims 1 to 3,
    前記取付工程では、前記ロータの軸線を通り且つ前記ケーシングの分割方向に延在する直線上に前記ロータの一対の前記凸部が位置するように、前記スロットルセンサ部を前記第1ケース部の内面側に取り付ける、 In the attachment step, as a pair of the convex portions of the rotor on a straight line extending in the dividing direction of the street and the casing axis of the rotor is located, the inner surface of the throttle sensor unit of the first case portion attached to the side,
    ことを特徴とするスロットル装置の組付方法。 Method of assembling a throttle device, characterized in that.
  5. 請求項1〜3のいずれか1項に記載のスロットル装置の組付方法において、 In the method of assembling the throttle device according to any one of claims 1 to 3,
    前記取付工程では、前記ロータの軸線を通り且つ前記ケーシングの分割方向に延在する直線上に前記ロータの一対の前記凸部が位置しないように、前記スロットルセンサ部を前記第1ケース部の内面側に取り付ける、 In the attachment step, as a pair of the convex portions of the rotor on a straight line extending in the dividing direction of the street and the casing the axis of the rotor is not located, the inner surface of the throttle sensor unit of the first case portion attached to the side,
    ことを特徴とするスロットル装置の組付方法。 Method of assembling a throttle device, characterized in that.
  6. 請求項5記載のスロットル装置の組付方法において、 In the method of assembling the throttle device according to claim 5,
    前記嵌合工程では、前記スロットルセンサ部に対して前記ロータを回転させて一対の前記凸部を前記直線上に位置させた状態で前記スロットルパイプの一対の凹部を一対の前記凸部に嵌合する、 Wherein in the fitting step, the fitting of the pair of recesses of the throttle pipe by rotating the rotor with respect to the throttle sensor unit in a state where the pair of the convex portion was positioned on the straight line to a pair of said protrusions to,
    ことを特徴とするスロットル装置の組付方法。 Method of assembling a throttle device, characterized in that.
JP2013258925A 2013-12-16 2013-12-16 The method of assembling the throttle device Active JP6173204B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013258925A JP6173204B2 (en) 2013-12-16 2013-12-16 The method of assembling the throttle device

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013258925A JP6173204B2 (en) 2013-12-16 2013-12-16 The method of assembling the throttle device
CN 201410777584 CN104709424B (en) 2013-12-16 2014-12-15 The method of mounting the throttle device

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2015113821A true JP2015113821A (en) 2015-06-22
JP6173204B2 true JP6173204B2 (en) 2017-08-02

Family

ID=53409261

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2013258925A Active JP6173204B2 (en) 2013-12-16 2013-12-16 The method of assembling the throttle device

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP6173204B2 (en)
CN (1) CN104709424B (en)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6253037B2 (en) * 2016-05-16 2017-12-27 本田技研工業株式会社 The grip heater wiring structure

Family Cites Families (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4266330B2 (en) * 2003-02-27 2009-05-20 朝日電装株式会社 Throttle opening detecting device
US20080257102A1 (en) * 2007-04-20 2008-10-23 William Packer Mechanically retained motorcycle handlebar grips
EP2274197A1 (en) * 2008-04-10 2011-01-19 DOMINO S.p.A. Improved electronic throttle control device for motorcycles, snowmobiles and similar vehicles
JP5023397B2 (en) * 2008-05-27 2012-09-12 本田技研工業株式会社 Throttle device
JP2010151731A (en) * 2008-12-26 2010-07-08 Nippon Seiki Co Ltd Position detector
JP2013204450A (en) * 2012-03-27 2013-10-07 Honda Motor Co Ltd Throttle device
JP2013203177A (en) * 2012-03-28 2013-10-07 Nippon Seiki Co Ltd Position detection device
JP5921934B2 (en) * 2012-03-30 2016-05-24 本田技研工業株式会社 Accelerator opening detection device

Also Published As

Publication number Publication date Type
CN104709424B (en) 2017-07-21 grant
JP2015113821A (en) 2015-06-22 application
CN104709424A (en) 2015-06-17 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6324938B1 (en) Locking bicycle cable connecting apparatus
JP2002219903A (en) Bearing unit for driving wheel
JP2011169344A (en) clutch
JP2008267585A (en) Bearing device, and assembly method of bearing device
US7513709B2 (en) Universal joint
JPH10277824A (en) Core drill
US8529272B2 (en) Rotary connector device
US7461996B2 (en) Erroneous assembling preventing tool for universal joint and universal joint
EP0727340A1 (en) Device for mounting a motor vehicle steering wheel on a steering column
JP2006331996A (en) Lever-type connector
JP2009013834A (en) Throttle device for vehicle
JP2008101720A (en) Device for applying rotational resistance for steering shaft
EP1884446A1 (en) Steering apparatus equipped with ring type support yoke
JP2005282743A (en) Pipe fitting
JP2006300127A (en) Fastener
JP2005227177A (en) Rotation detector
JP2010095131A (en) Steering device for vehicle
JP2005145080A (en) Bicycle pedal fixing or removing device
KR20060067526A (en) Synchronizer of manual transmission
JP2000003640A (en) Steering mechanism and its installation method
JP2003072517A (en) Steering lock device
JP2009193688A (en) Rotary coupling device
JP2011088508A (en) Structure for connecting between shaft and yoke, and steering device
JP2007132493A (en) Fixing structure of ball screw nut for steering
JP2008174024A (en) Electric power steering device

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20161024

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20170616

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20170627

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20170704

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6173204

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150