JP6167527B2 - 車両用システム、電子キー、携帯端末、及び車載装置 - Google Patents

車両用システム、電子キー、携帯端末、及び車載装置 Download PDF

Info

Publication number
JP6167527B2
JP6167527B2 JP2013004155A JP2013004155A JP6167527B2 JP 6167527 B2 JP6167527 B2 JP 6167527B2 JP 2013004155 A JP2013004155 A JP 2013004155A JP 2013004155 A JP2013004155 A JP 2013004155A JP 6167527 B2 JP6167527 B2 JP 6167527B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
vehicle
signal
electronic key
response signal
distance
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2013004155A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2014134082A (ja
Inventor
吉幸 安田
吉幸 安田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Denso Corp
Original Assignee
Denso Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Denso Corp filed Critical Denso Corp
Priority to JP2013004155A priority Critical patent/JP6167527B2/ja
Publication of JP2014134082A publication Critical patent/JP2014134082A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6167527B2 publication Critical patent/JP6167527B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、電子キーから無線通信で送信される信号に対して応答を行う車両用システム、並びにその車両用システムに含まれる電子キー、携帯端末、及び車載装置に関するものである。
従来、電子キーから無線通信で送信される信号に対して車両側で応答を行うアンサーバックシステムやカーファインダシステムが知られている。
例えば、特許文献1には、電子キーによって車両ドアのロック・アンロックが行われたときに、車両のハザードランプの点滅やブザー吹鳴によって通知を行うアンサーバックを行うアンサーバックシステムが開示されている。
また、特許文献2には、電子キーから発信される探索要求信号に応答して車載装置から発信される位置推定信号を電子キーが受信し、この位置推定信号をもとに位置推定した車両の駐車位置をユーザに通知するカーファインダ機能を実行するカーファインダシステムが開示されている。
特開2001−82011号公報 特開2011−27425号公報
しかしながら、特許文献1に開示の技術では、電子キーを紛失し、且つ、その電子キーの拾得者が悪意を持つ者であった場合に、拾得者が前述のアンサーバックやカーファインダ機能を利用して、電子キーに対応する車両を簡単に探索できてしまう。よって、車両盗難や車上狙い等の被害にあう可能性を大きくしてしまうという問題点があった。
本発明は、上記従来の問題点に鑑みなされたものであって、その目的は、カーセキュリティをより向上させることを可能にする車両用システム、電子キー、携帯端末、及び車載装置を提供することにある。
本発明の車両用システムは、ユーザに携帯される電子キー(1)と、車両に搭載される車載装置(2)と、電子キーとは別体の、ユーザに携帯される携帯端末とを含み、電子キーは、車載装置に車両の電装品を作動させることを要求する信号、及び車載装置にユーザと車両との距離である車両到達距離を決定できる情報の送信を行わせることを要求する信号のいずれかである要求信号を無線通信で送信するキー側送信手段(11、12)を備え、車載装置は、キー側送信手段から送信される要求信号を受信する車両側受信手段(21)と、車両側受信手段で要求信号を受信した場合に、要求信号に応じた信号である応答信号を携帯端末に送信する車両側応答信号送信手段(23)とを備え、携帯端末は、車両側応答信号送信手段から送信される応答信号を受信する携帯側応答信号受信手段(31)と、携帯側応答信号受信手段で応答信号を受信した場合に、受信した当該応答信号に従った通知を行う第1通知手段(32、33)を備えることを特徴としている。
これによれば、電子キーから車載装置に車両の電装品を作動させる指示を行わせるための要求信号を送信した場合でも、その要求信号に応じた応答信号は、電子キーとは別体の携帯端末に送信され、当該応答信号に従った通知は当該携帯端末側で行われることになる。よって、電子キーが悪意を持つ者に拾得された場合でも、その者が電子キーのユーザの携帯端末も手に入れなければ、電子キーから送信する要求信号に応じた応答信号に従った通知を受けることができず、ユーザの車両を容易に探索することはできない。従って、以上の構成によれば、カーセキュリティをより向上させることが可能になる。
また、本発明の電子キーは、ユーザに携帯される電子キー(1)であって、前記の車両用システムに用いられることを特徴としている。これによれば、前記の車両用システムに用いられるので、カーセキュリティをより向上させることが可能になる。
さらに、本発明の携帯端末は、ユーザに携帯される電子キー(1)とは別体の、当該ユーザに携帯される携帯端末(3)であって、前記の車両用システムに用いられることを特徴としている。これによれば、前記の車両用システムに用いられるので、カーセキュリティをより向上させることが可能になる。
また、本発明の車載装置は、車両に搭載される車載装置(2)であって、前記の車両用システムに用いられることを特徴としている。これによれば、前記の車両用システムに用いられるので、カーセキュリティをより向上させることが可能になる。
車両用システム100の概略的な構成を示すブロック図である。 電子キー1の制御装置の概略的な構成を示す機能ブロック図である。 実施形態1における車載装置2の制御装置の概略的な構成を示す機能ブロック図である。 実施形態1における携帯端末3の制御装置の概略的な構成を示す機能ブロック図である。 車両用システム100でのアンロックスイッチの操作が行われた場合の処理の流れについて説明するためのシーケンス図である。 実施形態2における車載装置2の制御装置の概略的な構成を示す機能ブロック図である。 実施形態2における携帯端末3の制御装置の概略的な構成を示す機能ブロック図である。 実施形態3における車載装置2の制御装置の概略的な構成を示す機能ブロック図である。 実施形態3における携帯端末3の制御装置の概略的な構成を示す機能ブロック図である。
以下、本発明の実施形態について図面を用いて説明する。
(実施形態1)
図1は、本発明が適用された車両用システム100の概略的な構成の一例を示すブロック図である。図1に示す車両用システム100は、電子キー1、車載装置2、及び携帯端末3を含んでいる。
電子キー1及び携帯端末3は、ユーザに携帯されるものである。ここで言うところの「ユーザに携帯される」とは、ユーザが実際に携帯している場合に限られるものではなく、ユーザが携帯することが可能であるが実際には携帯していない場合も含んでいる。また、車載装置2は、車両に搭載されるものである。以降では、車載装置2を搭載する車両を自車両と呼ぶ。
電子キー1及び車載装置2は、電子キー1が有する後述の操作入力装置の操作に応じて車両ドアのロックやアンロック等の制御を実行するいわゆるリモートキーレスエントリー機能を有する。
まず、電子キー1の概略的な構成について説明を行う。電子キー1は、自車両の発進に必要なキーであって、電池(図示省略)から電源供給されて動作する。電子キー1は、制御装置や通信装置や操作入力装置などを備えて構成されている。なお、この電子キー1は、予め車載装置2に登録されたものである。
電子キー1の通信装置は、一例として、LF帯(例えば30kHz〜300kHz)の電波やUHF帯(例えば300MHz〜3GHz)の電波を用いて、車載装置2との間で近距離無線通信を行う。
また、電子キー1の操作入力装置は、ユーザによって操作されるものであり、ユーザが操作可能なように一部が電子キー1の外部に露出している。本実施形態では、操作入力装置として、車両ドアのロックを行うためのプッシュスイッチ(以下、ロックスイッチ)と車両ドアのアンロックを行うためのプッシュスイッチ(以下、アンロックスイッチ)をそれぞれ備えるものとして以降の説明を行う。
一例として、ロックスイッチがワンプッシュ操作されると、車両ドアのロックの要求が行なわれる一方、アンロックスイッチがワンプッシュ操作されると、車両ドアのアンロックの要求が行なわれるようになっているものとする。なお、操作入力装置として、車両ドアのロック・アンロックを行うスイッチ以外の、車両の電装品の作動を行わせるためのスイッチを備える構成としてもよい。
電子キー1の制御装置は、CPU、ROM、RAM、I/O等(いずれも図示せず)よりなるマイクロコンピュータであり、ROMに記憶された各種の制御プログラムを実行することで前述のリモートキーレスエントリー機能に関する処理等の各種の処理を実行する。電子キー1の制御装置は、図2に示すように、機能ブロックとして、電波生成部11、電波送信部12、電波受信部13を備えている。
電波生成部11は、操作入力装置の操作に応じた信号や通信装置から入力される信号に応じた信号を生成する。電波送信部12は、電波生成部11にて生成された信号を、通信装置を介して車載装置2に送信する。
例えば、操作入力装置の操作に応じて、自車両の電装品を作動させることを要求する信号(以下、作動要求信号)を電波生成部11が生成し、電波送信部12が通信装置を介してその信号を車載装置2へ送信する。よって、作動要求信号が請求項の要求信号に相当し、電波生成部11及び電波送信部12が請求項のキー側送信手段に相当する。
一例として、アンロックスイッチが操作されるとアンロック信号を電波生成部11が生成し、そのアンロック信号を電波送信部12が通信装置を介して車載装置2へ送信する。また、ロックスイッチが操作されるとロック信号を電波生成部11が生成し、そのロック信号を電波送信部12が通信装置を介して車載装置2へ送信する。
電波受信部13は、通信装置を介して車載装置2から送信された信号を受信するとともに、受信した信号を電波生成部11に出力する。例えば、車載装置2から送信されるウェイク信号やコード照合のための照合コード信号などの無線信号を受信すると、この無線信号を電波生成部11に出力する。なお、電子キー1と車載装置2との間でのコード照合については、公知のものと同様であるので説明は省略する。
続いて、車載装置2の概略的な構成について説明を行う。車載装置2は車両に搭載され、通信装置、記憶装置、及び制御装置などを備えて構成されている。また、車載装置2は、ボデーECU(Electronic controlunit)4に電気的に接続されている。
車載装置2の通信装置としては、電子キー1との間での前述の近距離通信を行うための通信装置(以下、電子キー通信装置)と、携帯端末3との間での通信を行うための通信装置(以下、携帯通信装置)とを備えている。携帯通信装置は、Bluetooth(登録商標)等の通信規格に従った無線通信によって携帯端末3と通信を行う構成としてもよいし、車両に搭載されるDCM(data communication module)等のテレマティクス通信に用いられる車載通信モジュールを利用することによって、インターネットや携帯電話網を通じて携帯端末3と通信を行う構成としてもよい。
車載装置2の制御装置は、CPU、ROM、RAM、I/O等(いずれも図示せず)よりなるマイクロコンピュータであり、ROMに記憶された各種の制御プログラムを実行することで前述のスマートエントリー機能やリモートキーレスエントリー機能に関する処理等の各種の処理を実行する。車載装置2の制御装置は、図3に示すように、機能ブロックとして、電子キー受信部21、電子キー送信部22、携帯送信部23、ドアハンドル操作検出部24、及び電装品作動指示部25を備えている。
電子キー受信部21は、電子キー1から送信された信号を受信する。例えば、電子キー1から送信された前述の作動要求信号や照合コード信号に対するレスポンス信号等を受信する。よって、電子キー受信部21が請求項の車両側受信手段に相当する。作動要求信号としては、前述したようにロック信号やアンロック信号などがある。電子キー送信部22は、ウェイク信号や照合コード信号などの無線信号を、電子キー通信装置を介して電子キー1へ送信する。
携帯送信部23は、電子キー受信部21で作動要求信号を受信した場合に、車両側で作動要求信号を受け付けたことを示すアンサーバック信号を、携帯通信装置を介して携帯端末3へ送信する。よって、アンサーバック信号が請求項の応答信号に相当し、携帯送信部23が請求項の車両側応答信号送信手段に相当する。アンサーバック信号としては、アンロックの要求を車両側で受け付けたことを示す信号等がある。
ドアハンドル操作検出部24は、運転席ドアのドアハンドルの操作を検出する。よって、ドアハンドル操作検出部24が請求項の操作検出手段に相当する。一例としては、運転席ドアのドアハンドルに設けられたタッチスイッチの信号をモニタし、ドアハンドルのタッチをドアハンドルの操作として検出する。タッチスイッチの信号としては、タッチセンサからボデーECU4に入力されたものを取得する構成とすればよい。なお、タッチセンサから直接に取得する構成としてもよい。
電装品作動指示部25は、電子キー受信部21で受信した作動要求信号に応じた電装品の作動の指示を行う。前提として、コード照合による認証が成立している場合に、作動要求信号に応じた電装品の作動の指示を行うものとする。
例えば、作動要求信号としてアンロック信号を電子キー受信部21で受信した場合には、ドアハンドル操作検出部24で運転席ドアのドアハンドルの操作を検出するまで待ってから、ボデーECU4に運転席ドアのアンロックを行わせる指示(以下、アンロック指示)を行う。よって、電装品作動指示部25が請求項の開錠指示手段に相当する。
電装品作動指示部25からアンロック指示を受けたボデーECU4は、運転席ドアのドアロックモータを作動させ、全車両ドアをアンロック状態にする。なお、運転席ドアのみをアンロック状態にする構成としてもよい。
一方、作動要求信号としてアンロック信号を電子キー受信部21で受信した場合であっても、ドアハンドル操作検出部24で運転席ドアのドアハンドルの操作を検出していない場合には、ボデーECU4へのアンロック指示を行わない。この場合、ボデーECU4は、全車両ドアのいずれのドアロックモータも作動させず、全車両ドアのロック状態を維持することになる。
本実施形態では、作動要求信号としてアンロック信号を電子キー受信部21で受信した場合に、車両側で作動要求信号を受け付けたことを示すアンサーバックとして、自車両のハザードランプの点滅やブザー吹鳴は行わせないものとする。つまり、アンサーバックとして、自車両に搭載された装置からの通知は行わせないものとする。
続いて、携帯端末3の概略的な構成について説明を行う。携帯端末3は前述したようにユーザに携帯されるものであって、通信装置、表示装置、音声出力装置、振動発生装置、及び制御装置などを備えて構成されている。携帯端末3は、例えば多機能携帯電話機である。本実施形態では、携帯端末3として多機能携帯電話機を用いる場合を例に挙げて説明を行うが、必ずしもこれに限らない。携帯端末3としては、少なくとも外部機器との通信機能を有しているものであれば他のものを用いる構成としてもよい。例えば、PDA(Personal Digital Assistants)やタブレット型コンピュータ等を用いる構成としてもよい。
携帯端末3の通信装置は、車載装置2との間で通信を行う。携帯端末3の表示装置は、液晶ディスプレイや有機ELディスプレイなどを用いて構成され、テキストや画像を表示する。携帯端末3の音声出力装置は、スピーカなどを用いて構成され、音声を出力する。携帯端末3の振動発生装置は、携帯端末3の振動を発生させるものであって、周知の振動子を用いて構成することができる。
携帯端末3の制御装置は、CPU、ROM、RAM、I/O等(いずれも図示せず)よりなるマイクロコンピュータであり、ROMに記憶された各種の制御プログラムを実行することで各種の処理を実行するものである。携帯端末3の制御装置は、図4に示すように、機能ブロックとして、受信部31、及びアンサーバック通知部32を備えている。なお、ここでは、便宜上、一般的な多機能携帯電話機が有している機能に関する構成のうち、本発明の説明に不要なものについては説明を省略している。
受信部31は、車載装置2から送信された前述のアンサーバック信号を受信する。よって、受信部31が請求項の携帯側応答信号受信手段に相当する。アンサーバック信号としては、前述したように、アンロックの要求を車両側で受け付けたことを示す信号等がある。
アンサーバック通知部32は、受信部31でアンサーバック信号を受信した場合に、そのアンサーバック信号に従った通知として、作動要求信号によって作動を要求した電装品を作動させる要求が受け付けられたことを示す通知を行う。よって、アンサーバック通知部32が請求項の第1通知手段に相当する。アンサーバック信号に従った通知は、携帯端末3の表示装置でのテキストや画像の表示によって行ってもよいし、携帯端末3の音声出力装置での音声の出力や携帯端末3の振動発生装置での振動の発生によって行う構成としてもよい。
例えば、アンロックの要求を車両側で受け付けたことを示す信号を受信部31で受信した場合には、アンサーバック通知部32は、アンロックの要求が車両側で受け付けられたことを示す通知を行う構成とすればよい。アンロックの要求が車両側で受け付けられたことを示す通知の一例としては、「アンロック受け付け」等のテキストやアンロックを表すアイコンを表示装置に表示する構成とすればよい。他にも、「アンロックを受け付けました」等の音声や予め設定されたブザー音を音声出力装置から出力したり、携帯端末3を振動発生装置によって、予め設定された周期で振動させたりする構成としてもよい。
また、アンロックの要求を車両側で受け付けたことを示す信号やロックの要求を車両側で受け付けたことを示す信号といったアンサーバック信号の種類に応じて、通知を異ならせる構成とすればよい。一例としては、音声出力装置から出力するブザー音を鳴らす回数を異ならせたり、振動発生装置によって発生させる振動の周期を異ならせたりする構成とすればよい。
アンサーバック信号の種類に応じた通知については、携帯端末3の制御装置において、予めアンサーバック信号の種類ごとに設定しておく構成とすればよい。なお、アンサーバック信号に従った通知としては、LED等の発光装置の発光を利用する構成としてもよい。
次に、図5のシーケンス図を用いて、車両用システム100でのアンロックスイッチの操作が行われた場合の処理の流れについての説明を行う。ここでは、コード照合による認証は既に成立しているものとして説明を行う。
まず、ユーザからのアンロックスイッチの操作を電子キー1の操作入力装置で受け付ける(t1)。すると、電波生成部11がアンロック信号を生成し、そのアンロック信号を電波送信部12が通信装置を介して車載装置2へ送信する(t2)。
電子キー1から送信されたアンロック信号を、車載装置2の電子キー受信部21で受信する(t3)と、携帯送信部23が、アンロックの要求を受け付けたことを示すアンサーバック信号を、携帯通信装置を介して携帯端末3へ送信する(t4)。
続いて、車載装置2から送信された上記アンサーバック信号を、携帯端末3の受信部31で受信する(t5)と、アンサーバック通知部32が、アンロックの要求が受け付けられたことを示す通知(つまり、アンサーバック)を行う(t6)。
また、上記アンサーバック信号を送信した後の車載装置2では、ドアハンドル操作検出部24で運転席ドアのドアハンドルの操作を検出した場合(t7でYES)には、電装品作動指示部25がボデーECU4にアンロック指示を行い(t8)、全車両ドアをアンロック状態にする。一方、ドアハンドル操作検出部24で運転席ドアのドアハンドルの操作を検出していない場合(t7でNO)には、電装品作動指示部25がボデーECU4にアンロック指示を行わず、ロック状態を維持する。
実施形態1の構成によれば、電子キー1から作動要求信号を送信した場合でも、その作動要求信号に応じたアンサーバック信号は、電子キー1とは別体の携帯端末3に送信され、当該アンサーバック信号に従った通知は当該携帯端末3側で行われることになる。よって、電子キー1が悪意を持つ者に拾得された場合でも、その拾得者が電子キー1のユーザの携帯端末3も手に入れなければ、電子キー1から送信する作動要求信号に応じたアンサーバック信号に従った通知を受けることができず、ユーザの車両を容易に探索することはできない。従って、カーセキュリティをより向上させることが可能になる。
また、実施形態1の構成によれば、アンロック信号を車両側で受信した場合であっても、運転席ドアのドアハンドルの操作を検出するまでは、ドアロックモータの作動を遅延させ、アンロックを行わない。つまり、電子キー1による遠隔操作だけではドアロックモータの作動音を発生させない。よって、悪意を持つ電子キー1の拾得者が、ドアロックモータの作動音を手がかりにユーザの車両を探索することを意図してアンロックスイッチの操作を行っても、ドアロックモータの作動音は発生しない。従って、拾得者は、作動音を手がかりにユーザの車両を探索することができず、カーセキュリティがさらに向上する。
(実施形態2)
本発明は前述の実施形態1に限定されるものではなく、次の実施形態2も本発明の技術的範囲に含まれる。以下では、この実施形態2について図6及び図7を用いて説明を行う。なお、説明の便宜上、前述の実施形態の説明に用いた図に示した部材と同一の機能を有する部材については、同一の符号を付し、その説明を省略する。
実施形態2の車両用システム100は、携帯端末3から実施形態1で述べたアンサーバックを行うのに加え、自車両の位置案内に関連する通知を行うカーファインダ機能を実行する点を除けば、実施形態1の車両用システム100と同様である。
実施形態2の電子キー1については、実施形態1と同様であるので、説明は省略する。続いて、実施形態2の車載装置2の概略的な構成について説明を行う。車載装置2の制御装置は、図6に示すように、機能ブロックとして、電子キー受信部21、電子キー送信部22、携帯送信部23、ドアハンドル操作検出部24、電装品作動指示部25、及び位置案内関連情報決定部26を備えている。
位置案内関連情報推定部26は、ユーザと自車両との距離(以下、車両到達距離)やユーザに対する自車両の方向(以下、車両方向)や自車両の駐車位置といった自車両の位置案内に関連する情報(以下、位置案内関連情報)を推定する。よって、位置案内関連情報が請求項の車両到達距離を決定できる情報に相当し、位置案内関連情報推定部26が請求項の距離推定手段に相当する。
一例として、位置案内関連情報推定部26は、電子キー1から送信される電波をもとに、車両到達距離や車両方向を推定する構成とすればよい。例えば、以下のようにすればよい。まず、電子キー1と車載装置2との距離と、電子キー1から送信する信号の減衰の度合いや電子キー受信部21での受信時の信号強度との関係を予め車載装置2の不揮発性メモリに記憶しておく。この場合、電子キー1から送信する電波強度は固定であるものとする。そして、位置案内関連情報推定部26が、電子キー受信部21で受信した信号の強度と、上記関係とから電子キー1と車載装置2との距離を決定し、決定した距離を車両到達距離と推定する構成とすればよい。
さらに、以下のような構成としてもよい。まず、電子キー送信部22から、通信可能な距離が段階的に変化するように電波強度を逐次変化させながら、電子キー1へ信号を送信する。このとき、電子キー1では、車載装置2から送信された信号を受信した場合には、応答信号を返信するものとする。そして、位置案内関連情報推定部26が、どの電波強度までなら電子キー1からの応答信号を電子キー受信部21で受信できるのかをもとにして、電子キー1と車載装置2との距離を決定し、決定した距離を車両到達距離と推定する構成としてもよい。
他にも、特開2012−68102号公報に開示されているように、公知のMUSIC法やESPRIT法等の位置推定方法を利用することで、車両到達距離や車両方向を推定する構成としてもよい。なお、この場合には、電子キー受信部21にアレイアンテナを用いる構成とすればよい。
また、位置案内関連情報推定部26は、GPS受信機等のセンサを用いた車載の位置検出器で検出する車両位置を利用して自車両の駐車位置を推定する構成としてもよい。一例としては、自車両のイグニッション電源のオフやパーキングブレーキのオンの信号等から自車両の駐車を検出し、駐車を検出した際の車両位置を自車両の駐車位置と推定する構成とすればよい。車両位置は例えば緯度・経度の座標とすればよい。
携帯送信部23は、位置案内関連情報推定部26で推定した位置案内関連情報を、携帯通信装置を介して携帯端末3へ送信する。よって、携帯送信部23が請求項の車両側距離送信手段に相当する。位置案内関連情報として、車両到達距離や車両方向を送信する場合は、位置案内関連情報推定部26で逐次推定される車両到達距離や車両方向を逐次送信する構成とすればよい。これにより、リアルタイムにより近い車両到達距離や車両方向を送信することが可能になる。携帯送信部23は、例えばアンサーバック信号に続いて位置案内関連情報を送信する構成とすればよい。
続いて、実施形態2の携帯端末3の概略的な構成について説明を行う。携帯端末3の制御装置は、図7に示すように、機能ブロックとして、受信部31、アンサーバック通知部32、及び位置案内関連通知部33を備えている。
位置案内関連通知部33は、受信部31で位置案内関連情報を受信した場合に、その位置案内関連情報に従った通知を行う。よって、受信部31が請求項の携帯側距離受信手段に相当し、位置案内関連通知部33が請求項の第2通知手段に相当する。位置案内関連情報に従った通知は、携帯端末3の表示装置でのテキストや画像の表示によって行ってもよいし、携帯端末3の音声出力装置での音声の出力や携帯端末3の振動発生装置での振動の発生によって行う構成としてもよい。
例えば、車両到達距離については、「車両まで20m」等のテキストを表示装置に表示したり、「車両まで20m」等の音声を音声出力装置から出力したりする構成とすればよい。他にも、車両到達距離については、車両到達距離の増減に応じて、音声出力装置から出力するブザー音、発光装置の発光、及び振動発生装置で発生する振動の少なくともいずれかを変化させる構成としてもよい。これによれば、車両到達距離の変化をユーザが直感的に認識することが可能になる。
一例としては、車両到達距離が近くなるのに応じて、ブザー音や発光や振動の強度を高めたり、周期を短くしたりする構成とすればよい。また、車両到達距離が遠くなるのに応じて、ブザー音や発光や振動の強度を高めたり、周期を短くしたりする構成としてもよい。他にも、車両到達距離が近くなる場合には、ブザー音や発光や振動を発生させず、車両到達距離が遠くなる場合に、ブザー音や発光や振動を発生させる構成としてもよい。
また、車両方向については、車両方向を示すテキストや矢印等の図形を表示装置に表示したり、車両方向を示す音声を音声出力装置から出力したりする構成とすればよい。
さらに、自車両の駐車位置については、表示装置において電子地図上に駐車位置を重畳表示したり、ユーザと自車両との位置関係を示す図を表示装置に表示したりする構成とすればよい。他にも、ユーザの位置と自車両の駐車位置とをもとに、ユーザと自車両との距離やユーザに対する自車両の方向を、携帯端末3の制御装置が算出し、算出したこの距離や方向を位置案内関連通知部33で通知する構成としてもよい。ユーザの位置については、携帯端末3がGPS機能を有している場合には、このGPS機能によって特定する構成とすればよい。
実施形態2の構成によれば、実施形態1と同様の効果を奏する。また、実施形態2の構成によれば、車両到達距離や車両方向や自車両の駐車位置の通知を、電子キー1とは別体の携帯端末3側で行う。よって、電子キー1が悪意を持つ者に拾得された場合でも、電子キー1のユーザの携帯端末3も手に入れなければ、その拾得者がカーファインダ機能によりユーザの車両位置の通知を受けることができない。従って、拾得者はユーザの車両を容易に探索することはできず、カーセキュリティが向上する。
(実施形態3)
本発明は前述の実施形態1、2に限定されるものではなく、次の実施形態3も本発明の技術的範囲に含まれる。以下では、この実施形態3について図8及び図9を用いて説明を行う。なお、説明の便宜上、前述の実施形態の説明に用いた図に示した部材と同一の機能を有する部材については、同一の符号を付し、その説明を省略する。
実施形態3の車両用システム100は、携帯端末3から実施形態1で述べたアンサーバックを行う代わりに、自車両の位置案内に関連する通知を行うカーファインダ機能を実行する点を除けば、実施形態1の車両用システム100と同様である。
実施形態3の電子キー1の概略的な構成について説明を行う。本実施形態では、電子キー1の操作入力装置として、カーファインダ機能の実行を要求するためのプッシュスイッチ(以下、ファインダスイッチ)を備えるものとして以降の説明を行う。一例として、ファインダスイッチがワンプッシュ操作されると、カーファインダ機能の実行の要求が行なわれるものとする。
実施形態3の電子キー1の制御装置では、ファインダスイッチが操作されると位置案内関連情報の携帯端末3への送信を要求する信号(以下、位置案内関連情報要求信号)を電波生成部11が生成し、その位置案内関連情報要求信号を電波送信部12が通信装置を介して車載装置2へ送信する。よって、位置案内関連情報要求信号が請求項の要求信号に相当する。位置案内関連情報は、実施形態2で説明したものと同様のものとする。
続いて、実施形態3の車載装置2の概略的な構成について説明を行う。車載装置2の制御装置は、図8に示すように、機能ブロックとして、電子キー受信部21、電子キー送信部22、携帯送信部23、及び位置案内関連情報決定部26を備えている。
電子キー受信部21は、電子キー1から送信された前述の位置案内関連情報要求信号を受信する。位置案内関連情報としては、実施形態2で説明した車両到達距離、車両方向、自車両の駐車位置などが挙げられる。位置案内関連情報推定部26は、実施形態2で述べたのと同様にして、車両到達距離や車両方向や自車両の駐車位置といった位置案内関連情報を推定する。携帯送信部23は、実施形態2で述べたのと同様にして、位置案内関連情報推定部26で推定した位置案内関連情報を、携帯通信装置を介して携帯端末3へ送信する。よって、位置案内関連情報が請求項の応答信号に相当する。
続いて、実施形態3の携帯端末3の概略的な構成について説明を行う。携帯端末3の制御装置は、図9に示すように、機能ブロックとして、受信部31、及び位置案内関連通知部33を備えている。
位置案内関連通知部33は、実施形態2で述べたのと同様にして、受信部31で位置案内関連情報を受信した場合に、その位置案内関連情報に従った通知を行う。よって、位置案内関連通知部33が請求項の第1通知手段に相当する。
実施形態3の構成によれば、車両到達距離や車両方向や自車両の駐車位置の通知を、電子キー1とは別体の携帯端末3側で行う。よって、電子キー1が悪意を持つ者に拾得された場合でも、電子キー1のユーザの携帯端末3も手に入れなければ、その拾得者がカーファインダ機能によりユーザの車両位置の通知を受けることができない。従って、拾得者はユーザの車両を容易に探索することはできず、カーセキュリティが向上する。
なお、本発明は、上述した各実施形態に限定されるものではなく、請求項に示した範囲で種々の変更が可能であり、異なる実施形態にそれぞれ開示された技術的手段を適宜組み合わせて得られる実施形態についても本発明の技術的範囲に含まれる。
1 電子キー、2 車載装置、3 携帯端末、11 電波生成部(キー側送信手段)、12 電波送信部(キー側送信手段)、21 電子キー受信部(車両側受信手段)、23 携帯送信部(車両側応答信号送信手段)、31 受信部(携帯側応答信号受信手段)、32 アンサーバック通知部(第1通知手段)、33 位置案内関連通知部(第1通知手段)、100 車両用システム

Claims (10)

  1. ユーザに携帯される電子キー(1)と、
    車両に搭載される車載装置(2)と、
    前記電子キーとは別体の、前記ユーザに携帯される携帯端末とを含み、
    前記電子キーは、
    前記車載装置に前記車両の電装品を作動させることを要求する信号、及び前記車載装置にユーザと前記車両との距離である車両到達距離を決定できる情報の送信を行わせることを要求する信号のいずれかである要求信号を無線通信で送信するキー側送信手段(11、12)を備え、
    前記車載装置は、
    前記キー側送信手段から送信される前記要求信号を受信する車両側受信手段(21)と、
    前記車両側受信手段で前記要求信号を受信した場合に、前記要求信号に応じた信号である応答信号を前記携帯端末に送信する車両側応答信号送信手段(23)とを備え、
    前記携帯端末は、
    前記車両側応答信号送信手段から送信される前記応答信号を受信する携帯側応答信号受信手段(31)と、
    前記携帯側応答信号受信手段で前記応答信号を受信した場合に、受信した当該応答信号に従った通知を行う第1通知手段(32、33)を備えることを特徴とする車両用システム。
  2. 請求項1において、
    前記電子キーの前記キー側送信手段は、前記要求信号として、前記車載装置に前記車両の電装品を作動させることを要求する信号を送信し
    前記車載装置の前記車両側応答信号送信手段は、前記車両側受信手段で前記要求信号を受信した場合に、前記応答信号として、前記車両の電装品を作動させる要求を受け付けたことを示す信号を前記携帯端末に送信し、
    前記携帯端末の前記第1通知手段は、前記携帯側応答信号受信手段で前記応答信号を受信した場合に、前記車両の電装品を作動させる要求が受け付けられたことを示す通知を行うことを特徴とする車両用システム。
  3. 請求項2において、
    前記車載装置は、
    前記車両のドアハンドルの操作を検出する操作検出手段(24)と、
    前記車両のドアロックの開錠を行わせる指示を行う開錠指示手段(25)とをさらに備え、
    前記電子キーの前記キー側送信手段は、前記要求信号として、前記車両のドアロックの開錠を要求する要求信号を送信し、
    前記車載装置の前記車両側応答信号送信手段は、前記応答信号として、前記車両側受信手段で前記要求信号を受信した場合に、前記車両のドアロックの開錠の要求を受け付けたことを示す信号を前記携帯端末に送信し、
    前記携帯端末の前記第1通知手段は、前記携帯側応答信号受信手段で前記応答信号を受信した場合に、前記車両のドアロックの開錠の要求が受け付けられたことを示す通知を行い、
    前記車載装置の前記開錠指示手段は、前記車両のドアロックの開錠の要求を受け付けたことを示す前記応答信号を前記車両側応答信号送信手段で送信した場合に、前記操作検出手段で前記車両のドアハンドルの操作を検出するまでは、前記車両のドアロックの開錠を行わせる指示を遅延させることを特徴とする車両用システム。
  4. 請求項1〜3のいずれか1項において、
    前記車載装置は、
    前記電子キーから送信される電波をもとに、前記車両到達距離を逐次推定する距離推定手段(26)と、
    前記車両側受信手段で前記要求信号を受信した場合に、前記車両到達距離を決定できる情報として、前記距離推定手段で逐次推定した前記車両到達距離を前記携帯端末に逐次送信する車両側距離送信手段(23)とをさらに備え、
    前記携帯端末は、
    前記車両側距離送信手段から送信される前記車両到達距離を受信する携帯側距離受信手段(31)と、
    前記携帯側距離受信手段で前記車両到達距離を受信するごとに、受信した当該車両到達距離を示す通知を行う第2通知手段(33)をさらに備えることを特徴とする車両用システム。
  5. 請求項4において、
    前記第2通知手段は、前記携帯側距離受信手段で受信した前記車両到達距離の増減に応じて、音、光、及び振動の少なくともいずれかを変化させることによって前記車両到達距離を示す通知を行うことを特徴とする車両用システム。
  6. 請求項1において、
    前記車載装置は、
    前記電子キーから送信される電波をもとに、前記車両到達距離を逐次推定する距離推定手段(26)をさらに備え、
    前記電子キーの前記キー側送信手段は、前記要求信号として、前記車載装置に前記車両到達距離を決定できる情報の送信を行わせることを要求する信号を送信し、
    前記車載装置の前記車両側応答信号送信手段は、前記車両側受信手段で前記要求信号を受信した場合に、前記応答信号として、前記距離推定手段で逐次推定する前記車両到達距離を前記携帯端末に逐次送信し、
    前記携帯端末の前記第1通知手段(33)は、前記携帯側応答信号受信手段で前記応答信号として前記車両到達距離を受信するごとに、受信した当該車両到達距離を示す通知を行うことを特徴とする車両用システム。
  7. 請求項6において、
    前記第1通知手段は、前記携帯側応答信号受信手段で受信した前記車両到達距離の増減に応じて、音、光、及び振動の少なくともいずれかを変化させることによって前記車両到達距離を示す通知を行うことを特徴とする車両用システム。
  8. ユーザに携帯される電子キー(1)であって、
    請求項1〜7のいずれか1項に記載の車両用システムに用いられることを特徴とする電子キー。
  9. ユーザに携帯される電子キー(1)とは別体の、当該ユーザに携帯される携帯端末(3)であって、
    請求項1〜7のいずれか1項に記載の車両用システムに用いられることを特徴とする携帯端末。
  10. 車両に搭載される車載装置(2)であって、
    請求項1〜7のいずれか1項に記載の車両用システムに用いられることを特徴とする車載装置。
JP2013004155A 2013-01-14 2013-01-14 車両用システム、電子キー、携帯端末、及び車載装置 Expired - Fee Related JP6167527B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013004155A JP6167527B2 (ja) 2013-01-14 2013-01-14 車両用システム、電子キー、携帯端末、及び車載装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013004155A JP6167527B2 (ja) 2013-01-14 2013-01-14 車両用システム、電子キー、携帯端末、及び車載装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2014134082A JP2014134082A (ja) 2014-07-24
JP6167527B2 true JP6167527B2 (ja) 2017-07-26

Family

ID=51412552

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2013004155A Expired - Fee Related JP6167527B2 (ja) 2013-01-14 2013-01-14 車両用システム、電子キー、携帯端末、及び車載装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6167527B2 (ja)

Families Citing this family (44)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6421620B2 (ja) * 2015-01-26 2018-11-14 株式会社デンソー 車両制御装置及び電子キー
JP6451622B2 (ja) * 2015-12-24 2019-01-16 株式会社デンソー 車載装置及び認証システム
JP6714946B2 (ja) * 2016-03-31 2020-07-01 Necプラットフォームズ株式会社 キーレスエントリーシステム及びその制御方法
US10369988B2 (en) 2017-01-13 2019-08-06 Ford Global Technologies, Llc Autonomous parking of vehicles inperpendicular parking spots
US10683034B2 (en) 2017-06-06 2020-06-16 Ford Global Technologies, Llc Vehicle remote parking systems and methods
US10775781B2 (en) 2017-06-16 2020-09-15 Ford Global Technologies, Llc Interface verification for vehicle remote park-assist
US10234868B2 (en) 2017-06-16 2019-03-19 Ford Global Technologies, Llc Mobile device initiation of vehicle remote-parking
US10585430B2 (en) 2017-06-16 2020-03-10 Ford Global Technologies, Llc Remote park-assist authentication for vehicles
US10281921B2 (en) 2017-10-02 2019-05-07 Ford Global Technologies, Llc Autonomous parking of vehicles in perpendicular parking spots
US10580304B2 (en) 2017-10-02 2020-03-03 Ford Global Technologies, Llc Accelerometer-based external sound monitoring for voice controlled autonomous parking
US10627811B2 (en) 2017-11-07 2020-04-21 Ford Global Technologies, Llc Audio alerts for remote park-assist tethering
US10336320B2 (en) 2017-11-22 2019-07-02 Ford Global Technologies, Llc Monitoring of communication for vehicle remote park-assist
US10578676B2 (en) 2017-11-28 2020-03-03 Ford Global Technologies, Llc Vehicle monitoring of mobile device state-of-charge
US10688918B2 (en) 2018-01-02 2020-06-23 Ford Global Technologies, Llc Mobile device tethering for a remote parking assist system of a vehicle
US10737690B2 (en) 2018-01-02 2020-08-11 Ford Global Technologies, Llc Mobile device tethering for a remote parking assist system of a vehicle
US11148661B2 (en) 2018-01-02 2021-10-19 Ford Global Technologies, Llc Mobile device tethering for a remote parking assist system of a vehicle
US10585431B2 (en) 2018-01-02 2020-03-10 Ford Global Technologies, Llc Mobile device tethering for a remote parking assist system of a vehicle
US10814864B2 (en) 2018-01-02 2020-10-27 Ford Global Technologies, Llc Mobile device tethering for a remote parking assist system of a vehicle
US10583830B2 (en) 2018-01-02 2020-03-10 Ford Global Technologies, Llc Mobile device tethering for a remote parking assist system of a vehicle
US10974717B2 (en) 2018-01-02 2021-04-13 Ford Global Technologies, I.LC Mobile device tethering for a remote parking assist system of a vehicle
US10684773B2 (en) 2018-01-03 2020-06-16 Ford Global Technologies, Llc Mobile device interface for trailer backup-assist
US10747218B2 (en) 2018-01-12 2020-08-18 Ford Global Technologies, Llc Mobile device tethering for remote parking assist
US10917748B2 (en) 2018-01-25 2021-02-09 Ford Global Technologies, Llc Mobile device tethering for vehicle systems based on variable time-of-flight and dead reckoning
US10684627B2 (en) 2018-02-06 2020-06-16 Ford Global Technologies, Llc Accelerometer-based external sound monitoring for position aware autonomous parking
US11188070B2 (en) 2018-02-19 2021-11-30 Ford Global Technologies, Llc Mitigating key fob unavailability for remote parking assist systems
US10507868B2 (en) 2018-02-22 2019-12-17 Ford Global Technologies, Llc Tire pressure monitoring for vehicle park-assist
US10732622B2 (en) 2018-04-05 2020-08-04 Ford Global Technologies, Llc Advanced user interaction features for remote park assist
US10793144B2 (en) 2018-04-09 2020-10-06 Ford Global Technologies, Llc Vehicle remote park-assist communication counters
US10683004B2 (en) 2018-04-09 2020-06-16 Ford Global Technologies, Llc Input signal management for vehicle park-assist
US10493981B2 (en) 2018-04-09 2019-12-03 Ford Global Technologies, Llc Input signal management for vehicle park-assist
US10759417B2 (en) 2018-04-09 2020-09-01 Ford Global Technologies, Llc Input signal management for vehicle park-assist
US10232673B1 (en) 2018-06-01 2019-03-19 Ford Global Technologies, Llc Tire pressure monitoring with vehicle park-assist
US10384605B1 (en) 2018-09-04 2019-08-20 Ford Global Technologies, Llc Methods and apparatus to facilitate pedestrian detection during remote-controlled maneuvers
US10717432B2 (en) 2018-09-13 2020-07-21 Ford Global Technologies, Llc Park-assist based on vehicle door open positions
US10821972B2 (en) 2018-09-13 2020-11-03 Ford Global Technologies, Llc Vehicle remote parking assist systems and methods
US10529233B1 (en) 2018-09-24 2020-01-07 Ford Global Technologies Llc Vehicle and method for detecting a parking space via a drone
US10967851B2 (en) 2018-09-24 2021-04-06 Ford Global Technologies, Llc Vehicle system and method for setting variable virtual boundary
US10908603B2 (en) 2018-10-08 2021-02-02 Ford Global Technologies, Llc Methods and apparatus to facilitate remote-controlled maneuvers
US10628687B1 (en) 2018-10-12 2020-04-21 Ford Global Technologies, Llc Parking spot identification for vehicle park-assist
US11097723B2 (en) 2018-10-17 2021-08-24 Ford Global Technologies, Llc User interfaces for vehicle remote park assist
US11137754B2 (en) 2018-10-24 2021-10-05 Ford Global Technologies, Llc Intermittent delay mitigation for remote vehicle operation
US11195344B2 (en) 2019-03-15 2021-12-07 Ford Global Technologies, Llc High phone BLE or CPU burden detection and notification
US11169517B2 (en) 2019-04-01 2021-11-09 Ford Global Technologies, Llc Initiation of vehicle remote park-assist with key fob
US11275368B2 (en) 2019-04-01 2022-03-15 Ford Global Technologies, Llc Key fobs for vehicle remote park-assist

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004142543A (ja) * 2002-10-23 2004-05-20 Fuji Photo Film Co Ltd 自動車異常通知装置
JP2009129035A (ja) * 2007-11-21 2009-06-11 Calsonic Kansei Corp 自車位置検出装置
JP2009256908A (ja) * 2008-04-14 2009-11-05 Toyota Infotechnology Center Co Ltd 携帯端末、電子キーシステム及びアンサーバック方法
JP5795468B2 (ja) * 2010-09-22 2015-10-14 株式会社東海理化電機製作所 位置教示システム

Also Published As

Publication number Publication date
JP2014134082A (ja) 2014-07-24

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6167527B2 (ja) 車両用システム、電子キー、携帯端末、及び車載装置
CA2845903C (en) Passive entry cell phone and method and system therefor
US8638202B2 (en) Keyfob proximity theft notification
KR20170059989A (ko) 중계 공격 억제
KR102071406B1 (ko) 차량 탑재 장치 및 인증 시스템
JP2014151884A (ja) 通信システム、車載機及び携帯機並びに通信方法
JP2006104664A (ja) スマートキーレス制御装置
JP6287714B2 (ja) 電子キーシステム
WO2015040835A1 (ja) 車両制御装置
JP6113016B2 (ja) 車両制御装置、車両制御方法、及び、携帯機
JP2006104663A (ja) スマートキーレスシステム
CN111094082B (zh) 车辆共享系统
JP5152011B2 (ja) 電子キーシステム及び車両制御用携帯機
US20210241620A1 (en) Leading system, leading device, and control method of leading system
JP5193730B2 (ja) 位置教示機能備え付け物品の認証システム及び認証方法
JP5112982B2 (ja) 位置教示機能使用者認証システム及び位置教示機能使用者認証方法
JP2014097677A (ja) 制御システム、インフラストラクチャ
JP2017222299A (ja) 車載装置及びコンピュータプログラム
JP2009249962A (ja) キーレスエントリシステム
US20190164426A1 (en) Notification system, notification device, and notification method
JP2016037729A (ja) 制御システム
JP2018053489A (ja) スマートキーシステム
JP2015045184A (ja) 電子キーシステム、及び携帯機
JP2014151846A (ja) 車両用消費電力低減装置
JP2020100994A (ja) 車載装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20150825

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20160421

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20160426

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20161108

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20161220

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20170530

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20170612

R151 Written notification of patent or utility model registration

Ref document number: 6167527

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R151

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees