JP6161402B2 - Editing apparatus and a control method thereof, a program, and storage medium - Google Patents

Editing apparatus and a control method thereof, a program, and storage medium

Info

Publication number
JP6161402B2
JP6161402B2 JP2013106592A JP2013106592A JP6161402B2 JP 6161402 B2 JP6161402 B2 JP 6161402B2 JP 2013106592 A JP2013106592 A JP 2013106592A JP 2013106592 A JP2013106592 A JP 2013106592A JP 6161402 B2 JP6161402 B2 JP 6161402B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2013106592A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2014230003A5 (en )
JP2014230003A (en )
Inventor
成 濱田
成 濱田
Original Assignee
キヤノン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Classifications

    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B27/00Editing; Indexing; Addressing; Timing or synchronising; Monitoring; Measuring tape travel
    • G11B27/02Editing, e.g. varying the order of information signals recorded on, or reproduced from, record carriers
    • G11B27/031Electronic editing of digitised analogue information signals, e.g. audio or video signals
    • G11B27/034Electronic editing of digitised analogue information signals, e.g. audio or video signals on discs

Description

本発明は、編集装置及びその制御方法に関する。 The present invention is an editing apparatus and a control method thereof.

従来から、動画データや音声データを記録媒体に記録する記録装置が知られている。 Conventionally, the recording apparatus is known that records video data and audio data on a recording medium. この種の記録装置は、記録した動画データや音声データを所定のファイルシステムに従ってファイルとして管理する。 This kind of recording apparatus manages the recorded video data and audio data as a file in accordance with a predetermined file system. 例えば、特許文献1には、動画データや音声データの記録中に、ファイルサイズがファイルシステムにより規定された上限サイズを超えないように、ファイルを分割しながら記録するファイルブレイク記録を行うことが提案されている。 For example, Patent Document 1, proposed during recording of moving image data and audio data, so that the file size does not exceed the size limit defined by the file system, is possible to perform the file breaking recording that records while dividing the file It is. また一般的に、動画ファイルの編集においてはシーンの編集点以前を切り取るトリミング処理(前切り)や、シーンの編集点以降を切り取るトリミング処理(後切り)が行われている。 Also in general, and trimming processing (before cutting) to cut the previous editing point of the scene is in the editing of the video file, trimming process of cutting the subsequent editing point of the scene (post-cut) has been carried out.

特開2010−183248号公報 JP 2010-183248 JP

しかしながら、上記特許文献1では、ファイルブレイク記録を行ったファイル群をユーザが編集する際に、分割されたファイルの一部を編集したものの、これに関連した他のファイルとの連結関係を修正する手段がない。 However, in Patent Document 1, when editing the files subjected to file break recording user, but to edit some of the divided files, modifies the connection of the other files associated with this there is no means. 例えば、3つのファイルに分割して記録されたファイルのうち、2つ目のファイルに前切り処理を行った場合、同じグループに属するファイルの中で前部分に相当する1つ目のファイルも不要である可能性がある。 For example, among the files recorded by dividing into three files, in the case of performing the pre-cutting process in the second file, also first file corresponding to the front portion in the files belonging to the same group required there is a possibility that. しかしながら、1つ目のファイルが不要であるか否かをユーザに確認したり、削除する手段が存在存在しない。 However, you can check whether or not the first file is not required to the user, no means exist to be deleted.

また、ユーザが編集を行った後、分割されたファイル群を結合する場合に、前述した1つ目のファイルと前切り編集した2つ目のファイルでは連続性が破たんしているはずである。 Further, after the user has edited, when combining the divided files, in the second file edited first file and before cutting described above should continuity is collapsed. この場合、ユーザは、連続したファイルとして結合すべきか否かを確認し、結合すべきファイルを指定することが必要となる。 In this case, the user confirms whether to bind a contiguous files, it is necessary to specify a file to be bonded.

本発明は、上記課題に鑑みてなされ、その目的は、ファイルを分割しながら記録するファイルブレイク記録を行ったファイル群を編集する際に、ユーザが分割されたファイル間の関係性を把握しながら編集できる技術を実現することである。 The present invention has been made in view of the above problems, when editing the files subjected to file break recording that records while dividing the file, while grasping the relationship between users is divided file it is to realize the editing can be technology.

上記課題を解決し、目的を達成するために、本発明の編集装置は、所定の連続性を持つ複数のファイルからなるグループに含まれる1つのファイルを選択する選択手段と、前記選択手段によって選択されたファイルの時系列データのうち、指定された位置よりも時系列的に前の部分を削除する第1の指示を検出する第1の指示検出手段と、前記第1の指示検出手段により第1の指示が検出されると、前記グループに含まれるファイルのうち、前記選択されたファイルより前のファイルを削除する処理を行う処理手段と、を有する。 To solve the above problems, chosen to achieve the object, the editing apparatus of the present invention includes a selection means for selecting one of the files included in the group consisting of a plurality of files having a predetermined continuity, by said selection means of the time-series data of the file, first the first instruction detection means for detecting a first instruction to delete the time series previous part than the position specified by the first instruction detection means with the first instruction is detected, among the files included in the group, and for performing processing for deleting the previous file from the selected file, a.

本発明によれば、ファイルを分割しながら記録するファイルブレイク記録を行ったファイル群を編集する際に、ユーザが分割されたファイル間の関係性を把握しながら編集し、編集を行った後のファイル間の連結関係を設定しなおすことができる。 According to the present invention, when editing the files subjected to file break recording that records while dividing the file, edit while understanding the relationship between users is divided file, after the edit it is possible to reset the connection relationship between files.

本実施形態の装置構成を示すブロック図。 Block diagram illustrating a device configuration of the present embodiment. 本実施形態の記録処理を示すフローチャート。 Flowchart showing the recording process of this embodiment. 本実施形態の記録処理により記録された動画ファイルの状態を示す図。 It shows the state of the recorded moving image file by the recording process of the present embodiment. 動画ファイルの構成を示す図。 Diagram showing the configuration of a moving image file. 識別情報の構成を示す図。 Diagram showing a configuration of the identification information. 本実施形態の編集処理を示すフローチャート。 Flowchart showing the editing process of this embodiment. 図6のS612の処理の詳細を示すフローチャート。 Flowchart showing details of the process in S612 in FIG. 6. 図6のS615の処理の詳細を示すフローチャート。 Flowchart showing details of the process in S615 in FIG. 6. 本実施形態の編集画面を例示する図。 Diagram illustrating an editing screen of the present embodiment. 本実施形態の編集処理によるファイルの状態を示す図。 It shows the state of the file by the editing process of this embodiment.

以下、図面を参照しながら、本発明の編集装置を、動画データや音声データを記録媒体に記録する記録装置に適用した実施の形態について詳細に説明する。 Hereinafter, with reference to the drawings, the editing apparatus of the present invention, the embodiment applied to a recording apparatus for recording video data and audio data on a recording medium will be described in detail.

<装置構成>まず、図1を参照して、本実施形態の記録装置100の構成及び機能について説明する。 <Apparatus Configuration> First, with reference to FIG. 1, the configuration and function of the recording apparatus 100 of the present embodiment.

図1において、入力部101は、動画データや音声データを取得して出力する。 1, an input unit 101, and outputs the acquired video data and audio data. 本実施形態では、入力部101は記録装置100の外部から供給された動画データや音声データを入力するが、入力部101を撮像部やマイクロフォンを含む構成とし、撮影された動画やマイクにより音声データを取得する構成としてもよい。 In the present embodiment, the input unit 101 inputs the moving image data and audio data supplied from the outside of the recording apparatus 100, the input unit 101 configured to include an imaging unit and a microphone, the audio data by captured videos and microphone it may be configured so as to acquire.

制御部102は、操作部103からの入力に応じて記録装置100の全体を制御する。 Control unit 102 controls the entire recording apparatus 100 in accordance with an input from the operation unit 103. 制御部102はマイクロコンピュータやメモリ等を含み、不図示の不揮発メモリに記憶されたコンピュータプログラム(ソフトウェア)に従って記録装置100を制御する。 The control unit 102 includes a microcomputer, a memory and the like, and controls the recording unit 100 in accordance with a computer program stored in a nonvolatile memory (not shown) (software). また、制御部102は、記録再生部106との間でデータやコマンドを通信するための記録媒体インターフェイスを内蔵している。 The control unit 102 has a built-in recording medium interface for communicating data and commands with the recording and reproducing unit 106. 操作部103は、ユーザにより操作可能な各種のスイッチを含む。 Operation unit 103 includes an operable various switches by the user. そして、操作部103は、ユーザによる各種の指示などを受理して制御部102へ通知する。 Then, the operation unit 103 notifies the control unit 102 accepts various kinds of instructions from the user. また、操作部103は、電源スイッチや記録の開始、停止を指示するためのスイッチ、記録装置100の動作モードを切り替えるためのスイッチ等を含む。 The operation unit 103 includes the start of a power switch or a recording, switch for instructing to stop, the switch for switching the operation mode of the recording apparatus 100.

信号処理部104は、記録モードでは、入力部101により入力された動画データや音声データをMPEG等の公知の符号化形式に従って符号化して、その情報量を圧縮する。 The signal processing unit 104, in the recording mode, the video data and audio data input by the input unit 101 and encoded according to a known coding format such as MPEG, for compressing the information amount thereof. また、動画データや音声データを記録するために必要な処理を施す。 Also performs processing necessary for recording video data and audio data. また、信号処理部104は、再生時においては、再生された動画データや音声データを復号し、その情報量を伸張する。 The signal processing unit 104, at the time of reproduction decodes the video data and audio data reproduced, for decompressing the information amount. また、信号処理部104は、記録モードにおいて、符号化された動画データや音声データの符号量(データ量)の情報を制御部102に出力する。 The signal processing unit 104, in the recording mode, and outputs the code amount of the moving image data and audio data encoded information (data quantity) to the control unit 102.

メモリ105は、動画データや音声データを記憶する。 Memory 105 stores the moving image data and audio data. 記録装置100の各ブロックは、メモリ105に対してアクセスすることにより、動画データや音声データを処理する。 Each block of the recording device 100, by accessing the memory 105, processes the moving image data and audio data. また、メモリ105は、動画データや音声データの他に、ファイルシステムの情報や、管理情報など、各種の情報を記憶し、更に、制御部102による制御のためのワークメモリ等の役割を果たす。 The memory 105, in addition to the moving image data and audio data, information and the file system, such as management information, and stores various kinds of information, further, serve the work memory or the like for the control of the controller 102.

記録再生部106は、記録媒体108に対し、動画データや音声データ、或いは、各種の情報を書き込み、或いは、読み出す。 Reproducing unit 106, the recording medium 108, video data and audio data, or writes various kinds of information, or read. 記録再生部106は、記録モードでは、メモリ105に蓄積された動画データや音声データを記録媒体108に書き込む。 Reproducing unit 106 in the recording mode, and writes the video data and audio data stored in the memory 105 in the recording medium 108. また、記録再生部106は、再生モードでは、記録媒体108から動画データや音声データを読み出し、メモリ105に記憶する。 The recording reproduction unit 106, the reproduction mode, the recording medium 108 reads the moving image data and audio data, is stored in the memory 105. 本実施形態では、記録媒体108はハードディスク(HDD)、フラッシュメモリカード等、ランダムアクセスの記録媒体である。 In the present embodiment, the recording medium 108 is a hard disk (HDD), a flash memory card is a recording medium of random access.

また、記録再生部106は、記録媒体108に記録する動画データや音声データ、各種の情報を、FAT(File Allocation Table)等のファイルシステムに従い、ファイルとして管理する。 The recording reproduction unit 106, moving image data and audio data recorded on the recording medium 108, various kinds of information, in accordance with the file system such as FAT (File Allocation Table), is managed as a file. また、記録再生部106は、ATA(AT Attachment)等の公知のインターフェイス(IF)を有し、制御部102における記録媒体IFとの間でデータや各種のコマンドを通信する。 The recording and reproducing unit 106 has a ATA (AT Attachment) known interfaces such as (IF), communicates data and various commands with the recording medium IF in the control unit 102. また、不図示の着脱機構により、記録装置100に対して記録媒体108を容易に装着、取り出しできるように構成されるが、記録装置100に各記録媒体108が内蔵された構成でもよい。 Also, by not shown detaching mechanism, easily mount the recording medium 108 to the recording apparatus 100, configured to allow taking out, the recording apparatus 100 may be configured to each recording medium 108 is incorporated.

制御部102は、記録媒体108に対する動画データや音声データを含む動画ファイルの書き込みや読み出しを行う場合、記録再生部106を制御して、記録媒体108から、ファイルシステムデータ(管理データ)を再生してメモリ105に記憶する。 Control unit 102, when writing and reading of video files including moving image data and audio data to the recording medium 108, and controls the recording and reproducing unit 106, from the recording medium 108, and reproduces the file system data (management data) Te is stored in the memory 105. このファイルシステムデータは、記録媒体108に記録されたデータのファイル名やファイルのサイズ、データの記録アドレスなどを示し、ファイルを管理するための情報である。 The file system data, file name and file size of the recording medium 108 data, indicates the recording address of data, which is information for managing the file. そして、制御部102は、記録媒体108から読み出したファイルシステムデータに従ってファイルの書き込みや読み出しを制御する。 Then, the control unit 102 controls the writing and reading of the file according to the file system data read from the recording medium 108. 制御部102は、記録媒体108へのファイルの書き込み状況に応じて、メモリ105に記憶されたファイルシステムデータを更新する。 Control unit 102 is responsive to the write status of the file to the recording medium 108, and updates the file system data stored in the memory 105. そして、更新したファイルシステムデータを、記録再生部106により記録媒体108に記録する。 Then, the file system data updated and recorded in the recording medium 108 by the recording and reproducing unit 106.

本実施形態では、記録媒体108に動画ファイルを記録する際に、汎用一意識別子(UUID:Universal Unique IDentifier)を付加して記録する。 In the present embodiment, at the time of recording a moving image file in the recording medium 108, Universally Unique Identifier: recorded by adding (UUID Universal Unique IDentifier). UUIDは各動画ファイルを一意に識別するための識別情報である。 UUID is identification information for uniquely identifying each moving image file. 制御部102は、新たに動画ファイルを作成する度に、異なる値のUUIDを生成する。 Control unit 102, each time creating a new moving image file, to generate a UUID of different values. そのため、記録媒体108に記録されたUUIDの値を確認すれば、各動画ファイルを容易に識別できる。 Therefore, if check the value recorded in the recording medium 108 UUID, each moving image file can be easily identified.

また、ユーザは、操作部103を操作して、記録装置100の動作モードの切り替え、動画データの記録の開始や停止などを指示することができる。 Further, the user can instruct by operating the operation unit 103, switching of the operation mode of the recording apparatus 100, as well as starting and stopping the recording of the moving image data. また、出力部107は、再生された動画データや音声データを記録装置100の外部の表示装置などに出力する。 The output unit 107 outputs the video data and audio data reproduced to an external display device of the recording apparatus 100. 表示部109は、動画や各種の情報を液晶パネル等の表示装置に表示する。 Display unit 109 displays the moving image and various information on a display device such as a liquid crystal panel. データバス110は、記録装置100の各部の間でデータや各種の制御コマンドなどを送受信するために用いられる。 Data bus 110 is used to send and receive data or various control commands among each unit of the recording apparatus 100.

<記録処理>次に、本実施形態の動画データの記録処理について説明する。 <Recording Processing> Next, a description will be given of a recording process of the video data in this embodiment. なお、記録処理は、制御部102が、不図示の不揮発メモリに記憶された制御プログラムをメモリ105に展開し、実行することにより実現される。 The recording process, the control unit 102, a control program stored in the nonvolatile memory (not shown) and expanded in the memory 105 is realized by executing.

まず、操作部103から記録モードへの切り替え指示を受けると、記録装置100は記録待機状態へ遷移し、記録開始の指示を待つ。 First, when receiving a switching instruction from the operation unit 103 to the recording mode, the recording apparatus 100 transitions to a recording standby state and waits for an instruction to start recording. そして、この記録待機状態において、入力部101から入力された動画データを表示部109に表示する。 Then, in the recording standby state, and it displays the moving image data input from the input unit 101 to the display unit 109. 操作部103から記録開始の指示が入力されると、信号処理部104は、入力部101から入力されてメモリ105に記憶された動画データを読み出して、動画データの符号化を開始する。 When recording start instruction from the operation unit 103 is input, the signal processing unit 104 is input from the input unit 101 reads out the moving image data stored in the memory 105 and starts the encoding of the video data. そして、信号処理部104により、符号化されたデータをメモリ105に記憶する。 Then, the signal processing unit 104, stores the encoded data in the memory 105.

本実施形態では、信号処理部104により符号化されたデータのデータレートは、記録媒体108に対して記録可能なデータレートよりも低いため、符号化データを一旦メモリ105に記憶する。 In the present embodiment, the data rate of the data encoded by the signal processing unit 104 is lower than the data rate can be recorded to the recording medium 108, temporarily stored in the memory 105 the coded data. そして、メモリ105に記憶された符号化データのデータ量が第1の所定量に達する毎に、記録再生部106は、メモリ105から符号化データを読み出して、記録媒体108に記録する。 Then, for each data amount of the stored encoded data in the memory 105 reaches a first predetermined amount, the recording and reproducing unit 106 reads out the encoded data from the memory 105, and records on the recording medium 108. そして、メモリ105に記憶された符号化データが第1の所定量よりも少ない第2の所定量まで減少した時点でメモリ105からの符号化データの読み出しを一時停止し、記録媒体108への記録処理を中断する。 Then, pause the readout of the encoded data from the memory 105 at the time the coded data stored in the memory 105 decreases to a second predetermined amount smaller than the first predetermined amount, recording on the recording medium 108 the process is suspended. これらの処理を繰り返し行う。 Repeating these processing. このとき、ファイルをオープンしていない場合は、新規に符号化データを記録するファイルを作成してオープンし、符号化データを動画ファイルとして記録する。 At this time, if not the file open, open to create a file for recording a new coded data, and records the encoded data as a moving image file.

そして、制御部102は、記録媒体108に対する1回の書き込みが完了する度に、今回書き込まれた符号化データの記録位置などに基づいて、メモリ105に記憶されたファイルシステムデータ(管理情報)を更新する。 Then, the control unit 102, every time one write is completed to the recording medium 108, based on such a recording position of this written coded data, file system data stored in the memory 105 (management information) Update. そして、制御部102は、記録再生部106を制御して、更新されたファイルシステムデータをメモリ105から読み出して、記録媒体108に記録する。 Then, the control unit 102 controls the recording reproduction unit 106, the updated file system data is read out from the memory 105, and records on the recording medium 108.

また、制御部102は、記録装置100の固体番号や、記録日時、装置の使用開始からの総記録回数、予め用意された乱数などを組み合わせ、所定ビット長の数値を持つUUIDを生成する。 The control unit 102, individual number and recording apparatus 100, recording date, the total number of recording times from the start of the use of the device, combined and previously prepared random number, generates a UUID with the numerical value of the predetermined bit length. そして、このUUIDをこのファイル固有の識別情報(ユニークID)として後述するように動画ファイルの管理情報領域に付加して記録する。 Then, the record adding the UUID in the management information area of ​​the moving image file as described later as the file-specific identification information (unique ID). 制御部102は、記録開始の指示を受けて、新たに動画ファイルを作成する毎に異なる値のUUIDを生成する。 Control unit 102 receives an instruction to start recording, to generate the UUID of different value for each to create a new video file.

また、本実施形態では、MP4ファイル形式に従い、動画ファイルを記録する。 Further, in the present embodiment, in accordance with MP4 file format, records the video file. 図4は、MP4ファイルの構成を例示している。 Figure 4 illustrates the configuration of an MP4 file. MP4は図4のようなツリー構造を持ち、それぞれボックスと呼ばれる要素を持つ。 MP4 has a tree structure as shown in FIG. 4, with elements are referred to as boxes.

最上位階層のボックスには、ftypボックス401、moovボックス402、及びmdatボックス403が存在する。 The box of the highest hierarchy, ftyp box 401, moov box 402, and mdat box 403 is present. ftypボックス401には互換性情報、moovボックス402には動画データや音声データに関する管理情報がそれぞれ格納される。 Compatibility information in ftyp box 401, the moov box 402 management information about video data and audio data are stored, respectively. また、mdatボックス403には動画データや音声データの実データが格納される。 Further, the mdat box 403 real data of video data and audio data are stored. 記録時にはmdatボックス403に動画データと音声データを追記しながら記録する。 Record while adds the video data and audio data to the mdat box 403 at the time of recording.

moovボックス402には、複数のtrakボックス405、406、およびuuidボックス404が格納される。 The moov box 402, a plurality of trak boxes 405 and 406, and uuid box 404 is stored. 本実施形態では、uuidボックス404に、各動画ファイルの固有のID(ユニークID)を格納する。 In the present embodiment, the uuid box 404 stores the unique ID (Unique ID) for each video file. 更に、記録中の動画ファイルをクローズし新たに動画ファイルを記録する場合に、直後のファイルを識別するための付加情報(第1の付加情報)、及び、直前のファイルを識別するための付加情報(第2の付加情報)を生成し、uuidボックス404に格納する。 Further, in the case of close the moving image file being recorded recording a new moving image file, the additional information (first additional information) for identifying the immediately file, and additional information for identifying the previous file (second additional information), and stores the uuid box 404.

図5はuuidボックス404に格納される識別情報の内容を示している。 Figure 5 shows the contents of the identification information stored in the uuid box 404. UniqueID(UID)は、長さが16バイトで、各動画ファイルに固有の値が格納される。 UniqueID (UID), the length is 16 bytes, for each video file unique value is stored. 具体的には、UUIDの値が格納される。 Specifically, the value of the UUID is stored. NextID(NID)は、ユーザによる記録開始の指示から停止の指示までの1回の記録中に複数の動画ファイルが記録された場合に、次のファイルの識別情報(UID)の値を格納する。 NextID (NID), when a plurality of moving image files are recorded in one recording to stop instruction from the instruction of the recording start by the user, and stores the value of the identification information for the next file (UID). また、1回の記録における最後のファイルである場合には所定値、ここでは、例えば0が格納される。 Further, the predetermined value if it is the last file in one recording, where, for example, 0 is stored. また、PreID(PID)は、1回の記録中に複数の動画ファイルが記録された場合に、前のファイルの識別情報(UID)の値を格納する。 Further, PreID (PID), when a plurality of moving image files are recorded in a single recording, to store the value of the identification information of the previous file (UID). また、1回の記録における先頭のファイルである場合には所定値、ここでは、例えば0が格納される。 Further, the predetermined value if it is the beginning of the file in one recording, where, for example, 0 is stored.

本実施形態では、制御部102は、記録再生部106や信号処理部104からの通知により、記録中のファイルサイズを監視している。 In the present embodiment, the control unit 102, the notification from the recording reproduction unit 106 and signal processing unit 104 monitors the file size in the recording. そして、制御部102は、記録中のファイルサイズがファイルブレイク記録を行うかどうかを決めるための閾値(ファイル分割閾値)に達した場合、記録中のファイルをクローズし、新たに動画ファイルを作成して記録を続行する。 Then, the control unit 102, if the file size of the recording has reached the threshold (file division threshold) for determining whether to file break recording, closes the file being recorded, creating a new video file Te to continue the record. 本実施形態では、ファイルシステムによって予め決められたファイルサイズの上限に基づき、ファイル分割閾値を決定している。 In the present embodiment, based on the maximum file size previously determined by the file system, it determines the file division threshold. 即ち、本実施形態では、ファイル分割閾値を、ファイルサイズの上限よりも所定量小さい値とした。 That is, in this embodiment, the file division threshold, and a predetermined amount smaller than the maximum file size.

FAT32ファイルシステムを用いている場合には、1つのファイルサイズの最大値が4ギガバイト(GB)という制限があるため、ファイル分割閾値は上限である4GBよりも所定量小さい値にする。 If you are using the FAT32 file system, since the maximum value of a file size is limited in that 4 gigabytes (GB), the file division threshold is a predetermined amount smaller than 4GB which is the upper limit.

記録中にファイルサイズがファイル分割閾値に達すると、制御部102は記録再生部106に対し、現在オープンしているファイルをクローズし、新たなファイルをオープンして符号化データの記録を続行するよう指示する。 If the file size during recording reaches the file division threshold, the control unit 102 to the recording reproduction unit 106, closes the file currently open to continue the recording of the coded data to open a new file It instructs.

以上のように、動画データの記録中にファイルサイズがファイル分割閾値に達する度にファイルを分割しながら記録を続ける。 As described above, the file size during recording of moving image data and recording is continued while dividing the file each time it reaches the file division threshold.

また、動画データの記録中に、操作部103から記録停止の指示を受けた場合は、制御部102は信号処理部104による動画データの符号化を停止し、記録再生部106により記録中のファイルをクローズする。 Also, during recording of the moving image data, when receiving a recording stop instruction from the operation unit 103, the control unit 102 stops the encoding of the moving image data by the signal processing unit 104, the file being recorded by the recording unit 106 close the. そして、ファイルシステムデータの内容を変更し、記録媒体108に記録するよう、記録再生部106に指示する。 Then, change the contents of the file system data, to record on the recording medium 108, and instructs the reproducing unit 106.

<記録処理フロー>以下、図2を参照して、本実施形態の記録処理について説明する。 <Recording Process Flow> below with reference to FIG. 2, the recording process of this embodiment.

記録待機状態において、操作部103より記録開始の指示を受けると図2の処理が開始される。 In the recording standby state, the process of FIG. 2 is started upon receiving an instruction to start recording from the operation unit 103.

制御部102は、まず、記録再生部106に対して動画ファイルをオープンするように指示する(S201)。 Control unit 102 first instructs to open the moving image file to the recording and reproducing unit 106 (S201). 次に、制御部102は、今回記録する動画ファイルの識別情報(UID)を生成し、メモリ105に記憶する(S202)。 Next, the control unit 102 generates identification information of the moving image file to be recorded this time (UID), and stores in the memory 105 (S202). また、制御部102は、今回記録する動画ファイルのPIDとして0を設定し、メモリ105に記憶する(S203)。 The control unit 102 sets 0 as the PID of the video file to be recorded this time is stored into the memory 105 (S203).

次に、制御部102は、信号処理部104を制御して動画と音声データの符号化を開始し(S204)、符号化データをメモリ105に記憶する。 Next, the control unit 102 controls the signal processing unit 104 starts encoding of video and audio data (S204), and stores the encoded data in the memory 105. また、制御部102は、記録開始後の先頭のフレームを縮小し、サムネイル画像(代表画像)を生成するように信号処理部104に指示する。 The control unit 102 reduces the beginning of the frame after the start recording, and instructs the signal processing unit 104 to generate a thumbnail image (representative image). 信号処理部104は、先頭フレームを縮小してサムネイル画像データを生成し、メモリ105に記憶する。 The signal processing unit 104, by reducing the first frame to generate a thumbnail image data is stored into the memory 105.

そして、メモリ105に記憶された未記録の符号化データのデータ量が書き込みのための第1の所定量に達した場合、制御部102は、記録再生部106に対して書き込みを指示する。 When the data amount of the coded data unrecorded stored in the memory 105 reaches a first predetermined amount for writing, the control unit 102 instructs the writing to the recording and reproducing unit 106. 記録再生部106は、メモリ105より符号化データを読み出し、記録媒体108に記録する(S205)。 Reproducing unit 106 reads the encoded data from the memory 105, and records on the recording medium 108 (S205). 制御部102は、メモリ105に記憶された未記録の符号化データのデータ量が書き込み停止のための第2の所定量を下回った場合、記録再生部106に対して書き込み停止を指示し、記録媒体108に対する符号化データの書き込みを一時停止する。 Control unit 102, if the data amount of the unrecorded encoded data stored in the memory 105 falls below a second predetermined amount for write abort instructs the write stop the recording and reproducing unit 106, the recording temporarily stop writing of the encoded data to the medium 108.

そして、1回の書き込み処理が終了すると、制御部102は、現在記録中の動画ファイルのファイルサイズが、ファイル分割閾値以上となったか否かを判定する(S206)。 When one write process is completed, the control unit 102, the file size of the moving image file currently being recorded, determines whether or not a higher file division threshold (S206). ファイルサイズがファイル分割閾値に達していない場合、S204に戻り、記録処理を続行する(S207)。 If the file size has not reached the file division threshold, the process returns to S204, to continue the recording process (S207).

S206で、ファイルサイズがファイル分割閾値以上となった場合、制御部102は、次の動画ファイルのUIDを生成し、メモリ105に記憶し(S212)、現在記録中の動画ファイルのNIDに、次のファイルのUIDの値を設定する(S213)。 In S206, if the file size is equal to or greater than the file division threshold, the control unit 102 generates a UID of next video file, stored in the memory 105 (S212), the NID of the moving image file currently being recorded, the next to set the value of the UID of the file (S213). そして、制御部102は、記録再生部106を制御して、メモリ105に記憶されたUID、NID、PID、及びサムネイル画像データを含む管理データをmoovボックス402に格納し、記録媒体108に記録する。 Then, the control unit 102 controls the recording reproduction unit 106, UID stored in the memory 105, NID, PID, and the management data including the thumbnail image data stored in the moov box 402 is recorded on the recording medium 108 . そして、制御部102は、記録再生部106を制御して、記録中の動画ファイルをクローズし(S215)、新たな動画ファイルをオープンする(S216)。 Then, the control unit 102 controls the recording reproduction unit 106, and closes the moving image file in the recording (S215), opens a new moving image file (S216). そして、新たに作成した動画ファイルのPIDとして、直前にクローズした動画ファイルのUIDを設定し、メモリ105に記憶し、S204に戻って処理を続ける(S217)。 Then, as the PID of the video file newly created, set the UID of moving image file closed immediately before, stored in the memory 105, to continue the process returns to S204 (S217). なお、上述した処理において、PIDを使用しない設定にすることもできる。 In the process described above, it is also possible to set not to use PID. この場合、例えば、図2のS203でPIDとして−1を設定し、S217の処理を行わない構成にすれば良い。 In this case, for example, to set -1 as PID in S203 of FIG. 2, may be a configuration that does not perform the processing of S217.

なお、moovボックス402には、mdatボックス403に格納される動画データや音声データの所定の単位毎のファイルの先頭からのオフセット(データ量)を示す情報や、その他再生のために必要なデータも格納される。 Note that the moov box 402, and information indicating an offset (data amount) from the beginning of the file for each predetermined unit of the moving image data and audio data stored in the mdat box 403, the data necessary for the other playback It is stored. また、本実施形態では、各ファイルに番号を含むファイル名を付加する。 Further, in this embodiment, adding a file name including a number to each file. そして、新たにファイルを作成した場合、ファイル番号を1ずつ増加させる。 And, if you create a new file, increasing the file number by one.

また、S207で記録停止の指示を検出した場合、制御部102は、記録再生部106を制御して、その時点でメモリ105に記憶されていた未記録の符号化データを記録媒体108に記録する(S208)。 Also, when detecting a recording stop instruction in S207, the control unit 102 controls the recording reproduction unit 106 records the unrecorded encoded data stored in the memory 105 at that time to a recording medium 108 (S208). そして、制御部102は、現在記録中の動画ファイルのNIDとして0を設定してメモリ105に記憶する(S209)。 Then, the control unit 102 sets 0 as NID video file currently being recorded and stored in the memory 105 (S209). そして、制御部102は、記録再生部106を制御して、メモリに記憶されたUID、NID、PIDを含む管理データをmoovボックス402に格納し、記録媒体108に記録し(S210)、記録中のファイルをクローズして記録を停止する(S211)。 Then, the control unit 102 controls the recording reproduction unit 106, UID stored in the memory, NID, a management data including the PID stored in the moov box 402, and recorded on the recording medium 108 (S210), the recording file to stop close to record a (S211).

図3は、本実施形態の記録処理により記録された動画ファイルの状態を示している。 Figure 3 shows a state of the recorded moving image file by the recording process of the present embodiment. 図3(a)は、記録開始の指示から停止の指示までの間に複数の動画ファイルが記録されなかった場合の動画ファイルの内容を示している。 3 (a) is a plurality of moving image files between the recording start instruction to the instruction of stop indicates the content of the video file when that was not recorded. 記録開始に応じて動画ファイル301が作成され、この動画ファイル301のサイズがファイル分割閾値に達する前に記録停止が指示されたものである。 Moving image file 301 is created in response to the recording start, in which the recording stopped before has been instructed that the size of the video file 301 reaches the file division threshold. この場合、UIDとして例えば”1111”が格納されるが、NIDとPIDにはそれぞれ0(0000)が格納される。 In this case, as the UID for example, "1111" is stored, each of the NID and PID 0 (0000) is stored.

一方、図3(b)は、記録開始の指示から停止の指示までの間に3つの動画ファイルが分割して記録された場合の動画ファイルの内容を示している。 On the other hand, FIG. 3 (b) shows the content of the video file when three video files between the recording start instruction to the instruction of stop is divided and recorded. 記録開始に応じて動画ファイル302が作成される。 Moving image file 302 is created in response to the recording start. この動画ファイル302のサイズがファイル分割閾値に達すると、ファイル302がクローズされ、新たにファイル303が作成される。 When the size of the video file 302 reaches the file division threshold, the file 302 is closed and a new file 303 is created. ファイル303のUIDとして例えば”1112”が格納され、NIDには次のファイルのUIDである”1113”が格納される。 Are stored as UID file 303, for example, "1112" is the UID of the next file "1113" is stored in the NID. また、ファイル302は記録開始後の先頭のファイルなので、PIDには0(0000)が格納される。 Moreover, the file 302 because the head of the file after the start of recording, the PID is 0 (0000) is stored. 次に、ファイル303のサイズがファイル分割閾値に達すると、ファイル303がクローズされ、新たにファイル304が作成される。 Next, the size of the file 303 reaches the file division threshold, the file 303 is closed and a new file 304 is created. ファイル304のUIDとして例えば”1114”が格納され、PIDには前のファイル302のUIDである”1112”が格納される。 Are stored as UID file 304, for example, "1114" is the PID is the UID of the previous file 302 "1112" is stored. ファイル303の記録中に記録停止の指示があった場合、ファイル304のPIDとしてファイル303のUIDである”1113”が格納される。 If the recording stop instruction is during the recording of the file 303, a UID of the file 303 as PID file 304 "1113" it is stored. また、ファイル304は1回の記録における最後のファイルなので、NIDとして0が格納される。 Moreover, the file 304 because the end of the file in one recording, 0 as NID is stored.

このように、本実施形態では、1回の記録中に複数の動画ファイルが分割して記録された場合、直前、直後のファイルの識別情報を付加情報として動画ファイルに格納して記録する。 Thus, in the present embodiment, a plurality of video file when it is divided and recorded immediately before, records and stores the moving image file identification information immediately after the file as additional information during a single recording. これにより、1回の記録で分割して記録された動画ファイル群であることを簡単に認識することができる。 This makes it possible to easily recognize that once video files recorded by dividing the recording of.

なお、本実施形態では、記録停止時、或いは、ファイルサイズがファイル分割閾値に達した場合に、記録中の動画ファイルのNIDを設定したが、ファイル作成時にNIDを設定するようにしてもよい。 In the present embodiment, when recording is stopped, or if the file size is reached the file division threshold, but sets the NID of a moving image file in the recording, may be set the NID when the file creation. 例えば、ファイル作成時に、次の動画ファイルのUIDが生成できる場合には、この次の動画ファイルのUIDをNIDとして設定し、PIDと共に記録媒体108に記録する。 For example, when the file creation, when the UID of the next video file can be generated sets the UID of the following video file as NID, is recorded together with PID in the recording medium 108. そして、この動画ファイルの記録中に記録停止の指示があった場合には、記録済みのNIDの値を所定値(0)に変更する。 Then, when instructed to stop recording during recording of the moving image file, change the value of the recorded NID to a predetermined value (0).

或いは、ファイルの作成時に、NIDの値を0に設定してPIDと共に記録する。 Alternatively, when the file is created, recorded together with PID by setting the value of the NID to 0. そして、この動画ファイルのサイズがファイル分割閾値に達した場合には、次の動画ファイルのUIDによりNIDの値を変更する。 The size of the video file when it reaches the file division threshold changes the value of the NID by UID of next video file.

<再生処理>次に、本実施形態の再生処理について説明する。 <Reproduction Process> Next, description will be made regarding the playback processing of the present embodiment. なお、再生処理は、制御部102が、不図示の不揮発メモリに記憶された制御プログラムをメモリ105に展開し、実行することにより実現される。 The reproduction process, the control unit 102, a control program stored in the nonvolatile memory (not shown) and expanded in the memory 105 is realized by executing.

操作部103から再生モードへの切り替え指示を受けると、制御部102は、記録再生部106に対し、記録媒体108に記録された複数のシーンを検出する。 Upon receiving the switching instruction to the reproduction mode from the operation unit 103, the control unit 102 informs the recording unit 106, detects a plurality of scenes recorded on the recording medium 108. そして、制御部102は、各シーンのサムネイル画像データを読み出してメモリ105に記憶するように、記録再生部106に指示する。 Then, the control unit 102 to store in the memory 105 reads out the thumbnail image data of each scene, and instructs the reproducing unit 106. そして、複数のシーンのサムネイル画像からなるインデックス画面を生成し、表示部109に表示する。 Then generates an index screen including a plurality of scenes of the thumbnail image, displayed on the display unit 109.

このとき、制御部102は、インデックス画面に表示されているサムネイル画像に対応した各動画ファイルのNIDとPIDの値を確認する。 At this time, the control unit 102 checks the value of the NID and PID of each video file corresponding to the thumbnail image displayed on the index screen. 制御部102は、各動画ファイルが、1回の記録中に記録された複数の動画ファイルであるかどうかを検出する。 The control unit 102, the moving image file, to detect whether the plurality of moving image files recorded in a single recording. そして、制御部102は、1回の記録指示により記録された複数の動画ファイルであることがユーザに識別可能なようにインデックス画面の表示を変更する。 Then, the control unit 102 changes the display of the index screen as it is discernible to the user is once more moving image file recorded by the recording instruction.

例えば、図3(b)のように、1回の記録によりファイル302〜304の3つの動画ファイルが記録された場合、これらのファイルのサムネイル画像をそれぞれ表示部109に表示する。 For example, as shown in FIG. 3 (b), the by once recording three video files in the file 302 to 304 when it is recorded, and displays the thumbnail images of the files on each display unit 109.

次に、ユーザが操作部103を操作して、インデックス画面に表示された代表画像から所望の代表画像を選択し、再生を指示する。 Next, the user operates the operation unit 103, selects a desired representative image from the representative images displayed on the index screen, an instruction to reproduce. 制御部102は、再生指示を受けると、選択された代表画像に対応するシーンの動画ファイルを再生するように、記録再生部106に指示する。 Control unit 102 receives the reproduction instruction, to play a video file of the scene corresponding to the selected representative image, it instructs the reproducing unit 106. このとき、ファイル302のサムネイル画像が選択された場合、制御部102は、動画ファイル302に引き続き、ファイル303を再生するように記録再生部106に指示する。 In this case, if the thumbnail image file 302 is selected, the control unit 102 continues the video file 302 instructs the recording and reproducing unit 106 to reproduce the file 303. 記録再生部106は、選択されたシーンの動画ファイルを記録媒体108から再生する。 Reproducing unit 106 reproduces the moving image file of the selected scene from the recording medium 108. 信号処理部104は、再生された動画ファイルを復号し、表示部109に表示すると共に、出力部107より外部に出力する。 The signal processing unit 104 decodes the reproduced moving image file, and displays on the display unit 109, and outputs from the output unit 107 to the outside.

そして、制御部102は、1回の記録により記録された最後のファイル、即ちNIDに0が設定されているファイルを最後まで再生するか、或いは、再生停止の指示があった場合、動画ファイルの再生を停止し、再度インデックス画面を表示する。 Then, the control unit 102, the last recorded by a single recording file, i.e. either play files 0 NID is set to the end, or when instructed to stop reproduction, the moving image file stop playback, to display the index screen again.

このように、本実施形態では、1回の記録中に複数の動画ファイルが記録された場合、直前または直後のファイルの識別情報を付加情報として動画ファイルに格納して記録する。 Thus, in the present embodiment, a plurality of video file when it is recorded, stored in the moving image file recording identification information immediately before or immediately after the file as additional information during a single recording. これにより、1回の記録で分割して記録された動画ファイル群であることを簡単に認識することができる。 This makes it possible to easily recognize that once video files recorded by dividing the recording of.

なお、本実施形態では、ファイル分割閾値を所定のファイルサイズとしたが、例えば、動画ファイルの所定の記録時間長とし、所定の時間分の動画データを記録する度にファイルを分割するようにしても良い。 In the present embodiment, although the file division threshold is predetermined file size, for example, a predetermined recording time length of a moving image file, so as to split the file each time to record the moving image data of a predetermined time period it may be. そして、制御部102は、新たなファイルを作成して記録を開始してからの経過時間をカウントし、所定の時間が経過すると、記録再生部106に対してファイル分割の指示を出力する。 Then, the control unit 102 counts the elapsed time from the start of the recording to create a new file, a predetermined time has elapsed, outputs an instruction of file division with respect to the recording and reproducing unit 106. また、本実施形態では、動画データや音声データを記録する装置について説明したが、入力された他の情報データを記録する装置であっても同様に本発明を適用可能である。 Further, in the present embodiment has described the apparatus for recording the moving image data and audio data, is applicable to the present invention as well be a device that records other information data entered.

また、本実施形態では、動画データや音声データをMP4ファイル形式で記録したが、MOVファイル形式など、その他のファイル形式で記録することも可能である。 Further, in the present embodiment has recorded video data and audio data in MP4 file format, such as MOV file format, it is possible to record in other file formats.

<編集処理>次に、図6〜図10を参照して、本実施形態の編集処理について説明する。 <Editing process> Next, with reference to FIGS. 6 to 10, will be described editing process of this embodiment. なお、図6〜図8の処理は、制御部102が、不図示の不揮発メモリに記憶された制御プログラムをメモリ105に展開し、実行することにより実現される。 The processing in FIGS. 6 to 8, the control unit 102, a control program stored in the nonvolatile memory (not shown) and expanded in the memory 105 is realized by executing.

図6〜図8は、本実施形態における編集処理を示すフローチャートである。 6 to 8 are flowcharts showing the editing processing in the present embodiment. また、図9は編集画面の遷移を例示し、図10は、本実施形態の編集処理によるファイルの状態を示している。 Furthermore, Figure 9 illustrates the transition of the editing screen, FIG. 10 shows a state of the file by the editing process of this embodiment.

まず、操作部103から再生モードへの切り替え指示を受けると、制御部102は、前述の再生処理により、各シーンのサムネイル画像データを読み出して表示部109に表示する。 First, when receiving a switching instruction from the operation unit 103 to the reproduction mode, the control unit 102, the reproduction process described above, the display unit 109 reads out the thumbnail image data of each scene.

以下では、図10に示す6つの動画ファイルを編集する場合を一例として説明する。 In the following, the case of editing the six moving image file shown in FIG. 10 as an example.

図10(a)は、再生開始時で編集前のシーンのファイルと、UID、NID、PIDの各値を示している。 FIG. 10 (a), shows the files of the scene before editing at the start playback, UID, NID, each value of PID. 前述した記録処理によりUID/NID/PIDで連結された“MVI_0001.MP4”から“MVI _ 0005.MP4”までの動画ファイル5つと、独立した記録が行われた動画ファイルであるVMI_0006. Aforementioned recording process by UID / NID / PID linked "MVI_0001.MP4" bract moving image file 5 to the "MVI _ 0005.MP4" from in a video file separate recording is performed VMI_0006. MP4からなる。 Consisting of MP4.

ファイル“MVI_0001.MP4”は、“1111”のUIDを持つ。 File "MVI_0001.MP4" has a UID of "1111". また、次のファイルとして後述する“MVI_0002.MP4”が存在するため“1112”のNIDを持つ。 Further, with the NID of the later as the following file "MVI_0002.MP4" for the presence "1112". さらに、前のファイルは存在しないため“0000”のPIDを持つ。 In addition, before the file has a PID of "0000" because it does not exist.

ファイル“MVI_0002.MP4”は、“1112”のUIDを持つ。 File "MVI_0002.MP4" has a UID of "1112". また、次のファイルとして後述する“MVI_0003.MP4”が存在するため“1113”のNIDを持つ。 Further, with the NID of the later as the following file "MVI_0003.MP4" for the presence "1113". さらに、前のファイルとして前述した“MVI_0001.MP4”が存在するため“1111”のPIDを持つ。 Furthermore, with the PID of the previous previously described as a file "MVI_0001.MP4" for the presence "1111".

ファイル“MVI_0003.MP4”は、“1113”のUIDを持つ。 File "MVI_0003.MP4" has a UID of "1113". また、次のファイルとして後述する“MVI_0004.MP4”が存在するため“1114”のNIDを持つ。 Further, with the NID of the later as the following file "MVI_0004.MP4" for the presence "1114". さらに、前のファイルとして前述した“MVI_0002.MP4”が存在するため“1112”のPIDを持つ。 Furthermore, with the PID of the previous previously described as the file "MVI_0002.MP4" for the presence "1112".

ファイル“MVI_0004.MP4”は、“1114”のUIDを持つ。 File "MVI_0004.MP4" has a UID of "1114". また、次のファイルとして後述する“MVI_0005.MP4”が存在するため“1115”のNIDを持つ。 Further, with the NID of the later as the following file "MVI_0005.MP4" for the presence "1115". さらに、前のファイルとして前述した“MVI_0003.MP4”が存在するため“1113”のPIDを持つ。 Furthermore, with the PID of the previous previously described as the file "MVI_0003.MP4" for the presence "1113".

ファイル“MVI_0005.MP4”は、“111 ”のUIDを持つ。 File "MVI_0005.MP4" has a UID of "111 5". また、次のファイルが存在しないため“0000”のNIDを持つ。 In addition, with the NID for the next file does not exist "0000". さらに、前のファイルとして前述した“MVI_0004.MP4”が存在するため“1114”のPIDを持つ。 Furthermore, with the PID of the previous previously described as the file "MVI_0004.MP4" for the presence "1114".

ファイル“MVI_0006.MP4”は、独立して記録されたファイルであるため、“1116”のUID、“0000”のNID、“0000”のPID、を持つ。 File "MVI_0006.MP4" are the recorded independently file, with PID, for "1116" UID of, NID of "0000", "0000".

このようなファイル構成において、制御部102は、前述した再生処理により、表示部109にインデックス再生画面901を表示する(S601)。 In such a file configuration, the control unit 102, by the above-described reproducing process, and displays the index playback screen 901 on the display unit 109 (S601). このインデックス再生画面901は、図に示すように、再生対象のファイルのサムネイルを所定枚数表示し、ここではMVI_0001. The index playback screen 901, as shown in FIG. 9, the thumbnail of the reproduced file display predetermined number, here MVI_0001. MP4からMVI_0006. MP4 from MVI_0006. MP4のサムネイル画像が、9011から9016に示す枠内に表示されている。 MP4 thumbnail images are displayed in a frame shown in 9016 from 9011.

次に、S602では、制御部102は、ユーザが操作部103を操作してシーン選択指示を行ったことを検出し、表示部109に一枚再生画面902を表示する。 Next, in S602, the control unit 102, the user operates the operating unit 103 detects that it has performed a scene selection instruction, displays a single playback screen 902 on the display 109.

次に、S603では、制御部102は、ユーザが操作部103を操作して再生機能画面表示指示を行ったことを検出し、表示部109に再生機能選択画面903を表示することで、再生および編集、シーン移動などの表示機能をユーザに選択させる。 Next, in S603, the control unit 102, by detecting that the user has performed a playback function screen display instruction by operating the operation unit 103 to display the playback function selection screen 903 on the display unit 109, reproduction and editing, to be selected by the user a display function, such as a scene movement.

以下では、一例として、インデックス再生画面901に示す3番目のサムネイル画像をシーン選択指示され、“MVI_0003.MP4”を編集するシーケンスを例にとって説明する。 In the following, as an example, illustrating the sequence of editing the third thumbnail image shown in the index playback screen 901 is a scene selection instruction, the "MVI_0003.MP4" as an example.

なお、特に記述しないが、編集対象を明確にするために、ファイルパスやファイル番号など、対象のファイルをユーザに認識させる表示を行う(再生機能選択画面903においては、“101CANON¥MVI_0003.MP4”と表示)。 Although not specifically described, in order to clarify the editing target, such as a file path or file number, performs a display to recognize the subject of the file to the user in (playback function selection screen 903, "101CANON ¥ MVI_0003.MP4" and the display).

次に、S604では、再生機能選択画面903において、ユーザが操作部103を介して再生機能選択画面903の“編集”ボタンを押下すると、制御部102は、編集選択指示を行ったことを検出し、S605に進む。 Next, in S604, the reproduction function selection screen 903, the user via the operation unit 103 and presses the "Edit" button of the playback function selection screen 903, the control unit 102 detects that edits selection instruction , the process proceeds to S605. また、再生機能選択画面903の“消去”ボタンを押下すると、制御部102は、消去選択指示を行ったことを検出し、S608に進む。 Also, pressing the "Clear" button of the playback function selection screen 903, the control unit 102 detects that it has been erased selection instruction, the process proceeds to S608.

S605では、制御部102は、表示部109に編集対象のファイル(“MVI_0003.MP4”)の編集画面904を表示し、S606に進む。 In S605, the control unit 102 displays the editing screen 904 of the edited file ( "MVI_0003.MP4") on the display unit 109, the process proceeds to S606.

S606では、制御部102は、ユーザが操作部103を操作して以下の編集処理を実行する。 In S606, the control unit 102, the user executes editing processing following by operating the operation unit 103.

編集画面904において、ユーザが操作部103を操作して前切り選択指示を検出した場合(前切り指示検出手段)には、前切り編集画面905を表示部109に表示する。 In the editing screen 904, the user in the case of detecting the pre-cut selection instruction by operating the operation unit 103 (before cutting instruction detecting means), display the previous cut edit screen 905 on the display 109. 前切り編集画面905は、前切り編集点でのフレーム画像を表示し、このフレーム画像を参照しながらユーザが前切り編集を行うための編集設定画面である。 Before cutting the editing screen 905 displays the frame image in the previous cutting editing point, the user with reference to the frame image is edited setting screen for performing a pre-cut editing.

さらに、前切り編集画面905において、ユーザが操作部103を操作してタイムライン上で前切り編集点変更指示を検出した場合は、前切り編集点の位置を更新する。 Further, before cutting the editing screen 905, if the user detects the leading cutting editing point change instruction on the timeline by operating the operation unit 103, it updates the position before cutting editing point. さらに、前切り編集画面906のように、タイムライン上で前切り編集点961の位置を更新し、さらに前切り編集点時点でのフレーム画像を表示する。 Furthermore, as before cutting the edit screen 906, and updates the position before cutting editing point 961 on the time line, and further displays the frame image in the previous cutting edit point time.

また、前切り編集画面906において、ユーザが操作部103を操作して前切り編集点設定指示を検出した場合は、編集画面904に戻り、さらに、編集画面904の前切り編集点941を更新表示する。 Further, before cutting the editing screen 906, if the user detects the leading cutting editing point setting instruction by operating the operation unit 103 returns to the edit screen 904, further updated display the previous cut editing point 941 of the edit screen 904 to.

また、編集画面904において、ユーザが操作部103を操作して後切り選択指示を検出した場合(後切り指示検出手段)には、後切り編集画面907を表示部109に表示する。 Further, in the edit screen 904, the user in the case of detecting the rear cut selection instruction by operating the operation unit 103 (the rear cut instruction detecting means), and displays a post-cut editing screen 907 on the display 109. 後切り編集画面907は、後切り編集点でのフレーム画像を表示し、このフレーム画像を参照しながらユーザが後切り編集を行うための編集設定画面である。 Rear cut editing screen 907 displays the frame image in the post-cut edit point is an edition setting screen for performing post-cut editing user with reference to the frame image.

さらに、編集画面907において、ユーザが操作部103を操作してタイムライン上で後切り編集点変更指示を検出した場合は、後切り編集点の位置を更新する。 Furthermore, in the editing screen 907, if the user detects the trailing cut editing point changing instruction on the timeline by operating the operation unit 103, it updates the position of the rear cut editing point. さらに、後切り編集画面908のように、タイムライン上で後切り編集点981の位置を更新し、さらに後切り編集点でのフレーム画像を表示する。 Furthermore, as in the rear cut editing screen 908, and updates the position of the rear cut editing point 981 on the time line, and displays the frame image in the post-cut editing point further.

また、後切り編集画面908において、ユーザが操作部103を操作して後切り編集点設定指示を検出した場合は、編集画面904に戻り、さらに、編集画面904の後切り編集点942を更新表示する。 Further, in the post-cut editing screen 908, if the user detects the trailing cut editing point setting instruction by operating the operation unit 103 returns to the edit screen 904, further updating display a cut editing point 942 after the editing screen 904 to.

また、編集画面904において、ユーザが操作部103を操作して再生指示を検出した場合は、前切りおよび後切りの編集点区間内を抽出して再生する編集画像再生画面917を表示する。 Further, in the edit screen 904, the user if it detects a reproduction instruction by operating the operation unit 103, and displays the edited image reproduction screen 917 for reproducing by extracting pre-cut and back cut edit point in the interval of.

さらに、編集画像再生画面917において、ユーザが操作部103を操作して停止指示を検出した場合は、編集画像再生画面917を終了して編集画面904を表示する。 Further, the edited image reproduction screen 917, if the user detects a stop instruction by operating the operation unit 103 to display the edit screen 904 to stop editing image reproduction screen 917.

なお、上述した処理は、S607での判定処理により、編集処理の実行が検出されるまで連続して行うことが可能である。 Note that the processing described above, the determination processing in S607, the execution of the editing process can be carried out continuously until the detected.

次に、編集画面904において、ユーザが操作部103を操作して保存選択指示がなされると、制御部102は保存選択指示を検出し(S607)、S608に進む。 Then, in the editing screen 904, if the user store selection instruction by operating the operation unit 103 is performed, the control unit 102 detects the stored selection instruction (S607), the process proceeds to S608.

S608では、制御部102は、以下に示す動画ファイルの編集処理を行う。 In S608, the control unit 102 performs an editing process of a moving image file shown below.

まず、S604で消去選択指示を検出している場合は、制御部102は、編集対象のファイル(“MVI_0003.MP4”)を消去してS609に進む。 First, when detecting the erasing selection instruction in S604, the control unit 102 proceeds to S609 to erase the edited file ( "MVI_0003.MP4").

また、S604で編集選択指示を検出している場合は、制御部102は、S606にて設定された前切り編集点・後切り編集点の区間内のみのファイルとなるように、編集対象のファイル(“MVI_0003.MP4”)を編集してS609に進む。 Further, when detecting the edited selection instruction in S604, the control unit 102, so as to set the previous only in cutting of the editing point, after cutting editing point interval file at S606, edited files the process proceeds to S609 to edit ( "MVI_0003.MP4").

次に、S609では、制御部102は、編集対象のファイル(“MVI_0003.MP4”)が記録時に前述したNID/PIDにより連結されている動画か否かを判定し、連結されている動画の場合はS610に進み、そうでない場合はS613に進む。 Next, in S609, the control unit 102 determines whether the video or not the edited file ( "MVI_0003.MP4") are connected by NID / PID described above at the time of recording, if the videos are linked proceeds to S610, otherwise proceeds to S613.

S610では、制御部102は、S608で動画ファイルの編集処理において削除もしくは前切りが実行されたか否かを判定し、実行された場合はS611に進み、そうでない場合はS613に進む。 In S610, the control unit 102 determines whether the deletion or before cutting in the editing process of the moving image file is run in S608, the process proceeds to S611 if it is executed, otherwise the process proceeds to S613.

S611では、制御部102は、編集対象のファイル(“MVI_0003.MP4”)の前に連結されたファイルが存在するか否かを判定し、存在する場合はS612に進み、そうでない場合はS613に進む。 In S611, the control unit 102 determines whether the concatenated file before the editing target file ( "MVI_0003.MP4") are present, if present, the process proceeds to S612, otherwise to S613 move on. この編集対象のファイル(“MVI_0003.MP4”)の前に連結されたファイルが存在するか否かは、編集対象ファイル(“MVI_0003.MP4”)のPID“1112”を参照し、PIDで示されたUID“1112”を持つファイルが存在するか否かを判定する。 Whether concatenated files before the file of the edited ( "MVI_0003.MP4") exists, with reference to the PID "1112" of the edited file ( "MVI_0003.MP4"), indicated by PID and it determines whether or not the file exists with the UID "1112". 本例では、図10(a)に示す、ファイル“MVI_0002.MP4”がUID“1112”を持つことを検出することとなる。 In this embodiment, shown in FIG. 10 (a), the file "MVI_0002.MP4" is possible to detect that with UID "1112".

S612では、制御部102は、前の連結ファイル(“MVI_0001.MP4”および“MVI_0002.MP4”)の削除処理を実行する。 In S612, the control unit 102 executes a process of deleting the previous connection file ( "MVI_0001.MP4" and "MVI_0002.MP4").

ここで、図7を参照して、図6のS612での前の連結ファイルの削除処理について説明する。 Here, with reference to FIG. 7, the deletion processing of the previous connection file in S612 of FIG.

まず、S701では、編集対象のファイル(“MVI_0003.MP4”)の前切りシーン削除選択画面909の表示処理を行い、S702に進む。 First, in S701, to display processing of pre-cut scene delete selection screen 909 of the edited file ( "MVI_0003.MP4"), the process proceeds to S702.

前切りシーン削除選択画面909は、編集対象のファイル(“MVI_0003.MP4”)の前のシーンである、前の連結ファイル(“MVI_0001.MP4”および“MVI_0002.MP4”)を表示する。 Before cutting scene delete selection screen 909, to view the edited file ( "MVI_0003.MP4") is the front of the scene of the previous consolidated file ( "MVI_0001.MP4" and "MVI_0002.MP4"). ユーザは、この前切りシーン削除選択画面909を見ながら、シーンの削除を行うか否かを指示できる。 The user, while viewing the previous cut scene delete selection screen 909, can indicate whether or not to perform the deletion of the scene.

この際、本実施形態では一例として代表画像を、前の連結ファイルの先頭である(“MVI_0001.MP4”)として1枚表示している。 At this time, the representative image as an example in the present embodiment, are displayed one as a beginning of the previous connection file ( "MVI_0001.MP4"). ただし、これら連結ファイルをすべて一覧表示して表示することも可能である。 However, it is also possible to display to display all of these consolidated file list.

S702では、前切りシーン削除選択画面909において、ユーザからの選択指示を受け付ける。 In S702, in the previous cut scene delete selection screen 909, and receives a selection instruction from the user. ユーザからの選択指示が再生選択指示の場合はS703へ進み、削除する選択指示の場合はS704に進み、削除しない選択指示の場合はS705に進む。 Selection instruction from the user proceeds to S703 in the case of playback selection instruction, the program proceeds to S704 in the case of selection instruction to delete, in the case of selection instruction not to delete the process proceeds to S705.

S703では、制御部102は、前切りシーン再生画面910を表示し、前の連結ファイル(“MVI_0001.MP4”および“MVI_0002.MP4”)の再生処理を行い、再生終了指示または再生の完了により、前切りシーン削除選択画面909を表示してS702に戻る。 In S703, the control unit 102 displays the previous cut scene reproduction screen 910, performs a playback process of the previous connection file ( "MVI_0001.MP4" and "MVI_0002.MP4"), the completion of the reproduction end instruction or reproduced, Back to S702 to display the previous cut scene delete selection screen 909. この処理により、ユーザはこれから前切りシーンの削除を行うか否かを前の連結ファイルを再生し確認しながら決定することができる。 By this process, a user can be determined while to check play the previous consolidated file of whether or not to perform in the future deletion of the previous cut scene.

S704では、制御部102は、前切りシーン削除中画面911を表示し、前の連結ファイル(“MVI_0001.MP4”および“MVI_0002.MP4”)の削除処理を実行する。 In S704, the control unit 102 displays the previous cut scene deleted in the screen 911, it executes a process of deleting the previous connection file ( "MVI_0001.MP4" and "MVI_0002.MP4"). この削除処理は、まず、連結ファイル群の削除対象ファイル(“MVI_0001.MP4”および“MVI_0002.MP4”)を削除する。 This deletion process, first, to remove the deleted file linked files ( "MVI_0001.MP4" and "MVI_0002.MP4"). さらに、編集対象ファイル(“MVI_0003.MP4”)のPID“1112”を無効値“0000”に書きなおす。 In addition, re-write the edited file ( "MVI_0003.MP4") invalid value the PID "1112" of "0000". 上述の処理を終了した場合は、前切りシーン削除完了画面912を表示し、ユーザが完了を確認し指示したことを受けてS613に進む。 If you end the process described above, to display the previous cut scene delete completion screen 912, and the process proceeds to S613 in response to that the user has confirmed the instructions to complete.

S705では、制御部102は、前の連結ファイル(“MVI_0001.MP4”および“MVI_0002.MP4”)のグループ境界の再設定処理を行う。 In S705, the control unit 102 performs resetting processing of a group boundary in front of the concatenated file ( "MVI_0001.MP4" and "MVI_0002.MP4"). グループ境界の再設定処理は、まず、前の連結ファイル終端のファイル(“MVI_0002.MP4”)のNIDを無効値である“0000”とする。 Resetting process of the group boundary, first, the previous connection file end of the file ( "MVI_0002.MP4") is invalid value NID of "0000". さらに、編集対象のファイル(“MVI_0003.MP4”)が存在する場合は、編集対象ファイル(“MVI_0003.MP4”)のPID“1112”を“0000”として、連結属性を削除する。 In addition, if the edited file ( "MVI_0003.MP4") is present, the PID "1112" of the edited file ( "MVI_0003.MP4") as "0000", to delete the consolidated attribute.

上述した前の連結ファイル(“MVI_0001.MP4”および“MVI_0002.MP4”)のNIDおよびPIDの連結属性の削除処理により、S608にて削除を実行した場合は、図10(b1)に示すNID/PIDの値が設定される。 The deletion process the NID and PID connection attributes of the connection file before the above-mentioned ( "MVI_0001.MP4" and "MVI_0002.MP4"), when executing the deletion at S608 is, NID shown in FIG. 10 (b1) / the value of PID is set. また、S608にて前切りを実行した場合は、図10(c1)に示すNID/PIDが設定される。 Also, if you perform a pre-cut at S608, NID / PID shown in FIG. 10 (c1) is set. また、S608にて前切りおよび後切りを実行した場合は、図10(d1)に示すNID/PIDが設定される。 Also, if you perform a pre-cut and back off at S608, NID / PID shown in FIG. 10 (d1) is set.

これにより、前切り処理または削除処理により時系列的に非連続となった、編集対象のファイル(“MVI_0003.MP4”)と前の連結ファイル(“MVI_0002.MP4”)との連結関係を更新することができる。 As a result, it became a series in non-consecutive time by the pre-cutting process or deletion process, to update the consolidated relationship with the edited file ( "MVI_0003.MP4") as the previous consolidated file ( "MVI_0002.MP4") be able to.

S701からS705の処理が終了した後、S613に進む。 After the processing of S705 has been completed from the S701, the process proceeds to S613.

なお、本実施形態では、ユーザからの選択指示により、上述したS704での削除処理とS705でのグループ境界の再設定処理のいずれを行うかを決定しているが、編集対象ファイル(“MVI_0003.MP4”)や外部管理ファイルに属性情報を持たせ、属性情報に応じていずれの処理を行うか決定することも可能である。 In the present embodiment, the selection instruction from the user, but to determine whether to one of the resetting process of the group boundary of the deletion process and S705 in S704 described above, edited file ( "MVI_0003. MP4 ") or to an external management file to have attribute information, it is also possible to determine whether to perform one of the processes according to the attribute information.

次に、S613では、制御部102は、S608での動画ファイルの編集処理において削除もしくは後切りが実行されたか否かを判定し、実行された場合はS614に進み、いずれも実行されていない場合は処理を終了する。 Then, if the S613, the control unit 102 determines whether the deletion or the posterior cut in the editing process of the moving image file is executed in S608, when executed, the process proceeds to S614, is not running either the process is terminated.

S614では、制御部102は、編集対象のファイル(“MVI_0003.MP4”)の後に連結されたファイルが存在するか否かを判定し、存在する場合はS615に進み、存在しない場合は処理を終了する。 In S614, the control unit 102 determines whether the concatenated file after the edited file ( "MVI_0003.MP4") are present, if present proceeds to S615, if it does not exist the process ends to. この編集対象のファイル(“MVI_0003.MP4”)の後に連結されたファイルが存在するか否かは、編集対象ファイル(“MVI_0003.MP4”)のNID“1114”を参照し、NIDで示されたUID“1114”を持つファイルが存在するか否かを判定する。 Whether concatenated file after the file of the edited ( "MVI_0003.MP4") exists, with reference to the NID "1114" edited file ( "MVI_0003.MP4"), indicated by NID It determines whether or not the file exists with the UID "1114". なお、本例では、図10(a)に示す、ファイル“MVI_0004.MP4”がUID“1114”を持つことを検出することとなる。 In this embodiment, shown in FIG. 10 (a), the file "MVI_0004.MP4" is possible to detect that with UID "1114".

次に、S615では、制御部102は、後の連結ファイル(“MVI_0004.MP4”および“MVI_000 5. MP4 )とのNIDおよびPIDの連結属性の削除処理を実行する。 Next, in S615, the control unit 102 executes a process of deleting the connection attributes of the NID and PID of the concatenated file ( "MVI_0004.MP4" and "MVI_000 5. MP4") after.

ここで、図8を参照して、図6のS615での後の連結ファイルの削除処理について説明する。 Referring now to FIG. 8, it will be described deletion processing of the connection file after in S615 of FIG.

まず、S801では、編集対象のファイル(“MVI_0003.MP4”)の後切りシーン削除選択画面913の表示処理を行い、S802に進む。 First, in S801, to display processing of the cut-scene deletion selection screen 913 after the edited file ( "MVI_0003.MP4"), the process proceeds to S802.

後切りシーン削除選択画面913は、編集対象のファイル(“MVI_0003.MP4”)の後のシーンである、後の連結ファイル(“MVI_0004.MP4”および“MVI_0005.MP4”)を表示する。 Post-cut scene delete selection screen 913 displays a scene after the edited file ( "MVI_0003.MP4"), consolidated file after ( "MVI_0004.MP4" and "MVI_0005.MP4"). ユーザは、この後切りシーン削除選択画面913を見ながら、シーンの削除を行うか否かを指示できる。 The user, while watching a cut-scene deletion selection screen 913 after this, can indicate whether or not to perform the deletion of the scene. この際、本実施形態では一例として代表画像を、後の連結ファイルの先頭である(“MVI_0004.MP4”)として1枚表示している。 At this time, in the present embodiment is displayed one as a representative image, a head of the linked file after ( "MVI_0004.MP4") as an example. ただし、これら連結ファイルをすべて一覧表示して表示することも可能である。 However, it is also possible to display to display all of these consolidated file list.

次に、S802では、制御部102は、後切りシーン削除選択画面913において、ユーザから操作部103を介して受け付けた選択指示を判定する。 Next, in S802, the control unit 102, in the post-cut scene deletion selection screen 913, it determines a selection instruction received via the operation unit 103 from the user. ユーザからの選択指示が再生選択指示の場合はS803へ進み、削除する選択指示の場合はS804に進み、削除しない選択指示の場合はS805に進む。 Selection instruction from the user proceeds to S803 in the case of playback selection instruction, the program proceeds to S804 in the case of selection instruction to delete, in the case of selection instruction not to delete the process proceeds to S805.

S803では、制御部102は、後切りシーン再生画面914を表示し、後の連結ファイル(“MVI_0004.MP4”および“MVI_0005.MP4”)の再生処理を行う。 In S803, the control unit 102 displays the rear cut scene reproduction screen 914, perform the reproduction process of linking files ( "MVI_0004.MP4" and "MVI_0005.MP4") after. また、制御部102は、再生終了指示または再生の完了により後切りシーン削除選択画面913を表示し、S802に戻る。 The control unit 102 displays the rear cut scene deletion selection screen 913 by the completion of the reproduction end instruction or reproduced, the flow returns to S802. この処理により、ユーザはこれから後切りシーンの削除を行うか否かを後の連結ファイルを再生し確認しながら決定することができる。 By this process, a user can be determined while playing to check the consolidated file after whether or not to perform the deletion of the post-cut scene from now on.

S804では、制御部102は、後切りシーン削除中画面915を表示し、後の連結ファイル(“MVI_0004.MP4”および“MVI_0005.MP4”)の削除処理を実行する。 In S804, the control unit 102 displays the rear cut scene deleted in the screen 915, it executes a process of deleting the connection file ( "MVI_0004.MP4" and "MVI_0005.MP4") after. この削除処理は、まず、連結ファイル群の削除対象ファイル(“MVI_0004.MP4”および“MVI_0005.MP4”)を削除する。 This deletion process, first, to remove the deleted file linked files ( "MVI_0004.MP4" and "MVI_0005.MP4"). さらに、編集対象ファイル(“MVI_0003.MP4”)のNID“1114”を無効値“0000”に書きなおす。 In addition, re-write the edited file invalid value the NID "1114" of ( "MVI_0003.MP4") "0000".

上述の処理を終了した場合は、後切りシーン削除完了画面916を表示し、ユーザが完了を確認し指示したことを受けて、処理を終了する。 If you have completed the above-described processing, to display the post-cut scene delete completion screen 916, in response to that the user has confirmed the completion indication, the process is terminated.

S805では、制御部102は、後の連結ファイル(“MVI_0004.MP4”および“MVI_0005.MP4”)のグループ境界の再設定処理を行う。 In S805, the control unit 102 performs resetting processing of the group boundary of the concatenated file ( "MVI_0004.MP4" and "MVI_0005.MP4") after. グループ境界の再設定処理は、まず、後の連結ファイル先端のファイル(“MVI_0004.MP4”)のPIDを無効値である“0000”とする。 Resetting process of the group boundary, first, an invalid value the PID of the concatenated file tip of the file ( "MVI_0004.MP4") after "0000" to. さらに、編集対象のファイル(“MVI_0003.MP4”)が存在する場合は、編集対象ファイル(“MVI_0003.MP4”)のNID“1114”を“0000”として、連結属性を削除する。 In addition, if the edited file ( "MVI_0003.MP4") is present, the NID "1114" of the edited file ( "MVI_0003.MP4") as "0000", to delete the consolidated attribute.

上述した後の連結ファイル(“MVI_0004.MP4”および“MVI_0005.MP4”)とのNIDおよびPIDの連結属性の削除処理により、S608にて削除を実行した場合は、図10(b2)に示すNID/PIDの値が設定される。 The deletion of the connection attributes of the NID and PID of the concatenated file after the above-mentioned ( "MVI_0004.MP4" and "MVI_0005.MP4"), when executing the deletion at S608 is, NID shown in FIG. 10 (b2) / value of PID is set. また、S608にて後切りを実行した場合は、図10(c2)に示すNID/PIDが設定される。 Also, if you perform a post-cut at S608, NID / PID shown in FIG. 10 (c2) is set. また、S608にて前切りおよび後切りを実行した場合は、図10(d2)に示すNID/PIDが設定される。 Also, if you perform a pre-cut and back off at S608, NID / PID shown in FIG. 10 (d2) is set.

これにより、後切り処理または削除処理により時系列的に非連続となった、編集対象のファイル(“MVI_0003.MP4”)と後の連結ファイル(“MVI_0004.MP4”)との連結関係を更新することができる。 As a result, the rear cut became a time-series non-continuous by the processing or deletion processing, and updates the connection relationship between the connection file after the edited file ( "MVI_0003.MP4") ( "MVI_0004.MP4") be able to.

S801〜S805の処理が終了した後、一連の編集処理を終了し、一枚再生画面902に変更する。 After the processing of S801~S805 has been completed, and ends the series of editing process, to change to the single playback screen 902.

なお、本実施形態では、ユーザからの選択指示により、上述したS804での削除処理とS805でのグループ境界の再設定処理のいずれを行うかを決定しているが、編集対象ファイル(“MVI_0003.MP4”)や外部管理ファイルに属性情報を持たせ、属性情報に応じていずれの処理を行うか決定することも可能である。 In the present embodiment, the selection instruction from the user, but to determine whether to one of the resetting process of the group boundary of the deletion process and S805 in S804 described above, edited file ( "MVI_0003. MP4 ") or to an external management file to have attribute information, it is also possible to determine whether to perform one of the processes according to the attribute information.

なお、本実施形態では、一連の編集処理が終了した後、再生可能な動画の1枚再生画面を表示しているが、インデックス再生画面901を表示しても良い。 In the present embodiment, after a series of editing processing has been completed, although displaying one playback screen renewable videos may display the index playback screen 901. また、一連の編集処理により動画ファイルが存在しない場合などには、ファイルがが存在しない旨を通知する別の画面を表示しても良い。 In addition, in the example, if you do not the video file is present by a series of editing process, may display a different screen to notify the file does not exist.

上述したように、1回の記録で分割して記録された複数のファイルの編集を行う場合に、ユーザは1つのファイルだけを編集したつもりであっても、前切りまたは後切り編集点よりも前または後ろのファイルにまたがって削除することができる。 As described above, when editing the one plurality of files recorded by dividing the recording of the user even going edited only one file, than before the cutting or trailing cut edit point it is possible to remove across in front of or behind the file.

また、上述した編集処理によれば、編集した動画ファイル群を再度再生処理する際には、動画ファイル間の連結関係がファイルの時系列的な連続性に応じて修正されている。 Further, according to the above-described editing process, when processing play video files edited again, connection relationship between the moving image file has been modified in accordance with the chronological continuity of the file. これにより、不要な連続再生が行われることがなく、ユーザによる再生操作の際にファイル結合のための煩わしさを排除できる。 This prevents the unnecessary continuous reproduction is performed, can be eliminated troublesome for the file binding during the regenerating operation by the user.

なお、本実施形態では時系列の連続性に限定しているが、特に連結の要因が時系列である必要性はなく、所定の順序や関係(連続してなくても良い)を持つ複数のファイル、その他の連結要因によるファイル連結についても同様の実施形態での実現は容易である。 Incidentally, in the present embodiment is limited to the continuity of the time series, rather than a need is chronologically particular factors ligation, the plurality having a predetermined order and relationships (which may or may not be consecutive) file, the realization of the same embodiment also by the file linking other coupling factor is easy.

なお、制御部102の制御は1つのハードウェアが行ってもよいし、複数のハードウェアが処理を分担することで、装置全体の制御を行ってもよい。 Incidentally, the control of the control unit 102 may be performed by one hardware, by a plurality of hardware sharing the processing, it may control the entire apparatus.

また、本発明をその好適な実施形態に基づいて詳述してきたが、本発明はこれら特定の実施形態に限られるものではなく、この発明の要旨を逸脱しない範囲の様々な形態も本発明に含まれる。 Further, the present invention has been described in detail based on its preferred embodiments, the present invention is not limited to these specific embodiments, the various forms may present invention without departing from the scope of the invention included. さらに、上述した各実施形態は本発明の一実施形態を示すものにすぎず、各実施形態を適宜組み合わせることも可能である。 Furthermore, the above-described embodiments are merely an embodiment of the present invention, it is also possible to combine the embodiments as appropriate. 例えば、本実施形態では、S608で動画ファイルの編集処理を実行した後に、S609〜S615の処理を実行しているが、S609〜S615でファイルの連結関係を更新した後にS608の動画ファイルの編集処理を行った場合なども本発明に含まれる。 For example, in the present embodiment, after executing the editing process of the moving image file in S608, but it executes the processing of S609~S615, editing processing S608 of the moving image file after updating the connection relationship files S609~S615 such as when performed also included in the present invention.

また、上述した実施形態においては、本発明を、動画データや音声データを記録媒体に記録する記録装置に適用した場合を例に説明したが、この例に限定されず、動画や音声を編集できる編集装置であれば適用可能である。 Further, in the embodiment described above, the present invention has been described is applied to a recording apparatus for recording video data and audio data on the recording medium as an example, not limited to this example, edit the video and audio if the editing device can be applied.

[他の実施形態]本発明は、以下の処理を実行することによっても実現される。 Other Embodiments The present invention can also be realized by a computer of a system or apparatus. 即ち上述した実施形態の機能を実現するソフトウェア(プログラム)をネットワーク又は各種記憶媒体を介してシステム或いは装置に供給し、そのシステム或いは装置のコンピュータ(又はCPUやMPU等)がプログラムコードを読み出して実行する処理である。 That software for realizing the functions of the above-described embodiment (the program) via a network or various storage medium to a system or an apparatus, execute a computer of the system or apparatus (or CPU or MPU) reads the program code it is a process for. この場合、そのプログラム、及び該プログラムを記憶した記憶媒体は本発明を構成することになる。 In this case, the program and the storage medium storing the program constitutes the present invention.

Claims (16)

  1. 所定の連続性を持つ複数のファイルからなるグループに含まれる1つのファイルを選択する選択手段と、 Selecting means for selecting one of the files included in the group consisting of a plurality of files having a predetermined continuity,
    前記選択手段によって選択されたファイルの時系列データのうち、指定された位置よりも時系列的に前の部分を削除する第1の指示を検出する第1の指示検出手段と、 Of the time-series data of the selected file by said selecting means, a first instruction detection means for detecting a first instruction to delete the time series previous part than the specified position,
    前記第1の指示検出手段により第1の指示が検出されると、前記グループに含まれるファイルのうち、前記選択されたファイルより前のファイルを削除する処理を行う処理手段と、を有することを特徴とする編集装置。 When the first instruction is detected by the first instruction detection unit, among the files included in the group, and for performing processing for deleting the previous file from the selected file, to have a editing apparatus according to claim.
  2. 所定の連続性を持つ複数のファイルからなるグループに含まれる1つのファイルを選択する選択手段と、 Selecting means for selecting one of the files included in the group consisting of a plurality of files having a predetermined continuity,
    前記選択手段によって選択されたファイルの時系列データのうち、指定された位置よりも時系列的に後の部分を削除する第2の指示を検出する第2の指示検出手段と、 Of the time-series data of the selected file by said selecting means, a second instruction detection means for detecting a second instruction to delete the time series portion after than the specified position,
    前記第2の指示検出手段により第2の指示が検出されると、前記グループに含まれるファイルのうち、前記選択されたファイルより後のファイルを削除する処理を行う処理手段と、を有することを特徴とする編集装置。 When the second instruction is detected by the second instruction detection unit, among the files included in the group, and for performing processing to delete a file after the said selected file, to have a editing apparatus according to claim.
  3. 前記選択手段によって選択されたファイルの時系列データのうち、指定された位置よりも時系列的に後の部分を削除する第2の指示を検出する第2の指示検出手段を更に有し、 Of the time-series data of the selected file by said selecting means further includes a second instruction detection means for detecting a second instruction to delete the time series portion after than the specified position,
    前記処理手段は、前記第2の指示検出手段により第2の指示が検出されると、前記グループに含まれるファイルのうち、前記選択されたファイルより後のファイルを削除することを特徴とする請求項1に記載の編集装置。 The processing means, when said by the second instruction detection unit second instruction is detected, among the files included in the group, claims and deletes the file after the said selected file editing apparatus according to claim 1.
  4. 前記処理手段は、前記選択手段により選択されたファイルと、前記選択されたファイルより前または後のファイルとの間の連結関係を書き換えることを特徴とする請求項1ないし3のいずれか1項に記載の編集装置。 Said processing means includes a file selected by said selection means, to any one of 3 claims 1, characterized in that rewriting the connection relationship between the file before or after the selected file editing apparatus according.
  5. 前記処理手段は、ユーザの指示に応じて、前記選択手段により選択されたファイルと、前記選択されたファイルより前または後のファイルとの間の連結関係を書き換える処理、または、前記選択されたファイルの時系列データのうち、指定された位置よりも時系列的に前または後の部分を削除する処理、のいずれかを実行することを特徴とする請求項1ないし3のいずれか1項に記載の編集装置。 File The processing means, in accordance with an instruction of the user, and the file selected by said selection means, processing rewrites the connection relationship between the before or after the file from the selected files, or, which is the selected time of series data, according to any one of claims 1 and executes processing for deleting chronologically portion before or after, any one of 3 than the specified position of editing apparatus.
  6. 前記選択手段により選択されたファイルより前または後のファイルを削除する前に削除対象のファイルを再生する再生手段を更に有することを特徴とする請求項1ないしのいずれか1項に記載の編集装置。 Editing of any one of claims 1 to 5, characterized by further comprising a reproducing means for reproducing the deleted file before deleting the before or after the file from the file selected by said selection means apparatus.
  7. ユーザによる前記第1の指示を受け付ける受付手段を更に有することを特徴とする請求項1または3に記載の編集装置。 Editing apparatus according to claim 1 or 3, characterized by further comprising a receiving means for receiving the first instruction from the user.
  8. 前記受付手段は、前記選択手段により選択されたファイルのタイムラインに対する位置の指定を行うことにより前記第1の指示により削除する部分の起点の指定を受け付けることを特徴とする請求項に記載の編集装置。 The receiving unit of claim 7, wherein the accepting specification of origin of a portion to be deleted by the first instruction by performing the specified position relative to the time line of the selected file by the selection means editing apparatus.
  9. 前記選択手段により選択されたファイルをユーザに識別可能に表示する表示手段を更に有することを特徴とする請求項1ないしのいずれか1項に記載の編集装置。 Editing apparatus according to any one of claims 1 to 8, characterized by further comprising display means for identifiably displaying the file selected by said selection means to the user.
  10. 前記第1の指示が検出された場合、前記処理手段は、当該第1の指示の際に選択されたファイルより前に記録されたファイルであっても、当該第1の指示の際に選択されたファイルと同じグループに含まれないファイルの削除処理を実行しないことを特徴とする請求項1または3に記載の編集装置。 If the first instruction is detected, the processing means may be a file recorded before the selected file during the first instruction is selected when the said first instruction editing apparatus according to claim 1 or 3, characterized in that file and not to perform the deletion process of a file that is not included in the same group.
  11. 前記処理手段は、各ファイルに付加されている前後のファイルの識別情報により同じグループであるか否かを判定することを特徴とする請求項10に記載の編集装置。 The processing means, the editing apparatus according to claim 10, characterized in that the identification information of the before and after is added to each file the file to determine whether or not the same group.
  12. 前記グループは、1回の記録で分割して記録されたファイル群であることを特徴とする請求項10または11に記載の編集装置。 The Group editing apparatus according to claim 10 or 11, characterized in that it is once divided and recorded files in recording.
  13. 選択手段が、所定の連続性を持つ複数のファイルからなるグループに含まれる1つのファイルを選択する選択ステップと、 Selection means, a selection step of selecting one of the files included in the group consisting of a plurality of files having a predetermined continuity,
    検出手段が、前記選択ステップによって選択されたファイルの時系列データのうち、指定された位置よりも時系列的に前の部分を削除する第1の指示を検出する第1の指示検出ステップと、 Detection means, among the time-series data of the file selected by said selecting step, a first instruction detection step of detecting a first instruction to delete the time series previous part than the specified position,
    前記第1の指示検出ステップにより第1の指示が検出されると、処理手段が、前記グループに含まれるファイルのうち、前記選択されたファイルより前のファイルを削除する処理を行う処理ステップと、を有することを特徴とする編集装置の制御方法。 When the first instruction is detected by the first instruction detection step, a processing step processing means, among the files included in the group, to perform a process of deleting the previous file from the selected file, control method for editing apparatus characterized by having a.
  14. 選択手段が、所定の連続性を持つ複数のファイルからなるグループに含まれる1つのファイルを選択する選択ステップと、 Selection means, a selection step of selecting one of the files included in the group consisting of a plurality of files having a predetermined continuity,
    検出手段が、前記選択ステップによって選択されたファイルの時系列データのうち、指定された位置よりも時系列的に後の部分を削除する第2の指示を検出する第2の指示検出ステップと、 Detection means, among the time-series data of the file selected by said selecting step, a second instruction detection step of detecting a second instruction to delete a portion of the chronologically later than the specified position,
    前記第2の指示検出ステップにより第2の指示が検出されると、処理手段が、前記グループに含まれるファイルのうち、前記選択されたファイルより後のファイルを削除する処理ステップと、を有することを特徴とする編集装置の制御方法。 When the second instruction is detected by the second instruction detection step, processing means, among the files included in the group, to have a process step of deleting the file after the said selected file control method for editing apparatus according to claim.
  15. コンピュータを、請求項1ないし12のいずれか1項に記載された編集装置の各手段として機能させるためのプログラム。 The computer program to function as the respective means have been editing apparatus according to any one of claims 1 to 12.
  16. コンピュータを、請求項1ないし12のいずれか1項に記載された編集装置の各手段として機能させるためのプログラムを格納した記憶媒体。 Storage medium storing a program for causing a computer to function as each means has been editing apparatus according to any one of claims 1 to 12.
JP2013106592A 2013-05-20 2013-05-20 Editing apparatus and a control method thereof, a program, and storage medium Active JP6161402B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013106592A JP6161402B2 (en) 2013-05-20 2013-05-20 Editing apparatus and a control method thereof, a program, and storage medium

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013106592A JP6161402B2 (en) 2013-05-20 2013-05-20 Editing apparatus and a control method thereof, a program, and storage medium
US14279019 US9251851B2 (en) 2013-05-20 2014-05-15 Editing apparatus and control method therefor

Publications (3)

Publication Number Publication Date
JP2014230003A true JP2014230003A (en) 2014-12-08
JP2014230003A5 true JP2014230003A5 (en) 2016-06-30
JP6161402B2 true JP6161402B2 (en) 2017-07-12

Family

ID=51895852

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2013106592A Active JP6161402B2 (en) 2013-05-20 2013-05-20 Editing apparatus and a control method thereof, a program, and storage medium

Country Status (2)

Country Link
US (1) US9251851B2 (en)
JP (1) JP6161402B2 (en)

Family Cites Families (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2646903B2 (en) * 1991-09-09 1997-08-27 日本電信電話株式会社 Multimedia scenario processing method
JP4514166B2 (en) * 1998-05-29 2010-07-28 株式会社ニコン Moving image recording apparatus, and a camera
CA2587055A1 (en) * 2004-11-05 2006-05-18 Commvault Systems, Inc. Method and system of pooling storage devices
JP4743180B2 (en) * 2006-09-28 2011-08-10 セイコーエプソン株式会社 Image display control apparatus, imaging apparatus, image display method, and program
JP2010183248A (en) 2009-02-04 2010-08-19 Canon Inc Moving image recording device
JP5493490B2 (en) * 2009-06-16 2014-05-14 ソニー株式会社 Display control device, display control method and a display control program

Also Published As

Publication number Publication date Type
US20140341546A1 (en) 2014-11-20 application
US9251851B2 (en) 2016-02-02 grant
JP2014230003A (en) 2014-12-08 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20060288044A1 (en) File management device, file management method, file management method program, and recording medium the file management method program
US5829044A (en) Filing apparatus filing system file processing method and program containing file processing method
US20040008970A1 (en) Enhanced bookmarks for digital video playback
US20020181939A1 (en) Playback apparatus
US20070203955A1 (en) Bookmarked synchronization of files
US20050157599A1 (en) Data recording method, data recording device, data recording medium, data reproduction method, and data reproduction device
JPH09135412A (en) Recording and reproducing device
JPH11176137A (en) Optical disk medium and its recording method and device
US20100185710A1 (en) Data recording method, data erasure method, data display method, storage device, storage medium, and program
US20040264933A1 (en) Recording apparatus
JP2000235779A (en) Disk storage medium and picture recording and editing and reproducing method therefor and picture recording and editing and reproducing device therefor
JP2002175680A (en) Recording device, reproducing device, recording method, reproducing method and storage medium
JP2006040473A (en) Reproducing apparatus
JP2005027159A (en) Recording apparatus and method therefor
US6882493B2 (en) Data recording apparatus and data erasing apparatus capable of performing restoration when power supply malfunction occurs during recording or erasing
US20090070537A1 (en) Method and apparatus for formatting storage medium
KR20030097095A (en) Method for managing bookmark data in optical disc driver
JP2000293973A (en) File managing device
JP2004062957A (en) Method and device for recording, method and device for reproducing, and method and device for erasing
JP2001043631A (en) Data recording method and data recorder
JP2004206810A (en) Data control method, data control device, data control program, and storage medium in which data control program is stored and which can be read by a computer
KR20030061948A (en) : Apparatus storing information and method for controlling the File using its
JP2005005915A (en) Information processor and information processing method, recording medium and program
JP2004363825A (en) Recording and reproducing device, recording and reproducing method, and recording medium and program therefor
US20060120687A1 (en) Data recording method, data recording apparatus, and data recording medium

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20160513

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20160513

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20170210

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20170217

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20170414

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20170515

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20170613

R151 Written notification of patent or utility model registration

Ref document number: 6161402

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R151