JP6149019B2 - Game machine - Google Patents

Game machine Download PDF

Info

Publication number
JP6149019B2
JP6149019B2 JP2014194460A JP2014194460A JP6149019B2 JP 6149019 B2 JP6149019 B2 JP 6149019B2 JP 2014194460 A JP2014194460 A JP 2014194460A JP 2014194460 A JP2014194460 A JP 2014194460A JP 6149019 B2 JP6149019 B2 JP 6149019B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
effect
special
display
determination
image
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2014194460A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2016063972A (en
Inventor
直幸 渡辺
直幸 渡辺
Original Assignee
京楽産業.株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 京楽産業.株式会社 filed Critical 京楽産業.株式会社
Priority to JP2014194460A priority Critical patent/JP6149019B2/en
Publication of JP2016063972A publication Critical patent/JP2016063972A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP6149019B2 publication Critical patent/JP6149019B2/en
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Description

本発明は、遊技者が操作可能な操作手段を備える遊技機に関する。   The present invention relates to a gaming machine including operation means that can be operated by a player.
従来、変動演出中の所定期間において、遊技者が操作可能な操作手段を用いて遊技者に複数の演出の中から所望の演出を選択させ、選択された演出を実行する遊技機がある(例えば、特許文献1参照)。   2. Description of the Related Art Conventionally, there is a gaming machine that allows a player to select a desired effect from a plurality of effects using an operation means that can be operated by the player during a predetermined period during a variable effect, and executes the selected effect (for example, , See Patent Document 1).
特開2010−273761号公報JP 2010-273761 A
しかしながら、特許文献1に記載の遊技機では、演出効果を高めるまでには至っていなかった。 However, in the gaming machine described in Patent Document 1, it has not been possible to enhance the effect.
本発明は、かかる問題に鑑みてなされたものであり、演出効果を高めることができる遊技機を提供することを目的とする。 The present invention has been made in view of such a problem, and an object of the present invention is to provide a gaming machine capable of enhancing the effect .
本発明の遊技機は、遊技者に有利な特別遊技を実行するか否かを判定する判定手段と、遊技者が操作可能な操作手段(演出ボタン18A、選択ボタン19A)と、表示手段(画像表示装置14)を含む演出手段(画像表示装置14、音声出力装置15、演出用照明装置16及び演出用役物装置17)に演出を実行させる演出制御手段(演出制御基板102)と、を備え、前記演出制御手段は、前記判定手段の判定結果に基づいて、前記表示手段の所定の表示位置に、実行可能な複数の演出それぞれに対応する複数の選択肢のうち1つの選択肢を表示可能な提示演出を実行させた後、前記所定の表示位置に表示されている前記1つの選択肢に対応する演出を実行させる提示演出制御手段(演出制御基板102)と、前記提示演出において、前記所定の表示位置に表示させる前記1つの選択肢を、前記操作手段への操作に応じて、所定の順序で変更可能な特定演出を実行させる特定演出制御手段(演出制御基板102)と、前記特定演出において所定条件が成立すると、前記所定の表示位置に表示されている前記1つの選択肢に対応する演出が実行される前に、当該演出が実行されることを示唆する特別演出(結果表示)を実行させる特別演出制御手段(演出制御基板102)と、を有し、前記複数の演出には、前記判定手段によって前記特別遊技を実行すると判定された可能性を示唆する演出が含まれ、前記提示演出制御手段は、前記提示演出において最初に前記所定の表示位置に表示する1つの選択肢を、前記複数の選択肢のうち何れか1つの選択肢に決定すると共に、当該決定した選択肢を前記所定の表示位置に表示させることを特徴とする。 The gaming machine of the present invention includes a determination unit that determines whether or not to execute a special game advantageous to the player, an operation unit that can be operated by the player (the effect button 18A, the selection button 19A), and a display unit (image). Production control means (production control board 102) for causing the production means (image display device 14, audio output device 15, production lighting device 16 and production accessory device 17) to produce production including display device 14). The presentation control unit is capable of displaying one option among a plurality of options corresponding to each of the plurality of executable presentations at a predetermined display position of the display unit based on the determination result of the determination unit. after executing the effect, and the predetermined display presentation effect control means to thereby execute an effect corresponding to the one of choices shown position (the performance control board 102), in the presentation effect, the A specific effect control means (effect control board 102) for executing a specific effect that can be changed in a predetermined order according to an operation to the operation means, and the specific effect to be displayed at a fixed display position; When a predetermined condition is satisfied in, a special effect (result display) is executed to suggest that the effect is executed before the effect corresponding to the one option displayed at the predetermined display position is executed. A special effect control means (effect control board 102) to be included, and the plurality of effects include an effect suggesting the possibility of determining that the special game is to be executed by the determination means, and the presentation effect The control means first determines one option to be displayed at the predetermined display position in the presentation effect as any one of the plurality of options, and determines the determination. Wherein the displaying the choices on the predetermined display position.
本発明の遊技機によれば、演出効果を高めることができる。 According to the gaming machine of the present invention, the production effect can be enhanced.
遊技機の正面図である。It is a front view of a gaming machine. (a)演出ボタンが通常操作位置に配置されている様子を表す図、(b)演出ボタンが特別操作位置に配置されている様子を表す図、(c)演出ボタンが操作検出位置に配置されている様子を表す図である。(A) The figure showing a state that the effect button is arranged at the normal operation position, (b) The figure showing the state that the effect button is arranged at the special operation position, (c) The effect button is arranged at the operation detection position. FIG. 制御手段のブロック図である。It is a block diagram of a control means. (a−1)は第1大当たり判定テーブルを表す図、(a−2)は第2大当たり判定テーブルを表す図、(b−1)は大当たり特別図柄判定テーブルを表す図、(b−2)はハズレ特別図柄判定テーブルを表す図である。(A-1) is a diagram representing a first jackpot determination table, (a-2) is a diagram representing a second jackpot determination table, (b-1) is a diagram representing a jackpot special symbol determination table, (b-2) These are figures showing a special symbol determination table for loss. 非時短遊技状態における第1特図変動パターン判定テーブルを表す図である。It is a figure showing the 1st special figure fluctuation pattern determination table in a non-short-time game state. 非時短遊技状態における第2特図変動パターン判定テーブルを表す図である。It is a figure showing the 2nd special figure fluctuation pattern determination table in non-short-time game state. (a−1)は事前第1大当たり判定テーブルを表す図、(a−2)は事前第2大当たり判定テーブルを表す図、(b−1)は事前大当たり特別図柄判定テーブルを表す図、(b−2)は事前ハズレ特別図柄判定テーブルを表す図である。(A-1) is a diagram representing a prior first jackpot determination table, (a-2) is a diagram representing a prior second jackpot determination table, (b-1) is a diagram representing a prior jackpot special symbol determination table, (b) -2) is a figure showing a prior loss special symbol determination table. 非時短遊技状態における事前第1変動パターン判定テーブルを表す図である。It is a figure showing the prior 1st change pattern determination table in a non-time-saving game state. 非時短遊技状態における事前第2変動パターン判定テーブルを表す図である。It is a figure showing the prior 2nd variation pattern determination table in a non-time-saving game state. (a)は大当たり遊技制御テーブルを表す図、(b)は長当たり遊技用大入賞口開閉制御テーブルを表す図、(c)は短当たり遊技用大入賞口開閉制御テーブルを表す図である。(A) is a figure showing a big hit game control table, (b) is a figure showing a big winning game big prize opening / closing control table, and (c) is a figure showing a short hit game big prize opening / closing control table. 遊技状態判定テーブルを表す図である。It is a figure showing a game state determination table. (a)は普通図柄用の当たり判定テーブルを表す図、(b)は普通図柄判定テーブルを表す図、(c)は普図変動パターン判定テーブルを表す図、(d)は補助遊技参照データ判定テーブルを表す図、(e)は補助遊技制御テーブルを表す図、(f)は第2始動口開閉制御テーブルを表す図である。(A) is a diagram showing a normal symbol hit determination table, (b) is a diagram showing a normal symbol determination table, (c) is a diagram showing a general variation pattern determination table, (d) is an auxiliary game reference data determination The figure showing a table, (e) is a figure showing an auxiliary | assistant game control table, (f) is a figure showing a 2nd starting port opening / closing control table. (a)は特別図柄保留記憶領域の構成を表す図、(b)は特別図柄保留記憶領域の各記憶部の構成を表す図、(c)は普通図柄保留記憶領域の構成を表す図、(d)は普通図柄保留記憶領域の各記憶部の構成を表す図である。(A) is a diagram showing the configuration of the special symbol reserved storage area, (b) is a diagram showing the configuration of each storage unit of the special symbol reserved storage area, (c) is a diagram showing the configuration of the normal symbol reserved storage area, d) is a diagram showing the configuration of each storage unit in the normal symbol holding storage area. 主制御基板によるメイン処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the main process by the main control board. 主制御基板によるタイマ割込処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the timer interruption process by the main control board. 主制御基板による入力制御処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the input control process by a main control board. 主制御基板による第1始動口検出信号入力処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the 1st starting port detection signal input process by a main control board. 主制御基板による第2始動口検出信号入力処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the 2nd starting port detection signal input process by a main control board. 主制御基板による入賞ゲート検出信号入力処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the winning gate detection signal input process by a main control board. 主制御基板による特図特電制御処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the special figure special electric control process by a main control board. 主制御基板による特別図柄記憶判定処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the special symbol memory | storage determination processing by a main control board. 主制御基板による大当たり判定処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the jackpot determination process by the main control board. 主制御基板による特図変動パターン判定処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the special figure fluctuation pattern determination process by the main control board. 主制御基板による特別図柄変動処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the special symbol fluctuation | variation process by a main control board. 主制御基板による特別図柄停止処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the special symbol stop process by a main control board. 主制御基板による大当たり遊技終了処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the big hit game end process by a main control board. 主制御基板による普図普電制御処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the common figure normal electric power control process by a main control board. 演出制御基板によるメイン処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the main process by an effect control board. 演出制御基板によるタイマ割込処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the timer interruption process by an effect control board. 演出制御基板によるコマンド解析処理の途中までを示すフローチャートである。It is a flowchart which shows to the middle of the command analysis process by an effect control board. 図30のコマンド解析処理の続きを示すフローチャートである。FIG. 31 is a flowchart showing a continuation of the command analysis process of FIG. 30. FIG. 演出制御基板による演出図柄停止表示パターン判定処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the effect symbol stop display pattern determination process by an effect control board. 演出制御基板による変動演出パターン判定処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the change effect pattern determination process by an effect control board. 演出制御基板による予告判定処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the notice determination process by an effect control board. 図34の予告判定処理の続きを示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the continuation of the notice determination process of FIG. 演出制御基板による演出モード設定処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the production mode setting process by a production control board. 演出制御基板による操作有効期間設定処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the operation effective period setting process by an effect control board. 演出制御基板による演出入力制御処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the effect input control process by an effect control board. 演出制御基板による自販機予告用演出入力制御処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the effect input control process for vending machine notice by an effect control board. 演出制御基板による進路選択予告用演出入力制御処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the effect input control process for course selection notice by an effect control board. 演出制御基板による突出予告用演出入力制御処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the effect input control process for protrusion notification by an effect control board. 演出制御基板による通常用演出入力制御処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the production input control process for normal by the production control board. (a)は演出情報保留記憶領域の構成を表す図、(b)は演出情報保留記憶領域の各記憶部の構成を表す図である。(A) is a figure showing the structure of an effect information holding | maintenance storage area, (b) is a figure showing the structure of each memory | storage part of an effect information holding memory area. 演出モードAにおける演出図柄停止表示パターン判定テーブルの一例を表す図である。It is a figure showing an example of the effect symbol stop display pattern determination table in effect mode A. 演出モードAにおけるハズレ用の変動演出パターン判定テーブルの一例を表す図である。It is a figure showing an example of the variation production pattern judgment table for lose in production mode A. 演出モードAにおける大当たり1用の変動演出パターン判定テーブルの一例を表す図である。It is a figure showing an example of the variation production pattern determination table for jackpot 1 in production mode A. 演出モードAにおける大当たり2用の変動演出パターン判定テーブルの一例を表す図である。It is a figure showing an example of the variation production pattern determination table for jackpot 2 in production mode A. 演出モードAにおける大当たり3用の変動演出パターン判定テーブルの一例を表す図である。It is a figure showing an example of the variation production pattern determination table for jackpot 3 in production mode A. 自販機予告パターン判定テーブルの一例を表す図である。It is a figure showing an example of the vending machine notice pattern determination table. 進路選択予告パターン判定テーブルの一例を表す図である。It is a figure showing an example of a course selection notice pattern judgment table. 突出予告パターン判定テーブルの一例を表す図である。It is a figure showing an example of a protrusion notice pattern determination table. 演出モードAにおけるリーチ有りハズレ用のノイズチャンスパターン判定テーブルの一例を表す図である。It is a figure showing an example of the noise chance pattern determination table for reach loss in effect mode A. 演出モードAにおける大当たり用のノイズチャンスパターン判定テーブルの一例を表す図である。It is a figure showing an example of the noise chance pattern determination table for jackpots in effect mode A. リーチ有りハズレ用の結果表示パターン判定テーブルの一例を表す図である。It is a figure showing an example of the result display pattern determination table for reach loss. リーチ無しハズレ用の結果表示パターン判定テーブルの一例を表す図である。It is a figure showing an example of the result display pattern determination table for reachless loss. 大当たり用の結果表示パターン判定テーブルの一例を表す図である。It is a figure showing an example of the result display pattern determination table for jackpots. 特定キャラクタパターン判定テーブルの一例を表す図である。It is a figure showing an example of a specific character pattern determination table. (a)は演出図柄の停止表示が行われている様子を表す図、(b)は演出図柄の変動表示(変動演出)が開始された様子を表す図、(c)は自販機予告が開始された直後の様子を表す図である。(A) is a diagram showing a state where a stop display of a production symbol is being performed, (b) is a diagram showing a state where a variation display (variation production) of the production symbol is started, and (c) is a vending machine notice being started. It is a figure showing the mode immediately after. (a)は自販機予告において第1カーソル画像が初期位置である左側表示位置に表示された様子を表す図、(b)は自販機予告において第1カーソル画像が初期位置から中央表示位置に移動した様子を表す図、(c)は自販機予告において第1カーソル画像が中央表示位置から右側表示位置に移動した様子を表す図である。(A) is a diagram showing a state in which the first cursor image is displayed at the left display position, which is the initial position, in the vending machine notice, and (b) is a state in which the first cursor image is moved from the initial position to the central display position in the vending machine notice. FIG. 6C is a diagram illustrating a state in which the first cursor image is moved from the center display position to the right display position in the vending machine notice. (a)は遊技情報項目としてリーチ期待度が選択(リーチ期待度に特定)された様子を表す図、(b−1)は結果表示パターン1−1の結果表示が行われた様子を表す図、(b−2)は結果表示パターン1−3の結果表示が行われた様子を表す図、(c−1)はハズレを示す演出図柄の停止表示が行われた様子を表す図、(c−2)はリーチが成立した様子を表す図である。(A) is a figure showing how the reach expectation is selected as the game information item (specified in the reach expectation), and (b-1) is a figure showing the result display of the result display pattern 1-1. , (B-2) is a diagram showing a state in which the result display of the result display pattern 1-3 is performed, (c-1) is a diagram showing a state in which a stop display of an effect symbol indicating a loss is performed, (c -2) is a diagram showing a state in which reach has been established. (a)は遊技情報項目としてノイズチャンス期待度が選択(ノイズチャンス期待度に特定)された様子を表す図、(b−1)は結果表示パターン5−1の結果表示が行われた様子を表す図、(b−2)は結果表示パターン5−4の結果表示が行われた様子を表す図、(c−1)はハズレを示す演出図柄の停止表示が行われた様子を表す図、(c−2)はノイズチャンスが開始された直後の様子を表す図である。(A) is a diagram showing a state where a noise chance expectation is selected as a game information item (specified as a noise chance expectation), and (b-1) is a result display of a result display pattern 5-1. The figure showing, (b-2) the figure showing a mode that the result display of the result display pattern 5-4 was performed, (c-1) the figure showing the mode that the stop display of the production design which shows a loss was performed, (C-2) is a diagram showing a state immediately after a noise chance is started. (a)は演出図柄の停止表示が行われている様子を表す図、(b)は演出図柄の変動表示(変動演出)が開始された様子を表す図、(c)はノイズチャンスが開始された直後の様子を表す図である。(A) is a diagram showing a state where a stop display of a production symbol is being performed, (b) is a diagram showing a state where a variation display (variation production) of the production symbol is started, and (c) is a noise chance is started. It is a figure showing the mode immediately after. (a)は、演出図柄「5」でリーチが成立するか否かの演出(リーチ煽り演出)が行われている様子を表す図、(b)、(c)は演出図柄「5」でリーチが成立した様子を表す図、(d)は演出図柄「5」が滑って、再び変動した様子を表す図である。(A) is a diagram showing a state in which an effect (reach squeezing effect) is made as to whether or not the reach is achieved with the effect symbol “5”, and (b) and (c) are the reach with the effect symbol “5”. (D) is a diagram showing a state where the production symbol “5” slips and fluctuates again. (a)は、演出図柄「7」でリーチが成立するか否かの演出(リーチ煽り演出)が行われている様子を表す図、(b−1)、(c−1)は演出図柄「7」でリーチが成立して確定した様子を表す図、(b−2)は演出図柄「7」でリーチが失敗して演出図柄「7」が滑って、再び変動した様子を表す図、(c−2)はハズレを示す演出図柄の停止表示が行われた様子を表す図である。(A) is a diagram showing a state in which an effect (reach squeezing effect) indicating whether or not reach is established with the effect symbol “7”, and (b-1) and (c-1) are effect symbols “7”. (B-2) is a diagram showing a state in which the reach has been established and confirmed, and (b-2) is a diagram showing a state where the reach has failed and the production symbol “7” has slipped and changed again. c-2) is a diagram illustrating a state in which the stop display of the effect symbol indicating the loss is performed. (a)は演出図柄「5」でリーチが成立するか否かの演出(リーチ煽り演出)が行われている様子を表す図、(b)は演出図柄「5」でリーチが失敗して演出図柄「5」が滑って、再び変動した様子を表す図、(c)は演出図柄「2」でリーチが成立するか否かの演出(リーチ煽り演出)が行われている様子を表す図、(d−1)は演出図柄「2」でリーチが成立して確定した様子を表す図、(d−2)は演出図柄「2」でリーチが失敗して演出図柄「2」が滑って、再び変動した様子を表す図、(e)はハズレを示す演出図柄の停止表示が行われた様子を表す図である。(A) is a diagram showing a state in which an effect (reach squeezing effect) is performed on whether or not a reach is established with the effect symbol “5”, and (b) is an effect when the reach fails with the effect symbol “5”. The figure showing a state where the symbol “5” slipped and changed again, (c) is a diagram showing a state in which an effect (reach-making effect) is performed on whether or not the reach is achieved in the effect symbol “2”. (D-1) is a diagram showing a situation where the reach has been established and confirmed with the production symbol “2”, and (d-2) is the production symbol “2” where the reach has failed and the production symbol “2” has slipped. The figure which represents a mode that changed again, and (e) is a figure showing a mode that stop display of the production design which shows a loss was performed. (a)は演出図柄「7」でリーチが成立するか否かの演出(リーチ煽り演出)が行われている様子を表す図、(b)は演出図柄「7」でリーチが失敗して演出図柄「7」が滑って、再び変動した様子を表す図、(c)は、演出図柄「5」でリーチが成立するか否かの様子を表す図、(d)、(e)は演出図柄「5」でリーチが成立して確定した様子を表す図である。(A) is a diagram showing a state in which an effect (reach squeezing effect) is performed on whether or not reach is established in the effect symbol “7”, and (b) is an effect in which the reach fails in the effect symbol “7”. A figure representing a state in which the symbol “7” has slipped and changed again, (c) is a diagram representing whether or not reach is achieved with the production symbol “5”, and (d) and (e) are production symbols. It is a figure showing a mode that reach was established and decided by "5". (a)は進路選択予告が開始された直後の様子を表す図、(b)は進路選択予告において第2カーソル画像が初期位置である左側表示位置に表示された様子を表す図、(c)は進路選択予告において第2カーソル画像が初期位置から中央表示位置に移動し、直進画像の色彩が特別態様に変化した様子を表す図、(d)は進路選択予告において第2カーソル画像が中央表示位置から右側表示位置に移動し、直進画像の色彩が通常態様に変化した様子を表す図である。(A) is a view showing a state immediately after the start of the course selection notice, (b) is a view showing a state in which the second cursor image is displayed at the left display position as the initial position in the course selection notice, (c). Is a diagram showing a state in which the second cursor image is moved from the initial position to the center display position in the course selection notice and the color of the straight-ahead image is changed to a special mode, and (d) is the second cursor image displayed in the center in the course selection notice. It is a figure showing a mode that it moved to the right side display position from the position, and the color of the rectilinear image changed to the normal mode. (a−1)は進路選択予告において左折画像が選択(左折画像に特定)された様子を表す図、(a−2)は進路選択予告において直進画像が選択(直進画像に特定)された様子を表す図、(a−3)は進路選択予告において右折画像が選択(右折画像に特定)された様子を表す図、(b−1)はSPリーチAの進路選択予告後の最後に特定キャラクタが出現しなかった場合の様子を表す図、(b−2)はSPリーチAの進路選択予告後の最後に通常態様の特定キャラクタが出現した場合の様子を表す図、(b−3)はSPリーチAの進路選択予告後の最後に特別態様の特定キャラクタが出現した場合の様子を表す図、(c−1)はハズレを示す演出図柄の停止表示が行われた様子を表す図、(c−2)は大当たりを示す演出図柄の停止表示が行われた様子を表す図である。(A-1) is a diagram showing a state in which a left turn image is selected (specified as a left turn image) in the course selection notice, and (a-2) is a state in which a straight image is selected (specified as a straight image) in the course selection notice. (A-3) is a diagram showing a state in which a right turn image is selected (specified as a right turn image) in the course selection notice, and (b-1) is a specific character at the end after the course selection notice of SP reach A. (B-2) is a diagram showing a situation when a specific character in the normal mode appears at the end after the advance selection of SP reach A, and (b-3) is a diagram showing a situation when no appears. The figure showing a situation when a special character of a special mode appears at the end after the advance notice of the course selection of SP reach A, (c-1) is a figure showing a situation where a stop display of a production symbol indicating a loss is performed, c-2) is a stop display of the effect design showing the jackpot It is a diagram illustrating a Broken state. (a−1)は進路選択予告において左折画像が選択(左折画像に特定)された様子を表す図、(a−2)は進路選択予告において直進画像が選択(直進画像に特定)された様子を表す図、(a−3)は進路選択予告において右折画像が選択(右折画像に特定)された様子を表す図、(b−1)はSPリーチAの進路選択予告後の最後に通常態様の特定キャラクタが出現した場合の様子を表す図、(b−2)はSPリーチAの進路選択予告後の最後に特別態様の特定キャラクタが出現した場合の様子を表す図、(c)はSPSPリーチが行われている様子を表す図、(d−1)はハズレを示す演出図柄の停止表示が行われた様子を表す図、(d−2)は大当たりを示す演出図柄の停止表示が行われた様子を表す図である。(A-1) is a diagram showing a state in which a left turn image is selected (specified as a left turn image) in the course selection notice, and (a-2) is a state in which a straight image is selected (specified as a straight image) in the course selection notice. (A-3) is a diagram showing a state in which a right turn image is selected (specified as a right turn image) in the course selection notice, and (b-1) is a normal mode at the end after the course selection notice of SP reach A. (B-2) is a diagram showing a situation when a special character of a special mode appears at the end after the advance selection notice of SP reach A, and (c) is a SPSP. The figure showing how the reach is performed, (d-1) is the figure showing the stop display of the effect symbol indicating the loss, (d-2) is the stop display of the effect symbol indicating the jackpot It is a figure showing a broken state. (a−1)は突出予告パターン1による突出予告が行われる様子(操作有効期間で演出ボタンへの操作がされなかった場合)を表すタイムチャート、(a−2)は突出予告パターン1による突出予告が行われる様子(操作有効期間で演出ボタンへの操作がされた場合)を表すタイムチャート、(b−1)は突出予告パターン2による突出予告が行われる様子(操作有効期間で演出ボタンへの操作がされなかった場合)を表すタイムチャート、(b−2)は突出予告パターン2による突出予告が行われる様子(操作有効期間で演出ボタンへの操作がされた場合)を表すタイムチャートである。(A-1) is a time chart showing a state in which a projecting advance notice is performed according to the projecting advance notice pattern 1 (when the operation button is not operated during the operation valid period), and (a-2) is a projecting process using the projecting advance notice pattern 1. A time chart showing a state in which the advance notice is performed (when the effect button is operated during the operation valid period), (b-1) is a state in which the advance notice is performed by the project advance notice pattern 2 (to the effect button in the operation effective period). (B-2) is a time chart showing a state in which a projecting advance notice is performed according to the projecting notice pattern 2 (when an effect button is operated during the operation valid period). is there. (a)は実施形態2における自販機予告パターン判定テーブルを表す図、(b)は実施形態2における第1カーソル画像初期位置判定テーブルを表す図、(c)は実施形態3におけるリール画像初期位置判定テーブルを表す図である。(A) is a diagram showing a vending machine notice pattern determination table in the second embodiment, (b) is a diagram showing a first cursor image initial position determination table in the second embodiment, and (c) is a reel image initial position determination in the third embodiment. It is a figure showing a table. (a)は実施形態2において演出図柄の停止表示が行われている様子を表す図、(b)は実施形態2において演出図柄の変動表示(変動演出)が開始された様子を表す図、(c)は実施形態2において自販機予告が開始された直後の様子を表す図、(d−1)は実施形態2における自販機予告において第1カーソル画像が初期位置である左側表示位置に表示された様子を表す図、(d−2)は実施形態2における自販機予告において第1カーソル画像が初期位置である中央表示位置に表示された様子を表す図、(d−3)は実施形態2における自販機予告において第1カーソル画像が初期位置である右側表示位置に表示された様子を表す図である。(A) is a diagram showing a state in which the effect symbol stop display is performed in the second embodiment, (b) is a diagram showing a state in which the effect symbol variation display (variable effect) is started in the second embodiment, (c) is a diagram showing a state immediately after the vending machine notice is started in the second embodiment, and (d-1) is a state in which the first cursor image is displayed at the left display position as the initial position in the vending machine notice in the second embodiment. (D-2) is a diagram showing a state in which the first cursor image is displayed at the central display position as the initial position in the vending machine notice in the second embodiment, and (d-3) is a notice of the vending machine in the second embodiment. FIG. 6 is a diagram illustrating a state in which the first cursor image is displayed at the right side display position which is the initial position. (a)は実施形態3において演出図柄の停止表示が行われている様子を表す図、(b)は実施形態3において演出図柄の変動表示(変動演出)が開始された様子を表す図、(c)は実施形態3においてスロット予告が開始された直後の様子を表す図、(d−1)は実施形態3におけるスロット予告においてリール画像に配置された「リーチ期待度」が初期位置に設定されて窓枠部から表示されている様子を表す図、(d−2)は実施形態3におけるスロット予告においてリール画像に配置された「保留内期待度」が初期位置に設定されて窓枠部から表示されている様子を表す図、(e−1)は実施形態3におけるスロット予告においてリール画像が回転して窓枠部から「擬似連回数」が表示されている様子を表す図、(e−2)は実施形態3におけるスロット予告においてリール画像が回転して窓枠部から「大当たり期待度」が表示されている様子を表す図である。(A) is a diagram showing a state where the stop display of the effect symbol is performed in the third embodiment, (b) is a diagram showing a state where the change display (change effect) of the effect symbol is started in the third embodiment. (c) is a diagram showing a state immediately after the slot advance notice is started in the third embodiment, and (d-1) is an example in which “reach expectation” arranged in the reel image in the slot advance notice in the third embodiment is set as an initial position. (D-2) is a diagram showing a state of being displayed from the window frame part, and “dwelling expectation” arranged in the reel image in the slot notice in the third embodiment is set to the initial position and the window frame part (E- 1) is a diagram showing a displayed state, and (e- 1) is a diagram showing a state where a reel image is rotated and a “pseudo continuous number” is displayed from the window frame part in the slot notice in the third embodiment. 2) Embodiment 3 Is a diagram that reel images in definitive slots notice showing the state of "big hit expectations" from the window frame portion is rotated is displayed. 実施形態3におけるスロット予告において用いられるリール画像を表す図である。FIG. 10 is a diagram illustrating a reel image used in slot advance notice in the third embodiment. 実施形態3におけるスロット予告用演出入力制御処理を示すフローチャートである。14 is a flowchart showing slot announcement effect input control processing according to the third embodiment. 実施形態2における操作有効期間設定処理を示すフローチャートである。10 is a flowchart illustrating an operation valid period setting process according to the second embodiment. (a)は実施形態2における突出予告パターン1による突出予告が行われる様子(操作有効期間で演出ボタンへの操作がされなかった場合)を表すタイムチャート、(b)は実施形態2における突出予告パターン2による突出予告が行われる様子(操作有効期間で演出ボタンへの操作がされなかった場合)を表すタイムチャートである。(A) is a time chart showing a state in which a protrusion notification is performed according to the protrusion notification pattern 1 in the second embodiment (when the operation button is not operated during the operation valid period), and (b) is a protrusion notification in the second embodiment. It is a time chart showing a mode that projection notice by pattern 2 is performed (when operation to a production button is not performed in an operation effective period).
(第1の実施形態)
以下、本発明の実施形態について図面を参照しながら具体的に説明する。
(First embodiment)
Hereinafter, embodiments of the present invention will be specifically described with reference to the drawings.
図1に示すように、遊技機Yは、遊技盤取付枠Y1と、遊技盤取付枠Y1に対して回動可能に支持されるガラス扉Y2、遊技球が流下する遊技領域2Aが形成されている遊技盤2とを有する。   As shown in FIG. 1, the gaming machine Y is formed with a gaming board mounting frame Y1, a glass door Y2 supported so as to be rotatable with respect to the gaming board mounting frame Y1, and a gaming area 2A in which gaming balls flow down. And a game board 2.
遊技盤取付枠Y1は、遊技店の島設備に固定される外枠(図示なし)に回動可能に支持され、脱着可能に取り付けられている。   The game board mounting frame Y1 is rotatably supported by an outer frame (not shown) fixed to the island facility of the game store, and is detachably mounted.
ガラス扉Y2は、水平方向の一端側においてヒンジ機構部Hを介して遊技盤取付枠Y1に脱着自在に連結されており、ヒンジ機構部Hを支点として回動可能に支持されている。よって、ガラス扉Y2を、ヒンジ機構部Hを支点として扉のように回動することによって、遊技領域2Aおよび遊技盤取付枠Y1の前面部分を開閉することができる。ガラス扉Y2は、遊技盤2を閉鎖した状態で、遊技領域2Aを視認可能に覆っている。   The glass door Y2 is detachably connected to the game board mounting frame Y1 via a hinge mechanism portion H at one end side in the horizontal direction, and is supported rotatably about the hinge mechanism portion H as a fulcrum. Therefore, by rotating the glass door Y2 like a door around the hinge mechanism H as a fulcrum, the game area 2A and the front portion of the game board mounting frame Y1 can be opened and closed. The glass door Y2 covers the game area 2A in a state where the game board 2 is closed so as to be visible.
また、ガラス扉Y2の他端側には、ガラス扉Y2を遊技盤取付枠Y1に固定するロック機構Rが設けられている。ロック機構Rによる固定は、専用の鍵によって解除することが可能とされている。   A lock mechanism R that fixes the glass door Y2 to the game board mounting frame Y1 is provided on the other end side of the glass door Y2. The fixing by the lock mechanism R can be released by a dedicated key.
ガラス扉Y2には、複数の遊技球を貯留する受け皿50と、遊技球を発射させるための操作が可能な発射操作装置3とが設けられている。発射操作装置3は遊技球を遊技領域2Aに向けて発射可能な遊技球発射装置(図示なし)に接続されている。なお、遊技球発射装置は、遊技盤取付枠Y1の前面に設けられている。受け皿50に貯留されている遊技球が遊技球発射装置に供給される。   The glass door Y <b> 2 is provided with a receiving tray 50 that stores a plurality of game balls and a firing operation device 3 that can perform an operation for firing the game balls. The launch operation device 3 is connected to a game ball launch device (not shown) that can launch a game ball toward the game area 2A. The game ball launcher is provided on the front surface of the game board mounting frame Y1. The game balls stored in the tray 50 are supplied to the game ball launcher.
発射操作装置3は、ガラス扉Y2に固定されている基体31、基体31に回動可能に設けられている発射ハンドル32を有する。遊技球発射装置は、発射ハンドル32の回動角度に応じた強さ(以下、「遊技球発射強度」という)で、遊技球を発射する。   The firing operation device 3 includes a base 31 fixed to the glass door Y2, and a launch handle 32 that is rotatably provided on the base 31. The game ball launcher launches a game ball with a strength (hereinafter referred to as “game ball launch strength”) according to the rotation angle of the launch handle 32.
遊技盤2の遊技領域2Aには、枠状の飾り枠29Aと、湾曲形状を呈した内側レール部材29Bと、外側レール部材29Cと、後述する大入賞口8の直下に配置され、遊技球を第2始動口7に誘導可能な誘導経路が上面に形成された誘導部材29Dとが設けられている。   In the game area 2A of the game board 2, a frame-shaped decorative frame 29A, an inner rail member 29B having a curved shape, an outer rail member 29C, and a special winning opening 8, which will be described later, are arranged and a game ball is placed. A guidance member 29 </ b> D having a guidance path that can be guided to the second starting port 7 formed on the upper surface is provided.
飾り枠29Aは、遊技盤2の略中央部に嵌め込まれている。飾り枠29Aの内側には、液晶表示ディスプレイからなる画像表示装置14が嵌め込まれている。また、飾り枠29Aの内側端部には、演出用役物装置17が設けられている。   The decorative frame 29 </ b> A is fitted into the approximate center of the game board 2. An image display device 14 including a liquid crystal display is fitted inside the decorative frame 29A. Further, an effect accessory device 17 is provided at the inner end of the decorative frame 29A.
内側レール部材29Bが飾り枠29Aの外側に配置され、外側レール部材29Cが内側レール部材29Bの外側に配置されている。所定の遊技球発射強度で発射された遊技球は、内側レール部材29Bと外側レール部材29Cとの間を上昇して遊技領域2Aに進入する。なお、遊技領域2Aには、複数の釘や風車が設けられている。遊技領域2Aに進入した遊技球は、複数の釘や風車によって様々な方向に流下し得る。   The inner rail member 29B is disposed outside the decorative frame 29A, and the outer rail member 29C is disposed outside the inner rail member 29B. A game ball fired with a predetermined game ball launch strength rises between the inner rail member 29B and the outer rail member 29C and enters the game area 2A. In the game area 2A, a plurality of nails and windmills are provided. A game ball that has entered the game area 2A can flow down in various directions by a plurality of nails and windmills.
遊技領域2Aには、複数(本実施形態では4つ)の一般入賞口11が設けられている。各一般入賞口11には、一般入賞口検出センサ11aが設けられており、この一般入賞口検出センサ11aが遊技球を検出すると、所定個数(例えば10個)の遊技球が賞球として払い出される。   In the game area 2A, a plurality of (four in this embodiment) general winning awards 11 are provided. Each general winning opening 11 is provided with a general winning opening detecting sensor 11a. When the general winning opening detecting sensor 11a detects a gaming ball, a predetermined number (for example, ten) of gaming balls are paid out as winning balls. .
また、遊技領域2Aにおける飾り枠29Aの右斜下側に、遊技球の通過が可能な入賞ゲート10が設けられている。入賞ゲート10には、遊技球を検出する入賞ゲート検出センサ10aが設けられている。入賞ゲート検出センサ10aが遊技球を検出することを条件に、普通図柄抽選が行われる。普通図柄抽選については後述する。   In addition, a winning gate 10 through which a game ball can pass is provided on the lower right side of the decorative frame 29A in the game area 2A. The winning gate 10 is provided with a winning gate detection sensor 10a for detecting a game ball. A normal symbol lottery is performed on condition that the winning gate detection sensor 10a detects a game ball. The normal symbol lottery will be described later.
遊技領域2Aの下部で、画像表示装置14の下方に、不変であり、且つ、常時入球可能である第1始動口6が設けられている。第1始動口6には、遊技球を検出する第1始動口検出センサ6aが設けられている。第1始動口検出センサ6が遊技球を検出することを条件に、第1特別図柄抽選が行われる。第1特別図柄抽選については後述する。また、第1始動口検出センサ6aが遊技球を検出すると、所定個数(例えば、3個)の遊技球が賞球として払い出される。   A first start port 6 is provided below the image display device 14 at the lower part of the game area 2A and is invariable and can always enter the ball. The first start port 6 is provided with a first start port detection sensor 6a for detecting a game ball. The first special symbol lottery is performed on condition that the first start port detection sensor 6 detects a game ball. The first special symbol lottery will be described later. When the first start port detection sensor 6a detects a game ball, a predetermined number (for example, three) of game balls are paid out as prize balls.
第1始動口6の直下に、可変の第2始動口7が設けられている。第2始動口7は、第2始動口制御装置70によって入賞不可能な基本態様(閉態様)又は入賞可能な特別態様(開態様)のいずれかに制御される。第2始動口7にも、遊技球を検出する第2始動口検出センサ7aが設けられている。第2始動口検出センサ7aが遊技球を検出することを条件に、第2特別図柄抽選が行われる。第2特別図柄抽選については後述する。また、第2始動口検出センサ7aが遊技球を検出すると、所定個数(例えば、3個)の遊技球が賞球として払い出される。   A variable second start port 7 is provided immediately below the first start port 6. The second start port 7 is controlled by the second start port control device 70 to either a basic mode (closed mode) incapable of winning a prize or a special mode (open mode) of winning. The second start port 7 is also provided with a second start port detection sensor 7a for detecting a game ball. A second special symbol lottery is performed on condition that the second start port detection sensor 7a detects a game ball. The second special symbol lottery will be described later. When the second start port detection sensor 7a detects a game ball, a predetermined number (for example, three) of game balls are paid out as a prize ball.
第2始動口制御装置70は、回動可能な普通可動片70A及び普通可動片70Aを回動させる駆動部としての第2始動口開閉ソレノイド70Bを具備している。   The second start port control device 70 includes a rotatable normal movable piece 70A and a second start port opening / closing solenoid 70B as a drive unit for rotating the normal movable piece 70A.
普通可動片70Aは、矩形状の扉部材で構成されており、通常は(所定条件が成立する以外は)、表面が遊技領域2Aと面一になる状態で停止し、第2始動口7を閉鎖している。この普通可動片70Aによる第2始動口7の閉鎖が、第2始動口7の基本態様を構成する。   The normal movable piece 70A is composed of a rectangular door member. Normally, the movable piece 70A stops in a state where the surface is flush with the game area 2A (except when a predetermined condition is satisfied), and the second start port 7 is opened. It is closed. The closing of the second starting port 7 by the ordinary movable piece 70 </ b> A constitutes a basic mode of the second starting port 7.
一方、所定条件が成立すると、普通可動片70Aが下端部に形成された回転軸を中心に前方側に回動して第2始動口7を開放する。第2始動口7が入球可能な特別態様に制御される。この普通可動片70Aによる第2始動口7の開放が第2始動口7の特別態様を構成する。普通可動片70Aは、第2始動口7を開放するとき、遊技領域2Aから突出した状態になり、流下する遊技球を受けて第2始動口7へ誘導することが可能となる。   On the other hand, when the predetermined condition is satisfied, the normal movable piece 70A is rotated forward about the rotation shaft formed at the lower end portion to open the second start port 7. The second start port 7 is controlled to a special mode that allows the ball to enter. The opening of the second starting port 7 by the ordinary movable piece 70 </ b> A constitutes a special mode of the second starting port 7. When the second starting port 7 is opened, the normal movable piece 70A protrudes from the game area 2A, and can receive the flowing game ball and guide it to the second starting port 7.
なお、第2始動口制御装置70についての所定条件とは、上述した普通図柄抽選において、当たり普通図柄に決定されることである。   Note that the predetermined condition for the second start-up port control device 70 is that the normal symbol lottery described above is determined as the winning normal symbol.
入賞ゲート10の下流側には、可変の大入賞口8が設けられている。大入賞口8は、大入賞口制御装置80によって入賞不可能な基本態様又は入賞可能な特別態様のいずれかに制御される。大入賞口8には、遊技球を検出する大入賞口検出センサ8aが設けられている。大入賞口検出センサ8aが遊技球を検出すると、所定個数(例えば、15個)の遊技球が賞球として払い出される。   On the downstream side of the winning gate 10, a variable large winning opening 8 is provided. The special winning opening 8 is controlled by the special winning opening control device 80 to either a basic mode in which no winning is possible or a special mode in which a winning is possible. The big winning opening 8 is provided with a big winning opening detecting sensor 8a for detecting a game ball. When the big prize opening detection sensor 8a detects a game ball, a predetermined number (for example, 15) of game balls are paid out as a prize ball.
大入賞口制御装置80は、回動可能な特別可動片80A及び特別可動片80Aを回動させる駆動部としての大入賞口開閉ソレノイド80Bを具備している。   The special prize opening control device 80 includes a rotatable special movable piece 80A and a special prize opening opening / closing solenoid 80B as a drive unit for rotating the special movable piece 80A.
特別可動片80Aは、矩形状の扉部材で構成されており、通常は(所定条件が成立する以外は)、表面が遊技領域2Aと面一になる状態で停止し、大入賞口8を閉鎖している。この特別可動片80Aによる大入賞口8の閉鎖が、大入賞口8の基本態様を構成する。   The special movable piece 80A is composed of a rectangular door member. Normally, the special movable piece 80A stops in a state where the surface is flush with the game area 2A (except when a predetermined condition is satisfied), and the special winning opening 8 is closed. doing. The closing of the special prize opening 8 by the special movable piece 80 </ b> A constitutes the basic mode of the special prize opening 8.
一方、所定条件が成立すると、特別可動片80Aが下端部に形成された回転軸を中心に前方側に回動して大入賞口8を開放する。大入賞口8が入球可能な特別態様に制御される。この特別可動片80Aによる大入賞口8の開放が大入賞口8の特別態様を構成する。特別可動片80Aは、大入賞口8を開放するとき、遊技領域2Aから突出した状態になり、流下する遊技球を受けて大入賞口8へ誘導することが可能となる。   On the other hand, when the predetermined condition is satisfied, the special movable piece 80A is rotated forward about the rotation shaft formed at the lower end portion to open the special winning opening 8. The special winning opening 8 is controlled to a special mode in which a ball can be entered. Opening of the special winning opening 8 by the special movable piece 80A constitutes a special mode of the special winning opening 8. When the special winning piece 80A is opened, the special movable piece 80A protrudes from the game area 2A and can receive the flowing game ball and guide it to the special winning opening 8.
なお、大入賞口制御装置80についての所定条件とは、上述した第1特別図柄抽選又は第2特別図柄抽選(以下、第1特別図柄抽選と第2特別図柄抽選とをまとめて「特別図柄抽選」と総称する)において、大当たり特別図柄又は小当たり特別図柄に決定されることである。   The predetermined condition for the special winning opening control device 80 is the above-described first special symbol lottery or second special symbol lottery (hereinafter, the first special symbol lottery and the second special symbol lottery are collectively referred to as “special symbol lottery”). In other words, the jackpot special symbol or the jackpot special symbol is determined.
遊技盤2の表面であって遊技領域2Aの下方には、第1特別図柄表示装置20、第2特別図柄表示装置21及び普通図柄表示装置22からなる図柄表示装置、並びに、第1特別図柄保留表示装置23、第2特別図柄保留表示装置24及び普通図柄保留表示装置25からなる保留表示装置が設けられている。   On the surface of the game board 2 and below the game area 2A, a symbol display device comprising a first special symbol display device 20, a second special symbol display device 21 and a normal symbol display device 22, and a first special symbol hold A hold display device including a display device 23, a second special symbol hold display device 24, and a normal symbol hold display device 25 is provided.
第1特別図柄表示装置20は、第1始動口6に遊技球が入球することを条件に行われる第1特別図柄抽選の結果を表示する可変表示装置、第2特別図柄表示装置21は、第2始動口7に遊技球が入球することを条件に行われる第2特別図柄抽選の結果を表示する可変表示装置である。   The first special symbol display device 20 is a variable display device that displays the result of the first special symbol lottery performed on condition that a game ball enters the first start port 6, and the second special symbol display device 21 is This is a variable display device that displays the result of the second special symbol lottery performed on condition that a game ball enters the second starting port 7.
第1特別図柄抽選とは、遊技球が第1始動口6に入球したときに大当たり判定用乱数値を取得し、取得した大当たり判定用乱数値が「大当たり」に対応する乱数値であるか否かを判定することをいう。第2特別図柄抽選とは、遊技球が第2始動口7に入球したときに大当たり判定用乱数値を取得し、取得した大当たり判定用乱数値が「大当たり」に対応する乱数値であるか否かを判定することをいう。   In the first special symbol lottery, a big hit determination random number value is acquired when a game ball enters the first start port 6, and the acquired big hit determination random number value is a random value corresponding to “big hit” Determining whether or not. In the second special symbol lottery, whether a big hit determination random number value is acquired when a game ball enters the second starting port 7, and the acquired big hit determination random number value is a random value corresponding to “big hit” Determining whether or not.
第1特別図柄抽選が行われると、第1特別図柄表示装置20において、当該抽選結果に基づいて、特別図柄の変動表示が行われ、当該第1特別図柄抽選の結果を表す第1特別図柄の停止表示が行われる。すなわち、第1特別図柄表示装置20における第1特別図柄の停止表示は、当該抽選結果の報知となる。第2特別図柄抽選と第2特別図柄表示装置21についても同様にある。   When the first special symbol lottery is performed, the first special symbol display device 20 displays a variation of the special symbol based on the lottery result, and displays the first special symbol lottery representing the result of the first special symbol lottery. Stop display is performed. That is, the stop display of the first special symbol in the first special symbol display device 20 is a notification of the lottery result. The same applies to the second special symbol lottery and the second special symbol display device 21.
例えば、第1特別図柄表示装置20及び第2特別図柄表示装置21はそれぞれ複数のLEDを具備している。各特別図柄の変動表示において、例えば、対応する第1特別図柄表示装置20又は第2特別図柄表示装置21の所定のLEDが所定の間隔で点滅する。そして、特別図柄の停止表示においては、各特別図柄抽選の結果を表す特定のLEDが点灯する。   For example, the first special symbol display device 20 and the second special symbol display device 21 each include a plurality of LEDs. In the variation display of each special symbol, for example, a predetermined LED of the corresponding first special symbol display device 20 or second special symbol display device 21 blinks at a predetermined interval. In the special symbol stop display, a specific LED indicating the result of each special symbol lottery is lit.
普通図柄表示装置22は、遊技球が入賞ゲート10を通過することを条件に行われる普通図柄抽選の結果を表示する可変表示装置である。普通図柄抽選とは、遊技球が入賞ゲート10を通過したときに当たり判定用乱数値を取得し、取得した当たり判定用乱数値が「当たり」に対応する乱数値であるか否かを判定する処理のことをいう。   The normal symbol display device 22 is a variable display device that displays the result of the normal symbol lottery performed on condition that the game ball passes the winning gate 10. The normal symbol lottery is a process of acquiring a random number value for winning determination when the game ball passes the winning gate 10 and determining whether or not the acquired random number value for winning determination is a random value corresponding to “win”. I mean.
普通図柄抽選が行われると、普通図柄表示装置22において、当該抽選結果に基づいて、普通図柄の変動表示が行われ、当該普通図柄抽選の結果を表す普通図柄の停止表示が行われる。すなわち、普通図柄表示装置22における普通図柄の停止表示は、当該抽選結果の報知となる。   When the normal symbol lottery is performed, the normal symbol display device 22 displays the variation of the normal symbol based on the lottery result, and the stop display of the normal symbol representing the result of the normal symbol lottery is performed. That is, the normal symbol stop display on the normal symbol display device 22 is a notification of the lottery result.
例えば、普通図柄表示装置22はそれぞれ複数のLEDを具備している。普通図柄の変動表示において、例えば、普通図柄表示装置22の所定のLEDが所定の間隔で点滅する。そして、普通図柄の停止表示において、普通図柄抽選の結果を表す特定のLEDが点灯する。   For example, each of the normal symbol display devices 22 includes a plurality of LEDs. In the normal symbol variation display, for example, a predetermined LED of the normal symbol display device 22 blinks at a predetermined interval. And in the stop display of a normal symbol, specific LED showing the result of a normal symbol lottery lights.
ところで、特別図柄の変動表示中や大入賞口制御装置80が作動する特別遊技中に、始動口6、7に遊技球が入球しても、即座に特別図柄の変動表示が行われて特別図柄抽選の結果が報知される訳ではない。すなわち、一定条件下で特別図柄の変動表示が保留されることがある。本実施形態では、一定条件として、特別図柄の変動表示を保留できる個数に上限値が設けられている。本実施形態では、その上限値は各始動口6、7に対して「4」に設定されている。すなわち、各始動口6、7に対して特別図柄の変動表示を実行する権利を4個まで保留することができる。   By the way, during the special symbol variation display or during the special game in which the special winning opening control device 80 is operated, even if a game ball enters the start ports 6 and 7, the special symbol variation display is immediately performed and the special symbol variation display is performed. The result of the symbol lottery is not notified. That is, the special symbol variation display may be suspended under certain conditions. In the present embodiment, as a fixed condition, an upper limit value is provided for the number of special symbols that can be suspended. In the present embodiment, the upper limit value is set to “4” for each of the start ports 6 and 7. That is, it is possible to hold up to four rights to execute the special symbol variation display for each of the start ports 6 and 7.
第1特別図柄保留表示装置23は、第1特別図柄の変動表示(以下、「第1特図変動表示」という)の保留個数(U1:以下、「第1特図保留数」という)を表示する。第2特別図柄保留表示装置24は、第2特別図柄の変動表示(以下、「第2特図変動表示」という)の保留個数(U2:以下、「第2特図保留数」という)を表示する。第1特別図柄保留表示装置23及び第2特別図柄保留表示装置24は、例えばそれぞれ複数のLEDを具備し、各保留数に応じて所定のLEDを点灯する。   The first special symbol hold display device 23 displays the hold number (U1: hereinafter referred to as “first special figure hold number”) of the fluctuation display of the first special symbol (hereinafter referred to as “first special figure change display”). To do. The second special symbol hold display device 24 displays the hold number (U2: hereinafter referred to as “second special figure hold number”) of the fluctuation display of the second special symbol (hereinafter referred to as “second special figure change display”). To do. The first special symbol hold display device 23 and the second special symbol hold display device 24 include, for example, a plurality of LEDs, and turn on a predetermined LED according to the number of holds.
なお、普通図柄の変動表示(以下、「普図変動表示」という)についても同様に、上限保留個数が4個に設定されており、その保留個数(G:以下、「普図保留数」という)が、普通図柄保留表示装置25において表示される。普通図柄保留表示装置25は、例えば複数のLEDを具備し、普図保留数に応じて所定のLEDを点灯する。   Similarly, for the variable symbol display (hereinafter referred to as “general variable display”), the upper limit reserved number is set to four, and the reserved number (G: hereinafter referred to as “general map reserved number”). ) Is displayed on the normal symbol hold display device 25. The normal symbol hold display device 25 includes, for example, a plurality of LEDs, and lights a predetermined LED according to the number of hold of the normal symbols.
また、遊技機Yには、様々な演出を実行する演出装置が設けられている。本実施形態では、演出装置は、画像表示装置14、音声出力装置15、演出用照明装置16、及び、演出用役物装置17で構成されている。画像表示装置14と演出用役物装置17とが遊技盤2に設けられ、音声出力装置15と演出用照明装置16とがガラス扉Y2に設けられている。   In addition, the gaming machine Y is provided with an effect device for executing various effects. In the present embodiment, the effect device includes an image display device 14, an audio output device 15, an effect lighting device 16, and an effect accessory device 17. An image display device 14 and an effect accessory device 17 are provided on the game board 2, and an audio output device 15 and an effect lighting device 16 are provided on the glass door Y2.
画像表示装置14は、様々な静止画や動画を表示することで画像による演出を行う。なお、本実施形態においては、画像表示装置14として液晶ディスプレイが用いられているが、プラズマディスプレイ、有機ELディスプレイ等他の方式の表示装置を用いこともできる。   The image display device 14 performs various effects by displaying various still images and moving images. In this embodiment, a liquid crystal display is used as the image display device 14, but other types of display devices such as a plasma display and an organic EL display can also be used.
音声出力装置15は、BGM(バックグランドミュージック)、SE(サウンドエフェクト)等を出力することで音声による演出を行う。演出用照明装置16は、各ランプの光の照射方向や発光色を変更することで照明による演出を行う。   The audio output device 15 produces a sound effect by outputting BGM (background music), SE (sound effect), and the like. The effect lighting device 16 performs an effect by illumination by changing the light irradiation direction and emission color of each lamp.
上記演出用役物装置17は、可動部17Aを具備し、可動部17Aを作動させることで、動作による演出を行う。可動部17Aは上下直進運動(下降及び上昇)並びに回転運動を実行可能である。具体的には、可動部17Aは、図1に示す画像表示装置140の表示部140の上部を初期位置(基準位置)としており、表示部140の中央辺りまで下降して、上昇することが可能である。また、上下直進運動とは独立して、中心Cを中心に回転運動が可能となっている。   The effect accessory device 17 includes a movable part 17A, and operates the movable part 17A to perform an effect by operation. The movable portion 17A can execute a vertical movement (downward and upward) and a rotational movement. Specifically, the movable portion 17A has the upper part of the display unit 140 of the image display device 140 shown in FIG. 1 as an initial position (reference position), and can be lowered and raised to the center of the display unit 140. It is. In addition, independent of vertical rectilinear motion, rotational motion is possible about the center C.
また、受け皿50には、後述する種々の演出に係る操作を行うための入力装置として機能する演出ボタン装置18及び選択ボタン装置19が設けられている。   The saucer 50 is provided with an effect button device 18 and a selection button device 19 that function as input devices for performing operations related to various effects described later.
演出ボタン装置18は、押圧操作可能な演出ボタン18A及び演出ボタン18Aに接続されて、演出ボタン18Aに対する操作を検出する演出ボタン検出センサ18a1を具備する(図3参照)。また、演出ボタン装置18は、点灯可能な演出ボタンLED18Cを具備する(図3参照)。   The effect button device 18 includes an effect button 18A1 that is connected to the effect button 18A that can be pressed and the effect button 18A, and detects an operation on the effect button 18A (see FIG. 3). The effect button device 18 includes an effect button LED 18C that can be turned on (see FIG. 3).
また、演出ボタン装置18は、図2に示すように、演出ボタン18Aを、所定の通常操作位置(図2(a))と、通常操作位置よりも上方へ突出した特別操作位置(図2(b))と、通常操作位置よりも下方へ退入した操作検出位置(図2(c))との間を移動可能に構成されている。詳細には、演出ボタン18Aは、通常操作位置において受け皿50の表面から少し上方へ突出し、特別操作位置において受け皿50の表面から通常操作位置より数倍(約7〜10倍)上方へ突出し、操作検出位置において受け皿50の表面から少し下方へ退入している。すなわち、演出ボタン装置18は、演出ボタン18Aを、通常操作位置及び特別操作位置を含む任意の操作位置から操作検出位置へ押下操作可能な構造を備えている。なお、演出ボタン装置18は、演出ボタン18Aが特別操作位置に配されていることを検知する特別操作位置検出センサ18a2を具備している。特別操作位置検出センサ18a2は、演出ボタン18Aが特別操作位置に配されていることを検知すると、特別操作位置検出信号をランプ制御基板104に出力する。以下において、通常操作位置にある演出ボタン18Aの状態を通常状態、特別操作位置にある演出ボタン18Aの状態を特別状態、操作検出位置にある演出ボタン18Aの状態を押下操作状態という。 In addition, as shown in FIG. 2, the effect button device 18 has an effect button 18A that has a predetermined normal operation position (FIG. 2 (a)) and a special operation position (FIG. 2 (FIG. 2) protruding upward from the normal operation position. It is configured to be movable between b)) and an operation detection position (FIG. 2 (c)) retracted downward from the normal operation position. Specifically, the production button 18A protrudes slightly upward from the surface of the tray 50 in the normal operation position, and protrudes several times (about 7 to 10 times) above the normal operation position from the surface of the tray 50 in the special operation position. In the detection position, it has retreated slightly from the surface of the tray 50. That is, the effect button device 18 has a structure capable of pressing the effect button 18A from any operation position including the normal operation position and the special operation position to the operation detection position. The effect button device 18 includes a special operation position detection sensor 18a2 that detects that the effect button 18A is arranged at the special operation position. The special operation position detection sensor 18a2 outputs a special operation position detection signal to the lamp control board 104 when detecting that the effect button 18A is arranged at the special operation position. Hereinafter, the state of the effect button 18A at the normal operation position is referred to as a normal state, the state of the effect button 18A at the special operation position is referred to as a special state, and the state of the effect button 18A at the operation detection position is referred to as a press operation state.
また、演出ボタン装置18は、電動モータ18B(図3参照)によって、演出ボタン装置18の演出ボタン18Aを通常操作位置から特別操作位置へ上昇させることが可能である。さらに、演出ボタン装置18は、電動モータ18Bによって、演出ボタン18Aを強制的に特別操作位置から通常操作位置へ下降させることが可能である。   The effect button device 18 can raise the effect button 18A of the effect button device 18 from the normal operation position to the special operation position by the electric motor 18B (see FIG. 3). Furthermore, the effect button device 18 can forcibly lower the effect button 18A from the special operation position to the normal operation position by the electric motor 18B.
選択ボタン装置19は、押圧操作可能な選択ボタン19A及び選択ボタン19Aに接続されて、選択ボタン19Aに対する操作を検出する選択ボタン検出センサ19aを具備する(図3参照)。   The selection button device 19 is connected to a selection button 19A that can be pressed and a selection button 19A, and includes a selection button detection sensor 19a that detects an operation on the selection button 19A (see FIG. 3).
選択ボタン19Aは、上ボタン191A、左ボタン192A、下ボタン193A及び右ボタン194Aからなる。各ボタン191A〜194Aは、受け皿50から突出した状態で押圧可能に設けられている。   The selection button 19A includes an upper button 191A, a left button 192A, a lower button 193A, and a right button 194A. Each button 191 </ b> A to 194 </ b> A is provided so as to be pressed in a state of protruding from the tray 50.
演出装置は、遊技の進行(状態)に応じて様々な演出を実行する。演出としては、例えば、第1特別図柄抽選及び第2特別図柄抽選を契機に行われる特図抽選演出がある。特図抽選演出は、画像表示装置14において行われる。特図抽選演出では、演出図柄の変動表示と演出図柄の停止表示とが行われる。   The effect device performs various effects according to the progress (state) of the game. As an effect, for example, there is a special drawing lottery effect that is performed in response to the first special symbol lottery and the second special symbol lottery. The special drawing lottery effect is performed in the image display device 14. In the special drawing lottery effect, a change display of the effect symbol and a stop display of the effect symbol are performed.
演出図柄の変動表示は、特別図柄の変動表示に対応して行われ、演出図柄が所定の態様で所定時間変動する。演出図柄の停止表示は、特別図柄の停止表示に対応して行われる(以下、演出図柄の変動表示と停止表示をまとめて称呼する場合、「演出図柄表示」という)。演出図柄の停止表示では、演出図柄が当該特別図柄抽選の結果を表す所定の態様で所定時間停止する。   The variation display of the effect symbol is performed corresponding to the variation display of the special symbol, and the effect symbol varies for a predetermined time in a predetermined manner. The stop display of the effect symbol is performed corresponding to the stop display of the special symbol (hereinafter referred to as “effect symbol display” when the change display and stop display of the effect symbol are collectively referred to). In the stop display of the effect symbol, the effect symbol is stopped for a predetermined time in a predetermined manner representing the result of the special symbol lottery.
演出図柄は、例えば、画像表示装置14等の表示部140の左側領域、中央領域及び右側領域に配列された3列の装飾図柄(例えば、「1」から「9」までの数字を表す装飾図柄)からなる。演出図柄の変動表示では、各列の装飾図柄が、リールが回転しているかのうように、上から下に移動(変動表示)する。なお、演出図柄の変動表示の態様はこれに限られない。また、演出図柄の変動表示中には、特別図柄抽選の結果に応じて、背景画像やキャラクタ等のオブジェクト画像といった様々な演出画像、また、ムービー等が表示される。   The effect symbols are, for example, three rows of decorative symbols arranged in the left region, the central region, and the right region of the display unit 140 such as the image display device 14 (for example, decorative symbols representing numbers from “1” to “9”). ). In the variation display of the effect symbols, the decorative symbols in each row move from the top to the bottom (variable display) as if the reels are rotating. Note that the variation display mode of the effect symbol is not limited to this. In addition, during the variation display of the effect symbols, various effect images such as background images and object images such as characters, movies, and the like are displayed according to the result of the special symbol lottery.
一方、演出図柄の停止表示においては、画像表示装置14等の表示部140の左側領域、中央領域及び右側領域において、上記の3列の装飾図柄が停止表示する。演出図柄の停止表示が行われたときの所定の有効ライン(例えば、表示部140における中央の水平線)上の装飾図柄の配列が、当該特別図柄抽選の結果を表す。   On the other hand, in the stop display of effect symbols, the above three rows of decorative symbols are stopped and displayed in the left area, the center area, and the right area of the display unit 140 such as the image display device 14. The arrangement of the decorative symbols on a predetermined effective line (for example, the central horizontal line in the display unit 140) when the effect symbols are stopped and displayed represents the result of the special symbol lottery.
特図抽選演出の他にも、大当たり遊技が実行されるときに行われる特別遊技演出、及び、特別図柄の変動表示又は特別遊技が所定期間行われない内部的な待機状態(所謂、客待ち状態)において行われるデモ演出等の様々な演出が行われる。   In addition to the special drawing lottery effect, a special game effect performed when the jackpot game is executed, and an internal standby state in which the special symbol variation display or special game is not performed for a predetermined period of time (so-called customer waiting state) Various performances such as demonstration performances are performed.
遊技盤2及びガラス扉Y2の裏面には、遊技に係る種々の制御を行う主制御基板101、演出制御基板102、払出制御基板103、ランプ制御基板104、画像制御基板105、電源基板107、遊技情報出力端子板108が設けられている。   On the back of the game board 2 and the glass door Y2, there are a main control board 101 for performing various controls relating to the game, an effect control board 102, a payout control board 103, a lamp control board 104, an image control board 105, a power supply board 107, a game An information output terminal board 108 is provided.
(遊技機Yの内部構成)
次に、図3を用いて、遊技機Yの内部構成について説明する。
(Internal configuration of gaming machine Y)
Next, the internal configuration of the gaming machine Y will be described with reference to FIG.
電源基板107は、コンデンサからなるバックアップ電源を備えており、遊技機Yに電源電圧を供給するとともに、遊技機Yに供給する電源電圧を監視し、電源電圧が所定値以下となったときに、電断検知信号を主制御基板101に出力する。電断検知信号がハイレベルになるとメインCPU101aは動作可能状態になり、電断検知信号がローレベルになるとメインCPU101aは動作停止状態になる。バックアップ電源はコンデンサに限らず、例えば、電池でもよく、コンデンサと電池とを併用して用いてもよい。   The power supply board 107 is provided with a backup power supply composed of a capacitor, supplies a power supply voltage to the gaming machine Y, monitors a power supply voltage supplied to the gaming machine Y, and when the power supply voltage becomes a predetermined value or less, An interruption detection signal is output to the main control board 101. When the power interruption detection signal becomes high level, the main CPU 101a becomes operable, and when the power interruption detection signal becomes low level, the main CPU 101a becomes inactive state. The backup power source is not limited to a capacitor, and for example, a battery may be used, and a capacitor and a battery may be used in combination.
主制御基板101は遊技の基本動作を制御する。この主制御基板101は、メインCPU101a、メインROM101b、及び、メインRAM101cを備えている。メインCPU101aは、各種検出センサやタイマ(水晶振動子)等からの入力信号に基づいて、メインROM101bに格納されたプログラムを読み出して遊技に関する演算処理を行うとともに、各種制御装置や表示装置を直接制御し、演算処理の結果に基づく所定のコマンドなどを演出制御基板102や払出制御基板103等に送信する。メインRAM101cは、メインCPU101aの演算処理時におけるデータのワークエリアとして機能する。   The main control board 101 controls the basic operation of the game. The main control board 101 includes a main CPU 101a, a main ROM 101b, and a main RAM 101c. The main CPU 101a reads out a program stored in the main ROM 101b based on input signals from various detection sensors, timers (quartz crystal units) and the like, performs arithmetic processing related to the game, and directly controls various control devices and display devices. Then, a predetermined command or the like based on the result of the arithmetic processing is transmitted to the effect control board 102, the payout control board 103, and the like. The main RAM 101c functions as a data work area during the arithmetic processing of the main CPU 101a.
上記主制御基板101の入力側には、入力ポート(図示せず)を介して、第1始動口検出センサ6a、第2始動口検出センサ7a、大入賞口検出センサ8a、入賞ゲート検出センサ10a、及び、一般入賞口検出センサ11aが接続されている。各検出センサは、遊技球を検出すると、検出信号を主制御基板101に出力する。   On the input side of the main control board 101, a first starting port detection sensor 6a, a second starting port detection sensor 7a, a big winning port detection sensor 8a, and a winning gate detection sensor 10a are connected via an input port (not shown). And the general winning a prize mouth detection sensor 11a is connected. Each detection sensor outputs a detection signal to the main control board 101 when detecting a game ball.
主制御基板101の出力側には、出力ポート(図示せず)を介して、第2始動口制御装置70の普通可動片70Aを作動させる第2始動口開閉ソレノイド70B、及び、大入賞口制御装置80の特別可動片80Aを作動させる大入賞口開閉ソレノイド80Bが接続されている。主制御基板101は、各ソレノイドを制御するための制御信号を第2始動口開閉ソレノイド70B及び大入賞口開閉ソレノイド80Bに出力する。   On the output side of the main control board 101, via an output port (not shown), a second start port opening / closing solenoid 70B for operating the normal movable piece 70A of the second start port control device 70, and a prize winning port control. A special prize opening / closing solenoid 80B for operating the special movable piece 80A of the device 80 is connected. The main control board 101 outputs a control signal for controlling each solenoid to the second start opening / closing solenoid 70B and the special winning opening opening / closing solenoid 80B.
また、主制御基板101の出力側には、出力ポート(図示せず)を介して、第1特別図柄表示装置20、第2特別図柄表示装置21、普通図柄表示装置22、第1特別図柄保留表示装置23、第2特別図柄保留表示装置24及び普通図柄保留表示装置25が接続されている。主制御基板101は、各表示装置を制御するための表示制御信号を各表示装置20〜25に出力する。   Further, on the output side of the main control board 101, a first special symbol display device 20, a second special symbol display device 21, a normal symbol display device 22, and a first special symbol hold are provided via an output port (not shown). A display device 23, a second special symbol hold display device 24, and a normal symbol hold display device 25 are connected. The main control board 101 outputs a display control signal for controlling each display device to each display device 20-25.
さらに、主制御基板101の出力側には、出力ポート(図示せず)を介して、遊技情報出力端子板108が接続されている。主制御基板101は、所定の遊技に関する情報(以下、遊技情報という)を外部信号として遊技情報出力端子板108に出力する。   Furthermore, a game information output terminal board 108 is connected to the output side of the main control board 101 via an output port (not shown). The main control board 101 outputs information relating to a predetermined game (hereinafter referred to as game information) to the game information output terminal board 108 as an external signal.
遊技情報出力端子板108には、遊技情報表示装置が接続されている。遊技情報出力端子板108は、遊技情報表示装置及びホールコンピュータに外部信号を出力する。遊技情報表示装置は、遊技機Yの上に設けられ、上記の所定の遊技情報(外部信号)に基づいて所定の遊技情報を表示し得る。   A game information display device is connected to the game information output terminal board 108. The game information output terminal board 108 outputs an external signal to the game information display device and the hall computer. The game information display device is provided on the gaming machine Y, and can display predetermined game information based on the predetermined game information (external signal).
演出制御基板102は、サブCPU102a、サブROM102b、及び、サブRAM102cを備えている。演出制御基板102は、主制御基板101に対して、当該主制御基板101から演出制御基板102への一方向に通信可能に接続されている。主制御基板101は、遊技に関する処理に基づいて所定のコマンドを演出制御基板102に送信し、演出制御基板102は、所定のコマンドを受信する。   The effect control board 102 includes a sub CPU 102a, a sub ROM 102b, and a sub RAM 102c. The effect control board 102 is connected to the main control board 101 so as to be able to communicate in one direction from the main control board 101 to the effect control board 102. The main control board 101 transmits a predetermined command to the effect control board 102 based on the processing related to the game, and the effect control board 102 receives the predetermined command.
演出制御基板102の入力側には、ランプ制御基板104を介して、演出ボタン検出センサ18a及び選択ボタン検出センサ19aが接続されている。   An effect button detection sensor 18 a and a selection button detection sensor 19 a are connected to the input side of the effect control board 102 via the lamp control board 104.
演出ボタン検出センサ18aは、演出ボタン18Aが操作されると、ランプ制御基板104に、演出ボタン18Aの操作が行われたことを示す演出ボタン検出信号を演出制御基板102に出力する。ランプ制御基板104は、演出ボタン検出信号が入力すると、演出制御基板102に出力する。   When the effect button 18A is operated, the effect button detection sensor 18a outputs an effect button detection signal indicating that the operation of the effect button 18A has been performed to the lamp control board 104 to the effect control board 102. When the effect button detection signal is input, the lamp control board 104 outputs the effect control board 102 to the effect control board 102.
選択ボタン検出センサ19aは、選択ボタン19Aが操作されると、ランプ制御基板104に、選択ボタン19Aの操作が行われたことを示す選択ボタン検出信号を演出制御基板102に出力する。ランプ制御基板104は、選択ボタン検出信号が入力すると、演出制御基板102に出力する。   When the selection button 19A is operated, the selection button detection sensor 19a outputs a selection button detection signal indicating that the selection button 19A has been operated to the lamp control board 104 to the effect control board 102. When the selection button detection signal is input, the lamp control board 104 outputs it to the effect control board 102.
選択ボタン検出センサ19aは、上ボタン191Aに接続されて上ボタン191Aの被操作を検出する上ボタン検出センサ191a、左ボタン192Aに接続されて左ボタン192Aの被操作を検出する左ボタン検出センサ192a、下ボタン193Aに接続されて下ボタン193Aの被操作を検出する下ボタン検出センサ193a、及び、右ボタン194Aに接続されて右ボタン194Aの被操作を検出する右ボタン検出センサ194aからなる。   The selection button detection sensor 19a is connected to the upper button 191A and detects an operation of the upper button 191A, and the left button detection sensor 192a is connected to the left button 192A and detects the operation of the left button 192A. The lower button 193A is connected to the lower button 193A to detect the operation of the lower button 193A, and the right button detection sensor 194a is connected to the right button 194A to detect the operation of the right button 194A.
なお、各ボタン検出センサ191a、192a、193a、194aは、被操作を検出すると、それぞれ、上ボタン検出信号、左ボタン検出信号、下ボタン検出信号、右ボタン検出信号を、ランプ制御基板104を介して演出制御基板102に出力する。なお、上ボタン検出信号、左ボタン検出信号、下ボタン検出信号、及び、右ボタン検出信号を総称して「選択ボタン検出信号」という。   When each button detection sensor 191a, 192a, 193a, 194a detects an operation, the upper button detection signal, the left button detection signal, the lower button detection signal, and the right button detection signal are respectively transmitted via the lamp control board 104. To the effect control board 102. The upper button detection signal, the left button detection signal, the lower button detection signal, and the right button detection signal are collectively referred to as a “selection button detection signal”.
サブCPU102aは、主制御基板101から出力されたコマンド、演出ボタン装置18から出力された演出ボタン検出信号、選択ボタン装置19から出力された選択ボタン検出信号、タイマ(水晶振動子)からの入力信号等に基づいて、サブROM102bに格納されたプログラムを読み出して演算処理を行うとともに、当該処理に基づいて、ランプ制御基板104及び画像制御基板105に演出を制御するためのコマンドを送信する。サブRAM102cは、サブCPU102aの演算処理時におけるデータのワークエリアとして機能する。   The sub CPU 102a outputs a command output from the main control board 101, an effect button detection signal output from the effect button device 18, a selection button detection signal output from the selection button device 19, and an input signal from a timer (crystal oscillator). Based on the above, the program stored in the sub ROM 102b is read out to perform arithmetic processing, and a command for controlling the effect is transmitted to the lamp control board 104 and the image control board 105 based on the processing. The sub RAM 102c functions as a data work area when the sub CPU 102a performs arithmetic processing.
払出制御基板103は、遊技球を発射させるための発射制御と、遊技球を遊技者に払い出すための払出制御とを行う。この払出制御基板103は、払出CPU103a、払出ROM103b、払出RAM103cを備えており、主制御基板101及び電源基板107に対して、双方向に通信可能に接続されている。   The payout control board 103 performs launch control for launching the game ball and payout control for paying out the game ball to the player. The payout control board 103 includes a payout CPU 103a, a payout ROM 103b, and a payout RAM 103c. The payout control board 103 is connected to the main control board 101 and the power supply board 107 so as to be capable of bidirectional communication.
払出CPU103aの入力側には、タッチセンサ32aと発射ボリュームのつまみ32bが接続されている。タッチセンサ32aは発射ハンドル32内に取り付けられている。タッチセンサ32aは、遊技者や店員等が発射ハンドル32に触れると、発射ハンドル32に人が接触したことを検知し、発射制御基板106に発射ハンドル検出信号を送信する。発射ボリュームのつまみ32bは発射ハンドル32に接続されている。発射ボリュームのつまみ32bは、発射ハンドル32に連動して回動し、回動角度を検出する。   A touch sensor 32a and a firing volume knob 32b are connected to the input side of the payout CPU 103a. The touch sensor 32 a is mounted in the firing handle 32. When a player, a store clerk, or the like touches the launch handle 32, the touch sensor 32 a detects that a person has touched the launch handle 32 and transmits a launch handle detection signal to the launch control board 106. The firing volume knob 32 b is connected to the firing handle 32. The firing volume knob 32b rotates in conjunction with the firing handle 32 and detects the rotation angle.
また、払出制御基板103は、出力側で電源基板107を介して発射ソレノイド41に接続されている。払出制御基板103は、タッチセンサ32aから発射ハンドル検出信号を受信すると、発射ソレノイド41の通電を許可する。   The payout control board 103 is connected to the firing solenoid 41 via the power supply board 107 on the output side. The payout control board 103 permits energization of the firing solenoid 41 when receiving the firing handle detection signal from the touch sensor 32a.
そして、発射ハンドル32が操作されて、発射ハンドル32の回転角度が変化すると、発射ハンドル32に連結されているギアが回転すると共に、ギアに連結した発射ボリュームのつまみ32bが回転する。この発射ボリュームのつまみ32bが検出する発射ハンドル32の回動角度に応じた電圧が、発射ソレノイド41に印加される。   When the firing handle 32 is operated to change the rotation angle of the firing handle 32, the gear connected to the firing handle 32 rotates and the knob 32b of the firing volume connected to the gear rotates. A voltage corresponding to the rotation angle of the firing handle 32 detected by the firing volume knob 32 b is applied to the firing solenoid 41.
発射ソレノイド41に電圧が印加されると、発射ソレノイド41が印加電圧に応じて作動する。このように、払出制御基板103は、タッチセンサ32aからの発射ハンドル検出信号及び発射ボリュームのつまみ32bからの入力信号が有する情報に基づいて、発射ソレノイド41を通電制御し、遊技球を発射させる。   When a voltage is applied to the firing solenoid 41, the firing solenoid 41 operates according to the applied voltage. In this manner, the payout control board 103 controls the energization of the launch solenoid 41 based on the information contained in the launch handle detection signal from the touch sensor 32a and the input signal from the launch volume knob 32b, and launches the game ball.
なお、本実施形態では、発射ソレノイド41の往復速度は、発射制御基板106に設けられた水晶発振器の出力周期に基づく周波数から、約99.9(回/分)に設定されている。発射ソレノイド41が1往復する毎に1個の遊技球が発射されるため、1分間における発射される遊技球の個数は、約99.9(個/分)となる。   In this embodiment, the reciprocating speed of the firing solenoid 41 is set to about 99.9 (times / minute) from the frequency based on the output period of the crystal oscillator provided on the firing control board 106. Since one game ball is fired every time the firing solenoid 41 makes one reciprocation, the number of game balls fired in one minute is about 99.9 (pieces / minute).
また、払出制御基板103の出力側には、貯留タンク(図示なし)から所定個数の遊技球を遊技者に払い出すための払出装置5の払出駆動部51が接続されている。払出CPU103aは、主制御基板101から送信された賞球要求信号に基づいて、払出ROM103bから所定のプログラムを読み出して演算処理を行うとともに、払出装置5を制御して所定の遊技球を遊技者に払い出す。このとき、払出RAM103cは、払出CPU103aの演算処理時におけるデータのワークエリアとして機能する。   Further, a payout drive unit 51 of the payout device 5 for paying out a predetermined number of game balls from a storage tank (not shown) to the player is connected to the output side of the payout control board 103. The payout CPU 103a reads out a predetermined program from the payout ROM 103b based on the prize ball request signal transmitted from the main control board 101, performs arithmetic processing, and controls the payout device 5 to give a predetermined game ball to the player. Pay out. At this time, the payout RAM 103c functions as a data work area during the calculation process of the payout CPU 103a.
ランプ制御基板104は、上記各基板と同様に、ランプCPU104a、ランプROM104b、ランプRAM104cを備えている。ランプ制御基板104の出力側には、演出用照明装置16及び演出用役物装置17が接続されている。   The lamp control board 104 includes a lamp CPU 104a, a lamp ROM 104b, and a lamp RAM 104c, similarly to the above boards. On the output side of the lamp control board 104, an effect lighting device 16 and an effect accessory device 17 are connected.
ランプCPU104aは、演出制御基板102から送信される演出制御に係るコマンド(以下、「演出制御コマンド」という)に基づいて演出用照明装置16の発光制御、および、演出用照明装置16の光の照射方向を変更するためのモータに対する駆動制御を行う。また、ランプCPU104aは、演出制御コマンドに基づいて演出用役物装置17を作動させるソレノイドやモータに対する駆動制御を行う。さらに、ランプCPU104aは、演出制御コマンドに基づいて演出ボタン装置18の演出ボタン18Aを通常操作位置と特別操作位置との間を移動させる電動モータ18Cに対する駆動制御及び演出ボタン装置18のLED18Bを発光させる発光制御を行う。   The lamp CPU 104a performs light emission control of the effect lighting device 16 and irradiation of light from the effect lighting device 16 based on a command related to effect control transmitted from the effect control board 102 (hereinafter referred to as “effect control command”). Drive control for the motor for changing the direction is performed. Further, the lamp CPU 104a performs drive control on a solenoid or a motor that operates the effect accessory device 17 based on the effect control command. Further, the lamp CPU 104a emits the LED 18B of the drive control for the electric motor 18C for moving the effect button 18A of the effect button device 18 between the normal operation position and the special operation position and the effect button device 18 based on the effect control command. Perform light emission control.
また、ランプ制御基板104の入力側には、演出ボタン装置18の演出ボタン検出センサ18a1及び特別操作位置検出センサ18a2並びに選択ボタン装置19の選択ボタン検出センサ19aに接続されている。ランプ制御基板104は、演出ボタン検出信号、特別操作位置検出信号や選択ボタン検出信号が入力すると、それぞれを演出制御基板102に出力する。すなわち、ランプ制御基板104は、演出制御基板102と演出ボタン装置18及び選択ボタン装置19との間で演出ボタン検出信号、特別操作位置検出信号及び選択ボタン検出信号を中継する。   Further, the input side of the lamp control board 104 is connected to the effect button detection sensor 18 a 1 and the special operation position detection sensor 18 a 2 of the effect button device 18 and the selection button detection sensor 19 a of the selection button device 19. When the effect button detection signal, the special operation position detection signal, and the selection button detection signal are input, the lamp control board 104 outputs each to the effect control board 102. That is, the lamp control board 104 relays the effect button detection signal, the special operation position detection signal, and the selection button detection signal between the effect control board 102, the effect button device 18, and the selection button device 19.
また、ランプ制御基板104の入力側には、演出ボタン装置18の演出ボタン検出センサ18a及び特別操作位置検出センサ18a2並びに選択ボタン装置19の選択ボタン検出センサ19aに接続されている。ランプ制御基板104は、演出ボタン検出信号、特別操作位置検出信号や選択ボタン検出信号が入力すると、それぞれを演出制御基板102に出力する。すなわち、ランプ制御基板104は、演出制御基板102と演出ボタン装置18及び選択ボタン装置19との間で演出ボタン検出信号、特別操作位置検出信号や選択ボタン検出信号を中継する。   Further, the input side of the lamp control board 104 is connected to the effect button detection sensor 18 a and the special operation position detection sensor 18 a 2 of the effect button device 18 and the selection button detection sensor 19 a of the selection button device 19. When the effect button detection signal, the special operation position detection signal, and the selection button detection signal are input, the lamp control board 104 outputs each to the effect control board 102. That is, the lamp control board 104 relays the effect button detection signal, the special operation position detection signal, and the selection button detection signal between the effect control board 102 and the effect button device 18 and the selection button device 19.
画像制御基板105は、少なくとも画像表示装置14の表示部140に表示させる動画や静止画等の画像に係る映像信号を生成し、画像表示装置14に出力する画像生成部105Bと、音声出力装置15に出力させる音声に係る音声信号を生成し、音声出力装置15に出力する音声生成部105Cと、画像生成部105B及び音声生成部105Cを統括して制御する統括部105Aとを有する。   The image control board 105 generates at least a video signal related to an image such as a moving image or a still image to be displayed on the display unit 140 of the image display device 14, and outputs the image signal to the image display device 14. A sound generation unit 105C that generates a sound signal related to the sound to be output to the sound output unit 15 and outputs the sound signal to the sound output device 15, and a control unit 105A that controls and controls the image generation unit 105B and the sound generation unit 105C.
画像制御基板105の統括部105Aは、画像表示装置14による画像表示制御を行うため統括CPU105Aa、統括ROM105Ab、及び、統括RAM105Acを備えている。   The overall control unit 105 </ b> A of the image control board 105 includes an overall CPU 105 </ b> Aa, an overall ROM 105 </ b> Ab, and an overall RAM 105 </ b> Ac for performing image display control by the image display device 14.
統括CPU105Aaは、制御プログラム等が記憶されている統括ROM105Abに接続されており、統括CPU105Aaの動作に必要な制御プログラムが読み出されるようになっている。統括CPU105Aaは、演出制御基板102から送信される演出制御に係るコマンドを受信すると、該コマンドに基づいて画像生成部105Bに画像表示装置14に表示させる画像の指示を出すと共に、音声生成部105Cに音声出力装置15から出力させる音声の指示を出す。   The overall CPU 105Aa is connected to an overall ROM 105Ab in which a control program and the like are stored, and a control program necessary for the operation of the overall CPU 105Aa is read out. Upon receiving a command related to effect control transmitted from the effect control board 102, the general CPU 105Aa issues an instruction for an image to be displayed on the image display device 14 on the image generation unit 105B based on the command, and also transmits to the sound generation unit 105C. A voice instruction to be output from the voice output device 15 is issued.
統括RAM105Acは、統括CPU105Aaの演算処理時におけるデータのワークエリアとして機能し、統括ROM105Abから読み出されたデータを一時的に記憶するものである。   The general RAM 105Ac functions as a data work area during the arithmetic processing of the general CPU 105Aa, and temporarily stores data read from the general ROM 105Ab.
また、統括ROM105Abは、マスクROMで構成されており、統括ROM105Abの制御処理のプログラム、ディスプレイリストを生成するためのディスプレイリスト生成プログラム、演出パターンのアニメーションを表示するためのアニメパターン、アニメシーン情報等が記憶されている。   The general ROM 105Ab is composed of a mask ROM, a control processing program for the general ROM 105Ab, a display list generation program for generating a display list, an animation pattern for displaying an animation of a production pattern, animation scene information, and the like. Is remembered.
このアニメパターンは、画像による演出の具体的な内容を構成するアニメーションを表示するにあたり参照され、アニメパターンにはアニメシーン情報や各アニメシーンの表示順序等に関連付けられている。なお、アニメシーン情報には、ウェイトフレーム(表示時間)、対象データ(スプライトの識別番号、転送元アドレス等)、描画のためのパラメータ(スプライトの表示位置、表示倍率、透過率等)、描画方法、画像表示装置14の輝度のパラメータとなるデューティー比等などの各種情報が含まれている。   This animation pattern is referred to when displaying an animation that constitutes the specific content of the effect by the image, and the animation pattern is associated with the animation scene information, the display order of each animation scene, and the like. The animation scene information includes weight frame (display time), target data (sprite identification number, transfer source address, etc.), drawing parameters (sprite display position, display magnification, transmittance, etc.), drawing method. Various information such as a duty ratio that is a parameter of the luminance of the image display device 14 is included.
画像生成部105Bは、画像プロセッサであるVDP(Video Display Processor)105Baと、画像データが格納されたCGROM105Bb、及び、画像データから生成される描画データを一時的に記憶するフレームバッファ等を有するVRAM105Bcを備えている。   The image generation unit 105B includes a VDP (Video Display Processor) 105Ba that is an image processor, a CGROM 105Bb that stores image data, and a VRAM 105Bc that temporarily stores drawing data generated from the image data. I have.
VDP105Baは、画像データが記憶されているCGROM105Bbに接続されており、統括CPU105Aaからの指示に基づいて、画像データに基づいて映像信号(RGB信号等)の元となる描画データを生成する。画像データは、画像表示装置14に表示させる画像(フレーム)、例えば、装飾図柄画像や装飾図柄の背景を構成する、景色、キャラクタ、及び台詞等の背景画像等の個々の画像を表す素材的なデータである。一方、描画データは個々の画像が複合されて(重ね合わされて)構成されるフレーム全体の画像を表す合成的なデータである。   The VDP 105Ba is connected to the CGROM 105Bb in which image data is stored, and generates drawing data as a source of a video signal (RGB signal or the like) based on the image data based on an instruction from the overall CPU 105Aa. The image data is an image (frame) to be displayed on the image display device 14, for example, a material image representing an individual image such as a background image such as a scene, a character, and a dialogue that constitutes a background of a decorative design image or a decorative design. It is data. On the other hand, the drawing data is synthetic data representing an image of the entire frame formed by combining (superimposing) individual images.
CGROM105Bbは、フラッシュメモリ、EEPROM、EPROM、マスクROM等から構成され、所定範囲の画素(例えば、32×32ピクセル)における画素情報の集まりからなる画像データ(スプライト、ムービー)等を圧縮して記憶している。画素情報は、それぞれの画素毎に色番号を指定する色番号情報と画像の透明度を示すα値とから構成されている。   The CGROM 105Bb includes a flash memory, an EEPROM, an EPROM, a mask ROM, and the like, and compresses and stores image data (sprites, movies), etc., consisting of a collection of pixel information in a predetermined range of pixels (for example, 32 × 32 pixels). ing. The pixel information is composed of color number information specifying a color number for each pixel and an α value indicating the transparency of the image.
また、CGROM105Bbは、色番号を指定する色番号情報と実際に色を表示するための表示色情報とが対応づけられたパレットデータを圧縮せずに記憶している。なお、CGROM105Bbは、全ての画像データを圧縮せずとも、一部のみ圧縮している構成でもよい。また、ムービーの圧縮方式としては、MPEG4等の公知の種々の圧縮方式を用いることができる。   Further, the CGROM 105Bb stores the palette data in which the color number information for designating the color number and the display color information for actually displaying the color are associated with each other without being compressed. The CGROM 105Bb may have a configuration in which only a part of the image data is compressed without being compressed. As a movie compression method, various known compression methods such as MPEG4 can be used.
また、画像生成部105Bは、水晶発振器を有している。水晶発振器は、VDP105Baにパルス信号を出力する。VDP105Baは、このパルス信号を分周することで、画像表示装置14と同期を図るための同期信号(水平同期信号・垂直同期信号)を生成し、画像表示装置14に出力する。   The image generation unit 105B has a crystal oscillator. The crystal oscillator outputs a pulse signal to the VDP 105Ba. The VDP 105Ba divides the pulse signal to generate a synchronization signal (horizontal synchronization signal / vertical synchronization signal) for synchronizing with the image display device 14, and outputs the synchronization signal to the image display device 14.
次に、図4〜図12を参照して、メインROM101bに記憶されている各種テーブルの詳細について説明する。   Next, details of various tables stored in the main ROM 101b will be described with reference to FIGS.
図4(a−1)、図4(a−2)は、大当たり判定のときに用いられる大当たり判定テーブルの一例を示す図である。大当たり判定とは、特別図柄抽選を構成し、遊技者に有利な大当たり遊技を実行するか否かを判定することであり、判定対象となる特図判定情報に基づく特別図柄の変動表示が開始されるときに行われる。   FIG. 4A-1 and FIG. 4A-2 are diagrams illustrating an example of the jackpot determination table used for the jackpot determination. The jackpot determination is to make a special symbol lottery and determine whether or not to execute a jackpot game advantageous to the player, and the special symbol variation display based on the special symbol determination information to be determined is started. Is done when.
図4(a−1)は、遊技球の第1始動口6への入球を契機に行われる大当たり判定(以下、「第1大当たり判定」という)において参照されるテーブル(以下、「第1大当たり判定テーブル」という)である。一方、図4(a−2)は、遊技球の第2始動口7への入球を契機に行われる大当たり判定(以下、「第2大当たり判定」という)において参照されるテーブル(以下、「第2大当たり判定テーブル」という)である。   FIG. 4A-1 is a table (hereinafter referred to as “first jackpot determination”) referred to in jackpot determination (hereinafter referred to as “first jackpot determination”) performed when a game ball enters the first starting port 6 as a trigger. It is called a jackpot determination table). On the other hand, FIG. 4 (a-2) is a table (hereinafter referred to as “second jackpot determination”) referred to in jackpot determination (hereinafter referred to as “second jackpot determination”) performed when a game ball enters the second starting port 7 as a trigger. A second jackpot determination table).
いずれの大当たり判定テーブルも、後述する大当たりの当選確率が、相対的に低い(標準値に設定された)状態のときに参照される大当たり判定テーブル(以下、「低確率用大当たり判定テーブル」という)と、相対的に高い(標準値より高く設定された)状態のときに参照される大当たり判定テーブル(以下、「高確率用大当たり判定テーブル」という)とで構成されている。   In any jackpot determination table, a jackpot determination table (hereinafter referred to as “low probability jackpot determination table”) referred to when the jackpot winning probability described later is relatively low (set to a standard value). And a jackpot determination table (hereinafter referred to as “high probability jackpot determination table”) that is referred to when the state is relatively high (set higher than the standard value).
各大当たり判定テーブルには、大当たり判定値と判定結果(大当たり及びハズレ)とが一義的に対応付けられて格納されている。後述するように、遊技球が第1始動口6又は第2始動口7に入球することを契機に取得された大当たり判定用乱数を大当たり判定テーブルに照合することで、「大当たり」又は「ハズレ」のいずれかが決定される。   In each jackpot determination table, a jackpot determination value and a determination result (a jackpot and a loss) are uniquely associated and stored. As will be described later, by matching the jackpot determination random number acquired when the game ball enters the first start port 6 or the second start port 7 with the jackpot determination table, "Is determined.
大当たり判定の結果が「大当たり」であると、当該結果を示す特別図柄の停止表示後に、大入賞口8の開放を伴う大当たり遊技が実行される。   If the result of the jackpot determination is “big jackpot”, the jackpot game with the opening of the jackpot 8 is executed after the special symbol indicating the result is stopped and displayed.
図4(b−1)〜図4(b−2)は、特別図柄判定するときに用いられる特別図柄判定テーブルの一例を示す図である。特別図柄判定とは、特別図柄抽選を構成するものであり、大当たり判定の結果に基づいて特別図柄表示装置20、21において停止表示する特別図柄の種類(特別図柄の停止表示態様)を決定することであり、判定対象となる特図判定情報に基づく特別図柄の変動表示が開始されるときに行われる。   FIGS. 4B-1 to 4B-2 are diagrams illustrating an example of a special symbol determination table used when determining a special symbol. The special symbol determination constitutes a special symbol lottery, and determines the type of special symbol to be stopped and displayed on the special symbol display devices 20 and 21 (special symbol stop display mode) based on the result of the jackpot determination. This is performed when the special symbol variation display based on the special symbol determination information to be determined is started.
特別図柄判定テーブルは、大当たり判定の結果(大当たり及びハズレ)に関連付けられている。すなわち、図4(b−1)は、大当たり判定の結果が「大当たり」である場合の特別図柄である大当たり特別図柄に対する特別図柄判定(以下、「大当たり特別図柄判定」という)において参照されるテーブル(以下、「大当たり特別図柄判定テーブル」という)、図4(b−2)は、大当たり判定の結果が「ハズレ」である場合の特別図柄であるハズレ特別図柄に対する特別図柄判定(以下、「ハズレ特別図柄判定」という)において参照されるテーブル(以下、「ハズレ特別図柄判定テーブル」という)である。   The special symbol determination table is associated with a jackpot determination result (a jackpot and a loss). That is, FIG. 4B-1 is a table that is referred to in the special symbol determination for the jackpot special symbol that is a special symbol when the result of the jackpot determination is “big jackpot” (hereinafter referred to as “special jackpot special symbol determination”). FIG. 4B-2 shows a special symbol determination (hereinafter referred to as “losing”) for a special symbol of a loss that is a special symbol when the result of the jackpot determination is “losing”. This is a table referred to in “special symbol determination” (hereinafter referred to as “losing special symbol determination table”).
大当たり特別図柄判定テーブル及びハズレ特別図柄判定テーブルは、さらに、当該特別図柄判定の契機となる遊技球の入球があった始動口の種類(第1始動口6or第2始動口7)にも関連付けられている。   The jackpot special symbol determination table and the loser special symbol determination table are further associated with the type of the starting port (the first starting port 6 or the second starting port 7) in which the game ball was entered as a trigger for the special symbol determination. It has been.
各特別図柄判定テーブルには、特別図柄判定値と、停止表示される特別図柄とが一義的に対応付けられて格納されている。後述するように、遊技球が第1始動口6又は第2始動口7に入球することを契機に取得された特別図柄判定用乱数を特別図柄判定テーブルに照合することで、停止表示される特別図柄が決定される。停止表示される特別図柄の識別情報として、特図停止データ及び演出図柄指定コマンドが設定されている。   In each special symbol determination table, the special symbol determination value and the special symbol to be stopped and displayed are uniquely associated and stored. As will be described later, the special symbol determination random number acquired when the game ball enters the first start port 6 or the second start port 7 is collated with the special symbol determination table to be stopped and displayed. A special symbol is determined. As special symbol identification information to be stopped and displayed, special symbol stop data and effect symbol designation command are set.
特図停止データは、主制御基板101における処理で用いられ、演出図柄指定コマンドは、演出制御基板102に送信されて、演出制御基板102における処理で用いられる。演出図柄指定コマンドは、特別図柄の変動表示の開始時に(ステップS300の特別図柄記憶判定処理時に)生成されて演出制御基板102に送信される。   The special figure stop data is used in the process on the main control board 101, and the effect design designation command is transmitted to the effect control board 102 and used in the process on the effect control board 102. The effect symbol designation command is generated and transmitted to the effect control board 102 at the time of starting the variation display of the special symbol (at the time of the special symbol memory determination process in step S300).
演出図柄指定コマンドは、当該特別図柄判定に係る特別図柄が停止表示される特別図柄表示装置(第1特別図柄表示装置20又は第2特別図柄表示装置21)を識別するための1バイトのMODEデータと、停止表示される特別図柄を識別するための1バイトのDATAデータとから構成されている。   The effect symbol designation command is a 1-byte MODE data for identifying a special symbol display device (the first special symbol display device 20 or the second special symbol display device 21) on which the special symbol related to the special symbol determination is stopped and displayed. And 1-byte DATA data for identifying a special symbol to be stopped and displayed.
演出図柄指定コマンドについては、MODEデータが「E1H」であれば、第1特別図柄表示装置20で特別図柄の停止表示が行われることを表し、MODEデータが「E2H」であれば、第2特別図柄表示装置21で特別図柄の停止表示が行われることを表す。なお、MODEデータが「E1H」の演出図柄指定コマンドのことを「第1演出図柄指定コマンド」、MODEデータが「E2H」の演出図柄指定コマンドのことを「第2演出図柄指定コマンド」という。   As for the design symbol designation command, if the MODE data is “E1H”, it means that the special symbol display device 20 stops displaying the special symbol, and if the MODE data is “E2H”, the second special symbol is displayed. This means that special symbol stop display is performed on the symbol display device 21. The effect designating command with MODE data “E1H” is referred to as a “first effect designating command”, and the effect designating command with MODE data “E2H” is referred to as a “second effect designating command”.
(特別図柄の変動パターン判定テーブル)
図5〜図6は、特図変動パターン判定のときに用いられる特図変動パターン判定テーブルの一例を示す図である。特図変動パターン判定とは、特別図柄の変動表示の態様(以下、「特図変動パターン」という)を判定することであり、判定対象となる特図判定情報に基づく特別図柄の変動表示が開始されるときに行われる。
(Special symbol variation pattern judgment table)
5 to 6 are diagrams showing an example of a special figure fluctuation pattern determination table used for special figure fluctuation pattern determination. Special figure fluctuation pattern determination is to determine the special symbol fluctuation display mode (hereinafter referred to as “special figure fluctuation pattern”), and the special symbol fluctuation display based on the special figure judgment information to be judged is started. Is done when.
特図変動パターンには、特別図柄の変動表示に要する時間(以下、「特図変動時間」という)及び当該特別図柄の変動表示に応じた特図抽選演出を構成する変動演出の演出種別が関連付けられている。変動演出についての詳細は後述するが、特別図柄の変動表示が開始してから、当該特別図柄の変動表示が終了までの間に行われる演出のことである。変動演出には、上述した演出図柄の変動表示が含まれ、演出図柄の変動表示の他、画像表示装置14によるキャラクタ等のオブジェクト画像や所定のムービー画像による画像演出、音声出力装置15による音声演出、演出用照明装置16による照明演出及び可動部17Aによる動作演出等で構成される。   The special figure fluctuation pattern is associated with the time required for the special symbol fluctuation display (hereinafter referred to as “special figure fluctuation time”) and the production type of the variable presentation constituting the special figure lottery effect according to the fluctuation display of the special symbol. It has been. Although the details of the variation effect will be described later, it is an effect that is performed after the special symbol variation display is started until the special symbol variation display is completed. The variation effect includes the above-described variation display of the effect symbol. In addition to the effect symbol variation display, the image effect by the image display device 14 such as an object image such as a character, the image effect by the predetermined movie image, and the sound effect by the audio output device 15. , The lighting effect by the lighting device 16 and the motion effect by the movable portion 17A.
また、特図変動パターンは、第1特別図柄表示装置20において表示される第1特別図柄の変動表示の態様である第1特図変動パターンと、第2特別図柄表示装置21において表示される第2特別図柄の変動表示の態様である第2特図変動パターンとで区別される。   The special symbol variation pattern includes a first special symbol variation pattern which is a variation display mode of the first special symbol displayed on the first special symbol display device 20 and a first special symbol variation pattern which is displayed on the second special symbol display device 21. It is distinguished from the second special figure variation pattern which is a mode of variation display of two special symbols.
特図変動パターン判定テーブルは、遊技状態に関連付けられている(図示なし)。さらに、遊技状態に関連付けられている特図変動パターン判定テーブルは、第1特図変動パターンを決定するときに用いられる第1特図変動パターン判定テーブルと、第2特図変動パターンを決定するときに用いられる第2特図変動パターン判定テーブルとに分けられている。図5は、後述する非時短遊技状態において第1特図変動パターンを決定する際に参照される第1特図変動パターン判定テーブルの一例を示す図、図6は、後述する非時短遊技状態において第2特図変動パターンを決定する際に参照される第2特図変動パターン判定テーブルの一例を示す図である。   The special figure variation pattern determination table is associated with the gaming state (not shown). Furthermore, the special figure fluctuation pattern determination table associated with the gaming state is used when determining the first special figure fluctuation pattern determination table and the second special figure fluctuation pattern used when determining the first special figure fluctuation pattern. 2 is divided into a second special figure fluctuation pattern determination table. FIG. 5 is a diagram illustrating an example of a first special figure variation pattern determination table that is referred to when determining the first special figure variation pattern in the non-short-time gaming state to be described later, and FIG. It is a figure which shows an example of the 2nd special figure fluctuation pattern determination table referred when determining a 2nd special figure fluctuation pattern.
各特図変動パターン判定テーブルは、さらに、特別図柄判定の結果が反映された特図停止データにも関連付けられている。   Each special figure variation pattern determination table is also associated with special figure stop data reflecting the result of the special symbol determination.
また、特図停止データがハズレを示すものであれば、第1特図変動パターン判定テーブルは、さらに、第1特図保留数(U1)が「0」〜「1」の場合の第1特図変動パターン判定テーブルと、第1特図保留数(U1)が「2」以上の場合の第1特図変動パターン判定テーブルとに分けられている。同様に、第2特図変動パターン判定テーブルも、さらに、第2特図保留数(U2)が「0」〜「1」の場合の第2特図変動パターン判定テーブルと、第2特図保留数(U2)が「2」以上の場合の第2特図変動パターン判定テーブルとに分けられている。   If the special figure stop data indicates a loss, the first special figure fluctuation pattern determination table further indicates that the first special figure reservation number (U1) is “0” to “1”. The figure variation pattern determination table and the first special figure variation pattern determination table when the first special figure reservation number (U1) is “2” or more are divided. Similarly, the second special figure fluctuation pattern determination table also includes a second special figure fluctuation pattern determination table when the second special figure reservation number (U2) is “0” to “1”, and a second special figure reservation. The number (U2) is divided into a second special figure fluctuation pattern determination table in the case where “2” or more.
この特図保留数に基づいて分けられた特図変動パターン判定テーブルは、さらにリーチの有無によっても分けられている。リーチの有無は、リーチ判定用乱数(本実施形態では、リーチ判定用乱数の乱数範囲は0〜99)を用いたリーチ判定によって決定される。   The special figure fluctuation pattern determination table divided based on the number of special figure holds is further divided by the presence or absence of reach. The presence / absence of reach is determined by reach determination using a reach determination random number (in this embodiment, the random number range of the reach determination random number is 0 to 99).
なお、リーチ判定は、リーチ判定用乱数をリーチ判定テーブルに照合することで行われる(図5及び図6参照)。第1特図変動パターン判定テーブルについては、第1特図保留数(U1)が「0」〜「1」の場合のリーチ判定テーブルと、第1特図保留数(U1)が「2」以上の場合のリーチ判定テーブルとに分けられている。各リーチ判定テーブルには、リーチ判定値とリーチの有無とが一義的に対応付けられて格納されている。第1特図保留数(U1)が「0」〜「1」の場合のリーチ判定テーブルによると、リーチ判定用乱数が0〜69であると「リーチ無し」と判定され、リーチ判定用乱数が70〜99であると「リーチ有り」と判定される。一方、第1特図保留数(U1)が「2」以上の場合のリーチ判定テーブルによると、リーチ判定用乱数が0〜79であると「リーチ無し」と判定され、リーチ判定用乱数が80〜99であると「リーチ有り」と判定される。   The reach determination is performed by comparing the reach determination random number with the reach determination table (see FIGS. 5 and 6). Regarding the first special figure fluctuation pattern determination table, the reach determination table when the first special figure reservation number (U1) is “0” to “1”, and the first special figure reservation number (U1) is “2” or more. And the reach determination table. Each reach determination table stores the reach determination value and the presence / absence of reach uniquely associated with each other. According to the reach determination table when the first special figure hold number (U1) is “0” to “1”, if the reach determination random number is 0 to 69, it is determined “no reach”, and the reach determination random number is If it is 70 to 99, it is determined that “reach exists”. On the other hand, according to the reach determination table when the first special figure hold number (U1) is “2” or more, if the reach determination random number is 0 to 79, it is determined “no reach”, and the reach determination random number is 80. If it is ˜99, it is determined that there is a reach.
また、第2特図変動パターン判定テーブルについても、第2特図保留数(U2)が「0」〜「1」の場合のリーチ判定テーブルと、第2特図保留数(U2)が「2」以上の場合のリーチ判定テーブルとに分けられている。各リーチ判定テーブルには、リーチ判定値とリーチの有無とが一義的に対応付けられて格納されている。第2特図保留数(U2)が「0」〜「1」の場合のリーチ判定テーブルによると、リーチ判定用乱数が0〜69であると「リーチ無し」と判定され、リーチ判定用乱数が70〜99であると「リーチ有り」と判定される。一方、第2特図保留数(U2)が「2」以上の場合のリーチ判定テーブルによると、リーチ判定用乱数が0〜79であると「リーチ無し」と判定され、リーチ判定用乱数が80〜99であると「リーチ有り」と判定される。   As for the second special figure fluctuation pattern determination table, the reach determination table when the second special figure reservation number (U2) is “0” to “1” and the second special figure reservation number (U2) are “2”. And the reach determination table in the above case. Each reach determination table stores the reach determination value and the presence / absence of reach uniquely associated with each other. According to the reach determination table when the second special figure hold number (U2) is “0” to “1”, if the reach determination random number is 0 to 69, it is determined “no reach”, and the reach determination random number is If it is 70 to 99, it is determined that “reach exists”. On the other hand, according to the reach determination table when the second special figure hold number (U2) is “2” or more, if the reach determination random number is 0 to 79, it is determined “no reach”, and the reach determination random number is 80. If it is ˜99, it is determined that there is a reach.
よって、第1特図保留数(U1)又は第2特図保留数(U2)が「0」〜「1」の場合のリーチ判定では、70%で「リーチ無し」と判定され、30%の確率で「リーチ有り」と判定される。一方、第1特図保留数(U1)又は第2特図保留数(U2)が「2」以上の場合のリーチ判定では、80%で「リーチ無し」と判定され、20%の確率で「リーチ有り」と判定される。   Therefore, in the reach determination when the first special figure hold number (U1) or the second special figure hold number (U2) is “0” to “1”, it is determined that “no reach” is 70%, and 30% The probability is determined as “reach”. On the other hand, in the reach determination when the first special figure hold number (U1) or the second special figure hold number (U2) is “2” or more, it is determined as “no reach” at 80%, and “ It is determined that there is a reach.
各特図変動パターン判定テーブルにおいては、特図変動パターン判定値割合(%)となるように、特図変動パターン判定値と、一又は複数の特図変動パターンとが適宜に関連付けられて格納されている。後述するように、遊技球が第1始動口6又は第2始動口7に入球することを契機に取得された特図変動パターン判定用乱数を特図変動パターン判定テーブルに照合することで、特図変動パターンが決定される。   In each special figure fluctuation pattern determination table, special figure fluctuation pattern determination values and one or a plurality of special figure fluctuation patterns are stored in association with each other so that the ratio of special figure fluctuation pattern judgment values (%) is obtained. ing. As will be described later, by comparing the special figure variation pattern determination random number acquired when the game ball enters the first start port 6 or the second start port 7 with the special diagram variation pattern determination table, A special figure variation pattern is determined.
特図変動パターンは、各テーブルにおいて予め設定された所定の確率(特図変動パターン判定値割合(%))で割り振られているため、特図変動パターンには大当たり当選の期待度(大当たり当選期待度)や特定の大当たり当選(例えば、確変大当たり、長当たり等)の期待度が対応付けられていることになる。   Special figure fluctuation patterns are allocated with a predetermined probability (special figure fluctuation pattern judgment value ratio (%)) preset in each table. Degree) and the expected degree of a specific jackpot winning (for example, probable jackpot, long hit, etc.) are associated with each other.
なお、各特図変動パターンに対応して特図変動パターン指定コマンドが設定されている。特図変動パターン指定コマンドは、演出制御基板102に送信され、演出制御基板102における処理で用いられる。特図変動パターン指定コマンドは、特別図柄の変動表示の開始時に(ステップS300の特別図柄記憶判定処理時に)生成されて演出制御基板102に送信される。   A special figure fluctuation pattern designation command is set corresponding to each special figure fluctuation pattern. The special figure variation pattern designation command is transmitted to the effect control board 102 and used in processing in the effect control board 102. The special symbol variation pattern designation command is generated and transmitted to the effect control board 102 at the time of starting the variation display of the special symbol (at the time of the special symbol memory determination processing in step S300).
特図変動パターン指定コマンドは、当該特別図柄判定に係る特別図柄の変動表示が行われる特別図柄表示装置(第1特別図柄表示装置20又は第2特別図柄表示装置21)を識別するための1バイトのMODEデータと、特図変動パターンを識別するための1バイトのDATAデータとから構成されている。特図変動パターン指定コマンドについては、MODEデータが「E6H」であれば、第1特別図柄表示装置20で特別図柄の変動表示が行われることを表し、MODEデータが「E7H」であれば、第2特別図柄表示装置21で特別図柄の変動表示が行われることを表す。   The special symbol variation pattern designation command is 1 byte for identifying the special symbol display device (the first special symbol display device 20 or the second special symbol display device 21) on which the special symbol variation display related to the special symbol determination is performed. MODE data and 1-byte DATA data for identifying a special figure variation pattern. For the special figure variation pattern designation command, if the MODE data is “E6H”, this means that the special symbol variation display is performed on the first special symbol display device 20, and if the MODE data is “E7H”, 2 Indicates that special symbols are displayed on the special symbol display device 21 in a variable manner.
なお、MODEデータが「E6H」の特図変動パターン指定コマンドのことを「第1特図変動パターン指定コマンド」、MODEデータが「E7H」の特図変動パターン指定コマンドのことを「第2特図変動パターン指定コマンド」という。   Note that the special map fluctuation pattern designation command with MODE data “E6H” is “first special figure fluctuation pattern designation command”, and the special figure fluctuation pattern designation command with MODE data “E7H” is “second special figure”. This is called “variation pattern designation command”.
また、特図変動パターン判定テーブルの最右欄には、その特図変動パターンに基づく特別図柄の変動表示に対応する変動演出の演出種別(大まかな区分)と演出内容とを記載している。   In the rightmost column of the special figure fluctuation pattern determination table, the production type (rough classification) and the production content of the fluctuation production corresponding to the special symbol fluctuation display based on the special figure fluctuation pattern are described.
ここで、図5及び図6の特図変動パターンに係る変動演出の演出種別と当該演出種別に対応付けられた演出内容について説明する。   Here, the effect type of the change effect related to the special figure change pattern of FIGS. 5 and 6 and the effect contents associated with the effect type will be described.
変動演出の演出種別は、大別して、通常変動演出と特別変動演出とに分けられる。通常変動演出は、リーチ(所謂「テンパイ」)が成立しない通常の変動演出のことであり、遊技者に大当たり当選の期待を持たせることが困難な変動演出である。図5及び図6の演出種別の欄に記載の「通常1」、「通常2」及び「通常3」が通常変動演出に該当する。一方、特別変動演出は、リーチ(所謂「テンパイ」)が発生する特別な変動演出のことであり、通常変動演出に比べて遊技者に大当たり当選の期待を持つことができる変動演出である。図5及び図6の演出種別の欄に記載の「リーチ1」〜「リーチ11」が特別変動演出に該当する。   The production types of the fluctuation effects are roughly divided into normal fluctuation effects and special fluctuation effects. The normal variation effect is a normal variation effect in which reach (so-called “tempe pie”) is not established, and is a variation effect in which it is difficult for a player to have the expectation of winning a big hit. “Normal 1”, “Normal 2”, and “Normal 3” described in the column of the effect type in FIGS. 5 and 6 correspond to the normal variation effect. On the other hand, the special variation effect is a special variation effect in which a reach (a so-called “tempe pie”) occurs, and is a variation effect that allows the player to have a big win expectation compared to the normal variation effect. “Reach 1” to “Reach 11” described in the column of the effect type in FIGS. 5 and 6 correspond to the special variation effects.
「リーチ」とは、演出図柄の変動表示中に画像表示装置14の表示部140の左側領域、中央領域、及び、右側領域のうちの2つの領域で上記の装飾図柄が仮停止し(擬似的な停止表示を行い)、残り1つの領域における所定の有効ライン上で所定の装飾図柄が停止すれば大当たりの当選を表す装飾図柄の配列(組み合わせ)となる状態のことをいう。なお、以下において、表示部140の左側領域に表示される装飾図柄を「左図柄TZ1」、表示部140の中央領域に表示される装飾図柄を「中図柄TZ2」、表示部140の右側領域に表示される装飾図柄を「右図柄TZ3」とする。   “Reach” means that the above decorative symbols are temporarily stopped in two of the left region, the center region, and the right region of the display unit 140 of the image display device 14 during the variation display of the effect symbols (in a pseudo manner). This is a state in which if a predetermined decorative symbol is stopped on a predetermined effective line in the remaining one area, an arrangement (combination) of decorative symbols representing a big win is obtained. In the following, the decorative symbol displayed in the left area of the display unit 140 is “left symbol TZ1”, the decorative symbol displayed in the central region of the display unit 140 is “middle symbol TZ2”, and the right symbol of the display unit 140 is The displayed decorative symbol is “right symbol TZ3”.
例えば、大当たりを報知する装飾図柄TZ1〜TZ3の組合せとして「777」の3桁の装飾図柄TZ1〜TZ3の組み合わせが設定されている場合に、2つの装飾図柄(左図柄)TZ1と装飾図柄(右図柄)TZ3が「7」で仮停止する状態をいう。「仮停止」とは、装飾図柄TZ1〜TZ3が小さく揺れ動いたり、装飾図柄TZ1〜TZ3が小さく変形したりして、遊技者に装飾図柄TZ1〜TZ3が停止しているかのようにみせている態様をいう。   For example, when a combination of three-digit decorative symbols TZ1 to TZ3 of “777” is set as a combination of decorative symbols TZ1 to TZ3 for notifying the jackpot, two decorative symbols (left symbol) TZ1 and a decorative symbol (right symbol) Symbol) A state where TZ3 is temporarily stopped at “7”. “Temporary stop” is a mode in which the decorative symbols TZ1 to TZ3 are shaken small or the decorative symbols TZ1 to TZ3 are deformed to a small extent to make the player appear as if the decorative symbols TZ1 to TZ3 are stopped. Say.
リーチが発生すると、演出図柄の変動表示が終了するまでの間に、リーチが維持されながら様々なリーチ演出が実行され得る。本実施形態では、リーチ演出として、ノーマルリーチ(図5及び図6において「ノーマル」)、SPリーチ(図5及び図6において「SP」)及びSPSPリーチ(図5及び図6において「SPSP」)が設定されている。特別変動演出におけるリーチ発生後にいずれのリーチ演出がどのような順番で実行されるかは、特図変動パターンの演出種別に対応付けられている。   When the reach occurs, various reach effects can be executed while the reach is maintained until the change display of the effect symbols ends. In the present embodiment, normal reach (“normal” in FIGS. 5 and 6), SP reach (“SP” in FIGS. 5 and 6), and SPSP reach (“SPSP” in FIGS. 5 and 6) are provided as reach effects. Is set. The order in which the reach effects are executed after the occurrence of the reach in the special variation effect is associated with the effect type of the special figure variation pattern.
「ノーマルリーチ」とは、後述する演出モードに対応付けられた通常の背景画像が表示されている状態でリーチが維持されたまま、残りの1つの装飾図柄が変動するリーチ演出のことである。なお、図5及び図6に記載の「ノーマル(ハズレ)」とは、当該変動演出においてノーマルリーチが最後に行われるため、最後にハズレを示す演出が行われるノーマルリーチのことである。一方、図5及び図6に記載の「ノーマル(大当たり)」とは、当該変動演出においてノーマルリーチが最後に行われるため、最後に大当たりを示す演出が行われるノーマルリーチのことである。   “Normal reach” refers to a reach effect in which the remaining one decorative design fluctuates while the reach is maintained in a state where a normal background image associated with the effect mode described later is displayed. Note that “normal (losing)” described in FIGS. 5 and 6 is a normal reach in which the normal reach is performed last in the variation effect, and thus the effect indicating the last loss is performed. On the other hand, “normal (big hit)” shown in FIG. 5 and FIG. 6 is a normal reach in which the normal reach is performed last in the fluctuating production, and the production showing the big win is performed last.
「SPリーチ」とは、リーチが維持され、且つ、残りの1つの装飾図柄が変動したまま、所定時間のムービー(動画、アニメーション等)が流れるリーチ演出のことである。なお、図5及び図6に記載の「SP(ハズレ)」とは、当該変動演出においてSPリーチが最後に行われるため、最後にハズレを示す演出が行われるSPリーチのことである。また、図5及び図6に記載の「SP(大当たり)」とは、当該変動演出においてSPリーチが最後に行われるため、最後に大当たり当選を示す演出が行われるSPリーチのことである。   “SP reach” is a reach effect in which a movie (moving image, animation, etc.) for a predetermined time flows while the reach is maintained and the remaining one decorative design is fluctuating. Note that “SP (lost)” described in FIG. 5 and FIG. 6 is SP reach in which the effect indicating the loss is performed last because the SP reach is performed last in the variation effect. In addition, “SP (big hit)” described in FIGS. 5 and 6 is SP reach in which the SP reach is finally performed in the variation effect, and thus the effect indicating the big win is finally performed.
「SPSPリーチ」とは、リーチが維持され、且つ、残りの1つの装飾図柄が変動したまま、SPリーチに係るムービーより長い時間(長編)のムービー(動画、アニメーション等)が流れる演出のことである。なお、図5及び図6に記載の「SPSP(ハズレ)」とは、最後にハズレを示す演出が行われるSPSPリーチのことである。図5及び図6に記載の「SPSP(大当たり)」とは、最後に大当たりを示す演出が行われるSPSPリーチのことである。   “SPSP reach” refers to an effect in which a movie (video, animation, etc.) that lasts longer than a movie related to SP reach (the movie, animation, etc.) while the reach is maintained and the remaining one decorative pattern is fluctuating. is there. Note that “SPSP (losing)” described in FIGS. 5 and 6 is SPSP reach in which an effect indicating a losing is performed last. The “SPSP (big hit)” described in FIG. 5 and FIG. 6 is an SPSP reach in which an effect showing a big hit is performed at the end.
本実施形態では、リーチ演出に係る大当たり当選期待度としては、ノーマルリーチ<SPリーチ<SPSPリーチの順で高くなっている。   In the present embodiment, the expectation degree for winning a jackpot related to reach production is higher in the order of normal reach <SP reach <SPSP reach.
なお、本実施形態においては、大当たり当選に係る特図変動パターンとしては「ノーマルリーチ」が選択されるようになっているが、大当たり当選に係る特図変動パターンとして「ノーマルリーチ」が選択されないようにすることもできる。   In this embodiment, “normal reach” is selected as the special figure fluctuation pattern related to the big win, but “normal reach” is not selected as the special figure fluctuation pattern related to the big win. You can also.
また、本実施形態においては、変動演出において疑似連が実行される演出内容の特図変動パターンも設けられている。   Moreover, in this embodiment, the special figure fluctuation pattern of the content of the effect by which a pseudo | simulation series is performed in a variation effect is also provided.
擬似連とは、1回の始動口6、7への入球に基づく特別図柄抽選(大当たり判定)に対して、あたかも複数回の演出図柄の変動表示が実行されたかのように見せるために、1回の始動口6、7への入球に対して決定された特図変動時間内にて、全部の装飾図柄(左図柄、中図柄、右図柄)が仮停止した後に再度変動を開始する再変動表示を1回又は複数回数実行する特殊な態様の演出図柄の変動表示のことである。図5及び図6の演出内容に記載の「擬似2」、「擬似3」及び「擬似4」が疑似連の実行を表している。   In order to make it appear as if a variation display of effect symbols has been executed several times for a special symbol lottery (a jackpot determination) based on a single entry to the start openings 6 and 7, Within the special figure variation time determined for the entrance to the starting openings 6 and 7, the decorations again (left, middle, right) are temporarily stopped after the temporary stop. It is a variation display of a special design effect pattern in which the variation display is executed once or a plurality of times. “Pseudo 2”, “Pseudo 3”, and “Pseudo 4” described in the contents of the effects in FIGS. 5 and 6 represent the execution of the pseudo run.
ここで、「擬似2」は、再変動表示が1回実行され、あたかも演出図柄の変動表示が2回行われたかのように見せる演出図柄の変動表示の表示態様である。
「擬似3」は、再変動表示が2回実行され、あたかも演出図柄の変動表示が3回行われたかのように見せる演出図柄の変動表示の表示態様である。
「擬似4」は、再変動表示が3回実行され、あたかも演出図柄の変動表示が4回行われたかのように見せる演出図柄の変動表示の表示態様である。
Here, “pseudo 2” is a display mode of the variation display of the effect symbol which is displayed as if the re-variation display is executed once and the effect symbol variation display is performed twice.
“Pseudo-3” is a display mode of the variation display of the effect symbol that is displayed as if the re-variation display is executed twice and the effect symbol variation display is performed three times.
“Pseudo 4” is a display mode of the variation display of the effect symbol which is displayed as if the re-variation display is executed three times and the effect symbol variation display is performed four times.
本実施形態では、疑似連に係る大当たり当選期待度としては、疑似2<擬似3<擬似4の順で高くなっている。   In the present embodiment, the expectation degree for winning the jackpot for the pseudo-ream is higher in the order of pseudo 2 <pseudo 3 <pseudo 4.
以上のように、リーチが成立しているときに行われるリーチ演出としてノーマルリーチ、SPリーチ及びSPSPリーチが設定されており、また、特殊な態様の演出図柄の変動表示として疑似2、擬似3、及び、擬似4が設定されている。そして、1回の変動演出において、何れの演出がどのような順番で行われるかは特図変動パターンに対応付けられている。なお、特図変動パターンは、何れの演出がどのような順番で行われるかは対応付けられているが、各演出のさらなる詳細な内容については演出制御基板102が演出種別(リーチ1〜リーチ13)に基づいて決定する。   As described above, the normal reach, the SP reach, and the SPSP reach are set as the reach effects performed when the reach is established, and the pseudo 2, pseudo 3, , Pseudo 4 is set. In addition, which effect is performed in what order in one change effect is associated with the special figure change pattern. It should be noted that the special figure variation pattern is associated with which production is performed in what order, but the production control board 102 provides the production type (reach 1 to reach 13) for more detailed contents of each production. ).
図7(a−1)、図7(a−2)は、事前大当たり判定に用いられる事前大当たり判定テーブルの一例を示す図である。事前大当たり判定とは、始動口6、7に遊技球が入球し、当該入球に基づいて特図判定情報が取得された場合、当該特図判定情報に基づく特別図柄の変動表示が開始(大当たり判定が実行)される前に(本実施形態では、当該入球時に)、大当たり遊技を実行するか否かを判定することである。   FIG. 7A-1 and FIG. 7A-2 are diagrams illustrating an example of a prior jackpot determination table used for the prior jackpot determination. Prior jackpot determination means that when a game ball enters the start ports 6 and 7 and special figure determination information is acquired based on the ball, the special symbol variation display based on the special figure determination information starts ( It is to determine whether or not to execute the jackpot game before the jackpot determination is executed (in the present embodiment, at the time of the entry).
図7(a−1)は、遊技球が第1始動口6に入球し、当該入球に基づいて特図判定情報が取得された場合、当該特図判定情報に基づく特別図柄の変動表示が開始(第1大当たり判定が実行)される前に(本実施形態では、当該入球時に)、大当たりに当選したか否かを判定する第1事前大当たり判定に用いられるテーブル(以下、「事前第1大当たり判定テーブル」という)である。一方、図7(a−2)は、遊技球が第2始動口7へ入球し、当該入球に基づいて特図判定情報が取得された場合、当該特図判定情報に基づく特別図柄の変動表示が開始(第2大当たり判定が実行)される前に(本実施形態では、当該入球時に)、大当たりに当選したか否かを判定する第2大当たり判定に用いられるテーブル(以下、「事前第2大当たり判定テーブル」という)である。   FIG. 7A-1 shows a special symbol variation display based on the special figure determination information when the game ball enters the first starting port 6 and the special figure determination information is acquired based on the incoming ball. Before starting (the first jackpot determination is executed) (in the present embodiment, at the time of the entry), the table used for the first preliminary jackpot determination that determines whether or not the jackpot is won (hereinafter referred to as “preliminary” A first jackpot determination table). On the other hand, FIG. 7 (a-2) shows that when the game ball enters the second starting port 7 and special figure determination information is acquired based on the incoming ball, the special symbol based on the special figure determination information is displayed. Before the variable display is started (the second jackpot determination is executed) (in the present embodiment, at the time of the entry), a table (hereinafter referred to as “ It is referred to as a “preliminary second jackpot determination table”.
本実施形態では、事前第1大当たり判定テーブルは、第1大当たり判定テーブルと同一の構成となっており、事前第2大当たり判定テーブルは、第2大当たり判定テーブルと同一の構成となっている。   In this embodiment, the prior first jackpot determination table has the same configuration as the first jackpot determination table, and the prior second jackpot determination table has the same configuration as the second jackpot determination table.
なお、以下において、事前第1大当たり判定と事前第2大当たり判定とをまとめて言う場合は単に「事前大当たり判定」と言い、事前第1大当たり判定テーブルと事前第2大当たり判定テーブルとをまとめて言う場合は単に「事前大当たり判定テーブル」と言う。   In the following, when the preliminary first jackpot determination and the preliminary second jackpot determination are collectively referred to as “preliminary jackpot determination”, the preliminary first jackpot determination table and the preliminary second jackpot determination table are collectively referred to. In this case, it is simply referred to as “pre-hit jackpot determination table”.
図7(b−1)〜図7(b−2)は、事前図柄判定に用いられる事前図柄判定テーブルの一例を示す図である。事前図柄判定とは、始動口6、7に遊技球が入球し、当該入球に基づいて特図判定情報が取得された場合、当該特図判定情報に基づく特別図柄の変動表示が開始(特別図柄判定が実行)される前に(本実施形態では、当該入球時に)、事前大当たり判定の結果に基づいて特別図柄表示装置20、21において停止表示する特別図柄の種類(特別図柄の停止表示態様)を決定することである。   FIG.7 (b-1)-FIG.7 (b-2) are figures which show an example of the prior symbol determination table used for prior symbol determination. Pre-symbol determination means that when a game ball enters the start ports 6 and 7 and special figure determination information is acquired based on the ball, the special symbol variation display based on the special figure determination information starts ( Before the special symbol determination is performed (in the present embodiment, at the time of the entry), the special symbol type to be stopped and displayed on the special symbol display devices 20 and 21 based on the result of the prior jackpot determination (stop of the special symbol) Display mode).
事前図柄判定テーブルは、特別図柄判定テーブルと同様に、事前大当たり判定の結果(大当たり及びハズレ)に関連付けられており、事前大当たり特別図柄判定テーブルと、事前ハズレ特別図柄テーブルとからなる。   Similar to the special symbol determination table, the prior symbol determination table is associated with the result of the prior jackpot determination (big hit and loss), and includes a preliminary jackpot special symbol determination table and a prior loss special symbol table.
また、事前大当たり特別図柄判定テーブル及び事前ハズレ特別図柄判定テーブルは、さらに、当該事前図柄判定の契機となる遊技球の入球があった始動口の種類(第1始動口6又は第2始動口7)にも関連付けられている。なお、以下において、遊技球の第1始動口6への入球に基づいて行われる事前図柄判定のことを第1事前図柄判定といい、遊技球の第2始動口7への入球に基づいて行われる事前図柄判定のことを第2事前図柄判定という。   In addition, the advance jackpot special symbol determination table and the advance lose special symbol determination table further include the type of the start port (the first start port 6 or the second start port) in which the game ball that triggered the prior symbol determination has entered. 7). In the following, the prior symbol determination performed based on the game ball entering the first start port 6 is referred to as first preliminary symbol determination, and based on the game ball entering the second start port 7. This prior symbol determination is referred to as second preliminary symbol determination.
各事前図柄判定テーブルには、特別図柄判定値と、当該事前図柄判定の判定対象の特図判定情報に基づく特別図柄の停止表示が行われた場合の特別図柄(以下、「事前図柄」という)とが一義的に対応付けられて格納されている。後述するように、遊技球が第1始動口6又は第2始動口7に入球することを契機に取得された特別図柄判定用乱数を事前図柄判定テーブルに照合することで、事前図柄が決定される。事前図柄の識別情報として、事前特図停止データ及び事前図柄指定コマンドが設定されている。   Each pre-symbol determination table includes a special symbol when the special symbol stop value is displayed based on the special symbol determination value and the special symbol determination information to be determined in the prior symbol determination (hereinafter referred to as “pre-symbol”). Are stored in association with each other uniquely. As will be described later, the prior symbol is determined by comparing the special symbol determination random number acquired when the game ball enters the first start port 6 or the second start port 7 with the prior symbol determination table. Is done. As special symbol identification information, preliminary special symbol stop data and a preliminary symbol designation command are set.
事前特図停止データは、主制御基板101における処理で用いられ、事前図柄指定コマンドは、演出制御基板102に送信されて、演出制御基板102における処理で用いられる。事前図柄指定コマンドは、当該入球時に(ステップS200の入力処理時に)生成されて演出制御基板102に送信される。   The prior special figure stop data is used in the process on the main control board 101, and the prior symbol designation command is transmitted to the effect control board 102 and used in the process on the effect control board 102. The prior symbol designation command is generated at the time of entering the ball (during the input process in step S200) and transmitted to the effect control board 102.
事前図柄指定コマンドは、当該事前図柄判定の判定対象の特図判定情報に基づく特別図柄の変動表示及び停止表示が行われる特別図柄表示装置(第1特別図柄表示装置20or第2特別図柄表示装置21)を識別するための1バイトのMODEデータと、停止表示される特別図柄を識別するための1バイトのDATAデータとから構成されている。   The prior symbol designating command is a special symbol display device (first special symbol display device 20 or second special symbol display device 21) that performs variable symbol display and stop display based on the special symbol determination information to be determined for the prior symbol determination. ) For identifying 1-byte data, and 1-byte DATA data for identifying special symbols to be stopped and displayed.
事前図柄指定コマンドについては、MODEデータが「E3H」であれば、第1特別図柄表示装置20で特別図柄の停止表示が行われることを表し、MODEデータが「E4H」であれば、第2特別図柄表示装置21で特別図柄の停止表示が行われることを表す。なお、MODEデータが「E3H」の事前図柄指定コマンドのことを「第1事前図柄指定コマンド」、MODEデータが「E4H」の事前図柄指定コマンドのことを「第2事前図柄指定コマンド」という。   For the pre-designation command, if the MODE data is “E3H”, it means that the special symbol is stopped on the first special symbol display device 20, and if the MODE data is “E4H”, the second special symbol is displayed. This means that special symbol stop display is performed on the symbol display device 21. The prior symbol designating command whose MODE data is “E3H” is referred to as a “first prior symbol designating command”, and the prior symbol designating command whose MODE data is “E4H” is referred to as a “second prior symbol designating command”.
(事前変動パターン判定テーブル)
図8は、非時短遊技状態において遊技球が第1始動口6に入球し、当該入球に基づいて特図判定情報が取得された場合、当該特図判定情報に基づく特別図柄の変動表示が開始(第1特図変動パターン判定が実行)される前に(本実施形態では、当該入球時に)、第1特図変動パターンを判定する事前第1変動パターン判定に用いられるテーブル(以下、「事前第1変動パターン判定テーブル」という)である。一方、図9は、非時短遊技状態において遊技球が第2始動口7へ入球し、当該入球に基づいて特図判定情報が取得された場合、当該特図判定情報に基づく特別図柄の変動表示が開始(第2特図変動パターン判定が実行)される前に(本実施形態では、当該入球時に)、第2特図変動パターンを判定する事前第2変動パターン判定に用いられるテーブル(以下、「事前第2変動パターン判定テーブル」という)である。
(Preliminary variation pattern judgment table)
FIG. 8 shows a variation display of a special symbol based on the special figure determination information when the game ball enters the first starting port 6 in the non-short-time gaming state and the special figure determination information is acquired based on the incoming ball. Before the first start (execution of the first special figure fluctuation pattern is executed) (in this embodiment, at the time of the entry), a table (hereinafter referred to as a first special fluctuation pattern judgment for determining the first special figure fluctuation pattern) , Referred to as “preliminary first variation pattern determination table”). On the other hand, FIG. 9 shows that when the game ball enters the second starting port 7 in the non-short-time gaming state and the special figure determination information is acquired based on the incoming ball, the special symbol based on the special figure determination information is displayed. A table used for prior second variation pattern determination for determining the second special diagram variation pattern before the variation display is started (when the second special diagram variation pattern determination is executed) (in the present embodiment, at the time of the entry). (Hereinafter referred to as “preliminary second variation pattern determination table”).
なお、以下において、事前第1変動パターン判定と事前第2変動パターン判定とをまとめて言う場合は単に「事前変動パターン判定」と言い、事前第1変動パターン判定テーブルと事前第2変動パターン判定テーブルとをまとめて言う場合は単に「事前変動パターン判定テーブル」と言う。   In the following description, the pre-first variation pattern determination and the pre-second variation pattern determination are collectively referred to as “pre-variation pattern determination”, and the pre-first variation pattern determination table and the pre-second variation pattern determination table. Are collectively referred to as “preliminary variation pattern determination table”.
事前変動パターン判定テーブルも、特図変動パターン判定テーブルと同様に、遊技状態に関連付けられている。図8は、後述する非時短遊技状態において事前第1変動パターンを決定する際に参照される事前第1変動パターン判定テーブルの一例を示す図である。当該事前第1変動パターン判定テーブルは、図5に記載の第1特図変動パターン判定テーブルと類似の構成をしている。図9は、非時短遊技状態において事前第2変動パターンを決定する際に参照される事前第2変動パターン判定テーブルの一例を示す図である。当該事前第2変動パターン判定テーブルは、図6に記載の第2特図変動パターン判定テーブルと類似の構成をしている。   The prior variation pattern determination table is also associated with the gaming state in the same manner as the special figure variation pattern determination table. FIG. 8 is a diagram showing an example of a prior first variation pattern determination table that is referred to when determining the prior first variation pattern in a non-time-saving gaming state to be described later. The prior first variation pattern determination table has a configuration similar to that of the first special figure variation pattern determination table shown in FIG. FIG. 9 is a diagram illustrating an example of a preliminary second variation pattern determination table referred to when determining the preliminary second variation pattern in the non-time-saving gaming state. The prior second variation pattern determination table has a configuration similar to that of the second special figure variation pattern determination table shown in FIG.
事前変動パターン判定テーブルは、さらに、事前特図停止データに関連付けられている。ここで、事前特図停止データがハズレを示すものであれば、事前変動パターン判定テーブルは、さらにリーチの有無によっても分けられている。リーチの有無は、上述のリーチ判定と同様に、リーチ判定用乱数を用いた事前リーチ判定によって決定される。なお、事前リーチ判定では、80%で「リーチ無し」と判定され、20%の確率で「リーチ有り」と判定される。   The advance variation pattern determination table is further associated with advance special figure stop data. Here, if the prior special figure stop data indicates a loss, the prior variation pattern determination table is further divided by the presence or absence of reach. The presence / absence of reach is determined by prior reach determination using a reach determination random number in the same manner as the reach determination described above. In advance reach determination, 80% is determined as “no reach”, and 20% is determined as “reach”.
各事前変動パターン判定テーブルには、特図変動パターン判定値と、当該事前変動パターン判定の判定対象の特図判定情報に基づく特別図柄の変動表示が行われた場合の特図変動パターン(以下、「事前変動パターン」という)とが一義的に対応付けられて格納されている。後述するように、遊技球が第1始動口6又は第2始動口7に入球することを契機に取得された特図変動パターン判定用乱数を事前変動パターン判定テーブルに照合することで、事前変動パターンが決定される。事前変動パターンの識別情報として、事前変動パターン指定コマンドが設定されている。   Each prior fluctuation pattern determination table includes a special figure fluctuation pattern (hereinafter, referred to as a special figure fluctuation pattern when a special symbol fluctuation display is performed based on the special figure fluctuation pattern judgment value and the special figure judgment information to be determined in the prior fluctuation pattern judgment). (Referred to as “preliminary fluctuation pattern”). As will be described later, a special figure variation pattern determination random number acquired when a game ball enters the first start port 6 or the second start port 7 is collated with a prior variation pattern determination table in advance. A variation pattern is determined. A prior variation pattern designation command is set as identification information of the prior variation pattern.
事前変動パターンは、特図変動パターンと同様に、特図変動時間及変動演出の演出種別・演出内容が関連付けられている。図5及び図6に記載の特図変動パターン、特図変動時間及び変動演出の演出種別・演出内容と、図8及び図9に記載の事前変動パターン、特図変動時間及び変動演出の演出種別・演出内容とは同一である。   Similar to the special figure fluctuation pattern, the advance fluctuation pattern is associated with the production type and production content of the special figure fluctuation time and fluctuation production. 5 and 6, the special figure fluctuation pattern, the special figure fluctuation time, and the production type / effect contents of the fluctuation effect, and the pre-variation pattern, the special figure fluctuation time, and the production type of the fluctuation effect shown in FIGS. 8 and 9. -The content of the production is the same.
また、事前変動パターンは、第1特別図柄表示装置20において表示される第1特別図柄の変動表示の態様である事前第1変動パターンと、第2特別図柄表示装置21において表示される第2特別図柄の変動表示の態様である事前第2変動パターンとで構成される。   The prior variation pattern includes a first first variation pattern that is a variation display mode of the first special symbol displayed on the first special symbol display device 20 and a second special pattern displayed on the second special symbol display device 21. It is comprised with the 2nd prior variation pattern which is the mode of the variation display of a symbol.
事前変動パターンは、各テーブルにおいて予め設定された所定の確率で割り振られているため、事前変動パターンには大当たり当選の期待度(大当たり当選期待度)や特定の大当たり当選(例えば、確変大当たり、長当たり等)の期待度が対応付けられていることになる。   Since the pre-variation pattern is allocated with a predetermined probability set in advance in each table, the pre-variation pattern is expected to be a big win winning expectation (a big win winning expectation) or a specific big win winning (for example, a promising big hit, long That is, the expectation degree of the hit etc. is associated.
また、事前変動パターン指定コマンドは、演出制御基板102に送信され、演出制御基板102における処理で用いられる。事前変動パターン指定コマンドは、当該入球時に(ステップS200の入力制御処理時に)生成されて演出制御基板102に送信される。   Further, the prior variation pattern designation command is transmitted to the effect control board 102 and used in processing in the effect control board 102. The prior variation pattern designation command is generated at the time of entering the ball (during the input control process in step S200) and transmitted to the effect control board 102.
事前変動パターン指定コマンドは、当該特図判定情報に基づく特別図柄の変動表示が行われる特別図柄表示装置(第1特別図柄表示装置20or第2特別図柄表示装置21)を識別するための1バイトのMODEデータと、特図変動パターンを識別するための1バイトのDATAデータとから構成されている。事前変動パターン指定コマンドについては、MODEデータが「E8H」であれば、第1特別図柄表示装置20で特別図柄の変動表示が行われることを表し、MODEデータが「E9H」であれば、第2特別図柄表示装置21で特別図柄の変動表示が行われることを表す。   The prior variation pattern designation command is a 1-byte code for identifying a special symbol display device (first special symbol display device 20 or second special symbol display device 21) on which a special symbol variation display based on the special symbol determination information is performed. It is composed of MODE data and 1-byte DATA data for identifying a special figure variation pattern. For the pre-variation pattern designation command, if the MODE data is “E8H”, it indicates that the special symbol variation display is performed on the first special symbol display device 20, and if the MODE data is “E9H”, the second symbol is displayed. This means that the special symbol display device 21 displays the variation of the special symbol.
なお、MODEデータが「E8H」の事前変動パターン指定コマンドのことを「事前第1変動パターン指定コマンド」、MODEデータが「E9H」の事前変動パターン指定コマンドのことを「事前第2変動パターン指定コマンド」という。   It should be noted that the prior variation pattern designation command whose MODE data is “E8H” is the “preliminary first variation pattern designation command”, and the prior variation pattern designation command whose MODE data is “E9H” is the “preliminary second variation pattern designation command”. "
図10(a)は、大当たり遊技を制御する際に用いられる大当たり遊技制御テーブルの一例を示す図である。   FIG. 10A is a diagram illustrating an example of a jackpot game control table used when a jackpot game is controlled.
大当たり遊技制御テーブルには、大当たり遊技を制御するための条件が格納されている。大当たり遊技を制御するための条件として、大当たり遊技が開始されてから、大入賞口8の最初の開放が行われるまでの期間であるオープニングの時間と、オープニング開始時に演出制御基板102に送信するオープニング指定コマンド、大入賞口8の開閉を制御するために用いるテーブルの種類、大入賞口8の最後の開放が終了してから、大当たり遊技が終了するまでの期間であるエンディングの時間、及び、エンディング開始時に演出制御基板102に送信するエンディング指定コマンドが設定されている。これらの大当たり遊技を制御するための条件は、大当たりの種類、すなわち、特別図柄の種類(特図停止データ)に関連付けられている。すなわち、大当たり遊技の際に、いずれの制御条件を用いるかは特別図柄の種類に基づいて選択される。   The jackpot game control table stores conditions for controlling the jackpot game. As conditions for controlling the jackpot game, the opening time, which is the period from the start of the jackpot game until the first opening of the big prize opening 8, and the opening to be transmitted to the effect control board 102 at the start of the opening Ending time, which is the period from the end of the last opening of the big winning opening 8 to the end of the jackpot game, and the ending An ending designation command to be transmitted to the effect control board 102 at the start is set. The conditions for controlling these jackpot games are related to the jackpot type, that is, the special symbol type (special figure stop data). That is, which control condition is used in the jackpot game is selected based on the type of special symbol.
図10(b)〜図10(c)は、大当たり遊技における大入賞口8の開閉を制御する際に用いる大当たり遊技用の大入賞口開閉制御テーブルの一例を示す図である。図10(b)は大当たり遊技を構成する長当たり遊技において参照されるテーブル、図10(c)は大当たり遊技を構成する短当たり遊技において参照されるテーブルである。   FIG. 10B to FIG. 10C are diagrams illustrating an example of the big winning opening / closing control table for the big winning game used when controlling the opening / closing of the big winning opening 8 in the big winning game. FIG. 10B is a table referred to in the long win game constituting the jackpot game, and FIG. 10C is a table referred to in the short hit game constituting the jackpot game.
大当たり遊技用の大入賞口開閉制御テーブルには、大当たり遊技における大入賞口8の開閉を制御するための条件が格納されている。大入賞口8の開閉を制御するための条件として、ラウンド遊技の番号であるラウンド番号(R)、各ラウンド遊技における大入賞口8の開放(大入賞口制御装置80の作動)番号である特電作動番号(K)、及び、大入賞口8の開放時間・閉鎖時間(作動時間・未作動時間)が設定されている。   The big winning opening / closing control table for the big hit game stores conditions for controlling the opening / closing of the big winning opening 8 in the big win game. As conditions for controlling the opening / closing of the big prize opening 8, a special number is a round number (R) which is the number of the round game, and an opening number of the big prize opening 8 (operation of the big prize opening control device 80) in each round game. The operation number (K) and the opening time / closing time (operation time / non-operation time) of the special winning opening 8 are set.
図11は、大当たり遊技が終了するときに設定する遊技状態を判定する遊技状態判定において用いられる遊技状態判定テーブルの一例を示す図である。大当たり遊技が終了するときに設定する遊技状態として、大当たりの当選確率についての遊技状態(低確率遊技状態・高確率遊技状態)及び始動口入賞容易性についての遊技状態(非時短遊技状態・時短遊技状態)が設定されている。   FIG. 11 is a diagram illustrating an example of a game state determination table used in the game state determination for determining the game state to be set when the jackpot game ends. As the gaming state to be set when the jackpot game ends, the gaming state (low probability gaming state / high probability gaming state) regarding the winning probability of the jackpot and the gaming state (non-short-time gaming state / short-time gaming) regarding the start opening winning ease Status) is set.
遊技状態判定テーブルは、当該遊技状態判定に係る大当たり当選を判定結果とする大当たり判定が行われた時の大当たりの当選確率の状態(以下、「当選時遊技状態」という)に関連付けられている。当選時遊技状態によって分けられた遊技状態判定テーブルは、さらに、特図停止データに関連付けられている。   The gaming state determination table is associated with the state of the jackpot winning probability (hereinafter referred to as “winning gaming state”) when the jackpot determination is performed with the jackpot winning related to the gaming state determination as a determination result. The gaming state determination table divided according to the winning gaming state is further associated with special figure stop data.
特図停止データによって分けられた各テーブルには、高確率遊技状態を示すフラグである高確率フラグのON/OFF及び高確率遊技状態によって実行可能な特別図柄表示の回数(Xa:以下、「高確率実行可能回数」という)と、時短遊技状態を示すフラグである時短フラグのON/OFF及び時短遊技状態によって実行可能な特別図柄表示の回数(Ja:以下、「時短実行可能回数」という)と、が一義的に関連付けられて格納されている。   Each table divided by the special figure stop data has a high probability flag ON / OFF flag indicating a high probability gaming state and the number of special symbol displays that can be executed according to the high probability gaming state (Xa: hereinafter, “high "Probable number of times that can be executed"), ON / OFF of the time flag that is a flag indicating the short-time gaming state, and the number of special symbols that can be executed according to the short-time gaming state (Ja: hereinafter referred to as "the number of times that the short-time execution is possible") , Are uniquely associated and stored.
なお、高確率フラグのONは、大当たり遊技が終了するときに高確率遊技状態を設定することを示し、高確率フラグのOFFは、大当たり遊技が終了するときに低確率遊技状態を設定することを示す。また、時短フラグのONは、大当たり遊技が終了するときに時短遊技状態を設定することを示し、時短フラグのOFFは、大当たり遊技が終了するときに非時短遊技状態を設定することを示す。   Note that ON of the high probability flag indicates that the high probability gaming state is set when the jackpot game ends, and OFF of the high probability flag indicates that the low probability gaming state is set when the jackpot game ends. Show. Further, ON of the hour / short flag indicates that the hour / short gaming state is set when the jackpot game ends, and OFF of the hour / short flag indicates that the non-time / short gaming state is set when the jackpot game ends.
図12(a)〜図12(f)は、入賞ゲート10への入賞に基づく普通図柄系遊技を制御する際に用いられるテーブルの一例を示す。   FIG. 12A to FIG. 12F show an example of a table used when controlling a normal symbol game based on winning to the winning gate 10.
図12(a)は、普通図柄用の当たり判定テーブルの一例を示す図である。当たり判定とは、第2始動口7の開放を伴う補助遊技を実行するか否かを判定することである。当たり判定は、後述するように、遊技球の入賞ゲート10の通過に基づいて取得された当たり判定用乱数に基づいて行われる。   FIG. 12A is a diagram illustrating an example of a normal symbol hit determination table. The hit determination is to determine whether or not to execute an auxiliary game that involves opening the second start port 7. As described later, the winning determination is performed based on a winning determination random number acquired based on the passing of the game ball through the winning gate 10.
普通図柄用の当たり判定テーブルは、始動口入賞容易性に関連付けられている。具体的には、普通図柄用の当たり判定テーブルは、非時短遊技状態のときに参照される当たり判定テーブルと、時短遊技状態のときに参照される当たり判定テーブルとで分けられている。   The normal symbol hit determination table is associated with start opening winning easiness. Specifically, the hit determination table for normal symbols is divided into a hit determination table that is referred to in the non-short-time gaming state and a hit determination table referred to in the time-short gaming state.
各当たり判定テーブルには、当たり判定値と判定結果とが一義的に対応付けられて格納されている。取得された当たり判定用乱数を当たり判定テーブルに照合することで、「当たり」又は「ハズレ」のいずれかが決定される。「当たり」に当選すると、第2始動口7の開放を伴う補助遊技が実行される。   In each hit determination table, a hit determination value and a determination result are uniquely associated and stored. By collating the acquired random number for hit determination with the hit determination table, either “winning” or “losing” is determined. When “winning” is won, an auxiliary game with the opening of the second start port 7 is executed.
図12(b)は、普通図柄判定テーブルの一例を示す図である。普通図柄判定とは、普通図柄表示装置22において停止表示される普通図柄を決定することである。普通図柄判定用テーブルは、当たり判定の結果(当たり及びハズレ)に関連付けられている。   FIG. 12B is a diagram illustrating an example of the normal symbol determination table. The normal symbol determination is to determine a normal symbol to be stopped and displayed on the normal symbol display device 22. The normal symbol determination table is associated with the hit determination result (win and miss).
各普通図柄判定テーブルには、普通図柄判定値と、停止表示される普通図柄とが一義的に対応付けられて格納されている。後述するように、遊技球が入賞ゲート10を通過することを契機に取得される普通図柄判定用乱数を普通図柄判定テーブルに照合することで、停止表示される普通図柄が決定される。停止表示される普通図柄の識別情報として、普図停止データ及び普通演出図柄指定コマンドが設定されている。   Each normal symbol determination table stores a normal symbol determination value and a normal symbol that is stopped and displayed in a uniquely associated manner. As will be described later, the normal symbol to be stopped and displayed is determined by comparing the normal symbol determination random number acquired when the game ball passes the winning gate 10 with the normal symbol determination table. As the identification information of the normal symbol to be stopped and displayed, the normal symbol stop data and the normal production symbol designation command are set.
普通停止図柄データは、主制御基板101における処理で用いられ、普通演出図柄指定コマンドは、演出制御基板102に送信され、演出制御基板102おける処理で用いられる。   The normal stop symbol data is used in the processing in the main control board 101, and the normal effect symbol designating command is transmitted to the effect control board 102 and used in the processing in the effect control board 102.
図12(c)は、普通図柄の変動表示に要する時間(以下、「普図変動時間」という)に対応付けられた普通図柄の変動パターン(以下、「普図変動パターン」という)を判定するための普図変動パターン判定テーブルを示す図である。普図変動パターン判定テーブルは、非時短遊技状態のときに参照される普図変動パターン判定テーブルと、時短遊技状態のときに参照される普図変動パターン判定テーブルとで構成されている。   FIG. 12C determines a variation pattern of a normal symbol (hereinafter referred to as a “normal diagram variation pattern”) associated with a time required to display a variation of the normal symbol (hereinafter referred to as a “normal diagram variation time”). It is a figure which shows the common figure fluctuation pattern determination table for this. The normal variation pattern determination table is composed of a general variation variation determination table that is referred to in the non-short game state and a general variation pattern determination table that is referred to in the short time gaming state.
各テーブルにおいて、普図変動パターン判定値と、一又は複数の普図変動パターンとが一義的に関連付けられて格納されている。後述するように、遊技球が入賞ゲート10を通過することを契機に取得される普図変動パターン判定用乱数を普図変動パターン判定テーブルに照合することで、普図変動パターンが決定される。   In each table, a common pattern variation pattern determination value and one or a plurality of common map variation patterns are uniquely associated and stored. As will be described later, the normal variation pattern is determined by collating the random number for determining the normal variation pattern acquired when the game ball passes the winning gate 10 with the normal variation pattern determination table.
図12(d)は、補助遊技参照データ判定テーブルの一例を示す図である。このテーブルには、補助遊技を行う際に参照されるデータ(補助遊技参照データ)が格納されている。図12(d)に示す様に、補助遊技参照データ判定テーブルには、現在の始動口入賞容易性と普図停止データとの組み合わせと、補助遊技参照データとが対応付けられている。すなわち、補助遊技参照データは、当該普通図柄判定が行われた際の始動口入賞容易性状態及び当該普通図柄判定の結果に関する情報を有する。   FIG. 12D is a diagram illustrating an example of the auxiliary game reference data determination table. This table stores data (auxiliary game reference data) that is referred to when performing an auxiliary game. As shown in FIG. 12D, in the auxiliary game reference data determination table, the combination of the current start port winning easiness and the usual stop data is associated with the auxiliary game reference data. That is, the auxiliary game reference data includes information regarding the start opening winning easiness state and the result of the normal symbol determination when the normal symbol determination is performed.
図12(e)は、補助遊技を制御する際に用いられる補助遊技制御テーブルの一例を示す図である。   FIG. 12E is a diagram illustrating an example of an auxiliary game control table used when controlling the auxiliary game.
補助遊技制御テーブルには、補助遊技を制御するための条件が格納されている。補助遊技を制御するための条件として、補助遊技が開始されてから、第2始動口7の最初の開放が行われるまでの期間であるオープニングの時間と、オープニング開始時に演出制御基板102に送信するオープニング指定コマンド、第2始動口7の開閉を制御するために用いるテーブルの種類、第2始動口7の最後の開放が終了してから、補助遊技が終了するまでの期間であるエンディングの時間、及び、エンディング開始時に演出制御基板102に送信するエンディング指定コマンドが設定されている。これらの補助遊技を制御するための条件は、補助遊技参照データに関連付けられている。   The auxiliary game control table stores conditions for controlling the auxiliary game. As conditions for controlling the auxiliary game, an opening time, which is a period from when the auxiliary game is started to when the second opening 7 is first opened, and transmission to the effect control board 102 at the start of the opening. Opening designation command, type of table used to control opening / closing of the second starting port 7, ending time, which is a period from the end of the last opening of the second starting port 7 to the end of the auxiliary game, And the ending designation | designated command transmitted to the production | presentation control board 102 at the time of ending start is set. The conditions for controlling these auxiliary games are associated with auxiliary game reference data.
図12(f)は、第2始動口7の開閉を制御する際に用いる補助遊技用の第2始動口開閉制御テーブルの一例を示す図である。補助遊技用の第2始動口開閉制御テーブルには、補助遊技時の第2始動口7の開閉を制御するための条件が格納されている。第2始動口7の開閉を制御するための条件として、補助遊技における第2始動口7の開放(第2始動口制御装置70の作動)番号である普電作動番号(D)、及び、第2始動口7の開放時間・閉鎖時間(作動時間・未作動時間)が設定されている。   FIG. 12F is a diagram illustrating an example of a second start port opening / closing control table for auxiliary games used when controlling opening / closing of the second start port 7. Conditions for controlling the opening and closing of the second start port 7 during the auxiliary game are stored in the second start port opening / closing control table for the auxiliary game. As conditions for controlling the opening and closing of the second starting port 7, a general electric operation number (D) which is an opening number (operation of the second starting port control device 70) number of the second starting port 7 in the auxiliary game, 2 Opening time and closing time (operation time / non-operation time) of the start port 7 are set.
(特別遊技の種類の説明)
本実施形態においては、大入賞口8の開放(大入賞口制御装置80の作動)を伴い、遊技者に有利な特別遊技として、「大当たり」に当選した際に実行される「大当たり遊技」が設けられている。大当たり遊技は、主に大入賞口8の開閉態様の相違によって「長当たり遊技」、「短当たり遊技」に分けられる。
(Explanation of special game types)
In the present embodiment, as a special game advantageous to the player with the opening of the big winning opening 8 (operation of the big winning opening control device 80), the “big winning game” executed when winning the “big hit” is selected. Is provided. The jackpot game is divided into a “long hit game” and a “short hit game” mainly depending on the opening / closing mode of the big winning opening 8.
大当たり遊技では、大入賞口8の1回以上の開放を伴うラウンド遊技が所定回数実行される。各ラウンド遊技において、大入賞口8が開放し得る回数(以下、最大開放回数という)と、開放し得る時間の合計(以下、最大開放時間という)とが予め設定されている。「開放し得る」となっているのは、1回のラウンド遊技中に大入賞口8に入球できる遊技球の個数が制限されているからである(例えば9個)。したがって、大入賞口8が最大開放回数開放していなくても大入賞口8が閉鎖し、そのラウンド遊技が終了することがある。また、最大開放時間が経過していなくても大入賞口8が閉鎖し、そのラウンド遊技が終了することもある。なお、各ラウンド遊技における大入賞口8の最大開放回数及び最大開放時間は、各大当たり遊技で統一されていても統一されていなくてもよい。   In the jackpot game, a round game involving one or more opening of the big winning opening 8 is executed a predetermined number of times. In each round game, the number of times that the special winning opening 8 can be opened (hereinafter referred to as the maximum number of times of opening) and the total time that can be opened (hereinafter referred to as the maximum opening time) are set in advance. The reason that “can be opened” is that the number of game balls that can enter the big winning opening 8 during one round game is limited (for example, 9). Therefore, even if the grand prize winning opening 8 is not opened the maximum number of times of opening, the big winning prize opening 8 may be closed and the round game may end. Even if the maximum opening time has not elapsed, the special winning opening 8 is closed and the round game may end. It should be noted that the maximum number of times and the maximum opening time of the big winning opening 8 in each round game may or may not be unified for each jackpot game.
(遊技状態の説明)
次に、遊技が進行する際の遊技状態について説明する。本実施形態において、遊技状態として、大当たり当選確率に係る遊技状態と始動口入賞容易性に係る遊技状態が設定されている。大当たりの当選確率については、低確率遊技状態又は高確率遊技状態のもとで遊技が進行し、遊技球の始動口入賞容易性については時短遊技状態又は非時短遊技状態のもとで遊技が進行する。初期(電源投入時)の遊技状態としては、低確率遊技状態且つ非時短遊技状態に設定されており、この低確率遊技状態且つ非時短遊技状態を基準として通常遊技状態と称する。
(Description of gaming state)
Next, the gaming state when the game progresses will be described. In the present embodiment, a gaming state related to the jackpot winning probability and a gaming state related to start-up winning ease are set as the gaming state. As for the jackpot winning probability, the game progresses under the low-probability gaming state or the high-probability gaming state, and the game ball progresses under the short-time gaming state or the non-short-time gaming state with respect to the ease of winning the game opening. To do. The initial (when the power is turned on) gaming state is set to a low probability gaming state and a non-short-time gaming state, and this low-probability gaming state and a non-time-short gaming state are referred to as a normal gaming state.
本実施形態において大当たり当選確率についての低確率遊技状態とは、大当たり判定における大当たり当選確率が、1/350と相対的に遊技者に不利に設定されていることをいう。これに対して高確率遊技状態とは、大当たり当選確率が低確率遊技状態より高く、すなわち、相対的に遊技者に有利な1/80に設定されていることである。したがって、大当たり当選確率が高確率遊技状態のときは、低確率遊技状態のときよりも大当たりの当選が容易となり、単位時間当たりの大当たりの当選可能回数が相対的に多くなるので、遊技者に有利な状態と言える。   In the present embodiment, the low-probability gaming state with respect to the jackpot winning probability means that the jackpot winning probability in the jackpot determination is set to be relatively disadvantageous to the player at 1/350. On the other hand, the high probability gaming state is that the jackpot winning probability is higher than the low probability gaming state, that is, set to 1/80 which is relatively advantageous to the player. Therefore, when the jackpot winning probability is in a high probability gaming state, winning a jackpot is easier than in the low probability gaming state, and the number of winning jackpots per unit time is relatively large, which is advantageous to the player. It can be said that it is a state.
非時短遊技状態とは、始動口入賞容易性が通常の状態である。具体的には、非時短遊技状態では、普図変動時間が、12秒に設定され、当たり判定において「当たり」に当選したときに作動する第2始動口制御装置70の作動時間(第2始動口7の開放時間)の合計が0.2秒に設定され、普通図柄用の当たり判定において当たりに当選する確率が1/50に設定されていることをいう。なお、「開放時間の合計」となっているのは、1回の当たりに対して第2始動口7が複数回開放することがあり、又、1回の当たりに対して遊技球が入賞できる個数が制限されており、遊技球がその個数入賞すると当該開放時間の経過を待たず閉鎖するからである。   The non-time-saving gaming state is a state in which the start opening winning easiness is normal. Specifically, in the non-time-saving gaming state, the normal time variation time is set to 12 seconds, and the operation time (second start) of the second start port control device 70 that operates when “winning” is won in the hit determination. The total of the opening time of the mouth 7) is set to 0.2 seconds, and the probability of winning in the hit determination for the normal symbol is set to 1/50. Note that the “total opening time” is that the second start port 7 may be opened multiple times for each win, and a game ball can be won for each win. This is because the number is limited, and when a game ball is won, it closes without waiting for the opening time.
これに対して時短遊技状態とは、非時短遊技状態に比べて、単位時間当たりにおける第2始動口7の開放時間(第2始動口制御装置70の作動時間)が長く、第2始動口7が開放態様になり易い遊技状態のことをいう。始動口入賞容易性が相対的に高いことによって、単位時間当たりにおける第2特別図柄判定の実行可能回数が多くなる。同一の大当たり当選確率のもとでは、単位時間当たりにおける第2特別図柄判定の実行回数が多い方が、必然的に単位時間当たりにおける大当たりの当選回数も多くなることから、時短遊技状態は非時短遊技状態に比して遊技者に有利な状態といえる。   On the other hand, in the short-time gaming state, the opening time of the second starting port 7 per unit time (the operating time of the second starting port control device 70) is longer than in the non-short-time gaming state, and the second starting port 7 Is a gaming state that tends to be open. Due to the relatively high start opening prize ease, the number of times the second special symbol determination can be performed per unit time increases. Under the same jackpot winning probability, the number of executions of the second special symbol determination per unit time inevitably increases the number of winning jackpots per unit time. It can be said that this is an advantageous state for the player as compared to the gaming state.
上述したように、本実施形態では、時短遊技状態では、普図変動時間が3.0秒に設定され、第2始動口7の最大開放時間の合計が5.2秒に設定され、当たりに当選する確率が1/5に設定される。すなわち、始動口入賞容易性の構成要素全てについて非時短遊技状態より遊技者に有利に設定されている。なお、時短遊技状態では、第2始動口7は1.0秒間の閉鎖(インターバル)を介して2回開放しているが、当該閉鎖がなく、1回開放するだけでも良い。また、閉鎖が複数回設けられていても良い。   As described above, in the present embodiment, in the short-time gaming state, the normal variation time is set to 3.0 seconds, the total maximum opening time of the second start port 7 is set to 5.2 seconds, The probability of winning is set to 1/5. That is, all the components of the start opening winning ease are set to be more advantageous to the player than the non-time-saving gaming state. In the short-time gaming state, the second start port 7 is opened twice via a 1.0 second closure (interval). However, there is no such closure, and it may be opened only once. Moreover, the closure may be provided a plurality of times.
なお、本実施形態では、始動口6、7に遊技球が入球すると、3球の賞球を得ることができるものの、遊技者が適切な発射ハンドル32の操作で遊技球の発射を行っても、遊技者が所持する遊技球の個数が減少し易い。しかしながら、時短遊技状態のときは、非時短遊技状態に比して第2始動口7への入球が容易になるので、遊技者が所持する遊技球の個数の減少を抑えることができる。つまり、遊技者が所持する遊技球の個数の観点からも時短遊技状態は非時短遊技状態に比べて遊技者に有利に設定されている。   In this embodiment, when a game ball enters the start ports 6 and 7, three prize balls can be obtained, but the player launches the game ball by operating the appropriate launch handle 32. However, the number of game balls possessed by the player tends to decrease. However, in the short-time gaming state, since it is easier to enter the second starting port 7 than in the non-short-time gaming state, it is possible to suppress a decrease in the number of game balls possessed by the player. That is, from the viewpoint of the number of game balls possessed by the player, the short-time game state is set to be more advantageous for the player than the non-short-time game state.
このように、大当たりの当選によって、大当たり遊技の種類(長当たり遊技/短当たり遊技)と、大当たり遊技後に新たに設定される遊技状態(低確率遊技状態/高確率遊技状態と非時短遊技状態/時短遊技状態との組み合わせ)とが決定される。このことを鑑みると、実質的な大当たりの種類(遊技者が享受する利益度に基づく大当たりの種類)は、実行される大当たり遊技の種類と、当該大当たり遊技終了後に新たに設定される遊技状態との組合せと言える。そこで、以下、特図停止データに基づく大当たりの種類とは別に、大当たりによって導かれた大当たり遊技の種類と大当たり遊技後の遊技条件との組合せ、すなわち、遊技者が享受する利益の種類に基づいて、大当たりの種類を分類することができる。   In this way, by winning the jackpot, the type of jackpot game (long win game / short win game) and the game state newly set after the jackpot game (low probability game state / high probability game state and non-time short game state / In combination with the short-time gaming state). In view of this, the substantial jackpot type (the jackpot type based on the profits that the player enjoys) includes the type of jackpot game to be executed, and the game state newly set after the jackpot game ends. It can be said that Therefore, hereinafter, apart from the jackpot type based on the special figure stop data, the combination of the jackpot game type derived by the jackpot and the game conditions after the jackpot game, that is, based on the type of profit that the player enjoys The type of jackpot can be classified.
大当たりの当選により長当たり遊技を実行させ、その後に高確率遊技状態且つ時短遊技状態に設定させる大当たりを「高確率時短有長当たり(確変長当たり)」、大当たりの当選により長当たり遊技を実行させ、その後に低確率遊技状態且つ時短遊技状態に設定させる大当たりを「低確率時短有長当たり(通常長当たり)」、当選により短当たり遊技を実行させ、その後に高確率遊技状態且つ時短遊技状態に設定させる大当たりを「高確率時短有短当たり(確変短当たり)」と称する。   The long win game is executed by winning the jackpot, and then the high jackpot that is set to the high-probability game state and the short-time game state is set to “high-probability short-lived length (per probability variation length)”, and the long win game is executed by winning the jackpot After that, the jackpot to be set to the low probability gaming state and the short-time gaming state is “low probability short-lived long (usually per length)”, the short winning game is executed by winning, and then the high probability gaming state and the short-time gaming state The jackpot to be set is referred to as “high probability short-lived short-and-short hit (probable short-range win)”.
なお、大当たり当選すると、当該大当たり遊技前の状態に関わらず当該大当たり遊技が開始する際に通常遊技状態に設定される。すなわち、大当たり遊技中は、低確率遊技状態且つ非時短遊技状態になる。   When the jackpot is won, the normal game state is set when the jackpot game starts regardless of the state before the jackpot game. That is, during the jackpot game, the low probability game state and the non-short-time game state are entered.
(主制御基板によるメイン処理)
図14を用いて、主制御基板101によるメイン処理を説明する。
(Main processing by main control board)
The main process by the main control board 101 will be described with reference to FIG.
電源基板107からメインCPU101aに電力が供給されると、メインCPU101aにシステムリセットが発生し、メインCPU101aは、以下のメイン処理を行う。   When power is supplied from the power supply board 107 to the main CPU 101a, a system reset occurs in the main CPU 101a, and the main CPU 101a performs the following main processing.
まず、ステップS10において、メインCPU101aは、初期化処理を行う。この処理において、メインCPU101aは、電源投入に応じて、メインROM101bから起動プログラムを読み込むとともに、メインRAM101cの各記憶領域を初期化する処理を行う。   First, in step S10, the main CPU 101a performs an initialization process. In this process, the main CPU 101a reads a startup program from the main ROM 101b and initializes each storage area of the main RAM 101c in response to power-on.
ステップS20において、メインCPU101aは、リーチ判定用乱数、及び、特図変動パターン判定用乱数で構成される特別図柄の変動表示における特図変動パターンを決定するための特図変動用乱数の更新を行う。   In step S20, the main CPU 101a updates the special figure fluctuation random number for determining the special figure fluctuation pattern in the fluctuation display of the special symbol composed of the reach determination random number and the special figure fluctuation pattern determination random number. .
ステップS30において、メインCPU101aは、大当たり判定用初期値乱数、特別図柄判定用初期値乱数、当たり判定用初期値乱数等で構成される初期値乱数の更新を行う。以降は、所定の割込み処理が行われるまで、ステップS20とステップS30との処理を繰り返し行う。   In step S30, the main CPU 101a updates an initial value random number including an initial value random number for jackpot determination, an initial value random number for special symbol determination, an initial value random number for hit determination, and the like. Thereafter, the processes of step S20 and step S30 are repeated until a predetermined interrupt process is performed.
(主制御基板によるタイマ割込処理)
図15を用いて、主制御基板101によるタイマ割込処理を説明する。主制御基板101に設けられたリセット用クロックパルス発生回路によって、所定の周期(4ミリ秒)毎にクロックパルスが発生されることで、以下のタイマ割込処理が実行される。
(Timer interrupt processing by the main control board)
The timer interrupt process by the main control board 101 will be described with reference to FIG. The following timer interrupt processing is executed by generating a clock pulse every predetermined period (4 milliseconds) by the reset clock pulse generation circuit provided on the main control board 101.
まず、ステップS100において、メインCPU101aは、メインCPU101aのレジスタに格納されている情報をスタック領域に退避させる。   First, in step S100, the main CPU 101a saves the information stored in the register of the main CPU 101a to the stack area.
ステップS110において、メインCPU101aは、特別図柄の変動時間の更新処理、特別図柄の停止時間の更新処理、オープニング時間の更新処理、大入賞口8の開閉時間の更新処理等を行う特別遊技タイマカウンタ、及び、普通図柄の変動時間の更新処理、普通図柄の停止時間の更新処理、並びに、第2始動口7の開閉時間の更新処理等を行う補助遊技タイマカウンタを更新する時間制御処理を行う。   In step S110, the main CPU 101a performs a special game variable counter update process, a special symbol stop time update process, an opening time update process, an open / close time update process for the special winning opening 8, and the like. And the time control process which updates the auxiliary | assistant game timer counter which performs the update process of the change time of a normal symbol, the update process of the stop time of a normal symbol, the update process of the opening / closing time of the 2nd start port 7, etc. is performed.
ステップS120において、メインCPU101aは、大当たり判定用乱数、特別図柄判定用乱数、当たり判定用乱数で構成される特定乱数の更新を行う。   In step S120, the main CPU 101a updates a specific random number including a jackpot determining random number, a special symbol determining random number, and a winning determining random number.
ステップS130において、メインCPU101aは、大当たり判定用初期値乱数、特別図柄用初期値乱数、当たり判定用初期値乱数を更新する初期値乱数更新処理を行う。   In step S130, the main CPU 101a performs an initial value random number update process for updating the jackpot determining initial value random number, the special symbol initial value random number, and the winning determination initial value random number.
なお、各種の乱数の更新については、乱数の種別毎に設けられた乱数カウンタを「1」加算することで、乱数の更新を行う。各種の乱数には乱数範囲が設けられている。乱数範囲は、「0」から、その乱数に定められた最大値までとなっている。そして、乱数の更新において、乱数カウンタが示す乱数が乱数範囲の最大値である場合、乱数カウンタを「1」加算せずに「0」に戻し、その時の初期値乱数からそれぞれの乱数値を新たに更新する。   For updating various random numbers, the random number is updated by adding “1” to a random number counter provided for each type of random number. Various random numbers have a random number range. The random number range is from “0” to the maximum value determined for the random number. In the update of the random number, when the random number indicated by the random number counter is the maximum value in the random number range, the random number counter is reset to “0” without adding “1”, and each random number value is newly updated from the initial random number at that time. Update to
ステップS200において、メインCPU101aは、入力制御処理を行う。この処理において、メインCPU101aは、所定の検出センサから新たに有効な信号が送信されたか否か判定する入力制御処理を行う。詳しくは、図16〜図19を用いて後述する。   In step S200, the main CPU 101a performs input control processing. In this process, the main CPU 101a performs an input control process for determining whether or not a new valid signal is transmitted from a predetermined detection sensor. Details will be described later with reference to FIGS.
ステップS300において、メインCPU101aは、第1特別図柄表示装置20、第2特別図柄表示装置21、第1特別図柄保留表示装置23、第2特別図柄保留表示装置24、及び、大入賞口制御装置80の制御(特別図柄系装置の制御)を行うための特図特電制御処理(特別図柄係処理)を行う。詳しくは、図19〜図26を用いて後述する。   In step S300, the main CPU 101a performs the first special symbol display device 20, the second special symbol display device 21, the first special symbol hold display device 23, the second special symbol hold display device 24, and the special prize opening control device 80. Special symbol special electric control processing (special symbol related processing) for performing the above control (control of the special symbol system device). Details will be described later with reference to FIGS.
ステップS400において、メインCPU101aは、普通図柄表示装置22、普通図柄保留表示装置25、第2始動口制御装置70の制御(普通図柄系装置の制御)を行うための普図普電制御処理(普通図柄系処理)を行う。詳しくは、図27を用いて後述する。   In step S400, the main CPU 101a performs a normal signal normal power control process (normal signal control) for controlling the normal symbol display device 22, the normal symbol hold display device 25, and the second starting port control device 70 (control of the normal symbol system device). Perform symbolic processing. Details will be described later with reference to FIG.
ステップS500において、メインCPU101aは、払出制御処理を行う。この処理において、メインCPU101aは、始動口(第1始動口6、第2始動口7)、大入賞口8及び、一般入賞口11に対応する賞球カウンタが「0」を超えているか否かのチェックを行い、「0」を超えている場合、それぞれの入賞口に対応する賞球個数を示す賞球要求信号を払出制御基板103に送信する。そして賞球信号を送信するとき、その信号に係る賞球カウンタを「1」減算する更新処理を行う。   In step S500, the main CPU 101a performs a payout control process. In this process, the main CPU 101a determines whether or not the winning ball counters corresponding to the starting port (the first starting port 6 and the second starting port 7), the big winning port 8 and the general winning port 11 have exceeded “0”. If it exceeds “0”, a prize ball request signal indicating the number of prize balls corresponding to each winning opening is transmitted to the payout control board 103. When a prize ball signal is transmitted, an update process for subtracting “1” from the prize ball counter related to the signal is performed.
ステップS600において、メインCPU101aは、遊技に関する情報を外部信号として遊技情報表示装置700等の外部装置に出力するための外部信号出力制御データ、第2始動口開閉ソレノイド70B、及び、大入賞口開閉ソレノイド80Bを駆動させるための駆動制御データ(始動口開閉ソレノイド駆動データ及び大入賞口開閉ソレノイド駆動データ)、及び、図柄表示装置20、21、22や保留表示装置23、24、25に所定の図柄を表示させるための表示制御データ(特別図柄表示データ、普通図柄表示データ、特別図柄保留表示データ、普通図柄保留表示データ)のデータ作成処理を行う。   In step S600, the main CPU 101a, external signal output control data for outputting information related to the game as an external signal to an external device such as the game information display device 700, the second start port opening / closing solenoid 70B, and the big prize opening / closing solenoid Drive control data for driving 80B (start opening / closing solenoid drive data and big prize opening / closing solenoid drive data), and predetermined symbols on the symbol display devices 20, 21, 22 and the hold display devices 23, 24, 25 Data creation processing of display control data (special symbol display data, normal symbol display data, special symbol hold display data, normal symbol hold display data) for display is performed.
ステップS700において、メインCPU101aは、出力制御処理を行う。この処理において、まず上記S600で作成した外部信号出力制御データ、駆動制御データに基づいて信号を出力させるポート出力処理が行われる。次いで、図柄表示装置20、21、22及び保留表示装置23、24、25の各LEDを点灯させるために、上記ステップS600で作成した表示制御データに基づいて信号を出力させる表示装置出力処理を行う。最後に、メインRAM101cの送信バッファにセットされているコマンドを他の基板に送信するコマンド送信処理も行う。   In step S700, the main CPU 101a performs output control processing. In this process, first, a port output process for outputting a signal based on the external signal output control data and the drive control data created in S600 is performed. Subsequently, in order to light each LED of the symbol display devices 20, 21, and 22 and the hold display devices 23, 24, and 25, display device output processing for outputting a signal based on the display control data created in step S600 is performed. . Finally, command transmission processing for transmitting the command set in the transmission buffer of the main RAM 101c to another board is also performed.
ステップS800において、メインCPU101aは、ステップS100で退避した情報をメインCPU101aのレジスタに復帰させる。   In step S800, the main CPU 101a restores the information saved in step S100 to the register of the main CPU 101a.
(主制御基板による入力制御処理)
図16を用いて、主制御基板101による入力制御処理を説明する。メインCPU101aは、ステップS210において、一般入賞口検出信号入力処理を行う。メインCPU101aは、一般入賞口検出信号入力処理において、一般入賞口検出センサ11aから検出信号を入力したか、すなわち、遊技球が一般入賞口11に入球したか否かを判定する。メインCPU101aは、一般入賞口検出センサ11aから検出信号を入力していない場合には、ステップS220に処理を移す。メインCPU101aは、一般入賞口検出センサ11aから検出信号を入力した場合には、賞球のために用いる一般入賞口賞球カウンタに所定のデータを加算して更新する。
(Input control processing by the main control board)
The input control process by the main control board 101 will be described with reference to FIG. In step S210, the main CPU 101a performs a general winning opening detection signal input process. The main CPU 101 a determines whether or not a detection signal is input from the general winning opening detection sensor 11 a in the general winning opening detection signal input process, that is, whether or not a game ball has entered the general winning opening 11. When the main CPU 101a does not input a detection signal from the general winning opening detection sensor 11a, the main CPU 101a moves the process to step S220. When the main CPU 101a receives a detection signal from the general winning opening detection sensor 11a, the main CPU 101a updates the general winning opening prize ball counter used for winning balls by adding predetermined data.
メインCPU101aは、ステップS220において、大入賞口検出信号入力処理を行う。メインCPU101aは、大入賞口検出信号入力処理において、大入賞口検出センサ8aから検出信号を入力していない場合には、ステップS230に処理を移す。メインCPU101aは、大入賞口検出センサ8aから検出信号を入力した場合には、賞球のために用いる大入賞口賞球カウンタに所定のデータを加算して更新するとともに、大入賞口8に入賞した遊技球を計数するためのラウンド入賞カウンタ(C)のカウンタ値を加算して更新する。   In step S220, the main CPU 101a performs a special winning opening detection signal input process. When the main CPU 101a does not receive a detection signal from the special winning opening detection sensor 8a in the special winning opening detection signal input process, the main CPU 101a moves the process to step S230. When the main CPU 101a receives a detection signal from the special winning opening detection sensor 8a, the main CPU 101a adds predetermined data to the special winning opening prize ball counter used for the winning ball and updates it, and wins the big winning opening 8. The counter value of the round winning counter (C) for counting the played game balls is added and updated.
ステップS230において、メインCPU101aは、第1始動口検出信号入力処理を行う。詳細は、図17を用いて後述する。   In step S230, the main CPU 101a performs a first start port detection signal input process. Details will be described later with reference to FIG.
ステップS240において、メインCPU101aは、第2始動口検出信号入力処理を行う。詳細は、図18を用いて後述する。   In step S240, the main CPU 101a performs a second start port detection signal input process. Details will be described later with reference to FIG.
ステップS250において、メインCPU101aは、入賞ゲート検出信号入力処理を行う。詳細は、図19を用いて後述する。   In step S250, the main CPU 101a performs a winning gate detection signal input process. Details will be described later with reference to FIG.
(主制御基板による第1始動口検出信号入力処理)
次に、図17を用いて、主制御基板101による第1始動口検出信号入力処理について説明する。ステップS231において、メインCPU101aは、第1始動口検出センサ6aから有効な検出信号が入力したか否かを判定する。有効な検出信号の入力がなければ本第1始動口検出信号入力処理を終了し、有効な検出信号の入力があれば、ステップS232において、第1始動口入賞処理として、始動口賞球カウンタを「1」加算して更新すると共に、メインRAM101cの第1始動口入賞フラグ記憶領域に第1始動口入賞フラグをONする。
(First start port detection signal input processing by the main control board)
Next, the first start port detection signal input process by the main control board 101 will be described with reference to FIG. In step S231, the main CPU 101a determines whether or not a valid detection signal is input from the first start port detection sensor 6a. If there is no valid detection signal input, the first start port detection signal input process is terminated. If there is a valid detection signal input, the start port prize ball counter is set as the first start port winning process in step S232. In addition to updating by adding “1”, the first starting port winning flag is turned ON in the first starting port winning flag storage area of the main RAM 101c.
メインCPU101aは、ステップS233において、第1特図保留数(U1)を計数する第1特図保留数カウンタのカウンタ値が4(上限値)より小さいか否かを判定する。メインCPU101aは、カウンタ値(U1)が4より小さくないと判定すれば本第1始動口検出信号入力処理を終了し、第1特図保留数(U1)が4より小さいと判定すれば、ステップS234において第1特図保留数カウンタのカウンタ値を「1」加算して更新する。また、ステップS234において、メインCPU101aは、第1特別図柄保留表示装置23に表示される第1特図保留数(U1)を更新するために、その保留数を示す特別図柄保留表示データをメインRAM101cの所定領域にセットする。   In step S233, the main CPU 101a determines whether or not the counter value of the first special figure hold number counter for counting the first special figure hold number (U1) is smaller than 4 (upper limit value). If the main CPU 101a determines that the counter value (U1) is not less than 4, the main CPU 101a ends the first start port detection signal input process, and if the main CPU 101a determines that the first special figure reservation number (U1) is less than 4, the step In S234, the counter value of the first special figure reservation number counter is incremented by "1" and updated. In step S234, the main CPU 101a displays special symbol hold display data indicating the number of holds in the main RAM 101c in order to update the first special figure hold number (U1) displayed on the first special symbol hold display device 23. Set to a predetermined area.
メインCPU101aは、ステップS235において、大当たり判定用乱数カウンタが示す大当たり判定用乱数、特別図柄判定用乱数カウンタが示す特別図柄判定用乱数、リーチ判定用乱数カウンタが示すリーチ判定用乱数及び特図変動パターン判定用乱数カウンタが示す特図変動パターン判定用乱数を第1特別図柄保留記憶領域に記憶する。なお、以降は、大当たり判定用乱数、特別図柄判定用乱数、リーチ判定用乱数及び特図変動パターン判定用乱数をまとめて「特図判定情報」という。   In step S235, the main CPU 101a determines the jackpot determination random number indicated by the jackpot determination random number counter, the special symbol determination random number indicated by the special symbol determination random number counter, the reach determination random number indicated by the reach determination random number counter, and the special figure variation pattern. The random number for special figure fluctuation pattern determination indicated by the random number counter for determination is stored in the first special symbol holding storage area. Hereinafter, the jackpot determination random number, the special symbol determination random number, the reach determination random number, and the special figure variation pattern determination random number are collectively referred to as “special pattern determination information”.
第1特別図柄保留記憶領域は、第1記憶部〜第4記憶部に分けられており(図13(a)参照)、特図判定情報は、乱数が記憶されていない記憶部の中で番号の小さい記憶部から順に記憶されていく。なお、各記憶部は、記憶される乱数毎に領域が分けられている(図13(b)参照)。   The first special symbol holding storage area is divided into a first storage unit to a fourth storage unit (see FIG. 13A), and the special figure determination information is a number in a storage unit in which random numbers are not stored. Are stored in order from the smallest storage unit. Each storage unit is divided into regions for each stored random number (see FIG. 13B).
メインCPU101aは、ステップS236において、上記ステップS235で取得した大当たり判定用乱数及び特別図柄判定用乱数に基づいて、事前大当たり判定処理を行う。ステップS236の事前大当たり判定処理は、用いるテーブルが事前大当たり判定テーブル及び事前図柄判定テーブルとなっている点と、当該判定処理に伴って演出制御基板102に送信するコマンドが事前第1図柄指定コマンドとなっている点で、後述するステップS311の大当たり判定処理と異なっているが、処理内容については同じである。大当たり判定処理については後述する。   In step S236, the main CPU 101a performs a prior jackpot determination process based on the jackpot determination random number and special symbol determination random number acquired in step S235. In the advance jackpot determination process in step S236, the table to be used is the advance jackpot determination table and the advance symbol determination table, and the command transmitted to the effect control board 102 in accordance with the determination process is the advance first symbol designation command. This is different from the jackpot determination processing in step S311 described later, but the processing content is the same. The jackpot determination process will be described later.
そして、メインCPU101aは、ステップS237において、事前大当たり判定処理で決定した事前図柄に対応する事前第1図柄指定コマンドをメインRAM101cの演出用伝送データ格納領域(送信バッファ)にセットする。   In step S237, the main CPU 101a sets a pre-first symbol designating command corresponding to the pre-design determined in the pre-hit determination process in the effect transmission data storage area (transmission buffer) of the main RAM 101c.
メインCPU101aは、ステップS238において、上記ステップS235で取得したリーチ判定用乱数及び特図変動パターン判定用乱数に基づいて、事前変動パターン判定処理を行う。ステップS238の事前変動パターン判定処理は、用いるテーブルが事前リーチ判定テーブル及び事前変動パターン判定テーブルとなっている点と、当該判定に伴って演出制御基板102に送信するコマンドが事前第1変動パターン指定コマンドとなっている点で、後述するステップS312の特図変動パターン判定処理と異なっているが、処理内容については同じである。特図変動パターン判定処理については後述する。   In step S238, the main CPU 101a performs a pre-change pattern determination process based on the reach determination random number and the special figure change pattern determination random number acquired in step S235. In the advance variation pattern determination process in step S238, the table to be used is the advance reach determination table and the advance variation pattern determination table, and the command to be transmitted to the effect control board 102 in accordance with the determination is the advance first change pattern designation. Although it is a command, it is different from the special figure variation pattern determination processing in step S312 described later, but the processing content is the same. The special figure variation pattern determination process will be described later.
そして、メインCPU101aは、ステップS239において、事前変動パターン判定処理で決定した事前変動パターンに対応する事前第1変動パターン指定コマンドをメインRAM101cの演出用伝送データ格納領域(送信バッファ)にセットする。   In step S239, the main CPU 101a sets a prior first variation pattern designation command corresponding to the prior variation pattern determined in the prior variation pattern determination process in the effect transmission data storage area (transmission buffer) of the main RAM 101c.
(主制御基板による第2始動口検出信号入力処理)
次いで、図18を用いて、主制御基板101による第2始動口検出信号入力処理について説明する。ステップS241において、メインCPU101aは、第2始動口検出センサ7aから有効な検出信号が入力したか否かを判定する。メインCPU101aは、有効な検出信号の入力がないと判定すれば本第2始動口検出信号入力処理を終了し、有効な検出信号の入力があると判定すれば、ステップS242に処理を移す。
(Second start port detection signal input process by main control board)
Next, the second start port detection signal input process by the main control board 101 will be described with reference to FIG. In step S241, the main CPU 101a determines whether or not a valid detection signal is input from the second start port detection sensor 7a. If the main CPU 101a determines that there is no valid detection signal input, the main CPU 101a ends the second start port detection signal input process, and if it determines that there is a valid detection signal input, the main CPU 101a moves the process to step S242.
メインCPU101aは、ステップS242おいて、第2始動口入賞処理として、始動口賞球カウンタを「1」加算して更新し、第2始動口入球規定カウンタを「1」加算して更新すると共に、メインRAM101cの第2始動口入賞フラグ記憶領域に第2始動口入球フラグをONする。第2始動口入球規定カウンタは、1回の補助遊技における第2始動口7への入賞個数を計数する。これは、本実施形態では、1回の補助遊技に対する遊技球の第2始動口7への入球個数が制限されているからである。   In step S242, the main CPU 101a adds and updates the start opening prize counter by adding “1” and updates the second start opening entry counter by adding “1” as the second start opening winning process. Then, the second start opening winning flag is turned ON in the second start opening winning flag storage area of the main RAM 101c. The second starting entrance counting rule counter counts the number of winnings to the second starting entrance 7 in one auxiliary game. This is because in the present embodiment, the number of balls entering the second starting port 7 for a single auxiliary game is limited.
メインCPU101aは、ステップS243において、第2特図保留数(U2)を計数する第2特別図柄保留数カウンタのカウンタ値が4(上限値)より小さいか否かを判定する。メインCPU101aは、カウンタ値(U2)が4より小さくないと判定すれば本第2始動口検出信号入力処理を終了し、第2特図保留数(U2)が4より小さいと判定すれば、ステップS244に処理を移す。   In step S243, the main CPU 101a determines whether or not the counter value of the second special symbol reservation number counter for counting the second special symbol reservation number (U2) is smaller than 4 (upper limit value). If the main CPU 101a determines that the counter value (U2) is not smaller than 4, the main CPU 101a ends the second start port detection signal input process, and if it determines that the second special figure holding number (U2) is smaller than 4, the step The processing is moved to S244.
メインCPU101aは、ステップS244において、第2特図保留数カウンタのカウンタ値(U2)を「1」加算して更新する。また、メインCPU101aは、ステップS244において、第2特別図柄保留表示装置24に表示される第2特図保留数(U2)を更新するために、その保留数を示す特別図柄保留表示データをメインRAM101cの所定領域にセットする。   In step S244, the main CPU 101a adds “1” to the counter value (U2) of the second special figure pending number counter and updates it. Further, in step S244, the main CPU 101a updates the second special symbol hold number (U2) displayed on the second special symbol hold display device 24 in step S244 to display the special symbol hold display data indicating the hold number in the main RAM 101c. Set to a predetermined area.
メインCPU101aは、ステップS245において、大当たり判定用乱数カウンタが示す大当たり判定用乱数、特別図柄判定用乱数カウンタが示す特別図柄判定用乱数、リーチ判定用乱数カウンタが示すリーチ判定用乱数及び特図変動パターン判定用乱数カウンタが示す特図変動パターン判定用乱数を第2特別図柄保留記憶領域に記憶する。   In step S245, the main CPU 101a determines the jackpot determination random number indicated by the jackpot determination random number counter, the special symbol determination random number indicated by the special symbol determination random number counter, the reach determination random number indicated by the reach determination random number counter, and the special figure variation pattern. The random number for special pattern fluctuation pattern determination indicated by the random number counter for determination is stored in the second special symbol storage area.
なお、第2特別図柄保留記憶領域は第1記憶部〜第4記憶部に分けられており(図13(a)参照)、特図判定情報は乱数が記憶されていない記憶部の中で番号の小さい記憶部から順に記憶されていく。なお、各記憶部は、記憶される乱数毎に領域が分けられている(図13(b)参照)。   The second special symbol storage area is divided into a first storage unit to a fourth storage unit (see FIG. 13A), and the special figure determination information is a number in a storage unit in which no random number is stored. Are stored in order from the smallest storage unit. Each storage unit is divided into regions for each stored random number (see FIG. 13B).
メインCPU101aは、ステップS246において、上記ステップS245で取得した大当たり判定用乱数及び特別図柄判定用乱数に基づいて、事前大当たり判定処理を行う。ステップS246の事前大当たり判定処理は、用いるテーブルが事前大当たり判定テーブル及び事前図柄判定テーブルとなっている点と、当該判定処理に伴って演出制御基板102に送信するコマンドが事前第2図柄指定コマンドとなっている点で、後述するステップS311の大当たり判定処理と異なっているが、処理内容については同じである。ステップS311の大当たり判定処理については後述する。   In step S246, the main CPU 101a performs prior jackpot determination processing based on the jackpot determination random number and special symbol determination random number acquired in step S245. In the advance jackpot determination process in step S246, the table to be used is the advance jackpot determination table and the advance symbol determination table, and the command transmitted to the effect control board 102 in accordance with the determination process is the advance second symbol designation command. This is different from the jackpot determination processing in step S311 described later, but the processing content is the same. The jackpot determination process in step S311 will be described later.
そして、メインCPU101aは、ステップS247において、事前大当たり判定処理で決定した第2特別図柄に対応する事前第2図柄指定コマンドをメインRAM101cの演出用伝送データ格納領域(送信バッファ)にセットする。   In step S247, the main CPU 101a sets a pre-second symbol designating command corresponding to the second special symbol determined in the pre-hit determination process in the effect transmission data storage area (transmission buffer) of the main RAM 101c.
メインCPU101aは、ステップS248において、上記ステップS245で取得したリーチ判定用乱数及び特図変動パターン判定用乱数に基づいて、事前特図変動パターン判定処理を行う。ステップS248の事前変動パターン判定処理は、用いるテーブルが事前リーチ判定テーブル及び事前変動パターン判定テーブルとなっている点と、当該判定処理に伴って演出制御基板102に送信するコマンドが事前第2変動パターン指定コマンドとなっている点で、後述するステップS312の特図変動パターン判定処理と異なっているが、処理内容については同じである。特図変動パターン判定処理については後述する。   In step S248, the main CPU 101a performs a prior special figure fluctuation pattern determination process based on the reach determination random number and the special figure fluctuation pattern determination random number acquired in step S245. In the advance variation pattern determination process in step S248, the table to be used is the advance reach determination table and the advance variation pattern determination table, and the command transmitted to the effect control board 102 in accordance with the determination process is the advance second change pattern. Although it is different from the special figure variation pattern determination processing in step S312 described later in that it is a designated command, the processing contents are the same. The special figure variation pattern determination process will be described later.
そして、メインCPU101aは、ステップS249において、事前変動パターン判定処理で決定した事前変動パターンに対応する事前第2変動パターン指定コマンドをメインRAM101cの演出用伝送データ格納領域(送信バッファ)にセットする。   In step S249, the main CPU 101a sets a pre-second variation pattern designation command corresponding to the prior variation pattern determined in the prior variation pattern determination process in the effect transmission data storage area (transmission buffer) of the main RAM 101c.
(主制御基板による入賞ゲート検出信号入力処理)
次に、図19を用いて、主制御基板101による入賞ゲート検出信号入力処理について説明する。ステップS251において、入賞ゲート検出センサ10aから有効な検出信号が入力したか否かを判定する。メインCPU101aは、有効な検出信号の入力がないと判定すれば本入賞ゲート検出信号入力処理を終了し、有効な検出信号の入力があると判定すれば、ステップS252に処理を移す。
(Wind gate detection signal input processing by the main control board)
Next, a winning gate detection signal input process by the main control board 101 will be described with reference to FIG. In step S251, it is determined whether a valid detection signal is input from the winning gate detection sensor 10a. If the main CPU 101a determines that no valid detection signal is input, the main winning gate detection signal input process is terminated. If the main CPU 101a determines that there is a valid detection signal input, the process proceeds to step S252.
メインCPU101aは、ステップS252において、普図保留数(G)を計数する普通図柄保留数カウンタのカウンタ値が4(上限値)より小さいか否かを判定する。メインCPU101aは、カウンタ値(G)が4より小さくないと判定すれば本入賞ゲート検出信号入力処理を終了し、カウンタ値(G)が4より小さいと判定すれば、ステップS253に処理を移す。   In step S252, the main CPU 101a determines whether or not the counter value of the normal symbol holding number counter for counting the number of normal symbol holdings (G) is smaller than 4 (upper limit value). If the main CPU 101a determines that the counter value (G) is not smaller than 4, the main winning gate detection signal input process is terminated, and if it is determined that the counter value (G) is smaller than 4, the process proceeds to step S253.
メインCPU101aは、ステップS253において普図保留数カウンタのカウンタ値(G)を「1」加算して更新する。また、メインCPU101aは、ステップS253において、普通図柄保留表示装置25に表示される普図保留数(G)を更新するために、その保留数を示す普通図柄保留表示データをメインRAM101cの所定領域にセットする。   In step S 253, the main CPU 101 a adds “1” to the counter value (G) of the usual figure holding number counter and updates it. In step S253, the main CPU 101a updates the normal symbol hold number (G) displayed on the normal symbol hold display device 25 in the predetermined area of the main RAM 101c in order to update the normal symbol hold number (G). set.
メインCPU101aは、ステップS254において当たり判定用乱数カウンタが示す当たり判定用乱数、普通図柄判定用乱数カウンタが示す普通図柄判定用乱数及び普図変動パターン判定用乱数カウンタが示す普図変動パターン判定用乱数を普通図柄保留記憶領域に記憶し、当該入賞ゲート検出信号入力処理を終了する。なお、以降は、当たり判定用乱数、普通図柄判定用乱数及び普図変動パターン判定用乱数をまとめて「普図判定情報」という。   In step S254, the main CPU 101a determines the hit determination random number indicated by the hit determination random number counter, the normal symbol determination random number indicated by the normal symbol determination random number counter, and the normal pattern variation pattern determination random number indicated by the normal symbol variation pattern determination random number counter. Is stored in the normal symbol storage area, and the winning gate detection signal input process is terminated. Hereinafter, the hit determination random number, the normal symbol determination random number, and the common pattern variation pattern determination random number are collectively referred to as “normal pattern determination information”.
普通図柄保留記憶領域は第1記憶部〜第4記憶部に分けられており(図13(c)参照)、普図判定情報は、乱数が記憶されていない記憶部の中で番号の小さい記憶部から順に記憶されていく。なお、各記憶部は、記憶される乱数毎に領域が分けられている(図13(d)参照)。   The normal symbol holding storage area is divided into a first storage unit to a fourth storage unit (see FIG. 13 (c)), and the common symbol determination information is a memory having a small number in a storage unit in which random numbers are not stored. It is memorized in order from the part. Each storage unit is divided into regions for each stored random number (see FIG. 13D).
(主制御基板による特図特電制御処理)
次に、図20を用いて、主制御基板101による特図特電制御処理を説明する。ステップS301において特図特電処理データの値をロードし、ステップS302においてロードした特図特電処理データから分岐先アドレスを参照し、特図特電処理データ=0であれば特別図柄記憶判定処理(ステップS310)に処理を移し、特図特電処理データ=1であれば特別図柄変動処理(ステップS320)に処理を移し、特図特電処理データ=2であれば特別図柄停止処理(ステップS330)に処理を移し、特図特電処理データ=3であれば大当たり遊技処理(ステップS340)に処理を移し、特図特電処理データ=4であれば大当たり遊技終了処理(ステップS350)に処理を移す。詳しくは、図21〜図26を用いて後述する。
(Special figure special electric control processing by main control board)
Next, with reference to FIG. 20, the special figure special electric power control process by the main control board 101 will be described. In step S301, the value of the special figure special electricity processing data is loaded, and the branch destination address is referred to from the special figure special electric treatment data loaded in step S302, and if the special figure special electric treatment data = 0, the special symbol memory determination process (step S310). ), The process moves to the special symbol variation process (step S320) if the special symbol special electric processing data = 1, and the special symbol stop process (step S330) if the special symbol special electric treatment data = 2. If the special figure special electric processing data = 3, the process is transferred to the jackpot game process (step S340), and if the special figure special electric process data = 4, the process is transferred to the big hit game end process (step S350). Details will be described later with reference to FIGS.
(主制御基板による特別図柄記憶判定処理)
図21を用いて、主制御基板101による特別図柄記憶判定処理を説明する。まず、ステップS310−1において、メインCPU101aは、特別図柄の変動表示中であるか否かを判断する。メインCPU101aは、特別図柄の変動表示中と判定すれば、本特別図柄記憶判定処理を終了し、特別図柄の変動表示中ではないと判定すれば、ステップ310−2に処理を移す。
(Special symbol memory judgment processing by the main control board)
The special symbol memory determination process by the main control board 101 will be described with reference to FIG. First, in step S310-1, the main CPU 101a determines whether or not the special symbol is being variably displayed. If the main CPU 101a determines that the special symbol variation display is in progress, the main CPU 101a ends the special symbol storage determination process. If the main CPU 101a determines that the special symbol variation display is not in progress, the main CPU 101a shifts the processing to step 310-2.
ステップS310−2において、メインCPU101aは、第2特図保留数(U2)が1以上であるか否かを判定する。第2特図保留数(U2)が1以上ではないと判定すると、ステップS310−4に処理を移し、第2特図保留数(U2)が1以上であると判定すると、ステップS310−3に処理を移す。   In step S310-2, the main CPU 101a determines whether or not the second special figure holding number (U2) is 1 or more. If it is determined that the second special figure hold number (U2) is not 1 or more, the process proceeds to step S310-4. If it is determined that the second special figure hold number (U2) is 1 or more, the process proceeds to step S310-3. Move processing.
メインCPU101aは、ステップS310−3において、第2特別図柄保留数カウンタのカウンタ値を「1」減算して更新し、ステップS310−6において、第2特別図柄保留記憶領域に記憶されたデータのシフト処理を行い、第1記憶部〜第4記憶部に記憶されている特図判定情報を1つ前の記憶部にシフトさせる。   In step S310-3, the main CPU 101a updates the counter value of the second special symbol hold count counter by subtracting “1”, and in step S310-6, the data stored in the second special symbol hold storage area is shifted. Processing is performed to shift the special figure determination information stored in the first storage unit to the fourth storage unit to the previous storage unit.
例えば、第2特別図柄保留記憶領域の第4記憶部に記憶されている特図判定情報は、第2特別図柄保留記憶領域の第3記憶部にシフトされる。また、第2特別図柄保留記憶領域の第1記憶部に記憶されている特図判定情報は、第1特別図柄及び第2特別図柄に共通の特別図柄当該記憶領域(第0記憶部)にシフトされ、第0記憶部に記憶されていた特図判定情報は、消去される。これにより、前回の遊技で用いられた特図判定情報が消去される。さらに、前回の遊技で用いた特図停止データ及び遊技条件データも各々に対応する記憶領域から消去される。   For example, the special symbol determination information stored in the fourth storage unit of the second special symbol reservation storage area is shifted to the third storage unit of the second special symbol reservation storage region. Also, the special symbol determination information stored in the first storage unit of the second special symbol storage area is shifted to the special symbol common storage area (the zeroth storage unit) common to the first special symbol and the second special symbol. Then, the special figure determination information stored in the 0th storage unit is deleted. Thereby, the special figure determination information used in the previous game is deleted. Furthermore, the special figure stop data and game condition data used in the previous game are also erased from the corresponding storage areas.
一方、ステップS310−4において、メインCPU101aは、第1特図保留数(U1)が1以上であるか否かを判定する。メインCPU101aは、ステップS310−4において、第1特図保留数(U1)が1以上であると判定すると、ステップS310−5に処理を移す。   On the other hand, in step S310-4, the main CPU 101a determines whether or not the first special figure hold number (U1) is 1 or more. If the main CPU 101a determines in step S310-4 that the first special figure hold number (U1) is 1 or more, the main CPU 101a moves the process to step S310-5.
メインCPU101aは、ステップS310−5において第1特別図柄保留数カウンタのカウンタ値を「1」減算して更新し、ステップS310−6において、第1特別図柄保留記憶領域に記憶されている特図判定情報のシフト処理を行う。   The main CPU 101a updates the counter value of the first special symbol reservation number counter by subtracting “1” in step S310-5 and updates the special symbol determination stored in the first special symbol reservation storage area in step S310-6. Information shift processing is performed.
例えば、第1特別図柄保留記憶領域の第4記憶部に記憶されている特図判定情報は、第1特別図柄保留記憶領域の第3記憶部にシフトされる。また、第1特別図柄保留記憶領域の第1記憶部に記憶されている特図判定情報は、特別図柄当該記憶領域(第0記憶部)にシフトされ、第0記憶部に記憶されていた特図判定情報は、消去される。これにより、前回の遊技で用いた特図判定情報が消去される。さらに、前回の遊技で用いた特図停止データもメインRAM101cから消去される。   For example, the special symbol determination information stored in the fourth storage unit of the first special symbol reservation storage area is shifted to the third storage unit of the first special symbol reservation storage region. Also, the special symbol determination information stored in the first storage unit of the first special symbol storage area is shifted to the special symbol storage area (the zero storage unit) and stored in the zero storage unit. The figure determination information is deleted. Thereby, the special figure determination information used in the previous game is deleted. Further, the special figure stop data used in the previous game is also erased from the main RAM 101c.
なお、ステップS310−6における特図判定情報のシフト処理にともなって、第1特図保留数(U1)又は第2特図保留数(U2)を更新するために、具体的には、そのデータに係る始動口の種類に対応する特別図柄保留表示装置23、24の表示内容を変更するために、第1、第2特別図柄保留表示データをメインRAM101cの所定領域にセットする。この保留表示データには、特別図柄保留表示装置の種類に関する情報及び特別図柄保留数(U1又はU2)に関する情報が含まれている。   In addition, in order to update the 1st special figure reservation number (U1) or the 2nd special figure reservation number (U2) with the shift process of the special figure determination information in step S310-6, specifically, the data In order to change the display contents of the special symbol hold display devices 23 and 24 corresponding to the type of the start port according to the above, first and second special symbol hold display data are set in a predetermined area of the main RAM 101c. The hold display data includes information on the type of the special symbol hold display device and information on the special symbol hold number (U1 or U2).
また、本実施形態では、ステップS310−2〜S310−6において第2特別図柄保留記憶領域を第1特別図柄保留記憶領域よりも優先させてシフトさせることとしたが、遊技球が始動口に入球した順序で、第1特別図柄保留記憶領域または第2特別図柄保留記憶領域をシフトさせてもよいし、第1特別図柄保留記憶領域を第2特別図柄保留記憶領域よりも優先させてシフトさせてもよい。   In the present embodiment, the second special symbol reservation storage area is shifted in priority to the first special symbol reservation storage area in steps S310-2 to S310-6, but the game ball enters the start port. The first special symbol reserved storage area or the second special symbol reserved storage area may be shifted in the order of the balls, or the first special symbol reserved storage area may be shifted with priority over the second special symbol reserved storage area. May be.
ステップS310−4において、第1特別図柄保留数(U1)が1以上でないと判定された場合には、ステップS319−1〜ステップS319−3に処理を移し、客待ち状態を設定するための客待ち状態設定処理を行う。客待ち状態とは、特別図柄の変動表示及び特別遊技が実行されていない状態のことをいう。   If it is determined in step S310-4 that the first special symbol hold number (U1) is not 1 or more, the process proceeds to steps S319-1 to S319-3 to set the customer waiting state. Wait state setting processing is performed. The customer waiting state refers to a state in which special symbol variation display and special games are not executed.
メインCPU101aは、客待ち状態設定処理として、最初に、ステップS319−1において、客待ち状態判定フラグ記憶領域に客待ち状態判定フラグ「01H」がセットされているか否かを判定する。メインCPU101aは、客待ち状態判定フラグ記憶領域に客待ち状態判定フラグ「01H」がセットされている場合には当該特別図柄記憶判定処理を終了し、客待ち状態判定フラグ記憶領域に客待ち状態判定フラグ「01H」がセットされていない場合にはステップS319−2に処理を移す。   As the customer waiting state setting process, the main CPU 101a first determines whether or not the customer waiting state determination flag “01H” is set in the customer waiting state determination flag storage area in step S319-1. When the customer waiting state determination flag “01H” is set in the customer waiting state determination flag storage area, the main CPU 101a ends the special symbol storage determination process, and determines the customer waiting state determination in the customer waiting state determination flag storage area. If the flag “01H” is not set, the process proceeds to step S319-2.
ステップS319−2において、メインCPU101aは、客待ち状態が繰り返し重複して設定されないために、客待ち状態判定フラグ記憶領域に客待ち状態判定フラグ「01H」をセットする。   In step S319-2, the main CPU 101a sets the customer waiting state determination flag “01H” in the customer waiting state determination flag storage area because the customer waiting state is not repeatedly set.
ステップS319−3において、メインCPU101aは、客待ち状態指定コマンドを演出用伝送データ格納領域にセットし、特別図柄記憶判定処理を終了する。   In step S319-3, the main CPU 101a sets a customer waiting state designation command in the effect transmission data storage area, and ends the special symbol memory determination process.
ステップS311において、メインCPU101aは、上記ステップS310−6においてシフトされて新しく第0記憶部に記憶されたデータに基づいて、大当たり判定処理を実行する。   In step S311, the main CPU 101a executes jackpot determination processing based on the data shifted in step S310-6 and newly stored in the 0th storage unit.
(主制御基板による大当たり判定処理)
ここで、図22を用いて、主制御基板101による大当たり判定処理を説明する。まず、メインCPU101aは、ステップS311−1において、本大当たり判定処理が、遊技球の第1始動口6への入球に基づいて行われるものであるかを判定する。メインCPU101a、本大当たり判定処理が、遊技球の第1始動口6への入球に基づいて行われるものであると判定すると、ステップS311−2において、第1大当たり判定を行う一方、該大当たり判定処理が、遊技球の第1始動口6への入球に基づいて行われるものではないと判定すると、ステップS311−3において、第2大当たり判定を行う。なお、以下において、第1大当たり判定及び第2大当たり判定のいずれも指す場合、単に「大当たり判定」という。
(Large hit judgment process by main control board)
Here, the jackpot determination process by the main control board 101 will be described with reference to FIG. First, in step S311-1, the main CPU 101a determines whether or not the big hit determination process is performed based on a game ball entering the first start port 6. If the main CPU 101a determines that the main jackpot determination process is performed based on the game ball entering the first start port 6, in step S311-2, the first jackpot determination is performed while the jackpot determination is performed. If it is determined that the process is not performed based on the game ball entering the first start port 6, a second jackpot determination is performed in step S311-3. In the following, when both the first jackpot determination and the second jackpot determination are indicated, they are simply referred to as “jackpot determination”.
メインCPU101aは、ステップS311−2の第1大当たり判定において、最初に、第1大当たり判定テーブルを選択する。次いで、メインCPU101aは、高確率フラグ記憶領域にフラグがONされているか否か、すなわち、現在の大当たり当選確率について高確率遊技状態であるか否かを判定する。これは、第1大当たり判定テーブルが、高確率遊技状態のときに用いる第1大当たり判定テーブル(以下、「高確率用第1大当たり判定テーブル」という)と、低確率遊技状態のときに用いる第1始動口用大当たり判定テーブル(以下、「低確率用第1大当たり判定テーブル」という)とで分けられているからである。   In the first jackpot determination in step S311-2, the main CPU 101a first selects a first jackpot determination table. Next, the main CPU 101a determines whether or not the flag is turned on in the high probability flag storage area, that is, whether or not the current jackpot winning probability is in the high probability gaming state. This is because a first jackpot determination table used when the first jackpot determination table is in a high probability gaming state (hereinafter referred to as a “first probability jackpot determination table for high probability”) and a first jackpot determination table used when in a low probability gaming state. This is because it is divided into a starting jackpot determination table (hereinafter referred to as a “low probability first jackpot determination table”).
メインCPU101aは、高確率フラグ記憶領域にフラグがONされていると判定すると、高確率用第1大当たり判定テーブルを選択し、高確率フラグ記憶領域にフラグがONされていないと判定すると、低確率用第1大当たり判定テーブルを選択する。   If the main CPU 101a determines that the flag is turned on in the high probability flag storage area, the main CPU 101a selects the first jackpot determination table for high probability, and determines that the flag is not turned on in the high probability flag storage area. The first jackpot determination table is selected.
そして、メインCPU101aは、該選択した第1大当たり判定テーブルに、上記ステップS310−6においてシフトされて第0記憶部にある大当たり判定用乱数を照合して、「大当たり」又は「ハズレ」のいずれであるかを決定し、ステップS311−4に処理を進める。   Then, the main CPU 101a compares the selected first jackpot determination table with the jackpot determination random number that is shifted in step S310-6 and is stored in the 0th storage unit, and determines whether it is “big hit” or “lost”. It is determined whether there is, and the process proceeds to step S311-4.
メインCPU101aは、ステップS311−3の第2大当たり判定において、最初に、第2大当たり判定テーブルを選択する。次いで、メインCPU101aは、高確率フラグ記憶領域にフラグがONされているか否か、すなわち、現在の大当たり当選確率について高確率遊技状態であるか否かを判定する。これは、第2大当たり判定テーブルが、高確率遊技状態のときに用いる第2大当たり判定テーブル(以下、「高確率用第2大当たり判定テーブル」という)と、低確率遊技状態のときに用いる第2大当たり判定テーブル(以下、「低確率用第2大当たり判定テーブル」という)とで分けられているからである。   The main CPU 101a first selects the second jackpot determination table in the second jackpot determination in step S311-3. Next, the main CPU 101a determines whether or not the flag is turned on in the high probability flag storage area, that is, whether or not the current jackpot winning probability is in the high probability gaming state. This is because a second jackpot determination table used when the second jackpot determination table is in a high probability gaming state (hereinafter referred to as a “second probability big hit determination table for high probability”) and a second jackpot determination table used when in a low probability gaming state. This is because it is divided into a jackpot determination table (hereinafter referred to as a “low probability second jackpot determination table”).
メインCPU101aは、高確率フラグ記憶領域にフラグがONされていると判定すると、高確率用第2大当たり判定テーブルを選択し、高確率フラグ記憶領域にフラグがONされていないと判定すると、低確率用第2大当たり判定テーブルを選択する。   When the main CPU 101a determines that the flag is turned on in the high probability flag storage area, the main CPU 101a selects the second jackpot determination table for high probability, and determines that the flag is not turned on in the high probability flag storage area. The second jackpot determination table is selected.
そして、メインCPU101aは、該選択した第2大当たり判定テーブルに、上記ステップS310−6においてシフトされて第0記憶部にある大当たり判定用乱数を照合して、「大当たり」又は「ハズレ」のいずれであるかを決定し、ステップS311−4に処理を進める。   Then, the main CPU 101a compares the selected second jackpot determination table with the jackpot determination random number that has been shifted in the above-described step S310-6 and is stored in the 0th storage unit. It is determined whether there is, and the process proceeds to step S311-4.
次に、ステップS311−4において、メインCPU101aは、高確率フラグ記憶領域にフラグがONされているか否かを判断する。ここで、高確率フラグ記憶領域にフラグがONされているということは、現在の大当たり当選確率について高確率遊技状態であるということである。   Next, in step S311-4, the main CPU 101a determines whether or not a flag is turned on in the high probability flag storage area. Here, the fact that the flag is turned on in the high-probability flag storage area means that the current jackpot winning probability is a high-probability gaming state.
メインCPU101aは、ステップS311−4において、上記ステップS311−2の第1大当たり判定の判定結果又は上記ステップS311−3の第2大当たり判定の判定結果が「大当たり」であるか否かを判定する。メインCPU101aは、「大当たり」であると判定するとステップS311−5に処理を移し、「大当たり」ではないと判定するとステップS311−7に処理を移す。   In step S311-4, the main CPU 101a determines whether or not the determination result of the first jackpot determination in step S311-2 or the determination result of the second jackpot determination in step S311-3 is “big hit”. If the main CPU 101a determines that it is a “big hit”, it moves the process to step S311-5, and if it determines that it is not a “big hit”, it moves the process to step S311-7.
メインCPU101aは、ステップS311−5に現在の遊技状態を表す遊技状態データをメインRAM101cの遊技状態バッファにセットし、ステップS311−6において大当たり特別図柄判定を行う。大当たり特別図柄判定は、大当たり判定の判定結果が「大当たり」であることを示す特別図柄である大当たり特別図柄の種類を判定することである。上述の通り、大当たりは複数種類設けられており、大当たり特別図柄の種類に大当たりの種類が設定されている。   In step S311-5, the main CPU 101a sets the gaming state data representing the current gaming state in the gaming state buffer of the main RAM 101c, and performs a jackpot special symbol determination in step S311-6. The jackpot special symbol determination is to determine the type of the jackpot special symbol which is a special symbol indicating that the determination result of the jackpot determination is “big jackpot”. As described above, a plurality of types of jackpots are provided, and the type of jackpot is set as the type of jackpot special symbol.
メインCPU101aは、ステップS311−6の大当たり特別図柄判定において、最初に、大当たり特別図柄判定テーブルを選択する。次いで、メインCPU101aは、本大当たり判定処理で行った大当たり判定が第1大当たり判定か第2大当たり判定であるかを確認する。これは、大当たり特別図柄判定テーブルが、第1大当たり判定のときに用いる大当たり特別図柄判定テーブル(以下、「第1大当たり特別図柄判定テーブル」という)と、第2大当たり判定のときに用いる大当たり特別図柄判定テーブル(以下、「第2大当たり特別図柄判定テーブル」という)とで分けられているからである。   In the jackpot special symbol determination in step S311-6, the main CPU 101a first selects a jackpot special symbol determination table. Next, the main CPU 101a confirms whether the jackpot determination performed in the main jackpot determination process is the first jackpot determination or the second jackpot determination. This is because the jackpot special symbol determination table is a jackpot special symbol determination table used for the first jackpot determination (hereinafter referred to as “first jackpot special symbol determination table”) and the jackpot special symbol used for the second jackpot determination. This is because it is divided into determination tables (hereinafter referred to as “second jackpot special symbol determination table”).
そして、メインCPU101aは、該選択された大当たり特別図柄判定テーブルに、上記ステップS310−6においてシフトされて第0記憶部にある特別図柄判定用乱数値を照合する。   Then, the main CPU 101a checks the special symbol determination random number value shifted in step S310-6 and stored in the 0th storage unit with the selected jackpot special symbol determination table.
メインCPU101aは、ステップS311−7においてハズレ特別図柄判定を行う。ハズレ特別図柄判定は、大当たり判定の判定結果が「ハズレ」であることを示す特別図柄であるハズレ特別図柄の種類を判定することである。本実施形態では、ハズレは1種類設けられている。   In step S311-7, the main CPU 101a performs the loss special symbol determination. The loss special symbol determination is to determine the type of the loss special symbol which is a special symbol indicating that the determination result of the jackpot determination is “losing”. In this embodiment, one type of loss is provided.
メインCPU101aは、ステップS311−7のハズレ特別図柄判定において、最初に、ハズレ特別図柄判定テーブルを選択する。次いで、メインCPU101aは、本大当たり判定処理で行った大当たり判定が第1大当たり判定か第2大当たり判定であるかを確認する。これは、大当たり特別図柄判定テーブルが、第1大当たり判定のときに用いるハズレ特別図柄判定テーブル(以下、「第1ハズレ特別図柄判定テーブル」という)と、第2大当たり判定のときに用いるハズレ特別図柄判定テーブル(以下、「第2ハズレ特別図柄判定テーブル」という)とで分けられているからである。   In the lost special symbol determination in step S311-7, the main CPU 101a first selects a lost special symbol determination table. Next, the main CPU 101a confirms whether the jackpot determination performed in the main jackpot determination process is the first jackpot determination or the second jackpot determination. This is because the jackpot special symbol determination table is a loss special symbol determination table (hereinafter referred to as “first loss special symbol determination table”) used for the first jackpot determination, and a loss special symbol used for the second jackpot determination. This is because it is divided into a determination table (hereinafter referred to as a “second loss special symbol determination table”).
そして、メインCPU101aは、該選択されたハズレ特別図柄判定テーブルに、上記ステップS310−6においてシフトされて第0記憶部にある特別図柄判定用乱数値を照合する。   Then, the main CPU 101a collates the selected special symbol determination table with the special symbol determination random number value which is shifted in step S310-6 and stored in the 0th storage unit.
メインCPU101aは、ステップS311−8において、上記ステップS311−6の大当たり特別図柄判定又は上記ステップS311−7のハズレ特別図柄判定の判定結果に対応する演出図柄指定コマンドをメインRAM101cの演出用伝送データ格納領域にセットする。   In step S311-8, the main CPU 101a stores an effect symbol designation command corresponding to the determination result of the jackpot special symbol determination in step S311-6 or the loss special symbol determination in step S311-7 in the transmission data for the effect in the main RAM 101c. Set to area.
メインCPU101aは、ステップS311−9において、上記ステップS311−6の大当たり特別図柄判定又は上記ステップS311−7のハズレ特別図柄判定の判定結果に対応する特図停止データをメインRAM101cの所定領域にセットする。   In step S311-9, the main CPU 101a sets special figure stop data corresponding to the determination result of the jackpot special symbol determination in step S311-6 or the loss special symbol determination in step S311-7 in a predetermined area of the main RAM 101c. .
特図停止データは、後述するように図23の特図変動パターン判定処理において特図変動パターンを決定する際、図25の特別図柄停止処理において「大当たり特別図柄」等を判断する際、ステップS340の大当たり遊技処理において大入賞口8の開閉態様を決定する際にも用いられる。   As shown in FIG. 23, the special figure stop data is determined when the special figure fluctuation pattern is determined in the special figure fluctuation pattern determination process shown in FIG. 23. When the special symbol stop pattern shown in FIG. This is also used when determining the opening / closing mode of the big winning opening 8 in the big hit game processing.
上記のようにして大当たり判定処理が終了したら、メインCPU101aは、図21に示す特別図柄記憶判定処理に戻り、ステップS312において、特図変動パターン判定処理を行う。特図変動パターン判定処理では、大当たり判定の結果及び特別図柄判定の結果に基づいて、特図変動時間及び後述する変動演出の演出種別等に関する情報が含まれる特図変動パターンを決定する。   When the jackpot determination process is completed as described above, the main CPU 101a returns to the special symbol memory determination process shown in FIG. 21, and performs the special figure variation pattern determination process in step S312. In the special figure fluctuation pattern determination process, a special figure fluctuation pattern including information on the special figure fluctuation time and the effect type of the fluctuation effect described later is determined based on the results of the jackpot determination and the special symbol determination.
(主制御基板による特図変動パターン判定処理)
図23を用いて、特図変動パターン判定処理を説明する。まず、メインCPU101aは、ステップS312−1において、後述する高確率フラグのON/OFFと、時短フラグのON/OFFを参照して、現在の遊技状態(高確率遊技状態/低確率遊技状態、且つ、時短遊技状態/非時短遊技状態)を確認して、遊技状態に対応付けられた特図変動パターン判定テーブルを選択する。
(Special map variation pattern judgment process by main control board)
The special figure variation pattern determination process will be described with reference to FIG. First, in step S312-1, the main CPU 101a refers to ON / OFF of a high probability flag, which will be described later, and ON / OFF of a short time flag, to determine the current gaming state (high probability gaming state / low probability gaming state, and (Time saving gaming state / non-time saving gaming state) is checked, and a special figure variation pattern determination table associated with the gaming state is selected.
メインCPU101aは、ステップS312−2において、メインRAM101cに記憶されている特図停止データを確認し、特図停止データに基づいて特図変動パターン判定テーブルを決定する。これは、本実施形態では、遊技状態によって分けられた特図変動パターン判定テーブルは、さらに特図停止データに関連付けられているからである。   In step S312-2, the main CPU 101a checks the special figure stop data stored in the main RAM 101c, and determines a special figure fluctuation pattern determination table based on the special figure stop data. This is because in the present embodiment, the special figure variation pattern determination table divided according to the gaming state is further associated with the special figure stop data.
メインCPU101aは、ステップS312−3において、特図停止データが「19」又は「29」であるか否か、すなわち、特別図柄抽選の結果がハズレであるか否かを判定する。これは、特別図柄抽選の結果がハズレである場合は、特図変動パターン判定テーブルが特図保留数によっても分けられているからである。本実施形態では、ハズレの場合の特図変動パターン判定テーブルは、特図保留数が「0」〜「1」の場合の特図変動パターン判定テーブルと、特図保留数が「2」以上の場合の特図変動パターン判定テーブルとに分けられている。メインCPU101aは、ステップS312−3で「ハズレ」であると判定するとステップS312−4に処理を移し、「ハズレ」ではないと判定するとステップS312−6に処理を移す。   In step S312-3, the main CPU 101a determines whether or not the special figure stop data is “19” or “29”, that is, whether or not the result of the special symbol lottery is lost. This is because, when the result of the special symbol lottery is a loss, the special diagram fluctuation pattern determination table is also divided by the number of special diagram holds. In the present embodiment, the special figure fluctuation pattern determination table in the case of a loss is a special figure fluctuation pattern determination table when the special figure reservation number is “0” to “1”, and the special figure reservation number is “2” or more. In the case of the special figure fluctuation pattern determination table. If the main CPU 101a determines that it is “losing” in step S312-3, it moves the process to step S312-4, and if it determines that it is not “losing”, it moves the process to step S312-6.
メインCPU101aは、ステップS312−4において、特図保留数(U1orU2)を確認し、確認した特図保留数が対応付けられた特図変動パターン判定テーブルを選択する。この特図保留数が「0」〜「1」の場合のハズレの特図変動パターン判定テーブル、及び、「2」以上の場合のハズレの特図変動パターン判定テーブルは、それぞれ、リーチ判定用乱数値に基づいてリーチの有無が対応付けられている。   In step S <b> 312-4, the main CPU 101 a confirms the special figure hold number (U1 or U2) and selects a special figure fluctuation pattern determination table associated with the confirmed special figure hold number. The special figure fluctuation pattern determination table for loss when the number of reserved special figures is “0” to “1”, and the special figure fluctuation pattern determination table for loss when the number of special figure holds is “2” or more, respectively. The presence or absence of reach is associated with the numerical value.
「0」〜「1」の場合のハズレの特図変動パターン判定テーブルは、リーチ判定用乱数が「0」〜「69」の場合に「リーチ無し」となっており、リーチ判定用乱数が「70」〜「99」の場合に「リーチ有り」となっている。一方、「2」以上の場合のハズレの特図変動パターン判定テーブルは、リーチ判定用乱数が「0」〜「79」の場合に「リーチ無し」となっており、リーチ判定用乱数が「80」〜「99」の場合に「リーチ有り」となっている。   The special figure fluctuation pattern determination table for the loss in the case of “0” to “1” is “no reach” when the random number for reach determination is “0” to “69”, and the random number for reach determination is “ “70” to “99” is “reach”. On the other hand, the special figure fluctuation pattern determination table for the loss when “2” or more is “no reach” when the reach determination random number is “0” to “79”, and the reach determination random number is “80”. ”To“ 99 ”is“ reach ”.
メインCPU101aは、ステップS312−5において、リーチ判定を行う。具体的には、上記ステップS310−6でシフトされて第0記憶部にあるリーチ判定用乱数値を、上記ステップS312−4で選択した特図変動パターン判定テーブルに照合して、リーチの有無を決定する。   In step S312-5, the main CPU 101a performs reach determination. Specifically, the reach determination random number value shifted in step S310-6 and stored in the 0th storage unit is collated with the special figure variation pattern determination table selected in step S312-4 to determine whether or not there is a reach. decide.
メインCPU101aは、リーチ判定で「リーチ有り」と判定した場合には、上記ステップS312−4で選択した特図変動パターン判定テーブルの中でリーチ有り用の特図変動パターン判定テーブルを選択する。一方、メインCPU101aは、リーチ判定で「リーチ無し」と判定した場合には、上記ステップS312−4で選択した特図変動パターン判定テーブルの中でリーチ無し用の特図変動パターン判定テーブルを選択する。   When the main CPU 101a determines that “reach is present” in the reach determination, the main CPU 101a selects the special-figure variation pattern determination table for reach in the special-figure variation pattern determination table selected in step S312-4. On the other hand, when the main CPU 101a determines “no reach” in the reach determination, the main CPU 101a selects a special map fluctuation pattern determination table for no reach from the special map fluctuation pattern determination table selected in step S312-4. .
メインCPU101aは、ステップS312−6において、特図変動パターン判定を行う。具体的には、メインCPU101aは、上記ステップS312−2で選択した特図停止データに基づいた特図変動パターン判定テーブル又はステップS312−5で選択したリーチの有無に基づいた特図変動パターン判定テーブルに特図変動パターン判定用乱数を照合し、特図変動パターンを決定する。   In step S312-6, the main CPU 101a performs special figure fluctuation pattern determination. Specifically, the main CPU 101a uses the special figure fluctuation pattern determination table based on the special figure stop data selected in step S312-2 or the special figure fluctuation pattern determination table based on the presence / absence of the reach selected in step S312-5. The special figure fluctuation pattern determination random numbers are collated with each other to determine the special figure fluctuation pattern.
メインCPU101aは、特図変動パターンを決定すると、図21に示す特別図柄記憶判定処理に戻り、ステップS310−7において、特図変動パターンに対応する特図変動パターン指定コマンドをメインRAM101cの演出用伝送データ格納領域にセットする。特図変動パターン指定コマンドは演出制御基板102に送信され、演出制御基板102はこのコマンドを受信することによって、特別図柄の変動表示が開始することを認識し、最終的には特図変動パターン指定コマンドに基づいて変動演出の内容に関連付けられた変動演出パターンを決定する。   When the special CPU variation pattern is determined, the main CPU 101a returns to the special symbol memory determination process shown in FIG. 21, and in step S310-7, the special CPU variation pattern designation command corresponding to the special symbol variation pattern is transmitted for the effect in the main RAM 101c. Set in the data storage area. The special figure variation pattern designation command is transmitted to the production control board 102. Upon receiving this command, the production control board 102 recognizes that the special symbol fluctuation display starts, and finally designates the special figure fluctuation pattern designation. Based on the command, the variation effect pattern associated with the content of the variation effect is determined.
メインCPU101aは、ステップS310−8において、当該特別図柄の変動表示開始時における遊技条件の状態を確認し、その状態が反映された遊技状態指定コマンドをメインRAM101cの演出用伝送データ格納領域にセットする。   In step S310-8, the main CPU 101a confirms the state of the gaming conditions at the start of the variable symbol display of the special symbol, and sets a gaming state designation command reflecting the state in the effect transmission data storage area of the main RAM 101c. .
そして、メインCPU101aは、ステップS310−9において、当該特図変動パターンに対応付けられた特図変動時間(図5、図6参照)を特別遊技タイマカウンタにセットする。なお、特別遊技タイマカウンタは上記ステップS110において4ms毎に減算処理されていく。   In step S310-9, the main CPU 101a sets the special figure change time (see FIGS. 5 and 6) associated with the special figure change pattern in the special game timer counter. The special game timer counter is subtracted every 4 ms in step S110.
メインCPU101aは、ステップS310−10において、第1特別図柄表示装置20または第2特別図柄表示装置21で特別図柄の変動表示を行うために特別図柄変動表示用データをセットする。特別図柄変動表示用データには、作動させる特別図柄表示装置の種類、変動表示の態様、変動時間等の情報が含まれる。   In step S310-10, the main CPU 101a sets special symbol variation display data in order to perform variation display of the special symbol on the first special symbol display device 20 or the second special symbol display device 21. The special symbol variation display data includes information such as the type of the special symbol display device to be operated, the variation display mode, and the variation time.
メインCPU101aは、ステップS310−11において、客待ち状態判定フラグ記憶領域にフラグ「00H」をセットする、すなわち、客待ち状態判定フラグ記憶領域をクリアし、ステップS310−12において、特図特電処理データ=1をセットし、本特別図柄記憶判定処理を終了する。   In step S310-11, the main CPU 101a sets a flag “00H” in the customer waiting state determination flag storage area, that is, clears the customer waiting state determination flag storage area. In step S310-12, the special figure special electric processing data = 1 is set, and the special symbol memory determination process is terminated.
(主制御基板による特別図柄変動処理)
次に、図24を用いて、特別図柄変動処理を説明する。メインCPU101aは、最初に、ステップS320−1において、特別図柄の変動表示が終了するか否か、換言すれば、上記ステップS310−9でセットされた特図変動時間が経過したか否か(特別遊技タイマカウンタ=0か?)を判定する。その結果、特別図柄の変動表示が終了しないと判定した場合には、特別図柄変動処理を終了し、次のサブルーチンを実行する。
(Special symbol variation processing by main control board)
Next, the special symbol variation process will be described with reference to FIG. First, in step S320-1, the main CPU 101a determines whether or not the special symbol variation display ends, in other words, whether or not the special symbol variation time set in step S310-9 has elapsed (special). Game timer counter = 0). As a result, if it is determined that the special symbol variation display does not end, the special symbol variation processing is terminated, and the next subroutine is executed.
メインCPU101aは、特別図柄の変動表示が終了すると判定した場合には、ステップS320−2において、演出制御基板102に特別図柄の変動表示が終了することを伝えるために図柄変動停止指定コマンドを演出用伝送データ格納領域にセットする。   If the main CPU 101a determines that the variation display of the special symbol is finished, in step S320-2, the main CPU 101a uses a symbol variation stop designation command for the effect control board 102 to notify the end of the variation display of the special symbol. Set in the transmission data storage area.
メインCPU101aは、ステップS320−3において、特別図柄表示装置20、21に特別図柄を停止表示するために、上記ステップS311−9でセットされた特図停止データに基づいて特図停止表示用データをセットする。これにより、遊技者に当該特別図柄抽選の結果が報知される。ステップS320−4において、メインCPU101aは、特別図柄の停止表示に要する時間(以下、「特図停止時間」という。例えば、0.8秒)を特別遊技タイマカウンタにセットする。なお、特別遊技タイマカウンタは、ステップS110において、4ms毎に減算処理されていく。   In step S320-3, the main CPU 101a displays the special figure stop display data based on the special figure stop data set in step S311-9 in order to stop and display the special symbols on the special symbol display devices 20 and 21. set. Thereby, the result of the special symbol lottery is notified to the player. In step S320-4, the main CPU 101a sets the time required for the special symbol stop display (hereinafter referred to as "special figure stop time", for example, 0.8 seconds) to the special game timer counter. The special game timer counter is subtracted every 4 ms in step S110.
そして、メインCPU101aは、ステップS320−5において、特図特電処理データに2をセットし、本特別図柄変動処理を終了する。   Then, in step S320-5, the main CPU 101a sets 2 to the special figure special electricity processing data, and ends this special symbol variation process.
(主制御基板による特別図柄停止処理)
図25を用いて、主制御基板101による特別図柄停止処理を説明する。メインCPU101aは、最初に、ステップS330−1において、特別図柄の停止表示が終了するか否か、換言すれば、ステップS320−4で特別遊技タイマカウンタにセットされた特図停止時間が経過したか否か(特別遊技タイマカウンタ=0?)を判定する。その結果、特別図柄の停止表示が終了しないと判定した場合には、本特別図柄停止処理を終了し、特別図柄の停止表示が終了すると判定した場合には、ステップS330−2に処理を移す。
(Special symbol stop processing by the main control board)
The special symbol stop process by the main control board 101 will be described with reference to FIG. First, in step S330-1, the main CPU 101a determines whether or not the special symbol stop display has ended, in other words, whether or not the special figure stop time set in the special game timer counter has elapsed in step S320-4. It is determined whether or not (special game timer counter = 0?). As a result, when it is determined that the special symbol stop display does not end, the special symbol stop processing is terminated, and when it is determined that the special symbol stop display ends, the process proceeds to step S330-2.
メインCPU101aは、ステップS330−2において、時短フラグ記憶領域にフラグがONされているか否かを判断する。時短フラグ記憶領域にフラグがONされているということは、現在、時短遊技状態であることを意味する。時短フラグ記憶領域にフラグがONされている場合には、ステップS330−3に処理を移し、時短フラグ記憶領域にフラグがOFFされている場合には、ステップS330−6に処理を移す。   In step S330-2, the main CPU 101a determines whether or not a flag is turned on in the time reduction flag storage area. The fact that the flag is ON in the time-short flag storage area means that the current state is the time-short game state. If the flag is turned on in the time reduction flag storage area, the process proceeds to step S330-3. If the flag is turned off in the time reduction flag storage area, the process proceeds to step S330-6.
ステップS330−3において、メインCPU101aは、時短遊技状態による特別図柄の変動表示の残り回数(J:以下「時短遊技状態残り回数」という)を示す時短遊技状態の残り回数カウンタのカウンタ値から「1」を減算した演算値(J−1)を、時短遊技状態残り回数(J)として記憶する。   In step S330-3, the main CPU 101a calculates “1” from the counter value of the remaining number counter in the short time gaming state indicating the remaining number of times the special symbol change display according to the short time gaming state (J: hereinafter referred to as “the remaining number of short time gaming states”). The operation value (J-1) obtained by subtracting "is stored as the remaining time-saving gaming state count (J).
ステップS330−4において、メインCPU101aは、時短遊技状態残り回数(J)=0か否かを判定する。時短遊技状態残り回数(J)=0であれば、ステップS330−5に処理を移し、時短遊技状態残り回数(J)=0でなければ、ステップS330−6に処理を移す。   In step S330-4, the main CPU 101a determines whether or not the remaining time-saving gaming state count (J) = 0. If the remaining time-saving gaming state (J) = 0, the process proceeds to step S330-5. If the remaining time-short gaming state remaining number (J) = 0, the process proceeds to step S330-6.
ステップS330−5において、メインCPU101aは、時短フラグ記憶領域に記憶されているフラグをOFFする。なお、上記時短遊技状態残り回数(J)が「0」になるということは、時短遊技状態において特別図柄の変動表示が実行可能回数(Ja)行われ、「時短」状態による特別図柄の変動表示が終了することを意味する。   In step S330-5, the main CPU 101a turns off the flag stored in the time reduction flag storage area. It should be noted that the fact that the short time gaming state remaining number (J) is “0” means that the special symbol is displayed in a variable number of times (Ja) in the short time gaming state. Means to end.
ステップS330−6において、メインCPU101aは、高確率フラグ記憶領域にフラグがONされているか否かを判断する。高確率フラグ記憶領域にフラグがONされているということは、現在、高確率遊技状態であることを意味する。高確率フラグ記憶領域にフラグがONされている場合には、ステップS330−7に処理を移し、高確率フラグ記憶領域にフラグがOFFされている場合には、ステップS330−10に処理を移す。   In step S330-6, the main CPU 101a determines whether or not a flag is turned on in the high probability flag storage area. The fact that the flag is turned on in the high probability flag storage area means that the current state is a high probability gaming state. If the flag is ON in the high probability flag storage area, the process proceeds to step S330-7. If the flag is OFF in the high probability flag storage area, the process proceeds to step S330-10.
ステップS330−7において、メインCPU101aは、高確率遊技状態による特別図柄の変動表示の残り回数(X:以下、「高確率遊技状態残り回数」という)を示す高確率遊技状態残り回数カウンタのカウンタ値から「1」を減算した演算値(X−1)を、新たな高確率遊技状態残り回数(X)として記憶する。   In step S330-7, the main CPU 101a displays the counter value of the high-probability gaming state remaining number counter indicating the remaining number of times of display of the special symbol variation display due to the high-probability gaming state (X: hereinafter referred to as “the remaining number of high-probability gaming states”). The operation value (X−1) obtained by subtracting “1” from the value is stored as a new high probability gaming state remaining number (X).
ステップS330−8において、メインCPU101aは、高確率遊技状態残り回数(X)=0か否かを判定する。高確率遊技状態残り回数(X)=0であれば、ステップS330−9に処理を移し、高確率遊技状態残り回数(X)=0でなければ、ステップS330−10に処理を移す。   In step S330-8, the main CPU 101a determines whether or not the high probability gaming state remaining count (X) = 0. If the high probability gaming state remaining number (X) = 0, the process proceeds to step S330-9. If the high probability gaming state remaining number (X) = 0 is not satisfied, the process proceeds to step S330-10.
ステップS330−9において、メインCPU101aは、高確率フラグ記憶領域に記憶されているフラグをOFFする。なお、上記高確率遊技状態残り回数(X)が「0」になるということは、高確率遊技状態において特別図柄の変動表示が実行可能回数(Xa)行われ、「高確率」状態による特別図柄の変動表示が終了することを意味する。   In step S330-9, the main CPU 101a turns off the flag stored in the high probability flag storage area. Note that the high probability gaming state remaining count (X) is “0” means that the special symbol is displayed in a variable number of executable times (Xa) in the high probability gaming state, and the special symbol based on the “high probability” state. This means that the fluctuation display of is finished.
ステップS330−10において、メインCPU101aは、現在の遊技条件の状態を確認し、該遊技状態を示す遊技状態指定コマンドを演出用伝送データ格納領域にセットする。   In step S330-10, the main CPU 101a confirms the state of the current gaming condition, and sets a gaming state designation command indicating the gaming state in the effect transmission data storage area.
ステップS330−11において、メインCPU101aは、本特別図柄停止処理に係る大当たり判定の判定結果が「大当たり」であるか否かを判定する。具体的には特図停止データ記憶領域に記憶されている特図停止データが大当たり特別図柄(特図停止データ=10〜12、20〜21)に係るものであるか否かを判定する。ここで、大当たり特別図柄と判定された場合には、ステップS330−13に処理を移し、大当たり特別図柄と判定されなかった場合には、ステップS330−12に処理を移す。   In step S330-11, the main CPU 101a determines whether or not the determination result of the jackpot determination related to the special symbol stop process is “jackpot”. Specifically, it is determined whether or not the special figure stop data stored in the special figure stop data storage area relates to the big hit special symbol (special figure stop data = 10 to 12, 20 to 21). If it is determined that the jackpot special symbol is determined, the process proceeds to step S330-13. If the jackpot special symbol is not determined, the process proceeds to step S330-12.
ステップS330−12において、メインCPU101aは、特図特電処理データに0をセットし、図21に示す特別図柄記憶判定処理に処理を移す。   In step S330-12, the main CPU 101a sets 0 to the special symbol special electricity processing data, and shifts the processing to the special symbol memory determination processing shown in FIG.
メインCPU101aは、ステップS330−13において、特図特電処理データに3をセットし、ステップS330−14において、時短フラグ記憶領域及び高確率フラグ記憶領域、高確率遊技状態の残り変動回数カウンタ、及び、時短遊技状態の残り変動回数カウンタをリセットする。   In step S330-13, the main CPU 101a sets 3 to the special figure special electricity processing data, and in step S330-14, the short time flag storage area and the high probability flag storage area, the remaining probability counter of the high probability gaming state, and Reset the remaining fluctuation counter in the short-time gaming state.
メインCPU101aは、ステップS330−15において、大当たり遊技オープニング処理として、特図停止データに応じたオープニング指定コマンドを演出用伝送データ格納領域にセットする。次いで、メインCPU101a、特図停止データに応じたオープニング時間を特別遊技タイマカウンタにセットする。なお、特別遊技タイマカウンタは、上記ステップS110において、4ms毎に減算処理される。   In step S330-15, the main CPU 101a sets an opening designation command corresponding to the special figure stop data in the effect transmission data storage area as the jackpot game opening process. Next, the main CPU 101a sets the opening time corresponding to the special figure stop data in the special game timer counter. The special game timer counter is subtracted every 4 ms in step S110.
また、ステップS330−13で特図特電処理データに3がセットされたことにより、ステップS300の特図特電制御処理において、分岐先アドレスが参照されて大当たり遊技処理が実行される。ここでは、大当たり遊技処理の説明が省略するが、大当たり遊技処理においては、特図停止データと、大当たり遊技制御テーブル及び長当たり遊技用大入賞口開閉制御テーブル若しくは短当たり遊技用大入賞口開閉制御テーブルに基づいて、大当たり遊技が制御される。そして、大当たり遊技処理が終了する際には、特図特電処理データに4がセットされて、ステップS300の特図特電制御処理において分岐先アドレスが参照されて大当たり遊技終了処理が実行されることとなる。   Further, when 3 is set in the special figure special processing data in step S330-13, in the special figure special electric control process in step S300, the branch destination address is referred to and the big hit game process is executed. Here, the description of the jackpot game process is omitted, but in the jackpot game process, special figure stop data, the jackpot game control table and the jackpot game opening / closing control table for the jackpot game, or the bonus game opening / closing control for the jackpot game. The jackpot game is controlled based on the table. When the jackpot game process ends, 4 is set in the special figure special power process data, the branch destination address is referred to in the special figure special power control process in step S300, and the jackpot game end process is executed. Become.
(主制御基板による大当たり遊技終了処理)
図26を用いて、主制御基板101による大当たり遊技終了処理を説明する。まず、ステップS350−1において、メインCPU101aは、遊技状態バッファにアップしている遊技状態データをロードする。これは、大当たり遊技の終了に伴って新たに設定する遊技状態を判定するテーブルである遊技状態判定テーブルは、本大当たり遊技終了処理に係る大当たりを導出した大当たり判定処理が行われていた時(以下、「当該大当たり当選時」という)の遊技状態に関連付けられているからである。具体的に、本実施形態では、遊技状態判定テーブルは、当該大当たり当選時の大当たり当選に係る遊技状態が低確率遊技状態の場合の遊技状態判定テーブルと、当該大当たり当選時の大当たり当選に係る遊技状態が高確率遊技状態の場合の遊技状態判定テーブルとで分けられている。
(Big hit game end processing by main control board)
The jackpot game ending process by the main control board 101 will be described with reference to FIG. First, in step S350-1, the main CPU 101a loads the game state data up to the game state buffer. This is a game state determination table that is a table for determining a game state to be newly set as the jackpot game ends. When the jackpot determination process for deriving the jackpot related to the jackpot game end process is performed (hereinafter referred to as the jackpot determination process) This is because it is related to the gaming state of “when the jackpot is won”. Specifically, in the present embodiment, the gaming state determination table includes a gaming state determination table when the gaming state related to the jackpot winning at the time of the jackpot winning is a low probability gaming state, and a game related to the jackpot winning at the time of the jackpot winning It is divided into a gaming state determination table when the state is a high probability gaming state.
メインCPU101aは、ステップS350−2において、遊技状態データが示す大当たり当選状態(低確率遊技状態または高確率遊技状態)を確認して、遊技状態判定テーブルを選択する。   In step S350-2, the main CPU 101a confirms the jackpot winning state (low probability gaming state or high probability gaming state) indicated by the gaming state data, and selects a gaming state determination table.
メインCPU101aは、ステップS350−3において、メインRAM101cにセットされている特図停止データを、上記ステップS350−2で選択した遊技状態判定テーブルに照合し、高確率フラグ記憶領域に高確率フラグをONするか否かの判定を行う。メインCPU101aは、高確率フラグをONしないと判定すると、ステップS350−5に処理を移し、高確率フラグをONすると判定すると、ステップS350−4に処理を移す。   In step S350-3, the main CPU 101a checks the special figure stop data set in the main RAM 101c against the gaming state determination table selected in step S350-2, and turns on the high probability flag in the high probability flag storage area. It is determined whether or not to do so. When determining that the high probability flag is not turned on, the main CPU 101a moves the process to step S350-5, and when determining that the high probability flag is turned on, the main CPU 101a moves the process to step S350-4.
メインCPU101aは、ステップS350−4において、メインRAM101cの高確率フラグ記憶領域に高確率フラグ(01H)をONすると共に、高確率遊技状態残り回数カウンタに実行可能回数(Xa)をセットする。   In step S350-4, the main CPU 101a turns on the high probability flag (01H) in the high probability flag storage area of the main RAM 101c and sets the executable number (Xa) in the high probability gaming state remaining number counter.
メインCPU101aは、ステップS350−5において、特図停止データを、上記ステップS350−2で選択した遊技状態判定テーブルに照合し、時短フラグ記憶領域に時短フラグをONするか否かの判定を行う。メインCPU101aは、時短フラグをONしないと判定すると、ステップS350−7に処理を移し、時短フラグをONすると判定すると、ステップS350−6に処理を移す。   In step S350-5, the main CPU 101a checks the special figure stop data against the gaming state determination table selected in step S350-2, and determines whether or not the time reduction flag is turned on in the time reduction flag storage area. If the main CPU 101a determines that the time reduction flag is not turned on, it moves the process to step S350-7, and if it determines that the time reduction flag is turned on, it moves the process to step S350-6.
メインCPU101aは、ステップS350−6おいて、メインRAM101cの時短フラグ記憶領域に時短フラグ(01H)をONすると共に、時短遊技状態残り回数カウンタに実行可能回数(Ja)をセットする。   In step S350-6, the main CPU 101a turns on the hour / hour flag (01H) in the hour / hour flag storage area of the main RAM 101c, and sets the executable number (Ja) in the hour / hour gaming state remaining number counter.
メインCPU101aは、ステップS350−7において、現在の遊技条件の状態を確認し、現在の遊技条件の状態を示す遊技状態指定コマンドを演出用伝送データ格納領域にセットし、ステップS350−8において、特図特電処理データに0をセットし、図21に示す特別図柄記憶判定処理に処理を移す。   In step S350-7, the main CPU 101a confirms the current gaming condition status, sets a gaming status designation command indicating the current gaming condition status in the effect transmission data storage area, and in step S350-8 The special electric processing data is set to 0, and the processing is shifted to the special symbol memory determination processing shown in FIG.
(主制御基板による普図普電制御処理)
図27を用いて、主制御基板101による普図普電制御処理を説明する。メインCPU101aは、まず、ステップS401において普図普電処理データの値をロードし、ステップS402においてロードした普図普電処理データから分岐先アドレスを参照し、普図普電処理データ=0であれば、入賞ゲート10への入賞に基づいて取得された普図判定情報に基づいて補助遊技を実行(第2始動口7が開放)するか否かの普通図柄判定等を含む普通図柄記憶判定処理(ステップS410)に処理を移し、普図普電処理データ=1であれば、普通図柄判定に基づいて普通図柄表示装置22が変動しているときの普通図柄変動処理(ステップS420)に処理を移し、普図普電処理データ=2であれば、普通図柄表示装置22が停止しているときの普通図柄停止処理(ステップS430)に処理を移し、普図普電処理データ=3であれば第2始動口7の開閉制御を行う(第2始動口制御装置70を作動させる)補助遊技処理(ステップS440)に処理を移す。
(Fujitsu Electric Power Control Processing by Main Control Board)
With reference to FIG. 27, the ordinary power control process by the main control board 101 will be described. First, the main CPU 101a loads the value of the ordinary power transmission processing data in step S401, refers to the branch address from the loaded ordinary power transmission processing data loaded in step S402, and if the ordinary power transmission processing data = 0. For example, a normal symbol memory determination process including a normal symbol determination as to whether or not the auxiliary game is to be executed (the second start port 7 is opened) based on the general symbol determination information acquired based on the winning at the winning gate 10 If the normal symbol display data 22 is fluctuating based on the normal symbol determination, the normal symbol variation process (step S420) is performed. If the normal symbol display data = 2, the normal symbol display unit 22 stops the normal symbol stop process (step S430). Data = if 3 controls the opening and closing of the second start hole 7 (actuating the second start hole control device 70) and moves the process to the auxiliary game process (step S440).
(演出制御基板によるメイン処理)
次に、演出制御基板102におけるサブCPU102aにより実行される処理について説明する。
(Main processing by production control board)
Next, processing executed by the sub CPU 102a in the effect control board 102 will be described.
最初に、図28を用いて、演出制御基板102によるメイン処理を説明する。電源基板107からサブCPU102aに電力が供給されると、サブCPU102aにシステムリセットが発生し、サブCPU102aは、以下のメイン処理を行う。   First, the main process performed by the effect control board 102 will be described with reference to FIG. When power is supplied from the power supply board 107 to the sub CPU 102a, a system reset occurs in the sub CPU 102a, and the sub CPU 102a performs the following main processing.
まず、ステップS1001において、サブCPU102aは、初期化処理を行う。この処理において、サブROM102bからメイン処理プログラムを読み込むとともに、フラグやコマンドなどが記憶されるサブRAM102cを初期化する処理を行う。   First, in step S1001, the sub CPU 102a performs an initialization process. In this processing, the main processing program is read from the sub ROM 102b, and the sub RAM 102c in which flags and commands are stored is initialized.
ステップS1002において、サブCPU102aは、後述する演出図柄停止表示パターン判定用乱数、変動演出パターン判定用乱数、自販機予告パターン判定用乱数、進路選択予告パターン判定用乱数、突出予告パターン判定用乱数、ノイズちゃんパターン判定用乱数、表示結果パターン判定用乱数、及び、特定キャラクタパターン判定用乱数等からなり演出を制御するための判定に用いる演出用乱数を更新する処理を行う。   In step S1002, the sub CPU 102a determines a random number for determining an effect symbol stop display pattern, a random number for determining a variable effect pattern, a random number for determining a vending machine announcement pattern, a random number for determining a route selection announcement pattern, a random number for determining a projection announcement pattern, a random number for determining a projection announcement pattern, and noise. A process for updating the effect random number used for the determination for controlling the effect, which includes a pattern determination random number, a display result pattern determination random number, a specific character pattern determination random number, and the like, is performed.
なお、演出用乱数を構成する各種乱数毎に、サブRAM102cにおいて乱数カウンタが設けられている。演出用乱数の更新処理においては、乱数の種別毎に設けられた乱数カウンタを「1」加算する。演出用乱数を構成する各種の乱数には乱数範囲が設けられている。乱数範囲は、「0」から、その乱数に定められた最大値までとなっている。そして、乱数の更新において、乱数カウンタが示す乱数値が乱数範囲の最大値である場合、乱数カウンタを「1」加算せずに「0」に戻す。   Note that a random number counter is provided in the sub-RAM 102c for each of various random numbers constituting the production random number. In the effect random number update process, “1” is added to the random number counter provided for each type of random number. A random number range is provided for various random numbers constituting the production random number. The random number range is from “0” to the maximum value determined for the random number. Then, in the update of the random number, when the random value indicated by the random number counter is the maximum value in the random number range, the random number counter is returned to “0” without adding “1”.
また、乱数範囲の最大値は、乱数の種別によって異なるように設定されている。これは、演出用乱数に係る乱数カウンタが完全に同期し、常時同一の乱数値となることを防ぐためである。演出用乱数に係る乱数カウンタが完全に同期することを防ぐことができれば良いので、各種の乱数範囲の最大値を異ならせるのではなく、各種の演出用乱数に相互に異なる初期値乱数を設け、乱数の更新において、乱数カウンタが示す乱数値が乱数範囲の最大値である場合、その時の初期値乱数からそれぞれの乱数値を新たに更新するようにしてもよい。   Further, the maximum value of the random number range is set to be different depending on the type of random number. This is to prevent the random number counter related to the production random number from being completely synchronized and always having the same random number value. Since it is only necessary to prevent the random number counter related to the production random number from being completely synchronized, different initial value random numbers are provided to the various production random numbers instead of making the maximum values of the various random number ranges different, When updating the random number, if the random value indicated by the random number counter is the maximum value in the random number range, each random value may be newly updated from the initial random number at that time.
(演出制御基板によるタイマ割込処理)
演出制御基板102に設けられたリセット用クロックパルス発生回路によって、所定の周期(例えば、4ミリ秒)毎にクロックパルスが発生されることで、図29に示すタイマ割込処理が実行される。
(Timer interrupt processing by production control board)
The timer interrupt process shown in FIG. 29 is executed by generating a clock pulse every predetermined period (for example, 4 milliseconds) by the reset clock pulse generation circuit provided on the effect control board 102.
まず、ステップS1100において、サブCPU102aは、サブCPU102aのレジスタに格納されている情報をスタック領域に退避させる。   First, in step S1100, the sub CPU 102a saves information stored in the register of the sub CPU 102a to the stack area.
ステップS1200において、サブCPU102aは、各種の演出に係る時間管理を行うための各タイマカウンタを更新する時間制御処理を行う。   In step S1200, the sub CPU 102a performs time control processing for updating each timer counter for performing time management related to various effects.
ステップS1300において、サブCPU102aは、コマンド解析処理を行う。この処理において、サブCPU102aは、サブRAM102cの受信バッファに格納されているコマンドを解析する処理を行う。詳しくは、図30〜図36を用いて後述する。   In step S1300, the sub CPU 102a performs command analysis processing. In this processing, the sub CPU 102a performs processing for analyzing a command stored in the reception buffer of the sub RAM 102c. Details will be described later with reference to FIGS.
なお、演出制御基板102は、主制御基板101から送信されたコマンドを受信すると、図示しない演出制御基板102の受信割込処理を行い、受信したコマンドを受信バッファに格納する。その後、本ステップS1300において受信したコマンドを解析する処理が行われる。   When the effect control board 102 receives the command transmitted from the main control board 101, the effect control board 102 performs a reception interrupt process of the effect control board 102 (not shown) and stores the received command in the reception buffer. Thereafter, processing for analyzing the received command is performed in step S1300.
ステップS1400において、サブCPU102aは、所定の演出中において、演出ボタン18A及び選択ボタン19Aの操作が有効な操作有効期間を設定するため操作有効期間設定処理を行う。詳しくは、図37を用いて後述する。   In step S1400, the sub CPU 102a performs an operation valid period setting process to set an operation valid period in which the operations of the effect button 18A and the selection button 19A are valid during a predetermined effect. Details will be described later with reference to FIG.
ステップS1500において、サブCPU102aは、演出ボタン18A及び選択ボタン19Aへの操作によって行われる演出に関する演出入力制御処理を行う。詳しくは、図38〜図42を用いて後述する。   In step S1500, the sub CPU 102a performs an effect input control process related to an effect performed by operating the effect button 18A and the selection button 19A. Details will be described later with reference to FIGS. 38 to 42.
ステップS1600において、サブCPU102aは、客待ち状態において行われる客待ち演出を制御する客待ち演出制御処理を行う。   In step S1600, the sub CPU 102a performs a customer waiting effect control process for controlling the customer waiting effect performed in the customer waiting state.
ステップS1700において、サブCPU102aは、サブRAM102cの送信バッファにセットされている各種の演出制御コマンドをランプ制御基板104及び画像制御基板105へ送信するデータ出力処理を行う。   In step S1700, the sub CPU 102a performs data output processing for transmitting various effect control commands set in the transmission buffer of the sub RAM 102c to the lamp control board 104 and the image control board 105.
ステップS1800において、サブCPU102aは、ステップS1100で退避した情報をサブCPU102aのレジスタに復帰させる。   In step S1800, the sub CPU 102a restores the information saved in step S1100 to the register of the sub CPU 102a.
(演出制御基板によるコマンド解析処理)
図30〜図31を用いて、演出制御基板102によるコマンド解析処理を説明する。
(Command analysis processing by production control board)
A command analysis process performed by the effect control board 102 will be described with reference to FIGS. 30 to 31.
ステップS1301において、サブCPU102aは、新たにコマンドを受信し、受信バッファにコマンドが記憶されているか否かを判定する。サブCPU102aは、コマンドを受信していないと判定すると本コマンド解析処理を終了し、コマンドを受信したと判定するとステップS1302に処理を移す。   In step S1301, the sub CPU 102a newly receives a command and determines whether the command is stored in the reception buffer. If the sub CPU 102a determines that the command has not been received, the sub CPU 102a terminates the command analysis process. If the sub CPU 102a determines that the command has been received, the process proceeds to step S1302.
ステップS1302において、サブCPU102aは、受信バッファに格納されているコマンドが、客待ち状態指定コマンドであるか否かを判定する。サブCPU102aは、受信バッファに格納されているコマンドが客待ち状態指定コマンドであると判定すると、ステップS1303に処理を移し、客待ち状態指定コマンドではないと判定するとステップS1304に処理を移す。   In step S1302, the sub CPU 102a determines whether or not the command stored in the reception buffer is a customer waiting state designation command. If the sub CPU 102a determines that the command stored in the reception buffer is a customer waiting state designation command, it moves the process to step S1303, and if it determines that the command is not a customer waiting state designation command, it moves the process to step S1304.
サブCPU102aは、ステップS1303において、客待ち演出準備処理を行い、本コマンド解析処理を終了する。客待ち演出準備処理では、サブCPU102aは、サブRAM102cの客待ち演出フラグ記憶領域に客待ち演出待機フラグをONすると共に、客待ち演出を開始させるまでの待機時間(客待ち演出待機時間:例えば、30秒)を客待ち演出タイマカウンタにセットする。   In step S1303, the sub CPU 102a performs customer waiting effect preparation processing, and ends this command analysis processing. In the customer waiting effect preparation process, the sub CPU 102a turns on the customer waiting effect waiting flag in the customer waiting effect flag storage area of the sub RAM 102c and waits until the customer waiting effect is started (customer waiting effect waiting time: for example, 30 seconds) is set in the customer waiting effect timer counter.
なお、サブCPU102aは、ステップS1600の客待ち演出制御処理において、客待ち演出タイマカウンタにセットされた客待ち演出待機時間が経過したか否かを判定し、客待ち演出待機時間が経過したと判定すると、客待ち演出待機フラグをOFFして客待ち演出実行フラグをONすると共に、客待ち演出の演出情報を示す客待ち演出制御コマンドをサブRAM102cの送信バッファにセットする。セットされた客待ち演出制御コマンドは、ステップS1700のデータ出力処理によってランプ制御基板104及び画像制御基板105に送信される。ランプ制御基板104及び画像制御基板105は、客待ち演出制御コマンドを受信すると、当該コマンドに基づいて所定時間(例えば、20秒)の客待ち演出を繰り返し実行する。なお、客待ち演出の実行及び待機は、特図変動パターン指定コマンドが主制御基板101から演出制御基板102に送信されたことに基づいて、終了する。   The sub CPU 102a determines in the customer waiting effect control process in step S1600 whether or not the customer waiting effect waiting time set in the customer waiting effect timer counter has elapsed, and determines that the customer waiting effect waiting time has elapsed. Then, the customer waiting effect standby flag is turned OFF and the customer waiting effect execution flag is turned ON, and a customer waiting effect control command indicating the effect information of the customer waiting effect is set in the transmission buffer of the sub RAM 102c. The set customer waiting effect control command is transmitted to the lamp control board 104 and the image control board 105 by the data output processing in step S1700. When the lamp control board 104 and the image control board 105 receive the customer waiting effect control command, the lamp control board 104 and the image control board 105 repeatedly execute the customer waiting effect for a predetermined time (for example, 20 seconds) based on the command. The execution and standby of the customer waiting effect are completed based on the transmission of the special figure variation pattern designation command from the main control board 101 to the effect control board 102.
サブCPU102aは、ステップS1304において、受信バッファに格納されているコマンドが、事前図柄指定コマンドであるか否かを判定する。サブCPU102aは、受信バッファに格納されているコマンドが事前図柄指定コマンドであると判定すると、ステップS1305に処理を移し、事前図柄指定コマンドではないと判定するとステップS1306に処理を移す。   In step S1304, the sub CPU 102a determines whether or not the command stored in the reception buffer is a prior symbol designation command. If the sub CPU 102a determines that the command stored in the reception buffer is a prior symbol designation command, it moves the process to step S1305. If it determines that the command is not a prior symbol designation command, it moves the process to step S1306.
サブCPU102aは、ステップS1305において、事前図柄指定コマンドをサブRAM102cの演出情報保留記憶領域に記憶し、本コマンド解析処理を終了する。図43(a)に示すように、演出情報保留記憶領域は、事前第1図柄指定コマンド及び事前第1変動パターン指定コマンドが記憶される第1演出情報保留記憶領域と、事前第2図柄指定コマンド及び事前第2変動パターン指定コマンドが記憶される第2演出情報保留記憶領域と、現在行われている特図変動表示(変動演出)に対応し、事前第1図柄指定コマンド及び事前第1変動パターン指定コマンド又は事前第2図柄指定コマンド及び事前第2変動パターン指定コマンドが記憶される演出情報当該記憶領域とで構成されている。   In step S1305, the sub CPU 102a stores the prior symbol designation command in the effect information hold storage area of the sub RAM 102c, and ends the command analysis process. As shown in FIG. 43 (a), the effect information hold storage area includes a first effect information hold storage area in which a pre-first design designation command and a pre-first first variation pattern designation command are stored, and a pre-second design designation command. Corresponding to the second effect information holding storage area in which the second prior variation pattern designation command is stored and the special symbol variation display (variation effect) currently being performed, the prior first symbol designation command and the prior first variation pattern. The production information includes a designation command or a pre-second second symbol designation command and a pre-second variation pattern designation command stored in the storage area.
なお、第1演出情報保留記憶領域及び第2演出情報保留記憶領域は、メインRAM101cの第1特図保留記憶領域及び第2特図保留記憶領域のように、第1記憶部〜第4記憶部に分けられている。   The first effect information hold storage area and the second effect information hold storage area are the first storage unit to the fourth storage unit, like the first special figure hold storage area and the second special figure hold storage area of the main RAM 101c. It is divided into.
各記憶部は、図43(b)に示すように、事前図柄指定コマンドが記憶される事前図柄指定コマンド領域と、事前変動パターン指定コマンドが記憶される事前変動パターン指定コマンド領域と、を備える。   As shown in FIG. 43B, each storage unit includes a prior symbol designation command area in which a prior symbol designation command is stored, and a prior variation pattern designation command area in which a prior variation pattern designation command is stored.
事前図柄指定コマンド及び事前変動パターン指定コマンドは、それぞれに対応する演出情報保留記憶領域において事前図柄指定コマンド及び事前変動パターン指定コマンドが記憶されていない記憶部の中で番号の小さい記憶部から順に記憶されていく。なお、事前第1図柄指定コマンド及び事前第1変動パターン指定コマンド又は事前第2図柄指定コマンド及び事前第2変動パターン指定コマンドが記憶される演出情報当該記憶領域は、便宜上、第0記憶部として取り扱う。なお、以下において、事前図柄指定コマンドと事前変動パターン指定コマンドとを合わせて「事前判定結果指定コマンド」という。   The prior symbol designation command and the prior variation pattern designation command are stored in order from the storage unit having the smallest number in the storage unit in which the prior symbol designation command and the prior variation pattern designation command are not stored in the corresponding production information hold storage area. It will be done. In addition, for the sake of convenience, the storage area is handled as the 0th storage unit for the storage of the first first symbol designating command and the first first variation pattern designating command or the second predesigned symbol design command and the second prior variation pattern designating command. . Hereinafter, the prior symbol designation command and the prior variation pattern designation command are collectively referred to as “preliminary determination result designation command”.
サブCPU102aは、ステップS1306において、受信バッファに格納されているコマンドが、事前変動パターン指定コマンドであるか否かを判定する。サブCPU102aは、受信バッファに格納されているコマンドが事前変動パターン指定コマンドであると判定すると、ステップS1307に処理を移し、事前変動パターン指定コマンドではないと判定するとステップS1308に処理を移す。   In step S1306, the sub CPU 102a determines whether or not the command stored in the reception buffer is a prior variation pattern designation command. If the sub CPU 102a determines that the command stored in the reception buffer is a prior variation pattern designation command, the sub CPU 102a proceeds to step S1307, and if it determines that the command is not a prior variation pattern designation command, the sub CPU 102a proceeds to step S1308.
サブCPU102aは、ステップS1307において、上述した事前図柄指定コマンドと同様に、事前変動パターン指定コマンドをサブRAM102cの演出情報保留記憶領域に記憶し、本コマンド解析処理を終了する。   In step S1307, the sub CPU 102a stores the prior variation pattern designation command in the effect information hold storage area of the sub RAM 102c, similarly to the previous symbol designation command described above, and ends the command analysis processing.
また、ステップS1307の処理では、特図保留を表す保留アイコンを表示させる処理を行う。サブCPU102aは、受信した事前変動パターン指定コマンドに係る始動口の種類を示す保留アイコン表示制御コマンド(第1保留表示制御コマンド又は第2保留表示制御コマンド)をサブRAM102cの送信バッファにセットする。   Further, in the process of step S1307, a process of displaying a hold icon indicating special figure hold is performed. The sub CPU 102a sets a hold icon display control command (a first hold display control command or a second hold display control command) indicating the type of the start port related to the received prior variation pattern designation command in the transmission buffer of the sub RAM 102c.
送信バッファにセットされた保留表示制御コマンドは、ステップS1700のデータ出力処理でランプ制御基板104及び画像制御基板105に送信される。画像制御基板105は、保留表示制御コマンドを受信すると、受信した保留表示制御コマンドが示す始動口に係る保留アイコンを所定位置に表示させる。   The hold display control command set in the transmission buffer is transmitted to the lamp control board 104 and the image control board 105 in the data output processing in step S1700. When receiving the hold display control command, the image control board 105 displays the hold icon related to the start port indicated by the received hold display control command at a predetermined position.
サブCPU102aは、ステップS1308において、受信バッファに格納されているコマンドが、演出図柄指定コマンドであるか否かを判定する。サブCPU102aは、受信バッファに格納されているコマンドが演出図柄指定コマンドであると判定すると、ステップS1309〜ステップS1310に処理を移し、演出図柄指定コマンドはないと判定すると、ステップS1311に処理を移す。   In step S1308, the sub CPU 102a determines whether or not the command stored in the reception buffer is an effect designating command. If the sub CPU 102a determines that the command stored in the reception buffer is an effect designating command, the sub CPU 102a moves the process to step S1309 to step S1310. If the sub CPU 102a determines that there is no effect designating command, the process moves to step S1311.
サブCPU102aは、ステップS1309において、特図保留の消化(シフト)に応じて、事前判定結果指定コマンドをシフト(移動)させるシフト処理を行う。   In step S <b> 1309, the sub CPU 102 a performs a shift process for shifting (moving) the prior determination result designation command in accordance with the special drawing suspension (shift).
シフト処理では、受信した特図変動パターン指定コマンドに係る始動口の種類を確認して、その始動口に対応する演出情報保留記憶領域に記憶された事前判定結果指定コマンドをシフトさせる。詳細には、第1演出情報保留記憶領域または第2演出情報保留記憶領域の第1記憶部〜第4記憶部に記憶されている各事前判定結果指定を1つ前の記憶部にシフトさせる。例えば、第1演出情報保留記憶領域の第4記憶部に記憶されているデータは、第1演出情報保留記憶領域の第3記憶部にシフトされる。また、第1演出情報保留記憶領域の第1記憶部に記憶されているデータは、第1演出情報保留記憶領域及び第2演出情報保留記憶領域に共通の当該変動演出情報保留記憶領域(第0記憶部)にシフトさせ、当該変動演出情報保留記憶領域に記憶されていたデータは、消去する。   In the shift process, the type of the starting port related to the received special figure variation pattern specifying command is confirmed, and the prior determination result specifying command stored in the effect information hold storage area corresponding to the starting port is shifted. In detail, each prior determination result designation memorize | stored in the 1st memory | storage part-the 4th memory | storage part of a 1st effect information reservation storage area or a 2nd effect information reservation storage area is shifted to the memory | storage part before one. For example, the data stored in the fourth storage unit of the first effect information hold storage area is shifted to the third storage unit of the first effect information hold storage area. Further, the data stored in the first storage unit of the first effect information hold storage area is the variable effect information hold storage area (0th common to both the first effect information hold storage area and the second effect information hold storage area). The data stored in the variable effect information storage area is erased.
また、ステップS1309のシフト処理では、特図保留を表す保留アイコンをシフト(移動)させる処理を行う。サブCPU102aは、受信した演出図柄指定コマンドに係る始動口の種類を示す保留アイコンシフト制御コマンド(第1保留表示シフト制御コマンド又は第2保留表示シフト制御コマンド)をサブRAM102cの送信バッファにセットする。   Further, in the shift process of step S1309, a process of shifting (moving) the hold icon representing the special figure hold is performed. The sub CPU 102a sets a hold icon shift control command (a first hold display shift control command or a second hold display shift control command) indicating the type of start port related to the received effect designating command in the transmission buffer of the sub RAM 102c.
送信バッファにセットされた保留アイコンシフト制御コマンドは、ステップS1700のデータ出力処理でランプ制御基板104及び画像制御基板105に送信される。画像制御基板105は、保留アイコンシフト制御コマンドを受信すると、本ンシフト処理に係る演出図柄指定コマンドに対応する特別図柄の変動表示が開始される際に、受信した保留アイコンシフト制御コマンドが示す始動口に係る保留アイコンをシフトさせる。   The hold icon shift control command set in the transmission buffer is transmitted to the lamp control board 104 and the image control board 105 in the data output process of step S1700. When the image control board 105 receives the hold icon shift control command, the start point indicated by the received hold icon shift control command is displayed when the special symbol change display corresponding to the effect symbol designation command related to the main shift process is started. Shift the hold icon related to.
サブCPU102aは、ステップS1310において、演出図柄指定コマンドをサブRAM102cに記憶し、本コマンド解析処理を終了する。詳細には、サブCPU102aは、ステップS1308で受信したと判定された演出図柄指定コマンドをサブRAM102cの当該変動演出情報保留記憶領域(第0記憶部)の事前図柄指定コマンド領域に記憶する。すなわち、それまで演出情報当該記憶領域に記憶されていた事前図柄指定コマンドは演出図柄指定コマンドによって上書きされたこととなる。   In step S1310, the sub CPU 102a stores the effect symbol designation command in the sub RAM 102c, and ends the command analysis process. Specifically, the sub CPU 102a stores the effect symbol designation command determined to have been received in step S1308 in the prior symbol designation command area of the variable effect information hold storage area (the 0th storage unit) of the sub RAM 102c. That is, the prior symbol designation command that has been stored in the storage area for the production information is overwritten by the production symbol designation command.
サブCPU102aは、ステップS1311において、受信バッファに格納されているコマンドが、特図変動パターン指定コマンドであるか否かを判定する。サブCPU102aは、受信バッファに格納されているコマンドが特図変動パターン指定コマンドであると判定すると、ステップS1312〜ステップS1315に処理を移し、特図変動パターン指定コマンドはないと判定すると、ステップS1316に処理を移す。   In step S1311, the sub CPU 102a determines whether or not the command stored in the reception buffer is a special figure variation pattern designation command. If the sub CPU 102a determines that the command stored in the reception buffer is a special figure variation pattern designation command, the sub CPU 102a proceeds to step S1312-step S1315. If the sub CPU 102a determines that there is no special figure variation pattern designation command, the process proceeds to step S1316. Move processing.
サブCPU102aは、ステップS1312において、特図変動パターン指定コマンドをサブRAM102cに記憶する。詳細には、サブCPU102aは、ステップS1310で受信したと判定された特図変動パターン指定コマンドをサブRAM102cの当該変動演出情報保留記憶領域(第0記憶部)の事前変動パターン指定コマンド領域に記憶する。すなわち、それまで演出情報当該記憶領域に記憶されていた事前変動パターン指定コマンドは特図変動パターン指定コマンドによって上書きされたこととなる。   In step S1312, the sub CPU 102a stores a special figure variation pattern designation command in the sub RAM 102c. Specifically, the sub CPU 102a stores the special figure variation pattern designation command determined to be received in step S1310 in the prior variation pattern designation command area of the variation effect information hold storage area (the 0th storage section) of the sub RAM 102c. . That is, the prior variation pattern designation command that has been stored in the storage area of the effect information until then has been overwritten by the special figure variation pattern designation command.
サブCPU102aは、ステップS1313において、特図抽選演出を構成し、特別図柄の停止表示が行われているときに行われる演出図柄の停止表示を行うための演出図柄停止表示パターン判定処理を行い、演出図柄停止表示パターン判定処理については、図32を用いて後述する。   In step S1313, the sub CPU 102a configures a special symbol lottery effect, performs an effect symbol stop display pattern determination process for performing an effect symbol stop display performed when the special symbol stop display is performed. The symbol stop display pattern determination process will be described later with reference to FIG.
サブCPU102aは、ステップS1314において、特図抽選演出を構成し、特別図柄の変動表示が行われているときに行われる変動演出(演出図柄の変動表示を含む)の演出内容である変動演出パターンを判定する変動演出パターン判定処理を行う。変動演出パターン判定処理については、図33を用いて後述する。   In step S <b> 1314, the sub CPU 102 a configures a special drawing lottery effect, and displays a variation effect pattern that is the effect content of the variation effect (including the effect symbol variation display) that is performed when the special symbol variation display is performed. A variation effect pattern determination process is performed. The variation effect pattern determination process will be described later with reference to FIG.
サブCPU102aは、ステップS1315において、後述する変動演出中に実行され得る各種予告の実行の可否、及び、実行される場合の各種予告の演出内容である予告パターンを判定する予告演出判定処理を行う。予告演出パターン判定処理については、図34〜図35を用いて後述する。   In step S1315, the sub CPU 102a performs a notice effect determination process for determining whether or not various kinds of notices that can be executed during a fluctuating effect, which will be described later, can be executed, and a notice pattern that is the contents of the various notices when executed. The notice effect pattern determination process will be described later with reference to FIGS.
サブCPU102aは、ステップS1316において、受信バッファに格納されているコマンドが、図柄変動停止指定コマンドであるか否かを判定する。サブCPU102aは、受信バッファに格納されているコマンドが図柄変動停止指定コマンドであると判定すると、ステップS1317〜ステップS1318に処理を移し、図柄変動停止指定コマンドはないと判定すると、ステップS1319に処理を移す。   In step S1316, the sub CPU 102a determines whether or not the command stored in the reception buffer is a symbol variation stop designation command. If the sub CPU 102a determines that the command stored in the reception buffer is a symbol variation stop designation command, the sub CPU 102a shifts the processing to steps S1317 to S1318. If the sub CPU 102a determines that there is no symbol variation stop designation command, the sub CPU 102a proceeds to step S1319. Move.
サブCPU102aは、ステップS1317において、演出図柄変動停止処理として、変動表示中の演出図柄を停止させ、演出図柄の停止表示を行うことを示す演出図柄停止制御コマンドをサブRAM102cの送信バッファにセットする。演出図柄変動停止制御コマンドは、ステップS1700のデータ出力処理によってランプ制御基板104及び画像制御基板105に送信される。ランプ制御基板104及び画像制御基板105は、演出図柄停止制御コマンドを受信することにより、当該変動演出が終了することを認識し、当該変動演出を終了させると共に、演出図柄の停止表示を行う。   In step S1317, the sub CPU 102a sets the effect symbol stop control command indicating that the effect symbol during the variable display is stopped and the effect symbol stop display is performed in the transmission buffer of the sub RAM 102c as the effect symbol variation stop processing. The effect symbol fluctuation stop control command is transmitted to the lamp control board 104 and the image control board 105 by the data output process of step S1700. The lamp control board 104 and the image control board 105 receive the effect symbol stop control command, recognize that the variation effect is ended, end the variation effect, and perform stop display of the effect symbol.
サブCPU102aは、ステップS1318において、特別図柄の変動表示の終了を契機に演出モードを設定するための演出モード設定処理を行い、本コマンド解析処理を終了する。演出モード設定処理については、図37を用いて後述する。   In step S <b> 1318, the sub CPU 102 a performs an effect mode setting process for setting the effect mode when the special symbol variation display ends, and ends the command analysis process. The effect mode setting process will be described later with reference to FIG.
なお、演出モードとは、本実施形態では、特別図柄抽選(あるいは、特別図柄の変動表示)に対応して画像表示装置14等の演出装置で行われる変動演出の分類態様(カテゴリー)であり、遊技状態等に関連付けられている。本実施形態においては、演出モードは、大きく演出モードA、演出モードB、及び、演出モードCの3つに分けられている。
述する。
In this embodiment, the effect mode is a variation effect classification mode (category) performed by an effect device such as the image display device 14 corresponding to a special symbol lottery (or a special symbol variable display). It is associated with the gaming state and the like. In the present embodiment, the effect mode is roughly divided into effect mode A, effect mode B, and effect mode C.
Describe.
演出モードAは、基本的には電源投入後の低確率遊技状態且つ非時短遊技状態に対応して設定される通常の演出モードである。演出モーBは、確変大当たり(大当たり1または大当たり3)後の高確率遊技状態且つ時短遊技状態に対応して設定される最も遊技者に有利な遊技状態であることを表す演出モードである。演出モードCは、通常大当たり(大当たり2)後の低確率遊技状態且つ時短遊技状態に対応して設定されており、通常遊技状態よりは遊技者に有利であるが、高確率遊技状態且つ時短遊技状態よりは遊技者に不利な遊技状態であることを表す演出モードである。   The effect mode A is a normal effect mode that is basically set corresponding to a low-probability gaming state and a non-time-saving gaming state after power-on. The effect mode B is an effect mode that represents a game state that is most advantageous to the player and is set corresponding to a high-probability gaming state and a short-time gaming state after a probability change jackpot (one jackpot or three jackpots). The production mode C is set corresponding to the low-probability gaming state and the short-time gaming state after the normal jackpot (two jackpots), which is more advantageous to the player than the normal gaming state, but the high-probability gaming state and the short-time gaming state. This is an effect mode indicating that the game state is more disadvantageous to the player than the state.
サブCPU102aは、ステップS1319において、受信バッファに格納されているコマンドが、遊技状態指定コマンドであるか否かを判定する。サブCPU102aは、受信バッファに格納されているコマンドが遊技状態指定コマンドであると判定すると、ステップS1320に処理を移し、遊技状態指定コマンドはないと判定すると、ステップS1321に処理を移す。   In step S1319, the sub CPU 102a determines whether or not the command stored in the reception buffer is a gaming state designation command. If the sub CPU 102a determines that the command stored in the reception buffer is a gaming state designation command, it moves the process to step S1320. If it determines that there is no gaming state designation command, it moves the process to step S1321.
サブCPU102aは、ステップS1320において、受信した遊技状態指定コマンドが示す遊技状態を示すデータをサブRAM102cの遊技状態記憶領域にセットし、本コマンド解析処理を終了する。   In step S1320, the sub CPU 102a sets the data indicating the gaming state indicated by the received gaming state designation command in the gaming state storage area of the sub RAM 102c, and ends the command analysis process.
サブCPU102aは、ステップS1321において、受信バッファに格納されているコマンドが、大当たり遊技に係るオープニング指定コマンドであるか否かを確認する。サブCPU102aは、受信バッファに格納されているコマンドが大当たり遊技オープニング指定コマンドであると判定すると、ステップS1322に処理を移し、大当たり遊技オープニング指定コマンドはないと判定すると、ステップS1323に処理を移す。   In step S1321, the sub CPU 102a checks whether or not the command stored in the reception buffer is an opening designation command related to the jackpot game. If the sub CPU 102a determines that the command stored in the reception buffer is a jackpot game opening designation command, it moves the process to step S1322, and if it determines that there is no jackpot game opening designation command, it moves the process to step S1323.
サブCPU102aは、ステップS1322において、大当たり遊技のオープニング中とラウンド遊技中に行う演出である大当たり遊技演出の演出態様である大当たり遊技演出パターンを決定する大当たり遊技演出パターン決定処理を行い、本コマンド解析処理を終了する。   In step S1322, the sub CPU 102a performs a jackpot game effect pattern determination process for determining a jackpot game effect pattern that is an effect mode of the jackpot game effect that is an effect performed during the opening of the jackpot game and during the round game. Exit.
サブCPU102aは、ステップS1323において、受信バッファに格納されているコマンドが、ラウンド指定コマンドであるか否かを確認する。サブCPU102aは、受信バッファに格納されているコマンドがラウンド指定コマンドであると判定すると、ステップS1324に処理を移し、ラウンド指定コマンドはないと判定すると、ステップS1325に処理を移す。   In step S1323, the sub CPU 102a checks whether or not the command stored in the reception buffer is a round designation command. If the sub CPU 102a determines that the command stored in the reception buffer is a round designation command, it moves the process to step S1324. If it determines that there is no round designation command, the sub CPU 102a moves the process to step S1325.
サブCPU102aは、ステップS1324において、ラウンド演出の態様であるラウンド演出パターンを決定するラウンド演出パターン決定処理を行い、本コマンド解析処理を終了する。具体的には、サブCPU102aは、ラウンド指定コマンドに基づいてラウンド演出パターンを決定すると共に、決定したラウンド演出パターンを示すラウンド演出データをラウンド演出パターン記憶領域にセットし、決定したラウンド演出パターンを示すラウンド演出制御コマンドをサブRAM102cの送信バッファにセットする。   In step S1324, the sub CPU 102a performs a round effect pattern determination process for determining a round effect pattern that is a mode of the round effect, and ends the command analysis process. Specifically, the sub CPU 102a determines a round effect pattern based on the round designation command, sets round effect data indicating the determined round effect pattern in the round effect pattern storage area, and indicates the determined round effect pattern. The round effect control command is set in the transmission buffer of the sub RAM 102c.
サブCPU102aは、ステップS1325において、受信バッファに格納されているコマンドが、大当たり遊技に係るエンディング指定コマンド(大当たり遊技エンディング指定コマンド)であるか否かを確認する。サブCPU102aは、受信バッファに格納されているコマンドが大当たり遊技エンディング指定コマンドであると判定するとステップS1326に処理を移し、大当たり遊技エンディング指定コマンドではないと判定すると、本コマンド解析処理を終了する。   In step S1325, the sub CPU 102a checks whether or not the command stored in the reception buffer is an ending designation command related to a jackpot game (a jackpot game ending designation command). If the sub CPU 102a determines that the command stored in the reception buffer is a jackpot game ending designation command, it moves the process to step S1326. If it determines that the command is not a jackpot game ending designation command, the sub CPU 102a ends the command analysis process.
サブCPU102aは、ステップS1326において、エンディング演出の演出態様であるエンディング演出パターンを決定する大当たり遊技エンディング演出パターン決定処理を行い、本コマンド解析処理を終了する。   In step S1326, the sub CPU 102a performs a jackpot game ending effect pattern determination process for determining an ending effect pattern that is an effect mode of the ending effect, and ends the command analysis process.
(演出制御基板による演出図柄停止表示パターン判定処理)
図32を用いて、演出制御基板102による演出図柄停止表示パターン判定処理を説明する。
(Produce design stop display pattern judgment process by production control board)
The effect symbol stop display pattern determination process by the effect control board 102 will be described with reference to FIG.
ステップS1313−1において、後述するサブRAM102cの演出モードフラグ記憶領域に記憶されている演出モードフラグを参照することで現在の演出モードを確認して、現在の演出モードに対応付けられている演出図柄停止パターン判定テーブルを選択する。これは、演出図柄の停止表示における所定の有効ライン上の装飾図柄の組み合わせ(配置)を表す演出図柄停止表示パターンを決定するための演出図柄停止表示パターン判定テーブルが演出モード毎に設けられているからである。   In step S1313-1, the current effect mode is confirmed by referring to the effect mode flag stored in the effect mode flag storage area of the sub RAM 102c to be described later, and the effect symbol associated with the current effect mode Select the stop pattern determination table. An effect symbol stop display pattern determination table for determining an effect symbol stop display pattern representing a combination (arrangement) of decorative symbols on a predetermined effective line in the effect symbol stop display is provided for each effect mode. Because.
サブCPU102aは、ステップS1313−2において、上記のステップS1310でサブRAM102cの当該変動演出情報保留記憶領域(第0記憶部)に記憶された演出図柄指定コマンド及び上記のステップS1312でサブRAM102cの当該変動演出情報保留記憶領域(第0記憶部)に記憶された特図変動パターン指定コマンドを参照し、これらのコマンドが示す特別図柄判定結果及び特図変動パターン判定結果に対応付けられている演出図柄停止表示パターン判定テーブルを選択し、演出図柄停止表示パターン判定に用いる演出図柄停止表示パターン判定テーブルを決定する。これは、演出モード毎に設けられた各演出図柄停止表示パターン判定テーブルが演出図柄指定コマンドによって分けられているからである。   In step S1313-2, the sub CPU 102a displays the effect designating command stored in the variable effect information holding storage area (the 0th storage unit) in the sub RAM 102c in step S1310 and the change in the sub RAM 102c in step S1312. Refer to the special symbol fluctuation pattern designation commands stored in the production information hold storage area (the 0th storage unit) and stop the special symbol determination result and the special symbol fluctuation pattern determination result indicated by these commands. A display pattern determination table is selected, and an effect symbol stop display pattern determination table used for effect symbol stop display pattern determination is determined. This is because each effect symbol stop display pattern determination table provided for each effect mode is divided by the effect symbol designation command.
各演出図柄停止表示パターン判定テーブルにおいては、1つ又は複数の演出図柄停止表示パターンが、演出図柄停止表示パターン判定値に対応付けられて格納されており、例えば図44に示すように、予め設定された判定値割合となるように演出図柄停止表示パターン判定値が演出図柄停止表示パターンに適宜に割り振られている。   In each effect symbol stop display pattern determination table, one or more effect symbol stop display patterns are stored in association with the effect symbol stop display pattern determination value. For example, as shown in FIG. The effect symbol stop display pattern determination value is appropriately assigned to the effect symbol stop display pattern so that the determined value ratio is obtained.
サブCPU102aは、ステップS1313−3において、演出図柄停止表示パターン判定用乱数に係る乱数カウンタが示す乱数値を取得する。   In step S1313-3, the sub CPU 102a acquires a random value indicated by the random number counter related to the random number for determining the effect symbol stop display pattern.
サブCPU102aは、ステップS1313−4において、上記ステップS1313−3で取得した演出図柄停止表示パターン判定用乱数を、上記ステップS1313−2で決定した演出図柄停止表示パターン判定テーブルに照合して演出図柄停止表示パターンを決定する演出図柄停止表示パターン判定を行い、演出図柄停止表示パターンを決定する。   In step S1313-4, the sub CPU 102a compares the effect symbol stop display pattern determination random number acquired in step S1313-3 with the effect symbol stop display pattern determination table determined in step S1313-1, and stops the effect symbol stop. The effect symbol stop display pattern determination for determining the display pattern is performed, and the effect symbol stop display pattern is determined.
サブCPU102aは、ステップS1313−5において、上記ステップS1313−4で決定した演出図柄停止表示パターンに対応する演出図柄停止表示制御コマンドをサブRAM102cの送信バッファにセットし、ステップS1313−6において当該演出図柄停止表示パターンに対応する演出図柄停止表示データをサブRAM102cの演出図柄停止表示データ記憶領域にセットする。   In step S1313-5, the sub CPU 102a sets an effect symbol stop display control command corresponding to the effect symbol stop display pattern determined in step S1313-4 in the transmission buffer of the sub RAM 102c, and in step S1313-3, the effect symbol. The effect symbol stop display data corresponding to the stop display pattern is set in the effect symbol stop display data storage area of the sub RAM 102c.
なお、送信バッファにセットされた演出図柄停止表示制御コマンドは、ステップS1700のデータ出力処理によってランプ制御基板104及び画像制御基板105に送信される。そして、ランプ制御基板104及び画像制御基板105は、演出図柄停止表示制御コマンドを受信すると、特別図柄の停止表示が行われる時に、そのコマンドが示す演出図柄停止表示パターンに基づく演出図柄の停止表示を画像表示装置14の表示部140において実行させる。   The effect symbol stop display control command set in the transmission buffer is transmitted to the lamp control board 104 and the image control board 105 by the data output processing in step S1700. When the lamp control board 104 and the image control board 105 receive the effect symbol stop display control command, when the special symbol stop display is performed, the lamp control substrate 104 and the image control board 105 display the effect symbol stop display based on the effect symbol stop display pattern indicated by the command. It is executed on the display unit 140 of the image display device 14.
(演出制御基板による変動演出パターン判定処理)
図33を用いて、演出制御基板102による変動演出パターン判定処理を説明する。
(Fluctuation effect pattern determination processing by effect control board)
The variation effect pattern determination process by the effect control board 102 will be described with reference to FIG.
ステップS1314−1において、後述するサブRAM102cの演出モードフラグ記憶領域に記憶されている演出モードフラグを参照することで現在の演出モードを確認して、現在の演出モードに対応付けられている変動演出パターン判定テーブルを選択する。これは、変動演出の演出内容を決定するための変動演出パターン判定テーブルが演出モード毎に設けられているからである(図示なし)。   In step S1314-1, the current effect mode is confirmed by referring to the effect mode flag stored in the effect mode flag storage area of the sub-RAM 102c described later, and the variable effect associated with the current effect mode. Select the pattern determination table. This is because a variation effect pattern determination table for determining the effect contents of the variation effect is provided for each effect mode (not shown).
サブCPU102aは、ステップS1314−2において、上記のステップS1310でサブRAM102cの当該変動演出情報保留記憶領域(第0記憶部)に記憶された演出図柄指定コマンド及び上記のステップS1312でサブRAM102cの当該変動演出情報保留記憶領域(第0記憶部)に記憶された特図変動パターン指定コマンドを参照し、これらのコマンドが示す特別図柄判定結果及び特図変動パターン判定結果に対応付けられている変動演出パターン判定テーブルを選択し、変動演出パターン判定に用いる変動演出パターン判定テーブルを決定する。これは、演出モード毎に設けられた各変動演出パターン判定テーブルが特図変動パターン指定コマンドによって分けられているからである。   In step S1314-2, the sub CPU 102a performs the effect designating command stored in the variable effect information holding storage area (the 0th storage unit) of the sub RAM 102c in step S1310 and the change of the sub RAM 102c in step S1312. Refer to the special figure variation pattern designation commands stored in the production information hold storage area (the 0th storage unit), and the special production determination results indicated by these commands and the variation production patterns associated with the special graphic variation pattern determination results The determination table is selected, and the variation effect pattern determination table used for the variation effect pattern determination is determined. This is because each variation effect pattern determination table provided for each effect mode is divided by a special figure variation pattern designation command.
本実施形態においては、各演出モードにおいて特図変動パターン指定コマンド毎に1つ又は複数の変動演出パターンが変動演出パターン判定値に対応付けられて格納されている(図45〜図48参照)。   In the present embodiment, in each effect mode, one or more variable effect patterns are stored in association with the change effect pattern determination value for each special figure change pattern designation command (see FIGS. 45 to 48).
変動演出パターンとは、変動演出の演出内容を表す識別情報のことであり、画像表示装置14、音声出力装置15、演出用照明装置16、演出用役物装置17、演出ボタン装置18、及び、選択ボタン装置19によって行われる変動演出の基本的な演出態様が対応付けられている。   The variation effect pattern is identification information indicating the effect contents of the variation effect, and includes an image display device 14, an audio output device 15, an effect lighting device 16, an effect accessory device 17, an effect button device 18, and The basic effect mode of the change effect performed by the selection button device 19 is associated.
変動演出パターンには、変動演出の時間、演出図柄の変動表示の態様、リーチ演出の有無、リーチ演出(SPリーチ及びSPSPリーチ)の内容、各種予告演出の有無、変動演出が開始された時間を基準として各種リーチ演出及び各種予告演出が開始される時間、後述する操作有効期間の設定の有無、操作有効期間が設定される時間等の後述する操作有効期間情報、演出展開構成等の変動演出の構成要素が対応付けられている。なお、画像表示装置14における変動演出の変動演出パターンには、演出図柄の変動表示の表示態様、及び、キャラクタ等で構成されるオブジェクト画像や背景画像に係る表示態様も、変動演出の構成要素として対応付けられている。   The variation production pattern includes the variation production time, the variation display mode of the production design, the presence / absence of reach production, the contents of reach production (SP reach and SPSP reach), the presence / absence of various notice productions, and the time when the production of the production of the production was started. As a standard, various reach effects and various notice effects are started, whether or not an operation effective period described later is set, operation effective period information described later such as an operation effective period is set, and variable effects such as an effect deployment configuration Components are associated. In addition, in the variation effect pattern of the variation effect in the image display device 14, the display mode of the variation display of the effect symbol, and the display mode related to the object image and the background image composed of characters and the like are also components of the variation effect. It is associated.
サブCPU102aは、ステップS1314−3において、変動演出パターン判定用乱数に係る乱数カウンタが示す乱数値を取得し、ステップS1314−4において、取得した変動演出パターン判定用乱数を、上記のステップS1314−2で決定した変動演出パターン判定テーブルに照合して変動演出パターンを決定する変動演出パターン判定を行う。   In step S1314-3, the sub CPU 102a acquires the random value indicated by the random number counter related to the random effect pattern determination random number. In step S1314-4, the sub CPU 102a uses the acquired random effect pattern determination random number as the above-described step S1314-2. The variation effect pattern determination is performed in which the variation effect pattern is determined by collating with the variation effect pattern determination table determined in (1).
サブCPU102aは、ステップS1314−5において、決定した変動演出パターンに対応する変動演出制御コマンドをサブRAM102cの送信バッファにセットし、ステップS1314−6において、当該変動演出パターンに対応する変動演出データをサブRAM102cの変動演出データ記憶領域にセットし、ステップS1314−7において、当該変動演出の演出時間である変動演出時間をサブRAM102cの変動演出タイマカウンタにセットする。   In step S1314-5, the sub CPU 102a sets a variation effect control command corresponding to the determined variation effect pattern in the transmission buffer of the sub RAM 102c. In step S1314-6, the sub CPU 102a subtracts the variation effect data corresponding to the variation effect pattern. The variable effect data storage area of the RAM 102c is set, and in step S1314-7, the variable effect time that is the effect time of the variable effect is set in the variable effect timer counter of the sub RAM 102c.
なお、送信バッファにセットされた変動演出制御コマンドは、ステップS1700のデータ出力処理によってランプ制御基板104及び画像制御基板105に送信される。そして、ランプ制御基板104及び画像制御基板105は、変動演出制御コマンドを受信すると、そのコマンドが示す演出内容に加えて、後述する各種予告演出に係る予告制御コマンドなどが示す演出内容に基づいて変動演出を画像表示装置14等の演出装置に実行させる。   The variation effect control command set in the transmission buffer is transmitted to the lamp control board 104 and the image control board 105 by the data output processing in step S1700. When the lamp control board 104 and the image control board 105 receive the change effect control command, the lamp control board 104 and the image control board 105 change based on the effect contents indicated by the notice control commands related to various notice effects described later in addition to the effect contents indicated by the command. The effect is executed by an effect device such as the image display device 14.
また、変動演出タイマカウンタは、上記ステップS1200において4ms毎に減算処理されていく。サブCPU102aは、変動演出タイマカウンタによって、当該変動演出の残り時間、換言すれば、当該変動演出が開始されてから経過した時間を特定することができる。   The variation effect timer counter is subtracted every 4 ms in step S1200. The sub CPU 102a can specify the remaining time of the variation effect, in other words, the time elapsed since the variation effect was started, by the variation effect timer counter.
(演出制御基板による予告判定処理)
図34〜図35を用いて、演出制御基板102による予告判定処理を説明する。
(Preliminary judgment processing by production control board)
The notice determination processing by the effect control board 102 will be described with reference to FIGS. 34 to 35.
サブCPU102aは、ステップS1315−1において、サブRAM102cの変動演出データ記憶領域に記憶されている変動演出データを確認し、ステップS1315−2において、該変動演出データが示す演出内容に基づいて、これから実行される当該変動演出において、演出ボタン18Aまたは選択ボタン19Aの操作が有効となる期間(以下、「操作有効期間」という)を設定するか否かを判定する。本実施形態では、図45〜図48の変動演出パターン判定テーブルの欄「変動演出の演出」に記載された自販機予告、SPリーチA、SPSPリーチA、及び、SPSPリーチBにおいて操作有効期間が設定される。そして、変動演出が開始されてから各操作有効期間が開始する時間(以下、「操作有効期間開始時間」という)、各操作有効期間を設定可能な時間(以下、「操作有効期間設定時間」という)、各操作有効期間で操作が有効となる対象(演出ボタン18A及び選択ボタン19A、(以下、「操作有効期間対象」という))は、変動演出パターンに対応付けられており(図示無し)、サブROM102bに格納されている。操作有効期間の詳細については後述する。   In step S1315-1, the sub CPU 102a confirms the variation effect data stored in the variation effect data storage area of the sub RAM 102c. In step S1315-2, the sub CPU 102a will execute based on the effect contents indicated by the variation effect data. It is determined whether or not to set a period in which the operation of the effect button 18A or the selection button 19A is valid (hereinafter referred to as “operation valid period”) in the fluctuating effect. In the present embodiment, the operation effective period is set in the vending machine notice, SP reach A, SPSP reach A, and SPSP reach B described in the column “effects of change effect” in the change effect pattern determination tables of FIGS. 45 to 48. Is done. Then, the time when each operation effective period starts after the fluctuating effect is started (hereinafter referred to as “operation effective period start time”), and the time when each operation effective period can be set (hereinafter referred to as “operation effective period setting time”). ), The target for which the operation is effective in each operation effective period (the effect button 18A and the selection button 19A (hereinafter referred to as “operation effective period object”)) is associated with the variable effect pattern (not shown), It is stored in the sub ROM 102b. Details of the operation valid period will be described later.
なお、操作有効期間設定時間について操作有効期間が「設定可能な」となっているのは、後述するように操作有効期間中に演出ボタン18Aの操作があると、当該操作有効期間の残り時間があっても、当該操作有効期間が強制的に終了されることがあるからである。   Note that the operation valid period is “settable” for the operation valid period setting time, as will be described later, if there is an operation of the effect button 18A during the operation valid period, the remaining time of the operation valid period This is because the operation valid period may be forcibly terminated even if it exists.
また、演出ボタン18Aの操作が有効となる操作有効期間においては、当該操作有効期間中に演出ボタン18Aの操作を促す又は指示する演出(以下、「演出ボタン操作演出」という)が実行される。また、選択ボタン19Aの操作が有効となる操作有効期間においては、当該操作有効期間中に選択ボタン19Aの操作を促す又は指示する演出(以下、「選択ボタン操作演出」という)が実行される。さらに、演出ボタン18Aおよび選択ボタン19Aの操作が有効となる操作有効期間においては、当該操作有効期間中に演出ボタン操作演出及び選択ボタン操作演出が実行される。   In the operation effective period in which the operation of the effect button 18A is valid, an effect (hereinafter referred to as “effect button operation effect”) that prompts or instructs the operation of the effect button 18A is executed during the operation effective period. In the operation effective period in which the operation of the selection button 19A is valid, an effect (hereinafter referred to as “selection button operation effect”) that prompts or instructs the operation of the selection button 19A is executed during the operation effective period. Further, in the operation effective period in which the operations of the effect button 18A and the selection button 19A are valid, the effect button operation effect and the selection button operation effect are executed during the operation effective period.
サブCPU102aは、ステップS1315−2において、操作有効期間を設定すると判定するとステップS1315−3に処理を移し、操作有効期間を設定しないと判定するとステップS1315−20に処理を移す。   If the sub CPU 102a determines in step S1315-2 that the operation valid period is set, the sub CPU 102a shifts the process to step S1315-1, and if it determines that the operation valid period is not set, the sub CPU 102a shifts the process to step S1315-20.
サブCPU102aは、ステップS1315−3において、操作有効期間を設定する変動演出中であることを表す操作有効期間設定フラグをサブRAM102cの操作有効期間設定フラグ記憶領域にONし、ステップS1315−4において、当該変動演出における操作有効期間に関する情報(各操作有効期間に対する操作有効期間開始時間、操作有効期間設定時間および操作有効期間対象、自販機予告に係る操作有効期間であるか否か、進路選択予告に係る操作有効期間であるか否か、突出予告に係る操作有効期間であるか否か、以下、「操作有効期間情報」という)を、各操作有効期間に対応付けて、サブRAM102cの操作有効期間情報記憶領域にセットする。   In step S1315-3, the sub CPU 102a turns on the operation effective period setting flag indicating that the operation effective period is being set to the operation effective period setting flag storage area of the sub RAM 102c, and in step S1315-4, Information related to the operation effective period in the variation effect (operation effective period start time, operation effective period setting time and operation effective period target for each operation effective period, whether or not the operation effective period according to the vending machine notice, The operation valid period information of the sub-RAM 102c is associated with each operation valid period, whether it is the operation valid period, whether the operation valid period is related to the projection notice, or “operation valid period information” hereinafter. Set in the storage area.
サブCPU102aは、ステップS1315−5において、サブRAM102cの変動演出データ記憶領域に記憶されている変動演出データに基づいて、これから実行される変動演出において、自販機予告を実行するか否かを判定する。サブCPU102aは、自販機予告を実行すると判定すると、ステップS1315−6に処理を移し、自販機予告を実行しないと判定すると、ステップ1313−10に処理を移す。   In step S1315-5, the sub CPU 102a determines whether or not to execute the vending machine notice in the changing effect to be executed based on the changing effect data stored in the changing effect data storage area of the sub RAM 102c. If the sub CPU 102a determines that the vending machine notice is to be executed, the process proceeds to step S1315-6, and if the sub CPU 102a determines not to execute the vending machine notice, the process proceeds to step 1313-10.
自販機予告とは、演出ボタン18A及び選択ボタン19Aについての操作有効期間が設定される予告演出であり、リーチが成立する期待度(以下、「リーチ期待度」という)や大当たりに当選する期待度(以下、「大当たり期待度」という)など、予め設定された複数の遊技に関する情報の項目(以下、「遊技情報項目」という)が選択肢として表示部140において表示され、遊技者が選択した遊技情報項目(選択肢)についての情報が表示(報知)される。自販機予告については後述する。   The vending machine notice is a notice effect in which an operation valid period for the effect button 18A and the selection button 19A is set, and an expectation level for reaching a reach (hereinafter referred to as “reach expectation degree”) and an expectation level for winning a jackpot ( Hereinafter, items of information relating to a plurality of preset games (hereinafter referred to as “game information items”), such as “hit expectation degree”, are displayed on the display unit 140 as options, and the game information item selected by the player Information about (option) is displayed (notified). The vending machine notice will be described later.
サブCPU102aは、ステップS1315−6において、自販機予告の上位の演出パターンである自販機予告パターンを判定するための自販機予告パターン判定用乱数に係る乱数カウンタが示す乱数値を取得し、ステップS1315−7において、取得した自販機予告パターン判定用乱数を自販機予告パターン判定テーブルに照合して自販機予告パターンを決定する自販機予告パターン判定を行う。   In step S1315-6, the sub CPU 102a obtains a random number value indicated by a random number counter related to a vending machine notice pattern determination random number for determining a vending machine notice pattern which is a higher performance pattern of the vending machine notice, and in step S1315-7. The obtained vending machine notice pattern determination random number is collated with the vending machine notice pattern determination table to determine the vending machine notice pattern.
図49に示すように、自販機予告パターン判定テーブルは、特別図柄判定結果と特図変動パターン判定結果からなる特別図柄抽選の結果(以下、「特図抽選結果」という)によって分類されている。すなわち、自販機予告パターン判定テーブルは、リーチ無しハズレ用の自販機予告パターン判定テーブル、リーチ有りハズレ用の自販機予告パターン判定テーブル、大当たり1用の自販機予告パターン判定テーブル、大当たり2用の自販機予告パターン判定テーブル及び大当たり3用の自販機予告パターン判定テーブルに分けられている。   As shown in FIG. 49, the vending machine notice pattern determination table is classified according to a special symbol lottery result (hereinafter referred to as a “special symbol lottery result”) including a special symbol determination result and a special symbol variation pattern determination result. That is, the vending machine notice pattern determination table is a vending machine notice pattern judgment table for reachless loss, a vending machine notice pattern judgment table for reach loss, a vending machine notice pattern judgment table for jackpot 1, and a vending machine notice pattern judgment table for jackpot 2 And vending machine notice pattern determination table for jackpot 3.
サブCPU102aは、ステップS1315−6の自販機予告パターン判定の際に、サブRAM102cに記憶されている演出図柄指定コマンドが示す特別図柄判定結果としての特別図柄及び特図変動パターン指定コマンドが示す特図変動パターン判定結果としての特図変動パターンを確認して、該確認した内容に対応する自販機予告パターン判定テーブルを選択する。   When determining the vending machine notice pattern in step S1315-6, the sub CPU 102a displays the special symbol as the special symbol determination result indicated by the effect symbol specifying command stored in the sub RAM 102c and the special symbol variation indicated by the special symbol variation pattern designation command. The special figure variation pattern as the pattern determination result is confirmed, and the vending machine notice pattern determination table corresponding to the confirmed content is selected.
各自販機予告パターン判定テーブルにおいては、複数の自販機予告パターンが、自販機予告パターン判定値に対応付けられて格納されており、例えば図49に示すように、予め設定された判定値割合となるように自販機予告パターン判定値が自販機予告パターンに適宜に割り振られている。   In each vending machine notice pattern judgment table, a plurality of vending machine notice patterns are stored in association with the vending machine notice pattern judgment value, and for example, as shown in FIG. The vending machine notice pattern judgment value is appropriately assigned to the vending machine notice pattern.
自販機予告パターンとは、表示部140において表示される複数の遊技情報項目を示す画像(以下、「遊技情報項目画像」という)の種類とその画像の配置を表す識別情報のことである。   The vending machine notice pattern is identification information indicating the type of an image (hereinafter referred to as “game information item image”) indicating a plurality of game information items displayed on the display unit 140 and the arrangement of the images.
本実施形態では、遊技情報項目画像として、リーチ期待度を示唆するリーチ期待度画像、擬似連回数を示唆する擬似連回数画像、SPリーチが実行される期待度(以下、「SPリーチ期待度」という)を示唆するSPリーチ期待度画像、SPSPリーチが実行される期待度(以下、「SPSPリーチ期待度」という)を示唆するSPSPリーチ期待度画像、後述するノイズチャンスが実行される期待度(以下、「ノイズチャンス期待度」という)を示唆するノイズチャンス期待度画像、事前判定結果が「大当たり」である特図保留が含まれている期待度(以下、「保留内期待度」という)を示唆する保留内期待度画像、及び、大当たり期待度を示唆する大当たり期待度画像と、7つの遊技情報項目画像が設定されている。   In the present embodiment, as the game information item image, a reach expectation image that suggests reach expectation, a pseudo-continuous count image that suggests the number of pseudo-continuations, an expectation that SP reach will be executed (hereinafter referred to as “SP reach expectation”). SP reach expectation image suggesting SPSP reach expectation (hereinafter referred to as “SPSP reach expectation”), expectation that a noise chance described later is executed ( “Noise chance expectation degree” (hereinafter referred to as “noise chance expectation degree”), an expectation degree that includes a special figure hold whose pre-judgment result is “big hit” (hereinafter referred to as “on-hold expectation degree”) Seven game information item images are set, that is, an expected in-hold expectation image, a jackpot expectation image that suggests a jackpot expectation level, and an expectation level image.
そして、本実施形態では、1回の自販機予告において3つの遊技情報項目画像が選択肢として表示される。この3つの遊技情報項目画像の組み合わせ及び表示される配置は予め設定されている。この3つの遊技情報項目画像の組み合わせ及び表示される配置が自販機予告パターンに対応付けられている。本実施形態では、18個の自販機予告パターンが設けられている。なお、詳細は後述するが、3つの遊技情報項目画像が横に並んで表示される(図59参照)。すなわち、左側の表示位置に表示される遊技情報項目画像、中央の表示位置に表示される遊技情報項目画像、及び、右側の表示位置に表示される遊技情報項目画像の組み合わせが18通り予め設定されている。   In this embodiment, three game information item images are displayed as options in one vending machine notice. Combinations and display arrangements of these three game information item images are set in advance. The combination of the three game information item images and the displayed arrangement are associated with the vending machine notice pattern. In this embodiment, 18 vending machine notice patterns are provided. Although details will be described later, three game information item images are displayed side by side (see FIG. 59). That is, 18 combinations of game information item images displayed at the left display position, game information item images displayed at the center display position, and game information item images displayed at the right display position are preset. ing.
サブCPU102aは、ステップS1315−8において、上記ステップS1315−7で決定した自販機予告パターンに対応する自販機予告演出制御コマンドをサブRAM102cの送信バッファにセットし、ステップS1315−9において、上記ステップS1315−7で決定した自販機予告パターンに対応する自販機予告データをサブRAM102cの自販機予告データ記憶領域にセットする。   In step S1315-8, the sub CPU 102a sets a vending machine notice effect control command corresponding to the vending machine notice pattern determined in step S1315-7 in the transmission buffer of the sub RAM 102c, and in step S1315-9, the above step S1315-7. The vending machine notice data corresponding to the vending machine notice pattern determined in the above is set in the vending machine notice data storage area of the sub RAM 102c.
なお、送信バッファにセットされた自販機予告演出制御コマンドは、ステップS1700のデータ出力処理によってランプ制御基板104及び画像制御基板105に送信される。そして、ランプ制御基板104及び画像制御基板105は、自販機予告演出制御コマンドを受信すると、予め設定された時間(本実施形態では、演出図柄の変動表示が開始してから1秒経過時)に、そのコマンドが示す演出内容の自販機予告を画像表示装置14等の演出装置に実行させる。   The vending machine notice effect control command set in the transmission buffer is transmitted to the lamp control board 104 and the image control board 105 by the data output process in step S1700. When the lamp control board 104 and the image control board 105 receive the vending machine notice effect control command, the preset time (in this embodiment, when 1 second has elapsed since the start of the change display of the effect symbol), The vending machine notice of the effect content indicated by the command is executed by an effect device such as the image display device 14.
サブCPU102aは、ステップS1315−10において、サブRAM102cの変動演出データ記憶領域に記憶されている変動演出データに基づいて、これから実行される変動演出において、進路選択予告を実行するか否かを判定する。サブCPU102aは、進路選択予告を実行すると判定すると、ステップS1315−11に処理を移し、進路選択予告を実行しないと判定すると、ステップ1313−15に処理を移す。   In step S1315-10, the sub CPU 102a determines whether or not to execute a course selection advance notice in the variation effect to be executed based on the variation effect data stored in the variation effect data storage area of the sub RAM 102c. . If the sub CPU 102a determines to execute the course selection advance notice, it moves the process to step S1315-11, and if it determines not to execute the course selection advance notice, it moves the process to step 1313-15.
進路選択予告とは、演出ボタン18A及び選択ボタン19Aについての操作有効期間が設定される予告演出であり、変動演出中に所定のキャラクタ目線で進行する方向を選択し、大当たり当選期待度を示唆する予告演出である。本実施形態では、進路選択予告はSPリーチAにおいて行われる。   The course selection advance notice is an advance notice effect in which an operation valid period for the effect button 18A and the select button 19A is set, and a direction in which the player proceeds in a predetermined line of sight during the change effect is selected to indicate the degree of expectation for winning the jackpot. This is a notice effect. In the present embodiment, the course selection advance notice is performed in SP reach A.
進行する方向として、左折、直進及び右折が設けられている。進路選択予告に係る操作有効期間中には、左折を表す画像(以下、「左折画像」という)、直進を表す画像(以下、「直進画像」という)及び右折を表す画像(以下、「右折画像」という)が表示され、進行する方向を選択するための指標となる第2カーソル画像が選択ボタン19Aの操作に応じて、左折画像、直進画像及び右折画像の何れかを指し示し、左折、直進及び右折の何れか1つが遊技者によって選択可能となる。   As the traveling direction, left turn, straight advance, and right turn are provided. During the operation effective period related to the course selection advance notice, an image representing a left turn (hereinafter referred to as “left turn image”), an image representing a straight advance (hereinafter referred to as “straight forward image”), and an image representing a right turn (hereinafter referred to as “right turn image”). ”) Is displayed, and the second cursor image serving as an index for selecting the traveling direction indicates one of the left turn image, the straight advance image, and the right turn image in accordance with the operation of the selection button 19A. Any one of the right turns can be selected by the player.
ここで、左折画像、直進画像及び右折画像の色彩として白色が通常の通常態様に設定されているが、左折画像、直進画像及び右折画像の何れか1つが緑色、赤色またはゼブラ柄の何れかの特別態様に変化し得る。さらに、操作有効期間に対して特別態様に変化可能な区間として、当該操作有効期間の全区間と当該操作有効期間中の特定区間の2種類が設定されている。本実施形態では、進路選択予告に係る操作有効期間設定時間は「5秒」に設定されており、特定区間は、当該操作有効期間が開始して1秒経過した後の3秒間に設定されている。これらの左折画像、直進画像及び右折画像の何れかが特別態様に変化するか否か、特別態様に変化する対象の画像(左折画像、直進画像又は右折画像の何れか1つ)、特別態様に変化する場合の色彩の種類、及び、特別態様に変化可能な区間(全区間又は特定区間)が進路選択予告パターンを構成する要素となっている。すなわち、進路選択予告パターンは、進路選択予告の演出内容を表している。   Here, white is set as a normal normal color as a left turn image, a straight advance image, and a right turn image, but any one of the left turn image, the straight advance image, and the right turn image is green, red, or zebra pattern. It can be changed to a special embodiment. Furthermore, two types are set as a section that can be changed to a special mode with respect to the operation effective period, that is, an entire section of the operation effective period and a specific section during the operation effective period. In this embodiment, the operation valid period setting time related to the course selection notice is set to “5 seconds”, and the specific section is set to 3 seconds after 1 second has elapsed since the operation valid period started. Yes. Whether any of these left-turn images, straight-ahead images, and right-turn images changes to a special mode, whether to change to a special mode (one of a left-turn image, a straight-ahead image, or a right-turn image) The type of color when changing and the section (all sections or specific section) that can be changed to a special mode are elements constituting the course selection notice pattern. That is, the course selection advance notice pattern represents the content of the course selection advance notice.
サブCPU102aは、ステップS1315−11において、進路選択予告パターンを判定するための進路選択予告パターン判定用乱数に係る乱数カウンタが示す乱数値を取得し、ステップS1315−12において、取得した進路選択予告パターン判定用乱数を進路選択予告パターン判定テーブルに照合して進路選択予告パターンを決定する進路選択予告パターン判定を行う。   In step S1315-11, the sub CPU 102a obtains a random number value indicated by a random number counter related to a course selection notice pattern determining random number for judging a course selection notice pattern, and in step S1315-12, the obtained course selection notice pattern is obtained. The route selection advancement pattern determination is performed in which the determination random number is checked against the route selection advancement pattern determination table to determine the route selection advancement pattern.
図50に示すように、進路選択予告パターン判定テーブルも、自販機予告パターンと同様に、特図抽選結果によって分類されている。すなわち、進路選択予告パターン判定テーブルは、リーチ有りハズレ用の進路選択予告パターン判定テーブル、大当たり1用の進路選択予告パターン判定テーブル、大当たり2用の進路選択予告パターン判定テーブル及び大当たり3用の進路選択予告パターン判定テーブルに分けられている。   As shown in FIG. 50, the course selection notice pattern determination table is also classified according to the special drawing lottery result, like the vending machine notice pattern. In other words, the course selection notice pattern determination table is a reach selection notice pattern judgment table for lose with reach, a course selection notice pattern judgment table for jackpot 1, a course selection notice pattern judgment table for jackpot 2, and a course selection for jackpot 3 It is divided into notice pattern judgment tables.
サブCPU102aは、ステップS1315−12の進路選択予告パターン判定の際に、サブRAM102cに記憶されている演出図柄指定コマンドが示す特別図柄判定結果としての特別図柄及び特図変動パターン指定コマンドが示す特図変動パターン判定結果としての特図変動パターンを確認して、該確認した内容に対応する進路選択予告パターン判定テーブルを選択する。   The sub CPU 102a displays the special symbol and the special symbol variation pattern designation command as the special symbol judgment result indicated by the effect symbol designation command stored in the sub RAM 102c at the time of the course selection advance notice pattern judgment in step S1315-12. The special figure variation pattern as the variation pattern determination result is confirmed, and a route selection notice pattern determination table corresponding to the confirmed content is selected.
各進路選択予告パターン判定テーブルにおいては、複数の進路選択予告パターンが、進路選択予告パターン判定値に対応付けられて格納されており、例えば図50に示すように、予め設定された判定値割合となるように進路選択予告パターン判定値が進路選択予告パターンに適宜に割り振られている。本実施形態では、進路選択予告パターンは大当たり期待度に対応付けられている。   In each course selection advance notice pattern determination table, a plurality of course selection advance notice patterns are stored in association with the course selection advance notice pattern judgment value. For example, as shown in FIG. In this way, the course selection notice pattern determination value is appropriately assigned to the course selection notice pattern. In this embodiment, the course selection notice pattern is associated with the jackpot expectation.
サブCPU102aは、ステップS1315−13において、上記ステップS1315−12で決定した進路選択予告パターンに対応する進路選択予告演出制御コマンドをサブRAM102cの送信バッファにセットし、ステップS1315−14において、上記ステップS1315−12で決定した進路選択予告パターンに対応する進路選択予告データをサブRAM102cの進路選択予告データ記憶領域にセットする。   In step S1315-13, the sub CPU 102a sets a course selection advance notice control command corresponding to the course selection advance notice pattern determined in step S1315-12 in the transmission buffer of the sub RAM 102c, and in step S1315-14, the step S1315 is executed. The course selection advance notice data corresponding to the course selection advance notice pattern determined in -12 is set in the course selection advance notice data storage area of the sub RAM 102c.
なお、送信バッファにセットされた進路選択予告演出制御コマンドは、ステップS1700のデータ出力処理によってランプ制御基板104及び画像制御基板105に送信される。そして、ランプ制御基板104及び画像制御基板105は、進路選択予告演出制御コマンドを受信すると、予め設定された時間(本実施形態では、SPリーチ1が開始してから所定時間経過時)に、そのコマンドが示す演出内容の進路選択予告を画像表示装置14等の演出装置に実行させる。   The course selection advance notice control command set in the transmission buffer is transmitted to the lamp control board 104 and the image control board 105 by the data output processing in step S1700. When the lamp control board 104 and the image control board 105 receive the course selection notice effect control command, the lamp control board 104 and the image control board 105 at the preset time (in this embodiment, when a predetermined time has elapsed since the start of the SP reach 1) The effect display device such as the image display device 14 is caused to execute a course selection advance notice of the effect content indicated by the command.
サブCPU102aは、ステップS1315−15において、サブRAM102cの変動演出データ記憶領域に記憶されている変動演出データに基づいて、これから実行される変動演出において、突出予告を実行するか否かを判定する。サブCPU102aは、突出予告を実行すると判定すると、ステップS1315−16に処理を移し、突出予告を実行しないと判定すると、ステップS1315−20に処理を移す。   In step S1315-15, the sub CPU 102a determines whether or not to execute the projection notice in the variation effect to be executed based on the variation effect data stored in the variation effect data storage area of the sub RAM 102c. If the sub CPU 102a determines that the advance notice is to be executed, the process proceeds to step S1315-16. If the sub CPU 102a determines that the advance notice is not to be executed, the process proceeds to step S1315-20.
突出予告とは、演出ボタン18Aについての操作有効期間が設定されることに伴って演出ボタン18Aが特別操作位置まで上昇して特別状態になる時期によって大当たり当選期待度を示唆する予告演出である。本実施形態では、SPSPリーチA及びSPSPリーチBの終盤で、大当たり判定結果の当落(大当たり又はハズレ)が決定する演出(以下、「決め演出」という)に対応して設定される演出ボタン18Aの操作有効期間に伴って演出ボタン18Aが特別操作位置まで上昇(突出)して特別状態になる。そして、演出ボタン18Aが突出して特別状態になる時期としては、当該操作有効期間が設定される際に演出ボタン18Aが特別状態になる第1時期と、当該突出予告が行われるSPSPリーチAまたはSPSPリーチBが開始されてから1秒経過時に演出ボタン18Aが特別状態になる第2時期とが設定されている。   The protrusion notice is a notice effect that suggests the degree of expectation of winning a big win depending on the time when the effect button 18A rises to a special operation position and enters a special state as the operation valid period for the effect button 18A is set. In the present embodiment, at the final stage of SPSP reach A and SPSP reach B, the effect button 18A set corresponding to the effect (hereinafter referred to as “decision effect”) determined by the winning (hit or lose) of the jackpot determination result is determined. The production button 18A rises (protrudes) to the special operation position with the operation effective period, and enters a special state. Then, as the time when the effect button 18A protrudes and enters the special state, the first time when the effect button 18A becomes the special state when the operation valid period is set, and the SPSP reach A or SPSP where the protrusion advance notice is performed. The second time when the effect button 18A is in a special state when 1 second has elapsed since the start of reach B is set.
サブCPU102aは、ステップS1315−16において、突出予告の演出パターンである突出予告パターンを判定するための突出予告パターン判定用乱数に係る乱数カウンタが示す乱数値を取得し、ステップS1315−17において、取得した突出予告パターン判定用乱数を突出予告パターン判定テーブルに照合して突出予告パターンを決定する突出予告パターン判定を行う。突出予告パターンは、上述した演出ボタン18Aが特別状態になる時期(第1時期または第2時期)に対応付けられている。   In step S1315-16, the sub CPU 102a acquires a random number value indicated by the random number counter related to the protrusion notice pattern determination random number for determining the protrusion notice pattern that is the effect pattern of the protrusion notice, and in step S1315-17, acquires the random value. The protruding notice pattern determination for determining the protruding notice pattern is performed by comparing the protruding notice pattern determination random number with the protruding notice pattern determination table. The protrusion notice pattern is associated with a time (first time or second time) when the above-described effect button 18A is in a special state.
図51に示すように、突出予告パターン判定テーブルは特図抽選結果によって分類されている。すなわち、突出予告パターン判定テーブルは、ハズレ用の突出予告パターン判定テーブル、大当たり1用の突出予告パターン判定テーブル、及び、大当たり2、3用の突出予告パターン判定テーブルに分けられている。   As shown in FIG. 51, the protrusion notice pattern determination table is classified according to the special drawing lottery result. That is, the protrusion notice pattern determination table is divided into a protrusion notice pattern determination table for loss, a protrusion notice pattern determination table for jackpot 1, and a protrusion notice pattern determination table for jackpots 2 and 3.
サブCPU102aは、ステップS1315−17の突出予告パターン判定の際に、サブRAM102cに記憶されている演出図柄指定コマンドが示す特別図柄判定結果としての特別図柄及び特図変動パターン指定コマンドが示す特図変動パターン判定結果としての特図変動パターンを確認して、該確認した内容に対応する突出予告パターン判定テーブルを選択する。   The sub CPU 102a performs the special symbol change indicated by the special symbol and the special symbol variation pattern designation command as the special symbol judgment result indicated by the effect symbol designation command stored in the sub RAM 102c at the time of the projection notice pattern determination of step S1315-17. A special figure variation pattern as a pattern determination result is confirmed, and a protrusion notice pattern determination table corresponding to the confirmed content is selected.
各突出予告パターン判定テーブルにおいては、複数の突出予告パターンが、突出予告パターン判定値に対応付けられて格納されており、例えば図51に示すように、予め設定された判定値割合となるように突出予告パターン判定値が突出予告パターンに適宜に割り振られている。   In each protrusion notice pattern determination table, a plurality of protrusion notice patterns are stored in association with protrusion notice pattern determination values, for example, as shown in FIG. The protrusion notice pattern determination value is appropriately assigned to the protrusion notice pattern.
サブCPU102aは、ステップS1315−18において、上記ステップS1315−17で決定した突出予告パターンに対応する突出予告演出制御コマンドをサブRAM102cの送信バッファにセットし、ステップS1315−19において、上記ステップS1315−17で決定した突出予告パターンに対応する突出予告データをサブRAM102cの突出予告データ記憶領域にセットする。   In step S1315-18, the sub CPU 102a sets a projecting notice effect control command corresponding to the projecting notice pattern determined in step S1315-17 in the transmission buffer of the sub RAM 102c. In step S1315-19, step S1315-17 is performed. The projection advance notice data corresponding to the projection advance notice pattern determined in the above is set in the projection notice data storage area of the sub-RAM 102c.
サブCPU102aは、ステップS1315−20において、サブRAM102cの変動演出データ記憶領域に記憶されている変動演出データに基づいて、これから実行される変動演出において、ノイズチャンスを実行するか否かを判定する。サブCPU102aは、ノイズチャンスを実行すると判定すると、ステップS1315−21に処理を移し、ノイズチャンスを実行しないと判定すると、本予告判定処理を終了する。   In step S1315-20, the sub CPU 102a determines whether or not to execute a noise chance in the variation effect to be executed based on the variation effect data stored in the variation effect data storage area of the sub RAM 102c. When determining that the noise chance is to be executed, the sub CPU 102a moves the process to step S1315-21, and when determining that the noise chance is not to be executed, the sub CPU 102a ends the advance notice determination process.
ノイズチャンスとは、リーチが成立するか否かの演出(以下、「リーチ煽り演出」という)を行った後に、リーチが成立する又はリーチが失敗する演出である。ノイズチャンスにおいては、リーチ煽り演出及びリーチの成立又は失敗が1回又は2回実行される。しかしながら、このリーチ煽り演出及びリーチの成立又は失敗の実行回数はこれに限られず、3回以上行うことも可能である。   A noise chance is an effect in which reach is established or reach is unsuccessful after performing an effect as to whether or not reach is achieved (hereinafter referred to as “reach roll effect”). In a noise chance, reach reach production and reach establishment or failure are executed once or twice. However, the number of times this reach production effect and reach establishment or failure is not limited to this, and can be performed three or more times.
リーチ煽り演出の後にリーチが成立すると、当該成立したリーチに係る演出図柄が示唆する遊技利益より遊技者に有利な遊技利益を示唆する演出図柄でさらにリーチが成立するか否かのリーチ煽り演出が実行される一方、リーチが失敗すると、当該失敗したリーチに係る演出図柄が示唆する遊技利益より遊技者に不利な又は同等な遊技利益を示唆する演出図柄でさらにリーチが成立するか否かのリーチ煽り演出が実行される。   When a reach is established after a reach production effect, a reach experience effect is provided to determine whether or not a reach is further established with an effect design that suggests a game profit that is more advantageous to the player than the game profit suggested by the effect related to the established reach. On the other hand, if the reach fails, the reach of whether or not the reach is further established with the effect design that suggests a game profit that is more disadvantageous or equivalent to the player than the game profit suggested by the effect design related to the failed reach Skill production is performed.
本実施形態では、ノイズチャンスは、特図抽選結果がリーチ有りハズレ又は大当たりのときに実行可能である。ノイズチャンスは、当該特図抽選に対応する変動演出(演出図柄の変動表示)においてリーチの成立が確定する前の部分(以下、「リーチ前通常演出」という)で行われ、上述の自販機予告が実行されない場合は変動演出が開始されてから1秒経過時に開始され、自販機予告が実行される場合は、自販機予告が終了してから1秒経過時に開始される。   In the present embodiment, the noise chance can be executed when the special drawing lottery result is a loss with reach or a big hit. The noise chance is performed at a portion before the establishment of reach in the variation production corresponding to the special drawing lottery (the variation display of the production symbol) (hereinafter referred to as “normal production before reach”), and the vending machine notice described above is performed. If it is not executed, it is started when 1 second has elapsed since the start of the variable effect, and when the vending machine notice is executed, it is started when 1 second has elapsed since the end of the vending machine notice.
サブCPU102aは、ステップS1315−21において、ノイズチャンスの演出内容に対応付けられたノイズチャンスパターンを判定するためのノイズチャンスパターン判定用乱数に係る乱数カウンタが示す乱数値を取得し、ステップS1315−22において、取得したノイズチャンスパターン判定用乱数をノイズチャンスパターン判定テーブルに照合してノイズチャンスパターンを決定するノイズチャンスパターン判定を行う。   In step S1315-21, the sub CPU 102a obtains a random number value indicated by a random number counter related to the noise chance pattern determination random number for determining the noise chance pattern associated with the noise chance effect content, and in step S1315-22. The noise chance pattern determination for determining the noise chance pattern is performed by comparing the obtained random number for noise chance pattern determination with the noise chance pattern determination table.
ノイズチャンスパターン判定テーブルは、ステップS1313の演出図柄停止表示パターンで決定される演出図柄停止表示パターン(停止演出図柄種別)によって分類されている。すなわち、ノイズチャンスパターン判定テーブルは、図52〜図53に示すように、演出図柄停止表示パターンが「01(大当たり演出図柄「3」)」「02(大当たり演出図柄「7」」の場合のノイズチャンスパターン判定テーブル、演出図柄停止表示パターンが「07(大当たり演出図柄「1」)」「08(大当たり演出図柄「5」」の場合のノイズチャンスパターン判定テーブル、演出図柄停止表示パターンが「03(大当たり演出図柄「2」)」「04(大当たり演出図柄「4」」「05(大当たり演出図柄「6」)」「06(大当たり演出図柄「8」)」の場合のノイズチャンスパターン判定テーブル、演出図柄停止表示パターンが「11(リーチハズレ演出図柄「3」)」「15(リーチハズレ演出図柄「7」」の場合のノイズチャンスパターン判定テーブル、演出図柄停止表示パターンが「09(リーチハズレ演出図柄「1」)」「13(リーチハズレ演出図柄「5」」の場合のノイズチャンスパターン判定テーブル、演出図柄停止表示パターンが「10(リーチハズレ演出図柄「2」)」「12(リーチハズレ演出図柄「4」」「14(リーチハズレ演出図柄「6」)」「16(リーチハズレ演出図柄「8」)」の場合のノイズチャンスパターン判定テーブルに分けられている。   The noise chance pattern determination table is classified according to the effect symbol stop display pattern (stop effect symbol type) determined by the effect symbol stop display pattern in step S1313. That is, in the noise chance pattern determination table, as shown in FIGS. 52 to 53, the noise in the case where the effect symbol stop display pattern is “01 (big hit effect symbol“ 3 ”)” “02 (big hit effect symbol“ 7 ”). When the chance pattern determination table and the effect symbol stop display pattern are “07 (big hit effect symbol“ 1 ”)” and “08 (hit hit effect symbol“ 5 ””), the noise chance pattern determination table and the effect symbol stop display pattern are “03 ( The jackpot effect symbol “2”) ”04 (the jackpot effect symbol“ 4 ”)“ 05 (the jackpot effect symbol “6”) ”“ 06 (the jackpot effect symbol “8”) ”, the noise chance pattern determination table, the effect Noise when the symbol stop display pattern is “11 (reach lose effect design“ 3 ”)” “15 (reach lose design effect“ 7 ”) When the chance pattern determination table and the effect symbol stop display pattern are “09 (reach lose effect effect“ 1 ”)” and “13 (reach lose effect effect symbol“ 5 ”), the noise chance pattern determination table and the effect symbol stop display pattern are“ 10 (reach loss indicator). Production pattern “2”) ”12” (Leach lose production design “4” ”“ 14 (Reach loss production design “6”) ”“ 16 (Reach loss production design “8”) ”. ing.
サブCPU102aは、ステップS1315−22のノイズチャンスパターン判定の際に、サブRAM102cに記憶されている演出図柄停止表示データ示す演出図柄停止表示パターン(停止演出図柄種別)を確認して、該確認した内容に対応するノイズチャンスパターン判定テーブルを選択する。   The sub CPU 102a confirms the effect symbol stop display pattern (stop effect symbol type) indicating the effect symbol stop display data stored in the sub RAM 102c at the time of the noise chance pattern determination in step S1315-22, and the confirmed contents The noise chance pattern determination table corresponding to is selected.
各ノイズチャンスパターン判定テーブルにおいては、複数のノイズチャンスパターンが、ノイズチャンスパターン判定値に対応付けられて格納されており、例えば図52〜図53に示すように、予め設定された判定値割合となるようにノイズチャンスパターン判定値がノイズチャンスパターンに適宜に割り振られている。なお、ノイズチャンスパターンが示す演出内容については後述する。   In each noise chance pattern determination table, a plurality of noise chance patterns are stored in association with noise chance pattern determination values. For example, as shown in FIGS. In this way, the noise chance pattern determination value is appropriately assigned to the noise chance pattern. The contents of the effect indicated by the noise chance pattern will be described later.
サブCPU102aは、ステップS1315−23において、上記ステップS1315−22で決定したノイズチャンスパターンに対応するノイズチャンス制御コマンドをサブRAM102cの送信バッファにセットする。   In step S1315-23, the sub CPU 102a sets a noise chance control command corresponding to the noise chance pattern determined in step S1315-22 in the transmission buffer of the sub RAM 102c.
なお、送信バッファにセットされたノイズチャンス制御コマンドは、ステップS1700のデータ出力処理によってランプ制御基板104及び画像制御基板105に送信される。そして、ランプ制御基板104及び画像制御基板105は、ノイズチャンス制御コマンドを受信すると、変動演出パターンが示す予め設定された時間に、そのコマンドが示す演出内容のノイズチャンスを画像表示装置14等の演出装置に実行させる。   The noise chance control command set in the transmission buffer is transmitted to the lamp control board 104 and the image control board 105 by the data output process in step S1700. When the lamp control board 104 and the image control board 105 receive the noise chance control command, the image display device 14 and the like display the noise chance of the production content indicated by the command at a preset time indicated by the fluctuation production pattern. Let the device run.
(演出制御基板による演出モード設定処理)
次に、図36を用いて演出モード設定処理について説明する。まず、サブCPU102aは、ステップS1318−1において、上記のステップS1310でサブRAM102cの当該変動演出情報保留記憶領域(第0記憶部)に記憶された演出図柄指定コマンドを参照し、ステップS1318−2において、大当たり判定の結果がハズレであるか否かを判定する。サブCPU102aは、ハズレであると判定するとステップS1318−3に処理を移し、ハズレではなく、大当たりであると判定するとステップS1318−7に処理を移す。
(Production mode setting process by production control board)
Next, the effect mode setting process will be described with reference to FIG. First, in step S1318-1, the sub CPU 102a refers to the effect designating command stored in the variable effect information hold storage area (the 0th storage unit) of the sub RAM 102c in step S1310, and in step S1318-2. Then, it is determined whether or not the result of the jackpot determination is a loss. If the sub CPU 102a determines that it is a loss, it moves the process to step S1318-3, and if it determines that it is not a loss but a big hit, it moves the process to step S1318-7.
サブCPU102aは、ステップS1318−7において、大当たりの種別に対応した演出モードを表す演出モードフラグをサブRAM102cの演出モードフラグ記憶領域に記憶し、その演出モードに対応付けられている演出モード実行可能回数(Ma)を、サブRAM102cの演出モード残り回数カウンタにセットし、本演出モード設定処理を終了する。演出モード残り回数カウンタは、変動演出の実行回数が設定されている演出モードによる変動演出の実行回数の残り回数(M:演出モードの残り回数)を計数する。   In step S1318-7, the sub CPU 102a stores an effect mode flag representing the effect mode corresponding to the type of jackpot in the effect mode flag storage area of the sub RAM 102c, and the number of executions of the effect mode associated with the effect mode. (Ma) is set in the effect mode remaining number counter of the sub RAM 102c, and the effect mode setting process is terminated. The effect mode remaining number counter counts the remaining number of times of execution of the variable effect in the effect mode in which the number of executions of the variable effect is set (M: remaining number of effects mode).
上述したように、大当たり1または大当たり3に当選していれば演出モードB(=演出モードフラグ「01H」)に設定され、大当たり2に当選していれば演出モードC(=演出モードフラグ「02H」)に設定される。また、本実施形態では、演出モード実行可能回数(Ma)は、高確率遊技状態実行可能回数(Xa)または時短遊技状態実行可能回数(Ja)に対応しており、演出モードBの演出モード実行可能回数(Ma)は10000回に定められており、演出モードCの演出モード実行可能回数(Ma)は100回に定められている。なお、これらの演出モードに関する情報はサブROM102bに格納されている。   As described above, if the jackpot 1 or jackpot 3 is won, the effect mode B (= effect mode flag “01H”) is set. If the jackpot 2 is won, the effect mode C (= effect mode flag “02H” is set. )). In the present embodiment, the number of executions of execution mode (Ma) corresponds to the number of executions of high probability gaming state (Xa) or the number of executions of short-time gaming state (Ja). The possible number of times (Ma) is set to 10000 times, and the number of possible executions of the effect mode (Ma) in effect mode C is set to 100 times. Note that information regarding these rendering modes is stored in the sub ROM 102b.
一方、サブCPU102aは、ステップS1318−3において現在、演出モード「A」であるか否か、すなわち、演出モードフラグ「00H」がONされているか否かを判定する。   On the other hand, in step S1318-3, the sub CPU 102a determines whether the presentation mode “A” is currently set, that is, whether the presentation mode flag “00H” is ON.
サブCPU102aは、演出モード「A」であると判定すると、本演出モード設定処理を終了する。サブCPU102aは、演出モード「A」ではないと判定すると、ステップS1318−4において、演出モード残り回数カウンタのカウンタ値を「1」減算して演出モードの残り回数(M)を更新し、ステップ1318−5において、演出モード残り回数カウンタのカウンタ値が「0」であるか否かを判定する。   If the sub CPU 102a determines that the effect mode is “A”, the effect mode setting process is terminated. If the sub CPU 102a determines that the effect mode is not “A”, in step S1318-4, the counter value of the effect mode remaining number counter is decremented by “1” to update the remaining number (M) of effect modes. In −5, it is determined whether or not the counter value of the effect mode remaining number counter is “0”.
そして、サブCPU102aは、演出モード残り回数カウンタのカウンタ値が「0」ではないと判定すると本演出モード設定処理を終了し、カウンタ値が「0」あると判定すると、ステップS1318−6において、演出モードフラグ「00H」を演出モードフラグ記憶領域にセット(演出モードAを設定)し、本演出モード設定処理を終了する。   If the sub CPU 102a determines that the counter value of the effect mode remaining number counter is not “0”, the sub CPU 102a ends the effect mode setting process. If the sub CPU 102a determines that the counter value is “0”, in step S1318-6 The mode flag “00H” is set in the effect mode flag storage area (effect mode A is set), and the effect mode setting process ends.
(演出制御基板による操作有効期間設定処理)
図37を用いて、演出制御基板102による操作有効期間設定処理を説明する。
(Operation valid period setting process by production control board)
The operation valid period setting process by the effect control board 102 will be described with reference to FIG.
サブCPU102aは、ステップS1401において、操作有効期間設定フラグがONされているか否かを判定する。サブCPU102aは、操作有効期間設定フラグがONされていると判定するとステップS1402に処理を移し、操作有効期間設定フラグがONされていないと判定すると本操作有効期間設定処理を終了する。   In step S1401, the sub CPU 102a determines whether the operation valid period setting flag is ON. If the sub CPU 102a determines that the operation valid period setting flag is ON, it moves the process to step S1402. If it determines that the operation valid period setting flag is not ON, the sub CPU 102a ends this operation valid period setting process.
サブCPU102aは、ステップS1402において、操作有効期間中であることを示す操作有効期間中フラグがONされているか否かを判定する。サブCPU102aは、操作有効期間中フラグがONされていると判定すると本操作有効期間設定処理を終了し、操作有効期間中フラグがONされていないと判定するとステップS1403に処理を移す。   In step S1402, the sub CPU 102a determines whether or not the operation valid period flag indicating that the operation is valid is ON. If the sub CPU 102a determines that the operation effective period flag is ON, the sub CPU 102a ends the operation effective period setting process. If the sub CPU 102a determines that the operation effective period flag is not ON, the sub CPU 102a shifts the process to step S1403.
サブCPU102aは、ステップS1403において、サブCPU102aに記憶された変動演出データ及びサブRAM102cに設けられた変動演出タイマカウンタを参照し、現在実行されている変動演出が開始してからの経過時間を確認し、当該変動演出についての操作有効期間開始時間であるか否かを判定する。サブCPU102aは、操作有効期間開始時間であると判定するとステップS1404に処理を移し、操作有効期間開始時間ではないと判定すると本操作有効期間設定処理を終了する。   In step S1403, the sub CPU 102a refers to the change effect data stored in the sub CPU 102a and the change effect timer counter provided in the sub RAM 102c, and confirms the elapsed time since the start of the change effect currently being executed. Then, it is determined whether or not the operation effective period start time for the variation effect is reached. If the sub CPU 102a determines that the operation valid period start time is reached, the process proceeds to step S1404. If the sub CPU 102a determines that it is not the operation valid period start time, the operation valid period setting process ends.
サブCPU102aは、ステップS1404において、サブRAM102cの操作有効期間中フラグ記憶領域に操作有効期間中フラグをONし、ステップS1405において、これから設定する操作有効期間は自販機予告に係る操作有効期間であるか否かを判定する。サブCPU102aは、自販機予告に係る操作有効期間であると判定するとステップS1406に処理を移し、自販機予告に係る操作有効期間ではないと判定するとステップS1409に処理を移す。   In step S1404, the sub CPU 102a turns on the operation effective period flag in the operation effective period flag storage area of the sub RAM 102c. In step S1405, the operation effective period to be set is an operation effective period related to the vending machine notice. Determine whether. If the sub CPU 102a determines that it is the operation valid period related to the vending machine notice, the sub CPU 102a moves the process to step S1406. If the sub CPU 102a determines that it is not the operation valid period related to the vending machine notice, the sub CPU 102a moves the process to step S1409.
サブCPU102aは、ステップS1406において、自販機予告が実行中であることを示す自販機予告実行フラグをサブRAM102cの自販機予告実行フラグ記憶領域にONし、ステップS1407において、自販機予告用の操作演出制御コマンドをサブRAM102cの送信バッファにセットし、ステップS1408において、サブRAM102cに設けられた操作有効期間タイマカウンタに当該自販機予告用の操作有効期間設定時間(本実施形態において、5秒)をセットする。   In step S1406, the sub CPU 102a turns on a vending machine notice execution flag indicating that the vending machine notice is being executed in the vending machine notice execution flag storage area of the sub RAM 102c. In step S1407, the sub CPU 102a sends an operation effect control command for vending machine notice. In the transmission buffer of the RAM 102c, in step S1408, the operation effective period setting time (5 seconds in the present embodiment) for vending machine notice is set in the operation effective period timer counter provided in the sub RAM 102c.
なお、送信バッファにセットされた自販機予告用の操作演出制御コマンドは、ステップS1700のデータ出力処理によってランプ制御基板104及び画像制御基板105に送信される。そして、ランプ制御基板104及び画像制御基板105は、自販機予告用の操作演出制御コマンドを受信すると、即座に自販機予告用の演出ボタン操作演出及び選択ボタン操作演出を画像表示装置14等の演出装置に実行させる。   The operation effect control command for vending machine notice set in the transmission buffer is transmitted to the lamp control board 104 and the image control board 105 by the data output processing in step S1700. Then, when the lamp control board 104 and the image control board 105 receive the operation effect control command for vending machine notice, the effect button operation effect and the selection button operation effect for vending machine notice are immediately given to the effect device such as the image display device 14. Let it run.
サブCPU102aは、ステップS1409において、これから設定する操作有効期間は進路選択予告に係る操作有効期間であるか否かを判定する。サブCPU102aは、進路選択予告に係る操作有効期間であると判定するとステップS1410に処理を移し、進路選択予告に係る操作有効期間ではないと判定するとステップS1413に処理を移す。   In step S1409, the sub CPU 102a determines whether or not the operation effective period to be set is an operation effective period related to the course selection advance notice. If the sub CPU 102a determines that it is the operation effective period related to the course selection advance notice, it moves the process to step S1410, and if it determines that it is not the operation effective period related to the course selection advance notice, it moves the process to step S1413.
サブCPU102aは、ステップS1410において、進路選択予告が実行中であることを示す進路選択予告実行フラグをサブRAM102cの進路選択予告実行フラグ記憶領域にONし、ステップS1411において、進路選択予告用の操作演出制御コマンドをサブRAM102cの送信バッファにセットし、ステップS1412において、サブRAM102cに設けられた操作有効期間タイマカウンタに当該進路選択予告用の操作有効期間設定時間(本実施形態において、5秒)をセットする。   In step S1410, the sub CPU 102a turns on the course selection advance notice execution flag indicating that the course selection advance notice is being executed in the course selection advance notice execution flag storage area of the sub RAM 102c. In step S1411, the operation effect for the course selection advance notice is displayed. The control command is set in the transmission buffer of the sub RAM 102c, and in step S1412, the operation valid period setting time (5 seconds in the present embodiment) for the route selection advance notice is set in the operation valid period timer counter provided in the sub RAM 102c. To do.
なお、送信バッファにセットされた進路選択予告用の操作演出制御コマンドは、ステップS1700のデータ出力処理によってランプ制御基板104及び画像制御基板105に送信される。そして、ランプ制御基板104及び画像制御基板105は、進路選択予告用の操作演出制御コマンドを受信すると、即座に進路選択予告用の演出ボタン操作演出及び選択ボタン操作演出を画像表示装置14等の演出装置に実行させる。   Note that the operation effect control command for course selection notice set in the transmission buffer is transmitted to the lamp control board 104 and the image control board 105 by the data output processing in step S1700. Then, when the lamp control board 104 and the image control board 105 receive the operation effect control command for the course selection advance notice, the effect button operation effect and the selection button operation effect for the course selection advance notice are immediately displayed on the image display device 14 or the like. Let the device run.
サブCPU102aは、ステップS1413において、これから設定する操作有効期間は突出予告に係る操作有効期間であるか否かを判定する。サブCPU102aは、突出予告に係る操作有効期間であると判定するとステップS1414に処理を移し、突出予告に係る操作有効期間ではないと判定するとステップS1417に処理を移す。   In step S <b> 1413, the sub CPU 102 a determines whether or not the operation effective period to be set is an operation effective period related to the protrusion notice. If the sub CPU 102a determines that it is the operation effective period related to the protrusion notice, it moves the process to step S1414, and if it determines that it is not the operation effective period related to the protrusion notice, it moves the process to step S1417.
サブCPU102aは、ステップS1414において、突出予告が実行中であることを示す突出予告実行フラグをサブRAM102cの突出予告実行フラグ記憶領域にONし、ステップS1415において、突出予告用の操作演出制御コマンドをサブRAM102cの送信バッファにセットし、ステップS1416において、サブRAM102cに設けられた操作有効期間タイマカウンタに当該突出予告用の操作有効期間設定時間(本実施形態において、5秒)をセットする。   In step S1414, the sub CPU 102a turns on a protrusion notice execution flag indicating that the protrusion notice is being executed in the protrusion notice execution flag storage area of the sub RAM 102c. In step S1415, the sub CPU 102a executes an operation effect control command for protrusion notice. In step S1416, the operation effective period setting time (5 seconds in the present embodiment) for projecting notice is set in the operation effective period timer counter provided in the sub RAM 102c.
なお、送信バッファにセットされた突出予告用の操作演出制御コマンドは、ステップS1700のデータ出力処理によってランプ制御基板104及び画像制御基板105に送信される。そして、ランプ制御基板104及び画像制御基板105は、突出予告用の操作演出制御コマンドを受信すると、即座に突出用の演出ボタン操作演出を画像表示装置14等の演出装置に実行させる。   Note that the operation effect control command for projecting notice set in the transmission buffer is transmitted to the lamp control board 104 and the image control board 105 by the data output processing in step S1700. Then, when the lamp control board 104 and the image control board 105 receive the operation effect control command for projecting advance notice, the effect device operating effect for projecting is immediately executed by the effect device such as the image display device 14.
サブCPU102aは、ステップS1417において、自販機予告、進路選択予告、及び、突出予告とは関係なく、演出ボタン18A及び/又は選択ボタン19Aの操作により実行可能であり、大当たり期待度を示唆する期待度示唆演出である通常予告演出を行うための操作有効期間中であることを示す通常予告演出実行フラグをサブRAM102cの通常予告演出実行フラグ記憶領域にONし、ステップS1418において、当該操作有効期間に応じた操作演出制御コマンドをサブRAM102cの送信バッファにセットし、ステップS1419において、サブRAM102cに設けられた操作有効期間タイマカウンタに当該操作有効期間に応じた通常用の操作有効期間設定時間をセットする。   In step S1417, the sub CPU 102a can be executed by operating the effect button 18A and / or the selection button 19A regardless of the vending machine notice, the course selection notice, and the protrusion notice, and an expectation degree suggesting a jackpot expectation degree. The normal notice effect execution flag indicating that the operation is valid for performing the normal notice effect as the effect is turned ON in the normal notice effect execution flag storage area of the sub RAM 102c. In step S1418, the normal notice effect execution flag is turned on. The operation effect control command is set in the transmission buffer of the sub RAM 102c, and in step S1419, a normal operation effective period setting time corresponding to the operation effective period is set in the operation effective period timer counter provided in the sub RAM 102c.
送信バッファにセットされた操作演出制御コマンドは、ステップS1700のデータ出力処理によってランプ制御基板104及び画像制御基板105に送信される。そして、ランプ制御基板104及び画像制御基板105は、操作指示制御コマンドを受信すると、即座に操作指示制御コマンドが示す演出内容の演出ボタン操作演出及び/又は選択ボタン操作演出を画像表示装置14等の演出装置に実行させる。   The operation effect control command set in the transmission buffer is transmitted to the lamp control board 104 and the image control board 105 by the data output processing in step S1700. Then, when the lamp control board 104 and the image control board 105 receive the operation instruction control command, the lamp display board 104 and the selection button operation effect of the effect content indicated by the operation instruction control command are immediately displayed on the image display device 14 or the like. Let the production device execute it.
(演出制御基板による演出入力制御処理)
図38を用いて、演出制御基板102による演出入力制御処理を説明する。
(Production input control processing by production control board)
The effect input control process by the effect control board 102 will be described with reference to FIG.
サブCPU102aは、ステップS1510において、自販機予告に係る操作有効期間中の制御を行うための自販機予告用演出入力制御処理を行う。詳細は、図39を用いて後述する。   In step S1510, the sub CPU 102a performs a vending machine notice effect input control process for performing control during the operation valid period related to the vending machine notice. Details will be described later with reference to FIG.
サブCPU102aは、ステップS1520において、進路選択予告に係る操作有効期間中の制御を行うための進路選択予告用演出入力制御処理を行う。詳細は、図40を用いて後述する。   In step S1520, the sub CPU 102a performs a course selection announcement production input control process for performing control during the operation valid period related to the course selection announcement. Details will be described later with reference to FIG.
サブCPU102aは、ステップS1530において、突出予告に係る操作有効期間中の制御を行うための突出予告用演出入力制御処理を行う。詳細は、図41を用いて後述する。   In step S <b> 1530, the sub CPU 102 a performs a protrusion notice effect input control process for performing control during the operation effective period related to the protrusion notice. Details will be described later with reference to FIG.
サブCPU102aは、ステップS1540において、通常予告演出に係る操作有効期間中の制御を行うための通常用演出入力制御処理を行う。詳細は、図42を用いて後述する。   In step S <b> 1540, the sub CPU 102 a performs normal effect input control processing for performing control during the operation effective period related to the normal notice effect. Details will be described later with reference to FIG.
(演出制御基板による自販機予告用演出入力制御処理)
図39を用いて、演出制御基板102による自販機予告用演出入力制御処理を説明する。
(Produce input control processing for vending machine notices using effect control board)
The effect input control process for vending machine notice by the effect control board 102 will be described with reference to FIG.
詳細は後述するが、自販機予告においては、遊技情報項目を示し、缶ジュースを模した3つの遊技情報画像が表示部140の所定の左側の表示位置(左側表示位置)、中央の表示位置(中央表示位置)、及び、右側の表示位置(右側表示位置)に並んで表示される(図59参照)。以下において、左側の表示位置に表示される遊技情報画像を「左側遊技情報項目画像G11」、中央の表示位置に表示される遊技情報画像を「中央遊技情報項目画像G12」、右側の表示位置に表示される遊技情報画像を「右側遊技情報項目画像G13」とする。   Although details will be described later, in the vending machine notice, game information items are shown, and three game information images simulating can juice are displayed on the display unit 140 at a predetermined left display position (left display position) and a central display position (center Display position) and the right display position (right display position) (see FIG. 59). In the following, the game information image displayed at the left display position is “left game information item image G11”, the game information image displayed at the center display position is “central game information item image G12”, and the right display position is The displayed game information image is “right game information item image G13”.
そして、これらの3つの遊技情報項目画像G11〜G13の真下には、各遊技情報項目画像G11〜G13に対応し、各遊技情報項目画像G11〜G13が示す遊技情報項目を選択するためのボタンを模した遊技情報項目選択画像が表示される。以下において、左側遊技情報画像G11に対応する遊技情報項目選択画像を「左側遊技情報項目画像G21」、中央遊技情報画像G12に対応する遊技情報項目選択画像を中央遊技情報項目画像G22、右側遊技情報画像G13に対応する遊技情報項目選択画像を右側遊技情報項目画像G23とする(図59参照)。よって、各遊技情報項目選択画像G21〜G23も、左側表示位置、中央表示位置及び右側表示位置に表示されているといえる。そして、遊技情報項目選択画像G21〜G23の中の何れか1つに、選択対象であることを示す第1カーソル画像G24が表示される。換言すれば、第1カーソル画像G24は、左側表示位置、中央表示位置及び右側表示位置の何れか1つに表示可能である。   Under these three game information item images G11 to G13, buttons for selecting game information items corresponding to the game information item images G11 to G13 and indicated by the game information item images G11 to G13 are provided. A simulated game information item selection image is displayed. In the following, the game information item selection image corresponding to the left game information image G11 is “left game information item image G21”, the game information item selection image corresponding to the central game information image G12 is the central game information item image G22, and the right game information. The game information item selection image corresponding to the image G13 is set as the right game information item image G23 (see FIG. 59). Therefore, it can be said that the game information item selection images G21 to G23 are also displayed at the left display position, the center display position, and the right display position. And the 1st cursor image G24 which shows that it is a selection object is displayed on any one among the game information item selection images G21-G23. In other words, the first cursor image G24 can be displayed at any one of the left display position, the center display position, and the right display position.
よって、第1カーソル画像G24が左側表示位置(左側遊技情報項目画像G21)に表示されているとき、左側遊技情報項目画像G11が示す遊技情報項目が選択されている状態であり、中央表示位置(中央遊技情報項目画像G22)に表示されているとき、中央遊技情報項目画像G12が示す遊技情報項目が選択されている状態であり、右側表示位置(右側遊技情報項目画像G23)に表示されているとき、右側遊技情報項目画像G13が示す遊技情報項目が選択されている状態である。   Therefore, when the first cursor image G24 is displayed at the left display position (left game information item image G21), the game information item indicated by the left game information item image G11 is selected, and the center display position ( When displayed in the central game information item image G22), the game information item indicated by the central game information item image G12 is selected and displayed in the right display position (right game information item image G23). At this time, the game information item indicated by the right game information item image G13 is selected.
サブCPU102aは、ステップS1510−1において、自販機予告実行フラグがONされているか否かを判定する。サブCPU102aは、自販機予告実行フラグがONされていると判定するとステップS1510−2に処理を移し、自販機予告実行フラグがONされていないと判定すると本自販機予告用演出入力制御処理を終了する。   In step S1510-1, the sub CPU 102a determines whether or not the vending machine notice execution flag is turned on. If the sub CPU 102a determines that the vending machine notice execution flag is turned on, the process proceeds to step S1510-2. If the sub CPU 102a determines that the vending machine notice execution flag is not turned on, the sub CPU 102a ends the vending machine notice effect input control process.
サブCPU102aは、ステップS1510−2において、選択ボタン19Aの左ボタン192Aまたは右ボタン194Aの操作があったか否かを判定する。これは、本実施形態の自販機予告では左ボタン192A及び右ボタン194Aの操作を有効とし、上ボタン191A及び下ボタン193Aの操作を無効としているからである。サブCPU102aは、左ボタン192Aまたは右ボタン194Aの操作があったと判定するとステップS1510−3に処理を移し、左ボタン192Aまたは右ボタン194Aの操作がなかったと判定するとステップS1510−5に処理を移す。   In step S1510-2, the sub CPU 102a determines whether or not the left button 192A or the right button 194A of the selection button 19A has been operated. This is because the operation of the left button 192A and the right button 194A is enabled and the operation of the upper button 191A and the lower button 193A is disabled in the vending machine notice of the present embodiment. If the sub CPU 102a determines that the left button 192A or the right button 194A has been operated, the process proceeds to step S1510-3. If the sub CPU 102a determines that the left button 192A or the right button 194A has not been operated, the process proceeds to step S1510-5.
サブCPU102aは、ステップS1510−3において、選択ボタン19Aの操作に応じた第1カーソル画像位置制御コマンドをサブRAM102cの送信バッファにセットし、ステップS1510−4において、操作に応じた第1カーソル画像位置データを更新する。   In step S1510-3, the sub CPU 102a sets the first cursor image position control command corresponding to the operation of the selection button 19A in the transmission buffer of the sub RAM 102c, and in step S1510-4, the first cursor image position corresponding to the operation. Update the data.
ここで、選択ボタン19Aの操作に応じた第1カーソル画像位置制御コマンドとは、ステップS1510−2で左ボタン192Aが操作されたと判定されると、第1カーソル画像を左に移動させることを示す第1カーソル画像位置制御コマンドをサブRAM102cの送信バッファにセットする一方、ステップS1510−2で右ボタン194Aが操作されたと判定されると、第1カーソル画像を右に移動させることを示す第1カーソル画像位置制御コマンドをサブRAM102cの送信バッファにセットする。   Here, the first cursor image position control command according to the operation of the selection button 19A indicates that the first cursor image is moved to the left when it is determined in step S1510-2 that the left button 192A is operated. While the first cursor image position control command is set in the transmission buffer of the sub RAM 102c, if it is determined in step S1510-2 that the right button 194A has been operated, the first cursor indicating that the first cursor image is to be moved to the right. The image position control command is set in the transmission buffer of the sub RAM 102c.
なお、第1カーソル画像G24が左側表示位置(左側の遊技情報項目画像G11)に表示されているときに、左ボタン192Aが操作されると、第1カーソル画像は右側表示位置(右側の遊技情報項目画像G13)に移動し、右側の遊技情報項目画像G13が示す遊技情報項目が選択されている状態となる。一方、第1カーソル画像G24が右側表示位置(右側の遊技情報項目画像G13)に表示されているときに、右ボタン194Aが操作されると、第1カーソル画像G24は左側表示位置(左側の遊技情報項目画像G11)に移動し、左側の遊技情報項目画像G11が示す遊技情報項目が選択されている状態となる。   When the left button 192A is operated while the first cursor image G24 is displayed at the left display position (left game information item image G11), the first cursor image is moved to the right display position (right game information item G11). The game image item moves to the item image G13), and the game information item indicated by the game information item image G13 on the right side is selected. On the other hand, when the right button 194A is operated while the first cursor image G24 is displayed at the right display position (right game information item image G13), the first cursor image G24 is moved to the left display position (left game). It moves to the information item image G11), and the game information item indicated by the left game information item image G11 is selected.
また、操作に応じた第1カーソル画像位置データを更新するとは、第1カーソル画像G24が表示されている表示位置を示す位置データを更新することである。本実施形態では、第1カーソル画像G24は、左側表示位置、中央表示位置、及び、右側表示位置に表示される。ここで、各表示位置に対応して位置データが設けられている。この第1カーソル画像G24に対応した位置データ(以下、「第1カーソル画像位置データ」という)は、サブRAM102cに設けられた第1カーソル画像位置データカウンタ(C1)で設定されており、左側表示位置に対応して第1カーソル画像位置データカウンタのカウント値「0」が、中央表示位置に対応して第1カーソル画像位置データカウンタのカウント値「1」が、右側表示位置に対応して第1カーソル画像位置データカウンタのカウント値「2」がそれぞれ対応付けられている。   In addition, updating the first cursor image position data according to the operation means updating position data indicating a display position where the first cursor image G24 is displayed. In the present embodiment, the first cursor image G24 is displayed at the left display position, the center display position, and the right display position. Here, position data is provided corresponding to each display position. Position data corresponding to the first cursor image G24 (hereinafter referred to as “first cursor image position data”) is set by a first cursor image position data counter (C1) provided in the sub RAM 102c, and is displayed on the left side. The count value “0” of the first cursor image position data counter corresponds to the position, the count value “1” of the first cursor image position data counter corresponds to the center display position, and the count value “1” corresponds to the right display position. The count value “2” of one cursor image position data counter is associated with each other.
ステップS1510−2で左ボタン192Aが操作されたと判定されると、ステップS1510−4で第1カーソル画像位置データカウンタのカウンタ値が「1」減算される一方、ステップS1510−2で右ボタン194Aが操作されたと判定されると、ステップS1510−4で第1カーソル画像位置データカウンタのカウンタ値が「1」加算される。   If it is determined in step S1510-2 that the left button 192A has been operated, the counter value of the first cursor image position data counter is decremented by “1” in step S1510-4, while the right button 194A is pressed in step S1510-2. If it is determined that it has been operated, the counter value of the first cursor image position data counter is incremented by “1” in step S1510-4.
なお、第1カーソル画像位置データカウンタのカウンタ値が「0」のときに、左ボタン192Aが操作されたと判定されると、第1カーソル画像位置データカウンタのカウンタ値は「2」となる一方、第1カーソル画像位置データカウンタのカウンタ値が「2」のときに、右ボタン194Aが操作されたと判定されると、第1カーソル画像位置データカウンタのカウンタ値は「0」となる。   When it is determined that the left button 192A is operated when the counter value of the first cursor image position data counter is “0”, the counter value of the first cursor image position data counter is “2”. If it is determined that the right button 194A is operated when the counter value of the first cursor image position data counter is “2”, the counter value of the first cursor image position data counter becomes “0”.
サブCPU102aは、ステップS1510−5において、演出ボタン18Aの操作があったか否かを判定する。サブCPU102aは、演出ボタン18Aの操作があったと判定するとステップS1510−6に処理を移し、演出ボタン18Aの操作がなかったと判定するとステップS1510−7に処理を移す。   In step S1510-5, the sub CPU 102a determines whether or not the effect button 18A has been operated. If the sub CPU 102a determines that there is an operation on the effect button 18A, it moves the process to step S1510-6, and if it determines that there is no operation on the effect button 18A, it moves the process to step S1510-7.
サブCPU102aは、ステップS1510−6において、現在実行されている演出ボタン操作演出及び選択ボタン操作演出を強制終了させるための操作演出強制終了コマンドをサブRAM102cの送信バッファにセットする。   In step S1510-6, the sub CPU 102a sets an operation effect forced end command for forcibly ending the currently executed effect button operation effect and selection button operation effect in the transmission buffer of the sub RAM 102c.
なお、送信バッファにセットされた操作演出強制終了コマンドは、ステップS1700のデータ出力処理によってランプ制御基板104及び画像制御基板105に送信される。そして、ランプ制御基板104及び画像制御基板105は、操作演出強制終了コマンドを受信すると、即座に演出ボタン操作演出及び選択ボタン操作演出を終了させる。   The operation effect forced termination command set in the transmission buffer is transmitted to the lamp control board 104 and the image control board 105 by the data output processing in step S1700. The lamp control board 104 and the image control board 105 immediately end the effect button operation effect and the selection button operation effect when receiving the operation effect forced end command.
サブCPU102aは、ステップS1510−7において、操作有効期間タイマカウンタを確認して、操作有効期間の残り時間=0か否か、すなわち、当該操作有効期間が終了であるか否かを判定する。サブCPU102aは、操作有効期間が終了ではないと判定すると本自販機予告用演出入力制御処理を終了し、操作有効期間が終了であると判定するとステップS1510−8に処理を移す。   In step S1510-7, the sub CPU 102a checks the operation effective period timer counter to determine whether or not the remaining time of the operation effective period = 0, that is, whether or not the operation effective period has ended. If the sub CPU 102a determines that the operation valid period is not ended, the sub CPU 102a ends the vending machine announcement effect input control process. If the sub CPU 102a determines that the operation valid period is ended, the sub CPU 102a shifts the process to step S1510-8.
サブCPU102aは、ステップS1510−8において、自販機予告位置データカウンタのカウンタ値を参照して、第1カーソル画像の表示位置を確認、換言すれば、遊技者によって選択された遊技情報項目画像が示す遊技情報項目を特定する。   In step S1510-8, the sub CPU 102a refers to the counter value of the vending machine notice position data counter to confirm the display position of the first cursor image, in other words, the game indicated by the game information item image selected by the player. Identify information items.
サブCPU102aは、ステップS1510−9において、遊技者が選択した遊技情報項目に対する報知となる結果情報である結果表示パターンを判定するための結果表示パターン判定用乱数に係る乱数カウンタが示す乱数値を取得し、ステップS1510−10において、取得した結果表示パターン判定用乱数を結果表示パターン判定テーブルに照合して結果表示パターンを決定する結果表示パターン判定を行う。   In step S1510-9, the sub CPU 102a obtains the random value indicated by the random number counter related to the result display pattern determination random number for determining the result display pattern that is the result information to be notified to the game information item selected by the player. In step S1510-10, result display pattern determination is performed in which the obtained result display pattern determination random number is collated with the result display pattern determination table to determine the result display pattern.
図54〜図56に示すように、結果表示パターン判定テーブルは、特図抽選結果、及び、遊技情報項目画像が示す遊技情報項目(1〜7)によって分類されている。   As shown in FIGS. 54 to 56, the result display pattern determination table is classified according to the special drawing lottery results and the game information items (1 to 7) indicated by the game information item images.
サブCPU102aは、ステップS1510−10の結果表示パターン判定の際に、サブRAM102cに記憶されている演出図柄指定コマンドが示す特別図柄、特図変動パターン指定コマンドが示す特図変動パターン及び第1カーソル画像位置データカウンタのカウンタ値が示す遊技情報項目(1〜7)を確認して、該確認した内容に対応する結果表示パターン判定テーブルを選択する。   The sub CPU 102a performs the special symbol indicated by the effect symbol designation command stored in the sub RAM 102c, the special symbol fluctuation pattern indicated by the special symbol fluctuation pattern designation command, and the first cursor image when the result display pattern determination of step S1510-10 is performed. The game information item (1-7) indicated by the counter value of the position data counter is confirmed, and a result display pattern determination table corresponding to the confirmed content is selected.
各結果表示パターン判定テーブルにおいては、複数の結果表示パターンが、結果表示パターン判定値に対応付けられて格納されており、例えば図54〜図56に示すように、予め設定された判定値割合となるように結果表示パターン判定値が結果表示パターンに適宜に割り振られている。   In each result display pattern determination table, a plurality of result display patterns are stored in association with the result display pattern determination value. For example, as shown in FIGS. As a result, the result display pattern determination value is appropriately assigned to the result display pattern.
結果表示パターンは、遊技情報項目毎に設けられている。ここで、遊技情報項目毎に設けられている結果表示パターンについて説明する。   The result display pattern is provided for each game information item. Here, a result display pattern provided for each game information item will be described.
遊技情報項目1は、リーチ期待度であり、遊技情報項目1についての結果表示パターンとしては、結果表示パターン1−1〜結果表示パターン1−5の5種類が設定されている。結果表示パターン1−1は、「5%」という表示に対応し、リーチが成立する期待度が低いことを示している。結果表示パターン1−2は、「20%」という表示に対応し、リーチが成立する期待度が中くらいであることを示している。結果表示パターン1−3は、「50%」という表示に対応し、リーチが成立する期待度が高いことを示している。結果表示パターン1−4は、「70%」という表示に対応し、リーチが成立する期待度が100%、すなわち、リーチが成立することが確定していることを示している。結果表示パターン1−5は、「99%」という表示に対応し、リーチが成立することが確定し、さらに、大当たり期待度が高いことを示している。   The game information item 1 is a reach expectation level, and five types of result display patterns 1-1 to 1-5 are set as result display patterns for the game information item 1. The result display pattern 1-1 corresponds to the display of “5%” and indicates that the degree of expectation that the reach is established is low. The result display pattern 1-2 corresponds to the display of “20%” and indicates that the degree of expectation that the reach is established is medium. The result display pattern 1-3 corresponds to the display of “50%” and indicates that the degree of expectation that the reach is established is high. The result display pattern 1-4 corresponds to the display of “70%” and indicates that the degree of expectation that reach is established is 100%, that is, that reach is established. The result display pattern 1-5 corresponds to the display of “99%”, and it is determined that the reach is established, and further, the big hit expectation is high.
遊技情報項目2は、擬似連回数であり、遊技情報項目2についての結果表示パターンとしては、結果表示パターン2−1〜結果表示パターン2−4の4種類が設定されている。結果表示パターン2−1は、「0回」という表示に対応し、擬似連が実行される可能性が低いことを示している。結果表示パターン4−2は、「2回」という表示に対応し、擬似2が実行される可能性が高いことを示している。結果表示パターン4−3は、「3回」という表示に対応し、擬似3が実行される可能性が高いことを示している。結果表示パターン4−4は、「4回」という表示に対応し、擬似4が実行される可能性が高いことを示している。   The game information item 2 is the number of pseudo consecutive times, and as the result display pattern for the game information item 2, four types of result display patterns 2-1 to 2-4 are set. The result display pattern 2-1 corresponds to the display of “0 times” and indicates that the possibility of executing the pseudo-continuous is low. The result display pattern 4-2 corresponds to the display of “twice” and indicates that there is a high possibility that the simulation 2 is executed. The result display pattern 4-3 corresponds to the display “3 times” and indicates that there is a high possibility that the pseudo 3 is executed. The result display pattern 4-4 corresponds to the display of “4 times” and indicates that there is a high possibility that the pseudo 4 is executed.
遊技情報項目3は、SPリーチ期待度であり、遊技情報項目3についての結果表示パターンとしては、結果表示パターン3−1〜結果表示パターン3−5の5種類が設定されている。結果表示パターン3−1は、「5%」という表示に対応し、SPリーチが実行される期待度が低いことを示している。結果表示パターン3−2は、「20%」という表示に対応し、SPリーチが実行される期待度が中くらいであることを示している。結果表示パターン3−3は、「50%」という表示に対応し、SPリーチが実行される期待度が高いことを示している。結果表示パターン3−4は、「70%」という表示に対応し、SPリーチが実行される期待度が100%、すなわち、SPリーチが実行されることが確定していることを示している。結果表示パターン3−5は、「99%」という表示に対応し、SPリーチが実行されることが確定し、さらに、大当たり期待度が高いことを示している。   The game information item 3 is an SP reach expectation level, and five types of result display patterns 3-1 to 3-5 are set as result display patterns for the game information item 3. The result display pattern 3-1 corresponds to the display of “5%” and indicates that the expectation level at which the SP reach is executed is low. The result display pattern 3-2 corresponds to the display of “20%” and indicates that the degree of expectation that the SP reach is executed is medium. The result display pattern 3-3 corresponds to the display of “50%” and indicates that the degree of expectation that the SP reach is executed is high. The result display pattern 3-4 corresponds to the display of “70%” and indicates that the expectation level at which the SP reach is executed is 100%, that is, the SP reach is determined to be executed. The result display pattern 3-5 corresponds to the display of “99%”, and it is confirmed that the SP reach is executed, and further, the big hit expectation is high.
遊技情報項目4は、SPSPリーチ期待度であり、遊技情報項目4についての結果表示パターンとしては、結果表示パターン4−1〜結果表示パターン4−5の5種類が設定されている。結果表示パターン4−1は、「5%」という表示に対応し、SPSPリーチが実行される期待度が低いことを示している。結果表示パターン4−2は、「20%」という表示に対応し、SPSPリーチが実行される期待度が中くらいであることを示している。結果表示パターン4−3は、「50%」という表示に対応し、SPSPリーチが実行される期待度が高いことを示している。結果表示パターン4−4は、「70%」という表示に対応し、SPSPリーチが実行される期待度が100%、すなわち、SPSPリーチが実行されることが確定していることを示している。結果表示パターン4−5は、「99%」という表示に対応し、SPSPリーチが実行されることが確定し、さらに、大当たり期待度が高いことを示している。   The game information item 4 is an SPSP reach expectation level, and five types of result display patterns 4-1 to 4-5 are set as result display patterns for the game information item 4. The result display pattern 4-1 corresponds to the display of “5%” and indicates that the expectation level at which the SPSP reach is executed is low. The result display pattern 4-2 corresponds to the display of “20%” and indicates that the expected degree of execution of SPSP reach is medium. The result display pattern 4-3 corresponds to the display of “50%” and indicates that the degree of expectation that the SPSP reach is executed is high. The result display pattern 4-4 corresponds to the display of “70%”, and indicates that the expectation level at which the SPSP reach is executed is 100%, that is, the SPSP reach is determined to be executed. The result display pattern 4-5 corresponds to the display of “99%”, and it is determined that the SPSP reach is executed, and the jackpot expectation is high.
遊技情報項目5は、ノイズチャンス期待度であり、遊技情報項目5についての結果表示パターンとしては、結果表示パターン5−1〜結果表示パターン5−5の5種類が設定されている。結果表示パターン5−1は、「5%」という表示に対応し、ノイズチャンスが実行される期待度が低いことを示している。結果表示パターン5−2は、「20%」という表示に対応し、ノイズチャンスが実行される期待度が中くらいであることを示している。結果表示パターン5−3は、「50%」という表示に対応し、ノイズチャンスが実行される期待度が高いことを示している。結果表示パターン5−4は、「70%」という表示に対応し、ノイズチャンスが実行される期待度が100%、すなわち、ノイズチャンスが実行されることが確定していることを示している。結果表示パターン5−5は、「99%」という表示に対応し、ノイズチャンスが実行されることが確定し、さらに、大当たり期待度が高いことを示している。   The game information item 5 is a noise chance expectation degree, and five types of result display patterns 5-1 to 5-5 are set as result display patterns for the game information item 5. The result display pattern 5-1 corresponds to the display of “5%” and indicates that the degree of expectation that the noise chance is executed is low. The result display pattern 5-2 corresponds to the display of “20%” and indicates that the degree of expectation that the noise chance is executed is medium. The result display pattern 5-3 corresponds to the display “50%” and indicates that the degree of expectation that the noise chance is executed is high. The result display pattern 5-4 corresponds to the display of “70%”, and indicates that the expected degree that the noise chance is executed is 100%, that is, that the noise chance is executed. The result display pattern 5-5 corresponds to the display of “99%”, and it is determined that the noise chance is executed, and further, the big hit expectation is high.
遊技情報項目6は、保留内期待度であり、遊技情報項目6についての結果表示パターンとしては、結果表示パターン6−1〜結果表示パターン6−5の5種類が設定されている。結果表示パターン6−1は、「5%」という表示に対応し、リーチが成立するという事前判定結果を示す特図保留が含まれている期待度が通常より高いことを示している。結果表示パターン6−2は、「20%」という表示に対応し、リーチが成立するという事前判定結果を示す特図保留が含まれていることを示している。結果表示パターン6−3は、「50%」という表示に対応し、SPリーチまたはSPSPリーチが実行されるという事前判定結果を示す特図保留が含まれていることを示している。結果表示パターン6−4は、「70%」という表示に対応し、SPリーチまたはSPSPリーチが実行されるという事前判定結果を示す特図保留が含まれ、さらに、その特図保留については大当たり期待度が高いことを示している。結果表示パターン6−5は、「99%」という表示に対応し、大当たり当選という事前判定結果を示す特図保留が含まれていることを示している。   The game information item 6 is an on-hold expectation, and five types of result display patterns 6-1 to 6-5 are set as result display patterns for the game information item 6. The result display pattern 6-1 corresponds to the display of “5%” and indicates that the expectation level including the special figure hold indicating the advance determination result that the reach is established is higher than usual. The result display pattern 6-2 corresponds to the display of “20%” and indicates that a special figure hold indicating the advance determination result that the reach is established is included. The result display pattern 6-3 corresponds to the display of “50%” and indicates that the special figure hold indicating the advance determination result that the SP reach or the SPSP reach is executed is included. The result display pattern 6-4 corresponds to the display of “70%”, and includes a special figure hold indicating a pre-determination result that the SP reach or the SPSP reach is executed. The degree is high. The result display pattern 6-5 corresponds to the display of “99%” and indicates that the special figure hold indicating the pre-judgment result of the big win is included.
遊技情報項目7は、大当たり期待度であり、遊技情報項目7についての結果表示パターンとしては、結果表示パターン7−1〜結果表示パターン7−5の5種類が設定されている。結果表示パターン7−1は、「5%」という表示に対応し、リーチが成立する期待度が通常より高いことを示している。結果表示パターン7−2は、「20%」という表示に対応し、リーチが成立することが確定していることを示している。結果表示パターン7−3は、「50%」という表示に対応し、SPリーチまたはSPSPリーチが実行されることが確定していることを示している。結果表示パターン7−4は、「70%」という表示に対応し、SPリーチまたはSPSPリーチが実行されることが確定しており、さらに、大当たり期待度が高いことを示している。結果表示パターン7−5は、「99%」という表示に対応し、大当たり当選が確定していることを示している。   The game information item 7 is a jackpot expectation degree, and five types of result display patterns 7-1 to 7-5 are set as result display patterns for the game information item 7. The result display pattern 7-1 corresponds to the display of “5%” and indicates that the degree of expectation that the reach is established is higher than usual. The result display pattern 7-2 corresponds to the display “20%” and indicates that the reach is established. The result display pattern 7-3 corresponds to the display “50%” and indicates that the SP reach or the SPSP reach is determined to be executed. The result display pattern 7-4 corresponds to the display of “70%”, and it is determined that the SP reach or the SPSP reach is executed, and further, the jackpot expectation is high. The result display pattern 7-5 corresponds to the display of “99%” and indicates that the big win is confirmed.
なお、サブCPU102aは、ステップS1510−10の結果表示パターン判定の際に、遊技情報項目が「6」であれば、サブRAM102cに記憶されている事前図柄指定コマンドが示す事前図柄判定結果としての特別図柄、事前変動パターン指定コマンドが示す事前変動パターン判定結果としての特図変動パターンを確認して、該確認した内容に対応する結果表示パターン判定テーブルを選択する。図54(f)のテーブルに記載された「大当たり保留あり」とは、事前判定結果が大当たりである特図保留が1つでもあることを意味し、「SPSPハズレorSPハズレ保留あり」とは、事前判定結果がハズレのSPSPリーチ又はハズレのSPSPリーチである特図保留が1つでもあることを意味し、「Nリーチハズレ保留あり」とは、事前判定結果がハズレのノーマルリーチである特図保留が1つでもあることを意味し、「リーチ有りハズレ保留なし」とは、事前判定結果がリーチ有りハズレの特図保留が1つもないことを意味している。   If the game information item is “6” at the time of the result display pattern determination in step S1510-10, the sub CPU 102a performs a special symbol determination result indicated by the previous symbol designation command stored in the sub RAM 102c. The special pattern variation pattern as the prior variation pattern determination result indicated by the symbol and prior variation pattern designation command is confirmed, and a result display pattern determination table corresponding to the confirmed content is selected. “With jackpot hold” described in the table of FIG. 54 (f) means that there is at least one special figure hold whose pre-judgment result is a jackpot, and “SPSP haze or SP hose hold” It means that there is at least one special figure hold that is a SPSP reach or a SPSP reach that is a loss judgment, and “N reach reach hold” means a special figure hold that is a normal reach that results in a loss. This means that there is at least one, and “no reach hold with reach” means that there is no special figure hold for a lose with reach in advance.
サブCPU102aは、ステップS1510−11において、上記ステップS1510−10で決定した結果表示パターンに対応する結果表示制御コマンドをサブRAM102cの送信バッファにセットし、ステップS1510−12において、自販機予告実行フラグをOFFし、ステップS1510−13において、操作有効期間中フラグをOFFする。   In step S1510-11, the sub CPU 102a sets a result display control command corresponding to the result display pattern determined in step S1510-10 in the transmission buffer of the sub RAM 102c. In step S1510-12, the vending machine notice execution flag is turned OFF. In step S1510-13, the flag during the operation valid period is turned OFF.
なお、送信バッファにセットされた結果表示制御コマンドは、ステップS1700のデータ出力処理によってランプ制御基板104及び画像制御基板105に送信される。そして、ランプ制御基板104及び画像制御基板105は、結果表示制御コマンドを受信すると、そのコマンドが示す結果表示パターンが示す演出内容の結果表示を画像表示装置14等の演出装置に実行させる(図60(b−1)、図60(b−2)、図61(b−1)、図61(b−2))。   The result display control command set in the transmission buffer is transmitted to the lamp control board 104 and the image control board 105 by the data output processing in step S1700. When the lamp control board 104 and the image control board 105 receive the result display control command, the lamp control board 104 and the image control board 105 cause the effect display device such as the image display device 14 to display the result of the effect indicated by the result display pattern indicated by the command (FIG. 60). (B-1), FIG. 60 (b-2), FIG. 61 (b-1), FIG. 61 (b-2)).
(演出制御基板による進路選択予告用演出入力制御処理)
図40を用いて、演出制御基板102による進路選択予告用演出入力制御処理を説明する。
(Progress input control processing for course selection notice by using the effect control board)
With reference to FIG. 40, the course selection notice effect input control process by the effect control board 102 will be described.
詳細は後述するが、進路選択予告においては、進行方向が左折であることを示す左折画像G31が左側の表示位置に表示され、進行方向が直進であることを示す直進画像G32が中央の表示位置に表示され、進行方向が右折であることを示す右折画像G33が右側の表示位置に表示される(図67(b)〜図67(c)参照)。以下において、左折画像G31、直進画像G32及び右折画像G33をまとめて「進路選択画像」という。   Although details will be described later, in the course selection advance notice, a left turn image G31 indicating that the traveling direction is a left turn is displayed at the left display position, and a straight traveling image G32 indicating that the traveling direction is straight travel is displayed at the center display position. And a right turn image G33 indicating that the traveling direction is a right turn is displayed at the right display position (see FIGS. 67 (b) to 67 (c)). Hereinafter, the left turn image G31, the straight advance image G32, and the right turn image G33 are collectively referred to as a “course selection image”.
進行方向を選択するための第2カーソル画像G4は、左折画像G31、直進画像G32及び右折画像G33の何れか1つに重なって表示される。すなわち、第2カーソル画像G4は、左側表示位置、中央表示位置、及び、右側表示位置に移動して表示される。第2カーソル画像G4が左側表示位置に表示されているとき、換言すれば、左折画像G31に重なって表示されているとき、左折が選択されている状態であり、中央表示位置に表示されているとき、換言すれば、中央画像G32に重なって表示されているとき、直進が選択されている状態であり、右側表示位置に表示されているとき、換言すれば、右折画像G33に重なって表示されているとき、右折が選択されている状態である。   The second cursor image G4 for selecting the traveling direction is displayed so as to overlap any one of the left turn image G31, the straight advance image G32, and the right turn image G33. That is, the second cursor image G4 is displayed by moving to the left display position, the center display position, and the right display position. When the second cursor image G4 is displayed at the left display position, in other words, when it is displayed so as to overlap the left turn image G31, the left turn is selected and is displayed at the center display position. In other words, when it is displayed overlapping the central image G32, it is in a state in which straight ahead is selected, and when displayed at the right display position, in other words, it is displayed overlapping the right turn image G33. The right turn is selected.
サブCPU102aは、ステップS1520−1において、進路選択予告実行フラグがONされているか否かを判定する。サブCPU102aは、進路選択予告実行フラグがONされていると判定するとステップS1520−2に処理を移し、進路選択予告実行フラグがONされていないと判定すると本進路選択予告用演出入力制御処理を終了する。   In step S1520-1, the sub CPU 102a determines whether or not the course selection advance notice execution flag is ON. If the sub CPU 102a determines that the course selection advance notice execution flag is ON, the process proceeds to step S1520-2. If the sub CPU 102a determines that the course selection advance notice execution flag is not ON, the sub course 102a ends the actual course selection advance effect input control process. To do.
サブCPU102aは、ステップS1520−2において、選択ボタン19Aの左ボタン192Aまたは右ボタン194Aの操作があったか否かを判定する。これは、本実施形態の進路選択予告では左ボタン192A及び右ボタン194Aの操作を有効とし、上ボタン191A及び下ボタン193Aの操作を無効としているからである。サブCPU102aは、左ボタン192Aまたは右ボタン194Aの操作があったと判定するとステップS1520−3に処理を移し、左ボタン192Aまたは右ボタン194Aの操作がなかったと判定するとステップS1520−12に処理を移す。   In step S1520-2, the sub CPU 102a determines whether or not the left button 192A or the right button 194A of the selection button 19A has been operated. This is because the operation of the left button 192A and the right button 194A is enabled and the operation of the upper button 191A and the lower button 193A is disabled in the course selection advance notice of this embodiment. If the sub CPU 102a determines that the left button 192A or the right button 194A has been operated, the process proceeds to step S1520-3. If the sub CPU 102a determines that the left button 192A or the right button 194A has not been operated, the process proceeds to step S1520-12.
サブCPU102aは、ステップS1520−3において、選択ボタン19Aの操作に応じた第2カーソル画像位置制御コマンドをサブRAM102cの送信バッファにセットし、ステップS1520−4において、操作に応じた第2カーソル画像位置データを更新する。   In step S1520-3, the sub CPU 102a sets a second cursor image position control command corresponding to the operation of the selection button 19A in the transmission buffer of the sub RAM 102c, and in step S1520-4, the second cursor image position corresponding to the operation. Update the data.
ここで、選択ボタン19Aの操作に応じた第2カーソル画像位置制御コマンドとは、ステップS1520−2で左ボタン192Aが操作されたと判定されると、遊技者に進路選択画像を選択させるための第2カーソル画像を左に移動させることを示す第2カーソル画像位置制御コマンドをサブRAM102cの送信バッファにセットする一方、ステップS1520−2で右ボタン194Aが操作されたと判定されると、第2カーソル画像を右に移動させることを示す第2カーソル画像位置制御コマンドをサブRAM102cの送信バッファにセットする。   Here, the second cursor image position control command according to the operation of the selection button 19A is a second cursor image for causing the player to select a course selection image when it is determined in step S1520-2 that the left button 192A has been operated. While the second cursor image position control command indicating that the two cursor images are to be moved to the left is set in the transmission buffer of the sub RAM 102c, if it is determined in step S1520-2 that the right button 194A has been operated, the second cursor image position control command is set. Is set in the transmission buffer of the sub-RAM 102c.
なお、第2カーソル画像G4が左側表示位置(左折画像G31)に表示されているときに、左ボタン192Aが操作されると、第2カーソル画像は右側表示位置(右折画像G33)に移動し、右折画像G33が示す右折が選択されている状態となる。一方、第2カーソル画像G4が右側表示位置(右折画像G33)に表示されているときに、右ボタン194Aが操作されると、第2カーソル画像G4は左側表示位置(左折画像G31)に移動し、左折画像G31が示す左折が選択されている状態となる。   When the second button 192A is operated while the second cursor image G4 is displayed at the left display position (left turn image G31), the second cursor image moves to the right display position (right turn image G33), The right turn indicated by the right turn image G33 is selected. On the other hand, when the right button 194A is operated while the second cursor image G4 is displayed at the right display position (right turn image G33), the second cursor image G4 moves to the left display position (left turn image G31). The left turn indicated by the left turn image G31 is selected.
また、操作に応じた第2カーソル画像位置データを更新するとは、第2カーソル画像が表示されている表示位置を示す位置データ(以下、「第2カーソル画像位置データ」という)を更新することである。第2カーソル画像位置データは、サブRAM102cに設けられた第2カーソル画像位置データカウンタ(C2)で設定されており、左側の表示位置に対応して第2カーソル画像位置データカウンタのカウント値「0」が、中央の表示位置に対応して第2カーソル画像位置データカウンタのカウント値「2」が、右側の表示位置に対応して第2カーソル画像位置データカウンタのカウント値「2」がそれぞれ対応付けられている。   Also, updating the second cursor image position data according to the operation means updating position data indicating the display position where the second cursor image is displayed (hereinafter referred to as “second cursor image position data”). is there. The second cursor image position data is set by a second cursor image position data counter (C2) provided in the sub-RAM 102c, and the count value “0” of the second cursor image position data counter corresponds to the left display position. ”Corresponds to the count value“ 2 ”of the second cursor image position data counter corresponding to the central display position, and the count value“ 2 ”of the second cursor image position data counter corresponding to the right display position, respectively. It is attached.
ここで、ステップS1520−2で左ボタン192Aが操作されたと判定されると、ステップS1520−4で第2カーソル画像位置データカウンタのカウンタ値が「1」減算される一方、ステップS1520−2で右ボタン194Aが操作されたと判定されると、ステップS1520−4で第2カーソル画像位置データカウンタのカウンタ値が「1」加算される。なお、第2カーソル画像位置データカウンタのカウンタ値が「0」のときに、左ボタン192Aが操作されたと判定されると、第2カーソル画像位置データカウンタのカウンタ値は「2」となる一方、第2カーソル画像位置データカウンタのカウンタ値が「2」のときに、右ボタン194Aが操作されたと判定されると、第2カーソル画像位置データカウンタのカウンタ値は「0」となる。   If it is determined in step S1520-2 that the left button 192A has been operated, the counter value of the second cursor image position data counter is decremented by “1” in step S1520-4, while the right value is determined in step S1520-2. If it is determined that the button 194A has been operated, the counter value of the second cursor image position data counter is incremented by “1” in step S1520-4. When it is determined that the left button 192A is operated when the counter value of the second cursor image position data counter is “0”, the counter value of the second cursor image position data counter is “2”. If it is determined that the right button 194A is operated when the counter value of the second cursor image position data counter is “2”, the counter value of the second cursor image position data counter becomes “0”.
サブCPU102aは、ステップS1520−5において、何れかの進路選択画像(左折画像、直進画像及び右折画像)が緑色、赤色またはゼブラ柄の特別態様の色彩で表示されていることを示す期待度報知中フラグがONされているか否かを判定する。サブCPU102aは、期待度報知中フラグがONされていないと判定するとステップS1520−6に処理を移し、期待度報知中フラグがONされていると判定するとステップS1520−9に処理を移す。   In step S1520-5, the sub CPU 102a is reporting the expected degree indicating that one of the route selection images (left turn image, straight advance image, and right turn image) is displayed in a special color of green, red, or zebra pattern. It is determined whether or not the flag is ON. If the sub CPU 102a determines that the expectation notification flag is not turned on, it moves the process to step S1520-6, and if it determines that the expectation notification flag is turned on, it moves the process to step S1520-9.
サブCPU102aは、ステップS1520−6において、サブRAM102cに記憶されている進路選択予告パターンが示す進路選択予告情報(特別態様の色彩で表示する対象となる進路選択画像(表示位置)及び特別態様の色彩で表示する区間)と、第2カーソル画像位置データが示す第2カーソル画像の表示位置及び操作有効期間タイマカウンタが示す操作有効期間の残り時間とに基づいて、所定の進路選択画像を特別態様の色彩で表示する期待度報知を開始させるか否かを判定する。サブCPU102aは、期待度報知を開始させると判定するとステップS1520−7に処理を移し、期待度報知を開始させないと判定するとステップS1520−12に処理を移す。   In step S1520-6, the sub CPU 102a displays the course selection advance notice information (the course selection image (display position) to be displayed in a special mode color) and the special mode color indicated by the course selection advance notice pattern stored in the sub RAM 102c. The predetermined course selection image is displayed in a special mode based on the display position of the second cursor image indicated by the second cursor image position data and the remaining time of the operation effective period indicated by the operation effective period timer counter. It is determined whether or not to start notification of expectation displayed in color. If the sub CPU 102a determines that the expectation notification is to be started, the process proceeds to step S1520-7, and if the sub CPU 102a determines that the expectation notification is not to be started, the process proceeds to step S1520-12.
サブCPU102aは、ステップS1520−7においてサブRAM102cに記憶されている進路選択予告パターンが示す特別態様の色彩の種別(緑色、赤色及びゼブラ柄)及び表示対象となる進路選択画像(左折画像、直進画像及び右折画像)を示す期待度報知開始コマンドをサブRAM102cの送信バッファにセットし、ステップS1520−8において、サブRAM102cの期待度報知中フラグ記憶領域に期待度報知中フラグをONする。   In step S1520-7, the sub CPU 102a displays the type of color (green, red, and zebra pattern) in the special mode indicated by the course selection notice pattern stored in the sub RAM 102c and the course selection image (left turn image, straight image) to be displayed. And an expectation notification start command indicating the right turn image) is set in the transmission buffer of the sub RAM 102c. In step S1520-8, the expectation notification flag is turned on in the expectation notification flag storage area of the sub RAM 102c.
なお、送信バッファにセットされた期待度報知開始コマンドは、ステップS1700のデータ出力処理によってランプ制御基板104及び画像制御基板105に送信される。そして、ランプ制御基板104及び画像制御基板105は、期待度報知開始コマンドを受信すると、即座にそのコマンドが示す演出内容の期待度報知を画像表示装置14等の演出装置に実行させる。   The expectation notification start command set in the transmission buffer is transmitted to the lamp control board 104 and the image control board 105 by the data output process in step S1700. When the lamp control board 104 and the image control board 105 receive the expectation notification start command, the lamp control board 104 and the image control board 105 immediately cause the effect display device such as the image display device 14 to execute the expectation notification of the effect content indicated by the command.
サブCPU102aは、ステップS1520−9において、サブRAM102cに記憶されている進路選択予告パターンが示す進路選択予告情報(特別態様の色彩で表示する対象となる進路選択画像(表示位置)及び特別態様の色彩で表示する区間)と、第2カーソル画像位置データが示す第2カーソル画像の表示位置及び操作有効期間タイマカウンタが示す操作有効期間の残り時間とに基づいて、実行中の期待度報知を終了させるか否かを判定する。サブCPU102aは、期待度報知を終了させると判定するとステップS1520−10に処理を移し、期待度報知を終了させないと判定するとステップS1520−12に処理を移す。   In step S1520-9, the sub CPU 102a determines the course selection advance notice information (the course selection image (display position) to be displayed in the special mode color) and the special mode color indicated by the course selection advance notice pattern stored in the sub RAM 102c. The display of the second cursor image indicated by the second cursor image position data and the remaining time of the operation effective period indicated by the operation effective period timer counter are terminated. It is determined whether or not. If the sub CPU 102a determines that the expectation notification is to be terminated, it moves the process to step S1520-10, and if it determines not to terminate the expectation notification, it moves the process to step S1520-12.
サブCPU102aは、ステップS1520−10において、期待度報知を終了させるための期待度報知終了コマンドをサブRAM102cの送信バッファにセットし、ステップS1520−11において、期待度報知中フラグをOFFする。   In step S1520-10, the sub CPU 102a sets an expectation notification end command to end the expectation notification in the transmission buffer of the sub RAM 102c, and turns off the expectation notification flag in step S1520-11.
なお、送信バッファにセットされた期待度報知終了コマンドは、ステップS1700のデータ出力処理によってランプ制御基板104及び画像制御基板105に送信される。そして、ランプ制御基板104及び画像制御基板105は、期待度報知終了コマンドを受信すると、即座に期待度報知を終了させ、該期待度報知の対象であった進路選択画像の色彩を通常態様に変化させる。   Note that the expectation notification end command set in the transmission buffer is transmitted to the lamp control board 104 and the image control board 105 by the data output processing in step S1700. When the lamp control board 104 and the image control board 105 receive the expectation notification end command, the lamp control board 104 and the image control board 105 immediately end the expectation notification and change the color of the course selection image that is the target of the expectation notification to the normal mode. Let
サブCPU102aは、ステップS1520−12において、演出ボタン18Aの操作があったか否かを判定する。サブCPU102aは、演出ボタン18Aの操作があったと判定するとステップS1520−14に処理を移し、演出ボタン18Aの操作がなかったと判定するとステップS1520−13に処理を移す。   In step S1520-12, the sub CPU 102a determines whether or not the effect button 18A has been operated. If the sub CPU 102a determines that there is an operation on the effect button 18A, it moves the process to step S1520-14, and if it determines that there is no operation on the effect button 18A, it moves the process to step S1520-13.
サブCPU102aは、ステップS1520−14において、現在実行されている演出ボタン操作演出及び選択ボタン操作演出を終了させるための操作演出強制終了コマンドをサブRAM102cの送信バッファにセットする。   In step S1520-14, the sub CPU 102a sets an operation effect forced end command to end the currently executed effect button operation effect and selection button operation effect in the transmission buffer of the sub RAM 102c.
なお、送信バッファにセットされた操作演出強制終了コマンドは、ステップS1700のデータ出力処理によってランプ制御基板104及び画像制御基板105に送信される。そして、ランプ制御基板104及び画像制御基板105は、操作演出強制終了コマンドを受信すると、即座に演出ボタン操作演出及び選択ボタン操作演出を終了させる。   The operation effect forced termination command set in the transmission buffer is transmitted to the lamp control board 104 and the image control board 105 by the data output processing in step S1700. The lamp control board 104 and the image control board 105 immediately end the effect button operation effect and the selection button operation effect when receiving the operation effect forced end command.
サブCPU102aは、ステップS1520−13において、操作有効期間タイマカウンタを確認して、操作有効期間の残り時間=0か否か、すなわち、当該操作有効期間が終了であるか否かを判定する。サブCPU102aは、操作有効期間が終了ではないと判定すると本進路選択予告用演出入力制御処理を終了し、操作有効期間が終了であると判定するとステップS1520−15に処理を移す。   In step S1520-13, the sub CPU 102a checks the operation effective period timer counter to determine whether or not the remaining time of the operation effective period = 0, that is, whether or not the operation effective period has ended. If the sub CPU 102a determines that the operation valid period has not ended, the sub CPU 102a ends the effect selection control process for main course selection advance notice. If the sub CPU 102a determines that the operation effective period has ended, the sub CPU 102a moves the process to step S1520-15.
サブCPU102aは、ステップS1520−15において、第2カーソル画像位置データカウンタのカウンタ値を参照して、第2カーソル画像の表示位置を確認、換言すれば、遊技者によって選択された進路選択画像を特定する。   In step S1520-15, the sub CPU 102a refers to the counter value of the second cursor image position data counter to confirm the display position of the second cursor image, in other words, to identify the course selection image selected by the player. To do.
サブCPU102aは、ステップS1520−16において、当該進路選択予告終了後に実行される可能性があり、大当たり期待度を示す期待度演出の演出パターンである特定キャラクタパターンを判定するための特定キャラクタパターン判定用乱数に係る乱数カウンタが示す乱数値を取得し、ステップS1520−17において、取得した特定キャラクタパターン判定用乱数を特定キャラクタパターン判定テーブルに照合して特定キャラクタパターンを決定する特定キャラクタパターン判定を行う。   In step S1520-16, the sub CPU 102a may be executed after completion of the course selection advance notice, and for the specific character pattern determination for determining a specific character pattern that is an effect pattern of the expectation degree effect indicating the jackpot expectation degree. A random number value indicated by a random number counter related to the random number is acquired, and in step S1520-17, the acquired specific character pattern determination random number is collated with a specific character pattern determination table to determine a specific character pattern.
図57に示すように、特定キャラクタパターン判定テーブルは、特別図柄判定結果、及び、期待度報知の実行の有無によって分類されている。   As shown in FIG. 57, the specific character pattern determination table is classified according to the special symbol determination result and the presence / absence of execution of the expectation degree notification.
サブCPU102aは、ステップS1520−17の特定キャラクタパターン判定の際に、サブRAM102cに記憶されている演出図柄指定コマンドが示す特別図柄判定結果及び期待度報知中フラグの有無を確認して、該確認した内容に対応する特定キャラクタパターン判定テーブルを選択する。   When determining the specific character pattern in step S1520-17, the sub CPU 102a checks the special symbol determination result indicated by the effect symbol designation command stored in the sub RAM 102c and the presence / absence of the expectation notification flag. A specific character pattern determination table corresponding to the content is selected.
各特定キャラクタパターン判定テーブルにおいては、複数の特定キャラクタパターンが、特定キャラクタパターン判定値に対応付けられて格納されており、例えば図57に示すように、予め設定された特定キャラクタパターン判定値割合となるように特定キャラクタパターン判定値が特定キャラクタパターンに適宜に割り振られている。   In each specific character pattern determination table, a plurality of specific character patterns are stored in association with specific character pattern determination values. For example, as shown in FIG. 57, a predetermined specific character pattern determination value ratio and Thus, the specific character pattern determination value is appropriately assigned to the specific character pattern.
ここで、特定キャラクタパターンについて説明する。本実施形態では、特定キャラクタパターンは、特定キャラクタパターン01と特定キャラクタパターン02の2種類が設けられている。   Here, the specific character pattern will be described. In the present embodiment, two types of specific character patterns, a specific character pattern 01 and a specific character pattern 02, are provided.
特定キャラクタパターン01は、通常態様の特定キャラクタが表示される。特定キャラクタパターン02は、通常態様と異なる特別態様の特定キャラクタが表示され、特定キャラクタパターン01より大当たり期待度が高い。   In the specific character pattern 01, a specific character in a normal mode is displayed. The specific character pattern 02 displays a special character in a special mode different from the normal mode, and has a higher expectation degree of jackpot than the specific character pattern 01.
サブCPU102aは、ステップS1520−18において、上記ステップS1520−17で決定した特定キャラクタパターンに対応する特定キャラクタパターン制御コマンドをサブRAM102cの送信バッファにセットし、ステップS1520−19において、進路選択予告実行フラグをOFFし、ステップS1520−20において操作有効期間中フラグをOFFする。   In step S1520-18, the sub CPU 102a sets a specific character pattern control command corresponding to the specific character pattern determined in step S1520-17 in the transmission buffer of the sub RAM 102c. In step S1520-19, the course selection advance notice execution flag is set. In step S1520-20, the operation valid period flag is turned off.
なお、送信バッファにセットされた特定キャラクタパターン制御コマンドは、ステップS1700のデータ出力処理によってランプ制御基板104及び画像制御基板105に送信される。そして、ランプ制御基板104及び画像制御基板105は、特定キャラクタパターン制御コマンドを受信すると、所定のタイミングで、そのコマンドが示す演出内容の期待度演出を画像表示装置14等の演出装置に実行させる。   The specific character pattern control command set in the transmission buffer is transmitted to the lamp control board 104 and the image control board 105 by the data output processing in step S1700. When the lamp control board 104 and the image control board 105 receive the specific character pattern control command, the lamp control board 104 and the image control board 105 cause an effect device such as the image display device 14 to execute the expectation effect of the effect content indicated by the command.
(演出制御基板による突出予告制御処理)
図41を用いて、演出制御基板102による突出予告用演出入力制御処理を説明する。
(Protrusion notice control process by production control board)
With reference to FIG. 41, the projecting notice effect input control process by the effect control board 102 will be described.
サブCPU102aは、ステップS1530−1において、突出予告実行フラグがONされているか否かを判定する。サブCPU102aは、突出予告実行フラグがONされていると判定するとステップS1530−2に処理を移し、突出予告実行フラグがONされていないと判定すると本突出予告用演出入力制御処理を終了する。   In step S1530-1, the sub CPU 102a determines whether or not the protrusion notice execution flag is ON. If the sub CPU 102a determines that the protrusion notice execution flag is turned on, the process proceeds to step S1530-2. If the sub CPU 102a determines that the protrusion notice execution flag is not turned on, the sub CPU 102a ends the protrusion notice effect input control process.
サブCPU102aは、ステップS1530−2において、演出ボタン18Aの操作があったか否かを判定する。サブCPU102aは、演出ボタン18Aの操作があったと判定するとステップS1530−3に処理を移し、演出ボタン18Aの操作がなかったと判定するとステップS1530−4に処理を移す。   In step S1530-2, the sub CPU 102a determines whether or not the effect button 18A has been operated. If the sub CPU 102a determines that there is an operation on the effect button 18A, it moves the process to step S1530-3, and if it determines that there is no operation on the effect button 18A, it moves the process to step S1530-4.
サブCPU102aは、ステップS1530−3において、現在実行されている演出ボタン操作演出を終了させるための操作演出強制終了コマンドをサブRAM102cの送信バッファにセットする。   In step S1530-3, the sub CPU 102a sets an operation effect forced end command for ending the currently executed effect button operation effect in the transmission buffer of the sub RAM 102c.
なお、送信バッファにセットされた操作演出強制終了コマンドは、ステップS1700のデータ出力処理によってランプ制御基板104及び画像制御基板105に送信される。そして、ランプ制御基板104及び画像制御基板105は、操作演出強制終了コマンドを受信すると、即座に演出ボタン操作演出を終了させる。   The operation effect forced termination command set in the transmission buffer is transmitted to the lamp control board 104 and the image control board 105 by the data output processing in step S1700. Then, when the lamp control board 104 and the image control board 105 receive the operation effect forced end command, the effect button operation effect is immediately ended.
サブCPU102aは、ステップS1530−4において、操作有効期間タイマカウンタを確認して、操作有効期間の残り時間=0か否か、すなわち、当該操作有効期間が終了であるか否かを判定する。サブCPU102aは、操作有効期間が終了ではないと判定すると本突出予告用演出入力制御処理を終了し、操作有効期間が終了であると判定するとステップS1530−5に処理を移す。   In step S1530-4, the sub CPU 102a checks the operation effective period timer counter to determine whether or not the remaining time of the operation effective period = 0, that is, whether or not the operation effective period has ended. If the sub CPU 102a determines that the operation effective period is not ended, the sub CPU 102a ends the projection notice effect input control process. If the sub CPU 102a determines that the operation effective period is ended, the sub CPU 102a shifts the process to step S1530-5.
サブCPU102aは、ステップS1530−5において、特別状態になっている演出ボタン18Aを通常状態に戻すための演出ボタン通常状態制御コマンドをサブRAM102cの送信バッファにセットする。送信バッファにセットされた演出ボタン通常状態制御コマンドは、ステップS1700のデータ出力処理によってランプ制御基板104及び画像制御基板105に送信される。そして、ランプ制御基板104及び画像制御基板105は、演出ボタン通常状態制御コマンドを受信すると、即座に演出ボタン18Aを通常状態に戻す。   In step S1530-5, the sub CPU 102a sets an effect button normal state control command for returning the effect button 18A in the special state to the normal state in the transmission buffer of the sub RAM 102c. The effect button normal state control command set in the transmission buffer is transmitted to the lamp control board 104 and the image control board 105 by the data output processing in step S1700. The lamp control board 104 and the image control board 105 immediately return the effect button 18A to the normal state when receiving the effect button normal state control command.
サブCPU102aは、ステップS1530−6において、サブRAM102cに記憶されている演出図柄指定コマンドを参照して、大当たり判定結果を確認し、ステップS1530−7において、当該変動演出に係る大当たり判定の判定結果が大当たりであるか否かを判定する。これは、大当たり判定の判定結果が大当たりであると、当該大当たりを報知するための決め演出を実行させるが、ハズレであると決め演出を実行させないからである。サブCPU102aは、大当たりであると判定するとステップS1530−8に処理を移し、大当たりではないと判定するとステップS1530−9に処理を移す。   In step S1530-6, the sub CPU 102a refers to the effect symbol designation command stored in the sub RAM 102c to confirm the jackpot determination result. In step S1530-7, the determination result of the jackpot determination related to the variation effect is obtained. Determine if you are a big hit. This is because, if the determination result of the jackpot determination is a jackpot, a decision effect for notifying the jackpot is executed, but it is determined that it is a loss and the effect is not executed. If the sub CPU 102a determines that it is a big hit, it moves the process to step S1530-8, and if it determines that it is not a big hit, it moves the process to step S1530-9.
サブCPU102aは、ステップS1530−8において、決め演出の演出内容を示す決め演出制御コマンドをサブRAM102cの送信バッファにセットする。送信バッファにセットされた決め演出制御コマンドは、ステップS1700のデータ出力処理によってランプ制御基板104及び画像制御基板105に送信される。そして、ランプ制御基板104及び画像制御基板105は、決め演出制御コマンドを受信すると、該コマンドが示す演出内容の決め演出を実行する。なお、本実施形態では、決め演出として、演出用役物装置17の可動部17Aが表示部140の中央辺りまで下降して回転すると共に、該下降している可動部17Aに応じた所定のエフェクト画像が表示される。   In step S1530-8, the sub CPU 102a sets a determined effect control command indicating the effect contents of the determined effect in the transmission buffer of the sub RAM 102c. The determined effect control command set in the transmission buffer is transmitted to the lamp control board 104 and the image control board 105 by the data output processing in step S1700. When the lamp control board 104 and the image control board 105 receive the determined effect control command, the lamp control board 104 and the image control board 105 execute the determined effect of the effect content indicated by the command. In the present embodiment, as the determined effect, the movable part 17A of the effect accessory device 17 rotates down to the center of the display unit 140, and a predetermined effect corresponding to the movable part 17A that is descending. An image is displayed.
サブCPU102aは、ステップS1530−9において、突出予告実行フラグをOFFし、ステップS1530−10において、操作有効期間中フラグをOFFする。   In step S1530-9, the sub CPU 102a turns off the protrusion notice execution flag, and in step S1530-10, turns off the operation valid period flag.
(演出制御基板による通常用演出入力制御処理)
図42を用いて、演出制御基板102による通常用演出入力制御処理を説明する。
(Normal effect input control process by effect control board)
The normal effect input control process by the effect control board 102 will be described with reference to FIG.
サブCPU102aは、ステップS1540−1において、通常予告演出実行フラグがONされているか否かを判定する。サブCPU102aは、通常予告演出実行フラグがONされていると判定するとステップS1540−2に処理を移し、通常予告演出実行フラグがONされていないと判定すると本通常用演出入力制御処理を終了する。   In step S1540-1, the sub CPU 102a determines whether or not the normal notice effect execution flag is turned on. If the sub CPU 102a determines that the normal notice effect execution flag is ON, the process proceeds to step S1540-2, and if the sub CPU 102a determines that the normal notice effect execution flag is not ON, the normal effect input control process ends.
サブCPU102aは、ステップS1540−2において、演出ボタン18Aの操作があったか否かを判定する。サブCPU102aは、演出ボタン18Aの操作があったと判定するとステップS1540−3に処理を移し、演出ボタン18Aの操作がなかったと判定するとステップS1540−4に処理を移す。   In step S1540-2, the sub CPU 102a determines whether or not the effect button 18A has been operated. If the sub CPU 102a determines that there is an operation on the effect button 18A, it moves the process to step S1540-3, and if it determines that there is no operation on the effect button 18A, it moves the process to step S1540-4.
サブCPU102aは、ステップS1540−3において、現在実行されている操作演出を終了させるための操作演出強制終了コマンドをサブRAM102cの送信バッファにセットする。   In step S1540-3, the sub CPU 102a sets an operation effect forced end command for ending the currently executed operation effect in the transmission buffer of the sub RAM 102c.
なお、送信バッファにセットされた操作演出強制終了コマンドは、ステップS1700のデータ出力処理によってランプ制御基板104及び画像制御基板105に送信される。そして、ランプ制御基板104及び画像制御基板105は、操作演出強制終了コマンドを受信すると、即座に操作演出を終了させる。   The operation effect forced termination command set in the transmission buffer is transmitted to the lamp control board 104 and the image control board 105 by the data output processing in step S1700. When the lamp control board 104 and the image control board 105 receive the operation effect forced end command, the lamp control board 104 and the image control board 105 immediately end the operation effect.
サブCPU102aは、ステップS1540−4において、操作有効期間タイマカウンタを確認して、操作有効期間の残り時間=0か否か、すなわち、当該操作有効期間が終了であるか否かを判定する。サブCPU102aは、操作有効期間が終了ではないと判定すると本通常用演出入力制御処理を終了し、操作有効期間が終了であると判定するとステップS1540−5に処理を移す。   In step S1540-4, the sub CPU 102a checks the operation effective period timer counter to determine whether or not the remaining time of the operation effective period = 0, that is, whether or not the operation effective period has ended. If the sub CPU 102a determines that the operation effective period is not the end, the sub CPU 102a ends the normal effect input control process. If the sub CPU 102a determines that the operation effective period is the end, the process proceeds to step S1540-5.
サブCPU102aは、ステップS1540−5において、通常予告演出制御コマンドをサブRAM102cの送信バッファにセットする。送信バッファにセットされた通常予告演出制御コマンドは、ステップS1700のデータ出力処理によってランプ制御基板104及び画像制御基板105に送信される。そして、ランプ制御基板104及び画像制御基板105は、通常予告演出制御コマンドを受信すると、当該コマンドが示す演出内容の通常予告示唆演出を実行する。   In step S1540-5, the sub CPU 102a sets a normal notice effect control command in the transmission buffer of the sub RAM 102c. The normal notice effect control command set in the transmission buffer is transmitted to the lamp control board 104 and the image control board 105 by the data output processing in step S1700. When the lamp control board 104 and the image control board 105 receive the normal notice effect control command, the lamp control board 104 and the image control board 105 execute the normal notice suggestion effect of the effect content indicated by the command.
サブCPU102aは、ステップS1540−6において、通常予告演出実行フラグをOFFし、ステップS1540−7において、操作有効期間中フラグをOFFする。   In step S1540-6, the sub CPU 102a turns off the normal notice effect execution flag, and in step S1540-7, turns off the operation valid period flag.
(自販機予告)
次に、図58〜図61を用いて自販機予告について説明する。自販機予告は、上述したようなリーチ期待度や大当たり期待度などの複数の遊技情報項目を遊技者が選択可能に(任意に特定可能に)提示し、遊技者が任意に特定(選択)した遊技情報項目について遊技者に報知する演出である。本実施形態では、自販機予告は、演出図柄の変動表示(変動演出)が開始してから1秒経過時に開始される。
(Vending machine notice)
Next, the vending machine notice will be described with reference to FIGS. The vending machine notice presents a plurality of game information items such as the reach expectation degree and the jackpot expectation degree as described above so that the player can select (optionally specify) and the player arbitrarily specifies (selects) the game This is an effect of informing the player about the information item. In the present embodiment, the vending machine notice is started when one second has elapsed since the start of the change display of the effect symbol (the change effect).
例えば、図58(a)、図58(b)に示すように、演出図柄TZ1〜TZ3の変動表示が開始してから1秒経過すると、図58(c)に示すように、缶ジュースの自動販売機の全体像を表した自販機画像G1が表示部140に出現して自販機予告の開始が示唆される。そして、図59(a)に示すように、自販機画像G1がクローズアップされて、遊技情報項目画像G11〜G13及び遊技情報項目選択画像G21〜G23並びに第1カーソル画像G24が表示される。さらに、「知りたい情報を選んで下さい」と遊技情報項目が遊技者が選択可能に(任意に特定可能に)提示されていることを示唆(案内)するフレーズが表示される。   For example, as shown in FIG. 58 (a) and FIG. 58 (b), when 1 second has elapsed from the start of the change display of the production symbols TZ1 to TZ3, as shown in FIG. A vending machine image G1 representing the entire image of the vending machine appears on the display unit 140, suggesting the start of the vending machine notice. Then, as shown in FIG. 59 (a), the vending machine image G1 is closed up, and game information item images G11 to G13, game information item selection images G21 to G23, and a first cursor image G24 are displayed. Further, a phrase suggesting (guidance) that the game information item “select the information you want to know” is presented so that the player can select (optionally specify) is displayed.
本実施形態では、遊技情報項目画像G11〜G13が表す缶ジュースのラベル部分が遊技情報項目となっている(図59(a)〜図59(c)において、「リーチ期待度」、「擬似連回数」、「ノイズチャンス期待度」)。よって、図59(a)の例では、遊技情報項目として、リーチ期待度、擬似連回数、及び、ノイズチャンス期待度が遊技者が選択可能に(任意に特定可能に)提示されたこととなる。   In the present embodiment, the label portion of the can juice represented by the game information item images G11 to G13 is the game information item (in FIGS. 59A to 59C, “reach expectation”, “pseudo-continuous”). Number of times "," noise chance expectation "). Therefore, in the example of FIG. 59 (a), the reach expectation, the number of pseudo-continuations, and the noise chance expectation are presented as selectable (optionally specified) by the player as game information items. .
また、図59(a)は自販機予告が開始された直後の様子を表しているが、本実施形態では、第1カーソル画像G24は毎回必ず最初は左側の表示位置(左側遊技情報項目画像G21)に表示されるようになっている。すなわち、第1カーソル画像G24の初期位置は左側の表示位置に設定されている。当該情報は、ステップS1315−8でセットされる自販機予告制御コマンドに含まれている。   Further, FIG. 59A shows a state immediately after the vending machine notice is started, but in the present embodiment, the first cursor image G24 is always displayed first on the left side every time (left game information item image G21). Is displayed. That is, the initial position of the first cursor image G24 is set to the left display position. This information is included in the vending machine notice control command set in step S1315-8.
また、自販機画像G1がクローズアップされると、演出ボタン18A及び選択ボタン19Aの操作が可能な操作有効期間が設定される。ここで、遊技情報項目を選択する操作を指示する選択ボタン操作演出として、選択ボタン操作指示画像G02が表示されると共に、遊技情報項目を決定(特定)する操作を指示する演出ボタン操作演出として、演出ボタン操作指示画像G01が表示される。なお、演出ボタン操作指示画像G01には、操作有効期間の残り時間が表示される(図59(a)〜図59(c)において、演出ボタンの下に表示されているプログレスバー)。   Further, when the vending machine image G1 is closed up, an operation valid period during which the effect button 18A and the selection button 19A can be operated is set. Here, the selection button operation instruction image G02 is displayed as a selection button operation effect for instructing an operation for selecting a game information item, and as an effect button operation effect for instructing an operation for determining (specifying) a game information item, An effect button operation instruction image G01 is displayed. In addition, the remaining time of the operation effective period is displayed in the effect button operation instruction image G01 (a progress bar displayed below the effect button in FIGS. 59A to 59C).
そして、例えば、図59(a)〜図59(c)に示すように、遊技者が右ボタン194Aの操作によって第1カーソル画像G24を移動させた結果、「リーチ期待度」を選択したとすると、図60(a)に示すように、報知する遊技情報項目が「リーチ期待度」に確定したことを示す演出(遊技情報項目確定演出)が実行された後に、図60(b−1)又は図60(b−2)に示すように、現在実行されている演出図柄の変動表示においてリーチが成立する期待度であるリーチ期待度を表す表示結果画像H1、H2が表示される。この表示結果画像H1、H2の表示によって、決定された遊技情報項目について遊技者に報知されたこととなる。   For example, as shown in FIGS. 59 (a) to 59 (c), it is assumed that the player selects “reach expectation” as a result of moving the first cursor image G24 by operating the right button 194A. As shown in FIG. 60 (a), after an effect (game information item finalizing effect) indicating that the game information item to be notified is determined as “reach expectation” is executed, FIG. 60 (b-1) or As shown in FIG. 60 (b-2), display result images H1 and H2 representing the reach expectation level, which is the expectation level at which the reach is established in the currently executed presentation symbol variation display, are displayed. By displaying the display result images H1 and H2, the player is notified of the determined game information item.
ここで、表示結果画像H1、H2で表されるリーチ期待度の値は、ステップS1510−10の結果表示パターン判定で決定される。本実施形態では、報知されるリーチ期待度として、「5%」、「20%」、「50%」、「70%」及び「99%」が設定されている。結果表示パターン判定では、特図抽選結果に基づいて表示されるリーチ期待度(結果表示パターン)が決定されるので、遊技者は、表示されるリーチ期待度によって、リーチ期待度を認識することができる。   Here, the value of the reach expectation represented by the display result images H1 and H2 is determined by the result display pattern determination in step S1510-10. In the present embodiment, “5%”, “20%”, “50%”, “70%”, and “99%” are set as the expected reach degrees to be notified. In the result display pattern determination, since the reach expectation level (result display pattern) displayed based on the special drawing lottery result is determined, the player may recognize the reach expectation level based on the displayed reach expectation level. it can.
なお、図60(c−1)は、例えば、リーチ期待度「5%」の表示結果画像H1が表示された後に、ハズレを示す演出図柄の停止表示が行われた例であり、図60(c−2)では、リーチ期待度「50%」の表示結果画像H2が表示された後に、リーチが成立している。しかしながら、これらの演出上の展開は一例であって、演出上の展開はこれに限られない。例えば、リーチ期待度「5%」と表示された後にリーチが成立し、また、リーチ期待度「50%」と表示された後にハズレを示す演出図柄の停止表示が行われるようにすることも可能である。   In addition, FIG. 60C-1 is an example in which, for example, the display of the effect symbol indicating the loss is performed after the display result image H1 of the reach expectation “5%” is displayed. In c-2), the reach is established after the display result image H2 of the reach expectation degree “50%” is displayed. However, these developments in production are examples, and development in production is not limited to this. For example, the reach is established after the reach expectation level “5%” is displayed, and the display of the effect design indicating the loss is performed after the reach expectation level “50%” is displayed. It is.
また、図61は、遊技者が右ボタン194Aの操作によって第1カーソル画像G24を移動させた結果、「ノイズチャンス期待度」を選択した場合の流れであり、基本的には、図60で示すリーチ期待度が選択された場合と同様である。なお、図61(c−2)は、表示部140にノイズ画像が表示され、ノイズチャンスが開始されたことを示唆している様子を表した図である。   FIG. 61 shows the flow when the player selects “Noise chance expectation” as a result of moving the first cursor image G24 by operating the right button 194A, and is basically shown in FIG. This is the same as when reach expectation is selected. FIG. 61 (c-2) is a diagram showing a state in which a noise image is displayed on the display unit 140 and suggests that a noise chance has started.
ところで、自販機予告で提示される遊技情報項目は、図59(a)〜図59(c)に示される「リーチ期待度」、「擬似連回数」及び「ノイズチャンス期待度」に限られない。本実施形態では、図49に示すように、他の遊技情報項目も設定されている。本実施形態では、自販機予告で提示され得る遊技情報項目として、リーチ期待度、擬似連回数、SPリーチ期待度、SPSPリーチ期待度、ノイズチャレンジ、保留内期待度、及び、大当たり期待度が設定されている。1回の自販機予告においては、これら7つの遊技情報項目のうち、予め設定された組み合わせによって3つの遊技情報項目が提示可能となっている。そして、遊技者は、遊技情報項目を選択することで、自身が知りたい遊技情報を知ることができるので、遊技者の遊技への参加意欲を向上させ、遊技の興趣を向上させることができる。   By the way, the game information items presented in the vending machine notice are not limited to “reach expectation”, “number of pseudo-reams”, and “noise chance expectation” shown in FIGS. 59 (a) to 59 (c). In this embodiment, as shown in FIG. 49, other game information items are also set. In this embodiment, reach expectation, pseudo-ream count, SP reach expectation, SPSP reach expectation, noise challenge, on-hold expectation, and jackpot expectation are set as game information items that can be presented in the vending machine notice. ing. In one vending machine notice, three game information items can be presented by a preset combination among these seven game information items. And since the player can know the game information he wants to know by selecting the game information item, the player's willingness to participate in the game can be improved and the interest of the game can be improved.
ここで、図49に示すように、自販機予告パターン1−1〜1−3、自販機予告パターン2−1〜2−3、自販機予告パターン3−1〜3−3、自販機予告パターン4−1〜4−3、自販機予告パターン5−1〜5−3、自販機予告パターン6−1〜6−3の各自販機予告パターンでは、提示する遊技情報項目の組み合わせは同一であるが、配列(表示位置)が異なる。上述の通り、本実施形態では、操作有効期間が設定される際に第1カーソル画像G24は、左側選択肢画像G21(左側の表示位置)に表示されるので、選択ボタン19Aの操作が行われない場合、左側の表示位置に表示される同一の遊技情報項目が選択され易くなる。しかしながら、本実施形態では、提示する遊技情報項目の組み合わせが同一であるが、配置が異なる自販機予告パターンを設けているので、自販機予告において選択ボタン19Aを操作しない遊技者に対しても様々な遊技情報項目について遊技者に報知して、自販機予告の演出効果の低下を防ぐことができる。よって、図58〜図61は、自販機予告パターン3−1に決定された場合の具体例を表しているが、仮に自販機予告パターン3−2又は自販機予告パターン3−3に決定されると、提示される遊技情報項目の種類は自販機予告パターン3−1の場合と同一であるが、各遊技情報項目が表示される表示位置(配置)が異なるので、自販機予告が開始された際に第1カーソル画像G24が表示される左側の表示位置に表示される遊技情報項目も異なる。   Here, as shown in FIG. 49, vending machine notice patterns 1-1 to 1-3, vending machine notice patterns 2-1 to 2-3, vending machine notice patterns 3-1 to 3-3, and vending machine notice patterns 4-1 to 3-1. 4-3, the vending machine notice patterns 5-1 to 5-3 and the vending machine notice patterns 6-1 to 6-3 have the same combination of game information items to be presented, but are arranged (display positions). Is different. As described above, in the present embodiment, when the operation effective period is set, the first cursor image G24 is displayed in the left option image G21 (left display position), and therefore the selection button 19A is not operated. In this case, the same game information item displayed at the left display position is easily selected. However, in the present embodiment, the combination of the game information items to be presented is the same, but a vending machine notice pattern having a different arrangement is provided, so that various games can be provided to a player who does not operate the selection button 19A in the vending machine notice. The information item can be notified to the player to prevent the effect of the vending machine notice effect from being lowered. Therefore, FIG. 58 to FIG. 61 show a specific example when the vending machine notice pattern 3-1 is determined. However, if the vending machine notice pattern 3-2 or the vending machine notice pattern 3-3 is determined, the presentation is performed. The types of game information items to be played are the same as in the case of the vending machine notice pattern 3-1, but since the display position (arrangement) where each game information item is displayed is different, the first cursor is displayed when the vending machine notice is started. The game information items displayed at the left display position where the image G24 is displayed are also different.
次に、自販機予告において選択ボタン19Aを操作しない遊技者に対しても様々な遊技情報項目について遊技者に報知して、自販機予告の演出効果の低下を防ぐことができる第2の実施形態について説明する。ここでは、第1の実施形態と異なる部分を中心に説明する。   Next, a description will be given of a second embodiment in which a player who does not operate the selection button 19A in the vending machine notice can be informed to the player about various game information items to prevent a reduction in the effect of the vending machine notice. To do. Here, the description will focus on parts that are different from the first embodiment.
第2の実施形態では、サブCPU102aが、ステップS1315−6において、上述の自販機予告パターン判定用乱数の他に、第1カーソル画像初期位置を判定するための第1カーソル画像初期位置判定用乱数に係る乱数カウンタが示す乱数値を取得し、ステップS1315−7おいて、自販機予告パターン判定の他に、取得した第1カーソル画像初期位置判定用乱数を第1カーソル画像初期位置判定テーブルに照合して第1カーソル画像初期位置を決定する第1カーソル画像初期位置判定を行う。なお、第1カーソル画像初期位置とは自販機予告開始時に第1カーソル画像G24を最初に表示する表示位置のことである。   In the second embodiment, in step S1315-6, the sub CPU 102a uses the first cursor image initial position determination random number for determining the first cursor image initial position in addition to the above-described vending machine notice pattern determination random number. The random number value indicated by the random number counter is acquired, and in step S1315-7, the acquired first cursor image initial position determination random number is collated with the first cursor image initial position determination table in addition to the vending machine notice pattern determination. First cursor image initial position determination for determining the first cursor image initial position is performed. The first cursor image initial position is a display position at which the first cursor image G24 is first displayed when the vending machine notice starts.
そして、サブCPU102aは、ステップS1315−8において、自販機予告パターン判定の結果と第1カーソル画像初期位置判定の結果とを含む自販機予告制御コマンドをサブRAM102cの送信バッファにセットし、ステップS1315−9において、自販機予告パターン判定の結果と第1カーソル画像初期位置判定の結果とを含む自販機予告データをサブRAM102cの自販機予告データ記憶領域にセットする。   In step S1315-8, the sub CPU 102a sets a vending machine notice control command including the result of the vending machine notice pattern determination and the result of the first cursor image initial position determination in the transmission buffer of the sub RAM 102c, and in step S1315-9. The vending machine notice data including the result of the vending machine notice pattern determination and the result of the first cursor image initial position determination is set in the vending machine notice data storage area of the sub RAM 102c.
図71(b)に示すように、第1カーソル画像初期位置判定テーブルは、大当たり判定結果によって分類されている。すなわち、第1カーソル画像初期位置判定テーブルは、ハズレ用の第1カーソル画像初期位置判定テーブルと大当たり用の第1カーソル画像初期位置判定テーブルとが設けられている。   As shown in FIG. 71 (b), the first cursor image initial position determination table is classified according to the jackpot determination result. In other words, the first cursor image initial position determination table includes a first cursor image initial position determination table for loss and a first cursor image initial position determination table for jackpot.
サブCPU102aは、ステップS1315−7の第1カーソル画像初期位置判定の際に、サブRAM102cに記憶されている演出図柄指定コマンドが示す特別図柄判定結果に含まれている大当たりか否かを確認して、該確認した内容に対応する第1カーソル画像初期位置判定テーブルを選択する。   When determining the initial position of the first cursor image in step S1315-7, the sub CPU 102a checks whether it is a big hit included in the special symbol determination result indicated by the effect symbol designation command stored in the sub RAM 102c. Then, the first cursor image initial position determination table corresponding to the confirmed content is selected.
各第1カーソル画像初期位置判定テーブルにおいては、複数の第1カーソル画像初期位置が、第1カーソル画像初期位置判定値に対応付けられて格納されており、例えば図71(b)に示すように、予め設定された判定値割合となるように第1カーソル画像初期位置判定値が第1カーソル画像初期位置に適宜に割り振られている。なお、第1カーソル画像初期位置として、左側の表示位置、中央の表示位置、及び、右側の表示位置が設けられている。   In each first cursor image initial position determination table, a plurality of first cursor image initial positions are stored in association with the first cursor image initial position determination value. For example, as shown in FIG. The first cursor image initial position determination value is appropriately assigned to the first cursor image initial position so as to have a predetermined determination value ratio. As the first cursor image initial position, a left display position, a central display position, and a right display position are provided.
第2の実施形態の自販機予告パターン判定では、図71(a)に示すように、第1の実施形態の場合と異なる自販機予告パターン判定テーブルを用いる。図71(a)に示す自販機予告パターン判定テーブルに含まれる遊技情報項目の組み合わせの種類は、図49の第1の実施形態における自販機予告パターン判定テーブルに含まれる遊技情報項目の組み合わせの種類と同一である。すなわち、第1の実施形態の自販機予告で提示される遊技情報項目の組み合わせと実施形態2の自販機予告で提示される遊技情報項目の組み合わせとは同一である。   In the vending machine notice pattern determination of the second embodiment, a vending machine notice pattern determination table different from that of the first embodiment is used as shown in FIG. The type of combination of game information items included in the vending machine notice pattern determination table shown in FIG. 71A is the same as the type of combination of game information items included in the vending machine notice pattern determination table in the first embodiment of FIG. It is. That is, the combination of the game information items presented in the vending machine notice of the first embodiment and the combination of the game information items presented in the vending machine notice of the second embodiment are the same.
しかしながら、図49の第1の実施形態における自販機予告パターン判定テーブルでは、各遊技情報項目の組み合わせに対して複数の配置を示す自販機予告パターンが設けられている(例えば、1−1〜1−3など)のに対して、図71(a)の自販機予告パターン判定テーブルでは、各遊技情報項目の組み合わせに対して1種類の配置を示す自販機予告パターンしか設けられていない。そこで、第1カーソル画像初期位置判定によって、複数の第1カーソル画像初期位置の中から1つの第1カーソル画像初期位置を選択することで、自販機予告開始時に第1カーソル画像G24が最初に表示される表示位置が、左側の表示位置、中央の表示位置、及び、右側の表示位置の中の何れにもなる可能性があるようにしている。この結果、実施形態1において、自販機予告開始時に第1カーソル画像G24によって選択され得る遊技情報項目と、実施形態2において、自販機予告開始時に第1カーソル画像G24によって選択され得る遊技情報項目とは同一になる。   However, in the vending machine notice pattern determination table in the first embodiment of FIG. 49, vending machine notice patterns indicating a plurality of arrangements are provided for combinations of game information items (for example, 1-1 to 1-3). In contrast, in the vending machine notice pattern determination table of FIG. 71 (a), only a vending machine notice pattern indicating one type of arrangement is provided for each combination of game information items. Therefore, by selecting one first cursor image initial position from among the plurality of first cursor image initial positions by the first cursor image initial position determination, the first cursor image G24 is displayed first when the vending machine notice starts. The display position may be any of the left display position, the center display position, and the right display position. As a result, the game information item that can be selected by the first cursor image G24 at the start of the vending machine notice in Embodiment 1 and the game information item that can be selected by the first cursor image G24 at the start of the notice of vending machine in Embodiment 2 are the same. become.
例えば、ステップS1315−7における自販機予告パターン判定で、自販機パターン1に決定された場合、ここで第1カーソル画像初期位置判定で左側の表示位置に決定されると図72(d−1)に示すように、自販機予告開始時に第1カーソル画像G24によって最初にリーチ期待度が選択されている状態となる。同様に、第1カーソル画像初期位置判定で中央の表示位置に決定されると図72(d−2)に示すように、自販機予告開始時に第1カーソル画像G24によって最初に擬似連回数が選択されている状態となる。一方、第1カーソル画像初期位置判定で右側の表示位置に決定されると図72(d−3)に示すように、自販機予告開始時に第1カーソル画像G24によって最初にノイズチャンス期待度が選択されている状態となる。これらの、図72(d−1)〜図72(d−3)の状況は、自販機予告開始時に第1カーソル画像G24によって何れの遊技情報項目が選択されている状態であるかという観点においては、第1の実施形態におけるステップS1315−7の自販機予告パターン判定で、自販機予告パターン3−1〜3−3に決定された場合と同じである。   For example, when the vending machine notice pattern determination in step S1315-7 determines the vending machine pattern 1, if the first cursor image initial position determination determines the left display position, it is shown in FIG. 72 (d-1). In this way, the reach expectation level is initially selected by the first cursor image G24 at the start of the vending machine notice. Similarly, when the center display position is determined in the first cursor image initial position determination, as shown in FIG. 72 (d-2), the number of pseudo consecutive times is first selected by the first cursor image G24 at the start of the vending machine notice. It will be in the state. On the other hand, when the display position on the right side is determined in the first cursor image initial position determination, as shown in FIG. 72 (d-3), the noise chance expectation degree is first selected by the first cursor image G24 at the start of the vending machine notice. It will be in the state. 72 (d-1) to 72 (d-3) in terms of which game information item is selected by the first cursor image G24 at the start of the vending machine notice. This is the same as when the vending machine notice pattern 3-1 to 3-3 is determined in the vending machine notice pattern determination in step S1315-7 in the first embodiment.
なお、第2の実施形態でも、第1の実施形態の場合と同様に自販機予告用演出入力制御処理を行うものとする。   In the second embodiment, the vending machine announcement effect input control process is performed in the same manner as in the first embodiment.
次に、遊技情報項目を遊技者に選択可能に提示し、遊技者が選択した遊技情報項目を遊技者に報知する別の実施形態(第3の実施形態)について説明する。ここでは、第1の実施形態及び第2の実施形態と異なる部分を中心に説明する。   Next, another embodiment (third embodiment) in which game information items are presented to the player in a selectable manner and the game information item selected by the player is notified to the player will be described. Here, a description will be given focusing on differences from the first embodiment and the second embodiment.
第3の実施形態では、遊技情報項目を遊技者が選択可能に(任意に特定可能に)提示し、遊技者が選択した遊技情報項目を遊技者に報知する予告演出の名称をスロット予告とする。特に、図34の予告判定処理、図37に示す操作有効期間設定処理、図49に示す自販機予告パターン判定テーブル及び図54〜図56に示す結果表示パターン判定テーブルにおける「自販機予告」を「スロット予告」に置き換える。なお、図38に示す演出入力制御処理、図39に示す自販機予告用演出入力制御処理は、後述するように図75に示すスロット予告用演出入力制御処理に置き換わる。   In the third embodiment, the player presents game information items so that the player can select them (can be arbitrarily specified), and the slot announcement is the name of the notice effect that informs the player of the game information items selected by the player. . In particular, the “vending machine notice” in the notice determination process of FIG. 34, the operation valid period setting process shown in FIG. 37, the vending machine notice pattern judgment table shown in FIG. 49, and the result display pattern judgment table shown in FIGS. Replace with Note that the effect input control process shown in FIG. 38 and the effect input control process for vending machine notice shown in FIG. 39 are replaced with the effect input control process for slot notice shown in FIG. 75 as described later.
スロット予告は、演出図柄の変動表示(変動演出)が開始してから1秒経過時に開始される。例えば、図73(a)〜図73(b)に示すように、演出図柄TZ1〜TZ3の変動表示が開始してから1秒経過すると、図73(c)に示すように、スロットマシンの全体像を表したスロット画像Sが表示部140に出現してスロット予告の開始が示唆される。そして、例えば、図73(d−1)に示すように、スロット画像Sがクローズアップされる。ここで、スロット画像Sの所定の表示位置に配置された所定の窓枠部W1から、複数の遊技情報項目が付されているリール画像G5が見えるようになっている。スロット画像Sを構成する所定の液晶表示部W2には、「リールを回して知りたい情報を選んで下さい」と遊技情報項目が遊技者が選択可能に(任意に特定可能に)提示されていることを示唆(案内)するフレーズが表示されている。なお、所定の表示位置に表示されている窓枠部W1からは、1つの遊技情報項目のみが表示されており、該表示されている遊技情報項目が現在選択されている遊技情報項目となる。   The slot notice is started when 1 second has elapsed since the start of the change display (change effect) of the effect symbol. For example, as shown in FIGS. 73 (a) to 73 (b), when 1 second has elapsed since the start of the variation display of the production symbols TZ1 to TZ3, as shown in FIG. 73 (c), the entire slot machine The slot image S representing the image appears on the display unit 140, suggesting the start of the slot notice. Then, for example, as shown in FIG. 73 (d-1), the slot image S is closed up. Here, from a predetermined window frame portion W1 arranged at a predetermined display position of the slot image S, a reel image G5 to which a plurality of game information items are attached can be seen. On a predetermined liquid crystal display portion W2 constituting the slot image S, a game information item “select the information you want to know by turning the reel” is presented so that the player can select (optionally specify). A phrase suggesting (guidance) is displayed. Note that only one game information item is displayed from the window frame portion W1 displayed at the predetermined display position, and the displayed game information item becomes the currently selected game information item.
ここで、複数の遊技情報項目が配置されているリール画像G5について説明する。リール画像G5は、スロットマシンで用いられる所謂「リール」を模しており、図74に示すように、複数の遊技情報項目が配置されている。第3の実施形態でも、第1の実施形態及び第2の実施形態と同様に、遊技情報項目として、リーチ期待度、擬似連回数、SPリーチ期待度、SPSPリーチ期待度、ノイズチャンス期待度、保留内期待度及び大当たり期待度が設定されている。なお、第3の実施形態においては、リール画像G5に配置される遊技情報項目の配置パターンは、図74に示す1種類のみが設定されている。   Here, the reel image G5 on which a plurality of game information items are arranged will be described. The reel image G5 imitates a so-called “reel” used in a slot machine, and a plurality of game information items are arranged as shown in FIG. Also in the third embodiment, as in the first embodiment and the second embodiment, as game information items, reach expectation, pseudo-continuous number, SP reach expectation, SPSP reach expectation, noise chance expectation, On-hold expectation and jackpot expectation are set. In the third embodiment, only one type of game information item arrangement pattern arranged in the reel image G5 is set as shown in FIG.
また、リール画像G5に配置された各遊技情報項目に対して、リール画像G5内における配置を示す識別情報としてリール画像内位置データが設けられている。リーチ期待度にはリール画像内位置データ「1」、擬似連回数にはリール画像内位置データ「2」、SPリーチ期待度にはリール画像内位置データ「3」、SPSPリーチ期待度にはリール画像内位置データ「4」、ノイズチャンス期待度にはリール画像内位置データ「5」、保留内期待度にはリール画像内位置データ「6」、大当たり期待度にはリール画像内位置データ「7」がそれぞれ割り当てられている。   In addition, in-reel image position data is provided as identification information indicating the arrangement in the reel image G5 for each game information item arranged in the reel image G5. Reel image position data “1” for reach expectation, reel image position data “2” for quasi-continuous times, reel image position data “3” for SP reach expectation, reel for SPSP reach expectation In-image position data “4”, in-reel image position data “5” for noise chance expectation, in-reel image position data “6” for on-hold expectation, and in-reel image position data “7” for big hit expectation "Is assigned to each.
そして、窓枠部W1から表示させる遊技情報項目に係るリール画像内位置データは、サブRAM102cに設けられたリール画像表示位置データカウンタ(C3)によって記憶されている。   The reel image position data related to the game information items to be displayed from the window frame portion W1 is stored in a reel image display position data counter (C3) provided in the sub RAM 102c.
第3の実施形態において、サブCPU102aは、ステップS1315−6において、リール画像G5に配置された遊技情報項目の中でスロット予告が開始されて最初に窓枠部W1から表示させるもの(以下、「リール画像初期位置」という)を判定するためのリール画像初期位置判定用乱数に係る乱数カウンタが示す乱数値を取得し、ステップS1315−7おいて、取得したリール画像初期位置判定用乱数をリール画像初期位置判定テーブルに照合してリール画像初期位置を決定するリール画像初期位置判定を行う。   In the third embodiment, in step S1315-6, the sub CPU 102a first displays a slot frame notice among the game information items arranged in the reel image G5 and displays it from the window frame portion W1 (hereinafter, “ The random number indicated by the random number counter related to the reel image initial position determination random number for determining the reel image initial position ”is determined, and in step S1315-7, the acquired reel image initial position determination random number is used as the reel image. Reel image initial position determination is performed to determine the initial position of the reel image by collating with the initial position determination table.
そして、サブCPU102aは、ステップS1315−8において、リール画像初期位置判定の結果を含むスロット予告制御コマンドをサブRAM102cの送信バッファにセットし、ステップS1315−9において、リール画像初期位置判定の結果を含むスロット予告データをサブRAM102cのスロット予告データ記憶領域にセットする。   In step S1315-8, the sub CPU 102a sets a slot notice control command including the reel image initial position determination result in the transmission buffer of the sub RAM 102c. In step S1315-9, the sub CPU 102a includes the reel image initial position determination result. Slot notice data is set in the slot notice data storage area of the sub RAM 102c.
図71(c)に示すようにリール画像初期位置判定テーブルは、大当たり判定結果によって分類されている。すなわち、リール画像初期位置判定テーブルは、ハズレ用のリール画像初期位置判定テーブルと大当たり用のリール画像初期位置判定テーブルとが設けられている。   As shown in FIG. 71 (c), the reel image initial position determination table is classified according to the jackpot determination result. That is, the reel image initial position determination table includes a reel image initial position determination table for loss and a reel image initial position determination table for jackpot.
サブCPU102aは、ステップS1315−7のリール画像初期位置判定の際に、サブRAM102cに記憶されている演出図柄指定コマンドが示す特別図柄判定結果に含まれている大当たりか否かを確認して、該確認した内容に対応するリール画像初期位置判定テーブルを選択する。   When determining the reel image initial position in step S1315-7, the sub CPU 102a checks whether or not it is a big hit included in the special symbol determination result indicated by the effect symbol designation command stored in the sub RAM 102c. A reel image initial position determination table corresponding to the confirmed content is selected.
各リール画像初期位置判定テーブルにおいては、複数のリール画像初期位置が、リール画像初期位置判定値に対応付けられて格納されており、例えば図71(c)に示すように、予め設定されたリール画像初期位置判定値割合となるようにリール画像初期位置判定値がリール画像初期位置に適宜に割り振られている。なお、リール画像初期位置は、リーチ期待度、擬似連回数、SPリーチ期待度、SPSPリーチ期待度、ノイズチャンス期待度、保留内期待度及び大当たり期待度に係るリール画像内位置データで表されている。なお、リール画像初期位置判定が行われると、決定されたリール画像内位置データがリール画像表示位置データカウンタ(C3)にセットされる。   In each reel image initial position determination table, a plurality of reel image initial positions are stored in association with the reel image initial position determination value. For example, as shown in FIG. The reel image initial position determination value is appropriately assigned to the reel image initial position so as to be the image initial position determination value ratio. The reel image initial position is represented by the position data in the reel image related to the reach expectation level, the number of pseudo-reams, the SP reach expectation level, the SPSP reach expectation level, the noise chance expectation level, the on-hold expectation level and the jackpot expectation level. Yes. When the reel image initial position determination is performed, the determined reel image position data is set in the reel image display position data counter (C3).
よって、例えば、リール画像初期位置判定でリール画像初期位置としてリール画像内位置データ「1」に決定されると図73(d−1)に示すように、スロット予告開始時に最初に窓枠部W1に「リーチ期待度」が表示される。また、リール画像初期位置判定でリール画像初期位置としてリール画像内位置データ「6」に決定されると図73(d−2)に示すように、スロット予告開始時に最初に窓枠部W1に「保留内期待度」が表示される。   Therefore, for example, when the reel image initial position is determined to be the reel image position data “1” as the reel image initial position in the reel image initial position determination, as shown in FIG. "Reach expectation" is displayed. If the reel image initial position is determined to be the reel image position data “6” as the reel image initial position in the determination of the reel image initial position, as shown in FIG. “Holding Expectation” is displayed.
また、自販機予告に係るステップS1510の自販機予告用演出入力制御処理に対応する処理として、図75に示すスロット予告入力制御処理が行われる。窓枠部W1に表示される遊技情報項目は、第1の実施形態及び第2の実施形態と異なって上ボタン191A及び下ボタン193Aの操作によって、リール画像G5の遊技情報項目の配列に従って変更させることができる。なお、左ボタン192A及び右ボタン194Aの操作は無効に設定されている。   Further, the slot notice input control process shown in FIG. 75 is performed as a process corresponding to the vending machine notice effect input control process in step S1510 related to the vending machine notice. Unlike the first and second embodiments, the game information items displayed on the window frame W1 are changed according to the arrangement of the game information items on the reel image G5 by operating the upper button 191A and the lower button 193A. be able to. The operation of the left button 192A and the right button 194A is set to be invalid.
よって、サブCPU102aは、ステップS1510−2で、上ボタン191A又は下ボタン193Aが操作されたか否かを判定する。サブCPU102aは、ステップS1510−2で上ボタン191Aが操作されたと判定されると、サブCPU102aは、ステップS1510−4でリール画像表示位置データカウンタのカウンタ値を「1」加算する一方、下ボタン193Aが操作されたと判定されると、ステップS1510−4でリール画像表示位置データカウンタのカウンタ値を「1」減算する。   Therefore, the sub CPU 102a determines whether the upper button 191A or the lower button 193A is operated in step S1510-2. If it is determined in step S1510-2 that the upper button 191A has been operated, the sub CPU 102a adds “1” to the counter value of the reel image display position data counter in step S1510-4, while the lower button 193A. If it is determined that is operated, the counter value of the reel image display position data counter is decremented by “1” in step S1510-4.
なお、リール画像表示位置データカウンタのカウンタ値が「1」のときに、下ボタン193Aが操作されたと判定されると、リール画像表示位置データカウンタのカウンタ値は「7」となる一方、リール画像表示位置データカウンタのカウンタ値が「7」のときに、上ボタン191Aが操作されたと判定されると、リール画像表示位置データカウンタのカウンタ値は「1」となる。   If it is determined that the down button 193A is operated when the counter value of the reel image display position data counter is “1”, the counter value of the reel image display position data counter is “7”, while the reel image display position data counter is “7”. If it is determined that the upper button 191A is operated when the counter value of the display position data counter is “7”, the counter value of the reel image display position data counter is “1”.
よって、上ボタン191Aを操作する度に、図74に示すリール画像G5に配列されたリーチ期待度から大当たり期待度へ向けた順序で、窓枠部W1に表示される遊技情報項目が1つずつ変更されていく。一方、下ボタン193Aを操作する度に、図74に示すリール画像G5に配列された大当たり期待度からリーチ期待度へ向けた順序で、窓枠部W1に表示される遊技情報項目が1つずつ変更されていく。   Therefore, each time the up button 191A is operated, the game information items displayed on the window frame portion W1 are one by one in the order from the reach expectation degree arranged in the reel image G5 shown in FIG. 74 to the big hit expectation degree. It will be changed. On the other hand, each time the down button 193A is operated, one game information item is displayed on the window frame portion W1 in the order from the jackpot expectation degree to the reach expectation degree arranged in the reel image G5 shown in FIG. It will be changed.
なお、窓枠部W1にリーチ期待度が表示されているときに、下ボタン193Aが操作されると、窓枠部W1には大当たり期待度が表示され、大当たり期待度が選択されている状態となる。一方、窓枠部W1に大当たり期待度が表示されているときに、上ボタン191Aが操作されると、窓枠部W1にはリーチ期待度が表示され、リーチ期待度が選択されている状態となる。   In addition, when the reach expectation is displayed on the window frame W1, when the down button 193A is operated, the jackpot expectation is displayed on the window frame W1 and the jackpot expectation is selected. Become. On the other hand, when the big hit expectation is displayed on the window frame W1, when the up button 191A is operated, the reach expectation is displayed on the window frame W1, and the reach expectation is selected. Become.
よって、例えば、図73(d−1)に示すように、窓枠部W1に「リーチ期待度」が表示されているときに上ボタン191Aが操作されると、図73(e−1)に示すように、窓枠部W1に「擬似連回数」が表示される。また、窓枠部W1に「リーチ期待度」が表示されているときに下ボタン193Aが操作されると、図73(e−2)に示すように、窓枠部W1に「大当たり期待度」が表示される。   Therefore, for example, as shown in FIG. 73 (d-1), when the up button 191A is operated while “reach expectation” is displayed on the window frame portion W1, the screen shown in FIG. 73 (e-1) is displayed. As shown, “number of pseudo continuous operations” is displayed in the window frame portion W1. Further, when the down button 193A is operated while the “reach expectation” is displayed on the window frame W1, as shown in FIG. 73 (e-2), the “big hit expectation” is displayed on the window frame W1. Is displayed.
第3の実施形態においては、リール画像G5に配置された遊技情報項目の配置パターンは1種類であるが、スロット予告が開始されてから最初に窓枠部W1に表示される遊技情報項目を複数の中から選択するので、選択ボタン19Aを操作しない遊技者に対しても様々な遊技情報項目について遊技者に報知して、スロット予告の演出効果の低下を防ぐことができる。   In the third embodiment, the arrangement pattern of the game information items arranged on the reel image G5 is one type, but a plurality of game information items displayed on the window frame portion W1 first after the slot notice is started. Therefore, a player who does not operate the selection button 19A can be notified of various game information items to the player, thereby preventing a reduction in the effect of slot notice.
以上、複数の遊技情報項目を遊技者が選択可能に提示し、遊技者に選択された遊技情報項目を遊技者に報知する予告演出として自販機予告及びスロット予告について説明したが、当該予告演出の実施形態は第1の実施形態〜第3の実施形態に限られない。   As described above, the vending machine notice and the slot notice have been described as the notice effect for presenting a plurality of game information items so that the player can select them and notifying the player of the game information items selected by the player. The form is not limited to the first to third embodiments.
自販機予告及びスロット予告(以下、「自販機予告など」という)において、提示される遊技情報項目の種類及び数は第1の実施形態〜第3の実施形態に限られない。リーチ期待度や大当たり期待度などの他に、特定の大当たりに当選する期待度や、特定の特図保留に係る事前判定結果が大当たりであることの期待度や、ノイズチャンスの他、突出予告などの特定の演出が実行される期待度、所謂保留変化する期待度や所謂先読みゾーン演出が実行される期待度など適宜に設定することができる。また、提示する遊技情報項目の組み合わせパターンや配置パターンも様々に適宜に設定することができる。また、遊技者に遊技情報項目を選択させる手段も選択ボタン19Aに限られない。   In the vending machine notice and the slot notice (hereinafter referred to as “vending machine notice”), the types and number of game information items presented are not limited to those in the first to third embodiments. In addition to reach expectation and jackpot expectation, expectation for winning a specific jackpot, expectation that the pre-determined result related to a specific special figure hold will be a big hit, noise chance, extra notice, etc. The degree of expectation that the specific effect is executed, the so-called hold-changing expectation degree, the expectation that the so-called prefetch zone effect is executed, and the like can be appropriately set. Also, various combinations and arrangement patterns of game information items to be presented can be set as appropriate. Further, the means for allowing the player to select a game information item is not limited to the selection button 19A.
(ノイズチャンス)
図62〜図66を用いてノイズチャンスについて説明する。
(Noise chance)
The noise chance will be described with reference to FIGS.
ノイズチャンスとは、所定の演出図柄でリーチが成立するか否かの演出(リーチ煽り演出)が行われ、当該リーチ煽り演出によってリーチが成立すると、当該成立したリーチに係る演出図柄が示唆する遊技利益より遊技者に有利な遊技利益を示唆する演出図柄でさらにリーチ煽り演出が実行される一方、リーチが失敗すると、演当該失敗したリーチに係る演出図柄が示唆する遊技利益より遊技者に不利な又は同等な遊技利益を示唆する演出図柄でさらにリーチ煽り演出が実行される予告演出である。   A noise chance is a game in which an effect (reach squeezing effect) indicating whether or not reach is established with a predetermined effect design, and when the reach is established by the reach squeak effect, the effect design related to the established reach is suggested. Reaching is performed with a design that suggests a game profit that is more advantageous to the player than the profit, but if the reach fails, the game is less disadvantageous than the game profit suggested by the production design related to the failed reach. Alternatively, it is a notice effect in which a reach production effect is further executed with an effect pattern suggesting an equivalent game profit.
次に、演出図柄について説明する。演出図柄の変動表示及び停止表示は特別図柄の変動表示及び停止表示に応じて実行される演出である。本実施形態において演出図柄には数字が対応付けられている。具体的には、1〜8の数字が対応付けられている。そして、演出図柄の停止表示において、所定の有効ライン上で3つの装飾図柄TZ1〜TZ3が同一の数字で揃うと大当たりとなる。以下において、大当たりで3つの装飾図柄TZ1〜TZ3が同一の数字で揃った場合の数字を大当たり演出図柄という(図44参照)。すなわち、大当たり演出図柄「1」〜大当たり演出図柄「8」が設定されている。また、特図変動パターンがリーチ有りハズレである場合の演出図柄の変動表示(変動演出)においては、いずれかの大当たり演出図柄でリーチが成立することとなるが、最終的にはハズレて、図44に示す演出図柄の停止表示内容の装飾図柄の組み合わせでハズレを示す演出図柄の停止表示が行われる。このリーチ有りハズレの場合にリーチが成立するときのリーチに係る演出図柄の数字を、大当たり演出図柄と区別して、ハズレリーチ演出図柄という(図44参照)。すなわち、ハズレリーチ演出図柄「1」〜ハズレリーチ演出図柄「8」が設定されている。   Next, production effects will be described. The effect symbol change display and stop display are effects executed according to the special symbol change display and stop display. In the present embodiment, the effect symbols are associated with numbers. Specifically, numbers 1 to 8 are associated. Then, in the stop display of the effect symbols, a big hit is made when the three decorative symbols TZ1 to TZ3 are aligned with the same number on a predetermined effective line. In the following, the numbers when the three decorative symbols TZ1 to TZ3 are aligned with the same number in the jackpot are referred to as jackpot effect symbols (see FIG. 44). That is, the jackpot effect symbol “1” to the jackpot effect symbol “8” are set. In addition, in the variation display of the effect symbol (variation effect) when the special figure variation pattern is reach with loss, the reach is established with any jackpot effect symbol. The stop display of the effect design which shows a loss is performed by the combination of the decoration design of the stop display content of the effect design shown in 44. In the case of the loss with reach, the number of the effect symbol related to reach when reach is established is referred to as the lose reach effect symbol in distinction from the jackpot effect symbol (see FIG. 44). That is, the lose reach production symbol “1” to the lose reach production symbol “8” are set.
また、大当たり演出図柄は、大当たりの種類にも対応付けられている。具体的には、大当たり演出図柄「3」、大当たり演出図柄「7」は大当たり1(確変長当たり)に対応付けられ、大当たり演出図柄「1」、大当たり演出図柄「5」は大当たり3(確変短当たり)に対応付けられ、大当たり演出図柄「2」、大当たり演出図柄「4」、大当たり演出図柄「6」、大当たり演出図柄「8」は大当たり2(通常長当たり)に対応付けられている。よって、大当たり演出図柄「3」、「7」による演出図柄の停止表示は大当たり1の当選を表し、大当たり演出図柄「1」、「5」による演出図柄の停止表示は大当たり3の当選を表し、大当たり演出図柄「2」、「4」、「6」、「8」による演出図柄の停止表示は大当たり2の当選を表している。   The jackpot effect symbol is also associated with a jackpot type. Specifically, the jackpot effect symbol “3” and the jackpot effect symbol “7” are associated with the jackpot effect 1 (per probable length), and the jackpot effect symbol “1” and the jackpot effect symbol “5” are the jackpot effect 3 (probability short). The jackpot effect symbol “2”, the jackpot effect symbol “4”, the jackpot effect symbol “6”, and the jackpot effect symbol “8” are associated with the jackpot 2 (normally per length). Therefore, the stop display of the effect symbol by the jackpot effect symbol “3”, “7” represents the winning of the jackpot 1 symbol, the stop display of the effect symbol by the jackpot effect symbol “1”, “5” represents the winning of the jackpot 3 symbol, The jackpot effect symbols “2”, “4”, “6”, and “8” indicate that the effect symbol is stopped and the jackpot 2 is won.
よって、演出図柄に係る数字には、遊技者に付与される遊技利益が関連付けられていると言える。本実施形態では、大当たり1に当選した場合に最も高い遊技利益が遊技者に付与されるので、最も高い遊技利益を示唆する演出図柄は演出図柄「3」及び演出図柄「7」となる。   Therefore, it can be said that the game profit given to the player is associated with the number related to the effect design. In the present embodiment, when the jackpot 1 is won, the highest game profit is given to the player, so the effect symbols that suggest the highest game profit are the effect symbol “3” and the effect symbol “7”.
次に、ノイズチャンスについて説明する。ノイズチャンスは、リーチ有りハズレ又は大当たりに係る変動演出において実行される。当該変動演出において自販機予告が実行されない場合は、演出図柄の変動表示が開始してから3秒経過時に開始され(図63(a)〜図63(c)参照)、当該変動演出において自販機予告が実行される場合は、自販機予告が終了してから1秒経過時に開始される(図69(c−2))。ノイズチャンスが開始されると図63(c)及び図69(c−2)に示すように、表示部140にノイズが発生し画面が乱れたような画像を表示することでノイズチャンスが開始されたことを示唆する。   Next, the noise chance will be described. The noise chance is executed in a fluctuating effect related to lost with reach or jackpot. If the notice of vending machine is not executed in the variation effect, it starts when three seconds have elapsed since the start of the variation display of the effect symbol (see FIGS. 63 (a) to 63 (c)). When it is executed, it is started when one second has elapsed after the vending machine notice ends (FIG. 69 (c-2)). When the noise chance is started, as shown in FIG. 63 (c) and FIG. 69 (c-2), the noise chance is started by displaying an image in which noise is generated on the display unit 140 and the screen is disturbed. I suggest that.
ここで、本実施形態におけるノイズチャンスの具体例を説明する。   Here, a specific example of the noise chance in the present embodiment will be described.
上述したように、ノイズチャンスが開始されたことが示唆されると、変動してした装飾図柄のうち2つの装飾図柄(左図柄TZ1、右図柄TZ3)が減速して、図63(a)に示すように、2つの装飾図柄「5」でリーチが成立するか否かのリーチ煽り演出が実行される。そして、図63(b)〜図63(c)に示すように、2つの装飾図柄「5」が仮停止して演出図柄「5」でリーチが成立した後に、2つの装飾図柄「5」が滑って当該リーチが解除され、図63(d)に示すように、当該リーチ成立に係る2つの装飾図柄「5」が再び変動する。   As described above, when it is suggested that the noise chance has started, two decorative symbols (the left symbol TZ1 and the right symbol TZ3) among the fluctuating decorative symbols are decelerated, as shown in FIG. As shown in the figure, reach reach effect is executed as to whether or not reach is established with two decorative symbols “5”. Then, as shown in FIGS. 63 (b) to 63 (c), after the two decorative symbols “5” temporarily stop and reach is established with the production symbol “5”, the two decorative symbols “5” are displayed. The reach is released by sliding, and as shown in FIG. 63 (d), the two decorative symbols “5” related to the establishment of the reach change again.
そして、2つの装飾図柄「5」が表示部140からなくなると、次に、図64(a)に示すように、2つの装飾図柄「7」が減速状態で出現して、当該2つの装飾図柄「7」でリーチが成立するか否かのリーチ煽り演出が実行される。そして、図64(b−1)〜図64(c−1)に示すように、2つの装飾図柄「7」が仮停止して演出図柄「7」でリーチが成立し、リーチが確定して、SPリーチへと発展していく。なお、リーチが確定した後に発展する演出はSPリーチに限られない。さらには、リーチが確定した後に、SPリーチ等のリーチ演出へ発展することなく大当たりを示す演出図柄の停止表示が行われるようにすることもできる。   When the two decorative symbols “5” disappear from the display unit 140, next, as shown in FIG. 64A, the two decorative symbols “7” appear in a decelerating state, and the two decorative symbols are displayed. A reach roll effect is executed as to whether or not reach is established at “7”. Then, as shown in FIGS. 64 (b-1) to 64 (c-1), the two decorative symbols “7” temporarily stop, reach is established at the effect symbol “7”, and the reach is confirmed. , Develop into SP reach. The effects that develop after the reach is determined are not limited to SP reach. Furthermore, after the reach is determined, the stop display of the effect symbol indicating the jackpot can be performed without developing into a reach effect such as SP reach.
次に、ノイズチャンスの別の例について説明する。   Next, another example of the noise chance will be described.
上述したように、ノイズチャンスが開始されたことが示唆されると、図65(a)に示すように、変動してした装飾図柄のうち2つの装飾図柄(左図柄TZ1、右図柄TZ3)が減速して、2つの装飾図柄「5」でリーチが成立するか否かのリーチ煽り演出が実行される。そして、図65(b)に示すように、2つの装飾図柄「5」が仮停止できずに演出図柄「5」でリーチが失敗し、2つの装飾図柄「5」が滑って再び変動する。   As described above, when it is suggested that the noise chance has started, as shown in FIG. 65A, two decorative symbols (left symbol TZ1, right symbol TZ3) out of the varied ornament symbols are displayed. Deceleration is performed, and reach reach effect is executed as to whether or not reach is established with the two decorative symbols “5”. Then, as shown in FIG. 65B, the two decorative symbols “5” cannot be temporarily stopped, the reach fails at the effect symbol “5”, and the two decorative symbols “5” slip and change again.
そして、2つの装飾図柄「5」が表示部140からなくなると、次に、図65(c)に示すように、2つの装飾図柄「2」が減速状態で出現して、当該2つの装飾図柄「2」でリーチが成立するか否かのリーチ煽り演出が実行されて、図65(d−1)に示すように、2つの装飾図柄「2」が仮停止して演出図柄「2」でリーチが成立し、リーチが確定して、例えばSPリーチへと発展していく。なお、リーチが確定した後に発展する演出はSPリーチに限られない。さらには、リーチが確定した後に、SPリーチ等のリーチ演出へ発展することなく大当たりを示す演出図柄の停止表示が行われるようにすることもできる。   When the two decorative symbols “5” disappear from the display unit 140, then, as shown in FIG. 65C, the two decorative symbols “2” appear in a decelerating state, and the two decorative symbols are displayed. As shown in FIG. 65 (d-1), a reach roll effect is performed to determine whether or not reach is established at “2”, and the two decorative symbols “2” are temporarily stopped and the effect symbol “2” is displayed. Reach is established, reach is determined, and develops into SP reach, for example. The effects that develop after the reach is determined are not limited to SP reach. Furthermore, after the reach is determined, the stop display of the effect symbol indicating the jackpot can be performed without developing into a reach effect such as SP reach.
上述したように、ノイズチャンスが開始されたことが示唆されると、図66(a)に示すように、変動してした装飾図柄のうち2つの装飾図柄(左図柄TZ1、右図柄TZ3)が減速して、2つの装飾図柄「7」でリーチが成立するか否かのリーチ煽り演出が実行される。そして、図66(b)に示すように、2つの装飾図柄「7」が仮停止できずに演出図柄「7」でのリーチが失敗し、2つの装飾図柄「7」が滑って再び変動する。   As described above, when it is suggested that the noise chance has started, as shown in FIG. 66 (a), two decorative symbols (left symbol TZ1, right symbol TZ3) out of the varied ornament symbols are displayed. The vehicle is decelerated, and a reach production effect is executed as to whether or not reach is established with the two decorative symbols “7”. Then, as shown in FIG. 66 (b), the two decorative symbols “7” cannot be temporarily stopped, the reach at the effect symbol “7” fails, and the two decorative symbols “7” slip and change again. .
そして、2つの装飾図柄「7」が表示部140からなくなると、次に、図66(c)に示すように、2つの装飾図柄「5」が減速状態で出現して、当該2つの装飾図柄「5」でリーチが成立するか否かのリーチ煽り演出が実行されて、図66(d)に示すように、2つの装飾図柄「5」が仮停止して演出図柄「5」でリーチが成立し、図66(e)に示すように演出図柄「5」でのリーチが確定する。   When the two decorative symbols “7” disappear from the display unit 140, next, as shown in FIG. 66C, the two decorative symbols “5” appear in a decelerating state, and the two decorative symbols are displayed. As shown in FIG. 66 (d), a reach roll effect of whether or not reach is established at “5” is temporarily stopped, and two decorative symbols “5” are temporarily stopped and reach is achieved at the effect symbol “5”. As shown in FIG. 66 (e), the reach for the production symbol “5” is determined.
以上のように、相対的に遊技利益の高い大当たり1の場合に、当該大当たり1の当選を示唆する演出図柄「7」でリーチ煽り演出が実行された後にリーチが成立するノイズチャンスと、相対的に遊技利益の低い大当たり3の場合に、当該大当たり3の当選を示唆する演出図柄「5」でリーチ煽り演出が実行された後にリーチが成立するノイズチャンスと、ハズレの場合に当該大当たり1の当選を示唆する演出図柄「7」でリーチ煽り演出が実行された後にリーチが成立しないノイズチャンスと、ハズレの場合に、当該大当たり3の当選を示唆する演出図柄「5」でリーチ煽り演出が実行された後にリーチが成立しないノイズチャンスが実行されるので遊技の興趣が向上する。   As described above, in the case of a jackpot 1 with a relatively high gaming profit, a relative chance to reach a noise after a reach-struck effect is performed after the performance of “7” indicating the winning of the jackpot 1 is executed. In the case of a jackpot 3 with low gaming profit, a chance to reach after a reach-and-play effect is performed with the production pattern “5” suggesting that the jackpot 3 is won, and in the case of a loss, the jackpot 1 win In the case of a lost chance that reach is not achieved after execution of reach reach effect with direction design “7” that suggests, and in case of losing, reach reach effect is executed with effect pattern “5” that indicates winning of the jackpot 3 After that, a chance to reach a game where a reach is not established is executed, so the fun of the game is improved.
また、本実施形態では、リーチが成立しないハズレる通常変動(通常1〜通常3)の変動演出では、ノイズチャンスが実行されないが、通常変動の全部又は、相対的に特図変動時間の長い通常3の変動演出についてはノイズチャンスが実行されるようにすることもできる。この場合、例えば、図64(b−2)〜図64(c−2)及び図65(d−2)〜図65(e)のように、リーチ煽り演出が行われた後に、リーチが成立することなく(リーチが失敗して)2つの装飾図柄が滑って、ハズレを示す演出図柄の停止表示が行われるようにすることもできる。   Further, in this embodiment, the noise chance is not executed in the fluctuation effect of the normal fluctuation (normally 1 to normal 3) where the reach is not established, but the normal fluctuation has a relatively long special figure fluctuation time. A noise chance may be executed for the three fluctuation effects. In this case, for example, as shown in FIG. 64 (b-2) to FIG. 64 (c-2) and FIG. 65 (d-2) to FIG. It is possible to cause the two decorative symbols to slide without being performed (the reach has failed) and to stop the effect symbol indicating the loss.
また、本実施形態では、第1特別遊技が実行されることを示唆する第1示唆演出を実行させるか否かの演出として、演出図柄「1」、「5」、「2」、「4」、「6」、「8」でリーチが成立するか否かのリーチ煽り演出とし、第1特別遊技より有利な第2特別遊技が実行されることを示唆する第2示唆演出を実行させるか否かの演出として、第1示唆演出を「演出図柄「1」、「5」、「2」、「4」、「6」、「8」」でリーチが成立、第2示唆演出を「演出図柄「3」、「7」」でリーチが成立としている。しかしながら、第1示唆演出を実行させるか否かの演出、第2示唆演出を実行させるか否かの演出、第1示唆演出及び第2示唆演出は、このようにリーチを用いる、さらには、演出図柄を用いる演出に限られない。演出図柄以外の画像を用いて、これらの演出を行うこともできる。また、演出用役物装置17などの画像表示装置以外の演出装置を用いて行うこともできる。   In the present embodiment, as the effects of whether or not to execute the first suggestion effect suggesting that the first special game is executed, the effect symbols “1”, “5”, “2”, “4” , “6”, “8”, whether or not reach is achieved, and whether or not to execute a second suggestion effect suggesting that a second special game that is more advantageous than the first special game is executed As the production, the first suggestion production is “reproduction symbol“ 1 ”,“ 5 ”,“ 2 ”,“ 4 ”,“ 6 ”,“ 8 ””, and the second suggestion production is “production design”. Reach is established at “3” and “7”. However, the effect indicating whether or not to execute the first suggestion effect, the effect indicating whether or not to execute the second suggestion effect, the first suggestion effect, and the second suggestion effect use the reach as described above, and further, the effect It is not restricted to the effect using a design. These effects can also be performed using images other than the effect symbols. Moreover, it can also be performed using presentation apparatuses other than image display apparatuses, such as the production | presentation accessory apparatus 17.
(進路選択予告)
図67〜図69を用いて進路選択予告について説明する。進路選択予告は、変動演出における演出上の遊技者目線の複数の進行方向を表す画像(左折画像、直進画像、右折画像)を表示し、遊技者に何れの進行方向に進むかをその画像で選択させ、選択された進行方向を表す画像の表示態様が通常の通常態様から特別態様に変化すると大当たり期待度が高いことを示唆する予告演出である。本実施形態では、進路選択予告は、SPリーチAの残り8秒の時点から実行される。
(Course selection notice)
The route selection notice will be described with reference to FIGS. The course selection notice displays images (a left turn image, a straight advance image, a right turn image) representing a plurality of traveling directions of the player's line of sight in the production of the variation effect, and indicates in which traveling direction the player proceeds in which direction. This is a notice effect that suggests that the degree of jackpot expectation is high when the display mode of the image representing the selected traveling direction is changed from the normal normal mode to the special mode. In the present embodiment, the course selection advance notice is executed from the remaining 8 seconds of SP reach A.
例えば、図67(a)に示すように、SPリーチ1が残り8秒になった時点で「進行方向を選択してぴろこに出会うとチャンスだ!!」と進路選択予告の開始を示唆する表示が行われると、進行方向として左折を示す左折画像G31が左側の表示位置に表示され、進行方向として直進を示す直進画像G32が中央の表示位置に表示され、及び、進行方向として右折を示す右折画像G33が右側の表示位置に表示されると共に、遊技者が進行方向を選択するための画像である第2カーソル画像G4が左折画像G31に重ねて表示される。すなわち、進路選択予告が開始されたから第2カーソル画像G4が最初に表示される表示位置である初期位置は左側の表示位置となる。   For example, as shown in FIG. 67 (a), when SP Reach 1 reaches the remaining 8 seconds, “Selecting the direction of travel and encountering Piroko is a chance!” Indicating the start of the course selection notice Is performed, a left turn image G31 indicating a left turn as a traveling direction is displayed at the left display position, a straight traveling image G32 indicating a straight traveling as a traveling direction is displayed at a central display position, and a right turn indicating a right turn as a traveling direction. The image G33 is displayed at the right display position, and the second cursor image G4, which is an image for the player to select the traveling direction, is displayed over the left turn image G31. That is, the initial position, which is the display position at which the second cursor image G4 is first displayed after the start of the route selection advance notice, is the left display position.
第2カーソル画像G4は、上述したように、左ボタン192A及び右ボタン194Aへの操作に応じて、左折画像G31、直進画像G32、及び右折画像G33の間を移動することが可能(左側の表示位置、中央の表示位置及び右側の表示位置に表示可能)である。また、進路選択予告が開始されて、最初に左折画像G31、直進画像G32、及び右折画像G33が表示される際には、各画像G31〜G33の色彩は白色の通常態様になっている。   As described above, the second cursor image G4 can move between the left-turn image G31, the straight-ahead image G32, and the right-turn image G33 in accordance with an operation on the left button 192A and the right button 194A (the display on the left side Position, center display position and right display position). Further, when the course selection notice is started and the left turn image G31, the straight advance image G32, and the right turn image G33 are displayed for the first time, the colors of the images G31 to G33 are in a normal mode of white.
また、進路選択予告が開始されると共に、5秒間の操作有効期間が設定される。この操作有効期間では、演出ボタン18A及び選択ボタン19Aの何れもが操作可能となる。選択ボタン19Aは、進行方向を選択するために用いられ、演出ボタン18Aは、進行方向を決定するために用いられる。そして、進行方向を選択する操作を指示する選択ボタン操作演出として、選択ボタン操作指示画像G42が表示され、進行方向を決定する操作を指示する演出ボタン操作演出として、演出ボタン操作指示画像G41が表示される。なお、演出ボタン操作指示画像G41には、操作有効期間の残り時間が表示される(図67(b)〜図67(d)などにおいて、演出ボタンの下に表示されたプログレスバー)。   In addition, a route selection advance notice is started and an operation valid period of 5 seconds is set. In this operation valid period, both the effect button 18A and the selection button 19A can be operated. The selection button 19A is used for selecting the traveling direction, and the effect button 18A is used for determining the traveling direction. Then, a selection button operation instruction image G42 is displayed as a selection button operation effect for instructing an operation for selecting the traveling direction, and an effect button operation instruction image G41 is displayed as an effect button operation effect for instructing an operation for determining the traveling direction. Is done. In addition, the remaining time of the operation effective period is displayed in the effect button operation instruction image G41 (progress bar displayed under the effect button in FIGS. 67B to 67D).
ここで、図67で説明する進路選択予告については、進路選択予告パターン「09」に決定されているとする。すなわち、操作有効期間の全区間中において「直進画像」が選択された際に、直進画像G32が赤色に変化する。よって、図67(b)〜図67(d)に示すように、例えば、選択ボタン19Aの右ボタン194Aによって、第2カーソル画像G4を移動させて、第2カーソルG4が直進画像G32(中央の表示位置)に表示されると、直進画像G32が赤色に変化する。なお、本実施形態では、第2カーソル画像G4が特別態様に変化する対象となる画像に移動して、該特別態様に変化する対象となる画像が特別態様に変化しても、この状態から第2カーソル画像G4を移動(他の表示位置に表示)させると、特別態様に変化していた直進画像G32は通常態様の白色に戻る。   Here, it is assumed that the course selection advance notice described in FIG. 67 is determined to be the course selection advance notice pattern “09”. That is, when “straight image” is selected during the entire operation effective period, the straight image G32 changes to red. Therefore, as shown in FIGS. 67 (b) to 67 (d), for example, the second cursor image G4 is moved by the right button 194A of the selection button 19A, and the second cursor G4 is moved to the rectilinear image G32 (the center image G32). When displayed at the (display position), the straight-ahead image G32 changes to red. In this embodiment, even if the second cursor image G4 moves to an image to be changed to the special mode and the image to be changed to the special mode changes to the special mode, When the two-cursor image G4 is moved (displayed at another display position), the rectilinear image G32 that has been changed to the special mode returns to the white color of the normal mode.
図50に示すように、本実施形態では、進路選択画像G31〜G33の色彩が特別態様に変化した方が大当たり期待度が高くなるように進路選択予告パターンが割り振られている。よって、遊技者は、進路選択予告において、選択ボタン19Aの左ボタン192A又は右ボタン194Aを操作して、第2カーソル画像4を移動させて、進路選択画像G31〜G33の何れかが特別態様になるか否かを確認することで、大当たり期待度を認識することができる。   As shown in FIG. 50, in this embodiment, a course selection notice pattern is assigned so that the degree of jackpot expectation is higher when the colors of the course selection images G31 to G33 are changed to a special mode. Therefore, in the course selection advance notice, the player operates the left button 192A or the right button 194A of the selection button 19A to move the second cursor image 4, and any of the path selection images G31 to G33 is in a special mode. By confirming whether or not, it is possible to recognize the jackpot expectation.
次に、SPリーチAにおいて、進路選択予告が終了した後の演出の展開について説明する。本実施形態では、SPリーチAにおいて進路選択予告が終了した後には、特定キャラクタが出現する場合と出現しない場合とがある。   Next, in SP reach A, the development of effects after the course selection notice is completed will be described. In the present embodiment, after the course selection notice is completed in SP reach A, there are cases where a specific character appears and does not appear.
当該SPリーチAで当該変動演出が終了する場合、換言すれば、現在実行されているSPリーチAが、SPリーチA当たり又はSPリーチAハズレであると(図45〜図48参照)、SPリーチA当たりであれば、特定キャラクタが出現してから、大当たりを示す演出図柄の停止表示が行われ、SPリーチAハズレであれば、特定キャラクタが出現しないで、ハズレを示す演出図柄の停止表示が行われる。   In other words, when the variation effect ends at the SP reach A, in other words, when the SP reach A currently executed is per SP reach A or SP reach A loss (see FIGS. 45 to 48), the SP reach is reached. If the hit is A, after the appearance of the specific character, the stop display of the effect symbol indicating the big hit is performed. If the SP reach A is lost, the stop display of the effect symbol indicating the loss is made without the specific character appearing. Done.
図68(a−1)〜図68(a−3)は、それぞれ、図67を用いて説明した進路選択予告で、左折画像G31、中央画像G32、右折画像G33が選択された後の状況を表しており、進路選択予告で進行方向が選択されて、進行方向が確定したことを示唆する進行方向確定演出が行われている。すなわち、進路選択予告で選択された進路選択画像のみが表示部140に表示され続け、選択されなかった進路選択画像は消去される。   68 (a-1) to 68 (a-3) show the situation after the left turn image G31, the center image G32, and the right turn image G33 are selected in the course selection notice described with reference to FIG. 67, respectively. The direction of travel is selected in the course selection notice, and a direction of travel confirmation effect is performed that suggests that the direction of travel has been confirmed. That is, only the route selection image selected in the route selection notice is continuously displayed on the display unit 140, and the route selection image that has not been selected is deleted.
そして、当該SPリーチAがSPリーチAハズレであれば、図68(b−1)に示すように、特定キャラクタが出現しないことを示唆する出現なし示唆画像G51が表示された後、図68(c−1)に示すように、ハズレを示す演出図柄の停止表示が行われる。   Then, if the SP reach A is SP reach A loss, as shown in FIG. 68 (b-1), after the non-appearance suggestion image G51 suggesting that the specific character does not appear is displayed, FIG. As shown in c-1), an effect symbol indicating a loss is stopped and displayed.
一方、そして、当該SPリーチAがSPリーチA当たりであれば、図68(b−2)又は図68(b−3)に示すように、特定キャラクタを表す通常態様の特定キャラクタ画像G52又は特別態様の特定キャラクタ画像G53が表示された後、図68(c−2)に示すように、大当たりを示す演出図柄の停止表示が行われる。   On the other hand, if the SP reach A is per SP reach A, as shown in FIG. 68 (b-2) or 68 (b-3), the specific character image G52 in the normal mode representing the specific character or the special character image G52. After the specific character image G53 of the mode is displayed, as shown in FIG. 68 (c-2), the stop display of the effect symbol indicating the jackpot is performed.
また、当該SPリーチAで当該変動演出が終了せずに次のSPSPリーチに発展する場合(図45〜図48参照)、図69(b−1)又は図69(b−2)に示すように、特定キャラクタを表す通常態様の特定キャラクタ画像G52又は特別態様の特定キャラクタ画像G53が表示された後に、図69(c)に示すように、SPSPリーチが行われ、最終的に、図69(d−1)に示すように、ハズレを示す演出図柄の停止表示が行われ、または、図69(d−2)に示すように、大当たりを示す演出図柄の停止表示が行われる。   Further, in the case where the variation production is not completed at the SP reach A and develops to the next SPSP reach (see FIGS. 45 to 48), as shown in FIG. 69 (b-1) or 69 (b-2). Then, after the normal character image G52 or the special character image G53 of the special mode representing the specific character is displayed, SPSP reach is performed as shown in FIG. As shown in d-1), the effect symbol indicating the loss is displayed, or as shown in FIG. 69 (d-2), the effect symbol indicating the jackpot is stopped.
図68及び図69を用いて説明した出現なし示唆画像G51、通常態様の特定キャラクタ画像G52及び特別態様の特定キャラクタ画像G53はSPリーチAの最終部分であり、出現なし示唆画像G51が表示されるとハズレが確定し、通常態様の特定キャラクタ画像G52及び特別態様の特定キャラクタ画像G53が表示されると、大当たりとなるかSPSPリーチへ発展するかのいずれかとなる。   The no-occurrence suggestion image G51, the normal-form specific character image G52, and the special-form specific character image G53 described with reference to FIGS. 68 and 69 are the last part of the SP reach A, and the no-appearance suggestion image G51 is displayed. When the specific character image G52 in the normal mode and the specific character image G53 in the special mode are displayed, either the big hit or the SPSP reach is developed.
ここで、図57の特定キャラクタパターン判定テーブルに示すように、本実施形態では、特別態様の特定キャラクタG53が出現した場合の方が、通常態様の特定キャラクタG52が出現した場合より、大当たり期待度が高い。すなわち、特別態様の特定キャラクタG53の出現は、大当たり期待度が高いことを示す高期待度演出を構成している。   Here, as shown in the specific character pattern determination table of FIG. 57, in this embodiment, the expectation degree of jackpot is greater when the special character G53 in the special mode appears than when the specific character G52 in the normal mode appears. Is expensive. That is, the appearance of the special character G53 in a special mode constitutes a high expectation degree effect indicating that the expectation degree of jackpot is high.
さらに、図57の特定キャラクタパターン判定テーブルによると、同一の特別図柄判定結果に対して、進路選択予告で特別態様の進路選択画像が選択された場合の方が、通常態様の進路選択画像が選択された場合よりも、高確率で高期待度演出が実行される。よって、遊技者は、進路選択予告において、選択ボタン19Aの左ボタン192A又は右ボタン194Aを操作して、第2カーソル画像4を移動させて、進路選択画像G31〜G33の中で特別態様に変化したものを選択し、特別態様の特定キャラクタを出現させることで大当たり当選に対する期待感をより一層強く持つことができる。このように、特別態様の進路選択画像を遊技者の操作によって出現させ、自ら出現させた特別態様の進路選択画像を選択させると高期待度演出を実行させ易くすることで、結果的に大当たりになった場合には遊技者に大当たりを引き当てた感を持たせることができる。また、特別態様の進路選択画像が出現したことによって大当たり当選期待度が向上していることになるので、さらに遊技の興趣が向上する。   Further, according to the specific character pattern determination table of FIG. 57, when a special course selection image is selected in the course selection notice for the same special symbol determination result, a normal course selection image is selected. The high expectation degree effect is executed with a higher probability than the case where it is performed. Therefore, in the course selection advance notice, the player operates the left button 192A or the right button 194A of the selection button 19A to move the second cursor image 4, and changes to a special mode in the course selection images G31 to G33. By selecting the selected character and causing a special character in a special mode to appear, it is possible to have a stronger sense of expectation for the big win. In this way, a special mode of course selection image appears by the player's operation, and when the special mode of course selection image that appears by itself is selected, it is easy to execute a high expectation effect, resulting in a big hit If this happens, the player can have a feeling of winning the jackpot. In addition, since the appearance of the special route selection image has improved the expectation of winning a big hit, the game's interest is further improved.
本実施形態では、進路選択予告においては、選択肢として左折画像G31、直進画像G32および右折画像G33の3つの選択肢が提示されるが、提示される選択肢の数、種類及び態様は本実施形態に限られず適宜に設定することができる。また、本実施形態では、進路選択予告において提示される選択肢の数・種類は毎回同一であるが、選択肢の種類・数を複数設定しておき、進路選択予告が実行される際に所定の判定で決定するようにすることもできる。   In the present embodiment, in the course selection advance notice, three options of a left turn image G31, a straight advance image G32, and a right turn image G33 are presented as options, but the number, type, and mode of the presented options are limited to the present embodiment. However, it can be set appropriately. In the present embodiment, the number and type of options presented in the course selection notice are the same each time, but a plurality of types and numbers of options are set and a predetermined determination is made when the course selection notice is executed. It is also possible to decide by.
また、本実施形態の進路選択予告では、特別態様になる進路選択画像は複数のうち1つであるが、複数のうちの全部又は複数のうちの全部ではない複数に設定することもできる。この場合、所定の進路選択画像が変化する特別態様の種類(例えば、色彩が緑色)と他の進路選択画像が変化する特別態様の種類(例えば、ゼブラ柄)とが異なるようにすることもできる。   Further, in the course selection advance notice of the present embodiment, the course selection image that becomes a special mode is one of a plurality, but may be set to all of a plurality or a plurality that is not all of a plurality. In this case, the type of special mode in which a predetermined course selection image changes (for example, the color is green) may be different from the type of special mode in which another path selection image changes (for example, a zebra pattern). .
また、本実施形態では、進路選択画像の特別態様への変化は、当該進路選択予告が実行されている変動演出に係る特図抽選結果に基づいて行われ、当該変動演出に対する大当たり期待度を示唆しているが、事前判定結果に基づいて行われ、進路選択画像が実行されているときに保留されている特図保留に対する大当たり期待度を示唆するようにすることもできる。   Further, in the present embodiment, the change to the special mode of the course selection image is performed based on the special drawing lottery result related to the variation presentation in which the course selection advance notice is being executed, and suggests the jackpot expectation degree for the variation presentation. However, it is also possible to suggest a jackpot expectation degree for the special figure hold that is held when the course selection image is being executed, based on the prior determination result.
また、SPリーチAの最終段階で、出現なし示唆画像G51、通常態様の特定キャラクタ画像G52及び特別態様の特定キャラクタ画像G53が表示されるが、ここで表示される画像の種類はこれらに限られない。例えば、特別態様の種類を複数設けて、さらに多様な演出とすることもできる。   In addition, in the final stage of SP reach A, a no-appearance suggestion image G51, a normal character image G52, and a special character image G53 in a special mode are displayed. However, the types of images displayed here are limited to these. Absent. For example, a plurality of types of special modes can be provided for more various effects.
また、本実施形態では、出現なし示唆画像G51が表示された後は必ずハズレを示す演出図柄の停止表示が行われているが、出現なし示唆画像G51が表示された後に、所謂復活演出が出現してSPSPリーチに発展又は大当たり当選を示す演出図柄の停止表示を実行するようにすることもできる。ただし、出現なし示唆画像G51が表示された後は、SPSPリーチへの発展又は大当たりを示す演出図柄の停止表示よりハズレを示す演出図柄の停止表示の方が高確率で実行されることが望ましい。   Further, in the present embodiment, after the no-appearance suggestion image G51 is displayed, the effect symbol indicating the loss is always stopped and displayed, but after the no-appearance suggestion image G51 is displayed, a so-called resurrection effect appears. Then, it is possible to execute the stop display of the effect symbol indicating the SPSP reach or the jackpot winning. However, after the no-appearance suggestion image G51 is displayed, it is desirable that the stop display of the effect symbol indicating the loss is executed with higher probability than the stop display of the effect symbol indicating the development to SPSP reach or the jackpot.
反対に、特定キャラクタ画像G52、G53が表示された後はハズレを示す演出図柄の停止表示が行われることはないが、出特定キャラクタ画像G52、G53が表示された後に、ハズレを示す演出図柄の停止表示を行うこともできる。なお、特定キャラクタ画像G52、G53が表示された後は、ハズレを示す演出図柄の停止表示よりSPSPリーチへの発展又は大当たりを示す演出図柄の停止表示の方が高確率で実行されることが望ましい。また、この場合は、通常態様の特定キャラクタ画像G52が表示された場合より特別態様の特定キャラクタG53が表示された場合の方が、高確率でSPSPリーチへの発展又は大当たりを示す演出図柄の停止表示が実行されることが望ましい。   On the other hand, after the specific character images G52 and G53 are displayed, there is no stop display of the effect symbol indicating the loss, but after the outgoing specific character images G52 and G53 are displayed, the effect symbol indicating the loss is displayed. Stop display can also be performed. In addition, after the specific character images G52 and G53 are displayed, it is preferable that the stop display of the effect symbol indicating the development to SPSP reach or the jackpot is executed with higher probability than the stop display of the effect symbol indicating the loss. . Also, in this case, when the specific character G53 of the special mode is displayed rather than when the specific character image G52 of the normal mode is displayed, there is a higher probability of stopping the effect design indicating the development to SPSP reach or the jackpot It is desirable that the display be performed.
(突出予告)
次に、突出予告について説明する。本実施形態では、演出ボタン18Aに係る操作有効期間の設定に基づいて演出ボタン18Aが特別状態となり、特別状態になった演出ボタン18Aが操作されると、大当たり判定結果を示唆する特別演出が実行される。そして、この特別状態になる時期として、当該操作有効期間が設定される第1時期と、当該操作有効期間が設定される前の第2時期の2種類が設けられている。このように、同一の操作有効期間に対して、特別状態となる時期として第1時期と第2時期とが設けられているので、操作有効期間の設定に基づいて演出ボタン18Aを特別状態に変化させる演出としての単調化を防ぎ、演出効果の低下を抑えることができる。
(Protrusion notice)
Next, the protrusion notice will be described. In the present embodiment, when the effect button 18A is in a special state based on the setting of the operation effective period related to the effect button 18A, and the effect button 18A in the special state is operated, a special effect that suggests a jackpot determination result is executed. Is done. Then, there are two types of time when the special state is set, a first time when the operation effective period is set and a second time before the operation effective period is set. As described above, since the first time and the second time are provided as the time when the special operation is performed for the same operation effective period, the effect button 18A is changed to the special state based on the setting of the operation effective period. It is possible to prevent monotonization as an effect to be performed and to suppress a decrease in effect.
さらに、本実施形態では、第2時期に演出ボタン18Aが特別状態になった方が大当たり期待度が高い。これにより、遊技者に演出ボタン18Aの変化に注目させ、通常より早い第2時期に演出ボタン18Aが特別状態となることで遊技者に期待感を持続させ、気持ちよく特別状態の演出ボタン18Aを操作させることができる。このように、大当たり期待度の異なる第1時期又は第2時期に演出ボタン18Aが特別状態となることが突出予告を構成している。   Furthermore, in this embodiment, the big hit expectation degree is higher when the production button 18A is in a special state in the second period. This causes the player to pay attention to the change of the effect button 18A, and the effect button 18A becomes a special state at the second time earlier than usual, thereby maintaining the player's expectation, and pleasantly operating the effect button 18A in the special state. Can be made. As described above, the projecting button 18A is in a special state at the first time or the second time when the degree of expectation for jackpots is different, which constitutes a protruding notice.
次に、図70を用いて、突出予告の具体例について説明する。本実施形態では、突出予告はSPSPリーチA又はSPSPリーチBにおいて設定される操作有効期間に基づいて実行される。ここでは、SPSPリーチAにおいて行われる突出予告について説明する。最初に、前提となるSPSPリーチAについて説明する。   Next, a specific example of the protrusion notice will be described with reference to FIG. In the present embodiment, the protrusion notice is executed based on the operation valid period set in SPSP reach A or SPSP reach B. Here, the protrusion notice performed in SPSP reach A will be described. First, the premise SPSP reach A will be described.
SPSPリーチAにおいては、演出ボタン18Aの操作が有効となる操作有効期間が3回設定される。ここで、変動演出が開始された時点を基準(t=0)として、SPSPリーチAが開始される時点をt=t0、1回目の操作有効期間の開始時間をt=t1、2回目の操作有効期間の開始時間をt=t2、3回目の操作有効期間の開始時間をt=t3とする。また、1回目の操作有効期間の設定時間を2秒、2回目の操作有効期間の設定時間を2秒、3回目の操作有効期間の設定時間を5秒とする。   In SPSP reach A, the operation valid period during which the operation of the effect button 18A is valid is set three times. Here, the time point when the variation effect is started is set as a reference (t = 0), the time point when the SPSP reach A is started is t = t0, the start time of the first operation effective period is t = t1, and the second operation time. The start time of the effective period is t = t2, and the start time of the third operation effective period is t = t3. Also, the setting time for the first operation effective period is 2 seconds, the setting time for the second operation effective period is 2 seconds, and the setting time for the third operation effective period is 5 seconds.
そして、3回目の操作有効期間が突出予告に係る操作有効期間に設定されている。よって、3回目の操作有効期間は、特別状態の演出ボタン18Aを操作させる操作有効期間であるが、基本的に1回目及び2回目の操作有効期間は通常状態の演出ボタン18Aを操作させる操作有効期間となっている(図70(a−1)及び図70(a−2)参照)。   The third operation effective period is set to the operation effective period related to the protrusion notice. Therefore, the third operation effective period is an operation effective period for operating the effect button 18A in the special state, but basically the operation effective period for operating the effect button 18A in the normal state for the first and second operation effective periods. The period is reached (see FIGS. 70A-1 and 70A-2).
ここで、突出予告に係る第1時期は、当該突出予告に係る特別状態の対象となる操作有効期間の設定の際であるt3となり、3回目の操作有効期間が設定される際に演出ボタン18Aが特別状態になる。一方、突出予告に係る第2時期は、該突出予告に係る特別状態の対象となる操作有効期間の設定の前であるが、本実施形態ではSPSPリーチAが開始されるt0に設定されており、SPSPリーチAが開始されると共に、演出ボタン18Aが特別状態になる(図70(b−1)及び図70(b−2)参照)。   Here, the first period related to the protrusion notice becomes t3 when setting the operation effective period that is the target of the special condition related to the protrusion notice, and the effect button 18A is set when the third operation effective period is set. Enters a special state. On the other hand, the second period relating to the protrusion notice is before the setting of the operation valid period that is the target of the special state relating to the protrusion notice, but in this embodiment, it is set to t0 when the SPSP reach A is started. The SPSP reach A is started and the effect button 18A is in a special state (see FIGS. 70 (b-1) and 70 (b-2)).
3回目の操作有効期間において、特別状態の演出ボタン18Aが操作されると、当該操作に伴って演出ボタン18Aが通常状態になると共に、当該操作有効期間及び操作演出が終了する(図70(a−2)、図70(b−2))。一方、3回目の操作有効期間において、特別状態の演出ボタン18Aが操作されない場合は、3回目の操作有効期間の終了に伴って演出ボタン18Aが通常状態になると共に、当該操作有効期間及び操作演出が終了する(図70(a−1)、図70(b−1))。   When the effect button 18A in the special state is operated in the third operation effective period, the effect button 18A is brought into a normal state along with the operation, and the operation effective period and the operation effect are ended (FIG. 70 (a)). -2) and FIG. 70 (b-2)). On the other hand, when the effect button 18A in the special state is not operated in the third operation effective period, the effect button 18A is brought into the normal state with the end of the third operation effective period, and the operation effective period and the operation effect. Is completed (FIG. 70 (a-1), FIG. 70 (b-1)).
また、本実施形態では、突出予告として第2時期に演出ボタン18Aが特別状態になった後には、当該突出予告に係る3回目の操作有効期間において演出ボタン18Aの操作が行われるまで、又は、が設定されるまでは特別状態にさせる制御は継続して実行される。すなわち、3回目の操作有効期間が終了するまで特別状態にさせる制御が継続する。よって、第2時期に演出ボタン18Aが特別状態になった以降において、特別状態の演出ボタン18Aを押下操作して、演出ボタン18Aを下降させることができるが、特別状態にさせる制御が継続して行われているので、演出ボタン18Aが下降しても直ぐに上昇して特別状態となる。   Further, in the present embodiment, after the production button 18A is in a special state at the second time as a projection notice, until the operation of the production button 18A is performed in the third operation valid period related to the projection notice, or Until is set, the control to make the special state continue to be executed. That is, the control for making the special state continue until the third operation valid period ends. Therefore, after the effect button 18A is in the special state at the second time, the effect button 18A in the special state can be pushed down and the effect button 18A can be lowered, but the control to make the special state continue. Since it is performed, even if the production button 18A is lowered, it immediately rises to a special state.
また、突出予告として第2時期に演出ボタン18Aが特別状態となる場合、演出ボタン18Aが特別状態になった後でも、突出予告が実行されない場合と同様に、突出予告とは関係のない操作有効期間(1回目の操作有効期間と2回目の操作有効期間)が設定され、操作指示演出が実行される。そして、1回目の操作有効期間と2回目の操作有効期間において、特別状態の演出ボタン18Aが操作されると、本来の通常状態の場合と同じ予告演出が実行される。   In addition, when the production button 18A is in a special state at the second time as a projection advance notice, even after the production button 18A is in a special state, the operation that is not related to the projection notice is effective as in the case where the projection notice is not executed. A period (first operation effective period and second operation effective period) is set, and an operation instruction effect is executed. In the first operation effective period and the second operation effective period, when the effect button 18A in the special state is operated, the same notice effect as in the original normal state is executed.
以上のように、本実施形態では、演出ボタン18Aが対象となる操作有効期間が設定(操作演出が実行)されるより前に特別状態になっても、当該特別状態となってから当該操作有効期間が設定(操作演出が実行)されるまでの間における演出ボタン18Aに係る操作有効期間の設定(操作演出の実行)が規制されない。よって、演出ボタン18Aへの操作による演出の機会が減ることを防止することができる。   As described above, in this embodiment, even if the operation valid period for the effect button 18A is set (the operation effect is executed), the operation becomes effective after the special state is entered. The setting of the operation valid period (execution of the operation effect) related to the effect button 18A until the period is set (operation effect is executed) is not restricted. Therefore, it is possible to prevent a reduction in the chance of production by operating the production button 18A.
なお、本実施形態では、操作有効期間の設定(操作演出の実行)に伴って、当該操作有効期間の設定(操作演出の実行)より前に特別状態になる時期として、SPSPリーチの開始時に設定されているが、この時期はSPSPリーチの開始時に限られない。また、この時期を複数設け、突出予告が実行される度に所定の判定によって複数の中から1つに決定するようにすることもできる。   In the present embodiment, the time when the SPSP reach starts is set as the time when the operation valid period is set (execution of the operation effect) and the special state is set before the operation effective period is set (execution of the operation effect). However, this time is not limited to the start of SPSP reach. It is also possible to provide a plurality of times and determine one of the plurality of times by a predetermined determination every time the advance notice is executed.
また、本実施形態では、演出ボタン18Aが特別操作位置まで突出することが演出ボタン18Aの特別状態となっているが、特別状態の態様はこれに限られない。例えば、演出ボタンLED18Cが通常とは異なる特別な発光態様で発光させることを特別状態とすることもできる。さらには、演出ボタン18Aが振動する構成となっており、演出ボタン18Aが振動することを特別状態とすることもできる。また、演出ボタン18Aが振動する構成となっており、演出ボタン18Aが振動することを特別状態とすることもできる。さらには、演出ボタン18Aを含む演出ボタン装置18とは異なる演出用入力装置についての特別状態とすることもできる。   In the present embodiment, the effect button 18A protrudes to the special operation position, which is the special state of the effect button 18A. However, the aspect of the special state is not limited to this. For example, the special button LED 18C can emit light in a special light emission mode different from the normal state. Furthermore, the effect button 18A is configured to vibrate, and the effect button 18A can be in a special state. Further, the effect button 18A is configured to vibrate, and the effect button 18A can be in a special state. Furthermore, it can also be set as the special state about the input device for effects different from the effect button apparatus 18 containing the effect button 18A.
また、本実施形態では、突出予告は演出図柄指定コマンドが示す特図抽選結果に基づいて実行の有無が決定されているが、事前判定結果に基づいて、実行されるようにすることもできる。この場合、当該変動演出より前に実行される変動演出において演出ボタン18Aが特別状態になるようにすることもできる。   Further, in the present embodiment, the presence or absence of the advance notice is determined based on the special drawing lottery result indicated by the effect designating command, but it may be executed based on the preliminary determination result. In this case, the effect button 18A may be in a special state in the change effect executed before the change effect.
ここで、本実施形態では、演出ボタン18Aが対象となる操作有効期間が設定(操作演出が実行)されるより前に特別状態になっても、当該特別状態となってから当該操作有効期間が設定(操作演出が実行)されるまでの間における演出ボタン18Aに係る操作有効期間の設定(操作演出の実行)が規制されないが、反対に規制することも可能である。ここで、第2時期に演出ボタン18Aが特別状態になってから、他の操作有効期間の設定(操作演出の実行)が規制される例について図76及び図77を用いて説明する。   Here, in this embodiment, even if the operation valid period for the effect button 18A is set (the operation effect is executed), even if the special state is entered, the operation valid period is changed from the special state. The setting of the operation valid period (execution of the operation effect) related to the effect button 18A until the setting (operation effect is executed) is not restricted, but can be restricted in the opposite direction. Here, an example in which setting of another operation valid period (execution of the operation effect) is restricted after the effect button 18A enters the special state at the second time will be described with reference to FIGS. 76 and 77. FIG.
図76は操作有効期間設定処理を示すフローチャートであり、図37に示す操作有効期間設定処理に対応している。図76に示す操作有効期間設定処理には、図37に示す操作有効期間設定処理にはないステップS1417〜ステップS1418の処理が含まれている点で図76に示す操作有効期間設定処理と、図37に示す操作有効期間設定処理とは異なるが、それ以外の処理については同一である。   FIG. 76 is a flowchart showing the operation valid period setting process, and corresponds to the operation valid period setting process shown in FIG. The operation effective period setting process shown in FIG. 76 includes the operation effective period setting process shown in FIG. 76 in that it includes the processes of steps S1417 to S1418 that are not included in the operation effective period setting process shown in FIG. Although it is different from the operation valid period setting process shown in FIG. 37, the other processes are the same.
図76に示す操作有効期間設定処理では、サブCPU102aは、ステップS1417の処理において、サブRAM102cに突出予告パターン2を示す突出予告データがセットされているか否かを判定する。サブCPU102aは、突出予告パターン2を示す突出予告データがセットされていると判定すると、ステップS1418に処理を移し、突出予告パターン2を示す突出予告データがセットされていないと判定すると、ステップS1419に処理を移す。図76のステップS1419〜ステップS1421は、図37に示すステップS1417〜ステップS1419と同一である。   In the operation valid period setting process shown in FIG. 76, the sub CPU 102a determines whether or not the protruding notice data indicating the protruding notice pattern 2 is set in the sub RAM 102c in the process of step S1417. If the sub CPU 102a determines that the protrusion notice data indicating the protrusion notice pattern 2 is set, the sub CPU 102a shifts the process to step S1418. If the sub CPU 102a determines that the protrusion notice data indicating the protrusion notice pattern 2 is not set, the process proceeds to step S1419. Move processing. Steps S1419 to S1421 in FIG. 76 are the same as steps S1417 to S1419 shown in FIG.
そして、サブCPU102aは、ステップS1418において、サブRAM102cの変動演出タイマカウンタを参照して、現在演出ボタン18Aが突出状態であるか否か、具体的には、変動演出が開始してからの経過時間がt0以降、すなわち、第2時期以降であって、t3以前であるか否かを確認する。   In step S1418, the sub CPU 102a refers to the variable effect timer counter of the sub RAM 102c to determine whether or not the current effect button 18A is in the protruding state, specifically, the elapsed time since the start of the variable effect. Is after t0, that is, after the second period and before t3.
サブCPU102aは、演出ボタン18Aが突出状態であると判定すると本操作有効期間設定処理を終了し、演出ボタン18Aが突出状態ではないと判定するとステップS1419に処理を移す。   If the sub CPU 102a determines that the effect button 18A is in the protruding state, the sub CPU 102a ends the operation valid period setting process. If the sub CPU 102a determines that the effect button 18A is not in the protruding state, the process proceeds to step S1419.
この図76に示すステップS1417〜ステップS1418によって、演出ボタン18Aが特別状態になっている間に操作有効期間の設定(操作演出の実行)が規制されることとなる(図77(b)参照)。その結果、演出ボタン18Aが特別状態になると、当該特別状態に係る操作有効期間が設定されるまでの間は、他の操作有効期間は設定(操作演出は実行)されなくなる。よって、本来、演出ボタン18Aを通常状態で操作させるはずの演出が、特別状態の演出ボタン18Aで操作させることになることを防ぎ、演出効果が低下することを防ぐことができる。   76, the setting of the operation valid period (execution of the operation effect) is restricted while the effect button 18A is in the special state (see FIG. 77 (b)). . As a result, when the effect button 18A enters a special state, another operation effective period is not set (operation effect is executed) until the operation effective period related to the special state is set. Therefore, it is possible to prevent the effect that should originally be operated in the normal state of the effect button 18A from being operated by the effect button 18A in the special state, and it is possible to prevent the effect of the effect from being lowered.
なお、このように他の操作有効期間の設定(操作演出の実行)を規制するパターンとして、操作有効期間の設定及び操作演出の実行の何れも規制する他、操作演出の実行のみを規制するようにすることもできる。   It should be noted that as a pattern for restricting the setting of another operation effective period (execution of an operation effect) as described above, both the setting of the operation effective period and the execution of the operation effect are restricted, and only the execution of the operation effect is restricted. It can also be.
Y 遊技機
6 第1始動口
6a 第1始動口検出センサ
7 第2始動口
7a 第2始動口検出センサ
8 大入賞口
9 入賞ゲート
14 画像表示装置
18 演出ボタン装置
18A 演出ボタン
19 選択ボタン装置
19A 選択ボタン
191A 上ボタン
192A 左ボタン
193A 下ボタン
194A 右ボタン
70 第2始動口制御装置
80 大入賞口制御装置
101 主制御基板
101a メインCPU
101b メインROM
101c メインRAM
102 演出制御基板
102a サブCPU
102b サブROM
102c サブRAM
104 ランプ制御基板
104a ランプCPU
104b ランプROM
104c ランプRAM
Y gaming machine 6 first start opening 6a first start opening detection sensor 7 second start opening 7a second start opening detection sensor 8 big winning opening 9 winning gate 14 image display device 18 effect button device 18A effect button 19 selection button device 19A Selection button 191A Up button 192A Left button 193A Down button 194A Right button 70 Second start port control device 80 Big winning port control device 101 Main control board 101a Main CPU
101b Main ROM
101c Main RAM
102 Production control board 102a Sub CPU
102b Sub ROM
102c Sub RAM
104 Lamp control board 104a Lamp CPU
104b Lamp ROM
104c Lamp RAM

Claims (1)

  1. 遊技者に有利な特別遊技を実行するか否かを判定する判定手段と、
    遊技者が操作可能な操作手段と、
    表示手段を含む演出手段に演出を実行させる演出制御手段と、を備え、
    前記演出制御手段は、
    前記判定手段の判定結果に基づいて、前記表示手段の所定の表示位置に、実行可能な複数の演出それぞれに対応する複数の選択肢のうち1つの選択肢を表示可能な提示演出を実行させた後、前記所定の表示位置に表示されている前記1つの選択肢に対応する演出を実行させる提示演出制御手段と、
    前記提示演出において、前記所定の表示位置に表示させる前記1つの選択肢を、前記操作手段への操作に応じて、所定の順序で変更可能な特定演出を実行させる特定演出制御手段と、
    前記特定演出において所定条件が成立すると、前記所定の表示位置に表示されている前記1つの選択肢に対応する演出が実行される前に、当該演出が実行されることを示唆する特別演出を実行させる特別演出制御手段と、を有し、
    前記複数の演出には、前記判定手段によって前記特別遊技を実行すると判定された可能性を示唆する演出が含まれ、
    前記提示演出制御手段は、前記提示演出において最初に前記所定の表示位置に表示する1つの選択肢を、前記複数の選択肢のうち何れか1つの選択肢に決定すると共に、当該決定した選択肢を前記所定の表示位置に表示させることを特徴とする遊技機。
    Determination means for determining whether or not to execute a special game advantageous to the player;
    Operation means that can be operated by the player;
    Effect control means for causing the effect means including the display means to execute the effect,
    The production control means includes
    Based on the determination result of the determination means, after executing a presentation effect that can display one option among a plurality of options corresponding to each of a plurality of executable effects at a predetermined display position of the display means , A presentation effect control means for executing an effect corresponding to the one option displayed at the predetermined display position ;
    In the presentation effect, a specific effect control unit that executes a specific effect that can be changed in a predetermined order according to an operation to the operation unit, the one option to be displayed at the predetermined display position;
    When a predetermined condition is established in the specific effect, a special effect suggesting that the effect is executed is executed before the effect corresponding to the one option displayed at the predetermined display position is executed. Special production control means,
    The plurality of effects include effects suggesting the possibility that the determination means has determined to execute the special game,
    The presentation effect control means first determines one option to be displayed at the predetermined display position in the presentation effect as any one of the plurality of options, and determines the determined option as the predetermined option. A gaming machine characterized by being displayed at a display position.
JP2014194460A 2014-09-24 2014-09-24 Game machine Active JP6149019B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2014194460A JP6149019B2 (en) 2014-09-24 2014-09-24 Game machine

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2014194460A JP6149019B2 (en) 2014-09-24 2014-09-24 Game machine

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2016063972A JP2016063972A (en) 2016-04-28
JP6149019B2 true JP6149019B2 (en) 2017-06-14

Family

ID=55804523

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2014194460A Active JP6149019B2 (en) 2014-09-24 2014-09-24 Game machine

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6149019B2 (en)

Family Cites Families (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005046183A (en) * 2003-07-29 2005-02-24 Takao:Kk Game machine
JP2007029759A (en) * 2006-11-13 2007-02-08 Kyoraku Sangyo Kk Pachinko game machine
JP4837003B2 (en) * 2008-09-04 2011-12-14 株式会社三共 Game machine
JP5607914B2 (en) * 2009-11-24 2014-10-15 株式会社エース電研 Game machine
JP5764787B2 (en) * 2012-07-31 2015-08-19 株式会社高尾 Bullet ball machine
JP6049500B2 (en) * 2013-02-26 2016-12-21 株式会社平和 Pachinko machine
JP2014161589A (en) * 2013-02-27 2014-09-08 Okumura Yu-Ki Co Ltd Pinball game machine
JP5605870B2 (en) * 2013-04-04 2014-10-15 サミー株式会社 Bullet ball machine
JP5873512B2 (en) * 2014-02-10 2016-03-01 株式会社ソフイア Game machine

Also Published As

Publication number Publication date
JP2016063972A (en) 2016-04-28

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5960876B1 (en) Game machine
JP5890460B2 (en) Game machine
JP5975551B1 (en) Game machine
JP5820415B2 (en) Game machine
JP5294361B1 (en) Game machine
JP6141927B2 (en) Game machine
JP6152454B1 (en) Game machine
JP6475110B2 (en) Game machine
JP5867944B1 (en) Game machine
JP2016193245A (en) Game machine
JP5367128B1 (en) Game machine
JP2016209400A (en) Game machine
JP2015083080A (en) Game machine
JP6076295B2 (en) Game machine
JP5940590B2 (en) Game machine
JP6259784B2 (en) Game machine
JP5927213B2 (en) Game machine
JP6089005B2 (en) Game machine
JP5507652B1 (en) Game machine
JP5867943B1 (en) Game machine
JP5390675B1 (en) Game machine
JP6205019B2 (en) Game machine
JP5706942B2 (en) Game machine
JP5852990B2 (en) Game machine
JP2016214890A (en) Game machine

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20160209

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20160406

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20161004

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20161222

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20170104

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20170228

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20170406

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20170516

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20170522

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6149019

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250