JP6117621B2 - Information processing apparatus, information processing method, and information processing program - Google Patents

Information processing apparatus, information processing method, and information processing program Download PDF

Info

Publication number
JP6117621B2
JP6117621B2 JP2013118842A JP2013118842A JP6117621B2 JP 6117621 B2 JP6117621 B2 JP 6117621B2 JP 2013118842 A JP2013118842 A JP 2013118842A JP 2013118842 A JP2013118842 A JP 2013118842A JP 6117621 B2 JP6117621 B2 JP 6117621B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
attribute information
moving image
time interval
content
person
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2013118842A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2013214985A (en
Inventor
優司 齋藤
優司 齋藤
綾子 岩瀬
綾子 岩瀬
伸樹 古江
伸樹 古江
真一 入矢
真一 入矢
博之 小澤
博之 小澤
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Sony Corp
Original Assignee
Sony Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sony Corp filed Critical Sony Corp
Priority to JP2013118842A priority Critical patent/JP6117621B2/en
Publication of JP2013214985A publication Critical patent/JP2013214985A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP6117621B2 publication Critical patent/JP6117621B2/en
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、情報処理装置、情報処理方法及び情報処理プログラムに関し、例えばコンテンツを記録する際に適用して好適なものである。   The present invention relates to an information processing apparatus, an information processing method, and an information processing program, and is suitable for application when recording content, for example.

従来、デジタルビデオカメラやハードディスクレコーダなどの記録再生装置において、動画像の音声レベルなどの情報から盛り上がった場面を検出して記録するものが提案されている(例えば、特許文献1参照)。   2. Description of the Related Art Conventionally, recording and playback devices such as digital video cameras and hard disk recorders have been proposed that detect and record a scene that has risen from information such as the audio level of a moving image (see, for example, Patent Document 1).

また、記録再生装置において、動画像を記録する際にユーザにより指定されたお気に入りポイントを当該動画像に対応づけて記録するものも提案されている。   Also, a recording / reproducing apparatus that records a favorite point designated by a user when recording a moving image in association with the moving image has been proposed.

特開2007−116566号公報JP 2007-116566 A

ところで、例えば重要な部分だけ確認したい、特定の人物が出ている部分だけ確認したいなど、動画像を再生する際にユーザが当該動画像の中から確認したい部分は多様となることが考えられる。   By the way, it is conceivable that there are various parts that the user wants to confirm from the moving image when reproducing the moving image, such as confirming only an important part or confirming only a part where a specific person appears.

しかし上述した装置では、盛り上がった場面やお気に入りポイントの前後数秒間のみを再生部に再生させることしかできず、ユーザの多様な要求に応じた動画像の再生が可能であるとは言えなかった。   However, in the above-described apparatus, only a few seconds before and after the exciting scene or favorite point can be played back by the playback unit, and it cannot be said that it is possible to play back a moving image according to various requests of the user.

本発明は以上の点を考慮してなされたもので、ユーザの多様な要求に応じたコンテンツの再生を可能とする情報処理装置、情報処理方法及び情報処理プログラムを提案しようとするものである。   The present invention has been made in consideration of the above points, and intends to propose an information processing apparatus, an information processing method, and an information processing program capable of reproducing content according to various requests of a user.

かかる課題を解決するため本発明においては、表示部にコンテンツを表示させる表示制御部と、コンテンツの所定時間間隔毎に対応付けて、ユーザ操作に応じた、コンテンツに含まれる人物に対応する属性情報の段階的な設定を行う属性情報設定部とを有し、属性情報は、コンテンツに含まれる複数の人物のうち、ユーザにより登録された人物を注目する人物として指定する為の情報であり、登録された複数の人物のうちの一人を注目する人物として指定する為の属性情報と、登録された複数の人物を注目する人物として指定する為の属性情報とがあり、表示制御部が、表示部に対して、コンテンツとともに、属性情報の時間間隔毎の段階的な変化を示す表示をさせ、属性情報設定部が、コンテンツの所定時間間隔に対する属性情報の設定を、当該コンテンツの当該所定時間間隔の部分が表示部に表示されている時点よりも後の時点におけるユーザ操作に基づいて行うようにした。また、表示部に動画像を表示させる表示制御部と、動画像が記録された後、当該動画像の所定時間間隔毎に対応付けて、ユーザ操作に応じた、動画像に含まれる人物に対応する属性情報の段階的な設定を行う属性情報設定部とを有し、属性情報は、動画像に含まれる複数の人物のうち、ユーザにより登録された人物を注目する人物として指定する為の情報であり、登録された複数の人物のうちの一人を注目する人物として指定する為の属性情報と、登録された複数の人物を注目する人物として指定する為の属性情報とがあり、表示制御部が、表示部に対して、動画像とともに、属性情報の時間間隔毎の段階的な変化を示すグラフを表示させ、属性情報設定部が、コンテンツの所定時間間隔に対する属性情報の設定を、当該コンテンツの当該所定時間間隔の部分が表示部に表示されている時点よりも後の時点におけるユーザ操作に基づいて行うようにした。 In order to solve such a problem, in the present invention, a display control unit that displays content on the display unit, and attribute information corresponding to a person included in the content corresponding to a user operation in association with the content at predetermined time intervals An attribute information setting unit that performs stepwise setting, and the attribute information is information for designating a person registered by the user as a person to be noticed from among a plurality of persons included in the content. Attribute information for designating one of the plurality of persons as a person to be noticed and attribute information for designating a plurality of registered persons as a person to be noticed. Display the stepwise change of the attribute information for each time interval together with the content, and the attribute information setting unit sets the attribute information for the predetermined time interval of the content. The predetermined time interval portion of the content is carried out based on a user operation at a later point in time than the time that is displayed on the display unit. In addition, a display control unit that displays a moving image on the display unit, and after a moving image is recorded, corresponds to a person included in the moving image corresponding to a user operation in association with a predetermined time interval of the moving image. An attribute information setting unit that performs stepwise setting of attribute information to be performed, and the attribute information is information for designating a person registered by the user as a person to be noted among a plurality of persons included in the moving image And there is attribute information for designating one of the plurality of registered persons as a person to be noticed and attribute information for designating the plurality of registered persons as a person to be noticed. However, the display unit displays a moving image and a graph showing a stepwise change of the attribute information for each time interval, and the attribute information setting unit sets the attribute information for the predetermined time interval of the content. Concerned place Portion of the time interval is carried out based on a user operation at a later point in time than the time that is displayed on the display unit.

このように、コンテンツの所定時間間隔ごとに属性情報を段階的に設定しておくことで、再生時に、コンテンツから任意の属性情報が対応付けられている部分を抽出して再生部に再生させることができる。 In this way, by setting the attribute information step by step for each predetermined time interval of the content, at the time of playback, the portion associated with any attribute information is extracted from the content and played back by the playback unit Can do.

また、コンテンツとともに、属性情報の時間間隔毎の段階的な変化を示す表示をすることで、ユーザが、コンテンツを見ながら、属性情報の時間間隔毎の変化を容易に確認することができる。 Further, by displaying the step- by- step change of the attribute information for each time interval together with the content, the user can easily check the change of the attribute information for each time interval while viewing the content.

これにより、再生時に、コンテンツを見ながら確認した所望の属性情報をユーザに指定させるだけで、コンテンツから所望部分を抽出して再生させることができ、またこの指定を変えるだけで、抽出する部分を他の所望部分に変えて再生させることができる。   As a result, at the time of playback, it is possible to extract and play a desired portion from the content simply by allowing the user to specify desired attribute information confirmed while viewing the content. It can be reproduced by changing to another desired part.

本発明によれば、再生時に、ユーザに所望の属性情報を指定させるだけで、コンテンツから所望部分を抽出して再生させることができ、またこの指定を変えるだけで、抽出する部分を他の所望部分に変えて再生させることができ、かくして、ユーザの多様な要求に応じたコンテンツの再生を可能とする情報処理装置、情報処理方法及び情報処理プログラムを実現することができる。   According to the present invention, at the time of playback, it is possible to extract a desired portion from the content and reproduce it by simply causing the user to specify desired attribute information. Thus, it is possible to realize an information processing apparatus, an information processing method, and an information processing program that can be reproduced in place of each other, thus enabling content reproduction according to various requests of the user.

実施の形態の概要となる情報処理装置の機能構成を示すブロック図である。It is a block diagram which shows the function structure of the information processing apparatus used as the outline | summary of embodiment. デジタルカメラのハードウェア構成を示す略線図である。It is a basic diagram which shows the hardware constitutions of a digital camera. 第1の実施の形態におけるお気に入り度合いの設定の説明に供する略線図である。It is a basic diagram with which it uses for description of the setting of the favorite degree in 1st Embodiment. 第1の実施の形態におけるお気に入り度合い設定処理手順を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the favorite degree setting process sequence in 1st Embodiment. 第1の実施の形態におけるお気に入り再生の説明に供する略線図である。It is a basic diagram with which it uses for description of favorite reproduction | regeneration in 1st Embodiment. 第1の実施の形態におけるお気に入り再生処理手順を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the favorite reproduction | regeneration processing procedure in 1st Embodiment. 第2の実施の形態における人物属性の設定の説明に供する略線図である。It is a basic diagram with which it uses for description of the setting of a person attribute in 2nd Embodiment. 第2の実施の形態における人物属性に基づいた再生(1)の説明に供する略線図である。It is a basic diagram with which it uses for description of reproduction | regeneration (1) based on the person attribute in 2nd Embodiment. 第2の実施の形態における人物属性に基づいた再生(2)の説明に供する略線図である。It is a basic diagram with which it uses for description of reproduction | regeneration (2) based on the person attribute in 2nd Embodiment. 他の実施の形態におけるお気に入り度合いの設定(1)の説明に供する略線図である。It is a basic diagram with which it uses for description of the setting (1) of the favorite degree in other embodiment. 他の実施の形態におけるお気に入り度合いの設定(2)の説明に供する略線図である。It is a basic diagram with which it uses for description of the setting (2) of the favorite degree in other embodiment. 他の実施の形態におけるお気に入り度合いの設定(3)の説明に供する略線図である。It is a basic diagram with which it uses for description of the setting (3) of the favorite degree in other embodiment. 他の実施の形態におけるお気に入り度合いの修正の説明に供する略線図である。It is a basic diagram with which it uses for description of correction of the favorite degree in other embodiment. 他の実施の形態における属性情報の設定の説明に供する略線図である。It is a basic diagram with which it uses for description of the setting of the attribute information in other embodiment.

以下、発明を実施するための最良の形態(以下実施の形態とする)について説明する。なお、説明は以下の順序で行う。
1.第1の実施の形態(お気に入り度合いを設定する例)
2.第2の実施の形態(人物属性を設定する例)
3.他の実施の形態
Hereinafter, the best mode for carrying out the invention (hereinafter referred to as an embodiment) will be described. The description will be given in the following order.
1. 1st Embodiment (example which sets a favorite degree)
2. Second embodiment (example of setting a person attribute)
3. Other embodiments

<1.第1の実施の形態>
[1−1.第1の実施の形態の概要]
まず、第1の実施の形態の概要を説明する。因みにこの概要を説明した後、第1の実施の形態の具体例の説明に移る。
<1. First Embodiment>
[1-1. Outline of First Embodiment]
First, the outline of the first embodiment will be described. By the way, after explaining this outline, it moves to the explanation of a specific example of the first embodiment.

図1において1は、第1の実施の形態の概要となる情報処理装置の機能構成を示す。この情報処理装置1は、制御部2を有している。制御部2は、連続的な複数の属性情報のうちユーザ入力に基づいて指定される属性情報を、記憶媒体3に記憶されるコンテンツの所定時間間隔ごとに対応付けて、記憶媒体3に記憶させるようになされている。   In FIG. 1, reference numeral 1 denotes a functional configuration of an information processing apparatus that is an outline of the first embodiment. The information processing apparatus 1 has a control unit 2. The control unit 2 causes the storage medium 3 to store attribute information specified based on user input among a plurality of continuous attribute information in association with a predetermined time interval of content stored in the storage medium 3. It is made like that.

このような構成により、情報処理装置1は、コンテンツから任意の属性情報が対応付けられている部分を抽出して再生部に再生させることができる。また、情報処理装置1は、複数の属性情報に連続性を持たせることで、再生時に、任意の属性情報が対応付けられている部分に限らず、任意の範囲の属性情報が対応付けられている部分を抽出して再生部に再生させることもできる。   With such a configuration, the information processing apparatus 1 can extract a portion associated with arbitrary attribute information from the content and cause the reproduction unit to reproduce the portion. In addition, the information processing apparatus 1 provides continuity to a plurality of attribute information, so that at the time of reproduction, not only a portion to which arbitrary attribute information is associated, but also attribute information in an arbitrary range is associated. It is also possible to extract the portion that is present and cause the playback unit to play it.

これにより、情報処理装置1は、再生時に、ユーザに所望の属性情報又は所望の範囲を指定させるだけで、コンテンツから所望部分を抽出して再生させることができ、またこの指定を変えるだけで、抽出する部分を他の所望部分に変えて再生させることができる。かくして、情報処理装置1は、ユーザの多様な要求に応じたコンテンツの再生を再生部に行わせることができる。   Thereby, the information processing apparatus 1 can extract and reproduce a desired portion from the content only by allowing the user to specify desired attribute information or a desired range at the time of reproduction. The part to be extracted can be changed to another desired part and reproduced. Thus, the information processing apparatus 1 can cause the playback unit to play back content in response to various requests from the user.

またこのような構成を基本構成とする情報処理装置1に対して、以下のような構成を追加してもよい。   Further, the following configuration may be added to the information processing apparatus 1 having such a configuration as a basic configuration.

すなわち、この情報処理装置1においては、記憶媒体3に記憶されるコンテンツを出力する出力部4とユーザ入力を受け付ける受付部5とを有していてもよい。この場合、制御部2は、出力部4にコンテンツを出力させながら、受付部5が受け付けたユーザ入力に基づいて指定される属性情報を、当該コンテンツの所定時間間隔ごとに対応づけて、記憶媒体3に記憶させるようにしてもよい。   That is, the information processing apparatus 1 may include an output unit 4 that outputs content stored in the storage medium 3 and a reception unit 5 that receives user input. In this case, the control unit 2 causes the output unit 4 to output the content, associates the attribute information specified based on the user input received by the receiving unit 5 for each predetermined time interval of the content, and 3 may be stored.

さらにこの情報処理装置1では、受付部5が表示部6の表示面に対するタッチ操作をユーザ入力として受け付けるようにしてもよい。そして制御部2が、当該タッチ操作に応じて基づいて指定される属性情報を、コンテンツの所定時間間隔ごとに対応付けて記憶媒体3に記憶させるようにしてもよい。   Further, in the information processing apparatus 1, the receiving unit 5 may receive a touch operation on the display surface of the display unit 6 as a user input. Then, the control unit 2 may store the attribute information specified based on the touch operation in the storage medium 3 in association with each predetermined time interval of the content.

さらにこの情報処理装置1においては、コンテンツの再生時に、コンテンツの所定時間間隔ごとに対応付けられた属性情報に基づいて、ユーザ入力に基づいて指定された属性情報に対応付けられている部分のみを再生する再生部7を有していてもよい。   Further, in the information processing apparatus 1, only the portion associated with the attribute information designated based on the user input is reproduced based on the attribute information associated with each predetermined time interval of the content when the content is reproduced. You may have the reproducing part 7 to reproduce | regenerate.

さらにこの情報処理装置1においては、撮像部8を有していてもよく、出力部4は、撮像部8により撮像された動画像をコンテンツとして出力するようにしてもよい。   Further, the information processing apparatus 1 may include the imaging unit 8, and the output unit 4 may output a moving image captured by the imaging unit 8 as content.

このような機能構成でなる情報処理装置1の具体例について、以下、詳しく説明する。   A specific example of the information processing apparatus 1 having such a functional configuration will be described in detail below.

[1−2.デジタルカメラのハードウェア構成]
図2において、10は全体として上述した情報処理装置1の具体例であるデジタルカメラを示す。
[1-2. Hardware configuration of digital camera]
In FIG. 2, reference numeral 10 denotes a digital camera which is a specific example of the information processing apparatus 1 described above.

デジタルカメラ10は、CPU11がROM12に書き込まれたプログラムをRAM13にロードして実行することで各種処理を実行すると共に、タッチパネル14や操作部15からの入力信号に応じて各部を制御する。因みに、CPUは、Central Processing Unitの略である。また、ROMは、Read Only Memoryの略、RAMは、Random Access Memoryの略である。   In the digital camera 10, the CPU 11 loads the program written in the ROM 12 to the RAM 13 and executes the program, and executes various processes, and controls each unit according to input signals from the touch panel 14 and the operation unit 15. Incidentally, CPU is an abbreviation for Central Processing Unit. ROM is an abbreviation for Read Only Memory, and RAM is an abbreviation for Random Access Memory.

タッチパネル14は、液晶ディスプレイ16の表示面上に設けられており、タッチパネル14上の任意の位置が指でタッチされると、タッチされた位置(すなわちタッチ位置)の座標を検出する。そしてタッチパネル14は、このタッチ位置の座標に応じた入力信号をCPU11に送るようになっている。   The touch panel 14 is provided on the display surface of the liquid crystal display 16. When an arbitrary position on the touch panel 14 is touched with a finger, the touched position (that is, the touch position) is detected. The touch panel 14 sends an input signal corresponding to the coordinates of the touch position to the CPU 11.

尚タッチパネル14は、タッチされ続けている間は一定時間ごとにタッチ位置の座標を示す入力信号をCPU11に送るようになっている。   The touch panel 14 sends an input signal indicating the coordinates of the touch position to the CPU 11 at regular intervals while the touch panel 14 continues to be touched.

CPU11は、タッチパネル14から送られてくる入力信号からタッチ位置の座標を取得すると、この座標を液晶ディスプレイ16の画面座標に変換することで、液晶ディスプレイ16の画面上のどの位置がタッチされたのかを認識する。   When the CPU 11 obtains the coordinates of the touch position from the input signal sent from the touch panel 14, it converts which position on the screen of the liquid crystal display 16 is touched by converting the coordinates into the screen coordinates of the liquid crystal display 16. Recognize

またCPU11は、一定時間ごとに送られてくる入力信号より取得したタッチ位置の座標を、順次液晶ディスプレイ16の画面座標に変換していくことで、タッチ位置がどのように動いたのか(すなわちタッチ位置の軌跡)を認識する。   In addition, the CPU 11 sequentially converts the coordinates of the touch position acquired from the input signal sent at regular intervals into the screen coordinates of the liquid crystal display 16 to determine how the touch position has moved (that is, the touch position). Recognize the position trajectory.

そしてCPU11は、このようにして認識したタッチ位置やその軌跡に基づいて、画面上のどの位置に対して、どのようなタッチ操作が行われたのかを判別する。   Then, the CPU 11 determines what touch operation is performed on which position on the screen based on the touch position recognized in this way and its locus.

操作部15は、ズームレバー(TELE/WIDE)、撮影ボタン、電源ボタン、モード切替ボタンなどからなるデバイスであり、これらの押下操作に応じた入力信号をCPU11に送る。   The operation unit 15 is a device including a zoom lever (TELE / WIDE), a photographing button, a power button, a mode switching button, and the like, and sends an input signal corresponding to these pressing operations to the CPU 11.

CPU11は、操作部15から送られてくる入力信号に基づいて、ズームレバー、撮影ボタン、電源ボタン及びモード切替ボタンのどれが操作されたかを判別する。   Based on the input signal sent from the operation unit 15, the CPU 11 determines which of the zoom lever, shooting button, power button, and mode switching button has been operated.

実際CPU11は、操作部15のモード切替ボタンに対する操作により動作モードを撮影モードへ切り替えるよう指示されると、動作モードを撮影モードに切り替える。   In fact, when the CPU 11 is instructed to switch the operation mode to the shooting mode by operating the mode switching button of the operation unit 15, the CPU 11 switches the operation mode to the shooting mode.

撮影モードに移行すると、CPU11は、モータドライバ17を制御して、アクチュエータ18を駆動させることで、レンズ部19を、デジタルカメラ10の筐体から露出させる。またCPU11は、アクチュエータ18を駆動させることで、レンズ部19の絞りを調整したり、フォーカスレンズを移動させたりする。   When shifting to the shooting mode, the CPU 11 controls the motor driver 17 to drive the actuator 18 to expose the lens unit 19 from the housing of the digital camera 10. Further, the CPU 11 drives the actuator 18 to adjust the aperture of the lens unit 19 or move the focus lens.

またこのとき、CPU11は、タイミングジェネレータ(TG)20を制御して、タイミング信号をCCD(Charge Coupled Device)などでなる撮像素子21に供給する。撮像素子21は、このタイミング信号に基づいて動作することにより、レンズ部19を介して取り込まれた被写体からの光を電気信号に変換(すなわち光電変換)して、アナログの画像信号を得、アナログデジタル変換部(これをA/D変換部とも呼ぶ)22に供給する。   At this time, the CPU 11 controls the timing generator (TG) 20 and supplies a timing signal to the image sensor 21 formed of a CCD (Charge Coupled Device) or the like. The image sensor 21 operates based on the timing signal to convert light from the subject captured via the lens unit 19 into an electrical signal (that is, photoelectric conversion) to obtain an analog image signal. This is supplied to a digital conversion unit (also referred to as an A / D conversion unit) 22.

A/D変換部22は、CPU11の制御のもと、送られてきたアナログ画像信号をアナログデジタル変換(A/D変換)することでデジタル画像信号を得、これをデジタル画像信号処理部23に供給する。   Under the control of the CPU 11, the A / D conversion unit 22 performs analog-digital conversion (A / D conversion) on the analog image signal that has been sent to obtain a digital image signal, which is then sent to the digital image signal processing unit 23. Supply.

デジタル画像信号処理部23は、CPU11の制御のもと、送られてきたデジタル画像信号に対してデジタル信号処理(ノイズ除去等)を施した後、液晶ディスプレイ16に供給する。この結果、液晶ディスプレイ16には、被写体の画像がモニタリング画像として表示される。このようにしてデジタルカメラ10は、撮影者に被写体を確認させる。   The digital image signal processing unit 23 performs digital signal processing (noise removal or the like) on the transmitted digital image signal under the control of the CPU 11 and then supplies the digital image signal to the liquid crystal display 16. As a result, an image of the subject is displayed on the liquid crystal display 16 as a monitoring image. In this way, the digital camera 10 allows the photographer to check the subject.

またこのとき、デジタル画像信号処理部23は、CPU11の制御のもと、アイコンやボタンなどからなるグラフィクス信号を生成し、これをデジタル画像信号に重畳する。この結果、液晶ディスプレイ16には、モニタリング画像と共にアイコンやボタンなどが表示される。   At this time, the digital image signal processing unit 23 generates a graphics signal including icons and buttons under the control of the CPU 11 and superimposes the graphics signal on the digital image signal. As a result, icons, buttons, and the like are displayed on the liquid crystal display 16 together with the monitoring image.

ここで、操作部15の撮影ボタンが押下されたとする。するとCPU11は、撮影ボタンの押下に応じて操作部15から送られてくる入力信号により、撮影ボタンが押下されたと認識して、動画像の記録を開始する。   Here, it is assumed that the photographing button of the operation unit 15 is pressed. Then, the CPU 11 recognizes that the shooting button is pressed by an input signal sent from the operation unit 15 in response to the pressing of the shooting button, and starts recording a moving image.

すなわちデジタル画像信号処理部23は、CPU11の制御のもと、A/D変換部22から送られてきたデジタル画像信号を所定の動画フォーマットで圧縮することで動画データを生成していく。   That is, the digital image signal processing unit 23 generates moving image data by compressing the digital image signal transmitted from the A / D conversion unit 22 in a predetermined moving image format under the control of the CPU 11.

またマイクロホン24は、集音した音声を電気信号に変換してアナログ音声信号を得、A/D変換部25に供給する。A/D変換部25は、CPU11の制御のもと、送られてきたアナログ音声信号をA/D変換することでデジタル音声信号を得、これをデジタル音声信号処理部26に供給する。   The microphone 24 converts the collected sound into an electric signal to obtain an analog sound signal, and supplies the analog sound signal to the A / D converter 25. Under the control of the CPU 11, the A / D conversion unit 25 performs A / D conversion on the sent analog audio signal to obtain a digital audio signal, and supplies this to the digital audio signal processing unit 26.

デジタル音声信号処理部26は、CPU11の制御のもと、A/D変換部25から送られてきたデジタル音声信号を所定の音声フォーマットで圧縮することで、音声データを生成していく。   Under the control of the CPU 11, the digital audio signal processing unit 26 generates audio data by compressing the digital audio signal sent from the A / D conversion unit 25 in a predetermined audio format.

そしてCPU11は、この音声データと、デジタル画像信号処理部23で生成された動画データとを多重化することで動画音声データを生成し、記憶部27に記憶していく。   Then, the CPU 11 multiplexes the audio data and the moving image data generated by the digital image signal processing unit 23 to generate moving image audio data and stores it in the storage unit 27.

その後、再び撮影ボタンが押下されると、CPU11は、動画像の記録を終了する。すなわちCPU11は、撮影開始から終了までの一連の動画音声データの記録を完了する。そしてCPU11は、この動画音声データにヘッダ情報を付与することで動画像ファイルとして記憶部27に記憶させる。このようにしてデジタルカメラ10は、動画像を記録する。   Thereafter, when the shooting button is pressed again, the CPU 11 ends the recording of the moving image. That is, the CPU 11 completes the recording of a series of moving image audio data from the start to the end of shooting. And CPU11 is made to memorize | store in the memory | storage part 27 as a moving image file by giving header information to this moving image audio data. In this way, the digital camera 10 records a moving image.

尚、動画像ファイルのヘッダ情報には、例えば動画像ファイルのファイル名、記録日時(すなわち撮影日時)、動画像の長さ(すなわち時間長)などが含まれるようになっている。   The header information of the moving image file includes, for example, the file name of the moving image file, the recording date and time (that is, the shooting date and time), the length of the moving image (that is, the time length), and the like.

またCPU11は、記憶部27に記憶させた全動画像ファイルを、記憶部27に記憶されている1つの動画像管理ファイルで管理するようになっている。   Further, the CPU 11 manages all moving image files stored in the storage unit 27 with one moving image management file stored in the storage unit 27.

この動画像管理ファイルには、記憶部27に記憶されている動画像ファイルごとに、ファイル名、撮影日時、時間長、お気に入り度合い設定情報(後述する)などが管理情報として登録されている。   In this moving image management file, for each moving image file stored in the storage unit 27, a file name, shooting date / time, time length, favorite degree setting information (described later), and the like are registered as management information.

すなわちCPU11は、動画像ファイルを記憶部27に記憶させるごとに(すなわち動画像を記録するごとに)、記憶させた動画像ファイルの管理情報を、動画像管理ファイルに追加登録するようになっている。   That is, every time a moving image file is stored in the storage unit 27 (that is, every time a moving image is recorded), the CPU 11 additionally registers the stored moving image file management information in the moving image management file. Yes.

尚、この動画像管理ファイルに登録されている各動画像ファイルの管理情報と、記憶部27に記憶されている各動画像ファイルとは、ファイル名によって関連づけられる。   The management information of each moving image file registered in the moving image management file and each moving image file stored in the storage unit 27 are associated by a file name.

因みに、記憶部27は、例えば数ギガバイト〜数十ギガバイト程度の不揮発性メモリであり、デジタルカメラ10に予め内蔵された記憶媒体であってもよいし、メモリカードのような形態でデジタルカメラ10に着脱可能な記憶媒体であってもよい。   Incidentally, the storage unit 27 is, for example, a non-volatile memory of about several gigabytes to several tens of gigabytes, and may be a storage medium built in the digital camera 10 in advance, or may be stored in the digital camera 10 in the form of a memory card. It may be a removable storage medium.

一方、操作部15を介して、動作モードを再生モードに切り替えるよう指示されると、CPU11は、動作モードを再生モードに切り替える。   On the other hand, when the operation unit 15 is instructed to switch the operation mode to the reproduction mode, the CPU 11 switches the operation mode to the reproduction mode.

CPU11は、例えばタッチパネル14を介して指定された動画像ファイルを記憶部27から読み出し、この動画像ファイルから動画データと音声データとを分離する。そしてCPU11は、この動画データをデジタル画像信号処理部23に供給し、音声データをデジタル音声信号処理部26に供給する。   For example, the CPU 11 reads a moving image file designated via the touch panel 14 from the storage unit 27, and separates moving image data and audio data from the moving image file. Then, the CPU 11 supplies the moving image data to the digital image signal processing unit 23 and supplies the audio data to the digital audio signal processing unit 26.

デジタル画像信号処理部23は、CPU11の制御のもと、送られてきた動画データを圧縮されたときと同一の動画フォーマットで伸張することで、圧縮前の画像信号を得、これを液晶ディスプレイ16に供給する。この結果、液晶ディスプレイ16には、選択された動画像ファイルに対応する動画像(再生画像)が表示される。   Under the control of the CPU 11, the digital image signal processing unit 23 expands the received moving image data in the same moving image format as when it was compressed, thereby obtaining an uncompressed image signal, which is obtained from the liquid crystal display 16. To supply. As a result, a moving image (reproduced image) corresponding to the selected moving image file is displayed on the liquid crystal display 16.

またこのとき、デジタル画像信号処理部23は、CPU11の制御のもと、アイコンやボタンなどからなるグラフィクス信号を生成し、これをデジタル画像信号に重畳する。この結果、液晶ディスプレイ16には、再生画像と共にアイコンやボタンなどが表示される。   At this time, the digital image signal processing unit 23 generates a graphics signal including icons and buttons under the control of the CPU 11 and superimposes the graphics signal on the digital image signal. As a result, icons, buttons and the like are displayed on the liquid crystal display 16 together with the reproduced image.

またデジタル音声信号処理部26は、CPU11の制御のもと、送られてきた音声データを圧縮されたときと同一の音声フォーマットで伸張することで圧縮前の音声信号を得、スピーカ28に供給する。この結果、選択された動画像ファイルに対応する音声がスピーカ28から出力される。このようにしてデジタルカメラ10は、動画像及び音声を再生する。   The digital audio signal processing unit 26 obtains an uncompressed audio signal by expanding the received audio data in the same audio format as when compressed, under the control of the CPU 11, and supplies the audio signal to the speaker 28. . As a result, sound corresponding to the selected moving image file is output from the speaker 28. In this way, the digital camera 10 reproduces a moving image and sound.

尚、このデジタルカメラ10のCPU11が、上述した情報処理装置1の制御部2に相当するハードウェアである。またデジタルカメラ10の記憶部27が、上述した情報処理装置1の記憶媒体3に相当するハードウェアである。さらにデジタルカメラ10の液晶ディスプレイ16が、上述した情報処理装置1の出力部4及び表示部6に相当するハードウェアである。さらにデジタルカメラ10のCPU11及びタッチパネル14が、上述した情報処理装置1の受付部5に相当するハードウェアである。さらにデジタルカメラ10のデジタル画像信号処理部23が、上述した情報処理装置1の再生部7に相当するハードウェアである。さらにデジタルカメラ10のレンズ部19及び撮像素子21が、上述した情報処理装置1の撮像部8に相当するハードウェアである。   The CPU 11 of the digital camera 10 is hardware corresponding to the control unit 2 of the information processing apparatus 1 described above. The storage unit 27 of the digital camera 10 is hardware corresponding to the storage medium 3 of the information processing apparatus 1 described above. Further, the liquid crystal display 16 of the digital camera 10 is hardware corresponding to the output unit 4 and the display unit 6 of the information processing apparatus 1 described above. Furthermore, the CPU 11 and the touch panel 14 of the digital camera 10 are hardware corresponding to the reception unit 5 of the information processing apparatus 1 described above. Further, the digital image signal processing unit 23 of the digital camera 10 is hardware corresponding to the reproduction unit 7 of the information processing apparatus 1 described above. Furthermore, the lens unit 19 and the imaging device 21 of the digital camera 10 are hardware corresponding to the imaging unit 8 of the information processing apparatus 1 described above.

[1−3.お気に入り度合いの設定]
ところでデジタルカメラ10では、動画像の記録中に、動画像の所定時間(例えば1秒)間隔ごとに対してお気に入り度合いを設定することができるようになされている。お気に入り度合いとはユーザがどのくらい気に入っているかを示すものであり、タッチパネル14を介してユーザが指定できるようになされている。
[1-3. Favorite level setting]
By the way, in the digital camera 10, during recording of a moving image, a favorite degree can be set for every predetermined time (for example, 1 second) interval of the moving image. The degree of favorite indicates how much the user likes, and can be specified by the user via the touch panel 14.

以下、このお気に入り度合いの設定について詳しく説明する。CPU11は、動作モードを撮影モードに切り替えると、図3(A)に示すようにモニタリング画像Mpを液晶ディスプレイ16に表示させる。   Hereinafter, the setting of the favorite degree will be described in detail. When the operation mode is switched to the shooting mode, the CPU 11 displays the monitoring image Mp on the liquid crystal display 16 as shown in FIG.

そしてCPU11は、ユーザにより撮影ボタンが押下されると動画像の記録を開始する。これと共にCPU11は、モニタリング画像Mpに重ねて、お気に入り度合いをユーザに指定させるためのスライダーバーS1を細長い長方形状で長軸が上下方向となるように表示させる。   Then, the CPU 11 starts recording a moving image when the user presses the shooting button. At the same time, the CPU 11 overlays the monitoring image Mp and displays a slider bar S1 for allowing the user to designate the favorite degree so that the long axis is in the vertical direction.

スライダーバーS1には、上下に移動可能なスライダーSt1が設けられている。CPU11は、タッチパネル14を介してユーザによりスライダーSt1をタッチされると、ユーザのドラッグ操作(つまり指をタッチさせたまま移動させる操作)に応じて、スライダーSt1を上下に移動させる。   The slider bar S1 is provided with a slider St1 that can move up and down. When the user touches the slider St1 via the touch panel 14, the CPU 11 moves the slider St1 up and down in accordance with the user's drag operation (that is, the operation of moving the finger while touching it).

スライダーバーS1は、ユーザがタッチパネル14を介してスライダーSt1を移動させることで、お気に入り度合いを例えば「+3」から「−3」の範囲内で例えば「0.1」きざみで指定できるようになされている。   The slider bar S1 is configured so that the user can specify the degree of favorite within the range of “+3” to “−3”, for example, in increments of “0.1” by moving the slider St1 via the touch panel 14. Yes.

またスライダーバーS1には、「+3」から「−3」まで「1」きざみの目盛りが表示されており、スライダーSt1の位置によってユーザがお気に入り度合いをどの値に指定しているかがわかるようになされている。   The slider bar S1 displays a scale of “1” increments from “+3” to “−3”, so that the user can know which value the favorite degree is designated by the position of the slider St1. ing.

尚お気に入り度合いは、値が大きいほどお気に入り度合いが高いことを示し、値が小さいほどお気に入り度合いが低いことを示し、「0」はお気に入り度合いが高くも低くもない(つまりニュートラル)であることを示す。   The degree of favorite indicates that the larger the value is, the higher the degree of favorite is. The smaller the value is, the lower the degree of favorite is. “0” indicates that the degree of favorite is neither high nor low (that is, neutral). .

CPU11は、スライダーSt1のスライダーバーS1上における位置に基づいて、記録中の動画像の所定時間間隔ごとに対するお気に入り度合いを設定する。   Based on the position of the slider St1 on the slider bar S1, the CPU 11 sets a favorite degree for each predetermined time interval of the moving image being recorded.

例えばCPU11は、動画像の記録を開始した時点では、デフォルトとして、図3(A)に示すように、スライダーSt1を例えばスライダーバーS1の目盛り「0」の位置に表示させる。そしてCPU11は、動画像の記録を開始した時点から所定時間間隔の動画像に対するお気に入り度合いを「0」と設定する。   For example, the CPU 11 displays the slider St1 at, for example, the position of the scale “0” on the slider bar S1, as shown in FIG. Then, the CPU 11 sets “0” as the favorite degree for the moving image at a predetermined time interval from the time when the recording of the moving image is started.

つまりCPU11は、スライダーSt1が例えばスライダーバーS1の目盛り「0」の位置にされている間は、動画像の所定時間間隔ごとにお気に入り度合いを「0」と設定し続ける。   That is, the CPU 11 continues to set the favorite degree to “0” at every predetermined time interval of the moving image while the slider St1 is at the position of the scale “0” of the slider bar S1, for example.

またCPU11は、図3(B)に示すように、スライダーSt1が例えばスライダーバーS1の目盛り「+2」の位置に移動されたことを認識すると、ユーザによりお気に入り度合いが「+2」と指定されたことを認識する。そしてCPU11は、スライダーが移動した時点から所定時間間隔の動画像に対するお気に入り度合いを「+2」と設定する。   Further, as shown in FIG. 3B, when the CPU 11 recognizes that the slider St1 has been moved to the position of the scale “+2” of the slider bar S1, for example, the user has designated the favorite degree as “+2”. Recognize Then, the CPU 11 sets “+2” as the favorite degree for the moving image at a predetermined time interval from the time when the slider moves.

つまりCPU11は、スライダーSt1が例えばスライダーバーS1の目盛り「2」の位置にされている間は、動画像の所定時間間隔ごとにお気に入り度合いを「2」と設定し続ける。   That is, the CPU 11 continues to set the favorite degree to “2” at every predetermined time interval of the moving image while the slider St1 is at the position of the scale “2” of the slider bar S1, for example.

因みにここでは、お気に入り度合いの範囲を「+3」〜「−3」としたが、この範囲を可変としてユーザの要求に応じて別途設定できるようにしてもよい。   Incidentally, here, the range of the favorite degree is set to “+3” to “−3”, but this range may be made variable so that it can be set separately according to the user's request.

またCPU11は、動画像の記録を開始すると共に、お気に入り度合いの所定時間間隔ごとの変化を示すグラフGL1を、スライダーバーS1と共にモニタリング画像Mpに重ねて表示させる。   Further, the CPU 11 starts recording a moving image and displays a graph GL1 indicating a change in the favorite degree at predetermined time intervals so as to be superimposed on the monitoring image Mp together with the slider bar S1.

グラフGL1は縦軸がお気に入り度合いを表し、横軸が動画像の記録を開始してからの経過時間を表す。縦軸の一目盛りは例えばお気に入り度合いを「1」の単位で表し、横軸の一目盛りは例えば5秒を表す。また横軸の右端が現時点を表し、左端は、現時点から例えば3分前を表す。   In the graph GL1, the vertical axis represents the favorite degree, and the horizontal axis represents the elapsed time from the start of moving image recording. One scale on the vertical axis represents, for example, a favorite degree in units of “1”, and one scale on the horizontal axis represents, for example, 5 seconds. The right end of the horizontal axis represents the current time, and the left end represents, for example, 3 minutes before the current time.

そしてグラフGL1では、設定されたお気に入り度合いの変化を太線L1により示す。CPU11は、常に右端が現時点を示すように、所定時間が経過するごとに、グラフGL1を左へスクロールしていく。   In the graph GL1, a change in the set favorite degree is indicated by a thick line L1. The CPU 11 scrolls the graph GL1 to the left whenever a predetermined time elapses so that the right end always indicates the current time.

例えば図3(A)には、動画像の記録が開始された時点におけるグラフGL1を示す。CPU11は、動画像の記録が開始された時点ではそれまでにユーザによりお気に入り度合いが指定されていないため、グラフGL1はお気に入り度合いが「0」のままであることを示している。   For example, FIG. 3A shows a graph GL1 at the time when recording of a moving image is started. The CPU 11 indicates that the favorite degree remains “0” because the user has not designated the favorite degree at the time when recording of the moving image is started.

また図3(B)に、動画像の記録が開始されてから例えば3分30秒経過後の時点におけるグラフGL1の例を示す。このとき表示されているグラフGL1には、経過時間が0分30秒から3分30秒までのお気に入り度合いの所定時間間隔ごとの変化が示されている。   Further, FIG. 3B shows an example of the graph GL1 at a point in time, for example, after 3 minutes and 30 seconds have elapsed since the start of moving image recording. In the graph GL1 displayed at this time, a change in the favorite degree at every predetermined time interval from 0 minutes 30 seconds to 3 minutes 30 seconds is shown.

尚図3(B)は、スライダーSt1がスライダーバーS1の目盛り「+2」の位置にある状態、つまりユーザがお気に入り度合いを「+2」に指定している状態である。したがってCPU11はこのときのお気に入り度合いを「+2」と設定し、このとき表示させているグラフGL1の太線L1の右端がお気に入り度合い「+2」を示すように表示させている。   FIG. 3B shows a state where the slider St1 is at the position of the scale “+2” of the slider bar S1, that is, a state where the user designates the favorite degree as “+2”. Therefore, the CPU 11 sets the favorite degree at this time as “+2”, and displays the favorite degree “+2” at the right end of the thick line L1 of the graph GL1 displayed at this time.

このようにCPU11は、動画像を記録しながら、スライダーSt1の操作に応じて、記録中の動画像に対して所定時間間隔ごとにお気に入り度合いをリアルタイムで設定するようになされている。またCPU11は、この設定に応じて、お気に入り度合いの所定時間間隔ごとの変化をリアルタイムで液晶ディスプレイ16に表示させるようになされている。   As described above, the CPU 11 sets the favorite degree in real time at predetermined time intervals for the moving image being recorded in accordance with the operation of the slider St1 while recording the moving image. Further, the CPU 11 is configured to display the change of the favorite degree at predetermined time intervals on the liquid crystal display 16 in real time according to this setting.

[1−4.お気に入り度合い設定処理手順]
次に、上述したお気に入り度合いの設定における動作処理手順(以下、これをお気に入り度合い設定処理手順とも呼ぶ)RT1を、図4を用いて説明する。このお気に入り度合い設定処理手順RT1は、デジタルカメラ10のCPU11が、ROM12に格納されたプログラムに従って実行する処理手順である。
[1-4. Favorite degree setting process]
Next, an operation processing procedure (hereinafter referred to as a favorite degree setting processing procedure) RT1 in setting the favorite degree described above will be described with reference to FIG. This favorite degree setting processing procedure RT1 is a processing procedure executed by the CPU 11 of the digital camera 10 in accordance with a program stored in the ROM 12.

CPU11は、ユーザにより撮影ボタンが押下されたことを認識するとお気に入り度合い設定処理手順RT1を開始して、ステップSP1に移る。   When the CPU 11 recognizes that the user has pressed the shooting button, the CPU 11 starts the favorite degree setting processing procedure RT1, and proceeds to step SP1.

ステップSP1においてCPU11は、動画像の記録を開始し、モニタリング画像Mpに重ねてスライダーバーS1を表示させて次のステップSP2に移る。   In step SP1, the CPU 11 starts recording a moving image, displays the slider bar S1 over the monitoring image Mp, and proceeds to the next step SP2.

ステップSP2においてCPU11は、スライダーSt1のスライダーバーS1における位置を認識して次のステップSP3に移る。   In step SP2, the CPU 11 recognizes the position of the slider St1 on the slider bar S1, and moves to the next step SP3.

ステップSP3においてCPU11は、スライダーSt1のスライダーバーS1における位置に基づいて、現時点から所定時間間隔の動画像に対するお気に入り度合いを設定して、次のステップSP4に移る。   In step SP3, the CPU 11 sets a favorite degree for a moving image at a predetermined time interval from the current time based on the position of the slider St1 on the slider bar S1, and proceeds to the next step SP4.

ステップSP4においてCPU11は、設定したお気に入り度合いと、お気に入り度合いを設定した時間間隔(つまり、現時点から所定時間間隔)とを対応付けたお気に入り度合い設定情報を作成する。そしてCPU11は、お気に入り度合い設定情報をRAM13に一時記憶させ、次のステップSP5に移る。   In step SP4, the CPU 11 creates favorite degree setting information in which the set favorite degree is associated with the time interval in which the favorite degree is set (that is, a predetermined time interval from the present time). Then, the CPU 11 temporarily stores the favorite degree setting information in the RAM 13, and proceeds to the next step SP5.

ステップSP5においてCPU11は、ステップSP2においてスライダーSt1の位置を認識してから所定時間経過したか否かを判別する。   In step SP5, the CPU 11 determines whether or not a predetermined time has elapsed since the position of the slider St1 was recognized in step SP2.

このステップSP5において否定結果が得られるとCPU11は、ステップSP5に戻り、スライダーSt1の位置を認識してから所定時間経過するまで待ち受ける。   If a negative result is obtained in step SP5, the CPU 11 returns to step SP5 and waits until a predetermined time elapses after recognizing the position of the slider St1.

一方スライダーSt1の位置を認識してから所定時間経過したことにより、ステップSP5において肯定結果が得られるとCPU11は、次のステップSP6に移る。   On the other hand, when a predetermined result has elapsed since the position of the slider St1 was recognized, if a positive result is obtained in step SP5, the CPU 11 proceeds to the next step SP6.

ステップSP6においてCPU11は、ユーザにより再度撮影ボタンが押下され、動画像の記録を終了するよう指示されたか否かを判別する。   In step SP6, the CPU 11 determines whether or not the user has pressed the photographing button again and instructed to end the recording of the moving image.

このステップSP6において否定結果が得られると、CPU11はステップSP2へ戻り、再度ステップSP2〜SP6を実行する。   If a negative result is obtained in step SP6, the CPU 11 returns to step SP2 and executes steps SP2 to SP6 again.

一方動画像の記録を終了するよう指示されたことにより、ステップSP6において肯定結果が得られると、CPU11は次のステップSP7へ移る。   On the other hand, if an affirmative result is obtained in step SP6 due to the instruction to end the recording of the moving image, the CPU 11 proceeds to the next step SP7.

ステップSP7においてCPU11は、動画像の記録を終了し、この動画像を、動画像ファイルとして記憶部27に記憶させる。またCPU11は、所定時間間隔ごとに作成したお気に入り度合い設定情報を、動画像ファイルのファイル名などと共に、動画像ファイルの管理情報として動画像管理ファイルに登録する。そしてCPU11は、お気に入り度合い設定処理手順RT1を終了する。   In step SP7, the CPU 11 ends the recording of the moving image and stores the moving image in the storage unit 27 as a moving image file. In addition, the CPU 11 registers the favorite degree setting information created at predetermined time intervals in the moving image management file as moving image file management information together with the file name of the moving image file. Then, the CPU 11 ends the favorite degree setting processing procedure RT1.

このようなお気に入り度合い設定処理手順RT1により、CPU11は、動画像の記録を終了するまで、動画像の所定時間間隔ごとに対するお気に入り度合いを設定するようになされている。   By such a favorite degree setting processing procedure RT1, the CPU 11 sets a favorite degree for each predetermined time interval of the moving image until the recording of the moving image is finished.

[1−5.お気に入り再生]
またこのデジタルカメラ10では、動画像の記録時に設定したお気に入り度合いに基づいて動画像を再生できるようにもなされている。以下、このお気に入り度合いに基づいた動画像の再生(これをお気に入り再生とも呼ぶ)について説明する。
[1-5. Favorite playback]
In addition, the digital camera 10 can play back moving images based on the degree of favorite set when recording moving images. Hereinafter, reproduction of a moving image based on the degree of favorite (this is also called favorite reproduction) will be described.

CPU11は、再生モードのとき、ユーザによりタッチパネル14を介して選択された動画像を再生すると、図5(A)に示すように、液晶ディスプレイ16に再生画像Rpを表示させる。これと共にCPU11は、動画像を再生するためのお気に入り度合いの閾値(これをお気に入り再生閾値とも呼ぶ)をユーザに指定させるためのスライダーバーS2を再生画像Rpに重ねて、表示させる。   When the CPU 11 reproduces a moving image selected by the user via the touch panel 14 in the reproduction mode, the reproduction image Rp is displayed on the liquid crystal display 16 as shown in FIG. At the same time, the CPU 11 displays a slider bar S2 for allowing the user to specify a threshold value of a favorite degree for reproducing a moving image (also referred to as a favorite reproduction threshold value) to be superimposed on the reproduced image Rp.

スライダーバーS2には、上述したお気に入り度合いの設定と同様、タッチパネル14を介したユーザ操作に応じて上下に移動可能なスライダーSt2が設けられている。   The slider bar S <b> 2 is provided with a slider St <b> 2 that can be moved up and down in accordance with a user operation via the touch panel 14, similarly to the setting of the favorite degree described above.

スライダーバーS2は、ユーザがタッチパネル14を介してスライダーSt2を移動させることで、上述したお気に入り度合いの設定と同様の範囲、つまり「+3」から「−3」の範囲内で、ユーザがお気に入り再生閾値を指定できるようになされている。   The slider bar S2 allows the user to move the slider St2 via the touch panel 14 so that the user can select a favorite playback threshold within the same range as the above-described favorite degree setting, that is, within the range from “+3” to “−3”. Can be specified.

またスライダーバーS2には、「+3」から「−3」まで「1」きざみの目盛りが表示されており、スライダーSt2の位置によってユーザがお気に入り再生閾値をどの値に指定しているかがわかるようになされている。   The slider bar S2 displays a scale of “1” increments from “+3” to “−3” so that the user can determine which value the favorite playback threshold value is specified by the position of the slider St2. Has been made.

CPU11は、スライダーSt2のスライダーバーS2上における位置に基づいて、お気に入り再生閾値を設定する。   The CPU 11 sets a favorite reproduction threshold based on the position of the slider St2 on the slider bar S2.

例えばCPU11は、図5(A)に示すように、スライダーSt2が例えばスライダーバーS2上の目盛り「+1」の位置にあることを認識すると、ユーザによりお気に入り再生閾値が「+1」と指定されたことを認識する。そしてCPU11は、お気に入り再生閾値を「+1」と設定する。   For example, as shown in FIG. 5A, when the CPU 11 recognizes that the slider St2 is at the position of the scale “+1” on the slider bar S2, for example, the user has designated the favorite playback threshold as “+1”. Recognize Then, the CPU 11 sets the favorite reproduction threshold as “+1”.

そしてCPU11は、再生している動画像に設定されているお気に入り度合いに基づいて、お気に入り度合いが「+1」未満の部分をスキップし、お気に入り度合いが「+1」以上である部分のみを再生していく。   Then, the CPU 11 skips the portion with the favorite degree less than “+1” based on the favorite degree set in the moving image being reproduced, and reproduces only the part with the favorite degree of “+1” or more. .

例えば図5(B)に示すように、再生している動画像では、経過時間1分14秒から1分32秒までと、2分33秒から2分48秒まで、お気に入り度合いが「+1」以上に設定されているとする。この場合CPU11は、経過時間1分14秒までスキップし、経過時間1分14秒から1分32秒までを再生したあと、経過時間2分33秒までスキップし、経過時間2分33秒から2分48秒までを再生する。   For example, as shown in FIG. 5B, in the moving image being reproduced, the favorite degree is “+1” from the elapsed time of 1 minute 14 seconds to 1 minute 32 seconds and from 2 minutes 33 seconds to 2 minutes 48 seconds. Assume that the above is set. In this case, the CPU 11 skips the elapsed time 1 minute 14 seconds, plays the elapsed time 1 minute 14 seconds to 1 minute 32 seconds, then skips the elapsed time 2 minutes 33 seconds, and the elapsed time 2 minutes 33 seconds to 2 Plays up to 48 seconds.

この結果、ユーザは、「+1」以上のお気に入り度合いを指定した部分の動画像を視聴することができる。   As a result, the user can view a moving image of a part that specifies a favorite degree of “+1” or more.

このようにCPU11は、再生している動画像の中からお気に入り再生閾値以上にお気に入り度合いが設定されている部分のみを抽出して再生するようになされている。   As described above, the CPU 11 extracts and reproduces only a portion in which a favorite degree is set to a favorite reproduction threshold value or more from a moving image being reproduced.

またCPU11は、動画像の再生中、スライダーSt2が例えばスライダーバーS2の目盛り「+1」の位置から「+2」の位置に移動したことを認識すると、お気に入り再生閾値を「+2」と設定する。そしてCPU11は、動画像の中からお気に入り度合いが「+2」以上と設定されている部分のみを抽出して再生する。   Further, when the CPU 11 recognizes that the slider St2 has moved from the position of the scale “+1” to the position “+2” of the slider bar S2, for example, during the reproduction of the moving image, the CPU 11 sets the favorite reproduction threshold to “+2”. Then, the CPU 11 extracts and reproduces only the part in which the favorite degree is set to “+2” or more from the moving image.

このようにCPU11は、タッチパネル14を介したユーザ操作により動画像の再生中にスライダーSt2を移動されると、お気に入り再生閾値を変更するようにもなされている。   As described above, when the slider St2 is moved during reproduction of a moving image by a user operation via the touch panel 14, the CPU 11 is also configured to change the favorite reproduction threshold value.

[1−6.お気に入り再生処理手順]
次に、上述したお気に入り再生における動作処理手順(以下、これをお気に入り再生処理手順とも呼ぶ)RT2を、図6を用いて説明する。このお気に入り再生処理手順RT2は、デジタルカメラ10のCPU11が、ROM12に格納されたプログラムに従って実行する処理手順である。
[1-6. Favorite playback processing procedure]
Next, an operation processing procedure (hereinafter also referred to as a favorite playback processing procedure) RT2 in the above-described favorite playback will be described with reference to FIG. This favorite playback processing procedure RT2 is a processing procedure executed by the CPU 11 of the digital camera 10 in accordance with a program stored in the ROM 12.

CPU11は、タッチパネル14を介して動画像の再生が指示されると、お気に入り再生処理手順RT2を開始してステップSP101に移る。   When the CPU 11 is instructed to reproduce a moving image via the touch panel 14, the CPU 11 starts a favorite reproduction processing procedure RT2 and proceeds to step SP101.

ステップSP101においてCPU11は、動画像の再生を開始し、再生画像Rpに重ねてスライダーバーS2を表示させて次のステップSP102に移る。   In step SP101, the CPU 11 starts the reproduction of the moving image, displays the slider bar S2 over the reproduction image Rp, and proceeds to the next step SP102.

ステップSP102においてCPU11は、動画像管理ファイルに登録されているお気に入り度合い設定情報を読み出して、次のステップSP103に移る。   In step SP102, the CPU 11 reads the favorite degree setting information registered in the moving image management file, and proceeds to the next step SP103.

ステップSP103においてCPU11は、タッチパネル14を介して動画像の再生停止が指示されたか又は動画像の終端まで再生したか否かを判別する。   In step SP <b> 103, the CPU 11 determines whether or not playback stop of the moving image is instructed via the touch panel 14 or playback is performed up to the end of the moving image.

このステップSP103において否定結果が得られると、このときCPU11はステップSP104に移る。   If a negative result is obtained in step SP103, the CPU 11 moves to step SP104 at this time.

ステップSP104においてCPU11は、スライダーSt2のスライダーバーS2における位置を認識して次のステップSP105に移る。   In step SP104, the CPU 11 recognizes the position of the slider St2 on the slider bar S2, and moves to the next step SP105.

ステップSP105においてCPU11は、スライダーSt2のスライダーバーS2における位置に基づいて、お気に入り再生閾値を設定して次のステップSP106に移る。   In step SP105, the CPU 11 sets a favorite reproduction threshold based on the position of the slider St2 in the slider bar S2, and proceeds to the next step SP106.

ステップSP106においてCPU11は、動画像管理ファイルから読み出したお気に入り度合い設定情報に基づいて、現在の再生位置に設定されているお気に入り度合いは、お気に入り再生閾値以上か否かを判別する。   In step SP106, based on the favorite degree setting information read from the moving image management file, the CPU 11 determines whether the favorite degree set at the current reproduction position is equal to or greater than the favorite reproduction threshold.

このステップSP106において肯定結果が得られると、このことは、現在の再生位置における動画像を再生することを意味し、このときCPU11はステップSP107に移る。   If an affirmative result is obtained in step SP106, this means that the moving image at the current reproduction position is reproduced. At this time, the CPU 11 proceeds to step SP107.

ステップSP107においてCPU11は、再度タッチパネル14を介して動画像の再生停止が指示されたか又は動画像の終端まで再生したか否かを判別する。   In step SP107, the CPU 11 determines whether or not playback of a moving image has been instructed again via the touch panel 14, or whether playback has been performed up to the end of the moving image.

このステップSP107において否定結果が得られると、このときCPU11はステップSP104に戻り、再びスライダーSt2の位置を認識する。   If a negative result is obtained in this step SP107, then the CPU 11 returns to step SP104 and recognizes the position of the slider St2 again.

一方、現在の再生位置に設定されているお気に入り度合いがお気に入り再生閾値未満であることより、ステップSP106において否定結果が得られると、このことは現在の再生位置における動画像を再生しないことを意味する。このときCPU11は、ステップSP108に移る。   On the other hand, if a negative result is obtained in step SP106 because the favorite degree set at the current reproduction position is less than the favorite reproduction threshold value, this means that the moving image at the current reproduction position is not reproduced. . At this time, the CPU 11 proceeds to step SP108.

ステップSP108においてCPU11は、動画像管理ファイルから読み出したお気に入り度合い設定情報に基づいて、お気に入り度合いがお気に入り再生閾値以上に設定されている時点まで再生位置をスキップさせて、ステップSP103に戻る。   In step SP108, the CPU 11 skips the reproduction position until the favorite degree is set to the favorite reproduction threshold or more based on the favorite degree setting information read from the moving image management file, and returns to step SP103.

また、動画像の再生停止が指示されたこと又は動画像の終端まで再生したことにより、ステップSP103又はSP107において肯定結果が得られると、CPU11は、動画像の再生を終了し、お気に入り再生処理手順RT2を終了する。   If an affirmative result is obtained in step SP103 or SP107 due to the instruction to stop the reproduction of the moving image or the reproduction to the end of the moving image, the CPU 11 ends the reproduction of the moving image, and the favorite reproduction processing procedure End RT2.

このようなお気に入り再生処理手順RT2により、CPU11は、動画像の再生を終了するまで、動画像の中からお気に入り度合いがお気に入り再生閾値以上に設定されている部分のみを抽出して再生するようになされている。   By such a favorite reproduction processing procedure RT2, the CPU 11 extracts and reproduces only the part in which the favorite degree is set to the favorite reproduction threshold or more from the moving image until the reproduction of the moving image is finished. ing.

[1−7.第1の実施の形態における動作及び効果]
以上の構成において、デジタルカメラ10のCPU11は、記録中の動画像の所定時間間隔ごとに対して、「+1」、「0」、「−1」…というように連続的な複数のお気に入り度合いのうちユーザ入力に基づいて指定されたお気に入り度合いを設定するようにした。そしてCPU11は、記録中の動画像の所定時間間隔ごとに対応づけたお気に入り度合いを、記憶部27に記憶させるようにした。
[1-7. Operation and Effect in First Embodiment]
In the above configuration, the CPU 11 of the digital camera 10 has a plurality of continuous favorite degrees such as “+1”, “0”, “−1”... For each predetermined time interval of the moving image being recorded. The favorite degree specified based on user input was set. The CPU 11 stores the favorite degree associated with the predetermined time interval of the moving image being recorded in the storage unit 27.

そしてCPU11は、動画像の再生時に、デジタル画像信号処理部23に、ユーザ入力に基づいて指定されたお気に入り度合いの閾値以上のお気に入り度合いが対応付けられている部分のみを動画像から抽出させて再生させるようにした。   Then, when reproducing the moving image, the CPU 11 causes the digital image signal processing unit 23 to extract and reproduce from the moving image only a portion associated with a favorite degree equal to or greater than the threshold of the favorite degree specified based on the user input. I tried to make it.

これによりデジタルカメラ10は、ユーザに所望のお気に入り度合いの閾値を指定させるだけで、デジタル画像信号処理部23に、動画像から所望部分を抽出して再生させることができる。またデジタルカメラ10は、ユーザにこの指定を変えさせるだけで、デジタル画像信号処理部23に、抽出する部分を他の所望部分に変えて再生させることができる。   As a result, the digital camera 10 can cause the digital image signal processing unit 23 to extract and reproduce a desired portion from the moving image only by allowing the user to specify a threshold value of a desired favorite degree. In addition, the digital camera 10 can cause the digital image signal processing unit 23 to change the portion to be extracted to another desired portion and reproduce it by simply causing the user to change this designation.

またCPU11は、撮像された動画像を液晶ディスプレイ16に表示させながら、ユーザによるタッチパネル14を介したドラッグ操作に応じて上下に移動可能なスライダーSt1を持つスライダーバーS1を液晶ディスプレイ16に表示させるようにした。   Further, the CPU 11 displays a slider bar S1 having a slider St1 that can move up and down in accordance with a drag operation by the user via the touch panel 14 while displaying the captured moving image on the liquid crystal display 16. It was.

そしてCPU11は、スライダーSt1のスライダーバーS1上における位置に基づいて、記録中の動画像の所定時間間隔ごとに対するお気に入り度合いを設定するようにした。   Then, the CPU 11 sets the favorite degree for each predetermined time interval of the moving image being recorded based on the position of the slider St1 on the slider bar S1.

このようにCPU11は、記録中の動画像を液晶ディスプレイ16に表示させながら受け付けたユーザ入力に基づいてお気に入り度合いを設定するようにしたことにより、ユーザに記録中の動画像を確認させながらお気に入り度合いを指定させることができる。   As described above, the CPU 11 sets the favorite degree based on the user input received while displaying the moving image being recorded on the liquid crystal display 16, thereby allowing the user to check the moving image being recorded and the favorite degree. Can be specified.

またこのようにCPU11は、ユーザ操作に基づいて上下に移動可能なスライダーSt1の表示位置に基づいてお気に入り度合いを設定するようにしたことにより、ユーザに直感的な操作でお気に入り度合いを指定させることができる。   Further, as described above, the CPU 11 sets the favorite degree based on the display position of the slider St1 that can be moved up and down based on the user operation, thereby allowing the user to specify the favorite degree by an intuitive operation. it can.

さらにCPU11は、動画像の現時点までに記録された部分の所定時間間隔ごとに設定したお気に入り度合いの所定時間間隔ごとの変化を、グラフとして、当該動画像と共に液晶ディスプレイ16に表示させるようにした。   Further, the CPU 11 displays the change of the favorite degree set for each predetermined time interval of the portion recorded up to the present time of the moving image for each predetermined time interval as a graph on the liquid crystal display 16 together with the moving image.

これによりデジタルカメラ10は、ユーザに記録中の動画像を確認させながら、現時点までに設定したお気に入り度合いの所定時間間隔ごとの変化を容易に確認させることができる。   Thus, the digital camera 10 can easily check the change of the favorite degree set up to the present time at every predetermined time interval while allowing the user to check the moving image being recorded.

以上の構成によれば、デジタルカメラ10は、連続的な複数のお気に入り度合いのうちユーザ入力に基づいて指定されるお気に入り度合いを、動画像の所定時間間隔ごとに対応づけて記憶部27に記憶させるようにした。   According to the above configuration, the digital camera 10 causes the storage unit 27 to store a favorite degree designated based on a user input among a plurality of continuous favorite degrees in association with each predetermined time interval of the moving image. I did it.

これによりデジタルカメラ10は、動画像の再生時に、ユーザ入力に基づいて指定された閾値以上のお気に入り度合いが対応付けられている部分を抽出してデジタル画像信号処理部23に再生させることができる。またデジタルカメラ10は、ユーザにこの指定を変えさせるだけで、抽出する部分を他の所望部分に変えて、デジタル画像信号処理部23に再生させることができる。   As a result, the digital camera 10 can extract a portion associated with a favorite degree equal to or greater than a threshold value specified based on a user input and reproduce the moving image on the digital image signal processing unit 23. Further, the digital camera 10 can cause the digital image signal processing unit 23 to reproduce the part to be extracted by changing it to another desired part simply by allowing the user to change this designation.

かくしてデジタルカメラ10は、ユーザの多様な要求に応じた動画像の再生をデジタル画像信号処理部23に行わせることができる。   Thus, the digital camera 10 can cause the digital image signal processing unit 23 to reproduce a moving image according to various requests of the user.

<2.第2の実施形態>
次に第2の実施の形態について説明する。この第2の実施の形態のデジタルカメラ10では、上述した第1の実施の形態とは異なり、動画像の所定時間間隔ごとに人物属性を設定するようになされている。人物属性とは、動画像の所定時間間隔ごとに対してユーザがどの人物に注目しているかを示すものであり、タッチパネル14を介してユーザが指定できるようになされている。
<2. Second Embodiment>
Next, a second embodiment will be described. In the digital camera 10 according to the second embodiment, unlike the first embodiment described above, the person attribute is set for each predetermined time interval of the moving image. The person attribute indicates which person the user is paying attention to at predetermined time intervals of the moving image, and can be specified by the user via the touch panel 14.

尚、第2の実施の形態においては、第1の実施の形態におけるお気に入り度合いの設定が人物属性の設定に変わった点以外、上述した第1の実施の形態と同様であり、同様部分であるデジタルカメラ10のハードウェア構成(図2)の説明は省略する。   The second embodiment is the same as the first embodiment described above except that the setting of the favorite degree in the first embodiment is changed to the setting of the person attribute. Description of the hardware configuration of the digital camera 10 (FIG. 2) is omitted.

[2−1.人物属性の設定]
以下、人物属性の設定について詳しく説明する。この第2の実施の形態におけるデジタルカメラ10は、ユーザにより予め入力された例えば二人分の人物名を、人物属性に用いる人物名として登録しておく。ここでは、例えば人物名として「Aちゃん」及び「Bくん」が登録されているとする。
[2-1. Person attribute settings]
Hereinafter, the setting of the person attribute will be described in detail. In the digital camera 10 according to the second embodiment, for example, the names of two persons input in advance by the user are registered as person names used for the person attributes. Here, for example, “A-chan” and “B-kun” are registered as person names.

CPU11は、ユーザにより撮影ボタンが押下されると、動画像の記録を開始すると共に、図7に示すように、モニタリング画像Mpに重ねて、人物属性をユーザに指定させるためのスライダーバーS3を表示させる。   When the user presses the shooting button, the CPU 11 starts recording a moving image and, as shown in FIG. 7, displays a slider bar S3 for allowing the user to specify a person attribute over the monitoring image Mp. Let

スライダーバーS3には、上述したお気に入り度合いの設定と同様、タッチパネル14を介したユーザ操作に応じて上下に移動可能なスライダーSt3が設けられている。   The slider bar S3 is provided with a slider St3 that can be moved up and down in response to a user operation via the touch panel 14, as in the setting of the favorite degree described above.

スライダーバーS3は、ユーザがタッチパネル14を介してスライダーSt3を移動させることで、人物属性を指定できるようになされている。具体的には、「Aちゃん」と、「Bくん」と、「Aちゃん」及び「Bくん」の両方を示す「二人とも」との3つの人物属性の中からいずれかを指定できるようになされている。   The slider bar S3 is configured so that the user can specify a person attribute by moving the slider St3 via the touch panel 14. Specifically, it is possible to specify any one of three person attributes “A-chan”, “B-kun”, and “both” indicating both “A-chan” and “B-kun”. Has been made.

ここで、これら3つの人物属性「Aちゃん」、「Bくん」、「二人とも」には、CPU11により、「二人とも」を中心として、「Aちゃん」>「二人とも」>「Bくん」又は「Aちゃん」<「二人とも」<「Bくん」となる連続性が設定される。   Here, these three person attributes “A-chan”, “B-kun”, and “Both” are assigned by the CPU 11 to “A-chan”> “Both”> “ The continuity of “B-kun” or “A-chan” <“both of them” <“B-kun” is set.

そして、例えば「Aちゃん」>「二人とも」>「Bくん」となる連続性が設定された場合、スライダーバーS3には、上から「Aちゃん」、「二人とも」、「Bくん」の順でそれぞれに対応する目盛りが表示される。   For example, when the continuity of “A-chan”> “Both of two”> “B-kun” is set, “A-chan”, “Both of two”, “B-kun” are displayed on the slider bar S3 from the top. Scales corresponding to each are displayed in the order of "."

尚、人物属性の「Aちゃん」は、例えばユーザが「Aちゃん」のみに注目している場合に指定され、人物属性の「Bくん」は、例えばユーザが「Bくん」のみに注目している場合に指定される。また人物属性の「二人とも」は、例えばユーザが「Aちゃん」及び「Bくん」の両方に注目している場合に指定される。   The person attribute “A-chan” is specified when the user is paying attention only to “A-chan”, for example. The person attribute “B-kun” is specified only when the user is paying attention only to “B-kun”, for example. Specified if The person attribute “both persons” is specified when the user is paying attention to both “A-chan” and “B-kun”, for example.

CPU11は、スライダーSt3のスライダーバーS3上における位置に基づいて、記録中の動画像の所定時間間隔ごとに対する人物属性を設定する。   The CPU 11 sets a person attribute for each predetermined time interval of the moving image being recorded based on the position of the slider St3 on the slider bar S3.

例えばCPU11は、動画像の記録を開始した時点では、デフォルトとして、スライダーSt3を例えばスライダーバーS3の目盛り「二人とも」の位置に表示させる。そしてCPU11は、動画像の記録を開始した時点から所定時間間隔の動画像に対する人物属性を「二人とも」と設定する。   For example, when the recording of the moving image is started, the CPU 11 displays the slider St3, for example, at the position of the scale “both two” on the slider bar S3, for example. Then, the CPU 11 sets “both two” as the person attribute for the moving image at a predetermined time interval from the start of moving image recording.

つまりCPU11は、スライダーSt3が例えばスライダーバーS3の目盛り「二人とも」の位置にされている間は、動画像の所定時間間隔ごとに人物属性を「二人とも」と設定し続ける。   That is, the CPU 11 continues to set the person attribute “both two” at predetermined time intervals of the moving image while the slider St3 is at the position of the scale “both two” of the slider bar S3, for example.

またCPU11は、スライダーSt3が例えばスライダーバーS3の目盛り「Aちゃん」の位置に移動されたことを認識すると、ユーザにより人物属性が「Aちゃん」と指定されたことを認識する。そしてCPU11は、移動した時点から所定時間間隔の動画像に対する人物属性を「Aちゃん」と設定する。   When the CPU 11 recognizes that the slider St3 has been moved to the position of the scale “A-chan” on the slider bar S3, for example, the CPU 11 recognizes that the person attribute is designated as “A-chan”. Then, the CPU 11 sets “A” as the person attribute for the moving image at a predetermined time interval from the time of movement.

つまりCPU11は、スライダーSt3が例えばスライダーバーS3の目盛り「Aちゃん」の位置にされている間は、動画像の所定時間間隔ごとに人物属性を「Aちゃん」と設定し続ける。   That is, the CPU 11 continues to set the person attribute “A” at every predetermined time interval of the moving image while the slider St3 is at the position of the scale “A” on the slider bar S3, for example.

尚CPU11は、人物属性を設定すると、設定した人物属性と、人物属性を設定した時間間隔(つまり、現時点から所定時間間隔)とを対応付けた人物属性設定情報を作成する。そしてCPU11は、動画像の記録を終了すると、人物属性設定情報を動画像ファイルの管理情報として動画像管理ファイルに登録するようになされている。   When the person attribute is set, the CPU 11 creates person attribute setting information in which the set person attribute is associated with the time interval for setting the person attribute (that is, a predetermined time interval from the present time). When the recording of the moving image ends, the CPU 11 registers the person attribute setting information in the moving image management file as the moving image file management information.

またCPU11は、動画像の記録を開始すると共に、人物属性の所定時間間隔ごとの変化を示すグラフGL2を、スライダーバーS3と共にモニタリング画像Mpに重ねて表示させる。   In addition, the CPU 11 starts recording a moving image and displays a graph GL2 indicating a change in the person attribute at predetermined time intervals on the monitoring image Mp together with the slider bar S3.

グラフGL2は縦軸が人物属性を示し、横軸が動画像の記録を開始してからの経過時間を示す。縦軸の目盛りは上から順に、人物属性「Aちゃん」、「二人とも」、「Bくん」に対応する目盛りが表示され、横軸の目盛りは例えば5秒単位で表示される。またグラフGL2では、今までに設定された人物属性を太線L2により示す。   In the graph GL2, the vertical axis indicates the person attribute, and the horizontal axis indicates the elapsed time after starting the recording of the moving image. The scales on the vertical axis are displayed in order from the top, corresponding to the person attributes “A-chan”, “both two”, and “B-kun”, and the scale on the horizontal axis is displayed in units of 5 seconds, for example. In the graph GL2, the person attributes set so far are indicated by a thick line L2.

このようにCPU11は、動画像を記録しながら、スライダーSt3の操作に応じて、記録中の動画像に対して所定時間間隔ごとに人物属性をリアルタイムで設定するようになされている。またCPU11は、この設定に応じて、人物属性の所定時間間隔ごとの変化をリアルタイムで液晶ディスプレイ16に表示させるようになされている。   As described above, the CPU 11 is configured to set the person attribute in real time at predetermined time intervals for the moving image being recorded in accordance with the operation of the slider St3 while recording the moving image. Further, the CPU 11 displays the change of the person attribute at predetermined time intervals on the liquid crystal display 16 in real time according to this setting.

[2−2.人物属性に基づいた再生]
またこのデジタルカメラ10では、動画像の記録時に設定した人物属性に基づいて動画像を再生できるようにもなされている。以下、この人物属性に基づいた動画像の再生について説明する。
[2-2. Playback based on person attributes]
In addition, the digital camera 10 can reproduce a moving image based on a person attribute set when the moving image is recorded. Hereinafter, reproduction of a moving image based on the person attribute will be described.

CPU11は、再生モードのとき、ユーザによりタッチパネル14を介して選択された動画像を再生すると、図8(A)に示すように、液晶ディスプレイ16に再生画像Rpを表示させる。これと共にCPU11は、動画像を再生するための人物属性の値(以下、これを再生用人物属性値とも呼ぶ)をユーザに指定させるためのスライダーバーS4を再生画像Rpに重ねて、表示させる。   When the CPU 11 reproduces a moving image selected by the user via the touch panel 14 in the reproduction mode, the reproduction image Rp is displayed on the liquid crystal display 16 as shown in FIG. At the same time, the CPU 11 displays a slider bar S4 for allowing the user to specify a value of a person attribute for reproducing a moving image (hereinafter also referred to as a reproduction person attribute value) on the reproduced image Rp.

スライダーバーS4には、上述した人物属性の設定と同様、タッチパネル14を介したユーザ操作に応じて上下に移動可能なスライダーSt4が設けられている。   The slider bar S4 is provided with a slider St4 that can be moved up and down in accordance with a user operation via the touch panel 14 as in the case of the personal attribute setting described above.

またスライダーバーS4には、上述した人物属性の設定と同様、「Aちゃん」、「Bくん」、「二人とも」の3つの人物属性の中からいずれかを指定できるように、上から「Aちゃん」、「二人とも」、「Bくん」の順でそれぞれに対応する目盛りが表示されている。   Similarly to the above-described setting of the person attribute, the slider bar S4 has “3”, “B-kun”, and “both persons” so that any one of the three person attributes can be specified. The corresponding scales are displayed in the order of “A-chan”, “both two”, and “B-kun”.

CPU11は、スライダーSt4のスライダーバーS4上における位置に基づいて、再生用人物属性値を設定する。   The CPU 11 sets a reproduction person attribute value based on the position of the slider St4 on the slider bar S4.

CPU11は、図8(A)に示すように、スライダーSt4が例えばスライダーバーS4上の目盛り「Bくん」の位置にあることを認識すると、ユーザにより再生用人物属性値が「Bくん」と指定されたことを認識する。そしてCPU11は、再生用人物属性値を「Bくん」と設定する。   When the CPU 11 recognizes that the slider St4 is at the position of the scale “B” on the slider bar S4, for example, as shown in FIG. 8A, the user designates the reproduction person attribute value as “B”. Recognize that Then, the CPU 11 sets the reproduction person attribute value to “B-kun”.

そしてCPU11は、図8(B)に示すように、再生している動画像に設定されている人物属性に基づいて、人物属性が「Aちゃん」又は「二人とも」に設定されている部分をスキップし、人物属性が「Bくん」に設定されている部分のみを再生していく。   Then, as shown in FIG. 8 (B), the CPU 11 is a portion in which the person attribute is set to “A” or “Both” based on the person attribute set in the moving image being reproduced. Is skipped, and only the part in which the person attribute is set to “B” is reproduced.

この結果、ユーザは、「Bくん」に注目していた部分の動画像を視聴することができる。   As a result, the user can view the moving image of the portion focused on “B-kun”.

またCPU11は、スライダーSt4に対してダブルタップ操作(タッチパネル14をタッチした後すぐ離すタップ操作が連続して2回行われる操作)が行われたことを認識すると、図9(A)に示すように、スライダーSt4上に上向きの矢印ARを表示させる。   When the CPU 11 recognizes that a double-tap operation (an operation in which a tap operation to release immediately after touching the touch panel 14 is performed twice in succession) is performed on the slider St4, as shown in FIG. 9A. Then, an upward arrow AR is displayed on the slider St4.

このとき、CPU11は、スライダーSt4が例えばスライダーバーS4上の目盛り「二人とも」の位置にあることを認識すると、再生用人物属性値を「二人とも」以上(すなわち「二人とも」及び「Aちゃん」)と設定する。   At this time, when the CPU 11 recognizes that the slider St4 is at the position of the scale “both two” on the slider bar S4, for example, the reproduction person attribute value is “both” or more (that is, “both”) and “A-chan”).

すなわちデジタルカメラ10では、上向きの矢印ARが表示されている状態の場合、再生用人物属性値を、スライダーSt4の位置に対応する人物属性以上と指定できるようになされている。   That is, in the digital camera 10, when the upward arrow AR is displayed, the reproduction person attribute value can be specified to be greater than or equal to the person attribute corresponding to the position of the slider St4.

そしてCPU11は、図9(B)に示すように、動画像に設定されている人物属性に基づき、人物属性が「Bくん」に設定されている部分をスキップし、人物属性が「二人とも」以上(すなわち「二人とも」及び「Aちゃん」)に設定されている部分のみを再生していく。   Then, as shown in FIG. 9B, the CPU 11 skips the part where the person attribute is set to “B” based on the person attribute set in the moving image, "Only the portion set to be more than (that is," both "and" A ") is reproduced.

この結果、ユーザは、「Aちゃん」に注目していた部分及び「Aちゃん」と「Bくん」の二人に注目していた部分の動画像を視聴することができる。   As a result, the user can view the moving image of the portion focused on “A-chan” and the portion focused on “A-chan” and “B-kun”.

またCPU11は、矢印ARが上向きで表示されている状態でスライダーSt4に対してダブルタップ操作が行われたことを認識すると、スライダーSt4上に矢印ARを下向きで表示させる。   When the CPU 11 recognizes that a double tap operation has been performed on the slider St4 while the arrow AR is displayed upward, the CPU 11 displays the arrow AR downward on the slider St4.

このとき、CPU11は、スライダーSt4が例えばスライダーバーS4上の目盛り「二人とも」の位置にあることを認識すると、再生用人物属性値を「二人とも」以下(すなわち「二人とも」及び「Bくん」)と設定する。   At this time, if the CPU 11 recognizes that the slider St4 is at the position of the scale “both two” on the slider bar S4, for example, the reproduction person attribute value is “both” or less (that is, “both”) and “B-kun”).

すなわちデジタルカメラ10では、下向きの矢印ARが表示されている状態の場合、再生用人物属性値を、スライダーSt4の位置に対応する人物属性以下と指定できるようになされている。   That is, in the digital camera 10, when the downward arrow AR is displayed, the reproduction person attribute value can be designated to be equal to or less than the person attribute corresponding to the position of the slider St4.

尚CPU11は、矢印ARが下向きで表示されている状態でスライダーSt4に対してダブルタップ操作が行われたことを認識すると、矢印ARを非表示にするようになされている。   When the CPU 11 recognizes that the double-tap operation has been performed on the slider St4 in a state where the arrow AR is displayed downward, the arrow AR is hidden.

このようにCPU11は、ユーザに再生用人物属性値として1つの人物属性を指定させたり範囲を持って指定させたりし、再生している動画像の中から再生用人物属性値に人物属性が設定されている部分を抽出して再生するようになされている。   In this way, the CPU 11 allows the user to specify one person attribute as a reproduction person attribute value or to specify it with a range, and sets the person attribute to the reproduction person attribute value from the moving images being reproduced. The part that has been made is extracted and played back.

[2−3.第2の実施の形態における動作及び効果]
以上の構成において、デジタルカメラ10のCPU11は、記録中の動画像の所定時間間隔ごとに対して、「Aちゃん」>「二人とも」>「Bくん」となる連続性を設定した複数の人物属性のうちユーザ入力に基づいて指定された人物属性を設定するようにした。そしてCPU11は、記録中の動画像の所定時間間隔ごとに対応づけた人物属性を、記憶部27に記憶させるようにした。
[2-3. Operation and Effect in Second Embodiment]
In the above-described configuration, the CPU 11 of the digital camera 10 has a plurality of continuities in which “chan-chan”> “both two”> “B-kun” is set for each predetermined time interval of the moving image being recorded. The person attribute specified based on the user input among the person attributes was set. The CPU 11 causes the storage unit 27 to store personal attributes associated with each predetermined time interval of the moving image being recorded.

これによりデジタルカメラ10は、動画像の再生時に、ユーザ入力に基づいて指定された人物属性が対応付けられている部分を抽出してデジタル画像信号処理部23に再生させることができる。   As a result, the digital camera 10 can extract the portion associated with the person attribute designated based on the user input and reproduce it by the digital image signal processing unit 23 when the moving image is reproduced.

またデジタルカメラ10は、複数の人物属性に連続性を持たせることで、動画像の再生時に、ユーザに、人物属性として「Aちゃん」のみを指定させるだけでなく、「二人とも」以上(すなわち「二人とも」及び「Aちゃん」)のように範囲を持って指定させることもできる。   In addition, the digital camera 10 allows a plurality of person attributes to have continuity, so that when a moving image is played, the user can specify not only “A-chan” as a person attribute but also “both two” or more ( In other words, it is possible to specify with a range such as “both two” and “A-chan”).

したがってデジタルカメラ10は、ユーザに、所望の人物属性又は所望の範囲を指定させるだけで動画像から所望部分を抽出して再生させることができ、またこの指定を変えるだけで、抽出する部分を他の所望部分に変えて再生させることができる。   Therefore, the digital camera 10 can extract and reproduce a desired portion from a moving image simply by allowing a user to specify a desired person attribute or a desired range. Can be reproduced by changing to the desired part.

かくしてデジタルカメラ10は、デジタル画像信号処理部23に、ユーザの多様な要求に応じた動画像の再生を行わせることができる。   Thus, the digital camera 10 can cause the digital image signal processing unit 23 to reproduce a moving image according to various requests of the user.

この他第2の実施の形態におけるデジタルカメラ10は、第1の実施の形態におけるデジタルカメラ10とほぼ同様の作用効果を奏しうる。   In addition, the digital camera 10 according to the second embodiment can exhibit substantially the same operational effects as the digital camera 10 according to the first embodiment.

<3.他の実施形態>
[3−1.他の実施の形態1]
尚、上述した第1の実施の形態では、CPU11は、スライダーSt1のスライダーバーS1における位置に応じて、現時点から所定時間間隔の動画像に対するお気に入り度合いを設定するようにした。
<3. Other embodiments>
[3-1. Other Embodiment 1]
In the first embodiment described above, the CPU 11 sets a favorite degree for a moving image at a predetermined time interval from the current time according to the position of the slider St1 on the slider bar S1.

これに限らずCPU11は、現時点より一定時間遡った時点から所定時間間隔の動画像に対するお気に入り度合いを設定するようにしてもよい。   However, the present invention is not limited to this, and the CPU 11 may set a favorite degree for a moving image at a predetermined time interval from a time point that is a predetermined time later than the current time point.

例えば図10に、実際のスライダーSt1の位置の変化を破線Lr1で示し、設定されたお気に入り度合いの変化を太線L1で示す。   For example, in FIG. 10, the actual change in the position of the slider St1 is indicated by a broken line Lr1, and the change in the set favorite degree is indicated by a thick line L1.

この場合CPU11は、例えば経過時間が3分20秒の時点でスライダーSt1の位置がスライダーバーS1の目盛り「+2」の位置に移動したため、その時点から例えば5秒遡った3分15秒の時点から所定時間間隔のお気に入り度合いを「+2」に設定する。   In this case, for example, when the elapsed time is 3 minutes and 20 seconds, the CPU 11 moves the position of the slider St1 to the position of the scale “+2” of the slider bar S1. The favorite degree at a predetermined time interval is set to “+2”.

動画像の撮影時は、ユーザは撮影することに専念することが多いため、お気に入りの場面があってもその時点ではなく、その時点から少し経過した時点にスライダーSt1を動かすことが考えられる。   When shooting a moving image, the user often concentrates on shooting, so even if there is a favorite scene, it is conceivable to move the slider St1 not at that point but at a point a little after that point.

ゆえに現時点より一定時間遡った時点から所定時間間隔の動画像に対するお気に入り度合いを設定することにより、一段とユーザの意思を反映したお気に入り度合いを設定することができる。   Therefore, it is possible to set a favorite degree that further reflects the user's intention by setting a favorite degree with respect to a moving image at a predetermined time interval from a time point that is a predetermined time later than the present time.

[3−2.他の実施の形態2]
また上述した第1の実施の形態では、CPU11は、ユーザにより操作されるスライダーSt1のスライダーバーS1上における位置に基づいて、お気に入り度合いを設定するようにした。
[3-2. Other Embodiment 2]
In the first embodiment described above, the CPU 11 sets the favorite degree based on the position of the slider St1 operated by the user on the slider bar S1.

これに限らずCPU11は、タッチパネル14に対する種々のジェスチャ操作に基づいて、お気に入り度合いを設定するようにしてもよい。   However, the CPU 11 may set the favorite degree based on various gesture operations on the touch panel 14.

例えばCPU11は、タッチパネル14上に指をタッチさせて軽くはらう操作(以下、これをフリック操作とも呼ぶ)に基づいて、お気に入り度合いを設定するようにしてもよい。   For example, the CPU 11 may set the favorite degree based on an operation (hereinafter also referred to as a flick operation) in which a finger is touched on the touch panel 14 and lightly applied.

この場合、例えばCPU11は、図11に示すように上方向へのフリック操作が行われたときお気に入り度合いをプラスの値に設定し、下方向へのフリック操作が行われたときお気に入り度合いをマイナスの値に設定する。   In this case, for example, as shown in FIG. 11, the CPU 11 sets the favorite degree to a positive value when the upward flick operation is performed, and sets the favorite degree to a negative value when the downward flick operation is performed. Set to value.

またCPU11は、フリック操作における指の動いた距離及びその速度、すなわちタッチ位置の動いた距離及びその速度に基づいて、お気に入り度合いの値を決定するようにしてもよい。つまりCPU11はタッチ位置の動いた距離が大きいほど、またその速度が速いほど、お気に入り度合いの絶対値を大きくし、タッチ位置の動いた距離が小さいほど、またその速度が遅いほど、お気に入り度合いの絶対値を小さくする。   Further, the CPU 11 may determine the value of the favorite degree based on the distance and speed of the finger in the flick operation, that is, the distance and speed of the touch position. In other words, the CPU 11 increases the absolute value of the favorite degree as the distance moved by the touch position is larger and the speed is faster, and increases the absolute value of the favorite degree as the distance moved by the touch position is smaller and the speed is slower. Decrease the value.

さらにCPU11は、フリック操作が行われてから一定時間(例えば10秒間)はお気に入り度合いをフリック操作に基づいた値に設定し続けるが、一定時間経過後は、設定するお気に入り度合いをニュートラルに戻すようにしてもよい。   Further, the CPU 11 continues to set the favorite degree to a value based on the flick operation for a certain time (for example, 10 seconds) after the flick operation is performed, but after a certain time elapses, the favorite degree to be set is returned to neutral. May be.

[3−3.他の実施の形態3]
さらに上述した実施の形態では、CPU11は、ユーザにより操作されるスライダーSt1のスライダーバーS1上における位置に基づいて、お気に入り度合いを設定するようにした。
[3-3. Other Embodiment 3]
Further, in the above-described embodiment, the CPU 11 sets the favorite degree based on the position of the slider St1 operated by the user on the slider bar S1.

これに限らずCPU11は、お気に入り度合いの所定間隔ごとの変化を示すグラフGL1(図3)に対するユーザ操作に基づいて、お気に入り度合いを設定するようにしてもよい。   Not limited to this, the CPU 11 may set the favorite degree based on a user operation on the graph GL1 (FIG. 3) showing the change of the favorite degree at predetermined intervals.

例えばCPU11は、グラフGL1の太線L1に対して、お気に入り度合いを変更するようなドラッグ操作に基づいて、お気に入り度合いを設定するようにしてもよい。   For example, the CPU 11 may set the favorite degree on the thick line L1 of the graph GL1 based on a drag operation that changes the favorite degree.

この場合、CPU11は、グラフGL1の太線L1の右端(現時点を示す)に対して、お気に入り度合いを例えば「+2」から「0」へ変更するようなドラッグ操作が行われると、当該ドラッグ操作が行われた時点のお気に入り度合いを「0」と設定する。   In this case, when a drag operation is performed on the right end (indicating the current time) of the thick line L1 of the graph GL1, the CPU 11 performs the drag operation to change the favorite degree from “+2” to “0”, for example. The degree of favorite at the time of the break is set to “0”.

またこれに限らずCPU11は、種々のボタンやアイコンなどを表示させ、これに対するユーザ操作に基づいて、お気に入り度合いを設定するようにしてもよい。   In addition, the CPU 11 may display various buttons, icons, and the like, and may set the degree of favorites based on user operations on the buttons and icons.

例えばCPU11は、「+3」から「−3」の範囲でユーザにお気に入り度合いを指定させるために、図12に示すように、「+3」、「+2」、「+1」、「0」、「−1」、「−2」、「−3」をそれぞれ示す7つのボタンからなるお気に入り度合い設定ボタンBをモニタリング画像Mpに重ねて表示させる。   For example, as shown in FIG. 12, the CPU 11 selects “+3”, “+2”, “+1”, “0”, “−” in order to allow the user to specify the favorite degree in the range of “+3” to “−3”. A favorite degree setting button B including seven buttons respectively indicating “1”, “−2”, and “−3” is displayed on the monitoring image Mp.

CPU11は、例えば「+2」を示すお気に入り度合い設定ボタンBを、タッチパネル14を介して指定されたことを認識すると、現時点から所定時間間隔の動画像に対するお気に入り度合いを「+2」と設定する。   When the CPU 11 recognizes that the favorite degree setting button B indicating, for example, “+2” is specified via the touch panel 14, the CPU 11 sets the favorite degree for the moving image at a predetermined time interval from the present time to “+2”.

またCPU11は、現時点でお気に入り度合いがどの値に指定されているかを示すために、指定されている値を示すお気に入り度合い設定ボタンBを強調して表示させるようにしてもよい。   Further, the CPU 11 may emphasize and display the favorite degree setting button B indicating the designated value in order to indicate which value the favorite degree is currently designated.

[3−4.他の実施の形態4]
さらに上述した実施の形態では、CPU11は、動画像を記録しながら、動画像の所定時間間隔ごとに対するお気に入り度合いを設定するようにした。
[3-4. Other Embodiment 4]
Further, in the above-described embodiment, the CPU 11 sets the favorite degree for each predetermined time interval of the moving image while recording the moving image.

これに限らずCPU11は、動画像を再生しながら、動画像の所定時間間隔ごとに対するお気に入り度合いを設定するようにしてもよい。   The present invention is not limited to this, and the CPU 11 may set a favorite degree for each predetermined time interval of the moving image while reproducing the moving image.

またこれに限らずCPU11は、動画像を記録しながら設定したお気に入り度合いを、その動画像を再生しながら変更できるようにしてもよい。   However, the present invention is not limited to this, and the CPU 11 may change the favorite degree set while recording a moving image while reproducing the moving image.

この場合CPU11は、動画像を再生すると、図13に示すように、液晶ディスプレイ16に再生画像Rpを表示させる。これと共にCPU11は、動画像管理ファイルから当該動画像のお気に入り度合い設定情報を読み出し、これに基づいてお気に入り度合いの所定時間間隔ごとの変化を示すグラフGL3を生成し、グラフGL3を再生画像Rpに重ねて表示させる。   In this case, when reproducing the moving image, the CPU 11 displays the reproduced image Rp on the liquid crystal display 16 as shown in FIG. At the same time, the CPU 11 reads the favorite degree setting information of the moving image from the moving image management file, generates a graph GL3 indicating the change of the favorite degree for every predetermined time interval based on this, and superimposes the graph GL3 on the reproduced image Rp. To display.

このグラフGL3は、上述した動画像の記録中に表示されるグラフGL1と同様、縦軸がお気に入り度合い、横軸が動画像の記録を開始してからの経過時間を示し、太線L3により設定されているお気に入り度合いの変化を示す。   In this graph GL3, like the graph GL1 displayed during moving image recording described above, the vertical axis indicates the degree of favorite, the horizontal axis indicates the elapsed time since the start of moving image recording, and is set by a thick line L3. The change in the degree of favorite.

またこのグラフGL3には、動画像の再生位置を示す再生バーPBが設けられており、動画像の再生に合わせて再生バーPBが左から右に移動するようになされている。これによりCPU11は、現在どの位置が再生されているかをユーザに確認させることができる。   The graph GL3 is provided with a playback bar PB indicating the playback position of the moving image, and the playback bar PB moves from left to right as the moving image is played back. As a result, the CPU 11 can cause the user to confirm which position is currently being reproduced.

CPU11は、ユーザによりタッチパネル14を介して太線L3に対するドラッグ操作が行われると、当該ドラッグ操作に基づいてお気に入り度合いを変更する。   When the user performs a drag operation on the thick line L3 via the touch panel 14, the CPU 11 changes the favorite degree based on the drag operation.

例えば、図13に修正前の太線L3を破線Lr2により示す。例えば修正前の経過時間0分55秒〜1分5秒間のお気に入り度合いは「+1」と設定されていたとする。   For example, the thick line L3 before correction is indicated by a broken line Lr2 in FIG. For example, it is assumed that the favorite degree of the elapsed time from 0 minutes 55 seconds to 1 minute 5 seconds before the correction is set to “+1”.

ここで、ユーザにより、太線L3の経過時間0分55秒〜1分5秒の位置をお気に入り度合い「+1」から「+2」の位置まで移動させるようなドラッグ操作が行われたとする。   Here, it is assumed that the user performs a drag operation to move the position of the elapsed time 0 minutes 55 seconds to 1 minute 5 seconds of the thick line L3 from the favorite degree “+1” to the position “+2”.

このときCPU11は、ドラッグ操作に合わせて、経過時間0分55秒〜1分5秒の太線L3の位置をお気に入り度合い「+2」の位置まで移動させると共に、経過時間0分55秒〜1分5秒間のお気に入り度合いを「+2」に変更する。   At this time, in accordance with the drag operation, the CPU 11 moves the position of the thick line L3 having an elapsed time of 0 minute 55 seconds to 1 minute 5 seconds to the position of the favorite degree “+2”, and the elapsed time of 0 minute 55 seconds to 1 minute 5 Change the favorite rate for second to “+2”.

そしてCPU11は、変更したお気に入り度合いに応じて、動画像管理ファイルのお気に入り度合い設定情報を更新する。すなわちCPU11は、変更したお気に入り度合いを当該変更したお気に入り度合いに対応する時間間隔に対応づけて、記憶部27に記憶させる。   Then, the CPU 11 updates the favorite degree setting information of the moving image management file according to the changed favorite degree. That is, the CPU 11 stores the changed favorite degree in the storage unit 27 in association with the time interval corresponding to the changed favorite degree.

動画像の撮影時は、ユーザは撮影することに専念することが多いためあまりスライダーSt1を動かせず、CPU11は、ユーザの要求に合ったお気に入り度合いを設定できないことも考えられる。そこで、このように記録時に設定したお気に入り度合いを例えば再生時などにユーザ操作に応じて変更するようにしたことにより、一段とユーザの要求に合ったお気に入り度合いを設定することができる。   When shooting a moving image, the user often concentrates on shooting, so the slider St1 cannot be moved so much that the CPU 11 may not be able to set a favorite degree that meets the user's request. Thus, the favorite degree set at the time of recording is changed according to the user operation at the time of reproduction, for example, so that the favorite degree more suited to the user's request can be set.

[3−5.他の実施の形態5]
さらに上述した第2の実施の形態ではCPU11は、動画像の所定時間間隔ごとに一つの人物属性を設定するようにした。
[3-5. Other Embodiment 5]
Furthermore, in the second embodiment described above, the CPU 11 sets one person attribute for each predetermined time interval of the moving image.

これに限らずCPU11は、動画像の所定時間間隔ごとに複数の属性情報を設定するようにしてもよい。   However, the present invention is not limited to this, and the CPU 11 may set a plurality of attribute information for each predetermined time interval of the moving image.

例えば、「Aちゃん」及び「Bくん」をユーザが撮影している際に、「Aちゃん」の表情を示す「Aちゃん」属性と、「Bくん」の表情を示す「Bくん」属性とを、動画像の所定時間間隔ごとに設定するようにしてもよい。   For example, when the user is shooting “A-chan” and “B-kun”, the “A-chan” attribute indicating the expression of “A-chan” and the “B-kun” attribute indicating the expression of “B-kun” May be set at predetermined time intervals of the moving image.

この場合CPU11は、動画像の記録を開始すると、図14に示すように、「Aちゃん」属性をユーザに選択させるためのスライダーバーSaと、「Bくん」属性をユーザに選択させるためのスライダーバーSbとをモニタリング画像Mpに重ねて表示させる。   In this case, when recording of a moving image is started, the CPU 11 has a slider bar Sa for causing the user to select the “A-chan” attribute and a slider for allowing the user to select the “B-kun” attribute, as shown in FIG. The bar Sb is displayed on the monitoring image Mp.

スライダーバーSa及びSbには、それぞれタッチパネル14を介したユーザ操作に応じて上下に移動可能なスライダーSta及びスライダーStbが設けられているとする。   Assume that the slider bars Sa and Sb are provided with a slider Sta and a slider Stb that can be moved up and down in accordance with a user operation via the touch panel 14, respectively.

そしてスライダーバーSa及びSbは、ユーザがタッチパネル14を介してスライダーSta又はStbを移動させることで、「Aちゃん」属性又は「Bくん」属性を指定できるようになされている。具体的には、「Aちゃん」属性及び「Bくん」属性のそれぞれにおいて、例えば「笑」、「泣」、「怒」の3つの中からいずれかを指定できるようになされている。   The slider bars Sa and Sb are configured such that the user can designate the “A-chan” attribute or the “B-kun” attribute by moving the slider Sta or Stb via the touch panel 14. Specifically, in each of the “A-chan” attribute and the “B-kun” attribute, one of, for example, “laugh”, “cry”, and “anger” can be designated.

ここで、「笑」、「泣」、「怒」には、CPU11により、例えば「笑」>「泣」>「怒」となる連続性が設定されるとする。この場合、スライダーバーSa及びSbには、上から「笑」、「泣」、「怒」の順でそれぞれに対応する目盛りが表示される。   Here, it is assumed that the CPU 11 sets continuity such as “laugh”> “cry”> “anger” for “laugh”, “cry”, and “anger”. In this case, on the slider bars Sa and Sb, scales corresponding to each in the order of “laugh”, “cry”, and “anger” are displayed from the top.

尚、「笑」は、例えば「Aちゃん」又は「Bくん」が笑っている場合にユーザにより指定され、「泣」は、例えば「Aちゃん」又は「Bくん」が泣いている場合にユーザにより指定される。また「怒」は、例えば「Aちゃん」又は「Bくん」が怒っている場合にユーザにより指定される。   “Laughter” is designated by the user when, for example, “A-chan” or “B-kun” is laughing, and “cry” is, for example, when “A-chan” or “B-kun” is crying. Specified by. “Angry” is designated by the user when “A” or “B” is angry, for example.

CPU11は、スライダーStaのスライダーバーSa上における位置に基づいて、記録中の動画像の所定時間間隔ごとに対する「Aちゃん」属性を設定する。またCPU11は、スライダーStbのスライダーバーSb上における位置に基づいて、記録中の動画像の所定時間間隔ごとに対する「Bくん」属性を設定する。   Based on the position of the slider Sta on the slider bar Sa, the CPU 11 sets the “A-chan” attribute for each predetermined time interval of the moving image being recorded. Further, the CPU 11 sets the “B-kun” attribute for each predetermined time interval of the moving image being recorded based on the position of the slider Stb on the slider bar Sb.

そしてCPU11は、設定された「Aちゃん」属性及び「Bくん」属性と、これらが設定された時間間隔とを対応付けた「Aちゃん」及び「Bくん」属性設定情報を作成し、記憶部27に記憶されている動画像管理ファイルに登録する。   Then, the CPU 11 creates “A-chan” and “B-kun” attribute setting information in which the set “A-chan” and “B-kun” attributes are associated with the set time intervals, and the storage unit 27 is registered in the moving image management file stored in 27.

さらにCPU11は、スライダーバーSaの右側に「Aちゃん」属性の所定時間間隔ごとの変化をグラフGLaとして示し、スライダーバーSbの右側に「Bくん」属性の所定時間間隔ごとの変化をグラフGLbとして示す。   Further, the CPU 11 shows the change of the “A-chan” attribute for each predetermined time interval on the right side of the slider bar Sa as a graph GLa, and the change of the “B-kun” attribute for each predetermined time interval on the right side of the slider bar Sb is a graph GLb. Show.

例えばモニタリング画像Mpに映されている「Aちゃん」及び「Bくん」が笑っているとする。この場合例えば、「Aちゃん」属性及び「Bくん」属性は「笑」に設定される。   For example, it is assumed that “A-chan” and “B-kun” shown in the monitoring image Mp are laughing. In this case, for example, the “A-chan” attribute and the “B-kun” attribute are set to “laugh”.

このようにCPU11は、動画像の所定時間間隔ごとに「Aちゃん」属性及び「Bくん」属性を対応づけることにより、動画像の再生時に「Aちゃん」属性及び「Bくん」属性に基づいた再生をすることができる。   As described above, the CPU 11 associates the “A-chan” attribute and the “B-kun” attribute with each predetermined time interval of the moving image, so that it is based on the “A-chan” attribute and the “B-kun” attribute when the moving image is reproduced. Can play.

例えばCPU11は、「Aちゃん」属性が「笑」と設定され且つ「Bちゃん」属性が「笑」と設定されている部分のみを動画像の中から抽出して再生することができる。この結果、ユーザは、「Aちゃん」及び「Bくん」の両方が笑っている部分の動画像を視聴することができる。   For example, the CPU 11 can extract and reproduce only a portion in which the “A-chan” attribute is set to “laugh” and the “B-chan” attribute is set to “laugh” from the moving image. As a result, the user can view the moving image of the part where both “A-chan” and “B-kun” are laughing.

このようにCPU11は、動画像の所定時間間隔ごとに複数の属性情報を対応づけることにより、動画像の再生時に一段とユーザの多様な要求に応じた動画像の再生をデジタル画像信号処理部23に行わせることができる。   As described above, the CPU 11 associates a plurality of attribute information for each predetermined time interval of the moving image, thereby allowing the digital image signal processing unit 23 to reproduce the moving image according to various requests of the user at the time of reproducing the moving image. Can be done.

[3−6.他の実施の形態6]
さらに上述した第1及び第2の実施の形態では、CPU11は、ユーザ入力に基づいて指定されるお気に入り度合い又は人物属性を動画像の所定時間間隔ごとに対応付けて記憶部27に記憶させるようにした。
[3-6. Other Embodiment 6]
Further, in the first and second embodiments described above, the CPU 11 stores the favorite degree or the person attribute specified based on the user input in the storage unit 27 in association with each predetermined time interval of the moving image. did.

これに限らずCPU11は、連続的な複数の属性情報であれば、例えば盛り上がり度合いなどこの他種々の属性情報を動画像の所定時間間隔に対応付けて記憶部27に記憶させるようにしてもよい。   Not limited to this, the CPU 11 may store various other attribute information such as the degree of excitement in the storage unit 27 in association with a predetermined time interval of the moving image, as long as it is a plurality of pieces of continuous attribute information. .

[3−7.他の実施の形態7]
さらに上述した第1の実施の形態では、CPU11は、動画像を再生する際に、ユーザにお気に入り再生閾値を指定させ、動画像の中からお気に入り再生閾値以上のお気に入り度合いが設定されている部分を抽出して再生するようにした。
[3-7. Other Embodiment 7]
Furthermore, in the first embodiment described above, the CPU 11 causes the user to specify a favorite playback threshold when playing back a moving image, and selects a portion in the moving image that has a favorite degree equal to or greater than the favorite playback threshold. Extracted and played.

これに限らずCPU11は、例えばお気に入り再生閾値以下のお気に入り度合いが設定されている部分を抽出して再生するようにしてもよい。またこれに限らずCPU11は、ユーザに、再生させたいお気に入り度合いを任意の範囲で指定させて、その範囲内のお気に入り度合いが設定されている部分を動画像の中から抽出して再生するようにしてもよい。   For example, the CPU 11 may extract and reproduce a portion in which a favorite degree equal to or less than the favorite reproduction threshold is set. Not limited to this, the CPU 11 allows the user to specify a favorite degree to be reproduced in an arbitrary range, and extracts and reproduces a portion where the favorite degree within the range is set from the moving image. May be.

[3−8.他の実施の形態8]
さらに上述した第1の実施の形態では、CPU11は、動画像の中からユーザにより指定されたお気に入り再生閾値以上のお気に入り度合いが設定されている部分のみを抽出して再生するようにした。
[3-8. Other Embodiment 8]
Furthermore, in the first embodiment described above, the CPU 11 extracts and reproduces only a portion in which a favorite degree equal to or greater than the favorite reproduction threshold specified by the user is set from the moving image.

これに限らずCPU11は、動画像記録中にユーザが静止画像を記録した時点や動画像を解析して検出された人物の笑顔が含まれる時点の前後部分などを、お気に入り再生閾値以上のお気に入り度合いが設定されている部分と合わせて、動画像の中から抽出して再生するようにしてもよい。   The CPU 11 is not limited to this, and the degree of favorite that is greater than or equal to the favorite reproduction threshold is determined when the user records a still image during moving image recording, or before and after the time point when a smile of a person detected by analyzing the moving image is included. It is also possible to extract and reproduce from the moving image together with the portion where is set.

この場合デジタルカメラ10は、動画像記録中にユーザ操作により静止画像を記録する機能や、動画像から人物の顔を認識する顔認識処理などの所定の解析方法で動画像を解析して、人物の笑顔を検出する機能などを有しているとする。   In this case, the digital camera 10 analyzes the moving image by a predetermined analysis method such as a function for recording a still image by a user operation during moving image recording or a face recognition process for recognizing a person's face from the moving image. It has a function of detecting a smile of a person.

[3−9.他の実施の形態9]
さらに上述した第1の実施の形態では、CPU11は、動画像の中からユーザにより指定されたお気に入り再生閾値以上の部分のみを抽出して再生するようにした。
[3-9. Other Embodiment 9]
Furthermore, in the first embodiment described above, the CPU 11 extracts and reproduces only a portion of the moving image that is equal to or greater than the favorite reproduction threshold specified by the user.

これに限らずCPU11は、ユーザにより指定されたお気に入り再生閾値以上の部分のみを動画像の中から抽出してつなぎあわせて新たな動画像を作成し、動画像ファイルとして記憶部27に記憶させるようにしてもよい。   However, the CPU 11 is not limited to this, and the CPU 11 extracts only the portion that is equal to or greater than the favorite reproduction threshold specified by the user from the moving images and joins them together to create a new moving image, which is stored in the storage unit 27 as a moving image file. It may be.

これによりCPU11は、ユーザにお気に入り再生閾値を指定させるだけで動画像の編集を行うことができるので、例えばイン点及びアウト点をユーザに指定させて編集する場合と比べ、容易に動画像の編集を行うことができる。   As a result, the CPU 11 can edit the moving image simply by allowing the user to specify the favorite playback threshold value. Therefore, for example, it is easier to edit the moving image than in the case where the user specifies and edits the in and out points. It can be performed.

[3−10.他の実施の形態10]
さらに上述した第1及び第2の実施の形態では、CPU11は、記録された動画像の再生時にスライダーバーS2又はS4を表示させ、スライダーSt2又はSt4のスライダーバーS2又はS4における位置に応じて、お気に入り再生閾値を設定するようにした。
[3-10. Other Embodiment 10]
Furthermore, in the first and second embodiments described above, the CPU 11 displays the slider bar S2 or S4 when reproducing the recorded moving image, and depending on the position of the slider St2 or St4 in the slider bar S2 or S4, The favorite playback threshold was set.

これに限らずCPU11は、記録された動画像の再生開始前にあらかじめユーザにお気に入り再生閾値を指定させて設定するようにしてもよい。   However, the present invention is not limited to this, and the CPU 11 may allow the user to specify and set a favorite playback threshold value before starting the playback of the recorded moving image.

これによりCPU11は、再生画像Rpに重ねてスライダーバーS2又はS4を表示させなくてもよいので、お気に入り再生時にもユーザに再生画像Rpを見やすくさせることができる。   As a result, the CPU 11 does not have to display the slider bar S2 or S4 so as to overlap the reproduced image Rp, so that the user can easily view the reproduced image Rp even during favorite reproduction.

[3−11.他の実施の形態11]
さらに上述した第1の実施の形態では、CPU11は、動画像の記録時にモニタリング画像Mpに重ねてお気に入り度合いの所定時間間隔ごとの変化を示すグラフGL1を表示させるようにした。
[3-11. Other Embodiment 11]
Further, in the first embodiment described above, the CPU 11 displays the graph GL1 indicating the change of the favorite degree at every predetermined time interval so as to be superimposed on the monitoring image Mp when the moving image is recorded.

これに限らずCPU11は、グラフGL1を表示させなくてもよいし、ユーザ操作に応じてユーザの所望の時だけグラフGL1を表示させるようにしてもよい。これによりCPU11は、グラフGL1によりモニタリング画像Mpが見にくくなるのを防ぐことができる。   However, the present invention is not limited to this, and the CPU 11 may not display the graph GL1, or may display the graph GL1 only when desired by the user in accordance with a user operation. Thereby, the CPU 11 can prevent the monitoring image Mp from becoming difficult to see due to the graph GL1.

[3−12.他の実施の形態12]
さらに上述した第1及び第2の実施の形態では、CPU11は、撮像された動画像の所定時間間隔ごとに対してお気に入り度合い又は人物属性などの属性情報を設定するようにした。
[3-12. Other Embodiment 12]
Furthermore, in the first and second embodiments described above, the CPU 11 sets attribute information such as a favorite degree or a person attribute for each predetermined time interval of a captured moving image.

これに限らず、CPU11は記憶媒体に記憶させるコンテンツであればこの他種々のコンテンツに対して属性情報を設定するようにしてもよい。   However, the present invention is not limited to this, and the CPU 11 may set attribute information for various other contents as long as the contents are stored in the storage medium.

例えば、テレビジョン放送を録画した動画像など種々の動画コンテンツの所定時間ごとに対して人物属性などの属性情報を設定するようにしてもよい。   For example, attribute information such as a person attribute may be set for each predetermined time of various moving image contents such as a moving image in which a television broadcast is recorded.

また例えば、楽曲など音声コンテンツの所定時間に対してお気に入り度合いなどの属性情報を設定するようにしてもよい。この場合、音声コンテンツをスピーカ28から出力させながら、所定時間ごとに対するお気に入り度合いなどの属性情報をユーザに指定させるようにしてもよい。   Further, for example, attribute information such as a favorite degree may be set for a predetermined time of audio content such as music. In this case, the user may be allowed to specify attribute information such as the degree of favorite for each predetermined time while outputting the audio content from the speaker 28.

[3−13.他の実施の形態13]
さらに上述した第1の実施の形態では、お気に入り度合い設定処理手順RT1及びお気に入り再生処理手順RT2を実行するためのプログラムをROM12に記憶しておくようにした。
[3-13. Other Embodiment 13]
Further, in the above-described first embodiment, programs for executing the favorite degree setting processing procedure RT1 and the favorite reproduction processing procedure RT2 are stored in the ROM 12.

これに限らず、これらのプログラムを例えばメモリカードなどの所定の記憶媒体に記憶しておき、CPU11がこのプログラムを記憶媒体から読み出して実行するようにしてもよい。また、CPU11がこのプログラムをインターネット上の所定のサーバからダウンロードして記憶部27にインストールするようにしてもよい。   Not limited to this, these programs may be stored in a predetermined storage medium such as a memory card, and the CPU 11 may read the program from the storage medium and execute it. The CPU 11 may download the program from a predetermined server on the Internet and install it in the storage unit 27.

[3−14.他の実施の形態14]
さらに上述した第1及び第2の実施の形態では、液晶ディスプレイ16とタッチパネル14とをデジタルカメラ10に設けるようにした。
[3-14. Other Embodiment 14]
Furthermore, in the first and second embodiments described above, the liquid crystal display 16 and the touch panel 14 are provided in the digital camera 10.

これに限らず、液晶ディスプレイ16及びタッチパネル14の代わりにタッチパネル機能を内蔵する液晶ディスプレイをデジタルカメラ10に設けるようにしてもよい。   However, the present invention is not limited to this, and a liquid crystal display incorporating a touch panel function may be provided in the digital camera 10 instead of the liquid crystal display 16 and the touch panel 14.

また液晶ディスプレイ16についても、これに限らず、EL(Electroluminescence display)ディスプレイ等、この他種々のディスプレイを用いるようにしてもよい。   The liquid crystal display 16 is not limited to this, and various other displays such as an EL (Electroluminescence display) display may be used.

[3−15.他の実施の形態15]
さらに上述した第1及び第2の実施の形態では、情報処理装置1としてのデジタルカメラ10に、制御部2及び受付部5としてのCPU11と、出力部4及び表示部6としての液晶ディスプレイ16と、受付部5としてのタッチパネル14とを設けるようにした。また、デジタルカメラ10に、再生部7としてのデジタル画像信号処理部23と、撮像部8としてのレンズ部19及び撮像素子21とを設けるようにした。
[3-15. Other Embodiment 15]
Further, in the first and second embodiments described above, the digital camera 10 as the information processing apparatus 1 includes the CPU 11 as the control unit 2 and the reception unit 5, and the liquid crystal display 16 as the output unit 4 and the display unit 6. The touch panel 14 as the reception unit 5 is provided. Further, the digital camera 10 is provided with a digital image signal processing unit 23 as the reproduction unit 7, and a lens unit 19 and an imaging element 21 as the imaging unit 8.

これに限らず、同様の機能を有するのであれば、上述した各機能部を、他の種々のハードウェア又はソフトウェアにより構成するようにしてもよい。   Not only this but if it has the same function, you may make it comprise each function part mentioned above with other various hardware or software.

また上述した第1及び第2の実施の形態では、デジタルカメラ10のデジタル画像信号処理部23に属性情報に基づいた再生を行わせるようにしたが、これに限らず、外部の再生装置に記憶部27に記憶された属性情報に基づいた再生を行わせるようにしてもよい。   In the first and second embodiments described above, the digital image signal processing unit 23 of the digital camera 10 performs reproduction based on the attribute information. However, the present invention is not limited to this, and is stored in an external reproduction device. The reproduction based on the attribute information stored in the unit 27 may be performed.

また同様の構成を有する情報処理装置であれば、デジタルカメラに限らず、パーソナルコンピュータ、PDA(Personal Digital Assistant)など、この他種々の情報処理装置に本発明を適用するようにしてもよい。   Further, as long as the information processing apparatus has a similar configuration, the present invention may be applied to various other information processing apparatuses such as a personal computer and a PDA (Personal Digital Assistant) as well as a digital camera.

[3−16.他の実施の形態16]
さらに、本発明は、上述した第1及び第2の実施の形態とここまで説明した他の実施の形態1乃至15とに限定されるものではない。すなわち本発明は、上述した第1及び第2の実施の形態とここまで説明した他の実施の形態1乃至15の一部または全部を任意に組み合わせた形態、もしくは一部を抽出した形態も適用範囲とする。例えば、上述した第2の実施の形態と他の実施の形態3とを組み合わせるようにしてもよい。
[3-16. Other Embodiment 16]
Furthermore, the present invention is not limited to the first and second embodiments described above and the other embodiments 1 to 15 described so far. That is, the present invention can be applied to a form in which a part or all of the first and second embodiments described above and the other embodiments 1 to 15 described so far are arbitrarily combined, or a part of which is extracted. Range. For example, the above-described second embodiment may be combined with another embodiment 3.

本発明の情報処理装置、情報処理方法及び情報処理プログラムは、例えばデジタルカメラ等で広く利用することができる。   The information processing apparatus, information processing method, and information processing program of the present invention can be widely used in, for example, a digital camera.

1……情報処理装置、2……制御部、3……記憶媒体、4……出力部、5……受付部、6……表示部、7……再生部、8……撮像部、10……デジタルカメラ、11……CPU、14……タッチパネル、16……液晶ディスプレイ、19……レンズ部、21……撮像素子、23……デジタル画像信号処理部、27……記憶部。   DESCRIPTION OF SYMBOLS 1 ... Information processing apparatus, 2 ... Control part, 3 ... Storage medium, 4 ... Output part, 5 ... Reception part, 6 ... Display part, 7 ... Playback part, 8 ... Imaging part, 10 ...... Digital camera, 11 ... CPU, 14 ... Touch panel, 16 ... Liquid crystal display, 19 ... Lens unit, 21 ... Image sensor, 23 ... Digital image signal processing unit, 27 ... Storage unit.

Claims (17)

表示部にコンテンツを表示させる表示制御部と、
上記コンテンツの所定時間間隔毎に対応付けて、ユーザ操作に応じた、上記コンテンツに含まれる人物に対応する属性情報の段階的な設定を行う属性情報設定部と
を有し、
上記属性情報は、
上記コンテンツに含まれる複数の人物のうち、ユーザにより登録された人物を注目する人物として指定する為の情報であり、登録された複数の人物のうちの一人を注目する人物として指定する為の属性情報と、登録された複数の人物を注目する人物として指定する為の属性情報とがあり、
上記表示制御部は、
上記表示部に対して、上記コンテンツとともに、上記属性情報の上記時間間隔毎の段階的な変化を示す表示をさせ、
上記属性情報設定部は、
上記コンテンツの所定時間間隔に対する上記属性情報の設定を、当該コンテンツの当該所定時間間隔の部分が上記表示部に表示されている時点よりも後の時点におけるユーザ操作に基づいて行う
情報処理装置。
A display control unit for displaying content on the display unit;
An attribute information setting unit configured to perform stepwise setting of attribute information corresponding to a person included in the content according to a user operation in association with each predetermined time interval of the content;
The above attribute information
This is information for designating a person registered by the user as a person of interest among a plurality of persons included in the content, and an attribute for designating one of the plurality of registered persons as a person of interest Information and attribute information for designating a plurality of registered persons as a person to be noted,
The display control unit
Let the display unit display a stepwise change of the attribute information for each time interval together with the content,
The attribute information setting unit
An information processing apparatus configured to set the attribute information for a predetermined time interval of the content based on a user operation at a time after a time when the portion of the content with the predetermined time interval is displayed on the display unit.
上記表示制御部は、
上記表示部に対して、上記コンテンツとともに、上記属性情報の上記時間間隔毎の変化を示すグラフを表示させる
請求項1に記載の情報処理装置。
The display control unit
The information processing apparatus according to claim 1, wherein a graph indicating a change in the attribute information for each time interval is displayed together with the content on the display unit.
上記属性情報設定部は、
上記表示部に表示された上記グラフに対するタッチ操作に基づいて、上記コンテンツの所定時間間隔毎の属性情報の設定を行う
請求項2に記載の情報処理装置。
The attribute information setting unit
The information processing apparatus according to claim 2, wherein attribute information is set for each predetermined time interval of the content based on a touch operation on the graph displayed on the display unit.
上記属性情報は、複数の段階を有するパラメータである
請求項1に記載の情報処理装置。
The information processing apparatus according to claim 1, wherein the attribute information is a parameter having a plurality of stages.
上記属性情報は、コンテンツの時間間隔毎に設定される連続的な情報である
請求項1に記載の情報処理装置。
The information processing apparatus according to claim 1, wherein the attribute information is continuous information set for each time interval of content.
上記属性情報設定部は、
上記コンテンツが記録媒体に記録された後、ユーザ操作に基づいて、当該コンテンツの所定時間間隔毎の属性情報の設定を行う
請求項1に記載の情報処理装置。
The attribute information setting unit
The information processing apparatus according to claim 1, wherein after the content is recorded on a recording medium, attribute information is set for each predetermined time interval of the content based on a user operation.
上記属性情報設定部は、
記録媒体に記録されたコンテンツの再生中に、ユーザ操作に基づいて、当該コンテンツの所定時間間隔毎の属性情報の設定を行う
請求項6に記載の情報処理装置。
The attribute information setting unit
The information processing apparatus according to claim 6, wherein attribute information for each predetermined time interval of the content is set based on a user operation during reproduction of the content recorded on the recording medium.
上記表示制御部は、
コンテンツの時間間隔毎の属性情報に基づいてコンテンツの表示を行う
請求項1に記載の情報処理装置。
The display control unit
The information processing apparatus according to claim 1, wherein the content is displayed based on attribute information for each time interval of the content.
上記表示制御部は、
コンテンツの所定時間間隔毎に対応付けられた上記属性情報に基づき、ユーザ操作に応じて設定された属性情報に対応する当該コンテンツ部分のみを表示させる
請求項8に記載の情報処理装置。
The display control unit
The information processing apparatus according to claim 8, wherein only the content portion corresponding to the attribute information set according to the user operation is displayed based on the attribute information associated with each predetermined time interval of the content.
上記表示制御部は、
段階的に設定された上記属性情報における、所定の閾値以上の属性情報に対応するコンテンツ部分のみを表示させる
請求項9に記載の情報処理装置。
The display control unit
The information processing apparatus according to claim 9, wherein only the content portion corresponding to attribute information equal to or greater than a predetermined threshold in the attribute information set in stages is displayed.
上記コンテンツは、動画像である
請求項1に記載の情報処理装置。
The information processing apparatus according to claim 1, wherein the content is a moving image.
上記表示制御部は、
ユーザ操作により属性情報を設定するための属性情報指定表示を上記表示部に表示させる
請求項1に記載の情報処理装置。
The display control unit
The information processing apparatus according to claim 1, wherein an attribute information designation display for setting attribute information by a user operation is displayed on the display unit.
上記属性情報設定部は、
上記表示部に表示された上記属性情報指定表示に対するタッチ操作に基づいて、上記コンテンツの所定時間間隔毎の属性情報の設定を行う
請求項12に記載の情報処理装置。
The attribute information setting unit
The information processing apparatus according to claim 12, wherein the attribute information is set for each predetermined time interval of the content based on a touch operation on the attribute information designation display displayed on the display unit.
属性情報設定部が、コンテンツの所定時間間隔毎に対応付けて、ユーザ操作に応じた、上記コンテンツに含まれる人物に対応する属性情報の段階的な設定を行い、
上記属性情報は、上記コンテンツに含まれる複数の人物のうち、ユーザにより登録された人物を注目する人物として指定する為の情報であり、登録された複数の人物のうちの一人を注目する人物として指定する為の属性情報と、登録された複数の人物を注目する人物として指定する為の属性情報とがあり、
表示制御部が、表示部に対して、上記コンテンツとともに、上記属性情報の上記時間間隔毎の段階的な変化を示す表示をさせ、
上記属性情報設定部が、上記コンテンツの所定時間間隔に対する上記属性情報の設定を、当該コンテンツの当該所定時間間隔の部分が上記表示部に表示されている時点よりも後の時点におけるユーザ操作に基づいて行う
情報処理方法。
The attribute information setting unit performs stepwise setting of attribute information corresponding to a person included in the content in response to a user operation in association with each predetermined time interval of the content,
The attribute information is information for designating a person registered by the user as a person to be noted among a plurality of persons included in the content, and one person among the plurality of registered persons is to be noted. There are attribute information for specifying, and attribute information for specifying a plurality of registered persons as a person to be noted,
The display control unit causes the display unit to display a stepwise change of the attribute information for each time interval together with the content,
The attribute information setting unit sets the attribute information with respect to the predetermined time interval of the content based on a user operation at a time after the time when the portion of the content with the predetermined time interval is displayed on the display unit. Information processing method.
コンピュータに、
属性情報設定部が、コンテンツの所定時間間隔毎に対応付けて、ユーザ操作に応じた、上記コンテンツに含まれる人物に対応する属性情報の段階的な設定を行う処理と、
表示制御部が、表示部に対して、上記コンテンツとともに、上記属性情報の上記時間間隔毎の段階的な変化を示す表示をさせる処理と
を実行させ、
上記属性情報は、上記コンテンツに含まれる複数の人物のうち、ユーザにより登録された人物を注目する人物として指定する為の情報であり、登録された複数の人物のうちの一人を注目する人物として指定する為の属性情報と、登録された複数の人物を注目する人物として指定する為の属性情報とがあり、
上記属性情報設定部が、上記コンテンツの所定時間間隔に対する上記属性情報の設定を、当該コンテンツの当該所定時間間隔の部分が上記表示部に表示されている時点よりも後の時点におけるユーザ操作に基づいて行うようにする
ための情報処理プログラム。
On the computer,
A process in which the attribute information setting unit performs stepwise setting of attribute information corresponding to a person included in the content according to a user operation in association with each predetermined time interval of the content;
A display control unit that causes the display unit to display a stepwise change of the attribute information for each time interval together with the content;
The attribute information is information for designating a person registered by the user as a person to be noted among a plurality of persons included in the content, and one person among the plurality of registered persons is to be noted. There are attribute information for specifying, and attribute information for specifying a plurality of registered persons as a person to be noted,
The attribute information setting unit sets the attribute information with respect to the predetermined time interval of the content based on a user operation at a time after the time when the portion of the content with the predetermined time interval is displayed on the display unit. An information processing program for doing so.
表示部に動画像を表示させる表示制御部と、
動画像が記録された後、当該動画像の所定時間間隔毎に対応付けて、ユーザ操作に応じた、上記動画像に含まれる人物に対応する属性情報の段階的な設定を行う属性情報設定部と
を有し、
上記属性情報は、
上記動画像に含まれる複数の人物のうち、ユーザにより登録された人物を注目する人物として指定する為の情報であり、登録された複数の人物のうちの一人を注目する人物として指定する為の属性情報と、登録された複数の人物を注目する人物として指定する為の属性情報とがあり、
上記表示制御部は、
上記表示部に対して、上記動画像とともに、上記属性情報の上記時間間隔毎の段階的な変化を示すグラフを表示させ、
上記属性情報設定部は、
上記動画像の所定時間間隔に対する上記属性情報の設定を、当該動画像の当該所定時間間隔の部分が上記表示部に表示されている時点よりも後の時点におけるユーザ操作に基づいて行う
情報処理装置。
A display control unit for displaying a moving image on the display unit;
After a moving image is recorded, an attribute information setting unit that performs stepwise setting of attribute information corresponding to a person included in the moving image according to a user operation in association with each predetermined time interval of the moving image And
The above attribute information
This is information for designating a person registered by the user as a person of interest among a plurality of persons included in the moving image, and for designating one of the plurality of registered persons as a person of interest. There is attribute information and attribute information for designating a plurality of registered persons as a person of interest,
The display control unit
On the display unit, together with the moving image, a graph showing a stepwise change of the attribute information for each time interval is displayed.
The attribute information setting unit
The attribute information is set for the predetermined time interval of the moving image based on a user operation at a time point after the time point when the predetermined time interval portion of the moving image is displayed on the display unit. .
属性情報設定部が、動画像が記録媒体に記録された後、当該動画像の所定時間間隔毎に対応付けて、ユーザ操作に応じた、上記動画像に含まれる人物に対応する属性情報の段階的な設定を行い、
上記属性情報は、上記動画像に含まれる複数の人物のうち、ユーザにより登録された人物を注目する人物として指定する為の情報であり、登録された複数の人物のうちの一人を注目する人物として指定する為の属性情報と、登録された複数の人物を注目する人物として指定する為の属性情報とがあり、
表示制御部が、表示部に対して、上記動画像とともに、上記属性情報の上記時間間隔毎の段階的な変化を示すグラフを表示させ、
上記属性情報設定部が、上記動画像の所定時間間隔に対する上記属性情報の設定を、当該動画像の当該所定時間間隔の部分が上記表示部に表示されている時点よりも後の時点におけるユーザ操作に基づいて行う
情報処理方法。
After the moving image is recorded on the recording medium, the attribute information setting unit associates with the predetermined time interval of the moving image and the attribute information corresponding to the person included in the moving image according to the user operation Settings,
The attribute information is information for designating a person registered by the user as a person of interest among a plurality of persons included in the moving image, and a person who pays attention to one of the plurality of registered persons And attribute information for designating a plurality of registered persons as attention persons,
The display control unit causes the display unit to display a graph showing a stepwise change of the attribute information for each time interval together with the moving image,
The attribute information setting unit sets the attribute information with respect to the predetermined time interval of the moving image, and the user operation at a time point after the time point when the predetermined time interval part of the moving image is displayed on the display unit. Information processing method based on
JP2013118842A 2013-06-05 2013-06-05 Information processing apparatus, information processing method, and information processing program Active JP6117621B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013118842A JP6117621B2 (en) 2013-06-05 2013-06-05 Information processing apparatus, information processing method, and information processing program

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013118842A JP6117621B2 (en) 2013-06-05 2013-06-05 Information processing apparatus, information processing method, and information processing program

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009139447A Division JP2010288015A (en) 2009-06-10 2009-06-10 Information processing device, information processing method, and information processing program

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2013214985A JP2013214985A (en) 2013-10-17
JP6117621B2 true JP6117621B2 (en) 2017-04-19

Family

ID=49587981

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2013118842A Active JP6117621B2 (en) 2013-06-05 2013-06-05 Information processing apparatus, information processing method, and information processing program

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6117621B2 (en)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN107851324B (en) 2015-07-28 2022-12-20 索尼公司 Information processing system, information processing method, and recording medium
US10535375B2 (en) 2015-08-03 2020-01-14 Sony Corporation Information processing system, information processing method, and recording medium

Family Cites Families (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2752716B2 (en) * 1989-09-01 1998-05-18 日本電信電話株式会社 Automatic video digest generation method
JP3230858B2 (en) * 1992-11-26 2001-11-19 松下電器産業株式会社 Video priority automatic selection method and video digest automatic display device
JP3579111B2 (en) * 1995-03-16 2004-10-20 株式会社東芝 Information processing equipment
JPH11112254A (en) * 1997-10-01 1999-04-23 Sony Corp Remote controller and controller
US6366296B1 (en) * 1998-09-11 2002-04-02 Xerox Corporation Media browser using multimodal analysis
JP3223970B2 (en) * 1999-04-05 2001-10-29 セイコーエプソン株式会社 Digital camera, image processing device, and recording medium
JP2001134586A (en) * 1999-11-04 2001-05-18 Avix Inc Method and system for database retrieving process by computer
JP2005056361A (en) * 2003-08-07 2005-03-03 Sony Corp Information processor and method, program, and storage medium
JP4268925B2 (en) * 2004-11-10 2009-05-27 パイオニア株式会社 Abstract reproduction apparatus, abstract reproduction method, abstract reproduction program, and information recording medium on which the program is recorded
JP4378325B2 (en) * 2005-07-26 2009-12-02 富士フイルム株式会社 Apparatus and method for controlling recording of number of moving images and apparatus and method for reproducing still image
JP2007142785A (en) * 2005-11-18 2007-06-07 Hitachi Ltd Recording and reproducing device
US7657849B2 (en) * 2005-12-23 2010-02-02 Apple Inc. Unlocking a device by performing gestures on an unlock image
JP4595832B2 (en) * 2006-02-24 2010-12-08 カシオ計算機株式会社 Imaging apparatus, program, and storage medium
JP2007228334A (en) * 2006-02-24 2007-09-06 Fujifilm Corp Moving picture control apparatus and method, and program
JP4958542B2 (en) * 2006-12-27 2012-06-20 株式会社リコー Display device and display method
JP4835368B2 (en) * 2006-10-06 2011-12-14 株式会社日立製作所 Information recording device
JP2009017598A (en) * 2008-10-02 2009-01-22 Sony Corp Imaging apparatus, information treatment method, and computer program

Also Published As

Publication number Publication date
JP2013214985A (en) 2013-10-17

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2010288015A (en) Information processing device, information processing method, and information processing program
JP5568178B2 (en) How to summarize videos
JP3897774B2 (en) Multimedia playback apparatus and menu screen display method
JP4760438B2 (en) Image reproduction apparatus and image reproduction program
JP4935551B2 (en) Display control apparatus, display control method, and program
JP4596060B2 (en) Electronic device, moving image data section changing method and program
JP4874425B1 (en) Reproducing apparatus and imaging apparatus
US20080092050A1 (en) Personalized slide show generation
JP5421627B2 (en) Video data display apparatus and method
JP4389941B2 (en) REPRODUCTION CONTROL DEVICE AND METHOD, AND PROGRAM
JP2013533669A (en) Video summary instruction metadata storage
JP2010122856A (en) Image processing apparatus, image displaying method, and image display program
KR20070092419A (en) Thumbnail recording method for providing information of video data and terminal using the same
JP2009278548A (en) Image processing apparatus, image processing method, image playback device, image playback method and program
JP2016119600A (en) Editing device and editing method
JP2008252454A (en) Camera and gui switching method in camera
JP2009077228A (en) Image sensing device and its control method
JP4696967B2 (en) Display device, display method, and program
JP2007089186A (en) Mobile communication terminal having function of photographing moving picture, and method for operating the same
JP2006101076A (en) Method and device for moving picture editing and program
JP3870123B2 (en) Image processing apparatus, image processing method, program, and recording medium
JP6117621B2 (en) Information processing apparatus, information processing method, and information processing program
US20170150237A1 (en) Image processing device, image processing method, and program
JP2012191544A (en) Reproduction apparatus, imaging apparatus, and moving image reproduction program
JP2008140527A (en) Music reproducing device, and camera having the same

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20140310

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20140430

A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20140616

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20150113

A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20150227

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20150811

A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20151110

A911 Transfer to examiner for re-examination before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20151118

A912 Re-examination (zenchi) completed and case transferred to appeal board

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A912

Effective date: 20160108

A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20161213

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20170323

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6117621

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250