JP6097336B2 - 遊技機 - Google Patents

遊技機 Download PDF

Info

Publication number
JP6097336B2
JP6097336B2 JP2015121533A JP2015121533A JP6097336B2 JP 6097336 B2 JP6097336 B2 JP 6097336B2 JP 2015121533 A JP2015121533 A JP 2015121533A JP 2015121533 A JP2015121533 A JP 2015121533A JP 6097336 B2 JP6097336 B2 JP 6097336B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
effect
symbol
reach
jackpot
control unit
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2015121533A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2017006173A (ja
Inventor
佐々木 和人
和人 佐々木
Original Assignee
京楽産業.株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 京楽産業.株式会社 filed Critical 京楽産業.株式会社
Priority to JP2015121533A priority Critical patent/JP6097336B2/ja
Publication of JP2017006173A publication Critical patent/JP2017006173A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6097336B2 publication Critical patent/JP6097336B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、図柄を変動表示してから停止表示することにより大当たりか否かを示す演出を行う遊技機に関する。
下記特許文献1には、背景画像の視認性を向上させて演出を分かり易くするために、文字又は数字からなる符号情報とキャラクタ画像からなる装飾情報とから構成される識別情報において、リーチ演出を実行するときに、装飾情報を消去し、識別情報の変動を停止させる所定期間前に、装飾情報を再表示する遊技機が記載されている。
特許第5620849号公報(段落0008、図16)
上記従来の遊技機では、識別情報の変動を停止させる所定期間前に装飾情報を再表示するため、識別情報が停止したときに、装飾情報が背景画像の視認性を妨げてしまい、演出の効果を低減させてしまう虞があった。
本発明は、上述の課題を解決するものであり、演出の効果を向上可能な遊技機を提供することを目的とする。
本発明は、上記の課題を解決するために、以下の構成を採用した。なお、本欄における括弧内の記述は、本発明の理解を助けるために後述する実施形態との対応関係を示したものであって、本発明を何ら限定するものではない。
本発明の遊技機は、
始動条件の成立を契機に、遊技者にとって有利な特別遊技(大当たり遊技)を実行するか否かの判定を行う判定手段(メイン制御部60)と、
図柄(左の装飾図柄LF、中の装飾図柄CF、及び、右の装飾図柄RFからなる図柄F)を変動表示してから前記判定手段による判定結果を示す判定図柄で停止表示する変動演出を行う演出手段(演出制御部90、画像音響制御部95、及び、画像表示部20)と、
前記判定手段による判定結果が前記特別遊技を実行するというものであった場合、前記特別遊技を実行する特別遊技実行手段(メイン制御部60)と、
を備え、
前記演出手段は、
前記変動演出中に前記図柄を前記特別遊技に対する期待度が高い特別態様(リーチ態様)とする特別演出(リーチ演出)を行い、前記特別遊技を実行するという判定結果を示す特別遊技図柄(大当たり図柄)で前記図柄を停止表示する第1特別演出手段(図23、図25、図27、図28参照)と、
前記変動演出中に前記特別演出を行い、前記特別遊技図柄ではない前記判定図柄(はずれ図柄)で前記図柄を停止表示する第2特別演出手段(図24、図26参照)と、
を備え、
前記特別演出として、第1特別演出(バトル系リーチ演出)と、前記第1特別演出とは異なる第2特別演出(ストーリー系リーチ演出)とがあり、
前記第1特別演出手段は、
前記第1特別演出を行う場合、前記図柄を前記特別態様としてから縮小した状態とし、その後、前記縮小した状態よりも大きい大きさで停止表示(図23、図27、図28参照)、
前記第2特別演出を行う場合、前記図柄を前記特別態様としてから縮小した状態とし、その後、前記縮小した状態と同等の大きさで停止表示(図25参照)、
前記第2特別演出手段は、前記第1特別演出と前記第2特別演出のいずれを行う場合であっても、前記図柄を前記特別態様としてから縮小した状態とし、その後、前記縮小した状態よりも大きい大きさで停止表示する(図24、図26参照)。
本発明によれば、演出の効果を向上可能である。
本発明の実施形態に係る遊技機の正面図である。 同遊技機の電気系統のブロック図である 同遊技機の大当たりの場合の振分率、時短回数、リーチ演出の内訳及びリーチはずれの場合のリーチ演出の内訳を示す表である。 メイン側タイマ割込処理のフローチャートである。 始動口SW処理のフローチャートである。 ゲートSW処理のフローチャートである。 特別図柄処理のフローチャートである。 大当たり判定処理のフローチャートである。 変動パターン選択処理のフローチャートである。 停止中処理のフローチャートである。 普通図柄処理のフローチャートである。 大入賞口処理のフローチャートである。 遊技状態設定処理のフローチャートである。 電チュー処理のフローチャートである。 事前判定処理のフローチャートである。 変動パターンテーブルの設定例である。 サブ側タイマ割込処理のフローチャートである。 コマンド受信処理のフローチャートである。 演出制御部の保留記憶部の構成例である。 変動演出選択処理のフローチャートである。 変動演出終了中処理のフローチャートである。 当たり演出選択処理のフローチャートである。 バトル系リーチ演出から大当たりになったときの演出の例である。 バトル系リーチ演出からはずれになったときの演出の例である。 ストーリー系リーチ演出から大当たりになったときの演出の例である。 ストーリー系リーチ演出からはずれになったときの演出の例である。 バトル系リーチ演出から6R確変大当たりになったときの演出の例である。 バトル系リーチ演出から昇格演出を経て12R確変大当たりになったときの演出の例である。 演出と装飾図柄の大きさの関係を説明するための図である。 変形例における演出と装飾図柄の大きさの関係を説明するための図である。 変形例におけるバトル系リーチ演出から大当たりになったときの演出の例である。
本発明の一実施形態に係る遊技機10について、図面に基づいて説明する。遊技機10はパチンコ遊技機である。本明細書中、上下とは、遊技を行うために遊技機10を立設した状態における上下をいい、左右は、遊技盤15の遊技領域16に向かって左右をいうものとする。また、遊技盤15の表面側(遊技領域16側)を前方とし、その反対側を後方とする。
(1)パチンコ遊技機の構造
遊技機10は、図1に示すように、遊技機枠11の内部に遊技盤15を取り付けて構成される。遊技機枠11は、外枠12、内枠13、及び、前面側のガラス扉部14を備える。外枠12は、遊技機10の外郭部となる枠体であり、内枠13は、遊技盤15が取り付けられる枠体であり、ガラス扉部14は、遊技盤15を保護するとともに発射ハンドル43等が配設される前枠である。ガラス扉部14は、遊技盤15の前面側における遊技球の転動する遊技領域16や遊技球の転動を予定していない非遊技領域17を目視できるように、それらの前側を覆う透明なガラス部14aと、そのガラス部14aの下方の皿ユニット部14bとを備える。
ガラス扉部14は、外枠12や内枠13に対してヒンジ11aによりそれぞれ回動自在とされ、内枠13は、外枠12とガラス扉部14とに対してヒンジ11aによりそれぞれ回動自在とされている。
ガラス扉部14の前面側には、ガラス部14aの下方の皿ユニット部14bに、上皿42aと下皿42bとを有した球受け皿42、発射ハンドル43、下皿42bの球を抜く皿球抜きボタン44、上皿42aの球を下皿42bに移す通路球抜きボタン45、演出ボタン46、及び、演出キー47が、配設されている。また、ガラス扉部14の前面側には、上部側に、スピーカ48や枠ランプ49が配設されている。
遊技盤15には、発射ハンドル43の操作により発射された遊技球が転動する遊技領域16が、レール部材35で囲まれて形成されている。遊技領域16には、遊技球を誘導する多数の図示しない障害釘や風車が突設され、さらに、盤ランプ50が埋設されている。
遊技領域16の中央には、略円環状に囲む枠体部18aを備えたセンター役物装置18が、配設されている。センター役物装置18には、中央の後部側に、画像表示部20の表示画面20aが配置されている。実施形態の画像表示部20は、液晶表示装置であり、表示画面20aは液晶画面とされている。画像表示部20は、客待ち用のデモ表示、変動演出、大当たり遊技に並行して行われる大当たり演出等を表示画面20aに表示する。変動演出は、大当たり抽選(特別遊技を実行するか否かの判定。以下、「大当たり判定」ともいう。)の結果を示すための識別画像(実施形態では、数字を示す数字画像)を含む複数の装飾図柄(実施形態では、左の装飾図柄LF、中の装飾図柄CF、及び、右の装飾図柄RF)を変動表示(変動させつつ表示)した後停止表示し、その停止表示した装飾図柄の組合せにより、大当たり抽選の結果を報知する演出である。なお、左の装飾図柄(以下、「左図柄」と略す。)LF、中の装飾図柄(以下、「中図柄」と略す。)CF、及び、右の装飾図柄(以下、「右図柄」と略す。)RFの組合せからなる図柄を、図柄Fという(図23〜図28参照)。実施形態では、装飾図柄は、縮小されない状態では数字画像及びキャラクタ画像の組合せからなり、縮小された状態では数字画像のみからなるものとする。変動演出は、特別図柄変動に並行して行われる。また、大当たり抽選は、遊技球の第1始動口22又は第2始動口23への入賞に対して行われる。
センター役物装置18の枠体部18aの左部には、入口から遊技球を流入させ、出口からステージ部18cへ遊技球を流出させるワープ部18bが配設されている。枠体部18aの下部のステージ部18cは、ワープ部18bから流入した遊技球を、上面で転動させて、第1始動口22へと案内したり、あるいは、そのまま、第1始動口22の上方より左右にずれた位置から、落下させる。
センター役物装置18の右部側の画像表示部20の表示画面20aの前側には、可動役物装置110が設けられている。
遊技領域16の左右方向の中央下部や右側には、始動入賞装置21が設けられている。始動入賞装置21は、遊技領域16の左右方向の中央下部に配置されて、遊技球の入球し易さが常時変わらない第1始動口22と、遊技領域16の右側に配置されて、電動チューリップ(以下「電チュー」という。)24により開閉される第2始動口23とを備えている。電チュー24は、電チューソレノイド24a(図2参照)により駆動される。第2始動口23は、図1の二点鎖線に示すように、揺動する羽根タイプの電チュー24が開いているときのみ遊技球が入賞可能となる。なお、電チュー24は、実施形態のように羽根タイプのものに限らず、前後に移動する開閉扉を利用する扉タイプや、前進時に遊技球を受け止めて入球させ、後退時に遊技球を入球させないベロタイプ等の種々のタイプがあり、実施形態の構成に限定されるものではない。
また、遊技領域16には、大入賞装置26が設けられている。大入賞装置26は、始動入賞装置21の右方に配置されており、大入賞口27と、大入賞口ソレノイド26a(図2参照)により動作する開閉部材26bとを備えている。大入賞口27は、開閉部材26bにより開閉される。
また、遊技領域16には、遊技球が通過可能なゲート28が、センター役物装置18の右方に配置されている。ゲート28は、遊技領域16の右側部を狙って遊技球を発射するいわゆる右打ちをした際に、遊技球が通過する可能性がある通過口である。後述する確変遊技状態及び時短遊技状態の場合には、ゲート28の遊技球の通過により第2始動口23が開放され易いので、確変遊技状態及び時短遊技状態の場合には、通常、遊技者は右打ちを行う。
また、遊技領域16には、普通入賞装置29が設けられている。普通入賞装置29は、始動入賞装置21における第1始動口22の左方に配置され、遊技球が入球可能な複数(実施形態では、3つ)の普通入賞口30を備えている。
また、遊技領域16の外側の非遊技領域17であって遊技盤15の右下部には、表示器類が配置されている。遊技機10には、表示器類として、普通図柄表示器37、第1特別図柄表示器39a、及び、第2特別図柄表示器39bが設けられるとともに、普通図柄保留ランプ38、第1特別図柄保留ランプ40a、第2特別図柄保留ランプ40b、及び、状態表示器41が設けられている。
第1特別図柄表示器39a、第2特別図柄表示器39bは、それぞれ、遊技球の第1始動口22、第2始動口23への入賞を契機として行われる大当たり抽選の結果を、変動表示を経て停止表示される特別図柄により報知する(これを「特別図柄変動」という)ものである。第1特別図柄表示器39a、第2特別図柄表示器39bに停止表示された特別図柄が大当たり図柄であれば、大入賞口27を所定回数開閉する大当たり遊技が行われる。簡単に述べれば、第1始動口22又は第2始動口23への入賞による判定条件の成立により、大当たり判定が行われ、その判定結果が大当たりであれば、遊技者に有利な特別遊技としての大当たり遊技が実行されることとなる。
特別図柄の変動表示中又は大当たり遊技中に、遊技球が第1始動口22又は第2始動口23に入賞すると、メイン制御部60(図2参照)は、その入賞に対して取得した大当たり乱数等の乱数(判定用情報)を、第1始動口22への入賞(以下、「第1始動入賞」ともいう。)であれば第1特図保留記憶部63aに、第2始動口23への入賞(以下、「第2始動入賞」ともいう。)であれば第2特図保留記憶部63bに、特図保留記憶(以下、単に「保留」ともいう。)として記憶する。そして、特別図柄変動を実行可能になったときに、記憶しておいた特図保留記憶に基づいて大当たりか否かの判定を行い、特別図柄変動を実行する。
第1特別図柄保留ランプ40a、第2特別図柄保留ランプ40bは、それぞれ、第1特図保留記憶部63a、第2特図保留記憶部63bに記憶されている特図保留記憶の個数を表示するものである。なお、第1特図保留記憶部63a、第2特図保留記憶部63bに記憶される特図保留記憶の個数は、それぞれ4個が上限とされているため、第1特図保留記憶部63aに4個の特図保留記憶がある状態で遊技球が第1始動口22に入賞したときや、第2特図保留記憶部63bに4個の特図保留記憶がある状態で遊技球が第2始動口23に入賞したときは、その入賞に対して大当たり乱数等の乱数は取得されない。
普通図柄表示器37は、遊技球のゲート28への通過を契機として行われる普通図柄抽選の結果を、変動表示を経て停止表示される普通図柄により報知する(これを「普通図柄変動」という)ものである。普通図柄表示器37に停止表示された普通図柄が当たり図柄であれば、所定時間及び所定回数、電チュー24を開く補助遊技が行われる。
普通図柄の変動表示中又は補助遊技中に、遊技球がゲート28を通過すると、メイン制御部60は、その通過に対して取得した当たり乱数等の乱数を、普図保留記憶部63cに普図保留記憶として記憶する。そして、普通図柄変動を開始可能な状態になったときに、記憶しておいた普図保留記憶に基づいて当たりか否かの判定を行い、普通図柄変動を実行する。
普通図柄保留ランプ38は、普図保留記憶部63cに記憶されている普図保留記憶の個数を表示するものである。なお、普図保留記憶部63cに記憶される普図保留記憶の個数は、4個が上限とされているため、普図保留記憶部63cに4個の普図保留記憶がある状態で遊技球がゲート28を通過したときは、その通過に対して当たり乱数は取得されない。
状態表示器41は、大当たり遊技における後述するラウンド数を示すラウンドランプ、右打ちをすべき状態(後述する時短状態)であることを示す右打ちランプ、及び、後述する遊技状態を示す遊技状態ランプを備えている。
なお、遊技領域16の下端には、入賞しなかった遊技球が排出されるアウト口33が配設されている。
(2)パチンコ遊技機の電気系統
次に、実施形態の遊技機10の電気系統について説明する。図2に示すように、遊技機10は、主制御基板からなるメイン制御部60、払出制御基板からなる払出制御部70、及び、サブ制御部85を備え、サブ制御部85は、演出制御基板からなる演出制御部90、画像音響制御基板からなる画像音響制御部95、及び、ランプ制御基板からなるランプ制御部100を備えている。そして、払出制御部70及び演出制御部90はメイン制御部60に接続され、画像音響制御部95及びランプ制御部100は演出制御部90に接続されている。各制御部は、CPU61,71,91,96,101、ROM62,72,92,97,102、RAM63,73,93,98,103等を備えている。また、メイン制御部60は、RAM63内に、第1特図保留記憶部63a、第2特図保留記憶部63b、及び、普図保留記憶部63cを備えている。さらに、演出制御部90は、RTC(リアルタイムクロック)94を備えている。RTC94は、日時を計測しており、遊技機10の電源が遮断されても図示しないバックアップ電源により計測動作を継続する。
メイン制御部60は、大当たりの抽選や遊技状態の移行など主に利益に関わる制御を行うものであり、大当たり判定を行う判定手段、及び、大当り遊技を実行する特別遊技実行手段として機能する。メイン制御部60には、第1始動口22に入賞した遊技球を検出する第1始動口SW(スイッチ)22a、第2始動口23に入賞した遊技球を検出する第2始動口SW23a、電チュー24を駆動する電チューソレノイド24a、ゲート28を通過した遊技球を検出するゲートSW28a、大入賞口27に入賞した遊技球を検出する大入賞口SW27a、開閉部材26bを駆動する大入賞口ソレノイド26a、各普通入賞口30に入賞した遊技球を検出する普通入賞口SW30a、第1特別図柄保留ランプ40a、第2特別図柄保留ランプ40b、普通図柄保留ランプ38、第1特別図柄表示器39a、第2特別図柄表示器39b、普通図柄表示器37、状態表示器41がそれぞれ接続され、図2に矢印で示すように、各スイッチからはメイン制御部60に信号が入力され、各ソレノイドやランプ等にはメイン制御部60から信号が出力される。
また、メイン制御部60は、払出制御部70に各種コマンドを送信するとともに、払い出し監視のために払出制御部70から信号を受信する。払出制御部70には、払出部75が接続され、払出制御部70は、メイン制御部60から受信したコマンドに従って払出部75を動作させ、賞球の払出を行わせる。
さらに、メイン制御部60には、ホールに設置されたホストコンピュータに対して各種の情報を送信する盤用外部情報端子基板105が接続されている。メイン制御部60は、払出制御部70から取得済みの払い出した賞球数の情報やメイン制御部60の状態等の情報を、盤用外部情報端子基板105を介して、ホストコンピュータに送信する。
払出制御部70は、払出部75、払出球検出SW76、球有り検出SW77、満タン検出SW78、及び、発射部79と接続される。
払出制御部70は、払出部75に対して入賞時の賞球数を払い出す制御を行う。払出部75は、遊技球の貯留部から所定数を払い出すための払出駆動モータからなる。そして、払出制御部70は、払出部75に対して各入賞口(第1始動口22、第2始動口23、大入賞口27、普通入賞口30)に入賞した遊技球に対応した賞球数を払い出す制御を行う。
また、払出制御部70は、発射部79に対する遊技球の発射の操作を検出して遊技球の発射を制御する。発射部79は、遊技のための遊技球を発射するものであり、発射ハンドル43からの遊技者による遊技操作を検出するセンサや遊技球を発射させるソレノイド等を備える。払出制御部70は、発射部79のセンサにより遊技操作を検出すると、検出された遊技操作に対応してソレノイド等を駆動させて遊技球を間欠的に発射させ、遊技盤15の遊技領域16に遊技球を送り出す。
また、払出制御部70は、払い出す遊技球の状態を検出する各所の検出部が接続され、賞球のための払い出し状態を検出する。これらの検出部としては、既述の払出球検出SW76、球有り検出SW77、満タン検出SW78等がある。
さらに、払出制御部70には、ホールに設置された図示しないホストコンピュータに対して各種情報を送信する枠用外部情報端子基板106が接続されている。払出制御部70は、払出部(払出駆動モータ)75を駆動させて払い出した賞球数の情報等を枠用外部情報端子基板106を介してホストコンピュータに送信し、また、同様の情報をメイン制御部60にも送信する。
また、メイン制御部60は、演出制御部90に対し各種コマンドを送信し、演出制御部90は、画像音響制御部95との間でコマンドや信号の送受信を行う。画像音響制御部95には画像表示部20及びスピーカ48が接続され、画像音響制御部95は、演出制御部90から受信したコマンドに従って、画像表示部20の表示画面20aに装飾図柄その他の画像を表示し、スピーカ48から音声を出力する。演出制御部90、画像音響制御部95、及び、画像表示部20により、演出手段が構成される。
具体的には、画像音響制御部95のROM97には、画像表示部20において表示する装飾図柄(左図柄LF、中図柄CF、及び、右図柄RF)、背景画像B(図23〜図28参照)等の画像データが記憶されている。さらには、画像データと同期させて又は画像データとは独立にスピーカ48から出力する音声、楽曲、効果音等の音響データが記憶されている。画像音響制御部95のCPU96は、ROM97に記憶された画像データや音響データの中から、演出制御部90から受信したコマンドに対応したものを選択して読み出し、読み出した画像データを用いて装飾図柄等の画像を表示するための画像処理を行い、また、読み出した音響データを用いて音声等の音響を出力するための音声処理を行う。そして、画像音響制御部95は、画像処理された画像データに基づいて画像表示部20に画像を表示し、音声処理された音響データに基づいてスピーカ48から音響を出力する。
また、演出制御部90は、ランプ制御部100との間でコマンドや信号の送受信を行う。ランプ制御部100には、枠ランプ49、盤ランプ50、可動役物装置110の駆動モータやセンサ等が接続され、ランプ制御部100は、演出制御部90から受信したコマンドに従って、枠ランプ49、盤ランプ50を点灯・消灯し、可動役物装置110を動作させる。
具体的には、ランプ制御部100のROM102には、演出制御部90にて決定される演出内容に応じた枠ランプ49、盤ランプ50の発光パターンデータ(点灯/点滅や発光色に関するデータ)が記憶されている。ランプ制御部100のCPU101は、ROM102に記憶された発光パターンデータの中から、演出制御部90から受信したコマンドに対応したものを選択して読み出し、読み出した発光パターンデータに従って枠ランプ49、盤ランプ50の発光を制御する。また、ランプ制御部100のROM102には、演出制御部90にて決定される演出内容に応じた可動役物装置110の動作パターンデータが記憶されている。ランプ制御部100のCPU101は、読み出した動作パターンデータに従って、可動役物装置110の動作を制御する。
なお、演出制御部90には、遊技者が操作する演出ボタン46(図1参照)が押下操作されたことを検出する演出ボタン検出SW46aが接続されており、演出ボタン46が押下されると、演出ボタン検出SW46aから演出制御部90に対して信号が出力される。さらに、演出キー47のキー検出SW47aも演出制御部90に接続されている。演出キー47は、遊技者によってキー操作されると、キー操作に対応したキー検出SW47aの信号が演出制御部90へ入力される。
(3)遊技状態等の説明
遊技機10の遊技状態としては、通常遊技状態、確変遊技状態の2つの遊技状態がある。
確変遊技状態とは、通常遊技状態よりも大当たりに当選しやすく、かつ第2始動口23へ遊技球が入賞し易い状態をいい、通常遊技状態では、大当たり当選確率が約1/300であるのに対して、確変遊技状態では、大当たり当選確率が約10/300となっている。また、確変遊技状態では、普通図柄抽選の当選確率が約9/10、普通図柄変動時間が1.5秒、第2始動口23の開放時間が1.80秒、第2始動口23の開放回数が3回となっている。
なお、通常遊技状態よりも大当たりに当選しやすい状態を、「高確率状態」といい、「高確率状態」でない状態を「低確率状態」という。また、通常遊技状態よりも第2始動口23へ遊技球が入賞し易い状態を「電サポ状態」といい、通常遊技状態よりも特別図柄の平均変動時間が短い状態を「時短状態」というが、本実施形態では、電サポ状態のときと時短状態のときとは一致するものとする。したがって、電サポ状態かつ時短状態のことを纏めて「時短状態」といい、「時短状態」でない状態を「時短無し状態」という。確変遊技状態は高確率状態かつ時短状態であり、通常遊技状態は低確率状態かつ時短無し状態である。
そして、初期状態では(即ち、電源が投入されて最初の遊技が開始されるときは)通常遊技状態であり、大当たりが発生すれば、大入賞口27を所定回数開閉する大当たり遊技を経て、その大当たりの種類に応じた遊技状態に遷移する。遊技機10の大当たりには、図3に示すように、12ラウンド(以下、「R」と表記する。)確変大当たり、及び、6R確変大当たりがある。なお、ラウンドとは大入賞口27の開放期間を言う。12R確変大当たりでは12回、6R確変大当たりでは6回、大入賞口27を開放する大当たり遊技を行った後、それぞれ、確変遊技状態に遷移し、その確変遊技状態において大当たりが発生することなく70回の特別図柄変動が実行されると、通常遊技状態に遷移する。すなわち、遊技機10は、いわゆるST機として構成されている。
大当たりの抽選は大当たり乱数を用いて行われ、大当たりに当選した場合にいずれの種類の大当たりとなるかの抽選は、大当たり図柄乱数を用いて行われる。遊技機10では、図3に示すように、第1始動入賞に基づく大当たりでは、12R確変大当たりになる割合が50%、6R確変大当たりになる割合が50%とされ、第2始動入賞に基づく大当たりでは、12R確変大当たりになる割合が70%、6R確変大当たりになる割合が30%とされている。このように、遊技機10では、大当たりは全て確変大当たりであり、第2始動入賞の方が第1始動入賞よりも遊技者に有利である。
また、大当たりになるときは、変動演出においてリーチ演出が行われる。リーチ演出とは、同時に変動される複数の装飾図柄(実施形態では、左図柄LF、中図柄CF、及び、右図柄RF)からなる図柄Fを、最後に停止される装飾図柄(実施形態では、中図柄CF)を除く装飾図柄を同一図柄で停止表示し、最後に停止される装飾図柄のみ変動した態様(以下、この態様を「リーチ態様」という。)として行われる演出である。多くの賞球を獲得可能な長当たりと称される大当たり(遊技機10では、大当たりはすべて長当たり)は、同時に変動される複数の装飾図柄をすべて同一図柄で停止表示することにより示されるため、リーチ演出は、大当たりの期待度が高い演出である。
遊技機10では、リーチ演出として、そのリーチ演出を経て大当たりが発生してもその大当たり演出には内容が連続しない(すなわち、大当たり演出と一連とならない)演出であるバトル系リーチと、そのリーチ演出を経て大当たりが発生するとその大当たり演出と内容が連続する(すなわち、大当たり演出と一連となる)演出であるストーリー系リーチとがある。実施形態のリーチ演出では、左図柄LF、中図柄CF、及び、右図柄RFからなる図柄Fを、リーチ態様とした後、リーチ態様成立時の大きさよりも縮小した状態とする(図23〜図28参照)。具体的には、リーチ態様成立時にはキャラクタ画像と数字画像とを含んで構成されていた左図柄LF、中図柄CF、及び、右図柄RFを、それぞれ数字画像のみからなるものとするとともに、リーチ態様成立時の数字画像よりも大きさが小さい数字画像とする。図柄Fの背景に表示される背景画像Bの視認の妨げとならないようにするためである。なお、変動開始時からリーチ態様成立時までは、図柄Fの大きさ(すなわち、図柄Fが表示画面20a上に占める領域の大きさ)は略変わらない。したがって、リーチ態様成立時の大きさとは、変動開始時の大きさと換言できる。そして、はずれになる場合は、バトル系リーチ及びストーリー系リーチのいずれであっても、図柄Fはリーチ態様成立時と同じ大きさに戻されて(すなわち、縮小された状態よりも大きい大きさで)停止する(図24、図26参照)。一方、大当たりになる場合、バトル系リーチのときは、図柄Fはリーチ態様成立時の大きさに戻されて停止するが(図23、図27、図28参照)、ストーリー系リーチのときは、図柄Fは縮小された状態の大きさで停止する(図25参照)。
図3(a)に示すように、通常遊技状態で、第1始動入賞に基づいて大当たりになるときは、バトル系リーチが100%の割合で選択される。また、第2始動入賞に基づいて大当たりになるときは、バトル系リーチが20%、ストーリー系リーチが80%の割合で選択される。
図3(b)に示すように、確変遊技状態で、第1始動入賞に基づいて12R確変大当たりになるときは、バトル系リーチ、ストーリー系リーチがそれぞれ50%の割合で選択され、6R確変大当たりになるときは、バトル系リーチが100%の割合で選択される。また、第2始動入賞に基づいて大当たりになるときは、バトル系リーチが20%、ストーリー系リーチが80%の割合で選択される。
また、大当たり抽選の結果がハズレであった場合に、変動演出においてリーチ演出を行う否かの抽選は、リーチ乱数を用いて行われる。なお、リーチ演出を経てはずれになることを「リーチはずれ」といい、リーチ演出を経ずにはずれになることを「バラはずれ」という。リーチ演出を行わない場合すなわちバラはずれの場合には、装飾図柄は変動開始時の大きさから縮小されない。図3(c)に示すように、リーチはずれに当選する割合は、遊技状態によらず、約30/300とされ、第1始動入賞に基づいてリーチはずれになるときは、バトル系リーチが100%の割合で選択され、第2始動入賞に基づいてリーチはずれになるときは、バトル系リーチが80%、ストーリー系リーチが20%の割合で選択される。すなわち、リーチはずれになる場合、バトル系リーチの方がストーリー系リーチよりも選択され易くなっている。
(4)パチンコ遊技機の動作
≪メイン制御部での処理≫
次に、図4〜図16に基づいてメイン制御部60の動作について説明する。なお、後述する各カウンタは、RAM63に設けられ、遊技機10のリセット時にゼロクリアされる。
メイン制御部60は、電源の供給が開始されると、図示しない起動処理や電源遮断監視処理等を含んだメイン制御処理の実行を開始し、メイン制御部60への電源の供給中、このメイン制御処理を継続的に実行する。そして、メイン制御部60は、このメイン制御処理に対して、所定周期(例えば4msec)毎に、図4に示すタイマ割込処理を割り込ませて実行する。すなわち、メイン制御部60は、図4に示すメイン側タイマ割込処理を所定周期毎に繰り返す。
[メイン側タイマ割込処理]
メイン側タイマ割込処理では、メイン制御部60は、乱数更新処理(S201)、始動口SW処理(S202)、ゲートSW処理(S203)、大入賞口SW処理(S204)、普通入賞口SW処理(S205)、特別図柄処理(S206)、普通図柄処理(S207)、大入賞口処理(S208)、電チュー処理(S209)、賞球処理(S210)、及び、出力処理(S211)を行う。
[乱数更新処理]乱数更新処理(S201)では、図示しないが、メイン制御部60は、大当たり抽選に用いる大当たり乱数、大当たりの種類(実施形態では12R確変大当たり又は6R確変大当たり)を決めるための大当たり図柄乱数、変動演出においてリーチ態様とするか否か決めるためのリーチ乱数、変動演出の変動パターン(ひいては変動時間)を決めるための変動パターン乱数、普通図柄抽選に用いる当たり乱数等を更新する乱数更新処理を行う。
[始動口SW処理]
始動口SW処理(S202)では、図5に示すように、メイン制御部60は、第1始動口SW22aがONしたか否かを判定し(S301)、ONしていなければステップS308に進み、ONしていれば(S301でYES)、第1特図保留記憶部63aに記憶されている保留の個数を数える第1始動口保留カウンタの値U1が、上限値の4未満か否かを判定し(S302)、4未満でない場合は始動口SW処理からリターンし、4未満の場合は、判定用情報(大当たり乱数、大当たり図柄乱数、リーチ乱数、及び、変動パターン乱数)を取得して、特図保留記憶として、第1特図保留記憶部63aに格納して(S303)、値U1に1を加算し(S304)、ステップS305に進む。
一方、ステップS308では、第2始動口SW23aがONしたか否かを判定し、ONしていなければ(S308でNO)、始動口SW処理からリターンし、ONしていれば(S308でYES)、第2特図保留記憶部63bに記憶されている保留の個数を数える第2始動口保留カウンタの値U2が、上限値の4未満か否かを判定し(S309)、4未満でない場合は始動口SW処理からリターンし、4未満の場合は、判定用情報を取得して、特図保留記憶として、第2特図保留記憶部63bに格納して(S310)、値U2に1を加算し(S311)、ステップS305に進む。なお、第1始動入賞又は第2始動入賞があった場合には、始動入賞口カウンタの値に1を加算する。
ステップS305では、格納した判定用情報に基づいて、大当たり判定、大当たり図柄判定、リーチ判定及び変動パターン判定の事前判定(先読み判定)処理を行い(S305)、事前判定情報(事前判定の結果)を含む事前判定結果コマンドをセットするとともに(S306)、第1始動口22、第2始動口23のいずれへの入賞かを示す入賞種別を含んだ保留増加コマンドをセットして(S307)、始動口SW処理からリターンする。
(事前判定処理)
ステップS305の事前判定処理について説明する。メイン制御部60は、後述する大当たり判定処理(図8参照)と同様に、特図保留記憶とされた大当たり乱数に基づいて、その特図保留記憶により特別図柄変動が実行されるときの遊技状態に応じた大当たり判定テーブルを参照し、大当たりであるか否かを判定する。なお、大当たり判定テーブルは、低確率状態であれば約1/300、高確率状態であれば約1/30の確率で大当たりとなるように構成されている。また、大当たりと判定した場合には、特図保留記憶とされた大当たり図柄乱数に基づいて、大当たり図柄決定テーブルを参照し、大当たり図柄を判定する。なお、大当たり図柄によって、大当たりの種類が決まる。また、ここで先読み判定した大当たり図柄を第1特図保留記憶部63a若しくは第2特図保留記憶部63bに格納しておくことにより、その特図保留記憶により特別図柄変動が実行されるときの遊技状態は把握可能である。大当たり図柄決定テーブルは、入賞種別によって、図3に示すような振分率で大当たりの種類が決まるように構成されている。また、後述する変動パターン選択処理(図9参照)と同様にして、特図保留記憶とされたリーチ乱数及び変動パターン乱数に基づいて、リーチ演出の有無を含めて特別図柄の変動パターンを選択する。
事前判定処理について、図15に基づいてさらに詳細に説明する。メイン制御部60は、遊技状態が高確率状態か否かを判定する(S1301)。そして、高確率状態であると判定すれば、上述したように大当たりとなる確率が約1/30となるような高確率用大当たり判定テーブルを用いて、大当たり乱数により大当たりか否かを判定し、大当たりであれば、さらに、大当たり図柄決定テーブルを用いて、大当たり図柄乱数により大当たり図柄を決定する(S1302)。なお、上述したように、大当たり図柄決定テーブルは、入賞種別によって、図3に示すような振分率で大当たりの種類が決まるように構成されている。一方、低確率であると判定すれば、上述したように大当たりとなる確率が約1/300となるような低確率用大当たり判定テーブルを用いて、大当たり乱数により大当たりか否かを判定し、大当たりであれば、さらに、大当たり図柄決定テーブルを用いて、大当たり図柄乱数により大当たり図柄を決定する(S1303)。
次に、メイン制御部60は、遊技状態が時短有りか否か、すなわち、時短状態か時短無し状態かを判定する(S1304)。そして、時短有りと判定した場合には、時短状態用のリーチ乱数判定テーブルを用いて、リーチ乱数により変動演出をリーチ有りとするか否かの判定を行い(S1305)、時短状態用の変動パターンテーブルを用いて、変動パターン乱数により変動パターンを選択する(S1306)。一方、時短無しと判定した場合には、時短無し状態用のリーチ乱数判定テーブルを用いて、リーチ乱数により変動演出をリーチ有りとするか否かの判定を行い(S1307)、時短無し状態用の変動パターンテーブルを用いて、変動パターン乱数により変動パターンを選択する(S1308)。なお、変動パターンテーブルは、時短状態の場合、時短無し状態よりも、選択される変動パターンの平均変動時間が短くなるように構成されている。メイン制御部60は、以上の事前判定の結果(すなわち、大当たり乱数の事前判定の結果、大当たり図柄乱数の事前判定の結果、リーチ乱数の事前判定の結果、及び、変動パターン乱数の事前判定の結果)を、事前判定情報として記憶し(S1309)、事前判定処理からリターンする。
[ゲートSW処理]
ゲートSW処理(S203)では、図6に示すように、メイン制御部60は、ゲートSW28aがONしたか否かを判定し(S401)、ONしていなければゲートSW処理からリターンし、ONしていれば、ゲート保留カウンタの値Gが上限値の4未満か否かを判定する(S402)。そして、4未満でない場合はゲートSW処理からリターンし、4未満であればGに1を加算して(S403)、普通図柄抽選に用いる当たり乱数を取得して所定記憶域に格納し(S404)、ゲートSW処理からリターンする。
[大入賞口SW処理]大入賞口SW処理(S204)では、図示しないが、大入賞口SW27aがONしていれば、大当たり遊技中(後述する当たり遊技フラグがON)か否かを判定して、大当たり遊技中であれば、入賞個数カウンタの値Cに1を加算するとともに、大入賞口カウンタの値に1を加算する処理である。
[普通入賞口SW処理]普通入賞口SW処理(S205)は、図示しないが、普通入賞口SW30aがONしていれば普通入賞口カウンタの値に1を加算する処理である。
[特別図柄処理]
特別図柄処理(S206)では、メイン制御部60は、図7に示すように、大当たり遊技中か否かを示す当たり遊技フラグがONか否かを判定し(S501)、ONであれば特別図柄処理からリターンし、ONでなければ特別図柄の変動中か否かを判定する(S502)。そして、変動中であればステップS511に進み、変動中でなければ、第2始動口保留カウンタの値U2が1以上か否かを判定する(S503)。そして、値U2が1以上であれば値U2から1を減算して(S504)、1以上でなければ、第1始動口保留カウンタの値U1が1以上か否かを判定する(S505)。そして、値U1が1以上でなければ特別図柄処理からリターンし、1以上であれば値U1から1を減算する(S506)。次に、メイン制御部60は、値U1から1を減算した場合には、第1特図保留記憶部63aに格納されている特図保留記憶のうち最先に格納されたものを用いて、値U2から1を減算した場合には、第2特図保留記憶部63bに格納されている特図保留記憶のうち最先に格納されたものを用いて、後述する大当たり判定処理(S507)を行い、次いで、後述する変動パターン選択処理を行う(S508)。大当たり判定に用いた特図保留記憶は、第1特図保留記憶部63a又は第2特図保留記憶部63bから消去される。
その後、メイン制御部60は、値U1から1を減算した場合には第1特別図柄表示器39a、値U2から1を減算した場合には第2特別図柄表示器39bにおいて、特別図柄の変動を開始し(S509)、変動開始コマンドをセットして(S510)、ステップS511に進む。変動開始コマンドには、変動パターン選択処理において選択された変動パターン、大当たり判定処理における判定結果(すなわち、その特別図柄の変動が大当たりになるものか否か、及び、大当たりになる場合には大当たり図柄)、その時点の遊技状態、及び、その特別図柄の変動の基となった始動入賞の入賞種別を示す情報が含まれる。ステップS511では、特別図柄の変動時間が経過したか否かを判定し、経過していなければ特別図柄処理からリターンするが、経過していれば特別図柄の変動を停止して、大当たり判定処理でセットされた図柄で特別図柄を停止表示し(S512)、変動停止コマンドをセットする(S513)。そして、後述する停止中処理(S514)を行って、特別図柄処理からリターンする。
(大当たり判定処理)
大当たり判定処理(S507)では、メイン制御部60は、図8に示すように、その時点の遊技状態に応じた大当たり判定テーブルを用いて、大当たり乱数が大当たりか否かの判定を行う(S601)。上述したように、大当たり判定テーブルは、通常遊技状態又は時短遊技状態であれば約1/300、確変遊技状態であれば約1/30の確率で大当たりとなるように構成されている。そして、大当たりであれば(S602でYES)、大当たり図柄乱数がどの大当たり図柄を示すものかを、大当たり図柄決定テーブルを用いて判定し(S603)、その大当たり図柄をセットする(S604)。上述したように、大当たり図柄決定テーブルは、入賞種別によって、図3の(a)及び(b)に示すような振分率で大当たりの種類が決まるように構成されている。なお、大当たり図柄によって、大当たりの種類が決まる。一方、大当たり乱数が大当たりでなければ(S602でNO)、ハズレ図柄をセットする(S607)。
(変動パターン選択処理)
変動パターン選択処理(S508)では、メイン制御部60は、図9に示すように、直前の大当たり判定処理で大当たりと判定していれば(S701でYES)、変動パターン乱数と変動パターンとの対応を示す変動パターンテーブルとして、リーチ演出有りの変動パターンが選択される大当たり用テーブルをセットする(S702)。大当たりでない場合には(S701でNO)、リーチ乱数判定テーブルを参照してリーチ乱数がリーチ有りを示すものであるか否かの判定を行い(S705)、リーチ有りである場合は(S706でYES)、変動パターンテーブルとして、リーチ演出有りの変動パターンが選択されるリーチはずれ用テーブルをセットし(S707)、リーチ無しである場合は(S706でNO)、変動パターンテーブルとして、リーチ演出無しの変動パターンが選択されるバラはずれ用テーブルをセットする(S708)。次に、メイン制御部60は、上記のようにセットした変動パターンテーブルを参照して、変動パターン乱数がいずれの変動パターンを示すかの判定を行い(S709)、その変動パターン乱数が示す変動パターンをセットする(S710)。そして、変動パターン選択処理からリターンする。変動パターン選択処理からリターンすると、メイン制御部60は、ステップS509に進む。
図16に基づいて、変動パターンテーブルについて説明する。図16は、時短無し状態における第1始動入賞に対して用いられる変動パターンテーブルの設定例である。なお、図示はしないが、時短状態における第1始動入賞に対して用いられる変動パターンテーブルも設けられている。また、時短無し状態における第2始動入賞に対して用いられる変動パターンテーブル、及び、時短状態における第2始動入賞に対して用いられる変動パターンテーブルについては、第1始動入賞に対する変動パターンテーブルと共通としてもよいし、別途、設けることとしてもよい。
図16において、変動パターンA〜Dは、大当たり判定処理で大当たりと判定された場合(S701でYESの場合)に選択される変動パターン(すなわち、ステップS702の大当たり用テーブルから選択される変動パターン)であり、変動パターンE〜Hは、大当たり判定処理ではずれと判定され、リーチ乱数判定処理でリーチ有りと判定された場合(S701でNO、S706でYESの場合)に選択される変動パターン(すなわち、ステップS707のリーチハズレ用テーブルから選択される変動パターン)である。変動時間は、変動パターンA及び変動パターンEが90秒、変動パターンB及び変動パターンFが60秒、変動パターンC及び変動パターンGが30秒、変動パターンD及び変動パターンHが15秒とされている。このように、大当たりのときとリーチハズレのときとで、同じ変動時間のものが用意されている。また、変動パターンI〜変動パターンKは、リーチ乱数判定処理でリーチ無しと判定された場合(S706でNOの場合)に選択される変動パターン(すなわち、ステップS708のバラハズレ用テーブルから選択される変動パターン)である。変動時間は、変動パターンIが13秒、変動パターンJが7秒、変動パターンKが3秒とされている。
図16に示すように、変動パターン乱数の値の範囲は、大当たりの場合もはずれの場合も0〜249の250個とされ、変動パターンAはそのうちの100個、変動パターンBはそのうちの75個、変動パターンCはそのうちの50個、変動パターンDはそのうちの25個が割り当てられている。一方、変動パターンEはそのうちの25個、変動パターンFはそのうちの50個、変動パターンGはそのうちの75個、変動パターンHはそのうちの100個が割り当てられている。したがって、大当たりになる場合には、リーチはずれになる場合よりも、長時間に亘って変動演出が実行され易いこととなる。これは、第2始動入賞についても同様とされている。
また、バラはずれになる場合には、保留数に応じて変動パターンが選択されるように構成され、第1始動入賞の保留数が0個の場合には変動時間13秒の変動パターンI、保留数が1〜2個の場合には変動時間7秒の変動パターンJ、保留数が3〜4個の場合には変動時間3秒の変動パターンKが選択される。したがって、バラはずれになる場合には、保留数が多いほど、図柄変動の平均時間が短くなる。これは、第2始動入賞についても同様とされている。
(停止中処理)
停止中処理(S514)では、メイン制御部60は、図10に示すように、時短遊技状態か否かを示す時短遊技フラグがONか否かを判定し(S801)、ONでない場合はステップS805に進むが、ONの場合は、時短遊技状態中の特別図柄変動の回数を数える時短変動カウンタの値Jを1減算し(S802)、Jが0であれば時短遊技状態を終えるために時短遊技フラグをOFFして(S803、804)、ステップS805に進む。
ステップS805では、メイン制御部60は、確変遊技状態か否かを示す確変遊技フラグがONか否かを判定し、ONでない場合はステップS809に進むが、ONの場合は、確変遊技状態中の特別図柄変動の回数を数える高確率変動カウンタの値Xを1減算し(S806)、Xが0であれば、確変遊技状態を終えるために、確変遊技フラグをOFFして(S807、808)、ステップS809に進む。
ステップS809では、大当たりか否か(即ち、停止した特別図柄が大当たり図柄か否か)を判定し(S809)、大当たりでない場合、停止中処理からリターンする。一方、大当たりである場合、時短変動カウンタの値J及び高確率変動カウンタの値Xを0とし(S810)、時短遊技フラグ及び確変遊技フラグをOFFし(S811)、オープニングを開始するとともに(S812)、オープニングコマンドをセットして(S813)、停止中処理からリターンする。停止中処理からリターンすると、メイン制御部60は、特別図柄処理からリターンして普通図柄処理に進む。
[普通図柄処理]
普通図柄処理(S207)では、メイン制御部60は、図11に示すように、補助遊技中か否かを示す補助遊技フラグがONか否かを判定し(S901)、ONであれば普通図柄処理からリターンし、ONでなければ普通図柄の変動中か否かを判定する(S902)。そして、変動中の場合にはステップS911に進み、変動中でない場合には、ゲート保留カウンタの値Gが1以上か否かを判定し(S903)、Gが1以上でなければ普通図柄処理からリターンし、Gが1以上であればGから1を減算して(S904)、ステップS404で格納しておいた当たり乱数が当たりか否かを判定して(S905)、停止図柄を選択し(S906)、ステップS907に進む。ステップS907では、遊技状態が時短遊技状態又は確変遊技状態であるか否かを判定して、時短遊技状態又は確変遊技状態であれば、変動時間を1.5秒とした短縮パターンをセットし(S908)、時短遊技状態又は確変遊技状態でなければ、変動時間を4秒とした通常パターンをセットして(S909)、普通図柄変動を開始し(S910)、ステップS911に進む。ステップS911では、メイン制御部60は、変動時間が経過したか否かを判定し、経過していなければ普通図柄処理からリターンし、経過していれば、普通図柄の変動を停止して停止図柄を表示する(S912)。そして、停止図柄が当たりを示す図柄であれば(S913でYES)、補助遊技フラグをONし(S914)、ハズレを示す図柄であれば(S913でNO)、普通図柄処理からリターンする。普通図柄処理からリターンすると、メイン制御部60は大入賞口処理に進む。
[大入賞口処理]
大入賞口処理(S206)では、メイン制御部60は、図12に示すように、まず、当たり遊技フラグがONか否かを判定し(S1001)、ONでなければ大入賞口処理からリターンするが、ONであれば、オープニング中であるか否かを判定する(S1002)。オープニングとは、当たり遊技の開始から第1ラウンドの開始までの期間をいう。メイン制御部60は、オープニング中と判定した場合には、オープニング時間が経過したか否かを判定し(S1003)、経過していなければ大入賞口処理からリターンし、経過していれば、当たりの種類に応じた最大R数(ラウンド数)と作動パターンとを設定する(S1004)。そして、入賞個数カウンタの値Cをゼロクリアし(S1005)、ラウンドカウンタの値Rに1を加算し(S1006)、大入賞口27の作動(開放)を開始する(S1007)。
次に、メイン制御部60は、大入賞口27の作動時間(開放時間)が経過したか否かを判定し(S1008)、経過していれば大入賞口27を閉口し(S1010)、経過していなければ、入賞個数カウンタの値Cが規定個数であるか否かを判定して(S1009)、規定個数でなければ大入賞口処理からリターンし、規定個数であれば大入賞口27を閉口する(S1010)。
そして、メイン制御部60は、ラウンドカウンタの値Rが最大R数であるか否かを判定し(S1011)、最大R数でなければ、インターバル時間の計測を開始して(S1022)、大入賞口処理からリターンし、最大R数であれば、エンディングを開始して(S1012)、エンディングコマンドをセットし(S1013)、ラウンドカウンタの値Rをゼロクリアする(S1014)。なお、エンディングとは、最終ラウンドの終了から当たり遊技の終了までの期間をいう。次に、メイン制御部60は、エンディング時間が経過したか否かを判定し(S1019)、経過していなければ大入賞口処理からリターンし、経過していれば後述する遊技状態設定処理を行って(S1020)、当たり遊技フラグをOFFして(S1021)、大入賞口処理からリターンする。
一方、メイン制御部60は、ステップS1002においてオープニング中でないと判定したときは、エンディング中であるか否かを判定し(S1015)、エンディング中であればステップS1019に進み、エンディング中でなければ、インターバル中であるか否かを判定する(S1016)。そして、インターバル中でないと判定したときは、ステップS1018に進み、インターバル中と判定したときは、インターバル時間が経過したか否かを判定し(S1017)、経過していれば、ステップS1018に進み、経過していなければ、大入賞口処理からリターンする。ステップS1018では、メイン制御部60は、大入賞口27の作動中か否かを判定して、作動中であればステップS1008に進み、作動中でなければステップS1005に進む。
(遊技状態設定処理)
遊技状態設定処理(S1020)では、メイン制御部60は、図13に示すように、終了する当たり遊技が、確変大当たりでなければ(S1101でNO)、ステップS1104に進み、確変大当たりであれば(S1101でYES)、確変遊技状態に移行させるため確変遊技フラグをONして(S1102)、確変遊技状態における特別図柄の変動回数をカウントする高確率変動カウンタの値Xを70とし、ステップS1104に進む。ステップS1104では、メイン制御部60は、時短遊技フラグをONし、時短遊技状態における特別図柄の変動回数をカウントする時短変動カウンタの値Jを70とし(S1105)、遊技状態設定処理からリターンする。遊技状態設定処理からリターンすると、メイン制御部60は、ステップS1021に進む。
[電チュー処理]
電チュー処理(S209)では、メイン制御部60は、図14に示すように、補助遊技フラグがONか否かを判定し(S1201)、ONでないと判定すれば電チュー処理からリターンする。一方、ONと判定すれば、電チュー24が作動中(開放中)否かを判定し(S1202)、作動中でなければ、ステップS1203に進み、その時点の遊技状態が時短遊技状態又は確変遊技状態であるか否かを判定して、時短遊技状態又は確変遊技状態であれば(S1203でYES)、電チュー24の開放パターンとして、開放時間1.8秒で3回の開放を行う延長パターンをセットし(S1205)、時短遊技状態でも確変遊技状態でもなければ(S1203でNO)、開放時間0.15秒で1回の開放を行う通常パターンをセットして(S1204)、電チュー24の開放すなわち電チューソレノイド24aの作動を開始し(S1206)、ステップS1207に進む。ステップS1207では、所定の作動時間が経過したか否かを判定し、経過していなければ電チュー処理からリターンし、経過していれば補助遊技フラグをOFFして(S1208)、電チュー処理からリターンする。電チュー処理からリターンすると、メイン制御部60は、ステップS210の賞球処理に進む。
[賞球処理]賞球処理(S210)においては、図示しないが、遊技球の入球に応じた大入賞口カウンタの値に応じた数の賞球(実施形態では1カウントあたり15球)、普通入賞口カウンタの値に応じた数の賞球(実施形態では1カウントあたり10球)、及び、始動入賞口カウンタの値に応じた数の賞球(実施形態では1カウントあたり3球)を払い出すためのコマンドをセットして、それらのカウンタをゼロクリアする。
[出力処理]出力処理(S211)においては、図示しないが、各種コマンドを払出制御部70及び演出制御部90に出力する。
≪演出制御部での処理≫
以上のメイン制御部60における処理と並行して、サブ制御部85の演出制御部90では、サブ側メイン処理を継続的に実行する。サブ側メイン処理では、起動時に初期設定を行い、CTC(Counter/Timer Circuit)の周期設定を行った後、設定された周期にしたがって、演出制御において用いられる乱数を更新しつつ、所定周期(例えば4msec)毎に図17に示すサブ側タイマ割り込み処理を割り込ませて実行する。すなわち、演出制御部90は、図17に示すようなサブ側タイマ割込処理を所定周期毎に繰り返す。
[サブ側タイマ割込処理]
サブ側タイマ割込処理では、演出制御部90は、コマンド受信処理(S2101)と、演出ボタン46が押下された旨の信号を受信した際に、所定のコマンドを画像音響制御部95やランプ制御部100に送信できるようにセットする演出ボタン処理(S2102)と、コマンド受信処理及び演出ボタン処理でセットしたコマンドを画像音響制御部95やランプ制御部100に送信するコマンド送信処理(S2103)とを行う。コマンド送信処理が実行されると、各種コマンドを受信した画像音響制御部95やランプ制御部100は、各種演出装置(画像表示部20、スピーカ48、枠ランプ49、盤ランプ50、及び、可動役物装置110)を用いて各種演出(変動演出、大当たり演出など)を実行する。
[コマンド受信処理]
コマンド受信処理(S2101)では、演出制御部90は、図18に示すように、メイン制御部60から事前判定結果コマンド(S306参照)を受信したか否かを判定し(S2200)、受信していなければステップS2205に進み、受信していれば、保留増加コマンド(S307参照)を受信したか否かを判定し(S2201)、受信していなければ、ステップS2205に進み、受信していれば、事前判定結果コマンド及び保留増加コマンドに含まれている情報に基づいて、増加する保留(特図保留記憶)の情報を画像音響制御部95に送信する保留情報コマンドをセットする(S2202)。なお、送信する保留の情報には、第1始動入賞又は第2始動入賞のいずれに基づく保留であるかを示す入賞種別、及び、その保留の先読み判定の結果(すなわち、大当たりか否か、大当たりであればその種類、大当たりでなければリーチはずれか否か)を示す情報が含まれる。画像音響制御部95は、保留情報コマンドに基づいて、表示画面20aに保留の存在を示す画像として保留アイコンを表示する。保留アイコンは、第1始動入賞に係るものと第2始動入賞に係るものとでそれぞれ保留の記憶順に並んで表示される。また、保留アイコンは、先読み判定の結果によって色や形が異なる。
次いで、演出制御部90は、その保留の先読み判定の結果を記憶し(S2204)、ステップS2205に移行する。詳しくは、演出制御部90は、図19に示すように、RAM93内に第1始動口用保留記憶部93a、第2始動口用保留記憶部93bを有しており、これらはそれぞれ第1記憶部から第4記憶部までの4つの記憶部を有している。演出制御部90は、保留の先読み判定の結果を、その保留が第1始動入賞に基づくものであれば第1始動口用保留記憶部93aに、第2始動入賞に基づくものであれば第2始動口用保留記憶部93bに記憶する。また、第1記憶部から順に、記憶に用いる。後述するように、変動開始コマンドの受信により変動演出が行われたときは、その変動演出に係る保留の先読み判定の結果は、第1記憶部から消去され、第2記憶部の記憶内容が第1記憶部に、第3記憶部の記憶内容が第2記憶部に、…というように記憶内容が1つずつ繰り上げられる。
ステップS2205では、演出制御部90は、メイン制御部60から変動開始コマンド(S510参照)を受信しているか否か判定し、受信していなければ(S2205でNO)、ステップS2207に進み、受信していれば(S2205でYES)、後述する変動演出選択処理を行い(S2206)、その後、ステップS2207に進んで、メイン制御部60から変動停止コマンド(S513参照)を受信しているか否かを判定し、受信していなければ(S2207でNO)、ステップS2210に進み、受信していれば(S2207でYES)、後述する変動演出終了中処理を行って(S2209)、ステップS2210に進む。
ステップS2210では、メイン制御部60からオープニングコマンド(S813参照)を受信したか否かを判定し、受信していなければ(S2210でNO)、ステップS2212に進み、受信していれば(S2210でYES)、後述する当たり演出選択処理を行って(S2211)、ステップS2212に進む。
ステップS2212では、メイン制御部60からエンディングコマンド(S1013参照)を受信したか否かを判定して、受信していなければ(S2212でNO)、コマンド受信処理からリターンし、受信していれば(S2212でYES)、エンディング演出選択処理を行って(S2213)、コマンド受信処理からリターンする。なお、エンディング演出選択処理(S2213)は、演出制御部90が、エンディングコマンドを解析し、エンディング演出パターンを選択して、画像音響制御部95に送信するためのエンディング演出開始コマンドをセットする処理である。コマンド受信処理からリターンすると、メイン制御部60はステップS2102に進む。
[変動演出選択処理]
変動演出選択処理(S2206)では、演出制御部90は、図20に示すように、まず、メイン制御部60から受信した変動開始コマンドを解析する(S2301)。変動開始コマンドには、上述したように、大当たり判定の結果、遊技状態、及び、入賞種別を示す情報が含まれている。これらの情報に基づいて、次のように、変動演出パターンテーブルをセットする。
変動演出パターンテーブルには、大当たり用のものとして、変動演出パターンテーブルT1〜T8があり、リーチはずれ用のものとして、変動演出パターンテーブルT9、T10があり、バラはずれ用のものとして、変動演出パターンテーブルT11がある。各変動演出パターンテーブルにおいて選択されるリーチ演出の割合は、図3に示すように定められている。例えば、変動演出パターンテーブルT1からは、バトル系リーチが100%の割合で選択され、変動演出パターンテーブルT3からは、バトル系リーチが20%、ストーリー系リーチが80%の割合で選択される。なお、変動演出パターンテーブルT11からはリーチ演出は選択されない。
演出制御部90は、変動開始コマンドに含まれる情報から、大当たり判定の結果が大当たりであるか否かを判定し(S2302)、大当たりであれば、遊技状態が確変遊技状態か否かを判定する(S2303)。そして、確変遊技状態でなければ(すなわち、通常遊技状態であれば)、第1始動入賞か否かを判定する(S2304)。演出制御部90は、ステップS2304で、第1始動入賞であると判定すれば、12R確変大当たりか否かを判定し(S2305)、12R確変大当たりであれば、変動演出パターンテーブルT1をセットし(S2306)、12R確変大当たりでなければ(すなわち、6R大当たりであれば)、変動演出パターンテーブルT2をセットする(S2307)。また、ステップS2304で、第1始動入賞でない(すなわち、第2始動入賞である)と判定すれば、12R確変大当たりか否かを判定し(S2308)、12R確変大当たりであれば、変動演出パターンテーブルT3をセットし(S2309)、12R確変大当たりでなければ(すなわち、6R大当たりであれば)、変動演出パターンテーブルT4をセットする(S2310)。
また、演出制御部90は、ステップS2303で、遊技状態が確変遊技状態であると判定したときは、第1始動入賞か否かを判定し(S2311)、第1始動入賞であると判定すれば、12R確変大当たりか否かを判定する(S2312)。そして、12R確変大当たりであれば、変動演出パターンテーブルT5をセットし(S2313)、確変大当たりでなければ、変動演出パターンテーブルT6をセットする(S2314)。また、ステップS2311で、第1始動入賞でないと判定すれば、12R確変大当たりか否かを判定し(S2315)、12R確変大当たりであれば、変動演出パターンテーブルT7をセットし(S2316)、12R確変大当たりでなければ、変動演出パターンテーブルT8をセットする(S2319)。
演出制御部90は、ステップS2302で、大当たりでないと判定したときは、リーチはずれか否かを判定し(S2320)、リーチはずれであると判定したときには、第1始動入賞か否かを判定し(S2321)、第1始動入賞であると判定すれば、変動演出パターンテーブルT9をセットし(S2322)、第1始動入賞でないと判定すれば、変動演出パターンテーブルT10をセットする(S2323)。また、ステップS2320で、リーチはずれでない(すなわち、バラはずれである)と判定すれば、変動演出パターンテーブルT11をセットする(S2324)。
演出制御部90は、上記のようにセットした変動演出パターンテーブルから変動演出パターンを選択する(S2325)。これにより、リーチ演出や昇格演出等、変動演出としてどのような演出を行うかが決定される。昇格演出とは、再抽選演出とも称されるもので、同時に変動される複数の装飾図柄を、大当たりとなることを示す大当たり図柄(例えば、「666」)で仮停止してから、再変動等、装飾図柄が変更される可能性を遊技者に示唆する演出を行い、仮停止された大当たり図柄、あるいは、遊技者にとって仮停止された大当たり図柄よりも有利な大当たり図柄(例えば、「777」)で本停止(確定停止)する演出である。昇格演出としては、例えば、大当たり遊技後に通常遊技状態に制御される通常大当たりを示す図柄で仮停止し、大当たり遊技後に確変遊技状態に制御される確変大当たりを示す図柄で本停止するものや、ラウンド数の少ない大当たりを示す図柄で仮停止し、ラウンド数の多い大当たりを示す図柄で本停止するものがある。実施形態の昇格演出は、後者であり、図柄Fを6R又は6R確変大当たりとなる図柄(実施形態では、偶数の数字を含む装飾図柄。以下、「偶数図柄」という。)が3つ揃った状態で仮停止した後、図柄Fを壊すような演出を行い、図柄Fが壊れないと、仮停止した図柄で本停止し、図柄Fが壊れると、12R確変大当たりとなる図柄(実施形態では、奇数の数字を含む装飾図柄。以下、「奇数図柄」という。)が3つ揃った状態で本停止する演出とする。昇格演出では、図柄Fが変化するか否かを遊技者に明確に視認させるため、図柄Fは、リーチ演出中の縮小状態から元の大きさ(リーチ態様成立時の大きさ)に戻されて仮停止され、本停止される。また、昇格演出は、内容的に大当たり演出と一連にならないため、ストーリー系リーチ演出が行われる場合には行われない。
演出制御部90は、選択した変動演出パターンを示す変動演出情報を、所定の記憶部に記憶する(S2326)。この変動演出情報は、後述する当たり演出選択処理において参照される。また、演出制御部90は、第1始動入賞に基づく変動であれば第1始動口用保留記憶部93aの第1記憶部、第2始動入賞に基づく変動であれば第2始動口用保留記憶部93bの第1記憶部に記憶されている保留の情報を消去して、上述したように第2記憶部以降の記憶内容を1つずつ繰り上げる。そして、演出制御部90は、選択した変動演出パターン、及び、大当たり判定の結果に基づいて決定した停止図柄(停止したときの図柄F)の情報を含む変動演出開始コマンドをセットして(S2327)、変動演出選択処理からリターンする。演出制御部90は、変動演出選択処理からリターンすると、上述したステップS2207に進む。
変動演出開始コマンドを受信した画像音響制御部95は、表示画面20aにおいて、変動演出を開始し、その際に、表示されている保留アイコンのうち、開始される変動演出に対応するものを消去し、残りの保留アイコンの位置をシフトする。また、リーチ演出を行うときは、例えば、停止図柄が「777」であれば左右の装飾図柄LF、RFを「7」とするリーチ演出を行う等、停止図柄に応じた装飾図柄LF、RFを用いる。
[変動演出終了中処理]
変動演出終了中処理(S2209)では、演出制御部90は、図21に示すように、変動停止コマンドを解析し(S2401)、変動演出を終了するための変動演出終了コマンドをセットし(S2402)、変動演出終了中処理からリターンする。この変動終了コマンドを受信した画像音響制御部95は、図柄Fを停止図柄で停止表示(本停止)して変動演出を終了する。変動演出終了中処理からリターンすると、演出制御部90は、上述したステップS2210に進む。
なお、上述したようにリーチ演出において図柄Fは縮小されるが、停止表示する図柄Fを縮小したままの大きさとするか、元の大きさ(リーチ態様成立時の大きさ)に戻すかは、変動演出パターン(具体的には、変動演出パターンに含まれるリーチ演出の種類及び大当たりか否かの情報)により決まっている。実施形態では、バトル系リーチ演出を行った場合には、元の大きさに戻し、ストーリー系リーチ演出を行った場合には、はずれのときは元の大きさに戻し、大当たりのときは元の大きさに戻さずに停止表示する。
[当たり演出選択処理]
当たり演出選択処理(S2211)では、演出制御部90は、図22に示すように、オープニングコマンドを解析し(S2501)、ステップS2326で記憶しておいた変動演出情報を参照して(S2502)、開始しようとしている大当たり演出の直前に行われたリーチ演出が、ストーリー系リーチか否かを判定し(S2503)、ストーリー系リーチであれば、そのリーチ演出と一連になる大当たり演出(具体的には、直前に行われたリーチ演出とストーリーが連続する大当たり演出)の大当たり演出パターンを選択し(S2504)、ストーリー系リーチでなければ、そのリーチ演出と一連にならない通常の大当たり演出の大当たり演出パターンを選択する(S2505)。そして、選択した大当たり演出パターンを示す情報を含む当たり演出開始コマンドをセットして(S2506)、当たり演出選択処理からリターンする。当たり演出選択処理からリターンすると、演出制御部90は、上述したステップS2212に進む。当たり演出開始コマンドを受信した画像音響制御部95は、大当たり演出パターンで示される大当たり演出を表示画面20aに表示する。
(5)実施形態のパチンコ遊技機の演出例
次に、図23〜図28に基づいて、実施形態の演出例について説明する。なお、図23〜図28及び図31において、表示画面20aの中の白抜き矢印は、装飾図柄LF等が変動していることを示す
〈図23の例〉
図23の例は、通常遊技状態における第1始動入賞により、バトル系リーチを経て12R確変大当たりになる例である。演出制御部90は、図18に示すコマンド受信処理において変動開始コマンドを受信し、図20に示す変動演出選択処理のステップS2301で変動開始コマンドを解析し、大当たりであると判定して(S2302でYES)、ステップS2303に進む。この例では、遊技状態は通常遊技状態であるから、演出制御部90はステップS2303でNOと判定し、第1始動入賞であることからステップS2304でYESと判定し、12R確変大当たりであることからステップS2305でYESと判定して、変動演出パターンテーブルT1をセットする(S2306)。変動演出パターンテーブルT1からは、図3の(a)に示すように、100%の確率でバトル系リーチ演出を含む変動演出パターンが選択される。演出制御部90は、変動開始コマンドから解析された変動パターンに応じた変動演出パターンを、変動演出パターンテーブルT1から選択し(S2325)、その変動演出パターンを示す変動演出情報を記憶し(S2326)、その変動演出パターンによる変動演出を開始するための変動演出開始コマンドをセットする(S2327)。
変動演出開始コマンドを受信した画像音響制御部95は、図23の(イ)に示すように、画像表示部20の表示画面20aにおいて左図柄LF、中図柄CF、及び、右図柄RFの変動を開始し、変動演出パターンに応じた所定時間経過後、(ロ)に示すように、変動開始コマンドから解析された大当たり図柄(ここでは、「777」)を構成する12R確変図柄(ここでは、キャラクタ及び数字「7」からなる図柄)で、左図柄LF及び右図柄RFを揃えることにより、リーチ態様を成立させる。次に、画像音響制御部95は、(ハ)に示すように、バトル系リーチ演出を開始するが、このとき、背景画像Bの視認を妨げないように、図柄Fを(具体的には、左図柄LF、中図柄CF、及び、右図柄RFのそれぞれを)リーチ態様成立時よりも縮小した状態とする。なお、左図柄LF、中図柄CF、及び、右図柄RFは、縮小されない状態ではキャラクタ及び数字からなるが、縮小された状態では数字のみからなるものとされる。
次に、演出制御部90は、図18に示すコマンド受信処理において変動停止コマンドを受信し、図21に示す変動演出終了中処理のステップS2401で変動停止コマンドを解析し、変動演出終了コマンドをセットする(S2402)。変動演出終了コマンドを受信した画像音響制御部95は、現在バトル系リーチ演出を行っていることから、図23の(ニ)に示すように、図柄Fを(具体的には、左図柄LF、中図柄CF、及び、右図柄RFのそれぞれを)縮小されない状態、すなわち、リーチ態様成立時(図23の(ロ)参照)と同じ大きさに戻すとともに、中図柄CFも左図柄LF及び右図柄RFと同じ12R確変図柄として図柄Fを停止表示する。
次いで、演出制御部90は、図18に示すコマンド受信処理においてオープニングコマンドを受信し、図22に示す当たり演出選択処理のステップS2501でオープニングコマンドを解析する。そして、演出制御部90は、ステップS2326で記憶しておいた変動演出情報を参照し(S2502)、リーチ演出はバトル系リーチ演出であったと判定して(S2503でNO)、リーチ演出と一連にならない大当たり演出パターンを選択し(S2505)、当たり演出開始コマンドをセットする(S2506)。当たり演出開始コマンドを受信した画像音響制御部95は、図23の(ホ)に示すように、リーチ演出とは一連にならない大当たり演出を開始する。
〈図24の例〉
図24の例は、通常遊技状態における第1始動入賞により、バトル系リーチを経てリーチはずれになる例である。演出制御部90は、図18に示すコマンド受信処理において変動開始コマンドを受信し、図20に示す変動演出選択処理のステップS2301で変動開始コマンドを解析し、大当たりでないと判定して(S2302でNO)、ステップS2320に進む。この例では、リーチはずれになることから、演出制御部90はステップS2320でYESと判定し、第1始動入賞であることからステップS2321でYESと判定して、変動演出パターンテーブルT9をセットする(S2322)。変動演出パターンテーブルT9からは、図3の(c)に示すように、100%の確率でバトル系リーチ演出を含む変動演出パターンが選択される。演出制御部90は、変動開始コマンドから解析された変動パターンに応じた変動演出パターンを、変動演出パターンテーブルT9から選択し(S2325)、変動演出情報を記憶し(S2326)、変動演出開始コマンドをセットする(S2327)。
変動演出開始コマンドを受信した画像音響制御部95は、図24の(イ)に示すように、図柄Fの変動を開始し、所定時間経過後、(ロ)に示すように、リーチ態様を成立させる。次に、画像音響制御部95は、(ハ)に示すように、バトル系リーチ演出を開始するが、このとき、図柄Fをリーチ態様成立時よりも縮小した状態とする。
次に、演出制御部90は、図18に示すコマンド受信処理において変動停止コマンドを受信し、図21に示す変動演出終了中処理のステップS2401で変動停止コマンドを解析し、変動演出終了コマンドをセットする(S2402)。変動演出終了コマンドを受信した画像音響制御部95は、現在バトル系リーチ演出を行っていることから、図24の(ニ)に示すように、図柄Fをリーチ態様成立時(図24の(ロ)参照)と同じ大きさに戻すとともに、中図柄CFを左図柄LF及び右図柄RFと異なる図柄として、図柄Fを停止表示する。
〈図25の例〉
図25の例は、確変遊技状態における第2始動入賞により、ストーリー系リーチを経て12R確変大当たりになる例である。演出制御部90は、図18に示すコマンド受信処理において変動開始コマンドを受信し、図20に示す変動演出選択処理のステップS2301で変動開始コマンドを解析し、大当たりであると判定して(S2302でYES)、ステップS2303に進む。この例では、遊技状態は確変遊技状態であるから、演出制御部90はステップS2303でYESと判定し、第2始動入賞であることからステップS2311でNOと判定し、12R確変大当たりであることからステップS2315でYESと判定して、変動演出パターンテーブルT7をセットする(S2316)。変動演出パターンテーブルT7からは、図3の(b)に示すように、20%の確率でバトル系リーチ演出、80%の確率でストーリー系リーチ演出を含む変動演出パターンが選択される。演出制御部90は、変動開始コマンドから解析された変動パターンに応じた変動演出パターンを、変動演出パターンテーブルT7から選択する(S2325)。この例では、ストーリー系リーチ演出を含む変動演出パターンが選択されたものとする。演出制御部90は、変動演出情報を記憶し(S2326)、変動演出開始コマンドをセットする(S2327)。
変動演出開始コマンドを受信した画像音響制御部95は、図25の(イ)に示すように、図柄Fの変動を開始し、所定時間経過後、(ロ)に示すように、左図柄LF及び右図柄RFを同じ確変図柄としてリーチ態様を成立させる。次に、画像音響制御部95は、(ハ)に示すように、ストーリー系リーチ演出を開始するが、このとき、図柄Fをリーチ態様成立時よりも縮小した状態とする。
次に、演出制御部90は、図18に示すコマンド受信処理において変動停止コマンドを受信し、図21に示す変動演出終了中処理のステップS2401で変動停止コマンドを解析し、変動演出終了コマンドをセットする(S2402)。変動演出終了コマンドを受信した画像音響制御部95は、現在ストーリー系リーチ演出を行っており、かつ、大当たりになるものであることから、図25の(ニ)に示すように、中図柄CFを左図柄LF及び右図柄RFと同じ確変図柄とし、図柄Fを縮小された状態の大きさのままで停止表示する。
次いで、演出制御部90は、図18に示すコマンド受信処理においてオープニングコマンドを受信し、図22に示す当たり演出選択処理のステップS2501でオープニングコマンドを解析する。そして、演出制御部90は、ステップS2326で記憶しておいた変動演出情報を参照し(S2502)、リーチ演出はストーリー系リーチ演出であったと判定して(S2503でYES)、リーチ演出と一連となる大当たり演出パターンを選択し(S2504)、当たり演出開始コマンドをセットする(S2506)。当たり演出開始コマンドを受信した画像音響制御部95は、図25の(ホ)に示すように、リーチ演出と一連となる(具体的には、リーチ演出とストーリーが連続する)大当たり演出を開始する。
〈図26の例〉
図26の例は、確変遊技状態における第2始動入賞により、ストーリー系リーチを経てリーチはずれになる例である。演出制御部90は、図18に示すコマンド受信処理において変動開始コマンドを受信し、図20に示す変動演出選択処理のステップS2301で変動開始コマンドを解析し、大当たりでないと判定して(S2302でNO)、ステップS2320に進む。この例では、リーチはずれになることから、演出制御部90はステップS2320でYESと判定し、第2始動入賞であることからステップS2321でNOと判定して、変動演出パターンテーブルT10をセットする(S2323)。変動演出パターンテーブルT10からは、図3の(c)に示すように、80%の確率でバトル系リーチ演出、20%の確率でストーリー系リーチ演出を含む変動演出パターンが選択される。演出制御部90は、変動開始コマンドから解析された変動パターンに応じた変動演出パターンを、変動演出パターンテーブルT10から選択する(S2325)。ここでは、ストーリー系リーチ演出を含む変動演出パターンが選択されたものとする。演出制御部90は、変動演出情報を記憶し(S2326)、変動演出開始コマンドをセットする(S2327)。
変動演出開始コマンドを受信した画像音響制御部95は、図26の(イ)に示すように、図柄Fの変動を開始し、所定時間経過後、(ロ)に示すように、リーチ態様を成立させる。次に、画像音響制御部95は、(ハ)に示すように、ストーリー系リーチ演出を開始するが、このとき、図柄Fをリーチ態様成立時よりも縮小した状態とする。
次に、演出制御部90は、図18に示すコマンド受信処理において変動停止コマンドを受信し、図21に示す変動演出終了中処理のステップS2401で変動停止コマンドを解析し、変動演出終了コマンドをセットする(S2402)。変動演出終了コマンドを受信した画像音響制御部95は、現在ストーリー系リーチ演出を行っているが、はずれになるものであることから、図26の(ニ)に示すように、図柄Fをリーチ態様成立時(図26の(ロ)参照)と同等の大きさに戻すとともに、中図柄CFを左図柄LF及び右図柄RFと異なる図柄として図柄Fを停止表示する。
〈図27の例〉
図27の例は、通常遊技状態における第1始動入賞により、バトル系リーチを経て6R確変大当たりになる例である。演出制御部90は、図18に示すコマンド受信処理において変動開始コマンドを受信し、図20に示す変動演出選択処理のステップS2301で変動開始コマンドを解析し、大当たりであると判定して(S2302でYES)、ステップS2303に進む。この例では、遊技状態は通常遊技状態であるから、演出制御部90はステップS2303でNOと判定し、第1始動入賞であることからステップS2304でYESと判定し、6R確変大当たりであることからステップS2305でNOと判定して、変動演出パターンテーブルT2をセットする(S2307)。変動演出パターンテーブルT2からは、図3の(a)に示すように、100%の確率でバトル系リーチ演出を含む変動演出パターンが選択される。演出制御部90は、変動開始コマンドから解析された変動パターンに応じた変動演出パターンを、変動演出パターンテーブルT2から選択する(S2325)。演出制御部90は、変動演出情報を記憶し(S2326)、変動演出開始コマンドをセットする(S2327)。
変動演出開始コマンドを受信した画像音響制御部95は、図27の(イ)に示すように、図柄Fの変動を開始し、所定時間経過後、(ロ)に示すように、通常図柄で左図柄LF及び右図柄RFを揃えることにより、リーチ態様を成立させる。次に、画像音響制御部95は、(ハ)に示すように、バトル系リーチ演出を開始するが、このとき、左図柄LF、中図柄CF、及び、右図柄RFをリーチ態様成立時よりも縮小した状態とする。
次に、演出制御部90は、図18に示すコマンド受信処理において変動停止コマンドを受信し、図21に示す変動演出終了中処理のステップS2401で変動停止コマンドを解析し、変動演出終了コマンドをセットする(S2402)。変動演出終了コマンドを受信した画像音響制御部95は、現在バトル系リーチ演出を行っていることから、図27の(ニ)に示すように、左図柄LF、中図柄CF、及び、右図柄RFを元の大きさに戻し、同じ通常図柄として停止表示する。
次いで、演出制御部90は、図18に示すコマンド受信処理においてオープニングコマンドを受信し、図22に示す当たり演出選択処理のステップS2501でオープニングコマンドを解析する。そして、演出制御部90は、ステップS2326で記憶しておいた変動演出情報を参照し(S2502)、リーチ演出はバトル系リーチ演出であったと判定して(S2503でNO)、リーチ演出とは一連にならない大当たり演出パターンを選択し(S2504)、当たり演出開始コマンドをセットする(S2506)。当たり演出開始コマンドを受信した画像音響制御部95は、図27の(ホ)に示すように、リーチ演出とは一連にならない大当たり演出を開始する。
〈図28の例〉
図28の例は、通常遊技状態における第1始動入賞により、バトル系リーチ及び昇格演出を経て12R確変大当たりになる例である。演出制御部90は、図18に示すコマンド受信処理において変動開始コマンドを受信し、図20に示す変動演出選択処理のステップS2301で変動開始コマンドを解析し、大当たりであると判定して(S2302でYES)、ステップS2303に進む。この例では、遊技状態は通常遊技状態であるから、演出制御部90はステップS2303でNOと判定し、第1始動入賞であることからステップS2304でYESと判定し、12R確変大当たりであることからステップS2305でYESと判定して、変動演出パターンテーブルT1をセットする(S2306)。変動演出パターンテーブルT1からは、図3の(a)に示すように、100%の確率でバトル系リーチ演出を含む変動演出パターンが選択される。また、確変大当たりになるときのバトル系リーチ演出には、昇格演出が付加されたものがある。演出制御部90は、変動開始コマンドから解析された変動パターンに応じた変動演出パターンを、変動演出パターンテーブルT1から選択する(S2325)。ここでは、昇格演出が付加されたバトル系リーチ演出の変動演出パターンが選択されたものとする。演出制御部90は、変動演出情報を記憶し(S2326)、変動演出開始コマンドをセットする(S2327)。
変動演出開始コマンドを受信した画像音響制御部95は、図28の(イ)に示すように、図柄Fの変動を開始し、所定時間経過後、(ロ)に示すように、通常図柄で左図柄LF及び右図柄RFを揃えることにより、リーチ態様を成立させる。次に、画像音響制御部95は、(ハ)に示すように、バトル系リーチ演出を開始するが、このとき、図柄Fをリーチ態様成立時よりも縮小した状態とする。
バトル系リーチ演出実行後、画像音響制御部95は、昇格演出を行う。すなわち、図28の(ニ)に示すように、図柄Fを元の大きさに戻して、6R確変図柄が3つ揃った状態で仮停止し(すなわち、停止しているように見えるが、ごく僅かに動いている状態とし)、続いて(ホ)に示すように図柄Fを壊すような画像を表示した後、(ヘ)に示すように12R確変図柄が3つ揃った状態で図柄Fを仮停止する。
次に、演出制御部90は、図18に示すコマンド受信処理において変動停止コマンドを受信し、図21に示す変動演出終了中処理のステップS2401で変動停止コマンドを解析し、変動演出終了コマンドをセットする(S2402)。変動演出終了コマンドを受信した画像音響制御部95は、図28の(ト)に示すように12R確変図柄が3つ揃った状態で図柄Fを本停止(確定表示)する。なお、昇格演出において図柄Fの仮停止と本停止は元の大きさで行われるが、仮停止から本停止の間に図柄Fの再変動を行う場合等、仮停止と本停止の間は図柄Fを縮小状態としてもよい。
次いで、演出制御部90は、図18に示すコマンド受信処理においてオープニングコマンドを受信し、図22に示す当たり演出選択処理のステップS2501でオープニングコマンドを解析する。そして、演出制御部90は、ステップS2326で記憶しておいた変動演出情報を参照し(S2502)、リーチ演出はバトル系リーチ演出であったと判定して(S2503でNO)、リーチ演出とは一連にならない大当たり演出パターンを選択し(S2504)、当たり演出開始コマンドをセットする(S2506)。当たり演出開始コマンドを受信した画像音響制御部95は、図28の(チ)に示すように、リーチ演出とは一連にならない大当たり演出を開始する。
〈演出と装飾図柄の大きさの関係〉
図29は、演出と装飾図柄の大きさとの関係をまとめたものである。図29において、「大図柄」とは、縮小されていない大きさ、すなわち、変動開始時と同等の大きさの装飾図柄をいい、「小図柄」とは、縮小された大きさ、すなわち、変動開始時よりも小さい大きさの装飾図柄をいう。また、「12R確変大図柄」とは12R確変図柄で大図柄、「12R確変小図柄」とは12R確変図柄で小図柄、「6R確変大図柄」とは6R確変図柄で大図柄、「6R確変小図柄」とは6R確変図柄で小図柄をいう。
図29の(a)に示すように、バトル系リーチから12R確変大当たりになるときは、12R確変大図柄でリーチ態様を成立させ、12R確変小図柄でのリーチ演出を経て12R確変大図柄で停止させ、リーチ演出と一連ではない大当たり演出を行う。(b)に示すように、ストーリー系リーチから12R確変大当たりになるときは、12R確変大図柄でリーチ態様を成立させ、12R確変小図柄でのリーチ演出を経て12R確変小図柄で停止させ、リーチ演出と一連の大当たり演出を行う。(c)に示すように、バトル系リーチから昇格演出を経て12R確変大当たりになるときは、6R確変大図柄でリーチ態様を成立させ、6R確変小図柄でのリーチ演出を経て、6R確変大図柄で仮停止させ、昇格演出を経て12R確変大図柄で本停止させて、リーチ演出と一連ではない大当たり演出を行う。(d)に示すように、バトル系リーチから6R確変大当たりになるときは、6R確変大図柄でリーチ態様を成立させ、6R確変小図柄でのリーチ演出を経て6R確変大図柄で停止させ、リーチ演出と一連ではない大当たり演出を行う。なお、図3に示すように、実施形態では、ストーリー系リーチから6R確変大当たりになる場合はない。また、(e)、(f)に示すように、リーチはずれになるときは、大図柄でリーチ態様を成立させ、小図柄でのリーチ演出を経て大図柄で停止させる。
このように、リーチ演出中(すなわち、リーチ態様が成立してから図柄Fが停止されるまで(仮停止されるときは仮停止されるまで)の間)は、バトル系リーチの場合もストーリー系リーチの場合も、また、大当たりとなる場合もリーチはずれとなる場合も、図柄Fは小図柄とされる。背景画像Bの視認の妨げにならないようにするためである。
また、バトル系リーチから12R確変大当たりになる場合は、12R確変図柄でリーチ態様を成立させるときと(図29の(a)参照)、6R確変図柄でリーチ態様を成立させるときとがあるが(図29の(c)参照)、ストーリー系リーチから確変大当たりになる場合は、12R確変図柄でのみリーチ態様を成立させている(図29の(b)参照)。ストーリー系リーチは大当たり演出と一連になるリーチ演出であり、途中に昇格演出を挟むと一連にならないことから、ストーリー系リーチから確変大当たりとする場合には、当初からその確変大当たりの大当たり図柄を構成する装飾図柄(実施形態の場合、12R確変大当たりであれば奇数図柄、6R確変大当たりであれば偶数図柄)でリーチ態様を成立させて昇格演出を不要とするためである。すなわち、12R確変大当たりとなる場合において、大当たり演出と一連にならないリーチ演出を行うときは、昇格演出が可能であるため、すべての装飾図柄でリーチ態様を成立可能であるが、大当たり演出と一連になるリーチ演出を行うときは、昇格演出の必要がない装飾図柄(実施形態では奇数図柄)でリーチ態様を成立させる必要がある。このように、昇格演出が可能な大当たり(遊技者に有利な大当たりと不利な大当たりがある場合における有利な大当たり)になる場合には、リーチ演出の種類によってリーチ態様の成立に使用される装飾図柄の種類(範囲)が異なる。
また、大当たり演出と一連になるリーチ演出から大当たりになるときは、装飾図柄をリーチ態様成立時よりも縮小した状態で停止させるが(図29の(b)参照)、大当たり演出と一連にならないリーチ演出から大当たりになるときは、装飾図柄をリーチ態様成立時と同等の大きさ(すなわち、縮小した状態よりも大きい大きさ)で停止させる(図29の(a)、(c)、(d)参照)。すなわち、装飾図柄をリーチ演出中の縮小した状態と同等の大きさで停止する場合と、リーチ演出中の縮小した状態よりも大きい大きさで停止する場合とで、リーチ演出の種類が異なることとなる。実施形態では、前者の場合は大当たり演出と一連になるリーチ演出、後者の場合は大当たり演出と一連にならないリーチ演出となる。
また、大当たりになる場合、バトル系リーチ演出を行ったときは大図柄で、ストーリー系リーチ演出を行ったときは小図柄で、装飾図柄を確定表示するが、はずれになる場合、バトル系リーチ演出を行ったときもストーリー系リーチ演出を行ったときも、大図柄で装飾図柄を確定表示する。すなわち、大当たりになる場合、リーチ演出の種類によって確定表示される装飾図柄の大きさが異なり得るが、はずれになる場合、確定表示される装飾図柄の大きさは、リーチ演出の種類によらず共通とされる。
また、大図柄が確定表示されることにより大当たりになった場合(図29の(a)、(c)、(d)参照)と、小図柄が確定表示されることにより大当たりになった場合(図29の(b)参照)とで、大当たり演出の種類が異なることとなる。実施形態では、前者の場合はリーチ演出と一連でない(すなわち、リーチ演出と内容が連続しない)大当たり演出、後者の場合はリーチ演出と一連となる(すなわち、リーチ演出と内容が連続する)大当たり演出となる。
また、ストーリー系リーチ演出(すなわち、大当たりになったときには小図柄で確定表示されるリーチ演出)の方が、バトル系リーチ演出(すなわち、大当たりになったときには大図柄で確定表示されるリーチ演出)よりも、変動1回あたりの大当たり期待度(信頼度)が高い。以下、図3に基づいて説明する。
第1始動入賞があった場合、図3の(c)から分かるように、第1始動入賞でストーリー系リーチ演出が行われてはずれとなる場合はなく(すなわち、第1始動入賞でストーリー系リーチ演出が出現したときは、すべて大当たりとなり)、一方、第1始動入賞でバトル系リーチ演出が行われてはずれとなる場合はあることから、第1始動入賞でストーリー系リーチ演出が出現したときは、バトル系リーチ演出が出現したときよりも大当たり期待度が高いこととなる。
また、通常遊技状態において第2始動入賞があった場合、バトル系リーチ演出が行われて大当たりになる確率は、次式で計算される。
1/300(大当たり確率)×70/100(12R確変大当たりの振分率)×20/100(バトル系リーチの選択確率)
+1/300(大当たり確率)×30/100(6R確変大当たりの振分率)×20/100(バトル系リーチの選択確率)=20/30000
バトル系リーチ演出が行われてはずれになる確率は、次式で計算される。
30/300(リーチはずれ確率)×80/100(バトル系リーチの選択確率)=2400/30000
すなわち、通常遊技状態において第2始動入賞でバトル系リーチ演出が出現した場合、大当たりになる確率とはずれになる確率の比は、20:2400である。
同様に、通常遊技状態において第2始動入賞があった場合、ストーリー系リーチ演出が行われて大当たりになる確率は、80/30000、はずれになる確率は、600/30000と計算される。すなわち、通常遊技状態において第2始動入賞でストーリー系リーチ演出が出現した場合、大当たりになる確率とはずれになる確率の比は、80:600である。
したがって、通常遊技状態において第2始動入賞があった場合、ストーリー系リーチ演出が出現したときの方が、バトル系リーチ演出が出現したときよりも大当たり期待度が高いこととなる。
また、同様の計算により、確変遊技状態において第2始動入賞があった場合も、ストーリー系リーチ演出が出現したときの方が、バトル系リーチ演出が出現したときよりも大当たり期待度が高いことが分かる。
(6)実施形態のパチンコ遊技機の作用効果
遊技機10は、始動条件の成立を契機に、遊技者にとって有利な特別遊技(大当たり遊技)を実行するか否かの判定を行う判定手段(メイン制御部60)と、図柄(左図柄LF、中図柄CF、及び、右図柄RFからなる図柄F)を変動表示してから判定手段による判定結果を示す判定図柄で停止表示する変動演出を行う演出手段(演出制御部90、画像音響制御部95、及び、画像表示部20)と、前記判定図柄が前記特別遊技を実行するという判定結果を示す特別遊技図柄(大当たり図柄)であった場合、前記特別遊技を実行する特別遊技実行手段(メイン制御部60)と、を備え、演出手段は、変動演出中に図柄を特別遊技に対する期待度が高い特別態様とする特別演出(リーチ演出)を行い、特別遊技図柄で図柄を停止表示する第1特別演出手段(図23、図25、図27、図28参照)と、変動演出中に特別演出を行い、特別遊技図柄ではない判定図柄(はずれ図柄)で図柄を停止表示する第2特別演出手段(図24、図26参照)と、を備え、第1特別演出手段は、特別演出において図柄を特別態様としてから縮小した状態とし、その後、縮小した状態よりも大きい大きさで停止表示する第1縮小演出手段(図23、図27、図28参照)と、特別演出において図柄を特別態様としてから縮小した状態とし、その後、縮小した状態と同等の大きさで停止表示する第2縮小演出手段(図25参照)と、を備える。
遊技機10によれば、図柄Fをリーチ演出中の縮小した状態と同等の大きさで停止表示させることにより、図柄Fが背景画像Bの視認の妨げにならないようにできる。したがって、例えばリーチ演出と一連となる大当たり演出を行う場合等に、演出の流れが妨げられず、演出効果を向上することが可能である。
また、遊技機10では、図柄Fを縮小した状態で停止表示する場合も、縮小しない状態で停止表示する場合も、リーチ演出中は図柄Fを縮小した状態とする。リーチ演出は大当たりへの期待度の高い演出であり、リーチ演出中に大当たり期待度を示唆する演出が行われることもあるため、図柄Fが背景画像Bの視認の妨げにならないようにして、背景画像Bを遊技者が視認し易くなるようにするためである。
また、遊技機10では、リーチ演出が大当たり演出と一連となる場合には縮小した状態で(図25参照)、リーチ演出が大当たり演出と一連とならない場合には縮小しない状態で(図23、図27、図28参照)、図柄Fを停止表示している。すなわち、縮小した状態で停止表示する場合と、縮小しない状態で停止表示する場合とで、リーチ演出の種類が異なる。このように、リーチ演出の種類によって、縮小した状態あるいは縮小しない状態のいずれかで停止表示することにより、例えば、リーチ演出が大当たり演出と連続するようなものである場合には、縮小した状態で、リーチ演出が大当たり判定結果の表示に向かって盛り上がるようなものである場合には、縮小しない状態で図柄Fを停止表示する等、リーチ演出に応じた大きさの図柄Fとして、演出効果をより向上することが可能である。
また、遊技機10では、はずれになる場合には、リーチ演出によらず、図柄Fを縮小しない状態で停止表示する(図24、図26参照)。すなわち、はずれになる場合には、異なるリーチ演出間で共通の大きさ(態様)で図柄Fが停止表示される。はずれの場合の表示を共通の態様とすれば、遊技者がはずれであることを認識し易くなるからである。また、はずれの場合には、すぐに次の変動表示(変動演出)が開始されるが、停止時の図柄Fを縮小しない状態に戻すことにより、縮小しない状態の装飾図柄で開始される次の変動表示に円滑につなげることができる。
また、遊技機10では、縮小した状態で図柄Fが停止表示される場合と、縮小しない状態で図柄Fが停止表示される場合とで、たとえ両者の図柄Fが同じ数字列(例えば「777」)を表示するもの(すなわち、大当たりの種類が同じもの)であっても、大当たりになった場合の演出が異なる(図23、図25参照)。具体的には、縮小した状態で図柄Fが停止表示される場合は、リーチ演出に内容が連続する大当たり演出、縮小しない状態で図柄Fが停止表示される場合は、リーチ演出に内容が連続しない大当たり演出とされる
また、遊技機10では、ストーリー系リーチ演出、すなわち、図柄Fが縮小された状態で停止表示され得るリーチ演出(換言すれば、大当たり演出と一連になり得るリーチ演出)が出現した場合の方が、バトル系リーチ演出、すなわち、図柄Fが縮小されない状態で停止表示されるリーチ演出(換言すれば、大当たり演出と一連になり得ないリーチ演出)が出現した場合よりも、大当たり期待度が高くなっている(図3参照)。すなわち、リーチ演出の種類(リーチ演出が図柄Fを縮小状態で停止させ得るものか否か、あるいは、大当たり演出と一連になり得るものか否か)により、大当たり期待度を示唆可能であるため、遊技者の大当たりへの期待感を向上させることができ、演出の効果をより向上可能である。
また、遊技機10では、大当たり演出と一連にならないリーチ演出を行うとき(換言すれば、図柄が縮小されない状態で停止表示されるとき)と、大当たり演出と一連になるリーチ演出を行うとき(換言すれば、図柄が縮小された状態で停止表示されるとき)とで、リーチ態様成立に用いる装飾図柄の種類(範囲)が異なる。大当たり演出と一連になるリーチ演出を行うときは、昇格演出により演出の流れが分断されないように、昇格演出の必要がない装飾図柄でリーチ態様を成立させる必要があるからであり、一方、大当たり演出と一連にならないリーチ演出を行うときは、昇格演出を行うことも可能であるため、すべての装飾図柄でリーチ態様を成立可能であるからである。
(7)変形例
以下、変形例について述べる。
(i)大当たりとして、大当たり遊技後に通常遊技状態に制御される通常大当たりと、大当たり遊技後に確変遊技状態に制御される確変大当たりとを設けてもよい。かかる場合、通常大当たりから確変大当たりへの昇格演出を行ってもよい。図30は、通常大当たりと確変大当たりがあり、確変大当たりでは昇格演出が行われ得る場合の演出と装飾図柄の大きさとの関係をまとめたものである。図30において、「確変大図柄」とは確変図柄で大図柄、「確変小図柄」とは確変図柄で小図柄、「通常大図柄」とは通常図柄で大図柄、「通常小図柄」とは通常図柄で小図柄をいう。
図30の(a)に示すように、バトル系リーチから確変大当たりになるときは、確変大図柄でリーチ態様を成立させ、確変小図柄でのリーチ演出を経て確変大図柄で停止させ、リーチ演出と一連ではない大当たり演出を行う。(b)に示すように、ストーリー系リーチから確変大当たりになるときは、確変大図柄でリーチ態様を成立させ、確変小図柄でのリーチ演出を経て確変小図柄で停止させ、リーチ演出と一連の大当たり演出を行う。(c)に示すように、バトル系リーチから昇格演出を経て確変大当たりになるときは、通常大図柄でリーチ態様を成立させ、通常小図柄でのリーチ演出を経て、通常大図柄で仮停止させ、昇格演出を経て確変大図柄で本停止させて、リーチ演出と一連ではない大当たり演出を行う。(d)に示すように、バトル系リーチから通常大当たりになるときは、通常大図柄でリーチ態様を成立させ、通常小図柄でのリーチ演出を経て通常大図柄で停止させ、リーチ演出と一連ではない大当たり演出を行う。(e)に示すように、ストーリー系リーチから通常大当たりになるときは、通常大図柄でリーチ態様を成立させ、通常小図柄でのリーチ演出を経て通常小図柄で停止させ、リーチ演出と一連の大当たり演出を行う。また、(f)、(g)に示すように、リーチはずれになるときは、大図柄でリーチ態様を成立させ、小図柄でのリーチ演出を経て大図柄で停止させる。
このように、確変大当たりと通常大当たりがある場合も、リーチの種類によって大図柄で停止表示するか小図柄で停止表示するかを決定することにより、リーチ演出とそれに続く大当たり演出の演出効果を向上可能である。
(ii)実施形態の遊技機10は、確変遊技状態における特別図柄の変動回数に実質的な回数制限があるいわゆるST機としたが、確変遊技状態における特別図柄の変動回数に実質的な回数制限がなく、次の大当たりまで確変遊技状態が継続するいわゆるループ機と称されるパチンコ遊技機としてもよい。また、Vゾーンと称される特別領域を遊技球が通過することにより高確率状態となるいわゆるV確変機としてもよいし、ST機とV確変機とを合わせたV−ST機としてもよい。また、特別図柄の実質的な変動回数の上限を設けるとしても、その上限回数は変更可能であり、確変大当たりと通常大当たりとで上限回数を変える等、大当たりの種類によって上限回数を変えてもよい。また、特別図柄変動の回数制限により電サポ状態が終了しても、その後所定回数特別図柄が変動するまでは高確率状態が継続する等、高確率状態と電サポ状態の特別図柄の変動回数に差を設けてもよい。
(iii)実施形態では、大当たりは全て長当たりとしたが、大当たりとして、大入賞口27の開放時間が短時間であるため賞球が殆どない短当たりを設けてもよい。短当たりとしては、大当たり遊技後に確変遊技状態(高確率状態かつ電サポ状態)になる突確大当たり、大当たり遊技後に高確率状態になるが電サポ状態にはならない潜確大当たり、大当たり遊技後に時短遊技状態(低確率状態かつ電サポ状態)になる突時大当たり等がある。また、大入賞口27を開放する小当たり遊技を行うが、大入賞口27の開放時間が短時間であるため賞球がほとんどなく、かつ、小当たり遊技後に遊技状態が変わらない小当たりを設けてもよい。そして、短当たりあるいは小当たりの場合には、図柄Fを縮小状態としたまま停止表示(確定表示)することとしてもよい。賞球が望めない当たりであるため、大きく停止表示して遊技者にアピールする必要はないからである。
(iv)大当たり成立時に停止表示された図柄Fを、大当たり演出中に継続して表示してもよい。この場合には、図柄Fが背景画像Bの視認の妨げとならないように、リーチ演出中と同様に縮小した状態で表示することが望ましい。また、停止表示された図柄Fを構成する装飾図柄を1つだけ表示するようにしてもよい。すなわち、リーチ演出中(停止表示時も含む。)に表示される装飾図柄の個数と、大当たり演出中に表示される装飾図柄の個数とは、同じであってもよいし、異なっていてもよい。
(v)実施形態では、リーチ演出と大当たり演出とが一連になる場合には、図柄Fを縮小した状態で停止表示し、リーチ演出と大当たり演出とが一連にならない場合には、図柄Fを縮小しない状態で停止表示したが、リーチ演出と大当たり演出とが一連にならない場合に、図柄Fを縮小した状態で停止表示してもよいし、リーチ演出と大当たり演出とが一連になる場合に、図柄Fを縮小しない状態で停止表示してもよい。
例えば、図31に示すように、図柄F以外のリーチ演出の内容により当たりか否かを認識可能な場合には、大当たり演出と一連にならないリーチ演出であっても、図柄Fを縮小した状態のまま停止表示させることとしてもよい。図31の例は、バトル演出を行うバトル系リーチであるが、バトルに勝利した画像が表示されれば当たり、バトルに敗北した画像が表示されればはずれと認識できる。すなわち、バトル演出のように勝ち負け(すなわち、当たりはずれ)が認識容易なリーチ演出の場合には、図柄Fを縮小した状態のまま停止表示してもよい。逆に、勝ち負けが認識困難なリーチ演出の場合には、図柄Fを縮小状態から大きくして停止表示することとしてもよい。
また、図柄Fを用いて遊技者の期待感を盛り上げるようなリーチ演出の場合には、大当たり演出と一連になるようなものであっても、図柄Fを縮小しない状態で停止表示するようにしてもよい。このように、リーチ演出の種類によって、図柄Fを縮小状態のまま停止表示するか縮小状態から大きくして停止表示するかを決定することとしてもよい。
また、例えば、遊技機10のように大当たりは全て確変大当たりとなる場合には、通常遊技状態で当たるいわゆる初当たりでも、大当たり遊技後確変遊技状態に遷移することが確実なので、図柄Fを縮小状態のまま停止させてもよい。通常遊技状態状態で遊技を行っている遊技者は、確変遊技状態に遷移することに喜びを感じるからである。一方、確変遊技状態に遷移した後は、昇格演出が行われると、ラウンド数が少ない確変大当たりからラウンド数が多い確変大当たりに変わるため、図柄Fを縮小状態から大きくして停止表示するようにしてもよい。遊技者は賞球の多い確変大当たりに当たることに喜びを感じるからである。このように、遊技状態によって、図柄Fを縮小状態のまま停止表示するか縮小状態から大きくして停止表示するかを決定することとしてもよい。
要するに、遊技機10が、図柄Fをリーチ態様としてから縮小した状態とし、その後、縮小しない状態(すなわち、縮小した状態よりも大きい状態)で停止表示する手段と、縮小した状態で停止表示する手段とを備えていればよく、どのような場合に縮小するかあるいは縮小しないかは、リーチ演出の内容・種類・所要時間、大当たり演出の内容・種類・所要時間、遊技状態、入賞種別(始動入賞の種別)、停止表示する大当たり図柄等によって、任意に決定可能である。
(vi)実施形態では、大当たり演出と一連になるリーチ演出を「ストーリー系リーチ」、大当たり演出と一連にならないリーチ演出を「バトル系リーチ」としたが、これらは例示に過ぎず、大当たり演出と一連になるリーチ演出として、ストーリーになっていないもの、大当たり演出と一連にならないリーチ演出として、バトルを行わないものを用いてもよい。
(vii)実施形態では、図柄Fが縮小された状態で停止表示され得るリーチ演出(実施形態では、ストーリー系リーチ演出)が出現した場合の方が、図柄Fが縮小されない状態で停止表示されるリーチ演出(実施形態では、バトル系リーチ演出)が出現した場合よりも、大当たり期待度が高いこととしたが、逆でもよい。すなわち、図柄Fが縮小されない状態で停止表示されるリーチ演出が出現した場合の方が、図柄Fが縮小された状態で停止表示され得るリーチ演出が出現した場合よりも、大当たり期待度が高くなるように構成してもよい。
(viii)実施形態では、通常大当たりとなる場合には、すべてバトル系リーチ演出を行うものとしたが、ストーリー系リーチ演出から通常大当たりとなる場合があるように構成してもよい。
(ix)「縮小した状態」とは、特別態様(リーチ態様)成立時の大きさより小さい状態であればよく、「縮小した状態よりも大きい大きさ」とは、特別態様成立時の大きさ(元の大きさ)に限らず、特別態様時の大きさよりも小さくてもよいし、大きくてもよい。
(x)図柄Fを縮小するタイミングを、特別態様(リーチ態様)成立時よりも前としてもよい。かかる場合には、「縮小した状態」とは、変動表示開始時の大きさよりも小さい状態であればよい。すなわち、図柄Fを変動表示開始時よりも縮小した状態として特別演出(リーチ演出)を行い、その後、その縮小した状態よりも大きい大きさで停止表示する手段と、図柄Fを変動表示開始時よりも縮小した状態として特別演出を行い、その後、その縮小した状態と同等の大きさで停止表示する手段とを設けることとしてもよい。
(xi)上記実施形態では、図柄F(装飾図柄LF,CF,RF)を縮小状態とするとき数字画像のみとしたが、数字画像とキャラクタ画像からなる図柄Fをそのまま縮小する(すなわち、縮小状態でも数字画像とキャラクタ画像からなる)こととしてもよい。すなわち、図柄Fを縮小状態とするとき、装飾図柄をそのまま縮小してもよいし、装飾図柄の識別画像(数字画像や文字画像等)を含む部分のみを縮小してもよい。
10…遊技機
20…画像表示部(演出手段、第1特別演出手段、第2特別演出手段、第1縮小演出手段、第2縮小演出手段)
60…メイン制御部(判定手段、特別遊技実行手段)
90…演出制御部(演出手段、第1特別演出手段、第2特別演出手段、第1縮小演出手段、第2縮小演出手段)
95…画像音響制御部(演出手段、第1特別演出手段、第2特別演出手段、第1縮小演出手段、第2縮小演出手段)
F…図柄

Claims (1)

  1. 始動条件の成立を契機に、遊技者にとって有利な特別遊技を実行するか否かの判定を行う判定手段と、
    図柄を変動表示してから前記判定手段による判定結果を示す判定図柄で停止表示する変動演出を行う演出手段と、
    前記判定手段による判定結果が前記特別遊技を実行するというものであった場合、前記特別遊技を実行する特別遊技実行手段と、
    を備え、
    前記演出手段は、
    前記変動演出中に前記図柄を前記特別遊技に対する期待度が高い特別態様とする特別演出を行い、前記特別遊技を実行するという判定結果を示す特別遊技図柄で前記図柄を停止表示する第1特別演出手段と、
    前記変動演出中に前記特別演出を行い、前記特別遊技図柄ではない前記判定図柄で前記図柄を停止表示する第2特別演出手段と、
    を備え、
    前記特別演出として、第1特別演出と、前記第1特別演出とは異なる第2特別演出とがあり、
    前記第1特別演出手段は、
    前記第1特別演出を行う場合、前記図柄を前記特別態様としてから縮小した状態とし、その後、前記縮小した状態よりも大きい大きさで停止表示
    前記第2特別演出を行う場合、前記図柄を前記特別態様としてから縮小した状態とし、その後、前記縮小した状態と同等の大きさで停止表示
    前記第2特別演出手段は、前記第1特別演出と前記第2特別演出のいずれを行う場合であっても、前記図柄を前記特別態様としてから縮小した状態とし、その後、前記縮小した状態よりも大きい大きさで停止表示することを特徴とする遊技機。
JP2015121533A 2015-06-16 2015-06-16 遊技機 Active JP6097336B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2015121533A JP6097336B2 (ja) 2015-06-16 2015-06-16 遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2015121533A JP6097336B2 (ja) 2015-06-16 2015-06-16 遊技機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2017006173A JP2017006173A (ja) 2017-01-12
JP6097336B2 true JP6097336B2 (ja) 2017-03-15

Family

ID=57762608

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2015121533A Active JP6097336B2 (ja) 2015-06-16 2015-06-16 遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6097336B2 (ja)

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2018161312A (ja) * 2017-03-27 2018-10-18 京楽産業.株式会社 遊技機
JP2018161311A (ja) * 2017-03-27 2018-10-18 京楽産業.株式会社 遊技機
JP2018161309A (ja) * 2017-03-27 2018-10-18 京楽産業.株式会社 遊技機

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005204912A (ja) * 2004-01-22 2005-08-04 Sankyo Kk 遊技機
JP5555283B2 (ja) * 2012-06-26 2014-07-23 株式会社三共 遊技機
JP5812067B2 (ja) * 2013-09-09 2015-11-11 タイヨーエレック株式会社 遊技機

Also Published As

Publication number Publication date
JP2017006173A (ja) 2017-01-12

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5023942B2 (ja) 遊技機
JP5067661B2 (ja) 遊技台
JP5731563B2 (ja) 遊技機
JP2011092363A (ja) ぱちんこ遊技機
JP2007252718A (ja) 遊技機
JP6326096B2 (ja) 遊技機
JP5399086B2 (ja) 遊技機
JP5393348B2 (ja) 遊技機
JP2011072476A (ja) 遊技機
JP5411485B2 (ja) 遊技機
JP5400572B2 (ja) 遊技機
JP4970397B2 (ja) 遊技機
JP4970394B2 (ja) 遊技機
JP4876177B2 (ja) 遊技機
JP2007202586A (ja) 遊技機
JP2010046428A (ja) 遊技機
JP5964274B2 (ja) 遊技機
JP2007215676A (ja) 遊技機
JP5105618B2 (ja) 遊技機
JP6110916B1 (ja) 遊技機
JP4963395B2 (ja) 遊技機
JP2008272158A (ja) 遊技機
JP6624191B2 (ja) 遊技機
JP2017064142A (ja) 遊技機
JP5193891B2 (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20170131

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20170217

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6097336

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250