JP6092177B2 - Fixing device, the intervertebral implant, and implant instrument - Google Patents

Fixing device, the intervertebral implant, and implant instrument Download PDF

Info

Publication number
JP6092177B2
JP6092177B2 JP2014225464A JP2014225464A JP6092177B2 JP 6092177 B2 JP6092177 B2 JP 6092177B2 JP 2014225464 A JP2014225464 A JP 2014225464A JP 2014225464 A JP2014225464 A JP 2014225464A JP 6092177 B2 JP6092177 B2 JP 6092177B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
implant
pawl
device
fixture
fixing device
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2014225464A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2015042311A (en
Inventor
エルベ・ダンビル
サミユエル・ルケツト
マニユエル・ドライユ
アンリ・フランソワ・パラン
アレクシ・フアリン
パブロ・エム・ローナー
フエイサル・ザフラウイー
トーマス・ビアシユテツト
Original Assignee
エル・デ・エール・メデイカル
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by エル・デ・エール・メデイカル filed Critical エル・デ・エール・メデイカル
Priority to JP2014225464A priority Critical patent/JP6092177B2/en
Publication of JP2015042311A publication Critical patent/JP2015042311A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP6092177B2 publication Critical patent/JP6092177B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、たとえば椎間プロテーゼおよび椎体間ケージなどの脊椎インプラントを含む、整形外科用インプラントに関する。 The present invention includes, for example, spinal implants, such as intervertebral prostheses and interbody cages, to orthopedic implants. 椎間プロテーゼは、脊椎の可動性を保ちながら、椎骨の間の空間を維持または修復するために、2つの隣り合う椎骨の間に埋め込まれてもよい。 Intervertebral prosthesis, while maintaining the mobility of the spine, to maintain or repair the space between the vertebrae, or may be embedded between two adjacent vertebrae. 椎体間ケージは、椎間板腔内の骨組織移植片(または代用物)の留置および成長のため、ならびに関節固定(2つの椎骨の融合)を得るために、2つの隣り合う椎骨の間に埋め込まれてもよい。 Interbody cage, for placement and growth of bone tissue grafts disc space (or substitute), and in order to obtain arthrodesis (fusion of two vertebrae), embedded between the two adjacent vertebrae it may be. たとえば、ケージが位置決めされた後、椎間腔は自家海綿骨または適切な代用骨で満たされてもよく、これはまた(あるいは代替例において)、その椎間腔内での位置決めに先立って、ケージの空洞内に配置されてもよい。 For example, after the cage is positioned, intervertebral space may be filled with autologous cancellous bone or a suitable bone substitutes, which also (or in the alternative), prior to positioning in the intervertebral space, it may be disposed within the cavity of the cage. 具体的には、本発明は、椎間インプラント、インプラント固定具、固定具による椎骨へのインプラントの固着、および移植器具による椎間板腔内のインプラントの移植に関する。 Specifically, the present invention is an intervertebral implant, the implant fixture, fixation of the implant to the vertebrae by fasteners, and to implant the implant disc space by implantation device.

この分野における問題の1つは、脊椎インプラントが移植された後の、特にたとえば椎体間ケージまたは関節固定を可能にするその他のインプラントを用いる関節固定が望ましい場合の、椎間板腔内の脊椎インプラントの安定性に関する。 One of the problems in this area, after the spinal implant has been implanted, especially when arthrodesis is desirable to use other implant which allows the interbody cage or arthrodesis example, the disc space of the spinal implant stability. たとえば、たとえインプラントの椎骨接触面に刻み目または歯が設けられていても、患者が動くときに印加される力によって、インプラントが椎間腔内で移動するという危険性がある。 For example, even though notches or teeth provided on the vertebrae contacting surface of the implant, the force applied when the patient moves, the implant there is a risk that moves intervertebral space. したがって、その間に脊椎インプラントを埋め込まれる隣り合う椎骨に、これを固着させる必要になることがよくある。 Therefore, the adjacent vertebrae are embedded spinal implant therebetween, are often required to fix them. その間にインプラントが埋め込まれるように設計されている椎骨の椎体終板内へのインプラントのしっかりした取り付けを可能にする骨固定装置を脊椎インプラントに設ける解決法が、先行技術において知られている。 Providing a bone fixation device which allows a firm attachment of the implant to between the vertebral bodies of the vertebrae that are designed to implant can be implanted endplate spinal implant solutions are known in the prior art. さらに、椎間腔(椎間板腔)へのアクセスは、関連する寸法のため、特に椎間腔への進入路における血管および神経の存在のため、特に繊細である場合が多い。 Furthermore, access to the intervertebral space (disc space), since the relevant dimensions, in particular due to the presence of blood vessels and nerves in the path of entry into the disc space, is often particularly delicate. 骨固定装置は、良好な固着を保証するのに十分な深さまで椎骨内に貫通しなければならず、また小さい寸法を有して、(たとえば椎間腔への進入路に、脊椎インプラント事態の移植に必要とされるよりも大きい空間を必要としないことによって)周囲の血管および神経を危険に曝すことなくインプラントの固着を可能にしなければならない。 The bone anchoring device has to penetrate into the vertebra to a depth sufficient to ensure good anchoring, also has a smaller dimension, (e.g., entryway into the disc space, the spinal implant situation transplant must allow the anchoring of the implant without large by not require space) that endanger the blood vessels and nerves surrounding than is required.

先行技術において、とりわけ参照により本願に組み込まれ、このタイプの解決法によって解決された様々な問題および提供される様々な利点を調べるために読者が参照することが可能な、本願の譲受人によって出願された仏国特許出願公開第2,916,956号明細書、米国特許出願公開第2009/105832号明細書、および国際公開第2008/149223号より、インプラントがこれら椎骨に対して固く保持されることを保証するために椎体終板内で堅固に十分な深さで、しかしほぼ椎間腔の平面内で挿入のための進入路の軸に沿って埋め込まれるのに適した固定装置が、知られている。 Application in the prior art, especially incorporated herein by reference, which can readers to examine various advantages are various problems and provide been solved by the solution of this type is referenced by the assignee of the present application been French Patent application Publication No. 2,916,956, U.S. Patent application Publication No. 2009/105832, and from WO 2008/149223, the implant is held firmly against these vertebrae it in firmly enough depth vertebral endplate in order to ensure, but locking device which is suitable for almost for in the plane of the intervertebral space are embedded along the axis of the entrance path for the insertion, Are known. このタイプの解決法は通常、湾曲した剛性のプレートで形成され、インプラントを通じて椎骨の終板に貫通するように配置され、このインプラントをこの椎骨に対して保持するための少なくとも1つの歯止めが設けられた、少なくとも1つの固定具を含む。 This type of solution is typically formed by a plate of a curved rigid, it is arranged so as to penetrate the vertebral endplate through implant is provided with at least one pawl for holding the implant against the vertebra and, at least one fastener. このタイプの固定具の剛性は有効な、とりわけステープルまたはその他の薄いおよび/または比較的柔軟でしばしば壊れやすい装置よりも有効な固着を可能にする、重要な特徴である。 Rigidity of this type of fixture effective, among other things, allow effective anchoring than staples or other thin and / or relatively flexible, often fragile device, is an important feature.

湾曲プレートを含むこれらのタイプの固定装置(または「固定具」)は、椎骨内への固定具の嵌入の間に、またはこれが一旦椎骨内に埋め込まれた後にインプラントおよび/または固定具に付与される力のため、椎骨を割る危険性の問題を引き起こす可能性がある。 These types of fixation devices including curved plates (or "fastener") is between fitting the fastener into the vertebra, or which is imparted to the implant and / or fixture after being embedded into a vertebra once because of that force, there is a possibility that the cause of the risk of dividing the vertebrae problem. これらのタイプの固定具はまた、椎骨内への固定具の嵌入の間に大きすぎる切れ目を作り、固定具の望ましくない遊びの可能性を許容し、これがインプラントの固着を脆弱および/または不確実にする危険性も、有する可能性がある。 These types of fasteners can also be made a cut too much during insertion of the fastener into the vertebra, allowing the possibility of unwanted play the fixture, which is weak and / or uncertainty sticking implant risk of too, is likely to have. 嵌入という用語はここで、固定装置が椎骨内に押し進められるということを指定するために用いられることは、特筆すべきである。 Here the term fitting is that the fixing device is used to specify that urged into the vertebra is noteworthy. 本願が、固定装置を椎骨内に押し進めるのを支援するために配置されているので、固定具の嵌入のための装置である、嵌入具を記載していることもまた、特筆される。 The present application, since the fixing device is arranged to assist in forcing into a vertebra, a device for fitting of the fixture, is also noted that describes the insertion tool.

湾曲プレートを有するこれらのタイプの固定具の別の潜在的問題は、その剛性に関する。 Another potential problem with these types of fasteners having a curved plate, for that stiffness. いくつかの状況において、固定具が埋め込まれている椎骨から徐々に出てこないように、固定具は、変形しないように、および/またはこれに印加される力の作用の下であまり遊びを有しないように、十分に剛性であることが、重要である。 Yes In some situations, so as not come out gradually from the vertebrae fixture is embedded, fixture, so as not to deform, and / or too much play under the action of the applied force to lest, it is important is sufficiently rigid. 加えて、インプラントを通る固定具の通路、およびインプラント内のこのような固定具の安定性の維持(たとえば最低限の遊びなど、結果的な望ましい遊びに曝される)もまた、いくつかの状況において確実な実装を保証するために重要な態様である。 In addition, the fixture of the passage through the implant, and maintenance of stability of such fixture within the implant (e.g., a minimum of play, are exposed to the resulting desired play) also some situations in an important aspect in order to ensure reliable mounting.

仏国特許出願公開第2,916,956号明細書 French Patent Application Publication No. 2,916,956 Pat. 米国特許出願公開第2009/105832号明細書 U.S. Patent Application Publication No. 2009/105832 Pat 国際公開第2008/149223号 International Publication No. WO 2008/149223 仏国特許出願公開第2,827,156号明細書 French Patent Application Publication No. 2,827,156 Pat. 国際公開第2003/005939号 International Publication No. WO 2003/005939 米国特許出願公開第2004/0199254号明細書 U.S. Patent Application Publication No. 2004/0199254 Pat 仏国特許出願公開第2,879,436号明細書 French Patent Application Publication No. 2,879,436 Pat. 国際公開第2006/120505号 International Publication No. WO 2006/120505 米国特許出願公開第2006/0136063号明細書 U.S. Patent Application Publication No. 2006/0136063 Pat 仏国特許出願公開第2,869,528号明細書 French Patent Application Publication No. 2,869,528 Pat. 国際公開第2005/104996号 International Publication No. WO 2005/104996 米国特許出願公開第2005/0246024号明細書 U.S. Patent Application Publication No. 2005/0246024 Pat

本願に記載される様々な技術的特徴を組み込んだ特定の実施形態は、(より)小型(より小さい障害を伴う)であって、特に脊柱の軸に対して実質的に直交する軸に沿って(より)容易に移植可能な、そして剛性であって、椎骨を損傷する危険性が低減された(より)確実な固着を可能にする、椎間インプラント用の固定装置を提案することによって、先行技術のこれらおよび/またはその他の不都合のうちの1つ以上を軽減することを、目指す。 Specific embodiments incorporating various technical features described in this application, (er) A small (with less disorder), especially along an axis substantially perpendicular to the axis of the spinal column (more) easily implantable, and a rigid, risk of damage to the vertebrae is reduced to enable (more) certainty secured, by proposing a fixing device for intervertebral implant, prior to alleviate one or more of these and / or other disadvantages of the art, aiming.

上記の目的は、たとえば、椎骨内に貫通するように設計された、前部と称される第一末端と、後部と称される第二末端との間に延在する長手軸に沿って延伸する少なくとも1つの湾曲プレートを含む本体を含み、固定装置は少なくとも1つの椎体終板に貫通して、インプラントを保持する歯止めによってこの椎体終板にインプラントを固着させるために、インプラントの少なくとも一部を横断する通路を通じて挿入されるように設計されている、椎骨内に椎間インプラントを固定するための装置であって、本体は、その面の少なくとも1つの少なくとも一部に少なくとも1つの長手方向リブを含み、前記リブはインプラントの通路内の少なくとも1つの溝と協働するように設計されていることを特徴とする装置によって、達成される。 The above objects, for example, designed to penetrate into a vertebra, a first end referred to as the front, along a longitudinal axis extending between the second end referred to as the rear stretch at least one comprises a body including a curved plate, the fixation device through the at least one vertebral endplate, to anchor the implant to the vertebral endplates by pawl to hold the implant, the implant of at least one to parts are designed to be inserted through the passageway across the a device for securing the intervertebral implant into the vertebra, the body has at least one longitudinally at least part of at least one of its faces includes a rib, said rib by a device which is characterized in that it is designed to cooperate with at least one groove in the passageway of the implant is achieved.

別の特徴によれば、前記リブのレベルは本体の長手軸に沿って変化する。 According to another feature, the level of the rib varies along the longitudinal axis of the body.

別の特徴によれば、前記リブのレベルは本体の長手軸に沿って変化する。 According to another feature, the level of the rib varies along the longitudinal axis of the body.

別の特徴によれば、本体の湾曲プレートは、本質的に椎間腔の平面内に長手軸を有する一方で、脊柱の垂直軸に対しておよそ90°を形成する進入路の軸に沿って椎体終板内に固定装置が埋め込まれるように作られた寸法および少なくとも1つの曲率半径を有する、円または楕円の少なくとも1つの弧を描く。 According to another feature, the curved plate of the body, while having a longitudinal axis in the plane of the essentially disc space, along the axis of the access road to form approximately 90 ° to the vertical axis of the spinal column fixing device vertebral endplate has made dimensions and at least one radius of curvature to be embedded, draw at least one arc of a circle or an ellipse.

別の特徴によれば、前部末端は、椎骨内への装置の貫通を容易にする、少なくとも1つの面取りまたは少なくとも1つの角取りを含む。 According to another feature, the front end facilitates penetration of the device into a vertebra, comprising at least one chamfered or at least one chamfered.

別の特徴によれば、前部末端は、椎骨内への装置の貫通を容易にする、少なくとも1つの刻み目を含む。 According to another feature, the front end facilitates penetration of the device into a vertebra, comprising at least one notch.

別の特徴によれば、本体には、一旦椎骨内に埋め込まれたら装置の抜去に対抗するように配向された、刻み目が設けられている。 According to another feature, the body, once oriented to oppose the withdrawal of the device When implanted into the vertebra, indentations are provided.

別の特徴によれば、本体は、装置が固定されるように設計されている椎骨に対してインプラントを保持するために、装置が固着されるように設計されたインプラント上の少なくとも1つの歯止め面と協働するように設計された、前部末端と本質的に対向して配向された少なくとも1つの歯止め面を含む、保持と称される少なくとも1つの歯止めを含む。 According to another feature, the body, in order to hold the implant against the vertebrae that are designed to device is fixed, at least one ratchet surface on the implant, which is designed such that the device is secured designed to preparative cooperating, front end and essentially opposite at least one ratchet surfaces are oriented, at least one pawl called retention.

別の特徴によれば、保持歯止めは、固定装置の本体の少なくとも1面上に、少なくとも1つの突起ラグを含む。 According to another feature, the holding pawl is on at least one surface of the body of the fixation device includes at least one projection lugs.

別の特徴によれば、保持歯止めは、固定装置の本体の側面上に、2つの突起ラグを含む。 According to another feature, the holding pawl on the side surface of the main body of the fixing device includes two projections lugs.

別の特徴によれば、保持歯止めは、後部末端のレベルで、リブに対して直角に突起する2つのラグを含む。 According to another feature, the holding pawl is at the level of the rear end a two lugs projecting at right angles to the ribs.

別の特徴によれば、本体は、後部末端に向かって配向され、固定装置の抜去に対抗する抜去歯止めを形成する、少なくとも1つの可撓性ラグを含む。 According to another feature, the body is oriented toward the rear end, forming a removal pawl against removal of the fixation device includes at least one flexible lug.

別の特徴によれば、プレートの曲率はプレートの深さにおいて配向されている。 According to another feature, the curvature of the plate is oriented in the depth of the plate.

別の特徴によれば、プレートの曲率は、プレートの幅において配向されている。 According to another feature, the curvature of the plate is oriented in the width of the plate.

別の特徴によれば、固定装置は、プレートの後部末端付近に、インプラントの通路内での装置の遊びを制限する、プレートの残部の厚みよりも大きい厚みを有する少なくとも1つの部分を含む。 According to another feature, the fixing device is in the vicinity of the rear end of the plate, to limit the play of the apparatus in the path of the implant, including at least one portion having a thickness greater than that of the remainder of the plate.

別の特徴によれば、本体は、後部末端付近に、装置を抽出するためのツールを受容するために形成され、固定装置の抜去を可能にする、少なくとも1つの陥凹を含む。 According to another feature, the body is in the vicinity of the rear end is formed to receive a tool for extracting device, to allow removal of the fixation device includes at least one recess.

別の特徴によれば、陥凹は、ツールが前記陥凹内に直接貫通できるように、本体の後部末端上で開放している。 According to another feature, recess, as the tool can pass directly into said recess and opens on the rear end of the body.

別の特徴によれば、可撓性ラグの歯止め末端は、インプラントの外側に現れるチャネルを通じてインプラントの歯止めから解放されることが可能である。 According to another feature, the pawl ends of the flexible lugs is capable of being released from the pawl of the implant through the channel to appear outside of the implant.

別の特徴によれば、固定装置は、一旦埋め込まれたら装置を通じての骨成長を可能にするために、プレートを横断する少なくとも1つの開口部を含む。 According to another feature, the fixing device, in order to allow bone growth through once implanted Once device comprises at least one opening across the plate.

別の特徴によれば、リブは、この刻み目がインプラントの通路の末端の歯止め面で停止されるように決定された距離だけ後部末端から離れて位置する、刻み目を含む。 According to another feature, the ribs, the notch is positioned away from the determined distance the rear end so as to stop at a ratchet surface of the end of the implant passageway, including nicks.

本願に記載される様々な技術的特徴を組み込んだ様々な実施形態の別の目的は、ほぼ椎間腔の平面内に埋め込まれることが可能であって、インプラントの確実な固着を可能にする、椎間固定のシステムを提案することによって、先行技術の前記(および/またはその他の)不都合のうちの1つ以上を軽減することである。 Another object of the various embodiments which incorporate various technical features described in this application, be capable of being embedded substantially intervertebral plane, to allow reliable fixation of the implant, by proposing a system of intervertebral fixation, it is to reduce the prior said of art (and / or other) one or more of the disadvantages.

この目的は、たとえば、本発明による2つの装置を含み、第一固定装置は、前部末端と本質的に対向して配向された少なくとも1つの歯止め面を含む、協働と称される歯止めを含み、第二固定装置は、実質的に後部末端に対向する方向に配向された少なくとも1つの歯止め面を含む、協働と称される歯止めを含み、これら2つの協働歯止めは互いに協働するように作られていることを特徴とする、椎骨内に椎間インプラントを固定するためのシステムによって、達成される。 This object is achieved, for example, comprise two devices according to the present invention, the first fixing device comprises at least one pawl surface is oriented to the front end essentially opposite the referred pawl cooperating with wherein the second fixation device, essentially comprising at least one pawl surfaces oriented in opposite directions to the rear end, comprises a called pawl cooperate with these two co 働歯 stop cooperates with one another characterized in that it is made as to, by a system for securing the intervertebral implant into the vertebra is achieved.

別の特徴によれば、第二固定装置の歯止めは、本質的に前部末端に対向するように配向された第二歯止め面を含み、第一装置は、その後部歯止め末端が歯止めの第二歯止め面と接触して可撓性ラグを支持するのに役立つように位置決めされた可撓性ラグを含み、こうして一旦インプラント内に収まったら、第二装置を保持する第一装置の抜去を妨害する。 According to another feature, the pawl of the second fixing device essentially comprises a second ratchet surface oriented to face the front end, the first device, the rear pawl end of the pawl its second includes the positioned flexible lugs to help support the contact with the flexible lugs and ratchet surface, thus once seated in the implant, to interfere with the removal of the first device for holding the second device .

別の特徴によれば、第一装置の可撓性ラグの歯止め末端は、インプラントの外側に現れるチャネルを通じて、第二装置の歯止めの第二歯止め面から解放されることが可能である。 According to another feature, the pawl ends of the flexible lugs of the first device, through the channel to appear outside of the implant, it can be released from the second ratchet surface of the pawl of the second device.

本願に記載される様々な技術的特徴を組み込んだ特定の実施形態の別の目的は、ほぼ椎間腔の平面内に埋め込まれることが可能な固定装置によって椎骨に堅固に取り付けられることが可能な、実質的に椎間腔の平面内に埋め込まれることが可能な椎間インプラントを提案することによって、先行技術の前記(および/またはその他の)不都合のうちの1つ以上を軽減することである。 Another object of certain embodiments incorporating various technical features described in this application, which can be rigidly attached to the vertebrae by almost have anchoring device that is implanted in the plane of the intervertebral space , by proposing an intervertebral implant that can be substantially embedded within the plane of the intervertebral space, it is to reduce one or more of the (and / or other) disadvantages of the prior art .

この目的は、たとえば、後部と称されるその少なくとも一部が、その曲率に関わらず変形することなくこの剛性固定装置の通過を許容するように、湾曲プレートを含む少なくとも1つの固定装置を受容するのに適した寸法の少なくとも1つの直線通路を含む、少なくとも1つの周囲壁を含み、この通路は、その間にインプラントが埋め込まれるように設計されている椎骨の1つの椎体終板の方向に固定装置を配向するように、本質的にインプラントの平面内に挿入された、固定装置の曲率に適合した直線および傾斜軌道に沿って、周囲から上面または下面に向かってインプラントを横断している、椎間インプラントであって、通路は本発明による固定装置の少なくとも1つのリブを受容するように設計された少なくとも1つの溝を含むことを This object is achieved, for example, the rear and called at least in part, to allow the passage of the rigid fixing device without deforming regardless of its curvature, to receive at least one fixation device including a curved plate comprising at least one straight passage size suitable for comprising at least one peripheral wall, the passageway is fixed in one direction of the vertebral endplates of the vertebrae that are designed to implant can be implanted during to orient the device, essentially inserted in the plane of the implant, along a straight and inclined orbit adapted to the curvature of the fixing device, which traverses the implant towards the upper or lower surface from the surrounding vertebral be between implant, that passage comprises at least one groove designed to receive at least one rib of the fixing device according to the invention 徴とする椎間インプラントによって、達成される。 The intervertebral implant according to symptoms is achieved.

別の特徴によれば、通路は、インプラントの外側の方向に配向され、固定装置が通路を通じて椎骨内に一旦固定されたらこの保持歯止めがインプラントを保持するように、固定装置の少なくとも1つの保持歯止めと協働するように設計された、少なくとも1つの歯止め面を含む、少なくとも1つの歯止めを含む。 According to another feature, the passage is oriented in the direction of the outside of the implant, so that fixation device is the retaining pawl when you are temporarily fixed into the vertebra through the passageway to hold the implant, at least one retaining pawl locking device designed to preparative cooperate at least one pawl face, it comprises at least one pawl.

別の特徴によれば、椎間インプラントは、通路内に挿入された固定装置の前部末端と本質的に対向するように配向された少なくとも1つの歯止め面を含む少なくとも1つの抜去歯止めを含み、この抜去歯止めは、インプラントからの固定装置の抜去に対抗するために、固定装置の少なくとも1つの可撓性ラグと協働する。 According to another feature, the intervertebral implant comprises at least one removal pawl comprises at least one ratchet surface oriented to the front end essentially opposite of the inserted fixing device in the passage, the removal pawl, in order to counteract the removal of the locking device from the implant, cooperates with at least one flexible lug of the anchoring device.

別の特徴によれば、周囲壁は、インプラントを埋め込むための器具の把持末端と協働するように設計された、少なくとも1つの締結手段を含む。 According to another feature, the peripheral wall is designed to cooperate with the gripping end of the instrument for implanting an implant, comprising at least one fastening means.

別の特徴によれば、周囲壁は、その間にインプラントが埋め込まれるように設計された椎骨の各々に固定装置を固定するように、インプラントの上面および下面のうちの1つに向かって各々配向された、2つの通路を含む。 According to another feature, the peripheral wall so as to secure the locking device in each of the designed vertebrae as the implant during which are embedded, they are respectively oriented toward one of the upper and lower surfaces of the implant and it includes two passageways.

別の特徴によれば、周囲壁は、通路を含むものの反対側の、いわゆる前部分に、椎骨間のインプラントの挿入を容易にするように、少なくとも1つの角取り部分を含む。 According to another feature, the surrounding wall opposite the one containing a passageway, a so-called front part, so as to facilitate insertion of the implant between the vertebrae, comprising at least one chamfered portion.

本願に記載される様々な技術的特徴を組み込んだ特定の実施形態の別の目的は、椎骨間に椎間インプラントを埋め込み、これら椎骨のうちの少なくとも1つに固定装置を埋め込むための器具であって、実質的に椎間腔の平面内にインプラントを埋め込むこと、および実質的に椎間腔の平面内の進入路の軸に沿って固定装置を埋め込むことを可能にする器具を提案することによって、先行技術の前記(および/またはその他の)不都合のうちの1つ以上を軽減することである。 Another object of certain embodiments incorporating various technical features described in this application, embedding the intervertebral implant between the vertebrae, there in instruments for embedding fixation device to at least one of these vertebrae Te, substantially embedding the implant in the plane of the intervertebral space, and substantially by proposing a device that makes it possible to embed the fixing device along the axis of the access road in the plane of the intervertebral space is to reduce the prior said of art (and / or other) one or more of the disadvantages.

この目的は、たとえば、椎骨間に椎間インプラントを埋め込み、これら椎骨のうちの少なくとも1つに少なくとも1つの固定装置を埋め込むための器具であって、器具は、一方で、固定装置を押さえるのに適した形状およびサイズのヘッドを含む少なくとも1つの嵌入具を、他方では、インプラントの把持と称される第一末端と、押さえと称される第二末端との間に延在する長手軸に沿って延伸する形状の少なくとも1つのガイドを含み、把持末端は、インプラントの少なくとも1つの締結手段と協働するように設計された少なくとも1つの把持手段を含み、ガイドは、少なくとも部分的に嵌入具のヘッドを受容するのに適した形状およびサイズのヘッドであって、その間にインプラントが埋め込まれるように設計された椎骨のうちの1つの This object is achieved, for example, embedding the intervertebral implant between the vertebrae, a tool for embedding at least one locking device to at least one of these vertebrae, the device, on the one hand, to hold the fixation device at least one fitting tool comprising a suitable shape and size of the head, on the other hand, along a longitudinal axis extending between a first end referred to as the grip of the implant, a second end referred to as the retainer includes at least one guide shaped to stretch Te, gripping end includes at least one gripping means designed to cooperate with at least one fastening means of the implant, the guide, at least partly fitted instrument a shape and size head suitable for receiving a head of one of the vertebrae designed to implant can be implanted during 体終板内に固定装置を嵌入するために、本発明によるインプラントの通路を通じてこの固定装置を案内するように、本発明による固定装置の少なくとも1つの曲率半径と本質的に同一の少なくとも1つの曲率半径を有する少なくとも1つの案内面を含み、固定装置のリブの通過および/または案内を可能にするように作られている、ヘッドを含むことを特徴とする器具類によって、達成される。 For fitting the fastening device to the body endplate, so as to guide the fixing device through the implant passage according to the invention, at least one radius of curvature essentially the same at least one curvature of the fixing device according to the invention comprising at least one guide surface having a radius, are designed to permit the passage and / or guide ribs of the fixing device, the instrumentation, characterized in that it comprises a head, is achieved.

別の特徴によれば、ヘッドは、固定装置のリブの通路のために作られた少なくとも1つの溝を含む。 According to another feature, the head includes at least one groove made for the ribs of the passage of the fixing device.

別の特徴によれば、ガイドのヘッドは、固定装置を受容し、少なくとも部分的に嵌入具のヘッドを受容するのに適切な形状およびサイズの空洞を含み、案内面は、本体の両側で固定装置の側面を案内するためにこの空洞の片側に各々位置する少なくとも2つの湾曲溝を含み、嵌入具のヘッドは、末端からこれら溝の他方まで、空洞内に貫通している。 According to another feature, the guide head is to receive a fixation device, comprising a suitable shape and cavities sized to receive the head of at least partially inserted instrument, the guide surfaces are fixed on both sides of the body to guide the side surface of the device comprises at least two curved grooves each located on one side of the cavity, the head of the fitting tool is from the end to the other of these grooves extends through the cavity.

別の特徴によれば、シャフトは、シャフトがハンドルによって作動されたときにインプラントを固着させるために、陥凹の補完的なネジ切りと協働する、ネジ切り末端を含む。 According to another feature, the shaft, the shaft in order to fix the implant when actuated by the handle and complementary threaded and cooperating recess includes a threaded end.

別の特徴によれば、締結手段は陥凹を含み、この把持手段は、インプラントの陥凹に出入りするためにハンドルによって作動されたときにガイドの本体内を摺動する、シャフトの末端を含む。 According to another feature, it comprises fastening means recessed, the gripping means slides in the guide body when activated by a handle in order to enter and exit the recess of the implant, including the end of the shaft .

別の特徴によれば、締結手段は、周囲壁の側面に陥凹および溝を含み、把持手段は、インプラントの陥凹を出入りするためにハンドルによって作動されたときにガイドの本体内を摺動するシャフトの1つの末端と、溝内に嵌合するように作られ、椎骨間でインプラント2)を位置決めするためのレバーアームの役割を果たすラグと、を含む。 According to another feature, the fastening means comprises a recess and a groove on the side surface of the peripheral wall, gripping means, sliding in the guide body when activated by a handle in order to enter and exit the recess of the implant and one end of the shaft which is made to fit in the groove, including the role lug of the lever arm for positioning the implant 2) between vertebrae.

別の特徴によれば、溝は、器具によるインプラントの把持を改善するように、ラグのスタッドを受容するように設計された、陥凹を含む。 According to another feature, the grooves, so as to improve the grip of the implant according to the instrument, which is designed to receive the stud of the lugs comprises a recess.

別の特徴によれば、固定装置のリブの通路のために形成された前記溝は、ガイドのヘッドの空洞の上部壁および/または下部壁の少なくとも一部に形成される。 According to another feature, the groove formed for the ribs of the passage of the fixing device is formed on at least a portion of the top wall and / or bottom wall of the cavity of the guide head.

本願に記載される様々な特徴を組み込んだ様々な実施形態のその他の目的は、先行技術のいくつかの欠点を克服することであり、上述の問題に関連する可能性がある。 Other objects of various embodiments that incorporate the various features described herein is to overcome some of the drawbacks of the prior art, may be related to the above-mentioned problems.

この目的は、たとえば、椎骨内に貫通するように設計された、前部と称される第一末端と、後部と称される第二末端との間に延在する長手軸に沿って延伸する少なくとも1つの直線プレートを含む本体を含み、固定装置は少なくとも1つの椎体終板に貫通して、インプラントを保持する歯止めによってこの椎体終板にインプラントを固着させるために、インプラントの少なくとも一部を横断する通路を通じて挿入されるように設計されている、椎骨内に椎間インプラントを固定するための装置であって、本体は、その面の少なくとも1つの少なくとも一部に少なくとも1つの長手方向リブを含み、前記リブはインプラントの通路内の少なくとも1つの溝と協働するように設計されていることを特徴とする装置によって、達成される。 This object is achieved, for example, designed to penetrate into a vertebra, extending along the longitudinal axis extending between a first end referred to as the front, and the second end referred to as the rear comprises a body including at least one straight plate, locking device penetrates into at least one vertebral endplate, to anchor the implant to the vertebral endplates by pawl to hold the implant, at least a portion of the implant is designed to be inserted through the passageway across the a device for securing the intervertebral implant into the vertebra, the body has at least one longitudinal rib in at least one of at least a portion of the surface wherein the said ribs by a device characterized in that it is designed to cooperate with at least one groove in the passageway of the implant is achieved.

この目的は、たとえば、椎骨内に貫通するように設計された、前部と称される第一末端と、後部と称される第二末端との間に延在する長手軸に沿って延伸する少なくとも1つのプレートを含む本体を含み、固定装置は少なくとも1つの椎体終板に貫通して、インプラントを保持する歯止めによってこの椎体終板にインプラントを固着させるために、インプラントの少なくとも一部を横断する通路を通じて挿入されるように設計されている、椎骨内に椎間インプラントを固定するための装置であって、本体は、インプラント内の通路の内壁との接触を提供し、インプラント内で固定装置を安定化するために配置された、少なくとも1つの肥厚部および/または少なくとも1つの平坦面を含むことを特徴とする装置によって、達成される。 This object is achieved, for example, designed to penetrate into a vertebra, extending along the longitudinal axis extending between a first end referred to as the front, and the second end referred to as the rear It comprises a body comprising at least one plate, the fixation device through the at least one vertebral endplate, to anchor the implant to the vertebral endplates by pawl to hold the implant, at least a portion of the implant is designed to be inserted through the passage to cross, a device for securing the intervertebral implant into the vertebra, the body provides a contact with the inner wall of the passage in the implant, fixed in the implant It arranged to stabilize the device, by a device which comprises at least one thickened portion and / or at least one flat surface is achieved.

この目的は、たとえば、椎骨内に貫通するように設計された、前部と称される第一末端と、後部と称される第二末端との間に延在する長手軸に沿って延伸する少なくとも1つの湾曲プレートを含む本体を含み、固定装置は少なくとも1つの椎体終板に貫通して、インプラントを保持する歯止めによってこの椎体終板にインプラントを固着させるために、インプラントの少なくとも一部を横断する通路を通じて挿入されるように設計されている、椎骨内に椎間インプラントを固定するための装置であって、プレートの曲率はプレートの幅に沿って配向されていることを特徴とする装置によって、達成される。 This object is achieved, for example, designed to penetrate into a vertebra, extending along the longitudinal axis extending between a first end referred to as the front, and the second end referred to as the rear comprises a body including at least one curved plate, locking device penetrates into at least one vertebral endplate, to anchor the implant to the vertebral endplates by pawl to hold the implant, at least a portion of the implant is designed to be inserted through the passageway across the a device for securing the intervertebral implant into the vertebra, the curvature of the plate is characterized in that it is oriented along the width of the plate the device is achieved.

この目的は、たとえば、椎骨内に貫通するように設計された、前部と称される第一末端と、後部と称される第二末端との間に延在する長手軸に沿って延伸する少なくとも1つのプレートを含む本体を含み、固定装置は少なくとも1つの椎体終板に貫通して、インプラントを保持する歯止めによってこの椎体終板にインプラントを固着させるために、インプラントの少なくとも一部を横断する通路を通じて挿入されるように設計されている、椎骨内に椎間インプラントを固定するための装置であって、インプラントの補間的歯止めとの接触によってインプラントからの固定装置の抜去に対抗する少なくとも1つの抜去歯止めを含み、固定装置の抜去歯止めをその補完的歯止めから解放するために配置されたリソースを含むことを特徴とする装置 This object is achieved, for example, designed to penetrate into a vertebra, extending along the longitudinal axis extending between a first end referred to as the front, and the second end referred to as the rear It comprises a body comprising at least one plate, the fixation device through the at least one vertebral endplate, to anchor the implant to the vertebral endplates by pawl to hold the implant, at least a portion of the implant is designed to be inserted through the passage to cross, a device for securing the intervertebral implant into the vertebra, at least against the removal of the locking device from the implant by contact with interpolative pawl of the implant it contains one removal pawl, and wherein the containing resources located to release the removed pawl of the fixation device from its complementary pawl よって、達成される。 Thus, it is achieved.

この目的は、たとえば、後部と称されるその少なくとも一部が、少なくとも1つのプレートを含む少なくとも1つの固定装置を受容するのに適した寸法の少なくとも1つの通路を含む、少なくとも1つの周囲壁を含み、この通路は、その間にインプラントが埋め込まれるように設計された椎骨のうちの1つの椎体終板の方向に固定装置を配向するように、固定装置に適合した軌道に沿って、周囲から上面または下面に向かってインプラントを横断している、椎間インプラントであって、インプラントからの固定装置の抜去に対抗する抜去歯止めを補完する少なくとも1つの歯止めと、固定装置の抜去歯止めをインプラント内の補完的歯止めから解放するために配置されたリソースと、を含むことを特徴とする椎間インプラントによって、達成 This object is achieved, for example, the rear and called at least partially comprises at least one passageway dimensions suitable for receiving at least one locking device comprising at least one plate, at least one of the peripheral wall wherein, the path, so as to orient the fastening device in one direction of the vertebral endplate of the vertebra that is designed to implant is implanted therebetween, along a trajectory that conforms to the locking device, from the periphery towards the upper or lower surface traverses the implant, a intervertebral implant, at least one complement the removal pawl against withdrawal of the locking device from the implant pawl and, in the interior of the implant removal pawl locking device and resources located in order to release the complementary pawl, the intervertebral implant, characterized in that it comprises an achievement れる。 It is.

この目的は、たとえば、後部と称されるその少なくとも一部が、少なくとも1つのプレートを含む少なくとも1つの固定装置を受容するのに適した寸法の少なくとも1つの通路を含む、少なくとも1つの周囲壁を含み、この通路は、その間にインプラントが埋め込まれるように設計された椎骨のうちの1つの椎体終板の方向に固定装置を配向するように、固定装置に適合した軌道に沿って、周囲から上面または下面に向かってインプラントを横断している、椎間インプラントであって、固定装置の抜去のために配置されたリソースを含むことを特徴とする椎間インプラントによって、達成される。 This object is achieved, for example, the rear and called at least partially comprises at least one passageway dimensions suitable for receiving at least one locking device comprising at least one plate, at least one of the peripheral wall wherein, the path, so as to orient the fastening device in one direction of the vertebral endplate of the vertebra that is designed to implant is implanted therebetween, along a trajectory that conforms to the locking device, from the periphery towards the upper or lower surface traverses the implant, a intervertebral implant, the intervertebral implant comprising a resources located for removal of the fixation device is achieved.

この目的は、たとえば、椎骨内にインプラントを固定するための2つの固定装置を含み、各装置は、椎骨内に貫通するように設計された、前部と称される第一末端と、後部と称される第二末端との間に延在する長手軸に沿って延伸する少なくとも1つのプレートを含む本体を含み、固定装置は、少なくとも1つの椎体終板に貫通して、インプラントを保持する歯止めによってこの椎体終板にインプラントを固着させるために、インプラントの少なくとも一部を横断する通路を通じて挿入されるように設計されていることを、特徴とし、第一固定装置は、前部末端と本質的に対向して配向された、少なくとも1つの歯止め面を含み、協働と称される歯止めを含み、第二固定装置は、本質的に後部末端に対向する方向に配向された少なくとも1つ This object is achieved, for example, comprises two fixing devices for fixing the implant into the vertebra, the device was designed to penetrate into a vertebra, a first end referred to as the front and rear It comprises a body comprising at least one plate extending along a longitudinal axis extending between the called second end, fixing device, through at least one vertebral endplate, for holding the implant to anchor the implant to the vertebral endplates by pawl, that it is designed to be inserted through the passage across at least a portion of the implant, it characterized the first locking device, a front end essentially oriented to face, it comprises at least one pawl surface includes referred pawl cooperate with the second locking device, at least one oriented in opposite directions in essentially the rear end 歯止め面を含む、協働と称される歯止めを含み、これら2つの協働歯止めは互いに協働するように作られていることを特徴とする、椎骨内に椎間インプラントを固定するためのシステムによって、達成される。 Including ratchet surface includes referred pawl cooperate with these two co 働歯 stop is characterized in that it is designed to cooperate with each other, a system for securing the intervertebral implant into the vertebra by, it is achieved.

固定システムの別の特徴によれば、第二固定装置の歯止めは、本質的に前部末端に対向して配向された第二歯止め面を含み、第一装置は、その後部歯止め末端が歯止めの第二歯止め面と接触して抜去歯止めを支持するのに役立つように位置決めされた抜去歯止めを含み、こうして一旦インプラント内に収まったら、第二装置を保持する第一装置の抜去を妨害する。 According to another feature of the fastening system, the pawl of the second fixing device essentially comprises a second ratchet surface oriented opposite the front end, the first device, the rear pawl end pawl thereof It includes a removal pawl positioned to help support the removal pawl in contact with the second ratchet surface, thus once seated in the implant, to interfere with the removal of the first device for holding the second device.

固定システムの別の特徴によれば、固定装置のうちの少なくとも1つは、第二歯止め面から抜去歯止めを解放するために配置されたリソースを含む。 According to another feature of the fastening system, at least one of the fixing device includes a resources located to release the removed pawl from the second ratchet surface.

この目的は、たとえば、後部と称されるその少なくとも一部が、本発明によるシステムの少なくとも2つの固定装置を受容するのに適した寸法の少なくとも2つの通路を含む、少なくとも1つの周囲壁を含み、これらの通路は、その間にインプラントが埋め込まれるように設計された椎骨のうちの1つの椎体終板の方向に固定装置を配向するように、固定装置に適合した軌道に沿って、周囲から上面または下面に向かってインプラントを横断している、椎間インプラントであって、インプラントは協働歯止めを経由しての固定装置の抜去のために配置されたリソースを含むことを特徴とする椎間インプラントによって、達成される。 This object is achieved, for example, the rear and called at least a portion comprises at least two passages of dimensions suitable for receiving at least two fixing devices of the system according to the invention comprises at least one of the peripheral wall these passages, so as to orient the fastening device in one direction of the vertebral endplate of the vertebra that is designed to implant is implanted therebetween, along a trajectory that conforms to the locking device, from the periphery traverses the implant towards the upper or lower surface, a intervertebral implant, intervertebral implant, characterized in that it comprises a resources located for removal of the fixation device through the cooperation 働歯 stop by implant, it is achieved.

この目的は、たとえば、後部と称されるその少なくとも一部が、本発明によるシステムの少なくとも2つの固定装置を受容するのに適した寸法の少なくとも2つの通路を含む、少なくとも1つの周囲壁を含み、これらの通路は、その間にインプラントが埋め込まれるように設計された椎骨のうちの1つの椎体終板の方向に固定装置を配向するように、固定装置に適合した軌道に沿って、周囲から上面または下面に向かってインプラントを横断している、椎間インプラントであって、インプラントは固定装置の抜去歯止めを解放するために配置されたリソースを含むことを特徴とする椎間インプラントによって、達成される。 This object is achieved, for example, the rear and called at least a portion comprises at least two passages of dimensions suitable for receiving at least two fixing devices of the system according to the invention comprises at least one of the peripheral wall these passages, so as to orient the fastening device in one direction of the vertebral endplate of the vertebra that is designed to implant is implanted therebetween, along a trajectory that conforms to the locking device, from the periphery traverses the implant towards the upper or lower surface, a intervertebral implant, the implant by intervertebral implant, characterized in that it comprises a arranged to release the removed pawl fixed unit resources, is achieved that.

本発明の様々な実施形態のその他の特徴および利点は、以下の添付図面を参照してなされる、以下の説明を読むと、より明らかになるだろう。 Other features and advantages of various embodiments of the present invention is made with reference to the accompanying drawings, when reading the following description, will become more apparent.

本発明の様々な実施形態のうちの1つによる、2つの固定装置が設けられた椎間インプラントの斜視図である。 According to one of the various embodiments of the present invention, the two fixing devices is a perspective view of the intervertebral implant is provided. 椎間インプラント単体の様々な実施形態のうちの1つの、前面斜視図である。 Of one of the various embodiments of the intervertebral implant itself, it is a front perspective view. 椎間インプラント単体の様々な実施形態のうちの1つの、図2Aの平面2B−2Bに沿った断面図である。 Of one of the various embodiments of the intervertebral implant itself is a sectional view taken along the plane 2B-2B of Figure 2A. 2つの固定装置が設けられた同じインプラントの、背面斜視図である。 The same implants two fixing devices are provided, a rear perspective view. 椎間インプラント単体の様々な実施形態のうちの1つの、背面斜視図である。 Of one of the various embodiments of the intervertebral implant itself is a rear perspective view. 2つの固定装置が設けられた同じインプラントの、上面図である。 The same implants two fixing device is provided, a top view. 2つの固定装置が設けられた同じインプラントの、図2Eの面2F−2Fに沿った断面図である。 The same implants two fixing devices are provided, a cross-sectional view along the plane 2F-2F of Figure 2E. 図2Aから図2Fのインプラントとともに使用されることが可能な固定装置の様々な実施形態のうちの1つを示す図である。 It is a diagram showing one of the various embodiments of the fixing device that can be used with the implant of FIG. 2F from Figure 2A. 図2Aから図2Fのインプラントとともに使用されることが可能な固定装置の様々な実施形態のうちの1つを示す図である。 It is a diagram showing one of the various embodiments of the fixing device that can be used with the implant of FIG. 2F from Figure 2A. 図3Bのインプラントの断面図である。 It is a cross-sectional view of the implant of FIG. 3B. 椎間インプラントの様々な実施形態のうちの1つ、および関連する断面図の切断面の、背面図である。 One of the various embodiments of the intervertebral implant, and the cut surface of the associated cross-sectional view, a rear view. 図3Bのインプラントの断面図である。 It is a cross-sectional view of the implant of FIG. 3B. 図3Eのインプラントの断面図である。 It is a cross-sectional view of the implant of FIG. 3E. 椎間インプラントの様々な実施形態のうちの1つ、および関連する断面図の切断面の、背面図である。 One of the various embodiments of the intervertebral implant, and the cut surface of the associated cross-sectional view, a rear view. 図3Eのインプラントの断面図である。 It is a cross-sectional view of the implant of FIG. 3E. 図3Hのインプラントの断面図である。 It is a cross-sectional view of the implant of FIG. 3H. 椎間インプラントの様々な実施形態のうちの1つ、および関連する断面図の切断面の、背面図である。 One of the various embodiments of the intervertebral implant, and the cut surface of the associated cross-sectional view, a rear view. 図3Hのインプラントの断面図である。 It is a cross-sectional view of the implant of FIG. 3H. 図3Kのインプラントの断面図である。 It is a cross-sectional view of the implant of FIG. 3K. 椎間インプラントの様々な実施形態のうちの1つ、および関連する断面図の切断面の、背面図である。 One of the various embodiments of the intervertebral implant, and the cut surface of the associated cross-sectional view, a rear view. 図3Kのインプラントの断面図である。 It is a cross-sectional view of the implant of FIG. 3K. 椎骨にインプラントを固定するために使用されてもよい固定装置の様々な実施形態のうちのいくつかのプロファイルを明らかにする、椎間インプラントの様々な実施形態のうちの1つの背面図である。 Reveal some profiles of the various embodiments also may securing device used to secure the implant to the vertebrae, is one rear view of the various embodiments of the intervertebral implant. 椎骨にインプラントを固定するために使用されてもよい固定装置の様々な実施形態のうちのいくつかのプロファイルを明らかにする、椎間インプラントの様々な実施形態のうちの1つの背面図である。 Reveal some profiles of the various embodiments also may securing device used to secure the implant to the vertebrae, is one rear view of the various embodiments of the intervertebral implant. 椎骨にインプラントを固定するために使用されてもよい固定装置の様々な実施形態のうちのいくつかのプロファイルを明らかにする、椎間インプラントの様々な実施形態のうちの1つの背面図である。 Reveal some profiles of the various embodiments also may securing device used to secure the implant to the vertebrae, is one rear view of the various embodiments of the intervertebral implant. 椎骨にインプラントを固定するために使用されてもよい固定装置の様々な実施形態のうちのいくつかのプロファイルを明らかにする、椎間インプラントの様々な実施形態のうちの1つの背面図である。 Reveal some profiles of the various embodiments also may securing device used to secure the implant to the vertebrae, is one rear view of the various embodiments of the intervertebral implant. 椎骨にインプラントを固定するために使用されてもよい固定装置の様々な実施形態のうちのいくつかのプロファイルを明らかにする、椎間インプラントの様々な実施形態のうちの1つの背面図である。 Reveal some profiles of the various embodiments also may securing device used to secure the implant to the vertebrae, is one rear view of the various embodiments of the intervertebral implant. 椎骨にインプラントを固定するために使用されてもよい固定装置の様々な実施形態のうちのいくつかのプロファイルを明らかにする、椎間インプラントの様々な実施形態のうちの1つの背面図である。 Reveal some profiles of the various embodiments also may securing device used to secure the implant to the vertebrae, is one rear view of the various embodiments of the intervertebral implant. 椎骨にインプラントを固定するために使用されてもよい固定装置の様々な実施形態のうちのいくつかのプロファイルを明らかにする、椎間インプラントの様々な実施形態のうちの1つの背面図である。 Reveal some profiles of the various embodiments also may securing device used to secure the implant to the vertebrae, is one rear view of the various embodiments of the intervertebral implant. 椎骨にインプラントを固定するために使用されてもよい固定装置の様々な実施形態のうちのいくつかのプロファイルを明らかにする、椎間インプラントの様々な実施形態のうちの1つの背面図である。 Reveal some profiles of the various embodiments also may securing device used to secure the implant to the vertebrae, is one rear view of the various embodiments of the intervertebral implant. 椎間インプラントの様々な実施形態のうちの1つの斜視図である。 It is a perspective view of one of the various embodiments of the intervertebral implant. 椎間インプラントの様々な実施形態のうちの1つの斜視図である。 It is a perspective view of one of the various embodiments of the intervertebral implant. 椎間インプラントの様々な実施形態のうちの1つの斜視図である。 It is a perspective view of one of the various embodiments of the intervertebral implant. 図5Fに斜視に示されるものなど、2つの固定装置が設けられた図5Cのインプラントの上面図である。 Such as those shown in perspective in FIG. 5F, 2 two fixing devices is a top view of the implant of FIG. 5C provided. 図5Dの平面5E−5Eに沿った、このインプラントおよび固定具の断面図である。 Along the plane 5E-5E in FIG. 5D, a cross-sectional view of the implant and fixture. 2つの固定装置の図である。 It is a diagram of the two fixing devices. 固定装置の様々な実施形態のうちの1つの断面図である。 It is a cross-sectional view of one of the various embodiments of the fixing device. 固定装置の様々な実施形態のうちの1つの断面図である。 It is a cross-sectional view of one of the various embodiments of the fixing device. 固定装置の様々な実施形態のうちの1つの断面図である。 It is a cross-sectional view of one of the various embodiments of the fixing device. 固定装置の様々な実施形態のうちの1つの斜視図である。 It is a perspective view of one of the various embodiments of the fixing device. 固定装置の様々な実施形態のうちの1つの斜視図である。 It is a perspective view of one of the various embodiments of the fixing device. 固定装置の様々な実施形態のうちの1つの斜視図である。 It is a perspective view of one of the various embodiments of the fixing device. 固定装置の様々な実施形態のうちの1つの斜視図である。 It is a perspective view of one of the various embodiments of the fixing device. インプラントの様々な実施形態のうちの1つの単体の斜視図である。 It is a perspective view of one single of the various embodiments of the implant. 図7Eの斜視図に示されるもののような1対の固定装置が設けられた、インプラントの様々な実施形態のうちの1つの斜視図である。 A pair of fixing devices, such as that shown in the perspective view of FIG. 7E is provided a perspective view of one of the various embodiments of the implant. これら固定装置が設けられた図7Bのインプラントの上面図である。 These locking device is a top view of the implant of FIG. 7B provided. これら固定装置が設けられた図7Bのインプラントの、図7Cの平面7D−7Dに沿った断面図である。 Locking device of the implant of FIG. 7B provided these, a cross-sectional view along the plane 7D-7D of FIG. 7C. 1対の固定装置の図である。 1 is a diagram of a pair of fixing devices. 図8Dに斜視に示される固定装置を受容するように設計された様々な椎間インプラント実施形態のうちの1つの背面図である。 Is one rear view of a variety of intervertebral implant embodiment which is designed to receive the fixing device shown in perspective in Figure 8D. 図8Eに斜視に示される固定装置を受容するように設計された様々な椎間インプラント実施形態のうちの1つの背面図である。 Is one rear view of a variety of intervertebral implant embodiment which is designed to receive the fixing device shown in perspective in FIG. 8E. 図8Fに斜視に示される固定装置を受容するように設計された様々な椎間インプラント実施形態のうちの1つの背面図である。 Is one rear view of a variety of intervertebral implant embodiment which is designed to receive the fixing device shown in perspective in FIG. 8F. 固定装置の斜視図である。 It is a perspective view of the fixing device. 固定装置の斜視図である。 It is a perspective view of the fixing device. 固定装置の斜視図である。 It is a perspective view of the fixing device. 図8D、図8E、および図8Fの固定装置のいずれかが設けられた図8A、図8B、および図8Cのインプラントのいずれかの上面図である。 FIG. 8D, a top view of one of the implant of FIG. 8E, and 8A either is provided in the fixing device of FIG. 8F, FIG. 8B, and FIG 8C. 図8D、図8E、および図8Fの固定装置のいずれかが設けられた図8A、図8B、および図8Cのインプラントのいずれかの、図8Gの平面8H−8Hに沿った断面図である。 FIG. 8D, FIG. 8A either is provided in the fixing device of FIG. 8E, and FIG. 8F, one of the implant of FIG. 8B, and FIG 8C, a cross-sectional view taken along the plane 8H-8H of Figure 8G. 様々な実施形態のうちの1つによる固定装置対の斜視図である。 It is a perspective view of the fixing device pair by means of one of the various embodiments. 様々な実施形態のうちの1つによる固定装置対の斜視図である。 It is a perspective view of the fixing device pair by means of one of the various embodiments. 様々な実施形態のうちの1つによる固定装置対の斜視図である。 It is a perspective view of the fixing device pair by means of one of the various embodiments. 図9Aのような装置を受容するように設計されたインプラントの上面図である。 It is a top view of an implant designed to receive the device as shown in FIG. 9A. 図9Cのような装置を受容するように設計されたインプラントの上面図である。 It is a top view of an implant designed to receive the device as shown in FIG. 9C. 図9Dのインプラントおよび固定具の、平面9F−9Fに沿った断面図である。 Implants and fixtures FIG. 9D, is a cross-sectional view taken along the plane 9F-9F. 図9Eのインプラントおよび固定具の、平面9G−9Gに沿った断面図である。 Implants and fixture of FIG. 9E, is a cross-sectional view taken along the plane 9G-9G. 様々な実施形態のうちの1つによる固定装置対の斜視図である。 It is a perspective view of the fixing device pair by means of one of the various embodiments. 様々な実施形態のうちの1つによる固定装置対の斜視図である。 It is a perspective view of the fixing device pair by means of one of the various embodiments. 様々な実施形態のうちの1つによる固定装置対の斜視図である。 It is a perspective view of the fixing device pair by means of one of the various embodiments. 図10Aのような装置を受容するインプラントの上面図である。 The device shown in FIG 10A is a top view of an implant receiving. 図10Bのような装置を受容するインプラントの上面図である。 The apparatus shown in FIG 10B is a top view of an implant receiving. 図10Cのような装置を受容するインプラントの上面図である。 The device shown in FIG 10C is a top view of an implant receiving. 図10Dのインプラントの平面10G−10Gに沿った断面図である。 It is a sectional view taken along the plane 10G-10G of the implant of FIG. 10D. 図10Eのインプラントの平面10H−10Hに沿った断面図である。 It is a sectional view taken along the plane 10H-10H of the implant of FIG. 10E. 図10Fのインプラントの平面10I−10Iに沿った断面図である。 It is a sectional view taken along the plane 10I-10I of the implant of FIG. 10F. 様々な実施形態のうちの1つによる固定装置対の斜視図である。 It is a perspective view of the fixing device pair by means of one of the various embodiments. 様々な実施形態のうちの1つによる固定装置対の斜視図である。 It is a perspective view of the fixing device pair by means of one of the various embodiments. 図11Aの固定具が配備されたインプラントの上面図である。 Fixture of Figure 11A is a top view of the implant is deployed. 図11Bの固定具が配備されたインプラントの上面図である。 Fixture of FIG. 11B is a top view of the implant is deployed. 図11Aの固定具が配備されたインプラントの、平面11E−11Eに沿った断面図である。 Figure 11A fixture of the implant has been deployed in a sectional view taken along the plane 11E-11E. 図11Bの固定具が配備されたインプラントの、平面11F−11Fに沿った断面図である。 Implant fixture is deployed in FIG. 11B, a sectional view taken along the plane 11F-11F. 固定装置の様々な実施形態のうちの1つの対が設けられた椎間インプラントの様々な実施形態の上面図である。 One pair of the various embodiments of the fixing device is a top view of various embodiments of the intervertebral implant is provided. 固定装置の様々な実施形態のうちの1つの対が設けられた椎間インプラントの様々な実施形態の、図12Aの平面12B−12Bに沿った断面図である。 Of the various embodiments of the one pair of intervertebral implant is provided of the various embodiments of the fixation device is a cross-sectional view taken along the plane 12B-12B of Figure 12A. 配備構成にあるこの対の固定装置の前面図である。 It is a front view of the pair of fixing device in a deployed configuration. 配備構成にあるこの対の固定装置の斜視図である。 It is a perspective view of the pair of fixing device in a deployed configuration. 配備構成にあるこの対の固定装置の、図12Cの平面12E−12Eに沿った断面図である。 The fixing device of the pair in the deployed configuration is a sectional view taken along the plane 12E-12E in FIG. 12C. インプラント単体の様々な実施形態のうちの1つの斜視図である。 It is a perspective view of one of the various embodiments of the implant itself. インプラント単体の様々な実施形態のうちの1つの上面図である。 It is one of a top view of the various embodiments of the implant itself. インプラント単体の様々な実施形態のうちの1つの、図13Bの平面13C−13Cに沿った断面図である。 Of one of the various embodiments of the implant itself is a sectional view taken along the plane @ 13 C-@ 13 C in Figure 13B. 図13Gに斜視に示される特定の実施形態などの固定装置対が設けられたこのインプラントの斜視図である。 Fixing device pair such as the particular embodiment shown in perspective in FIG. 13G is a perspective view of the implant provided. 図13Gに斜視に示される特定の実施形態などの固定装置対が設けられたこのインプラントの上面図である。 Fixing device pair such as the particular embodiment shown in perspective in FIG. 13G is a top view of the implant provided. 図13Gに斜視に示される特定の実施形態などの固定装置対が設けられたこのインプラントの、図13Eの平面13F−13Fに沿った断面図である。 The implant is fixed device pair such specific embodiments provided as shown in perspective in FIG. 13G, a cross-sectional view taken along the plane 13F-13F of FIG. 13E. 特定の実施形態の斜視図である。 It is a perspective view of a particular embodiment. 展開された可撓性側方ラグを含む固定装置の様々な実施形態のうちの1つの上面図である。 It is one of a top view of the various embodiments of the fixing device including the expanded flexible lateral lugs. 折り畳まれた可撓性側方ラグを含む固定装置の様々な実施形態のうちの1つの上面図である。 It is one of a top view of the various embodiments of the fixing device including a folded flexible side lugs. その凹面上にリブを含む固定装置の様々な実施形態のうちの1つのプロファイル図である。 Its on the concave surface which is one profile view of the various embodiments of the fixing device including a rib. その凹面上にリブを含む固定装置の様々な実施形態のうちの1つの背面斜視図である。 Its on the concave surface is one rear perspective view of the various embodiments of the fixing device including a rib. その凹面上にリブを含む固定装置の様々な実施形態のうちの1つの前面斜視図である。 Its on the concave surface is one front perspective view of the various embodiments of the fixing device including a rib. その面の各々にリブを含む固定装置の様々な実施形態のうちの1つのプロファイル図である。 On each of its faces is one profile view of the various embodiments of the fixing device including a rib. その面の各々にリブを含む固定装置の様々な実施形態のうちの1つの背面斜視図である。 On each of its faces is one rear perspective view of the various embodiments of the fixing device including a rib. その面の各々にリブを含む固定装置の様々な実施形態のうちの1つの前面斜視図である。 On each of its faces is one front perspective view of the various embodiments of the fixing device including a rib. 椎間インプラント単体の様々な実施形態のうちの1つの上面図である。 It is one of a top view of the various embodiments of the intervertebral implant alone. 椎間インプラント単体の様々な実施形態のうちの1つの、図15Aの平面15B−15Bに沿った断面図である。 Of one of the various embodiments of the intervertebral implant itself is a sectional view taken along the plane 15B-15B of Figure 15A. 椎間インプラント単体の様々な実施形態のうちの1つの、図15Aの平面15C−15Cに沿った断面図である。 Of one of the various embodiments of the intervertebral implant itself is a sectional view taken along the plane 15C-15C of Figure 15A. 椎間インプラント単体の様々な実施形態のうちの1つの、図15Aの平面15D−15Dに沿った断面図である。 Of one of the various embodiments of the intervertebral implant itself is a sectional view taken along the plane 15D-15D of Figure 15A. このインプラントプロファイル図である。 This is an implant profile view. 固定装置のためのインプラント内の通路の形状を明らかにする、このインプラントの図15Eの平面15F−15Fに沿った断面図である。 Reveal the shape of the passage in the implant for the fixation device is a cross-sectional view along the plane 15F-15F of Figure 15E for the implant. インプラントの様々な実施形態のうちの1つが取り付けられた状態の、嵌入具およびガイドを含む器具の様々な実施形態のうちの1つのプロファイル図である。 One of the various embodiments of the implant Although the mounted state, is one profile view of the various embodiments of the device comprising a fitting instrument and guide. インプラントの様々な実施形態のうちの1つが取り付けられた状態の、嵌入具およびガイドを含む器具の様々な実施形態のうちの1つの、図16Aの平面16B−16Bに沿った断面図である。 One of the various embodiments of the implant is in the state mounted, one of the various embodiments of the device comprising a fitting instrument and guide is a sectional view taken along the plane 16B-16B of Figure 16A. 嵌入具およびガイドを含む器具の様々な実施形態のうちの1つの上面図である。 It is one of a top view of the various embodiments of the device comprising a fitting instrument and guide. インプラントに接近するガイドの上面図を示す、実施形態の様々な組み合わせのうちの1つの把持末端の部分図である。 It shows a top view of a guide to approach the implant is a partial view of one grasping ends of the various combinations of the embodiments. インプラントを保持するガイドの上面図を示す、実施形態の様々な組み合わせのうちの1つの把持末端の部分図である。 It shows a top view of a guide for holding the implant is a partial view of one grasping ends of the various combinations of the embodiments. 1対の固定装置が設けられたインプラントを保持するガイドの上面図を示す、実施形態の様々な組み合わせのうちの1つの把持末端の部分図である。 It shows a top view of the guide a pair of locking device to hold the implant provided is a partial view of one of the gripping ends of the various combinations of the embodiments. 1対の固定装置(1つは所定位置に示され、もう1つはガイド内に示され、これから埋め込まれる)が設けられたインプラントを保持するガイドの、図17Cの平面17D−17Dに沿った断面図を示す、実施形態の様々な組み合わせのうちの1つの把持末端の部分図である。 A pair of fixing devices (one is shown in position, and one is shown in the guide, now embedded) of the guide to hold the implant is provided, along the plane 17D-17D of Figure 17C It shows a cross-sectional view, a partial view of one of the gripping ends of the various combinations of the embodiments. 1対の固定装置が設けられたインプラントを保持するガイドの斜視図を示す、実施形態の様々な組み合わせのうちの1つの把持末端の部分図である。 It shows a perspective view of a guide pair of locking device to hold the implant provided is a partial view of one of the gripping ends of the various combinations of the embodiments. 固定装置の様々な実施形態のうちの1つの、上方からの斜視図である。 Of one of the various embodiments of the fixing device is a perspective view from above. 固定装置の様々な実施形態のうちの1つの、下方からの斜視図である。 Of one of the various embodiments of the fixing device is a perspective view from below. このような固定装置が装着されたインプラントの様々な実施形態のうちの1つの上面図である。 Such fixing device is one of a top view of the various embodiments of an implant mounted. このような固定装置が装着されたインプラントの様々な実施形態のうちの1つの、図18Cの平面18D−18Dに沿った断面図である。 Of one of the various embodiments of implants such fixing device is mounted, it is a cross-sectional view along the plane 18D-18D of Figure 18C. 固定装置が所定位置に配置されていないインプラントの上面図である。 Locking device is a top view of an implant not disposed in a predetermined position. 固定装置が所定位置に配置されていないインプラントの、図18Eの平面18F−18Fに沿った断面図である。 Implant fixation device is not in place, a cross-sectional view taken along the plane 18F-18F of FIG. 18E. インプラントの様々な実施形態のうちの1つの上面図である。 It is one of a top view of the various embodiments of the implant. 側弯および前弯インプラントの様々な実施形態のうちの1つの側面図である。 It is a side view of one of the various embodiments of scoliosis and lordosis implants. 側弯および前弯インプラントの様々な実施形態のうちの1つの前面図である。 Is one front view of the various embodiments of scoliosis and lordosis implants. 前弯インプラントの実施形態の背面図である。 It is a rear view of an embodiment of a lordotic implant. 非前弯インプラントの様々な実施形態のうちの1つの背面図である。 Is one rear view of the various embodiments of the non-lordotic implant. 側弯インプラントの様々な実施形態のうちの1つの図である。 Is one illustration of the various embodiments of scoliosis implant. 非前弯インプラントの様々な実施形態のうちの1つの背面図である。 Is one rear view of the various embodiments of the non-lordotic implant. 側弯インプラントの様々な実施形態のうちの1つの図である。 Is one illustration of the various embodiments of scoliosis implant. アダプタの様々な実施形態のうちの1つの斜視図である。 It is a perspective view of one of the various embodiments of the adapter. 固定具を保持するアダプタに貫通する嵌入具の様々な実施形態のうちの1つの側面図である。 It is a side view of one of the various embodiments of the insertion tool through the adapter to hold the fixture.

本発明の様々な態様は、ここで本願の図面を参照して記載される。 Various aspects of the present invention will now be described with reference to the drawings of the present application. 本発明は、3つの対象グループに同時に関連する: The present invention is simultaneously associated to the three target groups:
固定装置(1)(または「固定具」)、および/または同一の、異なる、または補完的であってもよい複数の固定装置(1)を含む固定システム; Fixing system comprising fixing device (1) (or "fastener"), and / or the same, different, or complementary plurality of fixing devices may be a (1);
このような固定装置(1)またはシステムのうちの1つ以上を受容するように構成された椎間インプラント(2);および 椎骨の間にインプラント(2)を埋め込み、1つ以上の固定装置(1)または固定システムでインプラントを固着させるための器具(3、4)。 Such fixing device (1) or configured intervertebral implant to receive one or more of the system (2); and embedding the implant (2) between the vertebrae, one or more fixed devices ( 1) or instruments for anchoring the implant in a fixed system (3,4).

各対象グループは、所定の対象に関わる、様々な可能な実施形態を含んでもよい。 Each target group is involved in a given subject, it may include a variety of possible embodiments. 各対象は、少なくとも1つの技術的特徴によって特徴付けられる、様々な要素(通常は対象の構成要素)を含む。 Each object includes a characterized by at least one technical feature, various elements (components of normal subjects). 少なくとも1つの技術的特徴に関わる各対象(または所定のグループ)は、対象グループが共通の発明概念を共有するように、たとえば少なくとも1つの補完的技術的特徴について、(同じまたは別のグループの)少なくとも1つの別の対象に関連づけられてもよい。 Each subject related to at least one technical features (or predetermined group), as the target group share a common inventive concept, for at least one complementary technological characteristics for example, (the same or different group) At least it may be associated with one another subject. このため本発明は、これらの対象のうちの少なくとも2つを含む集合体、ならびに個別の各対象にも、関わってよい。 Therefore the present invention is a set comprising at least two of these subjects, as well as to each individual subject, it may be involved. 要素(たとえばプレート、ラグ、歯止め、せり上がり部など)および技術的特徴(たとえば曲率、可撓性、可能な解放、レベル、歯止め面など)が、本願において以下により詳細に記載される。 Element (e.g. plate, lugs, pawl, Crawling section, etc.) and the technical characteristics (e.g. the curvature, flexibility, releasable, level, etc. pawl surface) is described in more detail below in the present application. 所定の対象の要素に対応する少なくとも1つの技術的要素は、特に本願の序文で言及されたもののうちの、少なくとも1つの技術的問題を解決する。 At least one technical element corresponding to a predetermined target element, particularly among those mentioned in this application of the preface, solving at least one technical problem. このため本願は、少なくとも1つの要素の少なくとも1つの技術的特徴を特定することによって、各対象または対象グループについて、様々な実施形態および構成を記載する。 Therefore application, by identifying at least one technical feature of at least one element, for each of the target or target groups, describe various embodiments and configurations. 少なくとも1つの実施形態または構成において記載される各要素の様々な技術的特徴は、別途明確に定められていない限り、あるいはこれらの特徴が両立不可能および/またはその組み合わせが機能しない場合を除き、前記実施形態または構成(このため同じまたは別の要素に関する)に関わる対象(またはこれに関わるおよび/または関連づけられた対象)の別の技術的特徴から分離されてもよく、および/または様々な実施形態または構成において、本明細書に記載されるいずれか別の技術的特徴と組み合わせられてもよいことは、本願を読めば理解されるが、これは特に、このような特徴の分離または組み合わせによって必要とされるであろう構造的適合性が、本開示の理解から直接導き出せるからである。 Various technical features of the respective elements described in at least one embodiment or configuration, unless unless not defined separately clarity, or that both impossible and / or combinations thereof These features do not work, the embodiments or configurations may be separated from another technical features (in this order for the same or a different element) subject related to (or associated thereto and / or associated target), and / or various embodiments in the form or configuration, it may be combined with other technical features one described herein will be understood upon reading the present application, it is in particular by separation or a combination of such features It would be required structural compatibility, because derivable directly from the understanding of the present disclosure. 同様に、いくつかの技術的特徴は固定装置を参照して本明細書で説明されるものの、これらは固定システムの様々な実施形態に組み込まれてもよい。 Similarly, although some technical features are described with reference to the fixing device in this specification, it may be incorporated into various embodiments of the anchoring system. 一般的に言えば、所定の要素に関する特定の技術的特徴は、これらの技術的特徴の組み合わせが不可能または非機能的であることが明確にわかる場合を除き、別の要素に関するものからも、同じ要素に関する別の技術的特徴からも、除外されると見なされるべきではない。 Generally speaking, specific technical characteristics for a given element, unless that combination of these technical features are impossible or non-functional can be clearly seen, even from those relating to another element, from another technical features for the same elements, it should not be considered to be excluded. 本願は(好適な実施形態を含む)本発明の様々な実施形態または構成を詳述するものの、その精神および範囲は、所定の例に限定されるべきではない。 Although the present application will be described in detail various embodiments or configurations of the present invention (including the preferred embodiment), the spirit and scope thereof should not be limited to the example given.

本発明による固定装置(1)の様々な実施形態は、たとえば椎体間ケージまたは椎間板プロテーゼなどの、椎間インプラント(2)とともに使用可能である。 Various embodiments of the fixation device (1) according to the invention can be used, for example, such as interbody cage or an intervertebral disc prosthesis, together with the intervertebral implant (2). 椎間インプラントは、(単独で、または椎体間ケージと組み合わせて使用されることが可能な)骨接合プレートの場合はその周囲に、脊椎の柱(脊柱)の2つの隣り合う椎骨の間に埋め込まれるように、または2つの椎骨の間に関節を提供するように、設計されている。 Intervertebral implant (alone or that can be used in combination with interbody cages) therearound when the osteosynthesis plate, between two adjacent vertebrae of the spine pillar (spine) as implanted, or to provide a joint between two vertebrae, it has been designed. 固定装置(1)は、インプラントがこの椎骨に付着するように、椎骨のうちの1つに固定されるように設計されている。 Fixing device (1), the implant to attach to the vertebrae is designed to be secured to one of the vertebrae. 本発明による固定装置(1)の様々な実施形態は、インプラントを通じて椎骨内に貫通するように構成された、少なくとも1つの湾曲した剛性のプレートを含み、この椎骨に対してこのインプラントを保持するための少なくとも1つの歯止めを含む。 Various embodiments of the fixation device (1) according to the invention, is configured to penetrate into a vertebra through the implant comprises a plate of at least one curved rigid, to hold the implant on this vertebral of at least one pawl. 「固定具」対象の「プレート」要素に関する「曲率」および「剛性」の技術的特徴が、以下に詳細に記載される。 Technical characteristics of the "curvature" for "plate" element of the "fastener" target and "rigid" is described in detail below. 椎骨内に椎間インプラント(2)を固定するための装置(1)は、本願において、いかなる限定も導入することなく、「固定具」(1)という用語でも称される。 Apparatus for securing the intervertebral implant (2) into a vertebra (1) is, in the present application, without introducing any limitation, also referred to by the term "fastener" (1). このタイプの固定具は、その全体が参照によって本願に組み込まれる、本願の譲受人によって出願された仏国特許出願公開第2,916,956号明細書、米国特許出願公開第2009/105832号明細書、および国際公開第2008/149223号に、記載されている。 This type of fixture, the entirety of which is incorporated herein by reference, this application of French Patent Application No. 2,916,956 filed by the assignee, U.S. Patent Application Publication No. 2009/105832 Patent Specification writing, and in WO 2008/149223, have been described. 様々な実施形態において、固定具(1)は、長手軸(L、図13Eおよび図14A)に沿って延伸する少なくとも1つの湾曲プレート(10)を含む本体を含む。 In various embodiments, the fixture (1) comprises a body including at least one curved plate (10) extending along the longitudinal axis (L, Figure 13E and Figure 14A). 固定具(1)のこの長手軸(L)は、椎間内に貫通するように設計された、前部末端と称されることになる第一末端と、後部末端と称されることになる第二末端との間に延在する。 The longitudinal axis of the fixture (1) (L) is designed to penetrate into the intervertebral a first end which will be referred to as the front end, it will be referred to as the rear end extending between the second end. なお、固定具(1)、インプラント(2)、および器具(3、4)の「後部」および「前部」末端の意味は、固定具(1)が挿入される方向に関連して本願において使用されることは、留意すべきである。 Incidentally, the fixture (1), the implant (2), and means "rear" and the "front" end of the instrument (3, 4), in this application in relation to the direction of the fixture (1) is inserted it should be noted that use. このため固定具(1)について、第一末端(前部末端と称される)は、最初に挿入されるように設計され、インプラントを固着させるために椎骨内に貫通するように設計されたものである。 For this reason fixture (1), first end (referred to as the front end) is designed to be inserted first, those designed to penetrate into the vertebra to anchor the implant it is. インプラントに関して、「後部」と表示されるその壁または末端は、この壁が実際に配備中にインプラントに対して後部にあるかどうかに関わらず、固定具の挿入のための通路の開口部を含むものである。 Regard implant, the wall or terminal labeled "rear", regardless of whether this wall is actually the rear relative to the implant during deployment, including an opening of the passage for the insertion of the fixture is Dressings. 器具に関して、前部末端は、通路内の固定具の挿入のためにインプラントに隣接するように意図されるものである。 Respect instrument, front end, and are intended to be adjacent to the implant for insertion of the fastener in the passage. 本開示に詳細に記載されるいくつかを含み、椎間体ケージに関する、インプラント(2)の特定の実施形態は、椎間板腔内への側方挿入のために作られており、したがって後部末端は椎骨の側面に位置することになり、その一方で前部末端は中線の付近または反対側の側方スライド上に位置することになる。 Include a number that are described in detail in the present disclosure relates to intervertebral body cage, certain embodiments of the implant (2) is made for lateral insertion into the disc space, thus the rear end It will be positioned to the side of the vertebrae, while the front end will be located on the side sliding around or opposite side of the midline. とはいえ、「前部」および「後部」という用語は、移植の観点から理解しやすく、選択される移植進入路(移植経路)に関係なく固定具(1)、インプラント(2)、および器具(3、4)に対して一般的に便利に使用され得るので、やはりこれらが使用されることになる。 Nevertheless, the term "front" and "rear" are easy to understand in terms of transplantation, the fixture regardless of the transplant approach path to be selected (transplanted route) (1), the implant (2), and devices (3,4) so ​​it can generally be conveniently used for, so that also these are used. したがって、「前部」および「後部」という用語は、単純に患者または患者の解剖学的特徴に対して言及するように意図されるものではない。 Accordingly, the term "front" and "rear" are not to be intended to refer simply instructs the patient or anatomical characteristics of the patient. これら2つの末端の間の長手軸(L)がここで参照されること、およびひいてはこの長手軸(L)は、依然として固定具(1)の挿入方向に関連する固定具(1)、インプラント(2)、および器具(3、4)の前後軸に対応することもまた、留意すべきである。 These longitudinal axis between two ends (L) that is referred to herein, and thus the longitudinal axis (L) still fixture (1) in the insertion direction into the associated fixture (1), the implant ( 2), and it corresponds to the longitudinal axis of the tool (3, 4) should also be noted. 「実質的に(substantially)」という用語は、関連する特徴が実際にはわずかに異なり、正確に記述されるとおりではないことを示唆するように、特に配向または方向などの技術的特徴に関して、本記載において数回使用されることもまた、留意すべきである(たとえば、「実質的に直交する」という表現は、正確に直角ではないが実質的に同じ機能を果たす配向を選択することができるかも知れないので、「少なくともほぼ直交する」と解釈されるべきである)。 The term "substantially (substantially)" are actually slightly different is the relevant characteristics, so as to suggest that not as is accurately described, for technical features, such as particular orientation or direction, the also be used several times in the description, it should be noted (for example, the expression "substantially perpendicular" may not exactly at right angles to select the orientation to fulfill substantially the same function since it may, it should be interpreted as "at least substantially orthogonal"). さらに、本願において使用される「実質的に」という用語は、技術的特徴が、「一般的に(in general)」(「generally」)およびしばしば「好ましくは(preferably)」記述されるとおりであるが、その他の実施形態または構成も本発明の範囲に含まれてもよいことを定義するようにも、解釈されてよい。 Furthermore, the term "substantially" as used in this application, technical features, "generally (in general)" ( "generally") and often "preferably (Preferably)" is as described but also as also defined that may be included in the scope of the invention other embodiments or configurations, it may be interpreted.

固定具(1)が少なくとも1つのプレート(10)を含んでもよいということは、プレートの幅が、その中にインプラントが埋め込まれる骨組織内における固定具およびひいてはインプラントの(この表面に対して直角の)運動に対抗する表面を提供するので、少なくともプレートに対して実質的に直交する方向において、固定具(1)に良好な保持を保証させる。 That the fixture (1) may include at least one plate (10), the width of the plate, perpendicular to the fixture and hence of the implant (the surface at the bone tissue implant is embedded therein it provides a surface against the) movement, in a direction substantially perpendicular to at least the plate, thereby ensure good holding fixture (1). プレートが湾曲されるとき、この保持は、プレートの曲率半径に対して実質的に放射状の少なくとも1つの方向に沿って形成されることは、留意すべきである。 When the plate is bent, the holding is able to be formed substantially along at least one direction radially relative to the radius of curvature of the plate, it should be noted. 実際、上記で引用された出願に記載されるものの様々な実施形態と同様に、本発明の様々な実施形態は、その間にインプラントが埋め込まれる椎骨のレベルの(または椎間腔の平面内の)脊柱の軸に対して実質的に直交する進入路軸に沿って椎骨の椎体終板内に埋め込まれるようにする曲率を有するという利点を有しており、これは移植を容易にし、椎骨への進入路の障害(寸法)と関連する不都合のうちのいくつかを回避できるようにするだろう。 In fact, as well as various embodiments of what is described in application cited above, various embodiments of the invention, (in the plane of or disc space) levels of vertebrae implant is implanted therebetween It has the advantage of having a curvature to be embedded in the vertebral end plate of the vertebrae along the entryway axis substantially orthogonal to the axis of the vertebral column, which facilitates the implantation, into the vertebral You will be able to avoid some of the disadvantages associated with the failure of the approach path (dimension). 他方で、様々な実施形態において、固定具は有利なことに、比較的薄くてもよいプレートの形状を有し、骨組織内への固定具(1)の貫通を容易にする。 On the other hand, in various embodiments, the fixture advantageously has the shape of a relatively thin but good plate, to facilitate penetration of the fastener into bone tissue (1). プレート(10)のこの薄さは、たとえば患者が動くときに印加される著しい応力のため、とりわけその椎骨への嵌入の間、またはその後に、(様々な実施形態の長手軸(L)を横断する)プレートの幅に沿った方向に椎骨を割る可能性のある一種の刃をプレートが形成する程度まで、椎骨内の固定具(1)の安定性の問題を引き起こすかも知れない。 The thinness of the plate (10), for example due to significant stress applied when the patient moves, especially during insertion into the vertebra or after, transverse to (the longitudinal axis of the various embodiments (L) to) the kind of blade that may dividing the vertebrae in the direction along the width of the plate to the extent that the plate is formed, it may cause a stability of the fixture in the vertebra (1) problem. さらに、この薄さは、プレートの剛性を損なう可能性がある。 Furthermore, this thinness is likely to impair the rigidity of the plate. いくつかの出願において、剛性は効果的な固着にとって重要な特徴であり、可撓性および/または薄さおよび/またはその壊れやすさのため良好な保持を可能にしない、ステープルまたはその他の薄いおよび/または比較的可撓性の、しばしば壊れやすい装置よりも、特に有効な実施形態を生じる。 In some applications, the stiffness is an important characteristic for effective anchoring, it does not permit flexible and / or thin and / or good retention for its fragility, staples or other thin and of / or relatively flexible, than often fragile device, produces a particularly advantageous embodiment. したがって、変形可能な固定具の代わりに、多くの実施形態において、剛性固定具が好ましい(湾曲固定具も好ましいが、椎骨への進入を容易にするためである)。 Thus, instead of the deformable fastener, in many embodiments, the rigid fixture is preferred (although curved fasteners also preferable, in order to facilitate entry into the vertebrae). 剛性固定具は、この通路(21)内で変形することなく、インプラントの少なくとも一部を横断する通路(21)を通じて椎骨内に貫通する。 Rigid fixture, without deforming in the passage (21), penetrates into the vertebra through the passage (21) traversing at least a portion of the implant. これら剛性実施形態について、インプラント内のこの通路(21)の内壁(210)は好ましくは:固定具を補完する曲率によって、または;その曲率および剛性にもかかわらずその通路を許容するために、固定具よりもわずかに大きいレベルを備える非湾曲形状によって、固定具が通過できるようにする形状および寸法を有する(こうして、複雑で高額になりがちな、インプラント内の湾曲通路の機械加工を回避する)。 These rigid embodiment, the inner wall (210) of the passage (21) is preferably within the implant: the curvature complements the fastener, or; to allow the passage despite its curvature and rigidity, fixed the non-curved shape with a slightly greater level than ingredients, shaped and dimensioned fasteners to pass through (this way, tend to be complex and expensive, to avoid machining of the curved passage in the implant) .

本発明の様々な実施形態は、固定具(1)の本体の面のうちの少なくとも1つの少なくとも一部にわたって少なくとも1つの長手方向リブ(11)を用いることによって、固定具(1)の安定性および剛性の問題を解決する。 Various embodiments of the present invention, by using at least one longitudinal rib (11) over at least one of the at least a portion of the surface of the body of the fixture (1), the stability of the fixture (1) and to resolve the rigidity of the problem. この長手方向リブ(11)は好ましくは、様々な実施形態において長手軸(L)と実質的に平行な、プレート(10)の長さ方向に配向されている。 The longitudinal ribs (11) are preferably substantially parallel to the longitudinal axis (L) in various embodiments, are oriented in the longitudinal direction of the plate (10). 本発明は、その曲率の方向に関して固定具(1)の様々な構成を想定していることに、留意すべきである。 The present invention is, that assumes different configurations of the fastener (1) with respect to the direction of its curvature, it should be noted. 固定具の挿入方向を再び参照することによって、固定具の様々な実施形態が、特に椎体間ケージまたは椎間板プロテーゼなどのインプラントの場合に、椎間板腔の周囲から椎骨内へ、好ましくは上位椎骨の下椎体終板内へ、または下位椎骨の上椎体終板内へ貫通するように設計されていることは、理解される。 By referring to the insertion direction of the fixture again, various embodiments of the fastener, especially in the case of implants such as intersomatic cages or intervertebral disc prosthesis, from the periphery of the disc space into the vertebra, preferably the upper vertebra down vertebral end plate, or that it is designed as over the lower vertebra through the vertebral end plate is understood. また、固定具の別の実施形態は、特に骨接合プレートなどの椎間インプラントの場合に、好ましくは椎間腔の付近の椎体の周囲への移植のために構成されてもよい。 Yet another embodiment of the fixture, especially in the case of intervertebral implants, such as osteosynthesis plates, preferably may be configured for implantation into the surrounding vertebral bodies near the intervertebral space. 固定具が、たとえば椎体間ケージまたは椎間板プロテーゼなどのインプラントを通じて、椎骨プレート内への移植を対象とする場合、固定具の曲率は好ましくは、一旦椎骨内に埋め込まれたら、脊柱の軸が、前端の相当部分に対して実質的に接するように、または少なくとも前部末端のこの部分が脊柱の垂直軸に対して小さい(またはわずかな)角度を形成するように、構成されている。 Fasteners, for example through the implant, such as an interbody cage or an intervertebral disc prosthesis, if intended for implantation into the vertebral plate, the curvature of the fixture is preferably once embedded in the vertebrae, the spinal column of the shaft, in contact with the substantially against corresponding portions of the front end, or as the part of at least the front end to form a small (or slight) angle relative to the vertical axis of the spinal column, it is constructed.

本発明はまた、固定具(1)のプレート(10)の幅が実質的に脊柱のこの垂直軸に沿って配向されている固定具(およびひいてはこれらに関わるであろうインプラントおよび器具も)の様々な実施形態、ならびに固定具(1)のプレート(10)の幅が脊柱のこの垂直軸に対して実質的に直角に、すなわちほぼ水平に配向されている固定具(およびひいてはこれらに関わるであろうインプラントおよび器具も)の別の実施形態も、想定している。 The present invention also has a width substantially fixture is oriented along the vertical axis of the spinal column (and hence also will try implants and instruments in related to) the plate (10) of the fixture (1) various embodiments and width substantially at right angles to this vertical axis of the spinal column of the plate (10) of the fixture (1), that is involved in these fixtures (and thus being oriented substantially horizontally another embodiment of an implant and instrument as well) which will allo also assumed. このため、特定の実施形態において、固定具(1)のプレート(10)の曲率は、特に図13D〜図13Gに示されるように、ならびに図3B、図3K、図4A、および図13A〜図13Cに示されるように、プレート(10)の幅に配向されてもよい。 Therefore, in certain embodiments, the curvature, especially as shown in FIG 13D~ Figure 13G, and FIG. 3B, FIG. 3K, Figure 4A, and Figure 13A~ view of the plate (10) of the fixture (1) as shown in 13C, it may be oriented to the width of the plate (10). 固定具のこれら特定の実施形態は好ましくは、特に前部解剖学的経路を通じての移植を対象とするインプラントの場合、固定装置の安定化を可能にし、椎骨の過剰な損傷を防止するのに役立つ、少なくとも1つのリブ(11)を含む。 These particular embodiments of the fixture is preferably especially for implants intended for implantation through front anatomical pathway to allow stabilization of the fixation device, it helps to prevent excessive damage to the vertebral , including at least one rib (11). このようなリブが存在しない場合、インプラントにかかる最も強い拘束力が同じ方向(矢状または傍矢状)に配向される間、前部解剖学的経路(実質的に矢状または傍矢状)を通じて埋め込まれるインプラントは、この同じ方向に沿って固定具によって固着されることになるので、曲率をこの方向に配向することは好ましくないだろう。 If such rib is not present, while the strongest binding force according to the implant are oriented in the same direction (sagittal or Sobayajo), front anatomic path (substantially sagittal or Sobayajo) implant to be implanted through, it means that are fixed by a fixture along this same direction, orienting the curvature in this direction will not preferable. 反対に、有するべき側方経路による移植を目的とするインプラント(たとえばケージまたはインプラントなど)では、プレートの平面が脊柱の矢状軸(または傍矢状)に対して実質的に直交するように構成され、したがってインプラントおよび固定具上にかかる最も強い拘束力に対抗するので、固定具(1)のプレート(10)の幅に沿って配向されたこの曲率は好ましく、リブ(11)を必要としないだろう。 Configured Conversely, the implant intended for implantation by lateral path should have (e.g. cage or implant, etc.), the plane of the plate is substantially perpendicular to the sagittal axis of the spine (or Sobayajo) is, hence against the strongest restraint forces on the implants and the fixture, the curvature is oriented along the width of the plate (10) of the fixture (1), preferably, does not require a rib (11) right. このため、特にプレートの平面が、解剖学的移植経路に応じて、それに沿って最も強い拘束力がかかる軸に対して実質的に直交するように構成されているとき、固定具(1)上のリブ(11)も、関連するインプラントおよび器具の対応する溝(211、3011)も有しないことが可能であることは、理解されるだろう。 Thus, in particular the plate planes, anatomical implantation paths depending on, when it is configured to substantially perpendicular to the strongest binding force according axis along which the fixture (1) above the rib (11) also, it is possible that the associated implants and corresponding grooves of the tool (211,3011) is also not have will be understood. このため、本願は、特にインプラントおよび固定具が患者体内の所定位置にあるときにプレート(10)が最も強い拘束力に対して理想的に対抗することができるように、固定具(1)の曲率が解剖学的移植経路に応じて構成されている構成のための、リブ(11)を含まない固定具(1)の様々な実施形態、および具体的には側方解剖学的移植経路とともにインプラント向けのプレートの幅に沿って湾曲した固定具(1)を、想定している。 Therefore, the present application, especially as implants and fasteners can be ideally counteract against the strongest binding plate (10) is when in position within the patient, fasteners (1) configuration for the curvature is configured in accordance with the anatomical implantation path, various embodiments of the rib (11) is free of fixtures (1), and in particular with lateral anatomical implantation path fixture curved along the width of the plate for implant (1), it is assumed. このような固定具に関連してもよいインプラントおよび器具は、溝(211、3011)を含む必要がない。 Such good implants and instruments be associated with the fixture need not include a groove (211,3011). 特にこのような特徴の分離または組み合わせによって必要とされる場合がある構造的適合性は本開示の理解から直接導き出せるので、これら具体的対象は、これらが両立不可能でない限り、本願において開示されたいずれの対象(または対象の組み合わせ)のいずれの要素(または要素の組み合わせ)について記載されたいずれの技術的特徴(または技術的特徴の組み合わせ)も、含んでも含まなくてもよい。 In particular, since such structural compatibility that may be required by the separation or combination of features derivable directly from the understanding of the present disclosure, these specific subjects, unless they are not impossible compatible, disclosed in the present application any subject (or a combination of technical features) any technical features described for any of the elements (or combination of elements) (or target combination of) also, with or without comprise. プレート(10)の幅に沿った固定具の曲率が、固定具(1)の2つの側面、ならびに凹側(または縁)(湾曲の内側)および凸側(または縁)(湾曲の外側)を指すことに、留意すべきである。 Plate (10) fastener curvature along the width of the two sides of the fixture (1), and concave side (or edge) (curvature of the inner side) and convex side (or edge) (outside of the curve) the pointing, it should be noted.

たとえば図2Gおよび図2Hに示されるような、固定具(およびひいてはこれに関わるであろうインプラントおよび器具も)の別の実施形態において、プレート(10)の曲率は、プレートの深さ(またはレベル、厚み)において配向されている。 For example, as shown in Figure 2G and FIG. 2H, in another embodiment of the fixture (and hence also will try implants and instruments relating to), the curvature of the plate (10), the depth of the plate (or level , it is oriented in the thickness). この配向における固定具の曲率は、固定具(1)の凹面(湾曲の内側)および凸面(湾曲の外側)、ならびに固定具(1)の2つの側面(または縁)を指すことに、留意すべきである。 The curvature of the fixture in this orientation, point to the concave fixture (1) the two sides of (curvature of the inner side) and convex (outside of the curve), and fasteners (1) (or edge), noted to it should. 本発明はまた、固定具(1)および/またはインプラント(2)および/または器具(3、4)の様々な技術的特徴を組み込むことによって、本願に記載される様々な対象の組み合わせを想定していることも、留意すべきである。 The invention also by incorporating the various technical features of the fixture (1) and / or implant (2) and / or instruments (3, 4), assuming a combination of various objects described herein it should also be noted is. たとえば、図3Eは、各々が異なる曲率配向を有する固定具を受容するように設計されている、2つのタイプの通路(21)が設けられた「混合」インプラント(2)を示す。 For example, Figure 3E shows a each of which is designed to receive a fastener having a different curvature orientation, two types of passages (21) are provided "mixed" implant (2). 長手軸(L)は、図13Eおよび図14Aにおいて曲率の異なる変形例について示されていることも、留意すべきである。 Longitudinal axis (L), it should also be noted that depicted for different variation of curvature in Figure 13E and Figure 14A.

本発明は、リブ(11)の位置および長さに関して、固定具(およびひいてはこれに関わるであろうインプラントおよび器具も)の様々な実施形態を想定していることも、留意すべきである。 The present invention is, with respect to the position and length of the ribs (11), also assumes the various embodiments of the fastener (and thus also would try implants and instruments relating to), it should be noted. 通常、リブ(11)は好ましくは、固定具(1)(およびひいてはインプラントも)が椎骨に対して横方向に移動するのを少なくとも抑制(または防止)するように設計されている。 Normally, the ribs (11) are preferably fixture (1) (and hence the implant also) is designed to at least inhibit the movement in the transverse direction (or prevention) against the vertebra. リブ(11)はまた、固定具(1)の剛性を改善するように構成および装備されてもよい。 Ribs (11) may also be configured and equipped so as to improve the rigidity of the fixture (1). このため一般的に、完全に挿入されたときにインプラント(2)の外側に延在する固定具(1)の部分にリブが存在することが、好ましい。 In Therefore generally be rib portion of the fastener extending outwardly (1) of the implant (2) when fully inserted is present, preferred. リブは、必ずしも必要ではないが、前部末端まで延在することが可能であり、したがってこの前部末端の付近でまたはそこから所定距離だけ離れて、停止することが可能である。 Ribs, but not necessarily, it is possible to extend to the front end, thus also in the vicinity of the front end spaced a predetermined distance therefrom, it is possible to stop. また、通常は、インプラント内に残留するように設計された後部末端まで、またはその付近までリブが延在する必要はない。 Also, typically, to the rear end designed to remain in the implant, or need not rib extends to near its. しかしながら、リブが後部末端までまたはその付近まで延在するとき、これは(たとえば、通路内の溝(211)との協働によって)インプラント内の固定具のさらなる安定化を可能にするだろう。 However, when the rib extends to near or to the rear end, which is (for example, a groove (211) by cooperation of the passage) will enable further stabilization of the fixture within the implant. 固定具の様々な好適な実施形態は、固定具(1)の面のうちの少なくとも1つの少なくとも一部に少なくとも1つのリブ(11)を有するものの、本発明は多くの別の実施形態を想定しており、その多様な例のうちのいくつかは、図示され、および/または本明細書のいずれか別の箇所で説明される。 Various preferred embodiments of the fixture, but has at least one rib (11) to at least one of the at least a portion of the surface of the fixture (1), the present invention envision many other embodiments and which, in some of its various examples are described either elsewhere shown, and / or as described herein. その曲率がプレート(10)の深さ方向に配向されている固定具を示す図面の大部分において、リブは凸面に位置している(たとえば、図2Gおよび図2H参照)。 In most illustrates a fixture whose curvature is oriented in the depth direction of the plate (10), the rib is located on the convex surface (e.g., see FIGS. And FIG. 2G 2H). しかしながら、特定の実施形態において、少なくとも1つのリブ(11)は、たとえば図14C、図14D、および図14Eに示されるように、凹面上に設けられてもよい。 However, in certain embodiments, at least one rib (11), for example FIG. 14C, as shown in FIG. 14D and FIG. 14E,, may be provided on the concave surface. 別の実施形態において、少なくとも1つのリブは、たとえば図14F、図14G、および図14Hに示されるように、固定具の各面に設けられてもよい。 In another embodiment, the at least one rib, for example, FIG. 14F, as shown in FIG. 14G and FIG. 14H,, may be provided on each side of the fixture. 同様に、様々なタイプの固定具(1)を受けるように設計されたインプラント(2)の様々な例示的および非限定的な例は、たとえば図3(AからL)および図4(AからH)に示されている。 Similarly, various illustrative and non-limiting example of an implant that is designed to receive various types of fasteners (1) (2), for example from (from L A) and FIG. 4 (A 3 It has been shown to H). これらの図は、通路への入り口が有するプロファイル、およびこれに結びつけられることになる固定具の好ましいリブ構成を示している。 These figures show the preferred rib structure of the fixture that will be bound profile with the entrance to the passage, and thereto. 加えて、図3A、図3C、図3D、図3F、図3G、図3I、図3J、および図3Lは、インプラント内の通路(21)の形状を示すインプラントの断面図を示しており、通常これが、好ましくはこれらインプラントとともに使用されるタイプの固定具の機能となる。 In addition, FIGS. 3A, 3C, FIG. 3D, FIG. 3F, Fig. 3G, Fig. 3I, FIG. 3J, and Figure 3L shows a cross-sectional view of the implant showing the shape of the passage in the implant (21), usually This is preferably a function of the fixture of the type used with these implants. たとえば、図3Bは、各固定具が垂直に配向されている(固定具がプレート幅方向に湾曲している)、2つの固定具(1)に関連づけられることになるインプラント(2)を示しており、その一方で図3Eは、垂直配向を有する1つの固定具(1)および水平配向を有する1つの固定具(プレート深さ方向に湾曲している固定具)が関連づけられることになる「混合」インプラント(2)を示している。 For example, FIG. 3B, the fixtures are oriented vertically (fixture is curved plate width direction), showing the implant (2) that will be associated with two fixtures (1) cage, while Figure 3E would one fastener having a vertical alignment (1) and one fastener having a horizontal orientation (fixator curved plate depth direction) is associated "mixed "it shows the implant (2). 図3Hは、各々が凸面上にリブ(11)を有し、水平配向で2つの固定具(1)が関連づけられることになるインプラント(2)を示し、図3Kは、各々がインプラントの内側に向かう側面に位置するリブを有し、垂直配向で2つの固定具(1)が関連づけられることになるインプラント(2)を示している。 FIG. 3H, each having a rib (11) on the convex surface, shows an implant (2) to be that the two fixtures in a horizontal orientation (1) is associated, Figure 3K, each on the inside of the implant It has a rib located on the side towards the two fixtures in vertical alignment (1) shows an implant (2) that will is associated. 図4Aは、各々がインプラントの外側に向かう側面上にリブ(11)を有し、垂直配向を有する2つの固定具(1)が関連づけられることになるインプラント(2)を示している。 Figure 4A, each having a rib (11) on the side toward the outside of the implant, the two fastener having a vertical alignment (1) shows an implant (2) that will be associated. 本開示内で先に説明されたように、図4Aおよび図4Eのインプラントに関連づけられることになる固定具(1)は、リブ(11)を備える方と反対の面上に保持歯止め(14)を含むことになり、前記保持歯止め(14)は、これらの図面に示されるインプラントの歯止め(214)と協働するために配置されている。 As previously discussed in this disclosure, a fixture that will be associated with the implant of FIGS. 4A and 4E (1) is a rib retaining pawl on the opposite surface and towards comprise (11) (14) will contain, the holding pawl (14) is arranged to cooperate with a pawl (214) of the implant shown in these figures. 図4Bおよび図4Cは各々、2つの固定具(1)が関連づけられることになるインプラント(2)を示しており、各固定具(1)は、水平配向および凸面上の2つのリブ(11)(図ごとに側面に向かって多少ずれている)を有している。 Each 4B and 4C, the two fasteners (1) shows the implant (2) that will is associated, each fixture (1) has two ribs on the horizontal orientation and convex (11) and a (slightly deviates towards the side in each figure). 図4Dは、2つの固定具(1)が関連づけられることになるインプラント(2)を示しており、各固定具(1)は、水平配向および凸面上の単一のリブ(11)(図4Dでは中心にあり、図4Eでは中心からずれている)を有している。 Figure 4D, two fixtures (1) shows the implant (2) that will is associated, each fixture (1), a single rib on the horizontal orientation and convex (11) (FIG. 4D in is in the center, has a off center in Figure 4E). 図4Eおよび図4Fは各々2つの固定具(1)が水平配向で関連づけられることになるインプラント(2)を示しており、そのうちの1つは凸面上に単一のリブ(11)を有し、その一方でもう1つは凹面上に単一のリブ(11)を有することになる(図4Fでは中心リブ、図4Eではずれたリブ)。 FIGS. 4E and 4F are each two fasteners (1) shows the implant (2) that will be associated with a horizontal orientation, one of which has a single rib on the convex surface (11) , another whereas will have a single rib (11) on the concave surface (Fig. 4F in the center rib, FIG. 4E extremity ribs). 図4Gは、2つの固定具(1)が関連づけられることになるインプラント(2)を示しており、各固定具(1)は、水平配向、および凹面上で中心に位置する単一のリブ(11)を有している。 Figure 4G is a two fixtures (1) shows the implant (2) that will is associated, each fixture (1) can be a single rib in the center in a horizontal orientation, and a concave on ( It has a 11). 図4Hは、2つの固定具(1)が関連づけられることになるインプラント(2)を示しており、各固定具は、水平配向および凹面上の2つのリブ(11)を有している。 Figure 4H, the two fasteners (1) shows the implant (2) that will is associated, each fixture has two ribs on the horizontal orientation and a concave (11). 中心ずれリブ(たとえば図5Fに示されるものなど)を有する固定具(1)は、インプラント(2)内の2つの通路(21)の存在に必要なサイズの削減を可能にするが、これは特に図5A、図5B、および図5Cの例からわかるとおりである。 Center displacement ribs fixture with (for example, those such as shown in FIG. 5F) (1) is to allow reduction of the required size on the presence of two passages (21) in the implant (2), which is in particular, FIG. 5A, is as seen from the example of FIG. 5B, and FIG 5C. インプラントの様々な実施形態において、中心ずれリブの使用は、図4Dに示されるような2つの整列された溝(211)を有することを回避するが、これはインプラントを壊れやすくする可能性があり、このため脊柱の構成がこれを必要とする場合に比較的レベルの低い椎体間ケージを有すること、あるいはより強いインプラントを提供するために通路の上方(および/または下方)により多くの材料を維持すること、または図5Aにおいて具体的に見られるように中心取り付け具(22)リソース(可能であればその他の構成よりも大きい)を配置することを、可能にするだろう。 In various embodiments of the implant, the use of the center deviation ribs is to avoid having two aligned grooves (211) as shown in FIG. 4D, it is possible to easily broken implants , more material by the upper passage (and / or downward) to provide it with a relatively low level intersomatic cage, or a stronger implant than when a structure of this for spine requires this it maintained, or specifically as seen in the central fixture in FIG. 5A placing a (22) resources (larger than other configurations if possible), would allow. これらの例示的および非限定的な例は、特定の構成が、とりわけインプラントの抵抗およびサイズに関して、特に有利であるとは言え(たとえば、小さいサイズがサイズに対して強い拘束力をかけ、材料の強度はインプラントが通路(21)によって過剰に壊れやすくならないことを要する、頸部インプラントの場合、特にPEEK(ポリエーテルエーテルケトン)で作られた椎体間ケージの場合)、本発明の様々な対象が、固定具の数または位置に関しても、そのリブの数または位置に関しても限定されないことを立証している。 These exemplary and non-limiting example, the particular configuration, especially with respect to resistance and size of the implant, applying a strong binding on said (e.g., size is small size to be particularly advantageous, the material strength requires that the implant is not too fragile by a passage (21) in the case of cervical implants, especially PEEK (poly ether ether ketone) in made interbody cages), various objects of the present invention but also in terms of the number or location of the fastener, it has demonstrated that it is not limited as to the number or location of the ribs.

本発明の様々な固定具および固定具システムの実施形態において、プレート(10)は、多くの図に示されるように、実質的に長方形であってもよいが、しかし当然ながら、本発明の精神から逸脱することなく、その他の様々な形状を有することも可能である。 In various embodiments of fasteners and fastener systems of the present invention, the plate (10), as shown in many of the figures, but may be substantially rectangular, but of course, the spirit of the present invention without departing from, it is also possible to have various other shapes. 好ましくは、プレートの外周の形状が何であれ、これはステープル、釘、またはその他の周知の装置とは対照的に、椎骨内でその動きに効果的に対抗するのに十分な寸法の少なくとも1つの表面を有する。 Preferably, whatever the shape of the outer periphery of the plate, which is a staple, nail or in contrast to other known devices, of sufficient size to effectively counteract its motion in the vertebra least one, having a surface. たとえば、図示されるプレートのほとんどは、実質的に長方形の外周を有するが、しかし本願において詳細に記載される形状の変形例を有する。 For example, most of the plate being shown, has an outer peripheral substantially rectangular, but has a modified example of a shape which is described in detail in this application. さらに、固定具(1)はいくつかのプレートを含むことができ、および/または本体の単一のプレートは、本発明の精神から逸脱することなく、様々な形状を有することができる。 Furthermore, the fixture (1) may include a number of plates, and / or a single plate body, without departing from the spirit of the present invention, can have various shapes. 実際、プレートの幅として本明細書に記載される寸法において十分な少なくとも1つの表面を少なくとも1つのプレートが提供することによって、望ましい保持が得られる程度まで、固定具は、実質的に台形または三角形の外周を有する、あるいは多様な形状変形例を有するプレートを、含むことができる。 Indeed, by at least one plate provides sufficient at least one surface in a size that is described herein as the width of the plate, to the extent that the desired retention is obtained, the fastener, substantially trapezoidal or triangular with the outer periphery of, or a plate having various shapes modification may include. たとえば、固定具(1)の特定の変形例において(図示せず)、固定装置(1)の本体は、たとえば各々が参照によって本願に組み込まれる、仏国特許出願公開第2,827,156号明細書(および国際公開第03/005939号および米国特許出願公開第2004/0199254号明細書)ならびに仏国特許出願公開第2,879,436号明細書(および国際公開第2006/120505号および米国特許出願公開第2006/0136063号明細書)に記載されるものなど、互いに実質的に平行な(および/または実質的に同じ曲率の)、および後部末端でともに接続されている、2つのプレートを有してもよく、これはインプラント上に固定具(1)を保持する歯止めを形成し、こうして椎骨に対してインプラントを保持 For example, (not shown) in a particular variant of the fixture (1), the body of the fixing device (1), for example each of which is incorporated herein by reference, French Patent Application No. 2,827,156 specification (and WO 03/005939 and U.S. Patent application Publication No. 2004/0199254 Pat) and French Patent application Publication No. 2,879,436 Pat (and WO 2006/120505 and U.S. such as those described in Patent application Publication No. 2006/0136063 Pat), substantially parallel (and / or substantially the same curvature to each other), and a rear end with are connected together, the two plates It may have, which forms a pawl holding fixture on the implant (1), thus holding the implant against vertebral る。 That. 加えて、本開示内のいずれか別の箇所で説明されるように、固定具(1)の様々な実施形態は、たとえばこれらの文献に記載されるような、少なくとも1つの直線プレートを含んでもよく、あるいはインプラントの固着を可能にする歯止めを形成することが可能な、またはそのために配置されたリンクによって接続された、2つの直線プレートを含んでもよい。 In addition, as described in any elsewhere in the present disclosure, various embodiments of the fixture (1), for example as described in these documents, include at least one straight plate well, or capable of forming a pawl which allows the fixation of the implant, or are connected by the arrangement link to that end, may include two straight plates. 一般的に、本発明の様々な固定具実施形態は、プレートの幅に対して直角の良好な保持を提供するためにリブ(11)を使用してもよく、このようなリブは、実際に、固定具の剛性を改善して骨組織内の固定具の横方向運動に対抗する表面を提供するために、少なくとも1つのフィンまたは少なくとも1つの類似構造(またはいくつかの構造)によって形成されてもよい。 In general, various fixtures embodiment of the present invention may be used a rib (11) to provide a perpendicular good retention relative to the width of the plate, such ribs actually in order to provide a surface to improve the rigidity of the fixture against the lateral movement of the fixture in the bone tissue, it is formed by at least one fin or at least one similar structural (or some structure) it may be. 固定具の様々な実施形態は、好ましくはこの横方向運動に対抗するように配置された、リブの寸法、特にレベルの技術的特徴に関しても、想定される。 Various embodiments of the fixture, preferably the lateral movement is arranged to oppose the dimensions of the ribs, with respect to particular levels of technical features, it is envisioned. リブ(11)のレベルは、特にその安定化機能において効果的な第二プレートを自身で形成するように、たとえば固定具(1)のプレート(10)の幅のおよそ半分であってもよい。 Level of the ribs (11), in particular its so as to form an effective second plate by itself in stabilization may be approximately half the width of the plate (10), for example, fasteners (1).

本発明の様々な実施形態は、実質的に椎間腔(椎間板腔)の平面内の軸に沿って固定装置を埋め込むことができるように、装置および関連する器具のサイズを削減するよう努めている。 Various embodiments of the present invention, as can be embedded fixation device along an axis in the plane of the substantially intervertebral space (disc space), seek to reduce the size of the apparatus and associated instruments there. 上記で引用されて参照によって本願に組み込まれる仏国特許出願公開第2,916,956号明細書、米国特許出願公開第2009/105832号明細書、および国際公開第2008/149223号に記載されるように、湾曲プレート(10)は、長手軸に沿って、実質的に椎間腔の平面内にその直交軸を有することによって、すなわち脊柱の軸に対して実質的に直交する進入路の軸に沿って、椎骨の椎体終板内に固定装置(1)が埋め込まれることが可能なようにその寸法および曲率半径が形成されている、円の少なくとも1つの弧および/または楕円の少なくとも1つの弧を描く(すなわち、前記平面または前記進入路軸は、固定具が椎骨に接近するときに前部末端の少なくとも一部に対して実質的に接する)を記載する。 French Patent Publication No. 2,916,956, which is incorporated herein by reference cited above, is described in U.S. Patent Application Publication No. 2009/105832, and WO 2008/149223 as such, the curved plate (10) along the longitudinal axis, substantially by having its orthogonal axes in the plane of the intervertebral space, i.e. the axis of the approach path that is substantially perpendicular to the axis of the spinal column along, its dimensions so as to enable the fixing device to the vertebral end plate of the vertebra (1) is embedded and radius of curvature are formed, of the at least one arc and / or elliptical circle at least 1 One of the arcs (i.e., the plane or the entryway axis fixture contact substantially to at least a portion of the front end when approaching the vertebrae) describes. 上記で引用された出願と同様に、本発明の様々な対象の様々な実施形態は、固定装置(1)の(1つまたは複数の)曲率半径の技術的特徴に関する。 Like the applications cited above, various embodiments of the various objects of the present invention relates to (one or more) the radius of curvature of the technical features of the fixation device (1). 固定装置(1)の様々な実施形態は実際に、固定具ごとに異なる曲率半径、および/または所定の固定具(1)の本体の異なる部分においていくつかの異なる曲率半径を有する。 Various embodiments of the fixation device (1) actually has several different radii of curvature in different parts of the body of different radii of curvature for each fixture, and / or a predetermined fixing member (1). このため、たとえば、固定具(1)の本体は円の弧または楕円の弧の形状を有してもよいが、しかしこれはまた、同じ曲率半径または異なる曲率半径を有する円のいくつかの弧が末端から末端まで配置されているかのように、あるいは同じ曲率半径または異なる曲率半径を有する楕円のいくつかの弧が末端から末端まで配置されているかのように、さらには円または楕円の弧のいずれかの組み合わせ、もしくは本体に沿って変化する曲率半径のように、より複雑な曲率を描いてもよい。 Thus, for example, the body may have a circular arc or shape of an ellipse arc of the fixture (1), but this also several arcs of a circle having the same radius of curvature or different radii of curvature some arc of ellipse as if they were arranged end-to end, more of the circle or ellipse arc having but as if they were arranged end-to end, or the same radius of curvature or different radii of curvature any combination or as the radius of curvature varies along the body, and may draw a more complex curvature. 本記載において、「円の弧」または「曲率半径」という用語は、これら異なる可能性の全てを包含する。 In the present description, the term "an arc of a circle" or "radius of curvature" encompasses all these different possibilities. このため、本発明の様々な実施形態は、曲率半径および固定装置(1)の特定の関連態様、ならびにこれに関連するインプラント(2)および器具(3、4)に関わる異なる変形例を提供する。 Thus, various embodiments of the present invention provides a different modification involved in the implant (2) and the tool (3, 4) associated certain related embodiments, as well as to the curvature radius and fixing device (1) . 実際、たとえば、装置(1)の使用および特に脊柱に沿って意図される移植箇所に応じて、より大きいかまたは小さい曲率半径を有することが好ましいかも知れない。 In fact, for example, depending on the implantation site that is intended along with the use and in particular the spine of the device (1), it may be preferable to have greater or smaller curvature radius. 固定装置(1)の曲率半径に応じて、それぞれ装置(1)の貫通末端および歯止め末端を通る軸は、90°未満になるように選択されてもよいものの、通常はおよそ90°から180°の間の角度を形成される。 Depending on the radius of curvature of the anchoring device (1), the shaft passing through the through-terminus and pawl ends of the respective device (1), although may be selected to be less than 90 °, usually 180 ° approximately 90 ° It is an angle between the. 好ましくは、この角度は110°から160°の間になるが、これは多くの場合、この範囲外の値の角度よりも良好に装置を埋め込みやすくするだろう。 Preferably, this angle is between 160 ° from 110 °, which often will easily embed the better device than the angle of the out-of-range values. 固定装置(1)によって得ようとする固着にしたがって、角度はより広くまたは狭く選択されることになる。 Accordance fixing to be obtained by the fixing device (1), the angle will be selected wider or narrower. たとえば、椎体終板に対するケージまたはプロテーゼの緊密な固着を推進したい場合には、120°から180°の間の角度が好まれ得るが、その一方でむしろインプラントが椎間板腔の平面内を移動するのを防止したい場合には、90°から150°の間の角度が好まれ得る。 For example, if you want to promote a close sticking of the cage or the prosthesis against the vertebral end plates, although the angle between 180 ° from 120 ° may be preferred, while rather implant moves within the plane of the disc space If you want to prevent may be preferred that the angle between 150 ° from 90 °. これらの角度変形例は図示されていないものの、固定装置(1)の異なる角度は、そのケースに適合したインプラントの固着を保証するために、異なる望ましいタイプの固定を包含できるようにする。 While these angles variation not shown, different angles of the fixed device (1), in order to guarantee the fixation of the implant adapted to the case to allow encompass different desired types of fixation. その角度がたとえば135°付近などの最適値にある装置(1)は、椎体終板に対してインプラントを強く押さえること、およびこれが椎間板腔の平面内で移動するのを防止することの両方によって、装置の固着のための好適な実施形態のうちの1つに提供されることも、可能である。 Its angle is the optimum value, such as near the example 135 ° device (1) is, by both preventing be pressed strongly implant against the vertebral end plates, and it is to move in the plane of the disc space it is also possible to be provided to one of the preferred embodiments for the fixation of the device. さらに、インプラント(2)の様々な実施形態によれば、これが自然か、病的か、またはインプラントによって課せられたかにかかわらず、可能性のある脊柱前腕、脊柱後弯、もしくは脊柱側弯にもかかわらず特に良好な固着を可能にするために、装置に対して異なる角度が選択されることが可能である。 Further, according to various embodiments of the implant (2), which is either natural, pathological, or regardless of whether imposed by the implant, possible spinal forearm, kyphosis, or even scoliosis to enable a particularly good fixing regardless, it is possible to different angles relative to the device is selected. このため、その曲率半径およびこれが内部に挿入される通路(21)の配向によって、固定装置(1)およびインプラント(2)の様々な実施形態は、実質的に椎間腔の平面内、すなわちインプラント(2)が埋め込まれる平面内の進入路の軸に沿って埋め込まれることが可能であり、これはインプラントおよび装置の全ての要素の椎間腔への接近を容易にする。 Therefore, the orientation of the passage (21) whose radius of curvature and which is inserted into, various embodiments of the fixing device (1) and the implant (2) is substantially in the plane of the intervertebral space, i.e. the implant (2) can be embedded along the axis of the access road plane is embedded, which facilitates access to the disc space of all elements of the implants and devices. 一実施形態において、固定具(1)の本体によって描かれる(1つまたは複数の)弧は、固定装置(1)が脊柱の垂直軸に対して40°から140°の間の角度、および好ましくはおよそ90°の角度を形成する進入路の軸に沿って、椎体終板内に埋め込まれるような、寸法および少なくとも1つの曲率半径を有する。 In one embodiment, (one or more) arcs drawn by the main body of the fixture (1), the angle between 140 ° from 40 ° fastening device (1) with respect to the vertical axis of the spinal column, and preferably along the axis of the access road forming an angle of approximately 90 °, such as to be embedded in the vertebral end plate, having dimensions and at least one radius of curvature. この角度は、椎骨への進入路の寸法に応じて、同じ固定装置(1)において異なってもよく、使用される装置(1)の曲率半径(およびひいてはその前部および後部末端の間に形成される角度)に応じて、固定装置(1)ごとにも異なることが可能である。 This angle, depending on the size of the access road into the vertebra may be different in the same fixation device (1), formed between the radius of curvature (and hence its front and rear ends of the device (1) used depending on the angle) that is, it is also possible that different for each fixing device (1). さらに、本願はまた、本体が少なくとも1つの直線(非湾曲)プレート(10)を含む固定具(1)の様々な実施形態も記載している。 Furthermore, the present application also body are also described various embodiments of the at least one linear (non-curved) fixture comprises a plate (10) (1). 直線固定具(1)(すなわち、少なくとも1つの直線プレートを含む)の場合には、進入路軸は好ましくは実質的に椎間板腔の平面内になくてもよく、傾斜していてもよいことは、留意すべきである。 Linear fastener (1) (i.e., including at least one straight plate) in the case of the access road axis preferably may be within a plane substantially disc space, it may be inclined in it should be noted. このタイプの傾斜軸は、椎骨への接近の障害のため、通常は好ましくないが、しかしまだいくつかの状況においては使用することが可能である。 Tilting axis of this type, due to a failure in the access to the vertebrae, although usually not preferred, but can be still used in some circumstances. このような直線固定具(1)とともに使用されるインプラント(2)は、好ましくは脊柱の周囲と椎骨との間の傾斜路(脊柱の軸に対して直角ではない)に沿って、少なくとも1つの椎骨に向かって配向された、少なくとも1つの直線通路(21)を含む。 Implant (2) for use with such a linear fastener (1) is preferably along the ramp between the periphery and the vertebrae of the spine (not at right angles to the axis of the spine), at least one oriented towards the vertebrae, comprising at least one straight passage (21). 直線通路を備えるこのようなインプラント(2)およびこのような直線固定具(1)とともに使用される器具類は、椎骨に対する傾斜進入路軸を許容するように、前部末端において、好ましくは、その長手軸(本願で使用される慣例によれば前後)に対して傾斜したインプラントとの接触面を有することになる。 Instrumentation for use with straight passage such implants comprise (2) and such linear fastener (1) so as to permit tilting entryway axis with respect to the vertebrae, at the front end, preferably, the It will have a contact surface with the inclined implant against (back and forth according to the convention used in this application) the longitudinal axis. ガイド(3)のヘッド(30)にある溝(3011)は、好ましくは直線固定具(1)を案内するように直線になっており、固定具をインプラント内の直線通路(21)の入り口に向けるように配置される。 Groove in the guide (3) Head (30) of the (3011) is preferably is a straight line so as to guide linear fixture (1), the fastener at the entrance of the straight path (21) in the implant It is positioned to direct. さらに、固定具(1)の様々な実施形態は、相互間にある角度を形成する少なくとも2つの直線プレート(10)(またはプレート部)を含む本体も含んでもよい。 Further, various embodiments of the fixture (1) may also include body including at least two straight plates forming an angle with the mutual (10) (or plate portions). これら直線プレート(10)(またはプレート部)は、たとえばこのような角度を(たとえばこの接続部の曲率のおかげで)形成する少なくとも1つの接続部によって結びつけられてもよい。 These straight plates (10) (or plate portion), for example such angle (e.g. thanks curvature of the connecting portions) may be linked by at least one connection forming. これら様々な実施形態は、たとえば通路(21)の内壁の様々な部位または部分との固定具(1)の様々な部位または部分の接触のおかげで、固定具(1)の通過を容易にし、および/またはインプラント(2)内の固定具(1)の最低限の遊びを保証するように、湾曲通路(21)を含むインプラント(2)に関連して使用されてもよい。 These various embodiments, for example, thanks to the contact of the various parts or portions of the passages different parts or portions of the inner wall (21) and the fixture (1), to facilitate the passage of the fixture (1), and / or implant to ensure minimal play (2) of the fixture (1), may be used in connection with the implant (2) comprising a curved passage (21). 固定具(1)の様々な実施形態はまた、少なくとも1つの直線プレート(10)(またはプレート部)および少なくとも1つの湾曲プレート(10)(またはプレート部)を含む本体を有してもよい。 Various embodiments of the fixture (1) may also have a body comprising at least one linear plate (10) (or plate portions) and at least one curved plate (10) (or plate portions). 固定具(1)の本体のこれら様々な実施形態は、様々な部分を含む固定具に関して、本発明の潜在的な対象の様々な実施形態を提供することができるようにする。 These various embodiments of the body of the fixture (1), with respect to the fixture comprising various parts, to be able to provide potential Various embodiments of the subject of the present invention. これら特定の対象は、インプラント(2)を通じて固定具(1)の通過を容易にする問題を解決し、および/またはインプラント(2)内の固定具(1)の安定性を改善するように、構成されることが可能である。 These particular subject is to solve the problem of facilitating the passage of the fixture (1) through the implant (2), and / or implant to improve the stability of (2) of the fixture (1), it is capable of being configured. このような対象がリブ(11)を含まない場合には、インプラントおよびこれに結びづけられてもよい器具は、溝(211、3011)を含まなくてもよい。 If such target does not contain ribs (11) may instruments be associated knot implant and which may or may not include a groove (211,3011). これら特定の対象(すなわち、その本体内に少なくとも1つの直線および/または湾曲プレート(またはプレート部)を含むこれら実施形態のいずれか)はまた、様々な実施形態によれば、特にこのような特徴の分離または組み合わせによって必要とされるであろう構造的適合性は本開示の理解から直接導き出されるので、これらが両立不可能ではない限り、本願に開示されるいずれの対象(または対象の組み合わせ)のいずれの要素(または要素の組み合わせ)について記載されるいずれの技術的特徴(または技術的特徴の組み合わせ)も、含んでも含まなくてもよい。 These particular subject (i.e., any of these embodiments comprises at least one straight and / or curved plates (or plate portions) within its body) is also, according to various embodiments, in particular such features since the separation or required would be structurally compatible with the combination is derived directly from the understanding of the present disclosure, unless they are not impossible compatible, any disclosed herein subject (or a combination of the target) of any element (or combination of elements) any technical features described for (or combination of technical features) also may not include also comprise.

固定装置(1)は通常、固着されるように意図されるインプラントの部分を横断する少なくとも1つの通路(21)と協働する。 Fixing device (1) is usually at least one cooperating channel (21) traverses the portion of the implant that is intended to be secured. このような通路はたとえば、特に断面において、固定装置の通路のために設けられた形状およびサイズ(たとえば、丸みを帯びた角を備える実質的に長方形の断面)の導管またはチャネルであってもよい。 Such passages, for example, particularly in cross-section, provided the shape and sizes for passage of the fixing device (e.g., substantially rectangular cross-section provided with a rounded corners) may be a conduit or channel . 好ましくは、その機械加工を容易にするように、通路(21)は直線であり、その寸法は、その曲率半径に関係なく、この装置の変形を要することなく、湾曲した剛性の固定装置(1)の通路のために設けられる。 Preferably, to facilitate the machining, and the passage (21) is a linear, its dimensions, regardless of its radius of curvature, without requiring modification of the device, fixing device of curved rigid (1 provided for passage). したがって、固定具(1)が湾曲している様々な実施形態において、通路の(開口部の)レベルは好ましくは、その曲率およびその剛性に関係なく変形を伴わずに、通路(21)内のこの装置の通過を許容するのに十分なほど、固定装置(1)の厚みよりもわずかに大きく、しかし通路(21)内の装置の遊びを大きくしすぎず、固定装置(1)によるインプラント(2)の良好な保持を保証するのに十分なほど小さい。 Accordingly, in various embodiments the fixture (1) is curved, the passage (opening) of the level, preferably, without the curvature and deformation regardless of its rigidity, the passage (21) in the enough to permit passage of the device, slightly larger than the thickness of the fixing device (1), but not too large play of the device in the passageway (21), the implant according to the fixing device (1) ( small enough to ensure good retention of 2). 本発明の特定の実施形態において、通路(21)の幅は、この装置が一旦通路(21)に挿入されたらほとんどまたはまったく横方向の遊びがないように、実質的に装置(1)の幅に等しくなることが可能である。 In certain embodiments of the present invention, the width of the passage (21), little as there is no lateral play exactly When this device is temporarily inserted into the passageway (21), substantially the width of the device (1) It can be equal to. 固定装置(1)の長さは、横断すべき通路(21)の長さ、および椎体終板内に貫通しなければならない深さに、適合してもよい。 The length of the fixing device (1), the length of the path to be traversed (21), and a depth which must penetrate the vertebral endplate, may be adapted.

リブ(11)は通常、固定具(1)の剛性を補強し、固定具(1)の幅方向の「切断」からの椎骨への損傷を抑制する。 Ribs (11) are generally reinforces the rigidity of the fixture (1), suppressing damage to the vertebrae from the "disconnected" in the width direction of the fixture (1). 簡素化のために以下「横方向」と指定される(固定具の長さに対して横方向である)、固定具の幅方向のこの運動を抑制するために、リブ(11)は好ましくは、固定具を横方向に保持するのに十分な大きさの表面を提供することによって、有効な連結のために十分なレベルを有することになる。 Is designated as the "transverse direction" for simplicity (that is transverse to the length of the fixture), in order to suppress this movement in the width direction of the fastener, the ribs (11) are preferably , by providing a surface large enough to hold the fastener in the transverse direction, it will have a sufficient level for effective coupling. こうして、リブ(11)は、固定具が横方向運動によって椎骨を切断するのを抑制する一種のフィンを形成し、これが椎骨内への固着を補強する。 Thus, the rib (11), fixture of the type of fin suppress to cut the vertebrae to form the lateral movement, which reinforces the fixation to the vertebrae. さらに、固定具(1)の剛性の向上は通常、椎骨内のその固着を強化する傾向がある:プレートは通常、ねじれたり曲がったりしないので、椎骨からはずれる危険性が少ない。 Further, usually improving the rigidity of the fixture (1), it tends to enhance its fixation in the vertebra: plate usually does not bend or twist, less risk of deviating from the vertebrae. したがって、少なくとも1つのリブを含む固定具(1)の様々な実施形態は、このようなリブ(11)がない状態での平面1つのみではなく、2つの平面での良好な保持を提供する。 Accordingly, various embodiments of the fastener (1) comprising at least one rib is not flat only one state such rib (11) is not, to provide good retention in two planes .

固定装置の(およびひいてはこれに結びつけられてもよいインプラントおよび/または器具の)様々な実施形態において、リブ(11)の幅および/またはレベルは、本体(10)の長手軸に沿って変化してもよい。 In (and thus to also good implants and / or instruments associated thereto) Various embodiments of the fixation device, the width and / or the level of the ribs (11) varies along the longitudinal axis of the body (10) it may be. このため、たとえば図面のうちのいくつかに示されるように、リブ(11)は固定具の前部末端付近で突起し始め、そのレベルは後部末端に向かって漸次的に増加する。 Thus, for example, as shown in some of the drawings, the ribs (11) begins to projections near the front end of the fixture, the levels progressively increases towards the rear end. リブ(11)のこのレベルは、たとえば後部末端付近など、所定の部分にわたって一定であってもよく、あるいは全長にわたって変化してもよい。 The level of the ribs (11), for example, near the rear end, may be constant over a predetermined portion, or may vary over the length. さらに、骨組織内へのリブ(11)の貫通を容易にするために、リブ(11)の頂点、すなわちその上部(プレートと反対側の部分)は、たとえば前部末端付近など、少なくとも一部にわたって鋭化されることが可能である。 Furthermore, in order to facilitate the penetration of the ribs (11) into the bone tissue, the apex of the ribs (11), i.e. (portion opposite the plate) its top, for example, near the front end, at least a portion it can be sharpening over. たとえば、リブはその側面に面取りを有することができる。 For example, the ribs may have a chamfer on its side surface. 図18Aの例において、固定具(1)はその凸面上に2つのリブ(11)を含み、各リブは面取り部(113)および平坦部(114)を含んでいる。 In the example of FIG. 18A, the fixture (1) comprises two ribs (11) on its convex surface, each rib includes beveled portions (113) and the flat portion (114). この例において、面取り部(113)は後部末端の近くに位置しており、このためインプラントは、その深さがこの面取り部(113)を補完する形状を有する溝を含むことができ、その一方で部分(114)は前部末端に近く平坦である。 In this example, the chamfered portion (113) is located near the rear end, this end implant may include a groove having a shape that its depth to complement the chamfered portion (113), while in part (114) is near flat front end. 椎骨内への貫通を容易にするように、またはいくつかの異なる部分を備える多様な構成を提供するように、特に前部末端において面取り部(113)の鋭化を有するために、この構成を反転させることができることは、理解されるだろう。 To facilitate penetration into the vertebra, or to provide a variety of configurations with several different parts, in order to have a sharpening chamfer (113) in particular the front end, the configuration that can be reversed, it will be appreciated. 同様に、リブの幅(プレートの幅の方向)もまた、前部末端のこの鋭化によって、または本開示内のいずれか別の箇所で記載されるもののように、インプラント(2)内への固定具(1)の安定化のための構造を形成するリブの後部末端の際立った肥厚によって、たとえば後部末端に向かってより厚くなるように、変化することが可能である。 Similarly, the rib width (width of the plate) is also by this sharpening the front end, or as those described elsewhere either in the present disclosure, to the implant (2) in by thickening outstanding of the rear end of the rib to form a structure for stabilizing the fixture (1), for example, as thicker towards the rear end, it is possible to change.

通常、先に述べられたように、固定装置(1)は、少なくとも1つの椎体終板内に貫通して、インプラントを保持する少なくとも1つの歯止めによってこの椎体終板上にインプラント(2)を固着させるために、インプラント(2)の少なくとも一部を横断する通路(21)を通じて挿入されるように設計されている。 Usually, as mentioned above, the fixing device (1) penetrates into at least one of the vertebral end plate, at least one implant to the vertebral end plates on the pawl to hold the implant (2) to anchor and is designed to be inserted through the passage (21) traversing at least a portion of the implant (2). したがって長手方向リブ(11)は、インプラント(2)の通路(21)内に形成された少なくとも1つの溝(211)と協働するように設計されている。 Accordingly longitudinal ribs (11) is designed to at least one cooperating with a groove (211) formed in the passage (21) in the implant (2). 一種の案内フィンを形成するリブ(11)と、通路(21)内の溝(211)との間のこの協働は、とりわけ固定具の横方向の遊び(プレート幅の方向)を低減することによって、インプラント(2)内の固定具(1)の固着を強化するように構成されることが可能である。 And ribs that form a kind guide fins (11), the cooperation between the groove (211) in the passageway (21), among other things to reduce the lateral play of the fixture (the direction of the plate width) Accordingly, it can be configured to enhance the fixation of the implant (2) of the fixture (1). 前部末端と後部末端との間のこのリブのレベルの増加は、たとえば具体的には図6Aから図6Gに見られるように、後部末端付近のこのレベルの一貫性と相まって、骨内へのリブの貫通を容易にし、リブ(11)と溝(211)との間の協働によってインプラント内で固定具を安定化する一定サイズの後部末端を提供することができる。 The increase in the level of the rib between the front end and rear end, for example, as specifically seen in FIG. 6G Figures 6A, together with the level of consistency in the vicinity of the rear end, into bone to facilitate penetration of the ribs, it is possible to provide a rear end of a fixed size to stabilize the fixture within the implant by cooperation between the ribs (11) and grooves (211). 特定のその他の実施形態において、リブ(11)のレベルは、所定の部分(111)について、後部末端から所定の距離で最大値に到達し、その後後部末端の方向に減少してもよい。 In certain other embodiments, the level of the ribs (11), for a predetermined portion (111), reaching from the rear end to a maximum value at a predetermined distance, may then be reduced in the direction of the rear end. たとえば、図5Eおよび図5Fに示される実施形態において特に明らかなように、部分(111)は、固定具が一旦インプラント内に完全に挿入されたら(固定具がインプラント上で停止して椎骨に対してこれを保持するようになったら)通路(21)の溝(211)内に残留する、リブ(11)の部分に対応する。 For example, particularly apparent in the embodiment shown in FIGS. 5E and FIG. 5F, the portion (111), once the fixture is temporarily fully inserted into the implant (fixture against vertebra stops on implants remaining in the groove (211) of the turned Once) passageway (21) to hold this Te, it corresponds to the portion of the rib (11). これら実施形態のうちのいくつかにおいて、この部分(111)とリブの残部との間の推移は、固定具(1)の抜去に対抗することによってインプラント内に固定具を保持するように、通路(21)の出口において表面(220)上の歯止め(112)として機能する肩部を形成するように構成されることが可能である。 In some of these embodiments, the transition between this portion (111) and the ribs of the remainder, so as to hold the fixture in the implant by combating removal of the fixture (1), the passage it is capable of being configured to form a shoulder portion which serves as a surface (220) on the pawl (112) at the outlet (21). より低いがゼロではない部分(111)のレベルは、固定具の横方向の遊びを抑制できるようにするが、しかし一定のレベルの部分(111)は(リブの残部よりも低かったとしても)、漸次的に減少するレベルを備えて図5Eおよび図5Fに示されるものと同じ位うまくこの機能を提供するだろう。 Lower the level of the portion (111) non-zero, but to be able to suppress the side play of the fixture, but the portion of constant level (111) (even lower than the rest of the ribs) It would provide the same position well this functions as those shown in FIGS. 5E and 5F includes a level that decreases progressively. したがってこれらの実施形態において、リブ(11)は、刻み目(112)がインプラント(2)の通路(21)の末端において歯止め面(220)上で停止するように配置された後部末端から、ある距離を置いて位置する少なくとも1つの刻み目(112)を含む。 Thus, in these embodiments, the ribs (11), from the arranged rear end as indentations (112) is stopped on the implant ratchet surface at the end of the passage (21) (2) (220), a distance at least one notch is located at a containing (112). この表面(220)は通路の外側であってもよいが、しかしこれは好ましくは通路の出口によって形成される:つまり溝(211)の内面と通路の外側の表面との間の接合部、たとえば(図示される例において)インプラント壁の内面(すなわち、図示されるように、ケージの壁(28)が空洞(26)を定義する実施形態において、ケージの内側の表面)である。 The surface (220) may be outside of the passage, but which is preferably formed by the exit of the passage: or junction between the inner and outer surfaces of the passage of the groove (211), for example, the inner surface of the implant wall (in the example shown) (i.e., as shown, in the embodiment cage wall (28) defining a cavity (26), the cage inner surface of) a. リブ(11)上のこの刻み目(112)の存在のため、このリブが溝(211)内に入って刻み目(112)を通過して、インプラントの表面(220)上で停止されるように、特に固定具は変形可能ではないかまたはインプラントよりも変形しにくいので、インプラントの部分(215、図5E)のわずかな変形(および/または、インプラントの構成が許容する場合には溝(211)の底部)が必要であるかも知れないことが理解できる。 Due to the presence of the ribs (11) The indentations (112) on, so that the rib passes through the notch (112) enters into the groove (211), is stopped on the surface (220) of the implant, in particular, since the fastener is less likely to deform than or implant not deformable, portion of the implant (215, FIG. 5E) slight deformation (and / or, if the configuration of the implant permits grooves of (211) bottom) can be understood that it may be necessary. このわずかな変形は、PEEKなど、固体だが比較的変形可能な材料で作られた椎体間ケージで、可能な場合が多い。 The slight variations, PEEK, etc., solid but although interbody cages made of relatively deformable material, is often possible. リブ以外のどこか別の箇所で固定具上にこのような刻み目(112)を有することも可能であることは、留意されるであろう。 Also it is possible to have such a notch (112) on a fixture somewhere elsewhere than the rib will be noted. このため、本発明は、固定具がインプラントの歯止め面(220)に隣接するように意図される少なくとも1つの刻み目(112)を含み、これが通路(21)の内部または出口にあってもよい、固定具およびインプラントの多様な実施形態を想定する。 Therefore, the present invention comprises at least one notch (112) fixture is intended to be adjacent to the ratchet surface of the implant (220), which may be internal or outlet passageway (21), fixtures and assume a variety of embodiments of the implant.

いくつかの構成において、固定具(1)の前部末端は、固着すべきインプラント(2)の移植箇所に隣接する椎骨内に貫通するように設計されている。 In some configurations, the front end of the fixture (1) is designed to penetrate into the adjacent vertebrae to implantation site of the implant (2) to be secured. たとえば図1に示されるような、固定具(1)の特定の実施形態において、前部末端は、椎骨内への固定具(1)の貫通を容易にする、少なくとも1つの面取り(15)または角取りを有する。 For example, as shown in FIG. 1, in certain embodiments of the fixture (1), the front end facilitates penetration of the fastener into the vertebra (1), at least one chamfered (15) or It has a corner up. いくつかの実施形態において、この前部末端は、たとえば図1に示されるような刻み目の形状の切り抜き(13)を含むことができ、椎体終板内への前部末端の貫通を容易にする。 In some embodiments, the front end, for example, can include a cut-out (13) of the notches of the shape shown in FIG. 1, easily penetrate the front end of the vertebral end plate to. 刻み目の内縁が鋭化されていてもいなくてもよいことも、留意すべきである。 The notches of the inner edge may or may not be sharpening should also be noted. 通常、前部末端は、椎体終板内に貫通するように設計されたものであり、固定具(1)の残部を案内してもよいので、骨組織内への貫通を容易にするように作られることが、好ましい。 Usually, the front end has been designed to penetrate the vertebral end plate, since it is to guide the rest of the fixture (1), to facilitate penetration into bone tissue be made are preferred. このため、本願の図面は、(本開示のいずれか別の箇所でさらに説明されるように)実質的に先端の形状になるように構成された前部末端を示している。 Thus, the drawings of the present application shows (as further described in any elsewhere in this disclosure) front end that is configured to be substantially the shape of the tip. この末端は鋭化(または研磨)されてもよいが、しかし骨組織は比較的耐久性があるので、この前部末端の完全性を保つことが好ましいことは、理解される。 The terminal may be sharpening (or polishing), but since the bone tissue is relatively durable, keeping the integrity of the front end may be preferred, it is understood. このため、特に図1において見られるように、たとえば、前部末端は好ましくはプレート(10)の各面上に面取りを有し、プレートの側面は、前部末端の幅を減少させるように傾斜している。 Therefore, particularly as seen in FIG. 1, for example, the front end preferably has a chamfer on each side of the plate (10), the side surface of the plate is inclined to reduce the width of the front end doing. 好ましくは、これらの角取りは互いに距離を開けて終端しており、したがって前部末端は鋭角で終端させられている(たとえば図1において刻み目(13)が形成されているところ)。 Preferably, these chamfers are terminated by opening a distance from one another, thus the front end (where the indentations (13) are formed, for example, in FIG. 1) are allowed to terminate at an acute angle. その一方で、先に述べられたように、固定具(1)が、固定具(1)の寸法を超えて椎骨を割る危険を冒すことなく容易に椎骨内に貫通することが、好ましい。 On the other hand, as mentioned above, the fixture (1), be readily penetrate into the vertebra without risking dividing the vertebra beyond the dimensions of the fixture (1), preferred. このため(通常は本体の)プレート(10)の側面(または縁)は、ほとんどの図に示されるように、好ましくは平坦となる。 Aspects of this for (usually the body) plate (10) (or edge), as shown in most of the figures, preferably of the flat. したがって一般的に、固定具(1)のプレート(10)の側面は、椎骨の割裂を回避するように、(たとえば図2G、図2H、および固定具を示す図面の大部分のように)好ましくは平坦である。 Therefore Generally, side of the plate (10) of the fixture (1) so as to avoid splitting of the vertebrae, (like most of the figures illustrated example FIG 2G, FIGS. 2H, and fasteners) preferably it is flat. これらの側面(または縁)は、特に(しかしこれだけではないが)固定具がいかなるリブも含まない実施形態に適合されている。 These aspects (or edge) (although but not only this) in particular fixture is adapted to the embodiment does not include any ribs. 別の実施形態において、側面はこれほど平坦ではなく、たとえば図6D、図8F、図18A、図18Bの例に見られるように、たとえば丸みを帯びているかまたは面取りされていてもよく、あるいは椎骨内に容易に貫通するように鋭化されていてもよいが、しかし後者の場合、固定具は好ましくはリブを含む。 In another embodiment, the side surface is not so much flat, for example FIG. 6D, FIG. 8F, FIGS. 18A, as seen in the example of FIG. 18B, for example, may be or chamfered and rounded, or vertebral it may be sharpening to readily penetrate within, but in the latter case, the fastener preferably includes a rib. 実際、リブ(11)の存在が固定具の横方向運動の危険性を低減するので、これはプレート(10)の側縁の鋭化に関連する危険性も低減することになる。 In fact, since the presence of the ribs (11) to reduce the risk of lateral movement of the fixture, which would reduce the risk associated with the sharpening of the side edges of the plate (10).

椎骨に対してインプラント(2)を保持する固定具の能力を強化するために、様々な実施形態は、椎体終板に対してインプラントを、好ましくはこれに対して強く押さえられた状態で保持するように、これが固着するように意図されるインプラントの少なくとも1つの表面に対して停止させられるようにする。 To enhance the ability of the fixture to hold the implant (2) to the vertebrae, various embodiments retain the implant against the vertebral end plates, preferably is pressed strongly against this state as to which is to be stopped for at least one surface of the implant which is intended to sticking. 固定装置(1)の様々な実施形態において、本体は相応に、少なくとも1つの保持歯止め(14)を含む。 In various embodiments of the fixing device (1), the body correspondingly comprises at least one retaining pawl (14). 保持歯止め(14)は、好ましくは前部末端に対向して配向された少なくとも1つの歯止め面を有する。 Holding pawl (14) preferably has at least one ratchet surface oriented to face the front end. 好ましくは、この表面は、長手軸に対してほぼ直角に配向されており、これが後部末端に位置しようがさらに前方に向かって位置しようが、前部末端に対向している。 Preferably, this surface is oriented substantially perpendicular to the longitudinal axis, which is trying to position toward the front more but trying located at the rear end, it faces the front end. この保持歯止め(14)は、固定装置(1)が固定されるように設計されている椎骨に対してインプラント(2)を保持するために、装置(1)が固着するように設計されているインプラント(2)上に設けられた補完的歯止め(214)の少なくとも1つの歯止め面と協働するように設計されている。 The retaining pawl (14) in order to hold the implant (2) with respect to the vertebra that is designed to fixing device (1) is fixed, it is designed such that the device (1) is fixed It is designed to at least one pawl surfaces cooperate with the implant (2) complementary pawl provided on the (214). 様々な実施形態において、歯止め(214)は好ましくは、保持歯止め(14)と最適に協働するために、後部末端に対向して(すなわち、インプラントの周囲に向かって)配向された少なくとも1つの歯止め面を含む。 In various embodiments, the pawl (214) is preferably, for optimal cooperation with the holding pawl (14), opposite the rear end (i.e., toward the periphery of the implant) at least one oriented including a ratchet surface. これら協働する歯止め面は、たとえば平坦、湾曲、角柱状など、様々な構成を有することができる。 Ratchet surface for these cooperating, for example flat, curved, prismatic, etc., can have a variety of configurations. 本願の図面のほとんどが示すように、保持歯止め(14)は好ましくは後部末端にあることに、留意すべきである。 As shown most present application drawings, the holding pawl (14) is preferably that the rear end, should be noted. 多くの構成において、保持歯止め(14)は、これがインプラント内の通路(21)への入り口に、またはその付近に位置し、インプラントの歯止め(214)の補完的表面に隣接するように、後部末端のレベルに(すなわち、その位置またはその近傍に)位置する。 In many configurations, the holding pawl (14), which is the entrance to the passage in the implant (21), or situated near the, adjacent to complementary surface of the pawl of the implant (214), a rear end the level of (i.e., the location or near the) located. 補完的歯止め(214)のこの表面は、たとえばインプラントの周囲壁の表面であってもよいが、しかし好ましくは、固定具(1)が完全に内部に挿入されたときに歯止め(14)がインプラントから突出(またはこれを超えて延在)しないように、陥凹によって形成されてもよい。 The surface of the complementary pawl (214) may be, for example, a surface of the peripheral wall of the implant, but preferably, the pawl (14) is an implant when the fastener (1) is inserted completely inside so as not to project (or extends beyond this) from, may be formed by recesses. さらに、たとえばインプラントの補完的歯止め面(214)が適切に位置する限り、通路(21)内に見いだされるように、歯止め(14)は固定具のさらに前方にあってもよい。 Furthermore, for example, as long as the complementary ratchet surfaces of the implant (214) is positioned properly, as found in the passage (21), the pawl (14) may be located further forward of the fixture. しかしながら、後部末端のレベルの保持歯止め(14)の位置は、多くの実施形態において、特に固定具が通路の入り口から出口前インプラントと接触するように構成されているとき、インプラントの良好な保持を提供するという利点を有する。 However, the position of the holding pawl of the level of the rear end (14), in many embodiments, particularly when the fastener is configured to contact the inlet from the outlet before the implant passageway, good retention of the implant It has the advantage of providing. 加えて、この後部位置は、本開示のいずれか別の箇所で様々な構成について説明されるように、固定具の意図的な抜去を容易にするようにインプラント(2)および固定具(1)を構成するときに、好ましいだろう。 In addition, the rear position, as will be described various configurations either elsewhere in this disclosure, the implant to facilitate intentional removal of the fastener (2) and fixture (1) when you configure, it would be preferable.

固定具(1)の特定の実施形態において、保持歯止め(14)は、固定具(1)の面および/または側面(または縁)のうちの少なくとも1つから突出している少なくとも1つの部分を含む。 In certain embodiments of the fixture (1), the holding pawl (14) comprises at least one portion projecting from at least one of the surfaces and / or sides of the fastener (1) (or edge) . たとえば、保持歯止め(14)は、少なくとも1つの突起ラグを含んでもよい。 For example, the holding pawl (14) may comprise at least one projection lugs. たとえば、特に図2G、図2H、図6D、図8D、図8E、図8F、図9A〜図9C、図10A〜図10Cに見られるように、保持歯止め(14)は、固定装置(1)の同じ面、特に固定具曲率がプレート(10)の深さ方向に配向されているこれら実施形態において凸面上に、2つの突起ラグを含む。 For example, particularly Fig. 2G, FIGS. 2H, FIG. 6D, FIG. 8D, FIG. 8E, FIG. 8F, FIGS 9A~ Figure 9C, as seen in FIG 10A~ Figure 10C, the holding pawl (14) is fixed device (1) same face, on the convex surface in these embodiments, especially fastener curvature is oriented in the depth direction of the plate (10) of, including two projections lugs. 別の構成において、少なくとも1つの突起ラグがいずれかの面および/または側面(または縁)上に設けられることが可能であり、または少なくとも1つのラグが各面および/または側面(または縁)上に設けられることが可能であり、または同じ趣旨の範囲内でその他いずれかの変形例があってもよい。 In another configuration, it is possible to at least one projection lugs are provided on either side and / or side (or edge), or at least one lug surfaces and / or side (or edge) on the it is possible to be provided, or within the same spirit there may be any other modification. 固定具がプレート(10)の幅方向に配向された曲率を有する図13Gの例において、プレートの面のうちの少なくとも1つに少なくとも1つの保持歯止め(14)を設けることも可能であり、図13Gの例はまったく限定的ではない。 In the example of FIG. 13G that fasteners having a curvature oriented in the width direction of the plate (10), it is also possible to provide at least one to at least one holding pawl of the faces of the plate (14), FIG. examples of 13G is not at all limited. 固定具(1)の特定の実施形態において、保持歯止め(14)は、固定装置(1)の本体の少なくとも1つの側面または縁に、少なくとも1つの突起ラグを含む。 In certain embodiments of the fixture (1), the holding pawl (14) is at least one side or edge of the main body of the fixing device (1) comprises at least one projection lugs. 好ましくは、少なくとも1つのラグは、たとえば図5F、図6E、図6F、および図6Gに示されるように、保持を改善するように、2つの側面の各々に位置することになる。 Preferably, at least one lug, for example FIG. 5F, FIG. 6E, as shown in Figure 6F, and FIGS. 6G, so as to improve the retention, will be located on each of the two sides. 固定具(1)の特定の実施形態において、保持歯止め(14)は、補完的歯止め面(214)のための溝(211)の周りに過剰に大きいまたは深い陥凹を形成するのを回避するように、リブ(11)の少なくとも1つの側面上、好ましくは固定具の後部末端付近に、少なくとも1つの突起ラグを含む。 In certain embodiments of the fixture (1), the holding pawl (14) avoids the formation of excessively large or deep recesses around the groove (211) for complementary ratchet surface (214) as, on at least one side of the rib (11), preferably near the rear end of the fixture, comprising at least one projection lugs. 好ましくは、図7Bおよび図7Eに示されるように、少なくとも1つのラグは、後部末端においてリブ(11)の側面の各々に位置することになる。 Preferably, as shown in FIGS. 7B and 7E, at least one lug will be located on each side of the ribs (11) at the rear end. 保持歯止め(14)のこれら例示的構成が示すように、本明細書において使用される「突起ラグ」という用語は限定的に解釈されるべきではなく、ラグの正確な形状は、いくつかの特定の形状がたとえば効率的な保持または固定具の自発的な抜去の意味において様々な利点を有する場合もあるものの、たとえば平坦な歯止め面を提供する小型プレートと湾曲歯止め面を提供する小さいスタッドとの間、またはその他いずれかの変形例との間などで、異なってもよい。 As these exemplary configuration of the retaining pawl (14), the term "projection lug" as used herein should not be construed as limiting, the exact shape of the lug, some specific of but if also the shape has various advantages in the sense of the spontaneous removal of e.g. efficient retention or fixtures, and small studs to provide a small plate with a curved ratchet surface to provide, for example, flat pawl face during or other like between any variations, it may be different. 加えて、保持歯止め(14)は、最適な方法でインプラント内に固定具(1)を保持して椎骨に対して緊密にインプラントを保持するように、様々な配向を有することができる。 In addition, the holding pawl (14), as closely to hold the implant against the vertebrae to hold the fixture in the implant (1) in an optimal way, it is possible to have a different orientation. 固定具(1)上の異なる場所に位置する、いくつかの異なる保持歯止め(14)が設けられることも、可能である。 Located at different locations on the fixture (1), several different retaining pawl (14) that is provided is also possible. 固定具(1)およびインプラント(2)のいくつかの実施形態において、保持歯止め(14)および補完的歯止め(214)の形状は、たとえば陥凹と嵌合するラグを係止することによって、固定具の歯止め(14)がインプラントの歯止め(214)と結合または係合するように、設定されることが可能である。 In some embodiments of the fixture (1) and the implant (2), the shape of the retaining pawl (14) and complementary pawl (214), by locking lugs for example recessed mating, stationary as ingredients of the pawl (14) is bonded or engaged with pawl implant (214) is capable of being set. 非湾曲部によって接続された2つの湾曲プレートを備える固定具(1)の場合、または湾曲部を備える単一のプレートの場合(特にプロテーゼ固着の場合、各々が参照によって本願に組み込まれる仏国特許出願公開第2,879,436号明細書、国際公開第2006/120505号、および米国特許出願公開第2006/0136063号明細書など、鈎状)、この部分は、たとえばシャフトまたは通路(21)の入り口に位置する少なくとも1つの表面と協働する、保持歯止めの役割を果たすことができる。 For fixture comprises two curved plate connected by a non-curved section (1), or a single plate with the curved portion (particularly in the case of prosthesis fixation, French patent, each incorporated herein by reference Pat application Publication No. 2,879,436, WO 2006/120505, and U.S. Patent application Publication No. 2006/0136063 Pat like, hook-like), this part, for example a shaft or passageway (21) at least one surface cooperating with a position at the entrance, can serve retaining pawl. 固定装置(1)は、多くの実施形態において取り外し可能であり、椎骨内に埋め込まれ、椎骨の間に実装された後にインプラントと結合することが可能であり、これは固定具(1)による最終的な固着の前に、椎骨間のインプラントの位置の起こり得る調節を可能にする。 Fixing device (1) is removable in many embodiments, embedded within the vertebrae, it is possible to bind the implant after being mounted between the vertebrae, which is the final by fasteners (1) before specific fixation allows for the modulation that may occur in the position of the implant between the vertebrae. いくつかの実施形態において、保持歯止めは、椎骨から固定具(1)を、および必要であれば(たとえば、保持歯止め(14)の少なくとも一部に引っ張る道を提供する湾曲鈎または歯止め(214)の場合)インプラントも抜去するために、固定具(1)を引っ張るために使用されることが可能である。 In some embodiments, the retaining pawl fastener from a vertebra (1) if the, and necessary (e.g., curved hook or pawl to provide a way to pull at least a portion of the retaining pawl (14) (214) to also removed if) implants, can be used to pull fixture (1). 図7Eの例、および類似の構成は、リブ上以外のどこかに設けられることも可能であり(固定具はいかなるリブも含まないため、またはリブが後端の手前で停止するとき)、プレート(10)から突起する脚(またはラグ)上に構成され得ることに、留意する。 Example of FIG. 7E, and similar configurations, it is also possible to provided somewhere other than on the ribs (for fixture does not include any ribs, or when the rib is stopped in front of the rear end), the plate that may be configured on a leg which protrudes from the (10) (or lug), note. プレートから離れて(リブまたは突出脚を通じて)形成された歯止めもまた、特に入り口通路が抽出ツールによる接近のための陥凹を有する場合に、抜去のために固定具を引っ張るために使用されることが可能である。 Away from the plate (via the ribs or projecting-leg) were also formed pawl Further, especially when the inlet passage has a recess for access by extraction tool, that is used to pull the fastener for removal it is possible.

いくつかの実施形態において、固定具(1)の本体は、たとえばインプラント(2)上の少なくとも1つの補完的抜去歯止め(212)と協働することによって、インプラント(2)からの固定装置(1)の抜去に対抗する、少なくとも1つの抜去歯止めまたは締め具を含む。 In some embodiments, the body of the fixture (1) is, for example, securing device from the implant by at least one cooperating with complementary removal pawl (212) on (2), the implant (2) (1 to counteract withdrawal of), including at least one withdrawal pawl or fasteners. 抜去歯止めは、たとえば固定具の、またはインプラント(2)を備える固定具(1)を締結するためのその他の構造の後部末端に向かって実質的に配向されている、たとえば少なくとも1つの可撓性ラグ(12)(またはタブ)を含むラッチの形態を取ることができる。 Removal pawl, for example, fasteners, or are substantially oriented towards the rear end of the other structures for fastening the implant (2) fasteners comprise (1), such as at least one flexible it can take the form of a latch including a lug (12) (or tabs). 図14Aおよび図14Bに示されるように、様々な構成においてこれらのラグは、固定具がインプラント(2)の通路(21)内に入ることができるようにするために、(この例においてプレートの幅の中に、または本明細書に記載されるその他の例においてプレートの深さの中に、あるいは本明細書の別の例においてリブの幅または深さの中に向かって)後退するように設計されている。 As shown in FIGS. 14A and 14B, these lugs in various configurations, for the fixture to be able to enter into the implant passageway (2) (21), the plate in (this example in width, or in the depth of the plate in the other examples described herein, or in the other examples herein towards the inside of the width or depth of the ribs) to retract It has been designed. ラグの配向は、特に固定具(1)の本体の残部と比較して、脚(12)の望ましい間隔にしたがって、様々な実施形態に応じて異なってもよい。 Orientation of the lug, particularly compared to the rest of the body of the fixture (1), according to the desired spacing of the legs (12), it may be different according to various embodiments. いくつかの好適な構成において、ラグは可撓性である。 In some preferred configurations, the lug is flexible. ラグのこの可撓性は、その材料が実質的に剛性であってもラグが薄いということによって、および/または実質的に可撓性の材料によって、および/またはラグの形状によって、得られることが可能であることは、留意すべきである。 The flexible lug, it by the material is that the lugs may be substantially rigid thin, that and / or by a substantially flexible material, and / or the shape of the lug, the resulting it should be noted is possible. たとえば、ラグは、少なくとも1つの面またはインプラントのその他の保持構造と嵌合するために可撓性を強化するため、好ましくは実質的に湾曲した形状を有してもよい。 For example, the lug is to enhance flexibility for mating with other retaining structure of at least one face or implant, preferably have a substantially curved shape. 抜去歯止めは、後部末端に向かってのみ配向される必要はないが、ラグがインプラントの表面またはその他の構造と嵌合している構成では(たとえ長手軸と一致していなくても)、抜去の防止は通常このような配向によって促進されるので、その方向はここでは実質的にまたはほぼ後部末端に指定される。 Removal pawl need not be oriented only toward the rear end, in the configuration in which the lug is fitted with a surface or other structure of the implant (not need to match the example longitudinal axis), the removal prevention is usually because they are promoted by such an orientation, that direction is herein designated as substantially or nearly the rear end. 通路(21)の内壁(210)との接触がなくなるように固定具がインプラント内に一旦前進させられると、可撓性ラグ(12)が展開され、その位置からインプラントの補完的抜去歯止め(212)に隣接することができ、これは可撓性ラグ(12)の自由末端(122、図14A)を受容し、そうして固定具(1)の抜去を防止するか、または少なくとも固定具および/またはインプラントにかかる力の作用によって固定具(1)がインプラント(2)から出てくるのを防止するために配置された、少なくとも1つの歯止め面を含む。 When passage (21) of the inner wall (210) and the fixture so that the contact is eliminated in is caused to temporarily advanced into the implant, the flexible lug (12) is deployed, complementary withdrawal pawl implant from its position (212 ) to be able to neighbor, this free end (122 of the flexible lugs (12), receiving the Figure 14A), thus either preventing the removal of the fixture (1), or at least fasteners and / or fastener by the action of force on the implant (1) is arranged to prevent the coming out of the implant (2), comprising at least one pawl surfaces. プレート(10)の側面上に可撓性ラグを示す図面の大部分において、ならびに図14Aおよび図14Bで具体的に可視可能なように、可撓性ラグ(12)の自由末端(122、図14A)の一部は、(ラグが展開されているときに)歯止めを形成するように、プレート(10)の周囲(たとえば側面)を超えて延在し、その一方で、一般的にプレートに密着している可撓性ラグ(12)の取り付け末端(121、図14A)は好ましくは、通路(21)内への装置の挿入に対抗しないように、プレート(10)の周囲(たとえば側面)内に形成されることは、留意すべきである。 In most drawings showing a side flexible lugs on the plate (10), as well as concrete visible possible with FIGS 14A and 14B, the free ends of the flexible lugs (12) (122, FIG. some 14A), (so as to form a) pawl when the lug is expanded, extend beyond the periphery (e.g., side surfaces) of the plate (10), on the other hand, the generally plate mounting ends (121, FIG. 14A) of the contact to which the flexible lugs (12) are preferably passage so as not to oppose the insertion of the device into the (21) in the plate periphery (10) (e.g., side) be formed within should be noted. 「可撓性ラグ」は、ここでは非限定的に用いられており、固定具の残部を備える一片で形成された可撓性部分、または固定具の本体(10)に取り付けられた個別の可撓性片、もしくは関節領域で撓む固定具の本体(10)に取り付けられた片(可撓性または非可撓性のいずれか)を指してもよいことに、留意する。 "Flexible lugs" herein is used without limitation, flexible portion is formed in one piece with the remainder of the fixture or individual soluble attached to the body (10) of the fixture, fLEXIBLE piece or attached pieces (either flexible or non-flexible) to the body (10) of the fixture to flex the joint area that may refer to, be noted. これらの構成において、可撓性ラグ(12)は、インプラント内への固定具の挿入を妨げることなく容易に折り畳まれ、抜去歯止め(212)の少なくとも1つの表面と嵌合して隣接するために容易に展開される。 In these configurations, the flexible lug (12) is easily folded without interfering with the insertion of the fixture into the implant, in order to adjacent fitted with at least one surface of the removal pawl (212) It is easy to deploy. 通常、これら可撓性ラグの展開を妨害しないように、固定具が椎骨内に挿入されてしまうと、可撓性ラグ(12)は、骨組織と接触することのない部分で固定具上に位置することが、好ましい。 Usually, so as not to interfere with the deployment of these flexible lugs, the fastener from being inserted into a vertebra, the flexible lug (12) has, on a fixture at a portion having no possible contact with the bone tissue it is preferably located. しかしながら、別の構成において(たとえば図5D、図7B、図8Gに示されるものなど)、可撓性ラグは、インプラント(2)の上面または下面によって形成された抜去歯止め(212)上で停止されるために、通路内で展開されるように、固定具上で位置決めされることが可能である。 However, in another configuration (e.g. FIG. 5D, FIG. 7B, such as that shown in FIG. 8G), flexible lugs are stopped on the implant removal pawl (212) which is formed by the upper surface or lower surface of (2) in order, to be deployed in the passageway is capable of being positioned on the fixture. これらの例において、通路(21)の出口におけるラグの展開は骨組織によって妨害され得、これは、インプラントのより単純な構造、および潜在的により大きい構造的完全性など、このような構成が提供するその他の利点によって、相殺されてもよい。 In these examples, obtained lugs deployment at the outlet of the passage (21) is obstructed by bone tissue, which is more simple structure of the implant, and the like potentially greater structural integrity, such a structure is provided other advantages: to be offset. その例が図2Cおよび図2Eに示されている別の実施形態において、一旦固定具(1)が内部に挿入され、その後図15B、図15C、図15D、および特に図15Fにおいて具体的に見られるように、通路(21)が抜去歯止め(212)を形成する少なくとも1つの構造(たとえば陥凹面)を含むと、可撓性ラグは、インプラント内の通路(21)を超えて延在しないように、固定具内に位置決めされる。 In another embodiment, examples are shown in FIGS. 2C and FIG. 2E, once the fixture (1) is inserted therein, seen in detail in the subsequent Figure 15B, Figure 15C, Figure 15D, and in particular FIG. 15F as can be, to include at least one structural passage (21) forms a removal pawl (212) (e.g., recessed surface), flexible lugs, so as not to extend beyond the passage in the implant (21) to be positioned in a fixture. 通路の壁(210)はその後、固定具がインプラント内に完全に挿入されたときにこれらのラグ(12)が位置する抜去歯止め(212)を形成するために、所定部分にわたって拡大することは、理解される。 Rear wall (210) of the passage, to the fixture to form a removal pawl (212) in which these lugs (12) is located when it is fully inserted into the implant to expand for a predetermined portion, It is understood. このため、この例において、通路(21)の出口の寸法は、少なくとも通路の軸と平行ではない方向または軸に沿ったその入り口の寸法よりも、少なくとも1つの軸に沿って、より大きい。 Therefore, in this example, the dimension of the outlet of the passage (21), than the dimension of the inlet in the direction or axis not parallel to the at least passage axis, along at least one axis, larger. 抜去歯止め(212)は、通路の長手軸と平行に配向された軸に沿って、通路出口からの機械加工によって作られることが可能である。 Removal pawl (212), along an axis which is oriented parallel to the longitudinal axis of the passage, it can be made by machining from passage outlet. しかしながら、特定の変形例において、抜去歯止め(212)は、陥凹が出口を拡大することなく通路内に形成されるように、傾斜軸に沿って作られることも可能である。 However, in certain variations, removal pawl (212), as recesses are formed in the passage without expanding the outlet, it can be made along the inclined axis. 拡大通路出口の場合、通路(21)内の固定具(1)の遊びは、通路入り口によって、および/またはリブ(11)と(211)との間の協働によって、制限されたままとなる。 Play in the case of expansion passage outlet passage (21) in the fixture (1) is by the cooperation between the passage inlet and / or the rib (11) and (211), remains limited . 好ましくは、これらのラグは、抜去歯止め面(212)を形成するために通路(21)の出口から実現される深い陥凹を必要とするほど、後部末端に近く設けられることはない。 Preferably, these lugs are enough to require a deep recess to be realized from the outlet of the passage (21) to form a removal pawl face (212), not be provided near the rear end.

図13D、図13F、および図13Gは、プレートの側面上に、しかしプレート幅の方向に湾曲した固定具上にラグを含む、上述のものと類似の実施形態の一例を示す。 Figure 13D, Figure 13F, and Figure 13G is on the side of the plate, but including lugs on the fixture curved in the direction of the plate width, an example of a similar embodiment to that described above. これらの例の可撓性ラグは、プレートの側面(凹状および凸状)上に設けられている。 Flexible lugs of these examples is provided on the side surface of the plate (concave and convex). しかしながら、プレート幅の方向に湾曲した固定具(垂直配向の固定具)を用いる実施形態では、可撓性ラグ(12)はたとえば、プレートの側面上に(たとえば、リブ(11)の同じ側面または反対側に)、またはリブ(11)上に設けられることが可能であり、いずれの場合も本開示のいずれか別の箇所での説明による。 However, in embodiments employing fixture curved in the direction of the plate width (fixture vertical alignment), flexible lugs (12), for example, on the side of the plate (e.g., the same side of the rib (11) or on the opposite side), or ribs (11) is capable of being provided on, in accordance with the description either elsewhere also present disclosure cases.

固定具(1)およびインプラント(2)の特定の実施形態において、プレートの少なくとも片側に位置する代わりに(またはこれに加えて)、可撓性ラグ(12)は、プレートの表面のうちの少なくとも1つに位置することが可能である。 In certain embodiments of the fixture (1) and the implant (2), instead of located on at least one side of the plate (or in addition), the flexible lug (12) is at least of the surface of the plate It can be located in one. 図9A、図9B、および図9Cは、溝(11)のいずれかの側で、固定具(1)の凸面上に位置する可撓性ラグ(12)を備える、これらの実施形態の説明例を示す。 Figures 9A, 9B and 9C, is on either side of the groove (11) comprises a flexible lug located on the convex surface of the fixture (1) (12), an illustrative example of these embodiments It is shown. 当然ながら、これらのラグは、凹面上に、または両面上に設けられることが可能であり、あるいは単一のラグが1つまたは両方の面に設けられることも可能である。 Of course, these lugs are on the concave surface, or may be provided on both sides, or may be a single lug provided on one or both surfaces. いくつかの構成において、特にインプラント(2)の部分215(たとえば、図5E)のサイズが許容する場合、可撓性ラグ(12)は凹面上に設けられることが可能であり、部分(215)の内側または上面の抜去歯止め(212)と協働する。 In some configurations, in particular parts of the implant (2) 215 (e.g., Fig. 5E) where allowed by the size of the flexible lug (12) is capable of being provided on the concave surface, the portion (215) to the inside or removed cooperate with the pawl (212) of the upper surface of the. この場合、陥凹(240、図15F、図18D、図18F)もまた、本開示のいずれか別の箇所で説明されるように、可撓性ラグが解除され得るようにするため、通路のこの側面に設けられることが可能である。 In this case, depression (240, FIG. 15F, FIG. 18D, FIG. 18F) is also as described in any elsewhere in this disclosure, so that the flexible lugs can be released, the passage it is possible to be provided on the side surface.

これらの例において、一方では前部および後部末端の間で、および他方では面上で横方向に、ラグの位置は、変化することが可能であることに留意されたい。 In these examples, while between the front and rear ends, and laterally on the surface on the other, the position of the lug should be noted that it is possible to vary. 好ましくは、これらのラグは、先に説明されたように、抜去歯止め面(212)を形成するために通路(21)の出口から実現される(割かれる)深い陥凹が必要とされるほど後部末端の近くに設けられることはない。 Preferably, these lugs, as previously described, as is the (devoted are) deep recessed realized from the outlet of the passage (21) is required to form a removal pawl face (212) It not is provided near the rear end. 可撓性ラグ(12)の位置に応じて、抜去歯止め(212)は、インプラント上の様々な場所に形成されてもよい。 Depending on the position of the flexible lug (12), removal pawl (212) may be formed at various locations on the implant. たとえば、図9Aおよび図9Bのように後部末端に近いラグの場合、抜去歯止め(212)は、通路(21)の壁(210)内に形成された、たとえば図9Fに示されるような陥凹によって形成されてもよい:図9Aの場合の通路の側面付近の陥凹、または図9Bの場合の溝に隣接する陥凹のいずれでもよい。 For example, if the lug close to the rear end as shown in FIGS. 9A and 9B, removal pawl (212) is formed in the passageway (21) wall (210) of, for example, as shown in FIG. 9F recess it may be formed by: recess of the vicinity of the side surface of the passageway when in FIG. 9A, or may be any of recessed adjacent to the groove in the case of FIG. 9B. 図9Cの例のように、後部末端から離れて設けられたラグは、図9Gに示されるように、通路の外側の表面と嵌合することができる。 As in the example of FIG. 9C, the lug which is provided apart from the rear end, as shown in FIG. 9G, it is possible to fit the outer surface of the passageway.

特定の実施形態において、プレートの少なくとも1つの側面または少なくとも1つの面上に位置する代わりに(またはこれに加えて)、ラグ(12)は、リブ(11)の頂点上、または少なくとも1つの側面上に、位置することができる。 In certain embodiments, instead of positioned on at least one side or at least one face of the plate (or in addition), the lug (12), a vertex on, or at least one side of the rib (11) above, it can be positioned. 図10A、図10B、および図10Cは、これら実施形態の説明例を示す。 10A, 10B and FIG. 10C, shows an illustrative example of these embodiments. 図10Aにおいて、リブ(11)は、リブの側面を超えて延在する2つの可撓性ラグ(12)を含む。 In FIG. 10A, the rib (11) comprises two flexible lugs extending beyond the side surfaces of the ribs (12). これら2つのラグは好ましくは、折り畳まれたときにリブの幅の範囲内、またはこれに近いサイズとなる。 These two lugs preferably, a size close within the rib width, or to when folded. 図10Bでは、長手軸において互いにずらされたこの構成において、リブは両側に1つのラグを含む。 In FIG. 10B, in this configuration offset from one another in the longitudinal axis, the ribs including one lug on each side. これらのラグはまた、一旦折り畳まれたら、リブの幅に近い、またはこれを超えない寸法を、有してもよい。 These lugs can also be once folded, close to the width of the ribs, or the size does not exceed this may have. 図10Bの例において、これらのラグはリブ(11)ほど高くないが、しかしこれらは同じ位、またはもっと高くてもよい。 In the example of FIG. 10B, although these lugs is not high enough ribs (11), but these are the same position, or may be much higher. 図10Cの2つの例において、ラグは、様々な位置で、リブの頂点に形成されている:上部固定具のラグは、底部固定具のラグよりも、後部末端から離れて位置している。 In two examples of FIG. 10C, rugs, at various locations, and is formed at the apex of the ribs: lug of the upper fixture than the lug of the bottom fixture, it is positioned away from the rear end. これらの例において、ラグは好ましくはリブのレベルを超えないサイズであるが、しかしこれらは様々な寸法または構成を有することができる。 In these examples, the lug is preferably a size that does not exceed the level of the ribs, but they may have different dimensions or configurations.

これらの構成のほとんどにおいて、抜去歯止め(212)は、インプラント内に設けられており、固定具上のその位置およびその配向に応じて、可撓性ラグと協働するように配置されている。 In most of these configurations, removal pawl (212) is provided in the implant, in accordance with its position and its orientation on the fixture, which is arranged to cooperate with a flexible lug. たとえば、図10Gにおいて、図10Aの固定具は通路(21)の外側に隣接しており、抜去歯止め(212)は、溝(211)の出口の片側に表面によって形成された内部空洞(26)を有する椎体間ケージのこの例において、ケージ内の空洞の内側にある。 For example, in FIG. 10G, the fixture of Figure 10A is adjacent to the outside of the passage (21), removal pawl (212), the groove internal cavity formed by the one side surface of the outlet of the (211) (26) in this example of the intersomatic cage having, inside the cavity of the cage. 図10Hにおいて、図10Bの固定具(1)の2つのずれたラグは、ケージ内の空洞の内側で、溝(211)の出口において表面上で、後部末端に近いものについて(図10Hの上のもの)、および後部末端から離れているものについて、溝(211)に沿った陥凹内で、停止されることになる。 In FIG. 10H, 2 two offset lugs of the fixture of FIG. 10B (1) is inside the cavity of the cage, on the surface at the outlet of the groove (211), the close to the rear end (the top in FIG. 10H ones), and for those that are away from the rear end, in a recess along the groove (211), it will be stopped. 同様に、図10Iの例において、長手軸に沿ったラグの位置に応じて、陥凹は、抜去歯止め(212)を形成するために溝(211)に沿って設けられることになるが(図10Iの底部固定具を参照)、しかし後部末端から遠いラグについては、図10Iの上部のものと同様に、抜去歯止め(212)は、ケージ内の空洞の内側で、溝(211)の出口において表面によって形成されることになる。 Similarly, in the example of FIG. 10I, depending on the position of the lug along the longitudinal axis, recesses, which will be provided along the groove (211) to form a removal pawl (212) (FIG. Referring to the bottom fixture 10I), the furthest lugs from the rear end, however, similar to that of the upper part of FIG. 10I, removal pawl (212), inside the cavity of the cage, at the exit of the groove (211) It will be formed by the surface.

陥凹がラグの展開のために作られなければならないように、可撓性ラグが後部末端から距離を置いて位置するこれら様々な実施形態において、こうして形成された抜去歯止め(212)は、特に図10Iの底部固定具の例においてわかるように、または図9Fの両方の固定具上であまり拘束力されない方法で(たとえば、より大きい陥凹を用いて)、可撓性ラグ(12)の自由末端がそのうちの1つの上で静止して固定具の抜去に対抗するように、そして固定具(1)がインプラントからのその抜去を引き起こす傾向がある力に曝されたときに、別の表面がラグの変形を抑制するように、ともに(好ましくは90°に近い)ある角度を形成する、2つの歯止め面を有するために配置されることが可能であることに、留意する。 As recessed must be made for the lug deployment, in these various embodiments the flexible lug is located at a distance from the rear end, thus formed removed pawl (212), in particular as can be seen in the example of the bottom fixture of FIG. 10I, or on both the fixture of FIG. 9F at less not binding method (e.g., using a larger recess), free of the flexible lugs (12) as end against the removal of the stationary and the fixture on one of them, and when the fastener (1) is exposed to forces that tend to cause its removal from the implant, a different surface so as to suppress the deformation of the lugs, together form an angle (preferably close to 90 °), that is capable of being positioned in order to have two pawl surface is noted. ラグ(12)が固定具(1)の凸面または凹面上で可撓性であり、インプラント内の陥凹と協働する実施形態において、ラグ(12)は、インプラント内のその歯止めの深さよりも長い距離だけ固定具の本体から離れて、可撓性に作られることが可能なので、これらはインプラントに力を印加し、固定具(1)の安定化に役立ち、インプラント(2)内のその遊びを制限するが、これは、通路(21)が固定具よりも大きいレベルを有するときに、特に通路が直線であるときに、特に有利になり得ることにも、留意する。 Lug (12) is flexible on the convex or concave fixture (1), in an embodiment which cooperates with recess in the implant, the lug (12) than the depth of the pawl in the implant apart from the body of long distance fixtures, so that can be made flexible, they apply a force to the implant, help stabilize the fixture (1), the play in the implant (2) to restrict, but this is, when passage is (21) having a greater level than the fixture, especially when the passage is straight, also be obtained be particularly advantageous is noted.

特定の実施形態において、ラグの自由末端は、好ましくは固定具を有利な方法で保持するための抜去歯止め面(212)の配向に応じて設けられた角度を備えて、図10Gおよび図13Fにおいて特に見られるように、傾斜していてもよい。 In certain embodiments, the free ends of the lugs are preferably provided with an angle provided in accordance with the orientation of the removal ratchet surface (212) for holding the fixture in an advantageous manner, in FIGS. 10G and FIG. 13F in particular, as can be seen, it may be inclined. 自由末端はまた、たとえば、図解目的のため、ラグ(12)の展開が自由末端の直線的形状によって妨害される危険を冒すように見える、図9Fの場合など、ラグ(12)および抜去歯止め(212)の厳しい調節(またはアライメント)にもかかわらず、ラグ(12)の展開を容易にするために傾斜していてもよい。 Free end also, for example, for illustrative purposes, appear to run the risk of development of lugs (12) is disturbed by the linear shape of the free end, such as in the case of FIG. 9F, the lug (12) and removal pawl ( severe regulation (or alignment) in spite of the 212), may be inclined to facilitate the deployment of the lug (12). 通常、特に有利な構成のため、抜去歯止め(212)の位置、および可撓性ラグの自由末端を受容するその歯止め面の配向は、固定具(1)の可撓性ラグ(12)の位置、および可撓性ラグ(12)の自由末端の形状に依存し、その逆もまた同じである。 Usually, particularly advantageous arrangement, the position of the removal pawl (212), and the orientation of the pawl face for receiving the free ends of the flexible lugs, the position of the flexible lug (12) of the fixture (1) , and the flexible lug (12) depending on the shape of the free end of, and vice versa.

本開示において言及されるように、固定具(1)の様々な構成は、固定具の本体を超えて突起して、通路(21)内の固定具の挿入を妨害しないように、可撓性ラグが完全に折り畳まれることを可能にする、陥凹を含んでもよい。 As referred to in this disclosure, the various configurations of the fastener (1) is projecting beyond the body of the fixture, so as not to interfere with the insertion of the fixture in the passageway (21), flexible lugs allow it to be folded completely, may comprise a recess. たとえば図14Aおよび図14Bに示されるように、可撓性ラグ(12)が固定具の側面上に位置する実施形態において、この陥凹は、固定具(1)の本体の残部に沿ってよりもラグ(12)におけるプレート(10)のより細い幅によって、形成されてもよい。 For example, as shown in FIGS. 14A and 14B, in the embodiment the flexible lug (12) is located on the side of the fixture, and more this recess along the remainder of the body of the fixture (1) the thinner the width of the plate (10) in even lug (12) may be formed. たとえば図9A、図9B、および図9Cに示されるように、可撓性ラグ(12)が固定具の湾曲プレート(10)の表面(凹状または凸状)のうちの少なくとも1つに位置する実施形態において、この陥凹は、固定具(1)の本体の残部に沿ってよりも、ラグ(12)におけるプレート(10)のより細い部分によって、形成されてもよい。 For example, FIG. 9A, as shown in FIGS. 9B and 9C,, carried the flexible lug (12) is located on at least one of the surfaces (concave or convex) curved plate of the fixture (10) in embodiments, the recess, rather than along the remainder of the body of the fixture (1), the thinner portion of the plate (10) in the lag (12), may be formed. 可撓性ラグがリブ(11)上に位置する実施形態において、折り畳まれた可撓性ラグ(12)のサイズ(レベルまたは幅)は、通路(21)内への固定具(1)の挿入を妨害しないように、それぞれリブ(11)のレベルまたは幅よりも小さい。 In embodiments where the flexible lug is positioned on the rib (11), the size (level or width) of the folded flexible lugs (12), the insertion of the fixture into the passage (21) in (1) the so as not to interfere with, smaller than the level or the width of each rib (11).

本明細書において説明される可撓性ラグ(12)の例より、多くの変形例が可能であること、ならびに図面を参照して本明細書に記載される例示的および非限定的な例が、これらの可能性の多様性を説明するのに役立つことは、理解される。 Than Examples of flexible lugs which are described herein (12), it is capable of many variations, as well as exemplary and non-limiting examples are described herein by reference to the drawings it is understood that help to explain these possibilities diversity. 特定の構成は他の構成よりも有利であるかもしれないが、本明細書に記載されるものの中間を含む、いかなる極端なまたは中間的な構成も、本発明の範囲に含まれる。 While the particular configuration might be advantageous over other configurations, including an intermediate of those described herein, any extreme or intermediate structure, are within the scope of the present invention.

固定具(1)の特定の実施形態において、本体は、椎骨内に一旦埋め込まれたら装置(1)の抜去に対抗するように配向された、刻み目(16)を備えて構成されてもよい。 In certain embodiments of the fixture (1), the body was oriented to oppose the withdrawal of the once implanted into a vertebra device (1), may be configured with a notch (16). 好ましくは、これらの刻み目は、固定具がインプラント内に完全に挿入されたときに通路から現れるように設計されている、固定具(1)の本体の部分に沿ってのみ、存在することになる。 Preferably, these indentations, so that the fixture only along a portion of the body of which is designed to emerge from the passageway when it is fully inserted into the implant fixture (1), there . 図2H、図6D、および図8Fに示される非限定例から特にわかることができるように、これらの刻み目(16)は、数、サイズ、および形状において異なることが可能である。 Figure 2H, to be able to be seen particularly from a non-limiting example shown in FIG. 6D, and FIG. 8F, these notches (16) may be a different number, size, and the shape.

固定装置(1)の特定の実施形態において、プレート(10)を通る少なくとも1つの開口部(17)は、図2Hおよび図6Dに示される非限定例において特にわかるように、装置(1)が一旦埋め込まれたら、骨が開口部を通じて成長できるようにする。 In certain embodiments of the fixation device (1), the plate at least one opening through (10) (17), as seen particularly in a non-limiting example shown in FIGS. 2H and FIG. 6D, apparatus (1) Once embedded, bone to be able to grow through the opening. このような開口部(17)は、骨組織がプレート(10)を通じて成長できるようにすることによって、一旦骨接合が完了したら、固定具(1)が椎骨から出てくるのを抑制する。 Such opening (17), by the bone tissue to be able to grow through the plate (10), once the osteosynthesis is complete, restrain the fixture (1) emerges from the vertebrae. いくつかの実施形態において、リブ(11)は、開口部(17)によって生じる可能性のあるプレート(10)のいかなる構造的脆弱性も有利に緩和させるために、使用されてよい。 In some embodiments, the ribs (11), to any structural vulnerability plate that may be caused by the opening (17) (10) also be advantageously alleviated, may be used.

特定の実施形態において、固定具を容易に抜去する能力が好ましく、それらの実施形態において、開口部(17)および/または刻み目(16)は一般的に望ましくないだろう。 In certain embodiments, preferably the ability to easily withdrawn fastener, in those embodiments, the openings (17) and / or indentations (16) will generally undesirable. 本明細書に記載される特定の実施形態は、固定具(1)の取り出しを可能にする少なくとも1つの機構を含み、それらの実施形態において、開口部(17)のサイズは、本明細書に記載される手段によって固定具(1)の抜去を妨害することなく固定具(1)を保持する役割を果たすことができるように、制限されてもよい。 The specific embodiments described herein, includes at least one mechanism to allow removal of the fixture (1), in those embodiments, the size of the opening (17), herein fixture by means described (1) fasteners without interfering with the removal of the (1) so that it can serve to hold the may be limited. 同様に、刻み目(16)の形状およびサイズもまた、本明細書に記載される機構によって意図的な抜去を可能にしながら、固定具(1)の自然な抜去に対抗するように適合されることができる。 Similarly, the shape and size of the indentations (16) also while allowing intentional removal by a mechanism as described herein, be adapted to counteract the natural removal of the fixture (1) can. これらの実施形態はこのように、必ずしも排他的ではなく、開口部(17)のサイズおよび/または刻み目(16)の形状およびサイズに依存している。 These embodiments thus not necessarily exclusive, depends on the shape and size of the size and / or indentations of the opening (17) (16).

特定の実施形態において、固定具(1)(および/またはインプラント)は、必要であれば固定具抽出ツールを用いて、インプラントおよび椎骨からの固定具の意図的な抜去を容易にする、抜去機構を含む。 In certain embodiments, the fixture (1) (and / or implant), by using the fastener extraction tool, if necessary, to facilitate intentional removal of the fixture from the implant and vertebral, removal mechanism including. 固定装置(1)を抽出するためのツールは、たとえば、陥凹内に貫通して、シャフト上で引っ張ることによって固定具の抜去を可能にするように、その末端で湾曲している(鉤のように)シャフトなど、様々な形状を有することができる。 Tools for extracting fixing device (1), for example, through in recess, to allow removal of the fastener by pulling on the shaft is curved at its end (hook of etc. as) shafts, can have a variety of shapes. たとえば、特定の実施形態において、保持歯止め(14)は、固定具(1)の抜去を容易にするための止め具を備えて構成されてもよい。 For example, in certain embodiments, the holding pawl (14) may be configured with a stop to facilitate removal of the fixture (1). これら実施形態のうちのいくつかにおいて、このような止め具は、その上で接触するようになるインプラント(2)の補完的歯止め(214)よりも広い保持歯止め(14)によって得られることが可能である。 In some of these embodiments, such holdfast, can be obtained by a wide retaining pawl (14) than the complementary pawl of the implant (2) come into contact on its (214) it is. 補完的歯止め(214)またはインプラント(2)のその付近の領域は、保持歯止め(14)上で引っ張るための固定具抽出ツールの挿入を可能にする、空間または間隙を備えて構成されてもよい。 Region near its complementary pawl (214) or implant (2) allows for insertion of fasteners extraction tool for pulling on the holding pawl (14), it may be configured with a space or gap . 固定具(1)が、固定具(1)の抜去に対抗する少なくとも1つの抜去歯止めまたはラッチを含むとき、この歯止めまたはラッチは、解放されて固定具(1)の抜去を可能にするように、構成されることが可能である。 Fixture (1) is, when they contain at least one withdrawal pawl or latch against the removal of the fixture (1), the pawl or latch, to allow removal of the fastener is released (1) , it can be configured. たとえば、可撓性ラグ(12)の自由末端は、インプラント(2)の末端に現れるチャネルを通じて、インプラント(2)の抜去歯止め(212)から解放されることが可能なように、構成されてもよい。 For example, the free ends of the flexible lugs (12), through the channel appearing in the end of the implant (2), such that it can be released from removal pawl of the implant (2) (212), be constituted good. 可撓性ラグ(12)が後部末端付近に設けられた構成では、可撓性ラグ(12)の位置に応じて、たとえば後部壁から抜去歯止め(212)までのインプラントの部分を通じて、たとえば一般的には溝(211)の隣、または通路(21)の隣に、チャネルが設けられてもよい。 The flexible lug (12) is provided near the rear end configuration, flexibility in accordance with the position of the lug (12), for example, through part of the implant from the rear wall to the removal pawl (212), for example, general the next to next to the groove (211) or passages (21), may be the channel is provided. たとえば、図15F、図18D、および図18Fは、通路(21)の入り口に現れる陥凹(240)の例を示しており、たとえばそれぞれ図11Bおよび図18A(および図18B)に示されるもののような固定具の可撓性ラグ(12)を解放するために、および/または図8Eに示されるもののような保持歯止め(14)または本明細書のいずれか別の箇所で説明されるようなその他の機構を引っ張るために、その内部に固定具抽出ツールが挿入される。 For example, FIG. 15F, FIG. 18D, and FIG. 18F, the passage (21) shows an example of a recess appearing in the entrance (240) of, for example, as that shown in FIGS. 11B and 18A (and Fig. 18B) to release the flexible lugs Do fixture (12), and / or holding pawl (14) such as that shown in Figure 8E, or other as described elsewhere elsewhere herein to pull the mechanism, the fastener extraction tool is inserted therein. 本明細書のいずれか別の箇所に記載されるその他の実施形態は、インプラント(2)内にこのような陥凹(240)またはチャネルを必要としない機構を用いて、可撓性ラグ(12)の解放または解除を可能にする。 Other embodiments described in any elsewhere herein, using a mechanism that does not require such recess (240) or channels in the implant (2), flexible lugs (12 ) to allow for the release or release. 特定の実施形態において、固定具(1)の本体は、後部末端付近に、固定具(1)を抽出するためのツールを受容するために配置され、引き上げることによって固定具を抜去できるようにする、少なくとも1つの陥凹(40)を含む。 In certain embodiments, the body of the fixture (1) is in the vicinity of the rear end is arranged to receive a tool for extracting fixture (1), to be withdrawn fixture by pulling comprises at least one recess (40). 図6D、図6E、図6F、および図6Gは、後部末端付近の、プレート(10)を通じて形成された、このような陥凹(40)の例を示す。 FIG. 6D, FIG. 6E, FIG. 6F, and FIG. 6G, near the rear end, which is formed through the plate (10) shows an example of such a recess (40). 特定の実施形態(図示せず)において、陥凹(40)は、たとえば後部末端付近で、リブ内に形成されることが可能である。 In a particular embodiment (not shown), recess (40), for example near the rear end, is capable of being formed in the rib. 固定具(1)のプレート(10)またはリブ(11)にあるこのような陥凹(40)は、通路(21)の入り口のインプラントの構成によれば、図15Fに示されるものなどの陥凹(240)によって、アクセス可能にされ得る。 Such recesses in the plate of the fixture (1) (10) or ribs (11) (40), according to the configuration of the entrance of the implant passageway (21), Recessed such as that shown in FIG. 15F the concave (240), can be made accessible. 図6D、図6F、および図6Gにおいて、リブ(11)は、固定具(1)内にこのような陥凹(40)を設けるのに十分な空間を残すように、固定具の後部末端まで延在しない。 FIG. 6D, FIG. 6F, and in FIG. 6G, the ribs (11), to leave sufficient space for providing such a recess (40) in the fixture (1) in until the rear end of the fixture It does not extend. 図6Eの例では、リブは後部末端まで延在するが、しかし陥凹(40)はリブの少なくとも片側に(図示される例では両側に)形成されることになる。 In the example of FIG 6E, the rib is extending to the rear end, but recessed (40) is (both sides in the example shown) being formed at least on one side of the rib. 図6Gの例では、固定具の陥凹(40)は、図6D、図6E、および図6Fの例で通常使用されるように、抽出ツールの導入のためにインプラント(2)内の陥凹(240)に依存することなく、ツールが固定具の抜去のために陥凹(40)に直接アクセスすることができるように、後部末端上で開放している。 In the example of FIG. 6G, recessed fixture (40), FIG. 6D, FIG. 6E, and as is commonly used in the example of FIG. 6F, recessed within the implant (2) for the introduction of extraction tool without depending on (240), to enable the tool to directly access the recess (40) for removal of the fixture, it is open on the rear end. 開放しているとは言え、今なおもこの陥凹(40)は、椎骨から抜去するために後部末端に向かって固定具を引っ張るため、後部末端を支える止め具面を提供する。 It said that open, now still the recess (40), for pulling the fastener toward the rear end to be withdrawn from the vertebra and provides a stop surface to support the rear end. 図15Fにおいて、これは可撓性ラグ(12)を解除するためのツールの挿入のための陥凹(240)を含むので、図11Bのタイプの固定具、ならびに図11F、図10C、および図12に示される装置のいくつかの構成を受容するように構成されたインプラント(2)が示されている。 In Figure 15F, since it includes a recess (240) for insertion of a tool for releasing the flexible lug (12), the type of fastener FIG. 11B, and FIG. 11F, FIG. 10C, and FIG. configured implants (2) is shown to receive a number of configurations of the apparatus shown in 12.

特定の実施形態において、固定装置(1)は、インプラントの通路(21)内でこれを安定化させるのを支援することになる機構を含む。 In certain embodiments, the fixation device (1) includes a mechanism that will help to stabilize it in the implant passageway (21). 特定の実施形態において、たとえば、その曲率にもかかわらず固定具(1)の変形を伴わずに、インプラントの直線通路を通るために、湾曲固定具が提供される。 In certain embodiments, for example, without deformation of the fixture (1) despite its curvature, in order to pass through the straight passage of the implant, the bending fixture is provided. 直線通路(21)を備えるインプラント(2)のこれらの実施形態は、湾曲通路(21)を備えるインプラント(2)の実施形態よりも、作るのが容易で安価である。 These embodiments of the implant (2) comprises a straight passage (21), than in the embodiment of the implant (2) having a curved passage (21), which is cheap and easy to make. しかしながら、湾曲固定具が直線通路を通るためには、通路(21)のレベルは、(プレート深さの方向に湾曲した)水平配向の固定具の実施形態におけるプレート(10)の厚みよりも少なくともわずかに大きくなければならず、または(プレート幅の方向に湾曲した)垂直配向の固定具の実施形態におけるプレート(10)の幅よりも大きくなければならない。 However, in order to bend fasteners through the straight path, the level of the passage (21), at least than the thickness of the (curved plate depth direction) plate in an embodiment of the fixture in the horizontal orientation (10) should be slightly larger, or (curved in the direction of plate width) must be greater than the width of the plate (10) in the embodiment of the fixture in the vertical orientation. しかし、固定具は、少なくとも椎骨から固定具を飛び出させる傾向がある固定具(および/またはインプラント)の移動を防止するために、インプラント(2)の通路(21)内にほとんどまたはまったく遊びを有していないことが、好ましい。 However, fixture, Yes to prevent movement of the fastener tending to pop the fixture from at least vertebra (and / or implant), little or no play in the passage (21) in the implant (2) it is preferable not to. 本開示のいずれか別の箇所に記されるように、いくつかの構成における固定具の本体は、2つの末端(前部および後部)の間に様々な曲率半径を有することができる。 As noted in any elsewhere in this disclosure, the main body of the fixture in some configurations may have different radii of curvature between the two ends (front and rear). 特定の実施形態において、後部末端における固定装置(1)の曲率は、インプラント(2)上の固定装置(1)の保持を改善するのに十分なほど、通路(21)の壁(210)と嵌合するように構成されることが可能である。 In certain embodiments, the curvature of the fixing device at the rear end (1) is enough to improve the retention of the implant (2) on the securing device (1), the wall (210) of the passageway (21) it can be configured to fit. 特定の実施形態において、リブ(11)は、その頂点に(すなわちその上面、プレートと反対側の面に)、および後部末端付近の部分(111)に、インプラント(2)の通路(21)の溝(211)の底部の平坦面との締まり嵌めを用いてインプラント(2)内の装置(1)の遊びを制限する平坦面(111a、図6B、図6C)を含んでもよい。 In certain embodiments, the ribs (11) has its vertex (i.e. its upper surface, to the plane of the plate opposite), and the portion (111) near the rear end, the implant (2) passage (21) flat surface for limiting the play of grooves device within the implant (2) with an interference fit between the flat surface of the bottom of (211) (1) (111a, FIG. 6B, FIG. 6C) may contain. これら実施形態の特定の変形例において、本体は、後部末端に近い部分(110)で、リブ(11)を備えるものと反対の面上に、図6Bに示されるように、リブの平坦面(111a)との締まり嵌めを用いてインプラント(2)の通路(21)内の装置の遊びを制限する平坦面(110b)を有する。 In certain variations of these embodiments, the body, the portion (110) closer to the rear end, on the surface opposite to that provided with the rib (11), as shown in FIG. 6B, the flat surfaces of the ribs ( with an implant (flat surface limiting the clearance of the device in the passageway of 2) (21) (110b) with an interference fit with 111a). 別の実施形態において、本体の湾曲プレート(10)は、プレート(10)の残部よりもわずかに厚いことによって直線プレートの平坦面(110a、110b、図6A、図6C)がインプラント(2)の通路(21)内の装置の遊びを制限する直線プレートによって、後部末端付近の部分(110)に延在している。 In another embodiment, the curved plate of the main body (10), the plate flat surface of the straight plate by slightly thicker than the remainder of (10) (110a, 110b, FIG. 6A, FIG. 6C) is implants (2) by linear plate limiting the play of the device in the passageway (21), it extends to the portion (110) near the rear end. 図6Cは、リブ(11)の平坦面(111a)を備えるプレート(10)のこれら平坦面(110a、110b)の組み合わせを示している。 Figure 6C illustrates the combination of these flat surfaces of the ribs flat surface (11) (111a) plates (10) comprising (110a, 110b). 後部末端に近い部分(111および110)はおおむね通路(21)の全長に最大限対応しているが、しかし長すぎると通路(21)を通じての固定具の挿入が抑制され得るので、これらはより短い方が好ましい。 Although the portion near the rear end (111 and 110) are to maximize the total length of roughly passage (21), but since too long insertion of the fastener through the passage (21) can be suppressed, they more shorter is preferred. インプラントを通じて椎骨内に固定具(1)を挿入するための器具(たとえば3、4)(本開示のいずれか別の箇所に記載される)は、本発明の潜在的な対象であり、したがって、固定具(1)はこの器具(3、4)を通るように構成されることが、好ましい。 Instrument for inserting the fastener into the vertebra (1) through the implant (e.g., 3, 4) (described in any elsewhere in this disclosure) is a potential target of the present invention, therefore, fixture (1) is to be configured to pass through the instrument (3, 4) are preferred. このため、好ましくは固定具の長さの一部における、可能であれば平坦な肥厚部は、器具の内部におよびこれを通じての固定具の案内を、妨害しない。 Therefore, preferably in a portion of the length of the fixture, flat thickenings if possible, the guide of the fixture of the interior of the instrument and through which do not interfere. このため、様々な実施形態において、固定具は、たとえば図6D、図6E、図6F、図6G、図14C、および図14Eに示されるような、通常はプレート(10)の幅よりも狭い幅だが、およびプレート(10)の残部よりも大きい厚みを有する、少なくとも1つの肥厚安定化部(20)によって、通路内で安定化されてもよい。 In Therefore, various embodiments, fixture, for example FIG. 6D, FIG. 6E, FIG. 6F, FIG. 6G, FIG. 14C, and as shown in FIG. 14E, narrower than the width of the normal plate (10) But, and it has a thickness greater than the remainder of the plate (10), by at least one thickening stabilizer (20) may be stabilized in the passage. 安定化部(20)は、保持歯止め(14)がインプラントの補完的歯止め(214)上で停止するのを防止すべきではないので、これら保持歯止めがプレートの面のうちの1つに形成されるとき、安定化部(20)は好ましくはこのため保持歯止め(14)を含むのと反対側の面に位置することになり、これがその停止機能を改善する。 Stabilizer (20) is the holding pawl (14) should not be prevented from stopping on complementary pawl of the implant (214), these retaining pawl is formed on one face of the plate Rutoki, stabilizer (20) is preferably will be positioned on the opposite side as including Accordingly retaining pawl (14), which improves its stop function. また、様々な要素の構成に応じたいくつかの実施形態において、安定化部(20)は、特にリブ(11)の平坦面(111a)と組み合わせてこの安定化部を使用することが好ましい場合に、その溝内のリブのより良好な嵌合を提供するために、リブを含むのと反対側の面にあることが、好ましい。 Further, in some embodiments in accordance with the arrangement of the various elements, stabilizer (20), especially if it is preferable that in combination with the flat surface of the rib (11) (111a) using the stabilizing unit in order to provide a better fit of the rib within the groove, that is on the opposite side as including ribs, preferred. 固定具(1)が安定化部(20)および抜去のための陥凹(40)を組み込む場合、特に図6D、図6E、図6F、および図6Gに見られるように、部分(20)は好ましくは、固定具(1)の抜去のための陥凹(40)へのアクセスを容易にするために、固定具の後部末端まで延在しないことに、留意する。 If the fixture (1) incorporates a recess (40) for the stabilizer (20) and removal, in particular FIG. 6D, FIG. 6E, FIG. 6F, and as seen in FIG. 6G, the portion (20) preferably, in order to facilitate access to recess (40) for removal of the fixture (1), that do not extend to the rear end of the fixture is noted. 固定具(1)の様々な構成の挿入の間、厚みの増加があまりに急激である場合には、安定化部は、固定具の通路を妨害する場合がある。 During the insertion of the various configurations of the fastener (1), if the increase in thickness is too rapid, the stabilizer may interfere with passage of the fixture. このため、安定化部(20)は、通路(21)内で固定具(1)を押さえる最適な厚みまでの漸次的な厚みの増加を提供するように、たとえば図6D、図6E、図6F、図6G、図14Cおよび図14Eに見られるように、実質的に前部末端に向かって、プレートと合流する場所に、少なくとも1つの面取りを含んでもよく、こうしてその遊びを制限する。 Therefore, stabilizer (20) so as to provide an increase in gradual thickness to an optimum thickness for pressing passage (21) in a fixture (1), for example FIG. 6D, FIG. 6E, FIG. 6F FIG 6G, as seen in FIGS. 14C and FIG. 14E, substantially toward the front end, in a location that merges with the plate may include at least one chamfered, thus limiting its clearance. 同様に、上述の平坦面(110a、110b、111a)も漸次的に一体化されることが可能である。 Similarly, the flat surfaces of the above (110a, 110b, 111a) is also capable of being progressively integrated. いくつかの構成において、特に平坦面(111a)の場合、単体であろうが別の平坦面または安定化部と組み合わせであろうと、リブのレベルは、リブ(11)のこの部分(111)がインプラント(2)内で固定具(1)を安定化するのに役立つように、リブの残部よりも後部末端に近い部分(111)の方が高くてもよい。 In some configurations, especially flat surface (111a), when it would be alone it would be combined with another flat surface or stabilization unit, the level of the ribs, this part (111) of the ribs (11) implant (2) in a fixture (1) to help stabilize may higher in the portion (111) closer to the rear end than the ribs of the remainder. 完全に除去することなく遊びを制限するように、肥厚部(20または110)の厚みは好ましくはやはり通路(21)のレベルよりもわずかに小さい(および/または部分(111)におけるリブのレベルは補完的溝(211)の深さよりもわずかに小さい)ことにも、留意する。 To limit the play without complete removal, the level of the rib in the thickness preferably is slightly smaller than the still level of the passage (21) (and / or partial (111) of the thickened portion (20 or 110) than the depth of the complementary grooves (211) in slightly smaller) it is noted. とは言うものの、特定の変形例において、この厚み(および/またはレベル)は、とりわけその材料(たとえばPEEKなど)がわずかな変形(たとえば図5Eに示されるケージの部分(215)の変形)を許容する椎体間ケージの場合に、通路(21)のレベル(および/またはぞれぞれ溝の深さ)と等しく、あるいはこれより多少大きくなる。 That said, in certain variations, the thickness (and / or level), especially the material (e.g., PEEK, etc.) is a slight modification (e.g. deformed portion (215) of the cage shown in FIG. 5E) If the allowable intersomatic cage, equal passage level (and / or respective respective depth of the groove) (21), or slightly larger than this.

本願は、リブを含まない固定具(1)などの対象の様々な実施形態を想定しており、ここで固定具(1)は湾曲しているが通路(21)は直線(および固定具のレベルよりも高い)であり、プレート(10)は安定化部(20)および/または本開示に記載される平坦面(110a、110b)を有する部分のうちの少なくとも1つを含む。 This application is a fixture that does not include ribs (1) assumes the various embodiments of the subject, such as, where the fixture (1) is curved passageway (21) of the straight line (and fasteners is higher than the level), the plate (10) comprises at least one of a portion having a flat surface as described stabilizer (20) and / or the present disclosure (110a, 110b). するとこのような固定具に結びつけられてもよいインプラントおよび器具は、溝(211、3011)を含む必要がない。 Then good implants and instruments be associated with such fasteners need not include a groove (211,3011). これらの対象は、インプラント(2)の直線通路内の湾曲固定具(1)の遊びを制限できるようにする。 These subjects, to be able to limit the play of the implant curvature fastener within the linear passage (2) (1). これら特定の対象はまた、様々な実施形態によれば、これらが両立不可能でない限り、本願において開示されたいずれの対象(または対象の組み合わせ)のいずれの要素(または要素の組み合わせ)について記載されたいずれの技術的特徴(または技術的特徴の組み合わせ)も、含んでも含まなくてもよく、これは特に、このような特徴の分離または組み合わせによって必要とされるであろう構造的適合性が、本開示の理解から直接導き出せるからである。 These particular subject may also, according to various embodiments, as long as they are not impossible compatible, as described for any of the elements of any disclosed in the present application subject (or a combination of subject) (or combination of elements) and none of the technical features (or combinations of technical features) may not include also comprise, this is especially needed in will try structural compatibility that is by a separation or a combination of such features, because derivable directly from the understanding of the present disclosure.

椎骨内にインプラント(2)を固定するために、単一の固定装置(1)が使用されてもよいが、しかしほとんどの用途において、その間にインプラントが埋め込まれる2つの隣り合う椎骨にインプラント(2)を固着させるために、好ましくは少なくとも2つの装置が使用されることになる(各椎骨に少なくとも1つの固定具)。 To secure the implant (2) into the vertebra may be a single fixing device (1) is used, but in most applications, the implant into the two adjacent vertebrae implant therebetween is embedded (2 ) to anchor, preferably will be at least two devices are used (at least one fastener to each vertebra). 先に述べられたように、本発明の別の潜在的な対象は、互いに同一の、または異なる、または互いに補完的な、2つの固定装置(1)を含むインプラント用の固定システムである。 As previously mentioned, another potential target of the present invention, the same each other or different or mutually complementary, a fixed system for implant comprising two fixing devices (1). このため、何であれ本明細書に記載される固定具の実施形態のいずれの組み合わせも、本発明の範囲に含まれる。 Therefore, any combination of embodiments of the fastener described herein whatsoever are also within the scope of the present invention.

補完的固定具を備える特定の実施形態において、第一固定装置(1)は、実質的に前部末端に対向して配向された少なくとも1つの歯止め面を含む、第一協働歯止め(18)を含み、第二固定装置(1)は、実質的に後部末端に対向して配向された少なくとも1つの歯止め面を含む、第二協働歯止め(19)を含む。 In certain embodiments including a complementary fastener, the first fastening device (1) substantially comprises at least one ratchet surface oriented opposite the front end, the first co 働歯 stop (18) wherein the second fixing device (1) substantially comprises at least one ratchet surface oriented to face the rear end a second co 働歯 stop (19). これら第一および第二協働歯止め(18、19)は、インプラント(2)内に一旦配置されたら第一装置(1)が第二装置(1)を保持するように、および/またはその逆もまた同じとなるように、互いに協働するように構成されている。 These first and second co 働歯 stop (18, 19), as the implant (2) first device if it is placed temporarily in the (1) holds the second device (1), and / or vice versa so also the same, are configured to cooperate with each other. たとえば、図8D、図8E、図8Fの例示的および非限定的な例に示されるように、そして特に図8Hに見られるように、第一固定具(1)は、第一歯止め(18)および第二歯止め(19)が補完的な方法で互いに隣接するように配置された、ラグ、肩部、またはタブなどの第二歯止め(19)を有することが可能な第二固定具(1)の方向に突起している、ラグ、肩部、またはタブなどの第一歯止め(18)を有することができる。 For example, FIG. 8D, FIG. 8E, as shown in the exemplary and non-limiting example of FIG. 8F, and particularly as seen in Figure 8H, a first fastener (1) comprises a first pawl (18) and second pawl (19) is disposed adjacent to one another in a complementary manner, rugs, shoulders, or the second pawl (19) can have a second fastener, such as a tab (1) and projecting toward the lug can have a first pawl, such as shoulders or tabs (18). 図8D、図8E、および図8Fの例において、第一固定具(協働歯止め(18)を含む底部のもの)は、歯止め(14)を有する第二固定具(上のもの)の協働歯止め(19)上に静止するので、保持歯止め(14)を必要としないことに、留意する。 FIG. 8D, FIG. 8E, and in the example of FIG. 8F, the first fixture (co 働歯 stop (18) as the bottom, including a) is cooperating pawl second fixture having a (14) (as above) since rest on pawl (19), that does not require a holding pawl (14) is noted. しかしながら、第一固定具の第一協働歯止め(18)は保持歯止め(14)を形成してもよく、その逆もまた同じである。 However, the first co 働歯 stop of the first fastener (18) may form a retaining pawl (14), and vice versa. 図示される例において、通路内の固定具(1)の前進は、第二固定具の保持歯止め(14)によって、および第一固定具の協働歯止め(18)によって、阻止される。 In the illustrated example, the forward fixture in the passage (1) is by a retaining pawl of the second fastener (14), and by cooperation 働歯 stop of the first fastener (18), is prevented. これらの構成において、第二固定具は、通路に深く侵入しすぎるのを防止することによって、第一を保持する。 In these configurations, the second fixture by preventing too penetrate deeply into the passage, holding the first. 同様に、第一固定具の協働歯止め(18)は、第二固定具を保持し、これがインプラントから出るのを防止する。 Similarly, co 働歯 stop of the first fastener (18) holds the second fastener, which prevents the exit from the implant. 特定の実施形態において、協働歯止め(19)は、少なくとも第二固定具の保持歯止め(14)の後部面上に位置する表面によって、形成されることが可能である。 In certain embodiments, co 働歯 stop (19), by surface located on at least the back surface of the holding pawl of the second fastener (14), is capable of being formed. 特定の実施形態において、協働歯止め(18)を有する第一固定装置(1)のみが、図11Aに示されるように、インプラントの抜去歯止め(212)と協働するように構成された、たとえば可撓性ラグ(12)などの抜去歯止め(12)を有することになり、これらの構成において、第一装置(1)の協働歯止め(18)は、第二歯止め(19)と隣接することによって、第二装置(1)の抜去歯止めの役割を果たしてもよい。 In certain embodiments, co 働歯 first fixing device with a stop (18) only (1), as shown in FIG. 11A, is configured to be withdrawn cooperate with the pawl (212) of the implant, e.g. will have removed pawl such flexible lug (12) to (12), in these configurations, co 働歯 stop of the first device (1) (18), that adjacent to the second pawl (19) by may serve removal pawl of the second device (1). これらの構成において、たとえば特に図11Eに見られるように、第二装置(1)は協働歯止め(18および19)によって第一装置(1)上に保持され、可撓性ラグ(12)はインプラント(2)の抜去歯止め(212)上に第一装置(1)を保持する。 In these configurations, such as in particular as seen in FIG. 11E, the second device (1) is held in the first unit (1) on the co 働歯 stop (18 and 19), flexible lugs (12) holding the first device (1) on the implant (2) removal pawl (212). 記載されるように、特定の実施形態において、第一装置(1)の協働歯止め(18)は、保持歯止め(14)によってこの方向に保持される、第二装置(1)の歯止め(19)に対して隣接することによって、第一装置(1)の保持歯止めの役割を果たすことができるので、歯止め(19)を含む第二装置(1)のみが保持歯止め(14)を備えて構成されてよい。 As will be described, in certain embodiments, co of the first device (1) 働歯 stop (18) is held by the holding pawl (14) in this direction, the pawl of the second device (1) (19 by abutment against), since it is the role of holding pawl of the first device (1), the second device includes a pawl (19) only (1) is provided with a retaining pawl (14) configured it may be.

補完的固定具を備える固定システムの特定の実施形態において、協働歯止め(18、19)は、前後両方向への第一および第二固定装置(1)の両方の運動を抑制するために、さらに連結してもよい。 In certain embodiments of the anchoring system with a complementary fastener, cooperating 働歯 stop (18, 19), in order to suppress the movement of both the first and second fixing device back and forth in both directions (1), further consolidated may be. これら実施形態のうちの1つの説明的および非限定的な例は、図11Bおよび図11Fに示されている。 One illustrative and non-limiting examples of these embodiments are illustrated in FIGS. 11B and 11F. 図示される構成において、第二固定装置(1)の協働歯止め(19)は、実質的に前部末端に対向して配向された第二協働歯止め面(190)を含み、第一装置(1)は、ラグ(12)の自由末端(その後部末端)が歯止め(19)の第二表面(190)と接触してこれによって保持されるように位置決めされた抜去歯止め(ここでは可撓性ラグ(12)の形態を取る)を含み、こうして、インプラント(2)内で一旦所定位置に収まると第二装置(1)を保持する第一装置の抜去を防止する。 In the configuration shown, the second fixing device (1) cooperating 働歯 stop (19) comprises a second co 働歯 stop surface oriented to face the substantially front end of (190), the first device (1), the lugs (12) free end the second surface (190) the positioned withdrawal pawl to be held thereby in contact with the (flexible here in (its rear end) of the pawl (19) of include the form of sexual lug (12)), thus, preventing the removal of the first device for holding the implant (once falls into place in the 2) second device (1). 本開示のいずれか別の箇所で述べられたように、これらの実施形態において、たとえば図15Fに示されるものなどのチャネルまたは陥凹(240)は、第二歯止め面(190)から可撓性ラグ(12)を解放するための抽出ツールの挿入を可能にすることに、留意する。 As I mentioned either elsewhere in this disclosure, in these embodiments, for example, channels or recesses, such as that shown in Figure 15F (240) is flexible from the second ratchet surface (190) to allow insertion of the extraction tool for releasing the lug (12) is noted. インプラント内の陥凹またはチャネルを必要としないその他いくつかの実施形態において、特に図12(A〜E)においてわかるように、第二装置の協働歯止め(19)は陥凹(40)(または導管またはチャネル)を含む。 In some other embodiments that do not require a recess or channel in the implant, in particular as can be seen in FIG. 12 (A-E), co of the second device 働歯 stop (19) is recessed (40) (or It includes a conduit or channel). 図12Bおよび図12Eにおいて特によくわかるように、この陥凹は第二歯止め面(190)の付近に現れ、これがツールを用いて可撓性ラグ(12)を解放できるようにする。 As particularly clearly seen in FIGS. 12B and 12E, the recess appears in the vicinity of the second ratchet surface (190), which is to be released the flexible lug (12) using a tool. この陥凹(40)は、本明細書のいずれか別の箇所に記載されるように、固定具を抜去するために使用されることも可能であることに、留意する。 The recess (40), as set forth in any elsewhere herein, to be used to removed the fixture is possible is noted. したがって、様々な構成において、第一装置(1)の可撓性ラグ(12)の末端(すなわちラグの自由末端)は、インプラントの外側からアクセス可能な陥凹またはチャネルを通じて第二装置(1)の歯止め(19)の第二歯止め面(190)から解放されることが可能であり、このチャネルはインプラント内または固定具のうちの1つのいずれかに形成されることが可能であり、そして固定具内の陥凹またはチャネルは、固定具の意図的な抜去を容易にする陥凹(40)に対応(または形成も)することが可能である。 Thus, in various configurations, the flexible end of the lug (12) of the first device (1) (or free end of the lug), the second device via an accessible recess or channel from the outside of the implant (1) the pawl (19) is capable of being released from the second ratchet surface of (190), this channel is capable of being formed on any one of the implant in or fixture, and a fixed recesses or channels in Koo, corresponds to the recess to facilitate intentional removal of the fastener (40) (or even formed) can be.

協働歯止め(18、19)は、リブに位置するように図11(AからF)および図12(AからE)に示されているが、しかしこれらは固定具(1)の本体上のいずれか別の箇所に設けられることも可能であろう。 Association 働歯 stop (18, 19) is (from A F) 11 to be located in the ribs and 12 are shown in (E from A), but these fixtures on the body (1) it would be possible provided elsewhere either. 連結を提供することにより、固定具は他方を保持し(同じ構成において逆もまた同じである)、インプラントの占有面積(したがって、その強度の低下を回避するであろうその機械加工)の減少に役立つ。 By providing a connection, the fixture (the reverse is also the same in the same configuration) holding the other, the area occupied by the implant (thus, would avoid the deterioration of the strength thereof machining) the reduction of help.

協働歯止め(18、19)のこれら様々な構成は、抜去に対抗する第二協働歯止め面(190)を備えるかまたは備えない協働歯止め(18、19)を含む固定具を備える固定システムに関する本発明の潜在的な対象の様々な実施形態を提供できるようにし、リブ(11)を含んでもよいが必ずしも含む必要はない。 Fastening system including a fastener these various configurations, including a second co 働歯 stop surface (190), or with no co 働歯 stop comprises a against removal (18, 19) cooperating 働歯 stop (18, 19) potential various embodiments of the subject of the present invention to be able to provide about, but may include a rib (11) need not necessarily include. これら特定の対象は、相互嵌合を可能にする技術的特徴の結果として、固定具の歯止め構造を最小化する問題を解決するために構成されてもよい。 These particular subject as a result of technical features enabling interdigitation may be configured to solve the problem of minimizing the pawl structure of the fixture. これら多様な対象はまた、湾曲本体の代わりに直線本体を有する固定具にも関してよい。 These diverse subjects also may also relates to a fixture having a linear body in place of the curved body. リブ(11)を備えない構成では、このような固定具に関連づけられてもよいインプラントおよび器具は、溝(211、3011)を含まなくてもよい。 In the configuration without a rib (11), good implants and instruments be associated with such a fixture may not include a groove (211,3011). いずれか別の箇所に記載されるように、第二表面(190)を含む構成において、各固定具は、他方の抜去を阻止する。 As described in any one elsewhere, in a configuration including a second surface (190), each fastener prevents the other removal. これら特定の対象(すなわち、協働歯止め(18、19)を備えるこれら実施形態のいずれか)はまた、これらが両立不可能でない限り、本願において開示されたいずれの対象(または対象の組み合わせ)のいずれの要素(または要素の組み合わせ)について記載されたいずれの技術的特徴(または技術的特徴の組み合わせ)も、含んでも含まなくてもよく、これは特に、このような特徴の分離または組み合わせによって必要とされるであろう構造的適合性が、本開示の理解から直接導き出せるからである。 These particular subject (i.e., co 働歯 any of these embodiments having a stop (18, 19)) also, as long as they are not impossible compatible, any disclosed herein subject (or a combination of the target) any element (or combination of elements) have been one of the technical features described for (or combination of technical features) also may not include also comprise, this is particularly necessary by separation or a combination of such features would be structurally compatible is because derivable directly from the understanding of the present disclosure.

いくつかの実施形態において、特に図18Aおよび図18Bに見られるように、固定具は、ラグ(12)の自由末端(122)と取り付け末端(121)との間に段差(123)(肩部または刻み目など)を有する。 In some embodiments, especially as seen in FIGS. 18A and 18B, the fixture, the step (123) (shoulder between the lug free end (122) and mounting ends (12) (121) or having a notch, etc.). これらの実施形態において、この段差(123)は、たとえば図18Dに見られるように、固定具が設置されたときに、インプラントの抜去歯止め(212)に隣接するように意図される。 In these embodiments, the step (123), for example as seen in Figure 18D, when the fastener is installed, is intended to be adjacent to the withdrawal pawl implant (212). これら実施形態のうちのいくつかにおいて、自由末端(122)はインプラントの抜去歯止めと嵌合せず、歯止め(212)から離れる方向に自由末端(122)を押すことによって段差(123)の解放のためにアクセス可能となるように、むしろ固定具の後部末端付近まで延在する。 In some of these embodiments, the free end (122) is not removed pawl mate with the implant, for releasing the step (123) by pressing the pawl (212) in a direction away from the free end (122) so as to be accessible to, rather it extends to near the rear end of the fixture. これらの図面に示される例において、自由末端(122)は、ほぼ固定具の後部末端まで延在しているが、しかしまだ、望ましければ、椎骨およびインプラントからこれを抜去するために固定具上で引かれるために使用されてもよいロッド(たとえば、保持歯止め14の間)の背後にある。 In the example shown in these figures, the free end (122) is substantially extends to the rear end of the fixture, but still, if desired, on the fixture to be withdrawn it from the vertebrae and implant behind a good rod it is used to drawn in (e.g., between the holding pawl 14). この例において、インプラント内の陥凹(240)は、特に図18Dおよび図18Fに見られるように、自由末端(122)へのアクセスを提供する。 In this example, recessed within the implant (240), particularly as seen in FIG. 18D and FIG. 18F, to provide access to the free end (122). しかしながら、たとえば固定具が歯止め(14)または陥凹(40)、または固定具上で引かれるために使用されることが可能なその他の構造を備えて構成される(たとえば、湾曲または鈎状歯止め、または開口部を備える歯止め)、いくつかの構成において、ラグは固定具の後部末端まで延在してもよく、そのためこれはインプラント内の陥凹(240)を必要とせずに、またはあまり大きくない陥凹によって、アクセス可能である。 However, for example, configured with other structures that can be used for the fixture is pulled by the pawl (14) or recess (40), or on the fixture (e.g., curved or hook-shaped pawl or pawl with an opening portion), in some configurations, the lug may extend to the rear end of the fixture, without therefore this requires a recess in the implant (240), or too large by no recess, it is accessible. いくつかの実施形態において、ラグ12の取り付け末端(121)はプレート(10)の厚みにおいて本体に固定されており、この非限定例では、図18Bに示されるように、可撓性ラグ(12)を収容するために中空になっている。 In some embodiments, the attachment end of the lug 12 (121) is fixed to the main body in the thickness of the plate (10), in this non-limiting example, as shown in FIG. 18B, the flexible lugs (12 It has become hollow to accommodate). この例では、段差(123)が設けられた1つのラグ(12)のみが、実質的に固定具の中央(その側縁の間)に位置しているが、しかし様々な別の実施形態は、たとえばプレートの側縁の近くなど、固定具上のいずれか別の箇所に位置する段差(123)が設けられ、インプラント内の通路(21)の縁に位置する補完的抜去歯止め(212)と嵌合する(いくつかの変形例では、たとえば固定具の側縁上で各々にこのような歯止め機構を含む)、少なくとも1つのラグ(12)を想定している。 In this example, only the step (123) one lug is provided (12), although located substantially in the center of the fixture (between the side edges), but various other embodiments , for example, near the side edges of the plate, a step that is located elsewhere either on the fixture (123) is provided with complementary removal pawl located on the edge of the passage in the implant (21) (212) (in some variations, including such pawl mechanism on each on the side edges of the example fixture) for mating assumes at least one lug (12).

本願に記載される、インプラントの補完的抜去歯止め(212)から、または第二協働歯止め面(190)から(たとえば、固定具自体を経由して、および/またはインプラントを経由して、ラグの自由末端へのアクセスを通じて)解放されることが可能な、可撓性ラグ(12)などの、固定具上の少なくとも1つの抜去歯止め(12)を含む固定具(1)(および/またはインプラント)の様々な実施形態は、抜去歯止めまたはラッチの存在にもかかわらず(および最終的にインプラントおよびこのタイプの固着の障害にもかかわらず)、椎骨およびインプラントから固定具を抜去する問題を解決する。 Described in this application, the complementary removal pawl of the implant (212), or a second cooperating 働歯 stop surface (190) from (e.g., via a fastener itself, and / or via implant, lugs free through access terminal) that can be released, such as a flexible lug (12), the fixture comprising at least one withdrawal pawl on the fixture (12) (1) (and / or implant) various embodiments of, despite the presence of withdrawal pawl or latch (and despite finally implants and disorders of this type of fixation), solves the problem of removing the fastener from a vertebra and implant. 抜去歯止めの解放(自由化)のためのこれら技術的特徴は、こうして固定具(1)がリブ(11)を含んでもよいが必ずしも含む必要のない、固定装置および/またはシステムなどの対象の多くの実施形態を可能にする。 Release of withdrawal pawl these technical features for (liberalization) is thus although fixture (1) may include a rib (11) without the need necessarily to include a number of objects such as fixation devices and / or systems It allows the embodiment. リブ(11)のない固定具に結びつけられてもよいインプラントおよび器具は、溝(211、3011)を含む必要がない。 Ribs (11) without good implants and instruments be tied to the fixture need not include a groove (211,3011). 関連するいくつかの対象は、固定具(1)の抜去歯止め(12)にアクセスするための陥凹(240)を含むインプラントであってもよい。 Several related subject may be a implant comprising a recess (240) for accessing the withdrawal pawl (12) of the fixture (1). 様々な対象は、直線本体を有する、または湾曲本体を有する、固定具にも関してよい。 Various subject has a linear body, or has a curved body may be also relates to a fixture. これら特定の対象(すなわち、固定具の抜去歯止め(12)を解放できるようにするこれら実施形態のいずれか)はまた、対象が両立不可能でない限り、本願において開示されたいずれの対象(または対象の組み合わせ)のいずれの要素(または要素の組み合わせ)について記載されたいずれの技術的特徴(または技術的特徴の組み合わせ)も、含んでも含まなくてもよく、これは特に、このような特徴の分離または組み合わせによって必要とされるであろう構造的適合性が、本開示の理解から直接導き出せるからである。 These particular subject may also (i.e., any of these embodiments to be able to release the removed pawl fastener (12)), unless the target is not impossible compatible, any disclosed herein subject (or object combinations) of any element (or elements of the combination) any technical features described for (or combination of technical features) also may not include also comprise, which in particular, the separation of such features or it would be required by a combination structural compatibility, because derivable directly from the understanding of the present disclosure.

インプラントの一部を横断するスリット、導管、または固定装置(1)を受容するために配置された別のタイプのチャネルなど、固定装置(1)を受容するように設計された少なくとも1つの通路(21)を含む椎間インプラント(2)もまた、本発明の範囲に含まれる。 Slit across a portion of the implant, conduits or the like different types of channels which are arranged fixed device (1) for receiving at least one passageway which is designed to receive fixing device (1), ( intervertebral implant comprising a 21) (2) are also within the scope of the present invention. 好ましくは、このようなインプラントは、装置(1)の曲率にかかわらず変形を伴わずに通路(21)を通るこの固定装置(1)の通過を許容するように、少なくとも1つの湾曲した剛性のプレートを含む少なくとも1つの固定装置(1)を受容するように、構成されている。 Preferably, such implants, devices (1) so as to permit passage of the fixation device through the passageway (21) without deformation despite the curvature (1), and at least one curved rigid plates at least one fixed device (1) to receive containing is configured. ほとんどの構成において、通路(21)は、本開示のいずれか別の箇所で詳細に説明されるように、固定装置(1)の曲率およびインプラントの望ましい固着に適した好ましい直線および傾斜軌道に沿って、周囲壁(28)からインプラント(2)の上面または下面まで、インプラント(2)を横断する。 In most configurations, the passage (21), as described in detail elsewhere either of the disclosure, along the curvature and preferably straight and inclined orbit which is suitable for the desired fixation of the implant of the fixation device (1) Te, from the surrounding wall (28) to the upper surface or lower surface of the implant (2), traverses the implant (2). いくつかの構成において、インプラント内の通路(21)は、本明細書のいずれか別の箇所で説明されるように、固定装置(1)の(1つまたは複数の)リブ(11)を受容するために設定された形状およびサイズの、少なくとも1つの溝(211)を含む。 In some configurations, the passage in the implant (21), as described in any elsewhere herein, the fixing device of (1) to (one or more) ribs (11) receiving the set shape and size to include at least one groove (211). 本願は、椎間板について詳細に記載しないが、むしろ関節固定のために設計された椎体間ケージの様々な実施形態を記載するのみである。 This application is not described in detail disc, but only rather describe various embodiments of the cage between the designed vertebral bodies for arthrodesis. とは言うものの当業者は、本開示を理解した後、本発明による様々な特徴および様々な特徴の組み合わせを備えて構成された固定装置(1)が、本明細書に記載されるように固定具(1)を受容するための少なくとも1つの周囲壁を含むプロテーゼとともに使用されてもよいことを、理解するだろう。 Those skilled in the art of what being said is fixed as after understanding the present disclosure, the fixing device configured with a combination of various features and various features of the present invention (1), as described herein ingredients that may be used with a prosthesis comprising at least one of the peripheral wall for receiving (1), will appreciate. たとえば、その椎骨接触プレートが、固定装置の挿入のための本明細書に記載されるものなどの通路を形成することが可能な周囲壁を提供するのに十分なレベルを有する椎間プロテーゼが、知られている。 For example, the vertebral contact plates, intervertebral prosthesis having a level sufficient to provide a peripheral wall capable of forming a passage, such as those described herein for insertion of the fixing device, Are known. 同様に、2つのプレートおよびプレートの間の可動コアを含み、プレートのうちの1つの周囲壁がコアの運動を制限する椎間プロテーゼが、知られている。 Similarly, it comprises movable core between the two plates and plates, intervertebral prosthesis one peripheral wall to limit the motion of the core of the plate, are known. したがって、本発明は、たとえばコアなど、プロテーゼの様々な部分の運動を妨げることなく周囲面からプレートの椎骨接触面(下側または上側)まで壁を横断する、前記壁の中の少なくとも1つの通路(21)を作ることによって、このタイプのプロテーゼに適合することが可能である。 Accordingly, the present invention is, for example core like, across the wall from the surrounding surface without interfering with the movement of the various parts of the prosthesis to the vertebral contact surfaces of the plate (lower or upper), at least one passageway in said wall by making (21), it is possible to fit the prosthesis of this type. 様々な実施形態において、プレート内の通路(21)は、プレートの周囲壁からプレートを横断する必要はないが、その代わりにプロテーゼ自体の周辺領域から椎体終板まで延在している傾斜軸(直線または湾曲)にしたがって、片側から反対側まで(すなわち、上面から下面、またはその逆)プレートを横断してもよく、そして固定具(1)の歯止め(14)および/または可撓性タブ(12)は、プレートの上面または下面と(直接またはプレート内に配置された歯止めを通じて))接触するように適合され得る。 In various embodiments, the passage in the plate (21) is not required to traverse the plate from the peripheral wall of the plate, the inclined shaft extending from a peripheral region of the prosthesis itself to vertebral endplates instead according (straight or curved), from one side to the other side (i.e., from the upper surface to the lower surface or vice versa) the plate may traverse the and pawl of the fastener (1) (14) and / or flexible tab (12) has an upper surface or lower surface and (via pawl disposed directly or the plate) of the plate) may be adapted to contact. たとえば、各々が参照によって本願に組み込まれる仏国特許出願公開第2,879,436号明細書、国際公開第2006/120505号、および米国特許出願公開第2006/0136063号明細書(本願の譲受人による出願)は、プレートの縁の近くで幹と嵌合するように構成された固定具の後部末端における湾曲部(鈎状)によって形成された保持歯止めを備える直線固定具を示しており、この一般的な方法は、本開示を完全に理解した後に、本明細書に開示される実施形態に適合されることが可能である。 For example, French Patent Application Publication No. 2,879,436, each incorporated herein by reference, WO 2006/120505, and U.S. Patent Application Publication No. 2006/0136063 Pat (the assignee of this application applicant) by shows a linear fastener provided with a holding pawl formed by the curved portion at the rear end of the configured fastener to stem mating near the edge of the plate (hook-like), this general method, after thorough understanding of the present disclosure, it can be adapted to the embodiments disclosed herein. 本発明の固定具(1)は、たとえば、湾曲していてもよく、および/またはこのようなプロテーゼとともに使用するための、1つ以上のリブ(11)および/または1つ以上の保持歯止め(14)および/または1つ以上の抜去歯止め(12)を含んでもよく、本明細書に記載される付加的な特徴および/または特徴の組み合わせは、このような使用に適合されてもよい。 Fastener of the present invention (1) is, for example, may be curved, and / or for use with such a prosthesis, the one or more ribs (11) and / or one or more retaining pawl ( 14) and / or may comprise one or more removal pawl (12), a combination of additional features and / or features described herein may be adapted for such use. 固定具がプロテーゼのプレートを横断するように設計されている場合には、「周囲壁」という用語は、プレートの周囲に近い、プロテーゼの周辺領域からアクセス可能な部分を指定するために、使用されてもよい。 If the fixture is designed to traverse the plate of the prosthesis, the term "peripheral wall" is close to the periphery of the plate, in order to specify the accessible portion of the peripheral region of the prosthesis is used it may be.

したがって、本発明の特定の実施形態はまた、主にインプラント(2)について記載された手段を備えて形成された椎間板プロテーゼにも関する。 Accordingly, certain embodiments of the present invention is also mainly implant (2) relates to an intervertebral disc prosthesis which is formed with a means described for. 様々なタイプの椎間板プロテーゼが知られており、たとえば互いに(たとえばプレートの関節表面および/または中間コアを通じて)関節接続された少なくとも2つのプレートを含み、そのうちの少なくとも1つは、たとえば固定具がリブ(11)を含むときに少なくとも1つの溝(211)が設けられるなど、少なくとも1つの通路(21)を含むことを除いて、ここでは詳細に説明されない。 Are known various types of intervertebral disc prosthesis, it includes at least two plates for example being another (e.g. via joint surfaces and / or the intermediate core plates) articulation, at least one of which, for example, fixture rib such as at least one groove (211) is provided in the case of containing (11), except that it includes at least one passageway (21) and will not be described in detail. 本発明によって構成された椎体間ケージはまた、本願の図に示された説明例とは明らかに異なる構成を含む、様々な形態を有することも可能である。 Intersomatic cage constructed in accordance with the present invention also includes a description example shown in the figures herein, including distinctly different configurations, it is also possible to have a variety of forms. 本明細書の記述は、添付図面を参照して、実施形態のいくつかの非限定的変形例を提供するが、しかし本開示を完全に理解した後には、本発明によって考案されたケージおよび/またはプロテーゼが本発明の精神および範囲を逸脱することなくその他の形態を有してもよいことが、理解されるだろう。 Description herein, with reference to the accompanying drawings, but provides some non-limiting modification of the embodiment, but after this disclosure has been fully understood, the cage was devised by the present invention and / or prosthesis that may have other forms without departing from the spirit and scope of the present invention will be understood. このため、本願において、ケージおよびプロテーゼ、ならびに骨接合プレートも指定するために、椎間インプラントが主に参照される。 Therefore, in the present application, the cage and the prosthesis, as well as to specify the osteosynthesis plate, intervertebral implant is primary reference. しかしながら、椎体間ケージの特定の実施形態がケージの特定の技術的特徴の参照を必要とするときには、椎間インプラントよりむしろ椎体間ケージが参照されてもよい。 However, when a specific embodiment of the interbody cage requires a reference specific technical features of the cage may be rather referenced intersomatic cage from the intervertebral implant.

本明細書に記載される様々な椎間インプラント(2)は、周囲壁の後方部分(本記載に採用される慣例による)が、本発明によって構成された少なくとも1つの固定装置(1)を受容するのに適した寸法の少なくとも1つの通路(21)を含む、少なくとも1つの周囲壁(28)を含む。 Various intervertebral implant as described herein (2) are receiving the rear portion of the peripheral wall (by convention adopted in this description) is at least one fixed device constructed in accordance with the present invention (1) at least one passage of dimensions suitable for containing (21) comprises at least one peripheral wall (28). 本明細書のいずれか別の箇所で説明されるように、通路は、湾曲通路の複雑で高額な機械加工を回避するために、直線であってもよい。 As described in either elsewhere herein, the passageway, in order to avoid complicated and expensive machining of the curved path may be a straight line. しかしながら、ともに接合可能な通路において2つの部分に分割可能なインプラントを用いると、湾曲通路を作りやすくなる。 However, the use of both implants divided into two parts at the joining likely path, it tends to make a curved path. さらに、金型成形によって、椎体間ケージなどのインプラントを製造することが可能である。 Further, by molding, it is possible to produce an implant, such as interbody cages. すると、たとえば湾曲インサートを備える金型を用いることによって、湾曲通路を有するインプラントをより容易に製造することができる。 Then, for example, by using a mold having a curved insert, it is possible to produce an implant having a curved passageway more easily. 加えて、特定の新しい手法は、特に固体材料(たとえば金属)において、湾曲機械加工を可能にする。 In addition, certain new approaches, particularly in the solid material (e.g. metal), to allow for bending machining. したがって、特にそのプレートが金属でできている椎間板プロテーゼの場合、直線通路の機械加工と比べてあまり追加の費用および手間をかけることなく、湾曲固定具を受容するように設計された湾曲通路を作ることが可能である。 Therefore, particularly in the case of the intervertebral disc prosthesis in which the plate is made of metal, without putting too much additional cost and labor as compared with the machining of the straight passage, making a curved path which is designed to receive a bending fixture It is possible. インプラント内の通路(21)が湾曲している場合、そのレベルが固定具プレート(10)の厚みとほぼ等しくてもよい(またはほんのわずかだけそれより大きくてもよい)。 If passage in the implant (21) is curved (may or only slightly greater than) approximately equally it may be the thickness of that level fixture plate (10). 通路(21)が直線(まっすぐ)の場合、そのレベルは好ましくは、本願のいずれか別の箇所で説明されるように、その曲率およびその剛性にかかわらず、固定具(1)の変形を伴わずに通過できるようにするため、湾曲固定具の厚みよりも少なくともわずかに大きくなる。 If passage (21) is a straight line (straight), the level is preferably as described in any elsewhere in this application, the curvature and regardless of its rigidity, accompanied by deformation of the fixture (1) to be able to pass through without, at least slightly larger than the thickness of the curved fasteners. インプラント内の湾曲通路(21)のこの技術的特徴は、インプラントが湾曲通路を含み、固定具が湾曲していて、必ずしも必要ではないが少なくとも1つのリブ(11)を含んでもよい、インプラントおよび固定装置および/またはシステムなどの対象の、多くの実施形態を可能にする。 The technical features of the curved passage (21) in the implant, the implant comprises a curved passage, the fixture curved, but not necessarily may include at least one rib (11), implants and fixed of interest, such devices and / or systems to permit a number of embodiments. リブを備えずに構成された固定具に結びつけられてもよいインプラントおよび器具は、溝(211、3011)を含む必要はない。 Good implants and instruments be tied to configured fastener without a rib need not include a groove (211,3011). これら特定の対象(すなわち、インプラント内の湾曲通路を含むかまたはこれに関連づけられるこれら実施形態のいずれか)は、(固定具の安定性の問題に関連するかも知れない)固定具の案内およびインプラントの固着を容易にする問題を解決するように、構成されてもよい。 These particular subject (i.e., any of these embodiments associated with or which includes a curved passage in the implant) are (may associated fixture stability issues) guide and implant fixture to solve the problem of easy sticking, it may be configured. 特に、このような特徴の分離または組み合わせによって必要とされるであろう構造的適合性は、本開示の理解から直接導き出せるので、これら特定の対象は、対象が両立不可能でない限り(たとえば直線本体を有する剛性固定具はこのような湾曲通路と両立しない)、本願において開示されたいずれの対象(または対象の組み合わせ)のいずれの要素(または要素の組み合わせ)について記載されたいずれの技術的特徴(または技術的特徴の組み合わせ)も、含んでも含まなくてもよい。 In particular, need to be at will if structural compatibility that is the separation or combination of such features, since derivable directly from an understanding of the present disclosure, these particular subject, unless the subject is not impossible compatible (e.g. linear body rigid fixture having the incompatible with such curved passage), any element (or elements of the combination) has been one of the technical features described in any disclosed in the present application subject (or a combination of subject) ( or a combination of technical features) also may not include also comprise.

いくつかの実施形態において、本明細書のいずれか別の箇所で説明されるインプラント(2)内の通路(21)は、固定具上に設けられた少なくとも1つのリブ(11)を補完する形状およびサイズの、少なくとも1つの溝(211)を含んでもよい。 Shape in some embodiments, the passage in the implant (2) as described in any elsewhere herein (21), to complement the at least one rib provided on the fixture (11) and size, it may comprise at least one groove (211). しかしながら、リブ(11)を有していない固定具(1)も可能である。 However, the fixture does not have a rib (11) (1) are also possible.

いくつかの実施形態において(図示せず)、通路(21)は、通路の幅が、椎間板腔の平面と平行に配向されず、脊柱の軸と平行に配向されてもいない、しかし中間にあってこれら基準配向(図面のほとんどに示されている)との角度を形成する、傾斜配向を備える入り口を有してもよい。 In some embodiments (not shown), passages (21), the width of the passage is not oriented parallel to the plane of the disc space, nor is oriented parallel to the spine of the shaft, but there an intermediate forming an angle with these reference alignment (shown in most figures) may have an inlet with an inclined orientation. これらの実施形態において、同じ椎骨内に埋め込まれる2つの固定具(1)を有することが好ましく、これらの固定具(1)は好ましくは、プレートの厚みにおける曲率と、固定具がその傾斜配向にもかかわらず良好な保持を提供するのに十分な曲率を有するように、垂直または水平に配向された通路の入り口を有するインプラントに結びつけられてもよい固定具で一般的に使用されるよりも短い1つ以上の曲率半径と、を有する。 In these embodiments, preferably has two fasteners (1) are embedded in the same vertebra, these fixtures (1) is preferably a curvature in the thickness of the plate, the fixture is in its inclined orientation to have sufficient curvature to provide good retention despite shorter than a vertical or fixture be tied to an implant having an inlet horizontally oriented passage commonly used It has one or more radii of curvature, the. この傾斜配向は、移植の様々な拘束力に直面したときに、固定具およびインプラントの安定性の問題を解決するために、様々な状況において役立つだろう。 The inclined orientation, when faced with a variety of binding transplantation, in order to solve the stability problems of the fixture and the implant would help in a variety of situations. いくつかの実施形態は、たとえば、同じ椎骨に向けてこのような傾斜配向を備える少なくとも2つの通路を含むインプラントに結びつけられる2つのこのような固定具を提供してもよいが、しかし一方が他方に対して反対の配向を備えてもよい(たとえば、1つの入り口は右に45°傾斜し、他方は左に45°傾斜)。 Some embodiments, for example, toward the same vertebra may provide such inclination comprises an orientation at least such fastener two to be bound to the implant comprising two passages, but one the other It may be provided with opposite orientation with respect to (e.g., one inlet is inclined 45 ° to the right, the other 45 ° inclined to the left). これら様々な実施形態は、固定具(1)上のリブ(11)も、インプラント(2)の通路(21)内の溝(211)も(器具内の溝(3011)も)、必要としないだろう。 These various embodiments, the ribs on the fixture (1) (11) also, the implant (2) grooves in the passageway (21) of the (211) also (groove in the instrument (3011) also), does not require right. これら特定の対象(すなわち、入り口が傾斜配向を有する少なくとも1つの通路(21)を含むかまたはこれに関連するこれら実施形態のいずれか)は、特にこのような特徴の分離または組み合わせによって必要とされるであろう構造的適合性は本開示の理解から直接導き出されるので、対象が両立不可能でない限り、本願において開示されたいずれの対象(または対象の組み合わせ)のいずれの要素(または要素の組み合わせ)について記載されたいずれの技術的特徴(または技術的特徴の組み合わせ)も、含んでも含まなくてもよい。 These particular subject (i.e., one of the at least one passageway (21) these embodiments or related thereto, including an inlet having an inclined orientation) is specifically required by the separation or combination of such features since than likely will structural compatibility that is derived directly from the understanding of the present disclosure, unless the subject is not impossible both, of any element (or elements of any disclosed in the present application subject (or a combination of the target) in combination ) has been one of the technical features described for (or combination of technical features) also may not include also comprise.

脊柱の後に向いている仙骨の配向は、前部進入路によってでも、この領域に接近するのを一般的に難しくするので、湾曲プレートを含む固定具の使用は、特に椎骨L5とS1との間の椎間板腔の場合に、骨接合プレートを用いると特に有利になり得る。 Orientation of the sacrum facing after spinal column, but by a front entrance lane, because generally make it difficult to approach in this area, the use of fasteners which includes a curved plate, in particular between the vertebrae L5 and S1 of in the case of the disc space can be particularly advantageous to employ the osteosynthesis plate. 一般的に、湾曲固定具(1)を用いたとしても、脊柱の後に向かう仙骨の配向のため、仙骨のレベルで傾斜している(椎骨に対して直角ではない)器具類の進入路軸を用いることが、好ましい。 In general, even with curved fasteners (1), for the orientation of the sacrum towards after spine is inclined at the level of the sacrum (not at right angles to the vertebra) entryway axial instrumentation it is preferable to use. 器具類の前部末端におけるインプラントとの接触面は、骨接合プレートとの最適な接触を可能にするために、その長手軸(本願で使用される慣例によれば前後)に対して傾斜していてもよい。 Contact surface between the implant at the front end of the instrumentation in order to allow optimum contact between the osteosynthesis plate, inclined with respect to the longitudinal axis (longitudinal According to convention used herein) it may be. とは言うものの、進入路軸は、いくつかの状況において骨接合プレートに対して実質的に直角であってもよく、すると器具類はこの進入路軸に適合されることになる。 That said, entrance road axis, several osteosynthesis plates in situations may be substantially at right angles to, Then instrumentation will be adapted to the access road axis. さらに、様々な状況においてこの移植を可能にするように(たとえば、傾斜路または椎骨に対して直交する経路)、直線プレートを含む固定具を使用することも可能である。 Furthermore, to allow the implant in a variety of situations (e.g., path perpendicular to the ramp or vertebral), it is also possible to use a fixture comprising a linear plate. こうして器具類は、選択された固定具および進入路軸の形状に応じて適合されることになる。 Thus instrumentation will be adapted according to the shape of the fixture and entryway shaft which is selected. 本発明による様々な特徴を備えて考案されたインプラントは、固定具(1)がリブ(11)を含むか否かに応じて溝(211)を備えるかまたは備えない、通路(21)を含む骨接合プレートを含んでもよい。 Implants have been devised provided with various features of the invention, the fixture (1) does not comprise or comprises a groove (211) depending on whether including ribs (11), includes a passage (21) it may include a bone plate. すると周囲壁(28)は骨接合プレート自体に対応し、椎間板腔の外側と内側との間に壁を形成する。 Then peripheral wall (28) corresponds to the bone plate itself to form a wall between the outer and inner disc space. 次に固定具は、骨接合プレートに対して実質的に直交する進入路軸(および関連する椎間板腔のレベルにおける脊柱の軸)に沿って、通路内に挿入される。 Next fixture along the (axis of the spine at the level of and associated disc space) substantially perpendicular entryway axis relative osteosynthesis plates, are inserted into the passageway. プレート内の通路(21)は、椎間板腔または椎体のレベルに配置され、終板まで、または椎体の周囲内に直接通じるように、配置される。 Passages in the plate (21) is arranged at the level of the disc space or vertebral body, to a final plate, or so as to communicate directly to the surrounding vertebral bodies are arranged. 通路(21)の入り口の配向は、特に固定具(1)がリブ(11)を含まない場合に、先に説明されたように傾斜してもよい。 Orientation of the inlet passage (21), particularly when the fastener (1) does not include a rib (11) may be inclined as described above. これらの固着プレートは、本明細書に記載される少なくとも1つの固定具に加えて、従来のネジを用いて椎骨に対してさらに固着されることが可能である。 These anchoring plates, in addition to at least one fastener as described herein, may be further secured to the vertebrae using conventional screws.

通常の方法において、本発明の様々な対象(固定具、固定具システム、インプラント、および器具)の通路、穴、刻み目、歯止め、陥凹、ラグ、およびその他の要素は、機械加工、ドリル加工、鋳造、溶接など、様々な方法によって形成されてもよく、本明細書で提供される例は限定的に解釈されるべきではないことは、留意すべきである。 In the usual way, various objects (fixtures, fixture systems, implants, and instruments) of the passage hole, indentation, pawl, recesses, lugs, and other elements of the present invention, machining, drilling, casting, welding, etc., may be formed by various methods, examples provided herein are not to be construed as limiting, it should be noted.

本明細書のいずれか別の箇所に記されるように、固定具(1)は、その面のうちの少なくとも1つの少なくとも一部に少なくとも1つのリブ(11)を含んでもよく、同じかまたは反対の面に設けられた複数のリブ(11)を含んでもよい。 As noted in either elsewhere herein, fastener (1) is at least one of the at least a portion of its surface may comprise at least one rib (11), the same or include a plurality of ribs provided on the opposite surface (11) may be. したがって、各固定具用のインプラントの通路(21)は、固定具上の複数のリブを収容する必要があるときには、いくつかの溝(211)を含んでもよい。 Thus, the implant of the passage for the fasteners (21), when it is necessary to accommodate a plurality of ribs on the fixture may comprise a number of grooves (211). インプラントはいくつかの固定具によって固着されることが可能であり、したがって、1つ以上のリブ(11)を備える固定具が使用される場合には各々が1つ以上の溝を含む、いくつかの通路(21)を含むことになる。 The implant is capable of being secured by some of the fixture, thus, each when the fixture comprising one or more ribs (11) is used comprises one or more grooves, some It would include the passage (21). 好ましくは、その間にインプラントが埋め込まれるべき椎骨のうちの他方に向かって各々が配向された、2つの通路(21)が存在することになる。 Preferably, each of which is oriented towards the other of the vertebrae to the implant is implanted in the meantime, so that the two passages (21) are present. このため、特定の実施形態において、周囲壁(28)は、その間にインプラント(2)が埋め込まれるように設計された椎骨の各々に固定装置(1)を固定するように、インプラント(2)の上面および下面(インプラントの椎骨接触面)のうちの1つに向かって各々配向された、2つの通路(21)を含む。 Therefore, in certain embodiments, the peripheral wall (28), so as to secure the implant fixation device in each of the designed vertebrae as (2) is embedded (1) therebetween, implant (2) are each oriented toward one of the upper and lower surfaces (vertebral contact surface of the implant) includes two passages (21). 固定具(1)の通路(21)は、インプラントの椎骨接触面上に現れるように、インプラントの壁(28)内に形成される。 Passage of the fixture (1) (21), as appears on the vertebral contact surfaces of the implant are formed in the implant wall (28). 特定の実施形態において、インプラント(2)の周囲壁(28)は、その間にインプラント(2)が埋め込まれるように設計された椎骨の各々に固定装置(1)を固定するように、各々が上面および下面のうちの1つに向かって配向されている、2つの重複した通路(21)(図2C、図2D、図3H、図4Bから図4H、図5C、図7A、図7B、および図8Aから図8C)、またはずれた通路(図3B、図3E、図3K、図4A、図5A、図5B、図13A、および図13D)を含む。 In certain embodiments, the implant surrounding wall (28) of (2) so as to secure the implant (2) is fixed devices each designed vertebrae to be implanted (1) therebetween, each of the upper surface and towards one of the lower surface is oriented, two overlapping passageway (21) (FIG. 2C, FIG. 2D, FIG. 3H, FIGS. 4B 4H, FIG. 5C, FIG. 7A, FIG. 7B, and FIG. Figure 8C from 8A), also off passageway (FIG. 3B, FIG. 3E, FIG. 3K, Figures 4A, 5A, FIG. 5B, FIG. 13A, and FIG. 13D). 別の実施形態において、インプラント(2)は、1つの通路(21)のみを含む。 In another embodiment, the implant (2) comprises only one passageway (21). プロテーゼの実施形態も同様に、通路(21)を含むプレートを1つだけ、およびこれを含まない別のプレートを、含んでもよい。 Similarly embodiment of a prosthesis, only one plate includes a passage (21), and another plate without this, may comprise.

固定装置(1)がインプラント(2)を所定位置に保持するために埋め込まれる前に、時々インプラント(2)が椎間板腔内で動く危険性がある。 Before fixing device (1) is embedded in order to hold the implant (2) in position, sometimes the implant (2) is at risk of being moved in the disc space. したがって、特定の実施形態において、インプラント(2)の(上部および/または下部)椎骨接触面のうちの少なくとも1つは、椎骨間のインプラント(2)の運動を防止する刻み目(25)を含んでもよい。 Thus, in certain embodiments, at least one of (upper and / or lower) vertebra contact surface of the implant (2) also include a notch (25) to prevent movement of the implant (2) between the vertebrae good. 椎間板プロテーゼの場合、固定装置(1)によるその固着の前にプロテーゼの安定性を保証(または改善)するように、刻み目またはフィンまたはこれが椎骨間で動くのを防止するいずれかのタイプの構造など、椎骨と接触するように設計された表面上に、安定化手段を設けることもまた、可能である。 For disc prosthesis, so as to guarantee the stability of the prosthesis prior to its fixation by the fixing device (1) (or improved), such as any type of structure that notches or fins or which prevents the movement between the vertebrae , on the surface designed to contact the vertebrae, it is also possible provided a stabilizing means. 異なる実施形態によれば、これらの刻み目(25)またはその他の安定化手段は、異なる配向を有することができる。 According to different embodiments, these notches (25) or other stabilizing means may have a different orientation. たとえば、刻み目(25)は、互いに実質的に平行に、そして全てがインプラント挿入軸に対して直角に配向されることが可能であり、または刻み目(25)は反対に、様々な方向への運動を防止するように、インプラント(2)の異なる部分において異なる配向を有することも可能である。 For example, indentations (25) are substantially parallel to each other, and all are capable of being oriented at right angles to the implant insertion axis, or indentations (25) on the opposite movement of the various directions to prevent, it is also possible to have a different orientation in different parts of the implant (2). 椎体間ケージを示す例の上面図(図2E、図5D、図7C、図8G、図9D、図10D、図10E、図10F、図11C、図11D、図12A、図13B、図13E、図15A、図17A、図17B、および図17C)に特に見られるように、刻み目は、ほとんどの方向の運動、特に側方挿入を用いるケージのこれらの例では前後軸に対して垂直な運動(すなわち、脊柱の矢状または傍矢状面内の軸に沿った運動)に対抗するのに比較的最適な、実質的に山形模様に配置されることが可能である。 Top view of an example showing the intersomatic cage (FIG. 2E, FIG. 5D, FIG. 7C, FIG. 8G, FIG. 9D, FIG. 10D, FIG. 10E, FIG. 10F, FIG. 11C, FIG. 11D, FIG. 12A, FIG. 13B, FIG. 13E, FIG. 15A, FIG. 17A, FIG. 17B, and in particular, as seen in Figure 17C), indents, most direction of motion, especially in these examples of the cage using a lateral insertion movement perpendicular to the longitudinal axis ( that is, a relatively optimal for combating movement) which along the axis of the sagittal or parasagittal plane of the spinal column, is capable of being arranged in a substantially chevron pattern.

本願の様々な図面において、図示されるケージの例は、そのほとんど全ての椎骨接触面上に刻み目を含むが、しかしケージの周囲壁上には含まないことに、留意すべきである。 In the various figures of the present application, examples of the cage shown is, including indentations on almost all of the vertebra contacting surface, but that does not include on the peripheral wall of the cage, it should be noted. これらの例において、ケージの椎骨接触面の後方部分は刻み目を有していない。 In these examples, the rear portion of the vertebral contact surfaces of the cage has no notch. しかしながら、様々な実施形態において、様々な歯止め、リブ、および/またはこれらと結びつけられてもよいこれらのインプラントおよび/または固定具上に構成されてもよいその他の要素および特徴に干渉しなければ、ここおよびその他の周囲部分に刻み目を設けることが可能である。 However, in various embodiments, various pawl, ribs, and / or have to interfere with the good other elements and features be configured on these and may be tied these implants and / or fasteners, it is possible to provide a notch here and other peripheral parts of the.

ケージ(たとえば2A、2B)については、周囲壁(28)は、骨組織移植片または代用物を受容するように設計されたインプラントの上面および下面(椎骨と接触している面)で開放している、空洞(26)を定義することができる。 The cage (e.g. 2A, 2B), the peripheral wall (28) is open at upper and lower surfaces of the implant which is designed to receive a bone tissue graft or substitutes (the surface in contact with the vertebrae) there can be defined a cavity (26). 本願の図面に示されるように、椎体間ケージはその中心に、その壁(28)によって定義された空洞(26)を含み、ケージはまた、本発明の範囲内の別の構成において、内部空洞を備えていない中実片で構成されてもよい。 As shown in the drawings of the present application, the intersomatic cage is in its center, includes a cavity (26) defined by the wall (28), the cage also in another configuration within the scope of the present invention, the internal it may be composed of a solid piece having no cavity. このタイプのケージは、たとえば先行技術において周知のようなケージの間の空洞を定義するように、少なくとも対になって使用されるように設計されることが可能である。 This type of cage, for example in the prior art so as to define a cavity between the known such cage, it can be designed to be used is at least pairs. さらに、少なくとも1つの空洞を備えるケージの場合、および特に図1、図2C、および図2に示される特定の例に見られるように、開口部(24)は、椎間板腔を横断する(すなわち椎体終板と平行に、ケージを通る)骨組織の成長も可能にするように、インプラントの壁(28)(図示される例における側壁)に形成されることが可能である。 Further, when the cage comprises at least one cavity, and in particular FIG. 1, as seen in the particular example shown in Figure 2C, and FIG. 2, the opening (24), traverses the disc space (i.e. vertebral parallel to the body endplate, through the cage) to allow also the growth of bone tissue, is capable of being formed into the implant walls (28) (side wall in the illustrated example). 図示されない特定の実施形態において、椎体間ケージは、ケージ(2)の壁(28)を補強するために、その空洞(26)を左右に横断する補強材を含んでもよい。 In certain embodiments, not shown, interbody cages, in order to reinforce the wall (28) of the cage (2), may include a reinforcing member across the cavity (26) to the left and right. この補強材は、異なる形状および配向を有することができ、たとえば、椎骨間のケージ(2)の挿入の軸に沿って、または別の軸に沿って、配向されることが可能である。 The reinforcing member, it could have a different shape and orientation, for example, along the axis of insertion of the cage between the vertebrae (2), or along another axis, is capable of being oriented. 様々な実施形態において、補強材は、ケージの残部よりも低いレベルを有することができる。 In various embodiments, the reinforcing material can have a lower level than the rest of the cage. ケージの残部に対する補強材の低いレベルは、椎体終板の形状における様々な潜在的不規則性をケージが獲得できるようにする。 Low levels of reinforcing material to the rest of the cage, a variety of potential irregularities in the shape of the vertebral endplate cages to be able to acquire. 補強材には、刻み目(25)が設けられていてもいなくてもよい。 The reinforcing member may or may not be scored (25) is provided. その一方で、特定の実施形態において、通路(21)の一部は空洞(26)内に現れる。 On the other hand, in certain embodiments, a portion of the passage (21) appears in the cavity (26). 通常、壁は通路(21)に応じた寸法であってもよく、通路(21)は、その内部に固定装置が固着されなければならない椎骨の方向に、この装置を配向および保持するために、固定装置(1)に応じた寸法および配向となる。 Normally, the walls may be dimensioned in accordance with the passage (21), the passage (21) in the direction of vertebrae fixation device must be secured therein, in order to orient and hold the device, the size and orientation in accordance with the fixing device (1). さらに、配向は、本明細書のいずれか別の箇所で述べられたように(たとえば、固定具のために選択された湾曲によって)、所望の固着に応じて選択されることが可能である。 Furthermore, the orientation, as described in any elsewhere herein (e.g., by a curved selected for fixture), it can be selected depending on the desired fixation. しかしながら、インプラントの寸法は、その間にこれらが埋め込まれるように設計された椎骨に応じて変動すること、および固定装置の寸法もまた、これらの椎骨に応じたインプラントの寸法に適合可能であることに、留意する。 However, the dimensions of the implant may vary depending on the vertebra that is designed such that they are embedded in between, and the dimensions of the fixing device is also that it is adaptable to the dimensions of the implant in accordance with these vertebrae ,pay attention to.

通路(21)のレベルにおいてさえ、インプラントの形態は、少なくとも1つの固定具(1)が導入されることを許容する限り、限定的ではない。 Even at the level of the passage (21), the form of the implant, as long as it allows at least one fastener (1) is introduced, not limiting. たとえば、本願の図面に示され、特に上面図(図2E、図5D、図7C、図8G、図9D、図10D、図10E、図10F、図11C、図11D、図12A、図13B、図13E、図15A、図17A、図17B、および図17C)に見られるケージ(2)は、壁が実質的に平坦であって、その付近でこれが器具(3、4)によって保持されることになる、通路(21)を除いて、実質的に長尺の外周を有する。 For example, illustrated in the drawings of the present application, in particular the top view (FIG. 2E, FIG. 5D, FIG. 7C, FIG. 8G, FIG. 9D, FIG. 10D, FIG. 10E, FIG. 10F, FIG. 11C, FIG. 11D, FIG. 12A, FIG. 13B, FIG. 13E, FIG. 15A, FIG. 17A, FIG. 17B, and cage seen (2) in FIG. 17C), the wall is a substantially flat, that near its which is held by the instrument (3, 4) made, with the exception of the passageway (21), it has an outer peripheral substantially elongated. しかしながら、これらの例においてさえ、一般的には好ましいものの、壁がこの領域内でほぼ平坦である必要はない。 However, even in these examples, although generally preferred, the walls need not be substantially flat in this region. 様々な図示される椎体間ケージにおいて、実質的に長尺の形状はわずかな曲線を有しているが(特に上面図に見られる)、しかしやはりこの形状は、本発明の範囲に関して限定的ではないことに、留意する。 In various intersomatic cage shown, the shape of a substantially elongated but has a slight curve (especially seen in the top view), but also limiting to the scope of this shape, the present invention it is not a to, be noted. 様々な上面図、特に図19Aから図19Hは、椎体間ケージの様々な形態が、わずかに凹状の(283)側面(または表面)、わずかに凸状の(284)側面(または表面)、実質的に平坦な(281)後面(または表面)、および湾曲した前(282)面(または表面)を含む周囲壁(28)を有してもよいことを示しているが、しかしやはりこの形状は本発明の範囲に関して限定的ではない。 Various top view, in particular FIG. 19H from Figure 19A, various forms of interbody cage, slightly concave (283) side (or surface), a slightly convex (284) side (or surface), substantially flat (281) rear (or surface), and a curved front (282) plane (or surface) is shown that may have a peripheral wall (28) including, but also the shape not limiting as to the scope of the present invention. この「豆」型、および特に、(側方進入路軸を備えるケージのための)実質的に様々な椎骨の前方部分に対応する、側方(284)のわずかに凹状の面は、より密度の高い骨組織を有する終板の縁を支持することができる。 The "bean" type, and in particular, corresponds to the front portion of the substantially different vertebrae (for the cage with a lateral approach path axis), slightly concave surface of the lateral (284) is more density it is possible to support the edges of the end plates having a high bone tissue. インプラントの形状は、その間にこれが埋め込まれる椎骨の形状に応じて、およびその移植のために想定される解剖学的経路の軸に応じて、選択されることが好ましい。 The shape of the implant, in accordance with the shape of the vertebrae which is embedded therebetween, and in accordance with the axis of the anatomical path envisaged for its implantation, is preferably selected. いくつかの図示される構成について、ケージは側方に(または腰筋横断進入路によって、または腰筋逆行侵入路によって)挿入されるように配置され、一旦冠状配向に(すなわち、その長手軸を、前面とも称される冠状面内にして)埋め込まれたら、最高の安定性を提供する形状をケージに持たせるので、この湾曲形状が好ましい。 The configuration in which some are illustrated, the cage laterally (or by lumbar muscle transverse approach path, or by lumbar muscle retrograde invasion path) is arranged to be inserted, once the coronary orientation (i.e., the longitudinal axis Once implanted front with be within referred coronal plane), so to have a shape that provides the best stability to the cage, the curved shape is preferred. 記載されるように、ケージは、好ましくは予測される使用および挿入進路に合わせて選択される、その他の形状を有することもできるだろう。 As described, the cage will preferably be selected to suit the use and insertion path is predicted, may have other shapes. たとえば、ケージは、とりわけ前部進入路による移植の場合には、湾曲していなくてもよく、とりわけ経椎間孔(transforaminal)経路による移植の場合には、さらに湾曲していてもよい。 For example, cage, especially in the case of transplantation due to the front entrance lane may not be curved, especially in the case of transplantation by transforaminal hole (transforaminal) path may be further curved.

通常、インプラント(2)の形状は異なってもよく、インプラント(2)と接触することになる器具(3、4)の末端の形状も結果的に、異なる実施形態において異なってもよい。 Usually, the implant (2) shape may be different, the end of the shape result in the implant (2) comes into contact with the instrument (3, 4) may be different in different embodiments. インプラント(2)は実際、固定装置(1)の挿入に適した少なくとも1つの通路(21)、および好ましくは移植器具の1つの末端と協働するように設計された締め具(または取り付けリソース)(22)を有している限り、異なる形状を有することができる。 Implant (2) at least one passageway suitable for the practice, insertion of the fixing device (1) is (21), and preferably one end cooperating with such designed fastener implantation instrument (or attached resources) as long as it has a (22), it can have different shapes. 締め具(22)は、様々な具体的実施形態に応じて、器具との良好な協働を提供するために、この締め具(22)の付近でインプラントの特定の形状と結びつけられることが可能であり、さらに器具の補完的形状と協働する特定の形状を有することもできる。 Fasteners (22) in response to various specific embodiments, in order to provide a good cooperation with the instrument, can be bound with a particular shape of the implant in the vicinity of the fastener (22) , and the can further having a particular shape complementary shapes and cooperate in the instrument. たとえば、器具は、インプラントの形状をかたどる接触面を含むことができる。 For example, the instrument may include a contact surface imitates the shape of the implant.

先に述べられたように、椎体間ケージ(2)は、特にいくつかの椎体間ケージ(2)が同じ椎間腔に埋め込まれる場合に、その中心に空洞(26)を含んでも含まなくてもよい。 As mentioned previously, the intersomatic cage (2), especially when some of the intersomatic cages (2) are embedded in the same disc space, includes also comprise a cavity (26) in its center may or may not. こうして埋め込まれたケージは通常、椎間腔内で成長し、その間にこれが埋め込まれる2つの椎骨の融合(関節固定)を可能にする、骨組織(移植片)を封入するために使用される。 Thus embedded cage is typically grown in the intervertebral space, allows for the fusion of two vertebrae which are embedded between them (arthrodesis), is used to encapsulate the bone tissue (grafts). 骨移植片の代わりに代用物を使用することも、知られている。 The use of surrogate instead of bone grafts are also known. 全ての場合において、ケージ(2)の目的は、椎骨の間の空間を修復または維持することである。 In all cases, the purpose of the cage (2) is to repair or maintain the space between the vertebrae. 移植片の成長および椎骨の融合の前に、ケージ(2)は椎間板腔内の所定位置に適切に残留しなければならず、本発明の様々な実施形態は、その固定化を容易にする。 Prior to the growth and vertebral fusion graft, the cage (2) has to be properly remain in a predetermined position of the disc space, the various embodiments of the present invention facilitate the immobilization. 同様に、プロテーゼは通常、全ての場合において固定されていなければならない。 Similarly, the prosthesis typically must be fixed in all cases.

特定の実施形態において、(長手軸Lに対応してもよい)前後軸に沿ってインプラントの中心に位置する少なくとも1つの部分は、椎骨の形状を獲得するように、インプラントの残部よりも厚い。 In certain embodiments, at least one portion located in the center of the implant along the longitudinal axis (may correspond to the longitudinal axis L) so as to acquire the shape of the vertebrae, thicker than the remainder of the implant. たとえば図3A、図3D、図3G、および図3Jに見られるように、インプラントの中心はその末端よりも厚くなっていてもよい。 For example, FIG. 3A, FIG. 3D, as seen in Figure 3G, and FIG. 3J, the center of the implant may be thicker than its ends. 好ましくは、椎骨の下面のみが一般的に凹所を有するので、上面のみが凸状である。 Preferably, only the lower surface of the vertebrae generally have a recess, only the upper surface is convex.

特定の状況において、とりわけその間にインプラント(2)が埋め込まれなければならない椎骨に応じて、椎骨の間の空間の保持に加えて、インプラント(2)が脊柱前弯、脊柱後弯、あるいは脊柱側弯を課す、収容する、または修正することが望ましい。 In certain circumstances, especially during the in accordance with the vertebrae implant (2) must be embedded, in addition to holding the space between the vertebrae, the implant (2) lordosis, kyphosis or spinal side, imposing curvature, houses, or it is desirable to modify. したがって、特定の実施形態は、(ケージまたはプロテーゼのプレートのうちの少なくとも1つの)インプラント(2)の上面および下面を通過する中間面が、その間にインプラント(2)が埋め込まれる椎骨に対する脊柱前弯、脊柱後弯、または脊柱側弯を課す、収容する、または修正する少なくとも1つの方向に、角度を形成するようにしている。 Thus, certain embodiments, (at least one of the plates of the cage or the prosthesis) middle plane passing through the upper and lower surfaces of the implant (2) is, lordosis against vertebrae implant (2) is embedded therebetween , in at least one direction impose kyphosis or scoliosis, houses, or modify, and so as to form an angle. この一般的な方法は、たとえば、各々が参照によって本願に組み込まれる、特にインプラントの中間面のこのような傾斜を許容する技術的特徴に関する(すなわち、少なくとも1つのプレートの中間面の間、またはケージの接触脊椎面の間の角度による、および/または非対称核および/または核のずれた位置による)、仏国特許出願公開第2,869,528号明細書(および国際公開第2005/104996号および米国特許出願公開第2005/0246024号明細書)ならびに仏国特許出願公開第2,879,436号明細書(および国際公開第2006/120505号および米国特許出願公開第2006/0136063号明細書)に記載されている。 The general method, for example, each of which is incorporated herein by reference, in particular the intermediate surface of the implant about the technical features that permit such tilting (i.e., between the intermediate plane of the at least one plate or cage, angle by, and / or by asymmetric nuclear and / or nuclear-shifted position), French Patent application Publication No. 2,869,528 Pat (and WO 2005/104996 and between the contact spine surface U.S. Patent application Publication No. 2005/0246024 Pat) and in French Patent application No. 2,879,436 Pat (and WO 2006/120505 and US Patent application Publication No. 2006/0136063 Pat) Have been described. 中間面への言及は、本明細書において、(上部および下部)椎骨接触面には刻み目が設けられ、あるいは凸状もしくは凹状であってもよいので、これらは必ずしも平坦ではないことを反映している;したがって中間面は、表面上に置かれている椎骨が取ることになる一般的な配向を反映するように意図される。 Reference to the intermediate plane is herein to reflect that indentations are provided on the (upper and lower) vertebra contact surfaces, or so may be convex or concave, they are not necessarily flat are; thus the intermediate surface is intended to reflect the general orientation will take the vertebrae are placed on the surface. たとえば、本願の図面に示される椎体間ケージ(2)のいくつかは、脊柱前弯誘発ケージである−これらは側方に挿入されるように設計されており、椎骨の前部側に位置するように意図されるその部分は、反対側の部分よりも厚い。 For example, some of the intersomatic cage shown in the drawings of the present application (2), is a lordosis 弯誘 onset cage - they are designed to be inserted laterally, located in front side of the vertebra It intended the part to is thicker than the portion on the opposite side. 実際、特に図3B、図3E、図3H、および図3Kに見られるように、ケージが右側よりも左側の方が厚いのがわかる。 Indeed, in particular FIG. 3B, FIG. 3E, as seen in FIG. 3H, and FIG. 3K, the cage is understood that the thicker on the left side than the right. これらの図2において、ケージは脊柱前弯誘発型であるので、刻み目(25)が見えるのはケージの側面のうちの1つ(左側)のみであることにも、留意する。 In these figures 2, cage because it is lordosis 弯誘 onset, notches (25) that visible one of the sides of the cage to be (left) only, be noted. ケージが薄い側(右側)に位置する刻み目が存在するが、その上端しか見えていないので、図面には反映されていない。 Cage exists indentations located on the thin side (right side), but since only been seen that the upper end, not reflected in the drawings. 特定の実施形態は、インプラント(2)の上面および下面を通過して角度を形成する中間面を有するものの、直線ケージも提供可能であり、これは通常このように対称的となり、実質的に互いに平行に構成されたインプラント(2)の上面および下面を通過する中間面を有する。 Certain embodiments, although an intermediate surface forming an angle through the upper and lower surfaces of the implant (2), also straight cage may be provided, which is usually made this way symmetric, substantially mutually having a mean plane passing through the upper and lower surfaces of the implant (2) configured in parallel. インプラントのための望ましい移植経路に応じて、様々な方向に角度が付与される。 Depending on the desired implantation path for the implant, the angle is applied in various directions. 脊柱後弯および脊柱前弯では、この方向は脊柱に対して前後であり、脊柱後弯を課すために脊柱の前方に向かってインプラントが薄くなっているか、または脊柱前弯を課すために脊柱の後方に向かってインプラントが薄くなっている。 The kyphosis and lordosis, this direction is the back and forth relative to the spinal column, the spinal column to impose or implants toward the front of the spinal column to impose kyphosis thinner, or lordosis implant is thinner toward the rear. 脊柱側弯を課すためには、上面および下面を通過する中間面は、椎間板腔の平面の別の方向に沿って(前方または冠状方向に沿って、すなわち脊柱に対して内外方向に配向された軸に沿って)角度を形成しなければならず、所望の効果に応じて、右または左に向かってインプラントが薄くなっている。 To impose scoliosis, an intermediate plane passing through the upper and lower surfaces along the different directions of the plane of the disc space (along the forward or coronal direction, i.e. oriented in the inward and outward directions relative to the spinal column along the axis) must form an angle, depending on the desired effect, the implant is made thinner toward the right or left. たとえば、図19Bおよび図19Cは、脊柱前弯および脊柱側弯を課すためのケージを表している:インプラント(2)の壁(28)の前面(282)は、特に図19Bに見られるようにその背面(281)よりも薄く、特に図19Cに見られるように、凹側面(283)は凸面(284)よりも薄い。 For example, FIG. 19B and FIG. 19C represents a cage to impose lordosis and scoliosis: front (282) of the implant (2) wall (28), particularly as seen in Figure 19B thinner than its back (281), particularly as seen in Figure 19C, concave side (283) is thinner than the convex surface (284). この例において、本明細書のいずれか別の箇所で述べられたように、側面は湾曲していなくてもよく、このケージの様々な特徴(たとえば、通路21の位置)は、このケージ向けに意図される特定の挿入進路に対して構成されており、これは異なる進入路が意図される場合に変更されてもよいことに、留意すべきである。 In this example, as described in any elsewhere herein, side may not be curved, various features of the cage (for example, the position of the passage 21) is in the cage for is configured for a particular insertion path contemplated, which that may be changed when different access road is intended, it should be noted. 本明細書のいずれか別の箇所で説明されるように、たとえば図19Eおよび図19Gのケージなど、その側面(283、284)が通常同じ厚さ(端から端まで)を有する、対称的インプラントも使用されてよい。 As described in either elsewhere herein, such as cages of FIG. 19E and FIG. 19G, having its side surface (283) is typically the same thickness (end to end), symmetrical implant it may also be used. インプラントの対称性は、前後配向および/または左右配向に関連してもよい。 Symmetry of the implant may be related to the orientation and / or lateral orientation before and after. 図19Fは、無脊柱前弯および無脊柱後弯ケージを示しており、ここで2つの側面(283、284)は同じ厚みを有するが、このケージはその前面(282)が背面(281)よりも薄いので、脊柱側弯を課す。 Figure 19F shows a non lordosis and free kyphosis cage, where the two sides (283, 284) has the same thickness, from the cage the front (282) of the back (281) since also thin, impose a scoliosis. 繰り返しになるが、図19Fのケージで脊柱側弯を扱うために、これは側方進入路を通じて挿入されることに、留意する。 Here again, in order to deal with scoliosis cage of FIG. @ 19 F, which is to be inserted through the lateral approach path is noted. 図19Hのケージの例にも、同じことが該当する。 Also Examples of the cage of FIG. 19H, the same is true. 図19Hのケージの側面(283、284)はいずれも凹状であるが、その一方で図19Fに示されるケージの側面(283、284)はいずれも凸状であることに、留意すべきである。 While any side of the cage of FIG. 19H (283 and 284) is concave, the side surface of the cage shown in while Figure @ 19 F (283 and 284) is that both are convex, it should be noted . これら例示的で非限定的な例は、本発明の範囲内で、想定される用途に応じて使用されてもよい、インプラントの様々な形状および構成を示している。 Non-limiting examples of these exemplary are, within the scope of the present invention, may be used depending on the application envisioned, shows a variety of shapes and configurations of the implant. 隣り合う椎骨の傾斜(たとえば、脊柱側弯、脊柱前弯、脊柱後弯)について、運動および傾斜によって印加される力に対する良好な抵抗を提供するために、固定具の幅は、傾斜の方向に対して実質的に直交するように(または斜めに、しかし平行ではなく)配向されることが、一般的に好ましいだろう。 The inclination of the adjacent vertebrae (e.g., scoliosis, lordosis, kyphosis) for, in order to provide a good resistance to the force applied by the movement and the inclination, the width of the fixture in the direction of the slope substantially orthogonally against (or obliquely, but not in parallel) to be oriented generally be preferred. たとえば、側方進入路によって挿入されるように構成された、脊柱側弯用途向けのケージ(椎骨の横向き傾斜を課す)では、プレートの深さにおいて配向されたそのプレート(1)の曲率を備える固定具(1)が好ましい(たとえば、図2G、図2H)。 Comprising for example, configured to be inserted by lateral approach path, the cage for scoliosis applications (impose lateral tilting of the vertebrae), the curvature of the plate that is oriented (1) at a depth of plate fixture (1) is preferred (e.g., FIG. 2G, Figure 2H). 反対に、側方進入路によって挿入されるように構成された、脊柱前弯/脊柱後弯用途向けのケージ(椎骨の後方から前方への傾斜を課す)では、プレートの幅において配向されたそのプレート(1)の曲率を備える固定具(1)が好ましい(たとえば、図13G)。 As Conversely, configured to be inserted by lateral approach path, the lordosis / kyphosis application of the cage (imposing inclination forward from the rear of the vertebrae), oriented in the width of the plate fixture with a curvature of the plate (1) (1) is preferred (e.g., Figure 13G).

特定の実施形態において、周囲壁(28)は、前部分のレベルで(本明細書のいずれか別の箇所に記される方向慣例を用いる)、椎骨間のインプラント(2)の挿入を容易にするように、たとえばその上面および下面のうちの少なくとも一方の少なくとも1つの周囲部分の少なくとも1つの面取りなど、少なくとも1つの角取り部分(27)を含む。 In certain embodiments, the peripheral wall (28), at the level of the front portion (with direction convention noted elsewhere elsewhere herein), to facilitate insertion of the implant (2) between the vertebrae as to, for example, at least one chamfer on at least one of the at least one peripheral portion of its upper and lower surfaces, at least one chamfered portion (27). 特に図1の椎体間ケージの例に見られるように、ケージの前部末端は、特に前記椎骨の間の空間が不十分なときに、椎骨間のケージの貫通を最適化するために、実質的にシェルの先端の形状(ブルノーズ、モルタル)を有する。 In particular, as seen in the example of the intersomatic cage in FIG. 1, the front end of the cage, especially when inadequate space between the vertebrae, in order to optimize the penetration of the cage between the vertebrae, substantially having the tip of the shell-shaped (bullnose, mortar). 面取りまたは角取り(27)は、インプラント(2)の下面および上面の両方に存在してもよい。 Chamfering or chamfering (27) may be present in both the lower and upper surfaces of the implant (2). この面取り(27)または角取りプロファイルは、ケージの残部よりもその迎え側(最初に挿入されるように設計された側)の方にある程度低いレベルを付与することによって、インプラント(2)の移植を容易にする。 The chamfer (27) or chamfers profile, by applying a certain low level towards the pick side than the remainder of the cage (designed side to be first inserted), implantation of the implant (2) the ease.

本開示において説明されるように、インプラント(2)の様々な構成または実施形態は好ましくは、特に保持歯止め(14)および/または抜去歯止め(12)について、固定具(1)の構成または実施形態に適応することになる。 As described in this disclosure, the implant various configurations or embodiments of (2) is preferably, in particular the holding pawl (14) and / or removal pawl (12), configuration or embodiment of the fixture (1) It will be to adapt to. このため、特定の実施形態において、通路(21)は、一旦固定装置(1)が通路(21)を通じて椎骨内に完全に固定されたら、インプラント(2)を保持するために固定装置(1)の少なくとも1つの保持歯止め(14)と協働するように配置された、インプラント(2)の外側にほぼ対向する少なくとも1つの歯止め面を有する、少なくとも1つの歯止め(214)を含む。 In Therefore, particular embodiments, the passage (21), once the fixing device (1) is fully seated into the vertebra through the passage (21), implant fixation device to hold (2) (1) of being arranged to at least one cooperating with the holding pawl (14), having at least one pawl surfaces substantially opposite to the outside of the implant (2), comprising at least one pawl (214). 本明細書のいずれか別の箇所で述べられたように、固定具の様々な構成について、歯止め(214)は、固定装置(1)の本体の側面上の2つの突起ラグを受容するように、固定具の上方および/または下方に、または通路(21)の側面に突起しているラグを受容するために、通路の上方および/または下方に位置していてもよく、あるいはこれらの可能性のいずれの組み合わせであってもよい。 As mentioned either elsewhere herein, the various configurations of the fastener, the pawl (214), to receive the two projections lugs on the side of the main body of the fixing device (1) , upper and / or under the fixture, or for receiving a lug that protrudes on the side surface of the passage (21) may be located above and / or below the path, or these possibilities it may be a combination of any. 好ましくは、いずれの場合も2つの歯止めが存在することになる。 Preferably, there will be two pawls in both cases. 好ましくは、歯止め(214)は、周囲壁(28)から突出することなく保持歯止め(14)を受容するのに十分な深さを備え、その底部が歯止め面を形成する陥凹である。 Preferably, the pawl (214) has a depth sufficient to receive the retaining pawl (14) without projecting from the surrounding wall (28), its bottom is recessed to form a ratchet surface. 特定の実施形態において、インプラントは、通路(21)内に挿入された固定装置の前部末端にほぼ対向する少なくとも1つの歯止め面を有する少なくとも1つの抜去歯止め(212)を含み、この抜去歯止め(212)は、インプラント(2)からの固定装置(1)の抜去に対抗するために、可撓性ラグ(12)など、固定具(1)の少なくとも1つの抜去歯止め(12)と協働する。 In certain embodiments, the implant comprises a passage at least one removal pawl having at least one pawl surfaces substantially opposite to the front end of the inserted fixing device in (21) (212), the removal pawl ( 212), to counter the withdrawal of the fixing device from the implant (2) (1), such as a flexible lug (12), at least one cooperating with removal pawl (12) of the fixture (1) .

特定の実施形態において、器具類(3、4)は、椎骨の間にインプラント(2)を挿入し、インプラント(2)内に固定装置(1)を案内して椎骨内に固定装置(1)を押し進めるために、使用されてもよい。 In certain embodiments, instrumentation (3,4) inserts the implant (2) between the vertebrae, the implant (2) fixing device in the fixing device (1) guided to the vertebra (1) to force the may be used. これらの実施形態において、インプラント(2)の周囲壁(28)は、好ましくは移植器具(3、4)の把持末端と協働するように配置された少なくとも1つの締め具(または取り付けリソース)(22)を含む。 In these embodiments, the implant surrounding wall (28) of (2) is preferably at least one fastener disposed to cooperate with the gripping ends of the implant fixture (3, 4) (or mounting resource) ( including the 22). このため、本発明の潜在的な対象の様々な実施形態は、少なくとも1つの椎骨に対してインプラント(2)を固着させるための、椎間インプラント(2)および固定装置(1)の移植のための移植器具(3、4)に関する。 Thus, various embodiments of the potential target of the present invention, for fixing the implant (2) for at least one vertebra, the intervertebral implant (2) and fixing device (1) for implantation related to the transplant instrument (3, 4). 様々な実施形態において、器具は、この装置を椎骨内に固着させるための固定装置(1)に、およびインプラント(2)が器具(3)によって把持または保持され得るように移植器具(3)のための少なくとも1つの締め具(22)(または取り付けリソース)を含む、本発明によって構成された椎間インプラント(2)にも、適合する。 In various embodiments, the instrument the device to a fixed device for fixing into the vertebra (1), and the implant (2) of an instrument (3) implantation instrument (3) so that it may be grasped or held by at least one fastener including (22) (or attachment resource), to the intervertebral implant constructed in accordance with the present invention (2), adapted for. いくつかの構成において、インプラント(2)の締め具は、器具の少なくとも1つの把持リソース(321)を受容するように設計された、たとえば図3B、図3E、図3H、図3K、図4(AからH)、図5(AからB)、図13A、および図13Dに示されるように、少なくとも1つの陥凹(22)を含んでもよい。 In some configurations, the fastener of the implant (2) is designed to receive at least one gripping resource (321) of the instrument, for example, FIG. 3B, FIG. 3E, FIG. 3H, FIGS 3K, 4 ( H from a), FIG. 5 (B from a), as shown in FIGS. 13A and 13D,, it may include at least one recess (22). たとえば、開口部(22)は、器具のシャフト(321)の末端を受容することができる。 For example, the opening (22) is capable of receiving the ends of the shaft (321) of the instrument. 開口部(22)は、別の付加的締め具または取り付けリソースも示す、図16Aおよび図16Bの例に特に見られるように、シャフト(321)の末端のネジ切りと協働するように、ネジ切りされることが可能である。 Opening (22) also shows another additional fasteners or attachment resource, especially as seen in the example of FIG. 16A and 16B, so that threaded cooperating end of the shaft (321), a screw it is possible to be cut. しかしながら、締結手段は、把持手段の陥凹に挿入されるように設計された、インプラントの外側に突起している部分も含むことができる(図示せず)。 However, the fastening means is designed to be inserted into recesses of the gripping means, a portion which protrudes outside of the implant may also include (not shown). 特定の実施形態において、締め具または取り付けリソース(22、22a、22b、22c)はまた、少なくとも部分的に、ケージまたはプロテーゼを把持できるようにするためにこれらの表面を補完する形状を有する器具の把持リソースを備える、インプラントの異なる表面によって形成された配置を含むことも可能である。 In certain embodiments, fastener or attachment resource (22, 22a, 22b, 22c) is also a device having a shape that complements these surfaces in order to be able to grip the at least partially cage or the prosthesis comprising a gripping resource may also include an arrangement which is formed by the different surfaces of the implant. たとえば、第一締め具は、器具(3)のシャフト(321)を受容する、インプラントの後部壁(28)の開口部(22a)を含んでもよく、図2C、図2D、図5C、図8A〜C、および図15Fに特に見られるように、インプラント(2)の壁のうちの1つ(たとえば、これらの図における側壁)の陥凹(22b)によって補完されてもよい。 For example, the first fasteners, to receive the shaft (321) of the tool (3) may include the opening of the rear wall of the implant (28) and (22a), FIG. 2C, FIG. 2D, FIG. 5C, FIG. 8A -C, and particularly as seen in Figure 15F, one of the walls of the implant (2) (e.g., the side walls in the figures) may be supplemented by recesses of (22b). 別の付加的締め具も示している図16B、図16C、および図17Aに特に見られるように、この陥凹(22b)は、器具(3)の補完的形状のラグ(3210)を受容するように設計されている。 Another additional fasteners also shown FIG. 16B, as can be particularly seen in FIG. 16C and FIG. 17A,, the recessed (22b) is for receiving a lug of complementary shape of the tool (3) (3210) It is designed to. 二重把持部は、椎骨間の移植の間のインプラント(2)をより良く把持すること、および具体的には、たとえば把持リソース(22a〜321および22b〜3210)の間にレバーアームを提供することにより、インプラントにねじりを印加することを、可能にする。 Double gripper, to better grip the implant (2) during the implantation between the vertebrae, and in particular, to provide a lever arm between the example gripping resources (22A~321 and 22B~3210) it makes the application of a twisting the implant allows. この二重把持部はまた、図1、図7A、図7B、図16B、図16C、および図17Aに特に見られるように、第二リソースまたは配置(22b)内に形成された、第三リソースまたは配置(22c)によって、改良されることも可能である。 This double gripper also FIG. 1, 7A, 7B, FIG. 16B, as can be particularly seen in FIG. 16C and FIG. 17A,, formed on the second resource or the arrangement (22b), the third resource or by the arrangement (22c), it is also possible to be improved. たとえば、インプラントの壁の陥凹(または補強材)(22b)は、器具のラグ(3210)上に形成された補完的なスタッド(3210b)(またはピン、ラグ、タブ、またはその他いずれかの突起構造)を受容するように設計された別の陥凹(穴、刻み目など)を含むこともできる。 For example, recessed in the wall of the implant (or stiffener) (22b) are complementary stud (3210b) (or pin formed on the lug (3210) of the instrument, lugs, tabs or other any projections, It can include other recesses designed to receive the structure) (holes, notches, etc.). この例において、図16B、図16C、および図17Aに特に見られるように、インプラント(2)は、スタッド(3210b)およびラグ(3210)をそれぞれの陥凹(それぞれ22c、22b)に挿入することによって器具(3)と嵌合し、その後インプラント(2)は、必要であれば、器具(3)の上を摺動するように実装され締め付け可能なシャフト(321)によって、器具(3)上に「係止」される。 In this example, particularly as seen in FIG. 16B, FIG. 16C and FIG. 17A,, implant (2) is to insert the stud (3210b) and the lug (3210) each recess (respectively 22c, 22b) to fitted with an instrument (3) by then implant (2), if necessary, by the instrument implemented clamping possible shaft to slide over (3) (321), the tool (3) above It is "locking" to. このため、インプラントは器具(3)の少なくとも1つの把持リソース(321)の少なくとも1つの補完的締め具(22)を含んでもよいが、把持部は、器具の把持リソース(それぞれ321、3210、および3210b)の各々を補完する1つ以上の付加的締め具(たとえば、22a、22b、22c)を用いて改良されてもよい。 Therefore, the implant may include at least one complementary fasteners of the instrument (3) at least one gripping resource (321) (22) but, gripper, gripping resource (each 321,3210 instrument, and 3210b) 1 or more additional fasteners to complement each (e.g., 22a, 22b, 22c) may be improved by using a. 「把持部」という用語は、一般的に把持部品を形成する2つの要素を含む構造のみを指すものとして限定的に解釈されるべきではなく、むしろ本開示におけるその使用は、単純に、記載される構造がインプラントを保持するのに役立つということを指す。 The term "grip portion" generally gripping parts limiting manner should not be construed as referring only structure comprising two elements that form a, its use in the present disclosure rather, simply, is described that structure refers to the fact that help to hold the implant. 好ましくは、締め具(22)は、通常は(以下に記載される嵌入具(4)による)固定具のタッピングを必要とする、特に固定具が椎体間に埋め込まれるときに、アセンブリのサイズを削減して器具によるインプラントの保持を改善するように、固定装置が挿入される場所の付近で器具によるインプラント(2)の把持を可能にするために、通路(21)の付近に位置することになる。 Preferably, fastener (22) is usually (depending on the fitting tool described below (4)) when requiring tapping fasteners, especially fasteners is embedded between the vertebral bodies, the assembly size to improve the retention of the implant according to the instrument by reducing, for fixing device to allow the gripping of the implant (2) according to the instrument in the vicinity of where they are inserted to be located in the vicinity of the passage (21) become. さらに、本明細書で述べられる様々な実施形態を示す図に特に見られるように、締め具の位置は、インプラントの後部壁のサイズ、固定具の構成、およびインプラントのサイズに応じて、変化することができる。 Furthermore, in particular as seen in diagram illustrating various embodiments described herein, the position of the fastener, the size of the rear wall of the implant, the structure of the fixture, and depending on the size of the implant will vary be able to. 好ましくは、固定具、インプラント、および器具の構成は、相互依存的および補完的である。 Preferably, fastener, implant, and configuration of the instrument is interdependent and complementary.

通常、本発明によって構成された、椎骨椎間インプラント(2)を埋め込むための、およびこれら椎骨のうちの少なくとも1つに少なくとも1つの固定装置(1)を埋め込むための機具類(3、4)は、好ましくは、固定装置(1)を押さえるのに適した形状およびサイズのヘッド(44)を含む少なくとも1つの嵌入具(4)、およびインプラント(2)用の把持末端と押さえ末端との間に延在する長手軸に沿って延伸する少なくとも1つのガイド(3)を、含むことになる。 Usually, it constructed in accordance with the present invention, for embedding vertebral intervertebral implant (2), and at least one at least one fixed device Kigu such for embedding (1) of these vertebrae (3,4) is preferably between, the at least one fitting tool (4), and the gripping end and pressing ends of the implant (2) including a head (44) suitable shape and size to hold the fixation device (1) at least one guide (3) extending along a longitudinal axis that extends, will contain. 様々な構成において、ガイド(3)は、少なくとも部分的に嵌入具のヘッド(44)を受容するのに適した形状およびサイズのヘッド(30)、および少なくとも1つの案内面(31)を含む。 In various configurations, the guide (3) comprises a shape and size suitable for receiving a head (44) at least partly inserted tool head (30), and at least one guide surface (31). 好ましくは、湾曲固定具が好まれるので、案内面(31)は、椎骨内に(好ましくは椎体終板内に)固定装置(1)を嵌入するために、インプラント(2)の通路(21)を通じてこの固定装置(1)を案内するように、固定装置(1)の少なくとも1つの曲率半径と実質的に同一の少なくとも1つの極知る半径を有することになる。 Since Preferably, the bending fixtures are preferred, the guide surface (31), passages in order to fit into the vertebrae (preferably in the vertebral end plate) fastening device (1), the implant (2) (21 ) through to guide the fixing device (1) will have at least one radius of curvature substantially identical to at least one pole knowing the radius of the fixing device (1). 特定の実施形態において、ヘッド(30)は、固定装置(1)の少なくとも1つのリブ(11)の通路のために形成された、少なくとも1つの溝(3011)を含む。 In certain embodiments, the head (30) is formed for at least one passage of the ribs (11) of the fixing device (1) comprises at least one groove (3011). 1つまたは複数のリブ(11)が見いだされる1つまたは複数の面に応じて、1つまたは複数のリブの通路のために適切に、ガイド(3)内に1つまたは複数の溝(3011)が構成されることになる。 In response to one or one or more surfaces a plurality of ribs (11) are found, appropriate for one or more ribs of the passage, one or more grooves in the guide (3) (3011 ) is to be configured. 特定の実施形態において、固定装置(1)のリブ(11)の通路のために形成された溝(3011)は、ガイド(3)のヘッド(30)の空洞(300)の上部壁および/または下部壁の少なくとも一部に、形成される。 In certain embodiments, the groove (3011) formed for the passage of the ribs (11) of the fixing device (1), the guide (3) of the head (30) top wall and / or of the cavity (300) of at least a portion of the lower wall is formed.

通常、様々な構成において、ガイド(3)のヘッド(30)は、固定装置(1)を受容し、嵌入具(4)のヘッド(44)を少なくとも部分的に受容するのに適した形状およびサイズの空洞(300)を含み、少なくとも2つの湾曲溝(31、図17D)を含む案内面は、本体(10)の両側の固定装置(1)の側面を受容および案内するために空洞(300)の側面に対向して位置しており、嵌入具(4)のヘッド(44)は、これら溝(31)の1つの末端から他方まで空洞(300)内を貫通している。 Usually, in various configurations, the head (30) of the guide (3), to receive a fixing device (1), the shape suitable for at least partially receiving the head (44) of the fitting tool (4) and includes a cavity (300) of size, at least two curved grooves (31, Figure 17D) the guide surface including the both sides of the fixing device cavity (300 to side to receive and guide (1) of the body (10) side located opposite the of), the head of the fitting tool (4) (44) penetrates the cavity (300) from one end of the groove (31) to the other.

いくつかの構成において、固定具のリブ(11)は、ヘッド(30)を通じてインプラントを案内するのに役立つ。 In some configurations, the rib of the fixture (11) serves to guide the implant through the head (30). リブ(11)の通路のための溝(3011)を含むガイド(3)のヘッド(30)は、固定具(1)を案内するのに役立ち、通常は好ましい。 Head rib guide comprising a groove (3011) for the passage (11) (3) (30) serves to guide the fastener (1), typically preferred. 嵌入具は、ガイドのヘッド(30)内に進入するように配置されており、いくつかの構成において、空洞(300)の壁は、嵌入具を案内するように構成されてもよい。 Fitting tool is arranged so as to enter the guide head (30), in some configurations, the walls of the cavity (300) may be configured to guide the insertion tool.

器具の様々な構成は、たとえインプラントがすでにガイドに実装されていても、そしてインプラントが椎間腔内に(完全にまたは部分的に)すでに埋め込まれていても、外科医が移植のための固定具を装着できるようにする。 Various configurations of the instrument, even if the implant is already mounted on the guide, and implant into the intervertebral space (fully or partially) be already embedded fixture for the surgeon transplant the to be installed. たとえば、ガイド(3)は、ヘッド(30)の後を通じて固定具を装着できるように構成されることが可能である。 For example, the guide (3) can be configured to be mounted to the fixture through of the head (30). 加えて、ヘッド(30)の後を通じて固定具を装着する能力は、外科的開口部における密集を低減するのに役立つ。 In addition, the ability to mount the fixture through of the head (30) serves to reduce the densely in surgical opening. 必要とされる外科的開口部のサイズを削減するために、器具の様々な構成において、好ましくはヘッド(30)のレベルは、インプラント内への固定具の挿入のための適切な経路をなおも提供しながら、可能な限り低減される。 To reduce the size of the surgical opening required, in various configurations of the device, the level of preferably the head (30) is still a suitable route for the insertion of the fixture into the implant while providing, it is reduced as much as possible. 好ましくは、ヘッドはインプラントのレベルと同程度の最大レベルを有することになる。 Preferably, the head will have a maximum level comparable to the level of the implant. ヘッド内に溝(3011)が存在する場合、たとえば図17Dに示されるようにわずかな追加レベルが必要であるかも知れない。 If the grooves (3011) are present in the head, for example, little additional levels may be required as shown in Figure 17D. すると、(たとえば図17Dに示されるように)ヘッドの外側まで延在する溝(3011)は、このような場合に特に有用であろう。 Then, (e.g., as shown in FIG. 17D) groove (3011) extending to the outside of the head may be particularly useful in such cases. しかしながら、いくつかの実施形態において、空洞(300)は、溝(3011)を必要とせずに固定具の通路(リブありまたはなし)を許容するのに十分なレベルである。 However, in some embodiments, the cavity (300) is a level sufficient to permit the passage of the fixture without the need for grooves (3011) (ribs or without). とは言うものの、インプラントおよび椎骨内に挿入されている間、固定具の向上された案内および安定性を提供するために、溝(3011)の使用はいずれにせよ有益である。 Nevertheless, while it is inserted into the implant and the vertebra, in order to provide enhanced guidance and stability of the fixture, the use of the groove (3011) is beneficial anyway.

インプラントとほぼ同じかまたは低いレベルを有するガイドのヘッド(30)を有する構成において、ガイドの前部末端付近に少なくとも1つの歯止めが設けられてもよい。 In the configuration having a head (30) guides having substantially the same or lower level as the implant, at least one pawl may be provided near the front end of the guide. このような歯止めは、たとえば、調節可能および/またはヘッドまたはガイド(3)の本体上のどこか(チューブ、ハンドル、ヘッドなど)に固着されてもよく、特にインプラントおよび/または固定具(1)の嵌入の間、ガイドが椎間板腔内に深く貫通しすぎるのを防止してもよい。 Such pawl, for example, somewhere on the body of the adjustable and / or head or guide (3) (tube, a handle, a head, etc.) may be fixed to, in particular an implant and / or fixture (1) during the fitting of it may prevent the guide of too deeply penetrate the disc space.

様々な構成において、器具は、インプラント(2)の少なくとも1つの締め具(22)と協働するように設計された、少なくとも1つの把持リソース(321)を含む。 In various configurations, the instrument is designed to at least one fastener (22) cooperating with the implant (2), comprising at least one gripping resource (321). 押さえ末端は、いくつかの実施形態において、椎間腔内にインプラント(2)を挿入するためにインプラント(2)を保持するガイドを押さえるために使用される、ハンドル(320)を含んでもよい。 Pressing ends, in some embodiments, is used to hold the guide to hold the implant (2) to insert the implant (2) into the disc space may include a handle (320). 図16Bに特に見られるように、このハンドルは、この構成では(取り付けリソースとしてネジ切り穴を含む)インプラント内へのネジ留めのためのホイール(33)に接続されている、シャフト(321)用の通路を含むことができる。 In particular, as seen in FIG. 16B, the handle is in this configuration is connected to (including a threaded hole as an attachment resource) wheel for screwing into the implant (33), shaft (321) it can contain the passage. 外科医は、椎体の間および椎間腔内にインプラント(2)を押し進めるために、たとえばハンマーを用いてまたは周知のタイプの別のツールによって、ハンドル(320)および/またはホイール(33)を叩くことができる。 The surgeon, hit in order to push the implant (2) during and intervertebral space of a vertebral body, for example by or in well-known type of another tool with a hammer, the handle (320) and / or wheel (33) be able to. 本開示を完全に理解すると、当業者は、器具類(3、4)の様々な要素および技術的特徴のうちのいくつかが、まだインプラント(2)または固定装置(1)の様々な実施形態とともになお使用されてもよい器具類に存在してもしなくてもよいことを、理解するだろう。 When fully understanding the present disclosure, those skilled in the art, some of the various elements and technical features of instrumentation (3, 4), still various embodiments of the implant (2) or a fixed device (1) with Note that good instrumentation be used may or may not be present, I would understand.

ガイド(3)は、あまり空間を必要とすることなく、椎間腔へのケージの送達を可能にする、長尺本体(32)を含む。 Guide (3), without requiring too much space, which allows delivery of the cage into the disc space, comprising an elongated body (32). このガイド本体(32)は、インプラント(2)を把持するシャフト(321)を案内および/または収容する。 The guide body (32) is guided and / or accommodating the shaft (321) for gripping the implant (2). 嵌入具(4)もまた、ガイド(3)の本体(32)に対して摺動可能な、長尺本体(42)を含む。 Fitting tool (4) also slidable relative to the guide (3) body (32) of, including elongated body (42). 嵌入具(4)のこの長尺本体は、ハンドル(41)によって作動されたときにガイド(3)に対して摺動するシャフト(42)によって形成されることが可能である。 The elongated body of the fitting member (4) can be formed by a shaft which slides (42) relative to the guide (3) when actuated by a handle (41). 図16に特に見られるように、この嵌入具本体(42)は、ガイド(3)のハンドル(320)の開口部(322)の底部に形成された溝(324)によって、ガイドに沿ったそのスライド内を案内されることが可能である。 In particular, as seen in Figure 16 that, the insertion tool body (42), the guide (3) the handle bottom groove formed in the opening of the (320) (322) (324) of, along the guide it is capable of being guided in the slide. 図16Bに特に見られるような、特定の実施形態において、ガイドのホイール(33)は、嵌入具本体の通過を許容するために、刻み目が付けられている。 Such as especially seen in FIG. 16B, in certain embodiments, the guide wheel (33), in order to permit the passage of the fitting tool body, are labeled with notches. これらの実施形態において、ホイールは、ホイールの刻み目が嵌入具(4)の案内本体(42)のための溝(324)に対向する位置でのみ停止され得るように、たとえば陥凹内に挿入されて弾性リソース(326)(たとえばバネなど)によってホイール(33)に対して圧縮保持されるボール(325)によって、割り出されてもよい。 In these embodiments, the wheel is inserted only as may be stopped, for example, in the recess at a position opposed to the groove (324) for guiding the body of the indentations of the wheel is fitted instrument (4) (42) by ball (325) is compressed held with respect to the wheel (33) by an elastic resource (326) (e.g., springs, etc.) Te, it may be determined.

特定の実施形態において、嵌入具(4)は、ガイド(3)に対して嵌入具本体(42)が摺動できるようにする、ハンドル(41)を含む。 In certain embodiments, fitting device (4) is fitted tool body (42) to be able to slide relative to the guide (3) includes a handle (41). このハンドルもまた、インプラントを通じて椎骨内に固定装置(1)を押し進めるために、たとえばハンマーを用いて、または周知のタイプの別のツールによって、外科医によって叩かれることが可能である。 The handle also in order to push the locking device (1) into a vertebra through the implant, for example with a hammer or by known types of another tool, which can be tapped by the surgeon. さらに、特定の実施形態において、嵌入具(4)は、ガイド(3)のヘッド(30)の内側の嵌入具(4)のヘッド(44)の貫通を制限する、少なくとも1つの歯止め(43)を含む。 Furthermore, in certain embodiments, fitting device (4), the guide (3) to limit the penetration of the head (44) of the inner fitting tool head (30) of (4), at least one pawl (43) including. 特定の変形例において、この歯止めは、嵌入具の貫通をガイド(3)のヘッド(30)のサイズに、および使用される固定装置(1)のサイズに合わせて調節可能にするように、嵌入具(4)の本体(42)に沿って調節されることが可能である。 In certain variations, the pawl penetration insertion tool to the size of the head (30) of the guide (3), and so as to adjustable to suit the size of the fixed devices used (1), fitted it can be adjusted along the body (42) of the tool (4). 実際、たとえば、先に述べられたように、使用される固定装置(1)は、臨床環境およびガイドヘッド(30)に応じて変更可能な長さを有することができ、具体的には湾曲した案内面もまた、固定装置(1)のこの長さに適合したサイズを有することになる。 In fact, for example, as mentioned earlier, the fixed devices used (1) can have a changeable lengths depending on the clinical setting, and the guide head (30), curved in particular guide surfaces also will have a size adapted to the length of the fixing device (1). 把持リソース(または配置)(321)は、案内面(31)の前部末端がインプラント(2)の通路(21)に合わせられてその内部に向かって開口し、案内面(31)の後部末端がインプラントおよびひいては椎骨内への通過のための固定装置(1)の挿入のためにアクセス可能なままで、ガイドヘッド(30)に対して所定位置にしっかりとインプラント(2)を保持する。 Gripping resources (or arranged) (321), the front end of the guide surface (31) is open toward the inside is matched to passages (21) of the implant (2), the rear end of the guide surface (31) There remains accessible for insertion of the fixing device for the passage of the implant and thus the vertebra (1), firmly in position relative to the guide head (30) holding the implant (2). 特定の実施形態において、シャフト(321)は、シャフトが案内ハンドルまたはホイール(33)によって作動されたときにインプラント(2)を固着させるために、陥凹(22、22a)の補完的なネジ切りと協働する、ネジ切り末端を含む。 In certain embodiments, the shaft (321), in order to fix the implant (2) when actuated by the shaft guide handle or wheel (33), complementary threaded recess (22, 22a) to DOO cooperating includes a threaded end. 特定の実施形態において、締め具(22)は陥凹(22、22a)を含み、把持リソース(321)は、インプラント(2)の陥凹(22、22a)に出入りするためにハンドルまたはホイール(33)によって作動されたときにガイド(3)の本体(32)内を摺動するシャフトの末端を含む。 In certain embodiments, fastener (22) includes a recessed (22, 22a), the gripping resource (321) is a handle or wheel to enter and exit the recess of the implant (2) (22, 22a) ( by 33) including the end of the shaft which slides within the body (32) of the guide (3) when actuated. すでに述べられたように、特定の実施形態において、締め具(22)は周囲壁(28)の側面上に陥凹(22a)および溝(22b)を含んでもよく、さらに把持リソース(321)は、インプラント(2)の陥凹(22、22a)を出入りするためにハンドルまたはダイヤル(33)によって作動されたときにガイド(3)の本体(32)内を摺動するシャフトの1つの末端と、溝(22b)内に嵌合するように配置され、椎骨間にインプラント(2)を位置決めするためのレバーアームの役割を果たすラグ(3210)と、を含む。 As already mentioned, in certain embodiments, fastener (22) may comprise a recess on the side of the peripheral wall (28) (22a) and a groove (22b), further gripping resource (321) is , and one end of the shaft which slides within the body (32) of the guide (3) when actuated by a handle or dial (33) to and out of the implant (2) recessed in (22, 22a) are arranged to fit within a groove (22b), comprising the implant (2) a lever arm role lugs for positioning (3210) between the vertebrae, the. さらに、特定の変形例において、溝(22b)は、器具によってインプラント(2)の把持を改善するように、ラグ(3210)のスタッド(3210b)を受容するように設計された、陥凹(22c)を含む。 Furthermore, in certain variations, a groove (22b) so as to improve the grip of the implant (2) by the instrument, designed to receive the stud (3210b) of the lug (3210), depression (22c )including.

特定の実施形態において、ヘッド(30)の空洞(300)は、各々が案内溝(31)を含み、各々が空洞(300)の側面に位置する、2つの案内要素(図17Dに特に見られる)を含む。 In certain embodiments, the cavity of the head (30) (300), each comprising a guide groove (31), each flank of the cavity (300), found in particular in the two guide elements (FIG. 17D )including. この例において、案内要素は、空洞(300)内にこれらを挿入することによってヘッド(30)と接合され、これはピン、ネジ、クリップ、および/またはその他の締結アイテムなど、これら案内要素(310)を固定するための締結リソースを含むことができる。 In this example, the guide elements are joined to the head (30) by inserting them into the cavity (300), which pins, screws, clips, and / or such other fastening items, these guide elements (310 ) may include fastening resources for fixing. 別の例において、ヘッド(30)は、直接空洞(300)内に案内溝(31)と一体に形成されてもよい。 In another example, the head (30) may be integrally formed with the guide groove directly cavity (300) in (31). この場合、湾曲溝(31)を機械加工しやすくするために、ヘッドはともに接合された2つの部品で作られてもよい。 In this case, in order to facilitate machining the curved groove (31), the head may be made of both the two components joined. しかしながら、ヘッド内に直接湾曲した案内面(31)を機械加工することも、可能である。 However, it is also possible to machine directly curved guide surface in the head (31).

本発明のその他の潜在的な対象は、ガイド(3)のヘッド(30)内に少なくとも1つの固定具(1)を装着するために配置された、アダプタ(5、図20A〜図20B)に関する。 Other potential subjects of the present invention, arranged for mounting at least one fixture (1) to the guide (3) of the head (30), about the adapter (5, Fig 20A~ Figure 20B) . このアダプタ(5)は好ましくは、ガイド(3)のヘッド(30)内にこの固定具(1)を挿入するのに適した方法で、少なくとも1つの固定具(1)を保持するように配置されている。 The adapter (5) is preferably in a manner suitable for inserting the guide this fixture in the head (3) (30) (1), arranged to hold at least one fixture (1) It is. 様々な実施形態において、このアダプタ(5)は中空であって、その前部および後部末端(やはり本願で使用される慣例による)において開放しており、こうして端から端まで開放している空洞(50)の範囲を定め、一種の導管またはチャネル(たとえば実質的にその末端で開放している中空で方形の平行六面体の形状の本体を備える)を形成する。 In various embodiments, the adapter (5) is hollow, the cavity being open is open at its front and rear ends (also by convention as used herein), thus from end to end ( delimits 50), it forms a type of conduit or channel (e.g. comprises a body of substantially rectangular parallelepiped-shaped hollow which is open at its end). 様々な実施形態において、この空洞(50)は、ガイドの空洞(300)と実質的に同一の(または少なくともこれに近いまたは類似の)形状および寸法である。 In various embodiments, the cavity (50), the guide cavity (300) and substantially identical (or near or similar at least to) the shape and dimensions. このため、アダプタ(5)は、その内部の空洞(50)を通過することが可能な嵌入具(4)に実装されてもよい。 Therefore, the adapter (5) may be mounted to the fitting member (4) capable of passing through a cavity (50) therein. いくつかの実施形態において、たとえば、アダプタ(5)が嵌入具(4)を保持するように、アダプタ(5)は、アダプタ(5)の空洞(50)の内部の初期寸法を、少なくともその後部末端(本願で使用される慣例による)のレベルで、嵌入具(4)のサイズよりもわずかに小さく(およびひいてはガイドの空洞の寸法にも合わせて)構成することによって、嵌入具(4)の通過がアダプタ(5)のわずかな変形を生じるように配置されてもよい。 In some embodiments, for example, as the adapter (5) holds the fitting member (4), the adapter (5), the inside of the initial dimensions of the cavity (50) of the adapter (5), at least a rear portion at the level of the terminal (by convention as used herein), fitting members (4) (also fit and thus guide the size of the cavity) of slightly less than the size of the by constructing, fitting tool (4) pass may be arranged to produce a slight deformation of the adapter (5). アダプタ(5)の外寸は好ましくは、ガイド(3)の空洞(300)内に貫通しないように、少なくとも後部末端(本願で使用される慣例による)のレベルで、ガイド(3)の空洞(300)よりもわずかに大きくなる。 The outer dimensions of the adapter (5) preferably so as not to penetrate into the cavity (300) in the guide (3), at a level of at least the rear end (according to the convention used in this application), the cavity of the guide (3) ( 300) is slightly larger than. たとえば、アダプタ(5)の壁(51)は、その変形を容易にする少なくとも1つのスリット(52)を備えて構成されてもよい。 For example, the adapter (5) wall (51) of may be configured with at least one slit (52) to facilitate its deformation. さらに、アダプタの材料は、このような変形を許容するように配置されてもよい。 Furthermore, the adapter of the material may be arranged to allow such deformation. 様々な実施形態において、たとえば、後部末端は、嵌入具(4)上にアダプタ(5)を保持しやすくするための少なくとも1つの肥厚(せり上がり)部(浮き出しまたは突出部)を備えて、アダプタ(5)の空洞(50)内に構成されることになり、こうして嵌入具(4)よりもわずかに小さいアダプタの空洞(50)の入り口の寸法を得る。 In various embodiments, for example, the rear end, comprises at least one thickening for facilitating holding the adapter (5) on the fitting device (4) (Crawling) portion (embossing or protrusion), the adapter would be configured in a cavity (5) (50), obtain the entrance cavity dimensions slightly smaller adapter (50) than the way fitting device (4). このような肥厚部は、嵌入具の通過を容易にするために、アダプタ(5)のスリットおよび/または変形可能材料と組み合わせられてもよい。 Such thickenings, in order to facilitate the passage of the fitting tool, the adapter (5) of the slit and / or may be combined with a deformable material. 少なくとも1つの固定具(1)を保持するアダプタ(5)はこのように、嵌入具(4)およびガイド(3)の配置の結果、ガイドのヘッドの空洞(300)の入り口に固定具を持って行くために(嵌入具は、たとえばガイドのハンドル(320)の開口部(322)を通じて、ガイドから解放可能である)、その後ガイド(3)の空洞(300)の入り口にアダプタ(5)を残したまま、ガイドのヘッド内に固定具(1)を押し込むために、使用される嵌入具(4)上に実装されてもよい。 At least one fastener (1) adapter for holding (5) is thus fitting device (4) and the guide (3) As a result of the arrangement of the fixture with the entrance to the cavity (300) of the guide heads to go (fitting tool, for example through an opening in the guide handle (320) (322), can be released from the guide), the adapter (5) at the entrance of the cavity (300) of the subsequent guide (3) leaving, to push fasteners into the guide of the head (1), may be implemented on insertion tool to be used (4). さらに、様々な実施形態において、アダプタ(5)の空洞(50)の側面は、ガイド(3)の溝(3011)と類似の方法で、しかし好ましくはアダプタの(前部)部分のみに、少なくとも1つの固定具(1)を保持および/または案内するために配置された、少なくとも1つの溝(好ましくは、使用される固定具に応じてアダプタの少なくとも1つの壁を通じてまたは通じないで、およびまっすぐにまたは湾曲して延在する、各側面の少なくとも1つの溝)を含む。 Furthermore, in various embodiments, the side surface of the cavity (50) of the adapter (5) is a guide (3) of the groove (3011) and similar methods, but preferably only the (front) portion of the adapter, at least one fixture (1) is arranged to hold and / or guide, at least one groove (preferably, not through or via at least one wall of the adapter according to the fixture to be used, and straight extending or curved, the at least one groove) on each side. アダプタ(5)のこれらの溝(53)は好ましくは、固定具がガイド(3)の内部に適切な方法で貫通することが可能なように、ガイドの本体と協働する嵌入具(4)がアダプタ(5)によって保持される少なくとも1つの固定具(1)をガイド(3)のヘッド(30)まで持ってくるときに、固定具(1)の前部末端がガイド(3)のヘッド(30)内の溝(3011)の入り口と実質的に対向するように、配置される。 Adapter these grooves (5) (53) are preferably fixture guide (3) of such inside which can penetrate in a proper way, the guide body and cooperating fitting device (4) head but when bring at least one fastener to be held by the adapter (5) to (1) to guide (3) head (30) of the front end of the fixture (1) guides (3) as entrance and substantially opposite the groove (3011) in (30), it is arranged. アダプタ(5)の溝(53)はこのように好ましくは、溝(3011)の延長である(すなわち、使用される固定具のタイプに応じて、ガイド(3)のこれらの溝(3011)によって描かれる少なくとも1つの弧の延長、またはガイド(3)のこれらの溝(3011)の直線経路の延長)。 Adapter (5) groove (53) in this way is preferably an extension of the groove (3011) (i.e., depending on the type of fasteners used, these grooves of the guide (3) (3011) extension of at least one arc drawn, or guide the extension of the linear path of the grooves (3011) (3)). このタイプのアダプタ(5)は、たとえば固定具(1)がプレート(10)の深さに沿って湾曲している場合(水平配向の固定具)、および嵌入具(4)のヘッド(40)が、ガイド(3)の空洞(300)を実質的に満たし、そのため同時に両方の固定具(1)を押して、これら2つの固定具(1)がこうしてガイド(3)のヘッド(30)の内部で互いに干渉し合うような寸法を有する場合など、2つの固定具(1)が器具内に同時に挿入されることが不可能な特定の実施形態において、特に有利であることに、留意すべきである。 This type of adapter (5), for example if the fixture (1) is curved along the depth of the plate (10) (fixture of horizontal alignment), and fitting device (4) head (40) internal but satisfies guide (3) cavity (300) of substantially therefore press both fixture (1) at the same time, the head (30) of the two fasteners (1) are thus guide (3) etc. in the case of having such dimensions that interfere with each other, in two fixtures (1) is simultaneously inserted specific embodiments is not possible to be in the instrument, it is particularly advantageous, it should be noted is there. このため、これらの場合、インプラント(2)を保持するガイド(3)内の第一固定具(1)を導入し、ガイド(3)を用いてこのインプラント(2)を埋め込み、次に嵌入具(4)を用いて椎骨内にこの固定具(1)を嵌入し、そして第二固定具(1)を保持するアダプタ(5)を提供するために嵌入具(4)を抜去し、ガイド(3)内に固定具(1)を挿入し、次に嵌入具(4)を用いて椎骨内にこの固定具(1)を嵌入することが、可能である。 Therefore, in these cases, by introducing an implant (2) for holding the guide (3) in the first fixture of the (1), embedding the implant (2) with a guide (3), then fitted tool (4) using a fitted this fixture in the vertebra (1), and then removing the fitting device (4) in order to provide an adapter (5) for holding the second fixture (1), guide ( 3) fixture (1) is inserted into and then fitting tool (to be fitted into the fixture into a vertebra (1) using a 4), it is possible. 反対に、別の実施形態において、とりわけ固定具(1)がプレートの幅に沿って湾曲しているときに(垂直配向の固定具)、その経路が互いに交差しないので、2つの固定具(1)がガイド(3)のヘッド(30)内で互いに干渉しないことに、留意すべきである。 Conversely, in another embodiment, especially when the fastener (1) is curved along the width of the plate (fixture vertical alignment), because the route does not intersect with each other, the two fixtures (1 ) is not to interfere with each other in the guide (3) head (30) of, it should be noted. これらの実施形態において、このようなアダプタ(5)は、必要ではないかも知れないが、それでもなお使用されてもよい。 In these embodiments, such an adapter (5), may not be necessary, still may be used. 垂直配向を備える固定具(1)のこれらの場合には、アダプタ(5)の溝(53)は、側面ではなくアダプタ(5)の空洞(50)の下位側および上位側になる。 In the case of these fixtures with a vertical alignment (1), the adapter (5) a groove (53) of the will lower and upper side of the cavity (50) rather than a side adapter (5). このタイプのアダプタ(5)は、外科医が望めば、インプラント(2)を埋め込むときにガイド(3)内に固定具を挿入するのではなく、後で固定具を導入できるようにする。 This type of adapter (5) is, if you wish the surgeon, the implant (2) when embedding the guide (3) rather than inserting fasteners in, to be able to introduce the fasteners later. さらに、特に固定具(1)がプレートの幅に沿って湾曲している場合(垂直配向の固定具)に対応する、嵌入具(4)の特定の実施形態において、嵌入具(4)の幅がガイド(3)の空洞(300)の幅と実質的に同じであるときと同時に両方の固定具(1)を押す代わりに、嵌入具(4)が1つの固定具(1)のみを一度に嵌入することを可能にするように、嵌入具(4)の幅は、ガイド(3)の空洞(300)の幅の実質的に半分だけになるように構成されてもよい。 Further, in particular fixtures (1) corresponds to the case where curved along the width of the plate (fixture vertical alignment), in certain embodiments of the fitting member (4), the width of the insertion tool (4) once but instead of pressing guides (3) width and substantially simultaneously both fixtures as when the same cavity (300) of the (1), fitting members (4) one fastener only (1) to allow to fit the width of the fitting member (4), the guide (3) may be configured such that only substantially half the width of the cavity (300) of. このため、このような嵌入具(4)は、第一固定具(1)を嵌入するため、そして第二固定具(1)を嵌入するように回転させられるために、使用されてもよい。 Therefore, such a fitting device (4), in order to fit the first fixture (1) and to be rotated so as to fit the second fixture (1), may be used. アダプタ(5)、固定具(1)、および嵌入具(4)のこれら様々な実施形態はこのようにして、たとえば上述された順序にしたがって、移植を準備する方法の、および移植の方法の、様々なステップの実現を可能にする。 Adapter (5), the fixture (1), and these various embodiments of the fitting member (4) in this way, for example according to above-described sequence, the method of preparing the implant, and method of implantation, allowing the realization of the various steps.

本発明の別の潜在的な対象は、椎間腔内への椎間インプラント(2)の移植を準備する方法、および/または椎間腔内への椎間インプラント(2)の埋め込み方法、および少なくとも1つの椎骨へのインプラントの固着の準備方法、および/または少なくとも1つの椎骨へのインプラントの固着方法の、様々な実施形態に関する。 Apart from the potential target, the method embedding method of preparing an implant, and / or intervertebral implant into the intervertebral space (2) of the intervertebral implant into the intervertebral space (2) of the present invention, and preparation method of fixation of the implant to at least one of the vertebrae, and / or the method of fixing an implant to at least one vertebra, of various embodiments. これらの方法は、ガイド(3)上にインプラント(2)を組み付けるステップと、ガイドに対して嵌入具(4)を配置するステップと、ガイド(3)内に少なくとも1つの固定具(1)を配置するステップと、を含んでもよい。 These methods comprise attaching the implant (2) on the guide (3), placing fitting tool (4) relative to the guide, the guide (3) at least one fastener in the (1) placing may include. これら様々なステップは、本願において説明される様々な実施形態に記載されるように、本発明の様々な対象の配置の結果として、異なる順序で実現されることが可能である。 These various steps, as described in various embodiments described herein, as a result of the arrangement of the various objects of the present invention, is capable of being implemented in a different order.

様々な実施形態において、移植の準備をするためのこれらの方法は: In various embodiments, these methods for the preparation of graft:
本願において説明される実施形態による固定装置(1)を提供するステップと; And providing fixation device according to embodiments described herein: (1);
本願において説明される実施形態による椎骨インプラント(2)を提供するステップと; Providing a vertebral implant (2) according to embodiments described herein;
本願において説明される実施形態による移植器具(3、4)を提供するステップと; Providing a implant device (3,4) according to embodiments described herein;
移植器具(3、4)を用いて椎骨インプラント(2)を把持するステップと、を含んでもよい。 A step of grasping the vertebral implant (2) with implanted device the (3,4) may include.

様々な実施形態において、移植の準備をするためのこれらの方法は、器具(3、4)内に少なくとも1つの固定装置(1)を導入するステップを、さらに含んでもよい。 In various embodiments, the methods for the preparation of transplant, the step of introducing the instrument at least one fastening device in the (3,4) (1) may comprise further.

様々な実施形態において、椎骨インプラントを埋め込むための(すなわち椎間板腔内にまたは椎骨上にインプラントを挿入するための)これらの方法は、移植の準備をするための方法のステップを含んでもよく、: In various embodiments, the methods (to insert an implant that is the disc space or on vertebrae) for embedding the vertebral implant may comprise the steps of a method for the preparation of graft:
脊椎の隣り合う椎骨の間の椎間腔内に(または骨接合プレートの場合には脊椎の隣り合う椎骨上に)脊椎インプラント(2)を挿入するステップと; Inserting the spinal implant (2) (on the adjacent vertebrae of the spine or in the case of osteosynthesis plates) into the disc space between adjacent vertebrae of the spine;
(隣り合う椎骨のレベルにおいて)脊柱の軸に対して実質的に直交する進入路軸に沿って、固定装置(1)を提供するステップと; (At the level of the adjacent vertebrae) along the entryway axis substantially orthogonal to the axis of the spinal column, comprising: providing a fixation device (1);
移植器具(3、4)の嵌入具(4)を用いて、固定装置(1)がインプラント(2)の少なくとも一部を横断している状態で、移植器具(3、4)のガイドヘッド(30)を通じて、およびインプラント(2)内の通路(21)を通じて、固定装置(1)を挿入するステップと; With fitting tool transplant instrument (3, 4) (4), with the fixing device (1) traverses at least a portion of the implant (2), the guide heads implantation instrument (3, 4) ( through 30), and through the implant (2) passage in (21), inserting the fastening device (1);
移植器具(3、4)の嵌入具(4)を用いて、隣り合う椎骨のうちの1つに固定装置(1)の少なくとも一部を埋め込み、インプラント(2)内に固定装置(1)を完全に挿入するステップと、をさらに含んでもよい。 With fitting tool transplant instrument (3, 4) (4), at least a portion embedded fixation device in the implant (2) of the anchoring device to one of the adjacent vertebrae (1) (1) a step of fully inserted, may further include a.

脊椎インプラントを埋め込むためのこれらの方法の様々な実施形態において、インプラント(2)内に固定装置(1)を完全に挿入するステップは、インプラント(2)内のその補完的歯止め(214)に対して固定装置(1)の保持歯止め(14)を隣接させるステップを含む。 In various embodiments of these methods for implanting a spinal implant, implant (2) step of fully inserted fixing device (1) in the relative implant (2) its complementary pawl in (214) Te comprising the step of adjoining the retaining pawl (14) of the fixing device (1).

本発明の移植のための方法のいくつかの実施形態は、側方進入路に沿った(すなわち、腰筋横断路に沿った、または腰筋逆行路に沿った)インプラントの挿入を提供する。 Some embodiments of a method for transplantation of the present invention, along the lateral approach path (i.e., along the psoas muscle transverse path, or along the waist muscle retrograde path) to provide for the insertion of the implant. 腰筋横断進入路は、脊柱に対して横方向の筋肉である、腰筋を通る経路を用いる。 Psoas transverse entryway is a muscle transverse to the spine, using a path through the psoas. 腰筋逆行路は、患者の前方に腰筋を押すことによって、腰筋の後の経路を用いる。 Psoas retrograde path by pressing the Koshisuji in front of the patient, using the path after the psoas muscle. 脊椎インプラントを埋め込むためのこれらの方法の様々な実施形態において、インプラントを挿入するステップはこのため、腰筋を切断する少なくとも1つのステップ、および腰筋を通過するステップを含んでもよい。 In various embodiments of these methods for implanting a spinal implant, for inserting the implant this may include the step of passing at least one step cutting the psoas, and Koshisuji. 脊椎インプラントを埋め込むためのこれらの方法の様々な実施形態において、インプラントを挿入するステップはこのため、腰筋を押す少なくとも1つのステップ、および腰筋の後を通過するステップを含んでもよい。 In various embodiments of these methods for implanting a spinal implant, for inserting the implant this may include the step of passing the after at least one step, and Koshisuji press the psoas muscle. 場合によっては、外科医はまた腰筋の前を通過してもよいことに、留意すべきである。 In some cases, the surgeon will also be may pass in front of the psoas muscle, it is noted.

本願に記載される様々な技術的特徴によって解決されるほとんどの技術的問題は、本開示の序文で述べられた安定性の問題に関するだろう。 Most technical problem solved by the various technical features described in this application will relates Preface stability problems described in the present disclosure. 本開示を理解した後、当業者は、本願で述べられた問題のうちの少なくとも1つに関する、非限定的な方法で以下に説明される以下の技術的特徴を組み合わせて、様々な実施形態を設計してもよい。 After understanding the present disclosure, one skilled in the art, relates to at least one of the stated problem in the present application, in a non-limiting way by combining the following technical features described below, various embodiments it may be designed.

少なくとも1つの実施形態または構成において記載され、以下に説明される、これらの技術的特徴またはこれらの要素の各々は、様々な実施形態または構成において、別途明確に記述されない限り、あるいはこれらの特徴が両立不可能および/またはその組み合わせが機能的でない場合を除き、前記実施形態または構成(このため同じまたは別の要素に関する)に関わる対象(またはこれに関わるおよび/または関連づけられた対象)の別の技術的特徴から分離されてもよく、および/または本明細書に記載されるいずれか別の技術的特徴と組み合わせられてもよく、これは特に、このような特徴の分離または組み合わせによって必要とされるであろう構造的適合性が、本開示の理解から直接導き出せるからである。 Described in at least one embodiment or configuration, it will be described below, each of these technical features or these elements, in various embodiments or configurations, unless otherwise expressly stated, or their characteristics unless both possible and / or combinations thereof are not functional, another of the embodiments or configurations (Accordingly for the same or a different element) subject related to (involving or this and / or associated target) It may be separated from the technical features, and / or the specification may be combined with other technical features or described, which is particularly required by the separation, or a combination of such features structural compatibility would that is, because derivable directly from the understanding of the present disclosure.

>椎骨および/またはインプラント内の固定具の安定性(および場合により椎骨間のインプラントの安定性): > Vertebra and / or fixture stability in the implant (and optionally the stability of the implant between the vertebrae):
技術的特徴および要素: Technical features and elements:
− リブ(11):椎骨内で固定具を安定化するように構成されてもよいが、さらに(インプラントの溝(211)を含む)インプラント内で固定具を安定化するように構成されてもよく、これはさらにインプラントを安定化するだろう。 - ribs (11): may be configured to stabilize the fixture in the vertebra, but also be configured to further (including a groove (211) of the implant) stabilizing the fixture within the implant well, this would further stabilize the implant.
− 直線通路内の湾曲固定具の場合の肥厚部および/または平坦面(20、110;110aおよび/または110b、111):インプラント内に固定具を安定化するのを支援するためにインプラント内に固定具の滑合を提供してもよく、したがって椎骨内で固定具を安定化してもよく、したがってインプラントをさらに安定化するだろう。 - thickening and / or flat surfaces in the case of the curved fastener within the linear passage (20, 110; 110a and / or 110b, 111): the implant to assist in stabilizing the fixture in the implant may provide a slip fit of the fixture, thus it may be stabilized fixture in the vertebra, thus will further stabilize the implant.
− 「垂直配向された」、すなわちプレート(10)の幅の方向に湾曲した固定具:椎骨内で固定具を安定化するように構成されてもよく、こうしてインプラントをさらに安定化するだろう。 - "it is vertically aligned", i.e. the plate (10) fastener is curved in the direction of width of: may be configured to stabilize the fixture in the vertebra, thus will further stabilize the implant.

>インプラント内の固定具の係止:やはりインプラント内の固定具の安定性および/または椎骨間のインプラントの安定性(および/または椎骨内での固定具の安定性)を改善する。 > Locking the fastener within the implant: to also improve the implant stability between stability and / or vertebral fixture within the implant (stability of the fixture in and / or vertebrae).
技術的特徴および要素: Technical features and elements:
− 保持歯止め(14):椎骨内に埋め込まれた固定具によって、椎骨に対して押しつけられたままインプラントを保持してもよい。 - holding pawl (14): the embedded fastener into the vertebra, the implant may be held while being pressed against the vertebra. これは、椎骨上でインプラントを安定化するが、加えてインプラントおよび/または椎骨内で固定具をさらに安定化してもよい。 Although this stabilizes the implant on the vertebrae, it may be further stabilized fixture in the implant and / or vertebrae in addition.
− 抜去歯止め(12):インプラント内で固定具を保持/維持してもよい。 - removal pawl (12): may hold / maintaining fixture within the implant. これは、インプラントおよび/または椎骨内で固定具を安定化し、椎骨間のインプラントをさらに安定化してもよい。 This stabilizes the fixture in the implant and / or the vertebrae, it may be further stabilized implant between the vertebrae.
− 協働歯止め(18、19):インプラント内で2つの固定具の連結を可能にする。 - co 働歯 stop (18, 19): enabling ligation of the two fixture in the implant. これはインプラントおよび/または椎骨内で固定具を安定化し、椎骨間でインプラントをさらに安定化してもよい。 This stabilizes the fixture in the implant and / or the vertebrae, may be further stabilized implant between vertebrae. これらの協働歯止め(18、19)はさらに、必要な係止構造(およびそのサイズ)を最小化できるようにする。 These co 働歯 stop (18, 19) is further necessary locking structure (and its size) to be minimized.

>固定具の取り外しは、固定具(および場合によりインプラント)の意図的な抜去を可能にする。 > Removal of the fixture allows for intentional removal of the fixture (and possibly implants). この問題は、インプラントの安定性に関わるかも知れない(たとえばこれが良好ではない場合)。 This problem might be involved in the stability of the implant (e.g. if this is not good). たとえば、外科医はより良い安定性のため、インプラントを再位置決めしてもよい。 For example, the surgeon for better stability, may reposition the implant.
技術的特徴および要素: Technical features and elements:
− 意図的な抜去のためにアクセス可能な保持歯止め(14): - accessible holding pawl for intentional removal (14):
インプラント内の補完的歯止め(214)は、固定具の保持歯止め(14)上を引っ張るために配置されてもよい インプラント内の筐体(240)は、保持歯止め(14)へのアクセスを提供するために配置されてもよい − 意図的な抜去のためにアクセス可能な協働歯止め(18、19): Complementary pawl within the implant (214), housing inside which may implant disposed to pull the retaining pawl (14) on the fixture (240) provides access to the retaining pawl (14) it may be arranged for - accessible co 働歯 stop for intentional removal (18, 19):
固定具内の筐体(40)は、協働歯止め(18、19)のうちの少なくとも1つへのアクセスを提供するように構成されてもよい、 Housing in a fixture (40) may be configured to provide access to at least one of the cooperating 働歯 stop (18, 19),
インプラント内の筐体(240)は、協働歯止め(18、19)のうちの少なくとも1つへのアクセスを提供するように構成されてもよい、 Housing within the implant (240) may be configured to provide access to at least one of the cooperating 働歯 stop (18, 19),
− 意図的な抜去のためにアクセス可能な抜去歯止め(12): - accessible removal pawl for intentional removal (12):
固定具内の筐体(40)は、抜去歯止め(12)へのアクセスを提供するように構成されてもよい、 Housing in a fixture (40) may be configured to provide access to removal pawl (12),
インプラント内の筐体(240)は、抜去歯止め(12)へのアクセスを提供するように構成されてもよい、 Housing within the implant (240) may be configured to provide access to removal pawl (12),
固定具内の筐体(40)は、協働歯止め(18、19)および/または抜去歯止め(12)のうちの少なくとも1つへのアクセスを提供するように構成されてもよい、 Housing in a fixture (40) may be configured to provide access to at least one of the cooperating 働歯 stop (18, 19) and / or removal pawl (12),
インプラント内の筐体(240)は、協働歯止め(18、19)および/または抜去歯止め(12)のうちの少なくとも1つへのアクセスを提供するように構成されてもよい Housing within the implant (240) is co 働歯 stop (18, 19) and / or may be configured to provide access to at least one of the removal pawl (12)

>固定具の案内およびインプラントの固着は、インプラントおよび固定具の移植を容易にし、椎骨および/またはインプラント内の固定具の良好な安定性(および場合により椎骨間のインプラントの安定性)の獲得を容易にする: > Guiding and fixation of the implant fixture facilitates porting of the implant and fixture, the acquisition of good stability of the fixture of the vertebrae and / or the implant (implant stability between the vertebrae and optionally) make it easier:
技術的特徴および要素: Technical features and elements:
− 湾曲した剛性固定具のための湾曲通路は、通路を通じて固定具を案内するのに役立ち、固定具の最小クリアランスのために構成されてもよく、これは良好な安定性を保証するのに役立てるためのインプラント内の固定具の滑合を提供するだろう。 - the curved path for the curved rigid fixture serves to guide the fastener through the passage may be configured for minimum clearance of the fixture, which help to ensure good stability it will provide a snug fit of the fixture in the implant for.
− 直線的剛性固定具のための直線通路は、通路を通じて固定具を案内するのに役立つように、および固定具の最小クリアランスを有するように構成されることが可能であり、これは良好な安定性を保証するのに役立てるためのインプラント内の固定具の滑合を提供するだろう。 - straight path for linearly rigid fixture to help guide the fastener through the passage, and it can be configured to have a minimum clearance of the fixture, which is good stability it will provide a snug fit of the fixture within the implant in order to help to ensure gender.
− 湾曲した剛性固定具のための直接通路は、通路を通じて固定具を案内するのに役立ち、固定具の最小クリアランスのために構成されてもよく、これは良好な安定性を保証するのに役立てるためのインプラント内の固定具の滑合を提供するだろう。 - direct passage for the curved rigid fixture serves to guide the fastener through the passage may be configured for minimum clearance of the fixture, which help to ensure good stability it will provide a snug fit of the fixture in the implant for.
− 直線的剛性固定具または相互間に角度を形成する複数の直線部分を備える固定具のための湾曲通路曲線:通路を通じて固定具を案内するのに役立ち、固定具の最小クリアランスのために構成されてもよく、これは良好な安定性を保証するのに役立てるためのインプラント内の固定具の滑合を提供するだろう。 - the curved path curves for the fixture comprising a plurality of linear portions forming an angle to the linearly rigid fixture or mutual: help to guide the fastener through the passage, is configured for the minimum clearance of the fixture at best, this would provide a slip fit of the fixture within the implant to help to ensure good stability.

骨接合プレートなどのインプラントの固着:骨接合プレートの固着は、湾曲または直線固定具を用いて、湾曲固定具用のプレートに対して好ましくは実質的に直交するか、または直線固定具用のこのプレートに対して好ましくは実質的に傾斜している進入路軸に沿って、実行されてもよく、これは骨接合プレート自体の安定性を改善する(インプラントが固着される)。 Fixation of implants, such as osteosynthesis plates: fixation of bone plates with curved or straight fixture, this for preferably to the plate for bending fixtures or substantially perpendicular, or linear fastener preferably the plate along the entryway axis which is substantially inclined, may be performed, which (is fixed implants) to improve the stability of the osteosynthesis plate itself. さらに、椎体間ケージと組み合わせて使用されるとき、骨接合プレートは、脊柱の不動性を改善し、こうしてケージの安定性を促進する。 Furthermore, when used in combination with interbody cages, osteosynthesis plates, to improve the immobility of the spine, thus promoting the stability of the cage. プレート型インプラントは、ケージ型インプラントの安定性を改善する。 Plate implant improves the stability of the cage implant.

本開示を完全に理解した後、当業者は、その他様々な具体的形態の多くの実施形態および/または構成が可能であり、本発明の範囲であることを、理解するだろう。 After complete understanding of the present disclosure, one skilled in the art, many more embodiments and / or configurations of various other specific forms are possible, that the scope of the present invention, would understand. 結果的に、本実施形態および/または構成は、修正されてもよく、それでもなお添付請求項の範囲内である、非限定的説明例と見なされるべきであり、本発明は上記の詳細に限定されるべきではない。 Consequently, the present embodiment and / or configuration may be modified, it is still within the scope of the appended claims should be regarded as non-limiting illustrative example, the present invention is limited to the above details It should not be.

Claims (38)

  1. 長手軸(L)に沿って延伸する少なくとも1つの湾曲プレート(10)を含む本体を含む、椎骨内に椎間インプラント(2)を固定するための固定装置(1)にして、該固定装置(1)は、インプラント(2)の少なくとも一部を横断する通路(21)を通じて挿入されるように設計されており、該固定装置(1)の前部末端が、少なくとも1つの椎体終板に貫入し、該固定装置(1)の後部末端は、前記通路(21)にとどまり、前記インプラント(2)をこの椎体終板に固着させる、固定装置(1)であって、前記プレート(10)の湾曲がプレート(10)の幅方向に配向され、プレートの前部末端が脊柱に沿った軸に向かって配向されるようにプレートの凹側の縁がインプラントの上面または下面に向いていることを特徴とする、固 Comprising a body comprising at least one curved plate (10) extending along the longitudinal axis (L), in the fixing device for fixing the intervertebral implant (2) into a vertebra (1), the fixing device ( 1) it is designed to be inserted through the passage (21) traversing at least a portion of the implant (2), the front end of the fixing device (1) is at least one vertebral endplate intruded, rear end of the fixing device (1) is remains in said passage (21), thereby securing said implant (2) to the vertebral endplates, a fixing device (1), the plate (10 ) curvature is oriented in the width direction of the plate (10) of the edge of the concave side of the plate facing the upper surface or lower surface of the implant as the front end of the plate is oriented towards the axis along the spinal column characterized in that, solid 装置(1)。 Apparatus (1).
  2. 本体の湾曲プレート(10)が、本質的に椎間腔の平面内に長手軸(L)を有する一方で、脊柱に沿った垂直軸に対しておよそ90°を形成する進入路の軸に沿って椎体終板内に固定装置(1)が埋め込まれるように作られた寸法および少なくとも1つの曲率半径を有する、円または楕円の少なくとも1つの弧を描くことを特徴とする、請求項1に記載の固定装置(1)。 Curved plate body (10), while having a longitudinal axis in the plane of the essentially disc space to (L), along the axis of the access road to form approximately 90 ° to the vertical axis along the spinal column Te having made dimensions and at least one radius of curvature as the fixing device into the vertebral body endplate (1) is embedded, characterized in that draw at least one arc of a circle or an ellipse, in claim 1 fixing apparatus according (1).
  3. 前部末端が、椎骨内への装置(1)の貫入を容易にする、少なくとも1つの面取り(15)または少なくとも1つの角取りを含むことを特徴とする、請求項1または2に記載の固定装置(1)。 Front end, to facilitate penetration of the device into the vertebra (1), characterized in that it comprises at least one chamfered (15) or at least one chamfered, fixed according to claim 1 or 2 apparatus (1).
  4. 前部末端が、椎骨内への装置(1)の貫入を容易にする、少なくとも1つの刻み目(13)を含むことを特徴とする、請求項1から3のいずれか一項に記載の固定装置(1)。 Front end, to facilitate penetration of the device into the vertebra (1), characterized in that it comprises at least one notch (13), fixing device according to any one of claims 1 3 (1).
  5. 本体には、一旦椎骨内に埋め込まれたら装置(1)の抜去に対抗するように配向された刻み目(16)が設けられていることを特徴とする、請求項1から4のいずれか一項に記載の固定装置(1)。 The main body, characterized in that oriented notches (16) are provided so as temporarily to counteract the removal of Once implanted into a vertebra device (1), any one of claims 1 4 fixing apparatus according to (1).
  6. 本体が、装置(1)が固定されるように設計されている椎骨に対してインプラント(2)を保持するために、装置(1)が固着されるように設計されたインプラント(2)上の少なくとも1つの歯止め面(214)と協働するように設計された、前部末端と本質的に対向して配向された少なくとも1つの歯止め面を含む、保持と称される少なくとも1つの歯止め(14)を含むことを特徴とする、請求項1から5のいずれか一項に記載の固定装置(1)。 Body, device (1) is to hold the implant (2) with respect to the vertebra that is designed to be fixed, the device (1) an implant designed to be fixed (2) on the designed to cooperate at least one pawl surface (214) comprises at least one pawl surface is oriented to the front end essentially opposed, referred to as holding at least one pawl (14 ) characterized in that it comprises a locking device according to any one of claims 1 to 5 (1).
  7. 保持歯止め(14)が、固定装置(1)の本体の少なくとも1面上に、少なくとも1つの突起ラグを含むことを特徴とする、請求項6に記載の固定装置(1)。 Holding pawl (14) is, on at least one side of the body of the fixing device (1), characterized in that it comprises at least one projection lugs, fixing apparatus according to claim 6 (1).
  8. 保持歯止め(14)が、固定装置(1)の本体の側面上に2つの突起ラグを含むことを特徴とする、請求項6に記載の固定装置(1)。 Holding pawl (14), characterized in that it comprises two projections lugs on the sides of the body of the fixation device (1), fixing apparatus according to claim 6 (1).
  9. 保持歯止め(14)が、後部末端のレベルで、プレート(10)の面の少なくとも一方の少なくとも一部の長手方向リブ(11)に対して直角に突起する2つのラグを含むことを特徴とする、請求項6に記載の固定装置(1)。 Holding pawl (14) is, at the level of the rear end, characterized in that it comprises two lugs projecting at right angles to the plate at least one of at least a portion of the longitudinal ribs of the surface (10) (11) fixing device according to claim 6 (1).
  10. 本体が、後部末端に向かって配向され、固定装置(1)の抜去に対抗する抜去歯止めを形成する、少なくとも1つの可撓性ラグ(12)を含むことを特徴とする、請求項1から9のいずれか一項に記載の固定装置(1)。 Body, is oriented towards the rear end, forming a removal pawl against withdrawal of the fixing device (1), characterized in that it comprises at least one flexible lug (12), claims 1-9 fixing device according to any one of (1).
  11. プレート(10)の後部末端付近に、インプラント(2)の通路(21)内での装置の遊びを制限する、プレート(10)の残部の厚みよりも大きい厚みを有する少なくとも1つの部分(20)を含むことを特徴とする、請求項1から10のいずれか一項に記載の固定装置(1)。 Plate to the rear end near the (10), the implant limits the play apparatus in the passage (21) in (2), the plate at least one portion having a thickness greater than the remainder of the thickness of (10) (20) characterized in that it comprises a locking device according to any one of claims 1 to 10 (1).
  12. 本体が、後部末端付近に、装置を抽出するためのツールを受容するために形成され、固定装置の抜去を可能にする、少なくとも1つの陥凹(40)を含むことを特徴とする、請求項1から11のいずれか一項に記載の固定装置(1)。 Body, near the rear end, is formed to receive a tool for extracting device, to enable removal of the locking device, characterized in that it comprises at least one recess (40), according to claim fixing device according to any one of 1 to 11 (1).
  13. 陥凹(40)が、ツールが前記陥凹内に直接貫入できるように、本体の後部末端上で開放していることを特徴とする、請求項12に記載の固定装置(1)。 Recess is (40), so that the tool can directly penetrate into said recess, characterized in that it is open on the rear end of the main body, the fixing device according to claim 12 (1).
  14. 可撓性ラグ(12)の歯止め末端が、インプラント(2)の外側に現れるチャネルを通じてインプラントの歯止め(212)から解放されることが可能であることを特徴とする、請求項12に記載の固定装置(1)。 Pawl ends of the flexible lugs (12), characterized in that the implant (2) implant of the pawl through the channel appearing in the outside of the (212) can be released, secured according to claim 12 apparatus (1).
  15. 一旦埋め込まれたら装置(1)を通じて骨成長を可能にするために、プレート(10)を横断する少なくとも1つの開口部(17)を含むことを特徴とする、請求項1から14のいずれか一項に記載の固定装置(1)。 To allow bone growth through Once embedded device (1), characterized in that it comprises at least one opening (17) traversing the plate (10), any one of claims 1 to 14 one fixing device according to claim (1).
  16. プレート(10)の面の少なくとも一方の少なくとも一部に長手方向リブ(11)を含んで構成され、前記リブ(11)が、 リブ(11)のこの刻み目(112)がインプラント(2)の通路(21)の末端の歯止め面(220)で停止するように決定された距離だけ後部末端から離れて位置する刻み目(112)を含むことを特徴とする、請求項1から15のいずれか一項に記載の固定装置(1)。 At least one of the at least a portion of the surface of the plate (10) is configured to include a longitudinal rib (11), said ribs (11), the passage of the ribs the notches (112) of the implant (11) (2) characterized in that it comprises a notch (112) located away from the determined distance the rear end to stop at ratchet surface of the end of (21) (220), any one of claims 1 to 15 fixing apparatus according to (1).
  17. インプラントの補完的歯止め(212)との接触によってインプラント(2)からの固定装置(1)の抜去に対抗する少なくとも1つの抜去歯止め(12)を含み、固定装置(1)の抜去歯止めをその補完的歯止め(212)から解放するために配置されたリソース(40)を含むことを特徴とする、請求項1から16のいずれか一項に記載の固定装置(1)。 Includes at least one removal pawl (12) against the withdrawal of the fixing device from the implant (2) (1) by contact with the complementary pawl of the implant (212), its complement withdrawal pawl of the fixation device (1) specifically pawl characterized in that it comprises a resource (40) arranged to release from the (212), fixing device according to any one of claims 1 to 16 (1).
  18. 請求項1から17のいずれか一項による2つの装置(1)を含み、第一固定装置(1)が、前部末端と本質的に対向して配向された少なくとも1つの歯止め面を含む、協働と称される歯止め(18)を含み、第二固定装置(1)が、本質的に後部末端に対向する方向に配向された少なくとも1つの歯止め面を含む、協働と称される歯止め(19)を含み、これら2つの協働歯止め(18、19)は互いに協働するように作られていることを特徴とする、椎骨内に椎間インプラント(2)を固定するためのシステム。 Include any two devices according to one of claims 1 to 17 (1), first fixing device (1) comprises at least one pawl surface is oriented essentially opposite the front end, It includes a pawl called cooperation (18), the second fixing device (1) is, essentially comprises at least one ratchet surfaces oriented in opposite directions to the rear end, cooperating referred pawl (19) comprises, these two co 働歯 stop (18, 19) is characterized in that it is designed to cooperate with each other, a system for securing the intervertebral implant (2) into the vertebra.
  19. 第二固定装置(1)の歯止め(19)が、本質的に前部末端に対向するように配向された第二歯止め面を含み、第一装置(1)は、その後部歯止め末端が歯止め(19)の第二歯止め面(190)と接触して可撓性ラグ(12)を支持するのに役立つように位置決めされた可撓性ラグ(12)を含み、こうして一旦インプラント(2)内に収まったら、第二装置(1)を保持する第一装置の抜去を妨害することを特徴とする、請求項18に記載の固定システム(1)。 Second fixing device (1) pawl (19) is essentially includes a second ratchet surface oriented to face the front end, the first device (1), the rear pawl end pawl ( 19) a second pawl face (190) and in contact with the flexible lugs (12) flexible lug positioned to help support (12), thus temporarily in the implant (2) subsided Once, characterized in that it interferes with the removal of the first device for holding the second device (1), a fixed system of claim 18 (1).
  20. 第一装置(1)の可撓性ラグ(12)の歯止め末端が、インプラントの外側に現れるチャネルを通じて、第二装置(1)の歯止め(19)の第二歯止め面から解放されることが可能であることを特徴とする、請求項19に記載の固定システム(1)。 Pawl ends of the flexible lugs (12) of the first device (1) is, through the channel appearing on the outside of the implant, can be released from the second ratchet surface of the pawl (19) of the second device (1) and characterized in that, the fixed system of claim 19 (1).
  21. 固定装置(1)のうちの少なくとも1つが、第二歯止め面(190)から抜去歯止め(12)を解放するために配置されたリソース(40)を含むことを特徴とする、請求項18から20のいずれか一項に記載の固定システム。 At least one of the fixing device (1), characterized in that it comprises a resource (40) arranged to release the removed pawl (12) from the second ratchet surface (190), 20 claims 18 fixing system according to any one of.
  22. 後部と称されるその少なくとも一部が、その曲率に関わらず変形することなくこの剛性固定装置(1)の通過を許容するように、湾曲プレートを含む少なくとも1つの固定装置(1)を受容するのに適した寸法の少なくとも1つの直線通路(21)を含む、少なくとも1つの周囲壁(28)を含み、この通路(21)は、その間にインプラント(2)が埋め込まれるように設計されている椎骨の1つの椎体終板の方向に固定装置(1)を配向するように、本質的にインプラント(1)の平面(pane)内に挿入された、固定装置(1)の曲率に適合した直線および傾斜軌道に沿って、周囲から上面または下面に向かってインプラント(2)を横断している、椎間インプラント(2)であって、通路(21)は、請求項1から21のいずれか Rear termed at least a portion of this passage so as to permit the rigid fastening device (1), for receiving at least one fixed device (1) including a curved plate without deforming regardless of the curvature comprising at least one straight path of suitable size to (21), comprising at least one peripheral wall (28), this passage (21) is designed as an implant (2) is embedded therebetween to orient one fixing device in the direction of the vertebral end plate (1) of the vertebrae, essentially inserted in the plane (pane) of the implant (1), adapted to the curvature of the fixing device (1) straight and along the inclined orbit, crosses the implant (2) toward the upper or lower surface from the ambient, a intervertebral implant (2), passages (21), any one of claims 1 to 21 項に記載の固定装置(1)の幅方向に曲げられた前記プレート(10)を受けるように、垂直に配向されていることを特徴とする、椎間インプラント(2)。 To receive the plate bent in the width direction of the fixing device according (1) (10) in section, characterized in that it is oriented vertically, intervertebral implant (2).
  23. 通路(21)が、インプラント(2)の外側の方向に配向され、固定装置(1)が通路(21)を通じて椎骨内に一旦固定されたらこの保持歯止め(14)がインプラント(2)を保持するように、固定装置(1)の少なくとも1つの保持歯止め(14)と協働するように設計された、少なくとも1つの歯止めを含む少なくとも1つの歯止め(214)を含むことを特徴とする、請求項22に記載の椎間インプラント(2)。 Passage (21) is oriented in the outward direction of the implant (2), fixing device (1) is the holding pawl After being temporarily fixed into the vertebra (14) to hold the implant (2) through the passageway (21) as, designed to at least one cooperating with the holding pawl (14) of the fixing device (1), characterized in that it comprises at least one pawl (214) including at least one pawl, claims the intervertebral implant according to 22 (2).
  24. 通路(21)内に挿入された固定装置の前部末端と本質的に対向するように配向された少なくとも1つの歯止め面を含む少なくとも1つの抜去歯止め(212)を含み、この抜去歯止め(212)は、インプラント(2)からの固定装置(1)の抜去に対抗するために、固定装置(1)の少なくとも1つの可撓性ラグ(12)と協働することを特徴とする、請求項22または23に記載の椎間インプラント(2)。 Passage includes at least one removal pawl comprises at least one ratchet surface oriented to the front end essentially opposite of the inserted fixing device in (21) (212), the removal pawl (212) in order to counteract the removal of the implant (2) fixing device of (1), characterized in that at least one cooperating with a flexible lug (12) of the fixing device (1), according to claim 22 or intervertebral implant according to 23 (2).
  25. 周囲壁(28)が、インプラント(2)を埋め込むための器具(3、4)の把持末端と協働するように設計された、少なくとも1つの締結手段(22、22a、22b、22c)を含むことを特徴とする、請求項22から24のいずれか一項に記載の椎間インプラント(2)。 Peripheral wall (28) comprises is designed to cooperate with the gripping end of the instrument (3, 4) for embedding the implant (2), at least one fastening means (22, 22a, 22b, 22c) of and wherein the intervertebral implant according to any one of claims 22 24 (2).
  26. 周囲壁(28)が、その間にインプラント(2)が埋め込まれるように設計された椎骨の各々に固定装置(1)を固定するように、インプラント(2)の上面および下面のうちの1つに向かって各々配向された2つの通路(21)を含むことを特徴とする、請求項22から25のいずれか一項に記載の椎間インプラント(2)。 Peripheral wall (28), so as to secure the implant fixation device in each of the designed vertebrae as (2) is embedded (1) between them, into one of the upper and lower surfaces of the implant (2) toward characterized in that it comprises each oriented two passages (21), intervertebral implant according to any one of claims 22 25 (2).
  27. 周囲壁(28)が、通路(21)を含むものの反対側の、いわゆる前部分に、椎骨間のインプラント(2)の挿入を容易にするように、少なくとも1つの角取り部分(27)を含むことを特徴とする、請求項22から26のいずれか一項に記載の椎間インプラント(2)。 Peripheral wall (28), opposite the one containing a passage (21), so-called front part, so as to facilitate insertion of the implant (2) between the vertebrae, comprising at least one chamfered portion (27) and wherein the intervertebral implant according to any one of claims 22 26 (2).
  28. インプラント(2)からの固定装置(1)の抜去に対抗する抜去歯止め(12)を補完する少なくとも1つの歯止め(212)を含み、固定装置(1)の抜去歯止めをインプラント(2)内の補完的歯止め(212)から解放するために配置されたリソース(240)を含むことを特徴とする、請求項22から27のいずれか一項に記載の椎間インプラント(2)。 The implant comprises at least one pawl (212) to complement the removal pawl (12) against withdrawal of the fixing device (2) (1), complements the removal pawl within the implant (2) of the anchoring device (1) specifically pawl characterized in that it comprises a resource (240) which arranged to release from the (212), intervertebral implant according to any one of claims 22 27 (2).
  29. インプラント(2)が、固定装置(1)の抜去のために配置されたリソース(214、240)を含むことを特徴とする、請求項22から28のいずれか一項に記載の椎間インプラント(2)。 Implant (2), characterized in that it comprises a resource (214,240) which arranged for removal of the fixation device (1), intervertebral implant according to any one of claims 22 28 ( 2).
  30. インプラント(2)が、協働歯止め(18、19)を経由しての固定装置(1)の抜去のために配置されたリソース(214、240)を含むことを特徴とする、請求項22から29のいずれか一項に記載の椎間インプラント(2)。 Implant (2), characterized in that it comprises a resource (214,240) which arranged for removal of the fixation device through the cooperation 働歯 stop (18, 19) (1), claim 22 29 intervertebral implant according to any one of (2).
  31. 椎骨間に椎間インプラント(2)を埋め込み、これら椎骨のうちの少なくとも1つに少なくとも1つの固定装置(1)を埋め込むための器具(3、4)であって、器具は、一方では固定装置(1)を押さえるのに適した形状およびサイズのヘッド(40)を含む少なくとも1つの嵌入具(4)を、他方ではインプラント(2)の把持と称される第一末端と、押さえと称される第二末端との間に延在する長手軸に沿って延伸する形状の少なくとも1つのガイド(3)を含み、把持末端は、インプラント(2)の少なくとも1つの締結手段(22)と協働するように設計された少なくとも1つの把持手段(321)を含み、ガイド(3)は、少なくとも部分的に嵌入具のヘッド(40)を受容するのに適した形状およびサイズのヘッド(30)で Embedded intervertebral implant (2) between the vertebrae, and at least one to at least one instrument for implanting fixing device (1) of these vertebrae (3,4), the apparatus while securing device in at least one fitting tool comprising a head (40) of shape and size suitable to hold the (1) to (4), a first end referred to as the gripping of the implant (2) on the other hand, referred to as retainer that the includes a second end and at least one guide having a shape extending along a longitudinal axis extending between the (3), the gripping end, cooperate with the implant at least one fastening means (2) (22) It includes at least one gripping means designed to (321), the guide (3) is suitable for receiving the head (40) at least partly inserted tool shape and size of the head (30) って、その間にインプラント(2)が埋め込まれるように設計された椎骨のうちの1つの椎体終板内に固定装置(1)を嵌入するために、請求項22から30のいずれか一項に記載のインプラント(2)の通路(21)を通じてこの固定装置(1)を案内するように、請求項1から21のいずれか一項に記載の固定装置(1)の少なくとも1つの曲率半径と本質的に同一の少なくとも1つの曲率半径を有する少なくとも1つの案内面(31)を含み、プレート(10)の幅方向に曲げられた固定装置(1)の通過および/または案内を可能にするように作られている、ヘッド(30)を含むことを特徴とする、器具(3、4)。 I, in order to fit the implant (2) is fixed device in one vertebral endplate of the designed vertebrae to be implanted (1) between them, any one of claims 22 30, to guide the implant the fixation device through the passageway (21) (2) (1) according to at least one radius of curvature of the fixing device according to any one of claims 1 to 21 (1) essentially comprises at least one guide surface (31) having the same at least one radius of curvature, so as to allow the passage and / or guide plates fixed device bent in the width direction of the (10) (1) are made, characterized in that it comprises a head (30), the tool (3, 4).
  32. ヘッド(30)が、固定装置(1)のプレート(10)の面の少なくとも一方の少なくとも一部の長手方向リブ(11)の通路のために作られた、少なくとも1つの溝(3011)を含むことを特徴とする、請求項31に記載の器具(3、4)。 Head (30), were made for the passage of at least one of at least a portion of the longitudinal ribs of the face of the plate (10) of the fixation device (1) (11) comprises at least one groove (3011) wherein the, according to claim 31 instrument (3, 4).
  33. ガイド(3)のヘッド(30)が、固定装置(1)を受容し、少なくとも部分的に嵌入具(4)のヘッド(40)を受容するのに適した形状およびサイズの空洞(300)を含み、案内面(31)は、本体(10)の両側で固定装置(1)の側面を案内するためにこの空洞(300)の片側に各々位置する少なくとも2つの湾曲溝(31)を含み、嵌入具(4)のヘッド(40)は、末端からこれら溝(31)の他方まで、空洞(300)内に貫入していることを特徴とする、請求項31または32のいずれか一項に記載の器具(3、4)。 Guide (3) head (30), receives the fixing device (1), the shape and size suitable for receiving a head (40) at least partly inserted instrument (4) cavities (300) wherein the guide surface (31) includes a body at least two curved grooves (31) respectively located on one side of the cavity (300) for guiding both side surfaces of the fixed device (1) in (10), head (40) of the fitting tool (4), from the end to the other of these grooves (31), characterized in that it penetrates into the cavity (300), in any one of claims 31 or 32 wherein the instrument (3, 4).
  34. シャフト(321)が、シャフトがハンドル(33)によって作動されたときにインプラント(2)を固着させるために、陥凹(22、22a)の補完的なネジ切りと協働するネジ切り末端を含むことを特徴とする、請求項31から33のいずれか一項に記載の器具(3、4)。 Shaft (321) is to anchor the implant (2) when the shaft is actuated by a handle (33) includes a threaded end for complementary threaded cooperating with recesses (22, 22a) wherein the, according to any one of claims 31 to 33 instrument (3, 4).
  35. 締結手段(22)が、陥凹(22、22a)を含むこと、および把持手段(321)が、インプラント(2)の陥凹(22、22a)に出入りするためにハンドル(33)によって作動されたときにガイド(3)の本体(32)内を摺動するシャフトの末端を含むことを特徴とする、請求項31から34のいずれか一項に記載の器具(3、4)。 Fastening means (22), comprises a recess (22, 22a), and gripping means (321) is actuated by a handle (33) in order to enter and exit the implant (2) recessed in (22, 22a) guide, characterized in that it comprises a terminal of a shaft that slides within the body (32) of (3), any one in the described device of claims 31 34 (3,4) when the.
  36. 締結手段(22)が、周囲壁(28)の側面に陥凹(22a)および溝(22b)を含み、把持手段(321)は、インプラント(2)の陥凹(22、22a)を出入りするためにハンドル(33)によって作動されたときにガイド(3)の本体(32)内を摺動するシャフトの1つの末端と、 締結手段(22)の前記溝(22b)内に嵌合するように作られ、椎骨間でインプラント(2)を位置決めするためのレバーアームの役割を果たすラグ(3210)と、を含むことを特徴とする、請求項31から35のいずれか一項に記載の器具(3、4)。 Fastening means (22) comprises a recess on the side surface of the peripheral wall (28) (22a) and a groove (22b), gripping means (321) is out of the recess of the implant (2) (22, 22a) and one end of the shaft which slides within the body (32) of the guide (3) when actuated by a handle (33) in order, so as to fit in the groove (22b) of the fastening means (22) made, the implant lever arm role lugs for positioning the (2) (3210) between the vertebrae, characterized in that it comprises a device according to any one of claims 31 35 (3, 4).
  37. 締結手段(22)の前記溝(22b)が、器具によるインプラント(2)の把持を改善するように、ラグ(3210)のスタッド(3210b)を受容するように設計された陥凹(22c)を含むことを特徴とする、請求項36に記載の器具(3、4)。 It said groove fastening means (22) (22b) is to improve the grip of the implant (2) according to the instrument, depression designed to receive the stud (3210b) of the lug (3210) and (22c) characterized in that it comprises, according to claim 36 instrument (3, 4).
  38. 固定装置(1)のリブ(11)の通路のために形成された前記溝(3011)が、ガイド(3)のヘッド(30)の空洞(300)の上部壁および/または下部壁の少なくとも一部に形成されることを特徴とする、請求項32から37のいずれか一項に記載の器具(3、4)。 Formed the grooves for passage of the ribs (11) of the fixing device (1) (3011) is the guide upper wall and / or the lower wall at least one cavity (300) of the head (30) of (3) characterized in that it is formed in part, according to any one of claims 32 37 instrument (3, 4).
JP2014225464A 2014-11-05 2014-11-05 Fixing device, the intervertebral implant, and implant instrument Active JP6092177B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2014225464A JP6092177B2 (en) 2014-11-05 2014-11-05 Fixing device, the intervertebral implant, and implant instrument

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2014225464A JP6092177B2 (en) 2014-11-05 2014-11-05 Fixing device, the intervertebral implant, and implant instrument

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2012546508 Division 2009-12-31

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2015042311A JP2015042311A (en) 2015-03-05
JP6092177B2 true JP6092177B2 (en) 2017-03-08

Family

ID=52696125

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2014225464A Active JP6092177B2 (en) 2014-11-05 2014-11-05 Fixing device, the intervertebral implant, and implant instrument

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6092177B2 (en)

Family Cites Families (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6770096B2 (en) * 1999-07-01 2004-08-03 Spinevision S.A. Interbody spinal stabilization cage and spinal stabilization method
US6447546B1 (en) * 2000-08-11 2002-09-10 Dale G. Bramlet Apparatus and method for fusing opposing spinal vertebrae
JP4977323B2 (en) * 2003-02-06 2012-07-18 ジンテーズ ゲゼルシャフト ミト ベシュレンクテル ハフツング Intervertebral implant
WO2005092219A1 (en) * 2004-03-26 2005-10-06 Hirotaka Shimizu Bone connecting tool
FR2916956B1 (en) * 2007-06-08 2012-12-14 Ldr Medical The intersomatic cage, intervertebral prosthesis, the anchoring device and implant instrumentation
US8167950B2 (en) * 2007-10-11 2012-05-01 International Spinal Innovations, Llc Minimally invasive lateral intervertbral fixation system, device and method
JP5602739B2 (en) * 2008-09-02 2014-10-08 ジンテス ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツング Intervertebral implant having a blade for connection to the adjacent vertebral bodies
BRPI1010210A2 (en) * 2009-04-15 2016-08-02 Synthes Gmbh arcuate retaining member

Also Published As

Publication number Publication date
JP2015042311A (en) 2015-03-05

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8414651B2 (en) Dynamic interbody
USRE46647E1 (en) Intervertebral implant for transforaminal posterior lumbar interbody fusion procedure
US7220280B2 (en) Spreader implant for placement between vertebrae
EP3281609B1 (en) Expanding implant
US10092422B2 (en) Bone fusion device, apparatus and method
US8403990B2 (en) Expandable spinal fusion cage and associated instrumentation
US8262666B2 (en) Implantable distractor
JP4966964B2 (en) Expandable spinal implant
JP4197845B2 (en) Expandable vertebral bone between the spacer
CA2431218C (en) Interbody spinal fusion implant with trailing end adapted to receive bone screws
US9192415B1 (en) Systems and methods for holding and implanting bone anchors
US8968405B2 (en) Interbody fusion device and method of operation
US8864772B2 (en) Motion segment repair systems and methods
US6251140B1 (en) Interlocking spinal inserts
AU780719B2 (en) Intervertebral implant
CA2578947C (en) Dual rod cross connectors and inserter tools
US8657860B2 (en) Bone anchoring element
US9445913B2 (en) Arcuate fixation member
US20150342750A1 (en) Low Profile Intervertebral Implant
CA2537040C (en) Captured-graft laminoplasty implants
US9125704B2 (en) Hammer toe implant with expansion portion for retrograde approach
US8579980B2 (en) Allograft intervertebral implant and method of manufacturing the same
EP1491157A1 (en) Surgical anchor inserter
EP3123982A1 (en) Expandable implant
US8343219B2 (en) Intersomatic cage, intervertebral prosthesis, anchoring device and implantation instruments

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20141205

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20141205

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20151007

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20151208

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20160307

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20160607

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20160901

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20161207

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20170110

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20170208

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6092177

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150